Apple Xsan 管理者ガイド 日本 Japon Apple sur FNAC.COM - Pour voir la liste complète des manuels APPLE, cliquez ici

 

 

TELECHARGER LE PDF : http://manuals.info.apple.com/ja/XsanAdminGuide_j.pdf

 

 

Voir également d'autres Guides APPLE :

Apple-Keynote2_UserGuide.pdf-Japon

Apple-Welcome_to_Tiger.pdf-Japon

Apple-XsanAdminGuide_j.pdf-Japon

Apple-PowerBookG4_UG_15GE.PDF-Japon

Apple-Xsan_Migration.pdf-Japon

Apple-Xserve_Intel_DIY_TopCover_JA.pdf-Japon

Apple-iPod_nano_6thgen_User_Guide_J.pdf-Japon

Apple-Aperture_Photography_Fundamentals.pdf-Japon

Apple-nikeipod_users_guide.pdf-Japon

Apple-QuickTime71_UsersGuide.pdf-Japon

Apple-iMacG5_iSight_UG.pdf-Japon

Apple-Aperture_Performing_Adjustments_j.pdf-Japon

Apple-iMacG5_17inch_HardDrive.pdf-Japon

Apple-iPod_shuffle_Features_Guide_J.pdf-Japon

Apple-MacBook_Air_User_Guide.pdf-Japon

Apple-MacBook_UsersGuide.pdf-Japon

Apple-iPad_iOS4_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-Apple_AirPort_Networks_Early2009_H.pd-Norge-Norvege

Apple-iPod_classic_120GB_no.pdf-Norge-Norvege

Apple-StoreKitGuide.pdf-Japon

Apple-Xserve_Intel_DIY_ExpansionCardRiser_JA.pdf-Japon

Apple-iMacG5_Battery.pdf-Japon

Apple-Logic_Pro_8_Getting_Started.pdf-Japon

Apple-PowerBook-handbok-Norge-Norveg

Apple-iWork09_formler_og_funksjoner.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Pro_15inch_Mid2010_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacPro_HardDrive_DIY.pdf-Japon

Apple-iPod_Fifth_Gen_Funksjonsoversikt.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_13inch_white_Early2009_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-GarageBand_09_Komme_i_gang.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Pro_15inch_Mid2009_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-imac_mid2011_ug_h.pdf-Norge-Norvege

Apple-iDVD_08_Komme_i_gang.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Air_11inch_Late2010_UG_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-iMac_Mid2010_UG_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_13inch_Mid2009_H.pdf-Norge-Norvege

/Apple-iPhone_3G_Viktig_produktinformasjon_H-Norge-Norvege

Apple-MacBook_13inch_Mid2010_UG_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-macbook_air_13inch_mid2011_ug_no.pdf-Norge-Norvege

Apple-Mac_mini_Early2009_UG_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-ipad2_brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPhoto_08_Komme_i_gang.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Air_Brukerhandbok_Late2008.pdf-Norge-Norvege

Apple-Pages09_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_13inch_Late2009_UG_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPhone_3GS_Viktig_produktinformasjon.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_13inch_Aluminum_Late2008_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-Wireless_Keyboard_Aluminum_2007_H-Norge-Norvege

Apple-NiPod_photo_Brukerhandbok_N0190269.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Pro_13inch_Mid2010_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Pro_17inch_Mid2010_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-Velkommen_til_Snow_Leopard.pdf-Norge-Norvege.htm

Apple-TimeCapsule_Klargjoringsoversikt.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPhone_3GS_Hurtigstart.pdf-Norge-Norvege

Apple-Snow_Leopard_Installeringsinstruksjoner.pdf-Norge-Norvege

Apple-iMacG5_iSight_UG.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_Handbok_S0342141.pdf-Norge-Norvege

Apple-ipad_brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-GE_Money_Bank_Handlekonto.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Air_11inch_Late2010_UG_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_nano_6thgen_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_touch_iOS4_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Air_13inch_Late2010_UG_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Pro_15inch_Early2011_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-Numbers09_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-Welcome_to_Leopard.pdf-Japon

Apple-PowerMacG5_UserGuide.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_touch_2.1_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-Boot_Camp_Installering-klargjoring.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacOSX10.3_Welcome.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_shuffle_3rdGen_UG_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPhone_4_Viktig_produktinformasjon.pdf-Norge-Norvege

Apple_TV_Klargjoringsoversikt.pdf-Norge-Norvege

Apple-iMovie_08_Komme_i_gang.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_classic_160GB_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-Boot_Camp_Installering_10.6.pdf-Norge-Norvege

Apple-Network-Services-Location-Manager-Veiledning-for-nettverksadministratorer-Norge-Norvege

Apple-iOS_Business_Mar12_FR.pdf

Apple-PCIDualAttachedFDDICard.pdf

Apple-Aperture_Installing_Your_Software_f.pdf

Apple-User_Management_Admin_v10.4.pdf

Apple-Compressor-4-ユーザーズマニュアル Japon

Apple-Network_Services_v10.4.pdf

Apple-iPod_2ndGen_USB_Power_Adapter-DE

Apple-Mail_Service_v10.4.pdf

Apple-AirPort_Express_Opstillingsvejledning_5.1.pdf

Apple-MagSafe_Airline_Adapter.pdf

Apple-L-Apple-Multiple-Scan-20-Display

Apple-Administration_du_service_de_messagerie_10.5.pdf

Apple-System_Image_Admin.pdf

Apple-iMac_Intel-based_Late2006.pdf-Japon

Apple-iPhone_3GS_Finger_Tips_J.pdf-Japon

Apple-Power-Mac-G4-Mirrored-Drive-Doors-Japon

Apple-AirMac-カード取り付け手順-Japon

Apple-iPhone開発ガイド-Japon

Apple-atadrive_pmg4mdd.j.pdf-Japon

Apple-iPod_touch_2.2_User_Guide_J.pdf-Japon

Apple-Mac_OS_X_Server_v10.2.pdf

Apple-AppleCare_Protection_Plan_for_Apple_TV.pdf

Apple_Component_AV_Cable.pdf

Apple-DVD_Studio_Pro_4_Installation_de_votre_logiciel

Apple-Windows_Services

Apple-Motion_3_New_Features_F

Apple-g4mdd-fw800-lowerfan

Apple-MacOSX10.3_Welcome

Apple-Print_Service

Apple-Xserve_Setup_Guide_F

Apple-PowerBookG4_17inch1.67GHzUG

Apple-iMac_Intel-based_Late2006

Apple-Installation_de_votre_logiciel

Apple-guide_des_fonctions_de_l_iPod_nano

Apple-Administration_de_serveur_v10.5

Apple-Mac-OS-X-Server-Premiers-contacts-Pour-la-version-10.3-ou-ulterieure

Apple-boot_camp_install-setup

Apple-iBookG3_14inchUserGuideMultilingual

Apple-mac_pro_server_mid2010_ug_f

Apple-Motion_Supplemental_Documentation

Apple-imac_mid2011_ug_f

Apple-iphone_guide_de_l_utilisateur

Apple-macbook_air_11inch_mid2011_ug_fr

Apple-NouvellesfonctionnalitesdeLogicExpress7.2

Apple-QT_Streaming_Server

Apple-Web_Technologies_Admin

Apple-Mac_Pro_Early2009_4707_UG

Apple-guide_de_l_utilisateur_de_Numbers08

Apple-Decouverte_d_Aperture_2

Apple-Guide_de_configuration_et_d'administration

Apple-mac_integration_basics_fr_106.

Apple-iPod_shuffle_4thgen_Guide_de_l_utilisateur

Apple-ARA_Japan

Apple-081811_APP_iPhone_Japanese_v5.4.pdf-Japan

Apple-Recycle_Contract120919.pdf-Japan

Apple-World_Travel_Adapter_Kit_UG

Apple-iPod_nano_6thgen_User_Guide

Apple-RemoteSupportJP

Apple-Mac_mini_Early2009_UG_F.pdf-Manuel-de-l-utilisateur

Apple-Compressor_3_Batch_Monitor_User_Manual_F.pdf-Manuel-de-l-utilisateur

Apple-Premiers__contacts_avec_iDVD_08

Apple-Mac_mini_Intel_User_Guide.pdf

Apple-Prise_en_charge_des_surfaces_de_controle_Logic_Express_8

Apple-mac_integration_basics_fr_107.pdf

Apple-Final-Cut-Pro-7-Niveau-1-Guide-de-preparation-a-l-examen

Apple-Logic9-examen-prep-fr.pdf-Logic-Pro-9-Niveau-1-Guide-de-preparation-a-l-examen

Apple-aperture_photography_fundamentals.pdf-Manuel-de-l-utilisateu

Apple-emac-memory.pdf-Manuel-de-l-utilisateur

Apple-Apple-Installation-et-configuration-de-votre-Power-Mac-G4

Apple-Guide_de_l_administrateur_d_Xsan_2.pdf

Apple-premiers_contacts_avec_imovie6.pdf

Apple-Tiger_Guide_Installation_et_de_configuration.pdf

Apple-Final-Cut-Pro-7-Level-One-Exam-Preparation-Guide-and-Practice-Exam

Apple-Open_Directory.pdf

Apple-Nike_+_iPod_User_guide

Apple-ard_admin_guide_2.2_fr.pdf

Apple-systemoverviewj.pdf-Japon

Apple-Xserve_TO_J070411.pdf-Japon

Apple-Mac_Pro_User_Guide.pdf

Apple-iMacG5_iSight_UG.pdf

Apple-premiers_contacts_avec_iwork_08.pdf

Apple-services_de_collaboration_2e_ed_10.4.pdf

Apple-iPhone_Bluetooth_Headset_Benutzerhandbuch.pdf

Apple-Guide_de_l_utilisateur_de_Keynote08.pdf

APPLE/Apple-Logic-Pro-9-Effectsrfr.pdf

Apple-Logic-Pro-9-Effectsrfr.pdf

Apple-iPod_shuffle_3rdGen_UG_F.pdf

Apple-iPod_classic_160Go_Guide_de_l_utilisateur.pdf

Apple-iBookG4GettingStarted.pdf

Apple-Administration_de_technologies_web_10.5.pdf

Apple-Compressor-4-User-Manual-fr

Apple-MainStage-User-Manual-fr.pdf

Apple-Logic_Pro_8.0_lbn_j.pdf

Apple-PowerBookG4_15inch1.67-1.5GHzUserGuide.pdf

Apple-MacBook_Pro_15inch_Mid2010_CH.pdf

Apple-LED_Cinema_Display_27-inch_UG.pdf

Apple-MacBook_Pro_15inch_Mid2009_RS.pdf

Apple-macbook_pro_13inch_early2011_f.pdf

Apple-iMac_Mid2010_UG_BR.pdf

Apple-iMac_Late2009_UG_J.pdf

Apple-iphone_user_guide-For-iOS-6-Software

Apple-iDVD5_Getting_Started.pdf

Apple-guide_des_fonctionnalites_de_l_ipod_touch.pdf

Apple_iPod_touch_User_Guide

Apple_macbook_pro_13inch_early2011_f

Apple_Guide_de_l_utilisateur_d_Utilitaire_RAID

Apple_Time_Capsule_Early2009_Setup_F

Apple_iphone_4s_finger_tips_guide_rs

Apple_iphone_upute_za_uporabu

Apple_ipad_user_guide_ta

Apple_iPod_touch_User_Guide

apple_earpods_user_guide

apple_iphone_gebruikershandleiding

apple_iphone_5_info

apple_iphone_brukerhandbok

apple_apple_tv_3rd_gen_setup_tw

apple_macbook_pro-retina-mid-2012-important_product_info_ch

apple_Macintosh-User-s-Guide-for-Macintosh-PowerBook-145

Apple_ipod_touch_user_guide_ta

Apple_TV_2nd_gen_Setup_Guide_h

Apple_ipod_touch_manual_del_usuario

Apple_iphone_4s_finger_tips_guide_tu

Apple_macbook_pro_retina_qs_th

Apple-Manuel_de_l'utilisateur_de_Final_Cut_Server

Apple-iMac_G5_de_lutilisateur

Apple-Cinema_Tools_4.0_User_Manual_F

Apple-Personal-LaserWriter300-User-s-Guide

Apple-QuickTake-100-User-s-Guide-for-Macintosh

Apple-User-s-Guide-Macintosh-LC-630-DOS-Compatible

Apple-iPhone_iOS3.1_User_Guide

Apple-iphone_4s_important_product_information_guide

Apple-iPod_shuffle_Features_Guide_F

Liste-documentation-apple

Apple-Premiers_contacts_avec_iMovie_08

Apple-macbook_pro-retina-mid-2012-important_product_info_br

Apple-macbook_pro-13-inch-mid-2012-important_product_info

Apple-macbook_air-11-inch_mid-2012-qs_br

Apple-Manuel_de_l_utilisateur_de_MainStage

Apple-Compressor_3_User_Manual_F

Apple-Color_1.0_User_Manual_F

Apple-guide_de_configuration_airport_express_4.2

Apple-TimeCapsule_SetupGuide

Apple-Instruments_et_effets_Logic_Express_8

Apple-Manuel_de_l_utilisateur_de_WaveBurner

Apple-Macmini_Guide_de_l'utilisateur

Apple-PowerMacG5_UserGuide

Disque dur, ATA parallèle Instructions de remplacement

Apple-final_cut_pro_x_logic_effects_ref_f

Apple-Leopard_Installationshandbok

Manuale Utente PowerBookG4

Apple-thunderbolt_display_getting_started_1e

Apple-Compressor-4-Benutzerhandbuch

Apple-macbook_air_11inch_mid2011_ug

Apple-macbook_air-mid-2012-important_product_info_j

Apple-iPod-nano-Guide-des-fonctionnalites

Apple-iPod-nano-Guide-des-fonctionnalites

Apple-iPod-nano-Guide-de-l-utilisateur-4eme-generation

Apple-iPod-nano-Guide-de-l-utilisateur-4eme-generation

Apple-Manuel_de_l_utilisateur_d_Utilitaire_de_reponse_d_impulsion

Apple-Aperture_2_Raccourcis_clavier

AppleTV_Setup-Guide

Apple-livetype_2_user_manual_f

Apple-imacG5_17inch_harddrive

Apple-macbook_air_guide_de_l_utilisateur

Apple-MacBook_Early_2008_Guide_de_l_utilisateur

Apple-Keynote-2-Guide-de-l-utilisateur

Apple-PowerBook-User-s-Guide-for-PowerBook-computers

Apple-Macintosh-Performa-User-s-Guide-5200CD-and-5300CD

Apple-Macintosh-Performa-User-s-Guide

Apple-Workgroup-Server-Guide

Apple-iPod-nano-Guide-des-fonctionnalites

Apple-iPad-User-Guide-For-iOS-5-1-Software

Apple-Boot-Camp-Guide-d-installation-et-de-configuration

Apple-iPod-nano-Guide-de-l-utilisateur-4eme-generation

Power Mac G5 Guide de l’utilisateur APPLE

Guide de l'utilisateur PAGE '08 APPLE

Guide de l'utilisateur KEYNOTE '09 APPLE

Guide de l'Utilisateur KEYNOTE '3 APPLE

Guide de l'Utilisateur UTILITAIRE RAID

Guide de l'Utilisateur Logic Studio

Power Mac G5 Guide de l’utilisateur APPLE

Guide de l'utilisateur PAGE '08 APPLE

Guide de l'utilisateur KEYNOTE '09 APPLE

Guide de l'Utilisateur KEYNOTE '3 APPLE

Guide de l'Utilisateur UTILITAIRE RAID

Guide de l'Utilisateur Logic Studio

Guide de l’utilisateur ipad Pour le logiciel iOS 5.1

PowerBook G4 Premiers Contacts APPLE

Guide de l'Utilisateur iphone pour le logiciel ios 5.1 APPLE

Guide de l’utilisateur ipad Pour le logiciel iOS 4,3

Guide de l’utilisateur iPod nano 5ème génération

Guide de l'utilisateur iPod Touch 2.2 APPLE

Guide de l’utilisateur QuickTime 7  Mac OS X 10.3.9 et ultérieur Windows XP et Windows 2000

Guide de l'utilisateur MacBook 13 pouces Mi 2010

Guide de l’utilisateur iPhone (Pour les logiciels iOS 4.2 et 4.3)

Guide-de-l-utilisateur-iPod-touch-pour-le-logiciel-ios-4-3-APPLE

Guide-de-l-utilisateur-iPad-2-pour-le-logiciel-ios-4-3-APPLE

Guide de déploiement en entreprise iPhone OS

Guide-de-l-administrateur-Apple-Remote-Desktop-3-1

Guide-de-l-utilisateur-Apple-Xserve-Diagnostics-Version-3X103

Guide-de-configuration-AirPort-Extreme-802.11n-5e-Generation

Guide-de-configuration-AirPort-Extreme-802-11n-5e-Generation

Guide-de-l-utilisateur-Capteur-Nike-iPod

Guide-de-l-utilisateur-iMac-21-5-pouces-et-27-pouces-mi-2011-APPLE

Guide-de-l-utilisateur-Apple-Qadministrator-4

Guide-d-installation-Apple-TV-3-eme-generation

User-Guide-iPad-For-ios-5-1-Software

Xsan 管理者ガイド 「Xsan Admin」やコマンドラインを使用して、 ストレージ・エリア・ネットワーク内の Xsan ボリュームを管理する方法が記載されています Apple Computer, Inc. © 2004 Apple Computer, Inc. All rights reserved. 「Xsan」ソフトウェアの正規ライセンス製品の使用許諾 を受けたお客様、またはかかるお客様の許諾を得た者は、 本ソフトウェアの使用を学習する目的で本書を複製する ことができます。本書のいかなる部分も、本書のコピー の販売または有償のサポートサービスなどの商用目的で、 複製または譲渡することは禁じられています。 Apple ロゴは、米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc. の商標です。キーボードから入力可能な Apple ロゴについても、これを Apple Computer, Inc. か らの書面による事前の承諾なしに商業的な目的で使用す ると、連邦および州の商標法および不正競争防止法違反 となる場合があります。 Apple、Appleロゴ、Mac、Macintosh、Mac OS、 Power Mac、および Xserve は、米国その他の国で登録 された Apple Computer, Inc. の商標です。Finder および Xsanは Apple Computer, Inc.の商標です。 UNIX は、X/Open Company, Ltd. が独占的にライセンス を保持している米国その他の国における登録商標です。 StorNext およびADIC は Advanced Digital Information Corporationの登録商標です。 J019-0192/08-27-04 3 3 目次 序章 7 このガイドについて 8 表記規則 第 1 章 9 Xsan の概要 9 「Xsan」とは 10 Xsanストレージ・エリア・ネットワーク 11 共有SAN ボリューム 11 コントローラとクライアント 11 SANの接続 12 Xsanストレージの構成 12 LUN(RAID アレイ) 13 ストレージプール 13 ボリューム 14 アフィニティのあるフォルダ 15 Xsanが使用可能なストレージを利用する方法 15 メタデータとジャーナルデータ 15 上位レベルでのストライピング 15 セキュリティ 16 ストレージを拡張する 16 「Xsan」の容量 第 2 章 17 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 18 ハードウェアおよびソフトウェア要件 18 対応するコンピュータ 18 対応するストレージ装置 19 ファイバーチャネル・ファブリック 19 Ethernet TCP/IPネットワーク 20 ディレクトリサービス 20 送信用メールサービス 21 SAN の計画を立てる 22 計画を立てる際の考慮事項とガイドライン 27 コンピュータとストレージ装置を接続する 27 LUN(RAIDアレイおよびスライス)を準備する 28 「Xsan Admin」アプリケーションを使用する4 目次 28 「Xsan Admin」を個別にインストールする 28 ファイアウォールを介して接続する 28 「Xsan Admin」の環境設定 28 ヘルプを参照する 28 コマンドラインを使用する 29 SAN の設定の概要 30 Xsanストレージ・エリア・ネットワークを設定する 38 SAN の名前を変更する 38 SAN を削除する 39 追加の SAN を設定する 第 3 章 41 SAN ストレージを管理する 42 ストレージを追加する 43 ストレージプールにLUNを追加する 44 ボリュームにストレージプールを追加する 45 SANにボリュームを追加する 46 フォルダにストレージプールアフィニティを割り当てる 47 フォルダ内のフォルダにアフィニティを割り当てる 47 アフィニティを取り除く 48 ストレージプールの設定を変更する 48 ストレージプールの名前を変更する 49 ストレージプールのアクセス権を設定する 49 ストレージプールに保存するファイルのタイプを選択する 50 ストレージプールのストライプ幅を設定する 51 複数の接続の選択方式を設定する 52 ボリュームの設定を変更する 52 ボリュームの名前を変更する 53 ボリュームの割り当て方式を設定する 54 ブロック割り当てサイズを設定する 55 ボリュームをデフラグする 56 ボリュームの整合性を確認する 56 ボリュームを修復する 第 4 章 57 クライアントとユーザを管理する 58 クライアントを追加する 58 クライアントを StorNext SANに追加する 59 ボリュームをクライアントにマウントする 59 クライアントとユーザのアクセスを制御する 59 ボリューム上のフォルダへのアクセスを制御する 60 クライアントからボリュームをマウント解除する 60 クライアントのアクセスを読み出し専用に制限する 60 クライアントをSAN から取り除く 60 「Xsan」ソフトウェアをコンピュータから取り除く目次 5 61 ユーザとグループのクオータを設定する 61 「Xsan」のクオータについて 62 クオータの使用状況を確認する 第 5 章 63 メタデータコントローラを管理する 64 コントローラを追加する 64 コントローラのフェイルオーバー優先順位を設定する 65 スタンバイコントローラに切り替える 66 ボリュームを管理しているコントローラを確認する 66 コントローラが管理するボリュームをリストする 67 コントローラの IP アドレスを変更する 68 コントローラソフトウェアをアップグレードする 68 コントローラの状況を監視する 第 6 章 69 SAN の状況を監視する 70 SAN ボリュームの空き容量を確認する 70 ストレージプールの空き容量を確認する 71 ユーザクオータの使用状況を確認する 71 コントローラの CPU およびネットワークの使用状況を示すグラフを表示する 72 状況通知を設定する 72 ファイルシステムのプロセスの状況を確認する 73 ログを表示する 73 ボリュームのクライアントを確認する 74 ファイバーチャネルの接続障害を確認する 74 Xserve RAIDシステムの状況を確認する 第 7 章 75 SAN の問題を解決する 75 「Xsan」ソフトウェアをインストールできない 75 設定中に一部のコンピュータが表示されない 75 「Xsan Admin」から SANコンピュータに接続できない 75 Xserve RAID システムにファイバーチャネルを介してアクセスできない 75 ボリュームをクライアントにマウントできない 76 ストレージプールを追加できない 77 スライスの作成後に一部の LUNが「Xsan Admin」に表示されない 77 コマンドラインツールの使用時の問題 77 SANユーザにエラーコード –1425 が表示される 77 LUNの容量が期待したほど多くならない 付録 A 79 Xsan および StorNextのクライアントとコントローラを結合する 79 互換性のあるソフトウェアバージョン 79 ライセンス許諾 79 用語 80 Macintoshクライアントを StorNext SAN に追加する 81 Xsanコントローラを StorNextクライアントと共に使用する6 目次 付録 B 83 コマンドラインを使用する 83 シェルコマンドを使用する 83 リモートコンピュータを操作する 83 マニュアルページを表示する 84 表記規則 84 コマンド 85 ボリュームおよびストレージプールの設定を表示または変更する(cvadmin) 88 ファイルまたはフォルダをコピーする(cvcp) 89 ボリュームを確認または修復する(cvfsck) 90 LUNにラベルを設定する(cvlabel) 91 アフィニティのあるフォルダを作成する(cvmkdir) 91 ファイルを作成して事前割り当てする(cvmkfile) 92 ボリュームを初期化する(cvmkfs) 92 ストレージプールの情報を表示する(cvsginfo) 92 ボリュームに設定の変更を適用する(cvupdatefs) 93 ボリュームのコントローラを起動する(fsm) 93 ポートマッパのプロセスを開始する(fsmpm) 93 ファイル、ディレクトリ、またはボリュームをデフラグする(snfsdefrag) 95 Xsan ボリュームをマウントする 95 Xsan ボリュームをマウント解除する 95 ログを表示する 96 設定ファイル 96 ボリュームの設定ファイル 102 ボリュームの自動開始リスト 104 コントローラのリスト 用語集 107 索引 111 7 序章 このガイドについて このガイドを使用して、ストレージ・エリア・ネットワーク上で Xsan ボリュームを設定および管理する方法を学習できます。 このガイドでは、「Xsan」を使用して Xserve RAID アレイおよびスライスを結合して大規模で拡張 の容易なストレージボリュームを構築する方法を示します。クライアントは、このストレージボ リュームをローカルディスクのように使用できますが、実際には高速のファイバーチャネル・ファ ブリックを介して共有されています。 第 1 章では、「Xsan」の概要および「Xsan」を使用して RAID アレイおよびストレージプールをスト レージの共有ボリュームに編成する方法について説明します。 第 2 章では、ハードウェアとソフトウェアの要件、SAN の計画のガイドライン、および Xsan SAN の基本的な設定手順について説明します。 第 3 章では、SAN へのストレージの追加、アフィニティのあるフォルダの作成、ボリュームとスト レージプールの設定変更、および SAN ボリュームの確認、デフラグメント、修復を行う方法につい て説明します。 第 4 章では、クライアントコンピュータの SANへの追加、ボリュームのクライアントへのマウント、 SAN ファイルへのクライアントアクセスやユーザアクセスの制御、およびクオータを使用したユー ザ領域の制御方法について説明します。 第 5 章では、メタデータコントローラの管理に関する情報を提供します。 第 6 章では、SAN の状態を監視したりレポートを自動作成したりする手順について説明します。 第 7 章では、起こる可能性のある一般的な問題の解決方法について説明します。 付録 A では、Xsan コントローラまたはクライアントを、同一 SAN 内の ADIC StorNext コントロー ラまたはクライアントに接続するのに役立つ情報を提供します。 付録 B では、「ターミナル」を使って Xsan SANを管理するのに役立つ、使用可能なコマンドライン ユーティリティおよび設定ファイルについて説明します。8 序章 このガイドについて 表記規則 このガイドでは、シェルコマンドやその他のコマンドラインユーティリティについて説明する場合 に、以下の規則が使用されます。 表記 意味 等幅フォント コマンド、または「ターミナル」で使用されるほかのテキスト $ シェルプロンプト [角かっこ内のテキスト ] オプションパラメータ (一方 |他方 ) 代替パラメータ(どちらか一方を入力します) 下線 値を指定する必要のあるパラメータ [...] 繰り返される可能性のあるパラメータ <山かっこ > SANの設定に応じて表示される値1 9 1 Xsanの概要 この章では、「Xsan」およびストレージ・エリア・ネットワークの概 要について説明します。 この章では、「Xsan」の概要、および高速な共有ストレージを実現するストレージ・エリア・ネット ワーク(SAN)を「Xsan」で設定する方法について説明します。 「Xsan」とは 「Xsan」は、ストレージ・エリア・ネットワークのファイルシステムおよび管理アプリケーション (「Xsan Admin」)です。「Xsan」を使用すると、クライアントコンピュータ上のユーザおよびアプ リケーションに拡張可能なストレージへの高速な共有アクセスを提供できます。 「Xsan」を使用してRAID アレイをボリュームに 統合すると、クライアント はこのボリュームを ローカルディスクの ように使用できます。 ボリューム ファイバー チャネル SAN vol RAIDアレイ (LUN) ストレージ プール10 第1章 Xsanの概要 Xsan ストレージ・エリア・ネットワーク ストレージ・エリア・ネットワークとは、コンピュータをストレージ装置に接続する方法のことで あり、複数のユーザがファイルにすばやくアクセスしたり、管理者がユーザの操作を中断せずに必 要に応じてストレージ装置の容量を拡張したりすることを可能にします。 「Xsan」は次の要素で構成されます: • Xserve RAIDシステムに保存される共有ストレージのボリューム。クライアントでは、マウントし ているボリュームとしてローカルディスクと同じように使用できます • 共有ボリュームへのアクセスを調整するメタデータコントローラとしての役割を果たす、1 つ以上 のコンピュータ • 確立されたアクセス権とクオータに従ってストレージにアクセスするクライアントコンピュータ • 基になるファイバーチャネル・ネットワークおよび Ethernet ネットワーク 次の図に、一般的な Xsan SAN の物理コンポーネントの例を示します。 メタデータ コントローラ クライアント スタンバイ コントローラ Xserve RAID ストレージ ファイバー チャネル・スイッチ Ethernet - TCP/IP (パブリック) Ethernet - TCP/IP (プライベート) イントラネット/ インターネット第 1 章 Xsan の概要 11 共有 SAN ボリューム ユーザおよびアプリケーションには、共有 SAN ストレージはローカルボリュームとして表示されま す。Xsan ボリュームは、RAID アレイのグループで構成される論理ディスクです。Xsan ボリューム の作成時に組み合わせる要素については、12 ページの「Xsan ストレージの構成」を参照してくだ さい。 コントローラとクライアント Xsan SANにコンピュータを追加するときに、そのコンピュータが果たす役割(クライアント、コン トローラ、またはその両方)を指定します。 コントローラ Xsan SANを設定するときに、1つ以上のコンピュータにコントローラとしての役割を割り当てます。 コントローラは、SAN ボリュームのメタデータを管理したり、ファイルシステムのジャーナルを維 持したり、ファイルへの同時アクセスを制御したりします。メタデータには、ファイルの実際の保 存場所や、使用可能なストレージのどの部分が新しいファイルに割り当てられるかなどの情報が含 まれています。 10 ページの図に示すように、高可用性が必要な場合は、複数のコントローラを SAN に追加できま す。プライマリコントローラに障害が発生した場合は、スタンバイサーバがその役割を代行します。 コントローラはクライアントの役割も果たすことができるので、プライマリコントローラの動作中 にスタンバイコントローラを作業クライアントとして使用できます。 クライアント ユーザまたはアプリケーションが SANボリュームへのアクセスに使用するコンピュータは、クライ アントと呼ばれます。クライアントは、Ethernet ネットワークを介してコントローラと通信します。 ただし、ボリュームのストレージ機能を提供する RAID システムとの間でファイルデータを送受信す るときには、ファイバーチャネルを使用します。 SANの接続 「Xsan」では、ストレージ装置、メタデータコントローラ、およびクライアントコンピュータに接続 するときに独立したネットワークを使用します。このネットワークは、1 つのファイバーチャネル・ ネットワークと 1 つまたは 2つの Ethernet ネットワークで構成されます。 ファイバーチャネルを介するユーザデータ ユーザデータは、高速なファイバーチャネル接続を介して転送されます。 Ethernet を介するメタデータ ファイバーチャネル接続上の不要なトラフィックを排除するために、コントローラおよびクライア ントでは Ethernet ネットワークを使用してファイルシステムのメタデータを交換します。また、 「Xsan Admin」アプリケーションでは、ユーザが SAN を管理できるようにするために Ethernet 接 続を使用します。 ファイバーチャネルのマルチパス 「Xsan」では、クライアントとストレージの間で複数のファイバーチャネル接続を利用できます。 「Xsan」では、読み出しおよび書き込みのための接続を交互に切り替えたり、ボリュームをマウント するときにボリューム内の各 LUN をいずれかの接続に割り当てたりできます。12 第1章 Xsanの概要 Xsan ストレージの構成 ユーザは、ローカルディスクの場合と同じ方法で Xsan ボリュームを使用します。SAN ボリューム が実際にはRAID技術を使用して複数のレベルで結合した多数の物理ディスクによって構成されてい ることは、ユーザには分かりません。 次の図に、Xserve RAID システム内の個々のドライブモジュールから提供されるディスク容量が、 ユーザからは 1 つの大きなローカルディスクに見えるボリュームとして結合される例を示します。 ここからは、これらのストレージ要素と、これらの要素を構成して共有 Xsan ボリュームを作成する 方法について説明します。 LUN(RAIDアレイ) 「Xsan」で使用する最も小さいストレージ要素は、LUN(SCSI 論理ユニット番号)と呼ばれる論理 ストレージ装置です。ほとんどのストレージ・エリア・ネットワークでは、LUN は RAID アレイや JBOD(ディスクの房)装置などの装置のグループを表します。「Xsan」では、LUN は Xserve RAID アレイまたはスライスです。 「RAID Admin」を使って Xserve RAIDアレイを作成するときに、LUN を作成します。Xserve RAID システム内のコントローラハードウェアおよびソフトウェアによって、個々のドライブモジュール が、選択した RAID方式に基づいて 1つのアレイに結合されます。ネットワーク上では、各アレイが 独立したLUNとして表示されます。アレイをスライスすると、各スライスはLUNとして表示されます。 速い 安全 ストレージプール ストレージプール (ストライピング) (ストライピング) RAID 0 アレイ RAID 0 アレイ LUN LUN RAID 0 アレイ RAID 0 アレイ LUN LUN RAID 5 アレイ RAID 5 アレイ LUN LUN RAID 5 アレイ RAID 5 アレイ LUN LUN 共有SAN ボリューム アフィニティ アフィニティ第 1 章 Xsan の概要 13 SAN ボリュームの設定時に最初に行う作業の 1 つとして、LUNを準備します。新しい Xserve RAID 上にある 2 つの RAID 5 アレイがアプリケーションに合わない場合は、「RAID Admin」を使用して 別の RAID 方式に基づいてアレイを作成できます。LUN の方式の選択については、23 ページの「LUN の RAID 方式を選択する」を参照してください。 12ページの図に、それぞれが 2 つのアレイを管理する 4 つの Xserve RAID システムの例を示しま す。半数のアレイでは速度を得るために RAID 0方式(ストライピングのみ)を使用し、残りのアレ イではデータの消失に対処できるように RAID 5(分散型パリティ)を使用します。「Xsan」では、 アレイはボリュームを作成するために結合可能な LUN として認識されます。 Xserve RAIDの LUN を設定した後で、これらの LUNを「Xsan Admin」でラベル設定および初期化 して、Xsanファイルシステムで使用できるようにします。 ストレージプール 複数の LUN を結合すると、ストレージプールが形成されます。小さいボリュームではストレージ プールが 1 つの RAIDアレイで構成されることもありますが、多くのボリュームではストレージプー ルは複数のアレイで構成されます。 「Xsan」では、RAID 0(ストライピング)方式を使用して、ストレージプール内の LUN 全体にファ イルデータを並列して分散させます。したがって、ストレージプール内の複数の LAN に対して使用 可能なストレージを分散させることで、アクセス速度を向上させることができます。 パフォーマンスや復元可能性の特性が異なる複数のストレージプールを設定したり、アフィニティ を使用してストレージプールにフォルダを割り当てたりできます。ファイルの保存場所は、速度ま たは安全に関する必要に応じて選択できます。詳しくは、14ページの「アフィニティのあるフォル ダ」を参照してください。 たとえば、12 ページの図では、8 つの LUN が 2 つのストレージプールに結合されていて、1 つの プールは RAID 0(高速だが復元できない)アレイで構成され、もう 1 つのプールは RAID 5(高速 ではないが復元可能)アレイで構成されています。「Xsan」では、各ストレージプールで 4つの LUN 全体にデータをストライプします。 使用可能な LUN を特定のストレージプールに追加するには、「Xsan Admin」を使用します。 ボリューム ストレージプールを結合すると、ユーザに表示されるボリュームが作成されます。ユーザには、SAN ボリュームの表示および動作は、次の点を除いて、大きなローカルディスクとまったく同じように 見えます: • 基になるアレイまたはストレージプールを追加すると、ボリュームのサイズを増やすことができ ます • SAN のほかのユーザが同じボリューム上のファイルに同時にアクセスできます 12ページの図に示した例では、2 つのストレージプールを結合して 1 つの共有ボリュームを作成し ています。 「Xsan Admin」アプリケーションを使用してボリュームを作成し、クライアントコンピュータにマ ウントします。14 第1章 Xsanの概要 次の画面イメージは、「Xsan Admin」アプリケーションで LUN、ストレージプール、およびボリュー ムが編成された状態を示しています。この例では、「Test SAN」という名前の SAN に「SanVol」と いう名前の 1 つの共有ボリュームが含まれています。ボリュームのストレージは「Pool1」および 「Pool2」という 2 つのストレージプールによって提供されており、これらのストレージプールはそ れぞれ 1 つの LUN に基づいています。各LUNは、115 GB のドライブモジュールを使用する Xserve RAID 上の 3つのディスクによる RAID 5 アレイです。 アフィニティのあるフォルダ 特定のファイルの保存に使用するストレージプールを制御するために(たとえば、複数のユーザまた はアプリケーションにそれぞれ異なるレベルのサービスを提供するために)、Xsan ボリューム上の フォルダを、そのボリュームを構成するいずれかのストレージプールに関連付けることができます。 たとえば、パフォーマンスとデータ冗長性のバランスが異なる複数のストレージプールを設定する 場合、適切なフォルダにファイルを入れることで、速度または安全性のいずれかに優れたストレー ジを選択できます。 12ページの図では、定義済みのフォルダにRAID 0 アレイに基づく高速なストレージプールのアフィ ニティが設定されています。ユーザによってこのフォルダにコピーされたファイルは、速度に優れ たアレイに自動的に保存されます。もう 1 つのフォルダは、セキュリティに優れた RAID 5 ストレー ジに関連付けられています。 ボリューム ストレージプール LUN SAN第 1 章 Xsan の概要 15 Xsan が使用可能なストレージを利用する方法 「Xsan」では、ユーザファイルとファイルシステムのデータの両方を SAN ボリュームに保存し、ボ リューム内の LUN 全体にデータをストライプしてパフォーマンスを向上させます。 メタデータとジャーナルデータ 「Xsan」では、メタデータファイルとファイルシステムのジャーナルを使用して、ファイルに関する 情報を Xsanボリュームに記録します。ファイルシステムのメタデータには、特定のファイルの保存 に使用されるディスクの具体的な部分、そのファイルがアクセス中かどうかなどに関する情報が含 まれています。ジャーナルデータには、ファイルシステムのトランザクションの記録が含まれてい ます。これは、障害が発生した場合にファイルの整合性を確認するのに役立つことがあります。 これらのファイルは Xsanメタデータコントローラによって管理されますが、ファイルはコントロー ラ自体ではなく SAN のボリュームに保存されます。デフォルトでは、メタデータおよびジャーナル データは、ボリュームに最初に追加されたストレージプールに保存されます。新しいボリュームに ストレージプールを追加する場合、これらのファイルの保存場所は「Xsan Admin」を使って選択で きます。 上位レベルでのストライピング RAID 0(ストライピング)を使用して RAID アレイにファイルを書き込むとき、ファイルはアレイ 内の個々のディスクドライブ全体に分散する複数のセグメントに分割されます。これにより、ファ イルの断片が(一度に 1 つずつではなく)アレイ内の個々のディスクに並列で書き込まれるため、パ フォーマンスが向上します。「Xsan」では、ストレージ階層の 2 番目の上位レベルにこの技術を適用 しています。ボリューム内の各ストレージプールで、「Xsan」はストレージプールを構成する個々の LUN 全体にファイルデータをストライプします。このときも、データが並列で書き込まれるのでパ フォーマンスが向上します。 重要なアプリケーションの要件を満たすように、ストレージプール内の各 LUN に書き込まれるデー タの量(ストライプ幅)を調節することで、SANのパフォーマンスを調整できます。 セキュリティ SAN 管理者は、共有ボリュームへのアクセスをいくつかの方法で制御できます。 まず、ユーザは SANボリュームをブラウズまたはマウントできません。SAN 管理者だけが、どのク ライアントコンピュータにどのボリュームをマウントするかを指定できます。管理者がデータへの アクセスを制御する方法の 1 つは、適切なクライアントコンピュータにのみボリュームをマウント することです。 ユーザがボリューム上のデータを変更できないようにするには、読み出し専用のアクセス権を持つ ボリュームをマウントします。 「Finder」の場合と同じように、オーナー、グループ、および一般のアクセス権を指定することで、 ボリューム上のフォルダへのユーザアクセスを制御することもできます。 基になるファイバーチャネル・ネットワークにゾーンを設定して、ユーザとボリュームを分離する こともできます。16 第1章 Xsanの概要 ストレージを拡張する ファイルへのアクセスでXsanボリュームに依存しているユーザまたはアプリケーションを中断せず に、そのボリュームに空き容量を追加することができます。ボリュームにストレージを追加する方 法として、次の 2 つがあります: • Xserve RAIDシステム(新しい LUN)を既存のストレージプールに追加する • 新しいストレージプール全体をボリュームに追加する 最初の方法では、クライアント上のボリュームをマウント解除してマウントし直す必要があります。 2 番目の方法では、使用するボリュームの使用可能な容量が増えたことが分かる点を除いて、ユーザ が変更に気付かないように容量を追加できます。 また、いつでも新しいボリュームを SANに追加できます。 Xsanストレージの拡張については、42 ページの「ストレージを追加する」を参照してください。 「Xsan」の容量 次の表に、Xsanボリュームの制限と容量をリストします。 パラメータ 最大値 SAN 内のコンピュータの数(コントローラとクライアント) 64 ボリューム内のストレージプールの数 512 ストレージプール内の LUNの数 32 ボリューム内の LUNの数 512 ボリューム内のファイルの数 4,294,967,296 ボリュームのサイズ 16 TB ファイルのサイズ 16 TB ボリューム名の長さ 70 文字 ファイル名またはフォルダ名の長さ 251 文字 SAN の名前の長さ 255 文字 ストレージプール名の長さ 255 文字2 17 2 ストレージ・エリア・ネットワークを 設定する この章では、Xsan SAN を設定するための要件、計画のヒント、およ び手順について説明します。 この章の内容は次のとおりです: • 「Xsan」のハードウェアおよびソフトウェア要件(18 ページ) • 計画のガイドライン(21 ページ) • SAN の設定手順(29 ページ)18 第2章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する ハードウェアおよびソフトウェア要件 ご使用の SAN 環境が以下の要件を満たしている必要があります: • 対応するコンピュータ • 対応するストレージ装置 • ファイバーチャネル・ファブリック、アダプタ、およびスイッチ • Ethernet ネットワーク • ディレクトリサービス(オプション) • 送信用メールサービス(オプション) 対応するコンピュータ Xsanコントローラおよびクライアントコンピュータは、次の最小要件を満たす必要があります: システム • Xserve • Xserve G5 • Power Mac G4 デュアル800 MHz 以上 • Power Mac G5 メモリ • クライアントには 256 MB以上の RAMが必要です。 • コントローラには512 MB以上のRAMが必要です。(最適なパフォーマンスを得るには、コントロー ラが管理する SAN ボリュームごとに 512 MBの RAM を追加してください。) 対応するオペレーティングシステム • Mac OS X v10.3、バージョン 10.3.5以降 • Mac OS X Server v10.3、バージョン 10.3.5以降 Windows、AIX、IRIX、Linux、および Solaris の各クライアントでは、ADIC 社の StorNext File Systemバージョン 2.4が稼働している必要があります。 対応するストレージ装置 このガイドでは、ストレージ装置として Xserve RAID システムを使用していることを前提としてい ます。 重要:「Xsan」で Xserve RAID システムを使用する前に、Xserve RAID システムに最新のファーム ウェア・アップデートを必ずインストールしてください。 ビデオ編集などの負荷の大きいアプリケーションでは、以下を装備した Xserve RAID システムを使 用してください: • 14のモジュールで構成される Apple Drive Module 一式 • コントローラごとに 512 MBのキャッシュ(合計で 1 GB)第 2 章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 19 ファイバーチャネル・ファブリック Ethernet を介して転送されるファイルシステムのメタデータとは異なり、Xsan SANのファイルの実 際の内容はファイバーチャネル接続を介して転送されます。接続を設定するには、以下が必要です: • 各クライアントおよびコントローラコンピュータ用の Apple Fibre Channel PCI カード • 1 つ以上の対応するファイバーチャネル・スイッチ • コンピュータとストレージ装置をスイッチに接続してファイバーチャネル・ファブリックを形成 するファイバーチャネル・ケーブル ファイバーチャネル PCI カード SAN に接続するすべての Macintosh コンピュータに、Apple Fibre Channel PCI カードを取り付け ます。 ファイバーチャネル・スイッチ 「Xsan」、Xserve RAID システム、および Apple Fibre Channel PCI カードで動作が検証済みのファ イバーチャネル・スイッチを以下に示します: • Brocade Silkworm 3200、3800、3900、および 12000 シリーズ • QLogic SANbox 2–8、SANbox 2–16、SANbox 2–64、および SANbox 5200 • Emulex SAN Switch 355、375、および9200 最新の検証済みスイッチのリストについては、「Xsan」の Web ページ(www.apple.com/jp/xsan) を参照してください。 ファブリックの設定 ファイバーチャネル内のコンピュータ、ストレージ装置、およびスイッチを接続して、ファイバー チャネル「ファブリック」を形成する必要があります。ファブリック内で、ファイバーチャネル・ ケーブルによりノードポート(F または N ポート)が接続されます。詳細は、お使いのファイバー チャネル・スイッチに付属のマニュアルを参照してください。 参考:Vixel 355 スイッチをご使用の場合は、Xserve RAID システムをスイッチの FL(アービトレー ト型ループ)ポートに接続する必要があります。 上記の Vixel 355 スイッチの場合を除いて、ファイバーチャネルのアービレート型ループ(FL ポー ト)を Xsan SANで使用することはできません。 Ethernet TCP/IP ネットワーク SAN 内のコンピュータは、Ethernet ネットワークにも接続されている必要があります。「Xsan」で は、このネットワークをファイバーチャネル・ネットワークの代わりに使用して、ファイルシステ ムのメタデータを転送し、ファイルの実際の内容用のファイバーチャネル接続を予約します。 SAN 内のコンピュータがディレクトリサーバ、企業や大学のイントラネット、またはインターネッ トと通信する必要がある場合は、各SAN クライアントおよびコントローラを 2つの異なる Ethernet ネットワーク(1 つは SAN 用のプライベートサブネット、もう 1 つはディレクトリ、イントラネッ ト、またはインターネット・トラフィック用の個別の接続)に接続する必要があります。ビデオ編集 などの高いパフォーマンスが要求されるアプリケーションで SAN を使用する場合、これは重要です。20 第2章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する IPアドレスとドメイン名 最善の結果を得るため、SAN Ethernet ネットワークに接続されたすべてのクライアント、コント ローラ、およびストレージ装置に、固定したルーティングされない IP アドレスを割り当ててくださ い。次の範囲の IP アドレスをプライベート(ルーティングされない)サブネットで使用できます: ディレクトリサービス SAN 上のファイルやフォルダへのアクセス制御にユーザとグループのアクセス権を使用する場合 は、ユーザとグループのディレクトリを設定または接続することで管理を簡略化できます。必須で はありませんが、一元化されたディレクトリを使用することで、すべての SAN クライアントおよび コントローラを参照することなく、1 台のコンピュータ上でユーザとグループを管理できます。 ディレクトリがすでに存在する場合は、各コントローラおよびクライアントで「ディレクトリアク セス」アプリケーションを使用してディレクトリにアクセスし、ユーザとグループの情報を取得で きます。 一元化されたディレクトリサービスを使用しない場合は、SAN コンピュータごとにユーザとグルー プを設定する必要があります。 重要:各 SAN コンピュータでユーザとグループを作成する場合は、1)各ユーザまたはグループが SAN 全体で一意な数値のユーザ ID(UID)またはグループ ID(GID)を持ち、2)複数のコンピュー タで定義された各ユーザまたはグループが各コンピュータ上で同一の UIDまたは GID を持つように してください。 ディレクトリへのアクセス権がない場合は、Mac OS X Server のディレクトリサービスを使用して、 SAN のユーザとグループの LDAP ディレクトリを設定できます。 送信用メールサービス 「Xsan」では、ローカルサブネットまたは企業ネットワーク上のメールを使用することで、別のメー ルサーバを使用せずに SAN の状況通知を送信できます。ただし、ローカルネットワークの外部に通 知を送信する場合は、メールゲートウェイとして動作する SMTP サーバが必要です。送信用メール サーバへのアクセス権がない場合は、Mac OS X Server のメールサービスを使用して設定できます。 プライベートアドレスの範囲 関連付けられたサブネットマスク コメント 10.0.0.0~ 10.255.255.255 255.0.0.0 10/8 172.16.0.0~ 172.31.255.255 255.240.0.0 172.16/12 192.168.0.0 ~192.168.255.255 255.255.0.0 192.168/16第 2 章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 21 SAN の計画を立てる ユーザの作業を中断することなく既存の Xsan SAN にストレージを追加するのは簡単ですが、設定 した後で SAN を編成し直すのはそれほど簡単ではありません。このため、設定を行う前に SAN お よびそのストレージのレイアウトと編成を計画しておくことは重要です。 Xsan SANは以下のコンポーネントで構成されます: • ストレージ装置(通常は Xserve RAIDシステム) • LUN(論理ユニット番号、通常は RAID アレイ) • ストレージプール(LUN のグループ) • ボリューム(ユーザに表示されるストレージプールのグループ) • クライアント(ボリュームを使用するコンピュータ) • コントローラ(ボリュームのメタデータを管理するコンピュータ) • 基になるファイバーチャネル・ネットワークと Ethernet ネットワーク 「Xsan Admin」を使用して SAN を設定する前に、これらのコンポーネントの編成方法を決める必要 があります。時間を取って、使用可能なハードウェアをユーザおよび SAN 管理者双方の必要を満た すように RAID アレイ、ストレージプール、ボリューム、クライアントコンピュータ、およびコント ローラに編成する図面または表を作成してください。 最初に、次の項目を検討してください: • どれくらいのストレージが必要ですか? • 使用可能なストレージをどのようにユーザに提供しますか? • ユーザのワークフローに最適なストレージの編成はどのようなものですか? • ユーザはどの程度のパフォーマンスを必要としますか? • 高可用性はどれほど重要ですか? • セキュリティ要件はどのようなものですか? 上記の質問に対する答えは、以下の点を決めるのに役立ちます: • RAID アレイにどの RAID方式を使用しますか? • 必要な SAN ボリュームの数はいくつですか? • 個々のボリュームをどのように編成する必要がありますか? • 各ストレージプールでどの LUN を使用しますか? • 各ボリュームはどのストレージプールで構成されますか? • 各ボリュームへのアクセス権を保持するのはどのクライアント、ユーザ、およびグループですか? • コントローラとして動作するのはどのコンピュータですか? • スタンバイコントローラは必要ですか? • コントローラをクライアントとしても使用しますか? • ファイルシステムのメタデータおよびジャーナルデータをどこに保存しますか? • どのような割り当て方式を使用しますか? 上記の質問に対する答えから適切な SAN設計を導き出すため、以降のページに記載されている考慮 事項とガイドラインを検討してください。22 第2章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 計画を立てる際の考慮事項とガイドライン 以下に、SAN の設計上の決定を行うのに役立つ情報を示します。 どれくらいのストレージが必要ですか? ユーザの作業を中断することなく Xsan SAN にストレージを追加するのは簡単なので、必要なのは 適切な開始点を決めることだけです。その後、必要に応じてストレージを追加できます。 使用する Xserve RAIDシステムの数は、使用可能な容量だけでなく SAN のパフォーマンスにも影響 を及ぼすことに留意してください。詳しくは、「パフォーマンスに関する考慮事項」を参照してくだ さい。 使用可能なストレージをユーザにどのように表示しますか? 特定のプロジェクトに参加しているユーザに対して専用の作業用ボリュームを表示する場合は、プ ロジェクトごとにボリュームを作成します。ユーザに対してボリューム内のユーザ用の作業フォル ダに加えてほかのユーザのフォルダも表示する場合は、1 つのボリュームを作成してそのボリューム を複数のプロジェクトフォルダに編成することができます。 ワークフローに関する考慮事項 ユーザのワークフローでは、いくつのファイル共有が必要ですか? たとえば、異なる複数のユーザ またはグループが同一のファイル上で同時にまたは連続して作業を行う場合、これらのファイルを 1 つのボリュームに保存することで、コピーの維持や引き渡しをしなくて済みます。「Xsan」では、 ファイルロックを使用して、複数のファイルの 1 つのコピーに対する共有アクセスを管理します。 パフォーマンスに関する考慮事項 高解像度のビデオキャプチャや再生など、実行可能な最高速度で継続的なデータ転送を必要とする アプリケーションに SAN が対応する場合は、以下に示すパフォーマンス上の考慮事項を念頭に置い て SAN を設計してください: • 高性能な RAID 方式を使用して、LUN(RAIDアレイ)を設定します。詳しくは、23 ページの「LUN の RAID 方式を選択する」を参照してください。 • アプリケーション用に予約したストレージプール内で最も高速な LUN をグループ化します。負荷 がそれほど大きくないアプリケーションや補助アプリケーション専用のボリュームには、低速な デバイスを予約します。 • 並列処理を強化するには、LUNを異なる Xserve RAIDコントローラ全体に展開します。たとえば、 Xserve RAID の一方に単一の 4 ディスク LUN を作成する代わりに、2 ディスク LUN を両方に 1 つずつ作成して、これらの LUN をストレージプールに追加します。これにより、「Xsan」では、 データを 2 つの LUN の両方にストライプして、2 台のコントローラによる同時転送の恩恵を受け ることができます。 • 比較的小さなストレージプール(1 個から数個のドライブモジュールの規模)で並列処理を強化す るには、1 個か 2 個のドライブモジュールからストレージプールを作成するのではなく、コント ローラ上のすべてのドライブに類似のサイズのスライスを作成します。 • ファイル転送を可能な限り多くのドライブおよび RAID コントローラ全体に展開します。スライス を RAID システムのドライブ全体に作成するようにし、これらのスライスを結合して 1 つのスト レージプールにします。 • スループットを向上させるには、クライアントのファイバーチャネル・カード上の両方のポート をファブリックに接続し、ストレージプール用のマルチパス方式を「動的」に設定します。第 2 章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 23 • ユーザファイル、ファイルシステムのメタデータ、およびジャーナルファイルを別々のストレー ジプールに保存し、異なる RAID コントローラの LUN を使用してこれらのストレージプールを作 成します。 • ルータを使用して、SANが使用する Ethernet ネットワークを社内イントラネットまたはインター ネットから分離します。さらに優れた方法は、SAN用の別の Ethernet ネットワーク(各 SAN コ ンピュータに別個の Ethernet カードを使用します)を使用することです。 • SAN でディレクトリサービス、メールサービス、またはその他のサービスを使用する場合は、別 の Ethernet ネットワークを使用して SAN コンピュータをそのサーバに接続します。 • 一般に、ファイルシステムのオーバーヘッドを考慮しても、1 つの Xserve RAID コントローラで毎 秒約 80 MB(Xserve RAID システムでは 160 MB)のユーザデータを転送できます。クライアン トごとに特定のスループットを必要とする、複数のクライアント上で稼働するアプリケーション に SAN で対応する必要がある場合は、この値を使って、転送速度の合計に対応するのに必要な Xserve RAIDシステムの数を見積もることができます。 可用性に関する考慮事項 データにとって高可用性が重要な場合は、プライマリコントローラに加えて、1 つ以上のスタンバイ コントローラを設定します。また、冗長なファイバーチャネル・スイッチを使用して、各クライア ント、コントローラ、およびストレージ装置間で二重のファイバーチャネル接続を設定することも 考慮してください。 重要:スタンバイコントローラを使用していないでメタデータコントローラに障害が発生すると、ボ リュームのデータがすべて失われる可能性があります。スタンバイコントローラを使用することを お勧めします。 また、スタンバイコントローラがある場合は、SAN を中断させることなく「Xsan」ソフトウェアを アップグレードできます。詳しくは、68 ページの「コントローラソフトウェアをアップグレードす る」を参照してください。 セキュリティに関する考慮事項 セキュリティで完全に保護され、相互に分離されている必要のあるプロジェクトに SAN で対応する 場合は、プロジェクトごとにボリュームを作成して、ボリュームに保存されたファイルにクライア ントまたはユーザが不正にアクセスする可能性を排除できます。 SAN 管理者は、どのクライアントコンピュータにボリュームの使用を許可するかを制御できます。 クライアントは、クライアント自体の SAN ボリュームをブラウズまたはマウントすることはできま せん。ボリュームをマウントするクライアントを指定するには、「Xsan Admin」を使用します。 また、ボリューム上に作成したフォルダにユーザとグループのアクセス権を割り当てたり、標準の ファイルアクセス権を使用してその他の項目へのアクセスを制御したりできます。 LUNの RAID 方式を選択する SAN のデータの信頼性および復元可能性の多くは、「Xsan」自体ではなく、ストレージプールとボ リュームを作成するために結合した RAID アレイにより提供されます。SAN を設定する前に、「RAID Admin」を使って、特定の RAID 方式に基づいて LUN を準備します。24 第2章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する Xserve RAIDは、一般的な RAID レベルすべてに対応しています。次の表に示すように、RAID 方式 ごとに、提供されるパフォーマンス、データ保護、およびストレージ効率のバランスが異なります。 RAID 10、30、および 50 の方式は、AppleRAID ソフトウェアストライピングを使用することを前提 としているため、独自のストライピングを使用する「Xsan」には適しません。お使いのアレイに適 した RAID 方式を選択するのに役立つ詳しい情報については、「Xserve RAID ユーザーズガイド」ま たは「Xserve RAID テクノロジーオーバービュー」(www.apple.com/jp)を参照してください。 ボリュームの数を決定する ボリュームは、SAN の共有ストレージの最も大きな単位です。ユーザがファイルへの共有アクセス を必要とする場合は、それらのファイルを同一のボリュームに保存する必要があります。これによ り、ユーザ間でファイルのコピーを受け渡しする必要がなくなります。 一方、セキュリティの保護が重要な課題である場合は、クライアントアクセスを制御する 1 つの方 法は、別々の複数のボリュームを作成して、認可されたボリュームだけを各クライアントにマウン トすることです。 通常、もっとセキュリティと共有アクセスのバランスを取るには、柔軟性のある妥協案として、1 つ のボリュームを作成し、フォルダアクセス権を使用してアクセスを制御します。 参考:ボリュームの最大サイズは 16 TBです。16 TBを超えるストレージが必要な場合は、複数のボ リュームを作成する必要があります。 ボリュームの編成方法を決定する 定義済みのフォルダを作成することで、ユーザがボリュームのデータを編成するのを支援したり、 ユーザをボリューム内の特定の領域に制限したりできます。「Xsan Admin」を使ってアクセス権を 割り当てることによって、これらのフォルダへのアクセスを制御できます。 アフィニティを使用して、フォルダを特定のストレージプールに割り当てることができます。たと えば、高速なアクセスを必要とするデータ用のフォルダを作成して、そのフォルダを最も高速なス トレージプールに割り当てることができます。 LUNをストレージプールに割り当てる ストレージプールを設定する場合は、類似の容量およびパフォーマンス特性を持つ LUN を使用する 必要があります。 RAID レベル ストレージ効率 読み出しパフォーマンス 書き込みパフォーマンス データの冗長性 RAID 0 最高 非常に高い 最高 なし RAID 1 低 高 中 あり RAID 3 高~非常に高い 中 中 あり RAID 5 高~非常に高い 高 高 あり RAID 0+1 低 高 高 あり第 2 章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 25 高パフォーマンスを実現するため、「Xsan」では、RAID 0 方式を使用してデータをストレージプー ル内の LUN 全体にストライプします。このため、プール内の LUN が同じサイズである必要がありま す。サイズの異なる LUNを使用してストレージプールを設定する場合、「Xsan」では、各 LUN 上の 使用可能な容量のうち、最小の LUN の容量と同じ容量を使用します。このため、各 LUN のサイズが 異なる場合、容量が無駄になります。たとえば、240 GBと 360 GBの RAID アレイをストレージプー ルに割り当てる場合、容量の大きいアレイの 120 GB は使用されません。類似の容量の LUN を結合 することで、使用可能なストレージの浪費を避けることができます。 パフォーマンス要件の高いアプリケーションで使用するストレージプールを設定する場合は、同程 度に高速な LUN を割り当ててください。パフォーマンス要件がそれほど重要ではないデータを保存 するストレージプールには、より低速の LUN を割り当てます。 異なるドライブモジュールおよび RAID コントローラ上で管理される LUN からストレージプールを 作成すると、データ転送の並列処理が向上するため、パフォーマンスが向上します。たとえば、そ れぞれがXserve RAIDの左側にある 1つのドライブモジュールである 2つのLUNで構成されるスト レージプールは、7 つのドライブすべてにまたがる単一のスライス(各コントローラに 1 つのスライ スがあります)である 2 つの LUN で構成される類似サイズのストレージプールほど高速にはなりま せん。前者の場合、すべての転送は 1 つの RAID コントローラを介して 2 つのドライブに対しての み行われますが、後者の場合は、同じ転送が 2 つの RAIDコントローラと 14 のドライブ全体に展開 されます。 ストレージプールをボリュームに割り当てる 使用可能な LUN を結合してストレージプールにする方法を決定した後で、作成するボリュームにそ れらのストレージプールを割り当てます。 最善のパフォーマンスを得るため、ファイルシステムのメタデータとジャーナルデータ用に別個の ストレージプールを作成してください。 参考:16 TB を超えるストレージプールまたはボリュームを作成することはできません。 ボリュームをマウントするクライアントを決定する 複数のボリュームを作成する場合は、どのクライアントにどのボリュームをマウントするかを決定 します。 コントローラを選択する SAN コントローラにするコンピュータを 1 つ以上選択する必要があります。SAN コントローラは、 ファイルシステムのメタデータの管理を担当するコンピュータです。 参考:ファイルシステムのメタデータとジャーナルデータは、コントローラ自体ではなく、選択し た SAN ボリュームに保存されます。詳しくは、26 ページの「メタデータとジャーナルデータの保存 場所を選択する」を参照してください。 クライアントの数が少ないか、パフォーマンスがそれほど重要でない場合は、1 つのコンピュータを コントローラ兼クライアントとして使用できます。1つのストレージ装置と、コントローラ兼クライ アントとして動作する 1つのコンピュータで構成される SAN を設定することもできます(たとえば、 ネットワークに接続したストレージとして使用できます)。26 第2章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 高可用性が重要である場合は、2 台以上のコントローラを使用して、1 台をプライマリコントローラ に、もう 1 台をスタンバイコントローラにする必要があります。必要に応じて追加のコントローラ を指定し、フェイルオーバー優先順位を設定して、プライマリコントローラが応答しなくなった場 合に試行される順序を決定します。 スタンバイコントローラを選択する SAN ボリュームを常に使用可能にするため、プライマリ・メタデータ・コントローラに障害が発生 した場合に処理を引き継ぐスタンバイコントローラを 1 台以上設定します。また、スタンバイコン トローラを使用すると、SAN ボリュームへのユーザアクセスを中断することなく、コントローラ上 のソフトウェアをアップグレードすることもできます。 クライアントとコントローラを結合する 同じコンピュータをメタデータコントローラ兼クライアントとして機能させることができます。た とえば、1 つの Xserve RAID と、コントローラ兼クライアントとして動作する 1 台のコンピュータ で構成される SAN を設定できます。コントローラとして指定したすべてのコンピュータは、クライ アントとしても動作できます。 たとえば、スタンバイコントローラ専用のコンピュータがない場合は、通常はクライアントとして 使用するコンピュータを、プライマリコントローラに障害が発生した場合にコントローラの機能を 引き継ぐように割り当てることができます。 クライアントとコントローラを別にしておくために、クライアント専用のコンピュータをユーザ用 に設定できます。 メタデータとジャーナルデータの保存場所を選択する ボリュームについて説明するメタデータとジャーナルデータは、ボリュームのメタデータコント ローラではなく、ボリューム自体に保存されます。デフォルトでは、これらのデータはボリューム 内の最初のストレージプールに保存されます。ボリュームが複数のストレージプールで構成される 場合は、メタデータとジャーナルデータの保存に使用するストレージプールを選択できます。 ほとんどの場合、メタデータとジャーナルデータを同じストレージプールにユーザデータとして保 存すると、優れたパフォーマンスが得られます。ただし、可能な最善のパフォーマンスを得るには、 メタデータとジャーナルデータをボリューム内の別個のストレージプールに保存することを考慮し てください。 割り当て方式を選択する ボリューム用に選択する割り当て方式により、ストレージプールにデータを入力する順序が決まり ます。ラウンドロビン、フィル、およびバランスの中から選択できます。 ラウンドロビンを選択すると、「Xsan」は新しいデータをボリューム内の各ストレージプールに順に 書き込みます。 フィルを選択すると、「Xsan」はすべての新しいデータをボリューム内の最初のストレージプールに 書き込み、そのストレージプールがいっぱいになると次のストレージプールに書き込みます。特定 のストレージプールをできるだけ使用したくない場合は、これを選択することができます。第 2 章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 27 バランスを選択すると、「Xsan」は最大の空き容量があるストレージプールに新しいデータを書き込 みます。 コンピュータとストレージ装置を接続する Xsan SAN を設定する前に、クライアントコンピュータ、コントローラコンピュータ、およびスト レージ装置を SAN のファイバーチャネル・ネットワークおよび Ethernet ネットワークに接続しま す。お使いのネットワークが 19 ページの「ファイバーチャネル・ファブリック」および 19 ページ の「Ethernet TCP/IP ネットワーク」に示されている要件を満たしていることを確認してください。 LUN(RAID アレイおよびスライス)を準備する 通常、Xserve RAID システムは、それぞれの側に(各コントローラに)1 つずつ配置された 2 つの RAID 5 アレイとしてあらかじめ設定されています。このため、箱から出したままの状態で、各 Xserve RAID には 2 つの LUN があります。この設定が使用環境に適しているなら、これ以上の準備は必要 ありません。 その他の RAID アレイまたはスライスの組み合わせを設定する場合は、作成した LUN を SAN のスト レージプールに追加する前に「RAID Admin」ユーティリティを使用して設定を行う必要がありま す。「RAID Admin」の使用方法については、「RAID Admin 1.2 とディスクユーティリティを使用す る」(www.apple.com/jp/server/documentation)を参照してください。RAID 方式の選択につい て詳しくは、23ページの「LUNの RAID 方式を選択する」を参照してください。 参考:「ディスクユーティリティ」を使用して、「Xsan」で使用するアレイやスライスをフォーマッ トする必要はありません。「Xsan Admin」を使用してアレイやスライスをストレージプールに追加 するときに、LUN のラベル設定および初期化が行われます。ラベルを設定した後で、「ディスクユー ティリティ」を使用して LUN を表示または変更することはできません。 アレイを結合して 1 つのストレージプールにする場合は、必ず類似のサイズのアレイを作成してく ださい。詳しくは、24 ページの「LUNをストレージプールに割り当てる」を参照してください。28 第2章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 「Xsan Admin」アプリケーションを使用する 「Xsan Admin」アプリケーションを使って、SAN の設定および管理を行います。「Xsan Admin」を 使用すると、SAN の TCP/IP サブネットにアクセス可能な任意のコンピュータから SAN を管理でき ます。 「Xsan Admin」は、「/ アプリケーション /Server」にインストールされます。 「Xsan Admin」を個別にインストールする 「Xsan Admin」は、「Xsan」ソフトウェアを SAN コントローラおよびクライアントコンピュータに インストールするときにインストールされます。「Xsan Admin」だけを SAN の管理に使用するほ かの任意のコンピュータにインストールすることもできます。詳しくは、31 ページを参照してくだ さい。 ファイアウォールを介して接続する SAN と「Xsan Admin」の実行に使用するコンピュータの間にファイアウォールが存在する場合は、 ファイアウォールのポート 311を開いて、「Xsan Admin」が SAN コンピュータと通信できるように する必要があります。 「Xsan Admin」の環境設定 「Xsan Admin」を開いて、「Xsan Admin」>「環境設定」と選択して次の設定を調節します: • SAN の横に表示される色付きの状況インジケータで示される状況の数、および「SAN コンポーネ ント」リスト内のボリュームの数: • 通信をセキュリティで保護するための SSLまたはデジタル署名の使用 • IP アドレスの代わりに名前を表示するための DNS の使用 • SAN 使用状況グラフのスムージング • 接続の警告 • SAN の状況のリフレッシュ間隔 • 表示されるログの情報量 ヘルプを参照する 「Xsan Admin」にはオンラインヘルプが含まれています。「ヘルプ」>「Xsan Adminヘルプ」と選 択するか、ダイアログまたはパネルに表示されるヘルプボタンをクリックします。 コマンドラインを使用する 必要に応じて、シェル・コマンド・プロンプトから「Xsan」の設定および管理に関する多数の作業 を実行できます。詳しくは、付録 B を参照してください。第 2 章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 29 SAN の設定の概要 最初の Xsanストレージ・エリア・ネットワークを設定するときは、以下の手順を実行します。各手 順の詳細は、示されているページを参照してください。 1 ファイバーチャネル・ネットワークを設定する(30 ページ) 2 Ethernet ネットワークを設定する(30 ページ) 3 SAN のユーザとグループを設定する(30 ページ) 4 RAID アレイを設定する(30 ページ) 5 SAN コンピュータに「Xsan」ソフトウェアをインストールする(31 ページ) 6 SAN にログインする(31 ページ) 7 コントローラを選択してクライアントを追加する(32ページ) 8 使用可能な LUN にラベルを設定して初期化する(33 ページ) 9 ボリュームを作成する(34 ページ) 10 ストレージプールをボリュームに追加する(35ページ) 11 LUN をストレージプールに追加する(35 ページ) 12 (オプション)状況通知を設定する(36 ページ) 13 (オプション)フォルダをストレージプールに割り当てる(36 ページ) 14 (オプション)ユーザとグループのクオータを設定する(37ページ) 15 ボリュームを開始してクライアントにマウントする(37ページ)30 第2章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する Xsan ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 手順 1: ファイバーチャネル・ネットワークを設定する m コントローラコンピュータ、クライアントコンピュータ、および Xserve RAID ストレージシステムを ファイバーチャネル・ネットワークに接続します。必ずスイッチを設定して接続を確立し、ファイ バーチャネル・ファブリックを作成してください。 詳しくは、19 ページの「ファイバーチャネル・ファブリック」のガイドラインおよび要件を参照し てください。 手順 2: Ethernet ネットワークを設定する m コントローラコンピュータ、クライアントコンピュータ、および Xserve RAID システムを、プライ ベートの TCP/IPサブネットまたはイントラネットの同じサブネットに接続します。 19 ページの「Ethernet TCP/IP ネットワーク」に示されているガイドラインに従ってください。 手順 3: SANのユーザとグループを設定する m ユーザとグループの一元化されたディレクトリがすでにある場合は、各 SAN コンピュータの「ディ レクトリアクセス」アプリケーションを使用してそのディレクトリを認証用に選択してください。一 元化されたディレクトリがない場合は、Mac OS X Server の「ワークグループマネージャ」および オープンディレクトリ・サービスを使用してディレクトリを設定できます。このディレクトリを設 定しない場合は、SAN コンピュータごとに同じユーザとグループのセットを再作成する必要があり ます。 重要:SAN コンピュータごとにユーザとグループを個別に作成する場合は、必ずすべての SAN コン ピュータで、各ユーザ名はまたグループ名に同じ数値のユーザ ID(UID)またはグループ ID(GID) が割り当てられるようにしてください。これを行う 1 つの方法は、コンピュータごとにユーザとグ ループの同じ順序の同じリストを作成することです。 手順 4: RAIDアレイを作成する(LUN を準備する) m 通常、新しいXserve RAIDシステムは、LUNとして使用する準備のできた2つのRAID 5アレイとして あらかじめ設定されています。その他の LUNの設定を行う場合は、「RAID Admin」アプリケーショ ンを使用して、Xserve RAIDシステム上に RAID アレイまたはスライスを作成します。ほかの RAID 方式の選択については、23ページの「LUNの RAID 方式を選択する」を参照してください。第 2 章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 31 手順 5: 「Xsan」ソフトウェアをクライアントおよびコントローラにインストールする 「Xsan」のインストールディスクを SAN に接続された各コントローラコンピュータおよびクライア ントコンピュータにセットし、「Xsan」ソフトウェアをインストールします。 Xsan ファイルシステムおよび「Xsan Admin」アプリケーションをインストールするには: m 各コンピュータにディスクをセットして、「Xsan」のインストーラアイコンをダブルクリックします。 「Xsan Admin」をインストールしないで、ファイルシステムだけをインストールするには: m インストーラの最後に表示されるウインドウで「カスタマイズ」をクリックして、「Xsan Admin」 の選択を解除します。 「Xsan Admin」アプリケーションだけをインストールするには: m 「Xsan」のインストールディスクの「Admin Tools」フォルダを開いて、「XsanAdmin.pkg」をダブ ルクリックします。 キーボードやモニタのないコンピュータに「Xsan」をインストールするには: 1 モニタとキーボードのあるコンピュータにログインして、「Xsan」のディスクをセットします。 2 「ターミナル」アプリケーションを開きます(「/ アプリケーション /ユーティリティ」にあります)。 3 「ターミナル」で、Xsanインストーラパッケージをリモートコンピュータにコピーします: $ scp -r /Volumes/Xsan/install_xsan.mpkg user@remotehost:/tmp/ ここで、user はリモートコンピュータの管理者ユーザで、remotehost はインストール先のコン ピュータの IP アドレスまたは DNS 名です。 4 リモートコンピュータにログインします: $ ssh user@remotehost ここで、userおよび remotehost は、前の手順の場合と同じです。 5 モニタとキーボードのないコンピュータでインストーラを実行します: $ sudo installer -pkg /tmp/Install_Xsan.mpkg -target / インストールの進行状況を表示する場合は、「-verbose」パラメータを追加します。 $ sudo installer -verbose -pkg /tmp/Install_Xsan.mpkg -target / 手順 6: 「Xsan Admin」を開いて SAN にログインする 1 SAN に接続された任意のコンピュータで「Xsan Admin」を開きます。 「Xsan Admin」は、「/ アプリケーション /Server」にあります。 「Xsan Admin」は、SANに接続された任意のコンピュータ、または SANの TCP/IP サブネットに接 続できる任意のリモートコンピュータで開くことができます。 2 ログインダイアログが表示されたら、管理者アカウントを使って、コントローラとして使用する SAN コンピュータにログインします。 3 「コンピュータ」パネルが表示されたら、SAN の名前を入力します。(「コンピュータ」パネルが表示 されない場合は、「作成」をクリックしてから「コンピュータ」をクリックしてください。) 「Xsan Admin 環境設定」で「リスト内の SAN 名を使用」を選択した場合は、コントローラ名また はアドレスの代わりにこの名前が「SANコンポーネント」リストに表示されます。32 第2章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 手順 7: コントローラとクライアントを設定する 「Xsan」がインストールされたローカルネットワーク上のすべてのコンピュータが、「コンピュータ」 パネルにリストされます。次に行うことは、メタデータコントローラとして動作するコンピュータ を 1 台以上選択し、その他のコンピュータをクライアントとして設定することです。 1 「コンピュータ」パネルで、リスト内のコンピュータを選択します。 目的のコンピュータがリストに含まれていない場合は、そのコンピュータに「Xsan」ソフトウェア がインストールされていること、そのコンピュータがSANの Ethernet サブネットに接続されている こと、そのコンピュータの電源が入っていてスリープ状態になっていないことを確認してください。 2 「認証」ボタンが表示される場合は、そのボタンをクリックし、SAN に追加するコンピュータの管理 者ユーザ名とパスワードを入力します。 3 編集ボタンをクリックします。 4 「Xsan」ソフトウェアのシリアル番号を入力します。 シリアル番号は、「Xsan」のインストールディスクのケースに記載されています。 5 コンピュータをコントローラとして機能させるか、クライアントとして機能させるかを選択します。 1 台以上のコンピュータを SAN のコントローラとして設定する必要があります。「役割」ポップアッ プメニューから以下を選択します: 「クライアント」:コンピュータはクライアントとしてのみ機能します。 「コントローラ」:コンピュータはコントローラとして動作すると共に、クライアントしても使用で きます。 コントローラのみを選択することはできません。すべてのコントローラは、クライアントとしても 動作できます。コントローラがクライアントとして使用されることを防ぐには、そのコンピュータ に対するユーザログインや物理的なアクセスを制限してください。 6 コンピュータがコントローラとして動作する場合は、そのフェイルオーバー優先順位を選択します。 プライマリコントローラまたは SAN 内の唯一のコントローラの場合は、「高」を選択します。スタ ンバイコントローラの場合は、「中」または「低」を選択します。 7 メタデータ通信に使用するネットワークインターフェイスを選択します。 8 「OK」をクリックしてから、リスト内のほかのコンピュータに対してこれらの手順を繰り返します。 9 設定が完了したら、「保存」をクリックします。第 2 章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 33 手順 8: LUN(RAID アレイ)にラベルを設定して初期化する 次に、使用可能な LUNを Xsan ファイルシステムで使用する準備(ラベル設定と初期化)を行います。 各 LUN は、「RAID Admin」を使って設定した RAID アレイまたはスライスを表します。 1 「Xsan Admin」の「作成」パネルで、「LUN」をクリックします。 対応するストレージ装置が名前およびサイズ別にリストされます。SAN のファイバーチャネル・ネッ トワークに接続された Xserve RAID システム上で作成した RAIDアレイまたはスライスごとに、LUN が 1 つ表示されます。 新しく作成した LUN がリストに表示されない場合は、「更新」をクリックするか、表示されるまで しばらく待ちます。それでも表示されない場合は、「Xsan Admin」を終了し、コンピュータを再起 動してもう一度やり直してください。 2 LUN を選択して「編集」をクリックします。 3 LUN のラベルを入力して「OK」をクリックします。 4 ラベルのない LUN ごとに、同じ手順を繰り返します。 5 「保存」をクリックして、LUN を初期化します。 これで、LUN をストレージプールおよびボリュームに編成できます。34 第2章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 手順 9: ボリュームを作成する 次に、ユーザに表示するボリュームを作成します。 1 「Xsan Admin」の「作成」パネルで、「ストレージ」をクリックします。 2 「新規ボリューム」ボタン(空のリストの横に表示されます)をクリックします。 3 ボリュームの名前を入力します。 大文字(A ~ Z)、小文字(a ~ z)、および数字(0 ~ 9)だけを使用します。スペース、アンダー スコア(_)、ハイフン(-)は含めないでください。最大の長さは、70 文字です。 ボリュームをマウントすると、この名前が「Finder」でユーザに表示されます。 4 特別な必要がない限り、最大ログサイズはデフォルト値のままにしてください。 これは、コントローラの起動ディスク上でログファイルが使用する容量です。 5 パフォーマンスを調整する特別な必要がない限り、ブロック割り当てサイズは調節しないでください。 Xserve RAID システムのパフォーマンスを最適化するには、ブロック割り当てサイズにストライプ 幅(ボリュームに追加した各ストレージプールに設定する値)を乗算した値が 1 MB(1048576 バイ ト)に等しくなるようにする必要があります。詳しくは、54 ページの「ボリュームのブロック割り 当てサイズを選択する」を参照してください。 6 割り当て方式を選択します。これにより、ボリュームを構成するストレージプールにデータを書き 込む順序が決まります。以下を選択できます: 「ラウンドロビン」:新しいデータは、ボリューム内で使用可能な次のストレージプールに書き込ま れます。 「フィル」:すべてのデータが最初のストレージプールに保存されます。最初のストレージプールが いっぱいになると、次のストレージプールに保存されます。 「バランス」:新しいデータは、空き容量の最も多いストレージプールに書き込まれます。 7 「OK」をクリックします。 追加のボリュームを作成する場合は、これらの手順を繰り返します。 これで、ストレージプールを各ボリュームに追加する準備ができました。第 2 章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 35 手順 10: ストレージプールをボリュームに追加する 1 リスト内のボリュームを選択して、リストの横にある「新規ストレージプール」ボタンをクリック します。 2 ストレージプールのダイアログで、次の情報を指定します。 「ストレージプール名」:ストレージプールの名前を入力します。名前の入力後に「OK」ボタンが使 用できない場合、その名前は予約されています。予約されている名前のリストについては、76 ペー ジの「ストレージプールを追加できない」を参照してください。 「用途」:ストレージプールに保存するデータのタイプを選択します。ジャーナルデータは、コント ローラにより、ボリューム内のファイルの整合性を確認するために使用されます。メタデータは、コ ントローラが使用するファイルシステム情報です。ジャーナルデータおよびメタデータは常に、少 なくともボリューム内の最初のストレージプールに保存されます。これがボリューム内の最初のス トレージプールでない場合は、「ユーザデータのみ」を選択できます。このストレージプールに対し てアフィニティのあるフォルダに保存したファイルだけを許可するには、「アフィニティのあるデー タのみ」を有効にします。 「ストライプ幅」:パフォーマンスを調整するための別の値を算出した場合を除いて、この値はデフォ ルト(64 ブロック)のままにしてください。デフォルトのままにしない場合は、ストレージプール 内の各 LUN に順に書き込むデータ量に変更します。Xserve RAID システムのパフォーマンスを最適 化するには、ストライプ幅にブロック割り当てサイズ(ボリュームに対して設定する値)を乗算し た値が 1 MB(1048576 バイト)に等しくなるようにする必要があります。詳しくは、50 ページの 「ストレージプールのストライプ幅を選択する」を参照してください。 「アクセス権」: ユーザがストレージプールの内容を変更できないように、「読み出し専用」に変更し ます。 「マルチパス方式」:各クライアントコンピュータと Xserve RAID システムの間にファイバーチャネ ル接続が 2 つある場合は、「Xsan」が接続を使用する方法を選択します。最大のスループットを得る には、「動的」を選択して「Xsan」で接続を切り替えるようにします。ボリュームのマウント時に 「Xsan」でストレージプール内の各 LUN をいずれかの接続に交互に割り当てるようにする場合は、 「静的」を選択します。 3 「OK」をクリックして、リストに戻ります。 4 必要なストレージプールごとに同じ手順を繰り返します。 手順 11: LUN(RAID アレイ)をストレージプールに追加する SAN のストレージを準備する最後の手順として、LUN を SAN ボリューム内のストレージプールに 割り当てます: 1 「ストレージ」パネルでストレージプールを選択して、「使用可能な LUN」をクリックします。 パネルが開いて、33 ページで初期化したすべての LUNのリストが表示されます。 2 LUN をパネルからストレージプールにドラッグします。 新しい LUN のサイズがすでにストレージプールにある LUN のサイズと同じでない場合は、使用可能 なサイズがリスト内の LUN の横に表示されます。 3 「保存」をクリックします。36 第2章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 手順 12: (オプション)SANの状況通知を設定する 「Xsan」では、SAN の状態が変化したときにメールまたはポケベルでそのことを通知できます。今 すぐに通知を設定しない場合は、後で設定できます。 1 「通知」パネルで、リストの横にある追加ボタン(+)をクリックして連絡先を追加します。 2 新しいエントリをダブルクリックして、メールアドレスまたはポケベルのテキストメッセージアカ ウントのアドレスを入力し、Return キーを押します。 3 ポケベル用のエントリの場合は、「ポケベル」列のチェックボックスを選択します。 4 通知を送信する原因となる状態(「通知内容」の横にあります)を選択します。 5 「SMTP 情報」をクリックして、送信者の名前とメールサーバのアドレスを入力します。 6 通知をテストするには、アドレスを選択して「テスト通知を送信」をクリックします。 手順 13: (オプション)フォルダをストレージプールに割り当てる 特定のファイルをボリューム内の特定のストレージプールに強制的に保存する場合は、そのスト レージプールとアフィニティのあるフォルダを作成します。これで、ユーザがそのフォルダに入れ るファイルはそのストレージプールにのみ保存されます。 1 「Xsan Admin」で「SAN コンポーネント」リスト内のボリュームを選択して、「ボリュームを開始」 をクリックします。 2 ボリュームを選択した状態で、「クライアント」をクリックします。 3 接続先のコントローラを選択して、「読み/書き権限でマウント」をクリックします。 4 「アフィニティ」をクリックします。 5 フォルダが表示されるボリュームを(左側のリストではなく中央のリストで)選択して、リストの 横にある追加ボタン(+)をクリックします。 6 表示されるダイアログでフォルダの名前を入力して、フォルダ(およびそのフォルダに入れるすべ てのファイル)を保存するストレージプールを選択して、「OK」をクリックします。 使用したいストレージプールが「ストレージプールアフィニティ」ポップアップメニューにリスト されない場合は、アフィニティのあるユーザデータを許可するように設定されていない可能性があ ります。確認するには、左側の「SAN コンポーネント」リストで SAN を選択し、「設定」をクリッ クして、「ストレージ」をクリックします。次に、ストレージプールを選択して「編集」ボタンをク リックし、「用途」の横で有効になっているデータ・タイプを確認します。 7 新しいフォルダを選択して、アクセス権(リストの下にあります)を設定します。 オーナーまたはグループを変更するには、追加ボタン(+)をクリックして、表示されるパネルから ユーザまたはグループをドラッグします。目的のユーザとグループがパネルにリストされない場合 は、「ディレクトリアクセス」(「/ アプリケーション / ユーティリティ」にあります)を開いて、適 切な認証用ディレクトリを使用していることを確認してください。 8 「保存」をクリックします。第 2 章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 37 手順 14: (オプション)ユーザとグループのクオータを設定する クオータを設定して、各ユーザまたはグループが使用する各 SAN ボリュームの容量を制御できます。 1 ボリュームがまだ開始されていない場合は、「SAN コンポーネント」リストでボリュームを選択して、 「ボリュームを開始」をクリックします。 2 ボリュームが選択された状態で、「クオータ」をクリックします。 3 追加ボタン(+)をクリックして、ユーザまたはグループをパネルからクオータリストにドラッグし ます。 パネルに SAN ユーザが表示されない場合は、「ディレクトリアクセス」(「/ アプリケーション / ユー ティリティ」にあります)を開いて、適切なユーザ認証用ディレクトリを使用していることを確認 してください。 4 クオータリストでユーザまたはグループを選択して、ウインドウの下半分でクオータの設定を調節 します。 ソフトクオータ:ユーザ用に推奨される最大作業容量。ユーザは必要に応じてこの制限を超過でき ますが、次の「クオータをロック」で指定した期間に限ります。 ハードクオータ:ユーザのデータ用に使用可能なストレージの絶対最大容量。 クオータをロック ...:ユーザがソフトクオータを超過した時点からハードクオータに自動的に切り 替えられるまでの期間。 手順 15: ボリュームを開始してクライアントにマウントする ボリュームをクライアントコンピュータ上のユーザまたはアプリケーションから使用可能にするに は、「Xsan Admin」を使用してボリュームを開始し、クライアントにマウントする必要があります。 クライアントコンピュータにログインしているユーザは、SAN ボリュームを自分でブラウズまたは マウントすることはできません。 1 「Xsan Admin」の「SAN コンポーネント」リストで、新しい各ボリュームを選択して「ボリューム を開始」をクリックします。 ボリュームにアフィニティまたはクオータを設定した場合、ボリュームはすでに開始されています。 2 ボリュームを選択した状態で、「クライアント」をクリックします。 3 クライアントコンピュータを選択して、「読み/書き権限でマウント」をクリックします。 クライアントがボリュームを変更できないようにするには、「読み/書き権限でマウント」をクリッ クした後で「読み出しのみ権限でマウント」をクリックします。 一度に複数のコンピュータをマウントするには、Shift キーを押しながらコンピュータをクリックし ます。 各クライアントコンピュータの「Finder」に、マウントしているボリュームのアイコンが表示され ます。 ボリュームをクライアントにマウントできない場合は、すべてのクライアントおよびコントローラ をシステム終了して、最初にコントローラを再起動し、次にクライアントを再起動して、再度マウ ントします。それでも問題が解決しない場合は、ファイバーチャネル・スイッチの設定を調べて、 SAN のクライアント、コントローラ、およびストレージ装置が同じファイバーチャネル・ゾーン内 にあることを確認してください。38 第2章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する SAN の名前を変更する SAN は、「Xsan Admin」の「SAN コンポーネント」リストに名前別に表示されます。デフォルトで は、SAN の名前は、SAN の設定時に接続するコントローラに基づいて設定されます。この名前は、 「Xsan Admin」を使用して変更できます。 SAN の名前を変更するには: 1 「Xsan Admin」(「/ アプリケーション /Server」にあります)を開きます。 2 「SAN コンポーネント」リストから SAN を選択します。 「SAN コンポーネント」に SAN がリストされない場合は、「接続」をクリックして SAN のコントロー ラにログインします。 3 「作成」をクリックし、「コンピュータ」をクリックします。 4 「SAN 名」フィールドに名前を入力して、「保存」をクリックします。 5 「Xsan Admin」>「環境設定」と選択して、「リスト内の SAN 名を使用」を選択します。 SAN を削除する SAN をサービスから取り出し、「Xsan Admin」から取り除くときは、以下の手順に従います。 SAN を取り除くには: 1 「Xsan Admin」(「/ アプリケーション /Server」にあります)を開きます。 2 SAN のボリュームをクライアントコンピュータからマウント解除します。 「SAN コンポーネント」リストで SAN の各ボリュームを選択して、「クライアント」をクリックし、 ボリュームがマウントされている各クライアントを選択して、「マウントを解除」をクリックします。 3 SAN のボリュームを停止します。 「SAN コンポーネント」リストで SANの各ボリュームを選択して、「ボリュームを停止」をクリック します。 4 「SAN コンポーネント」リストで SAN を選択して、「SANを取り除く」をクリックします。第 2 章 ストレージ・エリア・ネットワークを設定する 39 追加の SANを設定する 「Xsan Admin」を使用して、複数の SANを設定および管理できます。新しい SAN を追加するには、 コンピュータとストレージ装置をファイバーチャネル・ネットワークおよび Ethernet ネットワーク に接続し、コントローラまたはクライアントとして動作するコンピュータを識別して、Xserve RAID アレイおよびスライス(LUN)を結合して使用可能なストレージをストレージプールに、さらにス トレージプールをボリュームに編成します。次に、作成されたボリュームをクライアントコンピュー タにマウントします。 はじめて SAN を設定する場合は、この章の前の部分にある計画のガイドラインと詳しい手順を参照 してください。 SAN を追加するには: m 「Xsan Admin」を開いて「SAN を追加」をクリックし、新しい SAN のコントローラとして使用する コンピュータにログインします。次に、29 ページの「SANの設定の概要」で説明されている手順に 従って SAN を設定します。3 41 3 SAN ストレージを管理する この章では、SAN ストレージを拡張、変更、確認、および修復する方 法について説明します。 この章では、次の操作の方法を説明します: • SAN にストレージを追加する(42 ページ) • ストレージプールに LUN を追加する(43 ページ) • ボリュームにストレージプールを追加する(44 ページ) • ボリュームを追加する(45 ページ) • 特定のストレージプールに対するアフィニティのあるフォルダを作成する(46 ページ) • フォルダ内のフォルダにアフィニティを割り当てる(47 ページ) • アフィニティを取り除く(47 ページ) • ストレージプールの設定を変更する(48 ページ) • ストレージプールの名前を変更する(48 ページ) • アクセス権を設定する(49 ページ) • ストレージプールに保存するファイルのタイプを選択する(49 ページ) • ストレージプールのストライプ幅を設定する(50 ページ) • 接続を選択する方法を設定する(51 ページ) • ボリュームの設定を変更する(52ページ) • ボリュームの名前を変更する(52ページ) • ストレージの割り当て方式を設定する(53ページ) • ブロック割り当てサイズを設定する(54 ページ) • ボリュームをデフラグする(55 ページ) • ボリュームを確認する(56 ページ) • ボリュームを修復する(56 ページ)42 第3章 SANストレージを管理する ストレージを追加する 次のようないくつかの方法で、SANにストレージを追加できます: • 既存のストレージプールに RAID アレイ(LUN)を追加する • 既存のボリュームにストレージプールを追加する • 新しいボリュームを追加する 最初の方法では、クライアント上のボリュームをマウント解除して再度マウントする必要があります。 2 番目の方法では、ボリュームを使用しているユーザの操作を中断せずに、既存の SAN ボリューム で使用可能な容量を増やすことができます。ユーザに分かる変更は、ボリューム上で使用可能な容 量が増えたことだけです。 3 番目の方法では、新しいボリュームを作成し、これをクライアントコンピュータに明示的にマウン トする必要があります。さらに、クライアントでは、新しいファイルとフォルダを新しいボリュー ムに保存するか、既存の項目をそのボリュームにコピーするかを選択する必要があります。したがっ て、この方法ではユーザのワークフローが煩雑になる可能性があります。第 3 章 SAN ストレージを管理する 43 ストレージプールに LUNを追加する SAN ボリュームの容量を増やすには、そのボリュームに属するストレージプールに LUN(RAID ア レイまたはアレイスライス)を追加します。 互換性がある LUNを選択する ストレージプール内の既存の LUN に、パフォーマンスと容量が類似する LUN を追加します。同一の ストレージプール内でサイズまたは速度が異なる LUN が混在すると、パフォーマンスが低下したり、 容量が浪費されたりする可能性があります。 参考:1 つのストレージプールに 32 個を超える LUN を含めることはできません。また、1 つのボ リュームに含まれる LUN の総数が 512 個を超えることはできません。 ストレージプールに LUNを追加するには: 1 アレイを管理する Xserve RAID システムを追加する場合は、SAN のファイバーチャネル・ネットワー クおよび Ethernet ネットワークに接続します。 2 RAID アレイまたはスライスをまだ作成していない場合は、「RAID Admin」を使用して作成します。 詳細は、「RAID Admin とディスクユーティリティを使用する」 (www.apple.com/jp/server/documentationで入手できます)または「RAID Admin」のオンライ ンヘルプを参照してください。 参考:新しいアレイをフォーマットするときに、「ディスクユーティリティ」を使用しないでくださ い。手順 6 では、「Xsan Admin」を使用して「Xsan」のアレイをフォーマットします。 3 「Xsan Admin」を開いて、「SAN コンポーネント」リストで SAN を選択します。 4 「作成」をクリックし、「LUN」をクリックします。 5 使用可能な LUN のリストで新しいアレイまたはスライスを選択して、「編集」をクリックします。 6 表示されるダイアログで、LUN のラベルを入力して「OK」をクリックし、「保存」をクリックします。 ラベルにスペースを使用することはできません。このラベルは SAN 管理者にのみ表示され、ユーザ には表示されません。 7 「ストレージ」をクリックし、「使用可能な LUN」をクリックします。 8 新しい LUN をドラッグしてストレージプール内の最新の LUN にして、「保存」をクリックします。 新しい LUN のサイズが既存の LUN のサイズと異なる場合は、リスト内の LUN の横に使用可能なサ イズが表示されます。 9 「SAN コンポーネント」リストでボリュームを選択して、「クライアント」をクリックします。さら に、ボリュームがマウントされている各クライアントでボリュームをマウント解除して再度マウン トします。 参考:既存のファイルをストレージプール内のすべての LUN(追加したばかりの LUN を含みます) に再分散させるには、そのファイルの新しいコピーを作成する必要があります。ファイルへのアク セスを高速化する LUN を追加する場合は、必ずファイルを複製して、使用可能なすべての LUN に新 しいコピーが分散するようにください。44 第3章 SANストレージを管理する コマンドラインから 関連するボリュームの設定ファイルを変更し、「ターミナル」で cvlabel コマンドを使用すること で、ストレージプールに LUN を追加することもできます。詳しくは、cvfs_configおよび cvlabel の マニュアルページ(man で表示)か、96ページの「ボリュームの設定ファイル」および 90 ページ の「LUN にラベルを設定する(cvlabel)」を参照してください。 ボリュームにストレージプールを追加する ボリュームにストレージプールを追加することで、SANボリュームに空き容量を追加できます。 参考:ボリュームに 512 個を超えるストレージプールを含めることはできません。 ストレージプールを追加するには: 1 ストレージプールの作成に使用する LUN を準備します。 2 「Xsan Admin」を開いて、「SAN コンポーネント」リストで SAN を選択します。 3 「作成」をクリックし、「ストレージ」をクリックします。 4 拡張するボリュームを選択して、ストレージプール追加ボタン(リストの横にあります)をクリッ クします。 5 表示されるダイアログで、次のように指定します: 「ストレージプール名」:ストレージプールの名前を入力します。名前を入力しても「OK」ボタンが 使用不可になっている場合、その名前は予約されているので別の名前を入力してください。予約さ れている名前のリストについては、第 7 章を参照してください。 「用途」:ストレージプールに保存できるデータのタイプを選択します。 「アクセス権」:クライアントがこのストレージプールに対して持っているアクセス権のタイプを選 択します。 「ストライプ幅」:次の LUN に移動する前にストレージプール内の各 LUN に書き込まれるデータ量ま たは各 LUN から読み出されるデータ量を指定します。この値はパフォーマンスに影響を与える可能 性があります。適切な値が分からない場合は、デフォルト(64 ブロック)を使用するか、50 ページ の「ストレージプールのストライプ幅を選択する」を参照してください。 「マルチパス方式」:ストレージプールへのアクセスに同じ接続を使用する場合は「静的」を、使用 可能な接続を切り替えて使用する場合は「動的」を選択します。 6 「OK」をクリックします。 7 「使用可能なLUN」をクリックし、LUNをストレージプールにドラッグして、「保存」をクリックします。 コマンドラインから 関連するボリュームの設定ファイルを「ターミナル」で変更することで、ストレージプールを追加 することもできます。詳しくは、cvfs_configのマニュアルページ(man で表示)または 96 ページ の「ボリュームの設定ファイル」を参照してください。第 3 章 SAN ストレージを管理する 45 SANにボリュームを追加する 1 つの Xsan SANで、複数の共有ボリュームを提供できます。 1 「Xsan Admin」を開いて、「SAN コンポーネント」リストで SAN を選択します。 2 「作成」をクリックし、「ストレージ」をクリックします。 3 リストの横にあるボリューム追加ボタンをクリックします。 4 表示されるダイアログで次の情報を指定して、「OK」をクリックします。 「ボリューム名」:ボリュームの名前を入力します。大文字(A ~ Z)、小文字(a ~ z)、および数字 (0 ~ 9)だけを使用します。スペース、アンダースコア(_)、ハイフン(-)は含めないでください。 最大の長さは、70文字です。 「最大ログサイズ」:コントローラの起動ディスクでこのボリュームのログファイルが占める最大容 量を入力します。 「割り当て方式」:ボリュームに属するストレージプール間でファイルのストレージを割り当てる方 法を選択します。「ラウンドロビン」を選択した場合は、容量に関するそれぞれの新しい要求は次の 使用可能なストレージプールに順に割り当てられます。「フィル」を選択した場合は、最初のスト レージプールにすべての容量が割り当てられ、そのプールがいっぱいになると 2 番目のストレージ プールに割り当てられ、以後同様に繰り返されます。「バランス」を選択した場合は、空き容量が最 も多いストレージプールに容量が割り当てられます。 「ブロック割り当てサイズ」:適切な値が分からない場合は、デフォルト(4 KB)を使用するか、 54 ページの「ボリュームのブロック割り当てサイズを選択する」を参照してください。 5 新しいボリュームを選択し、ストレージプール追加ボタンをクリックします。表示されるダイアロ グで次の情報を指定して、「OK」をクリックします。 「ストレージプール名」:ストレージプールの名前を入力します。名前を入力しても「OK」ボタンが 使用不可になっている場合、その名前は予約されているので別の名前を入力してください。予約さ れている名前のリストについては、第 7 章を参照してください。 「用途」:ストレージプールに保存できるデータのタイプを選択します。 「アクセス権」:クライアントがこのストレージプールに対して持っているアクセス権のタイプを選 択します。 「ストライプ幅」:次の LUN に移動する前にストレージプール内の各 LUN に書き込まれるデータ量ま たは各 LUN から読み出されるデータ量を指定します。この値はパフォーマンスに影響を与える可能 性があります。適切な値が分からない場合は、デフォルト(64 ブロック)を使用するか、50 ページ の「ストレージプールのストライプ幅を選択する」を参照してください。 「マルチパス方式」:最大のスループットを得るには、「動的」を選択して「Xsan」で接続を切り替え るようにします。ボリュームのマウント時に「Xsan」でストレージプール内の各 LUN をいずれかの 接続に交互に割り当てるようにする場合は、「静的」を選択します。 6 「使用可能なLUN」をクリックし、LUNをストレージプールにドラッグして、「保存」をクリックします。 アレイを初期化していない場合は、アレイのラベルの入力を求めるメッセージが表示されます。 7 「保存」をクリックします。46 第3章 SANストレージを管理する コマンドラインから 設定ファイルを設定することで、ボリュームを追加することもできます。詳しくは、cvfs_config の マニュアルページ(man で表示)または 96 ページの「ボリュームの設定ファイル」を参照してく ださい。 フォルダにストレージプールアフィニティを割り当てる フォルダ内のファイルが特定のストレージプールにのみ保存されるように、フォルダとストレージ プールの間にアフィニティを設定できます。 ストレージプールを設定するときは、パフォーマンス、容量、およびデータ保護方式が類似する装 置をグループ化します。装置およびその装置に対して選択した保護方式に応じて、ほかのものより 容量、速度、または保護に優れるストレージプールにすることができます。アフィニティを使用す ると、速度または特別な保護を必要とするアプリケーションまたはタスクでファイルを確実に適切 なストレージプールに保存できます。 「Xsan Admin」を使用して、既存の最上位レベルのフォルダにアフィニティを割り当てたり、アフィ ニティのある最上位レベルの新しいフォルダを作成したりできます。別のフォルダ内のフォルダに アフィニティを割り当てるには、「ターミナル」でコマンドを使用する必要があります。フォルダ内 のフォルダにアフィニティを割り当てることに関するトピックを参照してください。 フォルダにストレージプールアフィニティを割り当てるには: 1 「Xsan Admin」を開いて、目的のストレージプールが含まれるボリュームを選択します。 2 ボリュームが開始されてコントローラにマウントされていない場合は、開始してマウントします。 ボリュームを開始するには、ボリュームを選択して「ボリュームを開始」をクリックします。ボ リュームをマウントするには、ボリュームを選択して「クライアント」をクリックし、コントロー ラを選択して「読み/書き権限でマウント」をクリックします。 3 ボリュームを選択した状態で、「アフィニティ」をクリックします。 4 フォルダがまだない場合は、フォルダリストの横にある追加(+)ボタンをクリックして、フォルダ の名前を入力します。 フォルダがすでにある場合は、そのフォルダを選択して「編集」ボタンをクリックします。 5 表示されるダイアログの「ストレージプールアフィニティ」ポップアップメニューで、ストレージ プール(フォルダの内容が保存される場所)を選択します。 使用したいストレージプールが「ストレージプールアフィニティ」ポップアップメニューにリスト されない場合は、アフィニティのあるユーザデータを許可するように設定されていない可能性があ ります。確認するには、左側の「SAN コンポーネント」リストで SAN を選択し、「設定」をクリッ クして、「ストレージ」をクリックします。次に、ストレージプールを選択して「編集」ボタンをク リックし、「用途」の横で有効になっているデータ・タイプを確認します。 6 「OK」をクリックし、「保存」をクリックします。第 3 章 SAN ストレージを管理する 47 コマンドラインから 「ターミナル」で cvmkdir コマンドを使用して、フォルダにアフィニティを割り当てることもでき ます。詳しくは、cvmkdir のマニュアルページ(man で表示)または 47 ページの「フォルダ内の フォルダにアフィニティを割り当てる」を参照してください。 フォルダ内のフォルダにアフィニティを割り当てる 「Xsan Admin」を使用して、ボリュームの最上位レベルにあるフォルダにアフィニティを割り当て ることができます。ただし、別のフォルダ内にあるフォルダにアフィニティを割り当てるには、 cvmkdirコマンドラインツールを使用する必要があります。 フォルダ内のフォルダにストレージプールアフィニティを割り当てるには: 1 「ターミナル」を開きます(「/アプリケーション / ユーティリティ」にあります)。 2 SANコントローラを使用していない場合は、次のようにSSHを使用してコントローラにリモートでロ グインします: $ ssh user@computer ここで、user はコントローラコンピュータの管理者ユーザで、computer はコントローラの名前 または IP アドレスです。 3 「ターミナル」で次のように入力します。 $ cd /Library/Filesystems/Xsan/bin $ sudo ./cvmkdir -k affinity path ここで、affinity はボリューム内のストレージプールの名前で、path はボリューム上のフォル ダのフルパスです。 たとえば、ボリューム「audio」上のフォルダ「projects」内にあるフォルダ「gina audio」に、ス トレージプール「pool1」に対するアフィニティを割り当てるには、次のように入力します。 $ sudo ./cvmkdir -k pool1 /Volumes/audio/projects/gina\ audio アフィニティを取り除く アフィニティを取り除く方法は、影響を受けるフォルダがボリュームの最上位レベルにあるか、別 のフォルダ内にあるかによって異なります。 ストレージプールアフィニティをフォルダから取り除くには: 1 フォルダが(別のフォルダ内ではなく)ボリュームの最上位レベルにある場合は、「Xsan Admin」 を開き、ボリュームを選択して、「アフィニティ」をクリックし、フォルダをダブルクリックして 「ストレージプールアフィニティ」ポップアップメニューから「すべてのストレージプール」を選択 します。 フォルダがボリューム上の別のフォルダ内にある場合は、次の手順に進みます。 2 「ターミナル」を開きます(「/アプリケーション / ユーティリティ」にあります)。 3 SANコントローラを使用していない場合は、次のようにSSHを使用してコントローラにリモートでロ グインします:48 第3章 SANストレージを管理する $ ssh user@computer ここで、user はコントローラコンピュータの管理者ユーザで、computer はコントローラの名前 または IP アドレスです。 4 「ターミナル」で次のように入力します。 $ cd /Library/Filesystems/Xsan/bin $ sudo ./cvmkdir -k ““ path ここで、pathはボリューム上のフォルダのフルパスです。 ストレージプールの設定を変更する ボリュームを構成するストレージプールの設定を含め、SAN を設定する最善の方法は、設定する前 に SAN の編成を慎重に計画することです。既存の SAN のストレージプールの一部の設定は変更で きますが、変更によっては関連するボリュームを初期化し直す必要があります。 ストレージプールの名前を変更する ストレージプールの名前を変更することは可能ですが、名前を変更すると、ストレージプールおよ びストレージプールが属するボリュームのデータはすべて消去されます。 ストレージプールの名前を変更するには: 1 関連するボリュームをすべてのクライアントからマウント解除します。 「Xsan Admin」で、ボリュームを選択して「クライアント」をクリックし、リストからクライアン トを選択して「マウントを解除」をクリックします。 2 関連するボリュームを停止します。 ボリュームを選択した状態で、「ボリュームを停止」をクリックします。 3 ストレージプールの名前を変更します。 SAN を選択して「作成」をクリックし、「ストレージ」をクリックして、リスト内のストレージプー ルをダブルクリックします。新しい名前を入力して「OK」をクリックします。 4 「保存」をクリックします。 コマンドラインから 関連するボリュームの設定ファイルを「ターミナル」で変更することで、ストレージプールを変更 することもできます。詳しくは、cvfs_configのマニュアルページ(man で表示)または 96 ページ の「ボリュームの設定ファイル」を参照してください。 警告:ストレージプールの名前を変更すると、ストレージプールおよびストレージプールが属する ボリュームのデータはすべて失われます。第 3 章 SAN ストレージを管理する 49 ストレージプールのアクセス権を設定する ストレージプールには、読み出し/書き込みまたは読み出し専用のアクセス権を設定できます。こ の設定を変更しても、ボリューム上の既存のデータが壊れることはありません。 ストレージプールのアクセス権を設定するには: 1 「Xsan Admin」で、目的のストレージプールが属する SANを選択して「作成」をクリックし、「スト レージ」をクリックします。 2 リスト内のストレージプールをダブルクリックします。 3 「アクセス権」ポップアップメニューで、「読み出し/書き込み」または「読み出し専用」を選択します。 4 「OK」をクリックし、「保存」をクリックします。 コマンドラインから 「ターミナル」で cvadmin enable コマンドを使用することで、ストレージプールに読み出しまた は書き込みのアクセス権を設定することもできます。詳しくは、cvadmin のマニュアルページ(man で表示)または 85 ページの「ボリュームおよびストレージプールの設定を表示または変更する (cvadmin)」を参照してください。 ストレージプールに保存するファイルのタイプを選択する 特定のストレージプールに保存するファイルを、ボリュームのジャーナルデータとメタデータ、ユー ザデータ、そのストレージプールに対するアフィニティのあるユーザデータ、またはこれらの組み 合わせに制限することができます。 ジャーナルデータおよびメタデータは、常にボリューム内の最初のストレージプールに保存されます。 ストレージプールのデータ・タイプを選択するには: 1 「Xsan Admin」で、目的のストレージプールが属する SANを選択して「作成」をクリックし、「スト レージ」をクリックします。 2 リスト内のストレージプールをダブルクリックします。 3 「用途」の横で、ストレージプールに保存するデータ・タイプを選択します。 4 「OK」をクリックし、「保存」をクリックします。50 第3章 SANストレージを管理する ストレージプールのストライプ幅を設定する デフォルトのストライプ幅(64 のファイル・システム・ブロック)は、ほとんどの SAN ボリューム のストレージプールに適しています。ただし、特殊なアプリケーション向けに SAN のパフォーマン スを調整するために、このデフォルト値をファイルシステムのブロック割り当てサイズと一緒に調 節できます。ストライプ幅の選択について詳しくは、下の 「ストレージプールのストライプ幅を選 択する」を参照してください。 ストライプ幅を設定するには: 1 「Xsan Admin」で、目的のストレージプールが属する SANを選択して「作成」をクリックし、「スト レージ」をクリックします。 2 リスト内のストレージプールをダブルクリックします。 3 「ストライプ幅」の横で、新しい値を入力します。 4 「OK」をクリックし、「保存」をクリックします。 ストレージプールのストライプ幅を選択する 「Xsan」では、ストレージプールのストライプ幅およびボリュームのブロック割り当てサイズを使用 して、データをボリュームに書き込む方法を決定します。ほとんどの SAN では、ストレージプール のストライプ幅およびボリュームのブロック割り当てサイズのデフォルト値を使用すると、良好な パフォーマンスが得られます。ただし、場合によっては、これらのデフォルト値を特定のアプリケー ションに合うように調節することで、読み出しおよび書き込みのパフォーマンスを改善できること があります。 ストレージプールのストライプ幅とは、次の LUN に移動する前にプール内の 1 つの LUN に書き込 まれるファイル割り当てブロックの数のことです。効率的なストライプ幅を選択するには、次の 2 つの点を考慮する必要があります: • LUN のストレージ装置の最も効率的なデータ転送サイズ(Xserve RAIDの場合は 1 MB) • ボリュームを使用する重要なアプリケーションによって読み出しおよび書き込みされるデータブ ロックのサイズ(ボリュームのブロック割り当てサイズで影響を受けるため) これらの値を確認した上で、次の式を使用してストライプ幅を選択します: ストライプ幅(ブロック単位)=転送サイズ(バイト単位)÷ブロック割り当てサイズ(バイト単位) Xserve RAIDシステムの場合、最適な転送サイズは 1 MBなので、次のようになります: ストライプ幅= 1048576÷ブロック割り当てサイズ たとえば、「Final Cut Pro」などのアプリケーションを使用して大容量のビデオデータを移動させる 場合は、ブロック割り当てサイズの最大値(512 KB)を選択し、上記の等式を使用して 2 つのブロッ クのストライプ幅を算出します。これにより、「Xsan」では、ビデオ・ストレージ・プールの各 LUN に 1 MB(512 KB のブロック 2 つ)のデータを順に書き込みます。 警告:ストレージプールのストライプ幅を変更すると、ストレージプールおよびストレージプール が属するボリュームのデータはすべて失われます。第 3 章 SAN ストレージを管理する 51 Xserve RAID のファイバーチャネル・インターフェイスでは、個々のドライブモジュールに書き込 まれるデータを RAID コントローラに渡す前に、最大 1 MB のデータをキャッシュします。したがっ て、データがキャッシュ内で待機する時間を最小限に抑えるには、一度に 1 MB のデータを Xserve RAID に送信するようにします。 複数の接続の選択方式を設定する ストレージプール内の LUN に対して複数のファイバーチャネル接続がある場合は、切断されるまで 「Xsan」で 1 つの接続を使用するか、複数の接続を切り替えて使用するかを選択できます。これを 「マルチパス方式」と呼びます。 マルチパス方式を変更するには: 1 「Xsan Admin」で、目的のストレージプールが属する SANを選択して「作成」をクリックし、「スト レージ」をクリックします。 2 リスト内のストレージプールをダブルクリックします。 3 「マルチパス方式」ポップアップメニューから値を選択します。 「静的」:「Xsan」では、切断されるまで 1 つの接続を使用し、切断されたときに次の接続に切り替え ます。 「動的」:「Xsan」では、ストレージプールにデータを書き込むたびに別の接続に切り替えます。これ により、パフォーマンスを向上させることができます。 4 「OK」をクリックし、「保存」をクリックします。 コマンドラインから 「ターミナル」で cvadmin multipath コマンドを使用して、マルチパス方式を設定することもで きます。詳しくは、cvadmin のマニュアルページ(man で表示)または 85 ページの「ボリューム およびストレージプールの設定を表示または変更する(cvadmin)」を参照してください。52 第3章 SANストレージを管理する ボリュームの設定を変更する 既存のボリュームの一部の設定は変更が可能ですが、変更によってはボリュームを初期化し直す必 要があります(このような場合には、警告メッセージが表示されます)。 ボリュームの名前を変更する コンピュータにボリュームをマウントするときにユーザに表示されるボリューム名は、「Xsan Admin」を使用して変更できます。 ボリュームの名前を変更するには: 1 ボリュームをクライアントからマウント解除します。 「Xsan Admin」で、ボリュームを選択して「クライアント」をクリックします。クライアントを選 択して、「マウントを解除」をクリックします。 2 ボリュームを停止します。 「Xsan Admin」で、ボリュームを選択して「ボリュームを停止」をクリックします。 3 ボリュームの名前を変更します。 「Xsan Admin」で、目的のボリュームが属する SAN を選択して「作成」をクリックし、「ストレー ジ」をクリックします。さらに、ボリュームをダブルクリックし、「ボリューム名」フィールドに新 しい名前を入力して、「OK」をクリックし、「保存」をクリックします。 大文字(A ~ Z)、小文字(a ~ z)、および数字(0 ~ 9)だけを使用します。スペース、アンダー スコア(_)、ハイフン(-)は含めないでください。最大の長さは、70 文字です。 4 ボリュームを開始します。 「SAN コンポーネント」リストでボリュームを選択して、「ボリュームを開始」をクリックします。 5 クライアントにボリュームをマウントします。 ボリュームを選択して「クライアント」をクリックします。クライアントを選択してマウントボタ ンをクリックします。 警告:ボリュームの名前を変更すると、そのボリュームのデータはすべて失われます。第 3 章 SAN ストレージを管理する 53 ボリュームの割り当て方式を設定する ボリュームの割り当て方式を設定して、ボリュームのストレージプールにデータが書き込まれると きの順序を決めることができます。 割り当て方式を設定するには: 1 「Xsan Admin」で、目的のボリュームが属する SAN を選択して「作成」をクリックし、「ストレー ジ」をクリックします。 2 リスト内のボリュームをダブルクリックします。 3 「割り当て方式」ポップアップメニューから値を選択します。 「ラウンドロビン」:新しいデータは、ボリューム内で使用可能な次のストレージプールに書き込ま れます。 「フィル」:すべてのデータが最初のストレージプールに保存されます。最初のストレージプールが いっぱいになると、次のストレージプールに保存され、以後同様に繰り返されます。 「バランス」:新しいデータは、空き容量の最も多いストレージプールに書き込まれます。 4 「OK」をクリックし、「保存」をクリックします。 警告:ボリュームの割り当て方式を変更すると、ボリュームおよびボリュームのストレージプール のデータはすべて失われます。54 第3章 SANストレージを管理する ブロック割り当てサイズを設定する ファイルシステムのデフォルトのブロック割り当てサイズ(4 KB)は、ほとんどのボリュームに適 しています。ただし、特殊なアプリケーション向けにパフォーマンスを調整するために、このデフォ ルト値をボリュームのストレージプールのストライプ幅と一緒に調節できます。ブロック割り当て サイズの選択について詳しくは、下の 「ボリュームのブロック割り当てサイズを選択する」を参照 してください。 ブロック割り当てサイズを設定するには: 1 「Xsan Admin」で、目的のボリュームが属する SAN を選択して「作成」をクリックし、「ストレー ジ」をクリックします。 2 リスト内のボリュームをダブルクリックします。 3 上矢印および下矢印を使用して、ブロック割り当てサイズの新しい値を選択します。 4 「OK」をクリックし、「保存」をクリックします。 ボリュームのブロック割り当てサイズを選択する 「Xsan」では、ボリュームのブロック割り当てサイズおよびストレージプールのストライプ幅を使用 して、データをボリュームに書き込む方法を決定します。ほとんどの SAN では、ボリュームのブ ロック割り当てサイズおよびストレージプールのストライプ幅のデフォルト値を使用すると、良好 なパフォーマンスが得られます。ただし、場合によっては、これらのデフォルト値を特定のアプリ ケーションに合うように調節することで、読み出しおよび書き込みのパフォーマンスを改善できる ことがあります。 ボリュームを使用する重要なアプリケーションが小さいブロックのデータを読み出しおよび書き込 みする場合は、これに対応して小さい割り当てブロックサイズを選択することで、パフォーマンス を改善できることがあります。たとえば、アプリケーションが 16 KB のブロックのデータを読み出 しおよび書き込みする場合は、ブロック割り当てサイズを 16 KBに調節してみることができます。さ らに、次の式を使用して、ボリュームのストレージプールに最適なストライプ幅を計算します: ストライプ幅(ブロック数)=転送サイズ(バイト)÷ブロック割り当てサイズ(バイト) Xserve RAIDシステムの場合、最適な転送サイズは 1 MBなので、次のようになります: ストライプ幅= 1048576÷ブロック割り当てサイズ この例でブロック割り当てサイズが 16 KB の場合は、等式(1048576 ÷ 16384)を計算するとスト ライプ幅は 64になります。 警告:ボリュームのブロック割り当てサイズを変更すると、そのボリュームのデータはすべて失わ れます。第 3 章 SAN ストレージを管理する 55 ボリュームをデフラグする ファイルを作成するとき、「Xsan」では、ファイルを断片に分割して、ボリュームのストレージプー ルの 1 つを構成する LUN にこれらの断片を効率的に分散させます。その後、ファイルに変更が加え られると、ファイルの断片が散乱して断片の配置の効率が低下することがあります。ファイルをデ フラグすると、ファイルの断片が最も効率的な配置に再構成されます。 snfsdefragコマンドを使用して、1 つのファイル、フォルダ(ファイルのディレクトリ)、または ボリューム全体をデフラグすることができます。 ファイル、ディレクトリ、またはボリュームをデフラグするには: 1 「ターミナル」を開きます(「/アプリケーション / ユーティリティ」にあります)。 2 SANのコントローラコンピュータを使用していない場合は、次のようにSSHを使用してコントローラ にリモートでログインします: $ ssh user@computer ここで、user はコントローラコンピュータの管理者ユーザで、computer はコントローラの名前 または IP アドレスです。 3 snfsdefragコマンド(「/Library/Filesystems/Xsan/bin」にあります)を入力します。 1 つ以上の個々のファイルをデフラグするには、次のように入力します: $ sudo snfsdefrag filename [filename ... ] ディレクトリ全体をデフラグするには、次のように入力します: $ sudo snfsdefrag -r directory ボリューム全体をデフラグするには、directory をボリュームのルートディレクトリに設定し ます。 詳しくは、snfsdefrag のマニュアルページ(man で表示)または 93 ページの「ファイル、ディレ クトリ、またはボリュームをデフラグする(snfsdefrag)」を参照してください。56 第3章 SANストレージを管理する ボリュームの整合性を確認する SAN ユーザにファイルへのアクセスに関する問題が発生した場合は、cvfsck コマンドを使用して、 ボリューム、ボリュームのメタデータ、およびファイルの整合性を確認できます。 ボリュームを確認するには: 1 「ターミナル」を開きます(「/アプリケーション / ユーティリティ」にあります)。 2 SANのコントローラコンピュータを使用していない場合は、次のようにSSHを使用してコントローラ にリモートでログインします: $ ssh user@computer ここで、user はコントローラコンピュータの管理者ユーザで、computer はコントローラの名前 または IP アドレスです。 3 次のように、cvfsck コマンドラインユーティリティ(「/Library/Filesystems/Xsan/bin」にありま す)を 2 回実行します。1回目はジャーナルを確認し、2回目はボリュームを確認します: $ sudo cvfsck -j volume $ sudo cvfsck -n volume volumeは、Xsan のボリュームの名前です。 このコマンドの使用について詳しくは、cvfsck のマニュアルページ(man で表示)を参照してくだ さい。 ボリュームを修復する cvfsckユーティリティによってボリュームに問題があることが判明した場合は、同じコマンドを使 用してボリュームを修復できます。 ボリュームを修復するには: 1 ボリュームを停止します。 「Xsan Admin」を開き、ボリュームを選択して「ボリュームを停止」をクリックします。 2 「ターミナル」を開きます(「/アプリケーション / ユーティリティ」にあります)。 SAN のコントローラコンピュータを使用していない場合は、次のように SSH を使用してコントロー ラにリモートでログインします: $ ssh user@computer ここで、user はコントローラコンピュータの管理者ユーザで、computer はコントローラの名前 または IP アドレスです。 3 cvfsck コマンドラインユーティリティ(「/Library/Filesystems/Xsan/bin」にあります)を実行し ます。 $ sudo cvfsck volume このコマンドの使用について詳しくは、cvfsck のマニュアルページ(man で表示)を参照してくだ さい。4 57 4 クライアントとユーザを管理する この章では、クライアントコンピュータとそのユーザを追加、制御、 および取り除く方法について説明します。 Xsan クライアントは、SAN に対するアクセス権を持つコンピュータです。Xsan ボリュームは、ど のユーザがクライアントコンピュータにログインしているかにかかわらず、そのコンピュータにマ ウントされます。 この章では、次の操作を行う方法について説明します: • クライアントを追加する(58 ページ) • ボリュームをクライアントにマウントする(59 ページ) • クライアントとユーザのアクセスを制御する(59 ページ) • フォルダへのアクセスを制御する(59 ページ) • クライアントからボリュームをマウント解除する(60 ページ) • クライアントのアクセスを読み出し専用に制限する(60 ページ) • SAN からクライアントを取り除く(60 ページ) • クライアントから「Xsan」ソフトウェアを取り除く(60 ページ) • ユーザとグループのクオータを設定する(61 ページ)58 第4章 クライアントとユーザを管理する クライアントを追加する コンピュータから SAN ボリュームへのアクセスを可能にするには、そのコンピュータを SAN クラ イアントとして設定する必要があります。 クライアントコンピュータを SAN に追加するには: 1 まだクライアントコンピュータを SAN のファイバーチャネル・ネットワークおよび Ethernetネット ワークに接続して「Xsan」ソフトウェアをインストールしていない場合は、そうします。 2 「Xsan Admin」を開き、「SANコンポーネント」リストで SANを選択して、「作成」をクリックします。 3 「コンピュータ」をクリックし、リストから新しいコンピュータを選択して、「編集」をクリックし ます。 4 「Xsan」ソフトウェアのシリアル番号を入力します。 シリアル番号は、「Xsan」のインストールディスクのケースに記載されています。 5 「役割」ポップアップメニューから「クライアント」または「コントローラ」を選択します。 コンピュータを SAN のスタンバイコントローラとして使用しない場合は、「クライアント」を選択 します。 6 コンピュータがSAN上のほかの装置との通信に使用するEthernetポートを選択して、「OK」をクリッ クします。 これで、Xsanボリュームをクライアントにマウントできます。 クライアントを StorNext SANに追加する ADIC 社の「StorNext File System」をすでに設定している場合は、Macintosh Xsan クライアント をこれに追加できます。詳しくは、付録 Aを参照してください。第 4 章 クライアントとユーザを管理する 59 ボリュームをクライアントにマウントする クライアントコンピュータにログインしているユーザは、SAN ボリュームをマウントすることはで きません。SAN 管理者が、「Xsan Admin」を使用して、ボリュームをクライアントコンピュータに マウントする必要があります。 Xsan ボリュームをクライアントにマウントするには: 1 「Xsan Admin」を開き、「SAN コンポーネント」リストでボリュームを選択して、「クライアント」 をクリックします。 2 リストからクライアントコンピュータを選択します。 3 「読み/書き権限でマウント」をクリックします。 クライアントがボリュームを変更することがないよう、「読み/書き権限でマウント」をクリックし た後で「読み出しのみ権限でマウント」をクリックします。 Xsanボリュームをクライアントにマウントするのは一度だけで十分です。ユーザがログアウトした り、クライアントコンピュータを再起動しても、管理者またはクライアント上のユーザがボリュー ムをマウント解除しない限り、ボリュームはマウントされたままです。 コマンドラインから 「ターミナル」で mount コマンドを使用して、ボリュームをクライアントにマウントすることもで きます。詳しくは、mount のマニュアルページ(man で表示)または 95 ページの「Xsan ボリュー ムをマウントする」を参照してください。 クライアントとユーザのアクセスを制御する SAN ボリューム上の情報へのアクセスは、以下のいくつかのレベルで制御できます: • オーナー、グループ、および一般のアクセス権を指定することで、ボリューム上のフォルダへの ユーザアクセスを制限できます(フォルダレベル)。 • 選択したクライアントコンピュータから SANボリュームをマウント解除できます(ボリュームレ ベル)。 • クライアントコンピュータからボリュームへのアクセスを読み出し専用に制限できます(ボ リュームレベル)。 • クライアントを SAN から取り除くことができます(SANレベル)。 ボリューム上のフォルダへのアクセスを制御する ユーザのアクセスを SAN ボリューム上の特定のフォルダに制限するには、そのフォルダにアクセス 権を割り当てます。 フォルダにアクセス権を割り当てるには: 1 ボリュームが開始され、コントローラにマウントされていることを確認します。 ボリュームを開始するには、ボリュームを選択して「ボリュームを開始」をクリックします。ボ リュームをマウントするには、ボリュームを選択して「クライアント」をクリックし、コントロー ラを選択して「読み/書き権限でマウント」をクリックします。 2 「Xsan Admin」で、フォルダを含むボリュームを選択し、「アフィニティ」をクリックします。60 第4章 クライアントとユーザを管理する ボリュームが属する SAN の下にある「SANコンポーネント」リストにボリュームが表示されます。 3 リストからフォルダを選択し、ウインドウの下部でアクセス権を指定します。 4 「保存」をクリックします。 クライアントからボリュームをマウント解除する クライアントがボリュームにアクセスできないようにするため、ボリュームをクライアントからマ ウント解除できます。クライアントが自分で SAN ボリュームをマウントすることはできません。ク ライアントに SAN ボリュームをマウントできるのは管理者だけです。 ボリュームをマウント解除するには: 1 「Xsan Admin」を開き、ボリュームを選択して「クライアント」をクリックします。 2 リストからクライアントコンピュータを選択し、「マウントを解除」をクリックします。 クライアントのアクセスを読み出し専用に制限する クライアントにログインしているユーザが SAN ボリュームのデータを変更しないようにするため、 ボリュームに読み出し専用アクセス権を指定してクライアントにマウントできます。 読み出し専用のボリュームアクセスを許可するには: 1 「Xsan Admin」を開き、ボリュームを選択して「クライアント」をクリックします。 2 クライアントコンピュータを選択して、「読み出しのみ権限でマウント」をクリックします。 クライアントを SAN から取り除く クライアントコンピュータが SANボリュームにアクセスすることがないように、SAN からクライア ントコンピュータを取り除くことができます。 SAN からクライアントを取り除くには: m 「Xsan」ソフトウェアをクライアントから取り除きます。 「Xsan」のインストールディスクをセットし、「Uninstall_Xsan.pkg」をダブルクリックします。 「Xsan」ソフトウェアをコンピュータから取り除く コンピュータを SAN 上で使用しなくなった場合は、「Xsan」ソフトウェアをコンピュータから取り 除くことができます。 「Xsan」ソフトウェアをアンインストールするには: m 「Xsan」のインストールディスクをセットし、「Uninstall_Xsan.pkg」をダブルクリックします。 ソフトウェアを取り除いた後で、別のコンピュータでこのソフトウェアおよび関連付けられたシリ アル番号を再利用できます。第 4 章 クライアントとユーザを管理する 61 ユーザとグループのクオータを設定する クオータを設定して、ユーザまたはグループが使用できるストレージの容量を管理できます。 ユーザとグループのストレージクオータを設定するには: 1 ボリュームがまだ開始されていない場合は、開始します。 「Xsan Admin」を開き、ボリュームを選択して「ボリュームを開始」をクリックします。 2 「Xsan Admin」で、ボリュームを選択して「クオータ」をクリックします。 3 ユーザまたはグループがリストにない場合は、リストの横にある追加(+)ボタンをクリックして、 ユーザまたはグループをパネルからリストにドラッグします。 ユーザまたはグループがパネルに表示されない場合は、「ディレクトリアクセス」を開いて、コン ピュータが正しい認証用ディレクトリを使用していることを確認してください。 4 リストからユーザまたはグループを選択して、リストの下のフィールドにハードクオータ、ソフト クオータ、および猶予期間を入力します。 5 「保存」をクリックして指定されたクオータを適用するか、「元に戻す」をクリックして前回保存し た値に戻します。 コマンドラインから 「ターミナル」で cvadmin quotas set コマンドを使用して、ユーザクオータを設定することもで きます。詳しくは、cvadmin のマニュアルページ(man で表示)または 85 ページの「ボリューム およびストレージプールの設定を表示または変更する(cvadmin)」を参照してください。 「Xsan」のクオータについて 「Xsan」では、制限を加える各ユーザまたはグループに対して、ソフトクオータとハードクオータの 2 つのディスク容量クオータを適用します。これらを組み合わせて設定して、ユーザまたはグループ が使用できるストレージの容量に明確な制限を設けることができます。ただし、予期しないストレー ジが必要になった場合は、追加の容量を一時的に使用できます。 SAN 内のボリュームごとに個別にクオータを指定します。クオータを指定されていないユーザは、 ボリューム上の使用可能な容量をすべて使用できます。 ソフトクオータ ソフトクオータは、通常ユーザまたはグループによる使用が予想される最大容量です。これが「ソ フト」と呼ばれるのは、指定した猶予期間の間、ハードクオータで指定した容量まで超過できるた めです。 ハードクオータ ハードクオータは、ユーザまたはグループが使用可能な容量の絶対限界です。ユーザは、ハードク オータで指定された容量を超えて使用することはできません。ユーザがハードクオータを超えよう とした場合は、エラーコード -1425 を含むメッセージが表示されます。 猶予期間 ユーザまたはグループは、指定された猶予期間内にソフトクオータの制限内に戻る限り、ペナルティ なしでソフトクオータを超過できます。62 第4章 クライアントとユーザを管理する ソフトクオータからハードクオータへの変更 ユーザまたはグループが猶予期間より長い間ソフトクオータを超過した場合、ソフトクオータは ハードクオータに変更され、以前のファイルを削除してソフトクオータの制限内に戻るまで、追加 のデータをボリュームに保存できなくなります。 例 たとえば、佐藤さんという人にソフトクオータを 75 GB、ハードクオータを 100 GB、猶予期間を 48 時間割り当てるとします。佐藤さんは、ファイル用に最大 75 GB の容量をいつでも必要なだけ使用 できます。非常に大きな追加のファイルがあっても、合計 100 GB までならボリュームにコピーでき ます。その後、ファイルを削除してソフトクオータの制限である 75 GB 以内に戻すための猶予期間 が 48時間あります。48 時間たった後も 75 GB を超える容量を使用している場合は、「Xsan」によっ てハードクオータが 75 GB にリセットされ、ストレージの使用容量が強制的に削減されます。十分 なファイルを削除して 75 GB のクオータ制限内に戻るまで、佐藤さんは追加のファイルをボリュー ムにコピーまたは保存できません。 クオータの使用状況を確認する 詳しくは、71 ページの「ユーザクオータの使用状況を確認する」を参照してください。5 63 5 メタデータコントローラを管理する この章では、Xsan メタデータコントローラを追加、切り替え、監視、 およびアップグレードする方法について説明します。 設定した SAN ボリュームはすべて、メタデータコントローラによって管理されます。使用中のコン トローラが応答しなくなってもクライアントがボリュームを確実に使用できるようにするため、プ ライマリコントローラに障害が発生した場合にボリュームの制御を引き継ぐスタンバイコントロー ラを設定できます。 この章では、次の操作を行う方法について説明します: • コントローラを追加する(64 ページ) • コントローラのフェイルオーバー優先順位を設定する(64 ページ) • スタンバイコントローラに切り替える(65 ページ) • ボリュームを管理しているコントローラを確認する(66 ページ) • コントローラが管理するボリュームをリストする(66 ページ) • コントローラの IP アドレスを変更する(67 ページ) • コントローラソフトウェアをアップグレードする(68 ページ)64 第5章 メタデータコントローラを管理する コントローラを追加する プライマリコントローラに障害が発生してもボリュームを引き続き使用できるように、1 つ以上のス タンバイコントローラを SAN に追加できます。 コントローラとして動作するよう設定されたコンピュータはすべて、クライアントとしても機能で きます。このため、スタンバイコントローラとしてのみ動作する専用のコンピュータを必要としな い場合は、既存のクライアントを使用できます。 コントローラを追加するには: 1 まだ新しいコントローラコンピュータを SANのファイバーチャネル・ネットワークおよび Ethernet ネットワークに接続して「Xsan」ソフトウェアをインストールしていない場合は、そうします。 2 「Xsan Admin」の「SANコンポーネント」リストから SANを選択して、「作成」をクリックします。 3 コンピュータリストから新しいコントローラを選択して、「編集」をクリックします。 4 「役割」ポップアップメニューから「コントローラ」を選択します。 このコンピュータが SAN に追加されたばかりの場合は、シリアル番号も入力して、コントローラが SAN 上のほかの装置との通信に使用する Ethernet インターフェイスを選択します。 5 フェイルオーバー優先順位を選択して、「OK」をクリックします。 コントローラのフェイルオーバー優先順位を設定する ボリュームのプライマリコントローラに障害が発生したときに、「Xsan」では、使用可能なスタンバ イコントローラのフェイルオーバー優先順位を使用して切り替え先のコントローラを決定します。 コントローラのフェイルオーバー優先順位を設定するには: 1 「Xsan Admin」を開き、「SANコンポーネント」リストから SANを選択して「作成」をクリックし、 「コンピュータ」をクリックします。 2 コンピュータリストからコントローラを選択して、「編集」をクリックします。 3 フェイルオーバー優先順位を選択して、「OK」をクリックします。第 5 章 メタデータコントローラを管理する 65 スタンバイコントローラに切り替える cvadmin コマンドを使用するか、ボリュームのファイル・システム・マネージャのプロセスを停止 することで、使用中のメタデータコントローラに対してボリュームの制御をスタンバイコントロー ラに引き渡すように強制できます。 ボリュームをスタンバイコントローラに切り替えるには: 1 「ターミナル」を開きます(「/アプリケーション / ユーティリティ」にあります)。 2 SANのコントローラコンピュータを使用していない場合は、次のようにSSHを使用してコントローラ にリモートでログインします: $ ssh user@computer ここで、user はコントローラコンピュータの管理者ユーザで、computer はコントローラの名前 または IP アドレスです。 3 「ターミナル」で、次のように入力します: $ cd /Library/Filesystems/Xsan/bin $ sudo ./cvadmin fail volume ここで、volume は Xsan ボリュームの名前です。 このコントローラが管理するボリュームのリストを表示するには、次のように入力します: $ sudo ./cvadmin select ボリュームを管理しているコントローラを表示するには、「Xsan Admin」を開いてボリュームを選 択し、「概要」をクリックします。66 第5章 メタデータコントローラを管理する ボリュームを管理しているコントローラを確認する コントローラのフェイルオーバーの結果、特定のボリュームの制御があるコントローラから別のコ ントローラに移動することがあります。「Xsan Admin」を使用して、現在どのコントローラが特定 のボリュームを管理しているかを確認できます。 ボリュームのコントローラを表示するには: m 「Xsan Admin」を開き、「SAN コンポーネント」リストでボリュームを選択して、「概要」をクリッ クします。 コマンドラインから 「ターミナル」で cvadmin コマンドを使用して、ボリュームを管理しているコントローラを確認す ることもできます。詳しくは、cvadmin のマニュアルページ(manで表示)または 85ページの「ボ リュームおよびストレージプールの設定を表示または変更する(cvadmin)」を参照してください。 コントローラが管理するボリュームをリストする cvadmin コマンドを使用して、特定のコントローラが管理している SAN ボリュームを確認でき ます。 管理対象のボリュームをリストするには: m 「Xsan Admin」を開き、「SANコンポーネント」リストで SANを選択して、「概要」をクリックしま す。コントローラおよびコントローラが管理しているボリュームが、ウインドウの下部にリストさ れます。 コマンドラインから 「ターミナル」で cvadmin コマンドを使用して、コントローラが管理するボリュームを確認するこ ともできます。詳しくは、cvadmin のマニュアルページ(man で表示)または 85 ページの「ボ リュームおよびストレージプールの設定を表示または変更する(cvadmin)」を参照してください。第 5 章 メタデータコントローラを管理する 67 コントローラの IPアドレスを変更する Xsanコントローラの IPアドレスを変更する必要がある場合は、次の手順に従ってください。 コントローラの IPアドレスを変更するには: 1 SAN にスタンバイコントローラがある場合は、使用中のコントローラのボリュームをスタンバイコ ントローラに切り替えます。詳しくは、65 ページの「スタンバイコントローラに切り替える」を参 照してください。 ボリュームをスタンバイコントローラに切り替えたくない場合は、ボリュームを停止します。「Xsan Admin」でボリュームを選択して、「ボリュームを停止」をクリックします。 2 すべてのボリュームがスタンバイコントローラによって管理されるようになったら(スタンバイコ ントローラがない場合は、すべてのボリュームが停止したら)、コンピュータの役割をクライアント に変更します。 「Xsan Admin」で SANを選択し、「作成」をクリックして、「コンピュータ」をクリックします。次 に、コンピュータをダブルクリックして、役割を「クライアント」に変更します。 3 元のコントローラの IP アドレスを変更します。 コントローラで Mac OS X Server が稼働している場合は、changeip コマンドラインツールも実行 する必要があります。詳しくは、「Mac OS X Server コマンドラインの管理(英語版)」 (www.apple.com/jp/server/documentation/)を参照してください。 4 コンピュータを再起動します。 5 新しい IP アドレスでコントローラとして動作するようにコンピュータをリセットします。 「Xsan Admin」で SANを選択し、「作成」をクリックして、「コンピュータ」をクリックします。リ ストでコンピュータをダブルクリックして、役割を「コントローラ」に変更します。 6 使用中のボリュームの制御をプライマリコントローラに戻します。(スタンバイコントローラがない ためにボリュームを停止した場合は、再起動します。)68 第5章 メタデータコントローラを管理する コントローラソフトウェアをアップグレードする 設定にスタンバイコントローラが含まれている場合は、SAN の処理を中断することなく「Xsan」ソ フトウェアをアップグレードできます。「Xsan」のコントローラソフトウェアは、常に以前のバー ジョンのクライアントソフトウェアと互換性があります(クライアントよりも 1 つ新しいバージョ ンのコントローラを使用できます)。このため、コントローラを先にアップグレードしても、コント ローラと同じバージョンにアップグレードする適切な時が来るまで、クライアントコンピュータは 引き続き正常に動作します。 「Xsan」を中断せずにアップグレードするには: 1 すべてのボリュームをスタンバイコントローラに切り替えます。 プライマリコントローラに移動し、「ターミナル」を開いて次のように入力します: $ cd /Library/Filesystems/Xsan/bin $ sudo ./cvadmin fail volume ここで、volume は Xsan ボリュームの名前です。 このコントローラが管理するボリュームのリストを表示するには、次のように入力します: $ sudo ./cvadmin select ボリュームを管理しているコントローラを表示するには: 「Xsan Admin」を開き、ボリュームを選択して「概要」をクリックします。 2 すべてのボリュームがスタンバイコントローラによって管理されるようになったら、プライマリコ ントローラのソフトウェアをアップグレードします。 3 プライマリコントローラのアップグレードが終了したら、手順 1の方法を使って、使用中のボリュー ムの制御をプライマリコントローラに戻します。 4 これで、スタンバイコントローラをアップグレードできます。 コントローラの状況を監視する コントローラの状況の確認またはレポートについて詳しくは、以下のトピックを参照してください: • 71 ページの「コントローラの CPU およびネットワークの使用状況を示すグラフを表示する」 • 72ページの「状況通知を設定する」 • 72ページの「ファイルシステムのプロセスの状況を確認する」 • 73 ページの「ログを表示する」6 69 6 SAN の状況を監視する この章では、SAN およびそのコンポーネントの状態を確認する方法に ついて説明します。 この章では、SAN およびそのコンポーネントの状態を確認したり、レポートを自動生成したりする 方法について説明します。以下の操作を行う方法について説明します: • 次の空き容量を確認する • ボリューム(70 ページ) • ストレージプール(70 ページ) • ユーザのクオータの使用状況を確認する(71 ページ) • CPU およびネットーワークの使用状況を示すグラフを表示する(71 ページ) • 状況通知を設定する(72ページ) • ファイルシステムのプロセスの状況を確認する(72 ページ) • ログを表示する(73 ページ) • ボリュームのクライアントを確認する(73ページ) • ファイバーチャネルの障害を確認する(74 ページ) • Xserve RAIDシステムの状況を確認する(74 ページ)70 第6章 SANの状況を監視する SAN ボリュームの空き容量を確認する SAN ボリュームで使用可能な容量を確認するには、いくつかの方法があります。 ボリュームで使用可能な空き容量を表示するには: m ボリュームがマウントされたコンピュータを使用している場合は、「Finder」ウインドウでボリュー ムを選択し、ウインドウの下部でサイズ情報を確認するか(カラム表示またはリスト表示で)、「ファ イル」>「情報を見る」と選択します。 m ボリュームがマウントされていないか、SANの一部ではないコンピュータを使用している場合は、 「Xsan Admin」を開いて SAN コントローラに接続し、「SAN コンポーネント」リストでボリューム を選択して「概要」をクリックします。 コマンドラインから cvadmin statコマンドを使用して、ボリュームの空き容量を確認することもできます。詳しくは、 cvadmin のマニュアルページ(manで表示)または 85 ページの「ボリュームおよびストレージプー ルの設定を表示または変更する(cvadmin)」を参照してください。 ストレージプールの空き容量を確認する ボリュームの空き容量の確認に加えて、ボリュームを構成する個々のストレージプールの空き容量 も確認できます。 ストレージプールで使用可能な空き容量を表示するには: 1 「Xsan Admin」を開いて、SAN コントローラに接続します。 2 「SAN コンポーネント」リストでボリュームを選択し、「概要」をクリックして、ウインドウの下部 にある「ストレージプール」リストを確認します。 コマンドラインから cvadmin show コマンドを使用して、ストレージプールの空き容量を確認することもできます。詳 しくは、cvadmin のマニュアルページ(man で表示)または 85 ページの「ボリュームおよびスト レージプールの設定を表示または変更する(cvadmin)」を参照してください。第 6 章 SAN の状況を監視する 71 ユーザクオータの使用状況を確認する 「Xsan Admin」を使用してファイルシステムのクオータを確認し、ユーザまたはグループに割り当 てられた容量のうちどれくらいが使用されているかを確認できます。 クオータの使用状況を表示するには: m 「Xsan Admin」を開き、「SAN コンポーネント」リストでボリュームを選択して、「クオータ」をク リックします。 最新の情報が表示されていることを確認して、ウインドウの上部にある「更新」をクリックします。 「Xsan Admin」により、各ユーザまたはグループに関する以下の情報がリストされます: クオータ:ソフトクオータおよびハードクオータ。たとえば、「75 – 100 MB」はソフトクオータが 75 MB、ハードクオータが 100 MBであることを示します。 使用状況:ユーザのファイルが使用している容量。 クオータの状況:緑色は、ユーザまたはグループがソフトクオータの範囲内にあることを示します。 黄色は、使用状況がソフトクオータを超過しているが、猶予期間内にあることを示します。赤色は、 ソフトクオータの超過期間が猶予期間を超え、ソフトクオータがハードクオータに変更されたため、 使用状況ハードクオータの制限を超過していることを示します。 ユーザまたはグループがクオータの一定の割合を超過したときに、メールまたはポケベルで通知す るように「Xsan」を設定できます。詳しくは、72 ページの「状況通知を設定する」を参照してください。 クオータおよびその設定方法について詳しくは、61ページの「ユーザとグループのクオータを設定 する」を参照してください。 コマンドラインから 「ターミナル」で cvadmin quotas get コマンドを使用して、ユーザのクオータを確認することも できます。詳しくは、cvadmin のマニュアルページ(man で表示)または 85 ページの「ボリュー ムおよびストレージプールの設定を表示または変更する(cvadmin)」を参照してください。 コントローラの CPUおよびネットワークの使用状況を示すグラフを 表示する 「Xsan Admin」を使用して、最大で 7 日間のコントローラの CPU および IP ネットワークの使用状 況を示すグラフを表示できます。 1 「Xsan Admin」を開いて、コントローラに接続します。 2 「SAN コンポーネント」リストで SAN を選択して、「グラフ」をクリックします。 3 グラフで表示するデータのタイプを「表示」ポップアップメニューから、コンピュータを「対象」 ポップアップメニューからそれぞれ選択します。ウインドウの下部にあるスライダを使用して、グ ラフで表示する期間を調節します。72 第6章 SANの状況を監視する 状況通知を設定する 「Xsan」では、次の場合にメールまたはポケベルで管理者に通知することができます: • サーバまたはファイバーチャネル接続に障害が発生した • ボリュームの空き容量が指定した割合を下回った • ユーザまたはグループがハードクオータに対して指定した割合を超過した メール通知をローカルネットワークの外部に送信するには、コントローラから SMTP サーバにアク セスする必要があります。 「Xsan」で状況通知を送信するには: 1 「Xsan Admin」を開き、「SAN コンポーネント」リストで SAN を選択して「作成」をクリックし、「通 知」をクリックします。 2 追加ボタン(+)をクリックして、メールアドレスまたはポケベルの番号を連絡先リストに追加します。 3 リストの新しいエントリをダブルクリックして、メールアドレスまたはポケベルのテキストメッ セージアカウントのアドレスを入力し、Return キーを押します。 4 ポケベル用のエントリの場合は、「ポケベル」列のチェックボックスを選択します。 5 通知を送信する原因となる状態(「通知内容」の横にあります)を選択します。 6 「SMTP 情報」をクリックして、送信者の名前とメールサーバのアドレスを入力します。 7 「保存」をクリックします。 8 テストするには、アドレスを選択して「テスト通知を送信」をクリックします。 ファイルシステムのプロセスの状況を確認する 「Xsan Admin」を使用して、Xsan ファイルシステムのプロセスが稼働しているかどうかを確認でき ます。 「Xsan」のプロセスが稼働しているかどうかを確認するには: m メインコントローラのプロセスを確認するには、「Xsan Admin」を開き、SAN を選択して「概要」 をクリックします。特定のボリュームのコントローラプロセスを確認するには、ボリュームを選択 して「概要」をクリックします。 コマンドラインから 「ターミナル」で cvadmin コマンドを使用して、ファイルシステムのプロセスが稼働しているかど うかを確認することもできます。詳しくは、cvadminのマニュアルページ(man で表示)または 85ページの「ボリュームおよびストレージプールの設定を表示または変更する(cvadmin)」を参照 してください。第 6 章 SAN の状況を監視する 73 ログを表示する 「Xsan Admin」を使用して、「Xsan」がコンピュータのシステムログおよびコンソールログに書き 込んだ診断および情報メッセージを表示できます。 システムログを表示するには: m 「Xsan Admin」を開き、「SANコンポーネント」リストで SANを選択して、「ログ」をクリックしま す。「表示」ポップアップメニューを使用してログを変更し、「対象」ポップアップメニューを使用 して別のコンピュータに切り替えます。特定のテキストを含むエントリを検索するには、「検索」 フィールドにテキストを入力して Return キーを押します。 ボリュームログを表示するには: m 「Xsan Admin」を開き、「SAN コンポーネント」リストでボリュームを選択して、「ログ」をクリッ クします。 コマンドラインから 特定のボリュームのログをコマンドラインから表示するには、次のファイルを参照します。 /Library/Filesystems/Xsan/data/volume/log/cvlog ここで、volume はボリュームの名前です。 ボリュームのクライアントを確認する 「Xsan Admin」を使用して、ボリュームを使用しているクライアント数の概要、またはそれらのク ライアントの完全なリストを表示できます。 ボリュームを使用しているクライアントを表示するには: m 「Xsan Admin」を開き、「SAN コンポーネント」リストでボリュームを選択して、「クライアント」 をクリックします。 ボリュームをマウントしているクライアントの数を表示するには: m 「Xsan Admin」を開き、「SANコンポーネント」リストでボリュームを選択して「概要」をクリック します。 コマンドラインから 「ターミナル」で cvadmin who コマンドを使用して、ボリュームのクライアントのリストを表示す ることもできます。詳しくは、cvadmin のマニュアルページ(manで表示)または 85ページの「ボ リュームおよびストレージプールの設定を表示または変更する(cvadmin)」を参照してください。74 第6章 SANの状況を監視する ファイバーチャネルの接続障害を確認する ファイバーチャネルの接続障害またはエラーは、システムログに記録されます。 システムログを表示するには: m 「Xsan Admin」を開き、「SANコンポーネント」リストで SANを選択して、「ログ」をクリックしま す。「表示」ポップアップメニューから「システムログ」を選択し、「対象」ポップアップメニュー から対象のコンピュータを選択します。 Xserve RAIDシステムの状況を確認する 「RAID Admin」ユーティリティを使用して、Xserve RAID システムと、Xserve RAID システムで Xsan ボリュームのストレージとして提供しているアレイ、スライス、および LUN の状態を確認で きます。 Xserve RAID システムおよび LUNの状態を表示するには: m 「RAID Admin」(「/アプリケーション /Server」にあります)を開きます。7 75 7 SAN の問題を解決する この章では、SAN の操作中に発生する可能性がある一般的な問題の解 決方法について説明します。 Xsan SAN の設定、管理、または使用時に発生する可能性のある一般的な問題の解決方法について は、この章を参照してください。 「Xsan」ソフトウェアをインストールできない 特定のコンピュータに「Xsan」ソフトウェアをインストールできないというメッセージがインストー ラから表示される場合は、次の点を確認してください: • コンピュータに、Mac OS X v10.3 バージョン 10.3.5 または Mac OS X Server v10.3 バージョン 10.3.5がインストールされている。 設定中に一部のコンピュータが表示されない SAN にコントローラまたはクライアントとして追加したいコンピュータが「Xsan Admin」に表示 されない場合は、次の点を確認してください: • 「Xsan」ソフトウェアがコンピュータにインストールされている。 • コンピュータの電源が入っている。 • コンピュータがスリープ状態ではなく、スリープするように設定されてもいない(「システム環境 設定」の「省エネルギー」パネルで確認できます)。 • コンピュータがほかの SAN コンポーネントと同じ TCP/IP サブネットにある。 「Xsan Admin」から SAN コンピュータに接続できない • 管理コンピュータとSANコンピュータの間にファイアウォールがある場合は、TCPポート311が開 いていることを確認します。 Xserve RAID システムにファイバーチャネルを介してアクセスできない • Vixel 355 ファイバーチャネル・スイッチを使用している場合は、Xserve RAID システムをスイッ チの FL(アービトレート型ループ)ポートに接続します。 • LUN が表示されないコンピュータを再起動してみてください。 • ファイバーチャネル・スイッチの設定を調べて、SAN コンポーネントが同一のファイバーチャネ ル・ゾーンにあることを確認します。 ボリュームをクライアントにマウントできない • クライアントコンピュータを再起動してから、もう一度やり直してください。76 第7章 SANの問題を解決する ストレージプールを追加できない ストレージプールの名前として使用できない予約名があります。これらの名前のいずれかを入力し た場合は、ストレージプールのダイアログの「OK」ボタンは使用できません。次の表に、予約名の リストを示します。 予約されているストレージプール名 Affinity InodeCacheSize Quotas AllocationStrategy InodeDeleteMax Read AttrTokenSize InodeExpandInc Regular Brls InodeExpandMax Rotate BrlTime InodeExpandMin Rtios BufferCacheSize IoHangLimitSecs RtiosReserve BufferPoolSize Journal Rtmb BWMFields JournalIcBufNum RtmbReserve DataMigration JournalIcBufSize RtTokenTimeout DataMigrationThreadPoolSize JournalSize Sectors Debug Log SectorSize DeviceName MaxConnections Static DirCacheSize MaxLogs StaticInodes DirFDCacheSize MaxLogSize Status DirWarp MaxMBPerClientReserve Sticky Disabled Mbufs StripeBreadth Disk MbufSize StripeClusters DiskType MetaData StripeGroup Enabled MirrorGroup ThreadPoolSize Exclusive MirrorReadMethod Type ForcePerfectFit MultiPathMethod WindowSecurity ForceStripeAlignment No Write FSBlockSize Node Yes GlobalSuperUser OpHangLimitSecs第 7 章 SAN の問題を解決する 77 スライスの作成後に一部の LUNが「Xsan Admin」に表示されない • 以前に「Xsan」で使用するためのラベルが設定されたアレイをスライスする場合は、最初のスラ イスから古いラベルを取り除く必要がある場合があります。 古いラベルを使用して LUN がマウントされているかどうかを確認するには、「ターミナル」を開 いて次のように入力します: $ sudo cvlabel -l -s (cvlabel ツールは「/Library/Filesystems/xsan/bin」にあります。) これにより、古いラベルが表示されます。次の出力例では、ラベルは「sanvol1」です。 /dev/rdisk4/ [APPLE Xserve RAID 1.20] CVFS “sanvol1” ... 古いラベルを取り除くには、次のように入力します: $ sudo cvlabel -u label ここで、label は古いラベルです(上の例では sanvol1)。 LUN のラベルの削除後に、LUN が「Xsan Admin」の「LUN」パネルに表示されます。 コマンドラインツールの使用時の問題 • Xsan コマンドラインツールの使用時に「command not found」という応答が返される場合は、 検索パスに「/Library/Filesystems/Xsan/bin」を追加するか、このディレクトリに切り替えてか らコマンドを入力してください。たとえば、cvadminツールを使用する場合は、次のように入力 します: $ cd /Library/Filesystems/Xsan/bin $ sudo ./cvadmin • cvadminツールの使用時に「Cannot list FSS - reason -Bad file descriptor」という応答が返さ れる場合は、ルートユーザとしてツールを使用していることを確認してください。ルートユーザ としてログインするか、sudo コマンドを使ってツールを実行します。たとえば、次のようになり ます: $ sudo ./cvadmin • Xsanコマンドラインツールのマニュアルページを表示しようとすると、「No manual entry for...」 という応答が返される場合は、「Xsan」のマニュアルページのディレクトリ「/Library/Filesystems/ Xsan/man」をマニュアルページの検索パスに追加する必要があります。これを行う方法の 1 つ は、次の行を「/etc/manpath.config」ファイルに追加することです。 OPTIONAL_MANPATH /Library/Filesystems/Xsan/man SANユーザにエラーコード –1425が表示される • ユーザがハードクオータで許可された容量を超える容量を使用しようとしています。 LUN の容量が期待したほど多くならない • LUN 全体に対するストライプを可能にするため、「Xsan」では、ストレージプール内のすべての LUN がプール内で最小の LUN と同じサイズになるように自動的に LUN のサイズを調節します。 同一のストレージプール内にサイズの異なる LUN を混在させると、「Xsan」では、サイズの大き な LUN の余分な容量は使用されません。 79 A 付録 A Xsanおよび StorNext のクライアント とコントローラを結合する この付録では、Macintosh クライアントを既存の StorNext File System SANに追加する方法、および Windows、Solaris、AIX、Irix、 または Linuxの各クライアントをXsan SANに追加する方法について 説明します。 「Xsan」は、ADIC 社の「StorNext File System」と完全な互換性があります。したがって、Macintosh クライアントを既存のStorNext SANに追加したり、「StorNext」ソフトウェアが動作する Windows、 Solaris、UNIX、AIX、Irix、または Linux の各クライアント用のコントローラおよびストレージとし ての役割を果たすように Xserveおよび Xserve RAID システムを設定したりできます。 互換性のあるソフトウェアバージョン 「Xsan」のクライアントおよびコントローラは、StorNext File System バージョン 2.4 以降が動作す るコンピュータと互換性があります。 ライセンス許諾 Macintosh Xsan クライアントまたはコントローラのライセンスは、「Xsan」のパッケージに付属の インストールディスクのカバーに印刷されているシリアル番号を使用することで許諾されます。 「StorNext」のライセンスは、「StorNext」ソフトウェアの購入時に ADIC 社から別途購入します。 Xsanクライアントは、StorNext File System クライアントのライセンスを使用または侵害していま せん。 用語 「StorNext」と「Xsan」では、次のような用語の違いがあるので注意してください: 「StorNext」の用語 対応する「Xsan」の用語 ファイルシステム ボリューム ファイル・システム・サーバ(FSS) コントローラ(または、メタデータコントローラ) ストライプグループ ストレージプール80 付録 A Xsanおよび StorNext のクライアントとコントローラを結合する Macintosh クライアントを StorNext SAN に追加する すでに「StorNext File System」に SAN が追加されている場合は、「Xsan」を使用して Macintosh クライアントを追加できます。 StorNext SANに Macintosh Xsanクライアントを追加するには: 1 MacintoshコンピュータをSANの Ethernetネットワークおよびファイバーチャネル・ネットワーク に接続します。 2 Macintoshコンピュータに「Xsan」ソフトウェアをインストールします。 3 Macintoshクライアントに「Xsan」ソフトウェアのライセンスを許諾します。 クライアントで「Xsan Admin」(「/ アプリケーション /Server」にあります)を開き、ローカルコ ンピュータに接続します。「SAN コンポーネント」リストで SAN を選択して「作成」をクリックし、 「コンピュータ」をクリックします。(ウインドウの中央にある)リスト内でクライアントをダブル クリックし、シリアル番号を入力します。 シリアル番号は、「Xsan」のインストールディスクのケースにあるラベルに記載されています。 4 SANの既存のStorNextクライアントにアクセスして、そのクライアントのfsnameserversファイルの コピーをプリントします。 SGI IRIX、Sun Solaris、IBM AIX、および Linux の StorNext クライアントの場合、このファイルは 次の場所にあります: /usr/cvfs/config/ Windowsクライアントの場合、このファイルは次の場所にあります: \%cvfsroot%\config\ ここで、%cvfsroot% は「StorNext」ソフトウェアをインストールしたディレクトリです。 5 Macintoshクライアントに戻り、viなどのテキストエディタを使用してfsnameserversファイルのコ ピーを作成し、このコピーを次のフォルダに保存します。 /Library/Filesystems/Xsan/config/ 参考:別のシステムで異なる行末文字を使用しているために発生する問題を避けるために、 fsnameserversファイルを Macintosh クライアントにコピーしないでください。代わりに、 Macintosh上でテキストエディタを使用して、このファイルを再作成します。 6 Macintosh 上の「Xsan」ソフトウェアが新しい fsnameserversファイルを読み出すように設定し ます。 Macintoshコンピュータを再起動するか、「ターミナル」を開いて次のコマンドを入力します: $ sudo kill -HUP ‘cat /var/run/fsmpm.pid’ 7 ファイルシステムをマウントします。 ファイルシステムが自動的にマウントされない場合は、「ターミナル」で次のコマンドを入力します: $ sudo mount -t acfs fsname mountpoint ここで、fsname はファイルシステムの名前、mountpoint は Macintosh クライアントでファイ ルシステムが表示される場所です(たとえば、「/Volumes/SanVol」)。付録 A Xsan および StorNextのクライアントとコントローラを結合する 81 Xsan コントローラを StorNext クライアントと共に使用する ADIC 社の「StorNext」ソフトウェアを使用して、Windows、UNIX、AIX、Irix、または Linux コン ピュータから Xsan SANにアクセスできます。 1 Macintosh以外のクライアントを SANのファイバーチャネル・ネットワークおよび Ethernetネット ワークに接続します。 2 ADIC 社の「StorNext」パッケージに記載されている指示に従って、Macintosh 以外のクライアント に「StorNext File System」ソフトウェアをインストールします。 3 Macintosh Xsanコントローラの共有シークレットファイルをMacintosh以外のクライアントに複製 します。 共有シークレットファイルの名前は、次のようになります。 .auth_secret Macintosh Xsanコントローラでは、共有シークレットファイルは次のディレクトリに保存されます。 /Library/Filesystems/Xsan/config/ このファイルを Macintosh 以外のクライアントに(同じ名前で)コピーします: SGI IRIX、Sun Solaris、IBM AIX、および Linux StorNext クライアントでは、次のディレクトリに ファイルをコピーします: /usr/cvfs/config/ Windowsクライアントでは、次のディレクトリにファイルをコピーします: \%cvfsroot%\config\ ここで、%cvfsroot% は「StorNext」をインストールしたディレクトリです。 重要:このファイルには、機密情報が含まれています。ルートユーザまたは Windows 管理者のみに 対する読み出し/書き込みアクセス権を適用して、ファイルを保護してください。 4 Macintosh Xsanコントローラに、Macintosh以外のクライアント用のStorNextライセンスファイル をコピーします。 Xsanコントローラで、(license.datという名前の)ファイルを次のディレクトリに保存します。 /Library/Filesystems/Xsan/config/ Macintosh以外のクライアント用のライセンスファイルを取得するときは、ADIC 社に問い合わせて ください。 83 B 付録 B コマンドラインを使用する この付録では、SANでコマンドラインから使用できる「Xsan」のシェ ルコマンドおよび設定ファイルについて説明します。 ここで説明するシェルコマンドおよび設定ファイルを使用して、コマンドラインから Xsan SAN、 LUN、ストレージプール、およびボビュームにアクセスしたり、これらを設定および管理したりで きます。 シェルコマンドを使用する 「Xsan」のコマンドラインユーティリティは、次の場所にあります。 /Library/Filesystems/Xsan/bin コマンドを使用するには、次の例のようにフルパスを入力します: $ sudo /Library/Filesystems/Xsan/bin/cvlabel -l -s または、コマンドを入力する前に、次の例のようにディレクトリを変更します: $ cd /Library/Filesystems/Xsan/bin $ sudo ./cvlabel -l -s または、シェルの検索パスに「/Library/Filesystems/Xsan/bin」を追加します。 リモートコンピュータを操作する リモートコンピュータでコマンドを使用するには、まず次のようにSSHを使用してほかのコンピュー タにログインします: $ ssh user@computer ここで、user はリモートコンピュータのユーザアカウント、computer はリモートコンピュータ の IP アドレスまたは DNS 名です。 マニュアルページを表示する 個々のコマンドについて説明する UNIX形式のマニュアルページは、次の場所にあります。 /Library/Filesystems/Xsan/man84 付録 B コマンドラインを使用する マニュアルページを表示しようとして「No manual entry for...」というメッセージが表示され る場合は、マニュアルページの検索パスに「Xsan」のマニュアルページのディレクトリ 「/Library/Filesystems/Xsan/man」を追加します。または、コンピュータ上のファイル 「/etc/manpath.config」に次のラインを追加します: OPTIONAL_MANPATH /Library/Filesystems/Xsan/man 表記規則 コマンドの表記全体に対して次の規則が適用されます。 コマンド 「Xsan」には次のようなコマンドラインツールがあります: 表記 意味 等幅フォント コマンド、または「ターミナル」で使用されるほかのテキスト $ シェルプロンプト [角かっこ内のテキスト ] オプションパラメータ (一方 |他方 ) 代替パラメータ(どちらか一方を入力します) 下線 値を指定する必要のあるパラメータ [...] 繰り返される可能性のあるパラメータ <山かっこ > SANの設定に応じて表示される値 コマンド 説明 cvadmin ボリュームおよびストレージプールの設定を表示または変更します (85 ページ) cvcp ファイルまたはフォルダをコピーします(88 ページ) cvfsck ボリュームを確認または修復します(89 ページ) cvlabel LUN を表示、ラベル設定、および初期化します(90 ページ) cvmkdir アフィニティのあるフォルダを作成します(91 ページ) cvmkfile ファイルを作成して、事前に割り当てます(91 ページ) cvmkfs ボリュームを初期化します(92ページ) cvsginfo ストレージプールの情報を表示します(92ページ) cvupdatefs ボリュームの設定の変更を適用します(92ページ) fsm ボリュームのコントローラのプロセスを開始します(93 ページ) fsmpm ポートマッパのプロセスを開始します(93 ページ) snfsdefrag ボリュームをデフラグします(93 ページ)付録 B コマンドラインを使用する 85 ボリュームおよびストレージプールの設定を表示または変更する(cvadmin) cvadmin ツールを使用して、Xsan ボリュームに関連するさまざまな情報タスクおよび設定タスク を実行できます。 インタラクティブモードにするには: $ sudo cvadmin ファイルからコマンドを実行するには: $ sudo cvadmin [-H host] [-F volume] -f cmdfile 1 つのコマンドを実行してシェルプロンプトに戻るには: $ sudo cvadmin [-H host] [-F volume] -e command 次の表に、cvadminツールで使用可能なコマンドを示します。 パラメータ 説明 -H host ボリュームを管理するメタデータコントローラ。指定されていない場合は ローカルコンピュータとみなされます。 host – ログイン先以外のメタデータコントローラの IP アドレスまたは DNS 名。 -F volume cvadmin で有効になる(つまり「選択される」)ボリューム。 volume – Xsan ボリュームの名前 -f cmdfile 指定されたファイルからコマンドを読み出します。 cmdfile – cvadmin コマンド含むテキストファイルの名前 -e command 指定されたコマンドを実行してシェルプロンプトに戻ります。このパラ メータが設定されていない場合、cvadmin ではプロンプト Xsanadmin> を使用してインタラクティブモードで実行を継続します。使用可能なコマ ンドは、この後の「cvadminコマンド」でリストされています。86 付録 B コマンドラインを使用する cvadmin コマンド cvadminコマンド 説明 activate [volume|index] 対話的に操作する「有効な」ボリュームを選択します。 volume – ボリュームの名前 index – 数字で表されるボリュームの ID(これらのリスト を表示するには、パラメータを設定しないで cvadmin selectコマンドを使用します) disable pool [read|write] ストレージプールへの読み出しまたは書き込みアクセスが できないようにします。 pool – 現在有効なボリューム内のストレージプールの 名前。 disks [refresh] LUN をリスト表示します。 down pool ストレージプールへのすべてのアクセスを拒否します。 enable pool [read|write] ストレージプールへの読み出しまたは書き込みアクセスを 許可します。 fail (volume|index) ボリュームがスタンバイコントローラに切り替わるように します。 volume – ボリュームの名前 index – 数字で表されるボリュームの ID(これらのリスト を表示するには、パラメータを設定しないで cvadmin selectコマンドを使用します) filelocks [yes|no] ファイルおよびレコードのロックを許可または拒否します。 現在のロックの設定を確認するには、パラメータを指定しな いでこのコマンドを使用します。 multipath pool (rotate|static) 「Xsan」でストレージプールへの複数のパスを使用する方法 を指定します。 paths 使用可能な LUN をリスト表示します。 quit cvadminを終了します。 quotas [yes|no] 有効な(選択された)ボリュームに対するクオータを有効ま たは無効にします。現在のクオータの設定を確認するには、 パラメータを指定しないでこのコマンドを使用します。 quotas get (user|group) name ユーザまたはグループに関する現在のクオータ情報を表示 します。 name – ユーザまたはグループの名前 quotas set (user|group) name hard soft grace ユーザ名またはグループ名に対するクオータを設定します。 name – ユーザまたはグループの名前 hard – ハードクオータ(バイト) soft – ソフトクオータ(バイト) grace – 猶予期間(分) quotacheck 有効なボリュームのクオータ情報を再計算します。付録 B コマンドラインを使用する 87 repquota 「/Library/Filesystems/Xsan/data/」にク オータのレポートファイルを生成します: quota_report.txt – テキストファイル quota_report.csv – カンマ区切りファイル quota_regen.in – 別のコントローラ上で同一のク オータを設定する cvadmin コマンド。このコマンドを実行 するには cvadmin -fを使用します。 repof 有効なボリューム上で開いているファイルのレポートを ファイル「/Library/Filesystems/Xsan/data/ /open_file_report.txt」に作成します。 select [volume] 操作する「有効な」ボリュームを選択します。インタラク ティブモードのコマンドプロンプトの後に、現在有効なボ リュームの名前が次のように表示されます: Xsanadmin (Vol1) >。 動作しているボリュームのリストを表示するには、volume パラメータを省略します。 volume – Xsanボリュームの名前 show [pool] [long] 有効なボリュームのストレージプール情報をリスト表示し ます。 start volume [on] [controller] ボリュームの設定ファイル(「/Library/Filesystems/ Xsan/config/volume.cfg」)の情報に基づいて、ボ リュームを起動します。 controller – ボリュームの FSM プロセスを開始するコ ントローラのアドレス。 stat 有効なボリュームに関する情報を表示します。 stop volume 有効なボリュームおよびその FSM プロセスを停止します。 up pool 指定されたストレージプールへのアクセスを許可します。 who 有効なボリュームのクライアント情報を表示します。 cvadminコマンド 説明88 付録 B コマンドラインを使用する ファイルまたはフォルダをコピーする(cvcp) cvcp コマンドを使用して、Xsan ボリュームとの間で高速のファイルコピーを実行できます。この コマンドで次の操作が可能です: • ファイルまたはディレクトリをコピーする • tarフォーマットのデータをディレクトリにコピーする • ファイルまたはディレクトリを tarフォーマットのデータストリームにコピーする $ cvcp [options] source destination cvcp コマンドのオプション 例 ファイル「friday」を「/datasets/data1/july」にコピーします: $ cvcp friday /datasets/data1/july ディレクトリ「/data1」およびすべてのサブフォルダを「/datasets/data1」にコピーします。この とき、すべてのアクセス権および所有権を保持し、コピーされたときにファイルを表示します: $ cvcp -vxy data1 /datasets/data1 パラメータ 説明 options この後の「cvcpコマンドのオプション」を参照してください。 source ファイルまたはフォルダ(ディレクトリ)がコピーされます。 destination コピーが作成される場所。 オプション 説明 -A 事前割り当てを停止します。 -b buffers 使用するI/Oバッファの番号を設定します。 buffers – コピーに使用するバッファの番号 -k size コピーバッファのサイズを設定します。 size – バッファのサイズ(バイト) -l リンクではなく、シンボリックリンクのターゲットをコピーします。 -n サブディレクトリにコマンドを適用しません。 -p prefix 指定されたプレフィクスで始まる名前のファイルのみをコピーします。 prefix – ファイル名の先頭の部分と一致する文字 -s ストレージプールのブロック境界に割り当てます。 -t コピースレッドの番号を指定します。 -v コピーされたファイルに関するすべての情報をレポートします。 -x 元のファイルのアクセス権をコピーに保持します。 -y 所有権およびグループの情報をコピーに保持します。ルートユーザがコ ピーを実行する場合にのみ適用されます。 -z 元の変更回数をコピーに保持します。付録 B コマンドラインを使用する 89 前の例と同じようにコピーを実行します。ただし、「jul」という文字で始まる名前のファイルのみを コピーします: $ cvcp -vxy -p jul data1 /datasets/data1/july ディレクトリ「/datasets」を「/transfers/data.tar」という名前の tar ファイルにコピーします: $ cvcp . - > /transfers/data ボリュームを確認または修復する(cvfsck) cvfsckコマンドを使用して、Xsan ボリュームを確認または修復できます。 $ cvfsck [options] volume cvfsck コマンドのオプション パラメータ 説明 options この後の「cvfsckコマンドのオプション」を参照してください。 volume 確認または修復するボリュームの名前。 オプション 説明 -d 追加のデバッグ情報を表示します。 -e ファイルエクステントの統計を表示します。 -f フラグメント化をレポートします。 -g ジャーナル修復ログをプリントします。 -j ジャーナルの修復を実行します。 -J 無変換のジャーナルデータを表示します。 -K ジャーナルをリセットします。警告:ジャーナルをリセットすると、メタ データの整合性が失われることがあります。どうしても必要な場合以外は、 このオプションを使用しないでください。 -l システムログの問題を記録します。 -n 読み出し専用モードでボリュームを確認します。 -r ボリュームの設定を変更する前にファイルを再配置します。 -v 利用可能なすべての情報を表示します。 -x スプレッドシート用のカンマ区切り形式で統計をレポートします。90 付録 B コマンドラインを使用する LUN にラベルを設定する(cvlabel) cvlabel コマンドを使用して、ストレージプールに追加できるように LUN を初期化できます。 使用可能な LUNをリスト表示するには: $ cvlabel -l [-s] [-v] ラベルのテンプレートファイルを準備するには: $ cvlabel -c LUNにラベルを設定するには: $ cvlabel [-v] [-f] [labelfile] 既存のラベルを LUNから削除するには: $ cvlabel -u lun パラメータ 説明 -l 使用可能なLUN をリスト表示します。 -s 装置のシリアル番号を表示します。 -v 進行状況を示します。 -c ラベルのテンプレートファイルを作成します。 -f すでにラベルを設定されたLUN にラベルを再設定します。 labelfile 各ラベルの情報が含まれるオプションファイル。-cオプションを使用して、 このファイルを作成できます。また、以下のファイルをテンプレートとし て使用できます: /Library/Filesystems/Xsan/examples/cvlabels.example lun ディスク名によって識別されるLUN。たとえば、/dev/disk4。 -u 指定されたボリュームのラベルを削除します。付録 B コマンドラインを使用する 91 アフィニティのあるフォルダを作成する(cvmkdir) cvmkdir コマンドを使用して、Xsan ボリューム内にある特定のストレージプールに対するアフィニ ティのあるフォルダを作成できます。 $ cvmkdir [-k affinity] directory ファイルを作成して事前割り当てする(cvmkfile) cvmkfileコマンドを使用して、Xsan ボリューム上のファイルに容量を割り当てることができます。 $ cvmkfile [-k affinity] [-p] [-s] [-w] [-z] size(k|m|g) filename 例 ファイル「data1」の 2 GB の容量をストレージプール datasetsに割り当てます: $ cvmkfile -k datasets 2g data1 パラメータ 説明 -k ディレクトリ(フォルダ)に関連付けられるストレージプールの名前を指 定するための省略可能なパラメータ。このパラメータを省略した場合、 「Xsan」ではアフィニティのないフォルダが作成されます。 affinity ストレージプールのアフィニティキーの名前。「Xsan」では、ストレージ プールの名前と同じ名前になります。ストレージプールのアフィニティ キーを表示するには、cvadmin show long コマンドを使用します。 directory フォルダの名前。 パラメータ 説明 -k affinity 指定されたアフィニティキーを持つストレージプール上のファイルに容量 を割り当てます。 affinity – アフィニティキー(「Xsan」ではストレージプールの名前が アフィニティキーになります) ストレージプールのアフィニティキーを表示するには、cvadmin show longコマンドを使用します。 -p ファイルの将来の機能拡張がブロック境界上に配置されるように設定し ます。 -s ファイルの割り当てがブロック境界に配置されるように設定します。 -w sizeによって指定されるファイルサイズを設定します。 -z ファイルの内容をゼロに設定します。 size(k|m|g) ファイルに割り当てられる容量を指定する番号。 size – 番号 k – キロバイト m – メガバイト g – ギガバイト filename 割り当てるファイルの名前。92 付録 B コマンドラインを使用する ボリュームを初期化する(cvmkfs) cvmkfsコマンドを使用して、Xsanボリュームに対応する設定ファイル(「/Library/Filesystems/ Xsan/config/.cfg」にあります)に基づき、Xsan ボリュームを初期化できます。 $ cvmkfs [-G] [-F] [volume] ストレージプールの情報を表示する(cvsginfo) cvgsinfo コマンドを使用して、Xsan ボリューム内にあるストレージプールに関する情報を表示で きます。 $ cvsginfo [-l] [-d] file ボリュームに設定の変更を適用する(cvupdatefs) ボリュームの設定ファイルに変更を加えた後で、cvupdatefs コマンドを使用して、設定ファイル の変更をボリュームに適用できます。 $ cvupdatefs [-f] volume [configdir] 警告:ボリュームを初期化すると、ボリュームの既存のデータがすべて失われます。 パラメータ 説明 -G 「Press return to continue」プロンプトを表示しません。 -F 警告および検証プロンプトを表示しません。このパラメータの使用は、慎 重に判断してください。 volume 初期化するボリュームの名前。この名前は、「/Library/Filesystems/ Xsan/config」にある設定(.cfg)ファイルの名前と一致します。 パラメータ 説明 -l ブロックの番号、ディスク名、およびストライピングの特性などの追加情 報を表示します。 -d 追加のデバッグ情報を表示します。 file ボリューム上のファイルまたはボリュームのルートディレクトリ内のファ イルへのフルパス(たとえば、「/Volumes/SanVol」)。 パラメータ 説明 -f 確認を要求するメッセージを表示したり、設定ファイルのエラーを通知し たりせずに更新します。 volume 更新するボリューム。ボリュームを指定しない場合、使用可能なボリュー ムがリスト表示され、そこから選択します。 configdir ボリュームの設定(.cfg)ファイルがデフォルトの場所(「/Library/ Filesystems/Xsan/config」)以外にある場合、その場所を指定し ます。付録 B コマンドラインを使用する 93 ボリュームのコントローラを起動する(fsm) fsm コマンドを使用して、コントローラでファイル・システム・マネージャのプロセスを開始でき ます。fsm プロセスでは、ボリュームのネームスペース、ファイルの割り当て、およびメタデータ を管理します。 $ fsm [volume] [controller] ポートマッパのプロセスを開始する(fsmpm) fsmpm コマンドを使用して、クライアントまたはコントローラ上でファイルシステムのポートマッ パのプロセスを開始できます。 $ fsmpm 詳しくは、fsmpm のマニュアルページ(man で表示)を参照してください。 ファイル、ディレクトリ、またはボリュームをデフラグする(snfsdefrag) snfsdefrag コマンドを使用して、ファイルのデータを 1 つのエクステントに再割り当てすること で、ファイルをデフラグすることができます。この結果、ディスクの効率が向上し、ファイルのメ タデータの管理に要するオーバーヘッドが減少するため、読み出しおよび書き込みのパフォーマン スが改善されることがあります。 ファイルまたはディレクトリをデフラグするには: $ snfsdefrag [-D] [-d] [-q] [-s] [-v] [-G group] [-K affinity] [-k affinity] [-m count] [-r] target デフラグしないでファイルエクステントをレポートするには: $ snfsdefrag -e [-G group] [-K affinity] [-r] target [target] [...] デフラグしないでエクステントカウントを表示するには: $ snfsdefrag -c [-G group] [-K affinity] [-r] target [target] [...] ファイルを整理する(ファイルの末尾を超えて割り当てられたエクステントを削除する)には: $ snfsdefrag -p [-D] [-v] [-q] [-G group] [-K affinity] [-m count] [-r] target [target] [...] デフラグの候補であるファイルをリスト表示するには: $ snfsdefrag -l [-D] [-v] [-G group] [-K affinity] [-m count] [-r] target [target] [...] パラメータ 説明 volume プロセスで管理するボリューム。 controller プロセスを開始し、その結果としてボリュームのメタデータコントローラ になるコンピュータ。 パラメータ 説明 -c エクステントカウントを表示します。ただし、デフラグのターゲットは表 示しません。 -D デバッグのメッセージを表示します。 -d 現在の深さ以外でファイルに対して機能します。94 付録 B コマンドラインを使用する 例 ファイル「datafile」のエクステントをカウントします: $ snfsdefrag -c datafile エクステントをリスト表示します: $ snfsdefrag -e datafile ファイル「datafile」をデフラグします: $ snfsdefrag datafile ファイル「datafile」が 2つを超えるエクステントを持つ場合にのみ、このファイルをデフラグします: $ snfsdefrag -m 2 datafile 複数のエクステントを持つディレクトリ「/datafolder」(または「/datafolder」内のすべて のディレクトリ)に含まれるすべてのファイルをデフラグします: $ snfsdefrag -r datafolder ディレクトリ「/datafolder」内のすべてのファイルに割り当てられた未使用のディスク容量を回 復します。 $ snfsdefrag -rp datafolder -e デフラグしないでエクステントをレポートします。 -K affinity 指定されたストレージプールアフィニティのあるファイルに対してのみ機 能します。 affinity – アフィニティキー(「Xsan」ではストレージプールの名前が アフィニティキーになります) ストレージプールのアフィニティキーを表示するには、cvadmin show longコマンドを使用します。 -k affinity このアフィニティのあるストレージプールに新しいエクステントを割り当 てます。 -l デフラグの効果を期待できるファイルをリスト表示します。 -m count countエクステントを超えるファイルに対してのみ機能します。 -p デフラグの代わりに整理を実行します。 -q メッセージが表示されないようにします。 -r [target] 指定されたターゲットディレクトリ内のすべてのディレクトリに含まれる ファイルすべてをデフラグするように、反復して機能します。 -s 新しいエクステントをブロック境界に割り当てます。 -v デフラグの際に、取得可能なすべての情報および状況を表示します。 パラメータ 説明付録 B コマンドラインを使用する 95 Xsan ボリュームをマウントする mount コマンドを使用して、コンピュータに Xsan ボリュームをマウントできます。 1 コンピュータにアクセスして「ターミナル」を開くか、SSH を使用してコンピュータにリモートでロ グインします: $ ssh user@computer ここで、user はリモートコンピュータのユーザアカウント、computer はリモートコンピュータ の IP アドレスまたは DNS 名です。 2 ファイルシステムをマウントする場所に、マウントポイントを作成します: $ mkdir mountpoint ここで、mountpoint は、ファイルシステムがマウントされるディレクトリです(通常は 「/Volumes」、または「/Volumes/SanVol」などと指定します)。 3 ボリュームをマウントします: $ sudo mount -t acfs volume mountpoint ここで、volume はボリュームの名前、mountpoint は手順 2 で作成したディレクトリです。たと えば、次のように入力します: $ sudo mount -t acfs SanVol /Volumes/SanVol Xsan ボリュームをマウント解除する umountコマンドを使用して、コンピュータ上の Xsan ボリュームをマウント解除できます。 1 コンピュータにアクセスして「ターミナル」を開くか、SSH を使用してコンピュータにリモートでロ グインします: $ ssh user@computer ここで、user はリモートコンピュータのユーザアカウント、computer はリモートコンピュータ の IP アドレスまたは DNS 名です。 2 ボリュームをマウント解除します: $ sudo umount mountpoint ここで、mountpoint は、ボリュームがマウントされているディレクトリです(通常は「/Volumes/ 」)。たとえば、次のようになります。 $ sudo umount /Volumes/SanVol ログを表示する 「Xsan」が SANに関する情報を書き込むシステムログは、次の場所にあります。 /var/log/system.log ボリュームログは次の場所にあります。 /Library/Filesystems/Xsan/data//log/cvlog は特定のボリュームの名前です。96 付録 B コマンドラインを使用する 設定ファイル 「Xsan」の設定情報は、次のファイルに保存されます: ボリュームの設定ファイル Xsanボリュームについて記述するパラメータは、次のファイルに保存されています。 /Library/Filesystems/Xsan/config/.cfg はボリュームの名前です。 このファイル内にあるさまざまなパラメータ、およびこれらのパラメータを使用してボリュームを 定義する方法については、cvfs_config のマニュアルページ(man で表示)を参照してください。 設定ファイルの例 # 「StorNext File System」の設定ファイルの例 # # 名前にはA ~ Z、a~ z、0~ 9、ハイフン(-)、アンダーバー(_)が使用可能です # # そのほかの項目(ユーザ定義の文字列やパス名など)は二重引用符(")で # 囲む必要があります。 # # コメント文字(#)は任意の場所で使用でき、行末まで適用されます。 # #*************************************************************************** # ファイルシステム全体のパラメータを定義するためのグローバルセクション。 #*************************************************************************** # # グローバル・スーパー・ユーザ。 # # この変数が「Yes」に設定されている場合、クライアント上のスーパーユーザは # グローバルアクセス権を持つことができます。「No」に設定されている場合、スーパーユーザのユーザ ID では # そのスーパーユーザが所有しているファイルのみを操作できます。 # GlobalSuperUser No # # ファイルを拡張するためのファイルシステムのブロックの最少数。 # InodeExpandMin 8 # 初期割り当て32 k # # ファイルシステムのブロック内でセグメントを拡張するときの増分数。 # InodeExpandInc 32 # 積極的に増分(128 k) ファイル 内容 /Library/Filesystems/Xsan/config/.cfg ボリュームの設定 /Library/Filesystems/Xsan/config/fsmlist ボリュームの自動開始リスト /Library/Filesystems/Xsan/config/fsnameservers コントローラのリスト付録 B コマンドラインを使用する 97 # # ファイルを拡張するためのファイルシステムのブロックの最大数。 # InodeExpandMax 2048 # 8Mずつ拡張(大!) # # ストライプ幅の境界で開始するようにファイルシステムを配置します # ForceStripeAlignment Yes # # デバッグのフラグ # # cvadmin(1M)でデバッグのフラグの凡例を参照してください # Debug 0 # # ファイルシステムのブロックサイズ # # - 4 K~ 512 K の範囲で2 のべき乗にする必要があります。 # - このファイルシステムの設定で使用されるすべてのストレージ装置の # 最大セクタサイズの倍数にする必要があります。 # - このブロックサイズはすべてのストライピング方式に均等に # 分割可能である必要があります。 # - 値が16 Kより大きい場合、メタデータの操作パフォーマンス(作成数/秒など) # が低下しますが、マルチテラバイトのファイルシステムでは起動時間が # 短縮されることがあります。 # # FsBlockSize 4K # # i ノード・キャッシュ・エントリ - iノードを読み出すための I/Oを減らすために使用されます。 # InodeCacheSize 8K # # バッファ・キャッシュ・サイズ - iノード、ディレクトリ、および割り当てビットマップを # 読み出すための I/Oを減らすために使用されます。 # BufferCacheSize 32M # #最大クライアント接続および AT接続が許可されます。 # MaxConnections 1098 付録 B コマンドラインを使用する # # ログファイルの最大サイズ # MaxLogSize 1M # # クライアント・プール・スレッド。メッセージ処理プール内のスレッド数。 # ThreadPoolSize 16 #*************************************************************************** # ディスクのハードウェアパラメータを定義するための disktypeセクション。 #*************************************************************************** # # サイズに合うセクタ数で設定されるようにディスクのタイプを定義します # # *** 参考 - セクタサイズは 512 バイトです。*** # [DiskType ST19171FC] # 完全な9.2GBの Cudaから 1M のボリュームヘッダを差し引きます。 Sectors 17780736 SectorSize 512 # セクタのサイズ(デフォルトは 512)。 #*************************************************************************** # ハードウェアの設定でディスクを定義するためのディスクセクション。 #*************************************************************************** # # 「Status」キーワードは装置が最初に UPまたは DOWNのどちらであるかを示します。 # # 「Type」キーワードは「DiskType」キーワードで定義した名前と一致する必要があります。 # [Disk CvfsDisk0] Status UP # UP/DOWN Type ST19171FC # DiskType セクションで定義したタイプ [Disk CvfsDisk1] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk2] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk3] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk4] Status UP Type ST19171FC付録 B コマンドラインを使用する 99 [Disk CvfsDisk5] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk6] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk7] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk8] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk9] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk10] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk11] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk12] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk13] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk14] Status UP Type ST19171FC [Disk CvfsDisk15] Status UP Type ST19171FC #*************************************************************************** # ストレージプールの定義 # #***************************************************************************100 付録 B コマンドラインを使用する # # 専用の8ビット NTSC 525 ビデオで使用するためのストライプグループを設定します。 # [StripeGroup VideoGroup1] Status UP # UP/DOWN Exclusive Yes # 記述されたアフィニティのみを許可します Affinity 6100_n8 # このグループを記述するアフィニティの名前 Read Enabled # ストライプグループへの読み出しを有効(または無効)にします Write Enabled # 書き込みおよび容量の割り当てを有効(または無効)にします StripeBreadth 172 # fsブロック内におけるディスク上のストライプの幅 Node CvfsDisk0 0 # ディスク名およびストライプでの配置 Node CvfsDisk1 1 Node CvfsDisk2 2 Node CvfsDisk3 3 Node CvfsDisk4 4 # # 専用の8ビット PAL625ビデオで使用するためのストライプグループを設定します。 # [StripeGroup VideoGroup2] Status UP Exclusive Yes Affinity 6100_p8 Read Enabled Write Enabled StripeBreadth 204 Node CvfsDisk5 0 Node CvfsDisk6 1 Node CvfsDisk7 2 Node CvfsDisk8 3 Node CvfsDisk9 4 # # NTSCストリームのオーディオグループを設定します # # CCIR-601 525 Audio は65536バイトのブロックで読み出し/書き込みされます # [StripeGroup AudioGroup1] Status UP Exclusive Yes Affinity 6100_n8a Read Enabled Write Enabled StripeBreadth 16 Node CvfsDisk10 0 # # PALストリームのオーディオグループを設定します # # CCIR-601 625 Audio は61440バイトのブロックで読み出し/書き込みされます #付録 B コマンドラインを使用する 101 [StripeGroup AudioGroup2] Status UP Exclusive Yes Affinity 6100_p8a Read Enabled Write Enabled StripeBreadth 15 Node CvfsDisk11 0 # # 排他的なプロパティを持たない、2つのドライブによるストライプグループを設定します。 # [StripeGroup RegularFiles] Status UP Read Enabled Write Enabled StripeBreadth 16 Node CvfsDisk12 0 Node CvfsDisk13 1 # # 終了 #102 付録 B コマンドラインを使用する ボリュームの自動開始リスト fsmlist 設定ファイルを使用して、ファイルシステムのどのプロセスを自動的に開始するかを制御で きます。 詳しくは、fsmlist のマニュアルページ(man で表示)を参照してください。 自動開始ファイルの例 # # 自動開始ファイル # # 起動時に開始する必要がある、「StorNext File System」のプライマリおよび # バックアップサービスをリスト表示します。 # # バックアップとして設定されているサービスの場合、そのサービスは # スタンバイモードで起動し、プライマリサービスが「stop」コマンド以外の # 原因で停止した場合にのみ使用可能になります。 # # このファイルが変更された場合、CVFS サービスのポートマッパ(fsmpm)が # 通知されたときにのみファイルが再スキャンされます。そのためには、次のように入力します: # # kill -USR1 `cat /usr/cvfs/bin/fsmpm.pid` # # これにより、ポートマッパがこのファイルを再スキャンするように設定されます。 # # ファイルフォーマット: # # スペースおよびタブは自由に使用できます。 # コメントであることを示すには、行の先頭の文字にシャープ(#)記号を # 使用します。 # # 行のフォーマットは次のとおりです(先頭のシャープ記号は無視してください): # # [] [] # # 各項目の内容は次のとおりです: # は FSMファイルシステムの名前です。これは設定のファイル名 # (.cfg)と一致する必要があります。 # この名前はストレージ・エリア・ネットワーク全体で使用され、相互に接続 # しているすべての SANマシンの間で一意である必要があります。 # # []は、複数のネットワークアダプタを持つシステムまたは複数のホストによって管理される # システムのホスト名です(省略可能)。ピリオド(.)は、 # システムでデフォルトのホスト名または IPアドレスを使用する必要があることを示します。 # # []は、障害が発生したサービスを代行する優先順位を決定 # できるように、FSSサービスに割り当てられた番号です。 # この値が小さいほど、優先順位は高くなります。サービスに優先度が # 割り当てられていない場合、デフォルトの優先度 0が適用されます。 # 優先順位が同じ FSS サービスには、決定要因となるフェイルオーバー特性 # がありません。付録 B コマンドラインを使用する 103 # # # ここでは、ファイルシステムのサービス設定行の例をいくつか挙げます。 # # 例#1。 # # このファイルシステムの名前は「default」です。デフォルトでは、ホスト名は fsm ポートマッパが # 使用する名前と同じ名前になります。fsm ポートマッパは、このファイルシステム向けの唯一の # サービスです。 # #default # # 例#2。 # # このファイルシステムのサービスの名前は「example」であり、ホスト名「rock」で # 代替パスのホスト名を使用します。 # #example rock # # 例#3。 # # サービスのリストがあり、プライマリサービスとバックアップサービスが # 含まれています。 # # ファイルシステムでは、優先順位が高いサービスのデフォルトとしてデフォルトのホストを使用します。 # #default . # # ローカルホスト上のファイルシステム foo には、セカンダリーサービスとして rockという名前が付けられています。 # #example rock 1 # # デフォルトのローカルホスト上にあるファイルシステム「bar」は3次サービスとして機能します。 # #bar . 2 # # デフォルトのローカルホスト上にあるファイルシステム「zup」はセカンダリーサービスとして機能します。 # #zup . 1 # # デフォルトのローカルホスト上にあるファイルシステム「zup」はセカンダリーバックアップとしても機能します。 # 各バックアップにはそれぞれ別個の優先順位を割り当てることができます。一般に、この設定は、 # 2 つの異なるマシンがあり、フェイルオーバーの際に一方のマシンに別のマシンよりも # 高い優先順位が適用される場合に、より有効になります。 # #zup . 0 #zup . 1 # # 終了 #104 付録 B コマンドラインを使用する コントローラのリスト 「Xsan」では、SANコントローラのリストを次のファイルに保存しています。 /Library/Filesystems/Xsan/config/fsnameservers このファイルのコピーは、SAN に属するすべてのコンピュータで表示されます。 詳しくは、fsnameserversのマニュアルページ(manで表示)を参照してください。 fsnameservers ファイルの例 # # ファイルシステムのネームサーバのマスターファイル # # このファイルによって、ストレージ・エリア・ネットワーク内で利用可能なファイルシステムの # 名前の検索場所が CVFSポートマッパに伝えられます。ファイルシステムの # 名前へのアクセスに必要な帯域幅は非常に狭いので、ネーム # サーバをハイエンドの装置に配置する必要はありません。ただし、ネームサーバが # 高可用性および信頼性を保つことは重要です。これにより、CVFSクライアントが # ネットワーク内のサーバの場所を見つけることができないために # ファイルシステムを使用できなくなる可能性が低くなります。 # # 名前の情報は、リスト表示されたすべてのネームサーバに対して頻繁に複製されます。 # プライマリサーバが停止した場合でも、要求を十分に解決できるだけの # 情報がほかのサーバに保存されています。 # # 構文: # # # [] # [] # [...] # [] # # # は、SANの CVFSファイルシステムのリストを取得するための # 接続先のホスト名または IP番号です。 # # 最初のホストは PRIMARYネームサーバです。これに続くホストは # セカンダリー・ネーム・サーバです。リストでは、その記載順序に従って # アクセスを受け付けます。 # # このファイルと同様、コメントの前にはシャープ記号(#)を使用する必要があります。 # # # プライマリ FS ネームサーバは rockです # rock # # セカンダリー FSネームサーバ #1は cragです付録 B コマンドラインを使用する 105 # crag # # セカンダリー FSネームサーバ #2は areteです # arete 107 用語集 用語集 ACFS Apple クラスタ・ファイル・システム。基になる Xsan ファイルシステムです。ACFS は、ファ イル・システム・メタデータを管理するためにコントローラを使用する共有 SAN ファイルシステム です。ADIC 社の「StorNext File System」から派生したものです。 Appleクラスタ・ファイル・システム ACFSを参照。 FSS ファイル・システム・サーバ。Xsanメタデータコントローラに対する「StorNext File System」 の用語です。 LUN SCSI 論理ユニット番号。「Xsan」では、Xserve RAID アレイまたはスライスのようなフォー マットされていない論理ストレージ装置のことです。 RAIDアレイ RAID方式によって編成および保護され、ハードウェアやソフトウェアでは単一の論理 ディスクとして表される、物理ディスクのグループ。「Xsan」では、RAID アレイはストレージプー ルを形成するために結合された LUN として表されます。 SAN ストレージ・エリア・ネットワーク。一般に、主な目的がコンピュータシステムとストレージ 要素の間およびストレージ要素間でのデータの転送であるネットワーク。「Xsan」では、SAN は、1 つ以上のコントローラ、ストレージボリューム、およびストレージクライアントを組み合わせたも のです。 アフィニティ Xsan ボリューム上のフォルダと、ボリュームを構成するストレージプールの 1 つと の間の関連性。アフィニティにより、フォルダ内に置かれているファイルが、そのストレージプー ルにのみ保存されることが保証されます。 クライアント Xsan ボリューム上のデータにアクセスするコンピュータ。クライアントが SAN デー タにアクセスするためには、SAN 管理者が SAN にクライアントを追加し、ボリュームをクライアン トにマウントする必要があります。 コントローラ 「Xsan」では、「メタデータコントローラ」の略。「メタデータコントローラ」を参照。 初期化 一般に、特定のファイルシステムで使用できるようディスクを準備すること。「Xsan」では、 ストレージプール内で使用できるよう LUN を準備することです。 ストライプグループ Xsan ストレージプールに対する「StorNext File System」の用語。108 用語集 ストライプ幅 Xsan ストレージプールの属性。「Xsan」がプール内の次の LUN に移動する前にスト レージプール内の LUN に書き込む、ファイルシステムのブロック数として表現されるデータのバイ ト数です。 ストレージプール スループットやレイテンシなどの共通の特性を共有する論理ディスクのグルー プ。「Xsan」では、このグループ全体にユーザデータをストライプします。ストレージプールを結合 して Xsanボリュームを形成します。 バランス Xsan ストレージプールの割り当て方式。複数のストレージプールで構成されているボ リューム上の容量を割り当てる前に、「Xsan」では、すべてのプール上の使用可能なストレージを分 析し、使用可能な容量の最も多いプールを使用します。 ファイルシステム 低レベルの詳細に対処しなくてもアプリケーションでファイルを読み書きでき るようにする、データをストレージ装置に保存するための方式。これは、「StorNext File System」 で Xsanボリュームに対して使用する用語です。 ファイル・システム・サーバ FSS を参照。 フィル Xsanストレージプールの割り当て方式。複数のストレージプールで構成されているボリュー ムでは、「Xsan」は最初のプールをいっぱいにしてから次のプールへの書き込みを続けます。 フェイルオーバー 「Xsan」では、ボリュームのプライマリコントローラに障害が発生した場合に、 スタンバイXsanコントローラがボリュームの動作中のメタデータコントローラになるという自動プ ロセス。 フェイルオーバーの優先順位 Xsanコントローラの属性。複数のコントローラを持つSANでは、フェ イルオーバーの際、最初にどのスタンバイコントローラを試すかを指定します。 フォーマット(動詞) 「初期化」を参照。 ブロック割り当てサイズ Xsan ボリュームの属性。Xsan ボリューム上で予約したり、Xsan ボリュー ムに書き込んだり、Xsanボリュームから読み出したりできる最小バイト数。 ボリューム クライアントの視点から、ローカルハードディスク、パーティション、またはネット ワークボリュームのように動作する、ストレージのマウント可能な割り当て。「Xsan」では、ボリュー ムは 1 つ以上のストレージプールで構成され、SAN コントローラによってクライアントにマウント されます。 マウント(動詞) Xsan ボリュームを、ほかのローカルディスクのようにクライアントのデスクトッ プ上に表示すること。Xsan ボリュームは、クライアント自体ではなく、コントローラによってクラ イアント上にマウントおよびマウント解除されます。 マルチパス方式 Xsan ストレージプールの属性。「Xsan」がクライアントとストレージの間で複数 のファイバーチャネル・パスを使用する方法を指定します。「動的」に設定して高いパフォーマンス を得るために読み出しまたは書き込みを利用可能なパス間で切り替えたり、「静的」に設定して、マ ウント時にボリューム内の各 LUN を交互にパスに割り当てたりできます。用語集 109 メタデータ ファイルシステムとそれによって保存されるファイルに関する情報(たとえば、ファイ ルが占めるディスクブロックや、使用可能なブロック)。「Xsan」では、メタデータはコントローラ によって管理されますが、SAN ボリュームに保存されます。Xsan クライアントおよびコントローラ は、ファイルデータに支障を来たさないように Ethernet接続を介してメタデータを交換し、ファイ ルデータはファイバーチャネル接続を介して転送されます。 メタデータコントローラ Xsan メタデータを管理するコンピュータ。「StorNext File System」でファ イル・システム・サーバ(FFS)と呼ばれているものです。 ラウンドロビン Xsan ストレージプールの割り当て方式。複数のストレージプールで構成されてい るボリュームでは、「Xsan」は利用可能な各ストレージプールに次々に連続して書き込むための容量 を割り当てます。 ラベル設定(動詞) LUNの初期化に対する「StorNext File System」の用語。「初期化」を参照。 ラベル(名詞) LUNを識別する名前。 割り当て方式 「Xsan」で、ボリュームを構成するストレージプールにデータが書き込まれる順序。 「フィル」、「ラウンドロビン」、または「バランス」を選択できます。111 索引 索引 C 「command not found」メッセージ 77 cvadmin コマンド 85 コントローラのフェイルオーバーを強制する 65 cvcp コマンド 88 cvfsck コマンド 89 ボリュームを確認する 56 ボリュームを修復する 56 cvlabelコマンド 90 古い LUN ラベルを取り除く 77 cvmkdirコマンド 91 アフィニティを割り当てる 47 cvmkfileコマンド 91 cvmkfs コマンド 92 cvsginfoコマンド 92 cvupdatefsコマンド 92 D DNS 「Xsan Admin」で~を使用する 28 E Ethernet ガイドライン 19 F fsmpmコマンド 93 fsm コマンド 93 fsnameservers ファイル 80, 104 FSS →「コントローラ」を参照 ファイル・システム・サーバ →「コントローラ」を参照 G GID(グループ ID) 割り当てる 30 I IPアドレス クライアントおよびコントローラ用 20 コントローラの~を変更する 67 L LUN の RAID 方式 23 LUN(論理ユニット番号) 概要 11 既存のストレージプールに追加する 43 サイズが下方修正される 77 実際のサイズと使用済みサイズ 43, 77 準備する 27 ストレージプールごとの制限 16 説明 12 古いラベルを取り除く 77 ボリュームごとの制限 16 N 「No manual entry for...」メッセージ 77 S SAN(ストレージ・エリア・ネットワーク) ストレージを追加する 42 追加する 39 取り除く 38 名前の長さの制限 16 名前を変更する 38 snfsdefragコマンド 93 ファイルをデフラグする 55 SSL、~と「Xsan Admin」 28 StorNext File System 79 Xsan クライアントを追加する 80 U UID(ユーザ ID) 割り当てる 30 X 「Xsan Admin」アプリケーション ~とファイアウォール 28 概要 28 環境設定 28 個別にインストールする 28 リフレッシュ間隔 28 「Xsan」ソフトウェア インストールする 31112 索引 コントローラをアップグレードする 68 シリアル番号 32 取り除く(アンインストールする) 60 「Xsan」ソフトウェアをインストールする 31 Xserve RAID システム 状況を確認する 74 あ 空き容量 クオータの使用状況を確認する 71 ストレージプールの~を確認する 70 ボリュームを確認する 70 アクセス フォルダのアクセス権 59 アクセス権 フォルダへのユーザアクセス 59 アフィニティ 説明 14 取り除く 47 フォルダ内のフォルダに 47 フォルダに割り当てる 36, 46 え エラー -1425 77 か 可用性に関する考慮事項 23 き 共有シークレットファイル 81 く クオータ 「Xsan Admin」で~の使用状況を確認する 71 コマンドラインから確認する 71 設定する 37, 61 説明 61 ソフト 37 ハード 37 猶予期間 37, 61 例 62 クライアント SAN から取り除く 60 SAN ごとの制限 16 StorNext 81 StorNextファイルシステムに追加する 80 追加する 58 定義 11 ボリュームを使用中の~ 73 グラフ コントローラの使用状況 71 スムージング 28 グループ GID を割り当てる 30 グループ ID →「GID」を参照 こ コマンド →「シェルコマンド」を参照 コントローラ IP アドレスを変更する 67 SANごとの制限 16 概要 11 ~が管理するボリュームをリストする 66 ソフトウェアをアップグレードする 68 追加する 64 し シェルコマンド 「command not found」 77 cvadmin 85 cvcp 88 cvfsck 89 cvlabel 90 cvmkdir 91 cvmkfile 91 cvmkfs 92 cvsginfo 92 cvupdatefs 92 fsm 93 fsmpm 93 snfsdefrag 93 インストールされた場所 83 使用時の問題 77 表に示した 84 マニュアルページ 83 ジャーナル 説明 15 場所を選択する 26 シリアル番号 32 す ストライピング、LUN全体に 13, 15 ストライプグループ →「ストレージプール」を参照 ストライプ幅 35 値を選択する 50 設定する 50 ブロック割り当てサイズ 50 ストレージ・エリア・ネットワーク →「SAN」を参照 ストレージ、拡張する 42 ストレージプール 空き容量を確認する 70 アクセス権 49 既存のボリュームに追加する 44 説明 13 名前の長さの制限 16 名前を変更する 48 ボリュームごとの制限 16 予約されている名前 76 ストレージを拡張する 16, 42 ストレージを追加する 42, 16索引 113 せ 静的マルチパス方式 51 セキュリティに関する考慮事項 15, 23 設定ファイル 96 そ ソフトクオータ 確認する 71 設定する 37, 61 定義 61 つ 通知 設定する 36, 72 必須のメールサービス 20 て ディレクトリサービス 20 と 動的マルチパス方式 51 トラブルシューティング LUNが表示されない 77 LUNのサイズが下方修正される 77 RAID システムにアクセスできない 75 SAN に接続できない 75 エラー -1425 77 コンピュータが表示されない 75 ソフトウェアをインストールできない 75 ボリュームをマウントできない 75 予約されているストレージプール名 76 は ハードクオータ 確認する 71 設定する 37, 61 定義 61 バランス ボリュームの割り当て方式 34, 53 ひ 表記 コマンドの規則 84 ふ ファイアウォール、~と「Xsan Admin」 28 ファイバーチャネル 設定要件 19 対応するスイッチ 19 接続障害を監視する 74 ファイル 最大サイズ 16 名前の長さの制限 16 ボリュームごとの制限 16 ファイルシステム →「ボリューム」を参照 ファイルをデフラグする 55 フィル ボリュームの割り当て方式 34, 53 フェイルオーバー 64 強制する 65 フェイルオーバー優先順位 64 プロセス、状況を確認する 72 ブロック割り当てサイズ 設定する 34, 54 ボリュームに選択する 54 ほ ポケベルによる通知 72 ボリューム StorNext ファイルシステムをマウントする 80 空き容量を確認する 70 開始する 37 既存のSAN に追加する 45 クライアントにマウントする 37, 59 コマンドラインからマウントする 95 コントローラ別のリスト 66 コントローラを識別する 66 修復する 56 整合性を確認する 56 設定ファイル 96 説明 13 デフラグする 55 名前の長さの制限 16 名前を変更する 52 ~を使用中のクライアントを表示する 73 マウント解除する 60, 95 マウントの問題 75 ボリュームの設定ファイル 96 ボリュームを修復する 56 ボリュームをマウント解除する 60 コマンドラインから 95 ボリュームをマウントする 37, 59 StorNext 80 コマンドラインから 95 ま マニュアルページ 「No manual entry for...」 77 シェルコマンドの~ 83 表示の問題 84 マルチパス方式 35 ストレージプールに設定する 51 め 命名の制限 16 メールサービス 通知用 20 メールによる通知 72 メタデータ 説明 15114 索引 場所を選択する 26, 49 ゆ ユーザ ID →「UID」を参照 ユーザ、UID を割り当てる 30 猶予期間(クオータ) 61 よ 読み出し専用のボリューム 60 ら ラウンドロビン ボリュームの割り当て方式 34, 53 り リフレッシュ間隔、「Xsan Admin」 28 ろ ログ 表示する 73 ファイルサイズ(最大ログサイズ) 34 メッセージの数を制御する 28 論理ユニット番号 →「LUN」を参照 わ 割り当て方式 34 ボリュームに設定する 53 Welcome to Tiger Mac OS X v10.4 でできる ことについて説明します Apple Computer, Inc. © 2005 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc. の商標です。キーボードから入力可能な Apple ロゴについても、これを Apple Computer, Inc. か らの書面による事前の承諾なしに商業的な目的で使用す ると、連邦および州の商標法および不正競争防止法違反 となる場合があります。 Apple、Appleロゴ、FireWire、iCal、iLife、iMovie、 iPod、iTunes、Mac、Mac OS、および QuickTimeは、 米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc. の 商標です。Exposé、Finder、GarageBand、iDVD、 iPhoto、iSight、Safari、SnapBack、Spotlight、 SuperDrive、および Tiger は、Apple Computer, Inc. の 商標です。iTunes ミュージックストアは米国その他の国 で登録された Apple Computer, Inc. のサービスマーク です。.Mac は Apple Computer, Inc. のサービスマーク です。 アップルでは頻繁に新規バージョンをリリースし、ソフ トウェアをアップデートしているため、本書に記載され ている画像は、お使いの画面に表示される画像とは若干 異なる場合があります。 3 1 Welcome to Tiger Mac OS X では、Spotlight 検索、Dashboard ウィジェット、カスタ ムWebニュース、および4人参加のビデオ会議をすぐに利用できます。 Spotlight あらゆる場所のあらゆる項目をいつでもすばやく見つけることができます。 Dashboard ウィジェットと呼ばれる新しい種類のアプリケーションに瞬時にアクセス できます。 iChat AV 最大 3人のユーザとビデオ会議を行えます。 Safari RSS インターネットから最新ニュース、情報、および記事を調べることができます。 Automator ポイント&クリックの簡単な操作でタスクを自動化できます。4 Spotlight コンピュータ上にあるあらゆる項目を、いつでも、入力すると同時に見つけ出します。あらゆる場 所からシステム全体を検索して、書類、メール、アドレスデータ、カレンダー、音楽、ムービー、写 真、ブックマーク、およびアプリケーションを見つけ出します。 何かを検索するときは、Spotlightの アイコンをクリックし、次にいくつかの 文字または語句を入力します。 イメージのスライドショー を表示するときにクリック します。 Spotlight ウインドウに、 グループ内のすべての 検索結果が表示されます。 項目のグループを表示したり 隠したりするときにクリック します。 Spotlightメニューに、最近開いた 上位20項目が表示されます。項目 をクリックして開きます。 5 整理された検索結果 検索結果をすべて表示するに は、Spotlight メニューで 「すべてを表示」を選択して Spotlight ウインドウを開き ます。項目をグループ化した り、それらを並べ替えたり、 検索結果を制限したりできま す。イメージをプレビューし たり、項目に関する追加情報 を表示したりできます。 検索結果をグループ化する方 法を選択するときにクリック します。 項目に関する追加情報を見る ときにクリックします。 検索結果のグループ化、並べ替え、 または制限を行うときにクリックします。 これは、Spotlightがこの イメージの検索に使用する メタデータです。 Spotlight をカスタマイズ する 「Spotlight」環境設定を使っ て、検索したい項目のタイプ を選択したり優先順位付けし たりします。特定のフォルダ またはディスクを検索したく ない場合は、「プライバシー」 をクリックしてから該当の フォルダまたはディスクを 選択します。 検索結果を優先順位付けする には、項目をドラッグします。 表示したくない項目の選択を 解除するときにクリックします。 Spotlight検索フィールドを 表示するためのショートカット を選びます。6 Spotlight をあらゆる場所で Spotlight は、「Finder」、「システム環境設定」、「Mail」、「アドレスブック」やその他の場所など、 Mac OS X Tiger のあらゆる場所にあります。また、検索条件を保存してスマートフォルダを作成す ることができます。スマートフォルダは、開くたびにその内容が自動的にアップデートされます。 ファイルを検索するには、 いくつかの文字または語句 を入力します。 現在の内容を表示したり その検索条件を編集したり するときに、スマート フォルダをクリックします。 条件を追加して検索に 使用するには、追加(+) ボタンをクリックします。 検索を指定した後、「保存」 をクリックしてスマート フォルダを作成します。 7 環境設定を検索する 環境設定の設定を見つけて変 更するには、「システム環境 設定」を開き、検索フィール ドにいくつかの文字または語 句を入力します。Spotlight では Windowsの用語でも検 索できます。 設定したい環境設定を見つける には、いくつかの文字または 語句を入力します。 このメニューで項目を選んで、 設定が置かれている場所を 表示します。 目的の環境設定パネルが強調 表示されたら、Return キーを 押してそれを開きます。 書類を検索する Spotlight を使えば、どの アプリケーションを使ってい るときでも項目を見つけるこ とができます。また、「開く」 および「保存」ダイアログの 検索フィールドを使って、 コンピュータ上のファイルや フォルダを見つけることも できます。 コンピュータ上の項目を 検索するには、いくつか の文字または語句を入力 します。 検索したい場所を選択 するときにクリック します。8 Dashboard 「Dashboard」は、マウスをクリックするとすぐにデスクトップに現れて、Exposé と同様に、すば やく簡単に消えます。ウィジェットを使えば、最新情報を入手したり、アドレスデータをすばやく 調べたり、株のポートフォリオをチェックしたり、「iTunes」で再生中のものを表示したりすること ができます。 「Dashboard」を閉じるには、 デスクトップ上の任意の 場所をクリックします。 複数のウィジェットを開く ことができます。 Dashboard ウィジェットバーを 開いてほかのウィジェットを 追加するときにクリックします。 一部のウィジェットは、 インターネットから 情報を入手します。 「Dashboard」のアイコンを クリックして開きます。 9 「Dashboard」を拡張する これは、複数のウィジェット に簡単にアクセスできる場所 です。「Dashboard」を開い たら、開く(+)ボタンをク リックしてウィジェットバー を表示します。 「Dashboard」でウィジェッ トを開くには、それをクリッ クするだけです。 ウィジェットを閉じるときに クリックします。 このアイコンが表示されている場合は、 これをクリックするとほかの ウィジェットを表示できます。 ウィジェットバーを閉じる ときにクリックします。 ウィジェットをカスタマイズ する ほとんどのウィジェットはシ ンプルで、必要に応じてカス タマイズすることができま す。変更できる設定を表示す るには、右下隅にある情報ボ タンをクリックします。たと えば、「Stock」ウィジェット では、表示したい株を指定す ることができます。 株を追加するには、会社の名前または記号 を入力してから、Returnキーを押します。 メニューで名前を選択し、次に追加(+) ボタンをクリックします。 ウィジェットのオプションを 選択するには、情報ボタンを クリックします。 作業が完了し たら、「Done」 または「完了」 をクリックし ます。10 iChat AV 多方向のビデオおよびオーディオ会議を使って、友人や同僚とライブでチャットします。驚くほど 鮮明な画像と明瞭な会話で、最大 3 人までのユーザとビデオ会議ができます。 「iChat」の状況アイコンを使って 自分の状況を変更します。 家族、友人、および同僚と チャットします。必要なもの は、相手の .Mac のメンバー 名、AIM スクリーン名、 または Jabber ID のみです。 ビデオ会議をフルスクリーンで 表示するときにクリックします。 3D 表示は、ゲストが実際に 会議室のテーブルについて いるかのように表示します。 11 オーディオチャット オーディオチャットは、最 大 9人のユーザと行うこと ができます。相手の名前を 選択し、「メンバーリスト」 の下部にある電話のアイコ ンをクリックするだけです。 電話に応答したり、オフィスにいる人と 話したりする必要がある場合に、チャット を消音するときにクリックします。 参加者は、いつでもチャット から離れることができます。 だれかを削除したい場合は、その ユーザのアイコンをクリックし、 Delete キーを押します。 このバーは、だれが話して いるかを示します。 このメンバーは複数メンバー のオーディオチャットに参加 できます。 インスタントメッセージング iChatインスタントメッセー ジングを使えば、1 人のメン バーや複数のメンバーと チャットすることができま す。チャットしている間に、 チャット内にドラッグするだ けで、Webリンク、ファイ ル、および写真を送信するこ とができます。Webリンク はクリックすれば開きます。 ここにメッセージを入力します。メッセージ にスマイルマークを追加するには、スマイル マークメニューのアイコンをクリックします。 このメンバーは複数メンバーの ビデオチャットに参加できます。 チャット中のすべてのメンバー を確認するには、「表示」> 「チャット参加者を表示」と 選択します。 メンバーをチャットに 追加するときにクリック します。12 Safari RSS 「Safari」で、Web から最新の RSS ニュース、ヘッドライン、および概要を取り込めるようになりま した。読みやすい検索可能な 1 つのリストから、数千の記事を調べます。その後、同様の記事を今 後すばやく検索するために、検索内容にブックマークを付けます。 Web ページを表示するときにクリックし ます。RSS フィードを表示するときは、 もう一度クリックします。 Safari ブラウザウインドウで RSS 記事を表示してから、 「全文を読む」をクリックし て記事の全文を読みます。 未読の RSS 記事の数は、 ブックマークの横に 表示されます。 検索内容を繰り返し使用する には、記事の検索内容に ブックマークを付けます。 13 PDF を表示する PDF を直接 Web ページに 表示して、その PDFをダウ ンロードしなくても済むよう にすることができます。コン テクストメニューを使って、 PDF を表示する方法を選ぶ ことができます。 PDF のサイズを変更すると きにウインドウに合うように 拡大縮小するには、「自動 サイズ」を選びます。 Controlキーを押したまま PDF をクリックして、表示 オプションを選択します。 プライベートブラウズ 公衆のコンピュータを使って インターネットをブラウズす るときは、「プライベートブ ラウズ」を入にして個人情報 を保護します。入になってい る場合、アクセスする Web サイトは履歴に追加されず、 個人情報は自動入力用に保存 されず、検索語句は Google 検索ボックスに追加されま せん。 「Safari」メニューから「プライ ベートブラウズ」を選択して、 個人情報を保護します。 また、「Safari」を リセットしたり、 キャッシュを空に したりすることも できます。14 Mail 受信トレイを制御しましょう。Spotlight 検索を使って、メッセージを瞬時に見つけ出し、スマート メールボックスを使ってそれらを整理します。スライドショーを使えば、簡単に、メッセージで受 信したイメージを表示して、それらを iPhoto ライブラリに直接保存することができます。 メッセージに添付されたイメー ジを表示するには、「スライド ショー」をクリックします。 メールボックスを検索するには、いくつかの 文字または語句を入力します。 スマートメールボックスを 作成して、メールメッセージ を自動的に整理します。 15 瞬時の検索 検索フィールドにいくつかの 文字または語句を入力する と、「Mail」が即座にメッ セージの検索を開始します。 その後、「Mail」が検索する 場所を変更したり、検索内容 をスマートメールボックスと して保存したりすることが できます。 この検索内容を使ってスマート メールボックスを作成するには、 「保存」をクリックします。 すべてのメールボックスを検索するかまたは 現在のメールボックスを検索するか、また、 検索を行うフィールドを選択します。 スライドショーの表示 メールメッセージにある イメージをスライドショーと して表示するときは、イン デックスシートでサムネール として表示するか、個々の ピクチャとして表示すること ができます。個々のピクチャ を表示しているときに、 ピクチャをクリックすると iPhotoライブラリに追加 できます。 イメージをインデックスシートで 表示するときにクリックします。 現在のイメージを iPhoto ライブラリに追加するとき にクリックします。 インデックス表示のイメー ジをフルサイズで表示する ときにクリックします。16 「アドレスブック」と「iCal」 「アドレスブック」と「iCal」を使えば、ほかの人と共同作業ができるよう、情報を簡単に整理した り共有したりすることができます。「iCal」により、カレンダーグループを使って会議やイベントを 整理しながら、ゲストにイベントへの参加を依頼することができます。 カレンダーにあるイベントを 表示するには、そのイベント をダブルクリックします。 カレンダー内のイベントを検索 するには、タイトルなどの一部 を入力します。 参加を依頼されたイベント またはほかの人に参加依頼した イベントの状況をチェックする ときにクリックします。 このアイコンは、会議への参加 を依頼されたすべての人が了解 したことを示します。 カレンダーを整理するに は、カレンダーグループ を作成します。 17 イベントへの参加依頼 「アドレスブック」のアドレ スに、「iCal」で作成したイ ベントへの参加を依頼する ことができます。これを行う と、「iCal」がメールによる 参加依頼を送信します。ゲス トから返信されると、メール を受信し、「iCal」がアップ デートされます。 イベントへの参加を依頼 するには、「Mail」で メッセージのアドレスを 指定するのと同じ方法 で、相手の名前を入力 します。 ゲストが「iCal」を使っ ている場合、ゲストは 自分の状況を選んだり、 返信を送信したりでき ます。 アドレスデータを検索する 「アドレスブック」には、ア ドレスデータを整理したり検 索したりするためのいくつか の方法があります。アドレス ブックに登録されている人を すばやく見つけるには、 Spotlight 検索を使います。 「アドレスブック」の情報に 基づいてアドレスデータをす ばやく検索するには、スマー トグループを作成します。 アドレスデータを検索 するには、いくつかの 文字または語句を入力 します。 スマートグループ内のアドレスデータを表示 するには、そのグループをクリックします。18 .Mac Sync .Mac Sync* を使うと、情報を複数の Mac コンピュータ上で同期された状態に保つことが簡単にでき ます。常に最新の情報を使用できるように、ブックマーク、カレンダー、アドレスデータなどを同 期させることができます。 * iDisk と.Mac 同期を使用するには、.Mac メンバー情報が必要です。 「iSync」を使って、iPod、 携帯電話、または PDAに あるアドレスデータと カレンダーを同期させる ことができます。 複数のコンピュータからファイルに アクセスできるように、iDisk を 自動的に同期させます。 同期させたい情報を選択するには、 「.Mac」環境設定を使います。 19 .Mac 同期 同期させたい情報と、それを 行う方法を選択することがで きます。毎時、毎日、または 毎週で自動的に同期させる か、手動で同期させるかを選 択します。情報をすぐに同期 させるには、「今すぐ同期」 をクリックします。 同期させたい情報を選択します。 情報を自動的に同期させるか、 自分で実行するかを選択します。 iPod を同期させる 「iSync」を使って、iPod に あるアドレスデータとカレン ダーを同期させる方法を選択 することができます。アドレ スデータとカレンダーをすべ て同期させることも、特定の グループまたはカレンダーを 選択することもできます。 iPod を Mac に接続したときに自動 的に同期させる場合に選択します。 同期させたいアドレスデータの グループを選びます。 iPod上の同期させたい iCal カレンダーを選択します。20 QuickTime 7 QuickTime 7 の新しい H.264 コーデックは、プレーヤーウインドウのサイズを変更しても、クリア でスムーズな再生を配信します。ムービーを取り込んだり友人と共有したりするには、QuickTime 7 Proにアップグレードしてください。 MPEG-4ビデオのフレーム サイズを最大 4 倍にする ことができます。 QuickTime 7 Proを使用すると、iSight または その他の FireWire カメラを使ってライブで ビデオを取り込むことができます。 もう一度見たい ムービーの部分を 選択します。 21 共有する QuickTime ムービーを簡単 に共有することができます。 ムービーをメールで送信した り、.Mac Webサイトに配置 したりするには、「ファイル」 メニューから「共有」を選択 します。 インターネット接続に最適な サイズを選択します。 ムービーをメールで送信する か、.Mac ホームページに 保存します。 簡単な制御 QuickTime 7 Pro では、ムー ビーをさまざまな方法で制御 できます。ムービーをフルス クリーンモードで表示してい るときは、マウスを移動して コントロールパネルを表示し ます。 使い慣れたビデオコントロール を使って、再生を制御します。 通常表示に戻すときに クリックします。22 Windows とも共同作業 お使いの Mac は、Windows ネットワークにシームレスに適合するため、書類やプリンタをすべて のユーザと共有できます。インターネットを介して Windows ネットワークに安全な接続を確立し、 Microsoft Exchange サーバにアクセスできます。 Macと Windows のファイル 共有を同じウインドウで ブラウズします。 Windowsコンピュータで操作 するときと同様に、Windows 共有にログインします。 Windowsワークグループをブラウズ するには、「Finder」で「ネットワーク」 をクリックします。 インターネット上の Windowsユーザとファイル を共有するには、iDiskを 使います。 23 設定を始めるには、ツールバーで 「追加」をクリックして「プリンタ ブラウザ」を開きます。 Windows プリンタ プリンタが Windowsコン ピュータに接続されている 場合は、ネットワーク上の Macコンピュータと共有 することができます。 Windows プリンタを Mac 上の使用可能なプリンタのリ ストに追加するには、「プリ ンタ設定ユーティリティ」を 開きます。 「プリンタブラウザ」の下部にある 「ほかのプリンタ」をクリックして から、「Windows プリント」を 選び、プリンタのワークグループ を選択します。 Windows プリンタを追加するには、 「ほかのプリンタ」をクリックします。 Exchange サービス 「Mail」と「アドレスブック」 は Microsoft Exchange サーバと連動するため、 Exchange サーバで利用でき るアドレスと同じアドレスに アクセスできます。 「アドレスブック」で、 「環境設定」を開き、この オプションを選択します。 「Mail」で新しいアカウントを作成するときは、 「アカウントの種類」ポップアップメニュー から「Exchange」を選択します。24 Automator 「Automator」を使用すると、頻繁に実行するタスクを自動化できます。「アクション」をドラッグ し、オプションを選択するだけで、簡単に「Automator」の「ワークフロー」を作成できます。そ の後、使いやすいフォーマットでワークフローを共有します。 多くの Mac OS Xアプリ ケーションで使用できる アクションが見つかります。 ワークフローを作成するときは、アクション をここにドラッグします。ワークフローを テストするには、「実行」をクリックします。 アクションを選択すると、その 説明に、アクションを使用する ときに役立つ情報が表示されます。 アクションを検索するには、 ここに関連する語句を 入力します。 25 ワークフローを作成する ワークフローにアクションを 追加すると、それぞれリンク されて、フローを示します。 アクションをカスタマイズし て目的のタスクを実行するに は、値を設定し、オプション を選択します。適切に動作す るために必要なデータがアク ションに含まれていない場合 は、アクションの上部にその 内容が表示されます。 ファイルが上のアクション から次のアクションへ引き 渡されることを示します。 このワークフロー内で アクションが使用する オプションを選択します。 ワークフローからアクション を取り除くときにクリック します。 アクションの順序を変更する には、アクションをドラッグ します。 ワークフローを使用する ワークフローを使用する方法 は複数あります。ワークフ ロー書類またはアプリケー ションとして保存し、その後 でメールで送信することで 友人と共有することができ ます。ワークフローをプラグ インとして保存する場合は、 フォルダアクションや iCal アラームなど、コンピュータ での使用方法を選ぶことが できます。 ワークフローアプリケーションを実行するには、 そのアイコンをダブルクリックします。 作成したいプラグインの タイプを選びます。26 ペアレンタルコントロール お使いの Mac を使用する各ユーザのユーザアカウントを作成し、各ユーザに対して適切なアクセス 権を選択することができます。子供たちがコンピュータやインターネットにアクセスしたり、ほか のユーザと通信するときの制限を設定することができます。 各ユーザに対して適切な 制限内容を選択します。 制限したいアプリケーション を選択します。 これらの設定を変更できるのは、 管理者パスワードを持つユーザ のみです。 このユーザがチャットできる 相手を指定するときにクリック します。 コンピュータを使う 各ユーザの新しいユーザ アカウントを追加する ときにクリックします。 ユーザをすばやく変更するには、 ファストユーザスイッチを入にします。 27 メールを制限する 子供たちが好ましくないメー ルメッセージを受信しないよ うに保護するには、「Mail」 のペアレンタルコントロール を入にしてから、子供がメッ セージを交換できるユーザの メールアドレスを指定しま す。リストにない人が子供に メッセージを送信すると、 自動的に管理者に通知されま す。子供がリストにない人に メッセージを送信するには、 許可を与える必要があり ます。 子供がこの人からのメッセージ を受信できるようにするには、 ここをクリックします。 通知メッセージは、指定した メールアドレスに送信されます。 チャットを制限する 「iChat」のペアレンタルコン トロールを入にすると、子供 がチャットできる相手を指定 することができます。子供 は、許可されていない人とは チャットできなくなります。 このユーザがだれかとチャット できるようにするには、追加 (+)ボタンをクリックします。 「アドレスブック」から名前を 選択するか、「新規メンバー」を クリックしてメンバーを追加します。28 iTunes 「iTunes」を使って、音楽を簡単に整理、共有、および聴くことができます。音楽は iTunes ミュー ジックストア*で購入することができます。お気に入りの曲のプレイリストを作成してから、それら の曲を iPod にコピーします。または、CDを作成して、音楽を友人と共有します。 * iTunes ミュージックストアは、お住まいの国によっては利用できない場合があります。 ミュージックライブラリまたは iTunes ミュージックストアを検索するには、 関連する語句を入力します。 スマートプレイリストを作成 して、音楽を整理します。 音楽を混ぜ合わせるには、 「シャッフル」アイコンを クリックします。 iTunesミュージックストア にアクセスするときに クリックします。 29 「iTunes」ウィジェット 「Dashboard」には、 「iTunes」ウィジェットが 組み込まれています。これに より、「iTunes」を開かなく ても、何を再生しているかを チェックしたり、ほかの作業 をしながら再生を制御したり することができます。 再生中の曲名と、その 再生時間を表示します。 音量を変更するには、外側の 輪をドラッグします。 iPod を操作する 「iTunes」、iPod、およびお 使いの Mac は、互いに連携 して動作するように作られて います。お使いの Mac に iPod、iPod mini、または iPod shuffle をつなぐだけ で、自動的に「iTunes」が 開きます。その後、お気に 入りの曲を iPod にコピー すれば、その曲をいつでも 聴くことができます。30 iLife iLife アプリケーション*は連係して動作し、創造性を解放するのに役立ちます。写真のアルバムやス ライドショーを作成したり、自分だけの高画質デジタルビデオを作成したり、音楽を作曲した後で、 DVDを作成してほかのユーザと作品を共有します。 * iLife アプリケーションは Mac OS X には付属していませんが、コンピュータにインストールされている場合があります。一部の iPhotoサービスは、お住まいの国によっては利用できない場合があります。一部の iPhoto サービスでは、.Mac メンバー情報が必 要になります。DVDを作成するには、コンピュータに SuperDrive が搭載されている必要があります。 指定した条件で写真を 整理するには、スマート アルバムを作成します。 使用したい写真を見つける には、カレンダー表示を 使います。 エフェクトと音楽を取り 入れた写真のスライド ショーを作成します。 イメージをダブルクリックして 編集を始めます。 31 iMovie HD iMovie HDでは、パワフル でありながら使いやすいデジ タルビデオ編集を利用できま す。カメラのクリップから ムービーを瞬時に作成するに は、「ファイル」メニューか ら「Magic iMovie を作成」 を選択します。HDや MPEG-4 を含むさまざまな フォーマットのデジタル ビデオのフィルムクリップ を使用できます。 デジタルカメラを使ってムービーを 録画するときに選択します。 メディアブラウザを 使って、クリップ、写真、 および音楽を追加したり、 独自の DVDを作成する 準備をします。 削除済みのメディアを 復元するには、「ゴミ箱」 をクリックします。 iDVD iDVD を使うと、独自の DVDを簡単に作成できます。 アニメートされたドロップ ゾーンを含む新しいテーマに より、写真、スライド ショー、およびムービーク リップを使って、感動的な DVDを作成できるようにな りました。さらに、「ファイ ル」メニューから 「OneStep DVD」を選べば、 カメラのクリップが瞬時に DVD内に入ります。 プロジェクトを開始するには、 アップルが設計したテーマを 選択します。 整理に役立つ DVDプロジェクトの マップを表示します。32 GarageBand いつでも、どこでも、数百 の音源を使って、お使いの Macを録音スタジオにしま す。「GarageBand」は、 独自の音楽を作成、演奏、 および録音するための最も 簡単な方法です。 曲を録音するときに、 その楽譜を表示します。 「トラック情報」ウインドウ、 ループブラウザ、またはエディタ を開くときにクリックします。  PowerBook G4 設置と準備 PowerBook G4コンピュータの設置方法、システムの拡張方法、 トラブル対策に関する重要な情報が書かれていますK Apple Computer, Inc. © 2001 Apple Computer, Inc. All rights reserved. 本書の著作権はアップルコンピュータ社に帰属します。本書の一部あるいは全部をアップルコンピュータ社から 書面による事前の許諾を得ることなく複写複製(コピー)することを禁じます。 Appleロゴは米国その他の国で登録された米国アップルコンピュータ社の商標です。キーボードから入力可能な Appleロゴについても、これをアップルコンピュータ社からの書面による事前の許諾なしに商業的な目的で利用す ると、商標および企業間の自由競争原理の侵害となる場合があります。 本書には正確な情報を記載するように努めました。ただし、誤植や制作上の誤記がないことを保証するものでは ありません。 Apple Computer, Inc. 1 Infinite Loop Cupertino, CA 95014-2084 Apple Japan, Inc. アップルコンピュータ株式会社 〒 163-1480 東京都新宿区西新宿 3 丁目 20 番 2 号 東京オペラシティ タワー http://www.apple.co.jp/ Apple、Apple ロゴ、AppleTalk、FireWire、Mac、Macintosh、Mac OS ロゴ、PowerBook、QuickTime、および Sherlock は 米国その他の国で登録された米国アップルコンピュータ社の商標です。 AirMac、The Apple Store、および iMovieは米国アップルコンピュータ社の商標です。 ENERGY STAR® は米国の登録商標です。 Javaは、Sun Microsystems, Inc の商標です。 PowerPC は International Business Machines Corporation の商標であり、所定のライセンス契約の下で使用しているもの です。 本書に記載のその他の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。本書に記載の他社商品名は参考を目的 としたものであり、それらの製品の使用を強制あるいは推奨するものではありません。また、アップル社は他社 製品の性能または使用につきましては一切の責任を負いません。 ドルビーラボラトリーズからの実施権に基づき製造されています。「Dolby」、「Pro Logic」、およびダブル D記号は、 ドルビーラボラトリーズの商標です。非公開機密著作物。© 1992~ 1997 ドルビーラボラトリーズ。不許複製。 本マニュアルで解説している製品には著作権保護技術が組み込まれています。この著作権保護技術は、 Macrovision Corporation、およびその他の権利者が所有する米国特許、およびその他の知的財産権の正当な権利に よって保護されています。この著作権保護技術の使用については、Macrovision Corporation の許諾が必要であり、 特に同社の許諾のない限りは一般家庭、および非公開の状況でのみ使用しうるものです。リバースエンジニアリ ングおよび解体は禁止されています。 米国特許出願番号 4,631,603、4,577,216、4,819,098 および 4,907,093 は非公開の状況における使用のみ許諾されます。3 目次 第 1 章 はじめに 7 コンピュータをコンセントに接続する 8 ディスプレイを開く 9 コンピュータの電源を入れる 10 画面上の項目を動かす 11 内蔵ディスプレイを調節する 12 次のステップ 14 バッテリを調整して性能を上げる 14 作業を終了するときの操作 15 第 2 章 このコンピュータについて 17 Mac を初めてお使いになる方へ 17 PowerBook の基本的な機能 18 PowerBook のその他の機能 20 PowerBook の内部について 22 Mac OS Xについて 24 iTools ― Mac ユーザのための無料インターネットサービス 26 Sherlock 2 ― インターネット検索時のあなたの味方 28 Apple.com ― ここからあなたのインターネット体験が始まります 30 QuickTime ― インターネット上の音声および映像 32 iMovie 2 ― デジタルムービーの作成と編集 34 iTunes ― あなたの Mac にデジタル音楽を 36 自動アップデート ― 自動的に Macを最新の状態にする 38 マルチユーザ ― 1台の Mac を複数の利用者で使用する 40 Mac ヘルプ ― Macintosh に関する質問すべてに答えます 424 目次 第 3 章 コンピュータを使用する 43 USB(Universal Serial Bus) 44 FireWire 46 PC カード 48 AirMac によるワイヤレスのインターネット接続とネットワーク機能 49 Ethernet(10/100/1000 BASE-T) 50 赤外線通信機能(IrDA) 51 外部ビデオ出力機能(VGAおよび S ビデオ) 52 バッテリ 55 DVD-ROMドライブ 58 CD-RWドライブ(オプション装備) 60 キーボードコントロールおよび機能を設定できるファンクションキー 61 セキュリティスロットとキーボードロック 63 第 4 章 オペレーティングシステムで作業する 65 Mac OS Xについて 66 Mac OS Xで Classic を使用する 66 オペレーティングシステムを切り替える 67 困ったときは 68 第 5 章 コンピュータの内部を扱う作業 69 メモリを増設する 69 内蔵ハードディスクを取り外す 78 AirMac カードを取り付ける 87 第 6 章 トラブルへの対処方法 89 この章の内容 89 コンピュータの使用を妨げるトラブル 90 コンピュータのソフトウェアを復元する 92 その他のトラブル 93 製品のシリアル番号を確認する 93 付録 A 技術仕様 95 Appleシステム・プロフィール 95 PowerBook の仕様 96目次 5 付録 B 保守、使用、安全性についての情報 99 PowerBook を清掃する 99 PowerBook を持ち運ぶ 99 PowerBook を保管する 99 コンピュータを安全に設置、使用するために 100 一般的な安全上の注意 101 人間工学 1027 1 1 はじめに お求めの PowerBook は、手早く設置してすぐに使い始めることができるように設計され ています。PowerBook や Macintosh コンピュータを初めてお使いになる方は、まずこの章 をお読みください。PowerBook を使い始めるまでの準備と詳しい情報を調べる方法につ いて説明しています。 今までに PowerBook を使ったことがある方は、新しい PowerBook をすぐに使い始めるだ けの知識をすでにお持ちかもしれません。第 2 章「このコンピュータについて」を一読 して、お求めの PowerBook の新機能についての情報を確認してください。 参考: お求めのコンピュータには電源プラグは付属していない場合があります。 コンポジット-Sビデオケーブル� 電源アダプタ� 電源コード� 電源プラグ� 電話コード� 重要 電源コンセントにコンピュータのプラグを差し込む前に、設置手順の解説と安全 性に関する情報(99ページを参照)をよく読んでください。8 第 1章 コンピュータをコンセントに接続する 電源アダプタを使って PowerBook をコンセントに接続すると、PowerBook に取り付けら れているバッテリが充電されます。輸送や保管の際に、バッテリが放電してしまう場合 があります。まず電源アダプタを使って PowerBook をコンセントに接続してください。 1 電源アダプタの電源プラグをコンセントに差し込みます。 電源アダプタのプラグのランプが点灯します。オレンジ色のランプは、バッテリが充電 中であることを示します。緑色のランプは、バッテリの充電が完了したことを示します。 2 電源アダプタのプラグをコンピュータの背面にある電源アダプタポート(¯ アイコンで 示されています)に差し込みます。 電源アダプタにはクリップが付属しています。電源ケーブルの長さが余った場合は、ク リップを外側に引き出して、余った分のケーブルを巻き付けておくことができます。 参考: 電源プラグと電源アダプタの間にはわずかな隙間が空いています。この隙間から 電源プラグを取り外すことができます。プラグを取り外した後、電源コードの一端をア ダプタに差し込み、もう一端をコンセントに差し込むことができます。 内蔵モデムを接続する すぐにインターネットに接続する場合、付属の電話コードの一端を内蔵モデムポート (Wアイコンで示されています)に接続し、もう一端をアナログ式の電話回線(多くの 家庭で使用されている加入電話回線(2線式)です)に接続します。 G ™ Æ W 電源プラグ� 電源アダプタのプラグ� ¯ 電源アダプタポート� W 内蔵モデム� 電話コード� 電源コード� 電源アダプタ� 警告 モデムは、デジタル方式の電話回線(ISDN など)には接続しないでください。 不適切な回線に接続すると、モデムが故障するおそれがあります。デジタル方式の 電話回線かどうか分からない場合には、電話会社に連絡して確認してください。はじめに 9 ディスプレイを開く 1 ディスプレイ・リリースボタンを押します。 2 ディスプレイを開いて、見やすい角度にセットします。 ®10 第 1 章 コンピュータの電源を入れる コンピュータの電源を入れるときは、パワーボタン(®)を押します。コンピュータが 正常に動き始めると電子音がします。コンピュータの起動が完了するまでには少し時間 がかかります。これは正常な動作です。パワーボタンを押すと、PowerBook は起動する 前に搭載されているメモリを確認します。搭載されているメモリの容量が多いほど、起 動にかかる時間も長くなります。 ® パワーボタン� ® コンピュータの電源が入らないときは パワーボタンを押しても何の変化もない。 m バッテリが完全に放電している可能性があります。電源アダプタがコンピュー タとコンセントの両方にしっかりと接続されていることを確認してください。 電源アダプタのプラグがコンピュータの背面に正しく接続されていると、ラン プが点灯します。 m パワーボタンを押してもコンピュータの電源が入らないときは、コンピュータ の背面にあるリセットボタン(20ページを参照)をクリップの先で押してくだ さい。ボタンを押した後、ボタンが元の位置に戻っていることを確認してくだ さい。数秒間待ってからもう一度パワーボタンを押します。 m それでもコンピュータの電源が入らないときは、91 ページに記載されている対 処方法を参照してください。 点滅する?マークが入ったディスクまたはフォルダのアイコンが表示される。 m 通常このアイコンは、コンピュータの内蔵ハードディスクやその他のディス ク上にシステムソフトウェアが見つからなかったことを示します。システム ソフトウェアの再インストールが必要な状態になっている可能性があります。 90ページを参照してください。はじめに 11 画面上の項目を動かす 画面上の項目を動かしたり選択したりするときは、PowerBook のトラックパッドを使い ます(デスクトップ型コンピュータのマウスと同様です)。画面上の矢印ポインタを動 かすときは、指先をトラックパッドの上で動かします。画面上の項目を選択したり、ク リックしたり、ダブルクリックしたりするときは、トラックパッドのボタンを押します。 参考: トラックパッドのボタンを使う代わりに、トラックパッドで直接クリックおよび ダブルクリックすることができます。この機能は「トラックパッド」コントロールパネ ル(Mac OS 9の場合)または「システム環境設定」の「マウス」パネル(Mac OS X の場 合)で有効にすることができます。 トラックパッドは指先が動く速さを感知します。画面のポインタを少しだけ動かした いときは指先をゆっくりと動かしてください。指先の動きを速めると、それに応じて ポインタの移動距離も大きくなります。 ® トラックパッド� トラックパッドのボタン� トラックパッドの操作について トラックパッドを使う際には、以下のような点に注意してください。 m 指 1 本で操作してください。ペンなどは使用しないでください。 m 指先やトラックパッドをぬらさないでください。湿気や水蒸気によってトラッ クパッドが湿ってきたときは、トラックパッドを操作する前に、きれいな布で 慎重にふいてください。 m 洗剤を使ってトラックパッドを清掃しないでください。 トラックパッドの使いかたを詳しく知りたいときは、「ヘルプ」メニューにある 「Mac ヘルプ」または「Mac チュートリアル」を参照してください。12 第 1 章 内蔵ディスプレイを調節する 新しい PowerBook を使い始める前に、画面が見やすくなるようにディスプレイを調節す る必要があるかもしれません。 ディスプレイの輝度を調節する ¤ アイコンの付いたキーを使って画面の輝度を調節します。 ® ¤ 輝度調節キー�はじめに 13 ディスプレイの解像度を調節する 標準解像度から拡大解像度に切り替えれば、ディスプレイに表示される画像を大きくす ることができます。ディスプレイの解像度を調節するときは、次のいずれかの操作をし ます: m Mac OS 9 では、コントロールバーにある解像度のアイコンをクリックします。 m Mac OS X では、「システム環境設定」の「ディスプレイ」パネルをクリックします。 メニューバーにディスプレイのアイコンを表示して、ディスプレイの設定を変更で きるようにするには、「メニューバーにディスプレイを表示する」をクリックします。 内蔵ディスプレイで表示できる解像度 お求めの PowerBook は、ワイドスクリーン・ディスプレイを装備しています。このディ スプレイの解像度は 1152×768 ですが、1024×768 などの標準的な解像度にも対応して います。標準的な解像度を使う場合は、ディスプレイの両端に黒い帯が表示されます。 多くのアプリケーションでは、そのアプリケーションに最適な解像度が自動的に設定さ れます。 外付けのモニタを接続して使用する場合や、標準解像度を使うように設計された特定の アプリケーション(ゲームやプレゼンテーション用のソフトウェアなど)を使う場合な どに、標準解像度を使用する必要があります。 標準解像度を使うように設計されたアプリケーションを使うとき、黒い帯を表示した くない場合は、その解像度でワイド表示を使用するように設定すると、画面全体に画 像が拡張して表示されるので、黒い帯を消すことができます。Mac OS 9 の場合、ワイ ド表示の解像度に設定するには、control キーを押したまま、コントロールバーにある 解像度のアイコンをクリックしてください。 Mac OS X の場合は、メニューバーにあるディスプレイのアイコンをクリックして、896× 600 以下の解像度を選択することもできます。これらの解像度は「拡大解像度」と呼ば れています。拡大解像度に切り替えると、画面上の項目が大きくなり、より見やすくな ります。しかし、拡大解像度を選択すると、ディスプレイ本来の解像度のときほど画面 が鮮明にならない場合があります。 解像度のアイコン14 第 1 章 次のステップ 以上で PowerBook を使用するための準備は完了です。コンピュータを初めて起動する と、「Mac OS 設定アシスタント」が開いて、コンピュータの一般的な設定とインター ネットの設定を行うことができます。 さらに詳しく知りたいときは、以下を参照してください。 バッテリを調整して性能を上げる バッテリの持続時間を最大にするには、PowerBook を購入してから最初の 1 週間ほどの 間にバッテリを使い切ってから、一度で完全に充電します。以下の手順に従ってくだ さい。 1 電源アダプタを接続して、バッテリのインジケータランプが点灯し、画面上のメーター (56ページを参照)にバッテリが完全に充電されたことが示されるまで、PowerBook の バッテリを完全に充電します。 2 電源アダプタを取り外し、バッテリ不足を知らせる最初の警告が表示されるまで PowerBook を使います。 3 電源アダプタを接続し、バッテリを再び完全に充電します。 知りたいこと ... 参照先 ... コンピュータの電源を切る、またはスリー プ状態にする方法 15 ページの「作業を終了するときの操作」 PowerBookのソフトウェアおよびハード ウェアの機能 第 2 章「このコンピュータについて」 オンスクリーンヘルプから得られる情報 42 ページの「Mac ヘルプ ― Macintosh に関 する質問すべてに答えます」 PowerBookの特別な機能の使い方 第 3 章「コンピュータを使用する」 メモリの取り付け方法 第 5 章「コンピュータの内部を扱う作業」 PowerBookで問題が起きたときの対処法 第 6 章「トラブルへの対処方法」 重要 バッテリの調整に必要なことは、一度完全にバッテリを空にし、再び充電するこ とだけです。その後は、バッテリの充電レベルにかかわらず、電源アダプタを接続した り取り外したりすることができます。はじめに 15 作業を終了するときの操作 PowerBook を使った作業を終了するときは、以下の 2 つの操作のいずれかを行ってくだ さい。 PowerBook をスリープ状態にする PowerBook を使った作業を少しの間だけ中断するときは、PowerBook をスリープ状態に してください。コンピュータがスリープ状態のときは、すぐに PowerBook を元の状態に 戻せます(起動の過程は省略されます)。スリープ機能が働いているときは、コンピュー タの画面が暗くなり、ディスプレイの下にある白いランプが脈打つように光ります。 コンピュータをすぐにスリープ状態にするときは、次のいずれかの操作をします: m ディスプレイを閉じます。 m Mac OS 9 の場合は、「特別」メニューから「スリープ」を選びます。Mac OS X の場合 は、アップル(K)メニューから「スリープ」を選びます。 コンピュータを稼働状態に戻すときは、次のように操作します: m ディスプレイが閉じているときは、ディスプレイを開きます。ディスプレイを開く と、PowerBook のスリープ状態は解除されます。(Mac OS 9 の場合、この機能は「省 エネルギー設定」コントロールパネルで停止させることができます。) m すでにディスプレイが開いている場合は、パワーボタン(®)か、キーボード上の何 らかのキーを押します。 PowerBook の電源を切る PowerBook を 1 日以上使わない場合は、電源を切ってください。次のいずれかの操作を 行います: m Mac OS 9の場合は、「特別」メニューから「システム終了」を選びます。Mac OS X の場 合は、アップル(K)メニューから「システム終了」を選びます。 m パワーボタンを押し、画面に表示されるダイアログで「システム終了」をクリック します。 PowerBook を長期にわたって保管するときは、99 ページの「PowerBook を保管する」に 説明されている手順を参照して、PowerBook のバッテリの電力が完全に消耗してしまう のを防いでください。 警告 スリープランプが点滅し始めるまで数秒間待ってから(スリープランプの点滅 は、コンピュータがスリープ状態に入りハードディスクの回転が停止していること を示します)、PowerBook を持ち運んでください。ハードディスクが回転していると きに PowerBook を持ち運ぶと、ハードディスクドライブが故障して、データが失わ れたり、ハードディスクから起動できなくなるおそれがあります。17 2 2 このコンピュータについて PowerBook ですぐに何かを試してみたい方は、この章を参照してください。ここでは、 お使いのコンピュータのハードウェアやソフトウェアに関する機能の概要を説明し、 Mac オーナーが利用できる独自のインターネットサービスについて紹介します。 お使いの PowerBook は、優れた機能を備えたノートブック型コンピュータです。本製品 には、PowerPC G4 プロセッサ、FireWire、USB、AirMac ワイヤレスインターネット接続お よびネットワーク接続などの、最新のコンピュータテクノロジーが搭載されています。 また、ハードウェアでは Mac OS オペレーティングシステムが稼動しています。Mac OS は強力な機能を備えており、インターネットを使ってビデオを観たり、情報を検索した り、ショッピングをしたり、さらにはソフトウェアを自動アップデートしたりすること ができます。 お求めのPowerBook には、簡単に使えるデジタルビデオ編集用アプリケーション「iMovie」 も付属しています。「iMovie」を使用すれば、デスクトップムービーを制作できます。デ ジタルビデオカメラを PowerBook の FireWireポートに接続して「iMovie」を起動するだけ で、すぐに独自のムービーを制作できます。 お求めの PowerBook には、デジタル音声プログラムの「iTunes」も搭載されています。 「iTunes」を使えば、音楽 CDから曲を取り込んだり、独自の「iTunes」ライブラリを作成 したり、インターネットで数百ものラジオ局を受信したり、独自の CD を作成したりす ることができます。 これらすべての機能に加えて、アップル社では無料のインターネットサービスを用意し ており、インターネット上の保管スペース、個人用の Mac.com 電子メールアドレス、独 自の Web サイトや iMovie シアターを簡単に作成できるツールなどが提供されます。 Mac を初めてお使いになる方へ Macintosh コンピュータを初めてお使いになる場合は、まず Mac チュートリアルで、ト ラックパッドを使って画面上の項目を移動したり、Web サイトを参照したりする方法に ついて学んでください。Mac OS 9のチュートリアルを表示するには、「ヘルプ」メニュー の「Mac チュートリアル」を選択します。 参考: アップル社では、システムソフトウェア、アプリケーション、およびインター ネットサイトを頻繁に更新しています。したがって本書中の画面は実際に表示されるも のと多少異なる場合があります。18 第 2 章 PowerBook の基本的な機能 ® 内蔵スピーカ� ® パワーボタン� セキュリティスロット� AirMac� アンテナウインドウ� 内蔵スピーカ/� マイクロフォン� スリープランプ� ファンクション� (fn)キー� トラックパッドの� ボタン� ディスプレイ・� リリースボタン� トラックパッド� スロットローディング方式の� 光学式ディスクドライブ� (DVD-ROMまたはCD-RW) ¤ 輝度調節キー� 音量調節キー� キーボード・リリースタブ� キーボードロック/� Num Lockインジケータランプ� Num Lockキー� キーボード・� リリースタブ� — 消音キー� - メディア� イジェクトキー� 機能を設定できる� ファンクションキー�このコンピュータについて 19 ¤ 輝度調節キー PowerBook ディスプレイの輝度を調節します。 - 音量調節キー PowerBook の内蔵スピーカや PowerBook のサウンド出力ポートに接続した装置から出力 される音声の音量を調節するときに使います。 キーボードロック キーボードを簡単に取り外せなくすることで、PowerBook の内部装置を保護します。 Num Lock キー PowerBook のキーボードに組み込まれているテンキー機能を使用可能にするときに使いま す。テンキーがロックされている場合は、キーボードロックのランプが緑色に点灯します。 メディアイジェクトキー CD または DVD ディスクを取り出すときに使います。ディスクのアイコンを「ゴミ箱」 にドラッグして、ディスクを取り出すこともできます。 ® パワーボタン PowerBook の電源を入れるときや切るとき、スリープ状態にするときに使います。 スロットローディング方式の光学式ディスクドライブ (DVD-ROM またはオプション装備で CD-RW) お求めの PowerBook が DVD-ROM ドライブを搭載している場合は、CD-ROM ディスク、 フォト CD、一般的な音楽 CD、DVDディスク、DVD ムービー、およびその他のメディア を読み取ることができます。お求めの PowerBook がオプション装備の CD-RWドライブを 搭載している場合は、CD の読み取りができるだけでなく、音楽、書類、その他のデジ タル形式のファイルをCD-RディスクおよびCD-RWディスクに書き込むことができます。 ファンクション(fn)キー このキーを押しているときは、ファンクションキー(F1 ~ F12)を使用できます。 キーボード・リリースタブ 内蔵メモリスロットを使用するときに、これらのタブを引き下げて PowerBook のキー ボードを取り外します。 マイクロフォン 内蔵マイクロフォン(スピーカのカバーの下にあります)を利用して、PowerBookのハー ドディスクに音声を直接記録することができます。外部マイクロフォンを USBポートに 接続したり、プロ用のマイクロフォンを PC カードに接続して使うこともできます。 Ç セキュリティスロット 盗難防止用のケーブル(別売)を接続することができます。 スリープランプ PowerBook がスリープ状態のとき脈打つように白く光ります。 トラックパッド PowerBook の画面に表示されるポインタを動かすときに使います。トラックパッドのボ タンの代わりに、トラックパッドを使って項目をダブルクリックしたり、直接選択した りできるように設定することもできます(設定には「トラックパッド」コントロールパ ネルを使います)。20 第 2 章 PowerBook のその他の機能 G ™ Æ W PCカードスロット� PCカード� 取り出しボタン� AirMacアンテナ� ウインドウ� W 内蔵モデムポート� ヘッドフォン� ポート� 赤外線� インタフェース� USB ポート(×2) ¯電源アダプタポート� ™ 外部モニタポート� Ethernet ポート� (10/100/1000BASE-T) G リセットボタン� FireWire� ポート� スリープランプ� ÆSビデオ出力ポート� f G ™ W 1 2このコンピュータについて 21 FireWire ポート デジタルビデオカメラ、プリンタ、外部記憶装置などの装置を高速なデータ転送スピー ドで接続することができます。 G Ethernetポート(10/100/1000 BASE-T) 10/100/1000 BASE-T の高速な Ethernet ネットワークに接続したり、ほかのコンピュータ に接続してファイルを転送したりできます。Ethernet ポートの機能によって、その他 の Ethernet 装置が自動的に検出されます。その他の Ethernet 装置に接続するために、 Ethernetクロスケーブルは必要ありません。 USB(Universal Serial Bus)ポート× 2 プリンタ、外部記憶装置、モデム、キーボード、ジョイスティックなどの外部装置を PowerBook に接続できます。 ™ 外部モニタ(VGA)ポート VGA 方式のコネクタを備えた外部モニタや映像機器を接続できます。 Æ S ビデオ出力ポート テレビ、ビデオデッキ、その他の映像機器を接続することができます。プレゼンテー ションをするときやテレビで DVD ムービーを再生するときに、この S ビデオ出力ポート を使います。 PowerBook のリセットボタン パワーボタンを使ってコンピュータをシステム終了できないときや、正しく再起動され ないときに、このボタンを使ってコンピュータをリセットします。 W 内蔵モデムポート 一般的な電話回線を内蔵モデムに直接接続することができます。 赤外線インタフェース 赤外線(IR)インタフェースを装備したほかのコンピュータにファイルを送ったり、赤外 線(IR)インタフェースを装備したプリンタで印刷したり、IrDA 標準規格に準拠した IR ネットワークに接続したりすることができます。また、赤外線で携帯端末と同期させた り、携帯電話(対応する場合)を使ってインターネットサービスプロバイダに接続した りすることもできます。 f ヘッドフォンポート 外部スピーカやヘッドフォンなど音声出力用の装置を接続することができます。 PC カードスロット PCMCIA 規格および CardBus 規格に対応したタイプ II の PC カードスロットを利用して、 PowerBook の機能を拡張することができます。22 第 2 章 PowerBook の内部について バッテリ� シリアル番号� Ethernet ID/AirMac ID ® 裏返した� キーボード� キーボードを裏返し、内部 RAM スロットが見える状態の PowerBook 裏返した状態の PowerBook 上部の� メモリ� スロット� 下部の� メモリスロット� (搭載済み)このコンピュータについて 23 メモリスロット お使いの PowerBook には、メモリスロットが上下に 2 つ付いています。下部のスロット には PowerBook に付属のメモリモジュールが取り付けられています。上部のスロットに は追加のメモリモジュールを取り付けることができます。(PowerBook にメモリを増設済 みの場合は、上部のスロットはすでに使用されています。)お使いの PowerBook に取り 付けることができる RAM の最大容量は 1 GB(ギガバイト)です。この場合、各スロッ トに 512 MB(メガバイト)のメモリモジュールを取り付けます。詳しくは 69 ページの 「メモリを増設する」を参照してください。 リムーバブルハードディスク サービスを受ける場合やセキュリティの目的で、内蔵ハードディスクを取り外すこと ができます。詳しくは 78 ページの「内蔵ハードディスクを取り外す」を参照してくだ さい。 AirMac カード コンピュータに AirMacカードを取り付けると、ワイヤレスによるネットワーク接続がで きるようになります。24 第 2 章 Mac OS X について アップルメニュー� 設定の変更、 最近使った項目を開く、 コンピュータの� システム終了� などができます。 ボタン付きの� ウインドウ� ボタンをクリックして、 ウインドウを閉じたり、 「Dock」にしまったり、 拡大したりできます。 「Finder」ツールバー� クリックして� フォルダやファイル、 特定の場所への� ショートカットを� 開くことができます。 ステイタスを示す� アイコン� 「システム環境設定」 のステータスを� メニューバーで� 確認できます。 Dock� 「Dock」にあるアイコンをクリックして、 項目を開いたり、アクティブにしたりし ます。「Dock」にあるアイコンには、アプ リケーションのステータスを示すものも あります。 シート� 保存やプリント時に� 使用するシートが� 書類ウインドウに� 表示されます。 ボタン� ボタンが点滅して� いると、そのボタン をクリックする代わり にenterキーまたは returnキーを� 押すことができます。このコンピュータについて 25 この機能でできること Mac OS Xは、お使いのコンピュータに、強力で洗練された新しいユーザインタフェース を提供します。Mac OS Xを使用すると、アプリケーションを効率よく実行するのに必要 なメモリの量を気にしたり、1 つのアプリケーションに問題が起こった場合にコン ピュータを再起動したりする必要がありません。Mac OS X ソフトウェアの使用に加え て、Classic 環境を使用すれば、Mac OS X 上で Mac OS 9 用のソフトウェアを使うこと ができます。Classic に関する詳細については、65 ページの第 4 章「オペレーティングシ ステムで作業する」に説明があります。Mac OS X は、Java と UNIX ベースのソフトウェ アもサポートします。 使用するには 「システム環境設定」は、お使いのコンピュータのすべての設定のコマンドセンターと なるもので、デスクトップの外観の変更からネットワークアクセス情報の設定まで行うこ とができます。「Finder」および「Dock」により、お使いのコンピュータおよびネットワー ク上のフォルダ、アプリケーション、書類およびその他の項目に簡単にアクセスできます。 Mac OS Xの機能の詳細については、お使いのコンピュータに付属のマニュアル「Welcome to Mac OS X 」を参照するか、Mac OS Xの「ヘルプ」メニューから「Macヘルプ」を選 択します。 ヒントとテクニック 「Finder」をカスタマイズする デスクトップの画像または色を選択するには、「システム環境設定」の「Desktop」パネ ルを選択します。「Finder」ツールバーに表示される項目を選択して並び替えることもで きます。「表示」メニューから「ツールバーをカスタマイズ」を選択して、項目をツー ルバーにドラッグします。 「Dock」をカスタマイズする 「Dock」アイコンのサイズを変更したり、マウスポインタの下のアイコンが他のアイコ ンよりも大きくなるように拡大したりできます。また、「Dock」を画面の下部、左、右 に配置することができます。アップル(K)メニューから「Dock」を選択して、「Dock 環境設定」を選択します。コンピュータの「システム環境設定」を開いて、「Dock」を クリックすることもできます。 デスクトップを整理する 開いているウインドウを最小化して、「Dock」にしまうことで、デスクトップを整理し ます。ウインドウのタイトルバーをダブルクリックするか、ウインドウの左上角にある 真ん中のボタンをクリックして、「Dock」に配置します。「Dock」のウインドウのアイコ ンをクリックすると、再び開きます。メニューバーにあるステータスを示すアイコンを 使用して、いくつかのシステム設定を制御することもできます。 さらに詳しく知りたいときは Mac OS X環境をカスタマイズする方法に関する説明、および Mac OS X の使用に関する詳 細は、お使いのコンピュータに付属しているマニュアル「Welcome to Mac OS X 」を 参照してください。26 第 2 章 iTools ― Mac ユーザのための無料インターネットサービス Email ご自分のMac.com電子メールアドレスを 取得できます。このアドレスは簡単に、そ して自由にお好みの電子メールプログラム で使用できます。 iCards さまざまな機会に合わせて、楽しい iCard を送りましょう。用意されている写真から 選んだり、利用している iDisk にある写真 を使用して、オリジナルのカードを作成す ることもできます。 iDisk アップル社のインターネットサーバに個人 で持つことのできる20MBのディスクスペー スです。「iDisk」を利用すれば、写真や iMovie作品、その他のファイルを共有す ることができます。有料でディスクスペー スを追加することもできます。 HomePage 3 つの簡単な手順で個人用 Web サイトを 作成します。フォトアルバムを作成したり、 iMovie 作品を発表したり、自己紹介を載 せたりすることができます。アップル社で は、作成された Web サイトをインターネ ットサーバに公開するので、誰もがいつで も、そのページを見ることができます。このコンピュータについて 27 この機能でできること 「iTools」は、Mac ユーザのためのアップル社による新しいインターネットサービスです。 「iTools」を使って、友達に電子メールやグリーティングカードを送ったり、写真やムー ビーを共有したりすることができます。また、あなた個人の Web サイトを作成すること もできます。 使用するには 1 インターネットに接続します。 2 www.apple.co.jp を開きます。 3 「iTools」の見出しをクリックしてから「メンバー登録」ボタンをクリックします。 ヒントとテクニック 自分だけの iCard を作成するために写真を iDisk にアップロードする 自分で作成した写真を「iCard」にして送ることができます。画像を GIF または JPEG 形 式のファイルとして保存し、「iDisk」の「Pictures」フォルダにコピーします。「iCard」を 作成する際に、「オリジナル iCard」のセクションでその画像を選択できるようになり ます。 自分の Web ページをすぐに作成するために HomePage のテンプレートを使用する 「HomePage」には、自分のテキストや画像で修正ができる Web ページのテンプレートが あります。たとえば、「HomePage」の「フォトアルバム」と「iMovie」用のテンプレー トを使用して、写真やムービーを友人や家族と簡単に共有することができます。 「iDisk」を Web ブラウザで開くかわりに、直接「iDisk」を開くことができます。 m Mac OS 9 では、「iDisk」のアイコンを選択して、「ファイル」メニューから「エイリ アスを作る」を選択します。「iDisk」にアクセスしたいときは、エイリアスをダブル クリックしてからパスワードを入力します。 m Mac OS X では、「Finder」ツールバーで「iDisk」のアイコンをクリックするか、「移 動」メニューから「iDisk」を選択します。28 第 2 章 Sherlock 2 ― インターネット検索時のあなたの味方 検索ボタン� 検索したい語句を入力して、 このボタンをクリックすると、 検索が始まります。 検索サイト Sherlock が� 複数の検索エンジンを� 利用してインターネット内を 検索します。 Sherlockチャネル� インターネット内を検索して� 人物、ショッピング、ニュース、Appleの情報 などさまざまなことを調べることができます。 Sherlockアイコン 「Dock」の中にある� このアイコンをクリックします。このコンピュータについて 29 この機能でできること 「Sherlock 2」は、インターネットで検索を行う探偵の役や、個人用のショッピング係と して活躍します。人物、ニュース、その他どんなことでも簡単に検索する方法を提供し ます。本や音楽を買ったり、オークションサイトの検索、最適な価格の検索、さらに手 に入る品物もチェックできます。 使用するには 1 インターネットに接続します。 2 「Sherlock」を開きます。 m Mac OS 9 では、デスクトップの「Sherlock」アイコンをダブルクリックします。「ファ イル」メニューから「インターネット検索」を選択するか、アップル(K)メニュー から「Sharlock」を選択することもできます。 m Mac OS X では、「Dock」の「Sherlock」アイコンをクリックします。「ファイル」メ ニューから「検索」を選択して、コンピュータのファイルを検索することもできます。 3 「Sherlock」のチャネルを選択します。 4 検索対象を入力してから「検索」ボタンをクリックします。 ヒントとテクニック 検索チャネルに自分用の機能を追加した「Sherlock」を作成するには 1 「チャネル」メニューから「新規チャネル」を選択します。 2 名前、チャネルタイプ、アイコンを選択します。 3 「Sherlock」プラグインをダウンロードして、検索サイトリストにドラッグします。また は、option キーを押しながらほかの検索サイトのリストからプラグインを新規チャネル のアイコンにドラッグします。 さらに詳しく知りたいときは 「Sherlock」で実行できる機能についてさらに詳しく知りたいときは、「Macヘルプ」を開 いて「Sherlock」を検索します。追加の検索プラグインをダウンロードしたり、「Sherlock」 プラグインの作成方法を調べたりするには、「Sherlock」の Web サイトを参照してくださ い:www.apple.co.jp/sherlock30 第 2 章 Apple.com ― ここからあなたのインターネット体験が始まります アップル・ソフトウェア www.apple.co.jp/software� アップル社のソフトウェア製品を� カテゴリ別に検索できます。 Apple Store www.apple.com/japanstore Apple Storeでは、アップル社製の 最新のハードウェアやソフトウェア、 アクセサリを購入できます。 Macintosh 製品ガイド www.apple.com/guide お使いのMacで使用できる優れたハード ウェア製品やソフトウェア製品については、 このWebサイトで調べるか、Macロゴ を探してください。このコンピュータについて 31 Apple ホットニュース www.apple.co.jp/hotnews お使いのMacの最新のソフトウェア アップデートや、QuickTimeの最新 情報、次に行われるアップル社のイ ベントなどの情報が見つかります。 Appleサポート www.apple.co.jp/support AppleCare Protection Planやト レーニングプログラム、その他の製 品サポートに関する情報が見つかり ます。ソフトウェアアップデートの ダウンロード、その他のサポート情 報や技術情報の検索も行えます。 Mac OS X www.apple.co.jp/macosx/ 世界で最も先進的なOS―Mac OS Xの 最新情報を知ることができます。32 第 2 章 QuickTime ― インターネット上の音声および映像 音量調節� QuickTime TV クリックすると、 お使いのコンピュータ上で アクセスできる� QuickTime TVチャンネル を見ることができます。 「QuickTime」アイコン 「Dock」にある� 「QuickTime」アイコンを クリックします。このコンピュータについて 33 この機能でできること 「QuickTime」を使えば、お使いの Macでビデオや音楽のファイルを再生できるほか、ラ イブや録画で送られてくるインターネット放送を見ることができます。頻繁に表示する チャネルを「お気に入り」( )の個人リストにドラッグして保存します。 使用するには 1 インターネットに接続します。 2 「QuickTime Player」を開きます。 m Mac OS 9 では、デスクトップの「QuickTime Player」アイコンをダブルクリックしま す。「Applications (Mac OS 9)」フォルダを開いてから「QuickTime」フォルダを開き、次 に「QuickTime Player」をダブルクリックして実行することもできます。 m Mac OS X では、「Dock」の「QuickTime Player」アイコンをクリックします。「Applications」 フォルダの「QuickTime Player」をダブルクリックして実行することもできます。 3 チャネルを選択するか、「QuickTime Player」メニューからオプションを選択します。 QuickTime TV では、インターネットストリーミングが使用されるため、ハードディスク にファイルを保存することなく、インターネットを通じて最新の映像、音楽、および情 報を入手できます。 QuickTime の「お気に入り」( )を表示するには、「QTV」メニューから「お気に入り」 を選択して、サブメニューから「お気に入りを表示」を選択します。 ヒントとテクニック QuickTime TVチャネルを追加する www.apple.co.jp/quicktime を開いて、「QuickTime TV」をクリックします。参照できるすべ ての QuickTime チャネルが表示されます。QuickTime TV(QTV)チャネルを参照し、これ をクリックして「QuickTime Player」の「お気に入り」リストに追加できます。 以下のことを行うためには「QuickTime Pro」にアップグレードしてください: m フルスクリーンのビデオの再生やムービーのサイズ変更 m ストリーミングムービーの作成 m Flash を含む 30 以上の音声、ビデオ、画像形式の処理 m コピーやペーストのような簡単な操作による、ムービーや音声のファイルの作成、再 生、編集、保存 さらに詳しく知りたいときは インターネットビデオは、「QuickTime」を使用してできることのひとつに過ぎません。 さらに詳しく知りたいときは、「QuickTime ヘルプ」から始めましょう。追加チャネルを ダウンロードしたり、独自のインターネットストリーミングサーバの設定に関する情報 を検索するには、「QuickTime」の Web サイトを参照してください: www.apple.co.jp/quicktime ♥ ♥34 第 2 章 iMovie 2 ― デジタルムービーの作成と編集 iMovie再生モニタ� ムービーの内容を 確認したり、 接続したDVカメラ から直接入力した� ビデオを見たり� することができます。 再生コントロール� iMovie再生モニタで� ムービーを再生するときに 使います。 モードスイッチ DVカメラからの� 取り込みモードと� 編集モードを� 切り替えるときに� 使います。 タイムライン� ビューア クリップビューアと タイムラインビューア は目に見えるタイム ラインで、ムービー の組み立てや編集に 使います。 編集ボタン� サウンド、 ビデオエフェクト、 タイトル(テキスト)、 シーントランジション の調整や選択をする パネルを開くときに、 これらをクリック� します。 「クリップ」ボタンを クリックすると、 クリップ棚が表示� されます。 移動バー� ビデオの一部を選択するときに 使います。 オーディオトラック� 録音、音楽、および� 音声効果を操作します。 再生ヘッド� iMovie再生モニタに表示される フレームの位置を示しています。 再生ヘッドを移動すると、 ムービーのどの部分で何が表示 されるかを確認できます。 ビデオトラック� ビデオクリップの中の 音声を操作します。 クリップビューア クリップ棚� クリップを取り込んだ 後でムービーに追加 するときは、 クリップ棚から� クリップビューアに� 移動します。このコンピュータについて 35 この機能でできること 「iMovie」は、簡単にお使いいただけるデジタルビデオ編集ソフトウェアです。「iMovie」 と DV カメラを使えば、自分でムービーの作成や編集ができます。カメラからの映像を 取り込んで、クリップの編集やトランジション、タイトル、音響効果、音楽の追加がで きます。できあがったムービーは、ビデオテープに録画するか、QuickTime ムービーと して保存します。さらに QuickTimeムービーをアップル社の「iDisk」または「HomePage」 で Web 上に配置し、共有することもできます。 お使いのコンピュータには、Mac OS X 用と Mac OS 9 用のバージョンの「iMovie」がイン ストールされています。 使用するには 1 ビデオを撮影して、カメラをお使いのコンピュータの FireWire ポートに接続します。 2 「Applications」フォルダ(Mac OS 9の場合は「Applications (Mac OS 9)」フォルダ)の「iMovie」 フォルダから「iMovie」を開きます。 3 「読み込み」ボタンをクリックしてムービークリップを「クリップ棚」に取り込みます。 次に、それらを「クリップビューア」にドラッグして制作中のムービーに追加します。 4 「クリップビューア」や「タイムラインビューア」でムービーをつなぎ合わせて編集し ます。 5 トランジションやタイトル、音声、音楽を追加します。 6 終了したら、「ファイル」メニューから「ムービーの書き出し」を選択します。 ヒントとテクニック 作成したムービーを友達や家族と共有する ムービーを QuickTime Webムービーとして書き出してから、「iDisk」にムービーをコピー します。 その後、「HomePage」を使って iMovie シアターを作れば、作成したムービーをほかの人 がインターネットで見ることができます。 さらに詳しく知りたいときは 「iMovie」の使用に関する情報は、「iMovie」のチュートリアルまたは「iMovieヘルプ」を 参照してください。「iMovie」のアップデート、追加プラグイン、DV カメラの互換性な ど、「iMovie」に関する最新情報は、「iMovie」の Web サイトを参照してください: www.apple.co.jp/imovie36 第 2 章 iTunes ― あなたの Mac にデジタル音楽を CDの取り出し� ボタン� ラジオチューナ� ジャズ、ロック、トーク 番組などたくさんの� インターネットラジオを 受信できます。 オーディオCD� 音楽CDを再生したり、 ライブラリに曲を� 加えたりできます。 音楽を持ち運ぶ� ライブラリから曲を ドラッグするだけで MP3プレーヤに� 曲を転送できます。 新規プレイリストの作成ボタン� ライブラリの曲を使って� 自分だけのプレイリストが� 作れます。 検索 テキストを入力� すると「iTunes」が� 該当する曲を� リスト表示します。 ビジュアルエフェクトボタン� 「iTunes」は、 音楽のビートに合わせて躍動する、 魅惑的な光のショーを� 表示することができます。 音楽と一緒にいろいろな色や� パターンを楽しんでください。このコンピュータについて 37 この機能でできること 「iTunes」を使えば、音楽 CD から曲を MP3 ファイルとして読み込んで、プレイリスト を作成したり、音楽をポータブル MP3 プレーヤに転送したりできます。また、インター ネットラジオ局の放送を聴いたりすることもできます。 使用するには 1 「iTunes」を開きます(「iTunes」は、ハードディスクの「Applications」フォルダ(Mac OS 9 の場合は「Applications (Mac OS 9)」フォルダ)の中にあります)。 2 PowerBook の光学式ドライブに音楽 CDをセットします。 3 読み込む曲の隣にあるチェックボックスをクリックします。 4 「読み込み」ボタンをクリックします。曲は MP3 ファイルに変換され「iTunes」のライブ ラリに保管されます。 ヒントとテクニック 好きな曲を集めたプレイリストを作成する 「iTunes」を使って、ライブラリの曲のプレイリストを作成することができます。プレイ リストは曲を特定の順序でならべたリストです。プレイリストを使って、曲のムード、 アーティスト、テーマ別に曲目を編成できます。新規プレイリストボタンをクリックし てから、ライブラリの曲をプレイリストにドラッグしてください。 iTunesウインドウのサイズを変える/コントロールバーから iTunes を利用する 「iTunes」ウインドウでは、再生コントロール部分や動作状態だけを表示するようにサイ ズを変えることができます。「iTunes」ウインドウの右上にあるズームボックスをクリッ クしてください。Mac OS 9 のコントロールバーの「iTune」モジュールまたは Mac OS X の 「Dock」から「iTune」コントロールにアクセスすることもできます。 CD の情報を CDDB から検索する 「iTunes」は、インターネットの CDDB データベースに自動的につながり、CD 名、曲名 などといった音楽 CD の情報を調べます。インターネットに接続していない場合、取り 込んだ曲についての情報は、後でインターネットに接続したときに調べることができま す。曲を選択してから「高度な操作」メニューの「CD トラック名を表示」を選んでく ださい。 PowerBook にステレオシステムを接続する PowerBook とステレオシステムは簡単に接続できます。一端がステレオミニプラグ、も う一端が 2 本の RCA ピンプラグに分かれている音声用ケーブル(コンピュータには付属 していません)を使って、PowerBook のヘッドフォンポート(f)とステレオシステムの 音声入力端子をつなぎます。 さらに詳しく知りたいときは iTunes の使い方については、「iTunes ヘルプ」または「iTunes」の Web サイトを参照して ください:www.apple.co.jp/itunes38 第 2 章 自動アップデート ― 自動的に Mac を最新の状態にする 「今すぐアップデート」 クリックすると、 お使いのソフトウェアのアップデートが� ないかどうか、すぐに確認します。 表示される一覧から� アップデートするソフトウェアを選択します。 「ソフトウェアをアップデート」 ソフトウェアのアップデートを� 自動的に確認する頻度を� 設定します。このコンピュータについて 39 この機能でできること ソフトウェアアップデートでは、インターネットを使って、最新のソフトウェアバー ジョン、ドライバ、およびその他の強化機能をアップル社から自動的にダウンロード してインストールします。ソフトウェアアップデートを使ってアップル社のインター ネットサーバを即座にチェックして、任意のアップデートがお使いのアップル社ソフ トウェアに使用できるかどうかを確認します。お使いの Mac が定期的にアップル社の サーバをチェックして、アップデートされたソフトウェアをダウンロードしてインス トールするように設定することもできます。 使用するには 1 インターネットに接続します。 2 「ソフトウェアアップデート」を開きます。 m Mac OS 9 では、アップル(K)メニューの「コントロールパネル」を選択して、サ ブメニューから「ソフトウェアアップデート」を選択します。 m Mac OS X では、「システム環境設定」を開いて、「ソフトウェアアップデート」をク リックします。 3 「今すぐアップデート」をクリックしてから、必要なソフトウェアアップデートを選択 して、「インストール」をクリックします。 ヒントとテクニック ソフトウェアをアップデートするスケジュールを設定する インターネットに常時接続している環境なら、特定の曜日の特定の時刻にソフトウェア のアップデートをチェックするためのスケジュールを設定することができます。ダイヤ ルアップ接続を利用していて、インターネットに接続していないときは、「ソフトウェ アアップデート」は次回の接続時にアップデートをチェックします。 自動的に新しいソフトウェアをインストールする Mac が最新のソフトウェアを毎週チェックしてインストールするように設定できます。 コンピュータがソフトウェアのアップデートをチェックするようにスケジュールを設 定し、「新しいソフトウェアをインストールする前に確認する」チェックボックスの選 択を解除します。 さらに詳しく知りたいときは ソフトウェアのアップデートに関する詳しい情報は、「Macヘルプ」で「ソフトウェア アップデート」を検索してください。Mac OS に関する最新情報は、Mac OS の Web サイ トを参照してください:www.apple.co.jp/macos40 第 2 章 マルチユーザ ― 1 台の Mac を複数の利用者で使用する 「ユーザ」 「システム環境設定」の� 「ユーザ」パネルで� ユーザアカウントを� 追加します。 ホーム� 各ユーザにホームが用意されています。 「Finder」「Dock」 、 「iTools」 、 「Mail」 、 およびその他の設定は、 各ユーザのホームに保存されるため、 それぞれのユーザが Mac OS Xを� カスタマイズすることができます。 「Shared」フォルダ� 「Shared」フォルダへの� アクセスを許可するには、 「共有」環境設定で� ファイル共有を開始します�このコンピュータについて 41 この機能でできること 個々のユーザアカウントにログインすることによって、複数のユーザが 1 つのコン ピュータを共有することができます。ユーザは、ブックマークやデスクトップビューな ど、独自にカスタマイズされた設定を選択して、「ホーム」フォルダと呼ばれる自分用 の自分だけのファイル保存の場所にアクセスできます。コンピュータを共有している ユーザも共通の「Shared」フォルダにアクセスできます。 コンピュータで最初に作成されたユーザアカウントは、管理者に指定されます。管理者 は、特別な権限を持つユーザです。新しいユーザにコンピュータへのアクセス権を与え る、ソフトウェアのインストールをする、コンピュータの一般設定を変更する、などの 権限があります。 参考:管理者のパスワードを忘れた場合、Mac OS X CD を使って再設定できます。Mac OS X CD から起動して、「Installer」メニューから「パスワードをリセット」を選択しま す。Mac OS X CDを使用すると、ユーザはコンピュータに無制限にアクセスできるため、 CDは安全な場所に保管しておく必要があります。 使用するには 1 新しいユーザを作成します。 m Mac OS 9 では、アップル(K)メニューから「コントロールパネル」を選択して、 サブメニューから「マルチユーザ」を選択します。「マルチユーザのアカウント」を オンにして、「新規利用者」をクリックします。 m Mac OS X では、アップル(K)メニューから「システム環境設定」を選択して、 「ユーザ」をクリックしてから「新規ユーザ」をクリックします。 2 ユーザの情報を編集します。ユーザに管理者の権限を与えることができます。 3 ウインドウを閉じます。 ヒントとテクニック コンピュータのセキュリティを確保する ユーザがログインしてからコンピュータを離れて無人の状態になった場合にスクリー ンセーバが表示された後、コンピュータにアクセスするのにパスワードを要求すること ができます。「システム環境設定」を開いて、「スクリーンセーバ」をクリックし、「始 動設定」をクリックして、スクリーンセーバが始まるまでの時間を設定できます。「ユー ザアカウントのパスワードを使用する」を選択します。 ユーザの権限を設定する Mac OS 9 では、管理者は、ユーザがアクセスでき、「ようこそ」メッセージやデフォルト のデスクトップ環境などの全体的な設定ができる書類とアプリケーションを指定でき ます。詳しい情報は、Mac OS 9 の「Mac ヘルプ」で「マルチユーザ」を検索してください。 さらに詳しく知りたいときは Mac OS Xのユーザアカウントの設定に関する詳しい情報は、「Mac ヘルプ」で「ユーザ」 を検索してください。42 第 2 章 Mac ヘルプ ― Macintosh に関する質問すべてに答えます 検索� 質問したいことがありますか?� ここに質問を入力し、 「検索」をクリックします。43 3 3 コンピュータを使用する お使いの PowerBook には、多くの機能が搭載されています。また、必要に応じてコン ピュータに機能を追加できる拡張性も備えています。以下のような機能があります。 m プリンタ、スキャナ、ジョイスティック、キーボード、デジタルカメラ、フロッピー ディスクドライブなどの外部装置を PowerBook に接続するための USB(Universal Serial Bus)。 m デジタルビデオカメラや外部ハードディスクなどの装置を高速なデータ転送で接続 するための FireWire。 m 56 Kモデム、赤外線、10/100/1000 BASE-T Ethernet、AirMacによるワイヤレスのインター ネット接続やネットワーク機能、といった最新の通信技術。 m PowerBook に外部モニタ、ビデオプロジェクタ、またはテレビを接続して、ビデオ ミラーリングに使用したり、デスクトップを拡張したりすることができます。プレ ゼンテーションをしたり、外部モニタで作業したり、テレビでDVDビデオディスク を再生したりするときに、PowerBook に内蔵されているビデオ機能を使用してくだ さい。 m 長時間持続するバッテリ、タイプII PCカードまたはCardBusカードに対応したPCカー ドスロット 1 基など。 PowerBook の機能について知りたいときは、まずこの章を参照してください。「Mac ヘル プ」(42 ページを参照)やインターネットにあるアップル社の多くの Webサイトで、さ らに詳しい情報を参照することもできます。44 第 3 章 USB(Universal Serial Bus) お使いの PowerBook には USB ポートが 2基装備されています。プリンタ、スキャナ、デ ジタルカメラ、ゲームパッド、ジョイスティック、キーボード、フロッピーディスクド ライブなどのさまざまな外部装置を接続するときに使用できます。USB を使うと、外部 装置を簡単に接続することができます。USB 装置の多くは、コンピュータの動作中に接 続や取り外しができます。装置を接続するだけで、すぐに使うことができます。コン ピュータを再起動したり、設定し直したりする必要はありません。 USB 装置を使用する コンピュータで USB 装置を使用するときは、その装置をコンピュータに接続するだけで す。新しい装置を接続すると、コンピュータは適切なソフトウェアを自動的に読み込み ます。 参考: アップル社製のコンピュータには、USB 装置を使用するためのソフトウェアがあ らかじめインストールされています。USB 装置を接続しても、PowerBook が適切なソフ トウェアを検出できない場合は、装置に付属のソフトウェアをインストールするか、画 面のメッセージに従ってインターネットから適切なソフトウェアをダウンロードして からインストールしてください。 USB 装置とバッテリ電源 お求めの PowerBook では、専用の電源アダプタではなく、USB ポートから供給される電 力を利用する USB 装置(ジョイスティックやキーボードなど)を利用できます。ただ し、このような方式のUSB 装置を利用すると、PowerBook のバッテリの電力が早く消費 されてしまいます。装置を長期間接続したままにする場合は、電源アダプタに接続する ことをお勧めします。 1 2 G ™ Æ Wコンピュータを使用する 45 複数の USB 装置を同時に使用する お使いの PowerBook には USBポートが 2 基装備されています。1 つの USB ポートで複数 の USB 装置を使いたいときは、USB ハブを購入してください。USB ハブをコンピュータ の空いているポートに接続すれば、追加の USB ポート(通常は、4 基または 7 基です) を利用できるようになります。 USB についてさらに詳しく知りたいときは USB について詳しく知りたいときは、「Mac ヘルプ」(42 ページを参照)を利用します。 「ヘルプ」メニューから「Mac ヘルプ」を選び、「USB」で検索してください。アップル 社の USB の Webサイトでも情報を参照できます:www.apple.co.jp/usb お使いのコンピュータで利用できる USB 装置について知りたいときは、「Macintosh 製品 ガイド」を参照してください:www.apple.com/guide G ™ Æ W USBハブ�46 第 3 章 FireWire お使いのコンピュータには FireWireポートが 1基装備されています。FireWireを使うと、 デジタルビデオ(DV)カメラ、プリンタ、スキャナ、ハードディスクなど、高速なデー タ転送をする外部装置を簡単に接続したり、取り外したりすることができます。FireWire 装置の接続と取り外しをするときにコンピュータを再起動する必要はありません。 FireWire で利用できる機能をいくつか紹介します。 m デジタルビデオカメラを接続し、「iMovie」などのビデオ編集用ソフトウエアを使っ て、高品質のビデオをコンピュータに直接取り込み、転送、および編集することが できます。 m 外部 FireWire ハードディスクドライブを接続して、データのバックアップやファイル の転送に使用できます。ドライブを PowerBook に接続すると、FireWire ハードディス クのアイコンがデスクトップに表示されます。 m 外部 FireWire ハードディスクから起動できます。外部 FireWire ディスク(使用可能な 「システムフォルダ」がインストールされているもの)を接続して、次の操作をし ます: m Mac OS 9 では、「起動ディスク」コントロールパネルを開き、FireWireのディスク をクリックします。 m Mac OS X では、「システム環境設定」の「起動ディスク」パネルを開き、FireWire のディスクをクリックします。 m コンピュータを再起動します。 FireWire 装置を使用する コンピュータに FireWire 装置を接続するときは、装置をコンピュータに接続して、装置 に付属のソフトウェアをインストールします。新しい装置を接続すると、コンピュータ は自動的に認識します。 G ™ Æ Wコンピュータを使用する 47 FireWire 装置とバッテリ電源 お使いの PowerBook では、専用の電源アダプタではなく、FireWire ポートから供給され る電力を利用する FireWire 装置(一部の外部ハードディスクなど)を利用できます。た だし、このような方式の FireWire 装置を利用すると、PowerBook のバッテリの電力が早 くなくなってしまいます。装置を長期間接続する場合は、電源アダプタに接続すること をお勧めします。 FireWire ターゲットディスクモード PowerBook と FireWire に対応したほかのコンピュータとの間でファイルを転送する場合 や、コンピュータの起動に関する問題が発生している場合は、FireWire ターゲットディ スクモードという機能を使ってほかのコンピュータに接続することができます。 PowerBook を FireWire ターゲットディスクモードで接続するときは、以下の手順に従います: 1 PowerBook の電源が切れていることを確認してください。 2 両端に標準的な 6 ピンのコネクタが付いている FireWire ケーブルを使って、お使いの PowerBook を FireWire ポートを備えたほかのコンピュータに接続します。 3 PowerBook を起動し、すぐに T キーを押したままにします。PowerBook のディスプレイに FireWire ターゲットディスクモードになったことが示され、PowerBook の内蔵ハードディ スクのアイコンがほかのコンピュータのデスクトップに表示されます。 4 ファイルを転送し終わったら、PowerBook のハードディスクのアイコンを「ゴミ箱」に ドラッグします。 5 PowerBook のパワーボタンを押して電源を切ってから、FireWireケーブルを取り外します。 FireWire についてさらに詳しく知りたいときは FireWire について詳しく知りたいときは、「Mac ヘルプ」(42 ページを参照)を利用しま す。「ヘルプ」メニューから「Mac ヘルプ」を選び、「FireWire」で検索してください。 アップル社の FireWire の Webサイトでも情報を参照できます:www.apple.co.jp/firewire 参考: FireWire ポートは、FireWire 装置に(最大7 ワットの)電力を供給できる設計に なっています。装置を 2 台以上接続するときには、それらの装置を相互に接続して、コ ンピュータの FireWireポートに「デイジーチェーン」で接続することもできます。その 場合、コンピュータから供給される電力を利用するのは1 台の装置だけにしてくださ い。デイジーチェーンで接続されているそれ以外の装置には、専用の電源アダプタから 電力を供給するようにしてください。コンピュータから供給される電力を利用する FireWire 装置を 2 台以上接続すると、問題が発生する場合があります。問題が発生した 場合は、コンピュータをシステム終了して、FireWire 装置を取り外し、コンピュータを 再起動してください。 重要 PowerBook を接続するコンピュータには、バージョン 2.3.3 以降の FireWire がイン ストールされている必要があります。コンピュータにインストールされている FireWire のバージョンを調べるときは、「Apple システム・プロフィール」を使用します。この機 能は、アップルメニュー(Mac OS 9 の場合)または「Applications」フォルダの中の「Utilities」 フォルダ(Mac OS Xの場合)にあります。48 第 3 章 PCカード PC カードスロットを使ってコンピュータの機能を拡張することができます。お使いの PowerBook には、タイプ I とタイプ II のPCMCIAカード(CardBus対応カードを含みます) をセットできる PC カードスロットが 1基搭載されています。PC カードは、コンピュー タの電源が入っているときのほか、電源が切れているときやスリープ中にもセットする ことができます。 PC カードの取り付けと取り出し PC カードをセットするときは、製品名などが記されている面を上に向け、水平に差し 込んでください。カードを差し込むと、てごたえを感じます。カードをしっかりと押し 込むとスロットの所定の位置に固定され、デスクトップにアイコンが表示されます。PC カードは、コンピュータの電源が入っているときのほか切れているときも取り出すこと ができます。ただし、スリープ中に取り出すことはできません。 PC カードを取り出すには: 1 コンピュータの電源を入れてから、カードのアイコンを「ゴミ箱」にドラッグします。 2 PC カード取り出しボタンを一度押して、ボタンを外に出します。 3 PC カード取り出しボタンをもう一度押して、PCカードを取り出します。 4 カードをスロットから引き出したら、取り出しボタンをコンピュータの中に収めます。 PC カードについてさらに詳しく知りたいときは お使いの PowerBook で利用できる PC カードについて知りたいときは、「Macintosh 製品ガ イド」を参照してください:www.apple.com/guide G ™ Æ W PCカードスロット� 取り出しボタン� 重要 アップル社の AirMac カードは、コンピュータ内部のスロットに取り付けます。こ のカードは、他社のワイヤレスカードのように PC カードスロットに取り付けることは できません。AirMacカードは、PC カードスロットに取り付けても動作しません。取り付 けるとコンピュータが正常に動作しなくなります。コンピュータを使用する 49 AirMac によるワイヤレスのインターネット接続とネットワーク機能 お使いの PowerBook は AirMac に対応しています。PowerBook にはアンテナが内蔵されて おり、AirMac カードを取り付ることができます。AirMacは、家庭、オフィス、教室など でインターネットにワイヤレスで接続できる簡単で低コストな手段です。従来のよう にケーブルを使う代わりに、AirMac ではワイヤレス LAN(Local Area Network)の技術を 使った複数のコンピュータ間でのワイヤレス通信が可能です。ワイヤレスネットワーク を介することによって、インターネットに接続できるようにしたり、ファイルを転送し たり、複数のプレイヤーが参加するゲームで遊んだりすることなどができます。 参考: ワイヤレスによるインターネット接続には、「AirMac カード」、「AirMac ベースス テーション」、およびインターネット接続サービスへの加入(有料)が必要です。イン ターネットサービスプロバイダの中には、現在、AirMac と互換性がないところもありま す。また、通信範囲は建物の条件によって変わります。 AirMac がワイヤレスのインターネット接続を提供するしくみ AirMac では、ベースステーションと呼ばれる装置との間でワイヤレスでの通信が行われ ます。ベースステーションは物理的にインターネットに接続されます。AirMac 技術は、 コードレス電話の仕組みに似ています。コンピュータに取り付けた AirMac カードは、電 話回線に接続されたベースステーションとの間でワイヤレス接続を行います。 AirMac についてさらに詳しく知りたいときは 「AirMacベースステーション」を購入するときは、アップル正規販売代理店または「Apple Store」を利用してください:www.apple.com/japanstore/ 「AirMac」についての詳しい情報は「Mac ヘルプ」で参照できます。「ヘルプ」メニュー から「ヘルプセンター」を選択し、「AirMac ヘルプ」をクリックします。アップル社の AirMac の Web サイトで情報を見ることもできます:www.apple.co.jp/airmac AirMac� ベースステーション� インターネットとの接続� 電源コンセント� ®50 第 3 章 Ethernet(10/100/1000 BASE-T) お使いのコンピュータには、転送速度が 10/100/1000 Mbps(メガビット/秒)のツイス トペア Ethernet のネットワーク機能が搭載されています。これを利用して、ネットワー クのほか、ケーブルモデムや DSLモデムに接続することができます。 ネットワークに接続すれば、ほかのコンピュータを利用することができます。情報をほ かのコンピュータに保存したり、ほかのコンピュータに保存されている情報を入手した り、ネットワークに接続されているプリンタやモデムを利用したり、電子メールを送受 信したり、インターネットに接続したりすることができます。また、Ethernet を利用す れば、2 台のコンピュータでファイルを共有したり、小規模のネットワークを構築した りすることもできます。PowerBook に装備されている Ethernet ポートでは、Ethernet を介 して接続されているほかの装置を自動的に検出します。また、Ethernet を介してほかの 装置に接続するときに、Ethernetクロスケーブルは必要ありません。 m 10 BASE-TのEthernetネットワークに接続するには、2対Ethernetケーブル(カテゴリ3) を使ってください。 m 100 BASE-TのEthernetネットワークに接続するには、2対Ethernetケーブル(カテゴリ5) を使ってください。 m 1000 BASE-TのEthernetネットワークに接続するには、4対Ethernetケーブル(カテゴリ5) を使ってください。 Ethernet についてさらに詳しく知りたいときは 「Mac ヘルプ」(42 ページを参照)には、Ethernet ネットワークの設定方法や Ethernet を 使ったファイルの転送方法などの詳しい情報が記載されています。「ヘルプ」メニュー から「Mac ヘルプ」を選び、「Ethernet」か「ネットワーク」で検索してください。 お使いのPowerBookで使用できるネットワーク製品について知りたいときは、「Macintosh 製 品ガイド」を参照してください:www.apple.com/guide G ™ Æ W Gコンピュータを使用する 51 赤外線通信機能(IrDA) お使いのPowerBookには赤外線(IR)通信機能が搭載されており、ケーブルを使うこと なくファイルやデータを交換することができます。対応しているのは、「IrDA」と呼ば れる赤外線通信方式の標準規格です。 赤外線通信機能を使うと、IrDA に対応したほかのコンピュータとのファイル共有、携帯 情報端末などの赤外線通信に対応した装置との通信、赤外線ネットワークへの接続、赤 外線通信に対応したプリンタでの印刷などが可能です。赤外線を利用したファイル共有 は、AppleTalk や TCP/IPが Ethernet ではなく赤外線を利用している点を除いては、Ethernet を利用したファイル共有と変わりません。Mac OS X では、ファイル共有および IrDA に 対応したプリンタでの印刷はサポートされていません。 参考: IRTalk(一部の古いコンピュータで採用されている、標準的ではない赤外線通信 方式)だけに対応しているコンピュータとはファイルを共有することができません。 赤外線で接続する 赤外線を使ってほかのコンピュータに接続するときは、次のように操作します: 1 2 台のコンピュータの赤外線インタフェースが直接向き合うように配置します。また、 赤外線インタフェースの間隔が 1 メートル以内になるようにしてください。 2 AppleTalkおよび TCP/IPを設定し、赤外線を使って通信できるようにします。 3 Mac OS 9の場合には、「ファイル共有」コントロールパネルで「ファイル共有」が有効に なっていることを確かめます。 赤外線通信機能についてさらに詳しく知りたいときは 赤外線を使って通信する場合の Mac OS の設定方法やファイル共有の設定方法について の情報は、「Mac ヘルプ」(42 ページを参照)に記載されています。「ヘルプ」メニュー から「Mac ヘルプ」を選び、「赤外線」か「ファイル共有」で検索してください。 G ™ Æ W52 第 3 章 外部ビデオ出力機能(VGA および Sビデオ) コンピュータには、VGAタイプのアダプタが付いているモニタや、その他の外部映像機 器(ビデオプロジェクタなど)を直接接続できるモニタポートが装備されています。 コンピュータの S ビデオ出力ポートには、S ビデオケーブルまたはコンポジットビデオ ケーブル(電気店で入手できます)を使ってテレビ、ビデオデッキ(VTR)、またはビデ オプロジェクタを接続することができます。S ビデオの映像出力は、テレビなどへの画 像表示、コンピュータ画面のビデオ録画、DVD ビデオディスクの映像のテレビ表示など に使うことができます。 接続したい装置にSビデオの端子がない場合、PowerBook に付属のコンポジット―Sビデオ アダプタを使います。 外部モニタやテレビを接続している場合は、内蔵ディスプレイと外部モニタの両方に 同じ画像を表示したり(「ビデオミラーリング」と呼ばれます)、外部モニタで Mac OS のデスクトップのサイズを拡張したり(「デュアルディスプレイモード」と呼ばれます) することができます。 参考:ほとんどのテレビでは表示に制限があるため、テレビ画面に表示される画像の質 は内蔵ディスプレイや外部モニタよりも低くなります。 G ™ Æ W ™外部モニタポート� Æ Sビデオ出力ポート� VGAモニタケーブル� コンポジット―Sビデオケーブル�コンピュータを使用する 53 外部モニタを接続する コンピュータに外部モニタを接続するときは、次のように操作します: 1 外部モニタの電源を切ります。 2 PowerBook にモニタケーブルを接続します。 3 外部モニタの電源を入れます。 4 コマンド(x)キーを押しながら輝度調節(F2)キー( )を押します。接続した新しい モニタが自動的に検出されます。 5 外部モニタの解像度を調節します。次のいずれかの操作をします: m Mac OS 9 では、コントロールバーにある解像度のアイコンをクリックします。設定 可能な解像度のリストを表示するには、control キーを押したまま解像度のアイコン をクリックします。 m Mac OS X では、「システム環境設定」を開き、「ディスプレイ」パネルの「ディスプ レイ」タブをクリックします。または、メニューバーにあるディスプレイのアイコ ンをクリックします。 外部モニタで使用できる解像度については、97 ページの「外部モニタ表示(拡張デスク トップモード、またはビデオミラーリングモードのとき)」を参照してください。 PowerBook のディスプレイと外部モニタに同じ画像を表示するには、コントロールバー (Mac OS 9 の場合)またはメニューバーにあるディスプレイのアイコン(Mac OS X の場 合)で「ビデオミラーリング」をオンにします。ビデオミラーリングとデュアルディス プレイモードを切り替えるには、コマンド(x)キーを押しながら輝度調節(F1)キー ( )を押します。 重要 ビデオミラーリングで最大限のパフォーマンスを得るには、内蔵ディスプレイと 外部モニタの解像度と階調が同じになるようにそれぞれ設定してください。 ディスプレイを閉じたまま PowerBook を使用する PowerBook に外部のモニタ、キーボード、マウス、および電源アダプタを接続している 場合は、ディスプレイを閉じたままコンピュータを使用できます。 外部モニタを接続したコンピュータを、ディスプレイを閉じた状態で使うには、次のよ うに操作します: 1 USB キーボードとマウスを PowerBook に接続します。 2 PowerBook のディスプレイを閉じて、コンピュータをスリープ状態にします。 階調 解像度 ビデオミラーリング54 第 3 章 3 前のセクションの手順に従って、PowerBook を外部モニタに接続します。 4 数秒待ってから外部キーボードの任意のキーを押し、PowerBookをスリープ解除します。 テレビ、ビデオデッキ、その他の映像装置を接続する Sビデオ出力ポートに装置を接続するときは、次のように操作します: 1 PowerBook の Sビデオ出力ポート(Æ)に S ビデオケーブルを接続し(コンポジットビデ オケーブルを接続するときはアダプタを使用します)、ケーブルのもう一端を装置に接 続します。 2 PowerBook から装置に音声を出力するときは、一端がステレオミニプラグになっており、 もう一端が 2 本の RCA ピンプラグに分かれている音声用ケーブル(コンピュータには付 属していません)を接続します。ステレオミニプラグの側を PowerBook のヘッドフォン ポート(f)に、2 本の RCA ピンプラグの側を出力先の装置に接続してください。 3 外部装置の電源を入れます。 4 コマンド(x)キーを押しながら輝度調節(F2)キー( )を押します。映像出力モニタ が自動的に検出されます。 5 装置に表示される画像を調整します。次のいずれかの操作をします: m Mac OS 9 では、コントロールバーにあるTVミラーリングのアイコンをクリックし ます。 m Mac OS X では、「システム環境設定」の「ディスプレイ」パネルを表示します。 外部モニタまたはテレビの使用についてさらに詳しく知りたいときは 外部モニタの使用方法と設定方法を詳しく知りたいときは、「Macヘルプ」(42 ページを 参照)を利用します。「ヘルプ」メニューから「Mac ヘルプ」を選び、「モニタ」で検索 してください。 TV ミラーリングコンピュータを使用する 55 バッテリ 外部電源アダプタを接続していない場合は、コンピュータには PowerBook 用バッテリから 電源が供給されます。バッテリ本体に付いているバッテリレベル・インジケータ・ラン プで、どのくらいの電力がバッテリに残っているかを知ることができます。インジケー タ・ランプは、ボタンを押した後、数秒間ほど光ります。バッテリを PowerBook に取り 付けた状態でも、PowerBook から取り外した状態でも、バッテリの電力を確認できます。 バッテリを取り外す/交換する バッテリを取り外すには: m PowerBook の電源を切るか、スリープ状態にします。コンピュータを裏返し、バッテ リを固定している留め具を探します。留め具を横にずらしてバッテリを慎重に取り 外します。 重要 ランプが 1 つだけ点滅している場合、バッテリの電力が残り少なくなっています。 ランプがすべて消えている場合、バッテリは完全に消耗しており、電源アダプタが接続 されない限りコンピュータは起動しません。電源アダプタを数時間接続し、バッテリを 充電してください。 バッテリ� バッテリレベル・インジケータ・ランプ� バッテリ� 留め具�56 第 3 章 コンピュータがスリープ状態の間にバッテリを交換する 作業中にバッテリの電力が低下した場合、PowerBook をスリープ状態にして、充電済み のバッテリと交換することができます。バッテリを交換するときには、内蔵の補助バッ テリの電力により、RAM の記憶内容は 3 分間保持されます。 バッテリを充電する バッテリは電源アダプタが接続されているときに充電されます(コンピュータの電源が 入っていないときやスリープ状態のときでも充電されます)。電源アダプタのプラグの ランプが点灯します。オレンジ色のランプは、バッテリが充電中であることを示しま す。緑色のランプは、バッテリの充電が完了したことを示します。 コンピュータの電源が切れているときや、コンピュータがスリープ状態になっていると きの方が充電にかかる時間は短くなります。バッテリの充電レベルは、次のいずれかの 方法で確認することができます: m Mac OS 9 では、コントロールバーにあるバッテリの充電レベル表示ランプで確認し ます。 m Mac OS X では、メニューバーにあるバッテリのアイコンをクリックします。 バッテリが必要な場合に十分に充電された状態で使えるようにするため、通常はできる だけ電源アダプタを使用するようにしてください。 新しいバッテリを調整して性能を上げる 新しいバッテリの持続時間を最大にするには、PowerBook を購入してから最初の 1 週間 ほどの間にバッテリを使い切ってから、一度で完全に充電します。以下の手順に従って ください: 1 電源アダプタを接続し、バッテリレベル・インジケータ・ランプや画面上のメーターで バッテリが完全に充電されたことが確認できるまで、バッテリを充電します。 2 電源アダプタを取り外し、バッテリ不足を知らせる最初の警告が表示されるまでPowerBook を使います。 3 電源アダプタを接続し、バッテリを再び完全に充電します。 バッテリの充電レベル表示ランプ 重要 バッテリの調整に必要なことは、一度完全にバッテリを空にし、再び充電するこ とだけです。その後は、バッテリの充電レベルにかかわらず、電源アダプタを接続した り取り外したりすることができます。コンピュータを使用する 57 バッテリを長持ちさせるためのヒント お求めの PowerBook に付属のリチウムイオンバッテリの持続時間は、コンピュータとと もに使用している装置や節電機能の設定によって異なります。 バッテリの電力を節約するには、次の手順を 1 つ以上実行してください: m バスから電力が供給される USB 装置や FireWire 装置を使用していない場合はコン ピュータから外します。 m 開いているアプリケーションのうち、使用していないものを終了します。 m 使わない CD-ROMディスクや DVD-ROM ディスクを取り出します。 m 画面の輝度を低めに設定します。輝度の調節にはPowerBookのキーボードにある輝度 調節キーを使います。 m 作業を中断するときは常に、コンピュータをスリープ状態にします。 m Mac OS 9の場合は、「省エネルギー設定」コントロールパネルの「オプション設定」タ ブで、「画面を暗くせずに内蔵ディスプレイの電力を切る」を選択します。 「省エネルギー設定」コントロールパネルでは、その他の設定項目も使用できます: m ハードディスクが自動的に停止するまでの時間を短めに設定します。 m PowerBook が自動的にスリープ状態になるまでの時間を 5分以内に設定します。 お使いのコンピュータのエネルギー設定を表示するには: m Mac OS 9 では、コントロールバーにあるエネルギー設定のアイコンをクリックし ます。 m Mac OS X では、「システム環境設定」の「省エネルギー」パネルを表示します。 PowerBook 用バッテリについてさらに詳しく知りたいときは 「Mac ヘルプ」(42 ページを参照)で詳しい情報を参照できます。「ヘルプ」メニューか ら「Mac ヘルプ」を選び、「バッテリ」で検索してください。58 第 3 章 DVD-ROM ドライブ お使いの PowerBook には、コンピュータを利用したり、インターネットに接続したりす るために必要なすべてのソフトウェアがあらかじめインストールされています。(コン ピュータに付属の PowerBook用の CD を使用する必要があるのは、トラブルが起きたと きやシステムソフトウェアを再インストールしなければならないときだけです。)ただ し、別売のソフトウェアを購入して PowerBook で利用する場合は、光学式 DVD-ROM ド ライブを使って CD や DVD ディスクからプログラムをインストールしたり、実行し たりすることができます。 参考:フロッピーディスクで提供された古いソフトウェアの場合は、CD-ROM ディスク で入手できるかどうかをソフトウェアの製造元に問い合わせるか、他社製のフロッピー ディスクドライブ(LS120/SuperDisk など)を、販売店で購入してください。 CD またはDVD のディスクをセットする CDまたは DVD のディスクからプログラムをインストールしたり実行したりするときは、 次のように操作します: 1 コンピュータの動作中に、ディスクをドライブスロットに挿入し(ラベル面が上を向く ようにします)、所定の場所にしっかり固定します。 2 ディスクのアイコンがデスクトップに表示されたら、そのディスクを使用できます。 ® 手動取り出し用の穴� クリップ� 重要 PowerBook の光学式 DVD-ROM ドライブは、標準サイズである 12cm および 8cm の 円形ディスクを使えるように設計されています。変形したディスクや 8cmより小さいサ イズのディスクを使うことはできません。円形以外のディスクを挿入すると、ドライブ から取り出すときにひっかかる可能性があります。コンピュータを使用する 59 ディスクを取り出す ディスクを取り出すには、ディスクのアイコンを「ゴミ箱」にドラッグするか、キー ボードのメディアイジェクトキー( )を押します。 ディスクを取り出せない場合は、以下の手順に従ってください: m ディスクを使用している可能性のあるアプリケーションをすべて終了し、再度実行 してください。 m コンピュータを再起動し、すぐにトラックパッドのボタンを押します。ディスクが 出てくるまで、ボタンを押したままにしてください。 m それでもディスクを取り出せない場合は、ペーパークリップの先を手動取り出し用 の穴(DVD-ROM ドライブのドライブスロットの右端)に入れ、内部のイジェクトボ タンを押してください。PowerBookの電源が入っていないと、内部のイジェクトボタ ンは使用できません。 DVD ディスクを再生する DVD ドライブを使えば、PowerBook でDVDビデオを再生することもできます。DVD ディ スクをセットし、次のいずれかの操作をします: m Mac OS 9 では、アップル(K)メニューから「Apple DVD Player」を選びます。 m Mac OS X では、「Apple DVD Player」アプリケーションを使います。このアプリケー ションは、ハードディスクの「Applications (Mac OS 9)」フォルダの中にあります。 S ビデオ出力ポートを使って PowerBook をテレビに接続し(52 ページを参照)、テレビ の画面で DVD ビデオを見たいときは、「720 × 480 NTSC」(日本や米国の場合)または 「720 × 576 PAL」(ヨーロッパなどの場合)を選びます。 m Mac OS 9 では、コントロールバーにある解像度のアイコンをクリックします。 m Mac OS X では、「システム環境設定」を開き、「ディスプレイ」パネルの「ディスプ レイ」タブをクリックします。 参考: PowerBookに外部モニタを接続している場合は、DVDを再生できるのは、デュア ルディスプレイモードのときだけです。DVD の再生にビデオミラーリングを使用するこ とはできません。 PowerBook とステレオシステムは簡単に接続できます。一端がステレオミニプラグ、も う一端が 2 本の RCA ピンプラグに分かれている音声用ケーブル(コンピュータには付 属していません)を使って、PowerBook のヘッドフォンポート(f)とステレオシステ ムの音声入力端子をつなぎます。 DVD ドライブについてさらに詳しく知りたいときは 「Apple DVD Player」の使い方については、「Apple DVD Player」を起動してから「ヘルプ」 メニューの「Apple DVD Playerヘルプ」を選択してください。60 第 3 章 CD-RW ドライブ(オプション装備) お使いの PowerBook に CD-RWドライブが装備されている場合には、CD-Rディスクや CDRW ディスクに、好きな音楽、プログラム、ファイルなどを記録することができます。 オリジナルの音楽 CD を作成して、標準的なオーディオプレーヤで再生することもでき ます。記録可能な CDには、アプリケーション、書類、その他のデジタルファイルなど のコンピュータファイルを書き込むこともできます。 CD-R(CD-Recordable)ディスクを使用した場合、1 回に限り、ディスクに情報を記録す ることができます。お使いのアプリケーションによっては、ディスクが一杯になるま で追加の情報を記録することもできます。ただし、いったん記録した情報を変更する ことはできません。CD-R ディスクへの記録に関する詳しい情報については、お使いの アプリケーションに付属のマニュアルを参照してください。ほとんどのオーディオ CD プレーヤでは、CD-RW ディスクを読み取ることができないため、オーディオ CD を作成 する場合には、CD-R ディスクをお使いになることをお勧めします。 CD-RW(CD-Rewritable)ディスクを使用した場合、1 枚のディスクに何回でも情報を保存 したり、情報を変更したりすることができます。ただし、「iTunes」のディスク作成機能 のように、CD にメディアファイルを記録するソフトウェアの中には、ディスクに 1 回 しかデータを記録できないものもあります。 CD のディスクをセットする CD のディスクからプログラムをインストールしたり実行したりするときは、次のよう に操作します: 1 コンピュータの動作中に、ディスクをドライブスロットに挿入し(ラベル面が上を向く ようにします)、所定の場所にしっかり固定します。 2 ディスクのアイコンがデスクトップに表示されたら、そのディスクを使用できます。 「iTunes」を使って CD に音楽ファイルを記録する方法については、「ヘルプセンター」で 「iTunes」に関するオンラインヘルプを参照してください。 ディスクを取り出す ディスクを取り出すには、ディスクのアイコンを「ゴミ箱」にドラッグするか、キー ボードのメディアイジェクトキー( )を押します。 ディスクを取り出せない場合は、以下の手順に従ってください: m ディスクを使用している可能性のあるアプリケーションをすべて終了し、再度実行 してください。 m コンピュータを再起動し、すぐにトラックパッドのボタンを押します。ディスクが 出てくるまで、ボタンを押したままにしてください。 重要 PowerBook の光学式 CD-RW ドライブは、標準サイズである 12 cm の円形ディスク を使えるように設計されています。変形したディスクや 12cm より小さいサイズのディ スクを使うことはできません。円形以外のディスクを挿入すると、ドライブから取り出 すときにひっかかる可能性があります。コンピュータを使用する 61 キーボードコントロールおよび機能を設定できるファンクションキー キーボードを使って、音量や画面の輝度を調整したり、CD または DVD を取り出したり できます。 また、PowerBook には、頻繁に使用するアプリケーションや書類を開くように設定でき る 5 つのキーも装備されています(Mac OS 9 の場合)。これらのキーのことを機能を設 定できる(ホット)ファンクションキーと呼びます。たとえば、これらのキーを使っ て、Webブラウザやワードプロセッサ、好きなゲームを起動することができます。アプ リケーションの起動後は、これらのキーでアプリケーションをすばやく切り替えること ができます。 ファンクションキーを割り当てる Mac OS 9の場合、ファンクションキーを初めて押したときには、ファンクションキーに アプリケーションを割り当てるためのダイアログが表示されます。割り当てをした後 は、「キーボード」コントロールパネルを使ってファンクションキーの割り当てを変更 することができます。 通常のファンクションキーとして使う 調節キーまたはホットファンクションキーを通常のファンクションキーとして使用す るときは、fn キーを押しながらほかのキーを押します。Mac OS 9 の「キーボード」コン トロールパネルを使えば、通常のファンクションキーとしての機能を一次機能にして、 画面の調節キーやホットファンクションキーとしての機能を二次機能にすることもで きます。(たとえば、fn キーを押したまま画面の輝度を調節します。)Mac OS X の場合に は、「システム環境設定」の「キーボード」パネルでファンクションキーを設定できます。 ® ¤ 輝度調節キー� - 音量調節キー� ホットファンクションキー� メディアイジェクトキー� ファンクション(fn)キー�62 第 3 章 組み込みのテンキーを使う ほとんどのデスクトップコンピュータには、キーボードの通常のキーのほかにテンキー が装備されています。PowerBook のキーボードには、通常のキーボードのキーにテン キーが組み込まれています。テンキーとして使用されるキーには、小さな文字が表示さ れています。 テンキーを使うときは、キーボードの Num Lock キーを押します。Num Lock キーの横に あるランプが点灯し、テンキーが使用できるようになります。作業が終わったら、Num Lock キーをもう一度押して使用を停止してください。 参考: テンキーが使用可能になっている間は、ほかのキーやメニュー項目のキーボード ショートカット(たとえば、「終了」の x+Q など)は使用できません。 キーボードコントロールについてさらに詳しく知りたいときは キーボードコントロールとホットファンクションキーの設定について詳しく知りたい ときは、「Mac ヘルプ」(42 ページを参照)を利用します。「ヘルプ」メニューから「Mac ヘルプ」を選び、「キーボード」で検索してください。 ® テンキー� Num Lockキー�コンピュータを使用する 63 セキュリティスロットとキーボードロック 別売の盗難防止用ケーブルを取り付けると、PowerBookを盗難から守ることができます。 盗難防止用のケーブルを使うと、コンピュータを机やテーブルなどに固定できます。 また、PowerBook にはキーボードをロックする機能が付いています。キーボードをロッ クすると、利用者はコンピュータに取り付けられている部品(メモリなど)を簡単に触 れることができなくなります。 キーボードをロックする機能は、Num Lock キーの左側にある小さなプラスチックのタ ブ(Num Lock インジケータランプが付いています)に装備されています。 PowerBook のキーボードは、出荷時にはロックされていません。 キーボードをロックするときは、小型のマイナスドライバーを使ってねじを時計回りに 1/2回転させます。小さなタブによって、キーボードが外れないようになります。 参考: プラスチック製のタブを回転させるねじの片側にある切りこみで、キーボードが ロックされているかどうかを確認することができます。ねじの切り込み部分が上を向い ているときは、キーボードはロックされていません。ねじの切り込み部分が下を向いて いるときは、キーボードはロックされています。 セキュリティ用オプションについてさらに詳しく知りたいときは 「Mac ヘルプ」(42 ページを参照)には、PowerBook のソフトウェアによるセキュリティ 機能(マルチユーザパスワードやファイルの暗号化など)についての詳しい情報が記載 されています。「ヘルプ」メニューから「Mac ヘルプ」を選び、「セキュリティ」または 「マルチユーザ」で検索してください。 参考:Mac OS 9 をお使いの場合、古いコンピュータで使用されていた「パスワード保護」 コントロールパネルは、お使いの PowerBook では使用できないため、インストールされ ていません。 ® 盗難防止用のケーブルを使って� 装置を固定した場合の例� セキュリティスロット�65 4 4 オペレーティングシステムで作業する オペレーティングシステム(OS)は、お使いのコンピュータのデスクトップ環境のこと で、デスクトップ上の項目の表示やその使用方法を定義しています。各 OS によって外 観と使用感は異なります。 お使いのコンピュータには、デフォルトのオペレーションシステムとして Mac OS 9 がイ ンストールされています。初めてコンピュータを起動するときは、Mac OS 9 を使用して 起動されます。お使いのコンピュータには、Mac OS X および Classic も搭載されていま す。Classic は、Mac OS X上で Mac OS 9 アプリケーションを使用するためのテクノロジー です。 ソフトウェアアプリケーションによっては、Mac OS X または Classic 用に最適化されて いない場合があります。そうしたソフトウェアは、Mac OS 9 上で最適に動作します。 Mac OS 9 に互換性のあるアプリケーションのみを使用し、Mac OS X の新機能を使う必 要がない場合は、お使いのコンピュータをMac OS 9 を使って起動する設定のままにし ておくことができます。この章では、Mac OS Xおよび Classic の機能を紹介し、起動時 に使用する OS を切り替える方法について説明します。66 第 4 章 Mac OS X について Mac OS Xを起動すると、エレガントで新しいユーザインタフェース、および優れたグラ フィック処理能力などの最新の技術を使用できるようになり、システムの安定性やパ フォーマンスを向上させることができます。Mac OS X によってコンピュータ処理が管理 されるので、ユーザは自分の作業に集中することができます。あるソフトウェアアプリ ケーションに問題が生じても、コンピュータを再起動する必要はありません。Mac OS X は、問題のあるアプリケーションのみを終了するので、ユーザは作業を中断されること なく続行することができます。Mac OS Xの仮想メモリマネージャによって、使用してい るソフトウェアアプリケーションの実行に必要なメモリが割り当てられるように管理 されます。Mac OS X についてもっと詳しく知りたいときは、「Welcome to Mac OS X」 を参照してください。このマニュアルでは Mac OS X の機能を紹介し、Mac OS 9 のユーザ に、Mac OS 9でよく行う作業を Mac OS X で実行する方法について説明します。Mac OS X での作業中に問題が発生した場合は、このマニュアルの巻末にあるトラブルへの対処方 法のヒントを参照するか、または Mac OS X の「ヘルプ」メニューの「Mac ヘルプ」をク リックしてください。 ソフトウェアおよび Mac OS X についての情報 ソフトウェアアプリケーションの Mac OS X との互換性に関する情報については、アッ プル社の Web サイトを参照してください:guidejp.apple.com/macosx.html Mac OS X で Classic を使用する Mac OS X アプリケーションだけでなく、Classic 環境上で、Mac OS 9 アプリケーションを 使い続けることもできます。Classicは Mac OS 9 の機能とソフトウェアアプリケーションが 使用できるように、バックグラウンドで稼動します。Classicを起動すると、Mac OS 9 ソ フトウェアが Mac OS X 上で、Mac OS 9 上と同じように実行されます。ただし、Mac OS X のインタフェースなど、Mac OS X の新機能は利用できません。Mac OS 9 アプリケーショ ンを開いたり、Mac OS 9 アプリケーションで作成された書類をダブルクリックするだけ で、Classic環境で使用することができます。Classic が稼動していない場合は、自動的に 起動します。 Classicアプリケーションが開いていないときでも、Classic はバックグラウンドで稼動し ているので、Mac OS 9 アプリケーションや書類をすばやく簡単に開けます。Mac OS X に ログインしたときに、自動的に Classic が起動するようにコンピュータを設定しておくこ とができます。アップル(K)メニューから「システム環境設定 ...」を選択して、「Classic」 をクリックします。次に、「このコンピュータへのログイン時に Classic を起動」を選び ます。 重要 お使いのコンピュータにはすでに Mac OS X がインストールされているため、 「Welcome to Mac OS X」で説明されているインストールの手順を行う必要はありま せん。代わりに、Mac OS Xにログインして使用を開始するときに、「Welcome to Mac OS X」に説明されている手順に従ってください。オペレーティングシステムで作業する 67 Classic 環境を終了するには、「システム環境設定」の「Classic」パネルで「停止」をク リックします。Classicの書類に加えられた変更を保存して、Classic を終了することがで きます。 オペレーティングシステムを切り替える お使いのコンピュータは、Mac OS 9 を使用して起動するように設定されています。起 動に使用する OS として、Mac OS 9 と Mac OS X を切り替えることができます。Mac OS X を使用して起動するように設定すると、次に Mac OS 9 を使用して起動するように設定 するまでは、常に Mac OS X を使って起動します。 Mac OS X を使ってコンピュータを起動するように設定するには: 1 Mac OS 9で、アップル(K)メニューから「コントロールパネル」を選択し、「起動ディ スク」をクリックします。 2 「起動ディスク」コントロールパネルで、オペレーティングシステムが含まれているハー ドディスクをダブルクリックし、起動ディスクとして「Mac OS X」システムフォルダを 選択します。ハードディスクアイコンの左側にある三角形をクリックすると、インス トールされている「システムフォルダ」を表示できます。 コンピュータを再起動します。 参考: アップル社ではシステムソフトウェアを頻繁に更新し、新しいバージョンをリ リースしています。そのため、このマニュアルに示されている Mac OS X および Mac OS 9 オペレーティングシステムのバージョンは、実際にお使いのコンピュータにインストー ルされているものと多少異なる場合があります。 重要 お使いのコンピュータから Mac OS 9オペレーティングシステムを削除しないでく ださい。Classic環境を使用するには、Mac OS 9 をインストールしておく必要があります。68 第 4 章 Mac OS 9 を使用してコンピュータを起動するように設定するには: 1 アップル(K)メニューの「システム環境設定」を選択して、「起動ディスク」をクリッ クします。 2 起動に使用するシステムフォルダとして「Mac OS 9」フォルダを選択します。(アイコン が淡色で表示されているときは、パネルの下部にあるカギのアイコンをクリックします。 「設定アシスタント」で作成したユーザ名とパスワードを入力します。管理者としてロ グインする方法の詳細については、「Welcome to Mac OS X」を参照してください。) 3 コンピュータを再起動します。 いくつかの機能やアプリケーションソフトウェアによっては、コンピュータをMac OS 9 を使って起動する必要がある場合があります。必要に応じて、コンピュータの起動時に 使用する Mac OS を変更することができます。 困ったときは お使いの Macintosh の機能の詳細を参照するには、「ヘルプ」メニューの「Mac ヘルプ」 を選択して、下線付きの青色のテキストのいずれかをクリックします。検索フィールド に質問を入力し、キーボードの returnキーを押して、検索することもできます。69 5 5 コンピュータの内部を扱う作業 この章では、コンピュータの内部を扱う作業をする場合の情報や手順について説明し ます。 以下の作業について説明します: m 69ページの「メモリを増設する」 m 78ページの「内蔵ハードディスクを取り外す」 m 87ページの「AirMacカードを取り付ける」 メモリを増設する お使いのコンピュータには、メモリスロットが上下に 2 つ付いています。PowerBook の キーボードを取り外すことにより、メモリスロットを使用する作業をすることができ ます。お使いのコンピュータには、下部のスロットに128MB(メガバイト)の SDRAM (Synchronous Dynamic Random Access Memory)モジュールが搭載されています。上部のメモ リスロットには、以下の仕様に適合する SDRAMモジュールを搭載することができます: m SO-DIMM(Small Outline-Dual Inline Memory Module)方式 m 1.25 インチ以下 m 64 MB、128 MB、256 MB、または 512 MB m 144ピン m PC-133準拠の RAM お使いの PowerBook では、これらの仕様に適合する旧型の PowerBook の SDRAM も使用 することができます。 お使いの PowerBook に取り付けることができる RAMの最大容量は 1GB です。この場合、 上下の RAMスロットにそれぞれ 512MB のDIMM を取り付けます。 警告 アップル社では、メモリの取り付けや内蔵ハードディスクの取り外しを、アッ プル正規サービスプロバイダーにご依頼になることをお勧めします。アップル社の 連絡先などは、付属のサービスとサポートに関する資料に記載されています。ここ に記載した作業をご自分で行われる場合、装置が故障する危険性があります。ご自 分で行った作業が原因で発生した故障に対して、製品保証は適用されません。70 第 5 章 RAM を増設する 1 コンピュータのシステムを終了します。さらに、コンピュータの電源アダプタ、電話 コード、およびその他のケーブルを取り外します。 2 コンピュータを裏返し、バッテリを取り外します。 こうすることで、メモリを取り付けている間にコンピュータの電源が入らないように しておきます。 バッテリ� 留め具� 警告 PowerBook 内部の部品が熱くなっていることがあります。直前まで PowerBook を使っていた場合、電源を切ってから 30分ほど放置し、内部の部品が冷えてから作 業を始めてください。コンピュータの内部を扱う作業 71 3 キーボードロックねじがロックの位置にないことを確認します。PowerBook の出荷時に は、キーボードはロックされていません。したがって、キーボードをロックしていない 場合は、この手順は省略できます。 4 キーボード・リリースタブ(F1 キーおよび F9 キーの左側にあります)を引き下げてキー ボードの固定を解除し、キーボードの上部を持ち上げます。 ® ®72 第 5 章 5 上 1列目のキーの付近で PowerBookのキーボードの上部を少し持ち上げてからコンピュー タ背面側に引いて、キーボードの下部を固定している小さな突起を外します。 6 キーボードを裏返し、パームレストとトラックパッドの上にのせます。 7 静電気を除去するため、コンピュータ内部の金属部分に触れます。 ® ®コンピュータの内部を扱う作業 73 8 上部の RAM拡張スロットの場所を確認します。 9 RAM拡張カードを30度ほど傾けて持ちます。カードの切り欠きとRAM拡張スロット内の 小さな突起の位置を合わせます。次に、RAM拡張カードを拡張スロットに差し込みます。 カードを差し込むと多少の手ごたえを感じるかもしれません。うまく差し込めないとき は、まず片側を押し込んでからもう一方を押してみてください。 ® 上部の� RAMスロット� 下部の� RAMスロット� (搭載済み) ® RAM拡張カードを� 30˚の角度で挿入� 30 O74 第 5 章 10 RAM 拡張カードを慎重に下に押します。カード両端の切り欠きが所定の場所で固定され るまで押してください。 11 キーボードを裏返して PowerBook の開口部にのせ、キーボードの下部にある小さな突起 を PowerBook 本体の穴に差し込みます。 ® ®コンピュータの内部を扱う作業 75 12 キーボード・リリースタブ(F1 キーおよび F9 キーの左側にあります)を引き下げてか ら、キーボードの上部を下に押します。 13 キーボード・リリースタブを放し、キーボードを元の位置に固定します。 14 PowerBook を裏返してバッテリを取り付けます。 15 以前に取り付けられていた電源アダプタやその他のケーブルをすべて接続し直します。 ®76 第 5 章 コンピュータが新しいメモリを認識するかどうかを確認する PowerBook にメモリを増設した後に、新しく取り付けたメモリをコンピュータが認識す るかどうかを確認します。以下の操作を行ってください: 1 コンピュータを起動します。 2 「Mac OS」のデスクトップが表示されたら、アップル(K)メニューから「このコンピュー タについて」を選びます。 Mac OS 9 では、 Mac OS X では、 PowerBook に取り付け られているメモリの合計 PowerBook に取り付け られているメモリの合計コンピュータの内部を扱う作業 77 メモリの合計は、コンピュータに最初から取り付けられていたメモリと増設したメモリ を足したものです。コンピュータに取り付けられているメモリの容量の内訳について 詳しく知りたいときは、「Apple システム・プロフィール」を使用します。Mac OS 9 では、 アップル(K)メニューから、「Apple システム・プロフィール」を選びます。Mac OS X では、「Applications」フォルダを開いてから、「Utilities」フォルダを開き、「Apple System Profiler」をダブルクリックして開きます。 メモリが認識されないか、またはコンピュータが正常に起動しない場合は、PowerBook のシステムを終了して作業手順をもう一度確認し、取り付けたメモリに PowerBook との 互換性があるかどうか、メモリが正しく取り付けられているかどうかを確かめてくださ い。それでも問題がある場合はメモリを取り外して、コンピュータに付属のサービス とサポートに関する資料を参照し、その説明に従ってアップル社に問い合わせてくだ さい。78 第 5 章 内蔵ハードディスクを取り外す 保守やセキュリティの目的のために内蔵ハードディスクを取り外すときには、コン ピュータのシステムを終了してください。 1 コンピュータのシステムを終了します。さらに、コンピュータの電源アダプタ、電話 コード、およびその他のケーブルを取り外します。 2 テーブルの上にタオルなどの柔らかい布を敷きます。 タオルなどの布を敷くことで、PowerBook をひっくり返して置いたときに、キーボード やディスプレイを保護します。PowerBook を置く面積よりも広くなるように布を敷き、 テーブルの縁まで覆うようにしてください。 3 ディスプレイを開き、PowerBook を慎重にひっくり返してテーブルの端のほうに置きま す。ディスプレイ側ではなく、キーボード側をテーブルの上に置くようにしてください。 柔らかい布� ディスプレイの上端を� 腿の上にのせる� 重要 上図の角度よりも大きくディスプレイを開かないようにしてください。コンピュータの内部を扱う作業 79 4 留め具を左にずらしてバッテリを取り外します。バッテリの留め具は完全に右側に戻し ておいてください。 5 T-8 のトルクスドライバーを使って、PowerBook のケース下部を固定している 8つのねじ を、図に示した順番で取り外します。 警告 PowerBook 内部の部品が熱くなっていることがあります。直前まで PowerBook を 使っていた場合、電源を切ってから 30 分ほど放置し、内部の部品が冷えてから作業を 始めてください。 7 8 5 2 3 4 1 680 第 5 章 6 ケースの下部を注意しながら前方にずらします。 7 ケース下部を、図のように手前側から開くようにして外します。 8 静電気を除去するため、コンピュータ内部の金属部分に触れます。 重要 ケース下部を無理に取り外さないでください。ケース下部は前方に完全にずらし てから、持ち上げてください。ケース下部を開くときに、まだひっかかりがある場合 は、もう一度ケース下部が完全に前方にずらしてあることを確認してから、光学式ドラ イブスロット側を取り外すようにしてください。コンピュータの内部を扱う作業 81 9 ロジックボードからコネクタケーブルを外します。 10 T-8 のトルクスドライバーを使って、ハードディスクのキャリアを取り付けブラケット に固定している 2 つのねじを取り外してから、慎重にハードディスクを取り外します。 コネクタケーブル� ねじ�82 第 5 章 ハードディスクとケース下部を交換する ハードディスクを取り外すには、以下の操作を行います。 1 ハードディスクの取り付けブラケットの上部から、ねじを取り外します。 2 取り付けブラケットを持ち上げて、慎重に最初のバッテリベイタブの左側に曲げます。 取り付けブラケットはその位置で、タブによって固定されます。 取り付け� ブラケット� バッテリベイ� タブ� ねじ� 警告 ブラケットは、バッテリベイタブをちょうど越える分だけ持ち上げてくださ い。ブラケットをタブより高く持ち上げた場合、ブラケットが破損する可能性があ ります。ご自分で行った作業が原因で発生した破損に対して、製品保証は適用され ません。コンピュータの内部を扱う作業 83 3 2つのゴム製ストッパーに 2 つのねじをセットし、ドライブの左側に取り付けます。次 に、ドライブの底と左右の面がマイラーの外装でしっかりと覆われているかどうかを確 認します。 4 まずドライブの右側をセットし、次にドライブの左側をセットします。ドライブキャリ アのくぼみを利用して、ドライブをブラケットにぴったりセットします。 ねじ� マイラーの外装� ゴム製ストッパー�84 第 5 章 5 バッテリベイのタブから取り付けブラケットを持ち上げて、元の位置に戻します。きつ く締めすぎないように注意して、取り付けブラケットの上部のねじを締め直します。 6 ハードディスクのコネクタケーブルをロジックボードに接続します。 ねじ� 取り付けブラケット� コネクタケーブル�コンピュータの内部を扱う作業 85 7 ケース下部をコンピュータに取り付け、8つのねじを図に示した順番で取り付けます。 ケースの左右の端にある切り欠きの位置を合わせます。ケースは軽く押してはめてくだ さい。ケース下部と本体のフレームの合わせ目に隙間がないようにしてください。外側 の合わせ目とバッテリベイ内の合わせ目を確認してください。8 つのねじ穴の位置を確 認して、ケースの下部が正しい位置にあるかどうかを確かめてください。 8 バッテリを取り付けてから、コンピュータの上面が上になるように戻します。 2 1 7 6 4 5 8 386 第 5 章 9 光学式ドライブのスロットを見て、ケースが正しくはまっていることを確認します。 光学式ドライブのスロットの下に隙間がある場合は、光学式ドライブのスロットの下側 を慎重に手前に引いて、ケース下部に光学式ドライブを正しくはめ込み、隙間をなくし てください。 10 以前に取り付けられていた電源アダプタやその他のケーブルをすべて接続し直します。 ® 光学式ドライブの� スロット�コンピュータの内部を扱う作業 87 AirMac カードを取り付ける お使いのコンピュータに AirMacカードがインストールされていない場合は、アップル正 規販売代理店または www.apple.com/japanstoreにある「AppleStore」で購入して、ご自分で 取り付けるか、またはアップル正規サービスプロバイダーに取り付けを依頼することが できます。 お使いの PowerBook に AirMac カードを取り付けるには、コンピュータの背面を取り外す 必要があります。前のセクションの 78 ページの「内蔵ハードディスクを取り外す」の 手順に従って操作を行った後に、以下の操作を行います: 1 AirMac カードに AirMac アダプタがついている場合は、金属製のクリップを取り外して、ア ダプタから AirMac カードを引き抜きます。(アダプタと金属製のクリップは、PowerBook では使用しません。) 2 静電気を除去するため、コンピュータ内部の金属部分に触れます。 3 AirMac アンテナをホルダから取り外します。 4 AirMac カードを、AirMac ID 番号とバーコードが見える状態で、コネクタに差し込みます。 AirMac� アンテナ�88 第 5 章 カードがコネクタにしっかりと固定されるよう、カードを最後まで差し込んでください。 5 AirMac カードをアンテナケーブルの端に取り付けます。 カードを差し込む前に、アンテナケーブルの先端にあるコネクタがまっすぐになってい ることを確かめてください。カードを取り付けたら、アンテナケーブルの先端が、下の 図のように小さなクリップで固定されていることを確かめてください。 6 AirMac カードの上にあるプラスチックのつまみを折りたたみます。 ケースの下部をコンピュータに取り付けます。前のセクション「内蔵ハードディスクを 取り外す」の 85 ページから記述されている手順に従って操作を行ってください。 AirMacカード� アンテナのクリップ� 重要 プラスチックのつまみは、カードの上になっていなければなりません。プラス チックのつまみが折りたたまれていないと、ケースの下部をコンピュータにしっかり と取り付けることができません。89 6 6 トラブルへの対処方法 PowerBook で作業をしているときに問題が起きることがあります。通常、これらの原因 は、お使いのソフトウェアが適切に設定されていないか、またはコンピュータにインス トールされた Mac OS(システムソフトウェア)のバージョンと互換性がないアプリケー ションまたはソフトウェア機能拡張ファイルを使用していることにあります。また、場 合によっては、Mac OS に問題が起きたり(通常は、コンピュータのシステムソフトウェ アを再インストールしたり、ソフトウェアをアップデートしたりすれば問題を解決でき ます)、メモリやハードディスクなど、コンピュータのハードウェアに問題が起きたり することがあります。 お使いのコンピュータで起きる問題のほとんどは、簡単にすばやく解決できる方法が あることを覚えておいてください。問題が起きたときは、その問題を引き起こした状 況に注目してください。問題が起きる前にしていたことを書き留めておけば、問題の 原因を特定し、必要な答えを見つけるときに役に立ちます。以下のようなことを書き 留めてください。 m 問題が起きたときに使用していたアプリケーション(特定のアプリケーションにだ け問題が起きる場合は、そのアプリケーションがコンピュータにインストールされ ているバージョンの Mac OS と互換性がない可能性があります。) m 最近インストールしたソフトウェア。特に、「システムフォルダ」に項目を追加した ソフトウェア(アプリケーションがインストールした機能拡張ファイルが、コン ピュータにインストールされているバージョンの Mac OSと互換性がない可能性があ ります。) m 新しく取り付けたハードウェア(たとえば、増設したメモリや周辺機器など) この章の内容 この章には、システムが操作不能になる場合や、コンピュータが起動しない場合など、 コンピュータでの作業を妨げる問題に対処する方法が記載されています。トラブルへ の対処方法についてさらに詳しく知りたいときは、「Mac ヘルプ」(42 ページを参照)や アップル社のサポート情報の Webサイトを参照してください: www.apple.co.jp/support/90 第 6 章 コンピュータの使用を妨げるトラブル コンピュータが反応しないときやポインタが動かないときは m コマンド(x)キーとピリオドキーを同時に押し、ダイアログが表示されたら「中止」 をクリックします。 m 上記の方法がうまくいかないときは、Optionキーとコマンド(x)キーを押したまま Esc キーを押します。ダイアログが表示されたら、「強制終了」をクリックします。次 に、開いているアプリケーションすべての作業を保存し、問題を完全に解消するた めにコンピュータを再起動します。 m アプリケーションを強制的に終了できなかった場合は、パワーボタン(®)を数秒間 押して、システムを終了します。 m 上記の方法でもコンピュータが反応しない場合は、キーボードのコマンド(x)キー と Control キー、およびパワーボタン(®)を同時に押して、コンピュータを再起動 します。 m 上記の方法がうまくいかないときは、コンピュータの背面パネルにあるリセットボ タン(20 ページを参照)の位置を確認します。クリップの先でボタンを慎重に押し てください。すぐにボタンを離したら、コンピュータのパワーボタン(®)を押し て、コンピュータを再起動します。 リセットボタンを押した場合は、「日付 & 時刻」コントロールパネル(Mac OS 9の場合) または「システム環境設定」の「日付と時刻」パネル(Mac OS X の場合)で、日付と時 刻を設定し直す必要があります。 頻繁にトラブルが起きる場合は、「ヘルプ」メニューから「Mac ヘルプ」を選んでくださ い。トラブルの予防方法や解決方法が記載されているセクションを参照してください。 機能拡張ファイルが衝突していないか調べたり、システムソフトウェアを再インストー ルしたりする必要がある場合があります。特定のプログラムを使用したときだけ問題 が起きる場合は、そのプログラムのメーカーに連絡して、お使いのコンピュータと互換 性があるかどうかを確認してください。 起動中にコンピュータの画面が動かなくなったり、?マークが点滅するときは m Mac OS 9 では、shift キーを押したままコンピュータを起動し、システムの機能拡 張ファイルの使用を停止します。 Mac OS Xでは、システムの機能拡張ファイルを使用しません。Classic の機能拡張ファイ ルの使用を停止するときは、次の操作を行います: m Mac OS X では、「システム環境設定」を開き、「Classic」パネルの「詳細設定」タブ のポップアップメニューから「機能拡張を使用停止」を選択します。「Classic を再起 動」をクリックします。 m 上記の方法がうまくいかないときは、Mac OS 9 または Mac OS X のシステムソフト ウェアのCD をセットして、C キーを押したまま PowerBookを起動します。(Caps Lock キーが押されていないことを確かめてください。)トラブルへの対処方法 91 コンピュータが起動した後、「ヘルプ」メニューから「Mac ヘルプ」を選んでください。 トラブルの予防方法や解決方法が記載されているセクションを参照してください。機能 拡張ファイルが衝突していないか調べたり、システムソフトウェアを再インストールし たりする必要がある場合があります。 システムソフトウェアのCD を使用しないとPowerBook を起動できない場合は、コン ピュータのシステムソフトウェアを再インストールする必要があります。手順につい ては、「Mac ヘルプ」を参照するか、ソフトウェアインストールプログラムやリストア プログラムを開いて、画面の指示に従ってください。 コンピュータの電源が入らないときや、起動しないときは m 電源アダプタがコンピュータに接続され、正常に機能している電源コンセントに接 続されていることを確かめます。 m バッテリの充電が必要な可能性があります。バッテリの小さなボタンを押してくだ さい(55ページを参照)。バッテリの充電レベルに応じて 2個から 4 個のランプが光 るはずです。 m 上記の方法がうまくいかないときは、コンピュータの背面パネルにあるリセットボ タン(20 ページを参照)の位置を確認します。クリップの先でボタンを慎重に押し てください。このとき、ボタンを押したままにしないで、すぐに離してください。 m リセットボタンを押した場合は、「日付 &時刻」コントロールパネル(Mac OS 9 の場 合)または「システム環境設定」の「日付と時刻」パネル(Mac OS Xの場合)で、日 付と時刻を設定し直す必要があります。 m 上記の方法がうまくいかないときは、パワーボタン(®)を押して、すぐにコマンド (x)キー、Option キー、P キー、Rキーを同時に押します。起動音が 2 回鳴るまで押 し続けてください。 m 最近、メモリを増設した場合は、適切に取り付けられていることと、お使いのコン ピュータと互換性があることを確認します。メモリや装置を取り外して、コンピュー タが起動するかどうかを確認してください。 m 以上の方法でもコンピュータを起動できないときは、PowerBook に付属のサービス とサポートに関する資料を参照して、修理についてアップル社に問い合わせてくだ さい。92 第 6 章 コンピュータのソフトウェアを復元する Apple Software Restore を使用すると、ハードディスクの内容やパーティションを完全に 消去してから、元の内容(たとえば、元のシステムソフトウェア、工場出荷時設定、プ リインストールアプリケーションなど)を復元することができます。 コンピュータのソフトウェアを復元する必要がある場合、そのコンピュータに付属の Apple Software Restore CD を使用してソフトウェアを復元してください。作業を始める前 に、可能であれば、必要なソフトウェアとファイルのバックアップを作成しておいてく ださい。 参考: ハードディスクの内容を消去したくない場合、お使いのコンピュータに付属の ソフトウェアのインストール CD またはアプリケーション CD を使用して、システムソ フトウェアや特定のアプリケーションだけを再インストールすることもできます。Mac OS 9 および Mac OS X のインストール方法については、「Welcome to Mac OS X」を参 照してください。 1 お使いのコンピュータに付属の Apple Software Restore CD がすべて揃っていることを確認 します。 2 Software Restore CD 1 をドライブにセットします。 3 Cキーを押したままコンピュータを起動して、コンピュータを CD から起動します。 4 画面に表示される指示に従って操作します。 Mac OS 9 の場合には、「設定アシスタント」が開いて、コンピュータの設定を行うこと ができます。Mac OS Xの場合には、Mac OS X を使用してコンピュータを初めて起動した ときに、「設定アシスタント」が開いて、Mac OS X の設定を行うことができます。トラブルへの対処方法 93 その他のトラブル ソフトウェアプログラムに問題があるときは m アップル社以外のメーカーのソフトウェアで起きる問題については、そのソフト ウェアのメーカーに問い合わせてください。ソフトウェアメーカーが、Web サイト でソフトウェアのアップデートを提供していることがあります。「ソフトウェアアッ プデート」コントロールパネル(Mac OS 9 の場合)または「システム環境設定」の 「ソフトウェアアップデート」パネル(Mac OS Xの場合)を使うと、自動的にアップ ル社の最新ソフトウェアを調べてインストールするように PowerBook を設定できま す。さらに詳しく知りたいときは、「ヘルプ」メニューから「Mac ヘルプ」を選び、 「ソフトウェアアップデート」で検索してください。 インターネット接続に問題があるときは m 電話回線やネットワークケーブルが正しく接続されていることと、正しく動作する ことを確かめます。 m インターネットにダイヤルアップで接続している場合は、電話コードがモデムの ポート(W アイコンが付いています)に接続されており、Ethernet ポート(Gアイ コンが付いています)に接続されていないことを確かめます。 m 「ヘルプ」メニューから「Mac ヘルプ」を選びます。インターネット接続の設定方法 や、インターネットサービスプロバイダへの問い合わせ先を知る方法(「セットアッ プ・アシスタント」でインターネットアカウントを取得した場合)が記載されてい ます。 コンピュータを使用しているときや Mac OS を操作しているときに 問題が起きるときは m 疑問に対する回答がこのマニュアルに記載されていない場合は、「Macヘルプ」で操 作手順やトラブルへの対処方法を調べてください。 m アップル社のサポート情報のWebサイトでは、トラブルへの対処方法やソフトウェア のアップデートに関する最新情報を参照できます: www.apple.co.jp/support コンピュータのハードウェアに問題があるときは m Apple Hardware Test CD を使用して、メモリやプロセッサなど、お使いのコンピュータ のコンポーネントに問題がないかを検証することができます。 製品のシリアル番号を確認する PowerBook のシリアル番号は、バッテリベイの内側に記載されています。バッテリの取 り外し方については、55 ページの「バッテリを取り外す/交換する」を参照してくだ さい。95 付 録 A A 技術仕様 このセクションには製品の基本的な仕様が記載されています。詳しい情報はハードディ スクの「Appleシステム・プロフィール」およびアップル社の Web サイトを使って参照で きます:www.apple.co.jp/powerbookおよび www.apple.co.jp/support Apple システム・プロフィール 「Apple システム・プロフィール」を使って、内蔵メモリ量、ハードディスク容量、取り 付けられた装置、および製品のシリアル番号など、お使いの PowerBook の詳しい情報を 確認できます。 「Apple システム・プロフィール」の情報を表示するには: m Mac OS 9 では、アップル(K)メニューから、「Apple システム・プロフィール」を選 択します。 m Mac OS X では、「Applications」フォルダ内の「Utilities」フォルダにある、「Apple System Profiler」を開きます。 別のカテゴリーの情報の 表示/非表示を切り替えるには、 ウインドウ内の三角形を クリックします。96 付録 A PowerBook の仕様 プロセッサ、メモリ、ハードディスク m プロセッサ: 550 MHz(メガヘルツ)以上の PowerPC G4プロセッサ m メモリ: 最低 128 MB(メガバイト)、最大 1 GB(ギガバイト) m ハードディスク: 最低 20 GB(ギガバイト) ビデオメモリおよびグラフィックス m ビデオメモリ: 16 MB DDR SDRAM m グラフィックスコントローラ: ATI Mobility Radeon モデム m モデム規格: K56flex およびV.90 m モデム速度: 56 Kbps(キロビット/秒) 参考:ダウンロード速度は、回線の状態やご利用のインターネットサービスプロバ イダ(ISP)のモデムの性能によって異なります。 AirMac カード m ワイヤレスデータ転送速度: 最大 11 Mbps(メガビット/秒) m 到達範囲: 屋内での通常利用時最大 45 m(建物の構造によって異なります) m 周波数帯: 2.4 GHz(ギガヘルツ) 電源アダプタ m 入力: AC 100 ~ 240 V(ボルト)、50/60 Hz(ヘルツ) m 出力: DC 24 V、1.875 A(アンペア) バッテリ m 出力: DC 14.4 V m 容量: 3840 mAh(ミリアンペア/時)技術仕様 97 外部モニタ表示(拡張デスクトップモード、またはビデオミラーリングモードのとき) PowerBook G4 のディスプレイが解像度 1152×768 で約 1,670 万色表示に設定されている 状態で、外部 VGA モニタは以下の解像度に対応しています。 m 最大約 1,670 万色で表示できる解像度: 640×480、640×870、800×600、832×624、 1024×768、1152×870、1280×960、1280 ×1024、1600×1200 m 最大約 32,000色で表示できる解像度: 1280×960、1280×1024、1600×1200、 1792×1344、1856 ×1392、1920 ×1440 ビデオミラーリングモード時に 1152×768を超える解像度を選択した場合、内蔵ディス プレイの解像度 1152×768に一致するように外部モニタ上の画像が小さくなります(画 面全体よりも狭い範囲が使用されます)。 外部モニタ表示(内蔵ディスプレイを閉じた状態のとき) PowerBook G4 のディスプレイを閉じた状態では、外部 VGA モニタは以下の解像度に対 応しています。 m 最大約 1,670 万色で表示できる解像度: 640×480、800×600、1024×768、1152×870、 1280×960、1280×1024、1600×1200、1792×1344、1856×1392、1920 ×1440 m 最大約 32,000色で表示できる解像度: 1792×1344、1856×1392、1920 ×1440 S ビデオまたはコンポジットビデオを使ったテレビ(NTSC)への出力 外部の NTSC ビデオ装置またはテレビは以下の解像度に対応しています。 m 最大約 1,670 万色で表示できる解像度: 640×480、720×480(NTSC のみ)、 800×600、832×624、1024×768(60 Hz)98 付録 A S ビデオまたはコンポジットビデオを使ったテレビ(PAL)への出力 外部の PAL ビデオ装置またはテレビは以下の解像度をサポート m 最大約1,670万色で表示できる解像度: 640×480、720×576、800×600、832×624、 1024×768(50 Hz) 参考:外部モニタやテレビで DVD ムービーを表示する場合、ディスプレイでの表示 に利用できるビデオメモリの量が減少します。高い解像度では、表示できる色数が少 なくなることもあります。 外形寸法と重量 m 高さ: 26 mm(1.0 インチ) m 幅: 341 mm(13.4 インチ) m 奥行き: 241 mm(9.5 インチ) m 重量: 2.4 kg(5.3 ポンド) 参考: 重量は、構成や製造の過程によって異なります。 動作環境 m 動作時温度: 10˚C ~ 35˚C(50˚F ~ 95˚F) m 保管時温度: –25˚C ~ 60˚C(–13˚F ~ 140˚F) m 高度: 最大 3048 m(10,000 フィート) m 搬送時高度: 最大 10668 m(35,000 フィート) m 相対湿度: 20%~ 80%(結露しないこと)99 付 録 B B 保守、使用、安全性についての情報 PowerBook を清掃する コンピュータや装置の外面を清掃するときは、以下の注意事項を守ってください。 m コンピュータの外面を清掃するときは、柔らかく、けば立たない布に少量の水を付 けて使用してください。清掃の際には装置に水などが入り込まないように注意して ください。 m スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤などは使わないでください。 PowerBook のディスプレイを清掃する PowerBook の画面は、以下の手順で清掃してください。 m お使いの PowerBook をシステム終了します。 m 柔らかくけば立たない布や紙を軽く湿らせてから画面を清掃します。画面に液体を 直接吹きかけないでください。 PowerBook を持ち運ぶ PowerBook をバッグまたはブリーフケースに入れて持ち運ぶときには、小物(クリップ やコインなど)を一緒に入れないようにしてください。DVD ドライブのスロットから コンピュータ内部に入ってしまうおそれがあります。 PowerBook を保管する 長期間 PowerBook を保管するときは、PowerBook のバッテリの電力が完全に消耗してし まうのを防ぐため、次のいずれかの操作をしてください。 m 電源アダプタを接続したままにします。 m コンピュータを保管する前に、PowerBook のバッテリを完全に充電します。 m コンピュータを保管するときは(コンピュータを 5 カ月以上保管する場合は特に重 要です)、PowerBookのバッテリを完全に充電してから取り外します。100 付録 B コンピュータを安全に設置、使用するために 電源アダプタを接続する 電源アダプタの周りには常に空間を設けるようにしてください。電源アダプタの周囲 の通気が悪くなる場所で、本製品を使用しないでください。メモリの増設やハードディ スクの取り外しなど、コンピュータのケースを開いて作業するときは、事前に電源アダ プタとバッテリを取り外しておく必要があります。 電話回線を内蔵モデムに接続する メモリの増設やハードディスクの取り外しなど、コンピュータのケースを開いて作業す るときは、事前に電話コードを取り外しておく必要があります。 PowerBook を使用する PowerBook の使用時やバッテリの充電時には本体の底面がやや熱を持ちますが、これは 異常ではありません。PowerBook の底面には、コンピュータ内部の熱を外部の冷たい空 気と入れ換える機能があります。換気によって本体内部の温度を通常の動作時温度の 範囲内に保つため、本体の底面は少し高くなっています。 警告 電源アダプタは、お求めの PowerBook コンピュータに付属しているものだけを 使用してください。ほかの電気製品(PowerBook の他機種やその他のポータブルコン ピュータも含む)用の電源アダプタは、外見が似ていても使用できません。不適切 な電源アダプタを使用するとコンピュータが故障する可能性があります。また、付 属の電源アダプタにアース線が付いている場合、安全のため、必ず電源アダプタを アース端子の付いたコンセントに接続してください。適切なコンセントがない場合 は、電器店にご相談ください。アース線は、必ず接続してください。 警告 モデムは、デジタル方式の電話回線(ISDNなど)には接続しないでください。 不適切な回線に接続すると、モデムが故障するおそれがあります。 警告 PowerBook の使用時にはクッションその他の柔らかい素材の上には置かないで ください。そのような場所に置くと、素材によって空気が流れる出口が塞がれてし まい、コンピュータが過熱する原因となります。 警告 内部や外部の部品をすべて所定の位置に取り付けるまでは、絶対にコンピュー タの電源を入れないでください。コンピュータを開いているときや、一部の部品が 取り外されているときに、コンピュータを動作させると大変危険です。コンピュー タが壊れる可能性もあります。保守、使用、安全性についての情報 101 一般的な安全上の注意 コンピュータをお使いになる方の安全と装置の故障防止のため、常に以下の点にご注意 ください。 次のようなときは、電源コードを抜き(コードではなく、必ずプラグを持って抜いてく ださい)、メインバッテリを取り外してから、電話コードを取り外してください。 m 部品を取り外したいとき(キーボードを開いている間は、コードを抜いたままにし てください) m 電源コードやプラグがすり切れているときや壊れているとき m 装置の中に液体が流れ込んだとき m 装置が雨や過度の湿気にさらされたとき m 装置を落としたときや、装置の外面が壊れたとき m 保守サービスや修理が必要だと思われるとき m 装置の外面を清掃したいとき(前述の方法以外では清掃しないでください) 常に以下の注意事項をお守りください。 m 飲み物、洗面台、浴槽、シャワーなど、水のある場所のそばにはコンピュータを近 付けないでください。 m 雨や雪が入り込む場所や、湿度が極端に高い場所にはコンピュータを近付けないで ください。 m 電源コードをコンセントに差し込む前に、設置手順の解説をよくお読みください。 m コンピュータをお使いになる方が、いつでもこれらの注意事項を参照できるように しておいてください。 m お使いのシステムに関する指示や警告には、必ず従ってください。 重要 電源を完全に切るためには、電源コードをコンセントから抜き、電話コードを取 り外してから、バッテリを取り外す必要があります。必要なときにコンピュータの電源 を切れるようにするため、コンピュータは、電源コードのどちらか一端にすぐに手が届 く場所に設置してください。 警告 電気製品は、取り扱いを誤ると大変危険です。本製品に限らず、お子様が電気 製品をお使いになるときは、そばで大人の方が監視、指導してあげてください。ま た、電気製品の内部やケーブル、コード類にはお子様が手を触れないようにご注意 ください。 警告 本製品の本体ケースの穴やすきまなどに、ものを差し込まないでください。そ のようなことをすると、大変危険です。また、火災や感電につながる可能性もあり ます。102 付録 B 人間工学 キーボードとトラックパッド キーボードやトラックパッドを使うときは、肩に力を入れすぎないようにしてくださ い。上腕と前腕の角度は、直角よりも少し大きくなるようにします。また、手首と手の ひらは、ほぼ一直線になるようにしてください。 入力するときや、トラックパッドを使うときは、力を入れすぎないようにしましょう。 手や指をリラックスさせてください。親指を手のひらの下に入れないように注意して ください。 頻繁に手の位置を変えると、疲労を防止できます。休みなしで集中して作業すると、手 や手首、腕などの不快感が増す場合があります。手や手首、腕などの痛みや不快感が慢 性的になってきたら、専門医に相談しましょう。 イス イスは、調節機構つきで、快適で安定感のあるものが理想的です。イスの高さは、座っ たときに太ももがほぼ水平になるように調節しましょう。このとき、足の裏全体が床に 着くようにしてください。イスは、背もたれが腰の部分を支えるように調節しましょ う。使っているイスの説明書などを参照して、背もたれを自分の身体に合わせて調節 してください。 キーボードを操作するときにひじを直角に保つためには、イスの高さを調節する必要が あるかもしれません。イスを高くしたことで、足の裏全体が床に着かなくなったとき は、足は台のようなものに載せてもかまいません。足を台に載せる代わりに、机を低く する方法もあります。また、机よりもやや低い位置にキーボード専用の台が付いている 机を利用する方法もあります。 よい例� 悪い例� よい例� 悪い例�保守、使用、安全性についての情報 103 外付けマウス 外付けマウスを使うときは、マウスをキーボードと同じ高さに置いてください。また、 マウスはすぐに手が届く場所に置いてください。 内蔵ディスプレイ ディスプレイの角度を調節して、窓の明かりや照明などが反射しないようにしてくだ さい。 コンピュータをある場所から他の場所へ動かすと、照明の状態が変わることがありま す。そのような場合は、画面の輝度を調節することができます。 さらに詳しく知りたいときは 次の Web サイトを参照してください(内容は英語です):www.apple.com/about/ergonomics104 通信情報機器、電話、モデムに関する規制 通信情報機器、電話、モデムに関する規制 本製品に関する情報処理装置等電波障害自主規制(VCCI)、ラジオやテレビの受信障害、電話やモデムの情報に ついては、ハードディスクの「書類」フォルダにある「通信情報機器に関する規制」フォルダのファイルを参照 してください。 レーザーに関する情報 レーザーを格納しているキャビネットを分解しないでください。この製品で使用されているレーザービームは視覚に 対して有害です。拡大レンズのような光学機器をこの製品と使用すると、視覚に害を与える危険性が高まります。安全 のために、この装置の修理、点検はアップル正規サービスプロバイダーにのみ依頼してください。 専門の技術者以外は触れるべきでない部分には以下のような警告ラベルが貼られています。ラベルのデザインは 実際のものとは少し異なることがあります。 レーザー仕様 レーザーピックアップ部(CD読み取り時) m タイプ: 半導体レーザー(GaAlAs) m 波長: 790 nm(ナノメータ) m レンズからの出力: 3.3mW(ミリワット) m ビーム拡散: 12°(水平)、35°(垂直) レーザーピックアップ部(DVD読み取り時) m タイプ: 半導体レーザー(GaAs) m 波長: 658 nm m レンズからの出力: 6 mW m ビーム拡散: 8.5°(水平)、27°(垂直) 危険性の高い行為に関する警告 このコンピュータシステムを原子力施設、航空操舵システム、航空通信システム、航空管制システムで使用する ことはできません。また、コンピュータのハードウェアやソフトウェアの障害が、死傷、身体への傷害、深刻な 環境破壊につながるおそれのあるその他のいかなる環境下でも使用することはできません。 ENERGY STAR® アップル社は ENERGY STAR® に参加しており、Mac OS 9 オペレーティングシステムを使用する場合の標準的な構 成の本製品は ENERGY STAR® の省エネルギーに関するガイドラインに準拠しています。 米国環境保護局の ENERGY STAR®プログラムは、OA 機器メーカーによる省エネルギーを推進する計画です。エネルギーの浪費をな くし、資源の消費を抑えることは、経費の削減と環境保全につながります。 警告 お求めの装置に付属する説明書に指定された方法以外による調整あるいは操作は、危険な被曝を引き起こ す可能性があります。 警告ラベル Xsan 移行ガイド Xsan 1.0 から Xsan 1.1 へのアップグレード 手順が記載されていますK Apple Computer, Inc. © 2005 Apple Computer, Inc. All rights reserved. 著作権法に基づき、本書の全部あるいは一部を、Apple Computer, Inc. から書面による承諾を得ることなく複製 することはできません。 Apple ロゴは、米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc. の商標です。キーボードから入力可能な Apple ロゴについても、これを Apple Computer, Inc. か らの書面による事前の承諾なしに商業的な目的で使用す ると、連邦および州の商標法および不正競争防止法違反 となる場合があります。 本書には正確な情報を記載するように努めました。ただ し、誤植や制作上の誤記がないことを保証するものでは ありません。 Apple 1 Infinite Loop Cupertino CA 95014-2084 U.S.A. www.apple.com アップルコンピュータ株式会社 〒 163-1480 東京都新宿区西新宿 3丁目 20 番 2 号 東京オペラシティタワー www.apple.com/jp Apple、Apple ロゴ、Final Cut Pro、Mac、Macintosh、 Mac ロゴ、Mac OS、および Pantherは、米国その他の 国で登録された Apple Computer, Inc.の商標です。 Finder および Tiger は、Apple Computer, Inc. の商標 です。 StorNext および ADICは、Advanced Digital Information Corporation の登録商標です。 本書に記載されているその他の会社名および製品名は、 それぞれの会社の商標です。他社製品に関する記載は、 情報の提供のみを目的としたものであり、保証または推 奨するものではありません。Apple Computer, Inc.は他 社製品の性能または使用につきましては一切の責任を負 いません。 本書で解説している製品には、著作権保護技術が組み込 まれています。この著作権保護技術は、Macrovision Corporation、およびその他の権利者が所有する米国特 許およびその他の知的所有権の方法クレームにより保護 されています。この著作権保護技術の使用については、 Macrovision Corporationの許諾が必要であり、特に同 社の許諾のない限りは一般家庭およびその他の制限され た閲覧用途でのみ使用できます。リバースエンジニアリ ングおよび分解は禁止されています。 米国特許出願番号 4,631,603、4,577,216、4,819,098、お よび 4,907,093は、制限された閲覧用途でのみ許諾され ます。 J019-0403/06-03-05 3 1 目次 序章 5 このガイドについて 5 表記規則 第 1 章 7 アップグレードに関する一般情報 7 Mac OS Xと Mac OS X Server 7 中断せずに移行する 8 アップグレード時にボリュームの可用性が重要ではない場合 8 プライマリコントローラとスタンバイコントローラについて 8 フェイルオーバーを制御する 9 スタンバイコントローラが存在しない場合 9 クライアントをスタンバイコントローラに昇格させる 9 アップデートの入手方法 10 バージョンの互換性 第 2 章 11 Mac OS X v10.3.9 “Panther” で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする 11 手順の概要 第 3 章 17 Mac OS X v10.4 “Tiger”で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする 17 まず第一に、Mac OS X v10.3.9 で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする必要があります 17 Xsan 1.1へのアップデートは 2回行う必要があります 18 手順の概要 5 序章 このガイドについて このガイドでは、Xsan 1.1にアップグレードする方法を説明します。 このガイドの手順に従って、Xsan ファイルシステムを、Mac OS Xまたは Mac OS X Server のバー ジョン 10.3 で稼働する Xsan 1.0 から、Mac OS X または Mac OS X Serverのバージョン 10.3.9 “Panther” またはバージョン 10.4 “Tiger”で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードします。 アップグレードに関する一般的な情報については、第 1 章を参照してください。 Xsan 1.0 を Mac OS X または Mac OS X Server のバージョン 10.3 で稼働する Xsan 1.1 にアップグ レードする方法については、第 2 章を参照してください。 Xsan 1.0 を Mac OS X または Mac OS X Server のバージョン 10.4 で稼働する Xsan 1.1 にアップグ レードする方法については、第 3 章を参照してください。 表記規則 このガイドでは、シェルコマンドやその他のコマンドラインユーティリティについて説明する場合 に、以下の規則が使用されます。 表記 意味 等幅フォント コマンド、または「ターミナル」で使用されるほかのテキスト $ シェルプロンプト [角かっこ内のテキスト ] オプションパラメータ (一方 |他方 ) 代替パラメータ(どちらか一方を入力します) 下線 値を指定する必要のあるパラメータ [...] 繰り返される可能性のあるパラメータ <山かっこ > SANの設定に応じて表示される値1 7 1 アップグレードに関する一般情報 この章では、Xsan SAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)をアッ プグレードする前に留意する必要のある一般的な情報について説明 します。 Mac OS Xと Mac OS X Server Xsan ファイルシステム、「Xsan Admin」アプリケーション、および「Xsan User Quotas」アプリ ケーションは、Mac OS X でも Mac OS X Server でもまったく同様に機能します。このガイドで Mac OS Xに関して説明している内容は、すべて Mac OS X Server にも当てはまります。 中断せずに移行する このガイドでは、Xsanボリュームの可用性を妨げることなくアップグレードする方法を説明します。 説明に沿って手順を実行すると、アップグレード中も、クライアントおよびアプリケーションは SAN ボリュームにアクセスできます。 このように可用性を維持できるのは、最初のメタデータコントローラが応答しない場合に、Xsan ソ フトウェアがボリュームの制御を別のメタデータコントローラに切り替えることができるためで す。この処理は「フェイルオーバー」と呼ばれます。この処理を実行するには、SAN 内に複数のメ タデータコントローラが存在する必要があります。 参考:SAN 内に 2 台のコントローラが存在する場合でも、アップグレード中のコントローラが再起 動する間は、短時間ですがSAN で動作中のコントローラが 1台だけになります。短時間であっても この一点で障害が発生する危険を避けたい場合は、第 3 のコントローラを一時的に SAN に追加する 必要があります。これを実行するには、適切なクライアントコンピュータをコントローラの役割に 一時的に昇格させます。詳しくは、9 ページの「クライアントをスタンバイコントローラに昇格させ る」を参照してください。8 第1章 アップグレードに関する一般情報 アップグレード時にボリュームの可用性が重要ではない場合 アップグレード中に SAN ボリュームを使用できなくてもかまわない場合は、ソフトウェアのアップ グレードを行う場合と同様に、ボリュームを停止してから、コントローラのフェイルオーバーに依 存することなくアップグレードを実行できます。ただし、Mac OS XまたはMac OS X Serverの v10.4 にアップグレードする場合は、クリーンインストールではなく、必ずアップグレードインストール を選択してください。そうでないと、ボリュームおよび SANの設定ファイルが失われます。 プライマリコントローラとスタンバイコントローラについて 各 Xsanボリュームは、メタデータコントローラにより管理されます。これは、ボリュームの「プラ イマリコントローラ」と呼ばれます。ボリュームの可用性を保証し、データ損失から保護するため、 通常はその他に 1 台以上のコンピュータを設定します。これは「スタンバイコントローラ」と呼ば れ、バックアップとして機能します。ボリュームのプライマリコントローラまたはその上で動作す るファイル・システム・プロセスが応答しなくなった場合は、コントローラのフェイルオーバーが 実行される間、スタンバイコントローラがそのボリュームを制御します。 複数のボリュームを管理しているコントローラ上で、そのコントローラが管理するほかのボリュー ムに影響を与えることなく、1 つのボリュームをスタンバイコントローラに切り替えることが可能で す。以降は、切り替えられたボリュームは、ほかのボリュームとは異なるプライマリコントローラ により制御されることになります。このため、複数のボリュームが存在する SAN では、フェイル オーバー処理を通じて、各ボリュームを別のプライマリコントローラに切り替えることが可能です。 このガイドで説明する手順では、ボリュームの可用性を維持するためにフェイルオーバーを利用し ます。その際に、ボリュームを管理しているコントローラを意識する必要はありません。確認する 必要があるのは、アップグレードするコントローラが現在管理しているボリュームを引き継いで管 理できる別のコントローラが存在することだけです。 フェイルオーバーを制御する 必要に応じ、cvadmin ユーティリティを使ってフェイルオーバーを強制的に実行し、それが成功し たことを確認してから、コントローラをアップグレードできます(この場合、コンピュータ再起動 時のフェイルオーバーは必要ありません)。 ボリュームの制御を別のコントローラに切り替えるには: m コントローラに移動し、「ターミナル」を開いて次のように入力します: $ cd /Library/Filesystems/Xsan/bin $ sudo ./cvadmin -e ”fail volume“ ここで、volume は Xsanボリュームの名前です。 ボリュームを管理しているコントローラを表示するには: m 「Xsan Admin」を開き、「SANコンポーネント」リストでボリュームを選択して「概要」をクリック し、「ホストサーバ」の横を確認します。 コントローラ上で「ターミナル」を開いて、次のように入力して行うこともできます: $ cd /Library/Filesystems/Xsan/bin $ sudo ./cvadmin -e select第 1 章 アップグレードに関する一般情報 9 スタンバイコントローラが存在しない場合 単一のメタデータコントローラを使って SANを設定した場合、アップグレード時に次のいずれかを 実行できます: Â アップグレードを実行している間、すべての SANボリュームをマウント解除して停止します。 (アップグレード中は、ボリュームを使用できません。) Â アップグレードを実行している間、クライアントコンピュータを一時的にコントローラの役割に 昇格させます。(アップグレード中、クライアントはボリュームを使用できます。) 参考:セカンダリーコントローラを SAN に恒久的に追加することを考慮してください。スタンバイ コントローラのない状態でメタデータコントローラを失った場合、ボリューム内のすべてのデータ が失われる可能性があります。また、コントローラをアップグレードしている間、ボリュームを使 用することもできません。スタンバイコントローラを SAN の設定に含めることを強くお勧めします。 クライアントをスタンバイコントローラに昇格させる アップグレード処理を実行する間、クライアントコンピュータの役割を一時的に変更して、スタン バイコントローラとして機能させることができます。これにより、アップグレード中にも中断され ることなく SAN ボリュームにアクセスできます。 クライアントをコントローラに昇格させるには: 1 「Xsan Admin」の「SANコンポーネント」リストから SANを選択して、「作成」をクリックします。 2 コンピュータリストからクライアントを選択して、「編集」をクリックします。 3 「役割」ポップアップメニューから「コントローラ」を選択します。 4 フェイルオーバー優先順位として「高」を選択します。 5 「OK」をクリックします。 アップデートの入手方法 このガイドで説明しているソフトウェア・アップデートを入手するには、いくつかの方法があります。 Xsan 1.1 アップデート Xsan 1.1インストールディスクがある場合は、このディスクをコンピュータに挿入して 「Install_Xsan.mpkg」をダブルクリックします。 インストールディスクはないがコンピュータがインターネットに接続されている場合は、「システム 環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」パネルを開き、「今すぐ確認」をクリックします。次 に、Xsanバージョン 1.1へのアップデートを選択して、「インストール」をクリックします。 コントローラがプライベートネットワーク上に存在する場合は、インターネットに接続したコン ピュータを使用して、www.apple.com/jp/support/downloads からアップデートをダウンロード し、インストーラをコントローラコンピュータに転送して実行します。10 第1章 アップグレードに関する一般情報 Mac OS X v10.3.9 アップデート コンピュータがインターネットに接続されている場合は、「システム環境設定」の「ソフトウェア・ アップデート」パネルを開き、「今すぐ確認」をクリックします。次に、「Mac OS X 統合アップデー ト 10.3.9」のアップデートを選択して、「インストール」をクリックします。 コントローラがプライベートネットワーク上に存在する場合は、インターネットに接続したコン ピュータを使用して、www.apple.com/jp/support/downloads からアップデートをダウンロード し、インストーラをコントローラコンピュータに転送して実行します。 バージョンの互換性 次の表に、Xsan や StorNext のコントローラ、およびクライアントの各バージョンについて、同一 の SAN で使用可能な組み合わせを示します。 重要:SAN 内のいずれかのクライアントが Mac OS X v10.4 で Xsan 1.1 を実行している場合は、す べてのコントローラで同じバージョン(Mac OS X v10.4 で Xsan 1.1)が実行されていなければなり ません。いずれかのクライアントが Mac OS X v10.4 で Xsan 1.1 を実行している場合、Mac OS X v10.3で動作しているコントローラを使用することはできません。 コントローラ クライアント 互換性 Xsan 1.0.x または 1.1(Mac OS X v10.3) Xsan 1.0.xまたは 1.1(Mac OS X v10.3) あり Xsan 1.1(Mac OS X v10.4) なし StorNext 2.4 あり StorNext 2.5 なし Xsan 1.1(Mac OS X v10.4) Xsan 1.0.xまたは 1.1(Mac OS X v10.3) あり Xsan 1.1(Mac OS X v10.4) あり StorNext 2.4 なし StorNext 2.5 あり StorNext 2.4 Xsan 1.0.xまたは 1.1(Mac OS X v10.3) あり Xsan 1.1(Mac OS X v10.4) なし StorNext 2.4 あり StorNext 2.5 なし StorNext 2.5 Xsan 1.0.xまたは 1.1(Mac OS X v10.3) あり Xsan 1.1(Mac OS X v10.4) あり StorNext 2.4 あり StorNext 2.5 あり2 11 2 Mac OS X v10.3.9 “Panther” で稼働 する Xsan 1.1 にアップグレードする 現在使用している Xsan 1.0を、Mac OS X v10.3.9で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする場合は、この章で説明する手順を実行してくだ さい。 手順の概要 Xsan 1.0 から、Mac OS X v10.3 で稼働する Xsan 1.1 に移行するには: 1 一度に1台のコントローラ上で、オペレーティングシステムをMac OS X v10.3.9にアップグレードし ます。 2 一度に 1 台のコントローラ上で、Xsan を Xsan 1.1にアップグレードします。 3 その他の任意の管理者用コンピュータ上で、「Xsan Admin」アプリケーションをアップグレードし ます。 4 (必要に応じて)ボリュームの制御を特定のコントローラに戻します。 5 (必要に応じて)クライアントコンピュータを、Mac OS X v10.3.9および Xsan 1.1 にアップグレード します。 6 (必要に応じて)「Xsan User Quota」アプリケーションを、クライアントコンピュータにインストー ルします。 警告:SAN コントローラをアップグレードする際、(「Xsan Admin」やコマンドラインツールを 使って)Xsan の設定を変更しないようにしてください。設定を変更する必要がある場合は、すべ てのコントローラのアップグレードが完了してから変更を行ってください。12 第2章 Mac OS X v10.3.9 “Panther” で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする 手順 1:SAN コントローラを Mac OS X v10.3.9 にアップグレードする Xsan 1.1 を実行するには、Mac OS X または Mac OS X Server のバージョン 10.3.9 が必要です。お 使いのSANコントローラがMac OS Xの以前のバージョンを使用している場合は、バージョン10.3.9 にアップグレードしてから Xsanをアップグレードしてください。 重要:アップグレード中もクライアントが SAN ボリュームを利用できるようにする場合は、SAN コ ントローラを一度に 1 台ずつアップグレードして、アップグレードするコントローラが現在管理し ているすべてのボリュームの制御を引き継ぐことのできるスタンバイコントローラが常に存在する ようにします。 参考:必要に応じ、cvadmin ユーティリティを使ってフェイルオーバーを強制的に実行し、それが 成功したことを確認してから、コントローラをアップグレードできます(この場合、コンピュータ 再起動時のフェイルオーバーは必要ありません)。詳しくは、8 ページの「フェイルオーバーを制御 する」を参照してください。 コントローラを Mac OS X v10.3.9にアップグレードするには: 1 コントローラコンピュータ上で、アップデートインストーラを実行します。 コンピュータがインターネットに接続されている場合は、「システム環境設定」の「ソフトウェア・ アップデート」パネルを開き、「今すぐ確認」をクリックします。次に、「Mac OS X 統合アップデー ト 10.3.9」のアップデートを選択して、「インストール」をクリックします。 コントローラがプライベートネットワーク上に存在する場合は、インターネットに接続したコン ピュータを使用して、www.apple.com/jp/support/downloads からアップデートをダウンロード し、インストーラをコントローラコンピュータに転送して実行します。 2 表示される指示に従って、コントローラコンピュータを再起動します。 3 SAN 内のコントローラごとに、手順 1 と 2を繰り返します。第 2 章 Mac OS X v10.3.9 “Panther” で稼働するXsan 1.1 にアップグレードする 13 手順 2:コントローラを Xsan 1.1 にアップグレードする これで、Mac OS X v10.3.9 がすべてのコントローラで稼働するようになったので、Xsan ソフトウェ アを Xsan 1.1にアップグレードできます。 重要:アップグレード中もクライアントが SAN ボリュームを利用できるようにする場合は、コント ローラを一度に 1 台ずつアップグレードして、アップグレードするコントローラが現在管理してい るすべてのボリュームの制御を引き継ぐことのできるスタンバイコントローラが常に存在するよう にします。 コントローラ上の Xsan をアップグレードするには: 1 1 台のコントローラを Xsan 1.1にアップグレードします。 Xsan 1.1インストールディスクがある場合は、このディスクをコンピュータに挿入して 「Install_Xsan.mpkg」をダブルクリックします。 インストールディスクはないがコンピュータがインターネットに接続されている場合は、「システム 環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」パネルを開き、「今すぐ確認」をクリックします。次 に、Xsanバージョン 1.1へのアップデートを選択して、「インストール」をクリックします。 コントローラがプライベートネットワーク上に存在する場合は、インターネットに接続したコン ピュータを使用して、www.apple.com/jp/support/downloads からアップデートをダウンロード し、インストーラをコントローラコンピュータに転送して実行します。 2 インストーラの指示に従って、コントローラを再起動します。 コントローラにより管理されているすべてのボリュームが、スタンバイコントローラに切り替わり ます。 3 SAN 内のコントローラごとに、手順 1 と 2を繰り返します。 手順 3:管理者用コンピュータ上の「Xsan Admin」アプリケーションをアップグレードする SAN の管理を容易にするため、その他のコンピュータ上で「Xsan Admin」アプリケーションを実行 する場合は、これらのコンピュータ上のアプリケーションをバージョン1.1にアップグレードします。 参考:「Xsan Admin」アプリケーションのバージョン 1.1は、Mac OS X またはMac OS X Server の v10.3以降がインストールされた任意のコンピュータ上で実行できます。 「Xsan Admin」アプリケーションをアップグレードするには: m Xsan 1.1 のインストールディスクを管理者用コンピュータに挿入し、「Admin Tools」フォルダを開 いて、「XsanAdmin.pkg」をダブルクリックします。14 第2章 Mac OS X v10.3.9 “Panther” で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする 手順 4:(必要に応じて)ボリュームの制御を特定のコントローラに戻す アップグレード処理中にコントローラを再起動する際、そのコントローラが管理しているボリュー ムの制御がスタンバイコントローラに切り替わります。アップグレードが完了したら、cvadmin ユー ティリティを使ってボリュームの制御を特定のコントローラに戻すことができます。 ボリュームの制御を別のコントローラに切り替えるには: m コントローラに移動し、「ターミナル」を開いて次のように入力します: $ sudo cvadmin -e ”fail volume“ ここで、volume は Xsanボリュームの名前です。 ボリュームを管理しているコントローラを表示するには: m 「Xsan Admin」を開き、「SANコンポーネント」リストでボリュームを選択して「概要」をクリック し、「ホストサーバ」の横を確認します。「ターミナル」でcvadmin コマンドを使用して、ボリュー ムを管理しているコントローラを確認することもできます。コントローラ上で「ターミナル」を開 いて、次のように入力します: $ sudo cvadmin -e select 3 台以上のコントローラが存在する場合: フェイルオーバー時にボリュームが切り替わるコントローラを直接指定することはできません。 Xsanは、コンピュータ設定のフェイルオーバー優先順位およびその他の要素に基づいてスタンバイ コントローラを選択します。コントローラが 2 台しか存在しない場合は、ボリュームがどのコント ローラに切り替わるか分かりますが、3台以上のコントローラが存在する場合は、どのコントローラ が制御を引き継ぐかを知ることは困難な場合があります。ボリュームの制御を特定のコントローラ に切り替える場合は、使用しない 3番目またはそれ以降のコントローラの役割を、フェイルオーバー 時に一時的にクライアントに変更できます。第 2 章 Mac OS X v10.3.9 “Panther” で稼働するXsan 1.1 にアップグレードする 15 手順 5:(必要に応じて)クライアントコンピュータをアップグレードする Xsan 1.0 を実行中のクライアントは、Mac OS X v10.3.9で Xsan 1.1 を実行するコントローラが管理 するボリュームを使用できます。このため、クライアントをアップグレードする必要はありません。 ただし、SAN 内のクライアントコンピュータをアップグレードすることを強くお勧めします。 参考:クライアントを Mac OS X v10.3.9で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードするまで、クライア ントコンピュータの役割をコントローラに変更することはできません。 クライアントコンピュータを Mac OS X v10.3.9で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードするには: 1 クライアントコンピュータ上で、Mac OS Xのアップデートインストーラを実行します。 コンピュータがインターネットに接続されている場合は、「システム環境設定」の「ソフトウェア・ アップデート」パネルを開き、「今すぐ確認」をクリックします。次に、「Mac OS X 統合アップデー ト 10.3.9」を選択して、「インストール」をクリックします。 クライアントがプライベートネットワーク上に存在する場合は、インターネットに接続したコン ピュータを使用して、www.apple.com/jp/support/downloads からアップデートインストーラを ダウンロードし、インストーラをクライアントコンピュータに転送して実行します。 2 表示される指示に従って、クライアントコンピュータを再起動します。 3 クライアントを Xsan 1.1 にアップグレードします。 Xsan 1.1インストールディスクがある場合は、このディスクをコンピュータに挿入して 「Install_Xsan.mpkg」をダブルクリックします。 インストールディスクはないがコンピュータがインターネットに接続されている場合は、「システム 環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」パネルを開き、「今すぐ確認」をクリックします。次 に、Xsanバージョン 1.1へのアップデートを選択して、「インストール」をクリックします。 コントローラがプライベートネットワーク上に存在する場合は、インターネットに接続したコン ピュータを使用して、www.apple.com/jp/support/downloads からアップデートをダウンロード し、インストーラをクライアントコンピュータに転送して実行します。 4 インストーラの指示に従って、クライアントを再起動します。 5 SAN 内のクライアントごとに手順 1 ~ 4を繰り返します。16 第2章 Mac OS X v10.3.9 “Panther” で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする 手順 6:(必要に応じて)「Xsan User Quota」アプリケーションを旧バージョンのクライアントに インストールする クライアントをアップグレードしないことにした場合でも、Xsan 1.0 を実行するクライアントに 「Xsan User Quotas」アプリケーションをインストールできます。 「Xsan User Quotas」アプリケーションをインストールするには: m Xsan 1.1を実行中の任意のコントローラからアプリケーションをコピーします。「Xsan User Quotas」 アプリケーションは、Xsan 1.1がインストールされたコンピュータの「/ アプリケーション / サーバ」 にあります。3 17 3 Mac OS X v10.4 “Tiger” で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする 現在使用している Xsan 1.0 を、Mac OS X v10.4 または Mac OS X Server v10.4で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする場合は、この 章で説明する手順を実行してください。 まず第一に、Mac OS X v10.3.9で稼働する Xsan 1.1 にアップグレー ドする必要があります 1 台以上のスタンバイコントローラが存在する場合は、アップグレード中もクライアントは Xsan ボ リュームを使用できます。アップグレード処理中に、ボリュームの制御は、Xsan によりアップグ レード中のコントローラからスタンバイコントローラに切り替わります。この制御の変更は「フェ イルオーバー」と呼ばれ、ソフトウェアのインストール時に再起動する場合のように、ボリューム を管理しているコントローラが応答しなくなった場合に自動的に実行されます。 ただし、Mac OS X v10.3 で Xsan 1.0 を実行しているコントローラから、Mac OS X v10.4 で Xsan 1.1 を実行しているコントローラに直接切り替えることはできません。 このため、アップグレード処理中もユーザが Xsan ボリュームを使用できるように、最初にスタンバ イコントローラをMac OS X v10.3.9で稼働するXsan 1.1にアップグレードするようにしてください。 その後、これらのコントローラを Mac OS X v10.4 にアップグレードすると、必要に応じてフェイル オーバーが実行されます。 重要:スタンバイコントローラを直接 Mac OS X v10.4 にアップグレードする場合、プライマリコン トローラもアップグレードしない限り、フェイルオーバーを実行できなくなります。また、プライ マリコントローラを Mac OS X v10.4 で稼働する Xsan 1.1にアップグレードするまで、ボリュームを 使用することはできません。 Xsan 1.1へのアップデートは 2 回行う必要があります Mac OS X v10.3 で稼働する Xsan 1.1と Mac OS X v10.4 で稼働する Xsan 1.1は、同じソフトウェア ではありません。このため、アップグレードは、コントローラが Mac OS X v10.3.9 を使用している ときに 1 回、Mac OS X v10.4 にアップグレードした後で、“Tiger” で動作する Xsan の機能をすべて 使用できるようにするためにさらに 1 回実行する必要があります。18 第3章 Mac OS X v10.4 “Tiger” で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする 手順の概要 Mac OS X v10.3 で稼働する Xsan 1.0 から Mac OS X v10.4 で稼働する Xsan 1.1に移行するには: 1 すべてのコントローラを Mac OS X v10.3.9 にアップグレードします。 2 すべてのコントローラを Mac OS X v10.3.9 で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードします。 3 スタンバイコントローラを Mac OS X v10.4 および Xsan 1.1にアップグレードします。 4 プライマリコントローラを Mac OS X v10.4 および Xsan 1.1にアップグレードします。 5 その他の任意の管理者用コンピュータ上で、「Xsan Admin」アプリケーションをアップグレードし ます。 6 (必要に応じて)元のプライマリコントローラに切り替えます。 7 (必要に応じて)クライアントコンピュータをアップグレードします。 8 (必要に応じて)「Xsan User Quota」アプリケーションを、クライアントコンピュータにインストー ルします。 警告:SAN コントローラをアップグレードする際、(「Xsan Admin」やコマンドラインツールを 使って)Xsan の設定を変更しないようにしてください。設定を変更する必要がある場合は、すべ てのコントローラのアップグレードが完了してから変更を行ってください。第 3 章 Mac OS X v10.4 “Tiger” で稼働するXsan 1.1 にアップグレードする 19 手順 1:すべてのコントローラを Mac OS X v10.3.9 にアップグレードする Xsan 1.0 コントローラは、ボリュームの制御を Mac OS X v10.4で稼働する Xsan 1.1 コントローラに 直接切り替えることができないため、最初にコントローラを Mac OS X v10.3.9で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードして、フェイルオーバーを実行可能にし、アップグレード中にボリュームを使用 できるようにする必要があります。 参考:アップグレード中にボリュームを使用する必要がない場合は、フェイルオーバーの互換性に ついて考慮する必要はありません。21 ページの「スタンバイコントローラを Mac OS X v10.4 およ び Xsan 1.1にアップグレードする」に進んでください。 重要:アップグレード中もクライアントが SAN ボリュームを利用できるようにする場合は、コント ローラを一度に 1 台ずつアップグレードして、アップグレードするコントローラが現在管理してい るすべてのボリュームの制御を引き継ぐことのできるスタンバイコントローラが常に存在するよう にします。 参考:必要に応じ、cvadmin ユーティリティを使ってフェイルオーバーを強制的に実行し、それが 成功したことを確認してから、コントローラをアップグレードできます(この場合、コンピュータ 再起動時のフェイルオーバーは必要ありません)。詳しくは、8 ページの「フェイルオーバーを制御 する」を参照してください。 コントローラを Mac OS X v10.3.9にアップグレードするには: 1 コントローラコンピュータ上で、アップデートインストーラを実行します。 コンピュータがインターネットに接続されている場合は、「システム環境設定」の「ソフトウェア・ アップデート」パネルを開き、「今すぐ確認」をクリックします。次に、「Mac OS X 統合アップデー ト 10.3.9」のアップデートを選択して、「インストール」をクリックします。 コントローラがプライベートネットワーク上に存在する場合は、インターネットに接続したコン ピュータを使用して、www.apple.com/jp/support/downloads からアップデートをダウンロード し、インストーラをコントローラコンピュータに転送して実行します。 2 表示される指示に従って、コントローラコンピュータを再起動します。 3 SAN 内のコントローラごとに、手順 1 と 2を繰り返します。20 第3章 Mac OS X v10.4 “Tiger” で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする 手順 2:すべてのコントローラを Mac OS X v10.3.9 で稼働する Xsan 1.1にアップグレードする これで、Mac OS X v10.3.9 がコントローラで稼働するようになったので、Xsan ソフトウェアを Xsan 1.1 にアップグレードできます。 重要:アップグレード中もクライアントが SAN ボリュームを利用できるようにする場合は、コント ローラを一度に 1 台ずつアップグレードして、アップグレードするコントローラが現在管理してい るすべてのボリュームの制御を引き継ぐことのできるスタンバイコントローラが常に存在するよう にします。 コントローラ上の Xsan をアップグレードするには: 1 1 台のコントローラを Xsan 1.1にアップグレードします。 Xsan 1.1インストールディスクがある場合は、このディスクをコンピュータに挿入して 「Install_Xsan.mpkg」をダブルクリックします。 インストールディスクはないがコンピュータがインターネットに接続されている場合は、「システム 環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」パネルを開き、「今すぐ確認」をクリックします。次 に、Xsanバージョン 1.1へのアップデートを選択して、「インストール」をクリックします。 コントローラがプライベートネットワーク上に存在する場合は、インターネットに接続したコン ピュータを使用して、www.apple.com/jp/support/downloads からアップデートをダウンロード し、インストーラをコントローラコンピュータに転送して実行します。 2 インストーラの指示に従って、コントローラを再起動します。 コントローラにより管理されているすべてのボリュームが、スタンバイコントローラに切り替わり ます。 3 SAN 内のコントローラごとに、手順 1 と 2を繰り返します。第 3 章 Mac OS X v10.4 “Tiger” で稼働するXsan 1.1 にアップグレードする 21 手順 3:スタンバイコントローラを Mac OS X v10.4 および Xsan 1.1にアップグレードする これで、コントローラを Mac OS X v10.4 または Mac OS X Server v10.4で稼働する Xsan 1.1 にアッ プグレードできます。 重要:アップグレード中もクライアントが SAN ボリュームを利用できるようにする場合は、スタン バイコントローラを一度に 1 台ずつアップグレードして、アップグレードするコントローラが現在 管理しているすべてのボリュームの制御を引き継ぐことのできるスタンバイコントローラが常に存 在するようにします。 参考:必要に応じ、cvadmin ユーティリティを使ってフェイルオーバーを強制的に実行し、それが 成功したことを確認してから、コントローラをアップグレードできます(この場合、コンピュータ 再起動時のフェイルオーバーは必要ありません)。詳しくは、8 ページの「フェイルオーバーを制御 する」を参照してください。 スタンバイコントローラを Mac OS X v10.4 で稼働するXsan 1.1 にアップグレードするには: 1 スタンバイコントローラのコンピュータに Mac OS X バージョン 10.4 ソフトウェアのインストール ディスクを挿入し、「Install Mac OS X」(または「Install Mac OS X Server」)アイコンをダブルク リックします。 2 インストーラの「インストール先の選択」パネルが表示されたら、「オプション」を選択して、 「Mac OS Xをアップグレード」(または「Mac OS X Server をアップグレード」)を選択します。 重要:クリーンインストールではなく、必ずアップグレードインストールを選択してください。オ ペレーティングシステムをクリーンインストールすると、コントローラから Xsan 設定ファイルのコ ピーが失われます。 3 インストーラの指示に従って、コントローラコンピュータを再起動します。 4 スタンバイコントローラを Xsan 1.1 にアップグレードします。 Xsan 1.1インストールディスクがある場合は、このディスクをコンピュータに挿入して 「Install_Xsan.mpkg」をダブルクリックします。 インストールディスクはないがコンピュータがインターネットに接続されている場合は、「システム 環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」パネルを開き、「今すぐ確認」をクリックします。次 に、Xsanバージョン 1.1へのアップデートを選択して、「インストール」をクリックします。 コントローラがプライベートネットワーク上に存在する場合は、インターネットに接続したコン ピュータを使用して、www.apple.com/jp/support/downloads からアップデートをダウンロード し、インストーラをコントローラコンピュータに転送して実行します。 5 インストーラの指示に従って、コントローラを再起動します。 6 SAN 内のスタンバイコントローラごとに、手順 1 ~ 5 を繰り返します。22 第3章 Mac OS X v10.4 “Tiger” で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする 手順 4:プライマリコントローラを Mac OS X v10.4 および Xsan 1.1にアップグレードする これで、Mac OS X v10.4 および Xsan 1.1 がスタンバイコントローラで稼働するようになったので、 プライマリコントローラをアップグレードできます。 参考:必要に応じ、cvadmin ユーティリティを使ってフェイルオーバーを強制的に実行し、それが 成功したことを確認してから、コントローラをアップグレードできます(この場合、コンピュータ 再起動時のフェイルオーバーは必要ありません)。詳しくは、8 ページの「フェイルオーバーを制御 する」を参照してください。 プライマリコントローラを Mac OS X v10.4 で稼働するXsan 1.1 にアップグレードするには: 1 プライマリコントローラのコンピュータに Mac OS X バージョン 10.4 ソフトウェアのインストール ディスクを挿入し、「Install Mac OS X」(または「Install Mac OS X Server」)アイコンをダブルク リックします 2 インストーラの「インストール先の選択」パネルが表示されたら、「オプション」を選択して、 「Mac OS Xをアップグレード」(または「Mac OS X Server をアップグレード」)を選択します。 重要:クリーンインストールではなく、必ずアップグレードインストールを選択してください。オ ペレーティングシステムをクリーンインストールすると、コントローラから Xsan 設定ファイルのコ ピーが失われます。 3 インストーラの指示に従って、コントローラコンピュータを再起動します。 コントローラにより管理されているボリュームが、スタンバイコントローラに切り替わります。 4 プライマリコントローラを Xsan 1.1 にアップグレードします。 Xsan 1.1インストールディスクがある場合は、このディスクをコンピュータに挿入して 「Install_Xsan.mpkg」をダブルクリックします。 インストールディスクはないがコンピュータがインターネットに接続されている場合は、「システム 環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」パネルを開き、「今すぐ確認」をクリックします。次 に、Xsanバージョン 1.1へのアップデートを選択して、「インストール」をクリックします。 コントローラがプライベートネットワーク上に存在する場合は、インターネットに接続したコン ピュータを使用して、www.apple.com/jp/support/downloads からアップデートをダウンロード し、インストーラをコントローラコンピュータに転送して実行します。 5 インストーラの指示に従って、コントローラを再起動します。第 3 章 Mac OS X v10.4 “Tiger” で稼働するXsan 1.1 にアップグレードする 23 手順 5:管理者用コンピュータ上の「Xsan Admin」アプリケーションをアップグレードする SAN の管理を容易にするため、その他のコンピュータ上で「Xsan Admin」アプリケーションを実行 する場合は、これらのコンピュータ上のアプリケーションをバージョン1.1にアップグレードします。 参考:「Xsan Admin」アプリケーションのバージョン 1.1は、Mac OS X またはMac OS X Server の v10.3以降がインストールされた任意のコンピュータ上で実行できます。 「Xsan Admin」アプリケーションをアップグレードするには: m Xsan 1.1 のインストールディスクを管理者用コンピュータに挿入し、「Admin Tools」フォルダを開 いて、「XsanAdmin.pkg」をダブルクリックします。 手順 6:(必要に応じて)ボリュームの制御を特定のコントローラに戻す アップグレード処理中にコントローラを再起動する際、そのコントローラが管理しているボリュー ムの制御がスタンバイコントローラに切り替わります。アップグレードが完了したら、cvadmin ユー ティリティを使ってボリュームの制御を特定のコントローラに戻すことができます。 3 台以上のコントローラが存在する場合: フェイルオーバー時にボリュームが切り替わるコントローラを直接指定することはできません。 Xsanは、コンピュータ設定のフェイルオーバー優先順位およびその他の要素に基づいてスタンバイ コントローラを選択します。コントローラが 2 台しか存在しない場合は、ボリュームがどのコント ローラに切り替わるか分かりますが、3台以上のコントローラが存在する場合は、どのコントローラ が制御を引き継ぐかを知ることは困難な場合があります。ボリュームの制御を特定のコントローラ に切り替える場合は、使用しない 3番目またはそれ以降のコントローラの役割を、フェイルオーバー 時に一時的にクライアントに変更できます。 ボリュームの制御を別のコントローラに切り替えるには: m コントローラに移動し、「ターミナル」を開いて次のように入力します: $ sudo cvadmin -e ”fail volume“ ここで、volume は Xsanボリュームの名前です。 ボリュームを管理しているコントローラを表示するには: m 「Xsan Admin」を開き、「SANコンポーネント」リストでボリュームを選択して「概要」をクリック し、「ホストサーバ」の横を確認します。 「ターミナル」で cvadmin コマンドを使用して、ボリュームを管理しているコントローラを確認す ることもできます。コントローラ上で「ターミナル」を開いて、次のように入力します: $ sudo cvadmin -e select24 第3章 Mac OS X v10.4 “Tiger” で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードする 手順 7:(必要に応じて)クライアントコンピュータをアップグレードする Xsan 1.0 を実行中のクライアントは、Mac OS X v10.4で Xsan 1.1 を実行するコントローラが管理す るボリュームを使用できます。このため、クライアントをアップグレードする必要はありません。た だし、SAN 内のクライアントコンピュータをアップグレードすることを強くお勧めします。 参考:クライアントを Mac OS X v10.4 で稼働する Xsan 1.1 にアップグレードするまで、クライアン トコンピュータの役割をコントローラに変更することはできません。 クライアントコンピュータを Mac OS X v10.4 で稼働するXsan 1.1 にアップグレードするには: 1 クライアントコンピュータにMac OS Xバージョン10.4ソフトウェアのインストールディスクを挿入 し、「Install Mac OS X」(または「Install Mac OS X Server」)アイコンをダブルクリックします 2 インストーラの「インストール先の選択」パネルが表示されたら、「オプション」を選択して、 「Mac OS Xをアップグレード」(または「Mac OS X Server をアップグレード」)を選択します。 重要:クリーンインストールではなく、必ずアップグレードインストールを選択してください。オ ペレーティングシステムをクリーンインストールすると、クライアントから Xsan 設定ファイルのコ ピーが失われます。 3 インストーラの指示に従って、クライアントコンピュータを再起動します。 4 クライアントを Xsan 1.1 にアップグレードします。 Xsan 1.1インストールディスクがある場合は、このディスクをコンピュータに挿入して 「Install_Xsan.mpkg」をダブルクリックします。 インストールディスクはないがコンピュータがインターネットに接続されている場合は、「システム 環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」パネルを開き、「今すぐ確認」をクリックします。次 に、Xsanバージョン 1.1へのアップデートを選択して、「インストール」をクリックします。 クライアントがプライベートネットワーク上に存在する場合は、インターネットに接続したコン ピュータを使用して、www.apple.com/jp/support/downloads からアップデートをダウンロード し、インストーラをクライアントコンピュータに転送して実行します。 5 インストーラの指示に従って、クライアントを再起動します。 6 SAN 内のクライアントごとに手順 1 ~ 5を繰り返します。 手順 8:(必要に応じて)「Xsan User Quota」アプリケーションを旧バージョンのクライアントに インストールする クライアントをアップグレードしないことにした場合でも、Xsan 1.0 を実行するクライアントに 「Xsan User Quotas」アプリケーションをインストールできます。 「Xsan User Quotas」アプリケーションをインストールするには: m Xsan 1.1を実行中の任意のコントローラからアプリケーションをコピーします。「Xsan User Quotas」 アプリケーションは、Xsan 1.1がインストールされたコンピュータの「/ アプリケーション / サーバ」 にあります。  Xserve (Late 2006) 073-1087 Rev. A トップカバー 交換手順 本書に記載されている手順に従って正しく行ってください。こちらの手順で行わず装置が故障した場 合は、製品保証は適用されません。 オンラインの手順書はこちらをご覧ください。http://www.apple.com/jp/support/diy/ Xserve 内部で安全に作業する Xserve 内部のコンポーネントを扱う場合は、その前に必ず Xserve の筐体に触れて静電気を除去しま す。静電気の発生を防ぐために、サーバ内部での作業を終えてカバーを元に戻すまでは部屋の中を歩 き回らないでください。静電気の放電による破損の可能性を最小限にするため、Xserve 内部の作業を 行うときは静電気防止リストストラップを着用します。 警告:Xserve 内部のコンポーネントや取り付けるコンポーネントの損傷を防ぐため、Xserve を開く 前には必ず Xserve の電源を切って電源コードを外します。電源が入ったままでサーバを開かないで ください。Xserve の電源を切っても、内部コンポーネントが非常に熱くなっていることがあります。 Xserve の温度が低くなるまで待ってから開けてください。 必要なツール この手順に必要なツールはありません。ただし、プラスドライバーがあれば、固定ネジ等を緩めるの に役立ちます。 Xserve をラックから取り外す サーバがしばらく使用できなくなることをユーザに通知します。 Xserve の電源を切って (詳しくは Xserve ユーザーズガイドを参照してください) Xserve の内部 コンポーネントの温度が低くなるまで待ちます。 警告:内部のコンポーネント、または取り付けや取り外しを行うコンポーネントの損傷を防ぐた め、Xserve を開く前には必ず Xserve の電源を切ります。電源が入ったままで Xserve を開けた り、内部の部品の取り付けや取り外しを行なおうとしないでください。Xserve の電源を切って も、内部コンポーネントが非常に熱くなっていることがあります。Xserve を開く前に、温度が 下がるまで 5 ~ 10 分間待ちます。 1. 2.Xserve (Late 2006) Top Cover Replacement Instructions  Xserve からすべてのケーブルを外します。 参考: 背面パネルからケーブルを外せない場合、小型のドライバーや平らなツールを使ってケー ブルコネクタのタブを押し込んでみてください。 作業を行っているときに誤ってドライブモジュールが外れないように、筐体キーを使って前面パ ネルの筐体ロックをロックします。 静電気を除去するため、サーバの金属ケースに触れます。 前面パネルの両端にある固定ネジを緩めます。 固定ネジを掴んで、セーフティラッチがかかるまで (ラックの半分くらい) Xserve を手前に引き 出します。 セーフティラッチがかかったら、Xserve のラックから出ている部分を掴んで、親指でラッチタブ を押し、Xserve をスライドさせて残りの部分をラックから出します。 Xserve を平らな場所に置いてロックを解除します。 取り付けられているトップカバーを取り外す トップカバーの背面にある固定ネジを緩め、カバーを後方にスライドさせ取り外します。カバーが外 れない場合は、前面パネルの筐体のロックを確認します。 警告:Xserve の電源を切っても、内部コンポーネントが非常に熱くなっていることがあります。内部 コンポーネントの温度が低くなるまで待ってから、トップカバーを取り外してください。 重要: 静電気の放電による Xserve コンポーネントの破損の可能性を最小限にするため、可能であれ ば静電気防止リストストラップを着用します。 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9.Xserve (Late 2006) Top Cover Replacement Instructions  交換用のトップカバーを取り付ける 交換用のトップカバーを元に戻して固定します。 Xserve をラック内にスライドさせ、前面の固定ネジを締めて Xserve をラックに固定します。 サーバケースがロックされていた場合は、筐体キーを使って前面パネルのセキュリティロックを ロックします。  Apple Computer, Inc. © 2006 Apple Computer, Inc. All rights reserved. 著作権法により、Apple の書面による事前の許諾を得ることなく本書の一部あるいは全部をコピーす ることを禁じます。 本書に記載されている情報の正確性には最大の注意を払っていますが、Apple は印刷または事務作業 上による誤りがないことを保証するものではありません。 Apple 1 Infinite Loop Cupertino, CA 95014-2084 USA + 1 408 996 1010 http://www.apple.com Apple、Apple ロゴ、Mac、Macintosh、および Xserve は米国その他の国で登録された米国アップル コンピュータ社の商標です。 1. 2. 3. Keynote 2 ユーザーズガイド J2645.book Page 1 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PMK Apple Computer, Inc. © 2005 Apple Computer, Inc. All rights reserved. 本書の一部または全部を Apple Computer, Inc.から書面に よる事前の許諾を得ることなく複写複製(コピー)すること を禁じます。また、製品に付属のソフトウェアは同梱のソフ トウェア使用 許諾契約書に記載の条 件のもとでお使いくだ さい。 Appleロゴは、米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc. の商標です。キーボードから入力可能な Appleロゴについても、これを Apple Computer, Inc. から の書面による事前の許諾なしに商業的な目的で使用すると、 連邦および州の商標法および不正競争防止法違反となる場合 があります。 本書には正確な情報を記載するように努めました。ただし、 誤植や制作上 の誤記がないことを保 証するものではありま せん。 Apple 1 Infinite Loop Cupertino, CA 95014-2084 U.S.A. www.apple.com アップルコンピュータ株式会社 〒 163-1480 東京都新宿区西新宿3 丁目 20番 2 号 東京オペラシティタワー www.apple.com/jp Apple、Apple ロゴ、AppleWorks、iBook、iLife、iTunes、 Mac、Mac OS、PowerBook、および QuickTime は、米国 その他の国で登録されたApple Computer, Inc. の商標です。 Finder、iPhoto、iWork、Keynote、Pages、および Safari は、Apple Computer, Inc. の商標です。 AppleCare は、米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc. のサービスマー クです。 Adobe およびAcrobat は、Adobe Systems Incorporated の商標もしくは、米国そ の他の国における同社 の登録商標 です。 本書に記載のその他の製品名および会社名は、各社の商標ま たは登録商標です。本書に記載の他社商品名は参考を目的と したものであり、それらの製品の使用を強制あるいは推奨す るものではありません。また、Apple Computer, Inc. は他 社製品の性能または使用につきましては一切の責任を負いま せん。 J2645CR Page 2 Friday, December 17, 2004 3:29 PM3 目次 7 序章 : ようこそ Keynote 2 へ 7 「Keynote」の機能の概要 12 参考のためのリソース 15 第 1 章: Keynote の概要 15 Keynote のウインドウ 16 スライドキャンバス 17 スライドオーガナイザ 21 ノートフィールド 22 「Keynote」のツール 25 第 2 章: プレゼンテーションを作成する 25 手順 1:テーマを選択する 27 手順 2:スライドを作成する 32 手順 3:スライドを整理する 33 手順 4:スライドショーを保存する 35 手順 5:スライドショーを再生する 37 第 3 章: テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 37 テキストとテキストプロパティを編集する 44 イメージを追加する 47 オブジェクトをサイズ変更する/移動する/レイヤー化する 52 サウンドおよびその他のメディアを追加する 56 Web ページとハイパーリンクを追加する 61 レイアウトを修正する 62 スライドの背景を変更する 63 スタイルの変更を維持する/取り消す J2645TOC.fm Page 3 Wednesday, December 15, 2004 10:19 AM4 目次 65 第 4 章: オブジェクトプロパティを変更する 65 カラー塗りつぶしおよびイメージ塗りつぶしを使用する 69 線のスタイルと位置を変更する 71 影を追加する 72 不透明度を調整する 73 オブジェクトの向きを変更する 74 オブジェクトのサイズと位置を変更する 77 第 5 章: 表を作成する 77 表を追加する 78 表のセルと枠線を選択する 80 表の書式を設定する 86 イメージや背景色を追加する 89 第 6 章: グラフを作成する 89 グラフについて 92 グラフを追加する 93 グラフのデータを編集する 94 グラフの書式を設定する 105 第 7 章: スライドトランジションおよびオブジェクトビルド 105 スライド間にトランジションを追加する 107 オブジェクトビルドを作成する 113 第 8 章: スライドショーを表示する/プリントする/書き出す 113 聴衆に合わせてプレゼンテーションをカスタマイズする 115 フルスクリーンプレゼンテーション 118 プレゼンテーションのオプションを設定する 122 スライドをプリントする 124 ほかの表示フォーマットに書き出す J2645TOC.fm Page 4 Wednesday, December 15, 2004 10:19 AM目次 5 129 第 9 章: 独自のマスタースライドとテーマをデザインする 130 マスタースライドの背景およびレイアウトを修正する 135 テキストおよびオブジェクトのデフォルトスタイルを変更する 137 カスタムテーマを保存する 138 カスタムテーマを作成する 139 付録 A: プレゼンテーションのキーボードショートカット 141 付録 B: インスペクタの一覧 141 「書類」インスペクタ 141 「スライド」インスペクタ 142 「ビルド」インスペクタ 142 「テキスト」インスペクタ 143 「グラフィック」インスペクタ 143 「位置と回転」インスペクタ 144 「表」インスペクタ 144 「グラフ」インスペクタ 145 「ハイパーリンク」インスペクタ 145 「QuickTime」インスペクタ 147 索引 J2645TOC.fm Page 5 Wednesday, December 15, 2004 10:19 AMJ2645.book Page 6 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM7 序章 ようこそ Keynote 2へ 「Keynote」を使えば、印象的なプレゼンテーションをす ぐに作成できます。この章では、「Keynote」の機能の概 要について説明し、活用のためのリソースの一覧を示し ます。 「Keynote」は、プロ品質のプレゼンテーションを作成するための強力なプログラムです。 「Keynote」の多機能かつシンプルなツールを使用すれば、説得力のあるプレゼンテーショ ン、スタジオ品質のストーリーボードとポートフォリオ、および対話型スライドショーを作 成できます。「Safari」の Webスナップショットに加えて、iLife ライブラリから写真、ムー ビー、ミュージックを組み込むこともできます。 「Keynote」に用意されているグラフや表を利用したプレゼンテーションも可能です。 「Keynote」に付属のスマートで多彩なテーマを使ったり、自分だけのニーズに合わせてテー マをカスタマイズしたりすることができます。 「Keynote」のプレゼンテーションは、自分のコンピュータで表示したり、大型スクリーンに 投影したりするなど、さまざまな方法で表示できます。また、プリントしたり、ほかのプ ラットフォームのコンピュータで表示できるようにイメージファイルや Flash、QuickTime、 PowerPoint、PDFのフォーマットで書き出したりすることもできます。(表示オプションの 詳細については、第 8 章「スライドショーを表示する/プリントする/書き出す」を参照し てください。) 「Keynote」の機能の概要 プロ品質のデザイン 「Keynote」では、魅力的なプレゼンテーションを手軽に作成するためのさまざまなテーマが 用意されています。どのテーマにも、それに合わせた色、テキスト、グラフ、表が配置され ています。スライドショーのテーマはいつでも簡単に変更でき、ニーズに従って修正できま す。同じプレゼンテーションに複数のテーマを使用することで、スライドショーのセクショ ンを区切ることもできます。 J2645.book Page 7 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM8 序章 ようこそ Keynote 2 へ リアルタイムのアニメーション表示テキスト 「Keynote」のスタジオ品質のアニメーションで、テキストを動かすことができます。テキス トと単語のアニメーションを選択してください。リアルタイムプレビューで、エフェクトを すぐに確認し、調整することができます。 J2645.book Page 8 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM序章 ようこそ Keynote 2 へ 9 強力なアニメーションツール 複雑なスライドアニメーションを短時間で簡単に作成できます。「Keynote 2」では、スライ ド間の自動進行機能が追加されています。また、オブジェクトビルドの詳細なタイミングオ プションが追加されており、スライドアニメーションのあらゆる側面で厳密にタイミングを 指定できます。 洗練されたアニメーションや スライドのトランジションを 作成できます。スライド上での複 数のオブジェクトの出現、 動作、消滅などを同期できます。 J2645.book Page 9 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM10 序章 ようこそ Keynote 2 へ 使いやすいメディアツール iPhoto ライブラリや iTunes ライブラリ、または「ムービー」フォルダをプレビューしたり、 その内容を直接スライドにドラッグしたりできます。 マスク機能を使うと、元のイメージファイルを変更せずに、焦点を当てるイメージの一部の みを表示できます。 マスクを使って、写真の 一部を切り出します。 iLife メディアブラウザの イメージ、ムービー、 オーディオファイルをスライドに ドラッグします。 J2645.book Page 10 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM序章 ようこそ Keynote 2 へ 11 迷いのないプレゼンテーション進行 聴衆用のメインディスプレイと発表者ディスプレイを別に設定することができます。 プレゼ ンテーションを発表している間に、現在および次のスライド、経過時間、残り時間、時計、 スライドノートなどの情報を表示できます。スライド番号を入力すると、任意のスライドに ジャンプできます。 J2645.book Page 11 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM12 序章 ようこそ Keynote 2 へ ガイドなしのプレゼンテーションとキオスク: 発表者がその場にいない場合でも、スライドショーを進行させることができます。キオスク プレゼンテーションの場合は、自動的に再生を繰り返す自動再生スライドショーを作成でき ます。また、ハイパーリンクを使うと、聴衆者が進行できるスライドショーを作成できます。 任意のオブジェクトをハイパーリンクにして、別のスライドに移動する、別の Keynote書類 を開く、Webサイトにジャンプするなどの操作を実行できます。Web ページの内容のスナッ プショットを、ブラウザのフレームなしで埋め込むことができます。また、プレゼンテーショ ン時に Web ページのスナップショットを自動的にアップデートすることもできます。 参考のためのリソース 「Keynote」を最大限に活用するには、以下のリソースを利用してください: スライドマスターを使用すると、 プレゼンテーション内で「前」 および「次」のスライドへの リンクを簡単に追加できます。 J2645.book Page 12 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM序章 ようこそ Keynote 2 へ 13 ツアー ツアーでは、「Keynote」の機能のデモンストレーションを見ることができます。ツアーを開 くには、「Help」>「iWorkツアー」と選択します。 ユーザーズガイド ユーザーズガイド(このマニュアル)では、「Keynote」の機能と、その使用方法について説 明します。このガイドのフルカラーの PDF ファイルを参照するには、「ヘルプ」> 「Keynoteユーザーズガイド」と選択します。 第 1 章「Keynoteの概要」では、プレゼンテーションを作成するためのツールについて説明 します。第 2 章「プレゼンテーションを作成する」では、基本的なワークフローをステップ ごとに紹介します。各ステップの詳細な説明については、第 3 章から第 8章を参照してくだ さい。独自のテーマの作成方法については、第 9章「独自のマスタースライドとテーマをデ ザインする」を参照してください。 参考:このガイド(および Keynoteヘルプ)の多くの作業では、メニューコマンドを使用し ます。手順は、次のように記されています: n 「ヘルプ」>「iWork ツアー」と選択します。 最初の項目がクリックするメニューです。続く項目をこのメニューから選択します。 J2645.book Page 13 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM14 序章 ようこそ Keynote 2 へ オンスクリーンヘルプ ヘルプを表示するには、「Keynote」を開いて、「ヘルプ」>「Keynote ヘルプ」と選択しま す。目次から特定のトピックを探したり、検索フィールドに質問を入力したりして、目的の 項目を検索することもできます。 また、ヘルプタグを画面上のさまざまな項目で表示することができます。ヘルプタグを表示 するには、項目にポインタを合わせて、しばらく待ちます。 Keynoteクイックリファレンス キーボードショートカットのクイックリファレンス・ カードには、「Keynote」の多数のキー ボードショートカットの一覧が示されています。(ショートカットの全リストについては、 「ヘルプ」>「Keynote キーボードショートカット」と選択するか、オンスクリーンヘルプで 「キーボードショートカット」を検索してください。) Web 上の情報源 最新のソフトウェアアップデートや情報については、www.apple.com/jp/keynote を参照し てください。「Keynote」製品は、Web から購入することもできます。 Keynote 製品についての最新の情報を得るには: n 「ヘルプ」>「Keynote の Webページ」と選択します。 テクニカルサポート 「Keynote」では、さまざまなサポートオプションが用意されています。詳細については、 「Keynote」に付属するサービス&サポートガイドを参照するか、「ヘルプ」>「Keynoteの サポート」と選択してください。 ヘルプタグを表示するには、 項目上にポインタを置いて 待ちます。 J2645.book Page 14 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM15 1 1 Keynote の概要 この章では、Keynote で使用するウインドウとツールに ついて紹介します。 「Keynote」のスライド作成では、Keynote書類を作成します。すべてのグラフィックス、メ ディア、グラフデータを含むスライドショー全体がこの 1 つの書類に含まれるので、コン ピュータ間で簡単にやり取りできます。書類にムービーやサウンドを追加する場合は、これ を Keynote書類の一部として保存でき、ファイルを別々に送る必要はありません。 Keynote のウインドウ 「Keynote」のウインドウには、スライドキャンバス、スライドオーガナイザ、およびノート フィールドの 3 つのセクションがあり、操作時にスライドやスライドショーを詳細に表示で きます。スライド枚数の多いスライドショーでも、スライドを整理したり、スライド間を移 動したりすることは簡単です。 J2645.book Page 15 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM16 第 1 章 Keynote の概要 スライドキャンバス スライドキャンバスでは、スライドを作成します。グラフィックファイル、ムービーファイ ル、またはサウンドファイルをキャンバスにドラッグして、スライドショーに簡単に追加で きます。 スライドキャンバス: テキストを入力したりメディアを追加 したりしてスライドを作成します。 ツールバー: よく使うツールを表示する ようカスタマイズできます。 ノートフィールド:各スライドに ついてのテキストを入力します。 このノートは、聴衆には見せずに プレゼンテーション中に参照でき ます。 スライドオーガナイザ:スライドプレゼ ンテーションの視覚的なアウトラインを 示します。各スライドをサムネール表示 するか、テキストのアウトライン表示が 可能です。 J2645.book Page 16 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 1 章 Keynote の概要 17 テーマを使用して、スライドショーを作成できます。テーマは、マスタースライドの集合で あり、全体の雰囲気が統一された美しいプレゼンテーションを作成できます。 マスタースラ イドには、各種スライドのレイアウトがあらかじめデザインされていて、これに合わせた フォント、テクスチャ、グラフのプロパティなどが用意されています。各テーマには、さま ざまなマスタースライドが含まれており、タイトル、箇条書きテキストやグラフィックスを 簡単に追加できます。 スライドを使った作業では、内容をよく確認できるように、表示を拡大または縮小すること ができます。 スライドキャンバス上で拡大や縮小を行うには: n 「表示」>「拡大/縮小」><目的の拡大/縮小サイズ>と選択します。または、スライド キャンバスの左下にあるポップアップメニューで、拡大/縮小のレベルを選択します。 スライドオーガナイザ プレゼンテーションのスライドは、Keynote ウインドウの左側にあるスライドオーガナイザ を使用して整理できます。オーガナイザでは、スライドをドラッグして配置を変えたり、イ ンデントしてまとめたりできます。 スライドオーガナイザには 2 つのビューがあります。グラフィックスを重視するプレゼン テーションに適したナビゲータビューと、テキストを主に使用するプレゼンテーションに適 したアウトラインビューがあります。 ビューを切り替えるには: n 「表示」>「アウトライン」または「表示」>「ナビゲータ」と選択します(または、ツー ルバーで「表示」をクリックして、オプションを選択します)。 スライドオーガナイザを隠すには: n 「表示」>「スライドのみ」と選択します。 ナビゲータビュー ナビゲータビューでは、スライドオーガナイザにプレゼンテーションのスライドのサムネー ルイメージが表示され、グラフィックスの多いプレゼンテーションでフローを確認するのに 役立ちます。 作業中のプレゼンテーションを整理するために、スライドをインデントしてグループ化し、 スライドショーの「視覚的なアウトライン」を作成できます。開閉用三角ボタンをクリック すると、スライドのグループを表示したり隠したりできます。また、スライドショーの実行 時に表示されないように、スライドをスキップすることもできます。 J2645.book Page 17 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM18 第 1 章 Keynote の概要 ナビゲータビューを表示するには: n 「表示」>「ナビゲータ」と選択します(または、ツールバーで「表示」をクリックして 「ナビゲータ」を選択します)。 ナビゲータビューを隠すには: n 「表示」>「スライドのみ」と選択します(または、ツールバーで「表示」をクリックして 「スライドのみ」を選択します)。 ナビゲータビューの上部のバーをドラッグして、マスタースライドを表示することもできま す。マスタースライドを利用して、独自のテーマやマスタースライドのレイアウトをデザイ ンします。(独自のテーマやマスタースライドのレイアウトのデザインの詳細については、 第 9 章「独自のマスタースライドとテーマをデザインする」を参照してください。) スライドを追加するには、以下のいずれかの操作を行います: •「スライド」>「新規スライド」と選択します。 • スライドを選択して、ツールバーで「新規」をクリックするか、Returnキーを押します (この操作で、選択したスライドと同じマスターでスライドが作成されます)。 • 青い三角形が表示されるまで、Optionキーを押しながらスライドをドラッグします(この 操作で、ドラッグされたスライドが複製されます)。 • スライドを選択し、「編集」>「複製」と選択します。 • スライドを選択して「編集」>「コピー」と選択し、別のスライドを選択して「編集」> 「ペースト」と選択します(この操作で、最初のスライドがコピーされ、選択した 2 番目の スライドの後に、その複製が置かれます)。 ナビゲータビューの上部のバーを ドラッグすると、マスタースライドが 表示されます。 各スライドのグラフィックスを 一目で確認できます。 開閉用三角ボタンをクリックして、 インデントされたスライドのグループを 表示したり、隠したりします。 スライドをインデントして整理 します。スライドをインデント するには、ドラッグするか、 スライドを選択して Tabキーを 押します。 J2645.book Page 18 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 1 章 Keynote の概要 19 スライドをインデントするには: 1 ナビゲータビューで、インデントするスライドを選択します。 複数のスライドを選択するには、Shiftキーを押しながら、範囲内の最初のスライドと最後の スライドを選択します。 2 Tab キーを押します(または、選択したスライドを、青い三角形が現れるまで右にドラッグ します)。 もう一度 Tab キーを押すと、さらに深いインデントのレベルを作成できます。スライドのイ ンデントは、直前(「親」)のスライドよりも 1 レベルだけ深くできます。 スライドを上位のアウトラインレベルに移動するには: n スライドを選択して、Shift+ Tab キーを押します(または、選択したスライドを左にドラッ グします)。 スライドのグループを表示する/隠すには: n グループの最初のスライドの左側にある開閉用三角ボタンをクリックします。 スライドショーの再生時にスライドをスキップするには: n スライドを選択して、「スライド」>「スライドをスキップ」と選択します。 スキップしたスライドを表示するには: n スライドを選択して(スライドオーガナイザでは線のように表示されます)、「スライド」> 「スライドをスキップしない」と選択します。 スライドを削除するには: n スライドオーガナイザでスライドを選択して、Delete キーを押します。 削除したスライドに下位スライドがある場合(下位のスライドがグループ化されている場 合)、これらのアウトラインが 1レベル上に移動されます。 スライドと下位のすべてのスライドを一緒に削除するには: n スライドのグループを隠して(最上位スライドの左側にある三角形をクリックして)、 Deleteキーを押します。 スライドを誤って削除した場合は、すぐに「編集」>「削除の取り消し」と選択すると、元 に戻せます。 グループ化されたスライドを移動するには: n グループの最初のスライドを選択して、スライドオーガナイザ内の移動させる場所にドラッ グします。 J2645.book Page 19 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM20 第 1 章 Keynote の概要 アウトラインビュー アウトラインビューには、スライドショーの各スライドのテキストが表示されます。この ビューは、テキストに重点が置かれたプレゼンテーションのフローを確認するのに役立ちま す。スライドオーガナイザには、すべてのタイトルと箇条書きが見やすく表示されます。 アウトラインビューでは、プレゼンテーションを整理する際に、箇条書きを簡単に配置した り並べ替えたりすることができます。スライドオーガナイザで、既存のテキストに箇条書き を直接追加できます。また、箇条書きをあるスライドから別のスライドにドラッグしたり、 同じスライド内でより上位または下位にドラッグしたりすることもできます。 アウトラインビューを表示するには: n 「表示」>「アウトライン」と選択します(または、ツールバーで「表示」をクリックして 「アウトライン」を選択します)。 アウトラインビューで使うフォントを変更するには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択して、「一般」をクリックします。 2 「アウトライン表示フォント」ポップアップメニューからフォントとサイズを選択します。 アウトラインビューで箇条書きテキストを選択するには: n 行頭記号をクリックします。 アウトラインビューには、タイトルと箇条書 きのテキストが表示されます。アウトライン ビューで、テキストを直接追加または編集で きます。 スライドオーガナイザで箇条書きテキストを 隠すには、スライドのアイコンをダブル クリックします。 箇条書きを別のスライドにドラッグしたり、 新しいスライドにドラッグしたりして作成 することもできます。 ナビゲータビューと同様に、スライドショー の実行時に、表示する必要のないスライドを スキップすることができます。 箇条書きの行頭記号を左または右にドラッグ して、より上位または下位のアウトラインレ ベルに移動します。 J2645.book Page 20 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 1 章 Keynote の概要 21 下位の箇条書きと一緒に箇条書き(複数可)を選択するには: n 行頭記号とテキストの間をクリックして、下にドラッグします。 箇条書きを同じスライドの下位のアウトラインレベルに移動するには: n テキストの任意の場所をクリックして Tab キーを押すか、青い三角形が表示されるまで行頭 番号を右にドラッグします。 任意の数の行頭記号を選択(強調表示)して、Tabキーを押しても移動できます。 箇条書きを同じスライドの上位のアウトラインレベルに移動するには: n テキストの任意の場所をクリックして Shift+ Tab キーを押すか、青い三角形が表示されるま で行頭番号を左にドラッグします。 箇条書きをほかのスライドに移動するには: n 選択した箇条書きを、現在のスライドから、別のスライドにドラッグします。 箇条書きをあるスライドから移動して、新しいスライドを作成するには: n 行頭記号を、スライド内の別の箇条書きの左側に、上に青い三角形が表示されるまでドラッ グします。 スライドのすべての箇条書きを、直前のスライドの箇条書きの下位になるように配置する には: n スライドのアイコンを右にドラッグします。 スライドの箇条書きがすべて直前のスライドに移動し、最初の箇条書きが前のスライドの最 後の箇条書きと同じレベルに置かれます。 アウトラインビューをプリントするには: 1 「ファイル」>「プリント」と選択します。 2 「プリント」ダイアログで、「印刷部数と印刷ページ」ポップアップメニューから「Keynote」 を選択します。 3 「アウトライン」を選択します。 ノートフィールド ノートフィールドでは、各スライドについてのノートを入力したり確認したりします。これ らのノートをプリントしたり、プレゼンテーション中に、発表者だけが確認できるように別 のディスプレイに表示したりすることができます。 J2645.book Page 21 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM22 第 1 章 Keynote の概要 ノートフィールドを表示するには: n 「表示」>「ノートを表示」と選択します(または、ツールバーで「表示」をクリックして 「ノートを表示」を選択します)。 スライドショーの実行時にノートを表示する方法については、第 8 章「スライドショーを表 示する/プリントする/書き出す」を参照してください。 「Keynote」のツール ツールバー 「Keynote」のツールバーを使うと、プレゼンテーションの作成時に使用する操作の多くを、 クリック 1つで実行できます。「Keynote」の操作でよく使うコマンドが分かるようになった ら、ツールバーのボタンを追加または削除したり、配置を変えたりすることができます。 ノートフィールドには、 各スライドを表示する際に 説明する内容をメモして おくことができます。 インスペクタウインドウ、 メディアブラウザ、 「カラー」ウインドウ、 または「フォント」 パネルを開きます。 クリックして、新しいビュー、 テーマ、またはマスタースラ イドを選択します。 ボタンをクリックして、 スライドを追加または削除 したり、スライドショーを 再生したりします。 フリー・テキスト ボックス、図形、 表、またはグラフ を追加します。 オブジェクトのグループを 1つの オブジェクトにしたり(または 1 つの オブジェクトをいくつかに分けたり)、 オブジェクトをほかのオブジェクトの 上位/下位に移動したりします。 J2645HI Page 22 Wednesday, December 15, 2004 5:54 PM第 1 章 Keynote の概要 23 ツールバーをカスタマイズするには: 1 「表示」>「ツールバーをカスタマイズ」と選択します。 2 ツールバーに項目を追加するには、アイコンを上部のツールバーにドラッグします。 3 ツールバーから項目を削除するには、その項目をツールバーの外にドラッグします。 4 ツールバーの項目を並び替えるには、アイコンをドラッグします。 5 ツールバーのアイコンを小さくするには、「小さなサイズを使用」を選択します。 6 アイコンだけ、またはテキストだけを表示するには、「表示」ポップアップメニューでオプ ションを選択します。 ツールバーにデフォルトのセットをドラッグすると、 ツールバーのボタンのデフォルトの セットを復元できます。 ボタンの機能が分からない場合は、(カスタマイズダイアログで)ボタンをツールバーにド ラッグして、アイコン上にポインタを置くと説明(ヘルプタグ)が表示されます。 インスペクタウインドウ インスペクタウインドウを使って、スライドの書式設定を簡単に行うことができます。スラ イドショーのほとんどのエレメントは、インスペクタウインドウの 10のパネルによって書式 設定を行うことができます。 インスペクタウインドウを開くには: n 「表示」>「インスペクタを表示」と選択します(またはツールバーの「インスペクタ」を クリックします)。 上部のいずれかのボタンをクリックして、対応するインスペクタのパネルを表示します。た とえば、左から 2つ目のボタンをクリックすると、「スライド」インスペクタが表示されま す。インスペクタウインドウは同時に複数開くことができます。 いずれかのボタンをクリックして、 各インスペクタパネルを 表示します。 J2645.book Page 23 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM24 第 1 章 Keynote の概要 複数のインスペクタウインドウを同時に開くには: n 「表示」>「新規インスペクタ」と選択します。 「フォント」パネル 「Keynote」では、Mac OS X の「フォント」パネルを使用するため、コンピュータで使用す るすべてのフォントをプレゼンテーションに使用できます。 「フォント」パネルを開くには: n 「書式」>「フォント」>「フォントを表示」と選択します(またはツールバーの「フォン ト」をクリックします)。 参考:特殊なフォントを使用した Keynote書類をほかのコンピュータに送る場合は、受信側 のコンピュータにそのフォントがインストールされている必要があります。 「カラー」ウインドウ Mac OS X の「カラー」ウインドウを使用して、テキスト、図形、または影の色を選択でき ます。 「カラー」ウインドウを開くには: n 「表示」>「カラーを表示」と選択します(またはツールバーの「カラー」をクリックしま す)。 ショートカット 「Keynote」の多くのメニューコマンドおよびタスクは、キーボードを使用して実行すること ができます。キーボードショートカットの一覧は、オンスクリーンヘルプで確認できます。 キーボードショートカットの多くは、Keynoteクイックリファレンス・カードにも一覧表示 されています。 キーボードショートカットの一覧を表示するには: n 「Keynote」で、「ヘルプ」>「Keynoteキーボードショートカット」と選択します。 多くのコマンドは、操作しているオブジェクトから直接アクセスできるショートカットメ ニューからも利用できます。 ショートカットメニューを開くには: n Controlキーを押しながらオブジェクトをクリックします。 ショートカットメニューは、表やグラフを操作する際に、特に役立ちます。 J2645.book Page 24 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM25 2 2 プレゼンテーションを作成 する この章では、プロ品質のスライドプレゼンテーションを 作成するための基本的な作業とステップについて説明し ます。 手順 1:テーマを選択する Keynote プロジェクトを最初から作成するには、「Keynote」アイコンをダブルクリックし て、テーマを選択します。 「Keynote」のテーマを使用することにより、デザインに多くの時間をかけずに、見ばえのよ いプレゼンテーションを作成できます。「Keynote」の各テーマには、マスタースライドと呼 ばれるテンプレートセットが含まれており、スタイルが設定されたテキスト、箇条書き、レ イアウト、その他の書式があらかじめ設定されています。「Keynote」には、さまざまな雰囲 気やテクスチャを持つテーマがあり、多様なプレゼンテーションに合わせて使うことができ ます。 新しい Keynote 書類を選択する場合は、テーマセレクタからテーマを選択する必要がありま す。「Keynote」のスライドショーのテーマは、いつでも簡単に変更することができます。新 しい Keynote 書類に常に特定のテーマを使用するよう指定することもできます。 「PowerPoint」または「AppleWorks」のプレゼンテーションを読み込む 「Microsoft PowerPoint」または「AppleWorks」で作成したスライドプレゼンテーション がある場合は、「Keynote」に読み込んで作業ができます。単純に、「PowerPoint」または 「AppleWorks」の書類アイコンを、「Keynote」アプリケーションアイコンの上にドラッグ します。「Keynote」で書類が開き、テーマを選択することができます。 Keynote書類を PowerPoint フォーマットに書き出すこともできます。詳細については、 127 ページの「PowerPoint」を参照してください。 J2645.book Page 25 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM26 第 2 章 プレゼンテーションを作成する スライドプレゼンテーションに異なるテーマを適用するには: 1 「ファイル」>「テーマを選択」と選択して(またはツールバーの「テーマ」をクリックし て「テーマセレクタ」を選択し)、テーマを選択します。 2 スライドのサイズを選択します。 スライドのサイズについて:ほとんどのプロジェクタでは、デフォルトサイズの 800× 600 のスライドで最適な結果が得られます。比較的新しいプロジェクタでは 1024 ×768の解像 度で表示できます。これ以上のサイズで表示可能なディスプレイを使用する場合は、 Keynote プレゼンテーションにカスタムのスライドサイズを設定できます。詳細については、 121 ページの「スライドのサイズを変更する」を参照してください。 3 「選択」をクリックします。 新規書類に、常に特定のテーマを使うよう指定できます。 新規書類に使うテーマを指定するには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択して、「一般」をクリックします。 2 「テーマを使用」を選択して、「選択」をクリックします。 3 テーマを選択して、「選択」をクリックします。 テーマを編集したり、独自のテーマを作成したりするには、第 9章「独自のマスタースライ ドとテーマをデザインする」を参照してください。プレゼンテーションに複数のテーマを使 用する場合は、33 ページの「複数のテーマを使う」も参照してください。 スライドショーのタイプ 「Keynote」では、プレゼンテーションの使用方法に応じて、3種類のプレゼンテーション を作成できます。これらのタイプを考慮してデザインを行うことをお勧めします。 • 通常:プレゼンテーションの制御をマウスのクリックまたはキーボードにより行います。 デフォルトでは、自動再生またはハイパーリンクのみのスライドショーにしていなけれ ば、通常(対話型)のスライドショーになります。 • 自動再生:プレゼンテーションが映画のように自動的に進行します(対話的な操作はで きません)。このオプションでは、たとえばキオスクモードでのプレゼンテーション再生 が可能です。このタイプのプレゼンテーションの作成方法については、113 ページの「自 動再生プレゼンテーション」を参照してください。 • ハイパーリンクのみ:ハイパーリンクをクリックしてプレゼンテーションをナビゲート します。このタイプのプレゼンテーションの作成方法については、115 ページの「ハイ パーリンクのみのプレゼンテーション」を参照してください。 J2645.book Page 26 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 2 章 プレゼンテーションを作成する 27 手順 2:スライドを作成する テーマを選択すると、スライドオーガナイザに 1 枚のスライドが表示されます。このスライ ドから開始して、テキスト、グラフィックス、ムービーおよびサウンドなどを追加できます。 必要に応じて、書類に新しいスライドを追加することもできます。 スライドを追加するには、以下のいずれかの操作を行います: •「スライド」>「新規スライド」と選択します(またはツールバーの「新規」をクリックし ます)。 • ツールバーの「新規」をクリックします。 • スライドオーガナイザでスライドを選択して、Returnキーを押します。 重要:作業はこまめに「ファイル」>「保存」と選択して保存するようにしてください。 Keynote 書類の保存の詳細については、33ページの「手順 4:スライドショーを保存する」 を参照してください。 作業時、個々のスライドにテキストやグラフィックスを配置する際に、別のスライドレイア ウトを使用したい場合があります。マスタースライドには、必要性が高いと思われるレイア ウトが用意されています。 マスタースライドを使う 「Keynote」の各テーマには、一連のマスタースライドがあります。それぞれのマスタースラ イドには異なるレイアウトが設定され、タイトルと本文のテキストのプレースホルダや、グ ラフィックス、表およびグラフに対するオブジェクトのプレースホルダなどが含まれてい ます。 ほとんどのテーマには、以下のようなマスタースライド・レイアウトが含まれています: 新規スライドを作成する際は、選択したスライドのマスタースライドが使用されます。(ただ し、選択したスライドが最初のスライドの場合は、タイトル&サブタイトルが使用されま す。)スライドのマスタースライド・レイアウトは、いつでも変更することができます。 マスタースライド 推奨する使用方法 タイトル プレゼンテーション内のタイトルページまたはセクションタイトル タイトル&サブタイトル サブタイトルを記述するタイトルページ、またはセクションタイトル 箇条書き 箇条書きのテキストを使用する一般的な内容ページ(スライド全体がテ キスト領域になる) タイトル&箇条書き(左) 箇条書きのテキストを左側に、グラフィックスを右側に配置する内容 ページ タイトル、箇条書き、画像 テキストと写真によるタイトルページまたはセクションタイトル 空白 グラフィックスを多用するレイアウト J2645CP Page 27 Wednesday, December 22, 2004 6:51 PM28 第 2 章 プレゼンテーションを作成する あるスライドのマスターを変更するには: 1 マスタースライド・レイアウトを変更するスライドを選択します。 2 ツールバーの「マスター」をクリックします。 3 リストからマスタースライドを選択します。 テーマやマスタースライドの変更の詳細については、 第 9章「独自のマスタースライドと テーマをデザインする」を参照してください。 テキストを追加する マスタースライドのスライドタイトルと本文テキストには、テキストのプレースホルダがあ ります。これは、入力して置き換えることができます。タイトルテキストには、本文テキス トよりも大きなサイズが使われています。ほとんどの場合、本文テキストは箇条書きですが、 箇条書きではない本文テキストを使用するマスタースライドもあります。スライドの内容に 最適なタイトルテキストと本文テキストの組み合わせのマスタースライドを選択します。 スライドにタイトルテキストを追加するには: n スライドキャンバス内のタイトルテキストボックスの内側をダブルクリックして、テキスト を入力します。 箇条書きテキストを追加するには: n スライドキャンバス内の箇条書きの本文テキストボックスの内側をクリックして、テキスト を入力します。 箇条書きの次の行に移動するには、Return キーを押します。箇条書きの行をインデントする には、Tabキーを押します。箇条書きの行を上のインデントレベルに移動するには、Shift+ Tab キーを押します。 行頭記号なしのテキストの作成方法については、37ページの「行頭記号なしのテキストを追 加する」を参照してください。 J2645.book Page 28 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 2 章 プレゼンテーションを作成する 29 スライドのテキストや箇条書きの外観は、「テキスト」インスペクタや「グラフィック」イン スペクタを使用して変更できます。箇条書きスタイルの変更や、箇条書き以外のテキストの 追加など、インスペクタを使用してテキストを変更する方法の詳細については、第 3 章「テ キスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する」を参照してください。 タイトルテキストボックスをダブルクリックして、 タイトルを入力します。フォントとテキストの サイズは、あらかじめ設定されています。 メディアブラウザまたは Finder からスライドに グラフィックファイルを ドラッグします。 本文テキストボックスをダブル クリックして、箇条書きテキストを 入力します。箇条書きのスタイル、 フォント、およびテキストのサイズ はあらかじめ設定されています。 J2645.book Page 29 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM30 第 2 章 プレゼンテーションを作成する グラフィックスを追加する グラフィックスをスライドに追加するには、以下のいずれかの操作を行います: •「表示」>「メディアブラウザを表示」と選択して(または、ツールバーで「メディア」を クリックして)、「iPhoto」を選択し、写真をスライドキャンバスにドラッグします。 • グラフィックファイルを Finderからスライドキャンバスにドラッグします。 •「挿入」>「選択」と選択し、グラフィックファイルを選択して「挿入」をクリックします。 • グラフィックスが配置された新しいスライドを作成するには、グラフィックファイルを Finder からスライドオーガナイザにドラッグします。 グラフィックスの色、配置、向きなどのプロパティを変更することができます。これらの調 整は、インスペクタで行うことができます。オブジェクトの配置、サイズ、および向きは 「位置と回転」インスペクタで設定します。影、塗りつぶし、および不透明度は、「グラ フィック」インスペクタで設定します。インスペクタで属性を設定する方法の詳細について は、第 3 章「テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する」を参照して ください。 複雑なデータや数値データを分かりやすく視覚的に表現するために、 表やグラフを使用でき ます。「Keynote」には、テーマごとに表やグラフが用意されています。表やグラフの追加の 詳細については、第 5 章「表を作成する」および第 6 章「グラフを作成する」を参照してく ださい。 配置ガイドとルーラを使う スライドキャンバス上でテキストやグラフィックスを移動すると、黄色い配置ガイドが現れ ます。これらのポップアップガイドは、キャンバス上でオブジェクトの中央揃えや整列をす る際に役立ちます。これらのガイドは、オブジェクトの中央や端がほかのオブジェクトの中 央や端に配置されたり、スライドキャンバスの中央に配置されたりすると、表示されます。 独自の配置ガイドを作成して、連続するスライド上の同じ位置にスライドのエレメントを正 確に配置するために役立てることもできます。作成したものも含め配置ガイドは、プレゼン テーションの際には表示されず、スライドを編集するときにだけ表示されます。 「Keynote」では、スライドキャンバスでオブジェクトを移動した場合にオブジェクトの左上 隅の Xおよび Y 座標値が表示されます。また、回転した場合は、オブジェクトの角度が示さ れます。オブジェクトのサイズを変更すると、オブジェクトの幅と高さがサイズタグに表示 されます。 ルーラをオンにすると、スライドキャンバス上でオブジェクトを配置するのに便利です。 ルーラには、スライドの端からのオブジェクトの距離が(指定した単位で)示されます。 J2645.book Page 30 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 2 章 プレゼンテーションを作成する 31 ルーラをオンにするには: n 「表示」>「ルーラを表示」と選択します。 ルーラの計測単位を変更するには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択して、「ルーラ」をクリックします。 2 「ルーラの単位」ポップアップメニューから項目を選択します。 「ルーラの単位をパーセントで表示」の選択が解除されていることを確認します。このオプ ションを選択すると、選択した単位ではなく、スライドのサイズに対する割合で示されます。 ルーラの横方向の原点をスライドの左端に合わせるには: n 「Keynote」の「環境設定」の「ルーラ」パネルで、「起点をルーラの中央に配置」を選択解 除します。 グラフィックスをスライド上の目的の位置に正確に配置したら、作業中に誤って動かしてし まうことがないように、スライドキャンバスにロックすることができます。 オブジェクトをスライドキャンバスにロックするには: n オブジェクトを選択して、「配置」>「ロック」と選択します。 スライドキャンバスにロックされたオブジェクトは変更できません。 オブジェクトのロック を解除するには、「配置」>「ロック解除」と選択します。 参考:オブジェクトを何度もロックしたりロック解除したりする場合は、これらのコマンド のボタンをツールバーに追加することができます。「表示」>「ツールバーをカスタマイズ」 と選択します。 配置ガイドの表示と動作を変更する スライドに独自の配置ガイドを配置して、オブジェクトを目的の位置に配置するために役立 てることができます。 スライドに配置ガイドを配置するには: 1 「表示」>「ルーラを表示」と選択して、スライドキャンバスの上部および左側にルーラを 表示させます。 2 ルーラ上にポインタを置いて、スライドキャンバスにドラッグします。 3 黄色のガイドをスライドキャンバス上の適当な場所にドラッグします。 配置ガイドをマスタースライドに追加すると、このマスターを使用する新規スライドにガイ ドを表示することができます。詳細については、132ページの「配置ガイドを追加する」を 参照してください。 J2645.book Page 31 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM32 第 2 章 プレゼンテーションを作成する スライドに配置した配置ガイドを削除するには: n 配置ガイドを、スライドキャンバスの外側にドラッグします。 配置ガイドが操作の邪魔になる場合は、一時的に隠すことができます。 ポップアップ配置ガイドを一時的に隠すには: n コマンドキーを押しながらオブジェクトをドラッグします。 ポップアップ配置ガイドおよびサイズタグと位置タグは、「Keynote」の「環境設定」の 「ルーラ」パネルでオフにできます。配置ガイドを、オブジェクトの端がそろったとき、また はオブジェクトの中央がそろったときにだけ表示されるように設定することもできます。 オブジェクトの移動時に表示する配置ガイドおよびタグの動作を変更するには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択して、「ルーラ」をクリックします。 2 オブジェクトの中央の位置が別のオブジェクトやスライドキャンバスの中央とそろったとき にガイドを表示しないようにするには、「オブジェクトの中央でガイドを表示」の選択を解 除します。 3 オブジェクトの端の位置が別のオブジェクトやスライドキャンバスの中央とそろったときに 配置ガイドを表示するには、「オブジェクトの端でガイドを表示」を選択します。 4 サイズタグと配置タグを表示しないようにするには、「一般」をクリックして、「オブジェク トの移動時にサイズと位置を表示」を選択解除します。 配置ガイドの色を変更するには: n 「Keynote」の「環境設定」の「ルーラ」パネルで、配置ガイドのカラーウェルをクリックし て、「カラー」ウインドウで色を選択します。 手順 3:スライドを整理する スライドオーガナイザ内でスライドをドラッグして、 プレゼンテーションのスライドの順番 を変更します。 スライドは、関連する一連のスライドをインデントして、アウトラインで整理することがで きます。また、作業中に、個々のスライドやスライドのグループを表示したり、隠したりで きます。スライドオーガナイザでスライドをインデントしたり隠したりしても、最終的なプ レゼンテーションの流れには影響しません。これらの設定は、大量のスライドを整理したり、 スライド間の移動を簡単にするために利用する手段であって、実際のスライドの流れに影響 するものではありません。 J2645.book Page 32 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 2 章 プレゼンテーションを作成する 33 スライドのインデントおよび整理の詳細については、17ページの「ナビゲータビュー」およ び 20 ページの「アウトラインビュー」を参照してください。 複数のテーマを使う プレゼンテーションで図形を使用する際には、同じプレゼンテーション内の異なるスライド に別のテーマを使用することが必要になることもあります。たとえば、過去の営業実績のス ライドを特定の外観にして、販売予測に関するスライドをそれ以外の外観にすることもあり ます。 1 つの書類で複数のテーマを使うには: 1 スライドオーガナイザで、異なるテーマを適用するスライドを選択します。 2 「ファイル」>「テーマを選択」と選択します。 3 テーマを選択して、「テーマの適用先」ポップアップメニューから「選択したスライド」を 選択します。 4 個々のスライドでテーマのデフォルトを変更して、新しいテーマに組み込むには、「テーマ のデフォルトに対する変更を継承」を選択します。 たとえば、一部のスライドで背景の塗りつぶしを変更し、その塗りつぶしを新しいテーマで 使用する場合に、このオプションを選択します。このオプションを選択しなかった場合、ス ライドは、新しいテーマの背景塗りつぶしを使用します。 5 「選択」をクリックします。 スライドを選択して、ツールバーの「テーマ」をクリックし、テーマを選択することもでき ます。この場合、新しいテーマが選択したスライドに適用されます。 プレゼンテーション内を移動する プレゼンテーション内の最初または最後のスライド、 直前のスライドや次のスライドに簡単 に移動することができます。 特定のスライドにジャンプするには: n 「スライド」>「移動」><オプション>と選択します。 手順 4:スライドショーを保存する 書類はこまめに保存してください。「Keynote」には、スライドショーの保存で、前のバー ジョンを保存したり、オーディオおよびムービーファイルを書類の一部として保存したりす る特殊なオプションが用意されています。(詳細については、26 ページの「スライドショー のタイプ」を参照してください。) J2645.book Page 33 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM34 第 2 章 プレゼンテーションを作成する Keynote 書類を保存するには: 1 「ファイル」>「保存」と選択します。 2 書類の名前を入力して、保存する場所を選択します。 3 「保存」をクリックします。 状況によっては、詳細なオプションを使用した保存が可能です。これらのオプションを表示 するには、「保存」ダイアログのファイル名の右側にある開閉用三角ボタンをクリックします。 • サウンドまたはムービーを書類に追加しているときに、スライドショーをほかのコン ピュータに転送する場合は、「オーディオとムービーを書類にコピー」を選択します。(デ フォルトでは、このオプションは選択されています。) このオプションを選択しないと、スライドショーをほかのコンピュータに転送する場合に、 サウンドおよびムービーファイルも送る必要があります。このオプションを選択すると、 書類ファイルのサイズが大きくなります。(「別名で保存」を使用して)メディアファイル を含めるのは、スライドショーをほかのコンピュータに送る場合だけにすることをお勧め します。 • 使用するテーマがインストールされていないコンピュータで書類を開く場合は、「テーマの イメージを書類にコピー」を選択します。 このオプションを使用すると、テーマがない場合でも、すべてのテーマコンポーネントを 正しく表示できます。このオプションを選択すると、 書類ファイルのサイズが大きくなり ます。 スライドショーを変更したとき、1 つ前のバージョンを保存することができます。 Keynote 書類を保存する際に前のバージョンのコピーを保存するには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択して、「一般」をクリックします。 2 「以前のバージョンをバックアップ」を選択します。 3 「ファイル」>「保存」と選択します。 このオプションを選択すると、書類を保存するたびに、以前保存された書類のバージョンに 「<書類名>のバックアップ」という名前が付けられ、書類と同じフォルダに保存されます。 このバックアップファイルには、最後に保存してからの変更内容は反映されません。最新の 変更内容を含む書類は、開かれたままです。(このオプションを選択しても、最初に書類を保 存するときには、バックアップバージョンは作成されません。) J2645.book Page 34 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 2 章 プレゼンテーションを作成する 35 手順 5:スライドショーを再生する 完成したプレゼンテーションは、コンピュータのディスプレイ上に表示したり、大勢の聴衆 に向けてスクリーンに投影したりすることもできます。 コンピュータ上でプレゼンテーションを再生するには: 1 Finder で、Keynote 書類のアイコンをダブルクリックします。 2 「表示」>「スライドショーを再生」と選びます(または、ツールバーの「再生」をクリッ クします)。 参考:「再生」をクリックすると、現在選択されているスライドからスライドショーが再生さ れます。現在のスライドが先頭ではない場合にスライドショーを先頭から再生するには、 Option キーを押しながら「再生」をクリックします。 3 次のスライドを表示したり、スライド上の次のオブジェクトビルドを表示したりする場合に クリックします。 4 スライドショーを停止するには、Q または Esc キーを押します。 「Keynote」には、スライドショーを共有するための多くのオプションが用意されており、大 型スクリーンまたは追加のディスプレイでの再生や、QuickTime ムービー、Flashムービー、 PDFファイル、PowerPoint プレゼンテーションの作成またはプリントなどを行えます。ス ライドショーの表示や共有の詳細については、第 8 章「スライドショーを表示する/プリン トする/書き出す」を参照してください。 J2645.book Page 35 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PMJ2645.book Page 36 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM37 3 3 テキスト、グラフィックス、および その他のメディアで作業する テキスト、グラフィックス、サウンド、ムービーは、簡 単に追加して編集することができます。この章では、プ レゼンテーションにさまざまなメディアを追加する方法 について詳しく説明します。 テキストとテキストプロパティを編集する テキストボックスや図形にテキストを追加するには、 テキストボックスや図形をクリックし て選択し、入力します。 テキストボックスにテキストを入力および編集するには: 1 テキストをダブルクリックして入力します。 2 「テキスト」インスペクタ、または「フォント」パネルでテキストの色、配置、およびフォ ントを調整します。調整の方法については、38 ページの「箇条書きテキストと番号付き箇条 書きを書式設定する」で説明します。 行頭記号なしのテキストを追加する テキストボックスで行頭記号を使用しない場合は、スライドにフリー・テキストボックスを 追加できます。 参考:テーマによっては、行頭記号を使用していない本文テキストボックスを含むマスター スライドが用意されています。行頭記号のスタイルに「なし」を選択して行頭記号なしの本 文テキストを作成することもでき、箇条書きテキストの場合と同じようにテキストをインデ ントできます。 フリー・テキストボックスのテキストは、アウトラインビューには表示されません。 フリー・テキストボックスを作成するには(行頭記号なしのテキスト): 1 「挿入」>「テキスト」と選択します(または、ツールバーの「テキスト」をクリックしま す)。 2 表示されたテキストボックス内をダブルクリックして入力します。 J2645.book Page 37 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM38 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 参考:フリー・テキストボックスでは、書式設定された箇条書きは使用できません。箇条書 きテキストを書式設定するには(2 行目以降のテキストを先頭行のテキストにそろえて、「ぶ ら下がり」インデントにする)、本文テキストボックスを使用する必要があります。(61 ペー ジの「レイアウトを修正する」を参照してください。) 3 入力したら、テキストボックスの外側をクリックします。また、テキストの編集をやめてテ キストボックスの選択に戻るには、コマンド+ Return キーを押します。 4 幅を変更するには、テキストボックスのハンドルをドラッグします。 フリー・テキストボックスは、入力テキストの長さに合わせて自動的に伸縮します。 ドラッ グして縦方向に大きくすることはできません。入力テキストを増やさずにフリー・テキスト ボックスを縦に長くする場合は、選択ハンドルをドラッグして幅を狭めると縦方向に大きく なります。 テキストボックスは、スライド上のどの場所にもドラッグすることができます。テキスト ボックスの変更の詳細については、47 ページの「オブジェクトをサイズ変更する/移動する /レイヤー化する」を参照してください。 参考:図形内にテキストを入力することもできます。 詳細については、45 ページの「図形に テキストを追加する」を参照してください。 箇条書きテキストと番号付き箇条書きを書式設定する テキストのフォント、色、単語や行の間隔などのプロパティは、いつでも変更することがで きます。箇条書きテキストの場合、用意されている一連の行頭記号と連番スタイルから選択 できます。独自に作成したイメージを行頭記号に使用することもできます。ほとんどのテキ スト修正は、「テキスト」インスペクタと「フォント」パネルから行うことができます。 また、テキストの色、影、不透明度、および方向を画面上で変更して、視覚的に目立つ効果 を作成することもできます。これらのオプションの詳細については、 第 4章「オブジェクト プロパティを変更する」を参照してください。 フォントを変更するには: 1 変更するテキストを選択して、「フォーマット」>「フォント」>「フォントパネルを表示」 と選択します(または、ツールバーの「フォント」をクリックします)。 2 「フォント」パネルで、フォントとサイズを選択します。 「テキスト」インスペクタを使う 「テキスト」インスペクタでは、スライドで使用するすべてのテキストの基本的なテキストプ ロパティを調整できます。「テキスト」インスペクタを使用して、選択したテキストの色、配 置、および間隔を変更します。箇条書きテキストを選択する場合は、行頭記号のスタイルも 変更できます。 J2645.book Page 38 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 39 「テキスト」インスペクタを表示するには: n 「表示」>「インスペクタを表示」と選択して(または、ツールバーの「インスペクタ」を クリックして)、「テキスト」インスペクタボタンをクリックします。 テキストの色を変更するには: 1 変更するテキストを選択します(または、テキストをクリックして挿入ポイントを決めま す)。 2 「テキスト」インスペクタで、カラーウェルをクリックします。 3 「カラー」ウインドウで色を選択します。 テキストボックス内のテキストは、左、右、中央、または左右両方(「両端揃え」)に位置を そろえることができます。テキストボックスの上、中央、または下に配置することもでき ます。 カラーウェルをクリックし、 選択したテキストの色を 変更します。 「テキスト」インスペクタボタン このボタンを使用して、 テキストをそろえます。 スライダをドラッグして、 選択したテキストの文字、行、 段落の間隔を調整します。 テキストとそれを含むテキスト ボックス、表のセル、図形との 間隔を変更します。 J2645.book Page 39 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM40 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する テキストの配置を調整するには: 1 変更するテキストを選択します。 2 「テキスト」インスペクタの上部にある横、または縦の配置ボタンをクリックします。 参考:テキストが多すぎる(表示領域よりも多くのテキストが含まれている) 本文テキスト ボックスは、必ず上揃えになります。フリー・テキストボックスには、縦方向の配置オプ ションは影響しません。 段落内または箇条書きテキストの行間隔を調整するには: 1 変更するテキスト選択します(またはテキストボックスを選択します)。 2 「テキスト」インスペクタで、「行」スライダをドラッグし、行間を調整します。 スライダを左にドラッグすると、選択した行間は狭くなり、右にドラッグすると行間は広く なります。 段落内のテキストの行間隔は、ポイント単位で正確に設定できます。また、プリセット単位 を使用することもできます。プリセット単位は行間隔ポップアップメニューで選択できます。 段落内テキストに正確な行間隔の値を設定するには: 1 変更するテキストを選択します。 2 「テキスト」インスペクタで、行間隔フィールドに値を入力します。 縦方向の配置ボタンを使用して、 テキストボックスの上、中央、 または下にテキストをそろえ ます。 横方向の配置ボタンを使用して、 左、中央、右、左右(両端)に テキストをそろえます。 行間隔ポップアップメニュー: 上向き/下向き三角形をクリッ クして、プリセットされた行間 隔を選択します。 行間隔フィールド:値を入力し (または上向き/下向き三角形 をクリックし)、段落内のテキ ストの行間隔を指定します。 J2645.book Page 40 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 41 3 行間隔ポップアップメニューからオプションを選択します。 • 1 行:テキストの標準的な行間隔です。 • 2 行:テキストの行間にさらに間隔を加えます。 • 倍数:1 行から 2行の間の行間隔、または 2 行より大きい行間隔を設定します。 • 最小値:行間隔の最小の値を指定します。この値より大きいフォントを使用した場合は重 なり合わないだけの間隔がとられます。この設定は、行間隔を固定しながら、テキストが 大きくなったときには重ならないようにする場合に使用します。 • 固定値:指定した値がフォントサイズにたし合わされるか、サイズから引かれます。フォ ントサイズの変更に合わせて、行の下端と次の行の上端の間隔も変更します。 このオプ ションを使用すると、フォントサイズに関係なく、アセンダーとディセンダーの間隔を設 定できます。 段落または箇条書きの前後の間隔を調整する: 1 変更するテキストを選択します。 2 「テキスト」インスペクタで、「段落の前」または「段落の後」のスライダをドラッグしま す。テキストボックスに数値(5 ポイントなど)を入力することもできます。 文字間隔を調整するには: 1 変更するテキストを選択します。 2 「テキスト」インスペクタで、「文字」スライダをドラッグします。 スライダを左にドラッグすると、文字の間隔は狭くなり、右にドラッグすると広くなります。 テキストとそれを含むオブジェクト(テキストボックス、図形、表のセル)との間隔を変更 できます。この間隔は、「挿入余白」と呼びます。指定された値は、テキストの周囲すべてに 等しく適用されます。 参考:箇条書きテキストでは、挿入余白は調整できません。 テキスト周囲の余白を 指定します。 J2645.book Page 41 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM42 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する テキスト周囲の余白を調整するには: 1 テキストを選択します。 2 「テキスト」インスペクタで、「余白を挿入」スライダをドラッグするか、「余白を挿入」 ボックスに値を入力する、または上向き/下向き三角形をクリックして Returnキーを押し ます。 箇条書きの行頭記号を変更するには: 1 行頭記号を変更するテキストを選択するか、すべての行頭記号を変更する場合は本文テキス トボックスを選択します。 2 「テキスト」インスペクタで、「行頭記号・数字」をクリックします。 3 ポップアップメニューからオプションを選択します。 オプションによっては、右にある フィールドでサイズと縦の配置を調整できます。 • 行頭文字:行頭文字のスタイルのポップアップメニューからオプションを選択するか、使 用する文字(任意のキーボードの文字)をテキストボックスに入力します。テキストの行 頭文字の色を変更するには、カラーウェルをクリックし、「カラー」ウインドウで色を選択 します。 • イメージの行頭記号:いずれかのイメージを選択します。 • カスタムイメージ:イメージファイルを選択するか、Finderまたはメディアブラウザから イメージウェルにイメージをドラッグします。多くの場合、イメージを行頭記号に使用す るには、サイズを非常に小さくする必要があります。 • 数値:数値のスタイルのポップアップメニューから書式を選択します。 • なし:行頭記号なしのテキストを作成します。(フリー・テキストボックスを代わりに使用 することもできますが、フリー・テキストボックス内のテキストは、アウトラインビュー では表示またはプリントされません。) 重要:「文との比率を固定」チェックボックスを選択すると、フォントサイズを変更しても、 「サイズ」フィールドで指定した行頭記号とテキストの比率が維持されます。 行頭記号のタイプ、スタイル、色、位置、 およびサイズを選択します。 クリックして箇条書きの書式を設定します。 J2645TG Page 42 Wednesday, December 22, 2004 6:42 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 43 行頭記号のテキストに対する縦方向の位置を調整するには: 1 変更するテキストを選択します。 2 「テキスト」インスペクタの「行頭記号・数字」パネルで、「配置」ボックスに数値を入力し ます(または上向き/下向き三角形をクリックします)。 テキストのインデントとタブを設定する すべてのテキストボックスには、あらかじめデフォルトのインデントとタブが設定されてい ます。「表示」>「ルーラを表示」と選択して、スライド上のテキストを選択すると、横方向 のルーラにインデントとタブのマーカーが表示されます。これらのマーカーをドラッグして、 テキストのインデントとタブを変更することができます。 タブを設定するには: 1 調整するテキストをクリックします。 2 横方向のルーラをクリックして、タブを適当な位置にドラッグします。 タブのタイプを変更するには: n Controlキーを押しながらタブのアイコンをクリックして、ショートカットメニューからタ ブの種類を選択します。または、使用するタブのタイプが表示されるまで、ルーラのタブア イコンを繰り返しダブルクリックします。 箇条書きまたは表のテキストにタブを挿入するには: n Option + Tabキーを押します。 ルーラをクリックするとタブが作成され ます。タブのアイコンをダブルクリック すると、タイプを変更できます。 これらのマーカーは、行頭記号、 箇条書きの先頭行および 2行目 以降の行の左端の位置を示し ます。 これらのタブの種類から 選択します。 J2645.book Page 43 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM44 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 箇条書きテキストで使用するインデントも調整が可能です。箇条書きの左端の位置を指定し たり(たとえば下位の箇条書きをインデントするため)、行頭記号とテキストの間隔や、次の 行に折り返した箇条書きテキスト(2行目以降のテキスト)の開始位置を指定したりするこ とができます。 箇条書きテキストのインデントを設定するには: 1 調整する箇条書きテキストを選択します。 2 行頭記号の左端を設定するには、正方形のアイコンをドラッグします。 3 行頭記号に続くテキストの開始位置を設定するには、 長方形のアイコンをドラッグします。 4 2 行目以降のテキストの左余白を設定するには、左端の下向き三角形をドラッグします。 5 右余白を設定するには、右端の下矢印をドラッグします。 イメージを追加する プレゼンテーションには、さまざまな種類のグラフィックスを追加できます。たとえば、写 真、ほかのアプリケーションで作成したグラフィックファイル、および「Keynote」で直接 描画した単純なオブジェクトなどです。 「Keynote」は、以下に示すフォーマットを含む、すべての標準のグラフィック・ファイル フォーマットに対応しています: • PICT • GIF • TIFF • JPEG • PDF • MOV ドラッグして、折り返したテキスト (2 行目以降のテキスト)の左端を 設定します。 ドラッグして行頭記号の 左端を設定します。 ドラッグして、行頭記号に続く テキストの左端を設定します。 J2645.book Page 44 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 45 図形を追加する 「Keynote」では、直線、四角形、角丸四角形、楕円形、三角形、矢印などの図形を直接描画 できます。 図形を追加するには: 1 「挿入」><図形>と選択します(または、ツールバーで「図形」をクリックして図形を選 択します)。 2 選択ハンドルをドラッグして図形のサイズを変更します。 スライドキャンバス上に、目的のサイズで図形を描画することもできます。 スライドキャンバス上に図形を描画するには: 1 Option キーを押しながら、ツールバーの「図形」をクリックして、図形を選択します。 2 Option キーを放して、ポインタをスライドキャンバス上に移動すると、ポインタが十字線に なります。 3 スライドキャンバス上でポインタをドラッグして、図形を作成します。 図形の形状を固定するには(たとえば、三角形の各辺の長さの比率を固定するには)、Shift キーを押しながらドラッグします。 図形にテキストを追加する いずれの図形にもテキストを追加することができます。 図形にテキストを追加するには: n 図形をダブルクリックして、テキストを入力します。 図形内のテキストは、ほかのテキストと同様に書式設定できます。テキストが図形に入りき らない場合は、クリッピングインジケータ(+)が表示されます。図形のサイズを変えると、 テキストをすべて表示できます。 描画したオブジェクトの線の色や塗りつぶしの色を変更できます。詳細については、第 4 章 「オブジェクトプロパティを変更する」を参照してください。 「+」は、図形のテキストに表示 されていない部分があることを 示します。テキストをすべて表示 するには、オブジェクトのサイズ を変更します。 J2645.book Page 45 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM46 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 「iPhoto」からピクチャを追加する イメージは、メディアブラウザ(または iPhotoライブラリ)からスライドに直接にドラッグ することができます。 メディアブラウザからイメージを追加するには: 1 「表示」>「メディアブラウザを表示」と選択します。 2 ポップアップメニューから「iPhoto」を選択します。 3 スライドに写真をドラッグします。 その他の外部グラフィックスを追加する ほかのアプリケーションで作成したグラフィックファイルは、簡単に Keynoteスライドに追 加できます。 別のソースからグラフィックファイルを追加するには: n 「挿入」>「選択」と選択して、ファイルを選択します(または、Finderからスライドに ファイルをドラッグします)。 グラフィックオブジェクトの不透明度と影を調整できるほか、スライド上の位置や方向を細 かく調整できます。詳細については、第 4 章「オブジェクトプロパティを変更する」を参照 してください。 PDF ファイルをグラフィックスとして使う グラフィックスのサイズを大幅に拡大または縮小する場合は、PDF ファイルに変換してから 「Keynote」で使用することを考慮してみてください。PDF ファイルは、大幅にサイズを変更 しても、表示品質が落ちることはありません。ほかの種類のファイルでは、拡大または縮小 した際に鮮明でなくなる場合があります。 また、PDF ファイルを使用すれば、表形式データを「Excel」や「AppleWorks」書類から 「Keynote」に簡単に追加できます。これらのアプリケーションで詳細に書式設定された表を スライドショーで表示する場合、スプレッドシートを PDF ファイルとして保存すれば、ほか の外部のグラフィックファイルと同じようにスライドに追加できます。 Excelまたは AppleWorks ファイルを PDF ファイルに変換するには: 1 「Excel」のスプレッドシートを変換する場合は、スライドショーに表示するセルの範囲を選 択します。 2 「ファイル」>「プリント」と選択します。 3 Excel 書類を変換する場合は、(「作業中のシート」ではなく)「選択した部分」を選択します。 J2645.book Page 46 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 47 4 「印刷部数と印刷ページ」ポップアップメニューから「出力オプション」を選択し、「ファイ ルとして保存」チェックボックスを選択します。 5 「フォーマット」ポップアップメニューから「PDF」を選択します。 6 「PDF として保存」をクリックします。 7 「ファイルに保存」ダイアログで PDF ファイルの名前を入力し、保存する場所を選択して、 「保存」をクリックします。 ムービー、グラフ、表、ハイパーテキストリンク、Web ページなど、別のタイプのオブジェ クトも追加できます。詳細については、54 ページの「ムービーまたはアニメーションを追加 する」、56 ページの「Web ページとハイパーリンクを追加する」、第 5 章「表を作成する」、 第 6 章「グラフを作成する」を参照してください。 オブジェクトをサイズ変更する/移動する/レイヤー化する テキストとグラフィックスは、スライドキャンバス上に配置されるとほとんど同じように扱 われます。テキストやグラフィックスは互いの前後に移動でき、書式設定や操作の方法はど ちらも同じです。 オブジェクトを移動するには: n オブジェクトをクリックして選択し(選択ハンドルを表示する)、ドラッグします。 オブジェクトのサイズを誤って変更しないよう、選択ハンドル自体をドラッグしないでくだ さい。 オブジェクトのサイズを変更するには: 1 オブジェクトをクリックして選択します。 このポップアップメニュー から「出力オプション」を 選択します。 クリックして、PDF として保存します。 「ファイルとして保存」を選択します。 「PDF」を選択します。 J2645TG Page 47 Wednesday, December 15, 2004 5:57 PM48 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する テキストを選択している場合は、コマンド+ Returnキーを押すと、テキストボックス、図 形、または表のセルを選択できます。 2 両方向矢印に変化するまで、ポインタを選択ハンドルに近付けます。 3 選択ハンドルをドラッグして、オブジェクトを拡大または縮小します。 中心位置を動かさずにオブジェクトのサイズを変更するには、Optionキーを押しながらド ラッグします。 拡大時、または縮小時にオブジェクトの比率を維持するには、Shift キーを押しながらドラッ グします。 スライドキャンバス上でオブジェクトをほかのオブジェクトの前後に移動するには: 1 移動するオブジェクトを選択します。 2 「配置」>「前面へ」または「背面へ」と選択します。 3 ステップ 2を繰り返して、オブジェクトを適切な位置に配置します。 4 レイヤー化されたオブジェクトの一番下または一番上にオブジェクトを移動するには、「配 置」>「最前面へ」または「最背面へ」と選択します。 参考:「前面へ」および「背面へ」ボタンをツールバーに追加することもできます。「表示」 >「ツールバーをカスタマイズ」と選択してください。 オブジェクトを回転させるには: 1 オブジェクトを選択します。 2 コマンドキーを押しながら、ポインタを選択ハンドルに移動します。 ポインタが両端に矢印 の付いた曲がったものに変わります。 3 選択ハンドルをドラッグしてオブジェクトを回転します。 「位置と回転」インスペクタで「回転」ホイールを回すか、「角度」フィールドに値を入力す ることもできます。 これらのボタンによりオブジェクトを レイヤーの最前面または最背面に移動 します。 これらのボタンによりオブジェクトを 1レイヤー前面または背面に移動します。 J2645.book Page 48 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 49 イメージを切り取る(マスクする) イメージを切り取ることにより、不要な部分を取り除きます。「Keynote」では、オリジナル のイメージを変更せずに切り取ることが可能です。この作業をマスキングと呼びます。 イメージをマスクするには: 1 イメージを選択し、「フォーマット」>「マスク」と選択します。 イメージ上にマスクが表示され、イメージの中央にサイズ変更可能なウインドウが表示され ます。 2 ウインドウをドラッグして再配置し、選択ハンドルをドラッグして、 表示するイメージの範 囲を指定します。(イメージをドラッグして、マスクウインドウ内に中央部分を再配置する こともできます。) • マスクウインドウの縦横比を固定するには、Shift キーを押しながら選択ハンドルをドラッ グします。 • ウインドウを回転するには、コマンドキーを押しながら選択ハンドルをドラッグします。 (選択ハンドルを使用したオブジェクトの操作の詳細については、47 ページの「オブジェ クトをサイズ変更する/移動する/レイヤー化する」を参照してください。) 3 マスクモードを終了するには、Returnキーを押すか、イメージをダブルクリックします。 参考:オブジェクトをマスクする回数が多い場合は、「マスク」ボタンをツールバーに追加で きます。「表示」>「ツールバーをカスタマイズ」と選択してください。 マスクされたイメージを再びマスクモードにするには: 1 イメージをダブルクリックします。 マスクされたイメージが選択状態になります。 2 マスクウインドウを選択するには、イメージの表示部分をクリックします。 3 ドラッグして、イメージとマスクウインドウのサイズと位置を変更し、表示するイメージの 部分を指定します。 イメージのマスクを解除する(イメージ全体を表示する)には: n イメージを選択し、「フォーマット」>「マスク解除」と選択します。 J2645.book Page 49 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM50 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する オブジェクトをグループ化する/ロックする 複数のオブジェクトをまとめてグループ化すれば、単一のオブジェクトとして移動、コピー、 および方向の設定ができます。操作中に不意に移動しないように、オブジェクトをキャンバ スにロックします。 参考:オブジェクトをグループ化した後は、そのグループの個々のオブジェクトを編集する ことはできません。オブジェクトのグループを解除する必要があります。ロックされたオブ ジェクトを編集するには、まずロックを解除してください。 オブジェクトをグループ化するには: 1 スライドキャンバス上で、コマンド(または Shift)キーを押しながら、グループ化するオブ ジェクトを選択します。 2 「配置」>「グループ」と選択します(または、ツールバーの「グループ」をクリックしま す)。 グループ化したオブジェクトのグループを解除するには: n オブジェクトを選択して、「配置」>「グループ解除」と選択します(または、ツールバー の「グループ解除」をクリックします)。 参考:ビルドのエフェクトが設定されているオブジェクトをグループ化すると、そのエフェ クトが削除されます。オブジェクトのグループにビルドが設定されている場合は、グループ を解除するとビルドのエフェクトが削除されます。 オブジェクトをスライドキャンバスにロックするには: 1 スライドキャンバス上で、コマンド(または Shift)キーを押しながら、ロックするオブジェ クトを選択します。 2 「配置」>「ロック」と選択します。 オブジェクトのロックを解除するには: n オブジェクトを選択して、「配置」>「ロック解除」と選択します。 参考:オブジェクトをロックまたはロック解除する回数が多い場合は、「ロック」/「ロック 解除」ボタンをツールバーに追加できます。「表示」>「ツールバーをカスタマイズ」と選択 してください。 写真のカットアウト(アルファチャンネルグラフィックス)を操作する 「Keynote」のテーマに含まれている写真の「カットアウト(切り抜き)」には、独自のイ メージを配置することができます。これにより、たとえばイメージをフォトフレームに入れ たように見せることができます。このエフェクトは、他のイメージを表示する透明な領域を 含んだグラフィックス(フォトフレームの部分)により得られるものです。透明な領域は、 透明度の定義方法であるアルファチャンネルを使用して作成します。アルファチャンネルグ ラフィックスは、透明な領域を含んだイメージのことです。 J2645.book Page 50 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 51 アルファチャンネルグラフィックスを使用して、ツリーなど不規則な形のイメージの周囲に 透明な領域を作成し、イメージの周囲に白い四角の領域ができないようにすることもでき ます。 「Keynote」のテーマにある写真のカットアウトウインドウの背後にイメージを配置するには: 1 メディアブラウザまたは Finderから、スライドキャンバス上のカットアウトウインドウにイ メージをドラッグします。 2 カットアウト内のイメージのサイズを変更するには、 いずれかの選択ハンドルをドラッグし ます。 3 イメージをドラッグして、ウインドウ内の位置を調整します。 「Keynote」にアルファチャンネルグラフィックスをインポートする アルファチャンネルイメージを「Keynote」にインポートする場合、透明な領域を扱うため の特別の作業はありません。ほかのイメージと同じように、配置、操作、背面または前面へ の移動が可能です。 多くの PDF、TIFF、PSD ファイルにはアルファチャンネルグラフィックスが含まれています。 アルファチャンネルのイメージの作成には、「Adobe Photoshop」、「Corel Draw」、「Adobe Illustrator」、および「Adobe Acrobat」など、さまざまなアプリケーションを使用できます。 アルファチャンネルのイメージの作成方法については、これらのアプリケーションに付属し ているマニュアルを参照してください。「Keynote」に読み込んだアルファチャンネルグラ フィックスで独自のフレームを作成する方法については、132ページの「スライドの背景オ ブジェクトとオブジェクトをレイヤー化する」を参照してください。 アルファチャンネルグラフィッ クスの背景に置かれた写真は、 このウインドウの透明な領域か ら透けて表示されるため、写真 のコーナーフレーム内に表示さ れます。 写真のコーナーと白い枠線が付 いたテクスチャの前景は、アル ファチャンネルグラフィックス です。写真のコーナー間の領域 は、透明なアルファチャンネル です。 J2645.book Page 51 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM52 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する サウンドおよびその他のメディアを追加する プロジェクトにサウンドファイルを追加すると、スライドショーの間、録音した音楽を再生 したり、スライドごとにナレーションを加えたりすることができます。スライド内で再生す るビデオや Flashムービーも追加できます。 「Keynote」は、以下のファイルタイプを含む、すべての QuickTime ファイルタイプに対応 しています: • MOV • FLASH • MP3 • MP4 • AIFF • AAC • MPEG-4 重要:スライドショーにメディアファイルを追加した場合、そのファイルは自動的には Keynote 書類の一部とはなりません。これは、Keynote書類が大きくなりすぎるのを避ける ためです。作成元のコンピュータ上でスライドショーを再生する場合、メディアファイルは 配置した場所で再生されます。ただし、ほかのコンピュータでスライドショーを再生する場 合は、メディアファイルを書類の一部として保存することができます。これにより、スライ ドショーをほかのコンピュータに送る場合に、メディアファイルを別々に送らずにすみます。 メディアファイルを Keynote書類と一緒に保存するには: 1 「ファイル」>「別名で保存」と選択します。 2 「オーディオとムービーを書類にコピー」を選択します。(このチェックボックスを表示する には、「保存」ダイアログの開閉用三角ボタンをクリックします。) 3 タイトルを入力してから文書の保存場所を選択し、「保存」をクリックします。 参考:書類にメディアファイルを含めると、書類ファイルが非常に大きくなります。メディ アファイルを書類と一緒に保存するのは、スライドショーを移動または送信する直前だけに してください。 メディアブラウザを使う メディアブラウザには、iPhoto ライブラリ、iTunes ライブラリ、および「ムービー」フォル ダ内のすべてのメディアファイルの一覧が表示されます。メディアブラウザからスライドに 項目をドラッグしたり、いずれかのインスペクタのイメージウェルにドラッグしたりするこ とができます。 J2645TG Page 52 Wednesday, December 22, 2004 6:43 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 53 メディアブラウザを開くには: n 「表示」>「メディアブラウザを表示」と選択します(またはツールバーの「メディア」を クリックします)。 ナレーションやほかのオーディオを追加する 「iTunes」ミュージックライブラリのファイルやプレイリスト、またはほかのサウンドファイ ルなどから Keynote書類にミュージックを追加できます。スライドショー全体のサウンドト ラックとしてサウンドを追加することも、1つのスライドにサウンドを追加することもでき ます。 サウンドトラックを追加した場合、スライドショーが開始するとミュージックの再生が始ま ります。オーディオを一度だけ再生するか繰り返し再生するかを指定でき、オフにすること もできます。 個々のスライドにサウンドファイルを追加した場合、 そのスライドを表示するとサウンドが 再生され、次のスライドに移ると停止します。たとえば、各スライドのナレーションを MP3 ファイルに録音すると、スライドショーを自動再生形式の QuickTime ムービーに書き出す場 合などに効果的です。(詳細については、125 ページの「QuickTime」を参照してください。) 参考:オーディオをほかのコンピュータでも再生できるようにするには、「保存」ダイアログ を展開して、「オーディオとムービーを書類にコピー」を選択します。詳細については、 52ページの「サウンドおよびその他のメディアを追加する」を参照してください。 「iTunes」、「iPhoto」、または 「ムービー」を選択します。 サムネールをスライドに ドラッグするか、いずれかの インスペクタのイメージウェルに ドラッグします。 名前でファイルを検索します。 アルバムを選択します。 J2645.book Page 53 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM54 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する サウンドトラックを追加するには: 1 「書類」インスペクタを開きます。 2 「オーディオ」領域で、「iTunesライブラリ」をクリックします。 3 メディアブラウザから「書類」インスペクタの「オーディオ」ウェルにオーディオファイル またはプレイリストをドラッグします。 参考:Finder からサウンドファイルをドラッグすることもできます。 4 プレゼンテーションの再生中サウンドファイルを繰り返し再生するには、「書類」インスペ クタの「再生の繰り返し」を選択します。 スライドにサウンドを追加するには: n ツールバーの「メディア」をクリックし、ポップアップメニューから「iTunes」を選択し て、ファイルをスライドキャンバスにドラッグします。(Finderからファイルをドラッグす ることもできます。) オブジェクトビルドによって、ミュージックを画面上に入れたり、画面上から出したりする ことで、ミュージックの再生の開始と停止を厳密に調整できます。オブジェクトビルドを 作成する方法については、107 ページの「オブジェクトビルドを作成する」を参照してくだ さい。 ムービーまたはアニメーションを追加する スライドプレゼンテーションには、ムービーを含めることができます。スライドに配置した ムービーは、ほかのオブジェクトと同様にサイズを変更したり配置を変えたりすることがで きます。 「書類」インスペクタボタン オーディオファイルを再生します。 スライドショーの間中、再生する には、ここにサウンドファイルを ドラッグします。 サウンドファイルを繰り返し再生するには、 「再生の繰り返し」を選択します。 サウンドトラックの音量を 設定します。 J2645.book Page 54 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 55 ムービーをスライドに追加するには、以下のいずれかの操作を行います: • ツールバーの「メディア」をクリックし、ポップアップメニューから「ムービー」を選択 して、ファイルをスライドキャンバスにドラッグします。(ムービーをメディアブラウザに 表示するには、Finder の「ムービー」フォルダにムービーが保存されている必要がありま す。) •「挿入」>「選択」と選択し、ファイルを選択して「挿入」をクリックします。 • ムービーファイルを Finder からスライドキャンバスにドラッグします。 スライドショーの再生時、このスライドが表示されると同時にムービーが再生されます。 参考:ムービーをほかのコンピュータでも再生できるようにするには、「保存」ダイアログを 展開して、「オーディオとムービーを書類にコピー」を選択します。詳細については、 52ページの「サウンドおよびその他のメディアを追加する」を参照してください。 メディア再生の設定を調整する 「QuickTime」インスペクタでは、スライドショーで再生するサウンドとムービーの音量を設 定できるほか、メディアファイルを 1 回だけ再生する、繰り返し再生する、再生と逆再生の 繰り返す(「再生と逆再生の繰り返し」)などに指定できます。 メディアの再生方法を設定するには: 1 「表示」>「インスペクタを表示」と選択して(または、ツールバーの「インスペクタ」を クリックして)、「QuickTime」インスペクタボタンをクリックします。 2 ムービーをクリックして選択し、「音量」スライダをドラッグします。 3 「繰り返し」ポップアップメニューからオプションを選択します。 J2645.book Page 55 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM56 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する ムービーが再生されるまでスライドに表示するムービーのフレーム(「ポスターフレーム」と 呼びます)を指定することもできます。 ムービーのポスターフレームを設定するには: 1 ムービーをクリックして選択します。 2 「QuickTime」インスペクタで、表示するムービーのイメージが現れるまで「ポスターフ レーム」スライダをドラッグします。 Web ページとハイパーリンクを追加する Web ページのスナップショット(「Web 表示」と呼びます)を表示できます。「Keynote」で は、書類を開いたりスライドショーを開始したりしたときに、スナップショットを自動的に 現在の Web ページにアップデートすることができます。(スライドショーを実行するコン ピュータがインターネットに接続されている必要があります。)デフォルトでは、スナップ ショットはハイパーリンクで、これをプレゼンテーションの際にクリックすると、ブラウザ に Webページが開きます。リンクは、「ハイパーリンク」インスペクタでオフにすることが できます。 「QuickTime」インスペクタ ボタン 再生時の繰り返しのオプションを設定します。 これらのコントロールを使用して、 スライドショーの編集時にムービーを 表示します。 再生音量を設定します。 ムービーの再生を始める まで表示するフレームを 選択します。 J2645.book Page 56 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 57 スライドに Web ページのスナップショットを追加するには: 1 「挿入」>「Web表示」と選択します。 2 「ハイパーリンク」インスペクタで、ページの URL(www.apple.com など)を入力します。 デフォルトブラウザで指定されているホームページがテキストのプレースホルダとして挿入 されています。 3 プレゼンテーションの再生を開始するときに自動的に Webページをアップデートするには、 「自動アップデート」を選択します。 「自動アップデート」を選択しない場合は、「今すぐアップデート」をクリックすると、いつ でも Webページをアップデートできます。 青い矢印は、スライドショー 再生時に Web 表示をクリックすると、 ブラウザで Web ページが表示される ことを示します。 Web ページのスナップショットを挿入します。 スライドショーの再生時に自動的にアップデート されます。 J2645.book Page 57 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM58 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する Web ページのイメージはフルサイズで読み込まれますが、 ほかのオブジェクトと同様にサイ ズを変更したり配置を変えたりすることができます。(Web ページのイメージの解像度は変 わりませんが、Web表示のサイズを変更すると、イメージの表示範囲を小さくすることがで きます。) Web ページのイメージは自動的にハイパーリンクとなり、 プレゼンテーションの際にクリッ クすると、ブラウザに Web ページを開くことができます。この機能をオフにするには、「ハ イパーリンクとして使用」の選択を解除します。 URLをブラウザからスライドキャンバスにドラッグすることで Web 表示を作成することも できます。 ハイパーリンクのテキスト、イメージ、または図形を追加することもでき、プレゼンテー ションの際にクリックすると、以下の操作を行うことができます: • 特定のスライドに移動する • インターネットの Web ページを開く • 別の Keynote 書類を開く • メールメッセージを開く • スライドショーを終了する このオプションを選択すると、 プレゼンテーションの際に Web 表示をクリックしてブラウザに Webページを開くことができ ます。 選択すると、スライドショーを 開始したときに Web表示が アップデートされます。 テキストやイメージをハイパーリンクにして、 別のスライド、Keynote 書類、Web ページ、 またはメールメッセージを開きます。青の矢印 (編集モードで表示されます)は、項目が クリック可能なハイパーリンクであることを 示しています。 J2645.book Page 58 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 59 ハイパーリンクを追加するには: 1 ハイパーリンクにするテキスト、図形、イメージ、またはムービーを選択します。 2 「ハイパーリンク」インスペクタで、「ハイパーリンクとして使用」を選択して、「リンク先」 ポップアップメニューからオプションを選択します。 3 必要な情報を入力します。 URLをブラウザからスライドキャンバス上のオブジェクトにドラッグし、Web 表示のハイ パーリンクを作成することもできます。デフォルトでは、入力またはドラッグしたテキスト の先頭が「www」、「ftp」、または「http」のものも自動的にハイパーリンクになります。 URLを自動的にハイパーリンクにしないように設定することができます。 使用するハイパーリンクのタイプ 操作内容 参考 スライド プレゼンテーションで別の スライドに進む 次のスライド、前のスライド、先 頭/末尾のスライド、または最後 に表示したスライドを表示するよ うに選択するか、スライド番号を 指定します。 Webページ Safari などのブラウザで Web ページを開く 「Keynote」では、デフォルトの ブラウザ(ブラウザの「環境設 定」で指定)が使用されます。 Keynote ファイル 別の Keynote書類を開く プレゼンテーションをほかのコン ピュータに送る場合は、別の書類 も送る必要があります。 メールメッセージ 指定した件名やアドレスの新しい メールメッセージを開く 「Keynote」では、デフォルトの メールアプリケーションが使用さ れます。 スライドショーを終了 スライドショーを終了する 「Keynote」が編集モードで開き、 最後のスライドが表示されます。 テキストハイパーリンクの場合、 URL 以外のテキストをスライドに 表示するには、ここにハイパーテキ ストを入力します。(テキストを 最初に選択します。) J2645.book Page 59 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM60 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する URL の自動検出をオフにするには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択して、「一般」をクリックします。 2 「ハイパーリンク」のセクションで、「メールアドレスおよび Webアドレスを自動的に検出」 の選択を解除します。 デフォルトでは、新しいテキストハイパーリンクにはすべて自動的にアンダーラインが付き ます(この設定は「環境設定」で変更できます)。この設定をオフにすると、既存のテキスト を後でハイパーリンクとして使用することに決めた場合に、そのテキストにアンダーライン を付けることができます。 新しいテキストハイパーリンクの自動アンダーラインをオン/オフにするには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択して、「一般」をクリックします。 2 「ハイパーリンク」セクションで、「作成時にテキストハイパーリンクにアンダーラインを付 ける」を選択するか、選択を解除します。 既存のテキストハイパーリンクにアンダーラインを付けるには: 1 アンダーラインを付けるテキストを選択します。 2 ツールバーで「フォント」をクリックして、アンダーラインのポップアップメニューから 「1 本」を選択します(または「フォーマット」>「フォント」>「アンダーライン」と選択 します)。 ハイパーリンクのみのプレゼンテーションにする場合は、「書類」インスペクタの「プレゼン テーション」ポップアップメニューから「ハイパーリンクのみ」を選択します。詳細につい ては、115ページの「ハイパーリンクのみのプレゼンテーション」を参照してください。 プレゼンテーションの際は、ハイパーリンクを含むスライド上にのみポインタが表示されま す。このデフォルト設定を変更して、マウスを移動すると必ずポインタが表示されるように 設定することができます。 プレゼンテーションの際のポインタ表示を指定するには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択します。 2 「スライドショー」をクリックします。 3 いずれかのポインタを表示するオプションを選択します。 J2645.book Page 60 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 61 レイアウトを修正する 本文テキストボックスやオブジェクトのプレースホルダなど、一部のスライドの要素は、あ らかじめ書式設定され、各マスタースライドの特定の場所に配置されています。これらの要 素は、個別のスライドに簡単に追加することができます。 スライドのレイアウトを変更するには: 1 レイアウトを変更するスライドを選択します。 2 「表示」>「インスペクタを表示」と選択して、「スライド」インスペクタボタンをクリック します。 3 「アピアランス」をクリックします。 4 追加する要素を選択します。 参考:スライド上でこれらの項目のいずれかを削除すると、「スライド」インスペクタの チェックボックスが自動的に選択解除されます。 適当なレイアウトのマスタースライドがない場合は、 必要とするエレメントを加えた独自の マスタースライドを作成して、そのマスターをベースに新規スライドを作成できます。グラ フィックスを含むスライドをいくつか作成する場合は、グラフィックスを入れる「プレース ホルダ」のボックスを追加できます。スライド番号を追加することもできます。 マスタースライドのレイアウトを独自にデザインする方法については、第 9 章「独自のマス タースライドとテーマをデザインする」を参照してください。 スライド上に新しいグラフ、 表、イメージを配置するには、 「プレースホルダ」を選択し ます。 「スライド」インスペクタボタン 項目を選択して、スライドに 追加します。 J2645.book Page 61 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM62 第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する スライドの背景を変更する 各スライドの背景には独自のイメージを使用できます。また、スライドの背景色を変更でき ます。このような変更は、「スライド」インスペクタで行います。 スライドの背景を変更するには: 1 「表示」>「インスペクタを表示」と選択して(またはツールバーの「インスペクタ」をク リックして)、インスペクタウインドウを開き、「スライド」インスペクタボタンをクリック します。 2 「アピアランス」をクリックします。 3 「背景」ポップアップメニューから背景タイプを選択します。 • カラー塗りつぶし:背景を単一の無地の色にします。カラーウェルをクリックし、「カ ラー」ウインドウで色を選択します。 • グラデーション塗りつぶし:背景に色のグラデーションを設定します。それぞれのカラー ウェルをクリックし、「カラー」ウインドウで色を選択します。 • イメージ塗りつぶし:独自のイメージを背景に使用できます。「選択」をクリックして、イ メージを選択します。 • 半透明イメージ塗りつぶし:独自のイメージを半透明色で塗りつぶすことができます。 背景色、またはイメージを 選択します。 マスタースライドからスライドの レイアウトを選択します。 メディアブラウザまたは Finder からここにイメージを ドラッグします。 J2645.book Page 62 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 3 章 テキスト、グラフィックス、およびその他のメディアで作業する 63 4 いずれかのイメージ塗りつぶしを選択した場合は、ポップアップメニューから拡大縮小オプ ションを選択します(68 ページの「イメージによってオブジェクトを塗りつぶす」を参照)。 イメージ塗りつぶし、カラー塗りつぶし、およびグラデーション塗りつぶしを設定する方法 については、65 ページの「カラー塗りつぶしおよびイメージ塗りつぶしを使用する」を参照 してください。 スタイルの変更を維持する/取り消す スライド上のスタイルと書式設定を変更した後で、そのテーマのデフォルトのスタイルに戻 したい場合は、スライドをデフォルトのスタイルにリセットできます。 スライドをテーマのデフォルトのスタイルにリセットするには: n スライドを選択し、「フォーマット」>「スライドにマスターを再適用」と選択します。 スライドオーガナイザで複数のスライドを選択すると、一度にまとめてリセットすることが できます。 Keynote 書類全体のスタイルと書式設定を変更し、書類全体を異なるテーマに変更した場合、 すべてのスタイルをそのテーマのデフォルトにリセットすることも、 上書きした内容を維持 することもできます。(たとえば、一部のスライドで背景塗りつぶしを変更した場合、新しい テーマで同じ塗りつぶしを使用することも、新しい背景塗りつぶしを使用することもできま す。) 新しいテーマの適用時にスタイルの上書き内容を維持するには: 1 「ファイル」>「テーマを選択」と選択します。(または、ツールバーの「テーマ」をクリッ クして、テーマセレクタを選択します。) 2 新しいテーマを選択します。 3 「テーマのデフォルトに対する変更を継承」を選択します。 4 「選択」をクリックします。 J2645.book Page 63 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PMJ2645.book Page 64 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM65 4 4 オブジェクトプロパティを 変更する さらに高度なオブジェクトを作成しましょう。 この章では、プレゼンテーションのグラフィックスや ほかのオブジェクトを拡張するための高度な機能につい て説明します。 以下のセクションで説明するように、インスペクタおよび「カラー」ウインドウを使用すれ ば、色、線のスタイルと太さ、影、不透明度、および方向などのオブジェクトプロパティを 直接操作できます。 カラー塗りつぶしおよびイメージ塗りつぶしを使用する 「Keynote」では、色を使って魅力的な効果を作成できます。図形は、無地の色、カラーグラ デーション、または写真やほかのグラフィックスのイメージで塗りつぶすことができます。 オブジェクトの不透明度(透明度)を調整することもできます。塗りつぶしや不透明度のエ フェクトを使用して、棒グラフ内の棒や円グラフ内の分割部分を編集することもできます。 色を選択する 「カラー」ウインドウを使用して、「Keynote」のテキスト、図形、背景、および影の色を選 択します。 「カラー」ウインドウを開くには: •「表示」>「カラーを表示」と選択します(またはツールバーの「カラー」をクリックしま す)。 • または、いずれかのインスペクタでカラーウェルをクリックします。 J2645.book Page 65 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM66 第 4 章 オブジェクトプロパティを変更する 「カラー」ウインドウのカラーホイールを使用して、色を選択します。「カラー」ウインドウ の最上部のウェルに、選択した色が表示されます。後で使用できるように、選択した色をカ ラーパレットに保存できます。 カラーパレットを表示するには: n 「カラー」ウインドウの一番下にあるハンドルをドラッグします。 カラーパレットに色を保存するには: n カラーウェルからカラーパレットに色をドラッグします。 「カラー」ウインドウの色をスライドキャンバスのオブジェクトに適用するには、 その色をイ ンスペクタパネルの適切なカラーウェルにドロップする必要があります。 カラーパレットから色を削除するには: n 削除する色に、空白の正方形をドラッグします。 スライドキャンバスのオブジェクトに色を適用するには、以下のいずれかの操作を行います: • いずれかのインスペクタのカラーウェルを選択し、カラーホイールで色をクリックします。 • いずれかのインスペクタのカラーウェルに、カラーパレットから色をドラッグします。 • スライド上のオブジェクトに、カラーパレットから色をドラッグします。 オブジェクトの色を変更するには、「グラフィック」インスペクタを使用します。 カラーホイールで選択した色が、 このカラーウェルに表示され ます。 このスライダを使用して、 カラーホイールに表示する色相を 明るめまたは暗めにします。 カラーパレットに保存するには、 カラーウェルから色をドラッグ します。 カラーホイールをクリックして、 色を選択します。 ハンドルをドラッグして、 カラーパレットを開きます。 J2645.book Page 66 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 4 章 オブジェクトプロパティを変更する 67 「グラフィック」インスペクタを表示するには: n 「表示」>「インスペクタを表示」と選択して(または、ツールバーの「インスペクタ」を クリックして)、「グラフィック」インスペクタボタンをクリックします。 オブジェクトを色で塗りつぶす オブジェクトは、無地の色、または 2 色が徐々に混ざり合うカラーグラデーションで塗りつ ぶすことができます。 オブジェクトに無地の色を設定するには: 1 スライドキャンバスで、色を変更するオブジェクトを選択します。 2 「グラフィック」インスペクタで、「塗りつぶし」ポップアップメニューから「カラー塗りつ ぶし」を選択します。 3 「塗りつぶし」ポップアップメニューの下にあるカラーウェルをクリックし、「カラー」ウイ ンドウを表示します。 4 「カラー」ウインドウで色を選択します。 オブジェクトをカラー グラデーションで塗りつぶすには: 1 スライドキャンバスで、色を変更するオブジェクトを選択します。 2 「グラフィック」インスペクタで、「塗りつぶし」ポップアップメニューから「グラデーショ ン塗りつぶし」を選択します。 3 各カラーウェルをクリックし、「カラー」ウインドウで色を選択してグラデーションを設定 します。 4 グラデーションの色を反転させるには、両方向矢印をクリックします。 5 グラデーションの方向を変更するには、「角度」ホイールと上向き/下向き三角形を使用し ます。 無地の色、カラーグラデーション、 イメージ、または半透明イメージ で、描画したオブジェクトを塗り つぶします。 「グラフィック」インスペクタ ボタン J2645.book Page 67 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM68 第 4 章 オブジェクトプロパティを変更する イメージによってオブジェクトを塗りつぶす 描画した図形や表のセルの内側にイメージを配置できます。 オブジェクトをイメージで塗りつぶすには: 1 イメージを配置するオブジェクトを選択します。 2 「グラフィック」インスペクタで、「塗りつぶし」ポップアップメニューから「イメージ塗り つぶし」または「半透明イメージ塗りつぶし」を選択し、イメージを選択します。 3 イメージを変更するには、「選択」をクリックし、目的のイメージを選択してから「開く」 をクリックします(または、メディアブラウザや Fidnerから、「グラフィック」インスペク タのイメージウェルまでイメージをドラッグします)。 4 ポップアップメニューから拡大縮小オプションを選択します。 • 領域に合わせる:できるだけオブジェクトの大きさに合うようにイメージのサイズを変更 します。オブジェクトの形状が元のイメージの形状と異なる場合には、イメージの一部が 表示されず、イメージの周囲に空白が表示されることもあります。 • 幅に合わせる:オブジェクトとイメージの形状が異なる場合でも、イメージの周囲に空白 が生じないようにイメージを大きく、または小さく表示します。 「角度」ホイールでグラデー ションの方向を設定するか、 値を入力します。 グラデーションの色を反転させるには、 両方向矢印をクリックします。 カラーウェルをそれぞれ クリックし、色を選択します。 ポップアップメニューを使用して、 オブジェクト内のイメージの拡大 縮小オプションを設定します。 イメージを変更するには、 メディアブラウザまたは Finder から イメージウェルにファイルをドラッグ します。 J2645.book Page 68 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 4 章 オブジェクトプロパティを変更する 69 • 引き延ばす:オブジェクトの大きさに合わせてイメージのサイズを変更しますが、オブ ジェクトと元のイメージの形状が異なる場合は、イメージを変形します。 • 元のサイズ:イメージの元の大きさを変えずにオブジェクトの内側にイメージを配置しま す。イメージがオブジェクトより大きい場合は、オブジェクトにはイメージの一部のみが 表示されます。イメージがオブジェクトより小さい場合は、イメージの周囲に空白が表示 されます。 • タイル状に配置:イメージがオブジェクトより小さい場合、オブジェクトの内側イメージ を繰り返し表示します。イメージがオブジェクトより大きい場合、オブジェクトの内側に はイメージの一部のみが表示されます。 線のスタイルと位置を変更する 図形を描いた場合、オブジェクトの枠線のスタイルと色を選択できます。また、枠線なしも 指定することができます。枠線のスタイルと色は、「グラフィック」インスペクタと「カ ラー」ウインドウで設定します。 オブジェクト周囲の線のスタイルと色を設定するには: 1 修正するオブジェクトを選択します。 2 「グラフィック」インスペクタの「線」ポップアップメニューから、線のスタイル(または 「なし」)を選択します。 元のサイズ 領域に合わせる 幅に合わせる 引き延ばす タイル状に 配置(小さな イメージ) タイル状に 配置(大きな イメージ) J2645.book Page 69 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM70 第 4 章 オブジェクトプロパティを変更する 3 線の太さを変更するには、「線」のサイズフィールドに値を入力します(または上向き/下 向き三角形をクリックします)。 4 線の色を変更するには、カラーウェルをクリックして色を選択します。 5 線の端の形を矢印や丸などにするには、「端」ポップアップメニューから左右の端を選択し ます。 参考:また、「Keynote」には、矢印や両方向矢印の図形も用意されています。これらの図形 は、「挿入」メニューまたはツールバーの「図形」ボタンで追加できます。 線の正確な位置は、「位置と回転」インスペクタを使用して設定できます。 線の位置を正確に設定するには: 1 線を選択します。 2 「位置と回転」インスペクタで、線の起点および終点の X と Y 座標値を入力します。 このポップアップメニューで 線の端を選択します。 カラーウェルをクリックして 線の色を選択します。 このフィールドに線の太さを 入力します。(参考:「px」は ピクセルを表します。) 表示する線のスタイルを実線、 点線、破線、またはなしに設定 します。 J2645.book Page 70 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 4 章 オブジェクトプロパティを変更する 71 影を追加する オブジェクトの背後の影によって、スライドに奥行きを与えることができます。「グラフィッ ク」インスペクタでは、さまざまな影のエフェクトを作成したり、オブジェクトから影を削 除したりできます。 オブジェクトの影を作成する/削除するには: 1 修正するオブジェクトを選択します。 2 「グラフィック」インスペクタの「影」チェックボックスを選択し、オブジェクトに影を追 加します。影を削除するには、「影」チェックボックスを選択解除します。 このオブジェクトの影には 高いオフセット値が設定されています。 このオブジェクトの影には 最低のぼかしの値が設定されています。 このオブジェクトの影は 色を変えています。 このオブジェクトの影には 高いぼかしの値が設定されています。 このオブジェクトは、デフォルトの 影のプロパティです。 このオブジェクトの影は 角度を変えています。 影の角度は、「角度」ホイールで 変更します。 オフセット、影のぼかし、 および不透明度フィールドで は、上記のように、影の外観 を変更できます。 選択したオブジェクトに影を表示するには このチェックボックスを選択します。 クリックして、影の色を 変更します。 J2645.book Page 71 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM72 第 4 章 オブジェクトプロパティを変更する 3 影の角度は、「角度」ホイールで設定します。 4 「オフセット」フィールドに数値を入力し(または、上向き/下向き三角形をクリックして 値を増減して)、影のオフセットを調整します。 影のオフセット値を高くすると、オブジェクトの影は長く、オブジェクトからわずかに離れ て表示されます。 5 「ぼかし」フィールドに数値を入力し(または上向き/下向き三角形をクリックして)、影の ぼかしを設定します。 ぼかしの値を高く設定すると、オブジェクトの影は広い範囲に表示されます。 低い値に設定 すると、オブジェクトの輪郭に沿って濃く表示されます。 6 「不透明度」フィールドに数値を入力し、影の不透明度を設定します。(影の不透明度は、 「グラフィック」インスペクタの一番下にある「 不透明度」スライダを使用して設定する、 オブジェクトの不透明度とは異なります。) 7 影の色を変更するには、カラーウェルをクリックして色を選択します。 不透明度を調整する オブジェクトの不透明度を調整することで、効果的なエフェクトを作成することができます。 たとえば、不透明度の低いオブジェクトを別のオブジェクトの上に配置すると、下のオブ ジェクトが上のオブジェクトから透けて見えます。不透明度の設定が高いか低いかによって、 下にあるオブジェクトはかなり明瞭に見えたり、一部が不明瞭になったり、まったく見えな くなったりします(不透明度が 100 パーセントの場合)。描画した図形、ピクチャ、イメージ ファイル、およびムービーなど、スライドキャンバス上に表示されるオブジェクトはすべて 不透明度の設定を変更できます。オブジェクトの不透明度は、「グラフィック」インスペクタ を使用して設定します。 オブジェクトの不透明度を変更するには: 1 オブジェクトを選択します。 2 「グラフィック」インスペクタで、「不透明度」スライダをドラッグします。 参考:描画した図形の塗りつぶしの色の不透明度は、 オブジェクトの不透明度とは別に設定 できます。「カラー」ウインドウの「不透明度」スライダで塗りつぶしの色を変更した場合、 その不透明度の値が、オブジェクトの不透明度の 100パーセントの値に相当します。 このた め、「グラフィック」インスペクタでオブジェクトの不透明度を変更する場合は、「カラー」 ウインドウで設定した不透明度を基準にして変更することになります。 J2645.book Page 72 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 4 章 オブジェクトプロパティを変更する 73 オブジェクトの向きを変更する 「メトリックス」インスペクタを使用すると、オブジェクトを反転したり回転したりできます。 たとえば、ある矢印のイメージをスライドショーで使用したいが、その矢印の方向を変えた い場合、矢印の方向を横や縦に反転させたり、任意の角度に変えたりすることができます。 「位置と回転」インスペクタを表示するには: n 「表示」>「インスペクタを表示」と選択して(または、ツールバーの「インスペクタ」を クリックして)、「位置と回転」インスペクタボタンをクリックします。 この円の不透明度は100% に設定 されています。塗りつぶし色の 不透明度は「カラー」ウインドウ で50% に設定されています。 円の輪郭は「カラー」ウインドウ で100% の不透明度に設定されて います。 この円の不透明度は 100%に 設定されています。 この円の不透明度は 50%に設定されて います。 J2645.book Page 73 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM74 第 4 章 オブジェクトプロパティを変更する オブジェクトを反転、または回転するには: 1 回転するオブジェクトを選択します。 2 「位置と回転」インスペクタの「回転」ホイールを使用してオブジェクトの向きを設定しま す。または、横/縦方向の「反転」ボタンをクリックして、横または縦に反転します。「角 度」フィールドに数値を入力して角度を指定することもできます。 参考:ツールバーに「上下回転」および「左右回転」ボタンを追加するには、「表示」> 「ツールバーをカスタマイズ」と選択します。 オブジェクトのサイズと位置を変更する オブジェクトや選択ハンドルをドラッグするほかにも、「位置と回転」インスペクタを使用し て、キャンバス上のオブジェクトのサイズと位置を正確に調整することができます。 オブジェクトのサイズを正確に設定するには: 1 サイズを変更するオブジェクトを選択します。 2 「位置と回転」インスペクタで、「幅」と「高さ」フィールドに数値を入力します(または、 上向き/下向き三角形をクリックして値を増減します)。 これらのボタンを使用して、 イメージを左右、または上下に 反転します。 このホイールでオブジェクトを回転します。 幅と高さを指定し、オブジェクトの サイズを正確に設定します。 クリックすると、サイズを変更した オブジェクトを元のサイズに戻します。 X と Y 座標を指定して、 オブジェクトを正確にキャンバス上に 配置します。 選択したイメージやムービーの 名前が表示されます。 J2645.book Page 74 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 4 章 オブジェクトプロパティを変更する 75 幅と高さの比率を変えずにオブジェクトのサイズを変更するには: n 「縦横比を固定」を選択するか、Shift キーを押しながら選択ハンドルをドラッグします。 オブジェクトを元のサイズに戻すには: n オブジェクトを選択して、「位置と回転」インスペクタの「元のサイズ」をクリックします。 オブジェクトの位置を正確に設定するには: 1 配置するオブジェクトを選択します。 2 「メトリックス」インスペクタの「位置」フィールドに、X と Y の値を入力します。 指定した座標値により、オブジェクトの左上隅の位置が決まります。 • X 値は、スライドキャンバスの左端から測定します。 • Y 値は、スライドキャンバスの上端から測定します。 X および Y 座標値は、オブジェクトのコンテナボックスの左上隅の位置を指定します。オブ ジェクトを回転した場合の Xと Y 座標の値は、「新しい」左上隅の位置を指定します。 縦横の比率を変えずに オブジェクトのサイズを 変更する場合に選択します。 J2645.book Page 75 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PMJ2645.book Page 76 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM77 5 5 表を作成する 表を使用すると、データの比較や情報の整理を視覚的に 行うことができます。この章では、基本的な表を作成す る方法を説明します。 「Keynote」には、テキストやグラフィックスを使った、分かりやすく説得力のある表を作成 するための強力な機能が用意されています。 表を追加する スライドに表を配置するには: 1 「挿入」>「表」と選択します(または、ツールバーの「表」をクリックします)。 2 表のサイズを変更するには、選択ハンドルをドラッグします。 3 表を移動するには、目的の場所までドラッグします。 また、スライドキャンバスに表を描画することもできます。 スライドキャンバス上に表を描画するには: 1 Option キーを押しながら、ツールバーの「表」をクリックします。 2 Option キーを放して、ポインタをスライドキャンバス上に移動すると、ポインタが十字線に なります。 3 スライドキャンバス上でポインタをドラッグして、目的のサイズの表を作成します。 ドラッグしているとき、表のサイズに応じて行や列の数が増減します。表の縦横比を固定す るには、Shiftキーを押しながらドラッグします。 J2645.book Page 77 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM78 第 5 章 表を作成する 表のセルと枠線を選択する テキストは、表のセルに入力します。表にグラフィックスを配置するには、オブジェクトを イメージで塗りつぶすのと同じ方法で、それぞれのセルにグラフィックスを挿入します。(表 のセルにグラフィックスを追加する方法や背景色を設定する方法については、86 ページの 「イメージや背景色を追加する」を参照してください。) 変更は、(表を選択して)表全体に一度に適用するか、各セルに適用することができます。表 の各セルまたはセルのグループにテキストやグラフィックスを配置するには、 対象とするセ ルのみを選択します。 表の全体を選択するには、以下のいずれかの操作を行います: • 表をクリックします。 • 表のセルが選択されている場合は、コマンド+ Return キーを押すと表の全体を選択でき ます。 表の端に表示される選択ハンドルを使用して、表のサイズを変更します。 表のセルを選択する セルを 1つ選択した場合は、キーボードの矢印キーを押してセル間を移動できます。この モードでテキストを入力すると、セル内にあるテキストが上書きされます。また、Tab キー を押してセル間を移動することもできます。Tab キーを押すと、右および下の方向に移動し ます。Shift+ Tab キーを押すと、左および上の方向に移動します。表の右下の端のセルを選 択しているときに Tabキーを押すと、新規の行が表に追加されます。 表のセルを 1つ選択するには: 1 表を選択します。 2 セルをクリックします。 選択したセルの枠が黄色で強調表示されて、挿入ポイントが表示されます。セルにテキスト を入力することができます。 3 セル自身を選択するには、コマンドキーを押しながらセルをクリックするか、コマンド+ Return キーを押します。 連続する(四角い範囲の)複数のセルを選択するには: 1 1 つのセルをダブルクリックします。 2 隣り合うセルにわたってドラッグするか、Shift キーまたはコマンドキーを押しながら隣り合 うセルを選択します。 J2645.book Page 78 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 5 章 表を作成する 79 連続しない複数のセルを選択するには: n コマンドキーを押しながらセルを選択します。 行または列全体を選択するには: 1 「表示」>「インスペクタを表示」と選択して(または、ツールバーの「インスペクタ」ボ タンをクリックし)、「表」インスペクタボタンをクリックします。 2 選択する行または列のセルを 1 つ選択します。 3 「表」インスペクタで、「行」または「列」をクリックします。 表のセルの枠線を選択する 枠線を 1 本だけ選択するには: • 表が選択されていない場合は、枠線をダブルクリックします。 • 表が選択されている場合は、枠線をクリックします。 複数の枠線を選択するには: 1 選択したい枠線があるセルを選択します。 2 「表示」>「インスペクタを表示」と選択し(または、ツールバーの「インスペクタ」ボタ ンをクリックして)、「表」インスペクタボタンをクリックします。 3 「枠線」ボタンのいずれかをクリックして、選択範囲のセルのすべての枠線を選択するか、 内側、外側、横、または縦の枠線のみを選択します。 また、1 本の枠線を選択して、Shiftキーを押しながら複数の枠線を選択することもできます。 「列」をクリックすると、 列全体を選択します。 クリックすると、セルの 枠線を選択します。 「行」をクリックすると、 行全体を選択します。 「表」インスペクタボタン J2645.book Page 79 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM80 第 5 章 表を作成する セルの枠線の一部だけを選択するには: 1 表を選択します。 2 Option キーを押しながらセルの枠線を 1本だけクリックします。 3 さらに別の枠線の一部を選択するには、Option+ Shift キーを押しながらクリックします。 参考:表が選択されていない場合は、Optionキーを押しながら枠線の 1 本をクリックしま す。 表のセルのテキストを入力する/編集する 表のセルにテキストを入力するには: • セルが空の場合は、クリックして入力を開始します。 • すでにセルにあるテキストを置き換えるには、テキストをダブルクリックしてから入力し ます。 すでにセルにあるテキストの範囲内に挿入ポイントを置くには: n 表を選択し、挿入ポイントを挿入する位置をクリックします。 2 つのセルの内容を入れ替えるには: n セルを 1つ選択し、別のセルにドラッグします。 あるセルの内容を、別のセルの内容で置き換えるには: n 内容をコピーしたいセルを選択し、Option キーを押しながらほかのセルにドラッグします。 セルの内容(背景の塗りつぶしを含む)を削除するには: n セルを選択して、Deleteキーを押します。 セルのテキスト編集モードを終了するには: n コマンド+ Returnキーを押してセルを選択するか、コマンドキーを押しながらセルをクリッ クします。 表の書式を設定する 表のデザインには、簡単でクリエイティブなさまざまな方法が用意されています。たとえば、 セルの枠の太さと色の変更や選択したセルの枠の削除が可能なほか、 セルの結合や分割によ り、実用的で非対称な表を作成できます。表のほとんどの書式設定は、「表」インスペクタで 行うことができます。「フォーマット」>「表」と選択して、行や列の均等に配置することな どもできます。 このセクションで取り上げる多くの操作は、ショートカットメニューを使用して行うことが できます。 J2645.book Page 80 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 5 章 表を作成する 81 表のショートカットメニューを開くには: n 表を選択し、Control キーを押しながら表を再度クリックします。 表に行および列を追加する 表に行または列を追加する位置を指定するには、「フォーマット」メニューのコマンドを使用 します。 行を表に追加するには: n 表のセルまたは行を選択し、「フォーマット」>「表」>「行を上に追加」または「行を下 に追加」と選択します。 列を表に追加するには: n 表のセルまたは列を選択し、「フォーマット」>「表」>「列を前に追加」または「列を後 ろに追加」と選択します。 表の行または列の数を変更するには: 1 「表」インスペクタで、「行」フィールドに行の数を入力します(または、上向き/下向き三 角形をクリックして値を増減します)。 行は表の下端に追加されます。 参考:表の最後のセルを選択し、Tab キーを押すことで行を追加することもできます。 2 「列」フィールドに列の数を入力します。 列は表の右側に追加されます。 J2645.book Page 81 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM82 第 5 章 表を作成する 参考:「内容に合わせて自動的にサイズ変更する」を選択しない場合は、「Keynote」で行や 列を追加しても表の外枠の大きさが維持されます。 表の行または列を削除する 表の行や列全体から内容を削除してセルを空にすることができます。 または、表から行や列 を削除することもできます。 表の行/列を削除するには: 1 行または列を選択します。 2 「フォーマット」>「表」>「行を削除」(または「列を削除」)と選択します。 行または列の内容(背景の塗りつぶしを含む)を削除するには: n 行または列を選択して、Delete キーを押します。 表にヘッダ行およびヘッダ列を追加する ヘッダ行とヘッダ列には、表のほかのテキストとは異なる専用の書式が設定されます(ヘッ ダテキストを太字にする、サイズを大きくするなど)。ヘッダ行とヘッダ列の外観は表のほか のセルと異なっていますが、スタイルを変更できる点はほかのセルと同様です。ただし、 ヘッダ行を複数の行に分割したり、ヘッダ列を複数の列に分割したりすることはできません。 隣接するセルの結合や行と 列の分割を行います。 表の上または左に、専用の書式が 設定された行または列を追加 します。 選択すると、テキストに合わせて行のサイズが変更されます。 表の行と列の数を 入力します。 J2645.book Page 82 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 5 章 表を作成する 83 ヘッダ行/ヘッダ列を追加するには: 1 表を選択します。 2 「フォーマット」>「表」>「ヘッダ行を追加」または「ヘッダ列を追加」と選択するか、 「表」インスペクタで「ヘッダ行」または「ヘッダ列」チェックボックスを選択します。 表のセルを結合する/分割する/サイズ変更する 表のセルの結合では、隣接するセルを 1 つに結合して枠線を削除するため、それらのセルは 1 つのセルになります。横方向に並んでいるセルを結合すると、両方のセルのテキストはタ ブで区切られて、1つのセルに入ります。縦方向に並んでいるセルを結合すると、両方のセ ルのテキストはキャリッジリターンで区切られて、1つのセルに入ります。どちらの場合も、 セルの背景になるイメージや色には、上端または左端のものが使用されます。 セルの分割では、選択した各セルが横(行)または縦(列)に 2 等分されます。分割された 両方のセルの背景は、同じ色またはイメージになります。元のセルのテキストは、上端また は左端のセルに入ります。 セルを結合または分割するには、メニューコマンド、ショートカットメニューコマンド、ま たは「表」インスペクタを使用します。セルのサイズを変更するには、「表」インスペクタを 使用します。 表のセルを結合するには: 1 隣接する 2つ以上のセルを選択します。 セルのグループは四角になるように選択する必要があります。 2 「フォーマット」>「表」>「セルを結合」と選択します。 「表」インスペクタで「セルを結合」をクリックしてセルを結合することもできます。 セルを横、または縦に分割するには: 1 1 つまたは複数のセルを選択します。行、または列全体を分割するには、行、または列にあ るすべてのセルを選択します。 2 「フォーマット」>「表」>「行を分割」(または「列を分割」)と選択します。 または、「表」インスペクタで「行を分割」や「列を分割」をクリックする方法もあります。 分割操作を繰り返すと、表のセル内の大きさが小さくなります。分割したセルを再び結合す るには、それらのセルを選択し、「フォーマット」>「表」「セルを結合」と選択します(ま たは、「表」インスペクタで「セルを結合」をクリックします)。 J2645.book Page 83 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM84 第 5 章 表を作成する 表のセルのサイズを変更するには: n セルを選択し、「表」インスペクタの「列の幅」および「行の高さ」フィールドに数値を入 力して、Return キーを押します。 n セルの枠線を選択し、ドラッグしてサイズを変更します。 表のセルをすべて同じサイズにするには: n 表を選択し、「フォーマット」>「表」>「行を均等に配置」および「列を均等に配置」と 選択します。 表のセル内のテキストが多すぎる場合は、セルの下部にクリッピングインジケータが表示さ れます。 クリッピングを防ぐには、セルの枠線をドラッグしてサイズを変更するか、表を選択して選 択ハンドルをドラッグし、表全体のサイズを変更します。また、行の高さがテキストに合わ せて自動的に伸び縮みするように設定することもできます。 行の高さが内容に合わせて伸び縮みするように設定するには: 1 表を選択します。 2 「表」インスペクタで、「内容に合わせて自動的にサイズ変更する」チェックボックスを選択 します。 参考:このオプションを選択すると、テキストがセルの枠に入りきらない場合に行が自動的 に高くなり、行や列が追加された場合には表の外枠のサイズが大きくなります。セルからテ キストが削除されると、行は低くなります(そのセルで行の高さが決まる場合)。「内容に合 わせて自動的にサイズ変更する」を選択しない場合は、「Keynote」で行や列を追加しても表 の外枠の大きさが維持されます。 表のセルのテキストを整列する セル内では、テキストを横方向または縦方向に整列することができます。テキストを整列す るには、「テキスト」インスペクタの「テキスト」パネルを使用します。 セルに含まれているテキストが すべて表示されない場合は、 クリッピングインジケータが 表示されます。 J2645.book Page 84 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 5 章 表を作成する 85 表のセルのテキストを横方向に整列するには: n セルをクリックし、「テキスト」インスペクタの「テキスト」パネルにある、横方向の整列 ボタンのいずれかをクリックします。 表のセルのテキストを縦方向に整列するには: n セルをクリックし、「テキスト」インスペクタの「テキスト」パネルにある、縦方向の整列 ボタンのいずれかをクリックします。 テキストとセルの枠との間隔を指定するには、「余白を挿入」スライダまたはフィールドを使 用します。指定された値は、テキストの周囲に均等に適用されます。 表のセル内でテキスト周囲の余白を調整するには: 1 セル内をクリックします(すべてのセルに同じ設定を適用する場合は、表を選択します)。 2 「テキスト」インスペクタの「テキスト」パネルで、「余白を挿入」スライダを右にドラッグ して間隔を広げるか、フィールドに数値を入力してから Return キーを押します。 セルの枠の書式を設定する セルの枠は、ほかのグラフィックスと同様に書式を設定できます。セルの枠の太さや色を変 更したり、いずれかのセルの枠を隠したりできます。 テキストを右にそろえます。 テキストの両端をそろえます (テキストの右端と左端の位置をそろえる)。 テキストを中央にそろえます。 テキストを左にそろえます。 テキストの開始位置を セルの下部にします。 テキストの開始位置をセルの上部にします。 テキストの開始位置を セルの中央にします。 J2645.book Page 85 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM86 第 5 章 表を作成する 線の太さと色を設定するには: 1 セルの枠を 1 つ、または複数選択します。 2 「表示」>「インスペクタを表示」と選択して(または、ツールバーの「インスペクタ」を クリックして)、「グラフィック」インスペクタボタンをクリックします。 3 数値を「線」フィールドに入力します(または、上向き/下向き三角形をクリックします)。 4 「線」カラーウェルをクリックし、「カラー」ウインドウで色を選択します。 セルの枠線を隠すには: 1 セルの枠を 1 つ、または複数選択します。 2 「グラフィック」インスペクタで、「線」ポップアップメニューから「なし」を選択します。 外枠のない表を作成するには: 1 表を選択します。 2 「表」インスペクタで、「枠線」ボタンの左から 2 番目をクリックして表の外枠を選択します。 3 「グラフィック」インスペクタで、「線」ポップアップメニューから「なし」を選択します。 イメージや背景色を追加する 表のセルにイメージや色を追加するには、「グラフィック」インスペクタの「塗りつぶし」 ポップアップメニューを使用します。イメージや色は、個別のセルや表全体に設定すること ができます。 表のセルにイメージを追加するには: 1 1 つ、または複数のセル、あるいは表全体を選択します。 2 「グラフィック」インスペクタで、「塗りつぶし」ポップアップメニューから「イメージ塗り つぶし」または「半透明イメージ塗りつぶし」を選択します。(セルにイメージが含まれて いる場合は、「選択」をクリックします。) 選択したセルの枠の線の太さを 入力します(「px」はピクセルを 表します)。 選択したセルの枠の色を 選択します。 選択したセルの枠を隠すには、 「なし」を選択します。 J2645.book Page 86 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 5 章 表を作成する 87 3 イメージを選択し、「開く」をクリックします。 4 サイズを指定するポップアップメニューから、どのようにセルを塗りつぶすかを選択します。 イメージ塗りつぶしの作業の詳細については、68 ページの「イメージによってオブジェクト を塗りつぶす」を参照してください。色とグラデーション塗りつぶしの作業の詳細について は、65 ページの「カラー塗りつぶしおよびイメージ塗りつぶしを使用する」を参照してくだ さい。 参考:表の全体に対してイメージを設定した場合は、 個別のセルを選択すると、「グラフィッ ク」インスペクタの「塗りつぶし」ポップアップメニューに「なし」と表示されます。 背景色またはグラデーション塗りつぶしを設定するには: 1 1 つ、または複数のセル、あるいは表全体を選択します。 2 「グラフィック」インスペクタで、「塗りつぶし」ポップアップメニューから「カラー塗りつ ぶし」または「グラデーション塗りつぶし」を選択します。 3 カラーウェルをクリックし、「カラー」ウインドウで色を選択します。 色とグラデーション塗りつぶしの作業の詳細については、65 ページの「カラー塗りつぶしお よびイメージ塗りつぶしを使用する」を参照してください。 参考:表の全体に色を設定した場合は、個別のセルを選択すると、「グラフィック」インスペ クタの「塗りつぶし」ポップアップメニューに「なし」と表示されます。 セル内のイメージの拡大縮小 オプションを設定します。 イメージをウェルにドラッグするか、 「選択」をクリックします。 任意のセルまたは表全体に、イメージ塗りつぶし、 カラー塗りつぶし、またはグラデーション塗りつ ぶしのいずれかを選択します。 J2645.book Page 87 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PMJ2645.book Page 88 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM89 6 6 グラフを作成する スプレッドシートのデータは、見やすいグラフにするこ とができます。この章では、「Keynote」での基本的なグ ラフの作成方法を説明します。 「Keynote」には、数値データを視覚的に表現する独自のグラフを作成するためのツールが用 意されています。スプレッドシートからデータをコピー&ペーストしたり、「Keynote」の 「グラフデータエディタ」に直接入力したりして、スライドキャンバス上でグラフを作成およ び編集できます。 グラフについて グラフは、2種類のデータの相互関係を示すものです。たとえば、時間の経過に伴うビジネ スの成長をグラフにした場合には、ビジネスの規模と、年月の経過との関係を示すことにな ります。さまざまな人口統計グループ別の投票結果をグラフにした場合は、任意の方法で投 票した人の数と、その人が所属する人口統計的なグループとの関係を示すことになります。 グラフのデータを入力する際、これら 2 つの異なるタイプのデータは、データ系列および データ集合として表現されます。 ビジネスグラフの場合、データ系列の例としては、地域別の連続する 4 つの四半期の利益が 挙げられます。一方、データ集合としては、すべての地域についての年度ごとの利益があり ます。この例では、データ系列(地域別の利益)が行で、データ集合(年度ごとの利益)が 列です。個々の値(たとえば「地域 1」、「2004」年の「17」)をデータポイントといいます。 J2645.book Page 89 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM90 第 6 章 グラフを作成する 行ラベル(「地域 1」と「地域 2」)の隣にある色が付いた四角は、グラフ内の各データ系列の 色を示しています。 次の図は、このデータを縦棒グラフで表示したものです。 このグラフでは、「グラフデータエディタ」内の行がデータ系列を表しています。データポイ ントは、一連の暗い色の棒と明るい色の棒で表示されています。 データ系列とデータ集合を置き換える グラフのデータ系列とデータ集合は、データを再入力しなくても簡単に入れ替えることがで きます。これには、「グラフデータエディタ」の「グラフにする系列」ボタンを使用します。 この四角は、それぞれのデータ系列の 色を示しています。 データ集合には、データ系列 ごとに 1 つのデータポイント (1 本の棒)があります。 これらの 4 本の棒は、1 つの データ系列を表しています。 グラフの凡例には、2 つの データ系列が示されています。 J2645.book Page 90 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 6 章 グラフを作成する 91 以下の図は、前のグラフと同じデータを表示していますが、データ集合とデータ系列を入れ 替えています。 このグラフでは、データ系列は 89 ページの図の「グラフデータエディタ」内の列で表されて います。4 つのデータ系列が、それぞれ異なる色の棒で表されます。 データ系列の表示は、「Keynote」で用意されているグラフの種類ごとに異なります。 • 縦棒グラフと横棒グラフでは、データ系列は同じ色の一連の棒によって表されます。 • 折れ線グラフ(単にグラフともいう)では、データ系列は 1本の線で表されます。 • 面グラフでは、データ系列は折れ線の下側の領域によって表されます。 このボタンによって、「グラフ データエディタ」内のデータの 列をデータ系列にします。 このボタンによって、「グラフデータ エディタ」内のデータの行をデータ 系列にします。 これらの 2 本の棒は、1 つの データ系列を表しています。 データ集合には、4 つのデータ系列の それぞれに対して、1 つのデータポイ ント(1本の棒)があります。 J2645.book Page 91 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM92 第 6 章 グラフを作成する • 円グラフでは、各系列の最初のデータポイントとなるデータ集合(「グラフデータエディ タ」で最初にリストされた集合)が 1 つだけ表示されます グラフを追加する スライドキャンバス上にグラフを配置するには: 1 「挿入」>「グラフ」と選択します(または、ツールバーの「グラフ」をクリックします)。 データのプレースホルダが入ったグラフがスライドに表示され、「グラフ」インスペクタと 「グラフデータエディタ」が開きます。 2 グラフのサイズを変更するには、選択ハンドルをドラッグします。 3 グラフの位置を変更するには、グラフをドラッグします(ポインタを選択ハンドルに置かな いようにしてください)。 4 グラフのタイプを変更するには、「グラフ」インスペクタのポップアップメニューからオプ ションを選択します。 グラフは、スライドに描画して作成することもできます。 スライドキャンバス上にグラフを描画するには: 1 Option キーを押しながら、ツールバーの「グラフ」をクリックします。 2 Option キーを放して、ポインタをスライドキャンバス上に移動すると、ポインタが十字線に なります。 3 スライドキャンバス上でポインタをドラッグして、希望するサイズのグラフを作成します。 グラフの縦横比を固定するには、Shiftキーを押しながらドラッグします。 「グラフ」インスペクタでは、 8 種類のグラフのタイプから 選択できます。 J2645.book Page 92 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 6 章 グラフを作成する 93 グラフのデータを編集する グラフのデータを編集するには、「グラフデータエディタ」を開いてデータを入力します。 ま たは、「Excel」、「AppleWorks」などのスプレッドシートアプリケーションからデータをコ ピー&ペーストします。 「グラフデータエディタ」を開くには: 1 スライドでグラフを選択します。 2 「フォーマット」>「グラフ」>「データエディタを表示」と選択します(または「グラフ」 インスペクタで「データを編集」をクリックします)。 ほかのスプレッドシートから「グラフデータエディタ」にデータをコピーするには: 1 スプレッドシートを開き、コピーしたいセルを選択します。 2 「編集」>「コピー」と選択します(または、コマンド+ Cキーを押します)。 3 「グラフデータエディタ」で、1列目の一番上のセルを選択します。 4 「編集」>「ペースト」と選択します(または、コマンド+ V キーを押します)。 行や列の名前、またはセル内のデータを編集するには: n セル、または行や列のラベルをダブルクリックして、 入力します。 「グラフデータエディタ」で行または列の順序を変更するには: n 行または列のラベルを新しい位置までドラッグします。 「グラフデータエディタ」で行または列を追加するには、 以下のいずれかの操作を行います: • 選択した行の上に行を追加する、または選択した列の左側に列を追加するには、「行を追 加」または「列を追加」をクリックします。行または列を選択していない場合は、新しい 行または列が、表の下端または右端に追加されます。(新しい行や列を表示するには、 Return キーまたは Tabキーを押したり、「グラフデータエディタ」ウインドウを広げたり することが必要になる場合があります。) グラフのデータは、このような スプレッドシート形式のセルに 直接入力できます。 これらのボタンをクリックして、 データを入力する行や列を追加 します。 ラベルをドラッグして並べ替えます。 J2645.book Page 93 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM94 第 6 章 グラフを作成する • 空白のセルを選択して、データを入力し、Return キーを押します。新しい行または列が、 自動的に作成されます。 行または列を削除するには: n 行または列のヘッダを選択し、Delete キーを押します。 グラフの書式を設定する グラフとグラフの凡例は、ほかのオブジェクトと同様にサイズを変更したり配置したりする ことができます。必要に応じて、フォント、色、軸ラベル、目盛りなど、グラフの要素の書 式を設定することができます。グラフの凡例は隠すこともできます。グラフの書式設定のほ とんどは、「グラフ」インスペクタで行うことができます。 「グラフ」インスペクタを開くには: 1 「表示」>「インスペクタを表示」と選択します(またはツールバーの「インスペクタ」を クリックします)。 2 インスペクタウインドウで、「グラフ」インスペクタボタンをクリックします。 このセクションで取り上げる多くの操作は、ショートカットメニューを使用して行うことも できます。 グラフのショートカットメニューを表示するには: n Controlキーを押しながらグラフをクリックします。 グラフの凡例を隠すには: 1 グラフを選択します。 2 「グラフ」インスペクタで、「凡例を表示」チェックボックスの選択を解除します。 また、凡例を選択して Deleteキーを押す方法もあります。「グラフ」インスペクタの「凡例 を表示」を選択すれば、いつでも凡例を表示できます。 J2645.book Page 94 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 6 章 グラフを作成する 95 グラフの色を設定する 各タイプのグラフの棒、分割部分、面には、ほかの描画オブジェクトと同じように書式を設 定できます。カラー塗りつぶし、グラデーション塗りつぶし、イメージ塗りつぶし、影、不 透明度、および線のスタイルを適用できます。これらの属性は、「グラフィック」インスペク タで設定します。 棒、分割部分、面の色やイメージを変更するには: 1 項目を選択します(棒、分割部分、または面)。 横棒グラフ内の 1本の棒を選択すると、そのデータ系列の棒がすべて選択されます。 2 「グラフィック」インスペクタを使用して、ほかの描画オブジェクトと同じようにグラフの プロパティを変更します。 オブジェクトの属性の変更についての詳細は、第 4 章「オブジェクトプロパティを変更する」 を参照してください。 グラフのフォントを変更する 座標軸のラベル、データポイントのラベル、および凡例で使用されているフォントとテキス トの色を変更することができます。 グラフのフォントを変更するには: 1 変更するテキストを選択します。 すべてのグラフ要素のフォントを変更するには、グラフをクリックして選択します。ある データポイントまたは座標軸のラベルのテキストを選択すると、同じ種類のテキストがすべ て選択されます。グラフの凡例のフォントは、個別に変更できます。 2 「フォーマット」>「フォント」>「フォントを表示」と選択し(またはツールバーの 「フォント」をクリックして)、「フォント」パネルを開きます。 3 フォントを選択します。 テキストの色の変更についての詳細は、38 ページの「箇条書きテキストと番号付き箇条書き を書式設定する」を参照してください。 J2645.book Page 95 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM96 第 6 章 グラフを作成する ラベルおよび座標軸の目盛りを追加する 「グラフ」インスペクタの「座標軸」パネルを使用して、棒グラフ、折れ線グラフおよび面グ ラフのグリッドや座標軸の一般的な外観に書式を設定できます。また、数値軸に表示する値 の範囲を設定できます。数値軸とは、データポイントの値を表示する軸のことです。縦棒グ ラフ、折れ線グラフおよび面グラフの場合は、Y軸が数値軸になります。横棒グラフの場合 には、X軸が数値軸になります。(円グラフには、数値軸はありません。円グラフの書式設定 については、99 ページの「円グラフ」を参照してください。) 座標軸とグラフの枠を表示する/隠すには: 1 グラフを選択します。 2 「グラフ」インスペクタで、「座標軸」ボタンが選択されていなければクリックします。 3 「軸と枠」ポップアップメニューで 1 つまたは複数の項目を選択します。 選択した項目にはチェックマークが付きます。もう一度選択すると、選択が解除されます。 グラフのグリッドに表示される数値の範囲を設定するには: 1 グラフを選択します。 2 「グラフ」インスペクタで、「座標軸」ボタンが選択されていなければクリックします。 3 グラフの原点の値を設定するには、「数値軸の形式」の下にある「最小値」フィールドに数 値を入力します。 この最小値は、データ集合の中の最小値よりも小さい値である必要があります。 4 数値軸に表示する最大値を設定するには、「最大値」フィールドに数値を入力します。 グラフの枠線と座標軸を 表示するか隠します。 グラフのグリッドの値範囲と 座標軸目盛りの数を設定し ます。 グラフのグリッドのラベル および目盛りのスタイルを 設定します。 グラフの値の単位を 選択します。 J2645.book Page 96 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 6 章 グラフを作成する 97 この最大値は、データ集合の中の最大値よりも大きい値である必要があります。 5 最小値と最大値の間の座標軸目盛りの数を指定するには、「目盛り数」フィールドに数値を 入力します。 数値軸にデータの最小値を表示するには: 1 グラフを選択します。 2 「グラフ」インスペクタで、「座標軸」ボタンが選択されていなければクリックします。 3 数値軸のポップアップメニュー(グラフのタイプにより、「X軸」または「Y 軸」ポップアッ プメニューになります)から、「数値ラベルを表示」および「最小値を表示」を選択します。 項目が選択されると、その左にチェックマークが付きます。 座標軸の値の単位を指定するには: 1 グラフを選択します。 2 「グラフ」インスペクタで、「座標軸」ボタンが選択されていなければクリックします。 3 「数値の書式」の「前置記号」または「後置記号」フィールドに、テキストまたは記号を入 力します(またはポップアップメニューから記号を選択します)。 グリッドのラベルと目盛りを配置する 「グラフ」インスペクタの「座標軸」パネルにある「X軸」および「Y軸」ポップアップメ ニューには、数値軸や系列軸の目盛り、ラベル、およびグリッドを配置するための、一連の オプションが用意されています。これらのポップアップメニューのオプションは、下の図の ように、選択したグラフの種類によって変わります。 縦棒グラフ、折れ線グラフ、および面グラフの場合、Y軸が数値軸で、X軸が系列軸になりま す。横棒グラフの場合、X 軸が数値軸になります。以下のポップアップメニューは、縦棒グ ラフを選択した場合に表示されるものです。 軸のグリッドのラベルと目盛りを配置するには: 1 グラフを選択します。 2 「グラフ」インスペクタで、「座標軸」ボタンが選択されていなければクリックします。 3 系列軸にグリッドラベルや目盛りを追加するには、「X軸」ポップアップメニューからオプ ションを選択します。(横棒グラフの場合は、同じオプションを「Y軸」ポップアップメ ニューから選択します。) J2645.book Page 97 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM98 第 6 章 グラフを作成する 4 数値軸にグリッドラベルや目盛りを追加するには、「Y 軸」ポップアップメニューから選択し ます。(横棒グラフの場合は、同じオプションを「X軸」ポップアップメニューから選択しま す。) データ系列の要素に書式を設定する 系列のデータポイントごとに数値を表示することができます。 データポイントのラベルを追加するには: 1 グラフ、またはデータ系列の要素を選択します。 円グラフ以外のグラフでは、系列の 1 つの要素を選択すると系列全体が選択されます。円グ ラフでは、円グラフの分割部分を個別に選択できます。 2 「グラフ」インスペクタで、「系列」ボタンをクリックします。 3 「データポイント設定」ポップアップメニューから「値を表示」を選択します。 4 表示する小数点以下の桁数を指定するには、「小数点以下の桁数」フィールドに数値を入力 します(または、上向き/下向き三角形をクリックして値を増減します)。 X軸の目盛りを配置します。 X 軸のグリッドを表示したり、 隠したりします。 系列軸のラベルのテキストの 向きを設定します。 系列軸のラベルを表示したり、隠したりします。 Y 軸の目盛りを配置します。 Y軸のグリッドを表示した り、隠したりします。 数値軸のラベルを表示する か隠します。 J2645.book Page 98 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 6 章 グラフを作成する 99 5 データポイントの値の位置を変更するには、「データポイント設定」ポップアップメニュー からオプションを選択します。 6 「フォント」パネル(「フォーマット」>「フォント」>「フォントパネルを表示」)を使用 して、データポイントのラベルのフォント、フォントサイズ、およびスタイルを選択します。 円グラフの場合、データポイントのラベルは、「データポイント設定」ポップアップメニュー で「円グラフの値をパーセント表示」を選択して全体との割合(%)にするか、選択を解除 して絶対値にします。また、系列の名前を表示することもできます。 グラフのタイプによっては、このほかにも系列要素の書式設定のためのオプションが用意さ れています。円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフ、および面グラフの特殊な書式設定オプ ションの詳細については、この後のセクションを参照してください。 円グラフ 円グラフの場合、「Keynote」では、「グラフデータエディタ」の最初のデータ集合(各デー タ系列の最初のデータポイント)だけがグラフに表示されます。データ系列が「グラフデー タエディタ」の行である場合は、最初の列だけがグラフに表示されます。データ系列が「グ ラフデータエディタ」の列である場合には、最初の行だけがグラフに表示されます。このよ うに、1 つの円グラフは単一のデータ集合を、分割部分はその集合の中の 1つの要素を表し ます。「グラフデータエディタ」のほかのデータ集合も維持されますが、グラフには表示され ません。どのデータ集合も、行または列の先頭に移動することによって、グラフに表示する ことができます。 個々の分割部分を選択するには: 1 グラフを選択して、選択する分割部分をクリックします。 2 さらに分割部分を選択するには、以下のいずれかの操作を行います: • すべての分割部分を選択するには、「編集」>「すべてを選択」と選択します(または、コ マンド+ A キーを押します)。 • 連続していない分割部分を選択するには、コマンドキーを押しながらそれぞれの部分を選 択します。 J2645.book Page 99 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM100 第 6 章 グラフを作成する • 連続する分割部分を選択するには、最初の分割部分を選択し、次に Shift キーを押しながら 最後の分割部分を選択します。 円グラフでは、分割部分の値を表示するほかに、系列名を表示できます。 円グラフの系列名を表示するには: 1 グラフ、または個々の分割部分を選択します。 2 「グラフ」インスペクタで、「系列」ボタンをクリックします。 3 「データポイント」ポップアップメニューから、「系列名を表示」を選択します(項目が選択 されると、左にチェックマークが表示されます)。 4 「データポイント設定」ポップアップメニューから「内側」または「外側」を選択します。 円グラフの分割部分は、いくつでも切り離すことができ、すべて切り離すこともできます。 個々の分割部分を切り離して表示するには: 1 円グラフの分割部分を個別に選択します。(複数の分割部分を選択するには、コマンドキー を押しながらそれぞれの分割部分をクリックします。) 2 「グラフ」インスペクタで、「系列」ボタンをクリックします。 3 円グラフの分割部分、または「切り離し」スライダをドラッグして、分割部分を適当な位置 に切り離します。 「切り離し」フィールドに数値を入力したり、上向き/下向き三角形を使用して数値を増減し たりすることもできます。 円グラフの場合、選択した分割部分の 内側または外側に、データポイントの 値および系列名を配置します。値を比 率で表示するか、数値で表示するかを 選択します。 個別の分割部分、または円グラフ全体に 影を付けます。 円グラフの分割部分を 切り離します。 J2645.book Page 100 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 6 章 グラフを作成する 101 円グラフのそれぞれの分割部分や全体に影を付けることができます。 影を付けた分割部分は それぞれ異なるレイヤーに置かれたように見えます。 個別の分割部分に影を付けるには: 1 グラフまたは個々の分割部分を選択します。 2 「グラフ」インスペクタで、「系列」ボタンをクリックします。 3 「影」ポップアップメニューから「個別」を選択します。 4 「グラフィック」インスペクタで、影の属性を設定します。 円グラフの全体に影を付けるには: 1 グラフを選択します。 2 「グラフ」インスペクタで、「系列」ボタンをクリックします。 3 「影」ポップアップメニューから「グループ」を選択します。 4 「グラフィック」インスペクタで、影の属性を設定します。 詳細については、71 ページの「影を追加する」を参照してください。 グラフおよび個々のグラフ要素(凡例など)の不透明度も変更することができます。詳細に ついては、72 ページの「不透明度を調整する」を参照してください。 円グラフは回転することができます(特定の分割部分をグラフの上部に配置するなど)。 円グラフを回すには: 1 グラフを選択します。 2 「グラフ」インスペクタで、「系列」ボタンをクリックします。 3 「回転角度」ホイールを回すか、「回転角度」フィールドに数値を入力します(または上向 き/下向き三角形をクリックします)。 「切り離し」スライダを使用 して分割部分を切り離し、 系列名を付けます。 J2645.book Page 101 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM102 第 6 章 グラフを作成する 棒グラフ 個別のデータ系列や、グラフ全体に影を適用できます。グラフ全体、または各系列の不透明 度を調整できますが、個々の棒については調整できません。データ集合や個々の棒の間隔を 調節することもできます。 個々の棒やデータ集合の間隔を調節するには: 1 グラフを選択します。 2 「グラフ」インスペクタで、「系列」ボタンが選択されていなければクリックします。 3 棒の間隔を変更するには、「棒の間隔」フィールドに値を入力します(または上向き/下向 き三角形をクリックします)。 4 データ集合の間隔を調整するには、「集合の間隔」フィールドに値を入力します。 この値は、棒の太さに関する比率です。棒の間隔を狭くすると、棒が太くなります。また、 棒の端の付近にポインタを移動して、両方向の矢印になったら、それをドラッグすることで 棒を太くしたり細くしたりできます。 それぞれの棒に影を付けるには: 1 グラフまたは棒を選択します(データ系列全体が選択されます)。 2 「グラフ」インスペクタの「系列」パネルの「影」ポップアップメニューから、「個別」を選 択します。 データ系列を 1 つ選択して、「影」ポップアップメニューから項目を選択すると、グラフ内の すべての系列にその項目が適用されます。 3 「グラフィック」インスペクタで、影の属性を設定します。 詳細については、71 ページの「影を追加する」を参照してください。 グラフの不透明度を調整するには: n グラフを選択し、「グラフィック」インスペクタの「不透明度」スライダをドラッグします。 詳細については、72ページの「不透明度を調整する」を参照してください。 グラフ内の個々の棒を 切り離します。 グラフ内のデータ集合を 切り離します。 棒またはデータ集合に影を 付けます。 J2645.book Page 102 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 6 章 グラフを作成する 103 面グラフと折れ線グラフ 面グラフと折れ線グラフでは、円、三角形、正方形、ひし形の記号を使用してデータポイン トを表すことができます。 系列のデータポイントに記号を使うには: 1 データ系列(面または折れ線)を選択します。 2 「グラフ」インスペクタの「系列」パネルで、「データポイントの記号」ポップアップメ ニューから記号を選択します。 3 「記号塗りつぶし」ポップアップメニューのオプションを選択して、記号を塗りつぶします。 イメージ塗りつぶしの詳細については、65 ページの「カラー塗りつぶしおよびイメージ塗り つぶしを使用する」を参照してください。 線の色と影を設定するには: n 「グラフィック」インスペクタで「線」および「影」のコントロールを使用します。 「グラフィック」インスペクタを使用して、線の色、影、データポイント記号の塗りつぶしを 設定する方法の詳細については、65ページの第 4 章「オブジェクトプロパティを変更する」 を参照してください。 この系列のデータポイントは 円で表されています。 この系列のデータポイントは 三角形で表されています。 データポイントに使用する 記号を選択します。 データポイント記号を色 またはイメージで塗りつぶし ます。 J2645.book Page 103 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PMJ2645.book Page 104 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM105 7 7 スライドトランジション およびオブジェクトビルド この章では、スライドトランジションおよびオブジェク トビルドを使用して、スライドショーに動きや視覚的な 効果を追加する方法について説明します。 スライドをデザインしてまとめたら、次にプレゼンテーション全体を構成します。聴衆の目 を引きつけるよう、テキストにアニメーションを追加してみましょう。トランジションを追 加すると、あるスライドから次のスライドへの表示がスムーズに切り替わります。各スライ ド内でオブジェクトビルドを使用すると、プレゼンテーションに合わせてデータを段階的に 表示できます。 スライド間にトランジションを追加する 「Keynote」には、さまざまなトランジションスタイルが用意されています。以下に、いくつ かの例を示します。 トランジションの継続時間を変更することができ、トランジションを開始するタイミングも 指定できます(自動またはクリック時)。スライドトランジションは、「スライド」インスペ クタで設定します。 トランジションスタイル 見え方 キューブ 回転する立方体の側面のように、画面上にスライドが回転しながら現れ て消えます。 反転 次のスライドが、反転されたページの裏面にあるかのように現れます。 ムーブイン 指定方向から新しいスライドが挿入され、前のスライドの上に重なって 表示されます。 プッシュ 新しいスライドが、現在のスライドを指定方向に押し出すようにして現 れます。 渦巻き 前のスライドがスピンして小さくなりながら中央に消えて、次のスライ ドが外側に向けてスピンしながら現れます。 J2645.book Page 105 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM106 第 7 章 スライドトランジション およびオブジェクトビルド あるスライドから次のスライドへのトランジションを追加するには: 1 「表示」>「インスペクタを表示」と選択(またはツールバーの「インスペクタ」をクリッ ク)して、「インスペクタ」ウインドウを開きます。 2 インスペクタウインドウで、「スライド」インスペクタボタンをクリックします。 3 「トランジション」をクリックします。 4 「エフェクト」ポップアップメニューからオプションを選択します。 5 必要に応じて、「方向」ポップアップメニューからオプションを選択します。 6 トランジションが完了するまでの時間を指定するには、「継続時間」フィールドに値を入力 します(または、上向き/下向き三角形をクリックします)。 7 「トランジションを開始」ポップアップメニューからオプションを選択します。 • クリック時:クリックしたときにトランジションが開始し、 次のスライドに移動します。 • 自動:「遅れ」フィールドに指定した時間が経過するとトランジションを開始します。 重要:指定した各トランジションは、選択したスライドにのみ適用されます。 別のスライド にトランジションを適用するには、目的のスライドを選択して、先述の手順を繰り返します。 クリックしてトランジションの プレビューを表示します。 トランジションの長さを設定 します。 トランジションが自動的に 開始するまでの待ち時間を 設定します。 トランジションの方向を設定します。 トランジションの開始方法を 選択します。 トランジションを選択します。 「スライド」インスペクタボタン J2645TR Page 106 Wednesday, December 22, 2004 6:44 PM第 7 章 スライドトランジション およびオブジェクトビルド 107 参考:「Keynote」の環境設定の「スライドショー」パネルで「スライドをフルスクリーンで 表示」を選択すると、キューブまたは反転トランジションの一部が表示されない場合があり ます。スライドショーの際にキューブまたは反転トランジションでクリッピングが起こらな いようにするには、「Keynote」>「環境設定」と選択して「スライドショー」をクリック し、クリッピングを避けるためにトランジションを縮小するオプションを選択します。 「エフェクト」ポップアップメニューに「このコンピュータでは再生できないエフェクトで す」として表示されているトランジションを利用するには、高性能なグラフィックカードが 必要になります。(詳細については、Keynote ヘルプを参照してください。) オブジェクトビルドを作成する オブジェクトビルドを使用すると、スライドの要素を一度に 1 つずつ、またはグループにま とめて、適当な順番で表示させることができます。たとえば、イメージを画面の左側から入 り込むように表示し、その横に箇条書きテキストを 1行ずつ並べて表示できます。また、聴 衆の関心を引くようにグラフの各部を 1 つずつ表示することができます。 ビルドを作成するには、まずスライドを完成させてから、時間の経過につれて表示する要素 のビルド設定を指定します。 オブジェクトビルドを設定するには: 1 「表示」>「インスペクタを表示」と選択します(またはツールバーの「インスペクタ」を クリックします)。 2 インスペクタウインドウで「ビルド」インスペクタボタンをクリックし、「ビルドイン」ま たは「ビルドアウト」をクリックします。 J2645.book Page 107 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM108 第 7 章 スライドトランジション およびオブジェクトビルド 3 スライドの項目を選択して、「エフェクト」ポップアップメニューからオプションを選び ます。 各スライドには、グラフィックオブジェクト、箇条書きテキストやラベルなどのテキストオ ブジェクト、およびサウンドファイル(オーディオアイコンで表される)を配置できます。 4 必要に応じて、「方向」ポップアップメニューからオプションを選択します。 5 「表示方法」ポップアップメニューからオプションを選択します。 6 トランジションが完了するまでの時間を指定するには、「継続時間」フィールドに値を入力 します(または、上向き/下向き三角形をクリックします)。 アニメーション表示する項目のエフェクトを選択した後でも、項目の順番は簡単に変更でき ます。アニメーションを(指定時間後に)自動的に始めるか、クリックした際に始めるかを 指定することもできます。 参考:ビルドのエフェクトが設定されているオブジェクトをグループ化すると、そのエフェ クトが削除されます。オブジェクトのグループにビルドが設定されている場合は、グループ を解除するとビルドのエフェクトが削除されます。 オブジェクトを異なる順番でビルドするには: 1 「ビルド」インスペクタで、「自動ビルドを設定」をクリックします。 2 「ビルドの順番」パネルで、項目をドラッグして順番を変えます。 ビルドが完了するまでの 時間を設定します。 クリックしてビルドのプレビューを表示します。 スライド要素を画面上に表示させるとき には「ビルドイン」アニメーションを 使用し、要素を画面上から消すときには 「ビルドアウト」アニメーションを使用 します。 「ビルドの順番」パネルを開いて、 オブジェクトを並べ替えます。 各オブジェクトに対するアニ メーションのスタイル、方向、 ビルドの順番を設定します。 オブジェクトを特定のグループ単位で 画面へ表示したり、消したりします。 J2645.book Page 108 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 7 章 スライドトランジション およびオブジェクトビルド 109 オブジェクトをアニメーション表示するタイミングを指定するには: 1 「ビルドの順番」パネルで(表示されていない場合は、「自動ビルドを設定」をクリックしま す)、項目を選択します。 2 「ビルドを開始」ポップアップメニューからオプションを選択します。 • クリック時:クリックによってビルドが開始されます。 • 自動:「遅れ」フィールドに指定された時間が経過すると、ビルドが 開始されます。 • <ビルドの順番>で自動処理:2 つのオブジェクトが同時に現れるように設定できます。 「ビルドの順番」パネルでオブジェクトを連続するように並べてから、「<ビルドの順番> で自動処理」を選択します。また、「<ビルド順番>の後に自動処理」を選択すると、前の ビルドが完了したらビルドを開始するように設定できます。 3 つ以上のオブジェクトを同時に表示するには、最初にグループ化をします(50 ページの 「オブジェクトをグループ化する/ロックする」を参照)。 3 前のビルドが完了してから次のオブジェクトビルドが開始されるまでの待ち時間を指定する には、「遅れ」フィールドに値を入力します(または上向き/下向き三角形をクリックしま す)。 項目をドラッグして並べ替えます。 選択したビルドの開始方法を 選択します。 前のビルドが完了してからオブジェクト ビルドを開始するまでの待ち時間を指定 します。 J2645.book Page 109 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM110 第 7 章 スライドトランジション およびオブジェクトビルド 遅れの時間は、60 秒まで指定することができます。遅れを指定できるのは、(「クリック時」 でなく)ビルドを自動的に開始するよう選択した場合だけです。 「ビルド」インスペクタの「ビルドアウト」パネルで選択を行うことによって、オブジェクト を任意の順番でスライドから消すこともできます。スライド上に表示させる要素と消す要素 がある場合、別の要素が画面上に現れる前に各要素が画面上に表示されたり画面から消えた りするように、ビルドインとビルドアウトの順番を混在して設定できます。 テキストビルド ビルドを使用して、スライドにテキストを表示したり画面から消したりすることもできます。 「Keynote」には、テキストを行ごとや文字ごとにビルドするオプションがあります。テキス トビルドは、箇条書きテキスト(本文のプレースホルダのテキスト)または「フリー」テキ ストボックスに設定することができます。 テキストのビルドを設定するには: 1 テキストボックスを選択し、前のセクションの説明の通り、ビルドのエフェクト、方向、継 続時間、および順番を割り当てます。 2 「表示方法」ポップアップメニューから表示スタイルを選択します。 • 一括:テキストボックスのすべてのテキストを一度に表示させます。 • 1 件ずつ:箇条書きテキストを 1 件ずつ表示させます。 • グループごと:箇条書きテキストを下位の箇条書きと一緒に表示させます。 • 強調して表示:箇条書きをそれぞれ表示させるたびに強調します。最後に表示された箇条 書きは強調表示された状態のままになります。 • 段落単位:フリー・テキストボックス内のテキストを一段落ずつ表示させます。 スライドでテキストを表示する、 または消す方法を選択します。 スライド上にテキストを表示 したり、スライド上から消し たりするためのエフェクトを 選択します。 J2645.book Page 110 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 7 章 スライドトランジション およびオブジェクトビルド 111 表のビルド ほかのオブジェクトビルドを作成する場合と同じように、表を含むスライドにオブジェクト ビルドを作成できます。ただし表の場合は、行ごと、列ごと、セルごと、またはその他の方 法でのアニメーション表示が可能です。 表のビルドを設定するには: 1 表を選択し、前の説明の通りに、ビルドのエフェクト、方向、継続時間、および順番を割り 当てます。 2 「表示方法」ポップアップメニューからオプションを選択します。 • 一括:表全体を 1つのオブジェクトとして表示させます。 • 1 行単位:行ごとに表を画面上に表示させます。 • 1 列単位:列ごとに表を画面上に表示させます。 • 1 セル単位:一度に表のセルを 1 つずつ、画面上に表示させます。 • 内容を 1 行単位:画面に空の表を表示し、1行ずつ内容を表示させます。 • 内容を 1 列単位:画面に空の表を表示し、1列ずつ内容を表示させます。 • 内容を 1 セル単位:空の表を画面に表示して、各セルの内容を表示させます。 参考:表の要素にはすべて同じビルドスタイルが使用されます。 J2645.book Page 111 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM112 第 7 章 スライドトランジション およびオブジェクトビルド グラフのビルド 表のビルドと同様に、グラフのビルドには、プレゼンテーション中にグラフの要素を画面上 に表示させたり画面から消したりする方法がいろいろあります。 グラフのビルドを設定するには: 1 グラフを選択し、前に説明したとおりに、ビルドのエフェクト、方向、継続時間、および順 番を割り当てます。 2 「表示方法」ポップアップメニューから表示スタイルを選択します。 • 一括:グラフ全体を 1 つのオブジェクトとして表示させます。 • 背景を先に:グラフの座標軸を画面上に表示させ、その後ですべてのデータ要素を一度に 表示させます(棒グラフ、線グラフ、または面グラフ)。 • 系列単位:グラフの座標軸を画面上に表示させ、その後でデータ要素を一度に 1系列ずつ表 示させます。 • 集合単位:グラフの座標軸を画面上に表示させ、その後でデータ要素を一度に 1集合ずつ表 示させます。 • 系列の要素単位:グラフの座標軸を画面上に表示させ、その後で各データ要素を一度に 1系 列ずつ表示させます。 • 集合の要素単位:グラフの座標軸を画面上に表示させ、その後で各データ要素を一度に 1集 合ずつ表示させます。 参考:グラフの要素(凡例を除く)にはすべて同じビルドスタイルが使用されます。 グラフの凡例には、専用のビルドスタイルと順番を設定できます。凡例をグラフと一緒に表 示させたい場合は、グラフのビルドスタイルを設定する前に、凡例とグラフをグループ化し ます(50 ページの「オブジェクトをグループ化する/ロックする」を参照)。 J2645.book Page 112 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM113 8 8 スライドショーを表示する/ プリントする/書き出す この章では、Keynote プレゼンテーションを共有するた めのさまざまな方法について説明します。 Keynote プレゼンテーションは、自分のコンピュータのディスプレイ上で表示したり、プロ ジェクタに投影して表示したりできます。キオスクモード用にスライドショーを自動再生 「ムービー」にすることもできます。QuickTimeムービー、PowerPoint プレゼンテーショ ン、Flashファイル、PDF書類などのフォーマットに書き出して、 各種プラットフォーム間 で共有することができます。さらに、「Keynote」から各種ページレイアウトで直接プリント することも可能です。 聴衆に合わせてプレゼンテーションをカスタマイズする 「Keynote」では、プレゼンテーションの使用方法に応じて、3 種類のプレゼンテーションを 作成できます。 • 通常:プレゼンテーションの制御をマウスのクリックまたはキーボードにより行います。 デフォルトでは、自動再生またはハイパーリンクのみのスライドショーにしていなければ、 通常(対話型)のスライドショーになります。 • 自動再生:プレゼンテーションが映画のように自動的に進行します(対話的な操作はでき ません)。このオプションでは、たとえばキオスクモードでのプレゼンテーション再生が可 能です。このようなプレゼンテーションの作成方法については、後述の説明を参照してく ださい。 • ハイパーリンクのみ:聴衆がハイパーリンクをクリックするとプレゼンテーションが進行 します。このようなプレゼンテーションの作成方法については、後述の説明を参照してく ださい。 自動再生プレゼンテーション たとえばキオスクのデモなど、プレゼンテーションを自動再生するために、プレゼンテー ションを自動再生形式にすることができます。 J2645.book Page 113 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM114 第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す 自動再生プレゼンテーションでは、自動的に開始するよう設定されたトランジションやビル ドは、通常のプレゼンテーションの場合と同様に再生されます。「クリック時に」に開始され るトランジションやビルドが含まれている場合は、「書類」インスペクタの「遅れ」フィール ドに指定されている時間が経過すると自動的に開始されます。「遅れ」フィールドに指定され ている値は、「クリック時」に開始するよう設定されたすべてのトランジションとビルドに適 用されます。 このようなプレゼンテーションを対話的に操作することはできませんが、ほかのプレゼン テーションと同様に、自動再生プレゼンテーションを停止することができます(Escキーを 使用するなど)。ユーザが自動再生プレゼンテーションを停止してしまうことのないようにす るには、キーボードを隠しておいてください。 スライドショーを自動再生形式にするには: 1 「表示」>「インスペクタを表示」と選択し、「書類」インスペクタボタンをクリックして、 「書類」をクリックします。 2 「プレゼンテーション」ポップアップメニューから「自動再生」を選択します。 3 「クリック時」に開始するトランジションが始まるまでの待ち時間を指定するには、「トラン ジション」フィールドに値を入力します(または、上向き/下向き三角形をクリックしま す)。 4 「クリック時」に開始するビルドが始まるまでの待ち時間を指定するには、「ビルド」フィー ルドに値を入力します(または、上向き/下向き三角形をクリックします)。 Keynote 書類を開いたらすぐに再生を開始し、「Keynote」のウインドウを表示しないように することもできます。 「書類」インスペクタ ボタン 「クリック時」に開始するエフェクトの タイミングを指定します。 使用するスライドショーの 種類を選択します。 J2645.book Page 114 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す 115 書類を開いたときに再生を開始するには: 1 書類を開きます。 2 「書類」インスペクタの「書類」パネルで、「開いたら自動再生する」チェックボックスを選 択します。 3 プレゼンテーションを繰り返し再生するには(聴衆が Esc キーを押して終了するまで繰り返 すなど)、「スライドショーの再生を繰り返す」を選択します。 4 「ファイル」>「保存」と選択します。 ハイパーリンクのみのプレゼンテーション ハイパーリンクを利用して、スライドショーを移動するためのコントロールを作成すること ができます。たとえば、iWork ツアーはハイパーリンクのみのプレゼンテーションの 1例 です。 ハイパーリンクのみのプレゼンテーションを作成するには: 1 スライド間の移動にハイパーリンクを使用してスライドショーを作成します。 ハイパーリンクの作成の詳細については、56 ページの「Webページとハイパーリンクを追 加する」を参照してください。 2 「表示」>「インスペクタを表示」と選択し、「書類」インスペクタボタンをクリックして、 「書類」をクリックします。 3 「プレゼンテーション」ポップアップメニューから「ハイパーリンクのみ」を選択します。 フルスクリーンプレゼンテーション フルスクリーンプレゼンテーションで、「Keynote」の多くの機能を利用して鮮明なグラ フィックスやスムーズなアニメーションを実現できます。フルスクリーンプレゼンテーショ ンは、直接コンピュータのディスプレイに表示したり、追加ディスプレイに表示したり、プ ロジェクタに表示したりすることができます。 ディスプレイ上で表示する プレゼンテーションを表示する最も単純な形式は、自分のコンピュータのディスプレイ上で 直接表示する方法です。これは、聴衆の数が少ない場合に適しています。 1 つのディスプレイにフルスクリーンプレゼンテーションを表示するには: 1 Keynote 書類を開きます。 2 「表示」>「スライドショーを再生」と選びます(または、ツールバーの「再生」をクリッ クします)。 3 次のスライド(またはオブジェクトビルド)に進むには、N キーまたはスペースバーを押す か、マウスをクリックします。 J2645.book Page 115 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM116 第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す 4 スライドショーを終了するには、Esc キーまたは Q キーを押します。 参考:「再生」を選択すると、現在選択されているスライドからスライドショーが始まりま す。スライドショーを先頭から開始するには(最初のスライドが選択されていない場合も含 めて)、Optionキーを押しながら「再生」をクリックします。 プレゼンテーションのキーボードショートカットの完全なリストについては、139 ページの 付録 A「プレゼンテーションの キーボードショートカット」を参照してください。 プロジェクタまたは追加のディスプレイ上に表示する 聴衆の人数が多くなると、スライドショーを別のディスプレイで再生したり、プロジェクタ を使って大画面に表示したりすることが必要になったりします。このように、自分のディス プレイに発表者用の情報(スライドノートや時計など)を表示しながら、聴衆には 2台目の ディスプレイのスライドショーだけを表示することができます。これを行うには、デュアル ディスプレイの構成でディスプレイを設定します。 また、両方の画面で同じスライドショーを再生することもできます。 このような設定をビデ オミラーリングと呼びます。 重要:追加のディスプレイやプロジェクタを取り付けるには、ディスプレイやプロジェクタ に付属の説明書、およびコンピュータに付属のマニュアルに従ってください(ビデオミラー リング、ディスプレイ、およびデュアルモニタの詳細については、オンスクリーンヘルプを 参照してください)。以下のステップを行うには、2 台目のディスプレイまたはプロジェクタ を接続する必要があります。 参考:iBook に追加ディスプレイを接続した環境では、ミラーリングモードのみ使用でき ます。 デュアルディスプレイ デュアルディスプレイ構成によって、一方の画面上でスライドショーを再生し、もう一方の 画面上ではスライドショーを制御しながら発表者の情報を参照することができます。 デュアルディスプレイを設定するには: 1 アップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2 「システム環境設定」の「ディスプレイ」をクリックします。 3 「調整」をクリックし、画面に表示される指示に従って操作します。 「調整」ボタンがない場合は、1つのディスプレイしか検出されていません。 4 「ディスプレイをミラーリングする」チェックボックスの選択を解除します。 J2645VW Page 116 Wednesday, December 22, 2004 6:45 PM第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す 117 デュアルディスプレイシステムでスライドショーを再生するには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択し、「スライドショー」をクリックします。 2 「主ディスプレイにプレゼンテーションを表示」または「副ディスプレイにプレゼンテー ションを表示」を選択します。 主ディスプレイは、メニューバーを表示するディスプレイです。「副ディスプレイにプレゼン テーションを表示」を選択した場合は、発表者向けの主ディスプレイに表示する内容をカス タマイズすることができます。詳細については、118 ページの「発表者の表示をカスタマイズ する」を参照してください。 3 「表示」>「スライドショーを再生」と選びます(または、ツールバーの「再生」をクリッ クします)。 4 マウスをクリックするか、スペースバーを押して、プレゼンテーションのスライド(または オブジェクトビルド)を進めます。 プレゼンテーションのキーボードショートカットの完全なリストについては、139 ページの 付録 A「プレゼンテーションの キーボードショートカット」を参照してください。 ビデオミラーリング コンピュータによってはビデオミラーリングが組み込まれているものもあります。組み込ま れていない場合には、「システム環境設定」の「ディスプレイ」パネルで設定する必要があり ます。 ビデオミラーリングをセットアップするには: 1 アップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2 「システム環境設定」の「ディスプレイ」をクリックします。 3 「解像度」フィールドと「カラー」ポップアップメニューで、2 つのディスプレイに同じ設定 を選択します。 4 「調整」をクリックして、「ディスプレイをミラーリングする」を選択します。 デュアルディスプレイ設定で、 スライドショー中にスライドを 表示する場所を選択します。 J2645.book Page 117 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM118 第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す ミラーリングされたシステムでスライドショーを再生するには: 1 Keynote 書類を開きます。 2 「表示」>「スライドショーを再生」と選びます(または、ツールバーの「再生」をクリッ クします)。 3 次のスライドまたはオブジェクトビルドに進むには、 スペースバーを押すか、マウスをク リックします。 参考:通常「Keynote」では、非常にスムーズにアニメーションが再生されます。ただし、 ビデオミラーリングが設定されている 2 台のディスプレイでリフレッシュレートが異なると、 一方の画面の表示がスムーズでなくなることがあります。「Keynote」がリフレッシュレート を同期できるのは、一方の画面だけです。 プレゼンテーションのオプションを設定する プレゼンテーションには、ポインタの表示や、最後のスライドが終わった後の動作など、さ まざまなオプションを設定できます。発表者のディスプレイに、経過時間や次のスライドな どの情報を表示するように設定することもできます。 発表者の表示をカスタマイズする デュアルディスプレイ設定でプレゼンテーションを行う場合は、発表者のディスプレイに表 示する情報を選択したり、その配置を好きなように変更したりできます。 発表者ディスプレイに表示する 情報を選択します。 選択すると、デュアルディスプ レイ設定でのスライドショーで 別のディスプレイに発表者の 情報を表示します。 クリックすると、発表者ディス プレイのウインドウの配置を 変更できます。 J2645.book Page 118 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す 119 発表者の表示をカスタマイズするには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択し、「発表者ディスプレイ」をクリックします。 2 「別のディスプレイ」チェックボックスを選択します。 3 発表者のディスプレイに表示する情報を選択します。 4 発表者の表示をさらにカスタマイズするには、「発表者のレイアウトを編集」をクリックし ます。 キーボードでプレゼンテーションを制御する プレゼンテーションは、キーボードを使って進行することができます。(プレゼンテーション の制御に使用できるキーボードショートカットの完全なリストについては、139ページの付 録 A「プレゼンテーションの キーボードショートカット」を参照してください。) プレゼンテーションの際、プレゼンテーションモードで使用できるキーボードショートカッ トの一覧を表示できます。 「発表者用キーボードショートカット」ウインドウを表示する/隠すには: n プレゼンテーションの際に、キーボードの Helpキーまたは ?キーを押します。 プレゼンテーションの途中でも、スライドスイッチャーを使用してスライド間をすばやく移 動することができます。 プレゼンテーションの間、2 台目の ディスプレイには、現在のスライド と次のスライド、経過時間または残 り時間、時計、およびスライドノー トを表示することができます。 「発表者ディスプレイ」環境設定では、 発表者のレイアウトを変更することが できます。項目をドラッグして配置を 変えます。 J2645.book Page 119 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM120 第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す プレゼンテーション中にスライドスイッチャーを開くには: n スライド番号を入力するか、プラス記号(+)キー、等号(=)キー、またはハイフン (-)キーを押します。 スライドスイッチャーを開いたら、いくつかの方法でスライド間を移動できます: • 前または後のスライドに移動するには、スライドスイッチャーに表示されている矢印をク リックします。 • スライドスイッチャーを閉じて特定のスライドに移動するには、スライドスイッチャーの サムネールをクリックするか、スライド番号を入力してから Returnキーを押します。 • 現在のスライドのままでスライドスイッチャーを閉じるには、Escキーを押します。 プレゼンテーションを一時停止する/再開する このほかにも、いくつかの方法でプレゼンテーションを一時停止することができます。 プレゼンテーションを一時停止するには、以下のいずれかの操作を行います: • プレゼンテーションを一時停止して、現在のスライドを表示するには、F キーを押します。 プレゼンテーションを再開するには、いずれかのキーを押します。 • プレゼンテーションを一時停止して、黒い画面を表示するには、B キーを押します。プレゼ ンテーションを再開するには、いずれかのキーを押します。 • プレゼンテーションを一時停止して「Keynote」を隠すには、Hキーを押します。プレゼン テーションを再開するには、Dockの「Keynote」アイコンをクリックします。 プレゼンテーション中で も、スライド番号を入力 してスライドスイッ チャーを開くことができ ます。 J2645.book Page 120 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す 121 プレゼンテーションの途中で、Webページ、メールメッセージ、またはファイルを開くハイ パーリンクをクリックした場合にも、プレゼンテーションが一時停止します。 この方法でプ レゼンテーションを一時停止している間は、Dock の「Keynote」アイコンに緑色の再生ボタ ンが表示されます。プレゼンテーションを再開するには、Dock の「Keynote」アイコンをク リックします。(また、Control キーを押しながら Dockにあるアイコンを押し、「スライド ショーを終了」を選択してプレゼンテーションを終了することもできます。) Keynote プレゼンテーションで使用できるキーボードショートカットの完全なリストについ ては、139ページの付録 A「プレゼンテーションの キーボードショートカット」を参照する か、「ヘルプ」>「Keynote キーボードショートカット」と選択してください。 スライドのサイズを変更する 最高の品質で再生するには、スライドショーを再生するディスプレイの画面解像度とスライ ドのサイズを一致させる必要があります。ほとんどのプロジェクタでは、スライドのサイズ を 800 × 600 に設定して最適な結果が得られます。最新のプロジェクタでは、1024× 768 以上の解像度でスライドを表示することができます。「Keynote」のほとんどのテーマは、こ れらのサイズに合わせて最適化されています。 プロジェクタの解像度が不明の場合は、大きなスライドのサイズを使用してください。スラ イドのサイズが大きすぎて表示範囲に入りきらない場合は、画面サイズに合わせて自動的に スライドが縮小されます。 これらのいずれのサイズよりも大きいディスプレイを使用している場合、Keynote 書類にカ スタムのスライドサイズを設定できます。 Keynote 書類のスライドのサイズを変更するには: 1 「表示」>「インスペクタを表示」と選択して、「書類」インスペクタボタンをクリックし ます。 2 「書類」インスペクタで、「スライドのサイズ」ポップアップメニューからオプションを選択 します。 「カスタムのスライドサイズ」を選択し、「幅」と「高さ」フィールドに適当な大きさを入力 して、カスタムサイズを指定することもできます。 最適なスライドのサイズが分からない場合や、書類のオリジナルのスライドサイズを変更し ない場合は、スライドショーがオリジナルのサイズでディスプレイの中央部分に再生され、 周囲に黒い枠が表示されます。または、スライドショーを画面の大きさに合わせて拡大して 再生することもできます。 J2645.book Page 121 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM122 第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す スライドショーの再生中にのみプレゼンテーションをディスプレイのサイズに合わせるには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択します。 2 「スライドショー」をクリックします。 3 「スライドをフルスクリーンで表示」チェックボックスを選択します。 このオプションでは、Keynote書類のサイズは変更されません。書類の表示が、ディスプレ イに合わせて拡大または縮小されます。このオプションを選択することで、再生中のビデオ の品質が損なわれる場合があります。このオプションを選択して、「キューブ」または「反 転」トランジションを使用する場合は、「クリッピングを避けるためキューブトランジション を縮小」または「クリッピングを避けるため反転トランジションを縮小」を選択しないと、 トランジションの一部が表示されないことがあります。 プレゼンテーション時のポインタ動作を変更する ハイパーリンクを含むスライド上だけ、またはマウスを移動した時だけポインタを表示する ようスライドショーを設定できます。 プレゼンテーションのオプションを指定するには: 1 「Keynote」>「環境設定」と選択し、「スライドショー」をクリックします。 2 いずれかのポインタ表示オプションを選択します。 スライドショーの間も、Cキーを押してポインタを表示したり隠したりできます。 スライドをプリントする さまざまなニーズに合わせて、Keynoteスライドショーをいろいろな方法でプリントできま す。ノート付きまたはノートなしでスライドをプリントしたり、スライドショーをアウトラ イン形式でプリントしたりすることができます。 スライドをプリントするには: 1 「ファイル」>「プリント」と選択します。 2 「プリント」ダイアログで、「印刷部数と印刷ページ」ポップアップメニューから「Keynote」 を選択します。 J2645.book Page 122 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す 123 3 プリントオプションを選択します。 • 個別のスライド:1ページに 1 つのスライドをプリントします。 • ノートが付いたスライド:1ページに 1 つのスライドをノート付きでプリントします。 • アウトライン:プレゼンテーションのスライドタイトルと箇条書きテキストのみをプリン トします(スライドオーガナイザのアウトラインビューに表示される内容です)。 • 配布資料:ページに複数のスライドをプリントするためのオプションを選択できます。 参考:配布資料のプリントを速くするには、「低品質プリント出力」を選択します。 4 適用するプリントのフォーマットオプションを選択します。 • 背景やオブジェクトの塗りつぶしをプリントしない:背景やオブジェクトの色をプリント しません。淡い色のテキストは黒でプリントされます。このオプションは、色が豊富なス ライドを白黒プリンタでプリントする場合に特に便利です。白黒プリンタでは、色のイ メージはグレイスケールでプリントされます。カラープリンタでは、各スライドに読み込 まれたグラフィックファイルはそのままの色でプリントされます。 • ビルドの各段階をプリント:1つのスライドイメージをオブジェクトビルドの段階ごとにプ リントします。(スライドに 3段階のオブジェクトビルドがある場合、3つのスライドとし てプリントされます。) • スキップしたスライドを含める:スキップするようマークされたスライドを含めて、スラ イドオーガナイザのすべてのスライドをプリントします。 • スライドの周囲に枠を追加:各スライドの周囲の枠線をプリントします。 プリントのフォーマット オプションを選択します。 このポップアップメニュー から「Keynote」を選択し ます。 プリントするスライドおよび ノートのレイアウトを選択し ます。 スライドセットをPDF ファイルに変換します。 J2645.book Page 123 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM124 第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す • スライド番号を含める:各スライドの下部に番号をプリントします。 1 枚のスライドまたは指定範囲のスライドをプリントするには: 1 「ファイル」>「プリント」と選択します。 2 「開始」および「終了」フィールドに、プリントするスライドの番号または範囲を入力し ます。 スライド番号は、スライドオーガナイザに表示されます。 ほかの表示フォーマットに書き出す ほかの表示オプションによって、異なるプラットフォーム間でプレゼンテーションを共有で きます。 参考:スライドショーを書き出す回数が多い場合は、 ツールバーに「書き出し」ボタンを追 加できます(「表示」>「ツールバーをカスタマイズ」と選択してください)。 Flash書類 スライドショーを Flash書類に書き出して、Flash ビューアで表示することができます。 スライドショーを Flash書類に書き出すには: 1 「ファイル」>「書き出し」と選択します。 2 「Flash」を選択して、「次へ」をクリックします。 3 ファイルの名前を入力し、場所を選択します。 4 「書き出し」をクリックします。 PDF ファイル スライドショーを PDF ファイルに変換すると、「Adobe Acrobat Reader」などの PDF アプ リケーションで表示したりプリントしたりできるようになります。Keynote スライドを PDF ファイルとして保存する方法は 2つあります。PDFをオンラインでディスプレイ上に表示す る場合は、「Keynote」の「書き出し」コマンドを使用します。PDF をハードコピーの印刷物 にする場合は、「プリント」コマンドを使用する方が良い結果を得られるでしょう。 「書き出し」コマンドでスライドの PDF ファイルを作成するには: 1 「ファイル」>「書き出し」と選択します。 2 「書き出し」ダイアログで、「PDF」を選択します。 3 「次へ」をクリックします。 4 ファイルの名前を入力し、場所を選択します。 5 「書き出し」をクリックします。 J2645.book Page 124 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す 125 「プリント」コマンドでスライドの PDF ファイルを作成するには: 1 「ファイル」>「プリント」と選択します。 2 プリントダイアログで、「PDF として保存」をクリックします。 3 ファイルの名前を入力し、場所を選択します。 4 「保存」をクリックします。 QuickTime スライドショーは、QuickTime ムービーに書き出すことができ、トランジションやアニメー ション表示のオブジェクトビルドをすべて組み込むことができます。 自動実行形式の QuickTimeムービーを作成すると、設定したタイミングでトランジションやビルドを再生で きます。または、ユーザが自分のペースで進められるよう対話型の QuickTime ムービーにす ることができます。 スライドショーの QuickTimeムービーを作成するには: 1 「ファイル」>「書き出し」と選択します。 2 「書き出し」ダイアログで、「QuickTime」を選択し、「次へ」をクリックします。 3 「再生設定」ポップアップメニューから、以下のオプションを選択します: 自動再生ムービーの場合、スライド およびオブジェクトビルドの再生時 間を設定します。 ムービーを一度だけ再生するか、 繰り返し再生するか、または再生と 逆再生を繰り返します。 対話型ムービーまたは自動再生ムービーを 選びます。 ムービーのサイズおよび再生品質を 最適化する圧縮形式を選択します。 スライドショーに含まれる 透明度を保存する場合に 選択します。 J2645.book Page 125 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM126 第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す • 対話型スライドショー:QuickTimeコントロールの「再生」をクリックするか、マウスを クリックするか、またはキーボードのスペースバーを押すことによって、スライドショー を進行させることができます。 • 自動再生ムービー:聴衆がスライドショーの進行速度を制御することはできません。スラ イドが画面に表示される時間、およびオブジェクトのビルドの速度は、「スライド再生時 間」および「ビルド継続時間」のフィールドに数値を入力して指定します。 • スライド再生時間:オブジェクトビルドが終了し、スライドにすべて表示された状態で 継続する時間を指定します。 • ビルド継続時間:オブジェクトビルドで、あるビルドの段階の開始から次の段階までの 秒数を指定します。オブジェクトビルドの第一段階は、画面にスライドが表示された瞬 間に開始されるので、遅延がありません。 4 自動再生ムービーの場合、「繰り返し」ポップアップメニューからオプションを選択でき ます。 5 「形式」ポップアップメニューから再生品質およびファイルサイズを選択します。 • 最高品質、大:最高の再生品質を保ちますが、ムービーのサイズが大きくなり、メールや Web 経由での転送が容易でなくなります。 • CD-ROM ムービー、中:CD を使用してスライドショーを別のビューアに送る場合に最適の 設定です。高画質を保ちながら、最高品質のムービーよりも多少ファイルサイズを小さく できます。 • Web ムービー、小:一般的に再生品質はあまりよくありませんが、Webやメールで共有す るのに適したサイズの小さいファイルです。 • カスタム:ビデオとオーディオに独自の QuickTime圧縮設定を選択でき、ファイルサイズ と品質を考慮して設定を決めることができます。 6 ムービーにオーディオファイルを含めるには、「オーディオを含む」を選択します。 7 スライドショーの背景に透明な部分があり、QuickTime ムービーでも保ちたい場合は「透明 部分を含む」を選択します。 参考:トランジションの中には、このオプションが選択されていると正しく動作しないもの もあります。 8 「次へ」をクリックします。 9 スライドショーの名前を入力し、保存場所を選択して、「書き出し」をクリックします。 J2645.book Page 126 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 8 章 スライドショーを表示する/プリントする/書き出す 127 PowerPoint Windowsまたは Mac OS コンピュータの PowerPoint ユーザが表示したり編集したりできる ように、Keynote 書類を PowerPointファイルに変換したりすることができます。 PowerPointフォーマットに書き出すには: 1 「ファイル」>「書き出し」と選択します。 2 「PowerPoint」を選択して、「次へ」をクリックします。 3 ファイルの名前を入力し、場所を選択します。 4 「書き出し」をクリックします。 参考:Windowsと Mac OS X ではグラフィックスの処理方法が同一ではないため、書き出し た PowerPoint書類を Windowsコンピュータ上で開くと、スライドショーのグラフィック スが少し異なって表示される場合があります。 イメージファイル すべてのスライドを、JPEG、PNG、および TIFF など、さまざまなフォーマットのイメージ ファイルとして書き出すことができます。 スライドをイメージファイルに書き出すには: 1 「ファイル」>「書き出し」と選択します。 2 「イメージ」を選択して、「次へ」をクリックします。 3 「フォーマット」ポップアップメニューで、目的のイメージ品質に合わせてオプションを選 択します。 品質が高いほど、ファイルサイズは大きくなります。 4 ビルドの段階ごとにそれぞれイメージを作成するには、「ビルドの各段階に対するイメージ を作成」を選択します。 J2645.book Page 127 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PMJ2645.book Page 128 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM129 9 9 独自のマスタースライドと テーマをデザインする この章は、「Keynote」の高度なグラフィック機能を使用 して独自のマスタースライドやテーマをデザインする方 を対象としています。 参考:この章では、これまでの章で説明した「Keynote」のデザインおよび書式設定の機能 に習熟していることが前提となります。 「Keynote」に付属するテーマは、マスタースライド・レイアウト、背景、グラフ、表、およ びテキストスタイルがまとめられたものです。各テーマの中で、マスタースライドは以下の スライド属性を定義します: • タイトルおよび本文テキストのデフォルト位置 • 背景のグラフィックス • デフォルトのフォント • デフォルトの箇条書きスタイル • グラフ、表、イメージのデフォルト位置(オブジェクトのプレースホルダ) • 図形オブジェクトと表オブジェクトの塗りつぶしと線のスタイル • グラフのスタイル • スライドのトランジションスタイル • 配置ガイド これらの属性を修正して、テーマのマスタースライドをカスタマイズすることができます。 マスタースライドを変更すると、そのマスターを使用するすべてのスライドに変更が適用さ れます。ほかの Keynote 書類で使用されているデフォルトのテーマを変更することがないよ う、マスタースライドを編集することができます。 会社のロゴを使ってカスタマイズしたり、独自のデザインでスタイリングしたりするなど、 マスタースライド一式すべてを修正および保存して、 独自のテーマを作成することもできま す。ほかのプレゼンテーションで使用できるよう、カスタマイズしたマスタースライド一式 を保存するには、137 ページの「カスタムテーマを保存する」を参照して保存してください。 J2645.book Page 129 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM130 第 9 章 独自のマスタースライドとテーマをデザインする マスタースライドで作業をするには、マスタースライド・オーガナイザを開き、マスタース ライドを選択します。 マスタースライド・オーガナイザを開くには: n 「表示」>「マスタースライドを表示」と選択します(または、ツールバーの「表示」をク リックして、「マスタースライドを表示」を選択します)。 修正済みのスライドレイアウトを取り込む簡単な方法は、別のスライドショーの中の 1 枚の スライドまたはマスタースライドを現在のスライドショーに読み込むという方法です。 1 枚のスライドまたはマスタースライドを読み込むには: 1 目的のスライドが入った Keynote 書類を開きます。 2 スライドを選択し、読み込み元の書類から現在作業中の書類のスライドオーガナイザにド ラッグします。 新しいマスタースライドが Keynoteスライドショーの中に作成されます。マスタースライ ド・オーガナイザの中にその新しいマスタースライドがあることが分かります。 マスタースライドの背景およびレイアウトを修正する 新しいマスタースライドをデザインするには、使用したいデザインとよく似たマスターを元 にしてデザインを始めるのが最も簡単な方法です。マスタースライド・オーガナイザのマス タースライドをスクロールして、元にするスライドを複製します。 マスタースライドを複製するには: 1 マスタースライド・オーガナイザ内のマスタースライドを選択します。 2 以下のいずれかの操作を行います: •「スライド」>「新規マスタースライド」と選択します。 • ツールバーの「新規」をクリックします。 • キーボードの Returnキーを押します。 •「編集」>「複製」と選択します。 マスタースライドは、「マスタースライド」インスペクタで編集できます。 「マスタースライド」インスペクタを開くには: 1 スライドオーガナイザ内のマスタースライドを選択します。 2 「表示」>「インスペクタを表示」と選択して(または、ツールバーの「インスペクタ」を クリックして)、「マスタースライド」インスペクタボタンをクリックします。 3 「アピアランス」をクリックします。 J2645.book Page 130 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 9 章 独自のマスタースライドとテーマをデザインする 131 背景を変更する スライドプレゼンテーション内で関連するスライドをグループ化する方法として(たとえば、 異なるトピックを切り離したりまとめたりするなど)、スライドの各グループの背景に微妙な 違いを組み込む方法があります。これを行うには、それぞれに異なる背景を使用した一連の マスタースライドを作成します。 マスタースライドの背景を修正するには: 1 マスタースライド・オーガナイザで、修正するマスタースライドを選択します。 • 最初から新しい背景を作成する場合は、空白のマスターを元にします。 • オリジナルのマスターのコピーを保存するには、以下のいずれかの操作を行ってマスター スライドを複製します: •「スライド」>「新規マスタースライド」と選択します。 • ツールバーの「新規」をクリックします。 •「編集」>「複製」と選択します。 2 不要な要素を選択して、Delete キーを押します。 3 マスターに変更を加えます。 • Keynote ツールを使用して、マスタースライド上に背景の要素を配置します。 背景色、またはイメージを 選択します。 表、グラフ、Web 表示、 読み込んだグラフィックスを 表示する場所を作成します。 マスタースライド上にタイトルと本文の テキストボックスを配置します。 選択すると、スライド上の オブジェクトをマスター上の オブジェクトに差し込める ようになります。 J2645.book Page 131 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM132 第 9 章 独自のマスタースライドとテーマをデザインする • デスクトップまたはメディアブラウザからスライドキャンバスに外部オブジェクト( ムー ビーファイル、サウンドファイルなど)をドラッグします。 4 目的の場所に要素を配置したら、「配置」>「ロック」と選択して(またはツールバーの 「ロック」をクリックして)、作業中に要素が誤って移動されないようにします。 このマスタースライド(および追加した外部ファイル)に行った変更は、このマスターを ベースにしたすべてのスライドに表示されます。 スライドの背景オブジェクトとオブジェクトをレイヤー化する マスタースライドを編集する際には、通常のスライドと同様にオブジェクトを前面および背 面へ移動できます。マスター上のすべてのオブジェクトは、マスタースライドのレイヤーに 置かれます。このレイヤーは、デフォルトで最下位のレイヤーになります。通常のスライド に追加したオブジェクトは、マスター上のすべてのオブジェクトの上に配置されます。ただ し、個別のスライドに追加するオブジェクトを、すべてのマスターレイヤー・オブジェクト の前面または背面に置くこともできます。 背景レイヤーをよく使用するケースとして、背景イメージの一部からスライドオブジェクト が透けて見えるようにするアルファチャンネルグラフィックスがあります。 詳細については、 50 ページの「写真のカットアウト(アルファチャンネルグラフィックス)を操作する」を参 照してください。 マスタースライド上のオブジェクトをスライドのオブジェクトと重ねるには: 1 マスタースライド・キャンバスにオブジェクトを置いて、必要に応じて位置と重なりを調整 します。 2 「マスタースライド」インスペクタで、「スライド上のオブジェクトがマスターに対してもレ イヤーとなることを許可」を選択します。 参考:マスターまたはスライド上で、プレースホルダを前面や背面へ移動することができま す。詳細については、47 ページの「オブジェクトをサイズ変更する/移動する/レイヤー化 する」を参照してください。 配置ガイドを追加する 独自の配置ガイドを作成すると、各スライドで一貫してテキストやグラフィックスを配置す るのに役立ちます。マスタースライド上に作成した配置ガイドは、そのマスターをベースに しているスライド上でオブジェクトを配置する際に利用できます。 マスタースライド上に配置ガイドを作成するには: 1 配置ガイドを追加するマスタースライドを選択します。 2 「表示」>「ルーラを表示」と選択します。 3 ルーラにポインタを置き、黄色い配置ガイドをスライドキャンバス上の適当な個所にドラッ グします。 J2645.book Page 132 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 9 章 独自のマスタースライドとテーマをデザインする 133 タイトルおよび本文のレイアウトおよびスタイルをデザインする タイトルおよび本文のテキストボックスのスタイルは、スライドのマスターに定義されてい ます。マスタースライドにタイトルまたは本文のデフォルトを設定するには、 マスタースラ イド上にテキストボックスを配置し、スライドのテキスト属性を設定する場合と同じように、 テキストを選択してインスペクタパネルで属性を設定します。テキストの設定を変更する際 には、スライドオーガナイザでスライドを作成して新しいマスタースライド設定を適用し、 一部のテキストで確認することにより、新しい設定をプレビューできます。 選択したマスタースライド上にタイトルと本文のテキストボックスを配置するには: 1 「マスタースライド」インスペクタを開いて、「アピアランス」が選択されていなければクリッ クします。 2 タイトルのテキストボックスを追加するには、「タイトル」チェックボックスを選択します。 3 本文のテキストボックスを追加するには、「本文」チェックボックスを選択します。 テーマおよびマスターの中には、テキストのデフォルトスタイルが行頭記号付きのものがあ ります。行頭記号なしのデフォルトスタイルを設定するには、38 ページの「箇条書きテキス トと番号付き箇条書きを書式設定する」を参照してください。 4 サブタイトルのテキストを入れる場合は、本文のテキストボックスのサイズを変更して、タ イトルのテキストボックスの下に配置します。 5 テキストボックスのサイズを変更し、配置を変えます。 6 プレースホルダのテキストを選択し、適当なスタイルで書式設定します。 本文のテキストボックスでは、最大 5レベルの箇条書きテキストに対して属性を定義でき ます。 インデントマーカーを設定することにより、各レベルのテキストをどれくらいインデントす るか、また行頭記号とテキストの間にどれくらいのスペースを入れるかを指定できます。 箇条書きテキストのタブを設定するには: 1 「表示」>「ルーラを表示」と選択します。 2 箇条書きテキストのインデントを設定するには: a 行頭記号を選択します。 bスライドキャンバス上部のルーラにある青色の四角いマーカーの位置を確認します。 この アイコンは、選択した行頭記号を開始する位置を表します。 c 箇条書きのインデント位置までマーカーをドラッグします。 J2645.book Page 133 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM134 第 9 章 独自のマスタースライドとテーマをデザインする 3 行頭記号とそれに対応したテキストの開始位置までの間隔を設定するには: a 行頭記号を選択します。 bスライドキャンバス上部のルーラにある青い長方形のマーカーの位置を確認します。 この アイコンは、選択した行頭記号のテキストを開始する位置を表します。 c マーカーをドラッグして、行頭記号とそのテキストの開始位置までの間隔を調整します。 作業中に変更を適用する マスタースライドで作業をする際に、通常のスライドで変更を試して、変更後の新しいレイ アウトの外観を確認したい場合があります。テスト用のスライドとマスタースライドを切り 替えて、線の長さを変えたり、複数のインデントレベルを追加したりするなど、細かい調整 が可能です。テキストを入力した状態でスライドを確認すると、タブ設定や行間隔を調整す る場合に便利です。 スライドオーガナイザでテスト用のスライドを作成するには、マスターを基にスライドを作 成します。テスト用のスライドへの変更でマスターの設定を上書きした場合は、そのたびに テスト用のスライドにマスターを再適用します。 スライドオーガナイザのスライドにマスタースライドを再適用するには: n スライドオーガナイザでスライドを選択し、「フォーマット」>「スライドにマスターを再 適用」と選択します。 デフォルトのスライドトランジションを設定する すべてのマスタースライドについて、デフォルトのトランジションスタイルを指定すること ができます。このマスターをベースにしたスライドは、指定されたスタイルを使用して次の スライドに進みます。 マスタースライドのデフォルトのトランジションスタイルを設定するには: 1 マスタースライド・オーガナイザ内のマスタースライドを選択します。 2 「マスタースライド」インスペクタの「トランジション」パネルで、トランジションスタイ ル、方向、および速度を選択します。 スライドトランジションの詳細については、105 ページの「スライド間にトランジションを 追加する」を参照してください。 行頭記号のインデント位置を 設定するマーカー 行頭記号とテキストの間隔を 設定するマーカー J2645.book Page 134 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM第 9 章 独自のマスタースライドとテーマをデザインする 135 テキストおよびオブジェクトのデフォルトスタイルを変更する 図形、テキストボックス、表、グラフなどのオブジェクトのデフォルト属性を変更すること ができます。たとえば、ツールバーの「表」をクリックするたびに、デフォルトの表が、特 定の行と列の数を持ち、見出しと本文テキストが特定のフォントで表示され、 枠線が特定の 色や太さで書式設定されているように設定することができます。 テキストボックスや図形には、好みのフォント、色、不透明度、影などを使用してデフォル トを設定できます。グラフには、デフォルトにするグラフのタイプ(円グラフ、折れ線グラ フなど)を指定できます。(デフォルト属性は、グラフのタイプごとに設定する必要がありま す。) 最初に、目的のデフォルト属性を指定してオブジェクトをデザインします。次に、現在のマ スター、またはテーマのすべてのマスターのデフォルトとなるようにプロパティを定義し ます。 フリー・テキストボックス、図形、およびグラフィックスのデフォルト属性を設定するには: 1 スライドオーガナイザで、デザイン中のマスタースライドをベースにした新しいスライドを 作成します。 2 スライドキャンバスにテキストボックス、図形、またはグラフィックスを配置します。 3 デフォルトにするプロパティを使用して項目の属性を設定します。 a フリー・テキストボックスの場合、ボックスの中にテキストを入力して、テキストを選択 し、その属性を設定します。 b図形やグラフィックスの場合は、選択して、属性を設定します。 4 項目を書式設定したら、項目を選択して以下のいずれかの操作を行い、新しいプロパティを デフォルトに設定します: • 作業対象のマスタースライドにのみ新しいデフォルトを設定するには、「フォーマット」> 「詳細」>「現在のマスターの<オブジェクト>を定義」と選択します。 • テーマのすべてのマスタースライドに新しいデフォルトを設定するには、「フォーマット」 >「詳細」>「すべてのマスターの<オブジェクト>を定義」と選択します。 5 テキストボックス、図形、またはグラフィックスをスライドから削除します。 デフォルトの表属性を設定するには: 1 スライドオーガナイザで、デザイン中のマスタースライドをベースにした新しいスライドを 作成します。 2 スライドキャンバスに表を配置します。 3 表を選択し、属性を設定します。(詳細については、77 ページの「表を作成する」を参照し てください。) J2645.book Page 135 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM136 第 9 章 独自のマスタースライドとテーマをデザインする 重要:表には、4 つの書式設定の区分があります:ヘッダ行、ヘッダ列、内側の枠線、およ び外側の枠線です。変更を行うには、書式の対象となる領域のすべての要素に設定を行う必 要があります。たとえば、ヘッダ行のデフォルト設定を変更するには、ヘッダ行のすべての セルを変更する必要があります(1 つのセルだけではありません)。 4 表の書式を設定したら、表を選択して以下のいずれかの操作を行い、新しいプロパティをデ フォルトに設定します: • 表の属性を現在のマスターのデフォルトに設定するには、「フォーマット」>「詳細」> 「現在のマスターの表を定義」と選択します。 • 表の属性を現在のテーマのすべてのマスターのデフォルトに設定するには、「フォーマッ ト」>「詳細」>「すべてのマスターの表を定義」と選択します。 5 スライドから表を削除します。 デフォルトのグラフ属性を設定するには: 1 スライドオーガナイザで、デザイン中のマスタースライドをベースにした新しいスライドを 作成します。 2 スライドキャンバス上で、グラフを配置します。 3 グラフを選択し、属性を設定します。(詳細については、89 ページの「グラフを作成する」 を参照してください。) 4 別のグラフタイプのデフォルトを定義するには、グラフをコピーして新しいスライドにペー ストし、グラフのタイプを変更して、グラフの属性を設定します。それぞれのグラフタイプ ごとにこのステップを繰り返します。 5 すべてのグラフの書式を設定したら、一度に 1 つずつグラフを選択し、以下のいずれかの操 作を行って新しいプロパティをデフォルトに設定します: • グラフの属性を現在のマスターのデフォルトに設定するには、「フォーマット」>「詳細」 >「現在のマスターの<グラフ>を定義」と選択します。 • グラフの属性を現在のテーマのすべてのマスターのデフォルトに設定するには、「フォー マット」>「詳細」>「すべてのマスターの<グラフ>を定義」と選択します。 • グラフのタイプを現在のテーマのすべてのマスタースライドのデフォルトに設定するには、 「フォーマット」>「詳細」>「<グラフのタイプ>を現在のテーマのデフォルトに設定」 と選択します。 6 表示されたダイアログに、属性を定義する系列の総数を入力します。 7 スライドからグラフを削除します。 J2645TH Page 136 Wednesday, December 22, 2004 6:52 PM第 9 章 独自のマスタースライドとテーマをデザインする 137 カスタムテーマを保存する テーマ内のマスタースライドに修正を行い、その修正をほかのスライドプレゼンテーション で再利用する場合、修正したテーマをカスタムテーマとして保存できます。保存したカスタ ムテーマは、テーマセレクタに表示されます。カスタムテーマを選択すると、 定義したすべ てのマスタースライドが使用可能になります。 現在のテーマをカスタムテーマとして保存するには: 1 「ファイル」>「テーマを保存」と選択します。 2 テーマの名前を入力し、場所を選択します。 3 テーマに含めるサウンドやムービーを追加した場合は、「オーディオとムービーを書類にコ ピー」を選択します。(このチェックボックスを表示するには、「保存」ダイアログの開閉用 三角ボタンをクリックします。) 参考:書類にメディアファイルを保存すると、ファイルが非常に大きくなります。 4 「保存」をクリックします。 特に場所を指定しなければ、カスタムテーマはハードディスクの Themesフォルダに保存さ れます(<ホーム> / ライブラリ /Application Support/iWork/Keynote/Themes)。この フォルダ内にあるテーマだけが、テーマセレクタに表示されます。別の場所にテーマを保存 した場合も、テーマを空の Keynote書類として開き、この書類で直接作業してスライド ショーを作成できます。 元のテーマのデフォルトを復元する 書類のマスタースライドに修正を行った後で元のテーマのデフォルトに戻すには、書類に テーマを再適用することによって復元できます。 テーマのデフォルトを復元するには: 1 「ファイル」>「テーマを選択」と選択します。 2 テーマセレクタで、元のテーマとスライドのサイズを選択します。 3 「テーマのデフォルトに対する変更を継承」が選択解除されていることを確認します。 4 「テーマの選択」をクリックします。 J2645.book Page 137 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM138 第 9 章 独自のマスタースライドとテーマをデザインする カスタムテーマを作成する 既存のどの Keynoteテーマもベースにしていないまったく新しいテーマを作成する場合、 最 も簡単な方法は、1つの空白のマスタースライドだけがある新規の Keynote書類からデザイ ンを開始するという方法です。書類からほかのマスタースライドをすべて削除します。以下 のヒントを参考にしてください: • 最初に、共有の背景要素および本文とタイトルのテキストをデザインおよび配置します。 • サンプルのスライド上で、テキストのレイアウトをテストし、テキスト行の折り返しがう まく処理されていることを確認します。本文のテキストボックスのサイズおよび配置を設 定するときに、そのテキストボックスに箇条書きをいくつ入れるかを考えます。 • 新規のマスタースライドを作成する前に、テキストおよび背景の属性をすべて設定します。 • オリジナルのマスタースライドのコピーを使用して、 さまざまな本文およびタイトルのテ キストレイアウトを作成します。コピーから作成した新規のマスタースライドは、自動的 にテキストおよび背景の属性をコピー元からすべて継承します。その後は、テキストボッ クスのレイアウトを調整するだけです(たとえば、本文のみのマスタースライドの場合、 タイトルのテキストボックスを削除し、本文のテキストボックスを拡張します)。 • デザインした各マスターをベースにしてサンプルのスライドをスライドオーガナイザで作 成し、デフォルトのオブジェクト属性をそれぞれのマスタースライド上で異なるものにす るには、各スライド上でフリー・テキストボックス、図形、表、およびイメージを配置し ます。(デフォルトのオブジェクト属性をすべてのマスターで同一に設定すれば、1つのマ スタースライドに対してこれを行うだけですみます。) • 各マスタースライドをベースにして、スライドオーガナイザで8枚のサンプルスライドを作 成します。1枚のスライドでグラフをデザインして、それを各スライドにコピー&ペースト します。各グラフを別のグラフのタイプに変換し、サイズと位置を設定します。このス テップは、「フォーマット」メニューでグラフのスタイルのデフォルトを定義する前に行っ てください。 J2645.book Page 138 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM139 A 付録 A プレゼンテーションの キーボードショートカット 以下の表に、プレゼンテーションの制御に使用するキー の一覧を示します。 操作内容 使用キー(または入力) ナビゲーション 次のビルドに進む スペースバー、N キー、Returnキー、 Page Down キー、→キー、↓キー、Shift+→キー * 次のスライドに進む 右かっこ(])、Shift + Page Downキー *、 Shift+↓キー * 前のビルドに戻る 左かっこ([)、Shift + Page Up キー *、 Shift+←キー * 前のスライドに戻る Pキー、←キー、Page Up キー、Deleteキー、 ↑キー、Shift +↑* 最初のスライドに移動する Home キー 最後のスライドに移動する End キー これまでに表示したスライドを戻る Z キー プレゼンテーションを終了する Escape キー、Qキー、 x +.(コマンド+ピリオド)、.(ピリオド) スライドスイッチャー スライドスイッチャーで特定のスライドに移動する <スライド番号> スライドスイッチャーで次のスライドに移動する プラス記号(+)キー、等号(=)キー スライドスイッチャーで前のスライドに移動する ハイフン(-)キー 現在のスライドに移動してスイッチャーを閉じる Returnキー、Enter キー スライドスイッチャーを閉じる Esc キー 発表者ディスプレイ タイマーをリセットする Rキー ノートをスクロールアップする Uキー *Shift キーを押さずにこれらのキーを使用するには、Caps Lock をオンにします。 J2645.book Page 139 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM140 付録 A プレゼンテーションの キーボードショートカット キーボードショートカットの一覧を見るには、「ヘルプ」>「Keynote キーボードショート カット」と選択します。 ノートをスクロールダウンする Dキー その他 プレゼンテーションを隠し、最後に使用した アプリケーションを表示する Hキー プレゼンテーションを一時停止する F キー(再開するにはいずれかのキーを押す) プレゼンテーションを一時停止して黒い画面を 表示する B キー(再開するにはいずれかのキーを押す) ポインタを表示する/隠す C キー 「発表者用キーボードショートカット」ウインドウ を表示する/隠す 疑問符(?)キー、スラッシュ(/)、ヘルプ 操作内容 使用キー(または入力) *Shift キーを押さずにこれらのキーを使用するには、Caps Lock をオンにします。 J2645.book Page 140 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM141 B B インスペクタの一覧 「書類」インスペクタ 「スライド」インスペクタ 「マスタースライド」イン スペクタを表示するには、 スライドオーガナイザで マスタースライドを選択し ます。 J2645.book Page 141 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM142 付録 B インスペクタの一覧 「ビルド」インスペクタ 「テキスト」インスペクタ J2645.book Page 142 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM付録 B インスペクタの一覧 143 「グラフィック」インスペクタ 「位置と回転」インスペクタ J2645.book Page 143 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM144 付録 B インスペクタの一覧 「表」インスペクタ 「グラフ」インスペクタ J2645.book Page 144 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM付録 B インスペクタの一覧 145 「ハイパーリンク」インスペクタ 「QuickTime」インスペクタ J2645.book Page 145 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PMJ2645.book Page 146 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM147 索引 +記号(クリッピングインジ ケータ) 45 >記号(メニューコマン ド) 13 A AppleWorks ~からの読み込み 25 ~から読み込む 46 E Excel ~から読み込む 46 F Flash 書類 124 I iPhoto 46 iTunes 52, 53 iWork ツアー 13 K Keynote 書類を書き出 す 124–127 P page numbers. See slide numbers PDFファイル 46, 124 PowerPoint ~からの読み込み 25 ~に書き出す 127 Q QuickTime 125 「QuickTime」インスペク タ 55 U URL 57, 59, 60 W Web表示 56 Webページ 56–60 www 59 X X および Y 座標値 75 あ アウトラインビュー 20 ~をプリントする 21, 123 アニメーション 54 →「オブジェクトビルド」 も参照 テキストの~ 110 アルファチャンネルグラ フィックス 50 い 一時停止したプレゼンテー ションを再開す る 120 「位置と回転」インスペク タ 73–75 「一般」環境設定 20, 26, 34, 60 「移動」コマンド 33 イメージ塗りつぶし 68 イメージのマスクを解除す る 49 イメージをマスクする 49 色 オブジェクトの~ 66, 67 グラフの~ 95 スライドの背景の~ 62 テキストの~ 39 ~を後で使用できるよう に保存する 66 インスペクタ 141–145 QuickTime 55 位置と回転 73–75 概要 23 グラフ 92, 93–99 グラフィック 66–72, 86, 102 書類 54, 114, 115 スライド 62, 105 テキスト 38–41 ハイパーリンク 57–59 表 77–85 ビルド 107–112 インターネット 56 インデント スライドの~ 19 索引 J2645.book Page 147 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM148 索引 テキストの~ 43 え エフェクト →「トランジ ション」、「オブジェ クトビルド」を参照 円グラフ 99–101 お オーディオ 34, 52, 53, 55 「オーディオを含む」チェッ クボックス 126 オブジェクト ~を移動する 74 ~に色を付ける 67 ~に影を追加する 71 ~にグラフィックスを追 加する 68 ~のサイズを変更す る 47, 74 ~の不透明度を設定す る 72 ~を移動する 47 ~を回転する 48, 74 ~をグループ化する 50 ~を描画する 45 ~をレイヤー化する 48 ~をロックする 31 オブジェクトのサイズを変更 する 74 オブジェクトのプレースホル ダ 61, 131 オブジェクトビルド 107– 112 オブジェクトを移動する 74 →「オブジェクトビルド」 も参照 オブジェクトを回転する 48, 74, 101 オブジェクトをグループ化す る 50 オブジェクトをレイヤー化す る 48, 132 オブジェクトをロックす る 31, 50 折れ線グラフ 103 オンスクリーンヘルプ 14 音量 55 か 拡大/縮小 17 拡大/縮小のレベル 17 「角度」ホイール 67, 72 影 71 箇条書き ~の行頭記号を変更す る 42 ~を選択する 20 ~を並べ替える 21 ~を配置する 43 箇条書きテキスト ~を追加する 28 カットアウト 50 カラー グラデーション 67 「カラー」ウインドウ 24, 65 カラーパレット 66 間隔 テキストの~ 40 環境設定 「一般」パネル 20, 26, 34, 60 システム 116, 117 「スライドショー」パネ ル 60, 107, 117 「ルーラ」パネル 31–32 き キーボードショートカッ ト 24, 119, 121, 139–140 キオスク 26, 113 +記号(クリッピングインジ ケータ) 84 「記号塗りつぶし」ポップ アップメ ニュー 103 行頭記号 ~と文との比率を固定す る 42 行間隔 40 切り取り→「マスキング」を 参照 く クイックリファレンス・カー ド 14 グラデーションカラー 67 グラフ 89–103 ビルドインの段階 112 ~を書式設定する 94 ~を追加する 92 「グラフィック」インスペク タ 66–72, 86, 102 グラフィックス PDFファイルを使用す る 46 ファイルフォーマット 44 ~をオブジェクトに追加 する 68 ~を追加する 30, 46 ~を表のセルに追加す る 86 J2645.book Page 148 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM索引 149 「グラフ」インスペクタ 92, 93–99 グラフデータエディタ 93– 94 クリッピング 45, 107, 122 クリッピングインジケー タ 84 け 計測単位 ~を変更する 31 こ コピー 書類へのオーディオと ムービーの~ 34, 52 書類へのテーマイメージ の~ 34 コンテクストメニュー →「ショートカットメ ニュー」を参照 さ サイズ スライドの~ 26, 121 再生音量 55 サウンド 52, 55 し 軸(グラフ) 96–98 システム環境設定 116, 117 自動再生プレゼンテーショ ン 26, 113 写真のカットアウト 50 縦横比 75 「縦横比を固定」チェック ボックス 75 ショートカットメニュー 24 ショートカット キーボード 24, 121 書式設定 箇条書きテキストと番号 付き箇条書きの ~ 38 グラフテキストの~ 95 グラフの~ 94 表の~ 80 表のセルの枠線の~ 85 「書類」インスペクタ 54, 114, 115 す 数値 グラフの~ 96 リストの~ 42 図形 45 スプレッドシート 93 スライド 背景 62 マスター 27 レイアウト 61 ~を移動する 19 ~をインデントする 19 ~を削除する 19 ~をスキップする 19 ~を整理する 17 ~を追加する 27 ~を表示する/隠す 19 ~をプリントする 122– 124 「スライド」インスペク タ 62, 105 「スライド上のオブジェクト がマスターに対して もレイヤーとなるこ とを許可」チェック ボックス 132 スライドオーガナイザ 17 スライドキャンバス 16 スライドショー ~のタイプ 26, 113 「スライドショー」環境設 定 60, 107, 117 スライドショーの種類 26, 113 スライドショーのタイプ 26 スライドショーを再生す る 35, 119 スライドショーを終了 59 スライドスイッチャー 120 スライド番号 59, 61, 120, 124 スライドを隠す 19 スライドを画面サイズに合せ る →「クリッピン グ」を参照 スライドを削除する 19 スライドを自動再生する 113 →「自動再生プレゼン テーション」も参照 26 スライドをスキップする 19 スライドを整理する 17, 32 「スライドをフルスクリーン で表示」チェック ボックス 107, 122 せ セル →「表のセル」を参照 線 69 J2645.book Page 149 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM150 索引 「線」ポップアップメ ニュー 69, 86 「前面へ」コマンド 48 そ 挿入 グラフィックスの~ 30, 46 グラフの~ 92 表の~ 77 た タイトル ~をスライドに追加す る 28, 61 ~をマスタースライドに 追加する 133 タイル状に配置 69 タブ 43–44 端 70 つ ツアー 13 ツールバー ~について 22 ~をカスタマイズする 23 て ディスプレイ(モニタ) ~を設定する 116 データ系列と集合 89–91 テーマ カスタムのものを保存す る 137 書類にテーマイメージを コピーする 34 新規書類のデフォルトを 設定する 26 ~を書類で複数使用す る 33 ~を選択する 25 ~をデフォルトにリセッ トする 63 ~を変更する 26, 129– 138 テーマセレクタ 26, 137 テーマのデフォルトに対する 変更を継承 137 テキスト 箇条書きを追加する 28 グラフの~ 95 ~の間隔を調整する 40 ~の色を変更する 39 表の~ 84 フォントを変更する 38 ~をアニメーション表示 する 110 ~を行頭記号なしで追加 する 37 ~を図形に追加する 45 ~を配置する 40 ~をマスタースライドに 追加する 133 「テキスト」インスペク タ 38–41 テキスト周囲の余白(「余白 を挿入」) 42 テクニカルサポート 14 デフォルト ~を復元する 137 デフォルト、変更 新規書類の~ 26 テキストの~ 135 トランジションの~ 134 デフォルト、変更する グラフの~ 136 表の~ 135 デュアルディスプレイ設 定 116 と 透明度 50, 72, 125, 126 「透明部分を含む」チェック ボックス 126 トランジション スライド間の~ 105 スライドのパーツ(オブ ジェクトビルド)間 の~ 107 デフォルトを設定す る 134 取り消し 63 な 「内容に合わせて自動的にサ イズ変更する」 チェックボック ス 84 ナビゲータビュー 17 ナレーション 53 ぬ 塗りつぶしの色 67 の ノート ~を作成する/表示す る 21 ~をプリントする 122– 124 は 背景 スライド 62 表のセル 86 J2645.book Page 150 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM索引 151 マスタースライド 131 配置 オブジェクトの~ 30–32 行頭記号の~ 43 テキストの~ 40 配置ガイド 30–32 ~をマスタースライドに 追加する 132 ハイパーリンク 56–60 「ハイパーリンク」インスペ クタ 57–59 「ハイパーリンクとして使用」 チェックボック ス 59 ハイパーリンクのみのプレゼ ンテーション 26, 115 配布資料 ~をプリントする 123 「背面へ」コマンド 48 バックアップバージョン 34 発表者ディスプレイ 118– 120 「発表者の情報表示用に別の ディスプレイを使 用」チェックボック ス 119 発表者のレイアウトを編 集 119 幅に合わせる 68 番号 スライドの~ 59, 61, 120, 124 ひ 引き延ばす 69 ビデオミラーリング 117 表 77–87 行と列を追加する 81 ~に行および列を追加す る 81 ~のセルのサイズを変更 する 84 ~のセルを内容に自動的 に合わせる 84 ビルドインの段階 111 列または行を削除する 82 ~を選択する 78 「表」インスペクタ 77–85 描画 オブジェクトの~ 45 線の~ 69 表の~ 77, 92 「表示方法」ポップアップメ ニュー 111 表のセル ~のテキストを整列す る 84 ~の内容を削除する 80 ~を結合する/分割す る 83 ~を選択する 78 「開いたら自動再生する」 チェックボック ス 115 「ビルド」インスペク タ 107–112 ビルド →「オブジェクトビ ルド」を参照 ふ フォント ~を変更する 38, 95 「フォント」パネル 24 不透明度 72 フリー・テキストボック ス 37 プリント アウトラインビューの ~ 21 ノートを~する 122–124 プリントする 122–124 プレゼンテーション キーボードで制御す る 121 自動再生 26, 113 ~の際にポインタを表示 する/隠す 60 ~のディスプレイを設定 する 115–119 ハイパーリンクのみの ~ 26, 115 プレゼンテーションのサイ ズ 26, 121 プレゼンテーションを一時停 止する 120 へ ヘッダ(表) 82 →「タイトル」も参照 「別のディスプレイ」チェッ クボックス 119 ヘルプ 13–14 ほ ポインタ 60 ポスターフレーム 56 保存 サウンドとムービーの ~ 34, 52 書類の~ 34 テーマイメージの~ 34 前のバージョンの~ 34 J2645.book Page 151 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM152 索引 本文テキスト 27 ~をマスタースライドに 追加する 133 ま マスタースライド 27, 129– 134 み ミュージック 52 む ムービー 52, 54, 55 め メディア再生の設定 55 メディアファイル 52 メディアブラウザ 46, 52 メニュー ショートカット(コンテ クスト) 24 も 元のサイズ 69, 75 モニタ →「ディスプレイ」 を参照 や 矢印 図形 45 線の両端 70 矢印キー 78 よ 横棒グラフ 102 余白を挿入 41, 42, 85 読み込み PowerPoint または AppleWorks書類の ~ 25 グラフィックファイルの ~ 46 ムービーの~ 55 り 領域に合わせる 68 「リンク先」ポップアップメ ニュー 59 る ルーラ 30–32 タブを設定する 43 「ルーラ」環境設定 31–32 れ レイアウト 61, 133 わ 枠 グラフの~ 96 枠線 69 表のセルの~ 85 J2645.book Page 152 Tuesday, December 14, 2004 6:17 PM iMac G5 ユーザーズガイド iMac G5コンピュータの設置方法、 使用方法、トラブル対策に関する 重要な情報が書かれています J3531M23_M33.book Page 1 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AMK Apple Computer, Inc. © 2005 Apple Computer, Inc. All rights reserved. 本書の著作権は Apple Computer, Inc.に帰属します。本 書の一部あるいは全部を Apple Computer, Inc.から書面 による事前の許諾を得ることなく複写複製(コピー)す ることを禁じます。 Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc. の商標です。キーボードから入力可能な Apple ロゴについても、これを Apple Computer, Inc. か らの書面による事前の承諾なしに商業的な目的で使用す ると、連邦および州の商標法および不正競争防止法違反 となる場合があります。 本書には正確な情報を記載するように努めました。ただ し、誤植や制作上の誤記がないことを保証するものでは ありません。 Apple 1 Infinite Loop Cupertino, CA95014-2084 U.S.A. www.apple.com アップルコンピュータ株式会社 〒 163-1480 東京都新宿区西新宿 3丁目 20 番 2 号 東京オペラシティタワー www.apple.com/jp Apple、Appleロゴ、Final Cut Pro、FireWire、iCal、 iDVD、iLife、iMac、iMovie、iPhoto、iPod、iTunes、 Mac、Mac ロゴ、Mac OS、および Macintosh は、米国 その他の国で登録された Apple Computer, Inc.の商標 です。 AirMac、AirMac Express、Exposé、Finder、iSight、 Safari、Spotlight、SuperDrive、および Tiger は、 Apple Computer, Inc の商標です。 AppleCareおよび Apple Storeは、米国その他の国で登 録された Apple Computer, Inc.のサービスマークです。 .Mac は Apple Computer, Inc. のサービスマークです。 Bluetoothのワードマークとロゴは Bluetooth SIG, Inc. が所有しています。また、Apple Computer, Inc. のワー ドマークやロゴの使用は実施権に基づいています。 ENERGY STAR® は米国の登録商標です。 本書に記載のその他の社名、商品名は、各社の商標また は登録商標です。本書に記載の他社商品名は参考を目的 としたものであり、それらの製品の使用を強制あるいは 推奨するものではありません。また、Apple Computer, Inc. は他社製品の性能または使用につきましては一切の 責任を負いません。 Dolby Laboratoriesからの実施権に基づき製造されてい ます。「Dolby」、「Pro Logic」、およびダブル D 記号は、 Dolby Laboratoriesの商標です。非公開機密著作物。 © 1992–1997 Dolby Laboratories, Inc. All rights reserved. 本マニュアルで解説している製品には著作権保護技術が 組み込まれています。この著作権保護技術は、 Macrovision Corporation、およびその他の権利者が所有 する米国特許、およびその他の知的財産権の正当な権利 によって保護されています。この著作権保護技術の使用 については、Macrovision Corporation の許諾が必要で あり、特に同社の許諾のない限りは一般家庭、 および非 公開の状況でのみ使用しうるものです。リバースエンジ ニアリングおよび解体は禁止されています。 米国特許出願番号 4,631,603、4,577,216、4,819,098およ び 4,907,093は非公開の状況における使用のみ許諾され ます。 J3531M23_M33.book Page 2 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM 3 3 目次 第 1 章 5 設置と準備 8 次の手順 9 iMac G5 をスリープ状態にする/電源を切る 第 2 章 11 iMac G5 について 12 前面 14 背面 16 Mac OS Xについて 17 デスクトップをカスタマイズする/環境設定を行う 18 プリンタに接続する 19 CDを再生する/ヘッドフォンを接続する 19 ソフトウェアを最新の状態に保つ 20 ネットワークに接続する 20 インターネットを使用する 20 ファイルをほかのコンピュータに転送する 21 アプリケーションが応答しない場合は 21 アプリケーションを使用する 22 Mac ヘルプで情報を探す 第 3 章 23 iMac G5 を使用する 24 Mighty Mouse を使用する 25 キーボードコントロール 26 IR レシーバーと Remote を使用する 29 内蔵 iSight ビデオカメラを使用する 30 AirMac Extreme ワイヤレスネットワークについて 32 Bluetooth 2.0+EDR ワイヤレステクノロジーを使用する 34 Ethernet ネットワークに接続する 35 オーディオ装置を使用する 37 外部ビデオ出力機能(VGA、コンポジット、および S ビデオ)を接続する 39 ハイスピード USB(Universal Serial Bus)2.0 を使用する 41 FireWire で接続する 43 光学式ドライブを使用する 46 iMac G5 のセキュリティを保つ J3531M23_M33.book Page 3 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM4 目次 第 4 章 47 メモリを取り付ける 47 メモリを増設する 51 iMac G5 が新しいメモリを認識するかどうかを確認する 第 5 章 53 トラブルへの対処方法 54 iMac G5 の使用を妨げるトラブル 55 iMac G5 に付属のソフトウェアを再インストールする 56 その他のトラブル 57 製品のシリアル番号を確認する 58 Apple Hardware Testを使用する 付録 A 59 仕様 付録 B 61 安全性、使用、保守についての情報 61 iMac G5 を安全に設置、使用するために 62 コネクタとポート 63 聴覚障害を避ける 63 人間工学 64 iMac G5 を清掃する 65 iMac G5 を持ち運ぶ 65 環境向上への取り組み 付録 C 67 インターネットに接続する 69 設定アシスタントワークシート 71 インターネット接続を手入力で設定する 71 ダイヤルアップ接続 74 DSL モデム、ケーブルモデム、LAN でのインターネット接続 78 AirMacワイヤレス接続 81 接続のトラブルシューティング J3531M23_M33.book Page 4 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM1 5 1 設置と準備 お求めの iMac G5は、手早く設置してすぐに使い始めることができる ように設計されています。iMac G5 や Macintosh コンピュータをは じめてお使いになる方は、まずこの章の説明をお読みください。 今までに Mac を使ったことがある方は、iMac G5 をすぐに使い始めるだけの知識をすでにお持ちか もしれません。第 2 章「iMac G5 について」を一読して、お求めの iMac G5 の新機能についての情 報を確認してください。 電源コード Remote キーボード Mighty Mouse MENU J3531M23_M33.book Page 5 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM6 第1章 設置と準備 お使いの iMac G5 を設定するときは、この手順に従って進めてください。 手順 1:電源コードをスタンドの穴に通して、iMac G5の背面にある電源ソケットにつなぎます。 手順 2:インターネットまたはネットワークにアクセスするには、Ethernet ケーブルの一端を iMac G5につなぎ、もう一端をケーブルモデム、DSLモデム、またはネットワークにつなぎます。 G J3531M23_M33.book Page 6 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 1 章 設置と準備 7 手順 3:キーボードとマウスのケーブルを接続します。 手順 4:パワーボタン(®)を押して iMac G5 の電源を入れます。 Wireless Keyboard と Wireless Mouseを使用する iMac G5と一緒に Apple Wireless Keyboard およびApple Wireless Mouseを購入した場合は、キー ボードとマウスに付属のマニュアルを参照してコンピュータに設置して使用してください。 d d d ® J3531M23_M33.book Page 7 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM8 第1章 設置と準備 次の手順 はじめて iMac G5 の電源を入れると、「設定アシスタント」が起動します。「設定アシスタント」を 使うと、インターネット情報およびメール情報の入力や iMac G5 のユーザの設定を簡単に行うこと ができます。ほかの Mac がすでにある場合は、「設定アシスタント」を使って、ファイル、アプリ ケーション、その他の情報を以前の Mac から新しい iMac G5 に自動的に転送できます。 お使いの iMac G5 に情報を転送する 「設定アシスタント」を使って、別の Macから新しい iMac G5 に自動的に情報を転送できます。情 報を転送するときは、以下の点を確認してください: Â もう 1台の Mac に内蔵FireWireが搭載されていて、FireWire ターゲット・ディスク・モードに対応 している必要があります。 Â もう 1 台の Mac にMac OS X v10.1以降がインストールされている必要があります。 Â 2 台のコンピュータを接続する FireWire ケーブルが必要です。 「設定アシスタント」を使うと、画面に表示される指示に従うだけで、情報を転送することができま す。iMac G5 に情報を転送しても、もう 1 台の Mac の情報に影響はありません。「設定アシスタン ト」を使って、次の情報を転送できます: Â 環境設定やメールなどのユーザアカウント Â ネットワーク設定。新しいiMac G5は、もう 1台のMacと同じネットワーク設定で動作するよう自 動的に設定されます Â 自分のアプリケーションフォルダ。もう 1 台の Mac で使用していたアプリケーションを新しい iMac G5 で使用できるようになります(転送するアプリケーションのいくつかを再インストール しなければならない場合があります) Â ハードディスクに保存されているファイルやフォルダ iMac G5 をはじめて起動したときに「設定アシスタント」を使って情報を転送しない場合は、後で 「移行アシスタント」を使って情報を転送できます。「アプリケーション」フォルダを開き、「ユー ティリティ」を開いて、「移行アシスタント」アイコンをダブルクリックします。 参考:「移行アシスタント」を使って後で情報を転送する場合は、古いコンピュータ上で FileVault が 切になっていることを確認してください。FileVault を切にするには、アップル()メニュー>「シ ステム環境設定」と選択し、「セキュリティ」をクリックして、画面の説明に従います。 iMac G5 のインターネットの設定を行う ネットワーク設定を転送しなかった場合は、「設定アシスタント」を使って、iMac G5 をインター ネットに接続するための設定を行うこともできます。ホームユーザの場合、インターネットにアク セスするには、インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)に加入する必要があります。別途費 用が必要になる場合があります。インターネットアカウントを持っている場合は、入力する必要の ある情報を 67 ページの付録 C「インターネットに接続する」で確認してください。 J3531M23_M33.book Page 8 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 1 章 設置と準備 9 その他の情報 さらに詳しく知りたいときは、以下を参照してください: iMac G5 をスリープ状態にする/電源を切る iMac G5 での作業を終了するときは、コンピュータをスリープ状態にするか、システム終了するこ とができます。 iMac G5 をスリープ状態にする iMac G5 を使った作業を中断する期間が 2、3 日より短いときは、iMac G5 をスリープ状態にしてく ださい。スリープ機能が働いているときは、iMac G5 の画面が暗くなり、ディスプレイの右下にあ る小さい白いランプが脈打つように光ります。iMac G5はすぐに元の状態に戻すことができます(起 動の過程は省略されます)。 iMac G5 をすぐにスリープ状態にするには: Â アップル()メニュー>「スリープ」と選択します。 Â iMac G5 背面にあるパワーボタンを押します。 Â アップル()メニュー>「システム環境設定」と選択し、「省エネルギー」をクリックして、ス リープタイマーをセットします。 Â リモコンの「再生/一時停止」ボタンを 3 秒間押したままにします。 iMac G5 を稼働状態に戻すときは、キーボード上の任意のキーまたはリモコンの任意のボタンを押 します。iMac G5 がスリープ状態から復帰したとき、お使いのアプリケーション、書類、コンピュー タの設定は、スリープ状態に移行する前とまったく同じです。 知りたいこと ... 参照先... iMac G5 の電源を切る/スリープ状態にする 以下の「iMac G5をスリープ状態にする/電源を切る」 iMac G5 のさまざまな部分を使用する/いくつかの 一般的な操作を実行する 11 ページの第 2 章「iMac G5について」 オンスクリーンヘルプから得られる情報を検索する 22 ページの「Macヘルプで情報を探す」 iMac G5 の独自の機能を使用する/デジタル装置を 接続する 23ページの第 3 章「iMac G5 を使用する」 メモリを取り付ける 47 ページの第 4 章「メモリを取り付ける」 iMac G5 に問題があるときに、その問題を解決する 53ページの第 5 章「トラブルへの対処方法」 J3531M23_M33.book Page 9 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM10 第1章 設置と準備 iMac G5 のシステムを終了する 何日も iMac G5 を使わない場合は、iMac G5 のシステムを終了します。アップル()メニュー> 「システム終了」と選択します。 警告:iMac G5 を持ち運ぶ前に、iMac G5 のシステムを終了してください。ハードディスクが回 転しているときに iMac G5 を持ち運ぶと、ハードディスクが故障して、データが失われたり、ハー ドディスクから起動できなくなるおそれがあります。 J3531M23_M33.book Page 10 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM2 11 2 iMac G5 について この章では、お使いの iMac G5 に関する基本的な情報について説明し ます。 お使いの iMac G5 の各部と Mac OS X の機能の概要について説明します。デスクトップ表示のカス タマイズ、プリンタへの接続、CD の再生、インターネットの利用、助けが必要なときの調べかたな ど、一般的な操作に関する情報も含まれます。 最新情報の入手 アップルでは、システムソフトウェアを頻繁に更新し、新しいバージョンをリリースしています。そ のため、このマニュアルに示されている画像は、実際の画面に表示されるものと多少異なる場合が あります。 アップルの Webサイト(www.apple.com/jp)から、アップルの最新ニュース、無料ダウンロード、 およびお使いのiMac G5のソフトウェアおよびハードウェアのオンラインカタログを入手できます。 また、アップルのサービス&サポートの Web サイト(www.apple.com/jp/support)には、多くの アップル製品のマニュアルおよびすべてのアップル製品の技術サポートがあります。 J3531M23_M33.book Page 11 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM12 第2章 iMac G5について 前面 USBポート 内蔵 スピーカー 環境光 センサー 内蔵 赤外線(IR) レシーバー 内蔵 スピーカー Remoteレスト スロットローディング方式 光学式ディスクドライブ メディア・イジェクト・キー 音量調節キー 内蔵iSight ビデオカメラ 内蔵 マイクロフォン ビデオ・カメラ インジケータ・ランプ Mighty Mouse Apple Keyboard パワー・インジケータ・ ランプ d C - Remote MENU J3531M23_M33.book Page 12 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 2 章 iMac G5 について 13 - 内蔵マイク iMac G5 に直接音声を記録したり、付属の「iChat AV」アプリケーションを使用してブロードバンドを通じて友 人とライブで会話したりすることができます。 内蔵iSight ビデオカメラ 付属の「iChat AV」アプリケーションを使用して、友人や家族、同僚とビデオ会議ができます。 ビデオ・カメラ・インジケータ・ランプ iMac G5のビデオカメラがビデオをキャプチャまたは表示しているときは、小さい緑のLEDランプが点灯します。 スロットローディング方式の光学式ディスクドライブ iMac G5 には SuperDrive が装備されており、CD-ROM ディスク、フォト CD、一般的な音楽 CD、DVD ディス ク、および DVD ムービーを読み取ることができます。SuperDrive では、音楽、書類、およびその他のデジタル ファイルをCD-R、CD-RW、DVD±R、DVD±RW、および DVD+R DL(2 層)ディスクに書き込むこともできます。 パワー・インジケータ・ランプ iMac G5 がスリープ状態のときは、白いランプが点滅します。iMac G5 の電源が入っているときは、このランプ は消えています。 内蔵スピーカー 音楽、ムービー、ゲーム、マルチメディアなどの音を聴くことができます。 Remote レスト 使用していないときにリモコンを格納します。 - 音量調節キー 内蔵スピーカーやサウンド出力ポートに接続した装置から出力される音声の音量を調節します。 C メディア・イジェクト・キー CDまたは DVD ディスクを取り出します。デスクトップにあるディスクのアイコンを「ゴミ箱」にドラッグして、 ディスクを取り出すこともできます。 Mighty Mouse プログラム可能な、革新的なスクロールボールの付いたマルチボタンのマウスを使って、書類やコンテンツをク リック、スクイーズ、およびスクロールします。 Remote リモコンと「Front Row」インターフェイスを使って、机のそばにいなくても、「iTunes」の音楽にアクセスした り、「iPhoto」のスライドショーを再生したり、ムービーを観たりすることができます。 d Apple Keyboardに装備された 2基の USB(Universal Serial Bus)1.1 ポート マウス、デジタルカメラ、ジョイスティックなどの低出力の USB 1.1 装置を iMac G5 コンピュータのキーボード に接続できます。マウスをキーボードの USB ポートの 1 つに接続します。(お使いの iMac G5 の背面には、3 つ のハイスピードUSB 2.0 ポートもあります。) 環境光センサー iMac G5 がスリープ状態のときに、周囲の光の量に応じてパワー・インジケータ・ランプの明るさが自動的に調 整されます。 内蔵の赤外線(IR)レシーバー リモコンと内蔵のIRレシーバー を使って、iMac G5 をシームレスに操作します。 J3531M23_M33.book Page 13 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM14 第2章 iMac G5について 背面 ヘッドフォン出力/ 光オーディオ 出力ポート オーディオ ライン入力ポート optical out , f £ ビデオ出力ポート d USB 2.0ポート(×3) Ethernetポート (10/100/1000Base-T) G H FireWireポート(×2) パワーボタン 電源ポート ® メモリアクセス セキュリティスロット J3531M23_M33.book Page 14 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 2 章 iMac G5 について 15 £ ビデオ出力ポート オプションの Apple VGA ディスプレイアダプタ(www.apple.com/japanstore から入手できます)を使って、 VGA コネクタを使用する外部モニタまたはプロジェクタに接続することができます。オプションの Apple ビデオ アダプタ(www.apple.com/japanstore から入手できます)を使って、S ビデオまたはコンポジット・ビデオ・ コネクタを使用するテレビ、ビデオデッキ、またはその他の映像装置を接続することができます。 G Ethernet ポート(10/100/1000Base-T) 10/100/1000Base-T の高速な Ethernet ネットワーク、DSLモデムやケーブルモデム、またはほかのコンピュータ に接続してファイルを転送できます。Ethernet ポートによって、ほかのEthernet装置が自動的に検出されます。 , オーディオライン入力ポート ラインレベルのマイクロフォンやその他のオーディオ機器から音声をiMac G5 に入力できます。 f ヘッドフォン出力/光オーディオ出力ポート ヘッドフォンなど音声出力用の装置を接続することができます。または、ミニプラグジャック付きの光オーディ オケーブルを使って、レシーバー、ホーム・シアター・システム、またはその他のデジタルオーディオ機器を接 続できます。 d USB(Universal Serial Bus)2.0 ポート(3 基) プリンタ、ディスクドライブ、デジタルカメラ、ジョイスティックなどを接続することができます。USB 1.1 およ びハイスピードUSB 2.0 装置を接続します。 H FireWire 400ポート(2基) デジタル・ビデオ・カメラや外部記憶装置などの装置を高速なデータ転送速度で接続できます。 メモリアクセス お使いのiMac G5 には、512 MB(メガバイト)以上の 533 MHz、PC2-4200 DDR2(Double Data Rate 2)SDRAM (Synchronous Dynamic Random Access Memory)が搭載されています。お使いの iMac G5には、合計 2.5 GB までメモリを追加できます。メモリの取り付け方法について詳しくは、47 ページの「メモリを増設する」を参照 してください。 セキュリティスロット 鍵とケーブルを取り付けて、盗難を防止します(www.apple.com/japanstore から入手できます)。 ® パワーボタン iMac G5 の電源を入れたり、スリープ状態にしたりします。押し続けると、問題が起きたときにリセットするこ とができます。 ≤ 電源ポート iMac G5コンピュータの電源コードを接続します。 Z AirMac Extreme テクノロジー(内部) お使いのiMac G5 の内蔵 AirMac Extreme テクノロジーを使ってワイヤレスネットワークに接続します。 ◊ Bluetooth® 2.0+EDR ワイヤレステクノロジー(内部) Bluetooth 対応の携帯電話、PDA、プリンタ、Apple Wireless Keyboard や Apple Wireless Mouse などの装置 にワイヤレスで接続します(Apple Wireless Keyboard と Mouse は www.apple.com/japanstore から購入でき ます)。 J3531M23_M33.book Page 15 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM16 第2章 iMac G5について Mac OS Xについて お使いの iMac G5 には、Mac OS X Tigerが搭載されています。これには、すべてのファイルのイン デックスを自動的に作成する改良された検索エンジン「Spotlight」、「ウィジェット」と呼ばれる便 利で小さいアプリケーションをすぐ手元に置くためのインターフェイス「Dashboard」、開いている すべてのアプリケーションを分かりやすく並べて表示する「Exposé」、iMac G5 に付属のリモコン を使って音楽、写真、ビデオ、およびムービーにアクセスして制御するための新しいインターフェ イス「Front Row」が含まれています。 Mac OS X、および iMac G5 に付属している、数々の賞を受賞した iLife アプリケーションについて さらに詳しく知りたいときは、お使いの iMac G5 に付属の小冊子「Welcome to Tiger」を参照し てください。また、「Mac ヘルプ」の情報も参照してください。新しいユーザ、経験豊富なユーザ、 および Mac に変更したユーザ向けのさまざまな情報が見つかります。Mac OS X の使用中に問題が 発生した場合は、このマニュアルの巻末にあるトラブルへの対処方法のヒントを参照するか、また は画面の上部にあるメニューバーから「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択してください。 Mac OS Xとソフトウェア・アプリケーションの互換性に関する情報や、Mac OS X についてもっと 詳しく知りたいときは、Mac OS Xの Web サイト(www.apple.com/jp/macosx)を参照してくだ さい。 参考:お使いの iMac G5 で Mac OS 9 アプリケーションを使用したい場合は、Classic 環境に対応し たバージョンの Mac OS 9 をインストールする必要があります(56 ページの「Mac OS 9 をインス トールする」を参照してください)。Mac OS 9 を主要オペレーティングシステムとしてお使いの iMac G5 にインストールすることはできません。また、お使いの iMac G5 を Mac OS 9 で起動する ことはできません。 J3531M23_M33.book Page 16 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 2 章 iMac G5 について 17 デスクトップをカスタマイズする/環境設定を行う 「システム環境設定」を使用すると、デスクトップの外観を好みに合わせて簡単に変更できます。メ ニューバーからアップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 次の項目をいろいろと変更して試してみてください: Â デスクトップとスクリーンセーバ — この環境設定パネルでは、デスクトップの背景の色やパター ンを変更したり、背景を好きな写真や画像に変更したりすることができます。また、iMac G5 を しばらく操作しなかったときに画面に表示される美しいスクリーンエフェクトを変更することも できます。 Â Dock— この環境設定パネルでは、「Dock」の外観、位置、および動作を変更できます。 Â アピアランス —この環境設定パネルでは、ボタン、メニュー、ウインドウ、およびハイライトの 色などのオプションを変更できます。 iMac G5 に慣れてきたら、ほかのシステム環境設定も試してみてください。「システム環境設定」で は、お使いの iMac G5 のさまざまな設定を変更できます。詳しくは、「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と 選択し、「システム環境設定」または変更したい特定の環境設定を検索してください。 J3531M23_M33.book Page 17 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM18 第2章 iMac G5について プリンタに接続する 必要なソフトウェアをインストールしてプリンタを接続するには、プリンタに付属のマニュアルの 指示に従ってください。Mac OS Xには、ほとんどのプリンタのドライバが内蔵されています。 多くのプリンタは、USBケーブルを介して接続できます。Ethernet などのネットワーク接続が必要 なプリンタもあります。AirMac Express ベースステーションまたは AirMac Extreme ベースステー ションをお持ちの場合は、USB プリンタをコンピュータではなくベースステーションに接続して、ワ イヤレスでプリントすることができます。 USBまたは FireWireプリンタを接続すると、通常は自動的にプリンタが検出され、使用可能なプリ ンタのリストに追加されます。ネットワークに接続されたプリンタからプリントする場合は、プリ ンタのネットワーク名またはアドレスが必要になる場合があります。 プリンタを設定するには: 1 「システム環境設定」を開き、「プリントとファクス」アイコンをクリックします。 2 「プリント」をクリックしてから、「追加」ボタン(+)をクリックして、プリンタを追加します。 3 使用するプリンタを選択し、「追加」をクリックします。 4 プリンタリストに表示されるプリンタを選択するときは、「追加」ボタン(+)と「取り除く」ボタ ン(–)を使用します。 プリント処理を監視する プリンタに書類を送信した後で、プリント処理を監視できます。これには、プリントジョブの停止 や一時保留も含まれます。プリントの状態を監視するには、「Dock」にあるプリンタのアイコンをク リックして、プリンタのウインドウを開きます。プリントキュー内のプリントジョブが表示され、そ れらのジョブを操作できます。 詳しくは、「Mac ヘルプ」を開き、「プリントする」を検索してください。 J3531M23_M33.book Page 18 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 2 章 iMac G5 について 19 CDを再生する/ヘッドフォンを接続する iMac G5 で音楽を聴きたい場合は、光学式ドライブに音楽 CD をセットします。操作が簡単な音楽 プレーヤー「iTunes」が自動的に開きます。また、ミニジャック付きのヘッドフォンを iMac G5 の ヘッドフォン出力/光オーディオ出力ポート(f)に接続して、1 人で聴くこともできます。 「iTunes」について詳しいことを知るには: m 「iTunes」を開き、「ヘルプ」>「iTunes & Music Store ヘルプ」と選択します。 光学式ドライブについて詳しくは、43ページの「光学式ドライブを使用する」を参照してください。 ソフトウェアを最新の状態に保つ インターネットに接続し、最新の無料ソフトウェアバージョン、ドライバ、およびその他の強化機 能をアップルから自動的にダウンロードしてインストールできます。 インターネットに接続されている場合、「ソフトウェア・アップデート」がアップルのインターネッ トサーバをチェックして、お使いのコンピュータで利用できるアップデートがあるかどうかを確認 します。お使いの Mac が定期的にアップルのサーバをチェックして、アップデートされたソフト ウェアをダウンロードしてインストールするように設定することもできます。 アップデートされたソフトウェアを確認するには: 1 「システム環境設定」を開きます。 2 「ソフトウェア・アップデート」アイコンをクリックし、画面に表示される指示に従います。 Â 詳しくは、「Mac ヘルプ」で「ソフトウェア・アップデート」を検索してください。 Â Mac OS Xに関する最新情報は、Mac OS Xの Webサイト(www.apple.com/jp/macosx)を参照 してください。 J3531M23_M33.book Page 19 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM20 第2章 iMac G5について ネットワークに接続する お使いの iMac G5 を Ethernetネットワーク、ケーブルモデムや DSLモデム、またはワイヤレスネッ トワークに接続したい場合、Ethernet または AirMac 接続の設定について詳しくは、34 ページの 「Ethernet ネットワークに接続する」および 30 ページの「AirMac Extreme ワイヤレスネットワー クについて」を参照してください。また、「Mac ヘルプ」を開き、「Ethernet」または「AirMac」を 検索して、さらに詳しい情報を調べることもできます。 インターネットを使用する 最初に iMac G5 を設定したときに、「設定アシスタント」に従ってインターネットに接続されていま す。接続の種類(DSL モデム、ケーブルモデム、Ethernet LAN(Local Area Network)、AirMac Extremeネットワークなど)を変更する必要がある場合は、67 ページの付録 C「インターネットに 接続する」を参照してください。 ファイルをほかのコンピュータに転送する お使いの iMac G5 とほかのコンピュータとの間でファイルまたは書類を転送するには、いくつかの 方法があります。 Â「設定アシスタント」を使うと、簡単にファイルを転送できます。詳しくは、8 ページの「お使い の iMac G5 に情報を転送する」を参照してください。 Â .Mac またはその他のインターネットアカウントを使って、インターネットを介してファイルを転 送できます。詳しくは、www.mac.com/japan を参照してください。 Â iMac G5 が Ethernetネットワークに接続されている場合は、ネットワーク上の別のコンピュータ にファイルを転送できます。別のサーバまたはコンピュータにアクセスするときは、「Finder」の ウインドウを開き、「ネットワーク」をクリックします。コンピュータの名前またはネットワーク アドレスが分かっている場合は、「Finder」のメニューバーから「移動」>「サーバへ接続」と選 択します。 Â お使いのiMac G5からほかのコンピュータのEthernetポートにEthernetケーブルを接続して、小 規模な Ethernet ネットワークを作成できます。詳しくは、「Mac ヘルプ」を開き、「2 台のコン ピュータを接続する」を検索してください。 Â FireWireケーブルを使ってほかのMacと接続できます。お使いのiMac G5がほかのコンピュータ上 でディスクドライブとして表示され、ファイルを転送することができます。FireWire を使ったファ イルの転送について詳しくは、42 ページの「FireWire ターゲット・ディスク・モードを使用する」 を参照してください。 Â AirMac ワイヤレスネットワークに接続して、ファイルを転送できます。詳しくは、30 ページの 「AirMac Extreme ワイヤレスネットワークについて」を参照してください。 ファイルや書類の転送について詳しくは、「Mac ヘルプ」を開いて、「ファイルを転送する」または 目的の接続方法を検索してください。 J3531M23_M33.book Page 20 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 2 章 iMac G5 について 21 アプリケーションが応答しない場合は まれに、アプリケーションが画面上で操作不能になることがあります。Mac OS Xには、iMac G5 を 再起動せずに、応答しないアプリケーションを終了する方法が用意されています。操作不能になっ たアプリケーションを終了すると、開いているほかのアプリケーションでの作業を保存できる場合 があります。 アプリケーションを強制終了するには: 1 コマンド(x)+Option + Escキーを押すか、アップル()メニュー>「強制終了」と選択します。 「アプリケーションの強制終了」ダイアログが表示され、問題のアプリケーションが選択されます。 2 「強制終了」をクリックします。 問題のアプリケーションが終了します。ほかのアプリケーションはすべて開いたままになります。 必要に応じて、Classicを強制終了できます。この場合、すべての Mac OS 9 アプリケーションが閉 じます。また、このダイアログから「Finder」を再起動することもできます。 その他の問題が発生した場合は、53 ページの第 5 章「トラブルへの対処方法」を参照してください。 アプリケーションを使用する お使いの iMac G5 には、メールの送信、ネットサーフィン、オンラインチャット、音楽やデジタル フォトの整理、ムービーの作成などを行うための、iLife アプリケーションを含むさまざまなソフト ウェア・アプリケーションが付属しています。これらのアプリケーションについて詳しくは、該当 のアプリケーションを開いてから、アプリケーションのヘルプを開いてください。 J3531M23_M33.book Page 21 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM22 第2章 iMac G5について Mac ヘルプで情報を探す Mac の使用に関するほとんどの情報は、「Mac ヘルプ」にあります。 Macヘルプを開くには: 1 「Dock」(画面下部に表示されるアイコンのバー)の「Finder」アイコンをクリックします。 2 「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択します(メニューバーの「ヘルプ」メニューをクリックして「Mac ヘルプ」を選びます)。 3 検索欄をクリックして質問を入力し、キーボードの Return キーを押します。 J3531M23_M33.book Page 22 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM3 23 3 iMac G5 を使用する この章では、お使いの iMac G5 に内蔵されている多数の機能の使用方 法について説明します。この章を読めば、お使いのコンピュータを最 大限に活用できます。 以下のセクションに重要な情報が記載されています: Â 24ページの「Mighty Mouseを使用する」 Â 25ページの「キーボードコントロール」 Â 26 ページの「IR レシーバーと Remoteを使用する」 Â 29 ページの「内蔵 iSightビデオカメラを使用する」 Â 30ページの「AirMac Extremeワイヤレスネットワークについて」 Â 32 ページの「Bluetooth 2.0+EDRワイヤレステクノロジーを使用する」 Â 34 ページの「Ethernetネットワークに接続する」 Â 35 ページの「オーディオ装置を使用する」(コンビネーションヘッドフォン出力/光オーディオ 出力ポートについても記載されています) Â 37 ページの「外部ビデオ出力機能(VGA、コンポジット、および Sビデオ)を接続する」 Â 39ページの「ハイスピード USB(Universal Serial Bus)2.0を使用する」 Â 41 ページの「FireWire で接続する」 Â 43 ページの「光学式ドライブを使用する」 Â 46 ページの「iMac G5 のセキュリティを保つ」 iMac G5 の機能について知りたいときは、まずこの章を参照してください。詳しい情報は、「Mac ヘ ルプ」と、iMac G5のサポート Web サイト(www.apple.com/jp/support/imac)で参照できます。 J3531M23_M33.book Page 23 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM24 第3章 iMac G5を使用する Mighty Mouseを使用する お使いの iMac G5 には、Mighty Mouse が付属しています。このマウスには、スクロールの調整が 可能でクリックもできる 360 度スクロールボール、圧力を感知する 2つのサイドボタン、およびタッ チセンサー式の右ボタンと左ボタンが付いています。Mighty Mouse は、1 ボタンのマウスとして設 定するか、スクロールボールを有効にしたり Exposé を起動したり「Dashboard」を表示したりす るように設定します。 Mighty Mouseを設定する Mighty Mouse は、「キーボードとマウス」環境設定の「マウス」パネルを使って、1 ボタンのマウ スとして設定したり、マルチボタンのマウスとして設定することができます。 「キーボードとマウス」環境設定を開くには: 1 アップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2 「キーボードとマウス」をクリックして、「マウス」をクリックします。 スクロールボール (ボタン) 左ボタン サイドボタン 右ボタン サイドボタン J3531M23_M33.book Page 24 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 3 章 iMac G5 を使用する 25 「キーボードとマウス」環境設定の「マウス」パネルのポップアップメニューを使って、任意のボタ ンに次の操作を割り当てます: Â 主ボタンと副ボタンを割り当る Â Exposé を起動する Â「Dashboard」を表示する Â Spotlight を開く Â アプリケーションを切り替える Â アプリケーションを開く 縦方向と横方向のスクロールを無効にしたり、軌跡、スクロール、およびダブルクリックの速度を 調節したりすることもできます。 Mighty Mouseについての詳しい情報 Mighty Mouse の設定と使用についての詳細情報は「Mac ヘルプ」で参照できます。「ヘルプ」> 「Mac ヘルプ」と選択し、「Mighty Mouse」で検索してください。 キーボードコントロール キーボードコントロールを使って、すばやく音量を調節したり、ディスクを取り出したりできます。 ディスプレイのコントラストを強くするには、キーボードの F15 キーを押します。コントラストを 弱くするには、F14 キーを押します。 Exposé を使用すると、画面上のウインドウを簡単に管理できます。開いているすべてのウインドウ を一度に表示するには、F9 キーを押します。現在のアプリケーションで開いているすべてのウイン ドウを表示するには、F10キーを押します。開いているすべてのウインドウを閉じてデスクトップを 表示するには、F11 キーを押します。 音量ダウンキー 音量アップキー 消音キー メディア・イジェクト・キー J3531M23_M33.book Page 25 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM26 第3章 iMac G5を使用する IRレシーバーと Remoteを使用する リモコンは、「Front Row」インターフェイスおよび内蔵の赤外線(IR)レシーバーと共に動作しま す。レシーバーは、iMac G5 の前面にある Apple()ロゴの裏にあります。リモコンを使うと、 部屋の中の離れた場所から「Front Row」を開いて、「iTunes」の音楽を再生したり、「iPhoto」の スライドショーや QuickTimeムービーによる映画の予告編を観たり、「DVDプレーヤー」で DVD を 再生したりできます。 リモコンを使わないときは、iMac G5の右側面にあるRemoteレストに片付けておくことができます。 リモコンを使って次の操作ができます: Â「iTunes」で、曲の音量調節、曲の再生または一時停止、次または前のトラックへの移動を行います。 Â「iPhoto」で、フォトアルバムのスライドショーを再生します。 Â「ムービー」フォルダ内のムービーを再生したり、オンラインで QuickTime ムービーによる映画の 予告編を視聴したりします。 Â 光学式ドライブ内の DVDを「DVDプレーヤー」で再生します。 警告:Remote レストには磁石が含まれており、磁石によってハードディスクまたは iPod 上の データが消去されるおそれがあります。データを守るために、Remote レストにこれらおよびその 他の磁気メディアを近づけないようにしてください。 J3531M23_M33.book Page 26 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 3 章 iMac G5 を使用する 27 リモコンを使用するには: Â「Front Row」を開いて、曲、スライドショー、ムービー、映画の予告編、ミュージックビデオを 再生するときは、「メニュー」ボタンを押します。前のメニューに戻るときにも、「メニュー」ボ タンを押します。 Â メニューオプションを移動したり音量を調節したりするときは、「音量アップ(+)」ボタンと「音 量ダウン(–)」ボタンを押します。 Â メニューからオプションを選択するときは、「選択/再生/一時停止」ボタンを押します。「iTunes」 の曲、「iPhoto」のスライドショー、またはムービーの 1 つを再生したり一時停止したりするとき にも、「選択/再生/一時停止」ボタンを使用できます。 Â「iTunes」で前または次のトラックに移動するときは、「前へ/巻き戻し」ボタンと「次へ/早送 り」ボタンを押します。トラックを巻き戻しまたは早送りするときは、これらのボタンを押したま まにします。DVD ムービーで前または次のチャプタに移動するときにも、これらのボタンを使用 できます。ムービーを巻き戻しまたは早送りするときは、これらのボタンを押したままにします。 Remote を登録する お使いのリモコンは、IR レシーバーが内蔵された iMac G5 で使用できます。1 つの部屋に複数の iMac コンピュータまたはその他の IRレシーバー内蔵装置がある場合(ホームオフィスや研究室に複 数の iMac がある場合など)は、お使いのリモコンを特定のコンピュータまたは装置に「登録」でき ます。登録を行うと、受信側のコンピュータまたは装置は、1 つのリモコンでのみ制御できるように 設定されます。 Remoteを iMac に登録するには: 1 お使いの iMac のすぐ近く(10 cm くらいの距離)に移動します。 2 iMac G5 の前面にある Appleロゴにリモコンを向けます。 3 リモコンの「メニュー」ボタンと「次へ/早送り」ボタンを 5 秒間押したままにします。 次へ/早送りボタン 選択/再生/一時停止ボタン 電池ケース 音量アップボタン IRウインドウ 音量ダウンボタン 前へ/巻き戻しボタン メニューボタン MENU J3531M23_M33.book Page 27 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM28 第3章 iMac G5を使用する Remoteと iMac 間の登録を削除するには: 1 メニューバーからアップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2 「セキュリティ」をクリックして、「登録解除」をクリックします。 電池を交換する リモコンにはボタン電池が含まれます。必要に応じて、ボタン電池 CR 2032 と交換してください。 電池を交換するには: 1 上の図で示すように、小さな物でボタンを押して、電池ケースを開きます。 2 電池ケースを引き出し、ボタン電池を取り外します。 3 交換用のボタン電池を、プラス側(+)を上にした状態で挿入します。 4 電池ケースを閉じます。 IR 受信を切にする 「セキュリティ」環境設定を使って、お使いの iMac G5 の IR 受信を入または切にできます。 IR受信を切にするには: Â メニューバーからアップル()メニュー>「システム環境設定」と選択し、「セキュリティ」を クリックします。 Â「赤外線レシーバーのリモートコントロールを無効にする」チェックボックスを選択します。 Remote についての詳しい情報 お使いのリモコンについての詳細情報は「Mac ヘルプ」で参照できます。「ヘルプ」>「Mac ヘル プ」と選択し、「リモコン」や「Remote」で検索してください。 小さく先の尖っていないものでこのボタンを押し、 電池ケースを少し引き出します。 プラス側(+)を上にします。 電池ケースを引いて外します。 MENU J3531M23_M33.book Page 28 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 3 章 iMac G5 を使用する 29 内蔵 iSight ビデオカメラを使用する 内蔵 iSight ビデオカメラを使うと、ほかの iChat AV ユーザと、フルモーションビデオによるリアル タイムのビデオ会議ができます。お使いの iMac G5にはマイクも内蔵されているので、iChat AV ビ デオ会議で音声とビデオの両方を利用できます。 ビデオ会議を行う 内蔵 iSight を使ってビデオ会議を行うには、次のものが必要です: Â .Mac、AOL(America Online)、または AOL インスタントメッセンジャー(AIM)アカウント (iChat AV に必要です) Â DSL モデム、ケーブルモデム、またはローカル・エリア・ネットワーク(LAN)によるブロードバ ンドインターネット接続。ダイヤルアップインターネット接続は使用できません。 Â ビデオ会議の相手(たとえば、ほかの iChat AV ユーザとビデオ会議ができます) ビデオ会議を開始するには: 1 「iChat AV」を開きます。 2 メンバーリストでメンバーの横にある「カメラ」ボタンをクリックします。 これにより、内蔵 iSightの横にある緑の LEDランプが点灯して、ビデオを記録中であることが示さ れます。また、要求を受け入れるための参加依頼がメンバーに送信され、カメラに自分がどのよう に映っているかがプレビューとして表示されます。メンバーが参加依頼を受け入れると、画面にそ のメンバーが表示され、メンバーの画面に自分が表示されます。 複数のメンバーとビデオ会議を行う 1 度に最大で 3 人までのメンバーとビデオ会議ができます。1 人のメンバーがビデオ会議の「ホス ト」になり、ほかのメンバーは参加者になります。 ビデオカメラ マイク ビデオ・カメラ・ インジケータ・ランプ J3531M23_M33.book Page 29 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM30 第3章 iMac G5を使用する 複数のメンバーとのビデオ会議を開始するには: 1 「iChat AV」を開きます。 2 コマンドキーを押しながら、ビデオ会議に参加してもらいたいメンバーを選択します。 3 メンバーリストの下にある「カメラ」ボタンをクリックします。 メンバーリストにメンバーを追加する方法については、「ヘルプ」>「iChat AVヘルプ」と選択して ください。 iSight ビデオカメラを切にする iSight カメラを切にするには、最前面の iChat ウインドウを閉じます。カメラの横にある緑の LED が消えて、ビデオカメラが切で記録が停止されていることが示されます。 自分のメンバーアイコンとして自分のピクチャを使用する 内蔵 iSight で自分のピクチャを撮影し、自分のメンバーアイコンとして使うことができます。ほか のメンバーのメンバーリストに追加されると、そのメンバーリストに自分のピクチャが表示されま す。 自分のメンバーアイコンを設定するには: 1 「iChat AV」を開きます。 2 「メンバー」>「自分のピクチャを変更」と選択します。 3 「カメラ」ボタンをクリックします。 4 写真を撮ります。 AirMac Extremeワイヤレスネットワークについて iMac G5 には、AirMac Extreme テクノロジーが内蔵されています。AirMac は、家庭、オフィス、 教室などでインターネットにワイヤレスで接続できる簡単で低コストな手段です。従来のように ケーブルを使う代わりに、AirMac ではワイヤレス LAN(Local Area Network)のテクノロジーを 使った、複数のコンピュータ間でのワイヤレス通信が可能です。ワイヤレスのネットワークを介し て、インターネットへのアクセスの設定、ファイル転送、マルチプレーヤーによるゲームなどを行 うことができます。 参考:また、AirMac Express ベースステーションまたは AirMac Extreme ベースステーションと、 インターネット接続(別途費用が必要になる場合があります)も必要です。インターネット・サー ビス・プロバイダの中には、現在 AirMacと互換性がないものもあります。また、通信範囲は建物の 条件によって変わります。 J3531M23_M33.book Page 30 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 3 章 iMac G5 を使用する 31 AirMac がワイヤレスインターネット接続を提供するしくみ AirMacでは、ベースステーションと呼ばれる装置との間でワイヤレス通信が行われます。ベースス テーションは物理的にインターネットに接続されます。AirMacテクノロジーは、コードレス電話の しくみに似ています。AirMac Extremeテクノロジーを備えた iMac G5は、電話回線、DSL モデム、 またはケーブルモデム経由でインターネットに接続されたAirMac Expressベースステーションまた は AirMac Extreme ベースステーションとの間でワイヤレス接続を行います。 AirMac についての詳しい情報 AirMac Express ベースステーションまたは AirMac Extreme ベースステーションを購入するには、 アップル製品取扱販売店、Apple Retail Store(Apple Store 直営店)、またはオンラインの Apple Store(www.apple.com/japanstore)をご利用ください。 AirMacについての詳細情報は「Macヘルプ」で参照できます。「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択 し、次に「ライブラリ」>「AirMac ヘルプ」と選択します。アップルの AirMac の Web サイトで も情報を参照できます:www.apple.com/jp/airmac インターネット との接続 AirMacアンテナ AirMac Express 電源コンセント DSLモデムまたは ケーブルモデム J3531M23_M33.book Page 31 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM32 第3章 iMac G5を使用する Bluetooth 2.0+EDR ワイヤレステクノロジーを使用する お使いの iMac G5 には、Bluetooth 2.0+EDR(Enhanced Data Rate)ワイヤレステクノロジーが内 蔵されています。Bluetooth では、コンピュータ、PDA(携帯情報端末)、携帯電話、カメラ付き携 帯電話、プリンタ、デジタルカメラ、およびワイヤレス入力装置(Apple Wireless Keyboard や Apple Wireless Mouse など。これらは www.apple.com/japanstore で購入できます)の間で短距 離のワイヤレス接続ができます。 Bluetooth ワイヤレステクノロジーを利用すると、これまでのように多くのケーブルで装置を接続す る必要がなくなります。Bluetooth に対応した装置は、最大 10 メートル(33 フィート)離れた距離 でワイヤレス接続することができます。 Bluetooth ワイヤレステクノロジーによって、次のような操作が可能です: Â iMac G5 を使って Bluetooth対応の携帯電話と通信する。お使いの電話がモデムとして機能して、 ワイヤレス・サービス・プロバイダに接続できるので、携帯電話を使ってインターネットにアク セスできます。 Â Bluetooth 対応のコンピュータと装置間、および Macと PC間でファイルを交換する。ただし、サ イズの小さなファイル以外は、AirMac Extreme ワイヤレスネットワークを使って転送することを お勧めします。 Â お使いの iMac G5と Bluetooth対応の PDA間でデータを同期する。「iSync」を使用すると、ケーブ ルを使わずに HotSync 操作を実行したり、名刺やカレンダーのイベントなどを同僚の PDA に直 接送信したりできます。 Â Bluetooth ワイヤレスプリンタ、キーボード、マウス、またはヘッドセットを使用する。 Bluetoothデバイスを設定する 携帯電話を使ってインターネットに接続したり、アドレス情報を共有したり、ファイルをほかのデ バイスと共有したり、Bluetooth キーボードやマウスを使用したりする前に、iMac G5 と通信する デバイスを設定する必要があります。デバイスを設定すると、デバイスはお使いの iMac G5 に「登 録」され、「Bluetooth」環境設定の「デバイス」パネルにそのデバイスが表示されます。iMac G5 にはデバイスを一度のみ登録する必要があり、登録を解除するまでその 2 つの装置は登録された状 態のままになります。 Bluetooth デバイスを設定するには: 1 メニューバーの「Bluetooth」ステータスメニュー(◊)から「Bluetooth デバイスを設定」を選択 します。 2 設定するデバイスの種類用の画面に表示される指示に従います。 重要:メニューバーに「Bluetooth」ステータスメニュー(◊)がない場合は、「システム環境設定」 を開き、「Bluetooth」をクリックします。「設定」をクリックし、「Bluetooth の状況をメニューバー に表示」を選択します。 J3531M23_M33.book Page 32 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 3 章 iMac G5 を使用する 33 デバイスの登録を削除するには: 1 「システム環境設定」を開き、「Bluetooth」をクリックします。 2 「デバイス」をクリックし、リストでデバイスを選択します。 3 「登録を削除」をクリックします。 Bluetoothファイル交換を設定する Bluetooth デバイス間で交換されるファイルの処理方法を制御することができます。iMac G5 に送 信されるファイルを受け取るか拒否するかを選択したり、ほかのデバイスから受け取るファイルに 使用するフォルダを指定したりできます。また、ほかのデバイスがブラウズできるフォルダや、受 信するファイルに使用するアプリケーションを指定することもできます。 Bluetooth ファイル交換を設定するには: 1 「システム環境設定」を開き、「Bluetooth」をクリックします。 2 「共有」をクリックします。 3 「Bluetooth ファイル交換」の「入」チェックボックスを選択し、ポップアップメニューを使用して 設定を調整します。 Bluetoothデバイスにファイルを送信する お使いの iMac G5 から通信範囲にあるほかの Bluetooth デバイスにファイルを送信できます。デバ イスがコンピュータに登録されていない場合は、ファイルを送信する前にそのデバイスを認証しな ければならないことがあります。デバイスをすでに iMac G5 に登録している場合、認証する必要は ありません。 Bluetooth デバイスにファイルを送信するには: 1 メニューバーの「Bluetooth」ステータスメニューから「ファイルを送信」を選択します。 2 送信するファイルを選択し、「送信」をクリックします。 3 「デバイス」リストからデバイスを選択し、「送信」をクリックします。 デバイスが「デバイス」リストにない場合は、「検索」をクリックします。見つかったデバイスは、 「よく使う項目」リストに追加できます。 Bluetoothワイヤレステクノロジーについての詳しい情報 「Bluetooth ファイル交換」アプリケーション(「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」 フォルダにあります)を起動し、「ヘルプ」>「Bluetooth ヘルプ」と選択して、Bluetooth ワイヤ レステクノロジーの使いかたに関する情報を参照できます。アップルの Web サイトでも情報を参照 できます:www.apple.com/jp/bluetooth J3531M23_M33.book Page 33 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM34 第3章 iMac G5を使用する Ethernetネットワークに接続する お使いの iMac G5 には、転送速度が 10/100/1000 Mbps(メガビット/秒)のBase-T(ツイストペ ア)Ethernet のネットワーク機能が搭載されています。これを利用して、ネットワークに接続した り、ケーブルモデムや DSL モデムに接続したりすることができます。 ネットワークに接続すれば、ほかのコンピュータを利用することができます。情報をほかのコン ピュータに保存したり、ほかのコンピュータに保存されている情報を入手したり、ネットワークに 接続されているプリンタやモデムを利用したり、メールを送受信したり、インターネットに接続し たりすることができます。また、2 台のコンピュータでファイルを共有したり、小規模のネットワー クを構築したりできます。iMac G5 に装備されている Ethernet ポートでは、Ethernet を介して接 続されているほかの装置を自動的に検出します。ほかの Ethernet 装置に接続するために、クロス ケーブルは必要ありません。 Â 10Base-TのEthernet ネットワークに接続するには、4対 8芯のEthernet ケーブル(カテゴリ3)を 使ってください。 Â 10Base-T、100Base-T、または 1000Base-Tの Ethernet ネットワークに接続するには、2対 4 芯の Ethernet ケーブル(カテゴリ 5)を使ってください。 Ethernet の使用についての詳しい情報 Ethernet ネットワークの設定方法や、Ethernet を使ったファイルの転送方法などの詳細情報は、 「Mac ヘルプ」(22 ページを参照)で参照できます。「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「Ethernet」 か「ネットワーク」を検索してください。お使いの iMac G5 で使用できるネットワーク製品につい て知りたいときは、「Macintosh 製品ガイド」を参照してください:www.apple.com/jp/guide Ethernetポート (10/100/1000Base-T) G J3531M23_M33.book Page 34 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 3 章 iMac G5 を使用する 35 オーディオ装置を使用する お使いの iMac G5 は、幅広いオーディオ機能を備えています。iMac G5 には、内蔵のステレオス ピーカー、ヘッドフォンまたはデジタルオーディオ機器を接続するためのコンビネーションヘッド フォン出力/光オーディオ出力ポート、およびアナログ・オーディオ・ライン入力ポートがあります。 ヘッドフォン出力/光オーディオ出力ポート ヘッドフォンをコンビネーションヘッドフォン出力/光オーディオ出力ポート(f)に接続し、近 くにいる人の迷惑にならないように音楽を聴くことができます。 また、ミニプラグコネクタ付きの光オーディオケーブルを使って、AV レシーバーを接続したり、 iMac G5 ベースのホーム・シアター・システムを設定することもできます。 ヘッドフォン出力/ 光オーディオ出力ポート optical out f J3531M23_M33.book Page 35 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM36 第3章 iMac G5を使用する オーディオライン入力ポート iMac G5 の背面にあるオーディオ読み込み用のアナログ・オーディオ・ライン入力ポート(,)に は、外部電源マイクロフォンやその他のオーディオ装置を接続できます。 使用したいオーディオ入力または出力装置を選択するときは、「システム環境設定」の「サウンド」 パネルを使用します。 オーディオの使用についての詳しい情報 オーディオの使い方についての詳細情報は「Mac ヘルプ」(22 ページを参照)で参照できます。「ヘ ルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「オーディオ」か「音楽」を検索してください。お使いの iMac G5 で使用できるオーディオおよび音楽製品について知りたいときは、「Macintosh 製品ガイド」を 参照してください:www.apple.com/jp/guide オーディオライン入力ポート , J3531M23_M33.book Page 36 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 3 章 iMac G5 を使用する 37 外部ビデオ出力機能(VGA、コンポジット、および Sビデオ)を接 続する お使いの iMac G5 には、Apple VGA ディスプレイアダプタ(www.apple.com/japanstore から入 手できます)を使って、外部ディスプレイ(モニタ)や VGA プロジェクタの接続に使用できるビデ オ出力ポートが装備されています。 Apple ビデオアダプタ(www.apple.com/japanstore から入手できます)を使って、テレビ、ビデ オプロジェクタ、またはビデオデッキを接続し、コンピュータの画像を表示または記録することも できます。 参考:Appleビデオアダプタは、以前の一部のモデルの iMac モデルとは互換性がありません。 外部モニタやテレビを接続すると、同じ画像が iMac G5 ディスプレイと外部モニタの両方に表示さ れます(ビデオミラーリングと呼ばれます)。 参考:ほとんどのテレビでは表示に制限があるため、テレビ画面に表示される画質は内蔵ディスプ レイや外部モニタよりも低くなります。 ビデオ出力ポート £ J3531M23_M33.book Page 37 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM38 第3章 iMac G5を使用する 外部ディスプレイまたはプロジェクタを接続する 外部の VGA ディスプレイまたはプロジェクタを iMac G5 を接続するには、Apple VGA ディスプレ イアダプタを使用します。iMac G5 によって外部ディスプレイが自動的に検出されます。 外部ディスプレイまたはプロジェクタを接続するには: 1 外部ディスプレイまたはプロジェクタの電源を入れます。 2 Apple VGA ディスプレイアダプタを外部ディスプレイまたはプロジェクタの VGA ポートに接続し ます。 3 Apple VGA ディスプレイアダプタを iMac G5 に接続します。 重要:iMac G5 が確実に外部ディスプレイまたはプロジェクタを自動検出するためには、先に VGA アダプタを外部ディスプレイまたはプロジェクタに接続する必要があります。 4 「システム環境設定」の「ディスプレイ」パネルを使用して、外部ディスプレイまたはプロジェクタ の解像度を調節します。 テレビ、ビデオデッキ、その他の映像装置を接続する コンポジットまたは S ビデオポートを備えたテレビ、ビデオデッキ、その他の種類の映像装置を iMac G5 に接続するには、Apple ビデオアダプタを使用します。テレビを接続すると、iMac G5 と テレビの両方に画像が表示されます。 映像装置を iMac G5 に接続するには: 1 Appleビデオアダプタのプラグの一端を iMac G5のビデオ出力ポートに接続します。 2 アダプタのプラグのもう一方の端をテレビまたはビデオデッキのコンポジット・ビデオ・ポートま たは Sビデオポートに接続します。 3 外部装置の電源を入れます。 4 装置での映像の表示方法を調節するときは、「システム環境設定」の「ディスプレイ」パネルを使用 します。 外部ディスプレイまたはテレビの使用についての詳しい情報 外部モニタの使用と設定についての詳細情報は「Mac ヘルプ」で参照できます。「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「ディスプレイ」で検索してください。 J3531M23_M33.book Page 38 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 3 章 iMac G5 を使用する 39 ハイスピード USB(Universal Serial Bus)2.0 を使用する お使いの iMac G5 には、5 つの USB ポート(d)(iMac G5 の背面に 3 つのハイスピード USB 2.0 ポート、キーボードに 2 つの USB 1.1ポート)が付属しています。これらのポートを使って、プリン タ、スキャナ、デジタルカメラ、ゲームパッド、ジョイスティック、キーボード、フロッピー・ディ スク・ドライブなど、多くの種類の外部装置を接続できます。USB によって周辺装置との接続が簡 単になります。USB 装置の多くは、iMac G5 の動作中に接続や取り外しができます。装置は、接続 するだけですぐに使用できます。 USB装置を使用する iMac G5 で USB 装置を使用するときは、その装置を iMac G5に接続するだけです。新しい装置を接 続すると、iMac G5 は必要なソフトウェアに自動的にアクセスします。 USB 1.1 装置とハイスピード USB 2.0 装置は、iMac G5 の背面にある USB 2.0 ポートに接続できま す。USB 1.1 装置では、USB 2.0の高速な転送速度を利用することはできません。 同様に、USB 2.0 装置をキーボードの USB 1.1ポートに接続できますが、転送速度が遅くなります。 参考:アップル製のコンピュータには、USB 装置を使用するためのソフトウェアがあらかじめイン ストールされています。USB 装置を接続したとき、お使いの iMac G5 が正しいソフトウェアを検出 できなかった場合は、装置に付属するソフトウェアをインストールするか、装置の製造元の Web サ イトから最新のソフトウェアを入手することができます。 USBポート d d d J3531M23_M33.book Page 39 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM40 第3章 iMac G5を使用する 複数の USB 装置を同時に使用する USBポートがすべて使用されているときにさらに USB 装置を接続したい場合は、USB ハブを購入す ることができます。USBハブを iMac G5 の空いている USBポートに接続すれば、追加の USB ポー ト(通常は、4 基または 7 基です)を利用できるようになります。ほとんどの USB ハブは、電源ア ダプタを独自に備えており、コンセントに接続する必要があります。 USBについての詳しい情報 USBについての詳細情報は「Mac ヘルプ」(22 ページを参照)で参照できます。「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「USB」を検索してください。アップルの USB の Web サイトでも情報を参照で きます:www.apple.com/jp/usb お使いの iMac G5 で利用できる USB装置について知りたいときは、「Macintosh 製品ガイド」を参 照してください:www.apple.com/jp/guide USBハブ J3531M23_M33.book Page 40 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 3 章 iMac G5 を使用する 41 FireWireで接続する お使いの iMac G5 には FireWire 400ポート(H)が 2 基装備されています。FireWire を使うと、デ ジタル・ビデオ・カメラ、プリンタ、スキャナ、ハードディスクなど、高速なデータ転送をする外 部装置を簡単に接続したり、取り外したりすることができます。FireWire 装置の接続や取り外しに、 iMac G5 を再起動する必要はありません。 FireWireで利用できる機能をいくつか紹介します: Â デジタル・ビデオ・カメラを接続し、「iMovie」(iMac G5 に付属)、「Final Cut Express」、「Final Cut Pro」などのビデオ編集用ソフトウェアを使って、高品質のビデオを iMac G5 に直接取り込 み、転送、および編集することができます。 Â 外部 FireWire ハードディスクドライブを接続して、データのバックアップやファイルの転送に使 用できます。ドライブを iMac G5 に接続すると、FireWire ハードディスクのアイコンがデスク トップに表示されます。 Â 外部FireWireハードディスクから起動できます。外部 FireWireディスク(有効なオペレーティング システムがインストールされているもの)を接続してから、「システム環境設定」の「起動ディス ク」パネルを開いて、FireWire ディスクをクリックします。iMac G5 を再起動します。 FireWireポート H H J3531M23_M33.book Page 41 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM42 第3章 iMac G5を使用する FireWire 装置を使用する iMac G5 で FireWire 装置を使用するときは、その装置をコンピュータに接続するだけです。アップ ル製のコンピュータには、FireWire 装置を使用するためのソフトウェアがあらかじめインストール されています。FireWire 装置を接続したとき、お使いの iMac G5 が正しいソフトウェアを検出でき なかった場合は、装置に付属するソフトウェアをインストールするか、装置の製造元の Web サイト から最新のソフトウェアを入手することができます。 参考:FireWire ポートは、FireWire 装置に(最大 8 ワットの)電力を供給できる設計になっていま す。複数の装置を接続するときは、それらの装置を相互に接続して iMac G5 の FireWire ポートに 「デイジーチェーン」方式で接続することもできます。ほとんどの場合、iMac G5 から供給される電 力を利用する装置は多くても2台にしてください。3台以上の装置を接続するときは、デイジーチェー ン方式で接続されているそれ以外の装置には、専用の電源アダプタから電力を供給するようにして ください。iMac G5から供給される電力を利用する FireWire 装置を 3台以上接続すると、問題が発 生する場合があります。問題が発生した場合は、iMac G5 をシステム終了して、FireWire 装置の接 続を解除し、iMac G5 を再起動してください。 FireWire ターゲット・ディスク・モードを使用する iMac G5 と FireWire に対応したほかのコンピュータとの間でファイルを転送する場合や、iMac G5 の起動に関する問題が発生している場合は、FireWire ターゲット・ディスク・モードという機能を 使ってほかのコンピュータに接続することができます。 iMac G5 を FireWire ターゲット・ディスク・モードで接続するには、以下の手順に従ってください: 1 iMac G5 の電源が切れていることを確認してください。 2 両端に標準的な 6 ピンのコネクタが付いている FireWire ケーブルを使って、お使いの iMac G5 を FireWire ポートを備えたほかのコンピュータに接続します。 3 iMac G5 を起動し、すぐに Tキーを押したままにします。 iMac G5 ディスプレイには、FireWire ロゴが表示されます。相手側のコンピュータのディスプレイ には、iMac G5 の内蔵ハードディスクのアイコン、および iMac G5 コンピュータの光学式ドライブ 内の CDまたは DVD ディスクのアイコンが表示されます。 4 ファイルを転送し終わったら、iMac G5のハードディスクのアイコンおよびCDまたはDVDディスク のアイコンを「ゴミ箱」にドラッグします。 5 iMac G5 のパワーボタンを押して、システムを終了します。 6 FireWire のケーブルを取り外します。 FireWire についての詳しい情報 FireWire についての詳細情報は「Mac ヘルプ」(22 ページを参照)で参照できます。「ヘルプ」> 「Mac ヘルプ」と選択し、「FireWire」を検索してください。アップルの FireWire の Web サイトで も情報を参照できます:www.apple.com/jp/firewire J3531M23_M33.book Page 42 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 3 章 iMac G5 を使用する 43 光学式ドライブを使用する お使いの iMac G5 には、SuperDriveが搭載されています。SuperDrive では、CD や DVD からソフ トウェアをインストールしたり、オーディオ CD の音楽を再生したり、DVD ムービーを再生したり できます。また、ホーム・ムービーを記録して、ほとんどの家庭用 DVD プレーヤーで再生できるビ デオ DVDを作成することもできます。ほとんどの CD プレーヤーで再生できる音楽 CD を作成する ことや、「Finder」を使って空の CD-R、CD-RW、DVD±R、DVD±RW、および DVD+R DL(2 層) ディスクに書類やその他のデジタルファイルを保存することができます。ほぼ 2 倍のデータ(最大 8.54 GB)を DVD+R DL ディスクに保存できます。 重要:iMac G5 の光学式ドライブは、標準の 12 cm 円盤状ディスクに対応しています。不規則な形 のディスクや 12 cm 未満のディスクには対応していません。円盤状でないディスクや小さいディス クは、ドライブ内でつかえてしまうことがあります。ドライブ内でディスクがつかえてしまった場 合は、57 ページのトラブルへの対処方法を参照してください。 参考:古いソフトウェアがフロッピーディスクで提供されている場合は、そのソフトウェアの CD を 入手できるかどうか、またはWeb からダウンロードできるかどうかについてソフトウェアの製造元 にお問い合わせください。または、アップル製品取扱販売店、Apple Retail Store(Apple Store 直 営店)、またはオンラインの Apple Store(www.apple.com/japanstore)で、iMac G5 用の外部 USBフロッピー・ディスク・ドライブをご購入ください。 CD または DVD のディスクをセットする CD またはDVDのディスクからプログラムをインストールしたり実行したりするには: 1 ラベルを手前にしてディスクを光学式ドライブにセットします。 2 ディスクのアイコンがデスクトップに表示されたら、そのディスクを使用できます。 参考:DVDディスクには、両面を使用できるものもあります。 J3531M23_M33.book Page 43 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM44 第3章 iMac G5を使用する ディスクを取り出す ディスクを取り出すには、次のいずれかの操作を行います: Â ディスクのアイコンを「ゴミ箱」にドラッグします。 Â キーボードのメディアイジェクト(C)キーを、ディスクが取り出されるまで押し続けます。 ディスクを取り出せない場合は、ディスクを使用している可能性があるアプリケーションをすべて 終了し、再度試してください。それでも取り出せない場合は、マウスボタンを押したまま iMac G5 を再起動します。 DVD ディスクを再生する DVDを再生するときは、DVD ディスクをセットします。「DVD プレーヤー」が自動的に起動し、ディ スクが再生されます。 テレビ画面で DVD 再生を鑑賞するために iMac G5 をテレビに接続する場合は、「システム環境設定」 の「ディスプレイ」パネルで、「720 × 480 NTSC」(日本や米国の場合)または「720 × 576 PAL」 (ヨーロッパなどの場合)を選択します。 iMac G5 とステレオシステムは簡単に接続できます。ミニプラグコネクタ付きの光オーディオケー ブル(www.apple.com/japanstore から購入できます)を使って、お使いの iMac G5 のコンビネー ションヘッドフォン出力/光オーディオ出力ポート(f)とステレオレシーバーの光オーディオ入 力ポートを接続します。 CD-R および CD-RW ディスクに記録する iTunesライブラリから CD-Rまたは CD-RWディスクに、音楽を直接記録することができます。 iTunesを使用して CD-R または CD-RWディスクに音楽を記録するには: 1 「Dock」で「iTunes」アイコンをクリックします。 2 記録したいプレイリストを選択します。 3 空の CD-Rまたは CD-RW ディスクをセットします。(CD プレーヤーとの高い互換性を得るには、CDR ディスクを使用してください。) 4 「iTunes」ウインドウの上部にある「CD を作成」をクリックします。 Finder を使用して CD-R および CD-RWディスクにファイルやフォルダを記録するには: 1 光学式ドライブに、空のディスクをセットします。 2 表示されるダイアログで、ディスクの名前を入力します。デスクトップにCD のアイコンが表示され ます。 3 ファイルやフォルダをディスクのアイコンにドラッグします。 4 「ファイル」>「ディスクを作成」と選択するか、ディスクを選択して、「Dock」の「ディスクを作 成」アイコンにそのディスクをドラッグします。 J3531M23_M33.book Page 44 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 3 章 iMac G5 を使用する 45 CD の記録についての詳しい情報 Â「iTunes」を使って CD-Rディスクに音楽ファイルを記録する方法については、「iTunes」を起動し、 「ヘルプ」>「iTunes & Music Store ヘルプ」と選択してください。 Â「DVDプレーヤー」の使いかたについては、「DVD プレーヤー」を起動し、「ヘルプ」>「DVD プ レーヤーヘルプ」と選択してください。 DVD に情報を記録する お使いの iMac G5 には SuperDrive が搭載されているので、独自のホーム・ムービーを空の DVD+R DL、DVD±RW、または DVD±Rディスクに記録することができます。ほかの種類のデジタルデータ を記録することもできます(たとえば、ファイルをバックアップできます)。 Finder を使って DVD-R ディスクにデータを記録するには: 1 未使用の DVD+R DL、DVD±RW、または DVD±Rディスクをドライブにセットします。 2 表示されたダイアログにディスクの名前を入力し、作成するフォーマットを選択します。デスクトッ プに DVDのアイコンが表示されます。 3 DVDのアイコンをダブルクリックしてから、ファイルとフォルダをそこにドラッグします。 4 「ファイル」>「ディスクを作成」と選択するか、ディスクを選択して、「Dock」の「ディスクを作 成」アイコンにそのディスクをドラッグします。 「iDVD」を使用すれば、独自の DVD を作成して、空の DVD ディスクに記録し、ほとんどの標準的 な DVDプレーヤーで再生できます。「iDVD」の使いかたについて詳しくは、「iDVD」を起動し、「ヘ ルプ」>「iDVDヘルプ」と選択してください。 J3531M23_M33.book Page 45 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM46 第3章 iMac G5を使用する iMac G5 のセキュリティを保つ お使いの iMac G5 のセキュリティを保つには、盗難防止用のケーブルと内蔵のセキュリティスロッ トを使います。 盗難防止用のケーブルは、アップル製品取扱販売店、Apple Retail Store(Apple Store 直営店)、ま たはオンラインの Apple Store(www.apple.com/japanstore)で購入できます。 「Mac ヘルプ」(22ページを参照)には、iMac G5 のソフトウェアによるセキュリティ機能(マル チ・ユーザ・パスワードやファイルの暗号化など)についての詳しい情報が記載されています。「ヘ ルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「セキュリティ」または「マルチユーザ」で検索してください。 セキュリティスロット J3531M23_M33.book Page 46 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM4 47 4 メモリを取り付ける この章では、iMac G5 にメモリを取り付ける場合の情報や手順につい て説明します。 お使いの iMac G5 には、512 MB(メガバイト)以上の DDR2(Double Data Rate 2)SDRAM (Synchronous Dynamic Random Access Memory)が搭載されています。お使いの iMac G5 には、 拡張用に空いているメモリスロットが 1 つあります。 メモリを増設する 次の仕様を満たすメモリモジュールを追加できます: Â DDR2 DRAM Â 533 MHz、PC2-4200 準拠(DDR2 533 とも呼ばれます) Â バッファなし/レジスタなし iMac G5 の空きスロットに 512 MB、1 GB(ギガバイト)、または 2 GB のメモリモジュールを追加 して、最大で 2.5 GB のメモリ容量にできます。「システムプロファイラ」を使用して、お使いの iMac G5 に取り付けられているメモリ量を確認してください。スロットが空いていてメモリを追加できる かどうかを確認するために、「システムプロファイラ」を使うこともできます。 「システムプロファイラ」を使用するには: 1 メニューバーからアップル()メニュー>「この Macについて」と選択します。 2 「詳しい情報」をクリックして「システムプロファイラ」を開きます。 3 「ハードウェア」の横にある展開用の三角形をクリックします。 4 「メモリ」をクリックします。 警告:アップルでは、メモリの取り付けを、アップル正規サービスプロバイダにご依頼になること をお勧めします。アップルの連絡先などは、iMac G5 に付属のサービスとサポートに関する資料に 記載されています。メモリの取り付けをご自分で行われる場合、装置が故障する危険性がありま す。ご自分で行った作業が原因で発生した故障に対して、iMac G5 の製品保証は適用されません。 J3531M23_M33.book Page 47 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM48 第4章 メモリを取り付ける メモリモジュールを取り付けるには: 1 アップル()メニュー>「システム終了」と選択して、iMac G5の電源を切ります。 2 iMac G5 からすべてのケーブルと電源コードを取り外します。 3 柔らかい清潔なタオルか布を机などの面に置きます。iMac G5 の側面を手で持ち、画面が水平にな り、底面が手前を向くように、ゆっくりとコンピュータを横に寝かせます。 4 スタンドを持ち上げ、プラスドライバーを使って、メモリ・アクセス・カバーを固定している 2 つの 拘束ねじを反時計回りに回して緩めます。 5 メモリ・アクセス・カバーを取り外します。 · 警告:メモリを取り付ける前に、必ず iMac G5 のシステムを終了してください。コンピュータが 電源につながれているときにメモリを取り付けないでください。 · 警告:環境光センサーは、図に示すように、2 つのねじの間にあります。環境光センサーをねじと 間違えないでください。環境光センサーをドライバーなどの先の尖ったもので突くと、コンピュー タが損傷することがあります。 プラス ドライバー スタンドを 持ち上げます 環境光 センサー J3531M23_M33.book Page 48 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 4 章 メモリを取り付ける 49 6 メモリ収納部の2つの輪を同時に引き下げます。メモリモジュールがスロットに取り付けられている 場合は、輪を引っ張ると外れます。 7 メモリモジュールをメモリ収納部に挿入します。モジュールがスロットに収まる向きは 1つだけです (下の図を参照してください)。 輪 メモリ モジュール J3531M23_M33.book Page 49 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM50 第4章 メモリを取り付ける 8 メモリモジュールを収納部にゆっくり押し込んでしっかりと固定します。メモリを正しく押し込む と、軽くカチッという音がして 2 つの輪がそれぞれ自動的にスロット内に折り込まれます。 9 メモリ・アクセス・カバーを元に戻すと、輪がメモリ収納部に押し込まれます。プラスドライバー を使ってねじを締めます。 警告:メモリの取り付けが終わったら、忘れずにメモリ・アクセス・カバーを元に戻してくださ い。お使いの iMac G5 は、メモリ・アクセス・カバーがないと正しく機能しません。 プラス ドライバー 環境光 センサー J3531M23_M33.book Page 50 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 4 章 メモリを取り付ける 51 10 iMac G5 の両方の側面を持ってコンピュータを起こし、ケーブルと電源コードをつなぎ直します。 11 iMac G5 の背面にあるパワーボタンを押して、コンピュータの電源を入れます。 iMac G5 が新しいメモリを認識するかどうかを確認する iMac G5 にメモリを増設したら、新しく取り付けたメモリをコンピュータが認識するかどうかを確 認できます。 以下の手順でメモリを確認してください: 1 iMac G5 を起動します。 2 Mac OS のデスクトップが表示されたら、アップル()メニュー>「この Mac について」と選択し ます。 メモリの合計は、iMac G5 に最初から搭載されていたメモリと、新しく取り付けたメモリを足した ものです。iMac G5に取り付けられているメモリの内訳について詳しくは、「詳しい情報」をクリッ クし、「システムプロファイラ」を開いて確認してください。 iMac G5 がメモリを認識しない、またはコンピュータが正常に起動しない場合は、iMac G5 のシス テムを終了して取り付け手順をもう一度確認し、メモリに iMac G5 との互換性があるかどうか、メ モリが正しく取り付けられているかどうかを確かめてください。それでも問題が解決しない場合は、 メモリを取り外し、メモリに付属のサポート情報を調べるか、メモリの製造元に問い合わせてくだ さい。 iMac G5 に取り付けられ ているメモリの合計 J3531M23_M33.book Page 51 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AMJ3531M23_M33.book Page 52 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM5 53 5 トラブルへの対処方法 iMac G5で作業をしているときに問題が起きることがあります。この 章では、問題が起きたときに試してみることができる解決方法につい て説明します。 この章には、システムが操作不能になる場合や、iMac G5 が起動しない場合など、iMac G5 での作 業を妨げる問題に対処する方法が記載されています。トラブルへの対処方法についてさらに詳しく 知りたいときは、「Mac ヘルプ」(22 ページを参照)と、アップルのサービス & サポート Web サイ ト(www.apple.com/jp/support)で参照できます。 iMac G5 に問題が発生した場合は、通常、簡単ですぐに実行できる解決方法が存在します。問題が 起きたときは、その問題が起きる前にしていたことを書き留めるようにしてください。問題が起き る前にしていたことを書き留めておけば、問題の原因を特定し、必要な答えを見つけるときに役に 立ちます。以下のようなことを書き留めてください: Â 問題が起きたときに使用していたアプリケーション。特定のアプリケーションにだけ問題が起き る場合は、そのアプリケーションが iMac G5 にインストールされているバージョンの Mac OS と 互換性がない可能性があります。 Â 最近インストールしたソフトウェア。特定のアプリケーションによって Classic 環境と互換性がな い機能拡張がインストールされる場合があります。 Â 新しく接続した、または取り付けたハードウェア(たとえば、増設したメモリや周辺機器など)。 警告:iMac G5 を開けないでください。iMac G5 の修理が必要な場合は、アップル正規サービス プロバイダまたはアップルに問い合わせる方法について、コンピュータに付属のサービスとサポー トに関する資料を参照してください。iMac G5 には、メモリ以外、ユーザが修理できる部品はあり ません。 J3531M23_M33.book Page 53 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM54 第5章 トラブルへの対処方法 iMac G5 の使用を妨げるトラブル iMac G5 が反応しないときやポインタが動かないときは Â まず、マウスとキーボードが正しく接続されているか確認します。コネクタを抜いてから、接続 し直します。しっかりと接続されていることを確認してください。ワイヤレスのキーボードまた はマウスをお持ちの場合は、バッテリーが充電済みであることを確認してください。 Â 上記の方法がうまくいかないときは、問題のあるアプリケーションを強制的に終了してみてくだ さい。Option キーとコマンド(x)キーを押しながら、Esc キーを押します。ダイアログが表示 される場合は、アプリケーションを選んで「強制終了」をクリックします。次に、開いているア プリケーションすべての作業を保存し、問題を完全に解消するために iMac G5を再起動します。 Â アプリケーションを強制的に終了できなかった場合は、iMac G5 背面のパワーボタン(®)を数 秒間押して、システムを終了します。 Â 上記の方法がうまくいかないときは、電源コードを iMac G5 から抜きます。次に、電源コードを 接続し直し、iMac G5 のパワーボタン(®)を押して電源を入れます。 特定のアプリケーションを使用中に頻繁に問題が起きる場合は、アプリケーションの製造元に連絡 して、お使いの iMac G5 と互換性があるか確認してください。 お使いの iMac G5 に付属のソフトウェアについてのサポートおよび連絡先情報は、 www.apple.com/jp/guide を参照してください。 問題が頻繁に起きる場合は、システムソフトウェアをインストールし直す必要がある場合がありま す(55 ページの「iMac G5に付属のソフトウェアを再インストールする」を参照)。 起動中に iMac G5 の画面が動かなくなったり、?マークが点滅するときは Â 数秒間待ちます。しばらくたっても iMac G5 が起動しない場合は、パワーボタン(®)を約 5 秒間 押して、システムを終了します。次に、Option キーを押しながらもう一度パワーボタン(®)を 押して、iMac G5 を起動します。iMac G5 が起動したら、ハードディスクのアイコンをクリック してから、右向きの矢印をクリックします。 Â iMac G5 が起動してから、「システム環境設定」を開いて「起動ディスク」をクリックします。ロー カルの Mac OS Xの「システム」フォルダを選びます。 Â 問題が頻繁に起きる場合は、システムソフトウェアをインストールし直す必要がある場合があり ます(55 ページの「iMac G5に付属のソフトウェアを再インストールする」を参照)。 iMac G5 の電源が入らないときや、起動しないときは Â 電源コードが iMac G5 に接続され、正常に機能している電源コンセントに接続されていることを 確かめます。 Â 上記の方法がうまくいかないときは、パワーボタン(®)を押して、すぐにコマンド(x)キー、 Option キー、Pキー、Rキーを同時に押します。起動音が 2 回鳴るまで押し続けてください。 Â 最近、メモリを増設した場合は、適切に取り付けられていることと、お使いの iMac G5 と互換性 があることを確認します。メモリや装置を取り外して、iMac G5 が起動するかどうかを確認して ください(47ページを参照)。 J3531M23_M33.book Page 54 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 5 章 トラブルへの対処方法 55 Â 上記の方法がうまくいかないときは、電源コードをコンピュータから抜いて、30 秒以上待ちます。 電源コードを接続し直し、iMac G5のパワーボタン(®)をもう一度押して iMac G5を起動します。 Â 以上の方法でもiMac G5を起動できないときは、iMac G5に付属のサービスとサポートに関する資 料を参照して、修理についてアップルに問い合わせてください。 iMac G5 に付属のソフトウェアを再インストールする Mac OS X と iMac G5 に付属のアプリケーションをインストールし直したり、Mac OS 9 をインス トールするには、iMac G5 に付属のソフトウェア・インストール・ディスクを使用します。 重要:アップルでは、ソフトウェアを復元する前に、ハードディスクのデータをバックアップして おくことをお勧めします。いかなるデータの消失につきましても、アップルは一切の責任を負いま せん。 Mac OS X をインストールする Mac OS X をインストールするには: 1 重要なファイルをバックアップします。 2 iMac G5 に付属の「Mac OS X Install Disc 1」を挿入します。 3 「Install Mac OS X and Bundled Software」をダブルクリックします。 4 画面に表示される指示に従って操作します。 5 インストール先のディスクを選択した後、画面に表示される指示に従って操作を続けます。iMac G5 が再起動し、次の「Mac OS X Install Disc」を挿入するよう求めるメッセージが表示される場合もあ ります。 重要:「消去してからインストール」オプションはインストール先ディスクを消去するので、重要な ファイルは Mac OS X やその他のアプリケーションをインストールする前にバックアップしておい てください。 アプリケーションをインストールする お使いの iMac G5 に付属のアプリケーションをインストールするには、次の手順に従います。 iMac G5 にすでに Mac OS X がインストールされている必要があります。 アプリケーションをインストールするには: 1 重要なファイルをバックアップします。 2 iMac G5 に付属の「Mac OS X Install Disc 1」を挿入します。 3 「Install Bundled Software Only」をダブルクリックします。 4 画面に表示される指示に従って操作します。 5 インストール先のディスクを選択した後、画面に表示される指示に従って操作を続けます。 参考:「iCal」、「iChat」、「iSync」、「iTunes」、および「Safari」をインストールするには、上記の 「Mac OS Xをインストールする」の手順に従います。 J3531M23_M33.book Page 55 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM56 第5章 トラブルへの対処方法 Mac OS 9をインストールする iMac G5 には、Mac OS 9 はインストールされていません。お使いの iMac G5 で Mac OS 9 アプリ ケーションを使用する場合は、「Mac OS X Install Disc 2」を使って Mac OS 9 をインストールする 必要があります。 Mac OS 9 をインストールするには: 1 可能な場合は、重要なファイルをバックアップします。 2 iMac G5 に付属の「Mac OS X Install Disc 2」を挿入します。 3 「Install Mac OS 9 System Support」をダブルクリックします。 4 画面に表示される指示に従って操作します。 5 インストール先のディスクを選択した後、画面に表示される指示に従って操作を続けます。 その他のトラブル アプリケーションに問題があるときは Â アップル以外の製造元のソフトウェアで起きる問題については、そのソフトウェアの製造元に問 い合わせてください。ソフトウェアの製造元が、Web サイトでソフトウェアのアップデートを提 供していることがあります。「システム環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」パネルを使 うと、自動的にアップルの最新ソフトウェアを調べてインストールするように iMac G5 を設定で きます。詳しくは、「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「ソフトウェア・アップデート」で検 索してください。 AirMacワイヤレス通信に問題があるときは Â AirMac Extreme ベースステーションまたは AirMac Express ベースステーションに付属の説明に 従って、ソフトウェアを正しく設定したことを確認します。 Â 接続しようとしている iMac G5 またはネットワークが稼動していて、ワイヤレス・アクセス・ポ イントを持っていることを確認します。 Â コンピュータやネットワークのアクセスポイントのアンテナの有効範囲内にいることを確認して ください。電気製品や金属の建造物が近くにあると、ワイヤレス通信が妨げられ、通信範囲が狭 くなる可能性があります。iMac G5 の場所を変えたり、向きを変えたりすると受信効率が上がる ことがあります。 Â AirMacの信号レベルを確認します。メニューバーのAirMacステータスアイコンに最大4本のバー が表示されます。 Â 電子レンジ、コードレス電話、または干渉の原因となるその他の装置をベースステーションのそ ばで頻繁に使用している場合、ネットワークパフォーマンスに問題が生じることがあります。干 渉を最小限に抑えるには、それらの装置からベースステーションを離してください。 Â AirMacの使用やトラブルへの対処方法について詳しくは、「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、 「ライブラリ」>「AirMacヘルプ」と選択してください。 J3531M23_M33.book Page 56 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM第 5 章 トラブルへの対処方法 57 ディスクの取り出しに問題があるときは Â ディスクを取り出せない場合は、ディスクを使用している可能性があるアプリケーションをすべ て終了し、キーボードのメディア・イジェクト・キー(C)を押します。 Â それでも取り出せない場合は、Finder ウインドウを開き、サイドバーでディスクのアイコンの横 にある取り出しアイコンをクリックするか、デスクトップにあるディスクのアイコンを「ゴミ箱」 にドラッグします。 Â それでも取り出せない場合は、マウスボタンを押したまま iMac G5 を再起動します。 インターネット接続に問題があるときは Â ネットワークケーブルが正しく接続されていることと、正しく動作することを確かめます。 Â ダイヤルアップインターネット接続を使用している場合は、モデムケーブルが外部モデムのポー トに接続されており、Ethernet ポート(G)に接続されていないことを確かめます。 Â インターネットに接続するための iMac G5 の設定については、67 ページの「インターネットに接 続する」を参照してください。インターネット接続の設定方法や、インターネット・サービス・ プロバイダへの問い合わせ先を知る方法(「設定アシスタント」でインターネットアカウントを取 得した場合)が記載されています。 Â インターネット接続に問題が起きた場合の詳細は、81 ページの「接続のトラブルシューティング」 を参照してください。 iMac G5 を使用しているときや Mac OSを操作しているときに問題が起きるときは Â 疑問に対する回答がこのマニュアルに記載されていない場合は、「Mac ヘルプ」で操作手順やトラ ブルへの対処方法を調べてください。「Finder」で「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択します。 Â アップルのサポート情報の Webサイト(www.apple.com/jp/support)では、トラブルへの対処 方法やソフトウェアのアップデートに関する最新情報を参照できます。 日時の設定が繰り返し失われるときは Â 内部バックアップバッテリーを交換する必要がある場合があります。お使いの iMac G5 のバッテ リーは、ユーザには交換できません。詳しくは、アップル正規サービスプロバイダまたは Apple Retail Store(Apple Store 直営店)に問い合わせてください。 製品のシリアル番号を確認する お使いの iMac G5 のシリアル番号は、スタンドの底面にあります。「システムプロファイラ」を使っ てシリアル番号を確認することもできます。メニューバーからアップル()メニュー>「この Mac について」と選択し、「詳しい情報」をクリックします。ハードウェアの開閉用三角ボタンをクリッ クしてシリアル番号を表示します。 J3531M23_M33.book Page 57 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM58 第5章 トラブルへの対処方法 Apple Hardware Test を使用する 「Apple Hardware Test」を使って、iMac G5 のハードウェアに問題があるかどうかを確認すること ができます。 Apple Hardware Test を使用するには: 1 キーボードとマウス以外のすべての外部装置を iMac G5から取り外します。Ethernet ケーブルが接 続されている場合は、そのケーブルを取り外します。 2 iMac G5 に付属の「Mac OS X Install Disc 1」を挿入します。 3 iMac G5 を再起動し、起動時に Optionキーを押したままにします。 4 使用可能な起動ボリュームのリストが表示されたら、「Apple Hardware Test」をクリックします。 5 右矢印をクリックします。 6 「Apple Hardware Test」のメイン画面が表示されたら(約 45秒後)、画面に表示される指示に従って 操作します。 7 「Apple Hardware Test」によって問題が検出された場合は、エラーコードが表示されます。サポー トを要請する前に、エラーコードをメモしてください。「Apple Hardware Test」によってハードウェ アの障害が検出されない場合、問題はソフトウェアに関係している可能性があります。 「Apple Hardware Test」について詳しくは、「Mac OS X Install Disc 1」にある「Apple Hardware Test について」を参照してください。 J3531M23_M33.book Page 58 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM 59 A 付録 A 仕様 「システムプロファイラ」を使って、内蔵メモリ量、ハードディスク 容量、取り付けられた装置、および製品のシリアル番号など、お使い の iMac G5 の詳しい情報を確認できます。 「システムプロファイラ」の情報にアクセスするときは、メニューバーからアップル()メニュー> 「この Mac について」と選択し、「詳しい情報」をクリックします。 詳しい情報は、インターネット(www.apple.com/jp/imac および www.apple.com/jp/support) で参照できます。 別のカテゴリの情報の 表示/非表示を切り替える には、ウインドウ内の 三角形をクリックします。 J3531M23_M33.book Page 59 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AMJ3531M23_M33.book Page 60 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM 61 B 付録 B 安全性、使用、保守についての情報 安全のため、および装置の保全のため、iMac G5を清掃したり扱った りするときは、この付録で説明するルールに従ってください。また、こ の付録では、より快適に作業するためのガイドラインも示しています。 iMac G5 を安全に設置、使用するために コンピュータをお使いになる方の安全と装置の故障防止のため、常に以下の点にご注意ください。 次のようなときは、電源コードを抜いてから(コードではなく、必ずプラグを持って抜いてくださ い)、モデムケーブルを取り外してください: Â メモリを追加したいとき Â 電源コードやプラグがすり切れているときや壊れているとき Â 本体内部に液体が流れ込んだとき Â iMac G5 が雨や過度の湿気にさらされたとき Â iMac G5 を落としたときや、装置の外面が壊れたとき Â iMac G5 に保守サービスや修理が必要だと思われるとき Â 装置の外面を清掃したいとき(後述の方法以外では清掃しないでください) 重要:電源を完全に切る唯一の方法は、電源コードを取り外すことです。必要なときに iMac G5 の 電源を切れるようにするため、電源コードのどちらか一端にすぐに手が届く場所に設置してください。 警告:付属の電源コードには、アース線が付いています。このアース線は、接地電源コンセントの みに適合します。コンセントが接地されていないためにそのコンセントに接続できない場合は、電 気技師に依頼してコンセントを適切な接地コンセントと取り換えてください。アース線は、できれ ば接続するようにしてください。 J3531M23_M33.book Page 61 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM62 付録 B安全性、使用、保守についての情報 常に以下の注意事項をお守りください: Â 飲み物、洗面台、浴槽、シャワーなど、水のある場所には iMac G5を近付けないでください。 Â 雨や雪が入り込む場所や、湿度が極端に高い場所には iMac G5 を近付けないでください。 Â iMac G5 の電源コードをコンセントに差し込む前に、設置手順の解説をよくお読みください。 Â コンピュータをお使いになる方が、いつでもこれらの注意事項を参照できるようにしておいてく ださい。 Â お使いのシステムに関する指示や警告には、必ず従ってください。 重要:電気製品は、取り扱いを誤ると大変危険です。本製品に限らず、お子様が電気製品をお使い になるときは、そばで大人の方が監視、指導してあげてください。また、電気製品の内部やケーブ ル、コード類にはお子様が手を触れないようにご注意ください。 自分で修理をしない お使いの iMac G5 には、メモリを除いて、ユーザが修理できる部品はありません(メモリの追加に ついては、47ページの第 4 章「メモリを取り付ける」を参照してください)。iMac G5 を開けない でください。iMac G5 の修理が必要な場合は、アップル正規サービスプロバイダまたはアップルに 問い合わせる方法について、コンピュータに付属のサービスとサポートに関する資料を参照してく ださい。 iMac G5 を開けた場合、またはメモリ以外の部品を取り付けた場合、装置が故障する危険性があり ます。ご自分で行った作業が原因で発生した故障に対して、製品保証は適用されません。 コネクタとポート コネクタを無理にポートに押し込まないでください。コネクタとポートを簡単に接続できない場合 は、コネクタとポートが合っていない可能性があります。コネクタとポートが合っていることと、コ ネクタとポートの向きや位置が正しいことを確認してください。 警告:本製品の本体ケースの穴やすきまなどに、ものを差し込まないでください。そのようなこと をすると、大変危険です。また、火災や感電につながる可能性もあります。 J3531M23_M33.book Page 62 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM付録 B安全性、使用、保守についての情報 63 聴覚障害を避ける 人間工学 イス イスは、調節機構付きで、快適で安定感のあるものが理想的です。イスの高さは、座ったときに太 ももがほぼ水平になるように調節しましょう。このとき、足の裏全体が床に着くようにしてくださ い。イスは、背もたれが腰の部分を支えるように調節しましょう。使っているイスの説明書などを 参照して、背もたれを自分の身体に合わせて調節してください。 キーボードを操作するときにひじを直角に保つためには、イスの高さを調節する必要があるかもし れません。イスを高くしたことで、足の裏全体が床に着かなくなったときは、足は台のようなもの に載せてもかまいません。足を台に載せる代わりに、机を低くする方法もあります。また、机より もやや低い位置にキーボード専用の台が付いている机を利用する方法もあります。 警告:イヤフォンやヘッドフォンを大きな音で使用すると、聴覚に障害が生じる場合があります。 大音量で聞いていると耳が慣れて普通に聞こえるようになりますが、聴覚を損なう危険がありま す。耳鳴りがしたり声がこもって聴こえたりする場合は、使用を中止し、聴覚の検査を受けてくだ さい。音量が大きいほど、聴覚への影響が早く現れます。専門家は、聴覚を保護するために次のこ とを推奨しています: Â イヤフォンやヘッドフォンを大音量で使用する時間を制限する Â 周囲の騒音を遮断するために音量を上げるのを避ける Â 人の話し声が聞こえない場合は音量を下げる ももはほぼ水平に 肩の力を抜く 画面に照明などが反射しないように 設置しましょう ひじから手のひらまでを ほぼ一直線に ひじから先は ほぼ水平に 腰の部分を支える 足の裏全体が床または 台につくように 画面の上端が目の高さと同じか やや下になるように(必要に応じて、 机の高さを調節しましょう) 机の下はゆとりをもたせる 45~70 cm J3531M23_M33.book Page 63 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM64 付録 B安全性、使用、保守についての情報 ディスプレイ ディスプレイは、キーボードの前に座ったときに画面の上端が目の高さかそれよりもやや低くなる ように設置しましょう。目から画面までの距離は各自で決めてかまいませんが、45 ~ 70cm 程度の 間隔を取るのが一般的なようです。 ディスプレイは、画面に窓の明かりや照明などが反射しないような場所に設置しましょう。 マウス マウスはキーボードと同じ高さに置き、無理なく届く範囲にあるようにします。 キーボード キーボードを使うときは肩に力を入れすぎないようにしてください。上腕と前腕の角度は、直角よ りも少し大きくなるようにします。また、手首と手のひらは、ほぼ一直線になるようにしてください。 入力するときは軽くタッチし、手と指に力を入れすぎないようにしてください。親指を手のひらの 下に入れないように注意してください。 頻繁に手の位置を変えると、疲労を防止できます。休みなしで集中して作業すると、手や手首、腕 などの不快感が増す場合があります。手や手首、腕などの痛みや不快感が慢性的になってきたら、専 門医に相談しましょう。 人間工学についての詳しい情報 次の Webサイトを参照してください:www.apple.com/jp/about/ergonomics iMac G5 を清掃する iMac G5 や装置の外面を清掃するときは、以下の注意事項を守ってください: Â iMac G5 をシステム終了し、すべてのケーブルを取り外します。 Â iMac G5 コンピュータの外面を清掃するときは、柔らかく、けば立たない布に少量の水を付けて 使用してください。清掃の際には装置に水などが入り込まないように注意してください。iMac G5 に液体を直接吹きかけないでください。 Â スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤などは使わないでください。 iMac G5 のディスプレイを清掃する iMac G5 の画面は、以下の手順で清掃してください: Â iMac G5 をシステム終了し、すべてのケーブルを取り外します。 Â 柔らかくけば立たない布や紙を軽く湿らせてから画面を清掃します。画面に液体を直接吹きかけ ないでください。 J3531M23_M33.book Page 64 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM付録 B安全性、使用、保守についての情報 65 iMac G5 を持ち運ぶ iMac G5 を持ち上げたり移動したりする前に、接続されているケーブルやコードをすべて取り外す 必要があります。 iMac G5 を持ち上げたり移動したりするときは、コンピュータの側面を持ってください。 環境向上への取り組み Apple Computer, Inc. では、事業活動および製品が環境に与える影響をできる限り小さくするよう 取り組んでいます。詳しい情報については、次の Webサイトを参照してください: www.apple.com/jp/environment/summary.html J3531M23_M33.book Page 65 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AMJ3531M23_M33.book Page 66 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM 67 C 付録 C インターネットに接続する iMac G5を使って、World Wide Web をブラウズしたり、友達や家族 にメールを送ったり、インターネット上でリアルタイムで会議を行っ たりできます。インターネットに接続するには、この詳しいガイドを 使用してください。 はじめて Mac OS Xを起動するときに、「設定アシスタント」を使ってインターネット設定情報を簡 単に入力することができます。 「設定アシスタント」を使ってインターネット接続を設定しなかった場合は、ここで「設定アシスタ ント」を使って設定できます。「システム環境設定」を開き、「ネットワーク」をクリックします。 「アシスタント」ボタンをクリックして、「ネットワーク設定アシスタント」を開きます。「ネット ワーク設定アシスタント」を使用しない場合は、この付録を参照して手入力で接続を設定できます。 インターネット接続には、次の 4 つの種類があります: Â ダイヤルアップ接続—外部モデムをコンピュータの USBポートに接続し、モデムケーブルを使っ て、モデムを電話のモジュラージャックにつなぎます。 Â 高速DSLモデムまたはケーブルモデム接続—Ethernetケーブルを使って、ISPから提供された特別 なモデムにコンピュータをつなぎます。 Â AirMac Extremeワイヤレス接続 —AirMac ExtremeベースステーションまたはAirMac Express ベースステーションを使って、ワイヤレスでインターネットにコンピュータを接続します。 Â LAN(Local Area Network)—Ethernet ケーブルを使って、LAN にコンピュータをつなぎます。 会社などで一般に使用されている方法です。 インターネットに接続する前に: 1 ISPのアカウントを設定します。電話帳のインターネット関連のページで、ISP を見つけることができ ます。「インターネットアクセス」、「インターネットサービス」、「オンライン」などの見出しで探し てください。 2 必要な接続情報を ISPまたはネットワーク管理者から入手します。それぞれの接続の種類に必要な情 報については、次の 69ページの「設定アシスタントワークシート」を参照してください。 同じ場所にある別のコンピュータがすでにインターネットに接続されている場合は、その設定を使 用できることがあります。 J3531M23_M33.book Page 67 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM68 付録 Cインターネットに接続する Mac OS X コンピュータで設定情報を見つけるには: Â「システム環境設定」の「ネットワーク」パネルを開きます。 Â「表示」ポップアップメニューからお使いの接続方法を選択します。 Â お使いの設定に関する情報をコピーします。 Mac OS 9 コンピュータで設定情報を見つけるには: Â「TCP/IP」コントロールパネルを開きます。 Â「経由先」ポップアップメニューで接続方法を見つけます。 Â「設定方法」ポップアップメニューで設定を見つけます。 Â 対応するフィールドからIPアドレス、サブネットマスク、およびルーターアドレスをコピーします。 Windows PC で設定情報を見つけるには: Windowsコンピュータの接続情報は 2 つの場所にあります。 Â IP アドレスとサブネットマスクを見つけるには、「ネットワーク接続」コントロールパネルを開き ます。 Â ユーザアカウント情報を見つけるには、「ユーザー アカウント」コントロールパネルを開きます。 次のページ以降に情報を直接書き込むことができます。次に、その情報を「設定アシスタント」に 入力します。 3 外部モデムを使用する場合は、モデムをコンピュータの USB ポートにつなぎ、モデムケーブルをモデ ムのポートと電話のモジュラージャックにつなぎます。DSL モデムまたはケーブルモデムを使用す る場合は、モデムに付属の指示に従ってモデムをコンピュータに接続します。 4 お使いのコンピュータの電源を入れ、「設定アシスタント」に情報を入力してインターネット接続を 設定します。 参考:コンピュータを起動済みで、インターネット接続の設定に「設定アシスタント」を使用しな かった場合は、アップル()メニュー>「システム環境設定」と選択し、「ネットワーク」をク リックします。次に、「アシスタント」をクリックします。「設定アシスタント」が表示されます。 J3531M23_M33.book Page 68 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM付録 Cインターネットに接続する 69 設定アシスタントワークシート インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)、ネットワーク管理者、またはほかのコンピュータか ら入手した情報をこれ以降のページに書き込んでから、その情報を「ネットワーク設定アシスタン ト」に入力することができます。 コンピュータからインターネットに接続する方法を選んでください。 モデムによるダイヤルアップ接続を設定するには、次の情報を入力します: DSLモデムまたはケーブルモデム、あるいは LAN 接続を設定するには: 1 接続の種類を選択します。この情報は、お使いの ISP に問い合わせてください。 電話回線モデム ケーブルモデム DSLモデム ローカルネットワーク(Ethernet) ワイヤレス ユーザ名 パスワード ISPの電話番号 外線をかけるために必要な発信番号 手入力 DHCPルーターを使って手入力 DHCPサーバを参照 BootPサーバを参照 PPP J3531M23_M33.book Page 69 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM70 付録 Cインターネットに接続する 2 ISPから取得した情報を入力します: 「手入力」または「DHCP を使ってアドレスを手入力」*を選択した場合は、次の情報を入力します: *「DHCP を使ってアドレスを手入力」を選択した場合は、サブネットマスクまたはルーターアドレスを入力する必要はありません。 「DHCP サーバを参照」を選んだ場合は、次の情報を入力します: 参考:DHCP クライアント IDはオプションであり、必要ない場合もあります。お使いのISP に問い 合わせてください。 「PPP」(PPPoE 接続用)を選んだ場合は、次の情報を入力します: IPアドレス サブネットマスク ルーターアドレス DHCPクライアントID サービスプロバイダ(オプション) PPPoEサービス名(オプション) アカウント名 パスワード J3531M23_M33.book Page 70 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM付録 Cインターネットに接続する 71 次の情報はオプションです。入力する必要があるかどうか、お使いの ISP に問い合わせてください。 インターネット接続を手入力で設定する 「設定アシスタント」を使って前のページの手順を完了したら、インターネット接続の設定は終了で す。「設定アシスタント」を使わない場合、またはインターネット設定の特定の部分だけを変更した い場合は、次の手順を使って手入力で接続を設定することができます。 手入力で情報を入力するときは、接続方法に応じた手順に従います。 Â ダイヤルアップモデムを使った PPP(Point-to-Point Protocol)接続(71 ページを参照) Â 以下の設定を使用するケーブルモデム、DSL モデム、または LAN 接続: Â 手入力(75 ページを参照) Â DHCP(75 ページを参照) Â PPPoE(76 ページを参照) Â AirMacワイヤレス接続(78 ページを参照) ダイヤルアップ接続 ダイヤルアップモデムは、インターネットに接続する一般的な方法です。iMac G5で外付けの Apple USB Modemを使用する場合、モデムは、PPP(Point-to-Point Protocol)と呼ばれる方式を使って ISPに接続します。 外部モデムがコンピュータの USBポートと電話回線につながっていることを確認してください。ISP から提供された情報が利用できるようにしてください(69 ページを参照)。 内蔵モデムポートのネットワーク環境設定を設定するには: 1 メニューバーからアップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2 「ネットワーク」をクリックします。 DNSホスト(DHCPおよびBootP用のオプション) ドメイン名(オプション) プロキシサーバ(オプション) J3531M23_M33.book Page 71 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM72 付録 Cインターネットに接続する 3 「表示」ポップアップメニューから「ネットワークポート設定」を選択し、「外部モデム」の横にあ る「入」チェックボックスを選択します。 4 「外部モデム」を「ポート設定」リストの一番上にドラッグして、優先するネットワークインター フェイスにします。 5 「表示」ポップアップメニューから「外部モデム」を選択し、「PPP」をクリックします。 6 ISPから提供された情報を入力し、「今すぐ適用」をクリックします。 J3531M23_M33.book Page 72 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM付録 Cインターネットに接続する 73 インターネット設定をテストするには: 1 「アプリケーション」フォルダ内にある「インターネット接続」アプリケーションを開きます。 2 必要に応じて、「外部モデム」アイコンをクリックします。 3 必要に応じて、ダイヤルアップの電話番号、アカウント名、およびパスワードを入力します。 4 「接続」をクリックします。 「インターネット接続」は、ISP にダイヤルして接続を確立します。 Web ブラウザやメールなどのインターネットアプリケーションの起動時に自動的に接続するには: 1 「ネットワーク」環境設定の「PPP」パネルにある「PPP オプション」をクリックします。 2 「必要なときに自動的に接続」チェックボックスを選択します。 3 「OK」と「今すぐ適用」をクリックします。 J3531M23_M33.book Page 73 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM74 付録 Cインターネットに接続する DSLモデム、ケーブルモデム、LAN でのインターネット接続 DSL モデム、ケーブルモデム、または Ethernet LAN を使ってインターネットに接続する場合は、イ ンターネット接続の設定方法を ISP またはネットワーク管理者に問い合わせてください: Â 手入力 —手入力で設定する場合は、静的 IP アドレスと「ネットワーク」環境設定に入力するその 他の情報が ISPまたはネットワーク管理者から提供されます。 Â DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)を使用する —DHCP設定の場合は、DHCP サー バが自動的に情報を入力します。 Â PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)を使用する —DSL モデムを使用していて、イ ンターネットに接続するためのユーザ名とパスワードが必要な場合は、PPPoE を使ったネット ワークの設定が必要な場合があります。 ネットワークを設定するときに ISP から提供された情報が利用できることを確認してください (69ページを参照)。 内蔵 Ethernet ポートのネットワーク環境設定を設定するには: 1 メニューバーからアップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2 「ネットワーク」をクリックします。 3 「表示」ポップアップメニューから「ネットワークポート設定」を選択します。 4 「内蔵 Ethernet」の横にある「入」チェックボックスを選択します。 5 「内蔵 Ethernet」を「ポート設定」リストの一番上にドラッグして、優先するネットワークインター フェイスにします。 次に、ISP またはネットワーク管理者に指示された通りに、ネットワークを手入力、DHCP、または PPPoE で設定するための手順に従います。 J3531M23_M33.book Page 74 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM付録 Cインターネットに接続する 75 手入力による設定 ISPから提供された静的IPアドレス、ルーターアドレス、サブネットマスク情報を用意します(69 ペー ジを参照)。 手入力による設定を行うには: 1 「ネットワーク」環境設定で、「表示」ポップアップメニューから「内蔵 Ethernet」を選択します。 2 必要に応じて、「TCP/IP」をクリックします。 3 「IPv4 の設定」ポップアップメニューから「手入力」を選択します。 4 その他の情報を対応するフィールドに入力します。 5 「今すぐ適用」をクリックします。 いったんネットワークを設定すれば、いつでも接続することができます。Web ブラウザ(または別 の TCP/IPアプリケーション)を開いて、インターネット接続をテストします。 DHCP による設定 DHCP による設定を行うと、DHCPサーバから自動的にネットワーク情報が提供されます。 DHCP による設定を行うには: 1 「ネットワーク」環境設定で、「表示」ポップアップメニューから「内蔵 Ethernet」を選択します。 2 必要に応じて、「TCP/IP」をクリックします。 J3531M23_M33.book Page 75 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM76 付録 Cインターネットに接続する 3 「IPv4 の設定」ポップアップメニューから「DHCPサーバを参照」を選択します。 4 「今すぐ適用」をクリックします。 Webブラウザ(または別のTCP/IPアプリケーション)を開いて、インターネット接続をテストします。 参考:ISPから特に指示されていない限り、「DHCP クライアント ID」フィールドと「検索ドメイン」 フィールドは無視します。 PPPoEによる設定 DSL ベースの ISPの中には、PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)を使用しているとこ ろがあります。DSL モデムを使用していて、インターネットに接続するためにユーザ名とパスワー ドが必要な場合は、ISP に問い合わせて、PPPoE を使って接続する必要があるかどうか確認してくだ さい。 PPPoE による接続を設定するには: ネットワークを設定するときに、ISP から提供されたユーザ名、パスワード、および必要に応じて DNS(ドメイン・ネーム・サーバ)アドレスを用意します(69 ページを参照)。 1 「ネットワーク」環境設定で、「表示」ポップアップメニューから「内蔵 Ethernet」を選択します。 J3531M23_M33.book Page 76 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM付録 Cインターネットに接続する 77 2 「PPPoE」をクリックし、「PPPoEを使って接続」を選択します。 3 対応するフィールドに情報を入力します。お使いになっているコンピュータのすべてのユーザが同 じ接続方法を使うようにしたい場合は、「パスワードを保存する」を選択します。 参考:Webブラウザやメールなどの TCP/IP アプリケーションを起動したときに自動的に接続するに は、「PPPoE オプション」をクリックしてから、「必要なときに自動的に接続」を選択し、「OK」を クリックします。 J3531M23_M33.book Page 77 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM78 付録 Cインターネットに接続する 4 「TCP/IP」をクリックし、ISP に指示された通りに、「IPv4の設定」ポップアップメニューから「PPP を使用」または「手入力」を選択します。ISP から静的な IP アドレスを提供されている場合は、「手 入力」を選択して「IP アドレス」フィールドにそのアドレスを入力します。 5 「DNSサーバ」フィールドに、DNS(ドメイン・ネーム・サーバ)のアドレスを入力します。 6 「今すぐ適用」をクリックします。 いったんネットワークを設定すると、いつでもインターネットに接続できます。Web ブラウザやそ の他の TCP/IPアプリケーションを開いて、接続をテストできます。 重要:自動接続のオプションを選択しなかった場合は、「インターネット接続」アプリケーションを 開いて正しい設定を選択してから「接続」をクリックする必要があります。詳しくは、画面の上部 にあるメニューバーから「ヘルプ」>「インターネット接続ヘルプ」と選択してください。 AirMacワイヤレス接続 iMac G5 には、あらかじめ AirMac Extremeカードが搭載されています。AirMac ネットワークおよ びインターネット接続の設定は、「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダに ある「AirMac 設定アシスタント」を使って行えます。「設定アシスタント」は、AirMac ベースス テーションを設定し、AirMac を使用するようにコンピュータを設定するのに役立ちます。AirMac ベースステーションについて詳しくは、お使いのベースステーションに付属のマニュアルを参照し てください。 お使いの AirMacベースステーションがすでに設定されていれば、ほとんどの場合 AirMac Extreme カードからベースステーションにすぐにアクセスすることができます。 J3531M23_M33.book Page 78 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM付録 Cインターネットに接続する 79 AirMacネットワークにアクセスできるかどうかを確認するには: m メニューバーのAirMacステータスアイコンをクリックし、リスト表示されているAirMacネットワー クを選択します。 リストに AirMacネットワークがない場合は、「AirMac設定アシスタント」を使って設定を確認また は変更することも、「システム環境設定」の「ネットワーク」パネルを使って設定を変更することも できます。 手動で AirMac接続を設定する 手動で接続を設定する場合は、システム管理者から以下の情報を入手します。 DHCP を使用して接続する場合は、これらの情報のほとんどはネットワークからコンピュータに自 動的に提供されるため、必要事項をシステム管理者に問い合わせてください。 Â 必要であれば、DNS(ドメイン・ネーム・サーバ)のアドレス Â DHCP または手入力による IP アドレスの設定 Â IP アドレス Â ルーターアドレス Â サブネットマスク Â 必要であれば、パスワード 次に、「ネットワーク」環境設定で AirMac 接続のオプションが有効になっていることを確認します。 AirMac接続のネットワーク環境設定を設定するには: 1 メニューバーからアップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2 「ネットワーク」をクリックします。 3 「表示」ポップアップメニューから「ネットワークポート設定」を選択します。 J3531M23_M33.book Page 79 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM80 付録 Cインターネットに接続する 4 「AirMac」の横にある「入」チェックボックスを選択します。 次に、ISP またはネットワーク管理者に指示された通りに、ネットワークを手入力または DHCP のい ずれかで設定するための手順に従います。自分でネットワークを設定する場合は、サーバによって IP アドレスが自動的に割り当てられるので DHCPを使ってネットワークを設定する方が簡単です。 5 「表示」ポップアップメニューから「AirMac」を選びます。 6 必要に応じて、「TCP/IP」をクリックします。 7 「IPv4 の設定」ポップアップメニューで、「手入力」または「DHCPサーバを参照」を選択します。 J3531M23_M33.book Page 80 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM付録 Cインターネットに接続する 81 Â「手入力」を選択した場合は、その他の情報を対応するフィールドに入力してください。 Â「DHCP サーバを参照」を選択した場合は、システム管理者の指示がない限り、さらに情報を入力 する必要はありません。 8 「AirMac」をクリックして、再起動後やコンピュータがスリープ状態から元に戻ったときに AirMac Extremeネットワークに接続するためのオプションを選択します。 9 「今すぐ適用」をクリックします。 いったん AirMacの設定を行うと、いつでも接続することができます。 AirMac接続をテストするには: m メニューバーの AirMacステータスアイコンをクリックし、「AirMac を入にする」を選択します。 通信圏内にある AirMac Extreme ネットワークがすべてメニューに表示されます。 接続のトラブルシューティング ケーブルモデム、DSL モデム、LAN でのインターネット接続 AirMac、内蔵 Ethernet、または外部モデムを使用してインターネットに接続できない場合は、ネッ トワーク診断を使用すると、接続の問題を解決するのに役立ちます。「システム環境設定」の「ネッ トワーク」パネルにある「アシスタント」をクリックしてから、「診断」をクリックして「ネット ワーク診断」を開き、画面の指示に従います。 ネットワーク診断で問題を解決できない場合は、接続しようとしている ISP、ISP に接続するために 使用している外部デバイス、またはアクセスを試みているサーバに問題がある可能性があります。以 下の手順を使用することもできます。 ケーブルや電源をチェックする モデムの電源コード、モデムとコンピュータの接続コード、モデムとモジュラージャックの接続コー ドなどのすべてのモデムケーブルがしっかり差し込まれていることを確認します。Ethernet ハブや ルーターへのケーブルと電源を確認します。 モデムの電源を切ってから再投入し、モデムハードウェアをリセットする DSL モデムやケーブルモデムの電源を数分間切ってから再投入します。ISPの中には、モデムの電源 コードを抜くことを勧めるところもあります。モデムにリセットボタンがついている場合は、いっ たん電源を切って再投入する前か後でリセットボタンを押すことができます。 J3531M23_M33.book Page 81 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM82 付録 Cインターネットに接続する PPPoE接続 PPPoE を使ってインターネット・サービス・プロバイダに接続できない場合は、まずケーブルと電 源をチェックしてからモデムハードウェアの電源を切って再投入し、リセットします。 システム環境設定の設定をチェックする: 1 アップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2 「ネットワーク」をクリックします。 3 「表示」ポップアップメニューから「ネットワークポート設定」を選択します。 4 「内蔵 Ethernet」を「ポート設定」リストの一番上にドラッグします。 5 「表示」ポップアップメニューから「内蔵 Ethernet」を選択します。 6 「PPPoE」をクリックします。 7 「PPPoE を使って接続」を選択します。 8 「アカウント名」フィールドをチェックして、ISP から提供された正しい情報を入力していることを確 認します。 9 パスワードの保存を選択していた場合は、パスワードが正しいことを確認するためにパスワードを もう一度入力します。 10 「TCP/IP」をクリックします。ISP から提供された正しい情報をこのパネルに入力したことを確認し てください。 11 「今すぐ適用」をクリックします。 ネットワーク接続 2 台以上のコンピュータでインターネット接続を共有する場合は、ネットワークが正しく設定されて いることを確認してください。ISP が 1 つの IP アドレスのみを提供しているか、各コンピュータに 1 つずつ複数の IP アドレスを提供しているかを、知っておく必要があります。 1 つの IP アドレスのみを使用する場合は、接続を共有できるルーター、すなわちネットワークアド レス変換(NAT)または「IP マスカレード」が可能なルーターを用意する必要があります。設定情 報については、ルーターに付属のマニュアルを確認するか、ネットワークの設定担当者に確認して ください。AirMac Extreme ベースステーションを使って、1 つの IP アドレスを複数のコンピュータ で共有することができます。AirMac Extreme ベースステーションの使用方法について詳しくは、オ ンスクリーンヘルプを確認するか、アップルの AirMacの Webサイト(www.apple.com/jp/airmac) を参照してください。 上記の手順で問題が解決しない場合は、ISP に問い合わせてください。 J3531M23_M33.book Page 82 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM 83 通信情報機器に関する規制 FCC Compliance Statement This device complies with part 15 of the FCC rules. Operation is subject to the following two conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation. See instructions if interference to radio or television reception is suspected. Radio and Television Interference This computer equipment generates, uses, and can radiate radio-frequency energy. If it is not installed and used properly—that is, in strict accordance with Apple’s instructions—it may cause interference with radio and television reception. This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device in accordance with the specifications in Part 15 of FCC rules. These specifications are designed to provide reasonable protection against such interference in a residential installation. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. You can determine whether your computer system is causing interference by turning it off. If the interference stops, it was probably caused by the computer or one of the peripheral devices. If your computer system does cause interference to radio or television reception, try to correct the interference by using one or more of the following measures: Â Turn the television or radio antenna until the interference stops. Â Move the computer to one side or the other of the television or radio. Â Move the computer farther away from the television or radio. Â Plug the computer into an outlet that is on a different circuit from the television or radio. (That is, make certain the computer and the television or radio are on circuits controlled by different circuit breakers or fuses.) If necessary, consult an Apple-authorized service provider or Apple. See the service and support information that came with your Apple product. Or, consult an experienced radio/television technician for additional suggestions. Changes or modifications to this product not authorized by Apple Computer, Inc., could void the EMC compliance and negate your authority to operate the product. This product has demonstrated EMC compliance under conditions that included the use of compliant peripheral devices and shielded cables between system components. It is important that you use compliant peripheral devices and shielded cables (including Ethernet network cables) between system components to reduce the possibility of causing interference to radios, television sets, and other electronic devices. Responsible party (contact for FCC matters only): Apple Computer, Inc. Product Compliance 1 Infinite Loop M/S 26-A Cupertino, CA 95014-2084 Bluetooth Information FCC Bluetooth Wireless Compliance The antenna used with this transmitter must not be colocated or operated in conjunction with any other antenna or transmitter subject to the conditions of the FCC Grant. Bluetooth Industry Canada Statement This Class B device meets all requirements of the Canadian interference-causing equipment regulations. Cet appareil numérique de la Class B respecte toutes les exigences du Règlement sur le matériel brouilleur du Canada. Bluetooth Europe–EU Declaration of Conformity This wireless device complies with the specifications EN 300 328, EN 301-489, and EN 60950 following the provisions of the R&TTE Directive. Industry Canada Statement Complies with the Canadian ICES-003 Class B specifications. Cet appareil numérique de la classe B est conforme à la norme NMB-003 du Canada. VCCI クラス B 基準について European Community Complies with European Directives 72/23/EEC and 89/336/EEC, and 99/5/EC. J3531M23_M33.book Page 83 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM84 Laser Information Do not attempt to disassemble the cabinet containing the laser. The laser beam used in this product is harmful to the eyes. The use of optical instruments, such as magnifying lenses, with this product increases the potential hazard to your eyes. For your safety, have this equipment serviced only by an Apple Authorized Service Provider. Because of the optical disc drive in your computer, your computer is a Class 1 laser product. The Class 1 label, located in a user-accessible area, indicates that the drive meets minimum safety requirements. A service warning label is located in a serviceaccessible area. The labels on your product may differ slightly from the ones shown here. Exposure to Radio Frequency Energy The radiated output power of the AirPort Extreme Card in this device is far below the FCC radio frequency exposure limits for uncontrolled equipment. This device should be operated with a minimum distance of at least 20 cm between the AirPort Extreme Card antennas and a person’s body and must not be co-located or operated with any other antenna or transmitter. Mouse Class 1 LED Information The Apple optical mouse is a Class 1 LED product in accordance with IEC 60825-1 A1 A2. This product complies with the requirements of European Directives 72/23/EEC and 89/336/EEC. It also complies with the Canadian ICES-003 Class B Specification. Taiwan Statement Korea Statement 危険性の高い行為に関する警告 このコンピュータシステムは、原子力施設・飛行機の航行 や通信システム・航空管制システムなど、コンピュータシ ステムの障害が生命の危険や身体の障害、あるいは重大な 環境破壊につながるようなシステムにおける使用を目的と していません。 ENERGY STAR® Compliance As an ENERGY STAR® partner, Apple has determined that standard configurations of this product meet the ENERGY STAR guidelines for energy efficiency. The ENERGY STAR program is a partnership with office product equipment manufacturers to promote energy-efficiency. Reducing energy consumption of office products saves money and reduces pollution by eliminating wasted energy. 廃棄とリサイクルに関する情報 この製品のバックライトランプには水銀が含まれます。 お住まいの地域の環境法と廃棄基準に従って廃棄してくだ さい。 アップルのリサイクルプログラムについては、次の Web サイトを参照してください: www.apple.com/jp/environment/summary.html European Union:This symbol means that according to local laws and regulations your product should be disposed of separately from household waste. When this product reaches its end of life, take it to a collection point designated by local authorities. Some collection points accept products for free. The separate collection and recycling of your product at the time of disposal will help conserve natural resources and ensure that it is recycled in a manner that protects human health and the environment. Warning:Making adjustments or performing procedures other than those specified in your equipment’s manual may result in hazardous radiation exposure. Class 1 label Service warning label J3531M23_M33.book Page 84 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM 85 バッテリーの廃棄 お使いの iMac G5には内部バックアップバッテリーが装備 されています。バックアップバッテリーは、コンピュータ の電源が切れているときに、日時などの設定を保持しま す。バッテリーの交換はしないでください。バッテリーを 交換できるのは、アップル認定の技術者だけです。 この製品の寿命が尽きたときは、お住まいの地域の環境法 と廃棄基準に従って廃棄してください。 Nederlands: Gebruikte batterijen kunnen worden ingeleverd bij de chemokar of in een speciale batterijcontainer voor klein chemisch afval (kca) worden gedeponeerd. Deutschland: Dieses Gerät enthält Batterien. Bitte nicht in den Hausmüll werfen. Entsorgen Sie dieses Gerätes am Ende seines Lebenszyklus entsprechend der maßgeblichen gesetzlichen Regelungen. Taiwan: J3531M23_M33.book Page 85 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AMJ3531M23_M33.book Page 86 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AMJ3531M23_M33.book Page 87 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AMJ3531M23_M33.book Page 88 Wednesday, October 5, 2005 11:08 AM Aperture イメージの調整K Apple Computer, Inc. © 2006 Apple Computer, Inc. All rights reserved. Aperture ソフトウェアの正規ライセンス製品の使用許諾を 受けたお客様、またはかかるお客様の許諾を得た者は、本ソ フトウェアの使用を学習する目的で本書を複製することがで きます。本書のいかなる部分も、本書のコピーの販売または 有償のサポートサービスなどの商用目的で、複製または譲渡 することは禁じられています。 本書には正確な情報を記載するように努めました。ただし、 誤植や制作上の誤記がないことを保証するものではありませ ん。アップルでは、システムソフトウェア、アプリケーショ ン、およびインターネットサイトの新しいバージョンやアッ プデートを頻繁にリリースするため、本書に記載されている イメージは、画面に表示されるものとわずかに異なる場合が あります。 Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc.の商標です。キーボードから入力可能な Apple ロゴについても、これを Apple Computer, Inc.から の書面による事前の許諾なしに商業的な目的で使用すると、 連邦および州の商標法および不正競争防止法違反となる場合 があります。 Apple およびAppleロゴは、米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc. の商標です。 Aperture はApple Computer, Inc. の商標です。 3 1 目次 第 1章 5 イメージ調整の概要 6 「Aperture」の調整の概要 9 調整コントロールを使用する 11 ツールバーのツールを操作する 12 フル・スクリーン・モードで調整を行う 13 イメージのグループに調整を適用する 15 調整プリセットを操作する 19 「調整を取り除く」コマンド 19 カラーメーターを使用する 22 外部エディタを使用する 23 ヒストグラムの読み取り方法を理解する 第 2章 29 イメージを調整する 30 自動調整を利用する 31 「自動露出」ボタンを使用する 33 「自動レベル - 結合」ボタンを使用する 34 「自動レベル - 分離」ボタンを使用する 35 「自動レベル」オプションを設定する 36 「自動レベル」調整をリセットする 37 「赤目修正」コントロールを使用する 37 「赤目」ツールを使って赤目を軽減する 38 「赤目」ターゲットオーバーレイのサイズを調整する 40 「赤目」ターゲットオーバーレイの感度を調整する 41 修正したイメージを「赤目」ターゲットオーバーレイなしで表示する 42 「赤目」ターゲットオーバーレイを移動する 43 「赤目」ターゲットオーバーレイを削除する 44 「スポットとパッチ」コントロールを使用する 44 イメージをスポットする 46 イメージをパッチする 49 「スポットとパッチ」コントロールを使用する 54 「スポットとパッチ」ターゲットオーバーレイを使わずにイメージを表示する 54 「スポットとパッチ」ターゲットオーバーレイを移動する 55 「スポットとパッチ」ターゲットオーバーレイを削除する4 目次 56 「傾き補正」コントロールを使用する 57 「傾き補正」ツールを使ってイメージを回転する 58 「傾き補正」コントロールを使ってイメージを回転する 59 「トリミング」コントロールを使用する 60 「トリミング」ツールを使ってイメージをトリミングする 62 トリミングされたイメージを「トリミング」オーバーレイを使わずに表示する 63 「トリミング」コントロールを使ってイメージをトリミングする 64 「露出」コントロールを使用する 64 イメージの露出を補正する 65 イメージの彩度を調整する 67 イメージの明るさを調整する 69 イメージのコントラストを調整する 71 イメージの黒、グレイ、および白の値の色合いを設定する 78 「レベル」コントロールを使用する 78 イメージの輝度レベルを調整する 81 「四分割トーンレベル」コントロールを表示する 81 明るさレベルのスライダを使ってイメージの明るさを調整する 82 レベルを使用して色を補正する 86 「ハイライトとシャドウ」コントロールを使用する 86 イメージのハイライト領域の明るさ値を調整する 87 イメージのシャドウ領域の明るさ値を調整する 88 「ハイライトとシャドウ」の「詳細」設定を使用する 94 「ホワイトバランス」コントロールを使用する 95 「ホワイトポイント」スポイトツールを使ってイメージのホワイトバランスを調整する 96 「色温度」コントロールを使ってイメージの色温度を調整する 97 「色合い」コントロールを使ってイメージの色合いを調整する 98 「カラー」コントロールを使用する 104 「モノクロミキサー」コントロールを使用する 104 「モノクロミキサー」プリセットを選択する 106 「モノクロミキサー」コントロールを使用する 107 「モノクロ化」コントロールを使用する 108 「セピア調」コントロールを使用する 109 「ノイズ除去」コントロールを使用する 111 「シャープ」および「エッジシャープ」コントロールを使用する 112 「エッジシャープ」コントロールを使用する 115 「シャープ」コントロールを使用する 索引 1171 5 1 イメージ調整の概要 「Aperture」の提供する調整コントロール を使用すると、イメージの 外観を改善できます。イメージを調整するときには、調整インスペク タまたは調整 HUD を利用できます。 この章では、赤目修正や、露出、レベル、およびホワイトバランスの調整など、イメージ調整の 基本について説明します。 この章の内容: Â「Aperture」の調整の概要(6 ページ) Â 調整コントロールを使用する(9 ページ) Â ツールバーのツールを操作する(11 ページ) Â フル・スクリーン・モードで調整を行う(12 ページ) Â イメージのグループに調整を適用する(13 ページ) Â 調整プリセットを操作する(15 ページ) Â「調整を取り除く」コマンド(19 ページ) Â カラーメーターを使用する(19 ページ) Â 外部エディタを使用する(22 ページ) Â ヒストグラムの読み取り方法を理解する(23 ページ)6 第1章 イメージ調整の概要 「Aperture」の調整の概要 調整コントロールは、調整インスペクタと調整 HUD にあります。どちらのツールでも同じコン トロールを利用できます。調整インスペクタは、画面の右側に表示されます。調整 HUD は、画 面上の好きな場所に置くことができるフローティング版の調整インスペクタで、画面上のワーク スペースを使用するときの柔軟性が最も高くなります。 「Aperture」では、以下の調整をイメージに適用できます: 調整 機能 赤目修正 イメージの被写体の赤目を軽減します。「赤目」ツールと共に使用します。 スポットとパッチ センサーダストなどのイメージの欠陥をレタッチします。「スポットとパッ チ」ツールと共に使用します。 傾き補正 イメージの水平方向を補正します。「傾き補正」ツールと共に使用します。 トリミング イメージをトリミングします。「トリミング」ツールと共に使用します。 露出 露出、彩度、明るさ、コントラストや、黒、グレイ、白の色合いを調整します。 レベル イメージの色調の範囲を個別に調整します。 ハイライトとシャドウ イメージのシャドウとハイライトの露出を個別に調整します。 ホワイトバランス 色温度と色合いを調整することによって、イメージのホワイトバランスを 設定します。 カラー 色ごとの色相、彩度、および輝度や、色範囲を調整します。 モノクロミキサー カラーイメージをグレイスケールに変換するときの、ソースの赤、緑、お よび青のカラーチャンネルを個別に制御します。 モノクロ化 イメージの彩度を下げ、選択した色合いをミッドトーンに適用します。 セピア調 カラーイメージをセピアに変更します。カラーイメージの彩度を目的のセ ピア色レベルに減らすことができます。 ノイズ除去 イメージのデジタルノイズを軽減します。 シャープ イメージをシャープにします。 エッジシャープ 複数回のシャープ調整を使って、輝度に基づいてイメージをシャープにし ます。第 1 章 イメージ調整の概要 7 調整コントロールを表示する 調整インスペクタの表示/非表示は、メニューコマンド、またはフル・スクリーン・モードの ツールバーにあるボタンを使って切り替えることができます。 調整インスペクタを表示するには、以下のいずれかの操作を行います: m 「ウインドウ」>「調整を表示」と選択します(または Control + Aキーを押します)。 m ツールバーの「調整インスペクタ」ボタンをクリックします。 各調整には、パラメータと呼ばれる、一連の値を指定可能な個別のプロパティが含まれます。調 整用のパラメータおよびパラメータ値の変更に使用するコントロールを表示するには、調整の三 角形の情報表示ボタンをクリックするか、調整の上部をダブルクリックします。調整コントロー ルを使用したパラメータ値の変更について詳しくは、9 ページの「調整コントロールを使用する」 を参照してください。 調整 HUDの表示/非表示は、メニューコマンド、またはフル・スクリーン・モードのツールバー にあるボタンを使って切り替えることができます。 「調整インスペクタ」 ボタン 使用できる調整 (調整用のコントロールを 表示するには、三角形の 情報表示ボタンを クリックします。) ヒストグラム (輝度を表示するように 設定されています) 調整アクションのポップアップメニュー 調整を追加するポップアップメニュー 調整のコントロールの表示/非表示 を切り替えるときは、調整の上部を ダブルクリックします。8 第1章 イメージ調整の概要 調整 HUD を表示するには、以下のいずれかの操作を行います: m 「ウインドウ」>「調整 HUDを表示」と選択します(または H キーを押します)。 m フル・スクリーン・モードのツールバーの「調整HUD」ボタンをクリックします。 フル・スクリーン・モードについて詳しくは、12 ページの「フル・スクリーン・モードで調整 を行う」を参照してください。 調整のヒストグラム表示を選択する 調整インスペクタまたは調整 HUD を表示すると、選択したイメージの輝度またはカラーチャン ネルのヒストグラムが表示されます。ヒストグラムには、イメージの明るさ値のグラフ(ブラッ クポイントからホワイトポイントまで)が表示されます。ヒストグラムを調整することで、輝度 を表示したり、赤、緑、青(RGB)のチャンネルをまとめて表示したり、または赤、緑、青の チャンネルを個別に表示することができます。 ヒストグラム表示を選択するには: m 調整アクションのポップアップメニューの「ヒストグラムオプション」セクションから、表示オ プションを選択します。 参考:ビューアおよびフル・スクリーン・モードでは、ヒストグラムの表示はリアルタイムに アップデートされます。ブック・レイアウト・エディタ、Web ページエディタ、およびライト テーブルでは、やや遅れてアップデートされます。ヒストグラムを解釈する方法について詳しく は、23 ページの「ヒストグラムの読み取り方法を理解する」を参照してください。 使用できる調整 ヒストグラム (赤、緑、緑のチャンネル を表示するように設定 されています) 調整アクションのポップアップメニュー 調整を追加するポップアップメニュー第 1 章 イメージ調整の概要 9 追加の調整コントロールを表示する 調整インスペクタまたは調整 HUD をはじめて表示したときは、「露出」、「レベル」、「ハイライト とシャドウ」、「ホワイトバランス」、および「カラー」調整だけを使用できます。 調整を追加するには: m 調整インスペクタまたは調整HUDの上部にある調整を追加するポップアップメニューから、調整 の種類を選択します。 調整インスペクタと調整 HUD の両方を表示している場合は、強調表示された新しい調整が両方 のツールに表示されます。 調整コントロールを使用する ビューアまたはフル・スクリーン・モードでイメージを選択および表示する場合は、常に調整イ ンスペクタおよび調整 HUD 内の調整コントロールを使ってイメージを調整できます。また、ブッ ク・レイアウト・エディタ、Web ページエディタ、およびライトテーブルでもイメージを調整 できます。 参考:ブック・レイアウト・エディタ、Web ページエディタ、およびライトテーブルでは、「ト リミング」、「傾き補正」、「スポットとパッチ」ツール、および調整コントロールは使用できませ ん。ただし、簡単にビューアに切り替えて、変更を加えることができます。 調整を追加するポップアップメニュー10 第1章 イメージ調整の概要 ブック・レイアウト・エディタ、Web ページエディタ、またはライトテーブルからビューアに 切り替えるには、以下のいずれかの操作を行います: m ブラウザの最上部にある「ビューアを表示」ボタンをクリックします。 調整が完了したら、「ビューアを表示」ボタンを再度クリックして前の表示に戻ります。 m システムで複数のディスプレイを使用している場合は、コントロールバーの「ビューアモード」 ポップアップメニューから「候補」を選択してから、2 台目のディスプレイで調整を行います。 「ビューアを表示」ボタンと「ビューアモード」ポップアップメニューについて詳しく は、 「Aperture」の「ヘルプ」メニューからアクセスできる「Aperture ユーザーズマニュアル」を 参照してください。 スライダを使用する 値を変更するためのスライダコントロールには、スライダおよび値スライダの 2 種類がありま す。スライダコントロールで設定できる値の範囲は、パラメータによって異なります。 Â スライダ:スライダを左または右にドラッグして、値を設定します。 Â 値スライダ:値をダブルクリックして値フィールドに特定の数値を入力するか、左矢印または 右矢印をクリックするか、あるいは値フィールド内をドラッグする方法で、値を設定します。 通常、値フィールドでは、通常のスライダをドラッグして設定する値よりも大きい値を入力で きます。値スライダを使うときに修飾キーを一緒に使うことで、値を調整するときの増減度を 小さい増減または大きい増減に変更できます。 小さい増減で値を変えるには: m Option キーを押したまま値フィールドをドラッグします。 大きい増減で値を変えるには: m Shift キーを押したまま値フィールド内をドラッグします。 「ビューアを表示」ボタン このスライダを ドラッグして、「露出」 パラメータの値を 変更します。 この値スライダを使って、 「コントラスト」パラメータ の値を変更します。第 1 章 イメージ調整の概要 11 パラメータ値をリセットする 調整用のすべてのパラメータをデフォルト値にリセットすることができます。 調整のパラメータ値すべてをリセットするには: m 調整名の右にある「リセット」ボタンをクリックします。 調整の入/切を切り替える 調整の入/切を切り替えるには、チェックボックスを使用します。イメージにそれまで適用して きた調整の効果を確認するには、調整の入/切を切り替える方法をお勧めします。 ツールバーのツールを操作する ツールバーの中央および右側には、ビューアとブラウザでイメージを操作するためのツールがあ ります。これらのツールの多くは、調整コントロールと共に使用します。個別のツールについて 詳しくは、第 2 章「イメージを調整する」を参照してください。 「リセット」ボタン チェックボックスを 選択または選択解除して、 調整の入/切を切り替え ます。 選択 スタンプ 反時計回り トリミング リフト 時計回り スポットとパッチ 傾き補正 赤目12 第1章 イメージ調整の概要 フル・スクリーン・モードで調整を行う 「Aperture」には、画面上でカラー調整を行うために最適な作業環境を提供するフル・スクリー ン・モードが用意されています。フル・スクリーン・モードでは、黒を背景にイメージが表示さ れ、インターフェイス要素は数個に限定されています。できる限り高い品質の調整を行うために、 フル・スクリーン・モードで調整を行うことを強くお勧めします。フル・スクリーン・モードに ついて詳しくは、「Aperture」の「ヘルプ」メニューからアクセスできる「Aperture ユーザー ズマニュアル 」を参照してください。 フル・スクリーン・モードに切り替えるには、以下のいずれかの操作を行います: m 「表示」>「フルスクリーン」と選択します(またはF キーを押します)。 m コントロールバーの「フルスクリーン」ボタンをクリックします。 「Aperture」のメインウインドウに切り替えるには、以下のいずれかの操作を行います: m フィルムストリップの「フルスクリーンを終了」ボタンをクリックします(またはF キーか Esc キーを押します)。 フル・スクリーン・モードのときにも、イメージを調整するために必要なすべてのツールを利用 できます。 フル・スクリーン・モードのときに調整 HUD を表示するには: m Hキーを押します。 フル・スクリーン・モードのときにツールを利用するには: m ポインタを画面の上部に移動すると、フル・スクリーン・モードのツールバー表示されるので、 そこでツールを選択します。 デフォルトでは、フル・スクリーン・モードのツールバーは、ポインタを画面の上部に移動した ときにだけ表示されます。ツールバーが画面に常に表示されるように設定することもできます。 フル・スクリーン・モードのツールバーを画面に常に表示するには: m フル・スクリーン・モードで画面の上部にポインタを移動して、ツールバーの「常にツールバー を表示」ボタンをクリックします。 フル・スクリーン・モードの画面 最上部に表示されるツールバー 「常にツールバーを表示」ボタン第 1 章 イメージ調整の概要 13 イメージのグループに調整を適用する 1 つまたは複数の調整を一連のイメージに適用するには、最初に 1 つのイメージに調整を適用し、 次に「リフト」ツールと「スタンプ」ツール、およびリフトとスタンプ HUD を使って、最初の イメージから調整をリフトしてほかのイメージにスタンプします。 あるイメージから調整をリフトして複数のイメージにスタンプするには: 1 「リフト」ツールを選択します(またはO キーを押します)。 ポインタが「選択」ツールから「リフト」ツールに変化します。 2 コピーしたい調整を含むイメージをクリックします。 リフトとスタンプ HUDが表示され、イメージに適用される調整、IPTC メタデータ、およびキー ワードが示されます。 3 「 IPTC」および「キーワード」チェックボックスの選択を解除して、選択したイメージからIPTC メタデータおよびキーワードがコピーされないようにします。 「リフト」ツールを使って イメージをクリックします。 リフトとスタンプ HUDが表示されます。 チェックボックスの 選択を解除して、選択した イメージから項目がコピー されないようにします。14 第1章 イメージ調整の概要 4 必要に応じて、リフトとスタンプ HUD 内で「調整」の三角形の情報表示ボタンをクリックし、不 要な調整を選択してから Deleteキーを押して、不要な調整をすべて削除します。 5 ツールバーで「選択」ツールを選択し(またはAキーを押し)、以下のいずれかの操作を行います: Â 調整を適用したいイメージの周囲を矩形を描くようにドラッグして、イメージを選択します。 Â 隣接している複数のイメージを選択する場合はShiftキーを押しながらクリックする方法で、隣 接していない複数のイメージを選択する場合はコマンドキーを押しながらクリックする方法 で、調整を適用したいイメージを選択します。 参考:調整は、閉じたスタック内のイメージには適用されません。スタック内のイメージに調 整をスタンプする場合は、「スタック」>「スタックを開く」と選択して(または Shift + K キーを押して)最初にスタックを開く必要があります。 6 ツールバーの「スタンプ」ツールを選択してから、リフトとスタンプ HUD の「選択したイメージ をスタンプ」ボタンをクリックします。 最初のイメージからコピーされた調整が、選択したイメージに適用されます。リフトとスタンプ HUD の使いかたについて詳しくは、「Aperture」の「ヘルプ」メニューからアクセスできる 「Aperture ユーザーズマニュアル」を参照してください。 調整を選択し、Deleteキーを 押してそれを削除します。 「選択したイメージをスタンプ」 ボタンをクリックして、選択した イメージに調整を適用します。第 1 章 イメージ調整の概要 15 調整プリセットを操作する 同じ調整パラメータ設定をよく使う場合は、それらの設定を調整プリセットとして保存できま す。新しい調整プリセットを作成したり、調整プリセットの名前を変更したり、調整プリセット を並べ替えたり、不要になった調整プリセットを削除することができます。調整プリセットを削 除しても、すでにイメージに適用した調整には影響しません。プリセットは調整ごとに作成する ことができ、各調整のプリセットアクションのポップアップメニューから利用できます。(調整 プリセットは「Aperture」にあらかじめ用意されているものではなく、プリセットアクションの ポップアップメニューはそれらを作成したときにはじめて表示されます。) 調整プリセットを作成する 調整プリセットを作成するために必要な操作は、プリセットアクションのポップアップメニュー を使って調整パラメータ設定を保存し、名前を入力するだけです。 調整プリセットを作成するには: 1 保存したい調整パラメータ設定が適用されているイメージを選択します。 2 調整インスペクタまたは調整HUDで、調整のプリセットアクションのポップアップメニューから 「プリセットとして保存」を選択します。 参考:プリセットアクションのポップアップメニューは調整ごとに存在します。たとえば、ホワ イトバランスのパラメータ設定をプリセットとして保存したい場合は、「ホワイトバランス」調 整のプリセットアクションのポップアップメニューを使用します。 プリセットアクションの ポップアップメニュー プリセットアクションのポップ アップメニューから「プリセット として保存」を選択します。16 第1章 イメージ調整の概要 3 「調整プリセット」ダイアログで、新しい調整プリセットの名前を入力してから、「OK」をクリッ クします。 調整パラメータ設定が調整プリセットとして保存されます。保存した調整プリセットは、その調 整のプリセットアクションのポップアップメニューから利用できるようになります。 調整プリセットを適用する イメージに調整プリセットを適用するために必要な操作は、イメージを選択し、プリセットアク ションのポップアップメニューから調整プリセットを選ぶだけです。調整プリセットをイメージ に適用すると、調整プリセットに保存した設定を反映するために調整コントロールとパラメータ 値がアップデートされます。必要に応じて、イメージ調整処理で調整プリセットを適用してみて から、適用後のイメージの調整を修正することもできます。 調整プリセットをイメージに適用するには: 1 イメージを選択します。 2 調整インスペクタまたは調整HUDで、調整のプリセットアクションのポップアップメニューから イメージに適用したいプリセットを選択します。 調整プリセットがイメージに適用され、プリセットアクションのポップアップメニューでそのプ リセットの横にチェックマークが表示されます。 ここにプリセットの名前を 入力します。 「概要」列にパラメータ 設定が表示されます。 プリセットアクションの ポップアップメニューから 調整プリセットを選択します。第 1 章 イメージ調整の概要 17 調整プリセットの名前を変更する 調整プリセットの名前はいつでも変更できます。 調整プリセットの名前を変更するには: 1 調整インスペクタまたは調整HUDで、調整のプリセットアクションのポップアップメニューから 「プリセットを管理」を選択します。 2 「調整プリセット」ダイアログで、変更したい調整プリセットの名前をダブルクリックします。 調整プリセットの名前が強調表示されます。 3 新しい名前を入力して、Return キーを押します。 調整プリセットの名前が変更されます。 4 名前を変更したいすべてのプリセットについて手順 2と 3 を繰り返し、最後に「OK」をクリック します。 スペルの誤りを修正したいとき などに、調整プリセットの名前 を変更できます。 調整プリセットの名前を 変更するときは、その名前 をダブルクリックします。18 第1章 イメージ調整の概要 調整プリセットを整理する 作成した調整プリセットは、「調整プリセット」ダイアログとプリセットアクションのポップアッ プメニューのプリセットリストの一番下に追加されます。調整プリセットが増えてリストが長く なると、その中から特定のプリセットを見つけにくくなることがあります。その場合は、「調整 プリセット」ダイアログでプリセットの順序を並べ替えることができます。 調整プリセットを並べ替えるには: 1 調整インスペクタまたは調整HUDで、調整のプリセットアクションのポップアップメニューから 「プリセットを管理」を選択します。 2 「調整プリセット」ダイアログで、調整プリセットを新しい位置にドラッグします。 調整プリセットが配置された場所に黒いバーが表示されます。 3 調整プリセットリストの整理が完了するまで手順 2 を繰り返して、最後に「OK」をクリックし ます。 「調整プリセット」ダイアログの調整プリセットの順序を反映するために、プリセットアクショ ンのポップアップメニューのプリセットリストがアップデートされます。 調整プリセットを並べ替える ことができます。たとえば、 色合い値などのパラメータ 設定が似ているプリセットを 並べて表示します。 プリセットを新しい位置に ドラッグします。配置され た場所に黒いバーが表示 されます。第 1 章 イメージ調整の概要 19 調整プリセットを削除する 調整プリセットはいつでも削除できます。削除するプリセットを使ってすでに適用した調整には 影響しません。 調整プリセットを削除するには: 1 調整インスペクタまたは調整HUDで、調整のプリセットアクションのポップアップメニューから 「プリセットを管理」を選択します。 2 表示されるダイアログで削除したい調整プリセットを選択してから、Delete キーを押します。 調整プリセットが削除されます。 3 削除したいすべてのプリセットについて手順 2を繰り返し、最後に「OK」をクリックします。 「調整を取り除く」コマンド 「Aperture」では、イメージの選択項目からすべての調整を取り除くことができます。 参考:調整インスペクタまたは調整 HUD の、調整アクションのポップアップメニューにある「す べての調整を取り除く」コマンドは、1つのイメージだけの調整を取り除きます。 イメージの選択項目からすべての調整を取り除くには: 1 イメージのグループを選択します。 2 「イメージ」>「調整を取り除く」と選択します。 イメージの選択項目に適用されているすべての調整が取り除かれます。 カラーメーターを使用する 「Aperture」には、イメージのカラー値をサンプリングし、RGB、Lab、CMYK、HSL、または HSB 値として表示するために使用する内蔵のカラーメーターが用意されています。ポインタをイ メージまたはサムネールの上に置くと、カラー値が調整インスペクタまたは調整 HUD に表示さ れます。より正確なピクセルの選択のためにルーペを使用し、ルーペの拡大領域内に表示される カラー値を参照することもできます。20 第1章 イメージ調整の概要 カラー値をサンプリングする カラーメーターでは、ポインタまたはルーペのターゲット領域の下にイメージのピクセルのカ ラー値が表示されます。 ポインタを使用してイメージのカラー値をサンプリングするには: m カラー値をサンプリングしたいイメージの領域の上にポインタを置き、調整インスペクタまたは 調整 HUDの一番上に表示される値を確認します。 参考:複数の調整が適用されているサイズの大きなイメージを選択すると、数値ではなく、省略 記号(...)がカラーメーターに表示されます。イメージがレンダリングされるとすぐに、適切な 数値が表示されます。 ルーペを使用してイメージのカラー値をサンプリングするには: 1 ツールバーの「ルーペ」ボタンをクリックします(またはアットマーク(@)キーを押します)。 2 「表示」>「ルーペにカラー値を表示」と選択します。 3 カラー値をサンプリングしたいイメージの領域の上にルーペのターゲット領域を置くと、ルーペ の拡大領域に値が表示されます。 カラーメーター第 1 章 イメージ調整の概要 21 カラー値オプションを選択する 「Aperture」では、RGB、Lab、CMYK、HSB、または HSL カラー値を表示するようにカラーメー ターを設定できます。 カラーメーターのカラー値オプションを選択するには: m 調整インスペクタまたは調整HUDで、調整アクションのポップアップメニューからカラー値オプ ションを選択します。 カラー値オプションをここで選択します。22 第1章 イメージ調整の概要 カラー値のサンプリングサイズを選択する カラー値の決定に使用されるサンプリングサイズ(ピクセル領域)を設定することもできます。 カラーメーターのカラー値のサンプリングサイズを選択するには: m 調整インスペクタまたは調整HUDで、調整アクションのポップアップメニューから適切なカラー 値のサンプリングサイズを選択します。 外部エディタを使用する イメージを合成するなど、より高度なイメージ操作を行う必要がある場合は、「Aperture」で外 部エディタの使用を設定できます。最初に、「Aperture」で使用するアプリケーション、および 16 ビット・ファイル・フォーマット(TIFF または PSD)を指定する必要があります。これは、 1 回だけ実行する必要があります。次に、イメージを選択してメニューコマンドを選択し、外部 エディタに指定したアプリケーションでイメージを開きます。 「Aperture」に外部エディタを設定するには: 1 「Aperture」>「環境設定」と選択するか、コマンド+カンマ(,)キーを押します。 2 「外部イメージエディタ」フィールドの下の「選択」ボタンをクリックし、「アプリケーションを 選択」ダイアログでアプリケーションを探して、「選択」をクリックします。 「外部イメージエディタ」フィールドに、アプリケーションの名前が表示されます。 3 「外部エディタのファイルフォーマット」ポップアップメニューから、適切な16 ビット・ファイ ル・フォーマット(TIFF または PSD)を選択します。 これは、外部エディタでファイルを開くときに、「Aperture」が使用するファイルフォーマット です。 カラー値のサンプリングサイズ をここで選択します。第 1 章 イメージ調整の概要 23 「Aperture」で外部エディタを使用するには: 1 ブラウザでイメージを選択します。 2 「イメージ」>「外部エディタで開く」と選択します(またはコマンド+Shift+Oキーを押します)。 新規マスター・イメージ・ファイル(元のファイルは変更されません)が作成され、選択された ファイルフォーマットに変換してから、選択された外部エディタでイメージファイルが開かれま す。このイメージファイルは、元のマスターファイルと共にスタックに分類され、新しいマス ターファイルとして監視されます。 3 外部アプリケーションでイメージの修正が完了したら、イメージを保存します。 保存したイメージファイルは、「Aperture」で自動的にアップデートされます。 ヒストグラムの読み取り方法を理解する ヒストグラムは、イメージ内の相対的な明るさ(純粋な黒から純粋な白まで)を示すグラフです。 グラフの領域でイメージ内のすべてのピクセルを表します。ヒストグラムでは、左から右に、イ メージ内の濃いピクセル(シャドウ)、グレイのピクセル(ミッドトーン)、明るいピクセル(ハ イライト)の範囲を示します。ヒストグラムグラフの形状は、被写体と露出の色調に基づいて決 定されます。 ピクセルの増加 シャドウ ミッドトーン ハイライト 明るさの増加24 第1章 イメージ調整の概要 露出を評価する ヒストグラムは、露出を評価するための優れたツールです。たとえば、ヒストグラムの暗い側に ピークが集まっている場合は、通常、イメージが主に暗めのピクセルで構成されていて、露出ア ンダーであることを示します。 ヒストグラムの中央部分にピークが集まっている場合は、通常、露出の均等がとれていることを 示します。これは、ピクセルの大部分がヒストグラムのミッドトーン内に集中しているためです。 これらのピクセルは、暗すぎることも明るすぎることもありません。 一方、ヒストグラムの明るい側にピークが集まっている場合は、通常、イメージが露出オーバー であることを示します。これは、イメージのピクセルの大部分が明るすぎるためです。第 1 章 イメージ調整の概要 25 色調とコントラストの評価 ヒストグラムグラフは、イメージの露出を評価するための優れたツールですが、ヒストグラム から読み取れるのは露出情報だけではありません。ヒストグラムの形状は、被写体の色調の影響 も受けます。ヒストグラムを評価する際は、イメージの被写体を考慮に入れる必要があります。 たとえば、夜に撮影したイメージでは、ピーク値の大半が自然にヒストグラムの暗い側に集まり ます。 同様に、雪や海からの反射光のように被写体のイメージが明るい場合は、ピークの大半がヒスト グラムの明るい側に集まります。 ヒストグラムは、イメージのコントラストも示します。たとえば、次に示す日没を背景にしたハ ンモックの男性のシルエットには、ミッドトーンがほとんど含まれず、極端に明るい色調と暗い 色調の値が比較的均等に含まれています。この場合、ヒストグラムは暗い側と明るい側の両方に ピークのある形状になります。26 第1章 イメージ調整の概要 同様に、ヒストグラムでは、イメージのコントラスト不足を表すこともできます。たとえば、霧 の中にかかる虹のイメージでは、コントラストが不足しています。光に指向性がないと、イメー ジにはハイライトもシャドウもありません。この場合、ピークはヒストグラムの中央に集中し、 暗い側や明るい側には存在しません。 ヒストグラムを使ってイメージを修正する ヒストグラムを使用すると、十