400TS-3D/ 400TS-3D(SIM-SSD) Japon - 日本 - Mode d'emploi - Manuel de l'utilisateur - Manuels- Samsung SAMSUNG sur FNAC.COM  - Liste des manuels utilisateur Samsung

- Revenir à l'accueil

 

 

 

 

詳細

登録日 descending

言語を選択してください

ファイル descending

User Manual 2012.01.30 英語 7.01 MB
fileDown
User Manual 2012.01.30 日本語 7.67 MB
fileDown
User Manual 2011.08.23 英語 6.54 MB
fileDown
User Manual 2011.08.23 日本語 7.17 MB
fileDown
Quick Guide 2010.12.08 英語 1.76 MB
fileDown
Quick Guide 2010.12.08 日本語 2.06 MB
fileDown

http://www.samsung.com/jp/support/model/LH40CRPMBD/XJ-downloads

http://downloadcenter.samsung.com/content/UM/201201/20120130215907804/BN59-01122H-04Eng.pdf

http://downloadcenter.samsung.com/content/UM/201108/20110823142146897/BN59-01122E-00Eng.pdf

http://downloadcenter.samsung.com/content/UM/201108/20110823142146897/BN59-01122E-00Jpn.pdf

http://downloadcenter.samsung.com/content/EM/201012/20101208085712003/400TS-3_460TS-3_Eng.pdf

http://downloadcenter.samsung.com/content/EM/201012/20101208085712003/400TS-3_460TS-3_Jpn.pdf

http://downloadcenter.samsung.com/content/UM/201201/20120130215907804/BN59-01122H-04Jpn.pdf

 

 

Manuels Utilisateurs Samsung :

Samsung-NP300E5C-NP300E5C-T01FR-Manuels

Samsung-LE19C350-LE19C350D1W-Manuels

Samsung-PS50C450-PS50C450B1W-Manuels

Samsung-LE22C452C4H-Manuels

Samsung-PS50A566-PS50A566S2M-Manuels

Samsung-LE40A577P2M-Manuels

Samsung-20-XTDVBEUE-NOR-0327.pdf-E-Manual-Norvege-Manuels

Samsung-LE26B450-LE26B450C4W-Manuels

Samsung-PS51D490A1W-Manuels

Samsung-Kit-Pieton-Bluetooth-HM1200-Noir-HM1200-Manuels

Samsung-UE32D6530WS-Manuels

Samsung-NP530U3C-A01ES-NP530U3C-A01ES-Espagnol-Manuels

/Samsung-GALAXY-Y-Pro-Duos-GT-B5512-RUSSE-Manuels

Samsung-GALAXY-S-II-GT-I9100-SINGAPOUR-Manuels

Samsung-NP300E5ZI-NP300E5Z-A09MA-Manuels

Samsung-32-UE32D4000WXZF-serie-4-HD-TV-LED-TV-UE32D4000NW-Manuels

Samsung-UE46C6805-UE46C6805US-Norvege-Manuels

Samsung-UE40B6050-UE40B6050VW-Norvege-Manuels

Samsung-PS50C535-PS50C535C1W-Norvege-Manuels

Samsung-55-Smart-3D-LED-TV-ES6805-UE55ES6805U-Norvege-Manuels

Samsung-51-Smart-3D-Plasma-E8005-PS51E8005GU-Norvege-Manuels

Samsung-51-Smart-3D-Plasma-E555-PS51E555D1K-Norvege-Manuels

Samsung-46-Smart-3D-LED-TV-ES7005-UE46ES7005U-Norvege-Manuels

Samsung-46-Smart-3D-LED-TV-ES6535-UE46ES6535U-Norvege-Manuels

Samsung-40-Smart-3D-LED-TV-ES6565-UE40ES6565U-Norvege-Manuels

Samsung-46-Smart-3D-LED-TV-ES6565-UE46ES6565U-2012_Skype_NOR-0424.pdf-E-Manual-Norvege-Manuels

Samsung-51-Smart-3D-Plasma-E8005-PS51E8005GU-Norvege-Manuels

Samsung-LE46C630-LE46C630K1W-Manuels

Samsung-T240-JP-Manuels

Samsung-821SC-JP-Manuels

Samsung-941SC-JP-Manuels

Samsung-740SC-JP-Manuels

Samsung-940SC-JP-Manuels

Samsung-GALAXY-Tab-7.0-Plus-SC-02D-JP-Manuels

Samsung-SNE-60K_UM_Embedded_KOR_100526-SEC-Manuels

Samsung-M_YUKON_2K_WD175ARYKSU_DC68-02631L-05-120810.pdf-SEC-Manuels

Samsung-DA68-01829P.pdf-SEC-Manuels

Samsung-DA68-01829P.pdf-Manuels

Samsung-LE52A676-LE52A676A1M-Manuels

Samsung-UE55C8700-UE55C8790XS-Manuels

Samsung-22-LE22D450WXZF-serie-4-Full-HD-LCD-TV-LE22D450G1W-Manuels

Samsung-40-UE40D8000WXZF-serie-8-SMART-TV-3D-FULL-HD-LED-TV-UE40D8000YS-Manuels

Samsung-UE40ES7000-ZF-Slim-LED-40-SMART-INTERACTION-3D-UE40ES7000S-Manuels

Samsung-Galaxy-Tab-2-10.1-GT-P5100-Manuels

Samsung-Galaxy-Tab-2-7.0-GT-P3100-Manuels

Samsung-S22B350B-Manuels

Samsung-51-PS51E490WXZF-serie-4-3D-HD-TV-PDP-TV-PS51E490B1W-Manuels

Samsung-Galaxy-Note-II-GT-N7100-Manuels

Samsung-GT-I9300-Manuels

SAMSUNG/SAMSUNG-DV90-Manuels

Samsung-GT-N8000-Manuels

Samsung-AQV12KBBN-Pologne-Manuels

Samsung-ML-2165W-Roumanie-Manuels

Samsung-Notebook-Serie-7-Chronos-700Z5C-S01-NP700Z5C-S01DE-Manuels

Samsung-Player-One-noir-Open-market-GT-S5230-Manuels

Samsung-LE32E420E2W-Manuels

Samsung-910MP-Manuels

Samsung-Galaxy-S-SCL-noir-Open-market-GT-I9003-M4-Manuels

Samsung-Samsung-Galaxy-Pro-gris-Open-market-GT-B7510-Manuels

Samsung-Galaxy-Gio-noir-SFR-GT-S5660-Manuels

Samsung-Galaxy-Teos-noir-Bouygues-GT-I5800-Manuels

Samsung-Galaxy-Spica-noir-Bouygues-GT-I5700-Manuels

Samsung-Omnia-Pro-B7610-noir-Open-market-GT-B7610-Manuels

Samsung-S5610-GT-S5610-Manuels

Samsung-LE32C650-LE32C650L1W-Manuels

Samsung-LE26D450G1W-Manuels

Samsung-N145Plus-NP-N145P-Manuels

Samsung-N150-NP-N150-Manuels

Samsung-NP20-NP20FK02BG-SEF-Manuels

Samsung-GT-S5570_UM_Open_Gingerbread_Fre_Rev.1.0_110726_Screen.pdf-Manuels

Samsung-GT-I9070P_UM_Open_Gingerbread_Fre_Rev.1.0_120710_Screen.pdf-Manuels

Samsung-GT-I9300_UM_Open_Icecream_Fre_Rev.1.2_120725_Screen.pdf-Manuels

Samsung-LE32D400E1W-Manuels

Samsung-Gainable-Slim-MH026FEEA-Manuels

Samsung-CW21Z573N-Manuels

Samsung-40-UE40D5700WXZF-serie-5-SMART-TV-FULL-HD-LED-TV-UE40D5700RS-Manuels

Samsung-UE46C8700-UE46C8790XS-Manuels

Samsung-UE32D5700RS-Manuels

Samsung-UE46ES6300-ZF-Slim-LED-46-SMART-TV-3D-UE46ES6300S-Manuels

Samsung-2012_Skype_Eng-0316-1-Manuels

Samsung-NS140SDXEA-Manuels

Samsung-MH050FXEA2B-Manuels

Samsung-UE75ES9000S-Slim-LED-75-SMART-Interaction-3D-Manuels

Samsung-RR92HAWW-Manuels

Samsung-GT-P6200-Manuels

Samsung-Refrigerateur-1porteA-350-L-Blanc-RR82FHSW-Manuels

Samsung-UE26EH4000-ZF-LED-26-HD-TV-UE26EH4000W-Manuels

Samsung-E-MANUAL-X9DVBEU4E-ENG-Manuel

Samsung-GT-S5360_UM_Open_Gingerbread_Fre_Rev.1.0_111130_Screen-Manuel

Samsung-Galaxy-Tab-10-1-GT-P7500-M16-Manuel

Samsung-Galaxy-Tab-10-1-GT-P7500-M16-Manuels

Samsung-GT-S5360-Manuels

Samsung-Lecteur-Multimedia-Galaxy-S-WiFi-4-0-Blanc-8Go-YP-G1CW-Manuels

Samsung-Galaxy-551-noir-Open-marketGT-I5510-Manuels

Samsung-Galaxy-Note-10-1-GT-N8000-Manuels

Samsung-GALAXY-S-II-LTE-SC-03D-JP-Manuels

Samsung-GALAXY-Note-SC-05D-JP-Manuels

Samsung-NP-R530-NP-R530-JA02FR-Manuels

Samsung-UE40C6000-UE40C6000RW-Manuels

Samsung-Congelateur-1porteA-277-L-Blanc-RZ80FHSW-Manuels

Samsung-GT-B5310-Manuels

Nexus-S-noir-Open-market-GT-I9023-GT-B5310-Manuels

Samsung-32-LE32D450WXZF-serie-4-HD-TV-LCD-TV-Manuels

Samsung-46-UE46D5700WXZF-serie-5-SMART-TV-FULL-HD-LED-TV-UE46D5700RS-Manuels

Samsung-UE55ES6560S-Manuels

Samsung-UE46ES8000-ZF-Slim-LED-46-SMART-INTERACTION-3D-UE46ES8000S-Manuels

Samsung-UE55ES6300-ZF-Slim-LED-55-SMART-TV-3D-UE55ES6300S-Manuels

Samsung-AQV18UGAX-Manuels

Samsung-UE50EH5300W-Manuels

Samsung-LE46A676-LE46A676A1M-Manuels

Samsung-UE46C7700-UE46C7700WS-Manuels

Samsung-CW21Z503N-Manuels

Samsung-AQ18UGFN-Manuels

Samsung-Refrigerateur-DP-A275-L-Blanc-RT34GBSW-Manuels

Samsung-UE46ES6100W-Manuels

Samsung-RR92HASX-Manuels

Samsung-LE40S71B-Manuels

Samsung-UE32ES6710-ZF-Slim-LED-32-SMART-TV-3DUE32ES6710S-Manuels

Samsung-Galaxy-Ace-noir-Open-market-GT-S5830-Manuels

Samsung-GALAXY-Tab-GT-P1000-GT-P1000-M16-Manuels

Samsung-Omnia-Pro-B7330-noir-Open-market-GT-B7330-Manuels

Samsung-Omnia-Lite-noir-Orange-GT-B7300-Manuels

Samsung-Galaxy-S2-GT-I9100-Manuels

Samsung-Nexus-S-noir-Open-market-GT-I9023-Manuels

Samsung-Omnia-II-noir-SFRGT-I8000-Manuels

Samsung-Omnia-II-noir-SFR-GT-I8000-Manuels

Samsung-Omnia-7-noir-Open-market-GT-I8700-Manuels

Samsung-Galaxy-noir-Bouygues-GT-I7500-Manuels

Samsung-Galaxy-mini-gris-Open-market-GT-S5570-Manuels

Samsung-XE700T1A-HF1FR-Manuels

17,3" Série 3 300E7A - NP300E7A-S01FR - Manuels

40", UE40D6500WXZF, série 6, SMART TV, 3D, FULL HD, LED TV - UE40D6500VS - Manuels

CLX-3185FW Manuels

Galaxy Ace GT-S5830

Galaxy S II GT-I9100

Galaxy Tab 8.9 GT-P7310/M16

Galaxy Tab 10.1 GT-P7500/M16

Galaxy YGT-S5360

LE32C350 LE32C350D1W

LE40C630 LE40C630K1W

MM-C330D

MM-D330D

Micro-chaîne, MM-D330DWXZF, série 3 - MM-D330 - Manuels

N145Plus - NP-N145P - Manuels

N150 - NP-N150 - Manuels

RSH5UEPN

SGH-F490

Samsung Galaxy Ace noir - Open market - GT-S5830 - Manuels

Samsung Galaxy S II noir - Open market - Manuels

Samsung Galaxy S III - GT-I9300 - Manuels

Samsung Galaxy S noir - Open market - GT-I9000 - Manuels

Samsung Galaxy NoteGT-N7000

Samsung Galaxy SGT-I9000

Série 3 300E7A - NP300E7A-S03FR - Manuels

T23A550 T23A550

UE40D6500ZF UE40D6500VS

UE55ES8000/ZF, Slim LED 55", SMART INTERACTION, 3D - UE55ES8000S - Manuels

Wave 575 GT-S5750E

Wave II GT-S8530

16/4ppm Imprimante laser couleur CLP-310 Manuels

16/4ppm Multifonction lasercouleur CLX-3170FN Manuels

16/4ppm Multifonction lasercouleur CLX-3185FW Manuels Samsung

16/4ppm Multifonction laser couleur CLX-3185 Manuels Samsung

samsung-Wave-II-noir-Open-market-GT-S8530-Manuels

Samsung-Wave-noir-Open-market-GT-S8500-Manuels

Samsung-Wave-M-noir-Open-market-GT-S7250-Manuels

Samsung-Wave-578-noir-Open-market-GT-S5780-Manuels

Samsung-Wave-533-noir-Open-market-GT-S5330-Manuels

Samsung-Wave-3-noir-Open-market-GT-S8600-Manuels

Samsung-Player-HD-noir-Open-market-GT-I8910-Manuels

Samsung-Player-Duo-noir-Open-market-SGH-D980-Manuels

Samsung-Player-Addict-noir-Open-market-SGH-I900-Manuels

Samsung-Omnia-W-noir-Open-market-GT-I8350-Manuels

PRODUITS SAMSUNG :
Belkin Chargeur Secteur pour Samsung Galaxy S
Belkin Coque pour Samsung Galaxy S3 - Noire Translucide
Belkin Etui cuir Verve Folio pour Samsung Galaxy S II
Belkin Etui Pouch pour Samsung Galaxy S3 - Noir
Belkin Kit de Charge Secteur + Automobile pour Samsung Galaxy S
Belkin Lot de 3 protections d'écran pour Samsung Galaxy S3
Belkin Lot de 3 protections d'écran pour Samsung Galaxy S3 - Anti-reflets
Belkin Lot de 3 protections d'écran Screen Guard pour Samsung Galaxy SII - Transparentes
Belkin Micro-Chargeur allume-cigares pour Samsung Galaxy S
Belkin Protection d'écran Screen Guard pour Samsung Galaxy SII - Confidentialité 360°
Câble Omenex Plug & Phone pour Samsung
Câble Omenex Plug & Phone pour Samsung
Coque semi-rigide glossy noire pour Samsung Galaxy S II
Déclencheur sans Fil Hahnel combi TF pour Canon/Pentax/Samsung
Enceintes iLuv iSM524 noir pour Samsung Galaxy Tab
Etui-Brassard Belkin DualFit pour Samsung Galaxy S II
Etui Samsung CC9S70B noir
Fnac chargeur secteur POWY pour Samsung SGH-D800
G-Mobility Pack confort pour Samsung Galaxy SII i9100
Imprimante Samsung CLX-3185FN - Ethernet
Kensington Etui pliant pour Samsung Galaxy Tab
Le Tanneur Etui cuir Pouch pour Samsung Galaxy S11 I9100 - Noir
Lunettes 3D actives Samsung SSG-4100GB
Modelabs 2 protections écran pour Samsung Galaxy ACE S5830
Modelabs Lot de 2 protections d'écran One Touch pour Samsung Galaxy Y S5360 - Transparentes
Modelabs Lot de 2 protections d'écran pour Samsung Galaxy Note - Transparentes
Muvit Adaptateur Jack 3,5 mm pour Samsung (ancienne connectique)
Muvit Coque à rabat Agenda pour Samsung Galaxy Note - Noire
Muvit Coque Doodle Coeur pour Samsung i9000 Galaxy S
Muvit Coque Doodle Extraterrestres pour Samsung i9000 Galaxy S
Muvit Coque Doodle Rose pour Samsung i9000 Galaxy S
Muvit Coque silicone pour Samsung Galaxy Ace
Muvit Coque silicone pour Samsung Galaxy - Noire
Muvit Etui Clapet pour Samsung I9100 - Noir
Muvit Etui Slim Clapet pour Samsung Galaxy Note
Muvit Housse Minigel pour Samsung Galaxy - Noire
Muvit Lot de 2 protections d'écran pour Samsung nexus S - 1 Miroir/1 Secret
Muvit Lot de 2 protections d'écran pour Samsung S5830
Muvit Pack Accessoires pour Samsung S5830
Muvit Sticker Carbone pour Samsung I9100
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love Ibiza
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love London
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love New-York
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love Paris
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love Tokyo
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - United Kingdom
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - USA
QDOS Coque Cubic pour Samsung Galaxy II I9100
QDOS Coque Steel 4 pour Samsung Galaxy S II
Samsung 305U1A 11,6" LED
Samsung 305U1A 11,6" LED + Office Famille et Etudiant 2010 1 poste
Samsung B1930HD 18.5" LCD TNT HD
Samsung B5722 Double SIM
Samsung Bac papier supplémentaire ML-S3710A - 520 feuilles
Samsung Batterie ED-BP1310
Samsung batterie IA-BH130LB
Samsung batterie IA-BP420E
Samsung batterie IA-BP85ST
Samsung batterie SLB-10A
Samsung batterie SSB-690 ELS
Samsung BD-E5300
Samsung BD-E5500 3D
Samsung BD-E6100 3D
Samsung BD-E8300 3D
Samsung BD-ES5000
Samsung BD-ES6000 3D
Samsung C3050 Stratus
Samsung Câble Adaptateur HDTV pour Galaxy Tab 8.9" / 10.1"
Samsung Câble data pour téléphones mobiles Samsung
Samsung caméra Skype CY-STC1100
Samsung CB20A12
Samsung Ch@t335 - GT-S3350 - Noir
Samsung Chargeur allume-cigares micro-USB
Samsung chargeur de voyage pour SGH-P260 et SGH-G600 - Modèle Noir
Samsung Chargeur secteur de voyage micro-USB
Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir
Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir
Samsung CLP-620ND - Imprimante Ethernet
Samsung CLP-C300A
Samsung CLP-K300A
Samsung CLP-M300A
Samsung CLP-Y300A
Samsung CLX-3185FW WiFi
Samsung CLX-3185FW WiFi + Toner Samsung CLT-K4072S Noir + MCL Samar câble imprimante USB 2.0
Samsung CLX-3185N Ethernet
Samsung CLX-3185W - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet
Samsung CLX-6220FX - Imprimante Multifonctions Ethernet
Samsung Coque pour Galaxy S3 - Blanche
Samsung Coque pour Galaxy S3 - Noire
Samsung CY-SMN1000D meuble TV
Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go - 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go MZ-7PC128N 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256D 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256N 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 512 Go - 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 64 Go - 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 64 Go MZ-7PC064D 830 Series
Samsung dongle Wi-Fi WIS12ABGNX
Samsung DP7000A3B 23" LED Tactile USB 3.0 + Samsung ML-2165 - Imprimante Monochrome
Samsung DP7000A3B 23" LED Tactile USB 3.0 + Sennheiser RS170
Samsung DP7000A3B-A01FR 23" LED Tactile USB 3.0
Samsung DP700A3B-S02FR 23" LED Tactile
Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire + 1 Camel
Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire matelassée + 1 Rose
Samsung DV300F Argent/Rouge - WiFi
Samsung DV300F Argent/Rouge - WiFi + Etui
Samsung DV300F Noir - WiFi
Samsung DV300F Noir - WiFi + Etui
Samsung E1150 - Silver
Samsung ES90 Noir
Samsung Etui coque pour Galaxy Note - Noir
Samsung Etui coque pour Samsung Galaxy Y S5360 - Noir
Samsung Etui cuir pour Galaxy S II - Noir
Samsung Etui rabat pour Samsung Galaxy S3 - Noir
Samsung Eui cuir pour i9000 Galaxy S
Samsung EX1
Samsung Flash SEF15A
Samsung Flash SEF20A
Samsung Galaxy Ace s5830 (sous Android)
Samsung Galaxy Mini (sous Android)
Samsung Galaxy Note
Samsung Galaxy Note - Blanc
Samsung Galaxy Note - Dark Blue
Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Blanc
Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Noir
Samsung Galaxy S3 (I9300) - Blanc Marbre
Samsung Galaxy S3 (I9300) - Bleu Galet
Samsung Galaxy S WiFi 4,2" 16 Go
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT 16 Go Blanc Wifi
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT 16 Go Blanc Wifi + HP Housse Mini Sleeve 10,2" pour Netbook et Tablette - Ocean Drive
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT 16 Go Noir Wifi
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Blanc + Western Digital My Book Live 1 To Ethernet
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Noir + Western Digital My Book Live 1 To Ethernet
Samsung Galaxy Tab 2 10,1" 16 Go - Argent
Samsung Galaxy Tab 2 10,1" 16 Go - Blanc
Samsung Galaxy Tab 2 7.0" LED 8 Go
Samsung Galaxy Tab 8,9" TFT Blanc 32 Go Wifi
Samsung Galaxy Y Pro B5510 (sous Android)
Samsung Galaxy Y Young s5360 (sous Android)
Samsung Graveur DVD Externe Wifi - SE-208BW - Noir
Samsung Graveur Externe BluRay SE-506AB
Samsung HMX-F80 Noir
Samsung HMX-Q20 Noir
Samsung HMX-QF20 Noir
Samsung HMX-W350 Noir (tout terrain) + Kit Accessoires Sport + micro SDHC 8 Go
Samsung HMX-W350 Rouge (tout terrain) + Kit Accessoires Sport + micro SDHC 8 Go
Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 10,1"
Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 8,9"
Samsung HT-D330
Samsung HT-D350
Samsung HT-D4500
Samsung HT-D5000 3D
Samsung HT-E4200 3D
Samsung HT-E4500 3D
Samsung HT-E5200 3D
Samsung HT-E5530 3D
Samsung HT-ES4200 3D
Samsung HT-ES6200 3D
Samsung HT-ES8200 3D
Samsung HW-E350
Samsung HW-E450
Samsung I9103 Galaxy R (sous Android)
Samsung Kit de connexion USB & SD pour Galaxy Tab 10.1"
Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SDE-3003P/EX
Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SME-4220
Samsung kit HDMI
Samsung kit papier 10 x 15 cm
Samsung kit piéton filaire stéréo Jack 3,5 mm
Samsung LE32E420
Samsung LE40D503
Samsung ML-1630/SCX4500
Samsung ML-2010D3
Samsung ML-2165 - Imprimante Monochrome
Samsung ML-2165W - Imprimante WiFi
Samsung ML-2545 - Imprimante Monochrome
Samsung ML-2955DW - Imprimante Ethernet & WiFi
Samsung ML-2955ND - Imprimante Ethernet
Samsung ML-3310D - Imprimante Monochrome
Samsung ML-3710DW - Imprimante Ethernet & WiFi
Samsung MLT-D1052S
Samsung MLT-D1082S
Samsung MLT-D1092S
Samsung MM-D430D
Samsung MM-E320
Samsung MV800 Noir
Samsung MV800 Noir + Etui Zadig & Voltaire Noir
Samsung NP300E7A-S09FR 17,3" LED
Samsung NP700Z5C 15.6" LED
Samsung NP-RC730-S07FR 17.3"LED
Samsung NX1000 Noir + Obj. Samsung NX 18 - 55 mm f/3.5 - 5.6 OIS
Samsung NX200 Noir + Obj. Samsung NX 20 - 50 mm f/3.5 - 5.6 ED i-Function + Flash SEF-8A NG8
Samsung NX 50 - 200 mm f/4.0 - 5.6 ED OIS II i-Fonction; Dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX 60 mm f/2.8 ED OIS SSA Macro i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX 85 mm f/1.4 ED SSA i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX Pancake 16 mm f/2.4 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX Pancake 20 mm f/2.8 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX Pancake 30 mm f/2.0; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung Oreillette Bluetooth HM1200
Samsung Pack d'accessoire pour Galaxy S II I9100
Samsung Pack HMX-F800 Noir : Caméscope HD + Etui + Carte SDHC 4 Go
Samsung Pack HMX-Q200 Noir : Caméscope Full HD + Etui + Carte SDHC 4 Go
Samsung PC portable NP300E5A-S0AFR 15.6"LED
Samsung PL210 Noir
Samsung PL210 Noir + Carte mémoire Lexar MicroSDHC 8 Go
Samsung Player mini 2 c3310 - Gris Métal
Samsung Port parallèle ML-PAR100 pour imprimante
Samsung PS43E450
Samsung PS43E490 3D
Samsung PS43E490 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung PS51E450
Samsung PS51E490 3D
Samsung PS51E530
Samsung Q3 noir 4 Go
Samsung Q3 rose 4 Go
Samsung RC530-S03FR 15,6" LED
Samsung RF712 E7P-C7261 17,3" LED 3D Blu-Ray USB 3.0 + lunettes
Samsung S19A100N Moniteur 18,5" - Flat Panel Display
Samsung S22B150N 21,5" LED
Samsung S22B350H 21,5" LED
Samsung S23A750D 23" LED 3D
Samsung S23B350H 23" LED
Samsung S23B550V Moniteur 23" LED
Samsung S24B300HL Moniteur 23,6" LED
Samsung S27B350H 27" LED
Samsung SCX-3405F - Imprimante Multifonctions
Samsung SCX-3405FW - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet
Samsung SCX-3405 - Imprimante Multifonctions
Samsung SCX-3405W - Imprimante Multifonctions WiFi
Samsung SCX-4200A
Samsung SCX-4729FD - Imprimante Multifonctions Ethernet
Samsung SCX-4729FW - Imprimante Multifonctions Ethernet & WiFi
Samsung SCX-5737FW - Imprimante Multifonctions Ethernet
Samsung SE208AB Graveur DVD externe USB 2.0
Samsung SE-218BB graveur DVD externe ultra slim USB 2.0
Samsung SLB07A pour ST50
Samsung SLB-11A pour Samsung WB1000
Samsung ST200F Noir - WiFi
Samsung ST200F Rouge - WiFi
Samsung ST200F Violet - WiFi
Samsung ST65 Noir
Samsung ST65 Rouge
Samsung ST66 Noir
Samsung ST77 Blanc
Samsung ST77 Noir
Samsung ST77 Rouge
Samsung ST77 Violet
Samsung ST88 Noir
Samsung station d'accueil
Samsung station d'accueil HD2
Samsung Station d'accueil pour tablette Galaxy Tab 8,9"
Samsung station d'accueil SSD-760 E2/EUR
Samsung SyncMaster C23A550U 23" LED
Samsung SyncMaster C23A750X 23" LED
Samsung Syncmaster S23A700D 23" LED 3D
Samsung Syncmaster T22A550 21,5" LED Tuner TNT HD
Samsung Système de vidéosurveillance Baby Monitor SEW-3022WP/ EX
Samsung T22A300 21.5" Tuner TNT HD
Samsung T22B300EW 21,5" LED Tuner TNT HD
Samsung T24B301 24" LED Tuner TNT HD
Samsung T27A550 27" LED Tuner TNT HD
Samsung Toner MLT-D101S pour imprimantes Samsung SCX-3405 & ML-2165 - Noir
Samsung UE19ES4000 LED
Samsung UE22ES5000 LED
Samsung UE22ES5410 LED
Samsung UE26EH4000 LED
Samsung UE26EH4500 LED
Samsung UE32EH4000 LED
Samsung UE32EH5000 LED
Samsung UE32ES5500 LED
Samsung UE32ES6300 LED 3D
Samsung UE32ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE32ES6710 LED 3D blanc
Samsung UE37ES5500 LED
Samsung UE40D5000 LED
Samsung UE40D6500 LED 3D
Samsung UE40EH5000 LED
Samsung UE40ES5500 LED
Samsung UE40ES6300 LED 3D
Samsung UE40ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE40ES6710 LED 3D
Samsung UE46EH5000 LED
Samsung UE46ES5500 LED
Samsung UE46ES6300 LED 3D
Samsung UE46ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE46ES6710 LED 3D blanc
Samsung UE46ES8000 LED 3D
Samsung UE55ES6300 LED 3D
Samsung UE55ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE60ES6100 LED 3D
Samsung ultrabook NP530U3B 13,3" - Aluminium + Microsoft Explorer Touch Mouse - Souris BlueTrack sans fil
Samsung ultrabook NP530U3B 13,3" LED USB 3.0 - Aluminium
Samsung ultrabook NP530U3B 13,3" LED USB 3.0 - Aluminium+ Samsonite Sac pour ordinateur portable 14,1" S Noir
Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0 + CaseLogic Sacoche double pour ordinateurs 14" & tablettes 10,1" - Grise
Samsung Ultrabook NP530U3C 13,3" HD LED - Série 5 Ultra - Marron
Samsung Ultrabook NP530U3C 13,3" HD LED - Série 5 Ultra - Rose
Samsung Viseur électronique EVF10
Samsung Wave 575
Samsung WB150F Blanc - WiFi
Samsung WB150F Noir - WiFi
Samsung WB690 Noir
Samsung WB700 Noir
Samsung WB850F Noir - WiFi - GPS
Samsung WMN250M accroche murale
Samsung XE700T1A-A02FR 11,6" 64 Go SSD
Samsung YP-F3 bleu 2 Go
Samsung YP-F3 rose 2 Go
Samsung YP-Q3 rose 8 Go
Samsung YP-Q3 rose 8 Go + Casque JVC HA-S155-P rose
Samsung YP-U6 noir 2 Go
Samsung YP-U6 noir 4 Go
Samsung YP-U6 rose 2 Go
Samsung YP-U6 rose 4 Go
Samsung YP-Z3 blanc 4 Go
Samsung YP-Z3 bleu 4 Go
Samsung YP-Z3 rose 4 Go
Samyang 14 mm f/2.8 Aspherical IF ED UMC; Monture Samsung NX
Samyang 35 mm f/1.4 AS UMC; Monture Samsung NX
Samyang Fish-eye 8 mm f/3.5 Aspherical IF MC; Monture Samsung Type NX
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 3,6" 8 Go
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 3,6" 8 Go + Casque weSC Conga Matte noir
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 4,2" 8 Go
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 5" 8 Go
T'nB Coque Clip On pour Samsung Galaxy SII - New York
Toner Samsung CLT-C4072S - Cyan
Toner Samsung CLT-C4092S Cyan
Toner Samsung CLT-K4072S - Noir
Toner Samsung CLT-K4092S Noir
Toner Samsung CLT-M4072S - Magenta
Toner Samsung CLT-M4092S Magenta
Toner Samsung CLT-P4092C - Pack de 4 Toners
Toner Samsung CLT-Y4072S - Jaune
Toner Samsung CLT-Y4092S Jaune
Toner Samsung MLT-D1042S - Noir
We Digital by Samsung - Silver We 1 To USB 2.0
We Digital by Samsung - Silver WE 2 To USB 2.0
Xqisit Coque iPlate Glossy pour Samsung Galaxy S3 - Blanche
Xqisit Coque iPlate Style pour Samsung Galaxy S3 - Transparente/Blanche
Xqisit Coque iPlate Style pour Samsung Galaxy S3 - Transparente/Noire
Xqisit Coque Soft Grip pour Samsung Galaxy S3 - Blanche
Xqisit Coque Soft Grip pour Samsung Galaxy S3 - Noire
Xqisit Etui Flipcover pour Samsung Galaxy S3 - Blanc
Xqisit Etui Flipcover pour Samsung Galaxy S3 - Noir

Samsung - Aspirateur robot Navibot SR8845

Samsung - Aspirateur sans sac EcoStyle SC86G0 gris foncé/fuchsia

Samsung - Aspirateur sans sac SC4780 noir

Samsung - Four micro-ondes MW73B - blanc

SAMSUNG - Micro ondes 36 L - Micro ondes 36 L - CP1395ES

SAMSUNG - Micro ondes 42 L - Micro ondes 42 L - CQ1570U

Samsung - Micro-ondes combiné CE117PT-B

SAMSUNG - Micro-ondes Grill simultané GS89F-1SP

Samsung 305U1A 11,6" LED

Samsung 305U1A 11,6" LED + Office Famille et Etudiant 2010 1 poste

Samsung Aspirateur sans sac EcoStyle SC86H0 gris clair/bleu

Samsung B1930HD 18.5" LCD TNT HD

Samsung B5722 Double SIM

Samsung Bac papier supplémentaire ML-S3710A - 520 feuilles

Samsung Batterie ED-BP1310

Samsung batterie IA-BH130LB

Samsung batterie IA-BP420E

Samsung batterie IA-BP85ST

Samsung batterie SLB-10A

Samsung batterie SSB-690 ELS

Samsung BD-E5300

Samsung BD-E5500 3D

Samsung BD-E8300 3D

Samsung C3050 Stratus

Samsung Câble Adaptateur HDTV pour Galaxy Tab 8.9" / 10.1"

Samsung Câble data pour téléphones mobiles Samsung

Samsung Caméra additionnelle de vidéosurveillance SEB-1015RWP EX

Samsung caméra Skype CY-STC1100

Samsung CB20A12

Samsung Ch@t335 - GT-S3350 - Noir

Samsung Chargeur allume-cigares micro-USB

Samsung chargeur de voyage pour SGH-P260 et SGH-G600 - Modèle Noir

Samsung Chargeur secteur de voyage micro-USB

Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLP-325 WiFi

Samsung CLP-325 WiFi + Toner Samsung CLT-K4072S Noir + MCL Samar câble imprimante USB 2.0

Samsung CLP-620ND - Imprimante Ethernet

Samsung CLP-C300A

Samsung CLP-K300A

Samsung CLP-M300A

Samsung CLP-Y300A

Samsung CLX-3185 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLX-3185 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLX-3185 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLX-3185FW WiFi

Samsung CLX-3185FW WiFi + Toner Samsung CLT-K4072S Noir + MCL Samar câble imprimante USB 2.0

Samsung CLX-3185N Ethernet

Samsung CLX-3185W - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet

Samsung CLX-6220FX - Imprimante Multifonctions Ethernet

Samsung Coque silicone Croisillons pour nexus S

Samsung CY-SMN1000D meuble TV

Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go MZ-7PC128D 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go MZ-7PC128N 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256D 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256N 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 64 Go MZ-7PC064D 830 Series

Samsung dongle Wi-Fi WIS12ABGNX

Samsung DP7000A3B 23" LED Tactile USB 3.0

Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire + 1 Camel

Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire matelassée + 1 Rose

Samsung DV300F Argent/Rouge - WiFi

Samsung DV300F Noir - WiFi

Samsung E1150 - Silver

Samsung E2550

Samsung EcoBlue SC61E0 bleu azur

Samsung ES30 Noir

Samsung ES30 Noir + Carte SD 2 Go

Samsung Etui coque pour Galaxy Note - Noir

Samsung Etui cuir pour Galaxy S II - Noir

Samsung Etui flap en cuir pour Samsung Galaxy II I9100 - Noir

Samsung Eui cuir pour i9000 Galaxy S

Samsung Flash SEF15A

Samsung Flash SEF20A

Samsung Galaxy Ace s5830 (sous Androïd)

Samsung Galaxy Mini (sous Android)

Samsung Galaxy Note

Samsung Galaxy Note - Blanc

Samsung Galaxy Note - Rose

Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Blanc

Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Noir

Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Blanc 32 Go + Western Digital My Book Live 1 To Ethernet

Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Blanc 32 Go Wifi

Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Noir 16 Go 3G

Samsung Galaxy Tab 8,9" TFT Blanc 32 Go Wifi

Samsung Galaxy Xcover s5690 (sous Androïd) - Smartphone Samsung Solide certifié IP67

Samsung Galaxy Y Pro B5510 (sous Androïd)

Samsung Galaxy Y Young s5360 (sous Androïd)

Samsung Graveur DVD Externe Wifi - SE-208BW - Noir

Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 10,1"

Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 8,9"

Samsung HT-D330

Samsung HT-D350

Samsung HT-D423

Samsung HT-D4500

Samsung HT-D5000 3D

Samsung HT-E4200 3D

Samsung HT-E4500 3D

Samsung HT-E5200 3D

Samsung HT-ES6200 3D WiFi

Samsung HW-E450

Samsung I9103 Galaxy R (sous Android)

Samsung Kit de connexion USB & SD pour Galaxy Tab 10.1"

Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SDE-3003P/EX

Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SME-4220

Samsung Kit Etui + Clavier Bluetooth pour Galaxy Tab 10,1" - Brun foncé

Samsung kit HDMI

Samsung kit HDMI

Samsung kit papier 10 x 15 cm

Samsung kit piéton filaire stéréo Jack 3,5 mm

Samsung LE40D550

Samsung Lot de 2 protections d'écran pour Galaxy S2 - Transparente/Miroir

Samsung Lot de 2 Protections d'écran pour i9000 Galaxy S

Samsung Lunettes 3D SSG-3050GB

SAMSUNG ME106V-SX

Samsung ME82V Micro-onde monofonction

SAMSUNG ME82V-SX

SAMSUNG Micro ondes MW87Y

SAMSUNG Micro-ondes combiné CE117APT B

SAMSUNG Micro-ondes combiné CE137NEMX

SAMSUNG Micro-ondes FW113T002

Samsung ML-1630/SCX4500

Samsung ML-2010D3

Samsung ML-2165 - Imprimante Monochrome

Samsung ML-2165W - Imprimante WiFi

Samsung ML-2545 - Imprimante Monochrome

Samsung ML-2955DW - Imprimante Ethernet & WiFi

Samsung ML-2955ND - Imprimante Ethernet

Samsung ML-3310D - Imprimante Monochrome

Samsung ML-3710DW - Imprimante Ethernet & WiFi

Samsung MLT-D1052S

Samsung MLT-D1082S

Samsung MLT-D1092S

Samsung MM-D430D

Samsung MV800 Noir

Samsung MV800 Noir + Etui Zadig & Voltaire Noir

Samsung NP300E7A-S03FR 17,3" LED

Samsung NP700Z5A-S02FR 15,6" LED

Samsung NX 60 mm f/2.8 ED OIS SSA Macro i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX 85 mm f/1.4 ED SSA i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX Pancake 16 mm f/2.4 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX Pancake 20 mm f/2.8 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX Pancake 30 mm f/2.0; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX200 Noir + Obj. Samsung NX 18 - 55 mm f/3.5 - 5.6 OIS + Flash SEF-8A NG8

Samsung NX200 Noir + Obj. Samsung NX 20 - 50 mm f/3.5 - 5.6 ED i-Function + Flash SEF-8A NG8

Samsung Oreillette Bluetooth HM1200

Samsung Pack d'accessoire pour Galaxy S II I9100

Samsung Pack étui cuir + chargeur + protection d'écran pour Galaxy S

Samsung PL170 Noir

Samsung PL210 Noir

Samsung PL210 Noir + Carte mémoire Lexar MicroSDHC 8 Go

Samsung PL90 Noir et Rouge

Samsung Player mini 2 c3310 - Gris Métal

Samsung Player Mini C3300 - Noir

Samsung Port parallèle ML-PAR100 pour imprimante

Samsung PS43D450

Samsung PS43E450

Samsung PS43E490 3D

Samsung PS51E450

Samsung PS51E490 3D

Samsung PS59D530

Samsung Q3 rose 4 Go

Samsung RC530-S03FR 15,6" LED

Samsung RC730-S06FR 17,3" LED

Samsung RF712 E7P-C7261 17,3" LED 3D Blu-Ray USB 3.0 + lunettes

Samsung S22A300B 21,5" TFT

Samsung S22B350H 21,5" LED

Samsung S23A750D 23" LED 3D

Samsung S23B350H 23" LED

Samsung S24B300HL Moniteur 23,6" LED

Samsung S27B350H 27" LED

Samsung SC4340 noir ébène

Samsung SC4790 - Aspirateur sans sac - traineau - rouge

Samsung SCX-3405 - Imprimante Multifonctions

Samsung SCX-3405F - Imprimante Multifonctions

Samsung SCX-3405FW - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet

Samsung SCX-3405W - Imprimante Multifonctions WiFi

Samsung SCX-4200A

Samsung SCX-4729FD - Imprimante Multifonctions Ethernet

Samsung SCX-4729FW - Imprimante Multifonctions Ethernet & WiFi

Samsung SCX-5737FW - Imprimante Multifonctions Ethernet

Samsung SE-084D graveur DVD externe slim USB 2.0

Samsung SE208AB Graveur DVD externe USB 2.0

Samsung SLB07A pour ST50

Samsung SLB-11A pour Samsung WB1000

Samsung ST65 Noir

Samsung ST65 Rouge

Samsung station d'accueil

Samsung station d'accueil HD2

Samsung Station d'accueil pour tablette Galaxy Tab 10,1"

Samsung Station d'accueil pour tablette Galaxy Tab 8,9"

Samsung station d'accueil SSD-760 E2/EUR

Samsung SyncMaster C23A550U 23" LED

Samsung SyncMaster C23A750X 23" LED

Samsung Syncmaster S23A700D 23" LED 3D

Samsung SyncMaster S24A350H 24" LED

Samsung Syncmaster T22A550 21,5" LED Tuner TNT HD

Samsung Système de vidéosurveillance Baby Monitor SEW-3022WP/ EX

Samsung T22A350 21,5" LED Tuner TNT

Samsung Toner MLT-D101S pour imprimantes Samsung SCX-3405 & ML-2165 - Noir

Samsung UE19D4010 LED

Samsung UE19ES4000 LED

Samsung UE22ES5000 LED

Samsung UE22ES5410 LED

Samsung UE26EH4000 LED

Samsung UE26EH4500 LED

Samsung UE32D5000 LED

Samsung UE32EH4000 LED

Samsung UE32EH5000 LED

Samsung UE32ES5500 LED

Samsung UE32ES6300 LED 3D

Samsung UE32ES6710 LED 3D blanc

Samsung UE40D5000 LED

Samsung UE40D5710 LED

Samsung UE40D6500 LED 3D

Samsung UE40EH5000 LED

Samsung UE40ES5500 LED

Samsung UE40ES6300 LED 3D

Samsung UE40ES6710 LED 3D

Samsung UE46EH5000 LED

Samsung UE46ES5500 LED

Samsung UE46ES6300 LED 3D

Samsung UE46ES6710 LED 3D blanc

Samsung UE55ES6300 LED 3D

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" + Microsoft Explorer Touch Mouse - Souris BlueTrack sans fil

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0 + CaseLogic Sacoche double pour ordinateurs 14" & tablettes 10,1" - Grise

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0 + Samsonite Sac pour ordinateur portable 14,1" S Noir

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED + Microsoft Explorer Touch Mouse - Souris BlueTrack sans fil

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED USB 3.0

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED USB 3.0 + CaseLogic Sacoche double pour ordinateurs 14" & tablettes 10,1" - Grise

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED USB 3.0 + Samsonite Sac pour ordinateur portable 14,1" S Noir

Samsung Viseur électronique EVF10

Samsung WB150F Blanc - WiFi

Samsung WB150F Noir - WiFi

Samsung WB700 Noir

Samsung WB750 Noir

Samsung WIS09ABGN LinkStick WLAN-Adapter

Samsung WMN250M accroche murale

Samsung YP-F3 bleu 2 Go

Samsung YP-F3 noir 2 Go

Samsung YP-F3 rose 2 Go

Samsung YP-Q3 rose 8 Go

Samsung YP-Q3 rose 8 Go + Casque JVC HA-S155-P rose

Samsung YP-U6 noir 2 Go

Samsung YP-U6 noir 4 Go

Samsung YP-U6 rose 2 Go

Samsung YP-U6 rose 4 Go

Samsung YP-Z3 blanc 4 Go

Samsung YP-Z3 bleu 4 Go

Samsung YP-Z3 rose 4 Go

 LCD DISPLAY quick start guide 400TS-3, 460TS-3はじめに パッケージ内容 パッケージの内容の確認 上の図に示すように、パッケージの箱からロックを取り外します。 箱の両側にある穴に手をか けて、箱を持ち上げます。 パッケージの内容を確認し ます。 発布スチロールとビニール 袋を取り外します。 注意 • パッケージを開いたら、内容を確認してください。 • 製品を運ぶときに必要になりますので、梱包されていた箱は保管しておいてください。 • 不足している品目がある場合には、販売店にお問い合わせください。 • オプション品の購入については、お近くの販売店にお問い合わせください。 同梱物 LCD ディスプレイマニュアル類 クイック セットアップ ガ イド 保証書 (含まれていない地域もあ ります) ユーザー ガイド ケーブル 電源コード D-Sub ケーブル USB ケーブル その他 リモートコントロール (BP59-00138B) バッテリ (AAA X 2) (含まれていない地域もあ ります) 別売り (別売を行わない地域もあります) セミ スタンド キット LAN ケーブル RGB to BNC ケーブル RGB to COMPONENT ケー ブル NetWork ボックス はじめに別売り (別売を行わない地域もあります) ウォール マウント キット TV チューナー ボックス RS232C ケーブル 注意 • 製品と共に購入可能なアクセサリは、お住まいの国によって異なります。 お使いの LCD ディスプレイ 色と外観は製品によって異なる場合があり、製品の仕様は性能の向上のために予告無く変 更される場合があります。 前面 MENU ボタン [MENU] オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了します。OSD メニ ューを終了したり前のメニューに戻る場合にも使用します。 ナビゲーション ボタン (上下ボタン) ひとつのメニューから別のメニューに縦方向に移動したり、選択したメ ニューの値を調整したりします。 調整ボタン (左右ボタン)/音量ボタン ひとつのメニューから別のメニューに横方向に移動したり、選択したメ ニューの値を調整したりします。OSD がスクリーンに表示されていない 場合は、このボタンを押して音量を調整します。 ENTER ボタン [ENTER] ハイライトされたメニュー項目をアクティブにします。 SOURCE ボタン [SOURCE] PC モードからビデオモードに切り替えます。外部デバイスが接続されて いる入力信号を選択します。 はじめに[PC] → [DVI] → [AV] → [コンポ一ネント] → [HDMI1] → [HDMI2] → [デ ィスプレイ ポート] → [MagicInfo] →[TV] 注意 • [RGB/COMPONENT IN ] ポートは RGB (PC) およびコンポ一ネント信 号に対応しています。 ただし、外部入力信号が選択したビデオ信号と異なる場合には、映像 が正常に表示されない場合があります。 • MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有 効にすることができます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必 要があります。 D.MENU ボタン オンスクリーン D.MENU を開きます。 注意 D.MENU ボタンは、TV チューナーが接続されているときに有効になりま す。TV チューナーが接続されていない場合は、PIP ボタンが有効になり ます。 PIP ボタン PIP ボタンを押して PIP 画面のオン/オフを切り替えます。 電源ボタン [ ] このボタンで、LCD ディスプレイの電源のオン/オフを切り替えます。 照度センサー 周囲の明るさを自動的に検出します。 電源インジケーター 緑色に点滅して PowerSaver モードであることを示します 注意 省電力機能の詳細については、このマニュアルの「PowerSaver」を参照し てください。消費電力を押さえるために、必要ない場合または長時間 LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。 リモートカラーセンサー リモコンを LCD ディスプレイのこの部分に向けます。 背面 注意 ケーブル接続の詳細については、「接続」のセクションを参照してください。LCD ディスプ レイの背面の構成は、モデルによって若干異なる場合があります。 はじめに POWER S/W ON [ │ ] / OFF LCD ディスプレイのオン/オフを切り替えま す。 POWER LCD ディスプレイと壁のコンセントに電源 コードを接続します。 タッチ スクリーン USB ハブ タッチスクリーンを使用するには、ネット ワーク ボックス (別売り) または PC を接続 します。 タッチスクリーンを使用するには、タッチ スクリーン ドライバをインストールします。 RGB/COMPONENT IN (PC/COMPONENT 接続端子 (入力)) • モニターの [RGB/COMPONENT IN] ポー トを PC の RGB ポートに D-SUB ケーブ ルを使用して接続します。 • モニターの [RGB/COMPONENT IN] ポー トを外部デバイスの COMPONENT ポー トに RGB to COMPONENT ケーブルを使 用して接続します。 • モニターの [RGB/COMPONENT IN] ポー トを PC の BNC ポートに RGB to BNC ケ ーブルを使用して接続します。 DVI IN (PC 映像接続端子) モニターの [DVI IN] ポートを PC の DVI ポ ートに DVI ケーブルを使用して接続します。 はじめに RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN (PC/DVI/ DP/HDMI 音声接続端子 (入力)) 別売りのステレオ ケーブルを使用して、モ ニターの [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] 端 子とお使いのコンピュータのサウンド カー ドのスピーカー出力端子を接続します。 DP IN ディスプレイ ポートからの信号を受信しま す。 DP ケーブルを製品の [DP IN] と別のディス プレイの DP IN に接続します。 AV/COMPONENT AUDIO IN [L-AUDIO-R] モニターの [AV/COMPONENT AUDIO IN [LAUDIO-R]] ポートを PC または外部デバイス の音声出力ポートにオーディオ ケーブルを 使用して接続します。 AV IN ビデオ ケーブルを使用して、モニターの [AV IN] 端子を外部デバイスのビデオ出力端 子に接続します。 AUDIO OUT ヘッドフォンまたは外部スピーカーを接続 します。 DC OUT [DC OUT] 端子が承認済みの TV チューナ ー ボックス [SBB_DTC/ZA] に接続されてい ることを確認します。 製品が損傷する場合があります。 HDMI IN 1 • HDMI ケーブルを使用して、LCD ディス プレイ背面の [HDMI IN 1] 端子をお使い のデジタル出力デバイスの HDMI 端子に 接続します。 • HDMI 1.3 までをサポートしています。 はじめに注意 • 通常の外部デバイス (DVD プレーヤーや レコーダーなど) や TV チューナー ボッ クスを[HDMI IN 1]端子に接続できます。 • TV チューナー ボックスを使用する場合 は、[HDMI IN 1] 端子に接続してくださ い。 HDMI IN 2 (MAGICINFO) • HDMI ケーブルを使用して、LCD ディス プレイ背面の [HDMI IN 2 (MAGICINFO)]端子をお使いのデジタル出力デバイ スの HDMI 端子に接続します。 • HDMI 1.3 までをサポートしています。 注意 MagicInfo を使用するには、別途当社の指定 するネットワーク ボックスを製品内部にイ ンストールし、ネットワーク ボックスの MagicInfo 出力を [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] 端子に接続する必要があります。 ネットワーク ボックスの購入およびインス トールについて詳しくは、Samsung Electronics にお問い合わせください。 RJ 45 MDC (MDC PORT) MDC (マルチディスプレイ コントロール) プ ログラム ポート LAN ケーブルを製品の [RJ45 MDC] と PC の LAN に接続します。MDC を使用するに は、PC に MDC プログラムがインストール されている必要があります。 注意 マルチコントロール に移動して、MDC 接 続 として RJ45 MDC を選択します。 RS232C OUT/IN (RS232C シリアル ポー ト) MDC (マルチディスプレイ コントロール) プ ログラム ポート シリアル ケーブル (クロス タイプ) を製品 の [RS232C] と PC の RS232C に接続しま す。MDC を使用するには、PC に MDC プロ グラムがインストールされている必要があ ります。 はじめに注意 マルチコントロール に移動して、MDC 接 続 として RS232C MDC を選択します。 Kensington Lock slot Kensington ロックは、公共の場所で製品を安 全に使用できるようにロックすることがで きる盗難防止用の装置です。固定装置の形 状と使用方法はモデルおよびメーカーによ って異なるため、詳細については固定装置 に付属するユーザー マニュアルを参照して ください。 注意 Kensington ロックを別途購入する必要があり ます。 製品をロックするには以下の手順に 従います。 1. Kensington ロック ケーブルを、デスク や椅子など大きくて動かない物体にか けます。 2. ロックのついたケーブルの端を Kensington ロック ケーブルの端の輪に通しま す。 3. ケンジントン ロックをディスプレイ背 面にあるセキュリティ スロット ( ) に 挿入します。 4. ロックします ( )。 注意 • これは一般的な説明です。詳細について は、ロック装置に付属するユーザー マニ ュアルを参照してください。 • 固定装置の購入につきましてはお買い上 げいただいたお店にご確認ください。 ネットワーク ボックス (別売り) の接続 RGB OUT MagicInfo ビデオ出力ポート MAGICINFO OUT これは、ビデオ、オーディオおよび、MagicInfo 制御信号用の出力端子です。 はじめに使用するには、HDMI ケーブルを使用して [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] 端子に接続しま す。 LAN (LAN 接続端子) LAN ケーブルに接続して、MagicInfo モー ドでのインターネットまたはネットワーク アクセスを可能にします。 ネットワーク ボックス (別売り) の接続 USB(USB 接続端子) キーボード/マウス、マス ストレージ機器対 応。 AUDIO OUT ヘッドフォンまたは外部スピーカーを接続 します。 RS232C (RS232C シリアル ポート) シリアル ポート ネットワーク ボックス (別売り) の接続 電源 電源延長コードを使用して、製品の [POWER] 端子とモニターの [POWER] 端子を接続 します。 電源 電源コードを使用してコンセントに接続し ます。 POWER S/W ON [ I ] / OFF ネットワーク ボックスのオン/オフを切り替 えます。 注意 • ケーブル接続の詳細については、「接続」のセクションを参照してください。 • ネットワーク ボックスが正常に動作するには、モニターとネットワーク ボックスの両 方で電源スイッチをオンにする必要があります。 リモートコントロール 注意 リモコンの動作は TV またはその他 LCD ディスプレイ付近で動作している電子機器の影響 を受ける場合があり、周波数の干渉によって誤作動することがあります。 はじめに POWER OFF ダイヤルパッド DEL / GUIDE ボタン + VOL - SOURCE D.MENU TOOLS 上下左右ボタン INFO 色ボタンと PC/DVI/HDMI/DP 選択ボタン。 TTX/MIX MTS/DUAL ENTER/PRE-CH MUTE CH/P TV MENU RETURN EXIT MagicInfo POWER 製品のオン/オフを切り替えます。 OFF 製品をオフにします。 ダイヤルパッド OSD の調整時、または MagicInfo を使用するときにパスワ ードを入力するのに使用します。 押してチャンネルを変更します。 DEL / GUIDE ボタン 「-」ボタンはデジタル チャンネルの選択に使用します。 電子番組ガイド (EPG) 表示 注意 TV チューナー ボックス (別売り) がインストールされてい る場合は、TV モードでのみこのボタンを使用できます。 + VOL - 音声の音量を調整します。 はじめに SOURCE 接続されている外部入力信号または  MagicInfo モードを 選択します。 ボタンを押して、入力信号 SOURCE を切り換えます。 SOURCE の変更は、変更時に LCD ディスプレイに接続さ れている外部デバイスについてのみ行うことができます D.MENU DTV メニュー表示 注意 TV チューナー ボックス (別売り) がインストールされてい る場合は、TV モードでのみこのボタンを使用できます。 TOOLS よく使う機能を素早く選択するのに使用します。 注意 この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 上下左右ボタン ひとつのメニューから別のメニューに横方向、縦方向に移 動したり、選択したメニューの値を調整したりします。 INFO 画面左上に現在の画像情報が表示されます。 色 ボ タ ン と PC/DVI/ HDMI/DP 選択ボタン。 TV モードでは、これらのボタンを使用してチャンネルの リストを設定することができます。 TV モード以外のモードでは、PC、DVI、HDMI または DP (ディスプレイ ポート) 外部入力を直接選択できます。 TTX/MIX TV チャンネルは、テレテキスト経由で文字情報サービス を提供します。 - テレテキスト ボタン 注意 この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 MTS/DUAL MTSMTS (マルチチャンネル テレビ ステレオ) モードを選択で きます。 音声タイプ MTS/S_Mode デフォルト FM ステレオ モノラル モノラル 手動変更 ステレオ モノラル↔ステレ オ SAP モノラル ↔ SAP モノラル DUALSTEREO/MONO、DUAL l / DUAL ll および MONO/NICAM MONO/NICAM STEREO は、放送のタイプに応じて TV の はじめに視聴中にリモコンの DUAL ボタンで操作することができま す。 注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 ENTER/PRE-CH このボタンを使用して、前のチャンネルに直ちに戻りま す。 注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 MUTE 音声の出力を一時的に停止(ミュート)します。これは画 面の左下隅に表示されます。消音モードで MUTE または - VOL + が押されると、音声が再度聞こえるようになりま す。 CH/P TV モードで、TV のチャンネルを選択します。 注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 TV アナログまたはデジタル TV を視聴することができます。 注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 MENU オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了した り、調整メニューを閉じたりします。 RETURN 前のメニューに戻ります。 EXIT メニュー画面を終了します。 MagicInfo MagicInfo クイック起動ボタン 注意 ネットワーク ボックスが接続されているときに有効になり ます。 はじめに接続 色と外観は製品によって異なる場合があり、製品の仕様は性能の向上のために予告無く変 更される場合があります。 コンピュータの接続 コンピュータをモニターに接続するにはいくつかの方法があります。以 下のオプションから選択してください。 ビデオカードの D-sub(アナログ)コネクタを使用します。 • D-sub は、LCD ディスプレイ背面の 15-pin の [RGB/COMPONENT IN] ポートとコンピュータの 15-pin D-sub ポートを接続します。 ビデオカードの DVI(デジタル)コネクタを使用します。 • DVI ケーブルは、LCD ディスプレイ背面の [DVI IN] ポートとコンピ ュータの DVI ポートを接続します。 ビデオカードの HDMI(デジタル)コネクタを使用します。 • LCD ディスプレイの [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] ポートと PC の HDMI ポートを HDMI ケーブルを使用して接続します。注意 HDMI ケーブルで PC に接続しているときには、入力信号として HDMI2 または HDMI1 を選択します。 PC からの画像と音声を正常に出力するには、外部入力名編集 で PC を選 択する前に HDMI2 または HDMI1 を選択します。 DVI 装置 が選択されているときに音声を有効にするには、ステップ ( ) を使用して接続されていることを確認します。 お使いのコンピュータのオーディオ ケーブルを、コンピュータ背面のオ ーディオ ポートに接続します。 LCD ディスプレイの電源コードを LCD ディスプレイ背面の電源ポート に接続します。電源スイッチをオンにします。 注意 オプション品の購入については、SAMSUNG のお近くの販売店にお問い合わせください。 PC に接続してタッチ スクリーンを使う タッチ スクリーン機能を使用するには、D-Sub (または HDMI もしくは HDMI - DVI) ケーブ ルと USB ケーブルの両方を接続し、タッチ スクリーン ドライバをインストールしてタッ チ スクリーン モニターを「デフォルト モニター」に設定します。 PC がサポートしているビデオ出力に応じて、製品を PC に接続します。 • グラフィック カードに D-Sub (アナログ) 出力がある場合 • 製品の [RGB/COMPONENT IN] ポートと PC の D-Sub ポートを D-Sub ケーブルで接 続します。 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB] ポートを PC の USB ポ ートに接続します。 接続• グラフィック カードが DVI (デジタル) 出力 (DVI ケーブル経由) をサポートしていると き • DVI ケーブルを使用して製品の [DVI IN] ポートを PC の DVI ポートに接続します。 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB] ポートを PC の USB ポ ートに接続します。 • グラフィック カードに HDMI 出力がある場合 • HDMI ケーブルを使用して製品の [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] ポートを PC の HDMI ポートに接続します。 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB] ポートを PC の USB ポ ートに接続します。 接続• グラフィック カードが DVI (デジタル) 出力 (HDMI-DVI ケーブル経由) をサポートして いるとき • HDMI to DVI ケーブルを使用して製品の [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] ポートを PC の DVI ポートに接続します。 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB] ポートを PC の USB ポ ートに接続します。 注意 • マルチタッチ機能は、Windows Vista 64 ビット版または Windows 7 には対応していませ ん。 • 革新的で高感度のタッチスクリーン テクノロジーにより、画面に強く触れる必要はあり ません。 • 先の丸いスティックや金属でできた物で画面に触れると、傷が付く場合があります。専 用のスタイラス ペンのみを使用してください。 接続• ほこりや水気などの異物が画面に付着すると、タッチスクリーンの誤作動の原因となる ことがあります。柔らかい布を使用して、画面および画面のフレームをよく拭いてくだ さい。 • 破損を避けるため、画面に強い力を加えないでください。 • USB デバイスは、Microsoft が推奨する安全な設置および取り外しを行うための指示に 従って接続または取り外しを行います。USB デバイスを接続した後にタッチ スクリー ンの機能または音声出力に問題が発生した場合には、USB ケーブルを接続しなおすか接 続するポートを変更します。 他のデバイスへの接続 注意 • お使いのコンピュータだけでなく、DVD プレイヤー、VCR またはカムコーダーなどの AV 入力機器を LCD ディスプレイに接続することができます。AV 入力デバイスの接続 の詳細については、「LCD ディスプレイの調整」の内容を参照してください。 • LCD ディスプレイの背面の構成は、LCD ディスプレイのモデルによって若干異なる場 合があります。 AV デバイスの接続 1. オーディオ ケーブルを製品の [AV/COMPONENT AUDIO IN [L-AUDIOR]] と VCR や DVD プレイヤーなどの外部デバイスのオーディオ ポート に接続します。 2. ビデオ ケーブルを製品の [AV IN] と外部デバイスのビデオ出力ポートに 接続します。 3. 次に、DVD またはテープを挿入して、DVD、VCR、またはカムコーダー をスタートさせます。 4. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「AV」を選択します。 接続カムコーダーへの接続 1. カムコーダーの AV 出力ジャックの場所を確認します。通常は、カムコ ーダーの側面または背面にあります。カムコーダーの VIDEO OUTPUT ジャックと LCD ディスプレイの [AV IN] をビデオ ケーブルで接続しま す。 2. オーディオ ケーブルをカムコーダーの AUDIO OUTPUT ジャックと LCD ディスプレイの [AV /COMPONENT AUDIO IN [L-AUDIO-R]] に接続しま す。 3. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「AV」を選択します。 4. 続いて、テープを挿入したカムコーダーをスタートします。 注意 ここに示した音声ビデオ ケーブルは、通常カムコーダーに付属しています。 (付属していない場合には、お近くの電器店でご購入ください) カムコーダーがステレオの場合には、2 本のケーブルを接続する必要があります。 接続HDMI ケーブルを使用して接続する 1. HDMI ケーブルを製品の [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] または [HDMI IN 1] とデジタル デバイスの HDMI 出力ポートに接続します。 2. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「HDMI1 / HDMI2」を選択し ます。 注意 HDMI モードでは、PCM フォーマットの音声のみサポートしています。 DVI - HDMI ケーブルを使用して接続する DVI-HDMI ケーブルを製品の [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] または [HDMI IN 1] とデジタル デバイスの DVI 出力ポートに接続します。 RCA - ステレオ (PC 用) ケーブルの赤および白のジャックをデジタル出力 デバイスの同じ色の音声出力端子に接続し、反対側のジャックを LCD デ ィスプレイの [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] 端子に接続します。 接続3. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「HDMI1 / HDMI2」を選択し ます。 DVD プレイヤーの接続 RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB/COMPONENT IN] ポートと DVD プレイヤーの PR, Y, PB ジャックを接続します。 オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AV/COMPONENT AUDIO IN [L-AUDIO-R]] と DVD プレイヤーの AUDIO OUT ジャックの間 に接続します。 注意 • 製品またはリモコンの SOURCE を押して「コンポ一ネント」を選択します。 • 次に、DVD ディスクを挿入して DVD プレイヤーをスタートさせます。 • RGB to Component ケーブルはオプションです。 • コンポーネント ビデオについては、お使いの DVD のマニュアルを参照してください。 接続DTV セット トップ (ケーブル/衛 ) ボックスの接続 RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB/COMPONENT IN] ポートとセット トップ ボックスの PR, Y, PB ジャックを接続します。 オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AV/COMPONENT AUDIO IN [L-AUDIO-R]] とセットトップ ボックスの AUDIO OUT ジャッ クの間に接続します。 注意 • 製品またはリモコンの SOURCE を押して「コンポ一ネント」を選択します。 • コンポーネント ビデオについては、お使いのセット トップ ボックスのマニュアルを参 照してください。 オーディオ システムへの接続 1. オーディオシステムのAUX L、R ジャックとLCD ディスプレイの[AUDIO OUT] をオーディオ ケーブルで接続します。 接続 星ネットワーク ボックス (別売り) の接続 注意 • ネットワーク ボックスは別売りです。 • ネットワークボックスの購入およびインストールについて詳しくは、Samsung Electronics にお問い合わせください。 電源の接続 電源延長コードを使用して、製品の [POWER] 端子とインストールしたネ ットワーク ボックスの [POWER] 端子を接続します。 電源コードをネットワーク ボックスの [POWER] とコンセントに接続し ます。 電源スイッチをオンにします。 MAGICINFO OUT への接続 接続HDMI ケーブルを使用して、ネットワーク ボックスの [MAGICINFO OUT] 端子とモニター の [HDMI IN 2 (MAGICINFO) 端子を接続します。 LAN ケーブルの接続 製品の [LAN] ポートと PC の [LAN] ポートを LAN ケーブルで接続します。 USB デバイスの接続 マウスやキーボードなどの USB 機器を接続することができます。 接続ネットワーク ボックスに接続してタッチ スクリーンを使う 1. USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB] ポートを PC の USB ポー トに接続します。 注意 • 革新的で高感度のタッチスクリーン テクノロジーにより、画面に強く触れる必要はあり ません。 • 先の丸いスティックや金属でできた物で画面に触れると、傷が付く場合があります。専 用のスタイラス ペンのみを使用してください。 • ほこりや水気などの異物が画面に付着すると、タッチスクリーンの誤作動の原因となる ことがあります。柔らかい布を使用して、画面および画面のフレームをよく拭いてくだ さい。 • 破損を避けるため、画面に強い力を加えないでください。 接続トラブルシューティング セルフテスト機能チェック 注意 お問い合わせの前に、以下の項目についてチェックしてください。問題が解決しない場合 には、お客様相談ダイヤルにお問い合わせください。 セルフテスト機能チェック 1. コンピュータと LCD ディスプレイの両方をオフにします。 2. コンピュータの背面からビデオケーブルを取り外します。 3. LCD ディスプレイをオンにします。 ビデオ信号が検出されない場合でも LCD ディスプレイが正常に動作しているときに は、下記の図 (「信号がありません」) が黒色の背景で表示されます。自己テスト モード では、LED 電源インジケータは緑色のままで、画像が画面内を動き回ります。 4. LCD ディスプレイをオフにして、ビデオ ケーブルを接続しなおします。次にコンピュ ータと LCD ディスプレイの両方をオンにします。 前の手順を行った後でも LCD ディスプレイ画面に何も映らない場合は、ビデオ コントロー ラおよびコンピュータ システムをチェックしてください。LCD ディスプレイは正常に動作 しています。 警告メッセージ 画面は 1920 x 1080 の解像度でも表示することができます。 ただし、「画面の解像度を変更 するか、現在のモードのままにすることができます」というメッセージが短時間表示され ます。周波数が 85Hz を越える場合には、LCD ディスプレイでは 85Hz を越える周波数をサ ポートしていないため、黒色の画面が表示されます。 注意 LCD ディスプレイがサポートしている解像度または周波数については、仕様 > プリセット タイミング モードを参照してください。 メンテナンスと清掃 1) LCD ディスプレイ筐体のメンテナンス 電源コードを抜いてから、柔らかい布で拭き取ります。• ベンゼン、シンナーまたはその他の引火性物質を使 用しないでください。 2) フラットパネルディスプレイ画面のメンテナンス 柔らかい布 (綿ネル) で拭き取ります。 • アセトン、ベンゼンまたはシンナーは使用してはな りません。 (スクリーン表面の傷または劣化の原因となることが あります) • これらの物質を使用したことによって発生した損害 は、すべてユーザーの責任となります。 症状と推奨される措置 注意 LCD ディスプレイは、コンピュータから受信した視覚信号を再生します。したがって、コ ンピュータまたはビデオカードに問題がある場合には、色彩の異常、ノイズなどのトラブ ルが発生することがあります。この場合には、まず問題の原因をチェックしてから、お客 様相談ダイヤルまたは販売店にお問い合わせください。 1. 電源コードおよびビデオ ケーブルがコンピュータに正しく接続されているかどうかを チェックします。 2. 起動時にコンピュータからビープ音が 3 回聞こえるかチェックします。 (この場合にはお問い合わせください) 3. ビデオカードを自分でインストールするか PC を組み立てた場合には、アダプタ (ビデ オ) がインストールされているかどうか確認します。 4. ビデオ画面のスキャン速度が 50 ~ 85Hz の範囲内にあるかどうかチェックします。 (最大解像度を使用しているときは、60 Hz を超えてはなりません) 5. アダプタ (ビデオ) ドライバのインストールに問題がある場合には、コンピュータをセ ーフ モードで起動して、[Control Panel (コントロール パネル)] → [System (システム)] → [Device Manger (デバイスマネージャ)] でディスプレイ アダプタを削除して、コンピ ュータを再起動してアダプタ (ビデオ) ドライバを再インストールします。 チェックリスト 注意 • 以下の表は、発生する可能性のある問題とその解決方法を示しています。お客様相談ダ イヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確認くださ い。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお問い合 わせください。 インストールに関する問題 注意 LCD ディスプレイのインストールに関連する問題とその解決方法が記載されています。 トラブルシューティングQ: LCD ディスプレイの画面がちらつく。 A: コンピュータと LCD ディスプレイとの間を接続している信号ケーブルが、しっかり と接続されているか確認します。 (コンピュータの接続を参照) 画面に関する問題 注意 LCD ディスプレイの画面に関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: 画面が空白になり、電源インジケータがオフになる。 A: 電源コードをしっかりと接続してから LCD ディスプレイをオンにします。 (コンピュータの接続を参照) Q: "信号がありません」というメッセージ。 A: PC またはビデオ ソースに信号ケーブルがしっかり接続されていることを確認します。 (コンピュータの接続を参照) A: PC またはビデオ ソースがオンになっていることを確認します。 Q: "最適なモードが選択されていません」というメッセージ。 A: ビデオ アダプタの最大解像度と周波数を確認します。 A: プリセット タイミング モードのチャートに記載されているデータとこれらの値を比 較します。 Q: 映像が縦に流れる。 A: 信号ケーブルがしっかりと接続されているか確認します。必要に応じて再度接続しま す。 (コンピュータの接続を参照) Q: 画像がはっきりしない。画像がぼやける。 A: Frequency 粗調整 および 微調整 の調整を実行します。 A: すべてのアクセサリ (ビデオ拡張ケーブルなど) を取り外してから再度オンにします。 A: 解像度と周波数を推奨の範囲に設定します。 Q: 画像が安定せず、揺れる。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に は、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 Q: 映像にゴーストが発生する。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に は、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 トラブルシューティングQ: 映像が明るすぎる、または暗すぎる。 A: 明るさ と コントラスト を調整します。 (明るさ、コントラスト を参照してください) Q: 画面の色が正しくない。 A: OSD 調整メニューで カラー調整 オプションを調整します。 Q: 暗い影によってカラー画像が歪む。 A: OSD 調整メニューで カラー調整 オプションを調整します。 Q: 白色が正しく表示されません。 A: OSD 調整メニューで カラー調整 オプションを調整します。 Q: 電源インジケータが点滅する。 A: LCD ディスプレイが OSD メモリに変更された設定を保存しています。 Q: 画面が点滅し、電源インジケータが 0.5 ~ 1 秒間隔で点滅します。 A: LCD ディスプレイが電源管理システムを使用しています。キーボードのいずれかのキ ーを押します。 音声に関する問題 注意 音声信号に関する問題とその解決方法を以下に示します。 Q: 音声が聞こえない。 A: LCD ディスプレイの音声入力ポートとサウンドカードの音声出力ポートにオーディオ ケーブルがしっかりと接続されていることを確認します。 (コンピュータの接続を参照) A: 音量レベルをチェックします。 Q: 音量が低すぎる。 A: 音量レベルをチェックします。 A: 音量を最大に調整しても音が小さすぎる場合には、コンピュータのサウンドカードま たはソフトウェアプログラムの音量コントロールをチェックします。 Q: 音量が大きすぎるか小さすぎる。 A: 高音 および 低音 を適切なレベルに調整します。 リモコンに関する問題 注意 リモコンに関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: リモコンのボタンが応答しない。 A: バッテリの極性 (+/-) を確認します。 トラブルシューティングA: バッテリが消耗していないかチェックします。 A: 電源がオンになっているかどうかをチェックします。 A: 電源コードがしっかりと接続されているか確認します。 A: 付近に特殊な蛍光灯またはネオン ランプがないかチェックします。 Q & A Q: 周波数の変更方法は? A: 周波数は、ビデオ カードの再設定によって変更することができます。 注意 ビデオカードでサポートされている周波数は、使用しているドライバのバージョンに よって異なることにご注意ください。(詳細はコンピュータまたはビデオカードのマ ニュアルを参照してください) Q: 解像度の変更方法は? A: Windows XP: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトップの表示 とテーマ)] → [Display (画面)] → [Settings (設定)] で解像度を設定します。 A: Windows ME/2000: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Settings (設定)] で解像度を 設定します。 * 詳細についてはビデオカードのメーカーにお問い合わせください。 Q: 省電力機能の設定方法は? A: Windows XP: [コントロール パネル] → [デスクトップの表示とテーマ] → [画面] → [スクリーン セ ーバー] で、省電力機能を有効にします。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュアル を参照してください) A: Windows ME/2000: コントロール パネル → 画面 → スクリーンセイバー。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュアル を参照してください) Q: 筐体/LCD パネルをきれいにしたいのですが? A: 電源コードを抜き、LCD ディスプレイを柔らかい布で洗剤また真水を使って清掃しま す。 洗剤が残ったままにしたり、筐体を傷つけないようにしてください。水が LCD ディ スプレイの中に入らないようにしてください。 Q: ビデオの再生方法は? トラブルシューティングA: ビデオは、MPEG1 および WMV コーデックのみをサポートしています。ビデオを再 生するには、対応するコーデックをインストールします。互換性がないコーデックが あることに注意してください。 注意 お客様相談ダイヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確 認ください。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお 問い合わせください。 トラブルシューティング  LCD DISPLAY quick start guide 400TS-3, 460TS-3Introduction Package Contents Checking the Contents of the Package Remove the lock from the package box, as shown in the figure above. Lift up the package box by holding the grooves on both sides of the package box. Check the contents of the package. Remove the Styrofoam and vinyl cover. Note • After unpacking the package, make sure to check the contents of the package. • Store the packaging box in case you need to move the Product later. • If any items are missing, contact your dealer. • Contact a local dealer to purchase optional items. Unpacking LCD DisplayManuals Quick Setup Guide Warranty Card (Not available in all locations) User's Guide Cables Power Cord D-Sub Cable USB Cable Others Remote Control (BP59-00138B) Batteries (AAA X 2) (Not available in all locations) Sold separately Semi Stand KIT LAN Cable RGB to BNC Cable RGB to COMPONENT Cable Network Box IntroductionSold separately Wall Mount KIT TV Tuner box RS232C Cable Note • Accessories that can be purchased with the product vary by country. Your LCD Display The color and the appearance may differ depending on the product, and the specifications are subject to change without prior notice to improve the performance. Front MENU button [MENU] Opens the on-screen menu and exits from the menu. Also use to exit the OSD menu or return to the previous menu. Navigate buttons (Up-Down buttons) Moves from one menu item to another vertically or adjusts selected menu values. Adjust buttons (Left-Right buttons) / Volume buttons Moves from one menu item to another horizontally or adjusts selected menu values. When OSD is not on the screen, press the button to adjust volume. ENTER button [ENTER] Activates a highlighted menu item. SOURCE button [SOURCE] Switches from PC mode to Video mode. Selects the input source that an external device is connected to. [PC] → [DVI] → [AV] → [Component] → [HDMI1] → [HDMI2] → [DisplayPort] → [MagicInfo] →[TV] Note • The [RGB/COMPONENT IN] port is compatible with RGB (PC) and Component signals. IntroductionHowever, the picture may display abnormally if the connected external input signal is different from the selected video signal. • MagicInfo can only be enabled when a network box is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. D.MENU button Opens the on-screen D.MENU. Note The D.MENU button is activated when a TV tuner is connected and otherwise, the PIP button is enabled. PIP button Push the PIP button to turn the PIP screen On / Off. Power button [ ] Use this button for turning the LCD Display on and off. Brightness Sensor Automatically detects the surrounding brightness. Power indicator Shows PowerSaver mode by blinking green Note See PowerSaver described in the manual for further information regarding power saving functions. For energy conservation, turn your LCD Display OFF when it is not needed or when leaving it unattended for long periods. Remote Control Sensor Aim the remote control towards this spot on the LCD Display. Rear Note See the "Connections" section for details about cable connections. The LCD Display's configuration at the back may vary slightly depending on the model. Introduction POWER S/W ON [ │ ] / OFF Switches the LCD Display On/Off. POWER The power cord plugs into the LCD Display and the wall outlet. TOUCH SCREEN USB HUB Connects to a network box (sold separately) or PC in order to use the touchscreen. To use the touchscreen, install the touchscreen driver. RGB/COMPONENT IN (PC/COMPONENT Connection Terminal (Input)) • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the RGB port on the PC using the D-SUB cable. • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the COMPONENT port on the external device using the RGB to COMPONENT cable. • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the BNC port on the PC using the RGB to BNC cable. DVI IN (PC Video Connection Terminal) Connect the [DVI IN] port on the monitor to the DVI port on the PC using the DVI cable. RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN (PC/DVI/ DP/HDMI Audio Connection Terminal (Input)) Connect the [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] terminal of the monitor and the speaker output terminal of your computer's so und card using a stereo cable (sold separately). DP IN Receives a signal from the Display port. IntroductionConnect a DP cable to [DP IN] on the product and DP IN on another display. AV/COMPONENT AUDIO IN [L-AUDIO-R] Connect the [AV/COMPONENT AUDIO IN [LAUDIO-R]] port on the monitor to the audio output port on the PC or on the external device using an audio cable. AV IN Connect the [AV IN] terminal of your monitor to the video output terminal of the external device using a VIDEO cable. AUDIO OUT Connect a headphone or an External speaker. DC OUT Make sure to use connecting [DC OUT] terminal to the authorized TV-Tuner Box[SBB_DTC/ ZA]. Otherwise, this may result in damage to the product. HDMI IN 1 • Connect the [HDMI IN 1] terminal at the back of your LCD Display to the HDMI terminal of your digital output device using a HDMI cable. • Up to HDMI 1.3 can be supported. Note • A normal external device (DVD player or camcorder, etc.) or a TV tuner box can be connected to the [HDMI IN 1] terminal. • To use a TV tuner box, make sure to connect it to the [HDMI IN 1] terminal. HDMI IN 2 (MAGICINFO) • Connect the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal at the back of your LCD Display to the HDMI terminal of your digital output device using a HDMI cable. • Up to HDMI 1.3 can be supported. Introduction Note To use MagicInfo, the network box specified separately by Samsung must be installed inside the product and the MagicInfo output of the network box must be connected to the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal. For more information on how to purchase and install a network box, contact Samsung Electronics. RJ 45 MDC (MDC PORT) MDC(Multiple Display Control) Program Port Connect the LAN cable to [RJ45 MDC] on the product and LAN on the PC. To use an MDC, the MDC Program must be installed on the PC. Note Go to Multi Control and select RJ45 MDC as the MDC Connection. RS232C OUT/IN (RS232C Serial PORT) MDC(Multiple Display Control) Program Port Connect a serial cable (cross type) to [RS232C] on the product and RS232C on the PC. To use an MDC, the MDC Program must be installed on the PC. Note Go to Multi Control and select RS232C MDC as the MDC Connection. Kensington Lock slot A Kensington Lock is an anti-theft device that enables users to lock the product so that they can safely use it in public locations. Since the shape and usage of the locking device may differ depending on the model and the manufacturer, for more information, refer to the User Manual supplied with the locking device for more information. Note You must purchase the Kensington Lock separately. IntroductionTo lock the product, follow these steps: 1. Wrap the Kensington lock cable around a large, stationary object such as a desk or chair. 2. Slide the end of the cable with the lock attached through the looped end of the Kensington lock cable. 3. Insert the Kensington Lock into the security slot ( ) on the back of the display. 4. Lock the lock ( ). Note • These are general instructions. For exact instructions, see the User Manual supplied with the locking device. • You can purchase the locking device from an electronics store, an online shop, or our service Center. Connecting a Network Box (sold separately) RGB OUT MagicInfo video output port MAGICINFO OUT This is the output terminal for the video, audio, and control signals of MagicInfo. It can be used by connecting it to the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal using an HDMI cable. LAN (LAN Connection Terminal) Connects to a LAN cable to allow Internet or network access in MagicInfo mode. Connecting a Network Box (sold separately) USB (USB Connection Terminal) Keyboard / Mouse, Mass Storage Device Compatible. AUDIO OUT Connect a headphone or an External speaker. RS232C (RS232C Serial PORT) Serial port IntroductionConnecting a Network Box (sold separately) POWER Connect the [POWER] terminal of the product and the [POWER] terminal of the monitor using a power extension cable. POWER Connects to a mains socket via the power cord. POWER S/W ON [ I ] / OFF Turns the network box on or off. Note • See the "Connections" section for details about cable connections. • The power switches of both of the monitor and the network box must be turned on for the network box to operate normally. Remote Control Note The performance of the remote control may be affected by a TV or other electronic device operating near the LCD Display , causing a malfunction due to interference with the frequency. POWER OFF Number Buttons DEL / GUIDE button + VOL - SOURCE D.MENU TOOLS Up-Down Left-Right buttons INFO The Color button and the PC/DVI/HDMI/DP selection button. TTX/MIX MTS/DUAL ENTER/PRE-CH MUTE CH/P IntroductionTV MENU RETURN EXIT MagicInfo POWER Turns the product On/Off. OFF Turns the product Off. Number Buttons Used to enter the password during the OSD adjustment or to use MagicInfo. Press to change the channel. DEL / GUIDE button The "-" button is used to select Digital channels. Electronic Program Guide (EPG) display. Note This button can only be used in TV mode while a TV tuner box (sold separately) is connected. + VOL - Adjusts the audio volume. SOURCE Selects a connected external input source or MagicInfo mode. Press the button to change the input signal SOURCE. Changing the SOURCE is only allowed for external devices that are connected to the LCD Display at the time. D.MENU DTV menu display Note This button can only be used in TV mode while a TV tuner box (sold separately) is connected. TOOLS Use to quickly select frequently used functions. Note This function does not work for this LCD Display. Up-Down Left-Right buttons Moves from one menu item to another horizontally, vertically or adjusts selected menu values. INFO Current picture information is displayed on the upper left corner of the screen. Introduction The Color button and the PC/DVI/HDMI/DP selection button. In TV mode, these buttons can be used to configure a list of channels. You can select the PC, DVI, HDMI or DP(DisplayPort) external input directly in a mode other than TV mode. TTX/MIX TV channels provide written information services via teletext. - Teletext Buttons Note This function does not work for this LCD Display. MTS/DUAL MTSYou can select MTS (Multichannel Television Stereo) mode. Audio Type MTS/S_Mode Default FM Stereo Mono Mono Manual Change Stereo Mono ↔ Stereo SAP Mono ↔ SAP Mono DUALSTEREO/MONO, DUAL l / DUAL ll and MONO/NICAM MONO/NICAM STEREO can be operated depending on the broadcasting type by using the DUAL button on the remote control while watching TV. Note Enabled when a TV tuner box is connected. ENTER/PRE-CH This button is used to return to the immediately previous channel. Note Enabled when a TV tuner box is connected. MUTE Pauses (mutes) the audio output temporarily. This is displayed on the lower left corner of the screen. The audio comes back on if MUTE or - VOL + is pressed in the Mute mode. CH/P In TV mode, selects TV channels. Note Enabled when a TV tuner box is connected. TV Allows you to watch an analogue or digital TV. Note Enabled when a TV tuner box is connected. Introduction MENU Opens the on-screen menu and exits from the menu or closes the adjustment menu. RETURN Returns to the previous menu. EXIT Exits from the menu screen. MagicInfo MagicInfo Quick Launch Button. Note Enabled when a Network box is connected. IntroductionConnections The color and the appearance may differ depending on the product, and the specifications are subject to change without prior notice to improve the performance. Connecting a Computer There are several ways to connect the computer to the monitor. Choose one from the following options. Using the D-sub (Analog) connector on the video card. • Connect the D-sub to the 15-pin, [RGB/COMPONENT IN] port on the back of your LCD Display and the 15 pin D-sub Port on the computer. Using the DVI (Digital) connector on the video card. • Connect the DVI Cable to the [DVI IN] port on the back of your LCD Display and the DVI port on the computer. Using the HDMI (Digital) connector on the video card. • Connect the [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] port on the LCD Display to the HDMI port on the PC using the HDMI cable. Note Select HDMI2 or HDMI1 as an input source when connected to the PC via an HDMI cable. To obtain normal picture and audio from the PC, HDMI2 or HDMI1 must be selected before PC is selected in Edit Name. To enable audio when DVI Device is selected, be sure to establish the connection using step ( ). Connect the Audio cable for your LCD Display to the AUDIO port on the back of the LCD Display. Connect the power cord for your LCD Display to the POWER port on the back of the LCD Display. Turn on the power switch. Note Contact a local SAMSUNG Electronics Service Center to buy optional items. Connecting to a PC to Use the TOUCH SCREEN To use the touch screen function, connect both the D-Sub (or HDMI or HDMI - DVI) cable and USB cable, install the touch screen driver and set the touch screen monitor as "default monitor." Connect the product to a PC depending on the video output supported by the PC. • When the graphics card provides D-Sub (Analog) output • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port of the product to the D-Sub port of your PC with a D-Sub cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Connections• When the graphics card supports DVI (digital) output (via a DVI cable) • Connect the [DVI IN] port of the product to the DV] port on your PC using the DVI cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. • When the graphics card provides HDMI output • Connect the [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] port of the product to the HDMI port on your PC using the HDMI cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Connections• When the graphics card supports DVI (digital) output (via an HDMI-DVI cable) • Connect the [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] port of the product to the DVI port on your PC using the HDMI to DVI cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Note • The multi-touch function is not compatible with Windows Vista 64 bit or Windows 7. • With innovative, highly sensitive touchscreen technology, you don't need to use much force when touching the screen. • Touching the screen with a rough stick or metal object can scratch it. Ensure you use a dedicated stylus. • Any foreign substance, such as dust or moisture, on the screen can cause a touchscreen malfunction. Please wipe the screen and the screen's frame with a soft cloth as often as possible. Connections• In order to prevent breakage, avoid applying excessive force to the screen. • Connect or remove a USB device following the safe installation and removal instructions recommended by Microsoft. If there is any problem with the touch screen function or sound output after a USB device is connected, reconnect the USB cable or change the connection port. Connecting to Other devices Note • AV input devices such as DVD players, VCRs or camcorders as well as your computer can be connected to the LCD Display. For detailed information on connecting AV input devices, refer to the contents under Adjusting Your LCD Display. • The LCD Display 's configuration at the back may vary slightly depending on the LCD Display model. Connecting AV Devices 1. Connect an audio cable to [AV/COMPONENT AUDIO IN [L-AUDIO-R]] on the product and the audio port on an external device such as a VCR or DVD player. 2. Connect a video cable to [AV IN] on the product and the video output port on the external device. 3. Then, start the DVD, VCR or Camcorders with a DVD disc or tape inserted. 4. Press SOURCE on the product or remote control and select AV. ConnectionsConnecting to a Camcorder 1. Locate the AV output jacks on the camcorder. They are usually found on the side or back of the camcorder. Connect a video cable between the VIDEO OUTPUT jack on the camcorder and the [AV IN] on the LCD Display . 2. Connect a set of audio cables between the AUDIO OUTPUT jacks on the camcorder and the [AV /COMPONENT AUDIO IN [L-AUDIO-R]] on the LCD Display . 3. Press SOURCE on the product or remote control and select "AV". 4. Then, start the Camcorders with a tape inserted. Note The audio-video cables shown here are usually included with a Camcorder. (If not, check your local electronics store.) If your camcorder is stereo, you need to connect a set of two cables. Connecting Using a HDMI Cable Connections1. Connect an HDMI cable to [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] or [HDMI IN 1] on the product and the HDMI output port on a digital device. 2. Press SOURCE on the product or remote control and select "HDMI1 / HDMI2" Note In HDMI mode, only PCM format audio is supported. Connecting Using a DVI to HDMI Cable Connect a DVI-HDMI cable to [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] or [HDMI IN 1] and the DVI output port on the digital device. Connect the red and white jacks of an RCA to stereo (for PC) cable to the same colored audio output terminals of the digital output device, and connect the opposite jack to the [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] terminal of the LCD Display. 3. Press SOURCE on the product or remote control and select "HDMI1 / HDMI2" Connecting a DVD Player Connections Connect a RGB to Component cable between the [RGB/COMPONENT IN] port on the LCD Display and the PR, Y, PB jacks on the DVD player. Connect a set of audio cables between the [AV/COMPONENT AUDIO IN [LAUDIO-R]] on the LCD Display and the AUDIO OUT jacks on the DVD player. Note • Press SOURCE on the product or remote control and select "Component". • Then, start the DVD Player with a DVD disc inserted. • A RGB to component cable is optional. • For an explanation of Component video, consult your DVD manual. Connecting a DTV Set Top (Cable/Satellite) Box Connect a RGB to Component cable between the [RGB/COMPONENT IN] port on the LCD Display and the PR, Y, PB jacks on the Set Top Box. Connect a set of audio cables between the [AV/COMPONENT AUDIO IN [LAUDIO-R]] on the LCD Display and the AUDIO OUT jacks on the Set Top Box. Note • Press SOURCE on the product or remote control and select "Component". • For an explanation of Component video, see your Set Top Box owner's manual. ConnectionsConnecting to an Audio System 1. Connect a set of audio cables between the AUX L, R jacks on the AUDIO SYSTEM and [AUDIO OUT] on LCD Display. Connecting a Network Box (sold separately) Note • Network boxes are sold separately. • For more information on how to purchase and install a network box, contact Samsung Electronics. Connecting the Power Connect the [POWER] terminal of the product and the [POWER] terminal of the installed network box using a power extension cable. Connect the power cord to [POWER] on the network box and mains socket. ConnectionsTurn on the power switch. Connecting to MAGICINFO OUT Connect the [MAGICINFO OUT] terminal of the network box and the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal of the monitor using the HDMI cable. Connecting a LAN Cable Connect the LAN cable between the [LAN] port on the product and the [LAN] port on your PC. ConnectionsConnecting a USB devices You can connect USB devices such as a mouse or keyboard. Connecting to a Network box to Use the TOUCH SCREEN 1. Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Note • With innovative, highly sensitive touchscreen technology, you don't need to use much force when touching the screen.. • Touching the screen with a rough stick or metal object can scratch it. Ensure you use a dedicated stylus • Any foreign substance, such as dust or moisture, on the screen can cause a touchscreen malfunction. Please wipe the screen and the screen's frame with a soft cloth as often as possible. • In order to prevent breakage, avoid applying excessive force to the screen. ConnectionsTroubleshooting Self-Test Feature Check Note Check the following items yourself before calling for assistance. Contact a Service Center for problems that you cannot solve by yourself. Self-Test Feature Check 1. Turn off both your computer and the LCD Display. 2. Unplug the video cable from the back of the computer. 3. Turn on the LCD Display. The figure shown below ("No Signal") appears on a black background when the LCD Display is working normally even though no video signal is detected: While in the Self-Test mode, the LED power indicator remains green and the figure moves around on the screen. 4. Turn off your LCD Display and reconnect the video cable; then turn on both your computer and the LCD Display If your LCD Display screen remains blank after using the previous procedure, check your video controller and computer system; your LCD Display is functioning properly. Warning Messages You can even view the screen at a resolution of 1920 x 1080. However, you will receive the following message for a minute; You can choose to change the screen resolution or stay in the current mode during that time. If the resolution is more than 85Hz, you will see the black screen because the LCD Display does not support over 85Hz. Note Refer to Specifications > Preset Timing Modes for the resolutions or frequencies supported by the LCD Display. Maintenance and Cleaning 1) Maintaining the LCD Display Case. Clean with a soft cloth after disconnecting the power cord.• Do not use benzene, thinner or other flammable substances. 2) Maintaining the Flat Panel Display Screen. Clean with a soft cloth (cotton flannel). • Never use acetone, benzene or thinner. (They may cause flaws or deformation of the screen surface.) • The user is responsible for any damage caused by using these substances. Symptoms and recommended Actions Note A LCD Display recreates visual signals received from the computer. Therefore, if there is a problem with the computer or the video card, this can cause the LCD Display to become blank, have poor Coloring, become noisy, etc. In this case, first check the source of the problem, and then contact a Service Center or your dealer. 1. Check if the power cord and the video cables are properly connected to the computer. 2. Check if the computer beeps more than 3 times when booting. (If it does, request service.) 3. If you installed a new video card or if you assembled the PC, check if you installed the Adaptor (video). 4. Check if the scanning ratio of the video screen is set to between 50 Hz ~ 85 Hz. (Do not exceed 60Hz when using the maximum resolution.) 5. If you have problems in installing the Adaptor (video) driver, boot the computer in Safe Mode, remove the Display Adaptor in the "Control Panel −> System −> Device Administrator" and then reboot the computer to reinstall the Adaptor (video) driver. Check List Note • The following table lists possible problems and their solutions. Before calling for assistance, check the information in this section to see if you can remedy any problems for yourself. If you do need assistance, please call the phone number on the Information section or contact your dealer. Problems related to the Installation Note Problems related to the LCD Display installation and their solutions are listed. Q: The LCD Display screen flickers. A: Check if the signal cable between the computer and the LCD Display is securely connected. Troubleshooting(Refer to Connecting a Computer) Problems related to the Screen Note Problems related to the LCD Display screen and their solutions are listed. Q: The screen is blank and the power indicator is off. A: Ensure that the power cord is firmly connected and the LCD Display is on. (Refer to the Connecting a Computer) Q: "No signal" message. A: Ensure that the signal cable is firmly connected to the PC or video sources. (Refer to the Connecting a Computer) A: Ensure that the PC or video sources are turned on. Q: "Not Optimum Mode" message. A: Check the maximum resolution and the frequency of the video Adaptor. A: Compare these values with the data in the Preset Timing Modes Chart. Q: The picture rolls vertically. A: Check if the signal cable is securely connected. Re-connect it, if necessary. (Refer to Connecting a Computer) Q: The image is not clear; picture is blurred. A: Run Frequency Coarse and Fine tuning. A: Turn on again after removing all accessories (video extension cable, etc.) A: Set the resolution and frequency to the recommended ranges. Q: The picture image is unstable and shakes. A: Check if the resolution and frequency set for the computer video card falls in the range supported by the LCD Display. If not, reset them referring to the current Information under the LCD Display menu and Preset Timing Modes. Q: Ghost images are shown in the picture. A: Check if the resolution and frequency set for the computer video card falls in the range supported by the LCD Display. If not, reset them referring to the current Information under the LCD Display menu and Preset Timing Modes. Q: The image is too light or too dark. A: Adjust the Brightness and Contrast. (Refer to the Brightness, Contrast) Q: The screen Color is inconsistent. A: Adjust the Color Control option in the OSD adjustment menu. TroubleshootingQ: The Color image is distorted by dark shadows. A: Adjust the Color Control option in the OSD adjustment menu. Q: The Color white is poor. A: Adjust the Color Control option in the OSD adjustment menu. Q: The Power Indicator blinks. A: The LCD Display is currently saving the changes made in the settings to the OSD memory. Q: The screen is blank and the power indicator light blinks every 0.5 or 1 seconds. A: The LCD Display is using its power management system. Press any key on the keyboard. Problems related to Audio Note Problems related to audio signals and their solutions are listed below. Q: No sound. A: Ensure that the audio cable is firmly connected to both the audio-in port on your LCD Display and the audio-out port on your sound card. (Refer to the Connecting a Computer) A: Check the volume level. Q: The sound level is too low. A: Check the volume level. A: If the volume is still too low after turning the control to its maximum, check the volume control on the computer sound card or software Program. Q: The sound is too high or too low. A: Adjusts the Treble and Bass to the appropriate levels. Problems related to the Remote Control Note Problems related to the remote control and their solutions are listed. Q: The remote control buttons do not respond. A: Check the polarities (+/-) of the batteries. A: Check if the batteries are empty. A: Check if the power is on. A: Check if the power cord is securely connected. A: Check if a special fluorescent or neon lamp is on in the vicinity. Q & A Q: How can I change the frequency? TroubleshootingA: The frequency can be changed by reconfiguring the video card. Note That video card support can vary, depending on the version of the driver used. (Refer to the computer or the video card manual for details.) Q: How can I adjust the resolution? A: Windows XP: Set the resolution in the Control Panel → Appearance and Themes → Display → Settings. A: Windows ME/2000: Set the resolution in the Control Panel → Display → Settings. * Contact the video card manufacturer for details. Q: How can I set the Power Saving function? A: Windows XP: Control Panel → Appearance and Themes → Display → Enable the powersaving feature in Screen Saver. Set the function in the BIOS-SETUP of the computer. (Refer to the Windows / Computer Manual). A: Windows ME/2000: Control Panel → Display → Screen Saver. Set the function in the BIOS-SETUP of the computer. (Refer to the Windows / Computer Manual). Q: How can I clean the outer case/LCD Panel? A: Disconnect the power cord and then clean the LCD Display with a soft cloth, using either a cleaning solution or plain water. Do not leave any detergent or scratches on the case. Do not let any water enter the LCD Display. Q: How can I play the video? A: The video supports the MPEG1 and WMV codecs only. Install the corresponding codec to play the video. Note that some of the codecs can be incompatible. Note Before calling for assistance, check the information in this section to see if you can remedy any problems yourself. If you do need assistance, please call the phone number on the Information section or contact your dealer. Troubleshooting SyncMaster 400TS-3, 460TS-3 LCD ディスプレイ ユーザー マニュアル 色と外観は製品によって異なる場合があり、製品の仕様は 性能の向上のために予告無く変更される場合があります。安全使用上の注意 本書中のマークの説明 注意 製品を正しく使用して事故および製品の損傷を防止するために、下記の指示に従ってくだ さい。 警告/注意 このマークの付いた指示に従わなかった場合には、人体への傷害また は機器の損傷を招くことがあります。 注意 禁止 指示事項 分解禁止 コンセントからプラグを抜い てください 接触禁止 感電を防ぐために、アースを 行ってください 電源 長期間使用しない場合には、コンピュータを節電モード(DPM)に設定し ます。 スクリーン セイバーを使用している場合には、アクティブスクリーン モードに設定します。 破損した電源コードまたはプラグ、破損またはがたつきのある コンセントを使用しないでください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 コンセントにプラグを抜き差しするときに、濡れた手で電源プ ラグに触れないでください。 • 感電の原因となることがあります。 電源コードは、アースされたコンセントに接続してください。 • 漏電または傷害の原因となることがあります。 電源プラグはコンセントにしっかりと正しく差し込みます。 • 火災の原因となることがあります。電源プラグや電源コードを無理に曲げたり引っ張らないでくだ さい。また、電源プラグや電源コードに重い物を乗せないでくだ さい。 • 火災の原因となることがあります。 同じコンセントに複数の電気製品を接続しないでください。 • 過熱による火災の原因となることがあります。 製品の使用中は電源コードを外さないでください。 • 感電によるモニターの故障の原因となることがあります。 本体から電源を抜く場合や、コンセントから電源を抜く場合の ことを考えて、余裕を持って抜き差しができる環境に設置をして ください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 付属の電源コードセットは本製品のみにご使用ください。他製 品には使用しないでください。また、他の製品に付属されている 電源コードを本製品に使用しないでください。 • 火災または感電の原因となることがあります。 電源プラグは、手の届きやすいコンセントに接続してくださ い。 • 製品に問題が発生したときには、電源プラグを抜いて完全に 電源をオフにする必要があります。製品の電源ボタンだけで は、電源を完全にオフにすることはできません。 インストール方法 ほこりが多い場所、非常な高温または低温にさらされる場所、湿度の高 い場所、化学溶媒が使用されている場所、および空港や駅など 24 時間 製品を使用する場所に設置する場合には、お客様相談ダイヤルにご相談 ください。 ご相談せずに設置した場合、モニターに重大な損傷が発生することがあ ります。 製品の移動は必ず 2 人以上で行ってください。 • 落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。 キャビネットやラックなど高いところに製品を設置するときに は、製品がはみ出たりしないようしっかりと安定した状態で設置 してください。 • 落下または傷害の原因になる場合があります。 • 製品に合ったサイズのキャビネットまたはラックを使用して ください。 安全使用上の注意ろうそく、蚊取り線香、タバコおよびその他の熱源を製品に近 づけないでください。 • 火災の原因となることがあります。 電源コードまたは製品は、熱源となる機器に近づけないでくだ さい。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 本棚やクローゼットなど、換気の悪い場所に設置しないでくだ さい。 • 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 製品を下ろすときには、手荒に扱わないでください。 • 表示画面が損傷する場合があります。 製品の前面を下にして床に置かないでください。 • 表示画面が損傷する場合があります。 壁掛け金具の設置は、専門の業者が行うようにしてください。 • 落下して傷害の原因になる場合があります。 • 指定された壁掛け金具で設置してください。 製品は、換気が十分に行われる場所に設置してください。壁か ら 4 インチ (10 cm) 以上離してください。 • 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 梱包材のビニールに、お子様が手を触れないようにしてくださ い。 • お子様がビニールで遊んでいると、重大な傷害 (窒息) の原 因となることがあります。 モニターの高さ調整の際には指や手を挟まないよう十分ご注意 ください。 • 製品の損傷またはけがをする恐れがあります。 お手入れ モニターの筐体または TFT-LCD 画面の表面を清掃するときには、少し 湿らせた柔らかい布で拭き取ります。 ほこりなどによりモニター背面の空気穴がつまり、故障を起こす 場合 もありますので定期的な掃除及び点検が必要となります。 安全使用上の注意製品の表面にクリーナーを直接スプレーしないでください。 • 本体の脱色または歪み、画面表面のはがれが発生することが あります。 電源プラグのピンを清掃するとき、またはコンセントのほこり を取り除くときは、乾いた布を使用します。 • 火災の原因となることがあります。 製品を清掃するときは、電源コードを切り離してください。 • 感電または火災の原因となることがあります。 製品を清掃するときには、まず電源コードを外して乾いた布で やさしく拭き取ります。 • (ワックス、ベンゼン、アルコール、シンナー、殺虫剤、潤滑 剤またはクリーナーなどの化学薬品を使用しないでくださ い)これらの薬品によって、製品表面の外観が変わったり、製 品の表示ラベルがはがれることがあります。 製品の筐体にはキズが付きやすいため、液晶モニター用のクリ ーニングクロスを使用してください。 製品を清掃するときには、製品本体に水を直接かけないでくだ さい。 • 感電、火災または故障の原因となることがあります。 その他 この製品は、高電圧を使用しています。絶対にご自身で製品を 分解、修理または改造しないでください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。修理が必要な 場合には、お客様相談ダイヤルまでご連絡ください。 製品から異臭や異音、煙が出た場合には、直ちに電源プラグを 抜いてお客様相談ダイヤルにご連絡ください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 製品を湿気、ほこり、煙、水がかかる場所、または自動車の中 に設置しないでください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 製品が落下したり破損した場合には、電源をオフにして電源コ ードを外し、お客様相談ダイヤルにご連絡ください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 安全使用上の注意雷が発生した場合には、電源コードまたはアンテナ ケーブル に触れないでください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 配線または信号ケーブルのみを持ってモニターを動かさないで ください。 • ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火 災の原因となることがあります。 電源コードまたは信号ケーブルだけを持って、製品を持ち上げ たり、前後または左右に動かさないでください。 • ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火 災の原因となることがあります。 クロスやカーテンで換気口がふさがれないようにしてくださ い。 • 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 水の入った容器、花瓶、植木鉢、医薬品や、金属類を製品の上 に置かないでください。 • 製品が水に濡れたり、異物が製品内部に入ったりした場合に は、電源コードを抜いてからお客様相談ダイヤルにご連絡く ださい。 • 製品の故障、感電または火災につながる恐れがあります。 可燃性のスプレーまたは可燃物を製品に近づけないでくださ い。 • 爆発または火災の原因となることがあります。 箸、コイン、ピンおよび刃物などの金属類、マッチや紙などの 可燃物を (換気口、入出力端子などから) 製品の中に入れないで ください。 • 製品が水に濡れたり、異物が製品内部に入ったりした場合に は、電源コードを抜いてからお客様相談ダイヤルにご連絡く ださい。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 静止画面を長時間表示し続けると、残像が発生したり画面がぼ やけたりする場合があります。また、場合によっては液晶パネル が焼き付けを起こす場合があります。 • 長時間製品を試用しない場合には、スリープ モードにするか 動きのあるのスクリーン セイバーを使用します。 製品に適した解像度および周波数を設定します。 • 視力に影響を与えることがあります。 安全使用上の注意ヘッドフォンまたはイヤフォンを使用するときは、音量を大き くしすぎないようにしてください。 • 音が大きすぎると、聴覚に影響を与えることがあります。 疲れ目を防止するために、製品に近づきすぎないでください。 • 視力低下の原因になり、場合によっては人体に影響を及ぼし ます。 モニターを 1 時間使用したら、少なくとも 5 分間の休憩をとり ます。 疲れ目が軽減されます。 不安定な棚や平らでない面、または振動の多い場所に設置しな いでください。 • 落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。 • 振動の多い場所で製品を使用すると、製品の寿命が短くなっ たり出火の原因となる場合があります。 製品を移動するときには、電源をオフにして、電源プラグ、ア ンテナ ケーブル、および製品に接続されているすべてのケーブ ルを切り離します。 • 感電または火災の原因となることがあります。 お子様が製品にぶら下がったり、よじ登らないようにしてくだ さい。 • 製品が落下して傷害または死亡事故の原因になる場合があり ます。 製品を長期間使用しない場合には、コンセントから電源コード を外してください。 • ほこりがたまって過熱または火災の原因となったり、感電ま たは漏電の原因となることがあります。 製品に重たいものを乗せたり、小さいお子様が興味を示すよう なもの(おもちゃやお菓子など)を置いたりしないでください。 • お子様が製品にぶら下がって、落下により傷害または死亡事 故の原因となることがあります。 リモコンから電池を取り外したときには、お子様が電池を口 の中に入れないようにしてください。電池は、子供または乳児の 手の届かない場所に置いてください。 • お子様が電池を口の中に入れたときには、すぐに医師の診察 を受けてください。 電池を交換するときには、正しい極性 (+、-) の向きに入れ てください。 • 電池が破損したり、液漏れにより火災、傷害または故障の原 因となることがあります。 安全使用上の注意指定された標準の電池のみを使用し、新しい電池と使用済みの 電池を混在して使用しないでください。 • 電池が破損したり、液漏れにより火災、けがまたは故障の原 因となることがあります。 バッテリ (および充電式バッテリ) は通常の廃棄物ではなく、 リサイクルするために返送する必要があります。使用済みのバッ テリをリサイクルのために返送する責任はお客様にあります。 • お客様は、使用済みの充電式バッテリを公共のリサイクルセ ンターまたは同じタイプのバッテリおよび充電式バッテリを 販売している店舗に返送することができます。 直射日光の当たる場所、炎またはヒーターなどの熱源の近くに 製品を置かないでください。 • 製品の寿命が短くなったり、火災の原因となることがありま す。 製品の上に物を落としたり、製品に衝撃を与えないでくださ い。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 製品の近くで加湿器を使用しないでください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 ガス漏れがあった場合には、製品または電源プラグに触れずに 直ちに換気を行ってください。 • 火花が発生すると、爆発または火災が発生することがありま す。 長時間電源をオンにしていると液晶パネルが高温になりますの で触れないでください。 特に小さなお子様が触れないよう十分ご注意ください。 製品の角度またはスタンドの高さを調整するときには注意して ください。 • 手や指を挟まれると、傷害の原因となることがあります。 • また、製品を傾けすぎると、転倒して傷害の原因となること があります。 製品を子供の手の届く高さに設置しないでください。 • 落下して傷害の原因になる場合があります。 • 製品は前の方が重たくなっているため、水平で安定した面に 設置してください。 安全使用上の注意製品の上に重い物を載せないでください。 • けがや製品の破損の原因となることがあります。 安全使用上の注意はじめに パッケージ内容 パッケージの内容の確認 上の図に示すように、パッケージの箱からロックを取り外します。 箱の両側にある穴に手をか けて、箱を持ち上げます。 パッケージの内容を確認し ます。 発布スチロールとビニール 袋を取り外します。 注意 • パッケージを開いたら、内容を確認してください。 • 製品を運ぶときに必要になりますので、梱包されていた箱は保管しておいてください。 • 不足している品目がある場合には、販売店にお問い合わせください。 • オプション品の購入については、お近くの販売店にお問い合わせください。 同梱物 LCD ディスプレイマニュアル類 クイック セットアップ ガ イド 保証書 (含まれていない地域もあ ります) ユーザー ガイド ケーブル 電源コード D-Sub ケーブル USB ケーブル その他 リモートコントロール (BP59-00138B) バッテリ (AAA X 2) (含まれていない地域もあ ります) 別売り (別売を行わない地域もあります) セミ スタンド キット LAN ケーブル RGB to BNC ケーブル RGB to COMPONENT ケーブ ル NetWork ボックス はじめに別売り (別売を行わない地域もあります) ウォール マウント キット TV チューナー ボックス RS232C ケーブル 注意 • 製品と共に購入可能なアクセサリは、お住まいの国によって異なります。 お使いの LCD ディスプレイ 色と外観は製品によって異なる場合があり、製品の仕様は性能の向上のために予告無く変 更される場合があります。 前面 MENU ボタン [MENU] オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了します。OSD メニ ューを終了したり前のメニューに戻る場合にも使用します。 ナビゲーション ボタン (上下ボタン) ひとつのメニューから別のメニューに縦方向に移動したり、選択したメ ニューの値を調整したりします。 調整ボタン (左右ボタン)/音量ボタン ひとつのメニューから別のメニューに横方向に移動したり、選択したメ ニューの値を調整したりします。OSD がスクリーンに表示されていない 場合は、このボタンを押して音量を調整します。 ENTER ボタン [ENTER] ハイライトされたメニュー項目をアクティブにします。 SOURCE ボタン [SOURCE] PC モードからビデオモードに切り替えます。外部デバイスが接続されて いる入力信号を選択します。 はじめに[PC] → [DVI] → [AV] → [コンポ一ネント] → [HDMI1] → [HDMI2] → [ディスプレイ ポート] → [MagicInfo] →[TV] 注意 • [RGB/COMPONENT IN ] ポートは RGB (PC) およびコンポ一ネント信号 に対応しています。 ただし、外部入力信号が選択したビデオ信号と異なる場合には、映像 が正常に表示されない場合があります。 • MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ 有効にすることができます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する 必要があります。 D.MENU ボタン オンスクリーン D.MENU を開きます。 注意 D.MENU ボタンは、TV チューナーが接続されているときに有効になりま す。TV チューナーが接続されていない場合は、PIP ボタンが有効になり ます。 PIP ボタン PIP ボタンを押して PIP 画面のオン/オフを切り替えます。 電源ボタン [ ] このボタンで、LCD ディスプレイの電源のオン/オフを切り替えます。 照度センサー 周囲の明るさを自動的に検出します。 電源インジケーター 緑色に点滅して PowerSaver モードであることを示します 注意 省電力機能の詳細については、このマニュアルの「PowerSaver」を参照 してください。消費電力を押さえるために、必要ない場合または長時間 LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。 リモートカラーセンサー リモコンを LCD ディスプレイのこの部分に向けます。 背面 注意 ケーブル接続の詳細については、「接続」のセクションを参照してください。LCD ディス プレイの背面の構成は、モデルによって若干異なる場合があります。 はじめに POWER S/W ON [ I ] / OFF LCD ディスプレイのオン/オフを切り替えま す。 POWER LCD ディスプレイと壁のコンセントに電源 コードを接続します。 TOUCH SCREEN USB HUB タッチスクリーンを使用するには、ネット ワーク ボックス (別売り) または PC を接 続します。 タッチスクリーンを使用するには、タッチ スクリーン ドライバをインストールしま す。 RGB/COMPONENT IN (PC/COMPONENT 接続 端子 (入力)) • モニターの [RGB/COMPONENT IN] ポート を PC の RGB ポートに D-SUB ケーブル を使用して接続します。 • モニターの [RGB/COMPONENT IN] ポート を外部デバイスの COMPONENT ポートに RGB to COMPONENT ケーブルを使用して 接続します。 • モニターの [RGB/COMPONENT IN] ポート を PC の BNC ポートに RGB to BNC ケ ーブルを使用して接続します。 DVI IN (PC 映像接続端子) はじめにモニターの [DVI IN] ポートを PC の DVI ポートに DVI ケーブルを使用して接続しま す。 RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN (PC/DVI/ DP/HDMI 音声接続端子 (入力)) 別売りのステレオ ケーブルを使用して、モ ニターの [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] 端 子とお使いのコンピュータのサウンド カー ドのスピーカー出力端子を接続します。 DP IN ディスプレイ ポートからの信号を受信しま す。 DP ケーブルを製品の [DP IN] と別のディ スプレイの DP IN に接続します。 AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L] モニターの [AV/COMPONENT AUDIO IN [RAUDIO-L]] ポートを PC または外部デバイ スの音声出力ポートにオーディオ ケーブル を使用して接続します。 AV IN ビデオ ケーブルを使用して、モニターの [AV IN] 端子を外部デバイスのビデオ出力 端子に接続します。 AUDIO OUT ヘッドフォンまたは外部スピーカーを接続 します。 DC OUT [DC OUT] 端子が承認済みの TV チューナ ー ボックス [SBB_DTC/ZA] に接続されてい ることを確認します。 製品が損傷する場合があります。 HDMI IN 1 • HDMI ケーブルを使用して、LCD ディス プレイ背面の [HDMI IN 1] 端子をお使 いのデジタル出力デバイスの HDMI 端子 に接続します。 • HDMI 1.3 までをサポートしています。 はじめに注意 • 通常の外部デバイス (DVD プレーヤーや レコーダーなど) や TV チューナー ボ ックスを [HDMI IN 1] 端子に接続でき ます。 • TV チューナー ボックスを使用する場合 は、[HDMI IN 1] 端子に接続してくださ い。 HDMI IN 2 (MAGICINFO) • HDMI ケーブルを使用して、LCD ディス プレイ背面の [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] 端子をお使いのデジタル出力デバ イスの HDMI 端子に接続します。 • HDMI 1.3 までをサポートしています。 注意 MagicInfo を使用するには、別途当社の指 定するネットワーク ボックスを製品内部に インストールし、ネットワーク ボックス の MagicInfo 出力を [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] 端子に接続する必要があります。 ネットワーク ボックスの購入およびインス トールについて詳しくは、Samsung Electronics にお問い合わせください。 RJ 45 MDC (MDC PORT) MDC (マルチディスプレイ コントロール) プログラム ポート LAN ケーブルを製品の [RJ45 MDC] と PC の LAN に接続します。MDC を使用するに は、PC に MDC プログラムがインストール されている必要があります。 注意 マルチコントロール に移動して、MDC 接 続 として RJ45 MDC を選択します。 RS232C OUT/IN (RS232C シリアル ポー ト) MDC (マルチディスプレイ コントロール) プログラム ポート シリアル ケーブル (クロス タイプ) を製 品の [RS232C] と PC の RS232C に接続し ます。MDC を使用するには、PC に MDC プ はじめにログラムがインストールされている必要が あります。 注意 マルチコントロール に移動して、MDC 接 続 として RS232C MDC を選択します。 Kensington Lock slot Kensington ロックは、公共の場所で製品を 安全に使用できるようにロックすることが できる盗難防止用の装置です。固定装置の 形状と使用方法はモデルおよびメーカーに よって異なるため、詳細については固定装 置に付属するユーザー マニュアルを参照し てください。 注意 Kensington ロックを別途購入する必要があ ります。 製品をロックするには以下の手順に 従います。 1. Kensington ロック ケーブルを、デス クや椅子など大きくて動かない物体に かけます。 2. ロックのついたケーブルの端を Kensington ロック ケーブルの端の輪に通 します。 3. ケンジントン ロックをディスプレイ背 面にあるセキュリティ スロット ( ) に挿入します。 4. ロックします ( )。 注意 • これは一般的な説明です。詳細について は、ロック装置に付属するユーザー マ ニュアルを参照してください。 • 固定装置の購入につきましてはお買い上 げいただいたお店にご確認ください。 ネットワーク ボックス (別売り) の接続 RGB OUT MagicInfo ビデオ出力ポート MAGICINFO OUT はじめに使用するには、DP - HDMI ケーブルを使用 して [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] 端子に接続 します。 LAN (LAN 接続端子) LAN ケーブルに接続して、MagicInfo モー ドでのインターネットまたはネットワーク アクセスを可能にします。 ネットワーク ボックス (別売り) の接続 USB(USB 接続端子) キーボード/マウス、マス ストレージ機器 対応。 AUDIO OUT ヘッドフォンまたは外部スピーカーを接続 します。 RS232C (RS232C シリアル ポート) シリアル ポート ネットワーク ボックス (別売り) の接続 電源 電源延長コードを使用して、製品の [POWER] 端子とモニターの [POWER] 端子を接続 します。 電源 電源コードを使用してコンセントに接続し ます。 POWER S/W ON [ I ] / OFF ネットワーク ボックスのオン/オフを切り 替えます。 注意 • ケーブル接続の詳細については、「接続」のセクションを参照してください。 • ネットワーク ボックスが正常に動作するには、モニターとネットワーク ボックスの両 方で電源スイッチをオンにする必要があります。 リモートコントロール 注意 リモコンの動作は TV またはその他 LCD ディスプレイ付近で動作している電子機器の影響 を受ける場合があり、周波数の干渉によって誤作動することがあります。 はじめに POWER OFF ダイヤルパッド DEL / GUIDE ボタン + VOL - SOURCE D.MENU TOOLS 上下左右ボタン INFO 色ボタンと PC/DVI/HDMI/DP 選択ボタン。 TTX/MIX MTS/DUAL ENTER/PRE-CH MUTE CH/P TV MENU RETURN EXIT MagicInfo POWER 製品をオンにします。 OFF 製品をオフにします。 ダイヤルパッド OSD の調整時、または MagicInfo を使用するときにパス ワードを入力するのに使用します。 押してチャンネルを変更します。 DEL / GUIDE ボタ ン 「-」ボタンはデジタル チャンネルの選択に使用します。 電子番組ガイド (EPG) 表示 注意 TV チューナー ボックス (別売り) がインストールされて いる場合は、TV モードでのみこのボタンを使用できます。 + VOL - 音声の音量を調整します。 SOURCE 接続されている外部入力信号または  MagicInfo モードを 選択します。 はじめにボタンを押して、入力信号 SOURCE を切り換えます。 SOURCE の変更は、変更時に LCD ディスプレイに接続され ている外部デバイスについてのみ行うことができます D.MENU DTV メニュー表示 注意 TV チューナー ボックス (別売り) がインストールされて いる場合は、TV モードでのみこのボタンを使用できます。 TOOLS よく使う機能を素早く選択するのに使用します。 注意 この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 上下左右ボタン ひとつのメニューから別のメニューに横方向、縦方向に移 動したり、選択したメニューの値を調整したりします。 INFO 画面左上に現在の画像情報が表示されます。 色ボタンと PC/DVI/ HDMI/DP 選択ボタン。 TV モードでは、これらのボタンを使用してチャンネルの リストを設定することができます。 TV モード以外のモードでは、PC、DVI、HDMI または DP (ディスプレイ ポート) 外部入力を直接選択できます。 TTX/MIX TV チャンネルは、テレテキスト経由で文字情報サービスを 提供します。 - テレテキスト ボタン 注意 この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 MTS/DUAL MTSMTS (マルチチャンネル テレビ ステレオ) モードを選択 できます。 音声タイプ MTS/S_Mode デフォルト FM ステレオ モノラル モノラル 手動変更 ステレオ モノラル ↔ステ レオ SAP モノラル SAP モノラル DUALSTEREO/MONO、DUAL l / DUAL ll および MONO/NICAM MONO/ NICAM STEREO は、放送のタイプに応じて TV の視聴中に リモコンの DUAL ボタンで操作することができます。 はじめに注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 ENTER/PRE-CH このボタンを使用して、前のチャンネルに直ちに戻りま す。 注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 MUTE 音声の出力を一時的に停止(ミュート)します。これは画 面の左下隅に表示されます。消音モードで MUTE または - VOL + が押されると、音声が再度聞こえるようになりま す。 CH/P TV モードで、TV のチャンネルを選択します。 注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 TV アナログまたはデジタル TV を視聴することができます。 注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 MENU オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了し たり、調整メニューを閉じたりします。 RETURN 前のメニューに戻ります。 EXIT メニュー画面を終了します。 MagicInfo MagicInfo クイック起動ボタン 注意 ネットワーク ボックスが接続されているときに有効にな ります。 ユーザー設置ガイド 注意 • 製品の設置については、Samsung Electronics の設置専門技術者にお問い合わせくださ い。 • Samsung Electronics が承認した専門技術者以外が製品を設置した場合には、保証が無 効になります。 • 詳細については Samsung Electronics のサービス センターにお問い合わせください。 はじめに傾斜角度と回転 1 2 1. この製品は、垂直な壁面から最大 15 度まで傾けることができます。 2. 縦位置モードで使用するには、LED インジケータが下側にくるように時計回りに回転 させます。 換気要件 1. 垂直の壁面に設置する場合 <側面図> A : 最低 40 mm B : 測定位置での気温が <35℃ • 製品を垂直の壁面に設置する場合には、上の図に示すように製品の背面側に換気のため の隙間を 40 mm 以上あけるようにして、周辺の気温が 35℃ 以下になるようにします。 注意 詳細については Samsung Electronics のサービス センターにお問い合わせください。 はじめに2. 埋め込み設置ガイド <側面図> <上面図> A :最低 40 mm B: 最低 70 mm C :最低 50 mm D :最低 50 mm E : 測定位置での気温が <35℃ • 製品を垂直の壁面に埋め込む場合には、上の図に示すように製品の周辺に換気のための 隙間をあけるようにして、周辺の気温が 35℃ 以下になるようにします。 注意 詳細については Samsung Electronics のサービス センターにお問い合わせください。 3. 床置き設置ガイド <側面図> A :最低 50 mm B: 測定位置での気温が <20℃ • 製品を床面に埋め込んで設置する場合には、上の図に示すように製品の背面側に換気の ための隙間を 50 mm 以上あけるようにして、周辺の気温が 20℃ 以下になるようにし ます。 注意 詳細については Samsung Electronics のサービス センターにお問い合わせください。 はじめに物理的レイアウト (400TS-3) (460TS-3) はじめにオプションスタンド(別売品 : 別売を行わない地域もあります) • VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。 • VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文くだ さい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。 • LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。 • SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任を 負うものではありません。 寸法 (400TS-3) (460TS-3) 注意 ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8~ 12 mm のネジだけを使用するようにし てください。 アクセサリ (別売り) :別売を行わない地域もあります • Welcome Board を取り付けた場合の寸法 (400TS-3) はじめに(460TS-3) はじめに• 他のアクセサリを取り付けた場合の寸法 ウォールブラケットの取り付け • ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。 はじめに• お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお 客様の傷害について責任を負いかねます。 • この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製 の壁に取り付けることはできません。 部品 製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。 ウォール ブラケット (1) ヒンジ (左1、右1) プラスチ ック ハ ン ガ ー (4) ネジ (A) (11) ネジ (B) (4) ア ン カ ー (11) ウォール ブラケットに製品を取り付けるには 製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで す) 1. 製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。 2. ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。 注意 • ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく 固定されていることを確認してください。 • 製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ さい。 • ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取 り付け後に製品が動いてしまうことがあります。 はじめに3. 手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の 背面の穴に固定します。 4. 安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置し ます。安全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定しま す。 A - LCD ディスプレイ B - ウォールブラケット C - 壁 ウォール ブラケットの角度調整 壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を -2˚ に調整してください。 1. 製品をウォールブラケットに固定します。 2. 製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。 はじめに注意 ブラケットの角度は -2˚~ 15˚ の範囲で調整できます。 角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を 持ってください。 リモコン (RS232C) ケーブル接続 インターフェイス RS232C (9 ピン) ピン TxD (No.2) RxD (No.3) GND (No.5) ビット レート 9600 bps データ ビット 8 ビット パリティ なし ストップ ビット 1 ビット フロー制御 なし 最大長 15 m (シールド タイプのみ) • ピン配置 ピン 信号 1 データ キャリア検出 2 受信データ 3 送信データ 4 データ端末レディ 5 信号グラウンド 6 データ セット レディ 7 送信要求 はじめに8 受信準備完了 9 リング インジケータ • RS232C ケーブル コネクタ:9 ピン D-Sub ケーブル:クロス (反転) ケーブル -P1- -P1- -P2- -P2- メス Rx Tx Gnd 2 3 5 ---------> <--------- ---------- 3 2 5 Rx Tx Gnd メス • 接続方法 制御コード • Get コントロール ヘッダ コマンド ID データ長 0xAA コマンド タイ チェックサム プ 0 • 制御の取得 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA コマンド タ ム イプ 1 値 はじめに• コマンド語句 番号 コマンド タイプ コマンド 値の範囲 1 電源制御 0x11 0~1 2 音量制御 0x12 0~100 3 入力信号制御 0x14 - 4 画面モード制御 0x18 - 5 画面サイズ制御 0x19 0~255 6 PIP オン/オフ制御 0x3C 0~1 7 自動調整制御 0x3D 0 8 ビデオ ウォール モード制御 0x5C 0~1 9 安全ロック 0x5D 0~1 - ID は割り当てられた ID の 16 進数の値を示しますが、ID 0 は 0xFF でなければなりま せん。 - すべての通信は 16 進数で行われ、チェックサムはすべての残りの合計です。それが 2 桁を超える数になる場合、例えば 11+FF+01+01=112 のような場合には、以下に示すよ うに最初の 1 桁を捨てます。 例)PowerOn&ID=0 ヘッダ コマンド ID データ長 データ 1 チェックサ 0xAA 0x11 1 電源 ム ヘッダ コマンド ID データ長 データ 1 12 0xAA 0x11 1 1 シリアルケーブルに接続されているすべてのメカニズムを ID に関係なく制御したい場 合は、ID 部分を「0xFE」に設定してコマンドを送信します。そのとき、各 SET にはコマ ンドが続きますが、ACK には反応しません。 • 電源制御 • 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニタの電源をオン/オフします。 • 電源のオン/オフステータス取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x11 0 • 電源のオン/オフ設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x11 1 電源 ム 電源 :TV/モニタに設定する電源コード 1 : 電源オン はじめに0 : 電源オフ • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x11 電源 サム 電源 :同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x11 ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 音量制御 • 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニタの音量を変更します。 • 音量ステータスの取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x12 0 • 音量の設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x12 1 音量 ム 音量 :TV/モニタに設定する音量値コード(0~100) • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x12 音量 サム 音量 :同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x12 ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 入力信号制御 はじめに• 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニタの入力信号を変更します。 • 入力信号ステータスの取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x14 0 • 入力信号の設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x14 1 入力信号 ム 入力信号 :TV/モニタに設定する入力信号 0x14 PC 0x1E BNC 0x18 DVI 0x0C AV 0x04 S-Video 0x08 コンポーネント 0x20 MagicInfo 0x1F DVI_VIDEO 0x30 RF(TV) 0x40 DTV 0x21 HDMI1 0x22 HDMI1_PC 0x23 HDMI2 0x24 HDMI2_PC 0x25 DisplayPort 警告 DVI_VIDEO, HDMI1_PC, HDMI2_PC → 取得のみ MagicInfo の場合、MagicInfo を含むモデルでのみ可能 TV の場合、TV を含むモデルでのみ可能 • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x14 入力信号 サム 入力信号 :同上 • Nak はじめにヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x14 ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 画面モード制御 • 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニターの画面モードを変更します。 画面分割 がオンになっているときには、制御できません。 警告 TV を含むモデルでのみ作動します。 • 画面モードステータス取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x18 0 • 映像サイズ設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x18 1 画面モード ム 画面モード :TV/モニタに設定する画面モードコード 0x01 16 : 9 0x04 ズーム 0x31 ワイドズーム 0x0B 4 : 3 • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x18 画面モー サム ド 画面モード :同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x18 ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 画面サイズ制御 はじめに• 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニタの画面サイズを認識します。 • 画面サイズステータス取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x19 0 • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x19 画面サイ サム ズ 画面サイズ :TV/モニタの画面サイズ(範囲:0~255、単位:インチ) • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x19 ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • PIP(同時画面) オン/オフ制御 • 機能 PC が TV/モニタの PIP 機能をオン/オフします。 これは MagicInfo モードでは作動しません。 • PIP のオン/オフステータスを取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x3C 0 • PIP のオン/オフを設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x3C 1 PIP(同時画 ム 面) PIP(同時画面):TV/モニタに設定する PIP(同時画面)オン/オフコード 1 : PIP オン 0 : PIP オフ • Ack はじめにヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x3C PIP(同 サム 時画面) PIP(同時画面):同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x3C ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 自動調整制御(PC、BNC のみ) • 機能 パーソナルコンピュータが PC システム画面を自動的に制御します。 • 自動調整ステータス取得 なし • 自動調整設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x3D 1 自動調整 ム 自動調整 :0x00(常時) • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x3D 自動調整 サム • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x3D ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • ビデオウォールモード制御 • 機能 ビデオウォール(画面分割)がオンのとき、パーソナルコンピュータが TV/モニタの ビデオウォールモードを変換します。 ビデオウォール(画面分割)がオンのとき TV/モニタでのみ作動します。 はじめにMagicInfo では作動しません。 • ビデオウォールモードの取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x5C 0 • ビデオウォールモードの設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x5C 1 ビデオウォ ム ールモード ビデオウォールモード :TV/モニタに設定するビデオウォールモードコード 1 : フルモード 0 : ナチュラルモード  • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x5C サム ビデオウ ォールモ ード ビデオウォールモード :同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x5C ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 安全ロック • 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニタの安全ロック機能をオン/オフします。 電源のオン/オフにかかわらず作動できます。 • 安全ロックのステータス取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x5D 0 • 安全ロック有効化/無効化の設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x5D 1 安全ロック ム はじめに安全ロック :TV/モニタに設定するロックコード 1 : オン 0 : オフ • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x5D 安全ロッ サム ク 安全ロック :同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x5D 安全ロッ サム ク ERR :発生したエラーを示すエラーコード はじめに接続 色と外観は製品によって異なる場合があり、製品の仕様は性能の向上のために予告無く変 更される場合があります。 コンピュータの接続 コンピュータをモニターに接続するにはいくつかの方法があります。以 下のオプションから選択してください。 ビデオカードの D-sub(アナログ)コネクタを使用します。 • D-sub は、LCD ディスプレイ背面の 15-pin の [RGB/COMPONENT IN] ポートとコンピュータの 15-pin D-sub ポートを接続します。 ビデオカードの DVI(デジタル)コネクタを使用します。 • DVI ケーブルは、LCD ディスプレイ背面の [DVI IN] ポートとコンピ ュータの DVI ポートを接続します。 ビデオカードの HDMI(デジタル)コネクタを使用します。• LCD ディスプレイの [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] ポートと PC の HDMI ポートを HDMI ケーブルを使用して接続します。 注意 HDMI ケーブルで PC に接続しているときには、入力信号として HDMI2 または HDMI1 を選択します。 PC からの画像と音声を正常に出力するには、外部入力名編集 で PC を 選択する前に HDMI2 または HDMI1 を選択します。 DVI 装置 が選択されているときに音声を有効にするには、ステップ ( ) を使用して接続されていることを確認します。 お使いのコンピュータのオーディオ ケーブルを、コンピュータ背面のオ ーディオ ポートに接続します。 LCD ディスプレイの電源コードを LCD ディスプレイ背面の電源ポートに 接続します。電源スイッチをオンにします。 注意 オプション品の購入については、SAMSUNG のお近くの販売店にお問い合わせください。 PC に接続してタッチ スクリーンを使う タッチ スクリーン機能を使用するには、D-Sub (または HDMI もしくは HDMI - DVI) ケー ブルと USB ケーブルの両方を接続し、タッチ スクリーン ドライバをインストールしてタ ッチ スクリーン モニターを「デフォルト モニター」に設定します。 PC がサポートしているビデオ出力に応じて、製品を PC に接続します。 • グラフィック カードに D-Sub (アナログ) 出力がある場合 • 製品の [RGB/COMPONENT IN] ポートと PC の D-Sub ポートを D-Sub ケーブルで接 続します。 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB]ポートを PC の USB ポートに接続します。 接続• グラフィック カードが DVI (デジタル) 出力 (DVI ケーブル経由) をサポートしてい るとき • DVI ケーブルを使用して製品の [DVI IN] ポートを PC の DVI ポートに接続しま す。 • グラフィック カードに HDMI 出力がある場合 • HDMI ケーブルを使用して製品の [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] ポートを PC の HDMI ポートに接続します。 接続 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB]ポートを PC の USB ポートに接続します。 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB]ポートを PC の USB ポートに接続します。• グラフィック カードが DVI (デジタル) 出力 (HDMI-DVI ケーブル経由) をサポートし ているとき • HDMI to DVI ケーブルを使用して製品の [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] ポートを PC の DVI ポートに接続します。 注意 • マルチタッチ機能は、Windows Vista 64 ビット版または Windows 7 には対応していま せん。 • 革新的で高感度のタッチスクリーン テクノロジーにより、画面に強く触れる必要はあ りません。 • 先の丸いスティックや金属でできた物で画面に触れると、傷が付く場合があります。専 用のスタイラス ペンのみを使用してください。 接続 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB]ポートを PC の USB ポートに接続します。• ほこりや水気などの異物が画面に付着すると、タッチスクリーンの誤作動の原因となる ことがあります。柔らかい布を使用して、画面および画面のフレームをよく拭いてくだ さい。 • 破損を避けるため、画面に強い力を加えないでください。 • USB デバイスは、Microsoft が推奨する安全な設置および取り外しを行うための指示に 従って接続または取り外しを行います。USB デバイスを接続した後にタッチ スクリー ンの機能または音声出力に問題が発生した場合には、USB ケーブルを接続しなおすか接 続するポートを変更します。 他のデバイスへの接続 注意 • お使いのコンピュータだけでなく、DVD プレイヤー、VCR またはカムコーダーなどの AV 入力機器を LCD ディスプレイに接続することができます。AV 入力デバイスの接続の詳 細については、「LCD ディスプレイの調整」の内容を参照してください。 • LCD ディスプレイの背面の構成は、LCD ディスプレイのモデルによって若干異なる場合 があります。 AV デバイスの接続 1. オーディオ ケーブルを製品の [AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] と VCR や DVD プレイヤーなどの外部デバイスのオーディオ ポートに接 続します。 2. ビデオ ケーブルを製品の [AV IN] と外部デバイスのビデオ出力ポート に接続します。 3. 次に、DVD またはテープを挿入して、DVD、VCR、またはカムコーダーを スタートさせます。 4. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「AV」を選択します。 接続カムコーダーへの接続 1. カムコーダーの AV 出力ジャックの場所を確認します。通常は、カムコ ーダーの側面または背面にあります。カムコーダーの VIDEO OUTPUT ジ ャックと LCD ディスプレイの [AV IN] をビデオ ケーブルで接続しま す。 2. オーディオ ケーブルをカムコーダーの AUDIO OUTPUT ジャックと LCD ディスプレイの [AV /COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] に接続します。 3. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「AV」を選択します。 4. 続いて、テープを挿入したカムコーダーをスタートします。 注意 ここに示した音声ビデオ ケーブルは、通常カムコーダーに付属しています。 (付属していない場合には、お近くの電器店でご購入ください) カムコーダーがステレオの場合には、2 本のケーブルを接続する必要があります。 HDMI ケーブルを使用して接続する 接続1. HDMI ケーブルを製品の [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] または [HDMI IN 1] とデジタル デバイスの HDMI 出力ポートに接続します。 2. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「HDMI1 / HDMI2」を選択しま す。 注意 HDMI モードでは、PCM フォーマットの音声のみサポートしています。 DVI - HDMI ケーブルを使用して接続する DVI-HDMI ケーブルを製品の [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] または [HDMI IN 1] とデジタル デバイスの DVI 出力ポートに接続します。 RCA - ステレオ (PC 用) ケーブルの赤および白のジャックをデジタル出 力デバイスの同じ色の音声出力端子に接続し、反対側のジャックを LCD ディスプレイの [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] 端子に接続します。 3. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「HDMI1 / HDMI2」を選択しま す。 接続DVD プレイヤーの接続 RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB/COMPONENT IN] ポートと DVD プレイヤーの PR, Y, PB ジャックを接続します。 オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] と DVD プレイヤーの AUDIO OUT ジャックの間 に接続します。 注意 • 製品またはリモコンの SOURCE を押して「コンポ一ネント」を選択します。 • 次に、DVD ディスクを挿入して DVD プレイヤーをスタートさせます。 • RGB to Component ケーブルはオプションです。 • コンポーネント ビデオについては、お使いの DVD のマニュアルを参照してください。 DTV セット トップ (ケーブル/衛生) ボックスの接続 接続RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB/COMPONENT IN] ポートとセット トップ ボックスの PR, Y, PB ジャックを接続しま す。 オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AV/COMPONENT AUDIO IN [L-AUDIO-R]] とセット トップ ボックスの AUDIO OUT ジャッ クの間に接続します。 注意 • 製品またはリモコンの SOURCE を押して「コンポ一ネント」を選択します。 • コンポーネント ビデオについては、お使いのセット トップ ボックスのマニュアルを 参照してください。 オーディオ システムへの接続 1. オーディオ システムの AUX L、R ジャックと LCD ディスプレイの [AUDIO OUT] をオーディオ ケーブルで接続します。 ネットワーク ボックス (別売り) の接続 注意 • ネットワーク ボックスは別売りです。 • ネットワーク ボックスの購入およびインストールについて詳しくは、Samsung Electronics にお問い合わせください。 接続電源の接続 電源延長コードを使用して、製品の [POWER] 端子とインストールしたネ ットワーク ボックスの [POWER] 端子を接続します。 電源コードをネットワーク ボックスの [POWER] とコンセントに接続し ます。 電源スイッチをオンにします。 MAGICINFO OUT への接続 DP - HDMI ケーブルを使用して、ネットワーク ボックスの [MAGICINFO OUT] 端子とモニ ターの [HDMI IN 2 (MAGICINFO) 端子を接続します。 接続LAN ケーブルの接続 製品の [LAN] ポートと PC の [LAN] ポートを LAN ケーブルで接続します。 USB デバイスの接続 マウスやキーボードなどの USB 機器を接続することができます。 ネットワーク ボックスに接続してタッチ スクリーンを使う 接続1. 注意 • 革新的で高感度のタッチスクリーン テクノロジーにより、画面に強く触れる必要はあ りません。 • 先の丸いスティックや金属でできた物で画面に触れると、傷が付く場合があります。専 用のスタイラス ペンのみを使用してください。 • ほこりや水気などの異物が画面に付着すると、タッチスクリーンの誤作動の原因となる ことがあります。柔らかい布を使用して、画面および画面のフレームをよく拭いてくだ さい。 • 破損を避けるため、画面に強い力を加えないでください。 接続 USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB]ポートを PC の USB ポートに接続します。ソフトウェアの使用 モニター ドライバ 注意 オペレーティング システム が モニタードライバを要求してきたら、この モニターに同梱されている CD-ROM を挿入して下しさい。インストール方法 はオペレーティング システムによって多少異なります。お使いのオペレー ティング システム をご確認のうえ、それぞれのインストール方法に従って ください。 空のディスクを用意して、以下に示すインターネット Web サイトのドライ バ プログラム ファイルをダウンロードします。 インターネット Web サイト: http://www.samsung.com/ モニター ドライバのインストール (自動) 1. CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. [Windows] をクリックします。 3. モデル一覧でお使いのモニターのモデルを選択し、["OK" (OK)] をクリックします。 4. 以下のメッセージが表示される場合には、["Continue Anyway" (続行)] ボタンをクリ ックします。続いて ["OK"] ボタン (Microsoft ® Windows ® XP/2000 オペレーティン グ システム) をクリックします。注意 このモニター ドライバは Microsoft が承認したもので、インストールしてもシステ ムにダメージを与えることはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 http://www.samsung.com/ モニター ドライバのインストール (手動) Microsoft ® Windows Vista、オペレーティング システム 1. マニュアル CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. [ ] (スタート) をクリックし、["Control Panel" (コントロール パネル)] をクリ ックします。次に、["Appearance and Personalization" (デスクトップのカスタマイ ズ)] をダブルクリックします。 3. ["Personalization" (個人設定)]、続いて ["Display Settings" (画面の設定)] をク リックします。 4. ["Advanced Settings..." (詳細設定...)] をクリックします。 ソフトウェアの使用5. ["Monitor" (モニタ)] タブで ["Properties" (プロパティ)] をクリックします。 ["Properties" (プロパティ)] ボタンが無効になっている場合は、モニターの設定が 完了していないことを示しています。そのままでも、モニターを使用することは可能 です。 下の図に示すように ["Windows needs..." (Windows の設定が必要です...)] というメ ッセージが表示された場合には、["Continue" (続行)] をクリックします。 注意 このモニター ドライバーは MS ロゴの承認を受けており、このドライバのインストー ルによってシステムが破損することはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 6. ["Update Driver..." (ドライバのアップデート...)] タブで ["Driver" (ドライバ)] をクリックします。 7. ["Browse my computer for driver software" (コンピュータを参照してドライバ ソ フトウェアを検索します)] チェックボックスをチェックして、["Let me pick from a list of device drivers on my computer" (コンピュータ上のデバイス ドライバの一 覧から選択します)] をクリックします。 ソフトウェアの使用8. ["Have Disk..." (ディスク使用)] をクリックして、ドライバ セットアップファイル のあるフォルダ (たとえば D:\Drive) を選択し、[OK] をクリックします。 9. 画面上のリストからお使いのモニターモデルに一致するモデルを選択し、["Next" (次 へ)] をクリックします。 10. 続いて表示される画面で、["Close" (閉じる)] → ["Close" (閉じる)] →["OK" (OK)] → ["OK" (OK)]] をクリックします。 ソフトウェアの使用Microsoft ® Windows ® XP オペレーティング システム 1. CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. ["Start" (スタート)] → ["Control Panel" (コントロール パネル)] をクリック し、["Appearance and Themes" (デスクトップの表示とテーマ)] アイコンをクリック します。 3. ["Display" (画面)] アイコンをクリックして ["Settings" (設定)] タブを選択し、 ["Advanced..." (詳細設定)] をクリックします。 4. ["Monitor" (モニター)] タブで ["Properties" (プロパティ)] ボタンをクリック し、["Driver" (ドライバ)] タブを選択します。 ソフトウェアの使用5. ["Update Driver..." (ドライバの更新...)] をクリックして、["Install from a list or..." (一覧または特定の場所からインストールする)] を選択し、["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 6. ["Don't search, I will..." (検索しないで、インストールするドライバを選択す る)] を選択して [Next (次へ)] をクリックし、["Have disk" (ディスク使用)] をク リックします。 7. ["Browse" (参照)] ボタンをクリックしてから A:(D:\Driver) を選択し、モデル一覧 からお使いのモデルを選択して、["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 8. 以下のメッセージが表示される場合には、["Continue Anyway" (続行)] ボタンをクリ ックします。続いて ["OK"] ボタンをクリックします。 ソフトウェアの使用注意 このモニター ドライバは Microsoft が承認したもので、インストールしてもシステ ムにダメージを与えることはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 http://www.samsung.com/ 9. [Close (閉じる)] ボタンをクリックし、続けて [OK] ボタンをクリックします。 10. モニター ドライバのインストールが完了します。 Microsoft ® Windows ® 2000 オペレーティング システム モニター上に["Digital Signature Not Found" (デジタル署名が見つかりません)] と表示 された場合は、以下の手順を行います。 1. ["Insert disk" (ディスク挿入)] ウィンドウで ["OK" (OK)] ボタンを選択します。 2. ["File Needed" (必要なファイル)] ウィンドウで ["Browse" (参照)] ボタンをクリ ックします。 3. A:(D:\Driver) を参照してから ["Open" (開く)] ボタンをクリックし、続いて ["OK"] ボタンをクリックします。 インストール方法 ソフトウェアの使用1. ["Start" (スタート)]、["Setting" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パネ ル)] をクリックします。 2. ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックします。 3. ["Settings" (設定)] タブを選択し、["Advanced" (詳細設定)] ボタンをクリックし ます。 4. ["Monitor" (モニタ)] を選択します。 ケース 1:["Properties" (プロパティ)] ボタンが有効でない場合には、モニターが適 切に設定されていることを意味します。インストールを中止してください。 ケース 2:[Properties (プロパティ)] ボタンが有効になっている場合には、[Properties (プロパティ)] ボタンをクリックして次の手順に進みます。 5. ["Driver" (ドライバ)] をクリックし、続いて ["Update Driver..." (ドライバの更 新...)] をクリックして ["Next" (次へ)] をクリックします。 6. ["Display a list of the known drivers for this device so that I can choose a specific driver" (このデバイスの既知のドライバを表示して、その一覧から選択す る)] を選択して ["Next" (次へ)] をクリックし、["Have disk" (ディスク使用)] を クリックします。 7. ["Browse" (参照)] ボタンをクリックして A:(D:\Driver) を選択します。 8. ["Open" (開く)] ボタンをクリックし、続けて ["OK" (OK)] ボタンをクリックしま す。 9. お使いのモニターのモデルを選択して、[Next (次へ)] ボタンをクリックします。続 いて [Next (次へ)] ボタンをクリックします。 10. ["Finish" (完了)] ボタンをクリックし、続いて ["Close" (閉じる)] ボタンをクリ ックします。 ["Digital Signature Not Found" (デジタル署名が見つかりません)] というウィンド ウが表示された場合には、["Yes" (はい)] ボタンをクリックします。[Finish (完 了)] ボタンをクリックし、続いて [Close (閉じる)] ボタンをクリックします。 Microsoft ® Windows ® Millennium オペレーティング システム 1. ["Start" (スタート)]、["Setting" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パネ ル)] をクリックします。 2. ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックします。 3. ["Settings" (設定)] タブを選択し、["Advanced" (詳細設定)] ボタンをクリックし ます。 4. ["Monitor" (モニタ)] タブを選択します。 5. ["Monitor Type" (モニタ タイプ)] 領域で、["Change" (変更)] ボタンをクリックし ます 6. ["Specify the location of the driver" (ドライバの場所を指定)] を選択します。 7. ["Display a list of all the driver in a specific location..." (特定の場所にあ るすべてのドライバ一覧を表示し、インストールドライバを選択する)] を選択し、 ["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 8. ["Have Disk" (ディスク使用)] ボタンをクリックします。 ソフトウェアの使用9. A:\ (D:\driver) を指定して、["OK"] ボタンをクリックします。 10. ["Show all devices" (すべてのデバイスを表示)] を選択し、コンピュータに接続さ れているものに対応するモニターを選択して、["OK" (OK)] をクリックします。 11. [画面のプロパティ] ダイアログボックスが閉じるまで、["Close" (閉じる)] ボタン をクリックしてから ["OK" (OK)] ボタンをクリックする操作を繰り返します。 Microsoft ® Windows ® NT オペレーティング システム 1. ["Start" (スタート)]、["Settings" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パ ネル)] をクリックし、続いて ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックしま す。 2. [登録情報の表示] ウィンドウで、[設定] タブをクリックしてから ["All Display Modes" (すべての表示モード)] をクリックします。 3. 使用したいモード (解像度、色数および垂直周波数) を選択し、OK をクリックしま す。 4. ["Apply" (適用)] ボタンをクリックし、["Test" (テスト)] をクリックして画面が正 常に表示されるか確認します。画面が正常に表示されない場合には、別のモード (解 像度、色数または周波数がより低いモード) に変更します。 注意 [すべての表示モード] にモードが表示されない場合には、ユーザー ガイドのプリセット タイミング モードを参照して、解像度と 垂直周波数 を選択します。 Linux オペレーティング システム X-Window を実行するには、システム設定ファイルの一種である X86Config ファイルを作 成する必要があります。 1. X86Config ファイルを実行した後に表示される最初と 2 番目の画面で ["Enter"] を 押します。 2. 3 番目の画面はマウスの設定用です。 3. コンピュータのマウスを設定します。 4. 次の画面はキーボードの選択用です。 5. お使いのコンピュータのキーボードを設定します。 6. 次の画面はモニターの設定用です。 7. まず、モニターの水平周波数を設定します。(周波数は直接入力することができます) 8. モニターの 垂直周波数 を設定します。(周波数は直接入力することができます) 9. モニターのモデル名を入力します。この情報は、実際の X-Window の実行には影響を 与えません。 10. これでモニターの設定は完了です。その他の必要なハードウェアを設定してから、XWindow を実行します。 ソフトウェアの使用タッチスクリーン タッチスクリーン ドライバのインストール 1. USB ケーブルを使用してモニターをお使いの PC に接続します。 2. ドライバのインストール CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。 3. [HidSetup] をクリックします。ドライバのインストールが自動的に開始されます。 (Touchscreen Driver フォルダ内のファイルをダブルクリックします) 4. 画面に表示される指示に従って以降のインストール手順を完了させます。 注意 この時点でドライバはインストールされており、システムが自動的にドライバを取得 します。ただし、コンピュータによっては新しいドライバを見つけるために以下の手 順を実行する必要があります。 5, 6, 7. 5. [No, not this time] を選択し、続いて [Next] を選択します (図 1)。 図 (1) 6. システムがタッチスクリーンを認識すると、該当するドライバを探す必要があるとい うメッセージを表示します。 [Install the software automatically (Recommended)] を選択し、続いて [Next] を選択してください (図 2)。 図 (2) ソフトウェアの使用7. [Finish] (図 3) をクリックして、ドライバの更新を完了します。画面右下隅のタス クバーのバルーンに「Found New Hardware 新しいハードウェアが見つかりました」と 表示されます (図 4)。 図 (3) 図 (4) タッチスクリーン コントロール パネルによるドライバのインストール デスクトップのショートカットをダブルクリックするか、[スタート] -> [すべてのプログ ラム] -> [IRTouchSystems] -> [TouchScreen Control Panel] (図 5) に移動して、タッ チスクリーンのコントロール パネルを開きます。 図 (5) ソフトウェアの使用コントロール パネルの全般メニュー 図 (6) 1. Mapping コントロール パネルを使って、USB 接続の調整や設定を行い、同じ PC に接続された複数 のタッチスクリーンをサポートすることができます。このパネルには、タッチスクリーン の基本情報が表示され、キャリブレーションを行うことができます。PC に複数のタッチス クリーンが取り付けられていて、ステータスが「multi-screens display」に設定されてい る場合には、Touchscreen List に複数のタッチスクリーンが表示されます。[Mapping] を 使用して、それぞれのタッチスクリーンを選択してキャリブレーションすることができま す。これを行わなければタッチスクリーンは機能しません。複数のタッチスクリーンの設 定は、以下の手順に従ってください。[Mapping] をクリックして、各モニターの中央に優 先順位の順にボタンマークを表示させます。ボタンマークの中央をクリックして、取り付 けられているタッチスクリーンを確認します。タッチスクリーンについての情報がない場 合には、Esc を押すか 30 秒待つと、プログラムが現在のタッチスクリーンの設定をスキ ップして自動的に次のタッチスクリーンに移動します。 2. Calibrate この機能は、シングル モードとデュアルビュー モードで動作します。キャリブレーショ ンするタッチスクリーンを選択するリストで [Calibrate] をクリックします。赤い円をタ ップしてすべてが青のアイコンに変わったら、キャリブレーションは完了です。 3. Region Calibrate この機能はすべてのモード、特にデュアル モード (横位置または縦位置モード) で使用で きます。 手順 1. タッチスクリーン コントロール パネルの [TouchScreen List] で、[Calibrate of the TouchScreen] を選択して [Region Calibrate] をクリックします。 2. キャリブレーション領域をドラッグします。200 x 200 以上の大きさにします。 3. 4 点のキャリブレーションが終了したら、選択した領域だけをタッチできるようにな ります。 キャリブレーションを行うには、以下の手順に従ってください。情報リストからタッチス クリーンを選択し、キャリブレーション ウィンドウが表示されたら [Calibrate] ボタン ソフトウェアの使用をクリックします。4 個の標的の中心に順に触れて、キャリブレーションを完了します。 キャリブレーションを終了するには、[Esc] ボタンを押します。キャリブレーション後、 [ReCalibrate]、[OK] および [Cancel] ボタンが表示されます。再度キャリブレーション を行うには [ReCalibrate] を、保存して終了するには [OK] を、保存せずに終了するに は [Cancel] を選択します。 設定 設定ウィンドウは 8 つの領域に分かれています (図 7)。 1. Modes 2. Enable Touch 3. Hide Cursor 4. Enable Double Click 5. Enable Right Click 6. Enable Drag Delay 7. Enable Delay Touch 8. Enable Beep 図 (7) モード 3 つのタッチ モードがあります。 “Click on touch,” “Click on Release,” “Mouse Emulation.” 1. Click on touch 指がタッチスクリーンに触れると、クリックとして認識されます。オブジェクトをドラッ グできない点に注意してください。タッチスクリーンはこのモードで応答が最も速くな り、大型ボタンを使う用途にはこのモードをお勧めします。 2. Click on Release ソフトウェアの使用これがデフォルトのモードになっています。指を画面から離したときにクリックとして認 識されます。このモードでは正確なコントロールを行うことができ、POS やその他の Web アプリケーションなど、小型のボタンやハイパーリンクを使用する用途にお勧めします。 3. Mouse Emulation 左クリック、移動、クリック解除、ドラッグなどのマウス機能をエミュレートします。こ の機能は、文章入力、描画、地図のドラッグが必要な場合に推奨されます。 Options 1. Enable Touch タッチスクリーンを有効 (デフォルト) または無効にします。 2. Hide Cursor アプリケーションによってはマウス カーソルを使用しないものがあります。この機能によ り、マウス機能を無効にすることなくカーソルを非表示にすることができます。これは大 型のボタンを使用してアニメーションを再生したり、Click On Touch モードを使用する教 育用アプリケーションにお勧めします。 3. Enable Double Click ダブルクリックは、マウスと同様にタッチスクリーンでも機能します。画面上を素早く続 けて 2 回タップします。“Double Click Settings で、ダブルクリックの反応を最適な状 態に調整することができます。“Speed は、ミリ秒単位で設定します。値を大きくする と、ダブルクリックとして認識される 2 回のクリックの間隔が長くなります。“Area (ピ クセル単位) で、ダブルクリックとして認識される 2 回のクリックの距離を増減させま す。値 (ピクセル単位) を大きくすると、タッチスクリーンがダブルクリックをより敏感 に検出するようになります。ダブルクリックは、Click on touch、Click on Release、お よび Mouse Emulation モードでサポートされています。 4. Enable Right Click 右クリック機能を有効にします。画面の任意の部分を 2 秒間押したままにします。コンテ キスト メニューが表示されます。右クリック機能は、マウス エミュレーション モードの みで使用することができます。コンテキスト メニューが表示されるまでの時間は、[Right Click Settings] の [Delay] で調整できます。 注意 値を大きくすると、コンテキスト メニューが表示されるのが遅くなります。“Delay は、 ミリ秒単位で設定します。[area] は、エラー限界内に収まるタッチ画面のゆらぎ範囲 (ピ クセル単位) を決定します。値を大きくするほどゆらぎの範囲が広がります。コンテキス ト メニューは、画面のこの範囲を指で押し続けている間表示されます。 5. Enable Drag Delay この機能は、オプションがクリックされた後に [Drag Delay] が有効になる時間をミリ秒 単位で表示します。オブジェクトが正確に選択できない、またはタッチスクリーンに触れ るとカーソルが揺らぐ場合には、ドラッグ遅延を (ミリ秒単位で) 調整できます。 6. Enable Delay Touch この機能を有効にすると、タッチスクリーンは素早いタッチや画面をひっかく動作には反 応しなくなります。このモードは、画面の指定した領域を一定時間押す必要がある場合に 便利です。 7. Enable Beep ソフトウェアの使用この機能により、PC の内蔵スピーカーからのビープ音を有効または無効にし、ビープ音の サイクルと高さを設定します。[Enable touch] を選択してから [Apply] ボタンを押して ビープ音を有効または無効にすることができます。3 つのビープ音モードがあります。 “Beep on touch,” “Beep on Release,” “Both.” 1. Beep on touch : 指がタッチスクリーンに触れると、クリックとして認識されます。 2. Beep on Release : 指がタッチスクリーンから離れるとクリックとして認識されます。 3. Both : 指がタッチスクリーンに触れ、再度画面から離れたときにクリックとして認識 されます。 4. PC Speaker : ドライバをインストールすると、PC カードが起動したときにデフォル トでビープ音が鳴ります。ビープ音のサイクルと音を変更することができる。 5. Sound Card : サウンド カード経由で音が再生されます。 注意 ハードウェアの状況とその他の要素に応じて、性能を最大化するようにパラメータを設定 できます。 ドライバのアンインストール [コントロール パネル] -> [プログラムの追加と削除] (図 8) をダブルクリックして、 [IRTOUCHSYSTEMS TouchScreen Driver] を選択して [Remove] をクリックし、ドライバを アンインストールします。 図 (8) タッチスクリーンの一般的な設定 (参考) Mouse Emulation モードを選択し、続いて Enable Touch、Send Right Click、and “Enable Double Click を選択します。For general use、Enable Delay Touch はタッチスクリーン の応答が遅くなるため推奨されません。タッチスクリーンは、画面を素早くタップしたり ドラッグすると応答しません。 ソフトウェアの使用インストール 1. Enable Double Click ダブルクリックは、マウスと同様 にタッチスクリーンでも機能しま す。画面上のオブジェクトを 2 回 素早く続けてタップすると、オブ ジェクトが開きます。“[Speed] は 500 ~ 550 ミリ秒に、[Area] は 32 ピクセルに設定します。 2. Enable Right Click 右クリック機能を有効にします (デフォルト)。画面の任意の部分 を 2 秒間押したままにします。コ ンテキスト メニューが表示されま す。右クリック機能は、マウス エ ミュレーション モードのみで使用 することができます。“[Delay] は 1000 ミリ秒 (1 秒) に、 [Area] は 32 ピクセルに設定しま す。 3. Enable Drag Delay この機能は、オプションに触れた後に [Drag Delay] が有効になる時間をミリ秒単位で表 示します。オブジェクトが正確に選択できない、またはタッチスクリーンに触れるとカー ソルが揺らぐ場合には、ドラッグ遅延を (ミリ秒単位で) 調整できます。 インストール方法 1. CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. MDC System のインストール プログラムをクリックします。 注意 ソフトウェアのインストール画面が表示されない場合には、CD-ROM の MDC フォルダ にある MDC System 実行ファイルを使用してインストールします。 3. インストール ウィザードの画面が表示されたら、[次へ] をクリックします。 4. 「License Agreement」画面が表示されます。[Yes] をクリックします。 5. 「Customer Information」ウィンドウが表示されます。ユーザー情報を登録して [Yes] をクリックします。 6. 「Choose Destination Location」ウィンドウが表示されます。インストールするファ イルの場所を指定して [Next] をクリックします。 ソフトウェアの使用 MDC(Multiple Display Control)注意 ファイルの場所を指定しない場合には、プログラムはデフォルトの場所にインストー ルされます。 7. 「Start Copying Files」ウィンドウが表示されます。ファイルの場所を確認して [Next] をクリックします。 8. インストールの進行状況を示す画面が表示されます。 9. 「InstallShield Wizard Complete」画面が表示されます。[Finish] をクリックしま す。 注意 [Launch MDC System]を選択し、[Finish] をクリックします。MDC プログラムが直ち に実行されます。 10. インストールが正常に完了したら、MDC System を素早く実行できるアイコンがデスク トップに表示されます。 MDC 実行アイコンは、コンピュータ システムまたはモニターの仕様によっては 表示されない場合があります。表示されない場合には、F5 キーを押してくださ い。 インストール時のトラブル MDC のインストールは、ビデオ カード、マザーボードおよびネットワーク環境の影響を受 けます。 アンインストール MDC プログラムは、Windows ® コントロールパネルの ["Add or Remove Programs" (プログ ラムの追加と削除)] オプションでのみ削除することができます。 MDC を削除するには、以下の手順に従います。 ["Start" (スタート)] メニューの ["Setting/Control Panel" (設定/コントロール パネ ル)] を選択し、["Add/Delete a program" (プログラムの追加と削除)] をダブルクリック します。 リストから MDC System を選択し、["Add/Delete" (変更と削除)] ボタンをクリックしま す。 Serial MDC の使用 Ethernet MDC の使用 ソフトウェアの使用準備 マルチディスプレイコントロール(MDC)は、様々な表示をPC上で容易にしかも一度に作動させることができるアプリケーションで す。シリアル通信の規格 RS-232Cは、PCとディスプレイ間の通信のために使用されます。そのために、シリアルケーブルが、PC 上のシリアルポートとディスプレイにあるシリアルポート間を接続する必要があります。 メイン画面 スタート > プログラム > マルチディスプレイコントロールの順にクリックし、プログラムをスタートさせます。 セットを選択して、スライダ内で選択されたセットのボリュームを見ます。 S e r i a l MDC メインアイコン All Remote Control 選択ボタン Safety Lock Refresh Port Selection ディスプレイ選択 Lamp Control 情報グリッド Option... コントロールツール ドロップダウン セレクタ OSD Display 1. メインアイコンを使用して、それぞれの画面に切り換えます。 2. 表示装置の機能を受信するリモートコントロール信号を有効または無効にすることができます。 3. ロック機能の設定。 ロック機能を設定しているときには、リモコンと本体の電源およびロック ボタンのみが使用できます。 4. PCのシリアルポート設定を変更できます。既定値はCOM1です。 5. Lamp 調整モードを選択します。 6. LFD ID の数と検索を繰り返す間隔を調整します。 7. 表示する LFD ID の範囲を決定します。Select または Clear ボタンを使用して表示する ID を選択または選択解除できます。 8. すべてのモニターを選択または選択解除できます。 9. 7 および 8 を設定して、表示される LFD ID を選択 (Select) または選択解除 (Clear) します。 10. モニターを検索します。Max LFD Id フィールドに最大数が表示されます。 11. ディスプレイ選択からディスプレイを選択します。 12. グリッドを使用して、選択したディスプレイの簡単な情報を表示します。 13. コントロールツールを使用して、表示を調整します。 14. OSD 機能の On/Off を切り替えます。 - 製品によってはサポートされない場合があります。 <注意> リモートコントロールの有効/無効機能は、電源がOnであるかOffであるかを操作します。これは、MDCに接続され た表示にあるすべてに適用されます。但し、ステータスに関係なく、MDCがシャットダウンしている時は、すべての 表示機能を受信するリモートコントロール信号が、MDCが閉じている時に有効となるように初期化されています。 ポートの設定1. マルチプルディスプレイコントロールはデフォルトでCOM1に設定されています。 2. COM1以外のポートが使用されている場合、ポート選択メニューでCOM1からCOM4が設定可能です。 3. シリアルケーブルを使用してモニターに接続されている正確なポート名が選択されていない場合、通信できません。 4. 選択したポートがプログラムに保存され、次のプログラムでも使用されます。 System 1. メイン メニューで System をクリックして、システム調整画面を開きます。 Info Gridが、Systemに必要な基本情報を表示します。 1) 電源のステータス 2) Input 3) Image Size 4) On Timer 5) Off Timer 2. Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 電源調節により、選択された表示のある機能を調節することができます。 1) Power (電源) On/Off - 選択された表示の電源をOn/Offに切り替えます。 2) Volume (ボリューム) の調節 - 選択された表示のボリュームレベルを調節します。選択された表示のボリュームレベルをセットから受信して、スライダに表 示します。(1 台またはすべてのディスプレイの選択を解除した場合には、デフォルト値の 10 に戻ります。) 3) Mute(ミュート)のOn/Off - 選択された表示のミュートをOn/Offに切り替えます。選択されたセットが、すでにMUTEに設定されているならば、あるとき 一つのセットを選択する場合に、 MUTEディスプレイに印をつける必要があります。(選択を取り消す、または、すべて選択 を選択すると、その値は、デフォルト値に戻ります。) Volume機能とMute機能は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 3. OSD Display メニューを使用してメニュー画面を表示するか否かを選択します。 1) Source OSD - 入力信号の OSD を表示して Source が変更されたときに表示するか否かを設定します。 2) Not Optimum Mode OSD - 現在のモードがサポートされているかどうかを示すために、最適なモードの OSD を表示するか否かを設定します。 3) No Signal OSD - 信号なし OSD を表示して入力信号がないことを示すか否かを設定します。 4) MDC OSD - MDC を使用して設定が変更されたことを示すのに、MDC OSD を表示するか否かを設定します。 入力ソースの調節 1. メインアイコンの入力ソースをクリックすると、入力ソース調節画面が表示されます。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 • TV モード • PC モード Info Gridが、入力ソースの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PC - 選択された表示の入力ソースをPCに切り替えます。 2) BNC - 選択された表示の入力ソースをBNCに切り替えます。 3) DVI - 選択された表示の入力ソースをDVIに切り替えます。 4) TV - 選択された表示の入力ソースをTVに切り替えます。 5) DTV - 選択された表示の入力ソースをDTVに切り替えます。 6) AV - 選択された表示の入力ソースをAVに切り替えます。 7) S-Video - 選択された表示の入力ソースをS-Videoに切り替えます。 8) コンポーネント - 選択された表示の入力ソースをコンポーネントに切り替えます。 9) MagicInfo - MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 10) HDMI1/HDMI2 - 選択された表示の入力ソースをHDMIに切り替えます。 11) DP - 選択した Display の入力信号を DP に切り替えます。 12) Channel - Input Source(入力信号)がTVのとき、チャンネルの矢印が表示されます。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 TV信号はTV機能のある製品でのみ選択でき、チャンネルの制御は入力信号がTVのときにのみ行えます。 入力ソースの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 イメージサイズの調節 PC, BNC, DVI, DP 1. メインアイコンのイメージサイズをクリックすると、イメージサイズ調節画面が表示されます。 Info Gridが、イメージサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) Power(電源) - 現在の表示の電源ステータスを調節します。 2) Image Size(イメージのサイズ) - 使用している表示の現在のイメージサイズを示します。 3) Input - 情報グリッドは、入力信号が PC、BNC、DVI および DP のときにのみ表示されます。 4) PC Source - イメージサイズをクリックすると、PC、BNC、DVI および DP タブが最初に表示されます。 - Image Size 制御ボタンは、PC、BNC、DVI および DP で使用できる Image Size を制御します。5) Video Source - Image Size 調整ボタンを使用して、画像サイズを PC、BNC、DVI および DP で使用できる値に調整することができます。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 イメージサイズの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 イメージサイズの調節 TV, AV, S-Video, コンポーネント, DVI(HDCP), HDMI1, HDMI2, DTV 1. メインアイコンのイメージサイズをクリックすると、イメージサイズ調節画面が表示されます。 Info Gridが、時間の調節に必要な基本情報を表示します。 1) TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 または DTV モードで Image Size を調整するには、Video Source タブをク リックします。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 2) Info Gridは、入力ソースがTV, AV、S-Video、コンポーネント, HDMI1, HDMI2, DTVを入力ソースとして持っている表示だけを 示します。 3) 選択された表示のイメージサイズをランダムに切り替えます。 4) 画面モードはTV (PAL のみ) が接続されていて、Image Size (画像サイズ) 項目が Auto Wide (オートワイド) に設定されて いるときにのみ調整できます。 (Auto Wide モードは、TV、AV、および S-Video でのみ使用できます。) 製品によっては HDMI2 はサポートされていません。 Custom は製品によってはサポートされない場合があります。 Auto Wide(オートワイド)、Zoom1(ズーム1)およびZoom2(ズーム2)は、コンポーネントとDVI(HDCP)の入力信号タイ プが720pまたは1080iのときにのみ選択できます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 イメージサイズの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 時間の調節 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調節画面が表示されます。 Info Gridが、イメージサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) Set clock - 選択された表示のために現在の時間を設定します。(PC Time) - 現在の時間を変更するには、最初にPCの時間を変更します。 2) Timer - Timer1、Timer2、Timer3 および Holiday Management を設定します。 3) Timer が有効になっているかどうかを表示します。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 タイムコントロールは、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 Time Timer と Holiday Management を設定します。 1. 1. Timer1、Timer2 および Timer3 の設定 1) On Time - 選択したモニターをオンにする時刻を時、分、および AM/PM で設定します。 2) Off Time - 選択したモニターをオフにする時刻を時、分、および AM/PM で設定します。 3) Volume - 選択したモニターがオンになったときの音量を選択します。 4) Source - 選択したモニターを音にしたときの外部入力信号を選択します。 5) Holiday - Holiday Management 機能を Timer に適用します。 6) Repeat - Once、EveryDay、Mon~Fri、Mon~Sat、Sat~Sun、および Manual のいずれかを選択できます。 z Once:Timer は 1 回だけ動作します。 z EveryDay:Timer 毎日繰り返します。 z Mon~Fri:Timer は月曜から金曜まで繰り返します。 z Mon~Sat:Timer は月曜から土曜まで繰り返します。 z Sat~Sun:Timer タイマーは土曜と日曜に動作します。 z Manual:タイマーを動作させる曜日を選択します。 2. Holiday Management の設定 Holiday Management 機能は、Timer でモニターをオンまたはオフにする日を指定します。 1) 日付を指定します。 2) Delete All - すべての休日を削除します。 3) Add - 指定した日付を追加します。 4) - 選択した行のスケジュールを削除します。 Holiday Management 機能は、Timer 設定メニューでオン/オフを切り替える事ができます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 タイムコントロールは、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 On Time モードで Source が TV に設定されているときに TV についてのみ有効になります。 On Time モードで Source が MagicInfo に設定されているときに、MagicInfo がインストールされているモデルでのみ 有効になります。 PIPPIP サイズ 1. メインアイコンのPIPをクリックすると、PIPの調節画面が表示されます。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 Info Gridが、PIPサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PIP Size(PIP サイズ) - 使用している表示の現在のPIPサイズを示します。 2) OFF - 選択された表示のPIPをOffにします。 3) Large - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズをLargeに変更します。 4) Small - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズをSmallに変更します。 5) Double1 - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 1変更します。 6) Double2 - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 2変更します。 7) Double3 (Picture By Picture) - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 3変更します。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 選択された表示の電源をOn/Offに切り替えます。 PIP PIP ソース 1. メインアイコンのPIPをクリックすると、PIPの調節画面が表示されます。 Info Gridが、PIPソースの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PIP Source - PIP サイズは、モニターの電源をOnにして調節することができます。 2) PC - 選択された表示のPIPソースをPCに切り替えます。 3) BNC - 選択された表示のPIPソースをBNCに切り替えます。 4) DVI - 選択された表示のPIPソースをDVIに切り替えます。 5) TV - 選択された表示のPIPソースをTVに切り替えます。 6) DTV - 選択された表示のPIPソースをDTVに切り替えます。 7) AV - 選択された表示のPIPソースをAVに切り替えます。 8) S-Video - 選択された表示のPIPソースをS-Videoに切り替えます。 9) コンポーネント - 選択された表示のPIPソースをコンポーネントに切り替えます。 10) HDMI1 / HDMI2 - 選択された表示のPIPソースをHDMIに切り替えます。 11) DP - 選択したディスプレイの PIP 入力信号を DP に切り替えます。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 主画面の外部入力信号タイプによって、同時画面外部入力が選択できないことがあります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 同時画面コントロール機能は、電源ステータスおよび同時画面機能がオンのディスプレイで利用可能です。 設定の調整 ピクチャー 1. メインアイコンの時間をクリックすると、設定の調整画面が表示されます。Picture を調整するのに必要な基本情報がメインメニューに表示されます。接続したモニターの 1 台を選択するとそのモニタ ーの設定が表示され、All および Select をクリックしてすべてのモニターを選択するとデフォルト設定が表示されます。この画 面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) Picture(ピクチャー) - AV, S-Video, コンポーネント, HDMI1, HDMI2, DVIにのみ有効となります。 2) Contrast(コントラスト) - 選択された表示のコントラストを調整します。 3) Brightness(明るさ) - 選択された表示の明るさを調整します。 4) Sharpness(鮮明さ) - 選択された表示の鮮明さを調整します。 5) Color(色) - 選択された表示の色を調整します。 6) Tint(濃淡) - 選択された表示の濃淡を調整します。 7) Color Tone(色温度) - 選択したディスプレイの Color Tone を調整します。 8) Color Temp - 選択されたディスプレイのColor Tempを調整します。 9) Brightness Sensor - 選択されたディスプレイのBrightness Sensorを調整します。 10) Dynamic Contrast - 選択されたディスプレイのDynamic Contrastを調整します。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 Brightness Sensor は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 色温度 がオフに設定されている場合にのみ有効になります。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整 ピクチャーPC 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。 調整の必要な基本情報が表示されます。ディスプレイの ID を選択すると対応する SET の設定がインポートされてスライダ に表示され、All および Select をクリックしてすべてのディスプレイ ID を選択するとデフォルト設定が表示されます。この画 面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) ピクチャーPC - PC、BNC、DVI および DP でのみ使用できます。 2) Contrast(コントラスト) - 選択された表示のコントラストを調整します。 3) Brightness(明るさ) - 選択された表示の明るさを調整します。 4) Red - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Red) 5) Green - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Green) 6) Blue - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Blue) 7) Color Tone - 選択したディスプレイの Color Tone を調整します。 8) Color Temp - 選択されたディスプレイのColor Tempを調整します。 9) Brightness Sensor - 選択されたディスプレイのBrightness Sensorを調整します。 10) Dynamic Contrast - 選択されたディスプレイのDynamic Contrastを調整します。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 Brightness Sensor は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 色温度 がオフに設定されている場合にのみ有効になります。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整オーディオ(Audio) 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。 Audio を調整するのに必要な基本情報ディスプレイ ウィンドウに表示されます。ディスプレイの ID を選択すると対応する SET の設定がインポートされてスライダに表示され、All および Select をクリックしてすべてのディスプレイ ID を選択するとデフォ ルト設定が表示されます。この画面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) Audio(オーディオ) - すべての入力ソースのために、オーディオ設定をコントロールします。 2) Bass(低音) - 選択された表示の低音を調整します。 3) Treble(高音) - 選択された表示の高音を調整します。 4) Balance(バランス) - 選択された表示のバランスを調整します。 5) SRS TS XT - 選択された表示のSRS TS XTサウンドのOn/Off。 6) 音の選択 - PIP がオンの場合、メインまたはサブのどちらかを選択することができます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 設定の調整 Image Lock (イメージロック) 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。Info Gridが、時間の調整に必要な基本情報を表示します。 1) Image Lock (イメージロック) - PC, BNCにのみ有効。 2) Coarse(粗調整) - 選択された表示の粗調整を調整します。 3) Fine(微調整) - 選択された表示の微調整を調整します。 4) Position(場所) - 選択された表示の場所を調整します。 5) Auto Adjustment(Auto (オート)調整) - 入ってくるPC信号に対して自動調整する。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 設定の調整は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 メンテナンス ランプコントロール 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。数種の基本データ項目を示す“インフォグリッド”が表示されます。 1) Maintenance(メンテナンス) - すべての外部入力に対してメンテナンスコントロール機能を許可します。 2) Lamp Control(ランプコントロール) - 選択したディスプレイのバックライトを一定時間自動的に調整します。 Auto Lamp Control を使用して調整すると、Manual Lamp Control が自動的にオフになります。 - 選択したディスプレイのバックライトを、時間に関わらず調整できるようにします。 Manual Lamp Control を使用して調整すると、Auto Lamp Control が自動的にオフになります。 3) Ambient Light - 指定したモニター周辺の光の強さを検出して、画像の明るさを自動的に調整します。 - Reference 値を指定して、周囲の光の強さに基づいて Lamp Value (ランプからの光の強度) を自動的に決定するモニター を指定できます。 Ambient Light は輝度センサーのあるモデルでのみサポートされ、Lamp Control メニューでAmbient Brightness Mode が選択されているときにのみ有効になります。 Auto Lamp Control および Manual Lamp Control は、Lamp Control メニューで User Control Mode が選択され ているときにのみ有効になります。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンス Scroll 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。1) Scroll - この機能は、選択されたディスプレイ上に長時間静止画が表示されたときに発生する残像を除去するのに使用します。 2) Pixel Shift - これによって、画面の位置を指定した時間間隔で細かく動かすことができます。 3) Safety Screen - Safety Screen (安全画面) 機能は、静止画がモニター上に長時間表示されたときに発生する残像を防止するのに使用 します。 Interval (間隔) 項目は繰り返しのサイクルを時間単位で指定するのに使用し、Time (時刻) 項目は Safety Screen (安全画面) 機能を実行する時刻を設定するのに使用します。 Type (タイプ) 項目は、Scroll (スクロール)、Pixel (ピクセル)、Bar (バー)、Eraser (消去)、All White (オールホワイト)、 または Pattern (パターン) のいずれかに設定できます。 4) Safety Screen2 - この機能は、残像の発生を防止するのに使用します。5 種類のタイプから選択して、この機能を制御することができます。 Scroll (スクロール) タイプの場合は、Time (時刻) 項目は 1、2、3、4 または 5 に設定できます。Bar (バー) および Eraser (消去) タイプの場合は、10、20、30、40 または 50 に設定できます。All White (オールホワイト) および Pattern (パターン) タイプの場合は、1、5、10、20 または 30 に設定できます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 メンテナンス Video Wall 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。1) Video Wall - Video Wall は、各スクリーンが画面全体の一部になるように表示したり、同じ画像を各スクリーンに繰り返し表示できるよ うに接続されたビデオスクリーンのセットです。 2) Video Wall Control - Video Wall プロパティを設定できます。 1) On / Off - 選択したディスプレイのビデオウォール機能のオン/オフを切り替えます。 2) Format - 分割したスクリーンを表示するフォーマットを選択できます。 z Full z Natural 3) Video Wall (Screen Divider) - スクリーンは分割できます。 多数のスクリーンを異なるレイアウトや分割方法にすることができます。 z [Screen divider]からモードを選択します。 z [Display Selection]からディスプレイを選択します。 z 選択したモードの数字をオスと、配置が設定されます。 z 配置できるモニターの最大数: Horizontal X Vertical = 100 z 最大 15 台のモニターを 1 列に配置できます。Vertical を 15 に設定した場合の Horizontal の最大値は 6、Horizontal を 15 に設定した場合の Vertical の最大値は6 です。 4) 画面分割の表示 - Screen Divider 設定を使用して、画面のレイアウトを表示および変更できます。 Screen Divider 設定の範囲は、モデルによって異なります。 MagicInfo ではこの機能は動作しない場合があります。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 トラブルシューティング 1. コントロールしたい表示が、System Info Gridに示されません。 - RS232Cの接続を確認してください。(Com1 ポートに正しく接続されているか確認します。) - 他の表示の何れかが同じIDを持っているかどうか見るために表示を確認します。1つ以上の表示が同じIDを持っている場 合、データの衝突によりプログラムが、正しくそれらの表示を検出しません。 - 0~99 の設定 ID をサポートしているモニターについては、設定 ID を 0~99 の範囲の値に設定する必要があります。 <注意> モニターの 設定 ID が 0~99 の範囲の値であることを確認します (値はディスプレイ メニューを使用して設定します)。 2. コントロールしたい表示が、他のControl Info Gridsに示されません。 - 電源コードがしっかりと接続されているか確認してください。(System Info Gridの中でこれを確認します。) - 表示の入力ソースを変更できるか確認してください。 3. ダイアログボックスが、繰り返し表示されます。 - 調節したい表示が、選択されているかどうか確認します。 4. On Timer と Off Timerの両方が送られても異なる時間が表示されている。 - 現在の時間を調整して、表示時計を同期化します。 5. リモート機能をオフにして、RS-232Cケーブルの接続を切り、不定期にプログラムを終了すると、リモートは、正しく機能しない ことがあります。プログラムを再起動し、通常の機能を元に戻すために、リモート機能を再び実行します。 <注意> このプログラムは、通信回路の問題、または電子機器からの障害が生じた場合、うまく機能しない場合があります。 マルチディスプレイモードにおける設定画面を表示する 接続している画面が一つ以上ある場合、設定値は、以下のように表示されます。 1. 選択なし:工場出荷時の値を表示する。 2. 選択された一つの表示:選択された表示のために設定値を持ってきて表示する。 3. 選択された一つの画面 (ID1) と追加された他の画面 (ID3):ID 1の設定値を表示していたプログラムが、ID3の値を持ってき て表示します。 4. All および Select をクリックしてすべての設定を同時に選択すると、デフォルト値に戻ります。準備 シリアル データ通信の仕様 RS-232C 使用する従来の方法とは異なり、イーサネット機能が追加されています。 IP アドレスを入力して、1 台目の表示デバイスと PC を接続します。さらに表示デバイスを接続するには、RS-232C シリアル ケ ーブルを使用します。上の図を参照してください。 メイン画面 Start > Program > Samsung > MDC System システムをクリックしてプログラムを開始します。 セットを選択して、スライダ内で選択されたセットのボリュームを見ます。 Ehternet MDC メインアイコン Lamp Control Add a Device ディスプレイ選択 Remote Control All Safety Lock コントロールツール Fault Device Alert OSD Display 1. メインアイコンを使用して、それぞれの画面に切り換えます。 2. モニターに設定された IP アドレスを入力するとデバイスを追加できます。 3. 表示装置の機能を受信するリモートコントロール信号を有効または無効にすることができます。 4. ロック機能の設定。 5. モニターに接続できない場合には、電子メールで結果を転送する機能がオンまたはオフになります。 6. Lamp 調整モードを選択します。 7. ディスプレイ選択からディスプレイを選択します。 8. すべてのモニターを選択または選択解除できます。 9. コントロールツールを使用して、表示を調整します。 10. OSD 機能の On/Off を切り替えます。 - 製品によってはサポートされない場合があります。 <注意> リモートコントロールの有効/無効機能は、電源がOnであるかOffであるかを操作します。これは、MDCに接続され た表示にあるすべてに適用されます。但し、ステータスに関係なく、MDCがシャットダウンしている時は、すべての 表示機能を受信するリモートコントロール信号が、MDCが閉じている時に有効となるように初期化されています。 Add a Device 1. IP Adress -> ADD -> OK System 1. メイン メニューで System をクリックして、システム調整画面を開きます。 Info Gridが、電源の調節に必要な基本情報を表示します。 1) 電源のステータス 2) Input 3) Image Size 4) On Timer 5) Off Timer2. Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 電源調節により、選択された表示のある機能を調節することができます。 1) Power (電源) On/Off - 選択された表示の電源をOn/Offに切り替えます。 2) Volume (ボリューム) の調節 - 選択された表示のボリュームレベルを調節します。選択された表示のボリュームレベルをセットから受信して、スライダに表 示します。(1 台またはすべてのディスプレイの選択を解除した場合には、デフォルト値の 10 に戻ります。) 3) Mute(ミュート)のOn/Off - 選択された表示のミュートをOn/Offに切り替えます。選択されたセットが、すでにMUTEに設定されているならば、あるとき 一つのセットを選択する場合に、 MUTEディスプレイに印をつける必要があります。(選択を取り消す、または、すべて選択 を選択すると、その値は、デフォルト値に戻ります。) Volume機能とMute機能は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 3. OSD Display メニューを使用してメニュー画面を表示するか否かを選択します。 1) Source OSD - 入力信号の OSD を表示して Source が変更されたときに表示するか否かを設定します。 2) Not Optimum Mode OSD - 現在のモードがサポートされているかどうかを示すために、最適なモードの OSD を表示するか否かを設定します。 3) No Signal OSD - 信号なし OSD を表示して入力信号がないことを示すか否かを設定します。 4) MDC OSD - MDC を使用して設定が変更されたことを示すのに、MDC OSD を表示するか否かを設定します。 Network 1) 追加するデバイスを Select All または Clear All します。または選択したデバイスを Refresh または Delete します。 2) 接続したモニターの IP Address、ID (イーサネットまたはシリアル)、Mac Address および接続状態が表示されます。 3) 自動的に DHCP IP が設定されているかどうかを確認し、IP アドレスを設定することができます。 4) 選択したモニターの IP Address、Subnet および Gateway を自動または手動で設定して適用することができます。 入力ソースの調節 1. メインアイコンの入力ソースをクリックすると、入力ソース調節画面が表示されます。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 • TV モード • PC モード Info Gridが、入力ソースの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PC - 選択された表示の入力ソースをPCに切り替えます。 2) BNC - 選択された表示の入力ソースをBNCに切り替えます。 3) DVI - 選択された表示の入力ソースをDVIに切り替えます。 4) TV - 選択された表示の入力ソースをTVに切り替えます。 5) DTV - 選択された表示の入力ソースをDTVに切り替えます。 6) AV - 選択された表示の入力ソースをAVに切り替えます。 7) S-Video - 選択された表示の入力ソースをS-Videoに切り替えます。 8) コンポーネント - 選択された表示の入力ソースをコンポーネントに切り替えます。 9) MagicInfo - MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 10) HDMI1/HDMI2 - 選択された表示の入力ソースをHDMIに切り替えます。 11) DP - 選択した Display の入力信号を DP に切り替えます。 12) Channel - Input Source(入力信号)がTVのとき、チャンネルの矢印が表示されます。 HDMI2 は製品によってはサポートされない場合があります。 DP は製品によってはサポートされない場合があります。 TV信号はTV機能のある製品でのみ選択でき、チャンネルの制御は入力信号がTVのときにのみ行えます。 入力ソースの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 イメージサイズの調節PC, BNC, DVI, DP 1. メインアイコンのイメージサイズをクリックすると、イメージサイズ調節画面が表示されます。 Info Gridが、イメージサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) Power(電源) - 現在の表示の電源ステータスを調節します。 2) Image Size(イメージのサイズ) - 使用している表示の現在のイメージサイズを示します。 3) Input - 情報グリッドは、入力信号が PC、BNC、DVI および DP のときにのみ表示されます。 4) PC Source - イメージサイズをクリックすると、PC、BNC、DVIタブが最初に表示されます。 - Image Size 制御ボタンは、PC、BNC、DVI および DP で使用できる Image Size を制御します。 5) Video Source - AV、S-Videoとコンポーネントタブをクリックして、それぞれの入力ソースのイメージサイズを調節します。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 イメージサイズの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 製品によっては DP はサポートされていません。 イメージサイズの調節 TV, AV, S-Video, Component, DVI(HDCP), HDMI1, HDMI2, DTV 1. メインアイコンのイメージサイズをクリックすると、イメージサイズ調節画面が表示されます。 Info Gridが、時間の調節に必要な基本情報を表示します。 1) TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 または DTV モードで Image Size を調整するには、Video Source タブをク リックします。選択ボタンを使用するかチェックボックスをチェックして、調整するディスプリを選択します。 2) 情報グリッドは、入力信号として TV、AV、S-Video、Component、HDMI1、HDMI2 または DTV があるディスプレイのみを表 示します。 3) 選択された表示のイメージサイズをランダムに切り替えます。 4) 画面モードはTV (PAL のみ) が接続されていて、Image Size (画像サイズ) 項目が Auto Wide (オートワイド) に設定されて いるときにのみ調整できます。 Custom は製品によってはサポートされない場合があります。 Auto Wide(オートワイド)、Zoom1(ズーム1)およびZoom2(ズーム2)は、コンポーネントとDVI(HDCP)の入力信号タイ プが720pまたは1080iのときにのみ選択できます。 (Auto Wide モードは、TV、AV、および S-Video でのみ使用できます。)> MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 イメージサイズの調節は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 HDMI2 may not be supported depending on the product. 時間の調節 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調節画面が表示されます。 Info Gridが、イメージサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) Set clock - 選択された表示のために現在の時間を設定します。(PC Time) - 現在の時間を変更するには、最初にPCの時間を変更します。 2) Timer - Timer1、Timer2、Timer3 および Holiday Management を設定します。 3) Timer が有効になっているかどうかを表示します。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 タイムコントロールは、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 Time Timer と Holiday Management を設定します。 1. 1. Timer1、Timer2 および Timer3 の設定 1) On Time - 選択したモニターをオンにする時刻を時、分、および AM/PM で設定します。 2) Off Time - 選択したモニターをオフにする時刻を時、分、および AM/PM で設定します。 3) Volume - 選択したモニターがオンになったときの音量を選択します。 4) Source - 選択したモニターを音にしたときの外部入力信号を選択します。 5) Holiday - Holiday Management 機能を Timer に適用します。 6) Repeat - Once、EveryDay、Mon~Fri、Mon~Sat、Sat~Sun、および Manual のいずれかを選択できます。 z Once:Timer は 1 回だけ動作します。 z EveryDay:Timer 毎日繰り返します。 z Mon~Fri:Timer は月曜から金曜まで繰り返します。 z Mon~Sat:Timer は月曜から土曜まで繰り返します。 z Sat~Sun:Timer タイマーは土曜と日曜に動作します。 z Manual:タイマーを動作させる曜日を選択します。 2. Holiday Management の設定 Holiday Management 機能は、Timer でモニターをオンまたはオフにする日を指定します。 1) 日付を指定します。 2) Delete All - すべての休日を削除します。 3) Add - 指定した日付を追加します。 4) - 選択した行のスケジュールを削除します。 Holiday Management 機能は、Timer 設定メニューでオン/オフを切り替える事ができます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 タイムコントロールは、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 On Time モードで Source が TV に設定されているときに TV についてのみ有効になります。 On Time モードで Source が MagicInfo に設定されているときに、MagicInfo がインストールされているモデルでのみ 有効になります。 PIPPIP サイズ 1. メインアイコンのPIPをクリックすると、PIPの調節画面が表示されます。 Select ボタンまたはチェックボックスを使用して調整したいディスプレイを選択します。 Info Gridが、PIPサイズの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PIP Size(PIP サイズ) - 使用している表示の現在のPIPサイズを示します。 2) OFF - 選択された表示のPIPをOffにします。 3) Large - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズをLargeに変更します。 4) Small - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズをSmallに変更します。 5) Double1 - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 1変更します。 6) Double2 - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 2変更します。 7) Double3 (Picture By Picture) - 選択された表示のPIPをOnにして、サイズを Double 3変更します。 PIP Size は、LCD ディスプレイの電源をオンにしたときに制御することができます。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 選択された表示の電源をOn/Offに切り替えます。 PIP PIP ソース 1. メインアイコンのPIPをクリックすると、PIPの調節画面が表示されます。 Info Gridが、PIPソースの調節に必要な基本情報を表示します。 1) PIP Source - PIP サイズは、モニターの電源をOnにして調節することができます。 2) PC - 選択された表示のPIPソースをPCに切り替えます。 3) BNC - 選択された表示のPIPソースをBNCに切り替えます。 4) DVI - 選択された表示のPIPソースをDVIに切り替えます。 5) TV - 選択された表示のPIPソースをTVに切り替えます。 6) DTV - 選択された表示のPIPソースをDTVに切り替えます。 7) AV - 選択された表示のPIPソースをAVに切り替えます。 8) S-Video - 選択された表示のPIPソースをS-Videoに切り替えます。 9) コンポーネント - 選択された表示のPIPソースをコンポーネントに切り替えます。 10) HDMI 1/HDMI2 - 選択された表示のHDMI 1/HDMI2ソースをS-Videoに切り替えます。 11) DP - 選択したディスプレイの PIP 入力信号を DP に切り替えます。 主画面の外部入力信号タイプによって、同時画面外部入力が選択できないことがあります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 同時画面コントロール機能は、電源ステータスおよび同時画面機能がオンのディスプレイで利用可能です。 製品によっては HDMI2 はサポートされていません。 製品によっては DP はサポートされていません。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 設定の調整 ピクチャー1. メインアイコンの時間をクリックすると、設定の調整画面が表示されます。 Picture を調整するのに必要な基本情報がメインメニューに表示されます。接続したモニターの 1 台を選択するとそのモニタ ーの設定が表示され、All および Select をクリックしてすべてのモニターを選択するとデフォルト設定が表示されます。この画 面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) Picture(ピクチャー) - AV, S-Video, コンポーネント, HDMI1, HDMI2, DVIにのみ有効となります。 2) Contrast(コントラスト) - 選択された表示のコントラストを調整します。 3) Brightness(明るさ) - 選択された表示の明るさを調整します。 4) Sharpness(鮮明さ) - 選択された表示の鮮明さを調整します。 5) Color(色) - 選択された表示の色を調整します。 6) Tint(濃淡) - 選択された表示の濃淡を調整します。 7) Color Tone(色温度) - 選択したディスプレイの色温度を調整します。 8) Color Temp - 選択されたディスプレイのColor Tempを調整します。 9) Brightness Sensor - 選択されたディスプレイのBrightness Sensorを調整します。 10) Dynamic Contrast - 選択されたディスプレイのDynamic Contrastを調整します。 Brightness Sensor は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 色温度 がオフに設定されている場合にのみ有効になります。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 設定の調整ピクチャーPC 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。 調整の必要な基本情報が表示されます。ディスプレイの ID を選択すると対応する SET の設定がインポートされてスライダ に表示され、All および Select をクリックしてすべてのディスプレイ ID を選択するとデフォルト設定が表示されます。この画 面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) ピクチャーPC - PC、BNC、DVI および DP でのみ使用できます。 2) Contrast(コントラスト) - 選択された表示のコントラストを調整します。 3) Brightness(明るさ) - 選択された表示の明るさを調整します。 4) Red - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Red) 5) Green - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Green) 6) Blue - 選択された表示の色の温度を調節します。 (Blue) 7) Color Tone - 選択されたディスプレイのColor Toneを調整します。 8) Color Temp - 選択されたディスプレイのColor Tempを調整します。 9) Brightness Sensor - 選択されたディスプレイのBrightness Sensorを調整します。 10) Dynamic Contrast - 選択されたディスプレイのDynamic Contrastを調整します。 Brightness Sensor は製品によってはサポートされない場合があります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 色温度 がオフに設定されている場合にのみ有効になります。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 製品によっては DP はサポートされていません。設定の調整 オーディオ(Audio) 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。 Audio を調整するのに必要な基本情報ディスプレイ ウィンドウに表示されます。ディスプレイの ID を選択すると対応する SET の設定がインポートされてスライダに表示され、All および Select をクリックしてすべてのディスプレイ ID を選択するとデフォ ルト設定が表示されます。この画面であたいを変更すると、現在のモードが自動的にカスタム モードに切り替わります。 1) Audio(オーディオ) - すべての入力ソースのために、オーディオ設定をコントロールします。 2) Bass(低音) - 選択された表示の低音を調整します。 3) Treble(高音) - 選択された表示の高音を調整します。 4) Balance(バランス) - 選択された表示のバランスを調整します。 5) SRS TS XT - 選択された表示のSRS TS XTサウンドのOn/Off。 6) Sound Select (音の選択) - PIP がオンの場合、メインまたはサブのどちらかを選択することができます。 この機能は電源ステータスがオンのディスプレイのみ使用可能です。また、何も選択されていない場合、工場出荷時のデフォ ルト値が表示されます。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 設定の調整 Image Lock (イメージロック) 1. メインアイコンの時間をクリックすると、時間の調整画面が表示されます。Info Gridが、時間の調整に必要な基本情報を表示します。 1) Image Lock(イメージロック) - PC, BNCにのみ有効。 2) Coarse(粗調整) - 選択された表示の粗調整を調整します。 3) Fine(微調整) - 選択された表示の微調整を調整します。 4) Position(場所) - 選択された表示の場所を調整します。 5) Auto Adjustment(Auto (オート)調整) - 入ってくるPC信号に対して自動調整する。 Maintenance 制御機能は、電源ステータスがオンになっているディスプレイについてのみ使用できます。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 設定の調整は、電源ステータスがONの表示にだけ有効となります。 メンテナンス ランプコントロール 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。数種の基本データ項目を示す“インフォグリッド”が表示されます。 1) Maintenance(メンテナンス) - すべての外部入力に対してメンテナンスコントロール機能を許可します。 2) Lamp Control(ランプコントロール) - 選択したディスプレイのバックライトを一定時間自動的に調整します。 手動ランプコントロール機能を利用して調整した場合、自動ランプコントロール機能は自動的にオフになります。 - 選択したディスプレイのバックライトを、時間に関わらず調整できるようにします。 手動ランプコントロール機能を利用して調整した場合、自動ランプコントロール機能は自動的にオフになります。 3) Ambient Light - 指定したモニター周辺の光の強さを検出して、画像の明るさを自動的に調整します。 - Reference 値を指定して、周囲の光の強さに基づいて Lamp Value (ランプからの光の強度) を自動的に決定するモニター を指定できます。 Ambient Light は輝度センサーのあるモデルでのみサポートされ、Lamp Control メニューでAmbient Brightness Mode が選択されているときにのみ有効になります。 Auto Lamp Control および Manual Lamp Control は、Lamp Control メニューで User Control Mode が選択され ているときにのみ有効になります。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンス Scroll 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。1) Scroll - この機能は、選択されたディスプレイ上に長時間静止画が表示されたときに発生する残像を除去するのに使用します。 2) Pixel Shift - これによって、画面の位置を指定した時間間隔で細かく動かすことができます。 3) Safety Screen - Safety Screen (安全画面) 機能は、静止画がモニター上に長時間表示されたときに発生する残像を防止するのに使用 します。 Interval (間隔) 項目は繰り返しのサイクルを時間単位で指定するのに使用し、Time (時刻) 項目は Safety Screen (安全画面) 機能を実行する時刻を設定するのに使用します。 Type (タイプ) 項目は、Scroll (スクロール)、Pixel (ピクセル)、Bar (バー)、Eraser (消去)、All White (オールホワイト)、 または Pattern (パターン) のいずれかに設定できます。 4) Safety Screen2 - この機能は、残像の発生を防止するのに使用します。5 種類のタイプから選択して、この機能を制御することができます。 Scroll (スクロール) タイプの場合は、Time (時刻) 項目は 1、2、3、4 または 5 に設定できます。Bar (バー) および Eraser (消去) タイプの場合は、10、20、30、40 または 50 に設定できます。All White (オールホワイト) および Pattern (パターン) タイプの場合は、1、5、10、20 または 30 に設定できます。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンス Video Wall 1. メインアイコン欄の“メンテナンス”アイコンをクリックしてメンテナンス画面を表示します。1) Video Wall - ビデオウォールは、各スクリーンが画面全体の一部になるように表示したり、同じ画像を各スクリーンに繰り返し表示できる ように接続されたビデオスクリーンのセットです。 2) Video Wall Control - Video Wall プロパティを設定できます。 1) On / Off - 選択したディスプレイのビデオウォール機能のオン/オフを切り替えます。 2) Format - 分割したスクリーンを表示するフォーマットを選択できます。 z Full z Natural 3) Video Wall (Screen Divider) - スクリーンは分割できます。 多数のスクリーンを異なるレイアウトや分割方法にすることができます。 z [Screen divider]からモードを選択します。 z [Display Selection]からディスプレイを選択します。 z 選択したモードの数字をオスと、配置が設定されます。 z 配置できるモニターの最大数: Horizontal X Vertical = 100 z 最大 15 台のモニターを 1 列に配置できます。Vertical を 15 に設定した場合の Horizontal の最大値は 6、Horizontal を 15 に設定した場合の Vertical の最大値は6 です。 4) 画面分割の表示 - Screen Divider 設定を使用して、画面のレイアウトを表示および変更できます。 Screen Divider 設定の範囲は、モデルによって異なります。 MagicInfo の入力ソースは、MagicInfo モデルでのみ有効です。 TV の入力ソースは、TV モデルでのみ有効です。 メンテナンスコントロール機能は、電源ステータスがオンのディスプレイで利用可能です。 トラブルシューティング 1. コントロールしたい表示が、System Info Gridに示されません。 - 入力した IP アドレスが正しいことを確認し、イーサネット ケーブルの接続状態をチェックします。 - 他の表示の何れかが同じIDを持っているかどうか見るために表示を確認します。1つ以上の表示が同じIDを持っている場 合、データの衝突によりプログラムが、正しくそれらの表示を検出しません。 - 0~99 の設定 ID をサポートしているモニターについては、設定 ID を 0~99 の範囲の値に設定する必要があります。. <注意>モニターの 設定 ID が 0~99 の範囲の値であることを確認します (値はディスプレイ メニューを使用して設定します)。 2. コントロールしたい表示が、他のControl Info Gridsに示されません。 - 電源コードがしっかりと接続されているか確認してください。(System Info Gridの中でこれを確認します。) - 表示の入力ソースを変更できるか確認してください。 3. ダイアログボックスが、繰り返し表示されます。 - 調節したい表示が、選択されているかどうか確認します。 4. On Timer と Off Timerの両方が送られても異なる時間が表示されている。 - 現在の時間を調整して、表示時計を同期化します。 5. リモート機能をオフにして、RS-232Cケーブルの接続を切り、不定期にプログラムを終了すると、リモートは、正しく機能しない ことがあります。プログラムを再起動し、通常の機能を元に戻すために、リモート機能を再び実行します。 <注意> このプログラムは、通信回路の問題、または電子機器からの障害が生じた場合、うまく機能しない場合があります。 マルチディスプレイモードにおける設定画面を表示する 接続している画面が一つ以上ある場合、設定値は、以下のように表示されます。 1. 選択なし:工場出荷時の値を表示する。 2. 選択された一つの表示:選択された表示のために設定値を持ってきて表示する。 3. 選択された一つの画面 (ID1) と追加された他の画面 (ID3):ID 1の設定値を表示していたプログラムが、ID3の値を持ってき て表示します。 4. All および Select をクリックしてすべての設定を同時に選択すると、デフォルト値に戻ります。LCD ディスプレイの調整 入力 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポーネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 外部入力 PC、HDMI または LCD ディスプレイに接続されているその他の外部入力信号を選択して使 用します。使用する画面を選択します。 1. PC 2. DVI 3. AV 4. コンポ一ネント 5. HDMI1 - TV チューナー ボックスがインストールされているときには無効になります。 6. HDMI2 - ネットワーク ボックスがインストールされているときには無効になります。 7. ディスプレイ ポート 8. MagicInfo - ネットワーク ボックスが接続されているときに有効になります。 9. TV - TV チューナー ボックスが接続されているときに有効になります。注意 [RGB/COMPONENT IN ] ポートは、PC またはコンポーネント信号に対応しています。 ただし、実際に接続された入力信号とは異なる入力信号を選択した場合は、画面が正常に 表示されない場合があります。 同時画面 注意 同時画面 機能は 画像分割 が オン のときには使用できません。 VCR または DVD のような外部 AV 装置を LCD ディスプレイに接続するときには、同時画 面 によってこれらの装置からのビデオを PC ビデオ信号にスーパーインポーズされる小さ なウィンドウで観ることができます。(オフ/オン) 注意 • モニターが外部ソースに切り替わると、PIP はオフになります。 • サイズ で 、 、 を選択した場合は、ポジション および 透明 は無効になり ます。 同時画面 同時画面 画面のオフ/オンを切り替えます。 • オフ • オン 外部入力 PIP の入力ソースを選択します。 注意 • プライマリ画面で信号が受信されないときには、同時画面 が無効になります。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 LCD ディスプレイの調整• PC :DVI, AV, HDMI1, HDMI2, ディスプレイ ポート • DVI :PC • AV :PC • HDMI :PC • ディスプレイ ポート :PC サイズ PIP ウィンドウの Size(サイズ)を変更します。 ポジション PIP ウィンドウの Position(位置)を変更します。 透明 PIP ウィンドウの透明度を調整します。 • 高 • 中 • 低 • LCD ディスプレイの調整 不透明外部入力名編集 入力信号の選択を簡単にするために、入力ジャックに接続されている入力機器に名前を付 けます。 VTR / DVD / ケーブル STB / デジタル STB / 衛星放送チューナー / AV レシーバー / DVD プ レーヤー / ゲーム /DVC / DVD コンボ / DVD+HDD / PC / DVI PC / DVI 装置 注意 • ディスプレイ デバイスは外部入力モードによって異なります。 • PC を HDMI 端子に接続しているときは、外部入力名編集 を PC に設定します。その他 の場合には、外部入力名編集 を AV に設定します。ただし、640x480、720P (1280x720) および 1080p (1920x1080) は AV と PC に共通する信号であるため、外部入力名編集 を 入力信号に合わせて設定するようにしてください。 • PC が接続されている場合は、外部入力名編集 を DVI PC に設定して、接続された PC からのビデオとオーディオを楽しむことができます。 • AV 機器が接続されている場合は、外部入力名編集 を DVI 装置 に設定して、接続され た AV 機器からのビデオとオーディオを楽しむことができます。 入力信号自動切換設定 入力信号自動切換 が オン の状態でディスプレイをオンにしたとき、前に選択していたビデ オ入力信号がない場合には、ディスプレイは自動的に別のアクティブなビデオ入力信号を 探します。 注意 • TV 信号がアクティブ(TV チューナーがディスプレイに接続されている)な場合、入力 信号自動切換 検索機能は無効になります。ディスプレイは TV 信号のままになります。 • 入力信号自動切換 の選択と 同時画面 機能:入力信号自動切換 選択が オン に設定されて いる場合、同時画面 機能は動作しません。同時画面 機能を動作させるには、入力信号 自動切換 選択を オフ にする必要があります。 • 入力信号自動切換 選択が オン のとき、または プライマリ入力復元 が オン のときに は、ディスプレイの省電力モードは無効になります。 • プライマリ入力復元 が オン のときには、プライマリ ソース および セ力ンダリ入力 選 択のみが利用でき、お好みに応じて入れ換えて選択することができます。 それぞれのプライマリ入力信号に対応する信号については 同時画面 > 外部入力 を参照 してください。 LCD ディスプレイの調整入力信号自動切換 入力信号自動切換 が オン のときには、ディスプレイのビデオ信号が自動的にアクティブな ビデオを検索します。 現在の入力信号が認識できない場合には、プライマリ入力 選択が有効になります。セ力ン ダリ入力 選択は、使用できるプライマリのビデオ信号がない場合に有効になります。プラ イマリまたはセカンダリの信号が認識できない場合には、ディスプレイは再度検索を行 い、有効なビデオ信号が見つからなければディスプレイは入力信号がないことを示すメッ セージを表示します。 プライマリ入力 選択が すべて に設定されているときは、ディスプレイはすべてのビデオ入 力信号を 2 回連続して検索してアクティブなビデオ信号を探し、ビデオが見つからない場 合には最初のビデオ信号に戻ります。 1. オフ 2. オン プライマリ入力復元 プライマリ入力復元 が オン のときには、プライマリ入力 および セ力ンダリ入力 のビデオ 信号選択を検索してアクティブなビデオ信号を探します。 アクティブなビデオが見つかった場合には プライマリ入力 が選択され、ビデオが見つから ない場合には セ力ンダリ入力 が選択されます。セ力ンダリ入力 にもビデオが見つからない 場合には、入力信号がないことを示すメッセージが表示されます。 1. オフ 2. オン プライマリ入力 LCD ディスプレイの調整映像 [PC / DVI / ディスプレイ ポート / MagicInfo モード] • PC に接続されている場合は、外部入力名編集 を DVI PC に設定して、PC に保存され たビデオまたはオーディオ コンテンツを楽しむことができます。 • AV 機器に接続されている場合は、外部入力名編集 を DVI 装置 に設定して、AV 機器 に保存されたビデオまたはオーディオ コンテンツを楽しむことができます。 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポーネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 モード 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 LCD ディスプレイの調整 自動入力信号に プライマリ入力 を指定します。 セ力ンダリ入力 自動入力信号に セ力ンダリ入力 を指定します。1. 情報 正確な情報の伝達用に推奨されます (公開情報など)。 2. 広告 広告の表示用に推奨されます (ビデオ、屋内または屋外広告など)。 3. ユーザー調整 ユーザー調整 オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す ることができます。 注意 • ユーザー調整 機能を使用して画像を調整すると、MagicBright は ユーザー調整 モー ドに変わります。 • ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 1. コントラスト コントラストを調整します。 2. 明るさ 輝度を調整します。 3. シャープネス シャープネスを調整します。 4. ガンマ 映像の中間域の明るさ (ガンマ) を調整します。 • ナチュラルモード  • モード 1 - 映像を ナチュラル よりも明るく設定します。 • モード 2 - 映像を モード 1 よりも暗く設定します。 LCD ディスプレイの調整• モード 3 - 明るい色と暗い色の間のコントラストを強くします。 色温度 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 色温度を変更できます。 1. オフ 2. 青色系 3. 標準 4. 赤色系 5. ユーザー調整 注意 • [色温度] を [青色系]、[標準]、[赤色系] または [ユーザー調整] に設定すると、Color Temp. 機能が無効になります。 • 色温度 を オフ に設定している場合は、カラー調整 機能は無効になります。 • 色温度 機能を使用して画像を調整すると、モード は ユーザー調整 モードに変わりま す。 カラー調整 赤、緑、青のそれぞれの色バランスを調整します。 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 1. 赤 2. 緑 3. 青 LCD ディスプレイの調整Color Temp. Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。 注意 この機能は、モード が ユーザー調整 に設定され、ダイナミックコントラスト と 色温 度 が オフ の場合に有効になります。 画面調整 画面調整 は、ゆらぎやちらつきのある不安定な映像の原因となるノイズを取り除くことに より、最適な映像を得るための微調整に使用します。細密調整を使用して満足な結果が得 られない場合には、粗調整による調整を行ってから再度細密調整を行ってください。 注意 PC モードでのみ使用可。 粗調整 縦縞などのノイズを除去します。粗調整では、画面イメージ領域が移動する場合がありま す。水平コントロール メニューを使用して、中央に位置を合わせることができます。 微調整 横縞などのノイズを除去します。細密調整後もノイズが残る場合は、周波数 (クロック速 度) の調整を行ってから、調整し直してください。 ポジション 画面の水平および垂直位置を調整します。 自動調整 LCD ディスプレイの調整微調整、粗調整、ポジション の値は自動的に調整されます。コントロールパネルで解像度 を変更すると、自動機能が実行されます。 注意 PC モードでのみ使用可。 信号バランス 信号ケーブルが長いため弱くなっている RGB 信号を補強します。 注意 • ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 • PC モードでのみ使用可。 信号バランス 信号バランスは オン または オフ のいずれかを選択します。 信号制御 注意 信号バランス が オン になっているときに使用できます。 1. R ゲイン 2. G ゲイン 3. B ゲイン 4. R オフセット 5. G オフセット 6. B オフセット LCD ディスプレイの調整サイズ サイズ は切り替えられます。 1. 16:9 2. 4:3 PIP 映像 PIP 画面設定を調整します。 注意 • 利用できるモード:同時画面 オン 1. コントラスト 画面上の PIP ウィンドウのコントラストを調整します。 2. 明るさ 画面上の PIP ウィンドウの明るさを調整します。 3. シャープネス 画面の PIP ウィンドウのシャープネスを調整します。 4. 色の濃さ 画面の PIP ウィンドウの色を調整します。 注意 AV、HDMI または コンポ一ネント モードで 同時画面 入力が選択されているときにの み有効になります。 LCD ディスプレイの調整5. 色あい ナチュラルトーンを PIP ウィンドウに追加します。 注意 色あいスライダは、同時画面 入力信号が HDMI または AV の場合にのみ表示されま す。 ダイナミックコントラスト ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト となるように調整します。 1. オフ 2. オン 注意 この機能は、同時画面 または 省電力 が オン になっているときには無効になります。 ライト調整 エネルギー消費を抑えるため、インバーター ランプを調整します。 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 明るさセンサー 明るさセンサー は、周囲の明るさを検知して、画面の明るさを自動的に調整できるように します。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整映像リセット 画面の設定をリセットします。 映像 [ AV / HDMI / TV /コンポ一ネント モード] 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポーネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 モード LCD ディスプレイには、(「ダイナミック」、「標準」、「映画」および「ユーザー調 整」) の 4 種類の自動映像設定が工場出荷時に設定されています。 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 1. ダイナミック 2. 標準 3. 映画 4. ユーザー調整 LCD ディスプレイの調整ユーザー調整 オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す ることができます。 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 コントラスト コントラストを調整します。 明るさ 輝度を調整します。 シャープネス 画像のシャープネスを調整します。 色の濃さ 画像の色を調整します。 色あい ナチュラルトーンを表示に追加します。 注意 色あいスライダは、入力信号が HDMI, コンポ一ネント または AV の場合にのみ表示され ます。 色温度 色温度を変更できます。個々の色成分もユーザーが調整することができます。 LCD ディスプレイの調整注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 1. オフ 2. 青色系2 3. 青色系1 4. 標準 5. 赤色系1 6. 赤色系2 注意 • 色温度 を 青色系2、青色系1、標準、赤色系1、または 赤色系2 に設定すると、Color Temp. 機能が無効になります。 • 色温度 機能を使用して画像を調整すると、モード は ユーザー調整 モードに変わりま す。 Color Temp. Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。 注意 この機能は、モード が ユーザー調整 に設定され、ダイナミックコントラスト と 色温 度 が オフ の場合に有効になります。 サイズ サイズ は切り替えられます。 PC モード (PC、HDMI [PC タイミング]): 16:9 - 4:3 ビデオ モード (HDMI [ビデオ タイミング]、AV または コンポ一ネント ):16:9 - ズーム 1 - ズーム 2 - 4:3 - 全画面表示 - ユーザー調整 1. 16:9 - 映像を 16:9 ワイド モードに設定します。 2. ズーム 1- 画面上の映像のサイズを拡大します。 3. ズーム 2-「ズーム 1」を超える映像のサイズを拡大します。 LCD ディスプレイの調整4. 4:3 - 映像を 4:3 ノーマル モードに設定します。 5. 全画面表示 - HDMI 720p、1080i、1080p 信号が入力されているときは、入力される画 面が中断されることなく表示されます。 6. ユーザー調整 - 好みに合わせて解像度を変更します。 注意 • 全画面表示 機能を使用しているときでも、仕様を外れる表示を行う一部の外部デバイ スでは画面が途切れる場合があります。 • 全画面表示 は、コンポ一ネント モード では 1080i/p、HDMI モードでは 1080i/p ま たは 720p の場合にのみ有効になります。 • ズーム 1 と ズーム 2 は、HD 信号 (1080i/p、720p または 768p) については無効にな ります。 • ポジション および リセット 機能は ズーム 1 または ズーム 2 モードでのみ使用でき ます。 デジタル NR (Digital Noise Reduction) デジタル ノイズ リダクション機能の オフ/オン を切り替えます。デジタル ノイズ リダ クション機能によって、よりきれいではっきりした画像をお楽しみいただけます。 1. オフ 2. オン 注意 デジタル NR 機能は、解像度によっては使用できない場合があります。 HDMI �しベル DVD またはセットトップボックスが HDMI を経由してテレビに接続されている場合、接続 している外部デバイスによっては、ブラックレベルの上昇、コントラストの低下、変色な どの画質の低下の原因となることがあります。この場合には、HDMI �しベル を設定して テレビの画質を調整してください。 LCD ディスプレイの調整1. 標準 2. 低 注意 PC と HDMI モードの DTV の両方で使用できるタイミングについては、HDMI �しベル が有 効になります。 フィルムモード フィルムモード では、(24 フレームの) 映画で発生することのある不自然な映像のキャ リブレーションを行います。 このモードを有効にすると、動く字幕が正常に表示されないことがあります。 (HDMI モードでは、入力信号がインターレース スキャンの場合にこの機能を使用できま す。プログレッシブ スキャン信号では使用できません) 1. オフ 2. オン PIP 映像 同時画面 画面設定を調整します。 注意 利用できるモード:同時画面 オン 1. コントラスト 画面上の PIP ウィンドウのコントラストを調整します。 2. 明るさ 画面上の PIP ウィンドウの明るさを調整します。 3. シャープネス 画面の PIP ウィンドウのシャープネスを調整します。 LCD ディスプレイの調整ダイナミックコントラスト ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト となるように調整します。 1. オフ 2. オン 注意 この機能は、同時画面 または 省電力 が オン になっているときには無効になります。 ライト調整 エネルギー消費を抑えるため、インバーター ランプを調整します。 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 明るさセンサー 明るさセンサー は、周囲の明るさを検知して、画面の明るさを自動的に調整できるように します。 1. オフ 2. オン 映像リセット 画面の設定をリセットします。 LCD ディスプレイの調整音声 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポーネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 モード LCD ディスプレイには、Hi-Fi ステレオアンプが内蔵されています。 1. 標準 工場出荷時の標準設定にするには [標準] を選択します。 2. 音楽 ミュージック ビデオまたはコンサートを視聴するには [音楽] を選択します。 3. 映画 映画を観るには [映画] を選択します。 4. ニュース ほとんどが会話の番組 (ニュースなど) を視聴するときには、ニュース を選択しま す。 5. ユーザー調整 好みに合わせて設定を調整するには、ユーザー調整 を選択します。 ユーザー調整 好みに合わせて音声設定を調整することができます。 LCD ディスプレイの調整注意 • 調整の際は、音量が 0 に設定されていても音声が鳴ります。 • ユーザー調整 機能を使用して音声の調整を行うと、ユーザー調整 が モード モードに なります。 低音 周波数の低い音声を強調します。 高音 周波数の高い音声を強調します。 バランス 左右のスピーカーの音声バランスを調整できます。 自動音量 放送局による音量レベルの差を小さくします。 1. オフ 2. オン SRS TS XT SRS TS XT は、2 台のスピーカーで 5.1 チャンネルのコンテンツを再生するときの問題を 解決する特許取得済みの SRS 技術です。TruSurround XT は、テレビの内蔵スピーカーな どのスピーカー 2 台で構成される再生システムで、素晴らしい仮想サラウンド音声環境を 実現します。すべてのマルチチャンネル フォーマットと完全な互換性があります。 LCD ディスプレイの調整1. オフ 2. オン 音声選択 同時画面 モードで、プライマリまたはセカンダリ表示のいずれかの音声を有効にします。 注意 同時画面 が オン になっているときに使用できます。 1. 主画面 2. 副画面 スピーカ選択 ホーム シアターに接続してこの製品を使用する場合には、内蔵スピーカーをオフにして、 ホーム シアターの(外部)スピーカーから音声が聞こえるようにします。 1. 内部 音声は 内部 スピーカと 外部 スピーカの両方から出力されますが、音量調整は 内 部 スピーカからの音声に対してのみ行うことができます。 2. 外部 音声が 外部 スピーカからのみ出力されている場合は、音量調整は 外部 スピーカか らの音声についてのみ行うことができます。 サウンド リセット 音声の設定をリセットします。 LCD ディスプレイの調整設定 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポーネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 言語 13 つの言語のいずれかを選択できます。 注意 言語の選択は、OSD の言語にのみ反映されます。コンピュータ上で実行されるソフトウェ アには影響しません。 時刻 時刻設定、スリープ タイマー、タイマー 1/タイマー 2/タイマー 3 、および 休日の管 理 の 4 つの時刻設定からひとつを選択します。 時刻設定 LCD ディスプレイの調整現在の時刻を設定します。 スリープ タイマー 所定の時間が経過したら LCD ディスプレイを自動的にオフにします。 1. オフ 2. 30 3. 60 4. 90 5. 120 6. 150 7. 180 タイマー 1 / タイマー 2 / タイマー 3 LCD ディスプレイを指定した時間にオンまたはオフにするよう設定できます。 注意 • 時刻設定 メニューを使用して時刻を設定した場合にのみ有効です。 • 手動 オプションを使用して、曜日を選択できます。 • 休日 :適用 を選択すると、休日にはタイマーが動作しません。適用しない を選択する と、休日もタイマーが動作します。 休日の管理 • 追加 LCD ディスプレイの調整休日を登録できます。 • 選択した日を削除 選択した休日を削除できます。 注意 • 登録された休日が選択されている場合にのみ有効です。 • 複数の休日を選択して削除できます。 • すべて削除 登録された休日をすべて削除できます。 メニューの背景透明度 OSD の背景の透明度を変更します。 LCD ディスプレイの調整1. 高 2. 中 3. 低 4. 安全ロック PIN の変更 パスワードは変更できます。 プリセットされている LCD ディスプレイのパスワードは「0000」です。 注意 パスワードを忘れた場合には、リモコンの INFO + EXIT + MUTE ボタンを押してパスワー ドを「0000」にリセットします。 ロック これは、OSD をロックして設定状態を維持し、他のユーザーが現在の設定を変更できない ようにする機能です。 省電力 この機能は、省エネのためにユニットの電力消費の調整を行います。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整 不透明画像分割 画像分割 は、各スクリーンが画面全体の一部になるように表示したり、同じ画像を各スク リーンに繰り返し表示できるように接続されたビデオスクリーンのセットです。 画像分割 がオンになっているときには、画像分割 画面の設定を調整することができます。 注意 • 画像分割 の実行中は、サイズ 機能が無効になります。 • 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 • 水平 または 垂直 の分割数が 4 を超える場合には、画質の劣化を防ぐために XGA (1024 x 768) 以上の解像度を使用してくただい。 画像分割 選択したディスプレイの 画像分割 機能のオン/オフを切り替えます。 • オフ • オン フォーマット 分割したスクリーンを表示する フォーマット を選択できます。 • フルモード マージン無しで全画面表示を行います。 • ナチュラルモード  元の縦横比を維持したまま自然な映像を表示します。 LCD ディスプレイの調整水平 水平方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。 15 段階の調整レベル: 1~15. 注意 垂直 が 15 に設定されている場合は、水平 の最大値は 6 になります。 垂直 垂直方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。 15 段階の調整レベル: 1~15. 注意 水平 が 15 に設定されている場合は、垂直 の最大値は 6 になります。 画面の位置 スクリーンを複数の画像に分割できます。分割するときのレイアウトとともに、分割する 画面数を選択できます。 • 画面の位置 でモードを選択します。 • [Display Selection] でディスプレイを選択します。 • 選択したモードの数字を押すと、配置が設定されます。 • 画面は最大 100 個の小画面に分割できます。 LCD ディスプレイの調整注意 5 台以上のディスプレイが接続されている場合には、画質の低下を防ぐために XGA (1024*768) 以上の解像度にすることをお勧めします。 画面保護 画面保護 機能は、静止画が画面上に長時間表示されたときに発生することのある残像を防 止するのに使用します。 注意 この機能は、電源がオフになっているときには使用できません。 ピクセル シフト ピクセル シフト LCD 上のピクセルを水平または垂直方向に動かすこの機能を使用して、画面に残像が発生 するのを防止することができます。 • オフ • オン 水平 画面を水平方向に何ピクセル移動するか設定します。 画像分割は: 0, 1, 2, 3, および 4. 垂直 LCD ディスプレイの調整画面を垂直方向に何ピクセル移動するか設定します。 画像分割は: 0, 1, 2, 3, および 4. 時間 それぞれ、水平または垂直方向の動作を実行する間隔を設定します。 タイマー タイマー 画面焼き付き防止のタイマーを設定することができます。 残像を消去するための処理を開始する場合には、処理は設定された時間行われ、自動的に 完了します。 • オフ • オン モード 画面保護 タイプを変更できます。 • バー • 消しゴム • ピクセル LCD ディスプレイの調整この機能を使用して、各モード セットにおける実行間隔をタイマーに設定します。 時間 設定された間隔の範囲内で、実行する時間を指定します。 バー この機能を使用して、長い黒白の垂直線を動かすことにより、画面上に残像が発生するの を防止します。 消しゴム この機能は、長方形のパターンを動かすことによって画面上に残像が発生するのを防止し ます。 LCD ディスプレイの調整ピクセル この機能は、画面上で多数のピクセルを動かすことによって残像を防止します。 サイドグレー 画面背景のグレーの明るさを選択します。 • オフ • 明るくする • 暗くする 解像度の選択 コンピュータのグラフィックカードの解像度を 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、 1360 x 768 @ 60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定したときに画面が正常に表示されない 場合は、この機能(Resolution Select)を使用して指定した解像度で画面を表示すること ができます。 注意 PC モードでのみ使用可。 1. オフ 2. 1024 X 768 3. 1280 X 768 LCD ディスプレイの調整4. 1360 X 768 5. 1366 X 768 注意 メニューの選択は、画面解像度が 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、1360 x 768 @ 60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定されているときにのみ可能です。 電源オン調整 画面の Power On time(電源がオンになる時間)を調整します。 警告:過電圧を避けるために、Power On time(電源がオンになる時間)を長く設定します。 OSD 回転 OSD の回転 1. ランドスケープ 2. ポートレイト 詳細設定 さらに詳細な設定を行います。 ファン & 温度 ファンの速度と内部の温度を検知して、製品を保護します。 LCD ディスプレイの調整ファン制御 ファン速度設定は、自動または手動のいずれかを選択します。 • 自動 • 手動 ファン速度の設定 ファンの速度を 0 ~ 100 の範囲で設定します。 注意 ファン制御 が 手動 になっているときに使用できます。 温度制御 Nosaka pareizjo ierces iekjo temperatru un apr ķina vlamo temperatru. Pc noklusjuma iercei ir iestatta 77 ˚C temperatra. 注意 • Ja temperatra prsniegs o nordto temperatru, attls tiks aptumots, bet, ja temperatra turpins paaugstinties, ierce automtiski atslgs strvas padevi, lai pasargtu to no prkaranas. • Ieteicam ierces lietoanas temperatra ir 75 - 80 ˚C robe (balstoties uz apkrtjas vides temperatru 40 ˚C). LCD ディスプレイの調整Detaliztai informcijai par darba apstk ļiem, skatiet eit atrodamo sada ļu Specifikcijas”. 注意 • Veicot 温度制御 iestatjuma izmaiņas, opciju ファン制御 ieteicams iestatt uz 自動. 現在の温度 製品の現在の温度を表示します。 自動電源設定 製品の 自動電源設定 の有効/無効を切り替えます。 • オフ • オン 注意 自動電源設定 が オン になっているときには、製品は電源に接続されると直ちにオンにな ります。 LCD ディスプレイの調整ボタン ロック 製品のモニター制御ボタンをロック/ロック解除します。 • オフ • オン 自動補正(ユーザー) 1. 自動カラー補正 色を自動で調整します。 2. リセット 色の設定をリセットします。 注意 PC モードでのみ有効になります。 スタンバイ制御 入力信号が検出されないときに動作するスタンバイ モードを設定します。 • オフ 入力信号が検出されないときには 信号がありません というメッセージが表示されま す。 LCD ディスプレイの調整• オン 入力信号が検出されない場合は省電力モードになります。 • 自動 入力信号が検出されないときには、 - 外部デバイスが接続されているときには省電力モードになります。 - 外部デバイスが接続されていないときには 信号がありません というメッセージが 表示されます。 注意 • PC、DVI、HDMI、または DP(ディスプレイ ポート) モードでのみ有効になります。 • 自動 は HDMI モードでは無効になります。 ランプ スケジュール 指定された時刻に、ユーザー指定の値に明るさを調整します。 OSD ディスプレイ 画面上のメニュー項目の表示/非表示を切り替えます。 ソース OSD • オフ • オン LCD ディスプレイの調整非最適化 OSD モード • オフ • オン OSD 信号なし • オフ • オン MDC OSD • オフ • オン ソフトウェア更新 ソフトウェアの更新を行います。 1. DVI または HDMI などのデジタル信号を使用して製品をコンピュータに接続します。 SW コードから変換された BMP 画像ファイルをクリックします。製品の画面に下に示 すような画像が表示されます。 2. ソフトウェア コードが変換された BMP 画像が画面に表示されている間に、[ソフトウ ェア更新] を選択します。 LCD ディスプレイの調整注意 複数の BMP 画像がある場合は、スライドショーを使用して画面に表示されます。 • スライドショーでの BMP 画像の再生間隔を 1 秒に設定することをお勧めします。 他の再生間隔では、画像を正常に抽出できないことがあります。 • 別の画像 (マウス ポインタなど) が重なっている場合は、BMP 画像を正常に抽出 できないことがあります。 3. 現在のソフトウェア バージョンよりも新しいバージョンが検出された場合は、現在の ソフトウェアをアップグレードするかどうか確認を求められます。<オン> を選択した 場合は、アップグレードが実行されます。 4. ソフトウェア アップグレードの完了後、製品の電源が自動的にオフになってから、オ ンになります。 注意 • これは、DVI、HDMI1 または HDMI2 モードなどのデジタル信号の場合にのみ機能しま す。(入力解像度はパネル解像度と同じにする必要があります。) • HDMI1 および HDMI2 モードでは、PC と TV の両方で使用されるタイミング値は、外部 入力名編集 が PC または DVI PC に設定されている場合にのみサポートされます。 • これは、サイズ が 16:9 に設定されている場合にのみサポートされます。 セットアップをリセット すべての設定値をリセットします。 すべてリセット LCD ディスプレイの調整ディスプレイのすべての設定をリセットします。 マルチコソトロール 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポーネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 マルチコントロール SET に個別の ID を割り当てます。 • ID 設定 SET に固有の ID を割り当てます。 • ID 入力 SET ごとに送信機の機能を選択します。送信機設定に対応する ID を持つ SET のみが 有効になります。 • MDC 接続 MDC 入力を受信するポートを選択します。 • RS232C MDC :RS232C MDC ケーブルを経由して MDC と通信します。 • RJ45 MDC :RJ45 MDC ケーブルを経由して MDC と通信します。 • ネットワーク設定 • IP 設定 :手動, 自動 LCD ディスプレイの調整• IP アドレス :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、IP アドレス を手動で入 力します。 • サブネット マスク :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、サブネット マス ク を手動で入力します。 • ゲートウェイ :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、ゲートウェイ を手動で 入力します。 MagicInfo 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポーネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 注意 • リモコンを使用して、MagicInfo を選択することができます。ただし MagicInfo を十 分に活用するには、別売りの USB キーボードを使用することをお勧めします。 • Device モードの MagicInfo では、外部デバイスを起動中に移動するとエラーの原因と なる場合があります。外部デバイスの設定は、LCD ディスプレイがオンになっていると きにのみ行います。 • ネットワークに使用されている LAN ケーブル(例:ビデオ表示)を外さないでくださ い。外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。ケーブル を外したら、システムを再起動してください。 • USB 機器に使用されている LAN ケーブル (例: ビデオ表示) を外さないでください。 外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。 • 他の入力信号に切り替えるには、MagicInfo の SOURCE ボタンを押します。 • プリセットされている LCD ディスプレイのパスワードは「000000」です。 • サーバー プログラムの Power-On オプションは、LCD ディスプレイの電源が完全にオ フになっている場合にのみ機能します。 LCD ディスプレイのシステムエラーの原因となる場合がありますので、LCD ディスプレ イの終了中に Power-On オプションを使用しないようにしてください。 LCD ディスプレイの調整• MagicInfo を MagicInfo Server プログラムとともに使用するとき:Network モードを 実行します。 • デバイスが LCD ディスプレイに直接接続されているときに MagicInfo を使用している 場合:Device モードを実行します。 • ESC を押して、MagicInfo ウィンドウ画面に直接移動します。 • Windows の画面で MagicInfo を設定するには、キーボードとマウスが必要になります。 • Windows で MagicInfo を設定する方法については、MagicInfo Server のヘルプを参照 してください。 操作中は、AC 電源をオフにしないことを強く推奨します。 • ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、透明チッカーはサポートされていません。 • ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、720*480 (SD) までの動画の画面解像度が サポートされています。 • ドライブ D: には、EWF は適用されません。 • EWF が Enable 状態のときに変更された設定内容を保存するには、その内容を Commit する必要があります。 • Disable、Enable または Commit を選択すると、システムが再起動します。 MagicInfo 1. Select Application - step 1 Windows を軌道したときにコンピュータで実行するアプリケーションを選択できます。 2. Select TCP/IP - step 2 LCD ディスプレイの調整MagicInfo Setup Wizard の step 2 では、TCP/IP の設定を行うためにデスクトップのネ ットワーク設定に移動する必要はありません。MagicInfo のインストールの step 2 のみ を行います。 3. Select Language - step 3 複数の言語を使用するときには、使用する言語を選択することができます。 4. Select Screen Type - step 4 LCD ディスプレイの調整デバイスに適用する回転のタイプを選択できます。 5. Setup Information ユーザーが選択した設定を表示します。 注意 Magicinfo アイコンが通知領域に表示されない場合には、Windows デスクトップで Magicinfo アイコンをダブルクリックしてください。アイコンが表示されます。 LCD ディスプレイの調整トラブルシューティング セルフテスト機能チェック 注意 お問い合わせの前に、以下の項目についてチェックしてください。問題が解決しない場合 には、お客様相談ダイヤルにお問い合わせください。 セルフテスト機能チェック 1. コンピュータと LCD ディスプレイの両方をオフにします。 2. コンピュータの背面からビデオケーブルを取り外します。 3. LCD ディスプレイをオンにします。 ビデオ信号が検出されない場合でも LCD ディスプレイが正常に動作しているときに は、下記の図 (「信号がありません」) が黒色の背景で表示されます。自己テスト モ ードでは、LED 電源インジケータは緑色のままで、画像が画面内を動き回ります。 前の手順を行った後でも LCD ディスプレイ画面に何も映らない場合は、ビデオ コン トローラおよびコンピュータ システムをチェックしてください。LCD ディスプレイは 正常に動作しています。 4. LCD ディスプレイをオフにして、ビデオ ケーブルを接続しなおします。次にコンピュ ータと LCD ディスプレイの両方をオンにします。 警告メッセージ 画面は 1920 x 1080 の解像度でも表示することができます。 ただし、「画面の解像度を 変更するか、現在のモードのままにすることができます」というメッセージが短時間表示 されます。周波数が 85Hz を越える場合には、LCD ディスプレイでは 85Hz を越える周波 数をサポートしていないため、黒色の画面が表示されます。 注意 LCD ディスプレイがサポートしている解像度または周波数については、仕様 > プリセッ ト タイミング モードを参照してください。 メンテナンスと清掃 1) LCD ディスプレイ筐体のメンテナンス 電源コードを抜いてから、柔らかい布で拭き取ります。• ベンゼン、シンナーまたはその他の引火性物質を使 用しないでください。 2) フラットパネルディスプレイ画面のメンテナンス 柔らかい布 (綿ネル) で拭き取ります。 • アセトン、ベンゼンまたはシンナーは使用してはな りません。 (スクリーン表面の傷または劣化の原因となること があります) • これらの物質を使用したことによって発生した損害 は、すべてユーザーの責任となります。 症状と推奨される措置 注意 LCD ディスプレイは、コンピュータから受信した視覚信号を再生します。したがって、コン ピュータまたはビデオカードに問題がある場合には、色彩の異常、ノイズなどのトラブル が発生することがあります。この場合には、まず問題の原因をチェックしてから、お客様 相談ダイヤルまたは販売店にお問い合わせください。 1. 電源コードおよびビデオ ケーブルがコンピュータに正しく接続されているかどうかを チェックします。 2. 起動時にコンピュータからビープ音が 3 回聞こえるかチェックします。 (この場合にはお問い合わせください) 3. ビデオカードを自分でインストールするか PC を組み立てた場合には、アダプタ (ビデ オ) がインストールされているかどうか確認します。 4. ビデオ画面のスキャン速度が 50~ 85Hz の範囲内にあるかどうかチェックします。 (最大解像度を使用しているときは、60 Hz を超えてはなりません) 5. アダプタ (ビデオ) ドライバのインストールに問題がある場合には、コンピュータを セーフ モードで起動して、[Control Panel (コントロール パネル)] -> [System (シ ステム)] -> [Device Manger (デバイス マネージャ)] でディスプレイ アダプタを削 除して、コンピュータを再起動してアダプタ (ビデオ) ドライバを再インストールし ます。 チェックリスト 注意 • 以下の表は、発生する可能性のある問題とその解決方法を示しています。お客様相談ダ イヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確認くださ い。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお問い合 わせください。 インストールに関する問題 注意 LCD ディスプレイのインストールに関連する問題とその解決方法が記載されています。 トラブルシューティングQ: LCD ディスプレイの画面がちらつく。 A: コンピュータと LCD ディスプレイとの間を接続している信号ケーブルが、しっかり と接続されているか確認します。 (コンピュータの接続を参照) 画面に関する問題 注意 LCD ディスプレイの画面に関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: 画面が空白になり、電源インジケータがオフになる。 A: 電源コードをしっかりと接続してから LCD ディスプレイをオンにします。 (コンピュータの接続を参照) Q: "信号がありません」というメッセージ。 A: PC またはビデオ ソースに信号ケーブルがしっかり接続されていることを確認しま す。 (コンピュータの接続を参照) A: PC またはビデオ ソースがオンになっていることを確認します。 Q: "最適なモードが選択されていません」というメッセージ。 A: ビデオ アダプタの最大解像度と周波数を確認します。 A: プリセット タイミング モードのチャートに記載されているデータとこれらの値を比 較します。 Q: 映像が縦に流れる。 A: 信号ケーブルがしっかりと接続されているか確認します。必要に応じて再度接続しま す。 (コンピュータの接続を参照) Q: 画像がはっきりしない。画像がぼやける。 A: Frequency 粗調整 および 微調整 の調整を実行します。 A: すべてのアクセサリ (ビデオ拡張ケーブルなど) を取り外してから再度オンにしま す。 A: 解像度と周波数を推奨の範囲に設定します。 Q: 画像が安定せず、揺れる。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に は、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 Q: 映像にゴーストが発生する。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に トラブルシューティングは、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 Q: 映像が明るすぎる、または暗すぎる。 A: 明るさ と コントラスト を調整します。 (明るさ、コントラスト を参照してください) Q: 画面の色が正しくない。 A: OSD 調整メニューで カラー調整 オプションを調整します。 Q: 暗い影によってカラー画像が歪む。 A: OSD 調整メニューで カラー調整 オプションを調整します。 Q: 白色が正しく表示されません。 A: OSD 調整メニューで カラー調整 オプションを調整します。 Q: 電源インジケータが点滅する。 A: LCD ディスプレイが OSD メモリに変更された設定を保存しています。 Q: 画面が点滅し、電源インジケータが 0.5 ~ 1 秒間隔で点滅します。 A: LCD ディスプレイが電源管理システムを使用しています。キーボードのいずれかのキ ーを押します。 音声に関する問題 注意 音声信号に関する問題とその解決方法を以下に示します。 Q: 音声が聞こえない。 A: LCD ディスプレイの音声入力ポートとサウンドカードの音声出力ポートにオーディオ ケーブルがしっかりと接続されていることを確認します。 (コンピュータの接続を参照) A: 音量レベルをチェックします。 Q: 音量が低すぎる。 A: 音量レベルをチェックします。 A: 音量を最大に調整しても音が小さすぎる場合には、コンピュータのサウンドカードま たはソフトウェアプログラムの音量コントロールをチェックします。 Q: 音量が大きすぎるか小さすぎる。 A: 高音 および 低音 を適切なレベルに調整します。 リモコンに関する問題 注意 リモコンに関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: リモコンのボタンが応答しない。 トラブルシューティングA: バッテリの極性 (+/-) を確認します。 A: バッテリが消耗していないかチェックします。 A: 電源がオンになっているかどうかをチェックします。 A: 電源コードがしっかりと接続されているか確認します。 A: 付近に特殊な蛍光灯またはネオン ランプがないかチェックします。 Q & A Q: 周波数の変更方法は? A: 周波数は、ビデオ カードの再設定によって変更することができます。 注意 ビデオ カードでサポートされている周波数は、使用しているドライバのバージョン によって異なることにご注意ください。(詳細はコンピュータまたはビデオカードの マニュアルを参照してください) Q: 解像度の変更方法は? A: Windows XP: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトッ プの表示とテーマ)] → [Display (画面)] → [Settings (設定)] で解像度を設定し ます。 A: Windows ME/2000: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Settings (設 定)] で解像度を設定します。 * 詳細についてはビデオカードのメーカーにお問い合わせください。 Q: 省電力機能の設定方法は? A: Windows XP: [コントロール パネル] → [デスクトップの表示とテーマ] → [画面] → [スクリー ン セーバー] で、省電力機能を有効にします。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュア ルを参照してください) A: Windows ME/2000: コントロール パネル → 画面 → スクリーンセイバー。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュア ルを参照してください) Q: 筐体/LCD パネルをきれいにしたいのですが? A: 電源コードを抜き、LCD ディスプレイを柔らかい布で洗剤また真水を使って清掃しま す。 洗剤が残ったままにしたり、筐体を傷つけないようにしてください。水が LCD ディ スプレイの中に入らないようにしてください。 トラブルシューティング注意 お客様相談ダイヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確 認ください。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお 問い合わせください。 トラブルシューティング仕様 一般情報 一般情報 モデル名 400TS-3, 460TS-3 LCD パネル サイズ 400TS-3 40.0 インチ / 101 cm 460TS-3 46.0 インチ / 116 cm 表示範囲 400TS-3 885.6(H) mm x 498.15(V) mm 460TS-3 1018.08(H) mm x 572.67 (V) mm 同期 水平 30~ 81 kHz 垂直 56 85 Hz 表示色 16.7 M (true color) 解像度 最適解像度 1920x1080@60Hz 最大解像度 1920x1080@60Hz 最大ピクセル クロック 148.5 MHz (アナログ、デジタル) 電源 この製品は 100~ 240V の電源に対応しています。 標準電圧は国によって異なる場合があるため、製品背面のラベルを確認してくだ さい。 信号コネクタ D-sub(Component), DVI-D In, VCR, HDMI 1/2, RS232C In/Out, DP, DC Out, Stereo Audio In/Out, Audio In(L/R), RJ45, (RS232C, USB, LAN, D-sub out, HDMI out, Audio out → ネットワーク ボックスにスライド) 寸法 (W x H x D) / 重量 400TS-3 973.2 mm x 647.0 mm x 311.0 mm (スタンドを含む) 973.2 mm x 584.4 mm x 128.1 mm (スタンドを除く) ~寸法 (W x H x D) / 重量 27.1 Kg (ネットワーク ボックスあり) 24.8 Kg (ネットワーク ボックスなし) 460TS-3 1104.0 mm x 721.0 mm x 311.0 mm (スタンドを含む) 1104.0 mm x 658.0 mm x 134.0 mm (スタンドを除く) 33.6 Kg (ネットワーク ボックスあり) 31.3 Kg (ネットワーク ボックスなし) VESA 取り付けインターフェイス 600.0 mm x 400.0mm 環境条件 動作時 (ネットワーク ボ ックスあり) 温度:10˚C ~ 40˚C (50˚F ~ 104˚F) 湿度:10~80%、結露しないこと 動作時 (ネットワーク ボ ックスなし) 温度:0˚C ~ 40˚C (32˚F ~ 104˚F) 湿度:10~80%、結露しないこと 記録装置(梱包保存時) 温度:-20˚C ~ 45˚C (-4˚F ~ 113˚F) 湿度:5~95%、結露しないこと プラグ アンド プレイ機能 この LCD ディスプレイは、プラグ & プレイ互換システムにインストールするこ とができます。LCD ディスプレイとコンピュータ システムとのインタラクショ ンによって、最適な操作環境と LCD ディスプレイの設定が行われます。ほとん どの場合、ユーザーが設定の変更を必要としない限り、LCD ディスプレイのイン ストールは自動的に行うことができます。 ドット欠けについて この製品には、1 ppm (百万分の 1) 精度の高度な半導体技術を利用した TFT-LCD パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピクセルが光 って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではなく、使用 上問題になるものではありません。 たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 6,220,800 です。 注意 設計および仕様は事前の通知なしに変更されることがあります。 クラス A(産業用情報通信機器): 販売店および購入されたお客様へのご注意。この装置は、産業用の EMC 要件(クラス A) について登録されており、一般的な家庭環境以外で使用することができます。 PowerSaver この LCD ディスプレイには、PowerSaver と呼ばれる消費電力管理システムが内蔵されて います。このシステムは、LCD ディスプレイが一定時間使用されなかった場合に低消費電 力モードに切り替え、エネルギー消費を節約します。LCD ディスプレイは、キーボードの キーが押されると自動的に通常の動作状態に戻ります。消費電力を押さえるために、必要 仕様ない場合または長時間 LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。 PowerSaver システムは、コンピュータにインストールされた VESA DPM 互換のビデオ カ ードで動作します。お使いのコンピュータにインストールされているソフトウェア ユーテ ィリティを使用して、この機能を設定してください。 PowerSaver 400TS-3 モード 通常動作 省電力モー ド 電源オフ 電源オフ (電源スイッ チ) 電源インジケーター オン 点滅 黄色 オフ 消費電力(一 般) 400TS-3 (ネットワー ク ボックス あり) 270 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット 400TS-3 (ネットワー ク ボックス なし) 193 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット 460TS-3 モード 通常動作 省電力モー ド 電源オフ 電源オフ (電源スイッ チ) 電源インジケーター オン 点滅 黄色 オフ 消費電力(一 般) 460TS-3 (ネットワー ク ボックス あり) 313 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット 460TS-3 (ネットワー ク ボックス なし) 233 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット 注意 • システムの状態または設定が変更された場合は、実際の消費電力が上記の消費電力と異 なる場合があります。 • 電力消費を止めるには、スイッチをオフにするか、背面の電源ケーブルを抜きます。長 時間外出する場合は、電源ケーブルを抜いてください。 • ネットワーク ボックス (別売り) を接続した場合、製品は Energy Star 5.0 仕様準拠 ではなくなります。 プリセット タイミング モード コンピュータから送られてきた信号が以下のプリセット タイミング モードと同じ場合に は、画面は自動的に調整されます。しかし、信号が異なる場合には、電源 LED が点灯して 仕様いても画面に何も映らなくなる場合があります。ビデオ カードのマニュアルを参照して、 以下のように画面を調整してください。 表示モード 水平周波数 (kHz) 垂直周波数 (Hz) ピクセル ク ロック (MHz) 同期極性 (H/ V) IBM、640 x 350 31.469 70.086 25.175 +/- IBM、640 x 480 31.469 59.940 25.175 -/- IBM、720 x 400 31.469 70.087 28.322 -/+ MAC、640 x 480 35.000 66.667 30.240 -/- MAC、832 x 624 49.726 74.551 57.284 -/- MAC、1152 x 870 68.681 75.062 100.000 -/- VESA、640 x 480 37.861 72.809 31.500 -/- VESA、640 x 480 37.500 75.000 31.500 -/- VESA、800 x 600 35.156 56.250 36.000 +/+ VESA、800 x 600 37.879 60.317 40.000 +/+ VESA、800 x 600 48.077 72.188 50.000 +/+ VESA、800 x 600 46.875 75.000 49.500 +/+ VESA、848 x 480 31.020 60.000 33.750 +/+ VESA、1024 x 768 48.363 60.004 65.000 -/- VESA、1024 x 768 56.476 70.069 75.000 -/- VESA、1024 x 768 60.023 75.029 78.750 +/+ VESA、1152 x 864 67.500 75.000 108.000 +/+ VESA、1280 x 768 47.776 59.870 79.500 -/+ VESA、1280 x 960 60.000 60.000 108.000 +/+ VESA、1280 x 1024 63.981 60.020 108.000 +/+ VESA、1280 x 1024 79.976 75.025 135.000 +/+ VESA、1360 x 768 47.712 60.015 85.500 +/+ VESA、1366 x 768 47.712 59.790 85.500 +/+ VESA,1920 x 1080 66.587 59.934 138.500 +/- VESA,1920 x 1080 67.500 60.000 148.500 +/+ 水平周波数 画面の右端から左端を水平につなぐ 1 本の直線を スキャンするのにかかる時間を水平サイクルと言 い、水平サイクルの逆数を水平周波数と言います。 単位: kHz 垂直周波数 蛍光灯と同じように、画面は同じ画像を 1 秒間に 何回も繰り返し表示して、ユーザーに対して映像を 表示しています。この繰り返しの周波数を、垂直周 波数またはリフレッシュ レートと言います。単位: Hz 仕様情報 より良い画質でご覧いただくために コンピュータの解像度と画面の描画頻度(リフレッシュ レート)を以下の説 明に従ってコンピュータ上で調整し、最適な表示をお楽しみください。TFT-LCD に最適な画質でない場合には、画面の画質が不均一になる場合があります。 • 解像度:1920 x 1080 • 垂直周波数 (リフレッシュ レート): 60 Hz この製品には、1 ppm (百万分の 1) 以上の高精度な半導体技術を利用した TFT-LCD パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピク セルが光って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではな く、使用上問題になるものではありません。 • たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 6,220,800 で す。 モニターとパネルの外側を清掃するときには、柔らかい布に少量の水を付け て拭き取ってください。LCD 部分を清掃するときには、力を入れずに拭き取って ください。過剰な力がかかると、キズがつく場合があります。 画質に不満がある場合には、Auto ボタンを押したときに表示される表示画面 の「自動調整 機能」を行って画質を改善できる場合があります。自動調整後も ノイズが発生する場合には、微調整/粗調整 調整機能を使用します。 静止画面を長時間表示し続けると、画像が残ったり画面がぼやけたりする場 合があります。長時間モニターの前から離れるときには、省電力モードにする か、動画のスクリーンセーバーを設定してください。 製品情報(残像について) 残像とは? LCD パネルは、通常の使用 (下記参照) において、残像は発生しません。 通常の条件とは、連続的に変化するビデオパターンとして定義されます。LCD パ ネルが固定されたパターンの状態で、長時間(12時間以上)使用されると、ピク セル内の液晶を動作させる電極の間で若干の電圧の差が生じる場合があります。 電極間の電圧の差が時間とともに増大すると、液晶が曲げられてしまいます。こ のような現象が発生すると、パターンが変化したときに以前のイメージが見える 場合があります。これを防止するために、蓄積した電圧差を解消する必要があり ます。電源オフ、スクリーンセイバー、または省電力モード • 12 時間使用: 電源を 2 時間オフ • PC の表示プロパティの電源管理機能で、モニターの電源をオフにするよう設 定します。 • 可能な場合にはスクリーンセイバーを使用します - スクリーンセイバーは、 単色または動く映像のものをお勧めします。 • 残像防止機能を使用することをお勧めします。 - 詳細な設定手順については、裏ページを参照してください。 定期的に色の組み合わせを変更する 注意 2 つの異なる色の使用 2 つの色情報を 30 分ごとに切り替えます。 • 明るさが極端に異なる文字色と背景色の組み合わせは避けてください。 また、残像が発生する原因となりますのでグレーは使用しないでください。 避けること:明るさが大きく異なる色 (白と黒、灰色) の使用。 情報定期的に文字色を変更する • 明るさの差が少ない明るい色を使用します。 - 周期:文字色と背景色を 30 分間隔で変更 • 30 分ごとに、文字を動かして変更します。 • 画像やロゴを定期的に表示します。 - 周期:ロゴとともに移動するイメージを 4 時間使用するごとに 60 秒表示 します。 • 残像を抑えるのにもっとも効果的な方法は PC を使用していないときにスクリ ーンセイバーが 起動するように設定することです。これらのガイドラインに 従わない場合には、保証内容に影響を与える場合があります。 製品に画面ピクセル機能を使用する • 画面ピクセル機能を使用する - 症状:黒色の点が上下に移動します。 • 画面バー機能を使用する - 症状:黒色の水平/垂直線が上下に移動します。 製品に画面消去機能を使用する 情報• 画面消去機能を使用する - 症状:2 つの垂直なブロックが表示を消していきます。 情報付録 お客様相談ダイヤル 東雲サービスセンター 受付時間 平日(土日祭日を除く)9:00~17:00 ※ ホームページ http://www.samsung.com/jp 住所 〒135-0062 東京都江東区東雲2-6-38 Fax 03-3527-5533 注意 ※ 予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。 用語 ドット ピッチ モニターの画像は、赤色、緑色および青色のドットで構成 されています。ドットの間隔が小さいほど、解像度は高く なります。同じ色の 2 個のドット間の距離を「ドット ピ ッチ」と言います。単位:mm 垂直周波数 ユーザーに対して画像を作成して表示するには、1 秒間当 たり何回も画像を再描画しなければなりません。1 秒当た りのこの繰り返しの回数を、垂直周波数またはリフレッシ ュ レートと言います。単位: Hz 例:同じ光が 1 秒間に 60 回繰り返すときには、60 Hz と なります。 水平周波数 画面の右端から左端を水平につなぐ直線をスキャンするの にかかる時間を、水平サイクルと言います。水平サイクル の逆数を水平周波数と呼びます。単位:kHz インタレース法とノンインタ レース法 画面の水平線を上から下に順番に表示していく方法をノン インタレース法と言い、奇数番目のラインを表示してから 偶数番目のラインを表示する方法をインタレース法と言い ます。ノンインタレース法は、明確な画像にするために多 くのモニターで使用されています。インタレース法は、TV で使用されているものと同じです。 プラグ & プレイ コンピュータとモニターが自動的に情報を交換することに より、ユーザーに最高の画質を提供する機能です。このモ ニターは、プラグ & プレイ機能について国際規格 VESA DDC に対応しています。 解像度 画面の画像を構成するのに使用される水平および垂直方向 のドットの数を、「解像度」と呼びます。この数は、表示 の正確さを示しています。高い解像度では、多くの画像情 報を画面上に表示できるため、複数の作業を実行する場合 に適しています。 例:解像度が 1920 X 1080 の場合、水平方向のドットが 1920 個 (水平解像度)、垂直線 1080 本 (垂直解像度) で 構成されていることを意味します。制限事項 本書の内容は、将来予告なく変更されることがあります。 2010 Samsung Electronics Co., Ltd. All rights reserved. Samsung Electronics Co., Ltd.の文書による許可なしには、いかなる複製も堅く禁じま す。 内容に含まれる誤り、または設置や使用の結果として起こる損害について、Samsung Electronics Co., Ltd.は一切の責任を負いません。 Samsung は Samsung Electronics Co., Ltd.の登録商用です。Microsoft, Windows および Windows NT は、Microsoft Corporation の登録商標です。VESA、DPM および DDC は Video Electronics Standard Association の登録商標です。ENERGY STAR ®の名称とロゴは U.S. Environmental Protection Agency (EPA)の登録商標です。そのほかこの文書に含まれるす べての商品名は、各企業・団体の商標もしくは登録商標です。 本製品は日本国内用として製造、販売しています。日本国外で使用された場合、当社は責 任を負い兼ねます。また、技術相談や、アフターサービスなども国外では行っておりませ んのでご注意ください。 本製品は一般 OA 用として設計・製造されています。一般 OA 用以外の用途で使用される場 合は、保証期間内であっても無償修理の対象外となることがありますのでご注意ください。 TruSurround XT, SRS and the symbol are trademarks of SRS Labs, Inc. TruSurround XT technology is incorporated under license from SRS Labs, Inc. VCCI について この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラス B 情報 技術装置です。この装置は、家庭環境で使用 することを目的としていますが、この装置が ラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあり ます。取扱説明書に従って正しい取り扱いをして 下さい。 付録 SyncMaster 400TS-3, 460TS-3 LCD Display User Manuals The color and the appearance may differ depending on the product, and the specifications are subject to change without prior notice to improve the performance.Safety Instructions Notational Note These safety instructions must be followed to ensure your safety and prevent property damage. Make sure to read the instructions carefully and use the product in the correct manner. Warning / Caution Failure to follow directions noted by this symbol could result in bodily harm or damage to the equipment. Note Prohibited Important to read and understand at all times Do not disassemble Disconnect the plug from the outlet Do not touch Ground to prevent an electric shock Power When not used for extended period of time, set your computer to DPM. If using a screen saver, set it to active screen mode. The images here are for reference only, and are not applicable in all cases (or countries). Shortcut to Anti-Afterimage Instructions Do not use a damaged power cord or plug or a damaged or loose power outlet. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not touch the power plug with wet hands when removing or plugging the plug into the outlet. • Otherwise, this may result in electric shock. Make sure to connect the power cord to a grounded power outlet. • Otherwise, it may result in electric shock or personal injury. Ensure that the power plug is plugged into the power outlet firmly and correctly. • Otherwise, this may result in fire. Do not forcefully bend or pull the power plug and do not place any heavy material on it. • Otherwise, this may result in fire. Do not connect multiple appliances to the same power outlet. • Otherwise, this may cause fire due to overheating. Do not disconnect the power cord while using the product. • Otherwise, this may result in damage to the product due to electric shock. To disconnect the apparatus from the mains, the plug must be pulled out from the mains socket, therefore the mains plug shall be readily operable. • Otherwise, this may cause electric shock or fire. Use only the power cord provided by our company. Do not use the provided power cord of another product. • Otherwise, this may result in fire or electric shock. Connect the power plug to a wall outlet that can be easily reached. • When a problem occurs with the product, you must unplug the power plug to cut the power off completely. You cannot cut the power off completely using only the power button on the product. Installation Be sure to contact an authorized Service Center when installing your monitor in a location with heavy dust, high or low temperatures, high humidity, and exposed to chemical substances and where it operates for 24 hours such as at airports, train stations etc. Failure to do so may cause serious damage to your monitor. Ensure that at least two persons lift and move the product. • Otherwise, it may be dropped and cause personal injury, and/or damage the product. When installing the product in a cabinet or rack, make sure that the front end of the bottom of the product does not project out. • Otherwise, it may fall or cause personal injury. • Use a cabinet or rack of a size appropriate to the product. DO NOT PLACE CANDLES, MOSQUITO REPELLANT, CIGARETTES AND ANY HEATING APPLIANCES NEAR THE PRODUCT. • Otherwise, this may result in fire. Safety Instructions Keep heating appliances as far away from the power cord or the product as possible. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not install it in a badly ventilated location such as a bookcase or closet. • Otherwise, this may result in fire due to an increase in the internal temperature. When putting the product down, make sure to put it down softly. • Otherwise, this may result in damage to the screen display. Do not place the front of the product on the floor. • Otherwise, this may result in damage to the screen display. Ensure that an authorized installation company installs the wall mount. • Otherwise, it may fall and cause personal injury. • Make sure to install the specified wall mount. Install your product in a well ventilated location. Ensure that there is a clearance of more than 4 inches (10 cm) from the wall. • Otherwise, it may result in fire due to an increase in the internal temperature. Bend the outdoor antenna cable downwards at the location where it goes in so that rainwater does not flow in. • If rainwater enters the product, it may result in electric shock or fire. Install the antenna far away from any high voltage cables. • If the antenna touches or falls onto a high voltage cable, it may result in electric shock or fire. Ensure that the packaging vinyl is kept away from children. • Otherwise, it may result in serious harm (suffocation) if children play with it. If the height of your monitor is adjustable, do not place any object or part of your body on the stand when lowering it. • This may cause damage to the product or the person carrying it. Clean When cleaning the monitor case or the surface of the TFT-LCD screen, wipe with a slightly moistened, soft cloth. Safety Instructions Do not spray cleaner directly onto the surface of the product. • Otherwise, this may result in the discoloration and distortion of the structure and the screen surface may peel off. When cleaning the power plug pins or dusting the power outlet, clean it with a dry cloth. • Otherwise, it may result in fire. When cleaning the product, make sure to disconnect the power cord. • Otherwise, it may result in electric shock or fire. When cleaning the product, disconnect the power cord and clean it with a soft, dry cloth. • (Do not use chemicals such as wax, benzene, alcohol, thinner, mosquito repellant, lubricant, or cleaner.) These may change the appearance of the product surface and peel off the indication labels on the product. Since the product housing is easily scratched, make sure to use the specified cloth only. When cleaning the product, do not spray water directly onto the main body of the product. • Ensure that water does not enter the product and that it is not wet. • Otherwise, this may result in electric shock, fire or a malfunction. Others The product is a high voltage product. Do not disassemble, repair or modify the product yourself. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. If the product needs to be repaired, contact a Service Center. If there is a strange smell or a strange sound or smoke is coming from the product, disconnect the power plug immediately and contact a Service Center. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not place this product in a location exposed to moisture, dust, smoke, water, or in a car. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. When you drop the product or the case is broken, turn the power off and disconnect the power cord. Contact a Service Center. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Safety Instructions If thunder or lightning is occurring, do not touch the power cord or antenna cable. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not try to move the monitor by pulling only the wire or the signal cable. • Otherwise, it may fall and result in electric shock, damage to the product or fire due to damage to the cable. Do not lift or move the product back and forwards or right and left while only holding the power cord or signal cables. • Otherwise, it may fall and result in electric shock, damage to the product or fire due to damage to the cable. Make sure that the ventilating opening is not blocked by a table or curtain. • Otherwise, it may result in fire due to an increase in the internal temperature. Do not place any containers containing water, vases, flowerpots, medicines as well as any metal on the product. • If water or a foreign material enters the product, disconnect the power cord and contact a Service Center. • This may result in a product malfunction, electric shock, or fire. Do not use or keep combustible spray or flammable material near the product. • Otherwise, this may result in an explosion or fire. Do not insert any metal, such as chopsticks, coins, pins and steel, or flammable objects, such as matches or paper, inside the product (through the ventilating openings, input and output terminals, etc). • If water or foreign material enters the product, disconnect the power cord and contact a Service Center. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. When using a fixed screen for a long time, an afterimage or stain may occur. • If you are not using your product for a long period of time, put it into sleep mode or use a moving screen saver. Set a resolution and frequency appropriate to the product. • Otherwise, your eyesight may be damaged. When using headphones or earphones, do not turn the volume too high. • Having the sound too loud may damage your hearing. Safety Instructions To avoid eyestrain, do not sit too close to the product. Take a rest for at least five (5) minutes after using the monitor for one (1) hour. This reduces eye fatigue. Do not install it in an unstable location such as an unstable rack or uneven surface or a location exposed to vibrations. • Otherwise, it may fall and cause personal injury and/or damage the product. • If you use the product in a location exposed to vibrations, it may damage the product and result in fire. When moving the product, turn the power off and disconnect the power plug, antenna cable, and all the cables connected to the product. • Otherwise, it may result in electric shock or fire. Ensure that children do not hang onto the product or climb up onto the product. • The product may fall and cause personal injury or death. If you do not use the product for a long period of time, disconnect the power cord from the power outlet. • Otherwise, this may result in overheating or fire due to dust, and may result in fire due to electric shock or leakage. Do not place any heavy items or toys or confectionery, such as cookies etc. that may attract the attention of children and to the product. • Your children may hang onto the product causing it to fall and this may result in personal injury or death. Be careful that children do not place the battery in their mouths when removed from the remote control. Place the battery in a location that children or infants cannot reach. • If children have had the battery in their mouths, consult your doctor immediately. When replacing the battery, insert it with the right polarity (+, -). • Otherwise, the battery may become damaged or it may cause fire, personal injury or damage due to leakage of the internal liquid. Use only the specified standardized batteries, and do not use a new battery and a used battery at the same time. • Otherwise, the batteries may be damaged or cause fire, personal injury or damage due to a leakage of the internal liquid. Safety Instructions The batteries (and rechargeable batteries) are not ordinary refuse and must be returned for recycling purposes. The customer is responsible for returning the used or rechargeable batteries for recycling. • The customer can return used or rechargeable batteries to a nearby public recycling center or to a store selling the same type of the battery or rechargeable battery. Do not place the product in a location exposed to direct sunlight or near any heat such as a fire or heater. • This may reduce the lifetime of the product, and may result in fire. Do not drop any objects onto the product or cause any impact to the product. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not use a humidifier near the product. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. When there is a gas leak, do not touch the product or the power plug; ventilate immediately. • If a spark occurs, it may cause an explosion or fire. If the product has been turned on for a long time, the display panel becomes hot. Do not touch it. Keep the small accessories in a location out of the reach of children. Be careful when adjusting the angle of the product or the height of the stand. • This may result in personal injury as your hand or fingers may become caught. • Also, if you tilt the product too far, it may fall and cause personal injury. Do not install the product in a location low enough for children to reach. • Otherwise, it may fall and result in personal injury. • Since the front part of the product is heavy, install the product on a level and stable surface. Do not put any heavy objects on the product. • This may result in personal injury and/or damage to the product. Safety InstructionsIntroduction Package Contents Checking the Contents of the Package Remove the lock from the package box, as shown in the figure above. Lift up the package box by holding the grooves on both sides of the package box. Check the contents of the package. Remove the Styrofoam and vinyl cover. Note • After unpacking the package, make sure to check the contents of the package. • Store the packaging box in case you need to move the Product later. • If any items are missing, contact your dealer. • Contact a local dealer to purchase optional items. Unpacking LCD DisplayManuals Quick Setup Guide Warranty Card (Not available in all locations) User's Guide Cables Power Cord D-Sub Cable USB Cable Others Remote Control (BP59-00138B) Batteries (AAA X 2) (Not available in all locations) Sold separately Semi Stand KIT LAN Cable RGB to BNC Cable RGB to COMPONENT Cable Network Box IntroductionSold separately Wall Mount KIT TV Tuner box RS232C Cable Note • Accessories that can be purchased with the product vary by country. Your LCD Display The color and the appearance may differ depending on the product, and the specifications are subject to change without prior notice to improve the performance. Front MENU button [MENU] Opens the on-screen menu and exits from the menu. Also use to exit the OSD menu or return to the previous menu. Navigate buttons (Up-Down buttons) Moves from one menu item to another vertically or adjusts selected menu values. Adjust buttons (Left-Right buttons) / Volume buttons Moves from one menu item to another horizontally or adjusts selected menu values. When OSD is not on the screen, press the button to adjust volume. ENTER button [ENTER] Activates a highlighted menu item. SOURCE button [SOURCE] Switches from PC mode to Video mode. Selects the input source that an external device is connected to. [PC] → [DVI] → [AV] → [Component] → [HDMI1] → [HDMI2] → [DisplayPort] → [MagicInfo] →[TV] Note • The [RGB/COMPONENT IN] port is compatible with RGB (PC) and Component signals. IntroductionHowever, the picture may display abnormally if the connected external input signal is different from the selected video signal. • MagicInfo can only be enabled when a network box is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. D.MENU button Opens the on-screen D.MENU. Note The D.MENU button is activated when a TV tuner is connected and otherwise, the PIP button is enabled. PIP button Push the PIP button to turn the PIP screen On / Off. Power button [ ] Use this button for turning the LCD Display on and off. Brightness Sensor Automatically detects the surrounding brightness. Power indicator Shows PowerSaver mode by blinking green Note See PowerSaver described in the manual for further information regarding power saving functions. For energy conservation, turn your LCD Display OFF when it is not needed or when leaving it unattended for long periods. Remote Control Sensor Aim the remote control towards this spot on the LCD Display. Rear Note See the "Connections" section for details about cable connections. The LCD Display's configuration at the back may vary slightly depending on the model. Introduction POWER S/W ON [ I ] / OFF Switches the LCD Display On/Off. POWER The power cord plugs into the LCD Display and the wall outlet. TOUCH SCREEN USB HUB Connects to a network box (sold separately) or PC in order to use the touchscreen. To use the touchscreen, install the touchscreen driver. RGB/COMPONENT IN (PC/COMPONENT Connection Terminal (Input)) • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the RGB port on the PC using the D-SUB cable. • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the COMPONENT port on the external device using the RGB to COMPONENT cable. • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the BNC port on the PC using the RGB to BNC cable. DVI IN (PC Video Connection Terminal) Connect the [DVI IN] port on the monitor to the DVI port on the PC using the DVI cable. RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN (PC/DVI/ DP/HDMI Audio Connection Terminal (Input)) Connect the [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] terminal of the monitor and the speaker output terminal of your computer's so und card using a stereo cable (sold separately). DP IN Receives a signal from the Display port. Connect a DP cable to [DP IN] on the product and DP IN on another display. IntroductionAV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L] Connect the [AV/COMPONENT AUDIO IN [RAUDIO-L]] port on the monitor to the audio output port on the PC or on the external device using an audio cable. AV IN Connect the [AV IN] terminal of your monitor to the video output terminal of the external device using a VIDEO cable. AUDIO OUT Connect a headphone or an External speaker. DC OUT Make sure to use connecting [DC OUT] terminal to the authorized TV-Tuner Box[SBB_DTC/ ZA]. Otherwise, this may result in damage to the product. HDMI IN 1 • Connect the [HDMI IN 1] terminal at the back of your LCD Display to the HDMI terminal of your digital output device using a HDMI cable. • Up to HDMI 1.3 can be supported. Note • A normal external device (DVD player or camcorder, etc.) or a TV tuner box can be connected to the [HDMI IN 1] terminal. • To use a TV tuner box, make sure to connect it to the [HDMI IN 1] terminal. HDMI IN 2 (MAGICINFO) • Connect the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal at the back of your LCD Display to the HDMI terminal of your digital output device using a HDMI cable. • Up to HDMI 1.3 can be supported. Note To use MagicInfo, the network box specified separately by Samsung must be installed inside Introductionthe product and the MagicInfo output of the network box must be connected to the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal. For more information on how to purchase and install a network box, contact Samsung Electronics. RJ 45 MDC (MDC PORT) MDC(Multiple Display Control) Program Port Connect the LAN cable to [RJ45 MDC] on the product and LAN on the PC. To use an MDC, the MDC Program must be installed on the PC. Note Go to Multi Control and select RJ45 MDC as the MDC Connection. RS232C OUT/IN (RS232C Serial PORT) MDC(Multiple Display Control) Program Port Connect a serial cable (cross type) to [RS232C] on the product and RS232C on the PC. To use an MDC, the MDC Program must be installed on the PC. Note Go to Multi Control and select RS232C MDC as the MDC Connection. Kensington Lock slot A Kensington Lock is an anti-theft device that enables users to lock the product so that they can safely use it in public locations. Since the shape and usage of the locking device may differ depending on the model and the manufacturer, for more information, refer to the User Manual supplied with the locking device for more information. Note You must purchase the Kensington Lock separately. To lock the product, follow these steps: 1. Wrap the Kensington lock cable around a large, stationary object such as a desk or chair. Introduction2. Slide the end of the cable with the lock attached through the looped end of the Kensington lock cable. 3. Insert the Kensington Lock into the security slot ( ) on the back of the display. 4. Lock the lock ( ). Note • These are general instructions. For exact instructions, see the User Manual supplied with the locking device. • You can purchase the locking device from an electronics store, an online shop, or our service Center. Connecting a Network Box (sold separately) RGB OUT MagicInfo video output port MAGICINFO OUT It can be used by connecting it to the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal using a DP to HDMI cable. LAN (LAN Connection Terminal) Connects to a LAN cable to allow Internet or network access in MagicInfo mode. Connecting a Network Box (sold separately) USB (USB Connection Terminal) Keyboard / Mouse, Mass Storage Device Compatible. AUDIO OUT Connect a headphone or an External speaker. RS232C (RS232C Serial PORT) Serial port Connecting a Network Box (sold separately) Introduction POWER Connect the [POWER] terminal of the product and the [POWER] terminal of the monitor using a power extension cable. POWER Connects to a mains socket via the power cord. POWER S/W ON [ I ] / OFF Turns the network box on or off. Note • See the "Connections" section for details about cable connections. • The power switches of both of the monitor and the network box must be turned on for the network box to operate normally. Remote Control Note The performance of the remote control may be affected by a TV or other electronic device operating near the LCD Display, causing a malfunction due to interference with the frequency. POWER OFF Number Buttons DEL / GUIDE button + VOL - SOURCE D.MENU TOOLS Up-Down Left-Right buttons INFO The Color button and the PC/DVI/HDMI/DP selection button. TTX/MIX MTS/DUAL ENTER/PRE-CH MUTE CH/P TV IntroductionMENU RETURN EXIT MagicInfo POWER Turns the product On. OFF Turns the product Off. Number Buttons Used to enter the password during the OSD adjustment or to use MagicInfo. Press to change the channel. DEL / GUIDE button The "-" button is used to select Digital channels. Electronic Program Guide (EPG) display. Note This button can only be used in TV mode while a TV tuner box (sold separately) is connected. + VOL - Adjusts the audio volume. SOURCE Selects a connected external input source or MagicInfo mode. Press the button to change the input signal SOURCE. Changing the SOURCE is only allowed for external devices that are connected to the LCD Display at the time. D.MENU DTV menu display Note This button can only be used in TV mode while a TV tuner box (sold separately) is connected. TOOLS Use to quickly select frequently used functions. Note This function does not work for this LCD Display. Up-Down Left-Right buttons Moves from one menu item to another horizontally, vertically or adjusts selected menu values. INFO Current picture information is displayed on the upper left corner of the screen. The Color button and the PC/DVI/HDMI/DP selection button. In TV mode, these buttons can be used to configure a list of channels. IntroductionYou can select the PC, DVI, HDMI or DP(DisplayPort) external input directly in a mode other than TV mode. TTX/MIX TV channels provide written information services via teletext. - Teletext Buttons Note This function does not work for this LCD Display. MTS/DUAL MTSYou can select MTS (Multichannel Television Stereo) mode. Audio Type MTS/S_Mode Default FM Stereo Mono Mono Manual Change Stereo Mono ↔ Stereo SAP Mono ↔ SAP Mono DUALSTEREO/MONO, DUAL l / DUAL ll and MONO/NICAM MONO/NICAM STEREO can be operated depending on the broadcasting type by using the DUAL button on the remote control while watching TV. Note Enabled when a TV tuner box is connected. ENTER/PRE-CH This button is used to return to the immediately previous channel. Note Enabled when a TV tuner box is connected. MUTE Pauses (mutes) the audio output temporarily. This is displayed on the lower left corner of the screen. The audio comes back on if MUTE or - VOL + is pressed in the Mute mode. CH/P In TV mode, selects TV channels. Note Enabled when a TV tuner box is connected. TV Allows you to watch an analogue or digital TV. Note Enabled when a TV tuner box is connected. MENU Opens the on-screen menu and exits from the menu or closes the adjustment menu. Introduction RETURN Returns to the previous menu. EXIT Exits from the menu screen. MagicInfo MagicInfo Quick Launch Button. Note Enabled when a Network box is connected. User Installation Guide Note • Be sure to call an installation expert of Samsung Electronics to install the product. • The warranty becomes invalid if the product is installed by someone other than a professional authorized by Samsung Electronics. • A Samsung Electronics service center can provide details. Tilt Angle and Rotation 1 2 1. The product can be tilted up to 15 degrees from a vertical wall. 2. To use the product in portrait mode, rotate it clockwise so that the LED indicator is at the bottom. Ventilation requirement 1. Vertical wall mount condition IntroductionA : min. 40 mm B: Ambient temperature Measuring point < 35°C • When installing the product onto a vertical wall, be sure there is a 40 mm space or more behind the product for ventilation, as shown above, and maintain the ambient temperature at 35°C or lower. Note A Samsung Electronics service center can provide details. 2. Embedded Mount guide A : min. 40 mm B : min. 70 mm C : min. 50 mm D : min. 50 mm E : Ambient temperature Measuring point < 35°C • When embedding the product in a wall, be sure there is some space behind the product for ventilation, as shown above, and maintain the ambient temperature at 35°C or lower. Note A Samsung Electronics service center can provide details. Introduction3. Floor mount guide A : min. 50 mm B: Ambient temperature Measuring point < 20°C • When embedding the product in the floor, be sure there is a 50 mm space or more behind the product for ventilation, as shown above, and maintain the ambient temperature at 20°C or lower. Note A Samsung Electronics service center can provide details. Mechanical Layout (400TS-3) Introduction(460TS-3) Installation VESA Bracket • When installing VESA, make sure to comply with the international VESA standards. • Purchasing VESA Bracket and Installation Information : Please contact your nearest SAMSUNG Distributor to place an order. After your order is placed, installation professionals will visit you and install the bracket. • At least 2 persons are needed in order to move the LCD Display. • SAMSUNG is not responsible for any product damage or any injury caused by installation at customer's discretion. Dimensions (400TS-3) (460TS-3) IntroductionNotice For securing the bracket on a wall, use only machine screws of 6 mm diameter and 8 to 12 mm length. Accessories (sold separately) • Dimension with welcome board (400TS-3) (460TS-3) Introduction• Dimension with other accessories Wall Bracket Installation • Contact a technician for installing the wall bracket. Introduction• SAMSUNG Electronics is not responsible for any damages to the product or harm to customers when the installation is done by the customer. • This product is for installing on cement walls. The product may not stay in place when installed on plaster or wood. Components Only use the components and accessories shipped with the product. Wall Bracket(1) Hinge(Left 1, Right 1) Plastic Hanger (4) Screw (A)(11) Screw(B) (4) Anchor (11) To mount the product on the wall bracket The shape of the product may vary depending on the model. (The assemblies of the plastic hanger and the screw are the same) 1. Remove the 4 screws on the back of the product. 2. Insert the screw B into the plastic hanger. Notice • Mount the product on the wall bracket and make sure it is properly fixed to the left and right plastic hangers. • Be careful when installing the product on the bracket as fingers can be caught in the holes. • Make sure the wall bracket is securely fixed to the wall, or the product may not stay in place after installation. 3. Tighten the 4 screws in step 2 (plastic hanger + screw B)to the rear holes of the product. Introduction4. Remove safety pin (3) and insert the 4 product holders into the corresponding bracket holes (1). Then place the product(2) so that it is firmly fixed to the bracket. Make sure to re-insert and tighten the safety pin (3) to securely hold the product to the bracket. A - LCD Display B - Wall Bracket C - Wall Wall Bracket Angle Adjustment Adjust the bracket angle to -2° before installing it on the wall. 1. Fix the product to the wall bracket. 2. Hold the product at the top in the center and pull it forward (direction of the arrow) to adjust the angle. Note You can adjust the bracket angle between -2° and 15°. IntroductionMake sure to use the top center, and not the left or the right side of the product to adjust the angle. Remote Control (RS232C) Cable connections interface RS232C(9 pin) pin TxD(No.2) RxD(No.3) GND(No.5) Bits rate 9600 bps Data Bits 8 bit Parity None Stop Bits 1 bit Flow control None Maximum length 15 m (only shielded type) • Pin assignment Pin Signal 1 Data Carrier Detect 2 Received Data 3 Transmitted Data 4 Data Terminal Ready 5 Signal Ground 6 Data Set Ready 7 Request to Send 8 Clear to Send 9 Ring Indicator • RS232C cable IntroductionConnector : 9-pin D-Sub Cable : Cross (reversed) cable -P1- -P1- -P2- -P2- FEMALE Rx Tx Gnd 2 3 5 ---------> <--------- ---------- 3 2 5 Rx Tx Gnd FEMALE • Connecting method Control codes • Get control Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA command type 0 • Set control Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA command type 1 Value • commanding words No. command type command Value range 1 Power control 0x11 0~1 Introduction2 Volume control 0x12 0~100 3 Input source control 0x14 - 4 Screen Mode control 0x18 - 5 Screen Size control 0x19 0~255 6 PIP on/off control 0x3C 0~1 7 Auto adjustment control 0x3D 0 8 Video wall Mode control 0x5C 0~1 9 Safety Lock 0x5D 0~1 - ID should show hexadecimal value of assigned ID, but ID 0 should be 0xFF. - Every communication will be made in hexadecimals and Checksum is the sum of all remainings. If it exceeds two digits,for example, it is 11+FF+01+01=112, discard the number in the first digit like below. example)PowerOn&ID=0 Header command ID DATA Length DATA 1 CheckSum 0xAA 0x11 1 Power Header command ID DATA Length DATA 1 12 0xAA 0x11 1 1 If you want to control every mechanism connected with Serial Cable regardless of its ID, set ID part to "0xFE" and send commands. At the time, each product will follow commands but it will not respond with ACK. • Power Control • Function Personal Computer turns TV / Monitor power ON/OFF. • Get Power ON/OFF Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x11 0 • Set Power ON/OFF Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x11 1 Power Power : Power code to be set on TV / Monitor 1 : Power ON 0 : Power OFF Introduction• Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x11 Power Power : Same as above • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x11 ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Volume Control • Function Personal Computer changes volume of TV / Monitor. • Get Volume Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x12 0 • Set Volume Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x12 1 Volume Volume : Volume value code to be set on TV / Monitor (0 ~ 100) • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x12 Volume Volume : Same as above • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x12 ERR ERR : Error code that shows what occurred error is Introduction• Input Source Control • Function Personal Computer changes input source of TV / Monitor. • Get Input Source Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x14 0 • Set Input Source Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x14 1 Input Source Input Source : Input Source code to be set on TV / Monitor 0x14 PC 0x1E BNC 0x18 DVI 0x0C AV 0x04 S-Video 0x08 Component 0x20 MagicInfo 0x1F DVI_VIDEO 0x30 RF(TV) 0x40 DTV 0x21 HDMI1 0x22 HDMI1_PC 0x23 HDMI2 0x24 HDMI2_PC 0x25 DisplayPort Caution DVI_VIDEO, HDMI1_PC, HDMI2_PC → Get Only In the case of MagicInfo, only possible with models include MagicInfo In the case of TV, only possible with models include TV. • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum Introduction0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x14 Input Source Input Source : Same as above • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x14 ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Screen Mode Control • Function Personal Computer changes "Screen Mode" of TV/Monitor. Cannot be controlled when Video Wall is on. Caution Only works with models include TV. • Get Screen Mode Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x18 0 • Set Picture Size Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x18 1 Screen Mode Screen Mode : Screen Mode code to be set on TV / Monitor 0x01 16 : 9 0x04 Zoom 0x31 Wide Zoom 0x0B 4 : 3 • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x18 Screen Mode Screen Mode : Same as above Introduction• Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x18 ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Screen Size Control • Function Personal Computer recognizes the screen size of TV / Monitor. • Get Screen Size Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x19 0 • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x19 Screen Size Screen Size : Screen Size of TV / Monitor (Range : 0 ~ 255, Unit : Inch) • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x19 ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • PIP ON / OFF Control • Function The PC turns the PIP function of a TV or Monitor ON / OFF. This does not operate in MagicInfo mode. • Get the PIP ON / OFF Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x3C 0 Introduction• Set the PIP ON / OFF Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x3C 1 PIP PIP : The PIP ON / OFF code to set for the TV or Monitor 1 : PIP ON 0 : PIP OFF • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x3C PIP PIP : Same as above • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x3C ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Auto Adjustment Control (PC, BNC Only) • Function Personal Computer controls PC system screen automatically. • Get Auto Adjustment Status None • Set Auto Adjustment Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x3D 1 Auto Adjustment Auto Adjustment : 0x00 (Always) • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum Introduction0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x3D Auto Adjustment • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x3D ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Video Wall Mode Control • Function Personal Computer converts Video Wall Mode of TV / Monitor when Video Wall is ON. Only works with TV / Monitor where Video Wall is on. Does not operate in MagicInfo • Get Video Wall Mode Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x5C 0 • Set Video Wall Mode Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x5C 1 Video Wall Mode Video Wall Mode : Video Wall Mode code to be set on TV / Monitor 1 : Full 0 : Natural • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x5C Video Wall Mode Video Wall Mode : same as above • Nak IntroductionHeader command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x5C ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Safety Lock • Function Personal Computer turns Safety Lock function of TV / Monitor ON / OFF. Can operate regardless of whether power is ON / OFF. • Get Safety Lock Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x5D 0 • Set Safety Lock Enable / Disable Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x5D 1 Safety Lock Safety Lock : Lock code to be set on TV / Monitor 1 : ON 0 : OFF • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x5D Safety Lock Safety Lock : Same as above • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x5D Safety Lock ERR : Error code that shows what occurred error is IntroductionConnections The color and the appearance may differ depending on the product, and the specifications are subject to change without prior notice to improve the performance. Connecting a Computer There are several ways to connect the computer to the monitor. Choose one from the following options. Using the D-sub (Analog) connector on the video card. • Connect the D-sub to the 15-pin, [RGB/COMPONENT IN] port on the back of your LCD Display and the 15 pin D-sub Port on the computer. Using the DVI (Digital) connector on the video card. • Connect the DVI Cable to the [DVI IN] port on the back of your LCD Display and the DVI port on the computer. Using the HDMI (Digital) connector on the video card. • Connect the [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] port on the LCD Display to the HDMI port on the PC using the HDMI cable. Note Select HDMI2 or HDMI1 as an input source when connected to the PC via an HDMI cable. To obtain normal picture and audio from the PC, HDMI2 or HDMI1 must be selected before PC is selected in Edit Name. To enable audio when DVI Device is selected, be sure to establish the connection using step ( ). Connect the Audio cable for your LCD Display to the AUDIO port on the back of the LCD Display. Connect the power cord for your LCD Display to the POWER port on the back of the LCD Display. Turn on the power switch. Note Contact a local SAMSUNG Electronics Service Center to buy optional items. Connecting to a PC to Use the TOUCH SCREEN To use the touch screen function, connect both the D-Sub (or HDMI or HDMI - DVI) cable and USB cable, install the touch screen driver and set the touch screen monitor as "default monitor." Connect the product to a PC depending on the video output supported by the PC. • When the graphics card provides D-Sub (Analog) output • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port of the product to the D-Sub port of your PC with a D-Sub cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Connections• When the graphics card supports DVI (digital) output (via a DVI cable) • Connect the [DVI IN] port of the product to the DVI port on your PC using the DVI cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. • When the graphics card provides HDMI output • Connect the [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] port of the product to the HDMI port on your PC using the HDMI cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Connections• When the graphics card supports DVI (digital) output (via an HDMI-DVI cable) • Connect the [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] port of the product to the DVI port on your PC using the HDMI to DVI cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Note • The multi-touch function is not compatible with Windows Vista 64 bit or Windows 7. • With innovative, highly sensitive touchscreen technology, you don't need to use much force when touching the screen. • Touching the screen with a rough stick or metal object can scratch it. Ensure you use a dedicated stylus. • Any foreign substance, such as dust or moisture, on the screen can cause a touchscreen malfunction. Please wipe the screen and the screen's frame with a soft cloth as often as possible. Connections• In order to prevent breakage, avoid applying excessive force to the screen. • Connect or remove a USB device following the safe installation and removal instructions recommended by Microsoft. If there is any problem with the touch screen function or sound output after a USB device is connected, reconnect the USB cable or change the connection port. Connecting to Other devices Note • AV input devices such as DVD players, VCRs or camcorders as well as your computer can be connected to the LCD Display. For detailed information on connecting AV input devices, refer to the contents under Adjusting Your LCD Display. • The LCD Display 's configuration at the back may vary slightly depending on the LCD Display model. Connecting AV Devices 1. Connect an audio cable to [AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] on the product and the audio port on an external device such as a VCR or DVD player. 2. Connect a video cable to [AV IN] on the product and the video output port on the external device. 3. Then, start the DVD, VCR or Camcorders with a DVD disc or tape inserted. 4. Press SOURCE on the product or remote control and select AV. ConnectionsConnecting to a Camcorder 1. Locate the AV output jacks on the camcorder. They are usually found on the side or back of the camcorder. Connect a video cable between the VIDEO OUTPUT jack on the camcorder and the [AV IN] on the LCD Display . 2. Connect a set of audio cables between the AUDIO OUTPUT jacks on the camcorder and the [AV /COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] on the LCD Display . 3. Press SOURCE on the product or remote control and select "AV". 4. Then, start the Camcorders with a tape inserted. Note The audio-video cables shown here are usually included with a Camcorder. (If not, check your local electronics store.) If your camcorder is stereo, you need to connect a set of two cables. Connecting Using a HDMI Cable Connections1. Connect an HDMI cable to [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] or [HDMI IN 1] on the product and the HDMI output port on a digital device. 2. Press SOURCE on the product or remote control and select "HDMI1 / HDMI2" Note In HDMI mode, only PCM format audio is supported. Connecting Using a DVI to HDMI Cable Connect a DVI-HDMI cable to [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] or [HDMI IN 1] and the DVI output port on the digital device. Connect the red and white jacks of an RCA to stereo (for PC) cable to the same colored audio output terminals of the digital output device, and connect the opposite jack to the [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] terminal of the LCD Display. 3. Press SOURCE on the product or remote control and select "HDMI1 / HDMI2" Connecting a DVD Player ConnectionsConnect a RGB to Component cable between the [RGB/COMPONENT IN] port on the LCD Display and the PR, Y, PB jacks on the DVD player. Connect a set of audio cables between the [AV/COMPONENT AUDIO IN [RAUDIO-L]] on the LCD Display and the AUDIO OUT jacks on the DVD player. Note • Press SOURCE on the product or remote control and select "Component". • Then, start the DVD Player with a DVD disc inserted. • A RGB to component cable is optional. • For an explanation of Component video, consult your DVD manual. Connecting a DTV Set Top (Cable/Satellite) Box Connect a RGB to Component cable between the [RGB/COMPONENT IN] port on the LCD Display and the PR, Y, PB jacks on the Set Top Box. Connect a set of audio cables between the [AV/COMPONENT AUDIO IN [RAUDIO-L]] on the LCD Display and the AUDIO OUT jacks on the Set Top Box. Note • Press SOURCE on the product or remote control and select "Component". • For an explanation of Component video, see your Set Top Box owner's manual. ConnectionsConnecting to an Audio System 1. Connect a set of audio cables between the AUX L, R jacks on the AUDIO SYSTEM and [AUDIO OUT] on LCD Display. Connecting a Network Box (sold separately) Note • Network boxes are sold separately. • For more information on how to purchase and install a network box, contact Samsung Electronics. Connecting the Power Connect the [POWER] terminal of the product and the [POWER] terminal of the installed network box using a power extension cable. Connect the power cord to [POWER] on the network box and mains socket. Turn on the power switch. ConnectionsConnecting to MAGICINFO OUT Connect the [MAGICINFO OUT] terminal of the network box and the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal of the monitor using the DP to HDMI cable. Connecting a LAN Cable Connect the LAN cable between the [LAN] port on the product and the [LAN] port on your PC. ConnectionsConnecting a USB devices You can connect USB devices such as a mouse or keyboard. Connecting to a Network box to Use the TOUCH SCREEN 1. Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Note • With innovative, highly sensitive touchscreen technology, you don't need to use much force when touching the screen. • Touching the screen with a rough stick or metal object can scratch it. Ensure you use a dedicated stylus • Any foreign substance, such as dust or moisture, on the screen can cause a touchscreen malfunction. Please wipe the screen and the screen's frame with a soft cloth as often as possible. • In order to prevent breakage, avoid applying excessive force to the screen. ConnectionsUsing the Software Monitor Driver Note When prompted by the operating system for the monitor driver, insert the CD-ROM included with this monitor. Driver installation is slightly different from one operating system to another. Follow the directions appropriate for the operating system you have. Prepare a blank disk and download the driver Program file at the Internet web site shown here. Internet web site : http://www.samsung.com/ Installing the Monitor Driver (Automatic) 1. Insert CD into the CD-ROM drive. 2. Click "Windows". 3. Choose your monitor model in the model list, then click the "OK" button. 4. If you can see following message window, then click the "Continue Anyway" button. Then click "OK" button (Microsoft ® Windows ® XP/2000 Operating System). Note This monitor driver is certified by Microsoft, and installing it will not damage your system. The certified driver will be posted on Samsung Monitor homepage. http://www.samsung.com/ Installing the Monitor Driver (Manual) Microsoft ® Windows Vista™‚ Operating System 1. Insert your Manual CD into your CD-ROM drive. 2. Click (Start) and "Control Panel". Then, double-click on "Appearance and Personalization". 3. Click "Personalization" and then "Display Settings". 4. Click "Advanced Settings...". 5. Click "Properties" in the "Monitor" tab. If the "Properties" button is deactivated, it means the configuration for your monitor is completed. The monitor can be used as is. If the message "Windows needs..." is displayed, as shown in the figure below, click "Continue". Using the Software Note This monitor driver is under certifying MS logo, and this installation will not damage your system. The certified driver will be posted on Samsung Monitor homepage. 6. Click "Update Driver..." in the "Driver" tab. 7. Check the "Browse my computer for driver software" checkbox and click "Let me pick from a list of device drivers on my computer". 8. Click "Have Disk...” and select the folder (for example, D:\Drive) where the driver setup file is located, and click "OK". Using the Software9. Select the model that matches your monitor from the list of monitor models on the screen, and click "Next". 10. Click "Close" → "Close" → "OK" → "OK" on the following screens displayed in sequence. Microsoft ® Windows ® XP Operating System Using the Software1. Insert CD into the CD-ROM drive. 2. Click "Start" → "Control Panel", then click the "Appearance and Themes" icon. 3. Click "Display" icon and choose the "Settings" tab then click "Advanced...". 4. Click the "Properties" button on the "Monitor" tab and select "Driver" tab. 5. Click "Update Driver..." and select "Install from a list or..." then click "Next" button. 6. Select "Don't search, I will...", then click "Next" and then click "Have disk". Using the Software7. Click the "Browse" button then choose A:(D:\Driver) and choose your monitor model in the model list and click the "Next" button. 8. If you can see the following message window, then click the "Continue Anyway" button. Then click "OK" button. Note This monitor driver is certified by Microsoft, and this installation will not damage your system. The certified driver will be posted on Samsung Monitor homepage. http://www.samsung.com/ 9. Click the "Close" button, then click the "OK" button continually. Using the Software10. Monitor driver installation is completed. Microsoft ® Windows ® 2000 Operating System When you can see "Digital Signature Not Found" on your monitor, follow these steps. 1. Choose "OK" button on the "Insert disk" window. 2. Click the "Browse" button on the "File Needed" window. 3. Choose A:(D:\Driver), then click the "Open" button and then click "OK" button. How to install 1. Click "Start", "Setting", "Control Panel". 2. Double click the "Display" icon. 3. Select the "Settings" tab and click "Advanced Properties" button. 4. Choose "Monitor". Case1 : If the "Properties" button is inactive, it means your monitor is properly configured. Please stop installation Case2 : If the "Properties" button is active, click the "Properties" button, then follow the next steps. 5. Click "Driver" and then click on "Update Driver...", then click on the "Next" button. 6. Choose "Display a list of the known drivers for this device so that I can choose a specific driver", then click "Next" and then click "Have disk". 7. Click the "Browse" button, then choose A:(D:\Driver). 8. Click the "Open" button, then click "OK" button. 9. Choose your monitor model and click the "Next" button. Then click "Next" button. 10. Click the "Finish" button, then the "Close" button. If you can see the "Digital Signature Not Found" window, then click the "Yes" button. Then click the "Finish" button and the "Close" button. Microsoft ® Windows ® Millennium Operating System 1. Click "Start", "Setting", "Control Panel". 2. Double click the "Display" icon. 3. Select the "Settings" tab and click "Advanced Properties" button. Using the Software4. Select the "Monitor" tab. 5. Click the "Change" button in the "Monitor Type" area. 6. Choose "Specify the location of the driver". 7. Choose "Display a list of all the driver in a specific location...", then click "Next" button. 8. Click the "Have Disk" button. 9. Specify A:\(D:\driver), then click "OK" button. 10. Select "Show all devices" and choose the monitor that corresponds to the one you connected to your computer and click "OK". 11. Continue choosing "Close" button and "OK" button until you close the Display Properties dialogue box. Microsoft ® Windows ® NT Operating System 1. Click "Start", "Settings", "Control Panel", and then double-click "Display" icon. 2. In Display Registration Information window, click Settings Tab and then click "All Display Modes". 3. Select a mode that you wish to use (Resolution, Number of Colors and Vertical frequency) and then click "OK". 4. Click "Apply" button if you see the screen working normally after clicking "Test". If the screen is not normal, change to a different mode (lower mode of resolution, Colors or frequency). Note If there is no Mode at All Display Modes, select the level of resolution and vertical frequency by referring to the Preset Timing Modes in the user guide. Linux Operating System To execute X-Window, you need to make the X86Config file, which is a type of system setting file. 1. Press "Enter" at the first and the second screen after executing the X86Config file. 2. The third screen is for setting your mouse. 3. Set a mouse for your computer. 4. The next screen is for selecting a keyboard. 5. Set a Keyboard for your computer. 6. The next screen is for setting your monitor. 7. First of all, set a horizontal frequency for your monitor. (You can enter the frequency directly.) 8. Set a vertical frequency for your monitor. (You can enter the frequency directly.) 9. Enter the model name of your monitor. This information will not affect the actual execution of X-Window. 10. You have finished setting up your monitor. Execute X-Window after setting other requested hardware. Using the SoftwareTouchscreen Installing the Touchscreen Driver 1. Connect the monitor to your PC using the USB cable. 2. Insert the driver installation CD into the CD-ROM drive. 3. Click on "HidSetup". The driver installation will start automatically. (Double-click on the file in the "Touchscreen Driver" folder.) 4. Complete the remaining installation steps according to the instructions displayed on the screen. Note At this point, the driver has been installed and the system will automatically retrieve the driver. However, some computers need to run the following steps to find the new driver: 5, 6, 7. 5. Choose "No, not this time,” and then “Next” (FIG. 1). FIG. (1) 6. The system tells you that you need to find the relevant driver document if the touchscreen is found. Please choose “Install the software automatically (Recommended)” and then “Next” (FIG. 2). FIG. (2) 7. Click "Finish” (FIG.3) to complete the driver update. A taskbar balloon at the bottom, right corner of the screen will read "Found New Hardware" (FIG. 4). Using the SoftwareFIG. (3) FIG. (4) Touchscreen Control PanelInstalling the Driver Double-click the shortcut on the desktop, or go to “Start” -> “All Programs” -> ”IRTouchSystems” - > “TouchScreen Control Panel” (FIG. 5) then open the Control Panel for the touchscreen. FIG. (5) Using the SoftwareGeneral Control Panel Menu FIG. (6) 1. Mapping The control panel can be used to make adjustments or configurations using a USB connection and supports multiple touchscreens connected to the same PC. The panel provides basic information for the touchscreen and allows for calibration. If several touchscreens are mounted on the PC and the status is set to “multi-screens display,” then more than one touchscreen will appear in the Touchscreen List. Use [Mapping] to choose a monitor for each touchscreen before calibrating; otherwise, the touchscreens will not work. Follow these steps to configure the settings for multiple touchscreens: Click ”Mapping” to make a button-mark appear in the center of each monitor in order of priority. Click the center of the button-mark to acknowledge the mounted touchscreen; If you find no information about the touchscreen, press “Esc” or wait for 30 seconds, and then the program will skip the current touchscreen setting and continue automatically to the next one. 2. Calibrate This function is applicable to Single Mode and Dualview Mode. In the list of choices for calibrating the touch screen, click [Calibrate]. If all the red circles change to blue icons after you tap them, the calibration is complete. 3. Region Calibrate This function is applicable to all modes, especially Dual Mode (Horizontal Span or Vertical Span Mode). Steps 1. In "TouchScreen List" of the Touchscreen Control Panel, select "Calibrate of the TouchScreen" and click [Region Calibrate]. 2. Drag the calibration area. It should be larger than 200 x 200. 3. After you finish a four-point calibration, you can touch only the selected area. Follow these steps to calibrate : Select a touchscreen in the information list; when the calibration window appears, click the “Calibrate” button. Finish the calibration by touching the center of the 4 bull’s-eyes in sequence. Press the "Esc” button to exit the calibration. The “ReCalibrate”, “OK” and “Cancel” buttons will appear after the calibration. Select “ReCalibrate” to calibrate again, “OK” to save and exit, or “Cancel” to exit without saving. Using the SoftwareSettings The Settings window is split into 8 areas (FIG. 7): 1. Modes 2. Enable Touch 3. Hide Cursor 4. Enable Double Click 5. Enable Right Click 6. Enable Drag Delay 7. Enable Delay Touch 8. Enable Beep FIG. (7) Modes There are three touch modes : “Click on touch,” “Click on Release,” “Mouse Emulation.” 1. Click on touch A click is recognized when your finger contacts the touchscreen. Note that you cannot drag objects. The touchscreen responds fastest in this mode, which is recommended for big-button applications. 2. Click on Release This is the default mode. A click is recognized when you lift your finger off the screen. This mode allows precise control and is recommended for small-button applications or hyperlinks to web pages such as POS or other web applications. 3. Mouse Emulation Mouse functions are emulated, including left-clicking, moving, unclicking, and dragging. This function is recommended if writing, drawing or dragging map is required. Using the SoftwareOptions 1. Enable Touch Enable (default) or disable the touchscreen. 2. Hide Cursor The mouse cursor is not used in some applications; this function allows you to hide the cursor without disabling the mouse function. This is recommended for big buttons used for playing animation or children educational applications with "Click On Touch" mode. 3. Enable Double Click Double clicking works the same on the touch screen as it does with a mouse. Tap a spot on the screen twice in rapid succession. “Double Click Settings” can be adjusted for optimal double-click performance. “Speed” is set in milliseconds. The higher the value, the longer the effective time interval allowed for double clicks. “Area” (in pixels) is used to either increase or reduce the allowed distance between double clicks. The higher the value (in pixels), the more sensitive the touchscreen is to double clicks. Double-click is supported by the "Click on touch,” “Click on Release,” and "Mouse Emulation" modes. 4. Enable Right Click Enable the right-click function. Press and hold any part of the screen for two seconds. The context menu will appear. The right-click function is available only in Mouse Emulation mode. You may adjust the "Delay” in “Right Click Settings” if you find the context menu appears too soon or late. Note The higher the value, the later the context menu will appear. “Delay” is set in milliseconds. The “area” determines the jitter-range of the touch surface within an error limit (in pixels). The higher the value, the wider the jitter-range. The context menu will remain displayed as long as your finger presses the screen within the range. 5. Enable Drag Delay This function shows the time in milliseconds “Drag Delay” will take to be enabled after the option is clicked. Drag Delay may be adjusted (in milliseconds) to the correct value if an object cannot be precisely selected or if the cursor jitters when you touch the touchscreen. 6. Enable Delay Touch After this function is enabled, the touchscreen will not respond to a quick touch or scratch on the touchscreen. This mode is very useful when you need to press the screen for a while within a specified area. 7. Enable Beep This function enables or disables the beep sound heard from the PC's built-in speaker, and sets the cycle and frequency of the beeps. You can press the [Apply] button to enable the beep feature after choosing [Enable touch] and vice versa. There are three Beep modes: “Beep on touch,” “Beep on Release,” “Both.” 1. Beep on touch : A click is recognized when your finger contacts the touchscreen. 2. Beep on Release : A click is recognized when you lift your finger off the screen. 3. Both : A click is recognized when your finger contacts the touchscreen and again when you lift your finger off the screen. Using the Software4. PC Speaker : After installing the driver, you will hear a beep sound by default when a PC card is started. You can change the cycle and sound of the beep. 5. Sound Card : Sound is heard via the sound card. Note According to the status of the hardware and external factors, you can set the parameters so as to maximize the performance. Uninstalling the Driver Double-click “Control Panel” -> “Add or Remove Programs” (FIG. 8), select “IRTOUCHSYSTEMS TouchScreen Driver”, and click on “Remove” to uninstall the driver. FIG. (8) General touchscreen settings(For reference) Select “Mouse Emulation” mode, and then choose “Enable Touch,” “Send Right Click,” and “Enable Double Click.” For general use, “Enable Delay Touch” is not recommended because it slows the touchscreen's response. The touchscreen will not respond if you quickly tap on or quickly drag your finger on the screen. Using the SoftwareInstallment 1. Enable Double Click Double clicking works the same on the touch screen as it does with a mouse. Tap an object on the screen twice in rapid succession to open the object. “Speed” should be set to 500-550 milliseconds and “Area” to 32 pixels 2. Enable Right Click Enable the right-click function (default). Press and hold any part of the screen for two seconds. The context menu will appear. The right-click function is available only in Mouse Emulation mode. “Delay” should be set to 1000 milliseconds (1 second) and “Area” to 32 pixels. 3. Enable Drag Delay This function shows the time in milliseconds “Drag Delay” will take to be enabled after the option is touched. Drag Delay may be adjusted (in milliseconds) to the correct value if an object cannot be precisely selected or if the cursor jitters when you touch the touchscreen. Installation 1. Insert the installation CD into the CD-ROM drive. 2. Click the MDC System installation Program. Note If the screen for installing the software does not appear, install it using the MDC System execution file in the MDC folder of the CD-ROM. 3. If the installation wizard screen does appear, click "Next." 4. The "License Agreement" screen will appear. Click "Yes." 5. The "Customer Information" window will appear. Register the user information and click "Yes." 6. The "Choose Destination Location" window will appear. Specify the file location to install to and click "Next." Note If the file location is not specified, the Program will be installed in the default file location. 7. The "Start Copying Files" window will appear. Confirm the file location and click "Next." Using the Software MDC(Multiple Display Control)8. The installation progress screen will appear. 9. The "InstallShield Wizard Complete" screen will appear. Click "Finish." Note Select " Launch MDC System" and click "Finish." The MDC Program will immediately be run. 10. If the installation is successfully completed, the quick MDC System execution icon will appear on the desktop. MDC execution icon may not appear depending on specification of computer system or monitor. If that happens, press F5 Key. Installation Problems The installation of MDC can be affected by such factors as the video card, motherboard and the network environment. Uninstall The MDC Program can be removed only by using the "Add or Remove Programs" option of the Windows ® Control Panel. Perform the following steps remove MDC. Select "Setting/Control Panel" on the "Start" menu and then double-click "Add/Delete a Program". Select MDC System from the list and then click the "Add/Delete" button. Using Serial MDC Using Ethernet MDC Using the SoftwareIntroduction A Multiple Display Control (MDC) is an application allowing various displays to be easily and simultaneously operated on a PC. RS-232C, a standard of serial communication, is used for the communication between a PC and a display. Therefore, a serial cable should be connected between the serial port on a PC and the serial port on a display. Main Screen Click Start > Program > Samsung > MDC System to start the program. Select a set to see the volume of the selected set within the slider. S e r i a l MDC Main Icons All Remote control Selection Buttons Safety Lock Refresh Port Selection Display Selection Lamp Control Info Grid Option... Control Tools Dropdown Selectors OSD Display 1. Use the main icons to switch into each screen. 2. Allows you to enable or disable the remote control signal receiving function of the display unit. 3. Set the Safety Lock function. When setting the Lock function, you can only operate power and lock buttons on the remote control and set. 4. The setting for the PC Serial Port can change. The original value is COM1. 5. Selects a Lamp adjustment mode. 6. Adjusts the number of LFD IDs and the frequency of search repeats. 7. Defines the range of LFD IDs to display. You can select or deselect the displayed IDs using the Select or Clear button. 8. All of the monitors can be selected or deselected. 9. Selects (Select) or deselects (Clear) LFD IDs displayed by configuring 7 and 8. 10. This searches for monitors. The maximum number is indicated in the Max LFD Id field. 11. Select a display from Display Selection. 12. Use Grid to view brief information on selected display. 13. Use Control Tools to control displays. 14. Switches the OSD function On/Off. - May not be supported depending on the product. The remote control Enable/Disable function operates whether or not the power is On/Off, and this applies to all displays connected to the MDC. However, regardless of the status at the time the MDC is shut down, the remote control signal receiving function of all displays is initialized to Enable when the MDC is closed. Port Selection 1. The Multiple Display Control is originally set to COM1. 2. If any port other than COM1 is used, COM1 through COM4 can be selected in the Port Selection Menu. 3. If the exact port name that is connected to the LCD Display using a serial cable is not selected, communication will be unavailable. 4. The selected port is stored in the program and used for the next program as well. System 1. Click System in the main menu to open the system adjustment screen. Info Grid shows some basic information necessary to System. 1) (Power Status) 2) Input 3) Image Size 4) On Timer 5) Off Timer 2. Selects displays you want to adjust using the Select button or checkboxes. System allows controlling some of the functions of the selected display. 1) Power On/Off - Turns the power of the selected display On/Off. 2) Volume - Controls the volume level of the selected display. It receives the volume value of the selected display from the sets and displays it in the slider. (If you deselect a single display or all displays, the default value 10 will be restored.) 3) (Mute On/Off) - Turns on/off the Mute function of the selected display. When selecting one set at a time, turn on the Mute function for the selected set. The Mute function is disabled automatically when you adjust the volume level. (The values return to the default settings when you undo the selections or choose "Select All".) The Volume Control and Mute features are available only for the displays whose power status is ON. 3. Selects whether to display the menu screen using the OSD Display menu.1) Source OSD - Sets whether the Source OSD will be displayed to indicate when the Source is changed. 2) Not Optimum Mode OSD - Sets whether the Optimum Mode OSD will be displayed to indicate if the current mode is not supported. 3) No Signal OSD - Sets whether the No Signal OSD will be displayed to indicate when there is no signal. 4) MDC OSD - Sets whether the MDC OSD will be displayed to indicate when the settings are changed using the MDC. Input Source 1. Click Input Source of the main icons and the Input Source control screen appears. Selects displays you want to adjust using the Select button or checkboxes. • TV Mode • PC Mode Info Grid shows some basic information necessary to Input Source Control. 1) PC - Changes the Input Source of the selected display to PC. 2) BNC - Changes the Input Source of the selected display to BNC. 3) DVI - Changes the Input Source of the selected display to DVI. 4) TV - Changes the Input Source of the selected display to TV. 5) DTV - Changes the Input Source of the selected display to DTV. 6) AV - Changes the Input Source of the selected display to AV. 7) S-Video - Changes the Input Source of the selected display to S-Video. 8) Component - Changes the Input Source of the selected display to Component. 9) MagicInfo - The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. 10) HDMI1/HDMI2 - Changes the Input Source of the selected display to HDMI. 11) DP - Switches the input source for the selected Display to DP. 12) Channel - Channel arrow appears when the Input Source is TV. HDMI2 may not be supported depending on the product. DP may not be supported depending on the product. TV Source can be selected only in products with TV and controlling channels is allowed only when Input Source is TV. The Input Source Control feature is available only for the displays whose power status is ON. Image Size PC, BNC, DVI, DP 1. Click Image Size of the main icons and the Image Size control screen appears. Info Grid shows some basic information necessary to Image Size Control. 1) ( Power Status) - Shows the power status of the current display. 2) Image Size - Shows the current Image Size of the display in use. 3) Input - Info Grid displays only the displays whose Input Source is PC, BNC, DVI and DP. 4) PC Source - Click Image Size in the main menu to display the PC, BNC, DVI and DP tabs. - The Image Size Control button controls Image Size available for PC, BNC, DVI and DP. 5) Video Source - Using the Image Size adjustment button, you can adjust the Image Size to a value available in the PC, BNC, DVI and DP. DP may not be supported depending on the product. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Image Size Control is available only for the displays for which power status is ON. Image Size TV, AV, S-Video, Component, DVI(HDCP), HDMI1, HDMI2, DTV. 1. Click Image Size of the main icons and the Image Size control screen appears. Info Grid shows some basic information necessary to Image Size Control. 1) To adjust Image Size in TV, AV, S-Video, Component, HDMI1, HDMI2 or DTV mode, click the Video Source tab. Select the display you want to adjust by using the Select button or by checking the checkbox. 2) Info Grid displays only the display having TV, AV, S-Video, Component, HDMI1, HDMI2 or DTV as input source. 3) Switch Image Size of the selected display randomly. 4) The screen modes can only be adjusted when a TV (PAL only) is connected and the Image Size item is set to Auto Wide. HDMI2 may not be supported depending on the product. Custom may not be supported depending on the product. Auto Wide, Zoom1 and Zoom2 are not available for selection when the input signal type for Component and DVI (HDCP) is 720p or 1080i. (The Auto Wide mode is available only for TV, AV, and S-Video.) The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. The Image Size Control feature is available only for the displays whose power status is ON. Time 1. Click Time of the main icons and the Time Control screen appears.Info Grid shows some basic information necessary to Time Control. 1) Set clock - Set the current time for the selected display (PC Time). - To change the current time, first change the PC Time. 2) Timer - Sets up Timer1, Timer2, Timer3 and Holiday Management. 3) Shows whether Timer is activated. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Time Control is available only for the displays for which the power status is ON. Time Setting up Timer and Holiday Management 1. 1. Setting up Timer1, Timer2 and Timer3 1) On Time - Sets the time in hours, in minutes and as AM/PM for turning the selected monitor on. 2) Off Time - Sets the time in hours, in minutes and as AM/PM for turning the selected monitor off. 3) Volume - Selects the volume when the selected monitor is turned on. 4) Source - Selects the external input source that will be displayed when the selected monitor is turned on. 5) Holiday - Applies the Holiday Management function to the Timer. 6) Repeat - Available selections include Once, EveryDay, Mon~Fri, Mon~Sat, Sat~Sun, and Manual. z Once : The Timer goes off only once. z EveryDay : EveryDay: The Timer repeats daily. z Mon~Fri : The Timer repeats from Monday through Friday. z Mon~Sat : The Timer repeats from Monday through Saturday. z Sat~Sun : Sat~Sun: The Timer goes off on Saturday and Sunday. z Manual : Select a day of the week you want the Timer to go off. 2. Setting Holiday Management The Holiday Management function specifies the dates in which the monitor will not be turned on or off by the Timer. 1) Specifies the date. 2) Delete All - Deletes all of the holidays. 3) Add - Adds the specified date. 4) - Deletes the schedule in the selected line. The Holiday Management function can be turned on or off in the Timer setup menu. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Time Control is available only for the displays for which the power status is ON. Only enabled for a TV when Source is set to TV in On Time mode. Only enabled for a model with MagicInfo installed when Source is set to MagicInfo in On Time mode. PIP PIP Size 1. Click PIP of the main icons and the PIP control screen appears. Selects displays you want to adjust using the Select button or checkboxes. Info Grid shows some basic information necessary to PIP Size Control. 1) PIP Size - Shows the current PIP Size of the display in use. 2) OFF - Turns off the PIP of the selected display. 3) Large - Turns on the PIP of the selected display and changes the size to Large. 4) Small - Turns on the PIP of the selected display and changes the size to Small. 5) Double 1 - Turns on the PIP of the selected display and changes the size to Double 1. 6) Double 2 - Turns on the PIP of the selected display and changes the size to Double 2. 7) Double 3 (Picture By Picture) - Turns on the PBP of the selected display and changes the size to Double 3. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. PIP Size can be controlled with turning on the LCD Display power. PIP PIP Source 1. Click PIP of the main icons and the PIP control screen appears.Info Grid shows some basic information necessary to PIP Source Control. 1) PIP Source - PIP Source can be controlled with turning on the LCD Display power. 2) PC - Changes the source of the PIP of the selected display to PC. 3) BNC - Changes the source of the PIP of the selected display to BNC. 4) DVI - Changes the source of the PIP of the selected display to DVI. 5) TV - Changes the source of the PIP of the selected display to TV. 6) DTV - Changes the source of the PIP of the selected display to DTV. 7) AV - Changes the source of the PIP of the selected display to AV. 8) S-Video - Changes the source of the PIP of the selected display to S-Video. 9) Component - Changes the source of the PIP of the selected display to Component. 10) HDMI1/HDMI2 - Changes the source of the PIP of the selected display to HDMI. 11) DP - Switches the PIP Source of the selected Display to DP. HDMI2 may not be supported depending on the product. DP may not be supported depending on the product. Some of the PIP Sources may not be available for selection, depending on the input source type of the Main Screen. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The PIP Control feature is available only for the displays whose power status is ON and the PIP function is set to ON. Settings Picture 1. Click Settings of the main icons and the Settings Control screen appears.Basic information required to adjust the Picture is displayed in the main menu. Settings for the selected monitor will be displayed if one of the connected monitors is selected, and the default settings will be displayed if all monitors are selected by clicking All and Select. If a value is changed in this screen, the current mode will automatically switch to custom mode. 1) Picture - Available only for TV, AV, S-Video, Component, HDMI1, HDMI2, DTV. 2) Contrast - Adjusts Contrast of the selected display. 3) Brightness - Adjusts Brightness of the selected display. 4) Sharpness - Adjusts Sharpness of the selected display. 5) Color - Adjusts Color of the selected display. 6) Tint - Adjusts Tint of the selected display. - Available only for NT. 7) Color Tone - Adjusts the Color Tone for the selected display. 8) Color Temp - Adjusts the Color Temp for the selected display. 9) Brightness Sensor - Adjusts the Brightness Sensor for the selected display. 10) Dynamic Contrast - Adjusts the Dynamic Contrast for the selected display. HDMI2 may not be supported depending on the product. Brightness Sensor may not be supported depending on the product. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. Color Temp is only enabled if the Color Tone is set to Off. The Input source of TV works only on TV model. This feature is available only for the displays whose power status is ON and if no selection is made, the factory default is displayed. Settings Picture PC 1. Click Settings of the main icons and the Settings Control screen appears. Basic information required to adjust settings is displayed. Settings for the corresponding SET will be imported and displayed on the slider if a display ID is selected, and the default settings will be displayed if all display IDs are selected by clicking All and Select. If a value is changed in this screen, the current mode will automatically switch to custom mode. 1) Picture PC - Available only for PC, BNC, DVI and DP. 2) Contrast - Adjusts Contrast of the selected display. 3) Brightness - Adjusts Brightness for the selected display. 4) Red - Adjusts red Color of the selected display. - Available only for NT. 5) Green - Adjusts green Color of the selected display. - Available only for NT. 6) Blue - Adjusts blue Color of the selected display. - Available only for NT. 7) Color Tone - Adjusts the Color Tone for the selected display. 8) Color Temp - Adjusts the Color Temp for the selected display. 9) Brightness Sensor - Adjusts the Brightness Sensor for the selected display. 10) Dynamic Contrast - Adjusts the Dynamic Contrast for the selected display. DP may not be supported depending on the product. Brightness Sensor may not be supported depending on the product. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Color Temp is only enabled if the Color Tone is set to Off. This feature is available only for the displays whose power status is ON and if no selection is made, the factory default is displayed. Settings Audio 1. Click Settings of the main icons and the Settings Control screen appears. Basic information required to adjust Audio is displayed in the display window. Settings for the corresponding SET will be imported and displayed on the slider if a display ID is selected, and the default settings will be displayed if all display IDs are selected by clicking All and Select. If a value is changed in this screen, the current mode will automatically switch to custom mode. 1) Audio - Controls audio settings for all input sources. 2) Bass - Adjusts Bass of the selected display. 3) Treble - Adjusts Treble of the selected display. 4) Balance - Adjusts Balance of the selected display. 5) SRS TS XT - SRS TS XT Sound ON/OFF of the selected display. 6) Sound Select - Select either Main or Sub when PIP is On. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. This feature is available only for the displays whose power status is ON and if no selection is made, the factory default is displayed. Settings Image Lock 1. Click Settings of the main icons and the Settings Control screen appears.Info Grid shows some basic information necessary to Settings Control. 1) Image Lock - Available only for PC, BNC. 2) Coarse - Adjusts Coarse of the selected display. 3) Fine - Adjusts Fine of the selected display. 4) Position - Adjusts Position of the selected display. 5) Auto Adjustment - Self-Adjust to the incoming PC signal. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Settings Control is available only for the displays for which the power status is ON. Maintenance Lamp Control 1. Click on the "Maintenance" icon in the Main Icon column to display the Maintenance screen.An "Info Grid" showing several basic data items appears. 1) Maintenance - Allows the Maintenance Control function for all input sources. 2) Lamp Control - Automatically adjusts the backlight of the selected display at a specified time. The Manual Lamp Control automatically turns off if you adjust using the Auto Lamp Control. - Allows you to adjust the backlight of the selected display regardless of the time. The Auto Lamp Control automatically turns off if you adjust using the Manual Lamp Control. 3) Ambient Light - Detects the ambient light intensity at the designated monitor and automatically adjusts the picture brightness. - You can specify a Reference value and designate a monitor that will automatically determine Lamp Value (the light intensity from the lamp), based on the ambient light intensity. Ambient Light is only supported for models that have a brightness sensor and is only enabled when Ambient Brightness Mode is selected in the Lamp Control menu. Auto Lamp Control and Manual Lamp Control are only enabled when User Control Mode is selected in the Lamp Control menu. The Maintenance Control feature is available only for the displays whose power status is ON. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Maintenance Scroll 1. Click on the "Maintenance" icon in the Main Icon column to display the Maintenance screen.1) Scroll - This function is used to remove the afterimages that occur when a still screen is displayed on the selected display for a long time. 2) Pixel Shift - This allows the screen to be moved finely at the specified time interval. 3) Safety Screen - The Safety Screen function is used to prevent afterimages from occurring when a still screen is displayed on the monitor for a long time. The Interval item is used to set the repetition cycle in hour units and the Time item is used to set the time when the Safety Screen function must be performed. The Type item can be set to Scroll, Pixel, Bar, Eraser, All White, or Pattern. 4) Safety Screen2 - This function is used to prevent afterimages from occurring. There are five (5) types that you can select and control with this function. For the Scroll type, the Time item can be set to 1, 2, 3, 4 or 5. For the Bar and Eraser types, it can be set to 10, 20, 30, 40 or 50. For the All White and Pattern type, it can be set to 1, 5, 10, 20 or 30. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. The Maintenance Control feature is available only for the displays whose power status is ON. Maintenance Video Wall 1. Click on the "Maintenance" icon in the Main Icon column to display the Maintenance screen.1) Video Wall - A Video Wall is a set of video screens that are connected together, so that each screen shows a part of the whole picture or so that the same picture is repeated on each screen. 2) Video Wall Control - Video Wall properties can be configured. 1) On / Off - Turns on/off the Video Wall function of the selected display. 2) Format - The format can be selected to see a divided screen. z Full z Natural 3) Video Wall (Screen divider) - The screen can be divided into. You can select a number of screens with a different layout when dividing. z Select a mode from Screen divider. z Select a display from Display Selection. z The place will be set up by pressing a number in the selected mode. z The maximum number of monitors that can be arranged: Horizontal X Vertical = 100 z Up to 15 monitors can be arranged in a row. The maximum value for Horizontal is 6 if Vertical is set to 15 while the maximum value for Vertical is 6 if Horizontal is set to 15. 4) Viewing Screen Splits - You can view and change the layout of screens using the Screen Divider settings. The range of the Screen Divider setting may differ depending on the model. You may not operate this function in MagicInfo. The Input source of TV works only on TV model. The Maintenance Control function is available only for the displays where the power status is ON. Troubleshooting 1. The display you wish to control does not appear on the System Info Grid - Check the connection of RS232C. (Check if it is properly connected to the Com1 port - Check the displays to see if any of the other displays connected have the same ID. If more than one displays have the same ID, those displays are not properly detected by the program due to data conflict. - For monitors that support a Set ID between 0 to 99, you have to set the Set ID to a value between 0 and 99. Note : Check if the Set ID of the monitor is a value between 0 and 99 (set the value using the Display menu). 2. The display you wish to control does not appear on the other Control Info Grids - Check to see if the display power is ON. (You can check this in System Info Grid) - Check if you can change the input source of the display. 3. The dialogue box appears repeatedly. - Check to see if the display you wish to control is selected. 4. Both On Timer and Off Timer have been set but different time is showing. - Apply current time to synchronize the display clocks. 5. The remote may not function properly when you turn off the remote Function, disconnect the RS-232C cable, or exit the program in an Irregular manner. Rerun the program and turn the remote function again to Restore normal functions. This program may malfunction due to problems in communication circuits or interference from electronic appliances nearby. Settings Value Display In Multiple Display Mode When there are more than one displays connected, the settings values are displayed as follows. 1. No selection: Displays the Factory Default Value. 2. Selected one display: Fetches and displays the settings value for the selected display.3. Selected one display (ID1) and add another display (ID3): The program, which was displaying the settings value of ID 1, fetches and displays the value of ID3. 4. If all sets are selected at the same time by clicking All and Select, the default value will be restored.Introduction Unlike the previous method which used the serial data communication specifications RS-232C, an Ethernet function has been added. Connect the first display device and the PC by entering the IP address. To connect to another display device, use an RS-232C serial cable. Refer to the figure above. Main Screen Click Start > Program > Samsung > MDC System to start the program. Select a set to see the volume of the selected set within the slider. Ehternet MDC Main Icons Lamp Control Add a Device Display Selection Remote Control All Safety Lock Control Tools Fault Device Alert OSD Display 1. Use the main icons to switch into each screen. 2. You can add a device by entering the IP address configured on the monitor. 3. Allows you to enable or disable the remote control signal receiving function of the display unit. 4. Set the Safety Lock function. When setting the Lock function, you can only operate power and lock buttons on the remote control and set. 5. When connecting to the monitor fails, it turns the function that transfers the result through an email on or off. 6. Selects a Lamp adjustment mode. 7. Select a display from Display Selection. 8. All of the monitors can be selected or deselected. 9. Use Control Tools to control displays. 10. Switches the OSD function On/Off. - May not be supported depending on the product. The remote control Enable/Disable function operates whether or not the power is On/Off, and this applies to all displays connected to the MDC. However, regardless of the status at the time the MDC is shut down, the remote control signal receiving function of all displays is initialized to Enable when the MDC is closed. Add a Device 1. Enter the IP address of the monitor to be connected and press the Add button to add the IP address. If you click the OK button, adding the monitor is completed. System 1. Click System in the main menu to open the system adjustment screen. Info Grid shows some basic information necessary to System. 1) (Power Status) 2) Input 3) Image Size 4) On Timer 5) Off Timer 2. Selects displays you want to adjust using the Select All button or checkboxes. System allows controlling some of the functions of the selected display. 1) Power On/Off - Turns the power of the selected display On/Off. 2) Volume - Controls the volume level of the selected display. It receives the volume value of the selected display from the sets and displays it in the slider. (If you deselect a single display or all displays, the default value 10 will be restored.) 3) (Mute On/Off) - Turns on/off the Mute function of the selected display. When selecting one set at a time, turn on the Mute function for the selected set. The Mute function is disabled automatically when you adjust the volume level. (The values return to the default settings when you undo the selections or choose "Select All".) The Volume Control and Mute features are available only for the displays whose power status is ON. 3. Selects whether to display the menu screen using the OSD Display menu. 1) Source OSD - Sets whether the Source OSD will be displayed to indicate when the Source is changed. 2) Not Optimum Mode OSD - Sets whether the Optimum Mode OSD will be displayed to indicate if the current mode is not supported. 3) No Signal OSD - Sets whether the No Signal OSD will be displayed to indicate when there is no signal. 4) MDC OSD - Sets whether the MDC OSD will be displayed to indicate when the settings are changed using the MDC. Network 1) Select or clear all the added devices; or refresh or delete selected devices. 2) The IP Address, ID (Ethernet or Serial), Mac Address and connection status of the connected monitor is displayed. 3) It can automatically check whether DHCP IP is set and then set the IP address. 4) It can automatically or manually set and then apply the IP Address, Subnet and Gateway of the selected monitor. Input Source 1) Click Input Source of the main icons and the Input Source control screen appears. Selects displays you want to adjust using the Select All button or checkboxes. • TV Mode • PC ModeInfo Grid shows some basic information necessary to Input Source Control. 1) PC - Changes the Input Source of the selected display to PC. 2) BNC - Changes the Input Source of the selected display to BNC. 3) DVI - Changes the Input Source of the selected display to DVI. 4) TV - Changes the Input Source of the selected display to TV. 5) DTV - Changes the Input Source of the selected display to DTV. 6) AV - Changes the Input Source of the selected display to AV. 7) S-Video - Changes the Input Source of the selected display to S-Video. 8) Component - Changes the Input Source of the selected display to Component. 9) MagicInfo - The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. 10) HDMI1/HDMI2 - Changes the Input Source of the selected display to HDMI. 11) DP - Switches the input source for the selected display to DP. 12) Channel - Channel arrow appears when the Input Source is TV. HDMI2 may not be supported depending on the product. DP may not be supported depending on the product. The Input Source Control feature is available only for the displays whose power status is ON. TV Source can be selected only in products with TV and controlling channels is allowed only when Input Source is TV. Image Size PC, BNC, DVI, DP 1. Click Image Size of the main icons and the Image Size control screen appears. Info Grid shows some basic information necessary to Image Size Control. 1) ( Power Status) - Shows the power status of the current display. 2) Image Size - Shows the current Image Size of the display in use. 3) Input - Info Grid displays only the displays whose Input Source is PC, BNC, DVI and DP. 4) PC Source - Click Image Size in the main menu to display the PC, BNC, DVI and DP tabs. - The Image Size Control button controls Image Size available for PC, BNC, DVI and DP. 5) Video Source - Click the Video Source tab to control Image Size for respective Input Source. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Image Size Control is available only for the displays for which power status is ON. DP may not be supported depending on the product. Image Size TV, AV, S-Video, Component, DVI(HDCP), HDMI1, HDMI2, DTV 1. Click Image Size of the main icons and the Image Size control screen appears. Info Grid shows some basic information necessary to Image Size Control. 1) To adjust Image Size in TV, AV, S-Video, Component, HDMI1, HDMI2 or DTV mode, click the Video Source tab. Select the display you want to adjust by using the Select All button or by checking the checkbox. 2) Info Grid displays only the display having TV, AV, S-Video, Component, HDMI1, HDMI2 or DTV as input source. 3) Switch Image Size of the selected display randomly. 4) The screen modes can only be adjusted when a TV (PAL only) is connected and the Image Size item is set to Auto Wide. Custom may not be supported depending on the product. Auto Wide, Zoom1 and Zoom2 are not available for selection when the input signal type for Component and DVI (HDCP) is 720p or 1080i. (The Auto Wide mode is available only for TV, AV, and S-Video.) The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. The Image Size Control feature is available only for the displays whose power status is ON.HDMI2 may not be supported depending on the product. Time 1. Click Time of the main icons and the Time Control screen appears. Info Grid shows some basic information necessary to Time Control. 1) Clock Set - Set the current time for the selected display (PC Time). - To change the current time, first change the PC Time. 2) Timer - Sets up Timer1, Timer2, Timer3 and Holiday Management. 3) Shows whether Timer is activated. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Time Control is available only for the displays for which the power status is ON. Time Setting up Timer and Holiday Management 1. Setting up Timer1, Timer2 and Timer3 1) On Time - Sets the time in hours, in minutes and as AM/PM for turning the selected monitor on. 2) Off Time - Sets the time in hours, in minutes and as AM/PM for turning the selected monitor off. 3) Volume - Selects the volume when the selected monitor is turned on. 4) Source - Selects the external input source that will be displayed when the selected monitor is turned on. 5) Holiday - Applies the Holiday Management function to the Timer. 6) Repeat - Available selections include Once, EveryDay, Mon~Fri, Mon~Sat, Sat~Sun, and Manual. z Once : The Timer goes off only once. z EveryDay : EveryDay: The Timer repeats daily. z Mon~Fri : The Timer repeats from Monday through Friday. z Mon~Sat : The Timer repeats from Monday through Saturday. z Sat~Sun : Sat~Sun: The Timer goes off on Saturday and Sunday. z Manual : Select a day of the week you want the Timer to go off. 2. Setting Holiday Management The Holiday Management function specifies the dates in which the monitor will not be turned on or off by the Timer. 1) Specifies the date. 2) Delete All - Deletes all of the holidays. 3) Add - Adds the specified date. 4) - Deletes the schedule in the selected line.The Holiday Management function can be turned on or off in the Timer setup menu. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Time Control is available only for the displays for which the power status is ON. Only enabled for a TV when Source is set to TV in On Time mode. Only enabled for a model with MagicInfo installed when Source is set to MagicInfo in On Time mode. PIP PIP Size 1. Click PIP of the main icons and the PIP control screen appears. Selects displays you want to adjust using the Select All button or checkboxes. Info Grid shows some basic information necessary to PIP Size Control. 1) PIP Size - Shows the current PIP Size of the display in use. 2) OFF - Turns off the PIP of the selected display. 3) Large - Turns on the PIP of the selected display and changes the size to Large. 4) Small - Turns on the PIP of the selected display and changes the size to Small. 5) Double 1 - Turns on the PIP of the selected display and changes the size to Double 1. 6) Double 2 - Turns on the PIP of the selected display and changes the size to Double 2. 7) Double 3 (Picture By Picture) - Turns on the PBP of the selected display and changes the size to Double 3. PIP Size can be controlled with turning on the LCD Display power. The Input source of TV works only on TV model. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. PIP PIP Source 1. Click PIP of the main icons and the PIP control screen appears. Info Grid shows some basic information necessary to PIP Source Control. 1) PIP Source - PIP Source can be controlled with turning on the LCD Display power. 2) PC - Changes the source of the PIP of the selected display to PC. 3) BNC - Changes the source of the PIP of the selected display to BNC. 4) DVI - Changes the source of the PIP of the selected display to DVI. 5) TV - Changes the source of the PIP of the selected display to TV. 6) DTV - Changes the source of the PIP of the selected display to DTV. 7) AV - Changes the source of the PIP of the selected display to AV. 8) S-Video - Changes the source of the PIP of the selected display to S-Video. 9) Component - Changes the source of the PIP of the selected display to Component. 10) HDMI1/HDMI2 - Changes the source of the PIP of the selected display to HDMI. 11) DP - Switches the PIP Source of the selected Display to DP. Some of the PIP Sources may not be available for selection, depending on the input source type of the Main Screen. The PIP Control feature is available only for the displays whose power status is ON and the PIP function is set to ON. HDMI2 may not be supported depending on the product. DP may not be supported depending on the product. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. HDMI2 may not be supported depending on the product. Setting Picture 1. Click Settings of the main icons and the Settings Control screen appears. Basic information required to adjust the Picture is displayed in the main menu. Settings for the selected monitor will be displayed if one of the connected monitors is selected, and the default settings will be displayed if all monitors are selected by clicking All and Select. If a value is changed in this screen, the current mode will automatically switch to custom mode. 1) Picture - Available only for TV, AV, S-Video, Component, HDMI1, HDMI2, DTV. 2) Contrast - Adjusts Contrast of the selected display. 3) Brightness - Adjusts Brightness of the selected display. 4) Sharpness - Adjusts Sharpness of the selected display. 5) Color - Adjusts Color of the selected display. 6) Tint - Adjusts Tint of the selected display. - Available only for NT. 7) Color Tone - Adjusts the Color Tone for the selected display. 8) Color Temp - Adjusts the Color Temp for the selected display. 9) Brightness Sensor - Adjusts the Brightness Sensor for the selected display. 10) Dynamic Contrast - Adjusts the Dynamic Contrast for the selected display. Brightness Sensor may not be supported depending on the product. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. Color Temp is only enabled if the Color Tone is set to Off. The Input source of TV works only on TV model. This feature is available only for the displays whose power status is ON and if no selection is made, the factory default is displayed. HDMI2 may not be supported depending on the product. Setting Picture PC 1. Click Settings of the main icons and the Settings Control screen appears. Basic information required to adjust settings is displayed. Settings for the corresponding SET will be imported and displayed on the slider if a display ID is selected, and the default settings will be displayed if all display IDs are selected by clicking All and Select. If a value is changed in this screen, the current mode will automatically switch to custom mode. 1) Picture PC - Available only for PC, BNC, DVI and DP. 2) Contrast - Adjusts Contrast of the selected display. 3) Brightness - Adjusts Brightness for the selected display. 4) Red - Adjusts red Color of the selected display. - Available only for NT. 5) Green - Adjusts green Color of the selected display. - Available only for NT. 6) Blue - Adjusts blue Color of the selected display. - Available only for NT. 7) Color Tone - Adjusts the Color Tone for the selected display. 8) Color Temp - Adjusts the Color Temp for the selected display. 9) Brightness Sensor - Adjusts the Brightness Sensor for the selected display. 10) Dynamic Contrast - Adjusts the Dynamic Contrast for the selected display. Brightness Sensor may not be supported depending on the product. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Color Temp is only enabled if the Color Tone is set to Off. This feature is available only for the displays whose power status is ON and if no selection is made, the factory default is displayed DP may not be supported depending on the product. Setting Audio 1. Click Settings of the main icons and the Settings Control screen appears. Basic information required to adjust Audio is displayed in the display window. Settings for the corresponding SET will be imported and displayed on the slider if a display ID is selected, and the default settings will be displayed if all display IDs are selected by clicking All and Select. If a value is changed in this screen, the current mode will automatically switch to custom mode. 1) Audio - Controls audio settings for all input sources. 2) Bass - Adjusts Bass of the selected display. 3) Treble - Adjusts Treble of the selected display. 4) Balance - Adjusts Balance of the selected display. 5) SRS TS XT - SRS TS XT Sound ON/OFF of the selected display. 6) Sound Select - Select either Main or Sub when PIP is On. This feature is available only for the displays whose power status is ON and if no selection is made, the factory default is displayed. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Setting Image Lock 1. Click Settings of the main icons and the Settings Control screen appears.Info Grid shows some basic information necessary to Settings Control. 1) Image Lock - Available only for PC, BNC. 2) Coarse - Adjusts Coarse of the selected display. 3) Fine - Adjusts Fine of the selected display. 4) Position - Adjusts Position of the selected display. 5) Auto Adjustment - Self-Adjust to the incoming PC signal. The Maintenance Control feature is available only for the displays whose power status is ON. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Maintenance Lamp Control 1. Click on the "Maintenance" icon in the Main Icon column to display the Maintenance screen.An "Info Grid" showing several basic data items appears. 1) Maintenance - Allows the Maintenance Control function for all input sources. 2) Lamp Control - Automatically adjusts the backlight of the selected display at a specified time. The Manual Lamp Control automatically turns off if you adjust using the Auto Lamp Control. - Allows you to adjust the backlight of the selected display regardless of the time. The Auto Lamp Control automatically turns off if you adjust using the Manual Lamp Control. 3) Ambient Light - Detects the ambient light intensity at the designated monitor and automatically adjusts the picture brightness. - You can specify a Reference value and designate a monitor that will automatically determine Lamp Value (the light intensity from the lamp), based on the ambient light intensity. Ambient Light is only supported for models that have a brightness sensor and is only enabled when Ambient Brightness Mode is selected in the Lamp Control menu. Auto Lamp Control and Manual Lamp Control are only enabled when User Control Mode is selected in the Lamp Control menu. The Maintenance Control feature is available only for the displays whose power status is ON. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Maintenance Scroll 1. Click on the "Maintenance" icon in the Main Icon column to display the Maintenance screen.1) Scroll - This function is used to remove the afterimages that occur when a still screen is displayed on the selected display for a long time. 2) Pixel Shift - This allows the screen to be moved finely at the specified time interval. 3) Safety Screen - The Safety Screen function is used to prevent afterimages from occurring when a still screen is displayed on the monitor for a long time. The Interval item is used to set the repetition cycle in hour units and the Time item is used to set the time when the Safety Screen function must be performed. The Type item can be set to Scroll, Pixel, Bar, Eraser, All White, or Pattern. 4) Safety Screen2 - This function is used to prevent afterimages from occurring. There are five (5) types that you can select and control with this function. For the Scroll type, the Time item can be set to 1, 2, 3, 4 or 5. For the Bar and Eraser types, it can be set to 10, 20, 30, 40 or 50. For the All White and Pattern type, it can be set to 1, 5, 10, 20 or 30. The Maintenance Control feature is available only for the displays whose power status is ON. The Input source of MagicInfo works only on MagicInfo model. The Input source of TV works only on TV model. Maintenance Video Wall 1. Click on the "Maintenance" icon in the Main Icon column to display the Maintenance screen.1) Video Wall - A Video Wall is a set of video screens that are connected together, so that each screen shows a part of the whole picture or so that the same picture is repeated on each screen. 2) Video Wall Control - Video Wall properties can be configured. 1) On / Off - Turns on/off the Video Wall function of the selected display. 2) Format - The format can be selected to see a divided screen. z Full z Natural 3) Video Wall (Screen divider) - The screen can be divided into. You can select a number of screens with a different layout when dividing. z Select a mode from Screen divider. z Select a display from Display Selection. z The place will be set up by pressing a number in the selected mode. z The maximum number of monitors that can be arranged: Horizontal X Vertical = 100 z Up to 15 monitors can be arranged in a row. The maximum value for Horizontal is 6 if Vertical is set to 15 while the maximum value for Vertical is 6 if Horizontal is set to 15. 4) Viewing Screen Splits - You can view and change the layout of screens using the Screen Divider settings. The range of the Screen Divider setting may differ depending on the model. You may not operate this function in MagicInfo. The Input source of TV works only on TV model. The Maintenance Control function is available only for the displays where the power status is ON. Troubleshooting 1. The display you wish to control does not appear on the System Info Grid - Check if the entered IP address is correct and check the connection status of the Ethernet cable. - Check the displays to see if any of the other displays connected have the same ID. If more than one displays have the same ID, those displays are not properly detected by the program due to data conflict. - For monitors that support a Set ID between 0 to 99, you have to set the Set ID to a value between 0 and 99. Note : Check if the Set ID of the monitor is a value between 0 and 99 (set the value using the Display menu). 2. The display you wish to control does not appear on the other Control Info Grids - Check to see if the display power is ON. (You can check this in System Info Grid) - Check if you can change the input source of the display. 3. The dialogue box appears repeatedly. - Check to see if the display you wish to control is selected. 4. Both On Timer and Off Timer have been set but different time is showing. - Apply current time to synchronize the display clocks. 5. The remote may not function properly when you turn off the remote Function, disconnect the Ethernet cable, or exit the program in an Irregular manner. Rerun the program and turn the remote function again to Restore normal functions. This program may malfunction due to problems in communication circuits or interference from electronic appliances nearby. Settings Value Display In Multiple Display Mode When there are more than one displays connected, the settings values are displayed as follows. 1. No selection: Displays the Factory Default Value. 2. Selected one display: Fetches and displays the settings value for the selected display. 3. Selected one display (ID1) and add another display (ID3): The program, which was displaying the settings value of ID 1, fetches and displays the value of ID3. 4. If all sets are selected at the same time by clicking All and Select, the default value will be restored.Adjusting the LCD Display Input Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. Source List Use to select PC, HDMI or other external input sources connected to the LCD Display. Use to select the screen of your choice. 1. PC 2. DVI 3. AV 4. Component 5. HDMI1 - This is deactivated when a TV tuner box is installed. 6. HDMI2 - This is deactivated when a network box is installed. 7. DisplayPort 8. MagicInfo - Enabled if a network box is connected. 9. TV- Enabled if a TV tuner box is connected. Note The [RGB/COMPONENT IN] port is compatible with a PC or component input. However, the picture may not display normally if you select an input source different from the actual connected input source. PIP Note The PIP function is not available when Video Wall is On. When external AV devices such as VCRs or DVDs are connected to the LCD Display, PIP allows you to watch video from those devices in a small window super-imposed on the PC Video signal. (Off/ On) Note • PIP turns off when the LCD Display is switched to an external source. • If you select , , in Size, Position and Transparency will not be activated. PIP Turns the PIP Screen Off/On. • Off • On Source Selects the input source for the PIP. Note • PIP is disabled if the primary screen does not receive a signal. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. Adjusting the LCD Display• PC : DVI, AV, HDMI1, HDMI2, DisplayPort • DVI : PC • AV : PC • HDMI : PC • DisplayPort : PC Size Changes the Size of the PIP window. Position Changes the Position of the PIP window. Transparency Adjusts the Transparency of PIP windows. • High • Medium • Low • Opaque Adjusting the LCD DisplayEdit Name Name the input device connected to the input jacks to make your input source selection easier. VCR / DVD / Cable STB / HD STB / Satellite STB / AV Receiver / DVD Receiver / Game / Camcorder / DVD Combo / DHR / PC / DVI PC / DVI Devices Note • The displayed devices differ depending on the external input mode. • When connecting a PC to the HDMI terminal, set Edit Name to PC. In other cases, set Edit Name to AV. However, since 640x480, 720p (1280x720), and 1080p (1920x1080) are common signals for AV and PC, make sure to set the Edit Name in accordance with the input signal. • When a PC is connected, set Edit Name to DVI PC to enjoy the video and audio from the connected PC. • When an AV device is connected, set Edit Name to DVI Device to enjoy the video and audio from the connected AV device. Source AutoSwitch Settings Turning on the display with Source AutoSwitch On, and the previous video source selection is not active, the display will automatically search the different video input sources for active video. Note • If the display TV source is active (TV tuner connected to the display) the Source AutoSwitch search function becomes inactive. The display will remain in the TV source. • Source AutoSwitch selection and PIP function: If the Source AutoSwitch selection is set to On, the PIP function will not work, the Source AutoSwitch selection must be set to Off, for the PIP feature to work. • When the Source AutoSwitch selection is On, and or the Primary Source Recovery is On, the display power saving mode becomes inactive. • When Primary Source Recovery is On, only the Primary Source and Secondary Source selection are available and they are interchangeable and selectable at will. Refer to PIP > Source for compatible signals for each primary input source. Adjusting the LCD DisplaySource AutoSwitch When the Source AutoSwitch is On, the display video source will automatically be searched for active video. The Primary Source selection will be activated, if the current video source is not recognized. Secondary source selection will become active, if no primary video source is available. If the primary or secondary source is not recognized, the display will search again, if no active video is found the display will show the no-input-signal message. When the Primary Source selection is set to All, the display will search all the video source inputs twice in sequence looking for an active video source, returning back to the first video source in the sequence if no video is found. 1. Off 2. On Primary Source Recovery When Primary Source Recovery is On, only the Primary Source and Secondary Source video source selection will be searched for active video. The Primary Source will be selected if active video is found, if no video is found, the Secondary Source will be selected, if no video is found in Secondary Source again, the no-input-signal is displayed. 1. Off 2. On Primary Source Adjusting the LCD DisplaySpecify Primary Source for the automatic input source. Secondary Source Specify Secondary Source for the automatic input source. Picture [PC / DVI / DisplayPort / MagicInfo Mode] • If connected to a PC, set Edit Name to DVI PC, and enjoy video or audio content saved on the PC. • If connected to an AV device, set Edit Name to DVI Device, and enjoy video or audio content saved on the AV device. Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. Mode Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. Adjusting the LCD Display1. Information Recommended for communicating exact information (e.g. public information). 2. Advertisement Recommended for displaying advertisements (e.g. videos or indoor or outdoor ads). 3. Custom Custom By using the on-screen menus, the contrast and brightness can be changed to your personal preference. Note • By adjusting the picture using the Custom function, MagicBright will change to Custom mode. • Not available when Dynamic Contrast is set to On. 1. Contrast Adjusts the Contrast. 2. Brightness Adjusts the Brightness. 3. Sharpness Adjusts the Sharpness. 4. Gamma Adjust the mid-range brightness (Gamma) for the picture. • Natural • Mode 1 - Sets the picture brighter than Natural. • Mode 2 - Sets the picture darker than Mode1. • Mode 3 - Increases the contrast between dark and bright colors. Adjusting the LCD DisplayColor Tone Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. The Color tones can be changed. 1. Off 2. Cool 3. Normal 4. Warm 5. Custom Note • If you set the Color Tone to Cool, Normal, Warm, or Custom, the Color Temp. function is disabled. • If you set the Color Tone to Off, the Color Control function is disabled • By adjusting the picture using the Color Tone function, Mode will change to Custom mode. Color Control Adjusts individual Red, Green, Blue Color balance. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. 1. Red 2. Green 3. Blue Color Temp. Adjusting the LCD DisplayColor Temp. is a measure of the 'warmth' of the image Colors. Note This function is enabled when Mode is set to Custom, and Dynamic Contrast and Color Tone are Off. Image Lock Image Lock is used to fine-tune and get the best image by removing noise that creates unstable images with jitters and shakiness. If satisfactory results are not obtained using the Fine adjustment, use the Coarse adjustment and then use Fine again. Note Available in PC mode only. Coarse Removes noise such as vertical stripes. Coarse adjustment may move the screen image area. You may relocate it to the Center using the horizontal control menu. Fine Removes noise such as horizontal stripes. If the noise persists even after Fine tuning, repeat it after adjusting the frequency (clock speed). Position Adjusts the screen location horizontally and vertically. Auto Adjustment The values of Fine, Coarse, Position are adjusted automatically. By changing the resolution in the control panel, the auto function is performed. Note Available in PC mode only. Signal Balance This is used to make up for the weak RGB signal transmitted by a long signal cable. Adjusting the LCD Display Note • Not available when Dynamic Contrast is set to On. • Available in PC mode only. Signal Balance Selects either On or Off with the signal balance. Signal Control Note Available when Signal Balance is set to On. 1. R-Gain 2. G-Gain 3. B-Gain 4. R-Offset 5. G-Offset 6. B-Offset Adjusting the LCD DisplaySize The Size can be switched. 1. 16:9 2. 4:3 PIP Picture Adjusts the PIP Screen Settings. Note • Available Modes: PIP On 1. Contrast Adjusts the Contrast of the PIP window on the screen. 2. Brightness Adjusts the Brightness of the PIP window on the screen. 3. Sharpness Adjusts the Sharpness of the PIP window on the screen. 4. Color Adjusts the Color of the PIP window on the screen. Note Only enabled when the PIP input source is AV, HDMI, Component. 5. Tint Adds a natural tone to the PIP window. Adjusting the LCD Display Note The Tint slider is only displayed when PIP input source is HDMI or AV. Dynamic Contrast Dynamic Contrast automatically detects the distribution of the visual signal and adjusts to create an optimum contrast. 1. Off 2. On Note This function is disabled when PIP or Energy Saving is On. Lamp Control Adjusts the inverter lamp in order to reduce energy consumption. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. Brightness Sensor Brightness Sensor detects the ambient light intensity so that the picture brightness can automatically be adjusted. 1. Off 2. On Picture Reset Adjusting the LCD DisplayReset the screen settings. Picture [ AV / HDMI / TV / Component Mode] Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. Mode The LCD Display has four automatic picture settings ("Dynamic", "Standard", "Movie" and "Custom") that are preset at the factory. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. 1. Dynamic 2. Standard 3. Movie 4. Custom Custom By using the on-screen menus, the contrast and brightness can be changed to your personal preference. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. Contrast Adjusting the LCD DisplayAdjusts the Contrast. Brightness Adjusts the Brightness. Sharpness Adjusts the picture Sharpness. Color Adjusts the picture Color. Tint Adds a natural tone to the display. Note The tint slider is only displayed when input source is HDMI, Component or AV. Color Tone The Color tones can be changed. The individual Color components are also user adjustable. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. 1. Off 2. Cool2 3. Cool1 4. Normal 5. Warm1 Adjusting the LCD Display6. Warm2 Note • If you set the Color Tone to Cool2, Cool1, Normal, Warm1, or Warm2, the Color Temp. function is disabled. • By adjusting the picture using the Color Tone function, Mode will change to Custom mode. Color Temp. Color temp. is a measure of the 'warmth' of the image Colors. Note This function is enabled when Mode is set to Custom, and Dynamic Contrast and Color Tone are Off. Size The Size can be switched. PC mode(PC, HDMI[PC Timing ]): 16:9 - 4:3 Video mode (HDMI [Video Timing], AV or Component): 16:9 - Zoom1 - Zoom2 - 4:3 - Screen Fit - Custom 1. 16:9 - Sets the picture to 16:9 wide mode. 2. Zoom 1 - Magnifies the size of the picture on the screen. 3. Zoom 2 - Magnifies the size of the picture more than Zoom 1. 4. 4:3 - Sets the picture to 4:3 normal mode. 5. Screen Fit - Displays the input scenes as they are without any cutoff when HDMI 720p, 1080i, 1080p signals are input. 6. Custom - Changes the resolution to suit the user's preferences. Note • Certain external devices may feed the display an out of spec signal that may cause cutoff even when using the Screen Fit feature. • Screen Fit is enabled for only 1080i/p in Component mode and for 1080i/p or 720p in HDMI mode. Adjusting the LCD Display• Zoom 1 and Zoom 2 are disabled for HD signals (1080i/p, 720p or 768p). • The Position and Reset functions are available in Zoom 1 or Zoom 2 modes. Digital NR (Digital Noise Reduction) Turns the Digital Noise Reduction feature Off/On. The Digital Noise Reduction feature allows you to enjoy clearer and crisper images. 1. Off 2. On Note Digital NR function is not available for all resolutions. HDMI Black Level When a DVD or set-top box is connected to your TV via HDMI, it may cause a degradation in the screen quality, such as an increase in the black level, a low contrast, or discoloration, etc., depending on the external device connected. In this case, adjust the screen quality of your TV by configuring the HDMI Black Level. 1. Normal 2. Low Note For Timing which can be used for both the PC and the DTV in HDMI mode, HDMI Black Level will be activated. Adjusting the LCD DisplayFilm Mode Film Mode calibrates unnatural pictures that may occur in a movie (which is in 24 frames). Moving subtitles may appear corrupted when this mode is enabled. (In HDMI mode, this function is available when the input signal is interlaced scan; it is not available in progressive scan.) 1. Off 2. On PIP Picture Adjusts the PIP Screen Settings. Note Available Modes: PIP On 1. Contrast Adjusts the Contrast of the PIP window on the screen. 2. Brightness Adjusts the Brightness of the PIP window on the screen. 3. Sharpness Adjusts the Sharpness of the PIP window on the screen. Dynamic Contrast Adjusting the LCD DisplayDynamic Contrast automatically detects the distribution of the visual signal and adjusts to create an optimum contrast. 1. Off 2. On Note This function is disabled when PIP or Energy Saving is On. Lamp Control Adjusts the inverter lamp in order to reduce energy consumption. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. Brightness Sensor Brightness Sensor detects the ambient light intensity so that the picture brightness can automatically be adjusted. 1. Off 2. On Picture Reset Reset the screen settings. Sound Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo Adjusting the LCD Display• TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. Mode The LCD Display has a built-in high fidelity stereo amplifier. 1. Standard Selects Standard for the standard factory settings. 2. Music Selects Music when watching music videos or concerts. 3. Movie Selects Movie when viewing movies. 4. Speech Selects Speech when watching a show that is mostly dialog (i.e., news). 5. Custom Selects Custom if you want to adjust the settings according to your personal preferences. Custom The sound settings can be adjusted to suit your personal preferences. Note • You can hear the sound even when sound value is set to 0. • If you adjust sound using Custom function, Mode will turn to Custom mode. Bass Emphasizes low frequency audio. Treble Adjusting the LCD DisplayEmphasizes high frequency audio. Balance Allows you to Adjusts the sound balance between the left and right speakers. Auto Volume Reduces the difference in volume control between broadcasters. 1. Off 2. On SRS TS XT SRS TS XT is a patented SRS technology that solves the problem of playing 5.1 multichannel content over two speakers. TruSurround XT delivers a compelling, virtual surround sound experience through any two-speaker playback system, including internal television speakers. It is fully compatible with all multichannel formats. 1. Off 2. On Sound Select Enable the sound of either the primary or secondary display in PIP mode. Adjusting the LCD Display Note Available when PIP is set to On. 1. Main 2. Sub Speaker Select When you use the product with it connecting to a Home Theater, turn the internal speakers off so you can listen to sound from the Home Theater's (external) speakers. 1. Internal Sound is outputted both from the Internal speaker and the External speakers, but the volume control is only available from the Internal speaker. 2. External When sound is only outputted from the External speakers, the volume control is also only available from the External speakers. Sound Reset Reset the sound settings. Setup Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Adjusting the LCD Display Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. Language You can choose one of 13 languages. Note The language chosen affects only the language of the OSD. It has no effect on any software running on the computer. Time Selects from one of 4 time settings, Clock Set, Sleep Timer, Timer1/Timer2/Timer3 and Holiday Management. Clock Set Current Time Setting. Sleep Timer Turns the LCD Display off automatically at certain times. Adjusting the LCD Display1. Off 2. 30 3. 60 4. 90 5. 120 6. 150 7. 180 Timer1 / Timer2 / Timer3 You can set the LCD display to automatically turn on or off at a specified time. Note • Only enabled when the clock is set using the Clock Set menu. • The Manual option allows you to select a day of the week. • Holiday : When choose Apply, timer is not available on holiday; when choose Don’t apply, timer is available on holiday. Holiday Management • Add You can register holidays. • Delete Selected Adjusting the LCD DisplayYou can delete selected holidays. Note • Only enabled when registered holidays are selected. • More than one holiday can be selected and deleted. • Delete All You can delete all the registered holidays. Menu Transparency Change the transparency of the background of the OSD. 1. High 2. Medium 3. Low 4. Opaque Safety Lock Change PIN The password can be changed. The preset password for the LCD Display is "0000". Adjusting the LCD Display Note If you forgot your password, press the remote buttons INFO + EXIT + MUTE to reset the password to "0000." Lock This is the function that locks the OSD in order to keep the current settings or to prevent others from adjusting the settings. Energy Saving This feature adjusts the power consumption of the unit in order to save energy. 1. Off 2. On Video Wall A Video Wall is a set of video screens connected together, so that each screen shows a part of the whole picture or where the same picture is repeated on each screen. When the Video Wall is on, you can adjust the Video Wall screen setting. Note • When Video Wall is running, the Size functions are not available. • Disabled when PIP is set to On. • When a Horizontal or Vertical split is greater than four, use a resolution of XGA 1024 x 768 or greater to prevent any picture degradation. Video Wall Adjusting the LCD DisplayTurns Off/On the Video Wall function of the selected display Off/On. • Off • On Format The Format can be selected to see a divided screen. • Full Provides a full screen without any margins. • Natural Displays a natural image with the original aspect ratio intact. Horizontal Sets how many parts the screen should be divided horizontally. Fifteen adjustment levels: 1~15. Note If Vertical is set to 15, the maximum value for Horizontal is 6. Vertical Sets how many parts the screen should be divided vertically. Fifteen adjustment levels: 1~15. Adjusting the LCD Display Note If Horizontal is set to 15, the maximum value for Vertical is 6. Screen Position The screen can be divided into several images. A number of screens can be selected with a different layout when dividing. • Select a mode in Screen Position. • Select a display in Display Selection. • The selection will be set up by pressing a number in the selected mode. • The screen can be split into a maximum of 100 sub-screens. Note When more than four displays are connected, we recommend a resolution of XGA (1024 x 768) or greater to prevent any picture degradation. Safety Screen The Safety Screen function is used to prevent afterimages that may appear when a still picture is displayed on the screen over a long time. Note This function is not available when the power is turned off. Pixel Shift Pixel Shift To prevent after-images on the screen, you can use this function to have pixels move on the LCD in the horizontal or vertical direction. • Off Adjusting the LCD Display• On Horizontal Sets how many pixels the screen moves horizontally. Five adjustment levels: 0, 1, 2, 3, and 4. Vertical Sets how many pixels the screen moves vertically. Five adjustment levels: 0, 1, 2, 3, and 4. Time Set the time interval for performing the horizontal or vertical movement, respectively. Timer Timer Adjusting the LCD DisplayYou can set the timer for Screen Burn Protection. If you start the operation to erase any residual image, the operation will be performed for the set period of time and then automatically finish. • Off • On Mode You can change the Safety Screen Type. • Bar • Eraser • Pixel Period Use this function to set the execution period for each mode set in the timer. Time Within the set period of time specify a time for execution. Adjusting the LCD DisplayBar This function prevents after-images on the screen by moving long black and white vertical lines. Eraser This function prevents after-images on the screen by moving a rectangular pattern. Pixel This function prevents after-images by moving many pixels on the screen. Side Gray Select the brightness of the grey for the screen background. • OFF • Light • Dark Adjusting the LCD DisplayResolution Select When the picture is not displayed properly on the screen when setting the graphics card resolution of the computer to 1024 x 768 @ 60Hz, 1280 x 768 @ 60Hz, 1360 x 768 @ 60Hz or 1366 x 768 @ 60Hz, by using this function(Resolution Select), you can have the picture displayed on the screen in the specified resolution. Note Available in PC mode only. 1. Off 2. 1024 X 768 3. 1280 X 768 4. 1360 X 768 5. 1366 X 768 Note Selecting the menu is only allowed when the graphics resolution is set to 1024 x 768 @ 60Hz, 1280 x 768 @ 60Hz, 1360 x 768 @ 60Hz or 1366 x 768 @ 60Hz. Power On Adjustment Adjusts the Power On time for the screen. Caution: Set the Power On time to be longer to avoid overvoltage. Adjusting the LCD DisplayOSD Rotation OSD Rotate 1. Landscape 2. Portrait Advanced Settings Configures the settings more elaborately. Fan & Temperature Protects the product by detecting the fan speed and internal temperature. Fan Control Selects auto or manual for the fan speed settings. • Auto • Manual Fan Speed Setting Sets the fan speed within a range of 0 and 100. Note Enabled when Fan Control is set to Manual. Adjusting the LCD DisplayTemperature Control Detects the product's internal temperature and specifies the desired temperature. The product is set to 77 °C by default. Note • The picture will be dimmed if the temperature exceeds the specified temperature, and the product will automatically power off to prevent overheating if the temperature keeps rising. • It is best to use the product at temperatures 75 - 80 °C (based on ambient temperature of 40 °C). Refer to "Specifications" herein for details about operating conditions. Note • It is best to set Fan Control to Auto when you change the Temperature Control setting. Current Temperature Shows the current temperature of the product. Auto Power Enables or disables Auto Power for the product. • Off • On Adjusting the LCD Display Note When Auto Power is On, the product will power on automatically as soon as it is connected to power. Button Lock Locks or unlocks the monitor control buttons on the product. • Off • On User Auto Color 1. Auto Color Automatically adjusts the Colors. 2. Reset Resets the Color settings. Note Enabled only in PC mode. Standby Control Sets the standby mode, which will be activated when no input signal is detected. Adjusting the LCD Display• Off A message will read No Signal if no input signal is detected. • On Power-saving mode will be activated if no input signal is detected. • Auto When no input signal is detected, - Power-saving mode will be activated if an external device is connected. - A message will read No Signal if no external device is connected. Note • Enabled only in PC, DVI, HDMI, or DP(DisplayPort) mode. • Auto will be disabled in HDMI mode. Lamp Schedule Adjusts the luminance to a user-specified value at a specified time. OSD Display Displays or hides a menu item on the screen. Source OSD • Off • On Adjusting the LCD DisplayNot Optimum Mode OSD • Off • On No Signal OSD • Off • On MDC OSD • Off • On Software Upgrade Performs a software upgrade. 1. Connect the product to a computer via a digital signal such as DVI or HDMI. Click the BMP image file converted from an SW code. The image below will appear on the screen of the product. 2. While a BMP image onto which the software code has been converted is displayed on the screen, select Software Upgrade. Adjusting the LCD Display Note When there are two or more BMP images, they are displayed on the screen using a slideshow. • It is recommended that the playback interval between two BMP images in the slideshow should be one second. The image extraction probability will decrease with other playback intervals. • A BMP image might not be extracted if it is covered by another image (for example, the mouse pointer). 3. If a more recent version than the current software version is detected, you will be asked whether to upgrade the current software. If you select , the upgrade is performed. 4. When the software upgrade is completed, the product is turned off and on automatically. Note • This only operates with a digital signal, such as in DVI, HDMI1, or HDMI2 mode. (The input resolution must be identical to the panel resolution.) • In HDMI1 and HDMI2 modes, the timing values used for both the PC and TV are only supported if the Edit Name is set to PC or DVI PC. • This is only supported if the Size is set to 16:9. Setup Reset Reset all the values for a setting. Reset All Adjusting the LCD DisplayReset all the settings for the display. Multi Control Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. Multi Control Assigns an individual ID to the SET. • ID Setup Assigns distinctive IDs to the SET. • ID Input Use to select the transmitter functions of the individual SET. Only a SET where the ID corresponds to the transmitter setting becomes activated. • MDC Connection Selects a port to receive the MDC inputs from. • RS232C MDC : Communicates with the MDC via a RS232C MDC cable. • RJ45 MDC : Communicates with the MDC via an RJ45 MDC cable. • Network Setting • IP Setting : Manual, Auto • IP Address : Manually enter the IP Address if IP Setting is set to Manual. Adjusting the LCD Display• Subnet Mask : Manually enter the Subnet Mask if IP Setting is set to Manual. • Gateway : Manually enter the Gateway if IP Setting is set to Manual. MagicInfo Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. Note • The remote control can be used to select MagicInfo. However, it is recommended to use a separate USB keyboard to utilize MagicInfo fully. • For MagicInfo in Device mode, moving external devices while booting may cause errors. Set up external devices only if the LCD Display turns on. • Do not unplug the LAN cable used for the network (ex: video display). Otherwise, the Program (MagicInfo) may stop. If you do unplug the cable, restart the system. • Do not unplug the LAN cable used by an USB device (ex: video display). Otherwise, the Program (MagicInfo) may stop. • To access other sources, press the SOURCE button in MagicInfo. • The preset password for the LCD Display is "000000". • The server Program's Power-On option works only if the LCD Display's power is completely shut off. Please make sure not to use the Power-On option when the LCD Display is in the process of shutting down since this may cause system errors on the LCD Display. • When using MagicInfo with the MagicInfo Server Program: perform Network mode. • When using MagicInfo with the device directly connected to LCD Display : execute Device mode. • Press ESC to directly go to the MagicInfo Window screen. • To setup MagicInfo on a Windows screen, a keyboard and mouse are required. • To setup MagicInfo on a Windows screen, refer to the MagicInfo Server Help. Adjusting the LCD DisplayIt is highly recommended not to turn off the AC power during an operation. • For pivoted LCD Displays, ticker transparency is not supported. • For pivoted LCD Displays, a screen resolution of up to 720*480(SD) is supported for movies. • For drive D:, EWF is not applied. • To save Setup contents that have been changed when EWF is in the Enable state, you must Commit them. • By selecting Disable, Enable or Commit, the system is restarted. MagicInfo 1. Select Application - step 1 You can select an Application to be executed in your computer when Windows starts. 2. Select TCP/IP - step 2 Adjusting the LCD DisplayIn step 2 of MagicInfo Setup Wizard, you don’t have to go to Network Setting on the desktop to make your settings for TCP/IP. You just do that at step 2 of MagicInfo installation. 3. Select Language - step 3 When using multiple languages, you can choose and set a specific language among them. 4. Select Screen Type - step 4 You can select which rotation type will be applied to your device. 5. Setup Information Adjusting the LCD DisplayShows the settings that have been selected by the user. Note If the MagicInfo icon is not displayed on the notification area, double click the MagicInfo icon on the window desktop. The icon will appear. Adjusting the LCD DisplayTroubleshooting Self-Test Feature Check Note Check the following items yourself before calling for assistance. Contact a Service Center for problems that you cannot solve by yourself. Self-Test Feature Check 1. Turn off both your computer and the LCD Display. 2. Unplug the video cable from the back of the computer. 3. Turn on the LCD Display. The figure shown below ("No Signal") appears on a black background when the LCD Display is working normally even though no video signal is detected: While in the Self-Test mode, the LED power indicator remains green and the figure moves around on the screen. If your LCD Display screen remains blank after using the previous procedure, check your video controller and computer system; your LCD Display is functioning properly. 4. Turn off your LCD Display and reconnect the video cable; then turn on both your computer and the LCD Display. Warning Messages You can even view the screen at a resolution of 1920 x 1080. However, you will receive the following message for a minute; You can choose to change the screen resolution or stay in the current mode during that time. If the resolution is more than 85Hz, you will see the black screen because the LCD Display does not support over 85Hz. Note Refer to Specifications > Preset Timing Modes for the resolutions or frequencies supported by the LCD Display. Maintenance and Cleaning 1) Maintaining the LCD Display Case. Clean with a soft cloth after disconnecting the power cord.• Do not use benzene, thinner or other flammable substances. 2) Maintaining the Flat Panel Display Screen. Clean with a soft cloth (cotton flannel). • Never use acetone, benzene or thinner. (They may cause flaws or deformation of the screen surface.) • The user is responsible for any damage caused by using these substances. Symptoms and recommended Actions Note A LCD Display recreates visual signals received from the computer. Therefore, if there is a problem with the computer or the video card, this can cause the LCD Display to become blank, have poor Coloring, become noisy, etc. In this case, first check the source of the problem, and then contact a Service Center or your dealer. 1. Check if the power cord and the video cables are properly connected to the computer. 2. Check if the computer beeps more than 3 times when booting. (If it does, request service.) 3. If you installed a new video card or if you assembled the PC, check if you installed the Adaptor (video). 4. Check if the scanning ratio of the video screen is set to between 50 Hz ~ 85 Hz. (Do not exceed 60Hz when using the maximum resolution.) 5. If you have problems in installing the Adaptor (video) driver, boot the computer in Safe Mode, remove the Display Adaptor in the "Control Panel −> System −> Device Administrator" and then reboot the computer to reinstall the Adaptor (video) driver. Check List Note • The following table lists possible problems and their solutions. Before calling for assistance, check the information in this section to see if you can remedy any problems for yourself. If you do need assistance, please call the phone number on the Information section or contact your dealer. Problems related to the Installation Note Problems related to the LCD Display installation and their solutions are listed. Q: The LCD Display screen flickers. A: Check if the signal cable between the computer and the LCD Display is securely connected. Troubleshooting(Refer to Connecting a Computer) Problems related to the Screen Note Problems related to the LCD Display screen and their solutions are listed. Q: The screen is blank and the power indicator is off. A: Ensure that the power cord is firmly connected and the LCD Display is on. (Refer to the Connecting a Computer) Q: "No signal" message. A: Ensure that the signal cable is firmly connected to the PC or video sources. (Refer to the Connecting a Computer) A: Ensure that the PC or video sources are turned on. Q: "Not Optimum Mode" message. A: Check the maximum resolution and the frequency of the video Adaptor. A: Compare these values with the data in the Preset Timing Modes Chart. Q: The picture rolls vertically. A: Check if the signal cable is securely connected. Re-connect it, if necessary. (Refer to Connecting a Computer) Q: The image is not clear; picture is blurred. A: Run Frequency Coarse and Fine tuning. A: Turn on again after removing all accessories (video extension cable, etc.) A: Set the resolution and frequency to the recommended ranges. Q: The picture image is unstable and shakes. A: Check if the resolution and frequency set for the computer video card falls in the range supported by the LCD Display. If not, reset them referring to the current Information under the LCD Display menu and Preset Timing Modes. Q: Ghost images are shown in the picture. A: Check if the resolution and frequency set for the computer video card falls in the range supported by the LCD Display. If not, reset them referring to the current Information under the LCD Display menu and Preset Timing Modes. Q: The image is too light or too dark. A: Adjust the Brightness and Contrast. (Refer to the Brightness, Contrast) Q: The screen Color is inconsistent. A: Adjust the Color Control option in the OSD adjustment menu. TroubleshootingQ: The Color image is distorted by dark shadows. A: Adjust the Color Control option in the OSD adjustment menu. Q: The Color white is poor. A: Adjust the Color Control option in the OSD adjustment menu. Q: The Power Indicator blinks. A: The LCD Display is currently saving the changes made in the settings to the OSD memory. Q: The screen is blank and the power indicator light blinks every 0.5 or 1 seconds. A: The LCD Display is using its power management system. Press any key on the keyboard. Problems related to Audio Note Problems related to audio signals and their solutions are listed below. Q: No sound. A: Ensure that the audio cable is firmly connected to both the audio-in port on your LCD Display and the audio-out port on your sound card. (Refer to the Connecting a Computer) A: Check the volume level. Q: The sound level is too low. A: Check the volume level. A: If the volume is still too low after turning the control to its maximum, check the volume control on the computer sound card or software Program. Q: The sound is too high or too low. A: Adjusts the Treble and Bass to the appropriate levels. Problems related to the Remote Control Note Problems related to the remote control and their solutions are listed. Q: The remote control buttons do not respond. A: Check the polarities (+/-) of the batteries. A: Check if the batteries are empty. A: Check if the power is on. A: Check if the power cord is securely connected. A: Check if a special fluorescent or neon lamp is on in the vicinity. Q & A Q: How can I change the frequency? TroubleshootingA: The frequency can be changed by reconfiguring the video card. Note That video card support can vary, depending on the version of the driver used. (Refer to the computer or the video card manual for details.) Q: How can I adjust the resolution? A: Windows XP: Set the resolution in the Control Panel → Appearance and Themes → Display → Settings. A: Windows ME/2000: Set the resolution in the Control Panel → Display → Settings. * Contact the video card manufacturer for details. Q: How can I set the Power Saving function? A: Windows XP: Control Panel → Appearance and Themes → Display → Enable the powersaving feature in Screen Saver. Set the function in the BIOS-SETUP of the computer. (Refer to the Windows / Computer Manual). A: Windows ME/2000: Control Panel → Display → Screen Saver. Set the function in the BIOS-SETUP of the computer. (Refer to the Windows / Computer Manual). Q: How can I clean the outer case/LCD Panel? A: Disconnect the power cord and then clean the LCD Display with a soft cloth, using either a cleaning solution or plain water. Do not leave any detergent or scratches on the case. Do not let any water enter the LCD Display. Note Before calling for assistance, check the information in this section to see if you can remedy any problems yourself. If you do need assistance, please call the phone number on the Information section or contact your dealer. TroubleshootingSpecifications General General Model Name 400TS-3, 460TS-3 LCD Panel Size 400TS-3 40.0 inch / 101 cm 460TS-3 46.0 inch / 116 cm Display Area 400TS-3 885.6(H) mm x 498.15(V) mm 460TS-3 1018.08(H) mm x 572.67(V) mm Synchronization Horizontal 30 ~ 81 kHz Vertical 56 ~ 85 Hz Display Color 16.7M (true) Resolution Optimum resolution 1920 x 1080 @ 60Hz Maximum resolution 1920 x 1080 @ 60Hz Maximum Pixel Clock 148.5 MHz (Analog, Digital) Power Supply This product supports 100 - 240V. Since the standard voltage may differ from country to country, please check the label on the back of the product. Signal connectors D-sub(Component), DVI-D In, VCR, HDMI 1/2, RS232C In/Out, DP, DC Out, Stereo Audio In/Out, Audio In(L/R), RJ45, (RS232C, USB, LAN, D-sub out, HDMI out, Audio out → Slide in Network Box) Dimensions (W x H x D) / Weight 400TS-3 973.2 mm x 647.0 mm x 311.0 mm / 38.3 x 25.5 x 12.2 inches (With Stand) 973.2 mm x 584.4 mm x 128.1 mm / 38.3 x 23.0 x 5.0 inches (Without Stand) 27.1 Kg / 59.7 lbs (With Network Box) 24.8 Kg / 54.7 lbs (Without Network Box)Dimensions (W x H x D) / Weight 460TS-3 1104.0 mm x 721.0 mm x 311.0 mm / 43.4 x 28.4 x 12.2 inches (With Stand) 1104.0 mm x 658.0 mm x 134.0 mm / 43.4 x 25.9 x 5.3 inches (Without Stand) 33.6 Kg / 74.0 lbs (With Network Box) 31.3 Kg / 69.0 lbs (Without Network Box) VESA Mounting Interface 600.0 mm x 400.0mm Environmental considerations Operating (With Network Box) Temperature : 50°F ~ 104°F (10°C ~ 40°C) Humidity : 10% ~ 80%, non-condensing Operating (Without Network Box) Temperature : 32°F ~ 104°F (0°C ~ 40°C) Humidity : 10% ~ 80%, non-condensing Storage Temperature : -4°F ~ 113°F (-20°C ~ 45°C) Humidity : 5% ~ 95%, non-condensing Plug and Play Capability This LCD Display can be installed on any Plug & Play compatible system. The interaction of the LCD Display and the computer systems will provide the best operating conditions and LCD Display settings. In most cases, the LCD Display installation will proceed automatically, unless the user wishes to select alternate settings. Dot Acceptable TFT-LCD panels manufactured by using advanced semiconductor technology with precision of 1ppm (one millionth) above are used for this product. But the pixels of RED, GREEN, BLUE and WHITE Color appear to be bright sometimes or some black pixels may be seen. This is not from bad quality and you can use it without any problems. For example, the number of TFT-LCD sub pixels contained in this product are 6,220,800. Note Design and specifications are subject to change without prior notice. Class A (Information Communication equipment for industrial use) Attention dealers and users. This device is registered for EMC requirements for industrial use (Class A) and can be used in areas other than general households. PowerSaver This LCD Display has a built-in power management system called PowerSaver. This system saves energy by switching your LCD Display to low-power mode when it has not been used for a certain amount of time. The LCD Display automatically returns to normal operation when you press a key on the keyboard. For energy conservation, turn your LCD Display OFF when it is not needed, or when leaving it unattended for long periods. The PowerSaver system operates with a VESA DPM compliant Specificationsvideo card installed in your computer. Use the software utility installed on your computer to set up this feature. PowerSaverd 400TS-3 State Normal Operation Power saving mode Power off Power off (Power Swich) Power Indicator On Blinking Amber Off Power Consumption (Typical) 400TS-3 (With Network Box) 270 Watts 5 Watts 5 Watts 0 Watts 400TS-3 (Without Network Box) 193 Watts 2 Watts 1 Watts 0 Watts 460TS-3 State Normal Operation Power saving mode Power off Power off (Power Swich) Power Indicator On Blinking Amber Off Power Consumption (Typical) 460TS-3 (With Network Box) 313 Watts 5 Watts 5 Watts 0 Watts 460TS-3 (Without Network Box) 233 Watts 2 Watts 1 Watts 0 Watts Note • The actual power consumption may be different from the indicated power consumption above if the system conditions or settings are changed. • To stop any power consumption, turn off the switch or disconnect the power cable on the back. Be sure to disconnect the power if you intend to stay away from home for many hours. • If you connect a network box (sold separately), the product will no longer be in compliance with Energy Star 5.0 specifications. Preset Timing Modes If the signal transferred from the computer is the same as the following Preset Timing Modes, the screen will be adjusted automatically. However, if the signal differs, the screen may go blank while the power LED is on. Refer to the video card manual and adjusts the screen as follows. Display Mode Horizontal Frequency (kHz) Vertical Frequency (Hz) Pixel Clock (MHz) Sync Polarity (H/V) IBM, 640 x 350 31.469 70.086 25.175 +/- SpecificationsDisplay Mode Horizontal Frequency (kHz) Vertical Frequency (Hz) Pixel Clock (MHz) Sync Polarity (H/V) IBM, 640 x 480 31.469 59.940 25.175 -/- IBM, 720 x 400 31.469 70.087 28.322 -/+ MAC, 640 x 480 35.000 66.667 30.240 -/- MAC, 832 x 624 49.726 74.551 57.284 -/- MAC, 1152 x 870 68.681 75.062 100.000 -/- VESA, 640 x 480 37.861 72.809 31.500 -/- VESA, 640 x 480 37.500 75.000 31.500 -/- VESA, 800 x 600 35.156 56.250 36.000 +/+ VESA, 800 x 600 37.879 60.317 40.000 +/+ VESA, 800 x 600 48.077 72.188 50.000 +/+ VESA, 800 x 600 46.875 75.000 49.500 +/+ VESA, 848 x 480 31.020 60.000 33.750 +/+ VESA, 1024 x 768 48.363 60.004 65.000 -/- VESA, 1024 x 768 56.476 70.069 75.000 -/- VESA, 1024 x 768 60.023 75.029 78.750 +/+ VESA, 1152 x 864 67.500 75.000 108.000 +/+ VESA, 1280 x 768 47.776 59.870 79.500 -/+ VESA, 1280 x 960 60.000 60.000 108.000 +/+ VESA, 1280 x 1024 63.981 60.020 108.000 +/+ VESA, 1280 x 1024 79.976 75.025 135.000 +/+ VESA, 1360 x 768 47.712 60.015 85.500 +/+ VESA, 1366 x 768 47.712 59.790 85.500 +/+ VESA,1920 x 1080 66.587 59.934 138.500 +/- VESA,1920 x 1080 67.500 60.000 148.500 +/+ Horizontal Frequency The time to scan one line connecting the right edge to the left edge of the screen horizontally is called the Horizontal Cycle and the inverse number of the Horizontal Cycle is called the Horizontal Frequency. Unit: kHz Vertical Frequency Like a fluorescent lamp, the screen has to repeat the same image many times per second to display an image to the user. The frequency of this repetition is called the Vertical Frequency or Refresh Rate. Unit: Hz SpecificationsInformation For a Better Display Adjust the computer resolution and screen injection rate (refresh rate) on the computer as described below to enjoy the best picture quality. You can have an uneven picture quality on screen if the best picture quality is not provided for TFT-LCD. • Resolution: 1920 x 1080 • Vertical frequency (refresh rate): 60Hz TFT-LCD panels manufactured by using advanced semiconductor technology with a precision of 1ppm (one millionth) and above is used for this product. But the pixels of RED, GREEN, BLUE and WHITE Color seem to be bright sometimes or some of black pixels could be seen. This is not from bad quality and you can use it without any problems. • For example, the number of TFT-LCD sub pixels contained in this product are 6,220,800. When cleaning the monitor and the panel outside, please apply a small amount of water to a soft cloth. Rub softly when cleaning the LCD area.If excessive force is applied, you may stain it. If you are not satisfied with the picture quality, you can get better quality of picture by performing the "Auto Adjustment" function in display screen that is appeared as window termination button is pressed. If there's still noise after the automatic adjustment, use the Fine/Coarse adjustment function. When viewing a fixed screen for an extended period of time, a residual image or blurriness may appear. Change the mode to energy save or set a screensaver to move the picture when you need to be away from the monitor for an extended period of time. PRODUCT INFORMATION (Image Retention Free) What is Image Retention ? Image retention may not occur when a LCD panel is operated under normal conditions. Normal conditions are defined as continuously changing video patterns. When the LCD panel is operated for a long time with a fixed pattern (over 12 hours), there may be slight difference in voltage between electrodes that work the liquid crystal (LC) in a pixel. The voltage difference between electrodes increases with time, forcing the liquid crystal to lean. When this occurs, the previous image may be seen when the pattern is changed. To prevent this, the accumulated voltage difference must be decreased.Power Off, Screen Saver, or Power Save Mode • Turn the power off for 2 hours after 12 hours in use • Set the Monitor to power off with the PC Display Properties Power Scheme. • Use a Screen saver if possible - Screen saver in one Color or a moving image is recommended. • The Image Retention Free function applied to the product is recommended. - For detailed configuration procedures, refer to the back page. Change the Color Information periodically Note Use Two different Colors Rotate the Color Information with 2 different Colors every 30 minutes. • Avoid using a combination of characters and background Color with large difference in luminance. Avoid using Grey Colors, which can cause Image retention easily. Avoid: Colors with big difference in luminance (Black & White, Grey) InformationChange the characters Color periodically • Use Bright Colors with little difference in luminance. - Cycle : Change the characters Color and background Color every 30 minutes • Every 30 minutes, change the characters with movement. • Have the images and logo cycle periodically. - Cycle: Display moving image together with Logo for 60 seconds after 4 hours in use. • The best way to protect your monitor from Image retention is to turn the Power off, or set your PC or System to operate a Screen Saver Program when you are not using it. If these guidelines are not followed, it may affect your warranty. Apply the Screen Pixel function on Product • Apply the Screen Pixel function - Symptom: Dot with Black Color move up and down. • Apply the Screen Bar function - Symptom: Horizontal / Vertical Bar with Black Color move up and down. Apply the Screen Erasing function on Product Information• Apply the Screen Erasing function - Symptom: 2 Vertical blocks move while erasing the display InformationAppendix Contact SAMSUNG WORLDWIDE Note If you have any questions or comments relating to Samsung products, please contact the SAMSUNG customer care Center. North America U.S.A 1-800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com CANADA 1-800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com MEXICO 01-800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com Latin America ARGENTINA 0800-333-3733 http://www.samsung.com BRAZIL 0800-124-421 4004-0000 http://www.samsung.com CHILE 800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com COLOMBIA 01-8000112112 http://www.samsung.com COSTA RICA 0-800-507-7267 http://www.samsung.com ECUADOR 1-800-10-7267 http://www.samsung.com EL SALVADOR 800-6225 http://www.samsung.com GUATEMALA 1-800-299-0013 http://www.samsung.com HONDURAS 800-7919267 http://www.samsung.com JAMAICA 1-800-234-7267 http://www.samsung.com NICARAGUA 00-1800-5077267 http://www.samsung.com PANAMA 800-7267 http://www.samsung.com PERU 0-800-777-08 http://www.samsung.com PUERTO RICO 1-800-682-3180 http://www.samsung.com REP. DOMINICA 1-800-751-2676 http://www.samsung.com TRINIDAD & TOBAGO 1-800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com VENEZUELA 0-800-100-5303 http://www.samsung.com Europe ALBANIA 42 27 5755 - AUSTRIA 0810 - SAMSUNG (7267864, € 0.07/min) http://www.samsung.com BELGIUM 02-201-24-18 http://www.samsung.com/be (Dutch) http://www.samsung.com/be_fr (French) BOSNIA 05 133 1999 - BULGARIA 07001 33 11 http://www.samsung.com CROATIA 062 SAMSUNG (062 726 7864) http://www.samsung.comEurope CZECH 800 - SAMSUNG (800-726786) http://www.samsung.com DENMARK 70 70 19 70 http://www.samsung.com EIRE 0818 717100 http://www.samsung.com ESTONIA 800-7267 http://www.samsung.com FINLAND 030 - 6227 515 http://www.samsung.com FRANCE 01 48 63 00 00 http://www.samsung.com GERMANY 01805 - SAMSUNG (726-7864, € 0,14/Min) http://www.samsung.com HUNGARY 06-80-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com ITALIA 800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com KOSOVO +381 0113216899 - LATVIA 8000-7267 http://www.samsung.com LITHUANIA 8-800-77777 http://www.samsung.com LUXEMBURG 261 03 710 http://www.samsung.com MACEDONIA 023 207 777 - MONTENEGRO 020 405 888 - NETHERLANDS 0900-SAMSUNG (0900-7267864) ( € 0,10/Min) http://www.samsung.com NORWAY 815-56 480 http://www.samsung.com POLAND 0 801 1SAMSUNG (172678) 022-607-93-33 http://www.samsung.com PORTUGAL 80820 - SAMSUNG (7267864) http://www.samsung.com RUMANIA http://www.samsung.com SERBIA 0700 SAMSUNG (0700 726 7864) http://www.samsung.com SLOVAKIA 0800 - SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com SPAIN 902 - 1 - SAMSUNG (902 172 678) http://www.samsung.com SWEDEN 0771 726 7864 (SAMSUNG) http://www.samsung.com SWITZERLAND 0848 - SAMSUNG (7267864, CHF 0.08/min) http://www.samsung.com/ch http://www.samsung.com/ ch_fr/(French) U.K 0330 SAMSUNG (7267864) http://www.samsung.com CIS ARMENIA 0-800-05-555 - AZERBAIJAN 088-55-55-555 - BELARUS 810-800-500-55-500 - GEORGIA 8-800-555-555 - AppendixCIS KAZAKHSTAN 8-10-800-500-55-500 (GSM: 7799) http://www.samsung.com KYRGYZSTAN 00-800-500-55-500 http://www.samsung.com MOLDOVA 00-800-500-55-500 - RUSSIA 8-800-555-55-55 http://www.samsung.com TADJIKISTAN 8-10-800-500-55-500 http://www.samsung.com UKRAINE 0-800-502-000 http://www.samsung.com/ua http://www.samsung.com/ua_ru UZBEKISTAN 8-10-800-500-55-500 http://www.samsung.com Asia Pacific AUSTRALIA 1300 362 603 http://www.samsung.com NEW ZEALAND 0800 SAMSUNG (0800 726 786) http://www.samsung.com CHINA 400-810-5858 010-6475 1880 http://www.samsung.com HONG KONG (852) 3698 - 4698 http://www.samsung.com/hk http://www.samsung.com/ hk_en/ INDIA 3030 8282 1800 110011 1800 3000 8282 1800 266 8282 http://www.samsung.com INDONESIA 0800-112-8888 021-5699-7777 http://www.samsung.com JAPAN 0120-327-527 http://www.samsung.com MALAYSIA 1800-88-9999 http://www.samsung.com PHILIPPINES 1-800-10-SAMSUNG (726-7864) 1-800-3-SAMSUNG (726-7864) 1-800-8-SAMSUNG (726-7864) 02-5805777 http://www.samsung.com SINGAPORE 1800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com TAIWAN 0800-329-999 http://www.samsung.com THAILAND 1800-29-3232 02-689-3232 http://www.samsung.com VIETNAM 1 800 588 889 http://www.samsung.com Middle East BAHRAIN 8000-4726 http://www.samsung.com AppendixMiddle East EGYPT 08000-726786 http://www.samsung.com JORDAN 800-22273 http://www.samsung.com MOROCCO 080 100 2255 http://www.samsung.com OMAN 800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com SAUDI ARABIA 9200-21230 http://www.samsung.com TURKEY 444 77 11 http://www.samsung.com U.A.E 800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com Africa NIGERIA 0800 - SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com SOUTH AFRICA 0860-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com Terms Dot Pitch The image on a monitor is composed of red, green and blue dots. The closer the dots, the higher the resolution. The distance between two dots of the same Color is called the 'Dot Pitch'. Unit: mm Vertical Frequency The screen must be redrawn several times per second in order to create and display an image for the user. The frequency of this repetition per second is called the Vertical Frequency or Refresh Rate. Unit: Hz Example: If the same light repeats itself 60 times per second, this is regarded as 60 Hz. Horizontal Frequency The time to scan one line connecting the right edge to the left edge of the screen horizontally is called the Horizontal Cycle. The inverse number of the Horizontal Cycle is called Horizontal Frequency. Unit: kHz Interlace and Non-Interlace Methods Showing the horizontal lines of the screen from the top to the bottom sequentially is called the Non-Interlace method while showing odd lines and then even lines in turn is called the Interlace method. The Non-Interlace method is used for the majority of monitors to ensure a clear image. The Interlace method is the same as that used in TVs. Plug & Play This is a function that provides the best quality screen for the user by allowing the computer and the monitor to exchange information automatically. This monitor follows the international standard VESA DDC for the Plug & Play function. Resolution The number of horizontal and vertical dots used to compose the screen image is called the 'resolution'. This number shows the accuracy of the display. A high resolution is good for performing multiple tasks as more image information can be shown on the screen. Example: If the resolution is 1920 x 1080, this means the screen is composed of 1920 horizontal dots (horizontal resolution) and 1080 vertical lines (vertical resolution). AppendixCorrect Disposal Correct Disposal of This Product (Waste Electrical & Electronic Equipment) - Europe only (Applicable in the European Union and other European countries with separate collection systems) This marking on the product, accessories or literature indicates that the product and its electronic accessories (e.g. charger, headset, USB cable) should not be disposed of with other household waste at the end of their working life. To prevent possible harm to the environment or human health from uncontrolled waste disposal, please separate these items from other types of waste and recycle them responsibly to promote the sustainable reuse of material resources. Household users should contact either the retailer where they purchased this product, or their local government office, for details of where and how they can take these items for environmentally safe recycling. Business users should contact their supplier and check the terms and conditions of the purchase contract. This product and its electronic accessories should not be mixed with other commercial wastes for disposal. Correct disposal of batteries in this product - Europe only (Applicable in the European Union and other European countries with separate battery return systems.) This marking on the battery, manual or packaging indicates that the batteries in this product should not be disposed of with other household waste at the end of their working life. Where marked, the chemical symbols Hg, Cd or Pb indicate that the battery contains mercury, cadmium or lead above the reference levels in EC Directive 2006/66. If batteries are not properly disposed of, these substances can cause harm to human health or the environment. To protect natural resources and to promote material reuse, please separate batteries from other types of waste and recycle them through your local, free battery return system. Note The rechargeable battery incorporated in this product is not user replaceable. For information on its replacement, please contact your service provider. Authority Information in this document is subject to change without notice. © 2010 Samsung Electronics Co., Ltd. All rights reserved. Reproduction in any manner whatsoever without the written permission of Samsung Electronics Co., Ltd. is strictly forbidden. Samsung Electronics Co., Ltd. shall not be liable for errors contained herein or for incidental or consequential damages in connection with the furnishing, performance, or use of this material. Samsung is the registered trademark of Samsung Electronics Co., Ltd.; Microsoft, Windows and Windows NT are registered trademarks of Microsoft Corporation; VESA, DPM and DDC are registered trademarks of Video Electronics Standard Association; All other product names mentioned herein may be the trademarks or registered trademarks of their respective owners. AppendixTruSurround XT, SRS and the symbol are trademarks of SRS Labs, Inc. TruSurround XT technology is incorporated under license from SRS Labs, Inc. Appendix SyncMaster 400TS-3, 460TS-3 LCD ディスプレイ ユーザー マニュアル 色と外観は製品によって異なる場合があり、製品の仕様は 性能の向上のために予告無く変更される場合があります。安全使用上の注意 本書中のマークの説明 注意 製品を正しく使用して事故および製品の損傷を防止するために、下記の指示に従ってくだ さい。 警告/注意 このマークの付いた指示に従わなかった場合には、人体への傷害また は機器の損傷を招くことがあります。 注意 禁止 指示事項 分解禁止 コンセントからプラグを抜い てください 接触禁止 感電を防ぐために、アースを 行ってください 電源 長期間使用しない場合には、コンピュータを節電モード(DPM)に設定し ます。 スクリーン セイバーを使用している場合には、アクティブスクリーン モードに設定します。 破損した電源コードまたはプラグ、破損またはがたつきのある コンセントを使用しないでください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 コンセントにプラグを抜き差しするときに、濡れた手で電源プ ラグに触れないでください。 • 感電の原因となることがあります。 電源コードは、アースされたコンセントに接続してください。 • 漏電または傷害の原因となることがあります。 電源プラグはコンセントにしっかりと正しく差し込みます。 • 火災の原因となることがあります。電源プラグや電源コードを無理に曲げたり引っ張らないでくだ さい。また、電源プラグや電源コードに重い物を乗せないでくだ さい。 • 火災の原因となることがあります。 同じコンセントに複数の電気製品を接続しないでください。 • 過熱による火災の原因となることがあります。 製品の使用中は電源コードを外さないでください。 • 感電によるモニターの故障の原因となることがあります。 本体から電源を抜く場合や、コンセントから電源を抜く場合の ことを考えて、余裕を持って抜き差しができる環境に設置をして ください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 弊社が提供する電源コードのみを使用してください。 また、同梱された電源コードを他の電気機器で使用しないでく ださい。 • 火災または感電の原因となることがあります。 電源プラグは、手の届きやすいコンセントに接続してくださ い。 • 製品に問題が発生したときには、電源プラグを抜いて完全に 電源をオフにする必要があります。製品の電源ボタンだけで は、電源を完全にオフにすることはできません。 インストール方法 ほこりが多い場所、異常な高温または低温にさらされる場所、湿度の高 い場所、化学溶媒が使用されている場所、および空港や駅など 24 時間 製品を使用する場所に設置する場合には、お客様相談ダイヤルにご相談 ください。 ご相談せずに設置した場合、モニターに重大な損傷が発生することがあ ります。 製品の移動は必ず 2 人以上で行ってください。 • 落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。 キャビネットやラックなど高いところに製品を設置するときに は、製品がはみ出たりしないようしっかりと安定した状態で設置 してください。 • 落下または傷害の原因になる場合があります。 • 製品に合ったサイズのキャビネットまたはラックを使用して ください。 安全使用上の注意ろうそく、蚊取り線香、タバコおよびその他の熱源を製品に近 づけないでください。 • 火災の原因となることがあります。 電源コードまたは製品は、熱源となる機器に近づけないでくだ さい。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 本棚やクローゼットなど、換気の悪い場所に設置しないでくだ さい。 • 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 製品を下ろすときには、手荒に扱わないでください。 • 表示画面が損傷する場合があります。 製品の前面を下にして床に置かないでください。 • 表示画面が損傷する場合があります。 壁掛け金具の設置は、専門の業者が行うようにしてください。 • 落下して傷害の原因になる場合があります。 • 指定された壁掛け金具で設置してください。 製品は、換気が十分に行われる場所に設置してください。壁か ら 4 インチ (10 cm) 以上離してください。 • 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 梱包材のビニールに、お子様が手を触れないようにしてくださ い。 • お子様がビニールで遊んでいると、重大な傷害 (窒息) の原 因となることがあります。 モニターの高さ調整の際には指や手を挟まないよう十分ご注意 ください。 • 製品の損傷またはけがをする恐れがあります。 お手入れ モニターの筐体または TFT-LCD 画面の表面を清掃するときには、少し 湿らせた柔らかい布で拭き取ります。 ほこりなどによりモニター背面の空気穴がつまり、故障を起こす 場合 もありますので定期的な掃除及び点検が必要となります。 安全使用上の注意製品の表面にクリーナーを直接スプレーしないでください。 • 本体の脱色または歪み、画面表面のはがれが発生することが あります。 電源プラグのピンを清掃するとき、またはコンセントのほこり を取り除くときは、乾いた布を使用します。 • 火災の原因となることがあります。 製品を清掃するときは、電源コードを切り離してください。 • 感電または火災の原因となることがあります。 製品を清掃するときには、まず電源コードを外して乾いた布で やさしく拭き取ります。 • (ワックス、ベンゼン、アルコール、シンナー、殺虫剤、潤滑 剤またはクリーナーなどの化学薬品を使用しないでくださ い)これらの薬品によって、製品表面の外観が変わったり、製 品の表示ラベルがはがれることがあります。 製品の筐体にはキズが付きやすいため、液晶モニター用のクリ ーニングクロスを使用してください。 製品を清掃するときには、製品本体に水を直接かけないでくだ さい。 • 感電、火災または故障の原因となることがあります。 その他 この製品は、高電圧を使用しています。絶対にご自身で製品を 分解、修理または改造しないでください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。修理が必要な 場合には、お客様相談ダイヤルまでご連絡ください。 製品から異臭や異音、煙が出た場合には、直ちに電源プラグを 抜いてお客様相談ダイヤルにご連絡ください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 製品を湿気、ほこり、煙、水がかかる場所、または自動車の中 に設置しないでください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 製品が落下したり破損した場合には、電源をオフにして電源 コードを外し、 お客様相談ダイヤルにご連絡ください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 安全使用上の注意雷が発生した場合には、電源コードまたはアンテナ ケーブル に触れないでください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 配線または信号ケーブルのみを持ってモニターを動かさないで ください。 • ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火 災の原因となることがあります。 電源コードまたは信号ケーブルだけを持って、製品を持ち上げ たり、前後または左右に動かさないでください。 • ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火 災の原因となることがあります。 クロスやカーテンで換気口がふさがれないようにしてくださ い。 • 内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。 水の入った容器、花瓶、植木鉢、医薬品や、金属類を製品の上 に置かないでください。 • 製品が水に濡れたり、異物が製品内部に入ったりした場合に は、電源コードを抜いてからお客様相談ダイヤルにご連絡く ださい。 • 製品の故障、感電または火災につながる恐れがあります。 可燃性のスプレーまたは可燃物を製品に近づけないでくださ い。 • 爆発または火災の原因となることがあります。 箸、コイン、ピンおよび刃物などの金属類、マッチや紙などの 可燃物を (換気口、入出力端子などから) 製品の中に入れないで ください。 • 製品が水に濡れたり、異物が製品内部に入ったりした場合に は、電源コードを抜いてからお客様相談ダイヤルにご連絡く ださい。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 静止画面を長時間表示し続けると、残像が発生したり画面がぼ やけたりする場合があります。また、場合によっては液晶パネル が焼き付けを起こす場合があります。 • 長時間製品を試用しない場合には、スリープ モードにするか 動きのあるのスクリーン セイバーを使用します。 製品に適した解像度および周波数を設定します。 • 視力に影響を与えることがあります。 安全使用上の注意ヘッドフォンまたはイヤフォンを使用するときは、音量を大き くしすぎないようにしてください。 • 音が大きすぎると、聴覚に影響を与えることがあります。 疲れ目を防止するために、製品に近づきすぎないでください。 • 視力低下の原因になり、場合によっては人体に影響を及ぼし ます。 モニターを 1 時間使用したら、少なくとも 5 分間の休憩をとり ます。 疲れ目が軽減されます。 不安定な棚や平らでない面、または振動の多い場所に設置しな いでください。 • 落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。 • 振動の多い場所で製品を使用すると、製品の寿命が短くなっ たり出火の原因となる場合があります。 製品を移動するときには、電源をオフにして、電源プラグ、ア ンテナ ケーブル、および製品に接続されているすべてのケーブ ルを切り離します。 • 感電または火災の原因となることがあります。 お子様が製品にぶら下がったり、よじ登らないようにしてくだ さい。 • 製品が落下して傷害または死亡事故の原因になる場合があり ます。 製品を長期間使用しない場合には、コンセントから電源コード を外してください。 • ほこりがたまって過熱または火災の原因となったり、感電ま たは漏電の原因となることがあります。 製品に重たいものを乗せたり、小さいお子様が興味を示すよう なもの(おもちゃやお菓子など)を置いたりしないでください。 • お子様が製品にぶら下がって、落下により傷害または死亡事 故の原因となることがあります。 リモコンから電池を取り外したときには、お子様が電池を口 の中に入れないようにしてください。電池は、子供または乳児の 手の届かない場所に置いてください。 • お子様が電池を口の中に入れたときには、すぐに医師の診察 を受けてください。 電池を交換するときには、正しい極性 (+、-) の向きに入れ てください。 • 電池が破損したり、液漏れにより火災、傷害または故障の原 因となることがあります。 安全使用上の注意指定された標準の電池のみを使用し、新しい電池と使用済みの 電池を混在して使用しないでください。 • 電池が破損したり、液漏れにより火災、けがまたは故障の原 因となることがあります。 バッテリ (および充電式バッテリ) は通常の廃棄物ではなく、 リサイクルするために返送する必要があります。使用済みのバッ テリをリサイクルのために返送する責任はお客様にあります。 • お客様は、使用済みの充電式バッテリを公共のリサイクルセ ンターまたは同じタイプのバッテリおよび充電式バッテリを 販売している店舗に返送することができます。 直射日光の当たる場所、炎またはヒーターなどの熱源の近くに 製品を置かないでください。 • 製品の寿命が短くなったり、火災の原因となることがありま す。 製品の上に物を落としたり、製品に衝撃を与えないでくださ い。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 製品の近くで加湿器を使用しないでください。 • 漏電または火災の原因となることがあります。 ガス漏れがあった場合には、製品または電源プラグに触れずに 直ちに換気を行ってください。 • 火花が発生すると、爆発または火災が発生することがありま す。 長時間電源をオンにしていると液晶パネルが高温になりますの で触れないでください。 特に小さなお子様が触れないよう十分ご注意ください。 製品の角度またはスタンドの高さを調整するときには注意して ください。 • 手や指を挟まれると、傷害の原因となることがあります。 • また、製品を傾けすぎると、転倒して傷害の原因となること があります。 製品を子供の手の届く高さに設置しないでください。 • 落下して傷害の原因になる場合があります。 • 製品は前の方が重たくなっているため、水平で安定した面に 設置してください。 安全使用上の注意製品の上に重い物を載せないでください。 • けがや製品の破損の原因となることがあります。 安全使用上の注意はじめに パッケージ内容 パッケージの内容の確認 上の図に示すように、パッケージの箱からロックを取り外します。 箱の両側にある穴に手をか けて、箱を持ち上げます。 パッケージの内容を確認し ます。 発布スチロールとビニール 袋を取り外します。 注意 • パッケージを開いたら、内容を確認してください。 • 製品を運ぶときに必要になりますので、梱包されていた箱は保管しておいてください。 • 不足している品目がある場合には、販売店にお問い合わせください。 • オプション品の購入については、お近くの販売店にお問い合わせください。 同梱物 LCD ディスプレイマニュアル類 クイック セットアップ ガ イド 保証書 (含まれていない地域もあ ります) ユーザー ガイド ケーブル 電源コード D-Sub ケーブル USB ケーブル その他 リモートコントロール (BP59-00138B) バッテリ (AAA X 2) (含まれていない地域もあ ります) 別売り (別売を行わない地域もあります) セミ スタンド キット LAN ケーブル RGB to BNC ケーブル RGB to COMPONENT ケーブ ル NetWork ボックス はじめに別売り (別売を行わない地域もあります) ウォール マウント キット TV チューナー ボックス (米国のみ) RS232C ケーブル 注意 • 製品と共に購入可能なアクセサリは、お住まいの国によって異なります。 お使いの LCD ディスプレイ 色と外観は製品によって異なる場合があり、製品の仕様は性能の向上のために予告無く変 更される場合があります。 前面 MENU ボタン [MENU] オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了します。OSD メニ ューを終了したり前のメニューに戻る場合にも使用します。 ナビゲーション ボタン (上下ボタン) ひとつのメニューから別のメニューに縦方向に移動したり、選択したメ ニューの値を調整したりします。 調整ボタン (左右ボタン)/音量ボタン ひとつのメニューから別のメニューに横方向に移動したり、選択したメ ニューの値を調整したりします。OSD がスクリーンに表示されていない 場合は、このボタンを押して音量を調整します。 ENTER ボタン [ENTER] ハイライトされたメニュー項目をアクティブにします。 SOURCE ボタン [SOURCE] PC モードからビデオモードに切り替えます。外部デバイスが接続されて いる入力信号を選択します。 はじめに[PC] → [DVI] → [AV] → [コンポ一ネント] → [HDMI1] → [HDMI2] → [ディスプレイ ポート] → [MagicInfo] →[TV] 注意 • [RGB/COMPONENT IN ] ポートは RGB (PC) およびコンポ一ネント信号 に対応しています。 ただし、外部入力信号が選択したビデオ信号と異なる場合には、映像 が正常に表示されない場合があります。 • MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ 有効にすることができます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する 必要があります。.(米国のみ)。 D.MENU ボタン オンスクリーン D.MENU を開きます。 注意 D.MENU ボタンは、TV チューナーが接続されているときに有効になりま す。TV チューナーが接続されていない場合は、PIP ボタンが有効になり ます。 PIP ボタン PIP ボタンを押して PIP 画面のオン/オフを切り替えます。 電源ボタン [ ] このボタンで、LCD ディスプレイの電源のオン/オフを切り替えます。 照度センサー 周囲の明るさを自動的に検出します。 電源インジケーター 緑色に点滅して PowerSaver モードであることを示します 注意 省電力機能の詳細については、このマニュアルの「PowerSaver」を参照 してください。消費電力を押さえるために、必要ない場合または長時間 LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。 リモートカラーセンサー リモコンを LCD ディスプレイのこの部分に向けます。 背面 注意 ケーブル接続の詳細については、「接続」のセクションを参照してください。LCD ディス プレイの背面の構成は、モデルによって若干異なる場合があります。 はじめに POWER S/W ON [ I ] / OFF LCD ディスプレイのオン/オフを切り替えま す。 POWER LCD ディスプレイと壁のコンセントに電源 コードを接続します。 タッチ スクリーン USB ハブ タッチスクリーンを使用するには、ネット ワーク ボックス (別売り) または PC を接 続します。 タッチスクリーンを使用するには、タッチ スクリーン ドライバをインストールしま す。 注意 基本的なタッチ スクリーン機能は、プログ ラムをインストールしなくても使用するこ とができます。 しかし、すべての付加機能 を使用するには、付属のプログラムをイン ストールする必要があります。 はじめにRGB/COMPONENT IN (PC/COMPONENT 接続 端子 (入力)) • モニターの [RGB/COMPONENT IN] ポート を PC の RGB ポートに D-SUB ケーブル を使用して接続します。 • モニターの [RGB/COMPONENT IN] ポート を外部デバイスの COMPONENT ポートに RGB to COMPONENT ケーブルを使用して 接続します。 • モニターの [RGB/COMPONENT IN] ポート を PC の BNC ポートに RGB to BNC ケ ーブルを使用して接続します。 DVI IN (PC 映像接続端子) モニターの [DVI IN] ポートを PC の DVI ポートに DVI ケーブルを使用して接続しま す。 RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN (PC/DVI/ DP/HDMI 音声接続端子 (入力)) 別売りのステレオ ケーブルを使用して、モ ニターの [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] 端 子とお使いのコンピュータのサウンド カー ドのスピーカー出力端子を接続します。 DP IN ディスプレイ ポートからの信号を受信しま す。 DP ケーブルを製品の [DP IN] と別のディ スプレイの DP IN に接続します。 AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L] モニターの [AV/COMPONENT AUDIO IN [RAUDIO-L]] ポートを PC または外部デバイ スの音声出力ポートにオーディオ ケーブル を使用して接続します。 AV IN ビデオ ケーブルを使用して、モニターの [AV IN] 端子を外部デバイスのビデオ出力 端子に接続します。 AUDIO OUT ヘッドフォンまたは外部スピーカーを接続 します。 はじめに DC OUT [DC OUT] 端子が承認済みの TV チューナ ー ボックス (米国のみ) に接続されてい ることを確認します。 製品が損傷する場合があります。 HDMI IN 1 • HDMI ケーブルを使用して、LCD ディス プレイ背面の [HDMI IN 1] 端子をお使 いのデジタル出力デバイスの HDMI 端子 に接続します。 • HDMI 1.3 までをサポートしています。 注意 • 通常の外部デバイス (DVD プレーヤーや レコーダーなど) や TV チューナー ボ ックスを [HDMI IN 1] 端子に接続でき ます。 • TV チューナー ボックス(米国のみ)を使用する場合 は、[HDMI IN 1] 端子に接続してくださ い。 HDMI IN 2 (MAGICINFO) • HDMI ケーブルを使用して、LCD ディス プレイ背面の [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] 端子をお使いのデジタル出力デバ イスの HDMI 端子に接続します。 • HDMI 1.3 までをサポートしています。 注意 MagicInfo を使用するには、別途当社の指 定するネットワーク ボックスを製品内部に インストールし、ネットワーク ボックス の MagicInfo 出力を [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] 端子に接続する必要があります。 ネットワーク ボックスの購入およびインス トールについて詳しくは、Samsung Electronics にお問い合わせください。 はじめに RJ 45 MDC (MDC PORT) MDC (マルチディスプレイ コントロール) プログラム ポート LAN ケーブルを製品の [RJ45 MDC] と PC の LAN に接続します。MDC を使用するに は、PC に MDC プログラムがインストール されている必要があります。 注意 マルチコントロール に移動して、MDC 接 続 として RJ45 MDC を選択します。 RS232C OUT/IN (RS232C シリアル ポー ト) MDC (マルチディスプレイ コントロール) プログラム ポート シリアル ケーブル (クロス タイプ) を製 品の [RS232C] と PC の RS232C に接続し ます。MDC を使用するには、PC に MDC プ ログラムがインストールされている必要が あります。 注意 マルチコントロール に移動して、MDC 接 続 として RS232C MDC を選択します。 Kensington Lock slot Kensington ロックは、公共の場所で製品を 安全に使用できるようにロックすることが できる盗難防止用の装置です。固定装置の 形状と使用方法はモデルおよびメーカーに よって異なるため、詳細については固定装 置に付属するユーザー マニュアルを参照し てください。 注意 Kensington ロックを別途購入する必要があ ります。 製品をロックするには以下の手順に 従います。 1. Kensington ロック ケーブルを、デス クや椅子など大きくて動かない物体に かけます。 2. ロックのついたケーブルの端を Kensington ロック ケーブルの端の輪に通 します。 はじめに3. ケンジントン ロックをディスプレイ背 面にあるセキュリティ スロット ( ) に挿入します。 4. ロックします ( )。 注意 • これは一般的な説明です。詳細について は、ロック装置に付属するユーザー マ ニュアルを参照してください。 • 固定装置の購入につきましてはお買い上 げいただいたお店にご確認ください。 ネットワーク ボックス (別売り) の接続 RGB OUT MagicInfo ビデオ出力ポート MAGICINFO OUT 使用するには、DP to HDMI ケーブルを使用 して [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] 端子に接続 します。 LAN (LAN 接続端子) LAN ケーブルに接続して、MagicInfo モー ドでのインターネットまたはネットワーク アクセスを可能にします。 ネットワーク ボックス (別売り) の接続 USB(USB 接続端子) キーボード/マウス、マス ストレージ機器 対応。 AUDIO OUT ヘッドフォンまたは外部スピーカーを接続 します。 RS232C (RS232C シリアル ポート) シリアル ポート ネットワーク ボックス (別売り) の接続 はじめに 電源 電源延長コードを使用して、製品の [POWER] 端子とモニターの [POWER] 端子を接続 します。 電源 電源コードを使用してコンセントに接続し ます。 POWER S/W ON [ I ] / OFF ネットワーク ボックスのオン/オフを切り 替えます。 注意 • ケーブル接続の詳細については、「接続」のセクションを参照してください。 • ネットワーク ボックスが正常に動作するには、モニターとネットワーク ボックスの両 方で電源スイッチをオンにする必要があります。 リモートコントロール 注意 リモコンの動作は TV またはその他 LCD ディスプレイ付近で動作している電子機器の影響 を受ける場合があり、周波数の干渉によって誤作動することがありますޕ TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 (米国のみ)。 POWER OFF ダイヤルパッド / GUIDE ボタン + VOL - SOURCE D.MENU TOOLS 上下左右ボタン INFO 色ボタンと PC/DVI/HDMI/DP 選択ボタン。 TTX/MIX MTS/DUAL ENTER/PRE-CH MUTE CH/P TV はじめにMENU RETURN EXIT MagicInfo POWER 製品をオンにします。 OFF 製品をオフにします。 ダイヤルパッド OSD の調整時、または MagicInfo を使用するときにパス ワードを入力するのに使用します。 押してチャンネルを変更します。 「-」ボタンはデジタル チャンネルの選択に使用します。 電子番組ガイド (EPG) 表示 注意 TV チューナー ボックス (別売り) がインストールされて いる場合は、TV モードでのみこのボタンを使用できます。 + VOL - 音声の音量を調整します。 SOURCE 接続されている外部入力信号または  MagicInfo モードを 選択します。 ボタンを押して、入力信号 SOURCE を切り換えます。 SOURCE の変更は、変更時に LCD ディスプレイに接続され ている外部デバイスについてのみ行うことができます D.MENU DTV メニュー表示 注意 TV チューナー ボックス (別売り) がインストールされて いる場合は、TV モードでのみこのボタンを使用できます。 TOOLS よく使う機能を素早く選択するのに使用します。 注意 この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 上下左右ボタン ひとつのメニューから別のメニューに横方向、縦方向に移 動したり、選択したメニューの値を調整したりします。 INFO 画面左上に現在の画像情報が表示されます。 色ボタンと PC/DVI/ HDMI/DP 選択ボタン。 TV モードでは、これらのボタンを使用してチャンネルの リストを設定することができます。 はじめに / GUIDE ボタンTV モード以外のモードでは、PC、DVI、HDMI または DP (ディスプレイ ポート) 外部入力を直接選択できます。 TTX/MIX TV チャンネルは、テレテキスト経由で文字情報サービスを 提供します。 - テレテキスト ボタン 注意 この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。 MTS/DUAL MTSMTS (マルチチャンネル テレビ ステレオ) モードを選択 できます。 音声タイプ MTS/S_Mode デフォルト FM ステレオ モノラル モノラル 手動変更 ステレオ モノラル ↔ ステ レオ SAP モノラル ↔ SAP モノラル DUALSTEREO/MONO、DUAL l / DUAL ll および MONO/NICAM MONO/ NICAM STEREO は、放送のタイプに応じて TV の視聴中に リモコンの DUAL ボタンで操作することができます。 注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 ENTER/PRE-CH このボタンを使用して、前のチャンネルに直ちに戻りま す。 注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 MUTE 音声の出力を一時的に停止(ミュート)します。これは画 面の左下隅に表示されます。消音モードで MUTE または - VOL + が押されると、音声が再度聞こえるようになりま す。 CH/P TV モードで、TV のチャンネルを選択します。 注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 TV アナログまたはデジタル TV を視聴することができます。 はじめに注意 TV チューナー ボックスが接続されているときに有効にな ります。 MENU オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了し たり、調整メニューを閉じたりします。 RETURN 前のメニューに戻ります。 EXIT メニュー画面を終了します。 MagicInfo MagicInfo クイック起動ボタン 注意 ネットワーク ボックスが接続されているときに有効にな ります。 ユーザー設置ガイド 注意 • 製品の設置については、Samsung Electronics の設置専門技術者にお問い合わせくださ い。 • Samsung Electronics が承認した専門技術者以外が製品を設置した場合には、保証が無 効になります。 • 詳細については Samsung Electronics のサービス センターにお問い合わせください。 傾斜角度と回転 1 2 1. この製品は、垂直な壁面から最大 15 度まで傾けることができます。 2. 縦位置モードで使用するには、LED インジケータが下側にくるように時計回りに回転 させます。 はじめに換気要件 1. 垂直の壁面に設置する場合 <側面図> A :最低 40 mm B: 測定位置での気温が <35℃ • 製品を垂直の壁面に設置する場合には、上の図に示すように製品の背面側に換気のため の隙間を 40 mm 以上あけるようにして、周辺の気温が 35℃ 以下になるようにします。 注意 詳細については Samsung Electronics のサービス センターにお問い合わせください。 2. 埋め込み設置ガイド <側面図> <上面図> A :最低 40 mm B:最低 70 mm C :最低 50 mm D :最低 50 mm E : 測定位置での気温が <35℃ • 製品を垂直の壁面に埋め込む場合には、上の図に示すように製品の周辺に換気のための 隙間をあけるようにして、周辺の気温が 35℃ 以下になるようにします。 はじめに注意 詳細については Samsung Electronics のサービス センターにお問い合わせください。 3. 床置き設置ガイド <側面図> A :最低 50 mm B: 測定位置での気温が <20℃ • 製品を床面に埋め込んで設置する場合には、上の図に示すように製品の背面側に換気の ための隙間を 50 mm 以上あけるようにして、周辺の気温が 20℃ 以下になるようにし ます。 注意 詳細については Samsung Electronics のサービス センターにお問い合わせください。 物理的レイアウト (400TS-3) はじめに(460TS-3) オプションスタンド(別売品 : 別売を行わない地域もあります) • VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。 • VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文くだ さい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。 • LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。 • SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任を 負うものではありません。 寸法 (400TS-3) (460TS-3) はじめに注意 ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8~ 12 mm のネジだけを使用するようにし てください。 アクセサリ (別売り) : (別売を行わない地域もあります) • Welcome Board を取り付けた場合の寸法 (400TS-3) (460TS-3) はじめに• 他のアクセサリを取り付けた場合の寸法 ウォールブラケットの取り付け • ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。 はじめに• お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお 客様の傷害について責任を負いかねます。 • この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製 の壁に取り付けることはできません。 部品 製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。 ウォール ブラケット (1) ヒンジ (左1、右1) プラスチ ック ハ ン ガ ー (4) ネジ (A) (11) ネジ (B) (4) ア ン カ ー (11) ウォール ブラケットに製品を取り付けるには 製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで す) 1. 製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。 2. ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。 注意 • ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく 固定されていることを確認してください。 • 製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ さい。 • ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取 り付け後に製品が動いてしまうことがあります。 はじめに3. 手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の 背面の穴に固定します。 4. 安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置し ます。安全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定しま す。 A - LCD ディスプレイ B - ウォールブラケット C - 壁 ウォール ブラケットの角度調整 壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を -2˚ に調整してください。 1. 製品をウォールブラケットに固定します。 2. 製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。 はじめに注意 ブラケットの角度は -2˚~ 15˚ の範囲で調整できます。 角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を 持ってください。 リモコン (RS232C) ケーブル接続 インターフェイス RS232C (9 ピン) ピン TxD (No.2) RxD (No.3) GND (No.5) ビット レート 9600 bps データ ビット 8 ビット パリティ なし ストップ ビット 1 ビット フロー制御 なし 最大長 15 m (シールド タイプのみ) • ピン配置 ピン 信号 1 データ キャリア検出 2 受信データ 3 送信データ 4 データ端末レディ 5 信号グラウンド 6 データ セット レディ 7 送信要求 はじめに8 受信準備完了 9 リング インジケータ • RS232C ケーブル コネクタ:9 ピン D-Sub ケーブル:クロス (反転) ケーブル -P1- -P1- -P2- -P2- メス Rx Tx Gnd 2 3 5 ---------> <--------- ---------- 3 2 5 Rx Tx Gnd メス • 接続方法 制御コード • Get コントロール ヘッダ コマンド ID データ長 0xAA コマンド タイ チェックサム プ 0 • 制御の取得 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA コマンド タ ム イプ 1 値 はじめに• コマンド語句 番号 コマンド タイプ コマンド 値の範囲 1 電源制御 0x11 0~1 2 音量制御 0x12 0~100 3 入力信号制御 0x14 - 4 画面モード制御 0x18 - 5 画面サイズ制御 0x19 0~255 6 PIP オン/オフ制御 0x3C 0~1 7 自動調整制御 0x3D 0 8 ビデオ ウォール モード制御 0x5C 0~1 9 安全ロック 0x5D 0~1 - ID は割り当てられた ID の 16 進数の値を示しますが、ID 0 は 0xFF でなければなりま せん。 - すべての通信は 16 進数で行われ、チェックサムはすべての残りの合計です。それが 2 桁を超える数になる場合、例えば 11+FF+01+01=112 のような場合には、以下に示すよ うに最初の 1 桁を捨てます。 例)PowerOn&ID=0 ヘッダ コマンド ID データ長 データ 1 チェックサ 0xAA 0x11 1 電源 ム ヘッダ コマンド ID データ長 データ 1 12 0xAA 0x11 1 1 シリアルケーブルに接続されているすべてのメカニズムを ID に関係なく制御したい場 合は、ID 部分を「0xFE」に設定してコマンドを送信します。そのとき、各 SET にはコマ ンドが続きますが、ACK には反応しません。 • 電源制御 • 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニタの電源をオン/オフします。 • 電源のオン/オフステータス取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x11 0 • 電源のオン/オフ設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x11 1 電源 ム 電源 :TV/モニタに設定する電源コード 1 : 電源オン はじめに0 : 電源オフ • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x11 電源 サム 電源 :同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x11 ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 音量制御 • 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニタの音量を変更します。 • 音量ステータスの取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x12 0 • 音量の設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x12 1 音量 ム 音量 :TV/モニタに設定する音量値コード(0~100) • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x12 音量 サム 音量 :同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x12 ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 入力信号制御 はじめに• 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニタの入力信号を変更します。 • 入力信号ステータスの取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x14 0 • 入力信号の設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x14 1 入力信号 ム 入力信号 :TV/モニタに設定する入力信号 0x14 PC 0x1E BNC 0x18 DVI 0x0C AV 0x04 S-Video 0x08 コンポーネント 0x20 MagicInfo 0x1F DVI_VIDEO 0x30 RF(TV) 0x40 DTV 0x21 HDMI1 0x22 HDMI1_PC 0x23 HDMI2 0x24 HDMI2_PC 0x25 DisplayPort 警告 DVI_VIDEO, HDMI1_PC, HDMI2_PC → 取得のみ MagicInfo の場合、MagicInfo を含むモデルでのみ可能 TV の場合、TV を含むモデルでのみ可能 • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x14 入力信号 サム 入力信号 :同上 • Nak はじめにヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x14 ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 画面モード制御 • 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニターの画面モードを変更します。 画面分割がオンになっているときには、制御できません。 警告 TV を含むモデルでのみ作動します。 • 画面モードステータス取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x18 0 • 映像サイズ設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x18 1 画面モード ム 画面モード :TV/モニタに設定する画面モードコード 0x01 16 : 9 0x04 ズーム 0x31 ワイドズーム 0x0B 4 : 3 • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x18 画面モー サム ド 画面モード :同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x18 ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 画面サイズ制御 はじめに• 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニタの画面サイズを認識します。 • 画面サイズステータス取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x19 0 • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x19 画面サイ サム ズ 画面サイズ :TV/モニタの画面サイズ(範囲:0~255、単位:インチ) • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x19 ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • PIP(同時画面) オン/オフ制御 • 機能 PC が TV/モニタの PIP 機能をオン/オフします。 これは MagicInfo モードでは作動しません。 • PIP のオン/オフステータスを取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x3C 0 • PIP のオン/オフを設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x3C 1 PIP(同時画 ム 面) PIP(同時画面):TV/モニタに設定する PIP(同時画面)オン/オフコード 1 : PIP オン 0 : PIP オフ • Ack はじめにヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x3C PIP(同 サム 時画面) PIP(同時画面):同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x3C ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 自動調整制御(PC、BNC のみ) • 機能 パーソナルコンピュータが PC システム画面を自動的に制御します。 • 自動調整ステータス取得 なし • 自動調整設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x3D 1 自動調整 ム 自動調整 :0x00(常時) • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x3D 自動調整 サム • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x3D ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • ビデオウォールモード制御 • 機能 ビデオウォール(画面分割)がオンのとき、パーソナルコンピュータが TV/モニタの ビデオウォールモードを変換します。 ビデオウォール(画面分割)がオンのとき TV/モニタでのみ作動します。 はじめにMagicInfo では作動しません。 • ビデオウォールモードの取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x5C 0 • ビデオウォールモードの設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x5C 1 ビデオウォ ム ールモード ビデオウォールモード :TV/モニタに設定するビデオウォールモードコード 1 : フルモード 0 : ナチュラル • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x5C サム ビデオウ ォールモ ード ビデオウォールモード :同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x5C ERR サム ERR :発生したエラーを示すエラーコード • 安全ロック • 機能 パーソナルコンピュータが TV/モニタの安全ロック機能をオン/オフします。 電源のオン/オフにかかわらず作動できます。 • 安全ロックのステータス取得 ヘッダ コマンド ID データ長 チェックサム 0xAA 0x5D 0 • 安全ロック有効化/無効化の設定 ヘッダ コマンド ID データ長 データ チェックサ 0xAA 0x5D 1 安全ロック ム はじめに安全ロック :TV/モニタに設定するロックコード 1 : オン 0 : オフ • Ack ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x5D 安全ロッ サム ク 安全ロック :同上 • Nak ヘッダ コマンド ID データ長 Ack/Nak r-CMD 値1 チェック 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x5D 安全ロッ サム ク ERR :発生したエラーを示すエラーコード はじめに接続 色と外観は製品によって異なる場合があり、製品の仕様は性能の向上のために予告無く変 更される場合があります。 コンピュータの接続 コンピュータをモニターに接続するにはいくつかの方法があります。以 下のオプションから選択してください。 ビデオカードの D-sub(アナログ)コネクタを使用します。 • D-sub は、LCD ディスプレイ背面の 15-pin の [RGB/COMPONENT IN] ポートとコンピュータの 15-pin D-sub ポートを接続します。 ビデオカードの DVI(デジタル)コネクタを使用します。 • DVI ケーブルは、LCD ディスプレイ背面の [DVI IN] ポートとコンピ ュータの DVI ポートを接続します。 ビデオカードの HDMI(デジタル)コネクタを使用します。• LCD ディスプレイの [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] ポートと PC の HDMI ポートを HDMI ケーブルを使用して接続します。 注意 HDMI ケーブルで PC に接続しているときには、入力信号として HDMI2 または HDMI1 を選択します。 PC からの画像と音声を正常に出力するには、外部入力名編集 で PC を 選択する前に HDMI2 または HDMI1 を選択します。 DVI 装置 が選択されているときに音声を有効にするには、ステップ ( ) を使用して接続されていることを確認します。 お使いのコンピュータのオーディオ ケーブルを、コンピュータ背面のオ ーディオ ポートに接続します。 LCD ディスプレイの電源コードを LCD ディスプレイ背面の電源ポートに 接続します。電源スイッチをオンにします。 注意 オプション品の購入については、SAMSUNG のお近くの販売店にお問い合わせください。 PC に接続してタッチ スクリーンを使う タッチ スクリーン機能を使用するには、PC と製品を接続し、製品の [TOUCH SCREEN USB HUB] と PC の USB ポートを接続します。 次に、タッチ モニターをデフォルトのモニタ ーとして設定します。 PC がサポートしているビデオ出力に応じて、製品を PC に接続します。 • グラフィック カードに D-Sub (アナログ) 出力がある場合 • 製品の [RGB/COMPONENT IN] ポートと PC の D-Sub ポートを D-Sub ケーブルで接 続します。 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB] ポートを PC の USB ポー トに接続します。 接続• グラフィック カードが DVI (デジタル) 出力 (DVI ケーブル経由) をサポートしてい るとき • DVI ケーブルを使用して製品の [DVI IN] ポートを PC の DVI ポートに接続しま す。 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB] ポートを PC の USB ポー トに接続します。 • グラフィック カードに HDMI 出力がある場合 • HDMI ケーブルを使用して製品の [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] ポートを PC の HDMI ポートに接続します。 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB] ポートを PC の USB ポー トに接続します。 接続• グラフィック カードが DVI (デジタル) 出力 (HDMI-DVI ケーブル経由) をサポートし ているとき • HDMI to DVI ケーブルを使用して製品の [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] ポートを PC の DVI ポートに接続します。 • USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB] ポートを PC の USB ポー トに接続します。 注意 • 革新的で高感度のタッチスクリーン テクノロジーにより、画面に強く触れる必要はあ りません。 • 先の尖ったもので画面に触れないでください。金属製のものを使用すると、表面に傷が つくことがあります。 指またはスタイラス ペンを使用してください。 • ほこりや水気などの異物が画面に付着すると、タッチスクリーンの誤作動の原因となる ことがあります。柔らかい布を使用して、画面および画面のフレームをよく拭いてくだ さい。 接続• 破損を避けるため、画面に強い力を加えないでください。 • USB デバイスは、Microsoft が推奨する安全な設置および取り外しを行うための指示に 従って接続または取り外しを行います。USB デバイスを接続した後にタッチ スクリー ンの機能または音声出力に問題が発生した場合には、USB ケーブルを接続しなおすか接 続するポートを変更します。 他のデバイスへの接続 注意 • お使いのコンピュータだけでなく、DVD プレイヤー、VCR またはカムコーダーなどの AV 入力機器を LCD ディスプレイに接続することができます。AV 入力デバイスの接続の詳 細については、「LCD ディスプレイの調整」の内容を参照してください。 • LCD ディスプレイの背面の構成は、LCD ディスプレイのモデルによって若干異なる場合 があります。 AV デバイスの接続 1. オーディオ ケーブルを製品の [AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] と VCR や DVD プレイヤーなどの外部デバイスのオーディオ ポートに接 続します。 2. ビデオ ケーブルを製品の [AV IN] と外部デバイスのビデオ出力ポート に接続します。 3. 次に、DVD またはテープを挿入して、DVD、VCR、またはカムコーダーを スタートさせます。 4. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「AV」を選択します。 接続カムコーダーへの接続 1. カムコーダーの AV 出力ジャックの場所を確認します。通常は、カムコ ーダーの側面または背面にあります。カムコーダーの VIDEO OUTPUT ジ ャックと LCD ディスプレイの [AV IN] をビデオ ケーブルで接続しま す。 2. オーディオ ケーブルをカムコーダーの AUDIO OUTPUT ジャックと LCD ディスプレイの [AV /COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] に接続します。 3. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「AV」を選択します。 4. 続いて、テープを挿入したカムコーダーをスタートします。 注意 ここに示した音声ビデオ ケーブルは、通常カムコーダーに付属しています。 (付属していない場合には、お近くの電器店でご購入ください) カムコーダーがステレオの場合には、2 本のケーブルを接続する必要があります。 HDMI ケーブルを使用して接続する 接続1. HDMI ケーブルを製品の [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] または [HDMI IN 1] とデジタル デバイスの HDMI 出力ポートに接続します。 2. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「HDMI1 / HDMI2」を選択しま す。 注意 HDMI モードでは、PCM フォーマットの音声のみサポートしています。 DVI - HDMI ケーブルを使用して接続する DVI-HDMI ケーブルを製品の [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] または [HDMI IN 1] とデジタル デバイスの DVI 出力ポートに接続します。 RCA - ステレオ (PC 用) ケーブルの赤および白のジャックをデジタル出 力デバイスの同じ色の音声出力端子に接続し、反対側のジャックを LCD ディスプレイの [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] 端子に接続します。 3. 製品またはリモコンの SOURCE を押して「HDMI1 / HDMI2」を選択しま す。 接続DVD プレイヤーの接続 RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB/COMPONENT IN] ポートと DVD プレイヤーの PR, Y, PB ジャックを接続します。 オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] と DVD プレイヤーの AUDIO OUT ジャックの間 に接続します。 注意 • 製品またはリモコンの SOURCE を押して「コンポ一ネント」を選択します。 • 次に、DVD ディスクを挿入して DVD プレイヤーをスタートさせます。 • RGB to Component ケーブルはオプションです。 • コンポーネント ビデオについては、お使いの DVD のマニュアルを参照してください。 DTV セット トップ (ケーブル/衛星) ボックスの接続 接続RGB to Component ケーブルで LCD ディスプレイの [RGB/COMPONENT IN] ポートとセット トップ ボックスの PR, Y, PB ジャックを接続しま す。 オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの [AV/COMPONENT AUDIO IN [L-AUDIO-R]] とセット トップ ボックスの AUDIO OUT ジャッ クの間に接続します。 注意 • 製品またはリモコンの SOURCE を押して「コンポ一ネント」を選択します。 • コンポーネント ビデオについては、お使いのセット トップ ボックスのマニュアルを 参照してください。 オーディオ システムへの接続 1. オーディオ システムの AUX L、R ジャックと LCD ディスプレイの [AUDIO OUT] をオーディオ ケーブルで接続します。 ネットワーク ボックス (別売り) の接続 注意 • ネットワーク ボックスは別売りです。 • ネットワーク ボックスの購入およびインストールについて詳しくは、Samsung Electronics にお問い合わせください。 接続電源の接続 電源延長コードを使用して、製品の [POWER] 端子とインストールしたネ ットワーク ボックスの [POWER] 端子を接続します。 電源コードをネットワーク ボックスの [POWER] とコンセントに接続し ます。 電源スイッチをオンにします。 MAGICINFO OUT への接続 DP to HDMI ケーブルを使用して、ネットワーク ボックスの [MAGICINFO OUT] 端子とモニ ターの [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] 端子を接続します。 接続LAN ケーブルの接続 製品の [LAN] ポートと PC の [LAN] ポートを LAN ケーブルで接続します。 USB デバイスの接続 マウスやキーボードなどの USB 機器を接続することができます。 ネットワーク ボックスに接続してタッチ スクリーンを使う 接続1. USB ケーブルを使用して製品の [TOUCH SCREEN USB HUB] ポートを PC の USB ポート に接続します。 注意 • 革新的で高感度のタッチスクリーン テクノロジーにより、画面に強く触れる必要はあ りません。 • 先の尖ったもので画面に触れないでください。金属製のものを使用すると、表面に傷が つくことがあります。 指またはスタイラス ペンを使用してください。 • ほこりや水気などの異物が画面に付着すると、タッチスクリーンの誤作動の原因となる ことがあります。柔らかい布を使用して、画面および画面のフレームをよく拭いてくだ さい。 • 破損を避けるため、画面に強い力を加えないでください。 接続ソフトウェアの使用 モニター ドライバ 注意 オペレーティング システム が モニタードライバを要求してきたら、この モニターに同梱されている CD-ROM を挿入して下しさい。インストール方法 はオペレーティング システムによって多少異なります。お使いのオペレー ティング システムに対応する指示に従ってください。 空のディスクを用意して、以下に示すインターネット Web サイトのドライ バ プログラム ファイルをダウンロードします。 インターネット Web サイト: http://www.samsung.com/ モニター ドライバのインストール (自動) 1. CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. [Windows] をクリックします。 3. モデル一覧でお使いのモニターのモデルを選択し、["OK" (OK)] をクリックします。 4. 以下のメッセージが表示される場合には、["Continue Anyway" (続行)] ボタンをクリ ックします。続いて ["OK"] ボタン (Microsoft ® Windows ® XP/2000 オペレーティン グ システム) をクリックします。注意 このモニター ドライバは Microsoft が承認したもので、インストールしてもシステ ムにダメージを与えることはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 http://www.samsung.com/ モニター ドライバのインストール (手動) Microsoft ® Windows Vista™、オペレーティング システム 1. マニュアル CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. [ ] (スタート) をクリックし、["Control Panel" (コントロール パネル)] をクリ ックします。次に、["Appearance and Personalization" (デスクトップのカスタマイ ズ)] をダブルクリックします。 3. ["Personalization" (個人設定)]、続いて ["Display Settings" (画面の設定)] をク リックします。 4. ["Advanced Settings..." (詳細設定...)] をクリックします。 ソフトウェアの使用5. ["Monitor" (モニタ)] タブで ["Properties" (プロパティ)] をクリックします。 ["Properties" (プロパティ)] ボタンが無効になっている場合は、モニターの設定が 完了していないことを示しています。そのままでも、モニターを使用することは可能 です。 下の図に示すように ["Windows needs..." (Windows の設定が必要です...)] というメ ッセージが表示された場合には、["Continue" (続行)] をクリックします。 注意 このモニター ドライバーは MS ロゴの承認を受けており、このドライバのインストー ルによってシステムが破損することはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 6. ["Update Driver..." (ドライバのアップデート...)] タブで ["Driver" (ドライバ)] をクリックします。 7. ["Browse my computer for driver software" (コンピュータを参照してドライバ ソ フトウェアを検索します)] チェックボックスをチェックして、["Let me pick from a list of device drivers on my computer" (コンピュータ上のデバイス ドライバの一 覧から選択します)] をクリックします。 ソフトウェアの使用8. ["Have Disk..." (ディスク使用)] をクリックして、ドライバ セットアップファイル のあるフォルダ (たとえば D:\Drive) を選択し、[OK] をクリックします。 9. 画面上のリストからお使いのモニターモデルに一致するモデルを選択し、["Next" (次 へ)] をクリックします。 10. 続いて表示される画面で、["Close" (閉じる)] → ["Close" (閉じる)] →["OK" (OK)] → ["OK" (OK)]] をクリックします。 ソフトウェアの使用Microsoft ® Windows ® XP オペレーティング システム 1. CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 2. ["Start" (スタート)] → ["Control Panel" (コントロール パネル)] をクリック し、["Appearance and Themes" (デスクトップの表示とテーマ)] アイコンをクリック します。 3. ["Display" (画面)] アイコンをクリックして ["Settings" (設定)] タブを選択し、 ["Advanced..." (詳細設定)] をクリックします。 4. ["Monitor" (モニター)] タブで ["Properties" (プロパティ)] ボタンをクリック し、["Driver" (ドライバ)] タブを選択します。 ソフトウェアの使用5. ["Update Driver..." (ドライバの更新...)] をクリックして、["Install from a list or..." (一覧または特定の場所からインストールする)] を選択し、["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 6. ["Don't search, I will..." (検索しないで、インストールするドライバを選択す る)] を選択して [Next (次へ)] をクリックし、["Have disk" (ディスク使用)] をク リックします。 7. ["Browse" (参照)] ボタンをクリックしてから A:(D:\Driver) を選択し、モデル一覧 からお使いのモデルを選択して、["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 8. 以下のメッセージが表示される場合には、["Continue Anyway" (続行)] ボタンをクリ ックします。続いて ["OK"] ボタンをクリックします。 ソフトウェアの使用注意 このモニター ドライバは Microsoft が承認したもので、インストールしてもシステ ムにダメージを与えることはありません。 承認済みのドライバは、Samsung モニターのホームページに掲載されます。 http://www.samsung.com/ 9. [Close (閉じる)] ボタンをクリックし、続けて [OK] ボタンをクリックします。 10. モニター ドライバのインストールが完了します。 Microsoft ® Windows ® 2000 オペレーティング システム モニター上に["Digital Signature Not Found" (デジタル署名が見つかりません)] と表示 された場合は、以下の手順を行います。 1. ["Insert disk" (ディスク挿入)] ウィンドウで ["OK" (OK)] ボタンを選択します。 2. ["File Needed" (必要なファイル)] ウィンドウで ["Browse" (参照)] ボタンをクリ ックします。 3. A:(D:\Driver) を参照してから ["Open" (開く)] ボタンをクリックし、続いて ["OK"] ボタンをクリックします。 インストール方法 ソフトウェアの使用1. ["Start" (スタート)]、["Setting" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パネ ル)] をクリックします。 2. ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックします。 3. ["Settings" (設定)] タブを選択し、["Advanced" (詳細設定)] ボタンをクリックし ます。 4. ["Monitor" (モニタ)] を選択します。 ケース 1:["Properties" (プロパティ)] ボタンが有効でない場合には、モニターが適 切に設定されていることを意味します。インストールを中止してください。 ケース 2:[Properties (プロパティ)] ボタンが有効になっている場合には、[Properties (プロパティ)] ボタンをクリックして次の手順に進みます。 5. ["Driver" (ドライバ)] をクリックし、続いて ["Update Driver..." (ドライバの更 新...)] をクリックして ["Next" (次へ)] をクリックします。 6. ["Display a list of the known drivers for this device so that I can choose a specific driver" (このデバイスの既知のドライバを表示して、その一覧から選択す る)] を選択して ["Next" (次へ)] をクリックし、["Have disk" (ディスク使用)] を クリックします。 7. ["Browse" (参照)] ボタンをクリックして A:(D:\Driver) を選択します。 8. ["Open" (開く)] ボタンをクリックし、続けて ["OK" (OK)] ボタンをクリックしま す。 9. お使いのモニターのモデルを選択して、[Next (次へ)] ボタンをクリックします。続 いて [Next (次へ)] ボタンをクリックします。 10. ["Finish" (完了)] ボタンをクリックし、続いて ["Close" (閉じる)] ボタンをクリ ックします。 ["Digital Signature Not Found" (デジタル署名が見つかりません)] というウィンド ウが表示された場合には、["Yes" (はい)] ボタンをクリックします。[Finish (完 了)] ボタンをクリックし、続いて [Close (閉じる)] ボタンをクリックします。 Microsoft ® Windows ® Millennium オペレーティング システム 1. ["Start" (スタート)]、["Setting" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パネ ル)] をクリックします。 2. ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックします。 3. ["Settings" (設定)] タブを選択し、["Advanced" (詳細設定)] ボタンをクリックし ます。 4. ["Monitor" (モニタ)] タブを選択します。 5. ["Monitor Type" (モニタ タイプ)] 領域で、["Change" (変更)] ボタンをクリックし ます 6. ["Specify the location of the driver" (ドライバの場所を指定)] を選択します。 7. ["Display a list of all the driver in a specific location..." (特定の場所にあ るすべてのドライバ一覧を表示し、インストールドライバを選択する)] を選択し、 ["Next" (次へ)] ボタンをクリックします。 8. ["Have Disk" (ディスク使用)] ボタンをクリックします。 ソフトウェアの使用9. A:\ (D:\driver) を指定して、["OK"] ボタンをクリックします。 10. ["Show all devices" (すべてのデバイスを表示)] を選択し、コンピュータに接続さ れているものに対応するモニターを選択して、["OK" (OK)] をクリックします。 11. [画面のプロパティ] ダイアログボックスが閉じるまで、["Close" (閉じる)] ボタン をクリックしてから ["OK" (OK)] ボタンをクリックする操作を繰り返します。 Microsoft ® Windows ® NT オペレーティング システム 1. ["Start" (スタート)]、["Settings" (設定)]、["Control Panel" (コントロール パ ネル)] をクリックし、続いて ["Display" (画面)] アイコンをダブルクリックしま す。 2. [登録情報の表示] ウィンドウで、[設定] タブをクリックしてから ["All Display Modes" (すべての表示モード)] をクリックします。 3. 使用したいモード (解像度、色数および垂直周波数) を選択し、OK をクリックしま す。 4. ["Apply" (適用)] ボタンをクリックし、["Test" (テスト)] をクリックして画面が正 常に表示されるか確認します。画面が正常に表示されない場合には、別のモード (解 像度、色数または周波数がより低いモード) に変更します。 注意 [すべての表示モード] にモードが表示されない場合には、ユーザー ガイドのプリセット タイミング モードを参照して、解像度と 垂直周波数 を選択します。 Linux オペレーティング システム X-Window を実行するには、システム設定ファイルの一種である X86Config ファイルを作 成する必要があります。 1. X86Config ファイルを実行した後に表示される最初と 2 番目の画面で ["Enter"] を 押します。 2. 3 番目の画面はマウスの設定用です。 3. コンピュータのマウスを設定します。 4. 次の画面はキーボードの選択用です。 5. お使いのコンピュータのキーボードを設定します。 6. 次の画面はモニターの設定用です。 7. まず、モニターの水平周波数を設定します。(周波数は直接入力することができます) 8. モニターの 垂直周波数 を設定します。(周波数は直接入力することができます) 9. モニターのモデル名を入力します。この情報は、実際の X-Window の実行には影響を 与えません。 10. これでモニターの設定は完了です。その他の必要なハードウェアを設定してから、XWindow を実行します。 ソフトウェアの使用タッチスクリーン タッチスクリーン ドライバのインストール 1. USB ケーブルを使用してモニターをお使いの PC に接続します。 2. ドライバのインストール CD を CD-ROM ドライブに挿入します。 3. マウスで "Setup IRTOUCH USB" をクリックします。 ドライバが実行されます。 ("Touchscreen Driver"フォルダ内のファイルをマウスでダブルクリックします。) 注意 ネットワーク ボックスを使用する場合は、ネットワーク ボックスの 「C:\ TSN3 \ IRTouch」フォルダを開きます。 4. インストール後、PC を再起動します。 (ネットワーク ボックスを使用している場合 は、ネットワーク ボックスのデスクトップにある"EWF"ファイルをクリックして、PC を再起動します。) 注意 この時点でドライバはインストールされており、システムが自動的にドライバを取得 します。ただし、コンピュータによっては新しいドライバを見つけるために以下の手 順を実行する必要があります。 5, 6, 7. 5. Choose "No, not this time,” and then “Next” (FIG. 1). 図 (1) 6. システムがタッチスクリーンを認識すると、該当するドライバを探す必要があるとい うメッセージを表示します。 “Install the software automatically (Recommended)” を選択し、続いて “["Next" (次へ)]” を選択してください (図 2)。 ソフトウェアの使用図 (2) 7. "Finish (完了)” (図 3) をクリックして、ドライバの更新を完了します。画面右下 隅のタスクバーのバルーンに「新しいハードウェアが見つかりました」と表示されま す (図 4)。 図 (3) 図 (4) タッチスクリーン コントロール パネルによるドライバのインストール デスクトップのショートカットをダブルクリックするか、[スタート] -> [すべてのプログ ラム] -> [IRTouchSystems] -> [TouchScreen Control Panel] (図 5) に移動して、タッ チスクリーンのコントロール パネルを開きます。 ソフトウェアの使用図 (5) コントロール パネルの全般メニュー 図 (6) 1. Mapping コントロール パネルを使って、USB 接続の調整や設定を行い、同じ PC に接続された複数 のタッチスクリーンをサポートすることができます。このパネルには、タッチスクリーン の基本情報が表示され、キャリブレーションを行うことができます。 PC に複数のタッチ スクリーンが取り付けられていて、ステータスが「multi-screens display」に設定されて いる場合には、Touchscreen List に複数のタッチスクリーンが表示されます。[Mapping] を使用して、それぞれのタッチスクリーンを選択してキャリブレーションすることができ ます。これを行わなければタッチスクリーンは機能しません。複数のタッチスクリーンの 設定は、以下の手順に従ってください。 [Mapping] をクリックして、各モニターの中央に 優先順位の順にボタンマークを表示させます。 ボタンマークの中央をクリックして、取り 付けられているタッチスクリーンを確認します。タッチスクリーンについての情報がない ソフトウェアの使用場合には、Esc を押すか 30 秒待つと、プログラムが現在のタッチスクリーンの設定をス キップして自動的に次のタッチスクリーンに移動します。 2. Calibrate この機能は、シングル ビュー モードおよびデュアル ビュー モードで使用することがで きます。 画面の [Calibrate] ボタンをクリックします。 すべてのターゲット サークル に触れ、OK をクリックして、キャリブレーションの結果を保存します。 キャリブレーション プロセス: 情報リストからタッチ スクリーンを選択します。 表示さ れたキャリブレーション ウィンドウで、"Calibrate" ボタンをクリックします。 4 つの キャリブレーション ポイントの中央を順番にクリックして、キャリブレーションを完了さ せます。 "Esc" ボタンをクリックして、キャリブレーション ウィンドウを閉じます。 キ ャリブレーション後、[Recalibrate]、[OK] および [Cancel] ボタンが表示されます。 キ ャリブレーション プロセスを再度実行するには、"Recalibrate" をクリックします。 変 更を保存してウィンドウを閉じるには、"OK" をクリックします。 変更を保存せずにウィ ンドウを閉じるには、"Cancel" をクリックします。 設定 設定ウィンドウは 8 つの領域に分かれています (図 7)。 1. Modes 2. Options 3. Calibrate Settings 4. Smoothness Settings 5. Touch Sensitivity Settings 6. Right Click Settings 7. Beep Type Settings 8. Beep Type Settings 図 (7) ソフトウェアの使用モード 3 つのタッチ モードがあります。 “Click on touch,” “Click on Release,” “Mouse Emulation.” 1. Click on touch 指がタッチスクリーンに触れると、クリックとして認識されます。オブジェクトをドラッ グできない点に注意してください。タッチスクリーンはこのモードで応答が最も速くな り、大型ボタンを使う用途にはこのモードをお勧めします。 2. Click on Release これがデフォルトのモードになっています。指を画面から離したときにクリックとして認 識されます。このモードでは正確なコントロールを行うことができ、POS やその他の Web アプリケーションなど、小型のボタンやハイパーリンクを使用する用途にお勧めします。 3. Mouse Emulation 左クリック、移動、クリック解除、ドラッグなどのマウス機能をエミュレートします。こ の機能は、文章入力、描画、地図のドラッグが必要な場合に推奨されます。 Options 1. Enable Touch タッチスクリーンを有効 (デフォルト) または無効にします。 2. Hide Cursor アプリケーションによってはマウス カーソルを使用しないものがあります。この機能によ り、マウス機能を無効にすることなくカーソルを非表示にすることができます。これは大 型のボタンを使用してアニメーションを再生したり、Click On Touch モードを使用する教 育用アプリケーションにお勧めします。 3. Enable Right Click 右クリック機能を有効にします。画面の任意の部分を 2 秒間押したままにします。コンテ キスト メニューが表示されます。右クリック機能は、マウス エミュレーション モードの みで使用することができます。コンテキスト メニューが表示されるまでの時間は、[Right Click Settings] の [Delay] で調整できます。 注意 値を大きくすると、コンテキスト メニューが表示されるのが遅くなります。 “Delay は、 ミリ秒単位で設定します。 [area] は、エラー限界内に収まるタッチ画面のゆらぎ範囲 (ピクセル単位) を決定します。値を大きくするほどゆらぎの範囲が広がります。コンテキ スト メニューは、画面のこの範囲を指で押し続けている間表示されます。 4. Enable Beep この機能により、PC の内蔵スピーカーからのビープ音を有効または無効にし、ビープ音の サイクルと高さを設定します。[Enable touch] を選択してから [Apply] ボタンを押して ビープ音を有効または無効にすることができます。3 つのビープ音モードがあります。 “Beep on touch,” “Beep on Release,” “Both.” 1. Beep on touch : 指がタッチスクリーンに触れると、クリックとして認識されます。 2. Beep on Release : 指がタッチスクリーンから離れるとクリックとして認識されます。 ソフトウェアの使用3. Both : 指がタッチスクリーンに触れ、再度画面から離れたときにクリックとして認識 されます。 注意 ハードウェアの状況とその他の要素に応じて、性能を最大化するようにパラメータを設定 できます。 ドライバのアンインストール [コントロール パネル] -> [プログラムの追加と削除] (図 8) をダブルクリックして、 [IRTOUCHSYSTEMS TouchScreen Driver] を選択して [Remove] をクリックし、ドライバを アンインストールします。 図 (8) 注意 タッチ スクリーン機能を使用するための設定方法の詳細について参照するには、 [Help] ボタンをクリックしてください。 ソフトウェアの使用MDC プログラムのイ ンス ト ール/アン イ ンス ト ール イ ンス ト ール方法 1 CDをCD-ROMド ラ イブに挿入し ます。 2 MDC Unified のイ ンス ト ール プログラムを ク リ ッ ク し ます。 ソ フ ト ウ ェ アのイ ンス ト ール ウ ィ ン ド ウがメ イ ン画面に表示されない場合には、 CD の MDC フ ォルダにある "MDC Unified" 実行フ ァ イルを使用し てイ ンス ト ールし ます。 3 表示されたイ ンス ト ール ウ ィ ザー ドの画面で "Next" を ク リ ッ ク し ます。 4 表示された "License Agreement" ウ ィ ン ド ウで、 "I accept the terms in the license agreement" を 選択し て、 "Next" を ク リ ッ ク し ます。 5 表示される "Customer Information" ウ ィ ン ド ウで、 すべての情報フ ィ ールド に記入し て "Next" を ク リ ッ ク し ます。 6 表示される "Destination Folder" ウ ィ ン ド ウで、 プログラムを イ ンス ト ールするデ ィ レ ク ト リ を 選択し て "Next" を ク リ ッ ク し ます。 デ ィ レ ク ト リ パスを指定し ない場合には、 プログラムはデフ ォル ト のデ ィ レ ク ト リ パスにイ ンス ト ールされます。 7 表示される "Ready to Install the Program" ウ ィ ン ド ウで、 プログラムのイ ンス ト ール先のデ ィ レ ク ト リ パスを確認し てから "Install" を ク リ ッ ク し ます。 8 イ ンス ト ールの進捗状況が表示されます。 9 表示される "InstallShield Wizard Complete" ウ ィ ン ド ウで "Finish" を ク リ ッ ク し ます。 "Launch MDC Unified" を選択し て "Finish" を ク リ ッ ク し、 MDC プログラムをすぐに実行し ま す。 10 イ ンス ト ール後には、 デスク ト ッ プ上に MDC Unified シ ョ ー ト カ ッ ト アイ コ ンが作成されます。  MDC の実行アイ コ ンは、 PC システムや製品の仕様によ って表示されないこ とがあ り ま す。  実行アイ コ ンが表示されない場合には、 F5 を押し て く だ さい。 アン イ ンス ト ール 1 ス ター ト メ ニューの 設定 > コ ン ト ロール パネル を選択し て、 プログラムの追加と削除 をダブ ルク リ ッ ク し ます。 2 リ ス ト から MDC Unified を選択し て、 変更/削除R を ク リ ッ ク し ます。 MDC のイ ンス ト ールは、 グラ フ ィ ッ ク カー ド、 マザー ボー ド およびネ ッ ト ワークの状態によ って 異な り ます。MDC とは "MDC" (Multiple Display Control) は、 PC を使用し て簡単に複数のデ ィ スプレ イ装置を同時に制御でき るよ う にするアプ リ ケーシ ョ ンです。 MDC の接続 RS-232C (シ リ アル データ通信標準規格) による MDC の使用 RS-232C シ リ アル ケーブルを PC のシ リ アル ポー ト と モニ ターに接続し ます。イーサネ ッ ト による MDC の使用 プ ラ イマ リのデ ィ スプレ イ装置の IP ア ド レスを入力し て、 PC にデバイスを接続し ます。 RS-232C シ リ アル ケーブルを使ってデ ィ スプレ イ装置を も う ひとつ接続できます。接続の管理 接続の管理には、 接続リ ス ト と接続リ ス ト 変更オプシ ョ ンが含まれます。 接続リ ス ト – 接続リ ス ト には接続設定 (IP/COM、 ポー ト 番号、 MAC、 Connection Type) などの接続 に関する詳細、 接続状態、 Set ID Range、 および検出されたデバイスの詳細が表示されます。 接続ご とに、 シ リ アル デイジー チ ェ ーン機能で接続し たデバイスを最大 100 台収容できます。 接続から検 出されたすべての LFD がデバイス リ ス ト に表示され、 ユーザーによるグループ分けや検出されたデ バイスへのコ マン ド送信ができます。 接続リ ス ト 変更オプシ ョ ン – 接続変更オプシ ョ ンにはAdd、 Edit、 Delete、 およびRefreshが含まれま す。Auto Set ID Auto Set ID機能によ り、 選択し た接続のデイジー チ ェーンに接続されたすべての LFD にセ ッ ト ID が割り振られます。 接続あた りの LFD の最大数は 100 個です。 セ ッ ト ID は、 デイジー チ ェ ーンの 並び順に 1 から 99 まで割り振られ、 最後は セ ッ ト ID 0 にな り ます。ク ローニング ク ローニング機能を使う と、 任意の LFD の設定を コ ピーし て選択し た複数の LFD に適用できます。 コ ピー設定オプシ ョ ン ウ ィ ン ド ウを使っ て、 ク ローニングする特定のタ ブ カテゴ リ またはすべての タ ブ カテゴ リ を選択できます。 コ マン ドの再試行 この機能は、 LFD からの応答がないか応答が破損し ている場合に MDC コ マン ド を再試行する最大数 を指定するのに使用し ます。 再試行カウン ト 値は、 MDC オプシ ョ ン ウ ィ ン ド ウから設定できます。 再試行カウン ト 値は 1~10 の間の値と し、 デフ ォル ト 値は 1 にな り ます。 MDC を開始する 1 プログラムを起動するには、ス ター ト > プログラム > Samsung MDC Unified を ク リ ッ ク し ます。 2 Addを ク リ ッ ク し てデ ィ スプレ イ装置を追加し ます。  接続が RS232C を介し て確立されている場合は、 Serialに移動し てCOM Portを指定し ます。  接続がEthernetを介し て接続されている場合は、 デ ィ スプレ イ装置に関し て入力し た IP を 入力し ます。メ イ ン画面のレ イアウ ト メ ニュー バー デ ィ スプレ イ装置のステータ スまたはプログラムのプロパテ ィ を変 更し ます。 デバイス分類項目 接続されているデバイス装置またはデバイス グループを リ ス ト 表示 し ます。 スケジュール分類項目 デ ィ スプレ イ装置のスケジュールを リ ス ト 表示し ます。 セ ッ ト リ ス ト 調整するデ ィ スプレ イ装置を選択し ます。 セ ッ ト リ ス ト の変更 セ ッ ト を追加、 編集、 再グループ化、 または削除し ます。 ヘルプ ト ピ ッ ク プログラムのヘルプ ト ピ ッ ク を表示し ます。 4 3 2 1 6 5 1 2 3 4 5 6メ ニュー 選択し たデバイスの電源のオンまたはオフ、 入力ソースまたは音量の変更ができます。 セ ッ ト のリ ス ト からデ ィ スプレ イ装置を選んで、 Homeタ ブを選択し ます。 Home 項目を選択し て対応する設定を変更し ます。 電源  On : 選択し たデ ィ スプレ イの電源をオンにし ます。  Off : 選択し たデ ィ スプレ イの電源をオフにし ます。 Input  入力ソース :入力ソースを変更し ます。  使用できる入力ソースは接続されたデ ィ スプレ イ装置のモデルによ って異な り ます。  入力ソースは電源がオンになっているデ ィ スプレ イに対し てのみ変更できます。  Channel : チャ ンネルを変更し ます。  TV チャ ンネルは上下の矢印キーで変更できます。  チャ ンネルは、 入力ソースがTVになっている場合にのみ変更できます。  すでに登録されているチャ ンネルのみ選択できます。 Volume 音量の変更または ミ ュー ト は電源がオンになっているデ ィ スプレ イに対し てのみ行えます。 Volume  音量はスラ イ ド バーを使って 0~100 の範囲で変更できます。 選択し たデ ィ スプレ イの音量を調整し ます。 入力  選択し たデ ィ スプレ イのMuteを有効または無効にし ます。 Muteがオンになっ ている と きにVolumeを調整する と、 Muteは自動的に無効と な り ます。 Alert  Fault Device 1 2 3 このメ ニューには、 フ ァ ン エ ラー、 温度エ ラー、 明る さ センサー エ ラー、 またはラ ンプ エ ラーが発生し ているデ ィ スプレ イ装置のリ ス ト が表示されます。 デ ィ スプレ イ装置を リ ス ト から選択し ます。 Repairボタ ンが有効にな り ます。 更新ボタ ンを ク リ ッ ク し てデ ィ スプレ イ装置のエ ラー ステータ スを更新し ます。 復旧し たデ ィ スプレ イ 装置は、 Fault Device Listから除かれます。 Fault Device Alert  エ ラーが検出されたデ ィ スプレ イ装置は、 電子メ ールで報告されます。 必要なフ ィ ールド すべてに記入し ます。 Testボタ ンおよびOKボタ ンが有効にな り ます。 Sender情報を確認し て、 Recipientを少な く と もひとつ入力し て く だ さい。画面調整 画面設定 (コ ン ト ラス ト 、 明る さ等) を調整できます。 セ ッ ト のリ ス ト からデ ィ スプレ イ装置を選んで、 Pictureタ ブを選択し ます。 カス タム 項目を選択し て対応する画面設定を変更し ます。  入力ソースがPCになっている と きは、 ColorおよびTintは使用できません。  入力ソースがVideoになっている と きは、 Red、 Green、 BlueおよびPC Screen Adjustmentは使用 できません。  PC SourceとVideo Sourceの両方が選択されている と きは、 Color、 Tint、 Color Tone、 Color Temp、 Red、 Green、 Blue、 およびPC Screen Adjustmentは使用できません。 Contrast  選択し たデ ィ スプレ イ装置のコ ン ト ラス ト を調整し ます。 Brightness  選択し たデ ィ スプレ イ装置の明る さ を調整し ます。 Color  選択し たデ ィ スプレ イ装置の色度を調整し ます。 Tint (G/R)  選択し たデ ィ スプレ イ装置の色合いを調整し ます。 Color Tone  選択し たデ ィ スプレ イ装置の背景色を調整し ます。 Color Temp  選択し たデ ィ スプレ イ装置の色温度を変更し ます。 Color ToneがOffに設定されている と きには、 このオプシ ョ ンが有効にな り ます。 Red  選択し たデ ィ スプレ イ装置の赤色の強度を カス タ マイズし ます。Green  選択し たデ ィ スプレ イ装置の緑色の強度を カス タ マイズし ます。 Blue  選択し たデ ィ スプレ イ装置の青色の強度を カス タ マイズし ます。オプシ ョ ン Dynamic Contrast 選択し たデ ィ スプレ イ装置のDynamic Contrastを調整し ます。 Gamma Control 選択し たデ ィ スプレ イのガンマ値を変更し ます。 Auto Motion Plus このオプシ ョ ンは動きの多いイ メ ージの閲覧に使用し ます。  Off : Auto Motion Plus機能を無効に し ます。  Clear : Auto Motion Plusのレベルを 「ク リ ア」 に設定し ます。 このモー ドは色彩の鮮やかなイ メ ージの閲覧に適し ます。  Standard : Auto Motion Plusのレベルを 「標準」 に設定し ます。  Smooth : Auto Motion Plusのレベルを 「スムース」 に設定し ます。 このモー ドはイ メ ージのス ムースな表示に適し ています。  Custom : 画面の残像またはち らつきのレベルを カス タ マイズし ます。  Demo : Auto Motion Plusの技術デモを表示し ます。 モー ド を変更し た場合の結果をウ ィ ン ド ウの 左側にプレビ ュー表示できます。 Brightness Sensor 選択し たデ ィ スプレ イ装置のBrightness Sensorを有効または無効にし ます。 Brightness Sensorは、 周囲の光の強さ を検出し て画面の明る さ を自動的に調整し ます。 Brightness Sensorは製品のモデルによ っては利用できないこ とがあ り ます。 サイズ Picture Size 選択し たデ ィ スプレ イ装置の画面サイズを調整し ます。 詳細な設定をサポー ト し ないモー ド にPicture Sizeが設定されてる と きは、 Detail項目は無効にな り ま す。 -/+ ボタ ンでZoomを調整できます。 画面のポジシ ョ ンは、 上下左右の方向ボタ ンで調整できます。 Detail 選択し た画面サイズの詳細を確認できます。 PC Screen Adjustment 周波数調整または微調整には、 CoarseまたはFineの -/+ ボタ ンを使用できます。 画面のポジシ ョ ンを調整するには、 Positionの下にある 4 つのイ メ ージのどれかを ク リ ッ ク し ます。 周波数を自動調整または微調整、 も し く は画面のポジシ ョ ンを変更するには、 Auto Adjustmentを ク リ ッ ク し ます。音声調整 音声設定を変更できます。 セ ッ ト のリ ス ト からデ ィ スプレ イ装置を選んで、 Soundタ ブを選択し ます。 選択し たセ ッ ト でBassまたはTreble項目がサポー ト されていない場合は、 その項目は無効にな り ま す。 Bass 選択し たデ ィ スプレ イの低音を調整し ます。 Treble 選択し たデ ィ スプレ イの高音を調整し ます。 Balance (L/R) 選択し たデ ィ スプレ イ装置の左右のスピーカーの音量を調整し ます。 SRS TS XT 選択し たデ ィ スプレ イ装置のSRS TS XTを有効または無効にし ます。 システムの設定 セ ッ ト のリ ス ト からデ ィ スプレ イ装置を選んで、 Systemタ ブを選択し ます。 Video Wall Video Wall機能は、 映像全体の一部を表示するか、 接続された複数のデ ィ スプレ イ装置のそれぞれに 同じ映像を繰り返し表示するのに使用し ます。 Video Wallは、 各デバイスが同じグループ内にある場合にのみ有効と な り ます。 Video Wall Video Wallを有効または無効にし ます。 Format 分割画面の表示方式を選択し ます。 H 水平方向に配置されたデ ィ スプレ イ装置の数を選択し ます。 1 列に最大 15 個のデ ィ スプレ イ を配置できます。 H に 15 を割り当てた場合、 V には最大 6 まで割り当てできます。 Full NaturalV 垂直方向に配置されたデ ィ スプレ イ装置の数を選択し ます。 1 列に最大 15 個のデ ィ スプレ イ を配置できます。 H に 15 を割り当てた場合、 V には最大 6 まで割り当てできます。 Screen Position デ ィ スプレ イのレ イアウ ト を表示 (画面デ ィ バイダで設定) または必要に応じ て変更し ます。 Video Wallがオンに設定されている と きには、 Screen PositionとPreviewが有効にな り ます。 複数のセ ッ ト が選択されている場合、 H と V の設定が選択し たセ ッ ト のレ イアウ ト に一致する と き にだけPreviewが有効と なる こ とに注意し て く だ さい。 Positionを変更するには、 セ ッ ト を選択し て新しいポジシ ョ ンに ド ラ ッ グし ます。 画面デ ィ バイダ設定の範囲はモデルによ って異な り ます。 PIP PIPの調整に必要な基本情報がメ ニュー画面に表示されます。  Video WallがONになる と、 PIPは無効と な り ます。  PIPがONになる と、 Picture Sizeは無効と なる こ とに注意し て く だ さい。 PIP Size 現在のデ ィ スプレ イのPIP Sizeを表示し ます。 PIP Source PIP 入力ソースを選択し ます。 Sound Select プ ラ イマ リ またはセカ ンダ リ画面のどち らか一方のサウン ド を選択し て有効にし ます。 Channel PIP SourceがTVのと きは、 チャ ンネルを変更できます。全般 User Auto Color 画面の色を自動的に調整し ます。 PCモー ド でのみ使用できます。 Auto Power 製品の電源が自動的にオンになるよ う に設定し ます。 Standby Control 入力ソースが検出されなかった と きは、 ス タ ンバイ モー ド で起動するよ う に設定し ます。 フ ァ ン と温度 製品保護のためフ ァ ン速度と内部温度の検出に必要な設定を行います。 Fan Control フ ァ ン速度の設定方法を選択し ます。 Fan Speed フ ァ ン速度を設定し ます。 Temperature 温度の範囲を指定し て内部温度を検出し ます。セキュ リ テ ィ Safety Lock オンスク リーン メ ニューをロ ッ ク し ます。 ロ ッ ク を解除するには、 Safety LockをOffに設定し ます。 Button Lock デ ィ スプレ イ装置のボタ ンをロ ッ ク し ます。 ボタ ンのロ ッ ク を解除するには、 Button LockをOffに設定し ます。 OSD デ ィ スプレ イ Source OSD Sourceが変更された と きに、 メ ッ セージを表示するかど うかを選択し ます。 Not Optimum Mode OSD 非互換モー ドが変更された と きに、 メ ッ セージを表示するかど うかを選択し ます。 No Signal OSD 入力信号がない場合に、 メ ッ セージを表示するかど うかを選択し ます。 MDC OSD MDC によ っ て設定が変更された と きに、 メ ッ セージを表示するかど うかを選択し ます。現在時刻 Clock Set 選択し たデ ィ スプレ イ装置の現在時刻を PC の設定時刻に合わせて変更し ます。 デ ィ スプレ イ装置に時刻が設定されていない場合は、 ヌル値が表示されます。 Timer  On Time : 選択し たデ ィ スプレ イ装置の電源をオンにする時刻を設定し ます。  Off Time : 選択し たデ ィ スプレ イ装置の電源をオフにする時刻を設定し ます。  Volume : On Timeによ りデ ィ スプレ イ装置の電源がオンになった と きの音量を指定し ます。  Source : On Timeによ っ てデ ィ スプレ イ装置の電源をオンにし た と きの入力ソースを指定し ます。  Holiday : Holiday Management設定をTimerに適用できます。  Repeat : 選択し たTimerを繰り返す周期を指定し ます。 Once : タ イマーを 1 回だけ有効にし ます。  EveryDay : タ イマーを毎日有効に し ます。  Mon~Fri : タ イマーを月~金曜日に有効にし ます。  Mon~Sat : タ イマーを土曜日と日曜日に有効にし ます。  Manual : 曜日を カス タ マイズし ます。 Repeatの下にある曜日を選択するためのチ ェ ッ クボ ッ クスは、 Manualが選択されている場合に のみ有効と な り ます。 Holiday Management Holiday Managementによ り、 Timerで電源がオンになるよ う に設定し たデバイスが特定の日付にオン になら ないよ う にできます。 Holiday Management機能は、 Timer設定メ ニューで有効または無効にできます。  ADD : 祝日を指定できます: Holiday Managementウ ィ ン ド ウでAddボタ ンを ク リ ッ ク し ます。  Delete : 祝日を削除し ます。 対応するチ ェ ッ クボ ッ ク スにチ ェ ッ ク マーク を入れて、 このボタ ン を ク リ ッ ク し ます。  祝日のリ ス ト :これまでに追加し た祝日のリ ス ト を表示し ます。 画面の焼き付き防止 Pixel Shift 画面の残像防止のため指定時刻にわずかに画面を動かし ます。 Screen Saver この機能は選択されたデ ィ スプレ イ装置の画面が長時間使われずに放置された場合に、 画面の残像 が発生するのを防止し ます。  Interval : Screen Saverを起動する間隔を指定し ます。  Mode: Time設定はModeご とに変えられます。 Safety ScreenSafety Screen機能はデ ィ スプレ イ装置の画面に静止画像が長時間表示された場合に、 画面の残像が 発生するのを防止し ます。 Lamp Control Lamp Controlは、 バッ ク ラ イ ト を調整し て消費電力を抑えるのに使用されます。 選択し たデ ィ スプレ イ装置のバッ ク ラ イ ト を指定し た時刻に自動的に調整し ます。 Manual Lamp Controlが調整される と、 Auto Lamp Controlは自動的にOffに切り替わり ます。 選択し たデ ィ スプレ イのバッ ク ラ イ ト を手動で調整し ます。 Auto Lamp Controlが調整される と、 Manual Lamp Controlは自動的にOffに切り替わり ます。  Ambient Light : Ambient Lightは周囲の光の強さ を検出し て、 同一のシ リ アル チ ェーンに接続され たすべての LFD について画面の明る さ を自動的に調整し ます。 3.6.12 ツールの設定 セキュ リ テ ィ Panel Control デ ィ スプレ イ装置の画面をオンまたはオフにし ます。 Remote Control リ モー ト コ ン ト ロールを有効または無効にし ます。 1 2 3 4 1 リ セ ッ ト Reset Picture 画面設定を リ セ ッ ト し ます。 Reset Sound サウン ド 設定を リ セ ッ ト し ます。 Reset System システム設定を リ セ ッ ト し ます。 Reset All 画面、 サウン ド 、 およびシステム設定を同時に リ セ ッ ト し ます。 Edit Column セ ッ ト のリ ス ト に表示する項目を選択し ます。 Information プログラム情報を表示し ます。 2 3 4その他の機能 ウ ィ ン ド ウのリサイズ プログラム ウ ィ ン ド ウの角にマウスのポイ ン ターを置きます。 矢印が表示されます。 矢印を動かし てプログラム ウ ィ ン ド ウのサイズを カス タ マイズし ます。 グループの管理 グループの作成 グループを作成し てセ ッ ト のリ ス ト をグループ単位で管理し ます。 重複するグループ名は使用できません。1 プログラム ウ ィ ン ド ウの左側にあるデ ィ スプレ イ装置リ ス ト のセク シ ョ ンを右ク リ ッ ク し て Group>Editを選択し ます。 2 表示されるEdit Groupウ ィ ン ド ウで、 Add on the sub levelまたはAdd on the same levelを ク リ ッ ク し ます。  Add on the sub level: 選択し たグループの下にサブグループを作成し ます。  Add on the same level: 選択し たグループ と同じ レベルにグループを作成し ます。 Add on the same levelボタ ンは、 少な く と も 1 つのグループが作成されている場合に有効と な り ます。 3 グループ名を入力し ます。 グループの削除 1 グループ名を選択し て、 Editを ク リ ッ ク し ます。 2 表示されるEdit Groupウ ィ ン ド ウで、 Deleteを ク リ ッ ク し ます。 3 Yesを ク リ ッ ク し ます。 グループが削除されます。グループのリ ネーム 1 グループ名を選択し て、 Editを ク リ ッ ク し ます。 2 表示されるEdit Groupウ ィ ン ド ウで、 Renameを ク リ ッ ク し ます。 3 古いグループ名の中にカーソルが現れるので、 新しいグループ名を入力し ます。 スケジュールの管理 スケジュールの作成 グループ単位でスケジュールを作成し て登録し ます。 1 プログラム ウ ィ ン ド ウの左側にあるスケジュールのセク シ ョ ンのAll Schedule Listを ク リ ッ ク し ます。 中央のAddボタ ンが有効にな り ます。2 Addボタ ンを ク リ ッ ク し ます。 Add Scheduleウ ィ ン ド ウが表示されます。 3 Device Group項目の下にあるAddを ク リ ッ ク し て、 スケジュールを追加するグループを選択し ま す。 4 Date&Time/Actionを選択し てOKを ク リ ッ ク し ます。 スケジュールが追加され、 セ ッ ト リ ス ト ウ ィ ン ド ウにスケジュールのリ ス ト が表示されます。  Device Group : グループを選択し ます。  Date&Time  Instant Execution : 直ちにスケジュールを実行し ます。  Timer : スケジュールを実行する日付、 時刻、 および間隔を設定し ます。  Action : 指定の時刻および間隔で起動する機能を選択し ます。 スケジュールの変更 スケジュールを変更するには、 スケジュールを選択し てEditを ク リ ッ ク し ます。スケジュールの削除 スケジュールを削除するには、 スケジュールを選択し てDeleteを ク リ ッ ク し ます。 ト ラ ブルシューテ ィ ング ガイ ド このプログラムは、 PC とデ ィ スプレ イ との通信の問題、 または付近にある電子機器から放出され る電磁波によ って誤作動する場合があ り ます。 問題 解決方法 制御し たいデ ィ スプレ イがシステ ム情報チャー ト に表示されません。 1. RS232C ケーブルの接続を確認し ます (ケーブルが適切な シ リ アル ポー ト に正し く 接続されている こ と を確認し ま す)。 2. IDが重複する別のデ ィ スプレ イが接続されていないこ と を確認し ます。 IDの重複し たデ ィ スプレ イ を接続する と、 データの衝突によ っ てデ ィ スプレ イが表示されない原因 と なる こ とがあ り ます。 3. デ ィ スプレ イのIDが 0~99 の範囲にある こ と を確認し ま す (デ ィ スプレ イのメ ニューで ID を変更し ます)。 0~99 の範囲の ID をサポー ト するデ ィ スプレ イでは、 IDは 0~99 の範囲で設定し なければな り ません。 制御し たいデ ィ スプレ イが他の制 御情報グ リ ッ ド に表示されない。 デ ィ スプレ イの電源がオンになっている こ と を確認し て く だ さい。 (システム情報チャー ト の電源ステータ スを見ます) デ ィ スプレ イに接続された入力信号を選択し て く だ さい。 以下のメ ッ セージが繰り返し表示 されます。 制御し よ う とするデ ィ スプレ イが接続されている こ と を確認 し て く だ さい。 On TimeまたはOff Timeが設定され ているのに、 別の時刻にデ ィ スプ レ イが交互にオンまたはオフにな り ます。 PC の時刻を調整し て、 接続されたデ ィ スプレ イ との間で同 期し て く だ さい。 リ モ コ ンが機能し ない。 リ モ コ ンは、 RS-232C ケーブルが外されている場合、 または Remote Control機能がDisableのと きにプログラムが正常に閉 じ られなかった場合に機能し な く なる こ とがあ り ます。 これ を解決するには、 プログラムを再度実行し てRemote Control をEnableに設定し ます。複数のデ ィ スプレ イ を使用し ている と きにデ ィ スプレ イのプロパテ ィ を表示する方法 1 デ ィ スプレ イが選択されていないと き:デフ ォル ト 値が表示されます。 2 1 台のデ ィ スプレ イが選択されている と き:選択し たデ ィ スプレ イの設定が表示されます。 3 2 台のデ ィ スプレ イが (た と えばID 1、 ID 3 の順で) 選択された と き:ID 1 の設定が表示され、 続い てID 3 の設定が表示されます。 4 All+Selectチ ェ ッ クボ ッ ク スがチ ェ ッ ク されてすべてのデ ィ スプレ イが選択された と き:デフ ォル ト の設定が表示されます。LCD ディスプレイの調整 入力 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポ一ネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックス(別売り)が接続されているときにのみ有効にす ることができます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 (米国のみ) 外部入力 PC、HDMI または LCD ディスプレイに接続されているその他の外部入力信号を選択して使 用します。使用する画面を選択します。 1. PC 2. DVI 3. AV 4. コンポ一ネント 5. HDMI1 - TV チューナー ボックスがインストールされているときには無効になります。 6. HDMI2 - ネットワーク ボックスがインストールされているときには無効になります。 7. ディスプレイ ポート 8. MagicInfo - ネットワーク ボックスが接続されているときに有効になります。 9. TV- TV チューナー ボックスが接続されているときに有効になります。注意 [RGB/COMPONENT IN] ポートは、PC またはコンポーネント信号に対応しています。 ただし、実際に接続された入力信号とは異なる入力信号を選択した場合は、画面が正常に 表示されない場合があります。 同時画面 注意 同時画面 機能は 画像分割 が オン のときには使用できません。 VCR または DVD のような外部 AV 装置を LCD ディスプレイに接続するときには、同時画 面 によってこれらの装置からのビデオを PC ビデオ信号にスーパーインポーズされる小さ なウィンドウで観ることができます。(オフ/オン 注意 • モニターが外部ソースに切り替わると、PIP はオフになります。 • サイズ で 、 、 を選択した場合は、ポジション および 透明 は無効になり ます。 同時画面 同時画面 画面のオフ/オンを切り替えます。 • オフ • オン 外部入力 PIP の入力ソースを選択します。 注意 • プライマリ画面で信号が受信されないときには、PIP が無効になります。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 (米国のみ) LCD ディスプレイの調整• PCDVI, AV, HDMI1, HDMI2, ディスプレイ ポート • DVI :PC • AV :PC • HDMI :PC • ディスプレイ ポート :PC サイズ PIP ウィンドウの Size(サイズ)を変更します。 ポジション PIP ウィンドウの Position(位置)を変更します。 透明 PIP ウィンドウの透明度を調整します。 • 高 • 中 • 低 • 不透明 LCD ディスプレイの調整外部入力名編集 入力信号の選択を簡単にするために、入力ジャックに接続されている入力機器に名前を付 けます。 VTR / DVD / ケーブル STB / デジタル STB / 衛星放送チューナー / AV レシーバー / DVD プ レーヤー / ゲーム /DVC / DVD コンボ / DVD+HDD / PC / DVI PC / DVI 装置 注意 • ディスプレイ デバイスは外部入力モードによって異なります。 • PC を HDMI 端子に接続しているときは、外部入力名編集 を PC に設定します。その他 の場合には、外部入力名編集 を AV に設定します。ただし、640x480、720P (1280x720) および 1080p (1920x1080) は AV と PC に共通する信号であるため、外部入力名編集 を 入力信号に合わせて設定するようにしてください。 • PC が接続されている場合は、外部入力名編集 を DVI PC に設定して、接続された PC からのビデオとオーディオを楽しむことができます。 • AV 機器が接続されている場合は、外部入力名編集 を DVI 装置 に設定して、接続され た AV 機器からのビデオとオーディオを楽しむことができます。 入力信号自動切換設定 入力信号自動切換 が オン の状態でディスプレイをオンにしたとき、前に選択していたビデ オ入力信号がない場合には、ディスプレイは自動的に別のアクティブなビデオ入力信号を 探します。 注意 • TV 信号がアクティブ(TV チューナーがディスプレイに接続されている)な場合、入力 信号自動切換 検索機能は無効になります。ディスプレイは TV 信号のままになります。 • 入力信号自動切換 の選択と 同時画面 機能:入力信号自動切換 選択が オン に設定されて いる場合、同時画面 機能は動作しません。同時画面 機能を動作させるには、入力信号 自動切換 選択を オフ にする必要があります。 • 入力信号自動切換 選択が オン のとき、または プライマリ入力復元 が オン のときに は、ディスプレイの省電力モードは無効になります。 • プライマリ入力復元 が オン のときには、プライマリ ソース および セ力ンダリ入力 選 択のみが利用でき、お好みに応じて入れ換えて選択することができます。 それぞれのプライマリ入力信号に対応する信号については 同時画面 > 外部入力 を参照 してください。LCD ディスプレイの調整 入力信号自動切換 入力信号自動切換 が オン のときには、ディスプレイのビデオ信号が自動的にアクティブな ビデオを検索します。 現在の入力信号が認識できない場合には、プライマリ入力 選択が有効になります。セ力ン ダリ入力 選択は、使用できるプライマリのビデオ信号がない場合に有効になります。プラ イマリまたはセカンダリの信号が認識できない場合には、ディスプレイは再度検索を行 い、有効なビデオ信号が見つからなければディスプレイは入力信号がないことを示すメッ セージを表示します。 プライマリ入力 選択が すべて に設定されているときは、ディスプレイはすべてのビデオ入 力信号を 2 回連続して検索してアクティブなビデオ信号を探し、ビデオが見つからない場 合には最初のビデオ信号に戻ります。 1. オフ 2. オン プライマリ入力復元 プライマリ入力復元 が オン のときには、プライマリ入力 および セ力ンダリ入力 のビデオ 信号選択を検索してアクティブなビデオ信号を探します。 アクティブなビデオが見つかった場合には プライマリ入力 が選択され、ビデオが見つから ない場合には セ力ンダリ入力 が選択されます。セ力ンダリ入力 にもビデオが見つからない 場合には、入力信号がないことを示すメッセージが表示されます。 1. オフ 2. オン プライマリ入力LCD ディスプレイの調整 映像 [PC / DVI / ディスプレイ ポート / MagicInfo モード] • PC に接続されている場合は、外部入力名編集 を DVI PC に設定して、PC に保存され たビデオまたはオーディオ コンテンツを楽しむことができます。 • AV 機器に接続されている場合は、外部入力名編集 を DVI 装置 に設定して、AV 機器 に保存されたビデオまたはオーディオ コンテンツを楽しむことができます。 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポーネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックスが接続されているときにのみ有効にすることが できます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 (米国のみ) モード 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 LCD ディスプレイの調整 自動入力信号に プライマリ入力 を指定します。 セ力ンダリ入力 自動入力信号に セ力ンダリ入力 を指定します。1. 情報 正確な情報の伝達用に推奨されます (公開情報など)。 2. 広告 広告の表示用に推奨されます (ビデオ、屋内または屋外広告など)。 3. ユーザー調整 ユーザー調整 オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す ることができます。 注意 • ユーザー調整 機能を使用して画像を調整すると、MagicBright は ユーザー調整 モー ドに変わります。 • ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 1. コントラスト コントラストを調整します。 2. 明るさ 輝度を調整します。 3. シャープネス シャープネスを調整します。 4. ガンマ 映像の中間域の明るさ (ガンマ) を調整します。 • ナチュラルモード • モード 1 - 映像を ナチュラル よりも明るく設定します。 • モード 2 - 映像を モード 1 よりも暗く設定します。 LCD ディスプレイの調整• モード 3 - 明るい色と暗い色の間のコントラストを強くします。 色温度 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 色温度を変更できます。 1. オフ 2. 青色系 3. 標準 4. 赤色系 5. ユーザー調整 注意 • [色温度] を [青色系]、[標準]、[赤色系] または [ユーザー調整] に設定すると、Color Temp. 機能が無効になります。 • 色温度 を オフ に設定している場合は、カラー調整 機能は無効になります。 • 色温度 機能を使用して画像を調整すると、モード は ユーザー調整 モードに変わりま す。 カラー調整 赤、緑、青のそれぞれの色バランスを調整します。 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 1. 赤 2. 緑 3. 青 LCD ディスプレイの調整Color Temp. Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。 注意 この機能は、モード が ユーザー調整 に設定され、ダイナミックコントラスト と 色温 度 が オフ の場合に有効になります。 画面調整 画面調整 は、ゆらぎやちらつきのある不安定な映像の原因となるノイズを取り除くことに より、最適な映像を得るための微調整に使用します。細密調整を使用して満足な結果が得 られない場合には、粗調整による調整を行ってから再度細密調整を行ってください。 注意 PC モードでのみ使用可。 粗調整 縦縞などのノイズを除去します。粗調整では、画面イメージ領域が移動する場合がありま す。水平コントロール メニューを使用して、中央に位置を合わせることができます。 微調整 横縞などのノイズを除去します。細密調整後もノイズが残る場合は、周波数 (クロック速 度) の調整を行ってから、調整し直してください。 ポジション 画面の水平および垂直位置を調整します。 自動調整 LCD ディスプレイの調整微調整、粗調整、ポジション の値は自動的に調整されます。コントロールパネルで解像度 を変更すると、自動機能が実行されます。 注意 PC モードでのみ使用可。 信号バランス 信号ケーブルが長いため弱くなっている RGB 信号を補強します。 注意 • ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 • PC モードでのみ使用可。 信号バランス 信号バランスは オン または オフ のいずれかを選択します。 信号制御 注意 信号バランス が オン になっているときに使用できます。 1. R ゲイン 2. G ゲイン 3. B ゲイン 4. R オフセット 5. G オフセット 6. B オフセット LCD ディスプレイの調整サイズ サイズ は切り替えられます。 1. 16:9 2. 4:3 PIP 映像 PIP 画面設定を調整します。 注意 • 利用できるモード:同時画面 オン 1. コントラスト 画面上の PIP ウィンドウのコントラストを調整します。 2. 明るさ 画面上の PIP ウィンドウの明るさを調整します。 3. シャープネス 画面の PIP ウィンドウのシャープネスを調整します。 4. 色の濃さ 画面の PIP ウィンドウの色を調整します。 注意 同時画面 入力信号が AV, HDMI, コンポ一ネント のときにのみ有効になります。 5. 色あい LCD ディスプレイの調整ナチュラルトーンを PIP ウィンドウに追加します。 注意 色あいスライダは、同時画面 入力信号が HDMI または AV の場合にのみ表示されま す。 ダイナミックコントラスト ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト となるように調整します。 1. オフ 2. オン 注意 この機能は、同時画面 または 省電力 が オン になっているときには無効になります。 ライト調整 エネルギー消費を抑えるため、インバーター ランプを調整します。 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 明るさセンサー 明るさセンサー は、周囲の明るさを検知して、画面の明るさを自動的に調整できるように します。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整映像リセット 画面の設定をリセットします。 映像 [ AV / HDMI /TV /コンポ一ネント モード] 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポ一ネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックス(別売り)が接続されているときにのみ有効にす ることができます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 (米国のみ) モード LCD ディスプレイには、(「ダイナミック」、「標準」、「映画」および「ユーザー調 整」) の 4 種類の自動映像設定が工場出荷時に設定されています。 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 1. ダイナミック 2. 標準 3. 映画 4. ユーザー調整 LCD ディスプレイの調整ユーザー調整 オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す ることができます。 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 コントラスト コントラストを調整します。 明るさ 輝度を調整します。 シャープネス 画像のシャープネスを調整します。 色の濃さ 画像の色を調整します。 色あい ナチュラルトーンを表示に追加します。 注意 色あいスライダは、入力信号が HDMI, コンポ一ネント または AV の場合にのみ表示され ます。 色温度 色温度を変更できます。個々の色成分もユーザーが調整することができます。 LCD ディスプレイの調整注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 1. オフ 2. 青色系2 3. 青色系1 4. 標準 5. 赤色系1 6. 赤色系2 注意 • 色温度 を 青色系2、青色系1、標準、赤色系1、または 赤色系2 に設定すると、Color Temp. 機能が無効になります。 • 色温度 機能を使用して画像を調整すると、モード は ユーザー調整 モードに変わりま す。 Color Temp. Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。 注意 この機能は、モード が ユーザー調整 に設定され、ダイナミックコントラスト と 色温 度 が オフ の場合に有効になります。 サイズ サイズ は切り替えられます。 PC モード (PC、HDMI [PC タイミング]): 16:9 - 4:3 ビデオ モード (HDMI [ビデオ タイミング]、AV または コンポ一ネント):16:9 - ズーム 1 - ズーム 2 - 4:3 - 全画面表示 - ユーザー調整 1. 16:9 - 映像を 16:9 ワイド モードに設定します。 2. ズーム 1- 画面上の映像のサイズを拡大します。 3. ズーム 2-「ズーム 1」を超える映像のサイズを拡大します。 LCD ディスプレイの調整4. 4:3 - 映像を 4:3 ノーマル モードに設定します。 5. 全画面表示 - HDMI 720p、1080i、1080p 信号が入力されているときは、入力される画 面が中断されることなく表示されます。 6. ユーザー調整 - 好みに合わせて解像度を変更します。 注意 • 全画面表示 機能を使用しているときでも、仕様を外れる表示を行う一部の外部デバイ スでは画面が途切れる場合があります。 • 全画面表示 は、コンポ一ネント モード では 1080i/p、HDMI モードでは 1080i/p ま たは 720p の場合にのみ有効になります。 • ズーム 1 と ズーム 2 は、HD 信号 (1080i/p、720p または 768p) については無効にな ります。 • ポジション および リセット 機能は ズーム 1 または ズーム 2 モードでのみ使用でき ます。 デジタル NR (Digital Noise Reduction) デジタル ノイズ リダクション機能の オフ/オン を切り替えます。デジタル ノイズ リダ クション機能によって、よりきれいではっきりした画像をお楽しみいただけます。 1. オフ 2. オン 注意 デジタル NR 機能は、解像度によっては使用できない場合があります。 HDMI 黒レベル DVD またはセットトップボックスが HDMI を経由してテレビに接続されている場合、接続 している外部デバイスによっては、ブラックレベルの上昇、コントラストの低下、変色な どの画質の低下の原因となることがあります。この場合には、HDMI 黒レベル を設定して テレビの画質を調整してください。 LCD ディスプレイの調整1. 標準 2. 低 注意 PC と HDMI モードの DTV の両方で使用できるタイミングについては、HDMI 黒レベル が有 効になります。 フィルムモード フィルムモード では、(24 フレームの) 映画で発生することのある不自然な映像のキャリ ブレーションを行います。 このモードを有効にすると、動く字幕が正常に表示されないことがあります。 (HDMI モードでは、入力信号がインターレース スキャンの場合にこの機能を使用できま す。プログレッシブ スキャン信号では使用できません) 1. オフ 2. オン PIP 映像 同時画面 画面設定を調整します。 注意 利用できるモード:同時画面 オン 1. コントラスト 画面上の PIP ウィンドウのコントラストを調整します。 2. 明るさ 画面上の PIP ウィンドウの明るさを調整します。 3. シャープネス 画面の PIP ウィンドウのシャープネスを調整します。 LCD ディスプレイの調整ダイナミックコントラスト ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト となるように調整します。 1. オフ 2. オン 注意 この機能は、同時画面 または 省電力 が オン になっているときには無効になります。 ライト調整 エネルギー消費を抑えるため、インバーター ランプを調整します。 注意 ダイナミックコントラスト が オン に設定されているときには使用できません。 明るさセンサー 明るさセンサー は、周囲の明るさを検知して、画面の明るさを自動的に調整できるように します。 1. オフ 2. オン 映像リセット 画面の設定をリセットします。 LCD ディスプレイの調整音声 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポーネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックス(別売り)が接続されているときにのみ有効にす ることができます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 (米国のみ) モード LCD ディスプレイには、Hi-Fi ステレオアンプが内蔵されています。 1. 標準 工場出荷時の標準設定にするには [標準] を選択します。 2. 音楽 ミュージック ビデオまたはコンサートを視聴するには [音楽] を選択します。 3. 映画 映画を観るには [映画] を選択します。 4. ニュース ほとんどが会話の番組 (ニュースなど) を視聴するときには、ニュース を選択しま す。 5. ユーザー調整 好みに合わせて設定を調整するには、ユーザー調整 を選択します。 ユーザー調整 好みに合わせて音声設定を調整することができます。 LCD ディスプレイの調整注意 • 調整の際は、音量が 0 に設定されていても音声が鳴ります。 • ユーザー調整 機能を使用して音声の調整を行うと、ユーザー調整 が モード モードに なります。 低音 周波数の低い音声を強調します。 高音 周波数の高い音声を強調します。 バランス 左右のスピーカーの音声バランスを調整できます。 自動音量 放送局による音量レベルの差を小さくします。 1. オフ 2. オン SRS TS XT SRS TS XT は、2 台のスピーカーで 5.1 チャンネルのコンテンツを再生するときの問題を 解決する特許取得済みの SRS 技術です。TruSurround XT は、テレビの内蔵スピーカーな どのスピーカー 2 台で構成される再生システムで、素晴らしい仮想サラウンド音声環境を 実現します。すべてのマルチチャンネル フォーマットと完全な互換性があります。 LCD ディスプレイの調整1. オフ 2. オン 音声選択 同時画面 モードで、プライマリまたはセカンダリ表示のいずれかの音声を有効にします。 注意 同時画面 が オン になっているときに使用できます。 1. 主画面 2. 副画面 スピーカ選択 ホーム シアターに接続してこの製品を使用する場合には、内蔵スピーカーをオフにして、 ホーム シアターの(外部)スピーカーから音声が聞こえるようにします。 1. 内部 音声は 内部 スピーカと 外部 スピーカの両方から出力されますが、音量調整は 内 部 スピーカからの音声に対してのみ行うことができます。 2. 外部 音声が 外部 スピーカからのみ出力されている場合は、音量調整は 外部 スピーカか らの音声についてのみ行うことができます。 サウンド リセット 音声の設定をリセットします。 LCD ディスプレイの調整設定 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポ一ネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックス(別売り)が接続されているときにのみ有効にす ることができます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 (米国のみ) 言語 13 つの言語のいずれかを選択できます。 注意 言語の選択は、OSD の言語にのみ反映されます。コンピュータ上で実行されるソフトウェ アには影響しません。 時刻 時刻設定、スリープ タイマー、タイマー 1/タイマー 2/タイマー 3、および 休日の管理 の 4 つの時刻設定からひとつを選択します。 時刻設定 LCD ディスプレイの調整現在の時刻を設定します。 スリープ タイマー 所定の時間が経過したら LCD ディスプレイを自動的にオフにします。 1. オフ 2. 30 3. 60 4. 90 5. 120 6. 150 7. 180 タイマー 1 / タイマー 2 / タイマー 3 LCD ディスプレイを指定した時間にオンまたはオフにするよう設定できます。 注意 • 時刻設定 メニューを使用して時刻を設定した場合にのみ有効です。 • 手動 オプションを使用して、曜日を選択できます。 • 休日 :適用 を選択すると、休日にはタイマーが動作しません。適用しない を選択する と、休日もタイマーが動作します。 休日の管理 • 追加 LCD ディスプレイの調整休日を登録できます。 • 選択した日を削除 選択した休日を削除できます。 注意 • 登録された休日が選択されている場合にのみ有効です。 • 複数の休日を選択して削除できます。 • すべて削除 登録された休日をすべて削除できます。 メニューの背景透明度 OSD の背景の透明度を変更します。 LCD ディスプレイの調整1. 高 2. 中 3. 低 4. 不透明 安全ロック PIN の変更 パスワードは変更できます。 プリセットされている LCD ディスプレイのパスワードは「0000」です。 注意 パスワードを忘れた場合には、リモコンの INFO + EXIT + MUTE ボタンを押してパスワー ドを「0000」にリセットします。 ロック これは、OSD をロックして設定状態を維持し、他のユーザーが現在の設定を変更できない ようにする機能です。 省電力 この機能は、省エネのためにユニットの電力消費の調整を行います。 1. オフ 2. オン LCD ディスプレイの調整画像分割 画像分割 は、各スクリーンが画面全体の一部になるように表示したり、同じ画像を各スク リーンに繰り返し表示できるように接続されたビデオスクリーンのセットです。 画像分割 がオンになっているときには、画像分割 画面の設定を調整することができます。 注意 • 画像分割 の実行中は、サイズ 機能が無効になります。 • 同時画面 が オン になっているときには無効になります。 • 水平 または 垂直 の分割数が 4 を超える場合には、画質の劣化を防ぐために XGA (1024 x 768) 以上の解像度を使用してくただい。 画像分割 選択したディスプレイの 画像分割 機能のオン/オフを切り替えます。 • オフ • オン フォーマット 分割したスクリーンを表示する フォーマット を選択できます。 • フルモード マージン無しで全画面表示を行います。 • ナチュラルモード 元の縦横比を維持したまま自然な映像を表示します。 LCD ディスプレイの調整水平 水平方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。 15 段階の調整レベル: 1~15. 注意 垂直 が 15 に設定されている場合は、水平 の最大値は 6 になります。 垂直 垂直方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。 15 段階の調整レベル: 1~15. 注意 水平 が 15 に設定されている場合は、垂直 の最大値は 6 になります。 画面の位置 スクリーンを複数の画像に分割できます。分割するときのレイアウトとともに、分割する 画面数を選択できます。 • 画面の位置 でモードを選択します。 • ディスプレイ選択でディスプレイを選択します。 • 選択したモードの数字を押すと、配置が設定されます。 • 画面は最大 100 個の小画面に分割できます。 LCD ディスプレイの調整注意 5 台以上のディスプレイが接続されている場合には、画質の低下を防ぐために XGA (1024*768) 以上の解像度にすることをお勧めします。 画面保護 画面保護 機能は、静止画が画面上に長時間表示されたときに発生することのある残像を防 止するのに使用します。 注意 この機能は、電源がオフになっているときには使用できません。 ピクセル シフト ピクセル シフト LCD 上のピクセルを水平または垂直方向に動かすこの機能を使用して、画面に残像が発生 するのを防止することができます。 • オフ • オン 水平 画面を水平方向に何ピクセル移動するか設定します。 画像分割は: 0, 1, 2, 3, および 4. 垂直 LCD ディスプレイの調整画面を垂直方向に何ピクセル移動するか設定します。 画像分割は: 0, 1, 2, 3, および 4. 時間 それぞれ、水平または垂直方向の動作を実行する間隔を設定します。 タイマー タイマー 画面焼き付き防止のタイマーを設定することができます。 残像を消去するための処理を開始する場合には、処理は設定された時間行われ、自動的に 完了します。 • オフ • オン モード 画面保護 タイプを変更できます。 • バー • 消しゴム • ピクセル LCD ディスプレイの調整周期 この機能を使用して、各モード セットにおける実行間隔をタイマーに設定します。 時間 設定された間隔の範囲内で、実行する時間を指定します。 バー この機能を使用して、長い黒白の垂直線を動かすことにより、画面上に残像が発生するの を防止します。 消しゴム この機能は、長方形のパターンを動かすことによって画面上に残像が発生するのを防止し ます。 LCD ディスプレイの調整ピクセル この機能は、画面上で多数のピクセルを動かすことによって残像を防止します。 サイドグレー 画面背景のグレーの明るさを選択します。 • オフ • 明るくする • 暗くする 解像度の選択 コンピュータのグラフィックカードの解像度を 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、 1360 x 768 @ 60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定したときに画面が正常に表示されない 場合は、この機能(Resolution Select)を使用して指定した解像度で画面を表示すること ができます。 注意 PC モードでのみ使用可。 1. オフ 2. 1024 X 768 3. 1280 X 768 LCD ディスプレイの調整4. 1360 X 768 5. 1366 X 768 注意 メニューの選択は、画面解像度が 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、1360 x 768 @ 60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定されているときにのみ可能です。 電源オン調整 画面の Power On time(電源がオンになる時間)を調整します。 警告:過電圧を避けるために、Power On time(電源がオンになる時間)を長く設定します。 OSD 回転 OSD の回転 1. ランドスケープ 2. ポートレイト 詳細設定 さらに詳細な設定を行います。 ファン & 温度 (ネットワーク モデルのみ) ファンの速度と内部の温度を検知して、製品を保護します。 LCD ディスプレイの調整ファン制御 ファン速度設定は、自動または手動のいずれかを選択します。 • 自動 • 手動 ファン速度の設定 ファンの速度を 0 ~ 100 の範囲で設定します。 注意 ファン制御 が 手動 になっているときに使用できます。 温度制御 製品内部の温度を検知して、目的の温度を指定します。 製品はデフォルトでは 77˚C に設定されています。 注意 • 指定した温度を超えると映像が暗くなり、温度が上がり続ける場合には製品の電源が自 動的にオフになって過熱を防止します。 • この製品を使用するには、75~80˚C の温度が最適です (室温 40˚C の場合)。 使用条件の詳細については、記載されている「仕様」を参照してください。 LCD ディスプレイの調整注意 • 温度制御 の設定を変更するときには、ファン制御 を 自動 に設定します。 現在の温度 製品の現在の温度を表示します。 自動電源設定 製品の 自動電源設定 の有効/無効を切り替えます。 • オフ • オン 注意 自動電源設定 が オン になっているときには、製品は電源に接続されると直ちにオンにな ります。 ボタン ロック LCD ディスプレイの調整製品のモニター制御ボタンをロック/ロック解除します。 • オフ • オン 自動補正(ユーザー) 1. 自動カラー補正 色を自動で調整します。 2. リセット 色の設定をリセットします。 注意 PC モードでのみ有効になります。 スタンバイ制御 入力信号が検出されないときに動作するスタンバイ モードを設定します。 • オフ 入力信号が検出されないときには 信号がありません というメッセージが表示されま す。 • オン 入力信号が検出されない場合は省電力モードになります。 • 自動 入力信号が検出されないときには、 - 外部デバイスが接続されているときには省電力モードになります。 - 外部デバイスが接続されていないときには 信号がありません というメッセージが表 示されます。 LCD ディスプレイの調整注意 • PC、DVI、HDMI、または DP(ディスプレイ ポート) モードでのみ有効になります。 • 自動 は HDMI モードでは無効になります。 ランプ スケジュール 指定された時刻に、ユーザー指定の値に明るさを調整します。 OSD ディスプレイ 画面上のメニュー項目の表示/非表示を切り替えます。 ソース OSD • オフ • オン 非最適化 OSD モード • オフ • オン LCD ディスプレイの調整OSD 信号なし • オフ • オン MDC OSD • オフ • オン ソフトウェア更新 ソフトウェアの更新を行います。 1. DVI または HDMI などのデジタル信号を使用して製品をコンピュータに接続します。 SW コードから変換された BMP 画像ファイルをクリックします。製品の画面に下に示 すような画像が表示されます。 2. ソフトウェア コードが変換された BMP 画像が画面に表示されている間に、[ソフトウ ェア更新] を選択します。 注意 複数の BMP 画像がある場合は、スライドショーを使用して画面に表示されます。 • スライドショーでの BMP 画像の再生間隔を 1 秒に設定することをお勧めします。 他の再生間隔では、画像を正常に抽出できないことがあります。 LCD ディスプレイの調整• 別の画像 (マウス ポインタなど) が重なっている場合は、BMP 画像を正常に抽出 できないことがあります。 3. 現在のソフトウェア バージョンよりも新しいバージョンが検出された場合は、現在の ソフトウェアをアップグレードするかどうか確認を求められます。<オン> を選択した 場合は、アップグレードが実行されます。 4. ソフトウェア アップグレードの完了後、製品の電源が自動的にオフになってから、オ ンになります。 注意 • これは、DVI、HDMI1 または HDMI2 モードなどのデジタル信号の場合にのみ機能しま す。(入力解像度はパネル解像度と同じにする必要があります。) • HDMI1 および HDMI2 モードでは、PC と TV の両方で使用されるタイミング値は、外部 入力名編集 が PC または DVI PC に設定されている場合にのみサポートされます。 • これは、サイズ が 16:9 に設定されている場合にのみサポートされます。 セットアップをリセット すべての設定値をリセットします。 すべてリセット ディスプレイのすべての設定をリセットします。 マルチコソトロール 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV • コンポーネント • HDMI • MagicInfo LCD ディスプレイの調整• TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックス(別売り)が接続されているときにのみ有効にす ることができます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 (米国のみ) マルチコントロール SET に個別の ID を割り当てます。 • ID 設定 SET に固有の ID を割り当てます。 • ID 入力 SET ごとに送信機の機能を選択します。送信機設定に対応する ID を持つ SET のみが 有効になります。 • MDC 接続 MDC 入力を受信するポートを選択します。 • RS232C MDC :RS232C MDC ケーブルを経由して MDC と通信します。 • RJ45 MDC :RJ45 MDC ケーブルを経由して MDC と通信します。 • ネットワーク設定 • IP 設定 :手動, 自動 • IP アドレス :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、IP アドレス を手動で入 力します。 • サブネット マスク :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、サブネット マス ク を手動で入力します。 • ゲートウェイ :IP 設定 が 手動 に設定されている場合は、ゲートウェイ を手動で 入力します。 MagicInfo 利用できるモード • PC / DVI / ディスプレイ ポート • AV LCD ディスプレイの調整• コンポーネント • HDMI • MagicInfo • TV 注意 • MagicInfo は、ネットワーク ボックス(別売り)が接続されているときにのみ有効にす ることができます。 • TV を使用するには、TV チューナー ボックス (別売り) を接続する必要があります。 (米国のみ) 注意 • リモコンを使用して、MagicInfo を選択することができます。ただし MagicInfo を十 分に活用するには、別売りの USB キーボードを使用することをお勧めします。 • Device モードの MagicInfo では、外部デバイスを起動中に移動するとエラーの原因と なる場合があります。外部デバイスの設定は、LCD ディスプレイがオンになっていると きにのみ行います。 • ネットワークに使用されている LAN ケーブル(例:ビデオ表示)を外さないでくださ い。 外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。ケーブル を外したら、システムを再起動してください。 • USB 機器に使用されている LAN ケーブル (例: ビデオ表示) を外さないでください。 外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。 • 他の入力信号に切り替えるには、MagicInfo の SOURCE ボタンを押します。 • プリセットされている LCD ディスプレイのパスワードは「000000」です。 • サーバー プログラムの Power-On オプションは、LCD ディスプレイの電源が完全にオ フになっている場合にのみ機能します。 LCD ディスプレイのシステムエラーの原因となる場合がありますので、LCD ディスプレ イの終了中に Power-On オプションを使用しないようにしてください。 • MagicInfo を MagicInfo Server プログラムとともに使用するとき:Network モードを 実行します。 • デバイスが LCD ディスプレイに直接接続されているときに MagicInfo を使用している 場合:Device モードを実行します。 • ESC を押して、MagicInfo ウィンドウ画面に直接移動します。 • Windows の画面で MagicInfo を設定するには、キーボードとマウスが必要になります。 • Windows で MagicInfo を設定する方法については、MagicInfo Server のヘルプを参照 してください。 操作中は、AC 電源をオフにしないことを強く推奨します。 • ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、透明チッカーはサポートされていません。 • ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、720*480 (SD) までの動画の画面解像度が サポートされています。 LCD ディスプレイの調整• ドライブ D: には、EWF は適用されません。 • EWF が Enable 状態のときに変更された設定内容を保存するには、その内容を Commit する必要があります。 • Disable、Enable または Commit を選択すると、システムが再起動します。 MagicInfo 1. Select Application - step 1 Windows を軌道したときにコンピュータで実行するアプリケーションを選択できます。 2. Select TCP/IP - step 2 MagicInfo Setup Wizard の step 2 では、TCP/IP の設定を行うためにデスクトップのネ ットワーク設定に移動する必要はありません。MagicInfo のインストールの step 2 のみ を行います。 LCD ディスプレイの調整3. Select Language - step 3 複数の言語を使用するときには、使用する言語を選択することができます。 4. Select Screen Type - step 4 デバイスに適用する回転のタイプを選択できます。 5. Setup Information LCD ディスプレイの調整ユーザーが選択した設定を表示します。 注意 Magicinfo アイコンが通知領域に表示されない場合には、Windows デスクトップで Magicinfo アイコンをダブルクリックしてください。アイコンが表示されます。 LCD ディスプレイの調整トラブルシューティング セルフテスト機能チェック 注意 お問い合わせの前に、以下の項目についてチェックしてください。問題が解決しない場合 には、お客様相談ダイヤルにお問い合わせください。 セルフテスト機能チェック 1. コンピュータと LCD ディスプレイの両方をオフにします。 2. コンピュータの背面からビデオケーブルを取り外します。 3. LCD ディスプレイをオンにします。 ビデオ信号が検出されない場合でも LCD ディスプレイが正常に動作しているときに は、下記の図 (「信号がありません」) が黒色の背景で表示されます。自己テスト モ ードでは、LED 電源インジケータは緑色のままで、画像が画面内を動き回ります。 前の手順を行った後でも LCD ディスプレイ画面に何も映らない場合は、ビデオ コン トローラおよびコンピュータ システムをチェックしてください。LCD ディスプレイは 正常に動作しています。 4. LCD ディスプレイをオフにして、ビデオ ケーブルを接続しなおします。次にコンピュ ータと LCD ディスプレイの両方をオンにします。 警告メッセージ 画面は 1920 x 1080 の解像度でも表示することができます。 ただし、「画面の解像度を 変更するか、現在のモードのままにすることができます」というメッセージが短時間表示 されます。周波数が 85Hz を越える場合には、LCD ディスプレイでは 85Hz を越える周波 数をサポートしていないため、黒色の画面が表示されます。 注意 LCD ディスプレイがサポートしている解像度または周波数については、仕様 > プリセッ ト タイミング モードを参照してください。 メンテナンスと清掃 1) LCD ディスプレイ筐体のメンテナンス 電源コードを抜いてから、柔らかい布で拭き取ります。• ベンゼン、シンナーまたはその他の引火性物質を使 用しないでください。 2) フラットパネルディスプレイ画面のメンテナンス 柔らかい布 (綿ネル) で拭き取ります。 • アセトン、ベンゼンまたはシンナーは使用してはな りません。 (スクリーン表面の傷または劣化の原因となること があります) • これらの物質を使用したことによって発生した損害 は、すべてユーザーの責任となります。 症状と推奨される措置 注意 LCD ディスプレイは、コンピュータから受信した視覚信号を再生します。したがって、コン ピュータまたはビデオカードに問題がある場合には、色彩の異常、ノイズなどのトラブル が発生することがあります。この場合には、まず問題の原因をチェックしてから、お客様 相談ダイヤルまたは販売店にお問い合わせください。 1. 電源コードおよびビデオ ケーブルがコンピュータに正しく接続されているかどうかを チェックします。 2. 起動時にコンピュータからビープ音が 3 回聞こえるかチェックします。 (この場合にはお問い合わせください) 3. ビデオカードを自分でインストールするか PC を組み立てた場合には、アダプタ (ビデ オ) がインストールされているかどうか確認します。 4. ビデオ画面のスキャン速度が 50~ 85Hz の範囲内にあるかどうかチェックします。 (最大解像度を使用しているときは、60 Hz を超えてはなりません) 5. アダプタ (ビデオ) ドライバのインストールに問題がある場合には、コンピュータを セーフ モードで起動して、[Control Panel (コントロール パネル)] → [System (シ ステム)] → [Device Manger (デバイス マネージャ)] でディスプレイ アダプタを削 除して、コンピュータを再起動してアダプタ (ビデオ) ドライバを再インストールし ます。 チェックリスト 注意 • 以下の表は、発生する可能性のある問題とその解決方法を示しています。お客様相談ダ イヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確認くださ い。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお問い合 わせください。 インストールに関する問題 注意 LCD ディスプレイのインストールに関連する問題とその解決方法が記載されています。 トラブルシューティングQ: LCD ディスプレイの画面がちらつく。 A: コンピュータと LCD ディスプレイとの間を接続している信号ケーブルが、しっかり と接続されているか確認します。 (コンピュータの接続を参照) 画面に関する問題 注意 LCD ディスプレイの画面に関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: 画面が空白になり、電源インジケータがオフになる。 A: 電源コードをしっかりと接続してから LCD ディスプレイをオンにします。 (コンピュータの接続を参照) Q: "信号がありません」というメッセージ。 A: PC またはビデオ ソースに信号ケーブルがしっかり接続されていることを確認しま す。 (コンピュータの接続を参照) A: PC またはビデオ ソースがオンになっていることを確認します。 Q: "最適なモードが選択されていません」というメッセージ。 A: ビデオ アダプタの最大解像度と周波数を確認します。 A: プリセット タイミング モードのチャートに記載されているデータとこれらの値を比 較します。 Q: 映像が縦に流れる。 A: 信号ケーブルがしっかりと接続されているか確認します。必要に応じて再度接続しま す。 (コンピュータの接続を参照) Q: 画像がはっきりしない。画像がぼやける。 A: 微調整 の 粗調整 および 微調整 調整を実行します。 A: すべてのアクセサリ (ビデオ拡張ケーブルなど) を取り外してから再度オンにしま す。 A: 解像度と周波数を推奨の範囲に設定します。 Q: 画像が安定せず、揺れる。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に は、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 Q: 映像にゴーストが発生する。 A: コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に トラブルシューティングは、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている 現在の情報を参照して再度設定します。 Q: 映像が明るすぎる、または暗すぎる。 A: 明るさ と コントラスト を調整します。 (明るさ、コントラスト を参照してください) Q: 画面の色が正しくない。 A: OSD 調整メニューで カラー調整 オプションを調整します。 Q: 暗い影によってカラー画像が歪む。 A: OSD 調整メニューで カラー調整 オプションを調整します。 Q: 白色が正しく表示されません。 A: OSD 調整メニューで カラー調整 オプションを調整します。 Q: 電源インジケータが点滅する。 A: LCD ディスプレイが OSD メモリに変更された設定を保存しています。 Q: 画面が点滅し、電源インジケータが 0.5 ~ 1 秒間隔で点滅します。 A: LCD ディスプレイが電源管理システムを使用しています。キーボードのいずれかのキ ーを押します。 音声に関する問題 注意 音声信号に関する問題とその解決方法を以下に示します。 Q: 音声が聞こえない。 A: LCD ディスプレイの音声入力ポートとサウンドカードの音声出力ポートにオーディオ ケーブルがしっかりと接続されていることを確認します。 (コンピュータの接続を参照) A: 音量レベルをチェックします。 Q: 音量が低すぎる。 A: 音量レベルをチェックします。 A: 音量を最大に調整しても音が小さすぎる場合には、コンピュータのサウンドカードま たはソフトウェアプログラムの音量コントロールをチェックします。 Q: 音量が大きすぎるか小さすぎる。 A: 高音 および 低音 を適切なレベルに調整します。 リモコンに関する問題 注意 リモコンに関連する問題とその解決方法が記載されています。 Q: リモコンのボタンが応答しない。 トラブルシューティングA: バッテリの極性 (+/-) を確認します。 A: バッテリが消耗していないかチェックします。 A: 電源がオンになっているかどうかをチェックします。 A: 電源コードがしっかりと接続されているか確認します。 A: 付近に特殊な蛍光灯またはネオン ランプがないかチェックします。 Q & A Q: 周波数の変更方法は? A: 周波数は、ビデオ カードの再設定によって変更することができます。 注意 ビデオ カードでサポートされている周波数は、使用しているドライバのバージョン によって異なることにご注意ください。(詳細はコンピュータまたはビデオカードの マニュアルを参照してください) Q: 解像度の変更方法は? A: Windows XP: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトッ プの表示とテーマ)] → [Display (画面)] → [Settings (設定)] で解像度を設定し ます。 A: Windows ME/2000: [Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Settings (設 定)] で解像度を設定します。 * 詳細についてはビデオカードのメーカーにお問い合わせください。 Q: 省電力機能の設定方法は? A: Windows XP: [コントロール パネル] → [デスクトップの表示とテーマ] → [画面] → [スクリー ン セーバー] で、省電力機能を有効にします。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュア ルを参照してください) A: Windows ME/2000: コントロール パネル → 画面 → スクリーンセイバー。 コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュア ルを参照してください) Q: 筐体/LCD パネルをきれいにしたいのですが? A: 電源コードを抜き、LCD ディスプレイを柔らかい布で洗剤また真水を使って清掃しま す。 洗剤が残ったままにしたり、筐体を傷つけないようにしてください。水が LCD ディ スプレイの中に入らないようにしてください。 トラブルシューティング注意 お客様相談ダイヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確 認ください。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお 問い合わせください。 トラブルシューティング仕様 一般情報 一般情報 モデル名 400TS-3, 460TS-3 LCD パネル サイズ 400TS-3 40.0 インチ / 101 cm 460TS-3 46.0 インチ / 116 cm 表示範囲 400TS-3 885.6(H) mm x 498.15(V) mm 460TS-3 1018.08(H) mm x 572.67 (V) mm 同期 水平 30~ 81 kHz 垂直 56 85 Hz 表示色 1670万色 解像度 最適解像度 1920x1080@60Hz 最大解像度 1920x1080@60Hz 最大ピクセル クロック 148.5 MHz (アナログ、デジタル) 電源 この製品は 100~ 240V の電源に対応しています。 標準電圧は国によって異なる場合があるため、製品背面のラベルを確認してくだ さい。 信号コネクタ D-sub(Component), DVI-D In, VCR, HDMI 1/2, RS232C In/Out, DP, DC Out, Stereo Audio In/Out, Audio In(L/R), RJ45, (RS232C, USB, LAN, D-sub out, HDMI out, Audio out → ネットワーク ボックスにスライド) 寸法 (W x H x D) / 重量 400TS-3 973.2 mm x 647.0 mm x 311.0 mm (スタンドを含む) 973.2 mm x 584.4 mm x 128.1 mm (スタンドを除く) ~寸法 (W x H x D) / 重量 27.1 Kg (ネットワーク ボックスあり) 24.8 Kg (ネットワーク ボックスなし) 460TS-3 1104.0 mm x 721.0 mm x 311.0 mm (スタンドを含む) 1104.0 mm x 658.0 mm x 134.0 mm (スタンドを除く) 33.6 Kg (ネットワーク ボックスあり) 31.3 Kg (ネットワーク ボックスなし) VESA 取り付けインターフェイス 600.0 mm x 400.0mm 環境条件 動作時 (ネットワーク ボ ックスあり) 温度:10˚~40˚C (50˚~104˚F) 湿度:10~80%、結露しないこと 動作時 (ネットワーク ボ ックスなし) 温度:0˚~40˚C (32˚~104˚F) 湿度:10~80%、結露しないこと 記録装置(梱包保存時) 温度:-20˚~45˚C (-4˚~113˚F) 湿度:5~95%、結露しないこと プラグ アンド プレイ機能 この LCD ディスプレイは、プラグ & プレイ互換システムにインストールするこ とができます。LCD ディスプレイとコンピュータ システムとのインタラクショ ンによって、最適な操作環境と LCD ディスプレイの設定が行われます。ほとん どの場合、ユーザーが設定の変更を必要としない限り、LCD ディスプレイのイン ストールは自動的に行うことができます。 ドット欠けについて この製品には、1 ppm (百万分の 1) 精度の高度な半導体技術を利用した TFT-LCD パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピクセルが光 って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではなく、使用 上問題になるものではありません。 たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 6,220,800 です。 注意 設計および仕様は事前の通知なしに変更されることがあります。 VCCI-A この装置は、 クラスA 情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると 電波妨害を引き起こすことがあります。 この場合には使用者が適切な対策を 講ずるよう要求されることがあります。 PowerSaver この LCD ディスプレイには、PowerSaver と呼ばれる消費電力管理システムが内蔵されて います。このシステムは、LCD ディスプレイが一定時間使用されなかった場合に低消費電 力モードに切り替え、エネルギー消費を節約します。LCD ディスプレイは、キーボードの キーが押されると自動的に通常の動作状態に戻ります。消費電力を押さえるために、必要 仕様ない場合または長時間 LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。 PowerSaver システムは、コンピュータにインストールされた VESA DPM 互換のビデオ カ ードで動作します。お使いのコンピュータにインストールされているソフトウェア ユーテ ィリティを使用して、この機能を設定してください。 PowerSaver 400TS-3 モード 通常動作 省電力モー ド 電源オフ 電源オフ (電源スイッ チ) 電源インジケーター オン 点滅 黄色 オフ 消費電力(一 般) 400TS-3 (ネットワー ク ボックス あり) 270 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット 400TS-3 (ネットワー ク ボックス なし) 193 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット 460TS-3 モード 通常動作 省電力モー ド 電源オフ 電源オフ (電源スイッ チ) 電源インジケーター オン 点滅 黄色 オフ 消費電力(一 般) 460TS-3 (ネットワー ク ボックス あり) 313 ワット 5 ワット 5 ワット 0 ワット 460TS-3 (ネットワー ク ボックス なし) 233 ワット 2 ワット 1 ワット 0 ワット 注意 • システムの状態または設定が変更された場合は、実際の消費電力が上記の消費電力と異 なる場合があります。 • 電力消費を止めるには、スイッチをオフにするか、背面の電源ケーブルを抜きます。長 時間外出する場合は、電源ケーブルを抜いてください。 • ネットワーク ボックス (別売り) を接続した場合、製品は Energy Star 5.0 仕様準拠 ではなくなります。 プリセット タイミング モード コンピュータから送られてきた信号が以下のプリセット タイミング モードと同じ場合に は、画面は自動的に調整されます。しかし、信号が異なる場合には、電源 LED が点灯して 仕様いても画面に何も映らなくなる場合があります。ビデオ カードのマニュアルを参照して、 以下のように画面を調整してください。 表示モード 水平周波数 (kHz) 垂直周波数 (Hz) ピクセル ク ロック (MHz) 同期極性 (H/ V) IBM、640 x 350 31.469 70.086 25.175 +/- IBM、640 x 480 31.469 59.940 25.175 -/- IBM、720 x 400 31.469 70.087 28.322 -/+ MAC、640 x 480 35.000 66.667 30.240 -/- MAC、832 x 624 49.726 74.551 57.284 -/- MAC、1152 x 870 68.681 75.062 100.000 -/- VESA、640 x 480 37.861 72.809 31.500 -/- VESA、640 x 480 37.500 75.000 31.500 -/- VESA、800 x 600 35.156 56.250 36.000 +/+ VESA、800 x 600 37.879 60.317 40.000 +/+ VESA、800 x 600 48.077 72.188 50.000 +/+ VESA、800 x 600 46.875 75.000 49.500 +/+ VESA、848 x 480 31.020 60.000 33.750 +/+ VESA、1024 x 768 48.363 60.004 65.000 -/- VESA、1024 x 768 56.476 70.069 75.000 -/- VESA、1024 x 768 60.023 75.029 78.750 +/+ VESA、1152 x 864 67.500 75.000 108.000 +/+ VESA、1280 x 768 47.776 59.870 79.500 -/+ VESA、1280 x 960 60.000 60.000 108.000 +/+ VESA、1280 x 1024 63.981 60.020 108.000 +/+ VESA、1280 x 1024 79.976 75.025 135.000 +/+ VESA、1360 x 768 47.712 60.015 85.500 +/+ VESA、1366 x 768 47.712 59.790 85.500 +/+ VESA,1920 x 1080 66.587 59.934 138.500 +/- VESA,1920 x 1080 67.500 60.000 148.500 +/+ 水平周波数 画面の右端から左端を水平につなぐ 1 本の直線を スキャンするのにかかる時間を水平サイクルと言 い、水平サイクルの逆数を水平周波数と言います。 単位: kHz 垂直周波数 蛍光灯と同じように、画面は同じ画像を 1 秒間に 何回も繰り返し表示して、ユーザーに対して映像を 表示しています。この繰り返しの周波数を、垂直周 波数またはリフレッシュ レートと言います。単位: Hz 仕様情報 より良い画質でご覧いただくために コンピュータの解像度と画面の描画頻度(リフレッシュ レート)を以下の説 明に従ってコンピュータ上で調整し、最適な表示をお楽しみください。TFT-LCD に最適な画質でない場合には、画面の画質が不均一になる場合があります。 • 解像度:1920 x 1080 • 垂直周波数 (リフレッシュ レート): 60 Hz この製品には、1 ppm (百万分の 1) 以上の高精度な半導体技術を利用した TFT-LCD パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピク セルが光って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではな く、使用上問題になるものではありません。 • たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 6,220,800 で す。 モニターとパネルの外側を清掃するときには、柔らかい布に少量の水を付け て拭き取ってください。LCD 部分を清掃するときには、力を入れずに拭き取って ください。過剰な力がかかると、キズがつく場合があります。 画質に不満がある場合には、Auto ボタンを押したときに表示される表示画面 の「自動調整 機能」を行って画質を改善できる場合があります。自動調整後も ノイズが発生する場合には、微調整/粗調整 調整機能を使用します。 静止画面を長時間表示し続けると、画像が残ったり画面がぼやけたりする場 合があります。長時間モニターの前から離れるときには、省電力モードにする か、動画のスクリーンセーバーを設定してください。 製品情報(残像について) 残像とは? LCD パネルは、通常の使用 (下記参照) において、残像は発生しません。 通常の条件とは、連続的に変化するビデオパターンとして定義されます。LCD パ ネルが固定されたパターンの状態で、長時間(12時間以上)使用されると、ピク セル内の液晶を動作させる電極の間で若干の電圧の差が生じる場合があります。 電極間の電圧の差が時間とともに増大すると、液晶が曲げられてしまいます。こ のような現象が発生すると、パターンが変化したときに以前のイメージが見える 場合があります。これを防止するために、蓄積した電圧差を解消する必要があり ます。電源オフ、スクリーンセイバー、または省電力モード • 12 時間使用: 電源を 2 時間オフ • PC の表示プロパティの電源管理機能で、モニターの電源をオフにするよう設 定します。 • 可能な場合にはスクリーンセイバーを使用します - スクリーンセイバーは、 単色または動く映像のものをお勧めします。 • 残像防止機能を使用することをお勧めします。 定期的に色の組み合わせを変更する 注意 2 つの異なる色の使用 2 つの色情報を 30 分ごとに切り替えます。 • 明るさが極端に異なる文字色と背景色の組み合わせは避けてください。 また、残像が発生する原因となりますのでグレーは使用しないでください。 避けること:明るさが大きく異なる色 (白と黒、灰色) の使用。 情報定期的に文字色を変更する • 明るさの差が少ない明るい色を使用します。 - 周期:文字色と背景色を 30 分間隔で変更 • 30 分ごとに、文字を動かして変更します。 • 画像やロゴを定期的に表示します。 - 周期:ロゴとともに移動するイメージを 4 時間使用するごとに 60 秒表示 します。 • 残像を抑えるのにもっとも効果的な方法は PC を使用していないときにスクリ ーンセイバーが 起動するように設定することです。これらのガイドラインに 従わない場合には、保証内容に影響を与える場合があります。 製品に画面ピクセル機能を使用する • 画面ピクセル機能を使用する - 症状:黒色の点が上下に移動します。 • 画面バー機能を使用する - 症状:黒色の水平/垂直線が上下に移動します。 製品に画面消去機能を使用する 情報• 画面消去機能を使用する - 症状:2 つの垂直なブロックが表示を消していきます。 情報付録 お客様相談ダイヤル 東雲サービスセンター 受付時間 平日(土日祭日を除く)9:00~17:00 ※ ホームページ http://www.samsung.com/jp 住所 〒135-0062 東京都江東区東雲2-6-38 Fax 03-3527-5533 注意 ※ 予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。 用語 ドット ピッチ モニターの画像は、赤色、緑色および青色のドットで構成 されています。ドットの間隔が小さいほど、解像度は高く なります。同じ色の 2 個のドット間の距離を「ドット ピ ッチ」と言います。単位:mm 垂直周波数 ユーザーに対して画像を作成して表示するには、1 秒間当 たり何回も画像を再描画しなければなりません。1 秒当た りのこの繰り返しの回数を、垂直周波数またはリフレッシ ュ レートと言います。単位: Hz 例:同じ光が 1 秒間に 60 回繰り返すときには、60 Hz と なります。 水平周波数 画面の右端から左端を水平につなぐ直線をスキャンするの にかかる時間を、水平サイクルと言います。水平サイクル の逆数を水平周波数と呼びます。単位:kHz インタレース法とノンインタ レース法 画面の水平線を上から下に順番に表示していく方法をノン インタレース法と言い、奇数番目のラインを表示してから 偶数番目のラインを表示する方法をインタレース法と言い ます。ノンインタレース法は、明確な画像にするために多 くのモニターで使用されています。インタレース法は、TV で使用されているものと同じです。 プラグ & プレイ コンピュータとモニターが自動的に情報を交換することに より、ユーザーに最高の画質を提供する機能です。このモ ニターは、プラグ & プレイ機能について国際規格 VESA DDC に対応しています。 解像度 画面の画像を構成するのに使用される水平および垂直方向 のドットの数を、「解像度」と呼びます。この数は、表示 の正確さを示しています。高い解像度では、多くの画像情 報を画面上に表示できるため、複数の作業を実行する場合 に適しています。 例:解像度が 1920 X 1080 の場合、水平方向のドットが 1920 個 (水平解像度)、垂直線 1080 本 (垂直解像度) で 構成されていることを意味します。制限事項 本書の内容は、将来予告なく変更されることがあります。 © 2010 Samsung Electronics Co., Ltd. All rights reserved. Samsung Electronics Co., Ltd.の文書による許可なしには、いかなる複製も堅く禁じま す。 内容に含まれる誤り、または設置や使用の結果として起こる損害について、Samsung Electronics Co., Ltd.は一切の責任を負いません。 Samsung は Samsung Electronics Co., Ltd.の登録商用です。Microsoft, Windows および Windows NT は、Microsoft Corporation の登録商標です。VESA、DPM および DDC は Video Electronics Standard Association の登録商標です。ENERGY STAR ®の名称とロゴは U.S. Environmental Protection Agency (EPA)の登録商標です。そのほかこの文書に含まれるす べての商品名は、各企業・団体の商標もしくは登録商標です。 本製品は日本国内用として製造、販売しています。日本国外で使用された場合、当社は責 任を負い兼ねます。また、技術相談や、アフターサービスなども国外では行っておりませ んのでご注意ください。 本製品は一般 OA 用として設計・製造されています。一般 OA 用以外の用途で使用される場 合は、保証期間内であっても無償修理の対象外となることがありますのでご注意ください。 TruSurround XT, SRS and the symbol are trademarks of SRS Labs, Inc. TruSurround XT technology is incorporated under license from SRS Labs, Inc. 付録 SyncMaster 400TS-3, 460TS-3 LCD Display User Manual The color and the appearance may differ depending on the product, and the specifications are subject to change without prior notice to improve the performance.Safety Instructions Notational Note These safety instructions must be followed to ensure your safety and prevent property damage. Make sure to read the instructions carefully and use the product in the correct manner. Warning / Caution Failure to follow directions noted by this symbol could result in bodily harm or damage to the equipment. Note Prohibited Important to read and understand at all times Do not disassemble Disconnect the plug from the outlet Do not touch Ground to prevent an electric shock An administration fee may be charged if either • (a) an engineer is called out at your request and there is no defect in the product (i.e. where you have failed to read this user manual). • (b) you bring the unit to a repair centre and there is no defect in the product (i.e. where you have failed to read this user manual). The amount of such administration charge will be advised to you before any work or home visit is carried out. Power When not used for extended period of time, set your computer to DPM. If using a screen saver, set it to active screen mode. The images here are for reference only, and are not applicable in all cases (or countries). Shortcut to Anti-Afterimage Instructions Do not use a damaged power cord or plug or a damaged or loose power outlet. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not touch the power plug with wet hands when removing or plugging the plug into the outlet. • Otherwise, this may result in electric shock. Make sure to connect the power cord to a grounded power outlet. • Otherwise, it may result in electric shock or personal injury. Ensure that the power plug is plugged into the power outlet firmly and correctly. • Otherwise, this may result in fire. Do not forcefully bend or pull the power plug and do not place any heavy material on it. • Otherwise, this may result in fire. Do not connect multiple appliances to the same power outlet. • Otherwise, this may cause fire due to overheating. Do not disconnect the power cord while using the product. • Otherwise, this may result in damage to the product due to electric shock. To disconnect the apparatus from the mains, the plug must be pulled out from the mains socket, therefore the mains plug shall be readily operable. • Otherwise, this may cause electric shock or fire. Use only the power cord provided by our company. Do not use the provided power cord of another product. • Otherwise, this may result in fire or electric shock. Connect the power plug to a wall outlet that can be easily reached. • When a problem occurs with the product, you must unplug the power plug to cut the power off completely. You cannot cut the power off completely using only the power button on the product. Installation Be sure to contact an authorized Service Center when installing your monitor in a location with heavy dust, high or low temperatures, high humidity, and exposed to chemical substances and where it operates for 24 hours such as at airports, train stations etc. Failure to do so may cause serious damage to your monitor. Safety Instructions Ensure that at least two persons lift and move the product. • Otherwise, it may be dropped and cause personal injury, and/or damage the product. When installing the product in a cabinet or rack, make sure that the front end of the bottom of the product does not project out. • Otherwise, it may fall or cause personal injury. • Use a cabinet or rack of a size appropriate to the product. DO NOT PLACE CANDLES, MOSQUITO REPELLANT, CIGARETTES AND ANY HEATING APPLIANCES NEAR THE PRODUCT. • Otherwise, this may result in fire. Keep heating appliances as far away from the power cord or the product as possible. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not install it in a badly ventilated location such as a bookcase or closet. • Otherwise, this may result in fire due to an increase in the internal temperature. When putting the product down, make sure to put it down softly. • Otherwise, this may result in damage to the screen display. Do not place the front of the product on the floor. • Otherwise, this may result in damage to the screen display. Ensure that an authorized installation company installs the wall mount. • Otherwise, it may fall and cause personal injury. • Make sure to install the specified wall mount. Install your product in a well ventilated location. Ensure that there is a clearance of more than 4 inches (10 cm) from the wall. • Otherwise, it may result in fire due to an increase in the internal temperature. Bend the outdoor antenna cable downwards at the location where it goes in so that rainwater does not flow in. • If rainwater enters the product, it may result in electric shock or fire. Install the antenna far away from any high voltage cables. • If the antenna touches or falls onto a high voltage cable, it may result in electric shock or fire. Safety Instructions Ensure that the packaging vinyl is kept away from children. • Otherwise, it may result in serious harm (suffocation) if children play with it. If the height of your monitor is adjustable, do not place any object or part of your body on the stand when lowering it. • This may cause damage to the product or the person carrying it. Clean When cleaning the monitor case or the surface of the TFT-LCD screen, wipe with a slightly moistened, soft cloth. Do not spray cleaner directly onto the surface of the product. • Otherwise, this may result in the discoloration and distortion of the structure and the screen surface may peel off. When cleaning the power plug pins or dusting the power outlet, clean it with a dry cloth. • Otherwise, it may result in fire. When cleaning the product, make sure to disconnect the power cord. • Otherwise, it may result in electric shock or fire. When cleaning the product, disconnect the power cord and clean it with a soft, dry cloth. • (Do not use chemicals such as wax, benzene, alcohol, thinner, mosquito repellant, lubricant, or cleaner.) These may change the appearance of the product surface and peel off the indication labels on the product. Since the product housing is easily scratched, make sure to use the specified cloth only. When cleaning the product, do not spray water directly onto the main body of the product. • Ensure that water does not enter the product and that it is not wet. • Otherwise, this may result in electric shock, fire or a malfunction. Safety InstructionsOthers The product is a high voltage product. Do not disassemble, repair or modify the product yourself. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. If the product needs to be repaired, contact a Service Center. If there is a strange smell or a strange sound or smoke is coming from the product, disconnect the power plug immediately and contact a Service Center. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not place this product in a location exposed to moisture, dust, smoke, water, or in a car. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. When you drop the product or the case is broken, turn the power off and disconnect the power cord. Contact a Service Center. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. If thunder or lightning is occurring, do not touch the power cord or antenna cable. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not try to move the monitor by pulling only the wire or the signal cable. • Otherwise, it may fall and result in electric shock, damage to the product or fire due to damage to the cable. Do not lift or move the product back and forwards or right and left while only holding the power cord or signal cables. • Otherwise, it may fall and result in electric shock, damage to the product or fire due to damage to the cable. Make sure that the ventilating opening is not blocked by a table or curtain. • Otherwise, it may result in fire due to an increase in the internal temperature. Do not place any containers containing water, vases, flowerpots, medicines as well as any metal on the product. • If water or a foreign material enters the product, disconnect the power cord and contact a Service Center. • This may result in a product malfunction, electric shock, or fire. Do not use or keep combustible spray or flammable material near the product. • Otherwise, this may result in an explosion or fire. Safety Instructions Do not insert any metal, such as chopsticks, coins, pins and steel, or flammable objects, such as matches or paper, inside the product (through the ventilating openings, input and output terminals, etc). • If water or foreign material enters the product, disconnect the power cord and contact a Service Center. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. When using a fixed screen for a long time, an afterimage or stain may occur. • If you are not using your product for a long period of time, put it into sleep mode or use a moving screen saver. Set a resolution and frequency appropriate to the product. • Otherwise, your eyesight may be damaged. When using headphones or earphones, do not turn the volume too high. • Having the sound too loud may damage your hearing. To avoid eyestrain, do not sit too close to the product. Take a rest for at least five (5) minutes after using the monitor for one (1) hour. This reduces eye fatigue. Do not install it in an unstable location such as an unstable rack or uneven surface or a location exposed to vibrations. • Otherwise, it may fall and cause personal injury and/or damage the product. • If you use the product in a location exposed to vibrations, it may damage the product and result in fire. When moving the product, turn the power off and disconnect the power plug, antenna cable, and all the cables connected to the product. • Otherwise, it may result in electric shock or fire. Ensure that children do not hang onto the product or climb up onto the product. • The product may fall and cause personal injury or death. If you do not use the product for a long period of time, disconnect the power cord from the power outlet. • Otherwise, this may result in overheating or fire due to dust, and may result in fire due to electric shock or leakage. Safety Instructions Do not place any heavy items or toys or confectionery, such as cookies etc. that may attract the attention of children and to the product. • Your children may hang onto the product causing it to fall and this may result in personal injury or death. Be careful that children do not place the battery in their mouths when removed from the remote control. Place the battery in a location that children or infants cannot reach. • If children have had the battery in their mouths, consult your doctor immediately. When replacing the battery, insert it with the right polarity (+, -). • Otherwise, the battery may become damaged or it may cause fire, personal injury or damage due to leakage of the internal liquid. Use only the specified standardized batteries, and do not use a new battery and a used battery at the same time. • Otherwise, the batteries may be damaged or cause fire, personal injury or damage due to a leakage of the internal liquid. The batteries (and rechargeable batteries) are not ordinary refuse and must be returned for recycling purposes. The customer is responsible for returning the used or rechargeable batteries for recycling. • The customer can return used or rechargeable batteries to a nearby public recycling center or to a store selling the same type of the battery or rechargeable battery. Do not place the product in a location exposed to direct sunlight or near any heat such as a fire or heater. • This may reduce the lifetime of the product, and may result in fire. Do not drop any objects onto the product or cause any impact to the product. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not use a humidifier near the product. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. When there is a gas leak, do not touch the product or the power plug; ventilate immediately. • If a spark occurs, it may cause an explosion or fire. If the product has been turned on for a long time, the display panel becomes hot. Do not touch it. Safety Instructions Keep the small accessories in a location out of the reach of children. Be careful when adjusting the angle of the product or the height of the stand. • This may result in personal injury as your hand or fingers may become caught. • Also, if you tilt the product too far, it may fall and cause personal injury. Do not install the product in a location low enough for children to reach. • Otherwise, it may fall and result in personal injury. • Since the front part of the product is heavy, install the product on a level and stable surface. Do not put any heavy objects on the product. • This may result in personal injury and/or damage to the product. Safety InstructionsIntroduction Package Contents Checking the Contents of the Package Remove the lock from the package box, as shown in the figure above. Lift up the package box by holding the grooves on both sides of the package box. Check the contents of the package. Remove the Styrofoam and vinyl cover. Note • After unpacking the package, make sure to check the contents of the package. • Store the packaging box in case you need to move the Product later. • If any items are missing, contact your dealer. • Contact a local dealer to purchase optional items. Unpacking LCD DisplayManuals Quick Setup Guide Warranty Card (Not available in all locations) User Manual Cables Power Cord D-Sub Cable USB Cable Others Remote Control (BP59-00138B) Batteries (AAA X 2) (Not available in all locations) Sold separately Semi Stand KIT LAN Cable RGB to BNC Cable RGB to COMPONENT Cable Network Box IntroductionSold separately Wall Mount KIT TV Tuner box (US Only) RS232C Cable Note • Accessories that can be purchased with the product vary by country. Your LCD Display The color and the appearance may differ depending on the product, and the specifications are subject to change without prior notice to improve the performance. Front MENU button [MENU] Opens the on-screen menu and exits from the menu. Also use to exit the OSD menu or return to the previous menu. Navigate buttons (Up-Down buttons) Moves from one menu item to another vertically or adjusts selected menu values. Adjust buttons (Left-Right buttons) / Volume buttons Moves from one menu item to another horizontally or adjusts selected menu values. When OSD is not on the screen, press the button to adjust volume. ENTER button [ENTER] Activates a highlighted menu item. SOURCE button [SOURCE] Switches from PC mode to Video mode. Selects the input source that an external device is connected to. [PC] → [DVI] → [AV] → [Component] → [HDMI1] → [HDMI2] → [DisplayPort] → [MagicInfo] → [TV] Note • The [RGB/COMPONENT IN] port is compatible with RGB (PC) and Component signals. IntroductionHowever, the picture may display abnormally if the connected external input signal is different from the selected video signal. • MagicInfo can only be enabled when a network box is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) D.MENU button Opens the on-screen D.MENU. Note The D.MENU button is activated when a TV tuner is connected and otherwise, the PIP button is enabled. PIP button Push the PIP button to turn the PIP screen On / Off. Power button [ ] Use this button for turning the LCD Display on and off. Brightness Sensor Automatically detects the surrounding brightness. Power indicator Shows PowerSaver mode by blinking green Note See PowerSaver described in the manual for further information regarding power saving functions. For energy conservation, turn your LCD Display OFF when it is not needed or when leaving it unattended for long periods. Remote Control Sensor Aim the remote control towards this spot on the LCD Display. Rear Note See the "Connections" section for details about cable connections. The LCD Display's configuration at the back may vary slightly depending on the model. Introduction POWER S/W ON [ I ] / OFF Switches the LCD Display On/Off. POWER The power cord plugs into the LCD Display and the wall outlet. TOUCH SCREEN USB HUB Connects to a network box (sold separately) or PC in order to use the touchscreen. To use the touchscreen, install the touchscreen driver. Note You can use basic touch-screen functions without installing the program. However, to have full access to additional functions, you must install the program provided. RGB/COMPONENT IN (PC/COMPONENT Connection Terminal (Input)) • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the RGB port on the PC using the D-SUB cable. • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the COMPONENT port on the external device using the RGB to COMPONENT cable. • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the BNC port on the PC using the RGB to BNC cable. DVI IN (PC Video Connection Terminal) Connect the [DVI IN] port on the monitor to the DVI port on the PC using the DVI cable. RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN (PC/DVI/ DP/HDMI Audio Connection Terminal (Input)) Connect the [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] terminal of the monitor and the speaker output terminal of your computer's so und card using a stereo cable (sold separately). DP IN Receives a signal from the Display port. IntroductionConnect a DP cable to [DP IN] on the product and DP IN on another display. AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L] Connect the [AV/COMPONENT AUDIO IN [RAUDIO-L]] port on the monitor to the audio output port on the PC or on the external device using an audio cable. AV IN Connect the [AV IN] terminal of your monitor to the video output terminal of the external device using a VIDEO cable. AUDIO OUT Connect a headphone or an External speaker. DC OUT Make sure to use connecting [DC OUT] terminal to the authorized TV-Tuner Box(US Only). Otherwise, this may result in damage to the product. HDMI IN 1 • Connect the [HDMI IN 1] terminal at the back of your LCD Display to the HDMI terminal of your digital output device using a HDMI cable. • Up to HDMI 1.3 can be supported. Note • A normal external device (DVD player or camcorder, etc.) or a TV tuner box can be connected to the [HDMI IN 1] terminal. • To use a TV tuner box(US Only), make sure to connect it to the [HDMI IN 1] terminal. HDMI IN 2 (MAGICINFO) • Connect the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal at the back of your LCD Display to the HDMI terminal of your digital output device using a HDMI cable. • Up to HDMI 1.3 can be supported. Introduction Note To use MagicInfo, the network box specified separately by Samsung must be installed inside the product and the MagicInfo output of the network box must be connected to the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal. For more information on how to purchase and install a network box, contact Samsung Electronics. RJ 45 MDC (MDC PORT) MDC(Multiple Display Control) Program Port Connect the LAN cable to [RJ45 MDC] on the product and LAN on the PC. To use an MDC, the MDC Program must be installed on the PC. Note Go to Multi Control and select RJ45 MDC as the MDC Connection. RS232C OUT/IN (RS232C Serial PORT) MDC(Multiple Display Control) Program Port Connect a serial cable (cross type) to [RS232C] on the product and RS232C on the PC. To use an MDC, the MDC Program must be installed on the PC. Note Go to Multi Control and select RS232C MDC as the MDC Connection. Kensington Lock slot A Kensington Lock is an anti-theft device that enables users to lock the product so that they can safely use it in public locations. Since the shape and usage of the locking device may differ depending on the model and the manufacturer, for more information, refer to the User Manual supplied with the locking device for more information. Note You must purchase the Kensington Lock separately. IntroductionTo lock the product, follow these steps: 1. Wrap the Kensington lock cable around a large, stationary object such as a desk or chair. 2. Slide the end of the cable with the lock attached through the looped end of the Kensington lock cable. 3. Insert the Kensington Lock into the security slot ( ) on the back of the display. 4. Lock the lock ( ). Note • These are general instructions. For exact instructions, see the User Manual supplied with the locking device. • You can purchase the locking device from an electronics store, an online shop, or our service Center. Connecting a Network Box (sold separately) RGB OUT MagicInfo video output port MAGICINFO OUT It can be used by connecting it to the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal using a DP to HDMI cable. LAN (LAN Connection Terminal) Connects to a LAN cable to allow Internet or network access in MagicInfo mode. Connecting a Network Box (sold separately) USB (USB Connection Terminal) Keyboard / Mouse, Mass Storage Device Compatible. AUDIO OUT Connect a headphone or an External speaker. RS232C (RS232C Serial PORT) Serial port Connecting a Network Box (sold separately) Introduction POWER Connect the [POWER] terminal of the product and the [POWER] terminal of the monitor using a power extension cable. POWER Connects to a mains socket via the power cord. POWER S/W ON [ I ] / OFF Turns the network box on or off. Note • See the "Connections" section for details about cable connections. • The power switches of both of the monitor and the network box must be turned on for the network box to operate normally. Remote Control Note The performance of the remote control may be affected by a TV or other electronic device operating near the LCD Display, causing a malfunction due to interference with the frequency. A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) POWER OFF Number Buttons / GUIDE button + VOL - SOURCE D.MENU TOOLS Up-Down Left-Right buttons INFO The Color button and the PC/DVI/HDMI/DP selection button. TTX/MIX MTS/DUAL ENTER/PRE-CH MUTE CH/P IntroductionTV MENU RETURN EXIT MagicInfo POWER Turns the product On. OFF Turns the product Off. Number Buttons Used to enter the password during the OSD adjustment or to use MagicInfo. Press to change the channel. / GUIDE button The "-" button is used to select Digital channels. Electronic Program Guide (EPG) display. Note This button can only be used in TV mode while a TV tuner box (sold separately) is connected. + VOL - Adjusts the audio volume. SOURCE Selects a connected external input source or MagicInfo mode. Press the button to change the input signal SOURCE. Changing the SOURCE is only allowed for external devices that are connected to the LCD Display at the time. D.MENU DTV menu display Note This button can only be used in TV mode while a TV tuner box (sold separately) is connected. TOOLS Use to quickly select frequently used functions. Note This function does not work for this LCD Display. Up-Down Left-Right buttons Moves from one menu item to another horizontally, vertically or adjusts selected menu values. INFO Current picture information is displayed on the upper left corner of the screen. Introduction The Color button and the PC/DVI/HDMI/DP selection button. In TV mode, these buttons can be used to configure a list of channels. You can select the PC, DVI, HDMI or DP(DisplayPort) external input directly in a mode other than TV mode. TTX/MIX TV channels provide written information services via teletext. - Teletext Buttons Note This function does not work for this LCD Display. MTS/DUAL MTSYou can select MTS (Multichannel Television Stereo) mode. Audio Type MTS/S_Mode Default FM Stereo Mono Mono Manual Change Stereo Mono �Í Stereo SAP Mono �Í SAP Mono DUALSTEREO/MONO, DUAL l / DUAL ll and MONO/NICAM MONO/NICAM STEREO can be operated depending on the broadcasting type by using the DUAL button on the remote control while watching TV. Note Enabled when a TV tuner box is connected. ENTER/PRE-CH This button is used to return to the immediately previous channel. Note Enabled when a TV tuner box is connected. MUTE Pauses (mutes) the audio output temporarily. This is displayed on the lower left corner of the screen. The audio comes back on if MUTE or - VOL + is pressed in the Mute mode. CH/P In TV mode, selects TV channels. Note Enabled when a TV tuner box is connected. TV Allows you to watch an analogue or digital TV. Note Enabled when a TV tuner box is connected. Introduction MENU Opens the on-screen menu and exits from the menu or closes the adjustment menu. RETURN Returns to the previous menu. EXIT Exits from the menu screen. MagicInfo MagicInfo Quick Launch Button. Note Enabled when a Network box is connected. User Installation Guide Note • Be sure to call an installation expert of Samsung Electronics to install the product. • The warranty becomes invalid if the product is installed by someone other than a professional authorized by Samsung Electronics. • A Samsung Electronics service center can provide details. Tilt Angle and Rotation 1 2 1. The product can be tilted up to 15 degrees from a vertical wall. 2. To use the product in portrait mode, rotate it clockwise so that the LED indicator is at the bottom. Ventilation requirement 1. Vertical wall mount condition IntroductionA : min. 40 mm B: Ambient temperature Measuring point < 35°C • When installing the product onto a vertical wall, be sure there is a 40 mm space or more behind the product for ventilation, as shown above, and maintain the ambient temperature at 35×C or lower. Note A Samsung Electronics service center can provide details. 2. Embedded Mount guide A : min. 40 mm B : min. 70 mm C : min. 50 mm D : min. 50 mm E : Ambient temperature Measuring point < 35°C • When embedding the product in a wall, be sure there is some space behind the product for ventilation, as shown above, and maintain the ambient temperature at 35°C or lower. Note A Samsung Electronics service center can provide details. Introduction3. Floor mount guide A : min. 50 mm B: Ambient temperature Measuring point < 20°C • When embedding the product in the floor, be sure there is a 50 mm space or more behind the product for ventilation, as shown above, and maintain the ambient temperature at 20×C or lower. Note A Samsung Electronics service center can provide details. Mechanical Layout (400TS-3) Introduction(460TS-3) Installation VESA Bracket • When installing VESA, make sure to comply with the international VESA standards. • Purchasing VESA Bracket and Installation Information : Please contact your nearest SAMSUNG Distributor to place an order. After your order is placed, installation professionals will visit you and install the bracket. • At least 2 persons are needed in order to move the LCD Display. • SAMSUNG is not responsible for any product damage or any injury caused by installation at customer's discretion. Dimensions (400TS-3) (460TS-3) IntroductionNotice For securing the bracket on a wall, use only machine screws of 6 mm diameter and 8 to 12 mm length. Accessories (sold separately) • Dimension with welcome board (400TS-3) (460TS-3) Introduction• Dimension with other accessories Wall Bracket Installation • Contact a technician for installing the wall bracket. Introduction• SAMSUNG Electronics is not responsible for any damages to the product or harm to customers when the installation is done by the customer. • This product is for installing on cement walls. The product may not stay in place when installed on plaster or wood. Components Only use the components and accessories shipped with the product. Wall Bracket(1) Hinge(Left 1, Right 1) Plastic Hanger (4) Screw (A)(11) Screw(B) (4) Anchor (11) To mount the product on the wall bracket The shape of the product may vary depending on the model. (The assemblies of the plastic hanger and the screw are the same) 1. Remove the 4 screws on the back of the product. 2. Insert the screw B into the plastic hanger. Notice • Mount the product on the wall bracket and make sure it is properly fixed to the left and right plastic hangers. • Be careful when installing the product on the bracket as fingers can be caught in the holes. • Make sure the wall bracket is securely fixed to the wall, or the product may not stay in place after installation. 3. Tighten the 4 screws in step 2 (plastic hanger + screw B)to the rear holes of the product. Introduction4. Remove safety pin (3) and insert the 4 product holders into the corresponding bracket holes (1). Then place the product(2) so that it is firmly fixed to the bracket. Make sure to re-insert and tighten the safety pin (3) to securely hold the product to the bracket. A - LCD Display B - Wall Bracket C - Wall Wall Bracket Angle Adjustment Adjust the bracket angle to -2× before installing it on the wall. 1. Fix the product to the wall bracket. 2. Hold the product at the top in the center and pull it forward (direction of the arrow) to adjust the angle. Note You can adjust the bracket angle between -2× and 15×. IntroductionMake sure to use the top center, and not the left or the right side of the product to adjust the angle. Remote Control (RS232C) Cable connections interface RS232C(9 pin) pin TxD(No.2) RxD(No.3) GND(No.5) Bits rate 9600 bps Data Bits 8 bit Parity None Stop Bits 1 bit Flow control None Maximum length 15 m (only shielded type) • Pin assignment Pin Signal 1 Data Carrier Detect 2 Received Data 3 Transmitted Data 4 Data Terminal Ready 5 Signal Ground 6 Data Set Ready 7 Request to Send 8 Clear to Send 9 Ring Indicator • RS232C cable IntroductionConnector : 9-pin D-Sub Cable : Cross (reversed) cable -P1- -P1- -P2- -P2- FEMALE Rx Tx Gnd 2 3 5 ---------> <--------- ---------- 3 2 5 Rx Tx Gnd FEMALE • Connecting method Control codes • Get control Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA command type 0 • Set control Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA command type 1 Value • commanding words No. command type command Value range 1 Power control 0x11 0~1 Introduction2 Volume control 0x12 0~100 3 Input source control 0x14 - 4 Screen Mode control 0x18 - 5 Screen Size control 0x19 0~255 6 PIP on/off control 0x3C 0~1 7 Auto adjustment control 0x3D 0 8 Video wall Mode control 0x5C 0~1 9 Safety Lock 0x5D 0~1 - ID should show hexadecimal value of assigned ID, but ID 0 should be 0xFF. - Every communication will be made in hexadecimals and Checksum is the sum of all remainings. If it exceeds two digits,for example, it is 11+FF+01+01=112, discard the number in the first digit like below. example)PowerOn&ID=0 Header command ID DATA Length DATA 1 CheckSum 0xAA 0x11 1 Power Header command ID DATA Length DATA 1 12 0xAA 0x11 1 1 If you want to control every mechanism connected with Serial Cable regardless of its ID, set ID part to "0xFE" and send commands. At the time, each product will follow commands but it will not respond with ACK. • Power Control • Function Personal Computer turns TV / Monitor power ON/OFF. • Get Power ON/OFF Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x11 0 • Set Power ON/OFF Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x11 1 Power Power : Power code to be set on TV / Monitor 1 : Power ON 0 : Power OFF Introduction• Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x11 Power Power : Same as above • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x11 ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Volume Control • Function Personal Computer changes volume of TV / Monitor. • Get Volume Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x12 0 • Set Volume Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x12 1 Volume Volume : Volume value code to be set on TV / Monitor (0 ~ 100) • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x12 Volume Volume : Same as above • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x12 ERR ERR : Error code that shows what occurred error is Introduction• Input Source Control • Function Personal Computer changes input source of TV / Monitor. • Get Input Source Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x14 0 • Set Input Source Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x14 1 Input Source Input Source : Input Source code to be set on TV / Monitor 0x14 PC 0x1E BNC 0x18 DVI 0x0C AV 0x04 S-Video 0x08 Component 0x20 MagicInfo 0x1F DVI_VIDEO 0x30 RF(TV) 0x40 DTV 0x21 HDMI1 0x22 HDMI1_PC 0x23 HDMI2 0x24 HDMI2_PC 0x25 DisplayPort Caution DVI_VIDEO, HDMI1_PC, HDMI2_PC → Get Only In the case of MagicInfo, only possible with models include MagicInfo In the case of TV, only possible with models include TV. • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum Introduction0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x14 Input Source Input Source : Same as above • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x14 ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Screen Mode Control • Function Personal Computer changes "Screen Mode" of TV/Monitor. Cannot be controlled when Video Wall is on. Caution Only works with models include TV. • Get Screen Mode Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x18 0 • Set Picture Size Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x18 1 Screen Mode Screen Mode : Screen Mode code to be set on TV / Monitor 0x01 16 : 9 0x04 Zoom 0x31 Wide Zoom 0x0B 4 : 3 • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x18 Screen Mode Screen Mode : Same as above Introduction• Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x18 ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Screen Size Control • Function Personal Computer recognizes the screen size of TV / Monitor. • Get Screen Size Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x19 0 • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x19 Screen Size Screen Size : Screen Size of TV / Monitor (Range : 0 ~ 255, Unit : Inch) • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x19 ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • PIP ON / OFF Control • Function The PC turns the PIP function of a TV or Monitor ON / OFF. This does not operate in MagicInfo mode. • Get the PIP ON / OFF Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x3C 0 Introduction• Set the PIP ON / OFF Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x3C 1 PIP PIP : The PIP ON / OFF code to set for the TV or Monitor 1 : PIP ON 0 : PIP OFF • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x3C PIP PIP : Same as above • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x3C ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Auto Adjustment Control (PC, BNC Only) • Function Personal Computer controls PC system screen automatically. • Get Auto Adjustment Status None • Set Auto Adjustment Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x3D 1 Auto Adjustment Auto Adjustment : 0x00 (Always) • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum Introduction0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x3D Auto Adjustment • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x3D ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Video Wall Mode Control • Function Personal Computer converts Video Wall Mode of TV / Monitor when Video Wall is ON. Only works with TV / Monitor where Video Wall is on. Does not operate in MagicInfo • Get Video Wall Mode Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x5C 0 • Set Video Wall Mode Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x5C 1 Video Wall Mode Video Wall Mode : Video Wall Mode code to be set on TV / Monitor 1 : Full 0 : Natural • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x5C Video Wall Mode Video Wall Mode : same as above • Nak IntroductionHeader command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x5C ERR ERR : Error code that shows what occurred error is • Safety Lock • Function Personal Computer turns Safety Lock function of TV / Monitor ON / OFF. Can operate regardless of whether power is ON / OFF. • Get Safety Lock Status Header command ID DATA Length CheckSum 0xAA 0x5D 0 • Set Safety Lock Enable / Disable Header command ID DATA Length DATA CheckSum 0xAA 0x5D 1 Safety Lock Safety Lock : Lock code to be set on TV / Monitor 1 : ON 0 : OFF • Ack Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘A’ 0x5D Safety Lock Safety Lock : Same as above • Nak Header command ID DATA Length Ack/Nak r-CMD Val1 Check Sum 0xAA 0xFF 3 ‘N’ 0x5D Safety Lock ERR : Error code that shows what occurred error is IntroductionConnections The color and the appearance may differ depending on the product, and the specifications are subject to change without prior notice to improve the performance. Connecting a Computer There are several ways to connect the computer to the monitor. Choose one from the following options. Using the D-sub (Analog) connector on the video card. • Connect the D-sub to the 15-pin, [RGB/COMPONENT IN] port on the back of your LCD Display and the 15 pin D-sub Port on the computer. Using the DVI (Digital) connector on the video card. • Connect the DVI Cable to the [DVI IN] port on the back of your LCD Display and the DVI port on the computer. Using the HDMI (Digital) connector on the video card.• Connect the [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] port on the LCD Display to the HDMI port on the PC using the HDMI cable. Note Select HDMI2 or HDMI1 as an input source when connected to the PC via an HDMI cable. To obtain normal picture and audio from the PC, HDMI2 or HDMI1 must be selected before PC is selected in Edit Name. To enable audio when DVI Device is selected, be sure to establish the connection using step ( ). Connect the Audio cable for your LCD Display to the AUDIO port on the back of the LCD Display. Connect the power cord for your LCD Display to the POWER port on the back of the LCD Display. Turn on the power switch. Note Contact a local SAMSUNG Electronics Service Center to buy optional items. Connecting to a PC to Use the TOUCH SCREEN To use the touch-screen functions, connect a PC to the product and connect [TOUCH SCREEN USB HUB] on the product to the USB port on the PC. Next, set the touch monitor as the default monitor. Connect the product to a PC depending on the video output supported by the PC. • When the graphics card provides D-Sub (Analog) output • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port of the product to the D-Sub port of your PC with a D-Sub cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Connections• When the graphics card supports DVI (digital) output (via a DVI cable) • Connect the [DVI IN] port of the product to the DVI port on your PC using the DVI cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. • When the graphics card provides HDMI output • Connect the [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] port of the product to the HDMI port on your PC using the HDMI cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Connections• When the graphics card supports DVI (digital) output (via an HDMI-DVI cable) • Connect the [HDMI IN 1] / [HDMI IN 2] port of the product to the DVI port on your PC using the HDMI to DVI cable. • Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Note • With innovative, highly sensitive touchscreen technology, you don't need to use much force when touching the screen. • Tapping the screen using a blunt pointed or metal object can leave scratches on the surface. Use your finger or a stylus pen. • Any foreign substance, such as dust or moisture, on the screen can cause a touchscreen malfunction. Please wipe the screen and the screen's frame with a soft cloth as often as possible. • In order to prevent breakage, avoid applying excessive force to the screen. Connections• Connect or remove a USB device following the safe installation and removal instructions recommended by Microsoft. If there is any problem with the touch screen function or sound output after a USB device is connected, reconnect the USB cable or change the connection port. Connecting to Other devices Note • AV input devices such as DVD players, VCRs or camcorders as well as your computer can be connected to the LCD Display. For detailed information on connecting AV input devices, refer to the contents under Adjusting Your LCD Display. • The LCD Display 's configuration at the back may vary slightly depending on the LCD Display model. Connecting AV Devices 1. Connect an audio cable to [AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] on the product and the audio port on an external device such as a VCR or DVD player. 2. Connect a video cable to [AV IN] on the product and the video output port on the external device. 3. Then, start the DVD, VCR or Camcorders with a DVD disc or tape inserted. 4. Press SOURCE on the product or remote control and select AV. ConnectionsConnecting to a Camcorder 1. Locate the AV output jacks on the camcorder. They are usually found on the side or back of the camcorder. Connect a video cable between the VIDEO OUTPUT jack on the camcorder and the [AV IN] on the LCD Display . 2. Connect a set of audio cables between the AUDIO OUTPUT jacks on the camcorder and the [AV /COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] on the LCD Display . 3. Press SOURCE on the product or remote control and select "AV". 4. Then, start the Camcorders with a tape inserted. Note The audio-video cables shown here are usually included with a Camcorder. (If not, check your local electronics store.) If your camcorder is stereo, you need to connect a set of two cables. Connecting Using a HDMI Cable Connections1. Connect an HDMI cable to [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] or [HDMI IN 1] on the product and the HDMI output port on a digital device. 2. Press SOURCE on the product or remote control and select "HDMI1 / HDMI2" Note In HDMI mode, only PCM format audio is supported. Connecting Using a DVI to HDMI Cable Connect a DVI-HDMI cable to [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] or [HDMI IN 1] and the DVI output port on the digital device. Connect the red and white jacks of an RCA to stereo (for PC) cable to the same colored audio output terminals of the digital output device, and connect the opposite jack to the [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] terminal of the LCD Display. 3. Press SOURCE on the product or remote control and select "HDMI1 / HDMI2" Connecting a DVD Player ConnectionsConnect a RGB to Component cable between the [RGB/COMPONENT IN] port on the LCD Display and the PR, Y, PB jacks on the DVD player. Connect a set of audio cables between the [AV/COMPONENT AUDIO IN [RAUDIO-L]] on the LCD Display and the AUDIO OUT jacks on the DVD player. Note • Press SOURCE on the product or remote control and select "Component". • Then, start the DVD Player with a DVD disc inserted. • A RGB to component cable is optional. • For an explanation of Component video, consult your DVD manual. Connecting a DTV Set Top (Cable/Satellite) Box Connect a RGB to Component cable between the [RGB/COMPONENT IN] port on the LCD Display and the PR, Y, PB jacks on the Set Top Box. Connect a set of audio cables between the [AV/COMPONENT AUDIO IN [RAUDIO-L]] on the LCD Display and the AUDIO OUT jacks on the Set Top Box. Note • Press SOURCE on the product or remote control and select "Component". • For an explanation of Component video, see your Set Top Box owner's manual. ConnectionsConnecting to an Audio System 1. Connect a set of audio cables between the AUX L, R jacks on the AUDIO SYSTEM and [AUDIO OUT] on LCD Display. Connecting a Network Box (sold separately) Note • Network boxes are sold separately. • For more information on how to purchase and install a network box, contact Samsung Electronics. Connecting the Power Connect the [POWER] terminal of the product and the [POWER] terminal of the installed network box using a power extension cable. Connect the power cord to [POWER] on the network box and mains socket. Turn on the power switch. ConnectionsConnecting to MAGICINFO OUT Connect the [MAGICINFO OUT] terminal of the network box and the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal of the monitor using the DP to HDMI cable. Connecting a LAN Cable Connect the LAN cable between the [LAN] port on the product and the [LAN] port on your PC. ConnectionsConnecting a USB devices You can connect USB devices such as a mouse or keyboard. Connecting to a Network box to Use the TOUCH SCREEN 1. Connect the [TOUCH SCREEN USB HUB] port of the product to the USB port on your PC using the USB cable. Note • With innovative, highly sensitive touchscreen technology, you don't need to use much force when touching the screen. • Tapping the screen using a blunt pointed or metal object can leave scratches on the surface. Use your finger or a stylus pen. • Any foreign substance, such as dust or moisture, on the screen can cause a touchscreen malfunction. Please wipe the screen and the screen's frame with a soft cloth as often as possible. • In order to prevent breakage, avoid applying excessive force to the screen. ConnectionsUsing the Software Monitor Driver Note When prompted by the operating system for the monitor driver, insert the CD-ROM included with this monitor. Driver installation is slightly different from one operating system to another. Follow the directions appropriate for the operating system you have. Prepare a blank disk and download the driver Program file at the Internet web site shown here. Internet web site : http://www.samsung.com/ Installing the Monitor Driver (Automatic) 1. Insert CD into the CD-ROM drive. 2. Click "Windows". 3. Choose your monitor model in the model list, then click the "OK" button. 4. If you can see following message window, then click the "Continue Anyway" button. Then click "OK" button (Microsoft ® Windows ® XP/2000 Operating System). Note This monitor driver is certified by Microsoft, and installing it will not damage your system. The certified driver will be posted on Samsung Monitor homepage. http://www.samsung.com/ Installing the Monitor Driver (Manual) Microsoft ® Windows Vista™‚ Operating System 1. Insert your Manual CD into your CD-ROM drive. 2. Click (Start) and "Control Panel". Then, double-click on "Appearance and Personalization". 3. Click "Personalization" and then "Display Settings". 4. Click "Advanced Settings...". 5. Click "Properties" in the "Monitor" tab. If the "Properties" button is deactivated, it means the configuration for your monitor is completed. The monitor can be used as is. If the message "Windows needs..." is displayed, as shown in the figure below, click "Continue". Using the Software Note This monitor driver is under certifying MS logo, and this installation will not damage your system. The certified driver will be posted on Samsung Monitor homepage. 6. Click "Update Driver..." in the "Driver" tab. 7. Check the "Browse my computer for driver software" checkbox and click "Let me pick from a list of device drivers on my computer". 8. Click "Have Disk...” and select the folder (for example, D:\Drive) where the driver setup file is located, and click "OK". Using the Software9. Select the model that matches your monitor from the list of monitor models on the screen, and click "Next". 10. Click "Close" → "Close" → "OK" → "OK" on the following screens displayed in sequence. Microsoft ® Windows ® XP Operating System Using the Software1. Insert CD into the CD-ROM drive. 2. Click "Start" → "Control Panel", then click the "Appearance and Themes" icon. 3. Click "Display" icon and choose the "Settings" tab then click "Advanced...". 4. Click the "Properties" button on the "Monitor" tab and select "Driver" tab. 5. Click "Update Driver..." and select "Install from a list or..." then click "Next" button. 6. Select "Don't search, I will...", then click "Next" and then click "Have disk". Using the Software7. Click the "Browse" button then choose A:(D:\Driver) and choose your monitor model in the model list and click the "Next" button. 8. If you can see the following message window, then click the "Continue Anyway" button. Then click "OK" button. Note This monitor driver is certified by Microsoft, and this installation will not damage your system. The certified driver will be posted on Samsung Monitor homepage. http://www.samsung.com/ 9. Click the "Close" button, then click the "OK" button continually. Using the Software10. Monitor driver installation is completed. Microsoft ® Windows ® 2000 Operating System When you can see "Digital Signature Not Found" on your monitor, follow these steps. 1. Choose "OK" button on the "Insert disk" window. 2. Click the "Browse" button on the "File Needed" window. 3. Choose A:(D:\Driver), then click the "Open" button and then click "OK" button. How to install 1. Click "Start", "Setting", "Control Panel". 2. Double click the "Display" icon. 3. Select the "Settings" tab and click "Advanced Properties" button. 4. Choose "Monitor". Case1 : If the "Properties" button is inactive, it means your monitor is properly configured. Please stop installation Case2 : If the "Properties" button is active, click the "Properties" button, then follow the next steps. 5. Click "Driver" and then click on "Update Driver...", then click on the "Next" button. 6. Choose "Display a list of the known drivers for this device so that I can choose a specific driver", then click "Next" and then click "Have disk". 7. Click the "Browse" button, then choose A:(D:\Driver). 8. Click the "Open" button, then click "OK" button. 9. Choose your monitor model and click the "Next" button. Then click "Next" button. 10. Click the "Finish" button, then the "Close" button. If you can see the "Digital Signature Not Found" window, then click the "Yes" button. Then click the "Finish" button and the "Close" button. Microsoft ® Windows ® Millennium Operating System 1. Click "Start", "Setting", "Control Panel". 2. Double click the "Display" icon. 3. Select the "Settings" tab and click "Advanced Properties" button. Using the Software4. Select the "Monitor" tab. 5. Click the "Change" button in the "Monitor Type" area. 6. Choose "Specify the location of the driver". 7. Choose "Display a list of all the driver in a specific location...", then click "Next" button. 8. Click the "Have Disk" button. 9. Specify A:\(D:\driver), then click "OK" button. 10. Select "Show all devices" and choose the monitor that corresponds to the one you connected to your computer and click "OK". 11. Continue choosing "Close" button and "OK" button until you close the Display Properties dialogue box. Microsoft ® Windows ® NT Operating System 1. Click "Start", "Settings", "Control Panel", and then double-click "Display" icon. 2. In Display Registration Information window, click Settings Tab and then click "All Display Modes". 3. Select a mode that you wish to use (Resolution, Number of Colors and Vertical frequency) and then click "OK". 4. Click "Apply" button if you see the screen working normally after clicking "Test". If the screen is not normal, change to a different mode (lower mode of resolution, Colors or frequency). Note If there is no Mode at All Display Modes, select the level of resolution and vertical frequency by referring to the Preset Timing Modes in the user guide. Linux Operating System To execute X-Window, you need to make the X86Config file, which is a type of system setting file. 1. Press "Enter" at the first and the second screen after executing the X86Config file. 2. The third screen is for setting your mouse. 3. Set a mouse for your computer. 4. The next screen is for selecting a keyboard. 5. Set a Keyboard for your computer. 6. The next screen is for setting your monitor. 7. First of all, set a horizontal frequency for your monitor. (You can enter the frequency directly.) 8. Set a vertical frequency for your monitor. (You can enter the frequency directly.) 9. Enter the model name of your monitor. This information will not affect the actual execution of X-Window. 10. You have finished setting up your monitor. Execute X-Window after setting other requested hardware. Using the SoftwareTouchscreen Installing the Touchscreen Driver 1. Connect the monitor to your PC using the USB cable. 2. Insert the driver installation CD into the CD-ROM drive. 3. Click "Setup IRTOUCH USB" with the mouse. The driver will run. (Double-click the file in the "Touchscreen Driver" folder with the mouse.) Note If using a network box, open the "C:\ TSN3 \ IRTouch" folder on the network box. 4. After installation, reboot the PC. (If using a network box, click the "EWF" file on the desktop of the network box to reboot the PC.) Note At this point, the driver has been installed and the system will automatically retrieve the driver. However, some computers need to run the following steps to find the new driver: 5, 6, 7. 5. Choose "No, not this time,” and then “Next” (FIG. 1). FIG. (1) 6. The system tells you that you need to find the relevant driver document if the touchscreen is found. Please choose “Install the software automatically (Recommended)” and then “Next” (FIG. 2). FIG. (2) Using the Software7. Click "Finish” (FIG.3) to complete the driver update. A taskbar balloon at the bottom, right corner of the screen will read "Found New Hardware" (FIG. 4). FIG. (3) FIG. (4) Touchscreen Control PanelInstalling the Driver Double-click the shortcut on the desktop, or go to “Start” -> “All Programs” -> ”IRTouchSystems” - > “TouchScreen Control Panel” (FIG. 5) then open the Control Panel for the touchscreen. FIG. (5) Using the SoftwareGeneral Control Panel Menu FIG. (6) 1. Mapping The control panel can be used to make adjustments or configurations using a USB connection and supports multiple touchscreens connected to the same PC. The panel provides basic information for the touchscreen and allows for calibration. If several touchscreens are mounted on the PC and the status is set to “multi-screens display,” then more than one touchscreen will appear in the Touchscreen List. Use [Mapping] to choose a monitor for each touchscreen before calibrating; otherwise, the touchscreens will not work. Follow these steps to configure the settings for multiple touchscreens: Click ”Mapping” to make a button-mark appear in the center of each monitor in order of priority. Click the center of the button-mark to acknowledge the mounted touchscreen; If you find no information about the touchscreen, press “Esc” or wait for 30 seconds, and then the program will skip the current touchscreen setting and continue automatically to the next one. 2. Calibrate This function is applicable to single view mode and dual view mode. Click the [Calibrate] button on the screen. Tap all the target circles and click OK to save the calibration. Calibration process: Select a touch screen from the information list. In the calibration window displayed, click the "Calibrate" button. Click the centers of the 4 calibration points in sequence to complete the calibration. Click the "Esc" button to close the calibration window. After calibration, the "Recalibrate," "OK," and "Cancel" buttons will appear. Click "Recalibrate" to perform the calibration process again. To save the changes and close the window, click "OK." To close the window without saving the changes, click "Cancel." Settings The Settings window is split into 8 areas (FIG. 7): 1. Modes 2. Options 3. Calibrate Settings 4. Smoothness Settings Using the Software5. Touch Sensitivity Settings 6. Right Click Settings 7. Beep Type Settings 8. Beep Type Settings FIG. (7) Modes There are three touch modes : “Click on touch,” “Click on Release,” “Mouse Emulation.” 1. Click on touch A click is recognized when your finger contacts the touchscreen. Note that you cannot drag objects. The touchscreen responds fastest in this mode, which is recommended for big-button applications. 2. Click on Release This is the default mode. A click is recognized when you lift your finger off the screen. This mode allows precise control and is recommended for small-button applications or hyperlinks to web pages such as POS or other web applications. 3. Mouse Emulation Mouse functions are emulated, including left-clicking, moving, unclicking, and dragging. This function is recommended if writing, drawing or dragging map is required. Options 1. Enable Touch Enable (default) or disable the touchscreen. 2. Hide Cursor The mouse cursor is not used in some applications; this function allows you to hide the cursor without disabling the mouse function. This is recommended for big buttons used for playing animation or children educational applications with "Click On Touch" mode. 3. Enable Right Click Using the SoftwareEnable the right-click function. Press and hold any part of the screen for two seconds. The context menu will appear. The right-click function is available only in Mouse Emulation mode. You may adjust the "Delay” in “Right Click Settings” if you find the context menu appears too soon or late. Note The higher the value, the later the context menu will appear. “Delay” is set in milliseconds. The “area” determines the jitter-range of the touch surface within an error limit (in pixels). The higher the value, the wider the jitter-range. The context menu will remain displayed as long as your finger presses the screen within the range. 4. Enable Beep This function enables or disables the beep sound heard from the PC's built-in speaker, and sets the cycle and frequency of the beeps. You can press the [Apply] button to enable the beep feature after choosing [Enable touch] and vice versa. There are three Beep modes: “Beep on touch,” “Beep on Release,” “Both.” 1. Beep on touch : A click is recognized when your finger contacts the touchscreen. 2. Beep on Release : A click is recognized when you lift your finger off the screen. 3. Both : A click is recognized when your finger contacts the touchscreen and again when you lift your finger off the screen. Note According to the status of the hardware and external factors, you can set the parameters so as to maximize the performance. Uninstalling the Driver Double-click “Control Panel” -> “Add or Remove Programs” (FIG. 8), select “IRTOUCHSYSTEMS TouchScreen Driver”, and click on “Remove” to uninstall the driver. FIG. (8) Note For details about configuring settings to use the touch-screen functions, click the "Help" button. Using the SoftwareUsing the SoftwareMDC Program Installation/Uninstallation Installation 1 Insert the installation CD into the CD-ROM drive. 2 Click the MDC Unified installation program. If a software installation window is not displayed on the main screen, install with the "MDC Unified" execution file in the MDC folder on the CD. 3 Click "Next" in the displayed Installation Wizard screen. 4 In the "License Agreement" window displayed, select "I accept the terms in the license agreement" and click "Next". 5 In the displayed "Customer Information" window, fill out all the information fields and click "Next". 6 In the displayed "Destination Folder" window, select the directory path you want to install the program in and click "Next". If the directory path is not specified, the program will be installed in the default directory path. 7 In the displayed "Ready to Install the Program" window, check the directory path to install the program in and click "Install". 8 Installation progress will be displayed. 9 Click "Finish" in the displayed "InstallShield Wizard Complete" window. Select "Launch MDC Unified" and click "Finish" to run the MDC program immediately. 10 The MDC Unified shortcut icon will be created on the desktop after installation.  The MDC execution icon may not be displayed depending on the PC system or product specifications.  Press F5 if the execution icon is not displayed. Uninstallation 1 Select Settings > Control Panel on the Start menu and double-click Add/Delete Program. 2 Select MDC Unified from the list and click Change/Remove. MDC installation can be affected by the graphics card, mother board and network conditions.Connecting to MDC Using MDC via RS-232C (serial data communications standards) An RS-232C serial cable must be connected to the serial ports on the PC and monitor. What is MDC? Multiple display control "MDC" is an application that allows you to easily control multiple display devices simultaneously using a PC.Using MDC via Ethernet Enter the IP for the primary display device and connect the device to the PC. One display device can connect to another using an RS-232C serial cable.Connection Management Connection management includes the Connection list and Connection list modification options. Connection list – Connection list shows the details of the connections such as connection setting (IP/ COM, Port No, MAC, and Connection Type), connection status, Set ID Range, and detected devices. Each connection can contain a maximum of 100 devices connected in serial daisy-chain fashion. All the LFDs detected in a connection are displayed in the Device list, where the user can make groups and send commands to detected devices. Connection list modification options – Connection modification options includes Add, Edit, Delete, and Refresh.Auto Set ID Auto Set ID feature assigns a Set ID for all the LFDs connected in daisy-chain of a selected connection. There can be a maximum of 100 LFDs in a connection. The Set ID is assigned sequentially in the daisychain running from 1 to 99, and then finally to Set ID 0. Cloning Using the Cloning feature, you can copy the setting of one LFD and apply it to multiple selected LFDs. You can select specific tab categories or all tab categories for cloning, using the copy setting option window. Command Retry This feature is used to specify the maximum number of times the MDC command will be retried in case of there being no reply or a corrupted reply from an LFD. The retry count value can be set using the MDC options window. The retry count value must be between 1-10. The default value is 1. Getting Started with MDC 1 To start the program, click Start Programs Samsung MDC Unified. 2 Click Add to add a display device.  If the connection is established via RS232C, go to Serial and specify the COM Port.  If the connection is established via Ethernet, enter the IP that was entered for the display device.Main Screen Layout Menu Bar Change the status of a display device or the properties of the program. Device Category View a list of connected display devices or device groups. Schedule Category View a list of schedules for display devices. Set List Select the display device you want to adjust. Modify the Set List Add, edit, regroup or delete sets. Help Topics Display help topics for the program. 4 3 2 1 6 5 1 2 3 4 5 6Menus You can power on or off a selected device or change the input source or volume of the device. Choose display devices from the list of sets, and select the Home tab. Home Select an item and change the corresponding setting. Power  On: Power on a selected display.  Off: Power off a selected dis Input  Input Source : Change the input source.  Input sources available can vary depending on the Display Device Models.  The input source can be changed only for displays that are turned on.  Channel : Change the channel.  The TV channel can be changed by using the up/down arrow keys.  The channel can be changed only when the input source is TV.  Only registered channels can be selected. Volume The volume can be changed or the sound can be muted only for displays that are turned on. Volume  The volume can be adjusted using the slider bar in the range of 0 to 100. Adjust the volume of a selected display. Input  Enable or disable Mute for a selected display. Mute will automatically be disabled if Volume is adjusted when Mute is on. Alert  Fault Device 1 2 3 This menu shows a list of display devices which have following errors - fan error, temperature error, brightness sensor error, or lamp error. Select a display device from the list. The Repair button will be enabled. Click the refresh button to refresh the error status of the display device. The recovered display device will disappear from the Fault Device List. Fault Device Alert  Display device in which error is detected will be reported by email. Fill in all required fields. The Test and OK buttons will be enabled. Ensure the Sender information and at least one Recipient are entered.Screen Adjustment The screen settings (contrast, brightness, etc.) can be adjusted. Choose display devices from the list of sets, and select the Picture tab. Custom Select an item and change the corresponding screen setting.  Color and Tint are not available if the input source is PC.  Red, Green, Blue and PC Screen Adjustment are not available if the input source is Video.  Color, Tint, Color Tone, Color Temp, Red, Green, Blue and PC Screen Adjustment are not available if both PC Source and Video Source are selected. Contrast  Adjust the contrast for the selected display device. Brightness  Adjust the brightness for the selected display device. Color  Adjust the colors for the selected display device. Tint (G/R)  Adjust the tint for the selected display device. Color Tone  Adjust the background color tone for the selected display device. Color Temp  Adjust the color temperature for the selected display device. This option is enabled if Color Tone is set to Off. Red  Customize the intensity of red color for the selected display device. Green  Customize the intensity of green color for the selected display device. Blue  Customize the intensity of blue color for the selected display device.Options Dynamic Contrast Adjust the Dynamic Contrast for the selected display device. Gamma Control Change the gamma value for the selected display. Auto Motion Plus This option is used to view dynamic images.  Off: Disable the Auto Motion Plus function.  Clear: Set the level of Auto Motion Plus to clear. This mode is suitable to display vivid images.  Standard: Set the level of Auto Motion Plus to standard.  Smooth: Set the level of Auto Motion Plus to smooth. This mode is suitable to display smooth images.  Custom: Customize the level of screen burn-in or flickering.  Demo: This function demonstrates the technology of Auto Motion Plus. The result when the mode is changed can be previewed on the left side of the window. Brightness Sensor Enable or disable the Brightness Sensor for the selected display device. The Brightness Sensor detects the ambient light intensity and automatically adjusts the screen brightness. Brightness Sensor may not be available depending on the product. Size Picture Size Adjust the screen size for the selected display device. The Detail item will be disabled if Picture Size is set to a mode that does not support detailed configuration. The -/+ buttons can be used to adjust Zoom. The screen can be relocated using the up/down/left/right buttons. Detail You can view details of the selected screen size. PC Screen Adjustment Frequency adjustment or fine-tuning is available by using the -/+ buttons in Coarse or Fine. To relocate the screen, click one of the four images below Position. To automatically adjust the frequency, fine-tune or relocate the screen, click Auto Adjustment.Sound Adjustment You can change the sound settings. Choose display devices from the list of sets, and select the Sound tab. The Bass or Treble item will be disabled if the item is not supported by the selected set. Bass Adjust the bass for the selected display. Treble Adjust the treble for the selected display. Balance (L/R) Adjust the volume of the left and right speakers of the selected display device. SRS TS XT Enable or disable the SRS TS XT effect for the selected display device. 3.6.11 System Setup Choose display devices from the list of sets, and select the System tab. Video Wall The Video Wall function can be used to display part of a whole picture or repeat the same picture on each of connected multiple display devices. Video Wall is enabled only when devices are in the group. Video Wall Enable or disable Video Wall. Format Select the format to display the split screen. Full NaturalH Select the number of horizontal display devices. A maximum of 15 displays can be arranged in a row. A maximum of 6 can be assigned to V if 15 is assigned to H. V Select the number of vertical display devices. A maximum of 15 displays can be arranged in a row. A maximum of 6 can be assigned to V if 15 is assigned to H. Screen Position View the layout of displays (configured by the screen divider) or change the layout as required. Screen Position and Preview are enabled when Video Wall is set to on. Note that if multiple sets are selected, Preview is enabled only if the settings for H and V match the layout of the selected sets. To change the Position, select a set and drag it to a new position. The range of screen divider settings may differ depending on the model.PIP Basic information required to adjust PIP will appear in the menu screen.  PIP will be disabled when Video Wall is ON.  Note that Picture Size is disabled when PIP is ON. PIP Size View the PIP Size of the current display. PIP Source Select a PIP input source. Sound Select Select and enable the sound from either the primary screen or secondary screen. Channel The channel can be changed if PIP Source is TV.General User Auto Color Automatically adjust the screen colors. Available only in PC mode. Auto Power Set the product to automatically power on. Standby Control Set the standby mode to activate if an input source is not detected. Fan & Temperature Configure the settings required to detect the fan speed and internal temperature for the product's protection. Fan Control Select a method to configure the fan speed. Fan Speed Configure the fan speed. Temperature Detect the internal temperature by specifying the range of temperature.Security Safety Lock Lock the on-screen menus. To unlock the menus, set Safety Lock to Off. Button Lock Lock the buttons on the display device. To unlock the buttons, set Button Lock to Off. OSD Display Source OSD Select whether to display a message when the Source is changed. Not Optimum Mode OSD Select whether to display a message when a non-compatible mode is selected. No Signal OSD Select whether to display a message when there is no input signal. MDC OSD Select whether to display a message when settings are changed by the MDC.Time Clock Set Change the current time on the selected display device according to the time set on a PC. If the time is not set on the display device, null values will be displayed. Timer  On Time: Set the time to power on the selected display device.  Off Time: Set the time to power off the selected display device.  Volume: Specify the volume of the display device when it is powered on by On Time.  Source: Specify the input source of the display device when it is powered on by On Time.  Holiday: The Holiday Management settings can be applied to the Timer.  Repeat : Specify the period for which you want to repeat the selected Timer. Once: Activate the timer only one time.  EveryDay: Activate the timer every day.  Mon~Fri: Activate the timer from Monday through Friday.  Mon~Sat: Activate the timer on Saturdays and Sundays.  Manual: Customize days of the week. The checkboxes to select days of the week below Repeat are enabled only if Manual is selected. Holiday Management Holiday Management allows you to prevent devices that are set to be powered on by the Timer from turning on at a specified date. The Holiday Management function can be enabled or disabled in the Timer settings menu.  Add: You can specify holidays: Click the Add button in the Holiday Management window.  Delete: Delete holidays: check the corresponding checkboxes and click this button.  List of holidays: View a list of holidays you have added. Screen Burn Protection Pixel Shift Move the screen slightly at specified time intervals to prevent screen burn-in. Screen Saver This function prevents screen burn-in when the screen of the selected display device is left idle for an extended period of time.  Interval: Set the interval to activate the Screen Saver.  Mode: The Time setting can vary for each Mode. Safety ScreenThe Safety Screen function can be used to prevent screen burn-in when a stationary image displays on the screen of a display device for an extended period of time. Lamp Control Lamp Control is used to adjust the backlight to reduce power consumption. Automatically adjust the backlight of the selected display device at a specified time. If Manual Lamp Control is adjusted, Auto Lamp Control will automatically switch to Off. Manually adjust the backlight for the selected display. If Auto Lamp Control is adjusted, Manual Lamp Control will automatically switch to Off.  Ambient Light: Ambient Light detects ambient light intensity and automatically adjusts the screen brightness of all the LFDs in the same serial chain. 3.6.12 Tool Settings Security Panel Control Turn on or off the screen of a display device. Remote Control Enable or disable the remote control. 1 2 3 4 1 Reset Reset Picture Reset the screen settings. Reset Sound Reset the sound settings. Reset System Reset the system settings. Reset All Reset the screen, sound and system settings at the same time. Edit Column Select the items you want to display in the list of sets. Information View the program information. 2 3 43.6.13 Other Functions Resizing a Window Place the mouse pointer on a corner of the program window. An arrow will appear. Move the arrow to customize the size of the program window.Group Management Creating Groups Create groups and manage the list of sets on a group basis. Duplicate group names cannot be used. 1 Right-click and select Group>Edit in the display device list section on the left side of the program window. 2 In the Edit Group window displayed, click Add on the sub level or Add on the same level.  Add on the sub level: Create a sub-group under the selected group.  Add on the same level: Create a group on the same level as the selected group.The Add on the same level button is enabled only if at least one group is created. 3 Enter the group name. Deleting Groups 1 Select a group name, and click Edit. 2 In the Edit Group window displayed, click Delete. 3 Click Yes. The group will be deleted. Renaming Groups 1 Select a group name, and click Edit. 2 In the Edit Group window displayed, click Rename. 3 If a cursor appears in the old group name, enter a new group name.Schedule Management Creating Schedules Create and register a schedule on a group basis. 1 Click All Schedule List in the schedule section on the left side of the program window. The Add button will be enabled in the middle. 2 Click the Add button. The Add Schedule window will appear.3 Click Add below the Device Group item, and select the group you want to add a schedule to. 4 Select Date&Time/Action and click OK. The schedule will be added and a list of schedules will appear in the set list window.  Device Group: Select a group.  Date&Time  Instant Execution: Run the schedule immediately.  Timer Set the date, time and interval to run the schedule.  Action: Select a function that will activate at the specified time and interval. Schedule Modification To modify a schedule, select the schedule and click Edit. Deleting a Schedule To delete a schedule, select the schedule and click Delete.Troubleshooting Guide This program may malfunction sometimes due to a communication problem between the PC and display or electromagnetic waves emitted from nearby electronic devices. Issue Solution The display you want to control does not appear on the system information chart. 1. Check the connection of the RS232C cable (check that the cable is properly connected to appropriate serial port). 2. Check that another display with a duplicate ID is not connected. Connecting displays with a duplicate ID can cause the displays not to be shown due to data collision. 3. Check that the display ID is within the range of 0 and 99. (Change the ID using the Display menu.) For a display that supports the ID in a range of 0 to 99, the ID should be set between 0 and 99. The display you want to control does not appear on the other Control Info Grids. Check that the display is powered on. (See the power status in the system information chart.) Ensure you select the input source the display is connected to. The following message appears repeatedly. Check that the display you want to control is selected. Displays power on or off at different time from one another even though On Time or Off Time is set. Adjust the time on the PC to synchronize the time between the connected displays. The remote control does not work. The remote control may not work if the RS-232C cable is removed or the program is closed abnormally while the Remote Control function is Disable. To resolve this, run the program again and set Remote Control to Enable.How display properties are shown when multiple displays are used 1 When no display is selected: The default value is displayed. 2 When one display is selected: Settings for the selected display are displayed. 3 When two displays are selected (e.g. in sequence of ID 1 andID 3): The settings for ID 1 are displayed before the settings for ID 3. 4 When the All+Select checkbox is checked and all displays are selected: The default settings are displayed.Adjusting the LCD Display Input Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) Source List Use to select PC, HDMI or other external input sources connected to the LCD Display. Use to select the screen of your choice. 1. PC 2. DVI 3. AV 4. Component 5. HDMI1 - This is deactivated when a TV tuner box is installed. 6. HDMI2 - This is deactivated when a network box is installed. 7. DisplayPort 8. MagicInfo - Enabled if a network box is connected. 9. TV- Enabled if a TV tuner box is connected. Note The [RGB/COMPONENT IN] port is compatible with a PC or component input. However, the picture may not display normally if you select an input source different from the actual connected input source. PIP Note The PIP function is not available when Video Wall is On. When external AV devices such as VCRs or DVDs are connected to the LCD Display, PIP allows you to watch video from those devices in a small window super-imposed on the PC Video signal. (Off/ On) Note • PIP turns off when the LCD Display is switched to an external source. • If you select , , in Size, Position and Transparency will not be activated. PIP Turns the PIP Screen Off/On. • Off • On Source Selects the input source for the PIP. Note • PIP is disabled if the primary screen does not receive a signal. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) Adjusting the LCD Display• PC : DVI, AV, HDMI1, HDMI2, DisplayPort • DVI : PC • AV : PC • HDMI : PC • DisplayPort : PC Size Changes the Size of the PIP window. Position Changes the Position of the PIP window. Transparency Adjusts the Transparency of PIP windows. • High • Medium • Low • Opaque Adjusting the LCD DisplayEdit Name Name the input device connected to the input jacks to make your input source selection easier. VCR / DVD / Cable STB / HD STB / Satellite STB / AV Receiver / DVD Receiver / Game / Camcorder / DVD Combo / DHR / PC / DVI PC / DVI Devices Note • The displayed devices differ depending on the external input mode. • When connecting a PC to the HDMI terminal, set Edit Name to PC. In other cases, set Edit Name to AV. However, since 640x480, 720p (1280x720), and 1080p (1920x1080) are common signals for AV and PC, make sure to set the Edit Name in accordance with the input signal. • When a PC is connected, set Edit Name to DVI PC to enjoy the video and audio from the connected PC. • When an AV device is connected, set Edit Name to DVI Device to enjoy the video and audio from the connected AV device. Source AutoSwitch Settings Turning on the display with Source AutoSwitch On, and the previous video source selection is not active, the display will automatically search the different video input sources for active video. Note • If the display TV source is active (TV tuner connected to the display) the Source AutoSwitch search function becomes inactive. The display will remain in the TV source. • Source AutoSwitch selection and PIP function: If the Source AutoSwitch selection is set to On, the PIP function will not work, the Source AutoSwitch selection must be set to Off, for the PIP feature to work. • When the Source AutoSwitch selection is On, and or the Primary Source Recovery is On, the display power saving mode becomes inactive. • When Primary Source Recovery is On, only the Primary Source and Secondary Source selection are available and they are interchangeable and selectable at will. Refer to PIP > Source for compatible signals for each primary input source. Adjusting the LCD DisplaySource AutoSwitch When the Source AutoSwitch is On, the display video source will automatically be searched for active video. The Primary Source selection will be activated, if the current video source is not recognized. Secondary source selection will become active, if no primary video source is available. If the primary or secondary source is not recognized, the display will search again, if no active video is found the display will show the no-input-signal message. When the Primary Source selection is set to All, the display will search all the video source inputs twice in sequence looking for an active video source, returning back to the first video source in the sequence if no video is found. 1. Off 2. On Primary Source Recovery When Primary Source Recovery is On, only the Primary Source and Secondary Source video source selection will be searched for active video. The Primary Source will be selected if active video is found, if no video is found, the Secondary Source will be selected, if no video is found in Secondary Source again, the no-input-signal is displayed. 1. Off 2. On Primary Source Adjusting the LCD DisplaySpecify Primary Source for the automatic input source. Secondary Source Specify Secondary Source for the automatic input source. Picture [PC / DVI / DisplayPort / MagicInfo Mode] • If connected to a PC, set Edit Name to DVI PC, and enjoy video or audio content saved on the PC. • If connected to an AV device, set Edit Name to DVI Device, and enjoy video or audio content saved on the AV device. Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) Mode Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. Adjusting the LCD Display1. Information Recommended for communicating exact information (e.g. public information). 2. Advertisement Recommended for displaying advertisements (e.g. videos or indoor or outdoor ads). 3. Custom Custom By using the on-screen menus, the contrast and brightness can be changed to your personal preference. Note • By adjusting the picture using the Custom function, MagicBright will change to Custom mode. • Not available when Dynamic Contrast is set to On. 1. Contrast Adjusts the Contrast. 2. Brightness Adjusts the Brightness. 3. Sharpness Adjusts the Sharpness. 4. Gamma Adjust the mid-range brightness (Gamma) for the picture. • Natural • Mode 1 - Sets the picture brighter than Natural. • Mode 2 - Sets the picture darker than Mode1. • Mode 3 - Increases the contrast between dark and bright colors. Adjusting the LCD DisplayColor Tone Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. The Color tones can be changed. 1. Off 2. Cool 3. Normal 4. Warm 5. Custom Note • If you set the Color Tone to Cool, Normal, Warm, or Custom, the Color Temp. function is disabled. • If you set the Color Tone to Off, the Color Control function is disabled • By adjusting the picture using the Color Tone function, Mode will change to Custom mode. Color Control Adjusts individual Red, Green, Blue Color balance. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. 1. Red 2. Green 3. Blue Color Temp. Adjusting the LCD DisplayColor Temp. is a measure of the 'warmth' of the image Colors. Note This function is enabled when Mode is set to Custom, and Dynamic Contrast and Color Tone are Off. Image Lock Image Lock is used to fine-tune and get the best image by removing noise that creates unstable images with jitters and shakiness. If satisfactory results are not obtained using the Fine adjustment, use the Coarse adjustment and then use Fine again. Note Available in PC mode only. Coarse Removes noise such as vertical stripes. Coarse adjustment may move the screen image area. You may relocate it to the Center using the horizontal control menu. Fine Removes noise such as horizontal stripes. If the noise persists even after Fine tuning, repeat it after adjusting the frequency (clock speed). Position Adjusts the screen location horizontally and vertically. Auto Adjustment The values of Fine, Coarse, Position are adjusted automatically. By changing the resolution in the control panel, the auto function is performed. Note Available in PC mode only. Signal Balance This is used to make up for the weak RGB signal transmitted by a long signal cable. Adjusting the LCD Display Note • Not available when Dynamic Contrast is set to On. • Available in PC mode only. Signal Balance Selects either On or Off with the signal balance. Signal Control Note Available when Signal Balance is set to On. 1. R-Gain 2. G-Gain 3. B-Gain 4. R-Offset 5. G-Offset 6. B-Offset Adjusting the LCD DisplaySize The Size can be switched. 1. 16:9 2. 4:3 PIP Picture Adjusts the PIP Screen Settings. Note • Available Modes: PIP On 1. Contrast Adjusts the Contrast of the PIP window on the screen. 2. Brightness Adjusts the Brightness of the PIP window on the screen. 3. Sharpness Adjusts the Sharpness of the PIP window on the screen. 4. Color Adjusts the Color of the PIP window on the screen. Note Only enabled when the PIP input source is AV, HDMI, Component. 5. Tint Adds a natural tone to the PIP window. Adjusting the LCD Display Note The Tint slider is only displayed when PIP input source is HDMI or AV. Dynamic Contrast Dynamic Contrast automatically detects the distribution of the visual signal and adjusts to create an optimum contrast. 1. Off 2. On Note This function is disabled when PIP or Energy Saving is On. Lamp Control Adjusts the inverter lamp in order to reduce energy consumption. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. Brightness Sensor Brightness Sensor detects the ambient light intensity so that the picture brightness can automatically be adjusted. 1. Off 2. On Picture Reset Adjusting the LCD DisplayReset the screen settings. Picture [ AV / HDMI / TV / Component Mode] Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) Mode The LCD Display has four automatic picture settings ("Dynamic", "Standard", "Movie" and "Custom") that are preset at the factory. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. 1. Dynamic 2. Standard 3. Movie 4. Custom Custom By using the on-screen menus, the contrast and brightness can be changed to your personal preference. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. Contrast Adjusting the LCD DisplayAdjusts the Contrast. Brightness Adjusts the Brightness. Sharpness Adjusts the picture Sharpness. Color Adjusts the picture Color. Tint Adds a natural tone to the display. Note The tint slider is only displayed when input source is HDMI, Component or AV. Color Tone The Color tones can be changed. The individual Color components are also user adjustable. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. 1. Off 2. Cool2 3. Cool1 4. Normal 5. Warm1 Adjusting the LCD Display6. Warm2 Note • If you set the Color Tone to Cool2, Cool1, Normal, Warm1, or Warm2, the Color Temp. function is disabled. • By adjusting the picture using the Color Tone function, Mode will change to Custom mode. Color Temp. Color temp. is a measure of the 'warmth' of the image Colors. Note This function is enabled when Mode is set to Custom, and Dynamic Contrast and Color Tone are Off. Size The Size can be switched. PC mode(PC, HDMI[PC Timing ]): 16:9 - 4:3 Video mode (HDMI [Video Timing], AV or Component): 16:9 - Zoom1 - Zoom2 - 4:3 - Screen Fit - Custom 1. 16:9 - Sets the picture to 16:9 wide mode. 2. Zoom 1 - Magnifies the size of the picture on the screen. 3. Zoom 2 - Magnifies the size of the picture more than Zoom 1. 4. 4:3 - Sets the picture to 4:3 normal mode. 5. Screen Fit - Displays the input scenes as they are without any cutoff when HDMI 720p, 1080i, 1080p signals are input. 6. Custom - Changes the resolution to suit the user's preferences. Note • Certain external devices may feed the display an out of spec signal that may cause cutoff even when using the Screen Fit feature. • Screen Fit is enabled for only 1080i/p in Component mode and for 1080i/p or 720p in HDMI mode. Adjusting the LCD Display• Zoom 1 and Zoom 2 are disabled for HD signals (1080i/p, 720p or 768p). • The Position and Reset functions are available in Zoom 1 or Zoom 2 modes. Digital NR (Digital Noise Reduction) Turns the Digital Noise Reduction feature Off/On. The Digital Noise Reduction feature allows you to enjoy clearer and crisper images. 1. Off 2. On Note Digital NR function is not available for all resolutions. HDMI Black Level When a DVD or set-top box is connected to your TV via HDMI, it may cause a degradation in the screen quality, such as an increase in the black level, a low contrast, or discoloration, etc., depending on the external device connected. In this case, adjust the screen quality of your TV by configuring the HDMI Black Level. 1. Normal 2. Low Note For Timing which can be used for both the PC and the DTV in HDMI mode, HDMI Black Level will be activated. Adjusting the LCD DisplayFilm Mode Film Mode calibrates unnatural pictures that may occur in a movie (which is in 24 frames). Moving subtitles may appear corrupted when this mode is enabled. (In HDMI mode, this function is available when the input signal is interlaced scan; it is not available in progressive scan.) 1. Off 2. On PIP Picture Adjusts the PIP Screen Settings. Note Available Modes: PIP On 1. Contrast Adjusts the Contrast of the PIP window on the screen. 2. Brightness Adjusts the Brightness of the PIP window on the screen. 3. Sharpness Adjusts the Sharpness of the PIP window on the screen. Dynamic Contrast Adjusting the LCD DisplayDynamic Contrast automatically detects the distribution of the visual signal and adjusts to create an optimum contrast. 1. Off 2. On Note This function is disabled when PIP or Energy Saving is On. Lamp Control Adjusts the inverter lamp in order to reduce energy consumption. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. Brightness Sensor Brightness Sensor detects the ambient light intensity so that the picture brightness can automatically be adjusted. 1. Off 2. On Picture Reset Reset the screen settings. Sound Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo Adjusting the LCD Display• TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) Mode The LCD Display has a built-in high fidelity stereo amplifier. 1. Standard Selects Standard for the standard factory settings. 2. Music Selects Music when watching music videos or concerts. 3. Movie Selects Movie when viewing movies. 4. Speech Selects Speech when watching a show that is mostly dialog (i.e., news). 5. Custom Selects Custom if you want to adjust the settings according to your personal preferences. Custom The sound settings can be adjusted to suit your personal preferences. Note • You can hear the sound even when sound value is set to 0. • If you adjust sound using Custom function, Mode will turn to Custom mode. Bass Emphasizes low frequency audio. Treble Adjusting the LCD DisplayEmphasizes high frequency audio. Balance Allows you to Adjusts the sound balance between the left and right speakers. Auto Volume Reduces the difference in volume control between broadcasters. 1. Off 2. On SRS TS XT SRS TS XT is a patented SRS technology that solves the problem of playing 5.1 multichannel content over two speakers. TruSurround XT delivers a compelling, virtual surround sound experience through any two-speaker playback system, including internal television speakers. It is fully compatible with all multichannel formats. 1. Off 2. On Sound Select Enable the sound of either the primary or secondary display in PIP mode. Adjusting the LCD Display Note Available when PIP is set to On. 1. Main 2. Sub Speaker Select When you use the product with it connecting to a Home Theater, turn the internal speakers off so you can listen to sound from the Home Theater's (external) speakers. 1. Internal Sound is outputted both from the Internal speaker and the External speakers, but the volume control is only available from the Internal speaker. 2. External When sound is only outputted from the External speakers, the volume control is also only available from the External speakers. Sound Reset Reset the sound settings. Setup Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Adjusting the LCD Display Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) Language You can choose one of 13 languages. Note The language chosen affects only the language of the OSD. It has no effect on any software running on the computer. Time Selects from one of 4 time settings, Clock Set, Sleep Timer, Timer1/Timer2/Timer3 and Holiday Management. Clock Set Current Time Setting. Sleep Timer Turns the LCD Display off automatically at certain times. Adjusting the LCD Display1. Off 2. 30 3. 60 4. 90 5. 120 6. 150 7. 180 Timer1 / Timer2 / Timer3 You can set the LCD display to automatically turn on or off at a specified time. Note • Only enabled when the clock is set using the Clock Set menu. • The Manual option allows you to select a day of the week. • Holiday : When choose Apply, timer is not available on holiday; when choose Don’t apply, timer is available on holiday. Holiday Management • Add You can register holidays. • Delete Selected Adjusting the LCD DisplayYou can delete selected holidays. Note • Only enabled when registered holidays are selected. • More than one holiday can be selected and deleted. • Delete All You can delete all the registered holidays. Menu Transparency Change the transparency of the background of the OSD. 1. High 2. Medium 3. Low 4. Opaque Safety Lock Change PIN The password can be changed. The preset password for the LCD Display is "0000". Adjusting the LCD Display Note If you forgot your password, press the remote buttons INFO + EXIT + MUTE to reset the password to "0000." Lock This is the function that locks the OSD in order to keep the current settings or to prevent others from adjusting the settings. Energy Saving This feature adjusts the power consumption of the unit in order to save energy. 1. Off 2. On Video Wall A Video Wall is a set of video screens connected together, so that each screen shows a part of the whole picture or where the same picture is repeated on each screen. When the Video Wall is on, you can adjust the Video Wall screen setting. Note • When Video Wall is running, the Size functions are not available. • Disabled when PIP is set to On. • When a Horizontal or Vertical split is greater than four, use a resolution of XGA 1024 x 768 or greater to prevent any picture degradation. Video Wall Adjusting the LCD DisplayTurns Off/On the Video Wall function of the selected display Off/On. • Off • On Format The Format can be selected to see a divided screen. • Full Provides a full screen without any margins. • Natural Displays a natural image with the original aspect ratio intact. Horizontal Sets how many parts the screen should be divided horizontally. Fifteen adjustment levels: 1~15. Note If Vertical is set to 15, the maximum value for Horizontal is 6. Vertical Sets how many parts the screen should be divided vertically. Fifteen adjustment levels: 1~15. Adjusting the LCD Display Note If Horizontal is set to 15, the maximum value for Vertical is 6. Screen Position The screen can be divided into several images. A number of screens can be selected with a different layout when dividing. • Select a mode in Screen Position. • Select a display in Display Selection. • The selection will be set up by pressing a number in the selected mode. • The screen can be split into a maximum of 100 sub-screens. Note When more than four displays are connected, we recommend a resolution of XGA (1024 x 768) or greater to prevent any picture degradation. Safety Screen The Safety Screen function is used to prevent afterimages that may appear when a still picture is displayed on the screen over a long time. Note This function is not available when the power is turned off. Pixel Shift Pixel Shift To prevent after-images on the screen, you can use this function to have pixels move on the LCD in the horizontal or vertical direction. • Off Adjusting the LCD Display• On Horizontal Sets how many pixels the screen moves horizontally. Five adjustment levels: 0, 1, 2, 3, and 4. Vertical Sets how many pixels the screen moves vertically. Five adjustment levels: 0, 1, 2, 3, and 4. Time Set the time interval for performing the horizontal or vertical movement, respectively. Timer Timer Adjusting the LCD DisplayYou can set the timer for Screen Burn Protection. If you start the operation to erase any residual image, the operation will be performed for the set period of time and then automatically finish. • Off • On Mode You can change the Safety Screen Type. • Bar • Eraser • Pixel Period Use this function to set the execution period for each mode set in the timer. Time Within the set period of time specify a time for execution. Adjusting the LCD DisplayBar This function prevents after-images on the screen by moving long black and white vertical lines. Eraser This function prevents after-images on the screen by moving a rectangular pattern. Pixel This function prevents after-images by moving many pixels on the screen. Side Gray Select the brightness of the grey for the screen background. • OFF • Light • Dark Adjusting the LCD DisplayResolution Select When the picture is not displayed properly on the screen when setting the graphics card resolution of the computer to 1024 x 768 @ 60Hz, 1280 x 768 @ 60Hz, 1360 x 768 @ 60Hz or 1366 x 768 @ 60Hz, by using this function(Resolution Select), you can have the picture displayed on the screen in the specified resolution. Note Available in PC mode only. 1. Off 2. 1024 x 768 3. 1280 x 768 4. 1360 x 768 5. 1366 x 768 Note Selecting the menu is only allowed when the graphics resolution is set to 1024 x 768 @ 60Hz, 1280 x 768 @ 60Hz, 1360 x 768 @ 60Hz or 1366 x 768 @ 60Hz. Power On Adjustment Adjusts the Power On time for the screen. Caution: Set the Power On time to be longer to avoid overvoltage. Adjusting the LCD DisplayOSD Rotation OSD Rotate 1. Landscape 2. Portrait Advanced Settings Configures the settings more elaborately. Fan & Temperature (Only Network model) Protects the product by detecting the fan speed and internal temperature. Fan Control Selects auto or manual for the fan speed settings. • Auto • Manual Fan Speed Setting Sets the fan speed within a range of 0 and 100. Adjusting the LCD Display Note Enabled when Fan Control is set to Manual. Temperature Control Detects the product's internal temperature and specifies the desired temperature. The product is set to 77°C by default. Note • The picture will be dimmed if the temperature exceeds the specified temperature, and the product will automatically power off to prevent overheating if the temperature keeps rising. • It is best to use the product at temperatures 75 - 80°C (based on ambient temperature of 40°C). Refer to "Specifications" herein for details about operating conditions. Note • It is best to set Fan Control to Auto when you change the Temperature Control setting. Current Temperature Shows the current temperature of the product. Auto Power Enables or disables Auto Power for the product. Adjusting the LCD Display• Off • On Note When Auto Power is On, the product will power on automatically as soon as it is connected to power. Button Lock Locks or unlocks the monitor control buttons on the product. • Off • On User Auto Color 1. Auto Color Automatically adjusts the Colors. 2. Reset Resets the Color settings. Note Enabled only in PC mode. Standby Control Adjusting the LCD DisplaySets the standby mode, which will be activated when no input signal is detected. • Off A message will read No Signal if no input signal is detected. • On Power-saving mode will be activated if no input signal is detected. • Auto When no input signal is detected, - Power-saving mode will be activated if an external device is connected. - A message will read No Signal if no external device is connected. Note • Enabled only in PC, DVI, HDMI, or DP(DisplayPort) mode. • Auto will be disabled in HDMI mode. Lamp Schedule Adjusts the luminance to a user-specified value at a specified time. OSD Display Displays or hides a menu item on the screen. Source OSD • Off • On Adjusting the LCD DisplayNot Optimum Mode OSD • Off • On No Signal OSD • Off • On MDC OSD • Off • On Software Upgrade Performs a software upgrade. 1. Connect the product to a computer via a digital signal such as DVI or HDMI. Click the BMP image file converted from an SW code. The image below will appear on the screen of the product. 2. While a BMP image onto which the software code has been converted is displayed on the screen, select Software Upgrade. Adjusting the LCD Display Note When there are two or more BMP images, they are displayed on the screen using a slideshow. • It is recommended that the playback interval between two BMP images in the slideshow should be one second. The image extraction probability will decrease with other playback intervals. • A BMP image might not be extracted if it is covered by another image (for example, the mouse pointer). 3. If a more recent version than the current software version is detected, you will be asked whether to upgrade the current software. If you select , the upgrade is performed. 4. When the software upgrade is completed, the product is turned off and on automatically. Note • This only operates with a digital signal, such as in DVI, HDMI1, or HDMI2 mode. (The input resolution must be identical to the panel resolution.) • In HDMI1 and HDMI2 modes, the timing values used for both the PC and TV are only supported if the Edit Name is set to PC or DVI PC. • This is only supported if the Size is set to 16:9. Setup Reset Reset all the values for a setting. Reset All Adjusting the LCD DisplayReset all the settings for the display. Multi Control Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) Multi Control Assigns an individual ID to the SET. • ID Setup Assigns distinctive IDs to the SET. • ID Input Use to select the transmitter functions of the individual SET. Only a SET where the ID corresponds to the transmitter setting becomes activated. • MDC Connection Selects a port to receive the MDC inputs from. • RS232C MDC : Communicates with the MDC via a RS232C MDC cable. • RJ45 MDC : Communicates with the MDC via an RJ45 MDC cable. • Network Setting • IP Setting : Manual, Auto • IP Address : Manually enter the IP Address if IP Setting is set to Manual. Adjusting the LCD Display• Subnet Mask : Manually enter the Subnet Mask if IP Setting is set to Manual. • Gateway : Manually enter the Gateway if IP Setting is set to Manual. MagicInfo Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • MagicInfo can only be enabled when a network box(sold separately) is connected. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) Note • The remote control can be used to select MagicInfo. However, it is recommended to use a separate USB keyboard to utilize MagicInfo fully. • For MagicInfo in Device mode, moving external devices while booting may cause errors. Set up external devices only if the LCD Display turns on. • Do not unplug the LAN cable used for the network (ex: video display). Otherwise, the Program (MagicInfo) may stop. If you do unplug the cable, restart the system. • Do not unplug the LAN cable used by an USB device (ex: video display). Otherwise, the Program (MagicInfo) may stop. • To access other sources, press the SOURCE button in MagicInfo. • The preset password for the LCD Display is "000000". • The server Program's Power-On option works only if the LCD Display's power is completely shut off. Please make sure not to use the Power-On option when the LCD Display is in the process of shutting down since this may cause system errors on the LCD Display. • When using MagicInfo with the MagicInfo Server Program: perform Network mode. • When using MagicInfo with the device directly connected to LCD Display : execute Device mode. • Press ESC to directly go to the MagicInfo Window screen. • To setup MagicInfo on a Windows screen, a keyboard and mouse are required. • To setup MagicInfo on a Windows screen, refer to the MagicInfo Server Help. Adjusting the LCD DisplayIt is highly recommended not to turn off the AC power during an operation. • For pivoted LCD Displays, ticker transparency is not supported. • For pivoted LCD Displays, a screen resolution of up to 720*480(SD) is supported for movies. • For drive D:, EWF is not applied. • To save Setup contents that have been changed when EWF is in the Enable state, you must Commit them. • By selecting Disable, Enable or Commit, the system is restarted. MagicInfo 1. Select Application - step 1 You can select an Application to be executed in your computer when Windows starts. 2. Select TCP/IP - step 2 Adjusting the LCD DisplayIn step 2 of MagicInfo Setup Wizard, you don’t have to go to Network Setting on the desktop to make your settings for TCP/IP. You just do that at step 2 of MagicInfo installation. 3. Select Language - step 3 When using multiple languages, you can choose and set a specific language among them. 4. Select Screen Type - step 4 You can select which rotation type will be applied to your device. 5. Setup Information Adjusting the LCD DisplayShows the settings that have been selected by the user. Note If the MagicInfo icon is not displayed on the notification area, double click the MagicInfo icon on the window desktop. The icon will appear. Adjusting the LCD DisplayTroubleshooting Self-Test Feature Check Note Check the following items yourself before calling for assistance. Contact a Service Center for problems that you cannot solve by yourself. Self-Test Feature Check 1. Turn off both your computer and the LCD Display. 2. Unplug the video cable from the back of the computer. 3. Turn on the LCD Display. The figure shown below ("No Signal") appears on a black background when the LCD Display is working normally even though no video signal is detected: While in the Self-Test mode, the LED power indicator remains green and the figure moves around on the screen. If your LCD Display screen remains blank after using the previous procedure, check your video controller and computer system; your LCD Display is functioning properly. 4. Turn off your LCD Display and reconnect the video cable; then turn on both your computer and the LCD Display. Warning Messages You can even view the screen at a resolution of 1920 x 1080. However, you will receive the following message for a minute; You can choose to change the screen resolution or stay in the current mode during that time. If the resolution is more than 85Hz, you will see the black screen because the LCD Display does not support over 85Hz. Note Refer to Specifications > Preset Timing Modes for the resolutions or frequencies supported by the LCD Display. Maintenance and Cleaning 1) Maintaining the LCD Display Case. Clean with a soft cloth after disconnecting the power cord.• Do not use benzene, thinner or other flammable substances. 2) Maintaining the Flat Panel Display Screen. Clean with a soft cloth (cotton flannel). • Never use acetone, benzene or thinner. (They may cause flaws or deformation of the screen surface.) • The user is responsible for any damage caused by using these substances. Symptoms and recommended Actions Note A LCD Display recreates visual signals received from the computer. Therefore, if there is a problem with the computer or the video card, this can cause the LCD Display to become blank, have poor Coloring, become noisy, etc. In this case, first check the source of the problem, and then contact a Service Center or your dealer. 1. Check if the power cord and the video cables are properly connected to the computer. 2. Check if the computer beeps more than 3 times when booting. (If it does, request service.) 3. If you installed a new video card or if you assembled the PC, check if you installed the Adaptor (video). 4. Check if the scanning ratio of the video screen is set to between 50 Hz ~ 85 Hz. (Do not exceed 60Hz when using the maximum resolution.) 5. If you have problems in installing the Adaptor (video) driver, boot the computer in Safe Mode, remove the Display Adaptor in the "Control Panel -> System -> Device Administrator" and then reboot the computer to reinstall the Adaptor (video) driver. Check List Note • The following table lists possible problems and their solutions. Before calling for assistance, check the information in this section to see if you can remedy any problems for yourself. If you do need assistance, please call the phone number on the Information section or contact your dealer. Problems related to the Installation Note Problems related to the LCD Display installation and their solutions are listed. Q: The LCD Display screen flickers. A: Check if the signal cable between the computer and the LCD Display is securely connected. Troubleshooting(Refer to Connecting a Computer) Problems related to the Screen Note Problems related to the LCD Display screen and their solutions are listed. Q: The screen is blank and the power indicator is off. A: Ensure that the power cord is firmly connected and the LCD Display is on. (Refer to the Connecting a Computer) Q: "No signal" message. A: Ensure that the signal cable is firmly connected to the PC or video sources. (Refer to the Connecting a Computer) A: Ensure that the PC or video sources are turned on. Q: "Not Optimum Mode" message. A: Check the maximum resolution and the frequency of the video Adaptor. A: Compare these values with the data in the Preset Timing Modes Chart. Q: The picture rolls vertically. A: Check if the signal cable is securely connected. Re-connect it, if necessary. (Refer to Connecting a Computer) Q: The image is not clear; picture is blurred. A: Run Frequency Coarse and Fine tuning. A: Turn on again after removing all accessories (video extension cable, etc.) A: Set the resolution and frequency to the recommended ranges. Q: The picture image is unstable and shakes. A: Check if the resolution and frequency set for the computer video card falls in the range supported by the LCD Display. If not, reset them referring to the current Information under the LCD Display menu and Preset Timing Modes. Q: Ghost images are shown in the picture. A: Check if the resolution and frequency set for the computer video card falls in the range supported by the LCD Display. If not, reset them referring to the current Information under the LCD Display menu and Preset Timing Modes. Q: The image is too light or too dark. A: Adjust the Brightness and Contrast. (Refer to the Brightness, Contrast) Q: The screen Color is inconsistent. A: Adjust the Color Control option in the OSD adjustment menu. TroubleshootingQ: The Color image is distorted by dark shadows. A: Adjust the Color Control option in the OSD adjustment menu. Q: The Color white is poor. A: Adjust the Color Control option in the OSD adjustment menu. Q: The Power Indicator blinks. A: The LCD Display is currently saving the changes made in the settings to the OSD memory. Q: The screen is blank and the power indicator light blinks every 0.5 or 1 seconds. A: The LCD Display is using its power management system. Press any key on the keyboard. Problems related to Audio Note Problems related to audio signals and their solutions are listed below. Q: No sound. A: Ensure that the audio cable is firmly connected to both the audio-in port on your LCD Display and the audio-out port on your sound card. (Refer to the Connecting a Computer) A: Check the volume level. Q: The sound level is too low. A: Check the volume level. A: If the volume is still too low after turning the control to its maximum, check the volume control on the computer sound card or software Program. Q: The sound is too high or too low. A: Adjusts the Treble and Bass to the appropriate levels. Problems related to the Remote Control Note Problems related to the remote control and their solutions are listed. Q: The remote control buttons do not respond. A: Check the polarities (+/-) of the batteries. A: Check if the batteries are empty. A: Check if the power is on. A: Check if the power cord is securely connected. A: Check if a special fluorescent or neon lamp is on in the vicinity. Q & A Q: How can I change the frequency? TroubleshootingA: The frequency can be changed by reconfiguring the video card. Note That video card support can vary, depending on the version of the driver used. (Refer to the computer or the video card manual for details.) Q: How can I adjust the resolution? A: Windows XP: Set the resolution in the Control Panel → Appearance and Themes → Display → Settings. A: Windows ME/2000: Set the resolution in the Control Panel → Display → Settings. * Contact the video card manufacturer for details. Q: How can I set the Power Saving function? A: Windows XP: Control Panel → Appearance and Themes → Display → Enable the powersaving feature in Screen Saver. Set the function in the BIOS-SETUP of the computer. (Refer to the Windows / Computer Manual). A: Windows ME/2000: Control Panel → Display → Screen Saver. Set the function in the BIOS-SETUP of the computer. (Refer to the Windows / Computer Manual). Q: How can I clean the outer case/LCD Panel? A: Disconnect the power cord and then clean the LCD Display with a soft cloth, using either a cleaning solution or plain water. Do not leave any detergent or scratches on the case. Do not let any water enter the LCD Display. Note Before calling for assistance, check the information in this section to see if you can remedy any problems yourself. If you do need assistance, please call the phone number on the Information section or contact your dealer. TroubleshootingSpecifications General General Model Name 400TS-3, 460TS-3 LCD Panel Size 400TS-3 40.0 inch / 101 cm 460TS-3 46.0 inch / 116 cm Display Area 400TS-3 885.6(H) mm x 498.15(V) mm 460TS-3 1018.08(H) mm x 572.67(V) mm Synchronization Horizontal 30 ~ 81 kHz Vertical 56 ~ 85 Hz Display Color 16.7M (true) Resolution Optimum resolution 1920 x 1080 @ 60Hz Maximum resolution 1920 x 1080 @ 60Hz Maximum Pixel Clock 148.5 MHz (Analog, Digital) Power Supply This product supports 100 - 240V. Since the standard voltage may differ from country to country, please check the label on the back of the product. Signal connectors D-sub(Component), DVI-D In, VCR, HDMI 1/2, RS232C In/Out, DP, DC Out, Stereo Audio In/Out, Audio In(L/R), RJ45, (RS232C, USB, LAN, D-sub out, HDMI out, Audio out → Slide in Network Box) Dimensions (W x H x D) / Weight 400TS-3 973.2 mm x 647.0 mm x 311.0 mm / 38.3 x 25.5 x 12.2 inches (With Stand) 973.2 mm x 584.4 mm x 128.1 mm / 38.3 x 23.0 x 5.0 inches (Without Stand) 27.1 Kg / 59.7 lbs (With Network Box) 24.8 Kg / 54.7 lbs (Without Network Box)Dimensions (W x H x D) / Weight 460TS-3 1104.0 mm x 721.0 mm x 311.0 mm / 43.4 x 28.4 x 12.2 inches (With Stand) 1104.0 mm x 658.0 mm x 134.0 mm / 43.4 x 25.9 x 5.3 inches (Without Stand) 33.6 Kg / 74.0 lbs (With Network Box) 31.3 Kg / 69.0 lbs (Without Network Box) VESA Mounting Interface 600.0 mm x 400.0mm Environmental considerations Operating (With Network Box) Temperature : 50°F ~ 104°F (10°C ~ 40°C) Humidity : 10% ~ 80%, non-condensing Operating (Without Network Box) Temperature : 32°F ~ 104°F (0°C ~ 40°C) Humidity : 10% ~ 80%, non-condensing Storage Temperature : -4°F ~ 113°F (-20°C ~ 45°C) Humidity : 5% ~ 95%, non-condensing Plug and Play Capability This LCD Display can be installed on any Plug & Play compatible system. The interaction of the LCD Display and the computer systems will provide the best operating conditions and LCD Display settings. In most cases, the LCD Display installation will proceed automatically, unless the user wishes to select alternate settings. Dot Acceptable TFT-LCD panels manufactured by using advanced semiconductor technology with precision of 1ppm (one millionth) above are used for this product. But the pixels of RED, GREEN, BLUE and WHITE Color appear to be bright sometimes or some black pixels may be seen. This is not from bad quality and you can use it without any problems. For example, the number of TFT-LCD sub pixels contained in this product are 6,220,800. Note Design and specifications are subject to change without prior notice. Class A (Information Communication equipment for industrial use) Attention dealers and users. This device is registered for EMC requirements for industrial use (Class A) and can be used in areas other than general households. (USA Only) Dispose unwanted electronics through an approved recycler. To find the nearest recycling location, go to our website, www.samsung.com/recyclingdirect, or call (877) 278 - 0799 SpecificationsPowerSaver This LCD Display has a built-in power management system called PowerSaver. This system saves energy by switching your LCD Display to low-power mode when it has not been used for a certain amount of time. The LCD Display automatically returns to normal operation when you press a key on the keyboard. For energy conservation, turn your LCD Display OFF when it is not needed, or when leaving it unattended for long periods. The PowerSaver system operates with a VESA DPM compliant video card installed in your computer. Use the software utility installed on your computer to set up this feature. PowerSaver 400TS-3 State Normal Operation Power saving mode Power off Power off (Power Swich) Power Indicator On Blinking Amber Off Power Consumption (Typical) 400TS-3 (With Network Box) 270 Watts 5 Watts 5 Watts 0 Watts 400TS-3 (Without Network Box) 193 Watts 2 Watts 1 Watts 0 Watts 460TS-3 State Normal Operation Power saving mode Power off Power off (Power Swich) Power Indicator On Blinking Amber Off Power Consumption (Typical) 460TS-3 (With Network Box) 313 Watts 5 Watts 5 Watts 0 Watts 460TS-3 (Without Network Box) 233 Watts 2 Watts 1 Watts 0 Watts Note • The actual power consumption may be different from the indicated power consumption above if the system conditions or settings are changed. • To stop any power consumption, turn off the switch or disconnect the power cable on the back. Be sure to disconnect the power if you intend to stay away from home for many hours. • If you connect a network box (sold separately), the product will no longer be in compliance with Energy Star 5.0 specifications. SpecificationsPreset Timing Modes If the signal transferred from the computer is the same as the following Preset Timing Modes, the screen will be adjusted automatically. However, if the signal differs, the screen may go blank while the power LED is on. Refer to the video card manual and adjusts the screen as follows. Display Mode Horizontal Frequency (kHz) Vertical Frequency (Hz) Pixel Clock (MHz) Sync Polarity (H/V) IBM, 640 x 350 31.469 70.086 25.175 +/- IBM, 640 x 480 31.469 59.940 25.175 -/- IBM, 720 x 400 31.469 70.087 28.322 -/+ MAC, 640 x 480 35.000 66.667 30.240 -/- MAC, 832 x 624 49.726 74.551 57.284 -/- MAC, 1152 x 870 68.681 75.062 100.000 -/- VESA, 640 x 480 37.861 72.809 31.500 -/- VESA, 640 x 480 37.500 75.000 31.500 -/- VESA, 800 x 600 35.156 56.250 36.000 +/+ VESA, 800 x 600 37.879 60.317 40.000 +/+ VESA, 800 x 600 48.077 72.188 50.000 +/+ VESA, 800 x 600 46.875 75.000 49.500 +/+ VESA, 848 x 480 31.020 60.000 33.750 +/+ VESA, 1024 x 768 48.363 60.004 65.000 -/- VESA, 1024 x 768 56.476 70.069 75.000 -/- VESA, 1024 x 768 60.023 75.029 78.750 +/+ VESA, 1152 x 864 67.500 75.000 108.000 +/+ VESA, 1280 x 768 47.776 59.870 79.500 -/+ VESA, 1280 x 960 60.000 60.000 108.000 +/+ VESA, 1280 x 1024 63.981 60.020 108.000 +/+ VESA, 1280 x 1024 79.976 75.025 135.000 +/+ VESA, 1360 x 768 47.712 60.015 85.500 +/+ VESA, 1366 x 768 47.712 59.790 85.500 +/+ VESA,1920 x 1080 66.587 59.934 138.500 +/- VESA,1920 x 1080 67.500 60.000 148.500 +/+ Horizontal Frequency The time to scan one line connecting the right edge to the left edge of the screen horizontally is called the Horizontal Cycle and the inverse number of the Horizontal Cycle is called the Horizontal Frequency. Unit: kHz Vertical Frequency Like a fluorescent lamp, the screen has to repeat the same image many times per second to display an image to the user. The frequency of this repetition is called the Vertical Frequency or Refresh Rate. Unit: Hz SpecificationsInformation For a Better Display Adjust the computer resolution and screen injection rate (refresh rate) on the computer as described below to enjoy the best picture quality. You can have an uneven picture quality on screen if the best picture quality is not provided for TFT-LCD. • Resolution: 1920 x 1080 • Vertical frequency (refresh rate): 60Hz TFT-LCD panels manufactured by using advanced semiconductor technology with a precision of 1ppm (one millionth) and above is used for this product. But the pixels of RED, GREEN, BLUE and WHITE Color seem to be bright sometimes or some of black pixels could be seen. This is not from bad quality and you can use it without any problems. • For example, the number of TFT-LCD sub pixels contained in this product are 6,220,800. When cleaning the monitor and the panel outside, please apply a small amount of water to a soft cloth. Rub softly when cleaning the LCD area.If excessive force is applied, you may stain it. If you are not satisfied with the picture quality, you can get better quality of picture by performing the "Auto Adjustment" function in display screen that is appeared as window termination button is pressed. If there's still noise after the automatic adjustment, use the Fine/Coarse adjustment function. When viewing a fixed screen for an extended period of time, a residual image or blurriness may appear. Change the mode to energy save or set a screensaver to move the picture when you need to be away from the monitor for an extended period of time. PRODUCT INFORMATION (Image Retention Free) What is Image Retention ? Image retention may not occur when a LCD panel is operated under normal conditions. Normal conditions are defined as continuously changing video patterns. When the LCD panel is operated for a long time with a fixed pattern (over 12 hours), there may be slight difference in voltage between electrodes that work the liquid crystal (LC) in a pixel. The voltage difference between electrodes increases with time, forcing the liquid crystal to lean. When this occurs, the previous image may be seen when the pattern is changed. To prevent this, the accumulated voltage difference must be decreased.Power Off, Screen Saver, or Power Save Mode • Turn the power off for 2 hours after 12 hours in use • Set the Monitor to power off with the PC Display Properties Power Scheme. • Use a Screen saver if possible - Screen saver in one Color or a moving image is recommended. • The Image Retention Free function applied to the product is recommended. Change the Color Information periodically Note Use Two different Colors Rotate the Color Information with 2 different Colors every 30 minutes. • Avoid using a combination of characters and background Color with large difference in luminance. Avoid using Grey Colors, which can cause Image retention easily. Avoid: Colors with big difference in luminance (Black & White, Grey) InformationChange the characters Color periodically • Use Bright Colors with little difference in luminance. - Cycle : Change the characters Color and background Color every 30 minutes • Every 30 minutes, change the characters with movement. • Have the images and logo cycle periodically. - Cycle: Display moving image together with Logo for 60 seconds after 4 hours in use. • The best way to protect your monitor from Image retention is to turn the Power off, or set your PC or System to operate a Screen Saver Program when you are not using it. If these guidelines are not followed, it may affect your warranty. Apply the Screen Pixel function on Product • Apply the Screen Pixel function - Symptom: Dot with Black Color move up and down. • Apply the Screen Bar function - Symptom: Horizontal / Vertical Bar with Black Color move up and down. Apply the Screen Erasing function on Product Information• Apply the Screen Erasing function - Symptom: 2 Vertical blocks move while erasing the display InformationAppendix Contact SAMSUNG WORLDWIDE Note If you have any questions or comments relating to Samsung products, please contact the SAMSUNG customer care Center. North America U.S.A 1-800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com CANADA 1-800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com/ca http://www.samsung.com/ca_fr (French) MEXICO 01-800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com Latin America ARGENTINA 0800-333-3733 http://www.samsung.com BRAZIL 0800-124-421 4004-0000 http://www.samsung.com BOLIVIA 800-10-7260 http://www.samsung.com CHILE 800-SAMSUNG (726-7864) From mobile 02-482 82 00 http://www.samsung.com COLOMBIA 01-8000112112 http://www.samsung.com COSTA RICA 0-800-507-7267 http://www.samsung.com DOMINICA 1-800-751-2676 http://www.samsung.com ECUADOR 1-800-10-7267 http://www.samsung.com EL SALVADOR 800-6225 http://www.samsung.com GUATEMALA 1-800-299-0013 http://www.samsung.com HONDURAS 800-27919267 http://www.samsung.com JAMAICA 1-800-234-7267 http://www.samsung.com NICARAGUA 00-1800-5077267 http://www.samsung.com PANAMA 800-7267 http://www.samsung.com PERU 0-800-777-08 http://www.samsung.com PUERTO RICO 1-800-682-3180 http://www.samsung.com TRINIDAD & TOBAGO 1-800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com VENEZUELA 0-800-100-5303 http://www.samsung.com Europe ALBANIA 42 27 5755 http://www.samsung.com AUSTRIA 0810 - SAMSUNG (7267864, € 0.07/min) http://www.samsung.com BELGIUM 02-201-24-18 http://www.samsung.com/be (Dutch)Europe http://www.samsung.com/be_fr (French) BOSNIA 05 133 1999 http://www.samsung.com BULGARIA 07001 33 11 http://www.samsung.com CROATIA 062 SAMSUNG (062 726 7864) http://www.samsung.com CZECH 800 - SAMSUNG (800-726786) http://www.samsung.com DENMARK 70 70 19 70 http://www.samsung.com FINLAND 030 - 6227 515 http://www.samsung.com FRANCE 01 48 63 00 00 http://www.samsung.com GERMANY 01805 - SAMSUNG (726-7864, € 0,14/Min) http://www.samsung.com CYPRUS From landline : 8009 4000 http://www.samsung.com GREECE From landline : 80111-SAMSUNG (7267864) From landline & mobile : (+30) 210 6897691 http://www.samsung.com HUNGARY 06-80-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com ITALIA 800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com KOSOVO +381 0113216899 http://www.samsung.com LUXEMBURG 261 03 710 http://www.samsung.com MACEDONIA 023 207 777 http://www.samsung.com MONTENEGRO 020 405 888 http://www.samsung.com NETHERLANDS 0900-SAMSUNG (0900-7267864) ( € 0,10/Min) http://www.samsung.com NORWAY 815-56 480 http://www.samsung.com POLAND 0 801-1SAMSUNG(172-678) +48 22 607-93-33 http://www.samsung.com PORTUGAL 808 20-SAMSUNG (808 20 7267) http://www.samsung.com RUMANIA From landline : 08010-SAMSUNG (7267864) From landline & mobile : (+40) 21 206 01 10 http://www.samsung.com SERBIA 0700 SAMSUNG (0700 726 7864) http://www.samsung.com SLOVAKIA 0800 - SAMSUNG (0800-726 786) http://www.samsung.com SPAIN 902 - 1 - SAMSUNG (902 172 678) http://www.samsung.com SWEDEN 0771 726 7864 (SAMSUNG) http://www.samsung.com SWITZERLAND 0848 - SAMSUNG (7267864, CHF 0.08/min) http://www.samsung.com/ch AppendixEurope http://www.samsung.com/ ch_fr/(French) U.K 0330 SAMSUNG (7267864) http://www.samsung.com EIRE 0818 717100 http://www.samsung.com LITHUANIA 8-800-77777 http://www.samsung.com LATVIA 8000-7267 http://www.samsung.com ESTONIA 800-7267 http://www.samsung.com TURKEY 444 77 11 http://www.samsung.com CIS RUSSIA 8-800-555-55-55 http://www.samsung.com GEORGIA 8-800-555-555 http://www.samsung.com ARMENIA 0-800-05-555 http://www.samsung.com AZERBAIJAN 088-55-55-555 http://www.samsung.com KAZAKHSTAN 8-10-800-500-55-500 (GSM: 7799) http://www.samsung.com UZBEKISTAN 8-10-800-500-55-500 http://www.samsung.com KYRGYZSTAN 00-800-500-55-500 http://www.samsung.com TADJIKISTAN 8-10-800-500-55-500 http://www.samsung.com MONGOLIA - http://www.samsung.com UKRAINE 0-800-502-000 http://www.samsung.com/ua http://www.samsung.com/ua_ru BELARUS 810-800-500-55-500 http://www.samsung.com MOLDOVA 00-800-500-55-500 http://www.samsung.com Asia Pacific AUSTRALIA 1300 362 603 http://www.samsung.com NEW ZEALAND 0800 SAMSUNG (0800 726 786) http://www.samsung.com CHINA 400-810-5858 http://www.samsung.com HONG KONG (852) 3698 - 4698 http://www.samsung.com/hk http://www.samsung.com/ hk_en/ INDIA 1800 1100 11 3030 8282 1800 3000 8282 1800 266 8282 http://www.samsung.com INDONESIA 0800-112-8888 021-5699-7777 http://www.samsung.com JAPAN 0120-327-527 http://www.samsung.com MALAYSIA 1800-88-9999 http://www.samsung.com AppendixAsia Pacific PHILIPPINES 1-800-10-SAMSUNG (726-7864) for PLDT 1-800-3-SAMSUNG(726-7864) for Digitel 1-800-8-SAMSUNG(726-7864) for Globe 02-5805777 http://www.samsung.com SINGAPORE 1800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com THAILAND 1800-29-3232 02-689-3232 http://www.samsung.com TAIWAN 0800-329-999 0266-026-066 http://www.samsung.com VIETNAM 1 800 588 889 http://www.samsung.com Middle East IRAN 021-8255 http://www.samsung.com OMAN 800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com KUWAIT 183-2255 http://www.samsung.com BAHRAIN 8000-4726 http://www.samsung.com EGYPT 08000-726786 http://www.samsung.com JORDAN 800-22273 http://www.samsung.com MOROCCO 080 100 2255 http://www.samsung.com SAUDI ARABIA 9200-21230 http://www.samsung.com U.A.E 800-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com Africa CAMEROON 7095- 0077 http://www.samsung.com COTE D'LVOIRE 8000 0077 http://www.samsung.com GHANA 0800-10077 0302-200077 http://www.samsung.com KENYA 0800 724 000 http://www.samsung.com NIGERIA 0800-726-7864 http://www.samsung.com SENEGAL 800-00-0077 http://www.samsung.com SOUTH AFRICA 0860-SAMSUNG (726-7864) http://www.samsung.com TANZANIA 0685 88 99 00 http://www.samsung.com UGANDA 0800 300 300 http://www.samsung.com Terms Dot Pitch The image on a monitor is composed of red, green and blue dots. The closer the dots, the higher the resolution. The distance between two dots of the same Color is called the 'Dot Pitch'. Unit: mm AppendixVertical Frequency The screen must be redrawn several times per second in order to create and display an image for the user. The frequency of this repetition per second is called the Vertical Frequency or Refresh Rate. Unit: Hz Example: If the same light repeats itself 60 times per second, this is regarded as 60 Hz. Horizontal Frequency The time to scan one line connecting the right edge to the left edge of the screen horizontally is called the Horizontal Cycle. The inverse number of the Horizontal Cycle is called Horizontal Frequency. Unit: kHz Interlace and Non-Interlace Methods Showing the horizontal lines of the screen from the top to the bottom sequentially is called the Non-Interlace method while showing odd lines and then even lines in turn is called the Interlace method. The Non-Interlace method is used for the majority of monitors to ensure a clear image. The Interlace method is the same as that used in TVs. Plug & Play This is a function that provides the best quality screen for the user by allowing the computer and the monitor to exchange information automatically. This monitor follows the international standard VESA DDC for the Plug & Play function. Resolution The number of horizontal and vertical dots used to compose the screen image is called the 'resolution'. This number shows the accuracy of the display. A high resolution is good for performing multiple tasks as more image information can be shown on the screen. Example: If the resolution is 1920 x 1080, this means the screen is composed of 1920 horizontal dots (horizontal resolution) and 1080 vertical lines (vertical resolution). Correct Disposal Correct Disposal of This Product (Waste Electrical & Electronic Equipment) - Europe only (Applicable in the European Union and other European countries with separate collection systems) This marking on the product, accessories or literature indicates that the product and its electronic accessories (e.g. charger, headset, USB cable) should not be disposed of with other household waste at the end of their working life. To prevent possible harm to the environment or human health from uncontrolled waste disposal, please separate these items from other types of waste and recycle them responsibly to promote the sustainable reuse of material resources. Household users should contact either the retailer where they purchased this product, or their local government office, for details of where and how they can take these items for environmentally safe recycling. Business users should contact their supplier and check the terms and conditions of the purchase contract. This product and its electronic accessories should not be mixed with other commercial wastes for disposal. AppendixCorrect disposal of batteries in this product - Europe only (Applicable in the European Union and other European countries with separate battery return systems.) This marking on the battery, manual or packaging indicates that the batteries in this product should not be disposed of with other household waste at the end of their working life. Where marked, the chemical symbols Hg, Cd or Pb indicate that the battery contains mercury, cadmium or lead above the reference levels in EC Directive 2006/66. If batteries are not properly disposed of, these substances can cause harm to human health or the environment. To protect natural resources and to promote material reuse, please separate batteries from other types of waste and recycle them through your local, free battery return system. Note The rechargeable battery incorporated in this product is not user replaceable. For information on its replacement, please contact your service provider. Authority Information in this document is subject to change without notice. © 2010 Samsung Electronics Co., Ltd. All rights reserved. Reproduction in any manner whatsoever without the written permission of Samsung Electronics Co., Ltd. is strictly forbidden. Samsung Electronics Co., Ltd. shall not be liable for errors contained herein or for incidental or consequential damages in connection with the furnishing, performance, or use of this material. Samsung is the registered trademark of Samsung Electronics Co., Ltd.; Microsoft, Windows and Windows NT are registered trademarks of Microsoft Corporation; VESA, DPM and DDC are registered trademarks of Video Electronics Standard Association; All other product names mentioned herein may be the trademarks or registered trademarks of their respective owners. TruSurround XT, SRS and the symbol are trademarks of SRS Labs, Inc. TruSurround XT technology is incorporated under license from SRS Labs, Inc. Appendix SyncMaster 460UTn-2, 460UTn2-UD2, 460UT-2, 460UTn-B, 460UT-B LCD Display User Manual The color and the appearance may differ depending on the product, and the specifications are subject to change without prior notice to improve the performance.Safety Instructions Notational Note These safety instructions must be followed to ensure your safety and prevent property damage. Make sure to read the instructions carefully and use the product in the correct manner. Warning / Caution Failure to follow directions noted by this symbol could result in bodily harm or damage to the equipment. Note Prohibited Important to read and understand at all times Do not disassemble Disconnect the plug from the outlet Do not touch Ground to prevent an electric shock Power When not used for extended period of time, set your computer to DPM. If using a screen saver, set it to active screen mode. The images here are for reference only, and are not applicable in all cases (or countries). Shortcut to Anti-Afterimage Instructions Do not use a damaged power cord or plug or a damaged or loose power outlet. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not touch the power plug with wet hands when removing or plugging the plug into the outlet. • Otherwise, this may result in electric shock. Make sure to connect the power cord to a grounded power outlet. • Otherwise, it may result in electric shock or personal injury. Ensure that the power plug is plugged into the power outlet firmly and correctly. • Otherwise, this may result in fire. Do not forcefully bend or pull the power plug and do not place any heavy material on it. • Otherwise, this may result in fire. Do not connect multiple appliances to the same power outlet. • Otherwise, this may cause fire due to overheating. Do not disconnect the power cord while using the product. • Otherwise, this may result in damage to the product due to electric shock. To disconnect the apparatus from the mains, the plug must be pulled out from the mains socket, therefore the mains plug shall be readily operable. • Otherwise, this may cause electric shock or fire. Use only the power cord provided by our company. Do not use the provided power cord of another product. • Otherwise, this may result in fire or electric shock. Connect the power plug to a wall outlet that can be easily reached. • When a problem occurs with the product, you must unplug the power plug to cut the power off completely. You cannot cut the power off completely using only the power button on the product. Installation Be sure to contact an authorized Service Center when installing your monitor in a location with heavy dust, high or low temperatures, high humidity, and exposed to chemical substances and where it operates for 24 hours such as at airports, train stations etc. Failure to do so may cause serious damage to your monitor. Ensure that at least two persons lift and move the product. • Otherwise, it may be dropped and cause personal injury, and/ or damage the product. When installing the product in a cabinet or rack, make sure that the front end of the bottom of the product does not project out. • Otherwise, it may fall or cause personal injury. • Use a cabinet or rack of a size appropriate to the product. Safety Instructions DO NOT PLACE CANDLES, MOSQUITO REPELLANT, CIGARETTES AND ANY HEATING APPLIANCES NEAR THE PRODUCT. • Otherwise, this may result in fire. Keep heating appliances as far away from the power cord or the product as possible. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not install it in a badly ventilated location such as a bookcase or closet. • Otherwise, this may result in fire due to an increase in the internal temperature. When putting the product down, make sure to put it down softly. • Otherwise, this may result in damage to the screen display. Do not place the front of the product on the floor. • Otherwise, this may result in damage to the screen display. Ensure that an authorized installation company installs the wall mount. • Otherwise, it may fall and cause personal injury. • Make sure to install the specified wall mount. Install your product in a well ventilated location. Ensure that there is a clearance of more than 4 inches (10 cm) from the wall. • Otherwise, it may result in fire due to an increase in the internal temperature. Ensure that the packaging vinyl is kept away from children. • Otherwise, it may result in serious harm (suffocation) if children play with it. If the height of your monitor is adjustable, do not place any object or part of your body on the stand when lowering it. • This may cause damage to the product or the person carrying it. Clean When cleaning the monitor case or the surface of the TFT-LCD screen, wipe with a slightly moistened, soft cloth. Do not spray cleaner directly onto the surface of the product. • Otherwise, this may result in the discoloration and distortion of the structure and the screen surface may peel off. Safety Instructions Edible oil, such as soybean oil, can damage or deform the product. Do not install the product in a kitchen or near a kitchen counter. When cleaning the power plug pins or dusting the power outlet, clean it with a dry cloth. • Otherwise, it may result in fire. When cleaning the product, make sure to disconnect the power cord. • Otherwise, it may result in electric shock or fire. When cleaning the product, disconnect the power cord and clean it with a soft, dry cloth. • (Do not use chemicals such as wax, benzene, alcohol, thinner, mosquito repellant, lubricant, or cleaner.) These may change the appearance of the product surface and peel off the indication labels on the product. Since the product housing is easily scratched, make sure to use the specified cloth only. When cleaning the product, do not spray water directly onto the main body of the product. • Ensure that water does not enter the product and that it is not wet. • Otherwise, this may result in electric shock, fire or a malfunction. Others The product is a high voltage product. Do not disassemble, repair or modify the product yourself. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. If the product needs to be repaired, contact a Service Center. If there is a strange smell or a strange sound or smoke is coming from the product, disconnect the power plug immediately and contact a Service Center. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not place this product in a location exposed to moisture, dust, smoke, water, or in a car. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. When you drop the product or the case is broken, turn the power off and disconnect the power cord. Contact a Service Center. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Safety Instructions If thunder or lightning is occurring, do not touch the power cord or antenna cable. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not try to move the monitor by pulling only the wire or the signal cable. • Otherwise, it may fall and result in electric shock, damage to the product or fire due to damage to the cable. Do not lift or move the product back and forwards or right and left while only holding the power cord or signal cables. • Otherwise, it may fall and result in electric shock, damage to the product or fire due to damage to the cable. Make sure that the ventilating opening is not blocked by a table or curtain. • Otherwise, it may result in fire due to an increase in the internal temperature. Do not place any containers containing water, vases, flowerpots, medicines as well as any metal on the product. • If water or a foreign material enters the product, disconnect the power cord and contact a Service Center. • This may result in a product malfunction, electric shock, or fire. Do not use or keep combustible spray or flammable material near the product. • Otherwise, this may result in an explosion or fire. Do not insert any metal, such as chopsticks, coins, pins and steel, or flammable objects, such as matches or paper, inside the product (through the ventilating openings, input and output terminals, etc). • If water or foreign material enters the product, disconnect the power cord and contact a Service Center. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. When using a fixed screen for a long time, an afterimage or stain may occur. • If you are not using your product for a long period of time, put it into sleep mode or use a moving screen saver. Set a resolution and frequency appropriate to the product. • Otherwise, your eyesight may be damaged. When using headphones or earphones, do not turn the volume too high. • Having the sound too loud may damage your hearing. Safety Instructions To avoid eyestrain, do not sit too close to the product. Take a rest for at least five (5) minutes after using the monitor for one (1) hour. This reduces eye fatigue. Do not install it in an unstable location such as an unstable rack or uneven surface or a location exposed to vibrations. • Otherwise, it may fall and cause personal injury and/or damage the product. • If you use the product in a location exposed to vibrations, it may damage the product and result in fire. When moving the product, turn the power off and disconnect the power plug, antenna cable, and all the cables connected to the product. • Otherwise, it may result in electric shock or fire. Ensure that children do not hang onto the product or climb up onto the product. • The product may fall and cause personal injury or death. If you do not use the product for a long period of time, disconnect the power cord from the power outlet. • Otherwise, this may result in overheating or fire due to dust, and may result in fire due to electric shock or leakage. Do not place any heavy items or toys or confectionery, such as cookies etc. that may attract the attention of children and to the product. • Your children may hang onto the product causing it to fall and this may result in personal injury or death. Be careful that children do not place the battery in their mouths when removed from the remote control. Place the battery in a location that children or infants cannot reach. • If children have had the battery in their mouths, consult your doctor immediately. When replacing the battery, insert it with the right polarity (+, -). • Otherwise, the battery may become damaged or it may cause fire, personal injury or damage due to leakage of the internal liquid. Use only the specified standardized batteries, and do not use a new battery and a used battery at the same time. • Otherwise, the batteries may be damaged or cause fire, personal injury or damage due to a leakage of the internal liquid. Safety Instructions The batteries (and rechargeable batteries) are not ordinary refuse and must be returned for recycling purposes. The customer is responsible for returning the used or rechargeable batteries for recycling. • The customer can return used or rechargeable batteries to a nearby public recycling center or to a store selling the same type of the battery or rechargeable battery. Do not place the product in a location exposed to direct sunlight or near any heat such as a fire or heater. • This may reduce the lifetime of the product, and may result in fire. Do not drop any objects onto the product or cause any impact to the product. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. Do not use a humidifier near the product. • Otherwise, this may result in electric shock or fire. When there is a gas leak, do not touch the product or the power plug; ventilate immediately. • If a spark occurs, it may cause an explosion or fire. If the product has been turned on for a long time, the display panel becomes hot. Do not touch it. Keep the small accessories in a location out of the reach of children. Be careful when adjusting the angle of the product or the height of the stand. • This may result in personal injury as your hand or fingers may become caught. • Also, if you tilt the product too far, it may fall and cause personal injury. Do not install the product in a location low enough for children to reach. • Otherwise, it may fall and result in personal injury. • Since the front part of the product is heavy, install the product on a level and stable surface. Safety Instructions Do not put any heavy objects on the product. • This may result in personal injury and/or damage to the product. Safety InstructionsIntroduction Package Contents Checking the Contents of the Package Remove the lock from the package box, as shown in the figure above. Lift up the package box by holding the grooves on both sides of the package box. Check the contents of the package. Remove the Styrofoam and vinyl cover. Note • After unpacking the package, make sure to check the contents of the package. • Store the packaging box in case you need to move the Product later. • If any items are missing, contact your dealer. • Contact a local dealer to purchase optional items. Unpacking LCD DisplayManuals Quick Setup Guide Warranty Card (Not available in all locations) User Manual MagicInfo Software DVD (Applicable to the 460UTn-2, 460UTn2-UD2, 460UTn-B model only) Cables Power Cord D-Sub Cable Others Remote Control (BP59-00138B) Batteries (AAA X 2) (Not available in all locations) Sold separately Semi Stand KIT LAN Cable USB Cable (Applicable to the 460UTn-2, 460UTn2-UD2, 460UTn-B model only) IntroductionSold separately RGB to BNC Cable RGB to Component Cable Network Box (Applicable to the 460UT-2, 460UT-B model only) Wall Mount KIT TV Tuner Box (US Only) Note Accessories that can be purchased with the product vary by country. Your LCD Display Front SOURCE button Switches from PC mode to Video mode. Selects the input source that an external device is connected to. [PC] → [DVI] → [AV] → [Component] → [HDMI1] → [HDMI2] → [DisplayPort] → [MagicInfo] → [TV] Note • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) • A network box (sold separately) must be connected to use MagicInfo with a 460UT-2, 460UT-B model. POWER button Use this button for turning the LCD Display on and off. IntroductionPower indicator Shows PowerSaver mode by blinking green Note See PowerSaver described in the manual for further information regarding power saving functions. For energy conservation, turn your LCD Display OFF when it is not needed or when leaving it unattended for long periods. Remote Control Sensor Aim the remote control towards this spot on the LCD Display. Rear Note See the "Connections" section for details about cable connections. The LCD Display's configuration at the back may vary slightly depending on the model. POWER S/W ON [ │ ] / OFF Switches the LCD Display On/Off. POWER The power cord plugs into the LCD Display and the wall outlet. IR OUT/IN Receives a signal from the remote control and outputs the signal through Loopout when a removable sensor board is connected. AMBIENT SENSOR IN Supplies power to the removable sensor board and receives a signal from the light sensor. Introduction DVI OUT (LOOPOUT) • Connect a monitor to another monitor through a DVI, DVI to HDMI cable. • Connect a DVI or DVI-HDMI cable to [DVI OUT (LOOPOUT)] on the product and [DVI IN] or [HDMI IN] on another monitor. • HDMI and network signals sent via the [DVI OUT(LOOPOUT)] port are displayed on the second display which has the [DVI IN] port. Note • The Loopout function can be used to duplicate the screen of the primary display. Connect [DVI OUT] on the primary display to [DVI IN] or [HDMI] on another display. • A maximum of 100 monitors can be connected to DVI-Loopout (using a 2m-long DVI cable). Up to HD resolution can be supported. Compatible input sources include DVI IN, HDMI IN 1, and HDMI IN 2 (MagicInfo). • The status of the cable may have a great effect on the Loopout performance. RGB/COMPONENT IN (PC/COMPONENT Connection Terminal (Input)) • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the RGB port on the PC using the D-SUB cable. • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the COMPONENT port on the external device using the RGB to COMPONENT cable. • Connect the [RGB/COMPONENT IN] port on the monitor to the BNC port on the PC using the RGB to BNC cable. DVI IN (PC Video Connection Terminal) Connect the [DVI IN] port on the monitor to the DVI port on the PC using the DVI cable. RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN (PC/DVI/ DP/HDMI Audio Connection Terminal (Input)) IntroductionConnect the [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] terminal of the monitor and the speaker output terminal of your computer's sound card using a stereo cable (sold separately). DP IN Receives a signal from the Display port. Connect a DP cable to [DP IN] on the product and DP IN on another display. AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIOL] Connect the [AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] port on the monitor to the audio output port on the PC or on the external device using an audio cable. AV IN Connect the [AV IN] terminal of your monitor to the video output terminal of the external device using a VIDEO cable. AUDIO OUT Connect a headphone or an External speaker. DC OUT Make sure to use connecting [DC OUT] terminal to the authorized TV-Tuner Box. (US Only) Otherwise, this may result in damage to the product. HDMI IN 1 • Connect the [HDMI IN 1] terminal at the back of your LCD Display to the HDMI terminal of your digital output device using a HDMI cable. • Up to HDMI 1.3 can be supported. Note • A normal external device (DVD player or camcorder, etc.) or a TV tuner box can be connected to the [HDMI IN 1] terminal. Introduction• To use a TV tuner box (US Only), make sure to connect it to the [HDMI IN 1] terminal. HDMI IN 2 (MAGICINFO) • Connect the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] terminal at the back of your LCD Display to the HDMI terminal of your digital output device using a HDMI cable. • Up to HDMI 1.3 can be supported. Note The MAGICINFO OUT port must be connected to the [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] port. RJ 45 MDC (MDC PORT) MDC(Multiple Display Control) Program Port Connect the LAN cable to [RJ45 MDC] on the product and LAN on the PC. To use an MDC, the MDC program must be installed on the PC. Note Go to Multi Control and select RJ45 MDC as the MDC Connection. RS232C OUT/IN (RS232C Serial PORT) MDC(Multiple Display Control) Program Port Connect a serial cable (cross type) to [RS232C] on the product and RS232C on the PC. To use an MDC, the MDC program must be installed on the PC. Note Go to Multi Control and select RS232C MDC as the MDC Connection. Introduction RGB OUT MagicInfo video output port Note Applicable to the 460UTn-2, 460UTn2-UD2, 460UTn-B model only. MAGICINFO OUT Outputs MagicInfo DP signals. It should be connected to [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] via a DP to HDMI cable. LAN (LAN Connection Terminal) Connects to a LAN cable to allow Internet or network access in MagicInfo mode. Note Applicable to the 460UTn-2, 460UTn2-UD2, 460UTn-B model only. USB (USB Connection Terminal) Keyboard / Mouse, Mass Storage Device Compatible. Note Applicable to the 460UTn-2, 460UTn2-UD2, 460UTn-B model only. Kensington Lock slot A Kensington Lock is an anti-theft device that enables users to lock the product so that they can safely use it in public locations. Since the shape and usage of the locking device may differ depending on the model and the manufacturer, for more information, refer to the User Manual supplied with the locking device for more information. To lock the product, follow these steps: 1. Wrap the Kensington lock cable around a large, stationary object such as a desk or chair. 2. Slide the end of the cable with the lock attached through the looped end of the Kensington lock cable. Introduction3. Insert the Kensington Lock into the security slot ( ) on the back of the display. 4. Lock the lock ( ). Note • You must purchase the Kensington Lock separately. • These are general instructions. For exact instructions, see the User Manual supplied with the locking device. • You can purchase the locking device from an electronics store, an online shop, or our service center. Note See the "Connections" section for details about cable connections. Remote Control Note • The performance of the remote control may be affected by a TV or other electronic device operating near the LCD Display , causing a malfunction due to interference with the frequency. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) POWER OFF Number Buttons / GUIDE button + VOL - SOURCE D.MENU TOOLS Up-Down Left-Right buttons INFO The Color button and the PC/DVI/HDMI/DP selection button TTX/MIX MTS/DUAL ENTER/PRE-CH Introduction MUTE CH/P TV MENU RETURN EXIT MagicInfo POWER Turns the product On. OFF Turns the product Off. Number Buttons Used to enter the password during the OSD adjustment or to use MagicInfo. Press to change the channel. / GUIDE button The "-" button is used to select Digital channels. Electronic Program Guide (EPG) display. - This function does not work for this LCD Display. + VOL - Adjusts the audio volume. SOURCE Selects a connected external input source or MagicInfo mode. Press the button to change the input signal SOURCE. Changing the SOURCE is only allowed for external devices that are connected to the LCD Display at the time. D.MENU DTV menu display - This function does not work for this LCD Display. TOOLS Use to quickly select frequently used functions. - This function does not work for this LCD Display. Up-Down Left-Right buttons Moves from one menu item to another horizontally, vertically or adjusts selected menu values. INFO Current picture information is displayed on the upper left corner of the screen. The Color button and the PC/DVI/HDMI/DP selection button In TV mode, these buttons can be used for setting the broadcasting announcement function of a digital channel. You can select the PC, DVI, HDMI or DP(DisplayPort) external input directly in a mode other than TV mode. Introduction TTX/MIX TV channels provide written information services via teletext. - Teletext Buttons - This is activated when a TV tuner box is installed. MTS/DUAL MTSYou can select MTS (Multichannel Television Stereo) mode. Audio Type MTS/S_Mode Default FM Stereo Mono Mono Manual Change Stereo Mono ↔ Stereo SAP Mono ↔ SAP Mono DUALSTEREO/MONO, DUAL l / DUAL ll and MONO/NICAM MONO/NICAM STEREO can be operated depending on the broadcasting type by using the DUAL button on the remote control while watching TV. - This is activated when a TV tuner box is installed. ENTER/PRE-CH This button is used to return to the immediately previous channel. - This is activated when a TV tuner box is installed. MUTE Pauses (mutes) the audio output temporarily. This is displayed on the lower left corner of the screen. The audio comes back on if MUTE or - VOL + is pressed in the Mute mode. CH/P In TV mode, selects TV channels. - This is activated when a TV tuner box is installed. TV Selects the TV mode directly. - This is activated when a TV tuner box is installed. MENU Opens the on-screen menu and exits from the menu or closes the adjustment menu. RETURN Returns to the previous menu. EXIT Exits from the menu screen. MagicInfo MagicInfo Quick Launch Button. Note This button is disabled for products that do not support MagicInfo. IntroductionMechanical Layout Mechanical Layout LCD Display Head IntroductionInstallation VESA Bracket • When installing VESA, make sure to comply with the international VESA standards. • Purchasing VESA Bracket and Installation Information : Please contact your nearest SAMSUNG Distributor to place an order. After your order is placed, installation professionals will visit you and install the bracket. • At least 2 persons are needed in order to move the LCD Display. • SAMSUNG is not responsible for any product damage or any injury caused by installation at customer's discretion. Dimensions Notice For securing the bracket on a wall, use only machine screws of 6 mm diameter and 8 to 12 mm length. Wall Bracket Installation • Contact a technician for installing the wall bracket. • SAMSUNG Electronics is not responsible for any damages to the product or harm to customers when the installation is done by the customer. Introduction• This product is for installing on cement walls. The product may not stay in place when installed on plaster or wood. Components Only use the components and accessories shipped with the product. Wall Bracket(1) Hinge(Left 1, Right 1) Plastic Hanger (4) Screw (A)(11) Screw (B)(4) Anchor (11) Wall Bracket Assembly Note There are two hinges(left and right). Use the correct one. 1. Insert and tighten the Captive Screw in the direction of the arrow. When done, mount the wall bracket on the wall. There are two hinges(left and right). Use the correct one. A - Captive Screw B - Wall Bracket C - Hinge (Left) D - Hinge (Right) 2. Before drilling into the wall, check if the length between the two locking holes at the back of the product is correct. IntroductionIf the length is too short or long, loosen all or some of the 4screws on the wall bracket to adjust the length. A - Length between the two locking holes 3. Check the installation diagram and mark the drill points on the wall. Use the 5.0 mm bit to drill holes deeper than 35 mm. Fix each anchor in the corresponding hole. Match each of the brackets and hinge holes to the corresponding anchor holes and insert and tighten the 11 screws A. To mount the product on the wall bracket The shape of the product may vary depending on the model. (The assemblies of the plastic hanger and the screw are the same) 1. Remove the 4 screws on the back of the product. Introduction2. Insert the screw B into the plastic hanger. Notice • Mount the product on the wall bracket and make sure it is properly fixed to the left and right plastic hangers. • Be careful when installing the product on the bracket as fingers can be caught in the holes. • Make sure the wall bracket is securely fixed to the wall, or the product may not stay in place after installation. 3. Tighten the 4 screws in step 2 (plastic hanger + screw B)to the rear holes of the product. 4. Remove safety pin (3) and insert the 4 product holders into the corresponding bracket holes (1). Then place the product(2) so that it is firmly fixed to the bracket. Make sure to re-insert and tighten the safety pin (3) to securely hold the product to the bracket. IntroductionA - LCD Display B - Wall Bracket C - Wall Wall Bracket Angle Adjustment Adjust the bracket angle to -2° before installing it on the wall. 1. Fix the product to the wall bracket. 2. Hold the product at the top in the center and pull it forward (direction of the arrow) to adjust the angle. Note You can adjust the bracket angle between -2° and 15°. Make sure to use the top center, and not the left or the right side of the product to adjust the angle. IntroductionConnections Connecting a Computer There are several ways to connect the computer to the monitor. Choose one from the following options. Using the D-sub (Analog) connector on the video card. • Connect the D-sub to the 15-pin, [RGB/COMPONENT IN] port on the back of your LCD Display and the 15 pin D-sub Port on the computer. Using the DVI (Digital) connector on the video card. • Connect the DVI Cable to the [DVI IN] port on the back of your LCD Display and the DVI port on the computer. Using the DP (Digital) connector on the video card. • Connect the [DP IN] port on the LCD Display to the DP port on the PC using the DP cable. Note Select HDMI2 (only with a 460UT-2, 460UT-B model) or HDMI1 as an input source when connected to the PC via an HDMI cable. To obtain normal picture and audio from the PC, HDMI2 (only with a 460UT-2, 460UT-B model) or HDMI1 must be selected before PC is selected in Edit Name. To enable audio when DVI Device is selected, be sure to establish the connection using step ( ). Connect the Audio cable for your LCD Display to the Audio port on the back of the LCD Display. Connect the power cord for your LCD Display to the Power port on the back of the LCD Display. Turn on the power switch. Note Contact a local SAMSUNG Electronics Service Center to buy optional items. Connecting to Other devices Note • AV input devices such as DVD players, VCRs or camcorders as well as your computer can be connected to the LCD Display. For detailed information on connecting AV input devices, refer to the contents under Adjusting Your LCD Display. • The LCD Display 's configuration at the back may vary slightly depending on the LCD Display model. Connecting an External Monitor Connections Using the HDMI (Digital) connector on the video card. • Connect the [HDMI IN 1] port on the LCD Display to the HDMI port on the PC using the HDMI cable.Connect between the [DVI OUT(LOOPOUT)] port on the LCD Display and the input port on another monitor using a DVI cable. Connect between the [AUDIO OUT] port on the LCD Display and the audio input port on another monitor using a stereo cable. Note Select DVI Mode as an input source for the external monitor connected to [DVI OUT]. DVI OUT does not support HDCP. Connecting AV Devices 1. Connect an audio cable to [AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] on the product and the audio port on an external device such as a VCR or DVD player. 2. Connect a video cable to [AV IN] on the product and the video output port on the external device. 3. Then, start the DVD, VCR or Camcorders with a DVD disc or tape inserted. 4. Press SOURCE on the product or remote control and select "AV". Note AV input devices such as DVD players, VCRs or camcorders as well as your computer can be connected to the LCD Display. For detailed information on connecting AV input devices, refer to the contents under Adjusting Your LCD Display. ConnectionsConnecting to a Camcorder 1. Locate the AV output jacks on the camcorder. They are usually found on the side or back of the camcorder. Connect a video cable between the VIDEO OUTPUT jack on the camcorder and the [AV IN] on the LCD Display . 2. Connect a set of audio cables between the AUDIO OUTPUT jacks on the camcorder and the [AV /COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] on the LCD Display . 3. Press SOURCE on the product or remote control and select "AV". 4. Then, start the Camcorders with a tape inserted. Note The audio-video cables shown here are usually included with a Camcorder. (If not, check your local electronics store.) If your camcorder is stereo, you need to connect a set of two cables. ConnectionsConnecting Using a HDMI Cable 1. Connect an HDMI cable to [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] (only with a 460UT-2, 460UT-B model) or [HDMI IN 1] on the product and the HDMI output port on a digital device. 2. Press SOURCE on the product or remote control and select "HDMI1 / HDMI2(only with a 460UT-2, 460UT-B model)" Note In HDMI mode, only PCM format audio is supported. Connecting Using a DVI to HDMI Cable Connect a DVI-HDMI cable to [HDMI IN 2 (MAGICINFO)] (only with a 460UT-2, 460UT-B model) or [HDMI IN 1] and the DVI output port on the digital device. Connect the red and white jacks of an RCA to stereo (for PC) cable to the same colored audio output terminals of the digital output device, and conConnectionsnect the opposite jack to the [RGB/DVI/DP/HDMI AUDIO IN] terminal of the LCD Display. 3. Press SOURCE on the product or remote control and select "HDMI1 / HDMI2(only with a 460UT-2, 460UT-B model)" Connecting a DVD Player Connect a RGB to Component cable between the [RGB/COMPONENT IN] port on the LCD Display and the PR, Y, PB jacks on the DVD player. Connect a set of audio cables between the [AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] on the LCD Display and the AUDIO OUT jacks on the DVD player. Note • Press SOURCE on the product or remote control and select "Component". • Then, start the DVD Player with a DVD disc inserted. • A RGB to component cable is optional. • For an explanation of Component video, consult your DVD manual. ConnectionsConnecting a DTV Set Top (Cable/Satellite) Box Connect a RGB to Component cable between the [RGB/COMPONENT IN] port on the LCD Display and the PR, Y, PB jacks on the Set Top Box. Connect a set of audio cables between the [AV/COMPONENT AUDIO IN [R-AUDIO-L]] on the LCD Display and the AUDIO OUT jacks on the Set Top Box. Note • Press SOURCE on the product or remote control and select "Component". • For an explanation of Component video, see your Set Top Box owner's manual. Connecting to an Audio System 1. Connect a set of audio cables between the AUX L, R jacks on the AUDIO SYSTEM and [AUDIO OUT] on LCD Display. ConnectionsConnecting a LAN Cable 1. Connect the LAN cable between the [LAN] port on the product and the [LAN] port on your PC. Note Applicable to the 460UTn-2, 460UTn2-UD2, 460UTn-B model only. Connecting a USB devices 1. You can connect USB devices such as a mouse or keyboard. Note Applicable to the 460UTn-2, 460UTn2-UD2, 460UTn-B model only. ConnectionsUsing the Software Monitor Driver Note When prompted by the operating system for the monitor driver, insert the CDROM included with this monitor. Driver installation is slightly different from one operating system to another. Follow the directions appropriate for the operating system you have. Prepare a blank disk and download the driver program file at the Internet web site shown here. Internet web site : http://www.samsung.com/ Installing the Monitor Driver (Automatic) 1. Insert CD into the CD-ROM drive. 2. Click "Windows". 3. Choose your monitor model in the model list, then click the "OK" button. 4. If you can see following message window, then click the "Continue Anyway" button. Then click "OK" button (Microsoft ® Windows ® XP/2000 Operating System). Note This monitor driver is certified by Microsoft, and installing it will not damage your system. The certified driver will be posted on Samsung Monitor homepage. http://www.samsung.com/ Installing the Monitor Driver (Manual) Microsoft ® Windows Vista™‚ Operating System 1. Insert your Manual CD into your CD-ROM drive. 2. Click (Start) and "Control Panel". Then, double-click on "Appearance and Personalization". 3. Click "Personalization" and then "Display Settings". 4. Click "Advanced Settings...". 5. Click "Properties" in the "Monitor" tab. If the "Properties" button is deactivated, it means the configuration for your monitor is completed. The monitor can be used as is. Using the SoftwareIf the message "Windows needs..." is displayed, as shown in the figure below, click "Continue". Note This monitor driver is under certifying MS logo, and this installation will not damage your system. The certified driver will be posted on Samsung Monitor homepage. 6. Click "Update Driver..." in the "Driver" tab. 7. Check the "Browse my computer for driver software" checkbox and click "Let me pick from a list of device drivers on my computer". 8. Click "Have Disk...” and select the folder (for example, D:\Drive) where the driver setup file is located, and click "OK". Using the Software9. Select the model that matches your monitor from the list of monitor models on the screen, and click "Next". 10. Click "Close" → "Close" → "OK" → "OK" on the following screens displayed in sequence. Microsoft ® Windows ® XP Operating System Using the Software1. Insert CD into the CD-ROM drive. 2. Click "Start" → "Control Panel", then click the "Appearance and Themes" icon. 3. Click "Display" icon and choose the "Settings" tab then click "Advanced...". 4. Click the "Properties" button on the "Monitor" tab and select "Driver" tab. 5. Click "Update Driver..." and select "Install from a list or..." then click "Next" button. 6. Select "Don't search, I will...", then click "Next" and then click "Have disk". Using the Software7. Click the "Browse" button then choose A:(D:\Driver) and choose your monitor model in the model list and click the "Next" button. 8. If you can see the following message window, then click the "Continue Anyway" button. Then click "OK" button. Note This monitor driver is certified by Microsoft, and this installation will not damage your system. The certified driver will be posted on Samsung Monitor homepage. http://www.samsung.com/ 9. Click the "Close" button, then click the "OK" button continually. Using the Software10. Monitor driver installation is completed. Microsoft ® Windows ® 2000 Operating System When you can see "Digital Signature Not Found" on your monitor, follow these steps. 1. Choose "OK" button on the "Insert disk" window. 2. Click the "Browse" button on the "File Needed" window. 3. Choose A:(D:\Driver), then click the "Open" button and then click "OK" button. How to install 1. Click "Start", "Setting", "Control Panel". 2. Double click the "Display" icon. 3. Select the "Settings" tab and click "Advanced Properties" button. 4. Choose "Monitor". Case1 : If the "Properties" button is inactive, it means your monitor is properly configured. Please stop installation Case2 : If the "Properties" button is active, click the "Properties" button, then follow the next steps. 5. Click "Driver" and then click on "Update Driver...", then click on the "Next" button. 6. Choose "Display a list of the known drivers for this device so that I can choose a specific driver", then click "Next" and then click "Have disk". 7. Click the "Browse" button, then choose A:(D:\Driver). 8. Click the "Open" button, then click "OK" button. 9. Choose your monitor model and click the "Next" button. Then click "Next" button. 10. Click the "Finish" button, then the "Close" button. Using the SoftwareIf you can see the "Digital Signature Not Found" window, then click the "Yes" button. Then click the "Finish" button and the "Close" button. Microsoft ® Windows ® Millennium Operating System 1. Click "Start", "Setting", "Control Panel". 2. Double click the "Display" icon. 3. Select the "Settings" tab and click "Advanced Properties" button. 4. Select the "Monitor" tab. 5. Click the "Change" button in the "Monitor Type" area. 6. Choose "Specify the location of the driver". 7. Choose "Display a list of all the driver in a specific location...", then click "Next" button. 8. Click the "Have Disk" button. 9. Specify A:\(D:\driver), then click "OK" button. 10. Select "Show all devices" and choose the monitor that corresponds to the one you connected to your computer and click "OK". 11. Continue choosing "Close" button and "OK" button until you close the Display Properties dialogue box. Microsoft ® Windows ® NT Operating System 1. Click "Start", "Settings", "Control Panel", and then double-click "Display" icon. 2. In Display Registration Information window, click Settings Tab and then click "All Display Modes". 3. Select a mode that you wish to use (Resolution, Number of colors and Vertical frequency) and then click "OK". 4. Click "Apply" button if you see the screen working normally after clicking "Test". If the screen is not normal, change to a different mode (lower mode of resolution, colors or frequency). Note If there is no Mode at All Display Modes, select the level of resolution and vertical frequency by referring to the Preset Timing Modes in the user guide. Linux Operating System To execute X-Window, you need to make the X86Config file, which is a type of system setting file. 1. Press "Enter" at the first and the second screen after executing the X86Config file. 2. The third screen is for setting your mouse. 3. Set a mouse for your computer. 4. The next screen is for selecting a keyboard. Using the Software5. Set a Keyboard for your computer. 6. The next screen is for setting your monitor. 7. First of all, set a horizontal frequency for your monitor. (You can enter the frequency directly.) 8. Set a vertical frequency for your monitor. (You can enter the frequency directly.) 9. Enter the model name of your monitor. This information will not affect the actual execution of X-Window. 10. You have finished setting up your monitor. Execute X-Window after setting other requested hardware. Using the SoftwareMDC Program Installation/Uninstallation Installation 1 Insert the installation CD into the CD-ROM drive. 2 Click the MDC Unified installation program. If a software installation window is not displayed on the main screen, install with the "MDC Unified" execution file in the MDC folder on the CD. 3 Click "Next" in the displayed Installation Wizard screen. 4 In the "License Agreement" window displayed, select "I accept the terms in the license agreement" and click "Next". 5 In the displayed "Customer Information" window, fill out all the information fields and click "Next". 6 In the displayed "Destination Folder" window, select the directory path you want to install the program in and click "Next". If the directory path is not specified, the program will be installed in the default directory path. 7 In the displayed "Ready to Install the Program" window, check the directory path to install the program in and click "Install". 8 Installation progress will be displayed. 9 Click "Finish" in the displayed "InstallShield Wizard Complete" window. Select "Launch MDC Unified" and click "Finish" to run the MDC program immediately. 10 The MDC Unified shortcut icon will be created on the desktop after installation.  The MDC execution icon may not be displayed depending on the PC system or product specifications.  Press F5 if the execution icon is not displayed. Uninstallation 1 Select Settings > Control Panel on the Start menu and double-click Add/Delete Program. 2 Select MDC Unified from the list and click Change/Remove. MDC installation can be affected by the graphics card, mother board and network conditions.Connecting to MDC Using MDC via RS-232C (serial data communications standards) An RS-232C serial cable must be connected to the serial ports on the PC and monitor. What is MDC? Multiple display control "MDC" is an application that allows you to easily control multiple display devices simultaneously using a PC.Using MDC via Ethernet Enter the IP for the primary display device and connect the device to the PC. One display device can connect to another using an RS-232C serial cable.Connection Management Connection management includes the Connection list and Connection list modification options. Connection list – Connection list shows the details of the connections such as connection setting (IP/ COM, Port No, MAC, and Connection Type), connection status, Set ID Range, and detected devices. Each connection can contain a maximum of 100 devices connected in serial daisy-chain fashion. All the LFDs detected in a connection are displayed in the Device list, where the user can make groups and send commands to detected devices. Connection list modification options – Connection modification options includes Add, Edit, Delete, and Refresh.Auto Set ID Auto Set ID feature assigns a Set ID for all the LFDs connected in daisy-chain of a selected connection. There can be a maximum of 100 LFDs in a connection. The Set ID is assigned sequentially in the daisychain running from 1 to 99, and then finally to Set ID 0. Cloning Using the Cloning feature, you can copy the setting of one LFD and apply it to multiple selected LFDs. You can select specific tab categories or all tab categories for cloning, using the copy setting option window. Command Retry This feature is used to specify the maximum number of times the MDC command will be retried in case of there being no reply or a corrupted reply from an LFD. The retry count value can be set using the MDC options window. The retry count value must be between 1-10. The default value is 1. Getting Started with MDC 1 To start the program, click Start Programs Samsung MDC Unified. 2 Click Add to add a display device.  If the connection is established via RS232C, go to Serial and specify the COM Port.  If the connection is established via Ethernet, enter the IP that was entered for the display device.Main Screen Layout Menu Bar Change the status of a display device or the properties of the program. Device Category View a list of connected display devices or device groups. Schedule Category View a list of schedules for display devices. Set List Select the display device you want to adjust. Modify the Set List Add, edit, regroup or delete sets. Help Topics Display help topics for the program. 4 3 2 1 6 5 1 2 3 4 5 6Menus You can power on or off a selected device or change the input source or volume of the device. Choose display devices from the list of sets, and select the Home tab. Home Select an item and change the corresponding setting. Power  On: Power on a selected display.  Off: Power off a selected dis Input  Input Source : Change the input source.  Input sources available can vary depending on the Display Device Models.  The input source can be changed only for displays that are turned on.  Channel : Change the channel.  The TV channel can be changed by using the up/down arrow keys.  The channel can be changed only when the input source is TV.  Only registered channels can be selected. Volume The volume can be changed or the sound can be muted only for displays that are turned on. Volume  The volume can be adjusted using the slider bar in the range of 0 to 100. Adjust the volume of a selected display. Input  Enable or disable Mute for a selected display. Mute will automatically be disabled if Volume is adjusted when Mute is on. Alert  Fault Device 1 2 3 This menu shows a list of display devices which have following errors - fan error, temperature error, brightness sensor error, or lamp error. Select a display device from the list. The Repair button will be enabled. Click the refresh button to refresh the error status of the display device. The recovered display device will disappear from the Fault Device List. Fault Device Alert  Display device in which error is detected will be reported by email. Fill in all required fields. The Test and OK buttons will be enabled. Ensure the Sender information and at least one Recipient are entered.Screen Adjustment The screen settings (contrast, brightness, etc.) can be adjusted. Choose display devices from the list of sets, and select the Picture tab. Custom Select an item and change the corresponding screen setting.  Color and Tint are not available if the input source is PC.  Red, Green, Blue and PC Screen Adjustment are not available if the input source is Video.  Color, Tint, Color Tone, Color Temp, Red, Green, Blue and PC Screen Adjustment are not available if both PC Source and Video Source are selected. Contrast  Adjust the contrast for the selected display device. Brightness  Adjust the brightness for the selected display device. Color  Adjust the colors for the selected display device. Tint (G/R)  Adjust the tint for the selected display device. Color Tone  Adjust the background color tone for the selected display device. Color Temp  Adjust the color temperature for the selected display device. This option is enabled if Color Tone is set to Off. Red  Customize the intensity of red color for the selected display device. Green  Customize the intensity of green color for the selected display device. Blue  Customize the intensity of blue color for the selected display device.Options Dynamic Contrast Adjust the Dynamic Contrast for the selected display device. Gamma Control Change the gamma value for the selected display. Auto Motion Plus This option is used to view dynamic images.  Off: Disable the Auto Motion Plus function.  Clear: Set the level of Auto Motion Plus to clear. This mode is suitable to display vivid images.  Standard: Set the level of Auto Motion Plus to standard.  Smooth: Set the level of Auto Motion Plus to smooth. This mode is suitable to display smooth images.  Custom: Customize the level of screen burn-in or flickering.  Demo: This function demonstrates the technology of Auto Motion Plus. The result when the mode is changed can be previewed on the left side of the window. Brightness Sensor Enable or disable the Brightness Sensor for the selected display device. The Brightness Sensor detects the ambient light intensity and automatically adjusts the screen brightness. Brightness Sensor may not be available depending on the product. Size Picture Size Adjust the screen size for the selected display device. The Detail item will be disabled if Picture Size is set to a mode that does not support detailed configuration. The -/+ buttons can be used to adjust Zoom. The screen can be relocated using the up/down/left/right buttons. Detail You can view details of the selected screen size. PC Screen Adjustment Frequency adjustment or fine-tuning is available by using the -/+ buttons in Coarse or Fine. To relocate the screen, click one of the four images below Position. To automatically adjust the frequency, fine-tune or relocate the screen, click Auto Adjustment.Sound Adjustment You can change the sound settings. Choose display devices from the list of sets, and select the Sound tab. The Bass or Treble item will be disabled if the item is not supported by the selected set. Bass Adjust the bass for the selected display. Treble Adjust the treble for the selected display. Balance (L/R) Adjust the volume of the left and right speakers of the selected display device. SRS TS XT Enable or disable the SRS TS XT effect for the selected display device. System Setup Choose display devices from the list of sets, and select the System tab. Video Wall The Video Wall function can be used to display part of a whole picture or repeat the same picture on each of connected multiple display devices. Video Wall is enabled only when devices are in the group. Video Wall Enable or disable Video Wall. Format Select the format to display the split screen. Full NaturalH Select the number of horizontal display devices. A maximum of 15 displays can be arranged in a row. A maximum of 6 can be assigned to V if 15 is assigned to H. V Select the number of vertical display devices. A maximum of 15 displays can be arranged in a row. A maximum of 6 can be assigned to V if 15 is assigned to H. Screen Position View the layout of displays (configured by the screen divider) or change the layout as required. Screen Position and Preview are enabled when Video Wall is set to on. Note that if multiple sets are selected, Preview is enabled only if the settings for H and V match the layout of the selected sets. To change the Position, select a set and drag it to a new position. The range of screen divider settings may differ depending on the model.PIP Basic information required to adjust PIP will appear in the menu screen.  PIP will be disabled when Video Wall is ON.  Note that Picture Size is disabled when PIP is ON. PIP Size View the PIP Size of the current display. PIP Source Select a PIP input source. Sound Select Select and enable the sound from either the primary screen or secondary screen. Channel The channel can be changed if PIP Source is TV.General User Auto Color Automatically adjust the screen colors. Available only in PC mode. Auto Power Set the product to automatically power on. Standby Control Set the standby mode to activate if an input source is not detected. Fan & Temperature Configure the settings required to detect the fan speed and internal temperature for the product's protection. Fan Control Select a method to configure the fan speed. Fan Speed Configure the fan speed. Temperature Detect the internal temperature by specifying the range of temperature.Security Safety Lock Lock the on-screen menus. To unlock the menus, set Safety Lock to Off. Button Lock Lock the buttons on the display device. To unlock the buttons, set Button Lock to Off. OSD Display Source OSD Select whether to display a message when the Source is changed. Not Optimum Mode OSD Select whether to display a message when a non-compatible mode is selected. No Signal OSD Select whether to display a message when there is no input signal. MDC OSD Select whether to display a message when settings are changed by the MDC.Time Clock Set Change the current time on the selected display device according to the time set on a PC. If the time is not set on the display device, null values will be displayed. Timer  On Time: Set the time to power on the selected display device.  Off Time: Set the time to power off the selected display device.  Volume: Specify the volume of the display device when it is powered on by On Time.  Source: Specify the input source of the display device when it is powered on by On Time.  Holiday: The Holiday Management settings can be applied to the Timer.  Repeat : Specify the period for which you want to repeat the selected Timer. Once: Activate the timer only one time.  EveryDay: Activate the timer every day.  Mon~Fri: Activate the timer from Monday through Friday.  Mon~Sat: Activate the timer on Saturdays and Sundays.  Manual: Customize days of the week. The checkboxes to select days of the week below Repeat are enabled only if Manual is selected. Holiday Management Holiday Management allows you to prevent devices that are set to be powered on by the Timer from turning on at a specified date. The Holiday Management function can be enabled or disabled in the Timer settings menu.  Add: You can specify holidays: Click the Add button in the Holiday Management window.  Delete: Delete holidays: check the corresponding checkboxes and click this button.  List of holidays: View a list of holidays you have added. Screen Burn Protection Pixel Shift Move the screen slightly at specified time intervals to prevent screen burn-in. Screen Saver This function prevents screen burn-in when the screen of the selected display device is left idle for an extended period of time.  Interval: Set the interval to activate the Screen Saver.  Mode: The Time setting can vary for each Mode. Safety ScreenThe Safety Screen function can be used to prevent screen burn-in when a stationary image displays on the screen of a display device for an extended period of time. Lamp Control Lamp Control is used to adjust the backlight to reduce power consumption. Automatically adjust the backlight of the selected display device at a specified time. If Manual Lamp Control is adjusted, Auto Lamp Control will automatically switch to Off. Manually adjust the backlight for the selected display. If Auto Lamp Control is adjusted, Manual Lamp Control will automatically switch to Off.  Ambient Light: Ambient Light detects ambient light intensity and automatically adjusts the screen brightness of all the LFDs in the same serial chain. Tool Settings Security Panel Control Turn on or off the screen of a display device. Remote Control Enable or disable the remote control. 1 2 3 4 1 Reset Reset Picture Reset the screen settings. Reset Sound Reset the sound settings. Reset System Reset the system settings. Reset All Reset the screen, sound and system settings at the same time. Edit Column Select the items you want to display in the list of sets. Information View the program information. 2 3 4Other Functions Resizing a Window Place the mouse pointer on a corner of the program window. An arrow will appear. Move the arrow to customize the size of the program window.Group Management Creating Groups Create groups and manage the list of sets on a group basis. Duplicate group names cannot be used. 1 Right-click and select Group>Edit in the display device list section on the left side of the program window. 2 In the Edit Group window displayed, click Add on the sub level or Add on the same level.  Add on the sub level: Create a sub-group under the selected group.  Add on the same level: Create a group on the same level as the selected group.The Add on the same level button is enabled only if at least one group is created. 3 Enter the group name. Deleting Groups 1 Select a group name, and click Edit. 2 In the Edit Group window displayed, click Delete. 3 Click Yes. The group will be deleted. Renaming Groups 1 Select a group name, and click Edit. 2 In the Edit Group window displayed, click Rename. 3 If a cursor appears in the old group name, enter a new group name.Schedule Management Creating Schedules Create and register a schedule on a group basis. 1 Click All Schedule List in the schedule section on the left side of the program window. The Add button will be enabled in the middle. 2 Click the Add button. The Add Schedule window will appear.3 Click Add below the Device Group item, and select the group you want to add a schedule to. 4 Select Date&Time/Action and click OK. The schedule will be added and a list of schedules will appear in the set list window.  Device Group: Select a group.  Date&Time  Instant Execution: Run the schedule immediately.  Timer Set the date, time and interval to run the schedule.  Action: Select a function that will activate at the specified time and interval. Schedule Modification To modify a schedule, select the schedule and click Edit. Deleting a Schedule To delete a schedule, select the schedule and click Delete.Troubleshooting Guide This program may malfunction sometimes due to a communication problem between the PC and display or electromagnetic waves emitted from nearby electronic devices. Issue Solution The display you want to control does not appear on the system information chart. 1. Check the connection of the RS232C cable (check that the cable is properly connected to appropriate serial port). 2. Check that another display with a duplicate ID is not connected. Connecting displays with a duplicate ID can cause the displays not to be shown due to data collision. 3. Check that the display ID is within the range of 0 and 99. (Change the ID using the Display menu.) For a display that supports the ID in a range of 0 to 99, the ID should be set between 0 and 99. The display you want to control does not appear on the other Control Info Grids. Check that the display is powered on. (See the power status in the system information chart.) Ensure you select the input source the display is connected to. The following message appears repeatedly. Check that the display you want to control is selected. Displays power on or off at different time from one another even though On Time or Off Time is set. Adjust the time on the PC to synchronize the time between the connected displays. The remote control does not work. The remote control may not work if the RS-232C cable is removed or the program is closed abnormally while the Remote Control function is Disable. To resolve this, run the program again and set Remote Control to Enable.How display properties are shown when multiple displays are used 1 When no display is selected: The default value is displayed. 2 When one display is selected: Settings for the selected display are displayed. 3 When two displays are selected (e.g. in sequence of ID 1 andID 3): The settings for ID 1 are displayed before the settings for ID 3. 4 When the All+Select checkbox is checked and all displays are selected: The default settings are displayed.Adjusting the LCD Display Input Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) • For an 460UT-2, 460UT-B model, MagicInfo can only be enabled when a network box is connected. Source List Use to select PC, HDMI or other external input sources connected to the LCD Display. Use to select the screen of your choice. 1. PC 2. DVI 3. AV 4. Component 5. HDMI1 - This is deactivated when a TV tuner box is installed. 6. HDMI2 - This is deactivated when a network box is installed. 7. DisplayPort 8. MagicInfo - For an 460UT-2, 460UT-B model, MagicInfo can only be enabled when a network box is connected. 9. TV - Activated when a TV tuner box is connected. Note The RGB/COMPONENT IN port is compatible with RGB (PC) and Component signals. However, the picture may display abnormally if the connected external input signal is different from the selected video signal. PIP Note The PIP function is not available when Video Wall is On. When external AV devices such as VCRs or DVDs are connected to the LCD Display , PIP allows you to watch video from those devices in a small window super-imposed on the PC Video signal. (Off/On) Note • PIP turns off when the LCD Display is switched to an external source. • If you select , , in Size, Position and Transparency will not be activated. PIP Turns the PIP Screen Off/On. • Off • On Source Note • PIP is disabled if the primary screen does not receive a signal. • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) Selects the input source for the PIP. Adjusting the LCD Display• PC : DVI / AV / HDMI1 / HDMI2 / DisplayPort • DVI : PC • AV : PC • HDMI : PC • Display Port : PC Size Changes the Size of the PIP window. Note will be changed to <16:9> when is . Position Changes the Position of the PIP window. Transparency Adjusts the Transparency of PIP windows. • High • Medium • Low Adjusting the LCD Display• Opaque Edit Name Name the input device connected to the input jacks to make your input source selection easier. VCR / DVD / Cable STB / HD STB / Satellite STB / AV Receiver / DVD Receiver / Game /Camcorder / DVD Combo / DHR / PC / DVI Devices Note • The displayed devices differ depending on the external input mode. • When connecting a PC to the HDMI terminal, set Edit Name to PC. In other cases, set Edit Name to AV. However, since 640x480, 720P (1280x720), and 1080p (1920x1080) are common signals for AV and PC, make sure to set the Edit Name in accordance with the input signal. • The Picture menu changes depending on the input signal and Edit Name. When using a DVI to HDMI cable connection (which does not support audio and video at the same time), the audio port should be connected via a separate audio cable. When a PC is connected, set Edit Name to DVI PC to enjoy the video and audio from the connected PC. When an AV device is connected, set Edit Name to DVI Device to enjoy the video and audio from the connected AV device. Source AutoSwitch Settings Turning on the display with Source AutoSwitch On, and the previous video source selection is not active, the display will automatically search the different video input sources for active video. Note • If the display TV source is active (TV tuner connected to the display) the Source AutoSwitch search function becomes inactive. The display will remain in the TV source. • Source AutoSwitch selection and PIP function: If the Source AutoSwitch selection is set to On, the PIP function will not work, the Source AutoSwitch selection must be set to Off, for the PIP feature to work. • When the Source AutoSwitch selection is On, and or the Primary Source Recovery is On, the display power saving mode becomes inactive. • When Primary Source Recovery is On, only the Primary Source and Secondary Source selection are available and they are interchangeable and selectable at will. Adjusting the LCD DisplayRefer to PIP > Source for compatible signals for each primary input source. Source AutoSwitch When the Source AutoSwitch is On, the display video source will automatically be searched for active video. The Primary Source selection will be activated, if the current video source is not recognized. Secondary source selection will become active, if no primary video source is available. If the primary or secondary source is not recognized, the display will search again, if no active video is found the display will show the no-input-signal message. When the Primary Source selection is set to All, the display will search all the video source inputs twice in sequence looking for an active video source, returning back to the first video source in the sequence if no video is found. 1. Off 2. On Primary Source Recovery When Primary Source Recovery is On, only the Primary Source and Secondary Source video source selection will be searched for active video. The Primary Source will be selected if active video is found, if no video is found, the Secondary Source will be selected, if no video is found in Secondary Source again, the noinput-signal is displayed. 1. Off 2. On Adjusting the LCD DisplayPrimary Source Specify Primary Source for the automatic input source. Secondary Source Specify Secondary Source for the automatic input source. Picture [PC / DVI / DisplayPort / MagicInfo Mode] Available Modes • PC / DVI / DisplayPort • AV • Component • HDMI • MagicInfo • TV Note • A TV tuner box (sold separately) must be connected to use the TV. (US Only) • For an 460UT-2, 460UT-B model, MagicInfo can only be enabled when a network box is connected. Mode Adjusting the LCD Display Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. 1. Information Recommended for communicating exact information (e.g. public information). 2. Advertisement Recommended for displaying advertisements (e.g. videos or indoor or outdoor ads). 3. Custom Custom By using the on-screen menus, the contrast and brightness can be changed to your personal preference. Note • By adjusting the picture using the Custom function, MagicBright will change to Custom mode. • Not available when Dynamic Contrast is set to On. 1. Contrast Adjusts the Contrast. 2. Brightness Adjusts the Brightness. 3. Sharpness Adjusts the Sharpness. 4. Gamma Adjust the mid-range brightness (Gamma) for the picture. • Natural Adjusting the LCD Display• Mode 1 Sets the picture brighter than Natural. • Mode 2 Sets the picture darker than Mode 1. • Mode 3 Increases the contrast between dark and bright colors. Color Tone Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. The color tones can be changed. 1. Off 2. Cool 3. Normal 4. Warm 5. Custom Note If you set the Color Tone to Cool, Normal, Warm, or Custom, the Color Temp. function is disabled. If you set the Color Tone to Off, the Color Control function is disabled Color Control Adjusts individual Red, Green, Blue color balance. Note Not available when Dynamic Contrast is set to On. 1. Red 2. Green Adjusting the LCD Display3. Blue Color Temp. Color Temp. is a measure of the 'warmth' of the image colors. Note • Not available when Dynamic Contrast is set to On. • This function is only enabled if the Color Tone is set to Off. Image Lock Image Lock is used to fine-tune and get the best image by removing noise that creates unstable images with jitters and shakiness. If satisfactory results are not obtained using the Fine adjustment, use the Coarse adjustment and then use Fine again. Note Available in PC mode only. Coarse Removes noise such as vertical stripes. Coarse adjustment may move the screen image area. You may relocate it to the center using the horizontal control menu. Fine Removes noise such as horizontal stripes. If the noise persists even after Fine tuning, repeat it after adjusting the frequency (clock speed). Position Adjusts the screen location horizontally and vertically. Adjusting the LCD DisplayAuto Adjustment The values of Fine, Coarse, Position are adjusted automatically. By changing the resolution in the control panel, the auto function is performed. Note Available in PC mode only. Signal Balance This is used to make up for the weak RGB signal transmitted by a long signal cable. Note • Not available when Dynamic Contrast is set to On. • Available in PC mode only. Signal Balance Selects either On or Off with the signal balance. Signal Control Note Available when Signal Balance is set to On. 1. R-Gain 2. G-Gain 3. B-Gain 4. R-Offset 5. G-Offset Adjusting the LCD Display6. B-Offset Size The Size can be switched. 1. 16:9 2. 4:3 PIP Picture Adjusts the PIP Screen Settings. Note • Available Modes: PIP On 1. Contrast Adjusts the Contrast of the PIP window on the screen. 2. Brightness Adjusts the Brightness of the PIP window on the screen. 3. Sharpness Adjusts the Sharpness of the PIP window on the screen. 4. Color Adjusts the Color of the PIP window on the screen. Adjusting the LCD Display Note PIP input only operates in AV, HDMI, or Component mode. 5. Tint Adds a natural tone to the PIP window. Note PIP input only operates in AV, HDMI, or Component mode. Dynamic Contrast Dynamic Contrast automatically detects the distribution of the visual signal and adjusts to create an optimum contrast. 1. Off 2. On Note Disabled when PIP is set to On. Lamp Control Adjusts t