400EXN Japon - 日本 - Mode d'emploi - Manuel de l'utilisateur - Manuels- Samsung SAMSUNG sur FNAC.COM  - Liste des manuels utilisateur Samsung

- Revenir à l'accueil

 

 

 

詳細

登録日 descending

言語を選択してください

ファイル descending

Quick Guide 2010.05.27 英語 1.49 MB
fileDown fileDown
Quick Guide 2010.05.27 日本語 1.45 MB
fileDown fileDown
User Manual 2010.05.27 英語 6.85 MB
fileDown fileDown
User Manual 2010.05.27 日本語 7.21 MB
fileDown fileDown

http://www.samsung.com/jp/support/model/LH40LBTLBC/XJ-downloads

http://downloadcenter.samsung.com/content/EM/201005/20100525164011484/01090A_Eng.pdf

http://downloadcenter.samsung.com/content/EM/201005/20100525164011484/01090A_Jpn.pdf

http://downloadcenter.samsung.com/content/UM/201005/20100525142958203/BN59-01090A-00Eng.pdf

http://downloadcenter.samsung.com/content/UM/201005/20100525142958203/BN59-01090A-00Jpn.pdf

 

Manuels Utilisateurs Samsung :

Samsung-NP300E5C-NP300E5C-T01FR-Manuels

Samsung-LE19C350-LE19C350D1W-Manuels

Samsung-PS50C450-PS50C450B1W-Manuels

Samsung-LE22C452C4H-Manuels

Samsung-PS50A566-PS50A566S2M-Manuels

Samsung-LE40A577P2M-Manuels

Samsung-20-XTDVBEUE-NOR-0327.pdf-E-Manual-Norvege-Manuels

Samsung-LE26B450-LE26B450C4W-Manuels

Samsung-PS51D490A1W-Manuels

Samsung-Kit-Pieton-Bluetooth-HM1200-Noir-HM1200-Manuels

Samsung-UE32D6530WS-Manuels

Samsung-NP530U3C-A01ES-NP530U3C-A01ES-Espagnol-Manuels

/Samsung-GALAXY-Y-Pro-Duos-GT-B5512-RUSSE-Manuels

Samsung-GALAXY-S-II-GT-I9100-SINGAPOUR-Manuels

Samsung-NP300E5ZI-NP300E5Z-A09MA-Manuels

Samsung-32-UE32D4000WXZF-serie-4-HD-TV-LED-TV-UE32D4000NW-Manuels

Samsung-UE46C6805-UE46C6805US-Norvege-Manuels

Samsung-UE40B6050-UE40B6050VW-Norvege-Manuels

Samsung-PS50C535-PS50C535C1W-Norvege-Manuels

Samsung-55-Smart-3D-LED-TV-ES6805-UE55ES6805U-Norvege-Manuels

Samsung-51-Smart-3D-Plasma-E8005-PS51E8005GU-Norvege-Manuels

Samsung-51-Smart-3D-Plasma-E555-PS51E555D1K-Norvege-Manuels

Samsung-46-Smart-3D-LED-TV-ES7005-UE46ES7005U-Norvege-Manuels

Samsung-46-Smart-3D-LED-TV-ES6535-UE46ES6535U-Norvege-Manuels

Samsung-40-Smart-3D-LED-TV-ES6565-UE40ES6565U-Norvege-Manuels

Samsung-46-Smart-3D-LED-TV-ES6565-UE46ES6565U-2012_Skype_NOR-0424.pdf-E-Manual-Norvege-Manuels

Samsung-51-Smart-3D-Plasma-E8005-PS51E8005GU-Norvege-Manuels

Samsung-LE46C630-LE46C630K1W-Manuels

Samsung-T240-JP-Manuels

Samsung-821SC-JP-Manuels

Samsung-941SC-JP-Manuels

Samsung-740SC-JP-Manuels

Samsung-940SC-JP-Manuels

Samsung-GALAXY-Tab-7.0-Plus-SC-02D-JP-Manuels

Samsung-SNE-60K_UM_Embedded_KOR_100526-SEC-Manuels

Samsung-M_YUKON_2K_WD175ARYKSU_DC68-02631L-05-120810.pdf-SEC-Manuels

Samsung-DA68-01829P.pdf-SEC-Manuels

Samsung-DA68-01829P.pdf-Manuels

Samsung-LE52A676-LE52A676A1M-Manuels

Samsung-UE55C8700-UE55C8790XS-Manuels

Samsung-22-LE22D450WXZF-serie-4-Full-HD-LCD-TV-LE22D450G1W-Manuels

Samsung-40-UE40D8000WXZF-serie-8-SMART-TV-3D-FULL-HD-LED-TV-UE40D8000YS-Manuels

Samsung-UE40ES7000-ZF-Slim-LED-40-SMART-INTERACTION-3D-UE40ES7000S-Manuels

Samsung-Galaxy-Tab-2-10.1-GT-P5100-Manuels

Samsung-Galaxy-Tab-2-7.0-GT-P3100-Manuels

Samsung-S22B350B-Manuels

Samsung-51-PS51E490WXZF-serie-4-3D-HD-TV-PDP-TV-PS51E490B1W-Manuels

Samsung-Galaxy-Note-II-GT-N7100-Manuels

Samsung-GT-I9300-Manuels

SAMSUNG/SAMSUNG-DV90-Manuels

Samsung-GT-N8000-Manuels

Samsung-AQV12KBBN-Pologne-Manuels

Samsung-ML-2165W-Roumanie-Manuels

Samsung-Notebook-Serie-7-Chronos-700Z5C-S01-NP700Z5C-S01DE-Manuels

Samsung-Player-One-noir-Open-market-GT-S5230-Manuels

Samsung-LE32E420E2W-Manuels

Samsung-910MP-Manuels

Samsung-Galaxy-S-SCL-noir-Open-market-GT-I9003-M4-Manuels

Samsung-Samsung-Galaxy-Pro-gris-Open-market-GT-B7510-Manuels

Samsung-Galaxy-Gio-noir-SFR-GT-S5660-Manuels

Samsung-Galaxy-Teos-noir-Bouygues-GT-I5800-Manuels

Samsung-Galaxy-Spica-noir-Bouygues-GT-I5700-Manuels

Samsung-Omnia-Pro-B7610-noir-Open-market-GT-B7610-Manuels

Samsung-S5610-GT-S5610-Manuels

Samsung-LE32C650-LE32C650L1W-Manuels

Samsung-LE26D450G1W-Manuels

Samsung-N145Plus-NP-N145P-Manuels

Samsung-N150-NP-N150-Manuels

Samsung-NP20-NP20FK02BG-SEF-Manuels

Samsung-GT-S5570_UM_Open_Gingerbread_Fre_Rev.1.0_110726_Screen.pdf-Manuels

Samsung-GT-I9070P_UM_Open_Gingerbread_Fre_Rev.1.0_120710_Screen.pdf-Manuels

Samsung-GT-I9300_UM_Open_Icecream_Fre_Rev.1.2_120725_Screen.pdf-Manuels

Samsung-LE32D400E1W-Manuels

Samsung-Gainable-Slim-MH026FEEA-Manuels

Samsung-CW21Z573N-Manuels

Samsung-40-UE40D5700WXZF-serie-5-SMART-TV-FULL-HD-LED-TV-UE40D5700RS-Manuels

Samsung-UE46C8700-UE46C8790XS-Manuels

Samsung-UE32D5700RS-Manuels

Samsung-UE46ES6300-ZF-Slim-LED-46-SMART-TV-3D-UE46ES6300S-Manuels

Samsung-2012_Skype_Eng-0316-1-Manuels

Samsung-NS140SDXEA-Manuels

Samsung-MH050FXEA2B-Manuels

Samsung-UE75ES9000S-Slim-LED-75-SMART-Interaction-3D-Manuels

Samsung-RR92HAWW-Manuels

Samsung-GT-P6200-Manuels

Samsung-Refrigerateur-1porteA-350-L-Blanc-RR82FHSW-Manuels

Samsung-UE26EH4000-ZF-LED-26-HD-TV-UE26EH4000W-Manuels

Samsung-E-MANUAL-X9DVBEU4E-ENG-Manuel

Samsung-GT-S5360_UM_Open_Gingerbread_Fre_Rev.1.0_111130_Screen-Manuel

Samsung-Galaxy-Tab-10-1-GT-P7500-M16-Manuel

Samsung-Galaxy-Tab-10-1-GT-P7500-M16-Manuels

Samsung-GT-S5360-Manuels

Samsung-Lecteur-Multimedia-Galaxy-S-WiFi-4-0-Blanc-8Go-YP-G1CW-Manuels

Samsung-Galaxy-551-noir-Open-marketGT-I5510-Manuels

Samsung-Galaxy-Note-10-1-GT-N8000-Manuels

Samsung-GALAXY-S-II-LTE-SC-03D-JP-Manuels

Samsung-GALAXY-Note-SC-05D-JP-Manuels

Samsung-NP-R530-NP-R530-JA02FR-Manuels

Samsung-UE40C6000-UE40C6000RW-Manuels

Samsung-Congelateur-1porteA-277-L-Blanc-RZ80FHSW-Manuels

Samsung-GT-B5310-Manuels

Nexus-S-noir-Open-market-GT-I9023-GT-B5310-Manuels

Samsung-32-LE32D450WXZF-serie-4-HD-TV-LCD-TV-Manuels

Samsung-46-UE46D5700WXZF-serie-5-SMART-TV-FULL-HD-LED-TV-UE46D5700RS-Manuels

Samsung-UE55ES6560S-Manuels

Samsung-UE46ES8000-ZF-Slim-LED-46-SMART-INTERACTION-3D-UE46ES8000S-Manuels

Samsung-UE55ES6300-ZF-Slim-LED-55-SMART-TV-3D-UE55ES6300S-Manuels

Samsung-AQV18UGAX-Manuels

Samsung-UE50EH5300W-Manuels

Samsung-LE46A676-LE46A676A1M-Manuels

Samsung-UE46C7700-UE46C7700WS-Manuels

Samsung-CW21Z503N-Manuels

Samsung-AQ18UGFN-Manuels

Samsung-Refrigerateur-DP-A275-L-Blanc-RT34GBSW-Manuels

Samsung-UE46ES6100W-Manuels

Samsung-RR92HASX-Manuels

Samsung-LE40S71B-Manuels

Samsung-UE32ES6710-ZF-Slim-LED-32-SMART-TV-3DUE32ES6710S-Manuels

Samsung-Galaxy-Ace-noir-Open-market-GT-S5830-Manuels

Samsung-GALAXY-Tab-GT-P1000-GT-P1000-M16-Manuels

Samsung-Omnia-Pro-B7330-noir-Open-market-GT-B7330-Manuels

Samsung-Omnia-Lite-noir-Orange-GT-B7300-Manuels

Samsung-Galaxy-S2-GT-I9100-Manuels

Samsung-Nexus-S-noir-Open-market-GT-I9023-Manuels

Samsung-Omnia-II-noir-SFRGT-I8000-Manuels

Samsung-Omnia-II-noir-SFR-GT-I8000-Manuels

Samsung-Omnia-7-noir-Open-market-GT-I8700-Manuels

Samsung-Galaxy-noir-Bouygues-GT-I7500-Manuels

Samsung-Galaxy-mini-gris-Open-market-GT-S5570-Manuels

Samsung-XE700T1A-HF1FR-Manuels

17,3" Série 3 300E7A - NP300E7A-S01FR - Manuels

40", UE40D6500WXZF, série 6, SMART TV, 3D, FULL HD, LED TV - UE40D6500VS - Manuels

CLX-3185FW Manuels

Galaxy Ace GT-S5830

Galaxy S II GT-I9100

Galaxy Tab 8.9 GT-P7310/M16

Galaxy Tab 10.1 GT-P7500/M16

Galaxy YGT-S5360

LE32C350 LE32C350D1W

LE40C630 LE40C630K1W

MM-C330D

MM-D330D

Micro-chaîne, MM-D330DWXZF, série 3 - MM-D330 - Manuels

N145Plus - NP-N145P - Manuels

N150 - NP-N150 - Manuels

RSH5UEPN

SGH-F490

Samsung Galaxy Ace noir - Open market - GT-S5830 - Manuels

Samsung Galaxy S II noir - Open market - Manuels

Samsung Galaxy S III - GT-I9300 - Manuels

Samsung Galaxy S noir - Open market - GT-I9000 - Manuels

Samsung Galaxy NoteGT-N7000

Samsung Galaxy SGT-I9000

Série 3 300E7A - NP300E7A-S03FR - Manuels

T23A550 T23A550

UE40D6500ZF UE40D6500VS

UE55ES8000/ZF, Slim LED 55", SMART INTERACTION, 3D - UE55ES8000S - Manuels

Wave 575 GT-S5750E

Wave II GT-S8530

16/4ppm Imprimante laser couleur CLP-310 Manuels

16/4ppm Multifonction lasercouleur CLX-3170FN Manuels

16/4ppm Multifonction lasercouleur CLX-3185FW Manuels Samsung

16/4ppm Multifonction laser couleur CLX-3185 Manuels Samsung

samsung-Wave-II-noir-Open-market-GT-S8530-Manuels

Samsung-Wave-noir-Open-market-GT-S8500-Manuels

Samsung-Wave-M-noir-Open-market-GT-S7250-Manuels

Samsung-Wave-578-noir-Open-market-GT-S5780-Manuels

Samsung-Wave-533-noir-Open-market-GT-S5330-Manuels

Samsung-Wave-3-noir-Open-market-GT-S8600-Manuels

Samsung-Player-HD-noir-Open-market-GT-I8910-Manuels

Samsung-Player-Duo-noir-Open-market-SGH-D980-Manuels

Samsung-Player-Addict-noir-Open-market-SGH-I900-Manuels

Samsung-Omnia-W-noir-Open-market-GT-I8350-Manuels

PRODUITS SAMSUNG :
Belkin Chargeur Secteur pour Samsung Galaxy S
Belkin Coque pour Samsung Galaxy S3 - Noire Translucide
Belkin Etui cuir Verve Folio pour Samsung Galaxy S II
Belkin Etui Pouch pour Samsung Galaxy S3 - Noir
Belkin Kit de Charge Secteur + Automobile pour Samsung Galaxy S
Belkin Lot de 3 protections d'écran pour Samsung Galaxy S3
Belkin Lot de 3 protections d'écran pour Samsung Galaxy S3 - Anti-reflets
Belkin Lot de 3 protections d'écran Screen Guard pour Samsung Galaxy SII - Transparentes
Belkin Micro-Chargeur allume-cigares pour Samsung Galaxy S
Belkin Protection d'écran Screen Guard pour Samsung Galaxy SII - Confidentialité 360°
Câble Omenex Plug & Phone pour Samsung
Câble Omenex Plug & Phone pour Samsung
Coque semi-rigide glossy noire pour Samsung Galaxy S II
Déclencheur sans Fil Hahnel combi TF pour Canon/Pentax/Samsung
Enceintes iLuv iSM524 noir pour Samsung Galaxy Tab
Etui-Brassard Belkin DualFit pour Samsung Galaxy S II
Etui Samsung CC9S70B noir
Fnac chargeur secteur POWY pour Samsung SGH-D800
G-Mobility Pack confort pour Samsung Galaxy SII i9100
Imprimante Samsung CLX-3185FN - Ethernet
Kensington Etui pliant pour Samsung Galaxy Tab
Le Tanneur Etui cuir Pouch pour Samsung Galaxy S11 I9100 - Noir
Lunettes 3D actives Samsung SSG-4100GB
Modelabs 2 protections écran pour Samsung Galaxy ACE S5830
Modelabs Lot de 2 protections d'écran One Touch pour Samsung Galaxy Y S5360 - Transparentes
Modelabs Lot de 2 protections d'écran pour Samsung Galaxy Note - Transparentes
Muvit Adaptateur Jack 3,5 mm pour Samsung (ancienne connectique)
Muvit Coque à rabat Agenda pour Samsung Galaxy Note - Noire
Muvit Coque Doodle Coeur pour Samsung i9000 Galaxy S
Muvit Coque Doodle Extraterrestres pour Samsung i9000 Galaxy S
Muvit Coque Doodle Rose pour Samsung i9000 Galaxy S
Muvit Coque silicone pour Samsung Galaxy Ace
Muvit Coque silicone pour Samsung Galaxy - Noire
Muvit Etui Clapet pour Samsung I9100 - Noir
Muvit Etui Slim Clapet pour Samsung Galaxy Note
Muvit Housse Minigel pour Samsung Galaxy - Noire
Muvit Lot de 2 protections d'écran pour Samsung nexus S - 1 Miroir/1 Secret
Muvit Lot de 2 protections d'écran pour Samsung S5830
Muvit Pack Accessoires pour Samsung S5830
Muvit Sticker Carbone pour Samsung I9100
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love Ibiza
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love London
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love New-York
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love Paris
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love Tokyo
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - United Kingdom
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - USA
QDOS Coque Cubic pour Samsung Galaxy II I9100
QDOS Coque Steel 4 pour Samsung Galaxy S II
Samsung 305U1A 11,6" LED
Samsung 305U1A 11,6" LED + Office Famille et Etudiant 2010 1 poste
Samsung B1930HD 18.5" LCD TNT HD
Samsung B5722 Double SIM
Samsung Bac papier supplémentaire ML-S3710A - 520 feuilles
Samsung Batterie ED-BP1310
Samsung batterie IA-BH130LB
Samsung batterie IA-BP420E
Samsung batterie IA-BP85ST
Samsung batterie SLB-10A
Samsung batterie SSB-690 ELS
Samsung BD-E5300
Samsung BD-E5500 3D
Samsung BD-E6100 3D
Samsung BD-E8300 3D
Samsung BD-ES5000
Samsung BD-ES6000 3D
Samsung C3050 Stratus
Samsung Câble Adaptateur HDTV pour Galaxy Tab 8.9" / 10.1"
Samsung Câble data pour téléphones mobiles Samsung
Samsung caméra Skype CY-STC1100
Samsung CB20A12
Samsung Ch@t335 - GT-S3350 - Noir
Samsung Chargeur allume-cigares micro-USB
Samsung chargeur de voyage pour SGH-P260 et SGH-G600 - Modèle Noir
Samsung Chargeur secteur de voyage micro-USB
Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir
Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir
Samsung CLP-620ND - Imprimante Ethernet
Samsung CLP-C300A
Samsung CLP-K300A
Samsung CLP-M300A
Samsung CLP-Y300A
Samsung CLX-3185FW WiFi
Samsung CLX-3185FW WiFi + Toner Samsung CLT-K4072S Noir + MCL Samar câble imprimante USB 2.0
Samsung CLX-3185N Ethernet
Samsung CLX-3185W - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet
Samsung CLX-6220FX - Imprimante Multifonctions Ethernet
Samsung Coque pour Galaxy S3 - Blanche
Samsung Coque pour Galaxy S3 - Noire
Samsung CY-SMN1000D meuble TV
Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go - 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go MZ-7PC128N 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256D 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256N 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 512 Go - 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 64 Go - 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 64 Go MZ-7PC064D 830 Series
Samsung dongle Wi-Fi WIS12ABGNX
Samsung DP7000A3B 23" LED Tactile USB 3.0 + Samsung ML-2165 - Imprimante Monochrome
Samsung DP7000A3B 23" LED Tactile USB 3.0 + Sennheiser RS170
Samsung DP7000A3B-A01FR 23" LED Tactile USB 3.0
Samsung DP700A3B-S02FR 23" LED Tactile
Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire + 1 Camel
Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire matelassée + 1 Rose
Samsung DV300F Argent/Rouge - WiFi
Samsung DV300F Argent/Rouge - WiFi + Etui
Samsung DV300F Noir - WiFi
Samsung DV300F Noir - WiFi + Etui
Samsung E1150 - Silver
Samsung ES90 Noir
Samsung Etui coque pour Galaxy Note - Noir
Samsung Etui coque pour Samsung Galaxy Y S5360 - Noir
Samsung Etui cuir pour Galaxy S II - Noir
Samsung Etui rabat pour Samsung Galaxy S3 - Noir
Samsung Eui cuir pour i9000 Galaxy S
Samsung EX1
Samsung Flash SEF15A
Samsung Flash SEF20A
Samsung Galaxy Ace s5830 (sous Android)
Samsung Galaxy Mini (sous Android)
Samsung Galaxy Note
Samsung Galaxy Note - Blanc
Samsung Galaxy Note - Dark Blue
Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Blanc
Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Noir
Samsung Galaxy S3 (I9300) - Blanc Marbre
Samsung Galaxy S3 (I9300) - Bleu Galet
Samsung Galaxy S WiFi 4,2" 16 Go
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT 16 Go Blanc Wifi
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT 16 Go Blanc Wifi + HP Housse Mini Sleeve 10,2" pour Netbook et Tablette - Ocean Drive
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT 16 Go Noir Wifi
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Blanc + Western Digital My Book Live 1 To Ethernet
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Noir + Western Digital My Book Live 1 To Ethernet
Samsung Galaxy Tab 2 10,1" 16 Go - Argent
Samsung Galaxy Tab 2 10,1" 16 Go - Blanc
Samsung Galaxy Tab 2 7.0" LED 8 Go
Samsung Galaxy Tab 8,9" TFT Blanc 32 Go Wifi
Samsung Galaxy Y Pro B5510 (sous Android)
Samsung Galaxy Y Young s5360 (sous Android)
Samsung Graveur DVD Externe Wifi - SE-208BW - Noir
Samsung Graveur Externe BluRay SE-506AB
Samsung HMX-F80 Noir
Samsung HMX-Q20 Noir
Samsung HMX-QF20 Noir
Samsung HMX-W350 Noir (tout terrain) + Kit Accessoires Sport + micro SDHC 8 Go
Samsung HMX-W350 Rouge (tout terrain) + Kit Accessoires Sport + micro SDHC 8 Go
Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 10,1"
Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 8,9"
Samsung HT-D330
Samsung HT-D350
Samsung HT-D4500
Samsung HT-D5000 3D
Samsung HT-E4200 3D
Samsung HT-E4500 3D
Samsung HT-E5200 3D
Samsung HT-E5530 3D
Samsung HT-ES4200 3D
Samsung HT-ES6200 3D
Samsung HT-ES8200 3D
Samsung HW-E350
Samsung HW-E450
Samsung I9103 Galaxy R (sous Android)
Samsung Kit de connexion USB & SD pour Galaxy Tab 10.1"
Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SDE-3003P/EX
Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SME-4220
Samsung kit HDMI
Samsung kit papier 10 x 15 cm
Samsung kit piéton filaire stéréo Jack 3,5 mm
Samsung LE32E420
Samsung LE40D503
Samsung ML-1630/SCX4500
Samsung ML-2010D3
Samsung ML-2165 - Imprimante Monochrome
Samsung ML-2165W - Imprimante WiFi
Samsung ML-2545 - Imprimante Monochrome
Samsung ML-2955DW - Imprimante Ethernet & WiFi
Samsung ML-2955ND - Imprimante Ethernet
Samsung ML-3310D - Imprimante Monochrome
Samsung ML-3710DW - Imprimante Ethernet & WiFi
Samsung MLT-D1052S
Samsung MLT-D1082S
Samsung MLT-D1092S
Samsung MM-D430D
Samsung MM-E320
Samsung MV800 Noir
Samsung MV800 Noir + Etui Zadig & Voltaire Noir
Samsung NP300E7A-S09FR 17,3" LED
Samsung NP700Z5C 15.6" LED
Samsung NP-RC730-S07FR 17.3"LED
Samsung NX1000 Noir + Obj. Samsung NX 18 - 55 mm f/3.5 - 5.6 OIS
Samsung NX200 Noir + Obj. Samsung NX 20 - 50 mm f/3.5 - 5.6 ED i-Function + Flash SEF-8A NG8
Samsung NX 50 - 200 mm f/4.0 - 5.6 ED OIS II i-Fonction; Dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX 60 mm f/2.8 ED OIS SSA Macro i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX 85 mm f/1.4 ED SSA i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX Pancake 16 mm f/2.4 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX Pancake 20 mm f/2.8 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX Pancake 30 mm f/2.0; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung Oreillette Bluetooth HM1200
Samsung Pack d'accessoire pour Galaxy S II I9100
Samsung Pack HMX-F800 Noir : Caméscope HD + Etui + Carte SDHC 4 Go
Samsung Pack HMX-Q200 Noir : Caméscope Full HD + Etui + Carte SDHC 4 Go
Samsung PC portable NP300E5A-S0AFR 15.6"LED
Samsung PL210 Noir
Samsung PL210 Noir + Carte mémoire Lexar MicroSDHC 8 Go
Samsung Player mini 2 c3310 - Gris Métal
Samsung Port parallèle ML-PAR100 pour imprimante
Samsung PS43E450
Samsung PS43E490 3D
Samsung PS43E490 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung PS51E450
Samsung PS51E490 3D
Samsung PS51E530
Samsung Q3 noir 4 Go
Samsung Q3 rose 4 Go
Samsung RC530-S03FR 15,6" LED
Samsung RF712 E7P-C7261 17,3" LED 3D Blu-Ray USB 3.0 + lunettes
Samsung S19A100N Moniteur 18,5" - Flat Panel Display
Samsung S22B150N 21,5" LED
Samsung S22B350H 21,5" LED
Samsung S23A750D 23" LED 3D
Samsung S23B350H 23" LED
Samsung S23B550V Moniteur 23" LED
Samsung S24B300HL Moniteur 23,6" LED
Samsung S27B350H 27" LED
Samsung SCX-3405F - Imprimante Multifonctions
Samsung SCX-3405FW - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet
Samsung SCX-3405 - Imprimante Multifonctions
Samsung SCX-3405W - Imprimante Multifonctions WiFi
Samsung SCX-4200A
Samsung SCX-4729FD - Imprimante Multifonctions Ethernet
Samsung SCX-4729FW - Imprimante Multifonctions Ethernet & WiFi
Samsung SCX-5737FW - Imprimante Multifonctions Ethernet
Samsung SE208AB Graveur DVD externe USB 2.0
Samsung SE-218BB graveur DVD externe ultra slim USB 2.0
Samsung SLB07A pour ST50
Samsung SLB-11A pour Samsung WB1000
Samsung ST200F Noir - WiFi
Samsung ST200F Rouge - WiFi
Samsung ST200F Violet - WiFi
Samsung ST65 Noir
Samsung ST65 Rouge
Samsung ST66 Noir
Samsung ST77 Blanc
Samsung ST77 Noir
Samsung ST77 Rouge
Samsung ST77 Violet
Samsung ST88 Noir
Samsung station d'accueil
Samsung station d'accueil HD2
Samsung Station d'accueil pour tablette Galaxy Tab 8,9"
Samsung station d'accueil SSD-760 E2/EUR
Samsung SyncMaster C23A550U 23" LED
Samsung SyncMaster C23A750X 23" LED
Samsung Syncmaster S23A700D 23" LED 3D
Samsung Syncmaster T22A550 21,5" LED Tuner TNT HD
Samsung Système de vidéosurveillance Baby Monitor SEW-3022WP/ EX
Samsung T22A300 21.5" Tuner TNT HD
Samsung T22B300EW 21,5" LED Tuner TNT HD
Samsung T24B301 24" LED Tuner TNT HD
Samsung T27A550 27" LED Tuner TNT HD
Samsung Toner MLT-D101S pour imprimantes Samsung SCX-3405 & ML-2165 - Noir
Samsung UE19ES4000 LED
Samsung UE22ES5000 LED
Samsung UE22ES5410 LED
Samsung UE26EH4000 LED
Samsung UE26EH4500 LED
Samsung UE32EH4000 LED
Samsung UE32EH5000 LED
Samsung UE32ES5500 LED
Samsung UE32ES6300 LED 3D
Samsung UE32ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE32ES6710 LED 3D blanc
Samsung UE37ES5500 LED
Samsung UE40D5000 LED
Samsung UE40D6500 LED 3D
Samsung UE40EH5000 LED
Samsung UE40ES5500 LED
Samsung UE40ES6300 LED 3D
Samsung UE40ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE40ES6710 LED 3D
Samsung UE46EH5000 LED
Samsung UE46ES5500 LED
Samsung UE46ES6300 LED 3D
Samsung UE46ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE46ES6710 LED 3D blanc
Samsung UE46ES8000 LED 3D
Samsung UE55ES6300 LED 3D
Samsung UE55ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE60ES6100 LED 3D
Samsung ultrabook NP530U3B 13,3" - Aluminium + Microsoft Explorer Touch Mouse - Souris BlueTrack sans fil
Samsung ultrabook NP530U3B 13,3" LED USB 3.0 - Aluminium
Samsung ultrabook NP530U3B 13,3" LED USB 3.0 - Aluminium+ Samsonite Sac pour ordinateur portable 14,1" S Noir
Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0 + CaseLogic Sacoche double pour ordinateurs 14" & tablettes 10,1" - Grise
Samsung Ultrabook NP530U3C 13,3" HD LED - Série 5 Ultra - Marron
Samsung Ultrabook NP530U3C 13,3" HD LED - Série 5 Ultra - Rose
Samsung Viseur électronique EVF10
Samsung Wave 575
Samsung WB150F Blanc - WiFi
Samsung WB150F Noir - WiFi
Samsung WB690 Noir
Samsung WB700 Noir
Samsung WB850F Noir - WiFi - GPS
Samsung WMN250M accroche murale
Samsung XE700T1A-A02FR 11,6" 64 Go SSD
Samsung YP-F3 bleu 2 Go
Samsung YP-F3 rose 2 Go
Samsung YP-Q3 rose 8 Go
Samsung YP-Q3 rose 8 Go + Casque JVC HA-S155-P rose
Samsung YP-U6 noir 2 Go
Samsung YP-U6 noir 4 Go
Samsung YP-U6 rose 2 Go
Samsung YP-U6 rose 4 Go
Samsung YP-Z3 blanc 4 Go
Samsung YP-Z3 bleu 4 Go
Samsung YP-Z3 rose 4 Go
Samyang 14 mm f/2.8 Aspherical IF ED UMC; Monture Samsung NX
Samyang 35 mm f/1.4 AS UMC; Monture Samsung NX
Samyang Fish-eye 8 mm f/3.5 Aspherical IF MC; Monture Samsung Type NX
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 3,6" 8 Go
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 3,6" 8 Go + Casque weSC Conga Matte noir
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 4,2" 8 Go
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 5" 8 Go
T'nB Coque Clip On pour Samsung Galaxy SII - New York
Toner Samsung CLT-C4072S - Cyan
Toner Samsung CLT-C4092S Cyan
Toner Samsung CLT-K4072S - Noir
Toner Samsung CLT-K4092S Noir
Toner Samsung CLT-M4072S - Magenta
Toner Samsung CLT-M4092S Magenta
Toner Samsung CLT-P4092C - Pack de 4 Toners
Toner Samsung CLT-Y4072S - Jaune
Toner Samsung CLT-Y4092S Jaune
Toner Samsung MLT-D1042S - Noir
We Digital by Samsung - Silver We 1 To USB 2.0
We Digital by Samsung - Silver WE 2 To USB 2.0
Xqisit Coque iPlate Glossy pour Samsung Galaxy S3 - Blanche
Xqisit Coque iPlate Style pour Samsung Galaxy S3 - Transparente/Blanche
Xqisit Coque iPlate Style pour Samsung Galaxy S3 - Transparente/Noire
Xqisit Coque Soft Grip pour Samsung Galaxy S3 - Blanche
Xqisit Coque Soft Grip pour Samsung Galaxy S3 - Noire
Xqisit Etui Flipcover pour Samsung Galaxy S3 - Blanc
Xqisit Etui Flipcover pour Samsung Galaxy S3 - Noir

Samsung - Aspirateur robot Navibot SR8845

Samsung - Aspirateur sans sac EcoStyle SC86G0 gris foncé/fuchsia

Samsung - Aspirateur sans sac SC4780 noir

Samsung - Four micro-ondes MW73B - blanc

SAMSUNG - Micro ondes 36 L - Micro ondes 36 L - CP1395ES

SAMSUNG - Micro ondes 42 L - Micro ondes 42 L - CQ1570U

Samsung - Micro-ondes combiné CE117PT-B

SAMSUNG - Micro-ondes Grill simultané GS89F-1SP

Samsung 305U1A 11,6" LED

Samsung 305U1A 11,6" LED + Office Famille et Etudiant 2010 1 poste

Samsung Aspirateur sans sac EcoStyle SC86H0 gris clair/bleu

Samsung B1930HD 18.5" LCD TNT HD

Samsung B5722 Double SIM

Samsung Bac papier supplémentaire ML-S3710A - 520 feuilles

Samsung Batterie ED-BP1310

Samsung batterie IA-BH130LB

Samsung batterie IA-BP420E

Samsung batterie IA-BP85ST

Samsung batterie SLB-10A

Samsung batterie SSB-690 ELS

Samsung BD-E5300

Samsung BD-E5500 3D

Samsung BD-E8300 3D

Samsung C3050 Stratus

Samsung Câble Adaptateur HDTV pour Galaxy Tab 8.9" / 10.1"

Samsung Câble data pour téléphones mobiles Samsung

Samsung Caméra additionnelle de vidéosurveillance SEB-1015RWP EX

Samsung caméra Skype CY-STC1100

Samsung CB20A12

Samsung Ch@t335 - GT-S3350 - Noir

Samsung Chargeur allume-cigares micro-USB

Samsung chargeur de voyage pour SGH-P260 et SGH-G600 - Modèle Noir

Samsung Chargeur secteur de voyage micro-USB

Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLP-325 WiFi

Samsung CLP-325 WiFi + Toner Samsung CLT-K4072S Noir + MCL Samar câble imprimante USB 2.0

Samsung CLP-620ND - Imprimante Ethernet

Samsung CLP-C300A

Samsung CLP-K300A

Samsung CLP-M300A

Samsung CLP-Y300A

Samsung CLX-3185 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLX-3185 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLX-3185 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLX-3185FW WiFi

Samsung CLX-3185FW WiFi + Toner Samsung CLT-K4072S Noir + MCL Samar câble imprimante USB 2.0

Samsung CLX-3185N Ethernet

Samsung CLX-3185W - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet

Samsung CLX-6220FX - Imprimante Multifonctions Ethernet

Samsung Coque silicone Croisillons pour nexus S

Samsung CY-SMN1000D meuble TV

Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go MZ-7PC128D 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go MZ-7PC128N 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256D 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256N 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 64 Go MZ-7PC064D 830 Series

Samsung dongle Wi-Fi WIS12ABGNX

Samsung DP7000A3B 23" LED Tactile USB 3.0

Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire + 1 Camel

Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire matelassée + 1 Rose

Samsung DV300F Argent/Rouge - WiFi

Samsung DV300F Noir - WiFi

Samsung E1150 - Silver

Samsung E2550

Samsung EcoBlue SC61E0 bleu azur

Samsung ES30 Noir

Samsung ES30 Noir + Carte SD 2 Go

Samsung Etui coque pour Galaxy Note - Noir

Samsung Etui cuir pour Galaxy S II - Noir

Samsung Etui flap en cuir pour Samsung Galaxy II I9100 - Noir

Samsung Eui cuir pour i9000 Galaxy S

Samsung Flash SEF15A

Samsung Flash SEF20A

Samsung Galaxy Ace s5830 (sous Androïd)

Samsung Galaxy Mini (sous Android)

Samsung Galaxy Note

Samsung Galaxy Note - Blanc

Samsung Galaxy Note - Rose

Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Blanc

Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Noir

Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Blanc 32 Go + Western Digital My Book Live 1 To Ethernet

Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Blanc 32 Go Wifi

Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Noir 16 Go 3G

Samsung Galaxy Tab 8,9" TFT Blanc 32 Go Wifi

Samsung Galaxy Xcover s5690 (sous Androïd) - Smartphone Samsung Solide certifié IP67

Samsung Galaxy Y Pro B5510 (sous Androïd)

Samsung Galaxy Y Young s5360 (sous Androïd)

Samsung Graveur DVD Externe Wifi - SE-208BW - Noir

Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 10,1"

Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 8,9"

Samsung HT-D330

Samsung HT-D350

Samsung HT-D423

Samsung HT-D4500

Samsung HT-D5000 3D

Samsung HT-E4200 3D

Samsung HT-E4500 3D

Samsung HT-E5200 3D

Samsung HT-ES6200 3D WiFi

Samsung HW-E450

Samsung I9103 Galaxy R (sous Android)

Samsung Kit de connexion USB & SD pour Galaxy Tab 10.1"

Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SDE-3003P/EX

Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SME-4220

Samsung Kit Etui + Clavier Bluetooth pour Galaxy Tab 10,1" - Brun foncé

Samsung kit HDMI

Samsung kit HDMI

Samsung kit papier 10 x 15 cm

Samsung kit piéton filaire stéréo Jack 3,5 mm

Samsung LE40D550

Samsung Lot de 2 protections d'écran pour Galaxy S2 - Transparente/Miroir

Samsung Lot de 2 Protections d'écran pour i9000 Galaxy S

Samsung Lunettes 3D SSG-3050GB

SAMSUNG ME106V-SX

Samsung ME82V Micro-onde monofonction

SAMSUNG ME82V-SX

SAMSUNG Micro ondes MW87Y

SAMSUNG Micro-ondes combiné CE117APT B

SAMSUNG Micro-ondes combiné CE137NEMX

SAMSUNG Micro-ondes FW113T002

Samsung ML-1630/SCX4500

Samsung ML-2010D3

Samsung ML-2165 - Imprimante Monochrome

Samsung ML-2165W - Imprimante WiFi

Samsung ML-2545 - Imprimante Monochrome

Samsung ML-2955DW - Imprimante Ethernet & WiFi

Samsung ML-2955ND - Imprimante Ethernet

Samsung ML-3310D - Imprimante Monochrome

Samsung ML-3710DW - Imprimante Ethernet & WiFi

Samsung MLT-D1052S

Samsung MLT-D1082S

Samsung MLT-D1092S

Samsung MM-D430D

Samsung MV800 Noir

Samsung MV800 Noir + Etui Zadig & Voltaire Noir

Samsung NP300E7A-S03FR 17,3" LED

Samsung NP700Z5A-S02FR 15,6" LED

Samsung NX 60 mm f/2.8 ED OIS SSA Macro i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX 85 mm f/1.4 ED SSA i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX Pancake 16 mm f/2.4 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX Pancake 20 mm f/2.8 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX Pancake 30 mm f/2.0; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX200 Noir + Obj. Samsung NX 18 - 55 mm f/3.5 - 5.6 OIS + Flash SEF-8A NG8

Samsung NX200 Noir + Obj. Samsung NX 20 - 50 mm f/3.5 - 5.6 ED i-Function + Flash SEF-8A NG8

Samsung Oreillette Bluetooth HM1200

Samsung Pack d'accessoire pour Galaxy S II I9100

Samsung Pack étui cuir + chargeur + protection d'écran pour Galaxy S

Samsung PL170 Noir

Samsung PL210 Noir

Samsung PL210 Noir + Carte mémoire Lexar MicroSDHC 8 Go

Samsung PL90 Noir et Rouge

Samsung Player mini 2 c3310 - Gris Métal

Samsung Player Mini C3300 - Noir

Samsung Port parallèle ML-PAR100 pour imprimante

Samsung PS43D450

Samsung PS43E450

Samsung PS43E490 3D

Samsung PS51E450

Samsung PS51E490 3D

Samsung PS59D530

Samsung Q3 rose 4 Go

Samsung RC530-S03FR 15,6" LED

Samsung RC730-S06FR 17,3" LED

Samsung RF712 E7P-C7261 17,3" LED 3D Blu-Ray USB 3.0 + lunettes

Samsung S22A300B 21,5" TFT

Samsung S22B350H 21,5" LED

Samsung S23A750D 23" LED 3D

Samsung S23B350H 23" LED

Samsung S24B300HL Moniteur 23,6" LED

Samsung S27B350H 27" LED

Samsung SC4340 noir ébène

Samsung SC4790 - Aspirateur sans sac - traineau - rouge

Samsung SCX-3405 - Imprimante Multifonctions

Samsung SCX-3405F - Imprimante Multifonctions

Samsung SCX-3405FW - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet

Samsung SCX-3405W - Imprimante Multifonctions WiFi

Samsung SCX-4200A

Samsung SCX-4729FD - Imprimante Multifonctions Ethernet

Samsung SCX-4729FW - Imprimante Multifonctions Ethernet & WiFi

Samsung SCX-5737FW - Imprimante Multifonctions Ethernet

Samsung SE-084D graveur DVD externe slim USB 2.0

Samsung SE208AB Graveur DVD externe USB 2.0

Samsung SLB07A pour ST50

Samsung SLB-11A pour Samsung WB1000

Samsung ST65 Noir

Samsung ST65 Rouge

Samsung station d'accueil

Samsung station d'accueil HD2

Samsung Station d'accueil pour tablette Galaxy Tab 10,1"

Samsung Station d'accueil pour tablette Galaxy Tab 8,9"

Samsung station d'accueil SSD-760 E2/EUR

Samsung SyncMaster C23A550U 23" LED

Samsung SyncMaster C23A750X 23" LED

Samsung Syncmaster S23A700D 23" LED 3D

Samsung SyncMaster S24A350H 24" LED

Samsung Syncmaster T22A550 21,5" LED Tuner TNT HD

Samsung Système de vidéosurveillance Baby Monitor SEW-3022WP/ EX

Samsung T22A350 21,5" LED Tuner TNT

Samsung Toner MLT-D101S pour imprimantes Samsung SCX-3405 & ML-2165 - Noir

Samsung UE19D4010 LED

Samsung UE19ES4000 LED

Samsung UE22ES5000 LED

Samsung UE22ES5410 LED

Samsung UE26EH4000 LED

Samsung UE26EH4500 LED

Samsung UE32D5000 LED

Samsung UE32EH4000 LED

Samsung UE32EH5000 LED

Samsung UE32ES5500 LED

Samsung UE32ES6300 LED 3D

Samsung UE32ES6710 LED 3D blanc

Samsung UE40D5000 LED

Samsung UE40D5710 LED

Samsung UE40D6500 LED 3D

Samsung UE40EH5000 LED

Samsung UE40ES5500 LED

Samsung UE40ES6300 LED 3D

Samsung UE40ES6710 LED 3D

Samsung UE46EH5000 LED

Samsung UE46ES5500 LED

Samsung UE46ES6300 LED 3D

Samsung UE46ES6710 LED 3D blanc

Samsung UE55ES6300 LED 3D

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" + Microsoft Explorer Touch Mouse - Souris BlueTrack sans fil

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0 + CaseLogic Sacoche double pour ordinateurs 14" & tablettes 10,1" - Grise

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0 + Samsonite Sac pour ordinateur portable 14,1" S Noir

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED + Microsoft Explorer Touch Mouse - Souris BlueTrack sans fil

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED USB 3.0

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED USB 3.0 + CaseLogic Sacoche double pour ordinateurs 14" & tablettes 10,1" - Grise

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED USB 3.0 + Samsonite Sac pour ordinateur portable 14,1" S Noir

Samsung Viseur électronique EVF10

Samsung WB150F Blanc - WiFi

Samsung WB150F Noir - WiFi

Samsung WB700 Noir

Samsung WB750 Noir

Samsung WIS09ABGN LinkStick WLAN-Adapter

Samsung WMN250M accroche murale

Samsung YP-F3 bleu 2 Go

Samsung YP-F3 noir 2 Go

Samsung YP-F3 rose 2 Go

Samsung YP-Q3 rose 8 Go

Samsung YP-Q3 rose 8 Go + Casque JVC HA-S155-P rose

Samsung YP-U6 noir 2 Go

Samsung YP-U6 noir 4 Go

Samsung YP-U6 rose 2 Go

Samsung YP-U6 rose 4 Go

Samsung YP-Z3 blanc 4 Go

Samsung YP-Z3 bleu 4 Go

Samsung YP-Z3 rose 4 Go

SyncMaster 400EX(n), 460EX(n), 550EX(n) LCD ディスプレイ ユーザー マニュアル 色と外観は製品によって異なる場合があり、製品の仕様は 性能の向上のために予告無く変更される場合があります。安全使用上の注意 本書中のマークの説明 注意 製品を正しく使用して事故および製品の損傷を防止するために、下記の指示に従ってくだ さい。 警告/注意 このマークの付いた指示に従わなかった場合には、人体への傷害また は機器の損傷を招くことがあります。 注意 禁止 指示事項 分解禁止 コンセントからプラグを抜い てください 接触禁止 感電を防ぐために、アースを 行ってください 電源 長期間使用しない場合には、コンピュータを節電モード(DPM)に設定し ます。 スクリーン セイバーを使用している場合には、アクティブスクリーン モードに設定します。 下記に記載された絵はあくまでもイメージです。 残像防止方法へのショートカット 破損した電源コードまたはプラグ、破損またはがたつきのある コンセントを使用しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 コンセントにプラグを抜き差しするときに、濡れた手で電源プ ラグに触れないでください。 " 感電の原因となることがあります。 電源コードは、アースされたコンセントに接続してください。 " 漏電または傷害の原因となることがあります。 電源プラグはコンセントにしっかりと正しく差し込みます。 " 火災の原因となることがあります。電源プラグや電源コードを無理に曲げたり引っ張らないでくだ さい。また、電源プラグや電源コードに重い物を乗せないでくだ さい。 " 火災の原因となることがあります。 同じコンセントに複数の電気製品を接続しないでください。 " 過熱による火災の原因となることがあります。 製品の使用中は電源コードを外さないでください。 " 感電によるモニターの故障の原因となることがあります。 本体から電源を抜く場合や、コンセントから電源を抜く場合の ことを考えて、余裕を持って抜き差しができる環境に設置をして ください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 付属の電源コードセットは本製品のみにご使用ください。他製 品には使用しないでください。また、他の製品に付属されている 電源コードを本製品に使用しないでください。 " 火災または感電の原因となることがあります。 インストール方法 ほこりが多い場所、非常な高温または低温にさらされる場所、湿度の高 い場所、化学溶媒が使用されている場所、および空港や駅など 24 時間 製品を使用する場所に設置する場合には、お客様相談ダイヤルにご相談 ください。 ご相談せずに設置した場合、モニターに重大な損傷が発生することがあ ります。 製品の移動は必ず 2 人以上で行ってください。 " 落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。 キャビネットやラックなど高いところに製品を設置するときに は、製品がはみ出たりしないようしっかりと安定した状態で設置 してください。 " 落下または傷害の原因になる場合があります。 " 製品に合ったサイズのキャビネットまたはラックを使用して ください。 ろうそく、蚊取り線香、タバコおよびその他の熱源を製品に近 づけないでください。 " 火災の原因となることがあります。 安全使用上の注意電源コードまたは製品は、熱源となる機器に近づけないでくだ さい。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 本棚やクローゼットなど、換気の悪い場所に設置しないでくだ さい。 " 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 製品を下ろすときには、手荒に扱わないでください。 " 表示画面が損傷する場合があります。 製品の前面を下にして床に置かないでください。 " 表示画面が損傷する場合があります。 壁掛け金具の設置は、専門の業者が行うようにしてください。 " 落下して傷害の原因になる場合があります。 " 指定された壁掛け金具で設置してください。 製品は、換気が十分に行われる場所に設置してください。壁か ら 4 インチ (10 cm) 以上離してください。 " 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 梱包材のビニールに、お子様が手を触れないようにしてくださ い。 " お子様がビニールで遊んでいると、重大な傷害 (窒息) の原 因となることがあります。 モニターの高さ調整の際には指や手を挟まないよう十分ご注意 ください。 " 製品の損傷またはけがをする恐れがあります。 お手入れ モニターの筐体または TFT-LCD 画面の表面を清掃するときには、少し 湿らせた柔らかい布で拭き取ります。 製品の表面にクリーナーを直接スプレーしないでください。 " 本体の脱色または歪み、画面表面のはがれが発生することが あります。 電源プラグのピンを清掃するとき、またはコンセントのほこり を取り除くときは、乾いた布を使用します。 " 火災の原因となることがあります。 安全使用上の注意製品を清掃するときは、電源コードを切り離してください。 " 感電または火災の原因となることがあります。 製品を清掃するときには、まず電源コードを外して乾いた布で やさしく拭き取ります。 " (ワックス、ベンゼン、アルコール、シンナー、殺虫剤、潤滑 剤またはクリーナーなどの化学薬品を使用しないでくださ い)これらの薬品によって、製品表面の外観が変わったり、製 品の表示ラベルがはがれることがあります。 製品の筐体にはキズが付きやすいため、液晶モニター用のクリ ーニングクロスを使用してください。 製品を清掃するときには、製品本体に水を直接かけないでくだ さい。 " 感電、火災または故障の原因となることがあります。 その他 この製品は、高電圧を使用しています。絶対にご自身で製品を 分解、修理または改造しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。修理が必要な 場合には、お客様相談ダイヤルまでご連絡ください。 製品から異臭や異音、煙が出た場合には、直ちに電源プラグを 抜いてお客様相談ダイヤルにご連絡ください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 製品を湿気、ほこり、煙、水がかかる場所、または自動車の中 に設置しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 製品が落下したり破損した場合には、電源をオフにして電源コ ードを外し、お客様相談ダイヤルにご連絡ください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 雷が発生した場合には、電源コードまたはアンテナ ケーブル に触れないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 配線または信号ケーブルのみを持ってモニターを動かさないで ください。 " ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火 災の原因となることがあります。 安全使用上の注意電源コードまたは信号ケーブルだけを持って、製品を持ち上げ たり、前後または左右に動かさないでください。 " ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火 災の原因となることがあります。 クロスやカーテンで換気口がふさがれないようにしてくださ い。 " 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 水の入った容器、花瓶、植木鉢、医薬品や、金属類を製品の上 に置かないでください。 " 製品が水に濡れたり、異物が製品内部に入ったりした場合に は、電源コードを抜いてからお客様相談ダイヤルにご連絡く ださい。 " 製品の故障、感電または火災につながる恐れがあります。 可燃性のスプレーまたは可燃物を製品に近づけないでくださ い。 " 爆発または火災の原因となることがあります。 箸、コイン、ピンおよび刃物などの金属類、マッチや紙などの 可燃物を (換気口、入出力端子などから) 製品の中に入れないで ください。 " 製品が水に濡れたり、異物が製品内部に入ったりした場合に は、電源コードを抜いてからお客様相談ダイヤルにご連絡く ださい。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 静止画面を長時間表示し続けると、残像が発生したり画面がぼ やけたりする場合があります。また、場合によっては液晶パネル が焼き付けを起こす場合があります。 " 長時間製品を試用しない場合には、スリープ モードにするか 動きのあるのスクリーン セイバーを使用します。 製品に適した解像度および周波数を設定します。 " 視力に影響を与えることがあります。 ヘッドフォンまたはイヤフォンを使用するときは、音量を大き くしすぎないようにしてください。 " 音が大きすぎると、聴覚に影響を与えることがあります。 疲れ目を防止するために、製品に近づきすぎないでください。 " 視力低下の原因になり、場合によっては人体に影響を及ぼし ます。 安全使用上の注意モニターを 1 時間使用したら、少なくとも 5 分間の休憩をとり ます。 疲れ目が軽減されます。 不安定な棚や平らでない面、または振動の多い場所に設置しな いでください。 " 落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。 " 振動の多い場所で製品を使用すると、製品の寿命が短くなっ たり出火の原因となる場合があります。 製品を移動するときには、電源をオフにして、電源プラグ、ア ンテナ ケーブル、および製品に接続されているすべてのケーブ ルを切り離します。 " 感電または火災の原因となることがあります。 お子様が製品にぶら下がったり、よじ登らないようにしてくだ さい。 " 製品が落下して傷害または死亡事故の原因になる場合があり ます。 製品を長期間使用しない場合には、コンセントから電源コード を外してください。 " ほこりがたまって過熱または火災の原因となったり、感電ま たは漏電の原因となることがあります。 製品に重たいものを乗せたり、小さいお子様が興味を示すよう なもの(おもちゃやお菓子など)を置いたりしないでください。 " お子様が製品にぶら下がって、落下により傷害または死亡事 故の原因となることがあります。 リモコンから電池を取り外したときには、お子様が電池を口 の中に入れないようにしてください。電池は、子供または乳児の 手の届かない場所に置いてください。 " お子様が電池を口の中に入れたときには、すぐに医師の診察 を受けてください。 電池を交換するときには、正しい極性 (+、‐) の向きに入れ てください。 " 電池が破損したり、液漏れにより火災、傷害または故障の原 因となることがあります。 指定された標準の電池のみを使用し、新しい電池と使用済みの 電池を混在して使用しないでください。 " 電池が破損したり、液漏れにより火災、けがまたは故障の原 因となることがあります。 バッテリ (および充電式バッテリ) は通常の廃棄物ではなく、 リサイクルするために返送する必要があります。使用済みのバッ テリをリサイクルのために返送する責任はお客様にあります。 " お客様は、使用済みの充電式バッテリを公共のリサイクルセ ンターまたは同じタイプのバッテリおよび充電式バッテリを 販売している店舗に返送することができます。 安全使用上の注意直射日光の当たる場所、炎またはヒーターなどの熱源の近くに 製品を置かないでください。 " 製品の寿命が短くなったり、火災の原因となることがありま す。 製品の上に物を落としたり、製品に衝撃を与えないでくださ い。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 製品の近くで加湿器を使用しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 ガス漏れがあった場合には、製品または電源プラグに触れずに 直ちに換気を行ってください。 " 火花が発生すると、爆発または火災が発生することがありま す。 長時間電源をオンにしていると液晶パネルが高温になりますの で触れないでください。 特に小さなお子様が触れないよう十分ご注意ください。 製品の角度またはスタンドの高さを調整するときには注意して ください。 " 手や指を挟まれると、傷害の原因となることがあります。 " また、製品を傾けすぎると、転倒して傷害の原因となること があります。 製品を子供の手の届く高さに設置しないでください。 " 落下して傷害の原因になる場合があります。 " 製品は前の方が重たくなっているため、水平で安定した面に 設置してください。 製品の上に重い物を載せないでください。 " けがや製品の破損の原因となることがあります。 安全使用上の注意はじめに パッケージ内容 注意 ご使用前に、LCD ディスプレイと共に以下の付属品が揃っているか確認 してください。 不足している品目がある場合には、販売店にお問い合わせください。 オプション品の購入については、お近くの販売店にお問い合わせください。 注意 このスタンドは、床置きタイプではありません。 パッケージの内容の確認 上の図に示すように、パッケージの箱からロックを取り外します。 箱の両側にある穴に手をか けて、箱を持ち上げます。 パッケージの内容を確認し ます。 発布スチロールとビニール 袋を取り外します。 注意 " パッケージを開いたら、内容を確認してください。 " パッケージの箱は、今後製品を運搬するときのために保管しておいてください。 " 開梱したら、パッケージの箱の下部を仮のスタンドとして使用して製品のテストや動作 チェックを行うことができます。同梱物 LCD ディスプレイ マニュアル類 クイック セットアップ ガ イド 保証書 (含まれていない地域もあ ります) ユーザー ガイド MagicInfo ソフトウェア CD, MagicInfo マニュアル CD (EXn モデルのみ) ケーブル 電源コード D‐Sub ケーブル その他 リモートコントロール (BP59‐00138A) バッテリ (AAA X 2) (含まれていない地域もあ ります) HOLDER‐WIRE 2EA (BN61‐05373A) はじめに別売り LAN ケーブル USB ケーブル (EXn モデルのみ) RGB to BNC ケーブル RGB to Component ケーブ ル RGB to AV ケーブル NetWork ボックス (EX モデルのみ) ウォール マウント キット お使いの LCD ディスプレイ 前面 SOURCE ボタン PC モードからビデオモードに切り替えます。外部デバイスが接続されて いる入力信号を選択します。 [PC] → [AV] → [コンポ一ネント] → [HDMI] → [MagicInfo] 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ 有効にすることができます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 はじめに(電源ボタン) このボタンで、LCD ディスプレイの電源のオン/オフを切り替えます。 輝度センサー 周囲の明るさを自動的に検出します。 電源インジケーター 緑色に点滅して PowerSaver モードであることを示します 注意 省電力機能の詳細については、このマニュアルの「PowerSaver」を参照 してください。消費電力を押さえるために、必要ない場合または長時間 LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。 リモートカラーセンサー リモコンを LCD ディスプレイのこの部分に向けます。 背面 注意 ケーブル接続の詳細については、「設定」の「ケーブルの接続」を参照してください。LCD ディスプレイの背面の構成は、モデルによって若干異なる場合があります。 はじめに POWER S/W ON [ │ ] / OFF LCD ディスプレイのオン/オフを切り替えま す。 POWER LCD ディスプレイと壁のコンセントに電源 コードを接続します。 注意 EXn モデルのみ CMOS CLEAR MagicInfo をリセットします。 USB 1 / 2 / 3(USB 接続端子) キーボード/マウス、マス ストレージ機器 対応。 LAN (LAN 接続端子) LAN ケーブルに接続して、MagicInfo モー ドでのインターネットまたはネットワーク アクセスを可能にします。 RGB OUT MagicInfo ビデオ出力ポート RS232C OUT / IN (RS232C シリアル ポ ート) MDC(Multiple Display Control) プログラ ム ポート RJ 45 MDC (MDC PORT) MDC(Multiple Display Control) プログラ ム ポート はじめにHDMI IN " HDMI ケーブルを使用して、LCD ディス プレイ背面の HDMI 端子をお使いのデジ タル出力デバイスの HDMI 端子に接続し ます。 " HDMI 1.0 までをサポートしています。 DVI OUT(LOOPOUT) " モニターを DVI、DVI to HDMI ケーブル を使用して別のモニターに接続します。 " モニターの [DVI OUT(LOOPOUT)] ポート を他のモニターの [HDMI IN] ポートに DVI to HDMI ケーブルを使用して接続し ます。 " [DVI OUT(LOOPOUT)] ポートから送出さ れる HDMI およびネットワーク信号は、 DVI IN ポートを持つセカンド ディスプ レイに表示されます。 注意 DVI ループアウトには最大 6 台のモニターを接続できます。 ただし、接続するケーブルのタイプまたは信号装置に よっては、 フル HD モードでは最大 10 台のモニターを接続できます。 RGB / COMPONENT / AV IN " 製品の [RGB/COMPONENT/AV IN]] ポート と PC の [RGB] ポートを D‐Sub ケー ブルで接続します。 " モニターの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートを外部デバイスの Component ポ ートに RGB to Component ケーブルを使 用して接続します。 " モニターの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートを PC の BNC ポートに BNC to BNC ケーブルを使用して接続します。 " モニターの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートを外部デバイスの AV ポートに RGB to AV ケーブルを使用して接続しま す。 はじめにAUDIO IN モニターの [AUDIO IN] ポートを PC また は外部デバイスの音声出力ポートにオーデ ィオ ケーブルを使用して接続します。 AUDIO OUT ヘッドフォンまたは外部スピーカーを接続 します。 注意 [AUDIO OUT] ポートは 460EX(n) および 550EX(n) モデルでのみサポートされていま す。 Kensington Lock Kensington ロックは、公共の場所で製品を 安全に使用できるようにロックすることが できる盗難防止用の装置です。 固定装置の 形状と使用方法はモデルおよびメーカーに よって異なるため、詳細については固定装 置に付属するユーザー マニュアルを参照し てください。 注意 Kensington ロックを別途購入する必要があ ります。 製品をロックするには以下の手順に 従います。 1. Kensington ロック ケーブルを、デス クや椅子など大きくて動かない物体に かけます。 2. ロックのついたケーブルの端を Kensington ロック ケーブルの端の輪に通 します。 3. ロック装置をモニターの Kensington スロットに挿入します ( )。 4. ロックします ( )。 注意 " これは一般的な説明です。詳細について は、ロック装置に付属するユーザー マ ニュアルを参照してください。 はじめに " 固定装置の購入につきましてはお買い上 げいただいたお店にご確認ください。 注意 ケーブル接続の詳細については、「ケーブルの接続」を参照してください。 リモートコントロール 注意 リモコンの動作は TV またはその他 LCD ディスプレイ付近で動作している電子機器の影響 を受ける場合があり、周波数の干渉によって誤作動することがあります。 POWER OFF ダイヤルパッド DEL / GUIDE ボタン + VOL - SOURCE D.MENU TOOLS 上下左右ボタン INFO COLOR ボタン TTX/MIX MTS/DUAL ENTER/PRE-CH MUTE CH/P TV MENU RETURN EXIT MagicInfo 1. POWER 製品をオンにします。 2. OFF 製品をオフにします。 3. ダイヤルパッド OSD の調整時、または MagicInfo を使用するときにパス ワードを入力するのに使用します。 押してチャンネルを変更します。 はじめに4. DEL / GUIDE ボタ ン 「‐」ボタンはデジタル チャンネルの選択に使用します。 電子番組ガイド (EPG) 表示 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 5. + VOL - 音声の音量を調整します。 6. SOURCE 接続されている外部入力信号または  MagicInfo モードを 選択します。 ボタンを押して、入力信号 SOURCE を切り換えます。 入力信号の変更は、変更時に LCD ディスプレイに接続さ れている外部デバイスについてのみ行うことができます 7. D.MENU DTV メニュー表示 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 8. TOOLS よく使う機能を素早く選択するのに使用します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 9. 上下左右ボタン ひとつのメニューから別のメニューに横方向、縦方向に移 動したり、選択したメニューの値を調整したりします。 10. INFO 画面左上に現在の画像情報が表示されます。 11. 色ボタン 押すとチャンネルを追加または削除し、チャンネルを [チ ャンネル リスト] メニューのお気に入りのチャンネル リ ストに格納します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 12. TTX/MIX TV チャンネルは、テレテキスト経由で文字情報サービスを 提供します。 ‐ テレテキスト ボタン ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 13. MTS/DUAL MTS‐ MTS (マルチチャンネル テレビ ステレオ) モードを選択 できます。 音声タイプ MTS/S_Mode デフォルト FM ステレオ モノラル モノラル 手動変更 ステレオ モノラル !� ステ レオ SAP モノラル SAP モノラル DUAL‐ STEREO/MONO、DUAL l / DUAL ll および MONO/NICAM MONO/ NICAM STEREO は、放送のタイプに応じて TV の視聴中に リモコンの DUAL ボタンで操作することができます。 はじめに‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 14. ENTER/PRE-CH このボタンを使用して、前のチャンネルに直ちに戻りま す。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 15. MUTE 音声の出力を一時的に停止(ミュート)します。これは画 面の左下隅に表示されます。消音モードで MUTE または - VOL + が押されると、音声が再度聞こえるようになりま す。 16. CH/P TV モードで、TV のチャンネルを選択します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 17. TV TV モードを直接選択します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 18. MENU オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了し たり、調整メニューを閉じたりします。 19. RETURN 前のメニューに戻ります。 20. EXIT メニュー画面を終了します。 21. MagicInfo MagicInfo クイック起動ボタン 注意 MagicInfo をサポートしない製品では、このボタンが無効 になっています。 物理的レイアウト(400EX(n)) 物理的レイアウト はじめにLCD ディスプレイ ヘッド オプションスタンド(別売品) " VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。 " VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文くだ さい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。 " LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。 " SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任を 負うものではありません。 寸法 注意 ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8~ 12 mm のネジだけを使用するようにし てください。 ウォールブラケットの取り付け " ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。 " お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお 客様の傷害について責任を負いかねます。 はじめに " この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製 の壁に取り付けることはできません。 部品 製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。 ウォール ブラケット (1) ヒンジ (左1、右1) プラスチ ック ハ ン ガ ー (4) ネジ (A) (11) ネジ (B) (4) ア ン カ ー (11) ウォール ブラケット アセンブリ 注意 ヒンジは 2個(左用または右用)あります。該当する方を使用してください。 1. 固定ネジを矢印の向きに挿入して固定します。 固定したら、ウォールブラケットを壁に取り付けます。 A ‐ 固定ネジ B ‐ ウォールブラケット C ‐ ヒンジ (左) D ‐ ヒンジ (右) 2. 壁にドリルで穴を開ける前に、製品の背面にある 2 カ所の固定穴が適切な間隔になっ ていることを確認してください。 長さが短い、または長い場合には、ウォールブラケットの 4 本のネジを緩めて調整を 行います。 はじめにA ‐ 2 カ所の固定穴の間隔 3. 取り付け図を見て、壁にドリルで穴を開ける位置に印を付けます。5.0 mm のビットを 使用して、35 mm より深い穴を開けます。 各アンカーを対応する穴に固定します。ブ ラケットとヒンジの穴をそれぞれ該当するアンカー穴に合わせ、挿入して 11 本のネ ジ (A) で固定します。 ウォール ブラケットに製品を取り付けるには 製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで す) 1. 製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。 はじめに2. ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。 注意 " ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく 固定されていることを確認してください。 " 製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ さい。 " ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取 り付け後に製品が動いてしまうことがあります。 3. 手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の 背面の穴に固定します。 4. 安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置し ます。安全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定しま す。 はじめにA ‐ LCD ディスプレイ B ‐ ウォールブラケット C ‐ 壁 ウォール ブラケットの角度調整 壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を ‐2˚ に調整してください。 1. 製品をウォールブラケットに固定します。 2. 製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。 注意 ブラケットの角度は ‐2˚~ 15˚ の範囲で調整できます。 角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を 持ってください。 はじめに物理的レイアウト(460EX(n)) 物理的レイアウト LCD ディスプレイ ヘッド オプションスタンド(別売品) " VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。 " VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文くだ さい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。 " LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。 " SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任を 負うものではありません。 はじめに寸法 注意 ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8~ 12 mm のネジだけを使用するようにし てください。 ウォールブラケットの取り付け " ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。 " お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお 客様の傷害について責任を負いかねます。 " この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製 の壁に取り付けることはできません。 部品 製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。 ウォール ブラケット (1) ヒンジ (左1、右1) プラスチ ック ハ ン ガ ー (4) ネジ (A) (11) ネジ (B) (4) ア ン カ ー (11) ウォール ブラケット アセンブリ 注意 ヒンジは 2個(左用または右用)あります。該当する方を使用してください。 1. 固定ネジを矢印の向きに挿入して固定します。 固定したら、ウォールブラケットを壁に取り付けます。 はじめにA ‐ 固定ネジ B ‐ ウォールブラケット C ‐ ヒンジ (左) D ‐ ヒンジ (右) 2. 壁にドリルで穴を開ける前に、製品の背面にある 2 カ所の固定穴が適切な間隔になっ ていることを確認してください。 長さが短い、または長い場合には、ウォールブラケットの 4 本のネジを緩めて調整を 行います。 A ‐ 2 カ所の固定穴の間隔 3. 取り付け図を見て、壁にドリルで穴を開ける位置に印を付けます。5.0 mm のビットを 使用して、35 mm より深い穴を開けます。 各アンカーを対応する穴に固定します。ブ ラケットとヒンジの穴をそれぞれ該当するアンカー穴に合わせ、挿入して 11 本のネ ジ (A) で固定します。 はじめにウォール ブラケットに製品を取り付けるには 製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで す) 1. 製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。 2. ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。 注意 " ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく 固定されていることを確認してください。 " 製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ さい。 " ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取 り付け後に製品が動いてしまうことがあります。 3. 手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の 背面の穴に固定します。 はじめに4. 安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置し ます。安全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定しま す。 A ‐ LCD ディスプレイ B ‐ ウォールブラケット C ‐ 壁 ウォール ブラケットの角度調整 壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を ‐2˚ に調整してください。 1. 製品をウォールブラケットに固定します。 2. 製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。 注意 ブラケットの角度は ‐2˚~ 15˚ の範囲で調整できます。 はじめに角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を 持ってください。 物理的レイアウト(550EX(n)) 物理的レイアウト LCD ディスプレイ ヘッド オプションスタンド(別売品) " VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。 はじめに " VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文くだ さい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。 " LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。 " SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任を 負うものではありません。 寸法 注意 ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8~ 12 mm のネジだけを使用するようにし てください。 ウォールブラケットの取り付け " ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。 " お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお 客様の傷害について責任を負いかねます。 " この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製 の壁に取り付けることはできません。 部品 製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。 ウォール ブラケット (1) ヒンジ (左1、右1) プラスチ ック ハ ン ガ ー (4) ネジ (A) (11) ネジ (B) (4) ア ン カ ー (11) はじめにウォール ブラケット アセンブリ 注意 ヒンジは 2個(左用または右用)あります。該当する方を使用してください。 1. 固定ネジを矢印の向きに挿入して固定します。 固定したら、ウォールブラケットを壁に取り付けます。 A ‐ 固定ネジ B ‐ ウォールブラケット C ‐ ヒンジ (左) D ‐ ヒンジ (右) 2. 壁にドリルで穴を開ける前に、製品の背面にある 2 カ所の固定穴が適切な間隔になっ ていることを確認してください。 長さが短い、または長い場合には、ウォールブラケットの 4 本のネジを緩めて調整を 行います。 A ‐ 2 カ所の固定穴の間隔 3. 取り付け図を見て、壁にドリルで穴を開ける位置に印を付けます。5.0 mm のビットを 使用して、35 mm より深い穴を開けます。 各アンカーを対応する穴に固定します。ブ はじめにラケットとヒンジの穴をそれぞれ該当するアンカー穴に合わせ、挿入して 11 本のネ ジ (A) で固定します。 ウォール ブラケットに製品を取り付けるには 製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで す) 1. 製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。 2. ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。 注意 " ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく 固定されていることを確認してください。 " 製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ さい。 " ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取 り付け後に製品が動いてしまうことがあります。 3. 手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の 背面の穴に固定します。 はじめに4. 安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置し ます。安全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定しま す。 A ‐ LCD ディスプレイ B ‐ ウォールブラケット C ‐ 壁 ウォール ブラケットの角度調整 壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を ‐2˚ に調整してください。 1. 製品をウォールブラケットに固定します。 2. 製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。 注意 ブラケットの角度は ‐2˚~ 15˚ の範囲で調整できます。 はじめに角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を 持ってください。 はじめに接続 コンピュータの接続 コンピュータをモニターに接続するにはいくつかの方法があります。以 下のオプションから選択してください。 ビデオカードの D‐sub(アナログ)コネクタを使用します。 " D‐sub は、LCD ディスプレイ背面の 15‐pin の [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートとコンピュータの 15‐pin D‐sub ポートを接続しま す。 グラフィック カードの HDMI (デジタル) 出力を使用。 " LCD ディスプレイの [HDMI IN] ポートと PC の HDMI ポートを HDMI ケーブルを使用して接続します。注意 HDMI ケーブルを PC に接続するときには、PC または DVI デバイスを選 択する前に 外部入力 と 外部入力名編集 の両方で HDMI を選択してい ることを確認し、通常の PC の画面と音声が出力されるようにします。 音声は、以下のオプション に従って接続したときにのみ利用できま す。 お使いのコンピュータのオーディオ ケーブルを、コンピュータ背面のオ ーディオ ポートに接続します。 LCD ディスプレイの電源コードを LCD ディスプレイ背面の電源ポートに 接続します。電源スイッチをオンにします。 注意 " コンピュータと LCD ディスプレイの電源を入れます。 " オプション品の購入については、SAMSUNG のお近くの販売店にお問い合わせください。 他のデバイスへの接続 注意 " お使いのコンピュータだけでなく、DVD プレイヤー、VCR またはカムコーダーなどの AV 入力機器を LCD ディスプレイに接続することができます。AV 入力デバイスの接続の詳 細については、「LCD ディスプレイの調整」の内容を参照してください。 " LCD ディスプレイの背面の構成は、LCD ディスプレイのモデルによって若干異なる場合 があります。 接続外部モニターの接続 1. LCD モニターの [DVI OUT(LOOPOUT)] ポートと別のモニターの入力ポートを DVI ケー ブルで接続します。 2. LCD モニターの [AUDIO OUT] ポートと別のモニターの音声入力ポートをステレオ ケ ーブルで接続します。 3. LCD ディスプレイ前面またはリモコンの SOURCE ボタンを使用して DVI を選択しま す。 注意 DVI OUT は HDCP をサポートしていません。 RGB to AV ケーブルを使用して接続する 1. モニターの [RGB/COMPONENT/AV IN] ポートに RGB to AV ケーブルを接続します。 接続2. オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] と DVD プレイヤー の AUDIO OUT ジャックの間に接続します。 注意 " DVD プレイヤーへの接続では、LCD ディスプレイ前面またはリモコンにある SOURCE ボ タンを使用して、AV を選択します。 " 次に、DVD ディスクを挿入して DVD プレイヤーをスタートさせます。 " RGB to AV ケーブルはオプションです。 HDMI ケーブルを使用して接続する 1. Blu‐Ray/DVD プレイヤーなどの入力デバイスを HDMI ケーブルを使用して LCD ディ スプレイの [HDMI IN] 端子に接続します。 2. LCD ディスプレイ前面またはリモコンの SOURCE ボタンを使用して HDMI を選択しま す。 注意 HDMI モードでは、PCM フォーマットの音声のみサポートしています。 接続DVI ‐ HDMI ケーブルを使用して接続する 1. デジタル出力デバイスの DVI 出力端子を DVI ‐ HDMI ケーブルを使用して、LCD デ ィスプレイの [HDMI IN] 端子に接続します。 2. RCA ‐ ステレオ (PC 用) ケーブルの赤および白のジャックをデジタル出力デバイス の同じ色の音声出力端子に接続し、反対側のジャックを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] 端子に接続します。 3. LCD ディスプレイ前面またはリモコンの SOURCE ボタンを使用して HDMI を選択しま す。 DVD プレイヤーの接続 1. RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポー トと DVD プレイヤーの PR、Y、PB ジャックを接続します。 接続2. オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] と DVD プレイヤー の AUDIO OUT ジャックの間に接続します。 注意 " DVD プレイヤーへの接続では、LCD ディスプレイ前面またはリモコンにある SOURCE ボ タンを使用して、コンポ一ネント を選択します。 " 次に、DVD ディスクを挿入して DVD プレイヤーをスタートさせます。 " RGB to Component ケーブルはオプションです。 " コンポーネント ビデオについては、お使いの DVD のマニュアルを参照してください。 DTV セット トップ (ケーブル/衛生) ボックスの接続 1. RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポー トとセット トップ ボックスの PR、Y、PB ジャックを接続します。 2. オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] と DVD プレイヤー の AUDIO OUT ジャックの間に接続します。 注意 " DTV セット トップ ボックスへの接続では、LCD ディスプレイ前面またはリモコンにあ る SOURCE ボタンを使用して、コンポ一ネント を選択します。 " コンポーネント ビデオについては、お使いのセット トップ ボックスのマニュアルを 参照してください。 接続オーディオ システムへの接続 1. オーディオ システムの AUX L、R ジャックと LCD ディスプレイの [AUDIO OUT] をオ ーディオ ケーブルで接続します。 LAN ケーブルの接続 LAN ケーブルを接続します。 注意 EXn モデルのみ 接続USB デバイスの接続 マウスやキーボードなどの USB 機器を接続することができます。 注意 EXn モデルのみ ケーブルの組み立て 注意 ケーブルは、取り回しのときに強く引っ張らないようにします。 製品の接続端子が破損す ることがあります。 接続ソフトウェアの使用 モニター ドライバ 注意 オペレーティング システム が モニタードライバを要求してきたら、この モニターに同梱されている CD-ROM を挿入して下しさい。インストール方法 はオペレーティング システムによって多少異なります。お使いのオペレー ティング システム をご確認のうえ、それぞれのインストール方法に従って ください。 空のディスクを用意して、以下に示すインターネット Web サイトのドライ バ プログラム ファイルをダウンロードします。 インターネット Web サイト: http://www.samsung.com/ モニター ドライバのインストール (自動) 1. ドライバのインストール CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. [Windows] をクリックします。 3. 画面に表示される指示に従って以降のインストール手順を完了させます。 4. モデルの一覧からご使用のモデルを選択します。 5. 適切な解像度と画面のリフレッシュ レートが [コントロール パネル] の設定に表示されているか確認しま す。詳細については、Windows オペレーティング システムについてのマニュアルを参照してください。 注意 このモニター ドライバは Microsoft が承認したもので、インストールしてもシステ ムにダメージを与えることはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 http://www.samsung.com/ モニター ドライバのインストール (手動) Microsoft�ョ Windows Vista、 オペレーティング システム 1. マニュアル CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. [ ] (スタート) をクリックし、["Control Panel" (コントロール パネル)] をクリ ックします。次に、["Appearance and Personalization" (デスクトップのカスタマイ ズ)] をダブルクリックします。 3. ["Personalization" (個人設定)]、続いて ["Display Settings" (画面の設定)] をク リックします。 4. ["Advanced Settings..." (詳細設定...)] をクリックします。 ソフトウェアの使用5. ["Monitor" (モニタ)] タブで ["Properties" (プロパティ)] をクリックします。 ["Properties" (プロパティ)] ボタンが無効になっている場合は、モニターの設定が 完了していないことを示しています。そのままでも、モニターを使用することは可能 です。 下の図に示すように ["Windows needs..." (Windows の設定が必要です...)] というメ ッセージが表示された場合には、["Continue" (続行)] をクリックします。 注意 このモニター ドライバーは MS ロゴの承認を受けており、このドライバのインストー ルによってシステムが破損することはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 6. ["Update Driver..." (ドライバのアップデート...)] タブで ["Driver" (ドライバ)] をクリックします。 7. ["Browse my computer for driver software" (コンピュータを参照してドライバ ソ フトウェアを検索します)] チェックボックスをチェックして、["Let me pick from a list of device drivers on my computer" (コンピュータ上のデバイス ドライバの一 覧から選択します)] をクリックします。 ソフトウェアの使用8. ["Have Disk..." (ディスク使用)] をクリックして、ドライバ セットアップファイル のあるフォルダ (たとえば D:\Drive) を選択し、[OK] をクリックします。 9. 画面上のリストからお使いのモニターモデルに一致するモデルを選択し、["Next" (次 へ)] をクリックします。 10. 続いて表示される画面で、["Close" (閉じる)] → ["Close" (閉じる)] → ["OK" (OK)] → ["OK" (OK)] をクリックします。 ソフトウェアの使用Microsoft�ョ Windows�ョ XP オペレーティング システム 1. CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. ["Start" (スタート)] → ["Control Panel" (コントロール パネル)] をクリック し、["Appearance and Themes" (デスクトップの表示とテーマ)] アイコンをクリック します。 3. ["Display" (画面)] アイコンをクリックして ["Settings" (設定)] タブを選択し、 ["Advanced..." (詳細設定)] をクリックします。 4. ["Monitor" (モニター)] タブで ["Properties" (プロパティ)] ボタンをクリック し、["Driver" (ドライバ)] タブを選択します。 ソフトウェアの使用5. ["Update Driver..." (ドライバの更新...)] をクリックして、["Install from a list or..." (一覧または特定の場所からインストールする)] を選択し、["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 6. ["Don't search, I will..." (検索しないで、インストールするドライバを選択す る)] を選択して [Next (次へ)] をクリックし、["Have disk" (ディスク使用)] をク リックします。 7. ["Browse" (参照)] ボタンをクリックしてから A:(D:\Driver) を選択し、モデル一覧 からお使いのモデルを選択して、["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 8. 以下のメッセージが表示される場合には、[Continue Anyway (続行)] ボタンをクリッ クします。続いて ["OK" (OK)] ボタンをクリックします。 ソフトウェアの使用注意 このモニター ドライバは Microsoft が承認したもので、インストールしてもシステ ムにダメージを与えることはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 http://www.samsung.com/ 9. [Close (閉じる)] ボタンをクリックし、続けて [OK] ボタンをクリックします。 10. モニター ドライバのインストールが完了します。 Microsoft�ョ Windows�ョ 2000 オペレーティング システム モニター上に["Digital Signature Not Found" (デジタル署名が見つかりません)] と表示 された場合は、以下の手順を行います。 1. ["Insert disk" (ディスク挿入)] ウィンドウで ["OK" (OK)] ボタンを選択します。 2. ["File Needed" (必要なファイル)] ウィンドウで ["Browse" (参照)] ボタンをクリ ックします。 3. A:(D:\Driver) を参照してから ["Open" (開く)] ボタンをクリックし、続いて ["OK" (OK)] ボタンをクリックします。 インストール方法 ソフトウェアの使用1. ["Start" (スタート)]、["Setting" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パネ ル)] をクリックします。 2. ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックします。 3. ["Settings" (設定)] タブを選択し、["Advanced" (詳細設定)] ボタンをクリックし ます。 4. ["Monitor" (モニタ)] を選択します。 ケース 1:["Properties" (プロパティ)] ボタンが有効でない場合には、モニターが適 切に設定されていることを意味します。インストールを中止してください。 ケース 2:[Properties (プロパティ)] ボタンが有効になっている場合には、[Properties (プロパティ)] ボタンをクリックして次の手順に進みます。 5. ["Driver" (ドライバ)] をクリックし、続いて ["Update Driver..." (ドライバの更 新...)] をクリックして ["Next" (次へ)] をクリックします。 6. ["Display a list of the known drivers for this device so that I can choose a specific driver" (このデバイスの既知のドライバを表示して、その一覧から選択す る)] を選択して ["Next" (次へ)] をクリックし、["Have disk" (ディスク使用)] を クリックします。 7. ["Browse" (参照)] ボタンをクリックして A:(D:\Driver) を選択します。 8. ["Open" (開く)] ボタンをクリックし、続けて ["OK" (OK)] ボタンをクリックしま す。 9. お使いのモニターのモデルを選択して、[Next (次へ)] ボタンをクリックします。続 いて [Next (次へ)] ボタンをクリックします。 10. ["Finish" (完了)] ボタンをクリックし、続いて ["Close" (閉じる)] ボタンをクリ ックします。 ["Digital Signature Not Found" (デジタル署名が見つかりません)] というウィンド ウが表示された場合には、["Yes" (はい)] ボタンをクリックします。[Finish (完 了)] ボタンをクリックし、続いて [Close (閉じる)] ボタンをクリックします。 Microsoft�ョ Windows�ョ Millennium オペレーティング システム 1. ["Start" (スタート)]、["Setting" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パネ ル)] をクリックします。 2. ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックします。 3. ["Settings" (設定)] タブを選択し、["Advanced" (詳細設定)] ボタンをクリックし ます。 4. ["Monitor" (モニタ)] タブを選択します。 5. ["Monitor Type" (モニタ タイプ)] 領域で、["Change" (変更)] ボタンをクリックし ます 6. ["Specify the location of the driver" (ドライバの場所を指定)] を選択します。 7. ["Display a list of all the driver in a specific location..." (特定の場所にあ るすべてのドライバ一覧を表示し、インストールドライバを選択する)] を選択し、 ["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 8. ["Have Disk" (ディスク使用)] ボタンをクリックします。 ソフトウェアの使用9. A:\ (D:\driver) を指定して、["OK" (OK)] ボタンをクリックします。 10. ["Show all devices" (すべてのデバイスを表示)] を選択し、コンピュータに接続さ れているものに対応するモニターを選択して、["OK" (OK)] をクリックします。 11. [画面のプロパティ] ダイアログボックスが閉じるまで、["Close" (閉じる)] ボタン をクリックしてから ["OK" (OK)] ボタンをクリックする操作を繰り返します。 Microsoft�ョ Windows�ョ NT オペレーティング システム 1. ["Start" (スタート)]、["Settings" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パ ネル)] をクリックし、続いて ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックしま す。 2. [登録情報の表示] ウィンドウで、[設定] タブをクリックしてから ["All Display Modes" (すべての表示モード)] をクリックします。 3. 使用したいモード (解像度、色数および垂直周波数) を選択し、OK をクリックしま す。 4. ["Apply" (適用)] ボタンをクリックし、["Test" (テスト)] をクリックして画面が正 常に表示されるか確認します。画面が正常に表示されない場合には、別のモード (解 像度、色数または周波数がより低いモード) に変更します。 注意 [すべての表示モード] にモードが表示されない場合には、ユーザー ガイドのプリセット タイミング モードを参照して、解像度と 垂直周波数 を選択します。 Linux オペレーティング システム X-Window を実行するには、システム設定ファイルの一種である X86Config ファイルを作 成する必要があります。 1. X86Config ファイルを実行した後に表示される最初と 2 番目の画面で ["Enter"] を 押します。 2. 3 番目の画面はマウスの設定用です。 3. コンピュータのマウスを設定します。 4. 次の画面はキーボードの選択用です。 5. お使いのコンピュータのキーボードを設定します。 6. 次の画面はモニターの設定用です。 7. まず、モニターの水平周波数を設定します。(周波数は直接入力することができます) 8. モニターの 垂直周波数 を設定します。(周波数は直接入力することができます) 9. モニターのモデル名を入力します。この情報は、実際の X-Window の実行には影響を 与えません。 10. これでモニターの設定は完了です。その他の必要なハードウェアを設定してから、XWindow を実行します。 ソフトウェアの使用MDC インストール方法 1. CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. MDC System のインストール プログラムをクリックします。 注意 ソフトウェアのインストール画面が表示されない場合には、CD-ROM の MDC フォルダ にある MDC System 実行ファイルを使用してインストールします。 3. インストール ウィザードの画面が表示されたら、[次へ] をクリックします。 4. 「License Agreement」画面が表示されます。 Yes をクリックします。 5. 「Customer Information」ウィンドウが表示されます。ユーザー情報を登録して [Yes] をクリックします。 6. 「Choose Destination Location」ウィンドウが表示されます。インストールするファ イルの場所を指定して [Next] をクリックします。 注意 ファイルの場所を指定しない場合には、プログラムはデフォルトの場所にインストー ルされます。 7. 「Start Copying Files」ウィンドウが表示されます。ファイルの場所を確認して [Next] をクリックします。 8. インストールの進行状況を示す画面が表示されます。 9. 「InstallShield Wizard Complete」画面が表示されます。 Finish をクリックします。 注意 [Launch MDC System]を選択し、[Finish] をクリックします。MDC プログラムが直ち に実行されます。 ソフトウェアの使用10. インストールが正常に完了したら、MDC System を素早く実行できるアイコンがデスク トップに表示されます。 MDC 実行アイコンは、コンピュータ システムまたはモニターの仕様によっては 表示されない場合があります。表示されない場合には、F5 キーを押してくださ い。 インストール時のトラブル MDC のインストールは、ビデオ カード、マザーボードおよびネットワーク環境の影響を受 けます。 アンインストール MDC プログラムは、Windows�ョコントロールパネルの ["Add or Remove Programs" (プログ ラムの追加と削除)] オプションでのみ削除することができます。 MDC を削除するには、以下の手順に従います。 ["Start" (スタート)] メニューの ["Setting/Control Panel" (設定/コントロール パネ ル)] を選択し、["Add/Delete a program" (プログラムの追加と削除)] をダブルクリック します。 リストから MDC System を選択し、["Add/Delete" (変更と削除)] ボタンをクリックしま す。 Serial MDC の使用 Ethernet MDC の使用 ソフトウェアの使用準備 マルチディスプレイコントロール(MDC)は、様々な表示をPC上で容易にしかも一度に作動させることができるアプリケーションで す。シリアル通信の規格 RS-232Cは、PCとディスプレイ間の通信のために使用されます。そのために、シリアルケーブルが、PC 上のシリアルポートとディスプレイにあるシリアルポート間を接続する必要があります。 メイン画面 スタート > プログラム > マルチディスプレイコントロールの順にクリックし、プログラムをスタートさせます。 セットを選択して、スライダ内で選択されたセットのボリュームを見ます。 S e r i a l MDC メインアイコン All Remote Control 選択ボタン Safety Lock Refresh Port Selection ディスプレイ選択 Lamp Control 情報グリッド Option... コントロールツール ドロップダウン セレクタ OSD Display 1. メインアイコンを使用して、それぞれの画面に切り換えます。 2. 表示装置の機能を受信するリモートコントロール信号を有効または無効にすることができます。 3. ロック機能の設定。 ロック機能を設定しているときには、リモコンと本体の電源およびロック ボタンのみが使用できます。 4. PCのシリアルポート設定を変更できます。既定値はCOM1です。 5. Lamp 調整モードを選択します。 6. LFD ID の数と検索を繰り返す間隔を調整します。 7. 表示する LFD ID の範囲を決定します。Select または Clear ボタンを使用して表示する ID を選択または選択解除できます。 8. すべてのモニターを選択または選択解除できます。 9. 7 および 8 を設定して、表示される LFD ID を選択 (Select) または選択解除 (Clear) します。 10. モニターを検索します。Max LFD Id フィールドに最大数が表示されます。 11. ディスプレイ選択からディスプレイを選択します。 12. グリッドを使用して、選択したディスプレイの簡単な情報を表示します。 13. コントロールツールを使用して、表示を調整します。 14. OSD 機能の On/Off を切り替えます。 - 製品によってはサポートされない場合があります。 <注意> リモートコントロールの有効/無効機能は、電源がOnであるかOffであるかを操作します。これは、MDCに接続され た表示にあるすべてに適用されます。但し、ステータスに関係なく、MDCがシャットダウンしている時は、すべての 表示機能を受信するリモートコントロール信号が、MDCが閉じている時に有効となるように初期化されています。 ポートの設定1. マルチプルディスプレイコントロールはデフォルトでCOM1に設定されています。 2. COM1以外のポートが使用されている場合、ポート選択メニューでCOM1からCOM4が設定可能です。 3. シリアルケーブルを使用してモニターに接続されている正確なポート名が選択されていない場合、通信できません。 4. 選択したポートがプログラムに保存され、次のプログラムでも使用されます。 System 1. メイン メニューで System をクリックして、システム調整画面を開きます。 Info Gridが、Systemに必要な基本情報を表示します。 1) 電源のステータス 2) 入力ソース 3) イメージのサイズ 4) On Timer 5) Off Timer 2. Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 電源調節により、選択された表示のある機能を調節することができます。 1) Power (電源) On/Off - 選択された表示の電源をOn/Offに切り替えます。 2) ボリュームの調節 (サウンドモデルのみ) - 選択された表示のボリュームレベルを調節します。選択された表示のボリュームレベルをセットから受信して、スライダに表 示します。(1 台またはすべてのディスプレイの選択を解除した場合には、デフォルト値の 10 に戻ります。) 3) Mute(ミュート)のOn/Off (サウンドモデルのみ) - 選択された表示のミュートをOn/Offに切り替えます。選択されたセットが、すでにMUTEに設定されているならば、あるとき 一つのセットを選択する場合に、 MUTEディスプレイに印をつける必要があります。(選択を取り消す、または、すべて選択 を選択すると、その値は、デフォルト値に戻ります。) Volume機能とMute機能は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 3. OSD Display メニューを使用してメニュー画面を表示するか否かを選択します。 1) Source OSD - 入力信号の OSD を表示して Source が変更されたときに表示するか否かを設定します。 2) Not Optimum Mode OSD - 現在のモードがサポートされているかどうかを示すために、最適なモードの OSD を表示するか否かを設定します。 3) No Signal OSD - 信号なし OSD を表示して入力信号がないことを示すか否かを設定します。 4) MDC OSD - MDC を使用して設定が変更されたことを示すのに、MDC OSD を表示するか否かを設定します。 入力ソースの調節 1. メインアイコンの入力ソースをクリックすると、入力ソース調節画面が表示されます。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 • TV モード • PC モード Info Gridが、入力ソースの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PC - 選択された表示の入力ソースをPCに切り替えます。 2) BNC - 選択された表示の入力ソースをBNCに切り替えます。 3) DVI - 選択された表示の入力ソースをDVIに切り替えます。 4) TV - 選択された表示の入力ソースをTVに切り替えます。 5) DTV - 選択された表示の入力ソースをDTVに切り替えます。 6) AV - 選択された表示の入力ソースをAVに切り替えます。 7) S-Video - 選択された表示の入力ソースをS-Videoに切り替えます。 8) コンポーネント - 選択された表示の入力ソースをコンポーネントに切り替えます。 9) MagicInfo - MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 10) HDMI1/HDMI2 - 選択された表示の入力ソースをHDMIに切り替えます。 11) DP - 選択した Display の入力信号を DP に切り替えます。 12) Channel - Input Source(入力信号)がTVのとき、チャンネルの矢印が表示されます。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 TV信号はTV機能のある製品でのみ選択でき、チャンネルの制御は入力信号がTVのときにのみ行えます。 入力ソースの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 イメージサイズの調節 PC, BNC, DVI, DP 1. メインアイコンのイメージサイズをクリックすると、イメージサイズ調節画面が表示されます。 Info Gridが、イメージサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) Power(電源) - 現在の表示の電源ステータスを調節します。 2) Image Size(イメージのサイズ) - 使用している表示の現在のイメージサイズを示します。 3) Input Source(入力ソース) - 情報グリッドは、入力信号が PC、BNC、DVI および DP のときにのみ表示されます。 4) PC Source - イメージサイズをクリックすると、PC、BNC、DVI および DP タブが最初に表示されます。 - Image Size 制御ボタンは、PC、BNC、DVI および DP で使用できる Image Size を制御します。5) Video Source - Image Size 調整ボタンを使用して、画像サイズを PC、BNC、DVI および DP で使用できる値に調整することができます。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 イメージサイズの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 イメージサイズの調節 TV, AV, S-Video, コンポーネント, DVI(HDCP), HDMI1, HDMI2, DTV 1. メインアイコンのイメージサイズをクリックすると、イメージサイズ調節画面が表示されます。 Info Gridが、時間の調節に必要な基本情報を表示します。 1) TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 または DTV モードで Image Size を調整するには、Video Source タブをク リックします。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 2) Info Gridは、入力ソースがTV, AV、S-Video、コンポーネント, HDMI1, HDMI2, DTVを入力ソースとして持っている表示だけを 示します。 3) 選択された表示のイメージサイズをランダムに切り替えます。 4) 画面モードはTV (PAL のみ) が接続されていて、Image Size (画像サイズ) 項目が Auto Wide (オートワイド) に設定されて いるときにのみ調整できます。 (Auto Wide モードは、TV、AV、および S-Video でのみ使用できます。) 製品によっては HDMI2 はサポートされていません。 Custom は製品によってはサポートされない場合があります。 Auto Wide(オートワイド)、Zoom1(ズーム1)およびZoom2(ズーム2)は、コンポーネントとDVI(HDCP)の入力信号タイ プが720pまたは1080iのときにのみ選択できます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 イメージサイズの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 時間の調節 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調節画面が表示されます。 Info Gridが、イメージサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) Set clock - 選択された表示のために現在の時間を設定します。(PC Time) - 現在の時間を変更するには、最初にPCの時間を変更します。 2) Timer - Timer1、Timer2、Timer3 および Holiday Management を設定します。 3) Timer が有効になっているかどうかを表示します。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 タイムコントロールは、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 On Time Setup(オン時間設定)、TV Source(TV信号)機能はTVモデルのみで使用できます。 On Time Setup(オン時間設定)、MagicInfo Source(MagicInfo信号)機能はMagicInfoモデルのみで使用できます。 Time Timer と Holiday Management を設定します。 1. 1. Timer1、Timer2 および Timer3 の設定 1) On Time - 選択したモニターをオンにする時刻を時、分、および AM/PM で設定します。 2) Off Time - 選択したモニターをオフにする時刻を時、分、および AM/PM で設定します。 3) Volume - 選択したモニターがオンになったときの音量を選択します。 4) Source - 選択したモニターを音にしたときの外部入力信号を選択します。 5) Holiday - Holiday Management 機能を Timer に適用します。 6) Repeat - Once、EveryDay、Mon~Fri、Mon~Sat、Sat~Sun、および Manual のいずれかを選択できます。 z Once:Timer は 1 回だけ動作します。 z EveryDay:Timer 毎日繰り返します。 z Mon~Fri:Timer は月曜から金曜まで繰り返します。 z Mon~Sat:Timer は月曜から土曜まで繰り返します。 z Sat~Sun:Timer タイマーは土曜と日曜に動作します。 z Manual:タイマーを動作させる曜日を選択します。 2. Holiday Management の設定 Holiday Management 機能は、Timer でモニターをオンまたはオフにする日を指定します。 1) 日付を指定します。 2) Delete All - すべての休日を削除します。 3) Add - 指定した日付を追加します。 4) - 選択した行のスケジュールを削除します。 Holiday Management 機能は、Timer 設定メニューでオン/オフを切り替える事ができます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 タイムコントロールは、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 On Time モードで Source が TV に設定されているときに TV についてのみ有効になります。 On Time モードで Source が MagicInfo に設定されているときに、MagicInfo がインストールされているモデルでのみ 有効になります。 PIPPIP サイズ 1. メインアイコンのPIPをクリックすると、PIPの調節画面が表示されます。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 Info Gridが、PIPサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PIP Size(PIP サイズ) - 使用している表示の現在のPIPサイズを示します。 2) OFF - 選択された表示のPIPをOffにします。 3) Large - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズをLargeに変更します。 4) Small - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズをSmallに変更します。 5) Double1 - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 1変更します。 6) Double2 - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 2変更します。 7) Double3 (Picture By Picture) - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 3変更します。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 選択された表示の電源をOn/Offに切り替えます。 PIP PIP ソース 1. メインアイコンのPIPをクリックすると、PIPの調節画面が表示されます。 Info Gridが、PIPソースの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PIP Source - PIP サイズは、モニターの電源をOnにして調節することができます。 2) PC - 選択された表示のPIPソースをPCに切り替えます。 3) BNC - 選択された表示のPIPソースをBNCに切り替えます。 4) DVI - 選択された表示のPIPソースをDVIに切り替えます。 5) TV - 選択された表示のPIPソースをTVに切り替えます。 6) DTV - 選択された表示のPIPソースをDTVに切り替えます。 7) AV - 選択された表示のPIPソースをAVに切り替えます。 8) S-Video - 選択された表示のPIPソースをS-Videoに切り替えます。 9) コンポーネント - 選択された表示のPIPソースをコンポーネントに切り替えます。 10) HDMI1 / HDMI2 - 選択された表示のPIPソースをHDMIに切り替えます。 11) DP - 選択したディスプレイの PIP 入力信号を DP に切り替えます。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 主画面の外部入力信号タイプによって、同時画面外部入力が選択できないことがあります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 同時画面コントロール機能は、電源ステータスおよび同時画面機能がオンのディスプレイで利用可能です。 設定の調整 ピクチャー 1. メインアイコンの時間をクリックすると、設定の調整画面が表示されます。Picture を調整するのに必要な基本情報がメインメニューに表示されます。接続したモニターの 1 台を選択するとそのモニタ ーの設定が表示され、All および Select をクリックしてすべてのモニターを選択するとデフォルト設定が表示されます。この画 面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) Picture(ピクチャー) - AV, S-Video, コンポーネント, HDMI1, HDMI2, DVIにのみ有効となります。 2) Contrast(コントラスト) - 選択された表示のコントラストを調整します。 3) Brightness(明るさ) - 選択された表示の明るさを調整します。 4) Sharpness(鮮明さ) - 選択された表示の鮮明さを調整します。 5) Color(色) - 選択された表示の色を調整します。 6) Tint(濃淡) - 選択された表示の濃淡を調整します。 7) Color Tone(色温度) - 選択したディスプレイの Color Tone を調整します。 8) Color Temp - 選択されたディスプレイのColor Tempを調整します。 9) Brightness Sensor - 選択されたディスプレイのBrightness Sensorを調整します。 10) Dynamic Contrast - 選択されたディスプレイのDynamic Contrastを調整します。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 Brightness Sensor は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 色温度 がオフに設定されている場合にのみ有効になります。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整 ピクチャーPC 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。 調整の必要な基本情報が表示されます。ディスプレイの ID を選択すると対応する SET の設定がインポートされてスライダ に表示され、All および Select をクリックしてすべてのディスプレイ ID を選択するとデフォルト設定が表示されます。この画 面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) ピクチャーPC - PC、BNC、DVI および DP でのみ使用できます。 2) Contrast(コントラスト) - 選択された表示のコントラストを調整します。 3) Brightness(明るさ) - 選択された表示の明るさを調整します。 4) Red - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Red) 5) Green - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Green) 6) Blue - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Blue) 7) Color Tone - 選択したディスプレイの Color Tone を調整します。 8) Color Temp - 選択されたディスプレイのColor Tempを調整します。 9) Brightness Sensor - 選択されたディスプレイのBrightness Sensorを調整します。 10) Dynamic Contrast - 選択されたディスプレイのDynamic Contrastを調整します。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 Brightness Sensor は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 色温度 がオフに設定されている場合にのみ有効になります。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整オーディオ(Audio) 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。 Audio を調整するのに必要な基本情報ディスプレイ ウィンドウに表示されます。ディスプレイの ID を選択すると対応する SET の設定がインポートされてスライダに表示され、All および Select をクリックしてすべてのディスプレイ ID を選択するとデフォ ルト設定が表示されます。この画面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) Audio(オーディオ) - すべての入力ソースのために、オーディオ設定をコントロールします。 2) Bass(低音) - 選択された表示の低音を調整します。 3) Treble(高音) - 選択された表示の高音を調整します。 4) Balance(バランス) - 選択された表示のバランスを調整します。 5) SRS TS XT - 選択された表示のSRS TS XTサウンドのOn/Off。 6) 音の選択 - PIP がオンの場合、メインまたはサブのどちらかを選択することができます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整 イメージロック 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。Info Gridが、時間の調整に必要な基本情報を表示します。 1) イメージロック - PC, BNCにのみ有効。 2) Coarse(粗調整) - 選択された表示の粗調整を調整します。 3) Fine(微調整) - 選択された表示の微調整を調整します。 4) Position(場所) - 選択された表示の場所を調整します。 5) Auto Adjustment(Auto (オート)調整) - 入ってくるPC信号に対して自動調整する。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 設定の調整は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 メンテナンス ランプコントロール 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。数種の基本データ項目を示す“インフォグリッド”が表示されます。 1) Maintenance(メンテナンス) - すべての外部入力に対してメンテナンスコントロール機能を許可します。 2) Lamp Control(ランプコントロール) - 選択したディスプレイのバックライトを一定時間自動的に調整します。 Auto Lamp Control を使用して調整すると、Manual Lamp Control が自動的にオフになります。 - 選択したディスプレイのバックライトを、時間に関わらず調整できるようにします。 Manual Lamp Control を使用して調整すると、Auto Lamp Control が自動的にオフになります。 3) Ambient Light - 指定したモニター周辺の光の強さを検出して、画像の明るさを自動的に調整します。 - Reference 値を指定して、周囲の光の強さに基づいて Lamp Value (ランプからの光の強度) を自動的に決定するモニター を指定できます。 Ambient Light は輝度センサーのあるモデルでのみサポートされ、Lamp Control メニューでAmbient Brightness Mode が選択されているときにのみ有効になります。 Auto Lamp Control および Manual Lamp Control は、Lamp Control メニューで User Control Mode が選択され ているときにのみ有効になります。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンス Scroll 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。1) Scroll - この機能は、選択されたディスプレイ上に長時間静止画が表示されたときに発生する残像を除去するのに使用します。 2) Pixel Shift - これによって、画面の位置を指定した時間間隔で細かく動かすことができます。 3) Safety Screen - Safety Screen (安全画面) 機能は、静止画がモニター上に長時間表示されたときに発生する残像を防止するのに使用 します。 Interval (間隔) 項目は繰り返しのサイクルを時間単位で指定するのに使用し、Time (時刻) 項目は Safety Screen (安全画面) 機能を実行する時刻を設定するのに使用します。 Type (タイプ) 項目は、Scroll (スクロール)、Pixel (ピクセル)、Bar (バー)、Eraser (消去)、All White (オールホワイト)、 または Pattern (パターン) のいずれかに設定できます。 4) Safety Screen2 - この機能は、残像の発生を防止するのに使用します。5 種類のタイプから選択して、この機能を制御することができます。 Scroll (スクロール) タイプの場合は、Time (時刻) 項目は 1、2、3、4 または 5 に設定できます。Bar (バー) および Eraser (消去) タイプの場合は、10、20、30、40 または 50 に設定できます。All White (オールホワイト) および Pattern (パターン) タイプの場合は、1、5、10、20 または 30 に設定できます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 メンテナンス Video Wall 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。1) Video Wall - Video Wall は、各スクリーンが画面全体の一部になるように表示したり、同じ画像を各スクリーンに繰り返し表示できるよ うに接続されたビデオスクリーンのセットです。 2) Video Wall Control - Video Wall プロパティを設定できます。 1) On / Off - 選択したディスプレイのビデオウォール機能のオン/オフを切り替えます。 2) Format - 分割したスクリーンを表示するフォーマットを選択できます。 z Full z Natural 3) Screen Divider - スクリーンは分割できます。 多数のスクリーンを異なるレイアウトや分割方法にすることができます。 z [Screen divider]からモードを選択します。 z [Display Selection]からディスプレイを選択します。 z 選択したモードの数字をオスと、配置が設定されます。 z 配置できるモニターの最大数: Horizontal X Vertical = 100 z 最大 15 台のモニターを 1 列に配置できます。Vertical を 15 に設定した場合の Horizontal の最大値は 6、Horizontal を 15 に設定した場合の Vertical の最大値は6 です。 4) 画面分割の表示 - Screen Divider 設定を使用して、画面のレイアウトを表示および変更できます。 Screen Divider 設定の範囲は、モデルによって異なります。 MagicInfo ではこの機能は動作しない場合があります。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 トラブルシューティング 1. コントロールしたい表示が、System Info Gridに示されません。 - RS232Cの接続を確認してください。(Com1 ポートに正しく接続されているか確認します。) - 他の表示の何れかが同じIDを持っているかどうか見るために表示を確認します。1つ以上の表示が同じIDを持っている場 合、データの衝突によりプログラムが、正しくそれらの表示を検出しません。 - 0~99 の設定 ID をサポートしているモニターについては、設定 ID を 0~99 の範囲の値に設定する必要があります。 <注意> モニターの 設定 ID が 0~99 の範囲の値であることを確認します (値はディスプレイ メニューを使用して設定します)。 2. コントロールしたい表示が、他のControl Info Gridsに示されません。 - 電源コードがしっかりと接続されているか確認してください。(System Info Gridの中でこれを確認します。) - 表示の入力ソースを変更できるか確認してください。 3. ダイアログボックスが、繰り返し表示されます。 - 調節したい表示が、選択されているかどうか確認します。 4. On Timer と Off Timerの両方が送られても異なる時間が表示されている。 - 現在の時間を調整して、表示時計を同期化します。 5. リモート機能をオフにして、RS-232Cケーブルの接続を切り、不定期にプログラムを終了すると、リモートは、正しく機能しない ことがあります。プログラムを再起動し、通常の機能を元に戻すために、リモート機能を再び実行します。 <注意> このプログラムは、通信回路の問題、または電子機器からの障害が生じた場合、うまく機能しない場合があります。 マルチディスプレイモードにおける設定画面を表示する 接続している画面が一つ以上ある場合、設定値は、以下のように表示されます。 1. 選択なし:工場出荷時の値を表示する。 2. 選択された一つの表示:選択された表示のために設定値を持ってきて表示する。 3. 選択された一つの画面 (ID1) と追加された他の画面 (ID3):ID 1の設定値を表示していたプログラムが、ID3の値を持ってき て表示します。 4. All および Select をクリックしてすべての設定を同時に選択すると、デフォルト値に戻ります。準準 シシシシ デ デー 通通の仕様 RS-232C 使使すす従従の方方とと異なな、イ イイイイ ー 機機が追追さささささす。 IP シアアアを入入しさ、1 台台の表表デデイアと PC を接続しさす。さささ表表デデイアを接続すすさと、RS-232C シ シシシ ケ ケシ ー を使使しさす。上の図を参照しさししささ。 メイメ画面 Start > Program > Samsung > MDC System シアシシをクシイクしさププププシを開開しさす。 セイイを選択しさ、アプイス内で選択さささセイイのボシボ シー を見さす。 Ehternet MDC メイメシイメメ Lamp Control Add a Device デデアプアイ選択 Remote Control All Safety Lock メメイプ シコ シ ー ー Fault Device Alert OSD Display 1. メイメシイメメを使使しさ、そさそさの画面さ切ながえさす。 2. モモデーさ設設さささ IP シアアアを入入すすとデデイアを追追ででさす。 3. 表表装置の機機を受通すすシモ イメメイプ シ ー ー 通号を有効ささと無効さすすにとがででさす。 4. プイク機機の設設。 5. モモデーさ接続ででなさ場場さと、電電メ シー で結結を転送すす機機がオメささとオオさななさす。 6. Lamp 調調モ アー を選択しさす。 7. デデアプアイ選択かさデデアプアイを選択しさす。 8. すすさのモモデーを選択ささと選択解解ででさす。 9. メメイプ シコ シ ー ー を使使しさ、表表を調調しさす。 10. OSD 機機の On/Off を切な替えさす。 - 製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 <注注> シモ イメメイプ シ ー ー の有効/無効機機と、電電がOnでがすかOffでがすかを操操しさす。にさと、MDCさ 接続さささ表表さがすすすささ適使さささす。但し、アシ デア ー さ関係なし、MDCがシシイイスシメしさ さす時と、すすさの表表機機を受通すすシモ イメメイプ シ ー ー 通号が、MDCが閉じささす時さ有効となす によさ初初初さささささす。 Add a Device 1. IP Adress -> ADD -> OK System 1. メイメ メモボーで System をクシイクしさ、シアシシ調調画面を開でさす。 Info Gridが、電電の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) 電電のアシ デア ー 2) Input 3) Image Size 4) On Timer 5) Off Timer 2. Select ボデメささとチチイクボイクアを使使しさ調調しささデデアプアイを選択しさす。 電電調調さにな、選択さささ表表のがす機機を調調すすにとがででさす。 1) Power (電電) On/Off - 選択さささ表表の電電をOn/Offさ切な替えさす。 2) ボシボ シー の調調 (イシメアモデシのの) - 選択さささ表表のボシボ シアボシ ー を調調しさす。選択さささ表表のボシボ シアボシ ー をセイイかさ受通しさ、ア プイスさ表表しさす。(1 台ささとすすさのデデアプアイの選択を解解しさ場場さと、デオデシイ値の 10 さ戻な さす。) 3) Mute(ミボ イー )のOn/Off (イシメアモデシのの) - 選択さささ表表のミボ イー をOn/Offさ切な替えさす。選択さささセイイが、すでさMUTEさ設設ささささすなさ ば、がすとで一つのセイイを選択すす場場さ、 MUTEデデアプアイさ印をつをす必必ががなさす。(選択を取な 消す、ささと、すすさ選択を選択すすと、その値と、デオデシイ値さ戻なさす。) Volume機機とMute機機と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 3. OSD Display メモボーを使使しさメモボー画面を表表すすか否かを選択しさす。 1) Source OSD - 入入通号の OSD を表表しさ Source が変更さささとでさ表表すすか否かを設設しさす。 2) Not Optimum Mode OSD - 現現のモ アー がイサ イー ささささすかさよかを表すさすさ、最適なモ アー の OSD を表表すすか否かを設設しさ す。 3) No Signal OSD - 通号なし OSD を表表しさ入入通号がなさにとを表すか否かを設設しさす。 4) MDC OSD - MDC を使使しさ設設が変更さささにとを表すのさ、MDC OSD を表表すすか否かを設設しさす。 Network 1) 追追すすデデイアを Select All ささと Clear All しさす。ささと選択しさデデイアを Refresh ささと Delete しさす。 2) 接続しさモモデーの IP Address、ID (イ イイイイ ー ささとシシシシ)、Mac Address おにお接続続態が表表さささす。 3) 自自自さ DHCP IP が設設ささささすかさよかを確確し、IP シアアアを設設すすにとがででさす。 4) 選択しさモモデーの IP Address、Subnet おにお Gateway を自自ささと手自で設設しさ適使すすにとがででさす。 入入ソ アー の調調 1. メイメシイメメの入入ソ アー をクシイクすすと、入入ソ アー 調調画面が表表さささす。 Select ボデメささとチチイクボイクアを使使しさ調調しささデデアプアイを選択しさす。 • TV モ アー• PC モ アー Info Gridが、入入ソ アー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) PC - 選択さささ表表の入入ソ アー をPCさ切な替えさす。 2) BNC - 選択さささ表表の入入ソ アー をBNCさ切な替えさす。 3) DVI - 選択さささ表表の入入ソ アー をDVIさ切な替えさす。 4) TV - 選択さささ表表の入入ソ アー をTVさ切な替えさす。 5) DTV - 選択さささ表表の入入ソ アー をDTVさ切な替えさす。 6) AV - 選択さささ表表の入入ソ アー をAVさ切な替えさす。 7) S-Video - 選択さささ表表の入入ソ アー をS-Videoさ切な替えさす。 8) メメサ イメイ ー - 選択さささ表表の入入ソ アー をメメサ イメイ ー さ切な替えさす。 9) MagicInfo - MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 10) HDMI1/HDMI2 - 選択さささ表表の入入ソ アー をHDMIさ切な替えさす。 11) DP - 選択しさ Display の入入通号を DP さ切な替えさす。 12) Channel - Input Source(入入通号)がTVのとで、チシメイシの矢印が表表さささす。 HDMI2 と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 DP と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 TV通号とTV機機のがす製製でのの選択でで、チシメイシの制制と入入通号がTVのとでさのの行えさす。 入入ソ アー の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 イメ イイイイ ー の調調 PC, BNC, DVI, DP 1. メイメシイメメのイメ イイイイ ー をクシイクすすと、イメ イイイイ ー 調調画面が表表さささす。 Info Gridが、イメ イイイイ ー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) Power(電電) - 現現の表表の電電アシ デア ー を調調しさす。 2) Image Size(イメ イー のイイイ) - 使使しささす表表の現現のイメ イイイイ ー を表しさす。 3) Input - 基基プシイアと、入入通号が PC、BNC、DVI おにお DP のとでさのの表表さささす。 4) PC Source - イメ イイイイ ー をクシイクすすと、PC、BNC、DVIデケが最初さ表表さささす。 - Image Size 制制ボデメと、PC、BNC、DVI おにお DP で使使でです Image Size を制制しさす。 5) Video Source - AV、S-Videoとメメサ イメイデケ ー をクシイクしさ、そさそさの入入ソ アー のイメ イイイイ ー を調調しさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 イメ イイイイ ー の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。製製さににさと DP とイサ イー さささささささ。 イメ イイイイ ー の調調 TV, AV, S-Video, Component, DVI(HDCP), HDMI1, HDMI2, DTV 1. メイメシイメメのイメ イイイイ ー をクシイクすすと、イメ イイイイ ー 調調画面が表表さささす。 Info Gridが、時時の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 ささと DTV モ アー で Image Size を調調すすさと、Video Source デケをクシイクしさす。選択ボデメを使使すすかチチイクボイクアをチチイクしさ、調調すすデデアプシを選択しさ す。 2) 基基プシイアと、入入通号としさ TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 ささと DTV ががすデデアプアイ ののを表表しさす。 3) 選択さささ表表のイメ イイイイ ー をプメスシさ切な替えさす。 4) 画面モ アー とTV (PAL のの) が接続さささささ、Image Size (画像イイイ) 項台が Auto Wide (オ イオイア ー ) さ設設さ さささすとでさのの調調ででさす。 Custom と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 Auto Wide(オ イオイア ー )、Zoom1(イ シー 1)おにおZoom2(イ シー 2)と、メメサ イメイ ー とDVI(HDCP)の 入入通号デイプが720pささと1080iのとでさのの選択ででさす。 (Auto Wide モ アー と、TV、AV、おにお S-Video でのの使使ででさす。) MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 イメ イイイイ ー の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 時時の調調 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。 Info Gridが、イメ イイイイ ー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) Set clock - 選択さささ表表のさすさ現現の時時を設設しさす。(PC Time) - 現現の時時を変更すすさと、最初さPCの時時を変更しさす。 2) Timer - Timer1、Timer2、Timer3 おにお Holiday Management を設設しさす。 3) Timer が有効さなにささすかさよかを表表しさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 デイシメメイプ シー と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 On Time Setup(オメ時時設設)、TV Source(TV通号)機機とTVモデシのので使使ででさす。 On Time Setup(オメ時時設設)、MagicInfo Source(MagicInfo通号)機機とMagicInfoモデシのので使使でで さす。 Time Timer と Holiday Management を設設しさす。 1. 1. Timer1、Timer2 おにお Timer3 の設設 1) On Time - 選択しさモモデーをオメさすす時時を時、分、おにお AM/PM で設設しさす。 2) Off Time - 選択しさモモデーをオオさすす時時を時、分、おにお AM/PM で設設しさす。 3) Volume - 選択しさモモデーがオメさなにさとでの音音を選択しさす。 4) Source - 選択しさモモデーを音さしさとでの外外入入通号を選択しさす。 5) Holiday - Holiday Management 機機を Timer さ適使しさす。 6) Repeat - Once、EveryDay、Mon~Fri、Mon~Sat、Sat~Sun、おにお Manual のさのさかを選択ででさす。 z Once:Timer と 1 回しを自操しさす。 z EveryDay:Timer 毎日日な返しさす。 z Mon~Fri:Timer と月月かさ金月さで日な返しさす。 z Mon~Sat:Timer と月月かさ土月さで日な返しさす。 z Sat~Sun:Timer デイターと土月と日月さ自操しさす。 z Manual:デイターを自操ささす月日を選択しさす。 2. Holiday Management の設設 Holiday Management 機機と、Timer でモモデーをオメささとオオさすす日を指設しさす。 1) 日日を指設しさす。 2) Delete All - すすさのイ日を削解しさす。 3) Add - 指設しさ日日を追追しさす。 4) - 選択しさ行のアケイボ シー を削解しさす。 Holiday Management 機機と、Timer 設設メモボーでオメ/オオを切な替えす事がででさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 デイシメメイプ シー と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 On Time モ アー で Source が TV さ設設ささささすとでさ TV さつささのの有効さななさす。 On Time モ アー で Source が MagicInfo さ設設ささささすとでさ、MagicInfo がイメアイ シー ささささすモデシで のの有効さななさす。 PIP PIP イイイ1. メイメシイメメのPIPをクシイクすすと、PIPの調調画面が表表さささす。 Select ボデメささとチチイクボイクアを使使しさ調調しささデデアプアイを選択しさす。 Info Gridが、PIPイイイの調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) PIP Size(PIP イイイ) - 使使しささす表表の現現のPIPイイイを表しさす。 2) OFF - 選択さささ表表のPIPをOffさしさす。 3) Large - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイをLargeさ変更しさす。 4) Small - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイをSmallさ変更しさす。 5) Double1 - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイを Double 1変更しさす。 6) Double2 - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイを Double 2変更しさす。 7) Double3 (Picture By Picture) - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイを Double 3変更しさす。 PIP Size と、LCD デデアプアイの電電をオメさしさとでさ制制すすにとがででさす。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 選択さささ表表の電電をOn/Offさ切な替えさす。 PIP PIP ソ アー 1. メイメシイメメのPIPをクシイクすすと、PIPの調調画面が表表さささす。 Info Gridが、PIPソ アー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) PIP Source - PIP イイイと、モモデーの電電をOnさしさ調調すすにとがででさす。 2) PC - 選択さささ表表のPIPソ アー をPCさ切な替えさす。 3) BNC - 選択さささ表表のPIPソ アー をBNCさ切な替えさす。 4) DVI - 選択さささ表表のPIPソ アー をDVIさ切な替えさす。 5) TV - 選択さささ表表のPIPソ アー をTVさ切な替えさす。 6) DTV - 選択さささ表表のPIPソ アー をDTVさ切な替えさす。 7) AV - 選択さささ表表のPIPソ アー をAVさ切な替えさす。 8) S-Video - 選択さささ表表のPIPソ アー をS-Videoさ切な替えさす。 9) メメサ イメイ ー - 選択さささ表表のPIPソ アー をメメサ イメイ ー さ切な替えさす。 10) HDMI 1/HDMI2 - 選択さささ表表のHDMI 1/HDMI2ソ アー をS-Videoさ切な替えさす。 11) DP - 選択しさデデアプアイの PIP 入入通号を DP さ切な替えさす。 主画面の外外入入通号デイプさににさ、同時画面外外入入が選択ででなさにとががなさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 同時画面メメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー おにお同時画面機機がオメのデデアプアイで利使利機です。 製製さににさと HDMI2 とイサ イー さささささささ。 製製さににさと DP とイサ イー さささささささ。 設設の調調 ピクチシー 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、設設の調調画面が表表さささす。Picture を調調すすのさ必必な基基基基がメイメメモボーさ表表さささす。接続しさモモデーの 1 台を選択すすとそ のモモデーの設設が表表ささ、All おにお Select をクシイクしさすすさのモモデーを選択すすとデオデシイ設設が表 表さささす。にの画面でがささを変更すすと、現現のモ アー が自自自さカアデシ モ アー さ切な替わなさす。 1) Picture(ピクチシー) - AV, S-Video, メメサ イメイ ー , HDMI1, HDMI2, DVIさのの有効とななさす。 2) Contrast(メメイプアイ) - 選択さささ表表のメメイプアイを調調しさす。 3) Brightness(明すさ) - 選択さささ表表の明すさを調調しさす。 4) Sharpness(鮮明さ) - 選択さささ表表の鮮明さを調調しさす。 5) Color(色) - 選択さささ表表の色を調調しさす。 6) Tint(濃濃) - 選択さささ表表の濃濃を調調しさす。 7) Color Tone(色温度) - 選択しさデデアプアイの色温度を調調しさす。 8) Color Temp - 選択さささデデアプアイのColor Tempを調調しさす。 9) Brightness Sensor - 選択さささデデアプアイのBrightness Sensorを調調しさす。 10) Dynamic Contrast - 選択さささデデアプアイのDynamic Contrastを調調しさす。 Brightness Sensor と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 色温度 がオオさ設設ささささす場場さのの有効さななさす。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 にの機機と電電アシ デア ー がオメのデデアプアイのの使使利機です。ささ、何も選択ささささなさ場場、工場工工時 のデオデシイ値が表表さささす。 設設の調調 ピクチシーPC 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。調調の必必な基基基基が表表さささす。デデアプアイの ID を選択すすと対対すす SET の設設がイメサ イー さささ アプイスさ表表ささ、All おにお Select をクシイクしさすすさのデデアプアイ ID を選択すすとデオデシイ設設が表 表さささす。にの画面でがささを変更すすと、現現のモ アー が自自自さカアデシ モ アー さ切な替わなさす。 1) ピクチシーPC - PC、BNC、DVI おにお DP でのの使使ででさす。 2) Contrast(メメイプアイ) - 選択さささ表表のメメイプアイを調調しさす。 3) Brightness(明すさ) - 選択さささ表表の明すさを調調しさす。 4) Red - 選択さささ表表の色の温度を調調しさす。 (Red) 5) Green - 選択さささ表表の色の温度を調調しさす。 (Green) 6) Blue - 選択さささ表表の色の温度を調調しさす。 (Blue) 7) Color Tone - 選択さささデデアプアイのColor Toneを調調しさす。 8) Color Temp - 選択さささデデアプアイのColor Tempを調調しさす。 9) Brightness Sensor - 選択さささデデアプアイのBrightness Sensorを調調しさす。 10) Dynamic Contrast - 選択さささデデアプアイのDynamic Contrastを調調しさす。 Brightness Sensor と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 色温度 がオオさ設設ささささす場場さのの有効さななさす。 にの機機と電電アシ デア ー がオメのデデアプアイのの使使利機です。ささ、何も選択ささささなさ場場、工場工工時 のデオデシイ値が表表さささす。 製製さににさと DP とイサ イー さささささささ。 設設の調調 オ デデオ ー (Audio) 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。Audio を調調すすのさ必必な基基基基デデアプアイ シデメアシさ表表さささす。デデアプアイの ID を選択すすと対 対すす SET の設設がイメサ イー さささアプイスさ表表ささ、All おにお Select をクシイクしさすすさのデデアプアイ ID を選択すすとデオデシイ設設が表表さささす。にの画面でがささを変更すすと、現現のモ アー が自自自さカアデ シ モ アー さ切な替わなさす。 1) Audio(オ デデオ ー ) - すすさの入入ソ アー のさすさ、オ デデオ ー 設設をメメイプ シー しさす。 2) Bass(低音) - 選択さささ表表の低音を調調しさす。 3) Treble(高音) - 選択さささ表表の高音を調調しさす。 4) Balance(デプメア) - 選択さささ表表のデプメアを調調しさす。 5) SRS TS XT - 選択さささ表表のSRS TS XTイシメアのOn/Off。 6) 音の選択 - PIP がオメの場場、メイメささとイケのさのさかを選択すすにとがででさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 にの機機と電電アシ デア ー がオメのデデアプアイのの使使利機です。ささ、何も選択ささささなさ場場、工場工工時の デオデシイ値が表表さささす。 設設の調調 イメ イプイク ー 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。Info Gridが、時時の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) イメ イプイク ー - PC, BNCさのの有効。 2) Coarse(粗調調) - 選択さささ表表の粗調調を調調しさす。 3) Fine(微調調) - 選択さささ表表の微調調を調調しさす。 4) Position(場場) - 選択さささ表表の場場を調調しさす。 5) Auto Adjustment(Auto (オ イー )調調) - 入にさしすPC通号さ対しさ自自調調すす。 Maintenance 制制機機と、電電アシ デア ー がオメさなにささすデデアプアイさつささのの使使ででさす。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 設設の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 メメシメメア プメプメメイプ シー 1. メイメシイメメ欄の“メメシメメア”シイメメをクシイクしさメメシメメア画面を表表しさす。数種の基基デ デー 項台を表す“イメオデプシイア”が表表さささす。 1) Maintenance(メメシメメア) - すすさの外外入入さ対しさメメシメメアメメイプ シー 機機を許利しさす。 2) Lamp Control(プメプメメイプ シー ) - 選択しさデデアプアイのデイクプイイを一設時時自自自さ調調しさす。 手自プメプメメイプ シー 機機を利使しさ調調しさ場場、自自プメプメメイプ シー 機機と自自自さオオさななさす。 - 選択しさデデアプアイのデイクプイイを、時時さ関わさの調調でですによさしさす。 手自プメプメメイプ シー 機機を利使しさ調調しさ場場、自自プメプメメイプ シー 機機と自自自さオオさななさす。 3) Ambient Light - 指設しさモモデー周辺の光の強さを検工しさ、画像の明すさを自自自さ調調しさす。 - Reference 値を指設しさ、周囲の光の強ささ基づささ Lamp Value (プメプかさの光の強度) を自自自さ決設すすモ モデーを指設ででさす。 Ambient Light とチ度セメイーのがすモデシでののイサ イー ささ、Lamp Control メモボーでAmbient Brightness Mode が選択ささささすとでさのの有効さななさす。 Auto Lamp Control おにお Manual Lamp Control と、Lamp Control メモボーで User Control Mode が選択さ さささすとでさのの有効さななさす。 メメシメメアメメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー がオメのデデアプアイで利使利機です。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 メメシメメア Scroll 1. メイメシイメメ欄の“メメシメメア”シイメメをクシイクしさメメシメメア画面を表表しさす。1) Scroll - にの機機と、選択さささデデアプアイ上さ長時時静止画が表表さささとでさ発生すす残像を解除すすのさ使使 しさす。 2) Pixel Shift - にささににさ、画面の位置を指設しさ時時時時で細かし自かすにとがででさす。 3) Safety Screen - Safety Screen (安安画面) 機機と、静止画がモモデー上さ長時時表表さささとでさ発生すす残像を防止すすのさ 使使しさす。 Interval (時時) 項台と日な返しのイイクシを時時単位で指設すすのさ使使し、Time (時時) 項台 と Safety Screen (安安画面) 機機を実行すす時時を設設すすのさ使使しさす。 Type (デイプ) 項台と、Scroll (アクプ シー )、Pixel (ピクセシ)、Bar (デー)、Eraser (消除)、All White (オ シオオ ー イイ)、ささと Pattern (パデ メー ) のさのさかさ設設ででさす。 4) Safety Screen2 - にの機機と、残像の発生を防止すすのさ使使しさす。5 種種のデイプかさ選択しさ、にの機機を制制すすにとがで でさす。 Scroll (アクプ シー ) デイプの場場と、Time (時時) 項台と 1、2、3、4 ささと 5 さ設設ででさす。Bar (デー) おにお Eraser (消除) デイプの場場と、10、20、30、40 ささと 50 さ設設ででさす。All White (オ シオオイイ ー ) おにお Pattern (パデ メー ) デイプの場場と、1、5、10、20 ささと 30 さ設設ででさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 メメシメメアメメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー がオメのデデアプアイで利使利機です。 メメシメメア Video Wall 1. メイメシイメメ欄の“メメシメメア”シイメメをクシイクしさメメシメメア画面を表表しさす。1) Video Wall - ビデオシデ シー と、各アクシ メー が画面安面の一外さなすによさ表表しさな、同じ画像を各アクシ メー さ日な返し 表表でですによさ接続さささビデオアクシ メー のセイイです。 2) Video Wall Control - Video Wall ププパシデを設設ででさす。 1) On / Off - 選択しさデデアプアイのビデオシデ シー 機機のオメ/オオを切な替えさす。 2) Format - 分分しさアクシ メー を表表すすオデ タイイ ー を選択ででさす。 z Full z Natural 3) Screen Divider - アクシ メー と分分ででさす。 多数のアクシ メー を異なすアイシシイや分分方方さすすにとがででさす。 z [Screen divider]かさモ アー を選択しさす。 z [Display Selection]かさデデアプアイを選択しさす。 z 選択しさモ アー の数字をオアと、配置が設設さささす。 z 配置でですモモデーの最最数: Horizontal X Vertical = 100 z 最最 15 台のモモデーを 1 列さ配置ででさす。Vertical を 15 さ設設しさ場場の Horizontal の最最値と 6、 Horizontal を 15 さ設設しさ場場の Vertical の最最値と6 です。 4) 画面分分の表表 - Screen Divider 設設を使使しさ、画面のアイシシイを表表おにお変更ででさす。 Screen Divider 設設の範囲と、モデシさににさ異ななさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 メメシメメアメメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー がオメのデデアプアイで利使利機です。 イプケシシボ シデメプ ー 1. メメイプ シー しささ表表が、System Info Gridさ表さささささ。 - 入入しさ IP シアアアが正しさにとを確確し、イ イイイイ ー ケ ケシ ー の接続続態をチチイクしさす。 - 他の表表の何さかが同じIDを持にささすかさよか見すさすさ表表を確確しさす。1つ以上の表表が同じIDを持に ささす場場、デ デー の衝衝さになププププシが、正ししそささの表表を検工しさささ。 - 0~99 の設設 ID をイサ イー しささすモモデーさつささと、設設 ID を 0~99 の範囲の値さ設設すす必必ががなさ す。. <注注>モモデーの 設設 ID が 0~99 の範囲の値でがすにとを確確しさす (値とデデアプアイ メモボーを使使しさ設設 しさす)。 2. メメイプ シー しささ表表が、他のControl Info Gridsさ表さささささ。 - 電電メ アー がしにかなと接続ささささすか確確しさししささ。(System Info Gridの中でにさを確確しさす。) - 表表の入入ソ アー を変更でですか確確しさししささ。 3. スイシププボイクアが、日な返し表表さささす。 - 調調しささ表表が、選択ささささすかさよか確確しさす。 4. On Timer と Off Timerの両方が送さささも異なす時時が表表ささささす。 - 現現の時時を調調しさ、表表時表を同初初しさす。 5. シモ イー 機機をオオさしさ、RS-232Cケ ケシ ー の接続を切な、不設初さププププシを終終すすと、シモ イー と、正し し機機しなさにとががなさす。ププププシを再再自し、通通の機機を元さ戻すさすさ、シモ イー 機機を再お実行しさ す。 <注注> にのププププシと、通通回通の問問、ささと電電機電かさの障障が生じさ場場、よさし機機しなさ場場ががな さす。 タシチデデアプアイモ アー さおをす設設画面を表表すす 接続しささす画面が一つ以上がす場場、設設値と、以以のによさ表表さささす。 1. 選択なし:工場工工時の値を表表すす。 2. 選択さささ一つの表表:選択さささ表表のさすさ設設値を持にさでさ表表すす。 3. 選択さささ一つの画面 (ID1) と追追さささ他の画面 (ID3):ID 1の設設値を表表しさささププププシが、ID3の値を持 にさでさ表表しさす。4. All おにお Select をクシイクしさすすさの設設を同時さ選択すすと、デオデシイ値さ戻なさす。LCD ディスプレイの調整 入力 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 外部入力 MENU → ENTER → → ENTER → → , → ENTER PC、HDMI または LCD ディスプレイに接続されているその他の外部入力信号を選択して使 用します。使用する画面を選択します。 1. PC 2. AV 3. コンポ一ネント 4. HDMI 5. MagicInfo 同時画面 注意 同時画面 機能は 画像分割 が オン のときには使用できません。VCR または DVD のような外部 AV 装置を LCD ディスプレイに接続するときには、同時画 面 によってこれらの装置からのビデオを PC ビデオ信号にスーパーインポーズされる小さ なウィンドウで観ることができます。オフ/オン MENU → ENTER → → → ENTER → 注意 " モニターが外部ソースに切り替わると、PIP はオフになります。 " サイズ で 、 、 を選択した場合は、ポジション および 透明 は無効になり ます。 同時画面 MENU → ENTER → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 同時画面 画面のオフ/オンを切り替えます。 " オフ " オン 外部入力 MENU → ENTER → → →ENTER → → →ENTER → → , → ENTER 注意 PC では、ケーブルが接続されていない場合には無効になります。 PIP の入力ソースを選択します。 " PCHDMI " HDMI :PC LCD ディスプレイの調整サイズ MENU → ENTER → → →ENTER → → → →ENTER → → , → ENTER PIP ウィンドウの Size(サイズ)を変更します。 ポジション MENU → ENTER → → →ENTER → → → → →ENTER → → , → ENTER PIP ウィンドウの Position(位置)を変更します。 透明 MENU → ENTER → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER PIP ウィンドウの透明度を調整します。 " 高 " 中 " 低 LCD ディスプレイの調整 " 不透明 外部入力名編集 MENU → ENTER → → ENTER → → → → , → ENTER 入力信号の選択を簡単にするために、入力ジャックに接続されている入力機器に名前を付 けます。 VTR/ DVD / ケーブル STB / デジタル STB/ 衛星放送チューナー /AV レシーバー / DVD プ レーヤー/ ゲーム / DVC/ DVD コンボ/DVD+HDD/ PC / DVI 裝置 注意 " ディスプレイ デバイスは外部入力モードによって異なります。 " PC を HDMI 端子に接続しているときは、外部入力名編集 を PC に設定します。その他 の場合には、外部入力名編集 を AV に設定します。ただし、640x480、720P (1280x720) および 1080p (1920x1080) は AV と PC に共通する信号であるため、外部入力名編集 を入力信号に合わせて設定するようにしてください。 " [映像] メニューは、入力信号と [外部入力名編集] によって変わります。 映像 [PC / MagicInfo モード] 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 MagicBright MENU → → ENTER → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER MagicBright は、表示している画像の内容に合わせて最適な表示環境を提供するための機 能です。現在使用できる 4 つのモード:エンターテイメント、インターネット、テキスト および ユーザー調整。各モードには、固有の輝度値が設定されています。 注意 1. エンターテイメント 高輝度 DVD や VCR などの動画を見るためのモードです。 2. インターネット 中輝度 テキストとグラフのように、画像が混在するものを扱う場合のモードです。 3. テキスト 通常の輝度 文書や大量のテキストを扱う作業用です。 4. ユーザー調整 値は弊社エンジニアが慎重に選択していますが、事前に設定された値では快適な表示 にならない場合があります。 この場合、OSD メニューを使用して輝度とコントラストを調整します。 ユーザー調整 オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す ることができます。 MENU → → ENTER → → → ENTER → 注意 " ユーザー調整 機能を使用して画像を調整すると、MagicBright は ユーザー調整 モー ドに変わります。 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. コントラスト MENU → → ENTER → → → ENTER → → ENTER→ LCD ディスプレイの調整 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。→ , → ENTER コントラストを調整します。 2. 明るさ MENU → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 輝度を調整します。 3. シャープネス MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER シャープネスを調整します。 色温度 MENU → → ENTER → → → →ENTER → → , → ENTER 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 色温度を変更できます。 1. オフ 2. 青色系 3. 標準 4. 赤色系 LCD ディスプレイの調整5. ユーザー調整 注意 [色温度] を [青色系]、[標準]、[赤色系] または [ユーザー調整] に設定すると、Color Temp. 機能が無効になります。 色温度 を オフ に設定している場合は、カラー調整 機能は無効になります。 カラー調整 赤、緑、青のそれぞれの色バランスを調整します。 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. 赤 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 2. 緑 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 3. 青 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER Color Temp. MENU → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。 注意 ダイナミックコントラスト モードと 色温度 が オフ になっているときには、この機能が 有効になります。 LCD ディスプレイの調整画面調整 画面調整 は、ゆらぎやちらつきのある不安定な映像の原因となるノイズを取り除くことに より、最適な映像を得るための微調整に使用します。細密調整を使用して満足な結果が得 られない場合には、粗調整による調整を行ってから再度細密調整を行ってください。 注意 PC モードでのみ使用可 MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → 粗調整 MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 縦縞などのノイズを除去します。粗調整では、画面イメージ領域が移動する場合がありま す。水平コントロール メニューを使用して、中央に位置を合わせることができます。 微調整 MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 横縞などのノイズを除去します。細密調整後もノイズが残る場合は、周波数 (クロック速 度) の調整を行ってから、調整し直してください。 ポジション MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , , , → ENTER 画面の水平および垂直位置を調整します。 自動調整 MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整微調整、粗調整、ポジション の値は自動的に調整されます。コントロールパネルで解像度 を変更すると、自動機能が実行されます。 注意 PC モードでのみ使用可 信号バランス 信号ケーブルが長いため弱くなっている RGB 信号を補強します。 MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → 注意 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 " PC モードでのみ使用可 信号バランス MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 信号バランスは オン または オフ のいずれかを選択します。 信号制御 MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → 1. R ゲイン MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 2. G ゲイン LCD ディスプレイの調整MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → ENTER→ → , → ENTER 3. B ゲイン MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → ENTER→ → , → ENTER 4. R オフセット MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → → ENTER→ → , → ENTER 5. G オフセット MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → → → ENTER→ → , → ENTER 6. B オフセット MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER サイズ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER サイズ は切り替えられます。 1. 16:9 2. 4:3 HDMI �しベル MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER HDMI で製品に接続した DVD またはセットトップ ボックスを観るときには、接続する外部 デバイスによって画質の劣化 (ブラック レベル、コントラストの低下、色調が薄くなる、 など) が発生する場合があります。 1. 標準 2. 低 注意 PC と HDMI モードの DTV の両方で使用できるタイミングについては、HDMI 黑しベル が有 効になります。 PIP 映像 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER PIP 画面設定を調整します。 注意 " 同時画面 が オン になっているときには PIP 映像 機能を調整できます。 1. コントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → ENTER→ → , → ENTER LCD ディスプレイの調整画面上の PIP ウィンドウのコントラストを調整します。 2. 明るさ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 画面上の PIP ウィンドウの明るさを調整します。 3. シャープネス MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 画面の PIP ウィンドウの シャープネス を調整します。 4. 色の濃さ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 画面の PIP ウィンドウの色を調整します。 注意 同時画面 入力信号が HDMI のときにのみ有効になります。 5. 色あい MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER ナチュラルトーンを PIP ウィンドウに追加します。 注意 色あい スライダは入力信号が NTSC のときにのみ表示され、同時画面 入力信号が HDMI のときにのみ有効になります。 ダイナミックコントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト となるように調整します。 1. オフ 2. オン 注意 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 ライト調整 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER エネルギー消費を抑えるため、インバーター ランプを調整します。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 明るさセンサー MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER 明るさセンサー は、入力された画像信号の分布を自動的に検出して、最適な明るさとなる ように調整します。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整Auto Motion Plus 120Hz MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → , → ENTER この機能は、動きの速いシーンを見るときに使用することができます。 " モード MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → [モード] → , → ENTER " オフ Auto Motion Plus 120Hz をオフにします。 " クリア:Auto Motion Plus 120Hz を クリア モード (動きのある画像をはっきりと 表示するのに適しています) に設定します。 " 標準 :Auto Motion Plus 120Hz を 標準 モードに設定します。 " スムーズ :Auto Motion Plus 120Hz を スムーズ モード (動きのある画像を自然に 表示するのに適しています) に設定します。 " ユーザー調整 :残像とゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 " デモ :Auto Motion Plus 120Hz のデモを行います (Auto Motion Plus 120Hz をオ ンにしたときの画面が左半分に表示されます)。 " ユーザー調整 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調 整]→ ENTER → [ぼかし] → , → ENTER ぼかし :残像をできるだけ少なくするのに使用します。 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調 整]→ ENTER → → [ジャダ] → , → ENTER LCD ディスプレイの調整ジャダ :ゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 注意 " Auto Motion Plus 120Hz を選択した場合には、コンテンツに応じて色が変化しま す。 " 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 映像 [ AV / HDMI / コンポ一ネント モード] 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 モード MENU → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER PDP ディスプレイには、(「ダイナミック」、「標準」、「映画」および「ユーザー調 整」) の 4 種類の自動映像設定が工場出荷時に設定されています。 ダイナミック、標準、映画、または ユーザー調整 を有効にできます。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. ダイナミック 2. 標準 LCD ディスプレイの調整3. 映画 4. ユーザー調整 ユーザー調整 オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す ることができます。 MENU → → ENTER → → → ENTER → 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 コントラスト MENU → → ENTER → → → ENTER → → ENTER→ → , → ENTER コントラストを調整します。 明るさ MENU → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 輝度を調整します。 シャープネス MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 画像のシャープネスを調整します。 色の濃さ MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 画像の色を調整します。 LCD ディスプレイの調整色あい MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER ナチュラルトーンを表示に追加します。 注意 ビデオ信号が NTSC の場合にのみ動作 色温度 MENU → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 色温度を変更できます。個々の色成分もユーザーが調整することができます。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. オフ 2. 青色系2 3. 青色系1 4. 標準 5. 赤色系1 6. 赤色系2 注意 色温度 を 青色系2、青色系1、標準、赤色系1、または 赤色系2 に設定すると、Color Temp. 機能が無効になります。 Color Temp. MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイの調整Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。 注意 ダイナミックコントラスト モードと 色温度 が オフ になっているときには、この機能が 有効になります。 サイズ MENU → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER サイズ は切り替えられます。 1. 16:9: 映像を 16:9 ワイド モードに設定します。 2. ズーム 1:画面上の映像のサイズを拡大します。 3. ズーム 2:「ズーム 1」を超える映像のサイズを拡大します。 4. 4 : 3: 映像を 4:3 ノーマル モードに設定します。 5. 全画面表示:HDMI 720p、1080i、1080p 信号が入力されているときは、入力される画面 が中断されることなく表示されます。 注意 " 全画面表示 機能を使用しているときでも、仕様を外れる表示を行う一部の外部デバイ スでは画面が途切れる場合があります。 " ズーム 1、ズーム 2 は HDMI モードでは使用できません。 " ポジション および リセット 機能は ズーム 1 または ズーム 2 モードでのみ使用でき ます。 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 デジタル NR (Digital Noise Reduction) MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイの調整デジタル ノイズ リダクション機能の オフ/オン を切り替えます。デジタル ノイズ リダ クション機能によって、よりきれいではっきりした画像をお楽しみいただけます。 1. オフ 2. オン 注意 デジタル NR 機能は、解像度によっては使用できない場合があります。 HDMI �しベル MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER DVD またはセットトップボックスが HDMI を経由してテレビに接続されている場合、接続 している外部デバイスによっては、ブラックレベルの上昇、コントラストの低下、変色な どの画質の低下の原因となることがあります。この場合には、HDMI 黑しベル を設定して テレビの画質を調整してください。 1. 標準 2. 低 注意 PC と HDMI モードの DTV の両方で使用できるタイミングについては、HDMI 黑しベル が有 効になります。 フィルムモード MENU → → ENTER → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER フィルムモード 機能によって、劇場品質で映像を楽しむことができます。 LCD ディスプレイの調整HDMI モードでは、入力信号がインターレース スキャンの場合にこの機能を使用できま す。プログレッシブ スキャン信号では使用できません 1. オフ 2. オン PIP 映像 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER PIP 画面設定を調整します。 注意 利用できるモード:同時画面 オン 1. コントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → ENTER→ → , → ENTER 画面上の PIP ウィンドウのコントラストを調整します。 2. 明るさ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → → ENTER→ → , → ENTER 画面上の PIP ウィンドウの明るさを調整します。 3. シャープネス MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → → → ENTER→ → , → ENTER 画面の PIP ウィンドウの シャープネス を調整します。 ダイナミックコントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト となるように調整します。 1. オフ 2. オン 注意 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 ライト調整 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER エネルギー消費を抑えるため、インバーター ランプを調整します。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 明るさセンサー MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER 明るさセンサー は、入力された画像信号の分布を自動的に検出して、最適な明るさとなる ように調整します。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整Auto Motion Plus 120Hz MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → , → ENTER 注意 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 この機能は、動きの速いシーンを見るときに使用することができます。 " モード MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → [モード] → , → ENTER " オフ Auto Motion Plus 120Hz をオフにします。 " クリア:Auto Motion Plus 120Hz を クリア モード (動きのある画像をはっきりと 表示するのに適しています) に設定します。 " 標準 :Auto Motion Plus 120Hz を 標準 モードに設定します。 " スムーズ :Auto Motion Plus 120Hz を スムーズ モード (動きのある画像を自然に 表示するのに適しています) に設定します。 " ユーザー調整 :残像とゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 " デモ :Auto Motion Plus 120Hz のデモを行います (Auto Motion Plus 120Hz をオ ンにしたときの画面が左半分に表示されます)。 " ユーザー調整 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調整]→ ENTER → [ぼかし] → , → ENTER ぼかし :残像をできるだけ少なくするのに使用します。 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調整]→ ENTER → → [ジャダ] LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER ジャダ :ゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 注意 " Auto Motion Plus 120Hz を選択した場合には、コンテンツに応じて色が変化しま す。 " モード が ユーザー調整 に設定されているときにのみ有効になります 音声 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 モード MENU → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイには、Hi‐Fi ステレオアンプが内蔵されています。 1. 標準 工場出荷時の標準設定にするには [標準] を選択します。 2. 音楽 ミュージック ビデオまたはコンサートを視聴するには [音楽] を選択します。 3. 映画 LCD ディスプレイの調整映画を観るには [映画] を選択します。 4. ニュース ほとんどが会話の番組 (ニュースなど) を視聴するときには、ニュース を選択しま す。 5. ユーザー調整 好みに合わせて設定を調整するには、ユーザー調整 を選択します。 ユーザー調整 好みに合わせて音声設定を調整することができます。 MENU → → → ENTER → → → ENTER → 注意 " 調整の際は、音量が 0 に設定されていても音声が鳴ります。 " ユーザー調整 機能を使用して音声の調整を行うと、ユーザー調整 が モード モードに なります。 低音 MENU → → → ENTER → → → ENTER → →ENTER→ → , → ENTER 周波数の低い音声を強調します。 高音 MENU → → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 周波数の高い音声を強調します。 バランス MENU → → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 左右のスピーカーの音声バランスを調整できます。 自動音量 MENU → → → ENTER → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 放送局による音量レベルの差を小さくします。 1. オフ 2. オン SRS TS XT MENU → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER SRS TS XT は、2 台のスピーカーで 5.1 チャンネルのコンテンツを再生するときの問題を 解決する特許取得済みの SRS 技術です。TruSurround XT は、テレビの内蔵スピーカーな どのスピーカー 2 台で構成される再生システムで、素晴らしい仮想サラウンド音声環境を 実現します。すべてのマルチチャンネル フォーマットと完全な互換性があります。 1. オフ 2. オン 音声選択 MENU → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER 同時画面 が オン のときには、メインまたはサブのいずれかを選択します。 LCD ディスプレイの調整注意 同時画面 が オン になっているときには PIP 映像 機能を調整できます。 1. 主画面 2. 副画面 スピーカ選択 MENU → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → , → ENTER ホーム シアターに接続してこの製品を使用する場合には、内蔵スピーカーをオフにして、 ホーム シアターの(外部)スピーカーから音声が聞こえるようにします。 1. 内部 音声は 内部 スピーカと 外部 スピーカの両方から出力されますが、音量調整は 内 部 スピーカからの音声に対してのみ行うことができます。 2. 外部 音声が 外部 スピーカからのみ出力されている場合は、音量調整は 外部 スピーカか らの音声についてのみ行うことができます。 設定 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 LCD ディスプレイの調整言語 MENU → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 13 つの言語のいずれかを選択できます。 注意 言語の選択は、OSD の言語にのみ反映されます。コンピュータ上で実行されるソフトウェ アには影響しません。 時間 時刻設定、スリープ タイマー、オンタイマー、および オフタイマー の 4 つの時刻設定 からひとつを選択します。 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → 時刻設定 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → ENTER→ → , → , → ENTER 現在の時刻を設定します。 スリープ タイマー MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER→ LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 所定の時間が経過したら LCD ディスプレイを自動的にオフにします。 1. オフ 2. 30 3. 60 4. 90 5. 120 6. 150 7. 180 タイマー 1 / タイマー 2/ タイマー 3 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER→ [タイマー 1/ タイマー 2 / タイマー 3] → , / , → ENTER LCD ディスプレイを指定した時間にオンまたはオフにするよう設定できます。 注意 " Clock Set メニューを使用して時刻を設定した場合にのみ有効です。 " Manual オプションを使用して、曜日を選択できます。 休日の管理 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER→ [休日の管理] " 追加 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER→ [休日の管理] → ENTER → [追加] LCD ディスプレイの調整→ , / , → ENTER 休日を登録できます。 " 選択した日を削除 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER → [休日の管理] → , → ENTER → → , → ENTER → [選択した 日を削除] → , → ENTER 選択した休日を削除できます。 注意 " 登録された休日が選択されている場合にのみ有効です。 " 複数の休日を選択して削除できます。 " すべて削除 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER→ [休日の管理] → → → ENTER → [すべて削除] → , → ENTER 登録された休日をすべて削除できます。 メニューの背景透明度 MENU → → → → ENTER → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER OSD の背景の透明度を変更します。 1. 高 2. 中 3. 低 4. 不透明 安全ロック PIN の変更 MENU → → → → ENTER → → → → → ENTER → → ENTER → → [0~9] → [0~9] → [0~9] → [0~9] パスワードは変更できます。 プリセットされている LCD ディスプレイのパスワードは「0000」です。 注意 パスワードを忘れた場合には、リモコンの MUTE → 1 → 8→ 6→ On ボタンを押してパス ワードを「0000」にリセットします。 ロック MENU → → → → ENTER → → → → → ENTER → → → ENTER → → [0~9] → [0~9] → [0~9] → [0~9] これは、OSD をロックして設定状態を維持し、他のユーザーが現在の設定を変更できない ようにする機能です。 省電力 MENU → → → → ENTER → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER この機能は、省エネのためにユニットの電力消費の調整を行います。 1. オフ 2. オン 画像分割 画像分割 は、各スクリーンが画面全体の一部になるように表示したり、同じ画像を各スク リーンに繰り返し表示できるように接続されたビデオスクリーンのセットです。 画像分割 がオンになっているときには、画像分割 画面の設定を調整することができます。 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → 注意 " 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 " 画像分割 の実行時には、自動調整、画面調整、および サイズ 機能は使用できません。 画像分割 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 選択したディスプレイの 画像分割 機能のオン/オフを切り替えます。 1. オフ 2. オン フォーマット MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 分割したスクリーンを表示する フォーマット を選択できます。 1. フルモード マージン無しで全画面表示を行います。 2. ナチュラルモード 元の縦横比を維持したまま自然な映像を表示します。 水平 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 水平方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。 15 段階の調整レベル: 1~15. 垂直 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 垂直方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。 LCD ディスプレイの調整15 段階の調整レベル: 1~15. 画面分割 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → → → ENTER → スクリーンを複数の画像に分割できます。分割するときのレイアウトとともに、分割する 画面数を選択できます。 " 画面の位置 でモードを選択します。 " [画面の位置] でディスプレイを選択します。 " 選択したモードの数字を押すと、配置が設定されます。 " 画面は最大 100 個の小画面に分割できます。 画面保護 画面保護 機能は、静止画が画面上に長時間表示されたときに発生することのある残像を防 止するのに使用します。 " この機能は、電源がオフになっているときには使用できません。 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → ピクセル シフト ピクセル シフト MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER LCD 上のピクセルを水平または垂直方向に動かすこの機能を使用して、画面に残像が発生 するのを防止することができます。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整水平 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 画面を水平方向に何ピクセル移動するか設定します。 画像分割は:0, 1, 2, 3, および 4. 垂直 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 画面を垂直方向に何ピクセル移動するか設定します。 画像分割は:0, 1, 2, 3, および 4. 時間 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER それぞれ、水平または垂直方向の動作を実行する間隔を設定します。 タイマー タイマー MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイの調整画面焼き付き防止のタイマーを設定することができます。 残像を消去するための処理を開始する場合には、処理は設定された時間行われ、自動的に 完了します。 1. オフ 2. オン モード MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 画面保護 タイプを変更できます。 1. スクロール 2. バー 3. 消しゴム 間隔 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER この機能を使用して、各モード セットにおける実行間隔をタイマーに設定します。 LCD ディスプレイの調整時間 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 設定された間隔の範囲内で、実行する時間を指定します。 " モード‐スクロール :1~5 秒 " モード‐バー、消しゴム :10~50 秒 スクロール MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → この機能は、パターンに従って LCD 上のすべてのピクセルを動かして、画面の残像を除去 します。 特に画面上に静止画像を長時間表示したとき、画面上に残像または記号が残っている場合 には、この機能を使用します。 注意 画面保護 機能は、一定の時間感覚で画面をスクロールします。 バー MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → →ENTER → この機能を使用して、長い黒白の垂直線を動かすことにより、画面上に残像が発生するの を防止します。 LCD ディスプレイの調整消しゴム MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → → →ENTER → この機能は、長方形のパターンを動かすことによって画面上に残像が発生するのを防止し ます。 サイドグレー MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → → → →ENTER → → , → ENTER 画面背景のグレーの明るさを選択します。 1. オフ 2. 明るくする 3. 暗くする Image Retention Free MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → → → → →ENTER → [Image Retention Free] → , → ENTER [Image Retention Free を適用] 機能を選択します。 1. オフ LCD ディスプレイの調整2. オン 注意 " Image Retention Free を選択すると、画面上に小さいサイズのテキストでスタティッ ク ノイズが発生し、映像の明るさが低下することがあります。 " 詳細については「サービスとその他の情報」ページを参照してください。 解像度の選択 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER コンピュータのグラフィックカードの解像度を 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、 1360 x 768 @ 60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定したときに画面が正常に表示されない 場合は、この機能(Resolution Select)を使用して指定した解像度で画面を表示すること ができます。 注意 PC モードでのみ使用可 1. オフ 2. 1024 X 768 3. 1280 X 768 4. 1360 x 768 5. 1366 X 768 注意 メニューの選択は、画面解像度が 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、1360 x 768 @ 60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定されているときにのみ可能です。 電源オン調整 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → →ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 画面の Power On time(電源がオンになる時間)を調整します。 警告:過電圧を避けるために、Power On time(電源がオンになる時間)を長く設定します。 OSD 回転 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → , → ENTER メニューを横または縦に回転させます。 1. ランドスケープ 2. ポートレイト リセット 製品の設定を工場出荷時のデフォルト値に戻します。 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → 画像リセット MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 注意 PC モードでのみ使用可 注意 Reset 機能は、画像分割 が オン のときには使用できません。 カラー リセット MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER マルチコソトロール 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 マルチコントロール SET に個別の ID を割り当てます。 MENU → → → → → ENTER → → ENTER LCD ディスプレイの調整→ , → [0~9] " ID 設定 SET に固有の ID を割り当てます。 " ID 入力 SET ごとに送信機の機能を選択します。送信機設定に対応する ID を持つ SET のみが 有効になります。 " MDC Select MDC 入力を受信するポートを選択します。 " シリアル MDC ケーブルを経由して MDC と通信します。 " RJ 45 MDC ケーブルを経由して MDC と通信します。 " ネットワーク " IP 設定 : 手動, 自動 " IP アドレス IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、IP アドレス を手動で入力 します。 " サブネットマスク :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、サブネット マス ク を手動で入力します。 " ゲートウェイ :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、ゲートウェイ を手動で 入力します。 MagicInfo 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 LCD ディスプレイの調整 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 注意 " リモコンを使用して、MagicInfo を選択することができます。ただし MagicInfo を十 分に活用するには、別売りの USB キーボードを使用することをお勧めします。 " Device モードの MagicInfo では、外部デバイスを起動中に移動するとエラーの原因と なる場合があります。外部デバイスの設定は、LCD ディスプレイがオンになっていると きにのみ行います。 " ネットワークに使用されている LAN ケーブル(例:ビデオ表示)を外さないでくださ い。外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。ケーブル を外したら、システムを再起動してください。 " USB 機器に使用されている LAN ケーブル (例: ビデオ表示) を外さないでください。 外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。 " 他の入力信号に切り替えるには、MagicInfo の SOURCE ボタンを押します。 " プリセットされている LCD ディスプレイのパスワードは「000000」です。 " サーバー プログラムの Power‐On オプションは、LCD ディスプレイの電源が完全にオ フになっている場合にのみ機能します。 LCD ディスプレイのシステムエラーの原因となる場合がありますので、LCD ディスプレ イの終了中に Power‐On オプションを使用しないようにしてください。 " MagicInfo を MagicInfo Server プログラムとともに使用するとき:Network モードを 実行します。 " デバイスが PDP ディスプレイに直接接続されているときに MagicInfo を使用している 場合:Device モードを実行します。 " ESC を押して、MagicInfo ウィンドウ画面に直接移動します。 " Windows の画面で MagicInfo を設定するには、キーボードとマウスが必要になります。 " Windows で MagicInfo を設定する方法については、MagicInfo Server のヘルプを参照 してください。 操作中は、AC 電源をオフにしないことを強く推奨します。 " ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、透明チッカーはサポートされていません。 " ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、720*480 (SD) までの動画の画面解像度が サポートされています。 " ドライブ D: には、EWF は適用されません。 " EWF が Enable 状態のときに変更された設定内容を保存するには、その内容を Commit する必要があります。 " Disable、Enable または Commit を選択すると、システムが再起動します。 MagicInfo 1. Select Application - step 1 LCD ディスプレイの調整Windows を軌道したときにコンピュータで実行するアプリケーションを選択できます。 2. Select TCP/IP - step 2 MagicInfo Setup Wizard の step 2 では、TCP/IP の設定を行うためにデスクトップのネ ットワーク設定に移動する必要はありません。MagicInfo のインストールの step 2 のみ を行います。 3. Select Language - step 3 LCD ディスプレイの調整複数の言語を使用するときには、使用する言語を選択することができます。 4. Select Screen Type - step 4 デバイスに適用する回転のタイプを選択できます。 5. Setup Information LCD ディスプレイの調整ユーザーが選択した設定を表示します。 注意 Magicinfo アイコンが通知領域に表示されない場合には、Windows デスクトップで Magicinfo アイコンをダブルクリックしてください。アイコンが表示されます。 LCD ディスプレイの調整トラブルシューティング セルフテスト機能チェック 注意 お問い合わせの前に、以下の項目についてチェックしてください。問題が解決しない場合 には、お客様相談ダイヤルにお問い合わせください。 セルフテスト機能チェック 1. コンピュータと LCD ディスプレイの両方をオフにします。 2. コンピュータの背面からビデオケーブルを取り外します。 3. LCD ディスプレイをオンにします。 ビデオ信号が検出されない場合でも LCD ディスプレイが正常に動作しているときに は、下記の図 (「信号 」) が黒色の背景で表示されま す。自己テスト モードでは、LED 電源インジケータは緑色のままで、画像が画面内を 動き回ります。 4. LCD ディスプレイをオフにして、ビデオ ケーブルを接続しなおします。次にコンピュ ータと LCD ディスプレイの両方をオンにします。 前の手順を行った後でも LCD ディスプレイ画面に何も映らない場合は、ビデオ コントロ ーラおよびコンピュータ システムをチェックしてください。LCD ディスプレイは正常に動 作しています。 警告メッセージ 画面は 1920 x 1080 の解像度でも表示することができます。 ただし、「画面の解像度を 変更するか、現在のモードのままにすることができます」というメッセージが短時間表示 されます。周波数が 85Hz を越える場合には、LCD ディスプレイでは 85Hz を越える周波 数をサポートしていないため、黒色の画面が表示されます。 注意 LCD ディスプレイがサポートしている解像度または周波数については、仕様 > プリセッ ト タイミング モードを参照してください。 メンテナンスと清掃 1) LCD ディスプレイ筐体のメンテナンス 電源コードを抜いてから、柔らかい布で拭き取ります。 がめりません " ベンゼン、シンナーまたはその他の引火性物質を使 用しないでください。 2) フラットパネルディスプレイ画面のメンテナンス 柔らかい布 (綿ネル) で拭き取ります。 " アセトン、ベンゼンまたはシンナーは使用してはな りません。 (スクリーン表面の傷または劣化の原因となること があります) " これらの物質を使用したことによって発生した損害 は、すべてユーザーの責任となります。 症状と推奨される措置 注意 LCD ディスプレイは、コンピュータから受信した視覚信号を再生します。したがって、コン ピュータまたはビデオカードに問題がある場合には、色彩の異常、ノイズなどのトラブル が発生することがあります。この場合には、まず問題の原因をチェックしてから、お客様 相談ダイヤルまたは販売店にお問い合わせください。 1. 電源コードおよびビデオ ケーブルがコンピュータに正しく接続されているかどうかを チェックします。 2. 起動時にコンピュータからビープ音が 3 回聞こえるかチェックします。 (この場合にはお問い合わせください) 3. ビデオカードを自分でインストールするか PC を組み立てた場合には、アダプタ (ビデ オ) がインストールされているかどうか確認します。 4. ビデオ画面のスキャン速度が 50~85Hz の範囲内にあるかどうかチェックします。 (最大解像度を使用しているときは、60 Hz を超えてはなりません) 5. アダプタ (ビデオ) ドライバのインストールに問題がある場合には、コンピュータを セーフ モードで起動して、[Control Panel (コントロール パネル)] -> [System (シ ステム)] -> [Device Manger (デバイス マネージャ)] でディスプレイ アダプタを削 除して、コンピュータを再起動してアダプタ (ビデオ) ドライバを再インストールし ます。 チェックリスト 注意 " 以下の表は、発生する可能性のある問題とその解決方法を示しています。お客様相談ダ イヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確認くださ い。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお問い合 わせください。 " ネットワークについての詳しい情報は、MagicInfo のトラブルシューティングのセクシ ョンを参照してください。 トラブルシューティングインストールに関する問題 (PC モード) 注意 LCD ディスプレイのインストールに関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: LCD ディスプレイの画面がちらつく。 A: コンピュータと LCD ディスプレイとの間を接続している信号ケーブルが、しっかり と接続されているか確認します。 (コンピュータの接続を参照) 画面に関する問題 注意 LCD ディスプレイの画面に関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: 画面が空白になり、電源インジケータがオフになる。 A: 電源コードをしっかりと接続してから LCD ディスプレイをオンにします。 (コンピュータの接続を参照) Q: "信号がありません"というメッセージ。 A: PC またはビデオ ソースに信号ケーブルがしっかり接続されていることを確認しま す。 (コンピュータの接続を参照) A: PC またはビデオ ソースがオンになっていることを確認します。 Q: "最適なモードが選択されていません」というメッセージ。 A: ビデオ アダプタの最大解像度と周波数を確認します。 A: プリセット タイミング モードのチャートに記載されているデータとこれらの値を比 較します。 Q: 映像が縦に流れる。 A: 信号ケーブルがしっかりと接続されているか確認します。必要に応じて再度接続しま す。 (コンピュータの接続を参照) Q: 画像がはっきりしない。画像がぼやける。 A: Frequency 粗調整 および 微調整 の調整を実行します。 A: すべてのアクセサリ (ビデオ拡張ケーブルなど) を取り外してから再度オンにしま す。 A: 解像度と周波数を推奨の範囲に設定します。 Q: 画像が安定せず、揺れる。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に トラブルシューティングは、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 Q: 映像にゴーストが発生する。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に は、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 Q: 映像が明るすぎる、または暗すぎる。 A: 明るさ と コントラスト を調整します。 (明るさ、コントラスト を参照してください) Q: 画面の色が正しくない。 A: OSD カラー調整メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。 Q: 暗い影によってカラー画像が歪む。 A: OSD カラー調整メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。 Q: 白色が正しく表示されません。 A: OSD カラー調整メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。 Q: 電源インジケータが点滅する。 A: LCD ディスプレイが OSD メモリに変更された設定を保存しています。 Q: 画面が点滅し、電源インジケータが 0.5 ~1 秒間隔で点滅します。 A: LCD ディスプレイが電源管理システムを使用しています。キーボードのいずれかのキ ーを押します。 Q: 画面に何も表示されず、点滅します。 A: [MENU] ボタンを押すと画面に「TEST GOOD」メッセージが表示される場合は、PDP デ ィスプレイとコンピュータのケーブル接続を確認し、コネクタを正しく接続してくだ さい。 音声に関する問題 注意 音声信号に関する問題とその解決方法を以下に示します。 Q: 音声が聞こえない。 A: LCD ディスプレイの音声入力ポートとサウンドカードの音声出力ポートにオーディオ ケーブルがしっかりと接続されていることを確認します。 (コンピュータの接続を参照) A: 音量レベルをチェックします。 Q: 音量が低すぎる。 A: 音量レベルをチェックします。 トラブルシューティングA: 音量を最大に調整しても音が小さすぎる場合には、コンピュータのサウンドカードま たはソフトウェアプログラムの音量コントロールをチェックします。 Q: 音量が大きすぎるか小さすぎる。 A: 高音 および 低音 を適切なレベルに調整します。 リモコンに関する問題 注意 リモコンに関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: リモコンのボタンが応答しない。 A: バッテリの極性 (+/‐) を確認します。 A: バッテリが消耗していないかチェックします。 A: 電源がオンになっているかどうかをチェックします。 A: 電源コードがしっかりと接続されているか確認します。 A: 付近に特殊な蛍光灯またはネオン ランプがないかチェックします。 Q & A Q: 周波数の変更方法は? A: 周波数は、ビデオ カードの再設定によって変更することができます。 注意 ビデオ カードでサポートされている周波数は、使用しているドライバのバージョン によって異なることにご注意ください。(詳細はコンピュータまたはビデオカードの マニュアルを参照してください) Q: 解像度の変更方法は? A: Windows XP: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトッ プの表示とテーマ)] → [Display (画面)] → [Settings (設定)] で解像度を設定し ます。 A: Windows ME/2000: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Settings (設 定)] で解像度を設定します。 * 詳細についてはビデオカードのメーカーにお問い合わせください。 Q: 省電力機能の設定方法は? A: Windows XP: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトッ プの表示とテーマ)] → [Display (画面)] → [Screen Saver (スクリーン セイバ ー)] で解像度を設定します。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュア ルを参照してください) トラブルシューティングA: Windows ME/2000: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Screen Saver (スクリーン セイバー)] で解像度を設定します。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュア ルを参照してください) Q: 筐体/LCD パネルをきれいにしたいのですが? A: 電源コードを抜き、LCD ディスプレイを柔らかい布で洗剤また真水を使って清掃しま す。 洗剤が残ったままにしたり、筐体を傷つけないようにしてください。水が LCD ディ スプレイの中に入らないようにしてください。 Q: ビデオの再生方法は? A: ビデオは、MPEG1 および WMV コーデックのみをサポートしています。ビデオを再生す るには、対応するコーデックをインストールします。互換性がないコーデックがある ことに注意してください。 注意 お客様相談ダイヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確 認ください。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお 問い合わせください。 トラブルシューティング仕様 一般情報 一般情報 モデル名 SyncMaster 400EX(n) SyncMaster 460EX(n) SyncMaster 550EX(n) LCD パネル サイズ 40 型 (40.0 イン チ / 101cm) 46 型 (46.0 イン チ / 116cm) 55 型 (54.6 イン チ / 138cm) 表示範囲 885.6 mm (H) x 498.15 mm (V) 1018.08 mm (H) x 572.67 mm (V) 1209.6 mm (H) x 680.4 mm (V) ピクセル ピッチ 0.46125 mm (H) x 0.15375 mm (W) 0.17675 mm (H) x 0.53025 mm (W) 0.21 mm (H) x 0.63 mm (W) 同期 水平 30~81 kHz 垂直 56~85 Hz 表示色 8 ビット、10 億 7000 万 (10 ビット ディザリング) 解像度 最適解像度 1920x1080 @ 60 Hz 最大解像度 1920x1080 @ 60 Hz 最大ピクセル クロック 148.5 MHz (アナログ、デジタル) 電源 この製品は 100~240 V の電源に対応しています。 標準電圧は国によって異なる場合があるため、製品背面のラベルを確認してくだ さい。 信号コネクタ A/D : D‐SUB、HDMI、DVI 出力、RS232C 入出力、RJ45、PC 音声 (ステレオ) 入 力、ネットワーク: LAN、USB (3port)、VGA OUT (ネットワーク モデルのみ)寸法 (W x H x D) / 重量 Ex 949.7 x 580.6 x 42.6 mm / 12.9 Kg 1082.2 x 654.4 x 39.9 mm / 15.7 Kg 1273.3 x 763.5 x 39.9 mm / 20.2 Kg Exn 949.7 x 580.6 x 42.6 mm / 13.6 Kg 1082.2 x 654.4 x 39.9 mm / 16.5 Kg 1273.3 x 763.5 x 39.9 mm / 20.9 Kg VESA 取付インターフェイス 400.0 mm x 400.0 mm 環境条件 SyncMaster 400EX SyncMaster 460EX SyncMaster 550EX 動作時 温度:0˚C ~ 40˚C (32˚F ~ 104˚F) 湿度:10~80 %、結露しないこと 記録装 置(梱包 保存時) 温度:‐20˚C ~ 45˚C (‐4˚F ~ 113˚F) 湿度:5~95 %、結露しないこと SyncMaster 400EXn SyncMaster 460EXn SyncMaster 550EXn 動作時 温度:10˚C ~ 40˚C (50˚F ~ 104˚F) 湿度:10~80 %、結露しないこと 記録装 置(梱包 保存時) 温度:‐20˚C ~ 45˚C (‐4˚F ~ 113˚F) 湿度:5~95 %、結露しないこと プラグ アンド プレイ機能 この LCD ディスプレイは、プラグ & プレイ互換システムにインストールするこ とができます。LCD ディスプレイとコンピュータ システムとのインタラクショ ンによって、最適な操作環境と LCD ディスプレイの設定が行われます。ほとん どの場合、ユーザーが設定の変更を必要としない限り、LCD ディスプレイのイン ストールは自動的に行うことができます。 ドット欠けについて この製品には、1 ppm (百万分の 1) 精度の高度な半導体技術を利用した TFT-LCD パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピクセルが光 って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではなく、使用 上問題になるものではありません。 たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 6,220,800 です。 注意 設計および仕様は事前の通知なしに変更されることがあります。 クラス A(産業用情報通信機器) :ネットワーク モデル (400EXn、460EXn、550EXn) 販売店および購入されたお客様へのご注意。 この装置は、産業用の EMC 要件(クラス A)について登録されており、 一般的な家庭環境以外で使用することができます。 仕様 クラス B (住宅用情報通信機器):ネットワークなしモデル (400EX、460EX、550EX) この装置は、住宅向けの EMI 要件(クラス B)について登録されています。すべての地域 において使用できます。 (クラス B の機器は、クラス A の機器より放出する電磁波が少なくなっています) PowerSaver この LCD ディスプレイには、PowerSaver と呼ばれる消費電力管理システムが内蔵されて います。このシステムは、LCD ディスプレイが一定時間使用されなかった場合に低消費電 力モードに切り替え、エネルギー消費を節約します。LCD ディスプレイは、キーボードの キーが押されると自動的に通常の動作状態に戻ります。消費電力を押さえるために、必要 ない場合または長時間 LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。 PowerSaver システムは、コンピュータにインストールされた VESA DPM 互換のビデオ カ ードで動作します。お使いのコンピュータにインストールされているソフトウェア ユーテ ィリティを使用して、この機能を設定してください。 PowerSaver モード 通常動作 省電力モー ド 電源オフ 電源オフ (電源スイッ チ) 電源インジケーター オン 点滅 黄色 オフ 消費電力 SyncMaster 400EX 120 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット SyncMaster 400EXn 150 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット SyncMaster 460EX 140 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット SyncMaster 460EXn 170 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット SyncMaster 550EX 170 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット SyncMaster 550EXn 200 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット プリセット タイミング モード コンピュータから送られてきた信号が以下のプリセット タイミング モードと同じ場合に は、画面は自動的に調整されます。しかし、信号が異なる場合には、電源 LED が点灯して いても画面に何も映らなくなる場合があります。ビデオ カードのマニュアルを参照して、 以下のように画面を調整してください。 表示モード 水平周波数 (kHz) 垂直周波数 (Hz) ピクセル ク ロック (MHz) 同期極性 (H/ V) IBM、640 x 350 31.469 70.086 25.175 +/‐ IBM、640 x 480 31.469 59.940 25.175 ‐/‐ IBM、720 x 400 31.469 70.087 28.322 ‐/+ MAC、640 x 480 35.000 66.667 30.240 ‐/‐ MAC、832 x 624 49.726 74.551 57.284 ‐/‐ MAC、1152 x 870 68.681 75.062 100.000 ‐/‐ 仕様表示モード 水平周波数 (kHz) 垂直周波数 (Hz) ピクセル ク ロック (MHz) 同期極性 (H/ V) VESA、640 x 480 37.861 72.809 31.500 ‐/‐ VESA、640 x 480 37.500 75.000 31.500 ‐/‐ VESA、800 x 600 35.156 56.250 36.000 +/+ VESA、800 x 600 37.879 60.317 40.000 +/+ VESA、800 x 600 48.077 72.188 50.000 +/+ VESA、800 x 600 46.875 75.000 49.500 +/+ VESA、848 x 480 31.020 60.000 33.750 +/+ VESA、1024 x 768 48.363 60.004 65.000 ‐/‐ VESA、1024 x 768 56.476 70.069 75.000 ‐/‐ VESA、1024 x 768 60.023 75.029 78.750 +/+ VESA、1152 x 864 67.500 75.000 108.000 +/+ VESA、1280 x 768 47.776 59.870 79.500 ‐/+ VESA、1280 x 960 60.000 60.000 108.000 +/+ VESA、1280 x 1024 63.981 60.020 108.000 +/+ VESA、1280 x 1024 79.976 75.025 135.000 +/+ VESA、1360 x 768 47.712 60.015 85.500 +/+ VESA、1366 x 768 47.712 59.790 85.500 +/+ VESA、1920 x 1080 66.587 59.934 138.500 +/‐ VESA、1920 x 1080 67.500 60.000 148.500 +/+ 水平周波数 画面の右端から左端を水平につなぐ 1 本の直線を スキャンするのにかかる時間を水平サイクルと言 い、水平サイクルの逆数を水平周波数と言います。 単位: kHz 垂直周波数 蛍光灯と同じように、画面は同じ画像を 1 秒間に 何回も繰り返し表示して、ユーザーに対して映像を 表示しています。この繰り返しの周波数を、垂直周 波数またはリフレッシュ レートと言います。単位: Hz 仕様情報 より良い画質でご覧いただくために コンピュータの解像度と画面の描画頻度(リフレッシュ レート)を以下の説 明に従ってコンピュータ上で調整し、最適な表示をお楽しみください。TFT-LCD に最適な画質でない場合には、画面の画質が不均一になる場合があります。 " 解像度:1920 x 1080 " 垂直周波数 (リフレッシュ レート): 60 Hz この製品には、1 ppm (百万分の 1) 以上の高精度な半導体技術を利用した TFT-LCD パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピク セルが光って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではな く、使用上問題になるものではありません。 " たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 6,220,800 で す。 モニターとパネルの外側を清掃するときには、柔らかい布に少量の水を付け て拭き取ってください。LCD 部分を清掃するときには、力を入れずに拭き取って ください。過剰な力がかかると、キズがつく場合があります。 画質に不満がある場合には、Auto ボタンを押したときに表示される表示画面 の「自動調整 機能」を行って画質を改善できる場合があります。自動調整後も ノイズが発生する場合には、微調整/粗調整 調整機能を使用します。 静止画面を長時間表示し続けると、画像が残ったり画面がぼやけたりする場 合があります。長時間モニターの前から離れるときには、省電力モードにする か、動画のスクリーンセーバーを設定してください。 製品情報(残像について) 残像とは? LCD パネルは、通常の使用 (下記参照) において、残像は発生しません。 通常の条件とは、連続的に変化するビデオパターンとして定義されます。LCD パ ネルが固定されたパターンの状態で、長時間(12時間以上)使用されると、ピク セル内の液晶を動作させる電極の間で若干の電圧の差が生じる場合があります。 電極間の電圧の差が時間とともに増大すると、液晶が曲げられてしまいます。こ のような現象が発生すると、パターンが変化したときに以前のイメージが見える 場合があります。これを防止するために、蓄積した電圧差を解消する必要があり ます。電源オフ、スクリーンセイバー、または省電力モード " 12 時間使用: 電源を 2 時間オフ " PC の表示プロパティの電源管理機能で、モニターの電源をオフにするよう設 定します。 情報 " 可能な場合にはスクリーンセイバーを使用します ‐ スクリーンセイバー は、単色または動く映像のものをお勧めします。 " 残像防止機能を使用することをお勧めします。 ‐ 詳細な設定手順については、裏ページを参照してください。 定期的に色の組み合わせを変更する 注意 2 つの異なる色の使用 2 つの色情報を 30 分ごとに切り替えます。 " 明るさが極端に異なる文字色と背景色の組み合わせは避けてください。 また、残像が発生する原因となりますのでグレーは使用しないでください。 避けること:明るさが大きく異なる色 (白と黒、灰色) の使用。 定期的に文字色を変更する " 明るさの差が少ない明るい色を使用します。 ‐ 周期:文字色と背景色を 30 分間隔で変更 " 30 分ごとに、文字を動かして変更します。 " 画像やロゴを定期的に表示します。 ‐ 周期:ロゴとともに移動するイメージを 4 時間使用するごとに 60 秒表示 します。 情報 " 残像を抑えるのにもっとも効果的な方法は PC を使用していないときにスクリ ーンセイバーが 起動するように設定することです。これらのガイドラインに 従わない場合には、保証内容に影響を与える場合があります。 製品に画面スクロール機能を使用する " 画面スクロール機能を使用する ‐ 症状:黒色の水平線が上下に移動します。 製品に画面ピクセル機能を使用する " 画面ピクセル機能を使用する ‐ 症状:黒色の点が上下に移動します。 " 画面バー機能を使用する ‐ 症状:黒色の水平/垂直線が上下に移動します。 製品に画面消去機能を使用する " 画面消去機能を使用する ‐ 症状:2 つの垂直なブロックが表示を消していきます。 情報残像防止機能を低品に適用します。 " [Image Retention Free を適用] 機能を選択します。 残像防止アルゴリズムは、LCD LFD で使用されています。 " グレー挿入アルゴリズムを各ピクセルに適用して、画像の残像特性を向上し ています。 残像防止アルゴリズムのアプリケーションによる制限。 " ピクセル グレー挿入アルゴリズムが適用されています。 ‐ したがって、明るさが元の明るさよりも低下 (25 ~ 30%) します。さら に、ユーザーが横または縦方向に動きながら、あるいは近くから画面を見た 場合には、挿入されたグレーのピクセルがひずんで (メッシュ状、またはち らついて)見えることがあります。 " 横または縦に動く画面を見た場合:メッシュ状のノイズが発生し、明るさ が低下 (25 ~30%) します。 " 近くから画面を見た場合:1 ピクセル サイズのゆらぎノイズが発生し、線 が震えて見えます。 " 特定のパターンで表示されるちらつき 利用ガイド " 使用条件:12 時間使用したら、2 時間オフにすることをお勧めします。 " 工場出荷時の設定:Image Retention Free 機能: オフ " この機能による明るさ低下の影響を最小限にするためには、画面の明るさを 最も明るいレベルに設定してからこの機能を使用することをお勧めします。 たとえば MagicBright モード:エンターテイメント " 4 ピクセル幅/2 ピクセル サイズよりも大きい文字を推奨します。 ‐ 1 ピクセル幅/文字の画像では、ゆらぎノイズやちらつきが出ることがあ ります。 情報付録 お客様相談ダイヤル 東雲サービスセンター 受付時間 平日(土日祭日を除く)9:00~17:00 ※ ホームページ http://www.samsung.com/jp 住所 〒135‐0062 東京都江東区東雲2‐6‐38 Fax 03‐3527‐5533 注意 ※ 予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。 用語 ドット ピッチ モニターの画像は、赤色、緑色および青色のドットで構成 されています。ドットの間隔が小さいほど、解像度は高く なります。同じ色の 2 個のドット間の距離を「ドット ピ ッチ」と言います。単位:mm 垂直周波数 ユーザーに対して画像を作成して表示するには、1 秒間当 たり何回も画像を再描画しなければなりません。1 秒当た りのこの繰り返しの回数を、垂直周波数またはリフレッシ ュ レートと言います。単位: Hz 例:同じ光が 1 秒間に 60 回繰り返すときには、60 Hz と なります。 水平周波数 画面の右端から左端を水平につなぐ直線をスキャンするの にかかる時間を、水平サイクルと言います。水平サイクル の逆数を水平周波数と呼びます。単位:kHz インタレース法とノンインタ レース法 画面の水平線を上から下に順番に表示していく方法をノン インタレース法と言い、奇数番目のラインを表示してから 偶数番目のラインを表示する方法をインタレース法と言い ます。ノンインタレース法は、明確な画像にするために多 くのモニターで使用されています。インタレース法は、TV で使用されているものと同じです。 プラグ & プレイ コンピュータとモニターが自動的に情報を交換することに より、ユーザーに最高の画質を提供する機能です。このモ ニターは、プラグ & プレイ機能について国際規格 VESA DDC に対応しています。 解像度 画面の画像を構成するのに使用される水平および垂直方向 のドットの数を、「解像度」と呼びます。この数は、表示 の正確さを示しています。高い解像度では、多くの画像情 報を画面上に表示できるため、複数の作業を実行する場合 に適しています。 例:解像度が 1920 X 1080 の場合、水平方向のドットが 1920 個 (水平解像度)、垂直線 1080 本 (垂直解像度) で 構成されていることを意味します。制限事項 本書の内容は、将来予告なく変更されることがあります。 2010 Samsung Electronics Co., Ltd. All rights reserved. Samsung Electronics Co., Ltd.の文書による許可なしには、いかなる複製も堅く禁じま す。 内容に含まれる誤り、または設置や使用の結果として起こる損害について、Samsung Electronics Co., Ltd.は一切の責任を負いません。 Samsung は Samsung Electronics Co., Ltd.の登録商用です。Microsoft, Windows および Windows NT は、Microsoft Corporation の登録商標です。VESA、DPM および DDC は Video Electronics Standard Association の登録商標です。ENERGY STAR�ョの名称とロゴは U.S. Environmental Protection Agency (EPA)の登録商標です。そのほかこの文書に含まれるす べての商品名は、各企業・団体の商標もしくは登録商標です。 本製品は日本国内用として製造、販売しています。日本国外で使用された場合、当社は責 任を負い兼ねます。また、技術相談や、アフターサービスなども国外では行っておりませ んのでご注意ください。 本製品は一般 OA 用として設計・製造されています。一般 OA 用以外の用途で使用される場 合は、保証期間内であっても無償修理の対象外となることがありますのでご注意ください。 VCCI について この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラス B 情報 技術装置です。この装置は、家庭環境で使用 することを目的としていますが、この装置が ラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあり ます。取扱説明書に従って正しい取り扱いをして 下さい。 付録 SyncMaster 400EX(n), 460EX(n), 550EX(n) LCD ディスプレイ ユーザー マニュアル 色と外観は製品によって異なる場合があり、製品の仕様は 性能の向上のために予告無く変更される場合があります。安全使用上の注意 本書中のマークの説明 注意 製品を正しく使用して事故および製品の損傷を防止するために、下記の指示に従ってくだ さい。 警告/注意 このマークの付いた指示に従わなかった場合には、人体への傷害また は機器の損傷を招くことがあります。 注意 禁止 指示事項 分解禁止 コンセントからプラグを抜い てください 接触禁止 感電を防ぐために、アースを 行ってください 電源 長期間使用しない場合には、コンピュータを節電モード(DPM)に設定し ます。 スクリーン セイバーを使用している場合には、アクティブスクリーン モードに設定します。 下記に記載された絵はあくまでもイメージです。 残像防止方法へのショートカット 破損した電源コードまたはプラグ、破損またはがたつきのある コンセントを使用しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 コンセントにプラグを抜き差しするときに、濡れた手で電源プ ラグに触れないでください。 " 感電の原因となることがあります。 電源コードは、アースされたコンセントに接続してください。 " 漏電または傷害の原因となることがあります。 電源プラグはコンセントにしっかりと正しく差し込みます。 " 火災の原因となることがあります。電源プラグや電源コードを無理に曲げたり引っ張らないでくだ さい。また、電源プラグや電源コードに重い物を乗せないでくだ さい。 " 火災の原因となることがあります。 同じコンセントに複数の電気製品を接続しないでください。 " 過熱による火災の原因となることがあります。 製品の使用中は電源コードを外さないでください。 " 感電によるモニターの故障の原因となることがあります。 本体から電源を抜く場合や、コンセントから電源を抜く場合の ことを考えて、余裕を持って抜き差しができる環境に設置をして ください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 付属の電源コードセットは本製品のみにご使用ください。他製 品には使用しないでください。また、他の製品に付属されている 電源コードを本製品に使用しないでください。 " 火災または感電の原因となることがあります。 インストール方法 ほこりが多い場所、非常な高温または低温にさらされる場所、湿度の高 い場所、化学溶媒が使用されている場所、および空港や駅など 24 時間 製品を使用する場所に設置する場合には、お客様相談ダイヤルにご相談 ください。 ご相談せずに設置した場合、モニターに重大な損傷が発生することがあ ります。 製品の移動は必ず 2 人以上で行ってください。 " 落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。 キャビネットやラックなど高いところに製品を設置するときに は、製品がはみ出たりしないようしっかりと安定した状態で設置 してください。 " 落下または傷害の原因になる場合があります。 " 製品に合ったサイズのキャビネットまたはラックを使用して ください。 ろうそく、蚊取り線香、タバコおよびその他の熱源を製品に近 づけないでください。 " 火災の原因となることがあります。 安全使用上の注意電源コードまたは製品は、熱源となる機器に近づけないでくだ さい。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 本棚やクローゼットなど、換気の悪い場所に設置しないでくだ さい。 " 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 製品を下ろすときには、手荒に扱わないでください。 " 表示画面が損傷する場合があります。 製品の前面を下にして床に置かないでください。 " 表示画面が損傷する場合があります。 壁掛け金具の設置は、専門の業者が行うようにしてください。 " 落下して傷害の原因になる場合があります。 " 指定された壁掛け金具で設置してください。 製品は、換気が十分に行われる場所に設置してください。壁か ら 4 インチ (10 cm) 以上離してください。 " 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 梱包材のビニールに、お子様が手を触れないようにしてくださ い。 " お子様がビニールで遊んでいると、重大な傷害 (窒息) の原 因となることがあります。 モニターの高さ調整の際には指や手を挟まないよう十分ご注意 ください。 " 製品の損傷またはけがをする恐れがあります。 お手入れ モニターの筐体または TFT-LCD 画面の表面を清掃するときには、少し 湿らせた柔らかい布で拭き取ります。 製品の表面にクリーナーを直接スプレーしないでください。 " 本体の脱色または歪み、画面表面のはがれが発生することが あります。 電源プラグのピンを清掃するとき、またはコンセントのほこり を取り除くときは、乾いた布を使用します。 " 火災の原因となることがあります。 安全使用上の注意製品を清掃するときは、電源コードを切り離してください。 " 感電または火災の原因となることがあります。 製品を清掃するときには、まず電源コードを外して乾いた布で やさしく拭き取ります。 " (ワックス、ベンゼン、アルコール、シンナー、殺虫剤、潤滑 剤またはクリーナーなどの化学薬品を使用しないでくださ い)これらの薬品によって、製品表面の外観が変わったり、製 品の表示ラベルがはがれることがあります。 製品の筐体にはキズが付きやすいため、液晶モニター用のクリ ーニングクロスを使用してください。 製品を清掃するときには、製品本体に水を直接かけないでくだ さい。 " 感電、火災または故障の原因となることがあります。 その他 この製品は、高電圧を使用しています。絶対にご自身で製品を 分解、修理または改造しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。修理が必要な 場合には、お客様相談ダイヤルまでご連絡ください。 製品から異臭や異音、煙が出た場合には、直ちに電源プラグを 抜いてお客様相談ダイヤルにご連絡ください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 製品を湿気、ほこり、煙、水がかかる場所、または自動車の中 に設置しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 製品が落下したり破損した場合には、電源をオフにして電源コ ードを外し、お客様相談ダイヤルにご連絡ください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 雷が発生した場合には、電源コードまたはアンテナ ケーブル に触れないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 配線または信号ケーブルのみを持ってモニターを動かさないで ください。 " ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火 災の原因となることがあります。 安全使用上の注意電源コードまたは信号ケーブルだけを持って、製品を持ち上げ たり、前後または左右に動かさないでください。 " ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火 災の原因となることがあります。 クロスやカーテンで換気口がふさがれないようにしてくださ い。 " 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 水の入った容器、花瓶、植木鉢、医薬品や、金属類を製品の上 に置かないでください。 " 製品が水に濡れたり、異物が製品内部に入ったりした場合に は、電源コードを抜いてからお客様相談ダイヤルにご連絡く ださい。 " 製品の故障、感電または火災につながる恐れがあります。 可燃性のスプレーまたは可燃物を製品に近づけないでくださ い。 " 爆発または火災の原因となることがあります。 箸、コイン、ピンおよび刃物などの金属類、マッチや紙などの 可燃物を (換気口、入出力端子などから) 製品の中に入れないで ください。 " 製品が水に濡れたり、異物が製品内部に入ったりした場合に は、電源コードを抜いてからお客様相談ダイヤルにご連絡く ださい。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 静止画面を長時間表示し続けると、残像が発生したり画面がぼ やけたりする場合があります。また、場合によっては液晶パネル が焼き付けを起こす場合があります。 " 長時間製品を試用しない場合には、スリープ モードにするか 動きのあるのスクリーン セイバーを使用します。 製品に適した解像度および周波数を設定します。 " 視力に影響を与えることがあります。 ヘッドフォンまたはイヤフォンを使用するときは、音量を大き くしすぎないようにしてください。 " 音が大きすぎると、聴覚に影響を与えることがあります。 疲れ目を防止するために、製品に近づきすぎないでください。 " 視力低下の原因になり、場合によっては人体に影響を及ぼし ます。 安全使用上の注意モニターを 1 時間使用したら、少なくとも 5 分間の休憩をとり ます。 疲れ目が軽減されます。 不安定な棚や平らでない面、または振動の多い場所に設置しな いでください。 " 落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。 " 振動の多い場所で製品を使用すると、製品の寿命が短くなっ たり出火の原因となる場合があります。 製品を移動するときには、電源をオフにして、電源プラグ、ア ンテナ ケーブル、および製品に接続されているすべてのケーブ ルを切り離します。 " 感電または火災の原因となることがあります。 お子様が製品にぶら下がったり、よじ登らないようにしてくだ さい。 " 製品が落下して傷害または死亡事故の原因になる場合があり ます。 製品を長期間使用しない場合には、コンセントから電源コード を外してください。 " ほこりがたまって過熱または火災の原因となったり、感電ま たは漏電の原因となることがあります。 製品に重たいものを乗せたり、小さいお子様が興味を示すよう なもの(おもちゃやお菓子など)を置いたりしないでください。 " お子様が製品にぶら下がって、落下により傷害または死亡事 故の原因となることがあります。 リモコンから電池を取り外したときには、お子様が電池を口 の中に入れないようにしてください。電池は、子供または乳児の 手の届かない場所に置いてください。 " お子様が電池を口の中に入れたときには、すぐに医師の診察 を受けてください。 電池を交換するときには、正しい極性 (+、‐) の向きに入れ てください。 " 電池が破損したり、液漏れにより火災、傷害または故障の原 因となることがあります。 指定された標準の電池のみを使用し、新しい電池と使用済みの 電池を混在して使用しないでください。 " 電池が破損したり、液漏れにより火災、けがまたは故障の原 因となることがあります。 バッテリ (および充電式バッテリ) は通常の廃棄物ではなく、 リサイクルするために返送する必要があります。使用済みのバッ テリをリサイクルのために返送する責任はお客様にあります。 " お客様は、使用済みの充電式バッテリを公共のリサイクルセ ンターまたは同じタイプのバッテリおよび充電式バッテリを 販売している店舗に返送することができます。 安全使用上の注意直射日光の当たる場所、炎またはヒーターなどの熱源の近くに 製品を置かないでください。 " 製品の寿命が短くなったり、火災の原因となることがありま す。 製品の上に物を落としたり、製品に衝撃を与えないでくださ い。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 製品の近くで加湿器を使用しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 ガス漏れがあった場合には、製品または電源プラグに触れずに 直ちに換気を行ってください。 " 火花が発生すると、爆発または火災が発生することがありま す。 長時間電源をオンにしていると液晶パネルが高温になりますの で触れないでください。 特に小さなお子様が触れないよう十分ご注意ください。 製品の角度またはスタンドの高さを調整するときには注意して ください。 " 手や指を挟まれると、傷害の原因となることがあります。 " また、製品を傾けすぎると、転倒して傷害の原因となること があります。 製品を子供の手の届く高さに設置しないでください。 " 落下して傷害の原因になる場合があります。 " 製品は前の方が重たくなっているため、水平で安定した面に 設置してください。 製品の上に重い物を載せないでください。 " けがや製品の破損の原因となることがあります。 安全使用上の注意はじめに パッケージ内容 注意 ご使用前に、LCD ディスプレイと共に以下の付属品が揃っているか確認 してください。 不足している品目がある場合には、販売店にお問い合わせください。 オプション品の購入については、お近くの販売店にお問い合わせください。 注意 このスタンドは、床置きタイプではありません。 パッケージの内容の確認 上の図に示すように、パッケージの箱からロックを取り外します。 箱の両側にある穴に手をか けて、箱を持ち上げます。 パッケージの内容を確認し ます。 発布スチロールとビニール 袋を取り外します。 注意 " パッケージを開いたら、内容を確認してください。 " パッケージの箱は、今後製品を運搬するときのために保管しておいてください。 " 開梱したら、パッケージの箱の下部を仮のスタンドとして使用して製品のテストや動作 チェックを行うことができます。同梱物 LCD ディスプレイ マニュアル類 クイック セットアップ ガ イド 保証書 (含まれていない地域もあ ります) ユーザー ガイド MagicInfo ソフトウェア CD, MagicInfo マニュアル CD (EXn モデルのみ) ケーブル 電源コード D‐Sub ケーブル その他 リモートコントロール (BP59‐00138A) バッテリ (AAA X 2) (含まれていない地域もあ ります) HOLDER‐WIRE 2EA (BN61‐05373A) はじめに別売り LAN ケーブル USB ケーブル (EXn モデルのみ) RGB to BNC ケーブル RGB to Component ケーブ ル RGB to AV ケーブル NetWork ボックス (EX モデルのみ) ウォール マウント キット お使いの LCD ディスプレイ 前面 SOURCE ボタン PC モードからビデオモードに切り替えます。外部デバイスが接続されて いる入力信号を選択します。 [PC] → [AV] → [コンポ一ネント] → [HDMI] → [MagicInfo] 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ 有効にすることができます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 はじめに(電源ボタン) このボタンで、LCD ディスプレイの電源のオン/オフを切り替えます。 輝度センサー 周囲の明るさを自動的に検出します。 電源インジケーター 緑色に点滅して PowerSaver モードであることを示します 注意 省電力機能の詳細については、このマニュアルの「PowerSaver」を参照 してください。消費電力を押さえるために、必要ない場合または長時間 LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。 リモートカラーセンサー リモコンを LCD ディスプレイのこの部分に向けます。 背面 注意 ケーブル接続の詳細については、「設定」の「ケーブルの接続」を参照してください。LCD ディスプレイの背面の構成は、モデルによって若干異なる場合があります。 はじめに POWER S/W ON [ │ ] / OFF LCD ディスプレイのオン/オフを切り替えま す。 POWER LCD ディスプレイと壁のコンセントに電源 コードを接続します。 注意 EXn モデルのみ CMOS CLEAR MagicInfo をリセットします。 USB 1 / 2 / 3(USB 接続端子) キーボード/マウス、マス ストレージ機器 対応。 LAN (LAN 接続端子) LAN ケーブルに接続して、MagicInfo モー ドでのインターネットまたはネットワーク アクセスを可能にします。 RGB OUT MagicInfo ビデオ出力ポート RS232C OUT / IN (RS232C シリアル ポ ート) MDC(Multiple Display Control) プログラ ム ポート RJ 45 MDC (MDC PORT) MDC(Multiple Display Control) プログラ ム ポート はじめにHDMI IN " HDMI ケーブルを使用して、LCD ディス プレイ背面の HDMI 端子をお使いのデジ タル出力デバイスの HDMI 端子に接続し ます。 " HDMI 1.0 までをサポートしています。 DVI OUT(LOOPOUT) " モニターを DVI、DVI to HDMI ケーブル を使用して別のモニターに接続します。 " モニターの [DVI OUT(LOOPOUT)] ポート を他のモニターの [HDMI IN] ポートに DVI to HDMI ケーブルを使用して接続し ます。 " [DVI OUT(LOOPOUT)] ポートから送出さ れる HDMI およびネットワーク信号は、 DVI IN ポートを持つセカンド ディスプ レイに表示されます。 注意 DVI ループアウトには最大 6 台のモニターを接続できます。 ただし、接続するケーブルのタイプまたは信号装置に よっては、 フル HD モードでは最大 10 台のモニターを接続できます。 RGB / COMPONENT / AV IN " 製品の [RGB/COMPONENT/AV IN]] ポート と PC の [RGB] ポートを D‐Sub ケー ブルで接続します。 " モニターの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートを外部デバイスの Component ポ ートに RGB to Component ケーブルを使 用して接続します。 " モニターの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートを PC の BNC ポートに BNC to BNC ケーブルを使用して接続します。 " モニターの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートを外部デバイスの AV ポートに RGB to AV ケーブルを使用して接続しま す。 はじめにAUDIO IN モニターの [AUDIO IN] ポートを PC また は外部デバイスの音声出力ポートにオーデ ィオ ケーブルを使用して接続します。 AUDIO OUT ヘッドフォンまたは外部スピーカーを接続 します。 注意 [AUDIO OUT] ポートは 460EX(n) および 550EX(n) モデルでのみサポートされていま す。 Kensington Lock Kensington ロックは、公共の場所で製品を 安全に使用できるようにロックすることが できる盗難防止用の装置です。 固定装置の 形状と使用方法はモデルおよびメーカーに よって異なるため、詳細については固定装 置に付属するユーザー マニュアルを参照し てください。 注意 Kensington ロックを別途購入する必要があ ります。 製品をロックするには以下の手順に 従います。 1. Kensington ロック ケーブルを、デス クや椅子など大きくて動かない物体に かけます。 2. ロックのついたケーブルの端を Kensington ロック ケーブルの端の輪に通 します。 3. ロック装置をモニターの Kensington スロットに挿入します ( )。 4. ロックします ( )。 注意 " これは一般的な説明です。詳細について は、ロック装置に付属するユーザー マ ニュアルを参照してください。 はじめに " 固定装置の購入につきましてはお買い上 げいただいたお店にご確認ください。 注意 ケーブル接続の詳細については、「ケーブルの接続」を参照してください。 リモートコントロール 注意 リモコンの動作は TV またはその他 LCD ディスプレイ付近で動作している電子機器の影響 を受ける場合があり、周波数の干渉によって誤作動することがあります。 POWER OFF ダイヤルパッド DEL / GUIDE ボタン + VOL - SOURCE D.MENU TOOLS 上下左右ボタン INFO COLOR ボタン TTX/MIX MTS/DUAL ENTER/PRE-CH MUTE CH/P TV MENU RETURN EXIT MagicInfo 1. POWER 製品をオンにします。 2. OFF 製品をオフにします。 3. ダイヤルパッド OSD の調整時、または MagicInfo を使用するときにパス ワードを入力するのに使用します。 押してチャンネルを変更します。 はじめに4. DEL / GUIDE ボタ ン 「‐」ボタンはデジタル チャンネルの選択に使用します。 電子番組ガイド (EPG) 表示 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 5. + VOL - 音声の音量を調整します。 6. SOURCE 接続されている外部入力信号または  MagicInfo モードを 選択します。 ボタンを押して、入力信号 SOURCE を切り換えます。 入力信号の変更は、変更時に LCD ディスプレイに接続さ れている外部デバイスについてのみ行うことができます 7. D.MENU DTV メニュー表示 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 8. TOOLS よく使う機能を素早く選択するのに使用します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 9. 上下左右ボタン ひとつのメニューから別のメニューに横方向、縦方向に移 動したり、選択したメニューの値を調整したりします。 10. INFO 画面左上に現在の画像情報が表示されます。 11. 色ボタン 押すとチャンネルを追加または削除し、チャンネルを [チ ャンネル リスト] メニューのお気に入りのチャンネル リ ストに格納します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 12. TTX/MIX TV チャンネルは、テレテキスト経由で文字情報サービスを 提供します。 ‐ テレテキスト ボタン ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 13. MTS/DUAL MTS‐ MTS (マルチチャンネル テレビ ステレオ) モードを選択 できます。 音声タイプ MTS/S_Mode デフォルト FM ステレオ モノラル モノラル 手動変更 ステレオ モノラル !� ステ レオ SAP モノラル SAP モノラル DUAL‐ STEREO/MONO、DUAL l / DUAL ll および MONO/NICAM MONO/ NICAM STEREO は、放送のタイプに応じて TV の視聴中に リモコンの DUAL ボタンで操作することができます。 はじめに‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 14. ENTER/PRE-CH このボタンを使用して、前のチャンネルに直ちに戻りま す。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 15. MUTE 音声の出力を一時的に停止(ミュート)します。これは画 面の左下隅に表示されます。消音モードで MUTE または - VOL + が押されると、音声が再度聞こえるようになりま す。 16. CH/P TV モードで、TV のチャンネルを選択します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 17. TV TV モードを直接選択します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 18. MENU オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了し たり、調整メニューを閉じたりします。 19. RETURN 前のメニューに戻ります。 20. EXIT メニュー画面を終了します。 21. MagicInfo MagicInfo クイック起動ボタン 注意 MagicInfo をサポートしない製品では、このボタンが無効 になっています。 物理的レイアウト(400EX(n)) 物理的レイアウト はじめにLCD ディスプレイ ヘッド オプションスタンド(別売品) " VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。 " VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文くだ さい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。 " LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。 " SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任を 負うものではありません。 寸法 注意 ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8~ 12 mm のネジだけを使用するようにし てください。 ウォールブラケットの取り付け " ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。 " お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお 客様の傷害について責任を負いかねます。 はじめに " この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製 の壁に取り付けることはできません。 部品 製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。 ウォール ブラケット (1) ヒンジ (左1、右1) プラスチ ック ハ ン ガ ー (4) ネジ (A) (11) ネジ (B) (4) ア ン カ ー (11) ウォール ブラケット アセンブリ 注意 ヒンジは 2個(左用または右用)あります。該当する方を使用してください。 1. 固定ネジを矢印の向きに挿入して固定します。 固定したら、ウォールブラケットを壁に取り付けます。 A ‐ 固定ネジ B ‐ ウォールブラケット C ‐ ヒンジ (左) D ‐ ヒンジ (右) 2. 壁にドリルで穴を開ける前に、製品の背面にある 2 カ所の固定穴が適切な間隔になっ ていることを確認してください。 長さが短い、または長い場合には、ウォールブラケットの 4 本のネジを緩めて調整を 行います。 はじめにA ‐ 2 カ所の固定穴の間隔 3. 取り付け図を見て、壁にドリルで穴を開ける位置に印を付けます。5.0 mm のビットを 使用して、35 mm より深い穴を開けます。 各アンカーを対応する穴に固定します。ブ ラケットとヒンジの穴をそれぞれ該当するアンカー穴に合わせ、挿入して 11 本のネ ジ (A) で固定します。 ウォール ブラケットに製品を取り付けるには 製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで す) 1. 製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。 はじめに2. ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。 注意 " ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく 固定されていることを確認してください。 " 製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ さい。 " ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取 り付け後に製品が動いてしまうことがあります。 3. 手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の 背面の穴に固定します。 4. 安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置し ます。安全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定しま す。 はじめにA ‐ LCD ディスプレイ B ‐ ウォールブラケット C ‐ 壁 ウォール ブラケットの角度調整 壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を ‐2˚ に調整してください。 1. 製品をウォールブラケットに固定します。 2. 製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。 注意 ブラケットの角度は ‐2˚~ 15˚ の範囲で調整できます。 角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を 持ってください。 はじめに物理的レイアウト(460EX(n)) 物理的レイアウト LCD ディスプレイ ヘッド オプションスタンド(別売品) " VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。 " VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文くだ さい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。 " LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。 " SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任を 負うものではありません。 はじめに寸法 注意 ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8~ 12 mm のネジだけを使用するようにし てください。 ウォールブラケットの取り付け " ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。 " お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお 客様の傷害について責任を負いかねます。 " この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製 の壁に取り付けることはできません。 部品 製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。 ウォール ブラケット (1) ヒンジ (左1、右1) プラスチ ック ハ ン ガ ー (4) ネジ (A) (11) ネジ (B) (4) ア ン カ ー (11) ウォール ブラケット アセンブリ 注意 ヒンジは 2個(左用または右用)あります。該当する方を使用してください。 1. 固定ネジを矢印の向きに挿入して固定します。 固定したら、ウォールブラケットを壁に取り付けます。 はじめにA ‐ 固定ネジ B ‐ ウォールブラケット C ‐ ヒンジ (左) D ‐ ヒンジ (右) 2. 壁にドリルで穴を開ける前に、製品の背面にある 2 カ所の固定穴が適切な間隔になっ ていることを確認してください。 長さが短い、または長い場合には、ウォールブラケットの 4 本のネジを緩めて調整を 行います。 A ‐ 2 カ所の固定穴の間隔 3. 取り付け図を見て、壁にドリルで穴を開ける位置に印を付けます。5.0 mm のビットを 使用して、35 mm より深い穴を開けます。 各アンカーを対応する穴に固定します。ブ ラケットとヒンジの穴をそれぞれ該当するアンカー穴に合わせ、挿入して 11 本のネ ジ (A) で固定します。 はじめにウォール ブラケットに製品を取り付けるには 製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで す) 1. 製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。 2. ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。 注意 " ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく 固定されていることを確認してください。 " 製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ さい。 " ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取 り付け後に製品が動いてしまうことがあります。 3. 手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の 背面の穴に固定します。 はじめに4. 安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置し ます。安全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定しま す。 A ‐ LCD ディスプレイ B ‐ ウォールブラケット C ‐ 壁 ウォール ブラケットの角度調整 壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を ‐2˚ に調整してください。 1. 製品をウォールブラケットに固定します。 2. 製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。 注意 ブラケットの角度は ‐2˚~ 15˚ の範囲で調整できます。 はじめに角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を 持ってください。 物理的レイアウト(550EX(n)) 物理的レイアウト LCD ディスプレイ ヘッド オプションスタンド(別売品) " VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。 はじめに " VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文くだ さい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。 " LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。 " SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任を 負うものではありません。 寸法 注意 ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8~ 12 mm のネジだけを使用するようにし てください。 ウォールブラケットの取り付け " ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。 " お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお 客様の傷害について責任を負いかねます。 " この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製 の壁に取り付けることはできません。 部品 製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。 ウォール ブラケット (1) ヒンジ (左1、右1) プラスチ ック ハ ン ガ ー (4) ネジ (A) (11) ネジ (B) (4) ア ン カ ー (11) はじめにウォール ブラケット アセンブリ 注意 ヒンジは 2個(左用または右用)あります。該当する方を使用してください。 1. 固定ネジを矢印の向きに挿入して固定します。 固定したら、ウォールブラケットを壁に取り付けます。 A ‐ 固定ネジ B ‐ ウォールブラケット C ‐ ヒンジ (左) D ‐ ヒンジ (右) 2. 壁にドリルで穴を開ける前に、製品の背面にある 2 カ所の固定穴が適切な間隔になっ ていることを確認してください。 長さが短い、または長い場合には、ウォールブラケットの 4 本のネジを緩めて調整を 行います。 A ‐ 2 カ所の固定穴の間隔 3. 取り付け図を見て、壁にドリルで穴を開ける位置に印を付けます。5.0 mm のビットを 使用して、35 mm より深い穴を開けます。 各アンカーを対応する穴に固定します。ブ はじめにラケットとヒンジの穴をそれぞれ該当するアンカー穴に合わせ、挿入して 11 本のネ ジ (A) で固定します。 ウォール ブラケットに製品を取り付けるには 製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで す) 1. 製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。 2. ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。 注意 " ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく 固定されていることを確認してください。 " 製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ さい。 " ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取 り付け後に製品が動いてしまうことがあります。 3. 手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の 背面の穴に固定します。 はじめに4. 安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置し ます。安全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定しま す。 A ‐ LCD ディスプレイ B ‐ ウォールブラケット C ‐ 壁 ウォール ブラケットの角度調整 壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を ‐2˚ に調整してください。 1. 製品をウォールブラケットに固定します。 2. 製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。 注意 ブラケットの角度は ‐2˚~ 15˚ の範囲で調整できます。 はじめに角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を 持ってください。 はじめに接続 コンピュータの接続 コンピュータをモニターに接続するにはいくつかの方法があります。以 下のオプションから選択してください。 ビデオカードの D‐sub(アナログ)コネクタを使用します。 " D‐sub は、LCD ディスプレイ背面の 15‐pin の [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートとコンピュータの 15‐pin D‐sub ポートを接続しま す。 グラフィック カードの HDMI (デジタル) 出力を使用。 " LCD ディスプレイの [HDMI IN] ポートと PC の HDMI ポートを HDMI ケーブルを使用して接続します。注意 HDMI ケーブルを PC に接続するときには、PC または DVI デバイスを選 択する前に 外部入力 と 外部入力名編集 の両方で HDMI を選択してい ることを確認し、通常の PC の画面と音声が出力されるようにします。 音声は、以下のオプション に従って接続したときにのみ利用できま す。 お使いのコンピュータのオーディオ ケーブルを、コンピュータ背面のオ ーディオ ポートに接続します。 LCD ディスプレイの電源コードを LCD ディスプレイ背面の電源ポートに 接続します。電源スイッチをオンにします。 注意 " コンピュータと LCD ディスプレイの電源を入れます。 " オプション品の購入については、SAMSUNG のお近くの販売店にお問い合わせください。 他のデバイスへの接続 注意 " お使いのコンピュータだけでなく、DVD プレイヤー、VCR またはカムコーダーなどの AV 入力機器を LCD ディスプレイに接続することができます。AV 入力デバイスの接続の詳 細については、「LCD ディスプレイの調整」の内容を参照してください。 " LCD ディスプレイの背面の構成は、LCD ディスプレイのモデルによって若干異なる場合 があります。 接続外部モニターの接続 1. LCD モニターの [DVI OUT(LOOPOUT)] ポートと別のモニターの入力ポートを DVI ケー ブルで接続します。 2. LCD モニターの [AUDIO OUT] ポートと別のモニターの音声入力ポートをステレオ ケ ーブルで接続します。 3. LCD ディスプレイ前面またはリモコンの SOURCE ボタンを使用して DVI を選択しま す。 注意 DVI OUT は HDCP をサポートしていません。 RGB to AV ケーブルを使用して接続する 1. モニターの [RGB/COMPONENT/AV IN] ポートに RGB to AV ケーブルを接続します。 接続2. オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] と DVD プレイヤー の AUDIO OUT ジャックの間に接続します。 注意 " DVD プレイヤーへの接続では、LCD ディスプレイ前面またはリモコンにある SOURCE ボ タンを使用して、AV を選択します。 " 次に、DVD ディスクを挿入して DVD プレイヤーをスタートさせます。 " RGB to AV ケーブルはオプションです。 HDMI ケーブルを使用して接続する 1. Blu‐Ray/DVD プレイヤーなどの入力デバイスを HDMI ケーブルを使用して LCD ディ スプレイの [HDMI IN] 端子に接続します。 2. LCD ディスプレイ前面またはリモコンの SOURCE ボタンを使用して HDMI を選択しま す。 注意 HDMI モードでは、PCM フォーマットの音声のみサポートしています。 接続DVI ‐ HDMI ケーブルを使用して接続する 1. デジタル出力デバイスの DVI 出力端子を DVI ‐ HDMI ケーブルを使用して、LCD デ ィスプレイの [HDMI IN] 端子に接続します。 2. RCA ‐ ステレオ (PC 用) ケーブルの赤および白のジャックをデジタル出力デバイス の同じ色の音声出力端子に接続し、反対側のジャックを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] 端子に接続します。 3. LCD ディスプレイ前面またはリモコンの SOURCE ボタンを使用して HDMI を選択しま す。 DVD プレイヤーの接続 1. RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポー トと DVD プレイヤーの PR、Y、PB ジャックを接続します。 接続2. オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] と DVD プレイヤー の AUDIO OUT ジャックの間に接続します。 注意 " DVD プレイヤーへの接続では、LCD ディスプレイ前面またはリモコンにある SOURCE ボ タンを使用して、コンポ一ネント を選択します。 " 次に、DVD ディスクを挿入して DVD プレイヤーをスタートさせます。 " RGB to Component ケーブルはオプションです。 " コンポーネント ビデオについては、お使いの DVD のマニュアルを参照してください。 DTV セット トップ (ケーブル/衛生) ボックスの接続 1. RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポー トとセット トップ ボックスの PR、Y、PB ジャックを接続します。 2. オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] と DVD プレイヤー の AUDIO OUT ジャックの間に接続します。 注意 " DTV セット トップ ボックスへの接続では、LCD ディスプレイ前面またはリモコンにあ る SOURCE ボタンを使用して、コンポ一ネント を選択します。 " コンポーネント ビデオについては、お使いのセット トップ ボックスのマニュアルを 参照してください。 接続オーディオ システムへの接続 1. オーディオ システムの AUX L、R ジャックと LCD ディスプレイの [AUDIO OUT] をオ ーディオ ケーブルで接続します。 LAN ケーブルの接続 LAN ケーブルを接続します。 注意 EXn モデルのみ 接続USB デバイスの接続 マウスやキーボードなどの USB 機器を接続することができます。 注意 EXn モデルのみ ケーブルの組み立て 注意 ケーブルは、取り回しのときに強く引っ張らないようにします。 製品の接続端子が破損す ることがあります。 接続ソフトウェアの使用 モニター ドライバ 注意 オペレーティング システム が モニタードライバを要求してきたら、この モニターに同梱されている CD-ROM を挿入して下しさい。インストール方法 はオペレーティング システムによって多少異なります。お使いのオペレー ティング システム をご確認のうえ、それぞれのインストール方法に従って ください。 空のディスクを用意して、以下に示すインターネット Web サイトのドライ バ プログラム ファイルをダウンロードします。 インターネット Web サイト: http://www.samsung.com/ モニター ドライバのインストール (自動) 1. ドライバのインストール CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. [Windows] をクリックします。 3. 画面に表示される指示に従って以降のインストール手順を完了させます。 4. モデルの一覧からご使用のモデルを選択します。 5. 適切な解像度と画面のリフレッシュ レートが [コントロール パネル] の設定に表示されているか確認しま す。詳細については、Windows オペレーティング システムについてのマニュアルを参照してください。 注意 このモニター ドライバは Microsoft が承認したもので、インストールしてもシステ ムにダメージを与えることはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 http://www.samsung.com/ モニター ドライバのインストール (手動) Microsoft�ョ Windows Vista、 オペレーティング システム 1. マニュアル CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. [ ] (スタート) をクリックし、["Control Panel" (コントロール パネル)] をクリ ックします。次に、["Appearance and Personalization" (デスクトップのカスタマイ ズ)] をダブルクリックします。 3. ["Personalization" (個人設定)]、続いて ["Display Settings" (画面の設定)] をク リックします。 4. ["Advanced Settings..." (詳細設定...)] をクリックします。 ソフトウェアの使用5. ["Monitor" (モニタ)] タブで ["Properties" (プロパティ)] をクリックします。 ["Properties" (プロパティ)] ボタンが無効になっている場合は、モニターの設定が 完了していないことを示しています。そのままでも、モニターを使用することは可能 です。 下の図に示すように ["Windows needs..." (Windows の設定が必要です...)] というメ ッセージが表示された場合には、["Continue" (続行)] をクリックします。 注意 このモニター ドライバーは MS ロゴの承認を受けており、このドライバのインストー ルによってシステムが破損することはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 6. ["Update Driver..." (ドライバのアップデート...)] タブで ["Driver" (ドライバ)] をクリックします。 7. ["Browse my computer for driver software" (コンピュータを参照してドライバ ソ フトウェアを検索します)] チェックボックスをチェックして、["Let me pick from a list of device drivers on my computer" (コンピュータ上のデバイス ドライバの一 覧から選択します)] をクリックします。 ソフトウェアの使用8. ["Have Disk..." (ディスク使用)] をクリックして、ドライバ セットアップファイル のあるフォルダ (たとえば D:\Drive) を選択し、[OK] をクリックします。 9. 画面上のリストからお使いのモニターモデルに一致するモデルを選択し、["Next" (次 へ)] をクリックします。 10. 続いて表示される画面で、["Close" (閉じる)] → ["Close" (閉じる)] → ["OK" (OK)] → ["OK" (OK)] をクリックします。 ソフトウェアの使用Microsoft�ョ Windows�ョ XP オペレーティング システム 1. CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. ["Start" (スタート)] → ["Control Panel" (コントロール パネル)] をクリック し、["Appearance and Themes" (デスクトップの表示とテーマ)] アイコンをクリック します。 3. ["Display" (画面)] アイコンをクリックして ["Settings" (設定)] タブを選択し、 ["Advanced..." (詳細設定)] をクリックします。 4. ["Monitor" (モニター)] タブで ["Properties" (プロパティ)] ボタンをクリック し、["Driver" (ドライバ)] タブを選択します。 ソフトウェアの使用5. ["Update Driver..." (ドライバの更新...)] をクリックして、["Install from a list or..." (一覧または特定の場所からインストールする)] を選択し、["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 6. ["Don't search, I will..." (検索しないで、インストールするドライバを選択す る)] を選択して [Next (次へ)] をクリックし、["Have disk" (ディスク使用)] をク リックします。 7. ["Browse" (参照)] ボタンをクリックしてから A:(D:\Driver) を選択し、モデル一覧 からお使いのモデルを選択して、["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 8. 以下のメッセージが表示される場合には、[Continue Anyway (続行)] ボタンをクリッ クします。続いて ["OK" (OK)] ボタンをクリックします。 ソフトウェアの使用注意 このモニター ドライバは Microsoft が承認したもので、インストールしてもシステ ムにダメージを与えることはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 http://www.samsung.com/ 9. [Close (閉じる)] ボタンをクリックし、続けて [OK] ボタンをクリックします。 10. モニター ドライバのインストールが完了します。 Microsoft�ョ Windows�ョ 2000 オペレーティング システム モニター上に["Digital Signature Not Found" (デジタル署名が見つかりません)] と表示 された場合は、以下の手順を行います。 1. ["Insert disk" (ディスク挿入)] ウィンドウで ["OK" (OK)] ボタンを選択します。 2. ["File Needed" (必要なファイル)] ウィンドウで ["Browse" (参照)] ボタンをクリ ックします。 3. A:(D:\Driver) を参照してから ["Open" (開く)] ボタンをクリックし、続いて ["OK" (OK)] ボタンをクリックします。 インストール方法 ソフトウェアの使用1. ["Start" (スタート)]、["Setting" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パネ ル)] をクリックします。 2. ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックします。 3. ["Settings" (設定)] タブを選択し、["Advanced" (詳細設定)] ボタンをクリックし ます。 4. ["Monitor" (モニタ)] を選択します。 ケース 1:["Properties" (プロパティ)] ボタンが有効でない場合には、モニターが適 切に設定されていることを意味します。インストールを中止してください。 ケース 2:[Properties (プロパティ)] ボタンが有効になっている場合には、[Properties (プロパティ)] ボタンをクリックして次の手順に進みます。 5. ["Driver" (ドライバ)] をクリックし、続いて ["Update Driver..." (ドライバの更 新...)] をクリックして ["Next" (次へ)] をクリックします。 6. ["Display a list of the known drivers for this device so that I can choose a specific driver" (このデバイスの既知のドライバを表示して、その一覧から選択す る)] を選択して ["Next" (次へ)] をクリックし、["Have disk" (ディスク使用)] を クリックします。 7. ["Browse" (参照)] ボタンをクリックして A:(D:\Driver) を選択します。 8. ["Open" (開く)] ボタンをクリックし、続けて ["OK" (OK)] ボタンをクリックしま す。 9. お使いのモニターのモデルを選択して、[Next (次へ)] ボタンをクリックします。続 いて [Next (次へ)] ボタンをクリックします。 10. ["Finish" (完了)] ボタンをクリックし、続いて ["Close" (閉じる)] ボタンをクリ ックします。 ["Digital Signature Not Found" (デジタル署名が見つかりません)] というウィンド ウが表示された場合には、["Yes" (はい)] ボタンをクリックします。[Finish (完 了)] ボタンをクリックし、続いて [Close (閉じる)] ボタンをクリックします。 Microsoft�ョ Windows�ョ Millennium オペレーティング システム 1. ["Start" (スタート)]、["Setting" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パネ ル)] をクリックします。 2. ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックします。 3. ["Settings" (設定)] タブを選択し、["Advanced" (詳細設定)] ボタンをクリックし ます。 4. ["Monitor" (モニタ)] タブを選択します。 5. ["Monitor Type" (モニタ タイプ)] 領域で、["Change" (変更)] ボタンをクリックし ます 6. ["Specify the location of the driver" (ドライバの場所を指定)] を選択します。 7. ["Display a list of all the driver in a specific location..." (特定の場所にあ るすべてのドライバ一覧を表示し、インストールドライバを選択する)] を選択し、 ["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 8. ["Have Disk" (ディスク使用)] ボタンをクリックします。 ソフトウェアの使用9. A:\ (D:\driver) を指定して、["OK" (OK)] ボタンをクリックします。 10. ["Show all devices" (すべてのデバイスを表示)] を選択し、コンピュータに接続さ れているものに対応するモニターを選択して、["OK" (OK)] をクリックします。 11. [画面のプロパティ] ダイアログボックスが閉じるまで、["Close" (閉じる)] ボタン をクリックしてから ["OK" (OK)] ボタンをクリックする操作を繰り返します。 Microsoft�ョ Windows�ョ NT オペレーティング システム 1. ["Start" (スタート)]、["Settings" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パ ネル)] をクリックし、続いて ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックしま す。 2. [登録情報の表示] ウィンドウで、[設定] タブをクリックしてから ["All Display Modes" (すべての表示モード)] をクリックします。 3. 使用したいモード (解像度、色数および垂直周波数) を選択し、OK をクリックしま す。 4. ["Apply" (適用)] ボタンをクリックし、["Test" (テスト)] をクリックして画面が正 常に表示されるか確認します。画面が正常に表示されない場合には、別のモード (解 像度、色数または周波数がより低いモード) に変更します。 注意 [すべての表示モード] にモードが表示されない場合には、ユーザー ガイドのプリセット タイミング モードを参照して、解像度と 垂直周波数 を選択します。 Linux オペレーティング システム X-Window を実行するには、システム設定ファイルの一種である X86Config ファイルを作 成する必要があります。 1. X86Config ファイルを実行した後に表示される最初と 2 番目の画面で ["Enter"] を 押します。 2. 3 番目の画面はマウスの設定用です。 3. コンピュータのマウスを設定します。 4. 次の画面はキーボードの選択用です。 5. お使いのコンピュータのキーボードを設定します。 6. 次の画面はモニターの設定用です。 7. まず、モニターの水平周波数を設定します。(周波数は直接入力することができます) 8. モニターの 垂直周波数 を設定します。(周波数は直接入力することができます) 9. モニターのモデル名を入力します。この情報は、実際の X-Window の実行には影響を 与えません。 10. これでモニターの設定は完了です。その他の必要なハードウェアを設定してから、XWindow を実行します。 ソフトウェアの使用MDC インストール方法 1. CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. MDC System のインストール プログラムをクリックします。 注意 ソフトウェアのインストール画面が表示されない場合には、CD-ROM の MDC フォルダ にある MDC System 実行ファイルを使用してインストールします。 3. インストール ウィザードの画面が表示されたら、[次へ] をクリックします。 4. 「License Agreement」画面が表示されます。 Yes をクリックします。 5. 「Customer Information」ウィンドウが表示されます。ユーザー情報を登録して [Yes] をクリックします。 6. 「Choose Destination Location」ウィンドウが表示されます。インストールするファ イルの場所を指定して [Next] をクリックします。 注意 ファイルの場所を指定しない場合には、プログラムはデフォルトの場所にインストー ルされます。 7. 「Start Copying Files」ウィンドウが表示されます。ファイルの場所を確認して [Next] をクリックします。 8. インストールの進行状況を示す画面が表示されます。 9. 「InstallShield Wizard Complete」画面が表示されます。 Finish をクリックします。 注意 [Launch MDC System]を選択し、[Finish] をクリックします。MDC プログラムが直ち に実行されます。 ソフトウェアの使用10. インストールが正常に完了したら、MDC System を素早く実行できるアイコンがデスク トップに表示されます。 MDC 実行アイコンは、コンピュータ システムまたはモニターの仕様によっては 表示されない場合があります。表示されない場合には、F5 キーを押してくださ い。 インストール時のトラブル MDC のインストールは、ビデオ カード、マザーボードおよびネットワーク環境の影響を受 けます。 アンインストール MDC プログラムは、Windows�ョコントロールパネルの ["Add or Remove Programs" (プログ ラムの追加と削除)] オプションでのみ削除することができます。 MDC を削除するには、以下の手順に従います。 ["Start" (スタート)] メニューの ["Setting/Control Panel" (設定/コントロール パネ ル)] を選択し、["Add/Delete a program" (プログラムの追加と削除)] をダブルクリック します。 リストから MDC System を選択し、["Add/Delete" (変更と削除)] ボタンをクリックしま す。 Serial MDC の使用 Ethernet MDC の使用 ソフトウェアの使用準備 マルチディスプレイコントロール(MDC)は、様々な表示をPC上で容易にしかも一度に作動させることができるアプリケーションで す。シリアル通信の規格 RS-232Cは、PCとディスプレイ間の通信のために使用されます。そのために、シリアルケーブルが、PC 上のシリアルポートとディスプレイにあるシリアルポート間を接続する必要があります。 メイン画面 スタート > プログラム > マルチディスプレイコントロールの順にクリックし、プログラムをスタートさせます。 セットを選択して、スライダ内で選択されたセットのボリュームを見ます。 S e r i a l MDC メインアイコン All Remote Control 選択ボタン Safety Lock Refresh Port Selection ディスプレイ選択 Lamp Control 情報グリッド Option... コントロールツール ドロップダウン セレクタ OSD Display 1. メインアイコンを使用して、それぞれの画面に切り換えます。 2. 表示装置の機能を受信するリモートコントロール信号を有効または無効にすることができます。 3. ロック機能の設定。 ロック機能を設定しているときには、リモコンと本体の電源およびロック ボタンのみが使用できます。 4. PCのシリアルポート設定を変更できます。既定値はCOM1です。 5. Lamp 調整モードを選択します。 6. LFD ID の数と検索を繰り返す間隔を調整します。 7. 表示する LFD ID の範囲を決定します。Select または Clear ボタンを使用して表示する ID を選択または選択解除できます。 8. すべてのモニターを選択または選択解除できます。 9. 7 および 8 を設定して、表示される LFD ID を選択 (Select) または選択解除 (Clear) します。 10. モニターを検索します。Max LFD Id フィールドに最大数が表示されます。 11. ディスプレイ選択からディスプレイを選択します。 12. グリッドを使用して、選択したディスプレイの簡単な情報を表示します。 13. コントロールツールを使用して、表示を調整します。 14. OSD 機能の On/Off を切り替えます。 - 製品によってはサポートされない場合があります。 <注意> リモートコントロールの有効/無効機能は、電源がOnであるかOffであるかを操作します。これは、MDCに接続され た表示にあるすべてに適用されます。但し、ステータスに関係なく、MDCがシャットダウンしている時は、すべての 表示機能を受信するリモートコントロール信号が、MDCが閉じている時に有効となるように初期化されています。 ポートの設定1. マルチプルディスプレイコントロールはデフォルトでCOM1に設定されています。 2. COM1以外のポートが使用されている場合、ポート選択メニューでCOM1からCOM4が設定可能です。 3. シリアルケーブルを使用してモニターに接続されている正確なポート名が選択されていない場合、通信できません。 4. 選択したポートがプログラムに保存され、次のプログラムでも使用されます。 System 1. メイン メニューで System をクリックして、システム調整画面を開きます。 Info Gridが、Systemに必要な基本情報を表示します。 1) 電源のステータス 2) 入力ソース 3) イメージのサイズ 4) On Timer 5) Off Timer 2. Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 電源調節により、選択された表示のある機能を調節することができます。 1) Power (電源) On/Off - 選択された表示の電源をOn/Offに切り替えます。 2) ボリュームの調節 (サウンドモデルのみ) - 選択された表示のボリュームレベルを調節します。選択された表示のボリュームレベルをセットから受信して、スライダに表 示します。(1 台またはすべてのディスプレイの選択を解除した場合には、デフォルト値の 10 に戻ります。) 3) Mute(ミュート)のOn/Off (サウンドモデルのみ) - 選択された表示のミュートをOn/Offに切り替えます。選択されたセットが、すでにMUTEに設定されているならば、あるとき 一つのセットを選択する場合に、 MUTEディスプレイに印をつける必要があります。(選択を取り消す、または、すべて選択 を選択すると、その値は、デフォルト値に戻ります。) Volume機能とMute機能は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 3. OSD Display メニューを使用してメニュー画面を表示するか否かを選択します。 1) Source OSD - 入力信号の OSD を表示して Source が変更されたときに表示するか否かを設定します。 2) Not Optimum Mode OSD - 現在のモードがサポートされているかどうかを示すために、最適なモードの OSD を表示するか否かを設定します。 3) No Signal OSD - 信号なし OSD を表示して入力信号がないことを示すか否かを設定します。 4) MDC OSD - MDC を使用して設定が変更されたことを示すのに、MDC OSD を表示するか否かを設定します。 入力ソースの調節 1. メインアイコンの入力ソースをクリックすると、入力ソース調節画面が表示されます。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 • TV モード • PC モード Info Gridが、入力ソースの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PC - 選択された表示の入力ソースをPCに切り替えます。 2) BNC - 選択された表示の入力ソースをBNCに切り替えます。 3) DVI - 選択された表示の入力ソースをDVIに切り替えます。 4) TV - 選択された表示の入力ソースをTVに切り替えます。 5) DTV - 選択された表示の入力ソースをDTVに切り替えます。 6) AV - 選択された表示の入力ソースをAVに切り替えます。 7) S-Video - 選択された表示の入力ソースをS-Videoに切り替えます。 8) コンポーネント - 選択された表示の入力ソースをコンポーネントに切り替えます。 9) MagicInfo - MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 10) HDMI1/HDMI2 - 選択された表示の入力ソースをHDMIに切り替えます。 11) DP - 選択した Display の入力信号を DP に切り替えます。 12) Channel - Input Source(入力信号)がTVのとき、チャンネルの矢印が表示されます。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 TV信号はTV機能のある製品でのみ選択でき、チャンネルの制御は入力信号がTVのときにのみ行えます。 入力ソースの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 イメージサイズの調節 PC, BNC, DVI, DP 1. メインアイコンのイメージサイズをクリックすると、イメージサイズ調節画面が表示されます。 Info Gridが、イメージサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) Power(電源) - 現在の表示の電源ステータスを調節します。 2) Image Size(イメージのサイズ) - 使用している表示の現在のイメージサイズを示します。 3) Input Source(入力ソース) - 情報グリッドは、入力信号が PC、BNC、DVI および DP のときにのみ表示されます。 4) PC Source - イメージサイズをクリックすると、PC、BNC、DVI および DP タブが最初に表示されます。 - Image Size 制御ボタンは、PC、BNC、DVI および DP で使用できる Image Size を制御します。5) Video Source - Image Size 調整ボタンを使用して、画像サイズを PC、BNC、DVI および DP で使用できる値に調整することができます。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 イメージサイズの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 イメージサイズの調節 TV, AV, S-Video, コンポーネント, DVI(HDCP), HDMI1, HDMI2, DTV 1. メインアイコンのイメージサイズをクリックすると、イメージサイズ調節画面が表示されます。 Info Gridが、時間の調節に必要な基本情報を表示します。 1) TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 または DTV モードで Image Size を調整するには、Video Source タブをク リックします。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 2) Info Gridは、入力ソースがTV, AV、S-Video、コンポーネント, HDMI1, HDMI2, DTVを入力ソースとして持っている表示だけを 示します。 3) 選択された表示のイメージサイズをランダムに切り替えます。 4) 画面モードはTV (PAL のみ) が接続されていて、Image Size (画像サイズ) 項目が Auto Wide (オートワイド) に設定されて いるときにのみ調整できます。 (Auto Wide モードは、TV、AV、および S-Video でのみ使用できます。) 製品によっては HDMI2 はサポートされていません。 Custom は製品によってはサポートされない場合があります。 Auto Wide(オートワイド)、Zoom1(ズーム1)およびZoom2(ズーム2)は、コンポーネントとDVI(HDCP)の入力信号タイ プが720pまたは1080iのときにのみ選択できます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 イメージサイズの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 時間の調節 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調節画面が表示されます。 Info Gridが、イメージサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) Set clock - 選択された表示のために現在の時間を設定します。(PC Time) - 現在の時間を変更するには、最初にPCの時間を変更します。 2) Timer - Timer1、Timer2、Timer3 および Holiday Management を設定します。 3) Timer が有効になっているかどうかを表示します。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 タイムコントロールは、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 On Time Setup(オン時間設定)、TV Source(TV信号)機能はTVモデルのみで使用できます。 On Time Setup(オン時間設定)、MagicInfo Source(MagicInfo信号)機能はMagicInfoモデルのみで使用できます。 Time Timer と Holiday Management を設定します。 1. 1. Timer1、Timer2 および Timer3 の設定 1) On Time - 選択したモニターをオンにする時刻を時、分、および AM/PM で設定します。 2) Off Time - 選択したモニターをオフにする時刻を時、分、および AM/PM で設定します。 3) Volume - 選択したモニターがオンになったときの音量を選択します。 4) Source - 選択したモニターを音にしたときの外部入力信号を選択します。 5) Holiday - Holiday Management 機能を Timer に適用します。 6) Repeat - Once、EveryDay、Mon~Fri、Mon~Sat、Sat~Sun、および Manual のいずれかを選択できます。 z Once:Timer は 1 回だけ動作します。 z EveryDay:Timer 毎日繰り返します。 z Mon~Fri:Timer は月曜から金曜まで繰り返します。 z Mon~Sat:Timer は月曜から土曜まで繰り返します。 z Sat~Sun:Timer タイマーは土曜と日曜に動作します。 z Manual:タイマーを動作させる曜日を選択します。 2. Holiday Management の設定 Holiday Management 機能は、Timer でモニターをオンまたはオフにする日を指定します。 1) 日付を指定します。 2) Delete All - すべての休日を削除します。 3) Add - 指定した日付を追加します。 4) - 選択した行のスケジュールを削除します。 Holiday Management 機能は、Timer 設定メニューでオン/オフを切り替える事ができます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 タイムコントロールは、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 On Time モードで Source が TV に設定されているときに TV についてのみ有効になります。 On Time モードで Source が MagicInfo に設定されているときに、MagicInfo がインストールされているモデルでのみ 有効になります。 PIPPIP サイズ 1. メインアイコンのPIPをクリックすると、PIPの調節画面が表示されます。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 Info Gridが、PIPサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PIP Size(PIP サイズ) - 使用している表示の現在のPIPサイズを示します。 2) OFF - 選択された表示のPIPをOffにします。 3) Large - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズをLargeに変更します。 4) Small - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズをSmallに変更します。 5) Double1 - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 1変更します。 6) Double2 - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 2変更します。 7) Double3 (Picture By Picture) - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 3変更します。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 選択された表示の電源をOn/Offに切り替えます。 PIP PIP ソース 1. メインアイコンのPIPをクリックすると、PIPの調節画面が表示されます。 Info Gridが、PIPソースの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PIP Source - PIP サイズは、モニターの電源をOnにして調節することができます。 2) PC - 選択された表示のPIPソースをPCに切り替えます。 3) BNC - 選択された表示のPIPソースをBNCに切り替えます。 4) DVI - 選択された表示のPIPソースをDVIに切り替えます。 5) TV - 選択された表示のPIPソースをTVに切り替えます。 6) DTV - 選択された表示のPIPソースをDTVに切り替えます。 7) AV - 選択された表示のPIPソースをAVに切り替えます。 8) S-Video - 選択された表示のPIPソースをS-Videoに切り替えます。 9) コンポーネント - 選択された表示のPIPソースをコンポーネントに切り替えます。 10) HDMI1 / HDMI2 - 選択された表示のPIPソースをHDMIに切り替えます。 11) DP - 選択したディスプレイの PIP 入力信号を DP に切り替えます。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 主画面の外部入力信号タイプによって、同時画面外部入力が選択できないことがあります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 同時画面コントロール機能は、電源ステータスおよび同時画面機能がオンのディスプレイで利用可能です。 設定の調整 ピクチャー 1. メインアイコンの時間をクリックすると、設定の調整画面が表示されます。Picture を調整するのに必要な基本情報がメインメニューに表示されます。接続したモニターの 1 台を選択するとそのモニタ ーの設定が表示され、All および Select をクリックしてすべてのモニターを選択するとデフォルト設定が表示されます。この画 面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) Picture(ピクチャー) - AV, S-Video, コンポーネント, HDMI1, HDMI2, DVIにのみ有効となります。 2) Contrast(コントラスト) - 選択された表示のコントラストを調整します。 3) Brightness(明るさ) - 選択された表示の明るさを調整します。 4) Sharpness(鮮明さ) - 選択された表示の鮮明さを調整します。 5) Color(色) - 選択された表示の色を調整します。 6) Tint(濃淡) - 選択された表示の濃淡を調整します。 7) Color Tone(色温度) - 選択したディスプレイの Color Tone を調整します。 8) Color Temp - 選択されたディスプレイのColor Tempを調整します。 9) Brightness Sensor - 選択されたディスプレイのBrightness Sensorを調整します。 10) Dynamic Contrast - 選択されたディスプレイのDynamic Contrastを調整します。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 Brightness Sensor は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 色温度 がオフに設定されている場合にのみ有効になります。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整 ピクチャーPC 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。 調整の必要な基本情報が表示されます。ディスプレイの ID を選択すると対応する SET の設定がインポートされてスライダ に表示され、All および Select をクリックしてすべてのディスプレイ ID を選択するとデフォルト設定が表示されます。この画 面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) ピクチャーPC - PC、BNC、DVI および DP でのみ使用できます。 2) Contrast(コントラスト) - 選択された表示のコントラストを調整します。 3) Brightness(明るさ) - 選択された表示の明るさを調整します。 4) Red - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Red) 5) Green - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Green) 6) Blue - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Blue) 7) Color Tone - 選択したディスプレイの Color Tone を調整します。 8) Color Temp - 選択されたディスプレイのColor Tempを調整します。 9) Brightness Sensor - 選択されたディスプレイのBrightness Sensorを調整します。 10) Dynamic Contrast - 選択されたディスプレイのDynamic Contrastを調整します。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 Brightness Sensor は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 色温度 がオフに設定されている場合にのみ有効になります。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整オーディオ(Audio) 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。 Audio を調整するのに必要な基本情報ディスプレイ ウィンドウに表示されます。ディスプレイの ID を選択すると対応する SET の設定がインポートされてスライダに表示され、All および Select をクリックしてすべてのディスプレイ ID を選択するとデフォ ルト設定が表示されます。この画面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) Audio(オーディオ) - すべての入力ソースのために、オーディオ設定をコントロールします。 2) Bass(低音) - 選択された表示の低音を調整します。 3) Treble(高音) - 選択された表示の高音を調整します。 4) Balance(バランス) - 選択された表示のバランスを調整します。 5) SRS TS XT - 選択された表示のSRS TS XTサウンドのOn/Off。 6) 音の選択 - PIP がオンの場合、メインまたはサブのどちらかを選択することができます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整 イメージロック 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。Info Gridが、時間の調整に必要な基本情報を表示します。 1) イメージロック - PC, BNCにのみ有効。 2) Coarse(粗調整) - 選択された表示の粗調整を調整します。 3) Fine(微調整) - 選択された表示の微調整を調整します。 4) Position(場所) - 選択された表示の場所を調整します。 5) Auto Adjustment(Auto (オート)調整) - 入ってくるPC信号に対して自動調整する。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 設定の調整は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 メンテナンス ランプコントロール 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。数種の基本データ項目を示す“インフォグリッド”が表示されます。 1) Maintenance(メンテナンス) - すべての外部入力に対してメンテナンスコントロール機能を許可します。 2) Lamp Control(ランプコントロール) - 選択したディスプレイのバックライトを一定時間自動的に調整します。 Auto Lamp Control を使用して調整すると、Manual Lamp Control が自動的にオフになります。 - 選択したディスプレイのバックライトを、時間に関わらず調整できるようにします。 Manual Lamp Control を使用して調整すると、Auto Lamp Control が自動的にオフになります。 3) Ambient Light - 指定したモニター周辺の光の強さを検出して、画像の明るさを自動的に調整します。 - Reference 値を指定して、周囲の光の強さに基づいて Lamp Value (ランプからの光の強度) を自動的に決定するモニター を指定できます。 Ambient Light は輝度センサーのあるモデルでのみサポートされ、Lamp Control メニューでAmbient Brightness Mode が選択されているときにのみ有効になります。 Auto Lamp Control および Manual Lamp Control は、Lamp Control メニューで User Control Mode が選択され ているときにのみ有効になります。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンス Scroll 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。1) Scroll - この機能は、選択されたディスプレイ上に長時間静止画が表示されたときに発生する残像を除去するのに使用します。 2) Pixel Shift - これによって、画面の位置を指定した時間間隔で細かく動かすことができます。 3) Safety Screen - Safety Screen (安全画面) 機能は、静止画がモニター上に長時間表示されたときに発生する残像を防止するのに使用 します。 Interval (間隔) 項目は繰り返しのサイクルを時間単位で指定するのに使用し、Time (時刻) 項目は Safety Screen (安全画面) 機能を実行する時刻を設定するのに使用します。 Type (タイプ) 項目は、Scroll (スクロール)、Pixel (ピクセル)、Bar (バー)、Eraser (消去)、All White (オールホワイト)、 または Pattern (パターン) のいずれかに設定できます。 4) Safety Screen2 - この機能は、残像の発生を防止するのに使用します。5 種類のタイプから選択して、この機能を制御することができます。 Scroll (スクロール) タイプの場合は、Time (時刻) 項目は 1、2、3、4 または 5 に設定できます。Bar (バー) および Eraser (消去) タイプの場合は、10、20、30、40 または 50 に設定できます。All White (オールホワイト) および Pattern (パターン) タイプの場合は、1、5、10、20 または 30 に設定できます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 メンテナンス Video Wall 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。1) Video Wall - Video Wall は、各スクリーンが画面全体の一部になるように表示したり、同じ画像を各スクリーンに繰り返し表示できるよ うに接続されたビデオスクリーンのセットです。 2) Video Wall Control - Video Wall プロパティを設定できます。 1) On / Off - 選択したディスプレイのビデオウォール機能のオン/オフを切り替えます。 2) Format - 分割したスクリーンを表示するフォーマットを選択できます。 z Full z Natural 3) Screen Divider - スクリーンは分割できます。 多数のスクリーンを異なるレイアウトや分割方法にすることができます。 z [Screen divider]からモードを選択します。 z [Display Selection]からディスプレイを選択します。 z 選択したモードの数字をオスと、配置が設定されます。 z 配置できるモニターの最大数: Horizontal X Vertical = 100 z 最大 15 台のモニターを 1 列に配置できます。Vertical を 15 に設定した場合の Horizontal の最大値は 6、Horizontal を 15 に設定した場合の Vertical の最大値は6 です。 4) 画面分割の表示 - Screen Divider 設定を使用して、画面のレイアウトを表示および変更できます。 Screen Divider 設定の範囲は、モデルによって異なります。 MagicInfo ではこの機能は動作しない場合があります。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 トラブルシューティング 1. コントロールしたい表示が、System Info Gridに示されません。 - RS232Cの接続を確認してください。(Com1 ポートに正しく接続されているか確認します。) - 他の表示の何れかが同じIDを持っているかどうか見るために表示を確認します。1つ以上の表示が同じIDを持っている場 合、データの衝突によりプログラムが、正しくそれらの表示を検出しません。 - 0~99 の設定 ID をサポートしているモニターについては、設定 ID を 0~99 の範囲の値に設定する必要があります。 <注意> モニターの 設定 ID が 0~99 の範囲の値であることを確認します (値はディスプレイ メニューを使用して設定します)。 2. コントロールしたい表示が、他のControl Info Gridsに示されません。 - 電源コードがしっかりと接続されているか確認してください。(System Info Gridの中でこれを確認します。) - 表示の入力ソースを変更できるか確認してください。 3. ダイアログボックスが、繰り返し表示されます。 - 調節したい表示が、選択されているかどうか確認します。 4. On Timer と Off Timerの両方が送られても異なる時間が表示されている。 - 現在の時間を調整して、表示時計を同期化します。 5. リモート機能をオフにして、RS-232Cケーブルの接続を切り、不定期にプログラムを終了すると、リモートは、正しく機能しない ことがあります。プログラムを再起動し、通常の機能を元に戻すために、リモート機能を再び実行します。 <注意> このプログラムは、通信回路の問題、または電子機器からの障害が生じた場合、うまく機能しない場合があります。 マルチディスプレイモードにおける設定画面を表示する 接続している画面が一つ以上ある場合、設定値は、以下のように表示されます。 1. 選択なし:工場出荷時の値を表示する。 2. 選択された一つの表示:選択された表示のために設定値を持ってきて表示する。 3. 選択された一つの画面 (ID1) と追加された他の画面 (ID3):ID 1の設定値を表示していたプログラムが、ID3の値を持ってき て表示します。 4. All および Select をクリックしてすべての設定を同時に選択すると、デフォルト値に戻ります。準準 シシシシ デ デー 通通の仕様 RS-232C 使使すす従従の方方とと異なな、イ イイイイ ー 機機が追追さささささす。 IP シアアアを入入しさ、1 台台の表表デデイアと PC を接続しさす。さささ表表デデイアを接続すすさと、RS-232C シ シシシ ケ ケシ ー を使使しさす。上の図を参照しさししささ。 メイメ画面 Start > Program > Samsung > MDC System シアシシをクシイクしさププププシを開開しさす。 セイイを選択しさ、アプイス内で選択さささセイイのボシボ シー を見さす。 Ehternet MDC メイメシイメメ Lamp Control Add a Device デデアプアイ選択 Remote Control All Safety Lock メメイプ シコ シ ー ー Fault Device Alert OSD Display 1. メイメシイメメを使使しさ、そさそさの画面さ切ながえさす。 2. モモデーさ設設さささ IP シアアアを入入すすとデデイアを追追ででさす。 3. 表表装置の機機を受通すすシモ イメメイプ シ ー ー 通号を有効ささと無効さすすにとがででさす。 4. プイク機機の設設。 5. モモデーさ接続ででなさ場場さと、電電メ シー で結結を転送すす機機がオメささとオオさななさす。 6. Lamp 調調モ アー を選択しさす。 7. デデアプアイ選択かさデデアプアイを選択しさす。 8. すすさのモモデーを選択ささと選択解解ででさす。 9. メメイプ シコ シ ー ー を使使しさ、表表を調調しさす。 10. OSD 機機の On/Off を切な替えさす。 - 製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 <注注> シモ イメメイプ シ ー ー の有効/無効機機と、電電がOnでがすかOffでがすかを操操しさす。にさと、MDCさ 接続さささ表表さがすすすささ適使さささす。但し、アシ デア ー さ関係なし、MDCがシシイイスシメしさ さす時と、すすさの表表機機を受通すすシモ イメメイプ シ ー ー 通号が、MDCが閉じささす時さ有効となす によさ初初初さささささす。 Add a Device 1. IP Adress -> ADD -> OK System 1. メイメ メモボーで System をクシイクしさ、シアシシ調調画面を開でさす。 Info Gridが、電電の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) 電電のアシ デア ー 2) Input 3) Image Size 4) On Timer 5) Off Timer 2. Select ボデメささとチチイクボイクアを使使しさ調調しささデデアプアイを選択しさす。 電電調調さにな、選択さささ表表のがす機機を調調すすにとがででさす。 1) Power (電電) On/Off - 選択さささ表表の電電をOn/Offさ切な替えさす。 2) ボシボ シー の調調 (イシメアモデシのの) - 選択さささ表表のボシボ シアボシ ー を調調しさす。選択さささ表表のボシボ シアボシ ー をセイイかさ受通しさ、ア プイスさ表表しさす。(1 台ささとすすさのデデアプアイの選択を解解しさ場場さと、デオデシイ値の 10 さ戻な さす。) 3) Mute(ミボ イー )のOn/Off (イシメアモデシのの) - 選択さささ表表のミボ イー をOn/Offさ切な替えさす。選択さささセイイが、すでさMUTEさ設設ささささすなさ ば、がすとで一つのセイイを選択すす場場さ、 MUTEデデアプアイさ印をつをす必必ががなさす。(選択を取な 消す、ささと、すすさ選択を選択すすと、その値と、デオデシイ値さ戻なさす。) Volume機機とMute機機と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 3. OSD Display メモボーを使使しさメモボー画面を表表すすか否かを選択しさす。 1) Source OSD - 入入通号の OSD を表表しさ Source が変更さささとでさ表表すすか否かを設設しさす。 2) Not Optimum Mode OSD - 現現のモ アー がイサ イー ささささすかさよかを表すさすさ、最適なモ アー の OSD を表表すすか否かを設設しさ す。 3) No Signal OSD - 通号なし OSD を表表しさ入入通号がなさにとを表すか否かを設設しさす。 4) MDC OSD - MDC を使使しさ設設が変更さささにとを表すのさ、MDC OSD を表表すすか否かを設設しさす。 Network 1) 追追すすデデイアを Select All ささと Clear All しさす。ささと選択しさデデイアを Refresh ささと Delete しさす。 2) 接続しさモモデーの IP Address、ID (イ イイイイ ー ささとシシシシ)、Mac Address おにお接続続態が表表さささす。 3) 自自自さ DHCP IP が設設ささささすかさよかを確確し、IP シアアアを設設すすにとがででさす。 4) 選択しさモモデーの IP Address、Subnet おにお Gateway を自自ささと手自で設設しさ適使すすにとがででさす。 入入ソ アー の調調 1. メイメシイメメの入入ソ アー をクシイクすすと、入入ソ アー 調調画面が表表さささす。 Select ボデメささとチチイクボイクアを使使しさ調調しささデデアプアイを選択しさす。 • TV モ アー• PC モ アー Info Gridが、入入ソ アー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) PC - 選択さささ表表の入入ソ アー をPCさ切な替えさす。 2) BNC - 選択さささ表表の入入ソ アー をBNCさ切な替えさす。 3) DVI - 選択さささ表表の入入ソ アー をDVIさ切な替えさす。 4) TV - 選択さささ表表の入入ソ アー をTVさ切な替えさす。 5) DTV - 選択さささ表表の入入ソ アー をDTVさ切な替えさす。 6) AV - 選択さささ表表の入入ソ アー をAVさ切な替えさす。 7) S-Video - 選択さささ表表の入入ソ アー をS-Videoさ切な替えさす。 8) メメサ イメイ ー - 選択さささ表表の入入ソ アー をメメサ イメイ ー さ切な替えさす。 9) MagicInfo - MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 10) HDMI1/HDMI2 - 選択さささ表表の入入ソ アー をHDMIさ切な替えさす。 11) DP - 選択しさ Display の入入通号を DP さ切な替えさす。 12) Channel - Input Source(入入通号)がTVのとで、チシメイシの矢印が表表さささす。 HDMI2 と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 DP と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 TV通号とTV機機のがす製製でのの選択でで、チシメイシの制制と入入通号がTVのとでさのの行えさす。 入入ソ アー の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 イメ イイイイ ー の調調 PC, BNC, DVI, DP 1. メイメシイメメのイメ イイイイ ー をクシイクすすと、イメ イイイイ ー 調調画面が表表さささす。 Info Gridが、イメ イイイイ ー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) Power(電電) - 現現の表表の電電アシ デア ー を調調しさす。 2) Image Size(イメ イー のイイイ) - 使使しささす表表の現現のイメ イイイイ ー を表しさす。 3) Input - 基基プシイアと、入入通号が PC、BNC、DVI おにお DP のとでさのの表表さささす。 4) PC Source - イメ イイイイ ー をクシイクすすと、PC、BNC、DVIデケが最初さ表表さささす。 - Image Size 制制ボデメと、PC、BNC、DVI おにお DP で使使でです Image Size を制制しさす。 5) Video Source - AV、S-Videoとメメサ イメイデケ ー をクシイクしさ、そさそさの入入ソ アー のイメ イイイイ ー を調調しさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 イメ イイイイ ー の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。製製さににさと DP とイサ イー さささささささ。 イメ イイイイ ー の調調 TV, AV, S-Video, Component, DVI(HDCP), HDMI1, HDMI2, DTV 1. メイメシイメメのイメ イイイイ ー をクシイクすすと、イメ イイイイ ー 調調画面が表表さささす。 Info Gridが、時時の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 ささと DTV モ アー で Image Size を調調すすさと、Video Source デケをクシイクしさす。選択ボデメを使使すすかチチイクボイクアをチチイクしさ、調調すすデデアプシを選択しさ す。 2) 基基プシイアと、入入通号としさ TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 ささと DTV ががすデデアプアイ ののを表表しさす。 3) 選択さささ表表のイメ イイイイ ー をプメスシさ切な替えさす。 4) 画面モ アー とTV (PAL のの) が接続さささささ、Image Size (画像イイイ) 項台が Auto Wide (オ イオイア ー ) さ設設さ さささすとでさのの調調ででさす。 Custom と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 Auto Wide(オ イオイア ー )、Zoom1(イ シー 1)おにおZoom2(イ シー 2)と、メメサ イメイ ー とDVI(HDCP)の 入入通号デイプが720pささと1080iのとでさのの選択ででさす。 (Auto Wide モ アー と、TV、AV、おにお S-Video でのの使使ででさす。) MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 イメ イイイイ ー の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 時時の調調 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。 Info Gridが、イメ イイイイ ー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) Set clock - 選択さささ表表のさすさ現現の時時を設設しさす。(PC Time) - 現現の時時を変更すすさと、最初さPCの時時を変更しさす。 2) Timer - Timer1、Timer2、Timer3 おにお Holiday Management を設設しさす。 3) Timer が有効さなにささすかさよかを表表しさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 デイシメメイプ シー と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 On Time Setup(オメ時時設設)、TV Source(TV通号)機機とTVモデシのので使使ででさす。 On Time Setup(オメ時時設設)、MagicInfo Source(MagicInfo通号)機機とMagicInfoモデシのので使使でで さす。 Time Timer と Holiday Management を設設しさす。 1. 1. Timer1、Timer2 おにお Timer3 の設設 1) On Time - 選択しさモモデーをオメさすす時時を時、分、おにお AM/PM で設設しさす。 2) Off Time - 選択しさモモデーをオオさすす時時を時、分、おにお AM/PM で設設しさす。 3) Volume - 選択しさモモデーがオメさなにさとでの音音を選択しさす。 4) Source - 選択しさモモデーを音さしさとでの外外入入通号を選択しさす。 5) Holiday - Holiday Management 機機を Timer さ適使しさす。 6) Repeat - Once、EveryDay、Mon~Fri、Mon~Sat、Sat~Sun、おにお Manual のさのさかを選択ででさす。 z Once:Timer と 1 回しを自操しさす。 z EveryDay:Timer 毎日日な返しさす。 z Mon~Fri:Timer と月月かさ金月さで日な返しさす。 z Mon~Sat:Timer と月月かさ土月さで日な返しさす。 z Sat~Sun:Timer デイターと土月と日月さ自操しさす。 z Manual:デイターを自操ささす月日を選択しさす。 2. Holiday Management の設設 Holiday Management 機機と、Timer でモモデーをオメささとオオさすす日を指設しさす。 1) 日日を指設しさす。 2) Delete All - すすさのイ日を削解しさす。 3) Add - 指設しさ日日を追追しさす。 4) - 選択しさ行のアケイボ シー を削解しさす。 Holiday Management 機機と、Timer 設設メモボーでオメ/オオを切な替えす事がででさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 デイシメメイプ シー と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 On Time モ アー で Source が TV さ設設ささささすとでさ TV さつささのの有効さななさす。 On Time モ アー で Source が MagicInfo さ設設ささささすとでさ、MagicInfo がイメアイ シー ささささすモデシで のの有効さななさす。 PIP PIP イイイ1. メイメシイメメのPIPをクシイクすすと、PIPの調調画面が表表さささす。 Select ボデメささとチチイクボイクアを使使しさ調調しささデデアプアイを選択しさす。 Info Gridが、PIPイイイの調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) PIP Size(PIP イイイ) - 使使しささす表表の現現のPIPイイイを表しさす。 2) OFF - 選択さささ表表のPIPをOffさしさす。 3) Large - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイをLargeさ変更しさす。 4) Small - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイをSmallさ変更しさす。 5) Double1 - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイを Double 1変更しさす。 6) Double2 - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイを Double 2変更しさす。 7) Double3 (Picture By Picture) - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイを Double 3変更しさす。 PIP Size と、LCD デデアプアイの電電をオメさしさとでさ制制すすにとがででさす。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 選択さささ表表の電電をOn/Offさ切な替えさす。 PIP PIP ソ アー 1. メイメシイメメのPIPをクシイクすすと、PIPの調調画面が表表さささす。 Info Gridが、PIPソ アー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) PIP Source - PIP イイイと、モモデーの電電をOnさしさ調調すすにとがででさす。 2) PC - 選択さささ表表のPIPソ アー をPCさ切な替えさす。 3) BNC - 選択さささ表表のPIPソ アー をBNCさ切な替えさす。 4) DVI - 選択さささ表表のPIPソ アー をDVIさ切な替えさす。 5) TV - 選択さささ表表のPIPソ アー をTVさ切な替えさす。 6) DTV - 選択さささ表表のPIPソ アー をDTVさ切な替えさす。 7) AV - 選択さささ表表のPIPソ アー をAVさ切な替えさす。 8) S-Video - 選択さささ表表のPIPソ アー をS-Videoさ切な替えさす。 9) メメサ イメイ ー - 選択さささ表表のPIPソ アー をメメサ イメイ ー さ切な替えさす。 10) HDMI 1/HDMI2 - 選択さささ表表のHDMI 1/HDMI2ソ アー をS-Videoさ切な替えさす。 11) DP - 選択しさデデアプアイの PIP 入入通号を DP さ切な替えさす。 主画面の外外入入通号デイプさににさ、同時画面外外入入が選択ででなさにとががなさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 同時画面メメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー おにお同時画面機機がオメのデデアプアイで利使利機です。 製製さににさと HDMI2 とイサ イー さささささささ。 製製さににさと DP とイサ イー さささささささ。 設設の調調 ピクチシー 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、設設の調調画面が表表さささす。Picture を調調すすのさ必必な基基基基がメイメメモボーさ表表さささす。接続しさモモデーの 1 台を選択すすとそ のモモデーの設設が表表ささ、All おにお Select をクシイクしさすすさのモモデーを選択すすとデオデシイ設設が表 表さささす。にの画面でがささを変更すすと、現現のモ アー が自自自さカアデシ モ アー さ切な替わなさす。 1) Picture(ピクチシー) - AV, S-Video, メメサ イメイ ー , HDMI1, HDMI2, DVIさのの有効とななさす。 2) Contrast(メメイプアイ) - 選択さささ表表のメメイプアイを調調しさす。 3) Brightness(明すさ) - 選択さささ表表の明すさを調調しさす。 4) Sharpness(鮮明さ) - 選択さささ表表の鮮明さを調調しさす。 5) Color(色) - 選択さささ表表の色を調調しさす。 6) Tint(濃濃) - 選択さささ表表の濃濃を調調しさす。 7) Color Tone(色温度) - 選択しさデデアプアイの色温度を調調しさす。 8) Color Temp - 選択さささデデアプアイのColor Tempを調調しさす。 9) Brightness Sensor - 選択さささデデアプアイのBrightness Sensorを調調しさす。 10) Dynamic Contrast - 選択さささデデアプアイのDynamic Contrastを調調しさす。 Brightness Sensor と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 色温度 がオオさ設設ささささす場場さのの有効さななさす。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 にの機機と電電アシ デア ー がオメのデデアプアイのの使使利機です。ささ、何も選択ささささなさ場場、工場工工時 のデオデシイ値が表表さささす。 設設の調調 ピクチシーPC 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。調調の必必な基基基基が表表さささす。デデアプアイの ID を選択すすと対対すす SET の設設がイメサ イー さささ アプイスさ表表ささ、All おにお Select をクシイクしさすすさのデデアプアイ ID を選択すすとデオデシイ設設が表 表さささす。にの画面でがささを変更すすと、現現のモ アー が自自自さカアデシ モ アー さ切な替わなさす。 1) ピクチシーPC - PC、BNC、DVI おにお DP でのの使使ででさす。 2) Contrast(メメイプアイ) - 選択さささ表表のメメイプアイを調調しさす。 3) Brightness(明すさ) - 選択さささ表表の明すさを調調しさす。 4) Red - 選択さささ表表の色の温度を調調しさす。 (Red) 5) Green - 選択さささ表表の色の温度を調調しさす。 (Green) 6) Blue - 選択さささ表表の色の温度を調調しさす。 (Blue) 7) Color Tone - 選択さささデデアプアイのColor Toneを調調しさす。 8) Color Temp - 選択さささデデアプアイのColor Tempを調調しさす。 9) Brightness Sensor - 選択さささデデアプアイのBrightness Sensorを調調しさす。 10) Dynamic Contrast - 選択さささデデアプアイのDynamic Contrastを調調しさす。 Brightness Sensor と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 色温度 がオオさ設設ささささす場場さのの有効さななさす。 にの機機と電電アシ デア ー がオメのデデアプアイのの使使利機です。ささ、何も選択ささささなさ場場、工場工工時 のデオデシイ値が表表さささす。 製製さににさと DP とイサ イー さささささささ。 設設の調調 オ デデオ ー (Audio) 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。Audio を調調すすのさ必必な基基基基デデアプアイ シデメアシさ表表さささす。デデアプアイの ID を選択すすと対 対すす SET の設設がイメサ イー さささアプイスさ表表ささ、All おにお Select をクシイクしさすすさのデデアプアイ ID を選択すすとデオデシイ設設が表表さささす。にの画面でがささを変更すすと、現現のモ アー が自自自さカアデ シ モ アー さ切な替わなさす。 1) Audio(オ デデオ ー ) - すすさの入入ソ アー のさすさ、オ デデオ ー 設設をメメイプ シー しさす。 2) Bass(低音) - 選択さささ表表の低音を調調しさす。 3) Treble(高音) - 選択さささ表表の高音を調調しさす。 4) Balance(デプメア) - 選択さささ表表のデプメアを調調しさす。 5) SRS TS XT - 選択さささ表表のSRS TS XTイシメアのOn/Off。 6) 音の選択 - PIP がオメの場場、メイメささとイケのさのさかを選択すすにとがででさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 にの機機と電電アシ デア ー がオメのデデアプアイのの使使利機です。ささ、何も選択ささささなさ場場、工場工工時の デオデシイ値が表表さささす。 設設の調調 イメ イプイク ー 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。Info Gridが、時時の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) イメ イプイク ー - PC, BNCさのの有効。 2) Coarse(粗調調) - 選択さささ表表の粗調調を調調しさす。 3) Fine(微調調) - 選択さささ表表の微調調を調調しさす。 4) Position(場場) - 選択さささ表表の場場を調調しさす。 5) Auto Adjustment(Auto (オ イー )調調) - 入にさしすPC通号さ対しさ自自調調すす。 Maintenance 制制機機と、電電アシ デア ー がオメさなにささすデデアプアイさつささのの使使ででさす。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 設設の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 メメシメメア プメプメメイプ シー 1. メイメシイメメ欄の“メメシメメア”シイメメをクシイクしさメメシメメア画面を表表しさす。数種の基基デ デー 項台を表す“イメオデプシイア”が表表さささす。 1) Maintenance(メメシメメア) - すすさの外外入入さ対しさメメシメメアメメイプ シー 機機を許利しさす。 2) Lamp Control(プメプメメイプ シー ) - 選択しさデデアプアイのデイクプイイを一設時時自自自さ調調しさす。 手自プメプメメイプ シー 機機を利使しさ調調しさ場場、自自プメプメメイプ シー 機機と自自自さオオさななさす。 - 選択しさデデアプアイのデイクプイイを、時時さ関わさの調調でですによさしさす。 手自プメプメメイプ シー 機機を利使しさ調調しさ場場、自自プメプメメイプ シー 機機と自自自さオオさななさす。 3) Ambient Light - 指設しさモモデー周辺の光の強さを検工しさ、画像の明すさを自自自さ調調しさす。 - Reference 値を指設しさ、周囲の光の強ささ基づささ Lamp Value (プメプかさの光の強度) を自自自さ決設すすモ モデーを指設ででさす。 Ambient Light とチ度セメイーのがすモデシでののイサ イー ささ、Lamp Control メモボーでAmbient Brightness Mode が選択ささささすとでさのの有効さななさす。 Auto Lamp Control おにお Manual Lamp Control と、Lamp Control メモボーで User Control Mode が選択さ さささすとでさのの有効さななさす。 メメシメメアメメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー がオメのデデアプアイで利使利機です。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 メメシメメア Scroll 1. メイメシイメメ欄の“メメシメメア”シイメメをクシイクしさメメシメメア画面を表表しさす。1) Scroll - にの機機と、選択さささデデアプアイ上さ長時時静止画が表表さささとでさ発生すす残像を解除すすのさ使使 しさす。 2) Pixel Shift - にささににさ、画面の位置を指設しさ時時時時で細かし自かすにとがででさす。 3) Safety Screen - Safety Screen (安安画面) 機機と、静止画がモモデー上さ長時時表表さささとでさ発生すす残像を防止すすのさ 使使しさす。 Interval (時時) 項台と日な返しのイイクシを時時単位で指設すすのさ使使し、Time (時時) 項台 と Safety Screen (安安画面) 機機を実行すす時時を設設すすのさ使使しさす。 Type (デイプ) 項台と、Scroll (アクプ シー )、Pixel (ピクセシ)、Bar (デー)、Eraser (消除)、All White (オ シオオ ー イイ)、ささと Pattern (パデ メー ) のさのさかさ設設ででさす。 4) Safety Screen2 - にの機機と、残像の発生を防止すすのさ使使しさす。5 種種のデイプかさ選択しさ、にの機機を制制すすにとがで でさす。 Scroll (アクプ シー ) デイプの場場と、Time (時時) 項台と 1、2、3、4 ささと 5 さ設設ででさす。Bar (デー) おにお Eraser (消除) デイプの場場と、10、20、30、40 ささと 50 さ設設ででさす。All White (オ シオオイイ ー ) おにお Pattern (パデ メー ) デイプの場場と、1、5、10、20 ささと 30 さ設設ででさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 メメシメメアメメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー がオメのデデアプアイで利使利機です。 メメシメメア Video Wall 1. メイメシイメメ欄の“メメシメメア”シイメメをクシイクしさメメシメメア画面を表表しさす。1) Video Wall - ビデオシデ シー と、各アクシ メー が画面安面の一外さなすによさ表表しさな、同じ画像を各アクシ メー さ日な返し 表表でですによさ接続さささビデオアクシ メー のセイイです。 2) Video Wall Control - Video Wall ププパシデを設設ででさす。 1) On / Off - 選択しさデデアプアイのビデオシデ シー 機機のオメ/オオを切な替えさす。 2) Format - 分分しさアクシ メー を表表すすオデ タイイ ー を選択ででさす。 z Full z Natural 3) Screen Divider - アクシ メー と分分ででさす。 多数のアクシ メー を異なすアイシシイや分分方方さすすにとがででさす。 z [Screen divider]かさモ アー を選択しさす。 z [Display Selection]かさデデアプアイを選択しさす。 z 選択しさモ アー の数字をオアと、配置が設設さささす。 z 配置でですモモデーの最最数: Horizontal X Vertical = 100 z 最最 15 台のモモデーを 1 列さ配置ででさす。Vertical を 15 さ設設しさ場場の Horizontal の最最値と 6、 Horizontal を 15 さ設設しさ場場の Vertical の最最値と6 です。 4) 画面分分の表表 - Screen Divider 設設を使使しさ、画面のアイシシイを表表おにお変更ででさす。 Screen Divider 設設の範囲と、モデシさににさ異ななさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 メメシメメアメメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー がオメのデデアプアイで利使利機です。 イプケシシボ シデメプ ー 1. メメイプ シー しささ表表が、System Info Gridさ表さささささ。 - 入入しさ IP シアアアが正しさにとを確確し、イ イイイイ ー ケ ケシ ー の接続続態をチチイクしさす。 - 他の表表の何さかが同じIDを持にささすかさよか見すさすさ表表を確確しさす。1つ以上の表表が同じIDを持に ささす場場、デ デー の衝衝さになププププシが、正ししそささの表表を検工しさささ。 - 0~99 の設設 ID をイサ イー しささすモモデーさつささと、設設 ID を 0~99 の範囲の値さ設設すす必必ががなさ す。. <注注>モモデーの 設設 ID が 0~99 の範囲の値でがすにとを確確しさす (値とデデアプアイ メモボーを使使しさ設設 しさす)。 2. メメイプ シー しささ表表が、他のControl Info Gridsさ表さささささ。 - 電電メ アー がしにかなと接続ささささすか確確しさししささ。(System Info Gridの中でにさを確確しさす。) - 表表の入入ソ アー を変更でですか確確しさししささ。 3. スイシププボイクアが、日な返し表表さささす。 - 調調しささ表表が、選択ささささすかさよか確確しさす。 4. On Timer と Off Timerの両方が送さささも異なす時時が表表ささささす。 - 現現の時時を調調しさ、表表時表を同初初しさす。 5. シモ イー 機機をオオさしさ、RS-232Cケ ケシ ー の接続を切な、不設初さププププシを終終すすと、シモ イー と、正し し機機しなさにとががなさす。ププププシを再再自し、通通の機機を元さ戻すさすさ、シモ イー 機機を再お実行しさ す。 <注注> にのププププシと、通通回通の問問、ささと電電機電かさの障障が生じさ場場、よさし機機しなさ場場ががな さす。 タシチデデアプアイモ アー さおをす設設画面を表表すす 接続しささす画面が一つ以上がす場場、設設値と、以以のによさ表表さささす。 1. 選択なし:工場工工時の値を表表すす。 2. 選択さささ一つの表表:選択さささ表表のさすさ設設値を持にさでさ表表すす。 3. 選択さささ一つの画面 (ID1) と追追さささ他の画面 (ID3):ID 1の設設値を表表しさささププププシが、ID3の値を持 にさでさ表表しさす。4. All おにお Select をクシイクしさすすさの設設を同時さ選択すすと、デオデシイ値さ戻なさす。LCD ディスプレイの調整 入力 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 外部入力 MENU → ENTER → → ENTER → → , → ENTER PC、HDMI または LCD ディスプレイに接続されているその他の外部入力信号を選択して使 用します。使用する画面を選択します。 1. PC 2. AV 3. コンポ一ネント 4. HDMI 5. MagicInfo 同時画面 注意 同時画面 機能は 画像分割 が オン のときには使用できません。VCR または DVD のような外部 AV 装置を LCD ディスプレイに接続するときには、同時画 面 によってこれらの装置からのビデオを PC ビデオ信号にスーパーインポーズされる小さ なウィンドウで観ることができます。オフ/オン MENU → ENTER → → → ENTER → 注意 " モニターが外部ソースに切り替わると、PIP はオフになります。 " サイズ で 、 、 を選択した場合は、ポジション および 透明 は無効になり ます。 同時画面 MENU → ENTER → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 同時画面 画面のオフ/オンを切り替えます。 " オフ " オン 外部入力 MENU → ENTER → → →ENTER → → →ENTER → → , → ENTER 注意 PC では、ケーブルが接続されていない場合には無効になります。 PIP の入力ソースを選択します。 " PCHDMI " HDMI :PC LCD ディスプレイの調整サイズ MENU → ENTER → → →ENTER → → → →ENTER → → , → ENTER PIP ウィンドウの Size(サイズ)を変更します。 ポジション MENU → ENTER → → →ENTER → → → → →ENTER → → , → ENTER PIP ウィンドウの Position(位置)を変更します。 透明 MENU → ENTER → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER PIP ウィンドウの透明度を調整します。 " 高 " 中 " 低 LCD ディスプレイの調整 " 不透明 外部入力名編集 MENU → ENTER → → ENTER → → → → , → ENTER 入力信号の選択を簡単にするために、入力ジャックに接続されている入力機器に名前を付 けます。 VTR/ DVD / ケーブル STB / デジタル STB/ 衛星放送チューナー /AV レシーバー / DVD プ レーヤー/ ゲーム / DVC/ DVD コンボ/DVD+HDD/ PC / DVI 裝置 注意 " ディスプレイ デバイスは外部入力モードによって異なります。 " PC を HDMI 端子に接続しているときは、外部入力名編集 を PC に設定します。その他 の場合には、外部入力名編集 を AV に設定します。ただし、640x480、720P (1280x720) および 1080p (1920x1080) は AV と PC に共通する信号であるため、外部入力名編集 を入力信号に合わせて設定するようにしてください。 " [映像] メニューは、入力信号と [外部入力名編集] によって変わります。 映像 [PC / MagicInfo モード] 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 MagicBright MENU → → ENTER → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER MagicBright は、表示している画像の内容に合わせて最適な表示環境を提供するための機 能です。現在使用できる 4 つのモード:エンターテイメント、インターネット、テキスト および ユーザー調整。各モードには、固有の輝度値が設定されています。 注意 1. エンターテイメント 高輝度 DVD や VCR などの動画を見るためのモードです。 2. インターネット 中輝度 テキストとグラフのように、画像が混在するものを扱う場合のモードです。 3. テキスト 通常の輝度 文書や大量のテキストを扱う作業用です。 4. ユーザー調整 値は弊社エンジニアが慎重に選択していますが、事前に設定された値では快適な表示 にならない場合があります。 この場合、OSD メニューを使用して輝度とコントラストを調整します。 ユーザー調整 オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す ることができます。 MENU → → ENTER → → → ENTER → 注意 " ユーザー調整 機能を使用して画像を調整すると、MagicBright は ユーザー調整 モー ドに変わります。 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. コントラスト MENU → → ENTER → → → ENTER → → ENTER→ LCD ディスプレイの調整 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。→ , → ENTER コントラストを調整します。 2. 明るさ MENU → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 輝度を調整します。 3. シャープネス MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER シャープネスを調整します。 色温度 MENU → → ENTER → → → →ENTER → → , → ENTER 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 色温度を変更できます。 1. オフ 2. 青色系 3. 標準 4. 赤色系 LCD ディスプレイの調整5. ユーザー調整 注意 [色温度] を [青色系]、[標準]、[赤色系] または [ユーザー調整] に設定すると、Color Temp. 機能が無効になります。 色温度 を オフ に設定している場合は、カラー調整 機能は無効になります。 カラー調整 赤、緑、青のそれぞれの色バランスを調整します。 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. 赤 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 2. 緑 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 3. 青 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER Color Temp. MENU → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。 注意 ダイナミックコントラスト モードと 色温度 が オフ になっているときには、この機能が 有効になります。 LCD ディスプレイの調整画面調整 画面調整 は、ゆらぎやちらつきのある不安定な映像の原因となるノイズを取り除くことに より、最適な映像を得るための微調整に使用します。細密調整を使用して満足な結果が得 られない場合には、粗調整による調整を行ってから再度細密調整を行ってください。 注意 PC モードでのみ使用可 MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → 粗調整 MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 縦縞などのノイズを除去します。粗調整では、画面イメージ領域が移動する場合がありま す。水平コントロール メニューを使用して、中央に位置を合わせることができます。 微調整 MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 横縞などのノイズを除去します。細密調整後もノイズが残る場合は、周波数 (クロック速 度) の調整を行ってから、調整し直してください。 ポジション MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , , , → ENTER 画面の水平および垂直位置を調整します。 自動調整 MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整微調整、粗調整、ポジション の値は自動的に調整されます。コントロールパネルで解像度 を変更すると、自動機能が実行されます。 注意 PC モードでのみ使用可 信号バランス 信号ケーブルが長いため弱くなっている RGB 信号を補強します。 MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → 注意 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 " PC モードでのみ使用可 信号バランス MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 信号バランスは オン または オフ のいずれかを選択します。 信号制御 MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → 1. R ゲイン MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 2. G ゲイン LCD ディスプレイの調整MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → ENTER→ → , → ENTER 3. B ゲイン MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → ENTER→ → , → ENTER 4. R オフセット MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → → ENTER→ → , → ENTER 5. G オフセット MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → → → ENTER→ → , → ENTER 6. B オフセット MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER サイズ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER サイズ は切り替えられます。 1. 16:9 2. 4:3 HDMI �しベル MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER HDMI で製品に接続した DVD またはセットトップ ボックスを観るときには、接続する外部 デバイスによって画質の劣化 (ブラック レベル、コントラストの低下、色調が薄くなる、 など) が発生する場合があります。 1. 標準 2. 低 注意 PC と HDMI モードの DTV の両方で使用できるタイミングについては、HDMI 黑しベル が有 効になります。 PIP 映像 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER PIP 画面設定を調整します。 注意 " 同時画面 が オン になっているときには PIP 映像 機能を調整できます。 1. コントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → ENTER→ → , → ENTER LCD ディスプレイの調整画面上の PIP ウィンドウのコントラストを調整します。 2. 明るさ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 画面上の PIP ウィンドウの明るさを調整します。 3. シャープネス MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 画面の PIP ウィンドウの シャープネス を調整します。 4. 色の濃さ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 画面の PIP ウィンドウの色を調整します。 注意 同時画面 入力信号が HDMI のときにのみ有効になります。 5. 色あい MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER ナチュラルトーンを PIP ウィンドウに追加します。 注意 色あい スライダは入力信号が NTSC のときにのみ表示され、同時画面 入力信号が HDMI のときにのみ有効になります。 ダイナミックコントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト となるように調整します。 1. オフ 2. オン 注意 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 ライト調整 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER エネルギー消費を抑えるため、インバーター ランプを調整します。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 明るさセンサー MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER 明るさセンサー は、入力された画像信号の分布を自動的に検出して、最適な明るさとなる ように調整します。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整Auto Motion Plus 120Hz MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → , → ENTER この機能は、動きの速いシーンを見るときに使用することができます。 " モード MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → [モード] → , → ENTER " オフ Auto Motion Plus 120Hz をオフにします。 " クリア:Auto Motion Plus 120Hz を クリア モード (動きのある画像をはっきりと 表示するのに適しています) に設定します。 " 標準 :Auto Motion Plus 120Hz を 標準 モードに設定します。 " スムーズ :Auto Motion Plus 120Hz を スムーズ モード (動きのある画像を自然に 表示するのに適しています) に設定します。 " ユーザー調整 :残像とゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 " デモ :Auto Motion Plus 120Hz のデモを行います (Auto Motion Plus 120Hz をオ ンにしたときの画面が左半分に表示されます)。 " ユーザー調整 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調 整]→ ENTER → [ぼかし] → , → ENTER ぼかし :残像をできるだけ少なくするのに使用します。 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調 整]→ ENTER → → [ジャダ] → , → ENTER LCD ディスプレイの調整ジャダ :ゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 注意 " Auto Motion Plus 120Hz を選択した場合には、コンテンツに応じて色が変化しま す。 " 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 映像 [ AV / HDMI / コンポ一ネント モード] 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 モード MENU → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER PDP ディスプレイには、(「ダイナミック」、「標準」、「映画」および「ユーザー調 整」) の 4 種類の自動映像設定が工場出荷時に設定されています。 ダイナミック、標準、映画、または ユーザー調整 を有効にできます。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. ダイナミック 2. 標準 LCD ディスプレイの調整3. 映画 4. ユーザー調整 ユーザー調整 オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す ることができます。 MENU → → ENTER → → → ENTER → 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 コントラスト MENU → → ENTER → → → ENTER → → ENTER→ → , → ENTER コントラストを調整します。 明るさ MENU → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 輝度を調整します。 シャープネス MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 画像のシャープネスを調整します。 色の濃さ MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 画像の色を調整します。 LCD ディスプレイの調整色あい MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER ナチュラルトーンを表示に追加します。 注意 ビデオ信号が NTSC の場合にのみ動作 色温度 MENU → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 色温度を変更できます。個々の色成分もユーザーが調整することができます。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. オフ 2. 青色系2 3. 青色系1 4. 標準 5. 赤色系1 6. 赤色系2 注意 色温度 を 青色系2、青色系1、標準、赤色系1、または 赤色系2 に設定すると、Color Temp. 機能が無効になります。 Color Temp. MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイの調整Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。 注意 ダイナミックコントラスト モードと 色温度 が オフ になっているときには、この機能が 有効になります。 サイズ MENU → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER サイズ は切り替えられます。 1. 16:9: 映像を 16:9 ワイド モードに設定します。 2. ズーム 1:画面上の映像のサイズを拡大します。 3. ズーム 2:「ズーム 1」を超える映像のサイズを拡大します。 4. 4 : 3: 映像を 4:3 ノーマル モードに設定します。 5. 全画面表示:HDMI 720p、1080i、1080p 信号が入力されているときは、入力される画面 が中断されることなく表示されます。 注意 " 全画面表示 機能を使用しているときでも、仕様を外れる表示を行う一部の外部デバイ スでは画面が途切れる場合があります。 " ズーム 1、ズーム 2 は HDMI モードでは使用できません。 " ポジション および リセット 機能は ズーム 1 または ズーム 2 モードでのみ使用でき ます。 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 デジタル NR (Digital Noise Reduction) MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイの調整デジタル ノイズ リダクション機能の オフ/オン を切り替えます。デジタル ノイズ リダ クション機能によって、よりきれいではっきりした画像をお楽しみいただけます。 1. オフ 2. オン 注意 デジタル NR 機能は、解像度によっては使用できない場合があります。 HDMI �しベル MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER DVD またはセットトップボックスが HDMI を経由してテレビに接続されている場合、接続 している外部デバイスによっては、ブラックレベルの上昇、コントラストの低下、変色な どの画質の低下の原因となることがあります。この場合には、HDMI 黑しベル を設定して テレビの画質を調整してください。 1. 標準 2. 低 注意 PC と HDMI モードの DTV の両方で使用できるタイミングについては、HDMI 黑しベル が有 効になります。 フィルムモード MENU → → ENTER → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER フィルムモード 機能によって、劇場品質で映像を楽しむことができます。 LCD ディスプレイの調整HDMI モードでは、入力信号がインターレース スキャンの場合にこの機能を使用できま す。プログレッシブ スキャン信号では使用できません 1. オフ 2. オン PIP 映像 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER PIP 画面設定を調整します。 注意 利用できるモード:同時画面 オン 1. コントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → ENTER→ → , → ENTER 画面上の PIP ウィンドウのコントラストを調整します。 2. 明るさ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → → ENTER→ → , → ENTER 画面上の PIP ウィンドウの明るさを調整します。 3. シャープネス MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → → → ENTER→ → , → ENTER 画面の PIP ウィンドウの シャープネス を調整します。 ダイナミックコントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト となるように調整します。 1. オフ 2. オン 注意 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 ライト調整 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER エネルギー消費を抑えるため、インバーター ランプを調整します。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 明るさセンサー MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER 明るさセンサー は、入力された画像信号の分布を自動的に検出して、最適な明るさとなる ように調整します。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整Auto Motion Plus 120Hz MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → , → ENTER 注意 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 この機能は、動きの速いシーンを見るときに使用することができます。 " モード MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → [モード] → , → ENTER " オフ Auto Motion Plus 120Hz をオフにします。 " クリア:Auto Motion Plus 120Hz を クリア モード (動きのある画像をはっきりと 表示するのに適しています) に設定します。 " 標準 :Auto Motion Plus 120Hz を 標準 モードに設定します。 " スムーズ :Auto Motion Plus 120Hz を スムーズ モード (動きのある画像を自然に 表示するのに適しています) に設定します。 " ユーザー調整 :残像とゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 " デモ :Auto Motion Plus 120Hz のデモを行います (Auto Motion Plus 120Hz をオ ンにしたときの画面が左半分に表示されます)。 " ユーザー調整 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調整]→ ENTER → [ぼかし] → , → ENTER ぼかし :残像をできるだけ少なくするのに使用します。 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調整]→ ENTER → → [ジャダ] LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER ジャダ :ゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 注意 " Auto Motion Plus 120Hz を選択した場合には、コンテンツに応じて色が変化しま す。 " モード が ユーザー調整 に設定されているときにのみ有効になります 音声 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 モード MENU → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイには、Hi‐Fi ステレオアンプが内蔵されています。 1. 標準 工場出荷時の標準設定にするには [標準] を選択します。 2. 音楽 ミュージック ビデオまたはコンサートを視聴するには [音楽] を選択します。 3. 映画 LCD ディスプレイの調整映画を観るには [映画] を選択します。 4. ニュース ほとんどが会話の番組 (ニュースなど) を視聴するときには、ニュース を選択しま す。 5. ユーザー調整 好みに合わせて設定を調整するには、ユーザー調整 を選択します。 ユーザー調整 好みに合わせて音声設定を調整することができます。 MENU → → → ENTER → → → ENTER → 注意 " 調整の際は、音量が 0 に設定されていても音声が鳴ります。 " ユーザー調整 機能を使用して音声の調整を行うと、ユーザー調整 が モード モードに なります。 低音 MENU → → → ENTER → → → ENTER → →ENTER→ → , → ENTER 周波数の低い音声を強調します。 高音 MENU → → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 周波数の高い音声を強調します。 バランス MENU → → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 左右のスピーカーの音声バランスを調整できます。 自動音量 MENU → → → ENTER → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 放送局による音量レベルの差を小さくします。 1. オフ 2. オン SRS TS XT MENU → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER SRS TS XT は、2 台のスピーカーで 5.1 チャンネルのコンテンツを再生するときの問題を 解決する特許取得済みの SRS 技術です。TruSurround XT は、テレビの内蔵スピーカーな どのスピーカー 2 台で構成される再生システムで、素晴らしい仮想サラウンド音声環境を 実現します。すべてのマルチチャンネル フォーマットと完全な互換性があります。 1. オフ 2. オン 音声選択 MENU → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER 同時画面 が オン のときには、メインまたはサブのいずれかを選択します。 LCD ディスプレイの調整注意 同時画面 が オン になっているときには PIP 映像 機能を調整できます。 1. 主画面 2. 副画面 スピーカ選択 MENU → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → , → ENTER ホーム シアターに接続してこの製品を使用する場合には、内蔵スピーカーをオフにして、 ホーム シアターの(外部)スピーカーから音声が聞こえるようにします。 1. 内部 音声は 内部 スピーカと 外部 スピーカの両方から出力されますが、音量調整は 内 部 スピーカからの音声に対してのみ行うことができます。 2. 外部 音声が 外部 スピーカからのみ出力されている場合は、音量調整は 外部 スピーカか らの音声についてのみ行うことができます。 設定 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 LCD ディスプレイの調整言語 MENU → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 13 つの言語のいずれかを選択できます。 注意 言語の選択は、OSD の言語にのみ反映されます。コンピュータ上で実行されるソフトウェ アには影響しません。 時間 時刻設定、スリープ タイマー、オンタイマー、および オフタイマー の 4 つの時刻設定 からひとつを選択します。 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → 時刻設定 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → ENTER→ → , → , → ENTER 現在の時刻を設定します。 スリープ タイマー MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER→ LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 所定の時間が経過したら LCD ディスプレイを自動的にオフにします。 1. オフ 2. 30 3. 60 4. 90 5. 120 6. 150 7. 180 タイマー 1 / タイマー 2/ タイマー 3 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER→ [タイマー 1/ タイマー 2 / タイマー 3] → , / , → ENTER LCD ディスプレイを指定した時間にオンまたはオフにするよう設定できます。 注意 " Clock Set メニューを使用して時刻を設定した場合にのみ有効です。 " Manual オプションを使用して、曜日を選択できます。 休日の管理 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER→ [休日の管理] " 追加 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER→ [休日の管理] → ENTER → [追加] LCD ディスプレイの調整→ , / , → ENTER 休日を登録できます。 " 選択した日を削除 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER → [休日の管理] → , → ENTER → → , → ENTER → [選択した 日を削除] → , → ENTER 選択した休日を削除できます。 注意 " 登録された休日が選択されている場合にのみ有効です。 " 複数の休日を選択して削除できます。 " すべて削除 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER→ [休日の管理] → → → ENTER → [すべて削除] → , → ENTER 登録された休日をすべて削除できます。 メニューの背景透明度 MENU → → → → ENTER → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER OSD の背景の透明度を変更します。 1. 高 2. 中 3. 低 4. 不透明 安全ロック PIN の変更 MENU → → → → ENTER → → → → → ENTER → → ENTER → → [0~9] → [0~9] → [0~9] → [0~9] パスワードは変更できます。 プリセットされている LCD ディスプレイのパスワードは「0000」です。 注意 パスワードを忘れた場合には、リモコンの MUTE → 1 → 8→ 6→ On ボタンを押してパス ワードを「0000」にリセットします。 ロック MENU → → → → ENTER → → → → → ENTER → → → ENTER → → [0~9] → [0~9] → [0~9] → [0~9] これは、OSD をロックして設定状態を維持し、他のユーザーが現在の設定を変更できない ようにする機能です。 省電力 MENU → → → → ENTER → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER この機能は、省エネのためにユニットの電力消費の調整を行います。 1. オフ 2. オン 画像分割 画像分割 は、各スクリーンが画面全体の一部になるように表示したり、同じ画像を各スク リーンに繰り返し表示できるように接続されたビデオスクリーンのセットです。 画像分割 がオンになっているときには、画像分割 画面の設定を調整することができます。 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → 注意 " 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 " 画像分割 の実行時には、自動調整、画面調整、および サイズ 機能は使用できません。 画像分割 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 選択したディスプレイの 画像分割 機能のオン/オフを切り替えます。 1. オフ 2. オン フォーマット MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 分割したスクリーンを表示する フォーマット を選択できます。 1. フルモード マージン無しで全画面表示を行います。 2. ナチュラルモード 元の縦横比を維持したまま自然な映像を表示します。 水平 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 水平方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。 15 段階の調整レベル: 1~15. 垂直 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 垂直方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。 LCD ディスプレイの調整15 段階の調整レベル: 1~15. 画面分割 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → → → ENTER → スクリーンを複数の画像に分割できます。分割するときのレイアウトとともに、分割する 画面数を選択できます。 " 画面の位置 でモードを選択します。 " [画面の位置] でディスプレイを選択します。 " 選択したモードの数字を押すと、配置が設定されます。 " 画面は最大 100 個の小画面に分割できます。 画面保護 画面保護 機能は、静止画が画面上に長時間表示されたときに発生することのある残像を防 止するのに使用します。 " この機能は、電源がオフになっているときには使用できません。 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → ピクセル シフト ピクセル シフト MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER LCD 上のピクセルを水平または垂直方向に動かすこの機能を使用して、画面に残像が発生 するのを防止することができます。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整水平 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 画面を水平方向に何ピクセル移動するか設定します。 画像分割は:0, 1, 2, 3, および 4. 垂直 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 画面を垂直方向に何ピクセル移動するか設定します。 画像分割は:0, 1, 2, 3, および 4. 時間 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER それぞれ、水平または垂直方向の動作を実行する間隔を設定します。 タイマー タイマー MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイの調整画面焼き付き防止のタイマーを設定することができます。 残像を消去するための処理を開始する場合には、処理は設定された時間行われ、自動的に 完了します。 1. オフ 2. オン モード MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 画面保護 タイプを変更できます。 1. スクロール 2. バー 3. 消しゴム 間隔 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER この機能を使用して、各モード セットにおける実行間隔をタイマーに設定します。 LCD ディスプレイの調整時間 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 設定された間隔の範囲内で、実行する時間を指定します。 " モード‐スクロール :1~5 秒 " モード‐バー、消しゴム :10~50 秒 スクロール MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → この機能は、パターンに従って LCD 上のすべてのピクセルを動かして、画面の残像を除去 します。 特に画面上に静止画像を長時間表示したとき、画面上に残像または記号が残っている場合 には、この機能を使用します。 注意 画面保護 機能は、一定の時間感覚で画面をスクロールします。 バー MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → →ENTER → この機能を使用して、長い黒白の垂直線を動かすことにより、画面上に残像が発生するの を防止します。 LCD ディスプレイの調整消しゴム MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → → →ENTER → この機能は、長方形のパターンを動かすことによって画面上に残像が発生するのを防止し ます。 サイドグレー MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → → → →ENTER → → , → ENTER 画面背景のグレーの明るさを選択します。 1. オフ 2. 明るくする 3. 暗くする Image Retention Free MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → → → → →ENTER → [Image Retention Free] → , → ENTER [Image Retention Free を適用] 機能を選択します。 1. オフ LCD ディスプレイの調整2. オン 注意 " Image Retention Free を選択すると、画面上に小さいサイズのテキストでスタティッ ク ノイズが発生し、映像の明るさが低下することがあります。 " 詳細については「サービスとその他の情報」ページを参照してください。 解像度の選択 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER コンピュータのグラフィックカードの解像度を 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、 1360 x 768 @ 60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定したときに画面が正常に表示されない 場合は、この機能(Resolution Select)を使用して指定した解像度で画面を表示すること ができます。 注意 PC モードでのみ使用可 1. オフ 2. 1024 X 768 3. 1280 X 768 4. 1360 x 768 5. 1366 X 768 注意 メニューの選択は、画面解像度が 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、1360 x 768 @ 60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定されているときにのみ可能です。 電源オン調整 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → →ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 画面の Power On time(電源がオンになる時間)を調整します。 警告:過電圧を避けるために、Power On time(電源がオンになる時間)を長く設定します。 OSD 回転 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → , → ENTER メニューを横または縦に回転させます。 1. ランドスケープ 2. ポートレイト リセット 製品の設定を工場出荷時のデフォルト値に戻します。 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → 画像リセット MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 注意 PC モードでのみ使用可 注意 Reset 機能は、画像分割 が オン のときには使用できません。 カラー リセット MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER マルチコソトロール 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 マルチコントロール SET に個別の ID を割り当てます。 MENU → → → → → ENTER → → ENTER LCD ディスプレイの調整→ , → [0~9] " ID 設定 SET に固有の ID を割り当てます。 " ID 入力 SET ごとに送信機の機能を選択します。送信機設定に対応する ID を持つ SET のみが 有効になります。 " MDC Select MDC 入力を受信するポートを選択します。 " シリアル MDC ケーブルを経由して MDC と通信します。 " RJ 45 MDC ケーブルを経由して MDC と通信します。 " ネットワーク " IP 設定 : 手動, 自動 " IP アドレス IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、IP アドレス を手動で入力 します。 " サブネットマスク :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、サブネット マス ク を手動で入力します。 " ゲートウェイ :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、ゲートウェイ を手動で 入力します。 MagicInfo 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 LCD ディスプレイの調整 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 注意 " リモコンを使用して、MagicInfo を選択することができます。ただし MagicInfo を十 分に活用するには、別売りの USB キーボードを使用することをお勧めします。 " Device モードの MagicInfo では、外部デバイスを起動中に移動するとエラーの原因と なる場合があります。外部デバイスの設定は、LCD ディスプレイがオンになっていると きにのみ行います。 " ネットワークに使用されている LAN ケーブル(例:ビデオ表示)を外さないでくださ い。外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。ケーブル を外したら、システムを再起動してください。 " USB 機器に使用されている LAN ケーブル (例: ビデオ表示) を外さないでください。 外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。 " 他の入力信号に切り替えるには、MagicInfo の SOURCE ボタンを押します。 " プリセットされている LCD ディスプレイのパスワードは「000000」です。 " サーバー プログラムの Power‐On オプションは、LCD ディスプレイの電源が完全にオ フになっている場合にのみ機能します。 LCD ディスプレイのシステムエラーの原因となる場合がありますので、LCD ディスプレ イの終了中に Power‐On オプションを使用しないようにしてください。 " MagicInfo を MagicInfo Server プログラムとともに使用するとき:Network モードを 実行します。 " デバイスが PDP ディスプレイに直接接続されているときに MagicInfo を使用している 場合:Device モードを実行します。 " ESC を押して、MagicInfo ウィンドウ画面に直接移動します。 " Windows の画面で MagicInfo を設定するには、キーボードとマウスが必要になります。 " Windows で MagicInfo を設定する方法については、MagicInfo Server のヘルプを参照 してください。 操作中は、AC 電源をオフにしないことを強く推奨します。 " ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、透明チッカーはサポートされていません。 " ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、720*480 (SD) までの動画の画面解像度が サポートされています。 " ドライブ D: には、EWF は適用されません。 " EWF が Enable 状態のときに変更された設定内容を保存するには、その内容を Commit する必要があります。 " Disable、Enable または Commit を選択すると、システムが再起動します。 MagicInfo 1. Select Application - step 1 LCD ディスプレイの調整Windows を軌道したときにコンピュータで実行するアプリケーションを選択できます。 2. Select TCP/IP - step 2 MagicInfo Setup Wizard の step 2 では、TCP/IP の設定を行うためにデスクトップのネ ットワーク設定に移動する必要はありません。MagicInfo のインストールの step 2 のみ を行います。 3. Select Language - step 3 LCD ディスプレイの調整複数の言語を使用するときには、使用する言語を選択することができます。 4. Select Screen Type - step 4 デバイスに適用する回転のタイプを選択できます。 5. Setup Information LCD ディスプレイの調整ユーザーが選択した設定を表示します。 注意 Magicinfo アイコンが通知領域に表示されない場合には、Windows デスクトップで Magicinfo アイコンをダブルクリックしてください。アイコンが表示されます。 LCD ディスプレイの調整トラブルシューティング セルフテスト機能チェック 注意 お問い合わせの前に、以下の項目についてチェックしてください。問題が解決しない場合 には、お客様相談ダイヤルにお問い合わせください。 セルフテスト機能チェック 1. コンピュータと LCD ディスプレイの両方をオフにします。 2. コンピュータの背面からビデオケーブルを取り外します。 3. LCD ディスプレイをオンにします。 ビデオ信号が検出されない場合でも LCD ディスプレイが正常に動作しているときに は、下記の図 (「信号 」) が黒色の背景で表示されま す。自己テスト モードでは、LED 電源インジケータは緑色のままで、画像が画面内を 動き回ります。 4. LCD ディスプレイをオフにして、ビデオ ケーブルを接続しなおします。次にコンピュ ータと LCD ディスプレイの両方をオンにします。 前の手順を行った後でも LCD ディスプレイ画面に何も映らない場合は、ビデオ コントロ ーラおよびコンピュータ システムをチェックしてください。LCD ディスプレイは正常に動 作しています。 警告メッセージ 画面は 1920 x 1080 の解像度でも表示することができます。 ただし、「画面の解像度を 変更するか、現在のモードのままにすることができます」というメッセージが短時間表示 されます。周波数が 85Hz を越える場合には、LCD ディスプレイでは 85Hz を越える周波 数をサポートしていないため、黒色の画面が表示されます。 注意 LCD ディスプレイがサポートしている解像度または周波数については、仕様 > プリセッ ト タイミング モードを参照してください。 メンテナンスと清掃 1) LCD ディスプレイ筐体のメンテナンス 電源コードを抜いてから、柔らかい布で拭き取ります。 がめりません " ベンゼン、シンナーまたはその他の引火性物質を使 用しないでください。 2) フラットパネルディスプレイ画面のメンテナンス 柔らかい布 (綿ネル) で拭き取ります。 " アセトン、ベンゼンまたはシンナーは使用してはな りません。 (スクリーン表面の傷または劣化の原因となること があります) " これらの物質を使用したことによって発生した損害 は、すべてユーザーの責任となります。 症状と推奨される措置 注意 LCD ディスプレイは、コンピュータから受信した視覚信号を再生します。したがって、コン ピュータまたはビデオカードに問題がある場合には、色彩の異常、ノイズなどのトラブル が発生することがあります。この場合には、まず問題の原因をチェックしてから、お客様 相談ダイヤルまたは販売店にお問い合わせください。 1. 電源コードおよびビデオ ケーブルがコンピュータに正しく接続されているかどうかを チェックします。 2. 起動時にコンピュータからビープ音が 3 回聞こえるかチェックします。 (この場合にはお問い合わせください) 3. ビデオカードを自分でインストールするか PC を組み立てた場合には、アダプタ (ビデ オ) がインストールされているかどうか確認します。 4. ビデオ画面のスキャン速度が 50~85Hz の範囲内にあるかどうかチェックします。 (最大解像度を使用しているときは、60 Hz を超えてはなりません) 5. アダプタ (ビデオ) ドライバのインストールに問題がある場合には、コンピュータを セーフ モードで起動して、[Control Panel (コントロール パネル)] -> [System (シ ステム)] -> [Device Manger (デバイス マネージャ)] でディスプレイ アダプタを削 除して、コンピュータを再起動してアダプタ (ビデオ) ドライバを再インストールし ます。 チェックリスト 注意 " 以下の表は、発生する可能性のある問題とその解決方法を示しています。お客様相談ダ イヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確認くださ い。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお問い合 わせください。 " ネットワークについての詳しい情報は、MagicInfo のトラブルシューティングのセクシ ョンを参照してください。 トラブルシューティングインストールに関する問題 (PC モード) 注意 LCD ディスプレイのインストールに関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: LCD ディスプレイの画面がちらつく。 A: コンピュータと LCD ディスプレイとの間を接続している信号ケーブルが、しっかり と接続されているか確認します。 (コンピュータの接続を参照) 画面に関する問題 注意 LCD ディスプレイの画面に関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: 画面が空白になり、電源インジケータがオフになる。 A: 電源コードをしっかりと接続してから LCD ディスプレイをオンにします。 (コンピュータの接続を参照) Q: "信号がありません"というメッセージ。 A: PC またはビデオ ソースに信号ケーブルがしっかり接続されていることを確認しま す。 (コンピュータの接続を参照) A: PC またはビデオ ソースがオンになっていることを確認します。 Q: "最適なモードが選択されていません」というメッセージ。 A: ビデオ アダプタの最大解像度と周波数を確認します。 A: プリセット タイミング モードのチャートに記載されているデータとこれらの値を比 較します。 Q: 映像が縦に流れる。 A: 信号ケーブルがしっかりと接続されているか確認します。必要に応じて再度接続しま す。 (コンピュータの接続を参照) Q: 画像がはっきりしない。画像がぼやける。 A: Frequency 粗調整 および 微調整 の調整を実行します。 A: すべてのアクセサリ (ビデオ拡張ケーブルなど) を取り外してから再度オンにしま す。 A: 解像度と周波数を推奨の範囲に設定します。 Q: 画像が安定せず、揺れる。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に トラブルシューティングは、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 Q: 映像にゴーストが発生する。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に は、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 Q: 映像が明るすぎる、または暗すぎる。 A: 明るさ と コントラスト を調整します。 (明るさ、コントラスト を参照してください) Q: 画面の色が正しくない。 A: OSD カラー調整メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。 Q: 暗い影によってカラー画像が歪む。 A: OSD カラー調整メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。 Q: 白色が正しく表示されません。 A: OSD カラー調整メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。 Q: 電源インジケータが点滅する。 A: LCD ディスプレイが OSD メモリに変更された設定を保存しています。 Q: 画面が点滅し、電源インジケータが 0.5 ~1 秒間隔で点滅します。 A: LCD ディスプレイが電源管理システムを使用しています。キーボードのいずれかのキ ーを押します。 Q: 画面に何も表示されず、点滅します。 A: [MENU] ボタンを押すと画面に「TEST GOOD」メッセージが表示される場合は、PDP デ ィスプレイとコンピュータのケーブル接続を確認し、コネクタを正しく接続してくだ さい。 音声に関する問題 注意 音声信号に関する問題とその解決方法を以下に示します。 Q: 音声が聞こえない。 A: LCD ディスプレイの音声入力ポートとサウンドカードの音声出力ポートにオーディオ ケーブルがしっかりと接続されていることを確認します。 (コンピュータの接続を参照) A: 音量レベルをチェックします。 Q: 音量が低すぎる。 A: 音量レベルをチェックします。 トラブルシューティングA: 音量を最大に調整しても音が小さすぎる場合には、コンピュータのサウンドカードま たはソフトウェアプログラムの音量コントロールをチェックします。 Q: 音量が大きすぎるか小さすぎる。 A: 高音 および 低音 を適切なレベルに調整します。 リモコンに関する問題 注意 リモコンに関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: リモコンのボタンが応答しない。 A: バッテリの極性 (+/‐) を確認します。 A: バッテリが消耗していないかチェックします。 A: 電源がオンになっているかどうかをチェックします。 A: 電源コードがしっかりと接続されているか確認します。 A: 付近に特殊な蛍光灯またはネオン ランプがないかチェックします。 Q & A Q: 周波数の変更方法は? A: 周波数は、ビデオ カードの再設定によって変更することができます。 注意 ビデオ カードでサポートされている周波数は、使用しているドライバのバージョン によって異なることにご注意ください。(詳細はコンピュータまたはビデオカードの マニュアルを参照してください) Q: 解像度の変更方法は? A: Windows XP: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトッ プの表示とテーマ)] → [Display (画面)] → [Settings (設定)] で解像度を設定し ます。 A: Windows ME/2000: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Settings (設 定)] で解像度を設定します。 * 詳細についてはビデオカードのメーカーにお問い合わせください。 Q: 省電力機能の設定方法は? A: Windows XP: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトッ プの表示とテーマ)] → [Display (画面)] → [Screen Saver (スクリーン セイバ ー)] で解像度を設定します。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュア ルを参照してください) トラブルシューティングA: Windows ME/2000: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Screen Saver (スクリーン セイバー)] で解像度を設定します。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュア ルを参照してください) Q: 筐体/LCD パネルをきれいにしたいのですが? A: 電源コードを抜き、LCD ディスプレイを柔らかい布で洗剤また真水を使って清掃しま す。 洗剤が残ったままにしたり、筐体を傷つけないようにしてください。水が LCD ディ スプレイの中に入らないようにしてください。 Q: ビデオの再生方法は? A: ビデオは、MPEG1 および WMV コーデックのみをサポートしています。ビデオを再生す るには、対応するコーデックをインストールします。互換性がないコーデックがある ことに注意してください。 注意 お客様相談ダイヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確 認ください。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお 問い合わせください。 トラブルシューティング仕様 一般情報 一般情報 モデル名 SyncMaster 400EX(n) SyncMaster 460EX(n) SyncMaster 550EX(n) LCD パネル サイズ 40 型 (40.0 イン チ / 101cm) 46 型 (46.0 イン チ / 116cm) 55 型 (54.6 イン チ / 138cm) 表示範囲 885.6 mm (H) x 498.15 mm (V) 1018.08 mm (H) x 572.67 mm (V) 1209.6 mm (H) x 680.4 mm (V) ピクセル ピッチ 0.46125 mm (H) x 0.15375 mm (W) 0.17675 mm (H) x 0.53025 mm (W) 0.21 mm (H) x 0.63 mm (W) 同期 水平 30~81 kHz 垂直 56~85 Hz 表示色 8 ビット、10 億 7000 万 (10 ビット ディザリング) 解像度 最適解像度 1920x1080 @ 60 Hz 最大解像度 1920x1080 @ 60 Hz 最大ピクセル クロック 148.5 MHz (アナログ、デジタル) 電源 この製品は 100~240 V の電源に対応しています。 標準電圧は国によって異なる場合があるため、製品背面のラベルを確認してくだ さい。 信号コネクタ A/D : D‐SUB、HDMI、DVI 出力、RS232C 入出力、RJ45、PC 音声 (ステレオ) 入 力、ネットワーク: LAN、USB (3port)、VGA OUT (ネットワーク モデルのみ)寸法 (W x H x D) / 重量 Ex 949.7 x 580.6 x 42.6 mm / 12.9 Kg 1082.2 x 654.4 x 39.9 mm / 15.7 Kg 1273.3 x 763.5 x 39.9 mm / 20.2 Kg Exn 949.7 x 580.6 x 42.6 mm / 13.6 Kg 1082.2 x 654.4 x 39.9 mm / 16.5 Kg 1273.3 x 763.5 x 39.9 mm / 20.9 Kg VESA 取付インターフェイス 400.0 mm x 400.0 mm 環境条件 SyncMaster 400EX SyncMaster 460EX SyncMaster 550EX 動作時 温度:0˚C ~ 40˚C (32˚F ~ 104˚F) 湿度:10~80 %、結露しないこと 記録装 置(梱包 保存時) 温度:‐20˚C ~ 45˚C (‐4˚F ~ 113˚F) 湿度:5~95 %、結露しないこと SyncMaster 400EXn SyncMaster 460EXn SyncMaster 550EXn 動作時 温度:10˚C ~ 40˚C (50˚F ~ 104˚F) 湿度:10~80 %、結露しないこと 記録装 置(梱包 保存時) 温度:‐20˚C ~ 45˚C (‐4˚F ~ 113˚F) 湿度:5~95 %、結露しないこと プラグ アンド プレイ機能 この LCD ディスプレイは、プラグ & プレイ互換システムにインストールするこ とができます。LCD ディスプレイとコンピュータ システムとのインタラクショ ンによって、最適な操作環境と LCD ディスプレイの設定が行われます。ほとん どの場合、ユーザーが設定の変更を必要としない限り、LCD ディスプレイのイン ストールは自動的に行うことができます。 ドット欠けについて この製品には、1 ppm (百万分の 1) 精度の高度な半導体技術を利用した TFT-LCD パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピクセルが光 って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではなく、使用 上問題になるものではありません。 たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 6,220,800 です。 注意 設計および仕様は事前の通知なしに変更されることがあります。 クラス A(産業用情報通信機器) :ネットワーク モデル (400EXn、460EXn、550EXn) 販売店および購入されたお客様へのご注意。 この装置は、産業用の EMC 要件(クラス A)について登録されており、 一般的な家庭環境以外で使用することができます。 仕様 クラス B (住宅用情報通信機器):ネットワークなしモデル (400EX、460EX、550EX) この装置は、住宅向けの EMI 要件(クラス B)について登録されています。すべての地域 において使用できます。 (クラス B の機器は、クラス A の機器より放出する電磁波が少なくなっています) PowerSaver この LCD ディスプレイには、PowerSaver と呼ばれる消費電力管理システムが内蔵されて います。このシステムは、LCD ディスプレイが一定時間使用されなかった場合に低消費電 力モードに切り替え、エネルギー消費を節約します。LCD ディスプレイは、キーボードの キーが押されると自動的に通常の動作状態に戻ります。消費電力を押さえるために、必要 ない場合または長時間 LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。 PowerSaver システムは、コンピュータにインストールされた VESA DPM 互換のビデオ カ ードで動作します。お使いのコンピュータにインストールされているソフトウェア ユーテ ィリティを使用して、この機能を設定してください。 PowerSaver モード 通常動作 省電力モー ド 電源オフ 電源オフ (電源スイッ チ) 電源インジケーター オン 点滅 黄色 オフ 消費電力 SyncMaster 400EX 120 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット SyncMaster 400EXn 150 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット SyncMaster 460EX 140 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット SyncMaster 460EXn 170 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット SyncMaster 550EX 170 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット SyncMaster 550EXn 200 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット プリセット タイミング モード コンピュータから送られてきた信号が以下のプリセット タイミング モードと同じ場合に は、画面は自動的に調整されます。しかし、信号が異なる場合には、電源 LED が点灯して いても画面に何も映らなくなる場合があります。ビデオ カードのマニュアルを参照して、 以下のように画面を調整してください。 表示モード 水平周波数 (kHz) 垂直周波数 (Hz) ピクセル ク ロック (MHz) 同期極性 (H/ V) IBM、640 x 350 31.469 70.086 25.175 +/‐ IBM、640 x 480 31.469 59.940 25.175 ‐/‐ IBM、720 x 400 31.469 70.087 28.322 ‐/+ MAC、640 x 480 35.000 66.667 30.240 ‐/‐ MAC、832 x 624 49.726 74.551 57.284 ‐/‐ MAC、1152 x 870 68.681 75.062 100.000 ‐/‐ 仕様表示モード 水平周波数 (kHz) 垂直周波数 (Hz) ピクセル ク ロック (MHz) 同期極性 (H/ V) VESA、640 x 480 37.861 72.809 31.500 ‐/‐ VESA、640 x 480 37.500 75.000 31.500 ‐/‐ VESA、800 x 600 35.156 56.250 36.000 +/+ VESA、800 x 600 37.879 60.317 40.000 +/+ VESA、800 x 600 48.077 72.188 50.000 +/+ VESA、800 x 600 46.875 75.000 49.500 +/+ VESA、848 x 480 31.020 60.000 33.750 +/+ VESA、1024 x 768 48.363 60.004 65.000 ‐/‐ VESA、1024 x 768 56.476 70.069 75.000 ‐/‐ VESA、1024 x 768 60.023 75.029 78.750 +/+ VESA、1152 x 864 67.500 75.000 108.000 +/+ VESA、1280 x 768 47.776 59.870 79.500 ‐/+ VESA、1280 x 960 60.000 60.000 108.000 +/+ VESA、1280 x 1024 63.981 60.020 108.000 +/+ VESA、1280 x 1024 79.976 75.025 135.000 +/+ VESA、1360 x 768 47.712 60.015 85.500 +/+ VESA、1366 x 768 47.712 59.790 85.500 +/+ VESA、1920 x 1080 66.587 59.934 138.500 +/‐ VESA、1920 x 1080 67.500 60.000 148.500 +/+ 水平周波数 画面の右端から左端を水平につなぐ 1 本の直線を スキャンするのにかかる時間を水平サイクルと言 い、水平サイクルの逆数を水平周波数と言います。 単位: kHz 垂直周波数 蛍光灯と同じように、画面は同じ画像を 1 秒間に 何回も繰り返し表示して、ユーザーに対して映像を 表示しています。この繰り返しの周波数を、垂直周 波数またはリフレッシュ レートと言います。単位: Hz 仕様情報 より良い画質でご覧いただくために コンピュータの解像度と画面の描画頻度(リフレッシュ レート)を以下の説 明に従ってコンピュータ上で調整し、最適な表示をお楽しみください。TFT-LCD に最適な画質でない場合には、画面の画質が不均一になる場合があります。 " 解像度:1920 x 1080 " 垂直周波数 (リフレッシュ レート): 60 Hz この製品には、1 ppm (百万分の 1) 以上の高精度な半導体技術を利用した TFT-LCD パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピク セルが光って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではな く、使用上問題になるものではありません。 " たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 6,220,800 で す。 モニターとパネルの外側を清掃するときには、柔らかい布に少量の水を付け て拭き取ってください。LCD 部分を清掃するときには、力を入れずに拭き取って ください。過剰な力がかかると、キズがつく場合があります。 画質に不満がある場合には、Auto ボタンを押したときに表示される表示画面 の「自動調整 機能」を行って画質を改善できる場合があります。自動調整後も ノイズが発生する場合には、微調整/粗調整 調整機能を使用します。 静止画面を長時間表示し続けると、画像が残ったり画面がぼやけたりする場 合があります。長時間モニターの前から離れるときには、省電力モードにする か、動画のスクリーンセーバーを設定してください。 製品情報(残像について) 残像とは? LCD パネルは、通常の使用 (下記参照) において、残像は発生しません。 通常の条件とは、連続的に変化するビデオパターンとして定義されます。LCD パ ネルが固定されたパターンの状態で、長時間(12時間以上)使用されると、ピク セル内の液晶を動作させる電極の間で若干の電圧の差が生じる場合があります。 電極間の電圧の差が時間とともに増大すると、液晶が曲げられてしまいます。こ のような現象が発生すると、パターンが変化したときに以前のイメージが見える 場合があります。これを防止するために、蓄積した電圧差を解消する必要があり ます。電源オフ、スクリーンセイバー、または省電力モード " 12 時間使用: 電源を 2 時間オフ " PC の表示プロパティの電源管理機能で、モニターの電源をオフにするよう設 定します。 情報 " 可能な場合にはスクリーンセイバーを使用します ‐ スクリーンセイバー は、単色または動く映像のものをお勧めします。 " 残像防止機能を使用することをお勧めします。 ‐ 詳細な設定手順については、裏ページを参照してください。 定期的に色の組み合わせを変更する 注意 2 つの異なる色の使用 2 つの色情報を 30 分ごとに切り替えます。 " 明るさが極端に異なる文字色と背景色の組み合わせは避けてください。 また、残像が発生する原因となりますのでグレーは使用しないでください。 避けること:明るさが大きく異なる色 (白と黒、灰色) の使用。 定期的に文字色を変更する " 明るさの差が少ない明るい色を使用します。 ‐ 周期:文字色と背景色を 30 分間隔で変更 " 30 分ごとに、文字を動かして変更します。 " 画像やロゴを定期的に表示します。 ‐ 周期:ロゴとともに移動するイメージを 4 時間使用するごとに 60 秒表示 します。 情報 " 残像を抑えるのにもっとも効果的な方法は PC を使用していないときにスクリ ーンセイバーが 起動するように設定することです。これらのガイドラインに 従わない場合には、保証内容に影響を与える場合があります。 製品に画面スクロール機能を使用する " 画面スクロール機能を使用する ‐ 症状:黒色の水平線が上下に移動します。 製品に画面ピクセル機能を使用する " 画面ピクセル機能を使用する ‐ 症状:黒色の点が上下に移動します。 " 画面バー機能を使用する ‐ 症状:黒色の水平/垂直線が上下に移動します。 製品に画面消去機能を使用する " 画面消去機能を使用する ‐ 症状:2 つの垂直なブロックが表示を消していきます。 情報残像防止機能を低品に適用します。 " [Image Retention Free を適用] 機能を選択します。 残像防止アルゴリズムは、LCD LFD で使用されています。 " グレー挿入アルゴリズムを各ピクセルに適用して、画像の残像特性を向上し ています。 残像防止アルゴリズムのアプリケーションによる制限。 " ピクセル グレー挿入アルゴリズムが適用されています。 ‐ したがって、明るさが元の明るさよりも低下 (25 ~ 30%) します。さら に、ユーザーが横または縦方向に動きながら、あるいは近くから画面を見た 場合には、挿入されたグレーのピクセルがひずんで (メッシュ状、またはち らついて)見えることがあります。 " 横または縦に動く画面を見た場合:メッシュ状のノイズが発生し、明るさ が低下 (25 ~30%) します。 " 近くから画面を見た場合:1 ピクセル サイズのゆらぎノイズが発生し、線 が震えて見えます。 " 特定のパターンで表示されるちらつき 利用ガイド " 使用条件:12 時間使用したら、2 時間オフにすることをお勧めします。 " 工場出荷時の設定:Image Retention Free 機能: オフ " この機能による明るさ低下の影響を最小限にするためには、画面の明るさを 最も明るいレベルに設定してからこの機能を使用することをお勧めします。 たとえば MagicBright モード:エンターテイメント " 4 ピクセル幅/2 ピクセル サイズよりも大きい文字を推奨します。 ‐ 1 ピクセル幅/文字の画像では、ゆらぎノイズやちらつきが出ることがあ ります。 情報付録 お客様相談ダイヤル 東雲サービスセンター 受付時間 平日(土日祭日を除く)9:00~17:00 ※ ホームページ http://www.samsung.com/jp 住所 〒135‐0062 東京都江東区東雲2‐6‐38 Fax 03‐3527‐5533 注意 ※ 予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。 用語 ドット ピッチ モニターの画像は、赤色、緑色および青色のドットで構成 されています。ドットの間隔が小さいほど、解像度は高く なります。同じ色の 2 個のドット間の距離を「ドット ピ ッチ」と言います。単位:mm 垂直周波数 ユーザーに対して画像を作成して表示するには、1 秒間当 たり何回も画像を再描画しなければなりません。1 秒当た りのこの繰り返しの回数を、垂直周波数またはリフレッシ ュ レートと言います。単位: Hz 例:同じ光が 1 秒間に 60 回繰り返すときには、60 Hz と なります。 水平周波数 画面の右端から左端を水平につなぐ直線をスキャンするの にかかる時間を、水平サイクルと言います。水平サイクル の逆数を水平周波数と呼びます。単位:kHz インタレース法とノンインタ レース法 画面の水平線を上から下に順番に表示していく方法をノン インタレース法と言い、奇数番目のラインを表示してから 偶数番目のラインを表示する方法をインタレース法と言い ます。ノンインタレース法は、明確な画像にするために多 くのモニターで使用されています。インタレース法は、TV で使用されているものと同じです。 プラグ & プレイ コンピュータとモニターが自動的に情報を交換することに より、ユーザーに最高の画質を提供する機能です。このモ ニターは、プラグ & プレイ機能について国際規格 VESA DDC に対応しています。 解像度 画面の画像を構成するのに使用される水平および垂直方向 のドットの数を、「解像度」と呼びます。この数は、表示 の正確さを示しています。高い解像度では、多くの画像情 報を画面上に表示できるため、複数の作業を実行する場合 に適しています。 例:解像度が 1920 X 1080 の場合、水平方向のドットが 1920 個 (水平解像度)、垂直線 1080 本 (垂直解像度) で 構成されていることを意味します。制限事項 本書の内容は、将来予告なく変更されることがあります。 2010 Samsung Electronics Co., Ltd. All rights reserved. Samsung Electronics Co., Ltd.の文書による許可なしには、いかなる複製も堅く禁じま す。 内容に含まれる誤り、または設置や使用の結果として起こる損害について、Samsung Electronics Co., Ltd.は一切の責任を負いません。 Samsung は Samsung Electronics Co., Ltd.の登録商用です。Microsoft, Windows および Windows NT は、Microsoft Corporation の登録商標です。VESA、DPM および DDC は Video Electronics Standard Association の登録商標です。ENERGY STAR�ョの名称とロゴは U.S. Environmental Protection Agency (EPA)の登録商標です。そのほかこの文書に含まれるす べての商品名は、各企業・団体の商標もしくは登録商標です。 本製品は日本国内用として製造、販売しています。日本国外で使用された場合、当社は責 任を負い兼ねます。また、技術相談や、アフターサービスなども国外では行っておりませ んのでご注意ください。 本製品は一般 OA 用として設計・製造されています。一般 OA 用以外の用途で使用される場 合は、保証期間内であっても無償修理の対象外となることがありますのでご注意ください。 VCCI について この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラス B 情報 技術装置です。この装置は、家庭環境で使用 することを目的としていますが、この装置が ラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあり ます。取扱説明書に従って正しい取り扱いをして 下さい。 付録 SyncMaster 400EX(n), 460EX(n), 550EX(n) LCD ディスプレイ ユーザー マニュアル 色と外観は製品によって異なる場合があり、製品の仕様は 性能の向上のために予告無く変更される場合があります。安全使用上の注意 本書中のマークの説明 注意 製品を正しく使用して事故および製品の損傷を防止するために、下記の指示に従ってくだ さい。 警告/注意 このマークの付いた指示に従わなかった場合には、人体への傷害また は機器の損傷を招くことがあります。 注意 禁止 指示事項 分解禁止 コンセントからプラグを抜い てください 接触禁止 感電を防ぐために、アースを 行ってください 電源 長期間使用しない場合には、コンピュータを節電モード(DPM)に設定し ます。 スクリーン セイバーを使用している場合には、アクティブスクリーン モードに設定します。 下記に記載された絵はあくまでもイメージです。 残像防止方法へのショートカット 破損した電源コードまたはプラグ、破損またはがたつきのある コンセントを使用しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 コンセントにプラグを抜き差しするときに、濡れた手で電源プ ラグに触れないでください。 " 感電の原因となることがあります。 電源コードは、アースされたコンセントに接続してください。 " 漏電または傷害の原因となることがあります。 電源プラグはコンセントにしっかりと正しく差し込みます。 " 火災の原因となることがあります。電源プラグや電源コードを無理に曲げたり引っ張らないでくだ さい。また、電源プラグや電源コードに重い物を乗せないでくだ さい。 " 火災の原因となることがあります。 同じコンセントに複数の電気製品を接続しないでください。 " 過熱による火災の原因となることがあります。 製品の使用中は電源コードを外さないでください。 " 感電によるモニターの故障の原因となることがあります。 本体から電源を抜く場合や、コンセントから電源を抜く場合の ことを考えて、余裕を持って抜き差しができる環境に設置をして ください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 付属の電源コードセットは本製品のみにご使用ください。他製 品には使用しないでください。また、他の製品に付属されている 電源コードを本製品に使用しないでください。 " 火災または感電の原因となることがあります。 インストール方法 ほこりが多い場所、非常な高温または低温にさらされる場所、湿度の高 い場所、化学溶媒が使用されている場所、および空港や駅など 24 時間 製品を使用する場所に設置する場合には、お客様相談ダイヤルにご相談 ください。 ご相談せずに設置した場合、モニターに重大な損傷が発生することがあ ります。 製品の移動は必ず 2 人以上で行ってください。 " 落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。 キャビネットやラックなど高いところに製品を設置するときに は、製品がはみ出たりしないようしっかりと安定した状態で設置 してください。 " 落下または傷害の原因になる場合があります。 " 製品に合ったサイズのキャビネットまたはラックを使用して ください。 ろうそく、蚊取り線香、タバコおよびその他の熱源を製品に近 づけないでください。 " 火災の原因となることがあります。 安全使用上の注意電源コードまたは製品は、熱源となる機器に近づけないでくだ さい。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 本棚やクローゼットなど、換気の悪い場所に設置しないでくだ さい。 " 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 製品を下ろすときには、手荒に扱わないでください。 " 表示画面が損傷する場合があります。 製品の前面を下にして床に置かないでください。 " 表示画面が損傷する場合があります。 壁掛け金具の設置は、専門の業者が行うようにしてください。 " 落下して傷害の原因になる場合があります。 " 指定された壁掛け金具で設置してください。 製品は、換気が十分に行われる場所に設置してください。壁か ら 4 インチ (10 cm) 以上離してください。 " 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 梱包材のビニールに、お子様が手を触れないようにしてくださ い。 " お子様がビニールで遊んでいると、重大な傷害 (窒息) の原 因となることがあります。 モニターの高さ調整の際には指や手を挟まないよう十分ご注意 ください。 " 製品の損傷またはけがをする恐れがあります。 お手入れ モニターの筐体または TFT-LCD 画面の表面を清掃するときには、少し 湿らせた柔らかい布で拭き取ります。 製品の表面にクリーナーを直接スプレーしないでください。 " 本体の脱色または歪み、画面表面のはがれが発生することが あります。 電源プラグのピンを清掃するとき、またはコンセントのほこり を取り除くときは、乾いた布を使用します。 " 火災の原因となることがあります。 安全使用上の注意製品を清掃するときは、電源コードを切り離してください。 " 感電または火災の原因となることがあります。 製品を清掃するときには、まず電源コードを外して乾いた布で やさしく拭き取ります。 " (ワックス、ベンゼン、アルコール、シンナー、殺虫剤、潤滑 剤またはクリーナーなどの化学薬品を使用しないでくださ い)これらの薬品によって、製品表面の外観が変わったり、製 品の表示ラベルがはがれることがあります。 製品の筐体にはキズが付きやすいため、液晶モニター用のクリ ーニングクロスを使用してください。 製品を清掃するときには、製品本体に水を直接かけないでくだ さい。 " 感電、火災または故障の原因となることがあります。 その他 この製品は、高電圧を使用しています。絶対にご自身で製品を 分解、修理または改造しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。修理が必要な 場合には、お客様相談ダイヤルまでご連絡ください。 製品から異臭や異音、煙が出た場合には、直ちに電源プラグを 抜いてお客様相談ダイヤルにご連絡ください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 製品を湿気、ほこり、煙、水がかかる場所、または自動車の中 に設置しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 製品が落下したり破損した場合には、電源をオフにして電源コ ードを外し、お客様相談ダイヤルにご連絡ください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 雷が発生した場合には、電源コードまたはアンテナ ケーブル に触れないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 配線または信号ケーブルのみを持ってモニターを動かさないで ください。 " ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火 災の原因となることがあります。 安全使用上の注意電源コードまたは信号ケーブルだけを持って、製品を持ち上げ たり、前後または左右に動かさないでください。 " ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火 災の原因となることがあります。 クロスやカーテンで換気口がふさがれないようにしてくださ い。 " 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 水の入った容器、花瓶、植木鉢、医薬品や、金属類を製品の上 に置かないでください。 " 製品が水に濡れたり、異物が製品内部に入ったりした場合に は、電源コードを抜いてからお客様相談ダイヤルにご連絡く ださい。 " 製品の故障、感電または火災につながる恐れがあります。 可燃性のスプレーまたは可燃物を製品に近づけないでくださ い。 " 爆発または火災の原因となることがあります。 箸、コイン、ピンおよび刃物などの金属類、マッチや紙などの 可燃物を (換気口、入出力端子などから) 製品の中に入れないで ください。 " 製品が水に濡れたり、異物が製品内部に入ったりした場合に は、電源コードを抜いてからお客様相談ダイヤルにご連絡く ださい。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 静止画面を長時間表示し続けると、残像が発生したり画面がぼ やけたりする場合があります。また、場合によっては液晶パネル が焼き付けを起こす場合があります。 " 長時間製品を試用しない場合には、スリープ モードにするか 動きのあるのスクリーン セイバーを使用します。 製品に適した解像度および周波数を設定します。 " 視力に影響を与えることがあります。 ヘッドフォンまたはイヤフォンを使用するときは、音量を大き くしすぎないようにしてください。 " 音が大きすぎると、聴覚に影響を与えることがあります。 疲れ目を防止するために、製品に近づきすぎないでください。 " 視力低下の原因になり、場合によっては人体に影響を及ぼし ます。 安全使用上の注意モニターを 1 時間使用したら、少なくとも 5 分間の休憩をとり ます。 疲れ目が軽減されます。 不安定な棚や平らでない面、または振動の多い場所に設置しな いでください。 " 落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。 " 振動の多い場所で製品を使用すると、製品の寿命が短くなっ たり出火の原因となる場合があります。 製品を移動するときには、電源をオフにして、電源プラグ、ア ンテナ ケーブル、および製品に接続されているすべてのケーブ ルを切り離します。 " 感電または火災の原因となることがあります。 お子様が製品にぶら下がったり、よじ登らないようにしてくだ さい。 " 製品が落下して傷害または死亡事故の原因になる場合があり ます。 製品を長期間使用しない場合には、コンセントから電源コード を外してください。 " ほこりがたまって過熱または火災の原因となったり、感電ま たは漏電の原因となることがあります。 製品に重たいものを乗せたり、小さいお子様が興味を示すよう なもの(おもちゃやお菓子など)を置いたりしないでください。 " お子様が製品にぶら下がって、落下により傷害または死亡事 故の原因となることがあります。 リモコンから電池を取り外したときには、お子様が電池を口 の中に入れないようにしてください。電池は、子供または乳児の 手の届かない場所に置いてください。 " お子様が電池を口の中に入れたときには、すぐに医師の診察 を受けてください。 電池を交換するときには、正しい極性 (+、‐) の向きに入れ てください。 " 電池が破損したり、液漏れにより火災、傷害または故障の原 因となることがあります。 指定された標準の電池のみを使用し、新しい電池と使用済みの 電池を混在して使用しないでください。 " 電池が破損したり、液漏れにより火災、けがまたは故障の原 因となることがあります。 バッテリ (および充電式バッテリ) は通常の廃棄物ではなく、 リサイクルするために返送する必要があります。使用済みのバッ テリをリサイクルのために返送する責任はお客様にあります。 " お客様は、使用済みの充電式バッテリを公共のリサイクルセ ンターまたは同じタイプのバッテリおよび充電式バッテリを 販売している店舗に返送することができます。 安全使用上の注意直射日光の当たる場所、炎またはヒーターなどの熱源の近くに 製品を置かないでください。 " 製品の寿命が短くなったり、火災の原因となることがありま す。 製品の上に物を落としたり、製品に衝撃を与えないでくださ い。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 製品の近くで加湿器を使用しないでください。 " 漏電または火災の原因となることがあります。 ガス漏れがあった場合には、製品または電源プラグに触れずに 直ちに換気を行ってください。 " 火花が発生すると、爆発または火災が発生することがありま す。 長時間電源をオンにしていると液晶パネルが高温になりますの で触れないでください。 特に小さなお子様が触れないよう十分ご注意ください。 製品の角度またはスタンドの高さを調整するときには注意して ください。 " 手や指を挟まれると、傷害の原因となることがあります。 " また、製品を傾けすぎると、転倒して傷害の原因となること があります。 製品を子供の手の届く高さに設置しないでください。 " 落下して傷害の原因になる場合があります。 " 製品は前の方が重たくなっているため、水平で安定した面に 設置してください。 製品の上に重い物を載せないでください。 " けがや製品の破損の原因となることがあります。 安全使用上の注意はじめに パッケージ内容 注意 ご使用前に、LCD ディスプレイと共に以下の付属品が揃っているか確認 してください。 不足している品目がある場合には、販売店にお問い合わせください。 オプション品の購入については、お近くの販売店にお問い合わせください。 注意 このスタンドは、床置きタイプではありません。 パッケージの内容の確認 上の図に示すように、パッケージの箱からロックを取り外します。 箱の両側にある穴に手をか けて、箱を持ち上げます。 パッケージの内容を確認し ます。 発布スチロールとビニール 袋を取り外します。 注意 " パッケージを開いたら、内容を確認してください。 " パッケージの箱は、今後製品を運搬するときのために保管しておいてください。 " 開梱したら、パッケージの箱の下部を仮のスタンドとして使用して製品のテストや動作 チェックを行うことができます。同梱物 LCD ディスプレイ マニュアル類 クイック セットアップ ガ イド 保証書 (含まれていない地域もあ ります) ユーザー ガイド MagicInfo ソフトウェア CD, MagicInfo マニュアル CD (EXn モデルのみ) ケーブル 電源コード D‐Sub ケーブル その他 リモートコントロール (BP59‐00138A) バッテリ (AAA X 2) (含まれていない地域もあ ります) HOLDER‐WIRE 2EA (BN61‐05373A) はじめに別売り LAN ケーブル USB ケーブル (EXn モデルのみ) RGB to BNC ケーブル RGB to Component ケーブ ル RGB to AV ケーブル NetWork ボックス (EX モデルのみ) ウォール マウント キット お使いの LCD ディスプレイ 前面 SOURCE ボタン PC モードからビデオモードに切り替えます。外部デバイスが接続されて いる入力信号を選択します。 [PC] → [AV] → [コンポ一ネント] → [HDMI] → [MagicInfo] 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ 有効にすることができます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 はじめに(電源ボタン) このボタンで、LCD ディスプレイの電源のオン/オフを切り替えます。 輝度センサー 周囲の明るさを自動的に検出します。 電源インジケーター 緑色に点滅して PowerSaver モードであることを示します 注意 省電力機能の詳細については、このマニュアルの「PowerSaver」を参照 してください。消費電力を押さえるために、必要ない場合または長時間 LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。 リモートカラーセンサー リモコンを LCD ディスプレイのこの部分に向けます。 背面 注意 ケーブル接続の詳細については、「設定」の「ケーブルの接続」を参照してください。LCD ディスプレイの背面の構成は、モデルによって若干異なる場合があります。 はじめに POWER S/W ON [ │ ] / OFF LCD ディスプレイのオン/オフを切り替えま す。 POWER LCD ディスプレイと壁のコンセントに電源 コードを接続します。 注意 EXn モデルのみ CMOS CLEAR MagicInfo をリセットします。 USB 1 / 2 / 3(USB 接続端子) キーボード/マウス、マス ストレージ機器 対応。 LAN (LAN 接続端子) LAN ケーブルに接続して、MagicInfo モー ドでのインターネットまたはネットワーク アクセスを可能にします。 RGB OUT MagicInfo ビデオ出力ポート RS232C OUT / IN (RS232C シリアル ポ ート) MDC(Multiple Display Control) プログラ ム ポート RJ 45 MDC (MDC PORT) MDC(Multiple Display Control) プログラ ム ポート はじめにHDMI IN " HDMI ケーブルを使用して、LCD ディス プレイ背面の HDMI 端子をお使いのデジ タル出力デバイスの HDMI 端子に接続し ます。 " HDMI 1.0 までをサポートしています。 DVI OUT(LOOPOUT) " モニターを DVI、DVI to HDMI ケーブル を使用して別のモニターに接続します。 " モニターの [DVI OUT(LOOPOUT)] ポート を他のモニターの [HDMI IN] ポートに DVI to HDMI ケーブルを使用して接続し ます。 " [DVI OUT(LOOPOUT)] ポートから送出さ れる HDMI およびネットワーク信号は、 DVI IN ポートを持つセカンド ディスプ レイに表示されます。 注意 DVI ループアウトには最大 6 台のモニターを接続できます。 ただし、接続するケーブルのタイプまたは信号装置に よっては、 フル HD モードでは最大 10 台のモニターを接続できます。 RGB / COMPONENT / AV IN " 製品の [RGB/COMPONENT/AV IN]] ポート と PC の [RGB] ポートを D‐Sub ケー ブルで接続します。 " モニターの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートを外部デバイスの Component ポ ートに RGB to Component ケーブルを使 用して接続します。 " モニターの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートを PC の BNC ポートに BNC to BNC ケーブルを使用して接続します。 " モニターの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートを外部デバイスの AV ポートに RGB to AV ケーブルを使用して接続しま す。 はじめにAUDIO IN モニターの [AUDIO IN] ポートを PC また は外部デバイスの音声出力ポートにオーデ ィオ ケーブルを使用して接続します。 AUDIO OUT ヘッドフォンまたは外部スピーカーを接続 します。 注意 [AUDIO OUT] ポートは 460EX(n) および 550EX(n) モデルでのみサポートされていま す。 Kensington Lock Kensington ロックは、公共の場所で製品を 安全に使用できるようにロックすることが できる盗難防止用の装置です。 固定装置の 形状と使用方法はモデルおよびメーカーに よって異なるため、詳細については固定装 置に付属するユーザー マニュアルを参照し てください。 注意 Kensington ロックを別途購入する必要があ ります。 製品をロックするには以下の手順に 従います。 1. Kensington ロック ケーブルを、デス クや椅子など大きくて動かない物体に かけます。 2. ロックのついたケーブルの端を Kensington ロック ケーブルの端の輪に通 します。 3. ロック装置をモニターの Kensington スロットに挿入します ( )。 4. ロックします ( )。 注意 " これは一般的な説明です。詳細について は、ロック装置に付属するユーザー マ ニュアルを参照してください。 はじめに " 固定装置の購入につきましてはお買い上 げいただいたお店にご確認ください。 注意 ケーブル接続の詳細については、「ケーブルの接続」を参照してください。 リモートコントロール 注意 リモコンの動作は TV またはその他 LCD ディスプレイ付近で動作している電子機器の影響 を受ける場合があり、周波数の干渉によって誤作動することがあります。 POWER OFF ダイヤルパッド DEL / GUIDE ボタン + VOL - SOURCE D.MENU TOOLS 上下左右ボタン INFO COLOR ボタン TTX/MIX MTS/DUAL ENTER/PRE-CH MUTE CH/P TV MENU RETURN EXIT MagicInfo 1. POWER 製品をオンにします。 2. OFF 製品をオフにします。 3. ダイヤルパッド OSD の調整時、または MagicInfo を使用するときにパス ワードを入力するのに使用します。 押してチャンネルを変更します。 はじめに4. DEL / GUIDE ボタ ン 「‐」ボタンはデジタル チャンネルの選択に使用します。 電子番組ガイド (EPG) 表示 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 5. + VOL - 音声の音量を調整します。 6. SOURCE 接続されている外部入力信号または  MagicInfo モードを 選択します。 ボタンを押して、入力信号 SOURCE を切り換えます。 入力信号の変更は、変更時に LCD ディスプレイに接続さ れている外部デバイスについてのみ行うことができます 7. D.MENU DTV メニュー表示 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 8. TOOLS よく使う機能を素早く選択するのに使用します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 9. 上下左右ボタン ひとつのメニューから別のメニューに横方向、縦方向に移 動したり、選択したメニューの値を調整したりします。 10. INFO 画面左上に現在の画像情報が表示されます。 11. 色ボタン 押すとチャンネルを追加または削除し、チャンネルを [チ ャンネル リスト] メニューのお気に入りのチャンネル リ ストに格納します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 12. TTX/MIX TV チャンネルは、テレテキスト経由で文字情報サービスを 提供します。 ‐ テレテキスト ボタン ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 13. MTS/DUAL MTS‐ MTS (マルチチャンネル テレビ ステレオ) モードを選択 できます。 音声タイプ MTS/S_Mode デフォルト FM ステレオ モノラル モノラル 手動変更 ステレオ モノラル !� ステ レオ SAP モノラル SAP モノラル DUAL‐ STEREO/MONO、DUAL l / DUAL ll および MONO/NICAM MONO/ NICAM STEREO は、放送のタイプに応じて TV の視聴中に リモコンの DUAL ボタンで操作することができます。 はじめに‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 14. ENTER/PRE-CH このボタンを使用して、前のチャンネルに直ちに戻りま す。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 15. MUTE 音声の出力を一時的に停止(ミュート)します。これは画 面の左下隅に表示されます。消音モードで MUTE または - VOL + が押されると、音声が再度聞こえるようになりま す。 16. CH/P TV モードで、TV のチャンネルを選択します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 17. TV TV モードを直接選択します。 ‐ この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 18. MENU オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了し たり、調整メニューを閉じたりします。 19. RETURN 前のメニューに戻ります。 20. EXIT メニュー画面を終了します。 21. MagicInfo MagicInfo クイック起動ボタン 注意 MagicInfo をサポートしない製品では、このボタンが無効 になっています。 物理的レイアウト(400EX(n)) 物理的レイアウト はじめにLCD ディスプレイ ヘッド オプションスタンド(別売品) " VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。 " VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文くだ さい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。 " LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。 " SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任を 負うものではありません。 寸法 注意 ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8~ 12 mm のネジだけを使用するようにし てください。 ウォールブラケットの取り付け " ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。 " お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお 客様の傷害について責任を負いかねます。 はじめに " この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製 の壁に取り付けることはできません。 部品 製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。 ウォール ブラケット (1) ヒンジ (左1、右1) プラスチ ック ハ ン ガ ー (4) ネジ (A) (11) ネジ (B) (4) ア ン カ ー (11) ウォール ブラケット アセンブリ 注意 ヒンジは 2個(左用または右用)あります。該当する方を使用してください。 1. 固定ネジを矢印の向きに挿入して固定します。 固定したら、ウォールブラケットを壁に取り付けます。 A ‐ 固定ネジ B ‐ ウォールブラケット C ‐ ヒンジ (左) D ‐ ヒンジ (右) 2. 壁にドリルで穴を開ける前に、製品の背面にある 2 カ所の固定穴が適切な間隔になっ ていることを確認してください。 長さが短い、または長い場合には、ウォールブラケットの 4 本のネジを緩めて調整を 行います。 はじめにA ‐ 2 カ所の固定穴の間隔 3. 取り付け図を見て、壁にドリルで穴を開ける位置に印を付けます。5.0 mm のビットを 使用して、35 mm より深い穴を開けます。 各アンカーを対応する穴に固定します。ブ ラケットとヒンジの穴をそれぞれ該当するアンカー穴に合わせ、挿入して 11 本のネ ジ (A) で固定します。 ウォール ブラケットに製品を取り付けるには 製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで す) 1. 製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。 はじめに2. ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。 注意 " ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく 固定されていることを確認してください。 " 製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ さい。 " ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取 り付け後に製品が動いてしまうことがあります。 3. 手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の 背面の穴に固定します。 4. 安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置し ます。安全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定しま す。 はじめにA ‐ LCD ディスプレイ B ‐ ウォールブラケット C ‐ 壁 ウォール ブラケットの角度調整 壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を ‐2˚ に調整してください。 1. 製品をウォールブラケットに固定します。 2. 製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。 注意 ブラケットの角度は ‐2˚~ 15˚ の範囲で調整できます。 角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を 持ってください。 はじめに物理的レイアウト(460EX(n)) 物理的レイアウト LCD ディスプレイ ヘッド オプションスタンド(別売品) " VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。 " VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文くだ さい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。 " LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。 " SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任を 負うものではありません。 はじめに寸法 注意 ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8~ 12 mm のネジだけを使用するようにし てください。 ウォールブラケットの取り付け " ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。 " お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお 客様の傷害について責任を負いかねます。 " この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製 の壁に取り付けることはできません。 部品 製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。 ウォール ブラケット (1) ヒンジ (左1、右1) プラスチ ック ハ ン ガ ー (4) ネジ (A) (11) ネジ (B) (4) ア ン カ ー (11) ウォール ブラケット アセンブリ 注意 ヒンジは 2個(左用または右用)あります。該当する方を使用してください。 1. 固定ネジを矢印の向きに挿入して固定します。 固定したら、ウォールブラケットを壁に取り付けます。 はじめにA ‐ 固定ネジ B ‐ ウォールブラケット C ‐ ヒンジ (左) D ‐ ヒンジ (右) 2. 壁にドリルで穴を開ける前に、製品の背面にある 2 カ所の固定穴が適切な間隔になっ ていることを確認してください。 長さが短い、または長い場合には、ウォールブラケットの 4 本のネジを緩めて調整を 行います。 A ‐ 2 カ所の固定穴の間隔 3. 取り付け図を見て、壁にドリルで穴を開ける位置に印を付けます。5.0 mm のビットを 使用して、35 mm より深い穴を開けます。 各アンカーを対応する穴に固定します。ブ ラケットとヒンジの穴をそれぞれ該当するアンカー穴に合わせ、挿入して 11 本のネ ジ (A) で固定します。 はじめにウォール ブラケットに製品を取り付けるには 製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで す) 1. 製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。 2. ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。 注意 " ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく 固定されていることを確認してください。 " 製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ さい。 " ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取 り付け後に製品が動いてしまうことがあります。 3. 手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の 背面の穴に固定します。 はじめに4. 安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置し ます。安全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定しま す。 A ‐ LCD ディスプレイ B ‐ ウォールブラケット C ‐ 壁 ウォール ブラケットの角度調整 壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を ‐2˚ に調整してください。 1. 製品をウォールブラケットに固定します。 2. 製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。 注意 ブラケットの角度は ‐2˚~ 15˚ の範囲で調整できます。 はじめに角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を 持ってください。 物理的レイアウト(550EX(n)) 物理的レイアウト LCD ディスプレイ ヘッド オプションスタンド(別売品) " VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。 はじめに " VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文くだ さい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。 " LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。 " SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任を 負うものではありません。 寸法 注意 ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8~ 12 mm のネジだけを使用するようにし てください。 ウォールブラケットの取り付け " ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。 " お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお 客様の傷害について責任を負いかねます。 " この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製 の壁に取り付けることはできません。 部品 製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。 ウォール ブラケット (1) ヒンジ (左1、右1) プラスチ ック ハ ン ガ ー (4) ネジ (A) (11) ネジ (B) (4) ア ン カ ー (11) はじめにウォール ブラケット アセンブリ 注意 ヒンジは 2個(左用または右用)あります。該当する方を使用してください。 1. 固定ネジを矢印の向きに挿入して固定します。 固定したら、ウォールブラケットを壁に取り付けます。 A ‐ 固定ネジ B ‐ ウォールブラケット C ‐ ヒンジ (左) D ‐ ヒンジ (右) 2. 壁にドリルで穴を開ける前に、製品の背面にある 2 カ所の固定穴が適切な間隔になっ ていることを確認してください。 長さが短い、または長い場合には、ウォールブラケットの 4 本のネジを緩めて調整を 行います。 A ‐ 2 カ所の固定穴の間隔 3. 取り付け図を見て、壁にドリルで穴を開ける位置に印を付けます。5.0 mm のビットを 使用して、35 mm より深い穴を開けます。 各アンカーを対応する穴に固定します。ブ はじめにラケットとヒンジの穴をそれぞれ該当するアンカー穴に合わせ、挿入して 11 本のネ ジ (A) で固定します。 ウォール ブラケットに製品を取り付けるには 製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで す) 1. 製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。 2. ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。 注意 " ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく 固定されていることを確認してください。 " 製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ さい。 " ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取 り付け後に製品が動いてしまうことがあります。 3. 手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の 背面の穴に固定します。 はじめに4. 安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置し ます。安全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定しま す。 A ‐ LCD ディスプレイ B ‐ ウォールブラケット C ‐ 壁 ウォール ブラケットの角度調整 壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を ‐2˚ に調整してください。 1. 製品をウォールブラケットに固定します。 2. 製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。 注意 ブラケットの角度は ‐2˚~ 15˚ の範囲で調整できます。 はじめに角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を 持ってください。 はじめに接続 コンピュータの接続 コンピュータをモニターに接続するにはいくつかの方法があります。以 下のオプションから選択してください。 ビデオカードの D‐sub(アナログ)コネクタを使用します。 " D‐sub は、LCD ディスプレイ背面の 15‐pin の [RGB / COMPONENT / AV IN] ポートとコンピュータの 15‐pin D‐sub ポートを接続しま す。 グラフィック カードの HDMI (デジタル) 出力を使用。 " LCD ディスプレイの [HDMI IN] ポートと PC の HDMI ポートを HDMI ケーブルを使用して接続します。注意 HDMI ケーブルを PC に接続するときには、PC または DVI デバイスを選 択する前に 外部入力 と 外部入力名編集 の両方で HDMI を選択してい ることを確認し、通常の PC の画面と音声が出力されるようにします。 音声は、以下のオプション に従って接続したときにのみ利用できま す。 お使いのコンピュータのオーディオ ケーブルを、コンピュータ背面のオ ーディオ ポートに接続します。 LCD ディスプレイの電源コードを LCD ディスプレイ背面の電源ポートに 接続します。電源スイッチをオンにします。 注意 " コンピュータと LCD ディスプレイの電源を入れます。 " オプション品の購入については、SAMSUNG のお近くの販売店にお問い合わせください。 他のデバイスへの接続 注意 " お使いのコンピュータだけでなく、DVD プレイヤー、VCR またはカムコーダーなどの AV 入力機器を LCD ディスプレイに接続することができます。AV 入力デバイスの接続の詳 細については、「LCD ディスプレイの調整」の内容を参照してください。 " LCD ディスプレイの背面の構成は、LCD ディスプレイのモデルによって若干異なる場合 があります。 接続外部モニターの接続 1. LCD モニターの [DVI OUT(LOOPOUT)] ポートと別のモニターの入力ポートを DVI ケー ブルで接続します。 2. LCD モニターの [AUDIO OUT] ポートと別のモニターの音声入力ポートをステレオ ケ ーブルで接続します。 3. LCD ディスプレイ前面またはリモコンの SOURCE ボタンを使用して DVI を選択しま す。 注意 DVI OUT は HDCP をサポートしていません。 RGB to AV ケーブルを使用して接続する 1. モニターの [RGB/COMPONENT/AV IN] ポートに RGB to AV ケーブルを接続します。 接続2. オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] と DVD プレイヤー の AUDIO OUT ジャックの間に接続します。 注意 " DVD プレイヤーへの接続では、LCD ディスプレイ前面またはリモコンにある SOURCE ボ タンを使用して、AV を選択します。 " 次に、DVD ディスクを挿入して DVD プレイヤーをスタートさせます。 " RGB to AV ケーブルはオプションです。 HDMI ケーブルを使用して接続する 1. Blu‐Ray/DVD プレイヤーなどの入力デバイスを HDMI ケーブルを使用して LCD ディ スプレイの [HDMI IN] 端子に接続します。 2. LCD ディスプレイ前面またはリモコンの SOURCE ボタンを使用して HDMI を選択しま す。 注意 HDMI モードでは、PCM フォーマットの音声のみサポートしています。 接続DVI ‐ HDMI ケーブルを使用して接続する 1. デジタル出力デバイスの DVI 出力端子を DVI ‐ HDMI ケーブルを使用して、LCD デ ィスプレイの [HDMI IN] 端子に接続します。 2. RCA ‐ ステレオ (PC 用) ケーブルの赤および白のジャックをデジタル出力デバイス の同じ色の音声出力端子に接続し、反対側のジャックを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] 端子に接続します。 3. LCD ディスプレイ前面またはリモコンの SOURCE ボタンを使用して HDMI を選択しま す。 DVD プレイヤーの接続 1. RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポー トと DVD プレイヤーの PR、Y、PB ジャックを接続します。 接続2. オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] と DVD プレイヤー の AUDIO OUT ジャックの間に接続します。 注意 " DVD プレイヤーへの接続では、LCD ディスプレイ前面またはリモコンにある SOURCE ボ タンを使用して、コンポ一ネント を選択します。 " 次に、DVD ディスクを挿入して DVD プレイヤーをスタートさせます。 " RGB to Component ケーブルはオプションです。 " コンポーネント ビデオについては、お使いの DVD のマニュアルを参照してください。 DTV セット トップ (ケーブル/衛生) ボックスの接続 1. RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB / COMPONENT / AV IN] ポー トとセット トップ ボックスの PR、Y、PB ジャックを接続します。 2. オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AUDIO IN] と DVD プレイヤー の AUDIO OUT ジャックの間に接続します。 注意 " DTV セット トップ ボックスへの接続では、LCD ディスプレイ前面またはリモコンにあ る SOURCE ボタンを使用して、コンポ一ネント を選択します。 " コンポーネント ビデオについては、お使いのセット トップ ボックスのマニュアルを 参照してください。 接続オーディオ システムへの接続 1. オーディオ システムの AUX L、R ジャックと LCD ディスプレイの [AUDIO OUT] をオ ーディオ ケーブルで接続します。 LAN ケーブルの接続 LAN ケーブルを接続します。 注意 EXn モデルのみ 接続USB デバイスの接続 マウスやキーボードなどの USB 機器を接続することができます。 注意 EXn モデルのみ ケーブルの組み立て 注意 ケーブルは、取り回しのときに強く引っ張らないようにします。 製品の接続端子が破損す ることがあります。 接続ソフトウェアの使用 モニター ドライバ 注意 オペレーティング システム が モニタードライバを要求してきたら、この モニターに同梱されている CD-ROM を挿入して下しさい。インストール方法 はオペレーティング システムによって多少異なります。お使いのオペレー ティング システム をご確認のうえ、それぞれのインストール方法に従って ください。 空のディスクを用意して、以下に示すインターネット Web サイトのドライ バ プログラム ファイルをダウンロードします。 インターネット Web サイト: http://www.samsung.com/ モニター ドライバのインストール (自動) 1. ドライバのインストール CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. [Windows] をクリックします。 3. 画面に表示される指示に従って以降のインストール手順を完了させます。 4. モデルの一覧からご使用のモデルを選択します。 5. 適切な解像度と画面のリフレッシュ レートが [コントロール パネル] の設定に表示されているか確認しま す。詳細については、Windows オペレーティング システムについてのマニュアルを参照してください。 注意 このモニター ドライバは Microsoft が承認したもので、インストールしてもシステ ムにダメージを与えることはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 http://www.samsung.com/ モニター ドライバのインストール (手動) Microsoft�ョ Windows Vista、 オペレーティング システム 1. マニュアル CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. [ ] (スタート) をクリックし、["Control Panel" (コントロール パネル)] をクリ ックします。次に、["Appearance and Personalization" (デスクトップのカスタマイ ズ)] をダブルクリックします。 3. ["Personalization" (個人設定)]、続いて ["Display Settings" (画面の設定)] をク リックします。 4. ["Advanced Settings..." (詳細設定...)] をクリックします。 ソフトウェアの使用5. ["Monitor" (モニタ)] タブで ["Properties" (プロパティ)] をクリックします。 ["Properties" (プロパティ)] ボタンが無効になっている場合は、モニターの設定が 完了していないことを示しています。そのままでも、モニターを使用することは可能 です。 下の図に示すように ["Windows needs..." (Windows の設定が必要です...)] というメ ッセージが表示された場合には、["Continue" (続行)] をクリックします。 注意 このモニター ドライバーは MS ロゴの承認を受けており、このドライバのインストー ルによってシステムが破損することはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 6. ["Update Driver..." (ドライバのアップデート...)] タブで ["Driver" (ドライバ)] をクリックします。 7. ["Browse my computer for driver software" (コンピュータを参照してドライバ ソ フトウェアを検索します)] チェックボックスをチェックして、["Let me pick from a list of device drivers on my computer" (コンピュータ上のデバイス ドライバの一 覧から選択します)] をクリックします。 ソフトウェアの使用8. ["Have Disk..." (ディスク使用)] をクリックして、ドライバ セットアップファイル のあるフォルダ (たとえば D:\Drive) を選択し、[OK] をクリックします。 9. 画面上のリストからお使いのモニターモデルに一致するモデルを選択し、["Next" (次 へ)] をクリックします。 10. 続いて表示される画面で、["Close" (閉じる)] → ["Close" (閉じる)] → ["OK" (OK)] → ["OK" (OK)] をクリックします。 ソフトウェアの使用Microsoft�ョ Windows�ョ XP オペレーティング システム 1. CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. ["Start" (スタート)] → ["Control Panel" (コントロール パネル)] をクリック し、["Appearance and Themes" (デスクトップの表示とテーマ)] アイコンをクリック します。 3. ["Display" (画面)] アイコンをクリックして ["Settings" (設定)] タブを選択し、 ["Advanced..." (詳細設定)] をクリックします。 4. ["Monitor" (モニター)] タブで ["Properties" (プロパティ)] ボタンをクリック し、["Driver" (ドライバ)] タブを選択します。 ソフトウェアの使用5. ["Update Driver..." (ドライバの更新...)] をクリックして、["Install from a list or..." (一覧または特定の場所からインストールする)] を選択し、["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 6. ["Don't search, I will..." (検索しないで、インストールするドライバを選択す る)] を選択して [Next (次へ)] をクリックし、["Have disk" (ディスク使用)] をク リックします。 7. ["Browse" (参照)] ボタンをクリックしてから A:(D:\Driver) を選択し、モデル一覧 からお使いのモデルを選択して、["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 8. 以下のメッセージが表示される場合には、[Continue Anyway (続行)] ボタンをクリッ クします。続いて ["OK" (OK)] ボタンをクリックします。 ソフトウェアの使用注意 このモニター ドライバは Microsoft が承認したもので、インストールしてもシステ ムにダメージを与えることはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 http://www.samsung.com/ 9. [Close (閉じる)] ボタンをクリックし、続けて [OK] ボタンをクリックします。 10. モニター ドライバのインストールが完了します。 Microsoft�ョ Windows�ョ 2000 オペレーティング システム モニター上に["Digital Signature Not Found" (デジタル署名が見つかりません)] と表示 された場合は、以下の手順を行います。 1. ["Insert disk" (ディスク挿入)] ウィンドウで ["OK" (OK)] ボタンを選択します。 2. ["File Needed" (必要なファイル)] ウィンドウで ["Browse" (参照)] ボタンをクリ ックします。 3. A:(D:\Driver) を参照してから ["Open" (開く)] ボタンをクリックし、続いて ["OK" (OK)] ボタンをクリックします。 インストール方法 ソフトウェアの使用1. ["Start" (スタート)]、["Setting" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パネ ル)] をクリックします。 2. ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックします。 3. ["Settings" (設定)] タブを選択し、["Advanced" (詳細設定)] ボタンをクリックし ます。 4. ["Monitor" (モニタ)] を選択します。 ケース 1:["Properties" (プロパティ)] ボタンが有効でない場合には、モニターが適 切に設定されていることを意味します。インストールを中止してください。 ケース 2:[Properties (プロパティ)] ボタンが有効になっている場合には、[Properties (プロパティ)] ボタンをクリックして次の手順に進みます。 5. ["Driver" (ドライバ)] をクリックし、続いて ["Update Driver..." (ドライバの更 新...)] をクリックして ["Next" (次へ)] をクリックします。 6. ["Display a list of the known drivers for this device so that I can choose a specific driver" (このデバイスの既知のドライバを表示して、その一覧から選択す る)] を選択して ["Next" (次へ)] をクリックし、["Have disk" (ディスク使用)] を クリックします。 7. ["Browse" (参照)] ボタンをクリックして A:(D:\Driver) を選択します。 8. ["Open" (開く)] ボタンをクリックし、続けて ["OK" (OK)] ボタンをクリックしま す。 9. お使いのモニターのモデルを選択して、[Next (次へ)] ボタンをクリックします。続 いて [Next (次へ)] ボタンをクリックします。 10. ["Finish" (完了)] ボタンをクリックし、続いて ["Close" (閉じる)] ボタンをクリ ックします。 ["Digital Signature Not Found" (デジタル署名が見つかりません)] というウィンド ウが表示された場合には、["Yes" (はい)] ボタンをクリックします。[Finish (完 了)] ボタンをクリックし、続いて [Close (閉じる)] ボタンをクリックします。 Microsoft�ョ Windows�ョ Millennium オペレーティング システム 1. ["Start" (スタート)]、["Setting" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パネ ル)] をクリックします。 2. ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックします。 3. ["Settings" (設定)] タブを選択し、["Advanced" (詳細設定)] ボタンをクリックし ます。 4. ["Monitor" (モニタ)] タブを選択します。 5. ["Monitor Type" (モニタ タイプ)] 領域で、["Change" (変更)] ボタンをクリックし ます 6. ["Specify the location of the driver" (ドライバの場所を指定)] を選択します。 7. ["Display a list of all the driver in a specific location..." (特定の場所にあ るすべてのドライバ一覧を表示し、インストールドライバを選択する)] を選択し、 ["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 8. ["Have Disk" (ディスク使用)] ボタンをクリックします。 ソフトウェアの使用9. A:\ (D:\driver) を指定して、["OK" (OK)] ボタンをクリックします。 10. ["Show all devices" (すべてのデバイスを表示)] を選択し、コンピュータに接続さ れているものに対応するモニターを選択して、["OK" (OK)] をクリックします。 11. [画面のプロパティ] ダイアログボックスが閉じるまで、["Close" (閉じる)] ボタン をクリックしてから ["OK" (OK)] ボタンをクリックする操作を繰り返します。 Microsoft�ョ Windows�ョ NT オペレーティング システム 1. ["Start" (スタート)]、["Settings" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パ ネル)] をクリックし、続いて ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックしま す。 2. [登録情報の表示] ウィンドウで、[設定] タブをクリックしてから ["All Display Modes" (すべての表示モード)] をクリックします。 3. 使用したいモード (解像度、色数および垂直周波数) を選択し、OK をクリックしま す。 4. ["Apply" (適用)] ボタンをクリックし、["Test" (テスト)] をクリックして画面が正 常に表示されるか確認します。画面が正常に表示されない場合には、別のモード (解 像度、色数または周波数がより低いモード) に変更します。 注意 [すべての表示モード] にモードが表示されない場合には、ユーザー ガイドのプリセット タイミング モードを参照して、解像度と 垂直周波数 を選択します。 Linux オペレーティング システム X-Window を実行するには、システム設定ファイルの一種である X86Config ファイルを作 成する必要があります。 1. X86Config ファイルを実行した後に表示される最初と 2 番目の画面で ["Enter"] を 押します。 2. 3 番目の画面はマウスの設定用です。 3. コンピュータのマウスを設定します。 4. 次の画面はキーボードの選択用です。 5. お使いのコンピュータのキーボードを設定します。 6. 次の画面はモニターの設定用です。 7. まず、モニターの水平周波数を設定します。(周波数は直接入力することができます) 8. モニターの 垂直周波数 を設定します。(周波数は直接入力することができます) 9. モニターのモデル名を入力します。この情報は、実際の X-Window の実行には影響を 与えません。 10. これでモニターの設定は完了です。その他の必要なハードウェアを設定してから、XWindow を実行します。 ソフトウェアの使用MDC インストール方法 1. CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. MDC System のインストール プログラムをクリックします。 注意 ソフトウェアのインストール画面が表示されない場合には、CD-ROM の MDC フォルダ にある MDC System 実行ファイルを使用してインストールします。 3. インストール ウィザードの画面が表示されたら、[次へ] をクリックします。 4. 「License Agreement」画面が表示されます。 Yes をクリックします。 5. 「Customer Information」ウィンドウが表示されます。ユーザー情報を登録して [Yes] をクリックします。 6. 「Choose Destination Location」ウィンドウが表示されます。インストールするファ イルの場所を指定して [Next] をクリックします。 注意 ファイルの場所を指定しない場合には、プログラムはデフォルトの場所にインストー ルされます。 7. 「Start Copying Files」ウィンドウが表示されます。ファイルの場所を確認して [Next] をクリックします。 8. インストールの進行状況を示す画面が表示されます。 9. 「InstallShield Wizard Complete」画面が表示されます。 Finish をクリックします。 注意 [Launch MDC System]を選択し、[Finish] をクリックします。MDC プログラムが直ち に実行されます。 ソフトウェアの使用10. インストールが正常に完了したら、MDC System を素早く実行できるアイコンがデスク トップに表示されます。 MDC 実行アイコンは、コンピュータ システムまたはモニターの仕様によっては 表示されない場合があります。表示されない場合には、F5 キーを押してくださ い。 インストール時のトラブル MDC のインストールは、ビデオ カード、マザーボードおよびネットワーク環境の影響を受 けます。 アンインストール MDC プログラムは、Windows�ョコントロールパネルの ["Add or Remove Programs" (プログ ラムの追加と削除)] オプションでのみ削除することができます。 MDC を削除するには、以下の手順に従います。 ["Start" (スタート)] メニューの ["Setting/Control Panel" (設定/コントロール パネ ル)] を選択し、["Add/Delete a program" (プログラムの追加と削除)] をダブルクリック します。 リストから MDC System を選択し、["Add/Delete" (変更と削除)] ボタンをクリックしま す。 Serial MDC の使用 Ethernet MDC の使用 ソフトウェアの使用準備 マルチディスプレイコントロール(MDC)は、様々な表示をPC上で容易にしかも一度に作動させることができるアプリケーションで す。シリアル通信の規格 RS-232Cは、PCとディスプレイ間の通信のために使用されます。そのために、シリアルケーブルが、PC 上のシリアルポートとディスプレイにあるシリアルポート間を接続する必要があります。 メイン画面 スタート > プログラム > マルチディスプレイコントロールの順にクリックし、プログラムをスタートさせます。 セットを選択して、スライダ内で選択されたセットのボリュームを見ます。 S e r i a l MDC メインアイコン All Remote Control 選択ボタン Safety Lock Refresh Port Selection ディスプレイ選択 Lamp Control 情報グリッド Option... コントロールツール ドロップダウン セレクタ OSD Display 1. メインアイコンを使用して、それぞれの画面に切り換えます。 2. 表示装置の機能を受信するリモートコントロール信号を有効または無効にすることができます。 3. ロック機能の設定。 ロック機能を設定しているときには、リモコンと本体の電源およびロック ボタンのみが使用できます。 4. PCのシリアルポート設定を変更できます。既定値はCOM1です。 5. Lamp 調整モードを選択します。 6. LFD ID の数と検索を繰り返す間隔を調整します。 7. 表示する LFD ID の範囲を決定します。Select または Clear ボタンを使用して表示する ID を選択または選択解除できます。 8. すべてのモニターを選択または選択解除できます。 9. 7 および 8 を設定して、表示される LFD ID を選択 (Select) または選択解除 (Clear) します。 10. モニターを検索します。Max LFD Id フィールドに最大数が表示されます。 11. ディスプレイ選択からディスプレイを選択します。 12. グリッドを使用して、選択したディスプレイの簡単な情報を表示します。 13. コントロールツールを使用して、表示を調整します。 14. OSD 機能の On/Off を切り替えます。 - 製品によってはサポートされない場合があります。 <注意> リモートコントロールの有効/無効機能は、電源がOnであるかOffであるかを操作します。これは、MDCに接続され た表示にあるすべてに適用されます。但し、ステータスに関係なく、MDCがシャットダウンしている時は、すべての 表示機能を受信するリモートコントロール信号が、MDCが閉じている時に有効となるように初期化されています。 ポートの設定1. マルチプルディスプレイコントロールはデフォルトでCOM1に設定されています。 2. COM1以外のポートが使用されている場合、ポート選択メニューでCOM1からCOM4が設定可能です。 3. シリアルケーブルを使用してモニターに接続されている正確なポート名が選択されていない場合、通信できません。 4. 選択したポートがプログラムに保存され、次のプログラムでも使用されます。 System 1. メイン メニューで System をクリックして、システム調整画面を開きます。 Info Gridが、Systemに必要な基本情報を表示します。 1) 電源のステータス 2) 入力ソース 3) イメージのサイズ 4) On Timer 5) Off Timer 2. Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 電源調節により、選択された表示のある機能を調節することができます。 1) Power (電源) On/Off - 選択された表示の電源をOn/Offに切り替えます。 2) ボリュームの調節 (サウンドモデルのみ) - 選択された表示のボリュームレベルを調節します。選択された表示のボリュームレベルをセットから受信して、スライダに表 示します。(1 台またはすべてのディスプレイの選択を解除した場合には、デフォルト値の 10 に戻ります。) 3) Mute(ミュート)のOn/Off (サウンドモデルのみ) - 選択された表示のミュートをOn/Offに切り替えます。選択されたセットが、すでにMUTEに設定されているならば、あるとき 一つのセットを選択する場合に、 MUTEディスプレイに印をつける必要があります。(選択を取り消す、または、すべて選択 を選択すると、その値は、デフォルト値に戻ります。) Volume機能とMute機能は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 3. OSD Display メニューを使用してメニュー画面を表示するか否かを選択します。 1) Source OSD - 入力信号の OSD を表示して Source が変更されたときに表示するか否かを設定します。 2) Not Optimum Mode OSD - 現在のモードがサポートされているかどうかを示すために、最適なモードの OSD を表示するか否かを設定します。 3) No Signal OSD - 信号なし OSD を表示して入力信号がないことを示すか否かを設定します。 4) MDC OSD - MDC を使用して設定が変更されたことを示すのに、MDC OSD を表示するか否かを設定します。 入力ソースの調節 1. メインアイコンの入力ソースをクリックすると、入力ソース調節画面が表示されます。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 • TV モード • PC モード Info Gridが、入力ソースの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PC - 選択された表示の入力ソースをPCに切り替えます。 2) BNC - 選択された表示の入力ソースをBNCに切り替えます。 3) DVI - 選択された表示の入力ソースをDVIに切り替えます。 4) TV - 選択された表示の入力ソースをTVに切り替えます。 5) DTV - 選択された表示の入力ソースをDTVに切り替えます。 6) AV - 選択された表示の入力ソースをAVに切り替えます。 7) S-Video - 選択された表示の入力ソースをS-Videoに切り替えます。 8) コンポーネント - 選択された表示の入力ソースをコンポーネントに切り替えます。 9) MagicInfo - MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 10) HDMI1/HDMI2 - 選択された表示の入力ソースをHDMIに切り替えます。 11) DP - 選択した Display の入力信号を DP に切り替えます。 12) Channel - Input Source(入力信号)がTVのとき、チャンネルの矢印が表示されます。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 TV信号はTV機能のある製品でのみ選択でき、チャンネルの制御は入力信号がTVのときにのみ行えます。 入力ソースの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 イメージサイズの調節 PC, BNC, DVI, DP 1. メインアイコンのイメージサイズをクリックすると、イメージサイズ調節画面が表示されます。 Info Gridが、イメージサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) Power(電源) - 現在の表示の電源ステータスを調節します。 2) Image Size(イメージのサイズ) - 使用している表示の現在のイメージサイズを示します。 3) Input Source(入力ソース) - 情報グリッドは、入力信号が PC、BNC、DVI および DP のときにのみ表示されます。 4) PC Source - イメージサイズをクリックすると、PC、BNC、DVI および DP タブが最初に表示されます。 - Image Size 制御ボタンは、PC、BNC、DVI および DP で使用できる Image Size を制御します。5) Video Source - Image Size 調整ボタンを使用して、画像サイズを PC、BNC、DVI および DP で使用できる値に調整することができます。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 イメージサイズの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 イメージサイズの調節 TV, AV, S-Video, コンポーネント, DVI(HDCP), HDMI1, HDMI2, DTV 1. メインアイコンのイメージサイズをクリックすると、イメージサイズ調節画面が表示されます。 Info Gridが、時間の調節に必要な基本情報を表示します。 1) TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 または DTV モードで Image Size を調整するには、Video Source タブをク リックします。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 2) Info Gridは、入力ソースがTV, AV、S-Video、コンポーネント, HDMI1, HDMI2, DTVを入力ソースとして持っている表示だけを 示します。 3) 選択された表示のイメージサイズをランダムに切り替えます。 4) 画面モードはTV (PAL のみ) が接続されていて、Image Size (画像サイズ) 項目が Auto Wide (オートワイド) に設定されて いるときにのみ調整できます。 (Auto Wide モードは、TV、AV、および S-Video でのみ使用できます。) 製品によっては HDMI2 はサポートされていません。 Custom は製品によってはサポートされない場合があります。 Auto Wide(オートワイド)、Zoom1(ズーム1)およびZoom2(ズーム2)は、コンポーネントとDVI(HDCP)の入力信号タイ プが720pまたは1080iのときにのみ選択できます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 イメージサイズの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 時間の調節 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調節画面が表示されます。 Info Gridが、イメージサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) Set clock - 選択された表示のために現在の時間を設定します。(PC Time) - 現在の時間を変更するには、最初にPCの時間を変更します。 2) Timer - Timer1、Timer2、Timer3 および Holiday Management を設定します。 3) Timer が有効になっているかどうかを表示します。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 タイムコントロールは、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 On Time Setup(オン時間設定)、TV Source(TV信号)機能はTVモデルのみで使用できます。 On Time Setup(オン時間設定)、MagicInfo Source(MagicInfo信号)機能はMagicInfoモデルのみで使用できます。 Time Timer と Holiday Management を設定します。 1. 1. Timer1、Timer2 および Timer3 の設定 1) On Time - 選択したモニターをオンにする時刻を時、分、および AM/PM で設定します。 2) Off Time - 選択したモニターをオフにする時刻を時、分、および AM/PM で設定します。 3) Volume - 選択したモニターがオンになったときの音量を選択します。 4) Source - 選択したモニターを音にしたときの外部入力信号を選択します。 5) Holiday - Holiday Management 機能を Timer に適用します。 6) Repeat - Once、EveryDay、Mon~Fri、Mon~Sat、Sat~Sun、および Manual のいずれかを選択できます。 z Once:Timer は 1 回だけ動作します。 z EveryDay:Timer 毎日繰り返します。 z Mon~Fri:Timer は月曜から金曜まで繰り返します。 z Mon~Sat:Timer は月曜から土曜まで繰り返します。 z Sat~Sun:Timer タイマーは土曜と日曜に動作します。 z Manual:タイマーを動作させる曜日を選択します。 2. Holiday Management の設定 Holiday Management 機能は、Timer でモニターをオンまたはオフにする日を指定します。 1) 日付を指定します。 2) Delete All - すべての休日を削除します。 3) Add - 指定した日付を追加します。 4) - 選択した行のスケジュールを削除します。 Holiday Management 機能は、Timer 設定メニューでオン/オフを切り替える事ができます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 タイムコントロールは、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 On Time モードで Source が TV に設定されているときに TV についてのみ有効になります。 On Time モードで Source が MagicInfo に設定されているときに、MagicInfo がインストールされているモデルでのみ 有効になります。 PIPPIP サイズ 1. メインアイコンのPIPをクリックすると、PIPの調節画面が表示されます。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 Info Gridが、PIPサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PIP Size(PIP サイズ) - 使用している表示の現在のPIPサイズを示します。 2) OFF - 選択された表示のPIPをOffにします。 3) Large - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズをLargeに変更します。 4) Small - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズをSmallに変更します。 5) Double1 - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 1変更します。 6) Double2 - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 2変更します。 7) Double3 (Picture By Picture) - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 3変更します。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 選択された表示の電源をOn/Offに切り替えます。 PIP PIP ソース 1. メインアイコンのPIPをクリックすると、PIPの調節画面が表示されます。 Info Gridが、PIPソースの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PIP Source - PIP サイズは、モニターの電源をOnにして調節することができます。 2) PC - 選択された表示のPIPソースをPCに切り替えます。 3) BNC - 選択された表示のPIPソースをBNCに切り替えます。 4) DVI - 選択された表示のPIPソースをDVIに切り替えます。 5) TV - 選択された表示のPIPソースをTVに切り替えます。 6) DTV - 選択された表示のPIPソースをDTVに切り替えます。 7) AV - 選択された表示のPIPソースをAVに切り替えます。 8) S-Video - 選択された表示のPIPソースをS-Videoに切り替えます。 9) コンポーネント - 選択された表示のPIPソースをコンポーネントに切り替えます。 10) HDMI1 / HDMI2 - 選択された表示のPIPソースをHDMIに切り替えます。 11) DP - 選択したディスプレイの PIP 入力信号を DP に切り替えます。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 主画面の外部入力信号タイプによって、同時画面外部入力が選択できないことがあります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 同時画面コントロール機能は、電源ステータスおよび同時画面機能がオンのディスプレイで利用可能です。 設定の調整 ピクチャー 1. メインアイコンの時間をクリックすると、設定の調整画面が表示されます。Picture を調整するのに必要な基本情報がメインメニューに表示されます。接続したモニターの 1 台を選択するとそのモニタ ーの設定が表示され、All および Select をクリックしてすべてのモニターを選択するとデフォルト設定が表示されます。この画 面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) Picture(ピクチャー) - AV, S-Video, コンポーネント, HDMI1, HDMI2, DVIにのみ有効となります。 2) Contrast(コントラスト) - 選択された表示のコントラストを調整します。 3) Brightness(明るさ) - 選択された表示の明るさを調整します。 4) Sharpness(鮮明さ) - 選択された表示の鮮明さを調整します。 5) Color(色) - 選択された表示の色を調整します。 6) Tint(濃淡) - 選択された表示の濃淡を調整します。 7) Color Tone(色温度) - 選択したディスプレイの Color Tone を調整します。 8) Color Temp - 選択されたディスプレイのColor Tempを調整します。 9) Brightness Sensor - 選択されたディスプレイのBrightness Sensorを調整します。 10) Dynamic Contrast - 選択されたディスプレイのDynamic Contrastを調整します。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 Brightness Sensor は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 色温度 がオフに設定されている場合にのみ有効になります。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整 ピクチャーPC 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。 調整の必要な基本情報が表示されます。ディスプレイの ID を選択すると対応する SET の設定がインポートされてスライダ に表示され、All および Select をクリックしてすべてのディスプレイ ID を選択するとデフォルト設定が表示されます。この画 面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) ピクチャーPC - PC、BNC、DVI および DP でのみ使用できます。 2) Contrast(コントラスト) - 選択された表示のコントラストを調整します。 3) Brightness(明るさ) - 選択された表示の明るさを調整します。 4) Red - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Red) 5) Green - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Green) 6) Blue - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Blue) 7) Color Tone - 選択したディスプレイの Color Tone を調整します。 8) Color Temp - 選択されたディスプレイのColor Tempを調整します。 9) Brightness Sensor - 選択されたディスプレイのBrightness Sensorを調整します。 10) Dynamic Contrast - 選択されたディスプレイのDynamic Contrastを調整します。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 Brightness Sensor は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 色温度 がオフに設定されている場合にのみ有効になります。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整オーディオ(Audio) 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。 Audio を調整するのに必要な基本情報ディスプレイ ウィンドウに表示されます。ディスプレイの ID を選択すると対応する SET の設定がインポートされてスライダに表示され、All および Select をクリックしてすべてのディスプレイ ID を選択するとデフォ ルト設定が表示されます。この画面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) Audio(オーディオ) - すべての入力ソースのために、オーディオ設定をコントロールします。 2) Bass(低音) - 選択された表示の低音を調整します。 3) Treble(高音) - 選択された表示の高音を調整します。 4) Balance(バランス) - 選択された表示のバランスを調整します。 5) SRS TS XT - 選択された表示のSRS TS XTサウンドのOn/Off。 6) 音の選択 - PIP がオンの場合、メインまたはサブのどちらかを選択することができます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整 イメージロック 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。Info Gridが、時間の調整に必要な基本情報を表示します。 1) イメージロック - PC, BNCにのみ有効。 2) Coarse(粗調整) - 選択された表示の粗調整を調整します。 3) Fine(微調整) - 選択された表示の微調整を調整します。 4) Position(場所) - 選択された表示の場所を調整します。 5) Auto Adjustment(Auto (オート)調整) - 入ってくるPC信号に対して自動調整する。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 設定の調整は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 メンテナンス ランプコントロール 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。数種の基本データ項目を示す“インフォグリッド”が表示されます。 1) Maintenance(メンテナンス) - すべての外部入力に対してメンテナンスコントロール機能を許可します。 2) Lamp Control(ランプコントロール) - 選択したディスプレイのバックライトを一定時間自動的に調整します。 Auto Lamp Control を使用して調整すると、Manual Lamp Control が自動的にオフになります。 - 選択したディスプレイのバックライトを、時間に関わらず調整できるようにします。 Manual Lamp Control を使用して調整すると、Auto Lamp Control が自動的にオフになります。 3) Ambient Light - 指定したモニター周辺の光の強さを検出して、画像の明るさを自動的に調整します。 - Reference 値を指定して、周囲の光の強さに基づいて Lamp Value (ランプからの光の強度) を自動的に決定するモニター を指定できます。 Ambient Light は輝度センサーのあるモデルでのみサポートされ、Lamp Control メニューでAmbient Brightness Mode が選択されているときにのみ有効になります。 Auto Lamp Control および Manual Lamp Control は、Lamp Control メニューで User Control Mode が選択され ているときにのみ有効になります。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンス Scroll 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。1) Scroll - この機能は、選択されたディスプレイ上に長時間静止画が表示されたときに発生する残像を除去するのに使用します。 2) Pixel Shift - これによって、画面の位置を指定した時間間隔で細かく動かすことができます。 3) Safety Screen - Safety Screen (安全画面) 機能は、静止画がモニター上に長時間表示されたときに発生する残像を防止するのに使用 します。 Interval (間隔) 項目は繰り返しのサイクルを時間単位で指定するのに使用し、Time (時刻) 項目は Safety Screen (安全画面) 機能を実行する時刻を設定するのに使用します。 Type (タイプ) 項目は、Scroll (スクロール)、Pixel (ピクセル)、Bar (バー)、Eraser (消去)、All White (オールホワイト)、 または Pattern (パターン) のいずれかに設定できます。 4) Safety Screen2 - この機能は、残像の発生を防止するのに使用します。5 種類のタイプから選択して、この機能を制御することができます。 Scroll (スクロール) タイプの場合は、Time (時刻) 項目は 1、2、3、4 または 5 に設定できます。Bar (バー) および Eraser (消去) タイプの場合は、10、20、30、40 または 50 に設定できます。All White (オールホワイト) および Pattern (パターン) タイプの場合は、1、5、10、20 または 30 に設定できます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 メンテナンス Video Wall 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。1) Video Wall - Video Wall は、各スクリーンが画面全体の一部になるように表示したり、同じ画像を各スクリーンに繰り返し表示できるよ うに接続されたビデオスクリーンのセットです。 2) Video Wall Control - Video Wall プロパティを設定できます。 1) On / Off - 選択したディスプレイのビデオウォール機能のオン/オフを切り替えます。 2) Format - 分割したスクリーンを表示するフォーマットを選択できます。 z Full z Natural 3) Screen Divider - スクリーンは分割できます。 多数のスクリーンを異なるレイアウトや分割方法にすることができます。 z [Screen divider]からモードを選択します。 z [Display Selection]からディスプレイを選択します。 z 選択したモードの数字をオスと、配置が設定されます。 z 配置できるモニターの最大数: Horizontal X Vertical = 100 z 最大 15 台のモニターを 1 列に配置できます。Vertical を 15 に設定した場合の Horizontal の最大値は 6、Horizontal を 15 に設定した場合の Vertical の最大値は6 です。 4) 画面分割の表示 - Screen Divider 設定を使用して、画面のレイアウトを表示および変更できます。 Screen Divider 設定の範囲は、モデルによって異なります。 MagicInfo ではこの機能は動作しない場合があります。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 トラブルシューティング 1. コントロールしたい表示が、System Info Gridに示されません。 - RS232Cの接続を確認してください。(Com1 ポートに正しく接続されているか確認します。) - 他の表示の何れかが同じIDを持っているかどうか見るために表示を確認します。1つ以上の表示が同じIDを持っている場 合、データの衝突によりプログラムが、正しくそれらの表示を検出しません。 - 0~99 の設定 ID をサポートしているモニターについては、設定 ID を 0~99 の範囲の値に設定する必要があります。 <注意> モニターの 設定 ID が 0~99 の範囲の値であることを確認します (値はディスプレイ メニューを使用して設定します)。 2. コントロールしたい表示が、他のControl Info Gridsに示されません。 - 電源コードがしっかりと接続されているか確認してください。(System Info Gridの中でこれを確認します。) - 表示の入力ソースを変更できるか確認してください。 3. ダイアログボックスが、繰り返し表示されます。 - 調節したい表示が、選択されているかどうか確認します。 4. On Timer と Off Timerの両方が送られても異なる時間が表示されている。 - 現在の時間を調整して、表示時計を同期化します。 5. リモート機能をオフにして、RS-232Cケーブルの接続を切り、不定期にプログラムを終了すると、リモートは、正しく機能しない ことがあります。プログラムを再起動し、通常の機能を元に戻すために、リモート機能を再び実行します。 <注意> このプログラムは、通信回路の問題、または電子機器からの障害が生じた場合、うまく機能しない場合があります。 マルチディスプレイモードにおける設定画面を表示する 接続している画面が一つ以上ある場合、設定値は、以下のように表示されます。 1. 選択なし:工場出荷時の値を表示する。 2. 選択された一つの表示:選択された表示のために設定値を持ってきて表示する。 3. 選択された一つの画面 (ID1) と追加された他の画面 (ID3):ID 1の設定値を表示していたプログラムが、ID3の値を持ってき て表示します。 4. All および Select をクリックしてすべての設定を同時に選択すると、デフォルト値に戻ります。準準 シシシシ デ デー 通通の仕様 RS-232C 使使すす従従の方方とと異なな、イ イイイイ ー 機機が追追さささささす。 IP シアアアを入入しさ、1 台台の表表デデイアと PC を接続しさす。さささ表表デデイアを接続すすさと、RS-232C シ シシシ ケ ケシ ー を使使しさす。上の図を参照しさししささ。 メイメ画面 Start > Program > Samsung > MDC System シアシシをクシイクしさププププシを開開しさす。 セイイを選択しさ、アプイス内で選択さささセイイのボシボ シー を見さす。 Ehternet MDC メイメシイメメ Lamp Control Add a Device デデアプアイ選択 Remote Control All Safety Lock メメイプ シコ シ ー ー Fault Device Alert OSD Display 1. メイメシイメメを使使しさ、そさそさの画面さ切ながえさす。 2. モモデーさ設設さささ IP シアアアを入入すすとデデイアを追追ででさす。 3. 表表装置の機機を受通すすシモ イメメイプ シ ー ー 通号を有効ささと無効さすすにとがででさす。 4. プイク機機の設設。 5. モモデーさ接続ででなさ場場さと、電電メ シー で結結を転送すす機機がオメささとオオさななさす。 6. Lamp 調調モ アー を選択しさす。 7. デデアプアイ選択かさデデアプアイを選択しさす。 8. すすさのモモデーを選択ささと選択解解ででさす。 9. メメイプ シコ シ ー ー を使使しさ、表表を調調しさす。 10. OSD 機機の On/Off を切な替えさす。 - 製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 <注注> シモ イメメイプ シ ー ー の有効/無効機機と、電電がOnでがすかOffでがすかを操操しさす。にさと、MDCさ 接続さささ表表さがすすすささ適使さささす。但し、アシ デア ー さ関係なし、MDCがシシイイスシメしさ さす時と、すすさの表表機機を受通すすシモ イメメイプ シ ー ー 通号が、MDCが閉じささす時さ有効となす によさ初初初さささささす。 Add a Device 1. IP Adress -> ADD -> OK System 1. メイメ メモボーで System をクシイクしさ、シアシシ調調画面を開でさす。 Info Gridが、電電の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) 電電のアシ デア ー 2) Input 3) Image Size 4) On Timer 5) Off Timer 2. Select ボデメささとチチイクボイクアを使使しさ調調しささデデアプアイを選択しさす。 電電調調さにな、選択さささ表表のがす機機を調調すすにとがででさす。 1) Power (電電) On/Off - 選択さささ表表の電電をOn/Offさ切な替えさす。 2) ボシボ シー の調調 (イシメアモデシのの) - 選択さささ表表のボシボ シアボシ ー を調調しさす。選択さささ表表のボシボ シアボシ ー をセイイかさ受通しさ、ア プイスさ表表しさす。(1 台ささとすすさのデデアプアイの選択を解解しさ場場さと、デオデシイ値の 10 さ戻な さす。) 3) Mute(ミボ イー )のOn/Off (イシメアモデシのの) - 選択さささ表表のミボ イー をOn/Offさ切な替えさす。選択さささセイイが、すでさMUTEさ設設ささささすなさ ば、がすとで一つのセイイを選択すす場場さ、 MUTEデデアプアイさ印をつをす必必ががなさす。(選択を取な 消す、ささと、すすさ選択を選択すすと、その値と、デオデシイ値さ戻なさす。) Volume機機とMute機機と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 3. OSD Display メモボーを使使しさメモボー画面を表表すすか否かを選択しさす。 1) Source OSD - 入入通号の OSD を表表しさ Source が変更さささとでさ表表すすか否かを設設しさす。 2) Not Optimum Mode OSD - 現現のモ アー がイサ イー ささささすかさよかを表すさすさ、最適なモ アー の OSD を表表すすか否かを設設しさ す。 3) No Signal OSD - 通号なし OSD を表表しさ入入通号がなさにとを表すか否かを設設しさす。 4) MDC OSD - MDC を使使しさ設設が変更さささにとを表すのさ、MDC OSD を表表すすか否かを設設しさす。 Network 1) 追追すすデデイアを Select All ささと Clear All しさす。ささと選択しさデデイアを Refresh ささと Delete しさす。 2) 接続しさモモデーの IP Address、ID (イ イイイイ ー ささとシシシシ)、Mac Address おにお接続続態が表表さささす。 3) 自自自さ DHCP IP が設設ささささすかさよかを確確し、IP シアアアを設設すすにとがででさす。 4) 選択しさモモデーの IP Address、Subnet おにお Gateway を自自ささと手自で設設しさ適使すすにとがででさす。 入入ソ アー の調調 1. メイメシイメメの入入ソ アー をクシイクすすと、入入ソ アー 調調画面が表表さささす。 Select ボデメささとチチイクボイクアを使使しさ調調しささデデアプアイを選択しさす。 • TV モ アー• PC モ アー Info Gridが、入入ソ アー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) PC - 選択さささ表表の入入ソ アー をPCさ切な替えさす。 2) BNC - 選択さささ表表の入入ソ アー をBNCさ切な替えさす。 3) DVI - 選択さささ表表の入入ソ アー をDVIさ切な替えさす。 4) TV - 選択さささ表表の入入ソ アー をTVさ切な替えさす。 5) DTV - 選択さささ表表の入入ソ アー をDTVさ切な替えさす。 6) AV - 選択さささ表表の入入ソ アー をAVさ切な替えさす。 7) S-Video - 選択さささ表表の入入ソ アー をS-Videoさ切な替えさす。 8) メメサ イメイ ー - 選択さささ表表の入入ソ アー をメメサ イメイ ー さ切な替えさす。 9) MagicInfo - MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 10) HDMI1/HDMI2 - 選択さささ表表の入入ソ アー をHDMIさ切な替えさす。 11) DP - 選択しさ Display の入入通号を DP さ切な替えさす。 12) Channel - Input Source(入入通号)がTVのとで、チシメイシの矢印が表表さささす。 HDMI2 と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 DP と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 TV通号とTV機機のがす製製でのの選択でで、チシメイシの制制と入入通号がTVのとでさのの行えさす。 入入ソ アー の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 イメ イイイイ ー の調調 PC, BNC, DVI, DP 1. メイメシイメメのイメ イイイイ ー をクシイクすすと、イメ イイイイ ー 調調画面が表表さささす。 Info Gridが、イメ イイイイ ー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) Power(電電) - 現現の表表の電電アシ デア ー を調調しさす。 2) Image Size(イメ イー のイイイ) - 使使しささす表表の現現のイメ イイイイ ー を表しさす。 3) Input - 基基プシイアと、入入通号が PC、BNC、DVI おにお DP のとでさのの表表さささす。 4) PC Source - イメ イイイイ ー をクシイクすすと、PC、BNC、DVIデケが最初さ表表さささす。 - Image Size 制制ボデメと、PC、BNC、DVI おにお DP で使使でです Image Size を制制しさす。 5) Video Source - AV、S-Videoとメメサ イメイデケ ー をクシイクしさ、そさそさの入入ソ アー のイメ イイイイ ー を調調しさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 イメ イイイイ ー の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。製製さににさと DP とイサ イー さささささささ。 イメ イイイイ ー の調調 TV, AV, S-Video, Component, DVI(HDCP), HDMI1, HDMI2, DTV 1. メイメシイメメのイメ イイイイ ー をクシイクすすと、イメ イイイイ ー 調調画面が表表さささす。 Info Gridが、時時の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 ささと DTV モ アー で Image Size を調調すすさと、Video Source デケをクシイクしさす。選択ボデメを使使すすかチチイクボイクアをチチイクしさ、調調すすデデアプシを選択しさ す。 2) 基基プシイアと、入入通号としさ TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 ささと DTV ががすデデアプアイ ののを表表しさす。 3) 選択さささ表表のイメ イイイイ ー をプメスシさ切な替えさす。 4) 画面モ アー とTV (PAL のの) が接続さささささ、Image Size (画像イイイ) 項台が Auto Wide (オ イオイア ー ) さ設設さ さささすとでさのの調調ででさす。 Custom と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 Auto Wide(オ イオイア ー )、Zoom1(イ シー 1)おにおZoom2(イ シー 2)と、メメサ イメイ ー とDVI(HDCP)の 入入通号デイプが720pささと1080iのとでさのの選択ででさす。 (Auto Wide モ アー と、TV、AV、おにお S-Video でのの使使ででさす。) MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 イメ イイイイ ー の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 時時の調調 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。 Info Gridが、イメ イイイイ ー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) Set clock - 選択さささ表表のさすさ現現の時時を設設しさす。(PC Time) - 現現の時時を変更すすさと、最初さPCの時時を変更しさす。 2) Timer - Timer1、Timer2、Timer3 おにお Holiday Management を設設しさす。 3) Timer が有効さなにささすかさよかを表表しさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 デイシメメイプ シー と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 On Time Setup(オメ時時設設)、TV Source(TV通号)機機とTVモデシのので使使ででさす。 On Time Setup(オメ時時設設)、MagicInfo Source(MagicInfo通号)機機とMagicInfoモデシのので使使でで さす。 Time Timer と Holiday Management を設設しさす。 1. 1. Timer1、Timer2 おにお Timer3 の設設 1) On Time - 選択しさモモデーをオメさすす時時を時、分、おにお AM/PM で設設しさす。 2) Off Time - 選択しさモモデーをオオさすす時時を時、分、おにお AM/PM で設設しさす。 3) Volume - 選択しさモモデーがオメさなにさとでの音音を選択しさす。 4) Source - 選択しさモモデーを音さしさとでの外外入入通号を選択しさす。 5) Holiday - Holiday Management 機機を Timer さ適使しさす。 6) Repeat - Once、EveryDay、Mon~Fri、Mon~Sat、Sat~Sun、おにお Manual のさのさかを選択ででさす。 z Once:Timer と 1 回しを自操しさす。 z EveryDay:Timer 毎日日な返しさす。 z Mon~Fri:Timer と月月かさ金月さで日な返しさす。 z Mon~Sat:Timer と月月かさ土月さで日な返しさす。 z Sat~Sun:Timer デイターと土月と日月さ自操しさす。 z Manual:デイターを自操ささす月日を選択しさす。 2. Holiday Management の設設 Holiday Management 機機と、Timer でモモデーをオメささとオオさすす日を指設しさす。 1) 日日を指設しさす。 2) Delete All - すすさのイ日を削解しさす。 3) Add - 指設しさ日日を追追しさす。 4) - 選択しさ行のアケイボ シー を削解しさす。 Holiday Management 機機と、Timer 設設メモボーでオメ/オオを切な替えす事がででさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 デイシメメイプ シー と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 On Time モ アー で Source が TV さ設設ささささすとでさ TV さつささのの有効さななさす。 On Time モ アー で Source が MagicInfo さ設設ささささすとでさ、MagicInfo がイメアイ シー ささささすモデシで のの有効さななさす。 PIP PIP イイイ1. メイメシイメメのPIPをクシイクすすと、PIPの調調画面が表表さささす。 Select ボデメささとチチイクボイクアを使使しさ調調しささデデアプアイを選択しさす。 Info Gridが、PIPイイイの調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) PIP Size(PIP イイイ) - 使使しささす表表の現現のPIPイイイを表しさす。 2) OFF - 選択さささ表表のPIPをOffさしさす。 3) Large - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイをLargeさ変更しさす。 4) Small - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイをSmallさ変更しさす。 5) Double1 - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイを Double 1変更しさす。 6) Double2 - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイを Double 2変更しさす。 7) Double3 (Picture By Picture) - 選択さささ表表のPIPをOnさしさ、イイイを Double 3変更しさす。 PIP Size と、LCD デデアプアイの電電をオメさしさとでさ制制すすにとがででさす。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 選択さささ表表の電電をOn/Offさ切な替えさす。 PIP PIP ソ アー 1. メイメシイメメのPIPをクシイクすすと、PIPの調調画面が表表さささす。 Info Gridが、PIPソ アー の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) PIP Source - PIP イイイと、モモデーの電電をOnさしさ調調すすにとがででさす。 2) PC - 選択さささ表表のPIPソ アー をPCさ切な替えさす。 3) BNC - 選択さささ表表のPIPソ アー をBNCさ切な替えさす。 4) DVI - 選択さささ表表のPIPソ アー をDVIさ切な替えさす。 5) TV - 選択さささ表表のPIPソ アー をTVさ切な替えさす。 6) DTV - 選択さささ表表のPIPソ アー をDTVさ切な替えさす。 7) AV - 選択さささ表表のPIPソ アー をAVさ切な替えさす。 8) S-Video - 選択さささ表表のPIPソ アー をS-Videoさ切な替えさす。 9) メメサ イメイ ー - 選択さささ表表のPIPソ アー をメメサ イメイ ー さ切な替えさす。 10) HDMI 1/HDMI2 - 選択さささ表表のHDMI 1/HDMI2ソ アー をS-Videoさ切な替えさす。 11) DP - 選択しさデデアプアイの PIP 入入通号を DP さ切な替えさす。 主画面の外外入入通号デイプさににさ、同時画面外外入入が選択ででなさにとががなさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 同時画面メメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー おにお同時画面機機がオメのデデアプアイで利使利機です。 製製さににさと HDMI2 とイサ イー さささささささ。 製製さににさと DP とイサ イー さささささささ。 設設の調調 ピクチシー 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、設設の調調画面が表表さささす。Picture を調調すすのさ必必な基基基基がメイメメモボーさ表表さささす。接続しさモモデーの 1 台を選択すすとそ のモモデーの設設が表表ささ、All おにお Select をクシイクしさすすさのモモデーを選択すすとデオデシイ設設が表 表さささす。にの画面でがささを変更すすと、現現のモ アー が自自自さカアデシ モ アー さ切な替わなさす。 1) Picture(ピクチシー) - AV, S-Video, メメサ イメイ ー , HDMI1, HDMI2, DVIさのの有効とななさす。 2) Contrast(メメイプアイ) - 選択さささ表表のメメイプアイを調調しさす。 3) Brightness(明すさ) - 選択さささ表表の明すさを調調しさす。 4) Sharpness(鮮明さ) - 選択さささ表表の鮮明さを調調しさす。 5) Color(色) - 選択さささ表表の色を調調しさす。 6) Tint(濃濃) - 選択さささ表表の濃濃を調調しさす。 7) Color Tone(色温度) - 選択しさデデアプアイの色温度を調調しさす。 8) Color Temp - 選択さささデデアプアイのColor Tempを調調しさす。 9) Brightness Sensor - 選択さささデデアプアイのBrightness Sensorを調調しさす。 10) Dynamic Contrast - 選択さささデデアプアイのDynamic Contrastを調調しさす。 Brightness Sensor と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 色温度 がオオさ設設ささささす場場さのの有効さななさす。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 にの機機と電電アシ デア ー がオメのデデアプアイのの使使利機です。ささ、何も選択ささささなさ場場、工場工工時 のデオデシイ値が表表さささす。 設設の調調 ピクチシーPC 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。調調の必必な基基基基が表表さささす。デデアプアイの ID を選択すすと対対すす SET の設設がイメサ イー さささ アプイスさ表表ささ、All おにお Select をクシイクしさすすさのデデアプアイ ID を選択すすとデオデシイ設設が表 表さささす。にの画面でがささを変更すすと、現現のモ アー が自自自さカアデシ モ アー さ切な替わなさす。 1) ピクチシーPC - PC、BNC、DVI おにお DP でのの使使ででさす。 2) Contrast(メメイプアイ) - 選択さささ表表のメメイプアイを調調しさす。 3) Brightness(明すさ) - 選択さささ表表の明すさを調調しさす。 4) Red - 選択さささ表表の色の温度を調調しさす。 (Red) 5) Green - 選択さささ表表の色の温度を調調しさす。 (Green) 6) Blue - 選択さささ表表の色の温度を調調しさす。 (Blue) 7) Color Tone - 選択さささデデアプアイのColor Toneを調調しさす。 8) Color Temp - 選択さささデデアプアイのColor Tempを調調しさす。 9) Brightness Sensor - 選択さささデデアプアイのBrightness Sensorを調調しさす。 10) Dynamic Contrast - 選択さささデデアプアイのDynamic Contrastを調調しさす。 Brightness Sensor と製製さににさとイサ イー ささなさ場場ががなさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 色温度 がオオさ設設ささささす場場さのの有効さななさす。 にの機機と電電アシ デア ー がオメのデデアプアイのの使使利機です。ささ、何も選択ささささなさ場場、工場工工時 のデオデシイ値が表表さささす。 製製さににさと DP とイサ イー さささささささ。 設設の調調 オ デデオ ー (Audio) 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。Audio を調調すすのさ必必な基基基基デデアプアイ シデメアシさ表表さささす。デデアプアイの ID を選択すすと対 対すす SET の設設がイメサ イー さささアプイスさ表表ささ、All おにお Select をクシイクしさすすさのデデアプアイ ID を選択すすとデオデシイ設設が表表さささす。にの画面でがささを変更すすと、現現のモ アー が自自自さカアデ シ モ アー さ切な替わなさす。 1) Audio(オ デデオ ー ) - すすさの入入ソ アー のさすさ、オ デデオ ー 設設をメメイプ シー しさす。 2) Bass(低音) - 選択さささ表表の低音を調調しさす。 3) Treble(高音) - 選択さささ表表の高音を調調しさす。 4) Balance(デプメア) - 選択さささ表表のデプメアを調調しさす。 5) SRS TS XT - 選択さささ表表のSRS TS XTイシメアのOn/Off。 6) 音の選択 - PIP がオメの場場、メイメささとイケのさのさかを選択すすにとがででさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 にの機機と電電アシ デア ー がオメのデデアプアイのの使使利機です。ささ、何も選択ささささなさ場場、工場工工時の デオデシイ値が表表さささす。 設設の調調 イメ イプイク ー 1. メイメシイメメの時時をクシイクすすと、時時の調調画面が表表さささす。Info Gridが、時時の調調さ必必な基基基基を表表しさす。 1) イメ イプイク ー - PC, BNCさのの有効。 2) Coarse(粗調調) - 選択さささ表表の粗調調を調調しさす。 3) Fine(微調調) - 選択さささ表表の微調調を調調しさす。 4) Position(場場) - 選択さささ表表の場場を調調しさす。 5) Auto Adjustment(Auto (オ イー )調調) - 入にさしすPC通号さ対しさ自自調調すす。 Maintenance 制制機機と、電電アシ デア ー がオメさなにささすデデアプアイさつささのの使使ででさす。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 設設の調調と、電電アシ デア ー がONの表表さしを有効とななさす。 メメシメメア プメプメメイプ シー 1. メイメシイメメ欄の“メメシメメア”シイメメをクシイクしさメメシメメア画面を表表しさす。数種の基基デ デー 項台を表す“イメオデプシイア”が表表さささす。 1) Maintenance(メメシメメア) - すすさの外外入入さ対しさメメシメメアメメイプ シー 機機を許利しさす。 2) Lamp Control(プメプメメイプ シー ) - 選択しさデデアプアイのデイクプイイを一設時時自自自さ調調しさす。 手自プメプメメイプ シー 機機を利使しさ調調しさ場場、自自プメプメメイプ シー 機機と自自自さオオさななさす。 - 選択しさデデアプアイのデイクプイイを、時時さ関わさの調調でですによさしさす。 手自プメプメメイプ シー 機機を利使しさ調調しさ場場、自自プメプメメイプ シー 機機と自自自さオオさななさす。 3) Ambient Light - 指設しさモモデー周辺の光の強さを検工しさ、画像の明すさを自自自さ調調しさす。 - Reference 値を指設しさ、周囲の光の強ささ基づささ Lamp Value (プメプかさの光の強度) を自自自さ決設すすモ モデーを指設ででさす。 Ambient Light とチ度セメイーのがすモデシでののイサ イー ささ、Lamp Control メモボーでAmbient Brightness Mode が選択ささささすとでさのの有効さななさす。 Auto Lamp Control おにお Manual Lamp Control と、Lamp Control メモボーで User Control Mode が選択さ さささすとでさのの有効さななさす。 メメシメメアメメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー がオメのデデアプアイで利使利機です。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 メメシメメア Scroll 1. メイメシイメメ欄の“メメシメメア”シイメメをクシイクしさメメシメメア画面を表表しさす。1) Scroll - にの機機と、選択さささデデアプアイ上さ長時時静止画が表表さささとでさ発生すす残像を解除すすのさ使使 しさす。 2) Pixel Shift - にささににさ、画面の位置を指設しさ時時時時で細かし自かすにとがででさす。 3) Safety Screen - Safety Screen (安安画面) 機機と、静止画がモモデー上さ長時時表表さささとでさ発生すす残像を防止すすのさ 使使しさす。 Interval (時時) 項台と日な返しのイイクシを時時単位で指設すすのさ使使し、Time (時時) 項台 と Safety Screen (安安画面) 機機を実行すす時時を設設すすのさ使使しさす。 Type (デイプ) 項台と、Scroll (アクプ シー )、Pixel (ピクセシ)、Bar (デー)、Eraser (消除)、All White (オ シオオ ー イイ)、ささと Pattern (パデ メー ) のさのさかさ設設ででさす。 4) Safety Screen2 - にの機機と、残像の発生を防止すすのさ使使しさす。5 種種のデイプかさ選択しさ、にの機機を制制すすにとがで でさす。 Scroll (アクプ シー ) デイプの場場と、Time (時時) 項台と 1、2、3、4 ささと 5 さ設設ででさす。Bar (デー) おにお Eraser (消除) デイプの場場と、10、20、30、40 ささと 50 さ設設ででさす。All White (オ シオオイイ ー ) おにお Pattern (パデ メー ) デイプの場場と、1、5、10、20 ささと 30 さ設設ででさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 メメシメメアメメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー がオメのデデアプアイで利使利機です。 メメシメメア Video Wall 1. メイメシイメメ欄の“メメシメメア”シイメメをクシイクしさメメシメメア画面を表表しさす。1) Video Wall - ビデオシデ シー と、各アクシ メー が画面安面の一外さなすによさ表表しさな、同じ画像を各アクシ メー さ日な返し 表表でですによさ接続さささビデオアクシ メー のセイイです。 2) Video Wall Control - Video Wall ププパシデを設設ででさす。 1) On / Off - 選択しさデデアプアイのビデオシデ シー 機機のオメ/オオを切な替えさす。 2) Format - 分分しさアクシ メー を表表すすオデ タイイ ー を選択ででさす。 z Full z Natural 3) Screen Divider - アクシ メー と分分ででさす。 多数のアクシ メー を異なすアイシシイや分分方方さすすにとがででさす。 z [Screen divider]かさモ アー を選択しさす。 z [Display Selection]かさデデアプアイを選択しさす。 z 選択しさモ アー の数字をオアと、配置が設設さささす。 z 配置でですモモデーの最最数: Horizontal X Vertical = 100 z 最最 15 台のモモデーを 1 列さ配置ででさす。Vertical を 15 さ設設しさ場場の Horizontal の最最値と 6、 Horizontal を 15 さ設設しさ場場の Vertical の最最値と6 です。 4) 画面分分の表表 - Screen Divider 設設を使使しさ、画面のアイシシイを表表おにお変更ででさす。 Screen Divider 設設の範囲と、モデシさににさ異ななさす。 MagicInfo の入入ソ アー と、MagicInfo モデシでのの有効です。 TV の入入ソ アー と、TV モデシでのの有効です。 メメシメメアメメイプ シー 機機と、電電アシ デア ー がオメのデデアプアイで利使利機です。 イプケシシボ シデメプ ー 1. メメイプ シー しささ表表が、System Info Gridさ表さささささ。 - 入入しさ IP シアアアが正しさにとを確確し、イ イイイイ ー ケ ケシ ー の接続続態をチチイクしさす。 - 他の表表の何さかが同じIDを持にささすかさよか見すさすさ表表を確確しさす。1つ以上の表表が同じIDを持に ささす場場、デ デー の衝衝さになププププシが、正ししそささの表表を検工しさささ。 - 0~99 の設設 ID をイサ イー しささすモモデーさつささと、設設 ID を 0~99 の範囲の値さ設設すす必必ががなさ す。. <注注>モモデーの 設設 ID が 0~99 の範囲の値でがすにとを確確しさす (値とデデアプアイ メモボーを使使しさ設設 しさす)。 2. メメイプ シー しささ表表が、他のControl Info Gridsさ表さささささ。 - 電電メ アー がしにかなと接続ささささすか確確しさししささ。(System Info Gridの中でにさを確確しさす。) - 表表の入入ソ アー を変更でですか確確しさししささ。 3. スイシププボイクアが、日な返し表表さささす。 - 調調しささ表表が、選択ささささすかさよか確確しさす。 4. On Timer と Off Timerの両方が送さささも異なす時時が表表ささささす。 - 現現の時時を調調しさ、表表時表を同初初しさす。 5. シモ イー 機機をオオさしさ、RS-232Cケ ケシ ー の接続を切な、不設初さププププシを終終すすと、シモ イー と、正し し機機しなさにとががなさす。ププププシを再再自し、通通の機機を元さ戻すさすさ、シモ イー 機機を再お実行しさ す。 <注注> にのププププシと、通通回通の問問、ささと電電機電かさの障障が生じさ場場、よさし機機しなさ場場ががな さす。 タシチデデアプアイモ アー さおをす設設画面を表表すす 接続しささす画面が一つ以上がす場場、設設値と、以以のによさ表表さささす。 1. 選択なし:工場工工時の値を表表すす。 2. 選択さささ一つの表表:選択さささ表表のさすさ設設値を持にさでさ表表すす。 3. 選択さささ一つの画面 (ID1) と追追さささ他の画面 (ID3):ID 1の設設値を表表しさささププププシが、ID3の値を持 にさでさ表表しさす。4. All おにお Select をクシイクしさすすさの設設を同時さ選択すすと、デオデシイ値さ戻なさす。LCD ディスプレイの調整 入力 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 外部入力 MENU → ENTER → → ENTER → → , → ENTER PC、HDMI または LCD ディスプレイに接続されているその他の外部入力信号を選択して使 用します。使用する画面を選択します。 1. PC 2. AV 3. コンポ一ネント 4. HDMI 5. MagicInfo 同時画面 注意 同時画面 機能は 画像分割 が オン のときには使用できません。VCR または DVD のような外部 AV 装置を LCD ディスプレイに接続するときには、同時画 面 によってこれらの装置からのビデオを PC ビデオ信号にスーパーインポーズされる小さ なウィンドウで観ることができます。オフ/オン MENU → ENTER → → → ENTER → 注意 " モニターが外部ソースに切り替わると、PIP はオフになります。 " サイズ で 、 、 を選択した場合は、ポジション および 透明 は無効になり ます。 同時画面 MENU → ENTER → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 同時画面 画面のオフ/オンを切り替えます。 " オフ " オン 外部入力 MENU → ENTER → → →ENTER → → →ENTER → → , → ENTER 注意 PC では、ケーブルが接続されていない場合には無効になります。 PIP の入力ソースを選択します。 " PCHDMI " HDMI :PC LCD ディスプレイの調整サイズ MENU → ENTER → → →ENTER → → → →ENTER → → , → ENTER PIP ウィンドウの Size(サイズ)を変更します。 ポジション MENU → ENTER → → →ENTER → → → → →ENTER → → , → ENTER PIP ウィンドウの Position(位置)を変更します。 透明 MENU → ENTER → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER PIP ウィンドウの透明度を調整します。 " 高 " 中 " 低 LCD ディスプレイの調整 " 不透明 外部入力名編集 MENU → ENTER → → ENTER → → → → , → ENTER 入力信号の選択を簡単にするために、入力ジャックに接続されている入力機器に名前を付 けます。 VTR/ DVD / ケーブル STB / デジタル STB/ 衛星放送チューナー /AV レシーバー / DVD プ レーヤー/ ゲーム / DVC/ DVD コンボ/DVD+HDD/ PC / DVI 裝置 注意 " ディスプレイ デバイスは外部入力モードによって異なります。 " PC を HDMI 端子に接続しているときは、外部入力名編集 を PC に設定します。その他 の場合には、外部入力名編集 を AV に設定します。ただし、640x480、720P (1280x720) および 1080p (1920x1080) は AV と PC に共通する信号であるため、外部入力名編集 を入力信号に合わせて設定するようにしてください。 " [映像] メニューは、入力信号と [外部入力名編集] によって変わります。 映像 [PC / MagicInfo モード] 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 MagicBright MENU → → ENTER → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER MagicBright は、表示している画像の内容に合わせて最適な表示環境を提供するための機 能です。現在使用できる 4 つのモード:エンターテイメント、インターネット、テキスト および ユーザー調整。各モードには、固有の輝度値が設定されています。 注意 1. エンターテイメント 高輝度 DVD や VCR などの動画を見るためのモードです。 2. インターネット 中輝度 テキストとグラフのように、画像が混在するものを扱う場合のモードです。 3. テキスト 通常の輝度 文書や大量のテキストを扱う作業用です。 4. ユーザー調整 値は弊社エンジニアが慎重に選択していますが、事前に設定された値では快適な表示 にならない場合があります。 この場合、OSD メニューを使用して輝度とコントラストを調整します。 ユーザー調整 オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す ることができます。 MENU → → ENTER → → → ENTER → 注意 " ユーザー調整 機能を使用して画像を調整すると、MagicBright は ユーザー調整 モー ドに変わります。 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. コントラスト MENU → → ENTER → → → ENTER → → ENTER→ LCD ディスプレイの調整 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。→ , → ENTER コントラストを調整します。 2. 明るさ MENU → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 輝度を調整します。 3. シャープネス MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER シャープネスを調整します。 色温度 MENU → → ENTER → → → →ENTER → → , → ENTER 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 色温度を変更できます。 1. オフ 2. 青色系 3. 標準 4. 赤色系 LCD ディスプレイの調整5. ユーザー調整 注意 [色温度] を [青色系]、[標準]、[赤色系] または [ユーザー調整] に設定すると、Color Temp. 機能が無効になります。 色温度 を オフ に設定している場合は、カラー調整 機能は無効になります。 カラー調整 赤、緑、青のそれぞれの色バランスを調整します。 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. 赤 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 2. 緑 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 3. 青 MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER Color Temp. MENU → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。 注意 ダイナミックコントラスト モードと 色温度 が オフ になっているときには、この機能が 有効になります。 LCD ディスプレイの調整画面調整 画面調整 は、ゆらぎやちらつきのある不安定な映像の原因となるノイズを取り除くことに より、最適な映像を得るための微調整に使用します。細密調整を使用して満足な結果が得 られない場合には、粗調整による調整を行ってから再度細密調整を行ってください。 注意 PC モードでのみ使用可 MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → 粗調整 MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 縦縞などのノイズを除去します。粗調整では、画面イメージ領域が移動する場合がありま す。水平コントロール メニューを使用して、中央に位置を合わせることができます。 微調整 MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 横縞などのノイズを除去します。細密調整後もノイズが残る場合は、周波数 (クロック速 度) の調整を行ってから、調整し直してください。 ポジション MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , , , → ENTER 画面の水平および垂直位置を調整します。 自動調整 MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整微調整、粗調整、ポジション の値は自動的に調整されます。コントロールパネルで解像度 を変更すると、自動機能が実行されます。 注意 PC モードでのみ使用可 信号バランス 信号ケーブルが長いため弱くなっている RGB 信号を補強します。 MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → 注意 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 " PC モードでのみ使用可 信号バランス MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 信号バランスは オン または オフ のいずれかを選択します。 信号制御 MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → 1. R ゲイン MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 2. G ゲイン LCD ディスプレイの調整MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → ENTER→ → , → ENTER 3. B ゲイン MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → ENTER→ → , → ENTER 4. R オフセット MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → → ENTER→ → , → ENTER 5. G オフセット MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → → → ENTER→ → , → ENTER 6. B オフセット MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER サイズ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER サイズ は切り替えられます。 1. 16:9 2. 4:3 HDMI �しベル MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER HDMI で製品に接続した DVD またはセットトップ ボックスを観るときには、接続する外部 デバイスによって画質の劣化 (ブラック レベル、コントラストの低下、色調が薄くなる、 など) が発生する場合があります。 1. 標準 2. 低 注意 PC と HDMI モードの DTV の両方で使用できるタイミングについては、HDMI 黑しベル が有 効になります。 PIP 映像 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER PIP 画面設定を調整します。 注意 " 同時画面 が オン になっているときには PIP 映像 機能を調整できます。 1. コントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → ENTER→ → , → ENTER LCD ディスプレイの調整画面上の PIP ウィンドウのコントラストを調整します。 2. 明るさ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 画面上の PIP ウィンドウの明るさを調整します。 3. シャープネス MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 画面の PIP ウィンドウの シャープネス を調整します。 4. 色の濃さ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 画面の PIP ウィンドウの色を調整します。 注意 同時画面 入力信号が HDMI のときにのみ有効になります。 5. 色あい MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER ナチュラルトーンを PIP ウィンドウに追加します。 注意 色あい スライダは入力信号が NTSC のときにのみ表示され、同時画面 入力信号が HDMI のときにのみ有効になります。 ダイナミックコントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト となるように調整します。 1. オフ 2. オン 注意 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 ライト調整 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER エネルギー消費を抑えるため、インバーター ランプを調整します。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 明るさセンサー MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER 明るさセンサー は、入力された画像信号の分布を自動的に検出して、最適な明るさとなる ように調整します。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整Auto Motion Plus 120Hz MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → , → ENTER この機能は、動きの速いシーンを見るときに使用することができます。 " モード MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → [モード] → , → ENTER " オフ Auto Motion Plus 120Hz をオフにします。 " クリア:Auto Motion Plus 120Hz を クリア モード (動きのある画像をはっきりと 表示するのに適しています) に設定します。 " 標準 :Auto Motion Plus 120Hz を 標準 モードに設定します。 " スムーズ :Auto Motion Plus 120Hz を スムーズ モード (動きのある画像を自然に 表示するのに適しています) に設定します。 " ユーザー調整 :残像とゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 " デモ :Auto Motion Plus 120Hz のデモを行います (Auto Motion Plus 120Hz をオ ンにしたときの画面が左半分に表示されます)。 " ユーザー調整 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調 整]→ ENTER → [ぼかし] → , → ENTER ぼかし :残像をできるだけ少なくするのに使用します。 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → → ENTER→ [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調 整]→ ENTER → → [ジャダ] → , → ENTER LCD ディスプレイの調整ジャダ :ゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 注意 " Auto Motion Plus 120Hz を選択した場合には、コンテンツに応じて色が変化しま す。 " 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 映像 [ AV / HDMI / コンポ一ネント モード] 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 モード MENU → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER PDP ディスプレイには、(「ダイナミック」、「標準」、「映画」および「ユーザー調 整」) の 4 種類の自動映像設定が工場出荷時に設定されています。 ダイナミック、標準、映画、または ユーザー調整 を有効にできます。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. ダイナミック 2. 標準 LCD ディスプレイの調整3. 映画 4. ユーザー調整 ユーザー調整 オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す ることができます。 MENU → → ENTER → → → ENTER → 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 コントラスト MENU → → ENTER → → → ENTER → → ENTER→ → , → ENTER コントラストを調整します。 明るさ MENU → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 輝度を調整します。 シャープネス MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 画像のシャープネスを調整します。 色の濃さ MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 画像の色を調整します。 LCD ディスプレイの調整色あい MENU → → ENTER → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER ナチュラルトーンを表示に追加します。 注意 ビデオ信号が NTSC の場合にのみ動作 色温度 MENU → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 色温度を変更できます。個々の色成分もユーザーが調整することができます。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 1. オフ 2. 青色系2 3. 青色系1 4. 標準 5. 赤色系1 6. 赤色系2 注意 色温度 を 青色系2、青色系1、標準、赤色系1、または 赤色系2 に設定すると、Color Temp. 機能が無効になります。 Color Temp. MENU → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイの調整Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。 注意 ダイナミックコントラスト モードと 色温度 が オフ になっているときには、この機能が 有効になります。 サイズ MENU → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER サイズ は切り替えられます。 1. 16:9: 映像を 16:9 ワイド モードに設定します。 2. ズーム 1:画面上の映像のサイズを拡大します。 3. ズーム 2:「ズーム 1」を超える映像のサイズを拡大します。 4. 4 : 3: 映像を 4:3 ノーマル モードに設定します。 5. 全画面表示:HDMI 720p、1080i、1080p 信号が入力されているときは、入力される画面 が中断されることなく表示されます。 注意 " 全画面表示 機能を使用しているときでも、仕様を外れる表示を行う一部の外部デバイ スでは画面が途切れる場合があります。 " ズーム 1、ズーム 2 は HDMI モードでは使用できません。 " ポジション および リセット 機能は ズーム 1 または ズーム 2 モードでのみ使用でき ます。 " ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 デジタル NR (Digital Noise Reduction) MENU → → ENTER → → → → → → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイの調整デジタル ノイズ リダクション機能の オフ/オン を切り替えます。デジタル ノイズ リダ クション機能によって、よりきれいではっきりした画像をお楽しみいただけます。 1. オフ 2. オン 注意 デジタル NR 機能は、解像度によっては使用できない場合があります。 HDMI �しベル MENU → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER DVD またはセットトップボックスが HDMI を経由してテレビに接続されている場合、接続 している外部デバイスによっては、ブラックレベルの上昇、コントラストの低下、変色な どの画質の低下の原因となることがあります。この場合には、HDMI 黑しベル を設定して テレビの画質を調整してください。 1. 標準 2. 低 注意 PC と HDMI モードの DTV の両方で使用できるタイミングについては、HDMI 黑しベル が有 効になります。 フィルムモード MENU → → ENTER → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER フィルムモード 機能によって、劇場品質で映像を楽しむことができます。 LCD ディスプレイの調整HDMI モードでは、入力信号がインターレース スキャンの場合にこの機能を使用できま す。プログレッシブ スキャン信号では使用できません 1. オフ 2. オン PIP 映像 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER PIP 画面設定を調整します。 注意 利用できるモード:同時画面 オン 1. コントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → ENTER→ → , → ENTER 画面上の PIP ウィンドウのコントラストを調整します。 2. 明るさ MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → → ENTER→ → , → ENTER 画面上の PIP ウィンドウの明るさを調整します。 3. シャープネス MENU → → ENTER → → → → → → → → → → ENTER → → → → ENTER→ → , → ENTER 画面の PIP ウィンドウの シャープネス を調整します。 ダイナミックコントラスト MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト となるように調整します。 1. オフ 2. オン 注意 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 ライト調整 MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER エネルギー消費を抑えるため、インバーター ランプを調整します。 注意 ダイナミック コントラストがオンになっているときには使用できません。 明るさセンサー MENU → → ENTER → → → → → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER 明るさセンサー は、入力された画像信号の分布を自動的に検出して、最適な明るさとなる ように調整します。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整Auto Motion Plus 120Hz MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → , → ENTER 注意 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 この機能は、動きの速いシーンを見るときに使用することができます。 " モード MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → [モード] → , → ENTER " オフ Auto Motion Plus 120Hz をオフにします。 " クリア:Auto Motion Plus 120Hz を クリア モード (動きのある画像をはっきりと 表示するのに適しています) に設定します。 " 標準 :Auto Motion Plus 120Hz を 標準 モードに設定します。 " スムーズ :Auto Motion Plus 120Hz を スムーズ モード (動きのある画像を自然に 表示するのに適しています) に設定します。 " ユーザー調整 :残像とゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 " デモ :Auto Motion Plus 120Hz のデモを行います (Auto Motion Plus 120Hz をオ ンにしたときの画面が左半分に表示されます)。 " ユーザー調整 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調整]→ ENTER → [ぼかし] → , → ENTER ぼかし :残像をできるだけ少なくするのに使用します。 " MENU → → ENTER → [映像] → → → → → → → → → → → → → ENTER → [Auto Motion Plus 120Hz] → ENTER → → [ユーザー調整]→ ENTER → → [ジャダ] LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER ジャダ :ゆらぎをできるだけ少なくするのに使用します。 注意 " Auto Motion Plus 120Hz を選択した場合には、コンテンツに応じて色が変化しま す。 " モード が ユーザー調整 に設定されているときにのみ有効になります 音声 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 モード MENU → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイには、Hi‐Fi ステレオアンプが内蔵されています。 1. 標準 工場出荷時の標準設定にするには [標準] を選択します。 2. 音楽 ミュージック ビデオまたはコンサートを視聴するには [音楽] を選択します。 3. 映画 LCD ディスプレイの調整映画を観るには [映画] を選択します。 4. ニュース ほとんどが会話の番組 (ニュースなど) を視聴するときには、ニュース を選択しま す。 5. ユーザー調整 好みに合わせて設定を調整するには、ユーザー調整 を選択します。 ユーザー調整 好みに合わせて音声設定を調整することができます。 MENU → → → ENTER → → → ENTER → 注意 " 調整の際は、音量が 0 に設定されていても音声が鳴ります。 " ユーザー調整 機能を使用して音声の調整を行うと、ユーザー調整 が モード モードに なります。 低音 MENU → → → ENTER → → → ENTER → →ENTER→ → , → ENTER 周波数の低い音声を強調します。 高音 MENU → → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 周波数の高い音声を強調します。 バランス MENU → → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 左右のスピーカーの音声バランスを調整できます。 自動音量 MENU → → → ENTER → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 放送局による音量レベルの差を小さくします。 1. オフ 2. オン SRS TS XT MENU → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER SRS TS XT は、2 台のスピーカーで 5.1 チャンネルのコンテンツを再生するときの問題を 解決する特許取得済みの SRS 技術です。TruSurround XT は、テレビの内蔵スピーカーな どのスピーカー 2 台で構成される再生システムで、素晴らしい仮想サラウンド音声環境を 実現します。すべてのマルチチャンネル フォーマットと完全な互換性があります。 1. オフ 2. オン 音声選択 MENU → → → ENTER → → → → → → ENTER → → , → ENTER 同時画面 が オン のときには、メインまたはサブのいずれかを選択します。 LCD ディスプレイの調整注意 同時画面 が オン になっているときには PIP 映像 機能を調整できます。 1. 主画面 2. 副画面 スピーカ選択 MENU → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → , → ENTER ホーム シアターに接続してこの製品を使用する場合には、内蔵スピーカーをオフにして、 ホーム シアターの(外部)スピーカーから音声が聞こえるようにします。 1. 内部 音声は 内部 スピーカと 外部 スピーカの両方から出力されますが、音量調整は 内 部 スピーカからの音声に対してのみ行うことができます。 2. 外部 音声が 外部 スピーカからのみ出力されている場合は、音量調整は 外部 スピーカか らの音声についてのみ行うことができます。 設定 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 LCD ディスプレイの調整言語 MENU → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 13 つの言語のいずれかを選択できます。 注意 言語の選択は、OSD の言語にのみ反映されます。コンピュータ上で実行されるソフトウェ アには影響しません。 時間 時刻設定、スリープ タイマー、オンタイマー、および オフタイマー の 4 つの時刻設定 からひとつを選択します。 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → 時刻設定 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → ENTER→ → , → , → ENTER 現在の時刻を設定します。 スリープ タイマー MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER→ LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 所定の時間が経過したら LCD ディスプレイを自動的にオフにします。 1. オフ 2. 30 3. 60 4. 90 5. 120 6. 150 7. 180 タイマー 1 / タイマー 2/ タイマー 3 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER→ [タイマー 1/ タイマー 2 / タイマー 3] → , / , → ENTER LCD ディスプレイを指定した時間にオンまたはオフにするよう設定できます。 注意 " Clock Set メニューを使用して時刻を設定した場合にのみ有効です。 " Manual オプションを使用して、曜日を選択できます。 休日の管理 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER→ [休日の管理] " 追加 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER→ [休日の管理] → ENTER → [追加] LCD ディスプレイの調整→ , / , → ENTER 休日を登録できます。 " 選択した日を削除 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER → [休日の管理] → , → ENTER → → , → ENTER → [選択した 日を削除] → , → ENTER 選択した休日を削除できます。 注意 " 登録された休日が選択されている場合にのみ有効です。 " 複数の休日を選択して削除できます。 " すべて削除 MENU → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → → → ENTER→ [休日の管理] → → → ENTER → [すべて削除] → , → ENTER 登録された休日をすべて削除できます。 メニューの背景透明度 MENU → → → → ENTER → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER OSD の背景の透明度を変更します。 1. 高 2. 中 3. 低 4. 不透明 安全ロック PIN の変更 MENU → → → → ENTER → → → → → ENTER → → ENTER → → [0~9] → [0~9] → [0~9] → [0~9] パスワードは変更できます。 プリセットされている LCD ディスプレイのパスワードは「0000」です。 注意 パスワードを忘れた場合には、リモコンの MUTE → 1 → 8→ 6→ On ボタンを押してパス ワードを「0000」にリセットします。 ロック MENU → → → → ENTER → → → → → ENTER → → → ENTER → → [0~9] → [0~9] → [0~9] → [0~9] これは、OSD をロックして設定状態を維持し、他のユーザーが現在の設定を変更できない ようにする機能です。 省電力 MENU → → → → ENTER → → → → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER この機能は、省エネのためにユニットの電力消費の調整を行います。 1. オフ 2. オン 画像分割 画像分割 は、各スクリーンが画面全体の一部になるように表示したり、同じ画像を各スク リーンに繰り返し表示できるように接続されたビデオスクリーンのセットです。 画像分割 がオンになっているときには、画像分割 画面の設定を調整することができます。 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → 注意 " 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 " 画像分割 の実行時には、自動調整、画面調整、および サイズ 機能は使用できません。 画像分割 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER 選択したディスプレイの 画像分割 機能のオン/オフを切り替えます。 1. オフ 2. オン フォーマット MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 分割したスクリーンを表示する フォーマット を選択できます。 1. フルモード マージン無しで全画面表示を行います。 2. ナチュラルモード 元の縦横比を維持したまま自然な映像を表示します。 水平 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 水平方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。 15 段階の調整レベル: 1~15. 垂直 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 垂直方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。 LCD ディスプレイの調整15 段階の調整レベル: 1~15. 画面分割 MENU → → → → ENTER → → → → → → → ENTER → → → → → → ENTER → スクリーンを複数の画像に分割できます。分割するときのレイアウトとともに、分割する 画面数を選択できます。 " 画面の位置 でモードを選択します。 " [画面の位置] でディスプレイを選択します。 " 選択したモードの数字を押すと、配置が設定されます。 " 画面は最大 100 個の小画面に分割できます。 画面保護 画面保護 機能は、静止画が画面上に長時間表示されたときに発生することのある残像を防 止するのに使用します。 " この機能は、電源がオフになっているときには使用できません。 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → ピクセル シフト ピクセル シフト MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER LCD 上のピクセルを水平または垂直方向に動かすこの機能を使用して、画面に残像が発生 するのを防止することができます。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整水平 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 画面を水平方向に何ピクセル移動するか設定します。 画像分割は:0, 1, 2, 3, および 4. 垂直 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER 画面を垂直方向に何ピクセル移動するか設定します。 画像分割は:0, 1, 2, 3, および 4. 時間 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER それぞれ、水平または垂直方向の動作を実行する間隔を設定します。 タイマー タイマー MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → ENTER → → , → ENTER LCD ディスプレイの調整画面焼き付き防止のタイマーを設定することができます。 残像を消去するための処理を開始する場合には、処理は設定された時間行われ、自動的に 完了します。 1. オフ 2. オン モード MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER 画面保護 タイプを変更できます。 1. スクロール 2. バー 3. 消しゴム 間隔 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → → → ENTER → → , → ENTER この機能を使用して、各モード セットにおける実行間隔をタイマーに設定します。 LCD ディスプレイの調整時間 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → → → → ENTER → → , → ENTER 設定された間隔の範囲内で、実行する時間を指定します。 " モード‐スクロール :1~5 秒 " モード‐バー、消しゴム :10~50 秒 スクロール MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → ENTER → この機能は、パターンに従って LCD 上のすべてのピクセルを動かして、画面の残像を除去 します。 特に画面上に静止画像を長時間表示したとき、画面上に残像または記号が残っている場合 には、この機能を使用します。 注意 画面保護 機能は、一定の時間感覚で画面をスクロールします。 バー MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → →ENTER → この機能を使用して、長い黒白の垂直線を動かすことにより、画面上に残像が発生するの を防止します。 LCD ディスプレイの調整消しゴム MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → → →ENTER → この機能は、長方形のパターンを動かすことによって画面上に残像が発生するのを防止し ます。 サイドグレー MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → → → →ENTER → → , → ENTER 画面背景のグレーの明るさを選択します。 1. オフ 2. 明るくする 3. 暗くする Image Retention Free MENU → → → → ENTER → → → → → → → → ENTER → → → → → → → →ENTER → [Image Retention Free] → , → ENTER [Image Retention Free を適用] 機能を選択します。 1. オフ LCD ディスプレイの調整2. オン 注意 " Image Retention Free を選択すると、画面上に小さいサイズのテキストでスタティッ ク ノイズが発生し、映像の明るさが低下することがあります。 " 詳細については「サービスとその他の情報」ページを参照してください。 解像度の選択 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → ENTER → → , → ENTER コンピュータのグラフィックカードの解像度を 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、 1360 x 768 @ 60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定したときに画面が正常に表示されない 場合は、この機能(Resolution Select)を使用して指定した解像度で画面を表示すること ができます。 注意 PC モードでのみ使用可 1. オフ 2. 1024 X 768 3. 1280 X 768 4. 1360 x 768 5. 1366 X 768 注意 メニューの選択は、画面解像度が 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、1360 x 768 @ 60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定されているときにのみ可能です。 電源オン調整 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → →ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 画面の Power On time(電源がオンになる時間)を調整します。 警告:過電圧を避けるために、Power On time(電源がオンになる時間)を長く設定します。 OSD 回転 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → , → ENTER メニューを横または縦に回転させます。 1. ランドスケープ 2. ポートレイト リセット 製品の設定を工場出荷時のデフォルト値に戻します。 MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → 画像リセット MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → → ENTER → LCD ディスプレイの調整→ , → ENTER 注意 PC モードでのみ使用可 注意 Reset 機能は、画像分割 が オン のときには使用できません。 カラー リセット MENU → → → → ENTER → → → → → → → → → → → → ENTER → → → ENTER → → , → ENTER マルチコソトロール 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 マルチコントロール SET に個別の ID を割り当てます。 MENU → → → → → ENTER → → ENTER LCD ディスプレイの調整→ , → [0~9] " ID 設定 SET に固有の ID を割り当てます。 " ID 入力 SET ごとに送信機の機能を選択します。送信機設定に対応する ID を持つ SET のみが 有効になります。 " MDC Select MDC 入力を受信するポートを選択します。 " シリアル MDC ケーブルを経由して MDC と通信します。 " RJ 45 MDC ケーブルを経由して MDC と通信します。 " ネットワーク " IP 設定 : 手動, 自動 " IP アドレス IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、IP アドレス を手動で入力 します。 " サブネットマスク :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、サブネット マス ク を手動で入力します。 " ゲートウェイ :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、ゲートウェイ を手動で 入力します。 MagicInfo 利用できるモード " PC " AV " コンポーネント " HDMI " MagicInfo 注意 EX モデルの場合、 LCD ディスプレイの調整 " MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 " HDMI ポートとネットワーク ボックスは、同時に接続できません。 注意 " リモコンを使用して、MagicInfo を選択することができます。ただし MagicInfo を十 分に活用するには、別売りの USB キーボードを使用することをお勧めします。 " Device モードの MagicInfo では、外部デバイスを起動中に移動するとエラーの原因と なる場合があります。外部デバイスの設定は、LCD ディスプレイがオンになっていると きにのみ行います。 " ネットワークに使用されている LAN ケーブル(例:ビデオ表示)を外さないでくださ い。外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。ケーブル を外したら、システムを再起動してください。 " USB 機器に使用されている LAN ケーブル (例: ビデオ表示) を外さないでください。 外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。 " 他の入力信号に切り替えるには、MagicInfo の SOURCE ボタンを押します。 " プリセットされている LCD ディスプレイのパスワードは「000000」です。 " サーバー プログラムの Power‐On オプションは、LCD ディスプレイの電源が完全にオ フになっている場合にのみ機能します。 LCD ディスプレイのシステムエラーの原因となる場合がありますので、LCD ディスプレ イの終了中に Power‐On オプションを使用しないようにしてください。 " MagicInfo を MagicInfo Server プログラムとともに使用するとき:Network モードを 実行します。 " デバイスが PDP ディスプレイに直接接続されているときに MagicInfo を使用している 場合:Device モードを実行します。 " ESC を押して、MagicInfo ウィンドウ画面に直接移動します。 " Windows の画面で MagicInfo を設定するには、キーボードとマウスが必要になります。 " Windows で MagicInfo を設定する方法については、MagicInfo Server のヘルプを参照 してください。 操作中は、AC 電源をオフにしないことを強く推奨します。 " ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、透明チッカーはサポートされていません。 " ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、720*480 (SD) までの動画の画面解像度が サポートされています。 " ドライブ D: には、EWF は適用されません。 " EWF が Enable 状態のときに変更された設定内容を保存するには、その内容を Commit する必要があります。 " Disable、Enable または Commit を選択すると、システムが再起動します。 MagicInfo 1. Select Application - step 1 LCD ディスプレイの調整Windows を軌道したときにコンピュータで実行するアプリケーションを選択できます。 2. Select TCP/IP - step 2 MagicInfo Setup Wizard の step 2 では、TCP/IP の設定を行うためにデスクトップのネ ットワーク設定に移動する必要はありません。MagicInfo のインストールの step 2 のみ を行います。 3. Select Language - step 3 LCD ディスプレイの調整複数の言語を使用するときには、使用する言語を選択することができます。 4. Select Screen Type - step 4 デバイスに適用する回転のタイプを選択できます。 5. Setup Information LCD ディスプレイの調整ユーザーが選択した設定を表示します。 注意 Magicinfo アイコンが通知領域に表示されない場合には、Windows デスクトップで Magicinfo アイコンをダブルクリックしてください。アイコンが表示されます。 LCD ディスプレイの調整トラブルシューティング セルフテスト機能チェック 注意 お問い合わせの前に、以下の項目についてチェックしてください。問題が解決しない場合 には、お客様相談ダイヤルにお問い合わせください。 セルフテスト機能チェック 1. コンピュータと LCD ディスプレイの両方をオフにします。 2. コンピュータの背面からビデオケーブルを取り外します。 3. LCD ディスプレイをオンにします。 ビデオ信号が検出されない場合でも LCD ディスプレイが正常に動作しているときに は、下記の図 (「信号 」) が黒色の背景で表示されま す。自己テスト モードでは、LED 電源インジケータは緑色のままで、画像が画面内を 動き回ります。 4. LCD ディスプレイをオフにして、ビデオ ケーブルを接続しなおします。次にコンピュ ータと LCD ディスプレイの両方をオンにします。 前の手順を行った後でも LCD ディスプレイ画面に何も映らない場合は、ビデオ コントロ ーラおよびコンピュータ システムをチェックしてください。LCD ディスプレイは正常に動 作しています。 警告メッセージ 画面は 1920 x 1080 の解像度でも表示することができます。 ただし、「画面の解像度を 変更するか、現在のモードのままにすることができます」というメッセージが短時間表示 されます。周波数が 85Hz を越える場合には、LCD ディスプレイでは 85Hz を越える周波 数をサポートしていないため、黒色の画面が表示されます。 注意 LCD ディスプレイがサポートしている解像度または周波数については、仕様 > プリセッ ト タイミング モードを参照してください。 メンテナンスと清掃 1) LCD ディスプレイ筐体のメンテナンス 電源コードを抜いてから、柔らかい布で拭き取ります。 がめりません " ベンゼン、シンナーまたはその他の引火性物質を使 用しないでください。 2) フラットパネルディスプレイ画面のメンテナンス 柔らかい布 (綿ネル) で拭き取ります。 " アセトン、ベンゼンまたはシンナーは使用してはな りません。 (スクリーン表面の傷または劣化の原因となること があります) " これらの物質を使用したことによって発生した損害 は、すべてユーザーの責任となります。 症状と推奨される措置 注意 LCD ディスプレイは、コンピュータから受信した視覚信号を再生します。したがって、コン ピュータまたはビデオカードに問題がある場合には、色彩の異常、ノイズなどのトラブル が発生することがあります。この場合には、まず問題の原因をチェックしてから、お客様 相談ダイヤルまたは販売店にお問い合わせください。 1. 電源コードおよびビデオ ケーブルがコンピュータに正しく接続されているかどうかを チェックします。 2. 起動時にコンピュータからビープ音が 3 回聞こえるかチェックします。 (この場合にはお問い合わせください) 3. ビデオカードを自分でインストールするか PC を組み立てた場合には、アダプタ (ビデ オ) がインストールされているかどうか確認します。 4. ビデオ画面のスキャン速度が 50~85Hz の範囲内にあるかどうかチェックします。 (最大解像度を使用しているときは、60 Hz を超えてはなりません) 5. アダプタ (ビデオ) ドライバのインストールに問題がある場合には、コンピュータを セーフ モードで起動して、[Control Panel (コントロール パネル)] -> [System (シ ステム)] -> [Device Manger (デバイス マネージャ)] でディスプレイ アダプタを削 除して、コンピュータを再起動してアダプタ (ビデオ) ドライバを再インストールし ます。 チェックリスト 注意 " 以下の表は、発生する可能性のある問題とその解決方法を示しています。お客様相談ダ イヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確認くださ い。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお問い合 わせください。 " ネットワークについての詳しい情報は、MagicInfo のトラブルシューティングのセクシ ョンを参照してください。 トラブルシューティングインストールに関する問題 (PC モード) 注意 LCD ディスプレイのインストールに関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: LCD ディスプレイの画面がちらつく。 A: コンピュータと LCD ディスプレイとの間を接続している信号ケーブルが、しっかり と接続されているか確認します。 (コンピュータの接続を参照) 画面に関する問題 注意 LCD ディスプレイの画面に関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: 画面が空白になり、電源インジケータがオフになる。 A: 電源コードをしっかりと接続してから LCD ディスプレイをオンにします。 (コンピュータの接続を参照) Q: "信号がありません"というメッセージ。 A: PC またはビデオ ソースに信号ケーブルがしっかり接続されていることを確認しま す。 (コンピュータの接続を参照) A: PC またはビデオ ソースがオンになっていることを確認します。 Q: "最適なモードが選択されていません」というメッセージ。 A: ビデオ アダプタの最大解像度と周波数を確認します。 A: プリセット タイミング モードのチャートに記載されているデータとこれらの値を比 較します。 Q: 映像が縦に流れる。 A: 信号ケーブルがしっかりと接続されているか確認します。必要に応じて再度接続しま す。 (コンピュータの接続を参照) Q: 画像がはっきりしない。画像がぼやける。 A: Frequency 粗調整 および 微調整 の調整を実行します。 A: すべてのアクセサリ (ビデオ拡張ケーブルなど) を取り外してから再度オンにしま す。 A: 解像度と周波数を推奨の範囲に設定します。 Q: 画像が安定せず、揺れる。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に トラブルシューティングは、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 Q: 映像にゴーストが発生する。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に は、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 Q: 映像が明るすぎる、または暗すぎる。 A: 明るさ と コントラスト を調整します。 (明るさ、コントラスト を参照してください) Q: 画面の色が正しくない。 A: OSD カラー調整メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。 Q: 暗い影によってカラー画像が歪む。 A: OSD カラー調整メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。 Q: 白色が正しく表示されません。 A: OSD カラー調整メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。 Q: 電源インジケータが点滅する。 A: LCD ディスプレイが OSD メモリに変更された設定を保存しています。 Q: 画面が点滅し、電源インジケータが 0.5 ~1 秒間隔で点滅します。 A: LCD ディスプレイが電源管理システムを使用しています。キーボードのいずれかのキ ーを押します。 Q: 画面に何も表示されず、点滅します。 A: [MENU] ボタンを押すと画面に「TEST GOOD」メッセージが表示される場合は、PDP デ ィスプレイとコンピュータのケーブル接続を確認し、コネクタを正しく接続してくだ さい。 音声に関する問題 注意 音声信号に関する問題とその解決方法を以下に示します。 Q: 音声が聞こえない。 A: LCD ディスプレイの音声入力ポートとサウンドカードの音声出力ポートにオーディオ ケーブルがしっかりと接続されていることを確認します。 (コンピュータの接続を参照) A: 音量レベルをチェックします。 Q: 音量が低すぎる。 A: 音量レベルをチェックします。 トラブルシューティングA: 音量を最大に調整しても音が小さすぎる場合には、コンピュータのサウンドカードま たはソフトウェアプログラムの音量コントロールをチェックします。 Q: 音量が大きすぎるか小さすぎる。 A: 高音 および 低音 を適切なレベルに調整します。 リモコンに関する問題 注意 リモコンに関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: リモコンのボタンが応答しない。 A: バッテリの極性 (+/‐) を確認します。 A: バッテリが消耗していないかチェックします。 A: 電源がオンになっているかどうかをチェックします。 A: 電源コードがしっかりと接続されているか確認します。 A: 付近に特殊な蛍光灯またはネオン ランプがないかチェックします。 Q & A Q: 周波数の変更方法は? A: 周波数は、ビデオ カードの再設定によって変更することができます。 注意 ビデオ カードでサポートされている周波数は、使用しているドライバのバージョン によって異なることにご注意ください。(詳細はコンピュータまたはビデオカードの マニュアルを参照してください) Q: 解像度の変更方法は? A: Windows XP: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトッ プの表示とテーマ)] → [Display (画面)] → [Settings (設定)] で解像度を設定し ます。 A: Windows ME/2000: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Settings (設 定)] で解像度を設定します。 * 詳細についてはビデオカードのメーカーにお問い合わせください。 Q: 省電力機能の設定方法は? A: Windows XP: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトッ プの表示とテーマ)] → [Display (画面)] → [Screen Saver (スクリーン セイバ ー)] で解像度を設定します。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュア ルを参照してください) トラブルシューティングA: Windows ME/2000: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Screen Saver (スクリーン セイバー)] で解像度を設定します。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュア ルを参照してください) Q: 筐体/LCD パネルをきれいにしたいのですが? A: 電源コードを抜き、LCD ディスプレイを柔らかい布で洗剤また真水を使って清掃しま す。 洗剤が残ったままにしたり、筐体を傷つけないようにしてください。水が LCD ディ スプレイの中に入らないようにしてください。 Q: ビデオの再生方法は? A: ビデオは、MPEG1 および WMV コーデックのみをサポートしています。ビデオを再生す るには、対応するコーデックをインストールします。互換性がないコーデックがある ことに注意してください。 注意 お客様相談ダイヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確 認ください。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお 問い合わせください。 トラブルシューティング仕様 一般情報 一般情報 モデル名 SyncMaster 400EX(n) SyncMaster 460EX(n) SyncMaster 550EX(n) LCD パネル サイズ 40 型 (40.0 イン チ / 101cm) 46 型 (46.0 イン チ / 116cm) 55 型 (54.6 イン チ / 138cm) 表示範囲 885.6 mm (H) x 498.15 mm (V) 1018.08 mm (H) x 572.67 mm (V) 1209.6 mm (H) x 680.4 mm (V) ピクセル ピッチ 0.46125 mm (H) x 0.15375 mm (W) 0.17675 mm (H) x 0.53025 mm (W) 0.21 mm (H) x 0.63 mm (W) 同期 水平 30~81 kHz 垂直 56~85 Hz 表示色 8 ビット、10 億 7000 万 (10 ビット ディザリング) 解像度 最適解像度 1920x1080 @ 60 Hz 最大解像度 1920x1080 @ 60 Hz 最大ピクセル クロック 148.5 MHz (アナログ、デジタル) 電源 この製品は 100~240 V の電源に対応しています。 標準電圧は国によって異なる場合があるため、製品背面のラベルを確認してくだ さい。 信号コネクタ A/D : D‐SUB、HDMI、DVI 出力、RS232C 入出力、RJ45、PC 音声 (ステレオ) 入 力、ネットワーク: LAN、USB (3port)、VGA OUT (ネットワーク モデルのみ)寸法 (W x H x D) / 重量 Ex 949.7 x 580.6 x 42.6 mm / 12.9 Kg 1082.2 x 654.4 x 39.9 mm / 15.7 Kg 1273.3 x 763.5 x 39.9 mm / 20.2 Kg Exn 949.7 x 580.6 x 42.6 mm / 13.6 Kg 1082.2 x 654.4 x 39.9 mm / 16.5 Kg 1273.3 x 763.5 x 39.9 mm / 20.9 Kg VESA 取付インターフェイス 400.0 mm x 400.0 mm 環境条件 SyncMaster 400EX SyncMaster 460EX SyncMaster 550EX 動作時 温度:0˚C ~ 40˚C (32˚F ~ 104˚F) 湿度:10~80 %、結露しないこと 記録装 置(梱包 保存時) 温度:‐20˚C ~ 45˚C (‐4˚F ~ 113˚F) 湿度:5~95 %、結露しないこと SyncMaster 400EXn SyncMaster 460EXn SyncMaster 550EXn 動作時 温度:10˚C ~ 40˚C (50˚F ~ 104˚F) 湿度:10~80 %、結露しないこと 記録装 置(梱包 保存時) 温度:‐20˚C ~ 45˚C (‐4˚F ~ 113˚F) 湿度:5~95 %、結露しないこと プラグ アンド プレイ機能 この LCD ディスプレイは、プラグ & プレイ互換システムにインストールするこ とができます。LCD ディスプレイとコンピュータ システムとのインタラクショ ンによって、最適な操作環境と LCD ディスプレイの設定が行われます。ほとん どの場合、ユーザーが設定の変更を必要としない限り、LCD ディスプレイのイン ストールは自動的に行うことができます。 ドット欠けについて この製品には、1 ppm (百万分の 1) 精度の高度な半導体技術を利用した TFT-LCD パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピクセルが光 って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではなく、使用 上問題になるものではありません。 たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 6,220,800 です。 注意 設計および仕様は事前の通知なしに変更されることがあります。 クラス A(産業用情報通信機器) :ネットワーク モデル (400EXn、460EXn、550EXn) 販売店および購入されたお客様へのご注意。 この装置は、産業用の EMC 要件(クラス A)について登録されており、 一般的な家庭環境以外で使用することができます。 仕様 クラス B (住宅用情報通信機器):ネットワークなしモデル (400EX、460EX、550EX) この装置は、住宅向けの EMI 要件(クラス B)について登録されています。すべての地域 において使用できます。 (クラス B の機器は、クラス A の機器より放出する電磁波が少なくなっています) PowerSaver この LCD ディスプレイには、PowerSaver と呼ばれる消費電力管理システムが内蔵されて います。このシステムは、LCD ディスプレイが一定時間使用されなかった場合に低消費電 力モードに切り替え、エネルギー消費を節約します。LCD ディスプレイは、キーボードの キーが押されると自動的に通常の動作状態に戻ります。消費電力を押さえるために、必要 ない場合または長時間 LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。 PowerSaver システムは、コンピュータにインストールされた VESA DPM 互換のビデオ カ ードで動作します。お使いのコンピュータにインストールされているソフトウェア ユーテ ィリティを使用して、この機能を設定してください。 PowerSaver モード 通常動作 省電力モー ド 電源オフ 電源オフ (電源スイッ チ) 電源インジケーター オン 点滅 黄色 オフ 消費電力 SyncMaster 400EX 120 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット SyncMaster 400EXn 150 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット SyncMaster 460EX 140 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット SyncMaster 460EXn 170 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット SyncMaster 550EX 170 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット SyncMaster 550EXn 200 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット プリセット タイミング モード コンピュータから送られてきた信号が以下のプリセット タイミング モードと同じ場合に は、画面は自動的に調整されます。しかし、信号が異なる場合には、電源 LED が点灯して いても画面に何も映らなくなる場合があります。ビデオ カードのマニュアルを参照して、 以下のように画面を調整してください。 表示モード 水平周波数 (kHz) 垂直周波数 (Hz) ピクセル ク ロック (MHz) 同期極性 (H/ V) IBM、640 x 350 31.469 70.086 25.175 +/‐ IBM、640 x 480 31.469 59.940 25.175 ‐/‐ IBM、720 x 400 31.469 70.087 28.322 ‐/+ MAC、640 x 480 35.000 66.667 30.240 ‐/‐ MAC、832 x 624 49.726 74.551 57.284 ‐/‐ MAC、1152 x 870 68.681 75.062 100.000 ‐/‐ 仕様表示モード 水平周波数 (kHz) 垂直周波数 (Hz) ピクセル ク ロック (MHz) 同期極性 (H/ V) VESA、640 x 480 37.861 72.809 31.500 ‐/‐ VESA、640 x 480 37.500 75.000 31.500 ‐/‐ VESA、800 x 600 35.156 56.250 36.000 +/+ VESA、800 x 600 37.879 60.317 40.000 +/+ VESA、800 x 600 48.077 72.188 50.000 +/+ VESA、800 x 600 46.875 75.000 49.500 +/+ VESA、848 x 480 31.020 60.000 33.750 +/+ VESA、1024 x 768 48.363 60.004 65.000 ‐/‐ VESA、1024 x 768 56.476 70.069 75.000 ‐/‐ VESA、1024 x 768 60.023 75.029 78.750 +/+ VESA、1152 x 864 67.500 75.000 108.000 +/+ VESA、1280 x 768 47.776 59.870 79.500 ‐/+ VESA、1280 x 960 60.000 60.000 108.000 +/+ VESA、1280 x 1024 63.981 60.020 108.000 +/+ VESA、1280 x 1024 79.976 75.025 135.000 +/+ VESA、1360 x 768 47.712 60.015 85.500 +/+ VESA、1366 x 768 47.712 59.790 85.500 +/+ VESA、1920 x 1080 66.587 59.934 138.500 +/‐ VESA、1920 x 1080 67.500 60.000 148.500 +/+ 水平周波数 画面の右端から左端を水平につなぐ 1 本の直線を スキャンするのにかかる時間を水平サイクルと言 い、水平サイクルの逆数を水平周波数と言います。 単位: kHz 垂直周波数 蛍光灯と同じように、画面は同じ画像を 1 秒間に 何回も繰り返し表示して、ユーザーに対して映像を 表示しています。この繰り返しの周波数を、垂直周 波数またはリフレッシュ レートと言います。単位: Hz 仕様情報 より良い画質でご覧いただくために コンピュータの解像度と画面の描画頻度(リフレッシュ レート)を以下の説 明に従ってコンピュータ上で調整し、最適な表示をお楽しみください。TFT-LCD に最適な画質でない場合には、画面の画質が不均一になる場合があります。 " 解像度:1920 x 1080 " 垂直周波数 (リフレッシュ レート): 60 Hz この製品には、1 ppm (百万分の 1) 以上の高精度な半導体技術を利用した TFT-LCD パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピク セルが光って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではな く、使用上問題になるものではありません。 " たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 6,220,800 で す。 モニターとパネルの外側を清掃するときには、柔らかい布に少量の水を付け て拭き取ってください。LCD 部分を清掃するときには、力を入れずに拭き取って ください。過剰な力がかかると、キズがつく場合があります。 画質に不満がある場合には、Auto ボタンを押したときに表示される表示画面 の「自動調整 機能」を行って画質を改善できる場合があります。自動調整後も ノイズが発生する場合には、微調整/粗調整 調整機能を使用します。 静止画面を長時間表示し続けると、画像が残ったり画面がぼやけたりする場 合があります。長時間モニターの前から離れるときには、省電力モードにする か、動画のスクリーンセーバーを設定してください。 製品情報(残像について) 残像とは? LCD パネルは、通常の使用 (下記参照) において、残像は発生しません。 通常の条件とは、連続的に変化するビデオパターンとして定義されます。LCD パ ネルが固定されたパターンの状態で、長時間(12時間以上)使用されると、ピク セル内の液晶を動作させる電極の間で若干の電圧の差が生じる場合があります。 電極間の電圧の差が時間とともに増大すると、液晶が曲げられてしまいます。こ のような現象が発生すると、パターンが変化したときに以前のイメージが見える 場合があります。これを防止するために、蓄積した電圧差を解消する必要があり ます。電源オフ、スクリーンセイバー、または省電力モード " 12 時間使用: 電源を 2 時間オフ " PC の表示プロパティの電源管理機能で、モニターの電源をオフにするよう設 定します。 情報 " 可能な場合にはスクリーンセイバーを使用します ‐ スクリーンセイバー は、単色または動く映像のものをお勧めします。 " 残像防止機能を使用することをお勧めします。 ‐ 詳細な設定手順については、裏ページを参照してください。 定期的に色の組み合わせを変更する 注意 2 つの異なる色の使用 2 つの色情報を 30 分ごとに切り替えます。 " 明るさが極端に異なる文字色と背景色の組み合わせは避けてください。 また、残像が発生する原因となりますのでグレーは使用しないでください。 避けること:明るさが大きく異なる色 (白と黒、灰色) の使用。 定期的に文字色を変更する " 明るさの差が少ない明るい色を使用します。 ‐ 周期:文字色と背景色を 30 分間隔で変更 " 30 分ごとに、文字を動かして変更します。 " 画像やロゴを定期的に表示します。 ‐ 周期:ロゴとともに移動するイメージを 4 時間使用するごとに 60 秒表示 します。 情報 " 残像を抑えるのにもっとも効果的な方法は PC を使用していないときにスクリ ーンセイバーが 起動するように設定することです。これらのガイドラインに 従わない場合には、保証内容に影響を与える場合があります。 製品に画面スクロール機能を使用する " 画面スクロール機能を使用する ‐ 症状:黒色の水平線が上下に移動します。 製品に画面ピクセル機能を使用する " 画面ピクセル機能を使用する ‐ 症状:黒色の点が上下に移動します。 " 画面バー機能を使用する ‐ 症状:黒色の水平/垂直線が上下に移動します。 製品に画面消去機能を使用する " 画面消去機能を使用する ‐ 症状:2 つの垂直なブロックが表示を消していきます。 情報残像防止機能を低品に適用します。 " [Image Retention Free を適用] 機能を選択します。 残像防止アルゴリズムは、LCD LFD で使用されています。 " グレー挿入アルゴリズムを各ピクセルに適用して、画像の残像特性を向上し ています。 残像防止アルゴリズムのアプリケーションによる制限。 " ピクセル グレー挿入アルゴリズムが適用されています。 ‐ したがって、明るさが元の明るさよりも低下 (25 ~ 30%) します。さら に、ユーザーが横または縦方向に動きながら、あるいは近くから画面を見た 場合には、挿入されたグレーのピクセルがひずんで (メッシュ状、またはち らついて)見えることがあります。 " 横または縦に動く画面を見た場合:メッシュ状のノイズが発生し、明るさ が低下 (25 ~30%) します。 " 近くから画面を見た場合:1 ピクセル サイズのゆらぎノイズが発生し、線 が震えて見えます。 " 特定のパターンで表示されるちらつき 利用ガイド " 使用条件:12 時間使用したら、2 時間オフにすることをお勧めします。 " 工場出荷時の設定:Image Retention Free 機能: オフ " この機能による明るさ低下の影響を最小限にするためには、画面の明るさを 最も明るいレベルに設定してからこの機能を使用することをお勧めします。 たとえば MagicBright モード:エンターテイメント " 4 ピクセル幅/2 ピクセル サイズよりも大きい文字を推奨します。 ‐ 1 ピクセル幅/文字の画像では、ゆらぎノイズやちらつきが出ることがあ ります。 情報付録 お客様相談ダイヤル 東雲サービスセンター 受付時間 平日(土日祭日を除く)9:00~17:00 ※ ホームページ http://www.samsung.com/jp 住所 〒135‐0062 東京都江東区東雲2‐6‐38 Fax 03‐3527‐5533 注意 ※ 予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。 用語 ドット ピッチ モニターの画像は、赤色、緑色および青色のドットで構成 されています。ドットの間隔が小さいほど、解像度は高く なります。同じ色の 2 個のドット間の距離を「ドット ピ ッチ」と言います。単位:mm 垂直周波数 ユーザーに対して画像を作成して表示するには、1 秒間当 たり何回も画像を再描画しなければなりません。1 秒当た りのこの繰り返しの回数を、垂直周波数またはリフレッシ ュ レートと言います。単位: Hz 例:同じ光が 1 秒間に 60 回繰り返すときには、60 Hz と なります。 水平周波数 画面の右端から左端を水平につなぐ直線をスキャンするの にかかる時間を、水平サイクルと言います。水平サイクル の逆数を水平周波数と呼びます。単位:kHz インタレース法とノンインタ レース法 画面の水平線を上から下に順番に表示していく方法をノン インタレース法と言い、奇数番目のラインを表示してから 偶数番目のラインを表示する方法をインタレース法と言い ます。ノンインタレース法は、明確な画像にするために多 ii 400EX(n) 460EX(n) 550EX(n) LCD DISPLAY quick start guideIntroduction Package Contents Note Please make sure the following items are included with your LCD Display. If any items are missing, contact your dealer. Contact a local dealer to buy optional items. Note This stand is not for the Floor Standing Type. Checking the Contents of the Package Remove the lock from the package box, as shown in the figure above. Lift up the package box by holding the grooves on both sides of the package box. Check the contents of the package. Remove the Styrofoam and vinyl cover. Note • After unpacking the package, make sure to check the contents of the package. • Make sure to keep the package box for transporting the product in the future. • After unpacking, you may use the lower part of the package box as a temporary stand for product test or operation check. 8Unpacking LCD Display Manuals Quick Setup Guide Warranty Card (Not available in all locations) User's Guide MagicInfo Software CD, MagicInfo Manual CD (Applicable to the EXn model only) Cables Power Cord D-Sub Cable Others Remote Control (BP59-00138A) Batteries (AAA X 2) (Not available in all locations) HOLDER-WIRE 2EA (BN61-05373A) Introduction 9Sold separately LAN Cable USB Cable (Applicable to the EXn model only) RGB to BNC Cable RGB to Component Cable RGB to AV Cable Network Box (Applicable to the EX model only) Wall Mount KIT Your LCD Display Front SOURCE button Switches from PC mode to Video mode. Selects the input source that an external device is connected to. [PC] → [AV] → [Component] → [HDMI] → [MagicInfo] Note For an EX model, • MagicInfo can only be enabled when a network box is connected. • The HDMI port and network box cannot be connected at the same time. Introduction 10(Power) button Use this button for turning the LCD Display on and off. Brightness Sensor Automatically detects the surrounding brightness. Power indicator Shows PowerSaver mode by blinking green Note See PowerSaver described in the manual for further information regarding power saving functions. For energy conservation, turn your LCD Display OFF when it is not needed or when leaving it unattended for long periods. Remote Control Sensor Aim the remote control towards this spot on the LCD Display. Rear Note For detailed information concerning cable connections, refer to Connecting Cables under Setup. The LCD Display's configuration at the back may vary slightly depending on the model. Introduction 11 POWER S/W ON [ │ ] / OFF Switches the LCD Display On/Off. POWER The power cord plugs into the LCD Display and the wall outlet. Note Applicable to the EXn model only. CMOS CLEAR Resets MagicInfo. USB 1 / 2 / 3 (USB Connection Terminal ) Keyboard / Mouse, Mass Storage Device Compatible. LAN (LAN Connection Terminal) Connects to a LAN cable to allow Internet or network access in MagicInfo mode. RGB OUT MagicInfo video output port RS232C OUT / IN (RS232C Serial PORT) MDC(Multiple Display Control) Program Port RJ 45 MDC (MDC PORT) MDC(Multiple Display Control) Program Port Introduction 12HDMI IN • Connect the HDMI terminal at the back of your LCD Display to the HDMI terminal of your digital output device using a HDMI cable. • Up to HDMI 1.0 can be supported. DVI OUT(LOOPOUT) • Connect a monitor to another monitor through a DVI, DVI to HDMI cable. • Connect the [DVI OUT(LOOPOUT)] port on the monitor to the [HDMI IN] port on the other monitor using the DVI to HDMI cable. • HDMI and network signals sent via the [DVI OUT(LOOPOUT)] port are displayed on the second display which has the DVI IN port. Note A maximum of 6 monitors can be connected to DVI-Loopout. However, up to 10 monitors can be connected in Full HD mode depending on the type of cable or signal equipment connected. RGB / COMPONENT / AV IN • Connect the [RGB/COMPONENT/AV IN] port of the product to the RGB port of the PC using the D-SUB cable. • Connect the [RGB / COMPONENT / AV IN] port on the monitor to the Component port on the external device using the RGB to Component cable. • Connect the [RGB / COMPONENT / AV IN] port on the monitor to the BNC port on the PC using the RGB to BNC cable. • Connect the [RGB / COMPONENT / AV IN] port on the monitor to the AV port on the external device using the RGB to AV cable. Introduction 13AUDIO IN Connect the [AUDIO IN] port on the monitor to the audio output port on the PC or on the external device using an audio cable. AUDIO OUT Connect a headphone or an External speaker. Note The [AUDIO OUT] port is only supported for 460EX(n) and 550EX(n) models. Kensington Lock A Kensington Lock is an anti-theft device that enables users to lock the product so that they can safely use it in public locations. Since the shape and usage of the locking device may differ depending on the model and the manufacturer, refer to the User Manual supplied with the locking device for more information. Note You must purchase the Kensington Lock separately. To lock the product, follow these steps: 1. Wrap the Kensington lock cable around a large, stationary object such as a desk or chair. 2. Slide the end of the cable with the lock attached through the looped end of the Kensington lock cable. 3. Insert the locking device into the Kensington slot on the Monitor ( ). 4. Lock the lock ( ). Note • These are general instructions. For exact instructions, see the User Manual supplied with the locking device. Introduction 14• You can purchase the locking device from an electronics store, an online shop, or our service center. Note See Connecting Cables for further information regarding cable connections. Remote Control Note The performance of the remote control may be affected by a TV or other electronic device operating near the LCD Display , causing a malfunction due to interference with the frequency. POWER OFF Number Buttons DEL / GUIDE button + VOL - SOURCE D.MENU TOOLS Up-Down Left-Right buttons INFO COLOR BUTTONS TTX/MIX MTS/DUAL ENTER/PRE-CH MUTE CH/P TV MENU RETURN EXIT MagicInfo 1. POWER Turns the product On. 2. OFF Turns the product Off. 3. Number Buttons Used to enter the password during the OSD adjustment or to use MagicInfo. Press to change the channel. Introduction 154. DEL / GUIDE button The "-" button is used to select Digital channels. Electronic Program Guide (EPG) display. - This function does not work for this LCD Display. 5. + VOL - Adjusts the audio volume. 6. SOURCE Selects a connected external input source or MagicInfo mode. Press the button to change the input signal SOURCE. Changing the SOURCE is only allowed for external devices that are connected to the LCD Display at the time. 7. D.MENU DTV menu display - This function does not work for this LCD Display. 8. TOOLS Use to quickly select frequently used functions. - This function does not work for this LCD Display. 9. Up-Down Left-Right buttons Moves from one menu item to another horizontally, vertically or adjusts selected menu values. 10. INFO Current picture information is displayed on the upper left corner of the screen. 11. COLOR BUTTONS Press to add or delete channels and to store channels to the favorite channel list in the “Channel List” menu. - This function does not work for this LCD Display. 12. TTX/MIX TV channels provide written information services via teletext. - Teletext Buttons - This function does not work for this LCD Display. 13. MTS/DUAL MTSYou can select MTS (Multichannel Television Stereo) mode. Audio Type MTS/S_Mode Default FM Stereo Mono Mono Manual Change Stereo Mono ↔ Stereo SAP Mono ↔ SAP Mono DUALSTEREO/MONO, DUAL l / DUAL ll and MONO/NICAM MONO/NICAM STEREO can be operated depending on the broadcasting type by using the DUAL button on the remote control while watching TV. Introduction 16- This function does not work for this LCD Display. 14. ENTER/PRE-CH This button is used to return to the immediately previous channel. - This function does not work for this LCD Display. 15. MUTE Pauses (mutes) the audio output temporarily. This is displayed on the lower left corner of the screen. The audio comes back on if MUTE or - VOL + is pressed in the Mute mode. 16. CH/P In TV mode, selects TV channels. - This function does not work for this LCD Display. 17. TV Selects the TV mode directly. - This function does not work for this LCD Display. 18. MENU Opens the on-screen menu and exits from the menu or closes the adjustment menu. 19. RETURN Returns to the previous menu. 20. EXIT Exits from the menu screen. 21. MagicInfo MagicInfo Quick Launch Button. Note This button is disabled for products that do not support MagicInfo. Introduction 17Connections Connecting a Computer There are several ways to connect the computer to the monitor. Choose one from the following options. Using the D-sub (Analog) connector on the video card. • Connect the D-sub to the 15-pin, [RGB / COMPONENT / AV IN] port on the back of your LCD Display and the 15 pin D-sub Port on the computer. Using the HDMI (digital) output on the graphics card. • Connect the [HDMI IN] port on the LCD Display to the HDMI port on the PC using the HDMI cable. 34 Note When the HDMI cable to the PC, ensure that you select HDMI from both the Source List and Edit Name before selecting PC or DVI device so that normal PC screen and sound can be outputted. Note that sound is only available when connected according to the option that follows. Connect the Audio cable for your LCD Display to the Audio port on the back of the LCD Display. Connect the power cord for your LCD Display to the Power port on the back of the LCD Display. Turn on the power switch. Note • Turn on both your computer and the LCD Display. • Contact a local SAMSUNG Electronics Service Center to buy optional items. Connecting to Other devices Note • AV input devices such as DVD players, VCRs or camcorders as well as your computer can be connected to the LCD Display. For detailed information on connecting AV input devices, refer to the contents under Adjusting Your LCD Display. • The LCD Display 's configuration at the back may vary slightly depending on the LCD Display model. Connections 35Connecting an External Monitor 1. Connect between the [DVI OUT(LOOPOUT)] port on the LCD Display and the input port on another monitor using a DVI cable. 2. Connect between the [AUDIO OUT] port on the LCD Display and the audio input port on another monitor using a stereo cable. 3. Select DVI using the SOURCE button on the front of the LCD Display or on the remote control. Note DVI OUT does not support HDCP. Connecting Using a RGB to AV Cable 1. Connect the RGB to AV cable to the [RGB/COMPONENT/AV IN] port on the monitor. Connections 362. Connect a set of audio cables between the [AUDIO IN] on the LCD Display and the AUDIO OUT jacks on the DVD player. Note • Select AV for the connection to a DVD player using the SOURCE button on the front of the LCD Display or on the remote control. • Then, start the DVD Player with a DVD disc inserted. • A RGB to AV cable is optional. Connecting Using a HDMI Cable 1. Connect input devices such as a Blu-Ray/DVD player to the [HDMI IN] terminal of the LCD Display using an HDMI cable. 2. Select HDMI using the SOURCE button on the front of the LCD Display or on the remote control. Note In HDMI mode, only PCM format audio is supported. Connections 37Connecting Using a DVI to HDMI Cable 1. Connect the DVI output terminal of a digital output device to the [HDMI IN] terminal of the LCD Display using a DVI to HDMI cable. 2. Connect the red and white jacks of an RCA to stereo (for PC) cable to the same colored audio output terminals of the digital output device, and connect the opposite jack to the [AUDIO IN] terminal of the LCD Display. 3. Select HDMI using the SOURCE button on the front of the LCD Display or on the remote control. Connecting a DVD Player 1. Connect a RGB to Component cable between the [RGB / COMPONENT / AV IN] port on the LCD Display and the PR, Y, PB jacks on the DVD player. Connections 382. Connect a set of audio cables between the [AUDIO IN] on the LCD Display and the AUDIO OUT jacks on the DVD player. Note • Select Component for the connection to a DVD player using the SOURCE button on the front of the LCD Display or on the remote control. • Then, start the DVD Player with a DVD disc inserted. • A RGB to component cable is optional. • For an explanation of Component video, consult your DVD manual. Connecting a DTV Set Top (Cable/Satellite) Box 1. Connect a RGB to Component cable between the [RGB / COMPONENT / AV IN] port on the LCD Display and the PR, Y, PB jacks on the Set Top Box. 2. Connect a set of audio cables between the [AUDIO IN] on the LCD Display and the AUDIO OUT jacks on the Set Top Box. Note • Select Component for the connection to a DTV Set Top Box using the SOURCE button on the front of the LCD Display or on the remote control. • For an explanation of Component video, see your Set Top Box owner's manual. Connections 39Connecting to an Audio System 1. Connect a set of audio cables between the AUX L, R jacks on the AUDIO SYSTEM and [AUDIO OUT] on LCD Display. Connecting a LAN Cable Connect the LAN cable. Note Applicable to the EXn model only. Connections 40Connecting a USB devices You can connect USB devices such as a mouse or keyboard. Note Applicable to the EXn model only. Assembling the Cables Note Do not pull the cables too hard when arranging them. This may cause damage to the product’s connection terminals. Connections 41Troubleshooting Self-Test Feature Check Note Check the following items yourself before calling for assistance. Contact a Service Center for problems that you cannot solve by yourself. Self-Test Feature Check 1. Turn off both your computer and the LCD Display. 2. Unplug the video cable from the back of the computer. 3. Turn on the LCD Display. The figure shown below ("No Signal") appears on a black background when the LCD Display is working normally even though no video signal is detected: While in the Self-Test mode, the LED power indicator remains green and the figure moves around on the screen. 4. Turn off your LCD Display and reconnect the video cable; then turn on both your computer and the LCD Display If your LCD Display screen remains blank after using the previous procedure, check your video controller and computer system; your LCD Display is functioning properly. Warning Messages You can even view the screen at a resolution of 1920 x 1080. However, you will receive the following message for a minute; You can choose to change the screen resolution or stay in the current mode during that time. If the resolution is more than 85Hz, you will see the black screen because the LCD Display does not support over 85Hz. Note Refer to Specifications > Preset Timing Modes for the resolutions or frequencies supported by the LCD Display. Maintenance and Cleaning 1) Maintaining the LCD Display Case. Clean with a soft cloth after disconnecting the power cord. 97• Do not use benzene, thinner or other flammable substances. 2) Maintaining the Flat Panel Display Screen. Clean with a soft cloth (cotton flannel). • Never use acetone, benzene or thinner. (They may cause flaws or deformation of the screen surface.) • The user is responsible for any damage caused by using these substances. Symptoms and Recommended Actions Note A LCD Display recreates visual signals received from the computer. Therefore, if there is a problem with the computer or the video card, this can cause the LCD Display to become blank, have poor coloring, become noisy, etc. In this case, first check the source of the problem, and then contact a Service Center or your dealer. 1. Check if the power cord and the video cables are properly connected to the computer. 2. Check if the computer beeps more than 3 times when booting. (If it does, request service.) 3. If you installed a new video card or if you assembled the PC, check if you installed the Adaptor(video). 4. Check if the scanning ratio of the video screen is set to between 50 Hz ~ 85 Hz. (Do not exceed 60Hz when using the maximum resolution.) 5. If you have problems in installing the Adaptor (video) driver, boot the computer in Safe Mode, remove the Display Adaptor in the "Control Panel −> System −> Device Administrator" and then reboot the computer to reinstall the Adaptor (video) driver. Check List Note • The following table lists possible problems and their solutions. Before calling for assistance, check the information in this section to see if you can remedy any problems for yourself. If you do need assistance, please call the phone number on the Information section or contact your dealer. • For more network-related information, refer to the MagicInfo Troubleshooting section. Problems related to the Installation (PC Mode) Note Problems related to the LCD Display installation and their solutions are listed. Q: The LCD Display screen flickers. Troubleshooting 98A: Check if the signal cable between the computer and the LCD Display is securely connected. (Refer to Connecting a Computer) Problems related to the Screen Note Problems related to the LCD Display screen and their solutions are listed. Q: The screen is blank and the power indicator is off. A: Ensure that the power cord is firmly connected and the LCD Display is on. (Refer to the Connecting a Computer) Q: "No Signal" message. A: Ensure that the signal cable is firmly connected to the PC or video sources. (Refer to the Connecting a Computer) A: Ensure that the PC or video sources are turned on. Q: "Not Optimum Mode" message. A: Check the maximum resolution and the frequency of the video Adaptor. A: Compare these values with the data in the Preset Timing Modes Chart. Q: The picture rolls vertically. A: Check if the signal cable is securely connected. Re-connect it, if necessary. (Refer to Connecting a Computer) Q: The image is not clear; picture is blurred. A: Run Frequency Coarse and Fine tuning. A: Turn on again after removing all accessories (video extension cable, etc.) A: Set the resolution and frequency to the recommended ranges. Q: The picture image is unstable and shakes. A: Check if the resolution and frequency set for the computer video card falls in the range supported by the LCD Display. If not, reset them referring to the current Information under the LCD Display menu and Preset Timing Modes. Q: Ghost images are shown in the picture. A: Check if the resolution and frequency set for the computer video card falls in the range supported by the LCD Display. If not, reset them referring to the current Information under the LCD Display menu and Preset Timing Modes. Q: The image is too light or too dark. A: Adjust the brightness and contrast. (Refer to the Brightness, Contrast) Troubleshooting 99Q: The screen color is inconsistent. A: Adjust color using Custom under OSD Color Adjustment menu. Q: The color image is distorted by dark shadows. A: Adjust color using Custom under OSD Color Adjustment menu. Q: The color white is poor. A: Adjust color using Custom under OSD Color Adjustment menu. Q: The Power Indicator blinks. A: The LCD Display is currently saving the changes made in the settings to the OSD memory. Q: The screen is blank and the power indicator light blinks every 0.5 or 1 seconds. A: The LCD Display is using its power management system. Press any key on the keyboard. Q: The screen is blank and it is blinking. A: If you see the "TEST GOOD" message on the screen when you pressing the MENU button, check the cable connection between the LCD Display and the computer to ensure that the connector is properly connected. Problems related to Audio Note Problems related to audio signals and their solutions are listed below. Q: No sound. A: Ensure that the audio cable is firmly connected to both the audio-in port on your LCD Display and the audio-out port on your sound card. (Refer to the Connecting a Computer) A: Check the volume level. Q: The sound level is too low. A: Check the volume level. A: If the volume is still too low after turning the control to its maximum, check the volume control on the computer sound card or software program. Q: The sound is too high or too low. A: Adjusts the Treble and Bass to the appropriate levels. Problems related to the Remote Control Note Problems related to the remote control and their solutions are listed. Q: The remote control buttons do not respond. A: Check the polarities (+/-) of the batteries. Troubleshooting 100A: Check if the batteries are empty. A: Check if the power is on. A: Check if the power cord is securely connected. A: Check if a special fluorescent or neon lamp is on in the vicinity. Q & A Q: How can I change the frequency? A: The frequency can be changed by reconfiguring the video card. Note That video card support can vary, depending on the version of the driver used. (Refer to the computer or the video card manual for details.) Q: How can I adjust the resolution? A: Windows XP: Set the resolution in the Control Panel → Appearance and Themes → Display → Settings. A: Windows ME/2000: Set the resolution in the Control Panel → Display → Settings. * Contact the video card manufacturer for details. Q: How can I set the Power Saving function? A: Windows XP: Set the resolution in the Control Panel → Appearance and Themes → Display → Screen Saver. Set the function in the BIOS-SETUP of the computer. (Refer to the Windows / Computer Manual). A: Windows ME/2000: Set the resolution at the Control Panel → Display → Screen Saver. Set the function in the BIOS-SETUP of the computer. (Refer to the Windows / Computer Manual). Q: How can I clean the outer case/LCD Panel? A: Disconnect the power cord and then clean the LCD Display with a soft cloth, using either a cleaning solution or plain water. Do not leave any detergent or scratches on the case. Do not let any water enter the LCD Display. Q: How can I play the video? A: The video supports the MPEG1 and WMV codecs only. Install the corresponding codec to play the video. Note that some of the codecs can be incompatible. Troubleshooting 101 Note Before calling for assistance, check the information in this section to see if you can remedy any problems yourself. If you do need assistance, please call the phone number on the Information section or contact your dealer. Troubleshooting 102 くのモニターで使用されています。インタレース法は、TV で使用されているものと同じです。 プラグ & プレイ コンピュータとモニターが自動的に情報を交換することに より、ユーザーに最高の画質を提供する機能です。このモ ニターは、プラグ & プレイ機能について国際規格 VESA DDC に対応しています。 解像度 画面の画像を構成するのに使用される水平および垂直方向 のドットの数を、「解像度」と呼びます。この数は、表示 の正確さを示しています。高い解像度では、多くの画像情 報を画面上に表示できるため、複数の作業を実行する場合 に適しています。 例:解像度が 1920 X 1080 の場合、水平方向のドットが 1920 個 (水平解像度)、垂直線 1080 本 (垂直解像度) で 構成されていることを意味します。制限事項 本書の内容は、将来予告なく変更されることがあります。 2010 Samsung Electronics Co., Ltd. All rights reserved. Samsung Electronics Co., Ltd.の文書による許可なしには、いかなる複製も堅く禁じま す。 内容に含まれる誤り、または設置や使用の結果として起こる損害について、Samsung Electronics Co., Ltd.は一切の責任を負いません。 Samsung は Samsung Electronics Co., Ltd.の登録商用です。Microsoft, Windows および Windows NT は、Microsoft Corporation の登録商標です。VESA、DPM および DDC は Video Electronics Standard Association の登録商標です。ENERGY STAR�ョの名称とロゴは U.S. Environmental Protection Agency (EPA)の登録商標です。そのほかこの文書に含まれるす べての商品名は、各企業・団体の商標もしくは登録商標です。 本製品は日本国内用として製造、販売しています。日本国外で使用された場合、当社は責 任を負い兼ねます。また、技術相談や、アフターサービスなども国外では行っておりませ んのでご注意ください。 本製品は一般 OA 用として設計・製造されています。一般 OA 用以外の用途で使用される場 合は、保証期間内であっても無償修理の対象外となることがありますのでご注意ください。 VCCI について この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラス B 情報 技術装置です。この装置は、家庭環境で使用 することを目的としていますが、この装置が ラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあり ます。取扱説明書に従って正しい取り扱いをして 下さい。 付録 はじめに このたびは、「SoftBank 708SC」をお買い上げい ただき、まことにありがとうございます。 ●SoftBank 708SCをご利用の前に本書をご覧にな り、正しくお取り扱いください。 ●本書をご覧いただいたあとは、大切に保管してくだ さい。 ●本書を万一紛失または損傷したときは、お問い合わ せ先(fP.26-23)までご連絡ください。 ●ご契約の内容により、ご利用になれるサービスが限 定されます。 708SCは、3G方式とGSM方式に対応しておりま す。 ご注意 ・ 本書の内容の一部でも無断転載することは禁止 されております。 ・ 本書の内容は将来、予告なしに変更することが ございます。 ・ 本書の内容に関して、一部日本では提供してい ない機能、サービスの説明が記載されている場 合があります。 Not all functions and services described in this user guide are available in Japan. ・ 本書の内容については万全を期しておりますが、 万一ご不審な点や記載漏れなどお気づきの点が ございましたら、お問い合わせ先(fP.26-23) までご連絡ください。 ・ 乱丁、落丁はお取り替えいたします。 708SC.book i ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分i お買い上げ品の確認 SoftBank 708SC本体のほかに、次の付属品がそろっていることをお確かめください。付属品は、オプショ ン品としても取り扱いしております。 付属品、オプション品につきましては、お問い合わせ先(fP.26-23)までご連絡ください。 電池パック 急速充電器 ユーティリティソフトウェア ステレオイヤホンマイク (CD-ROM) USBケーブル 補足 ● microSDTM メモリカードについて 708SCはmicroSDTM メモリカード(以降、「メモリカード」と記載します)に対応しています。ご利用にあたっては、市販のmicroSDTM メモリカードを購入してください。 ● ユーティリティソフトウェアについて ユーティリティソフトウェアの取扱説明書は、CD-ROMに格納されております。また、ユーティリティソフトウェアは予告無く変更さ れる場合があります。あらかじめご了承ください。なお、最新版のユーティリティソフトウェアはソフトバンクホームページ(http:// www.softbank.jp)からダウンロードいただけます。 708SC.book i ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ii 目 次 お買い上げ品の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .i 目 次 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ii 本書の見かた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xii 安全上のご注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xiv お願いとご注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxv 708SCの比吸収率(SAR)について . . . . . . . . . . . . xxx 1 ご利用になる前に USIMカードのお取り扱い . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-2 USIMカードをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-2 USIMカードを取り付ける/取り外す. . . . . . . . . . . . . . .1-3 PINコード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-4 各部の名称と機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-5 本体. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-5 ディスプレイ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-7 電池パックと充電器のお取り扱い . . . . . . . . . . . . . . . . 1-9 電池パックと充電器をご利用になる前に. . . . . . . . . . . . .1-9 電池パックを取り付ける/取り外す . . . . . . . . . . . . . . 1-11 急速充電器を利用して充電する . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-12 シガーライター充電器(オプション)を利用して 充電する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-14 電源を入れる/切る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-15 電源を入れる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-15 電源を切る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-16 日付・時刻の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-16 日付や時刻を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-16 日付や時刻を自動的に補正する . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-17 タイムゾーンを変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-17 機能の呼び出しかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-18 メインメニューから機能を呼び出す . . . . . . . . . . . . . . 1-18 ショートカットキーで機能を呼び出す . . . . . . . . . . . . 1-19 スイッチバーで機能を呼び出す . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-20 メニューの使いかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-20 暗証番号. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-21 暗証番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-21 交換機用暗証番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-21 発着信規制用暗証番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-21 2 基本的な操作のご案内 電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-2 電話を受ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-3 着信を拒否して電話を切る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-5 簡易留守録の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-5 簡易留守録を設定/解除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-5 呼出時間を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-6 応答メッセージの言語を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .2-6 録音された用件を確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-6 通話中の操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-7 相手の声の音量を調節する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 通話を保留にする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 スピーカーホン通話に切り替える. . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 708SC.book ii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分iii 相手の声を録音する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 通話中のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-8 通話履歴の利用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9 通話履歴を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-9 通話履歴を使って電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-9 通話履歴を削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-9 通話履歴のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-10 通話時間/通話料金を管理する. . . . . . . . . . . . . . . . .2-11 データ通信量/通話時間/通話料金を確認する. . . . . . 2-11 通話料金の限度額を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-12 通話中の画面に通話料金を表示する . . . . . . . . . . . . . . 2-12 海外での利用(国際ローミング). . . . . . . . . . . . . . . .2-12 ネットワークモードを切り替える. . . . . . . . . . . . . . . . 2-12 ネットワークを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-13 海外で電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-14 緊急電話発信について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-14 3 マナーモード マナーについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 マナーを守るための機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .3-2 マナーモードを設定/解除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 モードを切り替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 オフラインモードを設定/解除する . . . . . . . . . . . . . . 3-3 4 文字の入力方法 文字入力について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-2 文字入力画面について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-2 入力モードの切り替え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-2 ダイヤルボタンの割り当て. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-3 文字の入力方法. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-4 漢字/ひらがなを入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-4 カタカナを入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-5 英字を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-6 数字を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-7 記号/絵文字/顔文字を入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . .4-7 改行する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-8 登録内容や文を引用して入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . .4-8 ハングル入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-9 文字の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-9 文字を消去/修正する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-9 コピー/切り取り/貼り付けをする . . . . . . . . . . . . . . . .4-9 カーソルを先頭/最後に移動する. . . . . . . . . . . . . . . . 4-10 予測入力機能の設定/解除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 学習機能の設定/解除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 文字サイズの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 ユーザ辞書の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 入力した文字をユーザ辞書に登録する . . . . . . . . . . . . 4-12 SMS定型文の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-13 5 電話帳 電話帳の登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-2 電話帳に登録できる項目 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-2 電話帳に登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-3 通話履歴から登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-5 708SC.book iii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分iv グループの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-6 USIMカードのグループを作成する . . . . . . . . . . . . . . . .5-6 グループの設定を変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-6 グループにメンバーを追加する . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-7 電話帳の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-8 電話帳から電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-8 スピードダイヤルで電話をかける. . . . . . . . . . . . . . . . 5-10 電話帳のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-11 電話帳の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-12 電話帳を編集する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-12 使用する電話番号やE-mailアドレスを発信/ 送信種別ごとに設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-12 USIMカードとの間で電話帳をコピーする . . . . . . . . . 5-13 電話帳を削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-13 オーナー情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-14 6 TVコール TVコールをご利用になる前に. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-2 TVコールをかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-2 TVコールを受ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-3 TVコール中の操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-3 TVコール中のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-5 TVコールの各種設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-5 自画像の送信について設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-5 代替画像を選択する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-6 TVコールがつながらなかったときの動作を設定する . . .6-6 TVコールを受けたときに音声を送信しないように 設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-7 7 カメラ カメラをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-2 カメラ利用時のご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-2 ビューファインダー(撮影画面) . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-2 静止画の撮影 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-3 静止画撮影モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-3 静止画を撮影する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-4 動画の撮影 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-9 動画撮影モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-9 動画を撮影する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-9 カメラの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-11 静止画の設定をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-11 動画の設定をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-13 画像の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-14 静止画を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-14 動画を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-14 静止画の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-14 動画の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-16 Flash ® の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-17 メール添付 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-19 8 ディスプレイの設定 待受画面の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-2 ディスプレイの壁紙を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-2 時計表示を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-4 事業者名を表示させる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-5 708SC.book iv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分v 表示するフォントの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-5 メニュー表示の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-5 メニュースタイルを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-5 ポップアップメニューを設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-5 メニューの文字サイズを設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-6 明るさと点灯時間の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-6 ディスプレイの明るさを調整する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-6 バックライト点灯時間を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-6 ダイヤル表示の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-7 表示言語の切り替え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-7 9 音の設定 各モードの設定内容を変更する. . . . . . . . . . . . . . . . . . 9-2 10 メディアプレイヤー メディアプレイヤーをご利用になる前に . . . . . . . . . .10-2 音楽を再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10-3 プレイリストを使って再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-6 音楽再生のプレイヤー設定を変更する. . . . . . . . . . . .10-7 リピートモードを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-7 再生中の音量を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-7 オーディオスキンを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-8 ビジュアルを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-8 動画を再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10-9 動画再生のプレイヤー設定を変更する. . . . . . . . . . 10-11 リピートモードを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-11 再生中の音量を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-12 表示サイズを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-12 11 データ管理(データフォルダ) データフォルダについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11-2 データフォルダの構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-2 ファイルの確認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11-3 ファイルを確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-3 ファイルビューアでドキュメントを確認する . . . . . . . 11-5 SVG-T/Flash ® ビューアでグラフィックス/ アニメーションを確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-8 ファイルを並べ替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-9 ファイルの利用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-10 画像ファイルを各種の画面に設定する . . . . . . . . . . . 11-10 サウンドファイルを着信音に設定する . . . . . . . . . . . 11-11 動画ファイルを着信音に設定する. . . . . . . . . . . . . . . 11-11 Flash ® ファイルを壁紙に設定する. . . . . . . . . . . . . . 11-12 vファイルを各機能に取り込む . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-12 データフォルダのメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . 11-13 ファイル/フォルダの管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-15 フォルダを作成する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-15 ファイル名/フォルダ名を変更する . . . . . . . . . . . . . 11-15 ファイル/フォルダを移動する . . . . . . . . . . . . . . . . 11-16 ファイル/フォルダをコピーする. . . . . . . . . . . . . . . 11-17 ファイル/フォルダを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . 11-18 コンテンツ・キーを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-19 メモリカードの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-19 メモリカードの取り扱いについて. . . . . . . . . . . . . . . 11-20 708SC.book v ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分vi メモリカードを取り付ける/取り外す . . . . . . . . . . . 11-20 メモリカードの表示名を変更する. . . . . . . . . . . . . . . 11-22 メモリカードの詳細情報を表示する . . . . . . . . . . . . . 11-22 メモリカードをフォーマット(初期化)する . . . . . . 11-22 12 外部接続 外部接続について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12-2 Bluetooth ® . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12-2 Bluetooth ® 通信をご利用になる前に . . . . . . . . . . . . 12-2 データを送受信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-3 ハンズフリー機器などを接続する. . . . . . . . . . . . . . . . 12-7 Bluetooth ® の設定を変更する. . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-8 USB接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12-9 パソコンに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-9 プリンタに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-10 マスストレージ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-11 パソコンに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-11 パソコンから取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-11 13 セキュリティ 暗証番号の変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-2 PINコードの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-2 PIN/PIN2コードを変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-2 起動時PIN認証. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-3 PINロックを解除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-3 USIM照合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-4 無断で利用されたくないとき . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-4 簡易ロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-4 パスワードロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-5 プライバシーロック. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-5 シークレットモード設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-6 モバイルトラッカー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-6 番号通知のない着信/迷惑電話を拒否する (着信拒否) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-7 非通知着信の許可/拒否を設定する . . . . . . . . . . . . . . 13-7 電話番号が通知不可能な着信の許可/ 拒否を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-8 着信拒否する電話番号を登録する. . . . . . . . . . . . . . . . 13-8 お買い上げ時の状態に戻す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-9 本体の登録内容を消去する(メモリ消去). . . . . . . . . . 13-9 各機能の設定をお買い上げ時の状態に戻す (リセット). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-10 14 ツール アラーム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14-2 目覚まし/アラームを登録/設定する . . . . . . . . . . . . 14-2 アラーム起動時の自動電源ONを設定する . . . . . . . . . 14-4 カレンダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14-4 カレンダーを表示する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-4 カレンダーに新規登録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-6 登録内容を確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-10 登録内容を編集する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-10 登録内容を削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-11 カレンダーのメニュー操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-12 ボイスレコーダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-13 708SC.book vi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分vii ディスプレイの表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-13 音声を録音する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-13 音声を再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-14 ボイスレコーダーの設定を変更する . . . . . . . . . . . . . 14-15 世界時計. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-16 世界時計を見る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-16 地域を登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-16 簡易電卓. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-17 通貨や単位の換算をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-17 通貨換算する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-17 他の単位に換算する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-18 ストップウォッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-19 辞典 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-19 15 その他の機能 発信時の便利な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-2 お話し中だった相手に自動的にリダイヤルする. . . . . . 15-2 国際コード/国番号を付加して電話をかける . . . . . . . 15-2 イヤホン通話 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-3 着信時の便利な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-4 エニーキーアンサー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-4 アコースティックショック調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-5 サイドキー操作で着信音を消す/応答拒否する. . . . . . 15-5 スピード検索を利用するかどうかを設定する. . . . . . .15-6 キーロックについて設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-6 ショートカット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-7 データの保存先を708SC本体/ メモリカードに指定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-8 メモリ容量確認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-8 16 オプションサービス オプションサービスの種類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-2 転送電話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-2 転送電話サービスを開始する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-3 転送電話サービスを停止する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-3 転送電話サービスの設定を確認する . . . . . . . . . . . . . . 16-4 留守番電話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-4 留守番電話サービスを開始する . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-4 留守番電話サービスを停止する . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-4 留守番電話サービスの設定を確認する . . . . . . . . . . . . 16-5 留守番電話の伝言メッセージを聞く . . . . . . . . . . . . . . 16-5 着信お知らせ機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-6 割込通話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-6 割込通話サービスを開始/停止する . . . . . . . . . . . . . . 16-6 割込通話を受ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-6 多者通話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-7 通話中に別の相手に電話をかける. . . . . . . . . . . . . . . . 16-7 切替通話 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-8 多者通話 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-8 発着信規制サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-9 発信規制/着信規制を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-9 発着信規制の制限をすべて解除する . . . . . . . . . . . . . 16-10 発着信規制用暗証番号を変更する. . . . . . . . . . . . . . . 16-10 708SC.book vii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分viii 発信者番号通知サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-11 発信者番号の通知/非通知を設定する . . . . . . . . . . . 16-11 発信者番号を通知して/非通知でかける. . . . . . . . . . 16-11 17 メール送受信 メールをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-2 新着メールの確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-2 メールの続きを受信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-3 受信したメールを利用する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-5 メールの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-5 操作手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-6 宛先を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-7 件名を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-8 本文を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-9 送信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-9 スライド表示を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-10 本文欄のスタイルを編集する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-10 定型文を利用する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-12 ファイルの添付/挿入. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-12 データフォルダなどからファイルを添付する/ 本文欄に挿入する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-13 ファイルを作成して本文欄に挿入する . . . . . . . . . . . 17-15 作成メールの保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-16 下書きに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-16 定型文に保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-17 18 メールボックス メールの内容確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-2 メール一覧から確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-2 メッセージ画面からの操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-5 メールの返信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-6 メールの転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-7 下書きからのメール送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-7 未送信ボックスからのメール送信 . . . . . . . . . . . . . . .18-7 メールの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-8 メールを指定して削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-8 メールボックスを指定して削除する . . . . . . . . . . . . . . 18-9 メールボックス内のメールをすべて削除する . . . . . . . 18-9 メール内の電話番号/E-mailアドレス/ URLの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-10 電話帳に登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-10 ブックマークに登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-10 電話発信/メール送信/インターネットアクセスを 行う . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-11 添付ファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-11 添付ファイルを確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-11 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-12 フォルダの管理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 フォルダを作成する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 フォルダ名を変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 セキュリティを設定/解除する . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 メールを移動する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 フォルダを削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 708SC.book viii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ix メール一覧画面からの操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 電話帳に登録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 メールを並べ替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-15 SMSを708SC本体/USIMカードに移動する. . . . . 18-16 S!メール定型文を登録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-16 メール一覧画面のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . 18-17 19 メールサーバー メールリストの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .19-2 メールリストを取得する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19-2 メールリストからメールを受信する . . . . . . . . . . . . . . 19-2 メールリストを利用してサーバー内のメールを 削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19-2 サーバー内のメール転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .19-3 20 メールのその他設定 メールアドレスの変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-2 S!メール設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-2 送信設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-2 受信設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-3 最大メールサイズ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-4 標準スタイル設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-4 SMS設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-4 デルモジ表示設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-5 引用返信. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-6 21 ウェブの基本操作 ウェブをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .21-2 ウェブにアクセスする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .21-3 Yahoo!ケータイのメインメニューから アクセスする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-3 URLを入力してアクセスする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-4 情報画面の操作のしかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .21-4 情報内の電話番号/E-mailアドレス/URLを 利用する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-7 22 情報の利用 画像ファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-2 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-2 壁紙に登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-3 サウンドファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-3 サウンドを再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-3 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-4 動画ファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-5 動画を再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-5 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-5 ストリーミング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-6 お気に入り . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-7 お気に入りに保存する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 お気に入りを表示する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 お気に入りのタイトルを編集する. . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 お気に入りを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 708SC.book ix ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分x ブックマーク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-8 ブックマークに登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-8 ブックマークから接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-9 ブックマークを編集する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-9 ブックマークを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-9 アクセス履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-10 情報表示中の各種設定・操作 . . . . . . . . . . . . . . . . 22-11 画面表示を切り替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-11 情報画面のテキストを検索する . . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 情報画面のテキストをコピーする. . . . . . . . . . . . . . . 22-12 最新の情報に更新する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 URLを確認する(ページの詳細) . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 URLをメールで送信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 サーバ証明書を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-13 ホームページを表示する(Yahoo!ケータイ) . . . . . . 22-13 文字コードを変更する(エンコード) . . . . . . . . . . . . 22-13 情報画面のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-13 23 ウェブのその他設定 画像やサウンドの取得設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-2 セキュリティ設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-2 Cookieの有効/無効を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . 23-2 JavaScriptの有効/無効を設定する . . . . . . . . . . . . . 23-3 文字のサイズを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 製造番号を通知する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 ブラウザ情報を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 ルート証明書を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-4 ウェブの初期化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-4 情報画面のキャッシュ/Cookieを消去する . . . . . . . . 23-4 24 Abridged English Manual Accessories . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .24-2 Safety Precautions . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .24-3 General Notes . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 General Use . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Inside Vehicles. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Abroad Aircraft. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Electromagnetic Waves . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Handset Care . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-15 Handset Camera Usage . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-16 Copyrights. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-16 Minding Mobile Manners . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-16 Manner-Related Functions . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-17 Handset Parts & Functions . . . . . . . . . . . . . . 24-18 Handset. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-18 Inserting & Removing USIM Card . . . . . . . . . . . 24-20 Charging Battery . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-21 Display Indicators . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-24 Symbols. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-25 USIM PINs. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-26 Security Codes. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-26 Basic Handset Operations . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 Handset Power On/Off . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 English Display. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 Your Phone Number . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 Setting Clock . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 708SC.book x ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xi Network Settings. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-29 Initiating a Voice Call. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-29 Redial. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-30 Calling from Received Calls . . . . . . . . . . . . . . . . 24-30 Initiating a Video Call. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-30 Answering a Voice Call . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Answering a Video Call . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Total Charges & Call Time . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Muting Microphone . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Forwarding a Call . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-32 Manner Profile. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-32 Entering Characters . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-33 Entry Modes . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-33 Key Assignments. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-33 Symbols, Pictograms & Emoticons. . . . . . . . . . 24-34 Saving to Phonebook. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-34 Phonebook Entry Items . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-34 New Phonebook Entries . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-36 Editing Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-36 Saving from Call Log Records . . . . . . . . . . . . . . 24-37 Using Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-37 Searching Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-37 Calling from Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-38 Mobile Camera . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-38 Before Using Camera . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-38 Capturing Still Images. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Data Folder . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Contents . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Opening Data Folder Files. . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Yahoo! Keitai. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-40 Opening Yahoo! Keitai Menu . . . . . . . . . . . . . . . 24-40 Messaging . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-40 Opening Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-41 Editing Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-41 Customizing Handset Address . . . . . . . . . . . . . 24-42 Sending Text Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-42 Incoming Text Messages . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Opening Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Retrieving Complete S! Mail . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Replying & Forwarding . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Function Menu. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-45 Specifications . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-46 Customer Service . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-48 708SC.book xi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xii 25  25-2 25-11 25-11 25-11 25-11 25-12 25-12 25-13 25-13 25-14 25-14 25-16 25-17 25-19 25-21 25-21 25-22 25-23 25-23 25-23 25-23 25-13 25-23 25-24 25-24 25-25 25-25 25-25 25-25 25-25 25-26 25-26 25-26 25-27 25-27 25-28 25-28 25-29 25-29 25-31 25-27 25-30 25-30 25-31 25-31 25-32 708SC.book xii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xiii 26 付録 機能一覧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .26-2 故障かな?と思ったら. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .26-3 ソフトウェアを更新する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .26-9 記号/絵文字一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-11 記号. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-11 絵文字 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-12 メモリ容量一覧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-13 主な仕様. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-13 索 引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-15 保証とアフターサービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-22 お問い合わせ先一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-23 25-32 25-33 25-33 25-33 25-34 25-35 25-35 25-35 25-37 25-37 25-38 25-32 25-33 25-34 25-34 25-36 25-37 25-38 25-41 25-42 708SC.book xiii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xiv 本書の見かた 本書の本文中では、「SoftBank 708SC」を「708SC」 と表記しています。あらかじめご了承ください。 本書は、主にお買い上げ時の状態を基準に説明してい ます。設定を変更された場合、708SCの表示や動作 が本書の記載と異なる場合があります。 ディスプレイの表記と708SCのイラストについて 記載している画面は、表示されている内容や番号などが実際 の画面と異なる場合があります。操作の目安としてご利用く ださい。 本書のイラストはイメージイラストであり、実際の商品とは 形状が異なる場合があります。 確認/警告メッセージについて 操作中、本書に記載していないメッセージが表示されること があります。確認や警告のメッセージが表示された場合は、 内容をよくご確認ください。 ボタンの使いかたと表記について 本書では、708SCのボタンをすべて記号で表記していま す。「各部の名称と機能」(fP.1-5)を参照してください。 ソフトキーとマルチファンクションボタンの操作について は、次のように表記しています。 ソフトキー ディスプレイの最下段(ソフトキーエリア)には「選択」「保 存」のような、操作や設定の選択肢が表示されます。これら の内容を実行するには、その表示位置に対応するソフトキー を押します。 「保存」するには wを押す 「選択」するには cを押す 「再生」するには oを押す 保存 選択 再生 708SC.book xiv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xv ソフトキー操作の表記 マルチファンクションボタン マルチファンクションボタンは、上下左右の4か所を押せるボ タンです。目的の項目を選ぶときや文字入力画面でカーソル を移動するとき、画面をスクロールするときなどに使います。 マルチファンクションボタン操作の表記 uまたはdを押すとき:j lまたはrを押すとき:s u、d、l、rを押すとき:a 「反転表示」について メニュー項目や設定項目の選択画面でカーソル(「 」や 画像ファイルを囲む枠など)を目的の項目に移動させること を、この取扱説明書では「反転表示する」と表記します。 メニュー操作の表記について メインメニューからの操作やメニュー操作は、簡略化した表 記方法で説明しています。 メインメニュー操作 メインメニューからの操作の詳細は、「メインメニューから 機能を呼び出す」(fP.1-18)を参照してください。 メニュー操作 (保存)を押す ソフトキーエリアの表示 押すボタン l u r d A を押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「壁紙設定」の順に選択する メインメニュー項目を反転表示し、c(選択)を押 す操作を繰り返すことを示す A メニューから「送信」→「Bluetooth」の順に 選択する メニュー項目を反転表示してc(選択)を押す操 作を繰り返すことを示す o(メニュー)を押してメニューを 呼び出すことを示す 708SC.book xv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xvi 安全上のご注意 ● ご使用の前に、「安全上のご注意」をよくお読みのうえ正しくお使いください。 また、お読みになったあとは必要なときにご覧になれるよう、大切に保管してください。 ● この取扱説明書に示した説明事項は、お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防止するための内容を記載 していますので、必ずお守りください。 ● 本製品の故障、誤作動または不具合などにより、通話などの機会を逸したために、お客様、または第三者が受けられた損害 につきましては、当社は責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。 ご使用の前に ●絵表示について この取扱説明書には、安全にお使いいただくためにいろいろな絵表示をしています。 その表示を無視し、誤った取り扱いをすることによって生じる内容を次のように区分しています。 内容をよく理解してから本文をお読みください。 ●絵表示の意味 誤った取り扱いをしたときに、人が死亡または重傷を負うおそれが高い内容を示しています。 誤った取り扱いをしたときに、人が死亡または重傷を負うおそれがある内容を示しています。 誤った取り扱いをしたときに、けがをしたり財産に損害を受けるおそれがある内容を示しています。 危険 警告 注意 記号は してはいけないこと(禁止)を表して います。 記号は しなければならないこと(指示)を 表しています。 記号は 気をつける必要があることを表して います。 708SC.book xvi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xvii 708SC、電池パック、充電用機器の取り扱いに ついて(共通) 708SCに使用する充電器および電池パックは、 ソフトバンクが指定したものを使用してください (fP.i)。 指定品以外のものを使用すると、電池パックを漏液、発熱、 破裂させる原因となります。また、充電器が発熱したり、故 障、感電、火災の原因となります。 充電端子どうしを金属などで接触させないでくだ さい。 充電端子を針金などの金属類(金属製のストラッ プなど)で接触させないでください。また、金属製のネック レスやヘアピンなどと一緒に持ち運んだり、保管しないでく ださい。電池パックの液が漏れたり、発熱、破裂、発火、感 電により、やけどやけがの原因となります。専用ケースなど に入れて持ち運んでください。 電池パックの取り扱いについて 電池パックが漏液して液が目に入ったときは、こ すらずに、すぐにきれいな水で十分に洗ったあと、 ただちに医師の治療を受けてください。 目に障害を与えるおそれがあります。 電池パックを充電するときや、使用する場合は、必 ず次のことを守ってください。 正しく使用しないと、電池パックの液が漏れたり、 発熱、破裂、発火により、やけどやけがの原因となります。 ● 加熱したり、火の中へは投げ込まないでください。 ● 分解、改造、破壊しないでください。 ● 釘を刺したり、ハンマーでたたいたり、踏みつけたり、ハ ンダ付けをしないでください。 ● 外傷、変形の著しい電池パックは使用しないでください。 ● 充電するときは、専用の充電器以外は使用しないでくださ い(fP.i)。 ● 電池パックを708SCに装着する場合、うまく装着できな いときは、無理に装着しないでください。 ● 火のそばや、ストーブのそば、炎天下など、高温の場所で の充電、使用、放置はしないでください。 ● 付属品の電池パックは、 708SC専用です。それ以外の機 器には使用しないでください。 危険 708SC.book xvii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xviii 708SC、電池パック、充電用機器の取り扱いに ついて(共通) 内部に物や水などを入れないでください。 708SCや充電器の開口部から内部に金属類や燃 えやすい物などを差し込んだり、落とし込んだり しないでください。火災、感電の原因となります。 特にお子様のいる家庭ではご注意ください。 風呂場や雨に当たるところなどの、湿気の多いと ころでは使用しないでください。 火災、感電の原因となります。 水などの入った容器を近くに置かないでくださ い。 708SCや充電器の近くに花びん、植木鉢、コッ プ、化粧品、薬品や水などの入った容器または小さな金属物 を置かないでください。こぼれたり、中に入った場合、火 災、感電の原因となります。 引火、爆発のおそれがある場所では使用しないで ください。 プロパンガス、ガソリンなど引火性ガスや粉塵の 発生する場所で使用すると、爆発や火災の原因となります。 電子レンジや高圧容器に、電池パックや 708SC、 充電器を入れないでください。 電池パックを漏液、発熱、破裂、発火させたり、 708SCや充電器の発熱、発煙、発火や回路部品を破壊させ る原因となります。 分解や改造はしないでください。 ● 708SCや充電器の外装ケースは、開けないでく ださい。感電やけがの原因となります。 内部の点検、調整、修理は、ソフトバンクの故障受付窓口 にご依頼ください。 ● 708SCや充電器を改造しないでください。火災、感電の 原因となります。 内部に水や異物などが入ったときは 708SCの電源を切って電池パックを取り外し、 急速充電器はプラグを AC コンセントから抜い て、シガーライター充電器はプラグをシガーライターソケッ トから抜いてソフトバンクの故障受付窓口にご連絡くださ い。そのまま使用すると、火災、感電の原因となります。 警告 708SC.book xviii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xix 衝撃を与えないでください。 708SCや充電器を持ち運ぶときは、落としたり、 衝撃を与えないようにしてください。けがや故障 の原因となります。 万一、 708SCや充電器を落とすなどして外装ケースを破 損した場合は、電池パックを外してソフトバンクの故障受付 窓口にご連絡ください。そのまま使用すると、火災、感電の 原因となります。 異常が起きたときは 万一、異常な音がしたり、煙が出たり、へんなに おいがするなどの異常な状態に気がついたとき は、 708SCの電源を切って電池パックを取り外し、急速充 電器はプラグを ACコンセントから抜いて、シガーライター 充電器はプラグをシガーライターソケットから抜いてソフ トバンクの故障受付窓口に修理を依頼してください。 異常な状態のまま使用すると、火災・感電の原因となります。 ガソリンスタンドなど、引火、爆発の恐れがある 場所では、使用しないでください。 引火ガスが発生する場所では、必ず事前に電源を お切りください。ガスに引火する恐れがあり、火災の原因と なります。ガソリンスタンドでの給油中など、引火ガスが発 生する場所ではソフトバンク携帯電話の電源も切り、充電し ないでください。 708SCの取り扱いについて 事故防止のために ● 自動車や自転車などの乗物を運転するときは、 708SC を絶対にご使用にならないでくださ い。安全走行を損ない事故の原因となります。車などを安 全なところに止めてからご使用ください。 道路交通法により、運転中の携帯電話の使用は罰則の対象 となります( 2004年11月1日改正施行)。 ● 自動車やバイク、自転車などの運転中は、ステレオイヤホ ンマイクを絶対に使わないでください。交通事故の原因と なります。 ● 歩行中は、周囲の音が聞こえなくなるほど、音量を上げす ぎないでください。特に、踏切や横断歩道などでは、十分 に気をつけてください。交通事故の原因となります。 ステレオイヤホンマイクやストラップを持って 708SCを振り回したり、投げたりしないでくだ さい。 本人や他人に当たり、けがなどの事故や故障および破損の原 因となります。 航空機内では、 708SCの電源を切ってください。 電波の影響で航空機の電子精密機器の故障の原因 および安全に支障をきたすおそれがあります。 708SC.book xix ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xx バイブレータや着信音の設定にご注意ください。 心臓の弱い方は、設定にご注意ください。 屋外で使用中に雷が鳴りだしたら、すぐに電源を 切って安全な場所に移動してください。 落雷、感電の原因となります。 ぬれた手で708SCに触らないでください。 感電、故障の原因となります。 充電用機器の取り扱いについて 指定以外の電圧では使用しないでください。 指定された電源電圧以外の電圧で使用しないでく ださい。火災、感電の原因となります。 ● 急速充電器: AC100V~ 240V 海外での充電に起因するトラブルについては、当社は一切 責任を負いません。 ● シガーライター充電器: DC12/24V 市販の「変圧器」は使用しないでください。 急速充電器を、海外旅行用として市販されている 「変圧器」などに接続しますと、火災、感電、故障 の原因となることがあります。 シガーライター充電器はプラスアース車には使用 しないでください。 シガーライター充電器は、マイナスアース車専用 です。プラスアース車には使用しないでください。火災の原 因となります。 充電器のプラグを、ぬれた手で抜き差ししないで ください。 感電の原因となります。 充電器は、タコ足配線しないでください。 発熱により火災の原因となります。 充電器のコードを傷つけたり、無理に曲げたり、ね じったり、加工したりしないでください。また、重 い物を載せたり、加熱したり、引っぱったりしな いでください。 コードが破損し、火災、感電の原因となります。 接続コネクターの端子をショートさせないでくだ さい。 接続コネクターの端子を金属類でショートさせな いでください。充電器が発熱したり、発火、感電の原因とな ります。 708SC.book xx ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxi 事故防止のために シガーライター充電器は、運転に支障のない位置 に取り付けてください。取り付けが不十分な場合、 落ちたりして、けがや事故の原因となります。 急速充電器コードやシガーライター充電器コード が傷ついたときは(芯線の露出、断線など) ソフトバンクの故障受付窓口に交換をご依頼くだ さい。そのまま使用すると、火災、感電の原因となります。 雷が鳴りだしたときは 安全のため早めに急速充電器のプラグを ACコン セントから抜いておいてください。火災、感電、故 障の原因となります。 充電器は、乳幼児の手の届かない所で使用、保管 してください。 感電、けがの原因となります。 電池パックの取り扱いについて 充電の際に所定充電時間を超えても充電が完了し ないときには、充電をやめてください。 発熱、破裂、発火の原因となります。 電池パックが漏液したり、異臭がするときにはた だちに火気から遠ざけてください。 漏液した電解液に引火し、発火、破裂する原因と なります。 電池パックの使用中や充電中または保管時に異臭 を感じたり、発熱したり、変色、変形など、今ま でと異なることに気がついたときには、708SC から取り外し、使用しないでください。 そのまま使用すると、電池パックを漏液、発熱、破裂、発火 させる原因となります。 708SC.book xxi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxii 医用電気機器の近くでの取り扱いについて ここで記載している内容は、「医用電気機器への電波の影響 を防止するための携帯電話端末等の使用に関する指針」(電 波環境協議会[平成9年4月])に準拠、ならびに「電波の 医用機器等への影響に関する調査研究報告書」(平成 13年 3月「社団法人 電波産業会」)の内容を参考にしたもので す。 植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動 器を装着されている場合は、ペースメーカなどの 装着部位から22cm以上離して携行および使用し てください。 電波により、植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細 動器が誤動作するなどの影響を与える場合があります。 満員の電車など混雑した場所では、付近に植込み 型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動器を装 着している方がいる可能性がありますので、 708SCの電源を切るようにしてください。 電波により、植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細 動器が誤動作するなどの影響を与える場合があります。 医療機関の屋内では次のことを守って使用してく ださい。 ● 手術室、集中治療室(ICU)、冠状動脈疾患監視 病室(CCU)には、 708SCを持ち込まない。 ● 病棟内では 708SCの電源を切る。 ● ロビーなどであっても、付近に医用電気機器がある場合 は、708SCの電源を切る。 ● 医療機関が個々に使用禁止、持ち込み禁止などの場所を定 めている場合は、その医療機関の指示に従う。 自宅療養など、医療機関の外で植込み型心臓ペー スメーカおよび植込み型除細動器以外の医用電気 機器を使用される場合は、電波による影響につい て個別に医用電気機器メーカなどにご確認ください。 708SC.book xxii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxiii 708SC、電池パック、充電用機器の取り扱いに ついて(共通) 置き場所について ● ぐらついた台の上や傾いたところなど、不安定 な場所に置かないでください。落ちたりして、 けがや故障の原因となることがあります。 ● 調理台や加湿器のそばなど油煙や湯気が当たるような場 所に置かないでください。火災、事故の原因となることが あります。 ● 冷気が直接吹きつけるところへは置かないでください。 露が付き、漏電、焼損の原因となることがあります。 ● 直射日光が長時間当たる場所(特に密閉した自動車内)や 暖房器具の近くには置かないでください。外装ケースが変 形、変色したり、火災の原因となることがあります。ま た、電池パックが変形して、使用できなくなることがあり ます。 ● 極端に寒い場所に置かないでください。故障や事故の原因 となることがあります。 ● 火気の近くに置かないでください。故障や事故の原因とな ることがあります。 使用場所について ● ほこりの多いところでは使用しないでくださ い。放熱が悪くなり、焼損、発火の原因となる ことがあります。 ● 海辺や砂地など内部に砂の入りやすいところで使用しな いでください。故障や事故の原因となることがあります。 ● キャッシュカード、テレホンカードなどの磁気を利用した カード類を708SCや充電器に近づけないでください。 カードに記録されているデータが消えることがあります。 708SCの取り扱いについて 708SCの温度(発熱)について 708SCを長時間利用すると、708SCが熱くなる ことがあります。また、708SCを長時間肌に触 れたまま使用していると、低温やけどになるおそれがありま す。気温や室温が高い場所では、特にご注意ください。 真夏の自動車内など、高温になる場所には置かな いでください。 708SCの外装ケースが熱くなり、やけどの原因 となることがあります。 注意 708SC.book xxiii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxiv 音量の設定について 音量の設定については、十分に気をつけてくださ い。思わぬ大音量が出て、耳を痛める原因となる ことがあります。また、耳をあまり刺激しないように適度な 音量でお楽しみください。 ステレオイヤホンマイクの取り扱いについて ● 抜くときは、必ずプラグを持って行ってくださ い。コードを持って抜くと、断線や故障の原因 となることがあります。 ● プラグはいつもきれいにしておいてください。プラグが汚 れていると雑音が出たり、誤動作の原因となることがあり ます。 自動車内でご使用のときは 708SCを自動車内で使用したときは、自動車の 車種によって、まれに車両電子機器に影響を及ぼ すことがあります。 皮膚に異常が生じた場合は、ただちに使用をやめ 医師の診断を受けてください。 下記の箇所に金属などを使用しています。お客様 の体質や体調によっては、かゆみ、かぶれ、湿疹などが生じ ることがあります。 使用箇所 使用材料、表面処理 外装ケース PC+GF30% ボタン操作面 PCシート+ラバー ディスプレイ アクリル 充電端子/外部接続端子キャップ、 メモリカードスロットキャップ PC+ウレタン 電池カバー PC+GF10% 708SC.book xxiv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxv 充電用機器の取り扱いについて 急速充電器コードやシガーライターコードの取り 扱いについて ● プラグを抜くときは、コードを引っぱらないで ください。コードを引っぱるとコードが傷つき、火災、感 電の原因となることがあります。急速充電器やシガーライ ターのプラグを持って抜いてください。 ● コードを熱器具に近づけないでください。コードの被覆が とけて、火災、感電の原因となることがあります。 ● ACコンセントやシガーライターソケットへの差 し込みがゆるくぐらついていたり、コードやプ ラグが熱いときは使用を中止してください。 そのまま使用すると、火災、感電の原因となることがあり ます。 ● シガーライターソケットの中は、きれいにしておいてくだ さい。灰などで汚れているときは、プラグを接続しないで ください。発熱によりやけどの原因となることがありま す。 指定以外のヒューズは使用しないでください。 シガーライター充電器のヒューズは、1A(アンペ ア)のものを使用してください。 指定以外のヒューズを使用したり、針金などで代用すると、 火災、故障の原因となります。 風通しの悪い場所では使用しないでください。 充電器は風通しのよい状態でご使用ください。 布や布団で覆ったり、包んだりしないでください。 熱がこもり、外装ケースが変形し、火災の原因となることが あります。 エンジンが切れた状態では使用しないでください。 シガーライター充電器をご使用になるときは、必 ずエンジンをかけておいてください。エンジンを 切ったまま使用すると、車のバッテリーを消耗させる原因と なることがあります。 長期間ご使用にならないときは 安全のため、必ず急速充電器はプラグを ACコン セントから抜いて、シガーライター充電器はプラ グをシガーライターソケットから抜いて、708SCを取り外 してください。 お手入れのときは 安全のため、急速充電器はプラグを ACコンセン トから抜いて、シガーライター充電器はプラグを シガーライターソケットから抜いて行ってください。感電や けがの原因となることがあります。 シガーライター充電器のケーブル類の配線について ケーブル類の配線は、運転または車の乗降に支障 がないようにご注意ください。けがや事故の原因 となることがあります。 708SC.book xxv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxvi 電池パックの取り扱いについて 電池パックは乳幼児の手の届かないところに保管 してください。 けがなどの原因となることがあります。 また、使用する際にも乳幼児が機器から取り外さないように ご注意ください。 電池パックを直射日光の強い所や炎天下の車内な どの高温の場所で使用したり、放置しないでくだ さい。 発熱、発火、電池パックの性能や寿命を低下させる原因とな ることがあります。 水や海水などにつけたり、ぬらさないでください。 電池パックの破損や性能や寿命を低下させる原因 となることがあります。 電池パックが漏液して液が皮膚や衣類に付着したと きには、すぐにきれいな水で洗い流してください。 皮膚がかぶれたりする原因となることがあります。 不要になった電池パックは、一般のゴミと一緒に 捨てないでください。 端子にテープなどを貼り、個別回収に出すか、最 寄りのソフトバンクショップへお持ちください。 電池を分別している市町村では、その規則に従って処理して ください。 衝撃を与えたり、投げつけたりしないでください。 発熱、破裂、発火の原因となることがあります。 電池パックの充電は、周囲温度5~40℃の場所で 行ってください。 この温度範囲以外で充電すると、漏液や発熱した り、電池パックの性能や寿命を低下させる原因となることが あります。 電池パックをお子様がご使用の場合は、保護者が 取扱説明書の内容を教えてください。 また、使用中においても、取扱説明書のとおりに 使用しているかどうかをご注意ください。 電池パックを初めてご使用の際に、異臭や発熱な ど、その他異常と思われたときは、使用しないで、 ソフトバンクの故障受付窓口にご連絡ください。 電池パックを使い切った状態で、保管、放置はし ないでください。 また、電池パックを長期間保管、放置されるとき は、半年に1回程度、電池パックの補充電を行ってくださ い。電池パックが使用できなくなります。 708SC.book xxvi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxvii お願いとご注意 ご利用にあたって ● 事故や故障などにより708SC本体またはメモリカードに 登録したデータ(電話帳、画像、サウンドなど)が消失・ 変化した場合の損害につきましては、当社は責任を負いか ねますのであらかじめご了承ください。大切な電話帳など のデータは、控えをとっておかれることをおすすめします。 ● 708SCは、電波を利用しているため、特に屋内や地下街、 トンネル内などでは電波が届きにくくなり、通話が困難に なることがあります。また、通話中に電波状態の悪い場所 へ移動すると、通話が急に途切れることがありますので、 あらかじめご了承ください。 ● 708SCを公共の場所でご利用いただくときは、まわりの 方の迷惑にならないようにご注意ください。 ● 708SC は電波法に定められた無線局です。したがって、 電波法に基づく検査を受けていただくことがあります。あ らかじめご了承ください。 ● 一般の電話機やテレビ、ラジオなどをお使いになっている 近くで708SCを使用すると、雑音が入るなどの影響を与 えることがありますので、ご注意ください。 ● 傍受にご注意ください。 708SCは、デジタル信号を利用した傍受されにくい商品 ですが、電波を利用している関係上、通常の手段を超える 方法をとられたときには第三者が故意に傍受するケース もまったくないとは言えません。この点をご理解いただい たうえで、ご使用ください。 傍受(ぼうじゅ)とは 無線連絡の内容を第三者が別の受信機で故意または偶然 に受信することです。 自動車内でのご使用にあたって ● 運転中は、708SCを絶対にご使用にならないでください。 ● 708SC をご使用になるために、禁止された場所に駐停車 しないでください。 ● 708SCを車内で使用したときは、自動車の車種によって、 まれに車両電子機器に影響を与えることがありますので、 ご注意ください。 航空機の機内でのご使用について 航空機の機内では、絶対にご使用にならないでください(電 源も入れないでください)。運航の安全に支障をきたすおそ れがあります。 708SC.book xxvii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxviii 機能制限について ● 機種変更または解約した場合、708SCでは以下の機能が 利用できなくなります。 - カメラ - メディアプレイヤー ● 708SCを長期間お使いにならなかった場合、上記の機能 が利用できなくなる可能性があります。 お取り扱いについて ● 708SCの電池パックを長い間外していたり、電池残量の ない状態で放置したりすると、お客様が登録、設定した内 容が消失または変化してしまうことがありますので、ご注 意ください。なお、これらに関しまして発生した損害につ きましては、当社は責任を負いかねますので、あらかじめ ご了承ください。 ● 708SCは5~40℃の範囲でご使用ください。極端な高 温や低温環境、直射日光の当たる場所でのご使用、保管は 避けてください。 ● カメラ部分に、直射日光が長時間当たると、内部のカラー フィルターが変色して、映像が変色することがあります。 ● 708SCを落下させたり衝撃を与えたりしないでください。 ● お手入れは、乾いた柔らかい布などで拭いてください。 また、アルコール、シンナー、ベンジンなどを用いると色 があせたり、文字が薄くなったりすることがありますの で、ご使用にならないでください。 ● 雨や雪の日など、湿気の多い場所でご使用になるときは、 水にぬらさないように十分ご注意ください。 ● 708SCは精密部品で作られた無線通信装置です。絶対に 分解、改造はしないでください。 ● 708SCのディスプレイを堅いものでこすったり、傷つけ ないようにご注意ください。 ● ステレオヘッドホンの中には開放型のものがあり、音が外 に漏れることがあります。周囲の人の迷惑にならないよう にご注意ください。 ● 708SCは防水仕様にはなっていません。水にぬらしたり、 湿度の高い所に置かないでください。 - 雨の日にバッグの外のポケットに入れたり、手で持ち 歩かないでください。 - エアコンの吹き出し口に置かないでください。急激な 温度変化により結露し、内部が腐食する原因となりま す。 - 洗面所などでは衣服に入れないでください。ポケット などに入れて、身体をかがめたりすると、洗面所に落 としたり、水でぬらす原因となります。 708SC.book xxviii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxix - 海辺などに持ち出すときは、海水がかかったり直射日 光が当たらないように、バッグなどに入れてください。 - 汗をかいた手で触ったり、汗をかいた衣服のポケット に入れないでください。手や身体の汗が 708SCの内 部に浸透し、故障の原因になる場合があります。 ● 708SC に無理な力がかかるような場所には置かないでく ださい。故障やけがの原因となります。 - 708SCをズボンやスカートの前、または後ろのポケッ トに入れたまま、しゃがみこんだり座席や椅子などに 座らないでください。特に、厚い生地の衣服のときは ご注意ください。 - 荷物の詰まった鞄などに入れるときは、重たいものの 下にならないようにご注意ください。 ● 708SC の充電端子/外部接続端子に指定品以外の商品は 取り付けないでください。誤動作を起こしたり、708SC を傷めることがあります。 ● 電池パックを取り外すときは、必ず 708SCの電源を切っ てから取り外してください。データの登録やメールの送信 などの動作中に電池パックを取り外さないでください。 データの消失、変化、破損などのおそれがあります。 著作権などについて 音楽、映像、コンピュータ・プログラム、データベースなど は著作権法により、その著作物および著作権者の権利が保護 されています。こうした著作物を複製することは、個人的に または家庭内で使用する目的でのみ行うことができます。上 記の目的を超えて、権利者の了解なくこれを複製(データ形 式の変換を含む)、改変、複製物の譲渡、ネットワーク上で の配信などを行うと、「著作権侵害」「著作者人格権侵害」と して損害賠償の請求や刑事処罰を受けることがあります。本 製品を使用して複製などをなされる場合には、著作権法を遵 守のうえ、適切なご使用を心がけていただきますよう、お願 いいたします。また、本製品にはカメラ機能が搭載されてい ますが、本カメラ機能を使用して記録したものにつきまして も、上記と同様の適切なご使用を心がけていただきますよ う、お願いいたします。 708SCに搭載のソフトウェアは著作物であり、著作権、著 作者人格権などをはじめとする著作者等の権利が含まれて おり、これらの権利は著作権法により保護されています。ソ フトウェアの全部または一部を複製、修正あるいは改変した り、ハードウェアから分離したり、逆アセンブル、逆コンパ イル、リバースエンジニアリング等は行わないでください。 第三者にこのような行為をさせることも同様です。 708SC.book xxix ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxx 登録商標について ● 下記一件または複数の米国特許またはそれに対応する他 国の特許権に基づき、QUALCOMM社よりライセンスさ れています。 Licensed by QUALCOMM Incorporated under one or more of the following United States Patents and/or their counterparts in other nations: 4,901,307 5,490,165 5,056,109 5,504,773 5,101,501 5,506,865 5,109,390 5,511,073 5,228,054 5,535,239 5,267,261 5,544,196 5,267,262 5,568,483 5,337,338 5,600,754 5,414,796 5,657,420 5,416,797 5,659,569 5,710,784 5,778,338 ● TVコール、デルモジ、メールアート、S!メールはソフト バンクモバイル株式会社の登録商標または商標です。 ● SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国お よびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商 標または商標です。 ● 「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米 国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。 ● This product contains ACCESS Co., Ltd.’s NetFront Internet browser software NetFront is a trademark or registered trademark of ACCESS Co., Ltd. in Japan and in other countries. ● 本製品のソフトウェアの一部に、Independent JPEG Group が開発したモジュールが含まれています。 ● THIS PRODUCT IS LICENSED UNDER THE MPEG-4 VISUAL PATENT PORTFOLIO LICENSE FOR THE PERSONAL AND NON-COMMERCIAL USE OF A CONSUMER FOR (i) ENCODING VIDEO IN COMPLIANCE WITH THE MPEG-4 VISUAL STANDARD ("MPEG-4 VIDEO") AND/OR (ii) DECODING MPEG-4 VIDEO THAT WAS ENCODED BY A CONSUMER ENGAGED IN A PERSONAL AND NONCOMMERCIAL ACTIVITY AND/OR WAS OBTAINED FROM A VIDEO PROVIDER LICENSED BY MPEG LA TO PROVIDE MPEG-4 VIDEO. NO LICENSE IS GRANTED OR SHALL BE IMPLIED FOR ANY OTHER USE. ADDITIONAL INFORMATION INCLUDING THAT RELATING TO PROMOTIONAL, INTERNAL AND COMMERCIAL USES AND LICENSING MAY BE OBTAINED FROM MPEG LA, LLC. SEE HTTP://WWW.MPEGLA.COM. ● Contains Macromedia® Flash® Flash LiteTM technology by Adobe Systems Incorporated. 708SC.book xxx ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxxi ● Copyright © 1995-2005 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. ● Macromedia, Flash, Macromedia Flash, and Macromedia Flash Lite are trademarks or registered trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and other countries. ● 「着うた®」「着うたフル®」は、株式会社ソニー・ミュージッ クエンタテインメントの登録商標です。 ● microSDTM はSDアソシエーションの商標 です。 ● Bluetooth is a trademark of the Bluetooth SIG, Inc. The Bluetooth word mark and logos are owned by the Bluetooth SIG, Inc. and any use of such marks by Samsung Electronics is under license. Other trademarks and trade names are those of their respective owners. Bluetooth ® について 708SCのBluetooth® 機能の周波数帯では、電子レンジな どの産業・科学・医療用機器や、工場の製造ラインなどで使 用されている構内無線局、アマチュア無線局など(以下、「他 の無線局」と略す)が運用されています。他の無線機器との 電波干渉を防止するため、下記の事項に注意してご使用くだ さい。 1 Bluetooth® 機能を使用する前に、近くで同じ周波数帯 を使用する「他の無線局」が運用されていないことを確 認してください。 2 万一、Bluetooth® 機能の使用にあたり、708SCと「他 の無線局」との間に電波干渉の事例が発生した場合には、 速やかに使用場所を変えるか、Bluetooth® 機能の使用 を停止(電波の発射を停止)してください。 3 その他不明な点やお困りのことが起きたときには、次の 連絡先へお問い合わせください。 連絡先:ソフトバンクお客様センター ソフトバンク携帯電話から 157(無料) ※ 一般電話からおかけの場合、「お問い合わせ先 一覧」(fP.26-23)を参照してください。 この無線機器は、2.4 GHz帯を使用します。変調方法として FH-SS変調方式を採用し、与干渉距離は1.5~5m以下です。 与干渉距離は、周囲の環境により変化します。 708SC.book xxxi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxxii 708SCの比吸収率(SAR)について 708SCの携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収 に関する技術基準に適合しています。 この技術基準は、人体頭部のそばで使用する携帯電話 機などの無線機器から送出される電波が人間の健康 に影響を及ぼさないよう、科学的根拠に基づいて定め られたものであり、人体側頭部に吸収される電波の平 均エネルギー量を表す比吸収率(SAR:Specific Absorption Rate)について、これが2W/kg※ の許 容値を超えないこととしています。この許容値は、使 用者の年齢や身体の大きさに関係なく十分な安全率 を含んでおり、世界保健機関(WHO)と協力関係に ある国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が示し た国際的なガイドラインと同じ値になっています。 708SCのSARは、1.05W/kgです。この値は、国 が定めた方法に従い、携帯電話機の送信電力を最大に して測定された最大の値です。 個々の製品によってSARに多少の差異が生じること もありますが、いずれも許容値を満足しています。ま た、携帯電話機は、携帯電話基地局との通信に必要な 最低限の送信電力になるよう設計されているため、実 際に通話している状態では、通常SARはより小さい 値となります。 SARについて、さらに詳しい情報をお知りになりた い方は、下記のホームページをご参照ください。 総務省のホームページ http://www.tele.soumu.go.jp/j/ele/index.htm 社団法人電波産業会のホームページ http://www.arib-emf.org/initiation/sar.html ※ 技術基準については、電波法関連省令(無線設備規則第14条の 2)で規定されています。 708SC.book xxxii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご利用になる前に 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-2 USIMカードのお取り扱い USIMカードをご利用になる前に USIM(ユーシム)カード(以下USIMカード)は電話番号 やお客様情報が入ったICカードです。USIMカード対応のソ フトバンク携帯電話に取り付けて使用します。708SCは、 USIMカードが取り付けられていないと利用できません。 USIMカードには電話帳とSMSを保存できます。USIMカー ドに保存したデータは、他のUSIMカード対応のソフトバン ク携帯電話でもご利用いただけます。 次の点にご注意ください。USIMカードの詳細については、 USIMカードに付属の説明書を参照してください。 ● USIMカードの取り付けや取り外しをするときには、必要以上に力 を入れないでください。 ● 他社製品のICカードリーダーなどにUSIMカードを挿入し、故障 したときは、お客様ご自身の責任となり当社では責任を負いかね ますのでご注意ください。 ● IC部分はいつもきれいな状態でご使用ください。 ● お手入れするときは、乾いた柔らかい布などで拭いてください。 ● USIMカードにラベルなどを貼り付けないでください。USIMカー ドは非常に薄く、精密に作られているため、ラベルやシール程度 の厚みでも接触不良やデータの破壊などの原因となることがあり ます。 IC USIMカード USIMカードについてのその他ご注意 ● USIMカードの所有権は当社に帰属します。 ● 紛失、破損などによるUSIMカードの再発行は有償となります。 ● 解約、休止などの際は、USIMカードを当社にご返却ください。 ● お客様からご返却いただいたUSIMカードは、環境保全のため リサイクルされています。 ● USIMカードの仕様、性能は予告なしに変更する可能性がありま す。ご了承ください。 ● 国内外を問わず、USIMカードならびにソフトバンク携帯電話(USIM カード挿入済み)の盗難・紛失の際は、必ず緊急利用停止の手 続きを行ってください。緊急利用停止の手続きはお問い合せ先 (fP.26-23)までご連絡ください。 ● 708SCの修理やUSIMカードの交換、機種変更を行った場合、 本体やメモリカードに保存した着うた® や着うたフル® 、動画な どのファイルがご利用になれなくなる可能性があります。あら かじめご了承ください。 ● お客様ご自身でUSIMカードに登録された情報内容は、別途メ モなどに控えて保管することをおすすめします。 万一、データが消失または変化した場合でも、当社では責任を 負いかねますのであらかじめご了承ください。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-3 USIMカードを取り付ける/取り外す USIMカードの取り付けや取り外しをするときは、電池パッ クを取り外す前に必ず電源を切ってください。 取り付ける A 電池パックを取り外す(fP.1-12) B USIM カードの金色の IC 部分を下側にして、 挿入口に差し込む C USIMカードが固定されるように、奥まで押し 込む 取り外す A 電池パックを取り外す(fP.1-12) B USIMカードに指を押し当て、スライドさせな がら静かに引き抜く IC 注意 ● 無理に取り付けたり取り外したりすると、USIMカードや708SC が破損することがありますのでご注意ください。 ● 取り外したUSIMカードは、紛失しないようご注意ください。 ● USIM カードの取り付けや取り外しを行うときは、IC 部分に不 用意に触れたり、傷をつけたりしないでください。また、電池 パックとの接点部分にも触れないようにしてください。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-4 PINコード USIMカードには、「PINコード」と「PIN2コード」の2つ の暗証番号があります。 PINコード 第三者によるソフトバンク携帯電話の無断使用を防ぐため の4~8桁の暗証番号です。 ● PINコードは変更できます(fP.13-2)。 ● 「起動時PIN認証」を「有効」に設定すると、USIMカード を708SCに取り付けて電源を入れたとき、PINコードを 入力しないと708SCを使用できなくなります(fP.13-3)。 PIN2コード 累積通話料金のリセットや、通話料金の上限設定を行うとき に使用する4~8桁の暗証番号です。 ● PIN2コードは変更できます(fP.13-2)。 PINロック解除コード(PUK/PUK2コード) PINロック解除コード(PUKコード)とは、PINロック状態 を解除するために使用する暗証番号です。PINコードまたは PIN2コードの入力を3回続けて間違えると、PINロック状 態になります。 PINロック解除コードについては、お問い合わせ先(fP.26-23) までご連絡ください。 注意 ● PINロック解除コードを10回続けて間違えると、USIMカード がロックされ、708SCを使用できなくなります。PINロック解 除コードはメモに控えるなどして、お忘れにならないようにご注 意ください。 ● USIMカードがロックされた場合、ロックを解除する方法はあり ません。お問い合わせ先(fP.26-23)までご連絡ください。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-5 各部の名称と機能 本体 a b de et g* i cw o udlr l mc fC y k j i p o # h n 0 9 充電端子/ u外側カメラ vミラー wメモリカード y電池カバー tマイク(送話口) xv qサイドキー n rサイドキー b zストラップ  取り付け穴 ストラップの取り付けかた  外部接続端子 スロット s 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-6 aレシーバー(受話口)/スピーカー bディスプレイ c左ソフトキー/メールボタン 画面左下のソフトキーエリアに表示された内容を実行するときに 使います。 dメディアプレイヤー/文字ボタン メディアプレイヤーを起動するときや、文字の入力モードを切り 替えるときに使います。 e開始ボタン 音声電話をかけたり受けたりするときに使います。 fクリア/バックボタン 文字を消去するときや、操作を1つ前の状態に戻すときに使います。 g ボタン 文字を入力するときや、改行の入力などに使います。モード設定 画面の呼び出しにも使います(1秒以上押す)。 h内蔵アンテナ i内側カメラ 自分を撮影するときや、TVコール利用時に使います。 jマルチファンクションボタン 項目の検索やカーソルの移動、画面のスクロールなどに使います。 k右ソフトキー/Yahoo!ケータイ・ボタン 画面右下のソフトキーエリアに表示された内容を実行するときに使います。 lスイッチボタン スイッチバー(fP.1-20)を表示させます。 mメニューボタン/中央ソフトキー メインメニューを呼び出すときに使います。画面中央下のソフト キーエリアに表示された内容を実行するときにも使います。 n電源/終了ボタン 電源を入れたり切ったりするときや、操作を終了するときに使います。 oダイヤルボタン 電話番号や文字を入力するときに使います。メニューの選択にも使います。 p#/マナーボタン 入力モードを切り替えるときに使います。マナーモードの設定や 解除にも使います(1秒以上押す)。 qサイドキー n 音量を上げます。TVコール中に画像を拡大するときにも使いま す。 rサイドキー b 音量を下げます。TVコール中に画像を縮小するときにも使いま す。 s充電端子/外部接続端子 急速充電器やステレオイヤホンマイク、パソコンなどを接続する 端子です。 tマイク(送話口) u外側カメラ 撮影するときや、TVコール中に周囲の風景などの映像を送信する ときに使います。 vミラー 外側カメラで自分を撮影するときに使います。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-7 wメモリカードスロット メモリカードを取り付けるスロットです。 xカメラボタン カメラの起動や撮影に使います。 y電池カバー 電池パックやUSIMカードの取り付けや取り外しをするときは、 ここを開けます。 zストラップ取り付け穴 ディスプレイ a 電波の受信レベル( の棒の数が多いほど電波の 状態が良好) 圏外(サービスエリア外または電波の届かない場所 にいるときに表示) 圏外(Languageが「English」または「 」 に設定されている場合の表示) b 3G(UMTS)網接続中/ローミング中 GSM網接続中/ローミング中 ウェブSSL接続中 c (青)Bluetooth ® 通信可能 (青とピンクに点滅)Bluetooth ® 通信中 Bluetooth ® を利用してインターネット通信中 Bluetooth ® 対応のヘッドセットに接続中 (青)USB通信可能 (オレンジと黄色に点滅)USB通信中 補足 ● 内蔵アンテナについて 708SCは内蔵アンテナで送受信するため、外部アンテナはあり ません。 内蔵アンテナ部分は、手で覆ったりすると感度に影響しますの でご注意ください。また、内蔵アンテナ部分にシールなどを貼 らないでください。ご使用中の体の向きや通話している場所に よっては通話品質が変わることがあります。 a bcdef g i h 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-8 708SCをモデムとしてインターネット通信中 d 音声電話発信中/通話中 TVコール発信中/通話中 キーロック設定中 e 新着S!メールあり 新着SMSあり 未再生の留守番電話メッセージあり 未再生の簡易留守録メッセージあり メモリカードを取り付けている状態 ソフトウェア更新表示 f 通常モード中 マナーモード中 運転中モード中 ミーティングモード中 アクティブモード中 オフラインモード中 g 電池が十分残っている 電池の残量が少ない 電池がほとんど残っていない (点滅)電池残量なし h サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 以外に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「ON」に設定中 サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 以外に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「OFF」に設定中 サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「ON」に設定中 サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「OFF」に設定中 i ローミング中 留守番電話または音声通話の転送電話「呼び出しな し」を設定中 簡易留守録設定中 S!メール空き容量なし SMS空き容量なし 留守番電話メッセージ空き容量なし 目覚ましアラーム/アラーム設定中 補足 ● (赤)が表示されたときは パケット接続とS!メール送信のみ可能です。通話、S!メールの 受信通知およびSMS送受信はできません。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-9 電池パックと充電器のお取り扱い 電池パックと充電器をご利用になる前に 初めてお使いになるときや、長時間ご使用にならなかったと きには、ご使用前に必ず充電してください。 充電について ● 長時間使用しない場合でも、なるべく6か月に一度は充電 してください。長い間ご使用にならなかった電池パックは 十分に充電されず、使用時間が短くなることがあります。 ● 電池パックはリチウムイオン電池を使用しています。リチ ウムイオン電池はメモリ効果がないため、継ぎ足し充電が できます。 ● 次のような場所では充電しないでください。 - 周囲の温度が5℃以下、または40℃以上になる場所 - 湿気、ほこり、振動の多い場所(誤動作の原因となり ます) - ラジオなどのそば(ラジオなどに雑音が入ることがあ ります) ● 充電中に電池パックや充電器が温かくなることがありま すが、異常ではありません。ただし、手で触れられないほ ど熱くなった場合は、充電を中止し、お問い合わせ先 (fP.26-23)までご相談ください。 ● 電池パックを使い切った状態で保管、放置はしないでくだ さい。また、電池パックを長期間保管または放置される場 合は、半年に1回程度、電池パックの充電を行ってくださ い。電池パックが使用できなくなる可能性があります。 ● 電池パックは消耗品です。電池パックを完全に充電しても 使用できる時間が極端に短くなったら、交換時期です。新 しい電池パックをお買い求めください。 注意 ● 708SCに使用する充電用機器は、必ず当社指定のものをご使用 ください。また、708SC以外の製品に使用しないでください。 ● 電池パック単体で充電することはできません。必ず 708SC に 電池パックを取り付けた状態で充電してください。電池パック なしの状態では、充電することも電源を入れることもできませ ん。 ● 充電器を長時間ご使用にならない場合は、プラグをコンセント やシガーライターソケットから抜いてください。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-10 電池パックの持ちについて 次のような使いかたや操作をすると、電池パックの消耗が早 まり、利用可能時間が短くなります。 ● 使用環境 - 極端な低温または高温の状態での使用、および保存 (5~40℃の温度範囲でご使用ください) - 電波の弱い場所での通話や、圏外表示での待ち受け(な るべく電波状態の良い環境でご使用ください) - 708SCや電池パック、充電器の充電端子の汚れ(汚れ のために接触が悪くなると、正常に充電できなくなり ます) ● 操作 - カメラでの撮影を何度も行ったとき - 動画やメロディを再生したとき - メール作成などで連続したボタン操作をしたとき(照 明の点灯時間が長くなるため) - Bluetooth ® 通信を何度も行ったとき ● 設定 - フォトスライドを設定しているとき - ディスプレイ設定で、明るさのレベルを上げているとき や、バックライトで長時間の点灯を設定しているとき - メディアプレイヤーのバックライトが「常時 ON」に 設定されている状態で、メロディを再生したとき 不要になった電池パックは 不要になった電池パックは、一般のゴミと一緒に捨てずに、 端子にテープなどを貼り付けて絶縁し、個別回収に出すか最 寄りのソフトバンクショップへお持ちください。電池を分別 廃棄している市町村の場合は、その条例に基づいて廃棄して ください。 リチウムイオン電池は、リサイクル可能な貴重な資源です。 電池が切れると 電池がほとんど残っていない状態になると、警告音とメッ セージでお知らせします。電池パックを充電してください。 そのまま充電をしないでいると、自動的に708SCの電源が 切れます。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-11 電池パックを取り付ける/取り外す 取り付ける A 電池カバーを矢印の方向に押しながらスライ ドさせる B 電池カバーを矢印の方向に引き上げて、取り 外す C 708SCの突起部に電池パックのくぼみを合わ せて取り付ける D 電池カバーの突起部を708SCのくぼみに差し 込んで取り付ける a b 注意 ● 電池カバーを外すときには、電池カバーの突起部を708SCのく ぼみに差し込んだまま無理に開かないでください。電池カバーの 突起部が壊れる場合があります。 突起部 突起部 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-12 取り外す 電池パックの取り外しは、電源を切ってから行ってくださ い。また、急速充電器またはシガーライター充電器を接続し ていない状態で行ってください。 A 電池カバーを矢印の方向に押しながらスライ ドさせる B 電池カバーを矢印の方向に引き上げて、取り 外す C 電池パックを持ち上げて、取り外す 急速充電器を利用して充電する 必ず付属の急速充電器を使用してください。 A 端子キャップを開き、外部接続端子に接続コ ネクターを差し込む ● 取り付けるときに、電池パックに無理な力を加えないでくださ い。708SCの充電端子が壊れる場合があります。 a b 端子キャップ 接続コネクター の△のある面を 上向きにする 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-13 B 電源コードのプラグをAC100V コンセントに 差し込む C 充電が終わったら、708SCから接続コネクター を抜いて端子キャップを閉め、電源コードのプ ラグをACコンセントから抜く パソコンのUSBポートを使った充電について 付属のUSBケーブルでパソコンと接続することにより、708SC を充電できます。 a708SCの端子キャップを開き、外部接続端子にUSBケーブ ルの接続コネクターを差し込む bUSBケーブルのUSBコネクターをパソコンのUSBポートに 差し込む c充電が終わったら、708SCから接続コネクターを抜いて端子 キャップを閉め、USBケーブルのコネクターをUSBポートか ら抜く 急速充電器を利用するときよりも、充電完了まで時間がかかりま す。また、接続するパソコンにより、充電にかかる時間が異なり ます。電池がほとんど残っていない場合、充電できないことがあ ります。 AC100V コンセント 電源プラグ 補足 ● 充電完了を確認するには 電源が入っているときはディスプレイの電池アイコンで確認で きます。充電中は → → のように残量表示が変わり、 充電が完了すると が点滅します。 電源を切っているときはディスプレイの表示で確認できます。 充電が開始されると「充電中…」と表示され、完了すると、「充 電が完了しました」と表示されます。 ● 充電にかかる時間は 約140分です。時間は708SCの電源が入っていて、何も操作 していない(ディスプレイが消灯している)状態で充電した場 合の目安です。何らかの操作をしながら充電すると、充電時間 は長くかかります。また、周囲の温度によっても変わります。 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-14 シガーライター充電器(オプション) を利用して充電する A 端子キャップを開き、外部接続端子に接続コ ネクターを差し込む B シガーライターソケットにプラグを差し込む C 車のエンジンをかける D 充電が終わったら、708SCから接続コネクター を抜いて端子キャップを閉め、プラグをシガー ライターソケットから抜く 端子キャップ 接続コネクター の△のある面を 上向きにする 電源プラグ シガ-ライター充電器 シガ-ライターソケット 補足 ● 充電完了を確認するには(fP.1-13) ● 充電にかかる時間は(fP.1-13) ● シガーライター充電器をお使いになる場合は シガーライター充電器の操作方法などについては、シガーライ ター充電器の取扱説明書を参照してください。充電するときは、 708SCを固定させるため、車載ホルダーを利用されることをお すすめします。 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-15 電源を入れる/切る 電源を入れる Ayを1秒以上押す 注意 ● 炎天下で高温になった自動車内では充電しないでください。 ● このシガーライター充電器はマイナスアース車専用(12V/24V 両用)です。 補足 ● お客様の電話番号を確認するには cを押し、0を押します。オーナー情報(名前やE-mailア ドレスなど)の登録や編集もできます(fP.5-14)。 ● 起動時PIN認証を「有効」にしている場合は 電源を入れるたびにPINコードを入力する必要があります。 ● 操作をしない状態が続くと(fP.8-6) 電池の消耗を抑えるため、自動的に画面表示が消えます。 この画面を「待受画面」と いいます。 708SC.book 15 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-16 電源を切る Ayを2秒以上押して、ディスプレイが消灯 することを確認する 日付・時刻の設定 日付や時刻を設定する 時刻や日付を設定しないとご利用になれない機能があります。 日時設定からは、時刻や年月日の表示形式も変更できます。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「日時 設定」の順に選択する B 設定操作をする 時刻を設定する場合は 時間欄を反転表示し、時刻を入力する 「AM」/「PM」を設定する場合は(時刻表示形式 「12H」の場合のみ) a時間欄を反転表示し、r で「AM」または「PM」 にカーソルを合わせる brを押して設定を切り替える 日付を設定する場合は 日付欄を反転表示し、年月日を入力する 時刻の表示形式を変更する場合は a時刻表示形式欄を選択する b設定を選択し、c(OK)を押す 日付の表示形式を変更する場合は a日付表示形式欄を選択する b設定を選択し、c(OK)を押す Cw(保存)を押す お買い上げ時 ■ 時間形式:24H ■ 日付表示形式:YYYY年 MM月 DD日 708SC.book 16 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-17 日付や時刻を自動的に補正する 定期的に送信される情報を受信して、日付や時刻を自動的に 補正することができます。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「日時 設定」の順に選択する B タイムゾーンの更新欄を選択し、設定操作を する Cw(保存)を押す タイムゾーンを変更する お使いの地域に合わせて日付や時刻を切り替えます。サマー タイムも設定できます。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「日時 設定」の順に選択する B タイムゾーン欄を選択する C 設定操作をする タイムゾーンを変更する場合は asで目的の地域を指定する bc(OK)を押す サマータイムを設定する場合は aj で「サマータイム」を選択してチェックありに する bw(OK)を押す Dw(保存)を押す お買い上げ時 ■ 最初に確認 補足 ● 「タイムゾーンの更新」の設定内容は 「手動のみ」:自動補正を行いません。 「最初に確認」:タイムゾーンの異なる国、地域に移動したとき にそのタイムゾーンに合わせて日付や時刻を補正します。ネッ トワークから時間情報を受信すると、「自動」に切り替えるかど うかを確認するメッセージが表示されます。 「自動」:設定後に708SCが再起動し、ネットワークから送られ てくる時間情報(タイムゾーン、日付、時刻など)に合わせて 日付や時刻を自動的に補正します。ただし、ネットワークによっ ては時間情報が送られてこない場合がありますので、そのとき は他の設定に切り替えてください。 お買い上げ時 ■ タイムゾーン:GMT+9h ■ サマータイム:チェックなし 708SC.book 17 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-18 機能の呼び出しかた メインメニューから機能を呼び出す A 待受中にcを押す B 目的の項目を反転表示し、c(選択)を押す C 操作2を繰り返して、目的の機能を呼び出す 〈例〉設定メニューから「ディスプレイ設定」を選択して、 「壁紙設定」を選択する場合 メインメニュー 「設 定」を反 転表示 し、 c(選択)を押す 「ディスプレイ設定」を反 転表示し、c(選択)を 押す 壁紙の設定画面が表示さ れる 「壁紙設定」が反転表示さ れている状態でc(選 択)を押す 708SC.book 18 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-19 ポップアップメニューが「ON」の場合の操作について ポップアップメニュー(fP.8-5)を「ON」に設定していると きは、操作2で目的の項目を反転表示したときに小項目が吹き出 しで表示されます。表示は異なりますが、操作手順は同様です。 番号を入力して項目を選択する操作について メニュー項目画面や一覧画面に「1」「2」などの項目番号が表示 されている場合は、この数字のダイヤルボタンを押すことによ り、項目を選択できます。 ショートカットキーで機能を呼び出す 待受中に、ショートカット機能を割り当てられているボタン を押します。 ※ ショートカットには、頻繁に利用する機能などを登録できます (fP.15-7)。 補足 ● メニュー操作を終了するには yを押します。メニュー操作を終了し、待受画面に戻ります。 ただし、複数の機能を同時に使っている場合は、起動中のほか の機能に切り替わります。 ● メニュー操作を途中でやめるには yを押します。設定中の内容を破棄して待受画面やもとの画 面に戻ります。ただし、メニューによっては内容を破棄するか どうかのメッセージが表示されます。 ● メニュー操作の表記について(fP.xv) ボタン 呼び出される画面 w メールメニュー o Yahoo!ケータイのメインメニュー o(1秒以上) Yahoo!ケータイメニュー e メディアプレイヤーのミュージックプレイリス ト一覧画面 e(1秒以上) メディアプレイヤーのミュージック再生画面 (最後に再生したミュージックの再生を開始) i スイッチバー u ショートカット※ d 電話帳の検索画面 l 着信履歴 r 発信履歴 t 全履歴 *(1秒以上) モード設定 #(1秒以上)(マナーモードの設定/解除) v(1秒以上) カメラ/ビデオの撮影画面(最後に使った撮影 方法) 708SC.book 19 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-20 スイッチバーで機能を呼び出す 「通話」「メール」「Yahoo!ケータイ」「メディアプレイヤー」 を呼び出せます。スイッチバーを使うと、音楽を聴きながら メールを作成したり、通話中にウェブを利用するなど、複数 の機能を切り替えながら利用できます。 A 待受中または操作中にiを押す B sで目的の機能を反転表示してc(選択) を押す 起動中の機能を1つ終了する場合は 終了する機能の画面を表示中にyを押す 起動中の機能をすべて終了する場合は aiを押す bs で「全て終了しますか?」を反転表示して c (はい)を押す メニューの使いかた 画面の右下に「メニュー」と表示されているときにoを 押すと、メニューが表示されます。 メニューを実行するには、目的の項目を反転表示し、c (選択)を押します。 補足 ● 起動中の機能をすべて終了したときは メールの作成中やYahoo!ケータイでホームページを表示中で も、確認メッセージを表示せずに、起動中の機能をすべて終了 します。確認後に終了するときは、yを押して1つずつ終了 してください。また、メールの作成中や音声録音中、動画撮影 中にすべて終了した場合、それまでの内容は保存されず消去さ れます。 補足 ● メニュー操作の表記について(fP.xv) 708SC.book 20 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-21 暗証番号 708SCのご使用にあたっては、「暗証番号」と「交換機用 暗証番号」「発着信規制用暗証番号」が必要になります。 暗証番号 お買い上げ時は「9999」に設定されています。708SCの 各機能を操作するときに使用します。 ● 入力した暗証番号は「*」で表示されます。 ● 暗証番号を間違って入力したときは、番号間違いの確認 メッセージが表示されます。操作をやり直してください。 ● 暗証番号は、708SCの操作で変更できます(fP.13-2)。 交換機用暗証番号 ご契約時の4桁の数字です。オプションサービスを一般電話 から操作するときや、「ウェブの有料情報」の申し込みの際 に必要な番号です。 発着信規制用暗証番号 ご契約時の4桁の数字です。708SCで発着信規制サービスの 設定を行うときに使用します。入力を3回続けて間違えると、 発着信規制サービスの設定変更ができなくなります。この場 合、発着信規制用暗証番号と交換機用暗証番号の変更が必要 となりますのでご注意ください。 ● 発着信規制用暗証番号は、708SCの操作で変更できます (fP.16-10)。 注意 ● 暗証番号や交換機用暗証番号、発着信規制用暗証番号はお忘れ にならないようにご注意ください。万一お忘れになった場合は、 所定の手続きが必要になります。詳しくは、お問い合わせ先 (fP.26-23)までご連絡ください。 ● 暗証番号や交換機用暗証番号、発着信規制用暗証番号は、他人 に知られないようにご注意ください。他人に知られ悪用された ときは、その損害について当社は責任を負いかねますので、あ らかじめご了承ください。 708SC.book 21 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分1-22 708SC.book 22 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基本的な操作のご案内 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-2 電話をかける 電話帳を使ってかける操作はP.5-9を、TVコールをかける 操作はP.6-2を参照してください。 A 電話番号を全桁(市外局番を含む)入力する 電話番号のリストが表示された場合は(fP.5-9) スピードダイヤルで電話をかける場合は(fP.5-10) B 電話番号を確認し、tを押す C 通話が終わったら、yを押す 日本から国際電話をかけるには 国際電話のご利用には、別途お申し込みが必要です。詳しくは、 『サービスガイド(3G)』を参照してください。 a電話番号全桁(市外局番を含む)を入力する bメニューから「国際発信」を選択する c発信先の国を選択するか、「ユーザ入力」を選択して国番号を 入力する d「日本から」を選択する e電話番号を確認して、tを押す 海外にいる相手のソフトバンク携帯電話にかけるには 相手のいる国にかかわらず、ソフトバンク携帯電話番号だけでか けられます。 補足 ● 電話番号を押し間違えたときは Cを押すと、最後の数字が消えます。Cを1秒以上押すと、 すべての数字が消えます。 ● 電話番号として「P(ポーズ)」や「+(国際コード)」を入力す るには 「P」を入力するには、*を1秒以上押します。「+」を入力 するには、0を1秒以上押します。 ● 相手がお話し中のときは yを押して電話を切り、しばらくしてからかけ直してくださ い。オートリダイヤル(fP.15-2)を「ON」に設定している 場合は、自動的に電話を切ってリダイヤルする動作が繰り返さ れます。リダイヤルを停止するには、o(キャンセル)また はyを押します。 ● ステレオイヤホンマイクを接続しているときは 電話番号を入力後、ステレオイヤホンマイクのスイッチを1秒以 上押しても電話をかけられます。「イヤホン通話」を「ON」に 設定している場合は、スイッチを1秒以上押すだけで指定した電 話番号に電話をかけられます。電話を切るときもスイッチを1秒 以上押します。 ● 通話中にできる操作は(fP.2-7) 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-3 海外で電話をかけるには(fP.2-14) 電話番号を入力した画面のメニュー操作 電話を受ける A 着信中にtまたはc(通話)を押す B 通話が終わったらyを押す メニュー 内 容 TVコール 入力した電話番号にTVコールをかけま す(fP.6-2)。 電話帳登録 入力した電話番号を、本体またはUSIM カードの電話帳に登録します(fP.5-5)。 メール作成 入力した電話番号を宛先としたメール を作成します(fP.17-5)。 電話帳検索 電話帳の検索画面に切り替えます。 通話履歴 通話履歴画面に切り替えます。 国際発信 入力した電話番号に国際コードと国番 号 を 付 加 し て 国 際 電 話 を か け ま す (fP.2-2)。 発信者番号通知/ 非通知 お客様の電話番号を通知/非通知にし て電話をかけます。「ネットワーク設定 に従う」を選択すると、発信者番号通知 サービス(fP.16-11)の設定に従い ます。「番号通知」を選択すると、電話 番号を通知します。「番号非通知」を選 択すると、電話番号を非通知にします。 補足 ● エニーキーアンサー(fP.15-4)を「ON」に設定している場合は 着信中にw、o、y、サイドキー nbを除くどのボタ ンを押しても音声電話を受けられます。 ● 着信音を消すには 着信中にw(ミュート)を押します。ミュート中も、相手側 では呼び出し状態が続いています。電話に出られるようになっ たら、c(通話)を押します。 ● 着信音量を調節するには 着信中にサイドキー nまたはbを押します。 ● ステレオイヤホンマイクを接続しているときは 着信中にステレオイヤホンマイクのスイッチを1秒以上押しても 受けられます。電話を切るときもスイッチを1秒以上押します。 ● 通話中にできる操作は(fP.2-7) 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-4 着信音について 相手の電話番号が電話帳に登録され、個別またはグループごとの 着信音が設定されている場合は、設定されている着信音が鳴りま す(fP.5-3、5-6)。それ以外の場合は、モードごとに設定され ている着信音が鳴ります(fP.9-2)。 シークレットモード設定が「非表示」のとき、電話帳のシーク レットモードが「ON」の相手から着信があった場合も、モード ごとに設定されている着信音が鳴ります。 電話がかかってきたときの表示について 相手が電話番号を通知してかけてきたときは、電話番号が表示さ れます。電話番号が電話帳に登録されている場合は、登録されて いる名前が表示されます。相手が電話番号を通知してこなかった 場合は、「非通知設定」と表示されます。 電話帳やグループに着信画像が設定されている場合は、画像も表 示されます(fP.5-3、5-6)。 シークレットモード設定が「非表示」のとき、電話帳のシーク レットモードが「ON」の相手から着信があった場合は、名前や 画像は表示されません。 電話に出なかったときの表示について(不在着信) かかってきた電話に出なかったときは、「不在着信」と表示して お知らせします。w(表示)を押すと、不在着信履歴(fP.2- 9)を確認できます。 電話に出られないときの便利な機能について オプションサービスの転送電話サービスまたは留守番電話サー ビスをご利用になると、電話に出られないときに指定した電話番 号に自動的に転送したり、留守番電話センターで伝言メッセージ をお預かりしたりできます。これらのサービスを「呼び出しあり」 でご利用の場合は、着信中にo(転送)を押すと、すぐに転送 先または留守番電話センターに転送できます(fP.16-3、16-4)。 詳しくは16章「オプションサービス」を参照してください。 また、簡易留守録を利用すると、708SC本体に15秒までのメッ セージを最大3件まで録音することができます(fP.2-5)。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-5 着信を拒否して電話を切る 着信中の電話に応答せず、強制的に切ります。拒否した電話 は、不在着信履歴に記録されます。 A 着信中にyを押す 簡易留守録の利用 電話に出られないとき、相手の用件を708SC本体に録音で きます。用件は1件につき最長15秒間録音でき、3件まで保 存できます。 簡易留守録を設定/解除する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「On/Off設定」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 簡易留守録を設定すると 待受画面に が表示されます。 補足 ● サイドキー設定(fP.15-5)を「応答拒否」に設定している場 合は 着信中にサイドキー nまたはbを1秒以上押しても着信を拒否 できます。 ● 相手に「お話し中です」と通知して電話を切るには 転送電話サービス(fP.16-2)または留守番電話サービス (fP.16-4)をご利用になっていない場合、着信中にo(転 送)を押すと、着信を拒否します。このとき相手のディスプレ イには、こちらがお話し中である旨のメッセージが表示されま す。ただし、相手がこの機能に対応していない場合、メッセー ジ表示されません。 ● 着信を自動的に拒否するには(fP.13-7) お買い上げ時 ■ OFF 注意 ● 電波の届かない場所にいるときや 708SC の電源を切っている とき、オフラインモード中は、簡易留守録を利用できません。着 信ができない状況の場合は、オプションサービスの留守番電話 サービスをご利用ください。 ● 708SC本体の共有メモリ(fP.26-13)の空き容量が600K バイトより少ない場合は、簡易留守録を利用できません。   708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-6 呼出時間を設定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「応答時間」の順に選択する B 設定を選択し、「時間設定(0-60秒)」を選択 した場合はdを押して時間を入力する C c(保存)を押す 応答メッセージの言語を設定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「応答言語」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 録音された用件を確認する 簡易留守録に伝言メッセージが録音されると、画面に が 表示されます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「録音メッセージ再生」の順に選 択する B 用件を反転表示し、c(再生)を押す お買い上げ時 ■ 時間設定(18秒) お買い上げ時 ■ 日本語 補足 ● 用件を削除するには 一覧画面で用件を反転表示し、w(削除)を押して「はい」 を選択します。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-7 通話中の操作 相手の声の音量を調節する 受話口やステレオイヤホンマイクのイヤホンから聞こえる 相手の声の大きさを調節できます。 A 通話中にサイドキー nbまたはjを押す 通話を保留にする 保留中は相手に保留音が流れ、双方の声が聞こえなくなりま す。保留操作を行うには、割込通話サービス(fP.16-6) または多者通話サービス(fP.16-7)のお申し込みが必要 です。どちらも非加入になると、保留機能が使用できません。 A 通話中にw(保留)を押す B 通話に戻るときは、w(応答)を押す スピーカーホン通話に切り替える A 通話中にc( )を押し、「はい」を選択する スピーカーホン通話から通常の通話に切り替える場合は 通話中にc( )を押す 相手の声を録音する 通話中にボイスレコーダーを利用して、相手の声を録音でき ます。最長2分間録音できます。 A 通話中にvを1秒以上押す B c(録音)を押す C 停止/一時停止操作をする 停止して保存する場合は w(停止)を押す 一時停止する場合は ac(一時停止)を押す b録音を再開する場合は c(録音)を押し、録音を 終了する場合はw(保存)を押す 補足 ● 受話音量がレベル5のときにサイドキー nまたはuを押すと スピーカーホン通話にするかどうかの確認画面が表示されま す。スピーカーホン通話にする場合は「はい」を選択します。 ● スピーカーホン通話中の受話音量がレベル1のときにサイド キー bまたはdを押すと スピーカーホン通話をオフにする旨の画面が表示され、通常の 通話に切り替わります。 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-8 通話中のメニュー操作 補足 ● 音声が録音されると 録音された音声ファイルは、データフォルダのメロディ& ミュージックフォルダに保存されます。 ● 録音中に他の相手から電話がかかってくると 割込通話サービスをご利用の場合、録音中に着信があると、録 音を終了し、着信画面を表示します。 ● 録音中に電話が切れると 録音が自動的に終了し、音声が保存されます。 メニュー 内 容 ささやきON/ささ やきOFF 「ON」にすると小さい声でも相手に大きく 伝えられます。 ミュート 「音声」または「キー操作音」をチェックあ りにしてw(OK)を押すと、こちらの音 声またはキー音が相手に聞こえなくなりま す。 発信 「多者通話サービス」(fP.16-7)をご利用 の場合に有効です。表示される電話番号入 力画面に電話番号を入力してc(発信)を 押すと、電話をかけられます。 電話帳 電話帳の検索画面に切り替えます。 電話帳登録 通話中の相手の電話番号を、本体または USIMカードの電話帳に登録します (fP.5-3)。 メール作成 通話中の相手の電話番号を宛先としたメー ルを作成します(fP.17-5)。 プッシュトーン送信 ダイヤルボタンを押してc(送信)を押す と、プッシュトーンを送信できます。 音声録音 通話中の相手の声を録音します (fP.2-7)。 メモ メモを作成し、保存します(fP.14-8)。 通話終了 電話を切ります。 ヘッドセットに切替/ 本体に切替 Bluetooth ® 対応のヘッドセットをご利用 の場合に有効です。ヘッドセットを使った 通話または通常の通話に切り替えます。 メニュー 内 容 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-9 通話履歴の利用 通話履歴を確認する A rを押す B sで履歴一覧を切り替える 電話番号や1通話ごとの通話時間などを確認する場合は 履歴を反転表示し、c(表示)を押す 履歴一覧のアイコンについて 履歴一覧には、音声電話とTVコールを識別するアイコンが表示 されます。 :本体の電話帳に登録されている電話番号 との音声電話(電話番号のアイコン) :USIMカードの電話帳に登録されている電話番号との音声 電話またはTVコール :電話帳に登録されていない電話番号との音声電話 :本体の電話帳に登録されている電話番号とのTVコール 「全履歴」には、履歴の種別を示すアイコンも表示されます。 :着信     :着信拒否    :不在着信    :発信 通話履歴を使って電話をかける A rを押す B sで履歴一覧を切り替える C 履歴を反転表示し、tを押す TVコールをかける場合は メニューから「TVコール発信」を選択する 通話履歴を削除する 1件削除する A rを押す B sで履歴一覧を切り替える C 履歴を反転表示してメニューから「削除」→ 「1件」の順に選択し、「はい」を選択する 全履歴 すべての発着信履歴一覧です。 不在着信履歴 かかってきた電話に出なかったときの履歴一覧です。 着信履歴 かかってきた電話に出たときの履歴一覧です。 発信履歴 かけた電話の履歴一覧です。 補足 ● シークレットモード設定を「非表示」に設定しているときは 履歴の相手が電話帳に登録され、シークレットモードが「ON」 に設定されている場合は、名前が表示されません。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-10 すべて削除する 各履歴一覧の内容をまとめて削除できます。 A rを押し、sで削除する履歴一覧に切り替 える すべてまとめて削除する場合は sで「全履歴」に切り替える B メニューから「削除」→「全件」の順に選択 し、「はい」を選択する C 暗証番号を入力し、c(確認)を押す 補足 通話履歴のメニュー操作 ● 1通話ごとの履歴を削除するには a操作1~2を行う b履歴を反転表示し、c(表示)を押す c履歴を反転表示してメニューから「削除」→「1 件」の順に 選択し、「はい」を選択する メニュー 内 容 音声電話発信 通話履歴の電話番号に音声電話をかけま す。 TVコール発信 通話履歴の電話番号にTVコールをかけま す(fP.2-9)。 電話帳登録 通話履歴の電話番号を電話帳に登録します (fP.5-5)。 メール作成 通話履歴の電話番号を宛先としたメールを 作成します(fP.17-5)。 削除 通話履歴を削除します(fP.2-9)。 拒否リスト追加 履歴の電話番号を着信拒否リスト (fP.13-8)に登録します。 電話帳表示 通話履歴の電話番号が登録されている電話 帳の詳細画面を確認できます。 国際発信 通話履歴の電話番号に国際コードと国番号 を付加して国際電話をかけます(fP.2-2)。 発信者番号通知/ 非通知 お客様の電話番号を通知/非通知にして電 話をかけます。「ネットワーク設定に従う」 を選択すると、発信者番号通知サービスの 設定に従います。「番号通知」を選択すると、 電話番号を通知します。「番号非通知」を選 択すると、電話番号を非通知にします。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-11 通話時間/通話料金を管理する 通話データ管理の各項目から、次の操作ができます。 データ通信量/通話時間/通話料金を 確認する A cを押し、「通話履歴」を選択する B 確認する項目を選択する 累積データ通信量をリセットする場合は a累積データ通信量画面でリセットする項目を反転表 示し、メニューから「リセット」を選択する b「はい」を選択する 累積データ通信量をすべてリセットする場合は a累積データ通信量画面で、メニューから「全てリセッ ト」を選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を 選択する 累積通話料金をリセットする場合は a通話料金画面のメニューから「累積通話料金リセッ ト」を選択する bPIN2コードを入力し、c(確認)を押す 累積通話時間をリセットする場合は a累積通話時間画面でリセットする項目を反転表示 し、メニューから「リセット」を選択する b「はい」を選択する 累積通話時間をすべてリセットする場合は a累積通話時間画面で、メニューから「全てリセット」 を選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を 選択する 通話料金の通貨単位を変更する場合は a通話料金画面のメニューから「通貨設定」を選択する bPIN2コードを入力し、c(確認)を押す cレート欄を反転表示して円に対するレートを入力する d通貨欄を反転表示して通貨単位を入力する ew(保存)を押す 累積データ通 信量 累積パケット量の目安を確認、リセットできます。 通話料金 累積通話料金、前回の通話の料金の目安を確認で きます。累積通話料金はリセットできます。通貨 単位の変更や、通話料金の上限の設定もできます。 累積通話時間 発着信した音声電話、TVコールの通話時間の目安 を確認、リセットできます。 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-12 通話料金の限度額を設定する 通話料金の上限を超えると、緊急電話発信(fP.2-14)を 除くすべての電話の発信やメールの送受信、ウェブ接続(通 話料、通信料が課金される操作)ができなくなります。 A cを押し、「通話履歴」→「通話料金」の順 に選択する B メニューから「料金上限設定」を選択する C PIN2コードを入力し、c(確認)を押す D 限度額を入力する 通話中の画面に通話料金を表示する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「通話 料金・時間」→「通話料金表示」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 海外での利用(国際ローミング) 国際ローミングのご利用には、別途お申し込みが必要です。 海外でのご利用の詳細については、『国際ローミングガイド』 を参照してください。海外にお出かけになったときは、『国 際ローミングガイド』を携帯してください。 ネットワークモードを切り替える A cを押し、「設定」→「外部接続」→「3G・ GSM選択」の順に選択する B 設定を選択する お買い上げ時 ■ OFF お買い上げ時 ■ 3G 補足 ● ネットワークモードの設定について 「自動」:お使いの場所(ネットワークの状態)に応じて、自動 的にモードが切り替わる 「GSM900/1800」:海外のGSM900/1800サービスエリア で使用できるモード 「GSM1900」:海外のGSM1900サービスエリアで使用でき るモード 「3G」:日本国内と海外の3G/UMTSサービスエリアで使用で きるモード 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-13 ネットワークを設定する 接続するネットワークを選択する ご利用になる地域によって、ネットワーク(事業者)を切り 替える必要があります。自動的に切り替えることもできま す。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「事業 者選択」の順に選択する B 設定を選択する 自動的に選択させる場合は 「自動」を選択する 特定のネットワークを選択する場合は a「手動」を選択する bネットワークを選択する 優先されるネットワークを設定する ネットワーク選択を「自動」に設定したときに優先的に選択 されるネットワークの一覧を編集できます。「挿入」すると 一覧で反転表示したネットワークの上の順位に、「追加」す ると一覧の最後にネットワークが追加されます。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「優先 事業者リスト」の順に選択する B 一覧の編集操作をする ネットワークリストから選択して挿入/追加する場合は a挿入したい位置のネットワークを反転表示する(挿 入時のみ) bメニューから「挿入」または「追加」→「ネットワー クリスト」の順に選択する cネットワークを選択し、c(挿入/追加)を押す ネットワークを新規登録して挿入/追加する場合は a挿入したい位置のネットワークを反転表示する(挿 入時のみ) bメニューから「挿入」または「追加」→「新規ネッ トワーク」の順に選択する c各項目を設定し、w(挿入/追加)を押す 一覧からネットワークを削除する場合は 削除するネットワークを反転表示してメニューから 「削除」を選択し、「はい」を選択する お買い上げ時 ■ 自動 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-14 海外で電話をかける A 電話番号を全桁(市外局番を含む)入力する 滞在国の一般電話や携帯電話にかける場合は 操作5に進む 国番号などを直接入力する場合は 0を1秒以上押すと「+」が入力されます。続けて 国番号、先頭の「0」を除いた電話番号(イタリアの 一般電話にかける場合は除かない)の順に入力し、操 作5に進む B メニューから「国際発信」を選択する C 国を選択するか、「ユーザ入力」を選択して国 番号を入力する D「海外から」を選択する E 電話番号を確認し、tを押す 緊急電話発信について 緊急電話発信とは、緊急時に使用する電話発信「110(警 察)」「119(消防)」「118(海上保安部)」のことです。 708SCで発信の制限などを設定している場合、緊急電話発 信の可否は次のようになります。 補足 ● 新規ネットワークの設定項目について 次の項目を設定します。 国番号 最大3桁 ネットワークコード 最大3桁 ネットワーク名 英数半角最大20文字 ネットワークタイプ GSM/3Gから選択 補足 ● 国際コードや国番号を追加、変更するには(fP.15-2) 708SCの状態 緊急電話発信 オフラインモード中(fP.3-2) 不可 通話料金上限(fP.2-12)を超過したとき 「110」「119」「118」可 簡易ロック中(fP.13-4) 不可 起動時PIN認証(fP.13-3)で、未認証 のとき 不可 USIM照合(fP.13-4)で、未認証のとき 不可 発信規制中(fP.16-9) 「110」「119」「118」可 注意 ● 海外でのご利用にあたっては、無線ネットワークや無線信号、 708SCの機能の設定状態によって動作が異なるため、すべて の国や地域での接続を保証するものではありません。 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分マナーモード 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分マ ナ ー モ ー ド 3-2 マナーについて 携帯電話は、マナーを守ってご使用ください。 ● 劇場や映画館、美術館などでは、電源を切っておきましょ う。 ● 航空機内や病院など、使用を禁止された区域では、電源を 切っておきましょう。 ● レストランやホテルのロビーなど、静かな場所では、周囲 の迷惑にならないように気をつけましょう。 ● 新幹線や電車の中などでは、車内のアナウンスや掲示に従 いましょう。 ● 街中では、通行の妨げにならない場所で使いましょう。 マナーを守るための機能 708SCには、マナーを守るための2つのモードが用意され ています。 マナーモード 着信音や警告音などを消音またはバイブレータにするモー ドです。マナーモードは、ワンタッチで設定/解除できます。 オフラインモード 電波の送受信を停止するモードです。通信以外の操作はでき ます。 マナーモードやオフラインモード以外でも、着信音や警告音 などをバイブレータや消音に設定することができます。 マナーモードを設定/解除する A 待受画面で#を1秒以上押す モードを切り替える マナーモードを含む5種類の中から選択できます。 A 待受画面で*を1秒以上押す B モードを選択する C c(保存)を押す 補足 ● マナーモード中のディスプレイには が表示されます。 ● マナーモードを設定しても、カメラ撮影時のシャッター音は鳴 ります。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分マ ナ ー モ ー ド 3-3 モードの種類について モードは使用状況に合わせて選択し、必要に応じて設定を編集し てご利用ください(fP.9-2)。 オフラインモードを設定/解除する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「オフ ラインモード」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 補足 ● モードの設定内容を変更する場合は(fP.9-2) モード 内 容 通常 708SCから出る音を気にせずに使える状 況に適したモード マナー 708SCから音を出さないモード 運転中 車の運転中にも使えるモード。音声電話に 自動的に応答し、スピーカーホン通話がで きる ミーティング 着信音やボタン確認音が、あらかじめバイブ レータや消音に設定されているモード アクティブ 着信音やボタン確認音が、あらかじめ最大音 量に設定されているモード お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● オフラインモード中に電源を切ると 電源を入れ直したときに、オフラインモードを設定するかどう かの確認メッセージが表示されます。o(いいえ)を押すと、 通常モードに切り替わります。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分3-4 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文字の入力方法 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-2 文字入力について 漢字、ひらがな、ハングル、カタカナ(全角/半角)、英数 字(全角/半角)、記号(全角/半角)、絵文字、顔文字を入 力できます。 文字入力画面について ※候補表示エリアは、全角および半角のカタカナ、英字、数字 の各入力モードでは表示されません。予測入力の機能を解除 すると、漢字/かな入力モードでも表示されなくなります。 数字しか入力できない入力欄について 電話帳の電話番号欄やアラームの時刻欄など数字しか入力でき ない場合は、文字入力画面には切り替わりません。登録、設定画 面の欄に数字を直接入力します。 入力モードの切り替え 使用できる入力モードは、状況によって制限されます。 A 文字入力画面でeを押す B 切り替える入力モードを反転表示し、c (OK)を押す 現在の入力モード 入力可能な残り文字数 文字入力エリア :漢字/かな :全角カタカナ :半角カタカナ :全角英字 :半角英字 :全角数字 :半角数字 :全角記号 :半角記号 :絵文字 :顔文字 :ハングル 文字入力エリア 候補表示エリア※ 予測候補/変換候補/入力文字候補が 表示される 補足 ● ワンタッチで記号/絵文字/顔文字入力モードに切り替えるには 文字入力画面で#を押すごとに、入力モードが記号や絵文字、 顔文字に切り替わります。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-3 ダイヤルボタンの割り当て 1つのボタンには複数の文字が割り当てられています。文字を入力するには、目的の文字が表示されるまでボタンを繰り返 し押します。 *は濁点を付けたり改行を入力するなどの機能が、#には入力モードを切り替えるなどの機能が割り当てられています。 ※ 半角の「ヮ」は入力できません。 ボタン 漢字/かな カタカナ(全角/半角) 英字(全角/半角) 数字(全角/半角) 1 あいうえおぁぃぅぇぉ 1 アイウエオァィゥェォ 1 .@-_/:̃(全角のときは「~」)1 1 2 かきくけこ2 カキクケコ2 abcABC2 2 3 さしすせそ3 サシスセソ3 defDEF3 3 4 たちつてとっ 4 タチツテトッ 4 ghiGHI4 4 5 なにぬねの5 ナニヌネノ5 jklJKL5 5 6 はひふへほ6 ハヒフヘホ6 mnoMNO6 6 7 まみむめも7 マミムメモ7 pqrsPQRS7 7 8 やゆよゃゅょ 8 ヤユヨャュョ 8 tuvTUV8 8 9 らりるれろ9 ラリルレロ9 wxyzWXYZ9 9 0 わをんゎ、。-・~!? 〈スペース〉0 ワヲンヮ※ 、。-・~!? 〈スペース〉0 ,.-_!?〈スペース〉0 0 * ● 大文字/小文字の変換、濁点あり/半濁点あり/濁点なしの変換 (文字の決定前で、変換可能な場合のみ) ● 改行の入力 ● 大文字/小文字の変換(文字の 決定前で、変換可能な場合のみ) ● 改行の入力 改行の入力 # ● 1つ前の割り当て文字の表示(文字の決定前のみ) ● 全角記号/半角記号/絵文字/顔文字入力モードへの切り替え 全角記号/半角記 号/絵文字/顔文 字入力モードへの 切り替え 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-4 着信やアラーム通知による文字入力/編集の中断について 文字の入力中や編集中に音声電話やTVコールがかかってきたと きは、そのまま応答してください。通話が終了すると、もとの文 字入力画面に戻ります。アラーム通知が起動した場合も、アラー ム通知を終了させるともとの画面に戻ります。 文字の入力方法 漢字/ひらがなを入力する 候補表示エリアに表示される予測候補を使って簡単に入力 できます。予測候補を使わずに、入力したひらがなを目的の 文字に変換することもできます。候補表示エリアにカタカナ や絵文字などが表示されたときは、これらの文字も入力でき ます。 A 漢字/かな入力モードで、文字が割り当てら れているボタンを押す 「゛」や「゜」を付ける場合は 濁点や半濁点を付けるひらがなを入力したあと、* を押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す ボタンを押し過ぎた場合は #を押して、同じボタンの1つ前の割り当て文字に戻 る 続けて同じボタンの文字を入力する場合は rを押してカーソルを右に移動する ひらがなで決定する場合は c(決定)を押す B 目的の文字に変換する 目的の文字を予測候補から選ぶ場合は adを押してカーソルを候補表示エリアに移動する b目的の予測候補を反転表示し、c(決定)を押す 目的の予測候補が表示されていない場合は aw(変換)を押す b必要に応じてsで変換する範囲を変更する cdを押してカーソルを候補表示エリアに移動する d目的の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す eb~dを繰り返してすべての文字を決定する 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-5 文字入力履歴のリセットについて 予測候補や変換候補には、過去に変換した文字列や漢字が優先し て表示されます。表示される内容を、お買い上げ時の状態に戻す ことができます。 ac を押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「学 習履歴リセット」の順に選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を選択する カタカナを入力する A 全角カタカナまたは半角カタカナ入力モード で、文字が割り当てられているボタンを押す 「゛」や「゜」を付ける場合は 濁点や半濁点を付けるカタカナを入力したあと、* を押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す ボタンを押し過ぎた場合は #を押して、同じボタンの1つ前の割り当て文字に戻 る 続けて同じボタンの文字を入力する場合は rを押してカーソルを右に移動する 補足 ● 目的の漢字に変換されないときは 漢字の読みかたを変えて入力してください。一度に変換できな い2文字以上の漢字は、変換する範囲を1文字に変更して変換し てください。 ● 候補表示エリアの内容を予測候補/変換候補に切り替えるには 予測候補が表示されているときにw(変換)を押すと変換候 補が、変換候補が表示されているときにw(予測)を押すと 予測候補が表示されます。 ● 予測入力機能を設定/解除するには(fP.4-11) ● ユーザ辞書を利用して簡単に変換するには(fP.4-11) ● 日付や時刻を入力するには a数字が割り当てられているボタンを押す bo(英数カナ)を押す c日付や時刻の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-6 英字を入力する A 全角英字または半角英字入力モードで、文字 が割り当てられているボタンを押す 大文字/小文字を切り替える場合は 英字を入力したあと、*を押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す ボタンを押し過ぎた場合は #を押して、同じボタンの1つ前の割り当て文字に戻 る 続けて同じボタンの文字を入力する場合は rを押してカーソルを右に移動する 補足 ● 漢字/かな入力モードでカタカナを入力するには たとえば、「くも」を「クモ」や「クモ」に変換できます。 a漢字/かな入力モードで、文字が割り当てられているボタン を押す bo(英数カナ)を押す cカタカナの変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 補足 ● 漢字/かな入力モードで英字を入力するには 文字が割り当てられているボタンを押すときは、英字入力モー ドのときと同じ回数を押す必要があります。たとえば、「cd」と 入力するときは2を3回、3を1回押します。 a漢字/かな入力モードで、英字が割り当てられているボタン を押す bo(英数カナ)を押す c英字の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-7 数字を入力する A 全角数字または半角数字入力モードで、文字 が割り当てられているボタンを押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す 記号/絵文字/顔文字を入力する A 文字入力画面で#を数回押し、全角記号、 半角記号、絵文字または顔文字入力モードに 切り替える 全角の記号と半角の記号を切り替える場合は 全角または半角記号の候補表示エリアが表示されてい るときに*を押す B 候補表示エリアで目的の文字を反転表示し、 c(OK)を押す 記号/絵文字/顔文字を続けて入力する場合は 補足 c(OK)の代わりにw(連続)を押す ● 漢字/かな入力モードで数字を入力するには a漢字/かな入力モードで、数字が割り当てられているボタン を押す bo(英数カナ)を押す c数字の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-8 改行する 改行の操作は、どの入力モードでも同じです。 A 文字入力画面で*を押す 登録内容や文を引用して入力する 電話帳の登録内容を引用する 「電話帳引用」はメール本文の入力画面のメニューです。電 話帳を呼び出し、登録されている電話番号やE-mailアドレ スなどを文中に挿入できます。 A 文字入力画面で、メニューから「電話帳引用」 を選択する B 電話帳を選択する C 項目を反転表示し、c(選択)を押す SMS定型文を引用する 「SMS定型文」はメール本文の入力画面のメニューです。あ らかじめ、よく使う文をSMS定型文として登録してくださ い(fP.4-13)。 A 文字入力画面で、メニューから「SMS定型文」 を選択する B SMS定型文を選択する 定型文を引用する 「定型文」は、電話帳にE-mailアドレスやURLを登録すると きのメニューです。「.ne.jp」や「http://www」などを一括 入力できます。 A 文字入力画面で、メニューから「定型文」を 選択する B 項目を選択する 補足 ● 漢字/かな入力モードで記号/絵文字/顔文字を入力するには 「てん」と入力してw(変換)を押すと、記号の「・」や「…」 が変換候補として表示されます。同様に、「はーと」や「でんわ」 などを絵文字に変換したり、「わーい」や「えーん」などを顔文 字に変換することもできます。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-9 ハングル入力する 入力モードをハングルに切り替えて、ハングル文字を入力し ます。 A 文字入力画面でeを押し、「ハングル」を 選択する B 画面に表示された文字に対応する数字を押し て、子音と母音を組み合わせて文字を入力する 文字の編集 文字を消去/修正する A 消去する文字にaでカーソルを合わせ、C を押す カーソル上に文字がない場合は カーソルの左側の1文字が消去される Cを1秒以上押すと カーソル以降の文字がすべて消去される カーソル以降に文字がない場合にCを1秒以上押すと すべての文字が消去される コピー/切り取り/貼り付けをする 文字をコピー/切り取りする 範囲を指定して、文字のコピーまたは切り取りをします。こ の文字は、文字入力画面の別の位置やほかの入力画面に繰り 返し貼り付けることができます。 A 文字入力画面で、メニューから「コピー」ま たは「切り取り」を選択する 子音の入力例 41回押す 42回押す 43回押す 母音の入力例 01( )、2( ) 0122 02( )、1( ) 0221 02( )、3( ) 0223 02( )、3( )、1( )、2( )、 1( ) 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-10 B コピーまたは切り取りをする最初の文字に aでカーソルを合わせ、c(始点)を押す 文字入力画面上のすべての文字をコピー/切り取りす る場合は o(全て)を押すと、コピー/切り取り操作が終了 する C aで範囲を指定し、c(終点)を押す 文字を貼り付ける A 文字を貼り付ける位置にaでカーソルを移 動する B メニューから「貼り付け」を選択する C 貼り付ける内容を選択し、c(選択)を押す 文字を戻す 直前に行った文字の入力や切り取り、貼り付け、削除などの 操作を元に戻すことができます。変換した文字を元に戻すこ ともできます。本操作は漢字/かな入力モードでのみ有効で す。 A 文字入力画面で、メニューから「元に戻す」を 選択する カーソルを先頭/最後に移動する A 文字入力画面で、メニューから「ジャンプ」→ 「先頭」または「末尾」の順に選択する 補足 ● 電話帳やオーナー情報の登録内容をコピーするには メニューの「項目コピー」を使います(fP.5-11、5-14)。 ● コピー/切り取りを行うと コピーまたは切り取りをした内容は10件まで保存され、電源を 切っても保持されます。すでに10件の内容が保存されている場 合は、古い内容が自動的に消去されます。 補足 ● コピー/切り取りした内容を削除するには 操作3で削除する内容を反転表示し、w(削除)を押して「は い」を選択します。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-11 予測入力機能の設定/解除 候補表示エリアに予測候補を表示させるかどうかを設定で きます。 A 文字入力画面で、メニューから「予測入力ON」 または「予測入力OFF」を選択する 学習機能の設定/解除 候補表示エリアから選択して入力した文字列の履歴を記録 するかどうかを設定できます。 A 文字入力画面で、メニューから「学習ON」ま たは「学習OFF」を選択する 文字サイズの変更 メールやS!メール定型文などの本文入力画面の文字サイズ を切り替えられます。選択できる文字サイズは、文字入力画 面によって異なります。 A 文字入力画面で、メニューから「文字サイズ」 を選択し、サイズを選択する ユーザ辞書の利用 よく使う単語や文(最大20文字)をユーザ辞書に登録して おくと、「読み」を入力しただけで目的の単語や文が候補表 示エリアに表示されるので、入力が簡単になります。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「ユー ザ辞書」→「新規登録」の順に選択する B 語句欄を選択し、単語や文を入力する C 読み欄を選択し、文字を入力する Dw(保存)を押す お買い上げ時 ■ ON お買い上げ時 ■ ON お買い上げ時 ■ 大 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-12 入力した文字をユーザ辞書に登録する A 文字入力画面で、メニューから「単語登録」を 選択する B 登録する最初の文字にaでカーソルを合わ せ、c(始点)を押す ユーザ辞書画面を表示して登録済みの内容を確認する などの操作をする場合は o(ユーザ辞書)を押す C aで範囲を指定し、c(終点)を押す D 読み欄を選択し、文字を入力する Ew(保存)を押す 補足 ● 登録内容を編集するには acを押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「辞 書編集」の順に選択する b編集する内容を選択する c語句や読みを編集し、w(保存)を押す ● 登録内容を1件削除するには acを押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「辞 書編集」の順に選択する b削除する内容を反転表示し、メニューから「削除」を選択する ● 登録内容をすべて削除するには acを押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「全 削除」の順に選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を選択する 補足 ● 改行を含む範囲を指定すると 改行前までの文字列が語句に登録されます。 ● ユーザ辞書を編集するには 単語登録する文字の始点を決めるときにo(ユーザ辞書)を 押すと、「ユーザ辞書の利用」(fP.4-11)と同様の操作ができ ます。「辞書編集」を選択すると、現在登録されている単語の一 覧が表示されます。 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-13 SMS定型文の利用 よく使う文(最大70文字)を登録しておくと、入力画面に 簡単に挿入できます。 Awを押し、「定型文」→「SMS定型文」の 順に選択する B メニューから「新規追加」を選択する SMS定型文が1件も登録されていない場合は w(新規追加)を押す C c(選択)を押し、文を入力する Dw(保存)を押す 補足 ● SMS定型文を引用するには(fP.4-8) ● SMS定型文を編集するには awを押し、「定型文」→「SMS定型文」の順に選択する b編集する内容を反転表示し、c(編集)を押す cc(選択)を押し、文を編集する dw(保存)を押す ● SMS定型文を1件削除するには awを押し、「定型文」→「SMS定型文」の順に選択する b削除する内容を反転表示し、メニューから「削除」→「1件」 →「はい」の順に選択する すべて削除する場合は、操作bで「削除」→「全件」の順に選 択し、暗証番号を入力してc(確認)を押し、「はい」を選択 します。複数の内容を削除する場合は、操作bで「削除」→「複 数」の順に選択し、削除する内容をチェックありにしてw(削 除)を押し、「はい」を選択します。 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分4-14 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電話帳 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-2 電話帳の登録 電話帳に登録できる項目 708SC本体には最大1,000件の電話帳を登録できます。 USIMカードに登録できる件数は、カードの種類によって異 なります。USIMカードの電話帳は、カードを差し替えるこ とにより、ほかのソフトバンク携帯電話でも利用できます。 1件の電話帳に登録できる内容は次のとおりです。 1 708SC本体のメモリ番号「000」~「099」の電話帳には、ス ピードダイヤル(fP.5-10)で音声電話がかけられます。 項 目 内 容 登録の可/不可 708SC本体 USIMカード メモリ番号 半角数字で3桁 ○ 「000」~ 「999」1 ○ 「000」~ 「0XX」2 名前 全角/半角文字 ○ (50文字まで) ○3 ヨミガナ 半角文字 ○ ○3 電話番号アイ コン 6種類から選択 ○ × (1種類のみ) 電話番号 市外局番も含めて登録 ○(40桁 までで5件) ○2 3 E-mailアドレス 半角英数字 ○(256文 字までで4件) ○ (1件)3 E-mailアドレ スのアイコン 3種類から選択 ○ × (1種類のみ) グループ 20個の中から選択 ○ ○2 着信画像 音声電話、TVコールの 着信時に表示させる静 止画。データフォルダ からの選択が可能 ○ × 電話着信音 音声電話、TVコールの 着信音。データフォル ダからの選択が可能 ○ × メール着信音 S!メールやSMSの着信 音。データフォルダから の選択が可能 ○ × 血液型 4種類から選択 ○ × 誕生日 生年月日 ○ × 住所 郵便番号は半角数字20 桁まで、住所は全角/半 角50文字まで ○ × 趣味 全角/半角100文字まで ○ × URL 半角英数字で100文字 まで ○ (2件) × URLのアイコン 3種類から選択 ○ × メモ 全角/半角100文字まで ○ × シークレット モード ON/OFF ○ × 項 目 内 容 登録の可/不可 708SC本体 USIMカード 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-3 2 登録できる件数は、USIMカードの種類によって異なります。 3 登録できる文字数は、USIMカードの種類によって異なります。 電話帳に登録する メモリ番号欄には、空いている最も小さい番号が自動的に表 示されます。必要に応じて変更してください。 A d を押し、メニューから「電話帳登録」→ 「本体」または「USIM」の順に選択する B 各項目を登録する 表示されたメモリ番号を変更する場合は メモリ番号欄を反転表示し、番号を入力する 名前を登録する場合は a名前欄を選択する b名前を入力する 表示されている読みガナを修正する場合は aヨミガナ欄を選択する b読みガナ(最初の何文字かでよい)を入力する 電話番号を登録する場合は 電話番号欄を反転表示し、番号を入力する 電話番号アイコンを設定する場合は a電話番号欄を選択する bアイコンを選択する E-mailアドレスを登録する場合は aアドレス欄を選択する bE-mailアドレスを入力する cアイコンを選択する 注意 ● 大切なデータを失わないために 電話帳に登録した電話番号や名前などは、電池パックを長い間 外していたり電池残量のない状態で放置したりすると、消失ま たは変化してしまうことがあります。事故や故障でも同様の可 能性があります。大切な電話帳などは、控えをとっておかれる ことをおすすめします。電話帳が消失または変化した場合の損 害につきましては、当社では責任を負いかねますのであらかじ めご了承ください。 電話帳の登録画面 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-4 グループを設定する場合は aグループ欄を選択する bグループを選択する 音声電話やTVコールの着信画像を設定する場合は a着信画像欄を選択する b「ON」を選択する cファイルの保存場所を選択してファイルを選択する 音声電話やTVコールの着信音を設定する場合は a電話着信音欄を選択する b「ON」を選択する cファイルの保存場所を選択してファイルを選択する S!メールやSMSの着信音を設定する場合は aメール着信音欄を選択する b「ON」を選択する c音を選択する 血液型を登録する場合は a血液型欄を選択する b血液型を選択する 誕生日を登録する場合は 誕生日欄を反転表示し、生年月日を入力する 住所を登録する場合は a住所欄を選択する b郵便番号を入力する c住所欄を選択し、住所を入力する dw(OK)を押す 趣味を登録する場合は a趣味欄を選択する b内容を入力する URLを登録する場合は aURL欄を選択する b内容を入力する cアイコンを選択する メモを登録する場合は aメモ欄を選択する b内容を入力する シークレット設定をする場合は aシークレットモード欄を選択する b「ON」を選択する Cw(保存)を押す 補足 ● 電話番号欄に入力できる内容は 電話番号には、0~9の数字のほか、#、*、P(ポーズ)、+(国 際コード)を登録できます。「P」を入力するには、*を1秒 以上押します。「+」を入力するには、0を1秒以上押します。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-5 通話履歴から登録する 通話履歴に記録されている電話番号を新規登録したり、既存 の電話帳へ追加登録したりできます。 A rを押す B sで履歴一覧を切り替え、履歴を反転表示し てメニューから「電話帳登録」→「本体」ま たは「USIM」の順に選択する C 登録方法を選択する 新しい電話帳に登録する場合は 「新規」を選択する 既存の電話帳に追加登録する場合は a「更新」を選択する b電話番号を登録する電話帳を検索し、選択する (fP.5-8) D 電話番号アイコンを選択する E 各項目を登録する Fw(保存)を押す ● 電話番号を先に入力してから登録するには 通話中のメニュー「電話帳登録」からも、同様に登録できます。 a待受画面で電話番号を入力する bメニューから「電話帳登録」→「本体」または「USIM」の 順に選択する c「新規」を選択するか、「更新」を選択して追加登録先を選択 する d電話番号アイコンを選択する e操作2~3を行う ● メモリカードに保存されているファイルを着信画像や着信音な どに設定すると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 ● Samsung PC Studioで電話帳を同期すると シークレットモードが「ON」に設定されている電話帳は、シー クレットモード設定に関わらず同期されません(パソコン側に バックアップされません)。 シークレットモードを「OFF」から「ON」に変更した電話帳 は、「ON」に設定して同期した時点から同期されなくなります。 パソコン側でも削除されます。 Samsung PC Studioについては、付属のCD-ROMのユーザー ズガイドを参照してください。 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-6 グループの設定 708SC本体には、あらかじめ20個のグループが用意され ています。 USIMカードのグループを作成する A cを押し、「電話帳」を選択する B メニューから「USIM電話帳表示」を選択する Cw(検索)を押し、「グループ検索」を選択 する D メニューから「新規グループ」を選択する E グループ名を入力し、w(保存)を押す グループの設定を変更する グループ名を変更できます。708SC本体のグループには、 グループごとの着信画像や着信音などを設定できます。 A cを押し、「電話帳」を選択する USIMカードのグループを呼び出す場合は 操作1のあと、メニューから「USIM電話帳表示」を選 択する Bw(検索)を押し、「グループ検索」を選択 する C 設定するグループを反転表示し、メニューか ら「グループ設定」を選択する D 設定操作をする グループ名を変更する場合は グループ名欄を選択し、グループ名を入力する 音声電話やTVコールの着信画像を設定する場合は 着信画像欄を選択し、ファイルの保存場所を選択して ファイルを選択する 音声電話やTVコールの着信音を設定する場合は 電話着信音欄を選択し、ファイルの保存場所を選択し てファイルを選択する 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-7 S!メールやSMSの着信音を設定する場合は メール着信音欄を選択し、音を選択する 着信画像や着信音などをもとの設定に戻す場合は 元に戻す項目を反転表示し、o(リセット)を押す Ew(保存)を押す グループにメンバーを追加する A cを押し、「電話帳」を選択する USIMカードのグループを呼び出す場合は 操作1のあと、メニューから「USIM電話帳表示」を選 択する Bw(検索)を押し、「グループ検索」を選択 する C メンバーを追加するグループを選択する D メニューから「メンバー追加」を選択する E 追加するメンバーをチェックありにし、w (追加)を押す 補足 ● 着信画像や着信音の設定の優先順位は 着信画像や着信音などを電話帳ごとに個別に設定している場合 は、グループごとの設定よりも優先されます。 ● メモリカードに保存されているファイルを着信画像や着信音な どに設定すると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 補足 ● グループからメンバーを削除するには グループから削除しても、電話帳からは削除されません。 a操作1~2を行う bメンバーを削除するグループを選択する cメニューから「メンバー削除」を選択する d削除するメンバーをチェックありにし、w(削除)を押す 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-8 電話帳の利用 電話帳から電話をかける 電話帳を検索する A dを押す 使用したい検索画面が表示され、検索方法を切り替え る必要がない場合は 操作2のbに進む 下中央に「OK」が表示されているときに検索方法を切 り替える場合は c(OK)を押し、操作2に進む Bw(検索)を押し、検索操作をする 行で検索する場合は a「あかさたな検索」を選択する bsで目的の行に切り替える グループで検索する場合は a「グループ検索」を選択する b目的のグループを選択する 名前で検索する場合は a「名前検索」を選択する b名前(先頭の一部でもよい)を入力する 読みガナで検索する場合は a「ヨミガナ検索」を選択する b読みガナ(先頭の一部でよい)を入力する メモリ番号で検索する場合は a「メモリ番号検索」を選択する bメモリ番号を入力する 電話番号で検索する場合は a「電話番号検索」を選択する b電話番号の一部を入力する E-mailアドレスで検索する場合は a「メールアドレス検索」を選択する bE-mailアドレスの一部を入力する C 一覧画面で目的の電話帳を反転表示する 詳細画面を呼び出す場合は c(詳細/選択)を押す 補足 ● 優先的に表示される電話帳(本体/ USIM カード)を変更する には acを押し、「設定」→「電話帳設定」→「通常表示」の順に 選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-9 電話をかける A 一覧画面で目的の電話帳を反転表示して c (詳細)を押し、詳細画面を呼び出す B 目的の電話番号を反転表示し、発信操作をする 音声電話をかける場合は c(発信)を押すか、メニューから「音声電話発信」 を選択する TVコールをかける場合は メニューから「TVコール発信」を選択する スピード検索と検索結果からの発信について 「スピード検索設定」を「ON」に設定しているとき(fP.15-6) は、数字を入力すると、その数字に対応する「ヨミガナ」を先頭 にもつ電話帳を検索し、名前と電話番号を表示します。 電話番号を反転表示し、tまたはc(選択)→c(発信) の順に押すと音声電話、メニューから「TVコール発信」を選択 するとTVコールをかけられます。 電話番号検索と検索結果からの発信について 4桁の数字を入力すると、その番号を先頭または末尾にもつ電話 帳を検索し、名前と電話番号を表示します。「スピード検索設定」 を「ON」に設定していて該当する電話帳が検索されたときは、 sを押すと、電話番号検索とスピード検索の検索結果を切り替 えることができます。 電話番号を反転表示し、tまたはc(選択)→c(発信) の順に押すと音声電話、メニューから「TVコール」を選択する とTVコールをかけられます。 ● シークレットモード設定が「非表示」のとき シークレットモードが「ON」に設定されている電話帳は表示さ れません。検索する場合は、あらかじめシークレットモード設 定を「表示」にしてください。 電話帳の詳細画面 補足 ● 一覧画面からかけるには 詳細画面を呼び出さなくても、一覧画面で目的の電話帳を反転 表示し、メニューから「音声通話発信」または「TVコール発信」 を選択してかけることができます。1つの電話帳に複数の電話番 号が登録されている場合は、通常使用設定で設定されている電 話番号(未設定の場合は1件目の電話番号)に発信します。電話 番号の選択画面が表示されたとき(通常使用設定が「設定なし」 の場合)は、電話番号を選択してください。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-10 USIMカードの電話帳に電話をかける USIMカードの電話帳の1件目に登録されている電話番号へ は、簡単な操作で音声電話またはTVコールをかけられます。 A 先頭の「0」を除いたメモリ番号(2桁)を入 力する B#を押す 目的の電話帳が反転表示されていない場合は jで反転表示する Cw(通話)を押す TVコールをかける場合は o(TVコール)を押す 電話帳の検索方法を切り替える 待受画面でdを押したとき、指定した検索画面を表示する ように設定できます。 A cを押し、「設定」→「電話帳設定」→「検 索設定」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す スピードダイヤルで電話をかける 708SC本体のメモリ番号「000」~「099」の電話帳へ は、簡単な操作で音声電話をかけられます。 A 先頭の「0」を除いたメモリ番号(2桁)を入力する B c( )を押す お買い上げ時 ■ あかさたな検索 補足 ● 設定内容は 「電話帳検索」に設定した場合は、待受画面でdを押すと一覧 画面が表示されます。それ以外の項目に設定した場合は、設定 した検索画面が表示されます。 補足 ● 「スピード検索設定」を「ON」に設定しているときは 数字を入力すると、スピード検索で該当した電話帳の名前と電 話番号が表示されます。約5秒経過するとスピード検索の結果の 表示が消えます。「 」が表示されたら、スピードダイヤルで 電話をかけることができます。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-11 電話帳のメニュー操作 電話帳の一覧画面や詳細画面のメニューから、次の操作がで きます。 1 詳細画面では表示されないメニューです。 2 一覧画面では表示されないメニューです。 注意 ● 通常使用設定(fP.5-12)で音声通話が「設定なし」に設定さ れていると、スピードダイヤルはできません。 ● シークレットモード設定が「非表示」の場合、電話帳のシーク レットモードが「ON」に設定されているメモリ番号を入力して もスピードダイヤルはできません。 メニュー 内 容 電話帳登録1 新規の電話帳登録操作を開始します。 音声電話発信 反転表示中または通常使用設定されている 電話番号に音声電話をかけます(fP.5-9)。 TVコール発信 反転表示中または通常使用設定されている 電話番号にTVコールをかけます(fP.5-9)。 メール作成 電話帳の相手を宛先としたメールを作成し ます(fP.17-5)。 送信 vファイルに変換した電話帳を送信します。 「メール」を選択すると、vファイルを添付 したメールを作成できます(fP.17-5)。 「Bluetooth」を選択すると、Bluetooth ® 通 信の相手を選択して送信できます(fP.12-5)。 削除 電話帳を削除します(fP.5-13)。 データフォルダに 保存 vファイルを作成して保存します。「本体」を 選択すると、「その他ファイル」フォルダに 保存します。「メモリカード」を選択すると、 メモリカードに保存します。 USIM電話帳にコピー/ 本体にコピー USIMカードまたは708SC本体の電話帳 にコピーします(fP.5-13)。 USIM 電話帳表示/ 本体電話帳表示1 表示をUSIMカードまたは708SC本体の 一覧画面に切り替えます。 国際発信 電話帳の電話番号に国際コードと国番号を 付加して国際電話をかけます(fP.2-2)。 発信者番号通知/ 非通知 お客様の電話番号を通知/非通知にして電 話をかけます。「ネットワーク設定に従う」 を選択すると、発信者番号通知サービスの 設定に従います。「番号通知」を選択すると、 電話番号を通知します。「番号非通知」を選 択すると、電話番号を非通知にします。 Bluetooth経由で印 刷 反転表示した電話帳の詳細(名前、電話番 号などの情報)をBluetooth ® 対応のプリン タで印刷します。 メモリ容量確認1 メモリ使用状況を確認できます。 項目コピー2 詳細画面で反転表示中の登録内容をコピー します。コピーした内容は、文字入力画面 に貼り付けることができます。 通常使用設定2 使用する電話番号やE-mailアドレスを、用 途ごとに設定します(fP.5-12)。 メニュー 内 容 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-12 電話帳の編集 電話帳を検索し、一覧画面や詳細画面を呼び出す操作につい ては、「電話帳を検索する」(fP.5-8)を参照してください。 シークレットモードを「ON」に設定している電話帳を編集 するときは、あらかじめシークレットモード設定を「表示」 にしてください。 電話帳を編集する A 編集する電話帳の詳細画面を呼び出す Bw(編集)を押す C 登録時(fP.5-3)と同様の操作で各項目を登 録し、w(保存)を押す 使用する電話番号やE-mailアドレス を発信/送信種別ごとに設定する 708SC本体の電話帳に電話番号やE-mailアドレスが複数 登録されている場合、使用する電話番号またはE-mailアド レスを用途ごとに設定しておくことができます。 リセットして「設定なし」にすると、発信または送信のたび に電話番号やE-mailアドレスを選択できます。 A 設定する電話帳の詳細画面を呼び出す B メニューから「通常使用設定」を選択する C 設定/リセット操作をする 設定する場合は a設定する項目を選択する b電話番号/E-mailアドレスを選択する 「設定なし」にする場合は 項目を反転表示し、o(リセット)を押す Dw(保存)を押す お買い上げ時 ■ 音声通話:1件目の電話番号  ■ TVコール:1件目の電話番号 ■ メール作成:設定なし 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-13 USIMカードとの間で電話帳をコピーする A コピーする電話帳の一覧画面または詳細画面 を呼び出す B コピー操作をする 708SCからUSIMカードにコピーする場合は aメニューから「USIM電話帳にコピー」→「1件」ま たは「全件」の順に選択する b「はい」を選択する USIMカードから708SCにコピーする場合は メニューから「本体にコピー」→「1件」または「全 件」の順に選択する 電話帳を削除する 電話帳を1件削除する A 削除する電話帳を一覧画面で反転表示する か、詳細画面に切り替える B メニューから「削除」→「1 件」の順に選択 し、「はい」を選択する 電話帳を複数件まとめて削除する A 電話帳を一覧画面で反転表示する 本体/USIMカードを切り替える場合は メニューから「USIM電話帳表示」または「本体電話 帳表示」を選択する B メニューから「削除」→「複数」の順に選択する C 削除する電話帳をチェックありにする D 操作3を繰り返して対象の電話帳をすべて チェックありにする Ew(削除)を押し、すべてをチェックあり にしていない場合は操作7に進む F 暗証番号を入力し、c(確認)を押す G「はい」を選択する 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-14 電話帳をまとめて削除する 708SC本体またはUSIMカードに保存されている電話帳を まとめて削除できます。 A 電話帳を一覧画面で反転表示する 本体/USIMカードを切り替える場合は メニューから「USIM電話帳表示」または「本体電話 帳表示」を選択する B メニューから「削除」→「全件」の順に選択する C 暗証番号を入力し、c(確認)を押して「は い」を選択する オーナー情報 ご使用のUSIMカードに登録されている電話番号を確認で きます。ご自分の名前やE-mailアドレス、住所なども登録 できます。 A cを押し、0を押す 内容を登録/編集する場合は aw(編集)を押す b電話帳の登録と同様の操作で各項目を登録/編集 し、w(保存)を押す オーナー情報のメニュー操作 メニュー 内 容 送信 vファイルに変換したオーナー情報を送 信します。「メール」を選択すると、v ファイルを添付したメールを作成でき ます(fP.17-5)。「Bluetooth」を選 択すると、Bluetooth ® 通信の相手を選 択して送信できます(fP.12-5)。 削除 USIMカードに登録されている電話番号 を除くすべてのオーナー情報を消去し ます。 データフォルダに 保存 vファイルを作成して保存します。「本 体」を選択すると、「その他ファイル」 フォルダに保存します。「メモリカード」 を選択すると、メモリカードに保存しま す。 項目コピー 反転表示中の登録内容をコピーします。 コピーした内容は、文字入力画面に貼り 付けることができます。 Bluetooth経由で印 刷 オーナー情報の詳細(名前、電話番号な どの情報)をBluetooth ® 対応のプリン タで印刷します。 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分TVコール 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-2 TVコールをご利用になる前に TVコールに対応している携帯電話との間で、お互いの映像 を見ながら通話できます。 自分の映像を送信しないように設定することもできます (fP.6-5)。 TVコール利用時のご注意 ● ソフトバンクのTVコールと異なる方式の携帯電話と接続した ときに、通話が切れる場合があります。このときも、切れるま での通話料金が課金されます。 ● スピーカーホン通話(fP.6-5)中は、受話音量を大きくする と会話しづらくなることがあります。この場合は音量を下げる か、ステレオイヤホンマイクをお使いになることをおすすめし ます。 ● 周囲の騒音が大きい場所では、音声が途切れるなど良好な通話 ができないことがあります。この場合はステレオイヤホンマイ クをお使いになることをおすすめします。 ● スピーカーホン通話のときは、相手の音声がスピーカーから流 れます。ほかの人の迷惑にならないようにご注意ください。 TVコールをかける 音声電話をかけるときと同様に、電話帳や通話履歴なども利 用できます。 A 電話番号を全桁(市外局番を含む)入力する B 電話番号を確認し、メニューから「TVコール」 を選択する C 通話が終わったらyを押す TVコールがつながらなかったときの操作について メニュー操作をうながすメッセージが表示されたときは、メ ニューから「音声電話」を選択して音声電話でかけ直したり、 「メール作成」を選択して相手にメールを送信したりできます。 「電話帳表示」を選択すると、相手が登録されている電話帳の詳 細画面を確認できます。「電話帳登録」を選択すると、相手の電話 番号を本体またはUSIMカードの電話帳に登録できます。 補足 ● 通話中にできる操作は(fP.6-3) 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-3 TVコールを受ける A TVコール着信中にc(通話)を押す スピーカーホン通話にするかどうかの確認メッセージ が表示された場合は 「はい」または「いいえ」を選択する 自画像を送信するかどうかの確認メッセージが表示さ れた場合は 「はい」または「いいえ」を選択する B 通話が終わったらyを押す TVコール中の操作 ディスプレイに表示されているアイコンやメニューを使っ て操作します。 a相手の名前/電話番号  b小画面(通常は自分の映像) c大画面(通常は相手の映像) dカーソル位置のアイコンの意味  e通話時間  補足 ● 着信音量を調節するには TVコール着信中にサイドキー nまたはbを押します。 ● ステレオイヤホンマイクを接続しているときは TVコール着信中にステレオイヤホンマイクのスイッチを1秒以 上押しても受けられます。TVコールを切るときもスイッチを1 秒以上押します。 ● TVコールに応答せずに切るには o(転送)を押します。 ● 自分の映像を相手に送信したくない場合は 代替画像を送信するようにあらかじめ設定できます(fP.6-5)。 通話中の操作で代替画像の送信に切り替えることもできます (fP.6-5)。 ● c(通話)を押した直後に表示される自分の映像について 操作1でc(通話)を押した直後には自分の映像が大画面に表 示されますが、この映像は相手に送信されていません。確認メッ セージが表示されたら、「はい」(自画像を送信)または「いい え」(代替画像を送信)を選択してください。選択操作後、TV コール通話が開始されると、小画面に自画像または代替画像が 表示されます。 ● TVコール中にできる操作は(fP.6-5) a b f c e d 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-4 f操作用アイコン / :スピーカーOFFに切替/スピーカーONに切替 :表示モード(相手画像大/小の切替) / :自画像静止/静止解除 (青)/ (グレー):カメラ画像に切替/代替画像に切 替 / :相手画像静止/静止解除 :外側カメラに切替/内側カメラに切替 A TVコール中にアイコンまたはメニューを使っ て操作する スピーカーホン通話/通常の通話を切り替える場合は / にカーソルを移動してcを押す 相手画像の表示を大画面/小画面に切り替える場合は にカーソルを移動してcを押し、項目を選択する 自画像を静止/静止解除する場合は / にカーソルを移動してcを押す 送信する映像をカメラ画像/代替画像に切り替える場 合は (青/グレー)にカーソルを移動してcを押す 相手映像を静止/静止解除をする場合は / にカーソルを移動してcを押す 外側カメラ/内側カメラを切り替える場合は にカーソルを移動してcを押す カメラ映像/音声/ボタン確認音の送信を停止する場 合は aメニューから「音・カメラON/OFF」を選択する b送信を停止する項目をチェックありにし、w(保 存)を押す 送信する映像の色調/画質を設定する場合は aメニューから「表示設定」→「エフェクト」または 「画質」を選択する b項目を反転表示し、c(OK)を押す 送信する映像の明るさを調整する場合は aメニューから「表示設定」→「明るさ」の順に選択する bsで明るさを調整する 補足 ● 受話音量を調節するには TVコール中にjを押します。 ● 送信する画像を拡大/縮小するには TVコール中にサイドキー nbを押します。 ● カメラ画像の送信を停止したときは 相手には代替画像が送信されます。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-5 TVコール中のメニュー操作 TVコールの各種設定 自画像の送信について設定する 「毎回確認」に設定すると、TVコールを受けるたびに自画像 を送信するかどうかを選択できます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「自画像送信」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す メニュー 内 容 スピーカーOFF/ON アイコンを使った操作と同じように、ス ピーカーホン通話と通常の通話を切り替 えます(fP.6-4)。 音・カメラON/OFF カメラ映像、音声、またはボタン確認音の 送信を停止します(fP.6-4)。 表示設定 送信する映像の色調、画質、または明るさ を設定します(fP.6-4)。 設定 TVコールの設定を変更できます(fP.6-5)。 電話帳 電話帳の検索画面に切り替えます。 電話帳登録 TVコール中の相手の電話番号を、本体ま たはUSIM カードの電話帳に登録します (fP.5-5)。 プッシュトーン送信 ダイヤルボタンを押してc(送信)を押 すと、プッシュトーンを送信できます。 メモ メモを作成し、保存します(fP.14-8)。 通話相手の詳細 相手の電話番号が登録されている電話帳 の詳細画面を確認できます。 ヘッドセットに切替/ 本体に切替 Bluetooth ® 対応のヘッドセットをご利用 の場合に有効です。ヘッドセットを使った 通話または通常の通話に切り替えます。 お買い上げ時 ■ 毎回確認 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-6 代替画像を選択する 自画像の代わりに送信する静止画を、データフォルダ内から 選択できます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「TVコール代替画像」の順に選択する B c(変更)を押す C ファイルの保存場所を選択してファイルを選 択し、c(保存)を押す TVコールがつながらなかったときの 動作を設定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「再発信方法」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ 内蔵の画像(Camera Off) 補足 ● 代替画像をお買い上げ時の画像に戻すには a操作1~2を行う bデータフォルダ内のいずれかの画像ファイルを選択し、メ ニューから「リセット」を選択する お買い上げ時 ■ 毎回確認 補足 ● 設定による動作の違いは TVコールがつながらなかったときは、次のメッセージが表示さ れます。 「毎回確認」:メニューからの操作選択をうながすメッセージ 「音声通話」:音声電話でかけ直すかどうかの確認メッセージ 「メール」:相手にメールを送信するかどうかの確認メッセージ 「なし」に設定した場合は、何も表示せず発信を終了します。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-7 TVコールを受けたときに音声を送信 しないように設定する 「ON」に設定すると、こちらの音声を送信しないでTVコー ルを受けます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「消音」の順に選択する B「ON」を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● 音声を送信するには aTVコール中にメニューから「音・カメラON/OFF」を選択 する b「音声」をチェックなしにする cw(保存)を押す 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分6-8 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カメラ 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-2 カメラをご利用になる前に 708SCに内蔵されているカメラを使って、写真(静止画) や動画を撮影できます。静止画はJPEG形式で、動画は3GP 形式で保存されます。 カメラ利用時のご注意 ● カメラのレンズ部に指紋や油脂が付くと、ピントが合わなく なります。柔らかい布でレンズ部をきれいにしてください。 ● 手ぶれにご注意ください。画像がぶれる原因となります。 708SCが動かないようにしっかり持って撮影するか、安 定した場所に置いてセルフタイマーで撮影してください。 ● カメラは非常に精密度の高い技術で作られていますが、常 に明るく見える画素や暗く見える画素もありますのでご 了承ください。 ● 708SC を暖かい場所に長時間置いたあとで撮影したり画 像を保存したりした場合は、画質が劣化することがありま す。 ● カメラ部分に直射日光が長時間当たると、画像が変色する ことがあります。 ● 「パノラマ撮影」で撮影した画像は、他の撮影モードで撮 影した画像に比べて画質が低くなる場合があります。 ビューファインダー(撮影画面) a「撮影サイズ」の設定状況 静止画撮影時: 、 、 、 、 動画撮影時 : 、 、 外側カメラの レンズ部 a bcde g f h i 通常/連写/コマ分割撮影 のビューファインダー a bcjk i h 動画のビューファインダー 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-3 b「画質」の設定状況 :スーパーファイン :ファイン :ノーマル :ロー :エコノミー c「ホワイトバランス」の設定状況 :オート :晴天 :曇り :白熱灯 :蛍光灯 dスポット測光 :OFF :ON eISO :自動 :100 :200 :400 fモード 表示なし:通常 :連写(6枚) :連写(9枚) :連写(15枚) gセルフタイマー(設定されているときのみ表示) :3秒後 :5秒後 :10秒後 h画像の上下方向の設定 :撮影する画像の上下を正しく表示 :撮影する画像の上下を逆転して表示 i画像の左右方向の設定 :撮影する画像を正像で表示 :撮影する画像を鏡像で表示 j音声録音 :音声録音 ON :音声録音 OFF k「撮影時間」の設定状況 :S!メール添付用 :10秒 :30秒 :制限なし 静止画の撮影 静止画撮影モード 1枚ずつ撮影するときは「通常」、連写するときは「連写」ま たは「4コマ・9コマ分割」、パノラマ形式で撮影するときは 「パノラマ撮影」で撮影します。撮影した静止画はピクチャー フォルダに保存されます。 ※ 撮影後の画像サイズは、縦長撮影時は最大320×1824、横長 撮影時は最大1824×240になります。 モード 特 長 画像サイズ 通常 メールに添付したり待受画 面の背景にしたり、携帯電話 で利用するのに適したサイ ズの静止画を撮影できます。 1600×1200 1280×960 640×480 320×240 240×176 連写 6、9、15枚の静止画を自 動で連続撮影できます。 320×240 4コマ・9コマ分割 手動で連続撮影できます。 フレームを選んで撮影する と、連続撮影したすべての静 止画が縮小されて1枚の静 止画内に配置されます。 240×176 パノラマ撮影 風景などをパノラマ形式で 撮影できます。 320×240※ 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-4 静止画を撮影する 静止画を撮影する Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して、撮影モードを切り替える B メニューから「撮影モード」→「通常」→「あ り」の順に選択する 撮影のあと画像を確認せずに続けて撮影する場合は 「なし」を選択する C 必要に応じてメニューを使った操作をする (fP.7-5) D 撮影したい画像をビューファインダーに表示 する ズームを使って拡大/縮小する場合は(外側カメラ 1600×1200および内側カメラ640×480では不可) uまたはdを押すごとに拡大、縮小される 明るさを設定する場合は rまたはlを押すごとに明るさを変更できる E c(撮影)を押す 続けて撮影する場合は w(カメラ)を押す 補足 ● 通常モードでフレームを付けて撮影すると 画像サイズは自動的に240×176になります。 補足 ● セルフタイマーを使って撮影するには 操作5の前に5を押します。5を押すごとに「3秒」「5秒」 「10秒」「OFF」の順に切り替わります。 ● 内側カメラ/外側カメラに切り替えて撮影するには 撮影前のメニューから「カメラ切替」を選択します。 ● ビューファインダーの表示方法を切り替えるには ビューファインダーにグリッドを表示させたり、プレビュー画 面と同じサイズに切り替えたりできます。撮影前に#を押す ごとに「ノーマル」「フルサイズビュー(アイコン表示なし)」 「フルサイズビュー(グリッド線あり)」の順に切り替わります。 ● 撮影した静止画をメールやBluetooth ® で送信するには 操作5のあと、次のように操作します。 ac(送信)を押し、項目を選択する b送信操作をする(fP.12-5、17-5) 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-5 静止画撮影前のメニュー操作 表示されるメニューや選択できる項目は、モードや各種設定の状 況によって異なります。 静止画撮