Apple iPod_shuffle_Features_Guide_J.pdf 日本 Japon Apple sur FNAC.COM - Pour voir la liste complète des manuels APPLE, cliquez ici

 

 

TELECHARGER LE PDF : http://manuals.info.apple.com/ja/iPod_shuffle_Features_Guide_J.pdf

 

 

Voir également d'autres Guides APPLE :

Apple-NiPod_photo_Brukerhandbok_N0190269.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Pro_13inch_Mid2010_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Pro_17inch_Mid2010_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-Velkommen_til_Snow_Leopard.pdf-Norge-Norvege.htm

Apple-TimeCapsule_Klargjoringsoversikt.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPhone_3GS_Hurtigstart.pdf-Norge-Norvege

Apple-Snow_Leopard_Installeringsinstruksjoner.pdf-Norge-Norvege

Apple-iMacG5_iSight_UG.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_Handbok_S0342141.pdf-Norge-Norvege

Apple-ipad_brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-GE_Money_Bank_Handlekonto.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Air_11inch_Late2010_UG_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_nano_6thgen_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_touch_iOS4_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Air_13inch_Late2010_UG_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacBook_Pro_15inch_Early2011_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-Numbers09_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-Welcome_to_Leopard.pdf-Japon

Apple-PowerMacG5_UserGuide.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_touch_2.1_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-Boot_Camp_Installering-klargjoring.pdf-Norge-Norvege

Apple-MacOSX10.3_Welcome.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_shuffle_3rdGen_UG_H.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPhone_4_Viktig_produktinformasjon.pdf-Norge-Norvege

Apple_TV_Klargjoringsoversikt.pdf-Norge-Norvege

Apple-iMovie_08_Komme_i_gang.pdf-Norge-Norvege

Apple-iPod_classic_160GB_Brukerhandbok.pdf-Norge-Norvege

Apple-Boot_Camp_Installering_10.6.pdf-Norge-Norvege

Apple-Network-Services-Location-Manager-Veiledning-for-nettverksadministratorer-Norge-Norvege

Apple-iOS_Business_Mar12_FR.pdf

Apple-PCIDualAttachedFDDICard.pdf

Apple-Aperture_Installing_Your_Software_f.pdf

Apple-User_Management_Admin_v10.4.pdf

Apple-Compressor-4-ユーザーズマニュアル Japon

Apple-Network_Services_v10.4.pdf

Apple-iPod_2ndGen_USB_Power_Adapter-DE

Apple-Mail_Service_v10.4.pdf

Apple-AirPort_Express_Opstillingsvejledning_5.1.pdf

Apple-MagSafe_Airline_Adapter.pdf

Apple-L-Apple-Multiple-Scan-20-Display

Apple-Administration_du_service_de_messagerie_10.5.pdf

Apple-System_Image_Admin.pdf

Apple-iMac_Intel-based_Late2006.pdf-Japon

Apple-iPhone_3GS_Finger_Tips_J.pdf-Japon

Apple-Power-Mac-G4-Mirrored-Drive-Doors-Japon

Apple-AirMac-カード取り付け手順-Japon

Apple-iPhone開発ガイド-Japon

Apple-atadrive_pmg4mdd.j.pdf-Japon

Apple-iPod_touch_2.2_User_Guide_J.pdf-Japon

Apple-Mac_OS_X_Server_v10.2.pdf

Apple-AppleCare_Protection_Plan_for_Apple_TV.pdf

Apple_Component_AV_Cable.pdf

Apple-DVD_Studio_Pro_4_Installation_de_votre_logiciel

Apple-Windows_Services

Apple-Motion_3_New_Features_F

Apple-g4mdd-fw800-lowerfan

Apple-MacOSX10.3_Welcome

Apple-Print_Service

Apple-Xserve_Setup_Guide_F

Apple-PowerBookG4_17inch1.67GHzUG

Apple-iMac_Intel-based_Late2006

Apple-Installation_de_votre_logiciel

Apple-guide_des_fonctions_de_l_iPod_nano

Apple-Administration_de_serveur_v10.5

Apple-Mac-OS-X-Server-Premiers-contacts-Pour-la-version-10.3-ou-ulterieure

Apple-boot_camp_install-setup

Apple-iBookG3_14inchUserGuideMultilingual

Apple-mac_pro_server_mid2010_ug_f

Apple-Motion_Supplemental_Documentation

Apple-imac_mid2011_ug_f

Apple-iphone_guide_de_l_utilisateur

Apple-macbook_air_11inch_mid2011_ug_fr

Apple-NouvellesfonctionnalitesdeLogicExpress7.2

Apple-QT_Streaming_Server

Apple-Web_Technologies_Admin

Apple-Mac_Pro_Early2009_4707_UG

Apple-guide_de_l_utilisateur_de_Numbers08

Apple-Decouverte_d_Aperture_2

Apple-Guide_de_configuration_et_d'administration

Apple-mac_integration_basics_fr_106.

Apple-iPod_shuffle_4thgen_Guide_de_l_utilisateur

Apple-ARA_Japan

Apple-081811_APP_iPhone_Japanese_v5.4.pdf-Japan

Apple-Recycle_Contract120919.pdf-Japan

Apple-World_Travel_Adapter_Kit_UG

Apple-iPod_nano_6thgen_User_Guide

Apple-RemoteSupportJP

Apple-Mac_mini_Early2009_UG_F.pdf-Manuel-de-l-utilisateur

Apple-Compressor_3_Batch_Monitor_User_Manual_F.pdf-Manuel-de-l-utilisateur

Apple-Premiers__contacts_avec_iDVD_08

Apple-Mac_mini_Intel_User_Guide.pdf

Apple-Prise_en_charge_des_surfaces_de_controle_Logic_Express_8

Apple-mac_integration_basics_fr_107.pdf

Apple-Final-Cut-Pro-7-Niveau-1-Guide-de-preparation-a-l-examen

Apple-Logic9-examen-prep-fr.pdf-Logic-Pro-9-Niveau-1-Guide-de-preparation-a-l-examen

Apple-aperture_photography_fundamentals.pdf-Manuel-de-l-utilisateu

Apple-emac-memory.pdf-Manuel-de-l-utilisateur

Apple-Apple-Installation-et-configuration-de-votre-Power-Mac-G4

Apple-Guide_de_l_administrateur_d_Xsan_2.pdf

Apple-premiers_contacts_avec_imovie6.pdf

Apple-Tiger_Guide_Installation_et_de_configuration.pdf

Apple-Final-Cut-Pro-7-Level-One-Exam-Preparation-Guide-and-Practice-Exam

Apple-Open_Directory.pdf

Apple-Nike_+_iPod_User_guide

Apple-ard_admin_guide_2.2_fr.pdf

Apple-systemoverviewj.pdf-Japon

Apple-Xserve_TO_J070411.pdf-Japon

Apple-Mac_Pro_User_Guide.pdf

Apple-iMacG5_iSight_UG.pdf

Apple-premiers_contacts_avec_iwork_08.pdf

Apple-services_de_collaboration_2e_ed_10.4.pdf

Apple-iPhone_Bluetooth_Headset_Benutzerhandbuch.pdf

Apple-Guide_de_l_utilisateur_de_Keynote08.pdf

APPLE/Apple-Logic-Pro-9-Effectsrfr.pdf

Apple-Logic-Pro-9-Effectsrfr.pdf

Apple-iPod_shuffle_3rdGen_UG_F.pdf

Apple-iPod_classic_160Go_Guide_de_l_utilisateur.pdf

Apple-iBookG4GettingStarted.pdf

Apple-Administration_de_technologies_web_10.5.pdf

Apple-Compressor-4-User-Manual-fr

Apple-MainStage-User-Manual-fr.pdf

Apple-Logic_Pro_8.0_lbn_j.pdf

Apple-PowerBookG4_15inch1.67-1.5GHzUserGuide.pdf

Apple-MacBook_Pro_15inch_Mid2010_CH.pdf

Apple-LED_Cinema_Display_27-inch_UG.pdf

Apple-MacBook_Pro_15inch_Mid2009_RS.pdf

Apple-macbook_pro_13inch_early2011_f.pdf

Apple-iMac_Mid2010_UG_BR.pdf

Apple-iMac_Late2009_UG_J.pdf

Apple-iphone_user_guide-For-iOS-6-Software

Apple-iDVD5_Getting_Started.pdf

Apple-guide_des_fonctionnalites_de_l_ipod_touch.pdf

Apple_iPod_touch_User_Guide

Apple_macbook_pro_13inch_early2011_f

Apple_Guide_de_l_utilisateur_d_Utilitaire_RAID

Apple_Time_Capsule_Early2009_Setup_F

Apple_iphone_4s_finger_tips_guide_rs

Apple_iphone_upute_za_uporabu

Apple_ipad_user_guide_ta

Apple_iPod_touch_User_Guide

apple_earpods_user_guide

apple_iphone_gebruikershandleiding

apple_iphone_5_info

apple_iphone_brukerhandbok

apple_apple_tv_3rd_gen_setup_tw

apple_macbook_pro-retina-mid-2012-important_product_info_ch

apple_Macintosh-User-s-Guide-for-Macintosh-PowerBook-145

Apple_ipod_touch_user_guide_ta

Apple_TV_2nd_gen_Setup_Guide_h

Apple_ipod_touch_manual_del_usuario

Apple_iphone_4s_finger_tips_guide_tu

Apple_macbook_pro_retina_qs_th

Apple-Manuel_de_l'utilisateur_de_Final_Cut_Server

Apple-iMac_G5_de_lutilisateur

Apple-Cinema_Tools_4.0_User_Manual_F

Apple-Personal-LaserWriter300-User-s-Guide

Apple-QuickTake-100-User-s-Guide-for-Macintosh

Apple-User-s-Guide-Macintosh-LC-630-DOS-Compatible

Apple-iPhone_iOS3.1_User_Guide

Apple-iphone_4s_important_product_information_guide

Apple-iPod_shuffle_Features_Guide_F

Liste-documentation-apple

Apple-Premiers_contacts_avec_iMovie_08

Apple-macbook_pro-retina-mid-2012-important_product_info_br

Apple-macbook_pro-13-inch-mid-2012-important_product_info

Apple-macbook_air-11-inch_mid-2012-qs_br

Apple-Manuel_de_l_utilisateur_de_MainStage

Apple-Compressor_3_User_Manual_F

Apple-Color_1.0_User_Manual_F

Apple-guide_de_configuration_airport_express_4.2

Apple-TimeCapsule_SetupGuide

Apple-Instruments_et_effets_Logic_Express_8

Apple-Manuel_de_l_utilisateur_de_WaveBurner

Apple-Macmini_Guide_de_l'utilisateur

Apple-PowerMacG5_UserGuide

Disque dur, ATA parallèle Instructions de remplacement

Apple-final_cut_pro_x_logic_effects_ref_f

Apple-Leopard_Installationshandbok

Manuale Utente PowerBookG4

Apple-thunderbolt_display_getting_started_1e

Apple-Compressor-4-Benutzerhandbuch

Apple-macbook_air_11inch_mid2011_ug

Apple-macbook_air-mid-2012-important_product_info_j

Apple-iPod-nano-Guide-des-fonctionnalites

Apple-iPod-nano-Guide-des-fonctionnalites

Apple-iPod-nano-Guide-de-l-utilisateur-4eme-generation

Apple-iPod-nano-Guide-de-l-utilisateur-4eme-generation

Apple-Manuel_de_l_utilisateur_d_Utilitaire_de_reponse_d_impulsion

Apple-Aperture_2_Raccourcis_clavier

AppleTV_Setup-Guide

Apple-livetype_2_user_manual_f

Apple-imacG5_17inch_harddrive

Apple-macbook_air_guide_de_l_utilisateur

Apple-MacBook_Early_2008_Guide_de_l_utilisateur

Apple-Keynote-2-Guide-de-l-utilisateur

Apple-PowerBook-User-s-Guide-for-PowerBook-computers

Apple-Macintosh-Performa-User-s-Guide-5200CD-and-5300CD

Apple-Macintosh-Performa-User-s-Guide

Apple-Workgroup-Server-Guide

Apple-iPod-nano-Guide-des-fonctionnalites

Apple-iPad-User-Guide-For-iOS-5-1-Software

Apple-Boot-Camp-Guide-d-installation-et-de-configuration

Apple-iPod-nano-Guide-de-l-utilisateur-4eme-generation

Power Mac G5 Guide de l’utilisateur APPLE

Guide de l'utilisateur PAGE '08 APPLE

Guide de l'utilisateur KEYNOTE '09 APPLE

Guide de l'Utilisateur KEYNOTE '3 APPLE

Guide de l'Utilisateur UTILITAIRE RAID

Guide de l'Utilisateur Logic Studio

Power Mac G5 Guide de l’utilisateur APPLE

Guide de l'utilisateur PAGE '08 APPLE

Guide de l'utilisateur KEYNOTE '09 APPLE

Guide de l'Utilisateur KEYNOTE '3 APPLE

Guide de l'Utilisateur UTILITAIRE RAID

Guide de l'Utilisateur Logic Studio

Guide de l’utilisateur ipad Pour le logiciel iOS 5.1

PowerBook G4 Premiers Contacts APPLE

Guide de l'Utilisateur iphone pour le logiciel ios 5.1 APPLE

Guide de l’utilisateur ipad Pour le logiciel iOS 4,3

Guide de l’utilisateur iPod nano 5ème génération

Guide de l'utilisateur iPod Touch 2.2 APPLE

Guide de l’utilisateur QuickTime 7  Mac OS X 10.3.9 et ultérieur Windows XP et Windows 2000

Guide de l'utilisateur MacBook 13 pouces Mi 2010

Guide de l’utilisateur iPhone (Pour les logiciels iOS 4.2 et 4.3)

Guide-de-l-utilisateur-iPod-touch-pour-le-logiciel-ios-4-3-APPLE

Guide-de-l-utilisateur-iPad-2-pour-le-logiciel-ios-4-3-APPLE

Guide de déploiement en entreprise iPhone OS

Guide-de-l-administrateur-Apple-Remote-Desktop-3-1

Guide-de-l-utilisateur-Apple-Xserve-Diagnostics-Version-3X103

Guide-de-configuration-AirPort-Extreme-802.11n-5e-Generation

Guide-de-configuration-AirPort-Extreme-802-11n-5e-Generation

Guide-de-l-utilisateur-Capteur-Nike-iPod

Guide-de-l-utilisateur-iMac-21-5-pouces-et-27-pouces-mi-2011-APPLE

Guide-de-l-utilisateur-Apple-Qadministrator-4

Guide-d-installation-Apple-TV-3-eme-generation

User-Guide-iPad-For-ios-5-1-Software

iPod shuffle 機能ガイド2 2 目次 第 1章 3 iPod shuffleの基本 4 iPod shuffle各部の説明 4 iPod shuffleのコントロールを使用する 5 iPod shuffleを接続する/接続解除する(取り外す) 6 バッテリーを充電する 7 ステータスランプ 第 2章 9 音楽を読み込む/再生する 9 iTunesについて 10 iTunesライブラリに音楽を読み込む 13 音楽を整理する 13 音楽を iPod shuffleに読み込む 16 音楽を再生する 第 3章 19 iPod shuffleにファイルを保存する 19 iPod shuffleを外部ディスクとして使用する 第 4章 21 iPod shuffleのアクセサリ 21 アップル製イヤフォン 22 iPod shuffle Dock 22 iPod USB Power Adapter(iPod USB電源アダプタ) 22 購入できるアクセサリ 第 5章 23 ヒントとトラブルシューティング 26 iPod shuffleソフトウェアをアップデートする/復元する 第 6章 27 安全にお使いいただくための注意点と取り扱い方法 27 安全性に関する重要な情報 29 取り扱いに関する重要な情報 第 7章 30 その他の情報、サービス、サポート1 3 1 iPod shuffle の基本 このたびは iPod shuffle をご購入いただき、ありがとうございます。 この章では、iPod shuffle の機能、コントロールの使用方法などにつ いて説明します。 iPod shuffleを使用するには、曲およびその他のオーディオファイルをお使いのコンピュータに 置いてから、iPod shuffle に読み込みます。 iPod shuffle は、以下の用途に使用できます:  曲を読み込み、持ち歩いて聴く  Podcast(インターネット経由で配布される、ダウンロード可能なラジオ形式の番組)を聴く  iTunes Storeまたは audible.com から購入したオーディオブックを聴く  iPod shuffleを外部ディスクとして使用して、ファイルやその他のデータを保存またはバック アップする4 第1章 iPod shuffle の基本 iPod shuffle各部の説明 iPod shuffleのコントロールを使用する iPod shuffleでは、いくつかのコントロールを操作するだけで、曲、オーディオブック、および Podcast を簡単に再生できます。 ヘッドフォンポート 前へ/巻き戻し 再生/一時停止 次へ/早送り 音量ダウン 電源スイッチ 上部ステータスランプ 音量アップ シャッフルスイッチ 下部ステータスランプ OFF 操作 手順 iPod shuffleの電源を入れる/切る 電源スイッチを切り替えます(緑色は、iPod shuffle の電源が入ってい ることを示します)。 再生する 「再生/一時停止」(’)ボタンを押します。 一時停止する 「再生/一時停止」(’)ボタンを押します。 音量を調節する 「音量アップ」(∂)ボタンまたは「音量ダウン」(D)ボタンを押します。 再生順序を設定する シャッフルスイッチを切り替えます(シャッフル再生するときは ¡、 順序通りに再生するときは ⁄の位置にします)。 次のトラックを再生する 「次へ/早送り」ボタン(‘)を押します。 トラックの最初から再生する 「前へ/巻き戻し」ボタン(])を押します。 前のトラックを再生する 「前へ/巻き戻し」ボタン(])を 2 回押します。 最初のトラックに移動する 「再生/一時停止」(’)ボタンをすばやく 3 回押します。 早送りする/巻き戻す 「次へ/早送り」ボタン(‘)または「前へ/巻き戻し」ボタン(]) を押し続けます。 iPod shuffleのボタンを一時的に使用 できないようにする (誤って操作ボタンを押してしまうのを 防ぎます) 「再生/一時停止」(’)ボタンを約 3 秒間(オレンジ色のステータス ランプが 3 回点滅するまで)押します。 ボタンを使用できるようにするときは、同じ操作を繰り返します(緑色 のステータスランプが 3 回点滅します)。 iPod shuffleをリセットする (iPod shuffle が応答しない場合) iPod shuffle を Dockから取り出します。iPod shuffle の電源を切って、 5 秒待ち、それからもう一度電源を入れ直します。 iPod shuffleのシリアル番号を 確認する iPod shuffle 底面のクリップの噛み合わせ部分を見てください。または、 iPod shuffle をコンピュータに接続しているときに、「iTunes」のソース パネルで iPod shuffleを選択し、「設定」タブをクリックしてください。第 1 章 iPod shuffleの基本 5 iPod shuffleを接続する/接続解除する(取り外す) iPod shuffleをコンピュータに接続して、曲やその他のオーディオファイルの読み込み、および バッテリーの充電ができます。完了したら、iPod shuffle を取り外します。 iPod shuffle を接続する iPod shuffleをコンピュータに接続するには: m 付属のiPod shuffle DockをコンピュータのUSBポートに接続します。次に、iPod shuffleをDock にセットします。 参考:バッテリーを充電するときは、高電力型 USB ポートに Dock を接続してください。USB 2.0 ポートの使用をお勧めします。キーボード上の USBポートは使用しないでください。 iPod shuffleをコンピュータにはじめて接続するときには、「iPod 設定アシスタント」に従って、 iPod shuffleの設定や iTunes ライブラリの同期を行うことができます。 重要:一度あるコンピュータの iTunes ライブラリと iPod shuffle を同期した後は、その iPod shuffle を別のコンピュータに接続するたびに、その新しいコンピュータの iTunes ライブ ラリと同期するかどうかを確認するメッセージが表示されます。現在 iPod shuffle 上にある音楽 コンテンツを残しておきたい場合は、「キャンセル」をクリックします。または、iPod shuffle 上 にあるコンテンツは残したままで、その中から購入した曲だけを新しいコンピュータの iTunes ライブラリにコピーしたい場合は、「購入したものを転送」をクリックします。詳しくは、「iTunes ヘルプ」を参照してください。 iPod shuffle の接続を解除する オーディオファイルを読み込んでいる間、または iPod shuffle を外部ディスクとして使用してい るときは、コンピュータから iPod shuffle を絶対に取り外さないでください。iTunes ウインド ウの上部または iPod shuffle のステータスランプを見れば、iPod shuffle を取り外せるかどうか が分かります。 重要:「iTunes」に「接続を解除しないでください。」というメッセージが表示されているとき、 または iPod shuffle上でオレンジ色のステータスランプが点滅しているときは、iPod shuffle を 取り出してから取り外す必要があります。この操作を行わないと、iPod shuffle 上のファイルが 壊れてしまう可能性があります。 ディスクとして使用するように iPod shuffle を設定している場合は(19 ページを参照)、必ず iPod shuffleを取り出してから取り外す必要があります。6 第1章 iPod shuffle の基本 iPod shuffleを取り出すには: m 「iTunes」で、ソースパネルの iPod shuffle の横にある「取り出し」(C)ボタンをクリックします。 Mac を使用している場合は、iPod shuffle のデスクトップアイコンを「ゴミ箱」にドラッグして iPod shuffleを取り出すこともできます。 Windows PC を使用している場合は、Windows システムトレイで「ハードウェアを安全に取り 外す」アイコンを選択し、お使いの iPod shuffle を選択することによって、iPod shuffle を取り 出すこともできます。 iPod shuffleの接続を解除するには: m iPod shuffleを Dock から取り出します。 バッテリーを充電する iPod shuffleには、充電式のバッテリーが内蔵されています。 快適にお使いいただくために、iPod shuffle をはじめて使用するときは、バッテリーを完全に充 電してください。空のバッテリーは約 2 時間で 80%充電され、約4 時間で完全に充電されます。 iPod shuffleをしばらく使用しなかった場合、バッテリーの再充電が必要になることがあります。 コンピュータを使ってバッテリーを充電するには: m 付属のiPod shuffle Dockを使って、iPod shuffleをコンピュータの高電力型USBポートに接続し ます。コンピュータの電源が入っていて、スリープモードになっていない必要があります(一部 のモデルの Macintosh では、スリープモードでも iPod shuffle を充電できます)。 バッテリーの充電中は、iPod shuffle 上のステータスランプがオレンジ色になっています。バッ テリーが完全に充電されると、ランプは緑色に変わります。 参考:iPod shuffle をディスクとして使用している場合(19 ページを参照)、または「iTunes」 を使って iPod shuffle に曲または設定を読み込んでいる場合は、オレンジ色のステータスランプ が点滅し、iPod shuffle を取り出してから取り外す必要があることが警告されます。 ステータスランプが表示されない場合は、iPod shuffle が高電力型 USBポートに接続されていな い可能性があります。コンピュータの別の USB ポートで試してください。 参考:バッテリーの充電中に音楽を読み込むことができます。 お使いのコンピュータから離れているときに iPod shuffle を充電したい場合は、iPod shuffle を iPod USB Power Adapter(iPod USB 電源アダプタ)に接続することもできます。この装置は www.apple.com/jp で購入できます。第 1 章 iPod shuffleの基本 7 iPod USB 電源アダプタを使ってバッテリーを充電するには: 1 AC プラグアダプタを電源アダプタに接続します(すでに接続されている場合もあります)。 2 iPod shuffle Dock の USB コネクタを電源アダプタに差し込みます。 3 電源アダプタのプラグをコンセントに差し込みます。 4 iPod shuffleを Dock にセットします。 完全に充電される前でも、コンピュータから取り外して、iPod shuffle を使用することができ ます。 参考:充電式のバッテリーに充電できる回数は限られています。バッテリーの寿命と充電回数は、 使用方法と設定によって異なります。詳しくは、www.apple.com/jp/batteries を参照してくだ さい。 バッテリーステータスを確認する iPod shuffleの電源を入れたときまたはコンピュータや電源アダプタから取り外したときに、ス テータスランプを見ればおおまかなバッテリー残量が分かります。詳しくは、次のセクションの 表を参照してください。iPod shuffle の電源がすでに入っているときは、iPod shuffle のスイッ チをオフにしてからすぐにオンに戻すことで、再生を中断しなくてもバッテリーステータスを確 認できます。 ステータスランプ iPod shuffleには、上部と下部に 1 つずつ、2 つのステータスランプがあります。これらのラン プを見ることで、ボタンを押したこと、バッテリーの状態、iPod shuffle がディスクとして使用 されていること、または何らかの問題が起きているかどうかが分かります。 警告:ご使用になる前に、28 ページに記載されている安全性に関する指示(「iPod USB 電源 アダプタ(別売)を使用する」)をよくお読みください。 AC プラグアダプタ iPod USB Power Adapter (iPod USB 電源アダプタ) iPod shuffle Dock ケーブル8 第1章 iPod shuffle の基本 電源を入れたとき、または取り外したとき 緑 残量-十分(30% – 100%) オレンジ 残量-少ない(10% – 30%) 赤 残量-ほとんどなし(< 10%) 消灯 残量-なし 緑色 1 回とオレンジ色 2 回が 交互に繰り返される(10 秒間) エラー:iPod shuffle を復元する 必要があります 接続しているとき オレンジ(連続して点灯) 充電中 緑(連続して点灯) 充電完了 オレンジ色が点滅 (連続して点灯) 取り外さないでください(「iTunes」が同期 しているか、またはディスクとして使用す るようにiPod shuffleが設定されています) ボタンを押したとき 緑 再生(’) 緑(1 分間) 一時停止(’) 押し続けたとき: 緑色の後にオレンジ色 3 回 ボタンは一時的に使用できません オレンジ色の後に緑色 3 回 ボタンを使用できます 緑 音量アップ(∂)または音量ダウン(D) オレンジ色 3 回 ユーザが設定した音量制限に達しました 押し続けたとき: 緑 音量アップ(∂)または音量ダウン(D) 消灯 最大音量または音量ゼロに達しました オレンジ色 3 回 ユーザが設定した音量制限に達しました 緑 前のトラック(]) 押し続けたとき: 緑 巻き戻し(]) 緑 次のトラック(‘) 押し続けたとき: 緑 早送り(‘) いずれかのボタン オレンジ 操作なし(ボタンは使用できない状態です) 緑色とオレンジ色が交互に 繰り返される(2 秒間) エラー:音楽が読み込まれていません iPod shuffleを再生しているとき 赤色が点滅(連続して点灯) バッテリーがほとんどありません2 9 2 音楽を読み込む/再生する iPod shuffleを使って、好きな場所に音楽コレクションを持ち出すこ とができます。この章では、音楽を読み込んでiPod shuffle で再生す る方法について説明します。 iPod shuffleを使うときには、曲、オーディオブック、およびPodcast(ラジオ形式のオーディ オ番組)をコンピュータに読み込んでから、それらをiPod shuffle に読み込みます。この操作に 含まれる手順について、詳しく説明していきます:  音楽を手持ちの CD コレクション、ハードディスク、またはiTunes Store(「iTunes」の一部で、 一部の国でのみ利用可能です)から、コンピュータの「iTunes」アプリケーションに読み込 みます。  音楽やその他のオーディオを並べ替えてプレイリストを作成する  曲、オーディオブック、およびPodcastを iPod shuffle に読み込む  音楽やその他のオーディオを持ち歩いて聴く iTunesについて 「iTunes」は、音楽、オーディオブック、Podcast を iPod shuffle と同期するときに使用するソ フトウェアです。iPod shuffle をコンピュータに接続すると、「iTunes」が自動的に開きます。 このガイドでは、「iTunes」を使って、曲やその他のオーディオをコンピュータに読み込む方法、 お気に入りの曲のパーソナルコンピレーション(プレイリストと呼びます)を作成する方法、そ れらを iPod shuffleに読み込む方法、および iPod shuffle の設定を調整する方法について説明し ます。 「iTunes」にはほかにも多くの機能があります。詳しくは、「iTunes」を開き、「ヘルプ」>「iTunes ヘルプ」と選択してください。10 第2章 音楽を読み込む/再生する iTunesライブラリに音楽を読み込む iPod shuffle で音楽を聴くときは、まずお使いのコンピュータ上の iTunes ライブラリにその音 楽を読み込む必要があります。 iTunesライブラリに音楽を読み込むには、3 つの方法があります:  iTunes Store からオンラインで音楽およびオーディオブックを購入したり Podcast をダウン ロードする。  オーディオ CD から音楽を読み込む。  すでにコンピュータ上にある音楽およびその他のオーディオを追加する。 iTunes Store を使って曲を購入する/ Podcastをダウンロードする インターネットに接続している場合は、iTunes Store を使って、曲、アルバム、およびオーディ オブックをオンラインで簡単に購入してダウンロードできます。Podcast(ラジオ形式のオーディ オ番組)を登録してダウンロードすることもできます。 iTunes Storeからオンラインで音楽を購入するときは、「iTunes」で Apple アカウントを設定し てから、目的の曲を探して購入します。Appleアカウントをすでに持っている場合、または AOL (America Online)アカウントを持っている場合は、そのアカウントを使って iTunes Store にサ インインし、曲を購入できます(このオプションは一部の国でのみ利用可能です)。 iTunes Store にサインインするには: m 「iTunes」を開きます:  すでに iTunes アカウントがある場合は、「Store」>「サインイン」と選択します。  まだ iTunes アカウントがない場合は、「Store」>「アカウントを作成」と選択し、画面上の指 示に従って Apple アカウントを作成するか、既存のApple アカウント情報または AOL アカウ ント情報を入力します。 曲、オーディオブック、およびPodcast を検索するには: iTunes Storeで、目的のアルバム、曲、アーティストをブラウズまたは検索できます。「iTunes」 を開き、ソースパネルで「iTunes Store」をクリックします。  iTunes Store をブラウズするには、「ジャンルを選ぶ」ポップアップメニューから音楽ジャン ルを選択するか、表示されているリリースまたは曲の 1 つをクリックするか、iTunes Store ウ インドウにある「ブラウズ」ボタンをクリックします。  Podcast をブラウズするには、iTunes Storeウインドウにある Podcastへのリンクをクリック します。第 2 章 音楽を読み込む/再生する 11  iTunes Store で検索を行うときは、「iTunes Store を検索」フィールドにアルバム、曲、アー ティスト、または作曲者の名前を入力します。  検索結果を絞り込むときは、「iTunes Store を検索」検索フィールドに何か入力し、キーボー ドの Returnキーまたは Enter キーを押した後、検索バー内の項目をクリックします。たとえ ば、曲のタイトルやアルバムに絞り込むには、「ミュージック」をクリックします。  複数の項目を組み合わせて検索するには、iTunes Storeウインドウにある「パワーサーチ」を クリックします。  iTunes Storeのメインページに戻るには、iTunes Storeウインドウの左上にあるホームボタン をクリックします。 曲、アルバム、またはオーディオブックを購入するには: 1 ソースパネルで「iTunes Store」をクリックし、購入したい項目を探します。 曲やその他の項目をダブルクリックしてその一部を試聴して、欲しい項目を確認できます。 2 「曲を購入」、「アルバムを購入」、または「ブックを購入」をクリックします。 項目がコンピュータにダウンロードされ、お持ちの Apple アカウントまたは AOL アカウントで 指定されているクレジットカードに請求が発生します。 Podcast をダウンロードする/登録するには: 1 ソースパネルで「iTunes Store」をクリックします。 2 iTunes Storeのメインページの左側にある Podcastへのリンクをクリックします。 3 ダウンロードしたい Podcast をブラウズします。  1 つの Podcast エピソードをダウンロードするときは、エピソードの横にある「エピソードを 入手」ボタンをクリックします。  Podcast を登録するときは、Podcast グラフィックスの横にある「登録する」ボタンをクリッ クします。最も新しいエピソードが「iTunes」にダウンロードされます。インターネットに接 続している場合、新しいエピソードが入手できる状態になると、それらが「iTunes」に自動的 にダウンロードされます。 オーディオ CDから iTunes に音楽を読み込む CD から「iTunes」に音楽を読み込むには、以下の手順を行います。 オーディオ CD から iTunes に音楽を読み込むには: 1 コンピュータに CD を挿入し、「iTunes」を開きます。 インターネットに接続している場合は、CD に収録されている曲の名前が自動的にインターネッ トから取得され(取得できる場合)、ウインドウに表示されます。 インターネットに接続していない場合でも、CD を読み込んでおいて、後でインターネットに接 続したときに「詳細」>「CD トラック名を取得」と選択することもできます。読み込んだ CD のトラック名がインターネットから取得されます。 CD トラック名をオンラインで取得できない場合は、曲の名前を手動で入力できます。12 ページ の「曲の名前やその他の詳細を入力する」を参照してください。12 第2章 音楽を読み込む/再生する 入力された曲の情報を使って、「iTunes」でタイトル、アーティスト、アルバムなどで曲をブラ ウズできます。 2 CD から読み込みたくない曲がある場合は、その曲の横にあるチェックマークをクリックして外 します。 3 「読み込み」(Mac OS Xの場合)または「インポート」(Windows の場合)ボタンをクリックし ます。iTunesウインドウの上部の表示領域に、各曲の読み込みにかかる時間が表示されます。 デフォルトでは、読み込み中に曲が再生されます。多数の曲を読み込む場合は、パフォーマンス を向上させるために曲の再生を停止することをお勧めします。 4 CD を取り出すには、「取り出し」(C)ボタンをクリックします。 5 ほかの CD からも曲を読み込みたい場合は、これらの手順を繰り返します。 曲の名前やその他の詳細を入力する iTunesライブラリの曲やその他の項目について、曲のタイトルやその他の情報(コメントなど) を手動で入力できます。 CD に収録されている曲のタイトルやその他の情報を手動で入力するには: 1 CD の最初のトラックを選択し、「ファイル」>「情報を見る」と選択します。 2 「情報」をクリックします。 3 曲の情報を入力します。 4 「次へ」をクリックして、次のトラックの情報を入力します。 コンピュータ上の既存の曲を「iTunes」のライブラリに追加する MP3などのデジタル音楽ファイルがすでにコンピュータ上にある場合、簡単にそれらを「iTunes」 のライブラリに追加することができます。 コンピュータ上の曲を「iTunes」のライブラリに追加するには: m オーディオファイルが含まれるフォルダまたはディスクを、「iTunes」のソースパネルにある「ラ イブラリ」にドラッグします(または、「ファイル」>「ライブラリに追加」と選択し、フォル ダまたはディスクを選択します)。「iTunes」が曲のファイル形式に対応している場合には、 「iTunes」のライブラリに曲が自動的に追加されます。 曲のファイルを個別に「iTunes」にドラッグすることもできます。 参考:Windowsで「iTunes」を使用する場合は、「Windows Media Player」で作成された保護 されていないデジタル音楽ファイルを、AAC や MP3 などの iTunes 対応のファイル形式に変換 できます。これは、WMA 形式でエンコードされた音楽がある場合に便利です。詳しいことを知 りたいときは、「iTunes」を開き、「ヘルプ」>「iTunes ヘルプ」と選択してください。第 2 章 音楽を読み込む/再生する 13 音楽を整理する 「iTunes」を使用して、音楽やその他の項目を好きな方法で並べ替えて、プレイリストと呼ばれ るリストを作成ができます。たとえば、運動中に聴くための曲をまとめたプレイリストや、気分 に合った曲をまとめたプレイリストを作成できます。 設定したルールに基づいて自動的にアップデートされるスマートプレイリストを作成すること もできます。それらのルールに一致する曲を「iTunes」に追加すると、自動的にスマートプレイ リストに追加されます。 「iTunes」のライブラリに入っている曲を使って、好きなだけプレイリストを作成できます。曲 をプレイリストに追加したり、後でプレイリストから削除しても、その曲が「iTunes」のライブ ラリから取り除かれることはありません。 iTunesにプレイリストを作成するには: 1 追加(∂)ボタンをクリックするか、「ファイル」>「新規プレイリスト」と選択します。 2 プレイリストの名前を入力します。 3 「ライブラリ」リストにある「ミュージック」をクリックしてから、曲やその他の項目をプレイ リストにドラッグします。 複数の曲を選択するには、Shift キーかコマンド(x)キー(Mac OS X の場合)、または Shift キーか Controlキー(Windows の場合)を押しながら、曲をクリックします。 スマートプレイリストを作成するには: m 「ファイル」>「新規スマートプレイリスト」と選択し、プレイリストのルールを選択します。 音楽を iPod shuffle に読み込む 音楽を「iTunes」に読み込んで整理したら、iPod shuffle にその音楽を簡単に読み込むことがで きます。 「iTunes」から iPod shuffle に音楽を読み込む方法を設定するために、iPod shuffle をコンピュー タに接続し、ソースパネルで iPod shuffle を選択して、「コンテンツ」パネルの下部にあるオプ ションを設定します。音楽の読み込みおよび iPod shuffle の使用方法に関するオプションは、「設 定」パネルにもあります。14 第2章 音楽を読み込む/再生する オートフィルを使って iPod shuffle に読み込む 「iTunes」では、ボタンを 1 回クリックするだけで、選択した曲を自動的に iPod shuffle に読み 込むことができます。ライブラリ全体または特定のプレイリストを選択して曲を読み込んだり、 オートフィルに関するその他のオプションを設定することができます。 オートフィルを使って音楽を iPod shuffle に読み込むには: 1 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 2 ソースパネルの装置のリストから iPod shuffle を選択します。 3 「コンテンツ」タブをクリックします。 4 ポップアップメニューから、オートフィルで読み込みたいプレイリストを選択します。 ライブラリ全体から音楽を読み込むときは、「ミュージック」を選択します。 5 必要に応じて次のオプションを選択します: 「項目をランダムに選択する」:iPod shuffle に曲を読み込むときに、曲の順序をシャッフルしま す。このオプションを選択しない場合、「iTunes」は、ライブラリまたは選択したプレイリスト に表示される順序で曲をダウンロードします。 「レートの高い項目の再生頻度を増やす」:再生頻度の高い曲を自動的に読み込みます。 「オートフィル時にすべての項目を置き換える」:iPod shuffle 上の曲を、選択した新しい曲に置 き換えます。このオプションを選択しない場合は、iPod shuffle にすでに読み込まれている曲は そのまま残り、「iTunes」はさらに別の曲を選択して使用可能な領域にコピーします。 6 「オートフィル」をクリックします。 音楽が「iTunes」から iPod shuffle に読み込まれている間、「iTunes」の状況ウインドウに進行 状況が表示されます。オートフィルが完了すると、「iPod のアップデートが完了しました。」(Mac OS X の場合)または「iPod の更新が完了しました。」(Windows の場合)というメッセージが 「iTunes」に表示されます。 iTunes ライブラリでチェックマークを付けた項目だけをオートフィルで読み込む iTunes ライブラリ でチェックマークを付けた項目 だけをオートフィルで読み込む ように 「iTunes」を設定できます。チェックマークを外した項目は無視されます。 チェックマークを付けた項目だけをオートフィルで読み込むには: 1 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 2 iTunesウインドウに iPod shuffle が表示されたら、それを選択します。 3 「設定」タブをクリックします。 4 「チェックマークのある曲だけをアップデートする」(Mac OS X の場合)または「チェックマー クのある曲だけを更新する」(Windows の場合)を選択します。 5 「適用」をクリックします。第 2 章 音楽を読み込む/再生する 15 曲、オーディオブック、および Podcast を手動で読み込む 曲やプレイリストをiPod shuffleに手動で読み込むことができます。オーディオブックやPodcast を iPod shuffle に読み込みたいときは、手動で読み込む必要があります。 曲やその他の項目を iPod shuffleに読み込むには: 1 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 2 「iTunes」のソースパネルで、ライブラリまたはプレイリストを選択します。 3 ソースパネルにある iPod shuffleに曲やその他の項目をドラッグします。 プレイリスト全体をドラッグして iPod shuffle に読み込むこともできます。 iPod shuffle 上の曲の順序を並べ替える iPod shuffle に曲を読み込んだ後、「iTunes」でプレイリストを操作するときと同じように曲の 順序を並べ替えることができます。 iPod shuffle上の曲の順序を並べ替えるには: 1 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 2 「iTunes」を開き、ソースパネルで iPod shuffle をクリックします。 3 「コンテンツ」タブをクリックします。 4 最初の列の上にある、名前のない列見出し(デフォルトでは一番左上にあります)をクリックし て、曲を番号順に並べ替えます。 5 曲をドラッグして好きな順序に並べ替えます。 iPod shuffle により多くの曲を読み込む AIFF などのビットレートの高い フォーマットで曲を「iTunes」に読み込んでいる場合 は、 iPod shuffle に曲を読み込むときに 128 kbps の AAC ファイルに自動的に変換するように 「iTunes」を設定できます。これによって、「iTunes」内の曲の音質やサイズが変わることはあり ません。 参考:Apple ロスレスなど、iPod shuffle が対応していないフォーマットの曲を iPod shuffle に 読み込みたい場合は、それらを変換する必要があります。iPod shuffle が対応しているフォー マットについて詳しくは、24 ページの「iPod shuffle に曲やその他の項目を読み込めない」を参 照してください。 ビットレートの高い曲を AAC ファイルに変換するには: 1 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 2 「iTunes」を開き、ソースパネルで iPod shuffle をクリックします。 3 「設定」タブをクリックします。 4 「ビットレートの高い曲を 128 kbps AAC に変換する」を選択します。 5 「適用」をクリックします。16 第2章 音楽を読み込む/再生する 曲やその他の項目を iPod shuffle から取り除く オートフィルを使って項目を読み込むときに、iPod shuffle 上の項目を自動的に置き換えるよう に「iTunes」を設定できます。また、iPod shuffle の項目を手動で取り除くこともできます。 オートフィル時に iPod shuffle 上の項目を自動的に置き換えるには: 1 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 2 「iTunes」を開き、ソースパネルで iPod shuffle をクリックします。 3 「コンテンツ」タブを選択します。 4 「オートフィル時にすべての項目を置き換える」が選択されていることを確認します。 iPod shuffleの曲やその他の項目を削除するには: 1 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 2 「iTunes」を開き、ソースパネルで iPod shuffle をクリックします。 3 iPod shuffleの曲やその他の項目を選択し、キーボードのDeleteキーまたはBackspaceキーを押 します。 iPod shuffle の曲やその他の項目を手動で取り除いても、iTunes ライブラリからは削除されま せん。 音楽を再生する 音楽とその他のオーディオを iPod shuffle に読み込んだら、再生できます。 iPod shuffleで曲やその他の項目を再生するには: 1 iPod shuffleにイヤフォンを差し込み、イヤーバッドを耳に挿入します。 2 「再生/一時停止」(’)ボタンを押します。 音量を調節するときは、「音量アップ」(∂)ボタンまたは「音量ダウン」(D)ボタンを押します。 音量を上げすぎないように注意してください。17 ページの「音量制限を設定する」を参照して ください。 iPod shuffle のコントロールの概要については、4 ページの「iPod shuffle のコントロールを使 用する」を参照してください。 参考:オーディオブックを再生するときは、チャプタを正しい順序で再生するために、シャッフ ルスイッチをリピート(⁄)の位置に設定してください。 警告:ご使用になる前に、28 ページに記載されている安全性に関する指示(「聴覚の損傷を避 ける」)をよくお読みください。第 2 章 音楽を読み込む/再生する 17 曲をシャッフルまたは順序通りに再生するように iPod shuffle を設定する 曲をシャッフルまたは順序通りに再生するように iPod shuffleを設定できます。 シャッフルするように iPod shuffle を設定するには: m シャッフルスイッチをシャッフル(¡)の位置に切り替えます。 曲を再シャッフルするには、「再生/一時停止」(’)ボタンをすばやく 3 回押します。 順序通りに曲を再生するように iPod shuffle を設定するには: m シャッフルスイッチをリピート(⁄)の位置に切り替えます。 最初の曲に戻るには、「再生/一時停止」(’)ボタンをすばやく3 回押します。 同じ音量レベルで曲を再生するように設定する 曲やその他のオーディオの音量は、オーディオの録音方法またはエンコード方法によって異なる ことがあります。「iTunes」では、曲の音量を自動的に調節してすべての曲が相対的に同じ音量 レベルで再生されるように設定できます。「iTunes」の音量設定を使用するように iPod shuffle を設定できます。 曲が同じサウンドレベルで再生されるように iTunes を設定するには: 1 「iTunes」で、「iTunes」>「環境設定」(Mac OS X の場合)と選択するか、「編集」>「設定」 (Windows の場合)と選択します。 2 「再生」をクリックし、「サウンドチェック」を選択します。 iTunesの音量設定を使用するように iPod shuffle を設定するには: 1 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 2 「iTunes」を開き、ソースパネルで iPod shuffle をクリックします。 3 「設定」タブをクリックします。 4 「サウンドチェックを有効にする」を選択します。 5 「適用」をクリックします。 重要:「iTunes」で「サウンドチェック」を選択していない場合は、iPod shuffle で設定しても 効果はありません。 音量制限を設定する iPod shuffle の音量の限界を設定できます。また、「iTunes」にパスワードを設定して、ほかの 人がこの設定を変更できないようにすることもできます。 iPod shuffleに音量制限を設定した場合、その制限を越えて音量を上げようとすると、オレンジ 色のステータスランプが 3 回点滅します。 iPod shuffleの音量制限を設定するには: 1 iPod shuffleを目的の最大音量に設定します。 2 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 3 「iTunes」を開き、ソースパネルで iPod shuffle をクリックします。18 第2章 音楽を読み込む/再生する 4 「設定」タブをクリックします。 5 「最大音量を制限する」を選択します。 6 スライダを目的の最大音量までドラッグします。 スライダの初期設定は、「最大音量を制限する」チェックボックスを選択したときに iPod shuffle に設定されていた音量になっています。 7 この設定を変更するときにパスワードを要求する場合は、カギをクリックし、パスワードを入力 します。 パスワードを設定した場合は、音量制限を変更または解除するとき、最初にその番号を入力する 必要があります。 参考:いくつかの種類のイヤフォンやヘッドフォンを使っている場合は、音量レベルがそれぞれ 異なることがあります。 音量制限を解除するには: 1 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 2 「iTunes」を開き、ソースパネルで iPod shuffle をクリックします。 3 「設定」タブをクリックします。 4 「最大音量を制限する」の選択を外します。 必要に応じて、パスワードを入力します。 参考:パスワードを忘れてしまった場合は、iPod shuffle を復元できます。詳しくは、26 ページ の「iPod shuffle ソフトウェアをアップデートする/復元する」を参照してください。 iPod shuffle のボタンを一時的に使用できないようにする/使用できるように する 誤って操作ボタンを押してしまうのを防ぐために、iPod shuffle のボタンを一時的に使えなくす ることができます。 iPod shuffleのボタンを一時的に使用できないようにするには: m 「再生/一時停止」(’)ボタンを 3 秒間押し続けます。 ボタンが使用できなくなると、ステータスランプが緑色で点灯した後、オレンジ色で3 回点滅し ます。ボタンが使用できない状態のときにボタンを押すと、オレンジ色のステータスランプが 1 回点滅します。 ボタンを使用できるようにするには: m 「再生/一時停止」(’)ボタンを再度 3 秒間押し続けます。 ボタンが使用できるようになると、ステータスランプがオレンジ色で点灯した後、緑色で 3 回点 滅します。3 19 3 iPod shuffle にファイルを保存する iPod shuffleを使えば、音楽だけでなくデータも持ち歩くことができ ます。 この章では、iPod shuffle を外部ディスクとして使用する方法について説明します。 iPod shuffleを外部ディスクとして使用する iPod shuffleを外部ディスクとして使用して、データファイルを保存できます。 参考:再生したい音楽やその他のオーディオを iPod shuffle に読み込むときは、「iTunes」を使 う必要があります。Macintosh の「Finder」または Windows の「エクスプローラ」を使って iPod shuffleにコピーしたオーディオファイルは再生できません。 iPod shuffleを外部ディスクとして使用するには: 1 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 2 「iTunes」を開き、ソースパネルで iPod shuffle をクリックします。 3 「設定」タブをクリックします。 4 「オプション」セクションにある「ディスクとして使用する」を選択します。 参考:ディスクの設定を表示するために、下スクロールが必要な場合があります。 5 スライダを調節して、曲とデータそれぞれにどのくらいの領域を割り当てるか設定します。 6 「適用」をクリックします。 iPod shuffleを外部ディスクとして使用すると、Mac では、デスクトップに iPod shuffle のディ スクアイコンが表示されます。Windows PC では、Windows の「エクスプローラ」に、次に利 用できるドライブ文字を使ってディスクアイコンが表示されます。 コンピュータ間でファイルを転送する iPod shuffleをディスクとして使用するように設定しているときは、あるコンピュータから別の コンピュータにファイルを転送できます。iPod shuffle は、Mac と PC の両方が対応している FAT32 ボリュームとしてフォーマットされています。そのため、オペレーティングシステムの異 なるコンピュータ間でも、iPod shuffle を使ってファイルを転送できます。20 第3章 iPod shuffle にファイルを保存する コンピュータ間でファイルを転送するには: 1 iPod shuffleをディスクとして使用するように設定した後、ファイルの転送元のコンピュータに 接続します。 重要:iPod shuffle を別のコンピュータ(または別のユーザアカウントで使用中の同じコンピュー タ)に接続すると、iPod shuffle を消去して新しい iTunes ライブラリと同期するかどうかを確 認するメッセージが表示されます。iPod shuffle 上にある現在の音楽コンテンツを削除したくな い場合は、「キャンセル」をクリックします。 2 コンピュータのファイルシステム(Mac の場合は「Finder」、PC の場合は Windows の「エクスプ ローラ」)を使って、目的のファイルを iPod shuffle にドラッグします。 3 iPod shuffleを取り外してから、転送先のコンピュータに接続します。 ここでも、iPod shuffle 上にある現在の音楽コンテンツを削除したくない場合は、「キャンセル」 をクリックします。 4 iPod shuffleのファイルを転送先コンピュータのディスクにドラッグします。 iTunes が自動的に開かないようにする コンピュータに iPod shuffle を接続したときに「iTunes」が自動的に開かないように設定するこ とができます。 iTunesが自動的に開かないようにするには: 1 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 2 「iTunes」を開き、ソースパネルで iPod shuffle をクリックします。 3 「設定」タブをクリックします。 4 「オプション」セクションにある「この iPod の接続時に iTunes を開く」の選択を解除します。 5 「適用」をクリックします。4 21 4 iPod shuffle のアクセサリ iPod shuffleには、アップル製イヤフォンとiPod shuffle Dock が付 属しています。 アップル製イヤフォン、iPod shuffle Dock、および iPod shuffle で利用できるその他のアクセ サリについて説明します。 アップル製イヤフォン iPod shuffleには、高性能なアップル製イヤフォンが付属しています。 イヤフォンを使用するには: m イヤフォンをヘッドフォンポートにつなぎます。そして、図のようにイヤーバッドを耳に挿入し ます。 警告:ご使用になる前に、28 ページに記載されている安全性に関する指示(「聴覚の損傷を避 ける」)をよくお読みください。 イヤフォンのコードは 調整可能です。22 第4章 iPod shuffle のアクセサリ iPod shuffle Dock iPod shuffleには、お使いのコンピュータまたはその他の USB 装置にiPod shuffle を接続するた めの iPod shuffle (2nd Generation) Dock(iPod shuffle(第二世代)Dock)が付属しています。 5 ページの「iPod shuffle を接続する/接続解除する(取り外す)」を参照してください。 iPod USB Power Adapter(iPod USB 電源アダプタ) iPod USB 電源アダプタは、お使いのコンピュータから離れているときに iPod shuffle を充電す るための、オプションのアクセサリです。 購入できるアクセサリ iPod shuffleのアクセサリは、www.apple.com/jp/ipodstore から購入できます。 次のアクセサリを購入できます:  Apple iPod In-Ear Headphones(Apple iPod インイヤー式ヘッドフォン)  iPod shuffle (2nd Generation) Dock(iPod shuffle(第二世代)Dock)  iPod USB Power Adapter(iPod USB電源アダプタ)5 23 5 ヒントとトラブルシューティング iPod shuffle で発生した問題のほとんどは、この章のアドバイスに 従ってすばやく解決できます。 iPod shuffleの電源が入らない/動かない  バッテリー・ステータス・ボタンを押したときにステータスランプがオレンジ色に点滅する場 合は、iPod shuffle ボタンが使用できなくなっています。「再生/一時停止」(’)ボタンを約 3 秒間押し続けて、ステータスランプを緑色に点滅させてください。  iPod shuffleをお使いのコンピュータの高電力型USBポートに接続します。iPod shuffleのバッ テリーの再充電が必要な場合もあります。  iPod shuffleの電源を切って、5 秒待ち、それからもう一度電源を入れます。  iPod shuffleソフトウェアの復元が必要である可能性があります。26 ページの「iPod shuffle ソフトウェアをアップデートする/復元する」を参照してください。 5 つの「R」:リセット(Reset)、再試行(Retry)、再起動(Restart)、再イ ンストール(Reinstall)、復元(Restore) iPod shuffle で問題が起こった場合、これら 5 つの基本的な提案を思い出してください。問題 が解決するまで、これらのステップを 1つずつお試しください。もし下記のどれでも解決しな い場合には、特定の問題の解決法の個所を読んでください。  リセット:iPod shuffleの電源を切って、5 秒待ち、それからもう一度電源を入れます。  再試行:「iTunes」に iPod shuffleが表示されない場合、別の USBポートで再度試してみます。  再起動:コンピュータを再起動し、最新のソフトウェア・アップデートをインストールして いることを確認します。  再インストール:Webにある最新バージョンの「iTunes」ソフトウェアを再インストールし ます。  復元:iPod shuffle を復元します。26 ページの「iPod shuffle ソフトウェアをアップデート する/復元する」を参照してください。24 第5章 ヒントとトラブルシューティング iPod shuffleで音楽を再生できない  イヤフォンのコネクタがしっかりと差し込まれていることを確認します。  音量が正しく調節されていることを確認します。音量制限が設定されている可能性がありま す。17 ページの「音量制限を設定する」を参照してください。  iPod shuffleが一時停止の状態になっている可能性があります。「再生/一時停止」(’)ボタ ンを押してみます。 iPod shuffleをコンピュータに接続しても何も起こらない場合  iPod shuffleをお使いのコンピュータの高電力型USBポートに接続します。iPod shuffleの再充 電が必要な可能性があります。  www.apple.com/jp/ipod/startにある最新版の「iTunes」ソフトウェアがインストールされて いることを確認してください。  お使いのコンピュータの別のUSBポートに接続してみてください。iPod shuffleがDockにしっ かりと固定されていることを確認します。USB コネクタの向きが正しいことを確認します。正 しい向きでしか差し込めません。  iPod shuffleのリセットが必要な可能性があります。iPod shuffleの電源を切って、5 秒待ち、 それからもう一度電源を入れ直します。  ステータスランプが点灯せず(またはステータスランプが暗く)、iPod shuffle が「iTunes」や 「Finder」に表示されない場合は、バッテリーの電力が完全になくなっている可能性がありま す。iPod shuffle を数分間充電して、正常に戻るかどうかを確認してみてください。  お使いのコンピュータとソフトウェアがシステム条件に合っていることを確認します。 25 ページの「システム条件を再確認したい場合」を参照してください。  コンピュータを再起動してみます。  上記のいずれの方法でも問題が解決しない場合は、iPodソフトウェアを復元する必要がある可 能性があります。26 ページの「iPod shuffleソフトウェアをアップデートする/復元する」を 参照してください。  iPod shuffle を復元しても問題が解決しない場合は、iPod shuffle は修理が必要な可能性があ ります。修理は、iPod shuffle サービス&サポートの Web サイトで申し込めます: www.apple.com/jp/support/ipodshuffle/service 曲の読み込みが遅い 高速な読み込み速度を得るには、iPod shuffle をお使いのコンピュータの USB 2.0 ポートに接続 します。USB 2.0 では、USB 1.1 に比べ、かなり高速で曲やデータが読み込まれます。 iPod shuffleに曲やその他の項目を読み込めない iPod shuffle が対 応していない形式 でその曲がエン コードされている 可能性がありま す。 iPod shuffleは次のオーディオファイルの形式に対応しています:これらはオーディオブックお よび Podcast 用の形式を含みます:  AAC(M4A、M4B、M4P)(最大320 kbps)  MP3(最大 320 kbps)  MP3 可変ビットレート(VBR)  WAV第 5 章 ヒントとトラブルシューティング 25  AA(audible.comの format 2、3、および 4 の朗読ファイル)  AIFF Appleロスレス形式を使ってエンコードした曲のサウンド品質は CD と同等ですが、使用する容 量は AIFF 形式または WAV 形式を使ってエンコードした曲の約半分で済みます。AAC 形式また は MP3 形式でエンコードした場合は、さらに少ない容量で済みます。「iTunes」を使用してCD から音楽を読み込む場合、デフォルトで AAC 形式に変換されます。 高いビットレート(Apple ロスレスなど)でエンコードされたファイルを iPod shuffle に読み込 むときに、自動的に 128 kbps の AAC ファイルに変換されるように iPod shuffle を設定できま す。15 ページの「iPod shuffleにより多くの曲を読み込む」を参照してください。 Windows で「iTunes」を使用する場合は、保護されていない WMA ファイルを AAC 形式また は MP3 形式に変換できます。これは、WMA 形式でエンコードされた音楽コレクションがある 場合に便利です。 iPod shuffle は、Apple ロスレス、WMA、MPEG Layer 1、MPEG Layer 2 のオーディオファイ ル、または audible.comの format 1には対応していません。 「iTunes」に iPod shuffle が対応していない曲がある場合は、iPod shuffle が対応している形式 に変換できます。詳しくは、「iTunes ヘルプ」を参照してください。 オーディオブックのチャプタが順序通りに再生されない  オーディオブックのチャプタが順序通りに再生されるように、iPod shuffle のシャッフルス イッチがリピート(⁄)の位置にあることを確認します。  チャプタがiPod shuffleに順序通りに追加されていない場合は、iPod shuffleをコンピュータに 接続し、「iTunes」でトラックを正しく並べ替えます。15 ページの「iPod shuffle 上の曲の順 序を並べ替える」を参照してください。 システム条件を再確認したい場合 iPod shuffleを使うには、次のものが必要です:  次のコンピュータ構成のいずれか:  USB ポートを搭載した Macintosh(USB 2.0 を推奨)  USB ポートまたは USB カードを搭載した Windows PC(USB 2.0 を推奨)  次のオペレーティングシステムのいずれか:Mac OS X v10.3.9 以降、Windows 2000 Service Pack 4以降、もしくはWindows XP Home EditionまたはWindows XP ProfessionalのService Pack 2 以降  インターネットアクセス(ブロードバンド接続を推奨)  iTunes 7.0.2 以降(「iTunes」は www.apple.com/jp/ipod/start からダウンロードできます)26 第5章 ヒントとトラブルシューティング お使いの Windows PC に高電力型 USB ポートがない場合は、USB 2.0カードをご購入いただい て取り付けることができます。詳しくは、www.apple.com/jp/ipodstore を参照してください。 iPod shuffleを Mac と Windows PC で使う場合 iPod shuffle を別の iTunes ライブラリと同期するときは、オペレーティングシステムに関係な く、iPod shuffle 上にすでにある音楽を消去する必要があります。iPod shuffleを別のコンピュー タに、または別のユーザアカウントで使用中の同じコンピュータに接続すると、iPod shuffle を 消去して新しい iTunes ライブラリと同期するかどうかを確認するメッセージが表示されます。 ただし、iPod shuffle を Macintosh コンピュータおよび PC で外部ディスクとして使用して、オ ペレ ーテ ィン グシス テム 間で ファイ ルを 転送 するこ とは でき ます。19 ペー ジの第 3 章 「iPod shuffle にファイルを保存する」を参照してください。 iPod shuffleソフトウェアをアップデートする/復元する 「iTunes」を使用して、iPod shuffle ソフトウェアをアップデートする/復元することができま す。iPod shuffle をアップデートして、最新のソフトウェアをお使いいただくことをお勧めしま す。また、ソフトウェアを復元することもできます。復元した場合には、iPod shuffle は元の状 態に戻ります。  アップデートを選んだ場合は、ソフトウェアがアップデートされますが、お使いの設定と曲は 影響を受けません。  復元を選んだ場合は、曲とその他のデータを含むすべてのデータが iPod shuffle から消去され ます。iPod shuffleの設定はすべて元の状態に復元されます。 iPod shuffleをアップデートする/復元するには: 1 お使いのコンピュータがインターネットに接続していることと、最新版の「iTunes」ソフトウェ アがインストールされていることを確認してください(www.apple.com/jp/ipod/start からダ ウンロードできます)。 2 iPod shuffleをコンピュータに接続します。 3 「iTunes」のソースパネルで iPod shuffle を選択して、「設定」タブをクリックします。 「バージョン」セクションで、iPod shuffle が最新の状態か、新しいバージョンのソフトウェア が必要かを確認します。 4 次のいずれかを行います:  最新バージョンのソフトウェアをインストールする場合は、「アップデート」(Mac OS X の場 合)または「更新」(Windows の場合)をクリックします。  iPod shuffle をオリジナルの設定に戻す場合は、「復元」をクリックします。これにより、 iPod shuffleからすべてのデータが消去されます。画面の説明に従って復元操作を完了します。 高電力型の USB 2.0 ポート6 27 6 安全にお使いいただくための注意点と 取り扱い方法 この章には、iPod shuffle の安全性および取り扱いに関する重要な情 報が記載されています。 この iPod shuffle 機能ガイドは、いつでも参照できるように手元に置いておいてください。 安全性に関する重要な情報 iPod shuffleを取り扱う:iPod shuffle を曲げたり、落としたり、ぶつけたり、穴を開けたり、 燃やしたり、開けたりしないでください。 水中や水気のある場所、湿気の多い場所を避ける:雨の中や洗面台の近くなど、液体のある場所 で iPod shuffle を使用しないでください。iPod shuffle に食べ物や液体をこぼさないよう注意し てください。iPod shuffleを濡らしてしまった場合は、すべてのケーブルを取り外し、iPod shuffle の電源を切ってから、水気を拭き取ってください。完全に乾くまで、電源は入れないでください。 iPod shuffleを修理する:絶対にiPod shuffle を自分で修理しないでください。iPod shuffle に は、お使いの方がご自身で修理できる部品はありません。修理に関する情報については、「iTunes」 の「ヘルプ」メニューから「iPod ヘルプ」を選択するか、 www.apple.com/jp/support/ipod/service を参照してください。iPod shuffle に内蔵されてい るバッテリーは、お使いの方ご自身では交換できません。バッテリーについて詳しくは、 www.apple.com/jp/batteries を参照してください。 ±負傷を避けるため、iPod shuffle をお使いになる前に、以下の安全性に関する指示、 および操作方法をよくお読みください。 警告:以下の安全性に関する指示を守らないと、火災、感電、その他の負傷や損害を招くおそ れがあります。28 第6章 安全にお使いいただくための注意点と取り扱い方法 iPod USB 電源アダプタ(別売)を使用する:iPod USB 電源アダプタ (www.apple.com/jp/ipodstore で別途購入できます)を使ってiPod shuffle を充電する場合は、 コンセントに差し込む前に、電源アダプタが完全に組み立てられていることを確認してくださ い。確認後、iPod USB 電源アダプタをコンセントにしっかりと差し込んでください。濡れた手 で iPod USB 電源アダプタを抜き差ししないでください。また、iPod shuffle を充電するときは、 アップルの iPod USB電源アダプタ以外の電源アダプタは使用しないでください。 iPod USB 電源アダプタは、通常の使用中でも熱くなることがあります。常に、iPod USB 電源ア ダプタの周りには十分な換気空間を設けるようにし、電源アダプタに触れる際には十分に注意し てください。 以下のいずれかの場合には、iPod USB 電源アダプタをコンセントから抜いてください:  電源コードまたはプラグが擦り切れたり損傷したりした場合。  アダプタが、雨または過度の湿気にさらされた場合。  アダプタのケースが損傷した場合。  アダプタを修理する必要があると思われる場合。  アダプタを清掃する場合。 聴覚の損傷を避ける:ハンズフリーヘッドセットやヘッドフォンを大音量で使用すると、聴覚を 損なうおそれがあります。音量は適切なレベルに設定してください。大音量で再生を続けている と、耳が慣れ、通常の音量のように聴こえることがありますが、聴覚が損なわれている可能性が あります。耳鳴りがする場合や話がよく聞こえない場合は、聴くのを中止して、聴力検査を受け てください。音量が大きい程、聴覚に影響を受けるまでの時間が早くなります。聴覚の専門家は、 次のような方法で聴覚を保護することを勧めています:  大音量でハンズフリーヘッドセットやヘッドフォンを使用する時間を制限します。  周囲の騒音を遮断する目的で音量を上げることを避けます。  近くで人が話す声が聞こえない場合には、音量を下げます。 iPod shuffleの音量制限を設定する方法については、17 ページの「音量制限を設定する」を参照 してください。 ヘッドフォンを安全に使用する:乗り物を運転しながらのヘッドフォンの使用は、大変危険です。 自動車の運転中は特に注意してください。乗り物の運転やその他注意が必要な作業を行っている ときに、iPod shuffle の再生によって注意力が妨げられると感じたときは、再生を中止してくだ さい。第 6 章 安全にお使いいただくための注意点と取り扱い方法 29 取り扱いに関する重要な情報 iPod shuffle を持ち運ぶ:iPod shuffle には、精密部品が内蔵されています。iPod shuffle を曲 げたり、落としたり、ぶつけたりしないように注意してください。 コネクタとポートを使用する:コネクタは、ポートに無理に押し込まないでください。ポートに 障害物がないか確認してください。コネクタとポートを簡単に接続できない場合は、それらの形 状が一致していない可能性があります。コネクタとポートの形状が一致していることを確認し、 ポートに対して正しい向きでコネクタを差し込んでください。 適切な温度の範囲内で iPod shuffle を扱う:iPod shuffle は、温度が 0°C ~35°C(32°F ~ 95°F)に保たれた場所で使用してください。低温の状態では、iPod の再生時間が一時的に短く なることがあります。 iPod shuffle は、温度が -20°C ~ 45°C(-4°F ~ 113°F)に保たれた場所に保管してくださ い。駐車した車の中の温度はこの範囲を超えることがあるので、iPod shuffleを車の中に置いた ままにしないでください。 iPod shuffle の使用中またはバッテリーの充電中は、iPod shuffle がやや熱を持ちますが、これ は異常ではありません。iPod shuffle の外装には、装置内部の熱を外部の空気で冷却する機能が あります。 iPod shuffleの外側を清掃する:iPod shuffle を清掃するときは、Dock から取り出し、 iPod shuffleの電源を切ってください。その後、柔らかくけば立たない布を水で湿らせて使用し てください。開口部に水が入らないように注意してください。iPod shuffle を清掃するために、 窓ガラス用洗剤、家庭用洗剤、スプレー式の液体クリーナー、有機溶剤、アルコール、アンモニ ア、研磨剤は使用しないでください。 iPod shuffleを適切に廃棄する:iPod shuffle の適切な廃棄方法、およびその他の法規制の順守 に関する重要な情報については、31 ページの「法規制の順守に関する情報」を参照してください。 注意:以下の取り扱いに関する指示を守らないと、iPod shuffle またはその他の部品の損傷を 招くおそれがあります。7 30 7 その他の情報、サービス、サポート オンスクリーンヘルプおよびインターネットで、iPod shuffle の詳し い使いかたを調べることができます。 次の表には、iPod関連のソフトウェアとサービスに関する情報の参照先をまとめてあります。 知りたい内容 手順 サービスとサポート情報、 ディスカッション、チュートリアル、 およびアップルのソフトウェア ダウンロード 次を参照してください: www.apple.com/jp/support/ipodshuffle 「iTunes」を使用する 「iTunes」を開き、「ヘルプ」>「iTunes ヘルプ」と選択します。 「iTunes」のオンラインチュートリアル(一部の地域でのみ利用可能です) については、次にアクセスしてください: www.apple.com/jp/ilife/tutorials/itunes iPod shuffleに関する最新情報 次を参照してください: www.apple.com/jp/ipodshuffle iPod shuffleのユーザ登録をする iPod shuffleのユーザ登録を行うには、お使いのコンピュータに「iTunes」 をインストールし、iPod shuffleを接続します。 iPod shuffleのシリアル番号を 確認する iPod shuffle 底面のクリップの噛み合わせ部分を見てください。または、 iPod shuffleをコンピュータに接続しているときに、「iTunes」のソースパ ネルでiPod shuffle を選択し、「設定」タブをクリックしてください。 保証サービスを受ける 最初にこの冊子、オンスクリーンヘルプ、およびオンライン参考情報の 指示に従い、それから次にアクセスしてください: www.apple.com/jp/support/ipodshuffle/service 31 法規制の順守に関する情報 FCC Compliance Statement This device complies with part 15 of the FCC rules. Operation is subject to the following two conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation. See instructions if interference to radio or television reception is suspected. Radio and Television Interference This computer equipment generates, uses, and can radiate radio-frequency energy. If it is not installed and used properly—that is, in strict accordance with Apple’s instructions—it may cause interference with radio and television reception. This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device in accordance with the specifications in Part 15 of FCC rules. These specifications are designed to provide reasonable protection against such interference in a residential installation. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. You can determine whether your computer system is causing interference by turning it off. If the interference stops, it was probably caused by the computer or one of the peripheral devices. If your computer system does cause interference to radio or television reception, try to correct the interference by using one or more of the following measures:  Turn the television or radio antenna until the interference stops.  Move the computer to one side or the other of the television or radio.  Move the computer farther away from the television or radio.  Plug the computer into an outlet that is on a different circuit from the television or radio. (That is, make certain the computer and the television or radio are on circuits controlled by different circuit breakers or fuses.) If necessary, consult an Apple-authorized service provider or Apple. See the service and support information that came with your Apple product. Or, consult an experienced radio/television technician for additional suggestions. Important:Changes or modifications to this product not authorized by Apple Inc. could void the EMC compliance and negate your authority to operate the product. This product was tested for EMC compliance under conditions that included the use of Apple peripheral devices and Apple shielded cables and connectors between system components. It is important that you use Apple peripheral devices and shielded cables and connectors between system components to reduce the possibility of causing interference to radios, television sets, and other electronic devices. You can obtain Apple peripheral devices and the proper shielded cables and connectors through an Apple Authorized Reseller. For non-Apple peripheral devices, contact the manufacturer or dealer for assistance. Responsible party (contact for FCC matters only): Apple Inc. Product Compliance, 1 Infinite Loop M/S 26-A, Cupertino, CA 95014-2084, 408-974-2000. Industry Canada Statement This Class B device meets all requirements of the Canadian interference-causing equipment regulations. Cet appareil numérique de la classe B respecte toutes les exigences du Règlement sur le matériel brouilleur du Canada. VCCI クラス B 基準について Korea Class B Statement32 Russia European Community Complies with European Directives 2006/95/EEC and 89/336/EEC. 廃棄とリサイクルに関する情報 iPodにはバッテリーが内蔵されています。お使いの iPod を廃棄する際は、お住まいの地域の環境法と廃棄基準に 従ってください。 アップルのリサイクルプログラムについては、次の Web サイトを参照してください: www.apple.com/jp/environment Deutschland:Dieses Gerät enthält Batterien. Bitte nicht in den Hausmüll werfen. Entsorgen Sie dieses Gerätes am Ende seines Lebenszyklus entsprechend der maßgeblichen gesetzlichen Regelungen. China: Nederlands: Gebruikte batterijen kunnen worden ingeleverd bij de chemokar of in een speciale batterijcontainer voor klein chemisch afval (kca) worden gedeponeerd. Taiwan: European Union—Disposal Information: This symbol means that according to local laws and regulations your product should be disposed of separately from household waste.When this product reaches its end of life, take it to a collection point designated by local authorities. Some collection points accept products for free. The separate collection and recycling of your product at the time of disposal will help conserve natural resources and ensure that it is recycled in a manner that protects human health and the environment. 環境向上への取り組み Apple Inc. では、事業活動および製品が環境に与える影響 をできる限り小さくするよう取り組んでいます。 詳しくは、次の Web サイトを参照してください: www.apple.com/jp/environment © 2007 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Apple ロゴ、FireWire、 iPod、iTunes、Mac、Macintosh、およびMac OSは、米国その他の国で登 録された Apple Inc.の商標です。Finder およびShuffle は、Apple Inc. の商 標です。Apple Storeは、米国その他の国で登録された Apple Inc. のサービ スマークです。本書に記載のその他の社名、商品名は、各社の商標または登 録商標である場合があります。 本書に記載の他社商品名は参考を目的としたものであり、それらの製品の使 用を強制あるいは推奨するものではありません。また、Apple Inc.は他社製 品の性能または使用につきましては一切の責任を負いません。すべての同意、 契約、および保証は、ベンダーと将来のユーザとの間で直接行われるものと します。本書には正確な情報を記載するように努めました。ただし、誤植や 制作上の誤記がないことを保証するものではありません。 J019-0996/6-2007 MacBook ユーザーズガイド MacBook コンピュータの設置 方法、システムの拡張方法、 トラブル対策に関する重要な 情報が書かれています J3626M42.book 1 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分K Apple Computer, Inc. © 2006 Apple Computer, Inc. All rights reserved. 本書の著作権は Apple Computer, Inc.に帰属します。本書の 一部あるいは全部を Apple Computer, Inc.から書面による事 前の許諾を得ることなく複写複製(コピー)することを禁じ ます。 本書には正確な情報を記載するように努めました。ただし、 誤植や制作上の誤記がないことを保証するものではあり ません。 Apple 1 Infinite Loop Cupertino, CA95014-2084 U.S.A. www.apple.com アップルコンピュータ株式会社 〒 163-1480 東京都新宿区西新宿3 丁目 20番 2 号 東京オペラシティタワー www.apple.com/jp Apple、Appleロゴ、AppleTalk、Final Cut、FireWire、 iCal、iDVD、iLife、iMac、iMovie、iPhoto、iPod、iTunes、 Mac、Macintosh、Mac OS、およびQuickTimeは、米国 その他の国で登録された Apple Computer, Inc.の商標です。 AirMac、AirMac Express、Exposé、FileVault、Finder、 FireWire ロゴ、iSight、MacBook、Macintosh Products Guide、MagSafe、Safari、Spotlight、SuperDrive、および Tigerは、Apple Computer, Inc.の商標です。 AppleCare、Apple Store、およびiTunes Music Store は、 米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc.の サービスマークです。 .Macは Apple Computer, Inc. のサービスマークです。 ENERGY STAR® は米国の登録商標です。 Intel およびIntel Coreは、米国その他の国における Intel Corp. の商標です。 Bluetooth® のワードマークとロゴは Bluetooth SIG, Inc.が 所有しています。また、Apple Computer, Inc.のワード マークやロゴの使用は実施権に基づいています。 J3626M42.book 2 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分本書に記載のその他の社名、商品名は、各社の商標または登 録商標です。本書に記載の他社商品名は参考を目的としたも のであり、それらの製品の使用を強制あるいは推奨するもの ではありません。また、Apple Computer, Inc. は他社製品の 性能または使用につきましては一切の責任を負いません。 Dolby Laboratoriesからの実施権に基づき製造されていま す。「Dolby」、「Pro Logic」、およびダブル D記号は、Dolby Laboratories の商標です。非公開機密著作物。© 1992–1997 Dolby Laboratories, Inc. All rights reserved. この書類に記載の製品には著作権保護技術が採用されており、 同技術は Macrovision Corporationおよびその他が所有する 米国特許およびその他の知的財産権により保護されています。 この著作権保護技術の使用には、Macrovision Corporation の許諾が必要です。また、Macrovision Coporation の許諾な しに、家庭内や限られた範囲での視聴目的以外に使用するこ とはできません。リバースエンジニアリングや逆アセンブル は禁止されています。 米国特許番号 4,631,603、4,577,216、4,819,098、および 4,907,093 における装置クレームは限られた範囲での視聴目的 に限り使用許諾されています。 J3626M42.book 3 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分J3626M42.book 4 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分5 目次 9 第 1 章:設置と準備 10 MacBookを設定する 18 MacBookの主な構成部品 20 MacBookのキーボード機能 22 MacBookのその他の構成部品 24 MacBookをスリープ状態にする/システム終了する 25 バッテリーを調整する 27 詳しい情報を入手する 28 Mac ヘルプで情報を探す 29 第 2 章:お使いのMacBookについて 30 ディスプレイを調節する 32 電源アダプタを使用する 34 トラックパッドを使用する 35 キーボードを使用する 36 マウスを使用する 37 Apple Remoteと「Front Row」を使用する 42 内蔵 iSightカメラを使用する J3626M42.book 5 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分6 目次 46 Mac OS Xについて 47 デスクトップをカスタマイズする/環境設定を行う 48 アプリケーションを使用する 49 アプリケーションが応答しないときは 49 ソフトウェアを最新の状態に保つ 50 プリンタに接続する 51 CD を再生する/ヘッドフォンを接続する 52 カメラまたはその他の FireWire 装置や USB 装置を接続する 52 ほかのコンピュータとの間でファイルを転送する 55 第 3 章:MacBook を使用する 56 USB(Universal Serial Bus)装置を使用する 59 FireWire で接続する 63 AirMacがワイヤレスインターネット接続を提供するしくみ 64 Bluetoothワイヤレステクノロジーを使用する 66 Ethernetで接続する 67 外部ビデオ出力機能を使用する 70 スピーカーやその他のオーディオ装置を接続する 71 光学式ドライブを使用する 76 緊急モーションセンサーについて 76 バッテリーを使用する 81 MacBookのセキュリティを保つ J3626M42.book 6 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分目次 7 83 第 4 章:MacBook にメモリを増設する 84 メモリを増設する 91 MacBookが新しいメモリを認識するかどうかを確認する 93 第 5 章:トラブルへの対処方法 94 コンピュータの使用を妨げるトラブル 97 その他のトラブル 100 コンピュータに付属のソフトウェアを再インストールする 102「Apple Hardware Test」を使用する 103 製品のシリアル番号を確認する 105 付録 A: 仕様 107 付録 B: 安全性、使用、保守についての情報 107 一般的な安全上の注意について 109 MacBookと電源アダプタを接続する 110 MacBookを使用する 112 聴覚が損なわれないようにする 114 人間工学について 116 環境向上への取り組みについて J3626M42.book 7 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分8 目次 117 付録 C: インターネットに接続する 119 必要な情報を用意する 121 情報を入力する 123 接続のトラブルシューティング 127 付録 D: 質問トップ 10 133 通信情報機器に関する規制 J3626M42.book 8 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分9 1 1 設置と準備 お求めの MacBook には、次の付属品が同梱されています: 重要:電源コンセントにコンピュータのプラグを差し込む前に、設置手順の解説(および 107 ペー ジの付録 B「安全性、使用、保守に ついての情報」にある安全性に関する情報)をよく読んでく ださい。 電源コード Apple Remote 電源 プラグ MagSafe 電源アダプタ(60W) MENU J3626M42.book 9 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分10 第1章 設置と準備 MacBook を設定する お求めの MacBook は、すばやく設置してすぐに使い始めることができるように設計されていま す。以降のページでは、次の作業を含む設定手順について説明します:  Apple MagSafe 電源アダプタ(60W)を接続する  ケーブルを接続する  MacBookの電源を入れる Â「設定アシスタント」を使用してユーザアカウントおよびその他の設定を行う 手順 1:Apple MagSafe 電源アダプタ(60W)を接続する 電源アダプタが保護フィルムで覆われている場合は、MacBook を設定する前に保護フィルムを 取り除きます。 m 電源アダプタの電源プラグをコンセントに接続してから、電源アダプタのプラグをMacBookの電 源アダプタポートに差し込みます。ポート近くになると、磁気によって電源アダプタプラグが 引っ張られます。 電源プラグ J3626M42.book 10 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 1章 設置と準備 11 電源アダプタを延長するときは、電源コードを接続できます。最初に電源プラグを上に引っぱっ てアダプタから取り外し、次に付属の電源コードをアダプタに接続します。もう一方の端を電源 コンセントに接続します。33 ページの図を参照してください。 手順 2:ケーブルを接続する インターネット接続のために、MacBook を DSL モデム、ケーブルモデム、外部モデム、または Ethernetネットワークに接続します。AirMac Extreme などのワイヤレスネットワークに接続す る場合は、ケーブルは必要ありません。 接続の種類については、117 ページの付録 C「インターネットに接続する」を参照してください。 警告:電源プラグが電源アダプタにしっかりと接続されていることを確認し、電源プラグの先 端を完全に出してから、電源アダプタを電源コンセントに接続してください。 ¯ 電源コード 電源プラグ 電源アダプタプラグ 電源アダプタポート J3626M42.book 11 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分12 第1章 設置と準備 参考:ダイヤルアップ接続には、外部 Apple USB Modemが必要です。オンラインの Apple Store (www.apple.com/japanstore)またはア ップル製品取扱販売店で 購入できます。Apple USB Modem を MacBook の USBポートに接続し、モデムケーブル(付属していません)をモデムか ら電話のモジュラージャックにつなぎます。 DSL モデム、ケーブルモデム、または Ethernet ネットワークに接続するには: m モデムのマニュアルの手順に従って、ケーブルを DSL またはケーブルモデムに接続するか、 Ethernetコードを Ethernet ハブまたはコネクタに接続します。次に、コードのもう一方の端を コンピュータの Ethernetポートに接続します。 参考:AirMac を使用してワイヤレスで接続したい場合、お使いのコンピュータの電源を入れる と、利用可能なワイヤレスネットワークが AirMac によって自動的に検出されます。必要に応じ て、メニューバーにある AirMac(Z)ステータスメニューから「AirMac を入にする」を選択 してから、AirMacステータスメニューからネットワークを選択してください。 G Ethernet ケーブル ギガビット Ethernet ポート(10/100/1000 Base-T) J3626M42.book 12 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 1章 設置と準備 13 手順 3:MacBookの電源を入れる 1 MacBookを起動するときは、パワー(®)ボタンを押してすぐ(長くても 1 秒以内)に放してく ださい。 コンピュータが正常に動き始めると電子音がします。起動音がしたら、パワーボタンを押さない でください。コンピュータがシステム終了することがあります。 コンピュータが起動されるまでには少し時間がかかります。起動すると、自動的に「設定アシス タント」が開きます。 ® パワーボタン スリープ・インジケータ・ランプ J3626M42.book 13 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分14 第1章 設置と準備 2 画面上の項目を選択したり動かしたりするときは、デスクトップ型コンピュータのマウスを使う のと同じように、MacBookのトラックパッドを使います。  画面上の矢印ポインタを動かすときは、指先をトラックパッドの上で動かします。 重要:ポインタを動かすときは、トラックパッドで 1本の指で操作してください。2 本の指で操 作すると、スクロールできます。スクロール機能は、デフォルトで有効になっています。詳しく は、34 ページの「トラックパッドを使用する」を参照してください。  画面上の項目を選択したり、クリックしたり、ダブルクリックしたりするときは、トラックパッ ドのボタンを押します。 トラックパッド トラックパッドのボタン J3626M42.book 14 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 1章 設置と準備 15 手順 4:設定アシスタントを使用して MacBook の設定を行う はじめてコンピュータの電源を入れると、「設定アシスタント」が起動します。「設定アシスタン ト」を使うと、インターネット情報およびメール情報の入力やコンピュータのユーザアカウント の設定を簡単に行うことができます。 ほかの Mac がすでにある場合は、「設定アシスタント」を使って、ファイル、アプリケーション、 その他の情報をほかの Macから新しい MacBook に自動的に転送できます。 コンピュータの電源が入らないときは パワー(®)ボタンを押しても何の変化もない。  バッテリーが完全に放電している可能性があります。電源アダプタがコンピュータとコンセ ントの両方に接続されていることを確認してください。電源アダプタプラグをコンピュータ に接続すると、プラグのランプが点灯するはずです。  それでもコンピュータが起動しない場合は、94 ページの「コンピュータの使用を妨げるトラ ブル」を参照してください。 点滅する?マークが入ったディスクまたはフォルダのアイコンが表示される。 通常このアイコンは、コンピュータの内蔵ハードディスクやその他のディスク上にシステムソ フトウェアが見つからなかったことを示します。すべての外部周辺機器を取り外してから、再 起動してみます。コンピュータの電源が切れるまで、パワー(®)ボタンを 8 ~ 10 秒間押し続 けます。その後、パワーボタンをもう一度押します。それでも問題が解決しない場合は、シス テムソフトウェアをインストールし直す必要になる場合があります。100 ページの「コンピュー タに付属のソフトウェアを再インストールする」を参照してください。 J3626M42.book 15 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分16 第1章 設置と準備 情報を転送するときは、次の点を確認してください:  もう1台の Macに内蔵FireWireが搭載されていて、FireWireターゲット・ディスク・モードに対 応していること。  もう 1台の Mac に Mac OS X v10.1 以降がインストールされていること。  標準の 6 ピン -6 ピンFireWire ケーブルがあること。 「設定アシスタント」を使うと、画面に表示される指示に従うだけで、情報を転送することがで きます。MacBook に情報を転送しても、もう 1 台の Mac の情報に影響はありません。(新しい MacBookにパーティションを設定した場合、もう 1 台の Macから転送する情報はすべて 1 つの パーティションに格納されます。) 「設定アシスタント」を使って、次の情報を転送できます:  環境設定やメールなどのユーザアカウント。  ネットワーク設定。MacBookが、もう 1台の Mac と同じネットワーク設定で動作するよう自動 的に設定されます。  ハードディスクおよびパーティション上のファイルとフォルダ。これにより、もう1台の Mac で使用していたファイルやフォルダを簡単に利用できます。 Â「アプリケーション」フォルダ。もう 1 台のMacで使用していたアプリケーションのほとんどが 新しい MacBook に転送されます。(転送するアプリケーションによっては、再インストールが 必要な場合があります。) 重要:アプリケーションを転送するときは、MacBook にすでにインストールされている新しい バージョンのアプリケーションを上書きしないように注意してください。 J3626M42.book 16 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 1章 設置と準備 17 もう 1 台の Mac を保管または使用する予定がない場合は、その Mac について、iTunes Music Store から購入した音楽、ビデオ、オーディオブックなどを再生するための認証を解除すること をお勧めします。コンピュータの認証を解除すると、購入した曲、ビデオ、またはオーディオ ブックが他人に再生されるのを防ぐことができます。また、別のコンピュータを認証できるよう になります(1 つの iTunes アカウントで一度に認証できるコンピュータは 5 台までです)。認証 の解除については、「iTunes」で「ヘルプ」>「iTunes &ミュージックストアヘルプ」と選択し、 ヘルプを参照してください。 MacBookをはじめて起動したときに「設定アシスタント」を使って情報を転送しない場合は、後 で「移行アシスタント」を使って転送することもできます。「アプリケーション」フォルダに移 動し、「ユーティリティ」を開いて、「移行アシスタント」をダブルクリックします。 参考:「設定アシスタント」を使ってもう 1 台の Macintosh から情報を転送した後で、「移行ア シスタント」を使って情報をもう一度転送したい場合は、もう 1 台の Macintoshで FileVault が 切になっていることを確認してください。FileVaultを切にするには、「システム環境設定」の「セ キュリティ」パネルを開き、「FileVault 機能を切にする」をクリックします。画面に表示される 指示に従って操作します。 「設定アシスタント」を使って、インターネットに接続するためにコンピュータを設定すること もできます。ホームユーザがインターネットにアクセスするには、インターネット・サービス・ プロバイダ(ISP)に加入する必要があります。別途費用が必要になる場合があります。インター ネットアカウントがすでにある場合は、117 ページの付録 C「インターネットに接続する」で入 力する必要のある情報を参照してください。 おめでとうございます。これで設定は完了しました。 J3626M42.book 17 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分18 第1章 設置と準備 MacBook の主な構成部品 ®? ® パワーボタン カメラ・インジケータ・ ランプ iSight カメラ マイクロフォン ステレオスピーカー スリープ・インジケータ・ ランプ 赤外線(IR)レシーバー トラックパッド トラックパッドのボタン スロットローディング方式の 光学式ドライブ J3626M42.book 18 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 1章 設置と準備 19 マイクロフォン この内蔵マイクロフォン(iSightカメラの左にあります)を使って、サウンドを直接取り込む ことができます。 内蔵 iSightカメラとカメラ・インジケータ・ランプ 付属の「iChat AV」アプリケーションを使用して、ほかの人とビデオ会議ができます。ビデオ カメラがビデオをキャプチャして表示しているときは、カメラ・インジケータ・ランプが点灯 します。 内蔵ステレオスピーカー(× 3) 音楽、ムービー、ゲーム、およびマルチメディアファイルの音を聴くことができます。 トラックパッド トラックパッド上で 1 本の指を使って、MacBook のディスプレイに表示されたポインタを動 かしたり、2本の指を使ってスクロールしたりします。 スリープ・インジケータ・ランプ MacBook がスリープ状態のとき脈打つように白く光ります。 内蔵赤外線(IR)レシーバー Apple Remote と内蔵のIR レシーバーを使って、MacBook を離れた場所から制御します。 スロットローディング方式の光学式ドライブ CDおよび DVDの読み取りと CD への書き込みができます。SuperDrive が内蔵されている場 合は、DVD へも書き込みができます。詳しくは、71 ページの「光学式ドライブを使用する」 を参照してください。 ® パワーボタン MacBook の電源をオン/オフしたり、スリープ状態にしたりします。 J3626M42.book 19 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分20 第1章 設置と準備 MacBook のキーボード機能 esc num F1 F2 F3 F4 F5 F6 F7 F8 F9 F10 F11 F12 lock — i C - ファンクション キー(fn) 輝度調節キー 音量調節キー Num Lock キー メディア・ イジェクト・キー 消音キー 通常の ファンクションキー ビデオモード 切り替えキー J3626M42.book 20 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 1章 設置と準備 21 ファンクション(Fn)キー このキーを押しているときは、ファンクションキー(F1 ~F12)をカスタマイズして割り当て た操作が有効になります。ファンクションキーのカスタマイズ方法については、メニューバー から「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「ファンクションキー」で検索してください。 輝度調節キー MacBook のディスプレイの輝度を上げたり( )下げたり( )します。 — 消音コントロール 内蔵スピーカーやヘッドフォンポートに接続した装置から出力される音声を消します。 - 音量調節キー 内蔵スピーカーやヘッドフォンポートに接続した装置から出力される音声の音量を上げたり (-)下げたり(–)します。 Num Lockキー MacBook のキーボードに組み込まれているテンキーを有効にします。テンキーが有効な場合 は、Num Lock キーの緑色のランプが点灯します。 i ビデオモード切り替えキー デュアルディスプレイモード(デスクトップが内蔵ディスプレイと外部ディスプレイにまた がって表示される)とビデオミラーリングモード(両方のディスプレイに同じ情報が表示され る)を切り替えます。 F11、F12 デフォルトでは、F11 では Exposé が開き、F12 では「Dashboard」が開きます。 C メディア・イジェクト・キー このキーを押し続けると、ディスクが取り出されます。デスクトップにあるディスクのアイコ ンを「ゴミ箱」にドラッグして、ディスクを取り出すこともできます。 J3626M42.book 21 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分22 第1章 設置と準備 MacBook のその他の構成部品 ¯ ギガビット Ethernet ポート(10/100/ 1000 Base-T) G セキュリティ スロット ヘッドフォン/ 光デジタル音声 出力ポート f 音声ライン入力/ 光デジタル音声 入力ポート , Mini-DVI ポート £ FireWire 400 ポート H USB 2.0 ポート MagSafe d 電源 アダプタ ポート J3626M42.book 22 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 1章 設置と準備 23 これらの機能について詳しくは、55 ページの第 3 章「MacBookを使用する」を参照してください。 ¯ MagSafe電源アダプタポート 付属の Apple MagSafe 電源アダプタ(60W)を差し込んで、MacBook のバッテリーを充電 できます。 G ギガビット Ethernet ポート(10/100/1000 Base-T) 高速な Ethernet ネットワークに接続したり、ほかのコンピュータに接続して、ファイルを転 送できます。Ethernetポートの自動検索機能によって、ほかの Ethernet 装置が自動的に検出 されます。接続するために、Ethernetクロスケーブルは必要ありません。 £ Mini DVI(ビデオ出力)ポート DVI、VGA、コンポジット、またはS ビデオコネクタを使用する外部ディスプレイやプロジェ クタを接続できます。接続する外部装置の種類のよっては、Mini-DVI to DVI アダプタ、MiniDVI to VGAアダプタ、または Mini-DVI to Videoアダプタが必要です。これらのアダプタは 別売で、www.apple.com/japanstore から購入できます。 H FireWire 400 ポート デジタル・ビデオ・カメラや外部記憶装置などの装置を高速なデータ転送速度で接続できます。 d ハイスピード USB 2.0(Universal Serial Bus)ポート(2基) プリンタ、外部記憶装置、デジタルカメラ、モデム、キーボード、ジョイスティックなどの外 部装置を MacBook に接続できます。 , 音声ライン入力/光デジタル音声入力ポート ラインレベルのマイクロフォンやデジタルオーディオ機器に MacBook を接続することができ ます。 f ヘッドフォン出力/光デジタルオーディオ出力ポート 外部スピーカーやヘッドフォン、デジタルオーディオ機器を接続することができます。 セキュリティスロット 盗難防止用のケーブル(別売)を接続することができます。 J3626M42.book 23 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分24 第1章 設置と準備 MacBook をスリープ状態にする/システム終了する MacBook での作業を終了したら、コンピュータをスリープ状態にするか、システム終了するこ とができます。 MacBook をスリープ状態にする MacBook を使った作業をしばらく中断するときは、スリープ状態にします。コンピュータがス リープ状態のときは、すぐに元の状態に戻せます(起動の過程は省略されます)。 コンピュータをスリープ状態にするときは、次のいずれかの操作を行います:  ディスプレイを閉じます。  メニューバーからアップル()メニュー>「スリープ」と選択します。  パワー(®)ボタンを押し、表示されるダイアログで「スリープ」をクリックします。  アップル()メニュー>「システム環境設定」と選択し、「省エネルギー」をクリックして、 スリープタイマーをセットします。  Apple Remoteの再生/一時停止(’)ボタンを 3秒間押し続けます。 警告:スリープランプが点滅し始めるまで数秒間待ってから(スリープランプの点滅は、コン ピュータがスリープ状態に入り、ハードディスクの回転が停止していることを示します)、 MacBook を持ち運んでください。ハードディスクが回転しているときに持ち運ぶと、ハード ディスクが故障して、データが失われたり、ハードディスクから起動できなくなるおそれがあ ります。 J3626M42.book 24 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 1章 設置と準備 25 コンピュータを稼働状態に戻すには:  ディスプレイが閉じているときは、ディスプレイを開けるとMacBookのスリープ状態が解除さ れます。  ディスプレイがすでに開いているときは、パワー(®)ボタン、キーボード上の任意のキー、 または Apple Remote の任意のボタンを押します。 MacBook のシステムを終了する MacBookを 1 日以上使わない場合は、電源を切ることをお勧めします。システム終了中にスリー プランプがわずかに点灯します。 コンピュータの電源を切るには、次のいずれかの操作を行います:  メニューバーからアップル()メニュー>「システム終了」と選択します。  パワー(®)ボタンを押し、表示されるダイアログで「システム終了」をクリックします。 MacBook を長期にわたって保管するときは、111 ページの「MacBook を保管する」に説明され ている手順を参照して、バッテリーの電力が完全に消耗してしまうのを防いでください。 バッテリーを調整する バッテリーの持続時間を最大にするには、MacBookを購入してから最初の 1 週間ほどの間にバッ テリーを調整し、また、ときどき再調整してバッテリーが最大限の能力で動作するようにします。 J3626M42.book 25 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分26 第1章 設置と準備 バッテリーを調整するには: 1 電源アダプタを接続して、電源アダプタプラグのランプが緑色に変わり、画面上のメニューバー に表示されるバッテリーアイコンでバッテ リーが完全に充電されたことが確認できるまで、 MacBookのバッテリーを充電します。 2 2 時間以上、バッテリーが完全に充電された状態にします。この間、アダプタを接続するのであ ればコンピュータを使用してもかまいません。 3 MacBookに接続された電源アダプタを取り外し、バッテリー電源で動作するようにします。この 間、コンピュータを使用してもかまいません。 バッテリーが少なくなると、バッテリー不足を知らせる警告が画面に表示されます。 4 スリープ状態になるまでコンピュータを起動したままにします。バッテリーが少なくなったら、 システムがスリープ状態になる前に、作業中のファイルを保存し、すべてのアプリケーションを 閉じてください。 5 5時間以上、コンピュータの電源を切った状態またはスリープ状態にします。 6 電源アダプタを接続し、バッテリーを再び完全に充電します。 重要:調整手順を2 カ月ほどに一度は繰り返して、バッテリーが最大限の能力で動作するように してください。MacBook をそれほど頻繁には使用しない場合、最低でも 1ヶ月に一度は、バッテ リーを再調整することをお勧めします。 追加のバッテリーを購入した場合は、そのバッテリーで同じ調整手順を実行してください。詳し くは、76 ページの「バッテリーを使用する」を参照してください。 J3626M42.book 26 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 1章 設置と準備 27 詳しい情報を入手する MacBookについて詳しくは、次の情報を参照してください:  重要な基本事項については、29ページの第 2章「お使いの MacBookについて」を参照してく ださい。  Mac OS Xの操作に慣れていない場合は、お使いのコンピュータに付属の小冊子「Welcome to Tiger」や、「Mac ヘルプ」を開いて説明を参照してください。詳しくは、28 ページの「Mac ヘルプで情報を探す」を参照してください。  コンピュータを使用できなくなる問題が発生した場合は、93ページの第 5 章「トラブルへの 対処方法」を参照してください。  127 ページの「質問トップ 10」にある、最もよく尋ねられる質問についても参照してください。  サポート情報、ユーザの Discussion Board、およびアップルの最新ソフトウェアのダウンロー ドについては、www.apple.com/jp/support を参照してください。  以上の場 所を参照して も分からな いことがある 場合は、お求 めのコンピュ ータに付属 の 「AppleCare サービス&サポートガイド」でアップルの連絡先情報を参照してください。 J3626M42.book 27 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分28 第1章 設置と準備 Mac ヘルプで情報を探す Macintoshの使用に関するほとんどの情報は、お使いのコンピュータの「Macヘルプ」にあります。 「Macヘルプ」を表示するには: 1「Dock」(画面下部に表示されるアイコンのバー)の「Finder」アイコンをクリックします。 2「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択します(メニューバーの「ヘルプ」メニューをクリックして 「Mac ヘルプ」を選びます)。 3 検索欄をクリックして質問を入力し、キーボードの Returnキーを押します。 検索フィールド J3626M42.book 28 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分29 2 2 お使いの MacBookについて この章では、MacBook の重要な基本機能を紹介します。 コンピュータを持ち運ぶときは、MacBook の使用を停止した後、必ず、ハードディスクおよび ドライブ内の光学式ディスク(CD や DVD など)の回転が止まるまでしばらく待ってください。 ディスクが回転している間は、MacBook を揺らしたりぶつけたりしないように注意してくださ い。 参考:お使いの MacBook には、コンピュータが落下したり震えたりした場合にハードディスク を保護する技術として、緊急モーションセンサーテクノロジーが搭載されています。詳しくは、 76ページの「緊急モーションセンサーについて」を参照してください。 MacBook の使用時やバッテリーの充電時には本体の底面がやや熱を持ちますが、これは異常で はありません。長時間使用する場合は、平らな安定した場所に MacBook を置いてください。換 気によって本体内部の温度を通常の動作時温度の範囲内に保つため、本体の底面は少し高くなっ ています。 起動時や、ハードディスクや光学式ドライブの使用時に、システム音が聞こえることがあります。 MacBookを起動してしばらくすると、コンピュータを冷やすために小さなファンが回転して、か すかな音がすることがあります。これらのシステム音は、コンピュータの正常な動作の一部です。 MacBookをさまざまな場所で扱ったり使用したりするときは、107 ページの付録 B「安全性、使 用、保守に ついての情報」に記載されている安全上の注意を必ずお読みください。 J3626M42.book 29 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分30 第2章 お使いの MacBookについて この章のこれ以降には、ディスプレイ、電源アダプタ、トラックパッド、キーボード、内蔵 iSight カメラ、Apple Remote などの MacBook のパーツの使用についての情報などのセクションが含 まれます。また、Mac OS X、Mac ヘルプ、アプリケーション、および周辺機器への接続につい ての情報もあります。 ディスプレイを調節する 新しい MacBookを使い始めると、画面が見やすくなるようにディスプレイの輝度の調節が必要 になることがあります。画面の輝度を調節するには、輝度(¤)アイコンの付いた、F1 キーと F2 キーを使います。 バッテリー使用を最適化するディスプレイの環境設定を設定するには: 1「システム環境設定」を開き、「省エネルギー」をクリックします。 2「設定対象」ポップアップメニューから「バッテリー」を選択し、「オプション」をクリックします。 3 バッテリー消費を抑えるためにディスプレイが暗くなるのを防ぐには、「この電源を使用すると きは内蔵ディスプレイの明度を下げる」を選択解除します。 この機能が設定されているとき、MacBook が電源アダプタではなくバッテリーの電力で稼働し ている間、ディスプレイが少し暗くなります。再度電源アダプタに接続すると、ディスプレイは 元の明るさに戻ります。 MacBookがスリープ状態になる前にディスプレイが暗くなるのを防ぐには、「ディスプレイがス リープ状態になる前にディスプレイの明度を自動的に下げる」を選択解除します。 J3626M42.book 30 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 31 画面上の画像の大きさを変更する お使いの MacBook は、13.3 インチのワイドスクリーンディスプレイを搭載しています。ディス プレイのデフォルトの解像度は、1280× 800 に設定されています。画面の解像度を変更すれば、 ディスプレイに表示される画像の大きさを変更できます。 「システム環境設定」の「ディスプレイ」パネルで、より低い解像度を選択できます。より低い 解像度に切り替えると、画面上の項目が大きくなり、より見やすくなります。ただし、低い解像 度を選択すると、ディスプレイのデフォルトの解像度のときほど画面が鮮明にならない場合があ ります。 解像度によっては、ディスプレイの両端に黒い帯が表示されます。帯を表示したくない場合は、 その解像度でワイド表示を使用するように設定すると、画面全体に画像が拡張して表示されるの で、帯を消すことができます。 ディスプレイの解像度を変更するには: m メニューバーからアップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。「システム環 境設定」の「ディスプレイ」パネルを開きます。 メニューバーに表示されるディスプレイのステータスメニューを使って、画面の解像度を変更で きるようにするには、「メニューバーにディスプレイを表示する」をクリックします。 J3626M42.book 31 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分32 第2章 お使いの MacBookについて 電源アダプタを使用する 電源アダプタを使って MacBook をコンセントに接続すると、コンピュータに取り付けられてい るバッテリーが充電されます。 重要:最適なパフォーマンスを得るには、コンピュータに付属の電源アダプタのみを使用するか、 追加の Apple MagSafe電源アダプタ(60W)を購入してください。 電源アダプタをはじめてコンピュータに接続すると、電源アダプタプラグのインジケータランプ が点灯します。オレンジ色のランプは、バッテリーに電力が供給されていることを示します。緑 色のランプは、バッテリーに電力が供給されていないことを示し、バッテリーが充電済みである、 バッテリーが取り付けられていない、またはバッテリーに問題がある場合のいずれかを意味しま す。ランプが点灯しない場合は、プラグが正しく接続されていない可能性があります。破片やゴ ミが入っていないか確認し、取り除いてください。メニューバーにあるバッテリーのステータス メニューを使うか、またはバッテリーの下部にあるバッテリー・レベル・インジケータ・ランプ を確認して、バッテリーのレベルを監視することができます(76 ページを参照)。 電源アダプタを延長するには、最初に電源プラグを上に引っぱってアダプタから取り外します。 付属の電源コードをアダプタに接続し、しっかり取り付けられていることを確認します。もう一 方の端を電源コンセントに接続します。電源コードを接続すると接地できます。 警告:MacBookの電源アダプタポートには磁石が含まれており、磁石によってクレジットカー ド、iPod、およびその他のデバイス上のデータが消去されるおそれがあります。データを守る ために、電源アダプタポートにこれらおよびその他の磁気メディアを近づけないようにしてく ださい。 J3626M42.book 32 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 33 接地電源コンセントがあるときは、常に電源コードを接続して接地してください。電源コードは、 お求めの電源アダプタに付属しているものだけを使用してください。電源プラグをコンピュータ の電源アダプタポートにしっかりと差し込んで、プラグが正しく接続され、コンピュータに電源 が供給されていることを確認してください。コードが正しく接続されている場合は、MacBook に接続されている側の端にあるインジケータランプが点灯します。 電源アダプタをコンセントまたはコンピュータから抜くときは、コードではなくプラグを持って 抜いて ください。電源アダプ タを使用す る上での 安全性に ついて詳し くは、109 ページ の 「MacBook と電源アダプタを接続する」を参照してください。 電源コード 電源プラグ J3626M42.book 33 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分34 第2章 お使いの MacBookについて トラックパッドを使用する 画面上でポインタが動く距離は、トラックパッドで指を動かす速さによって決まります。ポイン タを少しだけ動かしたいときは、トラックパッド上で指先をゆっくりと動かしてください。指を 早く動かすと、画面上でのポインタの移動距離は長くなります。トラックする速度は、「システ ム環境設定」の「キーボードとマウス」パネルで調節できます。 トラックパッド上で 2 本の指を動かすことによって、スクロールバーのあるウインドウを縦また は横にスクロールすることができます。このオプションは、「システム環境設定」の「キーボー ドとマウス」パネルで有効にしたり無効にしたりできます。 トラックパッドの操作について トラックパッドを使う際に注意すること:  スクロール機能が有効になっていてスクロール操作をするとき以外は、1 本の指で操作してく ださい。  ペンなどは使用しないでください。  指先やトラックパッドをぬらさないでください。湿気や水蒸気によってトラックパッドが 湿ってきたときは、トラックパッドを操作する前に、きれいな布で慎重にふいてください。  洗剤を使ってトラックパッドを清掃しないでください。 トラックパッドの使用について詳しくは、画面の上部にあるメニューバーから「ヘルプ」> 「Mac ヘルプ」と選択してください。 J3626M42.book 34 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 35 トラックパッドのボタンに加え、指を使って、トラックパッドで直接クリックおよびダブルク リックすることができます。トラックパッドのこれらの機能やその他のオプションは、「システ ム環境設定」の「キーボードとマウス」パネルで選択できます。 参考:気付かないうちにトラックパッドに触れて、ポインタが移動してしまうことがよくある場 合は、「システム環境設定」の「キーボードとマウス」パネルで「偶発的なトラックパッドの入 力を無視する」オプションを設定すると、この問題を防ぐことができます。 キーボードを使用する MacBook のキーボードには、通常のキーボードのキーにテンキーが組み込まれています。テン キーとして使用されるキーには、小さな文字が表示されています。 Num Lock キー テンキー J3626M42.book 35 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分36 第2章 お使いの MacBookについて テンキーを使うときは、Num Lock キーを押します。テンキーが有効なときは、Num Lock キー のインジケータランプが点灯します。テンキーを使い終わったら、Num Lockキーをもう一度押 して使用を停止してください。 重要:キーボードが正しく動作しない場合は、Num Lock キーを確認してください。テンキーが 使用可能になっている間は、ほかのキーやメニュー項目のキーボードショートカット(たとえば、 「終了」の x + Q など)は使用できません。 「Front Row」アプリケーションを制御するのに、Apple Remoteとキーボードを使用することが できます。41 ページの「キーボードを使用して「Front Row」を制御する」を参照してください。 キーボードショートカットを使って効率的に作業を行いたい場合は、「Macヘルプ」を開き、「キー ボードショートカット」を検索してください。よく使うさまざまな操作およびアプリケーション のキーボードショートカットのリストを参照できます。 マウスを使用する USB コネクタのあるアップル製マウスをお持ちの場合は、USBコネクタを USB 2.0ポートに接続 してすぐにマウスを使うことができます。Apple Wireless Mouse をお持ちの場合、接続方法に ついては、64 ページの「Bluetooth ワイヤレステクノロジーを使用する」を参照してください。 ワイヤ レスマ ウスまた は USB マウ スは、オン ライン の Apple Store(www.apple.com/ japanstore)またはアップル製品取扱販売店で購入できます。 J3626M42.book 36 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 37 Apple Remote と「Front Row」を使用する Apple Remoteは、「Front Row」インターフェイスおよび内蔵の赤外線(IR)レシーバーと共に 動作します。レシーバーは、MacBook の前面の右下にあります。Apple Remote を使うと、部 屋の中の離れた場所から「Front Row」を開いて、「iTunes」、「iPhoto」、「iMovie」、「DVD プ レーヤー」などで操作できます。 Apple Remote を使用して、次の操作ができます: Â「Front Row」を開き、「ミュージック」、「写真」、「ビデオ」、および「DVD」メニューを移動する。 Â「iTunes」で、曲の音量調節、曲の再生または一時停止、次または前のトラックへの移動を行う。 Â「iPhoto」で、フォトアルバムのスライドショーを再生する。 Â「ムービー」フォルダ内のムービーを再生したり、オンラインで QuickTime ムービーによる映画 の予告編を視聴したりする。  光学式ドライブ内の DVD を「DVD プレーヤー」で再生する。 Â「Keynote」のプレゼンテーションを操作する。  MacBookをスリープ状態にする/スリープを解除する。 Apple Remote を使って「Front Row」を操作するには、MacBook に向けて、以下の操作をし ます: Â「Front Row」を起動/終了したり、「Front Row」の操作中に前のメニューに戻るには、「メ ニュー」(»)ボタンを押します。 Â「Front Row」でアプリケーションを切り替えるには、「次へ/早送り」(‘)ボタンまたは「前 へ/巻き戻し」(])ボタンを押します。  メニューを移動したり音量を調節したりするときは、「音量/メニューアップ」(∂)ボタンと 「音量/メニューダウン」(D)ボタンを押します。 J3626M42.book 37 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分38 第2章 お使いの MacBookについて  メニューを選択したり、曲、スライドショー、ビデオ、または DVD を再生/一時停止したりす るときは、「選択/再生/一時停止」(’)ボタンを押します。  メディアのコンテンツを次へ進めたり前へ戻ったりするには、「次へ/早送り」(‘)ボタンま たは「前へ/巻き戻し」(])ボタンを押します。早送り/巻き戻しするには、ボタンを押し続 けます。  MacBook をスリープ状態にするには、「選択/再生/一時停止」(’)ボタンを 3 秒間押し続け ます。 次へ/早送りボタン 選択/再生/一時停止ボタン 電池ケース 音量/メニューアップボタン IR ウインドウ 音量/メニューダウンボタン 前へ/巻き戻しボタン メニューボタン J3626M42.book 38 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 39 「Keynote」で Apple Remoteを使用する 「Keynote」がインストールされている場合、Apple Remoteを使ってプレゼンテーションを操作 できます。「Keynote」が開いている状態で「選択/再生/一時停止」(’)ボタンを押すと、プ レゼン テーショ ンが始ま ります。Apple Remote を MacBook に向け て、ボタン を押し て 「Keynote」を操作します。アプリケーションの動作状態(プレゼンテーションかスライドオーガ ナイザーか)によって、次の表のように動作が異なります。 Apple Remote を登録する 1 つの部屋に複数のコンピュータまたはその他の IR レシーバー内蔵装置がある場合(ホームオ フィスや研究室に複数の MacBook や iMac がある場合など)は、お使いの Apple Remote を特 定のコンピュータまたは装置で使えるように「登録」できます。登録すると、受信側のコンピュー タまたは装置は、特定の Apple Remote でのみ操作できるように設定されます。 操作するボタン プレゼンテーションでの動作 スライドオーガナイザーでの動作 ’(選択/再生/一時停止) 一時停止する/再開する 選択したスライドにジャンプする »(メニュー) スライドオーガナイザーを 起動する スライドオーガナイザーを 終了する »の長押し 終了する プレゼンテーションを終了する ](前へ/巻き戻し) 前のスライドに移動する 前のスライドを選択する ]の長押し 最初のスライドにジャンプする ‘(次へ/早送り) 次のスライドに移動する 次のスライドを選択する ‘ の長押し 最後のスライドにジャンプする ∂(音量/メニューアップ) 音量を上げる 音量を上げる D(音量/メニューダウン) 音量を下げる 音量を下げる J3626M42.book 39 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分40 第2章 お使いの MacBookについて Apple Remote をMacBook に登録するには: 1 Apple Remoteを、MacBook の IR レシーバーから 10 cm のところに置きます。 2 Apple Remoteの「メニュー」(»)ボタンと「次へ/早送り」(‘)ボタンを同時に 5 秒間押し たままにします。 Apple Remote を MacBook に問題なく登録できた場合には、鎖の輪の記号( )が画面に表 示されます。 Apple Remote とMacBook 間の登録を解除するには: 1 メニューバーからアップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2「セキュリティ」をクリックして、「登録解除」をクリックします。 バッテリーを取り付ける Apple Remoteには、再充電できないボタン電池が含まれます。必要に応じて、ボタン電池 CR 2032 と交換してください。バッテリーは再充電しないでください。 小さく先の尖っていないものでこのボタンを押し、 電池ケースを少し引き出します。 プラス(+)側を上にします。 電池ケースを引いて 外します。 MENU J3626M42.book 40 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 41 交換用のバッテリーを取り付けるには: 1 クリップの先などの小さな物でボタンを押して電池ケースを開きます(上の図を参照)。 2 電池ケースを引き出し、ボタン電池を取り外します。 3 交換用のボタン電池を、プラス(+)側を上にした状態で挿入します。 4 電池ケースを閉じます。 IR受信を切にする 「セキュリティ」環境設定を使って、お使いの MacBook の IR受信を入または切にできます。 IR 受信を切にするには:  メニューバーからアップル()メニュー>「システム環境設定」と選択し、「セキュリティ」 をクリックします。 Â「赤外線レシーバーのリモートコントロールを無効にする」チェックボックスを選択します。 キーボードを使用して「Front Row」を制御する Apple Remoteで「Front Row」を制御するのに加えて、キーボードを使用することもできます。 以下のキーが Apple Remote のボタンに相当します: キーボード上 Apple Remote ボタン コマンド(x)+ Escキー 「メニュー」を開始(») Esc キー 「メニュー」を終了(») スペースバーまたは Returnキー 選択/再生/一時停止(’) 上矢印(Ò)キー 音量/メニューアップ(∂) 下矢印(¬)キー 音量/メニューダウン(D) 右矢印(˚)キー 次へ/早送り(‘) 左矢印(k)キー 前へ/巻き戻し(]) J3626M42.book 41 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分42 第2章 お使いの MacBookについて Apple Remote についての詳しい情報を入手する お使いの Apple Remote についての詳細情報は「Mac ヘルプ」で参照できます。メニューバー から「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「Apple Remote」で検索してください。 内蔵 iSightカメラを使用する 内蔵 iSightカメラを使うと、「Photo Booth」で写真の撮影をしたり、ほかのiChat AV ユーザと ビデオチャットをしたりできます。 「Photo Booth」で写真を撮影する 「Photo Booth」を使って、写真を撮影して、「セピア」、「白黒」、「グロー」、「色鉛筆」など、楽 しい視覚効果を追加することができます。 iSight カメラ カメラ・ インジケータ・ ランプ マイクロフォン J3626M42.book 42 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 43 「Photo Booth」で写真を撮影するには: 1「Dock」の「Photo Booth」アイコンをクリックして「Photo Booth」を起動してから、内蔵 iSightカメラを入にします。 カメラの電源が入っているときは、カメラの横のインジケータランプが点灯します。 2 好みに応じて、写真に適用する効果を選びます。 3 イメージの下の「カメラ」アイコンをクリックして、写真を撮影します。 写真を iChatメンバーのピクチャとして保存したり、友人にメールで送信したり、iPhotoライブ ラリに保存したりします。 写真をメンバーのピクチャまたはアカウントピクチャとして使用するには: 1「Photo Booth」を起動し、写真を撮影します。 2 メンバーのピクチャまたはアカウントピクチャとして使用する写真を選びます。 3「メンバーのピクチャ」アイコンまたは「アカウントピクチャ」アイコンをクリックすると、ピ クチャが自動的にアップデートされます。 「Photo Booth」について詳しくは、メニューバーから「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、 次に「ライブラリ」>「Photo Booth ヘルプ」と選択すると参照できます。 iSight カメラを「iMovie HD」で使用する 内蔵 iSightカメラからライブビデオを、「iMovie HD」へ直接取り込むことができます。 ライブビデオを取り込むには: 1「Dock」の「iMovie HD」アイコンをクリックして「iMovie HD」を起動します。 J3626M42.book 43 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分44 第2章 お使いの MacBookについて 2 モード切り替えをクリックして「iMovie HD」を内蔵カメラモードに設定します。 3 モード切り替えの左のカメラアイコン側をクリックし、ポップアップメニューで「内蔵 iSight」 を選択します。 4 iMovie モニタで「iSight で録画」ボタンをクリックし、録画を開始します。iMovieモニタに表示 されるビデオが、iMovie の「クリップ」パネル内にクリップとして録画されます。 5「iSight で録画」ボタンをもう一度クリックし、録画を終了します。MacBookで空きディスク容 量に保存できる分の長さの録画ができます。 「iMovie HD」についての詳細情報は「Mac ヘルプ」で参照できます。メニューバーから「ヘル プ」>「Mac ヘルプ」と選択し、次に「ライブラリ」>「iMovie HD ヘルプ」と選択します。 「iChat AV」を使用してビデオ会議を行う 「iChat AV」を起動すると、カメラ・インジケータ・ランプが点灯します。ほかの iChat AV ユー ザと、フルモーションビデオによるリアルタイムのビデオ会議をするには、そのメンバーのビデ オアイコンをクリックします。お使いの MacBook にはマイクも内蔵されているので、iChat AV ビデオ会議で音声とビデオの両方を利用できます。 内蔵 iSightを使ってビデオ会議を行うには、次のものが必要です:  .Mac、AOL(America Online)、またはAOLインスタントメッセンジャー(AIM)アカウント (iChat AVに必要です)。  DSL モデム、ケーブルモデム、またはローカル・エリア・ネットワーク(LAN)によるブロー ドバンドインターネット接続。ダイヤルアップインターネット接続では使用できません。 モード切り替え J3626M42.book 44 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 45 ビデオ会議を開始するには: 1「iChat AV」を開きます。 2 メンバーリストでメンバーの横にある「カメラ」ボタンをクリックします。 メンバーリストにメンバーを追加する方法については、「ヘルプ」>「iChat AV ヘルプ」と選択 してください。 メンバーリストで「カメラ」ボタンをクリックすると、カメラ・インジケータ・ランプが点灯し て、ビデオを表示中であることが示されます。また、ビデオ要求を受け入れるための参加依頼が メンバーに送信され、カメラに自分がどのように映っているかがプレビューとして表示されま す。メンバーが参加依頼を受け入れると、自分自身と同時にメンバーも画面に表示されます。 複数のメンバーとビデオ会議を行う 1 度に最大で 3 人までのメンバーとビデオ会議ができます。1 人のメンバーがビデオ会議のホス トになり、ほかのメンバーは参加者になります。 複数のメンバーとのビデオ会議を開始するには: 1「iChat AV」を開きます。 2 コマンドキーを押しながら、参加依頼するメンバーを選択します。 3 メンバーリストの下にある「カメラ」ボタンをクリックします。 iSight カメラを切にする iSight カメラを切にするには、最前面の iChat ウインドウを閉じます。カメラ・インジケータ・ ランプが消えて、iSightカメラが切で記録が停止されていることが示されます。 J3626M42.book 45 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分46 第2章 お使いの MacBookについて 自分のメンバーのピクチャとして写真を使用する iSight カメラで自分のピクチャを撮影し、自分のメンバーピクチャとして使うことができます。 ほかのメンバーのメンバーリストに自分が追加されると、そのメンバーリストにこの写真が表示 されます。 自分のメンバーのピクチャを設定するには: 1「iChat AV」を開きます。 2「メンバー」>「自分のピクチャを変更」と選択します。 3「カメラ」ボタンをクリックします。 Mac OS X について お使いのコンピュータには、Mac OS X v10.4 Tiger が搭載されています。これには、すべての ファイルのインデックスを自動的に作成する検索エンジン「Spotlight」、「ウィジェット」と呼ば れる便利で小さいアプリケーションをすぐ手元に表示するための「Dashboard」、開いているす べてのアプリケーションを分かりやすく並べて表示する「Exposé」などが含まれています。 Mac OS X、およびお使いのコンピュータに付属している、数々の賞を受賞した iLife アプリケー ションについてさらに詳しく知りたいときは、お使いの MacBook に付属の冊子「Welcome to Tiger」、または「Macヘルプ」の情報を参照してください。Mac OS Xの使用中に問題が発生し た場合は、第 5章「トラブルへの対処方法」または「Mac ヘルプ」を参照してください。 Mac OS Xとソフトウェア・アプリケーションの互換性に関する情報や、Mac OS Xについてもっ と詳しく知りたいときは、アップルの Web サイト(www.apple.com/jp/macosx)を参照して ください。 J3626M42.book 46 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 47 デスクトップをカスタマイズする/環境設定を行う 「システム環境設定」を使用すると、デスクトップの外観を好みに合わせて簡単に変更できます。 メニューバーからアップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 次のパネルでいろいろと変更して試してみてください:  アピアランス:この環境設定パネルでは、ボタン、メニュー、ウインドウ、およびハイライト の色などのオプションを変更できます。  Dashboard と Exposé:この環境設定パネルでは、画面のコーナーへの機能割り当てと、 「Dashboard」、デスクトップ、アプリケーションウインドウ、およびすべてのウインドウの ショートカットの設定ができます。 J3626M42.book 47 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分48 第2章 お使いの MacBookについて  デスクトップとスクリーンセーバ:この環境設定パネルでは、デスクトップの背景の色やパター ンを変更したり、背景を好きな写真や画像に変更したりすることができます。また、コンピュー タをしばらく操作しなかったときに画面に表示される美しいスクリーンエフェクトを変更する こともできます。  Dock:この環境設定パネルでは、「Dock」(画面下部に表示されるアイコンのバー)のサイズ、 位置、および動作を変更できます。 コンピュータに慣れてきたら、ほかのシステム環境設定も試してみてください。「システム環境 設定」では、お使いのMacBook のさまざまな設定を変更できます。詳しくは、「Mac ヘルプ」を 開き、「システム環境設定」または使用したい特定の環境設定のパネルを検索してください。 参考:アップルでは、システムソフトウェア、アプリケーション、インターネットサイトを頻繁 に更新し、新しいバージョンをリリースしています。そのため、このマニュアルに示されている 画像は、実際の画面に表示されるものと多少異なる場合があります。 アプリケーションを使用する お使いの MacBook には、メールの送信、ネットサーフィン、オンラインチャットなどを行うた めのアプリケーションが付属しています。また、音楽やデジタル写真を整理したり、ムービーや Web サイトを作成したりするための iLife アプリケーションスイートも付属しています。これら のアプリケーショ ンについて詳しくは、お使いのコンピュータに付属 の冊子「Welcome to Tiger」を参照してください。 J3626M42.book 48 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 49 アプリケーションが応答しないときは まれに、アプリケーションが画面上で「操作不能」になることがあります。Mac OS X には、コ ンピュータを再起動せずに、操作不能になったアプリケーションを終了する方法が用意されてい ます。操作不能になったアプリケーションを終了すると、開いているほかのアプリケーションで の作業を保存できる場合があります。 アプリケーションを強制終了するには: 1 コマンド(x)+Option + Esc キーを押すか、メニューバーからアップル()メニュー>「強 制終了」と選択します。 「アプリケーションの強制終了」ダイアログが表示され、問題のアプリケーションが選択されます。 2 確認のためのダイアログで「強制終了」をクリックします。 問題のアプリケーションが終了します。ほかのアプリケーションはすべて開いたままになります。 また必要に応じて、このダイアログから「Finder」を再起動することもできます。 アプリケーションに関するその他の問題が発生した場合は、93 ページの第 5 章「トラブルへの 対処方法」を参照してください。 ソフトウェアを最新の状態に保つ インターネットに接続し、無料の最新ソフトウェアバージョン、ドライバ、およびその他の強化 機能をアップルから自動的にダウンロードしてインストールできます。 インターネットに接続されている場合、「ソフトウェア・アップデート」がアップルのインター ネットサーバをチェックして、お使いのコンピュータで利用できるアップデートがあるかどうか を確認します。お使いの Mac が定期的にアップルのサーバをチェックして、アップデートされ たソフトウェアをダウンロードしてインストールするように設定することもできます。 J3626M42.book 49 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分50 第2章 お使いの MacBookについて アップデートされたソフトウェアを確認するには: 1「システム環境設定」を開きます。 2「ソフトウェア・アップデート」アイコンをクリックし、画面に表示される指示に従います。  詳しくは、「Mac ヘルプ」で「ソフトウェア・アップデート」を検索してください。  Mac OS Xに関する最新情報は、Mac OS X の Web サイト(www.apple.com/jp/macosx)を参 照してください。 プリンタに接続する 必要なソフトウェアをインストールしてプリンタを接続するには、プリンタに付属のマニュアル の指示に従ってください。Mac OS X には、ほとんどのプリンタのドライバが内蔵されています。 ほとんどのプリンタは、USB ケーブルを介して接続できます。Ethernet などのネットワーク接 続が必要なプリンタもあります。AirMac Express ベースステーションまたは AirMac Extreme ベースステーションをお持ちの場合は、USB プリンタをコンピュータではなくベースステーショ ンに接続して、ワイヤレスでプリントすることができます。USBポートについて詳しくは、56 ペー ジの「USB(Universal Serial Bus)装置を使用する」を参照してください。ワイヤレスまたは ネットワーク接続について詳しくは、63 ページの「AirMacがワイヤレスインターネット接続を 提供するしくみ」および 66 ページの「Ethernetで接続する」を参照してください。 USB プリンタを接続すると通常は、コンピュータが自動的にプリンタを検出し、使用可能なプリ ンタをリストに追加します。ネットワークに接続されたプリンタからプリントする場合は、プリ ンタのネットワーク名またはアドレスが必要になる場合があります。プリンタを選択するには、 「システム環境設定」の「プリントとファクス」パネルを使います。 参考:プリンタが動作しない場合は、プリンタ製造元の Web サイトで、インストールする必要 のある互換性のあるプリンタドライバのソフトウェアがないか確認してください。 J3626M42.book 50 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 51 プリンタを設定するには: 1「システム環境設定」を開き、「プリントとファクス」アイコンをクリックします。 2「プリント」をクリックしてから、「追加」(+)ボタンをクリックして、プリンタを追加します。 3 使用するプリンタを選択し、「追加」をクリックします。 4 プリンタリストに表示されるプリンタを選択するときは、「追加」(+)ボタンと「取り除く」(–) ボタンを使用します。 プリント処理を監視する プリンタに書類を送信した後で、プリント処理を監視したり、プリントジョブを停止または一時 保留したりすることができます。「Dock」にある「プリンタ」アイコンをクリックして、「プリン タ」ウインドウを開きます。詳しくは、「ヘルプ」メニューから「Mac ヘルプ」を選択し、「プリ ント」で検索してください。 CD を再生する/ヘッドフォンを接続する 音楽、ビデオ、Podcast、およびオーディオブックをダウンロードして保存できる、操作が簡単 なデジタルジュークボックス「iTunes」を使って、コンピュータで作業中に「iTunes」の音楽や CD を聴くことができます。光学式ドライブに音楽 CD をセットすると、画面に「iTunes」が自 動的に表示されます。音楽は、MacBookの内蔵スピーカーで聴いたり、ヘッドフォンを MacBook のヘッドフォンポートに接続して 1人だけで聴くことができます。 「iTunes」について詳しいことを知るには: m「iTunes」を開き、「ヘルプ」>「iTunes &ミュージックストアヘルプ」と選択します。 J3626M42.book 51 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分52 第2章 お使いの MacBookについて カメラまたはその他の FireWire 装置や USB 装置を接続する FireWire コネクタまたは USBコネクタを装備した iPod、デジタルカメラ、ビデオカメラ、スキャ ナまたはその他の装置をお持ちの場合は、それらの装置を MacBook に接続できます。接続につ いては、装置に付属の説明書の指示に従ってください。FireWire について詳しくは、59 ページ の「FireWire で接続する」を参照してください。USB について詳しくは、56 ページの「USB (Universal Serial Bus)装置を使用する」を参照してください。 ほかのコンピュータとの間でファイルを転送する ほかのコンピュータとの間でファイルまたは書類を転送するには、いくつかの方法があります。 Â「移行アシスタント」と FireWire ケーブル(別売)を使って、あらゆるファイルを簡単に転送す ることができます。  FireWire ケーブルを使ってほかの Macに接続し、お使いの MacBook を FireWireターゲット・ ディスク・モードで起動することができます。お使いの MacBook がほかのコンピュータ上で ハードディスクとして表示され、そこにファイルをドラッグできます。FireWireを使ったファ イルの転送について詳しくは、62 ページの「FireWire を使用して MacBookを別のコンピュー タに接続する」を参照してください。  外部ハード・ディスク・ドライブ、iPod、フラッシュドライブ、または USB ケーブルや FireWire ケーブルを介して接続するその他のデータ記憶装置がある場合は、それを使ってファイルを転 送できます。  メールの送受信ができる場合は、ファイルを別のコンピュータにメール送信できます。 J3626M42.book 52 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 2章 お使いの MacBook について 53  アップルの .Mac アカウント(有料)に登録すると、そのアカウントを使ってファイルを転送で きます。.Mac アカウントを取得すると、ファイルをバックアップおよび保管するためのイン ターネット上の場所である iDisk を利用できるので、そこにファイルを転送してほかのコン ピュータからアクセスできます。  記録可能な光学式ドライブを使うと、転送するファイルを CDまたは DVD ディスクに記録でき ます。  Ethernetを使ってネットワークに接続すると、ネットワーク上の別のコンピュータとファイル を交換できます。サーバまたはほかのコンピュータにアクセスするには、「Finder」のサイド バーで「ネットワーク」をクリックするか、メニューバーから「移動」>「サーバへ接続」と 選択します。  お使いのMacBookからほかのコンピュータのEthernetポートにEthernetケーブルを接続して、 小規模な Ethernet ネットワークを作成できます。接続が確立したら、コンピュータ間でファ イルを直接転送できます。詳しくは、「Mac ヘルプ」を開き、「2 台のコンピュータを接続する」 を検索してください。  AirMac Extreme ワイヤレスネットワークに接続して、ファイルを転送できます。詳しくは、 63 ページの「AirMac がワイヤレスインターネット接続を提供するしくみ 」を参照してくださ い。  Bluetooth®ワイヤレステクノロジーを使って通信する装置にアクセスできる場合は、 Bluetoothを搭載しているほかの装置にファイルを転送できます。詳しくは、64 ページの 「Bluetooth ワイヤレステクノロジーを使用する」を参照してください。 ファイルや書類の転送について詳しくは、「Macヘルプ」を開いて、「転送する」または目的の接 続方法を検索してください。 J3626M42.book 53 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分J3626M42.book 54 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分55 3 3 MacBook を使用する MacBook には、さまざまな内蔵機能や接続機能が搭載さ れています。 以下のような機能があります:  iPod、プリンタ、スキャナ、およびその他の装置を接続するための USB(Universal Serial Bus) 2.0 ポート。56 ページの「USB(Universal Serial Bus)装置を使用する」を参照してください。  デジタル・ビデオ・カメラ、外部ハード・ディスク・ドライブなどの装置を高速なデータ転送 で接続するための FireWire 400 ポート。59 ページの「FireWire で接続する」を参照してくだ さい。  Bluetoothワイヤレス接続、AirMac Extreme ワイヤレスネットワーク機能、およびギガビット Ethernet ネットワーク機能。64 ページの「Bluetooth ワイヤレステクノロジーを使用する」、 63 ページの「AirMacがワイヤレスインターネット接続を提供するしくみ 」、および66 ページ の「Ethernet で接続する」を参照してください。  ヘッドフォン、スピーカー、およびデジタルオーディオ機器を接続するための、音声ライン入 力/光デジタル音声入力ポートおよびヘッドフォン/光デジタル音声出力ポート。70 ページの 「スピーカーやその他のオーディオ装置を接続する」を参照してください。 J3626M42.book 55 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分56 第3章 MacBook を使用する  Mini-DVI to DVIアダプタまたはMini-DVI to VGAアダプタを使って、MacBookを外部ディスプ レイに接続するための Mini-DVI ビデオ出力。コンポジットまたは S ビデオ接続が必要なビデ オ装置を接続するときは、Mini-DVI to Video アダプタを使用します。アダプタはすべて別売 です。67 ページの「外部ビデオ出力機能を使用する」を参照してください。  CDおよびDVDの再生やCDの作成を行うためのスロットローディング方式の光学式ドライブ。 SuperDriveが内蔵されている場合は、DVD も作成できます。71ページの「光学式ドライブを 使用する」を参照してください。  MacBookが落下したり震えたりした場合に内蔵ハードディスクを保護するための緊急モー ション・センサー・テクノロジー。76 ページの「緊急モーションセンサーについて」を参照 してください。  使いやすく、バッテリーの状態が一目で分かる、MacBook バッテリー。76 ページの「バッテ リーを使用する」を参照してください。  MacBookを固定して盗難から守るためのセキュリティスロット。81 ページの「MacBook のセ キュリティを保つ」を参照してください。 USB(Universal Serial Bus)装置を使用する お使いの MacBookには、「ハイスピード USB」とも呼ばれる USB 2.0(d)ポートが2 基装備さ れています。iPod、プリンタ、スキャナ、デジタルカメラ、ゲームパッド、ジョイスティック、 キーボード、フロッピーディスクドライブなどのさまざまな外部装置を接続するときに使用でき ます。USB 2.0 ポートは、以前の USB 装置とも互換性があります。USB 装置の多くは、コンピュー タの動作中に接続や取り外しができます。装置は、接続するだけですぐに使用できます。コン ピュータを再起動したり、設定し直したりする必要はありません。 J3626M42.book 56 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 57 コンピュータで USB 装置を使用するときは、その装置をコンピュータに接続します。新しく接続 した装置が自動的に検出され、その装置を操作するための適切なソフトウェアが読み込まれます。 参考:USB 装置を接続しても MacBook が適切なソフトウェアを検出できない場合は、装置に付 属のソフトウェアをインストールするか、装置の製造元の Web サイトにアクセスして、適切な ソフトウェアをダウンロードしてからインストールしてください。 USB 装置とバッテリーの電力について 個別の電源アダプタのない USB装置(ジョイスティックやキーボードなど)でも、MacBook の USB ポートから電力を供給することによって利用できます。ただし、このような方式の USB 装 置を利用すると、MacBook のバッテリー電力が早く消費されてしまいます。装置を長時間接続 したままにする場合は、MacBookを電源アダプタに接続することをお勧めします。 J3626M42.book 57 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分58 第3章 MacBook を使用する 複数の USB 装置を同時に使用する USB ハブを購入すれば、お使いのコンピュータに複数の USB 装置を接続できます。USB ハブを コンピュータの空いている USB ポートに接続すれば、追加の USB ポート(通常は、4 基または 7 基です)を利用できるようになります。ハイスピードハブは、USB 1.1 互換の装置だけでなく、 ハイスピード USB 2.0 装置にも対応できます。USB 1.1 ハブでは、ハイスピードUSB 装置を最大 データ速度で使用することはできません。ほとんどの USB ハブは、電源アダプタを独自に備えて おり、コンセントに接続する必要があります。 参考:USB 装置とハブをデイジーチェーン方式で接続して使う場合、USB 2.0ハイスピードのハ ブと USB 1.1フルスピードまたはロースピードのハブを組み合わせて接続すると、一部のUSB 装 置が動作しないことがあります。たとえば、外部 USBハードディスクがデスクトップに表示され ないことなどがあります。この問題を避けるには、異なる速度の USB 装置を一緒に接続しないで ください。コンピュータにハイスピード対応のハブを直接接続したら、そのハブにはハイスピー ド対応の装置を接続します。コンピュータにフルスピードまたはロースピードのハブを直接接続 したら、そのハブには同じ速度の装置を接続します。 USB ハブ J3626M42.book 58 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 59 USB についての詳しい情報を入手する USB について詳しく知りたいときは、「Mac ヘルプ」を利用します。メニューバーで「ヘルプ」 >「Mac ヘルプ」と選択し、「USB」で検索してください。アップルの USB の Web サイト (www.apple.com/jp/usb)でも情報を参照できます。お使いのコンピュータで利用できる USB 装置について知りたいときは、「Macintosh 製品ガイド」を参照してください: www.apple.com/jp/guide FireWireで接続する お使いのコンピュータには FireWire 400(H)ポートが1 基装備されています。FireWireを使う と、コンピュータを再起動しなくても、高精細度ビデオ(HDV)やデジタルビデオ(DV)カメ ラおよびハードディスクなど、高速なデータ転送をする外部装置を簡単に接続したり、取り外し たりすることができます。 J3626M42.book 59 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分60 第3章 MacBook を使用する 標準的な 6ピンの FireWire装置は、FireWire 400(H)ポートに直接接続できます。ポートは接 続されている装置に電力を供給するので、その装置用にほかの電源コードは必要ありません。 FireWire で利用できる機能をいくつか紹介します:  HDV やDV カメラを接続し、「iMovie HD」、「Final Cut Express」、「Final Cut Studio」(別売) などのビデオ編集用ソフトウェアを使って、高品質のビデオをコンピュータに直接取り込み、 転送および編集することができます。  外部 FireWire ハード・ディスク・ドライブを接続して、データのバックアップやファイルの転 送に使用できます。  外部 FireWire ハードディスクから起動できます。外部 FireWire ハード・ディスク・ドライブ (Mac OS X v10.4.6 以降がインストールされているもの)を接続してから、「システム環境設定」 の「起動ディスク」パネルを開いて、FireWire ハードディスクのアイコンをクリックします。 コンピュータを再起動します。 J3626M42.book 60 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 61  FireWire ターゲット・ディスク・モードを使って、MacBook と FireWire に対応した別のコン ピュータとの間でファイルを転送できます。詳しくは、62 ページの「FireWire を使用して MacBookを別のコンピュータに接続する」を参照してください。 FireWire装置を使用する コンピュータに FireWire 装置を接続するときは、装置をコンピュータに接続して、装置に付属の ソフトウェアをインストールします。コンピュータに新しい装置を接続すると、自動的に認識さ れます。 参考:FireWire 装置を接続しても MacBook が適切なソフトウェアを検出できない場合は、装置 に付属のソフトウェアをインストールするか、装置の製造元の Web サイトにアクセスして、適 切なソフトウェアをダウンロードしてからインストールしてください。 FireWire装置とバッテリーの電力について 個別の電源アダプタのない FireWire 装置(一部の外部ハード・ディスク・ドライブなど)でも、 MacBookの FireWire ポートから電力を供給することによって利用できます。ただし、このよう な FireWire装置を利用すると、MacBookのバッテリー電力が早く消費されてしまいます。装置 を長時間接続したままにする場合は、MacBook を電源アダプタに接続することをお勧めします。 参考:FireWire(H)ポートは、FireWire 装置に(最大 7 ワットの)電力を供給できる設計に なっています。装置を 2 台以上接続するときには、それらの装置を相互に接続して、コンピュー タの FireWire ポートに一連の装置を接続することもできます。この場合、コンピュータから電力 が供給されるのはそのうちの 1 台の装置のみです。それ以外の接続中の装置には、それぞれ専用 の電源アダプタから電力を供給するようにしてください。ポートから供給される電力を利用する FireWire 装置を 2 台以上接続すると、問題が発生する場合があります。問題が発生した場合は、 コンピュータをシステム終了して、FireWire装置を取り外し、コンピュータを再起動してください。 J3626M42.book 61 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分62 第3章 MacBook を使用する FireWireを使用して MacBook を別のコンピュータに接続する MacBookと FireWire に対応したほかのコンピュータとの間でファイルを転送する場合や、コン ピュータの起動に関する問題が発生している場合は、FireWire ターゲット・ディスク・モードと いう機能を使ってほかのコンピュータに接続することができます。MacBook を FireWire ター ゲット・ディスク・モードで起動すると、ほかのコンピュータは、MacBook が外部ハードディ スクであるかのように MacBookにアクセスできます。 参考:FireWire ターゲット・ディスク・モードを使用する場合は、MacBook を電源アダプタに 接続することをお勧めします。 MacBookを FireWire ターゲット・ディスク・モードで別のコンピュータに接続するには: 1 MacBookがシステム終了していることを確認します。 2 FireWire ケーブルを使って、FireWire を搭載した別のコンピュータに MacBook を接続します。 3 MacBookを起動し、すぐに Tキーを押したままにします。 MacBook のディスプレイには、FireWire ロゴが表示されます。もう 1 台のコンピュータのディ スプレイには、MacBookの内蔵ハードディスクのアイコンが表示されます。これで、コンピュー タ間でファイルをドラッグおよびドロップすることができます。 4 ファイルの転送が終わったら、MacBook のハードディスクのアイコンを「ゴミ箱」(「取り出し」 アイコン)にドラッグします。 5 MacBookのパワー(®)ボタンを押してシステム終了してから、FireWireケーブルを取り外します。 FireWireについての詳しい情報を入手する FireWire についての詳細情報は「Macヘルプ」で参照できます。「Finder」のメニューバーで「ヘ ルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「FireWire」で検索してください。アップルの FireWire の Web サイトでも情報を参照できます:www.apple.com/jp/firewire J3626M42.book 62 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 63 AirMacがワイヤレスインターネット接続を提供するしくみ AirMac Extreme テクノロジーにより、電話回線、DSLモデム、ケーブルモデム、またはインター ネットアクセスが可能な LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)に接続された、AirMac Express ベースステーション、AirMac Extreme ベースステーション、802.11bまたは 802.11g 準拠の製品 と、MacBook の間でワイヤレス接続が可能になります。 AirMac Extreme についての詳しい情報を入手する AirMac Extreme ベースステーションまたは AirMac Express を購入するときは、オンラインの Apple Store(www.apple.com/japanstore)またはお近くのアップル製品取扱販売店を利用し てください。 インターネット との接続 AirPort Express 電源コンセント DSL モデムまたはケーブルモデム J3626M42.book 63 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分64 第3章 MacBook を使用する AirMac Extreme および AirMac Expressについて詳しくは、「AirMac ヘルプ」を参照してくださ い。「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、次に「ライブラリ」>「AirMac ヘルプ」と選択しま す。アップルの AirMacの Webサイトでも情報を参照できます: www.apple.com/jp/airmacexpress および www.apple.com/jp/airmacextreme Bluetooth ワイヤレステクノロジーを使用する お使いの MacBook には、Bluetooth ワイヤレステクノロジーが内蔵されています。Bluetooth を使用すると、ポータブルコンピュータ、PDA(携帯情報端末)、携帯電話、カメラ付き携帯電 話、プリンタ、デジタルカメラ、およびワイヤレス入力装置(Apple Wireless Keyboardや Apple Wireless Mouse など。これらはオンラインの Apple Store から購入できます。www.apple.com/ japanstore にアクセスしてください)とデスクトップとの間で短距離のワイヤレス接続ができま す。 Bluetooth ワイヤレステクノロジーを利用すると、これまでのように多くのケーブルで装置を接 続する必要がなくなります。Bluetooth に対応した装置は、最大 10 メートル(33フィート)離 れた距離でワイヤレス接続することができます。 Bluetoothワイヤレステクノロジーによって、次のような操作が可能です:  MacBookを使って、互換性のある Bluetooth 対応の携帯電話と通信する。電話がモデムとして 動作して最大 56 Kbps(キロビット/秒)以上の速度でワイヤレス・サービス・プロバイダに 接続できるため、携帯電話を使ってインターネットにアクセスすることができます。  Bluetooth対応のハンドヘルド PDA と同期する。「iSync」を使用すると、ケーブルを使わずに HotSync 操作を実行したり、名刺やカレンダーのイベントなどを同僚の PDA に直接送信した りできます。  Bluetooth対応のコンピュータおよび装置間でファイルを交換する。MacとPC間でも可能です。  Bluetoothワイヤレスプリンタ、キーボード、マウス、またはヘッドセットを使用する。 J3626M42.book 64 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 65 Bluetooth デバイスを設定する MacBook で Bluetooth デバイスを使用する前に、コンピュータと通信できるようにデバイスを 設定する必要があります。デバイスを設定すると、デバイスはお使いのコンピュータに登録され、 「Bluetooth」環境設定の「デバイス」パネルにそのデバイスが表示されます。コンピュータへの デバイスの登録が必要なのは一度だけで、登録を解除するまでそのデバイスは登録された状態の ままになります。 Bluetooth デバイスを設定するには: 1 Bluetooth(◊)ステータスメニューから「Bluetooth デバイスを設定」を選択します。 2 設定するデバイスの種類に応じて画面に表示される指示に従います。 Bluetooth(◊)ステータスメニューがメニューバーにない場合は、「システム環境設定」を開き、 「Bluetooth」をクリックします。「設定」をクリックし、「Bluetooth の状況をメニューバーに表 示」を選択します。 デバイスの登録を削除するには: 1「システム環境設定」を開き、「Bluetooth」をクリックします。 2「デバイス」をクリックし、リストでデバイスを選択します。 3「削除」をクリックします。 Bluetooth ワイヤレステクノロジーについての詳しい情報を入手する 「Bluetooth ファイル交換」アプリケーション(「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリ ティ」フォルダにあります)を起動し、「ヘルプ」>「Bluetoothヘルプ」と選択すると、Bluetooth ワイヤレステクノロジーの使いかたに関する詳しい情報を参照できます。アップルの Bluetooth の Web サイトでも情報を参照できます:www.apple.com/jp/bluetooth J3626M42.book 65 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分66 第3章 MacBook を使用する Ethernetで接続する お使いのコンピュータには、ギガビットEthernet(G)ネットワーク機能が搭載されています。 これを使用して、ネットワーク、DSLモデム、またはケーブルモデムに接続することができます。 ネットワークに接続すると、ほかのコンピュータにアクセスしたり、ネットワークに接続されて いるプリンタやモデムを利用したり、メールを送受信したり、インターネットに接続したりする ことができます。Ethernet を利用すれば、2台のコンピュータでファイルを共有したり、小規模 のネットワークを構築したりできます。MacBook に装備されている Ethernet ポートでは、 Ethernet を介して接続されているほかの装置を自動的に検出します。Ethernet を介してほかの 装置に接続するときに、Ethernetクロスケーブルは必要ありません。 Ethernet の使用についての詳しい情報を入手する 「Mac ヘルプ」には、Ethernet ネットワークの設定方法や Ethernet を使ったファイルの転送方 法などの詳しい情報が記載されています。「ヘルプ」>「Macヘルプ」と選択し、「Ethernet」か 「ネットワーク」を検索してください。 J3626M42.book 66 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 67 お使いの MacBook で使用できるネットワーク製品について知りたいときは、「Macintosh 製品 ガイド」を参照してください:www.apple.com/jp/guide 外部ビデオ出力機能を使用する お使いのコンピュータには、DVIポートまたは VGA ポートに対応したディスプレイやプロジェク タを接続できる外部モニタ(Mini-DVI)ポートが装備されています。MacBook を DVI モニタま たはプロジェクタに接続する には、Apple Mini-DVI to DVI アダプタ(別売)を使用します。 MacBookを VGA モニタまたはプロジェクタに接続するには、Apple Mini-DVI to VGA アダプタ (別売)を使用します。 コンポジットおよび Sビデオコネクタ用の Apple Mini-DVI to Video アダプタを使うと、テレビ への画像表示、ビデオ画面の録画、DVD 映像のテレビ表示などができます。各種アダプタは、 Apple Store直営店、オンラインの Apple Store(www.apple.com/japanstore)、またはアップ ル製品取扱販売店で購入できます。 J3626M42.book 67 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分68 第3章 MacBook を使用する 外部モニタやテレビを接続している場合は、内蔵ディスプレイと外部モニタの両方に同じ画像を 表示したり(ビデオミラーリングと呼ばれます)、外部モニタで Mac OS のデスクトップのサイ ズを拡張したり(デュアルディスプレイモードや拡張デスクトップモードと呼ばれます)するこ とができます。デフォルトでは、MacBook はデュアルディスプレイモードで起動します。デュ アルディスプレイモードとビデオミラーリングモードを切り替えるには、F7(i)キーを押しま す。 サウンドをプロジェクタやテレビなどの外部ディスプレイから出力する場合は、オーディオケー ブル(付属していません)をコンピュータのヘッドフォン(f)ポートから装置に接続する必要 があります。 参考:ほとんどのテレビでは表示に制限があるため、テレビ画面に表示される画像の質は内蔵 ディスプレイや外部モニタよりも低くなります。 外部ディスプレイまたはプロジェクタを接続する DVI または VGA コネクタを使って外部ディスプレイやプロジェクタをコンピュータに接続する には: 1 外部ディスプレイまたはプロジェクタの電源を入れます。 2 外部ディスプレイまたはプロジェクタにディスプレイケーブルが接続されていることを確認し ます。 3 適切なアダプタ(Apple Mini-DVI to DVI アダプタまたは Apple Mini-DVI to VGAアダプタ)を 使って、MacBook にディスプレイケーブルを接続します。MacBook によって外部ディスプレイ が自動的に検出されます。 4 外部ディスプレイの解像度を調節するには、「システム環境設定」の「ディスプレイ」パネルか、 メニューバーにあるディスプレイのアイコンを使用します。 参考:MacBookは、外部ディスプレイの解像度として、Apple DVI ディスプレイでは 1920 x 1200 まで、VGA ディスプレイでは 1600 x 1200まで対応しています。 J3626M42.book 68 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 69 ディスプレイを閉じたまま MacBookを使用する MacBook に外部モニタ、キーボード、およびマウスを接続している場合は、ディスプレイを閉 じたままコンピュータを使用できます。 重要:ディスプレイを閉じた状態で MacBook を使うには、電力を供給しているコンセントに MacBookが接続されている必要があります。 外部モニタを接続したコンピュータを、ディスプレイを閉じた状態で使うには: 1 USB キーボードとマウスを MacBookに接続します。 2 電源アダプタをMacBookとコンセントに接続します。電源アダプタのランプが点灯していること を確認します。 3 MacBookのディスプレイを閉じて、スリープ状態にします。 4 前のセクションの手順に従って、MacBook を外部ディスプレイに接続します。 5 数秒待ってから、外部キーボードの任意のキーを押し、MacBook をスリープ解除します。 テレビ、ビデオデッキ、その他の映像装置を接続する コンポジットまたは S ビデオ接続が必要なテレビやビデオ装置を接続するには: 1 Apple Mini-DVI to Video アダプタ(別売)を、MacBook の Mini-DVI ポートに接続します。 2 装置をアダプタに接続します。 3 MacBookから装置に音声を出力するときは、一端がステレオミニプラグになっており、もう一端 が 2 本のRCAピンプラグに分かれている音声用ケーブル(コンピュータには付属していません) を接続します。ステレオミニプラグの側を MacBook のヘッドフォン(f)ポートに、2本の RCA ピンプラグの側を出力先の装置に接続してください。 4 外部装置の電源を入れます。 J3626M42.book 69 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分70 第3章 MacBook を使用する 5 テレビその他の外部装置を検出するには、コマンド(x)キーを押したままF2 キーを押します。 「システム環境設定」の「ディスプレイ」パネルを開いて、「ディスプレイを検出」ボタンをク リックして検出することもできます。 6 装置での映像の表示方法を調節するときは、「システム環境設定」の「ディスプレイ」パネルを 使用します。 外部モニタまたはテレビの使用についての詳しい情報を入手する 外部モニタの使用方法および設定方法については、「Macヘルプ」を参照してください。メニュー バーから「ヘルプ」>「Macヘルプ」と選択し、「外部モニタ」で検索してください。 スピーカーやその他のオーディオ装置を接続する お使いの MacBook には、3 つの内蔵スピーカーと、内蔵マイクロフォン、音声ライン入力/光 デジタル音声入力ポート、ヘッドフォン/光デジタル音声出力(f)ポートが1 つずつ搭載され ています。 ヘッドフォン(f)ポートには、外部スピーカー、ヘッドフォン、およびその他の音声出力装置 を接続できます。ヘッドフォンポートは、S/PDIFステレオの 3.5mmミニジャックでもあります。 装置が接続されているときは、内蔵のスピーカーから音は出ません。コンピュータのスピーカー から音を出すには、ヘッドフォンやスピーカーをすべて取り外してください。 内蔵マイクロフォン(内蔵iSight カメラの隣にあります)を使用して、ハードディスクに音声を 録音できます。外部マクロフォンやその他のオーディオ装置を、音声ライン入力ポートに接続す ることもできます。音声ライン入力ポートは S/PDIFステレオの 3.5mmのミニジャックでもあり ます。接続された装置に電力は供給されないので、電源内蔵タイプの機器を使用する必要があり ます。Toslink ジャック - ミニプラグアダプタを使用すれば、デジタル・オーディオ・テープ (DAT)デッキやデジタル楽器をToslinkケーブルで接続して、独自の音楽を入力およびミックス できます。 J3626M42.book 70 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 71 録音が可能なアプリケーション(「iMovie HD」など)では、「システム環境設定」の「サウンド」 パネルで使用する音声入力装置(USBで接続されたマイクを含む)を選択できます。 キーボードの音量調節キーを押して、出力音量を簡単に調節できます。「システム環境設定」の 「サウンド」パネルでは、入力音量と出力音量の両方を調節できます。 コンピュータでのサウンドの使用やトラブルシューティングについて詳しくは、「ヘルプ」> 「Mac ヘルプ」と選択し、「サウンド」で検索してください。 光学式ドライブを使用する お使いの MacBook には、光学式ドライブ(コンボドライブまたは SuperDrive のいずれか)が 搭載されています。 光学式ドライブを使用すると、次の作業ができます:  CD や DVD からソフトウェアをインストールしたり、実行したりする。  CD から音楽およびマルチメディアファイルを再生する。  音楽、書類、その他のデジタル形式のファイルを CD-Rまたは CD-RW ディスクに書き込む。  DVD ムービーを再生したり、ほとんどの DVD ディスクを読み取ったりする。 SuperDriveが搭載されている場合は、未使用の DVD±Rおよび DVD±RW ディスクに情報を書き 込むこともできます。 重要:お使いのMacBook の光学式ドライブは、標準サイズである12 cm の円形ディスクを扱え るように設計されています。不規則な形のディスクや 12 cmより小さいサイズのディスクには対 応していません。そのようなディスクを挿入すると、ドライブから取り出すときにひっかかる可 能性があります。 J3626M42.book 71 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分72 第3章 MacBook を使用する CDまたは DVD ディスクをセットする CD または DVD ディスクからソフトウェアをインストールしたり使用したりするには: 1 コンピュータの動作中に、ディスクをドライブスロットに挿入し(ラベル面が上を向くようにし ます)、所定の場所にしっかり固定します。 ドライブに正しくセットするために、ディスクをほぼ最後まで押し込むことが必要になる場合も あります。これは正常な動作です。 2 ディスクのアイコンがデスクトップに表示されたら、そのディスクを使用できます。 ディスクを取り出す ディスクを取り出すには、次のいずれかの操作を行います:  ディスクのアイコンを「ゴミ箱」(「取り出し」アイコン)にドラッグします。  キーボードのメディアイジェクト(C)キーを、ディスクが取り出されるまで押し続けます。 ディスクを抜き取るか再セットするときは、ディスクが完全に取り出されてからにしてください。 ®? J3626M42.book 72 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 73 ディスクを取り出せない場合は、ディスクを使用している可能性があるアプリケーションをすべ て終了し、再度試してください。それでも取り出せない場合は、トラックパッドのボタンを押し たままコンピュータを再起動します。 DVD を再生する MacBookで DVDビデオを再生するには、DVD ディスクをセットします。「DVD プレーヤー」が 自動的に開きます。「DVD プレーヤー」を使って、DVD の開始、停止、および表示を簡単に制御 できます。 テレビ画面で DVD ビデオを鑑賞するために MacBook をテレビに接続する場合は、「システム環 境設定」の「ディスプレイ」パネルで、「720 x 480 NTSC」(日本や米国の場合)または「720 x 576 PAL」(ヨーロッパなどの場合)を選びます。 MacBook とステレオシステムは簡単に接続できます。一端がステレオミニプラグ、もう一端が 2本の RCA ピンプラグに分かれている音声用ケーブル(付属していません)を使って、MacBook のヘッドフォン(f)ポートとステレオシステムのオーディオ入力端子をつなぎます。 CD-Rおよび CD-RW ディスクに記録する お使いの MacBook では、CD-R および CD-RW ディスクにデータを記録できます。SuperDrive が搭載されている場合は、未使用の記録可能な DVD±R および DVD±RW ディスクにオリジナル のデジタルムービーを書き込むこともできます。ファイルのバックアップなどのデジタルデータ を記録可能な DVD ディスクに記録することもできます。 J3626M42.book 73 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分74 第3章 MacBook を使用する CD-R、CD-RW、DVD±R、または DVD±RWディスクにデータを記録するには: 1 未使用の記録可能なCDディスクまたはDVDディスク(SuperDriveのみ)をドライブに挿入します。 2 表示されたダイアログにディスクの名前を入力し、使用するフォーマットを選択します。 3 デスクトップに表示されたディスクのアイコンをダブルクリックしてから、ファイルとフォルダ をそこにドラッグします。 4「Finder」のサイドバーでディスク名の横にある「ディスクを作成」アイコンをクリックします。 また、iTunesライブラリから CD または DVDディスクに、音楽を直接録音することもできます。 iTunesライブラリから音楽を録音するには: 1「Dock」で「iTunes」アイコンをクリックします。 2 記録したいプレイリストまたは曲を選択します。 3 未使用の CD ディスクまたは DVD ディスク(SuperDriveのみ)を挿入します。 4「iTunes」ウインドウの上部にある「CDを作成」をクリックします。 重要:CD の作成中にバッテリーが完全に消耗してしまうと、ディスクの作成が失敗することが あります。その場合、CD ディスクは再使用できなくなります。これを防ぐため、CD を作成する ときは必ず電源アダプタを使用してください。 SuperDriveが搭載されている場合は、独自のデジタルムービーを未使用の記録可能な DVD ディ スクに記録することができます。また、その他の種類のデジタルデータも記録できます。たとえ ば、記録可能な DVD ディスクにファイルをバックアップすることができます。「iDVD」などの アプリケーションを使用すれば、独自のデジタルメディアプロジェクトを作成して、未使用の記 録可能な DVD ディスクに記録し、ほとんどの標準的な DVDプレーヤーで再生できます。 J3626M42.book 74 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 75 未使用の DVD±R または DVD±RWディスクに iDVDプロジェクトを記録するには: 1「iDVD」を開き、iDVD プロジェクトを開きます。 2「作成」ボタンをクリックします。 3 画面の指示に従って、未使用の記録可能な DVD ディスクをドライブに挿入します。 4「作成」ボタンをもう一度クリックします。 詳しくは、「iDVD」を起動し、「ヘルプ」>「iDVD ヘルプ」と選択してください。 重要:DVD の作成中にバッテリーが完全に消耗してしまうと、ディスクの作成が失敗することが あります。その場合、DVD ディスクは再使用できなくなります。これを防ぐため、DVD を作成 するときは必ず電源アダプタを使用してください。 詳しい情報を入手する 「DVD プレーヤー」および「iTunes」については、次の情報を参照してください: Â「DVD プレーヤー」の使いかたについては、「DVDプレーヤー」で「ヘルプ」>「DVDプレー ヤーヘルプ」と選択してください。 Â「iTunes」を使って CD または DVD ディスクに音楽ファイルを記録する方法については、 「iTunes」で「ヘルプ」>「iTunes &Music Store ヘルプ」と選択してください。 J3626M42.book 75 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分76 第3章 MacBook を使用する 緊急モーションセンサーについて お使いの MacBook には、コンピュータが落下したり震えたりした場合にハードディスクを障害 から保護する技術として、緊急モーションセンサーテクノロジーが搭載されています。 MacBook を通常に操作しているときには、緊急モーションセンサー保護機能がハードディスク の動作に影響を与えることはありません。ただし、MacBook でデータの書き込みや読み出しが 集中的に行われているとき(ビデオやオーディオの再生中や記録中など)に非常に強い振動が一 時的に発生したときには、緊急モーションセンサーテクノロジーが作動することがあります。フ レームやサウンドが途切れる場合は、振動したり突然動いたりしない安定した環境に MacBook を置くようにしてください。 バッテリーを使用する 外部電源アダプタを接続していない場合は、バッテリーから電源が供給されます。使用するアプ リケーションと MacBook に接続されている外部装置によっては、MacBook を使用できる時間 の長さが異なることがあります。AirMac Extremeや Bluetoothワイヤレステクノロジーなどの 機能をオフにすると、バッテリーの電力を節約するのに役立ちます。バッテリーの使いかたにつ いて詳しくは、79 ページの「バッテリーを長持ちさせるためのヒント」を参照してください。 バッテリー本体に付いているバッテリー・レベル・インジケータ・ランプで、どのくらいの電力 がバッテリーに残っているかを知ることができます。ランプの隣にあるボタンを押したときに点 灯するランプの数が、バッテリーに残っている電力を示します。バッテリーを MacBook に取り 付けた状態でも、MacBookから取り外した状態でも、バッテリーの電力を確認できます。 作業中にバッテリーの残りが少なくなった場合は、電源アダプタを接続して、バッテリーを充電 してください。コンピュータを電源アダプタに接続していないときに、残量が少ないバッテリー を充電したバッテリーと交換する場合は、コンピュータをシステム終了してください。 J3626M42.book 76 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 77 重要:ランプが1 つだけ点灯している場合、バッテリーの電力が残り少なくなっています。ラン プがすべて消えている場合、バッテリーは完全に消耗しており、電源アダプタが接続されない限 りコンピュータは起動しません。電源アダプタを接続してバッテリーを充電するか、消耗した バッテリーを完全に充電されたバッテリーと取り換えてください(84 ページの「バッテリーを 取り外す」を参照)。 「Finder」のメニューバーにあるバッテリーアイコンが充電の割合を示すように設定している場 合、電源アダプタが接続されているとバッテリーの充電率が 100パーセントにならないことがあ ります。これは正常な動作です。バッテリーの充電レベルが 95 ~ 100 パーセントのときに、充 電のオンとオフが絶えず切り替わることがないようにすると、バッテリーの寿命が延びます。や がてバッテリーレベルが 95 パーセントを下回ると、100 パーセントまで充電されます。 バッテリー バッテリー LED ボタン ¥ Á J3626M42.book 77 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分78 第3章 MacBook を使用する バッテリーを取り外す/取り付ける バッテリーの取り外し手順および取り付け手順については、84ページの「バッテリーを取り外 す」および 90 ページの「バッテリーを取り付ける」を参照してください。 参考:バッテリーを廃棄する際は、お住まいの地域の条令および廃棄基準に従ってください。詳 しくは、136 ページの「廃棄とリサイクルに関する情報」を参照してください。 バッテリーを充電する コンピュータと電源アダプタが接続されていると、バッテリーが充電されます(コンピュータの 電源が入っていないときやスリープ状態のときでも充電されます)。ただし、コンピュータの電 源が切れているときや、コンピュータがスリープ状態になっているときの方が充電にかかる時間 は短くなります。コンピュータの電源が入っているときは、メニューバーの「バッテリー」のス テータスアイコンを使って、バッテリーの充電レベルを監視できます。 表示されるバッテリーの充電レベルは、現在使用しているアプリケーション、周辺機器、および システム設定(ディスプレイの輝度、「省エネルギー」設定など)での、バッテリーの電力残量 を示します。バッテリーの電力を浪費しないためには、使用していないアプリケーションを閉じ、 使用していない周辺機器を取り外し、「省エネルギー」設定を調整します(次のセクションを参 照)。 J3626M42.book 78 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 79 バッテリーを長持ちさせるためのヒント お求めの MacBook に付属のバッテリーの持続時間は、コンピュータと共に現在使用しているア プリケーションや周辺機器および節電機能の設定によって異なります。 バッテリーの電力を節約するには、次の操作を実行してください:  バスパワー型 USB装置や FireWire装置を使用していない場合はコンピュータから外します。  開いているアプリケーションのうち、使用していないものを終了します。  AirMac や Bluetooth を使用していない場合は切にします。(メニューバーの AirMac または Bluetooth のステータスアイコンを使用します。これらのアイコンがメニューバーに表示され ていない場合は、「システム環境設定」の「ネットワーク」または「Bluetooth」パネルを使っ て切にすることもできます。)  使わない CD ディスクや DVD ディスクを取り出します。  画面の輝度を低めに設定します。輝度の調節にはMacBookのキーボードにある輝度調節キーを 使います。  ハードディスクが自動的に停止するまでの時間を短めに設定します。「システム環境設定」の 「省エネルギー」パネルで、「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」オプションを選 択します。  MacBookが自動的にスリープ状態になるまでの時間を 5 分以内に設定します。 J3626M42.book 79 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分80 第3章 MacBook を使用する  お使いの MacBookは、バッテリーの電力を使用している場合、処理量が少ないときに処理速度 を自動的に低下して電力の使用量を減らすように、あらかじめ設定されています。これは、「シ ステム環境設定」の「省エネルギー」パネルにある「最適化の設定」ポップアップメニューで 「標準」オプションが選択されているためです。処理量が多いときには、処理速度は自動的に上 昇します。バッテリーの寿命を最大限に延ばすには、「最適化の設定」ポップアップメニューか ら「バッテリー寿命優先」を選択します。ただし、このオプションを選択するとコンピュータ のパフォーマンスが低下する場合があります。常に最大処理速度で動作するように設定するに は、「パフォーマンス優先」を選択します。 MacBook 用バッテリーについての詳しい情報を入手する 詳しい情報は「Mac ヘルプ」で参照できます。「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「バッテ リー」を検索してください。また、www.apple.com/jp/batteries/notebooks.html には、バッ テリーの寿命を延ばす方法についての説明があります。 J3626M42.book 80 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 3章 MacBook を使用する 81 MacBook のセキュリティを保つ 別売の盗難防止用ケーブルを取り付けると、MacBook を盗難から守ることができます。盗難防 止用のケーブルを使うと、コンピュータを机やテーブルなどに固定できます。 セキュリティ用オプションについての詳しい情報を入手する 「Mac ヘルプ」には、MacBook のソフトウェアによるセキュリティ機能(マルチ・ユーザ・パス ワードやファイルの暗号化など)についての詳しい情報が記載されています。「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「セキュリティ」または「マルチユーザ」で検索してください。 盗難防止用の ケーブルを 使って装置を 固定した場合 の例 セキュリティスロット J3626M42.book 81 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分J3626M42.book 82 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分83 4 4 MacBook にメモリを増設する この章では、MacBook の増設メモリを取り付けたり取り 外したりする場合、およびバッテリーを交換する場合の情 報や手順について説明します。 お使いのコンピュータには、メモリスロットが 2 つ付いています。コンピュータのバッテリーを 取り外すと、メモリスロットにアクセスできます。お使いのMacBookには、最小で667 MHz の 512 MB(メガバイト)の DDR2(Double Data Rate)SDRAM(Synchronous Dynamic Random Access Memory)モジュールが搭載されています。メモリスロットには、以下の仕様に適合する SDRAM モジュールを搭載することができます:  DDR2 SO-DIMM(Double Data Rate Small Outline Dual Inline Memory Module)方式  1.25 インチ以下  256 MB、512 MB、または 1 GB(ギガバイト) 警告:アップルでは、メモリの取り付けを、アップル正規サービスプロバイダにご依頼になる ことをお勧めします。アップルの連絡先などは、付属のサービスとサポートに関する資料に記 載されています。メモリの取り付けをご自分で行われる場合、装置が故障する危険性がありま す。ご自分で行った作業が原因で発生した故障に対して、製品保証は適用されません。 J3626M42.book 83 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分84 第4章 MacBook にメモリを増設する  200 ピン  PC2-5300 DDR2 667 MHz タイプの RAM 最適なパフォーマンスを得るには、両方のメモリスロットにメモリモジュールを取り付け、それ ぞれのメモリモジュールは同じ容量にします。お使いの MacBook に取り付けることができるメ モリの最大容量は 2 GB です。この場合、両方のメモリスロットにそれぞれ 1 GB の DIMM を取 り付けます。 メモリを増設する メモリの増設には、バッテリーの取り外しや交換が必要になります。メモリの増設とバッテリー の交換の手順を下記に示します。 手順 1:バッテリーを取り外す 1 お使いの MacBookをシステム終了します。コンピュータの損傷を防ぐために、MacBookに接続 されている電源アダプタ、Ethernet ケーブル、およびその他のコードを取り外します。 J3626M42.book 84 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 4章 MacBook にメモリを増設する 85 2 MacBookを裏返し、バッテリーを固定しているラッチを探します。コインを使って、ラッチを時 計方向に 4分の 1 回転させて緩め、バッテリーを慎重に取り外します。 警告:MacBook 内部の部品が熱くなっていることがあります。直前までMacBook を使ってい た場合、電源を切ってから 10 分ほど放置し、内部の部品が冷えてから作業を始めてください。 ¥ Á ¥ Á J3626M42.book 85 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分86 第4章 MacBook にメモリを増設する 手順 2:メモリを取り付ける 1 L型ブラケットを固定している3本のねじを緩め、長いほうを先に引き出してブラケットを取り外 し、横に置いておきます。 ブラケットを取り外すと、メモリスロットのレバーが出てきます。 2 体から静電気を除去するため、コンピュータ内部の金属部分に触れます。 3 つのねじを緩めます こちら側を引き出します ¥ Á J3626M42.book 86 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 4章 MacBook にメモリを増設する 87 3 スロットに取り付けられているメモリモジュールを取り外すには、メモリモジュールの端が引き 出されるまで、スロットのレバーを左のほうに動かします。メモリモジュールを引き出します。 もう一方のメモリモジュールも同様に取り外します。 レバー ¥ Á J3626M42.book 87 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分88 第4章 MacBook にメモリを増設する 4 新しいメモリモジュールを、次のようにスロットに挿入します: a 切り欠きを左側にして、金色の端を先に挿入します。 b 2本の指を使って、メモリモジュールをしっかりと押し込みます。メモリを正しく押し込むと、 カチッという音がします。 c レバーが閉じ位置まで戻らない場合は、手動で右端まで動かします。 切り欠き ¥ Á J3626M42.book 88 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 4章 MacBook にメモリを増設する 89 5 短いほうから先に L 型ブラケットを取り付け、ねじを締めます。 こちら側を 3 つのねじを締めます 先に取り 付けます ¥ Á J3626M42.book 89 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分90 第4章 MacBook にメモリを増設する 手順 3:バッテリーを取り付ける 1 バッテリーの右側をバッテリー用の仕切りに挿入します。バッテリーのラッチがしっかりと固定 されるまで、バッテリーの左側を押し込みます。 2 取り付けられていた電源アダプタやその他のケーブルをすべて接続し直します。 ¥ Á ¥ Á J3626M42.book 90 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 4章 MacBook にメモリを増設する 91 MacBook が新しいメモリを認識するかどうかを確認する MacBook にメモリを増設した後に、新しく取り付けたメモリをコンピュータが認識するかどう かを確認します。 コンピュータのメモリを確認するには: 1 MacBookを起動します。 2 Mac OSのデスクトップが表示されたら、アップル()メニュー>「このMacについて」と選 択します。 コンピュータに取り付けられているメモリの内訳について詳しくは、「詳しい情報」をクリック して「システムプロファイラ」を開き、「メモリ」をクリックして確認してください。 MacBookに取り付けられ ているメモリの合計 J3626M42.book 91 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分92 第4章 MacBook にメモリを増設する コンピ ュータが メモリを 認識しな いか、また はコンピ ュータが 正常に起 動しない 場合は、 MacBook のシステムを終了して作業手順をもう一度確認し、取り付けたメモリに MacBook と の互換性があるかどうか、メモリが正しく取り付けられているかどうかを確かめてください。そ れでも問題が解決しない場合は、メモリを取り外し、メモリに付属のサポート情報を調べるか、 メモリの製造元に問い合わせてください。 J3626M42.book 92 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分93 5 5 トラブルへの対処方法 MacBook の使用中に問題が発生した場合は、ここに 記載されている解決方法やアドバイスを最初に確認して ください。 MacBook の操作で問題が発生した場合は、通常、簡単ですぐに実行できる解決方法が存在しま す。その問題が起きた状況に注目してください。問題が起きる前にしていたことを書き留めてお けば、原因を特定し、必要な答えを見つけるときに役に立ちます。 次の事項を書き留めます:  問題が起きたときに使用していたアプリケーション。特定のアプリケーションにだけ問題が起 きる場合は、そのアプリケーションがコンピュータにインストールされているバージョンの Mac OSと互換性がない可能性があります。  最近インストールしたばかりのソフトウェア。特に、「システムフォルダ」に項目を追加したソ フトウェア。  取り付けたハードウェア(たとえば、増設したメモリや周辺機器など)。 トラブルへの対処方法についてさらに詳しく知りたいときは、「Macヘルプ」、アップルのサービ ス&サポートの Web サイト(www.apple.com/jp/support)も参照してください。 J3626M42.book 93 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分94 第5章 トラブルへの対処方法 コンピュータの使用を妨げるトラブル コンピュータが反応しないときやポインタが動かないときは  コマンド(x)+ Option +Escキーを押して、反応しないアプリケーションを強制的に終了し ます。表示されたダイアログ内で、終了するアプリケーションを選択して「強制終了」をクリッ クします。 次に、開いているアプリケーションすべての作業を保存し、問題を完全に解消するためにコン ピュータを再起動します。  アプリケーションを強制的に終了できなかった場合は、パワー(®)ボタンを数秒間押して、 システムを終了します。  上記の方法でもコンピュータが反応しない場合は、パワー(®)ボタンおよびコマンド(x) キーと Controlキーを同時に押し続けて、コンピュータを再起動します。 問題が頻繁に発生する場合は、画面の上部にあるメニューバーから「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」 と選択します。コンピュータが操作不能になるか、反応しないときのヘルプ情報を見るには、「操 作不能」という言葉で検索します。 特定のアプリケーションを使用したときだけ問題が起きる場合は、そのアプリケーションの製造 元に連絡して、お使いのコンピュータと互換性があるかどうかを確認してください。そのアプリ ケーションに互換性があることがわかっている場合には、コンピュータのシステムソフトウェア の再インストールが必要になることがあります。 J3626M42.book 94 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 5章 トラブルへの対処方法 95 起動中にコンピュータの画面が動かなくなったり、?マークが点滅するとき、または(スリープ 中ではないのに)ディスプレイが暗くてスリープランプの点灯が明るくなるときは  数秒間待ちます。しばらくたってもコンピュータが起動しない場合は、パワー(®)ボタンを 約 5 秒間押して、システムを終了します。次に、Option キーを押しながらもう一度パワー(®) ボタンを押して、コンピュータを起動します。コンピュータが起動したら、ハードディスクの アイコンをクリックしてから、右向きの矢印をクリックします。コンピュータが起動してから、 「システム環境設定」を開いて「起動ディスク」をクリックします。ローカルの Mac OS X の 「システム」フォルダを選びます。  上記の方法がうまくいかないときは、「ディスクユーティリティ」を使ってディスクを修復して みます。「Mac OS X Install Disc 1」をお使いのコンピュータに挿入します。次に、コンピュー タを再起動し、起動時に Cキーを押したままにします。「インストーラ」>「ディスクユーティ リティを開く」と選択します。「ディスクユーティリティ」が表示されたら、「First Aid」パネ ルの指示に従って、ディスクを修復できるかどうかを確認します。 「ディスクユーティリティ」でも解決しない場合は、コンピュータのシステムソフトウェアの再 インストールが必要になる場合があります。詳しくは、100 ページの「コンピュータに付属の ソフトウェアを再インストールする」を参照してください。 コンピュータの電源が入らないときや、起動しないときは  電源アダプタがコンピュータに接続され、正常に機能している電源コンセントに接続されてい ることを確かめます。電源アダプタは、お求めのコンピュータに付属しているものを使用して ください。電源アダプタから電力が供給されず、電源コードを接続しても電源アダプタのラン プが点灯しない場合は、電源コードを電源コンセントから抜き、もう一度差し込んでみてくだ さい。 J3626M42.book 95 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分96 第5章 トラブルへの対処方法  バッテリーの充電が必要かどうかを確認します。バッテリーの小さなボタンを押してください。 バッテリーの充電レベルに応じて 1個から 4個のランプが光るはずです。バッテリーレベルの ランプが 1個だけ点滅している場合は、少なくとも 1 個のランプが継続して点灯するまで充電 してください。  最初の 2 つの方法で問題が解決しないときは、コンピュータから電源アダプタを抜き、バッテ リーを取り外してから、パワー(®)ボタンを 5 秒以上押したままにして、コンピュータを工 場出荷時の設定に戻します。  最近、メモリを増設した場合は、適切に取り付けられていることと、お使いのコンピュータと 互換性があることを確認します。メモリや装置を取り外して、コンピュータが起動するかどう かを確認してください(86 ページの「メモリを取り付ける」を参照)。  上記の方法がうまくいかないときは、パワー(®)ボタンを押して、すぐにコマンド(x) キー、Optionキー、Pキー、Rキーを同時に押します。起動音が2回鳴るまで押し続けてください。  以上の方法でも MacBookを起動できないときは、MacBook に付属のサービスとサポートに関 する資料を参照して、修理についてアップルに問い合わせてください。 画面が突然暗くなったとき、またはシステムが応答しないときは コンピュータを再起動してみます。 1 電源アダプタを除いて、MacBookに接続されている装置をすべて取り外します。 2 コマンド(x)キーと Control キーを押したままパワー(®)ボタンを押して、システムを再起 動します。 3 外部装置を接続したり、作業を再開する前に、バッテリーの電力が 10 パーセント以上になるまで 充電してください。 バッテリーの充電量は、メニューバーにあるバッテリーのステータスメニューで確認できます。 省エネルギー機能をバッテリー用に設定している場合、ディスプレイが暗くなることがありま す。詳しくは、30 ページの「ディスプレイを調節する」を参照してください。 J3626M42.book 96 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 5章 トラブルへの対処方法 97 その他のトラブル パスワードを忘れてしまったときは 管理者パスワードとすべてのほかのアカウント用パスワードはリセットできます。 1「Mac OS X Install Disc 1」を挿入します。次に、コンピュータを再起動し、起動時にC キーを押 したままにします。 2 メニューバーから「インストーラ」>「パスワードをリセット」と選択します。画面に表示され る指示に従います。 アプリケーションに問題があるときは  アップル以外の製造元のソフトウェアで起きる問題については、そのソフトウェアの製造元に 問い合わせてください。ソフトウェア製造元が、Web サイトでソフトウェアのアップデートを 提供していることがあります。 Â「システム環境設定」の「ソフトウェア・アップデート」パネルを使って、アップルの最新ソフ トウェアを自動的に調べてインストールするように MacBookを設定できます。詳しくは、「ヘ ルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「ソフトウェア・アップデート」で検索してください。 参考:Classic(Mac OS 9)アプリケーションは、お使いのコンピュータとは互換性がないので、 起動しません。 J3626M42.book 97 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分98 第5章 トラブルへの対処方法 AirMac Extreme ワイヤレス通信に問題があるときは  接続しようとしているコンピュータまたはネットワークが稼動していて、ワイヤレス・アクセ ス・ポイントを持っていることを確認します。  メニューバーにある AirMac(Z)ステータスメニューを確認して、ほかのコンピュータまた はネットワークのアクセスポイントのアンテナの通信圏内にいることを確認してください。信 号の強度を示すために、最大 4 本のラインが表示されます。 電気製品や金属の建造物が近くにあると、ワイヤレス通信が妨げられ、通信範囲が狭くなる可 能性があります。コンピュータの場所を変えたり、向きを変えたりすると受信効率が上がるこ とがあります。  ベースステーションやアクセスポイントに付属の説明に従って、ソフトウェアを正しく設定し たことを確認します。  詳しくは、「AirMac ヘルプ」を参照してください。「AirMac ヘルプ」は、「ヘルプ」>「Mac ヘ ルプ」と選択し、そのメニューバーから「ライブラリ」>「AirMacヘルプ」と選択すると表示 できます。また、ワイヤレス装置に付属の説明書も参照してください。 コンピュータのハードディスクにデータが正しく記録されないときは  ハードディスクに非常に強い振動が与えられるような状況の場合、ディスクで集中的に記録が 行われているときに緊急モーションセンサーが作動して、サウンドまたはデータの一部が途切 れたり記録されなかったりすることがあります。このような場合は、振動したり突然動いたり しない安定した環境に MacBookを置くようにしてください。  振動が原因ではない場合は、「ディスクユーティリティ」(「/アプリケーション/ユーティリティ」 フォルダ内)を起動して、ドライブを検証してください。 J3626M42.book 98 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 5章 トラブルへの対処方法 99 ディスクの取り出しに問題があるときは m ディスクを使用している可能性のあるアプリケーションをすべて終了し、再度試してください。 それでも取り出せない場合は、トラックパッドのボタンを押したままコンピュータを再起動しま す。 コンピュータのハードウェアに問題があるときは Â「Apple Hardware Test」アプリケーションを使用して、メモリやプロセッサなど、お使いのコ ンピュータのコンポーネントに問題がないかを検証することができます。 「Apple Hardware Test」について詳しくは、102 ページの「「Apple Hardware Test」を使用す る」を参照してください。 インターネット接続に問題があるときは  電話回線やネットワークケーブルが正しく接続されていることと、正しく動作することを確か めます。  ダ イ ヤ ル ア ッ プ イ ン タ ー ネ ッ ト 接 続 を 使 用 し て い る 場 合 は、モ デ ム ケ ー ブ ル が Apple USB Modem(別売)に接続されており、コンピュータの Ethernet(G)ポートに接 続されていないことを確かめます。 Â「システム環境設定」の「ネットワーク」パネルを開いて、インターネット・サービス・プロバ イダ(ISP)またはネットワーク管理者から提供された情報が入力されていることを確認します。 コンピュータを使用しているときや Mac OSを操作しているときに問題が起きるときは  知りたい情報がこのガイドに記載されていない場合は、メニューバーから「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、手順やトラブルへの対処方法を検索してください。  アップルのサポート情報の Web サイト(www.apple.com/jp/support)では、トラブルへの対 処方法やソフトウェアのアップデートに関する最新情報を参照できます。 J3626M42.book 99 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分100 第5章 トラブルへの対処方法 コンピュータに付属のソフトウェアを再インストールする Mac OS X とコンピュータに付属のアプリケーションをインストールし直すには、コンピュータ に付属のソフトウェア・インストール・ディスクを使用します。 重要:アップルでは、ソフトウェアを復元する前に、ハードディスクのデータをバックアップし ておくことをお勧めします。いかなるデータの消失につきましても、アップルは一切の責任を負 いません。 Mac OS X とアプリケーションをインストールする コンピュータに付属の Mac OS X およびアプリケーションをインストールするには: 1 重要なファイルをバックアップします。 「消去してからインストール」オプションはインストール先ディスクを消去するので、重要なファ イルはMac OS Xやその他のアプリケーションをインストールする前にバックアップしておいて ください。 2 電源アダプタが接続されていることを確認します。 3 コンピュータに付属の「Mac OS X Install Disc 1」を挿入します。 4「Install Mac OS X and Bundled Software」をダブルクリックします。 5 画面に表示される指示に従って操作します。 6 インストール先のディスクを選択した後、画面に表示される指示に従って操作を続けます。コン ピュータが再起動し、次の Mac OS X のインストールディスクを挿入するよう求めるメッセージ が表示される場合もあります。 参考:コンピュータ上のMac OS X を工場出荷時の設定に復元するには、「インストーラ」の「イ ンストール先を選択」パネルで「オプション」ボタンをクリックして、「消去してからインストー ル」を選びます。 J3626M42.book 100 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 5章 トラブルへの対処方法 101 インストール先のディスクを選択した後、Mac OS X の基本インストールを実行する場合は、画 面に表示される指示に従います。カスタムアプリケーションをインストールするには、「カスタ マイズ」をクリックし、アプリケーションの横にある三角形をクリックして、インストールした いものを選択します。 アプリケーションをインストールする お使いのコンピュータに付属のアプリケーションのみをインストールするには、次の手順に従い ます。コンピュータにすでに Mac OS X がインストールされている必要があります。 1 重要なファイルをバックアップします。 2 電源アダプタが接続されていることを確認します。 3 コンピュータに付属の「Mac OS X Install Disc 1」を挿入します。 4「Install Bundled Software Only」をダブルクリックします。 5 画面に表示される指示に従って操作します。 6 インストール先のディスクを選択した後、画面に表示される指示に従って操作を続けます。コン ピュータが再起動し、次の Mac OS X のインストールディスクを挿入するよう求めるメッセージ が表示される場合もあります。 参考:「iCal」、「iChat AV」、「iSync」、「Safari」、および iLifeアプリケーションをインストールす るには、100 ページの「Mac OS X とアプリケーションをインストールする」の手順に従います。 インストールするアプリケーションによっては、「Mac OS X Install Disc 2」をセットする必要が ある場合もあります。 J3626M42.book 101 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分102 第5章 トラブルへの対処方法 「Apple Hardware Test」を使用する 「Apple Hardware Test」を使って、コンピュータのハードウェアに問題があるかどうかを確認す ることができます。 Apple Hardware Testを使用するには: 1 電源アダプタ以外のすべての外部装置をコンピュータから取り外します。Ethernetケーブルが接 続されている場合は、そのケーブルを取り外します。 2 コンピュータに付属の「Mac OS X Install Disc 1」を挿入します。 3 コンピュータを再起動し、起動時に Option キーを押したままにします。 4「Apple Hardware Test」のメイン画面が表示されたら、画面に表示される指示に従って操作しま す。 5「Apple Hardware Test」によって問題が検出された場合は、エラーコードが表示されます。サ ポートを要請する前に、エラーコードをメモしてください。「Apple Hardware Test」によって ハードウェアの障害が検出されない場合、問題はソフトウェアに関係している可能性があります。 「Apple Hardware Test」について詳しくは、「Mac OS X Install Disc 1」にある「Apple Hardware Test について」を参照してください。 J3626M42.book 102 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分第 5章 トラブルへの対処方法 103 製品のシリアル番号を確認する 次のいずれかの方法で、お使いのコンピュータのシリアル番号を確認できます:  メニューバーからアップル()メニュー>「このMacについて」と選択し、「Mac OS X」と いう文字の下のバージョン番号をクリックします。クリックすると、Mac OS X のバージョン 番号、ビルドバージョン、およびシリアル番号の順に表示が入れ替わります。 Â「システムプロファイラ」を開き(「/ アプリケーション / ユーティリティ/」にあります)、「ハー ドウェア」をクリックします。「この Mac について」ダイアログの「詳しい情報」ボタンをク リックすることで、「システムプロファイラ」を開くこともできます。  バッテリーを取り外し、MacBookのバッテリーベイにあるシリアル番号を見つけます。バッテ リーの取り外しについては、84 ページの「バッテリーを取り外す」を参照してください。 J3626M42.book 103 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分J3626M42.book 104 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分105 A 付録 A 仕様 お使いの MacBook に関する詳細情報は、「システムプロ ファイラ」を使って確認することができます。 内蔵メモリ量、ハードディスク容量、取り付けられている装置、製品のシリアル番号などを確認 できます。「システムプロファイラ」の情報にアクセスするには、メニューバーからアップル() メニュー>「この Mac について」と選択し、「詳しい情報」をクリックするか、「/ アプリケー ション / ユーティリティ /」にある「システムプロファイラ」を開きます。 別のカテゴリの情報の表示/非表示 を切り替えるには、ウインドウ内の 三角形をクリックします。 J3626M42.book 105 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分106 付録A仕様 動作環境  動作時温度:10°C ~ 35°C(50°F~ 95°F)  高度:最大 3048 m(10,000フィート)  相対湿度: 0%~ 90%(結露しないこと) 電源アダプタ  入力: AC 100 ~ 240 V(ボルト)、50/60 Hz(ヘルツ)  出力: DC 16.5 V @ 3.65 A(アンペア) バッテリー  出力:DC 10.8 V  容量:55 Wh 詳しい情報は、アップルの Webサイト(www.apple.com/jp/macbookおよび www.apple.com/ jp/support)で参照できます。 J3626M42.book 106 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分107 B 付録 B 安全性、使用、保守に ついての情報 MacBook の安全性と保守に関する以下の重要な情報を お読みください。 アップル製品は、情報技術機器における最新の安全基準の査定のもとにデザインされています。 ただし、安全にご使用いただくために、製品およびそのマニュアルに記載されている安全性に関 する重要な情報には、必ず従ってください。 一般的な安全上の注意について お使いの MacBook で作業する前に、製品に付属およびこのマニュアルに記載されている解説を すべてお読みになり、指示に従ってください。コンピュータをお使いになる方が、いつでもこれ らの注意事項を参照できるようにしておいてください。  お使いの MacBookは、平らな安定した作業場所に設置してください。  飲み物、洗面台、浴槽、シャワーなど、水のある場所にはコンピュータを近付けないでください。  雨、雪、霧などの天候の下や、湿度が極端に高い場所でのコンピュータの使用を避けてください。 J3626M42.book 107 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分108 付録B安全性、使用、保守に ついての情報  コンピュータをお使いになる方の安全と装置の故障防止のため、常に以下の点にご注意くださ い。次のようなときは、電源コードを抜き(コードではなく、必ずプラグを持って抜いてくだ さい)、バッテリーを取り外してから、すべてのケーブルを取り外してください:  メモリを取り付けたいとき  部品を取り外したいとき  電源コードやプラグがすり切れているときや壊れているとき  装置の中に液体が流れ込んだとき  装置が雨や過度の湿気にさらされたとき  装置を落としたときや、装置の外面が壊れたとき  保守サービスや修理が必要だと思われるとき  装置の外面を清掃したいとき(後述の方法以外では清掃しないでください)  MacBookの電源アダプタポートには磁石が含まれています。磁気に影響を受ける物や装置を、 このポートの 25 mm(1インチ)以内には近づけないでください。  MacBookの換気装置やすきまなどに、ものを差し込まないでください。  MacBook のバッテリーは、誤った取り扱いをすると、出火するおそれがあります。分解した り、100º C(212º F)以上に熱したり、燃やしたりしないでください。バッテリーを交換する 場合は、この製品用のアップル認定バッテリーだけにしてください。それ以外のバッテリーを 使用すると、出火または爆発するおそれがあります。使用済みのバッテリーを廃棄する際は、 お住まいの地域の廃棄基準に従ってください。 J3626M42.book 108 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分付録 B安全性、使用、保守に ついての情報 109 MacBook と電源アダプタを接続する アダプタを電源コンセントに接続する前に、電源プラグや電源コードが電源アダプタにしっかり と差し込まれていることを確認します。アダプタは電源コードを使用して、接地コンセントに接 続して接地するのが最適です。 電源アダプタは、お使いの MacBook に付属しているものだけを使用してください。ほかの電気 製品(MacBook Proやその他のポータブルコンピュータも含む)用の電源アダプタは、外見が似 ていても使用できません。不適切な電源アダプタを使用すると、コンピュータのパフォーマンス に影響したり、コンピュータが故障したりする可能性があります。 電源アダプタは、MacBook を普通に使っていても熱くなることがあります。アダプタの周りに は常に十分な換気空間を設けるようにし、操作中または使用直後に扱う場合には、注意して取り 扱ってください。可能であれば、熱を逃がすために、平らで固い場所に電源アダプタを置いてく ださい。 コネクタを無理にポートに押し込まないでください。ポートに障害物がないか確認してくださ い。コネクタとポートを簡単に接続できない場合は、コネクタとポートが合っていない可能性が あります。コネクタとポートが合っていることと、コネクタとポートの向きや位置が正しいこと を確認してください。 電源アダプタポートに破片などが入っている場合は、電源アダプタを正しく接続することができ ません。破片を綿棒で慎重に取り除いてください。 J3626M42.book 109 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分110 付録B安全性、使用、保守に ついての情報 MacBook を使用する MacBook の使用時やバッテリーの充電時には本体の底面がやや熱を持ちますが、これは異常で はありません。長時間使用する場合は、平らな安定した場所に MacBookを置いてください。 ひざや体の表面に、MacBook の底面が長時間触れたままの状態にしないでください。長時間体 に触れた状態にすると、不快に感じたり、場合によってはやけどを負う可能性もあります。 MacBookの底面には、コンピュータ内部の熱を外部の冷たい空気と入れ替える機能があります。 換気によって本体内部の温度を通常の動作時温度の範囲内に保つため、本体の底面は少し高く なっています。また、本体ケース背面のスロットから温かい空気が排出されます。 MacBook を持ち運ぶ MacBookをバッグやブリーフケースに入れて持ち運ぶときには、小物(クリップやコインなど) を一緒に入れないようにしてください。光学式ドライブのスロットなどの本体のすき間から、コ ンピュータ内部に入ってしまったり、ポート内部でひっかかってしまうおそれがあります。また、 磁気に影響を受けるものは電源アダプタポートに近づけないでください。 警告:MacBook の使用時にはクッションその他の柔らかい素材の上には置かないでください。 そのような場所に置くと、素材によって空気が流れる出口(特に背面の出口)が塞がれてしま い、コンピュータが過熱する原因となります。リッド・クローズド・モードで操作するときは、 絶対にキーボードの上にものを置かないようにしてください。キーボードの上にものがあると、 コンピュータの電源のオン/オフが繰り返され、バッテリーが加熱して漏電する可能性があり ます。内部や外部の部品をすべて所定の位置に取り付けるまでは、絶対にコンピュータの電源 を入れないでください。コンピュータを開いているときや、一部の部品が取り外されていると きに、コンピュータを動作させると大変危険です。コンピュータが壊れる可能性もあります。 J3626M42.book 110 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分付録 B安全性、使用、保守に ついての情報 111 MacBook を保管する 長期間 MacBookを保管するときは、涼しい場所(できれば22°C または 71°F)に保管し、MacBook のバッテリーの寿命を保つために次のいずれかの操作をしてください:  MacBookを保管する前に、バッテリーの残量を 50 パーセントまで減らします。  コンピュータを5 カ月以上保管するときは、バッテリーの残量をおよそ50 パーセントまで減ら し、MacBook からバッテリーを取り外します。長期間保管する場合は、約 6 カ月ごとにバッ テリーを 50パーセントまで再充電してください。 MacBook を清掃する コンピュータや装置の外面を清掃するときは、以下の注意事項を守ってください:  MacBookをシステム終了し、電源アダプタをコンセントから抜き、バッテリーを取り外します。  コンピュータの外面を清掃するときは、柔らかく、けば立たない布に少量の水を付けて使用し てください。清掃の際には装置に水などが入り込まないように注意してください。コンピュー タに液体を直接吹きかけないでください。  外面が傷む可能性があるため、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤などは使わないで ください。 MacBook のディスプレイを清掃する MacBookの画面は、以下の手順で清掃してください:  MacBookをシステム終了し、電源アダプタをコンセントから抜き、バッテリーを取り外します。  柔らかくけば立たない布や紙を軽く湿らせてから画面を清掃します。画面に液体を直接吹きか けないでください。 J3626M42.book 111 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分112 付録B安全性、使用、保守に ついての情報 聴覚が損なわれないようにする レーザーに関する情報 レーザーを格納しているキャビネットを分解しないでください。この製品で使用されているレー ザービームは視覚に対して有害です。拡大レンズのような光学機器をこの製品と使用すると、視 覚に害を与える危険性が高まります。安全のために、この装置の修理・点検はアップル正規サー ビスプロバイダにのみ依頼してください。 警告:イヤフォンやヘッドフォンを大きな音で使用すると、聴覚に障害が生じる場合がありま す。大音量で聞いていると耳が慣れて普通に聞こえるようになりますが、聴覚を損なう危険が あります。耳鳴りがしたり声がこもって聴こえたりする場合は、使用を中止し、聴覚の検査を 受けてください。音量が大きいほど、聴覚への影響が早く現れます。専門家は、聴覚を保護す るために次のことを推奨しています:  イヤフォンやヘッドフォンを大音量で使用する時間を制限します。  周囲の騒音を遮断するために音量を上げるのは避けます。  近くの人の話し声が聞こえない場合は音量を下げます。 警告:お求めの装置に付属する説明書に指定された方法以外による調整あるいは操作は、危険 な被曝を引き起こす可能性があります。 J3626M42.book 112 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分付録 B安全性、使用、保守に ついての情報 113 お使いのコンピュータは、光学式ディスクドライブが搭載されているため、クラス1 レーザー製 品です。ユーザが確認できる場所に貼られたクラス 1 のラベルは、ドライブが最低の安全要求事 項を満たしていることを示しています。サービス警告ラベルは、ユーザが確認できる場所に貼ら れています。製品に貼られたラベルは、ここに示すものと多少異なる場合があります。 危険性の高い行為に関する警告 このコンピュータシステムは、原子力施設・飛行機の航行や通信システム・航空管制システムな ど、コンピュータシステムの障害が生命の危険や身体の障害、あるいは重大な環境破壊につなが るようなシステムにおける使用を目的としていません。 クラス 1ラベル サービス警告ラベル J3626M42.book 113 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分114 付録B安全性、使用、保守に ついての情報 人間工学について ここでは、健康的な環境で作業を行うためのヒントを示します。 キーボードとトラックパッド キーボードやトラックパッドを使うときは、肩に力を入れすぎないようにしてください。上腕と 前腕の角度は、直角よりも少し大きくなるようにします。また、手首と手のひらは、ほぼ一直線 になるようにしてください。 入力するときや、トラックパッドを使うときは、力を入れすぎないようにしましょう。手や指を リラックスさせてください。親指を手のひらの下に入れないように注意してください。 よい例 悪い例 J3626M42.book 114 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分付録 B安全性、使用、保守に ついての情報 115 頻繁に手の位置を変えると、疲労を防止できます。休みなしで集中して作業すると、手や手首、 腕などの不快感が増す可能性があります。手や手首、腕などの痛みや不快感が慢性的になってき たら、専門医に相談しましょう。 イス イスは、調節機構付きで、快適で安定感のあるものが理想的です。イスの高さは、座ったときに 太ももがほぼ水平になるように調節しましょう。このとき、足の裏全体が床に着くようにしてく ださい。イスは、背もたれが腰の部分を支えるように調節しましょう。使っているイスの説明書 などを参照して、背もたれを自分の身体に合わせて調節してください。 キーボードを操作するときにひじを直角に保つために、イスの高さの調節が必要になることがあ ります。イスを高くしたことで、足の裏全体が床に着かなくなったときは、足は台のようなもの に載せてもかまいません。机の高さを調節できる場合は、足を台に載せる代わりに、机を低くし てもかまいません。また、机よりもやや低い位置にキーボード専用の台が付いている机を利用す る方法もあります。 よい例 悪い例 J3626M42.book 115 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分116 付録B安全性、使用、保守に ついての情報 外付けマウス 外付けマウスを使うときは、マウスをキーボードと同じ高さに置いてください。また、マウスは すぐに手が届く場所に置いてください。 内蔵ディスプレイ ディスプレイの角度を調節して、窓の明かりや照明などが反射しないようにしてください。 抵抗 がある場合は、無理にディスプレイを動かさないでください。ディスプレイは、130 度以上は開 かないようになっています。 コンピュータをある場所からほかの場所へ動かすと、照明の状態が変わることがあります。その ような場合は、画面の輝度を調節することができます。 詳しい情報を入手する 次の Web サイトを参照してください:www.apple.com/jp/about/ergonomics 環境向上への取り組みについて Apple Computer, Inc.では、事業活動および製品が環境に与える影響をできる限り小さくするよ う取り組んでいます。詳しい情報については、次の Web サイトを参照してください: www.apple.com/jp/environment/summary.html J3626M42.book 116 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分117 C 付録 C インターネットに接続する コンピュータを使って、World Wide Web をブラウズした り、友達や家族にメールを送ったり、インターネット上で リアルタイムでチャットしたりできます。インターネット に接続するには、この情報を参考にしてください。 はじめて Mac OS X を起動するときに、「設定アシスタント」を使ってインターネット設定情報 を簡単に入力することができます。「設定アシスタント」を使ってインターネットの設定をしな い場合、「ネットワーク設定アシスタント」を使ってあとで設定することができます(121 ページ の「ネットワーク設定アシスタントを使用する」を参照してください)。「ネットワーク設定アシ スタント」を使用しない場合は、この付録を参照して手入力で接続を設定できます。 インターネット接続には、次の 4 つの種類があります:  高速DSL モデムまたはケーブルモデム接続:Ethernetケーブルを使って、ISPから提供された特 別なモデムにコンピュータをつなぎます。  ワイヤレス接続:AirMac Extremeベースステーション、AirMac Express、802.11bまたは802.11g アクセスポイントを使って、コンピュータをワイヤレス接続します。  LAN(Local Area Network):Ethernet ケーブルを使って、LAN にコンピュータをつなぎま す。会社などで一般に使用されている方法です。  ダイヤルアップ接続:モデムケーブルを使って、電話のモジュラージャックに接続した外部モ デムをコンピュータをつなぎます。 J3626M42.book 117 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分118 付録Cインターネットに接続する インターネットに接続する前に: 1 インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)のアカウントを設定します。 2 必要な接続情報をISPまたはネットワーク管理者から入手します。それぞれの接続の種類に必要な 情報については、次の「必要な情報を用意する」を参照してください。次のページ以降に情報を 直接書き込むことができます。次に、その情報を「設定アシスタント」に入力します。 同じ場所にある別のコンピュータがすでにインターネットに接続されている場合は、その設定を 使用できることがあります。 Mac OS X コンピュータで設定情報を見つけるには: Â「システム環境設定」の「ネットワーク」パネルを開きます。 Â「表示」ポップアップメニューからお使いの接続方法を選択します。  お使いの設定に関する情報をコピーします。 Windowsコンピュータで設定情報を見つけるには: Windows コンピュータの接続情報は 2つの場所にあります。  IP アドレスとサブネットマスクを見つけるには、「ネットワーク接続」コントロールパネルを開 きます。  ユーザアカウント情報を見つけるには、「ユーザー アカウント」コントロールパネルを開きます。 J3626M42.book 118 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分付録 Cインターネットに接続する 119 3 Apple USB Modem(別売)などの外部モデムを使用する場合は、MacBook の USBポートに外部 モデムを接続し、モデムケーブル(付属していません)を使用してモデムから電話のモジュラー ジャックにつなぎます。DSL モデムまたはケーブルモデムを使用する場合は、モデムに付属の指 示に従ってモデムをコンピュータに接続します。 4 お使いのコンピュータの電源を入れ、「設定アシスタント」に情報を入力してインターネット接 続を設定します。 参考:コンピュータを起動済みで、インターネット接続の設定に「設定アシスタント」を使用し なかった場合は、121 ページの「ネットワーク設定アシスタントを使用する」を参照してください。 必要な情報を用意する ISP、ネットワーク管理者、またはほかのコンピュータから入手した情報をこれ以降のページに書 き込んでから、その情報を「ネットワーク設定アシスタント」に入力することができます。 モデムによるダイヤルアップ接続を設定するには、次の情報を取得します:  サービスプロバイダ名  ユーザ名またはアカウント名  パスワード  ISP の電話番号  代替電話番号  外線発信番号 J3626M42.book 119 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分120 付録Cインターネットに接続する DSL モデム、ケーブルモデム、LAN、または AirMac Extremeワイヤレス接続を設定するには、 いずれかの接続方法を選びます(分からない場合は、システム管理者または ISP に問い合わせて ください):  手入力  DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)を使ってアドレスを手入力  DHCP サーバを参照  BOOTPサーバを参照  PPP(Point-to-Point Protocol) どの方法を使用したらよいか分からない場合は、「DHCP サーバを参照」を選択することをお勧 めします。「DHCP サーバを参照」を選択すると、必要な情報の大半がネットワークにより自動 的に提供されます。 「手入力」または「DHCP を使ってアドレスを手入力」を選ぶ場合は、次の情報を取得します:  IPアドレス  サブネットマスク  ルーターアドレス 参考:「DHCP を使ってアドレスを手入力」を選ぶ場合は、サブネットマスクまたはルーターア ドレスは必要ありません。 「DHCP サーバを参照」を選ぶ場合は、次のオプション情報を取得します(必要な場合は、ISP に 問い合わせてください):  DHCP クライアント ID  DNS サーバ J3626M42.book 120 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分付録 Cインターネットに接続する 121 「PPPoE」(Point-to-Point Protocol over Ethernet 接続)を選ぶ場合は、次の情報を取得します:  サービスプロバイダ  アカウント名  パスワード  PPPoE サービス名 次の情報はオプションです。必要な情報かどうか、お使いの ISPまたはシステム管理者に問い合 わせてください。  DNS サーバ  ドメイン名  プロキシサーバ 情報を入力する ISP またはネットワーク管理者から正しい設定情報を収集したら、「ネットワーク設定アシスタン ト」を使用して、接続したり手入力で情報を入力したりできます。 ネットワーク設定アシスタントを使用する MacBook をはじめて起動したときに「設定アシスタント」を使ってインターネットの設定をし なかった場合、「ネットワーク設定アシスタント」を使って、いつでもインターネット接続の設 定や設定の変更ができます。 「ネットワーク設定アシスタント」を使用するには: 1 アップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2「ネットワーク」をクリックしてから、「アシスタント」をクリックします。 3「アシスタント」をクリックして、「ネットワーク設定アシスタント」を開きます。 J3626M42.book 121 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分122 付録Cインターネットに接続する 4 画面に表示される指示に従って操作します。 インターネット接続の設定についての詳しい情報は、「Mac ヘルプ」で参照できます。「ヘルプ」 >「Mac ヘルプ」と選択し、「インターネットに接続する」で検索してください。 情報を手入力する 情報を手入力するには: 1「システム環境設定」を開き、「ネットワーク」をクリックします。 2「表示」ポップアップメニューから選択し、設定したい接続のタイプに適したオプションを設定 します:  ケーブルモデム、DSLモデム、または LAN 接続の場合は、以下の設定のいずれかを使用します:  手入力:手入力で設定する場合は、静的 IPアドレスと「ネットワーク」環境設定に入力する その他の情報が ISP またはネットワーク管理者から提供されます。  DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)を使用する:DHCP 設定の場合は、DHCP サーバが自動的に情報を入力します。  PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)を使用する:DSL モデムを使用してい て、インターネットに接続するためのユーザ名とパスワードが必要な場合は、PPPoEを使っ て接続すべきかどうか、ISP に確認してください。  ダイヤルアップ外部モデムを使った PPP(Point-to-Point Protocol)接続。アカウント名、パ スワード、電話番号、およびその他の情報を入力します。  AirMac Extreme ワイヤレス接続:AirMac Extremeネットワークおよびインターネット接続の 設定は、「/ アプリケーション / ユーティリティ/」フォルダにある「AirMac 設定アシスタント」 を使って行えます。 3 さらに助けが必要な場合は、「アシスタント」をクリックします。 J3626M42.book 122 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分付録 Cインターネットに接続する 123 接続のトラブルシューティング インターネット接続に問題があるときは、このセクション内に記載されている、お使いの接続タ イプ用の手順を試してみるか、「ネットワーク診断」を使用することができます。 「ネットワーク診断」を使用するには: 1 アップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2「ネットワーク」をクリックしてから、「アシスタント」をクリックします。 3「診断」をクリックして、「ネットワーク診断」を開きます。 4 画面に表示される指示に従って操作します。 ネットワーク診断で問題を解決できない場合は、接続しようとしている ISP、ISP に接続するため に使用している外部デバイス、またはアクセスを試みているサーバに問題がある可能性がありま す。以下の手順も試してみてください。 ケーブルモデム、DSLモデム、LAN でのインターネット接続 ケーブルモデム、DSL モデム、LAN(Local Area Network)を使ってインターネットに接続でき ない場合は、以下の内容を確認してください。 重要:モデムに関連した手順は、LANをお使いの場合には適用できません。LAN ユーザは、ケー ブルモデムや DSL モデムのユーザが使用しないハブ、スイッチ、ルーター、接続ポッドなどを使 用する場合があります。LAN をお使いの場合は ISPではなく、ネットワーク管理者に問い合わせ る必要があります。 ケーブルや電源をチェックする モデムの電源コード、モデムとコンピュータの接続コード、モデムとモジュラージャックの接続 コードなどのすべてのモデムケーブルがしっかり差し込まれていることを確認します。Ethernet ハブやルーターへのケーブルと電源を確認します。 J3626M42.book 123 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分124 付録Cインターネットに接続する モデムの電源を切ってから再投入し、モデムハードウェアをリセットする DSL モデムやケーブルモデムの電源を数分間切ってから再投入します。ISP の中には、モデムの 電源コードを抜くことを勧めるところもあります。モデムにリセットボタンがついている場合 は、いったん電源を切って再投入する前か後でリセットボタンを押すことができます。 PPPoE接続 PPPoE を使って ISP に接続できない場合は、まずケーブルと電源をチェックしてからモデムハー ドウェアの電源を切って再投入し、リセットします。次に、「システム環境設定」の「ネットワー ク」パネルの設定を確認します。 システム環境設定の設定を確認するには: 1 メニューバーからアップル()メニュー>「システム環境設定」と選択します。 2「ネットワーク」をクリックします。 3「表示」ポップアップメニューから「ネットワークポート設定」を選択します。 4「内蔵Ethernet」を「ポート設定」リストの一番上にドラッグします。 5「表示」ポップアップメニューから「内蔵 Ethernet」を選択します。 6「PPPoE」をクリックします。 7「PPPoEを使って接続」を選択します。 8「アカウント名」フィールドをチェックして、ISP から提供された正しい情報を入力していること を確認します。 9 パスワードの保存を選択していた場合は、パスワードが正しいことを確認するためにパスワード をもう一度入力します。 10「TCP/IP」をクリックします。ISP から提供された正しい情報をこのパネルに入力したことを確認 してください。 11「今すぐ適用」をクリックします。 J3626M42.book 124 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分付録 Cインターネットに接続する 125 ネットワーク接続 2 台以上のコンピュータでインターネット接続を共有する場合は、ネットワークが正しく設定さ れていることを確認してください。ISPが 1 つのIPアドレスのみを提供しているか、各コンピュー タに 1つずつ複数の IP アドレスを提供しているかを、知っておく必要があります。 1つの IP アドレスのみを使用する場合は、接続を共有できるルーター、すなわちネットワークア ドレス変換(NAT)または「IPマスカレーディング」が可能なルーターを用意する必要がありま す。設定情報については、ルーターに付属のマニュアルを確認するか、ネットワークの設定担当 者に確認してください。AirMac Extreme ベースステーションを使って、1 つの IPアドレスを複 数のコンピュータで共有することができます。AirMac Extreme ベースステーションの使用方法 について詳しくは、オンスクリーンヘルプを確認するか、アップルの AirMac の Web サイト (www.apple.com/jp/airmacextreme)を参照してください。 上記の手順で問題が解決しない場合は、ISP に問い合わせてください。 J3626M42.book 125 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分J3626M42.book 126 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分127 D 付録 D 質問トップ 10 分からないことがありますか?ここでは、MacBook を はじめて使うユーザからよく尋ねられる質問トップ 10 を 紹介します。 インターネット接続が動作していないようです。どのように設定するのですか? インターネット接続にはさまざまな種類があります。たとえば、モデム、DSL接続、ワイヤレス AirMac 接続、Ethernet ネットワークなどを使用して接続できます。お使いの接続の種類、イン ターネット・サービス・プロバイダ、またはネットワークに関する特定の情報を Mac OS X で指 定する必要があります。接続を設定するときは、まずお使いの接続の種類に必要な情報を集めま す。必要な情報および接続の種類に合った設定方法については、117 ページの付録 C「インター ネットに接続する」を参照してください。また、コンピュータに付属の「設定アシスタント」ア プリケーションを使用すると、表示される手順に従ってインターネット接続を設定できます。「シ ステム環境設定」を開き、「ネットワーク」をクリックします。「アシスタント」ボタンをクリッ クして、「ネットワーク設定アシスタント」を開きます。 J3626M42.book 127 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分128 付録D質問トップ10 プリンタはどのように設定するのですか?使用している MacBook と互換性はありますか? プリンタに付属の説明書の指示に従って、プリンタを接続し、ソフトウェアをインストールしま す。次に、「システム環境設定」を開き、「プリントとファクス」アイコンをクリックします。「プ リントとファクス」パネルを使って、プリンタにアクセスできるようにお使いの MacBook を設 定します。プリンタの設定について詳しくは、「Macヘルプ」を参照してください(メニューバー から「ヘルプ」>「Mac ヘルプ」と選択し、「プリンタ」を検索します)。また、50 ページの「プ リンタに接続する」も参照してください。 プリンタが正しく動作しない場合は、プリンタの製造元の Web サイトで、プリントドライバが アップデートされているかどうかを確認してください。最新のプリンタソフトウェアをダウン ロードできる場合があります。 プリンタにプリントジョブを送信できるのにプリントが実行されない場合は、「Dock」にあるプ リンタのアイコンをクリックして、プリントジョブが停止または保留になっていないか確認して ください。(「Dock」にアイコンが表示されない場合は、「/ アプリケーション / ユーティリティ」 フォルダにある「プリンタ設定ユーティリティ」を開き、プリンタの名前をダブルクリックしま す。)プリンタのウインドウに「ジョブを停止」と表示されている場合は、「ジョブを開始」ボタ ンをクリックします。ジョブ名の横に「保留」と表示されている場合は、ジョブ名を選択してか ら「再開」をクリックして、プリント処理を再開します。技術的なエラーでプリントジョブによ るプリント処理が停止している場合は、ジョブを選択して「削除」をクリックすることによって、 問題のあるジョブを削除できます。その後、もう一度ジョブをプリントしてみてください。 J3626M42.book 128 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分付録 D質問トップ 10 129 Mac OS X のインターフェイスはどのように操作するのですか? はじめて Mac OS X を使う場 合、特定の作業の実行方法が分からないことがよくあります。 Mac OS X に関する情報は、「Mac ヘルプ」で調べるのが一番良い方法です。新しいユーザ、 Windowsコンピュータからスイッチしたユーザ、および Mac OS 9からアップグレードしたユー ザ向けの機能紹介が記載されています。画面の上部にあるメニューバーで「ヘルプ」>「Mac ヘ ルプ」と選択し、「Mac ヘルプ」を開きます。新しい Mac OS X ユーザ向けの情報を参照してく ださい。また、基本的な作業の多くは「Finder」で行うので、「Finder」を検索することもお勧 めします。 MacBookのバッテリーを長持ちさせるにはどうしたらよいですか? バッテリーをはじめて使用するときは、必ずバッテリーを調整してください(25 ページの「バッ テリーを調整する」を参照)。「省エネルギー」環境設定パネルで、コンピュータがスリープ状態 に入るまでの時間またはディスプレイが暗くなるまでの時間を指定することによって、バッテ リーの電力を節約できます。「システム環境設定」を開き、「省エネルギー」アイコンをクリック します。自分の使用方法に適した設定を選びます。ハード・ディスク・ドライブなど、コンピュー タから電力を得る周辺機器を使う場合も、バッテリーの持続時間を縮める原因になります。この ような装置を取り外すことによって、バッテリーの電力を節約することもできます。また、電力 が少なくなったときの交換用に、バッテリーをもう 1 つ購入することもできます。バッテリーの 電力の節約について詳しくは、79 ページの「バッテリーを長持ちさせるためのヒント」を参照し てください。 J3626M42.book 129 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分130 付録D質問トップ10 光学式ドライブにディスクを入れたのに反応がありません。ディスクが光学式ドライブと互換性 があるかどうかは、どうすれば分かりますか? メディアイジェクト(C)キーを押して、ディスクを取り出します。アップルのスロットローディ ング方式の光学式ドライブは、12 cmの円形ディスクにのみ対応しています。規格外のディスク および形状が円形でないディスクは、アップルの光学式ドライブでは使用できません。規格外の ディスクについて詳しくは、アップルのサービス&サポートの Web サイト(www.apple.com/ jp/support)で「規格外のディスク」を検索してください。 外部ディスプレイ、テレビ、またはプロジェクタを MacBook に接続するには、どうすればいい ですか? 1 外部ディスプレイまたはプロジェクタの電源を入れます。 2 外部プロジェクタまたはディスプレイにディスプレイケーブルが接続されていることを確認し ます。 3 適切なアダプタを使って、MacBook にディスプレイケーブルを接続します: a DVI接続で外部装置を接続する場合は、Apple Mini-DVI to DVI アダプタ(別売)を使用します。 b VGA接続で外部装置を接続する場合は、Apple Mini-DVI to VGAアダプタ(別売)を使用します。 c S-Video 接続で外部装置を接続する場合は、Apple Mini-DVI to Video アダプタ(別売)を使用 します。 MacBookによって外部ディスプレイ、テレビ、またはプロジェクタが自動的に検出されます。 4 外部ディスプレイの解像度を調節するには、「システム環境設定」の「ディスプレイ」パネルか、 メニューバーにあるディスプレイのステータスメニューを使用します。 ディスプレイその他の装置の接続について詳しくは、67 ページの「外部ビデオ出力機能を使用す る」を参照してください。 警告:規格外のディスクを光学式ドライブに挿入すると、ドライブが破損することがあります。 J3626M42.book 130 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分付録 D質問トップ 10 131 パスワードを忘れてしまいました。どのようにリセットするのですか? パスワードをリセットするには、お使いのコンピュータに付属のソフトウェアインストール用 ディスクから起動します。インストーラが開いたら、メニューバーから「Installer」>「パスワー ドをリセット」と選択します。画面に表示される指示に従います。 ファンの動作音が聞こえて、MacBookが熱くなっているようです。大丈夫でしょうか? MacBookは、動作中、本体の温度を安全な範囲内に保つように設計されています。MacBook を 通常の温度に保つために、ファンが作動します。また、本体から熱を逃がすので、MacBook の 底面が熱くなることがあります。これは正常な動作です。詳しくは、110 ページの「MacBook を 使用する」を参照してください。 アプリケーションまたは Mac OS X が正しく動作していないようです。Mac OS X を再インス トールする必要がありますか? 問題を解決するためには、その問題が常に特定のアプリケーションで発生するのか、オペレー ティングシステムに関連しているのか、ハードウェアの故障の結果なのかなど、いくつかの点を 確認する必要があります。再インストールを行う前に、93 ページの「トラブルへの対処方法」を 参照して、問題を分析してください。また、アップルのサービス&サポートの Web サイト (www.apple.com/jp/support)で、数多くの技術的な説明や問題解決のアドバイスを参照する こともできます。Mac OS X の再インストールが必要な場合は、100 ページの「コンピュータに 付属のソフトウェアを再インストールする」で手順を確認できます。 MacBook にアプリケーションをインストールしましたが、動作していないようです。どこに問 い合わせればよいですか? サポートを受ける方法については、アプリケーションに付属の説明書を確認してください。製造 元では、自社で提供しているアプリケーションで発生する可能性のある一般的な問題について認 識して、すぐに利用できる対処方法やアップデートを提供していることがよくあります。アップ ル製以外のアプリケーションの場合、最適なサポートを得るには、製造元に直接問い合わせるこ とをお勧めします。 J3626M42.book 131 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分J3626M42.book 132 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分133 通信情報機器に関する規制 FCC Compliance Statement This device complies with part 15 of the FCC rules. Operation is subject to the following two conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation. See instructions if interference to radio or television reception is suspected. L‘utilisation de ce dispositif est autorisée seulement aux conditions suivantes: (1) il ne doit pas produire de brouillage et (2) l’utilisateur du dispositif doit étre prêt à accepter tout brouillage radioélectrique reçu, même si ce brouillage est susceptible de compromettre le fonctionnement du dispositif. Radio and Television Interference This computer equipment generates, uses, and can radiate radio-frequency energy. If it is not installed and used properly—that is, in strict accordance with Apple’s instructions—it may cause interference with radio and television reception. This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device in accordance with the specifications in Part 15 of FCC rules. These specifications are designed to provide reasonable protection against such interference in a residential installation. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. You can determine whether your computer system is causing interference by turning it off. If the interference stops, it was probably caused by the computer or one of the peripheral devices. If your computer system does cause interference to radio or television reception, try to correct the interference by using one or more of the following measures:  Turn the television or radio antenna until the interference stops.  Move the computer to one side or the other of the television or radio.  Move the computer farther away from the television or radio.  Plug the computer in to an outlet that is on a different circuit from the television or radio. (That is, make certain the computer and the television or radio are on circuits controlled by different circuit breakers or fuses.) If necessary, consult an Apple-authorized service provider or Apple. See the service and support information that came with your Apple product. Or, consult an experienced radio/television technician for additional suggestions. Important:Changes or modifications to this product not authorized by Apple Computer, Inc., could void the EMC compliance and negate your authority to operate the product. This product has demonstrated EMC compliance under conditions that included the use of compliant peripheral devices and shielded cables between system components. It is important that you use compliant peripheral devices and shielded cables between system components to reduce the possibility of causing interference to radios, television sets, and other electronic devices. J3626M42.book 133 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分134 Responsible party (contact for FCC matters only): Apple Computer, Inc. Product Compliance, 1 Infinite Loop M/S 26-A, Cupertino, CA 95014-2084, 408-974-2000. Wireless Radio Use This device is restricted to indoor use due to its operation in the 5.15 to 5.25 GHz frequency range to reduce the potential for harmful interference to cochannel Mobile Satellite systems. Cet appareil doit être utilisé à l'intérieur. 無線周波の放射について AirMac Extreme テクノロジーの無線出力は、FCC による無 線周波放射の制限値を下回っています。しかしながら、無 線機器の通常のご使用に際しては人体との直接的な接触を 最小限にした使いかたをお勧めします。 FCC Bluetooth Wireless Compliance The antenna used with this transmitter must not be collocated or operated in conjunction with any other antenna or transmitter subject to the conditions of the FCC Grant. Bluetooth Industry Canada Statement This Class B device meets all requirements of the Canadian interference-causing equipment regulations. Cet appareil numérique de la Class B respecte toutes les exigences du Règlement sur le matériel brouilleur du Canada. Industry Canada Statement Complies with the Canadian ICES-003 Class B specifications. Cet appareil numérique de la classe B est conforme à la norme NMB-003 du Canada.This device complies with RSS 210 of Industry Canada. Bluetooth Europe–EU Declaration of Conformity This wireless device complies with the specifications EN 300 328, EN 301-489, and EN 60950 following the provisions of the R&TTE Directive. Europe—EU Declaration of Conformity The equipment complies with the RF Exposure Requirement 1999/519/EC, Council Recommendation of 12 July 1999 on the limitation of exposure of the general public to electromagnetic fields (0 Hz to 300 GHz). This equipment meets the following conformance standards: EN300 328, EN301 893, EN301 489-17, EN60950 Hereby, Apple Computer, Inc., declares that this 802.11a/ b/g Mini-PCIe card is in compliance with the essential requirements and other relevant provisions of Directive 1999/5/EC. Complies with European Directives 72/23/EEC, 89/336/EEC, 1999/5/EC See http://www.apple.com/euro/compliance J3626M42.book 134 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分135 Korea Statements Singapore Wireless Certification Taiwan Wireless Statements Taiwan Class B Statement VCCIクラス B 基準について External USB Modem Information When connecting your MacBook to the phone line using an external USB modem, refer to the telecommunications agency information in the documentation that came with your modem. ENERGY STAR® Compliance As an ENERGY STAR® partner, Apple has determined that standard configurations of this product meet the ENERGY STAR® guidelines for energy efficiency. The ENERGY STAR® program is a partnership with office product equipment manufacturers to promote energyefficiency. Reducing energy consumption of office products saves money and reduces pollution by eliminating wasted energy. J3626M42.book 135 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分136 廃棄とリサイクルに関する情報 この製品のバックライトランプには水銀が含まれます。お 住まいの地域および国の法律に従って廃棄してください。 アップルのリサイクルプログラムについては、次の Webサ イトを参照してください: www.apple.com/jp/environment/summary.html バッテリーの廃棄に関する情報 バッテリーを廃棄する際は、お住まいの地域の条令および 廃棄基準に従ってください。 Deutschland: Das Gerät enthält Batterien. Diese gehören nicht in den Hausmüll. Sie können verbrauchte Batterien beim Handel oder bei den Kommunen unentgeltlich abgeben. Um Kurzschlüsse zu vermeiden, kleben Sie die Pole der Batterien vorsorglich mit einem Klebestreifen ab. Nederlands: Gebruikte batterijen kunnen worden ingeleverd bij de chemokar of in een speciale batterijcontainer voor klein chemisch afval (kca) worden gedeponeerd. Taiwan: European Union—Disposal Information: The symbol above means that according to local laws and regulations your product should be disposed of separately from household waste. When this product reaches its end of life, take it to a collection point designated by local authorities. Some collection points accept products for free. The separate collection and recycling of your product at the time of disposal will help conserve natural resources and ensure that it is recycled in a manner that protects human health and the environment. J3626M42.book 136 ページ 2006年4月6日 木曜日 午後6時23分 QuickTime 7.1 ユーザーズガイド QuickTime Proの使いかたに関する 情報が書かれています Mac OS X バージョン 10.3.9 以降、 Windows XP および Windows 2000 用 Nike + iPod ユーザガイドKK Apple Inc. © 2011 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Appleロゴ、iPod、iPod nano、iPod touch、および iTunesは、 米国その他の国で登録された Apple Inc.の商標です。商標「iPhone」は、 アイホン株式会社の許諾を受けて使用しています。Shuπeは Apple Inc.の 商標です。iTunes Storeは、米国その他の国で登録された Apple Inc.のサー ビスマークです。 NIKEおよび Swoosh Designは、NIKE, Inc.およびその関連会社の商標で あり、ライセンスを得て使用しています。Nike + iPod Sport Kitは、単独で 使用されるときも Nike + iPod対応 iPodメディアプレーヤーまたは iPhone と併用されるときも、米国特許番号 6,018,705、6,052,654、6,493,652、 6,298,314、6,611,789、6,876,947、6,882,955 の 1つ以上の特許によって 保護されています。 Polar Wearlinkは、Polar, Inc.の商標です。 本書に記載の他社商品名は参考を目的としたものであり、それらの製品の使 用を強制あるいは推奨するものではありません。また、Apple Inc.は他社製 品の性能または使用につきましては一切の責任を負いません。了解事項、合意、 または保証がある場合は、すべて、ベンダーと将来のユーザとの間で直接行わ れるものとします。本書には正確な情報を記載するように努めました。ただし、 誤植や制作上の誤記がないことを保証するものではありません。3 目次 4 あなたのためのワークアウトアシスタント 5 クイックスタート 12 Nike + iPodを使用する 12 Nike + iPodを調整する 14 距離の単位を設定する 15 体重を入力する 15 ワークアウト中にデバイスをロックする 15 音声フィードバックを利用する 16 PowerSongを使用する 17 ワークアウトを中断する 18 ワークアウト中に電話に出る 18 ワークアウト中に音楽を変更する 19 ワークアウトを nikeplus.comに自動的に送信する 20 ワークアウトをデバイスで確認する 21 カスタム・ワークアウト・ショートカットを作成する 22 Nike+ Workoutを購入する 22 Nike + iPod互換のリモコンまたは心拍数モニタをリンクする 24 iPod nano(第 6世代)と心拍数モニタを使ってワークアウトを行う 26 別のセンサーとリンクさせる 27 Nike + iPodセンサーをスリープさせる 28 安全性に関する重要な情報 29 その他の情報、サービス、サポート4 Welcome to Nike + iPod あなたのためのワークアウトアシスタント Nike + iPodは、ワークアウトパートナーであり、コーチでもあります。ワークアウトの種類(目標設 定なし、距離、時間、または消費カロリー)を選択したり、テンションを高める音楽を選択したり、音 声および画面によるフィードバックに基づいてワークアウトごとの進行状況を記録したりします。 nikeplus.comにワークアウトデータをアップロードすれば、目標を設定したり、前回のワークアウトか らの進歩を確認したりできます。また、世界最大のオンライン・ランニング・コミュニティに参加して、 世界中のランナーと一緒に目標に取り組むこともできます。 Nike + iPodは、iPhone(3GS以降)、すべての iPod nanoモデル 1 、および iPod touch(第 2 世代以降)で使用できます。 iPod nano (すべてのモデル) iPod touch (第2世代以降) iPhone 3GS 以降 1 第 6世代の iPod nanoでは、Nike + iPodセンサーは別売で、Polar Wearlink® + Heart Rate Transmitter for Nike +を使って ワークアウトを行う場合にのみ必要です。5 クイックスタート Nike + iPodを今すぐ使い始めるには、以下の手順に従って操作してください。 手順 1: デバイス上で Nike + iPodを有効にします。 m iPod nano(第 5世代以前):Nike + iPodレシーバーを iPod nanoに取り付けます。Nike + iPodがメインメニューに表示されます。 m iPod nano(第 6世代):Nike + iPodレシーバーを iPod nanoに取り付けます。「フィットネス」 をタップします。 参考: iPod nano(第 6世代)では、Nike + iPodレシーバーおよびセンサーを使用せずにワーク アウトを記録することもできます。詳しくは、デバイスに付属の「iPod nanoユーザガイド」を参照し てください。 m iPhone、iPod touch:「設定」>「Nike + iPod」と選択し、「オン」に設定します。ホーム画面に 「Nike + iPod」アイコンが表示されます。 参考: iPhone 3GS以降および iPod touchにはレシーバーが内蔵されています。外付けのレシー バーは必要はありません。 手順 2: iPodおよび「iTunes」ソフトウェアが最新のものであることを確認します。 1 www.apple.com/jp/itunesから最新の「iTunes」ソフトウェアをダウンロードし、コンピュータにイン ストールします。6 2 デバイスをコンピュータに接続してから、「iTunes」のサイドバーでそのデバイスを選択し、「概要」を クリックします。 3 デバイスをアップデートする必要があるというメッセージが表示されたら、「アップデート」をクリックし、 画面上の指示に従います。 手順 3: Nike + iPodセンサーを Nike+ 対応シューズに取り付けます。 m 左足のシューズの中敷を持ち上げ、その下にあるくぼみからフォームを取り出し、センサーと入れ替え ます。このとき、平らな面を上にします。 センサー ワークアウトをしないときでもセンサーをシューズに取り付けたままでかまいません。ただし、長期間ワー クアウトをしないで、普通にシューズを履く場合は、バッテリー寿命を節約するためにセンサーをフォー ムと入れ替えてください。 センサー内のバッテリーを交換または充電することはできません。バッテリーは 1000 時間以上動作し ます。バッテリー寿命は使用状況やその他の要因によって異なります。7 手順 4:ワークアウトの種類を選択します。 ワークアウトの種類 手順 目標設定のないワークアウト iPod nano(第 5世代以前):「Nike + iPod」>「Nike + iPod」>「基本」 と選択します。 iPod nano(第 6世代):「フィットネス」>「ランニング」>「基本」と選択 します。 iPhone、iPod touch:「Nike + iPod」>「基本」と選択します。 時間目標のあるワークアウト iPod nano(第 5世代以前):「Nike + iPod」>「Nike + iPod」>「時間」 と選択します。 iPod nano(第 6世代):「フィットネス」>「ランニング」>「時間」と選択 します。 iPhone、iPod touch:「Nike + iPod」>「時間」と選択します。 距離目標のあるワークアウト iPod nano(第 5世代以前):「Nike + iPod」>「Nike + iPod」>「距離」 と選択します。 iPod nano(第 6世代):「フィットネス」>「ランニング」>「距離」と選択 します。 iPhone、iPod touch:「Nike + iPod」>「距離」と選択します。 消費カロリー目標のあるワーク アウト iPod nano(第 5世代以前):「Nike + iPod」>「設定」>「体重」と選択し、 体重を入力します。次に、「MENU」ボタンを押し、「Nike + iPod」>「Nike + iPod」>「カロリー」と選択します。 iPod nano(第 6世代):「設定」>「フィットネス」>「体重」と選択し、体 重を入力します。「フィットネス」>「ランニング」>「カロリー」と選択します。 iPhone、iPod touch:「設定」>「Nike + iPod」>「体重」と選択し、体 重を入力します。次に、「ホーム」ボタンを押し、「Nike + iPod」>「カロリー」 と選択します。 参考: 体重を入力する必要があるのは、消費カロリー目標のあるワークアウト をはじめて行うときだけです。8 手順 5:ワークアウト用の音楽を選択します。 再生する曲 手順 Nike+ Workoutミックス ミックスを選びます( 22ページを参照)。 現在再生している曲 「再生中」を選択します。 Genius Mix 「Genius Mix」を選択します(iPod nano第 6世代)。 プレイリストの曲 「プレイリスト」を選択し、プレイリストを選びます。 Podcast 「Podcast」を選択します(iPod nano第 6世代)。 オーディオブック 「オーディオブック」を選択します(iPod nano第 6世代)。 ランダムな順序の曲 「曲をシャッフル」を選択します。 ラジオ放送局 「ラジオ」を選択します。(iPod nano第 6世代)。 音楽なし 「なし」を選択します。 手順 6:ワークアウトを開始します。 次に、数歩走るか歩いて、センサーを有効にします。デバイスがセンサーを検出してリンクしたら、ワー クアウトを開始できます。 m iPod nano(第 5世代以前):「センター」ボタンを押して、ウォーキングまたはランニングを始めます。 m iPod nano(第 6世代):「ワークアウトを開始」をタップして、ウォーキングまたはランニングを始め ます。 m iPhone、iPod touch:「再生」をタップして、ウォーキングまたはランニングを始めます。 手順 7: 進行状況を確認します。 Nike + iPodの画面に、下のようなワークアウトの状況が自動的に表示されます。(デバイスの種類に より、画面がわずかに異なる場合があります。)9 iPod nano (第 6世代) iPhone 3GS以降 および iPod touch ワークアウト中は現在の状況が音声フィードバックで通知されます( 15ページの「音声フィードバックを 利用する」を参照)。フィードバックはいつでも好きなときに利用できます。 手動で音声フィードバックを利用するには: m iPod nano(第 5世代以前):ワークアウト中に、必要に応じて「センター」ボタンを押します。 m iPod nano(第 6世代):ワークアウト中に、必要に応じて「スリープ/復帰」ボタンを押します。 m iPhone、iPod touch:ワークアウト中に、必要に応じて「ホーム」ボタンを押します。 参考: iPhoneおよび iPod touchで音声フィードバックを手動で利用するには、デバイスがロックさ れている必要があります( 15ページの「音声フィードバックを利用する」を参照)。10 手順 8:ワークアウトを終了します。 ワークアウトはいつでも終了することができます。目標時間、目標距離、目標カロリーに到達した後にワー クアウトを続けても、ステータスの監視は続きます。 ワークアウトを終了するには: m iPod nano(第 5世代以前):「再生/一時停止」ボタン(’)を押して、ワークアウトを一時停止 します。次に、「MENU」ボタンを押し、「ワークアウトを終了」を選択します。 m iPod nano(第 6世代):画面をタップして「一時停止」ボタンを表示し、「一時停止」をタップします。 「ワークアウトを終了」をタップします。画面がオフになっている場合は、「スリープ/復帰」ボタンを押 してください。 参考: 第 6世代の iPod nanoでワークアウトをすばやく一時停止/再開するには、「スリープ/復帰」 ボタンをすばやく2回押します。 m iPhone、iPod touch:「ワークアウトを終了」をタップします。iPhoneまたは iPod touchがロッ クされている場合は、「ホーム」ボタンを押して、「一時停止」をタップします。続いてスライダをドラッ グし、「ワークアウトを終了」をタップします。 手順 9: nikeplus.comに進行状況を記録します。 nikeplus.comでは、進行状況を記録したり、過去のすべてのワークアウトの記録を表示したり、目標 を設定/確認したり、ほかの人の結果を比較したりできます。さらに、Nike + iPodユーザとオンライン でワークアウトの結果を競うこともできます。 iPhoneまたは iPod touchをお使いの場合は、ワークアウトデータをワイヤレスで Nike の Webサ イトに送信できます。iPod nanoをお使いの場合は、ワークアウトデータをコンピュータから nikeplus.comに送信できます。 ワークアウトデータをアップロードする前に、nikeplus.comアカウントを作成しておくことをお勧めし ます。nikeplus.comの Webサイトの指示に従って、無料のアカウントを登録してください。11 iPhoneまたは iPod touchからワークアウトデータをワイヤレスで nikeplus.comに送信するには: 1 デバイスがインターネットに接続されていることを確認して、「Nike + iPod」を選択します。 nikeplus.comアカウントと同期していないワークアウトが存在する場合は、「履歴」ボタンに小さな 赤い点が表示されます。 2 「履歴」ボタンをタップして、ワークアウトを表示します。 3 「Nike+に送信」ボタンをタップして、ワークアウトデータを nikeplus.comに送信します。まだ送信 したくない場合は、後で送信することもできます。 4 メールアドレスとnikeplus.comアカウントのパスワードを入力して、「Nike +にログイン」をタップし ます。 ログイン後に、ワークアウトが nikeplus.comアカウントに送信されます。 nikeplus.comアカウントをお持ちでない場合は、「Nike+に登録」をタップし、画面に表示される指 示に従ってアカウントを作成します。 nikeplus.comの Webサイトが開き、最近のワークアウトのグラフが表示されます。 5 画面に表示される指示に従って、ワークアウトにアクセスします。 iPod nanoのワークアウトデータをコンピュータからnikeplus.comに送信するには: 1 コンピュータがインターネットに接続されていることを確認してから、iPod nanoをコンピュータに接続 します。 2 ワークアウトデータを nikeplus.comに送信するかどうかを確認するダイアログで、「送信」をクリック します。まだ送信したくない場合は、後で送信することもできます。 3 nikeplus.comにアクセスしたいかどうかを確認するダイアログで、「アクセスする」をクリックします。 nikeplus.comの Webサイトが開き、最近のワークアウトのグラフが表示されます。 4 「ランニングを保存」をクリックしてから「登録」をクリックし、画面に表示される指示に従います。12 Nike + iPodを使用する Nike + iPodを最大限に活用するには、以下の手順に従って操作してください。 Nike + iPodを調整する Nike + iPodは、多くの人がデフォルトのままで使用できるように調整されています。自分の自然なラン ニングスタイルまたはウォーキングスタイルに合うように Nike + iPodを調整すると、さらに精度を向 上させることができます。iPod nanoでは、特定の距離を設定した調整用のワークアウトを行う方法と、 最後に行ったワークアウトの走行距離または歩行距離を入力する方法があります。iPhoneまたは iPod touchでは、最後に行ったワークアウトの走行距離または歩行距離を使用して調整ができます。 iPod nano(第 5世代以前)でランニングまたはウォーキング用に Nike + iPodを調整するには: 1 「Nike + iPod」>「設定」>「センサー」>「調整」と選択します。 2 「ランニング」または「ウォーキング」を選択し、距離を入力します。 最良の結果を得るために、1.6km以上を設定してください。入力できる最短の調整距離は 400メート ルです。 3 「センター」ボタンを押します。 4 設定した距離を自然な一定のペースで走るか歩きます。 5 「MENU」ボタンを押し、「調整を完了」を選択します。 調整が成功したかどうかのメッセージが表示されます。ランニング用とウォーキング用の両方を調整す るには、手順 1~ 5を繰り返します。 参考: 調整の後でも、距離測定の正確さは、足の進め方、地面の状況、傾斜、および気温によって異 なる場合があります。 終了したばかりのワークアウトを使用してiPod nanoを調整することもできます。これは、決まった距 離を走ったけれども、その距離がデバイスに表示されるおおよその距離と一致しない場合に便利な機 能です。13 最後に行ったワークアウトを使用してiPod nano(第 5世代以前)を調整するには: m 「ワークアウトを終了」を選択してから、「センター」ボタンを押したままにして、「調整」を選択します。 ウォーキングまたはランニングした正確な距離を設定して、「センター」ボタンを押します。 ワークアウトがウォーキングまたはランニングのどちらであったかが自動的に感知され、既存の調整の 代わりに正確で新しい調整が使用されます。 iPod nano(第 6世代)でランニングまたはウォーキング用に Nike + iPodを調整するには: 1 「設定」>「フィットネス」>「Nike + iPod Sport Kit」>「センサー」>「調整」と選択します。 2 「ウォーキングの調整」または「ランニングの調整」を選択してから、距離を選択して、「完了」をタッ プします。 最良の結果を得るために、1.6km以上を設定してください。入力できる最短の調整距離は 400メート ルです。 3 調整用ワークアウト中に再生する音楽を選択します。 4 設定した距離を自然な一定のペースで走るか歩きます。 5 画面がオフになっている場合は「スリープ/復帰」ボタンを押してから、画面をタップして「一時停止」 ボタンを表示し、「停止」をタップします。 調整が成功したかどうかのメッセージが表示されます。ランニング用とウォーキング用の両方を調整す るには、手順 1~ 5を繰り返します。 参考: 調整の後でも、距離測定の正確さは、足の進め方、地面の状況、傾斜、および気温によって異 なる場合があります。 iPhoneまたは iPod touchでは、終了したばかりのワークアウトを使用してNike + iPodを調整で きます。調整に使用するワークアウトは、距離が 400メートル以上である必要があります。14 最後に行ったワークアウトを使用してiPhoneまたは iPod touchを調整するには: m 「ワークアウトを終了」をタップしてから、「調整」をタップします。ウォーキングまたはランニングした 距離を正確に設定し、「完了」をタップします。 新しい調整によってデバイスがアップデートされ、ウォーキングまたはランニングのペースが変更されます。 Nike + iPodの調整をデフォルトの設定にリセットするには: m iPod nano(第 5世代以前):「Nike + iPod」>「設定」>「センサー」>「調整」>「ウォーキン グをリセット」または「ランニングをリセット」と選択します。 m iPod nano(第 6世代):「設定」>「フィットネス」>「Nike + iPod Sport Kit」>「センサー」> 「調整」>「ウォーキングをリセット」または「ランニングをリセット」>「リセット」と選択します。 m iPhone、iPod touch:「設定」>「Nike + iPod」と選択してから、「調整をリセット」をタップし ます。 距離の単位を設定する マイルまたはキロメートルのいずれかでワークアウトを測定するようNike + iPodを設定することがで きます。 距離の単位を設定するには: m iPod nano(第 5 世代以前):「Nike + iPod」>「設定」と選択し、「距離」を「マイル」または「キ ロメートル」に設定します。 m iPod nano(第 6世代):「設定」>「フィットネス」>「距離」と選択し、「マイル」または「キロメー トル」を選択します。 m iPhone、iPod touch:「設定」>「Nike + iPod」>「距離」と選択し、「マイル」または「キロメー トル」を選択します。15 体重を入力する 体重を入力するには: m iPod nano(第 5世代以前):「Nike + iPod」>「設定」>「体重」と選択し、体重を入力します。 m iPod nano(第 6世代):「設定」>「フィットネス」>「体重」と選択し、体重を入力します。 m iPhone、iPod touch:「設定」>「Nike + iPod」>「体重」と選択し、体重を入力します。 消費されたカロリーをより正確に計算するために、体重が変わった場合はアップデートしてください。 ワークアウト中にデバイスをロックする ワークアウト中に iPhoneまたは iPod touchのコントロールが誤って作動しないようにロックすること ができます。 iPhoneまたは iPod touchをロックするには: m 「スリープ/復帰」ボタンを押します。 ロックを解除するには、「スリープ/復帰」ボタンまたは「ホーム」ボタンを押し、スライダをドラッグ します。 音声フィードバックを利用する Nike + iPodを使ったワークアウト中は、定期的に現在の状況が音声フィードバックで通知されます。 フィードバックを女性の声にするか、男性の声にするか、またはオフにできます。 音声の種類を設定する、または音声フィードバックをオフにするには: m iPod nano(第 5 世代以前):「Nike + iPod」>「設定」と選択し、「音声フィードバック」を「男性」、 「女性」、または「オフ」に設定します。 m iPod nano(第 6世代):「設定」>「フィットネス」>「音声フィードバック」と選択し、「男性」、「女 性」、または「オフ」を選択します。 m iPhone、iPod touch:「設定」>「Nike + iPod」>「音声フィードバック」と選択し、「男性」、「女 性」、または「オフ」を選択します。16 音声フィードバックがオフのときも、手動で音声フィードバックを利用することは可能です。 手動で音声フィードバックを利用するには: m iPod nano(第 5世代以前):ワークアウト中に、必要に応じて「センター」ボタンを押します。 m iPod nano(第 6世代):ワークアウト中に、必要に応じて「スリープ/復帰」ボタンを押します。 m iPhone、iPod touch:デバイスがロックされているときに、「ホーム」ボタンを押します。 iPod nanoでは、英語以外のいくつかの言語で音声フィードバックを利用できます。iPod nanoをこ れらの言語のいずれかに設定してコンピュータ(インターネットに接続されている必要があります)に 接続すると、「iTunes」にその言語のフィードバックをダウンロードするかどうかを確認するメッセージ が表示されます。  第 5世代以前の iPod nanoでは、一度に利用できる英語以外の音声フィードバックは 1つの言語 に限られます。  iPhone、iPod touch、および第 6世代の iPod nanoは、すべての音声フィードバック言語に自動 的に対応します。 PowerSongを使用する テンションを高める曲を PowerSongとして選びましょう。ワークアウト中いつでも、即座に PowerSongに切り替えることができます。 PowerSongを選ぶには: m iPod nano(第 5世代以前):「Nike + iPod」>「設定」>「PowerSong」と選択し、曲を選び ます。 iPod nano(第 5世代)では、PowerSongにプレイリストを使用することもできます。 m iPod nano(第 6世代):「設定」>「フィットネス」>「PowerSong」と選択し、曲を選びます。 m iPhone、iPod touch:「設定」>「Nike + iPod」>「PowerSong」と選択し、曲を選びます。17 PowerSongを再生するには: m iPod nano(第 5世代以前):ワークアウト中に「センター」ボタンを押したままにします。少し間が 空いた後、PowerSongが再生されます。 m iPod nano(第 6世代):「スリープ/復帰」ボタンを押して画面を復帰させてから、画面をタップして 「PowerSong」ボタンを表示し、「PowerSong」をタップします。画面がオンになったら、画面に 2 本の指を置いてしばらく待つことによってPowerSongを開始することもできます。 m iPhone、iPod touch:ワークアウト画面で「PowerSong」をタップします。iPhoneまたは iPod touchがロックされている場合は、「ホーム」ボタンを押し、スライダをドラッグしてロックを解除して から、「PowerSong」をタップします。 ワークアウトを中断する 音楽およびデータ収集を一時的に停止して、ワークアウトを中断することができます。このワークアウト は、データを失うことなく後で再開することができます。 ワークアウトを中断する/再開するには: m iPod nano(第 5世代以前):「再生/一時停止」ボタン(’)を押します。 m iPod nano(第 6世代):画面をタップして「一時停止」ボタンを表示します。「一時停止」をタップ します。ワークアウトを再開するときは、「再開」をタップします。iPod nano(第 6世代)の画面が オフになっている場合は、「スリープ/復帰」ボタンを押して画面を復帰させます。 m iPhone、iPod touch:「一時停止」をタップします。iPhoneまたは iPod touchがロックされてい る場合は、最初に「ホーム」ボタンを 1回押します。ワークアウトを再開するときは、「再生」をタップ します。18 ワークアウト中に電話に出る iPhoneでは、ワークアウト中でも電話に出ることができます。電話に出ると、自動的にワークアウトが 一時停止されます。 電話に出るには: m 「応答」をタップします。ステレオヘッドセットを装着している場合は、マイクボタンを押します。 iPhoneがロックされている場合は、スライダをドラッグしてロックを解除します。 呼び出し音を消すには: m 「スリープ/復帰」ボタンまたはいずれかの音量ボタンを押します。呼び出し音を消した後も、留守番 電話に送られるまでは電話に出ることができます。 電話を拒否するには: m 「拒否」をタップします。または、ヘッドセットのマイクボタンを約 2秒間押さえてから放します。低いビー プ音が 2回鳴り、通話が拒否されたことが確認されます。 「スリープ/復帰」をすばやく2回押して通話を拒否することもできます。着信音が消されますが、かかっ てきた電話が留守番電話に送られるまで音楽は再開されません。ワークアウトはバックグラウンドで続 行されます。 電話の後にワークアウトを再開するには: m 「再生」をタップします。 ワークアウト中に音楽を変更する ワークアウト中に音楽を変更できます。このとき、ワークアウトデータが失われることはありません。音 楽の変更中はワークアウトが一時停止します。 ワークアウト中に音楽を変更するには: 1 iPod nano(第 5世代以前):「MENU」ボタンを押し、「ミュージックを変更」を選択します。ワーク アウトが一時停止します。19 iPod nano(第 6世代):画面をタップして「一時停止」ボタンを表示します。「一時停止」をタップ して、「ミュージックを変更」をタップます。iPod nano(第 6世代)の画面がオフになっている場合は、 「スリープ/復帰」ボタンを押して画面を復帰させます。 iPhone、iPod touch:「一時停止」をタップして、「ミュージックを変更」をタップします。デバイス がロックされている場合は「ホーム」ボタンをタップしてから、スライダをドラッグしてロックを解除します。 2 iPod nano(第 5世代以前):新しい音楽を選びます。ワークアウトが自動的に再開します。 iPhone、iPod touch、iPod nano(第 6世代):新しい音楽を選びます。 ワークアウトを nikeplus.comに自動的に送信する nikeplus.comにワークアウトデータを送信するように「iTunes」を設定しておけば、iPod nanoをコン ピュータに接続するたびに、最新のデータがインターネット経由で自動的に送信されます。 nikeplus.comにワークアウトを自動的に送信するには: 1 コンピュータがインターネットに接続されていることを確認してから、iPod nanoをコンピュータに接続 します。 2 コンピュータで「iTunes」を開き、「Nike + iPod」タブをクリックしてから「ワークアウトデータを nikeplus.comに自動的に送信する」を選択します。 3 チェックボックスの下の「nikeplus.comにアクセス」をクリックします。ワークアウトを自動送信する 準備が整っている場合は、表示されるダイアログで「アクセスする」をクリックします。 nikeplus.comの Webサイトが開き、最近のワークアウトのグラフが表示されます。 4 「ランニングを保存」をクリックしてログインします。登録が済んでいない場合は登録してください。 Nike のプライバシーポリシーおよび利用規約については、nikeplus.comを参照してください。20 ワークアウトをデバイスで確認する iPod nano、iPhone、または iPod touchには、日付、時刻、継続時間、距離、ペース、および消 費カロリーが、最近の 1,000ワークアウト分まで保存されます。 最近のワークアウトをデバイスで確認するには: m iPod nano(第 5世代以前):「Nike + iPod」>「履歴」と選択します。 m iPod nano(第 6世代):「フィットネス」と選択し、画面の下部にある「履歴」を選択します。 m iPhone、iPod touch:「Nike + iPod」を選択し、画面の下部にある「履歴」をタップします。 iPod nano(第 5世代以前)では、1日に行ったすべてのワークアウトの総計を確認できます。 対象となるワークアウトには、Nike + iPodワークアウト、歩数、Nike + iPod互換のジム器具を使 用したカーディオワークアウトが含まれます。 iPod nano(第 5世代以前)でワークアウトを表示するには: 1 「履歴」メニューから「1日の総計」を選択します。 2 日付とワークアウトを選択します。 3 iPod nano(第 5世代)を横方向に回転させてワークアウトのグラフを表示します。 ワークアウトセッションを削除するには: m iPod nano(第 5世代以前):「Nike + iPod」>「履歴」と選択します。ワークアウトセッションを 選択し、「センター」ボタンを押したままにして、「削除」を選択します。 iPod nano(第 6世代)では、ワークアウトを個別に削除することはできません。 m iPhone、iPod touch:「Nike + iPod」を選択し、「履歴」をタップします。「編集」をタップし、ワー クアウトセッションを選択してから、「削除」をタップします。 iPhone、iPod touch、および iPod nano(第 6世代)では、「履歴」画面の最上部にある「消去」 をタップすることで、履歴からすべてのワークアウトセッションを削除することができます。21 カスタム・ワークアウト・ショートカットを作成する カスタム・ワークアウト・ショートカットを使うと、簡単にワークアウトを選択したり繰り返したりするこ とができます。iPod nano(第 4世代以降)では、実行したワークアウトが自動的にショートカットと して保存されます。iPhoneおよび iPod touchでも、カスタム・ワークアウト・ショートカットを作成 できます。 iPhoneまたは iPod touchでカスタム・ワークアウト・ショートカットを作成するには: 1 「Nike + iPod」を選択してから、画面の一番下にある「マイワークアウト」をタップします。 2 プラス記号(+)をタップしてから、ワークアウトの種類とワークアウト目標を選択します。 3 音楽を選択し、ワークアウトの名前を入力してから、「保存」をタップします。 参考: カスタム・ワークアウト・ショートカットを作成できるのは、iPhoneおよび iPod touch(第 2 世代以降)のみです。 iPhoneまたは iPod touchでカスタム・ワークアウト・ショートカットを削除するには: m 「Nike + iPod」を選択してから、「マイワークアウト」をタップします。「編集」をタップし、ショートカッ トを選択してから、「削除」をタップします。 カスタム・ワークアウト・ショートカットを選択するには: m iPod nano(第 4世代および第 5世代):「Nike + iPod」を選択し、ショートカットを選択します。ショー トカットには、ワークアウトの種類と音楽に応じた名前が付けられます。これらは削除できません。 m iPod nano(第 6世代):「フィットネス」>「ランニング」と選択し、「マイワークアウト」をタップし ます。ショートカットを選択します。ショートカットには、ワークアウトの種類と音楽に応じた名前が付け られます。これらは削除できません。 m iPhone、iPod touch:「Nike + iPod」を選択してから、「マイワークアウト」をタップします。ショー トカットは、ワークアウトの作成時に指定した名前で表示されます。 最後に作成したカスタム・ワークアウト・ショートカットがリストの最上部に表示されます。22 Nike+ Workoutを購入する プロフェッショナルによるコーチング付きの音楽を提供する Nike+ Workoutを購入/ダウンロードす ることができます。Nike+ Workoutを購入すると、音楽とナレーションの入った単一のトラックを入手 したことになります。ミックス内のすべての曲を入手することもできます。ワークアウトのレベルおよび スタイルに応じたミックスを選んでください。 Nike+ Workoutを購入するには: 1 「iTunes」を開き、ウインドウ左側の「iTunes Store」をクリックしてから、「iTunes」の検索フィー ルドに「Nike Sport Music」と入力します。 2 購入したい Nike+ Workoutの横にある「購入」ボタンをクリックします。 3 画面上の指示に従って購入します。自動的にダウンロードが始まります。 4 デバイスをコンピュータに接続し、データをデバイスに読み込みます。 参考: iTunes Storeは、米国その他の国の 13歳以上の方にのみご利用いただけます。利用できる 国の一覧については、www.apple.com/jp/itunes/downloadを参照してください。サービス規約 が適用されます。iTunes Storeを利用するには、インターネットアクセスが必要です(別途費用が必 要になる場合があります)。 Nike + iPod互換のリモコンまたは心拍数モニタをリンクする Nike + iPod互換デバイスは、Nike + iPod Sport Kitおよび Nike + iPodセンサーとは別に販売 されます。 互換リモコンを使って、ワークアウト中に Nike + iPodをワイヤレスで操作できます。 iPod nano(第 5世代以降)は、Nike + iPod互換の心拍数モニタにも対応します。 参考: 第 6世代の iPod nanoで心拍数モニタまたはリモコンを使用するには、iPod + Nikeレシー バーを取り付ける必要があります。23 これらのデバイスをはじめて使うときは、最初に、iPod nanoレシーバー、iPhone、または iPod touchをデバイスにリンクさせる必要があります。 Nike + iPod互換のリモコン(別売)にリンクさせるには: m iPod nano(第 5世代以前):Nike + iPodレシーバーを iPod nanoに接続し、「Nike + iPod」> 「設定」>「リモコン」>「リンク」と選択して、画面上の指示に従います。 m iPod nano(第 6世代):「設定」>「フィットネス」>「Nike + iPod Sport Kit」>「リモコン」 と選択します。「リモコン」オプションをオンにし、「リンク」をタップします。 m iPhone、iPod touch:「設定」>「Nike + iPod」>「リモコン」と選択して、画面上の指示に従 います。 Nike + iPod互換の心拍数モニタ(別売)にリンクさせるには: m iPod nano(第 5世代):Nike + iPodレシーバーを iPod nanoに接続し、「Nike + iPod」>「設 定」>「心拍数モニタ」>「リンク」と選択して、画面上の指示に従います。 m iPod nano(第 6世代):「設定」>「フィットネス」>「Nike + iPod Sport Kit」>「心拍数モニ タ」>「リンク」と選択して、画面上の指示に従います。 デバイスのリンクを解除するには: m iPod nano(第 5世代以前):「Nike + iPod」>「設定」>「リモコン」または「心拍数モニタ」> 「リンク解除」と選択して、画面上の指示に従います。 m iPod nano(第 6世代):「設定」>「フィットネス」>「Nike + iPod Sport Kit」>「リモコン」 または「心拍数モニタ」と選択して、「リンク解除」をタップします。 m iPhone、iPod touch:「設定」>「Nike + iPod」>「リモコン」と選択して、「リンク解除」をタッ プします。 Nike + iPod互換リモコンの機能の入/切を、デバイスのリンクを解除しないで切り替えることができ ます。24 リモコン機能の入/切を切り替えるには: m iPod nano(第 5 世代以前):「Nike + iPod」>「設定」>「リモコン」と選択し、「リモコン」を「オン」 または「オフ」に設定します。 m iPod nano(第 6世代):「設定」>「フィットネス」>「Nike + iPod Sport Kit」>「リモコン」 と選択し、「リモコン」を「オン」または「オフ」に設定します。 m iPhone、iPod touch:「設定」>「Nike + iPod」>「リモコン」と選択して、リモコンをリンクま たはリンク解除します。 iPod nano(第 6世代)と心拍数モニタを使ってワークアウトを行う iPod nano(第 6世代)とNike + iPod対応心拍数モニタ(別売)をお持ちであれば、ワークアウ ト中に心拍数を記録したり表示したりできます。ワークアウトで維持したい最大および最小の心拍数の 範囲または「ゾーン」を指定し、ワークアウト中に心拍数をゾーン内にどれほど維持できたかを記録す ることもできます。ワークアウト中に運動量を増やすか減らす必要がある場合は、iPod nanoに現在 の心拍数および上向きまたは下向きの矢印が表示されます。心拍数モニタは、標準のワークアウトの いずれかを実行するときに使用できます。 ランニングやウォーキング以外のワークアウトに参加しているときにも、心拍数をモニタできます。たと えば、バスケットボール、エアロビクス、サーキット・トレーニング、ゴルフ、ハイキング、サッカーな どのスポーツに参加しているときに iPod nanoと心拍数モニタを使用できます。 ワークアウトが終了したら、心拍数の情報を nikeplus.comアカウントに転送して、その内容を確認で きます。 ワークアウトを計画する際、ワークアウトの選択時に維持したい最大および最小の心拍数のゾーンを設 定できます。最初に、ゾーンワークアウト機能をオンにする必要があります。25 ゾーンワークアウトをオン/オフを切り替えるには: m 「設定」>「フィットネス」>「Nike + iPod Sport Kit」とタップしてから、「ゾーンワークアウト」の「オン」 または「オフ」ボタンをタップします。 ゾーンワークアウトをオンにしてワークアウトを選択すると、心拍数ゾーンを設定するオプションが表示 されます。どんな種類のワークアウトを実行していても、心拍数の情報が記録および表示されます。 iPod nano(第 6世代)では、心拍数ワークアウトも利用できます。心拍数ワークアウトを実行する には、維持したい心拍数ゾーンを指定し、実行するワークアウトを選択してから、適切なワークアウト を楽しみます。すべての心拍数情報が自動的に記録されます。心拍数ワークアウトを実行する場合は、 シューズにセンサーを取り付けて運動を記録する必要はありません。 心拍数ワークアウトを開始するには: 1 「フィットネス」>「ランニング」>「心拍数」とタップします。 2 維持したい心拍数ゾーンを設定します。 3 ワークアウトを選択して、「完了」をタップします。 4 ワークアウト用の音楽を選択します。 5 「ワークアウトを開始」をタップして、ワークアウトを開始します。 6 ワークアウトが終わったら、「スリープ/復帰」ボタンを押して画面を復帰させ、画面をタップして「一 時停止」ボタンを表示してから、「一時停止」をタップします。「ワークアウトを終了」をタップして心拍 数ワークアウトを終了します。 心拍数ワークアウトが完了したら、ほかのワークアウトの場合と同じように、情報を nikeplus.comア カウントに転送できます。26 別のセンサーとリンクさせる デバイスが特定のセンサーにリンクすると、リンク対象はそのセンサーのみに限定されます。別のセン サーを使用する場合は、リンク対象をそのセンサーに設定する必要があります。たとえば、家族の中に、 センサーとNike+ 対応シューズを持っている人が複数いる場合は、そのようにするとよいでしょう。 別のセンサーにリンクさせるには: 1 iPod nano:レシーバーを iPodに接続します。 2 シューズに新しいセンサーを取り付け、周りにほかの Nike + iPodセンサーがないことを確認します。 レシーバーがセンサーを検出できるように、少し歩いてセンサーを有効にします。 3 センサーをデバイスにリンクさせます:  iPod nano(第 5世代以前):「Nike + iPod」>「設定」>「センサー」>「リンク」と選択して、 画面上の指示に従います。iPodが新しいセンサーにリンクされたことを示すメッセージが表示されます。  iPod nano(第 6世代):「設定」>「フィットネス」>「Nike + iPod Sport Kit」>「センサー」 と選択し、「リンク」をタップします。ウォーキングまたはランニングをしながら画面をタップして、デ バイスを別のセンサーにリンクし直します。  iPhone、iPod touch:「設定」>「Nike + iPod」>「センサー」と選択し、「リンクを新規実行」 をタップして、画面上の指示に従います。 参考: 以前リンクされていたセンサーにリンクする場合は、Nike + iPodによって調整設定が検出され ます。再調整する必要はありません。 iPodレシーバーを別の iPodに接続した後に、元の同じセンサーで使用する場合は、再リンクや再調 整をする必要はありません。レシーバーが設定、ワークアウト履歴、およびワークアウトショートカット を記憶しています。再リンクや再調整をする必要はありません。27 Nike + iPodセンサーをスリープさせる デフォルトでは、センサーはオンになっています。長期間センサーを保管する場合、またはセンサーがデー タを送信するのを停止させたい場合は、センサーをスリープさせることができます。 重要: 適用される政府の規制に準拠するため、飛行機の中に持ち込む前にセンサーをスリープさせて ください。 センサーをスリープさせるには: m ペンやペーパークリップを使って、「スリープ/復帰」ボタンを 3秒間押し続けます。 「スリープ/復帰」ボタン センサーを復帰させるには: m ペンやペーパークリップを使って、「スリープ/復帰」ボタンを押します。28 安全性に関する重要な情報 警告: 以下の安全性に関する指示に従わないと、けがをしたり機器が破損するおそれがあります。 ワークアウト時 ワークアウトプログラムを始める前に、かかりつけの医師に健康診断を受けることをお 勧めします。実際のワークアウトを開始する前に、準備運動またはストレッチを行ってください。ワーク アウト中は特に注意してください。ランニング中にデバイスを操作する前に、必要に応じてペースを緩 めてください。痛みを感じたり、気が遠くなったり、目眩がしたり、疲れを感じたり、息苦しくなった場 合は、直ちにワークアウトを中止してください。ワークアウトをすることにより、体を動かすことに内在 するリスク(その結果発生するけがなど)があります。 水中や水気のある場所、湿気の多い場所では、レシーバー、iPhone、および iPodを使用しないでく ださい。 窒息の危険性 レシーバーとセンサーは、窒息の原因となるおそれがあります。3歳未満のお子様の手 の届かないところに保管してください。 聴覚の損傷を避ける ハンズフリーヘッドセットやイヤフォンを大音量で使用すると、聴覚を損なうおそ れがあります。音量は安全なレベルに設定してください。大音量で再生を続けていると、耳が慣れ、通 常の音量のように聴こえることがありますが、聴覚が損なわれている可能性があります。耳鳴りがする 場合や話がよく聞こえない場合は、聴くのを中止して、聴力検査を受けてください。音量が大きい程、 聴覚に影響を受けるまでの時間が早くなります。聴覚の専門家は、次のような方法で聴覚を保護するこ とを勧めています:  大音量でハンズフリーヘッドセットやイヤフォンを使用する時間を制限します。  周囲の騒音を遮断する目的で、音量を上げることを避けます。  近くで人が話す声が聞こえない場合には、音量を下げます。29 センサーを分解しない センサーを開けたり、分解したり、バッテリーを取り外したりしないでください。 内部には、お使いの方がご自身で修理できる部品はありません。 その他の情報、サービス、サポート 求める情報 手順 Nike + iPodについてよく寄せられる質問に対する答え www.apple.com/jp/support/nikeplusを参照して ください。 Nike + iPodセンサーおよびレシーバーのサービスとサ ポート www.apple.com/jp/support/nikeplusを参照して ください。 Nike+対応シューズまたは nikeplus.comサイトのサー ビスとサポート www.nikeplus.comを参照してください。 「iTunes」の使用に関する情報 「iTunes」を開き、「ヘルプ」>「iTunesヘルプ」と 選択します。 iPod nanoまたは iPod touchの使用に関する情報 www.apple.com/jp/support/ipodを参照してくだ さい。 iPhoneの使用に関する情報 www.apple.com/jp/support/iphoneを参照してく ださい。30 法規制の順守に関する情報 FCC Compliance Statement This device complies with part 15 of the FCC rules. Operation is subject to the following two conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation. See instructions if interference to radio or television reception is suspected. Radio and Television Interference This computer equipment generates, uses, and can radiate radiofrequency energy. If it is not installed and used properly—that is, in strict accordance with Apple’s instructions—it may cause interference with radio and television reception. This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device in accordance with the specifications in Part 15 of FCC rules. These specifications are designed to provide reasonable protection against such interference in a residential installation. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. You can determine whether your computer system is causing interference by turning it off. If the interference stops, it was probably caused by the computer or one of the peripheral devices. If your computer system does cause interference to radio or television reception, try to correct the interference by using one or more of the following measures: • Turn the television or radio antenna until the interference stops. • Move the computer to one side or the other of the television or radio. • Move the computer farther away from the television or radio. • Plug the computer into an outlet that is on a different circuit from the television or radio. (That is, make certain the computer and the television or radio are on circuits controlled by different circuit breakers or fuses.) If necessary, consult an Apple Authorized Service Provider or Apple. See the service and support information that came with your Apple product. Or, consult an experienced radio/television technician for additional suggestions. Important:  Changes or modifications to this product not authorized by Apple Inc. could void the EMC compliance and negate your authority to operate the product. This product was tested for EMC compliance under conditions that included the use of Apple peripheral devices and Apple shielded cables and connectors between system components. It is important that you use Apple peripheral devices and shielded cables and connectors between system components to reduce the possibility of causing interference to radios, television sets, and other electronic devices. You can obtain Apple peripheral devices and the proper shielded cables and connectors through an Apple Authorized Reseller. For non-Apple peripheral devices, contact the manufacturer or reseller for assistance. Responsible party (contact for FCC matters only): Apple Inc. Corporate Compliance 1 Infinite Loop, MS 26-A Cupertino, CA 95014 Wireless Information FCC Wireless Compliance for the Nike + iPod Sensor. The antenna used with this transmitter must not be colocated or operated in conjunction with any other antenna or transmitter subject to the conditions of the FCC Grant. Canadian Compliance Statement This device complies with Industry Canada license-exempt RSS standard(s). Operation is subject to the following two conditions: (1) this device may not cause interference, and (2) this device must accept any interference, including interference that may cause undesired operation of the device. Cet appareil est conforme aux normes CNR exemptes de licence d’Industrie Canada. Le fonctionnement est soumis aux deux conditions suivantes : (1) cet appareil ne doit pas provoquer d’interférences et (2) cet appareil doit accepter toute interférence, y compris celles susceptibles de provoquer un fonctionnement non souhaité de l’appareil.31 Industry Canada Statement Complies with the Canadian ICES-003 Class B, RSS 200 specifications. Cet appareil numérique de la classe B est conforme à la norme NMB-003 RSS 210 du Canada. European Wireless EU Declaration of Conformity This wireless device complies with the specifications EN 300 328, EN 301-489, EN 50371, and EN 60950 following the provisions of the R&TTE Directive. European Community Complies with European Directives 72/23/EEC, 89/336/ EEC, and 99/5/EEC. Exposure to Radio Frequency Energy The radiated output power of the included devices is far below the FCC radio frequency exposure limits. 廃棄とリサイクルに関する情報 Nike + iPod センサーにはバッテリーが含まれています。 Nike + iPod セン サーを廃棄する際は、お住まいの地域の条令および廃棄基準に従ってくださ い。シューズを廃棄する際は、 Nike + iPod センサーを取り外してから適切に 廃棄してください。 アップルのリサイクルプログラムについては、次の Webサイトを参照してくだ さい:www.apple.com/jp/environment 2011 Türkiye EEE yönetmeliğine (Elektrikli ve Elektronik Eşyalarda Bazı Zararlı Maddelerin Kullanımının Sınırlandırılmasına Dair Yönetmelik) uygundur.www.apple.com/ipod/nike www.apple.com/support/nikeplus J034-6208-A Printed in XXXX Brasil: Informações sobre descarte e reciclagem O símbolo acima indica que este produto e/ou sua bateria não devem ser descartadas no lixo doméstico. Quando decidir descartar este produto e/ou sua bateria, faça-o de acordo com as leis e diretrizes ambientais locais. Para informações sobre o programa de reciclagem da Apple, pontos de coleta e telefone de informações, visite www.apple.com/br/environment. European Union: Disposal Information The symbol above means that according to local laws and regulations your product should be disposed of separately from household waste. When this product reaches its end of life, take it to a collection point designated by local authorities. Some collection points accept products for free. The separate collection and recycling of your product at the time of disposal will help conserve natural resources and ensure that it is recycled in a manner that protects human health and the environment. Deutschland: Dieses Gerät enthält Batterien. Bitte nicht in den Hausmüll werfen. Entsorgen Sie dieses Gerät am Ende seines Lebenszyklus entsprechend der maßgeblichen gesetzlichen Regelungen. Nederlands: Gebruikte batterijen kunnen worden ingeleverd bij de chemokar of in een speciale batterijcontainer voor klein chemisch afval (kca) worden gedeponeerd. Taiwan Battery Statement Taiwan Battery Statement 環境向上への取り組み アップルでは、事業活動および製品が環境に与える影響をできる限り小さくする よう取り組んでいます。 詳しくは、次の Webサイトを参照してください: www.apple.com/jp/environment Aperture デジタル写真の基礎K Apple Computer, Inc. © 2005 Apple Computer, Inc. All rights reserved. 本書のいかなる部分も、本書のコピーの販売または有償のサ ポートサービスなどの商用目的で、複製または譲渡すること は禁じられています。本書には正確な情報を記載するように 努めました。ただし、誤植や制作上の誤記がないことを保証 するものではありません。 Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc.の商標です。キーボードから入力可能な Apple ロゴについても、これを Apple Computer, Inc.から の書面による事前の許諾なしに商業的な目的で使用すると、 連邦および州の商標法および不正競争防止法違反となる場合 があります。 Apple、Apple ロゴ、および Apple Cinema Display は、 米国その他の国で登録された Apple Computer, Inc. の商標 です。 Aperture はApple Computer, Inc. の商標です。3 1 目次 序章 5 デジタル写真の基礎の概要 第 1章 7 デジタルカメラの原理 7 デジタルカメラの種類 8 デジタル一眼レフ(DSLR) 9 デジタルレンジファインダー 11 カメラの各部と概念 11 レンズ 12 35 mm 換算を理解する 14 デジタルズームを理解する 14 絞り 15 レンズの明るさを理解する 16 シャッター 17 相反則不規を利用して、画像を構成する 17 撮像素子 20 メモリカード 20 外部フラッシュ 21 RAW、JPEG、TIFFの違いを理解する 21 RAW ファイル 21 RAW ファイルで撮影する理由 22 JPEG ファイル 22 TIFF ファイル 22 撮影のヒント 22 カメラぶれを防ぐ 23 写真の赤目を軽減する 25 デジタルノイズを低減する 第 2章 27 デジタル画像の見えかた 27 目の主観的な色の見えかた 29 目の光と色の見えかたを理解する 30 光源 30 光の色温度 31 ホワイトバランスで色温度を設定する方法 31 光の強度を測る4 目次 32 ブラケティング撮影を行う 33 デジタル画像の見えかたを理解する 33 加色法と減色法 34 カラー領域(ガモット)を理解する 34 画像を画面に表示する 35 ディスプレイのカラーキャリブレーションの重要性 35 Apple Cinema Display はプルーフに完全対応 36 プリント出力する 36 プリンタの種類 第 3章 37 解像度について理解する 37 解像度の分かりやすい説明 37 画素について理解する 38 ビット深度について理解する 40 機器ごとの解像度測定値の違い 41 カメラ、ディスプレイ、プリンタの解像度を理解する 41 カメラの解像度 42 ディスプレイの解像度 42 CRT ディスプレイとフラットパネルディスプレイの解像度の違いについて 42 プリンタの解像度 43 色を計算し、浮動小数点を理解する 43 ビット深度と量子化について理解する 44 浮動小数点とビット深度の関係を理解する 45 「Aperture」の浮動小数点演算を理解する 付録 47 クレジット5 序章 デジタル写真の基礎の概要 このマニュアルでは、コンピュータやデジタル撮影ははじめてという プロフォトグラファーの方を対象にデジタル撮影用語について説明 します。 「Aperture」は、最高の写真制作を支援する強力なデジタル写真用アプリケーションです。ただ し、写真の画質は、「Aperture」以外のさまざまな要因にも左右されると考えられます。したがっ て、こうしたすべての要因に注意すれば、望ましい撮影結果を得ることができます。 以下の各章では、デジタルカメラの原理、画面上とプリントでの画像の見えかた、カメラ、ディ スプレイ、プリンタの解像度について説明します。1 7 1 デジタルカメラの原理 この章は、これまでにフィルム撮影の経験はあるが、デジタル撮影は はじめてという方を対象としています。ここでは、デジタルカメラの 種類、カメラの各部と概念、および撮影のヒントについての基礎知識 が記載されています。 写真を撮る理由は人によってさまざまです。研究目的で撮影する人、世界を記録し報道するため に撮影する人、仕事として広告写真を撮影する人もいれば、楽しみや純粋に芸術目的で撮影する 人もいます。カメラを手に取って写真を撮る理由が何であれ、カメラの機能を理解していれば、 優れた写真を撮るのに役立つはずです。 この章の内容:  デジタルカメラの種類(7 ページ)  カメラの各部と概念(11 ページ)  RAW、JPEG、TIFFの違いを理解する(21 ページ)  撮影のヒント(22 ページ) デジタルカメラの種類 基本的にデジタルカメラとは、遮光性の箱(暗箱)の一方にレンズ、もう一方に従来のフィルム の代わりに撮像素子(イメージセンサー)を取り付けた撮影装置のことを言います。デジタル撮 影技術の進歩により、はじめてお使いになる方が簡単にマスターできるとは思えないほどの幅広 い機能やオプションが次々と実現されています。 デジタルカメラには、基本的にデジタル一眼レフ(DSLR)とデジタルレンジファインダーの 2 種類があります。8 第1章 デジタルカメラの原理 デジタル一眼レフ(DSLR) デジタル一眼レフの名は、レフレックスミラーにちなんだものです。レフレックスミラーのおか げで、撮影する前にレンズを通して写真の構図を決定することができます。デジタル一眼レフの レンズを通った光は、レフレックスミラーに反射して、プリズムからファインダーに送られます。 したがって、ファインダーから見える画像は、実際の撮影範囲と一致しています。撮影するとき は、レフレックスミラーが跳ね上がり、光を通します。それと同時に、シャッターが開いて、撮 像素子に光が当たり、画像が記録されます。デジタル一眼レフでは、ほとんどの機能が調整可能 なので、撮影画像を幅広くコントロールできます。また、ほとんどのカメラでは交換レンズも使 用できるので、1 台でさまざまな焦点距離のレンズを使った撮影が可能です。 レンズ プロセッサ レフレックスミラー ファインダー (実際の撮影範囲が 見える) プリズム 撮像素子 レフレックスミラー (跳ね上がった状態)第 1 章 デジタルカメラの原理 9 デジタルレンジファインダー デジタルレンジファインダーには、二重像合致式レンジファインダーとデジタル AE/AF カメラ の 2種類があります。 二重像合致式レンジファインダー 二重像合致式レンジファインダーでは、デジタル一眼レフと違い、レンズを通して被写体を見る ことができません。その代わり、二重像合致式レンジファインダーには、三角測量の原理を利用 したミラーまたはプリズムが搭載されており、ファインダーを通して見た画像と距離計窓を通し て見た画像を一致させて、被写体にピントを合わせています。つまり、ファインダーの二重に見 える画像を 1 つに重ね合わせるとピントが合ったことになります。デジタル一眼レフと同じよう に、二重像合致式レンジファインダーのほとんどの機能も調整可能なので、撮影画像を幅広くコ ントロールできます。また、デジタル一眼レフと比べて二重像合致式レンジファインダーを使用 する利点は、レフレックスミラーがないため、カメラぶれがきわめて少ない点にあります。カメ ラぶれは、手ぶれまたはデジタル一眼レフに見られるレフレックスミラーの振動が原因で発生 し、画像のピンぼけの原因となることがあります。 回転ミラー/プリズム 撮像素子 採光窓 ハーフミラー ファインダー ビームスプリッター ハーフミラー 光源 反射光 ピンぼけの状態 (画像が二重に見える) ピントが合った状態 (画像が 1 つに見える)10 第1章 デジタルカメラの原理 デジタル AE/AF カメラ デジタル AE/AF カメラとは、文字どおり撮影に必要な 2 つのステップにちなんだ軽量なデジタ ルカメラです。基本的にデジタル AE/AF カメラで必要となるのは、カメラを被写体に向け、撮 影することだけです。プロフォトグラファーが通常は高性能なカメラに設定するような、絞り、 シャッタースピード、ピントなどの設定をマニュアルで調整する必要はありません。もちろん、 デジタル AE/AFカメラの中にも、絞りとシャッタースピードを調整できるカメラはあります。一 般にデジタル AE/AF カメラは小型軽量で、オートフラッシュを搭載しているほか、ピント合わ せの必要がありません。また、ほとんどのカメラには液晶モニタが搭載されているので、レンズ を通した画像を撮像素子を介してリアルタイムに確認することができます。大半のメーカーのデ ジタル AE/AF カメラでは、構造を簡単にし、コンパクトなサイズを実現するために、ファイン ダーとレンズの光学系が独立しています。レンズと絞りとシャッターが 1 つの光学系になってい るので、カメラ本体から取り外すことはできません。 レンジファインダーカメラでは、ファインダーの光学系を通る光とレンズの光学系を通る光の経 路がそれぞれ異なるので、その画像のズレ(パララックス)を補正するために、パララックス補 正機構とブライトフレームが使用されています。このパララックスが原因で、通常はファイン ダーで見える画像と写真に写る画像との間に多少の違いが見られます。その違いは特に、撮影距 離が短くなると大きくなります。 撮像素子 レンズ ファインダー (撮影範囲に近い 画像が見える) 液晶モニター 反射光 光源第 1 章 デジタルカメラの原理 11 カメラの各部と概念 次に、デジタル一眼レフの基本的なパーツを説明します。(レンジファインダーカメラのパーツ もほとんど共通です。)  レンズ  絞り  シャッター  撮像素子  メモリカード  外部フラッシュ レンズ レンズは、一般に光学ガラス製の高性能なレンズエレメントから構成されています。レンズの役 目は、被写体からの反射光を集めて焦点(撮像素子)に結像させることです。 撮像素子に像を形成するほか、レンズを通った被写体からの反射光はファインダーで見える画像 ともなります。 光源 撮像素子 レンズ 液晶モニター 反射光 ファインダー12 第1章 デジタルカメラの原理 焦点距離 レンズの重要な特性には、その性能に加えて、焦点距離があります。焦点距離とは、技術的には、 レンズの中心からレンズを通った光が集まる像面(撮像素子)上の一点(焦点)までの距離を言 います。一般に焦点距離はミリメートルで表します。また、実用的な面から言えば、焦点距離と はレンズの画角だとも考えられます。たとえば、焦点距離が長くなればなるほど、被写体は大き く写ります。また、画角のほか、被写体の遠近感と圧縮効果も焦点距離によって変化します。 35 mm 換算を理解する ほとんどの交換レンズはもともと、従来の一眼レフカメラで使用する 35 mm フィルムに合わ せて作られたものです。35 mm フィルムと撮像素子のサイズを比れば、ほとんどの撮像素子 がフィルムよりもわずかに小さいことが分かります。そのため、レンズを 35 mm フィルムよ りも小さな撮像素子を持つデジタル一眼レフに装着すると、レンズの焦点距離は変化してしま います。実際に、フィルムよりも小さな撮像素子では、レンズを通った光がシャープな像を結 ぶ範囲(イメージサークル)が小さくなるために、レンズの焦点距離は長くなります。たとえ ば、24 mm の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフに 100 mm レンズを装着すると、約 1.3 倍の係数を乗じた距離がレンズの焦点距離となります。したがって、100 mm レンズに 1.3 倍 の係数をかけると、事実上、100 mm レンズは130 mmレンズ(100 mm ×1.3)となります。 35 mm 換算を計算に入れなければならないもう 1 つの理由は、撮像素子が小さなカメラを使 用すると、広角レンズを使った撮影が難しくなるということです。たとえば、お使いのカメラ の撮像素子が24 mmであれば、広角撮影を行うには、24 mm よりも短い焦点距離のレンズが 必要となります。お使いのカメラのマニュアルで、撮像素子のサイズを確認してください。 カメラ本体 (側面図) レンズ 撮像素子 焦点距離 光第 1 章 デジタルカメラの原理 13 レンズの種類 レンズにはさまざまな種類がありますが、一般的な種類としては、望遠レンズと広角レンズ、ズー ムレンズと単焦点レンズが挙げられます。これらのレンズはすべて、基本的に同じ役割を果たし ています。その役割とは、被写体からの反射光を捉え、撮像素子に像を結ぶことです。ただし、 それぞれのレンズが光を伝える形は異なります。 参考:これ以外にもさまざまなレンズがありますが、上記のレンズが最も基本的な種類となり ます。 望遠レンズ 望遠レンズとは、被写体を大きく写せる、焦点距離の長いレンズのことです。一般的には、被写 体を遠くから撮影するスポーツ写真や自然写真などで使用されます。また、被写界深度を浅くし たい(背景をぼかしたい)ときにも望遠レンズが使用されます。焦点距離の長い望遠レンズを使 用し、絞りを大きく開くと、被写界深度を狭い範囲(被写体の前景、中心、背景など)に限定す ることができます。一方、望遠レンズで絞りを絞り込むと、被写体の遠近感が圧縮されたかのよ うな効果を発揮します。 広角レンズ 広角レンズとは、広い範囲を写し込める、焦点距離の短いレンズのことです。一般的には、被写 体の遠近感を強調するときや、前景から背景までまんべんなくピントを合わせたいときに使用し ます。本来、広角レンズの焦点距離はフィルム面よりも小さなものです。しかし、このデジタル 写真時代にあっては、撮像素子のサイズがフィルムとは異なります。そのため、大半のデジタル 一眼レフでは、35 mm 換算によって焦点距離が長くなってしまいます。お使いのカメラのマニュ アルで、撮像素子のサイズを確認してください。たとえば、撮像素子のサイズが 28 mm であれ ば、広角撮影を行うには、28 mm よりも短い焦点距離のレンズが必要となります。14 第1章 デジタルカメラの原理 ズームレンズ ズームレンズは、光学ズームレンズとも呼ばれ、焦点距離を機械的に変更できるレンズです。多 くのズームレンズが焦点距離を広角から標準、また標準から望遠へと変更できるので大変便利で す。ズームレンズがあれば、撮影のときに何本ものレンズを持ち歩き交換する必要はありません。 ただし、焦点距離が変化するので、F 値は必ずしも全焦点距離域で同じというわけにはいきませ ん。絞りの精度を高めるために、多くのメーカーでは、広角側から望遠側まで複数の開放F 値を 設定しています。このため、ズームレンズでは、望遠側の明るさが広角側に比べて暗くなってし まいます。(レンズの明るさについては、15 ページの「レンズの明るさを理解する」を参照。)そ のほか、ズームレンズでは、異なる焦点距離で正確にピントを合わせるために、単焦点レンズ以 上のレンズエレメントが必要です。最高の画質を実現するには、光が通過するレンズの枚数をで きるだけ少なくすることが望まれます。 単焦点レンズ 単焦点レンズは、固定焦点レンズとも呼ばれ、焦点距離が固定され変更することはできません。 しかし、単焦点レンズには、開放絞りが大きく、明るいレンズが数多くあります。レンズの明る さの詳細については、15 ページの「レンズの明るさを理解する」を参照してください。開放絞 りが明るくなればなるほど、暗い場所でも明るい画像が得られる上、被写界深度をより自由にコ ントロールすることができます。単焦点レンズは主に、ポートレート撮影に使用されます。被写 界深度の詳細については、15 ページの「被写界深度」を参照してください。 絞り 絞りとは、レンズの光を通す(絞りの直径を変化させる虹彩、つまり絞り羽根からできた)孔の ことを言います。画像の露出は、シャッタースピードと絞りの組み合わせによって決まります。 たとえば、絞りを大きくすればするほど、レンズを通る光の量は多くなります。絞りは F 値で表 され、絞り1 段はレンズを通る光の量の 2 倍に相当します。また、画像の被写界深度は、レンズ の焦点距離とともに絞りの設定(F 値)によって決まります。被写界深度の詳細については、 15 ページの「被写界深度」を参照してください。 デジタルズームを理解する 一部のカメラに搭載されているデジタルズーム機能は、実際に被写体を拡大する機能ではあり ません。デジタルズームでは、撮影した画像の中央部を切り抜き、画素を効果として拡大して います。その結果、写真の画質は全体的に劣化してしまいます。被写体をクローズアップした いが望遠レンズも光学ズームレンズもない場合は、できれば実際に被写体に近付いて撮影して ください。第 1 章 デジタルカメラの原理 15 F 値 絞りの大きさは F 値を設定することで調整します。F 値とは、焦点距離と絞りの口径の比率を表 します。たとえば、絞りの最大径が 12.5 mm の50 mm レンズであれば、F 値は F4となります (50÷12.5 = 4)。したがって、F 値の数値が大きくなればなるほど、絞りは小さくなります。ま た、レンズの明るさは、開放F 値(数値が最小の F 値)によって決まります。つまり、絞りが大 きくなればなるほど、明るいレンズとなります。 被写界深度 被写界深度とは、前景から背景までピントが合っているように見える画像の範囲のことを言い、 絞りとレンズの焦点距離の組み合わせによって決まります。絞りを絞り込むと、被写界深度は大 きくなります。被写界深度のコントロールは、画像を構成する最も簡単な方法の 1 つです。たと えば、被写界深度を狭い範囲に限定すると、ピントを合わせた被写体を強調することができます。 このように被写界深度を浅くすることで、多くの場合、背景をぼかすことができます。それに対 して、風景を撮影するときは、画像の被写界深度を深く設定します。被写界深度を前景に限定し てしまうと、奥行きが得られません。 レンズの明るさを理解する レンズの明るさは、レンズが通すことができる光の最大量(開放F 値)によって決まります。焦 点距離が同じであってもほかのレンズよりも多くの光を通すことができれば、そのレンズは明 るいレンズと呼ばれます。明るいレンズを使用すると、暗い場所でも速いシャッタースピード で撮影することができます。たとえば、開放 F値 1.0 から2.8 のレンズであれば、明るいレンズ だと考えられます。 f2 f2.8 f4 f5.6 f8 f11 f16 f2216 第1章 デジタルカメラの原理 望遠レンズ(焦点距離の長いレンズ)では、絞りを開放にすると、画像の被写界深度が浅くなり、 ピントが合う範囲が狭くなる傾向があります。一方、広角レンズ(焦点距離の短いレンズ)では、 絞りの設定にかかわらず、被写界深度の深い画像が作成される傾向があります。 シャッター シャッターとは、光がレンズを通って撮像素子に当たる時間を正確にコントロールする精巧な装 置です。カメラのシャッターは、シャッターボタンを押すと作動します。 フィルムカメラでは、フィルムの感光を防ぐために、撮影の瞬間以外はシャッターは閉じられて いました。デジタルカメラでは、撮像素子の種類にもよりますが、メカニカルシャッターは必要 ない場合もあります。シャッターの開閉によって光がフィルムに感光して化学反応を起こすので はなく、単に撮像素子のオン/オフを切り替えれば済むからです。 浅い被写界深度 前景にしかピントが合わない。 深い被写界深度 画像の前景から背景までピントが 合っている。第 1 章 デジタルカメラの原理 17 シャッタースピード シャッタースピードとは、シャッターが開いている時間、または撮像素子がオンになっている時 間のことを言います。画像の露出は、シャッタースピードと絞りの組み合わせによって決まりま す。シャッタースピードは、1/8や 1/250 といった1 秒以下の秒数で示されます。シャッタース ピードの 1段も絞りの設定と同様、1 段ごとにシャッタースピードが 2倍または半分に変化しま す。たとえば、1/60 秒は1/30 秒の半分、1/125秒の約 2倍のシャッタースピードに相当します。 一般にシャッタースピードは、被写体の動きを強調したり、または動きを止めたりするのに使用 します。たとえば、自動車などの動きの早い被写体は、1/8 秒などの低速なシャッタースピード で撮影するとぶれる可能性が高くなります。一方、1/1000 秒などの高速なシャッタースピード では、飛行中のヘリコプターのプロペラすら止まって見えます。 撮像素子 被写体からの反射光がレンズと絞りを通ると、撮像素子に画像が記録されます。撮像素子とは、 カメラの内部に搭載された集積回路で、光を記録できる何百万もの素子から構成されています。 光はこの受光素子によって、その強さに応じた電気信号に変換されます。その後、この電気信号 はアナログデジタル変換回路(ADC)によってデジタルデータに変換されます。このプロセスを アナログデジタル変換と言います。そして、各素子の電気信号に相当するデジタルデータの集合 から、画像のカラー値が生成されます。 相反則不規を利用して、画像を構成する 絞りとシャッタースピードを調整することにより、適正露出でさまざまな画像を撮影すること ができます。絞りとシャッタースピードの関係は、相反則不規として知られています。相反則 不規を利用すると、被写界深度をコントロールし、画像のピントが合う範囲を調整することが できます。これは、画像の強調したい部分をコントロールする最も簡単な方法です。 たとえば、レンズの絞りを 1 段開いて、シャッタースピードを1 段速くしても、結果的には同 じ露出になります。同様に、レンズの絞りを 1 段絞って、シャッタースピードを1 段遅くして も、結果的には同じ露出になります。したがって、f4、1/90 秒は、f5.6、1/45 秒と同じです。 これは、カメラの絞りとシャッタースピードの組み合わせによって画像の適正露出が決定して いるからです。18 第1章 デジタルカメラの原理 撮像素子の各受光素子には、記録画像の画素のカラーチャンネルに対応する、赤、緑、青のフィ ルタが取り付けられています。目が色を認識する仕組みに合わせて、緑のフィルタの数は青と赤 のフィルタの数の約 2 倍あります。この色の配列は、ベイヤーパターンのカラーフィルタ配列と も呼ばれています。(目が色を認識する仕組みの詳細については、29 ページの「目の光と色の見 えかたを理解する」を参照。)なお、各素子にカラー値を補足するには、色補間と呼ばれるプロ セスが使用されています。 一般的な撮像素子の種類 撮像素子としては、一般に電荷結合素子(CCD)と相補型金属酸化膜半導体(CMOS)の2 種類 が使用されています。 CCD CCD センサーはもともと、ビデオカメラのために開発されたものです。CCD センサーでは、画 素ごと、列ごとに画像が記録されます。その後、各列の各素子の電荷情報が順番に下の列へと転 送されていきます。これは一度に 1 列ずつ行われます。CCD そのものは、電荷情報をデジタル データに変換しません。別途、カメラに搭載されたアナログデジタル変換回路が電荷情報をデジ タルデータに変換し、そのデータを記録デバイスに転送します。 ベイヤーパターンの カラーフィルタ配列 CCDセンサーの RGBベイヤーパターン 電荷は列ごとに集められる。 各素子が 1 つの色を記録する。第 1 章 デジタルカメラの原理 19 CMOS CMOSセンサーでは、受光素子が捉えた画像全体を並行して(基本的に同時に)記録することが できるので、記録デバイスへのデータ転送速度が CCD センサーよりも速くなります。各素子に は、アナログデジタル変換回路が備わっており、電荷情報をデジタルデータに変換することがで きるほか、マイクロレンズも取り付けられているので、受光感度も向上しています。近年の転送 速度と感度の向上により、CMOS センサーはプロ用デジタル一眼レフで使用される最も一般的な 撮像素子となっています。 メガピクセル カメラの解像度の尺度となるのが画素(ピクセル)数です。この尺度は、撮像素子の受光素子が 何百万の画素数で画像情報を記録できるかに基づく数字です。したがって、1,500 万画素のカメ ラであれば、1,500万画素の情報を記録することができます。 ISO感度 ISO 感度とは、もともとは、国際標準化機構(ISO)が定めたフィルムの相対感度に関する指標 のことを言います。ISO 感度が高くなればなるほど、フィルムの光に対する感度は高くなります。 ISO感度の高いフィルムを使用すれば、暗い場所でも撮影が行えます。これに対してデジタルカ メラにおける ISO感度とは、撮像素子の光に対する感度を表します。大部分のデジタル一眼レフ では、ISO感度を ISO100 から3200 まで設定することができます。 残念ながら、高感度(ISO400 以上)に設定すると、カメラによっては、画像を構成する 1 つ 1 つの画素の露出を均一に維持することが難しくなります。このような条件で撮像素子の感度を上 げるために、カメラでは、各画素から受け取った電荷を増幅させてから、その電気信号をデジタ ル信号に変換しています。各画素の電気信号を増幅させると、暗色に異常が目立ちはじめ、その 結果、画像のあちらこちらには偽色が見られるようになります。これはデジタルノイズとも呼ば れます。デジタルノイズの詳細については、25 ページの「デジタルノイズを低減する」を参照 してください。 CMOSセンサーのベイヤー RGBパターン 各素子で同時に電気信号が作られる。20 第1章 デジタルカメラの原理 メモリカード 撮像素子で画像が記録されると、カメラでは一連のプロセスによって画像を最適化します。こう したプロセスの多くは、ISO 感度設定など、撮影前に行ったカメラ設定に基づいて行われます。 画像処理が終わると、次にカメラはデジタル情報をファイルとして保存します。作成されるデジ タルファイルの種類は、カメラメーカーによって異なります。カメラの RAW ファイルには、JPEG や TIFF など、標準的なファイルタイプに変換する前のデジタル画像データが含まれています。 RAWファイルがすべて同じというわけではありませんが、RAW ファイルには、撮像素子とプロ セッサで作成された画像データが完全な状態で保存されています。これらのファイルタイプの詳 細については、21 ページの「RAW、JPEG、TIFFの違いを理解する」を参照してください。 ファイルを保存する準備ができると、カメラはファイルをプロセッサからメモリカードに転送し ます。メモリカードにはいくつかの種類がありますが、情報がメモリカードに保存されるプロセ スは同じです。 外部フラッシュ 一定の撮影状況では、外部フラッシュによる補助光が必要となります。プロ用モデルのデジタル 一眼レフの多くには、内蔵フラッシュやクリップオンタイプのフラッシュが用意されています が、レンズに近すぎたり、露出制御範囲が狭かったりと、プロフェッショナルな状況で使用する ことはできません。 外部フラッシュを使用すれば、フラッシュ露出をプロでも満足できるレベルでコントロールする ことができます。たとえば、フィルインフラッシュ(明るい背景を背にした被写体が影にならな いように照射する弱いフラッシュ光)を使用したり、被写体に近い撮影状況で露出オーバーを防 いだりすることができます。 外部フラッシュやクリップオンタイプのフラッシュは、ホットシューや PC 接点を介してシャッ ターボタンと同調します。 ホットシュー PC接点第 1 章 デジタルカメラの原理 21 RAW、JPEG、TIFF の違いを理解する 画像ファイルのタイプごとの違いを理解することは大切です。以下にRAW、JPEG、TIFF ファイ ルについて説明します。 RAWファイル RAW ファイルとは、処理前の、撮影時にカメラで記録したままの状態のデジタル画像のことを 言います。RAW ファイルには、画像データとともに、撮影日時、露出設定、カメラとレンズの 種類といった撮影データも含まれています。このような情報はメタデータとも呼ばれます。つま り、RAW ファイルとは、画像ファイルが JPEG や TIFF などの一般的な形式に変換される前の状 態のことを言います。これまでは、ほとんどの画像処理ソフトウェアで RAW ファイルの処理が できなかったために、ほかのファイルタイプに変換してから使用する必要がありました。 RAW ファイルで撮影する理由 JPEG ファイルではなく、RAW ファイルで撮影する理由はさまざまです。RAW ファイルで注 意しなければならないのは、希望のカラーバランスを得るにはさらに処理が必要である点で す。一方、JPEG ファイルでは、カラーバランスは撮影者に代わってカメラ側で調整されます。 また、JPEGファイルは RAW ファイルよりもそのサイズが小さく、ファイルの保存スペースも 少なくて済みます。 RAW ファイルで撮影する利点:  ビット深度が深ければ、色補正範囲は飛躍的に広がります。JPEG形式では、カラーチャンネ ルごと8 ビットに限られますが、RAW ファイルでは、チャンネルごとに 16 ビット(チャン ネルごとに12から 14ビットの色情報)を記録できます。難しく聞こえるかもしれませんが、 つまりは、画質が低下したり、カラーノイズが発生したりすることなく、より高度な色補正 が可能になるわけです。(ビット深度の詳細については、38 ページの「ビット深度について 理解する」を参照。)  RAW ファイルをデコードすると、画像の最も正確で基本的なデータを処理できます。  撮影時ではなく撮影後に、ホワイトバランス、色補間、ガンマ補正などの画像調整を行え ます。  JPEG ファイルのように、画像ファイルが圧縮されず、画像データが失われることはありま せん。  大部分のカメラでは、JPEG ファイルで撮影すると省略されてしまう、JPEG のカラー領域に ない色も撮影することができます(Adobe RGB 1998 と sRGB)。RAW ファイルでは、カメ ラで撮影したままの状態で画像のカラー領域が保たれており、「Aperture」を使って、記録 されたすべてのカラー領域を利用して画像を調整することが可能です。  RAW ファイルでは、撮影後に、ノイズ除去(輝度と色とを別々に)とシャープネスを調整す ることができます。JPEG の場合は、ノイズ除去とシャープネスの調整がカメラの設定に応 じて適用され、調整は不可能です。22 第1章 デジタルカメラの原理 JPEG ファイル JPEG(Joint Photographic Experts Group)は、圧縮率の高い画像が作成できる一般的な画像 ファイル形式です。使用する圧縮率は変更することができ、圧縮率が低ければ、画質は高くなり ます。JPEG 画像を撮影すると、RAW 画像ファイルが 8 ビットの JPEG ファイル(カラーチャン ネルごとに 8 ビット)に変換され、メモリカードに保存されます。変換には、画像を圧縮する必 要があるので、圧縮中に画像データが欠落します。JPEG 画像は一般にオンラインでの表示に使 用されます。 TIFF ファイル TIFF(Tag Image File Format)は、ビットマップ画像ファイル形式として幅広く使用されてお り、カラーチャンネルごとに 8ビットまたは 16ビットの情報を記録できます。JPEGファイル同 様、TIFF ファイルは RAW ファイルから変換されます。カメラで TIFF ファイルを撮影できない 場合は、RAWファイルを撮影してから、ソフトウェアを使って TIFF ファイルに変換することが できます。TIFF ファイルは JPEG ファイルに比べて、ビット深度が高いのでより多くの色情報を 記録できます。さらに、TIFF ファイルでは、可逆圧縮も利用できるので、ファイルが少しばかり 小さくなっても、情報が欠落することはありません。したがって、最終的には、TIFFファイルの 方が JPEG ファイルよりも高い画質が得られます。以上のような理由から、一般にプリントは TIFF ファイルから行われています。 撮影のヒント ここでは、撮影時の一般的な問題に対応するのに役立つ、いくつかのヒントについて説明します。 カメラぶれを防ぐ カメラぶれは、手ぶれ(撮影時にカメラが動いてしまった場合)、シャッタースピードが遅いこ と、焦点距離が長いことなどが原因で起こります。カメラぶれが起こると、画像はピンぼけして しまいます。また、レンズの焦点距離とスローシャッターの組み合わせによっては、シャッター スピードが遅すぎて、画像を固定できないままカメラが動作してしまうこともあります。第 1 章 デジタルカメラの原理 23 カメラぶれを防ぐには、三脚を使用したり、シャッタースピードをレンズの焦点距離よりも速い 速度に設定したりしてください。たとえば、100mm 相当の焦点距離で撮影する場合は、シャッ タースピードを 1/100 秒以上の速度に設定してください。撮像素子に画像が記録される前に、カ メラがぶれ、余計な光情報が記録されるようなことはないはずです。 参考:レンズの焦点距離よりも遅いシャッタースピードでも撮影できる、手ぶれ補正機能を備え たレンズもあります。 写真の赤目を軽減する 赤目とは、人の目が赤く光って写る現象を言います。赤目現象は、フラッシュ(特に内蔵フラッ シュ)とカメラのレンズが近すぎると、被写体に当たったフラッシュ光が直接カメラに反射され るために起こります。フラッシュが発光すると、その光が被写体の網膜の毛細血管に反射してカ メラのレンズに戻ってしまうからです。青い目の人は、光を吸収する色素が少ないために、赤目 現象が特に起こりやすいと言われています。24 第1章 デジタルカメラの原理 赤目現象を軽減、または防ぐにはいくつかの方法があります。一部のカメラには、撮影前にフ ラッシュを発光し、被写体の瞳孔を閉じる赤目軽減機能が搭載されています。この方法の主な問 題は、撮影前に被写体が反射的に目を閉じてしまうことがあり、また必ずしも赤目現象を完全に 防ぐことができない点にあります。 より効果的な方法は、カメラのホットシューを介して、またできれば延長ブラケットを介して外 部フラッシュを使用することです。外部フラッシュを使用するとフラッシュの角度が大きく変わ るので、網膜の毛細血管の反射光がレンズに入ることはありません。 そのほか、「Aperture」を用いて赤目現象を修正することもできますが、被写体の目の本来の色 を正確に再現することはできなくなります。したがって、赤目現象が起きる前に原因を取り除い てしまうのが一番よい方法だと言えます。 光が眼球に入ってカメラに まっすぐ反射すると、 赤目現象が起きる。 内蔵フラッシュ 外部フラッシュユニット 光がレンズと異なる角度で 眼球に入ると、目から 反射する際に拡散する。第 1 章 デジタルカメラの原理 25 デジタルノイズを低減する デジタルノイズとは、暗い場所で長時間露出や高い ISO 感度で撮影した画像に見られる水玉模様 のようなノイズのことを言います。これは、暗い状況で撮影した画像で最も目に付きやすい現象 です。デジタルノイズがフィルムの粒子に例えられることも珍しくありません。しかし原因は同 じですが、その効果はまったく違います。フィルムフォトグラファーの中には、芸術的な効果を 狙ってわざと粒子を強調して撮影する人もいます。しかし、デジタルノイズの場合は、無地の部 分のあちらこちらに明るい画素が見られたり、フィルム粒子を拡大したときの美しさがなかった りと、画像の画質は損なわれてしまいます。 デジタルノイズを低減するには、ISO 感度を 100 から 400 の間に設定してください。ISO400 に 設定すると、露出ラチチュードは広がりますが、この感度でさえデジタルノイズが多少目に付き はじめます。フラッシュが使用できない場合でも、被写体が静止していれば、三脚を使用すると 低い ISO 感度での撮影に失敗することはありません。 多くのデジタル一眼レフには、ノイズ除去機能が搭載されています。オンにしておけば、スロー シャッターで撮影する際にノイズ除去機能が自動的に作動します。カメラ側では、画素レベルの 色補正が行われ、撮影と同時に画像が処理されます。ただし、デジタルノイズ除去機能のデメ リットは、画像を処理するために撮影間に大きなタイムラグが生じる点にあります。撮影間のタ イムラグを避けるには、ノイズ除去機能をオフにしておき、画像をコンピュータに転送後、 「Aperture」の「ノイズ除去」調整機能を使用するのも 1 つの方法です。 ISO100 ISO200 ISO400 ISO800 ISO1600 ISO32002 27 2 デジタル画像の見えかた 光がどのように捉えられて、記録され、画面やプリントに表示される のかを基本的に理解しておくと、思い描いたとおりの画像を制作する のに役立ちます。 画像の色が実際の色と同じように見えることを理解するために、光と色を物理学的に理解する必 要があるわけではありません。どうして夕焼けがオレンジであり、空が青であり、芝生が緑であ ると分かるのでしょうか。また、正確には夕焼けはどの程度オレンジなのでしょうか。それはど のようなオレンジなのでしょうか。色を見て感じたことを言葉で説明するのは簡単なことです。 では、オレンジを最も正確に伝えるには、ホワイトバランスをどのように設定すればよいので しょうか。この章では、カメラが捉える色を画面やプリントで忠実に再現する方法について説明 します。 この章の内容:  目の主観的な色の見えかた(27 ページ)  目の光と色の見えかたを理解する(29 ページ)  光源(30 ページ)  デジタル画像の見えかたを理解する(33 ページ) 目の主観的な色の見えかた 優れた写真の要素には、構図、色、明るさなどが含まれます。また、撮影時の仕事の 1 つは、目 で見た色をできるだけ意識して捉えることです。見たままの色を正確に伝える場合も、色温度を 調整して色を強調する場合も、選択肢を理解し、意図的に写真を構成するのは、撮影者の仕事です。 残念なことに、目と脳を信頼していては色を客観的に見ることはできません。画面上の画像と写 真プリント、そして実際の被写体を並べて比較しない限り、媒体に応じて色がどう変わるかを説 明するのは決して簡単なことではありません。しかも、並べて比較したとしても、目だけで比較 した場合は、違いを客観的に判断するのは不可能に近いでしょう。28 第2章 デジタル画像の見えかた ただし、視覚の主観的な性質を必ずしもデメリットと考えることはありません。それどころか、 どちらかと言えばメリットともなります。撮影時の多くの問題は、テクノロジーのあまりに徹底 的な客観性に端を発しています。この一般的な例がホワイトバランスの問題です。フィルムも撮 像素子も特定の状況で白い色を判断するように設計されています。屋外の光(デーライト)には、 屋内の(白熱)電球やローソクの光よりも多くの青い光が含まれています。光の状況が異なれば、 客観的に白いものが青っぽく見えたり(デーライト)、赤っぽく見えたり(白熱電球)、緑っぽく 見えたり(蛍光灯)しますが、脳はさまざまな心理的判断から、客観的な違いがあったとしても 白いものは白いと判断しているのです。 夕日の中の白い車は客観的には、すっかりオレンジ色に見えますが、その車が何色かと尋ねられ ると、白だと自信を持って答えるはずです。その理由は、今、目の前にある車がたとえ白く見え なくても、その車が白であることを知っているからです。したがって、朝であれば、車は青みを おびた色に見えますが、やはり簡単に白だと答えるはずです。一方、撮像素子とフィルムの場合 は、客観的に得た情報だけを記録し、その情報を判断したりはしません。多くのデジタルカメラ に搭載されたオート・ホワイト・バランス機能は、ファインダー内の被写体を評価し、最も明る い部分を白と判断するようにカメラに伝えます。さまざまな光の状況で撮影するときは、この点 を忘れないでください。 光と色を客観的に判断し、その特徴を示すことは可能です。それどころか、フィルム、撮像素子、 ディスプレイ、プリンタなど一貫した信頼できる撮影機材を構築するには、光と色を科学的に分 析する必要があります。その目的は必ずしも、こうしたすべての機器が同じように色を記録し、 表示するようにすることではなく(その方がはるかに物事は簡単になりますが)、結果と視覚が 一致するように、機器の相違点を客観的に判断し、その違いに応じて出力を調整するための用語 とプロセスを作り上げることにあります。第 2 章 デジタル画像の見えかた 29 目の光と色の見えかたを理解する 撮像素子と人の目は同様に色を認識します。人の視覚が持つ驚くべき特長の 1 つは、その信じら れないラチチュードにあります。健康な目の場合、眩しい陽の光の中でも、あるいはほとんど 真っ暗な中でもものを見ることができます。長年の撮影経験をお持ちであれば、この範囲がいか に広いものかがお分かりいただけるでしょう。屋外での撮影に有効なフィルムは屋内ではほとん ど使用できませんし、逆の場合も同様です。目のラチチュードの広さは、以下の3 つ器官によっ て実現されています。  瞳孔または虹彩:瞳孔(虹彩)は目に入る光の量に応じて小さくなったり大きくなったりし ます。  網膜の桿体細胞:2 種類の視細胞のうちの 1 つです。桿体細胞は(色ではなく)明るさのレベル を知覚し、暗い場所でも十分に機能します。  網膜の錐体細胞:2 種類の視細胞のうちの 1 つです。錐体細胞は明るい場所で色を知覚します。 撮像素子に、赤、緑、青の光を読み取る受光素子があるように、目にも 3 種類の錐体細胞があ り、それぞれの細胞が可視電磁スペクトルの異なる部分を知覚しています。  赤錐体:波長がおよそ 600 ~ 700 nm(ナノメートル)の可視スペクトルの赤の色を知覚し ます。  緑錐体:波長がおよそ 500 ~ 600 nmの可視スペクトルの緑の色を知覚します。  青錐体:波長がおよそ 400 ~ 500 nmの可視スペクトルの青の色を知覚します。 人の目には、赤錐体と青錐体に比べておよそ2 倍の数の緑錐体があります。この色の配列は撮像 素子のカラーフィルタの配列と同じです。(撮像素子が画像を記録する方法の詳細については、 17 ページの「撮像素子」を参照。) ある場面で目に見える色は、刺激される細胞に応じて異なります。たとえば、青い光に青錐体が 刺激されると、脳はその刺激を青と判断します。脳は複数の錐体の反応を一度に同時に判断しま すが、その結果見えるのが等和色です。たとえば、赤い光と青い光によって赤錐体と青錐体がそ れぞれ刺激されると、脳はその組み合わせをマゼンタ(赤+青)と判断します。3 種類の錐体細 胞が同じ量の光から刺激を受けた場合は、目には白、あるいは中間色のグレーが見えます。 錐体は桿体よりも目に多く広がっています。また、錐体の感度は低く、一定のしきい値よりも明 るい場面やものでなければ感じることができません。その結果、暗い場所は(白や黒などの)単 色に見える傾向がありますが、明るい場所は錐体が知覚するためにフルカラーで見えます。30 第2章 デジタル画像の見えかた 光源 電灯が発明される以前は、電磁エネルギーが発生する光源は数少ないものでした。今日でさえ、 太陽が主光源であることに変わりはありません。また、火とローソクの光は現在の電灯よりもは るかに暗いですが、何千年もの間、夜の灯りの役割を果たしていました。最新の光源には、白熱 電球、蛍光灯、ブラウン管(CRT)、液晶ディスプレイ(LCD)、発光ダイオード(LED)、一部の 発光素材などがあります。これらの光源は、撮影する画像に直接的な影響を及ぼします。 光の色温度 色温度とは、光の色を説明するために用いられる用語です。あらゆる光源には色温度があります。 ただし、色温度といっても、色の発熱量ではなく光のカラー値のことを言います。光の色温度は ケルビン(K)と呼ばれる単位で表します。色温度目盛によって、赤から青の光の相対的な強度 を判断できます。光が温かみを増すほど(画像全体にオレンジがかった赤色を放つ光が目立つ)、 色温度は低くなります。無彩色で均等な光が目盛の中央を占めますが、その白い性質のために画 像のカラー値に影響はありません。また、光が涼しさを増すほど(青い光が見られる)、色温度 は高くなります。 光源 おおよその色温度 ローソク 1930 K 夜明けの陽の光 2000 K タングステン電球 (屋内の白熱電球) 2400 K 一般的な屋内の蛍光灯 3000 K 写真電球 3200 K 投光電球 3400 K 明るい閃光電球 3800 K 真昼の陽の光 5400 ~5500 K 青い閃光電球 6000 K ストロボ電球 6000 K 均一なデーライト 6500 K 青空の光 12000 ~18000 K第 2 章 デジタル画像の見えかた 31 カラー・フィルム・カメラの発明により、まったく新しい問題が生まれました。画像を適正露出 で撮影する以外に、フィルムの感光乳剤に投射されるさまざまな光源のさまざまな色合いを考え なければならなくなったのです。フィルムメーカーでは状況を改善するために、デーライトとタ ングステン電球の色温度範囲に合わせた感光乳剤を開発しました。またカメラメーカーも加わ り、カメラのレンズに装着すると、フィルムの色温度の範囲外でも撮影できるカラーフィルタを 開発しました。しかし、こうした解決策を利用しても、問題が完全に解決されたわけではありま せんでした。なぜなら、予期しない状況や逆光状態で撮影した画像は、依然としてプリント段階 での修正が不可能だったからです。 ホワイトバランスで色温度を設定する方法 デジタルカメラで撮影する場合、被写体の色温度が問題となるのは、カメラのプロセッサが画像 を処理するときです。カメラはホワイトバランスの設定に基づいて画像を処理します。ホワイト バランスをオートに設定すると、カメラは最も明るい値を白と想定し、それに応じて画像の残り のすべての色を調整します。最も明るい値が白であれば、画像の色は正確に描写されます。ただ し、最も明るい色が黄色であっても、カメラはその値を白と想定するので、すべての色のバラン スが変わってしまいます。 しかし、デジタル画像の色温度は調整が可能です。ホワイトバランスとは、RAW イメージを記 録後、画像の色温度を計算し、その結果をカラー値に適用する演算処理です。こうした色温度 データは、画像にメタデータとして記録されますが、元の RAW ファイルを構成するデジタルデー タに変わりはありません。このため、撮影の際にどのようなホワイトバランス、つまり色温度設 定が適用されようと、撮影後も画像の色温度をいつでも補正することができます。デジタルカメ ラの RAW ファイルが、フィルムの化学的性質では解決できなかった色温度の柔軟性の問題を解 決してくれたのです。 光の強度を測る 適正露出で画像を撮影するには、光の強度の適正値を知る必要があります。一般に被写体の反射 光の強度を測るには、露出計が使用されます。デジタルカメラには、高性能で精度の高い露出計 が内蔵されています。ただし、その精度は主観的なものです。推奨絞りとシャッタースピードは、 被写体に当たる光の量と露出計の設定方法によって決まります。カメラの露出計は、おそらく適 正露出を実現する絞りとシャッタースピードの組み合わせを指示してくれるでしょう。しかし、 露出計が被写体を識別しているわけではありませんので、完璧な露出設定ができない場合もあり ます。露出計は色やコントラストを判断することはできません。被写体の反射光の明るさである 輝度だけしか判断できないのです。32 第2章 デジタル画像の見えかた 高性能な露出計を搭載したカメラであれば、被写体の特定の部分を測光することもできます。ま た、大半のデジタル一眼レフでは、ファインダーのどの部分を測光するかが選択できます。主な 露出計の設定には、以下のものがあります。  評価測光:評価測光とは、画面をいくつかの部分に分割し、それぞれを部分的に測光して、全 体の平均値を求め、画面全体の適正露出を指示するシステムです。  スポット測光:スポット測光とは、一般的に画面中央の限られた小さな領域を測光するシステ ムです。特に、比較的明るい背景または暗い背景を背にした被写体の撮影に便利です。スポッ ト測光を使用すると、被写体は確実に適正露出となります。ただし、デメリットは、背景が極 端に露出オーバーまたは露出アンダーになる可能性があることです。したがって、スポット メーターを使用しなければならないような撮影状況では、ブラケティング撮影(同じ画像を露 出を変えて撮影すること)を行うべきです。ブラケティング撮影の詳細については、以下の 「ブラケティング撮影を行う」を参照してください。  中央重点測光:カメラの露出計を中央重点に設定すると、画面全体が測光されますが、ファイ ンダーの中央に特に重点が置かれます。中央重点測光は一般にポートレート撮影に使用されま すが、それは被写体が中央にあり、背景を無視することが多いためです。画面の中央から外れ た被写体の場合は、露出計が背景に適正露出を合わせるので、被写体の露出は適正にはなりま せん。 ここで、露出計が指示する値が推奨値に過ぎないという点が重要です。たとえば、被写体のハイ ライト部のディテールに露出を合わせたい場合は、露出計の推奨値よりも短めの露出を選択して ください。同じように、被写体のシャドー部のディテールに露出を合わせたい場合は、露出計の 推奨値よりも長めの露出を選択してください。露出計を用いて被写体をイメージどおりに撮影す ることは、フォトグラファーに与えられた特権だとも言えます。 ブラケティング撮影を行う 慎重に測光した場合でも、露出アンダーや露出オーバーの画像が撮影されることがあります。 こうした理由から、プロフォトグラファーは、適正露出の画像を確実に撮影するために、でき る限りブラケティング撮影を行っています。ブラケティング撮影では、露出計が指示する絞り とシャッタースピードを基準に、同じ画像を 3 コマ撮影します。たとえば、1 コマ目は1 段露 出アンダーで、2 コマ目は露出計の推奨露出で、3 コマ目は 1 段露出オーバーで撮影します。 適正露出の画像を確実に撮影するには、このように 3 段階の露出で撮影するのが一番良い方法 です。 参考:ほとんどのデジタル一眼レフには、オートブラケティング機能が搭載されています。使 いかたについては、お使いのカメラのマニュアルをご覧ください。第 2 章 デジタル画像の見えかた 33 デジタル画像の見えかたを理解する 一般にデジタル画像は、画面に表示するか、またはプリントして鑑賞します。画像を画面で表示 する方法とプリントして壁に飾る方法は、まったく異なります。コンピュータ、テレビ、ビデオ、 デジタル・スチル・カメラなどは、光源から出る、赤(R)、緑(G)、青(B)の3 原色を組み合 わせてカラー画像を作成します。この方法は加色法の原理に基づいています。一方、プリント画 像の場合は、外部の光源からの光を反射する必要があります。プリント技術には、一般にシアン、 マゼンタ、イエロー、黒の 4 つの原色を持つ減色法の原理が利用されています。 加色法と減色法 光源そのものから出た色の要素を持つ画像は、加色法の原色を持つと考えられます。一方、一定 の波長の光を除去または吸収し、見る者に特定の色を反射する画像は、減色法の原色を持つと考 えられます。こうした違いがあるために、加色法の原色で表示された画像(液晶ディスプレイな ど)と減色法の原色で表示された同じ画像(雑誌の表紙など)は、必ず違って見えます。つまり、 液晶ディスプレイなどのデジタル機器では、赤、緑、青の光をさまざまな形で組み合わせて適切 な色を作成しています。すべての色をすべて合わせると白になり、どの色もなければ黒になりま す。一方、雑誌の表紙などの印刷物では、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)のインク をさまざまな形で合わせて、特定の光の色を反射する色を作成しています。なお、黒(K)のイ ンクは、ページ上に純粋な黒色を作成するために、最終的に画像に加えられます。インクを重ね ていくと暗い色となり、重ねるインクが少なければ明るい色になります。このカラープロセスは CMYK とも呼ばれています。 Red Yellow Blue 加色法 White Magenta Cyan Green 減色法 Red Yellow Blue Black Cyan Magenta Green B R G Y C M K34 第2章 デジタル画像の見えかた カラー領域(ガモット)を理解する 1931 年、色の基準を定義することを目標としていた科学者および識者団体である国際照明委員 会(CIE)は、この主観性の高いテーマにできる限り客観的に取り組み、色の世界を表現する座 標系を作成しました。この表色系によると、目で見ることのできるあらゆる色は、x 座標と y 座 標で表すことができます。もう一歩踏み込んで言えば、色を再現するあらゆる機器では、CIE の x値とy値で表されるRGB原色を表現することができるということです。CIE表色系は「ColorSync」 などのカラーマネジメントシステムの基本となっています。CIE 表色系の x 座標と y座標の二次 元図で表される色の総数は、一般に機器のカラー領域と呼ばれています。つまり、あるシステム のカラー領域とは、システムが表示できる色の総数を意味しています。また、この二次元の表色 系のほか、カラー領域には三次元の要素である「明るさ」が存在します。残念ながら、ディスプ レイのカラー領域は、プリントの減色法とは正確には一致しません。たとえば、画面では表示さ れる一定の色が、プリントでは正確に再現できない場合があります。逆についても同様です。 画像を画面に表示する 前述したとおり、コンピュータの画面上で画像を扱うときは、加色法に基づいて作業することに なります。ディスプレイは電気信号を画面上の光と画素に変換し、RGB の色空間モデルを用い て画像を表示します。(色空間とは、特定の可視スペクトルの範囲(またはパラメータ)を意味 します。一般的な色空間には sRGB と Apple RGB があります。)このプロセスは、画像ファイ ルがコンピュータのハードディスク上で処理された後、グラフィックカードへ転送され、次の処 理を行うために、メモリに一時保存された時点で開始されます。グラフィックカードでは、画像 を一定の解像度およびコンピュータに接続されたディスプレイのカラープロファイルで表示で きるように処理を行います。(カラープロファイルとは、カラー領域、色空間、操作モードなど、 特定の機器の色情報に関するデータを集めたものです。)画像の処理には、画像ファイルのサイ ズやビット深度、システムの表示サイズや表示枚数、ディスプレイの解像度に応じて、ある程度 時間がかかる場合もあります。また、スキャンしたものであっても、カメラから直接ダウンロー ドしたものであっても、画像はRGB 色空間によってデジタルで記録されています。 RGBの基本は、光源から出る赤、緑、青の色を組み合わせて、ほかのさまざまな色を作成するこ とにあります。カラーディスプレイ上では、3 つの色の要素(赤、緑、青)が合わさって画素を 形成しています。赤、緑、青のすべてが組み合わせられると、白になります。また、どの色の要 素もなければ黒になります。第 2 章 デジタル画像の見えかた 35 ディスプレイのカラーキャリブレーションの重要性 画面上の色とプリント上または Web 上に出力する色を一致させるには、ディスプレイの色の調 整(カラーキャリブレーション)がとても重要です。撮影から表示、プリントまで、デジタル ワークフローはカラーキャリブレーションの成功に左右されます。ディスプレイが調整されてい ないと、デジタル画像に行った調整は、プリント上では忠実に再現されません。また、同じ画像 を別のディスプレイで見ても色は違って見えます。ディスプレイを調整すると「ColorSync」に よって画像が調整され、一貫した表示結果が得られます。カラーキャリブレーションを行うには、 画面の輝度や色温度を測定する光学機器を画面に取り付けます。いくつかのメーカーがカラー キャリブレーションツールの製造を行っています。ツールは高価で品質の面で大きなばらつきが 見られる場合もあるので、購入前に必ず十分な調査を行ってください。カラーキャリブレーショ ンツールと機器の一覧については、「Macintosh 製品ガイド」(http://guide.apple.com/jp)を 参照してください。 Apple Cinema Display はプルーフに完全対応 Apple Cinema Displaysは色表示に優れているため、SWOP認定ソフトプルーフのワークフロー に利用することができます。ディスプレイを使った色校正システムである Integrated Color Solutions(ICS)社の Remote Director 2.0 と、Kodak Polychrome Graphics(KPG)社の Matchprint Virtual Proofing System-LCD はどちらも、SWOP(オフセット印刷標準規格)の認 定を受けています。Remote Director 2.0 が権威ある SWOP の認証を受けたことは、ハードコ ピーによる確認作業を経ることなく、画面上で印刷物が確認できることを意味します。これは 印刷業界関係者にとって、時間とコストの大幅な削減につながります。 認定されたシステムは、ANSI CGATS TR 001 や Graphic Technology で定義された、SWOP 認 定プレスプルーフと視覚的にまったく同じ色校正を作ることができます。ICS、KPG の両社は 出力紙と同じ明るさと感触を持つオンスクリーンプルーフを作成するのに、アップルのフラッ トパネルディスプレイを選びました。その理由は、このディスプレイが両社が必要とする輝度 やカラー領域を持つ唯一のディスプレイだったからです。 参考:画像をソフトプルーフするときは、正確な結果を得るために、お使いの Apple Cinema Displays のカラーキャリブレーションを行ってください。36 第2章 デジタル画像の見えかた プリント出力する 画像をプリント出力するには、RGB 色空間から CMYK 色空間に色を変換する必要があります。そ の理由は、プリントされた画像を見るには、外部の光源からの反射光が必要となるからです。一 般に画像は白い用紙にプリントされるので、白いインクは必要ありません。インクを混ぜると暗 い色が作られ、混ぜる色を少なくすれば明るい色が作られます。 プリントの画質の詳細については、37 ページの第 3 章「解像度について理解する」を参照して ください。 プリンタの種類 プリンタの種類は主に、パーソナルプリンタとプロフェッショナルプリンタの 2 種類に分類され ます。 パーソナルプリンタ 手ごろな価格のプリンタとして、次の 2つの基本的な種類があります。  インクジェット:インクジェットプリンタは、用紙に微細なインクドロップを噴射して画像を 作成します。顕微鏡でしか見えないほど小さなインクドロップをきわめて正確に用紙へ噴射す るので、高解像度の写真を作成することができます。インクを用紙に噴射するには、2 つの方 法があります。1 つは、インクを十分な温度まで温めて、ドロップさせる方法です。そしても う 1つは、インクの詰まった小さなバルブを振動させて、用紙にインクドロップを噴射する方 法です。  昇華型プリンタ:昇華型プリンタは、カラーリボンを昇華させ、インクを用紙に付着させて画 像を作成します。リボンには固形インクが塗布されており、耐水性に近い破れにくいプリント を作成することができます。昇華型プリントの優れた耐久性は、ほかの媒体に劣らない保存性 を実現しています。 インクジェットプリンタの性能は、この数年間で大きく向上し、その解像度とカラー領域は昇華 型プリンタを上回るほどです。 プロフェッショナルプリンタ プロフェッショナルな使用に適したプリンタには、次の2 つの基本的な種類があります。パーソ ナルプリンタとは違い比較的高価です。  オフセット印刷機:オフセット印刷機は、雑誌やパンフレットなどの大量印刷に使用されてい ます。インクを網点に並べて付着し、ページ上に画像を作成します。画像を用紙に印刷するた めに、固定ドラムが使用されます。  RA-4:RA-4プリンタを使用すると、従来の印画紙にデジタル画像を印刷できます。印画紙の 露光には連続した着色光を使用し、色を混ぜ合わせて階調豊かなプリントを作成します。その 高価な価格とサイズが原因で、大部分のデジタル銀塩プリンタは、プロラボ以外では使用され ていません。3 37 3 解像度について理解する 解像度の概念は分かりにくいものです。カメラ、ディスプレイ、プリ ンタはそれぞれ異なる方法で解像度を測定しています。 解像度は、画像がどの程度ディテールを再現できるかを示しています。この章では、画像の解像 度について説明し、解像度を理解することが優れたデジタル画像の作成にいかに役立つかを検証 します。 この章の内容:  解像度の分かりやすい説明(37 ページ)  機器ごとの解像度測定値の違い(40 ページ)  カメラ、ディスプレイ、プリンタの解像度を理解する(41 ページ)  色を計算し、浮動小数点を理解する(43 ページ) 解像度の分かりやすい説明 画像の解像度は、画像の画素数と各画素のビット深度によって決まります。 画素について理解する 画素とは、画像を構成する最小単位のことを言います。各画素が 1 つの色を表しています。画素 の色と明るさの範囲は、ビット深度によって決まります。詳細については、38 ページの「ビッ ト深度について理解する」を参照してください。 画素が集まり、1 枚の画像のように見えるものを形成しています。カラーディスプレイの場合は、 3 つの要素(赤、緑、青)が集まり、1つの画素を形成します。画素の数が増えれば増えるほど、 画像のディテールはシャープになり、元の被写体がくっきりと再現されます。つまり、画素数が 高くなればなるほど、表示画像がリアルに見える可能性が高くなります。 小さな画像ですら実に多くの画素から構成されているために、画素数は一般にメガピクセル(百 万画素)単位で表されます。たとえば、150 万画素は 1.5 メガピクセルとなります。38 第3章 解像度について理解する ビット深度について理解する ビット深度とは、1つの画素がカラーチャンネルごとに表示できるカラー値の数、つまり色合い を表しています。1画素のカラーチャンネルのビット深度が高くなればなるほど、各画素が表示 できる色の数は飛躍的に多くなります。 1 画像の初期のビット深度はカメラでコントロールされます。多くのカメラでは、いくつかの ファイル設定を選択できます。たとえば、一般のデジタル一眼レフには2 種類の設定が用意され ていて、8 ビットの JPEG ファイル(カラーチャンネルごとに 8 ビット)、または 16 ビットの RAWファイル(カラーチャンネルごとに 12 ~ 14ビット)で撮影することができます。 画像ファイルのタイプごとに静的なビット深度が使用されています。つまり、JPEG、RAW、TIFF はどれも異なるビット深度を持ちます。下の表に示すように、撮影するファイルタイプによって、 画像の諧調は大きく変化します。 参考:画像ファイルのビット深度は一定(各画素が同じビット数)であり、撮影方法に応じて最 初に決まります。 各カラーチャンネルのビット深度 各カラーチャンネルの最大カラー値 最も近いファイルタイプ 2 4 4 16 8 256 JPEG、一部の TIFF 12 4096 ほとんどの RAW 14 16,384 一部の RAW 16 65,536 一部の TIFF第 3 章 解像度について理解する 39 以下に、ビット深度についての実例を示します。画像上のビット深度の影響を理解するために、 下の写真の被写体をご覧ください。写真は 8 ビットグレースケール画像です。被写体の目を例 に、低ビット深度が画像の解像度に与える影響について説明します。 JPEGなどの形式では、赤チャンネル 8 ビット、緑チャンネル 8 ビット、青チャンネル 8 ビット と 1画素あたり 24 ビットの色情報を使用します。8 ビットカラーチャンネルでは最大 256 色(2 の 8乗)表示できるので、8ビットのカラーチャンネルが 3つであれば、16,777,216 色(2 の 24 乗)表示できます。RAW ファイルでも 3 つのカラーチャンネルを使用しています。ほとんどの RAW ファイルではカラーチャンネルごとに 12 ~ 14 ビットの色情報を記録できるので、その色 範囲は飛躍的に大きくなります。 1ビット 最大 2色 2ビット 最大 4色 4ビット 最大 16色 8ビット 最大 256色40 第3章 解像度について理解する 次は、1 画素あたりのビット深度が高くなれば、表示色がどの程度増加するかを示した例です。 ビット深度が 1 ビット高くなるごとに、表示色は 2 倍になります。 機器ごとの解像度測定値の違い これまで説明したように、解像度そのものは複雑なものではありません。単に、画像がどの程度 ディテールを再現できるかを表したものです。しかし、カメラ、ディスプレイ、プリンタなど、 さまざまなデジタル機器の解像度についての説明では、機器ごとの測定値の違いが分かりにくい 可能性があります。まず、カメラの解像度は、撮像素子が記録できる画素数を基準に測定されて います。次に、ディスプレイの解像度は、1 インチあたりの画素数(ppi)、あるいは 1920× 1280 画素といった表示解像度で表されます。最後に、プリンタの最大解像度については、プリンタが 1 平方インチあたりに打つことができるドット数(dpi)で表されます。このように、機器ごと で単位が異なる点が、デジタル画像の解像度を分かりにくくしている原因だと言えます。もちろ ん、変化するのは測定単位だけではなく、その数値も機器ごとに変化します。 1ビットのカラーチャンネル 最大 2色 2ビットのカラーチャンネル 最大 4色 4ビットのカラーチャンネル 最大 16色 8ビットのカラーチャンネル 最大 256色 800万画素のカメラ 3500×2300 画素の画像 1400 dpi のプリンタ 300 dpiのプリント (11.66×7.66インチ)第 3 章 解像度について理解する 41 カメラ、ディスプレイ、プリンタの解像度を理解する カメラ、ディスプレイ、プリンタの測定単位の違いを理解するのは簡単なことではありません。 しかし、機器間の解像度の違いを理解していないと、気付かないうちに画質が低下している場合 も考えられます。 カメラの解像度 カメラの潜在解像度は、メガピクセル(画像を記録できる百万単位の画素数)単位で測定されま す。メガピクセルの数が大きくなればなるほど、画像には多くの情報が記録されます。カメラが 潜在解像度を持つ理由は、レンズの画質、ISO 感度設定、圧縮設定なども画質に影響する可能性 があるからです。カメラの仕組みの詳細については、7 ページの第 1 章「デジタルカメラの原理」 を参照してください。 カメラが記録できるメガピクセル数を利用すれば、最終的に作成できるプリントの最高画質を大 まかに判断することができます。 メガピクセル プリントサイズ(200 dpi) 圧縮前のファイルサイズ(概数) 1 4" x 3" 1 MB 1 4" x 3.5" 2 MB 2 6" x 4" 3 MB 2.5 10" x 6" 7 MB 4 12" x 8" 12 MB 5 14" x 9" 15 MB 7 16" x 11" 21 MB42 第3章 解像度について理解する ディスプレイの解像度 最大解像度は、画面に表示できる最大画素数によって決まります。ほとんどのディスプレイでは、 さまざまな解像度設定が選択できます。たとえば、23インチの Apple Cinema HD Display の場 合、最小 640 × 480 画素から最大 1920 × 1200画素の解像度設定が用意されています。写真を 表示する場合は、ディスプレイを最大解像度に設定してください。画面には可能な限り詳細な画 像が表示されます。 プリンタの解像度 プリンタの解像度はプリントの画質だと考えられます。プリントの画質は、次の 2 つの要因に よって決まります。  画像ファイルの解像度:画像ファイルの解像度は、画像の画素数と画素自体のビット深度に よって決まります。当然、画像の画素数が多ければ多いほど、表示できる情報が多くなりま す。ただし、画素数のほか、ビット深度によっても解像度は大きく左右されます。ビット深度 が高ければ高いほど、画素はより多くの色を表示することができます。 ビット深度の詳細については、38 ページの「ビット深度について理解する」を参照してくだ さい。  プリンタの解像度:プリンタの解像度は、用紙 1 平方インチあたりにプリンタがどれだけ高い 密度でドットを打つことができるかによって決まります(単位:dpi)。また、プリンタの最大 解像度によって、プリントの最高画質が決まります。 CRT ディスプレイとフラットパネルディスプレイの解像度の違いについて CRT ディスプレイとフラットパネルディスプレイの解像度特性は異なります。CRT ディスプレ イでは、解像度を切り替えることができるので、設定解像度が実際の解像度で表示され、サ ポートされている解像度ならどれでも画像は正確かつシャープに描写されます。一方、フラッ トパネルディスプレイの場合は、最大解像度でしか画像は正確かつシャープに表示されませ ん。解像度を切り替えると、画像全体が画面のサイズに合わせて補間されるので、ぼやけた画 像や多少ぶれた画像が表示されてしまいます。 800万画素のカメラ 1920×1280 画素の画像 2400 dpi のプリンタ第 3 章 解像度について理解する 43 色を計算し、浮動小数点を理解する すでに説明したように、デジタル機器は色を数値化しています。「Aperture」では、浮動小数点 を利用して色を計算していますが、浮動小数点演算であれば、超高解像度でも最小のエラーで計 算することができます。 ビット深度と量子化について理解する 撮像素子で画像を記録する場合、アナログ信号を加工と保存が可能なデジタル信号に変換しなけ ればなりません。詳細については、17 ページの「撮像素子」を参照してください。アナログ信 号をデジタル信号に変換するプロセスはデジタル化と呼ばれています。アナログ信号をデジタル 化するプロセスでは、信号を離散的な数値に変換する量子化を行う必要があります。各画素のカ ラー値の精度は、バイナリ言語の長さ、つまりビット深度によって決まります。たとえば、1 ビッ トのバイナリ言語は 0 か 1 の状態しか表すことができません。1ビットシステムでは、その値に 関係なく、システムは 0 か 1(オンかオフ)でカラー値を表現してしまうために、画像を詳細に 記録することはできません。しかし、2 ビットのバイナリ言語であれば、00、01、10、11 の 4 つ の状態を表すことができます。そのほかのビット数も同様です。RAW 画像ファイルのほとんど は、カラーチャンネルごとに最低でも 12 ビットの情報を記録し(4096 段階可能)、カラー値を はるかに詳細に表すことができます。したがって、各画素が使用できるビット数が多ければ多い ほど、各カラーチャンネルのカラー値は、元のアナログ信号をより正確に表すことができます。 たとえば、128 の数を用いて、画像の 1画素あたりのカラーチャンネルのカラー値を 1 ボルトの 範囲内で表すことを考えてみましょう。この場合、カメラのアナログデジタル変換回路の精度は 1/128 ボルトとなります。1/128 ボルトよりも詳細なカラー値の変化は表されず、1/128 ボルト に概算されてしまいます。こうした丸め誤差は量子化誤差と呼ばれています。つまり、信号が概 算されればされるほど、画像の画質は低下することになります。44 第3章 解像度について理解する 浮動小数点とビット深度の関係を理解する デジタル画像に複数の調整を加えると、これらの調整が数値として計算され、画像が作成されま す。アナログデジタル変換回路と同様、調整の計算時にも量子化誤差が生じる可能性はあります。 たとえば、3 ÷ 2 = 1.5 という計算について考えてみましょう。注意しなければならないのは、 正確な答えを求めるには、つまり高い精度を求めるには小数点以下まで計算する必要があったこ とです。一方、画素のビット深度の場合、小数点以下の精度が実現できなければ、答えは 2 か1 の概数で表さざるを得ません。いずれにしても、これでは量子化誤差が生じてしまいます。特に、 量子化誤差が目に付くのは、元の値に戻ろうとするときです。浮動小数点精度がなければ、1 × 2 = 2または 2 × 2 =4 という答えしか得られません。どちらの計算も元の値の3 には戻ること ができません。このように、調整のために連続的な計算が必要な場合や、その後の値がそれぞれ 不正確な場合には、問題が生じる可能性があります。画像に対して複雑な調整を行うには、大量 の計算が必要です。そのため、最終的により正確な概数を求めるためには、調整について、入力 解像度や出力解像度よりもはるかに高い解像度で計算しなければなりません。 下の例では、24 ビットの画素の緑チャンネル(カラーチャンネルあたり 8 ビット)が 256 段階 の緑の明暗を表すことができます。ただし、167 段と 168 段の間のカラー値を計算しなければな らないような調整を行う場合は、浮動小数点処理ができないと、アプリケーションはいずれか一 方の値で表すことしかできません。最終的な計算結果は、近いながらも正確な色とはならず、残 念ながら、情報は失われてしまいます。 255 239 0 127 63 31 15 47 95 79 111 191 159 143 175 167.5 8ビットのカラーチャネルは 167.5で 表されるカラー値を表示できませんが、 浮動小数点演算であれば、この値を 使って目的に適ったより正確な色を 作成できます。 233 207第 3 章 解像度について理解する 45 「Aperture」の浮動小数点演算を理解する 内部的な処理として、「Aperture」では、画像調整の処理に浮動小数点演算を利用して、量子化 誤差を最小限に抑えています。浮動小数点演算であれば、広い範囲の数値をきわめて高い精度で 表すことができるので、画像に調整を加える際は、結果的に限りなく正確な画素値を得ることが できます。画像に複数回の調整を加えて、作業中の色空間のカラー領域にない色を作成する機会 は数多くあります。実際、調整に際しては、さまざまな色空間で計算が行われる場合があります。 浮動小数点を利用すれば、普通なら省略される色も、色計算の結果として中間の色空間に保存す ることができます。 画像を印刷する場合は、出力ファイルがプリンタのカラー領域内になければなりません。画素の カラー値は、画面で表示するにせよプリンタで出力するにせよ、必要に応じて、高い精度で処理 されて出力ビット深度に概算されます。こうした精度が最も効果を発揮するのは、暗い色合いや 画像のシャドー部をレンダリングするときです。ここで重要なのは、浮動小数点演算を用いて画 像を処理すれば、きわめて高い画質が実現できることです。 カラー領域の詳細については、34 ページの「カラー領域(ガモット)を理解する」を参照して ください。47 付録 クレジット 撮影:Norbert Wu(41 ページ、43 ページ) Copyright 2005 Norbert Wu http://www.norbertwu.com 撮影:Matthew Birdsell(9ページ、16 ページ) Copyright 2005 Matthew Birdsell http://www.matthewbirdsell.com iPod nano ユーザガイド目次 5 第 1 章 : iPod nano各部の説明 5 iPod nanoの概要 5 アクセサリ 6 ホーム画面 7 ステータスアイコン 8 第 2 章 : お使いになる前に 8 iPod nanoを設定する 10 第 3 章 : 基本 10 マルチタッチを使う 12 iPod nanoについての情報を入手する 12 iPod nanoを接続する/接続解除する(取り外す) 13 バッテリーについて 15 環境設定を行う 16 ホーム画面のアイコンを整理する 17 第 4 章 : iTunesと同期する 17 はじめて同期する 17 自動的にまたは手動で同期する 19 購入したコンテンツを別のコンピュータに転送する 20 第 5 章 : 音楽およびその他のオーディオ 20 音楽を再生する 22 Podcast、オーディオブック、および iTunes Uコレクションを再生する 24 音量を制御する 25 iPod nano上でプレイリストを作成する 28 Apple Earphonesを使う 29 第 6 章 : FMラジオ 29 FMラジオを聴く 30 FMラジオを選局する 31 放送中のラジオを一時停止する 32 曲にタグを付けて「iTunes」と同期する 32 ラジオの地域を設定する 34 第 7 章 : フィットネス 34 iPod nanoを使って歩数をカウントする 35 音楽付きのワークアウトを作成する 37 iPod nanoを調整する 38 フィットネスデータを表示する/管理する 240 第 8 章 : 写真 40 写真を同期する 41 写真を iPod nanoで表示する 43 第 9 章 : その他の機能 43 時間を計測する 45 ボイスメモを録音する 46 iPod nanoを外部ディスクとして使用する 47 Apple Earphones with Remote and Micを使用する 48 第 10 章 : アクセシビリティ 48 ユニバーサルアクセス機能 48 VoiceOver 50 モノラルオーディオ 50 黒地に白 51 第 11 章 : ヒントとトラブルシューティング 51 一般的な提案 55 iPodソフトウェアをアップデートする/復元する 56 第 12 章 : 安全にお使いいただくための注意点と清掃方法 56 安全および取り扱いに関する重要な情報 59 第 13 章 : その他の情報、サービス、サポート 60 法規制の順守に関する情報 目次 3iPod nano各部の説明 1 iPod nanoの概要 メニューおよび App アイコン Dockコネクタ イヤフォンポート 音量ダウン 音量アップ クリップ スリープ/スリープ解除 ステータスバー マルチタッチ画面 操作 手順 音楽やその他のオーディオを聴いていると きに画面のオン/オフを切り替える スリープ/スリープ解除ボタンを押します。 iPod nano の電源を完全に切る、または 再度電源を入れる スリープ/スリープ解除ボタンを数秒間押したままにします。 曲やほかのメディアを聴いているときに音 量を調整する 音量アップボタンまたは音量ダウンボタンを押します。 これらのボタンを使って、通知音やほかのサウンドの音量を調整することもできます。 アクセサリ iPod nanoには次のアクセサリが付属しています: Apple Earphones Apple DockコネクタUSBケーブル iPod nanoをコンピュータに接続、コンテンツを同期、およびバッテリーを充電するには、Apple Dockコネクタ USBケーブルを使用します。このケーブルは、Apple USB電源アダプタでも使用できます(別売)。 音楽、オーディオブック、および Podcastを聴くには、Apple Earphonesを使用します。これは、ラジオ放送を 聴くためのアンテナの役割も果たします。 5ホーム画面 iPod nanoの電源を入れると、ホーム画面が表示されます。 ホーム画面の各アイコンを使って、音楽や Podcastを聴いたり、ボイスメモの録音や写真の表示などの機能を使用 したりできます。アイコンをタップして開き、ジェスチャーを使って移動します(10 ページの「マルチタッチを使う」 を参照)。 最初に iPod nanoの電源を入れたときには、以下のホーム画面のアイコンが表示されます。 アイコン 機能 再生中 現在再生中のオーディオにすばやくアクセスできます。 ミュージック プレイリスト、アーティスト、曲などに基づいて整理されている音楽 およびその他のオーディオコンテンツにすばやくアクセスできます。 ラジオ イヤフォンが iPod nanoに接続されている場合に FMラジオチュー ナーを開きます。 フィットネス 「フィットネス」機能が開きます。この機能で、ウォーキングやラン ニングの歩数をカウントしたり、ワークアウトの時間、距離、ペース、 および消費カロリーを計測したりできます。 時計 時計、ストップウォッチ、およびタイマーを開きます。 写真 コンピュータと同期した写真を表示します。 オーディオブック iTunesライブラリと同期したオーディオブックのリストを表示します (オーディオブックがない場合、これは表示されません)。 Podcast iTunesライブラリと同期した Podcastのリストを表示します。 iTunes U iTunesライブラリと同期した iTunes Uコレクションのリストを表 示します(コレクションがない場合、これは表示されません)。 ボイスメモ ボイスメモを録音および管理するコントロールを開きます。マイクが iPod nanoに接続されているか、録音済みのボイスメモが iPod nanoにある場合にのみ、表示されます。 設定 iPod nano 本体の設定、およびその他さまざまな機能の設定を開 きます。 6 第 1章 iPod nano各部の説明以下のアイコンは、「設定」でオンにすることでホーム画面に追加できます。 アイコン 機能 Genius Mix iTunesライブラリと同期した Genius Mixのリストを表示します。 プレイリスト iTunesライブラリと同期したプレイリスト、または iPod nano上 で作成したプレイリストを表示します。 アーティスト iTunesライブラリと同期した曲のリストをアーティストごとに表示し ます。 アルバム iTunesライブラリと同期したアルバムのリストをアルファベット順に 表示します。 曲 iTunesライブラリと同期した曲のリストをアルファベット順に表示し ます。 ジャンル iTunesライブラリと同期した曲のリストを、ジャンル別に表示します。 作曲者 iTunesライブラリと同期した曲のリストを、作曲者別に表示します。 ホーム画面上でアイコンを移動して、アイコンのレイアウトをカスタマイズできます(15 ページの「環境設定を行う」 を参照)。ホーム画面を作成し、各画面には小さいアイコンを含めることができます 16 ページの「ホーム画面のアイ コンを整理する」を参照)。 ステータスアイコン iPod nanoについての情報を、画面上部のステータスバーにアイコンで表示します: アイコン 意味 曲、Podcast、オーディオブック、または iTunes Uエピソードが再生中です。 曲、Podcast、オーディオブック、iTunes Uエピソード、またはラジオ放送が一時停止中です。 ラジオが再生中です。 歩数のカウント中です。 バッテリーレベルまたは充電状況を示します。 第 1章 iPod nano各部の説明 7お使いになる前に 2 警告:負傷を防ぐため、iPod nanoを使用する前に、このガイドに記載されている操作上の指示と安全性に関す · る情報をすべてお読みください。 iPod nanoを設定する iPod nanoをお使いになる前に、「iTunes」で設定を行う必要があります。設定時に、iTunes Storeアカウントを 作成するか、既存のアカウントを指定できます。(iTunes Storeは、すべての国や地域で利用できるわけではありま せん。)iPod nanoの接続中に、必要に応じて「iTunes」でシリアル番号を表示および記録することもできます。 iPod nano を設定する: 1 www.itunes.com/jp/downloadから最新版の「iTunes」をダウンロードしてインストールします。 2 iPod nanoに付属のケーブルを使って、iPod nanoを Macまたは Windows PCの高電力型 USB 2.0ポートに 接続します。 3「iTunes」の画面に表示される指示に従って iPod nanoを登録し、iTunesライブラリの曲と iPod nanoを同期 します。 iPod nano 設定アシスタントの使用方法については、17ページの「はじめて「iTunes」の同期を設定する:」を参 照してください。 iPod nanoがコンピュータと同期中の場合は、iPod nanoに「同期作業が進行中」と表示されます。同期が完了 すると「、iTunes」に「iPodの同期が完了しました。」と表示されます。同期については、17ページの第 4 章「iTunes と同期する」を参照してください。 4 iPod nanoを最大で 3 時間コンピュータに接続したままにして、バッテリーを完全に充電します。 バッテリーが完全に充電される前でも iPod nanoを取り外せます。また、バッテリーの充電中に同期することもで きます。詳しくは、13 ページの「バッテリーについて」を参照してください。 iPod nanoを Windows PCの USBポートに接続する場合、コンピュータのスリープ中にバッテリーが充電されな いことがあります。 85 iPod nanoの使用準備ができたら、iPod nanoからケーブルを取り外します。 「接続されています」または「同期中です」というメッセージが表示されているときは、iPod nanoを取り外さない でください。iPod nanoのファイルの損傷を防ぐため、iPod nanoを取り外す前に取り出し操作を行ってください。 iPod nanoの安全な取り外しについて詳しくは、12ページの「iPod nanoをコンピュータから取り外す」を参照し てください。 第 2章 お使いになる前に 9基本 3 マルチタッチを使う マルチタッチスクリーンと単純な指のジェスチャによって、簡単に iPod nanoを使用できます。 タップおよびダブルタップ アイコンを開いたり、メニューやリスト内の項目を選択したりする場合にタップします。写真を拡大するには、すばや く2回タップします。それからもう一度ダブルタップすると、写真がすばやく縮小されます。 タッチしたまま押さえる ホーム画面に戻るには、画面の任意の場所(アイコンやコントロールを除く)をタッチしたまま押さえます。ホーム画 面のアイコンを並べ替えるには、アイコンをタッチしたまま押さえます。アイコンが波打ち始めたらアイコンドラッグし て新しい順序に並べ替え、スリープ/スリープ解除ボタンを押して保存します。 指をさっと動かす 次または前の画面に移動するには、指を右または左にさっと動かします。 10ドラッグ スクラブバーまたはスライダのコントロールを動かすには、スクラブバーまたはスライダの上でドラッグします。アイ コンを並べ替えるには、アイコンをドラッグします。 フリック すばやくスクロールするには、指ですばやく上または下にフリックします。スクロールが停止するのを待ちます。また は画面に触れるとすぐに止まります。画面に触れても、何も選択されたりアクティブになったりすることはありません。 プレイリストなどの一部のリストでは、下にフリックすると編集コントロールが上部に表示されます。 回転 画面を回転できるため、iPod nanoをクリップで留めていても簡単に画面を見ることができます。画面に 2 本の指 を置いて好みの方向に回転させ、画面が好みの方向を向くようにします。 iPod nanoのその他のコントロールとジェスチャを以下に示します: 操作 手順 iPod nano の電源を完全に切る、または 再度電源を入れる iPod nano の電源を完全に切るには、スリープ/スリープ解除ボタンを数秒間押したま まにします。再生中のオーディオはすべてオフになります。この方法で iPod nano の電 源を切った後で再度電源を入れるには、スリープ/スリープ解除ボタンを数秒間押したま まにします。 この機能を使用するには、iPodソフトウェア、バージョン1.1以降を使用している必要が あります。 iPod nano のスリープを解除する スリープ/スリープ解除ボタンを押します。 画面をオフにする スリープ/スリープ解除ボタンを押します。再生中の音楽やその他のオーディオは引き続 き再生されます。 バックライトを点灯する バックライトが暗いときは画面をタップします。 iPod nano をリセットする(応答しない場 合) 画面が暗くなるまでスリープ/スリープ解除ボタンと音量ダウンボタンを押し続けます。数 秒後に Appleロゴが表示され、その後ホーム画面が表示されます。 項目を選択する 項目をタップします。 前の画面に戻る 画面上で指を右にさっと動かします。 第 3章 基本 11操作 手順 次の画面に移動する 画面上で指を左にさっと動かします。 リストの先頭に移動する 画面の上部にあるステータスバーをタップします。 曲、アーティスト、またはアルバム名の全 体を表示する 名前の上で指を左にさっと動かします。 ホーム画面に直接移動する 画面上で指を右にさっと動かすか、アイコンやコントロール以外の任意の場所をタッチし たまま押さえます。 ワークアウトを開始する ホーム画面で「、フィットネス」をタップしてから「ウォーキング」または「ランニング」をタッ プします。 ボイスメモを録音する Apple Earphones with Remote and Mic(別売)を接続します。次に、ホーム画面 で「ボイスメモ」をタップします。 iPod nano のシリアル番号を確認する ホーム画面で、「設定」をタップしてから「情報」をタップします。 iPod nano のクリップの開いている方の端の下を見ます。 iPod nanoについての情報を入手する お使いの iPod nanoに関する以下の詳細情報は、「設定」で確認できます:  容量および空き容量  曲と写真の数  シリアル番号、モデル、およびソフトウェアのバージョン  著作権および法的な情報 iPod nanoについての情報を入手する: m ホーム画面で、「設定」をタップしてから「情報」をタップします。 iPod nanoを接続する/接続解除する(取り外す) ファイルを同期したり、iPod nanoのバッテリーを充電したりするには、iPod nanoをコンピュータに接続します。 曲の同期とバッテリーの充電を同時に行うことができます。 重要:コンピュータがスリープ状態またはスタンバイモードのときは、バッテリーは充電されません。 iPod nanoをコンピュータに接続する 「iTunes」でほかの同期設定を選択しない限り、iPod nanoをコンピュータに接続すると曲が自動的に転送されます。 iPod nano をコンピュータに接続する: m 同梱の Apple DockコネクタUSBケーブルを、コンピュータの高電力型 USB 2.0ポートに接続します。もう一方の 端を iPod nanoに接続します。 iPod Dockを使用する場合は、コンピュータの USB 2.0ポートにケーブルを接続し、もう一方の端を Dockに接続 してから、iPod nanoを Dockにセットします。 参考:多くの場合、キーボード上の USBポートでは十分な電力が得られないので、iPod nanoを充電できません。 iPod nanoをコンピュータから取り外す iPod nanoのホーム画面が表示されているか、コンピュータから取り外せるというメッセージが表示されている場合、 iPod nanoを安全に取り外せます。バックライトが点灯していない場合は、スリープ/スリープ解除ボタンを押してバッ クライトを点灯させ、安全に取り外せるかどうかを確認できます。 12 第 3章 基本iPod nano を取り外す: iPod nanoからケーブルを取り外します。iPod nanoが Dockにセットされている場合は、iPod nanoを Dock m から取り外します。 「接続されています」または「同期中です」というメッセージが表示されているときは、iPod nanoを取り外さない でください。iPod nanoのファイルの損傷を防ぐため、これらのメッセージが表示されているときは、iPod nano を取り外す前に取り出し操作を行う必要があります。 iPod nano を取り出す: m 「iTunes」で、「iTunes」ウインドウの左側のデバイスリスト内で iPod nanoの横にある「取り出す(」C)ボタンをクリッ クします。 m Macを使用している場合は、iPod nanoのデスクトップアイコンを「ゴミ箱」にドラッグして iPod nanoを取り出 すこともできます。 m Windows PCを使用している場合は、「マイコンピュータ」で、または Windowsシステムトレイで「ハードウェア の安全な取り外し」アイコンをクリックして iPod nanoを選択することにより、iPod nanoを取り出すことができ ます。 iPod nanoを取り出さずに取り外してしまった場合は、iPod nanoをコンピュータに再度接続してもう一度同期し てください。 バッテリーについて iPod nanoには、ユーザには交換できないバッテリーが内蔵されています。iPod nanoを最適にお使いいただく ために、はじめてお使いになるときには、バッテリーアイコンが完全に充電されたことを示す状態になるまで、バッ テリーを 3 時間ほど充電してください。 iPod nanoのバッテリーは、1時間半ほどで 80パーセント充電され、完全に充電するには 3 時間ほどかかります。 iPod nanoの充電中に、ファイルの追加、音楽の再生、ラジオの聴取、スライドショーの表示などを行うと、さら に時間がかかることもあります。 バッテリーを充電する iPod nanoのバッテリーは、iPod nanoをコンピュータに接続するか、Apple USBアダプタ(別売)を使用する ことで充電できます。 コンピュータを使ってバッテリーを充電する: m iPod nanoをお使いのコンピュータの USB 2.0ポートに接続します。コンピュータの電源が入っていて、スリープが 解除されている必要があります。 重要:iPod nanoの画面に「充電中。お待ちください」や「電源に接続してください」というメッセージが表示さ れる場合は、iPod nanoをコンピュータと通信させる前に、バッテリーを充電する必要があります。52ページの 「iPod nanoに「電源に接続してください」というメッセージが表示される場合」を参照してください。 お使いのコンピュータから離れているときにiPod nanoを充電したい場合は、Apple USB Power Adapte(r Apple USB電源アダプタ)を購入してください。 Apple USB電源アダプタを使ってバッテリーを充電する: 1 DockコネクタUSBケーブルを Apple USB電源アダプタに接続します。 2 DockコネクタUSBケーブルのもう一方の端子を iPod nanoに接続します。 第 3章 基本 133 Apple USB電源アダプタのプラグをコンセントに差し込みます。 Apple USB 電源アダプタ (お使いのアダプタは形状が異なる場合があります) DockコネクタUSBケーブル バッテリーの状態を理解する iPod nanoを電源に接続していないときは、iPod nanoの画面右上隅のバッテリーアイコンを見れば、おおよその バッテリー残量を確認できます。 バッテリーの充電量は 20%未満です バッテリーは半分くらい充電されています バッテリーは完全に充電されています iPod nanoを電源に接続すると、バッテリーアイコンが変化して、充電中であること、または完全に充電されてい ることを確認できます。 バッテリーは充電中です(稲妻) バッテリーは完全に充電されています(プラグ) 完全に充電される前でも、コンピュータから取り外して、iPod nanoを使用することができます。 参考:充電式のバッテリーに充電できる回数は限られているため、その回数を超えた場合は、Apple 正規サービス プロバイダでバッテリーを交換する必要があります。バッテリーの寿命と充電回数は、使用方法と設定によって異な ります。詳しくは、www.apple.com/jp/batteriesを参照してください。 電力を節約する iPod nanoでは、オーディオを聴いたりワークアウトのときに、インテリジェントにバッテリー寿命を管理します。 電力の節約のため、20 秒間 iPod nanoの画面に触れないと画面が暗くなり、その後電源が切れます。このように して画面がオフになったときに画面をオンにする、または手動で画面をオフにするには、スリープ/スリープ解除ボタ ンを押します。 iPod nanoが動作していないとき(オーディオが再生されておらず、歩数がカウントされている場合に動きが検出さ れないとき)は、自動的に電源が切れます。このようにして iPod nanoの電源が切れた後で再度電源を入れるには、 スリープ/スリープ解除ボタンを押します。 スリープ/スリープ解除ボタンを数秒間押したままにして、iPod nanoの電源を完全に切ることもできます。この方 法で iPod nanoの電源を切ったときに、再度電源を入れるには、スリープ/スリープ解除ボタンを数秒間押したま まにします。 iPod nanoの電源を切ると、次のようになります:  再生中の音楽やその他のオーディオが停止されます。  一時停止しているラジオが消去されます。  再生中のスライドショーがあれば停止されます。  録音中のボイスメモがあれば保存されます。  歩数のカウントが停止されます。  Nike+のワークアウトデータが停止および保存されます。 14 第 3章 基本iPod nanoの電源が切れているときは、タイマーの時間になってもアラームは聞こえません。再び iPod nanoの 電源を入れると、時間になっていないアラームは予定通り鳴ります。この機能を使用するには、iPodソフトウェアバー ジョン1.1以降を使用している必要があります。 環境設定を行う 設定を行うことで、ホーム画面の外観を変えたり、iPod nanoのその他の環境設定を行ったりできます。環境設定 を行うには、ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。 「一般」設定 以下に、設定可能な「一般」環境設定を示します: 環境設定 用途 明るさ 画面の明るさを調整します。バッテリーの電力消費を抑えるには、明るさを下げます。 壁紙 ホーム画面の背景イメージを設定します。パターンをタップしてその画面表示を確認し、 「キャンセル」または「設定」をタップします。 ホーム画面 アイコンをホーム画面に表示したり、ホーム画面から削除したりします。ホーム画面を変 更して大きなアイコンまたは小さなアイコンを表示します。 日付と時刻 日付、時刻、および時間帯を設定します。時刻表示を 24 時間時計に変更します。ウォー キング中に(「再生中」ではなく)時計を表示します。時計文字盤を選択します(43 ペー ジの「時計文字盤を変更する」を参照してください)。 アクセシビリティ VoiceOverおよびモノラルオーディオをオンにします。画面を黒地に白に変更します。ア クセシビリティ機能については、48 ページの「ユニバーサルアクセス機能」を参照してく ださい。 言語 iPod nanoで使用する言語を設定します。 「ミュージック」設定 「ミュージック」設定を使って、iPod nanoで音楽を聴いたり再生したりする方法をカスタマイズできます。これら の設定を表示するには、ホーム画面の「設定」アイコンをタップして、「ミュージック」をタップします。 以下に、設定可能な「ミュージック」環境設定を示します: 環境設定 用途 シェイクしてシャッフルする 画面がオンになっているときに、iPod nano をすばやくシェイクしてランダムに曲を選択 する機能のオン/オフを切り替えます。 音量の自動調整 同じ相対音量レベルですべての曲が再生されるように、曲の音量を自動的に調整します。 スリープ/スリープ解除ボタン スリープ/スリープ解除ボタンをダブルクリックして、現在のトラックを一時停止または再 生するか、次のトラックを再生するかを選択できます。 イコライザ イコライザ設定を選択します。 音量制限 iPod nano の最大音量の制限を設定し、設定が知らないうちに変更されることを防ぐ ためにパスコードを割り当てます。 オーディオクロスフェード 自動的に各曲の終わりにフェードアウトし、はじめにフェードインします。 グループコンピレーション コンピレーションの曲をグループにまとめます。コンピレーションは、「ミュージック」で、 「アーティスト」および特定の「ジャンル」の下のサブカテゴリとして表示されます。 第 3章 基本 15その他の設定 写真を表示したり、ラジオを聴いたり、ワークアウトを追跡したりする方法に関する環境設定を、「設定」で行えます。 詳しくは、以下を参照してください:  29ページの第 6 章「FMラジオ」  34 ページの第 7 章「フィットネス」  40 ページの第 8 章「写真」 同期したコンテンツに影響を及ぼすことなく、iPod nanoをリセットしてデフォルトの設定に戻すことができます。 すべての設定をリセットする: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2 上にフリックしてから、「Reset Settings」をタップします。 3「Reset」をタップします。リセット操作を取り消す場合は、「Cancel」をタップします。 4 使用したい言語をタップしてから、「完了」をタップします。 ホーム画面のアイコンを整理する ホーム画面のアイコンを並べ替えて、よく使う項目を見つけやすくできます。たとえば、iPod nanoをワークアウト で毎日使用する場合は、「フィットネス」アイコンを先頭に移動することですばやくアクセスできます。 ホーム画面のアイコンを並べ替える: 1 移動したいアイコンをタッチしたまま押さえ、すべてのアイコンが波打ち始めるまで待ちます。 2 アイコンを新しい場所にドラッグします。 左または右にドラッグすると、アイコンがスクロールします。小さなアイコンでは、左または右にドラッグすると別の 画面に移動します。 3 アイコンが目的の場所に表示されたら、画面から指を離します。 4 スリープ/スリープ解除ボタンを押すか、アイコンを再度タップして押さえたままにして、変更を保存します。 ホーム画面を変更し、大きなアイコン1つではなく小さなアイコンを4つ表示することもできます。ホーム画面下部 の点は、存在する画面の数を示します。 ホーム画面に小さなアイコンを表示する: 1「設定」をタップしてから、「一般」をタップします。 2「ホーム画面」をタップします。 3「小さなアイコン」の横にある をタップします。 16 第 3章 基本iTunesと同期する 4 はじめて同期する 「iTunes」は、コンピュータと iPod nanoとの間で音楽、オーディオブック、Podcast、写真、および iTunes U コレクションを同期したり、ワークアウトを Nike+ Webサイトに送信したりするのに使用する無料のソフトウェア・ アプリケーションです。 「iTunes」内にコンテンツがない場合は、iTunes Store(一部の国でのみ利用可能です)でコンテンツをプレビュー し、コンピュータの「iTunes」にダウンロードできます。「iTunes」と iTunes Storeについては、「iTunes」を開き、 「ヘルプ」>「iTunes ヘルプ」と選択してください。 はじめて「iTunes」の同期を設定する: 1 iPod nanoをコンピュータに接続して、「iTunes」を開きます。 2 iPod nanoの名前を入力します。 はじめて iPod nanoを接続するときに、名前を入力します。この名前は、入力した後は「iTunes」ウインドウの左 側のデバイスリストに表示されます。 3 音楽と写真の自動同期に関するオプションを選択します。 オプションの選択に関するヘルプを参照したい場合は、メニューバーで「ヘルプ」>「iTunes ヘルプ」と選択します。 4 iPod nanoで使いたい言語をポップアップメニューから選択します。 この操作を実行する必要があるのは、はじめての接続時、および iPod nanoを工場出荷時の状態に戻す場合だけ です。 5「完了」をクリックします。 曲や写真を自動的に同期することを選択した場合、すぐに同期が始まります。 自動的にまたは手動で同期する iPod nanoにコンテンツを追加するために 2つの方法が用意されています:  自動的に同期する:iPod nanoをコンピュータに接続すると、iTunesライブラリ内の項目と一致するように iPod nanoが自動的にアップデートされます。iPod nanoを自動的に同期できるコンピュータは1度に1つだ けです。  iPod nano を手動で管理する:iPod nanoを接続しているときに、iPod nanoに項目を個別にドラッグしたり、 iPod nanoから項目を個別に削除したりできます。複数のコンピュータから曲を追加することもできます。そ のたびに iPod nanoから曲を消去する必要はありません。音楽を手動で管理する場合は、必ず iPod nanoを 「iTunes」から取り出してから、iPod nanoを取り外してください(12ページの「iPod nanoを接続する/接続 解除する(取り外す)」を参照)。 自動的に同期する iPod nanoの同期は、通常は「iTunes」に接続すると必ず実行されます。 音楽がコンピュータからiPod nanoに同期されている間、「iTunes」の状況ウインドウに進行状況が表示され、デ バイスリストの iPod nanoアイコンの横に同期アイコンが表示されます。アップデートが完了すると、「iTunes」に 「iPodのアップデートが完了しました」というメッセージが表示され、「iTunes」ウインドウの下部にあるバーには、 コンテンツタイプごとのディスク領域使用量が表示されます。 17重要:同期していないコンピュータに iPod nanoをはじめて接続した場合は、曲を自動的に同期したいかどうかを 確認するメッセージが表示されます。同意する場合は、すべての曲、オーディオブック、およびその他のコンテンツ が iPod nanoから消去され、そのコンピュータからの曲やその他の項目と置き換えられます。 いつも同期しているコンピュータ以外のコンピュータに iPod nanoを接続するときに、iPod nanoが同期されな いようにすることができます。 iPod nano の自動同期をオフにする: m 「iTunes」の「概要」タブで、「この iPodの接続時に iTunesを開く」の選択を解除して、「適用」をクリックします。 自動同期をオフにしても、「同期」ボタンをクリックすることで、いつでも同期を行うことができます。 iPod nanoを手動で管理する iPod nanoを手動で管理する場合は、曲およびその他のコンテンツを個別に追加したり削除したりできます。 iPod nanoにすでにある項目を削除することなく、コンテンツを複数のコンピュータから iPod nanoに追加でき ます。 音楽を手動で管理するように iPod nanoを設定すると、「ミュージック」、「Podcast」、「iTunes U」、および「写真」 パネルの自動同期オプションが切になります。一部の項目を手動で管理して、その他の項目を自動同期することはで きません。 参考:コンテンツを手動で管理する場合は、Genius Mixは機能しません。ただし、Geniusプレイリストを iPod nanoと手動で同期することは可能です。Geniusコンテンツを手動で同期した後で、iPod上で Geniusプレイリス トを作成します。27ページの「Genius Mixを再生する」を参照してください。 コンテンツを手動で管理するように「iTunes」を設定する: 1「iTunes」の「環境設定」で「デバイス」をクリックし、「iPod、iPhone、および iPadを自動的に同期しない」を 選択します。 2「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「概要」タブをクリックします。 3「オプション」セクションで「音楽を手動で管理」を選択します。 4「適用」をクリックします。 iPod nano上のコンテンツを手動で管理する場合は、常に iPod nanoを「iTunes」から取り出してから、iPod nanoを取り外してください。13 ページの「iPod nanoを取り出す:」を参照してください。 曲やその他の項目を手動で追加する: 1「iTunes」で「、iTunes」ウインドウの左側の「ライブラリ」の下にある「ミュージック」または別の項目をクリックします。 2 曲やその他の項目をデバイスリストの iPod nanoにドラッグします。 曲やその他の項目を iPod nanoから削除する: 1「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択します。 2 iPod nano上の曲やその他の項目を選択してから、キーボードの Deleteキーまたは Backspaceキーを押します。 iPod nanoから曲やその他の項目を削除しても、iTunesライブラリからは削除されません。 いつでも自動的に同期するように、iPod nanoを設定し直すことができます。 自動的に同期するように「iTunes」を設定し直す: 1「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「概要」タブをクリックします。 2「音楽を手動で管理」の選択を解除します。 3「ミュージック」および「Podcast」タブを選択し、同期オプションを選択します。 4「適用」をクリックします。自動的にアップデートが始まります。 18 第 4章 iTunesと同期する購入したコンテンツを別のコンピュータに転送する iPod nanoを使って、あるコンピュータで「iTunes」を使って購入したコンテンツを別のコンピュータの iTunesラ イブラリに転送できます。お使いの iTunes Storeアカウントからコンテンツを再生するには、もう1台のコンピュー タが認証されている必要があります。 別のコンピュータを認証する: m もう1台のコンピュータで「iTunes」を開き、「Store」>「このコンピュータを認証」と選択します。 購入したコンテンツを別のコンピュータに転送する: 1 もう1台のコンピュータで「iTunes」を開き、「Store」>「このコンピュータを認証」と選択します。 2 iPod nanoを新しく認証されたコンピュータに接続します。 3「iTunes」で、「ファイル」>「購入した項目を iPodから転送」と選択します。 第 4章 iTunesと同期する 19音楽およびその他のオーディオ 5 音楽を再生する iPod nanoでは、曲を簡単に見つけて聴くことができます。マルチタッチスクリーンを使って、曲のリピート、早送り、 シャッフル、およびプレイリストの作成ができます。 曲を再生するには、次のいずれかを行います: m ホーム画面で「ミュージック」をタップし、カテゴリ(「プレイリスト」、「アルバム」、または別のグループ)をタップし てから、曲をタップします。 m ホーム画面で、「再生中」をタップしてシャッフルした曲を再生するか、一時停止中の曲を再開します。 m iPod nanoをすばやくシェイクして、シャッフルした曲を再生します。 曲の再生中に、アルバムアートワーク(利用できる場合)が「再生中」画面に表示され、「再生」( )または一時停 止( )アイコンがほかの画面上部のステータスバーに表示されます。音楽やその他のコンテンツを聴いているときに、 iPod nanoの音楽やその他のコンテンツをブラウズしたり、設定を変更したり、アイコンを並べ替えたりできます。 以下に、音楽ライブラリを操作する方法をいくつか示します:  フリックして曲やアルバムリストをすばやくスクロールしたり、メニューバーをタップしてリストの先頭に戻ります。  「プレイリスト」「、アルバム」、またはほかのリストのアイコンをホーム画面に追加します。「設定」>「一般」>「ホー ム画面」>「ミュージック」とタップして、追加したいアイコンの横にある をタップします。  ブラウズしているリストにインデックスが含まれている場合は、インデックスを指で下にドラッグして、大きな文字 がリストの上に表示されます。目的の文字が表示されたら、指を離します。 20曲のコントロールで再生を制御する 再生中の曲のアルバムアートワークが「再生中」画面に表示されます。画面を1回タップして曲のコントロールを表 示してから、左にスワイプして追加のコントロールと歌詞(「iTunes」で歌詞を追加した場合)を表示します。 画面下部の点は、使用可能な画面の数を示します。 ここでは、iPod nanoの曲のコントロールを使って実行できる操作について説明します。 操作 手順 曲を一時停止する をタップするか、イヤフォンを取り外します。 一時停止中の曲を再生する をタップします。曲やその他のオーディオを再生するには、iPod nanoをコンピュー タから取り出す必要があります。 曲を始めから再生する をタップします。 前の曲を再生する を 2回タップします。 次の曲に移動する をタップします。 曲を早送りまたは巻き戻しする または を押さえたままにします。 曲をリピートする をタップします。その他の操作の場合は、再度タップします: = 現在のアルバムまたはリストにあるすべての曲をリピートします。 = 現在の曲だけを繰り返しリピートします。 Geniusプレイリストを作成する 曲を再生してから、 をタップします。 曲をシャッフルする をタップします。 曲の中の好きな場所に移動する スクラブバーの再生ヘッドを好きな場所にドラッグします。指を上方向にスライドして、ス クラブ速度を正確に調整します。指を上にスライドすればするほど、細かく調整できます。 曲にレートを付ける 曲のコントロール画面で をタップし、画面上部の点を指でドラッグします。 アルバムの曲を表示する 曲のコントロール画面で をタップするか、「アルバム」リストでアルバムをタップします。 スリープ/スリープ解除ボタンで再生を制御する スリープ/スリープ解除ボタンをダブルクリックして次のトラックを再生するか、ダブルクリックで現在のトラックを 一時停止または再生するように設定を変更することができます。 スリープ/スリープ解除ボタンの環境設定を行う: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2「ミュージック」をタップしてから、「スリープ/スリープ解除ボタン」をタップします。 3 をタップしてオンにします。 4「次のトラック」または「再生/一時停止」をタップします。 音楽またはその他のオーディオを再生中に iPod nanoの電源を切った場合(スリープ/スリープ解除ボタンを押した ままにして)、再度電源を入れると、iPod nanoが中断した再生を始めます。 第 5章 音楽およびその他のオーディオ 21曲をシャッフルする 曲、アルバム、またはプレイリストをランダムな順序で再生できます。また、すばやくシェイクするとシャッフルする ように iPod nanoを設定することもできます。 以下の表に、音楽をシャッフルする方法をいくつか示します: 操作 手順 すべての曲をシャッフルして再生する 「曲」リストの上部にある「シャッフル」をタップします。iPod nano の音楽ライブラ リからランダムな順序で曲の再生が始まります。オーディオブック、Podcast、および iTunes Uコレクションはスキップされます。 音楽を再生していないときに、ホーム画面の「再生中」画面をタップすることもできます。 「再生中」画面から曲をシャッフルする 「再生中」画面をタップしてから、アルバムアートワークをタップします。画面の下部に沿っ て指を左にさっと動かしてから、 をタップします。 「シェイクでシャッフル」を使用する 画面がオンになっているときに、iPod nano をすばやくシェイクしてランダムに曲を選択 します。画面がオフになっているときは、スリープ/スリープ解除ボタンを押してからシェ イクします。「シェイクでシャッフル」はデフォルトでオンになっていますが「、設定」>「ミュー ジック」でオフにできます。 Podcast、オーディオブック、および iTunes Uコレクションを再生する Podcastは、iTunes Storeから無料で入手できる、ダウンロード可能な番組です。Podcastは、番組、番組内 のエピソード、およびエピソード内のチャプタによって構成されています。Podcastの再生を途中で止め、後で再開 した場合、中断した場所から再生が始まります。 iTunes Uは講義、語学レッスンなどを無料で提供する iTunes Storeの領域の1つで、そのコンテンツを iPod nanoにダウンロードして楽しむことができます。iTunes Uのコンテンツは、コレクション、コレクション内 の項目、著者、および提供者ごとにまとめられています。ホーム画面に「iTunes U」アイコンが表示されるのは、 iTunesライブラリからiTunes Uコンテンツを同期した場合だけです。 Podcast 番組とiTunes Uコレクションは日時の順に表示されるので、リリースされた順に再生できます。青い点は、 番組とエピソードが未再生であることを示します。Podcastエピソードまたは iTunes Uプログラムの視聴を終了 すると、次の未再生または一部再生済みのエピソードが自動的に始まります。 iTunes Storeからオーディオブックを購入/ダウンロードして、iPod nanoで聴くことができます。iTunes Store または audible.comから購入したオーディオブックを聴くときに、再生速度を通常より速くまたは遅くできます。 22 第 5章 音楽およびその他のオーディオPodcast、オーディオブック、および iTunes Uコレクションを再生する: 1 ホーム画面で、「Podcast」(または「オーディオブック」か「iTunes U」)をタップしてから、番組またはタイトルを タップします。 Podcast、オーディオブック、および iTunes Uも「ミュージック」のリストに表示されます。 2 エピソードまたはチャプタをタップして再生します。 「再生中」画面に、オーディオブック、Podcast、または iTunes Uのアートワークが表示されます(いずれかが入 手可能な場合)。 3「再生中」画面をタップして、再生コントロールを表示します。  一時停止するときは をタップし、再開するときは をタップします。 Podcast、オーディオブック、または iTunes Uコレクションの再生が、中断した場所から始まります。オーディ オブックの場合は、チャプタリストの「再開」をタップできます。  Podcast、オーディオブック、または iTunes Uコレクションの次のチャプタに移動するには をタップし、現 在のチャプタの先頭に移動するには をタップします。 4 指を左にさっと動かすと、以下の表に示す追加の再生コントロールが表示されます。 操作 手順 Podcast、オーディオブック、または iTunes Uコレクションの中の好きな場所 に移動する スクラブバーの再生ヘッドを好きな場所にドラッグします。指を上方向にスライドして、ス クラブ速度を正確に調整します。指を上にスライドすればするほど、細かく調整できます。 最後の 30 秒を再生する をタップします。 再生速度を設定する をタップします。再度タップして、速度を変更します。 = 倍速で再生します。 = 通常の速度で再生します。 = 半分の速度で再生します。 Podcast、iTunes U、またはオーディオ ブックのエピソードまたはチャプタを表示 する 最初のコントロール画面で をタップします。 Podcast、iTunes U、またはオーディオ ブックについての情報を表示する 「再生中」画面をタップしてから、最後のコントロール画面で指を左にさっと動かします。 Podcastのダウンロードと視聴について詳しくは「、iTunes」を開き「、ヘルプ」>「iTunes ヘルプ」と選択してください。 そこで「Podcast」を検索してください。 オーディオブックにレートを付ける オーディオブックにレートを付けて(星 0~ 5 個)、曲の好みの程度を指定することができます。iPod nanoでオー ディオブックに付けるレートは、「iTunes」と同期するときに「iTunes」に転送されます。 オーディオブックにレートを付ける: 1「再生中」画面でブックカバーをタップしてから、 をタップします。 2 画面の上部にあるドットに沿って指をドラッグして、星を追加または削除します。 3 完了したら、指を離します。 第 5章 音楽およびその他のオーディオ 23音量を制御する 音量ボタンは、iPod nanoの上部にあります。聴きながら音量を調整するには、音量アップボタンまたは音量ダウ ンボタンを押します。以降のセクションでは、最大音量を制限したり、オーディオ品質を向上させたりするために実 行できるその他の調整について説明します。 最大音量の制限を設定する iPod nanoの最大音量の制限を設定し、設定が知らないうちに変更されることを防ぐためにパスコードを割り当て ることができます。 参考:Dockコネクタを使って接続するアクセサリは、音量制限に対応していません。 iPod nano の最大音量の制限を設定する: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2「ミュージック」をタップしてから、「音量制限」をタップします。 音量コントロールに最大音量制限が表示されます。 3 最大音量制限を下げるにはスライダを左にドラッグし、制限を上げるには右にドラッグします。 音量制限を変更するときにパスコードを要求する: 1 最大音量を設定した後で、「音量制限をロック」をタップします。 2 表示される画面に、パスコードにする 4 桁の番号をタップします。 番号を間違ってタップしてしまった場合は、 をタップしてから、正しい数字をタップし直します。 を続けてタップしてすべての番号を消し、パスコードを設定せずに「音量制限」画面に戻ることができます。 3 パスコードを再入力するように求められたら、もう一度番号をタップします。 音量制限を解除する: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2「ミュージック」をタップしてから、「音量制限」をタップします。 3 スライダを右端までドラッグします。 パスコードを設定した場合は、「音量制限をロック解除」を最初にタップしてからパスコードを入力して、スライダを ドラッグします。 パスコードを忘れてしまった場合は、iPod nanoを復元して解決することができます。55 ページの「iPodソフトウェ アをアップデートする/復元する」を参照してください。 同じ音量レベルで曲を再生する 曲やその他のオーディオの音量は、オーディオの録音方法またはエンコード方法によって異なることがあります。 イヤフォンやヘッドフォンを変えると、音量レベルも変わることがあります。 「iTunes」では、同じ相対音量レベルですべての曲が再生されるように、曲の音量を自動的に調整することができ ます。その後で、「iTunes」と同じ音量設定を使用するように iPod nanoを設定できます。 24 第 5章 音楽およびその他のオーディオ曲が同じ音量で再生されるように設定する: 1「iTunes」で、「iTunes」>「環境設定」(Macの場合)と選択するか、「編集」>「設定」(Windows PCの場合) と選択します。 2「再生」をクリックして「サウンドチェック」を選択してから、「OK」をクリックします。 3 iPod nanoのホーム画面で、「設定」をタップします。 4「ミュージック」をタップします。 5「音量を自動調整」の横にある をタップして、オンにします。 「iTunes」で「サウンドチェック」をオンにしていない場合は、iPod nanoで設定しても効果はありません。 イコライザを使用する イコライザプリセットを使用すると、特定の音楽ジャンルやスタイルに合わせて、iPod nanoのサウンドを変更する ことができます。たとえば、ロック音楽のサウンドをよくするには、イコライザを「Rock」に設定します。 iPod nanoでイコライザを設定する: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2「ミュージック」をタップしてから、「EQ」をタップします。 3 イコライザプリセットをタップします(上にフリックすると選択肢がさらに表示されます) 「iTunes」でイコライザプリセットを曲に割り当てていて、iPod nanoのイコライザが「オフ」に設定されている場合、 その曲は「iTunes」の設定を使って再生されます。詳しいことを知りたいときは「、iTunes」を開き「、ヘルプ」>「iTunes ヘルプ」と選択してください。 曲と曲の間でクロスフェードする 各曲の終わりにフェードアウトし、それに続く曲のはじめにフェードインするように iPod nanoを設定することがで きます。 クロスフェードをオンにする: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2「ミュージック」をタップしてから、「オーディオクロスフェード」の横にある をタップします。 iPod nano上でプレイリストを作成する iPod nanoがコンピュータに接続されていないときでも、曲、Podcast、およびオーディオブックのプレイリストを 独自に作成したり、Geniusを使ってGeniusプレイリストを作成したりできます。iPod nano上で作成したプレイ リストは、次に接続したときに「iTunes」に同期されます。 プレイリストを作成する/編集する プレイリストを作成する: 1 ホーム画面で、「ミュージック」をタップしてから「プレイリスト」をタップします。 2 下にフリックしてから、「追加」をタップします。 第 5章 音楽およびその他のオーディオ 253 カテゴリ(「曲」、「アルバム」、「Podcasts」など)をタップしてから、追加したい項目をタップします。 プレイリストに含めたいものをすべて追加するまでは、「完了」をタップしないでください。 4 指を左にさっと動かして、コンテンツの追加を続けます。 コンテンツは任意のカテゴリから追加できます。たとえば、Podcastと曲を1つのプレイリストの中に混在させるこ とができます。 5 完了したら、「完了」をタップします。 新しいプレイリストには、「新規プレイリスト1」(または「新規プレイリスト2」など)という名前が付けられます。次 に同期するときに、「iTunes」でタイトルを変更できます。もう一度同期すると、iPod nano上でプレイリストのタ イトルがアップデートされます。 プレイリストから項目を削除する: 1「プレイリスト」をタップしてから、編集したいプレイリストをタップします。 2 下にフリックしてから、「編集」をタップします。 3 削除したい項目の横にある をタップし、右側に「削除」が表示されたらこれをタップします。 4 完了したら、「完了」をタップします。 プレイリストを削除する: 1 プレイリストをタップします。 2 下にフリックしてから、「編集」をタップします。 3 削除したいプレイリストの横にある をタップし、プレイリストの横に「削除」が表示されたらこれをタップします。 削除したいものではないプレイリストをタップしてしまった場合は、削除したいプレイリストをタップし直します。 4「削除」をタップします。削除しない場合は、「キャンセル」をタップします。 5 操作が終わったら、上にフリックして「完了」をタップします(キャンセルする場合は画面上で指を右にさっと動かし てホーム画面に戻ります)。 曲にレートを付けてスマートプレイリストを作成する 曲にレートを付けて(星 0~ 5 個)、曲の好みの程度を指定することができます。iPod nanoで曲に付けるレートは、 「iTunes」と同期するときに「iTunes」に転送されます。指定したレートは、「iTunes」でスマートプレイリストを自 動作成するときに利用できます。 曲にレートを付ける: 1 曲を再生します。 2「再生中」画面で、アルバムアートワークをタップします。 3 右下隅にある をタップします。 4 画面の上部にあるレートドット( )をタップするかその上をドラッグして、星の数を割り当てます。 26 第 5章 音楽およびその他のオーディオGeniusプレイリストを作成する Geniusプレイリストは、自分がライブラリから選んだ曲とテイストが合う曲のコレクションです。iPod nano上で Geniusプレイリストを作成し、作成した Geniusプレイリストを「iTunes」と同期できます。 Geniusは無料のサービスですが、使用するには iTunes Storeアカウントが必要です。「iTunes」で Geniusを設 定する方法については、「iTunes」を開き、「ヘルプ」>「iTunes ヘルプ」と選択してください。 iPod nanoで Geniusプレイリストを作成する: 1 曲を再生してから、「再生中」画面のアルバムアートワークをタップします。 2 指を左にさっと動かしてから、 をタップします。 新しいプレイリストが表示されます。次の場合にメッセージが表示されます:  「iTunes」で Geniusがオンになっていない場合。  自分の選択した曲が Geniusにより認識されていない場合。  Geniusによって曲は認識されているけれども、ライブラリ内にテイストが似た曲が 10 曲以上存在しない場合。 3 上または下にフリックして、プレイリスト内の曲を確認します。 4「保存」をタップします。 プレイリストは、そのプレイリストの作成に使用した曲のアーティスト名とタイトルと共に保存されます。 同じ曲に基づいてプレイリストを新しいものに変更するには、「更新」をタップします。保存したプレイリストを更新し た場合は、前のプレイリストが新しいプレイリストに置き換わります。前のプレイリストを回復することはできません。 iPod nanoに保存されている Geniusプレイリストは、iPod nanoをコンピュータに接続したときに、「iTunes」 に自動的に同期されます。 Genius Mixを再生する 「iTunes」により自動的に作成される Genius Mixは、ライブラリから同じテイストの曲を集めたものです。 Genius Mixを使うと、再生するたびに新しいプレイリストを聴いている感覚を味わえます。 Genius Mix を再生する: 1「Genius Mix」をタップします。 2 指を左または右にさっと動かして、Genius Mixをブラウズします。画面下部の点は、iPod nano上にある Genius Mixの数を示します。 3 再生したい Genius Mix 上の をタップします。 第 5章 音楽およびその他のオーディオ 27Apple Earphonesを使う 警告:ハンズフリーヘッドセットやヘッドフォンを大音量で使用すると、聴覚を損なうおそれがあります。 iPod nanoに対応しているイヤフォンまたはヘッドフォンだけを使用してください。オーディオの電源を入れ、音 量を確認してから耳に装着するようにします。大音量で再生を続けていると、耳が慣れ、通常の音量のように聴こ えることがありますが、聴覚が損なわれている可能性があります。耳鳴りがする場合や話がよく聞こえない場合は、 聴くのを中止して、聴力検査を受けてください。音量が大きい程、聴覚に影響を受けるまでの時間が早くなります。 聴覚の専門家は、次のような方法で聴覚を保護することを勧めています:  大音量でハンズフリーヘッドセットやヘッドフォンを使用する時間を制限します。  周囲の騒音を遮断する目的で音量を上げることを避けます。  近くで人が話す声が聞こえない場合には、音量を下げます。 iPodの最大音量の制限を設定する方法については、24ページの「最大音量の制限を設定する」を参照してください。 iPod nanoに付属の Apple Earphonesは、iPod nanoの下部にあるイヤフォンポートに接続します。図のよう にイヤーバッドを耳に挿入します。 イヤフォンのコードは 調整可能です。 Apple Earphones with Remote and Micまたは In-Ear Headphones with Remote and Micの場合 は、プレイリストを操作することもできます。詳しくは、各アクセサリのマニュアル、または 47ページの「Apple Earphones with Remote and Micを使用する」を参照してください。 28 第 5章 音楽およびその他のオーディオFMラジオ 6 FMラジオを聴く iPod nanoでは、イヤフォンやヘッドフォンのコードがアンテナとして使用されます。このため、ラジオ信号を受信 するには、イヤフォンやヘッドフォンを iPod nanoに接続する必要があります。 RDS(Radio Data System)に対応しているラジオ局を選局すると、曲のタイトル、アーティスト名、およびラジ オ局の情報がディスプレイに表示されます。 重要:この章で表示されているラジオ周波数は説明用であり、一部の地域ではご利用いただけません。 FMラジオを聴く: 1 イヤフォンまたはヘッドフォンを iPod nanoに接続してから、ホーム画面の「ラジオ」をタップします。 2 ラジオのコントロールを表示するには「再生中」画面をタップします。それからライブポーズのコントロールを表示す るには、画面上で指を左にさっと動かします。 ここでは、ラジオのコントロールを使って実行できる操作について説明します: 操作 手順 FMラジオを聴く ホーム画面で、「ラジオ」をタップします。ラジオ信号を受信するにはイヤフォンを接続す る必要があります。 ラジオをオフにする をタップするか、イヤフォンまたはヘッドフォンを取り外します。 「ラジオ」メニューを開く をタップします。「ラジオ」メニューでは、ラジオのローカル局を見つけたり、お気に 入りのラジオ局を設定したり、曲にタグ付けしたり、最近のリストを表示したりできます。 FM 局を選局する ラジオ局の画面をタップしてから、ラジオチューナーで指を左にさっと動かします。 ま たは をタップして、お気に入りのラジオ局に移動します(設定済みの場合)。お気に 入りのラジオ局が設定されていない場合は、選局可能な前後のラジオ局が再生されます。 FM 局を自動選局する ラジオチューナーが表示されているときに、 または をタップして選局可能な前 後の局に移動します。ラジオ局をよく使う項目として保存している場合は、保存されたラ ジオ局が順番に切り替わります。 FM 局をスキャンする ラジオチューナーが表示されているときに、 または をタッチして押さえたままに していると、画面に「スキャン中」と表示されます。画面の何も表示されていない部分をタッ プしてスキャンを停止し、 をタップして聴きます。 FM 局をよく使う項目として保存する ラジオチューナーが表示されている状態で、 をタップします。 お気に入りのラジオ局は、ラジオチューナー内に黄色の三角形でマークが付けられます。 お気に入りのラジオ局を選局すると、 が に変わります。 29よく使う項目からFM局を取り除く 取り除くFM局を選局してから、ラジオ画面で をタップします。 放送中のラジオを一時停止する/再開する 「再生中」または「ラジオ」をタップし、画面の上部で指を左にさっと動かして、 をタッ プします。再生を再開するときは をタップします。ラジオ局を変更すると、一時停止 中のラジオは消去されます。 一時停止中のラジオの最後の 30 秒を再生するには、 をタップします。 ラジオチューナーと「ライブポーズ」画面 を切り替える 画面の上部または中央で指を左にさっと動かします。 ラジオの曲にタグを付ける 「再生中」画面で、 をタップします。タグを付けることができるのは、iTunesタグに 対応しているラジオ局だけです。タグ付きの曲をプレビュー/購入するときは、「iTunes」 と同期します。 スリープ/スリープ解除ボタンをダブルクリックして次のラジオ局にスキップするか、ダブルクリックで放送中のラジ オを一時停止または再生するようにスリープ/スリープ解除設定を変更することができます。21ページの「スリープ/ スリープ解除ボタンで再生を制御する」を参照してください。 FMラジオを選局する FMラジオは、局をブラウズするか、選局可能なラジオ局を自動選局またはスキャンするか、またはお気に入りのラ ジオ局を保存してそれらを直接選局することで選局できます。最初に、iPod nanoを使ってローカル局を見つけます。 参考:感度を向上させるために、イヤフォンコードがからまっていたり、巻かれていないようにしてください。 ローカル局を見つける: 1 ホーム画面で、「ラジオ」をタップします。 2 をタップします。 3「ローカル局」をタップします。 使用可能な周波数がスキャンされて、ローカル局の一覧が表示されます。 4 メニューを表示したままでラジオ局を聴くには、その局の横にある をタップします。または、ラジオ局をタップし てそのラジオ局を選局し、ラジオコントロールに戻ります。 5 完了したら、 をタップしてラジオコントロールに戻ります。 リストをアップデートしたい場合は、「更新」をタップします。 すべてのラジオ局を「よく使う項目」から取り除く: 1「ラジオ」メニューを表示するには、任意のラジオ画面で をタップします。 2「よく使う項目」をタップします。 3 下にフリックして「編集」ボタンを表示し、このボタンをタップします。 4 リスト全体を消去したい場合は、「すべてを消去」をタップします。 5 完了したら、「完了」をタップします。 30 第 6章 FMラジオ放送中のラジオを一時停止する ラジオ放送を一時停止できます。15分以内であれば、停止した時点から再生を再開できます。一時停止中の放送の 好きな場所から再生を再開したり、ライブ放送にすばやく追いついたりするには、プログレスバーをドラッグします。 ライブポーズが 15分間に達すると、プログレスバーがいっぱいになります。15分よりも前の放送は、継続中の放送 の保存領域を確保するために消去されます。 次のことが発生した場合に、一時停止中のラジオが消去されます:  ラジオ局を変更する。  iPod nanoの電源を切る。  ほかのメディアコンテンツを再生したり、ボイスメモを録音したりする。  バッテリーの電力の残りが非常に少なく、充電が必要である。  ラジオを一時停止してから15分間再生を再開しない。 放送中のラジオを一時停止する/再開する: 1 ラジオの再生中に、「再生中」または「ラジオ」をタップします。 2 画面上で指を左にさっと動かし、最後の画面上にライブポーズコントロールを表示して、 をタップします。 アイコンが に変わります。 ライブポーズの間は、黄色の三角形がラジオを一時指定した場所を示しています。プログレスバーの進行は止まらず、 一時停止してから経過した時間を示します。 3 プログラムの再生を再開するには、 をタップして、一時停止した場所から再生を開始します。それから次のいず れかを行います:  30 秒単位で戻るには、 をタップします。  30 秒単位で進むには、 をタップします。  10 秒単位で進むには、 をタッチしたまま押さえます。 一時停止しているラジオ上を移動するには、ラジオチューナーではなくプログレスバーが表示されている必要があり ます。 ライブポーズでは、バッテリーの電力がある程度消費されます。ライブポーズをオフにすることで、バッテリーを節 約できます。 ライブポーズをオフにする: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2「ラジオ」をタップします。 3「ライブポーズ」の横にある をタップして、オフにします。 第 6章 FMラジオ 31曲にタグを付けて「iTunes」と同期する ラジオ局が iTunesタグに対応している場合は、聴いている曲にタグを付けて、後で iTunes Storeでプレビュー/ 購入することができます。タグを付けられる曲は、「再生中」画面にタグアイコン付きで表示されます。 曲にタグを付ける: m 「再生中」画面の左下隅にある をタップします。 タグを付けた曲は、「ラジオ」メニューの「タグ付きの曲」の下に表示されます。タグを付けた曲は、次回 iPod nanoを「iTunes」に同期するときに同期または削除されます。これらは「iTunes」に表示され、iTunes Storeで プレビュー/購入できます。 参考:この機能は、一部のラジオ局では使用できない場合があります。 タグを付けた曲を「iTunes」でプレビュー/購入する: 1 iPod nanoをコンピュータと同期します。 2 コンピュータ上で、「iTunes」ウインドウの左側の「Store」の下にある「タグ付き」をクリックします。 3 対象の曲の「表示」ボタンをクリックします。 4 曲をプレビューするには、ダブルクリックするか「プレビュー」ボタンをクリックします。曲を購入するには、「購入」 ボタンをクリックします。 ラジオ局がタグに対応していない場合は、最近聴いた曲のリストを表示することもできます。後で、この情報を使っ て曲を見つけたり購入したりできます。 最近の曲を表示する: m 任意のラジオ画面で をタップしてから「最近の曲」をタップします。 曲のタイトル、アーティスト名、およびその曲を聴いたラジオ曲が表示されます。 ラジオの地域を設定する iPod nanoを使用して、さまざまな国で FMラジオ信号を受信できます。次の 5つの地域の信号範囲がプリセット されています:アメリカ、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、日本。 ラジオの地域を選択する: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2「ラジオ」をタップしてから、「ラジオの地域」をタップします。 3 地域をタップします。 選択した地域の横にチェックマークが表示されます。 地域の設定は、実際の地理上の地域ではなく、国際的なラジオの規格によって決まります。「ラジオの地域」メニュー に表示されない国の場合は、その国のラジオ周波数仕様に最も合う地域を選択してください。 重要:iPod nanoは、公共放送を受信することを目的としています。一部の国では、公共放送でない放送を聴くこ とは違法であり、違反者は処罰されることがあります。iPod nanoを使用する地域の法律と条令を確認し、それら に従ってください。 32 第 6章 FMラジオ次の表は、「ラジオの地域」メニューに表示される各地域のラジオ周波数の範囲とラジオ局の間隔(±記号)です。 ラジオの地域 ラジオ周波数仕様 アメリカ 87.5~107.9 MHz / ± 200 kHz アジア 87.5~108.0 MHz / ± 100 kHz オーストラリア 87.5~107.9 MHz / ± 200 kHz ヨーロッパ 87.5~108.0 MHz / ± 100 kHz 日本 76.0 ~ 90.0 MHz / ± 100 kHz 第 6章 FMラジオ 33フィットネス 7 iPod nanoには、大抵のフィットネスルーチンの実行に役立つ機能が内蔵されています。  毎日の歩数目標を設定したり、iPod nanoでウォーキング中の歩数を計測できるようにしたり、時間経過に合わ せて達成状況や消費カロリーを計測したりできます。  お気に入りの音楽を設定したランニングのワークアウトを作成したり、意欲を高めるフィードバックをリアルタイム で提供しながら、時間、ペース、および距離を計測したりできます。  iPod nanoを Nike + iPodと互換性のあるトレーニング機器に接続したり、ワークアウトから次のワークアウト までの達成状況を追跡したりできます。  「iTunes」を使用して、歩数とワークアウトのすべてのデータを Nike+ Webサイトにアップロードできます。目 標を設定したり、達成状況を追跡したり、ほかの Nike+ユーザと競争したりできます。 これらのワークアウト用の環境設定は、フィットネス設定で設定できます(ホーム画面の「フィットネス」をタップし ます)。 ウォーキング 毎日の歩数目標にしたい歩数を設定します。34 ページの「iPod nano を使って歩数をカ ウントする」を参照してください。 PowerSong ワークアウトの意欲を高めるのに使う曲を選択します。必要なときにいつでも PowerSongにすばやく切り替えることができます。 音声フィードバック ワークアウト中にフィードバックを提供する男性または女性の声を選択するか、「音声 フィードバック」をオフにします。 測定単位 重さや長さに英単位またはメートル法を使用します。 距離 距離をマイルまたはキロメートルで測定します。 身長 距離を正確に算出するため、身長を設定します。 体重 カロリーを正確に算出するため、体重を設定します。 調整をリセット 調整をリセットします。37ページの「iPod nano を調整する」を参照してください。 iPod nanoを使って歩数をカウントする iPod nanoはバックグラウンドで歩数をカウントするため、同時に音楽を聴いたり、iPod nanoでほかのことを実 行したりできます。歩数の計測中は、ステータスバーに「ウォーキング」アイコン( )が表示されます。真夜中 の歩数から自動的にその日の歩数として計測されるため、何もしなくても1日の歩数を正確に計測できます。 iPod nano を使ってウォーキングの歩数を計測する: 1 ホーム画面で、「フィットネス」をタップしてから「ウォーキング」をタップします。 342「フィットネス」をはじめて使用する場合は、ダイヤルをフリックして身長と体重を設定します。 身長と体重の設定をスキップした場合は、後で「設定」>「フィットネス」で設定できます。体重が変化しない限り、 身長と体重を設定する必要があるのは1回だけです。 3「保存」をタップします。 4「開始」をタップして、歩数の計測を開始します。 5 正確に計測するため、iPod nanoをウエストバンドにクリップで留めます。 ウォーキングやランニングを行うと、歩数が計測されます。 6 セッションを終えるときは、「停止」をタップします。 毎日の歩数目標を設定する: 1 ホーム画面で、「設定」をタップしてから「フィットネス」をタップします。 2「ウォーキング」をタップしてから、 をタップします。 3 ダイヤルを使用して歩数を設定します。 4「完了」をタップします。 「フィットネス」で開始するまで、カウントは始まりません。 5 画面を押し続けてホーム画面に戻り、「フィットネス」をタップします。 6「ウォーキング」をタップしてから、「開始」をタップします。 ランニングのワークアウト中の歩数(または Nike + iPodと互換性のあるトレーニング器具を使っているときの歩数) は、毎日の歩数目標としては計測されません。 音楽付きのワークアウトを作成する 距離、時間、消費カロリーといったフィットネス目標を達成するためのワークアウトを iPod nanoで作成できます。 その後、ワークアウトを続けるのに役立つ音楽、ポッドキャスト、オーディオブック、またはラジオ局を追加できます。 iPod nanoにはすべてのワークアウトデータの記録が保存されるため、必要に応じて記録を Nike+ Webサイトに アップロードできます。 ワークアウトの実行中にワークアウトを一時停止または再開すると、音声でフィードバックが提供されます。 ランニングのワークアウトを設定する: 1 ホーム画面で、「フィットネス」をタップします。 2「ランニング」をタップしてから、ワークアウトの種類のいずれか(「基本」「、時間」「、距離」、または「カロリー」)をタッ プします。 第 7章 フィットネス 353 プリセットの目標をタップするか、「カスタム」をタップします。 4 ワークアウト中に聴きたいオーディオコンテンツを選択します。 カスタムのワークアウトを作成する場合は、オーディオの選択画面が表示される前に、時間、距離、またはカロリー の目標を設定するよう求められます。 5「ワークアウトを開始」をタップします。 正確に計測するため、iPod nanoをウエストバンドにクリップで留めます。ワークアウト中にランニングやウォーキ ングを行うと、iPod nanoによりランニングやウォーキングを行った距離が計算されます。毎日の歩数目標を設定 している場合、ランニングのワークアウト中の歩数、または Nike + iPodと互換性のあるトレーニング器具を使っ ているときの歩数は、毎日の歩数目標としては計測されません。 iPod nano上で作成したワークアウトは保存されるため、再利用できます。 保存済みのワークアウトを使用する: 1 ホーム画面で、「フィットネス」をタップしてから「ランニング」をタップします。 2 上にフリックして、「マイワークアウト」をタップします。 3 保存済みのワークアウトをタップしてから、「ワークアウトを開始」をタップします。 ワークアウト中に iPod nanoを制御する iPod nanoのコントロールを使って、ワークアウトを一時停止して再開したり、曲を変えたり、音声フィードバック を聞いたり、PowerSongに切り替えて意欲を高めたりできます。Apple Headphones with Remoteを使用して いる場合は、リモコンを使ってワークアウトを制御できます。 ワークアウトを制御する最も効率的な方法は、スリープ/スリープ解除ボタンをダブルクリックしたときにワークアウ トを一時停止または再開するように iPod nanoを設定することです。たとえば、信号で止まった場合はスリープ/ス リープ解除ボタンをクリックして一時停止し、信号が緑になったらダブルクリックして再開します。また、マラソンを走っ ているとき、ゴールに到着したらすばやくダブルクリックすればワークアウトが一時停止します。このため、画面を オンにしてワークアウトを終える前に、呼吸を整えることができます。 ワークアウトを一時停止するようにスリープ/スリープ解除ボタンを設定する: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2「ミュージック」をタップしてから、「スリープ/スリープ解除ボタン」をタップします。 3 をタップしてオンにします。 4「再生/一時停止」をタップします。 次の表に、ワークアウト中に iPod nanoを制御する方法を示します。 操作 手順 ワークアウトを一時停止する 画面をタップしてから、 をタップします(画面が暗くなっているときは、最初にスリープ /スリープ解除ボタンをクリックします)。 環境設定を「再生/一時停止」に設定する場合は、スリープ/スリープ解除ボタンをダブ ルクリックします。 一時停止中のワークアウトを再開する 画面をタップしてから「、再開」をタップします(画面が暗くなっているときは、最初にスリー プ/スリープ解除ボタンをクリックします)。 環境設定を「再生/一時停止」に設定する場合は、スリープ/スリープ解除ボタンをダブ ルクリックします。 別の曲を選択する 画面をタップしてから、 をタップします(画面が暗くなっているときは、最初にスリープ /スリープ解除ボタンをクリックします)。次に「ミュージックを変更」をタップして、選 択を行います。 環境設定を「次へ、ボタン」に設定する場合は、スリープ/スリープ解除ボタンをダブル クリックします。 36 第 7章 フィットネスPowerSongを再生する 画面をタップしてから、「PowerSong」をタップします(画面が暗くなっているときは、 最初にスリープ/スリープ解除ボタンをクリックします)。 「PowerSong」を再生するには、2 本の指で画面を押し続けることもできます。 「設定」>「フィットネス」で「PowerSong」を設定してから、ワークアウトを開始します。 ワークアウトを終了する 画面をタップし(画面が暗くなっているときは、最初にスリープ/スリープ解除ボタンをク リックします)、 をタップしてから、「ワークアウトを終了」をタップします。 音声フィードバックを聞く ワークアウトを停止します。ワークアウトの統計情報が音声で提供され、すばやく参照で きます。 リモコン付きの Apple Earphonesを使用している場合は、センターボタンを押さえた ままにして、現在の統計情報(ワークアウトのペース、距離、消費カロリーなど)を聞く ことができます。 iPod nanoを調整する より正確なワークアウトの統計情報を得るには、身長と体重を正確に設定し、iPod nanoを何回か調整してください。 iPod nanoを調整するたびに、精度が増します。 iPod nano を調整する: 1「ランニング」をタップし、身長と体重をまだ設定していない場合は設定します。 2 ワークアウトの種類をタップします(35 ページの「ランニングのワークアウトを設定する:」を参照してください)。 3 ウォーキングまたはランニングを 0.4 キロメートル(4分の1マイル)以上行います。 4 ワークアウトを終了してから、「調整」をタップします。 調整可能なだけのワークアウトが行われると、ワークアウト概要の一番下に「調整」ボタンが表示されます。 ワークアウト概要の一番下に「調整」ボタンが表示されているときはいつでも、調整したり再調整したりできます。 もう一度やり直したい場合は、調整をリセットできます。 調整をリセットする: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2「フィットネス」をタップしてから、指を上にさっと動かします。 3「調整をリセット」をタップしてから、「ウォーキングの調整」または「ランニングの調整」をタップします。 再調整したいペースに最も近いオプションを選択します。たとえば、調整中のほとんどはウォーキングをしていた場 合は、そのオプションを選択します。 4「調整をリセット」を再度タップします。リセット操作を取り消す場合は、「キャンセル」をタップします。 5 ランニングのワークアウトを開始し、ワークアウトが表示されたら「調整」ボタンをタップします。 体重が変わった場合は、「フィットネス」の設定でアップデートすることができます。 体重をアップデートする: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2「フィットネス」をタップしてから、「体重」をタップします。 3 ダイヤルをフリックして新しい体重を設定してから、「完了」をタップします。 第 7章 フィットネス 37フィットネスデータを表示する/管理する 一連の運動統計情報が iPod nanoにより追跡されるため、フィットネス目標の到達状況を監視できます。「iTunes」 を使用して歩数などのワークアウト情報を Nike+ Webサイトにアップロードして、目標を設定したり、友人と一緒 にチャレンジしたり、達成状況を追跡したりできます。 歩数の合計を表示する: 1 ホーム画面で、「フィットネス」をタップしてから「ウォーキング」をタップします。 最初の「ウォーキング」画面には、以下の統計情報が表示されます:  消費カロリー  iPod nanoで歩数を計測した合計時間  毎日の歩数目標  総距離 2 画面上で指を左にさっと動かし、日、週、月、および全体の歩数を表示します。 参考:消費カロリーは概算であり、実際のカロリーは異なることがあります。詳しくは、医師に相談してください。 ウォーキングとワークアウトの詳細は、履歴に表示されます。 運動履歴を表示する: 1 ホーム画面で、「フィットネス」をタップしてから「履歴」をタップします。 2 オプションをタップします:  「個人最高記録」には、ランニングの距離別の最高記録の一覧が表示されます。  「総計」には、計測したワークアウトの総数、ランニングの最長距離、ランニングの最大距離、総時間、および 総消費カロリーが表示されます。  下部の日付リストには、すべてのウォーキングとワークアウトの合計が日付別に表示されます。ウォーキングとワー クアウトは、種類ごとにまとめられているため、簡単に見つけることができます。 iPod nanoからワークアウトデータを消去する 1 ホーム画面で、「フィットネス」をタップしてから「履歴」をタップします。 2 消去したい月をタップします。 3 下にフリックしてから、「消去」をタップします。 ダイアログで、その月のワークアウト履歴を消去するかどうかを尋ねられます。 4「すべてを削除」をタップします。削除しない場合は、「キャンセル」をタップします。 「iTunes」を使用して、歩数などのワークアウト情報を Nike+ Webサイトにアップロードできます。これには Nike+アカウントが必要です。このアカウントは、「iTunes」でワークアウトデータをはじめて同期するときに設定で きます。 歩数などのワークアウト情報を Nike+にアップロードする: 1 iPod nanoをコンピュータに接続して、「iTunes」を開きます。 2 表示されるダイアログで「送信」をクリックしてから、画面の指示に従って Nike+アカウントを設定します。 アカウントを設定すると、「Nike + iPod」タブが「iTunes」ウインドウに表示されます。 3「Nike + iPod」タブをクリックしてから、「ワークアウトデータを Nike+に自動的に送信」が選択されていない場 合は選択します。 4「適用」をクリックします。 Nike Webサイトで情報を表示/共有するには、iPod nanoがコンピュータに接続されているときに「Nike + iPod」パネルの「Nike+にアクセス」をクリックするか、または www.nikeplus.comに移動してアカウントにロ グインします。 38 第 7章 フィットネスNike + iPod Sport Kit(別売)を使うと、対応している心拍モニタを設定して使用することで、運動トレーニング 中に iPod nanoで心拍数を計測できます。iPod nanoを Nike + iPod対応のカーディオマシンに接続すると、 マシンからiPod nanoを制御して、ワークアウトデータを iPod nanoに保存できる場合があります。 iPod nano上で Nike + iPod Sport Kitを設定する: 1 Nike + iPodレシーバーを iPod nanoの Dockコネクタに接続します。 2 ホーム画面で、「設定」をタップします。 3「フィットネス」をタップしてから、「Nike + iPod Sport Kit」をタップします。 このオプションが「設定」に表示されるのは、iPod nanoにレシーバーが接続されているときだけです。 4 設定したいアクセサリ(「センサー」、「リモコン」、または「心拍数モニタ」)をタップします。 Nike + iPodの設定と使用について詳しくは、Nike + iPodの製品ドキュメントを参照してください。 第 7章 フィットネス 39写真 8 写真を同期する iPod nanoに写真を入れて持ち歩き、家族や友人などに見せることができます。コンピュータから写真を同期して、 iPod nano やテレビにスライドショーとして表示できます。 コンピュータから写真を追加する Macと「iPhoto 8.0」(iLife '09の一部)以降をお使いの場合は、写真をイベント別および識別した人物別に表示 できます。PCまたは Macをお持ちの場合、ハードディスク上のフォルダにある写真を iPod nanoに追加すること もできます。 はじめて写真を iPod nanoに追加する場合、フォトライブラリ内の写真の数によっては、しばらく時間がかかる場 合があります。 「iPhoto」を使って Mac から iPod nanoに写真を同期する: 1「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「写真」タブをクリックします。 2「写真を同期 ...」を選択してから、ポップアップメニューから「iPhoto」を選択します。 3 すべての写真を含めるか、選択した写真だけを含めるかを選択します。 選択した写真だけを含める場合は、ポップアップメニューをクリックしてさらに条件を指定します。次に、同期する アルバム、イベント、および人々を選択します。 4「適用」をクリックします。 iPod nanoをコンピュータに接続するたびに、写真が自動的に同期されます。 写真をハードディスク上のフォルダから iPod nanoに追加する: 1 イメージをコンピュータ上のフォルダにドラッグします。 イメージを iPod nano上の別のフォトアルバムに表示したい場合は、メインのイメージフォルダ内にフォルダを作 成し、イメージをそれらの新しいフォルダにドラッグします。 2「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「写真」タブをクリックします。 3「写真を同期 ...」を選択します。 4 ポップアップメニューから「フォルダを選択 ...」を選択してから、イメージのフォルダを選択します。 5「すべてのフォルダ」または「選択したフォルダ」を選択します。 「選択したフォルダ」を選択した場合は、同期したいフォルダを選択します。 6「適用」をクリックします。 フル解像度のイメージファイルを iPod nanoに追加する 写真を iPod nanoに追加するときに、「iTunes」は写真を表示用に最適化します。フル解像度のイメージファイル は、デフォルトの設定では転送されません。フル解像度のイメージファイルの追加は、コンピュータ間でイメージを 移動したい場合には便利ですが、iPod nano上でイメージを表示するためには必要ありません。 フル解像度のイメージファイルを iPod nanoに追加する 1「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「写真」タブをクリックします。 2「フル解像度の写真を含める」を選択します。 3「適用」をクリックします。 40「iTunes」は、フル解像度の写真を iPod nanoの「Photos」フォルダにコピーします。iPod nano上の写真を取得 する方法については、次のセクション「写真を iPod nanoからコンピュータに追加する」を参照してください。 写真を iPod nanoからコンピュータに追加する コンピュータから iPod nanoにフル解像度の写真を追加した場合は、iPod nanoの「Photos」フォルダに写真が 保存されます。iPod nanoをコンピュータに接続して、これらの写真をコンピュータに追加できます。 写真を iPod nanoからコンピュータに追加する 1 iPod nanoをコンピュータに接続します。 2「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「概要」タブをクリックします。 3「オプション」セクションにある「ディスクとして使用する」を選択します。 4「適用」をクリックします。 iPod nanoを外部ディスクとして使用すると、Macでは、デスクトップに iPod nanoのディスクアイコンが表示され ます。Windows PCでは、Windowsの「エクスプローラ」に、次に利用できるドライブ文字を使ってディスクアイコ ンが表示されます。 5 iPod nanoの「Photos」フォルダから、コンピュータのデスクトップまたは写真編集アプリケーションに、イメージファ イルをドラッグします。 「iPhoto」などの写真編集アプリケーションを使って、iPod nanoの「Photos」フォルダに保存された写真を追加す ることもできます。詳しくは、アプリケーションに付属のマニュアルを参照してください。 iPod nanoから写真を削除する iPod nanoを外部ディスクとして使用している場合は、iPod nanoの「Photos」フォルダからフル解像度のイメージ を削除できます。 iPod nano の「Photos」フォルダからだけ写真を削除する: 1 iPod nanoをコンピュータに接続します。 2 iPod nanoの「Photos」フォルダを開き、必要なくなった写真を削除します。 3 iPod nanoを取り出してから、取り外します。 同期設定を変更して、フル解像度のイメージを含むすべての写真を iPod nanoから削除することができます。 iPod nanoからすべての写真を削除する: 1「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「写真」タブをクリックします。 2「写真の同期元:」を選択します。 このチェックボックスは選択済みになっていて、もう一度クリックすると選択が解除されます。確認を求めるダイアログ が表示されます。 3 表示されるダイアログで、「写真を削除」をクリックします。 「適用」をクリックするまで、写真は削除されません。削除を取り消す場合は、「写真を同期」をもう一度選択します。 4「適用」をクリックします。 選択した写真を削除する: 1「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「写真」タブをクリックします。 2「選択したアルバム、イベント、および人々...」を選択します。 3 iPod nanoから削除したい項目の選択を解除してから、「適用」をクリックします。 写真を iPod nanoで表示する iPod nanoでは、写真を個別に表示したり、スライドショーとして表示したりできます。 第 8章 写真 41写真を個別に表示する 写真はアルバムにまとめられているので iPod nanoでブラウズしやすくなっています。「iPhoto」を使用している 場合は、イベントや人々を同期してから、この方法で写真を表示することもできます。写真を個別に表示した場合は、 写真を拡大/縮小したり、拡大した写真を移動して画像の特定の部分を表示したりすることができます。 写真を iPod nanoで表示する: 1 ホーム画面で、「写真」をタップします。 2 写真のアルバムまたはその他のグループをタップします(すべてのアルバムを表示するにはフリックします)。 3 上または下にフリックして、写真のサムネールイメージを確認します。サムネールをタップして、フルサイズイメージ を表示します。 4 画面上で指を左または右にさっと動かすと、アルバム内のすべての写真をスクロールして表示できます。 5 コントロールを表示するには、写真をタップします。サムネール表示に戻るには、 をタップします。 以下に、写真の表示および操作方法を示します: 操作 手順 サムネール表示で写真をすばやく見つける 上または下にフリックします。 写真のサムネールをフルサイズで表示する 写真のサムネールをタップします。 アルバム内の次または前の写真を表示す る アルバム内で写真をタップし、指を左または右にさっと動かしてから、 または をタッ プします。 写真をすばやく拡大/縮小する フルサイズの写真をダブルタップすると拡大されます。もう一度ダブルタップすると縮小 されます。 「iPhoto」の「人々」を使用する場合は、対象の顔をダブルタップして拡大します。 拡大した写真の別の部分を表示する 画面上で写真をドラッグします。 アルバムのサムネール表示に戻る をタップします。 アルバムをスライドショーとして表示する アルバム内の写真をタップしてから、 をタップします。音楽が再生されている場合は、 スライドショーのバックグラウンドで引き続き再生されます。 スライドショーを一時停止する/再開する 画面をタップして一時停止してから、 をタップして再開します。 スライドショーの設定を変更する ホーム画面で、「設定」をタップしてから「写真」をタップします。変更したい設定をタッ プします。 スライドショーの速度を設定したり、トランジションスタイルを選択したり、写真をシャッ フルしたり、スライドショーを繰り返したりできます。TVにスライドショーを表示したい 場合に、TV信号を設定することもできます。 42 第 8章 写真その他の機能 9 時間を計測する iPod nanoの時計を使って、時間を計測したり、イベントまでの時間をカウントダウンしたり、アラームを設定した りできます。 時計文字盤を変更する iPod nanoには、時計の機能やスタイルを変更できるさまざまな時計文字盤が内蔵されています。時計文字盤の中 には、お使いの iPod nano ケースの色に合うものもあります。 時計文字盤を変更する: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2「一般」をタップしてから、「日付と時刻」をタップします。 3「時計文字盤」をタップしてから、下にフリックして選択肢をさらに表示します。 4 時計文字盤をタップして、「設定」をタップします。 「設定」で「スリープ解除時の時刻」がオンになっていない場合は、表示された時計文字盤をタップしてから、右矢 印と左矢印をタップして、使用可能なすべての時計文字盤を表示することもできます。目的の時計文字盤が表示さ れたら停止します。次に変更するまで、これがデフォルトの時計文字盤になります。 以下に、iPod nanoで時刻表示を変更する方法をさらに示します。 操作 手順 時刻、日付、および時間帯を設定する ホーム画面で「設定」>「一般」>「日付と時刻」とタップしてから、変更したい設定(「日 付」、「時刻」、または「時間帯」)をタップします。 時刻を 24 時間時計で表示する ホーム画面で「設定」>「一般」>「日付と時刻」とタップしてから、「24 時間時計」の 横にある をタップしてオンにします。 iPod nano のスリープを解除したときに時 計文字盤を表示する ホーム画面で「設定」>「一般」>「日付と時刻」とタップしてから「、スリープ解除時の時刻」 の横にある をタップしてオンにします。 ホーム画面から時計アイコンを削除します。 ホーム画面で「設定」>「一般」>「日付と時刻」とタップしてから、「時計」の横にある をタップしてオンにします。 スリープを解除したときに時計が表示されるように設定している場合は、スリープ/スリー プ解除ボタンをクリックして時刻を表示できます。また、「設定」で時計文字盤を変更し たり、その他の「時計」環境設定を設定したりできます。 43ストップウォッチを使用する iPod nanoのストップウォッチを使うと、イベントの時間を計測したり、ラップタイムなどのインターバルを記録した りできます。ストップウォッチを使用している間も音楽やその他のオーディオを再生できます。 ストップウォッチを使用する: 1 ホーム画面で、「時計」をタップします。 2 画面上で指を左にさっと動かして、ストップウォッチコントロールを表示します。 3「開始」をタップします。  ラップタイムを記録するには、各ラップの後で「ラップ」をタップします。  ストップウォッチを一時停止するには、「停止」をタップしてから、「開始」をタップして再開します。 4 計測が終了したら「停止」をタップし、ステータスバーの時刻の横にある をタップして、ラップタイムを確認します。 iPod nanoには、直前のセッションのラップの統計が保存されています。新しいセッションを開始する前に、必ずラッ プタイムを確認してください。「リセット」をタップすると、この情報は削除されます。 タイマーを使用する iPod nanoのカウントダウンタイマーを使って、アラームを設定したり、スリープタイマーを設定して iPod nanoの 電源を自動的に切ったりできます。iPod nanoの電源を切ってもタイマーは引き続き動作しますが、アラームの音 は聞こえません。 iPod nano を時計のアラームとして使用する: 1 ホーム画面で、「時計」をタップします。 2 画面上で指を左にさっと 2回動かして、タイマーコントロールを表示します。 3 フリックして時間と分を設定してアラームを非表示にしてから、 をタップします。 4 通知音をタップしてから、「設定」をタップします。 5 タイマーの開始準備ができたら、「開始」をタップします。 44 第 9章 その他の機能アラームを削除する: 1 ホーム画面で、「時計」をタップします。 2 画面上で指を左にさっと 2回動かして、タイマーコントロールを表示します。 3「停止」をタップします。 スリープタイマーを設定して、指定した時間の間音楽やその他のコンテンツを再生した後、iPod nanoの電源が自 動的に切れるように設定できます。 スリープタイマーを設定する: 1 ホーム画面で、「時計」をタップします。 2 画面上で指を左にさっと 2回動かして、タイマーコントロールを表示します。 3 フリックして時間と分を設定してから、 をタップします。 4「iPodをスリープ」をタップしてから、「設定」をタップします。 5 準備ができたら、「開始」をタップします。 ボイスメモを録音する 別売の Apple Earphones with Remote and Mi(cwww.apple.com/jp/ipodstoreから購入できます)を使用 して、ボイスメモを録音できます。iPod nanoに保存済みのボイスメモがある場合、「ボイスメモ」アイコンがホー ム画面に表示されます(「設定」でオフにしていない場合)。 Apple Earphones with Remote and MicをiPod nan(oまたはサポートされている他社製アクセサリ)をイヤフォ ンポートに接続して、ホーム画面の「ボイスメモ」をタップします。以下に、録音および録音した内容を再生する方 法を示します: 操作 手順 録音を開始する/一時停止した後で再開 する をタップして録音を開始します。ステータスバーに経過時間が表示されます。 録音を一時停止する をタップします。 録音を停止する をタップします。 録音した内容を再生する 「ボイスメモ」画面で、 をタップします。録音内容をタップしてから、メモの横にある をタップします。 保存した録音内容は録音日時順に表示されますが、録音内容にラベルを付けて見つけやすくできます。 第 9章 その他の機能 45録音した内容にラベルを付ける: 1「ボイスメモ」画面で、 をタップします。 2 リスト内で録音した内容をタップします。 3「ラベル」をタップしてから、選択肢のいずれかをタップします。 「メモ」、「Podcast」、「インタビュー」、「講義」、「アイデア」、または「会議」を選択できます。 録音内容が、選択したラベルおよび録音の日付と時刻と共にリスト内に表示されます。 録音した内容を削除する: 1「ボイスメモ」画面で、 をタップします。 2「編集」をタップします。 3 録音内容の横にある をタップしてから、「削除」をタップします。 4 完了したら、「完了」をタップします。 ボイスメモをコンピュータに同期させる: m 曲を自動的に同期するように iPod nanoが設定されている場合:iPod nanoを接続すると、iPod nano上のボ イスメモが「iTunes」の「ボイスメモ」という名前のプレイリストに同期され、iPod nanoから削除されます。17ペー ジの「自動的に同期する」を参照してください。 m 曲を手動で同期するように iPod nanoが設定されている場合:次に同期するときに、新しいボイスメモを同期する かどうかを尋ねるダイアログが「iTunes」に表示されます。18 ページの「iPod nanoを手動で管理する」を参照し てください。 ボイスメモは iPod nano上の「Recordings」フォルダに M4Aファイルとして保存されます。iPod nanoをディス クとして使用する機能を有効にすると、ボイスメモをフォルダからコピーできます。iPod nanoを外部ディスクとして 使用する方法については、次のセクション「iPod nanoを外部ディスクとして使用する」を参照してください。 iPod nanoを外部ディスクとして使用する iPod nanoを外部ディスクとして使用して、データファイルを保存できます。Macではデスクトップに iPod nano のディスクアイコンが表示されます。Windows PCでは、Windowsの「エクスプローラ」に、次に利用できるドラ イブ文字を使ってディスクアイコンが表示されます。ファイルをコピーするには、ファイルをコピー元から iPod nano へ、または iPod nanoからコピー先へドラッグします。 外部ディスクモードでは「、iTunes」を使って追加した曲は表示されません。Macの Finderまたは Windowsの「エ クスプローラ」を使ってファイルを iPod nanoにコピーしても、それらのファイルは iPod nanoでは再生できません。 iPod nano を外部ディスクとして使用する: 1「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「概要」タブをクリックします。 2「オプション」セクションにある「ディスクとして使用する」を選択します。 3「適用」をクリックします。 iPod nanoを主に外部ディスクとして使用する場合に、iPod nanoをコンピュータに接続したときに「iTunes」が 自動的に開かないように設定できます。 46 第 9章 その他の機能コンピュータに iPod nano を接続したときに「iTunes」が自動的に開かないようにする: 1「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「概要」タブをクリックします。 2「オプション」セクションにある「この iPodの接続時に iTunesを開く」の選択を解除します。 3「適用」をクリックします。 Apple Earphones with Remote and Micを使用する Apple Earphones with Remote and Mic(以下の図を参照)は別売です。このイヤフォンには、マイク、ボリュー ムボタン、およびオーディオの再生を制御したりトラックアナウンスを聴いたりできる一体化したボタンが備わってい ます。 マイクボタン 音楽を聴いたり、内蔵マイクを使ってボイスメモを録音したりするには、イヤフォンを接続します。音楽の再生を制 御したり、トラックアナウンスを聴いたりするには、マイクのセンターボタンを押します。 操作 手順 曲またはワークアウトを一時停止する センターボタンを押します。もう一度押すと、再生が再開されます。 次の曲に移動する センターボタンをすばやく2回押します。 前の曲に移動する センターボタンをすばやく3回押します。 早送り センターボタンをすばやく2回押した後、押さえたままにします。 巻き戻し センターボタンをすばやく3回押した後、押さえたままにします。 音量を調節する 「+」または「-」ボタンを押します。 現在のトラックアナウンスを聴く 現在の曲のタイトルとアーティスト名が読み上げられるまで、センターボタンを押し続 けます。 オーディオブック、Podcast、または iTunes Uを聴いている場合は、オーディオブック のタイトルと著者の名前、またはエピソード情報が読み上げられます。 別のプレイリストを選択する 現在の曲のタイトルとアーティスト名のアナウンスの間、センターボタンを押し続けて、最 初のプレイリストが読み上げられるのを聴きます。 「+」または「-」ボタンを押して、プレイリストのリストを前または後ろに移動します。 目的のリストが読み上げられたら、センターボタンをクリックします。 第 9章 その他の機能 47アクセシビリティ 10 ユニバーサルアクセス機能 視覚、聴覚などの身体的な障害を持つユーザがより簡単に iPod nanoを使用できるようにアクセシビリティ機能が 装備されています。これらの機能は次の通りです:  VoiceOver  モノラルオーディオ  黒地に白 iPod nanoまたは「iTunes」で、これらの機能のオン/オフを切り替えることができます。 「iTunes」でアクセシビリティ機能をオンにする: 1「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「概要」タブをクリックします。 2「オプション」セクションにある「“ユニバーサルアクセス”を設定」を選択します。 3 使いたいオプションを選択してから、「OK」をクリックします。 4「適用」をクリックします。 iPod nanoでアクセシビリティ機能のオン/オフを切り替える方法については、以下のセクションを参照してくださ い。 Macと iPod nanoのアクセシビリティ機能について詳しくは、www.apple.com/jp/accessibilityを参照してく ださい。 VoiceOver VoiceOver では画面の表示項目が音声で説明されるため、画面を見なくても iPod nanoを使用できます。 VoiceOverは、iPod nanoの「アクセシビリティ」設定で指定した言語で読み上げます。 VoiceOverは多くの言語に対応していますが、サポートされない言語も一部あります。 画面上の各要素を選択すると、VoiceOver がその要素について説明します。要素を選択すると、その要素が黒い 長方形で囲まれ、VoiceOverはその名前を読み上げ、その項目について説明します。長方形は、VoiceOverカー ソルといいます。 テキストを選択すると、VoiceOverはそのテキストを読み上げます。コントロール(ボタンやスイッチなど)を選択 すると、VoiceOver が項目のアクションについて説明したり、「ダブルタップして開きます」のように指示したりする ことがあります。 iPod nanoで VoiceOver を設定する: 1 イヤフォンやヘッドフォンを iPod nanoに接続します。 2 ホーム画面で、「設定」をタップしてから「一般」をタップします。 3 上にフリックしてから、「アクセシビリティ」をタップします。 484「VoiceOver」をタップしてから、上にフリックして、次の任意のオプションを設定します:  読み上げのヒント:VoiceOverカーソル内の項目の操作方法について説明します。これをオンにして iPod nano の使いかたを学び、後でオフにすることもできます。  話す速さ:VoiceOverの話す速さを上げたり下げたりします。これはオーディオブックや Podcastの再生速度 には影響を及ぼしません。  言語:VoiceOver で使用する言語を設定します。これは、iPod nanoに設定した言語と同じにする必要があり ます。 5「VoiceOver」をタップしてから、オン/オフスイッチをタップして VoiceOverをオンにします。 はじめて iPod nanoで VoiceOverをオンにすると、ダイアログが表示されます。 6 ダイアログで「OK」をタップしてから、「OK」をダブルタップして確定します。 この画面が表示されない場合は、「OK ボタン」という音声が聞こえるまで指を動かしてから、1本の指でダブルタッ プします。 15秒間何も操作しないと、ダイアログが消えて VoiceOverはオフになります。 VoiceOver がオンのときには、別のジェスチャを使って iPod nanoを操作します。VoiceOverをオフするときは、 2 本の指でダブルタップしてスイッチをオフにします。「設定」以外の画面を表示している場合は、VoiceOverのジェ スチャを使って設定に戻ってからオフにする必要があります。 VoiceOverのジェスチャを使って iPod nano の VoiceOver をオフにする: 1「ホーム。設定。」というメッセージが表示されるか聞こえるまで、画面上で2本の指をさっと右または左に動かします。 アイコンを並べ替えている場合や、ホーム画面が 5つ以上ある場合は、異なるメッセージが聞こえることがあります。 2「設定」と聞こえるまで、画面上で1本の指をスライドします。 3 ダブルタップして「設定」を開きます。 4 画面上で指を上または下にスライドして、「一般」と表示されたり聞こえたりしたらダブルタップします。 5 画面上で指を上または下にスライドして、「アクセシビリティ」と表示されたり聞こえたりしたらダブルタップします。 6 画面上で指を上または下にスライドして、「VoiceOver」と表示されたり聞こえたりしたらダブルタップします。 7「VoiceOver 切り替えボタンオン」と聞こえたら、ダブルタップします。 「VoiceOver オフ」というメッセージが聞こえて、設定を確認できます。これで、また標準のジェスチャを使って iPod nanoを操作できます。 第 10章 アクセシビリティ 49VoiceOverのジェスチャ VoiceOver がオンのときは、次のジェスチャを使って iPod nanoを操作します: 操作 ジェスチャ 画面を一番上から読み上げる 2 本の指で上にフリックします。 画面を現在の選択位置から読み上げる 2 本の指で下にフリックします。 ダイアログやほかのテキストを読んでいるときに、読み上げを一 時停止または続行する 1本の指で画面をタップします。 VoiceOverカーソル内の項目を選択する 1本の指で画面をタップします。 VoiceOverカーソル内の項目を有効にする 1本の指でダブルタップします。 左に 1画面スクロールする 画面上で 2 本の指をさっと右に動かします。 右に 1画面スクロールする 画面上で 2 本の指をさっと左に動かします。 リストまたはメニューを上に 1画面スクロールする 1本の指で下にフリックします。 リストまたはメニューを下に 1画面スクロールする 1本の指で上にフリックします。 現在の操作を開始または停止する 2 本の指でタップします。 選択したコントロールの値を大きくする/小さくする 値を大きくするには 1本の指で上にフリックし、値を小さくするに は1本の指で下にフリックします。 ホーム画面に戻る 1本の指でダブルタップして押したままにします。 モノラルオーディオ 「モノラルオーディオ」は、左右のチャンネルの音をモノラル信号に結合して、イヤフォンの両側で再生されるように します。これにより、片方の耳に聴覚障害を持つユーザでも、もう一方の耳で両方のチャンネルを聞くことができます。 「モノラルオーディオ」のオン/オフを切り替える: 1 ホーム画面で、「設定」をタップしてから「一般」をタップします。 2「アクセシビリティ」をタップします。 3「モノラルオーディオ」の横にあるオン/オフスイッチをタップします。 黒地に白 「黒地に白」を使用すると、iPod nanoの画面の色が反転するため、画面が読みやすくなります。「黒地に白」をオ ンにすると、画面が写真のネガのように表示されます。 「黒地に白」のオン/オフを切り替える: 1 ホーム画面で、「設定」をタップしてから「一般」をタップします。 2 「アクセシビリティ」をタップします。 3「黒地に白」の横にあるオン/オフスイッチをタップします。 50 第 10章 アクセシビリティヒントとトラブルシューティング 11 iPod nanoで発生した問題のほとんどは、この章のアドバイスに従ってすばやく解 決できます。 5つの「R」:リセット(Reset)、再試行(Retry)、再起動(Restart)、再インストール(Reinstall)、 復元(Restore) iPod nanoで問題が起こった場合、これら5つの基本的な提案を思い出してください。問題が解決するまで、こ れらのステップを1つずつお試しください。もし下記のどれでも解決しない場合には、特定の問題の解決法の個所 を読んでください。  リセット:iPod nanoをリセットします。下記の「一般的な提案」を参照してください。  再試行:「iTunes」に iPod nanoが表示されない場合、別の USBポートで再度試してみます。  再起動:コンピュータを再起動し、最新のソフトウェア・アップデートをインストールしていることを確認します。  再インストール:Webにある最新バージョンの「iTunes」ソフトウェアを再インストールします。  復元:iPod nanoを復元します。55 ページの「iPodソフトウェアをアップデートする/復元する」を参照してく ださい。 一般的な提案 iPod nanoで発生した問題のほとんどは、本体をリセットすることで解決できます。 iPod nano をリセットする: m まず、iPod nanoが充電されていることを確認します。次に、スリープ/スリープ解除ボタンと音量ダウンボタンを 押し、Appleロゴが表示されるまで 6 秒間押し続けます。 iPod nano の電源が入らない/動かない m iPod nanoのバッテリーの再充電が必要な場合があります。iPod nanoをコンピュータの USB 2.0ポートまたは Apple USB電源アダプタに接続して、バッテリーの再充電をします。iPod nanoの画面に稲妻のアイコンが表示さ れていることを確認し、iPod nanoが充電されていることを確認します。 参考:多くの場合、キーボード上の USBポートでは十分な電力が得られないので、iPod nanoを充電できません。 iPod nanoをお使いのコンピュータの USB 2.0ポートに接続します。 m iPod nanoが反応するまで、「5つの R」を、1つずつ試します。 iPod nano を取り外したいが「接続されています」または「同期中です」というメッセージが表示されている m iPod nanoが音楽を同期中の場合は、同期が終了するまでお待ちください。 m 「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択し、取り出し(C)ボタンをクリックします。 m iPod nanoが「iTunes」のデバイスリストから消えたのに、iPod nanoの画面には「接続されています」または「同 期中です」のメッセージが表示されたままの場合は、気にせず iPod nanoを取り外してください。 51m iPod nanoが「iTunes」のデバイスリストから消えないときは、Macを使用している場合は iPod nanoのアイコ ンをデスクトップから「ゴミ箱」にドラッグしてください。Windows PCを使用している場合は、「マイコンピュータ」 でデバイスを取り出すか、システムトレイの「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンをクリックして iPod nanoを 選択してください。それでも「接続されています」または「同期中です」のメッセージが表示されたままの場合は、コ ンピュータを再起動してもう一度 iPod nanoを取り出してください。 iPod nanoで音楽を再生できない m イヤフォンのコネクタがしっかりと差し込まれていることを確認します。図については、support.apple.com/kb/ ts3700?viewlocale=ja_JPを参照してください。 m 音量が正しく調節されていることを確認します。最大音量の制限が設定されている可能性があります。この制限は、 「設定」で変更または解除できます。24 ページの「最大音量の制限を設定する」を参照してください。 m iTunes 10.0 以降を使用していることを確認してください(www.itunes.com/jp/downloadsから入手できます)。 これより前のバージョンの「iTunes」を使って iTunes Storeから購入した曲は「、iTunes」をアップグレードしないと、 iPod nanoで再生されません。 m Apple Universal Dockを使用する場合は、必ず iPod nanoを Dockにしっかりと固定し、すべてのケーブルが 正しく接続されていることを確認します。 iPod nano をコンピュータに接続しても何も起こらない場合 m www.itunes.com/jp/downloadsにある最新版の「iTunes」ソフトウェアがインストールされていることを確認 してください。 m お使いのコンピュータの別の USBポートに接続してみてください。 参考:iPod nanoの接続には、USB 2.0ポートの使用をお勧めします。USB 1.1は、USB 2.0に比べてかなり低 速です。お使いの Windows PCに USB 2.0ポートがない場合でも、USB 2.0カードを購入して取り付けることが できる場合があります。 m iPod nanoのリセットが必要な可能性があります(51ページを参照)。 m Apple DockコネクタUSBケーブルを使ってノートコンピュータに iPod nanoを接続する場合は、iPod nanoを 接続する前にノートコンピュータを電源コンセントに接続します。 m お使いのコンピュータとソフトウェアがシステム条件に合っていることを確認します。54 ページの「システム条件を確 認したい場合」を参照してください。 m ケーブルの接続を確認します。ケーブルを両方の本体から取り外し、USBポートに異物が入り込んでいないことを確 認します。確認後、ケーブルをつなぎ直します。ケーブルのコネクタが正しい向きであることを確認します。正しい向 きでしか差し込めません。 m コンピュータを再起動してみます。 m 上記のいずれの方法でも問題が解決しない場合は、iPod nanoソフトウェアを復元する必要がある可能性がありま す。55 ページの「iPodソフトウェアをアップデートする/復元する」を参照してください。 iPod nano の画面がオフになると音楽が停止する場合 m イヤフォンポートに異物が入り込んでいないことを確認します。 m イヤフォンのコネクタがしっかりと差し込まれていることを確認します。図については、support.apple.com/kb/ ts3700?viewlocale=ja_JPを参照してください。 iPod nanoに「電源に接続してください」というメッセージが表示される場合 m このメッセージは、iPod nanoのバッテリーの電力が非常に不足していて、iPod nanoをコンピュータと通信させ る前にバッテリーを充電する必要がある場合に表示されます。バッテリーを充電するには、iPod nanoをコンピュー タの USB 2.0ポートに接続します。 メッセージが消えて、「iTunes」内または Finder上に iPod nanoが表示されるまで、iPod nanoをコンピュータ に接続したままにします。それまでに消費されていたバッテリーの電力量によっては、起動するまでに、最大で 30 分間 iPod nanoの充電が必要になることがあります。 52 第 11章 ヒントとトラブルシューティングiPod nanoをより速く充電するには、オプションの Apple USB電源アダプタを使用します。 iPod nanoに「iTunes」を使って復元するメッセージが表示される場合 m コンピュータに最新バージョンの「iTunes」がインストールされていることを確認してください(www.itunes.com/ jp/downloadsからダウンロードできます)。 m iPod nanoをコンピュータに接続します。「iTunes」が開いたら、画面のプロンプトに従って iPod nanoを復元し ます。 m iPod nanoを復元しても問題が解決しない場合は、iPod nanoの修理が必要な可能性があります。修理は iPod サービス&サポートの Webサイト(www.apple.com/jp/support/ipod)で申し込めます。 iPod nanoに曲やその他の項目を追加できない m 曲が、iPod nanoの対応していない形式である可能性があります。iPod nanoは次のオーディオファイルの形式に 対応しています。これらはオーディオブックおよび Podcast 用の形式を含みます:  AAC(M4A、M4B、M4P、最大 320 kbps)  Appleロスレス(高品質の圧縮形式)  MP3(最大 320 kbps)  MP3可変ビットレート(VBR)  WAV  AA(audible.comの format 2、3、および 4 の朗読ファイル)  AIFF Appleロスレス形式を使ってエンコードした曲のサウンド品質は CDと同等ですが、使用する容量は AIFF形式また は WAV 形式を使ってエンコードした曲の約半分で済みます。AAC 形式または MP3形式でエンコードした場合は、 さらに少ない容量で済みます。「iTunes」を使用してCDから音楽を読み込む場合、デフォルトで AAC 形式に変換 されます。 「iTunes」に iPod nanoが対応していない曲がある場合は、iPod nanoが対応している形式に変換できます。詳 しくは、「iTunes ヘルプ」を参照してください。 Windowsで「iTunes」を使用する場合は、保護されていない WMAファイルを AAC 形式または MP3形式に変 換できます。これは、WMA 形式でエンコードされた音楽のライブラリがある場合に便利です。 iPod nanoは、audible.comの format 1、MPEG Layer 1、MPEG Layer 2、および WMAのオーディオファ イルには対応していません。 「Geniusを有効にするには iTunesに接続してください。」というメッセージが iPod nanoに表示される m 「iTunes」で Geniusがオンになっていないか、「iTunes」で Geniusをオンにした後 iPod nanoが同期されてい ません。27 ページの「Geniusプレイリストを作成する」を参照してください。 「選択中の曲では Geniusは使用できません。」というメッセージが iPod nanoに表示される Geniusはオンになっていますが、選択した曲から Geniusプレイリストを作成できない状態です。iTunes Store m の Geniusデータベースには定期的に新しい曲が追加されているので、しばらくしてからもう一度試してください。 iPod nanoがラジオ信号を受信できない場合 m イヤフォンまたはヘッドフォンがしっかりと接続されていることを確認してください。 m イヤフォンまたはヘッドフォンのコードの位置を変えてみてください。また、コードが巻かれていたり、ねじれていな いことを確認してください。 m 窓の近くや屋外など、受信状況の改善される場所に移動してください。 iPod nano を理解できない言語に誤って設定してしまった場合 m 言語をリセットできます: 1 ホーム画面で、「設定」をタップします。 2 上から3番目のメニュー項目(「一般 l」)をタップします。 第 11章 ヒントとトラブルシューティング 533 リストの最後までフリックして、最後のメニュー項目(「言語」)をタップします。 4 使用したい言語をタップしてから、メニュー上部のボタン(「完了」)をタップします。 m すべての設定をリセットすることもできます(同期したコンテンツが削除されたり変更されたりすることはありません)。 「設定」をタップし、メニューの最後の項目(「Reset Settings」)をタップしてから、赤いボタン(「Reset」をタップ します。 m 「Reset Settings」メニュー項目が見つからない場合は、iPod nanoをオリジナルの状態に復元して、言語を選択 できます。55 ページの「iPodソフトウェアをアップデートする/復元する」を参照してください。 iPod nanoが応答せず、画面上の項目が四角で囲まれている場合 m VoiceOver がオンになっている可能性があるため、VoiceOverのジェスチャを使ってオフにする必要があります(49 ページの「VoiceOverのジェスチャを使って iPod nanoの VoiceOverをオフにする:」を参照してください)。 画面上のテキストが読み上げられる m VoiceOver がオンになっている可能性があるため、VoiceOverのジェスチャを使ってオフにする必要があります(49 ページの「VoiceOverのジェスチャを使って iPod nanoの VoiceOverをオフにする:」を参照してください)。 システム条件を確認したい場合 iPod nanoを使用するには、以下のものが必要です: m 次のコンピュータ構成のいずれか:  USB 2.0ポートを搭載した Mac  USB 2.0ポートまたは USB 2.0カードを搭載した Windows PC m 次のオペレーティングシステムのいずれか:  Mac OS X v10.5.8 以降  Windows 7  Windows Vista  Windows XP Home Editionまたは Windows XP Professional Editionの Service Pack 3以降 m iTunes 10.0 以降(www.itunes.com/jp/downloadsからダウンロードできます) お使いの Windows PCに高電力型 USB 2.0ポートがない場合は、USB 2.0カードをご購入いただいて取り付ける ことができます。ケーブルおよび互換性のあるUSBカードについて詳しくは、www.apple.com/jp/ipodを参照 してください。 Mac 上で iPod nanoのすべての写真機能を使用するには、「iPhoto 8.1」以降が必要です。このソフトウェアはオ プションです。お使いの Macに「iPhoto」がすでにインストールされている場合もあるため「、アプリケーション」フォ ルダ内を確認してください。 MacとWindows PCの両方で、コンピュータのハードディスク上のフォルダから、iPod nanoにデジタルフォトを 同期できます。 iPod nano を MacとWindows PCの両方で使う場合 m 現在iPod nanoをMacで使っていて、今後はWindows PCで使いたい場合は、PCで使えるように、iPodソフトウェ アを復元する必要があります(55ページの「iPodソフトウェアをアップデートする/復元する」を参照)。iPodソフトウェ アを復元すると、すべての曲を含むすべてのデータが iPod nanoから消去されます。 重要:iPodソフトウェアを復元すると、曲を含むすべてのデータが iPod nanoから消去されます。 iPod nanoのデータをすべて消去せずに、Macで使用している iPod nanoを Windows PCで使用するように切 り替えることはできません。 54 第 11章 ヒントとトラブルシューティングiPodソフトウェアをアップデートする/復元する 「iTunes」を使用して、iPodソフトウェアをアップデートする/復元することができます。iPod nanoをアップデー トして、最新のソフトウェアを使用してください。また、ソフトウェアを復元することもできます。復元した場合には、 iPod nanoはオリジナルの状態に戻ります。  アップデートを選んだ場合は、ソフトウェアがアップデートされますが、お使いの設定と曲は影響を受けません。  復元を選んだ場合は、曲、ビデオ、ファイル、写真、その他のデータを含む、すべてのデータが iPod nanoか ら消去されます。iPod nanoの設定はすべてオリジナルの状態に復元されます。 iPodソフトウェアをアップデートする/復元する: 1 お使いのコンピュータがインターネットに接続していることと、最新版の「iTunes」ソフトウェアがインストールされ ていることを確認してください(www.itunes.com/jp/downloadsからダウンロードできます)。 2 iPod nanoをコンピュータに接続します。 3「iTunes」のデバイスリストで iPod nanoを選択してから、「概要」タブをクリックします。 「バージョン」セクションで、iPod nanoが最新の状態か、新しいバージョンのソフトウェアが必要かを確認します。 4「アップデート」(Mac OS Xの場合)または「更新」(Windowsの場合)をクリックして、最新バージョンのソフトウェ アをインストールします。 重要:iPodソフトウェアを復元すると、曲を含むすべてのデータが iPod nanoから消去されます。 5 必要な場合は、「復元」をクリックして iPod nanoをオリジナルの設定に戻します(これによりiPod nanoのすべ てのデータが消去されます)。画面の説明に従って復元操作を完了します。 第 11章 ヒントとトラブルシューティング 55安全にお使いいただくための注意点と清 掃方法 12 警告:負傷を防ぐため、iPod nanoを使用する前に、このガイドに記載されている操作上の指示と安全性に関す · る情報をすべてお読みください。 安全性に関する重要な情報および「iPod nanoユーザガイド」は、いつでも参照できる場所に保管してください。 「iPod nanoユーザガイド」のダウンロード版および安全性に関する最新の情報については、support.apple.com/ ja_JP/manuals/ipodを参照してください。 安全および取り扱いに関する重要な情報 警告:以下の安全性に関する指示を守らないと、火災、感電、その他の負傷や損害を招くおそれがあります。 iPod nano の持ち運びと取り扱い iPod nanoには精密部品が内蔵されています。iPod nanoを落としたり、分 解したり、電子レンジにかけたり、燃やしたり、ペンキを塗ったり、異物を入れたりしないでください。破損してしまっ た、穴が空いてしまった、または水に浸してしまったなど、損傷した iPod nanoは使用しないでください。 iPod nanoの前面カバーはガラス製です。iPod nanoを硬い表面の上に落としたり、強い衝撃を与えたり、ぶつけ たり、折り曲げたり、変形させたりすると、このガラスが破損することがあります。ガラスがかけたり割れたりした 場合は、壊れたガラスに触れたり、取り除こうとしたりしないでください。iPod nanoの使用を中止して、Apple または Apple 正規サービスプロバイダにガラスの交換を依頼してください。不正な使用や誤用によるガラスの破損 は、保証の対象にはなりません。引っかき傷や擦り傷などから保護したい場合は、別売のケースを使用してください。 水中や水気のある場所、湿気の多い場所を避ける iPod nanoを水や雨にさらしたり、液体のある場所(洗面台や トイレなど)の近くで iPod nanoを操作したりしないでください。iPod nanoに食べ物や液体をこぼさないよう 注意してください。iPod nanoを濡らしてしまった場合は、すべてのケーブルを取り外し、iPod nanoの電源を切っ てから水気を拭き取ってください。完全に乾くまで、再度電源を入れないでください。電子レンジやヘアドライヤー などの外部熱源を使って、iPod nanoを乾かそうとしないでください。液体にさらされた結果として損傷してしまっ た iPod nanoは、保証の対象外です。 iPod nano を修理する/変更する 絶対に iPod nanoを自分で修理したり変更したりしないでください。 iPod nanoには、お使いの方がご自身で修理できる部品はありません。iPod nanoを分解したことによって 生じた故障は、保証の対象外になることがあります。iPod nanoを水に浸してしまったり、穴を開けてしまっ たり、激しく落としてしまった場合は、使用せずに Apple 正規サービスプロバイダに修理を依頼してください。 修理は、必ずAppleまたは Apple 正規サービスプロバイダに依頼してください。サービスについて詳しくは、 www.apple.com/jp/support/ipodを参照してください。 バッテリーを交換する iPod nano内の充電式バッテリーを自分で交換しようとしないでください。充電式バッテリー の交換は、必ずAppleまたは Apple 正規サービスプロバイダに依頼してください。バッテリー交換サービスについ て詳しくは、www.apple.com/jp/batteries/replacements.htmlを参照してください。 iPod nano の外側を清掃する iPod nanoに、インク、染料、口紅、泥、食品、油、化粧品などの汚れの原因 になるものが付いた場合は、すぐに清掃してください。iPod nanoを清掃するときは、すべてのケーブルを取り外し、 iPod nanoの電源を切ってください(スリープ/スリープ解除ボタンを押し続けます)。その後、柔らかくけば立たな い布を水で湿らせて使用してください。開口部に水が入らないように注意してください。iPod nanoを清掃するた めに、窓ガラス用洗剤、家庭用洗剤、スプレー式の液体クリーナー、有機溶剤、アルコール、アンモニア、研磨剤 は使用しないでください。 56iPod nano を充電する iPod nanoを充電するときは、付属の Apple DockコネクタUSBケーブルと Apple USB電源アダプタまたは USB 2.0 規格に準拠する別のデバイスの高電力型 USBポート、iPod nanoに対応するよ うに設計されている Appleブランドの別の製品やアクセサリ、または Appleの「Made for iPod」ロゴの使用が 認められた他社製アクセサリのみを使用してください。 iPod nanoで使用する前に、製品およびアクセサリの安全性に関する指示をすべてお読みください。Appleは、 他社製アクセサリの操作や、それらが安全性の規格や法規制に順守しているかどうかについては責任を負いません。 Apple USB電源アダプタを使って iPod nanoを充電する場合は、コンセントに差し込む前に、電源アダプタが完 全に組み立てられていることを確認してください。確認後、Apple USB電源アダプタをコンセントにしっかりと差し 込んでください。濡れた手で Apple USB電源アダプタを抜き差ししないでください。 Apple USB電源アダプタは、通常の使用中でも熱くなることがあります。常に、Apple USB電源アダプタの周り には十分な換気空間を設けるようにし、電源アダプタに触れる際には十分に注意してください。以下のいずれかの場 合には、Apple USB電源アダプタをコンセントから抜いてください:  電源コードまたはプラグが擦り切れたり損傷したりした場合。  アダプタが、雨、液体、または過度の湿気にさらされた場合。  アダプタのケースが損傷した場合。  アダプタを修理する必要があると思われる場合。  アダプタを清掃する場合。 聴覚の損傷を避ける ハンズフリーヘッドセットやヘッドフォンを大音量で使用すると、聴覚を損なうおそれがあり ます。iPod nanoに対応しているイヤフォンまたはヘッドフォンだけを使用してください。オーディオの電源を入れ、 音量を確認してから耳に装着するようにします。大音量で再生を続けていると、耳が慣れ、通常の音量のように聴こ えることがありますが、聴覚が損なわれている可能性があります。耳鳴りがする場合や話がよく聞こえない場合は、 聴くのを中止して、聴力検査を受けてください。音量が大きい程、聴覚に影響を受けるまでの時間が早くなります。 聴覚の専門家は、次のような方法で聴覚を保護することを勧めています:  大音量でハンズフリーヘッドセットやヘッドフォンを使用する時間を制限します。  周囲の騒音を遮断する目的で音量を上げることを避けます。  近くで人が話す声が聞こえない場合には、音量を下げます。 iPod nanoの最大音量の制限を設定する方法については、24 ページの「最大音量の制限を設定する」を参照して ください。 安全に運転する 乗り物を運転したり、自転車に乗ったりしながらiPod nanoを使用すると、注意力が妨げられ るおそれがあります。乗り物を運転しているときや自転車に乗っているときに iPod nanoの使用によって注意力が 妨げられると感じたときは、路肩に寄せて駐車または駐輪してからiPod nanoを操作してください。ヘッドフォン を(片耳のみの使用を含みます)使用するかどうかに関係なく、乗り物を運転したり、自転車に乗ったりしながら iPod nanoを使用することは、お勧めできません。地域によっては違法です。iPod nanoなどの携帯機器の使用 に関する、運転する地域の法律や条令を確認して、それに従ってください。 エアバッグが装備されている乗り物について エアバッグは、大きな力が加わると膨らみます。エアバッグの上やその 装備されている領域に、iPod nano やそのアクセサリを保管しないでください。 飛行機 飛行機での移動中は、iPod nanoの使用が禁止されている場合があります。 運動 運動プログラムを開始する前に、医師と相談して、十分な健康診断を受けることをお勧めします。ワークアウ トを始める前に、ウォーミングアップやストレッチングを行ってください。運動中は特に注意してください。ランニン グ中にデバイスを調整する場合は、必要に応じてランニング速度を落としてから調整してください。痛み、気分不良、 目まい、強い疲労感、または息切れを感じたときは、すぐに運動を中止してください。運動することによって、肉体 的な運動に関係する危険はあなたの責任です。そのような運動によって負傷した場合も含まれます。 コネクタとポートを使用する コネクタをポートに無理に押し込んだり、ボタンに過度の力を加えたりしないでくださ い。保証対象外の故障の原因になることがあります。コネクタとポートを簡単に接続できない場合は、それらの形 状が一致していない可能性があります。障害物がないこと、およびコネクタとポートの形状が一致していることを確 認し、ポートに対して正しい向きでコネクタを差し込んでください。 第 12章 安全にお使いいただくための注意点と清掃方法 57常に適切な温度の範囲内に iPod nano を置く iPod nanoは、温度が 0º ~35º C(32º~ 95º F)で動作し、 -20º~ 45º C(-4º~113º F)で保管されるように設計されています。低温や高温の条件下では、バッテリーの寿 命が一時的に短くなったり、iPod nanoが一時的に正常に動作しなくなることがあります。iPod nanoを駐車中 の乗り物や直射日光のあたる場所に置いたままにすると、これらの保管温度や動作温度の範囲を超えるおそれがあ ります。iPod nanoの内外で結露が発生しないように、iPod nanoを使用するときは急激な温度や湿度の変化を 避けてください。 iPod nanoの使用中またはバッテリーの充電中は、iPod nanoがやや熱を持ちますが、これは異常ではありません。 iPod nanoの外装には、装置内部の熱を外部の空気で冷却する機能があります。 爆発性雰囲気のある危険場所 爆発性雰囲気のある危険場所内では、iPod nanoの電源を切ってください。 iPod nanoを充電しないでください。すべての標識と指示に従ってください。危険場所内では、火花により爆発や 火災が生じる危険性があり、死亡または重大な人身事故に至るおそれがあります。 爆発性雰囲気のある危険場所は、多くの場合、その旨が明確に表示されています(必ずしも表示されているわけで はありません)。爆発性雰囲気のある危険場所には次の例が含まれます:燃料のある場所(ガソリンスタンドなど)、 燃料や化学薬品の移送または保管施設、液化石油ガス(プロパンまたはブタンなど)を使用する車両、化学薬品ま たは粉じん(穀物粉じん、ちり、金属粉など)を含む空気のある場所、および通常車両のエンジンを停止する旨が 勧告される場所。 iPod nano を適切に廃棄する iPod nanoの適切な廃棄方法、およびその他の法規制の順守に関する重要な情 報については、60 ページの「廃棄とリサイクルに関する情報」を参照してください。 58 第 12章 安全にお使いいただくための注意点と清掃方法その他の情報、サービス、サポート 13 iPod関連のソフトウェアやサービスについてまとめています。 知りたい内容 手順 サービスとサポート情報、ディスカッショ ン、チュートリアル、および Apple のソフ トウェアダウンロード 次を参照してください:www.apple.com/jp/support/ipodnano 「iTunes」を使用する 「iTunes」を開き、「ヘルプ」>「iTunes ヘルプ」と選択します。 「iTunes」のオンラインチュートリアル(一部の地域でのみ利用可能です)については、 次にアクセスしてください:www.apple.com/jp/support/itunes 「iPhoto」を使用する(Mac OS Xの場合)「iPhoto」を開き、「ヘルプ」>「iPhoto ヘルプ」と選択します。 iPod nanoに関する最新情報 iPod nano のユーザ登録をします。iPod nano のユーザ登録を行うには、お使いのコ ンピュータに「iTunes」をインストールし、iPod nano を接続します。 iPod nano のシリアル番号を確認する iPod nano のクリップの開いている方の端を見ます。または、「設定」>「情報」とタッ プして下にフリックします。 または、iPod nano をコンピュータに接続しているときに、「iTunes」のデバイスリスト で iPod nano を選択し、「概要」タブをクリックしてください。 保証サービスを受ける まず、このガイド、オンスクリーンヘルプ、およびオンライン参考情報の指示に従って ください。それから、次にアクセスしてください:www.apple.com/jp/support/ ipodnano 59法規制の順守に関する情報 FCC Compliance Statement This device complies with part 15 of the FCC rules. Operation is subject to the following two conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation. See instructions if interference to radio or TV reception is suspected. Radio and TV Interference This computer equipment generates, uses, and can radiate radio-frequency energy.If it is not installed and used properly̶that is, in strict accordance with Apple's instructions̶it may cause interference with radio and TV reception. This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device in accordance with the specifications in Part 15 of FCC rules.These specifications are designed to provide reasonable protection against such interference in a residential installation. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. You can determine whether your computer system is causing interference by turning it o∂. If the interference stops, it was probably caused by the computer or one of the peripheral devices. If your computer system does cause interference to radio or TV reception, try to correct the interference by using one or more of the following measures:  Turn the TV or radio antenna until the interference stops.  Move the computer to one side or the other of the TV or radio.  Move the computer farther away from the TV or radio.  Plug the computer in to an outlet that is on a di∂erent circuit from the TV or radio.(That is, make certain the computer and the TV or radio are on circuits controlled by di∂erent circuit breakers or fuses.) If necessary, consult an Apple Authorized Service Provider or Apple. See the service and support information that came with your Apple product. Or, consult an experienced radio/TV technician for additional suggestions. Important: Changes or modifications to this product not authorized by Apple Inc. could void the EMC compliance and negate your authority to operate the product. This product was tested for EMC compliance under conditions that included the use of Apple peripheral devices and Apple shielded cables and connectors between system components. It is important that you use Apple peripheral devices and shielded cables and connectors between system components to reduce the possibility of causing interference to radios, TV sets, and other electronic devices.You can obtain Apple peripheral devices and the proper shielded cables and connectors through an Apple Authorized Reseller. For non-Apple peripheral devices, contact the manufacturer or dealer for assistance. Responsible party (contact for FCC matters only): Apple Inc. Corporate Compliance 1 Infinite Loop, MS 26-A Cupertino, CA 95014 Industry Canada Statement This device complies with Industry Canada license- exempt RSS standard(s). Operation is subject to the following two conditions: (1) this device may not cause interference, and (2) this device must accept any interference, including interference that may cause undesired operation of the device. Cet appareil est conforme aux normes CNR exemptes de licence d’Industrie Canada. Le fonctionnement est soumis aux deux conditions suivantes : (1) cet appareil ne doit pas provoquer d’interférences et (2) cet appareil doit accepter toute interférence, y compris celles susceptibles de provoquer un fonctionnement non souhaité de l’appareil. European Community Japan VCCI Class B Statement Korea Class B Statement B ( ) (B ) , . Russia バッテリーの交換 充電式バッテリーの交換は、必ず Appleまたは Apple正規サービス プロバイダに依頼してください。バッテリー交換サービスについて詳し くは、www.apple.com/jp/batteries/replacements.htmlを参 照してください。 廃棄とリサイクルに関する情報 お使いの iPodを廃棄する際は、地域法および条例に従って適切に処 分してください。この製品にはバッテリーが内蔵されているため、家 庭廃棄物とは分けて廃棄する必要があります。お使いの iPodが製品 寿命に達した場合は、リサイクルの方法についてAppleまたは地方 自治体にお問い合わせください。 60Appleのリサイクルプログラムについては、次の Webサイトを参照 してください:www.apple.com/jp/recycling Deutschland: Dieses Gerät enthält Batterien. Bitte nicht in den Hausmüll werfen. Entsorgen Sie dieses Gerätes am Ende seines Lebenszyklus entsprechend der maßgeblichen gesetzlichen Regelungen. Nederlands: Gebruikte batterijen kunnen worden ingeleverd bij de chemokar of in een speciale batterijcontainer voor klein chemisch afval (kca) worden gedeponeerd. China Battery Statement Taiwan Battery Statement Turkiye: EEE yönetmeliğine (Elektrikli ve Elektronik Eşyalarda Bazı Zararlı Maddelerin Kullanımının Sınırlandırılmasına Dair Yönetmelik) uygundur. European Union—Disposal Information: This symbol means that according to local laws and regulations your product should be disposed of separately from household waste. When this product reaches its end of life, take it to a collection point designated by local authorities. Some collection points accept products for free. The separate collection and recycling of your product at the time of disposal will help conserve natural resources and ensure that it is recycled in a manner that protects human health and the environment. Union Européenne—informations sur l’élimination Le symbole ci-dessus signifie que vous devez vous débarasser de votre produit sans le mélanger avec les ordures ménagères, selon les normes et la législation de votre pays. Lorsque ce produit n'est plus utilisable, portez-le dans un centre de traitement des déchets agréé par les autorités locales. Certains centres acceptent les produits gratuitement. Le traitement et le recyclage séparé de votre produit lors de son élimination aideront à préserver les ressources naturelles et à protéger l'environnement et la santé des êtres humains. Europäische Union—Informationen zur Entsorgung Das Symbol oben bedeutet, dass dieses Produkt entsprechend den geltenden gesetzlichen Vorschriften und getrennt vom Hausmüll entsorgt werden muss. Geben Sie dieses Produkt zur Entsorgung bei einer o∑ziellen Sammelstelle ab. Bei einigen Sammelstellen können Produkte zur Entsorgung unentgeltlich abgegeben werden. Durch das separate Sammeln und Recycling werden die natürlichen Ressourcen geschont und es ist sichergestellt, dass beim Recycling des Produkts alle Bestimmungen zum Schutz von Gesundheit und Umwelt beachtet werden. Unione Europea—informazioni per l’eliminazione Questo simbolo significa che, in base alle leggi e alle norme locali, il prodotto dovrebbe essere eliminato separatamente dai rifiuti casalinghi. Quando il prodotto diventa inutilizzabile, portarlo nel punto di raccolta stabilito dalle autorità locali. Alcuni punti di raccolta accettano i prodotti gratuitamente. La raccolta separata e il riciclaggio del prodotto al momento dell’eliminazione aiutano a conservare le risorse naturali e assicurano che venga riciclato in maniera tale da salvaguardare la salute umana e l’ambiente. Europeiska unionen—uttjänta produkter Symbolen ovan betyder att produkten enligt lokala lagar och bestämmelser inte får kastas tillsammans med hushållsavfallet. När produkten har tjänat ut måste den tas till en återvinningsstation som utsetts av lokala myndigheter. Vissa återvinningsstationer tar kostnadsfritt hand om uttjänta produkter. Genom att låta den uttjänta produkten tas om hand för återvinning hjälper du till att spara naturresurser och skydda hälsa och miljö. Brasil—Informações sobre descarte e reciclagem O símbolo acima indica que este produto e/ou sua bateria não devem ser descartadas no lixo doméstico. Quando decidir descartar este produto e/ou sua bateria, faça-o de acordo com as leis e diretrizes ambientais locais. Para informações sobre o programa de reciclagem da Apple, pontos de coleta e telefone de informações, visite www.apple.com/br/environment. 環境向上への取り組み Appleでは、事業活動および製品が環境に与える影響をできる限り 小さくするよう取り組んでいます。 詳しくは、www.apple.com/jp/environmentを参照してください。 61K Apple Inc. © 2011 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Appleロゴ、Finder、iLife、iPhoto、iPod、iPod nano、 iTunes、Mac、Macintosh、Mac OS、Made for iPodロゴ、および QuickTimeは、米国その他の国で登録された Apple Inc.の商標です。 Multi-Touchおよび Shuπeは、Apple Inc.の商標です。 iTunes Storeは、米国その他の国で登録された Apple Inc.のサービス マークです。 NIKEとSwooshデザインは、NIKE, Inc.およびその系列会社の商標です。 商標の使用は実施権に基づいています。 本書に記載のその他の社名、商品名は、各社の商標または登録商標であ る場合があります。 本書に記載の他社商品名は参考を目的としたものであり、それらの製品の 使用を強制あるいは推奨するものではありません。また、Apple Inc.は他 社製品の性能または使用につきましては一切の責任を負いません。すべて の同意、契約、および保証は、ベンダーと将来のユーザとの間で直接行わ れるものとします。 本書には正確な情報を記載するように努めました。ただし、誤植や制作上 の誤記がないことを保証するものではありません。 J019-2083/2011-10  Mac Pro 073-1058 Rev. A ハードディスク 交換手順 本書に記載されている手順に従って正しく行ってください。こちらの手順で行わず装置が故障した場 合は、製品保証は適用されません。 注意:Mac Pro では、4 つの内部ハードディスクベイで、4 つのシリアル ATA (SATA) 3 Gbps のハー ドディスクを使用できます。ほとんどの構成では、1 つのハードディスクが一番左の (ベイ 1) ベイに 設置されています。ハードディスクは以下の仕様を満たす必要があります。 種類:SATA 3 Gbps 幅:3.9 インチ (102 mm) 奥行き:5.7 インチ (147 mm) 高さ:1.0 インチ 必要なツール この手順は、#1 プラスドライバーがあればできます。 コンピュータを開く コンピュータをシステム終了します。 警告:内部コンポーネントまたはインストールするコンポーネントの破損や人体へのケガを防ぐ ため、コンピュータを開く前に必ずコンピュータをシステム終了してください。コンピュータの 電源がオンの状態で、コンピュータを開いたり、アイテムを取り付けようとしたりしないでくだ さい。 コンピュータの内部コンポーネントの温度が下がるまで、5 ~ 10 分待ちます。 警告:システム終了直後の内部コンポーネントは非常に熱くなっています。コンピュータの温度 が下がってから、作業を続けてください。 コンピュータから、電源コード以外のすべての外部ケーブルを外します。 体内の静電気を除去するため、コンピュータの背面にある PCI アクセスカバーの金属部分に触れ ます。 重要:コンピュータ内部の部品に触れるときや内部に部品を取り付けるときは、必ず静電気を除 去してください。静電気の帯電を防ぐために、作業を終えてコンピュータを閉じるまでは部屋の 中を歩き回らないでください。 • • • • 1. 2. 3. 4.Mac Pro Hard Drive  電源コードを抜きます。 側面のアクセスパネルをおさえて、コンピュータの背面にあるラッチを持ち上げます。 警告:アクセスパネルの端と筐体は鋭くなっています。取り扱いには十分注意してください。 アクセスパネルを取り外し、柔らかく清潔な布で覆われた平らな台の上に置きます。 5. 6. 7.Mac Pro Hard Drive  取り付けられたハードディスクを取り外す 開いている面が上になるように、コンピュータをゆっくりと寝かせます。 重要:背面パネルのラッチが上向きになっていることを確認します。ラッチが下向きになってい ると、ハードディスクとキャリアが固定され、取り外すことができなくなります。 ハードディスクの位置を確認します。 ドライブベイからハードディスクを引き出します。 1. 2. 3.Mac Pro Hard Drive  ドライブをキャリアにマウントしている 4 本のネジを外し、キャリアからドライブを取り外します。 重要:ハードディスクを取り外したり、取り付ける際は、ドライブの左右を持ってください。ドライ ブ下部にある回路基盤に触れないよう注意してください。 交換用のハードディスクを取り付ける 交換用のハードディスクをキャリアに置き、4 本のマウントネジで固定します。 キャリアをドライブベイのガイドに沿ってスライドさせ、ドライブをベイに押し込みます。 コンピュータを閉じる アクセスパネルを元に戻します。 注意:アクセスパネルを元に戻す前に、ラッチが上向きになっていることを確認してください。 ラッチが下向きになっていると、アクセスパネルは筐体に正しくはまりません。 ラッチを押して、アクセスパネルを固定します。 警告:コンピュータの内部および外部の部品をすべて元に戻し、コンピュータの筐体を閉じるま で、コンピュータの電源を入れないでください。筐体が開いている状態、または部品が足りない 状態でコンピュータを起動すると、コンピュータの破損やケガの原因になることがあります。 4. 1. 2. 1. 2.Mac Pro Hard Drive   Apple Computer, Inc. © 2006 Apple Computer, Inc. All rights reserved. 著作権法により、Apple の書面による事前の許諾を得ることなく本書の一部あるいは全部をコピーす ることを禁じます。 本書に記載されている情報の正確性には最大の注意を払っていますが、Apple は印刷または事務作業 上による誤りがないことを保証するものではありません。 Apple 1 Infinite Loop Cupertino, CA 95014-2084 USA + 1 408 996 1010 http://www.apple.com Apple、Apple ロゴ、Mac、Macintosh、および Mac Pro は米国その他の国で登録された米国アップ ルコンピュータ社の商標です。 In App Purchaseプログ ラミングガイド目次 はじめに 5 対象読者 5 この書類の構成 5 関連項目 6 In-App Purchaseの概要 7 プロダクト 7 App Storeへのプロダクトの登録 8 機能の配布 10 組み込みプロダクトモデル 10 サーバプロダクトモデル 11 プロダクト情報の取得 14 App Storeへのリクエストの送信 14 SKRequest 14 SKRequestDelegate 15 プロダクトに関する情報のリクエスト 15 SKProductsRequest 15 SKProductsRequestDelegate 16 SKProductsResponse 16 SKProduct 16 購入を処理する 17 ペイメントの受け取り 17 SKPayment 18 SKPaymentQueue 18 SKPaymentTransaction 18 SKPaymentTransactionObserver 18 トランザクションのリストア 19 アプリケーションへのStoreの追加 20 段階的手順 20 次に学ぶこと 25 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 2Storeレシートの確認 26 App Storeを使用したレシートの確認 26 Storeレシート 27 Storeのテスト 29 サンドボックス環境 29 サンドボックスでのテスト 29 サンドボックスでのレシートの有効性確認 30 自動更新購読(Auto-Renewable Subscriptions) 31 自動更新購読のStoreへの追加 31 クライアントアプリケーションの設計 32 自動更新購読のレシートの確認方法 32 自動更新購読のリストア 34 書類の改訂履歴 35 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 3 目次図、表 In-App Purchaseの概要 7 図 1-1 App Storeモデル 7 図 1-2 組み込みプロダクトの配布 11 図 1-3 サーバプロダクトの配布 12 プロダクト情報の取得 14 図 2-1 Store Kitリクエストモデル 14 図 2-2 ローカライズされたプロダクト情報のリクエスト 15 購入を処理する 17 図 3-1 ペイメントリクエストのキューへの追加 17 Storeレシートの確認 26 表 5-1 購入情報のキー 28 自動更新購読(Auto-Renewable Subscriptions) 31 表 7-1 自動更新購読のステータスコード 33 表 7-2 自動更新購読情報のキー 33 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 4In-AppPurchaseを使うと、アプリケーション内に直接販売機能(Store)を埋め込むことができます。 In-App Purchaseは、Store Kitフレームワークを使用してアプリケーションに実装します。Store Kitは、 アプリケーションに代わってAppStoreに接続し、ユーザからのペイメント(支払い)を安全に処理し ます。Store Kitは、ユーザにペイメントの承認を求めた後、ユーザが購入したアイテムを提供できる ようにアプリケーションに通知します。このアプリケーション内の支払い機能を使用して、アプリ ケーションの拡張機能や追加コンテンツに対するペイメントを受け取ることができます。 たとえば、In-App Purchaseを使用して次のようなシナリオを実装できます。 ● 基本バージョンにプレミアム機能が追加されたアプリケーション ● ユーザが新しい本を購入してダウンロードできるブックリーダーアプリケーション ● 新しい環境(レベル)の購入を提案するロールプレイングゲーム ● プレーヤーが仮想の不動産を購入できるオンラインゲーム Important In-App Purchaseが行うのはペイメントの受け取りのみです。デベロッパは、組み込み 機能のロック解除や独自サーバからのコンテンツのダウンロードなど、追加の機能をすべて提供 する必要があります。このドキュメントでは、アプリケーションへStoreを追加するための技術的 な要件について詳しく説明します。In-App Purchaseを使用する際のビジネス要件については、App Store Resource Centerを参照してください。また、販売できるプロダクトや、アプリケーションで それらを提供するために必要な手順などについては、ライセンス契約にある明確な取扱規定を確 認する必要があります。 対象読者 このドキュメントは、アプリケーション内でユーザに対して有料の機能追加を提供することを目的と するデベロッパを対象としています。 この書類の構成 このドキュメントは、次の章で構成されています。 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 5 はじめに● “In-App Purchaseの概要” (7 ページ)では、In-App Purchaseが提供する機能について説明しま す。 ● “プロダクト情報の取得” (14 ページ)では、アプリケーションが提供するプロダクトについて の情報をApp Storeから取得する方法について説明します。 ● “購入を処理する” (17 ページ)では、App Storeからのペイメントをアプリケーションで要求す る方法について説明します。 ● “アプリケーションへのStoreの追加” (20 ページ)では、アプリケーションへStoreを追加する手 順を説明します。 ● “Storeレシートの確認” (26 ページ)では、App Storeから受領したレシートをサーバで確認する 方法を説明します。 ● “Storeのテスト” (29 ページ)では、サンドボックス環境を使用してアプリケーションをテスト する方法を説明します。 ● “自動更新購読(Auto-Renewable Subscriptions)” (31 ページ)では、アプリケーションがApple Storeを使用して更新処理を管理することで、定期購読を実装する方法を説明します。 関連項目 App Store Resource Centerでは、ビジネス面におけるIn-App Purchaseの使用と、アプリケーションでプ ロダクトを販売するために必要なステップについて説明しています。 『iTunes Connect Developer Guide』では、App Storeでのプロダクトおよびアカウントテストの設定方法 について説明しています。 『Store Kit Framework Reference』では、App Storeとやり取りするためのAPIを説明しています。 はじめに 関連項目 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 6StoreKitは、アプリケーションに代わってAppStoreとやり取りします。アプリケーションはStoreKitを 使用して、アプリケーションで提供するプロダクトについてのローカライズされた情報をAppStoreか ら受け取ります。アプリケーションはこの情報をユーザに表示し、ユーザがアイテムを購入できるよ うにします。ユーザがアイテムを購入すると、アプリケーションはStore Kitを使用してユーザからペ イメントを受け取ります。図 1-1に基本的なStoreモデルを示します。 図 1-1 App Storeモデル Response Request My App Mac or iOS Device App Store Store Kit Store Kit APIは、アプリケーションにStoreを追加する処理の一部分にすぎません。デベロッパは、提 供するプロダクトをどのように追跡するか、アプリケーションでユーザにStoreをどのように示すか、 Storeでユーザが購入したプロダクトをアプリケーションでどのように提供するかを決定する必要があ ります。以降この章では、プロダクトを作成し、アプリケーションへStoreを追加するプロセスについ て説明します。 プロダクト アプリケーションのStoreで販売する機能はすべてプロダクトです。プロダクトは、デベロッパが新規 アプリケーションを作成するのと同じ方法で、iTunesConnectを通してAppStoreに関連付けられます。 In-App Purchaseを使用して販売できるプロダクトは、次の4つがサポートされています。 ● コンテンツ(Content)。アプリケーションで提供できる電子書籍、雑誌、写真、アート作品、 ゲームのレベルと登場人物、その他のデジタルコンテンツを含みます。 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 7 In-App Purchaseの概要● 機能プロダクト(Functionality Product)。アプリケーションですでに提供済みの機能をロック解 除したり、拡張したりします。たとえば、あるゲームを出荷する際に、ユーザが購入できる、よ り小さな単位のゲームを複数同梱して出荷することが考えられます。 ● サービス(Service)。たとえば、音声のテキスト化などの一度限りのサービスをユーザに請求で きます。1回のサービス利用につき、個々の購入が発生します。 ● 定期購読(Subscription)。 コンテンツやサービスを継続的に利用できるようにします。たとえ ば、アプリケーションから金融情報やオンラインゲームのポータルへのアクセスを1ヶ月単位で 提供するなどが考えられます。 In-App Purchaseは、プロダクトを作り出すための汎用のメカニズムを提供しますが、プロダクトの実 装方法の詳細はデベロッパに委ねています。ただし、アプリケーションの設計においては、以下に示 すように留意すべき重要なガイドラインがいくつかあります。 ● アプリケーションの中で提供できるのは電子商品または電子サービスに限られています。In-App Purchaseを使って実物の商品やサービスを販売することはできません。 ● 中間通貨のようなアイテムを提供することはできません。これは、特定の商品やサービスを購入 するということがユーザに認識されることが重要であるためです。 ● 販売用に提供するアイテムには、ポルノ、誹謗、中傷、ギャンブル(ギャンブルのシミュレー ションであれば問題ありません)や、それらに関連するようなものを含めないようにします。 In-App Purchaseを使用して提供できるものの詳細については、ライセンス契約を参照してください。 App Storeへのプロダクトの登録 Storeで提供するプロダクトはすべて、最初に、iTunes Connectを通してApp Storeに登録する必要があ ります。プロダクトを登録する際は、プロダクト名、説明、価格とともに、App Storeとアプリケー ションで使用するその他のメタデータを提供します。 特定のプロダクトは、プロダクトIDと呼ばれる一意の文字列を使用して識別します。Store Kitを使用 してAppStoreとやり取りする際に、アプリケーションはプロダクトIDを使用して、デベロッパがプロ ダクトに指定した設定データを取得します。その後、ユーザがプロダクトを購入する際に、アプリ ケーションはプロダクトIDを使用して購入されるプロダクトを識別します。 App Storeはさまざまな種類のプロダクトに対応しています。 ● Consumable(消耗型)プロダクト。必要なときにユーザが毎回購入する必要があるプロダクトで す。たとえば、一度限りのサービスは一般的に消耗型プロダクトとして実装します。 In-App Purchaseの概要 App Storeへのプロダクトの登録 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 8● Non-consumable(非消耗型)プロダクト。特定ユーザが一度だけ購入するプロダクトです。非消 耗型プロダクトは、一度購入すると購入したユーザのiTunesアカウントに関連付けられたすべて のデバイスに提供されます。StoreKitには、非消耗型プロダクトを複数のデバイスでリストア(復 元)するためのサポート機能が含まれています。 ● Auto-renewable subscriptions(自動更新購読)。非消耗型プロダクトと同様の方法でユーザのす べてのデバイスに送付されます。しかし、自動更新購読はほかの点で異なっています。iTunes Connectで自動更新購読を作成した場合、購読の期間を選択します。App Storeは、期限が切れる たびに自動的に定期購読を更新します。ユーザが定期購読の更新を許可しないを選択すると、定 期購読の有効期限が切れた後、ユーザの定期購読へのアクセスは取り消されます。アプリケー ションは、定期購読が現在アクティブで、最新のトランザクションに対する更新されたレシート も受け取れることを検証する責任があります。 ● Freesubscriptions(無料購読)。無料購読できるプロダクトをNewsstandに置きます。サインアッ プしたユーザは、Apple IDに関連付けられたどのデバイスからでも購読できます。期限切れにな ることはありません。また、購読にはNewsstand対応アプリケーションが必要です。 ● Non-renewingsubscriptions(非更新購読)。一定の期間だけ提供するプロダクトを作成するため の仕組みです。非更新購読には、自動更新購読といくつか主要な違いがあります。 ● 定期購読の期間は、iTunesConnectでプロダクトを作成するときに宣言されていません。この 情報をユーザに提供することは、アプリケーションの責任です。ほとんどの場合、プロダク トの説明に購読期間を含めます。 ● 非更新購読は、複数回購入(消耗型プロダクトのように)される可能性があり、App Storeが 自動的に更新することはありません。必要ならば、更新処理はアプリケーション内に別途実 装する必要があります。特に、定期購読の有効期限を確認し、プロダクトの購入を促進する ようにアプリケーションで行う必要があります。 ● ユーザが保持するすべてのデバイスに非更新購読を送る必要があります。非更新購読を、Store Kitがすべてのデバイスに自動的に同期することはありません。このインフラストラクチャを 自分で実装する必要があります。たとえば、ほとんどの定期購読は外部のサーバから提供さ れます。サーバはユーザを識別するメカニズムを実装して、定期購読とこれを購入している ユーザを関連付ける必要があります。 App Storeへのプロダクトの登録方法の詳細については、『iTunes Connect Developer Guide』を参照して ください。 In-App Purchaseの概要 App Storeへのプロダクトの登録 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 9機能の配布 ユーザにプロダクトを提供するためにアプリケーションで使用する配布メカニズムは、アプリケー ションの設計と実装に大きく影響します。プロダクトの配布に使われる、デベロッパが想定すべき基 本的な2つの方法として、組み込みモデルとサーバモデルがあります。どちらのモデルでも、デベロッ パはStoreで提供したプロダクト群を追跡し、ユーザによって問題なく購入されたプロダクトを配布し ます。 組み込みプロダクトモデル 組み込みプロダクトモデルでは、プロダクトの配布に必要なすべてをアプリケーションに組み込みま す。このモデルは、アプリケーション内の機能をロック解除するためにもっともよく使われます。ア プリケーションのバンドル内で提供したコンテンツを配布するために、このモデルを使用することも できます。このモデルの重要な利点は、プロダクトをアプリケーションからすぐにユーザに配布でき る点です。組み込みプロダクトのほとんどは非消耗型にするべきです。 Important In-App Purchaseは、問題なく購入された後のアプリケーションにパッチを適用する機 能を提供しません。プロダクトでアプリケーションのバンドルを変更する必要がある場合、App Storeにアプリケーションの更新版を配布しなければなりません。 プロダクトを識別するために、アプリケーションではアプリケーションバンドルにプロダクトIDを格 納します。Appleは、プロパティリスト(plist)を使用して組み込み機能のプロダクトIDを追跡するこ とをお勧めします。コンテンツ駆動型のアプリケーションでは、これを使用してアプリケーションの ソースを変更せずに新しいコンテンツを追加できます。 あるプロダクトが問題なく購入された後は、アプリケーションでは機能のロック解除を行い、それを ユーザに配布しなければなりません。機能をロック解除するもっとも簡単な方法は、アプリケーショ ンの環境設定を変更することです。“App-Related Resources”を参照してください。アプリケーションの 環境設定は、ユーザがiOSベースのデバイスをバックアップするときにバックアップされます。購入 したものが失われないようにアイテムの購入後にデバイスをバックアップするよう、ユーザに勧める とよいでしょう。 In-App Purchaseの概要 機能の配布 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 10図 1-2に、アプリケーションが組み込みのプロダクトを配布する一連の動作を示します。 図 1-2 組み込みプロダクトの配布 App Store アプリケーション 1 6 2 アプリケーションがバンドル からプロダクトIDのリストを 取得 アプリケーションがトラン ザクションを読み取り購入 されたコンテンツを配布 プロダクト情報を取得する ため、アプリケーションが App Storeにリクエストを 送信 3 App Storeはプロダクト 情報を返送 アプリケーションから App Storeにペイメント リクエストを送信 7 8 App Storeがペイメント を処理して完了済み トランザクションを返送 4 アプリケーションがプロダクト 情報を使ってユーザにStore を表示 ユーザがStoreから アイテムを選択 5 サーバプロダクトモデル サーバプロダクトモデルでは、アプリケーションにプロダクトを配布するサーバをデベロッパが別途 用意します。サーバによる配布は、アプリケーションバンドルを変更せずにデータとしてプロダクト を配布できるため、定期購読、サービス、およびコンテンツに適しています。たとえば、ゲームでは 新しいプレイ環境(パズルやレベルなど)をアプリケーションに配布することができます。Store Kit はサーバの設計や、アプリケーションとのやり取りについては定義していません。アプリケーション とデベロッパのサーバ間のすべてのやり取りについての責任はデベロッパにあります。加えて、Store Kitは特定のユーザを識別するメカニズムを提供していません。設計によっては、ユーザを識別するメ カニズムをデベロッパが提供する必要があります。アプリケーションでこうしたメカニズム(たとえ ば、特定のユーザにどの定期購読が関連付けられているかを追跡するなど)を必要とする場合、デベ ロッパ自身でこれを設計し、実装する必要があります。 In-App Purchaseの概要 機能の配布 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 11図 1-3に組み込みモデルを展開して、サーバとのやり取りを示します。 図 1-3 サーバプロダクトの配布 App Store アプリケーション デベロッパサーバ 1 4 7 3 プロダクトIDのリストを取得 するためアプリケーションが サーバにリクエストを送信 アプリケーションはトラン ザクションからレシートを 取り出しサーバに送信 プロダクト情報を取得する ためアプリケーションから App Storeにリクエストを 送信 サーバがプロダクトIDのリスト を返送 これが有効なトランザク ションであると確認するため に、サーバからApp Storeに サーバは追跡記録を作成 するためにレシートデータ を記録 アプリケーションから App Storeにペイメント リクエストを送信 8 9 10 11 13 App Storeはペイメントを 処理して完了済みトラン ザクションを返送 12 App Storeがレシートデータ を解析し、レシートとその レシートが有効かどうかの 結果を返送 App Storeがプロダクト 情報を返送 アプリケーションがプロダクト 情報を使ってユーザにStore を表示 サーバは返されたレシート データを読み取りユーザが 購入したものを判断 14 サーバが購入されたコンテ ンツをアプリケーションに 配布 5 ユーザがStoreから アイテムを選択 6 2 レシートデータを送信 Appleは、プロパティリストにプロパティIDを含めるよりサーバからそれを取得することをお勧めし ます。こうすることで、アプリケーションを更新せずに新しいプロダクトを柔軟に追加できるように なります。 In-App Purchaseの概要 機能の配布 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 12サーバモデルでは、アプリケーションは、トランザクションに関連付けられた署名付きレシートを取 得し、それをサーバに送信します。サーバはそこでレシートの有効性確認とデコードを行い、どのコ ンテンツをアプリケーションに配布するかを判断できます。この処理については、“Storeレシートの 確認” (26 ページ)で詳しく説明します。 サーバモデルには、セキュリティと信頼性という懸念事項が伴います。セキュリティ上の脅威がない か環境全体をテストする必要があります。『Secure Coding Guide』で追加の推奨事項を説明していま す。 非消耗型プロダクトはStore Kitの組み込み機能を使ってリストアできますが、非更新購読型はサーバ からリストアしなければなりません。非更新購読型についての情報を記録し、ユーザにそれらをリス トアするのはデベロッパの責任です。任意で、消耗型プロダクトをサーバから追跡することもできま す。たとえば、消耗型プロダクトがサーバによって提供されるサービスの場合、リクエストの結果を ユーザが複数のデバイス上で取得できるようにすることもできます。 In-App Purchaseの概要 機能の配布 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 13アプリケーションでユーザにStoreを表示する準備ができたら、ユーザインターフェイスにApp Store からの情報を埋める必要があります。この章では、AppStoreからのプロダクトの詳細を要求する方法 を説明します。 App Storeへのリクエストの送信 Store Kitは、App Storeから情報を要求する一般的なメカニズムを提供しています。アプリケーション はリクエストオブジェクトを作成して初期化し、デリゲートをアタッチしてリクエストを開始します。 リクエストを開始するとリクエストがApp Storeに送信され、処理が行われます。App Storeがリクエ ストを処理すると、リクエストのデリゲートが非同期で呼び出されてアプリケーションへその結果を 返します。図 2-1にリクエストモデルを示します。 図 2-1 Store Kitリクエストモデル Response Request SKRequest SKRequestDelegate App Store 2 1 3 Store Kit リクエストの処理中にアプリケーションが終了した場合、アプリケーションはそれを再送する必要が あります。 SKRequest SKRequestはStoreに送信されたリクエストの抽象ベースクラスです。 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 14 プロダクト情報の取得SKRequestDelegate SKRequestDelegateは、正常に終了したリクエストと、エラーによって失敗したリクエストを処理 するためにアプリケーションが実装するプロトコルです。 プロダクトに関する情報のリクエスト アプリケーションは、プロダクトリクエストを使用してプロダクトに関するローカライズされた情報 を取得します。アプリケーションは、一連のプロダクトID文字列を含むリクエストを作成します。前 述したように、アプリケーションではプロダクトIDをアプリケーション内に組み込むか、外部サーバ からIDを取得します。 プロダクトリクエストを開始すると、プロダクトID文字列はAppStoreに送信されます。AppStoreは、 デベロッパが事前にiTunes Connectに入力したローカライズされた情報を返します。デベロッパはこ れらの情報を使ってStoreのユーザインターフェイスを埋めます。図 2-2にプロダクトリクエストを示 します。 図 2-2 ローカライズされたプロダクト情報のリクエスト SKProductsResponse SKProduct Name: Expansion Pack Description: New levels to explore! Price: $0.99 Response Request SKProductsRequest SKProductsRequestDelegate App Store 2 1 3 Product identifier: “Expansion” Store Kit Important ユーザに対してプロダクトの購入を許可する前に、特定のプロダクトID向けのプロダ クトリクエストを行わなければなりません。App Storeからプロダクト情報を取得することで、 iTunes Connectで販売できるとマークしたプロダクトに対する有効なプロダクトIDを使用している ことが保証されます。 SKProductsRequest SKProductsRequestオブジェクトは、Storeで表示するプロダクトのプロダクトID文字列のリストと 共に作成されます。 プロダクト情報の取得 プロダクトに関する情報のリクエスト 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 15SKProductsRequestDelegate SKProductsRequestDelegateプロトコルは、アプリケーション内のオブジェクトによって実装され、 Storeからのレスポンスを受信します。このプロトコルは、リクエストが正常に処理された場合に非同 期にレスポンスを受け取ります。 SKProductsResponse SKProductsResponseオブジェクトは、オリジナルのリクエスト内の有効なプロダクトIDごとに1つの SKProductを持ち、Storeが認識できなかったプロダクトIDのリストも持ちます。Storeは、次のような いくつかの理由でIDを認識できない場合があります。たとえば、プロダクトIDのスペルが間違ってい る、非売品としてマークされている、あるいはiTunes Connectでデベロッパが行った変更がすべての App Storeサーバに伝えられていないなどの理由があります。 SKProduct SKProductオブジェクトは、AppStoreに登録したプロダクトについてローカライズされた情報を提供 します。 プロダクト情報の取得 プロダクトに関する情報のリクエスト 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 16ユーザがアイテムを購入する準備が整うと、アプリケーションはAppStoreにペイメントの受け取りを 依頼します。アプリケーションからペイメントの依頼が発生すると、AppStoreは持続的なトランザク ションを作成し、ユーザがアプリケーションを終了して再起動したとしてもペイメント処理を続けま す。AppStoreは処理中のトランザクションのリストをアプリケーションと同期し、これらのトランザ クションのいずれかの状態が変化したらアプリケーションに最新情報を送信します。 ペイメントの受け取り ペイメントを受け取るには、図 3-1に示すように、アプリケーションでペイメントオブジェクトを作 成し、オブジェクトをペイメントキューに入れます。 図 3-1 ペイメントリクエストのキューへの追加 App Store 2 SKPaymentQueue addPayment: paymentQueue:updatedTransactions: SKPayment Product Identifier Quantity “Sword” 1 4 5 finishTransaction: 1 SKPaymentTransactionObserver Examine all completed purchases and deliver purchased items SKPaymentTransaction SKPaymentTransaction SKPaymentTransaction SKPaymentQueue SKPayment Product Identifier Quantity “Sword” 1 3 SKPayment Product Identifier Quantity “Shield” 1 SKPayment Product Identifier Quantity “Spear” 1 Application Store Kit 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 17 購入を処理するペイメントがペイメントキューへ追加されると、持続的なトランザクションが作成され保持されま す。ペイメント処理が完了すると、ペイメントの受け取りに関する情報でトランザクションが更新さ れます。アプリケーションは、トランザクションが更新された際にメッセージを受け取るオブザーバ を実装します。オブザーバは、購入されたアイテムをユーザに提供し、ペイメントキューからトラン ザクションを削除する必要があります。 SKPayment ペイメントの受け取りはペイメントオブジェクトで開始します。ペイメントオブジェクトにはプロダ クトIDと、必要に応じて、購入されるプロダクトの数量が含まれます。同一のペイメントを2回以上 キューに入れることもでき、ペイメントオブジェクトをキューに入れるたびにそれぞれがペイメント の別個のリクエストになります。 ユーザは、購入機能を「設定(Settings)」アプリケーションで無効にできます。購入処理をキューに入 れる前に、アプリケーションでまずペイメント処理を続けて良いか確認すべきです。これは、ペイメ ントキューのcanMakePaymentsメソッドを呼び出して行います。 SKPaymentQueue ペイメントキューはApp Storeとの通信に使用します。ペイメントがキューに追加されると、Store Kit はApp Storeへリクエストを送信します。Store Kitは、ユーザにペイメントを承認するように求めるダ イアログを表示します。完了したトランザクションはアプリケーションのオブザーバに返されます。 SKPaymentTransaction トランザクションはキューに追加されたすべてのペイメントごとに作成されます。それぞれのトラン ザクションは複数のプロパティを持ち、トランザクションの状態をアプリケーションが判断できるよ うになっています。ペイメントを受け取ると、トランザクションには正常に終了したトランザクショ ンについての詳細情報が追加されています。 アプリケーションでペイメントキューに対して、処理中のトランザクションのリストを求めることも 可能ですが、ペイメントキューが更新されたトランザクションのリストをペイメントキューのオブ ザーバに通知するまで待つのが一般的です。 SKPaymentTransactionObserver アプリケーションはオブジェクト上にSKPaymentTransactionObserverプロトコルを実装し、ペイ メントキューにオブザーバとして追加します。オブザーバの主要な責任は、完了したトランザクショ ンを検査し、正常に購入されたアイテムを引き渡し、これに関する一連のトランザクションをペイメ ントキューから削除することです。 購入を処理する ペイメントの受け取り 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 18アプリケーションは、ユーザがアイテムを購入しようとするまで待つのではなく、起動時にオブザー バをペイメントキューに関連付けるようにします。トランザクションはアプリケーションの終了時に も失われません。次のアプリケーション起動時に、StoreKitはトランザクションの処理を再開します。 アプリケーションの初期化中にオブザーバを追加することで、すべてのトランザクションが確実にア プリケーションに返されます。 トランザクションのリストア トランザクションが処理されキューから削除されると、通常は、アプリケーションに再度表示される ことはありません。しかし、アプリケーションがリストア可能であるべきプロダクト型をサポートす るならば、購入済みのプロダクトをリストアするためのインターフェイスを組み込む必要がありま す。ユーザはこのインターフェイスを使って、ほかのデバイスにプロダクトを追加したり、元のデバ イスから消えてしまった場合そこにリストアしたりすることができます。 Store Kitは、非消耗型、自動更新購読型、無料購読型のプロダクト用に、トランザクションをリスト アするための組み込み機能を提供します。トランザクションをリストアするには、アプリケーション でペイメントキューのrestoreCompletedTransactionsメソッドを呼び出します。トランザクショ ンをリストアするため、ペイメントキューはAppStoreにリクエストを送信します。これに応じて、す でに完了したトランザクションごとに、AppStoreが新しくリストアトランザクションを生成します。 リストアトランザクションオブジェクトのoriginalTransactionプロパティは、オリジナルのトラ ンザクションのコピーを保持しています。アプリケーションは、オリジナルトランザクションを取得 して購入したコンテンツのロック解除にそれを使うことでリストアトランザクションを処理します。 Store Kitは以前のトランザクションをすべてリストアした後、ペイメントキューオブザーバの paymentQueueRestoreCompletedTransactionsFinished:メソッドを呼び出してオブザーバに通知 します。 リストア可能なプロダクトを(リストアインターフェイスを使わずに)ユーザが購入しようとする と、アプリケーションは、リストアトランザクションではなくそのアイテムの通常のトランザクショ ンを受信します。ただし、そのプロダクトについてユーザに二重請求することはありません。アプリ ケーションでは、オリジナルトランザクションとまったく同じようにこれらのトランザクションを扱 う必要があります。 非更新購読型および消耗型プロダクトは、Store Kitで自動的にリストアされません。しかし、非更新 購読型プロダクトは、リストア可能でなければなりません。これらのプロダクトをリストアするに は、購入された際にデベロッパ独自のサーバにトランザクションを記録し、ユーザのデバイスにこれ らのトランザクションをリストアする独自メカニズムを提供しなければなりません。 購入を処理する トランザクションのリストア 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 19この章では、アプリケーションにStoreを追加する手順を説明します。 段階的手順 プロジェクトをセットアップするときは、必ずStoreKit.frameworkにリンクするようにしてくださ い。その後、次のステップに従ってStoreを追加できます。 1. アプリケーションで配布するプロダクトを決めます。 提供できる機能のタイプには制限があります。Store Kitでは、アプリケーション自身にパッチを 適用したり、追加のコードをダウンロードしたりできません。プロダクトは、アプリケーション 内の既存のコードで操作するか、リモートサーバから配布されるデータファイルを使って実装す る必要があります。ソースコードの変更が必要な機能を追加する場合は、アプリケーションの更 新されたバージョンを出荷する必要があります。 2. iTunes Connectでプロダクトごとにプロダクト情報を登録します。 アプリケーションのStoreに新しいプロダクトを追加するたびに、再度このステップに戻ります。 すべてのプロダクトには一意のプロダクトID文字列が必要です。App Storeはこの文字列を使用し て、プロダクトの情報検索およびペイメント処理を行います。プロダクトIDは、iTunesConnectア カウントに固有のもので、アプリケーションを登録したときと同じような手順でiTunesConnectを 使用して登録します。 プロダクト情報の作成および登録処理については、『iTunes Connect Developer Guide』で説明して います。 3. ペイメント処理を進めてよいか判断します。 ユーザはアプリケーション内で購入機能を無効にできます。アプリケーションでは、新しいペイ メントリクエストをキューに入れる前に、ペイメントによる購入が可能かを確認する必要があり ます。この確認は、Storeをユーザに表示する前に行うのが良いでしょう(以下に示します)。あ るいは、ユーザが実際にアイテムを購入しようとするときに行うこともできます。後者の場合、 ユーザは、ペイメントを有効化させたときに、購入できるアイテムを確認できます。 if ([SKPaymentQueue canMakePayments]) { // ユーザにStoreを表示する。 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 20 アプリケーションへのStoreの追加} else { // 購入できないことをユーザに警告する。 } 4. プロダクトに関する情報を取得します。 アプリケーションはSKProductsRequestオブジェクトを作成して、販売するアイテムの一連のプ ロダクトIDでそれを初期化し、リクエストにデリゲートを添付してリクエストを開始します。レス ポンスには、すべての有効なプロダクトID用にローカライズされたプロダクト情報が保持されま す。 レスポンスから取得した、有効なプロダクトのリストを保持しておきます。ユーザが購入するプ ロダクトを選択する際には、ペイメントリクエストを作成するためのプロダクトオブジェクトが 必要になります。 - (void) requestProductData { SKProductsRequest *request= [[SKProductsRequest alloc] initWithProductIdentifiers: [NSSet setWithObject: kMyFeatureIdentifier]]; request.delegate = self; [request start]; } - (void)productsRequest:(SKProductsRequest *)request didReceiveResponse:(SKProductsResponse *)response { NSArray *myProducts = response.products; // プロダクトリストをもとにUIを構築する。 // プロダクトリストの参照を保存する。 } 5. ユーザに表示するプロダクトのユーザインターフェイスを追加します。 Store Kitはユーザインターフェイスクラスを提供していません。プロダクトを顧客にどのように 提供するかのルックアンドフィールを決めるのはデベロッパです。 6. トランザクションオブザーバをペイメントキューに登録します。 アプリケーションでトランザクションオブザーバをインスタンス化し、ペイメントキューのオブ ザーバとして追加します。 アプリケーションへのStoreの追加 段階的手順 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 21MyStoreObserver *observer = [[MyStoreObserver alloc] init]; [[SKPaymentQueue defaultQueue] addTransactionObserver:observer]; アプリケーションでは、アプリケーションの起動時にオブザーバを追加する必要があります。App Storeはアプリケーションがすべてのトランザクションの完了前に終了しても、キューに入れられ たトランザクションを記憶しています。初期化中にオブザーバを追加することで、以前キューに 入れられたすべてのトランザクションをアプリケーションで確実に認識することができます。 7. MyStoreObserverにpaymentQueue:updatedTransactions:メソッドを実装します。 新しいトランザクションが作成されたり更新されたりするたびに、オブザーバの paymentQueue:updatedTransactions:メソッドが呼び出されます。 - (void)paymentQueue:(SKPaymentQueue *)queue updatedTransactions:(NSArray *)transactions { for (SKPaymentTransaction *transaction in transactions) { switch (transaction.transactionState) { case SKPaymentTransactionStatePurchased: [self completeTransaction:transaction]; break; case SKPaymentTransactionStateFailed: [self failedTransaction:transaction]; break; case SKPaymentTransactionStateRestored: [self restoreTransaction:transaction]; default: break; } } } 8. オブザーバは、ユーザが正常にアイテムを購入したときにプロダクトを提供します。 - (void) completeTransaction: (SKPaymentTransaction *)transaction アプリケーションへのStoreの追加 段階的手順 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 22{ // アプリケーションではこれらの2つのメソッドを実装する必要がある [self recordTransaction:transaction]; [self provideContent:transaction.payment.productIdentifier]; // ペイメントキューからトランザクションを削除する [[SKPaymentQueue defaultQueue] finishTransaction: transaction]; } 正常なトランザクションにはtransactionIdentifierプロパティ、および処理済みのペイメン トの詳細が記録されたtransactionReceiptプロパティが含まれます。この情報に対してアプリ ケーションがしなければならないことは特にありません。トランザクションの追跡記録を作成す るためにこの情報を記録しておく必要があるかも知れません。アプリケーションがサーバを使用 してコンテンツを配布する場合、レシートをサーバに送信してAppStoreで有効性を確認すること ができます。 ユーザが購入したプロダクトを提供するために必要なすべての手段を、アプリケーションは確実 に実行しなければなりません。ペイメントをすでに支払っているため、ユーザは新しく購入した プロダクトを受け取ることを期待します。この実装方法の推奨事項については、“機能の配 布” (10 ページ)を参照してください。 プロダクトを配布したら、アプリケーションはfinishTransaction:を呼び出してトランザクショ ンを完了する必要があります。finishTransaction:を呼び出すと、トランザクションはペイメ ントキューから削除されます。プロダクトをなくさないように、アプリケーションでは finishTransaction:を呼び出す前にプロダクトを配布する必要があります。 9. リストアされた購入のトランザクションを終了させます。 - (void) restoreTransaction: (SKPaymentTransaction *)transaction { [self recordTransaction: transaction]; [self provideContent: transaction.originalTransaction.payment.productIdentifier]; [[SKPaymentQueue defaultQueue] finishTransaction: transaction]; } アプリケーションへのStoreの追加 段階的手順 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 23このルーチンは購入されたアイテムに対するルーチンと似ています。リストアされた購入は、異 なるトランザクションIDとレシートなど、新規のトランザクション情報を提供します。必要に応 じて任意の追跡記録の一部としてこの情報を別に保存できます。ただし、トランザクションを完 了する時点では、実際のペイメントオブジェクトを保持しているオリジナルのトランザクション を回復し、そのプロダクトIDを使用する方がよいかも知れません。 10. 失敗した購入のトランザクションを終了させます。 - (void) failedTransaction: (SKPaymentTransaction *)transaction { if (transaction.error.code != SKErrorPaymentCancelled) { // 必要に応じてここでエラーを表示する } [[SKPaymentQueue defaultQueue] finishTransaction: transaction]; } 通常、トランザクションが失敗するのはユーザがアイテムの購入を取り止めたからです。アプリ ケーションは、失敗したトランザクションのerrorフィールドを読み取って、なぜトランザクショ ンが失敗したのかを正確に把握できます。 失敗した購入に対する唯一の要件は、アプリケーションでそれをキューから削除することです。 アプリケーションでユーザにエラーを表示するダイアログを出す場合、ユーザが購入をキャンセ ルした場合にエラーを表示しないようにする必要があります。 11. すべてのインフラストラクチャを設定したら、ユーザインターフェイスを終了できます。ユーザ がStore内のアイテムを選択したら、ペイメントオブジェクトを作成し、ペイメントキューに追加 します。 SKProduct *selectedProduct = <#from the products response list#>; SKPayment *payment = [SKPayment paymentWithProduct:selectedProduct]; [[SKPaymentQueue defaultQueue] addPayment:payment]; Storeで2つ以上のプロダクトを購入できるようにする場合は、ペイメントを1つ作成し、数量プロ パティを設定することができます。 SKProduct *selectedProduct = <#from the products response list#>; SKPayment *payment = [SKPayment paymentWithProduct:selectedProduct]; payment.quantity = 3; [[SKPaymentQueue defaultQueue] addPayment:payment]; アプリケーションへのStoreの追加 段階的手順 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 24次に学ぶこと これらの手順で示したコードは、アプリケーションに組み込むプロダクトモデルでの使用に適してい ます。サーバを使用してコンテンツを配布するアプリケーションの場合、アプリケーションとサーバ 間のやり取りに使用するプロトコルの設計と実装の責任はデベロッパにあります。また、サーバでは アプリケーションにプロダクトを配布する前にレシートを確認する必要もあります。 アプリケーションへのStoreの追加 次に学ぶこと 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 25アプリケーションでは、StoreKitから受領したレシートがAppleからきたものであることを確認する追 加ステップを実行する必要があります。これは、アプリケーションが定期購読、サービス、またはダ ウンロード可能なコンテンツの提供を別々のサーバに頼っている場合は特に重要です。自分のサーバ 上でレシートを確認することで、アプリケーションからのリクエストが有効なものであることを確認 できます。 Important iOSでは、Storeレシートの内容およびフォーマットは非公開であり、変更される場合が あります。アプリケーションで直接レシートのデータを分析しようとしないでください。ここで 説明している仕組みを使用して、レシートの有効性を確認し、そこに保存されている情報を取得 するようにしてください。 Mac OS Xでは、ストアレシートの内容や書式は『Validating Mac App Store Receipts』に記述されてい ます。Mac OS Xは、この章で説明するサーバ検証メソッドと、『Validating Mac App Store Receipts』 に記載されているローカル検証メソッドの、両方に対応しています。 App Storeを使用したレシートの確認 Store Kitが、ペイメントキューオブザーバに対して完了済みの購入を返した場合、トランザクション のtransactionReceiptプロパティにはトランザクションにとって重要な情報がすべて記録された署 名済みのレシートが含まれています。サーバからAppStoreにこのレシートを送信し、レシートが有効 なものであり、かつ改ざんされていないことを確認できます。AppStoreに直接送信されたクエリは、 RFC 4627に定義されているように、JSON辞書として送受信されます。 レシートを確認するには、次の手順を実行します。 1. トランザクションのtransactionReceiptプロパティ(iOSの場合)、またはアプリケーションバ ンドル内のレシートファイル(Mac OS Xの場合)からレシートデータを取得し、base64エンコー ドを使用してそれをエンコードします。 2. receipt-dataという名前の1つのキーと、手順1で作成した文字列でJSONオブジェクトを作成し ます。JSONコードは次のようになります。 { "receipt-data" : "(receipt bytes here) " 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 26 Storeレシートの確認} 3. HTTPのPOSTリクエストを使用してJSONオブジェクトをApp Storeに送信します。StoreのURLは https://buy.itunes.apple.com/verifyReceiptです。 4. App Storeから受信するレスポンスは、statusとreceiptの2つのキーからなるJSONオブジェクト です。次のようになるはずです。 { "status" : 0, "receipt" : { (receipt here) } } statusキーの値が0であれば、レシートは有効です。値が0以外であれば、レシートは無効です。 Storeレシート App Storeに送信したレシートは、トランザクションの情報をエンコードします。App Storeがレシー トの有効性を確認する際、レシートデータに格納されているデータはデコードされて、レスポンスの receiptキーに返されます。レシートレスポンスは、アプリケーションのSKPaymentTransactionに 返されるすべての情報が含まれているJSON辞書です。サーバはこのフィールドを使用して購入に関す る詳細を取得できます。Appleは、レシートデータのみをサーバに送信し、購入情報の詳細はレシー トの有効性確認によって取得することをお勧めします。AppStoreがレシートのデータが改ざんされて いないことを確認するため、サーバにレシートデータとトランザクションデータの両方を送信するよ り、レスポンスから情報を取得するほうがより安全です。 表 5-1に、購入に関する情報を取得するために使用するキーのリストを示します。これらのキーの多 くはSKPaymentTransactionクラスのプロパティと一致します。表 5-1に指定されていないキーは、 すべてAppleにより予約されています。 Storeレシートの確認 Storeレシート 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 27注意 キーのいくつかは、アプリケーションがApp Storeに接続しているのか、サンドボック ステスト環境に接続しているのかによって変化します。サンドボックスの詳細については、 “Storeのテスト” (29 ページ)を参照してください。 表 5-1 購入情報のキー キー 解説 購入したアイテム数。この値は、トランザクションのquantityプロ パティに保存されているSKPaymentオブジェクトのpaymentプロパ ティに対応します。 quantity 購入したアイテムのプロダクトID。この値は、トランザクションの productIdentifierプロパティに保存されているSKPaymentオブジェ クトのpaymentプロパティに対応します。 product_id 購入したアイテムのトランザクションID。この値は、トランザクショ ンのtransactionIdentifierプロパティに対応します。 transaction_id トランザクションの発生した日時。この値は、トランザクションの transactionDateプロパティに対応します。 purchase_date 以前のトランザクションをリストアするトランザクションについて は、これが元のトランザクションIDを保持します。 original_- transaction_id 以前のトランザクションをリストアするトランザクションについて は、これが元の購入日を保持します。 original_purchase_- date ペイメントトランザクションを作成したアプリケーションを一意に 識別するために、App Storeが使用する文字列。サーバが複数のアプ リケーションをサポートする場合、この値を使用してそれらを区別 できます。サンドボックス内で実行しているアプリケーションはま だapp-item-idを割り当てられていないため、サンドボックスで作 成されるレシートにはこのキーは存在しません。 app_item_id アプリケーションの改訂を一意に識別する任意の番号。サンドボッ クスで作成されたレシートにはこのキーは存在しません。 version_external_- identifier bid アプリケーション用のバンドルID。 bvrs アプリケーションのバージョン番号。 Storeレシートの確認 Storeレシート 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 28開発中、アプリケーションをテストして購入が正しく動作することを確認する必要があります。しか し、アプリケーションのテスト中に、ユーザに請求したくはありません。Appleが提供するサンドボッ クス環境を利用すると、会計処理を発生させることなくアプリケーションのテストが行えます。 注意 StoreKitはiOSシミュレータ上では動作しません。iOSシミュレータ上でアプリケーショ ンを実行していると、Store Kitは、アプリケーションがペイメントキューを取り出そうとす ると警告をログに記録します。Storeのテストは実際のデバイス上で行う必要があります。 サンドボックス環境 Xcodeからアプリケーションを起動すると、Store KitはApp Storeに接続しません。代わりに、サンド ボックスの特別なStore環境に接続します。サンドボックス環境はApp Storeのインフラストラクチャ を使用しますが、実際のペイメントは処理しません。サンドボックス環境は、ペイメントが正常に処 理されたかのようにトランザクションを返します。サンドボックス環境は、In-App Purchaseのテスト に制限されたiTunes Connectの特別なアカウントを使用します。サンドボックス内でのStoreのテスト に通常のiTunes Connectアカウントを使用することはできません。 アプリケーションをテストするには、iTunes Connectに特別なテストアカウントを1つ以上作成しま す。アプリケーションがローカライズされる地域ごとに、最低1つのテストアカウントを作成する必 要があります。テストアカウントの作成の詳細については、『iTunes Connect Developer Guide』を参照 してください。 サンドボックスでのテスト アプリケーションをサンドボックスでテストするには、次の手順に従います。 1. テスト用デバイスで自身のiTunesアカウントからログアウトします。 アプリケーションをテストする前に、まず通常のiTunesアカウントからログアウトする必要があ ります。iOS 3.0の「設定(Settings)」アプリケーションには、「Store」カテゴリがあります。iTunes アカウントからログアウトするには、アプリケーションを終了し、「設定(Settings)」アプリケー ションを起動して「Store」アイコンをクリックします。現在のアクティブなアカウントからサイ ンアウトしてください。 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 29 StoreのテストImportant 「設定(Settings)」アプリケーションにテスト用アカウントでサインインしないで ください。 2. アプリケーションを起動します。 自身のアカウントからサインアウトしたら、「設定(Settings)」を終了し、アプリケーションを起 動します。アプリケーションのStoreから購入を行うと、Store Kitはトランザクションを認証する ように促します。テストアカウントを使用してログインし、ペイメントを承認します。会計処理 は発生しませんが、ペイメントが行われたかのようにトランザクションが完了します。 サンドボックスでのレシートの有効性確認 サンドボックス環境で作成されたレシートの有効性を確認することもできます。サンドボックスから 受信したレシートの有効性を確認するコードは実際のAppStoreのものと同一ですが、サーバがサンド ボックスのURLにリクエストを指示しなければならないところが違います。 NSURL *sandboxStoreURL = [[NSURL alloc] initWithString: @"https://sandbox.itunes.apple.com/verifyReceipt"]; Storeのテスト サンドボックスでのレシートの有効性確認 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 30注意 購読が可能なのはiOS上に限ります。 In-App Purchaseを使用すると、標準的な方法で自動更新購読を実装できます。自動更新購読には、い くつか重要な特徴があります。 ● iTunesConnectで自動更新購読を設定したときに、購読の期間その他のマーケティングオプション も設定します。 ● 自動更新購読は、非消耗型プロダクトのリストアで使用したStore Kit関数を使用して、自動的に リストアされます。それぞれの更新に対するトランザクションだけでなく、オリジナルの購入ト ランザクションもアプリケーションに送付されます。“トランザクションのリストア” (19 ペー ジ)を参照してください。 ● サーバがAppStoreを使用してレシートを確認し、定期購読がアクティブで、かつAppStoreにより 更新されていたときに、App Storeはアプリケーションに更新済みのレシートを返します。 自動更新購読のStoreへの追加 自動更新購読を実装するには、次の手順に従います。 ● iTunesConnectに接続し、その接続を使用して新たに共有秘密鍵を作成します。共有秘密鍵は、自 動更新購読のレシートを検証する場合にサーバが提供する必要があるパスワードです。この共有 秘密鍵は、App Storeとの取引に対し、高いレベルのセキュリティを提供します。詳細について は、『iTunes Connect Developer Guide』を参照してください。 ● 新しい自動更新購読タイプを使用して、iTunes Connectで新しいプロダクトを設定します。 ● サーバでレシートを確認するためのコードを修正して、AppStoreに送信するJSONデータに共有秘 密鍵を追加するようにします。サーバ検証コードでは、応答を解析して、購読が期限切れか否か を判断しなければなりません。ユーザが購読を更新済みであれば、最新のレシートがサーバに返 されます。 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 31 自動更新購読(Auto-Renewable Subscriptions)クライアントアプリケーションの設計 多くの場合、クライアントアプリケーションは最小限の変更だけで、自動更新購読に対応できます。 実際、非消耗型プロダクトを回復する場合と同じコードを使用して自動更新購読を回復できるため、 クライアントアプリケーションはよりシンプルに作成されています。アプリケーションは、定期購読 が更新されたときに定期的に個別にトランザクションを受信します。アプリケーションはそれぞれの レシートを個別に検証する必要があります。 自動更新購読のレシートの確認方法 自動更新購読用のレシートの確認方法は、“Storeレシートの確認” (26 ページ)で説明された手順と ほとんど同じです。アプリケーションはJSONオブジェクトを作成して、App Storeに送信します。自 動更新購読用レシートのJSONオブジェクトには、2番目のパラメータがあります。iTunesConnectで以 前作成した共有秘密鍵です。 { "receipt-data" : "(receipt bytes here) ", "password" : "(shared secret bytes here) " } 応答にはレシートが正常に検証されたか否かを表すステータスフィールドがあります。 { "status" : 0, "receipt" : { (receipt here) }, "latest_receipt" : "(base-64 encoded receipt here) ", "latest_receipt_info" : { (latest receipt info here) } } ユーザのレシートが有効で、定期購読がアクティブならば、ステータスフィールドは0を保持し、 receiptフィールドにはデコード済みのレシートデータが設定されます。サーバが0以外のステータ ス値を受信した場合、表 7-1を使用して0以外のステータスコードを解釈します。 自動更新購読(Auto-Renewable Subscriptions) クライアントアプリケーションの設計 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 32表 7-1 自動更新購読のステータスコード ステータスコード 解説 21000 App Storeは、提供したJSONオブジェクトを読むことができません。 21002 receipt-dataプロパティのデータは形式が不正です。 21003 レシートを認証できません。 この共有秘密鍵は、アカウントのファイルに保存された共有秘密鍵と一致 しません。 21004 21005 レシートサーバは現在利用できません。 このレシートは有効ですが、定期購読の期限が切れています。ステータス コードがサーバに返される際、レシートデータもデコードされ、応答の一 部として返されます。 21006 このレシートはサンドボックスレシートですが、検証のためにプロダク ションサービスに送られました。 21007 このレシートはプロダクションレシートですが、検証のためにサンドボッ クスに送られました。 21008 Important この0以外のステータスコードは、自動更新購読についての情報を回復したときだけに 適応できます。ほかの種類のプロダクトの応答をテストする場合は、これらのステータスコード を使用しないでください。 JSONオブジェクトのreceiptフィールドには、レシートから解析された情報が保持されています。自動 更新購読のレシートデータには、1つの追加キーが含まれています。表 5-1 (28 ページ)で以前説明 したほかのキーは、定期購読用に少し変更されています。新規のキーと変更されたキーの詳細につい ては、表 7-2を参照してください。 表 7-2 自動更新購読情報のキー キー 解説 定期購読レシートの有効期限は、1970年1月1日00:00:00GMTからミリ 秒単位で表示されています。このキーは、リストアされたトランザ クションには含まれていません。 expires_date これには、最初に購入したときのトランザクション識別子が含まれ ます。この定期購入のすべての更新情報とリストアされたトランザ クションは、この識別子を共有します。 original_- transaction_id 自動更新購読(Auto-Renewable Subscriptions) 自動更新購読のレシートの確認方法 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 33キー 解説 最初に購入したときの購入日を保持しており、定期購入の開始日を 表します。 original_purchase_- date このトランザクションが発生した請求日を保持しています。更新可 能な定期購読のトランザクションに対しては、定期購読が更新され た日付になります。App Storeで解析されるレシートがこの定期購読 の最新のレシートである場合、このフィールドには更新された最新 の定期購読の日付を保持します。 purchase_date 応答にはreceipt_dataフィールドのほか、2つの新しいフィールドが入っているかも知れません。 ユーザの定期購読がアクティブで、サーバがAppStoreに送ったレシートに置き換わるトランザクショ ンで更新が行われた場合、latest_receiptフィールドには、この定期購読の最新の更新に対応する 新しいbase64でエンコードされたレシートが含まれます。この新しいレシートのデコード済みデータ も、latest_expired_receipt_infoフィールドに与えられます。サーバはこの新しいレシートを使 用して、最新の更新レコードを維持できます。 自動更新購読のリストア AppStoreは、定期購読を更新するたびに別のトランザクションを作成します。アプリケーションが以 前の購入情報をリストアするときに、Store Kitはそれぞれのトランザクションを送付します。この購 入の内容をリストアするには、アプリケーションで各トランザクションの購入日と定期購読の長さを 組み合わせる必要があります。定期購読の長さは、SKPaymentTransactionオブジェクトやAppStore レシート検証ソフトから送付されるレシートデータには含まれていません。各定期購読の長さについ ては、異なるプロダクト識別子を使用する必要があります。そうすればアプリケーションはプロダク ト識別子を定期購読の長さに変換できます。この長さと購入日付を使用して間隔を決定し、このレ シートが有効かどうかを判断します。 自動更新購読(Auto-Renewable Subscriptions) 自動更新購読のリストア 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 34この表は「In App Purchaseプログラミングガイド」の改訂履歴です。 日付 メモ プラットフォームをまたがる使い方を反映するよう図版を作り直し ました。コードから非推奨になったメソッドを削除しました。 2012-02-16 “アプリケーションへのStoreの追加”(20ページ)で、非推奨になっ たメソッドpaymentWithProductIdentifier:を paymentWithProduct:に置き換えました。 Mac OS Xにおけるこの技術の活用に関して細かな改訂を行いまし た。 2012-01-09 2011-10-12 概要の項に新しいタイプの購入方法に関する情報を追加しました。 2011-06-06 本書のMac OS X向けの初版。 自動更新購読に関して、最新のサーバの振る舞いに合わせて修正し ました。 2011-05-26 2011-03-08 更新可能な定期購読の章でキーのリストを訂正しました。 アプリケーションは購入情報の提出前に、必ず製品情報を取得する 必要があり、これによって製品が販売状態にあることを確認できる 旨を追加しました。更新可能な定期購読についての情報を追加しま した。 2011-02-15 2010-09-01 細かな編集を行いました。 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 35 書類の改訂履歴日付 メモ 2010-06-14 SKRequestについての説明をわかりやすくしました。 2010-01-20 JSONレシートオブジェクトの誤字を訂正しました。 レシートデータはbase64でエンコードしてから検証サーバに渡す必 要があることを追加しました。その他の細かな更新を行いました。 2009-11-12 「はじめに」の章を改訂しました。レシートデータの使い方を明確 にしました。プロダクトメタデータの作成について推奨する主要な 情報源として、『iTunesConnectDeveloperGuide』を記載しました。 ドキュメント名を『Store Kit Programming Guide』から『In App Purchase Programming Guide』に変更しました。 2009-09-09 Apple App Storeからのプロダクトの価格情報の取得に関する説明、 およびStoreでのレシートの確認に関する説明を追加しました。 2009-06-12 アプリケーションにStoreを実装するためのStoreKitAPIの使用方法に ついて説明した新規ドキュメント。 2009-03-13 書類の改訂履歴 2012-02-16 | © 2012 Apple Inc. All Rights Reserved. 36Apple Inc. © 2012 Apple Inc. All rights reserved. 本書の一部あるいは全部を Apple Inc. から書 面による事前の許諾を得ることなく複写複製 (コピー)することを禁じます。また、製品 に付属のソフトウェアは同梱のソフトウェア 使用許諾契約書に記載の条件のもとでお使い ください。書類を個人で使用する場合に限り 1 台のコンピュータに保管すること、またそ の書類にアップルの著作権表示が含まれる限 り、個人的な利用を目的に書類を複製するこ とを認めます。 Apple ロゴは、米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。 キーボードから入力可能なAppleロゴについ ても、これを Apple Inc. からの書面による事 前の許諾なしに商業的な目的で使用すると、 連邦および州の商標法および不正競争防止法 違反となる場合があります。 本書に記載されているテクノロジーに関して は、明示または黙示を問わず、使用を許諾し ません。本書に記載されているテクノロジー に関するすべての知的財産権は、Apple Inc. が保有しています。本書は、Appleブランド のコンピュータ用のアプリケーション開発に 使用を限定します。 本書には正確な情報を記載するように努めま した。ただし、誤植や制作上の誤記がないこ とを保証するものではありません。 Apple Inc. 1 Infinite Loop Cupertino, CA 95014 U.S.A. アップルジャパン株式会社 〒163-1450 東京都新宿区西新宿 3 丁目20 番2 号 東京オペラシティタワー http://www.apple.com/jp/ App Store is a service mark of Apple Inc. Mac App Store is a service mark of Apple Inc. Apple, the Apple logo, iTunes, Mac, Mac OS, OS X, and Xcode are trademarks of Apple Inc., registered in the United States and other countries. IOS is a trademark or registered trademark of Cisco in the U.S. and other countries and is used under license. Apple Inc. は本書の内容を確認しておりますが、本 書に関して、明示的であるか黙示的であるかを問わ ず、その品質、正確さ、市場性、または特定の目的 に対する適合性に関して何らかの保証または表明を 行うものではありません。その結果、本書は「現状 有姿のまま」提供され、本書の品質または正確さに 関連して発生するすべての損害は、購入者であるお 客様が負うものとします。 いかなる場合も、Apple Inc. は、本書の内容に含ま れる瑕疵または不正確さによって生じる直接的、間 接的、特殊的、偶発的、または結果的損害に対する 賠償請求には一切応じません。そのような損害の可 能性があらかじめ指摘されている場合においても同 様です。 上記の損害に対する保証および救済は、口頭や書面 によるか、または明示的や黙示的であるかを問わ ず、唯一のものであり、その他一切の保証にかわる ものです。Apple Inc.の販売店、代理店、または従 業員には、この保証に関する規定に何らかの変更、 拡張、または追加を加える権限は与えられていませ ん。 一部の国や地域では、黙示あるいは偶発的または結 果的損害に対する賠償の免責または制限が認められ ていないため、上記の制限や免責がお客様に適用さ れない場合があります。 この保証はお客様に特定 の法的権利を与え、地域によってはその他の権利が お客様に与えられる場合もあります。  Xserve (Late 2006) 073-1089 Rev. A PCI 拡張カードライザー 交換手順 本書に記載されている手順に従って正しく行ってください。こちらの手順で行わず装置が故障した場 合は、製品保証は適用されません。 オンラインの手順書はこちらをご覧ください。http://www.apple.com/jp/support/diy/ 拡張カードライザーの概要 Xserve (Late 2006) には 2 つの拡張スロットがあります。 スロット 1 にはフルレングス (9 インチ) PCI-E または PCI-X カードを取り付けられます。 スロット 2 にはハーフレングス (6.6 インチ) PCI-E カードを取り付けられます。 拡張カードの取り付けに対応するように、Xserve (Late 2006) は 2 種類の PCI ライザーを使います。 PCI-E ライザーカードはどのスロットにも取り付け可能で、PCI-E カードにのみ対応します。 PCI-X ライザーはスロット 1 に取り付け可能で PCI-X カードにのみ対応します。 • • • •Xserve (Late 2006) PCI Expansion Card Riser Replacement Instructions  ライザーカードを交換する場合、取り付けられている PCI カードを交換用のライザーカードに移動す る必要があります。 Xserve 内部で安全に作業する Xserve 内部のコンポーネントを扱う場合は、その前に必ず Xserve の筐体に触れて静電気を除去しま す。静電気の発生を防ぐために、サーバ内部での作業を終えてカバーを元に戻すまでは部屋の中を歩 き回らないでください。静電気の放電による破損の可能性を最小限にするため、Xserve 内部の作業を 行うときは静電気防止リストストラップを着用します。 警告:Xserve 内部のコンポーネントや取り付けるコンポーネントの損傷を防ぐため、Xserve を開く 前には必ず Xserve の電源を切って電源コードを外します。電源が入ったままでサーバを開かないで ください。Xserve の電源を切っても、内部コンポーネントが非常に熱くなっていることがあります。 Xserve の温度が低くなるまで待ってから開けてください。 必要なツール この手順は、#1 プラスドライバーがあればできます。 Xserve をラックから取り外す サーバがしばらく使用できなくなることをユーザに通知します。 Xserve の電源を切って (詳しくは Xserve ユーザーズガイドを参照してください) Xserve の内部 コンポーネントの温度が低くなるまで待ちます。 警告:内部のコンポーネント、または取り付けや取り外しを行うコンポーネントの損傷を防ぐた め、Xserve を開く前には必ず Xserve の電源を切ります。電源が入ったままで Xserve を開けた り、内部の部品の取り付けや取り外しを行なおうとしないでください。Xserve の電源を切って も、内部コンポーネントが非常に熱くなっていることがあります。Xserve を開く前に、温度が 下がるまで 5 ~ 10 分間待ちます。 Xserve からすべてのケーブルを外します。 注意: 背面パネルからケーブルを外せない場合、小型のドライバーや平らなツールを使ってケー ブルコネクタのタブを押し込んでみてください。 作業を行っているときに誤ってドライブモジュールが外れないように、筐体キーを使って前面パ ネルの筐体ロックをロックします。 静電気を除去するため、サーバの金属ケースに触れます。 1. 2. 3. 4. 5.Xserve (Late 2006) PCI Expansion Card Riser Replacement Instructions  前面パネルの両端にある固定ネジを緩めます。 固定ネジを掴んで、セーフティラッチがかかるまで (ラックの半分くらい) Xserve を手前に引き 出します。 セーフティラッチがかかったら、Xserve のラックから出ている部分を掴んで、親指でラッチタブ を押し、Xserve をスライドさせて残りの部分をラックから出します。 Xserve を平らな場所に置いてロックを解除します。 Xserve を開く トップカバーの背面にある固定ネジを緩め、カバーを後方にスライドさせ取り外します。カバーが外 れない場合は、前面パネルの筐体のロックを確認します。 警告:Xserve の電源を切っても、内部コンポーネントが非常に熱くなっていることがあります。 Xserve の温度が低くなるまで待ってから開けてください。 重要: 静電気の放電による Xserve コンポーネントの破損の可能性を最小限にするため、Xserve 内部 の作業を行うときは可能であれば静電気防止リストストラップを着用します。 6. 7. 8. 9.Xserve (Late 2006) PCI Expansion Card Riser Replacement Instructions  取り付けられている拡張カードライザーを取り外す ライザーのブラケットを背面パネルに固定している 2 つの脱落防止ネジを緩めます。 拡張カードが取り付けられたままの状態で、ブラケットとライザーを注意深く引き上げて、ライ ザーをロジックボートから取り外します。 拡張カードを斜めに持ち上げてカードのポートが筐体に触れないようにし、ライザーとカードを Xserve から取り外します。 拡張カードをライザーに固定しているネジを取り外し、カードとライザーを引き離すようにそっ と引っ張って分けます。 警告:拡張カードの取り外しや取り付けを行う場合は、カードの端だけを持って作業してください。 カードのコネクタやその他のコンポーネントには触らないでください。カードを取り外す際はコネク タからまっすぐ取り出し、取り付ける際はまっすぐに差し込みます。カードを横方向に動かしたり、 無理にスロットに押し込んだりしないでください。交換用カードを取り付けたら、そっと引っ張って 適切に接続されているかを調べます。 1. 2. 3. 4.Xserve (Late 2006) PCI Expansion Card Riser Replacement Instructions  交換用拡張カードライザーを取り付ける PCI カードをライザースロットに入れて、拡張カードを交換用のライザーに移動します。次に、 カードをライザーに固定するネジを元に戻します。 ライザーとロジックボードのスロットを合わせて、押し込んでカードを取り付けます。 ライザーのブラケットを背面パネルに固定している 2 つの脱落防止ネジを締めます。 1. 2. 3.Xserve (Late 2006) PCI Expansion Card Riser Replacement Instructions  Xserve を閉じる カバーを元に戻して固定します。 Xserve をラック内にスライドさせ、前面の固定ネジを締めて Xserve をラックに固定します。 サーバケースがロックされていた場合は、筐体キーを使って前面パネルのセキュリティロックを ロックします。  Apple Computer, Inc. © 2006 Apple Computer, Inc. All rights reserved. 著作権法により、Apple の書面による事前の許諾を得ることなく本書の一部あるいは全部をコピーす ることを禁じます。 本書に記載されている情報の正確性には最大の注意を払っていますが、Apple は印刷または事務作業 上による誤りがないことを保証するものではありません。 Apple 1 Infinite Loop Cupertino, CA 95014-2084 USA + 1 408 996 1010 http://www.apple.com Apple、Apple ロゴ、Mac、Macintosh、および Xserve は米国その他の国で登録された米国アップル コンピュータ社の商標です。 1. 2. 3. バックアップバッテリ交換手順 本書に記載されている手順に従って正しく行ってください。手順に従わなかった場合、装 置が故障しても製品保証は適用されません。 参考:オンラインによる作業手順は http://www.apple.com/jp/support/cip/index.htmlから入手できます。 必要なツール ・ キットに含まれるドライバー、または、#1プラスドライバー 、できればヘッドが磁石 になっているもの ・ 鉛筆か、バッテリをてこで上げて取り出すためのプラスチック製のツール 17インチコンピュータの部品の配置  iMac G5 033-2517 Rev. A2 - iMac G5 バックアップバッテリ 20インチコンピュータの部品の配置 知っておきたい重要事項 1. 交換部品にはスペアキットが同梱されています。キットには#1プラスドライバーが含 まれています。 2. お客さまが取り外せるネジはすべて真鍮色をしています。真鍮色でないネジは、取 り外さないでください。製品保証が適用されなくなります。 3. コンピュータの内部の作業を行うときは自分をアースしてください。本書でアースの 手順を説明します。 4. 部品を取り外すときには、個々の配線を引っ張らないでコネクタを引っ張ってください。iMac G5 バックアップバッテリ - 3 コンピュータを開く 1. Appleメニュー(∏)から、「システム終了」を選択してコンピュータの電源を切ります。 2. ケーブルをすべて取り外し、コンピュータから電源コードを抜きます。 3. 柔らかく清潔なタオル/布を机、または、作業台の上に敷きます。コンピュータの左右を 持って、図のように下向きになるようにゆっくりと寝かせます。4 - iMac G5 バックアップバッテリ 4. 下の図で丸印のついた3つのケース用ネジを探します。中央のケース用ネジは、金属 製の脚を持ち上げないと見えないことがあります。 注意:これらのネジは保持ネジです。ディスプレイ/ベゼルアセンブリの一部であり、 取り外すことはできません。 5. 付属のツール、または、#1プラスドライバーを使って、3つの保持ネジを緩めます。 注意:外側2つのネジを反時計回りに止まるまで回してください。中央のネジは動作 が違います。中央のネジを反時計回りに5回転ほど回してください。 6. 金属製の脚を持って、背面カバーを上方に傾けるように持ち上げて手前に引きながら コンピュータから外します。iMac G5 バックアップバッテリ - 5 バッテリを取り外す 1. バッテリにアクセスするには、他のサービスモジュールを取り外す必要があります。 ここで各モジュールの取り外しと取り付けの手順を説明します。各モジュールを取り 外したら、そのモジュール用のネジといっしょに脇に置いておきます。 2. 重要:自分をアースします。コンピュータ内部にある金属面(下図参照 )に触れて、体 内の静電気を除去します。 警告:コンピュータ内部の部品に触れるときや内部に部品を取り付けるときは、必ず 静電気を除去してください。また、静電気の帯電を防ぐために、取り付けを終えてコ ンピュータを閉じるまでは部屋の中を歩き回らないでください。6 - iMac G5 バックアップバッテリ 3. AirMac Extremeカードを探します。バッテリはAirMac Extremeカードの下にあり ます。 参考:AirMac Extremeカードが取り付けられていない場合は手順7へ。 4. アンテナケーブルを、取り付けられているAirMac Extremeカードの端から取り外し ます。iMac G5 バックアップバッテリ - 7 5. カードのタブを引っ張って、カードをAirMacカードガイドから取り外します。 6. アンテナケーブルをAirMacカードガイドの穴に接続し直します。8 - iMac G5 バックアップバッテリ 7. 鉛筆かプラスチック製のツールを使って、バッテリを矢印方向に押して、バッテリを 金属製のクリップから取り外します。iMac G5 バックアップバッテリ - 9 交換用のバッテリを取り付ける 1. パッケージから交換用バッテリを取り出します。 2. バッテリのプラス側を上にして、バッテリを(矢印方向に)バッテリクリップの下に押 し込みます。バッテリはクリップの下の所定の位置にする収まります。 3. AirMacカードを元どおりにとりつけます。(タブを引っ張って)AirMacアンテナケー ブルをAirMac Extremeガイドレールにある開口部から取り外します。10 - iMac G5 バックアップバッテリ 4. AirMac ExtremeカードをAirMacカードガイドのスロットにカチッと収まるまで挿入 します。AirMacアンテナケーブルをAirMac Extremeカードに接続します。iMac G5 バックアップバッテリ - 11 コンピュータを閉じる 1. カバーの上端にあるスロットが本体側のツメに合うようにカバーを元どおりに取り付 けてください。 2. 背面カバーを少し傾けて、上端をケースのツメに揃えます。両方を合わせながら背 面カバーを押し下げます。12 - iMac G5 バックアップバッテリ 3. 図に示す順番で3つのケース用の拘束ネジを時計回りにまわして締めます。 4. コンピュータを立てます。電源コードや他のケーブルを元どおり接続します。コンピ ュータの電源を入れます。iMac G5 バックアップバッテリ - 13 ∏ Apple Computer, Inc. © 2004 Apple Computer,Inc.All rights reserved. 本書は米国の著作権法および国際条約に基づいて保護されており、本書の一部あるいは全部 をAppleからの書面による事前の許諾を得ることなく何らかの形で複製することを禁じます。 Apple は印刷上の誤記、誤植、不注意による誤りがないことを保証するものではありません。 Apple Computer, Inc. 1 Infinite Loop Cupertino,CA 95014-2084 USA +1 408 996 1010 http://www.apple.com Apple 、Apple ロゴ、Mac 、Macintosh 、Mac ロゴは米国その他の国で登録された米国ア ップルコンピュータ社の商標です。 Logic Pro 8 スタートアップガイド Apple Inc. © 2007 Apple Inc. All rights reserved. 本書の著作権は Apple Inc.に帰属します。著作権法により、 Apple Inc.から書面による許諾を得ることなく、本書の一部 あるいは全部を複写または複製することは禁じられていま す。本ソフトウェア使用に当たっての権利は、製品に付属の ソフトウェア使用許諾書によって規定されています。 Appleロゴは、米国その他の国で登録された Apple Inc. の商 標です。Apple Inc. から書面による事前の許諾を得ることな く、商業的な目的で「キーボード」の Apple ロゴ(Option + Shift+ K)を使用した場合は、商標侵害および日本の国 内法あるいは米国の連邦法ならびに州法を侵害した不正競争 となる場合があります。 本書には正確な情報を記載するように努めました。ただし、 誤植や制作上の誤記がないことを保証するものではありま せん。 参考:Appleでは、システムソフトウェアおよびアプリケー ションの新しいバージョンとアップデートのリリースおよび Webサイトの更新を頻繁に行っているため、このマニュア ルに掲載されている画像が実際の製品のものと若干異なる場 合があります。 Apple Inc. 1 Infinite Loop Cupertino, CA 95014-2084 U.S.A. www.apple.com アップルジャパン株式会社 〒 163-1480 東京都新宿区西新宿 3 丁目 20 番 2 号 東京オペラシティタワー www.apple.com/jp Apple、AppleCare、FireWire、iMovie、iPod、iTunes、 Logic、Mac、Mac OS、Macintosh、および QuickTime は、 米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。 Finder および Spotlightは、Apple Inc.の商標です。 本マニュアルに記載されているその他の会社名および製品名 はそれぞれの会社の商標です。他社製品に関する記述は情報 提供を目的としたものであり、Apple Inc.による公認や推奨 を意味するものではありません。これらの製品の性能や使用 について、Appleは責任を負わないものとします。 J43985.Book Page 2 Wednesday, July 11, 2007 4:56 PM 3 1 目次 序章 5 ようこそ Logicへ 6 本マニュアルの表記規則 第 1章 7 プロジェクトを開始して メディアファイルを読み込む 9 テンプレートについて 9 「アレンジ」ウインドウの概要 10 トラックを作成する 13 メディアファイルを追加する 18 プロジェクトをナビゲートする 21 操作を取り消す 22 トラックとリージョンを選択する 第 2章 25 録音する 25 オーディオ録音の準備をする 28 オーディオリージョンを録音する 30 音源パートを録音する 第 3章 33 アレンジメントを組み立てる 34 ツールを選択する 36 トラック/リージョンをソロ再生する/ミュートする 38 リージョンを編集する 44 インスペクタを使用する 第 4章 47 MIDIイベントを編集する 47 MIDIエディタとは 50 イベントを編集する/作成する 第 5章 53 音源とエフェクトを使う 56 ライブラリを使う 58 音源とエフェクトを編集する 第 6章 59 オーディオファイルを使って作業する 59 オーディオファイルを編集する J43985.Book Page 3 Wednesday, July 11, 2007 4:56 PM4 目次 61 オーディオファイルを管理する 第 7章 63 プロジェクトをミキシングする/書き出す 64 チャンネルストリップのコントロールを使う 65 チャンネルストリップのルーティングを変更する 67 ミックスにオートメーションを設定する 70 プロジェクトを書き出す 第 8章 71 作業を効率化する 71 キーコマンドを使う 72 スクリーンセットを使う 73 コントロールサーフェスを使う 付録 A 75 オーディオと MIDIの基礎 75 MIDI 76 オーディオ 付録 B 79 Mac OS X のオーディオと MIDI 79 Core Audio 80 Core MIDI 付録 C 81 コンピュータのオーディオシステムを最適化する 83 トラブルシューティング 用語集 89 索引 107 J43985.Book Page 4 Wednesday, July 11, 2007 4:56 PM 5 序章 ようこそ Logic へ このガイドは、なるべく短時間で「Logic」を使いこなせるようにな ることを目的に書かれています。 プログラムのすべての機能を網羅しているわけではありません。このガイドで取り上げるのは 「Logic」の最も基本的なインターフェイス、コマンド、およびメニューのみであり、いわば氷山 の一角にすぎません。ほとんどの場合、操作方法は1 種類のみを紹介しています。「Logic」に慣 れてくれば分かりますが、同じ結果を得るための操作方法は複数あります。 このガイドでは豊富な画面表示を用いながら、ある特定の処理を実行するための手順をステップ バイステップ形式で分かりやすく説明しています。本文中に挙げた例を手順に従って実行するだ けで、MIDIおよびオーディオ情報の扱いかたを短期間でマスターできるようになっています。 もちろん、知らない用語や概念もたくさん出てくるでしょう。ここで 1 つ目のアドバイスです。 あわてる必要はありません。 手順の通りに操作を行い、スクリーンショットを(そしてもちろん実際の「Logic」の画面も) 見ながら、自分のペースで学習を進めてください。そして2 つ目のアドバイスです。何も壊して しまう心配はないので、いろいろな操作を自由に試してみてください。ただし、本文中に記載さ れている注意事項や警告には注意してください。 基本的に、あるウインドウで使用できる方法は、アプリケーションの別のウインドウでも同じ (またはほぼ同じ)ように使用できます。このガイドで紹介した基本操作を理解したら、より「高 度な」機能もすぐにマスターできるはずです。 デジタルオーディオおよび音楽プロジェクトの要素について詳しく知りたい場合は、付録A「オー ディオと MIDI の基礎」をお読みください。付録 B では Mac OS X におけるオーディオと MIDI について説明します。付録C では、お使いのコンピュータを音楽制作用に最適化する方法につい て説明します。 そのほかの詳しい情報については、「Logic」の各マニュアルを参照してください。一部ガイドは 紙媒体でも提供していますが、「Logic」のインストール DVD の「書類」フォルダにすべてのマ ニュアルを電子形式で収録しています。特に重要な電子マニュアルについては、「Logic」の「ヘ ルプ」メニューからもアクセスできます。6 序章 ようこそ Logicへ 本マニュアルの表記規則 このマニュアルでは以下の表記規則を使用します: メニューの各機能 各機能には階層メニューでアクセスできるようになっており、「メニュー」>「メニュー項目」> 「機能」のように、操作の順番を階層レベルで示す形で表記されています。 重要事項 重要事項のテキストは次のように表記されます: 重要:機能またはパラメータに関する情報。 上記のコロン以降には、従うか、検討したほうがよい(またはそうする必要のある)重要な説明 や技術情報が示されています。したがって、記載内容について十分な注意が必要です。 注意事項 「Logic」を使用する際に役立つ情報が各所に記載されています。注意事項のテキストは次のよう に表記されます: 参考:機能またはパラメータに関する情報。 キーコマンド 「Logic」の機能の多くは、キーコマンド(コンピュータのキーボードのショートカットキー)で 起動/操作することができます。このマニュアル内で使われているキーコマンドは、英語版の標 準キーコマンドセットに基づいています。 ヒント このマニュアルでは、手短な操作、ほかの操作方法、または一般的な操作に関するさまざまなヒ ントが各所に置かれています。これらのヒントの内容は、実際の作業に役立つものもあれば、機 能のほかの操作方法に関する補足情報を示すものもあります。ヒントのテキストは次のように表 記されます: ∏ ヒント:機能またはパラメータに関する情報。 警告 破壊的な機能(失ったデータを元に戻すことができなくなる、または機器を損傷する可能性があ る機能)の操作に関する警告がところどころに記述されています。警告は次のように記されます: 誤った操作を防ぎ、貴重な時間を節約することができるので、この項目には特に注意してくだ さい。 警告:機能またはパラメータに関する情報。1 7 1 プロジェクトを開始して メディアファイルを読み込む 「Logic」で基本となるファイル(書類)のタイプは、プロジェクトで す。プロジェクトには、オーディオ録音のデータ、MIDI 演奏、各ユー ザの環境設定などを保存できます。 「Logic」で作業を始めるには、まずプロジェクトを開く必要があります。 「Logic」を起動し、新規のプロジェクトを開いて保存するには: 1 「アプリケーション」フォルダの「Logic」のアイコンをダブルクリックします。 テンプレートダイアログが開きます。 2 テンプレートダイアログで「空のプロジェクト」を選択します。「空のプロジェクト」が表示さ れない場合は、「コレクション」カラムの「探索」フォルダのアイコンをクリックします。8 第1章 プロジェクトを開始して メディアファイルを読み込む 空のプロジェクトが開き、「新規トラック」ダイアログが表示されます。 3 「オーディオ」ボタンが選択されていることを確認します。選択されていない場合は、「オーディ オ」ボタンをクリックします。 4 ここでは、そのまま「新規トラック」ダイアログの右下にある「作成」ボタンを押します。 「Logic」のメインウインドウである「アレンジ」ウインドウが開き、オーディオトラックが1 つ だけ表示されます。 5 「ファイル」>「別名で保存」と選択し、「別名で保存」ダイアログを開きます。 6 新しい名前(「テスト」など)を入力します。保存先のフォルダを選択します(または新規のフォ ルダを作成します)。 7 「素材を含む」と「外部オーディオファイルをプロジェクトフォルダにコピー」のチェックボッ クスが選択されていることを確認します。「詳細オプション」が表示されない場合は、開閉用三 角ボタンをクリックします。 参考:プロジェクトの素材とは、オーディオファイル、ビデオファイル、EXSインストゥルメン トファイルなどを指します。「詳細オプション」で設定することによって、これらのファイルを プロジェクトフォルダに保存することができます。こうするとプロジェクトの管理が容易にな り、プロジェクト全体をほかのスタジオ(またはコンピュータ)の「Logic」に簡単に移動できます。 8 右下にある「保存」ボタンをクリックします。第 1 章 プロジェクトを開始してメディアファイルを読み込む 9 テンプレートについて 「Logic」をそのコンピュータで初めて起動すると、プロジェクトファイルが検索されます。適切 なファイルが見つからない場合は、テンプレートダイアログが自動的に開きます。「ファイル」> 「新規」と選択すると、いつでもテンプレートダイアログを開くことができます。 テンプレートダイアログには、楽譜の印刷、映像を使った作業、ヒップホップのトラック作成な ど、特定の用途のためにカスタマイズされた「既成の」プロジェクトがたくさん用意されていま す。このガイドを読み終えたら、各テンプレートを実際に確認してみてください。 これらのテンプレートを元にプロジェクトを作成できるほか、テンプレートをカスタマイズした り新規に作成したりすることもできます。「Logic」をしばらく使い続けるうちに、自分の作業ス タイルが把握できるようになります。そうすれば、「Logic」の設定を変更、カスタマイズして好 みの動作にする方法も分かってきます。今のところは、カスタマイズは最小限にとどめておきま しょう。 「アレンジ」ウインドウの概要 新規のプロジェクトを読み込んで保存し、オーディオトラックを作成すると、以下の画面が表示 されます: Â「アレンジ」ウインドウ:「Logic」のメインウインドウです。「アレンジ」ウインドウには、す べての作業領域およびエディタを組み込むことができます。  メインメニュー(画像には表示されていません): ファイルおよび編集に関するグローバルな 操作を行ったり、プログラム全体に関するオプション(スクリーンセット機能など)にアクセ スしたりするのに使用します(72ページの「スクリーンセットを使う」を参照)。「ウインド ウ」メニューは、別のエディタまたは別のウインドウを開くときに使用します。 このボタンをクリック するとインスペクタが 表示されます。 「アレンジ」ウインドウ トランスポートバー このボタンを クリックする とツールバー が非表示に なります。 インスペクタ ツールバー これらのボタンをクリックすると いずれかのエディタが表示されます。 「アレンジ」ウインドウの チャンネルストリップ アレンジ領域 垂直方向の 拡大/縮小 コントロール 水平方向の 拡大/縮小 コントロール 再生ヘッド ツール メニュー トラック リスト バールーラ ローカルメニュー バー これらのボタンをクリック すると、リスト領域または メディア領域が表示されます。10 第1章 プロジェクトを開始して メディアファイルを読み込む  ツールバー: ツールバーのボタンは主要な機能を実行するためのものです。「メディア」ボタン または「リスト」ボタンをクリックすると、これらボタンの下にメディア領域またはリスト領 域が開閉します。  ローカルメニューバー:ここから各ウインドウの機能にアクセスします。  ツールメニュー:タスクを選択したり編集したりするための各種ツールにアクセスします。  バールーラ:左から右に向かって「Logic」の時間軸が水平に表示されます。移動、再生、お よび録音の各タスクにも使用します。  トラックリスト:ここでトラックを選択、作成、移動、または削除します。  アレンジ領域:アレンジを行う作業スペースです。ここでは、MIDI リージョンやオーディオ リージョンを(トラックリストに表示される)水平方向のトラックレーンにいくつでも配置す ることができます。  再生ヘッド:現在のプロジェクト位置を示します。プロジェクトを再生すると左から右へ移動 します。再生ヘッドは、ペースト操作の対象としても使用できます。  インスペクタ:トラックまたはリージョンの再生に関するさまざまな調整を行います。インス ペクタの下部には、(選択したトラックおよびその出力先チャンネルの)チャンネルストリッ プが表示されます。  エディタボタン:「ミキサー」、「サンプルエディタ」、「ピアノロール」、「スコア」、「Hyper Editor」と表示された各ボタンを押すと、それらに対応するエディタウインドウがトランス ポートバー上で開閉します。エディタに合わせてアレンジ領域のサイズが自動的に調整され ます。  トランスポートバー: 再生および録音の操作をここで制御します。  拡大/縮小コントロール: 拡大/縮小コントロールのスライダをドラッグすると、ウインドウ 表示の水平および垂直方向の拡大倍率が変化します。 トラックを作成する マルチトラックのテープレコーダーと同様、「Logic」でも作業の基本単位はトラックです。これ らのトラックは、「アレンジ」ウインドウのトラックリストに表示され、このリストから各トラッ クにアクセスできます。 たとえば、上で説明した手順で「Logic」を開いた場合、プロジェクトには「Audio 1」という名 前のオーディオトラックが 1 つ含まれます。アレンジメントを作成するには、これ以外にも音源 トラックと外部 MIDI トラックという 2 種類のトラックを使用できます。 複数の新規のトラックを作成するには: 1 トラックリストのすぐ上にある「+」ボタンをクリックします。 2 「新規トラック」ダイアログで、「オーディオ」ボタンが選択されていない場合はこれをクリック します。第 1 章 プロジェクトを開始してメディアファイルを読み込む 11 3 ダイアログの上部にある数値フィールドで「1」を強調表示し、次に「3」と入力します。 ダイアログに表示されている、形式、入力、およびその他のオプションを設定します。 4 「作成」ボタンをクリックします。 ダイアログが閉じ、「アレンジ」ウインドウのトラックリストに 3 つの新規オーディオトラック (「Audio 2」、「Audio 3」、「「Audio 4」)が作成されます。 5 もう一度上と同じ手順で「新規トラック」ダイアログを開き、「ソフトウェア音源」ボタンをク リックし、数値フィールドに「4」と入力して、4 つの新規のソフトウェア音源トラック(「Inst 1」、「Inst 2」など)を作成します。 重要:ここでいったんプロジェクトを保存しておきましょう。「Logic」を初めて起動したときに の手順に従って「別名で保存」を実行している場合は、「ファイル」>「保存」と選択します(ま たは「保存」キーコマンドを使います。デフォルトはコマンド+ Sキーです)。 外部 MIDIトラックも上記と同じ手順で作成できます。外部MIDIトラックは、外部MIDIシンセ サイザーを使った録音と再生に使用します。外部 MIDI トラック(およびハードウェア)の使い かたについては、Logic のユーザーズマニュアルを参照してください。 ここまでの操作で、以下のような画面表示になります: トラックリストでは、新しく追加した最後のトラック(「Inst 4」)が強調表示されており、「アレ ンジ」ウインドウの右側にはライブラリが表示されています。 音源(およびエフェクト)をチャンネルストリップに挿入するには、ライブラリを使います: 1 ライブラリに表示されたいずれかのカテゴリ(「01 Pianos」、「02 Electric Pianos」、 「03 Clavinets」など)をクリックします。 2 ライブラリの 2列目にサブカテゴリが表示された場合は、そのいずれかをクリックします。3列目 が表示されます。 ライブラリ12 第1章 プロジェクトを開始して メディアファイルを読み込む 3 2 列目または 3 列目に表示されたいずれかの項目(設定と呼びます)をクリックします。1つ 1 つ の設定を読み込んで、キーボードで演奏してみてください。 左側の「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップが自動的に更新されるのを確認してくだ さい。通常は、少なくとも2 つ以上の(青い)インサートスロットと音源スロットが有効な状態 になります。これらは個々の音源設定ではなく、チャンネルストリップ設定と呼ばれます。音源 プラグインが読み込まれると同時に、そのチャンネルストリップで使用しているすべてのエフェ クトプラグインも読み込まれます。それだけではなく、各プラグイン(音源およびエフェクト) の設定も自動的に読み込まれます。後でこの音源を使って録音を行いますが、そのためにはまず プロジェクトに「土台」が必要です。 チャンネル ストリップ設定 音源スロット インサートスロット第 1 章 プロジェクトを開始してメディアファイルを読み込む 13 メディアファイルを追加する 「アレンジ」ウインドウにMIDI やオーディオファイル(すなわちメディア)を録音または追加す ると、リージョンと呼ばれる細長い四角形が、トラックレーンに横向きに配置されます。オー ディオリージョンは、基になるオーディオファイル(またはその一部分)を表します。基になる オーディオファイルは、既存または新規のオーディオ録音データです。MIDI リージョンは、MIDI データを個別に録音したもの、または MIDI データのテイクを表します。これも、既存または新 規のオーディオ録音データです。  MIDIリージョンの録音、読み込み、再生は、ソフトウェア音源トラックまたは外部 MIDIトラッ クでのみ実行できます。MIDI リージョンには、実際には MIDIイベントが含まれています。  オーディオリージョンの録音、読み込み、再生は、オーディオトラックでのみ実行できます。 オーディオリージョンとは、基になるオーディオファイルを参照するプレースホルダまたはポ インタにすぎません。 オーディオリージョン MIDIリージョン14 第1章 プロジェクトを開始して メディアファイルを読み込む オーディオ Apple Loop をオーディオトラックに読み込んで、オーディオリージョンを追加する には: 1 「アレンジ」ウインドウの右側にあるメディア領域で、「ループ」タブをクリックします。 ライブラリに代わってループブラウザが表示されます。 2 ループブラウザの右上にあるカラム表示ボタンをクリックします。 3 ループブラウザの上部の左端にあるカラムで「すべて」をクリックします。 中央のカラムにサブカテゴリの一覧が表示されます。 4 中央のカラムで「すべてのドラム」をクリックし、右側のカラムが表示されたら「すべてのドラ ム」をクリックします。 ループブラウザの下部に Apple Loopの一覧が表示されます。 5 一覧の中からいずれかのループ名(青いアイコンで、なるべく「ビート」カラムが「16」のも の)をクリックすると、ループの再生が開始します。もう一度ループ名をクリックすると再生が 停止します。 6 使いたいループが見つかったら、そのループをマウスでつかんでアレンジ領域の「Audio 1」と いうトラックの第 1 小節(バールーラに表示されます)の先頭にドラッグします。 7 マウスのボタンを放すと、「Logic」に最初のオーディオリージョンが読み込まれます。 カラム表示ボタン第 1 章 プロジェクトを開始してメディアファイルを読み込む 15 ブラウザを使って別の種類のオーディオファイルを追加するには: 1 メディア領域の上端にある「ブラウザ」タブをクリックします。 ループブラウザに代わってブラウザが表示されます。 2 ブラウザで目的のファイルを見つけます。 ブラウザでのナビゲート方法は、Mac OS Xの Finder とほぼ同じです。ナビゲート方法は、すべ てのファイルタイプで同じです。ブックマークボタン、パスメニュー、戻るボタンと進むボタン を使ってナビゲートします。検索機能を使えば、どのようなファイルでも簡単に見つけることが できます。これはちょうど Spotlightのようなものです。 3 目的のファイルが見つかったら、アレンジ領域の任意の位置へ直接ドラッグします。 戻るボタンおよび 進むボタン 再生ボタン 検索フィールド 検索フィルタ ファイルリスト パスメニュー ブックマークボタン 各表示ボタン16 第1章 プロジェクトを開始して メディアファイルを読み込む ブラウザをリスト表示とブラウザ表示のどちらかに切り替えることができます。  リスト表示にはフォルダとその内容が一覧で表示されます。フォルダをダブルクリックして開 きます。  ブラウザ表示では、選択したフォルダの右に新しいフレームが表示されてフォルダの内容が展 開されます。フォルダを一度だけクリックして開きます。 リスト表示とブラウザ表示を切り替えるには: m ブラウザ表示にするには「ブラウザ」ボタンをクリックします。リスト表示にするには「リスト」 ボタンをクリックします。 ソフトウェア音源 Apple Loop を音源トラックに読み込んで MIDIリージョンを追加するには: 1 メディア領域の「ループ」タブをクリックし、中央のカラムで「ベース」を選択します(「ベー ス」が表示されない場合は、左側のカラムで「すべて」をクリックします)。 2 右側のカラムで「ベース」を選択します。 「ループ」タブの下部に Apple Loopsの一覧が表示されます。 3 ループ名に緑のアイコンが付いている Apple Loop(なるべく「ビート」カラムが「16」のもの) を 1つクリックします。Apple Loopが自動的に再生されます。 4 気に入ったループが見つかったら、「Inst 1」トラックの第 1小節にドラッグします。 操作はこれで完了です。これで MIDI リージョンがトラックに読み込まれました。 リスト表示 ブラウザ表示 「リスト」ボタン 「ブラウザ」ボタン第 1 章 プロジェクトを開始してメディアファイルを読み込む 17 MIDIリージョンは、MIDI 情報を保存するための容器のようなものです。この中には、ノートイ ベント、コントローラ、プログラムチェンジ、さらには MIDIトーンジェネレータの SysExなど が、単独で、または複数の組み合わせで格納されます。全 MIDI イベントタイプの詳細について は、「Logicユーザーズマニュアル」を参照してください。 重要:「アレンジ」ウインドウはリージョンを操作するためのものであり、リージョンに含まれ る MIDI イベントやオーディオの情報を編集することはできません。リージョンの内容を正確に 編集したい場合は、各種エディタウインドウを使用します。47 ページの「MIDI イベントを編集 する」および 59 ページの「オーディオファイルを編集する」を参照してください。 以上の手順(および最初に説明したトラックの作成)は何度でも繰り返すことができるので、数 百のトラック、数千のリージョンを使用した大規模なアレンジメントも作成できます。リージョ ンは任意の位置に自由にドラッグ&ドロップできますが、オーディオリージョンはオーディオト ラックでしか再生できません。MIDI リージョンはソフトウェア音源トラックまたは外部 MIDI ト ラック上でしか再生できません。 Apple Loopの種類 これまで見てきたように、Apple Loop には 2つの種類があります。  Apple Loop オーディオファイル(青のアイコン)には、オーディオデータと識別情報(日時、 カテゴリ、ムード、キー、テンポなど)が含まれます。また、ループを細かなタイムスライス に分割するトランジェントマーカーも含まれます。Apple Loopオーディオファイルの利点は、 Logic プロジェクトのテンポとキーを自動的に合わせることができるところにあります。 Apple Loop オーディオファイルは、オーディオトラックにしか追加できません。  ソフトウェア音源 Apple Loop(SIAL)ファイル(緑のアイコン)には、音楽のフレーズ(リ フ)をトリガする MIDI ノート情報が含まれます。SIAL をオーディオトラックに追加すると、 モチーフがそのまま再生されます(青いアイコンの Apple Loop オーディオファイルと同じ動 作です)。しかし SIALを音源トラックに追加した場合は、通常の MIDI リージョンと同じよう に MIDI ノート情報を編集できます。SIAL には、音源とエフェクトの設定情報も含まれます。 この種のループを空の音源トラック(チャンネルストリップが空のもの)に追加すると、ソフ トウェア音源が音源スロットに自動的に挿入されます。 メディア領域のウインドウからのトラックの自動作成 ループブラウザとブラウザには、作業のスピードアップに役立つ便利な機能が隠されています。 トラックの作成とループの読み込みをワンステップで行うには: m Apple Loop を、ループブラウザから(青または緑のアイコンの)以下のいずれかに直接ドラッ グします:  空の「アレンジ」ウインドウ(今は「アレンジ」ウインドウが空ではないのでこの方法は使え ません。)  既存のトラックの下の何もない領域 新規のオーディオトラックまたは音源トラックが作成され、アレンジ領域内のドロップしたに Apple Loop リージョンが配置されます。18 第1章 プロジェクトを開始して メディアファイルを読み込む トラックの作成とオーディオファイルの読み込みをワンステップで行うには、以下のいずれかの 操作を行います: m ブラウザでオーディオファイル名をダブルクリックします。 m Finder から「アレンジ」ウインドウへオーディオファイルをドラッグします。 トラックリストの下端に新規のオーディオトラックが作成されます。新規のトラックの再生ヘッ ド位置にオーディオリージョンが作成されます。 プロジェクトをナビゲートする 「Logic」のプロジェクト内を移動したり再生したりするには、トランスポートバー、バールー ラ、マーカーやロケータを使うなどの方法があります。このセクションでは、プロジェクト内を 移動する基本的な方法をいくつか紹介します。より詳細な移動方法については、「Logic ユーザー ズマニュアル」を参照してください。 トランスポートバーを使う トランスポートバーは「アレンジ」ウインドウの下端にあります。トランスポートバーには再生、 巻き戻し、一時停止、録音などのボタンがあり、これらを使ってプロジェクト内を移動したり、 録音を開始/停止したりできます。トランスポートバーには、「Logic」で実行するタスクを単純 化するための機能も含まれています。たとえば、プロジェクトの繰り返し部分に対して録音した り、特定のパートだけを再生したりする機能があります。 トランスポートバーは以下の要素で構成されます:  トランスポートボタン:プロジェクト内を移動するのに使用します。  ディスプレイ領域: プロジェクト内を移動するための情報が表示されます。  モードボタン:詳細な録音および再生機能を有効にします。 参考:画面の横方向に十分なスペースがあれば、プロジェクトのマスター出力の音量レベルを調 節するマスターレベルスライダもトランスポートバーの右端に表示されます。 再生を開始する/停止するには: 1 トランスポートバーの再生ボタン(または「再生」キーコマンド。デフォルトではテンキーの Enter キー)をクリックすると、プロジェクトが再生されます。 2 トランスポートバーの停止ボタンをクリック(または「停止」キーコマンド。デフォルトではテ ンキーの 0キー)すると、プロジェクトの再生が停止します。 3 プロジェクトの先頭に戻るには、もう一度停止ボタンをクリックします(または 0 キーを押しま す)。 参考:別の方法として、スペースバーを押して再生と停止を切り替えることもできます。 トランスポートボタン ディスプレイ領域 モードボタン クリックすると 停止します。 クリックすると 再生します。第 1 章 プロジェクトを開始してメディアファイルを読み込む 19 バールーラを使う バールーラには、左から右に向かってプロジェクトのタイムラインが表示されます。バールーラ は小節と拍に区切られており、垂直線と数字が表記されています。バールーラの右端にある音符 のアイコンをクリックし、ポップアップメニューでオプションを選択すると、実際の時間値が表 示されます。 バールーラとトランスポートバーは密接に連係しており、いくつかの機能は両方で利用できま す。これにはたとえば、再生および停止コマンド、サイクルモードの有効化、サイクルの長さの 設定があります。また、トランスポートバーで録音、ソロ、同期ボタンを有効にすると、バー ルーラの色が変化し、現在のモードが一目で分かるようになっています。以下に説明するバー ルーラの操作を行いながら、トランスポートバーのさまざまなフィールドに注目してください。 また、バールーラと対応したトランスポートバー上の数値をクリックしたまま上下にドラッグす ると、バールーラにも変更が反映されます。 再生ヘッド位置を設定する/再生を制御する 再生ヘッドは、現在のプロジェクト位置を示します。アレンジ領域またはバールーラで再生ヘッ ドをドラッグすると、その位置を直接変更できます。アレンジ領域よりもバールーラでドラッグ したほうが、リージョンを誤って変更してしまうことがないので安全です。 再生ヘッドを任意の位置に移動するには: m バールーラの下半分の任意の位置をクリックします。 再生ヘッドがクリックした位置にすぐに移動します。再生ヘッドをクリックしてドラッグするこ ともできます。 プロジェクトの任意の位置で再生を開始または停止するには: m バールーラの下半分の任意の位置をダブルクリックします。 クリックした位置に再生ヘッドがすぐに移動し、その位置から再生が始まります。すでに「Logic」 が再生(または録音)モードになっているときにバールーラをダブルクリックすると、クリック した位置で再生が停止します。 再生ヘッド20 第1章 プロジェクトを開始して メディアファイルを読み込む サイクルを設定する/使用する バールーラの上半分にはサイクルストライプがあり、無効の場合は半透明のグレイで、有効の場 合は緑で表示されます。サイクルは 1 組の再生マーカー(またはロケータ)の役割を果たしま す。「Logic」のサイクルモードが有効な場合は、サイクルの開始位置から終了位置の間を再生 ヘッドが繰り返しループします。サイクルは、プロジェクト内の任意の場所に配置し、任意の長 さに設定することができます。再生のほかに、サイクルは編集操作の対象となるプロジェクトの セクションの定義にも使用できます。詳細については、「Logic ユーザーズマニュアル」を参照 してください。 サイクルの有効/無効を切り替えるには、以下のいずれかの操作を行います: m バールーラの上半分にある半透明のグレイの領域をクリックします(サイクルが有効になると緑 の表示に変わります)。 もう一度クリックするとサイクルが無効になります(半透明のグレイの表示に戻ります)。 m トランスポートバーのサイクルボタンをクリックします(サイクルが有効になると緑の表示に変 わります)。 サイクルを移動するには: m バールーラのサイクルの中ほどにマウスを移動し(カーソルが手の形に変わります)、左または 右にドラッグします。 左ロケータ 右ロケータ ここをクリックするとサイクルが 有効になります。第 1 章 プロジェクトを開始してメディアファイルを読み込む 21 サイクルの長さを変更するには: m バールーラのサイクルの右端または左端にマウスを移動し(カーソルがサイズ変更アイコンに変 わります)、左または右にドラッグします。 サイクルの長さを変更する際、トランスポートバーのロケータ表示に注目してください。 操作を取り消す このスタートアップガイドで紹介する操作をいろいろ試す前に、まず「Logic」の安全装置とも 言うべき取り消し機能を覚えておきましょう。「Logic」で作業していると、ときどき操作を誤っ たり、期待した結果が得られなかったり、操作の後で気が変わったりすることが、どうしても起 こります。 すべてではありませんが、「Logic」のほとんどの操作は後で取り消すことができます。「取り消 す」機能で取り消しできる操作とできない操作は、実際にアプリケーションで作業するうちに分 かってきます。この方法で取り消しできない操作(この後で紹介するリージョン再生パラメータ など)の場合、通常は値を元通りに(またはデフォルトの値に)設定し直す必要があります。 最後に実行した操作、コマンド、または機能を取り消すには: m 「編集」>「取り消す -<操作/コマンド/機能名>」と選択します。「取り消す」コマンドは、コ マンド+ Z キーを押しても実行できます。 いくつかの変更を加えた後で以前の状態に戻したくなった場合は、「Logic」の「取り消し履歴」 機能を使うことができます。これは、今まで行ったすべての編集操作のカタログのようなもので す。この情報はプロジェクトと一緒に保存されます。 右ロケータ 左ロケータ 再生ヘッド位置の表示22 第1章 プロジェクトを開始して メディアファイルを読み込む 複数の操作/コマンド/機能を取り消すには: 1 「編集」>「取り消し履歴」と選択して(または Option+ Z キーを押して)「取り消し履歴」ウイ ンドウを開きます。 「取り消し履歴」ウインドウには、今まで行ったすべての操作の一覧が表示されます。この一覧 は古いものから順に並んでおり、最後に行った操作がリストの下端に表示されます。 2 この中のいずれかのステップをクリックすると、最後に行った操作(リストの下端)からクリッ クしたステップまでのすべての操作が取り消されます。 単独のステップを取り消す/やり直すには: m コマンドキーを押しながら目的のステップをクリックします。 トラックとリージョンを選択する 録音、編集、アレンジに関するあらゆるタスクでは、まずトラックまたはリージョンを選択する 必要があります。リージョンを移動するときも、まずリージョンを選択してから行います。同様 に、トラックのチャンネルストリップでの調整(音量やパンの変更など)も、トラックリストで トラック名を選択してから行います。 トラックを選択する これまで見てきたように、トラックリストでは常に1つのトラック名が強調表示されます。これ は、そのトラックが選択されていることを示します。前述のように、トラックが選択されている かどうかに関係なく、自由にリージョンをドラッグしてトラックに追加することができます。し かしトラックに録音する場合は、まずトラックを選択して録音可能な状態にしておく必要があり ます。これについては後で詳しく説明します。 編集対象のトラックを選択するには: 1 最初の音源トラック(トラックリストの上から 5 番目のトラック。すでに「Inst 1」から名前が変 更されています)をクリックします。現在選択されているトラックに応じて「アレンジ」ウイン ドウのチャンネルストリップの表示が更新されるのを確認してください。 参考:トラックに含まれるリージョンも強調表示され、選択されていることが示されます。デ フォルトでは、トラックを選択するとそのトラックのレーンに並んだすべてのリージョンが自動 的に選択されます。 2 アレンジ領域の下部にある「ピアノロール」ボタンをクリックすると、選択したリージョンの内 容を表示および編集できます。第 1 章 プロジェクトを開始してメディアファイルを読み込む 23 リージョンを選択する リージョンは、親トラックが選択されているかどうかにかかわらず、いつでもどのトラックから でも自由に選択できます。 リージョンを選択するには: m 「Audio 1」トラックのオーディオリージョンを直接クリックします。 現在選択されているリージョンは、そのリージョンの上部に黒いバーで名前が表示されているの で、すぐに見分けがつきます。 複数のリージョンを選択するには、以下のいずれかの操作を行います: m アレンジ領域の背景をクリックしたまま、複数のリージョンを囲むようにドラッグします。 ドラッグすると、ラバーバンド選択の範囲が表示されます。ラバーバンドに触れたリージョンは 自動的に強調表示(選択)されます。 m Shift キーを押しながら目的のリージョンをクリックします。この方法は、移動したいリージョン が上下または左右に隣接していない場合に使用します。 複数のリージョンに対して同一の変更を加える場合は、リージョンのどの編集操作に対しても、 上記の複数選択の方法(ラバーバンド方式または Shift キーを押しながらクリック)が利用でき ます。2 25 2 録音する オーディオおよび MIDI情報はどちらもアレンジ領域で直接録音でき ます。 どのような録音を行う場合でも、手順はほとんど共通です。まずトラックを選択して録音可能な 状態にします。次に録音を開始し、演奏して、録音を停止します。あらかじめ設定した位置で自 動的に録音を開始/終了できるパンチ録音や、コンピング、オフセットなど、さざまな録音方法 があります。詳細については、「Logic ユーザーズマニュアル」を参照してください。 オーディオ録音の準備をする オーディオを録音する前に、録音用のパスとファイル名(すなわち、コンピュータのハードディ スク上の保存場所と録音オーディオファイルの名前)を設定しておく必要があります。 初めて「Logic」を起動するときは、「別名で保存」ダイアログを使って「素材を含む」チェック ボックスを有効にするという手順を踏みました。これによって、録音ファイルパス(プロジェク トフォルダ)が設定され、オーディオを新規に録音する際に必ずトラック名が使用されるように なります。 「Logic」では、録音の方法に関する環境設定やその他の設定が数多く用意されています。これら の設定画面にアクセスするには、「アレンジ」ウインドウのツールバーにある「環境設定」また は「設定」ボタンをクリックします。「Logic」を使っていくうちに、自分の作業スタイルに最適 な方法が分かってくるでしょう。多くの場合、環境設定や設定を変更すると、デフォルトの表示 を自分の好みに合わせて変更したり、ウインドウの外観を変えたり、編集や録音時の動作を変更 したりできます。このような変更を加えることで作業がよりスムーズでシンプルなものになり、 作業時間を短縮することができます。 以下、プロジェクトで(MIDI またはオーディオを)録音する前に確認および設定しておくべき 4 つの主要事項について説明します。これらの設定はプロジェクトと一緒に保存されます。26 第2章 録音する プロジェクトのサンプルレートを設定するには: m 「ファイル」>「プロジェクト設定」>「オーディオ」と選択し(または「オーディオのプロジェ クト設定を開く」キーコマンドを使い)、「サンプルレート」メニューから希望のサンプルレート を選択します。 プロジェクトの基本的なテンポを設定するには、以下のいずれかの操作を行います: m トランスポートバーのテンポの値をクリックしたまま上または下にドラッグします。 m トランスポートバーのテンポフィールドをダブルクリックし、新しい値を入力します。Return/ Enter キーを押すかテンポフィールド以外の場所をクリックすると、ダイアログが閉じます。 プロジェクトのテンポは主に MIDI 録音に関係するものですが、カウントインに使われるクリッ ク音を生成するメトロノームにも影響します。 サンプルレートの重要性 デジタルオーディオはオリジナルのサンプルレートで再生する必要があります。別のサンプル レートで再生する場合は、そのサンプルレートに変換しておく必要があります。たとえば、1 秒間に 96,000 回のサンプリングで作成したファイル(96 kHzのサンプルレート)を 1 秒間に 48,000 回のサンプルレートに設定されたアプリケーションで再生すると、再生はゆっくり(半 分の速度)になります。 よく使われるサンプルレートには、CD品質のオーディオの 44.1 kHzと、デジタルビデオ制作 で使われるオーディオファイルの 48 kHzがあります。第 2 章 録音する 27 メトロノームの設定を変更するには: 1 「アレンジ」ウインドウのツールバーにある「設定」ボタンをクリックし、メニューから「メト ロノーム」を選択します。 通常は「メトロノーム」設定を変更する必要はありませんが、カウントイン以外ではメトロノー ムのクリック音を消したい場合もあります。 2 以下のいずれかの操作を行います: Â「カウントインのときのみ使用」チェックボックスを選択すると、カウントインのときだけク リック音が再生されます。 Â「録音時にクリックを使用」チェックボックスの選択を解除すると、録音時にメトロノームが 無効になります。 カウントインの時間を設定する: 1 「アレンジ」ウインドウのツールバーにある「設定」ボタンをクリックし、メニューから「録音」 を選択します。 2 「録音」プロジェクト設定ウインドウで「カウントイン」メニューをクリックし、希望の小節数 または拍数を選択します。 録音の前には、演奏開始のタイミングを知らせるためにカウントインと呼ばれるクリック音が (設定された長さで)何回か再生されます。28 第2章 録音する オーディオリージョンを録音する ここからは、マイクやギターなど、録音に使用する何らかのオーディオソースが正しく接続され ていることを前提に説明します。接続方法の詳細については、「Logic ユーザーズマニュアル」を 参照してください。 標準的なオーディオ録音を行うには: 1 サイクルモードが有効な場合は、無効に切り替えます。 2 「Audio 2」トラック(ここに Apple Loopやその他のファイルを追加している場合は、リージョ ンを含まない別のオーディオトラック)の録音可能ボタンをクリックします。これでトラックが 録音可能な状態に設定されます。 マイクに向かって歌ったりギターを弾いたりするとその音が聞こえ、「アレンジ」ウインドウの チャンネルストリップのレベルメーターが動きます。 ∏ ヒント:オーディオトラックの入力モニタリングボタンはいつでも有効にできます(通常は有 効にしておいてかまいません)。このボタンを押すとトラックが録音可能な状態ではなくても入 力オーディオを聞くことができるため、オーディオレベルを設定したり、録音前にパートを練 習したりするのに便利です。 3 トランスポートバーの録音ボタンをクリック(または「録音」キーコマンドを使います。デフォ ルトはテンキーの * キーです)します。カウントインに続いて、選択したトラックで録音が開始 します。 4 楽器を演奏するか、歌を歌います。 5 演奏が終わったら、トランスポートバーの停止ボタンをクリックして(またはテンキーの 0キー かスペースバーを押して)録音を終了します。 録音した演奏が、アレンジ領域に(「Audio 2」トラックの)オーディオリージョンとして表示さ れます。 クリックすると入力モニタリングが有効になります。第 2 章 録音する 29 テイクを録音する 「Logic」は、詳細なテイク管理機能を備えています。テイクとは、繰り返し演奏/録音するパー ト(ギターのソロなど)のことです。たとえばソロ演奏を連続して複数回録音し、その中から最 適な「テイク」を選択できます。テイクは通常サイクルモードで録音して作成しますが、単純に 既存のリージョン上に作成することも可能です。 またテイクはタスクをコンピングする際の基盤となり、各テイクで最高のパフォーマンスを集約 して 1 つの「スーパーテイク」にコンプできます。このコンプをテイクの最終バージョンとして 利用できます。コンプの詳細については、「Logic ユーザーズマニュアル」の録音に関する章を 参照してください。 テイク録音の準備方法はオーディオ録音の場合と同じです。特別な設定は不要なため、オーディ オ録音と同様にテイク録音を開始できます。 最初のテイクは通常のように、オーディオリージョンとして表示されます。録音が既存のリー ジョン上で実行されると(たとえば、サイクル録音の 2 周目が終了して 3 周目が始まる場合や、 第 1小節が終わってから手動で録音を停止した場合など)、テイクフォルダが作成されます。 テイクフォルダを開くには、以下のいずれかの操作を行います: m テイクフォルダの左上隅にある開閉用三角ボタンをクリックします。 m テイクフォルダをダブルクリックします。 テイクフォルダの内容は、テイクフォルダの下にあるアレンジトラックのサブレーンに一時的に 表示されます。完成した(または完成しつつある)最新のテイクがデフォルトで選択されます。 選択したテイクは再生中に聞こえます。 テイクフォルダ 選択したテイクは再生中に 聞こえます。30 第2章 録音する 開いたテイクフォルダの表示中に異なるテイクを選択するには: m 対応するテイクのヘッダをクリックします。 テイクの編集操作の詳細については、「Logic ユーザーズマニュアル」の録音に関する章を参照 してください。 音源パートを録音する 前出の手順では、ライブラリを使って音源を「Inst 4」トラックに読み込み、設定を選択しました。 音源リージョンを録音するには: 1 トラックリストでトラック名「Inst 4」をクリックします。トラックリストには、現在アクティ ブなチャンネルストリップ設定の名前が表示されます。  音源トラックを選択すると、自動的に録音可能な状態になります。ただし、ソフトウェア音源 をライブモードにするには、ライブ MIDI イベント(キーボードでノートを演奏する、モジュ レーションホイールを動かす、サスティンペダルを押すなど)を送信する必要があります。ラ イブモードになると(または録音ボタンを押すと)、ソフトウェア音源は自動的に録音可能な 状態になります。  外部 MIDIトラックを選択すると、自動的に録音可能な状態になります。 2 メディア領域でライブラリを開いて、別のサウンド(設定)を自由に選びます。 3 トランスポートバーの録音ボタンをクリックするか、アステリスク(*)記号キーを押します。 1 小節のカウントインに続いて、一定のメトロノームクリックが再生されます。再生されない場 合は、27 ページの「メトロノームの設定を変更するには:」を参照してください。ほとんどの 場合、メトロノームクリックがあったほうが楽器演奏を録音しやすくなります。 4 キーボードを演奏します。 5 演奏が終わったらトランスポートバーの停止ボタンをクリックします。 (選択された)MIDI リージョンが、音源トラックのレーン上に表示されます。 うまく録音ができたら、再生ボタンをクリックして(またはテンキーの Enter キーかスペース バーを押して)、録音したリージョンやその他のリージョンを再生します。 ほぼ完全に演奏できたものの一部のノートが失敗してしまった場合は、全体を録音し直さなくて も、間違えたノートだけを編集することができます。方法については、50 ページの「イベント を編集する/作成する」を参照してください。 録音した演奏のタイミングが思い通りではない場合は、リージョンをクオンタイズできます。第 2 章 録音する 31 録音した演奏のタイミングを補正するには: m リージョンパラメータボックスで「クオンタイズ」の値をクリックし、いろいろな値に変えてみ てください。演奏が引き締まって聞こえたら、その値に設定します。 全体的に演奏が失敗した場合は、パートを録音し直します。Delete キーを押してリージョンを 削除し(または消しゴムツールを選択してリージョンをクリックします。詳細については、次章 のツールに関するセクションを参照)、手順 1と 2 を繰り返します。3 33 3 アレンジメントを組み立てる トラックリストの右側には、グレイの大きなアレンジ領域があります。 録音したり読み込んだりしたオーディオリージョンや MIDI リージョン(Apple Loop を追加し たり録音したりしたもの)を、ここでアレンジして 1 つの曲にまとめます。リージョンは、ド ラッグ&ドロップでの移動や、ループ、コピー、カット、サイズ変更などの操作を自由に行うこ とができます。 バールーラのすぐ上(アレンジ領域の右上)には「ドラッグ」メニューと「スナップ」メニュー があります。リージョンを編集したり移動したりする際の動作をこれらのメニューで設定しま す。詳細については、「Logic ユーザーズマニュアル」を参照してください。 アレンジ領域 バールーラ34 第3章 アレンジメントを組み立てる ツールを選択する アレンジ領域でオーディオリージョンや MIDI リージョンを選択して編集するとき(および各種 エディタウインドウでイベントやデータを選択して編集するとき)は、ツールを使うと便利です。 ツールメニューには、リージョン(またはイベント)の選択、作成、編集に使用できる多くの ツール(ポインタ、鉛筆、消しゴム、ハサミ、接着など)が用意されています。 ツールメニューはコンテキストに依存します。つまり、ウインドウの種類によって表示される ツールが変わります。たとえば、スコアエディタではオーディオ情報を扱わないため、クロス フェードツールは表示されません。一方、アレンジ領域では使用することのないボイス・セパ レーション・ツールが、スコアエディタでは表示されます。 ツールメニューのアイコンをクリックすると、現在有効なツールを変更できます。選択したツー ルに応じてマウスポインタの形も変わるので、簡単に見分けることができます。 このほか、コマンドキーを押しながらクリックすると利用できる第 2ツールも選択できます。こ の第 2 ツールは、編集中にコマンドキーを押しながら使用します。マルチボタンのマウスを使用 している場合は、右マウスボタンに第 3 ツールを割り当てることもできます。これによって、各 ウインドウで以下の 3 つのツールを割り当てて使用することができます:  左クリックツール: 左側のツールメニューで選択します。  コマンド+クリックツール: 右側(または中央。下記参照)のツールメニューで選択します。  右クリックツール:右側のツールメニューで選択します。 参考:3 つ目のツールメニューは、「Logic」>「グローバル」>「編集」>「右マウスボタン」 の環境設定を「ツールに割り当て可能」に設定した場合のみ表示されます。デフォルトでは、こ の環境設定は「ショートカットメニューを開く」に設定されています。今は、設定をそのままに しておきましょう。 左クリックの ツールメニュー 右クリックの ツールメニュー コマンド+クリック ツールメニュー第 3 章 アレンジメントを組み立てる 35 ∏ ヒント:コンピュータのキーボードにあるEsc キーを押すと、ツールにすばやくアクセスできま す。現在のマウスポインタの位置に、ツールメニューがフローティング表示されます。このフ ローティングメニューでいずれかのツールをクリックすると(または各ツール名の右に表示さ れるキーボードのキーを押すと)、そのツールが有効になります。 ツールの有効範囲  ツールは、選択された編集ウインドウの作業領域でのみ有効です。「アレンジ」ウインドウに はほかのウインドウを含めることができるため、たとえばアレンジ領域、ピアノロールエディ タ、リストエディタのそれぞれに(最大)3つのツールを割り当てることもできます。マウス を別の作業領域に移動すると、アクティブなツール(およびカーソルの形状)が変わります。  ツールは基本的に、クリックしたリージョンに対して(イベントを編集するウインドウの場合 はイベントに対して)機能します。複数のリージョン(またはイベント)が選択されている場 合は、それらすべてに対してツールが実行されます。 ツールについて 以下に説明するツール以外にも、各編集ウインドウに固有のツールが数多く用意されています。 以下に紹介する 4つのツールは、プロジェクトの作成と編集で最もよく使うものです。ソロツー ルとミュートツールについては、次のセクションで説明します。各ウインドウに固有のツールに ついては、「Logicユーザーズマニュアル」の各ウインドウに関する章を参照してください。 ポインタ ポインタはデフォルトのツールです。メニューを選択したり値を入力したりするためにマウス カーソルを作業領域外に移動したときにも、カーソルがポインタの形になります。アクティブな 作業領域内では、ポインタツールで次のことができます:  選択する(リージョン/イベントをクリック)  移動する(クリックしたままドラッグ)  コピーする(Option キーを押したままドラッグ)36 第3章 アレンジメントを組み立てる  長さを編集する(リージョン/イベントの右下または左下の角をクリックしたまま左右にド ラッグ)  ウインドウの背景の任意の場所をクリックしたまま縦または横方向にドラッグすると、複数の リージョン(またはイベント)をラバーバンド方式で選択できます。 鉛筆 鉛筆ツールは、新しいリージョンやイベントを追加するのに使います。また、リージョン/イベ ントの選択、ドラッグ、および長さの変更も、このツールでできます。 消しゴム 消しゴムツールは、リージョン/イベントを削除するのに使います。このツールで 1回クリック すると削除されます。複数のリージョン/イベントが選択されている場合は、そのうちの1つを クリックすると、そのほかのリージョン/イベントもすべて同時に削除されます。 ハサミ ハサミツールは、リージョン/イベントを分割して各セクションをコピーまたは移動するなどの 場合に使います。 トラック/リージョンをソロ再生する/ミュートする いろいろなアレンジメントを試してみたり、編集したり、プロジェクト内でサウンドのおかしい 部分を見つけたりする際、ミュート機能やソロ機能を利用すると作業が楽になります。ミュート とソロは、1 つのトラック(つまりそのトラックに含まれるすべてのリージョン)に対しても、 1 つまたは複数の選択されたリージョンに対しても可能です。 リージョンをミュートする アレンジメントを行っている間に、一部のリージョンをミュート状態にして音楽のアイデアを確 かめてみたいことがあります。 個々のリージョンをミュートしたりミュートを解除したりするには: 1 ミュートツールを選択します。 2 ミュートしたいリージョンをクリックします。 もう一度ミュートツールでクリックすると、ミュートが解除されます。 ミュート状態にしたリージョンは、リージョン名の前に付点が付いています。 ミュートツール第 3 章 アレンジメントを組み立てる 37 複数のリージョンをミュートツールでミュートするには: 1 Shiftキーを押しながらクリックするかラバーバンド方式で、ミュートしたい複数のリージョンを 選択します(選択にはミュートツールまたはポインタツールを使います)。 2 選択したリージョンのいずれかをミュートツールでクリックします。 ∏ ヒント:1 つまたは複数のリージョンをミュートするもう 1つの方法として、アレンジ領域で右 クリックすることもできます。右クリックすると、ミュートを始めとして多くの機能が用意さ れたショートカットメニューが開きます。このショートカットメニューで「ミュート」を選択 すると、選択したリージョンがミュートされます。ショートカットメニューには、各機能名の 横にデフォルトのキーコマンド(ミュートの場合は「M」)が表示されます。いくつかのリー ジョンをさまざまな方法でミュートしてみてください。 リージョンをソロ再生する ソロ機能を使うと、1 つまたは複数の選択したリージョンを別々に聞くことができるため、編集 が必要な要素を簡単に特定できるようになります。 ソロツールでリージョンをソロ再生するには: 1 ソロツールを選択します。 2 対象のリージョンをソロツールでクリックし、ボタンを放さずにそのまま待ちます。 クリックしたポイントからリージョン(外枠が黄色)が聞こえ始め、マウスボタンを押している 間ずっと続きます。マウスボタンを放すとソロ再生が停止します。 ソロツールで複数のリージョンをソロ再生するには: 1 ラバーバンド方式またはShiftキーを押しながらクリックして、ソロ再生したいリージョンを選択 します。 2 選択したリージョンのいずれかをソロツールでクリックし、ボタンを放さずにそのまま待ちます。 ソロツール38 第3章 アレンジメントを組み立てる トラックをミュートする トラックのミュートボタンをクリックすると、そのトラック(およびそのトラックに含まれるす べてのリージョン)が再生されなくなります。このボタンは、アクティブになると青色に変化し ます。 複数のトラックをミュートするには: m ミュートするトラックのミュートボタンをクリックしたまま、マウスを上または下にドラッグし ます。 ポインタでなぞると、同一性が認識されたすべてのトラックのミュートボタンが、同じ状態に切 り替わります。 トラックをソロ再生する MIDI トラックおよびオーディオトラックには、ソロボタンがあります。トラックをソロ設定す ると、そのトラックだけが切り離されて再生され、それ以外のトラックはすべてミュートされま す。このボタンは、アクティブになると黄色に変化します。 複数のトラックをすばやくソロ再生するには: m ソロ再生したいいずれかのトラックのソロボタンをクリックしたまま、マウスを上または下にド ラッグします(ほかのトラックのソロボタンをなぞるように)。 ポインタでなぞって同一性が確認されたすべてのトラックのソロボタンが、同じ状態に切り替わ ります。 リージョンを編集する ここでは、アレンジメントの作成に必要となる基本的なリージョンの編集操作について説明しま す。「Logic」には、このほかにもプロジェクト内のセクション全体(バースやコーラスなど)を 移動、カット、複製するための高度な機能が数多く用意されています。詳細については、「Logic ユーザーズマニュアル」を参照してください。 重要:1 つのリージョンにのみサイズ変更やカットなどの変更を加えたい場合は、そのリージョ ンだけが選択されていることを確認してください。複数のリージョンが選択されている場合は、 選択されたすべてのリージョンで、長さが同じになったり同じ位置でカットされたりします。第 3 章 アレンジメントを組み立てる 39 リージョンを移動する アレンジメントを作成する際は、曲の一部分(リージョン)をいろいろな位置に移動することが 必要になります。 リージョンを移動するには: m リージョンを選択し、新しい位置にドラッグします。 選択した複数のリージョンを移動するには: m 選択したリージョンのいずれかをクリックしたまま、(すべてのリージョンを)新しい位置にド ラッグします。 ドラッグしたリージョンは、「スナップ」メニューで設定した増分値に基づき、自動的にスナッ プします。また、リージョンを別のリージョンと重なる位置にドラッグした場合の動作は、「ド ラッグ」メニューの設定によって異なります。 リージョンの長さを変更する リージョンの開始位置または終了位置をドラッグすることでリージョンの長短を調整し、プロ ジェクトでソース(オーディオファイルまたは MIDI イベント)のどのパートを再生するかを指 定することができます。 重要:リージョンを短くしてもリージョンに含まれる情報が削除されることはありません。リー ジョンの先頭で再生が開始し、リージョンの末尾で再生が終了します。 リージョンのサイズを変更するには: 1 ポインタツールまたは鉛筆ツールを選択し、リージョンの右下隅または左下隅にカーソルを合わ せます。 カーソルがサイズ変更ポインタに変わります。 2 コーナーをクリックし、左または右にドラッグします。 オーディオリージョンは、元になるオーディオファイルよりも長くすることはできません。 ∏ ヒント:長さをの変更やカットなど、より細かな精度が求められる作業を行う場合は、表示を 拡大すると便利です。アレンジ領域の右下にある水平または垂直の拡大/縮小スライダをク リックしたままドラッグすると、表示倍率を上げたり下げたりできます。また、拡大/縮小 ツールを選択し、拡大したい範囲をラバーバンド方式で選択することもできます。40 第3章 アレンジメントを組み立てる リージョンを分割する リージョンをいくつかの部分に分割して、複数の独立したリージョンを作成することができま す。こうすると各リージョンに対して、移動、コピー、削除、その他の処理を、個別に実行でき ます。これは、たとえばあるドラムループをいくつかの部分に分けて、(ドラムフィルとして) 別々の位置で使いたい場合などにに便利です。 リージョンを分割するには: 1 ハサミツールを選択し、分割したいリージョンの上にカーソルを置きます。 2 クリックしたまま左または右にドラッグします。このとき、ヘルプタグの表示を確認します。 カットしたい位置が表示されたらマウスボタンを放します。これで、リージョンが 2つに分割さ れます。この操作は、元になるオーディオファイルには影響しません。 リージョンをカットする アレンジメントのあるセクションからリージョンを削除して、別のセクションで使用することが できます。これは前述のようなドラッグ操作のほか、カット&ペーストコマンドを使っても可能 です。 リージョンをカットするには: m ポインタツールを選択し、カットしたいリージョンをクリックして「編集」>「カット」と選択 します(またはキーコマンドを使います。デフォルトはコマンド+ Xキーです)。 これでリージョンが一時的にクリップボードに格納され、次にペーストができるようになります (ペーストの詳細については、以下の「カットまたはコピーしたリージョンをクリップボードか らペーストするには:」を参照)。 複数のリージョンをカットするには、ラバーバンド方式で、または Shiftキーを押しながらクリッ クして選択します。 ∏ ヒント:右クリックで表示されるショートカットメニューからも「カット」(および「コピー」 /「ペースト」)コマンドを実行できます。第 3 章 アレンジメントを組み立てる 41 リージョンをコピーする リージョンをコピーしてプロジェクトの別の場所で使用することができます。コピーの代わりに ループ操作を行ったり、MIDI リージョンのエイリアスを作成したり、オーディオリージョンの クローンを作成したりすることもできます。ループ操作の方法については、後述します。リー ジョンをエイリアス/クローンに変換する方法については、「Logic ユーザーズマニュアル」を 参照してください。 リージョンをコピーするには、以下のいずれかの操作を行います: m ポインタツールを選択し、コピーしたいリージョンをクリックして「編集」>「コピー」と選択 します(またはキーコマンドを使います。デフォルトはコマンド+ Cキーです)。 これでリージョンが一時的にクリップボードに格納され、次にペーストができるようになります (ペーストの詳細については以下を参照)。 m ポインタツールを選択し、Option キーを押しながらコピーしたいリージョンを左または右にド ラッグします。このとき、ヘルプタグの表示を確認します。 コピーしたい位置がヘルプタグに表示されたらマウスのボタンを放します。これで、その位置に リージョンが複製されます。 ラバーバンド方式または Shift キーを押しながらクリックして複数のリージョンを選択し、その 中のいずれかのリージョンを Option キーを押しながらドラッグすると、それらのリージョン全 部が複製されます(または「編集」>「コピー」と選択します)。 カットまたはコピーしたリージョンをクリップボードからペーストするには: 1 ペーストしたい位置でバールーラの下部をクリックします。 クリックした位置に再生ヘッドが移動します。 2 トラックレーンをクリックして、ペースト先のトラックを選択します(コピーしたリージョンと 同じトラックレーンにペーストしたい場合は、この手順は不要です)。 3 「編集」>「ペースト」と選択します(またはキーコマンドを使います。デフォルトはコマンド + V キーです)。これで、選択したトラックレーンの再生ヘッド位置にクリップボードの内容(コ ピーしたリージョン)がペーストされます。 ∏ ヒント:右クリックで表示されるショートカットメニューからも「ペースト」コマンドを実行 できます。右クリックする前にアレンジ領域でリージョンが一切選択されていないことを確認 してください。リージョンが選択されていると「ペースト」コマンドは使用できません。42 第3章 アレンジメントを組み立てる リージョンを削除する ここでは、プロジェクトからリージョンを削除する方法をいくつか紹介します。 リージョンを削除するには、以下のいずれかの操作を行います: m 消しゴムツールを選択し、削除したいリージョンをクリックします。 m 前述のいずれかの方法で 1 つまたは複数のリージョンを選択し、以下のいずれかの操作を行いま す:  消しゴムツールを使って、選択したリージョンの 1つをクリックします。  Backspace キーまたは Deleteキーを押します。  右クリックし、ショートカットメニューから「削除」を選択します。 選択したすべてのリージョンが削除されます。 重要:これらの操作を行うと、MIDI リージョン(およびリージョンに含まれるイベント)は実 際にプロジェクトから削除されます。一方、オーディオリージョン(および基になるオーディオ ファイル)はアレンジメントから削除されるだけで、プロジェクトからは削除されません。オー ディオビンに残っているオーディオリージョンをドラッグすると、いつでもアレンジメントに戻 すことができます。 消しゴムツール第 3 章 アレンジメントを組み立てる 43 リージョンをループする リージョンは、ループの繰り返しを複数作成することによって連続再生できます。このループは 元のリージョンを反映しただけのものなので、元のリージョンの「ゴースト」バージョンと見な すことができます。 前述のように、リージョンの開始位置または終了位置(リージョンの左下隅または右下隅)をド ラッグするとリージョンの長さを調整できます。こうしてリージョンの長さを直接変更すると、 すべてのループの長さも変更されます。 リージョンをループするには、以下のいずれかの操作を行います: 1 ポインタツールまたは鉛筆ツールを選択し、ループしたいリージョンの右上隅にカーソルを合わ せます。ここでは、「Audio 1」トラックのオーディオ Apple Loopをループしてみましょう。 カーソルがループツールに変わります。 2 クリックしたまま右にドラッグします。このとき、ヘルプタグの表示を確認します。 ループの繰り返しが目的の回数だけ作成されたら、マウスボタンを放します。再生を開始すると、 最後のループが終了するまでリージョンが繰り返し再生されます。 1つまたは複数のループを削除するには: m ポインタツールで最後のループの右上隅をクリックしたまま、左にドラッグします。 すべてのループを削除するには: m 鉛筆ツールまたはポインタツールで元のリージョンの右上隅をクリックしたままにします。 ヘルプタグに「ループオフ」と表示され、ループのゴーストリージョンがすべて削除されます。44 第3章 アレンジメントを組み立てる インスペクタを使用する アレンジ」ウインドウの左側にあるインスペクタは、大きく3つの領域で構成されています。上 から順に、リージョンパラメータボックス、トラックパラメータボックス、「アレンジ」ウイン ドウのチャンネルストリップです。 ∏ ヒント:(ほとんどすべての)パラメータボックス、エディタ、トランスポートバー、プラグイ ンウインドウでは、数値をダブルクリックしてキーボードから数値を直接入力し、続いて Retrun/Enterキーを押すことによって値を設定できます。この方法を使うと、作業が大幅にス ピードアップします。以下のセクションを読みながら、実際に試してみてください。 リージョンパラメータ このパラメータボックスはアレンジ領域に表示されたリージョンと直接関係しています。MIDI リージョンまたはオーディオリージョンを(ポインタツールで 1 回クリックして)選択すると、 リージョンパラメータボックスの表示が更新され、そのリージョンに割り当てられたパラメータ が表示されます。アレンジ領域の各リージョンはそれぞれ専用のパラメータ設定が可能なため、 トランスポーズやクオンタイズなどを個別に適用することができます。MIDI リージョンとオー ディオリージョンでは、利用できるパラメータが異なります。 リージョンパラメータボックスの表示/非表示を切り替えるには: m インスペクタの上部に表示されているリージョン名の左側の開閉用三角ボタンをクリックし ます。 トラックパラメータボックス リージョンパラメータボックス 「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップ第 3 章 アレンジメントを組み立てる 45 パラメータの値を変更するには: m リージョンパラメータボックスで、変更したいパラメータの名前(「クオンタイズ」など)の右 端をクリックしたままにします。  一部のパラメータでは、これでメニューが開きます。その他のパラメータでは、マウスをスラ イダのように動かします。  この場合、マウスを垂直方向に(上または下に)ドラッグすると、パラメータの値が変わります。 上記の方法を使って、オーディオリージョンと MIDI リージョンの両方で各パラメータを操作し、 それぞれのパラメータの調整方法を身に付けてください。 重要:リージョンパラメータは、再生時にリアルタイムに処理されます。つまり、これらパラ メータ(クオンタイズ、トランスポーズなど)の値に対して加えた変更は、「Logic」の再生時に 適用されます。この処理によってリージョン内のイベントが変更されることはありません。単に、 イベントをどのように再生するかが変わるだけです。 パラメータの変更を取り消すには: m 「リセット」したいリージョンを選択し、前述の方法を使ってパラメータを元の設定(またはデ フォルトの設定)に戻します。 トラックパラメータ これらのパラメータはトラックリストとリンクしています。トラックパラメータは、オーディオ、 (ソフトウェア)音源、外部MIDI など、選択したトラックの種類によって内容が異なり、トラッ クレーンに配置されたすべてのリージョンに影響します。トラックの種類は、そのトラックがど のチャンネルに割り当てられている(ルーティングされている)かによって決まります。トラッ クパラメータは、対応するチャンネルストリップのパラメータを反映したものにすぎません。ト ラックリストで新しいトラックを選択するたびに、トラックパラメータボックスの表示が更新さ れます。 トラックパラメータボックスの表示/非表示を切り替えるには: m インスペクタ(のリージョンパラメータボックスの下)に表示されたチャンネル名の左にある、 開閉用三角ボタンをクリックします。 トラック/チャンネルパラメータを使う 使いかたは、前のページで説明したリージョンパラメータの場合とほとんど同じです。 前述の通り、トラック/チャンネルパラメータは1 つまたは複数(同じチャンネルストリップに 複数のトラックをルーティングした場合)のトラックレーンに配置されたすべてのリージョンに 影響します。これは、主にソフトウェア音源チャンネルまたは外部 MIDI チャンネルの MIDIリー ジョンの場合に関係します。 トラックリストでいずれかの音源トラックを選択し、リージョンパラメータボックスとトラック /チャンネルパラメータボックスを見比べてください(どちらかが表示されていない場合は開閉 用三角ボタンをクリックします)。「トランスポーズ」、「ベロシティ」、「ディレイ」など、多くの パラメータが重複しているのが分かります。46 第3章 アレンジメントを組み立てる あるトラック(または特定のチャンネルストリップ)のすべてのリージョンをトランスポーズし たい場合は、個々のリージョンを選択して(リージョンパラメータボックスの「トランスポーズ」 パラメータで)トランスポーズするのではなく、トラック/チャンネルパラメータの「トランス ポーズ」を使用します。 ∏ ヒント:あるトラックの大半のリージョンをトランスポーズしたい場合は、最初にトラック/ チャンネルパラメータを使用した後で、トランスポーズしたくない少数のリージョンのトラン スポーズパラメータを個別に変更します。こうすれば少ない労力で希望の結果が得られます。 「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップ 「アレンジ」ウインドウの左下には、2つのミキサーチャンネルストリップが表示されます。  左側のチャンネルストリップはトラックリストで選択したトラックに対応します。つまり、選 択したトラックはこのチャンネルにルーティングされています。このトラックレーンに配置さ れたリージョンは、このチャンネルストリップを通して再生されます。  右側のチャンネルストリップ(表示されている場合)は、左側のチャンネルストリップの最初 の出力先チャンネルストリップに対応します。つまり、このチャンネルストリップがルーティ ングされている最初のチャンネルストリップです。一般に、ここには出力チャンネルストリッ プ(オーディオインターフェイスの物理的な出力を表します)が表示されるか、センド/リ ターンバスやサブグループ・ミキサー・チャンネルとして使用されるオグジュアリー・チャン ネル・ストリップが表示されます。 チャンネルストリップの上部が完全に表示されない場合は、リージョンパラメータボックスまた はトラック/チャンネルパラメータボックスの開閉用三角ボタンをクリックして、これらパネル を(片方または両方)閉じてください。 「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップはミキサーウインドウのチャンネルストリップ と同じものです(第 7 章「プロジェクトをミキシングする/書き出す」および第 5 章「音源と エフェクトを使う」を参照)。いずれかのウインドウのチャンネルストリップに変更を加えると、 もう一方のウインドウのチャンネルストリップにも変更がすぐに反映されます。 参考:サウンドにちょっとした変更(音量やパンなど)を加えたい場合は、「アレンジ」ウイン ドウのチャンネルストリップを使うと、わざわざミキサーウインドウにアクセスする必要がない ので便利です。また、プラグインや音源の挿入やルーティングの変更も「アレンジ」ウインドウ から直接行うことができるので、手間が省けます。4 47 4 MIDI イベントを編集する MIDI リージョンに含まれる個々のイベントは編集が可能です。一般 的には、MIDIノートイベントの位置、ピッチ、長さを調節します。 これ以外にも、コントローライベントなどの MIDIデータ・タイプを変更したい場合があります。  MIDIノートイベントの編集には、ピアノロールエディタを使うのが最適です。  スコアエディタでは MIDIノートイベントが通常の楽譜として表示され、編集もできます。ただ しスコアエディタは主に楽譜を印刷するためのものであり、MIDI ノートの編集にはあまり使 用しません。  その他のイベントタイプの編集には、Hyper Editor またはイベントリストが最も適していま す。コントローライベントなどのいくつかのイベントタイプは、ピアノロールエディタやスコ アエディタで直接編集することもできます。 MIDI エディタとは 以下のチュートリアルに進む前に、「Inst 1」または「Inst 2」トラックを選択してください。 ピアノロールエディタ、スコアエディタ、または Hyper Editor を開く/閉じるには: m トランスポートバーのすぐ上にある「ピアノロール」、「スコア」、「Hyper Editor」の各ボタンを クリックします。 m すでにエディタウインドウが開いている場合は、そのエディタのボタンをクリックするとウイン ドウが閉じます。 ピアノロールエディタと Hyper Editorでは、音源 Apple Loop または録音した MIDIリージョン に含まれるイベントが横棒で表示され、スコアエディタでは旧来の楽譜で表示されます。48 第4章 MIDI イベントを編集する 各エディタとその上のアレンジ領域の間のスペースをドラッグすると、エディタ領域のサイズを 必要に応じて変更できます。 ウインドウ右端のスクロールバーをドラッグすると、エディタ領域の表示内容が上下ににスク ロールします。水平スクロールバーをドラッグすると、ウインドウの表示内容が左右にスクロー ルします(リージョン内のイベントが一部表示されていない場合)。 3 つのエディタをそれぞれ開き、インスペクタの表示を確認してください。確認できたら、ピア ノロールエディタをそのまま開いておきます。 参考:「アレンジ」ウインドウ内には、3 つのエディタのうちの 1 つしか表示できません。ただ し、メインメニューバーの「ウインドウ」メニューで各エディタを選択すると、これらのエディ タを自由に開くことができます。この場合、各エディタは独立したウインドウで開きます。 サイズ変更ポインタ第 4 章 MIDI イベントを編集する 49 イベントリストを開く/閉じるには: 1 「アレンジ」ウインドウのツールバーの右上にある「リスト」ボタンをクリックします。 すでにメディア領域が開いている場合は、それに代わってリスト領域が表示されます(リストエ ディタには「イベント」、「マーカー」、「テンポ」、「調号/拍子記号」があり、それぞれのタブを クリックすると開きます)。 2 イベントリストエディタが開いていない場合は、「イベント」タブをクリックします。 ソフトウェア音源 Apple Loop または録音した MIDI リージョンに含まれるイベントの一覧が表 示されます。リストには、各イベントの位置、長さ、値などが各カラムに表示されます。 ノートイベントの位置を編集するには、以下のいずれかの操作を行います: m ピアノロールエディタで、ノートイベントを表す横棒を左または右にドラッグします。 m イベントリストエディタで「位置」カラムの値を垂直方向にドラッグします。 このとき、ヘルプタグおよびほかのエディタウインドウの表示に注意してください。1 つのエ ディタで変更を加えると、ほかのエディタにもすぐに変更が反映されるのが分かります。50 第4章 MIDI イベントを編集する イベントを編集する/作成する 各エディタの詳しい使いかたについては、「Logicユーザーズマニュアル」を参照してください。 ここではまず、23 ページの「リージョンを選択する」と 38 ページの「リージョンを編集する」 の内容をもう一度確認してください。リージョンの選択と編集に関する操作(ただしループ操作 を除く)はすべて、イベントの選択および編集にも使用できます。 ∏ ヒント:右クリックすると表示されるショートカットメニューを活用してください。このメ ニューには多くの「一般的な」編集コマンド(「アレンジ」ウインドウやその他のウインドウで も利用できるコマンド)に加え、ピアノロールエディタ専用のコマンドもいくつか表示されます。 ここからはピアノロールエディタを使ってみましょう。ピアノロールエディタでは MIDI ノート イベントが「アレンジ」ウインドウのリージョンのように横棒で表示されます。主な違いは、ピ アノロールエディタでノートイベントを上下に(別のノートのレーンに)動かすとノートのピッ チが変わるという点です。 以下、リージョンの編集に関するセクションでは紹介しなかった、イベントの便利な編集方法を いくつか説明します。 ピアノロールエディタで新規のノートイベントを作成するには: m 鉛筆ツールを選択し、ノートイベントを作成したい位置を(左側のキーボード表示に合わせて希 望のピッチで)クリックします。 この方法はイベントリストやスコアエディタのウインドウでも使えますが、ピアノロールエディ タで行うのが最も簡単です。 ピアノロールエディタでノートのベロシティを変更するには: m ベロシティツールを選択し、編集したいノートをクリックしたまま垂直方向にドラッグします。 ベロシティの変化に合わせて、ノートの色(およびノートの中心線の長さ)が変化します。 この方法で、複数の選択されたノートのベロシティを変更することもできます。この場合、選択 されたノートどうしの相対的なベロシティ値は維持されます。第 4 章 MIDI イベントを編集する 51 選択した 1つまたは複数のノートをクオンタイズするには: 1 ポインタツールを選択し、クリック(Shiftキーを押しながらでも可)またはラバーバンド方式で ノートを選択します。 2 ピアノロールエディタ上部の中央にある「クオンタイズ」メニューで目的のクオンタイズ値を選 択します。 クオンタイズボタンをクリックしても、選択したイベントが(「クオンタイズ」メニューで選択 した値で)クオンタイズされます。 クオンタイズメニュー クオンタイズボタン 警告:ピアノロールエディタで個々のイベントをクオンタイズした後は、親リージョンに対し てリージョンパラメータの「クオンタイズ」を使用しないでください。これを行ってしまうと、 個々のイベントに対するクオンタイズの結果がすべて失われてしまいます。5 53 5 音源とエフェクトを使う 「Inst 1」トラックにソフトウェア音源 Apple Loop を追加すると、対 応する「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップにいくつかの フィールドが追加されます。 これらはインサートスロットと呼ばれ、インサートエフェクトに使用します。音源チャンネルス トリップには、(「I/O」と書かれたすぐ下に)音源スロットもあります。 ソフトウェア音源プラグインは音源チャンネルストリップにのみ挿入できます。どの音源を選ん でも、ソフトウェア音源プラグインを挿入する方法は共通です。ミキサーウインドウからも挿入 できますが、インスペクタの下部にある「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップを使っ たほうがすばやく簡単にできます。このほか、ライブラリを使う方法もあります。これについて は次のセクションで説明します。 このチュートリアルを始める前に、「アレンジ」ウインドウのツールバーの右端にある「メディ ア」ボタンをクリックし、ライブラリが表示されていない場合は「ライブラリ」タブをクリック します。 チャンネルストリップ 設定メニュー 音源スロット センドスロット インサートスロット54 第5章 音源とエフェクトを使う 音源チャンネルストリップに音源を直接挿入するには: 1 トラックリストでトラック名「Inst 2」をクリックします。 選択したトラックに応じてインスペクタの表示が更新されます。 2 左側の「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップで(「I/O」と書かれたすぐ下の)音源ス ロットをクリックします。 使用可能なすべてのソフトウェア音源がメニューに表示されます。 3 「ES E」(Ensemble Synth)をクリックすると、ES E シンセサイザーがこの音源チャンネルに読 み込まれます。 ES E プラグインのウインドウが自動的に開きます。「アレンジ」ウインドウの右側のライブラリ の表示も更新され、ES Eのすべての設定(プリセットパッチ)の一覧が表示されます。 4 ライブラリでいずれかの設定名をクリックすると、このプリセットが ES E に読み込まれます。こ のようにしていくつかの設定を試してみてください。新しいパッチを読み込んだらキーボードを 演奏してみるとよいでしょう。 ∏ ヒント:プラグインウインドウのヘッダを使って設定を読み込むこともできます。この方法の 詳細については、58ページの「音源とエフェクトを編集する」を参照してください。第 5 章 音源とエフェクトを使う 55 チャンネルストリップにエフェクトを直接挿入するには: 1 すでに「Inst 2」トラックが選択されているので、左側のチャンネルストリップの最上部にある インサートスロット(「Inserts」というラベルの直下にあるスロット)をクリックします。 使用可能なすべてのエフェクトプラグインがメニューに表示されます。 2 マウスをメニュー項目の「Distortion」に合わせ、サブメニューで「Bitcrusher」をクリックします。 Bitcrusher がこの音源チャンネルの最上部のインサートスロットに読み込まれます。このプラグ インのウインドウが自動的に開きます。「アレンジ」ウインドウの右側のライブラリの表示も更 新され、Bitcrusher の設定の一覧が表示されます。 3 Bitcrusher のいずれかの設定を選択します。このようにしていくつかの設定を試してみてくださ い。設定を読み込んだらキーボードを演奏してみましょう。 4 以上の手順を繰り返して、インサートスロット 2、スロット 3などにもエフェクトを挿入してみて ください。 ∏ ヒント:プラグインウインドウのヘッダを使って設定を読み込むこともできます。この方法の 詳細については、58ページの「音源とエフェクトを編集する」を参照してください。56 第5章 音源とエフェクトを使う チャンネルストリップに EQを直接挿入するには: m 「Inst 2」トラックがすでに選択されているので、左側の「アレンジ」ウインドウのチャンネルス トリップの上部にある「EQ」パネルをダブルクリックします。 最上部のインサートスロット(ここまでの手順に従った場合のように最上部がすでに使用されて いる場合は最初の空きスロット)に Channel EQが自動的に挿入されます。 これらのエフェクトは、最上部のインサートスロットから最下部のインサートスロットまで順に チェーン接続されます。 ∏ ヒント:通常、オーディオはほかのエフェクトで処理する前に EQを適用しますが、希望のサウ ンドを得るための「絶対的な」公式は存在しません。 挿入したプラグイン(エフェクトまたは音源)を置き換えるには: m 目的のスロットをクリックし、メニューから別の種類のプラグインを選択します。 すでにプラグインウインドウが開いている場合は、新しく選択したプラグインに応じて表示が更 新されます。プラグインウインドウが開いていない場合は、新しいプラグインウインドウが開き ます。 挿入したプラグイン(エフェクトまたは音源)を削除するには: m 削除するスロットをクリックし、メニューから「プラグインなし」を選択します。 プラグインはバイパスすることもできます。バイパスとは、プラグインをインサートスロットや 音源スロットに挿入したまま、信号を迂回させることを指します。 挿入したプラグイン(エフェクトまたは音源)をバイパスするには、以下のいずれかの操作を行 います: m (ミキサーまたは「アレンジ」ウインドウの)チャンネルストリップの目的のスロットを Option キーを押しながらクリックします。 バイパスするプラグインのインサートスロットがブルーからグレイに変わり、プラグインが現在 バイパスされていることを示します。 m プラグインウインドウのヘッダの上部にある「バイパス」ボタンをクリックします。 ライブラリを使う これまで見てきたように、ライブラリにはすべてのエフェクトおよび音源プラグインの設定とそ のカテゴリが表示されます。それだけではなく、ライブラリの表示は以下のものに応じて更新さ れます:  選択したチャンネルストリップのタイプ第 5 章 音源とエフェクトを使う 57  選択したチャンネルストリップのセクション(EQ、音源スロット、インサートスロット、チャ ンネルストリップ設定スロット) このようにライブラリは「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップのさまざまな場所と連 係しているため、エフェクトのルーティングの再設定がとても簡単にできます。ミキシングや録 音に関しても、多くの処理が簡単にできるようになります。 ライブラリを開く/閉じるには: 1 「アレンジ」ウインドウのツールバーの右のほうにある「メディア」ボタンをクリックします。 2 ライブラリが表示されていない場合は、「ライブラリ」タブをクリックします。 これまで見てきたように、新規のトラックを作成するとライブラリが自動的に開きます。この機 能が不要な場合は、「新規トラック」ダイアログで無効にすることもできます。 ライブラリを使って完全なチャンネルストリップ設定を読み込むには: 1 トラックリストでトラック名「Inst 3」をクリックして、トラックを選択します。選択したトラッ クに応じてインスペクタとライブラリの表示が更新されます。 2 ライブラリに表示されたいずれかのカテゴリ(「01 Pianos」、「02 Electric Pianos」など)をク リックします。 3 ライブラリの 2列目にサブカテゴリが表示された場合は、そのいずれかをクリックします。3列目 が表示されます。 4 2 列目または 3列目に表示されたいずれかの設定をクリックします。1 つ 1つ設定を読み込んで、 キーボードで演奏してみてください。 左側の「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップが自動的に更新されるのを確認してくだ さい。通常は、少なくとも2 つ以上の(青い)インサートスロットと音源スロットが有効な状態 になります。これらは個々の音源設定ではなく、チャンネルストリップ設定と呼ばれます。音源 プラグインが読み込まれると同時に、そのチャンネルストリップで使用しているすべてのエフェ クトプラグインも読み込まれます。それだけではなく、各プラグイン(音源およびエフェクト) の設定も自動的に読み込まれます。 読み込んだエフェクトまたは音源設定を簡単に変更するには: 1 「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップで使用中のインサートスロットまたは音源ス ロットをクリックします。 選択したスロットの周囲に白いフレームが表示され、ライブラリの表示が更新されます。 2 選択しているエフェクトまたは音源の種類に応じた別の設定を、ライブラリで選択して読み込み ます。 白いフレームは、 「ライブラリ」がフォーカス されていることを示します。58 第5章 音源とエフェクトを使う 音源とエフェクトを編集する これまで見てきたように、音源またはエフェクトをチャンネルストリップに挿入すると、その音 源またはエフェクトのプラグインウインドウが開きます。各プラグインのパラメータおよび使い かたの詳細については、「Logic 音源とエフェクトリファレンス」を参照してください。ここで は、プラグインウインドウの基本事項をいくつか説明します。 プラグインパラメータを編集するには: m スイッチやボタンをクリックするとパラメータのオン/オフが切り替わります。 m ノブを上下にドラッグするとパラメータの値が変化します。 m スライダのハンドルをドラッグするとパラメータの値が変化します。 m スイッチ以外のパラメータを Option キーを押しながらクリックすると、デフォルト値にリセッ トされます。 先ほど録音したES E音源のパートで上記の操作をすべて試してみてください。変更したパラメー タは、新しいプラグイン設定として保存できます。また、トラックオートメーションを使ってパ ラメータの変更をリアルタイムに記録することもできます。これについては 67 ページの「ミッ クスにオートメーションを設定する」で詳しく説明します。 ES E プラグインウインドウが開いていないとき、このウインドウを開くには: 1 トラックリストでトラック名「ES E」(6番目のトラック)をクリックします。 2 「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップの音源スロット「ES E」をダブルクリックします。 ES Eプラグインウインドウが開きます。 アクティブな EQ、インサート、または音源スロットをダブルクリックすると、プラグインウイ ンドウが(まだ開いていない場合は)開きます。この場合、対応するプラグインウインドウに キーフォーカスが移ります。 ∏ ヒント:現在開いているプラグインウインドウのリンクボタンがオンの場合、別のインサート スロットまたは音源スロットをダブルクリックするとプラグインウインドウの表示が更新され、 ダブルクリックしたプラグインのウインドウが表示されます(これによって画面の表示領域が 節約されます)。リンクボタンがオフの場合は、新しいプラグインウインドウが開きます。「Inst 1」トラックでリンクボタンがオンの場合の動作とオフの場合の動作を確認してください。 プラグイン設定を読み込む、 保存する、またはコピーするには、 ここをクリックします。 プラグインを バイパスするには ここをクリックします。 プラグインウインドウを 閉じるにはここを クリックします。6 59 6 オーディオファイルを使って作業する プロジェクトには数千ものオーディオファイルを含めることができ ます。そこで、これらのオーディオファイルを管理および編集する作 業が必要になります。 オーディオファイルの名前の変更、バックアップの作成、フォーマットの変換などの管理作業は、 オーディオビンで行うのが最適です。 サイズの変更など、オーディオファイルに関する処理の多くは、(元のオーディオファイルでは なく)リージョンに対して実行できます。ただし、非常に細かい精度でのオーディオ編集にはサ ンプルエディタが適しています。 オーディオファイルを編集する 「アレンジ」ウインドウでもサンプル単位の精度でリージョンを編集できますが、元のオーディ オファイルに対して直接操作を行うことが必要になる場合もあります。以下に例を示します:  ループを作成する際にオーディオファイルの開始位置と終了位置を正確に設定する。 Â「ダウンビート」(Logic ではアンカーと呼びます)を変更して、オーディオファイルの再生開 始位置を目的の位置に正確に合わせる。  オーディオファイルを逆転する。  オーディオファイルのゲインを、クリッピングしない範囲で最大化する(ノーマライズと呼ば れる処理)。  オーディオファイルのポップノイズやクリックノイズを除去する。 これらを含む多くの処理をサンプルエディタで実行できます。サンプルエディタのコマンドと機 能の詳細、および実際の使用例については、「Logic ユーザーズマニュアル」の「サンプルエディ タでオーディオを編集する」の章を参照してください。60 第6章 オーディオファイルを使って作業する サンプルエディタを起動するには、以下のいずれかの操作を行います: m アレンジ領域またはオーディオビンでオーディオリージョンまたはファイルを選択し、トランス ポートバーの上の「サンプルエディタ」ボタンをクリックしてサンプルエディタを開きます。 m アレンジ領域またはオーディオビンでオーディオリージョンまたはファイルをダブルクリック します。 重要:サンプルエディタでは、データはすべて破壊的に編集、処理されます。つまり、オーディ オファイルは実際に変更されます。実行した編集や処理コマンドを取り消す機能はありますが、 オリジナルのオーディオファイルではなく、そのコピーで作業する習慣を身に着けておきましょ う。用心に越したことはありません。 ルーラ 情報ディスプレイ 波形ディスプレイ アンカー リージョン領域 再生ヘッド 波形オーバービュー 再生ボタン ループボタン第 6 章 オーディオファイルを使って作業する 61 オーディオファイルを管理する オーディオファイル(サポートされたフォーマットのもの)がプロジェクトに追加または録音さ れると、そのファイルがメディア領域のオーディオビンに表示されます。オーディオファイルを オーディオビンに直接読み込むこともできます。オーディオビンは、プロジェクトで使用してい るオーディオファイルのカタログのようなものです。読み込んだオーディオファイルで作成した リージョンもオーディオビンに表示されます。 メディア領域の上端にある「ビン」タブをクリックすると、読み込んだファイルの一覧が表示さ れます。 オーディオビンからアレンジ領域にファイルを直接ドラッグすることもできます。オーディオビ ンの機能とコマンドの詳細については「Logicユーザーズマニュアル」で説明していますが、こ こではメニュー項目の内容を確認して、以下の操作を行ってみてください。 オーディオファイルを MP3ファイルとして書き出すには: 1 オーディオビンで、(リージョンではなく)オーディオファイルの名前をクリックします。 参考:この方法ではApple Loop ファイルは変換できないので、それ以外の種類のファイルを選 択してください。 2 「オーディオファイル」>「ファイルをコピー/変換」と選択します(または、キーコマンドの Control+ Cキーを押します)。「ファイルを別名でコピー/変換」ダイアログが開きます。 3 「ファイルフォーマット」メニューをクリックし、「MP3」を選択します。 4 「保存」ボタンをクリックします。 オーディオファイルに 関連付けられたリージョン。 ファイルに対するリージョンの 相対的な長さと位置がバーで 表示されます。 オーディオファイルの情報7 63 7 プロジェクトをミキシングする/ 書き出す ミキサーウインドウには、プロジェクトで使用したすべての(または 一部の)チャンネルストリップを表示できます。 ミキシング作業のほとんどは「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップでもできますが、 アレンジメントが大規模な場合や、プロジェクトの録音がすべて完了した後、さらにミックスに 磨きをかけたい場合は、ミキサーを使ったほうが便利かもしれません。 ミキサーウインドウを開く/閉じるには: m トランスポートバーのすぐ上にある「ミキサー」ボタンをクリックします。 デフォルトでは、「アレンジ」ウインドウのトラックで使用しているすべてのチャンネルがミキ サーのビューに表示されます。64 第7章 プロジェクトをミキシングする/書き出す ミキサーのビューを変更するには: m ミキサーウインドウの上部にある「1 トラック」/「アレンジ」/「すべて」ボタンをクリック します。  1 トラック:選択したトラックの信号経路にあるすべてのチャンネルストリップが表示され ます。  アレンジ:「アレンジ」ウインドウで使用されているトラックに対応するチャンネルストリップ が表示されます。  すべて:プロジェクト内のすべてのチャンネルストリップが表示されます。 m 右に並んだ「オーディオ」、「音源」、「Aux」などのボタンは、フィルタの役割を果たします。こ れらボタンを 1 つまたは複数クリックすると、ミキサーのビューを絞り込むことができます。 これらのボタンをクリックするとその種類のチャンネルのみが表示されるため、たくさんのチャ ンネルを使っている場合は作業が楽になります。 「アレンジ」ウインドウで選択したトラックのチャンネルストリップは緑の枠で囲まれるので、簡 単に見分けることができます。 別のトラック/チャンネルを選択するには: m ミキサーで、目的のチャンネルストリップの下端に表示されている名前をクリックします。 「アレンジ」ウインドウ内の対応するトラックが選択されます。 m アレンジ領域で、トラックリストのトラック名をクリックします。 ミキサー内で、対応するチャンネルストリップが選択されます。 チャンネルストリップのコントロールを使う このセクションでは、チャンネルストリップの基本的な使いかたを説明します。チャンネルスト リップの機能は、チャンネルストリップの種類によって異なります。詳細については、「Logic ユーザーズマニュアル」を参照してください。 パン/バランスコントロール レベルフェーダー第 7 章 プロジェクトをミキシングする/書き出す 65 チャンネルストリップのレベルを調整するには: m ミキサーまたは「アレンジ」ウインドウのいずれかのチャンネルストリップで、レベルフェー ダーをクリックしたまま上または下に動かします。 ミキサーでパラメータを調整する際、チャンネルストリップを選択する必要はありません。 チャンネルストリップのパン(またはバランス)を調整するには: m パン/バランスコントロールの中央をクリックしたまま、マウスを垂直方向に動かします。上に 動かすと右にパンし、下に動かすと左にパンします。 このように調整を行うと、モノラルチャンネルの場合は左右に信号がパンし、ステレオチャンネ ルの場合は左右の信号バランスが変化します。 チャンネルストリップのルーティングを変更する 以下の 2 つの場合には、複数のチャンネルの信号を別のチャンネルにセンドすると便利です。  リバーブやディレイプラグインなどのエフェクトプロセッサを共有する。こうすると 1 つのプ ラグインをすべてのチャンネルで使用できるため、コンピュータの処理リソースが節約されま す。また、ルーティングされたすべてのチャンネルに、特定のカラー、アンビエンス、または タイミング(ディレイの場合)を適用できるという制作上の利点もあります。  いくつかのチャンネルをサブグループとしてまとめる(たとえばストリングセクションなど)。 こうすると、ストリングセクション全体をフェードアウトしながらホーンセクション(複数の チャンネルを別のサブグループにルーティングしたもの)のレベルを上げるといったことも簡 単にできます。 オグジュアリーチャンネルストリップは、これら両方の目的に使用できます。  エフェクトのセンド/リターンとして使用する場合は、オグジュアリーチャンネルに目的のエ フェクトプラグインを挿入します。Auxチャンネルストリップにセンドされたチャンネルスト リップの信号は、Aux チャンネルでプラグインで処理されてから元のチャンネルストリップに 戻ります。  Aux チャンネルをサブグループとして使用する場合は、Aux チャンネルストリップのコント ロールを調整することによって、Aux チャンネルにルーティングされているすべてのチャンネ ルのパンやレベルを変更できます。66 第7章 プロジェクトをミキシングする/書き出す チャンネルをバスにセンドするには: m 任意のチャンネルの最上位の未使用センドスロットをクリックし、メニューから「Bus 1」を選 択します。 すると、以下のように表示が変わります:  ミキサーに新しいオグジュアリー・チャンネル・ストリップ(「Aux 1」)が作成され、(「I/O」 セクションの)入力スロットに「Bus 1」と表示されます。  チャンネルのセンドスロットに青いラベルの「Bus 1」が表示され、スロットの右側に小さい センド量のノブが表示されます。 バス(Aux チャンネル)にセンドするチャンネルの信号量を調整するには: m センド量のノブを垂直方向にドラッグします。 すべての種類のチャンネルストリップにおける EQ、音源およびエフェクト・プラグイン・スロッ トの使いかたについては、第 5 章「音源とエフェクトを使う」を参照してください。第 7 章 プロジェクトをミキシングする/書き出す 67 ミックスにオートメーションを設定する ここまで見てきたように、チャンネルストリップおよびいくつかのプラグインには多くのコント ロールやパラメータが用意されています。これらの(実質的にはすべての)コントロールおよび パラメータ変更内容を、MIDI やオーディオの演奏と同じように記録したり再生したりすること ができます。この機能を使うと、チャンネルを自動でミュートしたり、信号を一方からもう一方 へパンしたり、シンセサイザーのフィルタをスイープしたり、チャンネルグループをゆっくり フェードインまたはフェードアウトしたりするなど、さまざまな方法によって複雑で動きのある ミックスを作成できます。 これらの変更を記録して再生することをミックスオートメーションと呼びます。「Logic」でミッ クスオートメーションを行う方法はいくつかありますが、最も手軽で強力なのがトラックオート メーションを使う方法です。名前からも分かるように、オートメーションの情報は「アレンジ」 ウインドウのオートメーショントラックに保存されます。これらのトラックは MIDIリージョン およびオーディオリージョンからは独立しています。 トラック・オートメーション・データは、プロジェクト全体の範囲にわたる、薄いグレイの網掛 け領域(オートメーショントラック)に表示されます。オーディオリージョンのオーディオ波形 と MIDI リージョンのノートイベントは、この網掛け領域に淡い色で表示されます。グレイのオー トメーショントラックのレーンでは、オートメーションの情報は色の付いた曲線、「ノード」と 呼ばれる点、および線によって示されます。68 第7章 プロジェクトをミキシングする/書き出す アレンジ領域でトラックオートメーションを表示するには、以下のいずれかの操作を行います: m アレンジ領域で「表示」>「トラックオートメーション」と選択します(または「トラックオー トメーションを表示」キーコマンドを使います。デフォルトは A キーです)。 m 「アレンジ」ウインドウのツールバーで「オートメーション」ボタンをクリックします。 グレイのオートメーションレーンがすべてのトラックに表示され、オートメーション・パラメー タ・メニューがトラックヘッダに表示されます。ここで、表示されているオートメーションパラ メータを選択することができます。自動的に「音量」に設定されます。 オートメーションは、表示トラックの高さが十分ではないと表示されません。トラックオート メーションを有効にすると、トラックが見やすくなるように縦方向のズームレベルが自動的に設 定されます。 オートメーションパラメータを選択するには: m オートメーション・パラメータ・メニューをクリックし、目的のパラメータを探します。 チャンネルストリップに挿入された各プラグインのサブメニューが表示されます。このメニュー には、スロット位置を示す番号とプラグイン名が表示されます。このプラグインメニューには、 さらにサブメニューがあります。「メイン」サブメニューに、音量、パン、ソロ、ミュート、バ イパスなどの項目が表示されます。 オートメーション・ パラメータ・メニュー第 7 章 プロジェクトをミキシングする/書き出す 69 オートメーショントラックに音量オートメーションを書き込むには: 1 オートメーション・パラメータ・メニューで音量が表示されていることを確認します。 2 「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップのオートメーションスロットで「Touch」、 「Latch」、「Write」のいずれかを選択します。 3 トランスポートバーの再生ボタンをクリックして、再生を開始します。 4 「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップのレベルフェーダーを動かします。 5 トランスポートバーの停止ボタンをクリックして、オートメーションの記録を終了します。 チャンネルストリップのオートメーションスロットが自動的に「Read」に切り替わります。 6 再生ボタンをクリックして、新しくオートメーションを記録したトラックを再生します。 この手順は、(オートメーション・パラメータ・メニューに表示された)アクティブなパラメー タに対して繰り返し行うことができます。 鉛筆ツールを選択し、オートメーショントラックのさまざまな位置をクリックすることでオート メーションを「書き込む」こともできます。クリックした位置にノードが作成され、ノード同士 が自動的に線で結ばれます。 参考:オートメーションを再生するのに、パラメータ名(またはオートメーショントラックの レーン)が表示されている必要はありません。 音量のオートメーショントラックを編集するには: 1 オートメーションまたはポインタツールを選択します。 2 任意の線、ノード、またはカーブをクリックしたまま、垂直方向または水平方向にドラッグします。70 第7章 プロジェクトをミキシングする/書き出す プロジェクトを書き出す すべてのパートの録音とミキシングが完了したら、CD に書き込んだり、インターネットで配信 したり、iPod で再生したりするために、曲をオーディオファイルとして書き出すのが一般的で す。これは、バウンスと呼ばれる機能を使って行います。 ミックスをバウンスするには: 1 「アレンジ」ウインドウのツールバーの右のほうにある「バウンス」ボタンをクリックします。 2 「バウンス」ダイアログで下図のように設定し、CD での配布に適したファイルを作成します。 3 「バウンス」ボタンをクリックすると、リアルタイムバウンスが開始します。ファイルがオーディ オ・ビン・ウインドウと iTunes ライブラリに追加されます。 参考:サイクルモードが有効になっていない限り、「開始」および「終了」フィールドはプロジェ クト内のすべてのオーディオリージョンが含まれるように自動的に設定されます。このため、サ イクルモードが有効になっていないことを確認してください。サイクルモードが有効になってい る場合は「キャンセル」をクリックし、トランスポートバーのサイクルボタンをクリックしてか ら、もう一度「バウンス」ダイアログを開いてください。8 71 8 作業を効率化する 「Logic」には数百もの機能やコマンドが用意されており、さまざまな 使いかたができます。 「Logic」はあらゆるユーザの作業スタイルに合わせて使用できるため、どのようなアプローチで 音楽を制作するかは最終的にユーザ自身で決めることができます。カスタマイズで最も重要な点 は、それによって作業を簡略化し、作業時間を短縮できるということです。 キーコマンドを使う 「Logic」の機能や操作のほとんどは、コンピュータのキーボードショートカットで実行できま す。これをキーコマンドと呼びます。キーコマンドを使用しなければ実行できない機能も数多く 存在します。キーコマンドはマウスを使うよりもすばやく実行できるので、できるだけ活用する ようにしてください。 コンピュータのキーボードにキーコマンドを割り当てるには、「キーコマンド」ウインドウを使 います。キーコマンドをカスタマイズすると、自分の作業スタイルに合うように「Logic」を設 定し直すことができます。カスタマイズしたキーコマンドは、「Logic」の環境設定ファイルに保 存されます。 「キーコマンド」ウインドウ(「Logic」>「環境設定」>「キーコマンド」と選択するか、キー コマンドの Option+ K キーを押して開きます)の詳細については、「Logicユーザーズマニュア ル」を参照してください。72 第8章 作業を効率化する スクリーンセットを使う 「Logic」では、1 つのプロジェクトに最大 90 のスクリーンセットを含めることができます。ス クリーンセットとはユーザによるカスタマイズが可能な複数のウインドウの組み合わせであり、 コンピュータキーボードの数値キー(または数値キーの組み合わせ)に割り当てて保存できます。 スクリーンセットには、エディタや「アレンジ」ウインドウなど現在開いているウインドウの種 類と、各ウインドウのサイズ、位置、拡大/縮小レベルの設定が記憶されます。この機能を利用 すると作業時間が大幅に短縮され、自分のニーズやスタイルに合わせて「Logic」を使用できる ようになります。 ∏ ヒント:スクリーンセットは、マルチモニタやワイドスクリーンモニタを使用している場合は 特に便利です。どのモニタ上でも、ウインドウを任意の位置およびサイズで配置できます。 スクリーンセットを設定するには: 1 コンピュータのキーボード上の数値キーのいずれかを押します(ポータブル型のMacintoshの数 値キーを使うこともできます)。 2 「ウインドウ」メニューで選択するか、キーコマンドを使って目的のウインドウを開きます。 3 選択したウインドウを使いやすいようにサイズを変更したり、拡大/縮小したり、位置を移動し たりします。これらの変更はすべて自動的に記憶されます。 ウインドウサイズの変更と移動の方法は、通常の Mac OS X アプリケーションと同じです。各ウ インドウの表示内容を拡大/縮小するには、拡大/縮小スライダを使います。 参考:上記の方法は数値キー(スクリーンセット)1~ 9 の場合のみ有効です。 10種類以上のスクリーンセットを設定するには: m Controlキーを押しながら数値キーの組み合わせを入力します。 重要:スクリーンセットのキーの組み合わせには、0 キーを含めることはできません。これは、 0 キーが常に「再生」キーコマンドに割り当てられているためです。 スクリーンセットを呼び出すには、以下のいずれかの操作を行います: m 登録したキーまたはキーの組み合わせを押します。 スクリーンセット 11 以降を呼び出すには、Control キーを押しながら数値キーの組み合わせを押 します。 m 「スクリーンセット」メニューから目的のスクリーンセットを選択します。 現在のスクリーンセットが変更されないようにするには: m 「スクリーンセット」>「ロック」と選択します(または、「現在のスクリーンセットをロック/ ロック解除」キーコマンドを使います。デフォルトは Shift + L キーです)。 スクリーンセット番号の前に黒丸が表示され、ロック状態であることが示されます。このキーま たはメニューコマンドをもう一度使用すると、スクリーンセットがロック解除されます。第 8 章 作業を効率化する 73 コントロールサーフェスを使う コントロールサーフェスとは、「Logic」の機能をリモートで制御する装置のことです。チャンネ ルストリップのパラメータの調節、キーコマンドの実行、スクリーンセットの切り替え、トラッ クの録音スタンバイ、ミュート、ソロ、トランスポート機能といった「Logic」の多くの操作は、 MIDIキーボードなどの任意の MIDIデバイスを使ってリモートで実行できます。 ただし、専用のハードウェアコントローラを使ったほうが、より柔軟な操作が可能です。通常、 これらのデバイスにはフェーダー、ノブ、そして1 つまたは複数のスイッチを備えたチャンネル ストリップがいくつか搭載されています。また、ほとんどの機種には、再生、停止、録音、巻き 戻し、早送りなどの専用のトランスポートボタンも用意されています。上位機種になると LCD ディスプレイ、ジョグホイール、そしてユーザ定義が可能な多数のファンクションボタンも装備 されています。 コントロールサーフェスを使うと、「Logic」の操作(特にミキシングやオートメーションの記録 など)を大幅にスピードアップできます。マウスを使ってオートメーションを設定したり音量を 変更したりする際は、一度に1 つのチャンネルの 1つのパラメータしか制御できません。コント ロールサーフェスを使えば、コントロールサーフェス上の複数のチャンネルのフェーダーやノブ を同時に操作することで、複数のチャンネルに対して同時にオートメーションを設定したり音量 を変更したりできます。 また、ソフトウェア音源やエフェクトのプログラミングやオートメーションといった作業もコン トロールサーフェスを使ったほうが簡単にできます。これは、コントロールサーフェスには(チャ ンネルストリップのコントロールの割り当てを変更することによって)プラグインパラメータ専 用のフェーダーやノブが用意されるためです。これによって、たとえばシンセサイザープラグイ ンのフィルタカットオフ、フィルタレゾナンス、LFO スピードなどのパラメータを同時に直接制 御することができます。 こうすると作業がすばやくできるほか、手と目を使って作業するよりも手と耳を使ったほうが音 楽のフィーリングとミックスバランスが改善するという面で利点があります。 多くのコントロールサーフェスがネイティブにサポートされています。これらサポート対象のコ ントロールサーフェスはもちろん、サポート対象外のデバイスであっても「Logic」>「環境設 定」>「コントロールサーフェス」>「コントローラアサインメント」ウインドウで設定を自由 に変更できます。 75 A 付録 A オーディオと MIDI の基礎 この付録では、MIDIとデジタルオーディオの基礎について概説します。 特に、オーディオファイルとは何か、オーディオ情報とコンピュータ情報がどのように相互変換 されるのか、MIDIとは何か、などの点について解説していきます。 MIDI MIDI とは、Musical Instrument Digital Interface(ミュージカル・インストゥルメント・デジ タル・インターフェイス)の略です。この 4語を 2 つに分けて考えてみましょう。前半の「ミュー ジカル・インストゥルメント」は電子楽器を表しており、これにはシンセサイザーやサンプラー に加え、MIDI ギターなども含まれます。後半の「デジタルインターフェイス」は難しい技術用 語のように見えますが、そうではありません。 MIDIの「デジタルインターフェイス」は、基本的には 2つの要素で構成されています。  MIDIはコンピュータベースの言語です。そしてご存じの通り、コンピュータが使用する言語は デジタルです。MIDI キーボード、MIDI モジュール、MIDI カードなどはコンピュータには見 えませんが、実はコンピュータそのものです。  MIDIの「インターフェイス」は、そのままの意味です。MIDI はハードウェア規格の 1つであ り、「IN」、「OUT」、「THRU」と書かれた物理的なコネクタを使用します。これらのコネクタ は、キーボードやモジュールなどのあらゆる MIDI 規格のデバイスに、少なくとも 1 つは装備 されています。 MIDI 言語 すべての MIDI デバイスは、MIDI の「言語」を理解します。MIDI 言語の目的は、人間が演奏し た音楽をコンピュータが理解できる情報に変換することです。(前述のように、MIDIキーボード や MIDI モジュールは、外見はどうであれ実際はコンピュータそのものです。) キーボードを演奏したり、「Logic」で MIDI ソングファイル(人間の演奏を「記述」したもの) を再生したりすると、その情報が一連の MIDI メッセージとして送信されます。このメッセージ は、接続されたシンセサイザーやサウンドモジュールに対して、音楽をどのように再生するのか を知らせる指示書のようなものです。シンセサイザーやモジュールは MIDI データを受け取り、 実際に人間の耳に聞こえる音を生成します。 重要:MIDIは音そのものを送信するわけではありません。上記のような指示を送信するだけです。76 付録Aオーディオと MIDI の基礎 MIDI 接続 前述のように MIDI はハードウェアの「インターフェイス」を規定したものでもあり、「IN」、 「OUT」、「THRU」と書かれた標準のコネクタを使用します。 MIDI コネクタは、5 つの穴が半円状に並んだ、丸いソケットの形をしています。MIDI デバイス の接続に使用する MIDIケーブルには、このソケットに適合する 5 ピンのプラグが付いています。 実際に情報を伝達するのはこれらのうち 3 本のみです。 MIDI のコネクタは片方向の通信しか行うことができません。MIDI キーボードと「Logic」の間 でメッセージの送受信を行いたい場合は、2本のケーブルを使って接続する必要があります。 MIDIデバイスを正しく動作させるには、以下の通りに MIDI ケーブルを接続します: Â「MIDI OUT」ソケットを受信側デバイスの「MIDI IN」ソケットと接続します。 Â「MIDI IN」ソケットは必ず「MIDI OUT」ソケットと接続します。 一部の MIDIデバイスには「MIDI THRU」コネクタも用意されています。このコネクタは「MIDI IN」ソケットで受信したMIDI メッセージをそのまま出力するもので、「デイジーチェーン」方式 で追加の MIDI デバイスを接続する際に使用します。 キーボード、シーケンサー(「Logic」など)といった MIDI コントローラから送信された MIDI メッセージは、「MIDI OUT」コネクタから出力されます。この MIDI メッセージを「MIDI IN」ソ ケットから受け取ったデバイス(MIDI シンセサイザーやサウンドモジュール)は、サウンドを 再生してこのメッセージに応答します。 重要:繰り返しますが、MIDI は音そのものを送信するわけではありません。いつ、どこで、ど のように音を鳴らすかに関する指示を送信するだけです。 オーディオ オーディオとは、基本的には人間が耳で聴き取ることのできるあらゆる音を指す用語です。コン ピュータ内部と区別して、現実の世界のオーディオのことをアナログオーディオと呼びます。コ ンピュータに内蔵の、または外付けのオーディオインターフェイスを使用して「Logic」にアナ ログオーディオ信号を録音すると、オーディオはデジタル情報に変換されます。この情報は、コ ンピュータのハードディスクにデジタルオーディオファイルとして保存されます。 MIDIと同様、「デジタル」というと難しい感じがしますが、そのようなことはありません。前述 のように、コンピュータはデジタルで情報をやり取りするので、アナログオーディオ信号もデジ タル情報としてしか扱うことができません。 重要:MIDI とは異なり、デジタルオーディオファイルは単なる指示を記録した言語ではなく、実 際に音が記録されています。付録 Aオーディオと MIDI の基礎 77 デジタル録音とアナログ録音 デジタルオーディオ録音は、概念としてはアナログテープに録音するのと似ていますが、実際の 仕組みは大きく異なります。20世紀の大半、そして 21 世紀に入ってからも、会話や歌、楽器演 奏などをアナログテープに録音して保存することは広く行われてきました。 アナログテープは、薄いプラスチックのテープに微少な金属粒子を塗布した媒体を使用します。 一般に、テープはリールに巻いた状態、またはカセットテープとして保管されます。 アナログテープへの録音は、テープレコーダーの磁気ヘッドにわずかな電荷を送ることによって 行われます。これら電荷の強さが変化することによって、ヘッドで生成される磁界が変化し、テー プの金属粒子の配置が変化します。言うまでもなく、これはあまり精度の高い技術ではありませ ん。テープの磁性粒子の並びがランダムに変化してしまうこと(およびその他の技術的理由)に より、アナログ録音は実際の演奏と完全に同一ではなく、相似であると言われます。 一方、デジタル録音にランダムな要素が入り込むことはほとんどありません。アナログ信号は、 オーディオインターフェイスの ADC(アナログ/デジタル変換回路。以下、「AD コンバータ」 と呼びます)によってデジタルオーディオ信号に変換されます。デジタルオーディオ信号は、コ ンピュータのハードディスクにデジタルオーディオファイルとして(0と 1 の羅列によって)記 録されます。このファイルが破損しない限り(そして編集などの変更を加えない限り)、デジタ ル録音は何度再生してもまったく同じものとして再生されます。 テープからテープへコピーする場合を考えれば、アナログ録音とデジタル録音の差は歴然です。 アナログ録音のコピーを繰り返すとノイズが増え、元の録音とは音質が大きく変わってきます。 これは、コピーするたびに磁性粒子の並びがある程度ランダムに変わってしまうため、元の並び から次第にかけ離れていくのが理由です。 一方、デジタルオーディオファイルは何回コピーを繰り返してもノイズが増えることはありませ ん。これは通常のファイルコピーと何ら変わりません。 実用面で見ても、ハードディスクに記録したデジタルオーディオファイルには、テープに記録し たアナログオーディオに比べ、以下の利点があります。  デジタルオーディオは、カット、コピー、ペーストを行って位置を自由に変えることができま す。ステレオアナログ録音のテープを 4 つか 5つのセグメントに分割して、実際に切り貼りす る作業を想像してみてください。あまり楽しい作業ではないことは確かです。  デジタルオーディオファイルなら任意の位置にほぼ瞬時に移動できます。アナログテープな ら、機械的な巻き戻しや早送りにずいぶん時間がかかります。  デジタルオーディオは、アナログオーディオでは不可能な処理ができます。たとえば、デジタ ルオーディオファイルなら、元のスピードのままピッチだけを変更することもできます。78 付録Aオーディオと MIDI の基礎 デジタル変換 オーディオインターフェイスの入力からアナログオーディオ信号を入力する場合は、コンピュー タで処理できるようにデジタル情報に変換する必要があります。この処理は「A/D 変換」と呼ば れ、オーディオインターフェイスの A/D コンバータ(ADC)で処理されます。 信号の出力時にはデジタル信号が再びアナログ信号に変換され、アンプやスピーカーといったア ナログオーディオ再生システムで聴くことができるようになります。この処理は「D/A 変換」と 呼ばれ、オーディオインターフェイスの D/Aコンバータ(DAC)で処理されます。 ビットとサンプリングレートについて コンピュータにサウンドを録音する際は、オーディオインターフェイスの ADC が、元のサウン ドから 1 秒間に一定回数サンプルを取得します。これはサンプルレートと呼ばれ、単位は kHz (キロヘルツ。キロは1000を表します)が使用されます。毎秒 x 千サンプルと呼ぶこともありま す。サンプルレートが高くなるほど A/Dコンバータは多数のサンプルを取得することになり、元 のサウンドをより正確にデジタル表現できるようになります。 たとえて言えば、あるコンサートの様子を友人に説明するのに写真を撮影したとします。サンプ ルとは、この写真のようなものです。10 分ごとに 1 枚の写真を撮影した場合、コンサートの様 子を正確に伝えることは難しいでしょう。10 分当たり 1000 枚の写真を撮影すれば、コンサート の様子が友人にもよく分かるはずです。このように写真(サンプル)の数を増やす(「レート」を 上げる)と、全体的な様子をはるかに正確に伝えることができます。これがサンプリングの基本 的な仕組みです。「音の写真」を撮影する回数を増やせば、音の流れをより正確に表現すること ができます。1 秒当たり 25 フレーム(サンプル)のビデオテープにコンサートを録画すれば、 ショーの様子をさらに正確に伝えることができます。 オーディオ制作でよく使用されるサンプルレートは 44.1 kHz または 48 kHz です。ハイエンドシ ステムでは 96 kHzから最大 192 kHz までのサンプルレートが使用されることもあります。 サンプリング分解能(単位はビット)とは、各サンプルを数値として保存する際の計測スケール の精度のことです。前述のように、コンピュータはオーディオファイルをデジタル情報、すなわ ち 0 と 1 の羅列として保存します。オーディオファイルの分解能としてよく使われるのは、8 ビット、16 ビット、24 ビットの 3 つです。最近では 24 ビットシステムが広く使われるように なっています。 サンプリング分解能をたとえて言えば、今 2 人の人が家を建てているとします。1人はフィート (約 30cm)間隔の目盛りの付いたメジャーを使っています。もう 1 人はインチ(約 2.5cm)間 隔の目盛りが付いたメジャーを使っています。フィート間隔の目盛りのメジャーを使って建てた 家が倒れることはないかもしれませんが、目盛りの細かいメジャーを使って建てた家のほうがよ り正確であることは確かです。 79 B 付録 B Mac OS X のオーディオと MIDI この章では、Mac OS X のオーディオおよび MIDI 機能について説明 します。 Mac OS X では、オーディオおよび MIDI ハードウェアをすべての「メディア対応」アプリケー ションから使用できます。これは、オペレーティングシステムの Coreサービスによって実現さ れます。 Core Audio オーディオデバイスへのアクセスはすべて、Mac OS X の Core Audio を経由して行われます。 Core Audioは柔軟で高性能な低レイテンシのオーディオシステムです。「Logic」は、Core Audio ドライバでサポートされたすべてのオーディオハードウェアと互換性があります。 「サウンド」環境設定パネル 「サウンド」環境設定パネルは、システムのサウンドエフェクト(「Sosumi」や「Ping」など) を切り替える場合のみ使用します。 外出先でポータブル Macintosh をお使いの場合、急に曲のイメージが湧いて内蔵マイクで録音 したくなるという場合があります。アップル()メニュー>「システム環境設定」>「サウン ド」と選択し、「入力」をクリックします。このパネルで「ライン入力」と「内蔵マイク」を切 り替えます。 アップルメニュー>「システム環境設定」>「サウンド」と選択し、「出力」をクリックします。 この環境設定パネルでは、デフォルトの出力デバイスを設定します。システムのビープ警告音や 一部のオーディオアプリケーション(「iTunes」や「iMovie」など)は、この出力デバイスを使 用します。システムビープ(および「iTunes」や「iMovie」のオーディオ再生)を外部の Core Audio ハードウェアで出力したい場合は、そのデバイスをここで選択します。 参考:ビープ警告音には専用のレベルを設定することができます。音楽制作を行う際は、これを 最小レベルに設定するか、ビープ警告音を完全に無効にすることをお勧めします。 デフォルトの出力を使用するアプリケーションで作業する場合は、音量レベルを最大に設定して ダイナミックレンジをなるべく広く確保してください。80 付録BMac OS X のオーディオと MIDI 参考:音量を調節する際は、スピーカーの損傷を防ぐために、アンプのレベルを下げてください。 Audio MIDI 設定(AMS) アップルの「Audio MIDI 設定」アプリケーションは、オペレーティングシステムに統合されて います。この AMSアプリケーションは、「/アプリケーション / ユーティリティ」フォルダにあ ります。 参考:AMS アプリケーションを Dockに移動して使うのも便利です。 AMS と「サウンド」環境設定パネルのパラメータ(サウンドエフェクトを除く)は連動してい るため、オーディオインターフェイスのほとんどすべての設定を AMSで変更できます。 AMSアプリケーションでは、Core Audioハードウェアのデフォルト設定を選択できます。この デフォルト設定は、設定を直接選択する機能を持たないすべてのオーディオアプリケーション (たとえば「iTunes」など)で使用します。「Logic」などのより高機能なオーディオアプリケー ションでは、ホスト内部から直接すべてのパラメータを設定できます。 参考:AMSアプリケーションの外観は、使用する Mac OS Xのバージョンによって異なります。 Core MIDI MIDIデータは Mac OS Xの Core MIDIシステムによって処理されます。MIDIキーボード、フェー ダーユニット、外部音源などを、互換性のある MIDI インターフェイスで接続した場合、これら は自動的に認識されて有効になります。 AMS の MIDI ページ AMSアプリケーションの MIDIページにはインストールされているすべての MIDIインターフェ イスが表示され、必要ならこれらを相互に接続することもできます。AMS で設定されたすべて の MIDI デバイス(MIDI サブチャンネルを含む)は「Logic」によって認識され、外部 MIDI ト ラックを選択または作成すると、これらがライブラリに表示されます。 81 C 付録 C コンピュータのオーディオシステムを 最適化する 「Logic」は、操作の安定性と信頼性に定評があります。コンピュータ の設定を音楽アプリケーション用に最適化すれば、システムのパ フォーマンスをさらに高めることができます。 コンピュータの設定とメンテナンスを正しく行っておけば、コンピュータの信頼性が向上してク ラッシュも少なくなるなど、音楽制作以外にも多くのメリットがあります。以下のページでは、 コンピュータの設定を最適化する上で役立つヒントとアドバイスを紹介します。章の後半では、 コンピュータにトラブルが発生した場合のトラブルシューティングを掲載しています。 ハードウェア 「Logic」用のコンピュータを選ぶ際は、予算の範囲内でなるべく高速な Mac をお求めになるこ とをお勧めします。可能なら、マルチプロセッサの Macintosh をお選びください。「Logic」と Mac OS X は、いずれもマルチプロセッサの Macに対応しています。 一般論として、コンピュータに不要なコンポーネントを取り付けると「重く」なりますので、 FireWireや内蔵デバイスしか使用しない場合は SCSI カードを取り付けないようにします。 オーディオハードウェア選びは特に入念に行い、ソフトウェアやその他のコンピュータ・ハード ウェア・コンポーネントと互換性のあるものを選ぶようにしてください。 メモリ 音楽製作用コンピュータシステムの全体的な安定性を確保するには、適切な量の RAM を搭載す ることが重要です。多数のオーディオトラックやソフトウェアサンプラーを使用する場合は、少 なくとも 1GB以上の高品質な RAMを搭載することを推奨します。 ハードディスク 毎日の作業でたくさんのオーディオトラックを使用する場合は、高速で大容量のハードディスク をオーディオファイル専用に用意したほうがよいでしょう。このような用途には、FireWire対応 ハードディスクが適しています。82 付録Cコンピュータのオーディオシステムを最適化する オーディオアプリケーションでは、ハードディスクのプラッタと機械部分に高い性能が要求され ます。ドライブの動作を常に一定かつ安定した状態に維持するには、ハードディスクの定期的な メンテナンスが特に重要です。これには、デフラグやパフォーマンスチェックなどが含まれます。 こまめにデフラグを行うと、ハードディスクの寿命にも良い影響があります。オペレーティング システムに付属しているハードディスク用ツールを使うのも 1 つの方法ですが、これらのツール では一部の問題を検出、修復できない場合があります。 参考:一般に、大容量のハードディスクではそれほど頻繁にデフラグを行う必要はありません。 ハードディスクは消耗品です。ハードディスク用ユーティリティで頻繁に問題が検出されるよう になったら、ドライブの故障が近い可能性があります。すぐにデータをバックアップして、ドラ イブが完全に故障してしまう前に交換するようにしてください。 ソフトウェア 音楽製作用コンピュータシステムにどのソフトウェアをインストールするかについて迷ったら、 「インストールするソフトウェアは少ないほうがよい」と考えてください。標準のオペレーティ ングシステムと「Logic」、そしてインターネットにアクセスするためのコンポーネントだけをシ ステムにインストールするのが理想的です。もちろん、現実にはそのような構成にすることは難 しいでしょう。 そこで、「Logic」を使用中は、特に必要のないアプリケーションは実行しないようにします。 Mac OS X はマルチタスク性能に優れていますが、限りある処理リソースを「Logic」以外のも のに割くことは避けたいところです。バックグラウンドでワードプロセッサを実行していたり、 インターネットに接続したままになっていたりしたために、「あと 1 つ」リバーブが使えずにト ラックを完成できない、というようなことにもなりかねません。 バックアップ コンピュータを使う上で最も大事なことは、必ずデータのバックアップをとるということです。 特に音楽製作用コンピュータシステムでは短時間で(しかも高い負荷の中で)大量のデータが生 成されるため、バックアップは特に重要になります。 このため、特に重要なデータは毎日複数の外付けストレージメディアにバックアップすることを お勧めします。これは少しやりすぎのように思うかもしれませんが、ストレージメディアの代金 と作成した音楽の価値を比べてみてください。コンピュータ(またはハードディスク)がある日 突然故障したら、たくさんのインスピレーションと膨大な時間をかけて作成した重要なデータが 永遠に失われてしまうのです。 特に音楽製作用コンピュータシステムを業務で使用しているかたは、プロフェッショナル向けの バックアップソリューションの導入を検討したほうがよいでしょう。詳細については、音楽/コ ンピュータ関連の各業者にお問い合わせください。付録 Cコンピュータのオーディオシステムを最適化する 83 トラブルシューティング それほど多くはありませんが、コンピュータを使っていると、一見深刻な問題に遭遇することが あります。たとえばマウスポインタが固まったり、画面が動かなくなったり、画面にエラーメッ セージが次々と表示されるといったクラッシュもその 1 つです。基本設計に優れ、成熟したオペ レーティングシステムであっても、ハードウェアの競合やバグなどの問題がまったく起きないと いうわけではありません。 過去の実績から見ても、アップルのプログラムやハードウェア製品が原因でこのようなシステム のトラブルが生じることはほとんどありません。アップルのハードウェアとソフトウェアはすべ て、さまざまなミュージシャンやスタジオユーザによって徹底的にテストされており、幅広い分 野や用途において障害や問題が発生しないかどうかが厳しくチェックされています。 それでも、エラーがまったく起こらないわけではなく、時には問題が発生します。これは決して 不思議なことではありません。アプリケーション、オペレーティングシステム、およびドライバ は、いずれも別々のプログラミングチームが並行して開発と改良を行っているためです。このた め、互換性の問題がたびたび発生します。アップルでは、そのような問題が確認され次第、ソフ トウェアアップデートの形で修正プログラムを提供しています。アップルは、ユーザからのトラ ブルの報告をいつでも歓迎しています。 システムのクラッシュやエラーが発生したら、その問題がアップル製品にまったく関係ないもの であっても、この章で紹介するアドバイスが役に立つ可能性があります。ほとんどの場合、これ らの問題は原因さえ特定できればわずかな労力で修正することができます。ただし、問題の原因 をつきとめるのには時間がかかる場合があります。この章の説明を読めば、専門家に相談しなく てもこれらの問題のほとんどを解決できます。ハードウェアの故障やその他の障害を疑ってマシ ンを修理に出したりソフトウェアの返金を求めたりする前に、まず、よくある原因を排除してい くとよいでしょう。ただしこの章で紹介するアドバイスの中には、単に症状を改善するだけで、 問題の本当の原因の特定を難しくしてしまう場合があるので注意してください。どうしても問題 が解決しない場合は、専門家のアドバイスを受ける必要があります。 コンピュータとオーディオハードウェアを同時に購入した場合は、マウスとキーボードとディス プレイのみを接続した状態で、コンピュータが正しく動作することを確認してからオーディオイ ンターフェイスやその他のハードウェア(外付けハードディスクやプリンタなど)を接続すると よいでしょう。新しい Macintosh コンピュータには必ずソフトウェアがプリインストールされ ているので、これを使ってコンピュータの動作確認ができます。次に、すべての電源をオフにし た状態でハードディスク、モデム、スキャナなどの機器を取り付けます。接続が完了したら、す べての機器が正しく動作することを確認します。動作確認ができたら、コンピュータ背面のケー ブルをすべて抜き、オーディオハードウェアの取り付けを開始します。84 付録Cコンピュータのオーディオシステムを最適化する 問題が発生したら まず、最も重要なドキュメントをバックアップします。ファイル(歌詞、曲、納税記録など)を ほかのハードディスクやリムーバブルドライブにコピーします。このとき、ファイルに関連付け られたアプリケーションは起動しないようにします。CD-ROMの場合はこの手順は不要ですが、 CD を扱う際はディスクのどちらの面にも傷が付かないよう注意する必要があります。ファイル とプログラムのバックアップを作成したら、最悪の事態はまぬがれたことになります。なお、ハー ドディスクはいつクラッシュしてもおかしくないので、何も問題がなくても定期的にバックアッ プをとるようにしてください。 システムのクラッシュには以下の原因が考えられます:  操作のミス  ソフトウェアの競合(2つのプログラムの互換性の問題、またはウイルス)  ハードウェアの設定ミス  システムリソースの過負荷  ケーブル接続の問題(またはターミネータの付け忘れ)  ハードウェアの欠陥 ハードウェアを修理に出す前に、上記の上から 5 つ目までが原因ではないことを確認してくだ さい。 それでも問題が解決しない場合は、以下の点を詳しく書き留めておきます:  どのような操作を行ってエラーになったか(どのプログラム、機能、アプリケーションが起動 していたか)  エラーメッセージの正確な表示内容および/またはエラー番号(分かる場合)  オペレーティングシステムおよびエラーが発生したプログラムのバージョン  Mac OS Xに付属の Apple System Profilerを使用すると、コンポーネントの詳細を表示および 印刷することができます。  アップルメニューの「システム環境設定」で有効になっている項目 参考:Apple System Profiler を使うと、すべてのハードウェアのプロパティを含め、システム 全体の構成に関する詳細を印刷することができます。 環境設定とパラメータ RAM 多くのクラッシュは、以下の方法で防ぐことができます(プログラムを終了してから行ってくだ さい):  クラッシュするプログラムの環境設定(ファイル)を移動するか削除します。環境設定ファイ ルは、ユーザフォルダの「~/ ライブラリ /Preferences」にあります。環境設定ファイルをデ スクトップにドラッグします。以上の操作を行うと、プログラムの環境設定を一部リセットし なければならない場合があります。  パラメータ RAM(P-RAM)を消去する P-RAMにはクロック時間や日付など多くのシステム設 定が記録されており、コンピュータの電源を切っても保持されます。これらは簡単にリセット できます。再起動時に(スタートサウンドの直後から)コマンドキーとOptionキーと Pキー と R キーを押したままにします。Macintosh のスタートサウンドが 3 回鳴り終わるまでキー を押したままにします。付録 Cコンピュータのオーディオシステムを最適化する 85 まだ問題が解決しない場合は、次に進んでください。 ハードディスクのチェックとファイル構造の修復 論理ファイル構造のエラーは、適切なソフトウェアを使って診断と修復ができます。ハードディ スクの物理的な欠陥も診断できます。一般に、ブートドライブ(起動ボリューム)に重大なエ ラーが発生しても修復はできません。内蔵ハードディスクからコンピュータを起動している場合 は、別の起動ボリュームを選択して、そのドライブからコンピュータを起動する必要があります。 これは、Macintoshに付属の緊急用 CD-ROM から行うのが一般的ですが、システムフォルダの 入った別のハードディスク(またはリムーバブルディスク)を使うこともできます。 起動ボリュームのコントロールパネルで CD-ROM またはオペレーティングシステムの入ったそ の他のドライブを選択します。コンピュータを再起動します。多くの Macintosh コンピュータ では、起動時に C キーを押し続けると、強制的に CD-ROMから起動することができます。 Hard Disk Utility プログラムを起動してボリュームを修復します。 まだ問題が解決しない場合は、次に進んでください。 PCI エラー PCI テクノロジーは、コンピュータのデータストリームをきわめて正確なタイミングで同期させ て動作しています。残念ながら一部の PCI(または PCI-X)カードは、それ自体が PCI 仕様に完 全に準拠していて単独ではまったく問題なく動作しても、ほかのカードと組み合わせると相互に 干渉し合うことがあります。このような場合、(外見上は)ランダムなシステムクラッシュを引 き起こすことがあります。  PCI カードを取り外して、問題が解決するかどうかを確認してください。PCIカードを取り外し た後、内蔵のオーディオハードウェアを使って数時間ほど作業をしても問題が発生しなけれ ば、PCI カードが原因です。それでも問題が解決しない場合は、PCI 以外に原因があることが 分かります。  可能なら、別のスロットで PCIカードを使用してみてください。スロットを変えるだけで競合 が解決されることも少なくありません。 ケーブルの障害 ケーブルの障害もよくある問題です。これは、さまざまな症状を引き起こします。 コンピュータが特定のコマンドに反応しない場合は、キーボードとコンピュータを接続している USB ケーブルに断続的な問題が発生している可能性があります。空いている USB ポートにマウ スを直接接続してみてください。これでコンピュータが正常に動作した場合は、新しい USBケー ブルを購入する必要があります。場合によっては、お使いの Macintosh のキーボードを交換す る必要があるかもしれません。 モニタケーブルは正しいものを使うことが大切です。両端に適切なコネクタが付いているだけで は十分ではありません。ケーブルとは無関係のハードウェアの障害だと思われる場合も、まず ケーブルを新しいものに交換してテストしてみてください。86 付録Cコンピュータのオーディオシステムを最適化する また、コンピュータ内部の接続が緩んでいることもよくあります。これは特に、コンピュータを 持ち運んだ後によく見られます。内部コネクタを接続し直す際は、保証条件への影響と安全に関 する注意事項に配慮して、慎重に行ってください。まず電源ケーブルを抜き、高電圧かかってい ない状態にしてから作業してください。帯電防止ストラップを使うか、コンピュータのケースの 金属部分に触れて体内の静電気を逃がします。こうすると、サービスマンに依頼しなくても、自 分で安全に作業することができます。 ウイルス: 残念なことに、世の中には他人に被害を与えることだけを目的にウイルスを作成して配布する、 悪意を持った人たちがいます。特にインターネットからデータをダウンロードすることがある場 合は、ウイルスに感染していないか定期的にドライブをチェックするようにしましょう。ただし 一部のマクロウイルスや、ウイルス対策ソフトウェアにとって未知のウイルスは、ウイルス対策 プログラムでは検出できない場合があります。 オペレーティングシステムを再インストールする/更新する クラッシュやインストールエラーの結果、オペレーティングシステムが使用不能になることがあ ります。このような場合は、システム CD-ROM からオペレーティングシステムを再インストー ルします。 再インストールするには、Mac OS Xインストール CDを使ってコンピュータを再起動し(CD を 挿入してコントロールパネルで CDドライブを起動ボリュームに設定するか、最近の機種の Mac なら再起動時にコマンドキーを押したままにします)、オペレーティングシステムを再インス トールします。 また、オペレーティングシステム自体に問題が見つかることもあります。通常、オペレーティン グシステムのアップデートファイルはオンラインで公開されており、無料でダウンロードでき ます。 ハードディスクをフォーマットする ハードディスクのフォーマットは、コンピュータを修理に出す前の最終手段となります。ハード ディスクをフォーマットするとハードディスクにあるすべてのファイルが消去され、問題の原因 となっている不要なデータも一切削除されます。 フォーマットによってすべてのファイルが消去されるため、まずすべてのファイルとプログラム のバックアップをとり、正しくバックアップが作成されたかどうかを必ず確かめてください。ま た、すべてのバックアップに対してウイルスチェックを実行し、新しくフォーマットしたハード ディスクに感染しないようにしてください。 内蔵ハードディスクをフォーマットするには、コンピュータを別のドライブ(CD-ROM ドライ ブ、フラッシュドライブ、または外付けハードディスク)から起動する必要があります。ウイル スの問題を完全に排除するため、同じセッション内のハードディスクはすべて再フォーマットし ます。CD-ROM は、製造時にウイルスに感染していない限り後から感染することはありません。 重要:透過的なソフトウェア認証はコピーできないので注意してください。このようなアプリ ケーションは、削除する前にハードディスクから認証を解除しておく必要があります。付録 Cコンピュータのオーディオシステムを最適化する 87 オペレーティングシステムの再インストールが完了したら、「Logic」を再インストールします。 それでも問題が解決しない場合は、ハードウェアの競合か、プログラムとオペレーティングシス テムの競合のいずれかの可能性が考えられます。特定のソフトウェアでのみ問題が発生する場合 は、そのソフトウェアのメーカーにお問い合わせください。「Logic」で問題が発生する場合は、 AppleCareにお問い合わせください。AppleCareサポートは、以下のURLからアクセスできます。 http://www.apple.com/jp/support/logic 複数のアプリケーションで問題が発生する場合は、お使いのコンピュータのディーラにお問い合 わせください。 89 用語集 用語集 ADC(AD コンバータ) analog to digital converter(アナログ/デジタル変換回路)の略。ア ナログ信号をデジタル信号に変換する機器です。 AIFFAudio Interchange File Format の略。多くのデジタルオーディオおよびビデオ編集アプ リケーションがサポートしているクロスプラットフォームのファイルフォーマットです。AIFF オーディオは、一般的な 16 や 24 ビットに加え、さまざまなビット数を扱うことができます。 Apple Loopsリズムが循環するサウンドや繰り返しに向いているサウンドで一般的なオーディ オファイルフォーマット。Apple Loopsには、「Logic」がタイムストレッチおよびピッチシフト に使用するタグとトランジェントが含まれています。これらのタグは、ループブラウザでファイ ルを楽器、ジャンル、ムードなどで探す際にも使用されます。 Apple Loopsユーティリティ 「Apple Loops ユーティリティ」では、独自のApple Loopsを作 成できます。「Apple Loops ユーティリティ」を使うときは、「アレンジ」ウインドウでオーディ オリージョンを選択し、「オーディオ」>「Apple Loops ユーティリティで開く」と選択してく ださい。 Audio MIDI 設定(AMS) Audio MIDI 設定(AMS)ユーティリティは、コンピュータに接続さ れているオーディオおよび MIDI 入出力機器を設定する際に使用します。「Logic」は、Audio MIDI設定ユーティリティ(「アプリケーション / ユーティリティ」フォルダにあります)で定義 された設定を使用します。 Audio Units(AU) Audio Unitsは、Mac OS Xで使用されているリアルタイムプラグインの標 準形式です。オーディオエフェクト、ソフトウェア音源、ジェネレータなどで使用することもで きます。Audio Unit フォーマットはオペレーティングシステムに統合されており、インストー ルされている Audio Unit プラグインには、対応するすべてのプログラムから同時にアクセスで きます。「Logic」は、Audio Unitフォーマットのプラグインをすべてサポートしています。 Aux チャンネル(ストリップ) Aux チャンネルは、ミキサー(および「アレンジ」ウインドウ の左側)にあり、センド/リターン(バス)やサブグループコントロールなどに使用することが できます。 bpm「beats per minute」の略。曲のテンポを表す単位です。たとえば、120 bpm は、1分間 に 120 のビート(四分音符)があることを意味します。 Broadcast Wave「Wave」を参照。90 用語集 Caps Lock キーボード MIDIキーボードの代わりにコンピュータのキーボードを使って、リアル タイム入力できる「Logic」の機能。これは、主に出先でポータブル Macintosh を使っている場 合に利用することを目的としています。 CD AudioCompact Disc—Audioの略。ステレオ音楽 CDの標準規格です。サンプリングレー トは 44.1 kHzで 16ビットという仕様になっています。 Core AudioMac OS X 10.2またはそれ以降が動作するMacintoshコンピュータの標準オーディ オドライバシステム。Core Audio は Mac OS Xに統合されているので、Core Audio互換のすべ てのオーディオインターフェイスにアクセスできます。「Logic」は、Core Audio ドライバおよ びサポートを提供するすべてのオーディオハードウェアと互換性があります。 Core MIDIMac OS X 10.2 またはそれ以降が動作する Macintosh コンピュータの標準 MIDI ド ライバシステム。Core MIDI は Mac OS X に統合されているので、Core MIDI 互換のすべての MIDI 機器を接続できます。「Logic」は、Core MIDI ドライバおよびサポートを提供するすべて の MIDI ハードウェアと互換性があります。 DAWデジタル・オーディオ・ワークステーション(Digital Audio Workstation)の略語。オー ディオファイルの録音、ミキシング、制作に使用するコンピュータを指します。 DA コンバータまたは DACデジタル/アナログコンバータ(Digital/Analog Converter)の略。 アナログ信号をデジタル信号に変換する機器を指します。 dB「 decibel」(デシベル)の略称。オーディオシステムの電圧レベル、強度、またはパワーの 関係を表す測定単位です。 EQイコライザ(Equalizer)の略。イコライザは、オーディオ信号内の周波数をブーストまたは カットするのに使用します。「Logic」では、複数の EQが用意されています。 FireWireアップルが商標権を持つ IEEE 1394 標準の名前。高速で柔軟なシリアルインターフェ イスで、オーディオインターフェイスやオーディオ処理ユニットをコンピュータと接続する際に よく使われます。FireWire は、大量のデータを移動する場合に便利なもので、ハードディスク、 スキャナなど、さまざまなコンピュータ周辺機器を接続するポートとして使用できます。 FireWireには、FireWire 400 と FireWire 800という 2つのバージョンがあります。FireWire 800 はより高速で、コネクタの形状も異なります。適切なケーブルを使えば FireWire 800に FireWire 400 対応機器を接続して使用することもできますが、そのポートに接続されたすべての機器の帯 域幅が半分になります。 Hyper EditorMIDI ノートやコントローラデータを作成および編集できるグラフィカルエディ タ。Hyper Editorは、ドラムパーツの演奏データ指定やクレッシェンドの作成などの作業に適し ています。 MIDIMusical Instrument Digital Interface の略。電子楽器用の非同期、シリアル、イベント指 向のハードウェアおよびソフトウェア標準インターフェイスです。MIDI は、シンセサイザーや コンピュータなどの機器が互いにやり取りできる業界標準規格です。音楽のノートイベントの ピッチ、長さ、音量など、さまざまな特性を制御します。用語集 91 MIDIチャンネル MIDI チャンネルは、MIDI データが MIDI ポートを経由して通る「チューブ」 です。1 つのポートでは、最高 16 個の個別の MIDIチャンネルを通すことができます。「Logic」 で録音したトラックは、違うチューブ(チャンネル)に渡すこともでき、そこに別の情報を含め たり、各チャンネルに割り当てられている別のサウンドを介して再生したりすることが可能で す。たとえば、チャンネル 1 にはピアノ、チャンネル2 にはベース、チャンネル 3にはストリン グスという具合にです。これは、データを受信する機器が複数のチャンネル上のデータ受信に対 応していて、異なるサウンドを同時に再生できるということが前提になっています。 MIDIメッセージ MIDI を介して送信されるメッセージ。1つのステータスバイトと 0、1、2、ま たはそれ以上のデータバイト(システムエクスクルーシブコマンド)で構成されています。「イ ベント」を参照。 MIDIリージョン MIDI イベント用のデータコンテナ。「アレンジ」では、名前が付いた長方形で 表示されます。 MP3MPEG2 Audio Layer 3 の略。圧縮されたオーディオファイルフォーマットで、インター ネット上でのオーディオファイルの配信などでよく利用されます。 Option修飾キーの 1 つで、MS Windows では Alt キーと呼ばれています。 QuickTimeアップルによるデジタル圧縮ビデオ再生およびエンコーディング用のクロスプラッ トフォーム標準フォーマット。QuickTime ムービーは、Logic ウインドウやグローバル・ビデ オ・トラックで、プロジェクトと同期させて再生することができます。再生ヘッドを移動すると、 それに従ってビデオの内容も移動し、ビデオを前後に動かすと、再生ヘッドも一緒に移動します。 RAMRandom Access Memory の略。メガバイト(MB)単位で測定されるコンピュータメモ リの容量で、この量によってコンピュータが同時に処理できるデータ量や一時的に保存できる データ量が決まります。 SMPTE ルーラ 標準の小節/拍表示に加え、「Logic」のバールーラには、時、分、秒、フレー ムというように、SMPTE フォーマットの時間単位を表示させることができ、プロジェクトにビ デオを読み込んだ場合は、タイムコードを表示させることもできます。 WAV、WAVEWindows 互換コンピュータで最も一般的なオーディオファイルフォーマット。 「Logic」では、録音またはバウンスした WAV ファイルは Broadcast Wave フォーマットになり ます。このフォーマットでは、位置情報を格納する高解像度なタイムスタンプ情報がファイル内 に記録されます。この情報があれば、ファイルを別のオーディオやビデオアプリケーションと簡 単に合わせることができます。 アイコン 小さなグラフィックスによるシンボル。「Logic」では、各トラックにアイコンを割り 当てることができます。 アナログ信号 連続的に変化する電圧レベルで構成されたオーディオ情報を表すデータ。アナロ グ信号を「Logic」で使用するには、信号をデジタルに変換するか、コンピュータに取り込む必 要があります。「デジタル」も参照。92 用語集 「アレンジ」ウインドウ アプリケーションのメイン作業場となるウインドウ。アレンジ領域(上 記参照)も表示されていて、その他のあらゆる作業領域やエディタと統合させることもできます。 アレンジ領域 「Logic」のメイン作業スペース。プロジェクトのオーディオや MIDI リージョン の録音、編集、移動、アレンジなどはこの領域で行います。オートメーション録音や再生などに も使用します。 アンカーポイント オーディオリージョンのベースとなる、オーディオファイルの開始位置。「サ ンプルエディタ」も参照。 アンプ 信号のレベルを増幅する機器。 イベント ノートオンコマンドなどの個々の MIDI コマンド。コントローラの動きが連続してい る(モジュレーションホイールなどの)場合、個々のイベントが連続して生成され、それぞれが 絶対値を持っています。 イベントリスト プロジェクト内のすべてのイベントやリージョンを表示するリスト。イベント リストでは、数値を基にイベントやリージョンを精密に操作できます。異なるタイプのイベント を追加することもできます。 インサートスロット 「Logic」のチャンネルストリップ上にあるパネル。ここにエフェクトプラ グインをパッチイン(挿入)できます。 インスペクタ 「アレンジ」および各エディタ画面の左端にある領域。選択したトラックのパラ メータボックスとチャンネルストリップ(「アレンジ」の場合)が表示されています。「パラメー タボックス」も参照してください。インスペクタ領域には、操作対象ウインドウに関連するパラ メータが表示されます。 インターフェイス 1)「Logic」が外部とやり取りするための MIDI デバイスまたはオーディオ機 器などのハードウェアコンポーネント。コンピュータでサウンドや MIDIを入出力するには、オー ディオインターフェイスおよび MIDI インターフェイスが必要となります。「オーディオインター フェイス」も参照してください。2)ユーザが操作する「Logic」内のグラフィカルな要素。たと えば、リージョンのようなグラフィカルインターフェイスをインタラクティブに操作してプロ ジェクトを作成していく「アレンジ」は、「Logic」全体のインターフェイスに含まれるものとな ります。 ウェット/ドライミックス エフェクトが追加された信号(ウェット)と、元の未処理の信号(ド ライ)との比率を示します。 エイリアシング サンプルデータにサンプルレートの 1/2 以上の周波数が含まれていると発生す るデジタルノイズ。 エイリアス アレンジ領域内の MIDI リージョンを参照するポインタ。エイリアスには、データ は含まれていません。エイリアスは、オリジナルの MIDI リージョンのデータを参照するポイン タにすぎません。Shift+ Optionキーを押しながら MIDI リージョンを新しい場所にドラッグす ると、新しいエイリアスを作成できます。エイリアスそのものを直接編集することはできません。 元のリージョンに対する変更内容は、エイリアスにも反映されます。用語集 93 エディタ MIDI やオーディオデータを編集するウインドウ。「Logic」には、MIDI イベントデー タ用の Hyper Editor、ピアノロールエディタ、イベントリストエディタ、スコアエディタと、 オーディオデータ用のサンプルエディタがあります。イベントリストは、リージョンの編集や移 動などの作業で使用することもできます。 エフェクト オーディオ信号のサウンドをさまざまな方法で変化させるソフトウェア・アルゴリ ズムの一種。「Logic」には、EQ、ダイナミック、タイムベース、モジュレーション、ディストー ションなどのエフェクトが、「Logic」ネイティブフォーマットと Audio Unitsプラグインフォー マットで用意されています。 鉛筆ツール 「アレンジ」で空白の MIDI リージョンを作成するためのツール。Shiftキーと組み合 わせれば、「アレンジ」でオーディオリージョンを追加することもできます。サンプルエディタ では、鉛筆ツールを使って信号内にトランジェント信号スパイク(ポップとクリック)を描くこ ともできます。 オーディオインターフェイス コンピュータでサウンドの入出力を行うための機器。オーディオ インターフェイスは、コンピュータから送られてくるデジタル・オーディオ・データを、スピー カーなどから流すことができるアナログ信号に変換します。逆方向では、アナログ信号(ボーカ ルパフォーマンスなど)をコンピュータが扱うことのできるデジタル・オーディオ・データに変 換します。 オーディオチャンネルストリップ 「アレンジ」のオーディオトラックの操作対象となる、ミキ サーのチャンネルストリップ。オーディオトラック上のすべてのデータは、アレンジ・トラッ ク・リストで割り当てられたオーディオチャンネルストリップに自動的に渡されます。 オーディオトラック オーディオリージョンの再生、録音、編集に使う「アレンジ」ウインドウ 内のトラック。ミキサーのオーディオチャンネルにつながっています。 オーディオビン プロジェクトのオーディオファイルやリージョンの管理、変換などで使用する ウインドウ(または「アレンジ」ウインドウのメディア領域内のタブ)。「メディア領域」も参照。 オーディオファイル デジタル録音され、ハードディスクドライブ上に保存されたサウンドファ イル。「Logic」では、オーディオファイルは AIFF、WAV、Sound Designer II(SDII)、CAF の 各フォーマ ットで保存できます。録音およ びバウンスされたす べての WAV ファイル は、 Broadcast Waveフォーマットになります。 オーディオリージョン 「アレンジ」内のオーディオトラック上に配置できるオーディオファイル の選択領域。MIDI の場合は、MIDI トラックに配置可能な MIDI リージョンに該当します。オー ディオリージョンは、オーディオファイルの一部を示すエイリアス(またはポインタ)です。そ の長さは、1サンプルから、元のオーディオファイル全体まで任意に指定できます。「Logic」で は、元のオーディオファイルを変更することなくオーディオリージョンを編集することができま す。「リージョン」と「MIDI リージョン」も参照。94 用語集 オートパンチ機能 「オートパンチ」とは、あらかじめ決められた位置に録音モードで自動的に割 り込んだり抜け出したりすることを指します。オートパンチモードは、満足の行かない部分のみ を再録音する際によく使われます。最大の利点は、「Logic」の操作機能ではなく、演奏自体に集 中できるという点にあります。オートパンチは、トランスポートバーのオートパンチボタンをク リックすると有効になります。 オートメーション オートメーションとは、すべてのノブ、コントロール、ボタンなどの動きを 記録、編集、再生する機能のことです。オートメーションの対象は、音量フェーダー、パン、EQ、 Auxセンドコントロールなどに加え、それにほとんどのエフェクトプラグインや音源プラグイン のパラメータなども含まれます。 オプション 代替機能。通常はチェックボックス形式になっていますが、メニュー項目の場合も あります。 音源チャンネル 「Logic」では、ソフトウェアベースの音源もサポートしています。ソフトウェ ア音源プラグインは、音源チャンネルの音源スロットに挿入されます。ソフトウェア音源の録音 は、「アレンジ」内の音源トラックで行われます。これらのトラックの再生は、ミキサー内(ま たは「アレンジ」ウインドウの左側)にある音源チャンネルを経由します。 開閉用三角形 詳細情報の表示と非表示を切り替えるためにユーザインターフェイスで使われて いる小さな三角形。 カウントイン 録音(または再生)を開始する前に聞こえるビート。 書き出し Logic プロジェクトなどのファイルを、別のアプリケーションで配布または使用でき るフォーマットに変換する処理。 拡大/縮小 「Logic」のウインドウで表示を拡大(ズームイン)または縮小(ズームアウト)さ せる操作。ウインドウの左下と右上コーナーにある拡大/縮小ツールと拡大/縮小コントロール は、いずれも拡大縮小タスクを行う際に使用します。「拡大/縮小コントロール」と「拡大/縮 小レベル」も参照。 拡大/縮小コントロール 「アレンジ」などの一部のウインドウの右下にあるコントロール。拡大 /縮小コントロールスライダを使うと、現在表示されているプロジェクトの全体像をナビゲート できます。スライダの左右にある線をクリックすれば、一定の倍率でズームインまたはズームア ウトできます。 拡大/縮小ツール 表示中の「Logic」ウインドウのどの部分も拡大表示できます。ツールボック スから選択してください。または、ほかのツールを使用している場合でも、Controlキーを押し ながらクリックすれば利用できます。 拡大/縮小レベル ウインドウのコンテンツ(トラックやリージョンなど)を拡大/縮小する比 率。高い倍率に拡大すると、より精度の高い編集を行うことができます。逆に、プロジェクト全 体が見えるまで縮小し、広い範囲で作業を進めることもできます。 各フィルタボタン イベントリストとミキサーにあるボタンで、これらを使えば、特定タイプの イベントやチャンネルストリップの表示または非表示を指定することができます。用語集 95 「環境設定」ウインドウ 「Logic」>「環境設定」と選択すると表示されるウインドウ。「Logic」 の作業環境は、すべてこのウインドウで設定できます。 キー 楽曲の中で使用される、特定のピッチを基準としたスケール。基準ピッチは、キーのルー トと呼ばれます。音楽(MIDI)キーボードの黒と白の鍵盤を指すこともあります。 キーコマンド コンピュータキーボードまたは MIDI コントローラ上で特定のキー(またはキー の組み合わせ)を押して実行できる機能。 「キーコマンド」ウインドウ 「キーコマンド」ウインドウは、キーコマンドをコンピュータのキー や MIDI メッセージに割り当てる際に使用します。 キーフォーカス 選択によってウインドウがアクティブになった状態を「Logic」では「キーフォー カスされた」と言います。キーコマンドの多くは、ウインドウにキーフォーカスがないと機能し ません。インスペクタの内容も、キーフォーカスのあるウインドウのパラメータの状態を反映し て更新されます。 クオンタイズ (「クオンタイズ」メニューで指定した)選択可能なグリッドの中で最も近いもの にスナップさせてノートの時間位置を修正する処理。選択したイベントまたはリージョンにクオ ンタイズが適用された場合、「Logic」は、すべてのノートイベントを移動して、最も近いグリッ ド位置に完全に揃うようにします。「Logic」のクオンタイズ処理は非破壊的な再生操作なので、 音楽を聴いている間に異なるクオンタイズ値を試すこともできます。 クオンタイズツール 「Q」のアイコンが付いたツール。ピアノロールエディタまたはイベントリ ストエディタの「クオンタイズ」メニューで指定したクオンタイズ値を使って、特定の(選択し た)イベントにクオンタイズ処理を適用します。 「クオンタイズ」ボタン 「Q」のアイコンが付いたボタン。選択したイベントに対して(「クオン タイズ」メニューで指定した)クオンタイズ操作を実行します。「クオンタイズツール」と「ク オンタイズ」も参照。 「クオンタイズ」メニュー 「Logic」のすべてのウインドウにあるメニューです。現在のクオンタ イズグリッドを設定します。「クオンタイズボタン」を参照。 グラブ(オブジェクトを) オブジェクト上にマウスカーソルを位置させ、ボタンを押してそのま まマウスボタンを押し込んだままにしておく(ホールド)状態。 クリック メトロノームまたはそのサウンドのこと。 グリッド 「Logic」のグリッドは、縦線で表示され、各エディタで小節、拍、サブ拍などの位置 を表すものとして使用されています。 クリップボード クリップボードは見えないメモリ領域で、「編集」メニューの「カット」や「コ ピー」でカットまたはコピーしたデータは、一時的にこの中に入ります。クリップボード内に 入ったデータは、別の場所にペーストできます。「Logic」のクリップボードは、プロジェクト 内、またはプロジェクト間でデータをやり取りする際に使用されます。96 用語集 クローンオーディオリージョン クローンオーディオリージョンは、元のリージョンへのポイン タです。クローンのリージョンで開始位置または終了位置を調整すると、ほかのクローンリー ジョンでも同様に調整が行われます。 消しゴム 項目を削除するためのツール。選択した項目をクリックすると、削除されます。その 時点で選択されていたほかのすべての項目も削除されます。 結合 2つ以上の MIDI イベントやリージョンをミックス、つまり結合して 1つのイベントやリー ジョンにすること。 検索フィールド 「Logic」のウインドウの多くには、角が丸味を帯びていて左側に虫眼鏡が付い たフィールドがあります。このフィールドでは、テキストを検索することができます。たとえば、 「キーコマンド」ウインドウやループブラウザなどには検索フィールドがあります。 コントローラ MIDI データ・タイプの 1 つ。次に例を挙げます:スライダ、ペダル、または音量 やパンなどの標準パラメータなどがあります。コマンドのタイプは最初のデータバイトにエン コードされており、送信または受信される値は2番目のデータバイトにエンコードされています。 コンピング 複数の録音テイクを 1つの完全なテイクにコンパイルする処理(「テイク」を参照)。 サイクル機能 ロケータで区切られた領域を繰り返す「Logic」の機能。サイクルモードをオンに するには、トランスポートバーのサイクルボタンをクリックします。サイクル機能は、プロジェ クトの一部を作り込むときやイベントを編集するときなどに便利です。サイクル領域は、バー ルーラの上部では緑のストライプで表示されます。 再生 オーディオや MIDI リージョン、オーディオファイル、または「アレンジ」全体の演奏を 聴くこと。 再生ヘッド 「Logic」のすべての横長のタイムベースウインドウ(「アレンジ」など)で、現在の 再生位置を示す白い縦線です。再生ヘッドは直接マウスでつかんで移動することもできます。 サンプラー サンプリングに使用する機器。「Logic」では通常、ソフトウェアベースの EXS24 mkII サンプラーを指します。 サンプリング アナログオーディオをデジタル情報に変換する処理。このとき使用するサンプル レートによって、1 秒あたりに取り込まれるサンプルの数が決まります(「サンプルレート」を 参照)。サンプルレートが高ければ、その分だけオーディオの品質も高くなります。 サンプル ある短時間のサウンドをデジタル録音したもの。 サンプルエディタ 「Logic」のサンプルエディタでは、オーディオファイルを破壊的にカット、 反転、短縮、ゲイン変更するなど、さまざまな方法で処理できます。何千あるいは何百万という サンプルで構成されているオーディオファイルをサンプル単位で編集できます。サンプルエディ タでは、Digital Factoryと呼ばれる一連のサンプル処理ツールにアクセスすることもできます。用語集 97 サンプルレート アナログのオーディオ信号をデジタル信号に変換する際、このサンプルレート は、1 秒間に何回オーディオがサンプルされたかを表します。「Logic」では、44.1 kHz(1 秒間 に 44,100 回)~ 192 kHz(1 秒間に 192,000 回)のサンプルレートでオーディオを録音、編集 できます。 サンプルレートコンバータ サンプルレートを変換する機器またはアルゴリズム。 シーケンサー 一般に、デジタルオーディオと MIDI データの両方を録音でき、ソフトウェア・ミ キシング・コンソール内でそれらのサウンドを融合できるコンピュータアプリケーションを指し ます。以前は、一連の制御電圧とゲート、または MIDI のみを介してシンセサイザーを制御する ハードウェア装置をシーケンサーと呼んでいました。オーディオを録音したり制御したりするこ とはできませんでした。 修飾キー アルファベットキーと組み合わせて機能を実行させることができるコンピュータキー ボード上のキー。Control、Shift、Option、コマンドなどが修飾キーに当たります。 周波数 サウンド信号が 1 秒間に振動する回数を、1 秒あたりのサイクル数、つまりヘルツ(Hz) で測定したもの。 出力チャンネルストリップ ミキサーにあるチャンネルストリップで、オーディオインターフェ イスの実際の各出力のレベル、パン/バランスを制御します。 小節 小節は、楽譜内では特定の数の拍で構成されており、楽曲のリズム構造を表すものです。 シンセサイザー サウンドを生成するための機器(ハードウェアまたはソフトウェア)。「シンセ サイザー」という名前は、楽器や音声、鳥の鳴き声などを機械や電子機器でエミュレート(シン セサイズ=合成)しようとした、かつての試みの名残りです。「Logic」では、ES1、ES2、EFM 1、ES E、ES P、ES M などを含め、複数のソフトウェアシンセサイザーを利用できます。 スクリーンセット 各種ウインドウのレイアウト、表示関連のパラメータ(各ウインドウの拡大 /縮小率、位置、サイズなど)をまとめたものをスクリーンセットと呼びます。作業に合わせて 複数の異なるスクリーンセットを用意しておけば、コンピュータのディスプレイを取り替えるよ うに作業環境を切り替えることができます。 スクロールバーとスライダ ウインドウの端にあるグレイの細長い領域。その領域内の移動可能 なボックスをドラッグすれば、ウインドウ内に表示される範囲を動かすことができます。 スケール 楽曲の旋律と和声の基となる関連音符(またはピッチ)の集まり。一般的なものとし ては、メジャースケールとマイナースケールがあります。 スコアエディタ 標準的な楽譜を操作できる「Logic」のエディタ。スコアエディタでは、MIDI ノートイベントは八分音符、四分音符、二分音符などで表示されます。このエディタでは、楽譜 のレイアウトを調整、編集、印刷できます。 ステレオ 2 つの異なるオーディオチャンネルをステレオフォニックサウンドとして再生するこ と。「モノ」も参照。98 用語集 「スナップ」メニュー リニア編集ウインドウのローカルメニューにあるポップアップメニュー。 編集時でのリージョンやイベントの動作を定義します。たとえば、長さやカットは、(「スナップ」 メニューで指定した値に基づく)最も近い位置にスナップされます。 接着ツール このツールを使えば、2 つかそれ以上のリージョンやイベントをクリックするだけ でそれらを結合させることができます。 設定 1)パラメータ値。2)「設定」メニューを介して読み込み、保存、コピー、またはペース トできるプラグインパラメータ値のセット。プラグイン設定はプリセットとも呼ばれます。「プ リセット」と「設定」メニューも参照。 「設定」メニュー すべてのプラグインウインドウのグレイのヘッダ部分にあるメニュー。エフェ クトやソフトウェア音源のパラメータ設定を保存、読み込み、コピー、ペーストできます。 ゼロクロッシング オーディオファイル内で波形の振幅が 0 軸を交差するポイント。オーディオ ファイルをゼロクロッシングの場所でカットすると、そのカットポイントではクリック音が聞こ えなくなります。 センド オグジュアリーセンドの略。制御された量の信号を別の機器にルーティングするのに使 用するオーディオ機器からの出力です。センドは、同じエフェクトに対して複数の信号を送信す る際に使用しますが、これはリバーブなどの高い計算能力を必要とするエフェクトでは役立ちま す。 センドスロット ミキサーのチャンネルストリップ上にあるパネルで、オーディオ信号の一部(ま たは全部)を Auxチャンネルストリップに(バスを介して)送信できるようにするものです。複 数のセンドをチャンネル上で使用することもできます。 ソフトウェア音源 ハードウェアサンプラーやシンセサイザーモジュール、それに、ドラムセッ トやギターなどのアコースティック音源などに対して、ソフトウェアでサウンドを生成するもの です。ソフトウェア音源で生成するサウンドは、コンピュータの CPU によって計算され、オー ディオインターフェイス出力を介して再生されます。会話の中では、「ソフトシンセ」や「ソフ トサンプラー」などと呼ばれることもあります。 ソロ 1 つまたはそれ以上のトラック、リージョン、またはイベントに一時的に焦点を当て、そ れだけを独立して聞く手段。 ソロツール ソロツールでリージョンやイベントをクリックしたままホールドすると、それを一 時的に単独で聞くことができます。この間、ほかのすべてのオブジェクトはミュートされます。 タイミング 適切なポイントでノートを再生できるかどうかを大まかに示す言いかた。イベント、 リージョン、機器間での同期を指す場合にも、「タイミング」という言葉を使います。 ダイアログ 確認やメッセージが表示されるウインドウ。先に進むには、(ボタンをクリックし て)応答する必要があります。 チェックボックス 小さなボックス。オプションを選択またはその選択を解除する(あるいはオ ン/オフする)際にこのチェックボックスをクリックします。用語集 99 チャンネルストリップ チャンネルストリップは、ミキシングコンソール上のチャンネルスト リップをバーチャルに表したものです。各チャンネルストリップには、ミュートボタン、「レベ ル」フェーダー、パン/バランスコントロール、入力スロット、出力スロット、センドスロット、 インサートスロット、「フォーマット」ボタンなど、似たような形状のさまざまなコントロール が含まれています。「アレンジ」ウインドウの左側とミキサーウインドウに表示されているチャ ンネルストリップは、アレンジトラックから送られるオーディオや MIDI 情報を処理する場合に 使用されます。 チャンネルストリップ設定 「Logic」では、チャンネルストリップのルーティングを行うことが できます。これには、挿入されたエフェクトや音源(およびその設定)の保存や呼び出しなども 含まれます。これにより、チャンネルやプロジェクト間で複雑なシリアル・エフェクト・ルー ティングを再現するタスクが簡単になります。 ツールバー 「アレンジ」ウインドウの上部にあるツールバー。メディア、リスト、インスペクタ などの領域の表示/非表示を切り替える際に使用します。また、SMPTE 位置のロックやその解 除など、重要な機能を実行するボタンもあります。ツールバーの構成は、ニーズに合わせて自由 にカスタマイズできます。 ツールメニュー ウインドウのローカルメニューバーにあり、編集、ズーム、クロップなどのツー ルや、ウインドウ内の項目を処理するコマンドなどがあります。 テイク テイクとは、簡単に言えば「録音」のことです。「Logic」では、録音モードを維持した まま連続的に複数のテイクを作成できます。複数のテイクは、1 つの完全なテイクにコンパイル することもできます(「コンピング」を参照)。 ディビジョン値 表示や操作で使用されるグリッド用の調整可能な値(ノートで表示される)。ト ランスポートバーの位置表示では 3 番目に表示される数字です。ディビジョン値は、拍子記号の 下のトランスポートバーで設定します。 デジタル 1 と 0 のシーケンスとして格納および転送されるデータ。多くの場合、電子および電 磁信号を表すバイナリデータのことを指します。「Logic」で使用するすべてのファイルはデジタ ルファイルです。対語となる「アナログ」も参照。 デフォルト パラメータに最初から設定されている値。 テンプレート ユーザ定義の設定や環境設定を含むプロジェクト。テンプレートは、(スコア関連 の操作、オーディオのみのプロジェクト、MIDI のみのプロジェクトなど、ユーザのニーズに応 じた)新規のプロジェクトの開始ポイントです。すべてのプロジェクトはテンプレートとして使 用できます。また、複数のテンプレートを作成して保存しておくこともできます。 テンポ 楽曲の再生速度で、1 分あたりのビート数(BPM)で測定します。「Logic」では、「テン ポ」トラックでテンポチェンジを作成および編集できます。 ドライバ ドライバとは、各種ハードウェアおよびソフトウェアをコンピュータアプリケーショ ンで認識させるためのソフトウェアプログラムです。使用しているオーディオハードウェア用の 適正なドライバがインストールされていないと、コンピュータがそれを認識しないか、したとし ても正常に動作しない可能性があります。100 用語集 トラック 特定範囲の時間内で再生できるオーディオや MIDI リージョンを格納し、アレンジ領 域内を横に走る行。各トラックには、データの送信先(チャンネルストリップ)が割り当てられ ています。「Logic」では、数百のトラックをプロジェクトで使用できます。 ドラッグ&ドロップ マウスでオブジェクトをつかみ、移動してからマウスボタンを放す操作。 トラックのアーミング 「録音可能」を参照。 トラック保護ボタン アレンジ・トラック・リストに表示されている南京錠アイコンのボタン。 トラックを編集できないように保護したり、その保護を解除したりします。「保護されたトラッ ク」も参照。 ドラッグメニュー リニア編集ウインドウのローカルメニューにあるポップアップメニュー。重 なる位置までドラッグした際のリージョンやイベントの動作を定義します。 トラックリスト アレンジ領域の左側にあります。各トラックに割り当てられているチャンネル ストリップや、ソロ、ミュートなどのボタンが表示されています。 トランスポーズ オーディオリージョンや MIDI リージョン(または MIDIイベント)のピッチを 指定した半音の数だけずらす処理。 トランスポートバー 「アレンジ」ウインドウの下にあるフィールドで、録音や再生などの機能を 制御するのに使用します。トランスポートバーには、録音、一時停止、再生、停止、巻き戻し、 早送りボタンなど、さまざまな機能があります。トランスポートバーのウインドウを個別に開く には、「ウインドウ」>「トランスポート」(またはコマンド+ 7キー)と選択します。 同期ボタン トランスポートバーにあるこのボタンは、外部同期モードを有効または無効にし ます。 取り消し機能 1つ前の編集操作を取り消す機能。「取り消し履歴」を使うと、複数の操作をさか のぼって取り消すこともできます。 入力モニタリング この機能では、オーディオトラックが再生、録音可能、または録音状態になっ ているときに送られてくるオーディオを聴くことができます。「アレンジ」のオーディオトラッ クでこの入力モニタリングボタンをクリックすると、入力モニタリングのオン/オフが切り替わ ります。 ネイティブ 「Logic」では、エフェクトやソフトウェア音源のホストベース処理をネイティブと 呼んでいます。コンピュータの CPUは、エフェクトや音源をネイティブに計算します。ネイティ ブは、Audio Unit フォーマットとは異なる、「Logic」の内部プラグインフォーマットのことを 指す用語としても使用されます。「Logic」のネイティブプラグインは、「Logic」でしか動作しま せん。 ノード ハイパードローとオートメーショントラックで、データ操作の開始または終了を示す位 置。(オートメーション)ポイントと呼ばれることもあります。 ノート番号 MIDI ノートのピッチ。MIDIノートイベントの最初のデータバイトで制御されます。用語集 101 ノーマライズ この機能は、現在のパラメータボックス設定を選択した MIDI イベントに適用し (イベントは破壊編集されます)、既存のパラメータ設定を消去します。オーディオの場合、「ノー マライズ」は、録音したオーディオファイルの音量を、ダイナミクスを変えることなく最大デジ タルレベルまで上げる機能を指します。 バールーラ 「アレンジ」、「ピアノロール」、「Hyper Editor」、「スコア」の各ウインドウの上部に あるルーラ。小節、拍、拍以下のディビジョンなどで構成された音楽の時間単位が表示されます。 バールーラは、プロジェクトの位置、サイクルやオートパンチのロケータを設定および表示する ためのものです。「再生ヘッド」、「サイクル」、「オートパンチ」も参照。 バイパス プラグインを無効にすること。バイパスされたプラグインは、システムリソースを消 費しません。「Logic」では、プラグインウインドウ内の「バイパス」ボタンをクリックするか、 Option キーを押しながらチャンネルストリップの該当するプラグインスロットクリックする と、プラグインをバイパスできます。 バウンス MIDIやオーディオにディレイやコンプレッサなどのエフェクトを適用し、1 つのオー ディオファイルにまとめる処理。「Logic」では、リアルタイムとオフラインの2 種類のバウンス が可能です。オフラインバウンスは高速ですが、ライブオートメーションを適用したり、リアル タイムのオーディオ入力を録音したりすることはできません。 バウンスボタン バウンスボタンをクリックすると、どの出力チャンネルからの出力でもオー ディオファイルにバウンスできます。「バウンス」も参照。 破壊的 破壊的オーディオ処理とは、周辺機器や再生のパラメータを編集する場合と違い、オー ディオファイルの実際のデータを変更する処理のことを指します。 波形 オーディオ信号を視覚的に表したもの。波形は左から右に進み、水平線を中心にしていま す。波形の中で音が大きい部分(振幅のピーク)は、高いスパイクまたは曲線で表されます。 バス バスは、オーディオを処理またはサブミックスするために Auxチャンネルストリップに送 るときに使います。 バスチャンネルストリップ バスチャンネルストリップは、主に旧バージョンの「Logic」との間 での下位互換を維持するために用意されているものです。以前のバージョンのバスチャンネルス トリップ機能は、「Logic」では Auxチャンネルストリップで実行されます。 バランスコントロール ステレオチャンネルのレベルフェーダーのすぐ上にあるロータリーノブ です。左右の信号の出力時での相対レベルをコントロールします。 パラメータボックス Logic ウインドウの左側(つまりインスペクタ内)にあるフィールド。選 択したトラック、リージョン、イベント、オブジェクトなどのパラメータを調整する際に使用し ます。「インスペクタ」も参照。 半音 標準的な全音階の中で、2 つのピッチ間の最小インターバルです。半音は、半音階または ハーフトーンとも呼ばれます。102 用語集 パン、パン位置 ステレオファイル内のモノオーディオ信号の配置。左右のレベルを変化させて 設定します(「バランス」を参照)。 パンコントロール モノチャンネルストリップにある(レベルフェーダーのすぐ上の)ロータリー ノブ。ステレオイメージ内の信号の位置を定義します。 パンチイン、パンチアウト 既存の録音の特定部分のみを置き換える録音作業。「Logic」では、 この処理を自動化できます。「オートパンチ」も参照してください。 ピアノロールエディタ MIDI イベントエディタ。ノートイベントを横棒で表示します。「アレン ジ」内のリージョンと同じように、イベントをカット、コピー、移動、サイズ変更できます。 ビート 音楽的な時間周期を表す単位。「ビートは、足を踏み鳴らして合わせる、曲に含まれる一 定の律動です。」通常は四分音符が 1ビートです。 ビート/分 「bpm」を参照。 ピッチ 聴覚でとらえた楽音の周波数。サウンド波形の周波数に対応します。 ビット数 デジタル録音またはデジタル機器で使用するビットの数。サンプルレートに関係なく、 各サンプル内のビットの数が(理論的には)オーディオデータのダイナミックレンジを決定し ます。 ビット分解能 「ビット数」の別名。「ビット数」と「サンプルレート」を参照。 ビットレート MP3 ファイルの場合、ビットレートとは、ファイルがエンコードされたときの転 送ビットレートのことです。普通の会話では、相対的なファイル品質を表す表現として使われ、 より低いレートではオーディオの品質が低くなるという意味になります。 フィンガーツール 人差し指を伸ばした手のツール(ピアノロールエディタなどで使用されま す)。このツールでは、イベントの長さを調整したり、プログラムの別の領域で別の操作を実行 したりできます。 フォルダ フォルダは、「アレンジ」のリージョンのコンテナです。Finder のフォルダが別のフォ ルダやファイルを入れておけるように、このフォルダにも別のフォルダやリージョンを入れるこ とができます。フォルダは、プロジェクト内のプロジェクトと考えることもできます。フォルダ の中は、プロジェクトのアレンジ領域とトラックリストと同じです。 ブラウザ 「Logic」のウインドウ(アレンジウインドウのメディア領域のタブ)。「Logic」によっ てサポートされている、あらゆるメディアタイプの参照、選択、および管理に使用します。「メ ディア領域」も参照。 プラグイン メインプログラム(この場合「Logic」)の機能を拡張させるソフトウェア・アプリ ケーション。「Logic」のプラグインは通常、ソフトウェア音源やエフェクトです。 プラグインウインドウ プラグインを挿入した際、または、インサートスロットや音源スロット をダブルクリックした際に開くウインドウ。プラグインウインドウでは、プラグインのパラメー タを操作できます。用語集 103 プリセット プラグインウインドウのヘッダにある設定メニューを介して読み込み、保存、コ ピー、ペーストできるプラグインパラメータ値のセットです。「設定」と「「設定」メニュー」を参照。 プロジェクト 「Logic」の「ソング」書類。オーディオファイルやリージョンへのポインタ、お よび実際の MIDIデータ(MIDIリージョン内)が含まれています。追加設定や環境設定も、プロ ジェクト書類と一緒に保存されます。 プロジェクト設定 その時点で作業しているプロジェクトのみに適用される一連のプログラム設 定。すべてのLogicプロジェクトに適用されるグローバルな環境設定とは異なります(「「環境設 定」ウインドウ」を参照)。 プロジェクトフォルダ 「Logic」では、プロジェクトに関連するすべてのメディアを含む最上位 フォルダのこと。メディアには、オーディオファイル、サンプラー音源とサンプル、ビデオなど のデータが含まれます。 ベース 楽器の一種。低周波数のサウンドやサウンド内のコンポーネントを指す場合もあります。 「周波数」を参照。 ヘルプタグ マウスカーソルをインターフェイス要素上に置いたときに表示される小さなテキス トウインドウ。その要素の名前や値を表示します。リージョンの移動、カットなどの編集操作を 実行すると、リージョンや機能の現在の(および開始)位置をリアルタイムで示す大きめのヘル プタグが表示されます。 ベロシティ MIDI ノートを鳴らす際の強さ。ノートイベントの 2 番目のデータバイトで制御しま す。 ベロシティツール 「Logic」の各 MIDI エディタにあるこのツールでは、1 つまたは複数のノート イベントのベロシティを調整できます。 ポインタツール 「Logic」で、リージョン、イベント、メニュー、インターフェイス項目の選択 や編集などを行うツール。 保護されたトラック 保護されたトラックの内容は移動、変更できません。 マーカー プロジェクト内の特定の時間位置に結び付けられている印(またはブックマーク)で す。テキストを含めることもできるので、別のバージョンのプロジェクト用のメモとして利用す ることなども可能です。マーカーは、さまざまな選択やナビゲーション用にも利用できます。 マスターチャンネルストリップ 独立したアッテネート機能を持つ、ミキサー内のチャンネルス トリップ。すべての出力チャンネルのゲインを、各チャンネル間の相対的な関係を維持したまま 変更します。 ミキサー ミキサーウインドウには、すべての(または指定した)トラック、音源、MIDIチャン ネルストリップが表示されています。これらのチャンネルでは、トラック出力と処理に関するす べての面を制御できます。これには、レベル、パン、エフェクトと音源の処理、ルーティングな ども含まれます。104 用語集 ミキシング プロジェクトの全体的なサウンドを作り上げていく処理。音量レベルやパンを調整 したり、EQ やその他のエフェクトを追加したり、オートメーションを使ってサウンドを動的に 変化させたりします。 ミックスダウン トラックをバウンス(「バウンス」を参照)または結合(「結合」を参照)する 処理を指す用語として一般的に使用されています。 ミュート チャンネルまたはトラックのオーディオ出力をオフにします。トラックリスト、また はチャンネルストリップの下にあるミュートボタンをクリックすると、トラックやチャンネルを ミュートさせることができます。 ミュートツール このツールでクリックすれば、リージョンやイベントの再生を止めることがで きます。 ムービー 「ビデオ」を参照。 メインメニューバー 画面の上端にあるバーで、プロジェクトを開く、保存する、書き出す、読 み込むなどのグローバルな機能が用意されています。ここからローカルウインドウの機能にアク セスすることはできません。ただし、「編集」メニューには、操作対象ウインドウに適用できる コマンドが含まれています。 メタデータ メタデータは、各種タイプのファイル(Apple Loopsなど)のファイルヘッダ部分 に格納される追加説明情報です。外部メディアの参照、検索の利便性などの目的で使用されます。 メディア領域 「アレンジ」ウインドウのツールバーで「メディア」ボタンがクリックされたとき に「アレンジ」ウインドウの右側に表示される領域です。「ビン」、「ループ」、「ライブラリ」、お よび「ブラウザ」の各タブがあり、「Logic」によってサポートされているすべてのメディアタイ プにアクセスできます。 メトロノーム ビートに合わせてサウンドを鳴らす機器。「Logic」のメトロノームは、「プロジェ クト設定」の「メトロノーム」で定義できます。 モジュレーションホイール MIDI コントローラ。ほとんどの MIDI キーボードに備わっています。 モノ モノフォニックサウンド再生の略。複数のオーディオチャンネルを、左右からの均等な信 号を使って 1 つのトラックにミックスする処理を指します。「ステレオ」も参照。 読み込み さまざまなタイプのファイルを Logic プロジェクト内に取り込む処理。読み込むファ イルは、別のアプリケーションで作成したものや、別の機器で取り込んだもの、別のLogicプロ ジェクトからのものなど、さまざまなものが考えられます。 ライブラリ チャンネルストリップ、エフェクト、音源用のすべての設定を扱うウインドウ(ま たは「アレンジ」ウインドウのメディア領域内のタブ)。 ラバーバンド選択 リージョンやオブジェクト、またはイベントをクリックしてホールドし、付 近のリージョンやオブジェクト、またはイベントをドラッグして囲むように選択する方法。ラ バーバンド選択では、ドラッグ開始時のマウスカーソルの位置を起点に選択枠が広がります。こ の選択枠に触れたり中に収まったりしたものは、すべて選択されます。用語集 105 リアルタイムエフェクト 再生中にリアルタイムでリージョンに適用できるエフェクト。「Logic」 を使用できる Macintosh コンピュータであれば、どの機種でもリアルタイムエフェクトを利用 できます。 リージョン リージョンとはアレンジトラックに長方形で表示される領域で、オーディオや MIDI データのコンテナとして機能します。リージョンには、オーディオリージョン、MIDI リージョ ン、フォルダリージョン(通常はフォルダと呼ばれる)の 3 種類があります。「オーディオリー ジョン」、「MIDI リージョン」、「フォルダ」も参照してください。 リージョンパラメータボックス 「アレンジ」ウインドウのインスペクタの上部にあるボックス で、個々のリージョンの再生パラメータを非破壊的に設定する際に使用します。設定には、クオ ンタイズ、トランスポーズ、ベロシティ、コンプレッション、ディレイなどがあります。これら のパラメータにより、保存されているデータが変更されることはありません。あくまでも、イベ ントの再生方法を変更するだけです。 リスト領域 「アレンジ」ウインドウ内の領域で、イベント、リージョン、マーカー、テンポチェ ンジ、拍子記号/調号の各タイプのデータをリスト表示する 4 つのタブがあります。 リンクボタン 多くの「Logic」ウインドウの左上角にある、チェーンリンクのアイコンが付いた ボタン。別のウインドウとのリンクを制御するためのものです。 ルーティング 通常は、オーディオが処理ユニット内を通る経路を指します。特定の入力および 出力割り当てを示す用語として使われることもあります。 ループ リズム的に循環する音楽的要素、または繰り返し可能な要素を含むオーディオファイル。 「Logic」では、その他のファイルフォーマットに加え、Apple Loopsもサポートしています。 「ループ」機能 「Logic」でオーディオリージョンや MIDI リージョンを繰り返し再生するために インスペクタで設定する「ループ」リージョンパラメータ。ループは、プロジェクトが終了地点 に到達するか、アレンジ領域内の同じトラック上で別のリージョンかフォルダ(最初に遭遇した ほう)に遭遇するまで繰り返されます。 ループブラウザ Apple Loopsや ReCycle ファイルへのアクセスや管理をするウインドウ(また は「アレンジ」ウインドウのメディア領域にあるタブ)です。 レイテンシ 場合によっては、キーボードを演奏してから実際にサウンドが聞こえるまでに遅延 (ディレイ)があります。この場合、レイテンシが発生しています。レイテンシの原因としては、 使用しているオーディオインターフェイス、オーディオと MIDI ドライバなど、さまざまな要素 があります。ユーザが制御できる原因の 1つに I/O バッファサイズがあり、これは、「デバイス」 環境設定で設定できます。 レベルメーター コンピュータに入出力されるオーディオのレベルをモニタリングするメー ター。「Logic」では、録音、アレンジ、オーディオファイルの編集、ミックスの作成などでこの レベルメーターを使用します。 ローカルメニューバー ウインドウ内にあるメニューで、そのウインドウに関連する機能のみで 構成されています。106 用語集 録音 オーディオや MIDI データの演奏を「Logic」に取り込むこと。実際に録音されたデータを 「録音(recording)」と呼ぶこともあります(混同を避けるため、「Logic」では録音されたデー タのことをリージョンまたはファイルと呼んで区別しています)。 録音可能 オーディオトラックに録音をするには、その前に手動でスタンバイ状態(録音可能) にしておく必要があります。MIDI トラックは、選択すると自動的に録音可能な状態になります。 ソフトウェア音源トラックは自動的に「スタンバイ前の状態」になりますが、MIDI メッセージ を受け取らないと録音可能な状態にはなりません。 ロケータ トランスポートバーの位置インジケータの右側に表示される 2 つの数字。上の数字は 左ロケータで、下の数字は右ロケータです。左右のロケータは、サイクル時間範囲を定義するも ので、サイクルまたはスキップ再生やサイクル録音などに役立ちます。ロケータは、特定の機能 用の編集領域を定義する場合にも使用します。 107 索引 索引 A A/D コンバータ 77 AIFFファイル 89 AMS →「Audio MIDI 設定(AMS)ユーティリティ」を 参照 AppleCare87 Apple Loop 説明 89 タイプ 17 ~を読み込む 14, 16 Audio MIDI 設定(AMS)ユーティリティ 80, 89 AU →「Audio Unit プラグイン」を参照 B bpm→「ビート/分」を参照 C Core Audio79, 90 Core MIDI80, 90 D D/A コンバータ 78 DAW →「デジタル・オーディオ・ワークステーション」 を参照 E EQエフェクト 56, 90 F FireWireテクノロジー 90 H Hyper Editor 説明 90 ~を開く 47 M MIDI75–76, 90 MIDIイベント →「イベント」を参照 MIDIエディタ 47–49 MIDIリージョン →「リージョン」も参照 説明 13, 17, 91 タイミングを補正する 31 ~をクオンタイズする 31 ~を編集する 47–51 MIDI 録音 →「録音」も参照 タイミングを補正する 31 ライブモード 30 ~を作成する 30 MP3ファイル 説明 91 ~を作成する 61 Q QuickTime ムービー、説明 91 R RAM81, 91 S SIAL(ソフトウェア音源 Apple Loop) 17 あ アナログオーディオ 76–78, 91 アナログ/デジタル変換回路 89 「アレンジ」ウインドウ 説明 92 ~の概要 9 ~のチャンネルストリップ 46 編集領域のサイズを変更する 48 「アレンジ」ウインドウのチャンネルストリップ 46 アレンジする 33–46 アレンジ領域 33, 92 アンカーポイント 59, 92 い 移動 再生ヘッドの~ 19 リージョンの~ 39 イベント 位置 49 説明 92 ベロシティ 50 J43985.Book Page 107 Wednesday, July 11, 2007 4:56 PM108 索引 ~をクオンタイズする 51 ~を作成する 50 ~を編集する 47–51 イベントリスト 49, 92 インサートスロット 53 インスペクタ 44–46, 92 インターフェイス 92 え エイリアシング 92 エイリアス(MIDI リージョン) 92 エディタ、説明 93 エフェクト →「プラグイン」も参照 設定を選択する 57 説明 93 パラメータを編集する 58 ~を置き換える 56 ~を共有する 65 ~を削除する 56 ~をバイパスする 56, 58 ~を読み込む 11, 55 エフェクトを挿入する →「エフェクト、~を読み込む」 を参照 鉛筆ツール 36, 93 お オーディオ アナログ 76–78 ~インターフェイス 93 デジタル 76–78 ~をコピーする 77 「オーディオのプロジェクト設定を開く」キーコマン ド 26 オーディオビン オーディオファイルをコピーする/変換する 61 説明 93 ~の説明 61 オーディオファイル アンカーポイント 59, 92 説明 93 ~を MP3ファイルとして書き出す 61 ~を管理する 61 ~をコピーする 61 ~をプロジェクトに追加する 15, 61 ~を変換する 61 ~を編集する 59 ~を録音する →「オーディオ録音」を参照 オーディオファイルを変換する 61 オーディオリージョン →「リージョン」も参照 アンカーポイント 59, 92 説明 13, 93 ~を削除する 42 ~を読み込む 14, 15, 18 ~を録音する 28 オーディオ録音 →「録音」も参照 準備 25 テイク 29 録音パスとフォルダ 25 ~を作成する 28 ~をモニタリングする 28 オートメーション 説明 67, 94 ~のパラメータを選択する 68 ~を書き込む 69 ~を表示する 68 ~を編集する 69 オートメーション・パラメータ・メニュー 68 オグジュアリー・チャンネル・ストリップ 65, 89 音源スロット 53 音源プラグイン →「ソフトウェア音源」を参照 か カウントインの時間 27 書き出し オーディオファイルを MP3 に 61 説明 94 拡大/縮小コントロール 94 拡大/縮小する 39, 94 拡大/縮小ツール 39 「カット」キーコマンド 40 カット、リージョンの~ 40 き キーコマンド 71 オーディオのプロジェクト設定を開く 26 カット 40 コピー 41 再生 18 説明 95 停止 18 トラックオートメーションを表示 68 ペースト 41 保存 11 録音 28 キーフォーカス 95 く クオンタイズ MIDI リージョンの~ 31 説明 95 ノートイベントの~ 51 クオンタイズツール 95 クリップボード 95 け ケーブルの障害 85 消しゴムツール 36, 42, 96 J43985.Book Page 108 Wednesday, July 11, 2007 4:56 PM索引 109 検索フィールド 96 こ コピー オーディオの~ 77 オーディオファイルの~ 61 オーディオファイルをプロジェクトフォルダへの~ 8 プラグイン設定の~ 58 リージョンの~ 41 「コピー」キーコマンド 41 コマンド+クリックツール 34 コントローラ、説明 96 コントロールサーフェス 73 コンピュータ、~をオーディオアプリケーション用に最適 化する ソフトウェア 82 ハードウェア 81 ハードディスク 81 メモリ 81 さ サイクル機能 20–21, 96 サイズ変更 「アレンジ」ウインドウの編集領域の~ 48 リージョンの~ 39 再生 位置 19 説明 96 ~を開始する 18, 19 ~をループする 20 「再生」キーコマンド 18 再生ヘッド 19, 96 「サウンド」環境設定(Mac OS X) 79 作成 MIDI録音の~ 30 MP3 ファイルの~ 61 オーディオ録音の~ 28 トラックの~ 10 ノートイベントの~ 50 プロジェクトの~ 9 サンプリング 96 サンプルエディタ 59, 96 サンプルレート 26, 78, 97 し シーケンサー、説明 97 修飾キー 97 小節、説明 97 シンセサイザー、説明 97 す スクリーンセット 10種類以上のスクリーンセット 72 説明 72, 97 ~を設定する 72 ~を呼び出す 72 ~をロックする 72 スケール、説明 97 スコアエディタ 説明 97 ~を開く 47 「スナップ」メニュー 98 せ 接着ツール 98 設定 →「プリセット」も参照 説明 98 ~を選択する→「エフェクトまたはソフトウェア音源」 を参照 ゼロクロッシング、説明 98 選択 チャンネルストリップの~ 64 ツールの~ 34 トラックの~ 22, 64 ラバーバンド方式 23 ラバーバンド方式での~ 104 リージョンの~ 23 センドエフェクト 65 センドスロット 66, 98 そ 操作を取り消す 21 ソフトウェア音源 →「プラグイン」も参照 設定を選択する 54, 57 説明 98 パラメータを編集する 58 ライブモード 30 ~を置き換える 56 ~を削除する 56 ~をバイパスする 56, 58 ~を読み込む 11, 54 ~を録音する →「MIDI 録音」を参照 ソフトウェア音源 Apple Loop17 ソロ リージョンの~再生 37 ソロ再生 トラックの~ 38 ソロツール 37 た ダイアログ 98 タイミング ~を補正する 31 ち チェックボックス 98 チャンネルストリップ 「アレンジ」ウインドウの~ 46 J43985.Book Page 109 Wednesday, July 11, 2007 4:56 PM110 索引 オグジュアリー~ 65, 89 コントロール 64 説明 99 センドスロット 66 ~にオートメーションを設定する 67–69 ~の概要 53 ~のパンを設定する 65 レベル 65 ~をグループ化する 65 ~を選択する 64 ~をバスにセンドする 65 チャンネルストリップ設定 解説 99 説明 12 ~を読み込む 11, 57 チャンネルのパンを設定する 65 つ ツール 鉛筆 36, 93 拡大/縮小ツール 39 クオンタイズツール 95 消しゴム 36, 42, 96 接着ツール 98 説明 34 ソロツール 37 デフォルトのツール 35 ハサミ 36, 40 フィンガーツール 102 ベロシティツール 50, 103 ポインタ 35, 103 ミュートツール 104 有効範囲 35 ~をコマンド+クリックに割り当てる 34 ~を選択する 34 ~を右マウスボタンに割り当てる 34 ツールメニュー 説明 34, 99 ~をマウスポインタ位置で開く 35 て テイク 29 「停止」キーコマンド 18 ディビジョン値 99 デジタル/アナログ変換回路 90 デジタルオーディオ 76–78, 99 デジタル・オーディオ・ワークステーション 90 デシベル 90 テンプレート 7, 9, 99 テンポ 26, 99 説明 98 と ドライバ 99 トラック メディアファイルの追加時に~を作成する 17 ~を作成する 10 ~を選択する 22, 64 ~をソロ再生する 38 ~をミュートする 38 「トラックオートメーションを表示」キーコマンド 68 トラックオートメーション →「オートメーション」を参 照 トラックパラメータボックス 45 トラックリスト、説明 100 トラブルシューティング PCIエラー 85 オペレーティングシステムを再インストールする 86 環境設定 84 ケーブルの障害 85 ハードディスクをフォーマットする 86 パラメータ RAM84 ファイル構造を修復する 85 トランスポーズ 説明 100 リージョンの~ 46 トランスポートバー 18, 100 な ナビゲーション 18–21 に 入力オーディオをモニタリングする 28 入力モニタリングボタン 28 ね ネイティブ処理 100 の ノートイベント ベロシティを変更する 50 ~をクオンタイズする 51 ~を作成する 50 ノーマライズする 59, 101 は ハードディスク 81 バールーラ 19, 101 バイパス 解説 101 プラグインの~ 56, 58 バウンス 70, 101 破壊編集 60, 101 ハサミツール 36, 40 バス(ミキサー) 説明 101 チャンネルストリップを~にセンドする 66 バックアップ 82 バランスコントロール 64–65, 101 パンチイン/アウト 102 J43985.Book Page 110 Wednesday, July 11, 2007 4:56 PM索引 111 ひ ピアノロールエディタ 説明 102 ノートイベントをクオンタイズする 51 ノートイベントを作成する 50 ノートイベントを編集する 50 ベロシティを編集する 50 ~を開く 47 ビート 102 ビート/分 89 左ロケータ →「ロケータ」を参照 ピッチ、説明 102 ビット数 78, 102 ビット分解能→「ビット数」を参照 ビットレート 102 「ビン」→「オーディオビン」を参照 ふ フィンガーツール 102 フォルダ(リージョン) 102 ブラウザ オーディオファイルを追加してトラックを作成す る 18 オーディオファイルを追加する 15 説明 102 ナビゲートする 15 リスト表示とブラウザ表示 16 ~を表示する 15 プラグイン →「エフェクトとソフトウェア音源」も参照 設定を選択する 57 説明 102 パラメータを編集する 58 ~を置き換える 56 ~を削除する 56 ~をバイパスする 56, 58 ~を読み込む 11 プラグインウインドウ 説明 58, 102 ~を開く 58 ~をリンクする 58 プリセット 103 プロジェクト サンプルレート 26 説明 7, 103 先頭に戻る 18 テンポ 26 ~を書き出す 70 ~を作成する 9 ~をナビゲートする 18–21 ~をバウンスする 70 ~を保存する 8, 11 プロジェクトの素材 8 プロジェクトフォルダ 8, 103 プロジェクトを保存する 11 へ 「ペースト」キーコマンド 41 ベロシティツール 50, 103 ベロシティ、説明 103 ほ ポインタツール 35, 103 「保存」キーコマンド 11 ま マニュアルの表記規則 6 み ミキサー →「チャンネルストリップ」も参照 説明 63, 103 チャンネルストリップのタイプでフィルタリングす る 64 チャンネルストリップを選択する 64 ビューを変更する 64 ~を開く 63 ミキシング 63–70 右ロケータ →「ロケータ」を参照 ミュート 説明 104 トラックの~ 38 リージョンの~ 36 ミュートツール 36, 104 め メディアファイルを追加する →「読み込み」を参照 メディアファイル、~を追加する Apple Loop(オーディオ) 14 Apple Loop(ソフトウェア音源) 16 MIDI リージョン 16 オーディオファイル 15 メディア領域 の説明 104 ~を表示する 9 メトロノーム 27, 104 メモリ 81 よ 読み込み Apple Loop(オーディオ)の~ 14 Apple Loop(ソフトウェア音源)の~ 16 EQエフェクトの~ 56 エフェクト設定の~ 57 エフェクトの~ 11, 55 オーディオファイルの~ 15 説明 104 ソフトウェア音源設定の~ 54, 57 ソフトウェア音源の~ 11, 54 チャンネルストリップ設定の~ 11, 57 プラグインの~ 11 J43985.Book Page 111 Wednesday, July 11, 2007 4:56 PM112 索引 ら ライブモード 30 ライブラリ エフェクト設定を読み込む 57 音源設定を読み込む 54, 57 説明 56, 104 チャンネルストリップ設定を読み込む 11, 57 ~を開く 57 ラバーバンド選択 23, 104 り リージョン 説明 13, 105 ~のサイズを変更する 39 ~を移動する 39 ~をカットする 40 ~をコピーする 41 ~を削除する 42 ~を選択する 23 ~をソロ再生する 37 ~をトランスポーズする 46 ~を分割する 40 ~をペーストする 41 ~を編集する 38–43 ~をミュートする 36 ~をループする 43 リージョンパラメータボックス 44, 105 リスト領域 49, 105 リンクボタン 58, 105 る ルーティング 105 ループ 再生の~ 20 リージョンの~ 43 ループブラウザ 14, 105 れ レイテンシ 105 レベル、チャンネルストリップの~を調整する 65 ろ ローカルメニューバー 10, 105 録音 25–31 MIDI の~ →「MIDI 録音」を参照 オーディオの~ →「オーディオ録音」を参照 ソフトウェア音源の~ →「MIDI録音」を参照 テイクの~ 29 メトロノーム 27 「録音」キーコマンド 28 ロケータ 20, 106 J43985.Book Page 112 Wednesday, July 11, 2007 4:56 PM Klargjøringshåndbok Inneholder informasjon om klargjøring, utvidelser og problemløsing for PowerBook G4-maskiner PowerBook G4 H2222.Book Page 1 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMK Apple Computer, Inc. © 2003 Apple Computer, Inc.Alle rettigheter forbeholdes. Ifølge lov om opphavsrett kan denne brukerveiledningen ikke kopieres, helt eller delvis, uten skriftlig samtykke fra Apple. Apple-logoen er et varemerke for Apple Computer, Inc., registrert i USA og andre land. Bruk av «tastaturlogoen» (Tilvalg-A) i kommersiell sammenheng uten skriftlig tillatelse fra Apple, kan utgjøre en overtredelse av lov om opphavsrett. Det er blitt lagt stor vekt på at informasjonen i denne håndboken skal være mest mulig nøyaktig og korrekt. Apple er ikke ansvarlig for eventuelle trykk- eller skrivefeil. Apple 1 Infinite Loop Cupertino, CA 95014-2084 408-996-1010 www.apple.com Apple, Apple-logoen, AirPort, Apple Store, AppleTalk, Final Cut Pro, FireWire, Mac, Macintosh, Mac-logoen, PowerBook, QuickTime, og Sherlock er varemerker for Apple Computer, Inc., registrert i USA og andre land. Finder, iCal, iChat, iDVD, iMovie, iPhoto, iPod, iTunes og SuperDrive er varemerker for Apple Computer, Inc. ENERGY STAR® er et varemerke som er registrert i USA. Java er et varemerke for Sun Microsystems, Inc. PowerPC er et varemerke for International Business Machines Corporation, og er brukt på lisens derfra. Andre firma- og produktnavn som nevnes i denne håndboken, er varemerker for sine respektive eiere. Henvisninger til produkter fra andre produsenter skjer kun av informasjonsmessige grunner og innebærer verken en understøttelse eller en anbefaling av disse produktene. Apple vedkjenner seg intet ansvar i forbindelse med disse produktenes ytelse eller anvendelsesområde. Framstilt under lisens fra Dolby Laboratories. «Dolby», «Pro Logic» og dobbel-D-symbolet er varemerker tilhørende Dolby Laboratories. Confidential Unpublished Works, © 1992–1997 Dolby Laboratories, Inc. Alle rettigheter forbeholdes. Produktet som er beskrevet i denne veiledningen, bygger på opphavsrettslig beskyttet teknologi som er beskyttet av bestemte amerikanske patentrettigheter og andre eierrettigheter som eies av Macrovision Corporation og andre rettighetseiere. Bruk av denne teknologien må være autorisert av Macrovision Corporation og er kun beregnet for hjemmebruk og annen begrenset visningsbruk med mindre annet er autorisert av Macrovision Corporation. Dekompilering av kildekode er forbudt. Apparatus Claims for U.S. Patent Nos. 4,631,603, 4,577,216, 4,819,098 og 4,907,093 lisensiert kun for begrenset visningsbruk. Innhold og funksjoner i Sherlock kan endres eller fjernes uten varsel. H2222.Book Page 2 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM3 Innhold 1 Klargjøring 7 Koble maskinen til strømnettet 8 Kalibrere batteriet slik at det gir best mulig ytelse 9 Koble til det interne modemet 9 Åpne skjermen 10 Slå på maskinen 11 Flytte objekter på skjermen 12 Justere skjermen 13 Hvordan finne ut mer 14 Når du er ferdig med å bruke maskinen 15 2 Bli kjent med maskinen 17 PowerBook-maskinens grunnleggende funksjoner 18 Andre PowerBook-funksjoner 20 Inni maskinen 22 Om Mac OS X 24 .Mac – Internett-tjenester for Mac-brukere 25 Sherlock – din privatdetektiv på Internett 26 Apple.com – en inngangsport til World Wide Web 27 QuickTime – lyd og video på Internett 28 iMovie – lag og rediger digitale filmer 29 iPhoto – organiser, rediger og del digitale bilder 30 iTunes – digital musikk for Mac og iPod 31 iDVD – sett sammen og brenn dine egne DVD-plater 32 Programvareoppdatering – sørger for at maskinen alltid er oppdatert 33 H2222.Book Page 3 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM4 Innhold iCal – organiser og del kalendere 34 iChat – chat med venner på Internett 35 Kontoer – gjør én Mac om til flere 36 Mac Hjelp – svarene på alle dine Macintosh-spørsmål 37 3 Bruke maskinen 39 USB (Universal Serial Bus) 40 FireWire 42 Bruke Bluetooth-enheter 44 Trådløs AirPort-tilkobling til nettverk og Internett 45 Ethernet (10/100Base-T) 46 Støtte for ekstern skjerm ( VGA, Composite og S-Video) 47 Batteri 50 Bruke den optiske stasjonen 54 Tastaturkontroller 58 Bruke talltastaturet 59 Sikre maskinen 59 4 Arbeide med operativsystemet 61 Om Mac OS X 61 Bruke Classic i Mac OS X 62 5 Forbedre maskinen 63 Installere ekstra hukommelse 63 Installere et AirPort Extreme-kort 69 6 Problemløsing 73 Innholdet i dette kapitlet 73 Problemer som hindrer deg i å bruke maskinen 74 Gjenoppbygge maskinens programvare 75 Andre problemer 76 Finne serienummeret på maskinen 77 Tillegg A Spesifikasjoner 79 Apple systemprofil 79 H2222.Book Page 4 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMInnhold 5 Tillegg B Vedlikehold, bruk og sikkerhet 81 Rengjøre PowerBook-maskinen 81 Bære PowerBook-maskinen 81 Oppbevare PowerBook-maskinen 81 Sikkerhetsinstruksjoner for klargjøring og bruk av maskinen 82 Generell sikkerhetsveiledning 83 Apple og miljø 84 Ergonomi 84 Tillegg C Tilkobling til Internett 87 Oppringt forbindelse (PPP) 88 DSL-, kabelmodem- eller LAN-forbindelse til Internett 91 Problemløsing 96 H2222.Book Page 5 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMH2222.Book Page 6 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM7 K A P I T T E L 1 1 Klargjøring Macintosh PowerBook-maskinen er laget slik at du enkelt kan klargjøre den og begynne å bruke den med én gang. Hvis du aldri har brukt en PowerBook-maskin før eller er ukjent med Macintosh-maskiner, kan du ha nytte av å lese dette kapitlet for å få en oversikt over maskinens funksjoner og veiledning om hvor du kan finne mer informasjon. Hvis du er en erfaren bruker, vet du kanskje nok til at du kan komme i gang med å bruke den nye PowerBook-maskinen din. Du kan likevel ha nytte av å se gjennom informasjonen i kapittel 2, «Bli kjent med maskinen» for å lære om PowerBook-maskinens nye funksjoner. Apple VGA-adapter Strømkabel Apple videoadapter Strømforsyningsenhet Strømnettstøpsel Telefonkabel Æ Viktig Les installeringsveiledningen og sikkerhetsinformasjonen (på side 81) nøye før du kobler maskinen til strømnettet. H2222.Book Page 7 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM8 Kapittel 1 Koble maskinen til strømnettet Når maskinen er tilkoblet strømnettet, får den strøm til å fungere og batteriet, som gir strøm til maskinen når den ikke er tilkoblet strømnettet, lades. Første gang du bruker maskinen, bør den være tilkoblet strømnettet i tilfelle batteriet har ladet ut under transport eller lagring. 1 Sett støpselet inn i en stikkontakt i veggen. Hvis du ønsker en lenger strømforsyningsledning, fjerner du støpselet fra strømforsyningen og kobler den ene enden av den medfølgende strømledningen til strømforsyningen og den andre enden til et strømuttak i veggen. Bruk kun den strømkabelen som fulgte med strømforsyningsenheten. 2 Koble strømforsyningen til strøminntaket (merket med symbolet ¯) på venstre side av maskinen. Forsikre deg om at strømforsyningsenheten er ordentlig koblet til riktig utgang på maskinen slik at du kan være sikker på at maskinen får strøm og at batteriet lades. Hvis tilkoblingen er riktig, tennes et lys på strømforsyningspluggen. Gult lys betyr at batteriet lades. Grønt lys betyr at batteriet er fulladet. Du kan følge med på batteriets ladenivå ved hjelp av batterisymbolet i menylinjen eller ved å se på ladelysene nederst på batteriet (se side 50). Du kan vikle kabelen rundt klipsene på strømforsyningsenheten. Når du kobler strømforsyningsenheten fra en stikkontakt, må du alltid trekke i støpselet, ikke i kabelen. Viktig For å sikre best mulig ytelse, bør du kun bruke strømforsyningsenheten som kom sammen med maskinen. Strømnettstøpsel Strømkabel Telefonkabel Strømforsyningsplugg ¯ Strøminntak W Internt modem H2222.Book Page 8 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMKlargjøring 9 Kalibrere batteriet slik at det gir best mulig ytelse PowerBook-batteriet varer lengst hvis du lar det lade helt ut i løpet av den første uken du bruker maskinen. Lad batteriet helt opp etter denne første utladingen. Følg disse instruksjonene: 1 Koble til strømforsyningen, og la maskinen være tilkoblet helt til batteriindikatorlyset lyser grønt og ladenivåmåleren viser at batteriet er fulladet. Et grønt lys på strømforsyningspluggen viser også at batteriet er fulladet. 2 Koble fra strømforsyningen, og bruk PowerBook-maskinen. Når det begynner å bli lite strøm på batteriet, får du først et varsel om dette via dialogrute på skjermen. Fortsett å bruke PowerBook-maskinen til den går i dvale. Da er batteriet tilstrekkelig utladet for kalibrering. 3 Koble til strømforsyningen, og la den være tilkoblet til batteriet på nytt er fulladet. Koble til det interne modemet Hvis du vil koble maskinen til Internett med én gang, kobler du den ene enden av telefonkabelen til modemutgangen (merket med W) på venstre side av maskinen og den andre enden til en analog telefonlinje (de fleste vanlige husstander har analoge telefonlinjer). Den første gangen du slår på PowerBook-maskinen startes en oppsettassistent som viser deg trinn for trinn hvordan du oppretter Internett-forbindelse. Hvis du vil vite mer, slår du opp i Tillegg C, «Tilkobling til Internett». Viktig Du trenger bare å lade batteriet helt ut og deretter lade det opp igjen én gang for å kalibrere det. Når det er gjort, kan du koble strømforsyningen til og fra maskinen uansett hvilket ladenivå batteriet har. Advarsel Ikke koble modemet til en digital telefonlinje. Tilkobling til en digital telefonlinje kan ødelegge modemet. Hvis du ikke er sikker på hvilken type telefonlinje du har, kan du ta kontakt med telefontjenesteleverandøren din. H2222.Book Page 9 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM10 Kapittel 1 Åpne skjermen 1 Trykk på åpningsknappen for skjermen. 2 Åpne skjermen, og juster vinkelen slik at du ser skjermbildet godt. ® H2222.Book Page 10 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMKlargjøring 11 Slå på maskinen Du slår på maskinen ved å trykke på På/av-knappen (®). Du hører et lydsignal når maskinen starter. Det tar noen sekunder før den er klar. Dette er normalt. Når du trykker på På/avknappen, kontrollerer PowerBook-maskinen hukommelsen før den starter. Jo mer hukommelse det er i PowerBook-maskinen, desto lenger tid vil det ta før maskinen starter. ® ® På/av-knapp Problemer med å slå på maskinen? Det skjer ingenting når du trykker på På/av-knappen. m Forsikre deg om at batteriet er ordentlig på plass i maskinen. Trykk på den sølvfargede knappen på batteriet for å kontrollere ladenivået. Du finner mer informasjon i avsnittet «Batteri» på side 50. m Batteriet kan være utladet. Forsikre deg om at strømforsyningen er koblet til både maskinen og strømnettet. m Hvis maskinen fremdeles ikke starter, kan du lese problemløsingstipsene på side 75. Du ser et bilde av en diskett eller en mappe med et blinkende spørsmålstegn. m Dette symbolet betyr vanligvis at maskinen ikke kan finne systemprogramvare på harddisken eller andre tilkoblede disker. Det er mulig at du må installere systemprogramvaren på nytt. Du finner mer informasjon på side 75. H2222.Book Page 11 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM12 Kapittel 1 Flytte objekter på skjermen Du bruker styreflaten til å markere og flytte objekter på skjermen, omtrent på samme måte som du bruker musen på en vanlig skrivebordsmaskin. Når du vil flytte markøren, beveger du fingeren din på styreflaten. Når du vil markere objekter eller klikke, bruker du styreflateknappen. Merk: I stedet for å bruke styreflateknappen kan du klikke og dobbeltklikke direkte på styreflaten. Du angir innstillinger for styreflaten i valgpanelet Mus i Systemvalg. Styreflaten merker hvor fort du beveger fingeren. Hvis du vil flytte markøren bare et lite stykke, beveger du fingeren langsomt over styreflaten. Jo raskere du beveger fingeren, desto lenger beveger markøren seg på skjermen. ® Styreflate Styreflateknapp Råd om hvordan du bruker styreflaten Hvis du vil bruke styreflaten på best mulig måte, kan du ha god nytte av disse rådene: m Bruk kun én finger på styreflaten. Hvis du bruker flere enn én finger, kan markørbevegelsen bli unøyaktig. m Ikke bruk penner eller andre objekter på styreflaten. m Sørg for at både fingeren og styreflaten er tørr. Hvis styreflaten blir fuktig, tørker du av den med en ren klut før du bruker den. m Bruk aldri vaskemiddel på styreflaten. Hvis du vil vite mer om hvordan du bruker styreflaten, velger du Hjelp > Mac Hjelp. H2222.Book Page 12 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMKlargjøring 13 Justere skjermen Når du begynner å bruke PowerBook-maskinen, må du kanskje justere skjermen slik at det er lettere å se skjermbildet. Justere lysstyrken Bruk tastene merket med symbolet ¤ for å justere lysstyrken på skjermen. Justere skjermoppløsningen Hvis du vil endre størrelsen på objektene som vises på skjermen, kan du endre oppløsning fra standardoppløsningen til en skalert oppløsning. Du endrer innstillinger for skjermoppløsning i valgpanelet Monitorer i Systemvalg. Hvis du vil ha mulighet til å kontrollere skjerminnstillingene fra menylinjesymbolet for skjerminnstillinger, markerer du valget «Vis skjermer i menylinjen». ® ¤ Lysstyrkekontroller H2222.Book Page 13 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM14 Kapittel 1 Oppløsninger som støttes av den innebygde skjermen PowerBook-maskinen har en 12,1-tommers TFT XGA-skjerm med en standardoppløsning på 1024 x 768. Du kan velge en oppløsning på 800 x 600 eller mindre (kalles «skalert» oppløsning) i valgpanelet Monitorer i Systemvalg. Når du skifter til en skalert oppløsning, ser objekter på skjermen større ut og blir lettere å se. En skalert oppløsning kan imidlertid være mindre skarp enn standardoppløsningen. Hvordan finne ut mer Nå har du gjort alt som behøves for å få PowerBook-maskinen i gang. Første gang du slår på maskinen vil en oppsettassistent lede deg gjennom prosessen med å konfigurere maskinen og gjøre innstillinger for Internett. Internett-tilgang krever vanligvis at du har eller oppretter en konto hos en Internett-leverandør. Internett-tilgang og -kontoer kan være avgiftsbelagt. Hvis du vil ha mer informasjon, kan du lese: Vil du vite mer om ... Les ... hvordan du slår av maskinen eller setter den i dvale «Når du er ferdig med å bruke maskinen» på side 15. hva du kan gjøre med maskin- og programvaren i PowerBook-maskinen kapittel 2, «Bli kjent med maskinen» informasjonen i det skjermbaserte hjelpsystemet «Mac Hjelp – svarene på alle dine Macintoshspørsmål» på side 37. hvordan du bruker bestemte funksjoner i maskinen kapittel 3, «Bruke maskinen» hvordan du installerer hukommelse kapittel 5, «Forbedre maskinen» hva du skal gjøre hvis du får problemer med PowerBook-maskinen kapittel 6, «Problemløsing» H2222.Book Page 14 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMKlargjøring 15 Når du er ferdig med å bruke maskinen Når du er ferdig med å bruke PowerBook-maskinen, har du to muligheter. Sette PowerBook-maskinen i dvale Hvis du skal ha et kort opphold i arbeidet, kan du sette maskinen i dvale. Når maskinen er i dvale, kan du raskt vekke den og begynne å arbeide uten å gå gjennom oppstartprosessen. Når maskinen er i dvale, er skjermen mørk og et lite, hvitt lys pulserer under knappen du åpner maskinen med. Hvis du vil sette maskinen raskt i dvale, gjør du ett av følgende: m Lukk skjermen. m Velg Apple (K) > Dvale. Slik vekker du maskinen: m Hvis skjermen er lukket, må du åpne den. Maskinen vekkes automatisk når du åpner skjermen. m Hvis skjermen allerede er åpen, kan du trykke på På/av-knappen (®) eller en hvilken som helst annen tast på tastaturet. Slå av maskinen Hvis du ikke skal bruke PowerBook-maskinen på en dag eller to, bør du slå den av. Gjør ett av følgende: m Velg Apple (K) > Slå av. m Trykk på På/av-knappen, og klikk på Slå av i dialogruten som vises på skjermen. m Hvis du ikke skal bruke PowerBook-maskinen på en lang stund, kan du lese «Oppbevare PowerBook-maskinen» på side 81 hvor du finner informasjon om hvordan du kan forhindre at batteriet blir helt utladet. Advarsel Vent noen sekunder til dvalelyset begynner å pulsere (det viser at maskinen er i dvale og at harddisken har sluttet å rotere) før du flytter maskinen. Hvis du flytter maskinen mens harddisken roterer, kan du skade harddisken. Skade på harddisken kan føre til at du mister data du har arkivert, og at du kanskje ikke kan starte fra denne disken. H2222.Book Page 15 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMH2222.Book Page 16 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM17 K A P I T T E L 2 2 Bli kjent med maskinen Hvis du er utålmodig og gjerne vil begynne å bruke maskinen med en gang, er dette kapitlet skrevet for deg. Det inneholder en oversikt over maskin- og programvaren og de unike Internett-mulighetene som er tilgjengelige for Macintosh-brukere. PowerBook-maskinen er en svært kraftig bærbar datamaskin med mange funksjoner og muligheter. Den inneholder den nyeste teknologien, blant annet PowerPC G4-prosessor, FireWire- og USB-utganger, trådløse tilkoblingsmuligheter via Bluetooth, og trådløs tilkolbing til nettverk og Internett via AirPort (ekstrautstyr). Sammen med denne maskinvaren får du operativsystemet Mac OS X som inneholder funksjoner som gjør det mulig å bruke Internett til å se på video, søke etter informasjon, handle og til og med oppdatere programvare automatisk. Sammen med maskinen får du en rekke programmer som gir deg mulighet til blant annet å sende e-post, bruke Internett, chatte, organisere digital musikk og digitale bilder, lage filmer og mye mer. Dette kapitlet forteller deg litt om disse programmene og gir deg tips om hvor du finner mer informasjon om hvordan du bruker dem. Les videre for å finne ut mer. Merk: Apple lanserer ofte nye versjoner og oppdateringer av systemprogramvare, programmer og Internett-adresser. Derfor kan bildene i denne boken være noe annerledes enn det du ser på skjermen. H2222.Book Page 17 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM18 Kapittel 2 PowerBook-maskinens grunnleggende funksjoner ® Innebygd høyttaler ® På/av-knapp AirPort- antennevindu Innebygd høyttaler Mikrofon Funksjonstast (Fn) Dvale- indikatorlys Åpningsknapp Styreflate- Styreflate knapp Optisk stasjon med direktemating Volumkontroller ¤ Lysstyrke- kontroller Num Locktast - Funksjonstaster — Lyd av- tast Utmatingstast Skjermmodusveksling H2222.Book Page 18 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBli kjent med maskinen 19 ¤ Lysstyrkekontroller Øk eller demp lysstyrken på PowerBook-skjermen. - Volumkontroller Øk eller demp styrken på lyden som kommer fra de innebygde høyttalerne eller fra lydutgangen. Num Lock-tast Aktiver den numeriske delen av PowerBook-tastaturet. Når talltastaturet er aktivert (låst), lyser tastaturlåsen. Tast for skjermmodusveksling Trykk på denne tasten for å veksle mellom «like skjermer» og «utvidet skrivebord» (når en ekstern skjerm er tilkoblet). Utmatingstast Trykk på denne tasten, og hold den nede, når du skal mate ut en CD- eller DVD-plate. Du kan også mate ut en plate ved å flytte platesymbolet til papirkurven. Innebygde høyttalere (2) Lytt til musikk og lyden fra filmer, spill og multimedieprodukter. Mikrofon Ta opp lyd direkte til maskinens harddisk ved hjelp av denne innebygde mikrofonen. Funksjonstast (Fn) Hold denne tasten nede for å aktivere funksjonstastene (F1 til F12). Dvaleindikatorlys Et pulserende hvitt lys viser at PowerBook-maskinen er i dvale. Åpningsknapp Trykk på denne knappen når du vil åpne PowerBook-maskinen. Styreflate Beveg markøren på PowerBook-maskinens skjerm. Optisk stasjon med direktemating Den optiske stasjonen kan lese CD-ROM-plater, Photo CD-plater, vanlige lyd-CD-plater, DVD-ROM og DVD-R-plater, DVD-filmplater og andre medier. Den kan også skrive musikk, dokumenter og andre digitale filer til CD-R- og CD-RW-plater. Hvis maskinen har SuperDrive-stasjon, kan du også skrive til (brenne) DVD-R-plater. ® På/av-knapp Slå PowerBook-maskinen på eller av, eller sett den i dvale. AirPort-antennvindu Med AirPort Extreme-kortet (ekstrautstyr) kan du opprette trådløs forbindelse til Internett. H2222.Book Page 19 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM20 Kapittel 2 Andre PowerBook-funksjoner ® AirPortantennevindu W Utgang for internt modem Hodetelefonutgang ¯ Strøminntak Ethernet-utgang (10/100Base-T) G USB-utganger f FireWireutgang Lydinngang Videoutgang Feste for sikkerhetslås H2222.Book Page 20 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBli kjent med maskinen 21 ¯ Strøminntak Sett i den medfølgende strømforsyningen når du skal lade opp batteriet til PowerBook-maskinen. W Utgang for internt modem Tilkobling for vanlig telefonlinje direkte til det interne modemet. G Ethernet-utgang (10/100Base-T) Koble maskinen til et høyhastighets 10/100Base-T Ethernet-nettverk, eller koble til en annen maskin og overfør filer. Ethernet-utgangen har en funksjon som automatisk finner andre Ethernet-enheter. Du trenger ikke en krysset Ethernet-nettverkskabel (Ethernet crossover cable) for å koble til andre Ethernet-enheter. FireWire-utgang Koble til eksterne høyhastighetsenheter som digitale videokameraer, skrivere og eksterne lagringsenheter. To USB-utganger (Universal Serial Bus) Koble en rekke forskjellig ekstrautstyr til maskinen (for eksempel skrivere, eksterne lagringsenheter, digitale kameraer, modem, tastatur og joystick). Videoutgang Ved hjelp av den medfølgende VGA-adapteren kan du koble til en ekstern skjerm eller projektor som bruker VGA-tilkobling. Ved hjelp av den medfølgende Apple-videoadapteren kan du koble PowerBook-maskinen til et TV-apparat, en videospiller eller en annen videoenhet som bruker en S-video- eller composite-tilkobling. Lydinngang Koble PowerBook-maskinen til en mikrofon eller annet lydutstyr. f Hodetelefonutgang/lydutgang Tilkobling for eksterne høyttalere, hodetelefoner eller andre lyd ut-enheter. Feste for sikkerhetslås PowerBook-maskinen kan beskyttes med en sikkerhetskabel. H2222.Book Page 21 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM22 Kapittel 2 Inni maskinen Batteri AirPort-kortluke Hukommelsesluke Hukommelsesplass Serienummer H2222.Book Page 22 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBli kjent med maskinen 23 Hukommelsesplasser PowerBook-maskinen leveres med 256 MB hukommelse. Én hukommelsesmodul på 128 MB er installert på hovedkortet og én hukommelsesmodul på 128 MB er installert i hukommelsesplassen. Du kan ha maksimalt 640 MB RAM i maskinen ved å plassere en hukommelsesmodul på 512 MB i kortplassen. Hvis du vil vite mer, kan du lese «Installere ekstra hukommelse» på side 63. AirPort Extreme-kort Et AirPort Extreme-kort i maskinen gjør at du kan få tilgang til et trådløst nettverk. Det er mulig at det allerede er installert et AirPort Extreme-kort i maskinen. Hvis det ikke er et AirPort Extreme-kort i maskinen, kan du kjøpe et og installere det selv. Les «Installere et AirPort Extreme-kort» på side 69. H2222.Book Page 23 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM24 Kapittel 2 Om Mac OS X Hva du kan gjøre Mac OS X gir datamaskinen et kraftig og elegant brukergrensesnitt. Med Mac OS X trenger du ikke å bekymre deg for mengden RAM et program trenger for å kunne være effektivt, eller for om du må starte maskinen på nytt hvis noe går galt i et program. I tillegg til at du med Mac OS X drar nytte av alle de nye funksjonene og programmene, kan du kan også bruke Mac OS 9- versjoner av programmer. Dette er fordi Mac OS X inneholder Classic-miljøet. I kapittel 4, «Arbeide med operativsystemet», på side 61 finner du mer detaljert informasjon om Classicmiljøet. Mac OS X støtter også Java- og UNIX-basert programvare. Systemvalg er kommandosenteret for alle innstillinger på maskinen, fra utseendet på skrivebordet til nettverkstilgang. Finder og Dock gir deg enkel tilgang til mapper, programmer, dokumenter og andre objekter som finnes på maskinen eller på nettverket. Mer informasjon m Hvis du vil vite hvordan du tilpasser Mac OS X-miljøet og vil ha informasjon om hvordan du bruker Mac OS X, kan du lese heftet Velkommen til Mac OS X som du finner på maskinens harddisk i Dokumenter/Lær mer om Macintosh-maskinen m Den nyeste informasjonen om Mac OS X finner du på Apples websted for Mac OS: www.apple.com/macos H2222.Book Page 24 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBli kjent med maskinen 25 .Mac – Internett-tjenester for Mac-brukere Hva du kan gjøre .Mac er nye Internett-tjenester utviklet av Apple, som er tilgjengelig kun for Macintoshbrukere. Med .Mac-konto kan du sende e-post eller e-postkort til venner og dele bilder og filmer. Du kan sikkerhetskopiere viktige filer, lage ditt eget websted og mye annet. Hvis du vil bruke .Mac, må du først ha konto hos en Internett-leverandør. Merk: Det er mulig at noen .mac-tjenester ikke er tilgjengelig i alle land. Mer informasjon m Gå til www.mac.com Registrer deg m Åpne Systemvalg, og klikk på Internett. Klikk på .Mac-fanen, og klikk på Registrer. H2222.Book Page 25 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM26 Kapittel 2 Sherlock – din privatdetektiv på Internett Hva du kan gjøre Sherlock er en søkedetektiv som både kan finne informasjon for deg, og være din personlige shoppingassistent på Internett. På en enkel måte kan du få hjelp til å finne personer, nyheter og nesten alt annet. Du kan handle bøker og musikk, lete etter auksjonssteder, sammenligne priser og til og med kontrollere om produkter er tilgjengelige. Finn ut når filmen du vil se, går på en kino i nærheten, se filmtrailere og kjøp billetter. Slå opp flyavganger, aksjekurser, telefonnummer og veibeskrivelser. Bruk ordbøker, les nyheter, finn oversettelser og mye mer. Mer informasjon m Åpne Sherlock, og velg Hjelp > Sherlock Hjelp. m Gå til www.apple.com/sherlock Merk: Innhold og funksjoner i Sherlock kan endres eller fjernes uten varsel. H2222.Book Page 26 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBli kjent med maskinen 27 Apple.com – en inngangsport til World Wide Web Hva du kan gjøre Enten du leter etter informasjon om Apple-produkter eller service, support og teknisk informasjon, finner du mye nyttig på Apples websteder. Merk: Det er mulig at noen funksjoner og noe innhold fra Apple.com ikke er tilgjengelig i alle land. Mer informasjon På disse webstedene finner du mer informasjon: m Apple Store: store.apple.com m Apple Support: www.apple.com/support m Macintosh Products Guide: www.apple.com/guide m Mac OS X: www.apple.com/macosx H2222.Book Page 27 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM28 Kapittel 2 QuickTime – lyd og video på Internett Hva du kan gjøre I tillegg til å vise video og spille musikk på maskinen, kan du ved hjelp av QuickTime se direkteoverførte og opptaksbaserte sendinger kringkastet over Internett. Slik begynner du 1 Opprett forbindelse til Internett. 2 Åpne QuickTime Player. 3 Klikk på QuickTime-knappen, og velg en kanal for å få nye videoklipp, musikk og informasjon fra Internett uten å måtte arkivere filer på harddisken. Mer informasjon Internett-video er bare én av funksjonene du kan bruke QuickTime til. Slik finner du mer informasjon: m Åpne QuickTime, og velg Hjelp > QuickTime Hjelp. m Gå til www.apple.com/quicktime. H2222.Book Page 28 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBli kjent med maskinen 29 iMovie – lag og rediger digitale filmer Hva du kan gjøre iMovie er et brukervennlig program for redigering av digital video. Ved hjelp av iMovie og et digitalt videokamera kan du lage og redigere dine egne filmer. Importer video fra kameraet, rediger filmklippene, og legg til overganger, tekst, lydeffekter og musikk. Mer informasjon m Åpne iMovie, og velg Hjelp > iMovie Hjelp. m På iMovie-webstedet på www.apple.com/imovie finner du blant annet sist nytt om iMovie, oppdateringer, ekstra pluginmoduler, og en liste over kompatible digitale videokameraer (DV-kameraer). H2222.Book Page 29 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM30 Kapittel 2 iPhoto – organiser, rediger og del digitale bilder Hva du kan gjøre Med iPhoto kan du importere bilder fra et digitalt kamera, organisere dem i album, redigere og forbedre dem og dele dem på en rekke forskjellige måter. Når du først har oppdaget hva iPhoto kan gjøre med digitale bilder, kommer du aldri mer til å bruke et kamera med film i. Alt du trenger å gjøre, er å koble et digitalt kamera til en USB-utgang på maskinen. iPhoto åpnes automatisk, importerer bildene, katalogiserer dem, lagrer dem og viser dem på skjermen slik at du kan arbeide med dem og organisere dem. Mer informasjon m Åpne iPhoto, og velg Hjelp > iPhoto Hjelp. m Gå til webstedet for iPhoto på www.apple.com/iphoto H2222.Book Page 30 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBli kjent med maskinen 31 iTunes – digital musikk for Mac og iPod Hva du kan gjøre Med iTunes kan du importere sanger fra musikk-CD-plater som MP3-filer, lage spillelister, overføre musikk til iPod eller en annen bærbar MP3-spiller, velge mellom hundrevis av radiostasjoner på Internett og mye annet. Bruk iTunes til å organisere musikken i den rekkefølgen som passer deg og brenne dine egne musikk-CD-plater. Mer informasjon m Åpne iTunes, og velg Hjelp > iTunes Hjelp. m Gå til webstedet for iTunes på www.apple.com/itunes H2222.Book Page 31 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM32 Kapittel 2 iDVD – sett sammen og brenn dine egne DVD-plater Hva du kan gjøre Hvis maskinen har SuperDrive-stasjon, kan du ved hjelp av iDVD brenne DVD-prosjekter som du har satt sammen selv, på DVD-R-plater. Slik kan du legge iMovie-filmer, digitale bilder og andre QuickTime-filer på DVD-plater som kan spilles i de fleste vanlige DVD-spillere. Mer informasjon m Åpne iDVD, og velg Hjelp > iDVD Hjelp. m Gå til webstedet for iDVD på www.apple.com/idvd H2222.Book Page 32 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBli kjent med maskinen 33 Programvareoppdatering – sørger for at maskinen alltid er oppdatert Hva du kan gjøre Koble til Internett, og bruk Programvareoppdatering til automatisk å laste ned og installere de nyeste oppdateringene, ressursene og andre forbedringer fra Apple. Programvareoppdatering kontrollerer om det er lagt ut nye oppdateringer til Apple-programvaren din på Apples Internett-tjenere. Du kan stille inn maskinen slik at den kontrollerer Apples tjenere med jevne mellomrom og laster ned og installerer oppdatert programvare for deg. Mer informasjon m Du finner mer informasjon ved å søke etter «Programvareoppdatering» i Mac Hjelp. m Den nyeste informasjonen om Mac OS finner du på Apples websted for Mac OS på www.apple.com/macos H2222.Book Page 33 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM34 Kapittel 2 iCal – organiser og del kalendere Hva du kan gjøre iCal er et personlig kalenderprogram som gjør det enkelt å ha kontroll over avtaler og hendelser. Du kan se flere kalendere samtidig, og du kan dele kalendere på Internett med kolleger, venner og familie ved hjelp av en .Mac-konto. Du kan abonnere på andre kalendere med arbeidsplaner, familie- og skolehendelser og mye mer. Mer informasjon m Åpne iCal, og velg Hjelp > iCal Hjelp. m Gå til webstedet for iCal på www.apple.com/ical H2222.Book Page 34 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBli kjent med maskinen 35 iChat – chat med venner på Internett Hva du kan gjøre Hvis maskinen er koblet til Internett, kan du ved hjelp av iChat ha tekstbaserte samtaler med vennene dine i sanntid. Du kan chatte med andre iChat-brukere og med venner som bruker AIM (AOL Instant Messager). Du kan raskt overføre bilder, dokumenter og andre filer mens du chatter. Logg på iChat med .Mac-brukernavnet eller AIM-skjermnavnet ditt. Mer informasjon m Åpne iChat, og velg Hjelp > iChat Hjelp. m Gå til webstedet for iChat på www.apple.com/ichat H2222.Book Page 35 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM36 Kapittel 2 Kontoer – gjør én Mac om til flere Hva du kan gjøre Flere brukere kan dele én Macintosh-maskin ved å bruke individuelle brukerkontoer. Brukerne kan gjøre sine egne innstillinger, for eksempel legge til favoritter, endre skrivebordsutseende og bruke sitt eget lagringsområde som kalles Hjem-mappen. Brukere som deler samme maskin, har også tilgang til en felles, delt mappe som kalles Delt-mappen. Den første brukerkontoen som opprettes på maskinen, blir administrator. Administratorer har utvidede tilgangsrettigheter: De kan gi nye brukere tilgang til maskinen, installere programvare og endre de overordnede innstillingene på maskinen. Merk: Hvis du har glemt administratorpassordet, kan du tilbakestille det ved hjelp av installeringsplatene som fulgte med maskinen. Start fra installeringsplaten, og velg Tilbakestill passord fra installeringsmenyen. Brukere som har tilgang til installeringsplaten, kan få ubegrenset tilgang til maskinen. Oppbevar derfor platen med Mac OS X på et trygt sted. Mer informasjon Hvis du vil vite mer om hvordan du oppretter brukerkontoer i Mac OS X, kan du søke etter «brukere» i Mac Hjelp. H2222.Book Page 36 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBli kjent med maskinen 37 Mac Hjelp – svarene på alle dine Macintosh-spørsmål Slik bruker du Mac Hjelp 1 Klikk på Finder-symbolet i Dock. 2 Velg Hjelp > Mac Hjelp (klikk på Hjelp-menyen, og velg Mac Hjelp). 3 Skriv inn et spørsmål, og trykk på returtasten på tastaturet. 4 Dobbeltklikk på et objekt i listen over Hjelp-emner for å åpne det. H2222.Book Page 37 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMH2222.Book Page 38 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM39 K A P I T T E L 3 3 Bruke maskinen PowerBook-maskinen har mange innebygde funksjoner og utvidelsesmuligheter som kan brukes til å tilpasse maskinen etter dine behov, blant annet: m Universal Serial Bus (USB) for tilkobling av tilleggsutstyr, for eksempel skrivere, skannere, digitale kameraer, tastatur, joystick og diskettstasjoner. m FireWire for tilkobling av høyhastighetsenheter, for eksempel digitale videokameraer og eksterne lagringsenheter. m Den nyeste kommunikasjonsteknologien, for eksempel 56K-modem, 10/100Base-T Ethernet, trådløse tilkoblingsmuligheter via Bluetooth og trådløs tilgang til nettverk og Internett med AirPort (ekstrautstyr). m Med VGA-utgangen og Apple VGA-adapteren som følger med maskinen, kan du koble til en ekstern skjerm, en videoprojektor eller en digital flatskjerm. Maskinen har støtte for visning i skjermmodusene «like skjermer» og «utvidet skrivebord». Ved hjelp av videoutgangen på PowerBook-maskinen og Apple-videoadapteren som følger med, kan du spille av DVD-plater på TV-apparater som har støtte for composite- eller S-video-tilkobling. m Et batteri med lang brukstid, inngang for lyd, utgang for hodetelefoner med mer. Begynn med informasjonen i dette kapitlet lære mer om hva du kan bruke PowerBookmaskinen til. Du finner mer informasjon i Mac Hjelp (se side 37) og på Apples mange websteder. H2222.Book Page 39 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM40 Kapittel 3 USB (Universal Serial Bus) PowerBook-maskinen har to USB-utganger hvor du kan koble til tilleggsutstyr, for eksempel skrivere, skannere, digitale kameraer, joystick, tastatur og diskettstasjon. USB gjør det enkelt å koble til eksternt utstyr. I de fleste tilfeller kan USB-enheter kobles til og fra maskinen mens den er i bruk. Når du har koblet til en enhet, er den klar til bruk. du trenger ikke å starte maskinen på nytt eller endre maskinens oppsett. Bruke USB-enheter Hvis du skal bruke en USB-enhet sammen med maskinen, trenger du bare å koble den til. Maskinen laster automatisk inn den riktige programvaren når du kobler til en ny enhet. Merk: Apple har utstyrt maskinen med programvare for mange USB-enheter. Hvis du kobler til en USB-enhet og maskinen ikke finner riktig programvare, kan du enten installere programvaren som ble levert sammen med enheten, eller følge instruksjonene på skjermen for å bruke Internett til å finne, laste ned og installere riktig programvare. USB-enheter og batteridrift USB-enheter som trekker strøm fra USB-utgangen i stedet for fra en egen strømforsyningsenhet, for eksempel et tastatur eller en joystick, kan brukes sammen med PowerBookmaskinen. Denne typen enheter kan imidlertid lade ut batteriet raskere. Hvis du skal ha en ekstern enhet koblet til i lengre tid, kan det være fornuftig å koble PowerBook-maskinen til strømnettet med strømforsyningen. ® H2222.Book Page 40 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBruke maskinen 41 Bruke flere USB-enheter samtidig Hvis du vil bruke flere enn to USB-enheter samtidig, kan du kjøpe en USB-hub. En USB-hub kobles til en ledig USB-utgang på maskinen og gir flere USB-utganger (vanligvis fire eller sju). De fleste USB-huber har en egen strømforsyningsenhet som skal kobles til en stikkontakt. Mer informasjon om USB Du finner mer informasjon om USB i Mac Hjelp (se side 37 ). Velg Hjelp > Mac Hjelp, og søk etter «USB». Du kan også finne opplysninger på Apples websted for USB på www.apple.com/usb Hvis du vil vite mer om hvilke USB-enheter som kan brukes sammen med maskinen, kan du gå til Macintosh-produktguiden på www.apple.com/guide. ® USB-hub H2222.Book Page 41 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM42 Kapittel 3 FireWire Maskinen har en FireWire-utgang ( ). Ved hjelp av FireWire kan du enkelt koble eksterne høyhastighetsenheter, som DV-kameraer, skrivere, skannere og harddisker, til og fra maskinen. Du kan koble FireWire-enheter til og fra maskinen uten å starte den på nytt. Dette er noe av det du kan gjøre med FireWire: m Koble til et digitalt videokamera og overføre høykvalitetsvideo direkte til maskinen og redigere filmen ved hjelp av videoredigeringsprogramvare som iMovie eller Final Cut Pro. m Koble til en ekstern FireWire-harddisk og bruke den til å sikkerhetskopiere data eller overføre filer. Et symbol for FireWire-harddisken vises på skrivebordet etter at du har koblet den til maskinen. m Starte maskinen fra en ekstern FireWire-harddisk. Koble til en ekstern FireWire-disk (med et gyldig operativsystem installert), åpne valgpanelet Startstasjon i Systemvalg, og klikk på FireWire-disken. Start maskinen på nytt. Bruke FireWire-enheter Når du skal bruke en FireWire-enhet sammen med maskinen, kobler du enheten til maskinen og installerer eventuell programvare som ble levert sammen med enheten. Maskinen oppdager automatisk enheter som nettopp er koblet til. ® H2222.Book Page 42 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBruke maskinen 43 FireWire-enheter og batteridrift FireWire-enheter som trekker strøm fra FireWire-utgangen i stedet for fra en egen strømforsyningsenhet, for eksempel enkelte eksterne harddisker, kan brukes sammen med PowerBook-maskinen. Denne typen enheter kan imidlertid føre til at batteriet lades ut raskere. Hvis du skal ha en ekstern enhet koblet til i lengre tid, kan det være fornuftig å koble PowerBook-maskinen til strømnettet med strømforsyningen. Merk: FireWire-utgangen kan gi strøm til tilkoblede FireWire-enheter (opptil maksimalt 7 watt). Du kan koble sammen flere enheter og koble denne kjeden av enheter til maskinens FireWire-utgang, men kun én enhet kan få strøm fra maskinen. De andre enhetene i kjeden bør få strøm fra egne, separate strømforsyningsenheter. Hvis du kobler til mer enn én FireWire-enhet som er avhengig av strøm fra maskinen, kan det oppstå problemer. Hvis det oppstår et problem, kobler du fra FireWire-enhetene og starter maskinen på nytt. FireWire måldiskmodus Hvis du vil overføre filer mellom PowerBook-maskinen og en annen maskin med FireWiretilkobling, eller hvis du har et problem som gjør at maskinen ikke starter, kan du koble PowerBook-maskinen til den andre maskinen med FireWire måldiskmodus. Når du skal koble til PowerBook-maskinen i FireWire måldiskmodus, gjør du følgende: 1 Forsikre deg om at PowerBook-maskinen er slått av. 2 Bruk en FireWire-kabel med standard 6-pinnerskontakt i hver ende for å koble maskinen din til en annen maskin med FireWire. 3 Start PowerBook-maskinen og hold T-tasten nede under oppstarten. FireWire-logoen vises på skjermen. På den andre maskinens skjerm vises PowerBook-maskinens harddisk som et harddisksymbol. Hvis det står en CD- eller DVD-plate i PowerBook-maskinens optiske stasjon, vises denne også på den andre maskinens skjerm. 4 Når du er ferdig med å overføre filer, flytter du harddisksymbolet for PowerBook-maskinen og CD- eller DVD-platen til papirkurven. 5 Trykk på På/av-knappen på PowerBook-maskinen for å slå den av, og koble deretter fra FireWire-kabelen. Mer informasjon om FireWire Du finner mer informasjon om FireWire i Mac Hjelp (se side 37 ). Velg Hjelp > Mac Hjelp, og søk etter «FireWire». Du kan også finne opplysninger på Apples websted for FireWire: www.apple.com/firewire. H2222.Book Page 43 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM44 Kapittel 3 Bruke Bluetooth-enheter Med Bluetooth-teknologien slipper du å bruke kabler til å koble sammen enheter. Enheter med Bluetooth-funksjonalitet kan opprette trådløs forbindelse med hverandre innenfor en radius på 10 meter. Bluetooth-enheter kan være: m Maskiner (Macintosh til Macintosh) m Mobiltelefoner m Tilleggsenheter (tastatuar, mus osv.) m Håndholdte enheter (PDAer) Med Bluetooth kan du gjøre følgende: m Kommunisere med en håndholdt PDA. Du kan utføre en HotSync-operasjon uten kabler eller sende visittkort eller kalenderhendelser direkte til en kollegas håndholdte enhet. m Overføre filer mellom maskiner, selv fra Mac til PC, ved hjelp av overføringsverktøyet. Apple anbefaler likevel bruk av trådløst AirPort-nettverk for alt annet enn små filer. m Bruk PowerBook-maskinen til å kommunisere med en mobiltelefon med Bluetooth. Du kan også bruke maskinen til å svare på telefonsamtaler. Telefonen kan fungere som et modem for å opprette forbindelse til en Internett-leverandør med støtte for trådløse tjenester, med hastigheter på opptil 56 Kbps, slik at du kan bruke mobiltelefonen for Internett-tilgang. Hvis PowerBook-maskinen ikke ble levert med Bluetooth installert, kan du laste ned Bluetooth-programvare og koble en ekstern Bluetooth USB-adapter fra en tredjepartsleverandør til en hvilken som helst ledig USB-utgang på maskinen. Mer informasjon om Bluetooth Du finner informasjon om hvordan du bruker Bluetooth ved å åpne programmet Bluetooth- filutveksling (i Verktøy-mappen) og deretter velge Hjelp > Bluetooth Hjelp. Du finner også informasjon om Bluetooth på Apples websted: www.apple.com/bluetooth Hvis PowerBook G4-maskinen ikke ble levert med en Bluetooth-modul installert, kan du laste ned Bluetooth-programvare og koble en Bluetooth USB-adapter fra en tredjepartsleverandør til en hvilken som helst ledig USB-utgang på maskinen. Viktig Det er ikke mulig å installere Bluetooth-moduler selv. Hvis du ikke kjøpte PowerBook G4-maskinen med en Bluetooth-modul installert, kan du kjøpe en Bluetooth USB-adapter fra en tredjepartsleverandør. H2222.Book Page 44 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBruke maskinen 45 Trådløs AirPort-tilkobling til nettverk og Internett PowerBook-maskinen er klargjort for AirPort. Maskinen har innebygde antenner, og hvis du bestilte et AirPort Extreme-kort da du kjøpte PowerBook-maskinen, er kortet allerede installert. Hvis du ikke har et installert AirPort Extreme-kort og ønsker å installere et, finner du mer informasjon påi side 69. Ved hjelp av AirPort kan du på en enkel og rimelig måte få trådløs tilgang til Internett hvor som helst: hjemme, på jobben eller i klasserommet. I stedet for å benytte tradisjonelle kabler bruker, AirPort teknologi for trådløs kommunikasjon for å knytte sammen flere maskiner. I et trådløst nettverk kan du få tilgang til Internett, overføre filer, bruke flerbrukerspill i nettverk og mye annet. Merk: Trådløs Internett-tilgang krever et AirPort Extreme-kort, en AirPort-basestasjon og en Internett-konto (kan være en betalt tjeneste). Enkelte Internett-leverandører er for tiden ikke kompatible med AirPort. Rekkevidden kan variere avhengig av forholdene på bruksstedet. Hvordan AirPort gir trådløs tilgang til Internett Ved hjelp av AirPort oppretter du en trådløs forbindelse til en enhet som kalles basestasjonen. Basestasjonen har en fysisk forbindelse til Internett. AirPort-teknologien fungerer på samme måte som en trådløs telefon. AirPort Extreme-kortet i maskinen oppretter en trådløs forbindelse til basestasjonen som er forbundet med telefonlinjen eller et DSL- eller kabelmodem. AirPort-basestasjon Forbindelse til Internett Veggkontakt ® H2222.Book Page 45 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM46 Kapittel 3 Mer informasjon om AirPort Hvis du vil kjøpe en AirPort-basestasjon, kan du kontakte en Apple-autorisert forhandler eller gå til Apple Store på www.apple.com/store. Du finner mer informasjon om AirPort i AirPort Hjelp. Velg Hjelp > Hjelpsenter, og klikk på AirPort Hjelp. Du finner også informasjon på Apples websted for AirPort på www.apple.com/ airport og i Apple Knowledge Base på kbase.info.apple.com. Ethernet (10/100Base-T) Maskinen leveres med innebygd tilkoblingsmulighet til Base-T Ethernet-nettverk med 10/100 Mbps tvunnet trådpar, som gjør det mulig å koble den til for eksempel et nettverk eller et kabel- eller DSL-modem. Hvis du kobler maskinen til et nettverk, får du tilgang til andre maskiner. Du vil kunne arkivere og hente informasjon, bruke nettverksskrivere, modem og elektronisk post eller koble maskinen til Internett. Du kan også bruke Ethernet hvis du skal dele filer mellom to maskiner eller opprette et lite nettverk. Ethernet-utgangen på PowerBook-maskinen har en funksjon som automatisk finner andre Ethernet-enheter. Du trenger ikke en krysset Ethernet-kabel (Ethernet crossover cable) for tilkobling til andre Ethernet-enheter. m Bruk Ethernet-kabler av typen «2-pair category 3» for tilkobling til et 10Base-T Ethernetnettverk. m Bruk Ethernet-kabler av typen «2-pair category 5» for tilkobling til et 100Base-T Ethernetnettverk. ® H2222.Book Page 46 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBruke maskinen 47 Mer informasjon om Ethernet Du finner mer informasjon om Ethernet, blant annet om hvordan du setter opp et Ethernetnettverk og overfører filer ved hjelp av Ethernet, i Mac Hjelp (se side 37). Velg Hjelp > Mac Hjelp, og søk etter «Ethernet» eller «nettverk». Hvis du vil vite mer om hvilke nettverksprodukter du kan bruke sammen med PowerBookmaskinen, kan du gå til Macintosh-produktguiden på www.apple.com/guide. Støtte for ekstern skjerm (VGA, Composite og S-Video) Maskinen har en videoutgang du kan koble en ekstern skjerm til, ved å bruke Apple VGA Display Adapter (følger med maskinen). Du kan også vise eller ta opp det som er på dataskjermen, ved å koble til et TV-apparat, en videoprojektor eller en videoopptaker ved hjelp av den medfølgende Apple-videoadapteren. ® TV-utgang Æ S-video-utgang Apple VGAadapter Æ Apple-videoadapter Viktig Ytelsen blir best hvis du bruker Apple Video Adapter-kabelen som ble levert sammen med maskinen. H2222.Book Page 47 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM48 Kapittel 3 Når en ekstern skjerm eller et TV-apparat er koblet til maskinen, kan du enten vise samme bilde på både den interne skjermen og den eksterne enheten (kalles like skjermer) eller du kan utvide skrivebordet slik at det vises sammenhengende på begge skjermene og på denne måten få et større skrivebord (kalles utvidet skrivebord). Som standard starter PowerBookmaskinen med like skjermer-modus. Trykk på F7-tasten ( ) når du skal bytte mellom Like skjermer-modus og Utvidet skrivebord-modus. Merk: På grunn av visningsbegrensningene på de fleste TV-apparater vil bildene som vises på TV-skjermen, ha dårligere kvalitet enn de som vises på den innebygde skjermen eller på en ekstern skjerm. Koble til en ekstern skjerm eller projektor Slik kobler du en ekstern skjerm eller en projektor med VGA-tilkobling til maskinen: 1 Slå på den eksterne skjermen eller projektoren. 2 Koble Apple VGA-adapteren som fulgte med maskinen, til VGA-utgangen på den eksterne monitoren eller skjermen. 3 Koble Apple VGA-adapteren til PowerBook-maskinen. PowerBook-maskinen finner automatisk fram til den eksterne enheten. 4 Hvis du vil justere oppløsningen til den eksterne enheten, bruker du valgpanelet Monitorer i Systemvalg. Viktig For å sikre at PowerBook-maskinen finner den eksterne enheten, bør du forsikre deg om at VGA-adapteren er koblet til den eksterne enheten før den kobles til PowerBookmaskinen. H2222.Book Page 48 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBruke maskinen 49 Bruke PowerBook-maskinen med skjermen lukket Hvis PowerBook-maskinen er koblet til en ekstern skjerm, tastatur og mus, og maskinen får strøm fra strømforsyningsenheten, kan du bruke den mens skjermen er lukket. Når du skal bruke maskinen med den interne skjermen lukket og ekstern skjerm tilkoblet, gjør du følgende: 1 Koble et USB-tastatur og en mus til maskinen. 2 Lukk maskinens skjerm slik at maskinen går i dvale. 3 Følg framgangsmåten i foregående avsnitt når du skal koble maskinen til en ekstern skjerm. 4 Vent noen sekunder, og trykk på hvilken som helst tast på det eksterne tastaturet for å vekke maskinen. Koble til TV-apparat, videospiller eller annen videoenhet Slik kobler du PowerBook-maskinen til et TV-apparat, en videospiller eller annet videoutstyr. 1 Koble den enden av den medfølgende Apple Video Adapter som har én plugg, til PowerBook-maskinens videoutgang. 2 Koble den andre enden til S-videoutgangen eller utgangen for composite video på et TVapparat, en videoprojektor eller en videospiller/-opptaker. 3 Slå på den eksterne enheten. 4 Hvis du vil justere hvordan bilder vises på enheten, bruker du valgpanelet Monitorer i Systemvalg. Bildet vises både på PowerBook-skjermen og på TV-apparatet. DVD-avspilling vises kun på TV-apparatet. Mer informasjon om bruk av en ekstern skjerm eller TV Du finner mer informasjon om konfigurering og bruk av en ekstern skjerm i Mac Hjelp (se side 37). Velg Hjelp > Mac Hjelp, og søk etter «monitor» eller «skjerm». H2222.Book Page 49 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM50 Kapittel 3 Batteri Når den eksterne strømforsyningen ikke er koblet til, vil maskinen hente strøm fra batteriet. Du kan lese av batteriets ladenivå ved å se på batteriindikatorlysene som finnes på selve batteriet. Hvis du trykker på knappen ved siden av lysene, vil de lyse opp for å vise batteriets ladenivå. Indikatorlysene lyser i et par sekunder etter at du har trykket på batteriets ladenivå- indikatorknapp. Du kan kontrollere batteriets ladenivå enten det er i eller er tatt ut av maskinen. Viktig Hvis kun ett lys lyser, er det svært lite strøm igjen på batteriet. Hvis ingen av indikatorlysene lyser, er batteriet helt utladet og maskinen vil ikke starte med mindre strømforsyningen kobles til. La strømforsyningsenheten være koblet til maskinen i flere timer for å lade batteriet, eller bytt ut batteriet med et fulladet batteri (se side 51). Batteri Batteriindikatorlys H2222.Book Page 50 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PMBruke maskinen 51 Ta ut eller bytte batteriet Slik tar du ut batteriet: m Slå av PowerBook-maskinen. Snu maskinen rundt, og finn låsen som holder batteriet på plass. Lås opp batterilåsen ved å skru den 1/4 omdreining med klokken ved hjelp av en mynt eller lignende, og ta batteriet forsiktig ut. Slik setter du inne et nytt batteri: m Sett venstre side av batteriet i batteriplassen. Trykk forsiktig på batteriets høyre side til batterilåsen låses. Batteri Batterilås H2222.Book Page 51 Tuesday, January 21, 2003 2:10 PM52 Kapittel 3 Lade opp et batteri Når strømforsyningsenheten som følger med maskinen er koblet til maskinen og strømnettet, lades batteriet enten maskinen er på, av eller i dvale. Batteriet lades raskest hvis maskinen er av eller i dvale. Du kan kontrollere batteriets ladenivå ved hjelp av batterisymbolet i menylinjen. Batteriladenivået som vises, er basert på hvor mye strøm som er igjen på batteriet med programmene, tilleggsenhetene og systeminnstillingene (lysstyrke på skjermen, strømsparingsinnstillinger og annet) du for øyeblikket bruker. Hvis du vil gjøre mer batteristrøm tilgjengelig, kan du lukke programmer, koble fra tilleggsenheter du ikke bruker, og justere strømsparingsinnstillingene for maskinen (se «Strømsparingstips» på side 53). Kalibrere et nytt batteri slik at det gir best mulig ytelse PowerBook-batteriet varer lengst hvis du lader det helt ut og deretter lader det helt opp i løpet av den første uken du bruker maskinen. Følg disse instruksjonene: 1 Koble til strømforsyningen, og la maskinen være tilkoblet helt til