708SC Japon - 日本 - Mode d'emploi - Manuel de l'utilisateur - Manuels- Samsung SAMSUNG sur FNAC.COM  - Liste des manuels utilisateur Samsung

- Revenir à l'accueil

 

 

 

詳細

登録日 descending

言語を選択してください

ファイル descending

User Manual 2011.12.02 日本語 28.58 MB
fileDown
User Manual 2007.11.16 日本語 22.02 MB
fileDown fileDown

http://www.samsung.com/jp/support/model/SGH-V708ASVSBM-downloads

http://downloadcenter.samsung.com/content/UM/201112/20111202183832212/708sc.pdf

http://downloadcenter.samsung.com/content/UM/200711/20071114083637000_708SC_manual_J_rev1.pdf

 

 

 

 

Manuels Utilisateurs Samsung :

Samsung-NP300E5C-NP300E5C-T01FR-Manuels

Samsung-LE19C350-LE19C350D1W-Manuels

Samsung-PS50C450-PS50C450B1W-Manuels

Samsung-LE22C452C4H-Manuels

Samsung-PS50A566-PS50A566S2M-Manuels

Samsung-LE40A577P2M-Manuels

Samsung-20-XTDVBEUE-NOR-0327.pdf-E-Manual-Norvege-Manuels

Samsung-LE26B450-LE26B450C4W-Manuels

Samsung-PS51D490A1W-Manuels

Samsung-Kit-Pieton-Bluetooth-HM1200-Noir-HM1200-Manuels

Samsung-UE32D6530WS-Manuels

Samsung-NP530U3C-A01ES-NP530U3C-A01ES-Espagnol-Manuels

/Samsung-GALAXY-Y-Pro-Duos-GT-B5512-RUSSE-Manuels

Samsung-GALAXY-S-II-GT-I9100-SINGAPOUR-Manuels

Samsung-NP300E5ZI-NP300E5Z-A09MA-Manuels

Samsung-32-UE32D4000WXZF-serie-4-HD-TV-LED-TV-UE32D4000NW-Manuels

Samsung-UE46C6805-UE46C6805US-Norvege-Manuels

Samsung-UE40B6050-UE40B6050VW-Norvege-Manuels

Samsung-PS50C535-PS50C535C1W-Norvege-Manuels

Samsung-55-Smart-3D-LED-TV-ES6805-UE55ES6805U-Norvege-Manuels

Samsung-51-Smart-3D-Plasma-E8005-PS51E8005GU-Norvege-Manuels

Samsung-51-Smart-3D-Plasma-E555-PS51E555D1K-Norvege-Manuels

Samsung-46-Smart-3D-LED-TV-ES7005-UE46ES7005U-Norvege-Manuels

Samsung-46-Smart-3D-LED-TV-ES6535-UE46ES6535U-Norvege-Manuels

Samsung-40-Smart-3D-LED-TV-ES6565-UE40ES6565U-Norvege-Manuels

Samsung-46-Smart-3D-LED-TV-ES6565-UE46ES6565U-2012_Skype_NOR-0424.pdf-E-Manual-Norvege-Manuels

Samsung-51-Smart-3D-Plasma-E8005-PS51E8005GU-Norvege-Manuels

Samsung-LE46C630-LE46C630K1W-Manuels

Samsung-T240-JP-Manuels

Samsung-821SC-JP-Manuels

Samsung-941SC-JP-Manuels

Samsung-740SC-JP-Manuels

Samsung-940SC-JP-Manuels

Samsung-GALAXY-Tab-7.0-Plus-SC-02D-JP-Manuels

Samsung-SNE-60K_UM_Embedded_KOR_100526-SEC-Manuels

Samsung-M_YUKON_2K_WD175ARYKSU_DC68-02631L-05-120810.pdf-SEC-Manuels

Samsung-DA68-01829P.pdf-SEC-Manuels

Samsung-DA68-01829P.pdf-Manuels

Samsung-LE52A676-LE52A676A1M-Manuels

Samsung-UE55C8700-UE55C8790XS-Manuels

Samsung-22-LE22D450WXZF-serie-4-Full-HD-LCD-TV-LE22D450G1W-Manuels

Samsung-40-UE40D8000WXZF-serie-8-SMART-TV-3D-FULL-HD-LED-TV-UE40D8000YS-Manuels

Samsung-UE40ES7000-ZF-Slim-LED-40-SMART-INTERACTION-3D-UE40ES7000S-Manuels

Samsung-Galaxy-Tab-2-10.1-GT-P5100-Manuels

Samsung-Galaxy-Tab-2-7.0-GT-P3100-Manuels

Samsung-S22B350B-Manuels

Samsung-51-PS51E490WXZF-serie-4-3D-HD-TV-PDP-TV-PS51E490B1W-Manuels

Samsung-Galaxy-Note-II-GT-N7100-Manuels

Samsung-GT-I9300-Manuels

SAMSUNG/SAMSUNG-DV90-Manuels

Samsung-GT-N8000-Manuels

Samsung-AQV12KBBN-Pologne-Manuels

Samsung-ML-2165W-Roumanie-Manuels

Samsung-Notebook-Serie-7-Chronos-700Z5C-S01-NP700Z5C-S01DE-Manuels

Samsung-Player-One-noir-Open-market-GT-S5230-Manuels

Samsung-LE32E420E2W-Manuels

Samsung-910MP-Manuels

Samsung-Galaxy-S-SCL-noir-Open-market-GT-I9003-M4-Manuels

Samsung-Samsung-Galaxy-Pro-gris-Open-market-GT-B7510-Manuels

Samsung-Galaxy-Gio-noir-SFR-GT-S5660-Manuels

Samsung-Galaxy-Teos-noir-Bouygues-GT-I5800-Manuels

Samsung-Galaxy-Spica-noir-Bouygues-GT-I5700-Manuels

Samsung-Omnia-Pro-B7610-noir-Open-market-GT-B7610-Manuels

Samsung-S5610-GT-S5610-Manuels

Samsung-LE32C650-LE32C650L1W-Manuels

Samsung-LE26D450G1W-Manuels

Samsung-N145Plus-NP-N145P-Manuels

Samsung-N150-NP-N150-Manuels

Samsung-NP20-NP20FK02BG-SEF-Manuels

Samsung-GT-S5570_UM_Open_Gingerbread_Fre_Rev.1.0_110726_Screen.pdf-Manuels

Samsung-GT-I9070P_UM_Open_Gingerbread_Fre_Rev.1.0_120710_Screen.pdf-Manuels

Samsung-GT-I9300_UM_Open_Icecream_Fre_Rev.1.2_120725_Screen.pdf-Manuels

Samsung-LE32D400E1W-Manuels

Samsung-Gainable-Slim-MH026FEEA-Manuels

Samsung-CW21Z573N-Manuels

Samsung-40-UE40D5700WXZF-serie-5-SMART-TV-FULL-HD-LED-TV-UE40D5700RS-Manuels

Samsung-UE46C8700-UE46C8790XS-Manuels

Samsung-UE32D5700RS-Manuels

Samsung-UE46ES6300-ZF-Slim-LED-46-SMART-TV-3D-UE46ES6300S-Manuels

Samsung-2012_Skype_Eng-0316-1-Manuels

Samsung-NS140SDXEA-Manuels

Samsung-MH050FXEA2B-Manuels

Samsung-UE75ES9000S-Slim-LED-75-SMART-Interaction-3D-Manuels

Samsung-RR92HAWW-Manuels

Samsung-GT-P6200-Manuels

Samsung-Refrigerateur-1porteA-350-L-Blanc-RR82FHSW-Manuels

Samsung-UE26EH4000-ZF-LED-26-HD-TV-UE26EH4000W-Manuels

Samsung-E-MANUAL-X9DVBEU4E-ENG-Manuel

Samsung-GT-S5360_UM_Open_Gingerbread_Fre_Rev.1.0_111130_Screen-Manuel

Samsung-Galaxy-Tab-10-1-GT-P7500-M16-Manuel

Samsung-Galaxy-Tab-10-1-GT-P7500-M16-Manuels

Samsung-GT-S5360-Manuels

Samsung-Lecteur-Multimedia-Galaxy-S-WiFi-4-0-Blanc-8Go-YP-G1CW-Manuels

Samsung-Galaxy-551-noir-Open-marketGT-I5510-Manuels

Samsung-Galaxy-Note-10-1-GT-N8000-Manuels

Samsung-GALAXY-S-II-LTE-SC-03D-JP-Manuels

Samsung-GALAXY-Note-SC-05D-JP-Manuels

Samsung-NP-R530-NP-R530-JA02FR-Manuels

Samsung-UE40C6000-UE40C6000RW-Manuels

Samsung-Congelateur-1porteA-277-L-Blanc-RZ80FHSW-Manuels

Samsung-GT-B5310-Manuels

Nexus-S-noir-Open-market-GT-I9023-GT-B5310-Manuels

Samsung-32-LE32D450WXZF-serie-4-HD-TV-LCD-TV-Manuels

Samsung-46-UE46D5700WXZF-serie-5-SMART-TV-FULL-HD-LED-TV-UE46D5700RS-Manuels

Samsung-UE55ES6560S-Manuels

Samsung-UE46ES8000-ZF-Slim-LED-46-SMART-INTERACTION-3D-UE46ES8000S-Manuels

Samsung-UE55ES6300-ZF-Slim-LED-55-SMART-TV-3D-UE55ES6300S-Manuels

Samsung-AQV18UGAX-Manuels

Samsung-UE50EH5300W-Manuels

Samsung-LE46A676-LE46A676A1M-Manuels

Samsung-UE46C7700-UE46C7700WS-Manuels

Samsung-CW21Z503N-Manuels

Samsung-AQ18UGFN-Manuels

Samsung-Refrigerateur-DP-A275-L-Blanc-RT34GBSW-Manuels

Samsung-UE46ES6100W-Manuels

Samsung-RR92HASX-Manuels

Samsung-LE40S71B-Manuels

Samsung-UE32ES6710-ZF-Slim-LED-32-SMART-TV-3DUE32ES6710S-Manuels

Samsung-Galaxy-Ace-noir-Open-market-GT-S5830-Manuels

Samsung-GALAXY-Tab-GT-P1000-GT-P1000-M16-Manuels

Samsung-Omnia-Pro-B7330-noir-Open-market-GT-B7330-Manuels

Samsung-Omnia-Lite-noir-Orange-GT-B7300-Manuels

Samsung-Galaxy-S2-GT-I9100-Manuels

Samsung-Nexus-S-noir-Open-market-GT-I9023-Manuels

Samsung-Omnia-II-noir-SFRGT-I8000-Manuels

Samsung-Omnia-II-noir-SFR-GT-I8000-Manuels

Samsung-Omnia-7-noir-Open-market-GT-I8700-Manuels

Samsung-Galaxy-noir-Bouygues-GT-I7500-Manuels

Samsung-Galaxy-mini-gris-Open-market-GT-S5570-Manuels

Samsung-XE700T1A-HF1FR-Manuels

17,3" Série 3 300E7A - NP300E7A-S01FR - Manuels

40", UE40D6500WXZF, série 6, SMART TV, 3D, FULL HD, LED TV - UE40D6500VS - Manuels

CLX-3185FW Manuels

Galaxy Ace GT-S5830

Galaxy S II GT-I9100

Galaxy Tab 8.9 GT-P7310/M16

Galaxy Tab 10.1 GT-P7500/M16

Galaxy YGT-S5360

LE32C350 LE32C350D1W

LE40C630 LE40C630K1W

MM-C330D

MM-D330D

Micro-chaîne, MM-D330DWXZF, série 3 - MM-D330 - Manuels

N145Plus - NP-N145P - Manuels

N150 - NP-N150 - Manuels

RSH5UEPN

SGH-F490

Samsung Galaxy Ace noir - Open market - GT-S5830 - Manuels

Samsung Galaxy S II noir - Open market - Manuels

Samsung Galaxy S III - GT-I9300 - Manuels

Samsung Galaxy S noir - Open market - GT-I9000 - Manuels

Samsung Galaxy NoteGT-N7000

Samsung Galaxy SGT-I9000

Série 3 300E7A - NP300E7A-S03FR - Manuels

T23A550 T23A550

UE40D6500ZF UE40D6500VS

UE55ES8000/ZF, Slim LED 55", SMART INTERACTION, 3D - UE55ES8000S - Manuels

Wave 575 GT-S5750E

Wave II GT-S8530

16/4ppm Imprimante laser couleur CLP-310 Manuels

16/4ppm Multifonction lasercouleur CLX-3170FN Manuels

16/4ppm Multifonction lasercouleur CLX-3185FW Manuels Samsung

16/4ppm Multifonction laser couleur CLX-3185 Manuels Samsung

samsung-Wave-II-noir-Open-market-GT-S8530-Manuels

Samsung-Wave-noir-Open-market-GT-S8500-Manuels

Samsung-Wave-M-noir-Open-market-GT-S7250-Manuels

Samsung-Wave-578-noir-Open-market-GT-S5780-Manuels

Samsung-Wave-533-noir-Open-market-GT-S5330-Manuels

Samsung-Wave-3-noir-Open-market-GT-S8600-Manuels

Samsung-Player-HD-noir-Open-market-GT-I8910-Manuels

Samsung-Player-Duo-noir-Open-market-SGH-D980-Manuels

Samsung-Player-Addict-noir-Open-market-SGH-I900-Manuels

Samsung-Omnia-W-noir-Open-market-GT-I8350-Manuels

PRODUITS SAMSUNG :
Belkin Chargeur Secteur pour Samsung Galaxy S
Belkin Coque pour Samsung Galaxy S3 - Noire Translucide
Belkin Etui cuir Verve Folio pour Samsung Galaxy S II
Belkin Etui Pouch pour Samsung Galaxy S3 - Noir
Belkin Kit de Charge Secteur + Automobile pour Samsung Galaxy S
Belkin Lot de 3 protections d'écran pour Samsung Galaxy S3
Belkin Lot de 3 protections d'écran pour Samsung Galaxy S3 - Anti-reflets
Belkin Lot de 3 protections d'écran Screen Guard pour Samsung Galaxy SII - Transparentes
Belkin Micro-Chargeur allume-cigares pour Samsung Galaxy S
Belkin Protection d'écran Screen Guard pour Samsung Galaxy SII - Confidentialité 360°
Câble Omenex Plug & Phone pour Samsung
Câble Omenex Plug & Phone pour Samsung
Coque semi-rigide glossy noire pour Samsung Galaxy S II
Déclencheur sans Fil Hahnel combi TF pour Canon/Pentax/Samsung
Enceintes iLuv iSM524 noir pour Samsung Galaxy Tab
Etui-Brassard Belkin DualFit pour Samsung Galaxy S II
Etui Samsung CC9S70B noir
Fnac chargeur secteur POWY pour Samsung SGH-D800
G-Mobility Pack confort pour Samsung Galaxy SII i9100
Imprimante Samsung CLX-3185FN - Ethernet
Kensington Etui pliant pour Samsung Galaxy Tab
Le Tanneur Etui cuir Pouch pour Samsung Galaxy S11 I9100 - Noir
Lunettes 3D actives Samsung SSG-4100GB
Modelabs 2 protections écran pour Samsung Galaxy ACE S5830
Modelabs Lot de 2 protections d'écran One Touch pour Samsung Galaxy Y S5360 - Transparentes
Modelabs Lot de 2 protections d'écran pour Samsung Galaxy Note - Transparentes
Muvit Adaptateur Jack 3,5 mm pour Samsung (ancienne connectique)
Muvit Coque à rabat Agenda pour Samsung Galaxy Note - Noire
Muvit Coque Doodle Coeur pour Samsung i9000 Galaxy S
Muvit Coque Doodle Extraterrestres pour Samsung i9000 Galaxy S
Muvit Coque Doodle Rose pour Samsung i9000 Galaxy S
Muvit Coque silicone pour Samsung Galaxy Ace
Muvit Coque silicone pour Samsung Galaxy - Noire
Muvit Etui Clapet pour Samsung I9100 - Noir
Muvit Etui Slim Clapet pour Samsung Galaxy Note
Muvit Housse Minigel pour Samsung Galaxy - Noire
Muvit Lot de 2 protections d'écran pour Samsung nexus S - 1 Miroir/1 Secret
Muvit Lot de 2 protections d'écran pour Samsung S5830
Muvit Pack Accessoires pour Samsung S5830
Muvit Sticker Carbone pour Samsung I9100
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love Ibiza
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love London
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love New-York
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love Paris
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - I Love Tokyo
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - United Kingdom
Muvit Sticker Drapeau pour Samsung I9100 - USA
QDOS Coque Cubic pour Samsung Galaxy II I9100
QDOS Coque Steel 4 pour Samsung Galaxy S II
Samsung 305U1A 11,6" LED
Samsung 305U1A 11,6" LED + Office Famille et Etudiant 2010 1 poste
Samsung B1930HD 18.5" LCD TNT HD
Samsung B5722 Double SIM
Samsung Bac papier supplémentaire ML-S3710A - 520 feuilles
Samsung Batterie ED-BP1310
Samsung batterie IA-BH130LB
Samsung batterie IA-BP420E
Samsung batterie IA-BP85ST
Samsung batterie SLB-10A
Samsung batterie SSB-690 ELS
Samsung BD-E5300
Samsung BD-E5500 3D
Samsung BD-E6100 3D
Samsung BD-E8300 3D
Samsung BD-ES5000
Samsung BD-ES6000 3D
Samsung C3050 Stratus
Samsung Câble Adaptateur HDTV pour Galaxy Tab 8.9" / 10.1"
Samsung Câble data pour téléphones mobiles Samsung
Samsung caméra Skype CY-STC1100
Samsung CB20A12
Samsung Ch@t335 - GT-S3350 - Noir
Samsung Chargeur allume-cigares micro-USB
Samsung chargeur de voyage pour SGH-P260 et SGH-G600 - Modèle Noir
Samsung Chargeur secteur de voyage micro-USB
Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir
Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir
Samsung CLP-620ND - Imprimante Ethernet
Samsung CLP-C300A
Samsung CLP-K300A
Samsung CLP-M300A
Samsung CLP-Y300A
Samsung CLX-3185FW WiFi
Samsung CLX-3185FW WiFi + Toner Samsung CLT-K4072S Noir + MCL Samar câble imprimante USB 2.0
Samsung CLX-3185N Ethernet
Samsung CLX-3185W - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet
Samsung CLX-6220FX - Imprimante Multifonctions Ethernet
Samsung Coque pour Galaxy S3 - Blanche
Samsung Coque pour Galaxy S3 - Noire
Samsung CY-SMN1000D meuble TV
Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go - 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go MZ-7PC128N 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256D 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256N 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 512 Go - 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 64 Go - 830 Series
Samsung Disque Dur interne SSD 64 Go MZ-7PC064D 830 Series
Samsung dongle Wi-Fi WIS12ABGNX
Samsung DP7000A3B 23" LED Tactile USB 3.0 + Samsung ML-2165 - Imprimante Monochrome
Samsung DP7000A3B 23" LED Tactile USB 3.0 + Sennheiser RS170
Samsung DP7000A3B-A01FR 23" LED Tactile USB 3.0
Samsung DP700A3B-S02FR 23" LED Tactile
Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire + 1 Camel
Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire matelassée + 1 Rose
Samsung DV300F Argent/Rouge - WiFi
Samsung DV300F Argent/Rouge - WiFi + Etui
Samsung DV300F Noir - WiFi
Samsung DV300F Noir - WiFi + Etui
Samsung E1150 - Silver
Samsung ES90 Noir
Samsung Etui coque pour Galaxy Note - Noir
Samsung Etui coque pour Samsung Galaxy Y S5360 - Noir
Samsung Etui cuir pour Galaxy S II - Noir
Samsung Etui rabat pour Samsung Galaxy S3 - Noir
Samsung Eui cuir pour i9000 Galaxy S
Samsung EX1
Samsung Flash SEF15A
Samsung Flash SEF20A
Samsung Galaxy Ace s5830 (sous Android)
Samsung Galaxy Mini (sous Android)
Samsung Galaxy Note
Samsung Galaxy Note - Blanc
Samsung Galaxy Note - Dark Blue
Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Blanc
Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Noir
Samsung Galaxy S3 (I9300) - Blanc Marbre
Samsung Galaxy S3 (I9300) - Bleu Galet
Samsung Galaxy S WiFi 4,2" 16 Go
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT 16 Go Blanc Wifi
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT 16 Go Blanc Wifi + HP Housse Mini Sleeve 10,2" pour Netbook et Tablette - Ocean Drive
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT 16 Go Noir Wifi
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Blanc + Western Digital My Book Live 1 To Ethernet
Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Noir + Western Digital My Book Live 1 To Ethernet
Samsung Galaxy Tab 2 10,1" 16 Go - Argent
Samsung Galaxy Tab 2 10,1" 16 Go - Blanc
Samsung Galaxy Tab 2 7.0" LED 8 Go
Samsung Galaxy Tab 8,9" TFT Blanc 32 Go Wifi
Samsung Galaxy Y Pro B5510 (sous Android)
Samsung Galaxy Y Young s5360 (sous Android)
Samsung Graveur DVD Externe Wifi - SE-208BW - Noir
Samsung Graveur Externe BluRay SE-506AB
Samsung HMX-F80 Noir
Samsung HMX-Q20 Noir
Samsung HMX-QF20 Noir
Samsung HMX-W350 Noir (tout terrain) + Kit Accessoires Sport + micro SDHC 8 Go
Samsung HMX-W350 Rouge (tout terrain) + Kit Accessoires Sport + micro SDHC 8 Go
Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 10,1"
Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 8,9"
Samsung HT-D330
Samsung HT-D350
Samsung HT-D4500
Samsung HT-D5000 3D
Samsung HT-E4200 3D
Samsung HT-E4500 3D
Samsung HT-E5200 3D
Samsung HT-E5530 3D
Samsung HT-ES4200 3D
Samsung HT-ES6200 3D
Samsung HT-ES8200 3D
Samsung HW-E350
Samsung HW-E450
Samsung I9103 Galaxy R (sous Android)
Samsung Kit de connexion USB & SD pour Galaxy Tab 10.1"
Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SDE-3003P/EX
Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SME-4220
Samsung kit HDMI
Samsung kit papier 10 x 15 cm
Samsung kit piéton filaire stéréo Jack 3,5 mm
Samsung LE32E420
Samsung LE40D503
Samsung ML-1630/SCX4500
Samsung ML-2010D3
Samsung ML-2165 - Imprimante Monochrome
Samsung ML-2165W - Imprimante WiFi
Samsung ML-2545 - Imprimante Monochrome
Samsung ML-2955DW - Imprimante Ethernet & WiFi
Samsung ML-2955ND - Imprimante Ethernet
Samsung ML-3310D - Imprimante Monochrome
Samsung ML-3710DW - Imprimante Ethernet & WiFi
Samsung MLT-D1052S
Samsung MLT-D1082S
Samsung MLT-D1092S
Samsung MM-D430D
Samsung MM-E320
Samsung MV800 Noir
Samsung MV800 Noir + Etui Zadig & Voltaire Noir
Samsung NP300E7A-S09FR 17,3" LED
Samsung NP700Z5C 15.6" LED
Samsung NP-RC730-S07FR 17.3"LED
Samsung NX1000 Noir + Obj. Samsung NX 18 - 55 mm f/3.5 - 5.6 OIS
Samsung NX200 Noir + Obj. Samsung NX 20 - 50 mm f/3.5 - 5.6 ED i-Function + Flash SEF-8A NG8
Samsung NX 50 - 200 mm f/4.0 - 5.6 ED OIS II i-Fonction; Dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX 60 mm f/2.8 ED OIS SSA Macro i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX 85 mm f/1.4 ED SSA i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX Pancake 16 mm f/2.4 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX Pancake 20 mm f/2.8 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung NX Pancake 30 mm f/2.0; dédié Boîtiers Hybrides
Samsung Oreillette Bluetooth HM1200
Samsung Pack d'accessoire pour Galaxy S II I9100
Samsung Pack HMX-F800 Noir : Caméscope HD + Etui + Carte SDHC 4 Go
Samsung Pack HMX-Q200 Noir : Caméscope Full HD + Etui + Carte SDHC 4 Go
Samsung PC portable NP300E5A-S0AFR 15.6"LED
Samsung PL210 Noir
Samsung PL210 Noir + Carte mémoire Lexar MicroSDHC 8 Go
Samsung Player mini 2 c3310 - Gris Métal
Samsung Port parallèle ML-PAR100 pour imprimante
Samsung PS43E450
Samsung PS43E490 3D
Samsung PS43E490 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung PS51E450
Samsung PS51E490 3D
Samsung PS51E530
Samsung Q3 noir 4 Go
Samsung Q3 rose 4 Go
Samsung RC530-S03FR 15,6" LED
Samsung RF712 E7P-C7261 17,3" LED 3D Blu-Ray USB 3.0 + lunettes
Samsung S19A100N Moniteur 18,5" - Flat Panel Display
Samsung S22B150N 21,5" LED
Samsung S22B350H 21,5" LED
Samsung S23A750D 23" LED 3D
Samsung S23B350H 23" LED
Samsung S23B550V Moniteur 23" LED
Samsung S24B300HL Moniteur 23,6" LED
Samsung S27B350H 27" LED
Samsung SCX-3405F - Imprimante Multifonctions
Samsung SCX-3405FW - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet
Samsung SCX-3405 - Imprimante Multifonctions
Samsung SCX-3405W - Imprimante Multifonctions WiFi
Samsung SCX-4200A
Samsung SCX-4729FD - Imprimante Multifonctions Ethernet
Samsung SCX-4729FW - Imprimante Multifonctions Ethernet & WiFi
Samsung SCX-5737FW - Imprimante Multifonctions Ethernet
Samsung SE208AB Graveur DVD externe USB 2.0
Samsung SE-218BB graveur DVD externe ultra slim USB 2.0
Samsung SLB07A pour ST50
Samsung SLB-11A pour Samsung WB1000
Samsung ST200F Noir - WiFi
Samsung ST200F Rouge - WiFi
Samsung ST200F Violet - WiFi
Samsung ST65 Noir
Samsung ST65 Rouge
Samsung ST66 Noir
Samsung ST77 Blanc
Samsung ST77 Noir
Samsung ST77 Rouge
Samsung ST77 Violet
Samsung ST88 Noir
Samsung station d'accueil
Samsung station d'accueil HD2
Samsung Station d'accueil pour tablette Galaxy Tab 8,9"
Samsung station d'accueil SSD-760 E2/EUR
Samsung SyncMaster C23A550U 23" LED
Samsung SyncMaster C23A750X 23" LED
Samsung Syncmaster S23A700D 23" LED 3D
Samsung Syncmaster T22A550 21,5" LED Tuner TNT HD
Samsung Système de vidéosurveillance Baby Monitor SEW-3022WP/ EX
Samsung T22A300 21.5" Tuner TNT HD
Samsung T22B300EW 21,5" LED Tuner TNT HD
Samsung T24B301 24" LED Tuner TNT HD
Samsung T27A550 27" LED Tuner TNT HD
Samsung Toner MLT-D101S pour imprimantes Samsung SCX-3405 & ML-2165 - Noir
Samsung UE19ES4000 LED
Samsung UE22ES5000 LED
Samsung UE22ES5410 LED
Samsung UE26EH4000 LED
Samsung UE26EH4500 LED
Samsung UE32EH4000 LED
Samsung UE32EH5000 LED
Samsung UE32ES5500 LED
Samsung UE32ES6300 LED 3D
Samsung UE32ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE32ES6710 LED 3D blanc
Samsung UE37ES5500 LED
Samsung UE40D5000 LED
Samsung UE40D6500 LED 3D
Samsung UE40EH5000 LED
Samsung UE40ES5500 LED
Samsung UE40ES6300 LED 3D
Samsung UE40ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE40ES6710 LED 3D
Samsung UE46EH5000 LED
Samsung UE46ES5500 LED
Samsung UE46ES6300 LED 3D
Samsung UE46ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE46ES6710 LED 3D blanc
Samsung UE46ES8000 LED 3D
Samsung UE55ES6300 LED 3D
Samsung UE55ES6300 LED 3D + Console Xbox 360 4 Go
Samsung UE60ES6100 LED 3D
Samsung ultrabook NP530U3B 13,3" - Aluminium + Microsoft Explorer Touch Mouse - Souris BlueTrack sans fil
Samsung ultrabook NP530U3B 13,3" LED USB 3.0 - Aluminium
Samsung ultrabook NP530U3B 13,3" LED USB 3.0 - Aluminium+ Samsonite Sac pour ordinateur portable 14,1" S Noir
Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0 + CaseLogic Sacoche double pour ordinateurs 14" & tablettes 10,1" - Grise
Samsung Ultrabook NP530U3C 13,3" HD LED - Série 5 Ultra - Marron
Samsung Ultrabook NP530U3C 13,3" HD LED - Série 5 Ultra - Rose
Samsung Viseur électronique EVF10
Samsung Wave 575
Samsung WB150F Blanc - WiFi
Samsung WB150F Noir - WiFi
Samsung WB690 Noir
Samsung WB700 Noir
Samsung WB850F Noir - WiFi - GPS
Samsung WMN250M accroche murale
Samsung XE700T1A-A02FR 11,6" 64 Go SSD
Samsung YP-F3 bleu 2 Go
Samsung YP-F3 rose 2 Go
Samsung YP-Q3 rose 8 Go
Samsung YP-Q3 rose 8 Go + Casque JVC HA-S155-P rose
Samsung YP-U6 noir 2 Go
Samsung YP-U6 noir 4 Go
Samsung YP-U6 rose 2 Go
Samsung YP-U6 rose 4 Go
Samsung YP-Z3 blanc 4 Go
Samsung YP-Z3 bleu 4 Go
Samsung YP-Z3 rose 4 Go
Samyang 14 mm f/2.8 Aspherical IF ED UMC; Monture Samsung NX
Samyang 35 mm f/1.4 AS UMC; Monture Samsung NX
Samyang Fish-eye 8 mm f/3.5 Aspherical IF MC; Monture Samsung Type NX
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 3,6" 8 Go
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 3,6" 8 Go + Casque weSC Conga Matte noir
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 4,2" 8 Go
Tablette Samsung Galaxy S WiFi 5" 8 Go
T'nB Coque Clip On pour Samsung Galaxy SII - New York
Toner Samsung CLT-C4072S - Cyan
Toner Samsung CLT-C4092S Cyan
Toner Samsung CLT-K4072S - Noir
Toner Samsung CLT-K4092S Noir
Toner Samsung CLT-M4072S - Magenta
Toner Samsung CLT-M4092S Magenta
Toner Samsung CLT-P4092C - Pack de 4 Toners
Toner Samsung CLT-Y4072S - Jaune
Toner Samsung CLT-Y4092S Jaune
Toner Samsung MLT-D1042S - Noir
We Digital by Samsung - Silver We 1 To USB 2.0
We Digital by Samsung - Silver WE 2 To USB 2.0
Xqisit Coque iPlate Glossy pour Samsung Galaxy S3 - Blanche
Xqisit Coque iPlate Style pour Samsung Galaxy S3 - Transparente/Blanche
Xqisit Coque iPlate Style pour Samsung Galaxy S3 - Transparente/Noire
Xqisit Coque Soft Grip pour Samsung Galaxy S3 - Blanche
Xqisit Coque Soft Grip pour Samsung Galaxy S3 - Noire
Xqisit Etui Flipcover pour Samsung Galaxy S3 - Blanc
Xqisit Etui Flipcover pour Samsung Galaxy S3 - Noir

Samsung - Aspirateur robot Navibot SR8845

Samsung - Aspirateur sans sac EcoStyle SC86G0 gris foncé/fuchsia

Samsung - Aspirateur sans sac SC4780 noir

Samsung - Four micro-ondes MW73B - blanc

SAMSUNG - Micro ondes 36 L - Micro ondes 36 L - CP1395ES

SAMSUNG - Micro ondes 42 L - Micro ondes 42 L - CQ1570U

Samsung - Micro-ondes combiné CE117PT-B

SAMSUNG - Micro-ondes Grill simultané GS89F-1SP

Samsung 305U1A 11,6" LED

Samsung 305U1A 11,6" LED + Office Famille et Etudiant 2010 1 poste

Samsung Aspirateur sans sac EcoStyle SC86H0 gris clair/bleu

Samsung B1930HD 18.5" LCD TNT HD

Samsung B5722 Double SIM

Samsung Bac papier supplémentaire ML-S3710A - 520 feuilles

Samsung Batterie ED-BP1310

Samsung batterie IA-BH130LB

Samsung batterie IA-BP420E

Samsung batterie IA-BP85ST

Samsung batterie SLB-10A

Samsung batterie SSB-690 ELS

Samsung BD-E5300

Samsung BD-E5500 3D

Samsung BD-E8300 3D

Samsung C3050 Stratus

Samsung Câble Adaptateur HDTV pour Galaxy Tab 8.9" / 10.1"

Samsung Câble data pour téléphones mobiles Samsung

Samsung Caméra additionnelle de vidéosurveillance SEB-1015RWP EX

Samsung caméra Skype CY-STC1100

Samsung CB20A12

Samsung Ch@t335 - GT-S3350 - Noir

Samsung Chargeur allume-cigares micro-USB

Samsung chargeur de voyage pour SGH-P260 et SGH-G600 - Modèle Noir

Samsung Chargeur secteur de voyage micro-USB

Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLP-325 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLP-325 WiFi

Samsung CLP-325 WiFi + Toner Samsung CLT-K4072S Noir + MCL Samar câble imprimante USB 2.0

Samsung CLP-620ND - Imprimante Ethernet

Samsung CLP-C300A

Samsung CLP-K300A

Samsung CLP-M300A

Samsung CLP-Y300A

Samsung CLX-3185 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLX-3185 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLX-3185 + Toner Samsung CLT-K4072S Noir

Samsung CLX-3185FW WiFi

Samsung CLX-3185FW WiFi + Toner Samsung CLT-K4072S Noir + MCL Samar câble imprimante USB 2.0

Samsung CLX-3185N Ethernet

Samsung CLX-3185W - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet

Samsung CLX-6220FX - Imprimante Multifonctions Ethernet

Samsung Coque silicone Croisillons pour nexus S

Samsung CY-SMN1000D meuble TV

Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go MZ-7PC128D 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 128 Go MZ-7PC128N 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256D 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 256 Go MZ-7PC256N 830 Series

Samsung Disque Dur interne SSD 64 Go MZ-7PC064D 830 Series

Samsung dongle Wi-Fi WIS12ABGNX

Samsung DP7000A3B 23" LED Tactile USB 3.0

Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire + 1 Camel

Samsung Duo de 2 coques pour Samsung Galaxy II I9100 - 1 Noire matelassée + 1 Rose

Samsung DV300F Argent/Rouge - WiFi

Samsung DV300F Noir - WiFi

Samsung E1150 - Silver

Samsung E2550

Samsung EcoBlue SC61E0 bleu azur

Samsung ES30 Noir

Samsung ES30 Noir + Carte SD 2 Go

Samsung Etui coque pour Galaxy Note - Noir

Samsung Etui cuir pour Galaxy S II - Noir

Samsung Etui flap en cuir pour Samsung Galaxy II I9100 - Noir

Samsung Eui cuir pour i9000 Galaxy S

Samsung Flash SEF15A

Samsung Flash SEF20A

Samsung Galaxy Ace s5830 (sous Androïd)

Samsung Galaxy Mini (sous Android)

Samsung Galaxy Note

Samsung Galaxy Note - Blanc

Samsung Galaxy Note - Rose

Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Blanc

Samsung Galaxy S2 (I9100G) - Noir

Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Blanc 32 Go + Western Digital My Book Live 1 To Ethernet

Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Blanc 32 Go Wifi

Samsung Galaxy Tab 10,1" TFT Noir 16 Go 3G

Samsung Galaxy Tab 8,9" TFT Blanc 32 Go Wifi

Samsung Galaxy Xcover s5690 (sous Androïd) - Smartphone Samsung Solide certifié IP67

Samsung Galaxy Y Pro B5510 (sous Androïd)

Samsung Galaxy Y Young s5360 (sous Androïd)

Samsung Graveur DVD Externe Wifi - SE-208BW - Noir

Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 10,1"

Samsung Housse Folio pour Galaxy Tab 8,9"

Samsung HT-D330

Samsung HT-D350

Samsung HT-D423

Samsung HT-D4500

Samsung HT-D5000 3D

Samsung HT-E4200 3D

Samsung HT-E4500 3D

Samsung HT-E5200 3D

Samsung HT-ES6200 3D WiFi

Samsung HW-E450

Samsung I9103 Galaxy R (sous Android)

Samsung Kit de connexion USB & SD pour Galaxy Tab 10.1"

Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SDE-3003P/EX

Samsung Kit de vidéosurveillance tout-en-un SME-4220

Samsung Kit Etui + Clavier Bluetooth pour Galaxy Tab 10,1" - Brun foncé

Samsung kit HDMI

Samsung kit HDMI

Samsung kit papier 10 x 15 cm

Samsung kit piéton filaire stéréo Jack 3,5 mm

Samsung LE40D550

Samsung Lot de 2 protections d'écran pour Galaxy S2 - Transparente/Miroir

Samsung Lot de 2 Protections d'écran pour i9000 Galaxy S

Samsung Lunettes 3D SSG-3050GB

SAMSUNG ME106V-SX

Samsung ME82V Micro-onde monofonction

SAMSUNG ME82V-SX

SAMSUNG Micro ondes MW87Y

SAMSUNG Micro-ondes combiné CE117APT B

SAMSUNG Micro-ondes combiné CE137NEMX

SAMSUNG Micro-ondes FW113T002

Samsung ML-1630/SCX4500

Samsung ML-2010D3

Samsung ML-2165 - Imprimante Monochrome

Samsung ML-2165W - Imprimante WiFi

Samsung ML-2545 - Imprimante Monochrome

Samsung ML-2955DW - Imprimante Ethernet & WiFi

Samsung ML-2955ND - Imprimante Ethernet

Samsung ML-3310D - Imprimante Monochrome

Samsung ML-3710DW - Imprimante Ethernet & WiFi

Samsung MLT-D1052S

Samsung MLT-D1082S

Samsung MLT-D1092S

Samsung MM-D430D

Samsung MV800 Noir

Samsung MV800 Noir + Etui Zadig & Voltaire Noir

Samsung NP300E7A-S03FR 17,3" LED

Samsung NP700Z5A-S02FR 15,6" LED

Samsung NX 60 mm f/2.8 ED OIS SSA Macro i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX 85 mm f/1.4 ED SSA i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX Pancake 16 mm f/2.4 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX Pancake 20 mm f/2.8 i-Function; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX Pancake 30 mm f/2.0; dédié Boîtiers Hybrides

Samsung NX200 Noir + Obj. Samsung NX 18 - 55 mm f/3.5 - 5.6 OIS + Flash SEF-8A NG8

Samsung NX200 Noir + Obj. Samsung NX 20 - 50 mm f/3.5 - 5.6 ED i-Function + Flash SEF-8A NG8

Samsung Oreillette Bluetooth HM1200

Samsung Pack d'accessoire pour Galaxy S II I9100

Samsung Pack étui cuir + chargeur + protection d'écran pour Galaxy S

Samsung PL170 Noir

Samsung PL210 Noir

Samsung PL210 Noir + Carte mémoire Lexar MicroSDHC 8 Go

Samsung PL90 Noir et Rouge

Samsung Player mini 2 c3310 - Gris Métal

Samsung Player Mini C3300 - Noir

Samsung Port parallèle ML-PAR100 pour imprimante

Samsung PS43D450

Samsung PS43E450

Samsung PS43E490 3D

Samsung PS51E450

Samsung PS51E490 3D

Samsung PS59D530

Samsung Q3 rose 4 Go

Samsung RC530-S03FR 15,6" LED

Samsung RC730-S06FR 17,3" LED

Samsung RF712 E7P-C7261 17,3" LED 3D Blu-Ray USB 3.0 + lunettes

Samsung S22A300B 21,5" TFT

Samsung S22B350H 21,5" LED

Samsung S23A750D 23" LED 3D

Samsung S23B350H 23" LED

Samsung S24B300HL Moniteur 23,6" LED

Samsung S27B350H 27" LED

Samsung SC4340 noir ébène

Samsung SC4790 - Aspirateur sans sac - traineau - rouge

Samsung SCX-3405 - Imprimante Multifonctions

Samsung SCX-3405F - Imprimante Multifonctions

Samsung SCX-3405FW - Imprimante Multifonctions WiFi & Ethernet

Samsung SCX-3405W - Imprimante Multifonctions WiFi

Samsung SCX-4200A

Samsung SCX-4729FD - Imprimante Multifonctions Ethernet

Samsung SCX-4729FW - Imprimante Multifonctions Ethernet & WiFi

Samsung SCX-5737FW - Imprimante Multifonctions Ethernet

Samsung SE-084D graveur DVD externe slim USB 2.0

Samsung SE208AB Graveur DVD externe USB 2.0

Samsung SLB07A pour ST50

Samsung SLB-11A pour Samsung WB1000

Samsung ST65 Noir

Samsung ST65 Rouge

Samsung station d'accueil

Samsung station d'accueil HD2

Samsung Station d'accueil pour tablette Galaxy Tab 10,1"

Samsung Station d'accueil pour tablette Galaxy Tab 8,9"

Samsung station d'accueil SSD-760 E2/EUR

Samsung SyncMaster C23A550U 23" LED

Samsung SyncMaster C23A750X 23" LED

Samsung Syncmaster S23A700D 23" LED 3D

Samsung SyncMaster S24A350H 24" LED

Samsung Syncmaster T22A550 21,5" LED Tuner TNT HD

Samsung Système de vidéosurveillance Baby Monitor SEW-3022WP/ EX

Samsung T22A350 21,5" LED Tuner TNT

Samsung Toner MLT-D101S pour imprimantes Samsung SCX-3405 & ML-2165 - Noir

Samsung UE19D4010 LED

Samsung UE19ES4000 LED

Samsung UE22ES5000 LED

Samsung UE22ES5410 LED

Samsung UE26EH4000 LED

Samsung UE26EH4500 LED

Samsung UE32D5000 LED

Samsung UE32EH4000 LED

Samsung UE32EH5000 LED

Samsung UE32ES5500 LED

Samsung UE32ES6300 LED 3D

Samsung UE32ES6710 LED 3D blanc

Samsung UE40D5000 LED

Samsung UE40D5710 LED

Samsung UE40D6500 LED 3D

Samsung UE40EH5000 LED

Samsung UE40ES5500 LED

Samsung UE40ES6300 LED 3D

Samsung UE40ES6710 LED 3D

Samsung UE46EH5000 LED

Samsung UE46ES5500 LED

Samsung UE46ES6300 LED 3D

Samsung UE46ES6710 LED 3D blanc

Samsung UE55ES6300 LED 3D

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" + Microsoft Explorer Touch Mouse - Souris BlueTrack sans fil

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0 + CaseLogic Sacoche double pour ordinateurs 14" & tablettes 10,1" - Grise

Samsung ultrabook NP530U3B-A02 13,3" LED USB 3.0 + Samsonite Sac pour ordinateur portable 14,1" S Noir

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED + Microsoft Explorer Touch Mouse - Souris BlueTrack sans fil

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED USB 3.0

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED USB 3.0 + CaseLogic Sacoche double pour ordinateurs 14" & tablettes 10,1" - Grise

Samsung ultrabook NP530U4B-S01FR 14" LED USB 3.0 + Samsonite Sac pour ordinateur portable 14,1" S Noir

Samsung Viseur électronique EVF10

Samsung WB150F Blanc - WiFi

Samsung WB150F Noir - WiFi

Samsung WB700 Noir

Samsung WB750 Noir

Samsung WIS09ABGN LinkStick WLAN-Adapter

Samsung WMN250M accroche murale

Samsung YP-F3 bleu 2 Go

Samsung YP-F3 noir 2 Go

Samsung YP-F3 rose 2 Go

Samsung YP-Q3 rose 8 Go

Samsung YP-Q3 rose 8 Go + Casque JVC HA-S155-P rose

Samsung YP-U6 noir 2 Go

Samsung YP-U6 noir 4 Go

Samsung YP-U6 rose 2 Go

Samsung YP-U6 rose 4 Go

Samsung YP-Z3 blanc 4 Go

Samsung YP-Z3 bleu 4 Go

Samsung YP-Z3 rose 4 Go

はじめに このたびは、「SoftBank 708SC」をお買い上げい ただき、まことにありがとうございます。 ●SoftBank 708SCをご利用の前に本書をご覧にな り、正しくお取り扱いください。 ●本書をご覧いただいたあとは、大切に保管してくだ さい。 ●本書を万一紛失または損傷したときは、お問い合わ せ先(fP.26-23)までご連絡ください。 ●ご契約の内容により、ご利用になれるサービスが限 定されます。 708SCは、3G方式とGSM方式に対応しておりま す。 ご注意 ・ 本書の内容の一部でも無断転載することは禁止 されております。 ・ 本書の内容は将来、予告なしに変更することが ございます。 ・ 本書の内容に関して、一部日本では提供してい ない機能、サービスの説明が記載されている場 合があります。 Not all functions and services described in this user guide are available in Japan. ・ 本書の内容については万全を期しておりますが、 万一ご不審な点や記載漏れなどお気づきの点が ございましたら、お問い合わせ先(fP.26-23) までご連絡ください。 ・ 乱丁、落丁はお取り替えいたします。 708SC.book i ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分i お買い上げ品の確認 SoftBank 708SC本体のほかに、次の付属品がそろっていることをお確かめください。付属品は、オプショ ン品としても取り扱いしております。 付属品、オプション品につきましては、お問い合わせ先(fP.26-23)までご連絡ください。 電池パック 急速充電器 ユーティリティソフトウェア ステレオイヤホンマイク (CD-ROM) USBケーブル 補足 ● microSDTM メモリカードについて 708SCはmicroSDTM メモリカード(以降、「メモリカード」と記載します)に対応しています。ご利用にあたっては、市販のmicroSDTM メモリカードを購入してください。 ● ユーティリティソフトウェアについて ユーティリティソフトウェアの取扱説明書は、CD-ROMに格納されております。また、ユーティリティソフトウェアは予告無く変更さ れる場合があります。あらかじめご了承ください。なお、最新版のユーティリティソフトウェアはソフトバンクホームページ(http:// www.softbank.jp)からダウンロードいただけます。 708SC.book i ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ii 目 次 お買い上げ品の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .i 目 次 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ii 本書の見かた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xii 安全上のご注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xiv お願いとご注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxv 708SCの比吸収率(SAR)について . . . . . . . . . . . . xxx 1 ご利用になる前に USIMカードのお取り扱い . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-2 USIMカードをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-2 USIMカードを取り付ける/取り外す. . . . . . . . . . . . . . .1-3 PINコード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-4 各部の名称と機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-5 本体. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-5 ディスプレイ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-7 電池パックと充電器のお取り扱い . . . . . . . . . . . . . . . . 1-9 電池パックと充電器をご利用になる前に. . . . . . . . . . . . .1-9 電池パックを取り付ける/取り外す . . . . . . . . . . . . . . 1-11 急速充電器を利用して充電する . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-12 シガーライター充電器(オプション)を利用して 充電する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-14 電源を入れる/切る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-15 電源を入れる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-15 電源を切る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-16 日付・時刻の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-16 日付や時刻を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-16 日付や時刻を自動的に補正する . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-17 タイムゾーンを変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-17 機能の呼び出しかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-18 メインメニューから機能を呼び出す . . . . . . . . . . . . . . 1-18 ショートカットキーで機能を呼び出す . . . . . . . . . . . . 1-19 スイッチバーで機能を呼び出す . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-20 メニューの使いかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-20 暗証番号. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-21 暗証番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-21 交換機用暗証番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-21 発着信規制用暗証番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-21 2 基本的な操作のご案内 電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-2 電話を受ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-3 着信を拒否して電話を切る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-5 簡易留守録の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-5 簡易留守録を設定/解除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-5 呼出時間を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-6 応答メッセージの言語を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .2-6 録音された用件を確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-6 通話中の操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-7 相手の声の音量を調節する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 通話を保留にする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 スピーカーホン通話に切り替える. . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 708SC.book ii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分iii 相手の声を録音する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 通話中のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-8 通話履歴の利用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9 通話履歴を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-9 通話履歴を使って電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-9 通話履歴を削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-9 通話履歴のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-10 通話時間/通話料金を管理する. . . . . . . . . . . . . . . . .2-11 データ通信量/通話時間/通話料金を確認する. . . . . . 2-11 通話料金の限度額を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-12 通話中の画面に通話料金を表示する . . . . . . . . . . . . . . 2-12 海外での利用(国際ローミング). . . . . . . . . . . . . . . .2-12 ネットワークモードを切り替える. . . . . . . . . . . . . . . . 2-12 ネットワークを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-13 海外で電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-14 緊急電話発信について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-14 3 マナーモード マナーについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 マナーを守るための機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .3-2 マナーモードを設定/解除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 モードを切り替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 オフラインモードを設定/解除する . . . . . . . . . . . . . . 3-3 4 文字の入力方法 文字入力について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-2 文字入力画面について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-2 入力モードの切り替え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-2 ダイヤルボタンの割り当て. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-3 文字の入力方法. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-4 漢字/ひらがなを入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-4 カタカナを入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-5 英字を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-6 数字を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-7 記号/絵文字/顔文字を入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . .4-7 改行する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-8 登録内容や文を引用して入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . .4-8 ハングル入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-9 文字の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-9 文字を消去/修正する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-9 コピー/切り取り/貼り付けをする . . . . . . . . . . . . . . . .4-9 カーソルを先頭/最後に移動する. . . . . . . . . . . . . . . . 4-10 予測入力機能の設定/解除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 学習機能の設定/解除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 文字サイズの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 ユーザ辞書の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 入力した文字をユーザ辞書に登録する . . . . . . . . . . . . 4-12 SMS定型文の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-13 5 電話帳 電話帳の登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-2 電話帳に登録できる項目 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-2 電話帳に登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-3 通話履歴から登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-5 708SC.book iii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分iv グループの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-6 USIMカードのグループを作成する . . . . . . . . . . . . . . . .5-6 グループの設定を変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-6 グループにメンバーを追加する . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-7 電話帳の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-8 電話帳から電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-8 スピードダイヤルで電話をかける. . . . . . . . . . . . . . . . 5-10 電話帳のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-11 電話帳の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-12 電話帳を編集する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-12 使用する電話番号やE-mailアドレスを発信/ 送信種別ごとに設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-12 USIMカードとの間で電話帳をコピーする . . . . . . . . . 5-13 電話帳を削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-13 オーナー情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-14 6 TVコール TVコールをご利用になる前に. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-2 TVコールをかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-2 TVコールを受ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-3 TVコール中の操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-3 TVコール中のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-5 TVコールの各種設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-5 自画像の送信について設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-5 代替画像を選択する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-6 TVコールがつながらなかったときの動作を設定する . . .6-6 TVコールを受けたときに音声を送信しないように 設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-7 7 カメラ カメラをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-2 カメラ利用時のご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-2 ビューファインダー(撮影画面) . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-2 静止画の撮影 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-3 静止画撮影モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-3 静止画を撮影する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-4 動画の撮影 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-9 動画撮影モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-9 動画を撮影する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-9 カメラの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-11 静止画の設定をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-11 動画の設定をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-13 画像の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-14 静止画を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-14 動画を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-14 静止画の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-14 動画の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-16 Flash ® の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-17 メール添付 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-19 8 ディスプレイの設定 待受画面の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-2 ディスプレイの壁紙を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-2 時計表示を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-4 事業者名を表示させる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-5 708SC.book iv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分v 表示するフォントの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-5 メニュー表示の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-5 メニュースタイルを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-5 ポップアップメニューを設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-5 メニューの文字サイズを設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-6 明るさと点灯時間の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-6 ディスプレイの明るさを調整する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-6 バックライト点灯時間を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-6 ダイヤル表示の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-7 表示言語の切り替え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-7 9 音の設定 各モードの設定内容を変更する. . . . . . . . . . . . . . . . . . 9-2 10 メディアプレイヤー メディアプレイヤーをご利用になる前に . . . . . . . . . .10-2 音楽を再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10-3 プレイリストを使って再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-6 音楽再生のプレイヤー設定を変更する. . . . . . . . . . . .10-7 リピートモードを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-7 再生中の音量を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-7 オーディオスキンを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-8 ビジュアルを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-8 動画を再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10-9 動画再生のプレイヤー設定を変更する. . . . . . . . . . 10-11 リピートモードを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-11 再生中の音量を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-12 表示サイズを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-12 11 データ管理(データフォルダ) データフォルダについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11-2 データフォルダの構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-2 ファイルの確認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11-3 ファイルを確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-3 ファイルビューアでドキュメントを確認する . . . . . . . 11-5 SVG-T/Flash ® ビューアでグラフィックス/ アニメーションを確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-8 ファイルを並べ替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-9 ファイルの利用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-10 画像ファイルを各種の画面に設定する . . . . . . . . . . . 11-10 サウンドファイルを着信音に設定する . . . . . . . . . . . 11-11 動画ファイルを着信音に設定する. . . . . . . . . . . . . . . 11-11 Flash ® ファイルを壁紙に設定する. . . . . . . . . . . . . . 11-12 vファイルを各機能に取り込む . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-12 データフォルダのメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . 11-13 ファイル/フォルダの管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-15 フォルダを作成する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-15 ファイル名/フォルダ名を変更する . . . . . . . . . . . . . 11-15 ファイル/フォルダを移動する . . . . . . . . . . . . . . . . 11-16 ファイル/フォルダをコピーする. . . . . . . . . . . . . . . 11-17 ファイル/フォルダを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . 11-18 コンテンツ・キーを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-19 メモリカードの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-19 メモリカードの取り扱いについて. . . . . . . . . . . . . . . 11-20 708SC.book v ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分vi メモリカードを取り付ける/取り外す . . . . . . . . . . . 11-20 メモリカードの表示名を変更する. . . . . . . . . . . . . . . 11-22 メモリカードの詳細情報を表示する . . . . . . . . . . . . . 11-22 メモリカードをフォーマット(初期化)する . . . . . . 11-22 12 外部接続 外部接続について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12-2 Bluetooth ® . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12-2 Bluetooth ® 通信をご利用になる前に . . . . . . . . . . . . 12-2 データを送受信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-3 ハンズフリー機器などを接続する. . . . . . . . . . . . . . . . 12-7 Bluetooth ® の設定を変更する. . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-8 USB接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12-9 パソコンに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-9 プリンタに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-10 マスストレージ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-11 パソコンに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-11 パソコンから取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-11 13 セキュリティ 暗証番号の変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-2 PINコードの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-2 PIN/PIN2コードを変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-2 起動時PIN認証. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-3 PINロックを解除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-3 USIM照合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-4 無断で利用されたくないとき . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-4 簡易ロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-4 パスワードロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-5 プライバシーロック. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-5 シークレットモード設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-6 モバイルトラッカー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-6 番号通知のない着信/迷惑電話を拒否する (着信拒否) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-7 非通知着信の許可/拒否を設定する . . . . . . . . . . . . . . 13-7 電話番号が通知不可能な着信の許可/ 拒否を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-8 着信拒否する電話番号を登録する. . . . . . . . . . . . . . . . 13-8 お買い上げ時の状態に戻す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-9 本体の登録内容を消去する(メモリ消去). . . . . . . . . . 13-9 各機能の設定をお買い上げ時の状態に戻す (リセット). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-10 14 ツール アラーム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14-2 目覚まし/アラームを登録/設定する . . . . . . . . . . . . 14-2 アラーム起動時の自動電源ONを設定する . . . . . . . . . 14-4 カレンダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14-4 カレンダーを表示する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-4 カレンダーに新規登録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-6 登録内容を確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-10 登録内容を編集する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-10 登録内容を削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-11 カレンダーのメニュー操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-12 ボイスレコーダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-13 708SC.book vi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分vii ディスプレイの表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-13 音声を録音する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-13 音声を再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-14 ボイスレコーダーの設定を変更する . . . . . . . . . . . . . 14-15 世界時計. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-16 世界時計を見る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-16 地域を登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-16 簡易電卓. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-17 通貨や単位の換算をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-17 通貨換算する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-17 他の単位に換算する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-18 ストップウォッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-19 辞典 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-19 15 その他の機能 発信時の便利な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-2 お話し中だった相手に自動的にリダイヤルする. . . . . . 15-2 国際コード/国番号を付加して電話をかける . . . . . . . 15-2 イヤホン通話 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-3 着信時の便利な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-4 エニーキーアンサー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-4 アコースティックショック調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-5 サイドキー操作で着信音を消す/応答拒否する. . . . . . 15-5 スピード検索を利用するかどうかを設定する. . . . . . .15-6 キーロックについて設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-6 ショートカット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-7 データの保存先を708SC本体/ メモリカードに指定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-8 メモリ容量確認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-8 16 オプションサービス オプションサービスの種類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-2 転送電話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-2 転送電話サービスを開始する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-3 転送電話サービスを停止する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-3 転送電話サービスの設定を確認する . . . . . . . . . . . . . . 16-4 留守番電話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-4 留守番電話サービスを開始する . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-4 留守番電話サービスを停止する . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-4 留守番電話サービスの設定を確認する . . . . . . . . . . . . 16-5 留守番電話の伝言メッセージを聞く . . . . . . . . . . . . . . 16-5 着信お知らせ機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-6 割込通話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-6 割込通話サービスを開始/停止する . . . . . . . . . . . . . . 16-6 割込通話を受ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-6 多者通話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-7 通話中に別の相手に電話をかける. . . . . . . . . . . . . . . . 16-7 切替通話 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-8 多者通話 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-8 発着信規制サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-9 発信規制/着信規制を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-9 発着信規制の制限をすべて解除する . . . . . . . . . . . . . 16-10 発着信規制用暗証番号を変更する. . . . . . . . . . . . . . . 16-10 708SC.book vii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分viii 発信者番号通知サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-11 発信者番号の通知/非通知を設定する . . . . . . . . . . . 16-11 発信者番号を通知して/非通知でかける. . . . . . . . . . 16-11 17 メール送受信 メールをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-2 新着メールの確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-2 メールの続きを受信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-3 受信したメールを利用する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-5 メールの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-5 操作手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-6 宛先を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-7 件名を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-8 本文を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-9 送信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-9 スライド表示を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-10 本文欄のスタイルを編集する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-10 定型文を利用する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-12 ファイルの添付/挿入. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-12 データフォルダなどからファイルを添付する/ 本文欄に挿入する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-13 ファイルを作成して本文欄に挿入する . . . . . . . . . . . 17-15 作成メールの保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-16 下書きに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-16 定型文に保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-17 18 メールボックス メールの内容確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-2 メール一覧から確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-2 メッセージ画面からの操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-5 メールの返信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-6 メールの転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-7 下書きからのメール送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-7 未送信ボックスからのメール送信 . . . . . . . . . . . . . . .18-7 メールの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-8 メールを指定して削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-8 メールボックスを指定して削除する . . . . . . . . . . . . . . 18-9 メールボックス内のメールをすべて削除する . . . . . . . 18-9 メール内の電話番号/E-mailアドレス/ URLの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-10 電話帳に登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-10 ブックマークに登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-10 電話発信/メール送信/インターネットアクセスを 行う . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-11 添付ファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-11 添付ファイルを確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-11 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-12 フォルダの管理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 フォルダを作成する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 フォルダ名を変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 セキュリティを設定/解除する . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 メールを移動する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 フォルダを削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 708SC.book viii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ix メール一覧画面からの操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 電話帳に登録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 メールを並べ替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-15 SMSを708SC本体/USIMカードに移動する. . . . . 18-16 S!メール定型文を登録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-16 メール一覧画面のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . 18-17 19 メールサーバー メールリストの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .19-2 メールリストを取得する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19-2 メールリストからメールを受信する . . . . . . . . . . . . . . 19-2 メールリストを利用してサーバー内のメールを 削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19-2 サーバー内のメール転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .19-3 20 メールのその他設定 メールアドレスの変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-2 S!メール設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-2 送信設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-2 受信設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-3 最大メールサイズ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-4 標準スタイル設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-4 SMS設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-4 デルモジ表示設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-5 引用返信. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-6 21 ウェブの基本操作 ウェブをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .21-2 ウェブにアクセスする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .21-3 Yahoo!ケータイのメインメニューから アクセスする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-3 URLを入力してアクセスする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-4 情報画面の操作のしかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .21-4 情報内の電話番号/E-mailアドレス/URLを 利用する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-7 22 情報の利用 画像ファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-2 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-2 壁紙に登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-3 サウンドファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-3 サウンドを再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-3 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-4 動画ファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-5 動画を再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-5 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-5 ストリーミング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-6 お気に入り . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-7 お気に入りに保存する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 お気に入りを表示する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 お気に入りのタイトルを編集する. . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 お気に入りを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 708SC.book ix ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分x ブックマーク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-8 ブックマークに登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-8 ブックマークから接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-9 ブックマークを編集する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-9 ブックマークを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-9 アクセス履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-10 情報表示中の各種設定・操作 . . . . . . . . . . . . . . . . 22-11 画面表示を切り替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-11 情報画面のテキストを検索する . . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 情報画面のテキストをコピーする. . . . . . . . . . . . . . . 22-12 最新の情報に更新する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 URLを確認する(ページの詳細) . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 URLをメールで送信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 サーバ証明書を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-13 ホームページを表示する(Yahoo!ケータイ) . . . . . . 22-13 文字コードを変更する(エンコード) . . . . . . . . . . . . 22-13 情報画面のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-13 23 ウェブのその他設定 画像やサウンドの取得設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-2 セキュリティ設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-2 Cookieの有効/無効を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . 23-2 JavaScriptの有効/無効を設定する . . . . . . . . . . . . . 23-3 文字のサイズを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 製造番号を通知する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 ブラウザ情報を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 ルート証明書を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-4 ウェブの初期化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-4 情報画面のキャッシュ/Cookieを消去する . . . . . . . . 23-4 24 Abridged English Manual Accessories . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .24-2 Safety Precautions . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .24-3 General Notes . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 General Use . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Inside Vehicles. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Abroad Aircraft. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Electromagnetic Waves . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Handset Care . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-15 Handset Camera Usage . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-16 Copyrights. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-16 Minding Mobile Manners . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-16 Manner-Related Functions . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-17 Handset Parts & Functions . . . . . . . . . . . . . . 24-18 Handset. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-18 Inserting & Removing USIM Card . . . . . . . . . . . 24-20 Charging Battery . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-21 Display Indicators . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-24 Symbols. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-25 USIM PINs. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-26 Security Codes. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-26 Basic Handset Operations . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 Handset Power On/Off . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 English Display. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 Your Phone Number . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 Setting Clock . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 708SC.book x ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xi Network Settings. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-29 Initiating a Voice Call. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-29 Redial. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-30 Calling from Received Calls . . . . . . . . . . . . . . . . 24-30 Initiating a Video Call. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-30 Answering a Voice Call . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Answering a Video Call . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Total Charges & Call Time . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Muting Microphone . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Forwarding a Call . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-32 Manner Profile. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-32 Entering Characters . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-33 Entry Modes . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-33 Key Assignments. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-33 Symbols, Pictograms & Emoticons. . . . . . . . . . 24-34 Saving to Phonebook. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-34 Phonebook Entry Items . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-34 New Phonebook Entries . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-36 Editing Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-36 Saving from Call Log Records . . . . . . . . . . . . . . 24-37 Using Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-37 Searching Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-37 Calling from Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-38 Mobile Camera . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-38 Before Using Camera . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-38 Capturing Still Images. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Data Folder . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Contents . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Opening Data Folder Files. . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Yahoo! Keitai. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-40 Opening Yahoo! Keitai Menu . . . . . . . . . . . . . . . 24-40 Messaging . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-40 Opening Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-41 Editing Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-41 Customizing Handset Address . . . . . . . . . . . . . 24-42 Sending Text Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-42 Incoming Text Messages . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Opening Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Retrieving Complete S! Mail . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Replying & Forwarding . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Function Menu. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-45 Specifications . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-46 Customer Service . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-48 708SC.book xi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xii 25  25-2 25-11 25-11 25-11 25-11 25-12 25-12 25-13 25-13 25-14 25-14 25-16 25-17 25-19 25-21 25-21 25-22 25-23 25-23 25-23 25-23 25-13 25-23 25-24 25-24 25-25 25-25 25-25 25-25 25-25 25-26 25-26 25-26 25-27 25-27 25-28 25-28 25-29 25-29 25-31 25-27 25-30 25-30 25-31 25-31 25-32 708SC.book xii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xiii 26 付録 機能一覧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .26-2 故障かな?と思ったら. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .26-3 ソフトウェアを更新する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .26-9 記号/絵文字一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-11 記号. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-11 絵文字 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-12 メモリ容量一覧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-13 主な仕様. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-13 索 引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-15 保証とアフターサービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-22 お問い合わせ先一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-23 25-32 25-33 25-33 25-33 25-34 25-35 25-35 25-35 25-37 25-37 25-38 25-32 25-33 25-34 25-34 25-36 25-37 25-38 25-41 25-42 708SC.book xiii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xiv 本書の見かた 本書の本文中では、「SoftBank 708SC」を「708SC」 と表記しています。あらかじめご了承ください。 本書は、主にお買い上げ時の状態を基準に説明してい ます。設定を変更された場合、708SCの表示や動作 が本書の記載と異なる場合があります。 ディスプレイの表記と708SCのイラストについて 記載している画面は、表示されている内容や番号などが実際 の画面と異なる場合があります。操作の目安としてご利用く ださい。 本書のイラストはイメージイラストであり、実際の商品とは 形状が異なる場合があります。 確認/警告メッセージについて 操作中、本書に記載していないメッセージが表示されること があります。確認や警告のメッセージが表示された場合は、 内容をよくご確認ください。 ボタンの使いかたと表記について 本書では、708SCのボタンをすべて記号で表記していま す。「各部の名称と機能」(fP.1-5)を参照してください。 ソフトキーとマルチファンクションボタンの操作について は、次のように表記しています。 ソフトキー ディスプレイの最下段(ソフトキーエリア)には「選択」「保 存」のような、操作や設定の選択肢が表示されます。これら の内容を実行するには、その表示位置に対応するソフトキー を押します。 「保存」するには wを押す 「選択」するには cを押す 「再生」するには oを押す 保存 選択 再生 708SC.book xiv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xv ソフトキー操作の表記 マルチファンクションボタン マルチファンクションボタンは、上下左右の4か所を押せるボ タンです。目的の項目を選ぶときや文字入力画面でカーソル を移動するとき、画面をスクロールするときなどに使います。 マルチファンクションボタン操作の表記 uまたはdを押すとき:j lまたはrを押すとき:s u、d、l、rを押すとき:a 「反転表示」について メニュー項目や設定項目の選択画面でカーソル(「 」や 画像ファイルを囲む枠など)を目的の項目に移動させること を、この取扱説明書では「反転表示する」と表記します。 メニュー操作の表記について メインメニューからの操作やメニュー操作は、簡略化した表 記方法で説明しています。 メインメニュー操作 メインメニューからの操作の詳細は、「メインメニューから 機能を呼び出す」(fP.1-18)を参照してください。 メニュー操作 (保存)を押す ソフトキーエリアの表示 押すボタン l u r d A を押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「壁紙設定」の順に選択する メインメニュー項目を反転表示し、c(選択)を押 す操作を繰り返すことを示す A メニューから「送信」→「Bluetooth」の順に 選択する メニュー項目を反転表示してc(選択)を押す操 作を繰り返すことを示す o(メニュー)を押してメニューを 呼び出すことを示す 708SC.book xv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xvi 安全上のご注意 ● ご使用の前に、「安全上のご注意」をよくお読みのうえ正しくお使いください。 また、お読みになったあとは必要なときにご覧になれるよう、大切に保管してください。 ● この取扱説明書に示した説明事項は、お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防止するための内容を記載 していますので、必ずお守りください。 ● 本製品の故障、誤作動または不具合などにより、通話などの機会を逸したために、お客様、または第三者が受けられた損害 につきましては、当社は責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。 ご使用の前に ●絵表示について この取扱説明書には、安全にお使いいただくためにいろいろな絵表示をしています。 その表示を無視し、誤った取り扱いをすることによって生じる内容を次のように区分しています。 内容をよく理解してから本文をお読みください。 ●絵表示の意味 誤った取り扱いをしたときに、人が死亡または重傷を負うおそれが高い内容を示しています。 誤った取り扱いをしたときに、人が死亡または重傷を負うおそれがある内容を示しています。 誤った取り扱いをしたときに、けがをしたり財産に損害を受けるおそれがある内容を示しています。 危険 警告 注意 記号は してはいけないこと(禁止)を表して います。 記号は しなければならないこと(指示)を 表しています。 記号は 気をつける必要があることを表して います。 708SC.book xvi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xvii 708SC、電池パック、充電用機器の取り扱いに ついて(共通) 708SCに使用する充電器および電池パックは、 ソフトバンクが指定したものを使用してください (fP.i)。 指定品以外のものを使用すると、電池パックを漏液、発熱、 破裂させる原因となります。また、充電器が発熱したり、故 障、感電、火災の原因となります。 充電端子どうしを金属などで接触させないでくだ さい。 充電端子を針金などの金属類(金属製のストラッ プなど)で接触させないでください。また、金属製のネック レスやヘアピンなどと一緒に持ち運んだり、保管しないでく ださい。電池パックの液が漏れたり、発熱、破裂、発火、感 電により、やけどやけがの原因となります。専用ケースなど に入れて持ち運んでください。 電池パックの取り扱いについて 電池パックが漏液して液が目に入ったときは、こ すらずに、すぐにきれいな水で十分に洗ったあと、 ただちに医師の治療を受けてください。 目に障害を与えるおそれがあります。 電池パックを充電するときや、使用する場合は、必 ず次のことを守ってください。 正しく使用しないと、電池パックの液が漏れたり、 発熱、破裂、発火により、やけどやけがの原因となります。 ● 加熱したり、火の中へは投げ込まないでください。 ● 分解、改造、破壊しないでください。 ● 釘を刺したり、ハンマーでたたいたり、踏みつけたり、ハ ンダ付けをしないでください。 ● 外傷、変形の著しい電池パックは使用しないでください。 ● 充電するときは、専用の充電器以外は使用しないでくださ い(fP.i)。 ● 電池パックを708SCに装着する場合、うまく装着できな いときは、無理に装着しないでください。 ● 火のそばや、ストーブのそば、炎天下など、高温の場所で の充電、使用、放置はしないでください。 ● 付属品の電池パックは、 708SC専用です。それ以外の機 器には使用しないでください。 危険 708SC.book xvii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xviii 708SC、電池パック、充電用機器の取り扱いに ついて(共通) 内部に物や水などを入れないでください。 708SCや充電器の開口部から内部に金属類や燃 えやすい物などを差し込んだり、落とし込んだり しないでください。火災、感電の原因となります。 特にお子様のいる家庭ではご注意ください。 風呂場や雨に当たるところなどの、湿気の多いと ころでは使用しないでください。 火災、感電の原因となります。 水などの入った容器を近くに置かないでくださ い。 708SCや充電器の近くに花びん、植木鉢、コッ プ、化粧品、薬品や水などの入った容器または小さな金属物 を置かないでください。こぼれたり、中に入った場合、火 災、感電の原因となります。 引火、爆発のおそれがある場所では使用しないで ください。 プロパンガス、ガソリンなど引火性ガスや粉塵の 発生する場所で使用すると、爆発や火災の原因となります。 電子レンジや高圧容器に、電池パックや 708SC、 充電器を入れないでください。 電池パックを漏液、発熱、破裂、発火させたり、 708SCや充電器の発熱、発煙、発火や回路部品を破壊させ る原因となります。 分解や改造はしないでください。 ● 708SCや充電器の外装ケースは、開けないでく ださい。感電やけがの原因となります。 内部の点検、調整、修理は、ソフトバンクの故障受付窓口 にご依頼ください。 ● 708SCや充電器を改造しないでください。火災、感電の 原因となります。 内部に水や異物などが入ったときは 708SCの電源を切って電池パックを取り外し、 急速充電器はプラグを AC コンセントから抜い て、シガーライター充電器はプラグをシガーライターソケッ トから抜いてソフトバンクの故障受付窓口にご連絡くださ い。そのまま使用すると、火災、感電の原因となります。 警告 708SC.book xviii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xix 衝撃を与えないでください。 708SCや充電器を持ち運ぶときは、落としたり、 衝撃を与えないようにしてください。けがや故障 の原因となります。 万一、 708SCや充電器を落とすなどして外装ケースを破 損した場合は、電池パックを外してソフトバンクの故障受付 窓口にご連絡ください。そのまま使用すると、火災、感電の 原因となります。 異常が起きたときは 万一、異常な音がしたり、煙が出たり、へんなに おいがするなどの異常な状態に気がついたとき は、 708SCの電源を切って電池パックを取り外し、急速充 電器はプラグを ACコンセントから抜いて、シガーライター 充電器はプラグをシガーライターソケットから抜いてソフ トバンクの故障受付窓口に修理を依頼してください。 異常な状態のまま使用すると、火災・感電の原因となります。 ガソリンスタンドなど、引火、爆発の恐れがある 場所では、使用しないでください。 引火ガスが発生する場所では、必ず事前に電源を お切りください。ガスに引火する恐れがあり、火災の原因と なります。ガソリンスタンドでの給油中など、引火ガスが発 生する場所ではソフトバンク携帯電話の電源も切り、充電し ないでください。 708SCの取り扱いについて 事故防止のために ● 自動車や自転車などの乗物を運転するときは、 708SC を絶対にご使用にならないでくださ い。安全走行を損ない事故の原因となります。車などを安 全なところに止めてからご使用ください。 道路交通法により、運転中の携帯電話の使用は罰則の対象 となります( 2004年11月1日改正施行)。 ● 自動車やバイク、自転車などの運転中は、ステレオイヤホ ンマイクを絶対に使わないでください。交通事故の原因と なります。 ● 歩行中は、周囲の音が聞こえなくなるほど、音量を上げす ぎないでください。特に、踏切や横断歩道などでは、十分 に気をつけてください。交通事故の原因となります。 ステレオイヤホンマイクやストラップを持って 708SCを振り回したり、投げたりしないでくだ さい。 本人や他人に当たり、けがなどの事故や故障および破損の原 因となります。 航空機内では、 708SCの電源を切ってください。 電波の影響で航空機の電子精密機器の故障の原因 および安全に支障をきたすおそれがあります。 708SC.book xix ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xx バイブレータや着信音の設定にご注意ください。 心臓の弱い方は、設定にご注意ください。 屋外で使用中に雷が鳴りだしたら、すぐに電源を 切って安全な場所に移動してください。 落雷、感電の原因となります。 ぬれた手で708SCに触らないでください。 感電、故障の原因となります。 充電用機器の取り扱いについて 指定以外の電圧では使用しないでください。 指定された電源電圧以外の電圧で使用しないでく ださい。火災、感電の原因となります。 ● 急速充電器: AC100V~ 240V 海外での充電に起因するトラブルについては、当社は一切 責任を負いません。 ● シガーライター充電器: DC12/24V 市販の「変圧器」は使用しないでください。 急速充電器を、海外旅行用として市販されている 「変圧器」などに接続しますと、火災、感電、故障 の原因となることがあります。 シガーライター充電器はプラスアース車には使用 しないでください。 シガーライター充電器は、マイナスアース車専用 です。プラスアース車には使用しないでください。火災の原 因となります。 充電器のプラグを、ぬれた手で抜き差ししないで ください。 感電の原因となります。 充電器は、タコ足配線しないでください。 発熱により火災の原因となります。 充電器のコードを傷つけたり、無理に曲げたり、ね じったり、加工したりしないでください。また、重 い物を載せたり、加熱したり、引っぱったりしな いでください。 コードが破損し、火災、感電の原因となります。 接続コネクターの端子をショートさせないでくだ さい。 接続コネクターの端子を金属類でショートさせな いでください。充電器が発熱したり、発火、感電の原因とな ります。 708SC.book xx ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxi 事故防止のために シガーライター充電器は、運転に支障のない位置 に取り付けてください。取り付けが不十分な場合、 落ちたりして、けがや事故の原因となります。 急速充電器コードやシガーライター充電器コード が傷ついたときは(芯線の露出、断線など) ソフトバンクの故障受付窓口に交換をご依頼くだ さい。そのまま使用すると、火災、感電の原因となります。 雷が鳴りだしたときは 安全のため早めに急速充電器のプラグを ACコン セントから抜いておいてください。火災、感電、故 障の原因となります。 充電器は、乳幼児の手の届かない所で使用、保管 してください。 感電、けがの原因となります。 電池パックの取り扱いについて 充電の際に所定充電時間を超えても充電が完了し ないときには、充電をやめてください。 発熱、破裂、発火の原因となります。 電池パックが漏液したり、異臭がするときにはた だちに火気から遠ざけてください。 漏液した電解液に引火し、発火、破裂する原因と なります。 電池パックの使用中や充電中または保管時に異臭 を感じたり、発熱したり、変色、変形など、今ま でと異なることに気がついたときには、708SC から取り外し、使用しないでください。 そのまま使用すると、電池パックを漏液、発熱、破裂、発火 させる原因となります。 708SC.book xxi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxii 医用電気機器の近くでの取り扱いについて ここで記載している内容は、「医用電気機器への電波の影響 を防止するための携帯電話端末等の使用に関する指針」(電 波環境協議会[平成9年4月])に準拠、ならびに「電波の 医用機器等への影響に関する調査研究報告書」(平成 13年 3月「社団法人 電波産業会」)の内容を参考にしたもので す。 植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動 器を装着されている場合は、ペースメーカなどの 装着部位から22cm以上離して携行および使用し てください。 電波により、植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細 動器が誤動作するなどの影響を与える場合があります。 満員の電車など混雑した場所では、付近に植込み 型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動器を装 着している方がいる可能性がありますので、 708SCの電源を切るようにしてください。 電波により、植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細 動器が誤動作するなどの影響を与える場合があります。 医療機関の屋内では次のことを守って使用してく ださい。 ● 手術室、集中治療室(ICU)、冠状動脈疾患監視 病室(CCU)には、 708SCを持ち込まない。 ● 病棟内では 708SCの電源を切る。 ● ロビーなどであっても、付近に医用電気機器がある場合 は、708SCの電源を切る。 ● 医療機関が個々に使用禁止、持ち込み禁止などの場所を定 めている場合は、その医療機関の指示に従う。 自宅療養など、医療機関の外で植込み型心臓ペー スメーカおよび植込み型除細動器以外の医用電気 機器を使用される場合は、電波による影響につい て個別に医用電気機器メーカなどにご確認ください。 708SC.book xxii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxiii 708SC、電池パック、充電用機器の取り扱いに ついて(共通) 置き場所について ● ぐらついた台の上や傾いたところなど、不安定 な場所に置かないでください。落ちたりして、 けがや故障の原因となることがあります。 ● 調理台や加湿器のそばなど油煙や湯気が当たるような場 所に置かないでください。火災、事故の原因となることが あります。 ● 冷気が直接吹きつけるところへは置かないでください。 露が付き、漏電、焼損の原因となることがあります。 ● 直射日光が長時間当たる場所(特に密閉した自動車内)や 暖房器具の近くには置かないでください。外装ケースが変 形、変色したり、火災の原因となることがあります。ま た、電池パックが変形して、使用できなくなることがあり ます。 ● 極端に寒い場所に置かないでください。故障や事故の原因 となることがあります。 ● 火気の近くに置かないでください。故障や事故の原因とな ることがあります。 使用場所について ● ほこりの多いところでは使用しないでくださ い。放熱が悪くなり、焼損、発火の原因となる ことがあります。 ● 海辺や砂地など内部に砂の入りやすいところで使用しな いでください。故障や事故の原因となることがあります。 ● キャッシュカード、テレホンカードなどの磁気を利用した カード類を708SCや充電器に近づけないでください。 カードに記録されているデータが消えることがあります。 708SCの取り扱いについて 708SCの温度(発熱)について 708SCを長時間利用すると、708SCが熱くなる ことがあります。また、708SCを長時間肌に触 れたまま使用していると、低温やけどになるおそれがありま す。気温や室温が高い場所では、特にご注意ください。 真夏の自動車内など、高温になる場所には置かな いでください。 708SCの外装ケースが熱くなり、やけどの原因 となることがあります。 注意 708SC.book xxiii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxiv 音量の設定について 音量の設定については、十分に気をつけてくださ い。思わぬ大音量が出て、耳を痛める原因となる ことがあります。また、耳をあまり刺激しないように適度な 音量でお楽しみください。 ステレオイヤホンマイクの取り扱いについて ● 抜くときは、必ずプラグを持って行ってくださ い。コードを持って抜くと、断線や故障の原因 となることがあります。 ● プラグはいつもきれいにしておいてください。プラグが汚 れていると雑音が出たり、誤動作の原因となることがあり ます。 自動車内でご使用のときは 708SCを自動車内で使用したときは、自動車の 車種によって、まれに車両電子機器に影響を及ぼ すことがあります。 皮膚に異常が生じた場合は、ただちに使用をやめ 医師の診断を受けてください。 下記の箇所に金属などを使用しています。お客様 の体質や体調によっては、かゆみ、かぶれ、湿疹などが生じ ることがあります。 使用箇所 使用材料、表面処理 外装ケース PC+GF30% ボタン操作面 PCシート+ラバー ディスプレイ アクリル 充電端子/外部接続端子キャップ、 メモリカードスロットキャップ PC+ウレタン 電池カバー PC+GF10% 708SC.book xxiv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxv 充電用機器の取り扱いについて 急速充電器コードやシガーライターコードの取り 扱いについて ● プラグを抜くときは、コードを引っぱらないで ください。コードを引っぱるとコードが傷つき、火災、感 電の原因となることがあります。急速充電器やシガーライ ターのプラグを持って抜いてください。 ● コードを熱器具に近づけないでください。コードの被覆が とけて、火災、感電の原因となることがあります。 ● ACコンセントやシガーライターソケットへの差 し込みがゆるくぐらついていたり、コードやプ ラグが熱いときは使用を中止してください。 そのまま使用すると、火災、感電の原因となることがあり ます。 ● シガーライターソケットの中は、きれいにしておいてくだ さい。灰などで汚れているときは、プラグを接続しないで ください。発熱によりやけどの原因となることがありま す。 指定以外のヒューズは使用しないでください。 シガーライター充電器のヒューズは、1A(アンペ ア)のものを使用してください。 指定以外のヒューズを使用したり、針金などで代用すると、 火災、故障の原因となります。 風通しの悪い場所では使用しないでください。 充電器は風通しのよい状態でご使用ください。 布や布団で覆ったり、包んだりしないでください。 熱がこもり、外装ケースが変形し、火災の原因となることが あります。 エンジンが切れた状態では使用しないでください。 シガーライター充電器をご使用になるときは、必 ずエンジンをかけておいてください。エンジンを 切ったまま使用すると、車のバッテリーを消耗させる原因と なることがあります。 長期間ご使用にならないときは 安全のため、必ず急速充電器はプラグを ACコン セントから抜いて、シガーライター充電器はプラ グをシガーライターソケットから抜いて、708SCを取り外 してください。 お手入れのときは 安全のため、急速充電器はプラグを ACコンセン トから抜いて、シガーライター充電器はプラグを シガーライターソケットから抜いて行ってください。感電や けがの原因となることがあります。 シガーライター充電器のケーブル類の配線について ケーブル類の配線は、運転または車の乗降に支障 がないようにご注意ください。けがや事故の原因 となることがあります。 708SC.book xxv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxvi 電池パックの取り扱いについて 電池パックは乳幼児の手の届かないところに保管 してください。 けがなどの原因となることがあります。 また、使用する際にも乳幼児が機器から取り外さないように ご注意ください。 電池パックを直射日光の強い所や炎天下の車内な どの高温の場所で使用したり、放置しないでくだ さい。 発熱、発火、電池パックの性能や寿命を低下させる原因とな ることがあります。 水や海水などにつけたり、ぬらさないでください。 電池パックの破損や性能や寿命を低下させる原因 となることがあります。 電池パックが漏液して液が皮膚や衣類に付着したと きには、すぐにきれいな水で洗い流してください。 皮膚がかぶれたりする原因となることがあります。 不要になった電池パックは、一般のゴミと一緒に 捨てないでください。 端子にテープなどを貼り、個別回収に出すか、最 寄りのソフトバンクショップへお持ちください。 電池を分別している市町村では、その規則に従って処理して ください。 衝撃を与えたり、投げつけたりしないでください。 発熱、破裂、発火の原因となることがあります。 電池パックの充電は、周囲温度5~40℃の場所で 行ってください。 この温度範囲以外で充電すると、漏液や発熱した り、電池パックの性能や寿命を低下させる原因となることが あります。 電池パックをお子様がご使用の場合は、保護者が 取扱説明書の内容を教えてください。 また、使用中においても、取扱説明書のとおりに 使用しているかどうかをご注意ください。 電池パックを初めてご使用の際に、異臭や発熱な ど、その他異常と思われたときは、使用しないで、 ソフトバンクの故障受付窓口にご連絡ください。 電池パックを使い切った状態で、保管、放置はし ないでください。 また、電池パックを長期間保管、放置されるとき は、半年に1回程度、電池パックの補充電を行ってくださ い。電池パックが使用できなくなります。 708SC.book xxvi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxvii お願いとご注意 ご利用にあたって ● 事故や故障などにより708SC本体またはメモリカードに 登録したデータ(電話帳、画像、サウンドなど)が消失・ 変化した場合の損害につきましては、当社は責任を負いか ねますのであらかじめご了承ください。大切な電話帳など のデータは、控えをとっておかれることをおすすめします。 ● 708SCは、電波を利用しているため、特に屋内や地下街、 トンネル内などでは電波が届きにくくなり、通話が困難に なることがあります。また、通話中に電波状態の悪い場所 へ移動すると、通話が急に途切れることがありますので、 あらかじめご了承ください。 ● 708SCを公共の場所でご利用いただくときは、まわりの 方の迷惑にならないようにご注意ください。 ● 708SC は電波法に定められた無線局です。したがって、 電波法に基づく検査を受けていただくことがあります。あ らかじめご了承ください。 ● 一般の電話機やテレビ、ラジオなどをお使いになっている 近くで708SCを使用すると、雑音が入るなどの影響を与 えることがありますので、ご注意ください。 ● 傍受にご注意ください。 708SCは、デジタル信号を利用した傍受されにくい商品 ですが、電波を利用している関係上、通常の手段を超える 方法をとられたときには第三者が故意に傍受するケース もまったくないとは言えません。この点をご理解いただい たうえで、ご使用ください。 傍受(ぼうじゅ)とは 無線連絡の内容を第三者が別の受信機で故意または偶然 に受信することです。 自動車内でのご使用にあたって ● 運転中は、708SCを絶対にご使用にならないでください。 ● 708SC をご使用になるために、禁止された場所に駐停車 しないでください。 ● 708SCを車内で使用したときは、自動車の車種によって、 まれに車両電子機器に影響を与えることがありますので、 ご注意ください。 航空機の機内でのご使用について 航空機の機内では、絶対にご使用にならないでください(電 源も入れないでください)。運航の安全に支障をきたすおそ れがあります。 708SC.book xxvii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxviii 機能制限について ● 機種変更または解約した場合、708SCでは以下の機能が 利用できなくなります。 - カメラ - メディアプレイヤー ● 708SCを長期間お使いにならなかった場合、上記の機能 が利用できなくなる可能性があります。 お取り扱いについて ● 708SCの電池パックを長い間外していたり、電池残量の ない状態で放置したりすると、お客様が登録、設定した内 容が消失または変化してしまうことがありますので、ご注 意ください。なお、これらに関しまして発生した損害につ きましては、当社は責任を負いかねますので、あらかじめ ご了承ください。 ● 708SCは5~40℃の範囲でご使用ください。極端な高 温や低温環境、直射日光の当たる場所でのご使用、保管は 避けてください。 ● カメラ部分に、直射日光が長時間当たると、内部のカラー フィルターが変色して、映像が変色することがあります。 ● 708SCを落下させたり衝撃を与えたりしないでください。 ● お手入れは、乾いた柔らかい布などで拭いてください。 また、アルコール、シンナー、ベンジンなどを用いると色 があせたり、文字が薄くなったりすることがありますの で、ご使用にならないでください。 ● 雨や雪の日など、湿気の多い場所でご使用になるときは、 水にぬらさないように十分ご注意ください。 ● 708SCは精密部品で作られた無線通信装置です。絶対に 分解、改造はしないでください。 ● 708SCのディスプレイを堅いものでこすったり、傷つけ ないようにご注意ください。 ● ステレオヘッドホンの中には開放型のものがあり、音が外 に漏れることがあります。周囲の人の迷惑にならないよう にご注意ください。 ● 708SCは防水仕様にはなっていません。水にぬらしたり、 湿度の高い所に置かないでください。 - 雨の日にバッグの外のポケットに入れたり、手で持ち 歩かないでください。 - エアコンの吹き出し口に置かないでください。急激な 温度変化により結露し、内部が腐食する原因となりま す。 - 洗面所などでは衣服に入れないでください。ポケット などに入れて、身体をかがめたりすると、洗面所に落 としたり、水でぬらす原因となります。 708SC.book xxviii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxix - 海辺などに持ち出すときは、海水がかかったり直射日 光が当たらないように、バッグなどに入れてください。 - 汗をかいた手で触ったり、汗をかいた衣服のポケット に入れないでください。手や身体の汗が 708SCの内 部に浸透し、故障の原因になる場合があります。 ● 708SC に無理な力がかかるような場所には置かないでく ださい。故障やけがの原因となります。 - 708SCをズボンやスカートの前、または後ろのポケッ トに入れたまま、しゃがみこんだり座席や椅子などに 座らないでください。特に、厚い生地の衣服のときは ご注意ください。 - 荷物の詰まった鞄などに入れるときは、重たいものの 下にならないようにご注意ください。 ● 708SC の充電端子/外部接続端子に指定品以外の商品は 取り付けないでください。誤動作を起こしたり、708SC を傷めることがあります。 ● 電池パックを取り外すときは、必ず 708SCの電源を切っ てから取り外してください。データの登録やメールの送信 などの動作中に電池パックを取り外さないでください。 データの消失、変化、破損などのおそれがあります。 著作権などについて 音楽、映像、コンピュータ・プログラム、データベースなど は著作権法により、その著作物および著作権者の権利が保護 されています。こうした著作物を複製することは、個人的に または家庭内で使用する目的でのみ行うことができます。上 記の目的を超えて、権利者の了解なくこれを複製(データ形 式の変換を含む)、改変、複製物の譲渡、ネットワーク上で の配信などを行うと、「著作権侵害」「著作者人格権侵害」と して損害賠償の請求や刑事処罰を受けることがあります。本 製品を使用して複製などをなされる場合には、著作権法を遵 守のうえ、適切なご使用を心がけていただきますよう、お願 いいたします。また、本製品にはカメラ機能が搭載されてい ますが、本カメラ機能を使用して記録したものにつきまして も、上記と同様の適切なご使用を心がけていただきますよ う、お願いいたします。 708SCに搭載のソフトウェアは著作物であり、著作権、著 作者人格権などをはじめとする著作者等の権利が含まれて おり、これらの権利は著作権法により保護されています。ソ フトウェアの全部または一部を複製、修正あるいは改変した り、ハードウェアから分離したり、逆アセンブル、逆コンパ イル、リバースエンジニアリング等は行わないでください。 第三者にこのような行為をさせることも同様です。 708SC.book xxix ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxx 登録商標について ● 下記一件または複数の米国特許またはそれに対応する他 国の特許権に基づき、QUALCOMM社よりライセンスさ れています。 Licensed by QUALCOMM Incorporated under one or more of the following United States Patents and/or their counterparts in other nations: 4,901,307 5,490,165 5,056,109 5,504,773 5,101,501 5,506,865 5,109,390 5,511,073 5,228,054 5,535,239 5,267,261 5,544,196 5,267,262 5,568,483 5,337,338 5,600,754 5,414,796 5,657,420 5,416,797 5,659,569 5,710,784 5,778,338 ● TVコール、デルモジ、メールアート、S!メールはソフト バンクモバイル株式会社の登録商標または商標です。 ● SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国お よびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商 標または商標です。 ● 「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米 国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。 ● This product contains ACCESS Co., Ltd.’s NetFront Internet browser software NetFront is a trademark or registered trademark of ACCESS Co., Ltd. in Japan and in other countries. ● 本製品のソフトウェアの一部に、Independent JPEG Group が開発したモジュールが含まれています。 ● THIS PRODUCT IS LICENSED UNDER THE MPEG-4 VISUAL PATENT PORTFOLIO LICENSE FOR THE PERSONAL AND NON-COMMERCIAL USE OF A CONSUMER FOR (i) ENCODING VIDEO IN COMPLIANCE WITH THE MPEG-4 VISUAL STANDARD ("MPEG-4 VIDEO") AND/OR (ii) DECODING MPEG-4 VIDEO THAT WAS ENCODED BY A CONSUMER ENGAGED IN A PERSONAL AND NONCOMMERCIAL ACTIVITY AND/OR WAS OBTAINED FROM A VIDEO PROVIDER LICENSED BY MPEG LA TO PROVIDE MPEG-4 VIDEO. NO LICENSE IS GRANTED OR SHALL BE IMPLIED FOR ANY OTHER USE. ADDITIONAL INFORMATION INCLUDING THAT RELATING TO PROMOTIONAL, INTERNAL AND COMMERCIAL USES AND LICENSING MAY BE OBTAINED FROM MPEG LA, LLC. SEE HTTP://WWW.MPEGLA.COM. ● Contains Macromedia® Flash® Flash LiteTM technology by Adobe Systems Incorporated. 708SC.book xxx ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxxi ● Copyright © 1995-2005 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. ● Macromedia, Flash, Macromedia Flash, and Macromedia Flash Lite are trademarks or registered trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and other countries. ● 「着うた®」「着うたフル®」は、株式会社ソニー・ミュージッ クエンタテインメントの登録商標です。 ● microSDTM はSDアソシエーションの商標 です。 ● Bluetooth is a trademark of the Bluetooth SIG, Inc. The Bluetooth word mark and logos are owned by the Bluetooth SIG, Inc. and any use of such marks by Samsung Electronics is under license. Other trademarks and trade names are those of their respective owners. Bluetooth ® について 708SCのBluetooth® 機能の周波数帯では、電子レンジな どの産業・科学・医療用機器や、工場の製造ラインなどで使 用されている構内無線局、アマチュア無線局など(以下、「他 の無線局」と略す)が運用されています。他の無線機器との 電波干渉を防止するため、下記の事項に注意してご使用くだ さい。 1 Bluetooth® 機能を使用する前に、近くで同じ周波数帯 を使用する「他の無線局」が運用されていないことを確 認してください。 2 万一、Bluetooth® 機能の使用にあたり、708SCと「他 の無線局」との間に電波干渉の事例が発生した場合には、 速やかに使用場所を変えるか、Bluetooth® 機能の使用 を停止(電波の発射を停止)してください。 3 その他不明な点やお困りのことが起きたときには、次の 連絡先へお問い合わせください。 連絡先:ソフトバンクお客様センター ソフトバンク携帯電話から 157(無料) ※ 一般電話からおかけの場合、「お問い合わせ先 一覧」(fP.26-23)を参照してください。 この無線機器は、2.4 GHz帯を使用します。変調方法として FH-SS変調方式を採用し、与干渉距離は1.5~5m以下です。 与干渉距離は、周囲の環境により変化します。 708SC.book xxxi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxxii 708SCの比吸収率(SAR)について 708SCの携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収 に関する技術基準に適合しています。 この技術基準は、人体頭部のそばで使用する携帯電話 機などの無線機器から送出される電波が人間の健康 に影響を及ぼさないよう、科学的根拠に基づいて定め られたものであり、人体側頭部に吸収される電波の平 均エネルギー量を表す比吸収率(SAR:Specific Absorption Rate)について、これが2W/kg※ の許 容値を超えないこととしています。この許容値は、使 用者の年齢や身体の大きさに関係なく十分な安全率 を含んでおり、世界保健機関(WHO)と協力関係に ある国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が示し た国際的なガイドラインと同じ値になっています。 708SCのSARは、1.05W/kgです。この値は、国 が定めた方法に従い、携帯電話機の送信電力を最大に して測定された最大の値です。 個々の製品によってSARに多少の差異が生じること もありますが、いずれも許容値を満足しています。ま た、携帯電話機は、携帯電話基地局との通信に必要な 最低限の送信電力になるよう設計されているため、実 際に通話している状態では、通常SARはより小さい 値となります。 SARについて、さらに詳しい情報をお知りになりた い方は、下記のホームページをご参照ください。 総務省のホームページ http://www.tele.soumu.go.jp/j/ele/index.htm 社団法人電波産業会のホームページ http://www.arib-emf.org/initiation/sar.html ※ 技術基準については、電波法関連省令(無線設備規則第14条の 2)で規定されています。 708SC.book xxxii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご利用になる前に 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-2 USIMカードのお取り扱い USIMカードをご利用になる前に USIM(ユーシム)カード(以下USIMカード)は電話番号 やお客様情報が入ったICカードです。USIMカード対応のソ フトバンク携帯電話に取り付けて使用します。708SCは、 USIMカードが取り付けられていないと利用できません。 USIMカードには電話帳とSMSを保存できます。USIMカー ドに保存したデータは、他のUSIMカード対応のソフトバン ク携帯電話でもご利用いただけます。 次の点にご注意ください。USIMカードの詳細については、 USIMカードに付属の説明書を参照してください。 ● USIMカードの取り付けや取り外しをするときには、必要以上に力 を入れないでください。 ● 他社製品のICカードリーダーなどにUSIMカードを挿入し、故障 したときは、お客様ご自身の責任となり当社では責任を負いかね ますのでご注意ください。 ● IC部分はいつもきれいな状態でご使用ください。 ● お手入れするときは、乾いた柔らかい布などで拭いてください。 ● USIMカードにラベルなどを貼り付けないでください。USIMカー ドは非常に薄く、精密に作られているため、ラベルやシール程度 の厚みでも接触不良やデータの破壊などの原因となることがあり ます。 IC USIMカード USIMカードについてのその他ご注意 ● USIMカードの所有権は当社に帰属します。 ● 紛失、破損などによるUSIMカードの再発行は有償となります。 ● 解約、休止などの際は、USIMカードを当社にご返却ください。 ● お客様からご返却いただいたUSIMカードは、環境保全のため リサイクルされています。 ● USIMカードの仕様、性能は予告なしに変更する可能性がありま す。ご了承ください。 ● 国内外を問わず、USIMカードならびにソフトバンク携帯電話(USIM カード挿入済み)の盗難・紛失の際は、必ず緊急利用停止の手 続きを行ってください。緊急利用停止の手続きはお問い合せ先 (fP.26-23)までご連絡ください。 ● 708SCの修理やUSIMカードの交換、機種変更を行った場合、 本体やメモリカードに保存した着うた® や着うたフル® 、動画な どのファイルがご利用になれなくなる可能性があります。あら かじめご了承ください。 ● お客様ご自身でUSIMカードに登録された情報内容は、別途メ モなどに控えて保管することをおすすめします。 万一、データが消失または変化した場合でも、当社では責任を 負いかねますのであらかじめご了承ください。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-3 USIMカードを取り付ける/取り外す USIMカードの取り付けや取り外しをするときは、電池パッ クを取り外す前に必ず電源を切ってください。 取り付ける A 電池パックを取り外す(fP.1-12) B USIM カードの金色の IC 部分を下側にして、 挿入口に差し込む C USIMカードが固定されるように、奥まで押し 込む 取り外す A 電池パックを取り外す(fP.1-12) B USIMカードに指を押し当て、スライドさせな がら静かに引き抜く IC 注意 ● 無理に取り付けたり取り外したりすると、USIMカードや708SC が破損することがありますのでご注意ください。 ● 取り外したUSIMカードは、紛失しないようご注意ください。 ● USIM カードの取り付けや取り外しを行うときは、IC 部分に不 用意に触れたり、傷をつけたりしないでください。また、電池 パックとの接点部分にも触れないようにしてください。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-4 PINコード USIMカードには、「PINコード」と「PIN2コード」の2つ の暗証番号があります。 PINコード 第三者によるソフトバンク携帯電話の無断使用を防ぐため の4~8桁の暗証番号です。 ● PINコードは変更できます(fP.13-2)。 ● 「起動時PIN認証」を「有効」に設定すると、USIMカード を708SCに取り付けて電源を入れたとき、PINコードを 入力しないと708SCを使用できなくなります(fP.13-3)。 PIN2コード 累積通話料金のリセットや、通話料金の上限設定を行うとき に使用する4~8桁の暗証番号です。 ● PIN2コードは変更できます(fP.13-2)。 PINロック解除コード(PUK/PUK2コード) PINロック解除コード(PUKコード)とは、PINロック状態 を解除するために使用する暗証番号です。PINコードまたは PIN2コードの入力を3回続けて間違えると、PINロック状 態になります。 PINロック解除コードについては、お問い合わせ先(fP.26-23) までご連絡ください。 注意 ● PINロック解除コードを10回続けて間違えると、USIMカード がロックされ、708SCを使用できなくなります。PINロック解 除コードはメモに控えるなどして、お忘れにならないようにご注 意ください。 ● USIMカードがロックされた場合、ロックを解除する方法はあり ません。お問い合わせ先(fP.26-23)までご連絡ください。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-5 各部の名称と機能 本体 a b de et g* i cw o udlr l mc fC y k j i p o # h n 0 9 充電端子/ u外側カメラ vミラー wメモリカード y電池カバー tマイク(送話口) xv qサイドキー n rサイドキー b zストラップ  取り付け穴 ストラップの取り付けかた  外部接続端子 スロット s 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-6 aレシーバー(受話口)/スピーカー bディスプレイ c左ソフトキー/メールボタン 画面左下のソフトキーエリアに表示された内容を実行するときに 使います。 dメディアプレイヤー/文字ボタン メディアプレイヤーを起動するときや、文字の入力モードを切り 替えるときに使います。 e開始ボタン 音声電話をかけたり受けたりするときに使います。 fクリア/バックボタン 文字を消去するときや、操作を1つ前の状態に戻すときに使います。 g ボタン 文字を入力するときや、改行の入力などに使います。モード設定 画面の呼び出しにも使います(1秒以上押す)。 h内蔵アンテナ i内側カメラ 自分を撮影するときや、TVコール利用時に使います。 jマルチファンクションボタン 項目の検索やカーソルの移動、画面のスクロールなどに使います。 k右ソフトキー/Yahoo!ケータイ・ボタン 画面右下のソフトキーエリアに表示された内容を実行するときに使います。 lスイッチボタン スイッチバー(fP.1-20)を表示させます。 mメニューボタン/中央ソフトキー メインメニューを呼び出すときに使います。画面中央下のソフト キーエリアに表示された内容を実行するときにも使います。 n電源/終了ボタン 電源を入れたり切ったりするときや、操作を終了するときに使います。 oダイヤルボタン 電話番号や文字を入力するときに使います。メニューの選択にも使います。 p#/マナーボタン 入力モードを切り替えるときに使います。マナーモードの設定や 解除にも使います(1秒以上押す)。 qサイドキー n 音量を上げます。TVコール中に画像を拡大するときにも使いま す。 rサイドキー b 音量を下げます。TVコール中に画像を縮小するときにも使いま す。 s充電端子/外部接続端子 急速充電器やステレオイヤホンマイク、パソコンなどを接続する 端子です。 tマイク(送話口) u外側カメラ 撮影するときや、TVコール中に周囲の風景などの映像を送信する ときに使います。 vミラー 外側カメラで自分を撮影するときに使います。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-7 wメモリカードスロット メモリカードを取り付けるスロットです。 xカメラボタン カメラの起動や撮影に使います。 y電池カバー 電池パックやUSIMカードの取り付けや取り外しをするときは、 ここを開けます。 zストラップ取り付け穴 ディスプレイ a 電波の受信レベル( の棒の数が多いほど電波の 状態が良好) 圏外(サービスエリア外または電波の届かない場所 にいるときに表示) 圏外(Languageが「English」または「 」 に設定されている場合の表示) b 3G(UMTS)網接続中/ローミング中 GSM網接続中/ローミング中 ウェブSSL接続中 c (青)Bluetooth ® 通信可能 (青とピンクに点滅)Bluetooth ® 通信中 Bluetooth ® を利用してインターネット通信中 Bluetooth ® 対応のヘッドセットに接続中 (青)USB通信可能 (オレンジと黄色に点滅)USB通信中 補足 ● 内蔵アンテナについて 708SCは内蔵アンテナで送受信するため、外部アンテナはあり ません。 内蔵アンテナ部分は、手で覆ったりすると感度に影響しますの でご注意ください。また、内蔵アンテナ部分にシールなどを貼 らないでください。ご使用中の体の向きや通話している場所に よっては通話品質が変わることがあります。 a bcdef g i h 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-8 708SCをモデムとしてインターネット通信中 d 音声電話発信中/通話中 TVコール発信中/通話中 キーロック設定中 e 新着S!メールあり 新着SMSあり 未再生の留守番電話メッセージあり 未再生の簡易留守録メッセージあり メモリカードを取り付けている状態 ソフトウェア更新表示 f 通常モード中 マナーモード中 運転中モード中 ミーティングモード中 アクティブモード中 オフラインモード中 g 電池が十分残っている 電池の残量が少ない 電池がほとんど残っていない (点滅)電池残量なし h サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 以外に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「ON」に設定中 サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 以外に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「OFF」に設定中 サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「ON」に設定中 サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「OFF」に設定中 i ローミング中 留守番電話または音声通話の転送電話「呼び出しな し」を設定中 簡易留守録設定中 S!メール空き容量なし SMS空き容量なし 留守番電話メッセージ空き容量なし 目覚ましアラーム/アラーム設定中 補足 ● (赤)が表示されたときは パケット接続とS!メール送信のみ可能です。通話、S!メールの 受信通知およびSMS送受信はできません。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-9 電池パックと充電器のお取り扱い 電池パックと充電器をご利用になる前に 初めてお使いになるときや、長時間ご使用にならなかったと きには、ご使用前に必ず充電してください。 充電について ● 長時間使用しない場合でも、なるべく6か月に一度は充電 してください。長い間ご使用にならなかった電池パックは 十分に充電されず、使用時間が短くなることがあります。 ● 電池パックはリチウムイオン電池を使用しています。リチ ウムイオン電池はメモリ効果がないため、継ぎ足し充電が できます。 ● 次のような場所では充電しないでください。 - 周囲の温度が5℃以下、または40℃以上になる場所 - 湿気、ほこり、振動の多い場所(誤動作の原因となり ます) - ラジオなどのそば(ラジオなどに雑音が入ることがあ ります) ● 充電中に電池パックや充電器が温かくなることがありま すが、異常ではありません。ただし、手で触れられないほ ど熱くなった場合は、充電を中止し、お問い合わせ先 (fP.26-23)までご相談ください。 ● 電池パックを使い切った状態で保管、放置はしないでくだ さい。また、電池パックを長期間保管または放置される場 合は、半年に1回程度、電池パックの充電を行ってくださ い。電池パックが使用できなくなる可能性があります。 ● 電池パックは消耗品です。電池パックを完全に充電しても 使用できる時間が極端に短くなったら、交換時期です。新 しい電池パックをお買い求めください。 注意 ● 708SCに使用する充電用機器は、必ず当社指定のものをご使用 ください。また、708SC以外の製品に使用しないでください。 ● 電池パック単体で充電することはできません。必ず 708SC に 電池パックを取り付けた状態で充電してください。電池パック なしの状態では、充電することも電源を入れることもできませ ん。 ● 充電器を長時間ご使用にならない場合は、プラグをコンセント やシガーライターソケットから抜いてください。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-10 電池パックの持ちについて 次のような使いかたや操作をすると、電池パックの消耗が早 まり、利用可能時間が短くなります。 ● 使用環境 - 極端な低温または高温の状態での使用、および保存 (5~40℃の温度範囲でご使用ください) - 電波の弱い場所での通話や、圏外表示での待ち受け(な るべく電波状態の良い環境でご使用ください) - 708SCや電池パック、充電器の充電端子の汚れ(汚れ のために接触が悪くなると、正常に充電できなくなり ます) ● 操作 - カメラでの撮影を何度も行ったとき - 動画やメロディを再生したとき - メール作成などで連続したボタン操作をしたとき(照 明の点灯時間が長くなるため) - Bluetooth ® 通信を何度も行ったとき ● 設定 - フォトスライドを設定しているとき - ディスプレイ設定で、明るさのレベルを上げているとき や、バックライトで長時間の点灯を設定しているとき - メディアプレイヤーのバックライトが「常時 ON」に 設定されている状態で、メロディを再生したとき 不要になった電池パックは 不要になった電池パックは、一般のゴミと一緒に捨てずに、 端子にテープなどを貼り付けて絶縁し、個別回収に出すか最 寄りのソフトバンクショップへお持ちください。電池を分別 廃棄している市町村の場合は、その条例に基づいて廃棄して ください。 リチウムイオン電池は、リサイクル可能な貴重な資源です。 電池が切れると 電池がほとんど残っていない状態になると、警告音とメッ セージでお知らせします。電池パックを充電してください。 そのまま充電をしないでいると、自動的に708SCの電源が 切れます。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-11 電池パックを取り付ける/取り外す 取り付ける A 電池カバーを矢印の方向に押しながらスライ ドさせる B 電池カバーを矢印の方向に引き上げて、取り 外す C 708SCの突起部に電池パックのくぼみを合わ せて取り付ける D 電池カバーの突起部を708SCのくぼみに差し 込んで取り付ける a b 注意 ● 電池カバーを外すときには、電池カバーの突起部を708SCのく ぼみに差し込んだまま無理に開かないでください。電池カバーの 突起部が壊れる場合があります。 突起部 突起部 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-12 取り外す 電池パックの取り外しは、電源を切ってから行ってくださ い。また、急速充電器またはシガーライター充電器を接続し ていない状態で行ってください。 A 電池カバーを矢印の方向に押しながらスライ ドさせる B 電池カバーを矢印の方向に引き上げて、取り 外す C 電池パックを持ち上げて、取り外す 急速充電器を利用して充電する 必ず付属の急速充電器を使用してください。 A 端子キャップを開き、外部接続端子に接続コ ネクターを差し込む ● 取り付けるときに、電池パックに無理な力を加えないでくださ い。708SCの充電端子が壊れる場合があります。 a b 端子キャップ 接続コネクター の△のある面を 上向きにする 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-13 B 電源コードのプラグをAC100V コンセントに 差し込む C 充電が終わったら、708SCから接続コネクター を抜いて端子キャップを閉め、電源コードのプ ラグをACコンセントから抜く パソコンのUSBポートを使った充電について 付属のUSBケーブルでパソコンと接続することにより、708SC を充電できます。 a708SCの端子キャップを開き、外部接続端子にUSBケーブ ルの接続コネクターを差し込む bUSBケーブルのUSBコネクターをパソコンのUSBポートに 差し込む c充電が終わったら、708SCから接続コネクターを抜いて端子 キャップを閉め、USBケーブルのコネクターをUSBポートか ら抜く 急速充電器を利用するときよりも、充電完了まで時間がかかりま す。また、接続するパソコンにより、充電にかかる時間が異なり ます。電池がほとんど残っていない場合、充電できないことがあ ります。 AC100V コンセント 電源プラグ 補足 ● 充電完了を確認するには 電源が入っているときはディスプレイの電池アイコンで確認で きます。充電中は → → のように残量表示が変わり、 充電が完了すると が点滅します。 電源を切っているときはディスプレイの表示で確認できます。 充電が開始されると「充電中…」と表示され、完了すると、「充 電が完了しました」と表示されます。 ● 充電にかかる時間は 約140分です。時間は708SCの電源が入っていて、何も操作 していない(ディスプレイが消灯している)状態で充電した場 合の目安です。何らかの操作をしながら充電すると、充電時間 は長くかかります。また、周囲の温度によっても変わります。 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-14 シガーライター充電器(オプション) を利用して充電する A 端子キャップを開き、外部接続端子に接続コ ネクターを差し込む B シガーライターソケットにプラグを差し込む C 車のエンジンをかける D 充電が終わったら、708SCから接続コネクター を抜いて端子キャップを閉め、プラグをシガー ライターソケットから抜く 端子キャップ 接続コネクター の△のある面を 上向きにする 電源プラグ シガ-ライター充電器 シガ-ライターソケット 補足 ● 充電完了を確認するには(fP.1-13) ● 充電にかかる時間は(fP.1-13) ● シガーライター充電器をお使いになる場合は シガーライター充電器の操作方法などについては、シガーライ ター充電器の取扱説明書を参照してください。充電するときは、 708SCを固定させるため、車載ホルダーを利用されることをお すすめします。 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-15 電源を入れる/切る 電源を入れる Ayを1秒以上押す 注意 ● 炎天下で高温になった自動車内では充電しないでください。 ● このシガーライター充電器はマイナスアース車専用(12V/24V 両用)です。 補足 ● お客様の電話番号を確認するには cを押し、0を押します。オーナー情報(名前やE-mailア ドレスなど)の登録や編集もできます(fP.5-14)。 ● 起動時PIN認証を「有効」にしている場合は 電源を入れるたびにPINコードを入力する必要があります。 ● 操作をしない状態が続くと(fP.8-6) 電池の消耗を抑えるため、自動的に画面表示が消えます。 この画面を「待受画面」と いいます。 708SC.book 15 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-16 電源を切る Ayを2秒以上押して、ディスプレイが消灯 することを確認する 日付・時刻の設定 日付や時刻を設定する 時刻や日付を設定しないとご利用になれない機能があります。 日時設定からは、時刻や年月日の表示形式も変更できます。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「日時 設定」の順に選択する B 設定操作をする 時刻を設定する場合は 時間欄を反転表示し、時刻を入力する 「AM」/「PM」を設定する場合は(時刻表示形式 「12H」の場合のみ) a時間欄を反転表示し、r で「AM」または「PM」 にカーソルを合わせる brを押して設定を切り替える 日付を設定する場合は 日付欄を反転表示し、年月日を入力する 時刻の表示形式を変更する場合は a時刻表示形式欄を選択する b設定を選択し、c(OK)を押す 日付の表示形式を変更する場合は a日付表示形式欄を選択する b設定を選択し、c(OK)を押す Cw(保存)を押す お買い上げ時 ■ 時間形式:24H ■ 日付表示形式:YYYY年 MM月 DD日 708SC.book 16 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-17 日付や時刻を自動的に補正する 定期的に送信される情報を受信して、日付や時刻を自動的に 補正することができます。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「日時 設定」の順に選択する B タイムゾーンの更新欄を選択し、設定操作を する Cw(保存)を押す タイムゾーンを変更する お使いの地域に合わせて日付や時刻を切り替えます。サマー タイムも設定できます。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「日時 設定」の順に選択する B タイムゾーン欄を選択する C 設定操作をする タイムゾーンを変更する場合は asで目的の地域を指定する bc(OK)を押す サマータイムを設定する場合は aj で「サマータイム」を選択してチェックありに する bw(OK)を押す Dw(保存)を押す お買い上げ時 ■ 最初に確認 補足 ● 「タイムゾーンの更新」の設定内容は 「手動のみ」:自動補正を行いません。 「最初に確認」:タイムゾーンの異なる国、地域に移動したとき にそのタイムゾーンに合わせて日付や時刻を補正します。ネッ トワークから時間情報を受信すると、「自動」に切り替えるかど うかを確認するメッセージが表示されます。 「自動」:設定後に708SCが再起動し、ネットワークから送られ てくる時間情報(タイムゾーン、日付、時刻など)に合わせて 日付や時刻を自動的に補正します。ただし、ネットワークによっ ては時間情報が送られてこない場合がありますので、そのとき は他の設定に切り替えてください。 お買い上げ時 ■ タイムゾーン:GMT+9h ■ サマータイム:チェックなし 708SC.book 17 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-18 機能の呼び出しかた メインメニューから機能を呼び出す A 待受中にcを押す B 目的の項目を反転表示し、c(選択)を押す C 操作2を繰り返して、目的の機能を呼び出す 〈例〉設定メニューから「ディスプレイ設定」を選択して、 「壁紙設定」を選択する場合 メインメニュー 「設 定」を反 転表示 し、 c(選択)を押す 「ディスプレイ設定」を反 転表示し、c(選択)を 押す 壁紙の設定画面が表示さ れる 「壁紙設定」が反転表示さ れている状態でc(選 択)を押す 708SC.book 18 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-19 ポップアップメニューが「ON」の場合の操作について ポップアップメニュー(fP.8-5)を「ON」に設定していると きは、操作2で目的の項目を反転表示したときに小項目が吹き出 しで表示されます。表示は異なりますが、操作手順は同様です。 番号を入力して項目を選択する操作について メニュー項目画面や一覧画面に「1」「2」などの項目番号が表示 されている場合は、この数字のダイヤルボタンを押すことによ り、項目を選択できます。 ショートカットキーで機能を呼び出す 待受中に、ショートカット機能を割り当てられているボタン を押します。 ※ ショートカットには、頻繁に利用する機能などを登録できます (fP.15-7)。 補足 ● メニュー操作を終了するには yを押します。メニュー操作を終了し、待受画面に戻ります。 ただし、複数の機能を同時に使っている場合は、起動中のほか の機能に切り替わります。 ● メニュー操作を途中でやめるには yを押します。設定中の内容を破棄して待受画面やもとの画 面に戻ります。ただし、メニューによっては内容を破棄するか どうかのメッセージが表示されます。 ● メニュー操作の表記について(fP.xv) ボタン 呼び出される画面 w メールメニュー o Yahoo!ケータイのメインメニュー o(1秒以上) Yahoo!ケータイメニュー e メディアプレイヤーのミュージックプレイリス ト一覧画面 e(1秒以上) メディアプレイヤーのミュージック再生画面 (最後に再生したミュージックの再生を開始) i スイッチバー u ショートカット※ d 電話帳の検索画面 l 着信履歴 r 発信履歴 t 全履歴 *(1秒以上) モード設定 #(1秒以上)(マナーモードの設定/解除) v(1秒以上) カメラ/ビデオの撮影画面(最後に使った撮影 方法) 708SC.book 19 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-20 スイッチバーで機能を呼び出す 「通話」「メール」「Yahoo!ケータイ」「メディアプレイヤー」 を呼び出せます。スイッチバーを使うと、音楽を聴きながら メールを作成したり、通話中にウェブを利用するなど、複数 の機能を切り替えながら利用できます。 A 待受中または操作中にiを押す B sで目的の機能を反転表示してc(選択) を押す 起動中の機能を1つ終了する場合は 終了する機能の画面を表示中にyを押す 起動中の機能をすべて終了する場合は aiを押す bs で「全て終了しますか?」を反転表示して c (はい)を押す メニューの使いかた 画面の右下に「メニュー」と表示されているときにoを 押すと、メニューが表示されます。 メニューを実行するには、目的の項目を反転表示し、c (選択)を押します。 補足 ● 起動中の機能をすべて終了したときは メールの作成中やYahoo!ケータイでホームページを表示中で も、確認メッセージを表示せずに、起動中の機能をすべて終了 します。確認後に終了するときは、yを押して1つずつ終了 してください。また、メールの作成中や音声録音中、動画撮影 中にすべて終了した場合、それまでの内容は保存されず消去さ れます。 補足 ● メニュー操作の表記について(fP.xv) 708SC.book 20 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-21 暗証番号 708SCのご使用にあたっては、「暗証番号」と「交換機用 暗証番号」「発着信規制用暗証番号」が必要になります。 暗証番号 お買い上げ時は「9999」に設定されています。708SCの 各機能を操作するときに使用します。 ● 入力した暗証番号は「*」で表示されます。 ● 暗証番号を間違って入力したときは、番号間違いの確認 メッセージが表示されます。操作をやり直してください。 ● 暗証番号は、708SCの操作で変更できます(fP.13-2)。 交換機用暗証番号 ご契約時の4桁の数字です。オプションサービスを一般電話 から操作するときや、「ウェブの有料情報」の申し込みの際 に必要な番号です。 発着信規制用暗証番号 ご契約時の4桁の数字です。708SCで発着信規制サービスの 設定を行うときに使用します。入力を3回続けて間違えると、 発着信規制サービスの設定変更ができなくなります。この場 合、発着信規制用暗証番号と交換機用暗証番号の変更が必要 となりますのでご注意ください。 ● 発着信規制用暗証番号は、708SCの操作で変更できます (fP.16-10)。 注意 ● 暗証番号や交換機用暗証番号、発着信規制用暗証番号はお忘れ にならないようにご注意ください。万一お忘れになった場合は、 所定の手続きが必要になります。詳しくは、お問い合わせ先 (fP.26-23)までご連絡ください。 ● 暗証番号や交換機用暗証番号、発着信規制用暗証番号は、他人 に知られないようにご注意ください。他人に知られ悪用された ときは、その損害について当社は責任を負いかねますので、あ らかじめご了承ください。 708SC.book 21 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分1-22 708SC.book 22 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基本的な操作のご案内 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-2 電話をかける 電話帳を使ってかける操作はP.5-9を、TVコールをかける 操作はP.6-2を参照してください。 A 電話番号を全桁(市外局番を含む)入力する 電話番号のリストが表示された場合は(fP.5-9) スピードダイヤルで電話をかける場合は(fP.5-10) B 電話番号を確認し、tを押す C 通話が終わったら、yを押す 日本から国際電話をかけるには 国際電話のご利用には、別途お申し込みが必要です。詳しくは、 『サービスガイド(3G)』を参照してください。 a電話番号全桁(市外局番を含む)を入力する bメニューから「国際発信」を選択する c発信先の国を選択するか、「ユーザ入力」を選択して国番号を 入力する d「日本から」を選択する e電話番号を確認して、tを押す 海外にいる相手のソフトバンク携帯電話にかけるには 相手のいる国にかかわらず、ソフトバンク携帯電話番号だけでか けられます。 補足 ● 電話番号を押し間違えたときは Cを押すと、最後の数字が消えます。Cを1秒以上押すと、 すべての数字が消えます。 ● 電話番号として「P(ポーズ)」や「+(国際コード)」を入力す るには 「P」を入力するには、*を1秒以上押します。「+」を入力 するには、0を1秒以上押します。 ● 相手がお話し中のときは yを押して電話を切り、しばらくしてからかけ直してくださ い。オートリダイヤル(fP.15-2)を「ON」に設定している 場合は、自動的に電話を切ってリダイヤルする動作が繰り返さ れます。リダイヤルを停止するには、o(キャンセル)また はyを押します。 ● ステレオイヤホンマイクを接続しているときは 電話番号を入力後、ステレオイヤホンマイクのスイッチを1秒以 上押しても電話をかけられます。「イヤホン通話」を「ON」に 設定している場合は、スイッチを1秒以上押すだけで指定した電 話番号に電話をかけられます。電話を切るときもスイッチを1秒 以上押します。 ● 通話中にできる操作は(fP.2-7) 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-3 海外で電話をかけるには(fP.2-14) 電話番号を入力した画面のメニュー操作 電話を受ける A 着信中にtまたはc(通話)を押す B 通話が終わったらyを押す メニュー 内 容 TVコール 入力した電話番号にTVコールをかけま す(fP.6-2)。 電話帳登録 入力した電話番号を、本体またはUSIM カードの電話帳に登録します(fP.5-5)。 メール作成 入力した電話番号を宛先としたメール を作成します(fP.17-5)。 電話帳検索 電話帳の検索画面に切り替えます。 通話履歴 通話履歴画面に切り替えます。 国際発信 入力した電話番号に国際コードと国番 号 を 付 加 し て 国 際 電 話 を か け ま す (fP.2-2)。 発信者番号通知/ 非通知 お客様の電話番号を通知/非通知にし て電話をかけます。「ネットワーク設定 に従う」を選択すると、発信者番号通知 サービス(fP.16-11)の設定に従い ます。「番号通知」を選択すると、電話 番号を通知します。「番号非通知」を選 択すると、電話番号を非通知にします。 補足 ● エニーキーアンサー(fP.15-4)を「ON」に設定している場合は 着信中にw、o、y、サイドキー nbを除くどのボタ ンを押しても音声電話を受けられます。 ● 着信音を消すには 着信中にw(ミュート)を押します。ミュート中も、相手側 では呼び出し状態が続いています。電話に出られるようになっ たら、c(通話)を押します。 ● 着信音量を調節するには 着信中にサイドキー nまたはbを押します。 ● ステレオイヤホンマイクを接続しているときは 着信中にステレオイヤホンマイクのスイッチを1秒以上押しても 受けられます。電話を切るときもスイッチを1秒以上押します。 ● 通話中にできる操作は(fP.2-7) 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-4 着信音について 相手の電話番号が電話帳に登録され、個別またはグループごとの 着信音が設定されている場合は、設定されている着信音が鳴りま す(fP.5-3、5-6)。それ以外の場合は、モードごとに設定され ている着信音が鳴ります(fP.9-2)。 シークレットモード設定が「非表示」のとき、電話帳のシーク レットモードが「ON」の相手から着信があった場合も、モード ごとに設定されている着信音が鳴ります。 電話がかかってきたときの表示について 相手が電話番号を通知してかけてきたときは、電話番号が表示さ れます。電話番号が電話帳に登録されている場合は、登録されて いる名前が表示されます。相手が電話番号を通知してこなかった 場合は、「非通知設定」と表示されます。 電話帳やグループに着信画像が設定されている場合は、画像も表 示されます(fP.5-3、5-6)。 シークレットモード設定が「非表示」のとき、電話帳のシーク レットモードが「ON」の相手から着信があった場合は、名前や 画像は表示されません。 電話に出なかったときの表示について(不在着信) かかってきた電話に出なかったときは、「不在着信」と表示して お知らせします。w(表示)を押すと、不在着信履歴(fP.2- 9)を確認できます。 電話に出られないときの便利な機能について オプションサービスの転送電話サービスまたは留守番電話サー ビスをご利用になると、電話に出られないときに指定した電話番 号に自動的に転送したり、留守番電話センターで伝言メッセージ をお預かりしたりできます。これらのサービスを「呼び出しあり」 でご利用の場合は、着信中にo(転送)を押すと、すぐに転送 先または留守番電話センターに転送できます(fP.16-3、16-4)。 詳しくは16章「オプションサービス」を参照してください。 また、簡易留守録を利用すると、708SC本体に15秒までのメッ セージを最大3件まで録音することができます(fP.2-5)。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-5 着信を拒否して電話を切る 着信中の電話に応答せず、強制的に切ります。拒否した電話 は、不在着信履歴に記録されます。 A 着信中にyを押す 簡易留守録の利用 電話に出られないとき、相手の用件を708SC本体に録音で きます。用件は1件につき最長15秒間録音でき、3件まで保 存できます。 簡易留守録を設定/解除する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「On/Off設定」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 簡易留守録を設定すると 待受画面に が表示されます。 補足 ● サイドキー設定(fP.15-5)を「応答拒否」に設定している場 合は 着信中にサイドキー nまたはbを1秒以上押しても着信を拒否 できます。 ● 相手に「お話し中です」と通知して電話を切るには 転送電話サービス(fP.16-2)または留守番電話サービス (fP.16-4)をご利用になっていない場合、着信中にo(転 送)を押すと、着信を拒否します。このとき相手のディスプレ イには、こちらがお話し中である旨のメッセージが表示されま す。ただし、相手がこの機能に対応していない場合、メッセー ジ表示されません。 ● 着信を自動的に拒否するには(fP.13-7) お買い上げ時 ■ OFF 注意 ● 電波の届かない場所にいるときや 708SC の電源を切っている とき、オフラインモード中は、簡易留守録を利用できません。着 信ができない状況の場合は、オプションサービスの留守番電話 サービスをご利用ください。 ● 708SC本体の共有メモリ(fP.26-13)の空き容量が600K バイトより少ない場合は、簡易留守録を利用できません。   708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-6 呼出時間を設定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「応答時間」の順に選択する B 設定を選択し、「時間設定(0-60秒)」を選択 した場合はdを押して時間を入力する C c(保存)を押す 応答メッセージの言語を設定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「応答言語」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 録音された用件を確認する 簡易留守録に伝言メッセージが録音されると、画面に が 表示されます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「録音メッセージ再生」の順に選 択する B 用件を反転表示し、c(再生)を押す お買い上げ時 ■ 時間設定(18秒) お買い上げ時 ■ 日本語 補足 ● 用件を削除するには 一覧画面で用件を反転表示し、w(削除)を押して「はい」 を選択します。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-7 通話中の操作 相手の声の音量を調節する 受話口やステレオイヤホンマイクのイヤホンから聞こえる 相手の声の大きさを調節できます。 A 通話中にサイドキー nbまたはjを押す 通話を保留にする 保留中は相手に保留音が流れ、双方の声が聞こえなくなりま す。保留操作を行うには、割込通話サービス(fP.16-6) または多者通話サービス(fP.16-7)のお申し込みが必要 です。どちらも非加入になると、保留機能が使用できません。 A 通話中にw(保留)を押す B 通話に戻るときは、w(応答)を押す スピーカーホン通話に切り替える A 通話中にc( )を押し、「はい」を選択する スピーカーホン通話から通常の通話に切り替える場合は 通話中にc( )を押す 相手の声を録音する 通話中にボイスレコーダーを利用して、相手の声を録音でき ます。最長2分間録音できます。 A 通話中にvを1秒以上押す B c(録音)を押す C 停止/一時停止操作をする 停止して保存する場合は w(停止)を押す 一時停止する場合は ac(一時停止)を押す b録音を再開する場合は c(録音)を押し、録音を 終了する場合はw(保存)を押す 補足 ● 受話音量がレベル5のときにサイドキー nまたはuを押すと スピーカーホン通話にするかどうかの確認画面が表示されま す。スピーカーホン通話にする場合は「はい」を選択します。 ● スピーカーホン通話中の受話音量がレベル1のときにサイド キー bまたはdを押すと スピーカーホン通話をオフにする旨の画面が表示され、通常の 通話に切り替わります。 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-8 通話中のメニュー操作 補足 ● 音声が録音されると 録音された音声ファイルは、データフォルダのメロディ& ミュージックフォルダに保存されます。 ● 録音中に他の相手から電話がかかってくると 割込通話サービスをご利用の場合、録音中に着信があると、録 音を終了し、着信画面を表示します。 ● 録音中に電話が切れると 録音が自動的に終了し、音声が保存されます。 メニュー 内 容 ささやきON/ささ やきOFF 「ON」にすると小さい声でも相手に大きく 伝えられます。 ミュート 「音声」または「キー操作音」をチェックあ りにしてw(OK)を押すと、こちらの音 声またはキー音が相手に聞こえなくなりま す。 発信 「多者通話サービス」(fP.16-7)をご利用 の場合に有効です。表示される電話番号入 力画面に電話番号を入力してc(発信)を 押すと、電話をかけられます。 電話帳 電話帳の検索画面に切り替えます。 電話帳登録 通話中の相手の電話番号を、本体または USIMカードの電話帳に登録します (fP.5-3)。 メール作成 通話中の相手の電話番号を宛先としたメー ルを作成します(fP.17-5)。 プッシュトーン送信 ダイヤルボタンを押してc(送信)を押す と、プッシュトーンを送信できます。 音声録音 通話中の相手の声を録音します (fP.2-7)。 メモ メモを作成し、保存します(fP.14-8)。 通話終了 電話を切ります。 ヘッドセットに切替/ 本体に切替 Bluetooth ® 対応のヘッドセットをご利用 の場合に有効です。ヘッドセットを使った 通話または通常の通話に切り替えます。 メニュー 内 容 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-9 通話履歴の利用 通話履歴を確認する A rを押す B sで履歴一覧を切り替える 電話番号や1通話ごとの通話時間などを確認する場合は 履歴を反転表示し、c(表示)を押す 履歴一覧のアイコンについて 履歴一覧には、音声電話とTVコールを識別するアイコンが表示 されます。 :本体の電話帳に登録されている電話番号 との音声電話(電話番号のアイコン) :USIMカードの電話帳に登録されている電話番号との音声 電話またはTVコール :電話帳に登録されていない電話番号との音声電話 :本体の電話帳に登録されている電話番号とのTVコール 「全履歴」には、履歴の種別を示すアイコンも表示されます。 :着信     :着信拒否    :不在着信    :発信 通話履歴を使って電話をかける A rを押す B sで履歴一覧を切り替える C 履歴を反転表示し、tを押す TVコールをかける場合は メニューから「TVコール発信」を選択する 通話履歴を削除する 1件削除する A rを押す B sで履歴一覧を切り替える C 履歴を反転表示してメニューから「削除」→ 「1件」の順に選択し、「はい」を選択する 全履歴 すべての発着信履歴一覧です。 不在着信履歴 かかってきた電話に出なかったときの履歴一覧です。 着信履歴 かかってきた電話に出たときの履歴一覧です。 発信履歴 かけた電話の履歴一覧です。 補足 ● シークレットモード設定を「非表示」に設定しているときは 履歴の相手が電話帳に登録され、シークレットモードが「ON」 に設定されている場合は、名前が表示されません。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-10 すべて削除する 各履歴一覧の内容をまとめて削除できます。 A rを押し、sで削除する履歴一覧に切り替 える すべてまとめて削除する場合は sで「全履歴」に切り替える B メニューから「削除」→「全件」の順に選択 し、「はい」を選択する C 暗証番号を入力し、c(確認)を押す 補足 通話履歴のメニュー操作 ● 1通話ごとの履歴を削除するには a操作1~2を行う b履歴を反転表示し、c(表示)を押す c履歴を反転表示してメニューから「削除」→「1 件」の順に 選択し、「はい」を選択する メニュー 内 容 音声電話発信 通話履歴の電話番号に音声電話をかけま す。 TVコール発信 通話履歴の電話番号にTVコールをかけま す(fP.2-9)。 電話帳登録 通話履歴の電話番号を電話帳に登録します (fP.5-5)。 メール作成 通話履歴の電話番号を宛先としたメールを 作成します(fP.17-5)。 削除 通話履歴を削除します(fP.2-9)。 拒否リスト追加 履歴の電話番号を着信拒否リスト (fP.13-8)に登録します。 電話帳表示 通話履歴の電話番号が登録されている電話 帳の詳細画面を確認できます。 国際発信 通話履歴の電話番号に国際コードと国番号 を付加して国際電話をかけます(fP.2-2)。 発信者番号通知/ 非通知 お客様の電話番号を通知/非通知にして電 話をかけます。「ネットワーク設定に従う」 を選択すると、発信者番号通知サービスの 設定に従います。「番号通知」を選択すると、 電話番号を通知します。「番号非通知」を選 択すると、電話番号を非通知にします。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-11 通話時間/通話料金を管理する 通話データ管理の各項目から、次の操作ができます。 データ通信量/通話時間/通話料金を 確認する A cを押し、「通話履歴」を選択する B 確認する項目を選択する 累積データ通信量をリセットする場合は a累積データ通信量画面でリセットする項目を反転表 示し、メニューから「リセット」を選択する b「はい」を選択する 累積データ通信量をすべてリセットする場合は a累積データ通信量画面で、メニューから「全てリセッ ト」を選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を 選択する 累積通話料金をリセットする場合は a通話料金画面のメニューから「累積通話料金リセッ ト」を選択する bPIN2コードを入力し、c(確認)を押す 累積通話時間をリセットする場合は a累積通話時間画面でリセットする項目を反転表示 し、メニューから「リセット」を選択する b「はい」を選択する 累積通話時間をすべてリセットする場合は a累積通話時間画面で、メニューから「全てリセット」 を選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を 選択する 通話料金の通貨単位を変更する場合は a通話料金画面のメニューから「通貨設定」を選択する bPIN2コードを入力し、c(確認)を押す cレート欄を反転表示して円に対するレートを入力する d通貨欄を反転表示して通貨単位を入力する ew(保存)を押す 累積データ通 信量 累積パケット量の目安を確認、リセットできます。 通話料金 累積通話料金、前回の通話の料金の目安を確認で きます。累積通話料金はリセットできます。通貨 単位の変更や、通話料金の上限の設定もできます。 累積通話時間 発着信した音声電話、TVコールの通話時間の目安 を確認、リセットできます。 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-12 通話料金の限度額を設定する 通話料金の上限を超えると、緊急電話発信(fP.2-14)を 除くすべての電話の発信やメールの送受信、ウェブ接続(通 話料、通信料が課金される操作)ができなくなります。 A cを押し、「通話履歴」→「通話料金」の順 に選択する B メニューから「料金上限設定」を選択する C PIN2コードを入力し、c(確認)を押す D 限度額を入力する 通話中の画面に通話料金を表示する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「通話 料金・時間」→「通話料金表示」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 海外での利用(国際ローミング) 国際ローミングのご利用には、別途お申し込みが必要です。 海外でのご利用の詳細については、『国際ローミングガイド』 を参照してください。海外にお出かけになったときは、『国 際ローミングガイド』を携帯してください。 ネットワークモードを切り替える A cを押し、「設定」→「外部接続」→「3G・ GSM選択」の順に選択する B 設定を選択する お買い上げ時 ■ OFF お買い上げ時 ■ 3G 補足 ● ネットワークモードの設定について 「自動」:お使いの場所(ネットワークの状態)に応じて、自動 的にモードが切り替わる 「GSM900/1800」:海外のGSM900/1800サービスエリア で使用できるモード 「GSM1900」:海外のGSM1900サービスエリアで使用でき るモード 「3G」:日本国内と海外の3G/UMTSサービスエリアで使用で きるモード 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-13 ネットワークを設定する 接続するネットワークを選択する ご利用になる地域によって、ネットワーク(事業者)を切り 替える必要があります。自動的に切り替えることもできま す。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「事業 者選択」の順に選択する B 設定を選択する 自動的に選択させる場合は 「自動」を選択する 特定のネットワークを選択する場合は a「手動」を選択する bネットワークを選択する 優先されるネットワークを設定する ネットワーク選択を「自動」に設定したときに優先的に選択 されるネットワークの一覧を編集できます。「挿入」すると 一覧で反転表示したネットワークの上の順位に、「追加」す ると一覧の最後にネットワークが追加されます。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「優先 事業者リスト」の順に選択する B 一覧の編集操作をする ネットワークリストから選択して挿入/追加する場合は a挿入したい位置のネットワークを反転表示する(挿 入時のみ) bメニューから「挿入」または「追加」→「ネットワー クリスト」の順に選択する cネットワークを選択し、c(挿入/追加)を押す ネットワークを新規登録して挿入/追加する場合は a挿入したい位置のネットワークを反転表示する(挿 入時のみ) bメニューから「挿入」または「追加」→「新規ネッ トワーク」の順に選択する c各項目を設定し、w(挿入/追加)を押す 一覧からネットワークを削除する場合は 削除するネットワークを反転表示してメニューから 「削除」を選択し、「はい」を選択する お買い上げ時 ■ 自動 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-14 海外で電話をかける A 電話番号を全桁(市外局番を含む)入力する 滞在国の一般電話や携帯電話にかける場合は 操作5に進む 国番号などを直接入力する場合は 0を1秒以上押すと「+」が入力されます。続けて 国番号、先頭の「0」を除いた電話番号(イタリアの 一般電話にかける場合は除かない)の順に入力し、操 作5に進む B メニューから「国際発信」を選択する C 国を選択するか、「ユーザ入力」を選択して国 番号を入力する D「海外から」を選択する E 電話番号を確認し、tを押す 緊急電話発信について 緊急電話発信とは、緊急時に使用する電話発信「110(警 察)」「119(消防)」「118(海上保安部)」のことです。 708SCで発信の制限などを設定している場合、緊急電話発 信の可否は次のようになります。 補足 ● 新規ネットワークの設定項目について 次の項目を設定します。 国番号 最大3桁 ネットワークコード 最大3桁 ネットワーク名 英数半角最大20文字 ネットワークタイプ GSM/3Gから選択 補足 ● 国際コードや国番号を追加、変更するには(fP.15-2) 708SCの状態 緊急電話発信 オフラインモード中(fP.3-2) 不可 通話料金上限(fP.2-12)を超過したとき 「110」「119」「118」可 簡易ロック中(fP.13-4) 不可 起動時PIN認証(fP.13-3)で、未認証 のとき 不可 USIM照合(fP.13-4)で、未認証のとき 不可 発信規制中(fP.16-9) 「110」「119」「118」可 注意 ● 海外でのご利用にあたっては、無線ネットワークや無線信号、 708SCの機能の設定状態によって動作が異なるため、すべて の国や地域での接続を保証するものではありません。 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分マナーモード 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分マ ナ ー モ ー ド 3-2 マナーについて 携帯電話は、マナーを守ってご使用ください。 ● 劇場や映画館、美術館などでは、電源を切っておきましょ う。 ● 航空機内や病院など、使用を禁止された区域では、電源を 切っておきましょう。 ● レストランやホテルのロビーなど、静かな場所では、周囲 の迷惑にならないように気をつけましょう。 ● 新幹線や電車の中などでは、車内のアナウンスや掲示に従 いましょう。 ● 街中では、通行の妨げにならない場所で使いましょう。 マナーを守るための機能 708SCには、マナーを守るための2つのモードが用意され ています。 マナーモード 着信音や警告音などを消音またはバイブレータにするモー ドです。マナーモードは、ワンタッチで設定/解除できます。 オフラインモード 電波の送受信を停止するモードです。通信以外の操作はでき ます。 マナーモードやオフラインモード以外でも、着信音や警告音 などをバイブレータや消音に設定することができます。 マナーモードを設定/解除する A 待受画面で#を1秒以上押す モードを切り替える マナーモードを含む5種類の中から選択できます。 A 待受画面で*を1秒以上押す B モードを選択する C c(保存)を押す 補足 ● マナーモード中のディスプレイには が表示されます。 ● マナーモードを設定しても、カメラ撮影時のシャッター音は鳴 ります。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分マ ナ ー モ ー ド 3-3 モードの種類について モードは使用状況に合わせて選択し、必要に応じて設定を編集し てご利用ください(fP.9-2)。 オフラインモードを設定/解除する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「オフ ラインモード」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 補足 ● モードの設定内容を変更する場合は(fP.9-2) モード 内 容 通常 708SCから出る音を気にせずに使える状 況に適したモード マナー 708SCから音を出さないモード 運転中 車の運転中にも使えるモード。音声電話に 自動的に応答し、スピーカーホン通話がで きる ミーティング 着信音やボタン確認音が、あらかじめバイブ レータや消音に設定されているモード アクティブ 着信音やボタン確認音が、あらかじめ最大音 量に設定されているモード お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● オフラインモード中に電源を切ると 電源を入れ直したときに、オフラインモードを設定するかどう かの確認メッセージが表示されます。o(いいえ)を押すと、 通常モードに切り替わります。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分3-4 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文字の入力方法 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-2 文字入力について 漢字、ひらがな、ハングル、カタカナ(全角/半角)、英数 字(全角/半角)、記号(全角/半角)、絵文字、顔文字を入 力できます。 文字入力画面について ※候補表示エリアは、全角および半角のカタカナ、英字、数字 の各入力モードでは表示されません。予測入力の機能を解除 すると、漢字/かな入力モードでも表示されなくなります。 数字しか入力できない入力欄について 電話帳の電話番号欄やアラームの時刻欄など数字しか入力でき ない場合は、文字入力画面には切り替わりません。登録、設定画 面の欄に数字を直接入力します。 入力モードの切り替え 使用できる入力モードは、状況によって制限されます。 A 文字入力画面でeを押す B 切り替える入力モードを反転表示し、c (OK)を押す 現在の入力モード 入力可能な残り文字数 文字入力エリア :漢字/かな :全角カタカナ :半角カタカナ :全角英字 :半角英字 :全角数字 :半角数字 :全角記号 :半角記号 :絵文字 :顔文字 :ハングル 文字入力エリア 候補表示エリア※ 予測候補/変換候補/入力文字候補が 表示される 補足 ● ワンタッチで記号/絵文字/顔文字入力モードに切り替えるには 文字入力画面で#を押すごとに、入力モードが記号や絵文字、 顔文字に切り替わります。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-3 ダイヤルボタンの割り当て 1つのボタンには複数の文字が割り当てられています。文字を入力するには、目的の文字が表示されるまでボタンを繰り返 し押します。 *は濁点を付けたり改行を入力するなどの機能が、#には入力モードを切り替えるなどの機能が割り当てられています。 ※ 半角の「ヮ」は入力できません。 ボタン 漢字/かな カタカナ(全角/半角) 英字(全角/半角) 数字(全角/半角) 1 あいうえおぁぃぅぇぉ 1 アイウエオァィゥェォ 1 .@-_/:̃(全角のときは「~」)1 1 2 かきくけこ2 カキクケコ2 abcABC2 2 3 さしすせそ3 サシスセソ3 defDEF3 3 4 たちつてとっ 4 タチツテトッ 4 ghiGHI4 4 5 なにぬねの5 ナニヌネノ5 jklJKL5 5 6 はひふへほ6 ハヒフヘホ6 mnoMNO6 6 7 まみむめも7 マミムメモ7 pqrsPQRS7 7 8 やゆよゃゅょ 8 ヤユヨャュョ 8 tuvTUV8 8 9 らりるれろ9 ラリルレロ9 wxyzWXYZ9 9 0 わをんゎ、。-・~!? 〈スペース〉0 ワヲンヮ※ 、。-・~!? 〈スペース〉0 ,.-_!?〈スペース〉0 0 * ● 大文字/小文字の変換、濁点あり/半濁点あり/濁点なしの変換 (文字の決定前で、変換可能な場合のみ) ● 改行の入力 ● 大文字/小文字の変換(文字の 決定前で、変換可能な場合のみ) ● 改行の入力 改行の入力 # ● 1つ前の割り当て文字の表示(文字の決定前のみ) ● 全角記号/半角記号/絵文字/顔文字入力モードへの切り替え 全角記号/半角記 号/絵文字/顔文 字入力モードへの 切り替え 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-4 着信やアラーム通知による文字入力/編集の中断について 文字の入力中や編集中に音声電話やTVコールがかかってきたと きは、そのまま応答してください。通話が終了すると、もとの文 字入力画面に戻ります。アラーム通知が起動した場合も、アラー ム通知を終了させるともとの画面に戻ります。 文字の入力方法 漢字/ひらがなを入力する 候補表示エリアに表示される予測候補を使って簡単に入力 できます。予測候補を使わずに、入力したひらがなを目的の 文字に変換することもできます。候補表示エリアにカタカナ や絵文字などが表示されたときは、これらの文字も入力でき ます。 A 漢字/かな入力モードで、文字が割り当てら れているボタンを押す 「゛」や「゜」を付ける場合は 濁点や半濁点を付けるひらがなを入力したあと、* を押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す ボタンを押し過ぎた場合は #を押して、同じボタンの1つ前の割り当て文字に戻 る 続けて同じボタンの文字を入力する場合は rを押してカーソルを右に移動する ひらがなで決定する場合は c(決定)を押す B 目的の文字に変換する 目的の文字を予測候補から選ぶ場合は adを押してカーソルを候補表示エリアに移動する b目的の予測候補を反転表示し、c(決定)を押す 目的の予測候補が表示されていない場合は aw(変換)を押す b必要に応じてsで変換する範囲を変更する cdを押してカーソルを候補表示エリアに移動する d目的の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す eb~dを繰り返してすべての文字を決定する 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-5 文字入力履歴のリセットについて 予測候補や変換候補には、過去に変換した文字列や漢字が優先し て表示されます。表示される内容を、お買い上げ時の状態に戻す ことができます。 ac を押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「学 習履歴リセット」の順に選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を選択する カタカナを入力する A 全角カタカナまたは半角カタカナ入力モード で、文字が割り当てられているボタンを押す 「゛」や「゜」を付ける場合は 濁点や半濁点を付けるカタカナを入力したあと、* を押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す ボタンを押し過ぎた場合は #を押して、同じボタンの1つ前の割り当て文字に戻 る 続けて同じボタンの文字を入力する場合は rを押してカーソルを右に移動する 補足 ● 目的の漢字に変換されないときは 漢字の読みかたを変えて入力してください。一度に変換できな い2文字以上の漢字は、変換する範囲を1文字に変更して変換し てください。 ● 候補表示エリアの内容を予測候補/変換候補に切り替えるには 予測候補が表示されているときにw(変換)を押すと変換候 補が、変換候補が表示されているときにw(予測)を押すと 予測候補が表示されます。 ● 予測入力機能を設定/解除するには(fP.4-11) ● ユーザ辞書を利用して簡単に変換するには(fP.4-11) ● 日付や時刻を入力するには a数字が割り当てられているボタンを押す bo(英数カナ)を押す c日付や時刻の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-6 英字を入力する A 全角英字または半角英字入力モードで、文字 が割り当てられているボタンを押す 大文字/小文字を切り替える場合は 英字を入力したあと、*を押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す ボタンを押し過ぎた場合は #を押して、同じボタンの1つ前の割り当て文字に戻 る 続けて同じボタンの文字を入力する場合は rを押してカーソルを右に移動する 補足 ● 漢字/かな入力モードでカタカナを入力するには たとえば、「くも」を「クモ」や「クモ」に変換できます。 a漢字/かな入力モードで、文字が割り当てられているボタン を押す bo(英数カナ)を押す cカタカナの変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 補足 ● 漢字/かな入力モードで英字を入力するには 文字が割り当てられているボタンを押すときは、英字入力モー ドのときと同じ回数を押す必要があります。たとえば、「cd」と 入力するときは2を3回、3を1回押します。 a漢字/かな入力モードで、英字が割り当てられているボタン を押す bo(英数カナ)を押す c英字の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-7 数字を入力する A 全角数字または半角数字入力モードで、文字 が割り当てられているボタンを押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す 記号/絵文字/顔文字を入力する A 文字入力画面で#を数回押し、全角記号、 半角記号、絵文字または顔文字入力モードに 切り替える 全角の記号と半角の記号を切り替える場合は 全角または半角記号の候補表示エリアが表示されてい るときに*を押す B 候補表示エリアで目的の文字を反転表示し、 c(OK)を押す 記号/絵文字/顔文字を続けて入力する場合は 補足 c(OK)の代わりにw(連続)を押す ● 漢字/かな入力モードで数字を入力するには a漢字/かな入力モードで、数字が割り当てられているボタン を押す bo(英数カナ)を押す c数字の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-8 改行する 改行の操作は、どの入力モードでも同じです。 A 文字入力画面で*を押す 登録内容や文を引用して入力する 電話帳の登録内容を引用する 「電話帳引用」はメール本文の入力画面のメニューです。電 話帳を呼び出し、登録されている電話番号やE-mailアドレ スなどを文中に挿入できます。 A 文字入力画面で、メニューから「電話帳引用」 を選択する B 電話帳を選択する C 項目を反転表示し、c(選択)を押す SMS定型文を引用する 「SMS定型文」はメール本文の入力画面のメニューです。あ らかじめ、よく使う文をSMS定型文として登録してくださ い(fP.4-13)。 A 文字入力画面で、メニューから「SMS定型文」 を選択する B SMS定型文を選択する 定型文を引用する 「定型文」は、電話帳にE-mailアドレスやURLを登録すると きのメニューです。「.ne.jp」や「http://www」などを一括 入力できます。 A 文字入力画面で、メニューから「定型文」を 選択する B 項目を選択する 補足 ● 漢字/かな入力モードで記号/絵文字/顔文字を入力するには 「てん」と入力してw(変換)を押すと、記号の「・」や「…」 が変換候補として表示されます。同様に、「はーと」や「でんわ」 などを絵文字に変換したり、「わーい」や「えーん」などを顔文 字に変換することもできます。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-9 ハングル入力する 入力モードをハングルに切り替えて、ハングル文字を入力し ます。 A 文字入力画面でeを押し、「ハングル」を 選択する B 画面に表示された文字に対応する数字を押し て、子音と母音を組み合わせて文字を入力する 文字の編集 文字を消去/修正する A 消去する文字にaでカーソルを合わせ、C を押す カーソル上に文字がない場合は カーソルの左側の1文字が消去される Cを1秒以上押すと カーソル以降の文字がすべて消去される カーソル以降に文字がない場合にCを1秒以上押すと すべての文字が消去される コピー/切り取り/貼り付けをする 文字をコピー/切り取りする 範囲を指定して、文字のコピーまたは切り取りをします。こ の文字は、文字入力画面の別の位置やほかの入力画面に繰り 返し貼り付けることができます。 A 文字入力画面で、メニューから「コピー」ま たは「切り取り」を選択する 子音の入力例 41回押す 42回押す 43回押す 母音の入力例 01( )、2( ) 0122 02( )、1( ) 0221 02( )、3( ) 0223 02( )、3( )、1( )、2( )、 1( ) 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-10 B コピーまたは切り取りをする最初の文字に aでカーソルを合わせ、c(始点)を押す 文字入力画面上のすべての文字をコピー/切り取りす る場合は o(全て)を押すと、コピー/切り取り操作が終了 する C aで範囲を指定し、c(終点)を押す 文字を貼り付ける A 文字を貼り付ける位置にaでカーソルを移 動する B メニューから「貼り付け」を選択する C 貼り付ける内容を選択し、c(選択)を押す 文字を戻す 直前に行った文字の入力や切り取り、貼り付け、削除などの 操作を元に戻すことができます。変換した文字を元に戻すこ ともできます。本操作は漢字/かな入力モードでのみ有効で す。 A 文字入力画面で、メニューから「元に戻す」を 選択する カーソルを先頭/最後に移動する A 文字入力画面で、メニューから「ジャンプ」→ 「先頭」または「末尾」の順に選択する 補足 ● 電話帳やオーナー情報の登録内容をコピーするには メニューの「項目コピー」を使います(fP.5-11、5-14)。 ● コピー/切り取りを行うと コピーまたは切り取りをした内容は10件まで保存され、電源を 切っても保持されます。すでに10件の内容が保存されている場 合は、古い内容が自動的に消去されます。 補足 ● コピー/切り取りした内容を削除するには 操作3で削除する内容を反転表示し、w(削除)を押して「は い」を選択します。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-11 予測入力機能の設定/解除 候補表示エリアに予測候補を表示させるかどうかを設定で きます。 A 文字入力画面で、メニューから「予測入力ON」 または「予測入力OFF」を選択する 学習機能の設定/解除 候補表示エリアから選択して入力した文字列の履歴を記録 するかどうかを設定できます。 A 文字入力画面で、メニューから「学習ON」ま たは「学習OFF」を選択する 文字サイズの変更 メールやS!メール定型文などの本文入力画面の文字サイズ を切り替えられます。選択できる文字サイズは、文字入力画 面によって異なります。 A 文字入力画面で、メニューから「文字サイズ」 を選択し、サイズを選択する ユーザ辞書の利用 よく使う単語や文(最大20文字)をユーザ辞書に登録して おくと、「読み」を入力しただけで目的の単語や文が候補表 示エリアに表示されるので、入力が簡単になります。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「ユー ザ辞書」→「新規登録」の順に選択する B 語句欄を選択し、単語や文を入力する C 読み欄を選択し、文字を入力する Dw(保存)を押す お買い上げ時 ■ ON お買い上げ時 ■ ON お買い上げ時 ■ 大 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-12 入力した文字をユーザ辞書に登録する A 文字入力画面で、メニューから「単語登録」を 選択する B 登録する最初の文字にaでカーソルを合わ せ、c(始点)を押す ユーザ辞書画面を表示して登録済みの内容を確認する などの操作をする場合は o(ユーザ辞書)を押す C aで範囲を指定し、c(終点)を押す D 読み欄を選択し、文字を入力する Ew(保存)を押す 補足 ● 登録内容を編集するには acを押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「辞 書編集」の順に選択する b編集する内容を選択する c語句や読みを編集し、w(保存)を押す ● 登録内容を1件削除するには acを押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「辞 書編集」の順に選択する b削除する内容を反転表示し、メニューから「削除」を選択する ● 登録内容をすべて削除するには acを押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「全 削除」の順に選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を選択する 補足 ● 改行を含む範囲を指定すると 改行前までの文字列が語句に登録されます。 ● ユーザ辞書を編集するには 単語登録する文字の始点を決めるときにo(ユーザ辞書)を 押すと、「ユーザ辞書の利用」(fP.4-11)と同様の操作ができ ます。「辞書編集」を選択すると、現在登録されている単語の一 覧が表示されます。 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-13 SMS定型文の利用 よく使う文(最大70文字)を登録しておくと、入力画面に 簡単に挿入できます。 Awを押し、「定型文」→「SMS定型文」の 順に選択する B メニューから「新規追加」を選択する SMS定型文が1件も登録されていない場合は w(新規追加)を押す C c(選択)を押し、文を入力する Dw(保存)を押す 補足 ● SMS定型文を引用するには(fP.4-8) ● SMS定型文を編集するには awを押し、「定型文」→「SMS定型文」の順に選択する b編集する内容を反転表示し、c(編集)を押す cc(選択)を押し、文を編集する dw(保存)を押す ● SMS定型文を1件削除するには awを押し、「定型文」→「SMS定型文」の順に選択する b削除する内容を反転表示し、メニューから「削除」→「1件」 →「はい」の順に選択する すべて削除する場合は、操作bで「削除」→「全件」の順に選 択し、暗証番号を入力してc(確認)を押し、「はい」を選択 します。複数の内容を削除する場合は、操作bで「削除」→「複 数」の順に選択し、削除する内容をチェックありにしてw(削 除)を押し、「はい」を選択します。 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分4-14 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電話帳 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-2 電話帳の登録 電話帳に登録できる項目 708SC本体には最大1,000件の電話帳を登録できます。 USIMカードに登録できる件数は、カードの種類によって異 なります。USIMカードの電話帳は、カードを差し替えるこ とにより、ほかのソフトバンク携帯電話でも利用できます。 1件の電話帳に登録できる内容は次のとおりです。 1 708SC本体のメモリ番号「000」~「099」の電話帳には、ス ピードダイヤル(fP.5-10)で音声電話がかけられます。 項 目 内 容 登録の可/不可 708SC本体 USIMカード メモリ番号 半角数字で3桁 ○ 「000」~ 「999」1 ○ 「000」~ 「0XX」2 名前 全角/半角文字 ○ (50文字まで) ○3 ヨミガナ 半角文字 ○ ○3 電話番号アイ コン 6種類から選択 ○ × (1種類のみ) 電話番号 市外局番も含めて登録 ○(40桁 までで5件) ○2 3 E-mailアドレス 半角英数字 ○(256文 字までで4件) ○ (1件)3 E-mailアドレ スのアイコン 3種類から選択 ○ × (1種類のみ) グループ 20個の中から選択 ○ ○2 着信画像 音声電話、TVコールの 着信時に表示させる静 止画。データフォルダ からの選択が可能 ○ × 電話着信音 音声電話、TVコールの 着信音。データフォル ダからの選択が可能 ○ × メール着信音 S!メールやSMSの着信 音。データフォルダから の選択が可能 ○ × 血液型 4種類から選択 ○ × 誕生日 生年月日 ○ × 住所 郵便番号は半角数字20 桁まで、住所は全角/半 角50文字まで ○ × 趣味 全角/半角100文字まで ○ × URL 半角英数字で100文字 まで ○ (2件) × URLのアイコン 3種類から選択 ○ × メモ 全角/半角100文字まで ○ × シークレット モード ON/OFF ○ × 項 目 内 容 登録の可/不可 708SC本体 USIMカード 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-3 2 登録できる件数は、USIMカードの種類によって異なります。 3 登録できる文字数は、USIMカードの種類によって異なります。 電話帳に登録する メモリ番号欄には、空いている最も小さい番号が自動的に表 示されます。必要に応じて変更してください。 A d を押し、メニューから「電話帳登録」→ 「本体」または「USIM」の順に選択する B 各項目を登録する 表示されたメモリ番号を変更する場合は メモリ番号欄を反転表示し、番号を入力する 名前を登録する場合は a名前欄を選択する b名前を入力する 表示されている読みガナを修正する場合は aヨミガナ欄を選択する b読みガナ(最初の何文字かでよい)を入力する 電話番号を登録する場合は 電話番号欄を反転表示し、番号を入力する 電話番号アイコンを設定する場合は a電話番号欄を選択する bアイコンを選択する E-mailアドレスを登録する場合は aアドレス欄を選択する bE-mailアドレスを入力する cアイコンを選択する 注意 ● 大切なデータを失わないために 電話帳に登録した電話番号や名前などは、電池パックを長い間 外していたり電池残量のない状態で放置したりすると、消失ま たは変化してしまうことがあります。事故や故障でも同様の可 能性があります。大切な電話帳などは、控えをとっておかれる ことをおすすめします。電話帳が消失または変化した場合の損 害につきましては、当社では責任を負いかねますのであらかじ めご了承ください。 電話帳の登録画面 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-4 グループを設定する場合は aグループ欄を選択する bグループを選択する 音声電話やTVコールの着信画像を設定する場合は a着信画像欄を選択する b「ON」を選択する cファイルの保存場所を選択してファイルを選択する 音声電話やTVコールの着信音を設定する場合は a電話着信音欄を選択する b「ON」を選択する cファイルの保存場所を選択してファイルを選択する S!メールやSMSの着信音を設定する場合は aメール着信音欄を選択する b「ON」を選択する c音を選択する 血液型を登録する場合は a血液型欄を選択する b血液型を選択する 誕生日を登録する場合は 誕生日欄を反転表示し、生年月日を入力する 住所を登録する場合は a住所欄を選択する b郵便番号を入力する c住所欄を選択し、住所を入力する dw(OK)を押す 趣味を登録する場合は a趣味欄を選択する b内容を入力する URLを登録する場合は aURL欄を選択する b内容を入力する cアイコンを選択する メモを登録する場合は aメモ欄を選択する b内容を入力する シークレット設定をする場合は aシークレットモード欄を選択する b「ON」を選択する Cw(保存)を押す 補足 ● 電話番号欄に入力できる内容は 電話番号には、0~9の数字のほか、#、*、P(ポーズ)、+(国 際コード)を登録できます。「P」を入力するには、*を1秒 以上押します。「+」を入力するには、0を1秒以上押します。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-5 通話履歴から登録する 通話履歴に記録されている電話番号を新規登録したり、既存 の電話帳へ追加登録したりできます。 A rを押す B sで履歴一覧を切り替え、履歴を反転表示し てメニューから「電話帳登録」→「本体」ま たは「USIM」の順に選択する C 登録方法を選択する 新しい電話帳に登録する場合は 「新規」を選択する 既存の電話帳に追加登録する場合は a「更新」を選択する b電話番号を登録する電話帳を検索し、選択する (fP.5-8) D 電話番号アイコンを選択する E 各項目を登録する Fw(保存)を押す ● 電話番号を先に入力してから登録するには 通話中のメニュー「電話帳登録」からも、同様に登録できます。 a待受画面で電話番号を入力する bメニューから「電話帳登録」→「本体」または「USIM」の 順に選択する c「新規」を選択するか、「更新」を選択して追加登録先を選択 する d電話番号アイコンを選択する e操作2~3を行う ● メモリカードに保存されているファイルを着信画像や着信音な どに設定すると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 ● Samsung PC Studioで電話帳を同期すると シークレットモードが「ON」に設定されている電話帳は、シー クレットモード設定に関わらず同期されません(パソコン側に バックアップされません)。 シークレットモードを「OFF」から「ON」に変更した電話帳 は、「ON」に設定して同期した時点から同期されなくなります。 パソコン側でも削除されます。 Samsung PC Studioについては、付属のCD-ROMのユーザー ズガイドを参照してください。 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-6 グループの設定 708SC本体には、あらかじめ20個のグループが用意され ています。 USIMカードのグループを作成する A cを押し、「電話帳」を選択する B メニューから「USIM電話帳表示」を選択する Cw(検索)を押し、「グループ検索」を選択 する D メニューから「新規グループ」を選択する E グループ名を入力し、w(保存)を押す グループの設定を変更する グループ名を変更できます。708SC本体のグループには、 グループごとの着信画像や着信音などを設定できます。 A cを押し、「電話帳」を選択する USIMカードのグループを呼び出す場合は 操作1のあと、メニューから「USIM電話帳表示」を選 択する Bw(検索)を押し、「グループ検索」を選択 する C 設定するグループを反転表示し、メニューか ら「グループ設定」を選択する D 設定操作をする グループ名を変更する場合は グループ名欄を選択し、グループ名を入力する 音声電話やTVコールの着信画像を設定する場合は 着信画像欄を選択し、ファイルの保存場所を選択して ファイルを選択する 音声電話やTVコールの着信音を設定する場合は 電話着信音欄を選択し、ファイルの保存場所を選択し てファイルを選択する 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-7 S!メールやSMSの着信音を設定する場合は メール着信音欄を選択し、音を選択する 着信画像や着信音などをもとの設定に戻す場合は 元に戻す項目を反転表示し、o(リセット)を押す Ew(保存)を押す グループにメンバーを追加する A cを押し、「電話帳」を選択する USIMカードのグループを呼び出す場合は 操作1のあと、メニューから「USIM電話帳表示」を選 択する Bw(検索)を押し、「グループ検索」を選択 する C メンバーを追加するグループを選択する D メニューから「メンバー追加」を選択する E 追加するメンバーをチェックありにし、w (追加)を押す 補足 ● 着信画像や着信音の設定の優先順位は 着信画像や着信音などを電話帳ごとに個別に設定している場合 は、グループごとの設定よりも優先されます。 ● メモリカードに保存されているファイルを着信画像や着信音な どに設定すると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 補足 ● グループからメンバーを削除するには グループから削除しても、電話帳からは削除されません。 a操作1~2を行う bメンバーを削除するグループを選択する cメニューから「メンバー削除」を選択する d削除するメンバーをチェックありにし、w(削除)を押す 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-8 電話帳の利用 電話帳から電話をかける 電話帳を検索する A dを押す 使用したい検索画面が表示され、検索方法を切り替え る必要がない場合は 操作2のbに進む 下中央に「OK」が表示されているときに検索方法を切 り替える場合は c(OK)を押し、操作2に進む Bw(検索)を押し、検索操作をする 行で検索する場合は a「あかさたな検索」を選択する bsで目的の行に切り替える グループで検索する場合は a「グループ検索」を選択する b目的のグループを選択する 名前で検索する場合は a「名前検索」を選択する b名前(先頭の一部でもよい)を入力する 読みガナで検索する場合は a「ヨミガナ検索」を選択する b読みガナ(先頭の一部でよい)を入力する メモリ番号で検索する場合は a「メモリ番号検索」を選択する bメモリ番号を入力する 電話番号で検索する場合は a「電話番号検索」を選択する b電話番号の一部を入力する E-mailアドレスで検索する場合は a「メールアドレス検索」を選択する bE-mailアドレスの一部を入力する C 一覧画面で目的の電話帳を反転表示する 詳細画面を呼び出す場合は c(詳細/選択)を押す 補足 ● 優先的に表示される電話帳(本体/ USIM カード)を変更する には acを押し、「設定」→「電話帳設定」→「通常表示」の順に 選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-9 電話をかける A 一覧画面で目的の電話帳を反転表示して c (詳細)を押し、詳細画面を呼び出す B 目的の電話番号を反転表示し、発信操作をする 音声電話をかける場合は c(発信)を押すか、メニューから「音声電話発信」 を選択する TVコールをかける場合は メニューから「TVコール発信」を選択する スピード検索と検索結果からの発信について 「スピード検索設定」を「ON」に設定しているとき(fP.15-6) は、数字を入力すると、その数字に対応する「ヨミガナ」を先頭 にもつ電話帳を検索し、名前と電話番号を表示します。 電話番号を反転表示し、tまたはc(選択)→c(発信) の順に押すと音声電話、メニューから「TVコール発信」を選択 するとTVコールをかけられます。 電話番号検索と検索結果からの発信について 4桁の数字を入力すると、その番号を先頭または末尾にもつ電話 帳を検索し、名前と電話番号を表示します。「スピード検索設定」 を「ON」に設定していて該当する電話帳が検索されたときは、 sを押すと、電話番号検索とスピード検索の検索結果を切り替 えることができます。 電話番号を反転表示し、tまたはc(選択)→c(発信) の順に押すと音声電話、メニューから「TVコール」を選択する とTVコールをかけられます。 ● シークレットモード設定が「非表示」のとき シークレットモードが「ON」に設定されている電話帳は表示さ れません。検索する場合は、あらかじめシークレットモード設 定を「表示」にしてください。 電話帳の詳細画面 補足 ● 一覧画面からかけるには 詳細画面を呼び出さなくても、一覧画面で目的の電話帳を反転 表示し、メニューから「音声通話発信」または「TVコール発信」 を選択してかけることができます。1つの電話帳に複数の電話番 号が登録されている場合は、通常使用設定で設定されている電 話番号(未設定の場合は1件目の電話番号)に発信します。電話 番号の選択画面が表示されたとき(通常使用設定が「設定なし」 の場合)は、電話番号を選択してください。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-10 USIMカードの電話帳に電話をかける USIMカードの電話帳の1件目に登録されている電話番号へ は、簡単な操作で音声電話またはTVコールをかけられます。 A 先頭の「0」を除いたメモリ番号(2桁)を入 力する B#を押す 目的の電話帳が反転表示されていない場合は jで反転表示する Cw(通話)を押す TVコールをかける場合は o(TVコール)を押す 電話帳の検索方法を切り替える 待受画面でdを押したとき、指定した検索画面を表示する ように設定できます。 A cを押し、「設定」→「電話帳設定」→「検 索設定」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す スピードダイヤルで電話をかける 708SC本体のメモリ番号「000」~「099」の電話帳へ は、簡単な操作で音声電話をかけられます。 A 先頭の「0」を除いたメモリ番号(2桁)を入力する B c( )を押す お買い上げ時 ■ あかさたな検索 補足 ● 設定内容は 「電話帳検索」に設定した場合は、待受画面でdを押すと一覧 画面が表示されます。それ以外の項目に設定した場合は、設定 した検索画面が表示されます。 補足 ● 「スピード検索設定」を「ON」に設定しているときは 数字を入力すると、スピード検索で該当した電話帳の名前と電 話番号が表示されます。約5秒経過するとスピード検索の結果の 表示が消えます。「 」が表示されたら、スピードダイヤルで 電話をかけることができます。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-11 電話帳のメニュー操作 電話帳の一覧画面や詳細画面のメニューから、次の操作がで きます。 1 詳細画面では表示されないメニューです。 2 一覧画面では表示されないメニューです。 注意 ● 通常使用設定(fP.5-12)で音声通話が「設定なし」に設定さ れていると、スピードダイヤルはできません。 ● シークレットモード設定が「非表示」の場合、電話帳のシーク レットモードが「ON」に設定されているメモリ番号を入力して もスピードダイヤルはできません。 メニュー 内 容 電話帳登録1 新規の電話帳登録操作を開始します。 音声電話発信 反転表示中または通常使用設定されている 電話番号に音声電話をかけます(fP.5-9)。 TVコール発信 反転表示中または通常使用設定されている 電話番号にTVコールをかけます(fP.5-9)。 メール作成 電話帳の相手を宛先としたメールを作成し ます(fP.17-5)。 送信 vファイルに変換した電話帳を送信します。 「メール」を選択すると、vファイルを添付 したメールを作成できます(fP.17-5)。 「Bluetooth」を選択すると、Bluetooth ® 通 信の相手を選択して送信できます(fP.12-5)。 削除 電話帳を削除します(fP.5-13)。 データフォルダに 保存 vファイルを作成して保存します。「本体」を 選択すると、「その他ファイル」フォルダに 保存します。「メモリカード」を選択すると、 メモリカードに保存します。 USIM電話帳にコピー/ 本体にコピー USIMカードまたは708SC本体の電話帳 にコピーします(fP.5-13)。 USIM 電話帳表示/ 本体電話帳表示1 表示をUSIMカードまたは708SC本体の 一覧画面に切り替えます。 国際発信 電話帳の電話番号に国際コードと国番号を 付加して国際電話をかけます(fP.2-2)。 発信者番号通知/ 非通知 お客様の電話番号を通知/非通知にして電 話をかけます。「ネットワーク設定に従う」 を選択すると、発信者番号通知サービスの 設定に従います。「番号通知」を選択すると、 電話番号を通知します。「番号非通知」を選 択すると、電話番号を非通知にします。 Bluetooth経由で印 刷 反転表示した電話帳の詳細(名前、電話番 号などの情報)をBluetooth ® 対応のプリン タで印刷します。 メモリ容量確認1 メモリ使用状況を確認できます。 項目コピー2 詳細画面で反転表示中の登録内容をコピー します。コピーした内容は、文字入力画面 に貼り付けることができます。 通常使用設定2 使用する電話番号やE-mailアドレスを、用 途ごとに設定します(fP.5-12)。 メニュー 内 容 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-12 電話帳の編集 電話帳を検索し、一覧画面や詳細画面を呼び出す操作につい ては、「電話帳を検索する」(fP.5-8)を参照してください。 シークレットモードを「ON」に設定している電話帳を編集 するときは、あらかじめシークレットモード設定を「表示」 にしてください。 電話帳を編集する A 編集する電話帳の詳細画面を呼び出す Bw(編集)を押す C 登録時(fP.5-3)と同様の操作で各項目を登 録し、w(保存)を押す 使用する電話番号やE-mailアドレス を発信/送信種別ごとに設定する 708SC本体の電話帳に電話番号やE-mailアドレスが複数 登録されている場合、使用する電話番号またはE-mailアド レスを用途ごとに設定しておくことができます。 リセットして「設定なし」にすると、発信または送信のたび に電話番号やE-mailアドレスを選択できます。 A 設定する電話帳の詳細画面を呼び出す B メニューから「通常使用設定」を選択する C 設定/リセット操作をする 設定する場合は a設定する項目を選択する b電話番号/E-mailアドレスを選択する 「設定なし」にする場合は 項目を反転表示し、o(リセット)を押す Dw(保存)を押す お買い上げ時 ■ 音声通話:1件目の電話番号  ■ TVコール:1件目の電話番号 ■ メール作成:設定なし 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-13 USIMカードとの間で電話帳をコピーする A コピーする電話帳の一覧画面または詳細画面 を呼び出す B コピー操作をする 708SCからUSIMカードにコピーする場合は aメニューから「USIM電話帳にコピー」→「1件」ま たは「全件」の順に選択する b「はい」を選択する USIMカードから708SCにコピーする場合は メニューから「本体にコピー」→「1件」または「全 件」の順に選択する 電話帳を削除する 電話帳を1件削除する A 削除する電話帳を一覧画面で反転表示する か、詳細画面に切り替える B メニューから「削除」→「1 件」の順に選択 し、「はい」を選択する 電話帳を複数件まとめて削除する A 電話帳を一覧画面で反転表示する 本体/USIMカードを切り替える場合は メニューから「USIM電話帳表示」または「本体電話 帳表示」を選択する B メニューから「削除」→「複数」の順に選択する C 削除する電話帳をチェックありにする D 操作3を繰り返して対象の電話帳をすべて チェックありにする Ew(削除)を押し、すべてをチェックあり にしていない場合は操作7に進む F 暗証番号を入力し、c(確認)を押す G「はい」を選択する 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-14 電話帳をまとめて削除する 708SC本体またはUSIMカードに保存されている電話帳を まとめて削除できます。 A 電話帳を一覧画面で反転表示する 本体/USIMカードを切り替える場合は メニューから「USIM電話帳表示」または「本体電話 帳表示」を選択する B メニューから「削除」→「全件」の順に選択する C 暗証番号を入力し、c(確認)を押して「は い」を選択する オーナー情報 ご使用のUSIMカードに登録されている電話番号を確認で きます。ご自分の名前やE-mailアドレス、住所なども登録 できます。 A cを押し、0を押す 内容を登録/編集する場合は aw(編集)を押す b電話帳の登録と同様の操作で各項目を登録/編集 し、w(保存)を押す オーナー情報のメニュー操作 メニュー 内 容 送信 vファイルに変換したオーナー情報を送 信します。「メール」を選択すると、v ファイルを添付したメールを作成でき ます(fP.17-5)。「Bluetooth」を選 択すると、Bluetooth ® 通信の相手を選 択して送信できます(fP.12-5)。 削除 USIMカードに登録されている電話番号 を除くすべてのオーナー情報を消去し ます。 データフォルダに 保存 vファイルを作成して保存します。「本 体」を選択すると、「その他ファイル」 フォルダに保存します。「メモリカード」 を選択すると、メモリカードに保存しま す。 項目コピー 反転表示中の登録内容をコピーします。 コピーした内容は、文字入力画面に貼り 付けることができます。 Bluetooth経由で印 刷 オーナー情報の詳細(名前、電話番号な どの情報)をBluetooth ® 対応のプリン タで印刷します。 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分TVコール 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-2 TVコールをご利用になる前に TVコールに対応している携帯電話との間で、お互いの映像 を見ながら通話できます。 自分の映像を送信しないように設定することもできます (fP.6-5)。 TVコール利用時のご注意 ● ソフトバンクのTVコールと異なる方式の携帯電話と接続した ときに、通話が切れる場合があります。このときも、切れるま での通話料金が課金されます。 ● スピーカーホン通話(fP.6-5)中は、受話音量を大きくする と会話しづらくなることがあります。この場合は音量を下げる か、ステレオイヤホンマイクをお使いになることをおすすめし ます。 ● 周囲の騒音が大きい場所では、音声が途切れるなど良好な通話 ができないことがあります。この場合はステレオイヤホンマイ クをお使いになることをおすすめします。 ● スピーカーホン通話のときは、相手の音声がスピーカーから流 れます。ほかの人の迷惑にならないようにご注意ください。 TVコールをかける 音声電話をかけるときと同様に、電話帳や通話履歴なども利 用できます。 A 電話番号を全桁(市外局番を含む)入力する B 電話番号を確認し、メニューから「TVコール」 を選択する C 通話が終わったらyを押す TVコールがつながらなかったときの操作について メニュー操作をうながすメッセージが表示されたときは、メ ニューから「音声電話」を選択して音声電話でかけ直したり、 「メール作成」を選択して相手にメールを送信したりできます。 「電話帳表示」を選択すると、相手が登録されている電話帳の詳 細画面を確認できます。「電話帳登録」を選択すると、相手の電話 番号を本体またはUSIMカードの電話帳に登録できます。 補足 ● 通話中にできる操作は(fP.6-3) 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-3 TVコールを受ける A TVコール着信中にc(通話)を押す スピーカーホン通話にするかどうかの確認メッセージ が表示された場合は 「はい」または「いいえ」を選択する 自画像を送信するかどうかの確認メッセージが表示さ れた場合は 「はい」または「いいえ」を選択する B 通話が終わったらyを押す TVコール中の操作 ディスプレイに表示されているアイコンやメニューを使っ て操作します。 a相手の名前/電話番号  b小画面(通常は自分の映像) c大画面(通常は相手の映像) dカーソル位置のアイコンの意味  e通話時間  補足 ● 着信音量を調節するには TVコール着信中にサイドキー nまたはbを押します。 ● ステレオイヤホンマイクを接続しているときは TVコール着信中にステレオイヤホンマイクのスイッチを1秒以 上押しても受けられます。TVコールを切るときもスイッチを1 秒以上押します。 ● TVコールに応答せずに切るには o(転送)を押します。 ● 自分の映像を相手に送信したくない場合は 代替画像を送信するようにあらかじめ設定できます(fP.6-5)。 通話中の操作で代替画像の送信に切り替えることもできます (fP.6-5)。 ● c(通話)を押した直後に表示される自分の映像について 操作1でc(通話)を押した直後には自分の映像が大画面に表 示されますが、この映像は相手に送信されていません。確認メッ セージが表示されたら、「はい」(自画像を送信)または「いい え」(代替画像を送信)を選択してください。選択操作後、TV コール通話が開始されると、小画面に自画像または代替画像が 表示されます。 ● TVコール中にできる操作は(fP.6-5) a b f c e d 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-4 f操作用アイコン / :スピーカーOFFに切替/スピーカーONに切替 :表示モード(相手画像大/小の切替) / :自画像静止/静止解除 (青)/ (グレー):カメラ画像に切替/代替画像に切 替 / :相手画像静止/静止解除 :外側カメラに切替/内側カメラに切替 A TVコール中にアイコンまたはメニューを使っ て操作する スピーカーホン通話/通常の通話を切り替える場合は / にカーソルを移動してcを押す 相手画像の表示を大画面/小画面に切り替える場合は にカーソルを移動してcを押し、項目を選択する 自画像を静止/静止解除する場合は / にカーソルを移動してcを押す 送信する映像をカメラ画像/代替画像に切り替える場 合は (青/グレー)にカーソルを移動してcを押す 相手映像を静止/静止解除をする場合は / にカーソルを移動してcを押す 外側カメラ/内側カメラを切り替える場合は にカーソルを移動してcを押す カメラ映像/音声/ボタン確認音の送信を停止する場 合は aメニューから「音・カメラON/OFF」を選択する b送信を停止する項目をチェックありにし、w(保 存)を押す 送信する映像の色調/画質を設定する場合は aメニューから「表示設定」→「エフェクト」または 「画質」を選択する b項目を反転表示し、c(OK)を押す 送信する映像の明るさを調整する場合は aメニューから「表示設定」→「明るさ」の順に選択する bsで明るさを調整する 補足 ● 受話音量を調節するには TVコール中にjを押します。 ● 送信する画像を拡大/縮小するには TVコール中にサイドキー nbを押します。 ● カメラ画像の送信を停止したときは 相手には代替画像が送信されます。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-5 TVコール中のメニュー操作 TVコールの各種設定 自画像の送信について設定する 「毎回確認」に設定すると、TVコールを受けるたびに自画像 を送信するかどうかを選択できます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「自画像送信」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す メニュー 内 容 スピーカーOFF/ON アイコンを使った操作と同じように、ス ピーカーホン通話と通常の通話を切り替 えます(fP.6-4)。 音・カメラON/OFF カメラ映像、音声、またはボタン確認音の 送信を停止します(fP.6-4)。 表示設定 送信する映像の色調、画質、または明るさ を設定します(fP.6-4)。 設定 TVコールの設定を変更できます(fP.6-5)。 電話帳 電話帳の検索画面に切り替えます。 電話帳登録 TVコール中の相手の電話番号を、本体ま たはUSIM カードの電話帳に登録します (fP.5-5)。 プッシュトーン送信 ダイヤルボタンを押してc(送信)を押 すと、プッシュトーンを送信できます。 メモ メモを作成し、保存します(fP.14-8)。 通話相手の詳細 相手の電話番号が登録されている電話帳 の詳細画面を確認できます。 ヘッドセットに切替/ 本体に切替 Bluetooth ® 対応のヘッドセットをご利用 の場合に有効です。ヘッドセットを使った 通話または通常の通話に切り替えます。 お買い上げ時 ■ 毎回確認 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-6 代替画像を選択する 自画像の代わりに送信する静止画を、データフォルダ内から 選択できます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「TVコール代替画像」の順に選択する B c(変更)を押す C ファイルの保存場所を選択してファイルを選 択し、c(保存)を押す TVコールがつながらなかったときの 動作を設定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「再発信方法」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ 内蔵の画像(Camera Off) 補足 ● 代替画像をお買い上げ時の画像に戻すには a操作1~2を行う bデータフォルダ内のいずれかの画像ファイルを選択し、メ ニューから「リセット」を選択する お買い上げ時 ■ 毎回確認 補足 ● 設定による動作の違いは TVコールがつながらなかったときは、次のメッセージが表示さ れます。 「毎回確認」:メニューからの操作選択をうながすメッセージ 「音声通話」:音声電話でかけ直すかどうかの確認メッセージ 「メール」:相手にメールを送信するかどうかの確認メッセージ 「なし」に設定した場合は、何も表示せず発信を終了します。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-7 TVコールを受けたときに音声を送信 しないように設定する 「ON」に設定すると、こちらの音声を送信しないでTVコー ルを受けます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「消音」の順に選択する B「ON」を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● 音声を送信するには aTVコール中にメニューから「音・カメラON/OFF」を選択 する b「音声」をチェックなしにする cw(保存)を押す 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分6-8 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カメラ 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-2 カメラをご利用になる前に 708SCに内蔵されているカメラを使って、写真(静止画) や動画を撮影できます。静止画はJPEG形式で、動画は3GP 形式で保存されます。 カメラ利用時のご注意 ● カメラのレンズ部に指紋や油脂が付くと、ピントが合わなく なります。柔らかい布でレンズ部をきれいにしてください。 ● 手ぶれにご注意ください。画像がぶれる原因となります。 708SCが動かないようにしっかり持って撮影するか、安 定した場所に置いてセルフタイマーで撮影してください。 ● カメラは非常に精密度の高い技術で作られていますが、常 に明るく見える画素や暗く見える画素もありますのでご 了承ください。 ● 708SC を暖かい場所に長時間置いたあとで撮影したり画 像を保存したりした場合は、画質が劣化することがありま す。 ● カメラ部分に直射日光が長時間当たると、画像が変色する ことがあります。 ● 「パノラマ撮影」で撮影した画像は、他の撮影モードで撮 影した画像に比べて画質が低くなる場合があります。 ビューファインダー(撮影画面) a「撮影サイズ」の設定状況 静止画撮影時: 、 、 、 、 動画撮影時 : 、 、 外側カメラの レンズ部 a bcde g f h i 通常/連写/コマ分割撮影 のビューファインダー a bcjk i h 動画のビューファインダー 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-3 b「画質」の設定状況 :スーパーファイン :ファイン :ノーマル :ロー :エコノミー c「ホワイトバランス」の設定状況 :オート :晴天 :曇り :白熱灯 :蛍光灯 dスポット測光 :OFF :ON eISO :自動 :100 :200 :400 fモード 表示なし:通常 :連写(6枚) :連写(9枚) :連写(15枚) gセルフタイマー(設定されているときのみ表示) :3秒後 :5秒後 :10秒後 h画像の上下方向の設定 :撮影する画像の上下を正しく表示 :撮影する画像の上下を逆転して表示 i画像の左右方向の設定 :撮影する画像を正像で表示 :撮影する画像を鏡像で表示 j音声録音 :音声録音 ON :音声録音 OFF k「撮影時間」の設定状況 :S!メール添付用 :10秒 :30秒 :制限なし 静止画の撮影 静止画撮影モード 1枚ずつ撮影するときは「通常」、連写するときは「連写」ま たは「4コマ・9コマ分割」、パノラマ形式で撮影するときは 「パノラマ撮影」で撮影します。撮影した静止画はピクチャー フォルダに保存されます。 ※ 撮影後の画像サイズは、縦長撮影時は最大320×1824、横長 撮影時は最大1824×240になります。 モード 特 長 画像サイズ 通常 メールに添付したり待受画 面の背景にしたり、携帯電話 で利用するのに適したサイ ズの静止画を撮影できます。 1600×1200 1280×960 640×480 320×240 240×176 連写 6、9、15枚の静止画を自 動で連続撮影できます。 320×240 4コマ・9コマ分割 手動で連続撮影できます。 フレームを選んで撮影する と、連続撮影したすべての静 止画が縮小されて1枚の静 止画内に配置されます。 240×176 パノラマ撮影 風景などをパノラマ形式で 撮影できます。 320×240※ 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-4 静止画を撮影する 静止画を撮影する Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して、撮影モードを切り替える B メニューから「撮影モード」→「通常」→「あ り」の順に選択する 撮影のあと画像を確認せずに続けて撮影する場合は 「なし」を選択する C 必要に応じてメニューを使った操作をする (fP.7-5) D 撮影したい画像をビューファインダーに表示 する ズームを使って拡大/縮小する場合は(外側カメラ 1600×1200および内側カメラ640×480では不可) uまたはdを押すごとに拡大、縮小される 明るさを設定する場合は rまたはlを押すごとに明るさを変更できる E c(撮影)を押す 続けて撮影する場合は w(カメラ)を押す 補足 ● 通常モードでフレームを付けて撮影すると 画像サイズは自動的に240×176になります。 補足 ● セルフタイマーを使って撮影するには 操作5の前に5を押します。5を押すごとに「3秒」「5秒」 「10秒」「OFF」の順に切り替わります。 ● 内側カメラ/外側カメラに切り替えて撮影するには 撮影前のメニューから「カメラ切替」を選択します。 ● ビューファインダーの表示方法を切り替えるには ビューファインダーにグリッドを表示させたり、プレビュー画 面と同じサイズに切り替えたりできます。撮影前に#を押す ごとに「ノーマル」「フルサイズビュー(アイコン表示なし)」 「フルサイズビュー(グリッド線あり)」の順に切り替わります。 ● 撮影した静止画をメールやBluetooth ® で送信するには 操作5のあと、次のように操作します。 ac(送信)を押し、項目を選択する b送信操作をする(fP.12-5、17-5) 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-5 静止画撮影前のメニュー操作 表示されるメニューや選択できる項目は、モードや各種設定の状 況によって異なります。 静止画撮影後のメニュー操作 メニュー 内 容 カメラ切替 内側カメラと外側カメラを切り替えます (fP.7-4)。 撮影モード 撮影後の保存動作や、連続写真またはコマ 分割の撮影枚数を設定します(fP.7-4、 7-7)。 エフェクト 色調を選択します。カラーで撮影する 場合は「なし」を選択します。 フレーム フレーム付きの静止画を通常モードで 撮影します。 セルフタイマー セルフタイマーを使って撮影します (fP.7-4)。 データフォルダ ピクチャーフォルダを呼び出します。 カメラ設定 撮影に関する設定を変更します (fP.7-11)。 ボタン操作ガイド ボタンに割り当てられた機能をディス プレイで確認します(fP.7-8)。 メニュー 内 容 削除 撮影したばかりの静止画ファイルを削 除します。 設定 壁紙や個別着信画像、代替画像に設定で きます。 画像編集 データフォルダに保存された静止画を 編集します(fP.7-14)。 ダイナミックエフェ クト 静止画を利用してFlash ® 画像を作成し ます(fP.7-17)。 ファイル名変更 ファイル名を変更できます。 mPostカード モバイルポストカードを作成します (fP.7-6)。 データフォルダ ピクチャーフォルダを呼び出します。 保護/保護解除 保護すると、ファイル名の変更やファイ ルの移動、削除などが制限されます。 詳細 ファイルサイズやファイル形式などを 確認できます。 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-6 撮影した静止画でモバイルポストカードを作 成する 撮影した静止画を使って、モバイルポストカードを作成しま す。静止画の上に線画に加工したもう1枚の静止画を重ねる ことにより、スタンプを押した写真のような画像を作成でき ます。 A 静止画を撮影する(fP.7-4、7-7) B メニューから「mPostカード」を選択する C c(追加)を押す D 重ねる静止画を用意する データフォルダから選択する場合は a「画像選択」を選択する bファイルの保存場所を選択してファイルを選択する 新規に撮影する場合は a「カメラ起動」を選択する bc(撮影)を押して撮影する cc(追加)を押す E c(合成)を押して、合成の結果を確認する 画像を変更する場合は aCを押す b変更する画像を反転表示し、メニューから「画像変 更」を選択する c操作4~5を行う ベースの画像と上に線画にする画像を入れ替える場合は aCを押す bメニューから「画像交換」を選択する c操作5を行う F 必要に応じてo(編集)を押し、編集操作 をする 線画の位置を調整する場合は aメニューから「移動」を選択する baで移動し、w(完了)を押す 線画のサイズを変更する場合は aメニューから「サイズ」を選択する bjでサイズを調整し、w(完了)を押す 線画を回転させる場合は aメニューから「回転」を選択する bsで回転させ、w(完了)を押す 線画の色を変更する場合は aメニューから「色変更」を選択する bsで色を選び、w(完了)を押す 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-7 影の有無で線画のタッチを変える場合は aメニューから「シャドウON」または「シャドウOFF」 を選択する bw(完了)を押す Gw(保存)を押し、ファイル名を入力する 保存して送信する場合は ac(送信)を押す b項目を選択し、送信操作をする(fP.12-5、17-5) 連続写真を撮影する Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して撮影モードを切り替える B メニューから「撮影モード」→「連写」の順 に選択し、撮影枚数を選択する C 必要に応じてメニューを使った操作をする (fP.7-5) D 撮影したい画像をビューファインダーに表示 する ズームを使って拡大/縮小する場合は uまたはdを押すごとに1段階ずつ拡大、縮小される 明るさを設定する場合は rまたはlを押すごとに明るさを変更できる E c(撮影)を押す F 撮影した静止画を確認する 静止画を1枚ずつ確認するには a画像を反転表示し、c(表示)を押す bCを押す 続けて撮影する場合は w(カメラ)を押す 4コマ・9コマ分割撮影をする Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して、撮影モードを切り替える B メニューから「撮影モード」→「4コマ・9コ マ分割」を選択し、フレームを選択する C 必要に応じてメニューを使った操作をする (fP.7-5) 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-8 D 撮影したい画像をビューファインダーに表示 する ズームを使って拡大/縮小する場合は uまたはdを押すごとに1段階ずつ拡大、縮小される 明るさを設定する場合は rまたはlを押すごとに明るさを変更できる E 選んだフレームに合わせてc(撮影)を押す F 撮影した静止画を確認する 続けて撮影する場合は w(カメラ)を押す パノラマ撮影をする Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して、撮影モードを切り替える B メニューから「撮影モード」→「パノラマ撮 影」を選択する C 必要に応じてメニューを使った操作をする (fP.7-5) D 撮影したい画像をビューファインダーに表示 する ズームを使って拡大/縮小する場合は uまたはdを押すごとに1段階ずつ拡大、縮小され る 明るさを設定する場合は rまたはlを押すごとに明るさを変更できる E c(撮影)を押し、撮りたい方向(縦方向ま たは横方向)に708SCを動かす F c(停止)を押して撮影を終了する 撮影範囲がいっぱいになった場合は 自動的に撮影が終了し、保存される G 撮影した静止画を確認する 続けて撮影する場合は w(カメラ)を押す ショートカット(ボタン操作)を使った撮影前の設定変 更について ショートカットが割り当てられたボタンを押すことにより、簡単 に設定を変更できます。選択できる項目は、モードや各種設定の 状況によって異なります。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-9 動画の撮影 動画撮影モード 手軽に動画を撮影できます。撮影した動画は、3GP形式で データフォルダのムービーフォルダに保存されます。メール に添付/挿入する動画を撮影する場合は「撮影時間」で「S! メール添付用」(fP.7-13)を選択してください。 動画を撮影する Avを1秒以上押す 静止画モードが起動した場合は w(ビデオ)を押して、撮影モードを切り替える B 必要に応じてメニューを使った操作をする (fP.7-10) C 撮影したい画像をビューファインダーに表示 する ズームを使って拡大/縮小する場合は uまたはdを押すごとに1段階ずつ拡大、縮小される 明るさを設定する場合は rまたはlを押すごとに明るさを変更できる ボタン 項 目 内 容 1 撮影サイズ 1600×1200、 1280×960、640×480、 320×240、240×176 2 画質 スーパーファイン、ファイン、 ノーマル、ロー、エコノミー 3 撮影モード 通常、連写(6、9、15枚)、 4コマ・9コマ分割、パノラ マ撮影 4 ホワイトバランス オート、晴天、曇り、白熱灯、 蛍光灯 5 セルフタイマー 3秒、5秒、10秒 6 フレーム 9種類の中から選択 7 エフェクト モノクロ、セピア、ネガ、なし 8 ISO 自動、100、200、400 9 スポット測光 OFF、ON 0 データフォルダ - # ファインダー変更 ノーマル、フルサイズビュー (アイコン表示なし)、フルサ イズビュー(グリッド線あり) w カメラ・ビデオ変更 - n 上下反転 - b 左右反転 - j ズーム - s 明るさ調整 - 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-10 D c(録画)を押す E c(保存)を押して撮影を終了する 撮影時間が経過した場合は 自動的に撮影が終了し、保存される F 必要に応じてc( )を押し、撮影した動 画を確認する 続けて撮影する場合は w(ビデオ)を押す 動画撮影前のメニュー操作 動画撮影後のメニュー操作 補足 ● セルフタイマーを使って撮影するには 操作4の前に5を押します。5を押すごとに「3秒」「5秒」 「10秒」「セルフタイマーなし」の順に切り替わります。 ● 内側カメラ/外側カメラに切り替えて撮影するには 撮影前のメニューから「カメラ切替」を選択します。 メニュー 内 容 カメラ切替 内側カメラと外側カメラを切り替えま す(fP.7-10)。 エフェクト 色調を選択します。カラーで撮影する場 合は「なし」を選択します。 セルフタイマー セルフタイマーを使って撮影します (fP.7-10)。 データフォルダ ムービーフォルダを呼び出します。 ビデオ設定 撮影に関する設定を変更します (fP.7-13)。 ボタン操作ガイド ボタンに割り当てられた機能をディス プレイで確認します(fP.7-11)。 メニュー 内 容 編集 データに保存された動画を編集します (fP.7-16)。 拡大・縮小 再生中や一時停止中の動画表示サイズ を設定できます。 送信 ファイルを送信します。「メール」を選択 すると、ファイルを添付したメールを作 成できます(fP.17-5)。「Bluetooth」 を選択すると、Bluetooth ® 通信の相手を 選択して送信できます(fP.12-5)。 設定 音声電話着信音やTVコール着信音に撮影 した動画を設定できます。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-11 ショートカット(ボタン操作)を使った撮影前の設定変 更について ショートカットが割り当てられたボタンを押すことにより、簡単 に設定を変更できます。 カメラの設定 画像のサイズや画質、保存場所など、撮影に関する設定を変 更します。 静止画の設定をする Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して、撮影モードを切り替える 削除 撮影したばかりの動画ファイルを削除 します。 ファイル名変更 ファイル名を変更できます。 データフォルダ ムービーフォルダを呼び出します。 保護/保護解除 保護すると、ファイル名の変更やファイ ルの移動、削除などが制限されます。 詳細 ファイルサイズや再生時間などを確認 できます。 ボタン 項 目 内 容 1 撮影サイズ 320×240、176×144、 128×96 2 画質 ファイン、ノーマル、ロー、 エコノミー 3 撮影時間 S!メール添付用、10秒、30 秒、制限なし 4 ホワイトバランス オート、晴天、曇り、白熱灯、 蛍光灯 5 セルフタイマー 3秒、5秒、10秒 6 音声録音 ON、OFF 7 エフェクト モノクロ、セピア、ネガ メニュー 内 容 0 データフォルダ - w カメラ・ビデオ変更 - n 上下反転 - b 左右反転 - j ズーム - s 明るさ調整 - お買い上げ時 ■ 撮影サイズ:320×240 ■ 画質:ノーマル ■ ファインダー:フルサイズビュー(アイコン表示なし) ■ シャッター音:シャッター 1 ■ 連写スピード:高速 ■ 撮影後の画像確認:あり ■ ホワイトバランス:オート ■ ISO:自動 ■ スポット測光:OFF ■ シーン別撮影:普通 ■ 保存先設定:本体 ■ 初期ファイル名:画像 ボタン 項 目 内 容 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-12 B メニューから「カメラ設定」を選択する C 項目を選択し、設定操作をする 撮影サイズを設定する場合は a「撮影サイズ」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 画質を設定する場合は a「画質」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す ビューファインダーを設定する場合は a「ファインダー」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す シャッター音を設定する場合は a「シャッター音」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 連写スピードを設定する場合は a「連写スピード」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 通常モードで撮影したときの動作を設定する場合は a「撮影後の画像確認」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す ホワイトバランスを設定する場合は a「ホワイトバランス」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す ISOを設定する場合は a「ISO」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す スポット測光を設定する場合は a「スポット測光」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す シーン別の撮影を設定する場合は a「シーン別撮影」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 保存先を本体/メモリカードに切り替える場合は a「保存先設定」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 保存時に付けられるファイル名を設定する場合は a「初期ファイル名」を選択する bファイル名を入力する 補足 ● 「保存先設定」の設定について 設定を変更すると、ビデオ設定の「保存先設定」も連動して変 更されます。 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-13 動画の設定をする Avを1秒以上押す 静止画撮影モードが起動した場合は w(ビデオ)を押して撮影モードを切り替える B メニューから「ビデオ設定」を選択する C 項目を選択し、設定操作をする 撮影時間を設定する場合は a「撮影時間」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 撮影サイズを設定する場合は a「撮影サイズ」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 画質を設定する場合は a「画質」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 音声録音を設定する場合は a「音声録音」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 保存先を本体/メモリカードに切り替える場合は a「保存先設定」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 保存時に付けられるファイル名を設定する場合は a「初期ファイル名」を選択する bファイル名を入力する お買い上げ時 ■ 撮影時間:S!メール添付用 ■ 撮影サイズ:176×144 ■ 画質:エコノミー ■ 音声録音:ON ■ 保存先設定:本体 ■ 初期ファイル名:ムービー 補足 ● 動画の撮影時間について 撮影時間を「制限なし」に設定したときは、通常撮影で最大約1時 間の撮影ができます。 ● 「撮影時間」を「S!メール添付用」に設定すると 「撮影サイズ」を「320×240」に設定できません。「画質」は 自動的に「エコノミー」に設定され、変更できません。 ● 「保存先設定」の設定について 設定を変更すると、カメラ設定の「保存先設定」も連動して変更さ れます。 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-14 画像の確認 データフォルダに保存した静止画または動画を確認します。 静止画を確認する Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して、撮影モードを切り替える B メニューから「データフォルダ」を選択する C 一覧画面でファイルを反転表示し、c(表 示)を押す 動画を確認する Avを1秒以上押す 静止画モードが起動した場合は w(ビデオ)を押して、撮影モードを切り替える B メニューから「データフォルダ」を選択する C 一覧画面でファイルを反転表示し、c(再 生)を押す 静止画の編集 データフォルダに保存された静止画を編集します。 A cを押し、「データフォルダ」を選択してファ イルの保存場所を選択する B ファイルを反転表示し、c(表示)を押す C c(画像編集)を押す D メニューを使って編集操作をする 画像のサイズを変更する場合は a「サイズ変更」を選択する b設定を選択する c「幅」または「高さ」を入力する(数値指定のみ) dw(完了)を押す 画像にエフェクトを設定する場合は a「エフェクト」を選択する b設定を選択する cw(完了)を押す 部分的にぼかしたり赤目補正をする場合は a「部分エフェクト」→「部分ぼかし」または「赤目補 正」の順に選択する bメニューを使って部分ぼかしや赤目補正の操作をす る 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-15 cw(完了)を押す 画像を調整する場合は a「画像調整」→「明るさ」/「コントラスト」/「色」 の順に選択する b画像を調整する cw(完了)を押す 画像にフレームを付ける場合は a「フレーム」を選択する bsでフレームを選択する cw(完了)を押す 画像にスタンプを付ける場合は a「スタンプ」を選択する bスタンプを選択する c必要に応じてメニューから「サイズ」を選択し、j でスタンプのサイズを調整する d必要に応じてメニューから「回転」を選択し、s でスタンプを回転する e必要に応じてメニューから「移動」を選択し、a でスタンプを移動する fw(完了)を押す 画像にテキストを追加する場合は (320×240サイズ以上の静止画のみ) a「テキストスタンプ」を選択する bテキストを入力する c必要に応じてメニューから「サイズ」を選択し、j でテキストのサイズを調整する d必要に応じてメニューから「回転」を選択し、s でテキストを回転する e必要に応じてメニューから「文字サイズ」→「大」 ~「小」のいずれかの順に選択する f必要に応じてメニューから「色」を選択し、a で テキストの色を調整する gw(完了)を押す 画像を回転させる場合は a「回転」を選択する b「右90度回転」または「左90度回転」を選択する cw(完了)を押す 画像を反転させる場合は a「反転」を選択する b「上下反転」または「左右反転」を選択する cw(完了)を押す 画像をトリミングする場合は a「切り取り」を選択する b必要に応じてメニューから「サイズ」を選択し、j でトリミングのサイズを調整する c必要に応じてメニューから「形状」を選択し、s でトリミングの形状を切り替える d必要に応じてメニューから「移動」を選択し、a でトリミング位置を調整する 708SC.book 15 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-16 eメニューから「切り取り」を選択する fw(完了)を押す E c(保存)を押す F 画像名を入力する 動画の編集 データフォルダに保存された動画を編集します。 A cを押し、「データフォルダ」を選択してファ イルの保存場所を選択する B ファイルを反転表示し、メニューから「動画 編集」を選択する C メニューを使って編集操作をする 動画を切り出す場合は a「切り取り」を選択する bc(再生)を押す c切り出し開始位置でw(開始)を押す d切り出し終了位置でw(終了)を押す e切り出しをやり直す場合はo(リセット)を押し、 b~dを繰り返す fw(完了)を押す 複数の動画を結合する場合は a「合成」を選択する b結合するファイルをチェックありにする(最大10ファ イル) cメモリカードのファイルを選択する場合はo (メモリカード)を押し、結合するファイルをチェッ クありにする db、cを繰り返して対象のファイルをすべてチェッ クありにする ew(完了)を押す fc(合成)を押す 音声を他の動画の音声/サウンドに置き替える場合は a「サウンド上書き」→「他のムービー検索」または 「他のサウンド検索」の順に選択する bファイルを選択し、w(完了)を押す D c(保存)を押す E ファイル名を入力する 708SC.book 16 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-17 Flash ® の作成 データフォルダのピクチャーフォルダに保存されている静 止画やその他ファイルフォルダに保存されているFlash ® 画 像、撮影直後の静止画を利用して、Flash ®画像を作成しま す。作成したFlash ® 画像は、データフォルダのその他ファ イルフォルダに保存されます。 A cを押し、「カメラ」→「ダイナミックエフェ クトリスト」の順に選択する B ファイルを選択する C 作成操作をする 画像にフレームを付ける場合は a (フレーム)を選択する bフレームを選択する 画像にアイコンを付ける場合は a (アイコン)を選択する bアイコンを選択する c必要に応じてメニューから「サイズ」を選択し、j でサイズを調節してw(完了)を押す d必要に応じてメニューから「回転」を選択し、s で回転の角度を調節してw(完了)を押す 補足 ● 編集前に動画を確認するには w(プレビュー)を押します。 ● 結合するファイルを追加するには a操作3の「複数の動画を1つに結合する場合は」のeのあと、 メニューから「追加」を選択する b操作3の「複数の動画を結合する場合は」のb~eを行う ● 結合するファイルを削除するには a操作3の「複数の動画を1つに結合する場合は」のeのあと、 sで削除するファイルを反転表示する bメニューから「削除」を選択し、「はい」を選択する ● 結合するファイルの順番を変更するには a操作3の「複数の動画を1つに結合する場合は」のeのあと、 sで移動するファイルを反転表示する bメニューから「順序変更」を選択する csで移動先のファイルを反転表示し、c(OK)を押す 708SC.book 17 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-18 e必要に応じてメニューから「反転」を選択し、a で向きを調節してw(完了)を押す f必要に応じてメニューから「透過」を選択し、j で透過度を調節してw(完了)を押す gaで位置を調節し、w(完了)を押す hスタンプを追加する場合はa~eを繰り返す 画像に自作のバルーンを付ける場合は a (バルーン)を選択する b「ノーマル」を選択する cバルーンを選択する dテキストを入力する e必要に応じてメニューから「文字サイズ」を選択し、 jでテキストのサイズを調節してw(完了)を 押す f必要に応じてメニューから「文字色」を選択し、s でテキストの色を調節してw(完了)を押す g必要に応じてメニューから「アクションテキスト」 を選択し、sでテキストのアクションを選択して w(完了)を押す h必要に応じてメニューから「反転」を選択し、a で向きを調節してw(完了)を押す iaで位置を調節し、w(完了)を押す j自作のバルーンを追加する場合は (バルーン)を 選択し、c(挿入)を押してb~iを繰り返す 画像にプリインストールのバルーンを付ける場合は a (バルーン)を選択する b「既製」を選択する cバルーンを選択する daで位置を調節し、w(完了)を押す eプリインストールのバルーンを追加する場合は (バ ルーン)を選択し、c(挿入)を押してb~dを繰 り返す 画像に時計を付ける場合は a (ウォッチ)を選択する b時計を選択する cw(完了)を押す 編集中の画像を元に戻す場合は a (リセット)を選択する b「はい」を選択する Dw(保存)を押す E 画像名を入力する 708SC.book 18 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-19 メール添付 静止画や動画を撮影後すぐにメールに添付して送信できます。 ただし、動画の場合は「S!メール添付用」(fP.7-13)で撮 影したファイルのみ添付することができます。 A 撮影終了後、c(送信)→「メール」の順に 選択する 動画を送信する場合は 撮影終了後のメニューから「送信」→「メール」の順 に選択する B メール作成画面で宛先、件名、本文などを入 力して送信する 補足 ● 画像に追加したフレーム/時計を削除するには a操作 2 のあと、 (フレーム)または (ウォッチ)を選択 する bw(削除)を押す ● 画像に追加したアイコン/バルーンを削除するには a操作 2 のあと、 (アイコン)または (バルーン)を選択 する b複数追加されている場合はsで削除するアイコンまたはバ ルーンを反転表示する cw(削除)を押す dc(完了)を押す ● アイコン/バルーンの追加について 追加できるアイコンやバルーンの数は5件までです。 ● データフォルダの画像からFlash ® を作成するには aデータフォルダの画像を反転表示して、メニューから「ダイ ナミックエフェクト」を選択する b「Flash ® の作成」の操作3~5(fP.7-17)を行う 注意 ● 作成したFlash ® 画像はメールに添付できません。 補足 ● Bluetooth ® で静止画や動画を送信するには 操作1で「Bluetooth」を選択します(fP.12-5)。 708SC.book 19 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分7-20 708SC.book 20 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ディスプレイの設定 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ィ ス プ レ イ の 設 定 8-2 待受画面の設定 ディスプレイの壁紙を設定する 保存されている静止画やアニメーションを表示させる「デー タフォルダ」、静止画を次々に表示させる「フォトスライド」 または「サイクリング」を設定できます。静止画を表示しな いように設定することもできます。 A cを押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「壁紙設定」の順に選択する B 設定操作をする 設定を変更する場合は 「データフォルダ」「フォトスライド」「サイクリング」 「なし」のいずれかを選択する データフォルダの画像を変更する場合は a「データフォルダ」を反転表示し、w(編集)を押す bファイルの保存場所を選択してファイルを選択する cc(設定)を押す フォトスライドを設定/編集する場合は a「フォトスライド」を選択し、w(編集)を押す b「フォトスライドを設定する」の操作2~4(fP.8-2) または「フォトスライドを編集する」の操作2~3 (fP.8-3)を行う C c(保存)を押す フォトスライドを設定する A cを押し、「ツール」→「フォトスライド」の 順に選択する B c(追加)を押す C ファイルの保存場所を選択し、設定する画像 をチェックありにしてw(完了)を押す プレビューを見る場合は aw(プレビュー)を押し、「はい」(左右をトリミ ング)または「いいえ」(もとの縦横比率で表示)を 選択する bプレビューを終了するときはCを押す 効果を設定する場合は ajで効果欄を反転表示する bsで設定を切り替える 静止画1枚あたりの再生時間を変更する場合は ajで切替時間欄を反転表示する bsで設定を切り替える お買い上げ時 ■ データフォルダ 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ィ ス プ レ イ の 設 定 8-3 D c(設定)を押し、「はい」(左右をトリミン グ)または「いいえ」(もとの縦横比率で表示) を選択する フォトスライドを編集する A cを押し、「ツール」→「フォトスライド」の 順に選択する B 編集操作をする 静止画を変更する場合は aメニューから「画像変更」を選択する b設定する静止画をチェックありにし、w(完了) を押す 静止画の順序を変更する場合は a順序を変更する静止画を反転表示し、メニューから 「順序変更」を選択する baで順序を変更し、c(保存)を押す 静止画を削除する場合は 削除する静止画を反転表示し、メニューから「削除」 を選択して「はい」を選択する 静止画を追加する場合は a静止画を設定していない箇所を反転表示し、o (追加)を押す b追加する静止画をチェックありにし、w(完了) を押す C c(設定)を押し、「はい」または「いいえ」 を選択する 補足 ● フォトスライドのサイズ調整について ディスプレイに大きく表示するには、操作4で「はい」を選択し ます。もとの縦横比率のまま全体を表示するには、「いいえ」を 選択します。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ィ ス プ レ イ の 設 定 8-4 時計表示を設定する 待受画面の時計表示を、デジタル時計、デュアルクロック、 またはカレンダーから選択して表示できます。時計を表示し ないように設定することもできます。 A cを押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「時計/カレンダー表示」の順に選択する B 設定を選択する デジタル時計を表示する場合は a「デジタル時計」を選択する bw(編集)を押し、sで時計の種類を切り替える cc(OK)を押す デュアルクロックを表示する場合は a「デュアルクロック」を選択する bw(編集)を押す c「タイムゾーンを変更する」の操作3(fP.1-17)を 行う カレンダーを表示する場合は 「カレンダー」を選択する 時計を表示しない場合は 「OFF」を選択する C c(保存)を押す 補足 ● フォトスライドのサイズ調整について ディスプレイに大きく表示するには、操作3で「はい」を選択し ます。もとの縦横比率のまま全体を表示するには、「いいえ」を 選択します。 お買い上げ時 ■ デジタル時計(デジタル時計7) 補足 ● 「デュアルクロック」に設定すると 待受画面に2つの時計が表示されます。上側には「日付・時刻 の設定」(fP.1-16)で設定した地域の時計が表示され、下側 には「デュアルクロックを表示する場合は」で設定した地域の 時計が表示されます。 ● 「カレンダー」に設定したときの表示について 「カレンダー」の「週の始まり」(fP.14-5)で設定した表示形 式で表示されます。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ィ ス プ レ イ の 設 定 8-5 事業者名を表示させる 待受画面にご利用の事業者名を表示するかどうかを設定し ます。 A cを押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「事業者名表示」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 表示するフォントの設定 表示するフォントを変更できます。 A cを押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「フォント」→「フォントタイプ」の順に選択 する B 設定を選択し、c(保存)を押す メニュー表示の設定 メニュースタイルを設定する メニュー画面(Yahoo!ケータイメニューを除く)の表示タ イプを変更できます。 A cを押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「メインメニュースタイル」の順に選択する B 設定を選択し、w(保存)を押す ポップアップメニューを設定する メニューの中項目を反転表示したときに、小項目を吹き出し で表示するかどうかを設定します。 A cを押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「ポップアップメニュー」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ OFF お買い上げ時 ■ フォント1 お買い上げ時 ■ ブラック お買い上げ時 ■ OFF  708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ィ ス プ レ イ の 設 定 8-6 メニューの文字サイズを設定する メニューの中項目の文字サイズを変更できます。 A cを押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「フォント」→「メニュー文字サイズ」の順に 選択する B 設定を反転表示し、c(保存)を押す 明るさと点灯時間の設定 ディスプレイの明るさを調整する A cを押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「明るさ」の順に選択する B aで明るさを調整し、c(保存)を押す バックライト点灯時間を設定する ディスプレイのバックライト点灯時間や表示の設定をしま す。「点灯時間」で設定した時間を経過すると画面が暗くな り、さらに「省電力設定」で設定した時間を経過するとディ スプレイが消灯します。 A cを押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「バックライト」の順に選択する B 項目を選択し、設定操作をする 明るく点灯させる時間を設定する場合は a点灯時間欄を選択する b時間を選択し、c(OK)を押す 消灯までの時間を設定する場合は a省電力設定欄を選択する b時間を選択し、c(OK)を押す Cw(保存)を押す 補足 ● 小項目がない中項目を反転表示したときは 吹き出しが表示されません。ツールメニューの「アラーム」も 吹き出しが表示されません。 お買い上げ時 ■ 大 お買い上げ時 ■ 点灯時間:15秒 ■ 省電力設定:5秒 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ィ ス プ レ イ の 設 定 8-7 ダイヤル表示の設定 待受中にダイヤル入力したときの表示を変更できます。文字 タイプで「標準」または「標準2」を設定したときは、文字 のサイズや色、背景色も変更できます。 A cを押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「ダイヤル表示スタイル」の順に選択する B 項目を選択し、設定操作をする 文字タイプを設定する場合は a「文字タイプ」を選択する bsで文字タイプを切り替える 文字サイズを設定する場合は a「文字サイズ」を選択する bsでサイズを切り替える 文字色を設定する場合は a「文字色」を選択する bsで設定を切り替える cuで色の選択欄にカーソルを移動し、sで色を切 り替える(「単色」の場合のみ) 背景色を設定する場合は a「背景色」を選択する bsで色を切り替える C c(保存)を押す 表示言語の切り替え ディスプレイの表示言語を、日本語、英語、韓国語から選択 できます。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「Language」 または「言語選択」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存/Save/ )を 押す お買い上げ時 ■ 文字タイプ:標準2 お買い上げ時 ■ 日本語 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分8-8 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分音の設定 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分音 の 設 定 9-2 各モードの設定内容を変更する 各モードの音声電話やTVコール、メールを受けたときの着 信設定を変更できます。 運転中モードでは、電話がかかってきたときの応答方法も変 更できます。 A 待受画面で*を1秒以上押す B モードを反転表示してw(編集)を押す 着信音の音量を設定する場合は a「着信音量」を選択し、設定する項目を選択する bsで音量を調節する cw(再生)を押して音量を確認し、c(OK)を押す dw(保存)を押す 音声電話やTVコールの着信音を設定する場合は a「着信音」を選択し、「音声通話」または「TVコール」 を選択する bファイルの保存場所を選択する cメロディを反転表示し、メニューから「再生」を選 択する do(選択)を押す ew(保存)を押す S!メールやSMSの着信音を設定する場合は a「着信音」を選択し、「メール」を選択する b設定を選択する cw(再生)を押して着信音を確認し、c(OK) を押す dw(保存)を押す バイブレータを設定する場合は a「バイブ」を選択し、設定する項目を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す S!メールやSMSの着信音の鳴動時間を設定する場合 は a「メール着信鳴動時間」を選択し、「メール」を選択 する b時間を入力し、c(OK)を押す 効果音やキー操作音の音量を設定する場合は a「効果音・キー操作音量」を選択する bsで音量を調節し、c(保存)を押す 効果音を設定する場合は a「効果音設定」を選択する b設定する項目をチェックありにし、w(保存)を 押す キー操作音を設定する場合は a「キー操作音」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 応答方法を設定する場合は(運転中モードのみ) a「着信応答モード」を選択する 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分音 の 設 定 9-3 b設定を選択し、c(保存)を押す 設定メニューの「サウンド設定」について 「設定」メニューの「サウンド設定」は、通常モードの設定内容 を変更するためのメニューです。他のモードの内容は変更できま せん。 補足 ● 着信音量について 「 」を選択すると音量がステップアップに設定され、着信音の 音量がだんだん大きくなります。 ● アコースティックショック調整について(fP.15-5) 「ON」にすると、音声通話やTVコールの着信音量が大きな音で 設定されていても、レベル1の音量で2秒間呼び出し、その後に 設定されている音量で呼び出します。 ● 運転中モードの着信応答モードについて(fP.9-2) 「エニーキー」に設定すると、w、o、y、サイドキー nbを除くどのボタンでも応答できます。 ● 運転中モードの自動応答までの秒数を設定するには 操作2の「応答方法を設定する場合は」のaのあと、「自動」を 選択してw(編集)を押し、設定を選択してc(OK)を押 します。 ● ボイスレコーダー(fP.14-13)で録音したamrファイルを着 信音として設定するには 操作2の「音声電話やTVコールの着信音を設定する場合は」の bのあとでamrファイルを選択する ● 着信中に音量を調節するには 着信中にサイドキー nまたはbを押します。 ● 音やバイブレータでのお知らせをしないように設定するには (ミュート) 着信時やメール受信時のお知らせをミュート(表示のみ)にす るには、「着信音量」を「OFF」にし、「バイブ」を「OFF」に します。ミュートにしているときは、ディスプレイに が表示 されます。 ● S!メールやSMSの着信音のデータフォルダの曲目を変更する には a操作2の「S!メールやSMSの着信音を設定する場合は」のb のあとで、「データフォルダ」を反転表示してo(変更)を 押す bファイルの保存場所を選択する cメロディを反転表示し、メニューから「再生」を選択する do(選択)を押す ew(保存)を押す ● 待受画面でボタン確認音量を調節するには 待受中にサイドキー nまたはbを押します。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分音 の 設 定 9-4 各モードの設定内容について モードによって、設定できない項目があります。お買い上げ時には次のように設定されています。 -:設定不可 モード 通常 マナー 運転中 ミーティング アクティブ 設定項目 着信音量 音声通話 レベル4 - レベル4 OFF レベル5 TVコール レベル4 - レベル4 OFF レベル5 メール レベル4 - レベル4 OFF レベル5 着信音 音声通話 Tripping.mmf - Tripping.mmf Tripping.mmf Tripping.mmf TVコール Secret Life.mmf - Secret Life.mmf Secret Life.mmf Secret Life.mmf メール ピュア - ピュア ピュア ピュア バイブ 音声通話 ON ON ON ON ON TVコール ON ON ON ON ON メール ON ON ON ON ON メール着信鳴動時間 メール 5秒 - 5秒 5秒 5秒 効果音・キー操作音量 レベル2 - レベル4 OFF レベル5 効果音設定 複数ON 通話中イベント通知 複数ON 通話中イベント通知 複数ON キー操作音 木琴 - 木琴 木琴 木琴 着信応答モード - - 通常 - - 簡易留守録 - ON - - - 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分音 の 設 定 9-5 効果音設定の設定項目について モードによって設定できない項目があります。これらの音量は、 効果音・キー操作音量の設定に従います。 設定項目 内 容 全てON/OFF 効果音設定の項目すべてをチェックあり またはなしにします。 ポップアップ音 確認や警告のメッセージが表示されたと きに音が鳴ります。 通話時間通知 (毎分) 通話中に約1分たつごとに音が鳴ります。 呼び出し開始音 電話をかけたとき、相手の着信音が鳴る前 に、電話が接続されこれから相手を呼び出 すことをお知らせする音が鳴ります。 通話終了音 通話終了時に音が鳴ります。 ウェイクアップ音 電源を入れたときに音が鳴ります。 通話中イベント通知 通話中にアラームの設定時刻になったと きやメールを受信したときに音が鳴りま す。 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分9-6 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メディアプレイヤー 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ デ ィ ア プ レ イ ヤ ー 10-2 メディアプレイヤーをご利用にな る前に メディアプレイヤーでは、データフォルダに保存されている メロディや動画ファイルを再生できます。動画コンテンツな どのデータを読み込みながらリアルタイムで再生できるス トリーミングも楽しめます。 ● ミュージックのメニュー「ミュージックダウンロード」や ムービーのメニュー「ムービーダウンロード」からは、 Yahoo!ケータイへ直接アクセスし、音楽や動画をダウン ロードできます。 ● 再生音はスピーカーからだけでなく、ステレオイヤホンマ イクを利用して聴くことができます。下の図を参考に差し 込んでください。また、スピーカー再生するときは、ステ レオイヤホンマイクを本体から外します。 ● ステレオイヤホンマイクは音楽再生だけでなく、通話にも お使いいただけます。ステレオイヤホンマイクを取り付け て再生している場合に、電話をかけてきた相手と通話する ときは、ステレオイヤホンマイクのスイッチを1秒以上押 すと通話できます。 メディアプレイヤーで再生できるファイル 接続コネクター ステレオ イヤホンマイク 右 左 (R) (L) プレイヤー ファイル(拡張子) ミュージック MPEG4 Audio(mp4、3gp(音声のみ)) ムービー MPEG4(mp4、3gp) 補足 ● その他のファイルの再生について データフォルダのメロディ&ミュージックフォルダに保存され ている上記以外のファイルは、メディアプレイヤーでは再生で きません。再生する場合は、メロディ&ミュージックフォルダ からファイルを選択して再生してください。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ デ ィ ア プ レ イ ヤ ー 10-3 音楽を再生する Aeを押す B ファイルの選択操作をする すべてのファイルの一覧から選択する場合は 「全てのミュージック」を選択し、ファイルを反転表示 する 最近再生したファイルの一覧から選択する場合は 「最近聴いた曲」を選択し、ファイルを反転表示する よく聴くファイルの一覧から選択する場合は 「よく聴く曲」を選択し、ファイルを反転表示する プレイリストを再生する場合は(fP.10-6) C c(再生)を押す aアーティスト名と曲名(曲名情報がない場合はファイル 名) bスキン c状態:再生/一時停止/停止 dリピートモード (OFF)/ (1ファイルリピート)/ (ランダム)/ (オールリピート) eファイル番号/総ファイル数 f再生音量 g総再生時間 h再生経過時間 iプログレスバー メロディ再生画面 a e g i b c d f h 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ デ ィ ア プ レ イ ヤ ー 10-4 「全てのミュージック」について メディアプレイヤーの「ミュージック」で再生できるすべての ファイルを一覧で表示します。最大9999件のファイルを表示で きます。 「ミュージックダウンロード」について ダウンロードサイトへのショートカットです。選択すると、イン ターネット上のダウンロードサイトに接続できます。 「ミュージックサーチ」について メディアプレイヤーの「ミュージックサーチ」は音楽検索サイト 「Music Search」へのショートカットです。楽曲種別やキーワー ドで音楽を検索できます。 「最近聴いた曲」「よく聴く曲」について 「最近聴いた曲」には最近再生したファイルの履歴が記録され、最 後に再生されたファイルが一番上に表示されます。「よく聴く曲」 には再生回数の多いファイルの履歴が表示され、最も再生回数が 多いファイルが一番上に表示されます。それぞれ最大100件の 履歴が記録されます。 補足 ● 再生を終了して一覧画面に戻るには Cを押します。ただし、メニュー表示中またはメニュー操作 中にCを押した場合は、メニューを閉じるか1つ前の画面に 戻ります。 ● 再生中に電話がかかってきたときは 再生が一時停止され、着信音が鳴ります。通話終了後も、一時 停止中のままです。 ● 再生中にメールを受信したときは ディスプレイ最上段に または が表示され、バイブレータ でお知らせします。 ● 再生中にアラームの設定時刻になったときは 再生が一時停止され、アラーム音と表示でお知らせします。い ずれかのボタンを押すとアラーム音が止まり、再生を開始しま す。もう一度押すと表示が消えます。 ● メロディファイルを着信音に設定するには 一覧画面でファイルを反転表示するか、再生を一時停止または停止 した状態でw(設定)を押し、設定操作をします(fP.11-11)。 ただし、着信音に設定できないファイルの場合は操作できませ ん。 ● 音楽を聴きながら同時に別の機能を使うには スイッチバーを使います(fP.1-20)。 ● 最後に聴いていたメロディを簡単に再生するには 待受画面でeを1秒以上押すと、自動的に再生します。 ● メモリカードに保存されているファイルの表示について メモリカードを取り付けている場合は、「全てのミュージック」 の一覧画面にメモリカードに保存されているファイルも表示さ れます。該当するファイルには が表示されます。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ デ ィ ア プ レ イ ヤ ー 10-5 再生画面/一覧画面のメニュー操作 表示されるメニューはファイルの種類、状況によって異なりま す。 メニュー 内 容 送信 ファイルを送信します。「メール」を選択 すると、ファイルを添付したメールを作 成できます(fP.17-5)。「Bluetooth」 を選択すると、Bluetooth ® 通信の相手 を選択して送信できます(fP.12-5)。 追加 ファイルをプレイリストに追加します。 「プレイリスト」を選択すると、プレイ リストに含まれるファイルすべてをプ レイリストに追加します。「ファイル」 を選択すると、ファイルを選択してプレ イリストに追加できます。 移動 プレイリスト内のファイルの順序を変 更できます。 ブックマーク表示 ブックマークに登録したストリーミン グ再生のリンクがある情報画面にアク セスします。 履歴表示 以前に利用したストリーミング再生のリ ンクがある情報画面にアクセスします。 プレイリストに追加 「全てのミュージック」内のファイルを プレイリストに追加します。「選択した ファイル」を選択すると、反転表示して いるファイルをプレイリストに追加し ます。「複数のファイル」を選択すると、 一度に複数のファイルをプレイリスト に追加できます。 検索&再生 アルバム、アーティスト、ジャンルごと に検索し、再生します。 削除 ファイルを削除します(fP.11-18)。 ファイル名変更 ファイル名を変更できます。 保護/保護解除 保護すると、ファイル名の変更や削除な どが制限されます。 詳細 ファイルの詳細を確認します。 停止 再生を停止します。 再生 音楽を再生します。再生画面の場合は、 「本体」を選択すると再生音をスピーカー から鳴らします。「AVヘッドフォン」を 選択すると、再生音を本体スピーカーや Bluetooth ® 対応のステレオヘッドフォ ンなどから鳴らします(fP.12-5)。 AV ヘッドフォンで 聴く/本体で聴く 再生音を鳴らす位置をBluetooth ® 対 応のステレオヘッドフォンなどに切り 替えます(fP.12-5)。 コンテンツ・キー 再取得 著作権保護ファイルのコンテンツ・キー を購入または取得します。 メニュー 内 容 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ デ ィ ア プ レ イ ヤ ー 10-6 プレイリストを使って再生する プレイリストを作成する プレイリストは最大20件作成でき、1件のプレイリストに は最大100件のファイルを登録できます。 Aeを押し、メニューから「プレイリスト作 成」を選択する B プレイリスト名を入力する C 作成したプレイリストを選択する D メニューから「追加」→「ファイル」の順に 選択する E 登録するファイルをチェックありにし、w (保存)を押す プレイリスト作成 プレイリストを作成します(fP.10-6)。 名前変更 プレイリストの名前を変更します。 プレイリスト表示 プレイリストを呼び出します。 プレイヤー設定 音楽再生に関する設定を変更します (fP.10-7)。 補足 ● 「AVヘッドフォンで聴く」に設定すると 708SCでの音量調節はできません。AVヘッドフォン側で調節 してください。 メニュー 内 容 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ デ ィ ア プ レ イ ヤ ー 10-7 プレイリストを再生する Aeを押して再生するプレイリストを選択し、 「再生」を選択する 音楽再生のプレイヤー設定を変更する リピートモードを設定する 1曲を繰り返し再生したり、すべてのミュージックやプレイ リスト内のすべてのファイルをランダム再生したり繰り返 し再生するように設定できます。 Aeを押し、メニューから「プレイヤー設定」 を選択する B「リピートモード」を選択する C 項目を選択し、c(保存)を押す 再生中の音量を設定する Aeを押し、メニューから「プレイヤー設定」 を選択する B「再生音量」を選択する C aで音量を調節し、c(保存)を押す 補足 ● 既存のプレイリストの曲をすべて選択してプレイリストを作成 するには a「プレイリストを作成する」の操作1~3を行う bメニューから「追加」→「プレイリスト」の順に選択する c全曲追加する再生リストを選択する ● プレイリストの名前を変更するには aプレイリストを反転表示し、メニューから「名前変更」を選 択する bプレイリスト名を入力する ● プレイリストを1件削除するには aプレイリストを反転表示し、メニューから「削除」→「1件」 の順に選択する b「はい」を選択する ● プレイリストを全件削除するには aプレイリストを反転表示し、メニューから「削除」→「全件」 の順に選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押す c「はい」を選択する お買い上げ時 ■ OFF 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ デ ィ ア プ レ イ ヤ ー 10-8 オーディオスキンを設定する 再生中のディスプレイに表示する画像を2種類の中から設 定します。 Aeを押し、メニューから「プレイヤー設定」 を選択する B「オーディオスキン」を選択する C 設定を選択し、c(保存)を押す ビジュアルを設定する ビジュアルのON/OFFを切り替える MPEG4のオーディオコーデックがAACまたはAAC+の音 楽を再生中のディスプレイに、「ビジュアル設定」で設定し たスキンの表示、コントローラーの表示/非表示、バックラ イトの照明設定を有効にするかどうかを設定します。 Aeを押し、メニューから「プレイヤー設定」 を選択する B「ビジュアル設定」を選択する C「設定ON/OFF」を選択する D 設定を選択し、c(保存)を押す ビジュアルの詳細を設定する メロディファイル再生中に表示するスキンを10種類の中か ら選択できます。このスキンを画面全体に表示させるには、 コントローラー表示を「非表示」に設定します。バックライ トを「常時ON」に設定すると、音楽を聴きながらスキンを 楽しめます。 Aeを押し、メニューから「プレイヤー設定」 を選択する B「ビジュアル設定」を選択する C「スキン」「コントローラー表示」「バックライ ト」のいずれかを選択する D 設定を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ レインボーウェーブ お買い上げ時 ■ ON お買い上げ時 ■ スキン:フラワー ■ コントローラー表示:表示 ■ バックライト:標準 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ デ ィ ア プ レ イ ヤ ー 10-9 動画を再生する A cを押し、「メディアプレイヤー」→「ムー ビー」の順に選択する B ファイルの選択操作をする すべてのファイルの一覧から選択する場合は 「全てのムービー」を選択し、ファイルを反転表示する 最近再生したファイルの一覧から選択する場合は 「最近見たムービー」を選択し、ファイルを反転表示する よく見るファイルの一覧から選択する場合は 「よく見るムービー」を選択し、ファイルを反転表示する プレイリストを再生する場合は(fP.10-6) C c(再生)を押す aアーティスト名とビデオタイトル(ビデオタイトルがな い場合はファイル名) b状態:再生/一時停止/停止 cプログレスバー d再生音量 e総再生時間 f再生経過時間 「全てのムービー」について メディアプレイヤーの「ムービー」で再生できるすべてのファイ ルが表示されます。最大9999件のファイルを表示できます。 動画再生画面 a d f b c e 補足 ● 動画ファイルを着信音に設定するには 一覧画面でファイルを反転表示するか、再生を停止した状態で w(設定)を押し、設定操作をします(fP.11-11)。ただ し、着信音に設定できないファイルの場合は操作できません。 ● プレイリストを作るには a操作1のあと、メニューから「プレイリスト作成」を選択する b「プレイリストを作成する」の操作2~5(fP.10-6)を行う ● メモリカードに保存されているファイルの表示について メモリカードを取り付けている場合は、「全てのムービー」の一 覧画面にメモリカードに保存されているファイルも表示されま す。該当するファイルには が表示されます。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ デ ィ ア プ レ イ ヤ ー 10-10 「ムービーダウンロード」について ダウンロードサイトへのショートカットです。選択すると、イン ターネット上のダウンロードサイトに接続できます。 「最近見たムービー」「よく見るムービー」について 「最近見たムービー」には最近再生したファイルの履歴が記録さ れ、最後に再生されたファイルがいちばん上に表示されます。「よ く見るムービー」には再生回数の多いファイルの履歴が表示さ れ、最も再生回数が多いファイルがいちばん上に表示されます。 それぞれ最大100件の履歴が記録されます。 再生画面/一覧画面のメニュー操作 再生画面や一覧画面のメニューから、次の操作ができます。表示 されるメニューは、ファイルの種類によって異なります。 メニュー 内 容 全画面表示 画面全体に動画を表示します。 追加 ファイルをプレイリストに追加します。 「プレイリスト」を選択すると、プレイ リストに含まれるファイルすべてをプ レイリストに追加します。「ファイル」 を選択すると、ファイルを選択してプレ イリストに追加できます。 移動 プレイリスト内のファイルの順序を変 更できます。 停止 再生中の動画を停止します。 編集 動画を編集できます(fP.7-16)。 拡大・縮小 表示サイズを変更できます。 送信 ファイルを送信します。「メール」を選択 すると、ファイルを添付したメールを作 成できます(fP.17-5)。「Bluetooth」 を選択すると、Bluetooth ® 通信の相手 を選択して送信できます(fP.12-5)。 ブックマーク表示 ブックマークに登録したストリーミン グ再生のリンクがある情報画面にアク セスします。 履歴表示 以前に利用したストリーミング再生のリ ンクがある情報画面にアクセスします。 プレイリストに追加 「全てのムービー」内のファイルをプレイ リストに追加します。「選択したファイ ル」を選択すると、反転表示しているファ イルをプレイリストに追加します。「複数 のファイル」を選択すると、一度に複数 のファイルをプレイリストに追加できま す。 削除 ファイルを削除します(fP.11-18)。 ファイル名変更 ファイル名を変更できます。 保護/保護解除 保護すると、ファイル名の変更や削除な どが制限されます。 詳細 ファイルサイズや再生時間などを確認 します。 メニュー 内 容 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ デ ィ ア プ レ イ ヤ ー 10-11 動画再生のプレイヤー設定を変更する リピートモードを設定する 1つのファイルを繰り返し再生したり、フォルダのすべての ファイルをランダム再生や繰り返し再生するように設定で きます。 A cを押し、「メディアプレイヤー」→「ムー ビー」の順に選択する B 一覧画面でファイルを反転表示し、c(再 生)を押す C メニューから「プレイヤー設定」を選択する D「リピートモード」を選択する E 設定を選択し、c(保存)を押す 再生 音楽を再生します。再生画面の場合は、 「本体」を選択すると再生音をスピーカー から鳴らします。「AVヘッドフォン」を 選択すると、再生音を本体スピーカーや Bluetooth ® 対応のステレオヘッドフォ ンなどから鳴らします(fP.12-5)。 AV ヘッドフォンで 聴く/本体で聴く 再生音を鳴らす位置をBluetooth ® 対 応のステレオヘッドフォンなどに切り 替えます(fP.12-5)。 プレイリスト作成 プレイリストを作成します(fP.10-6)。 名前変更 プレイリストの名前を変更します。 プレイヤー設定 動画再生に関する設定を変更します (fP.10-11)。 メニュー 内 容 お買い上げ時 ■ OFF 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ デ ィ ア プ レ イ ヤ ー 10-12 再生中の音量を設定する A cを押し、「メディアプレイヤー」→「ムー ビー」の順に選択する B 一覧画面でファイルを反転表示し、c(再 生)を押す C メニューから「プレイヤー設定」を選択する D「再生音量」を選択する E aで音量を調節し、c(保存)を押す 表示サイズを設定する 再生中や一時停止中のメインディスプレイに表示される動 画のサイズを設定します。 A cを押し、「メディアプレイヤー」→「ムー ビー」の順に選択する B 一覧画面でファイルを反転表示し、c(再 生)を押す C メニューから「拡大・縮小」を選択し、サイ ズを選択する 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分データ管理 (データフォルダ) 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-2 データフォルダについて データフォルダは、いろいろなデータを一括管理する機能で す。 データフォルダの構成 あらかじめ4つの種別フォルダが用意されています。各機能 でデータを作成したりBluetooth ® 通信やウェブ、メールな どからデータを入手すると、ファイル形式に応じた種別フォ ルダに保存されます(右記参照)。 あらかじめ用意されている種別フォルダやサブフォルダのほか に、種別フォルダ内にサブフォルダを作成することもできます。 ※ ファイル形式に応じて振り分けられたファイルは、コピーや移動 の操作により別のフォルダにも保存できます。 データフォルダ ピクチャー※ その他ファイル※ メモリ容量確認 ムービー※ あらかじめ用意されている 種別フォルダ メロディ&ミュージック※ ※ 中にサブフォルダ「プリインストー ル」(あらかじめ登録されているファ イルを保存)が用意されています。 フォルダ 概 要 保存されるファイル※ ピクチャー 708SCで撮影した静止 画などの画像ファイル を保存 JPEG、BMP、GIF、 WBMP、PNG、 Animation GIF ムービー 708SCで撮影した動画 などのファイルを保存 MPEG4(3GP、 MP4) メロディ& ミュージック ダウンロードしたメロ ディや、ボイスレコー ダーで録音した音声な どのファイルを保存 SMAF/MIDI/ SP-MIDI、 MPEG4 Audio、 AMR その他ファ イル 表 示 の 際 に フ ァ イ ル ビューアが必要なドキュ メント、グラフィックス のほか、Flash ® ファイル やvファイルなどを保存 SWF、SVG、 vCard、 vCalendar、 PDF、 XLS、 DOC、 PPT、 TXT、 非サポー トファイル 補足 ● 種別フォルダに保存できるファイル/フォルダの件数について 1件の種別フォルダ内には、フォルダとファイルを合わせて最大 999件保存できます。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-3 「メモリ容量確認」について 「メモリ容量確認」を選択すると、データフォルダのフォルダご とのメモリ使用状況を確認できます。 同様の確認操作は、設定メニューからもできます(fP.15-8)。 ダウンロードサイトへのショートカットについて 種別フォルダ内に表示される は、ダウンロードサイトへの ショートカットです。選択すると、インターネット上のダウン ロードサイトに接続できます。 メモリカードを取り付けているときは データフォルダでw(メモリカード)を押すと、メモリカード のデータフォルダに切り替わり、 が表示されます。メモリカー ドのデータフォルダの構成は、708SC本体のデータフォルダと 異なります。w(本体)を押すと、708SC本体のデータフォ ルダに戻ります。 ファイルの確認 ファイルを確認する A cを押し、「データフォルダ」を選択する B ファイルの保存場所を選択する C 一覧画面でファイルを反転表示し、c(表示/ 再生/選択)を押す 補足 ● 画像を自動的に切り替えながら確認するには 同一フォルダ内の画像を、スライドのように次々に表示させる ことができます。 a操作1~3を行い、画像を表示させる bメニューから「スライドショー」を選択する ● 画像を拡大/縮小して確認するには a操作1~3を行い、画像を表示させる bメニューから「ズーム」を選択する cw( )、o( )やaで画像を拡大、縮小、スク ロールする dもとの表示に戻るときはCを押す 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-4 データフォルダからのカメラ/ボイスレコーダー起動に ついて ピクチャーフォルダを反転表示するか、708SCで撮影した画像 ファイルを反転表示してメニューから「カメラ起動」を選択する と、静止画撮影モードのカメラが起動します。 同様に、ムービーフォルダを反転表示するか、708SCで撮影し た動画ファイルを反転表示してメニューから「ビデオカメラ起 動」を選択すると、動画撮影モードのカメラが起動します。 メロディ&ミュージックフォルダを反転表示するか、708SCで 録音した音声ファイルを反転表示してメニューから「ボイスレ コーダー」を選択したときは、ボイスレコーダーが起動します。 ● 画像を拡大/縮小したときの操作について 前項の「画像を拡大/縮小して確認するには」のbを行ったあ とにo( )を押すと、ファイルの一覧画面が表示されま す。o( )を押すごとに一覧画面の表示形式が切り替わ り、ファイルを選択すると他のファイルを確認できます。 ● ファイルの一覧に表示されるアイコンについて アイコンの内容は次のとおりです。 :転送不可 :転送不可かつ利用不可 :保護あり :著作権保護ファイル(転送可、コンテンツ・キー有効) :著作権保護ファイル(転送可、コンテンツ・キー期限切れ) :著作権保護ファイル (転送不可、コンテンツ・キー有効) :著作権保護ファイル(転送不可、コンテンツ・キー期限切れ) :壁紙の設定あり(fP.11-10) :着信音の設定あり(fP.11-11) ● 他のUSIMカードを取り付けた場合は プリインストール以外の転送不可ファイルと著作権保護ファイ ルは利用できません。 ● 表示中の画像をディスプレイ全体に表示するには 操作3のあと、メニューから「全画面表示」を選択します。もと の表示に戻るときはCを押します。 ● ファイルの詳細を確認するには メニューから「詳細」を選択します。 注意 ● ファイルのサイズが 3M バイトを超えるファイルや、解像度が 1600×1200を超えるファイルは、編集およびズームの操作 ができません。また、1.3Mバイトを超えるファイルは着信画像 や代替画像に設定できません。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-5 ファイルビューアでドキュメントを確 認する データフォルダ内のドキュメント(PDF、XLS、DOC、 PPT、TXTの各ファイル)を確認できます。データフォル ダの一覧画面でこれらのファイルを選択すると、自動的に ファイルビューアが起動します。 ドキュメントは、標準表示または全画面表示で確認できま す。どちらの表示でも、メニューやショートカット(ボタン 操作)を使って画面を操作できます。 A cを押し、「データフォルダ」を選択する B ファイルの保存場所を選択し、ファイルを選 択する C メニューやショートカットを使って画面を操 作する 画面をスクロールする場合は aを押す 全画面表示/標準表示に切り替える場合は メニューから「全画面表示」または「標準表示」を選 択する 画面を拡大/縮小する場合は aメニューから「ズーム」を選択する b「イン」または「アウト」を押して拡大/縮小する ドキュメントの幅や高さに合わせた表示に切り替える 場合は メニューから「表示方法」を選択し、設定を選択する ページを移動する場合は メニューから「移動」を選択し、項目を選択する ページ数を指定してページを移動する場合は aメニューから「移動」を選択し、「ページ全体」を選 択する bページ数を入力する 画面をキャプチャする場合は メニューから「画面撮影」を選択する 標準表示 全画面表示 ショートカット ガイド 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-6 画面を時計まわりに90度回転する場合は aメニューから「回転」を選択する b元に戻すときは、再度メニューから「回転」を選択 する ページ内の文字列を検索する場合は aメニューから「検索」を選択する b検索語を入力する c続けて同じ検索語を文末に向かって検索するときは 3、文頭に向かって検索するときは1を押す ボタンに割り当てられたショートカットを確認する場 合は メニューから「ショートカット表示」を選択する ファイルビューアの設定を変更する A cを押し、「データフォルダ」を選択する B ファイルの保存場所を選択し、ファイルを選 択する C メニューから「設定」を選択する D 設定操作をする aを1回押したときのスクロール範囲を設定する場 合は a「スクロール」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す ファイルを画面幅に合わせて表示する場合は a「再流し込み」を選択する b「ON」を選択し、c(保存)を押す 表示エリアを示すマップの表示/非表示を設定する場 合は a「マップする」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 補足 ● 画面をキャプチャすると 708SC本体のデータフォルダの「その他ファイル」フォルダに JPEG形式で保存されます。 お買い上げ時 ■ スクロール:10 ピクセル ■ 再流し込み:OFF ■ マップする:ON ■ コントローラ:ON  ■ 名前:Capture 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-7 全画面表示のショートカットガイドの表示/非表示を 設定する場合は aメニューから「設定」を選択し、「コントローラ」を 選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 保存時に付けられるファイル名を変更する場合は a「名前」を選択する b名称を入力する ショートカットを使った画面操作について ボタンを押すことにより、画面を操作できます。 一覧画面や確認画面のメニュー操作について 画面操作用のメニュー以外の各項目については、「データフォル ダのメニュー操作」(fP.11-13)を参照してください。 補足 ● 「再流し込み」を「ON」に設定すると 文字情報のファイル(docやtxt)をディスプレイの横幅に合わ せて表示し直します。画面を上下にスクロールするだけで内容 を確認できます。 ● 「マップする」を「ON」に設定すると 画面の右下に、表示中のエリアがページ全体のどの位置になる かを示すマップが表示されます。表示中のエリアはマップ上で は赤色で示されます。 ボタン 内 容 サイドキーn ズームイン サイドキーb ズームアウト 2 最初のページに移動 4 前のページに移動 5 時計まわりに90度回転/元に戻す 6 次のページに移動 8 最後のページに移動 * 全画面表示/標準表示に切り替え 注意 ● ページ数の多いドキュメントや複雑なデザインを含むドキュメ ントなどでは、ファイルをすべて表示できない場合があります。 ● 日本語や英語以外の言語がファイルに含まれている場合、正しく 表示できない場合があります。 ボタン 内 容 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-8 SVG-T/Flash ® ビューアでグラフィッ クス/アニメーションを確認する データフォルダ内のSVG、SVGZ、SWF形式のファイルを 確認できます。データフォルダの一覧画面でこれらのファイ ルを選択すると、自動的にSVG-T/Flash ® ビューアが起動 します。 グラフィックスやアニメーションは、標準表示または全画面 表示で確認できます。どちらの表示でも、メニューやショー トカット(ボタン操作)を使って画面を操作できます。 A cを押し、「データフォルダ」を選択する B ファイルの保存場所を選択し、ファイルを選 択する C メニューやショートカットを使って画面を操 作する 全画面表示/標準表示に切り替える場合は メニューから「全画面表示」または「標準表示」を選 択する 画面を拡大/縮小する場合は aメニューから「ズーム」を選択する bw( )、o( )を押して拡大/縮小する cスクロールするときはaを押す dもとの画面に戻るときは、cを押す Flash ® 画像を一時停止/再開する場合は メニューから「一時停止」または「再開」を選択する 画質を切り替える場合は メニューから「画質」を選択し、項目を選択する 画面を左右に90度回転する場合は メニューから「回転」を選択し、項目を選択する 一覧画面や確認画面のメニュー操作について 画面操作用のメニュー以外の各項目については、「データフォル ダのメニュー操作」(fP.11-13)を参照してください。 標準表示 全画面表示 補足 ● 画像を壁紙に設定するには 標準表示でw(設定)を押すか、全画面表示のメニューから 「設定」を選択し、「壁紙(メインディスプレイ)」を選択します。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-9 ファイルを並べ替える 一覧画面の表示内容を、いろいろな方法で並べ替えることが できます。 A 一覧画面で、メニューから「並べ替え」を選 択する B 項目を選択する 日付の新しい順に並べ替える場合は 「日付」を選択する ファイル形式別に分けて並べ替える場合は 「ファイルタイプ」を選択する ファイル名で並べ替える場合は 「名前」を選択する ファイルのサイズの小さい順に並べ替える場合は 「サイズ」を選択する コンテンツ・キーの状態を基準に並べ替える場合は 「コンテンツ・キー状態」を選択する 補足 ● 一覧にフォルダが含まれているときは どの基準で並べたときも、先頭にフォルダが表示されます。 ● 「ファイルタイプ」を選択したときの並び順は 拡張子のアルファベット順で表示されます。 ● 「名前」を選択したときの並び順は 数字→英字→日本語の順で表示されます。 ● 「コンテンツ・キー状態」を選択したときの並び順は 著作権保護や転送の制限のないファイル→転送不可のファイル →著作権保護ファイル(コンテンツ・キー有効)→著作権保護 ファイル(コンテンツ・キー期限切れ)→転送不可かつ利用不 可のファイルの順に表示されます。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-10 ファイルの利用 画像ファイルを各種の画面に設定する 画像ファイルをディスプレイの壁紙に設定したり、電話帳の着 信画像やTVコールで使用する代替画像に設定したりできます。 A 一覧画面でファイルを反転表示し、w(設 定)を押す 画像を確認してから設定する場合は 一覧画面でファイルを反転表示してc(表示)を押 し、w(設定)を押す B 設定操作をする ディスプレイの壁紙に設定する場合は 「壁紙(メインディスプレイ)」を選択してプレビュー を確認し、c(設定)を押す 電話帳の着信画像に設定する場合は a「個別着信画像」を選択する b設定する電話帳を検索して選択し、c(設定)を 押す 代替画像に設定する場合は a「TVコール代替画像」を選択する bc(保存)を押す 補足 ● メモリカードに保存されているファイルを設定すると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 ● 静止画を編集するには(fP.7-14) ● モバイルポストカードを作成するには(fP.7-6) ● 静止画を印刷するには(fP.12-10) 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-11 サウンドファイルを着信音に設定する 次の設定操作をすると、通常モード(fP.3-2)の着信音の 設定が変更されます。 A cを押し、「データフォルダ」を選択してファ イルの保存場所を選択する B 一覧画面でファイルを反転表示し、w(設 定)を押す C 設定操作をする 音声電話の着信音に設定する場合は 「音声電話着信音」を選択する TVコールの着信音に設定する場合は 「TVコール着信音」を選択する 電話帳の着信音に設定する場合は a「発信者指定着信音」を選択する b設定する電話帳を検索して選択する S!メールやSMSの着信音に設定する場合は 「メール着信音」を選択する 動画ファイルを着信音に設定する 次の操作をすると、通常モード(fP.3-2)の着信音の設定 が変更されます。 A cを押し、「データフォルダ」を選択してファ イルの保存場所を選択する B 一覧画面でファイルを反転表示し、w(設 定)を押す 補足 ● メモリカードに保存されているファイルを設定すると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 ● 設定の制限について MP3、WAVファイルは著作権保護ファイルのみ設定できます。 MPEG4 ファイルはオーディオコーデックが AAC、AAC+、 Enhanced AAC+の場合、著作権保護ファイルのみ設定できま す。 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-12 C 設定操作をする 音声電話の着信音に設定する場合は 「音声電話着信音」を選択する TVコールの着信音に設定する場合は 「TVコール着信音」を選択する 電話帳の着信音に設定する場合は 「発信者指定着信音」を選択する Flash ® ファイルを壁紙に設定する A cを押し、「データフォルダ」→「その他ファ イル」の順に選択する Flash ® 画像を確認してから設定する場合は 一覧画面でファイルを反転表示してc(表示)を押 し、w(設定)を押す B 一覧画面でファイルを反転表示し、w(設 定)を押す C「壁紙(メインディスプレイ)」を選択する D プレビューを確認し、c(設定)を押す vファイルを各機能に取り込む vファイルとは、電話帳などの情報をインターネット経由で 交換するためのファイル形式の規格です。708SCでは、電 話帳の情報を交換するためのvCard(拡張子:vcf)と、ス ケジュール/ToDoの情報を交換するためのvCalendar(拡 張子:vcs)のファイル形式を利用できます。 データフォルダに保存されているvファイルを、電話帳やカ レンダーに登録します。 A cを押し、「データフォルダ」を選択してファ イルの保存場所を選択する B 一覧画面でファイルを選択し、c(登録)を 押す 補足 ● 設定の制限について MPEG4(mp4、3gp)ファイルのオーディオコーデックが AAC、AAC+、Enhanced AAC+の場合は、著作権保護ファイ ルのみ設定できます。 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-13 データフォルダのメニュー操作 一覧画面や確認中の画面のメニューから、次の操作ができま す。表示されるメニューは、ファイルやフォルダの種類に よって異なります。 ファイルビューアおよびSVG-T/Flash ® ビューアの画面操作 に使用するメニューについては、「ファイルビューアでドキュ メントを確認する」(fP.11-5)、「SVG-T/Flash ® ビューア でグラフィックス/アニメーションを確認する」(fP.11-8) を参照してください。 メニュー 内 容 画像編集/動画編集 静止画や動画を編集できます(fP.7-14、 7-16)。 ダイナミックエフェ クト/ダイナミック エフェクトリスト 静止画を利用してFlash ® 画像を作成しま す(fP.7-17)。 全画面表示 静止画をディスプレイ全体に表示します (fP.11-4)。 再生 ファイルを再生します。再生画面の場合 は、「本体」を選択すると再生音をスピー カーから鳴らします。「AVヘッドフォン」 を選択すると、再生音をBluetooth ® 対応 のステレオヘッドフォンなどから鳴らし ます(fP.12-5)。 AVヘッドフォンで聴く フ ァ イ ル の 再 生 音 を 鳴 ら す 位 置 を Bluetooth ® 対応のステレオヘッドフォン などに切り替えます(fP.12-5)。 電話帳登録 vCard ファイルを電話帳に取り込みます (fP.11-12)。 カレンダーに登録 vCalendarファイルをカレンダーに取り 込みます(fP.11-12)。 送信 ファイルを送信します。「メール」を選択 すると、ファイルを添付したメールを作成 できます(fP.17-5)。「Bluetooth」を 選択すると、Bluetooth ® 通信の相手を選 択して送信できます(fP.12-5)。 mPostカード 静止画を使って、モバイルポストカードを 作成できます(fP.7-6)。 ズーム 確認中の静止画を、拡大/縮小できます (fP.11-3)。 メモリカード/本体 メモリカードを取り付けているときに、表 示をメモリカード/708SC本体に切り替 えます。 並べ替え 一覧画面の表示順を並べ替えます(fP.11-9)。 移動 ファイルを708SC本体の別のフォルダ内 やフォルダの外、またはメモリカードに移 動します。 コピー ファイルのコピーを作成し、708SC本体 の別のフォルダ内やフォルダの外、または メモリカードに貼り付けます。 メニュー 内 容 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-14 優先メモリ設定 メモリカードを取り付けたとき、静止画、 動画、ダウンロードしたデータなどが保存 されるメモリを設定します。「毎回確認」を 設定したときは、保存するたびに保存先を 選択します。 プレイリストに追加 ファイルをプレイリストに追加します。 削除 ファイルを削除します(fP.11-18)。 フォルダ削除 フォルダを削除します(fP.11-18)。 カメラ起動 静止画撮影モードのカメラを起動します (fP.11-4)。 ビデオカメラ起動 動画撮影モードのカメラを起動します (fP.11-4)。 ボイスレコーダー ボイスレコーダーを起動します(fP.11-4)。 ファイル名変更 ファイル名を変更します(fP.11-15)。 フォルダ名変更 フォルダ名を変更します(fP.11-15)。 ファイル名非表示/ ファイル名表示 ピクチャーフォルダの一覧画面をサムネイ ル表示にしているとき、フォルダやファイ ルを反転表示してフォルダ名やファイル名 を表示させるかどうかを設定できます。 表示形式 ピクチャーフォルダの一覧画面の表示方 法を切り替えます。「一覧」を選択すると、 フォルダやファイルをリスト表示にでき ます。「サムネイル表示」を選択すると、サ ムネイル表示にできます。 フォルダ作成 新しいフォルダを作成します(fP.11-15)。 メニュー 内 容 印刷 静止画をUSB接続またはBluetooth ® 通 信 で 接 続 し た プ リ ン タ で 印 刷 し ま す (fP.12-6、12-10)。 保護/保護解除 保護すると、ファイル名の変更やファイル の移動、削除などが制限されます。 コンテンツ・キー再取 得 著作権保護ファイルのコンテンツ・キーを 購入または取得します。 詳細 ファイルやフォルダの詳細を確認できま す。 メモリカード設定 メモリカードを取り付けてメモリカード のデータフォルダを表示している場合は、 メモリカードの詳細情報確認、フォーマッ ト(初 期 化)、表 示 名 変 更 が で き ま す (fP.11-22、11-22、11-22)。 コンテンツ・キー情報 データフォルダ内のファイルのコンテン ツ・キー一覧を呼び出して管理できます。 「削除」を選択すると、コンテンツ・キー を削除できます(fP.11-19)。「詳細」を 選択すると、各コンテンツ・キーの詳細を 確認できます。 メニュー 内 容 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-15 ファイル/フォルダの管理 フォルダを作成する 種別フォルダ内にサブフォルダを作成できます。 A cを押し、「データフォルダ」を選択する B サブフォルダを作成したい種別フォルダを選 択する C メニューから「フォルダ作成」を選択する D 名前を入力する ファイル名/フォルダ名を変更する ファイル名や自分で作成したサブフォルダの名前を変更で きます。 A cを押し、「データフォルダ」を選択する B 種別フォルダを選択し、名前を変更したいサ ブフォルダまたはファイルを反転表示する C メニューから「フォルダ名変更」または「ファ イル名変更」を選択する D 名前を入力する 補足 ● ファイルが保護されていると ファイル名を変更できません。 708SC.book 15 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-16 ファイル/フォルダを移動する ファイルやフォルダを移動できます。メモリカードを取り付 けている場合は、708SC本体とメモリカードの間でも移動 操作ができます。 A cを押し、「データフォルダ」を選択する B 種別フォルダを選択し、移動したいサブフォ ルダまたはファイルを反転表示する C メニューから「移動」を選択する D 移動の操作をする 1件または同一フォルダ内の全ファイル/自分で作成 したすべてのサブフォルダを移動する場合は 「1件」または「全件」を選択する 複数のファイル/自分で作成したサブフォルダを選択 して移動する場合は a「複数」を選択する b移動するファイルまたは自分で作成したサブフォル ダをチェックありにし、w(移動)を押す E 移動先のフォルダを選択し、「ここに移動」を 選択する メモリカードを取り付けている場合は a「本体」または「メモリカード」を選択する b移動先のフォルダを選択し、「ここに移動」を選択する 補足 ● まとめて「チェックあり」/「チェックなし」にするには すべてのファイルやフォルダをチェックあり、またはチェック なしにしたいときは、o(全チェック)またはo(チェッ ク全解除)を押します。 ● ファイルが保護されていると 移動できません。 ● 移動先にすでに同名のファイル/フォルダがあったときは 移動するファイルまたはフォルダの名前を変える必要がありま す。表示された文字入力画面に新しい名前を入力してください。 ● ファイルが画面表示や着信音に設定されているときは 1件のファイルをメモリカードへ移動するときは、確認メッセー ジが表示されます。「はい」を選択すると移動が完了し、設定は 解除されます。 複数または全件のファイルをメモリカードに移動するときは、 確認メッセージが表示されます。「はい」を選択すると移動が完 了し、設定は解除されます。「いいえ」を選択すると、画面表示 や着信音に設定されているファイル以外を移動します。このた め、設定は解除されません。移動を中止するときはCを押し ます。 708SC.book 16 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-17 ファイル/フォルダをコピーする コピーを作成して、別のフォルダ内またはフォルダの外に貼 り付けることができます。メモリカードを取り付けている場 合は、708SCとメモリカードの間でも貼り付け操作ができ ます。 A cを押し、「データフォルダ」を選択する B コピーしたいフォルダまたはファイルを反転 表示し、メニューから「コピー」を選択する C コピー対象の指定と貼り付けの操作をする 1件または同一フォルダ内の全ファイル/全フォルダ をコピーする場合は 「1件」または「全件」を選択する 複数のファイル/フォルダを選択してコピーする場合は a「複数」を選択する b移動するファイルまたはフォルダをチェックありに し、w(コピー)を押す D コピー先のフォルダを選択し、「ここにコ ピー」を選択する メモリカードを取り付けている場合は a「本体」または「メモリカード」を選択する bコピー先のフォルダを選択し、「ここにコピー」を選 択する 注意 ● 708SCでダウンロードしたファイルは、他の携帯電話に移動し たときや708SCに異なるUSIMカードを挿入したときには、表 示や再生ができない場合があります。 ● 転送不可かつ利用不可ファイル( )、保護ありファイル ( )、転送不可の著作権保護ファイル( 、 )はメモリ カードに移動できません。 ● 転送不可ファイル( )はメモリカードに移動すると転送不可 の著作権保護ファイル( )として保存されます。 補足 ● まとめて「チェックあり」/「チェックなし」にするには (fP.11-16) ● ファイル/フォルダのコピーをコピー元と同じ場所に貼り付け ると 貼り付けたファイルまたはフォルダに、自動的に「_001」など が付き、別名で保存されます。 ● 貼り付け先にすでに同名のファイル/フォルダがあったときは 貼り付けるファイルまたはフォルダの名前を変える必要がありま す。表示された文字入力画面に新しい名前を入力してください。 708SC.book 17 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-18 ファイル/フォルダを削除する ファイルを削除する A cを押し、「データフォルダ」を選択する B 一覧画面でファイルを反転表示し、メニュー から「削除」を選択する C 削除対象の指定と削除の操作をする 1件のファイルを削除する場合は 「1件」を選択し、「はい」を選択する 同一フォルダ内の全ファイルを削除する場合は a「全件」を選択する b暗証番号を入力してc(確認)を押し、「はい」を 選択する 複数のファイルを選択して削除する場合は a「複数」を選択する b削除するファイルをチェックありにして w(削 除)を押す c暗証番号を入力してc(確認)を押す(すべてチェッ クありにした場合のみ) d「はい」を選択する 自分で作成したサブフォルダを削除する A cを押し、「データフォルダ」を選択する B 種別フォルダを選択し、削除したい自分で作 成したサブフォルダを反転表示し、メニュー から「フォルダ削除」を選択する C 暗証番号を入力してc(確認)を押し、「は い」を選択する サブフォルダにファイルが保存されていない場合は 暗証番号を入力する必要はありません。 注意 ● 転送不可のファイルはコピーできません。 補足 ● まとめて「チェックあり」/「チェックなし」にするには (fP.11-16) ● ファイルが壁紙や着信音などに設定されている/保護されてい るときは 確認メッセージが表示されます。「はい」を選択すると、削除が 実行されます。複数または全件削除する場合は、「いいえ」を選 択すると設定や保護のないファイルのみが削除されます。 ● ファイルにコンテンツ・キーがあるときは コンテンツ・キーがあるファイルを削除すると、確認メッセー ジが表示されます。「はい」を選択すると、コンテンツ・キーも 削除されます。 708SC.book 18 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-19 コンテンツ・キーを削除する A cを押し、「データフォルダ」を選択する B メニューから「コンテンツ・キー情報」を選 択する C 削除操作をする 1件のコンテンツ・キーを削除する場合は 「1件」を選択する すべてのコンテンツ・キーを削除する場合は 「全件」を選択する メモリカードの利用 708SCはmicroSDTMメモリカードに対応しています。メ モリカードを利用する場合は、市販のmicroSDTMメモリ カードを購入してください。 補足 ● フォルダ内に壁紙や着信音などに設定されている/保護されて いるファイル/著作権保護ファイルが含まれているときは 確認メッセージが表示されます。「はい」を選択すると、フォル ダの削除が実行されます。「いいえ」を選択すると、設定や保護 のないファイルのみが削除され、フォルダは削除されません。 ● フォルダ内のファイルにコンテンツ・キーがあるときは 確認メッセージが表示されます。「はい」を選択すると、コンテ ンツ・キーも削除されます。 注意 ● 大切なデータを失わないために メモリカードに登録した内容は、事故や故障などにより消失ま たは変化してしまうことがあります。大切なデータは、控えを とっておかれることをおすすめします。データが消失または変 化した場合の損害につきましては、当社では責任を負いかねま すのであらかじめご了承ください。 ● microSDTM メモリカードには、ライトプロテクトがありませ ん。データの消去や上書きなどにご注意ください。 補足 ● 利用できるメモリカードについて 708SCで利用するmicroSDTM メモリカードは、64Mバイト、 128Mバイト、256Mバイト、512Mバイト、1Gバイトのメ モリカードを推奨します。 708SC.book 19 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-20 メモリカードの取り扱いについて 次の点にご注意ください。 ● 推奨のものを使用してください。推奨以外のメモリカード を使用すると、正しく動作しないことがあります。 ● ラベルやシールなどを貼り付けないでください。メモリ カードは非常に薄く、精密に作られているため、ラベルや シール程度の厚みでも接触不良やデータの破壊などの原 因となることがあります。 ● 分解や改造などをしないでください。 ● 強い衝撃を与える、曲げる、落とす、水にぬらすなどしな いでください。 ● 端子部分を手や金属で触れないでください。 ● 高温になる所、湿度が高い所、ほこりが多い所には置かな いでください。 ● 腐食性のガスなどが発生する所には置かないでください。 ● 火気に近づける、火の中に投げ込むなどしないでくださ い。 ● メモリカードには寿命があります。長期間使用するとデー タが書き込めなくなることがあります。 メモリカードを取り付ける/取り外す 取り付けや取り外しをするときは、必ず電源を切ってくださ い。 取り付ける A メモリカードスロットのカバーを開く B メモリカードの端子部分を上にしてメモリ カードスロットに差し込み、「カチッ」と音が するまで押し込む C メモリカードスロットのカバーを閉じる 端子面を上に 708SC.book 20 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-21 取り外す A メモリカードスロットのカバーを開き、「カ チッ」と音がするまでメモリカードを軽く押 し込む B メモリカードを離し、メモリカードが少し飛 び出したら取り出す C メモリカードスロットのカバーを閉じる 補足 ● 操作中にメモリカードを取り外すと データフォルダを表示中に取り外すと、708SC本体のデータ フォルダに表示が切り替わります。 ● メモリカードにデータをバックアップするには(fP.11-16、 11-17) 注意 ● 無理に取り付けたり取り外したりすると、メモリカードや 708SCが破損することがありますのでご注意ください。 ● 取り外したメモリカードは、紛失しないようご注意ください。 ● メモリカードの取り付けや取り外しを行うときは、端子部分に 不用意に触れたり、傷をつけたりしないでください。 ● データの読み込み中や書き込み中は絶対にメモリカードや電池 パックを取り外さないでください。メモリカードや708SCが 破損することがあります。 708SC.book 21 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分デ ー タ 管 理 ( デ ー タ フ ォ ル ダ ) 11-22 メモリカードの表示名を変更する メモリカードの詳細情報を表示したときに表示される名前 を変更できます。 A cを押し、「設定」→「メモリ設定」→「メ モリカード」→「メモリカード名変更」の順 に選択する B 名前を入力する メモリカードの詳細情報を表示する メモリカードの名前、メモリ容量、メモリ残量を確認できま す。 A cを押し、「設定」→「メモリ設定」→「メ モリカード」→「メモリカードの詳細」の順 に選択する メモリカードをフォーマット(初期化)する A cを押し、「設定」→「メモリ設定」→「メ モリカード」→「メモリカードのフォーマッ ト」の順に選択する B 暗証番号を入力し、c(確認)を押して「は い」を選択する 708SC.book 22 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分外部接続 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分外 部 接 続 12-2 外部接続について Bluetooth ® 対応機器との間でケーブル不要の送受信がで きます。708SCとパソコンをUSB ケーブルで接続して データを送受信したり、プリンタと接続して静止画を印刷し たりすることもできます。 Bluetooth ® 708SCなどBluetooth ® 対応の携帯電話や他のBluetooth ® 対応機器と無線で接続し、データの送受信ができます。ハン ズフリー機器と接続すれば、708SCを手もとで操作するこ となく通話できます。ダイヤルアップ接続機器と接続して、 インターネットなどにアクセスすることもできます。 Bluetooth ® 通信をご利用になる前に Bluetooth ® 通信を利用するには、相手機器もBluetooth ® 対応機器であり、同じプロファイルに対応している必要があ ります。 708SCのBluetooth ® の仕様は次のとおりです。 1 プリント機能にのみ対応するプロファイルです。 2 相手機器との間の障害物や電波状況などによって変化します。 Bluetooth ® 利用時のご注意 ● 708SCはすべてのBluetooth ® 機器とのワイヤレス接続 を保証するものではありません。 ● 相手機器がBluetooth ® 標準規格に適合していても、相手 機器の特性や仕様によっては接続できなかったり、操作方 法や表示、動作などが異なったり、データの送受信ができ なかったりすることがあります。 項 目 仕 様 通信方式 Bluetooth ® 標準規格Ver.1.2 対応プロファイル Headset Profile Hands-Free Profile Serial Port Profile Dialup Networking Profile File Transfer Profile Object Push Profile Advanced Audio Distribute Profile Audio/Video Remote Control Profile Basic Imaging Profile 1 Basic Printing Profile 出力 Bluetooth ® Power Class2 見通し通信距離2 約10 m以内 使用周波数帯 2.4 GHz 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分外 部 接 続 12-3 ● Bluetooth ® 対応機器が使用する電波帯(2.4GHz)は、 いろいろな機器が共有して使用する電波帯です。このた め、他の機器の影響によって通信速度や通信距離が低下し たり、通信が切断されることがあります。 ● ワイヤレス通話やハンズフリー通話をするときに、接続機 器や通信環境により、雑音が入ることがあります。 ● Bluetooth ®対応のステレオヘッドフォンやヘッドセット に接続しているときは、他の機器に接続することはできま せん。 ● USB機能とBluetooth ® 機能は同時に利用できません。 ● 708SCにUSBケーブルを接続するときは、Bluetooth ® 機能をOFFにする必要があります。 データを送受信する 電話帳、オーナー情報、スケジュール、ToDo、静止画、動 画、音声ファイル、vファイルなどを送受信できます。 Bluetooth ® 機能をON/OFFする 「ON」にするとBluetooth ® 対応機器と接続できるようにな り、ディスプレイの最上段に が表示されます。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」 →「ON/OFF設定」の順に選択する B 設定を選択する Bluetooth ® 対応機器を検索して登録する 接続したいBluetooth ® 対応機器を周辺デバイスリストに 登録します。最大10件登録できます。登録時には、708SC と相手機器とで同じパスキーを入力する必要があります。 あらかじめ、相手機器のBluetooth ® 機能を有効にしてから 操作してください。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」 →「周辺デバイス」の順に選択する 補足 ● 利用できるBluetooth ® の機能を確認するには acを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」→「Bluetooth サービス説明」の順に選択する b項目を選択し、内容を確認する ● 708SCの機器アドレスを確認するには cを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」→「マイ デバイス設定」の順に選択します。 お買い上げ時 ■ OFF 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分外 部 接 続 12-4 B「周辺デバイス検索」を選択する C 検索に応答した機器が表示されたら、登録す る機器を選択する D パスキー(4~16桁)を入力し、c(OK) を押す E 相手機器側で30秒以内に同じパスキーを入力 する 補足 ● パスキーとは Bluetooth ® 対応機器どうしが接続するためのパスワードで す。相手がハンズフリー機器などの場合は、ハンズフリー機器 側で決められているパスキーを入力します。一度登録した機器 は、次回からはパスキーの入力が不要になります。 ● 相手機器との認証が正常に行われなかったときは もう一度認証を行うかどうかの確認メッセージが表示されます。 行うときは、「はい」を選択して操作4からやり直してください。 ● 周辺デバイスがすでに10件登録されているときは 登録済みのデバイスがいっぱいである旨のメッセージが表示さ れます。 ● 利用できるBluetooth ® の機能をデバイスごとに確認するには acを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」→「周 辺デバイス」の順に選択する bデバイスを反転表示し、メニューから「サービスリスト」を 選択する c項目を反転表示し、メニューから「ヘルプ」を選択して内容 を確認する ● 周辺デバイスの登録名を変更するには acを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」→「周 辺デバイス」の順に選択する bデバイスを反転表示し、メニューから「デバイス名変更」を 選択する c名前を入力する ● 周辺デバイスから削除するには acを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」→「周 辺デバイス」の順に選択する bデバイスを反転表示し、メニューから「削除」→「1 件」ま たは「全件」の順に選択する c暗証番号を入力してc(確認)を押し(「全件」の場合のみ)、 「はい」を選択する ● 他のBluetooth ® 機器から検索/登録できるようにするには (fP.12-8) 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分外 部 接 続 12-5 周辺デバイスリストに表示されるアイコンについて デバイス名の前には、次のようなアイコンが表示されます。 :パソコン :携帯電話 :ハンズフリー機器/ヘッドセット :PDA :プリンタ :その他 他のBluetooth ® 対応機器からの接続要求について 他のBluetooth ® 機器からの接続要求がある旨のメッセージが 表示されたときは、「はい」を選択し、30秒以内に相手側と同じ パスキーを入力します。 すでに登録済みのハンズフリー機器などから接続要求があった ときは、自動的に接続されます。 ファイルを送信する 各機能の画面から、メニューを使って送信します。受信側が 通信を承認すると、送信が始まります。 A 送信操作をする データフォルダからファイルを送信する場合は a一覧画面でメニューから「送信」→「Bluetooth」 の順に選択する b送信するファイルをチェックありにし、w(送信) を押す データフォルダ以外から送信する場合は a各機能の一覧画面で送信するデータを反転表示する bメニューから「送信」→「Bluetooth」の順に選択 する B 送信先のデバイスを選択する 送信先が登録されていない場合は 「周辺デバイス検索」を選択して検索し、登録する (fP.12-3) ファイルを1件受信する 送信側からの接続を承認するとファイルの受信が開始され、 データフォルダに保存されます。 A 確認画面が表示されたら「はい」を選択する ステレオヘッドフォンなどで音楽を聴く メディアプレイヤーの再生音をBluetooth ® 対応のステレ オヘッドフォンやヘッドセットに接続して聴くことができ ます。 A メディアプレイヤーでメロディまたは動画を 再生する(fP.10-3、10-9) 補足 ● 内容を確認してから送信するには 機能によっては、詳細画面や再生画面のメニューからも送信で きます。 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分外 部 接 続 12-6 B メニューから「AVヘッドフォンで聴く」を選 択する C 接続先のデバイスを選択する 接続先が登録されていない場合は 「周辺デバイス検索」を選択して検索し、登録する (fP.12-3) データフォルダ内の静止画やvファイルを印 刷する Bluetooth ® 対応のプリンタに接続し、708SCからの操作 でデータフォルダ内の静止画やvファイルを直接印刷できま す。用紙や印刷枚数なども708SCで設定できます。 プリンタ側の操作や用紙のセット方法については、プリンタ に付属の取扱説明書を参照してください。 A データフォルダの一覧画面でメニューから 「印刷」→「Bluetooth」の順に選択する B 印刷するファイルをチェックありにし、w (印刷)を押す C 送信先のデバイスを選択する 送信先が登録されていない場合は 「周辺デバイス検索」を選択して検索し、登録する (fP.12-3) D 設定操作をする 用紙サイズを設定する場合は 「用紙サイズ」を選択し、設定を選択する 印刷枚数を設定する場合は 「印刷部数」を選択し、枚数(1~99)を入力してc (OK)を押す 1枚の用紙に何面印刷するかを設定する場合は a「ページ形式」を選択し、設定を選択する baで「控え」を選択した場合は「割り付けページ数」 を選択し、設定(1~16up)を選択する 日付を印刷するかどうかを設定する場合は 「日付の印刷」を選択し、設定を選択する フチのあり/なしを設定する場合は 「境界線」を選択し、設定を選択する 印刷品質を設定する場合は 「印刷品質」を選択し、設定を選択する 補足 ● メロディを停止中に操作するには aメロディ再生画面で、メニューから「再生」→「Bluetooth」 の順に選択する b接続先のデバイスを選択し、接続先が登録されていない場合 は「周辺デバイス検索」を選択して登録する(fP.12-3) 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分外 部 接 続 12-7 E c(Preview)を押す F プレビュー画面を確認し、c(印刷)を押す 接続したデバイスのデータを参照する 相手デバイスの共有フォルダや共有ファイルを参照できま す。参照している側からの操作で、データを受信したり削除 したりすることもできます。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」 →「周辺デバイス」の順に選択する B デバイスを選択する C 参照される側で接続の承認操作をする 受信したファイルの保存場所について 受信したファイルは、自動的にデータフォルダに保存されます。 JPEGファイルやBMPファイルはピクチャーフォルダ、vファイ ルは「その他ファイル」フォルダに保存されるなど、保存先とな る種別フォルダはファイル形式によって異なります。 ハンズフリー機器などを接続する あらかじめ、「Bluetooth ® 対応機器を検索して登録する」 (fP.12-3)の操作をしてハンズフリー機器を登録してくだ さい。 接続要求待機状態にする 次の操作をすると、ハンズフリー機器と接続要求待機状態に なります。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」 →「周辺デバイス」の順に選択する B ハンズフリー対応機器を選択する パスキーの入力画面が表示された場合は 708SCとハンズフリー機器とで、同じパスキーを入 力する 補足 ● 参照しているファイルを受信するには 操作3のあと、受信するファイルを選択します。 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分外 部 接 続 12-8 着信時の応答方法を設定する 電話がかかってきたときに708SCでボタン操作をしなく ても応答できるようにするには、「自動応答」に設定します。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」 →「着信応答モード」の順に選択する B 設定を選択する ハンズフリーモードを設定する ハンズフリー機器を接続した場合の、通話の開始方法を設定 します。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」 →「ハンズフリー設定」の順に選択する B 設定を選択する Bluetooth ® の設定を変更する 他のBluetooth ® 機器から検索/登録でき るようにする 相手のBluetooth ® 機器側から検索と登録をする場合は「ON」 に設定し、お客様の708SCを公開する必要があります。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」 →「公開設定」の順に選択する B 設定を選択する お買い上げ時 ■ 通常 補足 ● 自動的に着信するまでの秒数を設定するには 操作1のあと、「自動応答」を選択し、秒数を選択します。 お買い上げ時 ■ ハンズフリーモード 補足 ● プライベートモード設定時は 708SCで発着信した場合は、708SCで通話します。ハンズフ リー機器から発着信した場合は、ハンズフリー機器で通話しま す。 ● ハンズフリーモード設定時は すべてハンズフリー機器で通話します。 お買い上げ時 ■ ON 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分外 部 接 続 12-9 708SCの表示名を変更する 相手機器に表示されるお客様の708SCの名前を変更でき ます。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」 →「マイデバイス設定」の順に選択する B「デバイス名称」を選択する C 名前を修正し、c(OK)を押す データ転送時の認証を設定する 「ON」に設定すると、データを送信するときに確認のメッ セージが表示されます。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「Bluetooth」 →「データ転送認証」の順に選択する B 設定を選択する USB接続 708SCをUSBケーブルでパソコンと接続し、データを送 受信することができます。プリンタと接続して静止画を印刷 することもできます。 パソコンに接続する 次のような操作ができます。 ● パソコン側からの操作で708SCのデータフォルダのファ イルを転送する ● パソコン側から送信されたファイルを受信し、データフォ ルダに保存する ● パケット通信をする USB接続をご利用になる前に 708SCをUSBケーブルでパソコンと接続する前に、USB ドライバとSamsung PC Studioをインストールする必要 があります。インストール手順やご利用いただけるパソコン の動作環境などについては付属のCD-ROMのユーザーズガ イドを参照してください。 お買い上げ時 ■ 708SC お買い上げ時 ■ ON 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分外 部 接 続 12-10 プリンタに接続する USB ケーブルで PictBridge 対応のプリンタに接続し、 708SCからの操作でデータフォルダ内の静止画を直接印 刷できます。用紙や印刷枚数なども708SCで設定できま す。 プリンタ側の操作や用紙のセット方法については、プリンタ に付属の取扱説明書を参照してください。 データフォルダ内の静止画を印刷する A データフォルダの一覧画面で静止画ファイル を反転表示する B メニューから「印刷」→「USB」の順に選択 する C 708SCとプリンタをUSBケーブルで接続する D 設定操作をする 用紙サイズを設定する場合は 「用紙サイズ」を選択し、設定を選択する 印刷枚数を設定する場合は 「印刷部数」を選択し、枚数(1~99)を入力してc (OK)を押す 1枚の用紙に何面印刷するかを設定する場合は a「ページ形式」を選択し、設定を選択する baで「控え」を選択した場合は「割り付けページ数」 を選択し、設定(1~16up)を選択する 日付を印刷するかどうかを設定する場合は 「日付の印刷」を選択し、設定を選択する フチのあり/なしを設定する場合は 「境界線」を選択し、設定を選択する 印刷品質を設定する場合は 「印刷品質」を選択し、設定を選択する E c(OK)を押す F プレビュー画面を確認し、c(印刷)を押す 注意 ● 印刷中は、絶対にUSBケーブルを抜かないでください。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分外 部 接 続 12-11 マスストレージ メモリカードを取り付けた状態で708SCとパソコンを USBケーブルで接続することで、パソコンからメモリカー ドにアクセスしてデータの読み書きができます。 パソコンに接続する A cを押し、「設定」→「外部接続」→「マス ストレージ」の順に選択する B 暗証番号を入力し、c(確認)を押す C 708SCとパソコンをUSBケーブルで接続する D パソコンからデータの読み書きを行う パソコンから取り外す A 接続中にo(終了)を押す B パソコンからハードウェアデバイスの取り外 し操作を行う C USBケーブルを取り外す 補足 ● マスストレージでの利用中は オフラインモードになります。 注意 ● 取り外しの操作を行うまでは、絶対にUSBケーブルを抜かない でください。 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分12-12 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分セキュリティ 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分セ キ ュ リ テ ィ 13-2 暗証番号の変更 A cを押し、「設定」→「セキュリティ設定」→ 「暗証番号変更」の順に選択する B 現在の暗証番号を入力し、c(確認)を押す C 新しい暗証番号(4桁)を入力し、c(確認) を押す D もう一度、新しい暗証番号を入力し、c(確 認)を押す PINコードの設定 PINコードはUSIMカードの暗証番号です。詳しくは「USIM カードのお取り扱い」(fP.1-2)を参照してください。 PIN/PIN2コードを変更する A cを押し、「設定」→「セキュリティ設定」→ 「PINコード変更」または「PIN2コード変更」 の順に選択する B 現在の PIN コードまたは PIN2 コードを入力 し、c(確認)を押す C 新しいPINコードまたはPIN2コード(4~8 桁)を入力し、c(確認)を押す D もう一度、新しいPINコードまたはPIN2コー ドを入力し、c(確認)を押す お買い上げ時 ■ 9999 注意 ● 起動時PIN認証(fP.13-3)が「無効」に設定されていると、PIN コードを変更できません。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分セ キ ュ リ テ ィ 13-3 起動時PIN認証 電源を入れるたびにPINコードによる認証をするようにし たい場合は、「有効」に設定してください。 A cを押し、「設定」→「セキュリティ設定」→ 「起動時PIN 認証」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す C PINコードを入力し、c(確認)を押す PINロックを解除する PINコードまたはPIN2コードの入力を3回続けて間違える と、PINロックまたはPIN2ロックが設定され、708SCの 使用が制限されます。PINロックまたはPIN2ロックを解除 するときは、次の操作を行います。 A PINロック解除コード(PUKコード)の入力 画面が表示されている状態で、PUKコードを 入力し、c(確認)を押す B 新しいPINコードまたはPIN2コード(4~8 桁)を入力し、cを押す C もう一度、新しいPINコードまたはPIN2コー ドを入力し、cを押す お買い上げ時 ■ 有効 注意 ● PINロック解除コードまたはPIN2ロック解除コード(PUK/ PUK2コード)については、お問い合わせ先(fP.26-23)ま でご連絡ください。 ● PINロック解除コードを10回続けて間違えると、USIMカードが ロックされます(途中で電源を切っても連続として数えます)。 ● USIMカードがロックされた場合、ロックを解除する方法はありま せん。お問い合わせ先(fP.26-23)までご連絡ください。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分セ キ ュ リ テ ィ 13-4 USIM照合 お客様の708SCに他のUSIMカードが取り付けられたと き、USIMパスワードを入力しないと使用できないように設 定できます。 A cを押し、「設定」→「セキュリティ設定」→ 「USIM照合」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す C USIMパスワード(4~8桁の任意の番号)を 入力し、c(確認)を押す 「無効」に設定する場合は 設定が保存され、操作が終了する 「有効」に設定する場合は 操作4に進む D もう一度、USIMパスワードを入力し、c(確 認)を押す 無断で利用されたくないとき 簡易ロック 「有効」に設定すると、電源を入れるごとに暗証番号の入力 が必要になります。 A cを押し、「設定」→「セキュリティ設定」→ 「簡易ロック」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す C 暗証番号を入力し、c(確認)を押す お買い上げ時 ■ 無効 補足 ● USIMパスワードとは USIMカードの認証に使用する専用のパスワードです。USIMパ スワードが一致すれば、他のUSIMカードでも708SCを使用で きます。 USIMパスワードは、USIM照合を「有効」に設定するたびに変 えられます。 ● USIMパスワードを忘れたときは USIM照合を「有効」に設定した際のUSIMカードを708SCに 取り付けて、オールリセット(fP.13-10)を行ってください。 お買い上げ時 ■ 無効 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分セ キ ュ リ テ ィ 13-5 パスワードロック 「有効」に設定すると、待受画面にソフトキーが表示されな くなります。いずれかのボタンを押すと暗証番号の入力画面 が表示され、暗証番号を入力するとパスワードロックが解除 されて708SCを操作できます。 A cを押し、「設定」→「セキュリティ設定」→ 「パスワードロック」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す C 暗証番号を入力し、c(確認)を押す プライバシーロック プライバシーロックを設定すると、メール、データフォル ダ、電話帳、通話履歴、カレンダーの各機能を呼び出すごと に暗証番号の入力が必要になります。 A cを押し、「設定」→「セキュリティ設定」→ 「プライバシーロック」の順に選択する B ロックする機能をチェックありにし、w(保 存)を押す C 暗証番号を入力し、c(確認)を押す お買い上げ時 ■ 無効 補足 ● パスワードロックを解除すると パスワードロックは自動的に「無効」になります。 お買い上げ時 ■ ロックされていません 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分セ キ ュ リ テ ィ 13-6 シークレットモード設定 「非表示」に設定すると、電話帳の一覧画面を表示したとき に、シークレットモードを「ON」に設定した登録内容が表 示されなくなります。 A cを押し、「設定」→「セキュリティ設定」→ 「シークレットモード設定」の順に選択する B 暗証番号を入力し、c(確認)を押す C 設定を選択し、c(保存)を押す モバイルトラッカー 「ON」に設定すると、設定したときと異なるUSIMカードが 取り付けられたとき、指定した宛先にSMSを送信してお知 らせします。宛先は2件まで指定できます。 A cを押し、「設定」→「セキュリティ設定」→ 「モバイルトラッカー」の順に選択する B 暗証番号を入力し、c(確認)を押す C 設定欄を選択する D「ON」を選択し、c(選択)を押す E 宛先欄を選択し、宛先の入力操作をする 電話帳から宛先を選択する場合は aTo欄を反転表示してメニューから「電話帳」を選択 する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) c電話番号を反転表示し、c(選択)を押す 電話番号を直接入力する場合は aTo欄を反転表示してメニューから「直接入力」を選 択する b電話番号を入力する Fw(完了)を押す G 送信者欄を選択し、送信者名を入力する Hw(保存)を押す I 表示内容を確認してw(許可)を押す お買い上げ時 ■ 非表示 補足 ● 「シークレットモード設定」を「表示」に設定しても、708SC の電源を入れ直すと「非表示」に設定されます。 お買い上げ時 ■ OFF 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分セ キ ュ リ テ ィ 13-7 異なるUSIMカードが取り付けられると USIMカードを差し替えて電源を入れると、起動中に、指定した 宛先にSMSが送信されます。USIMカードを差し替えた相手には 気づかれません。モバイルトラッカーを「OFF」に設定するとき に暗証番号を3回続けて間違えた場合も、SMSが送信されます。 番号通知のない着信/迷惑電話を 拒否する (着信拒否) 発信者番号を通知してこない着信や、発信者番号を通知でき ない着信を拒否できます。また、迷惑電話などは、その電話 番号を着信拒否リストに登録することにより、着信拒否でき ます。 非通知着信の許可/拒否を設定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声・ TVコール共通」→「着信拒否」の順に選択する B 非通知着信拒否欄を選択する C 設定を選択し、c(OK)を押す Dw(保存)を押す 補足 ● 宛先を削除するには 操作5のあと、宛先を反転表示し、メニューから「削除」を選択 します。 お買い上げ時 ■ OFF 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分セ キ ュ リ テ ィ 13-8 電話番号が通知不可能な着信の許可/ 拒否を設定する 海外からの国際電話や、一般電話から転送電話サービスなど を経由してかかってきた電話など、発信者番号の通知が不可 能な電話の着信を許可/拒否します。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声・ TVコール共通」→「着信拒否」の順に選択する B 拒否利用不可欄を選択する C 設定を選択し、c(OK)を押す Dw(保存)を押す 着信拒否する電話番号を登録する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声・ TVコール共通」→「着信拒否」の順に選択する B「着信拒否リスト」を選択する C 電話番号を登録する 電話番号を直接入力する場合は aメニューから「追加」→「直接入力」の順に選択する b電話番号を入力する 電話帳から電話番号を選択する場合は aメニューから「追加」→「電話帳」の順に選択する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) c電話番号を選択する 通話履歴を利用して電話番号を入力する場合は aメニューから「追加」→「通話履歴」の順に選択する b履歴を選択する DCを押し、w(保存)を押す お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● 着信拒否リストから電話番号を削除するには a操作1~2を行う b削除する電話番号を反転表示し、メニューから「削除」→「1 件」または「全件」の順に選択し、「はい」を選択する 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分セ キ ュ リ テ ィ 13-9 着信拒否リストからの着信の許可/拒否を設 定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声・ TVコール共通」→「着信拒否」の順に選択する B 指定着信拒否欄を選択する C 設定を選択し、c(OK)を押す Dw(保存)を押す 着信拒否の電話番号からかかってきたときの動作について 相手には話中音を流し、電話を受けません。待受画面には「不在 着信」と表示してお知らせします。w(表示)を押すと不在着 信履歴を確認できます。 お買い上げ時の状態に戻す 本体の登録内容を消去する(メモリ消去) データフォルダ、メール、708SC本体の電話帳、カレン ダーの登録内容を消去できます。すべてまとめて消去するこ ともできます。 A cを押し、「設定」→「メモリ設定」→「本 体メモリ」→「メモリ消去」の順に選択する B 消去する項目をチェックありにし、w (OK)を押す C 暗証番号を入力し、c(確認)を押して「は い」を選択する 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分セ キ ュ リ テ ィ 13-10 各機能の設定をお買い上げ時の状態に戻す (リセット) 各機能の設定をリセットする(設定リセット) 設定メニューの登録・設定内容、およびツールメニューの 「アラーム」の登録・設定内容がお買い上げ時の状態に戻り ます。 ただし、次の内容はリセットされません。 A cを押し、「設定」→「メモリ設定」→「本 体メモリ」→「リセット」→「設定リセット」 の順に選択する B 暗証番号を入力し、c(確認)を押して「は い」を選択する 登録内容や設定をリセットする(オールリセット) 708SC本体の電話帳、メール、データフォルダの登録内容 および各機能の設定を消去し、お買い上げ時の状態に戻しま す。ただし、お買い上げ時にあらかじめ保存されているデー タフォルダ内のファイルは、消去されません。 A cを押し、「設定」→「メモリ設定」→「本 体メモリ」→「リセット」→「オールリセッ ト」の順に選択する B 暗証番号を入力し、c(確認)を押して「は い」を選択する 設定メニュー リセットされない内容 一般設定 「日時設定」の時間欄および日付欄の設定内容 ディスプレイ設定 「明るさ」の設定内容 通話設定 「音声・TVコール共通」→「着信拒否」→「着 信拒否リスト」の登録内容 「音声通話」/「TVコール」→「転送電話」の 登録・設定内容 「音声通話」→「割込通話」の設定内容 「発着信規制」の設定内容 「留守番電話」の設定内容 電話帳設定 「オーナー情報」、「グループ設定」の登録・設 定内容 外部接続 「優先事業者リスト」 セキュリティ設定 「USIM照合」「起動時PIN認証」「PINコード変 更」「PIN2コード変更」 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツール 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-2 アラーム 目覚まし/アラームを登録/設定する 目覚まし(1件)と、起動時に表示させるアラーム名を編集 できるアラーム(4件)を登録できます。時刻などを登録し ておけば、「アラーム設定」を「ON」または「OFF」に切 り替えるだけでセットや解除ができます。1回限りの起動だ けでなく、特定の曜日や毎日の起動を登録することもできま す。 A cを押し、「ツール」→「アラーム」の順に 選択する B「目覚ましアラーム」~「アラーム4」のいず れかを選択する C アラーム設定欄を選択する D「ON」を選択し、c(OK)を押す E 項目を選択し、設定操作をする 設定名を編集する場合は(「目覚ましアラーム」は編集 不可) aアラーム名欄を選択する b設定名を入力する 起動時刻を設定する場合は アラーム時刻欄を反転表示し、時刻を入力する アラーム音を設定する場合は aアラーム音欄を選択する bファイルの保存場所を選択してアラーム音を選択 し、c(OK)を押す バイブレータを設定する場合は aバイブ欄を選択する b設定を選択し、c(OK)を押す アラーム音量を調節する場合は a音量欄を選択する bsで音量を調節する cw(再生)を押して音量を確認し、c(保存) を押す 毎日または1回のみの起動を設定する場合は a繰り返し欄を選択する b「毎日」または「1回のみ」を選択し、c(OK)を押す 起動する曜日を設定する場合は a繰り返し欄を選択する b「曜日選択」を選択し、c(編集)を押す c設定する項目をチェックありにし、w(OK)を 押す スヌーズを設定する場合は aスヌーズ欄を選択する 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-3 b設定を選択し、c(OK)を押す 目覚まし/アラームを今すぐセットしない場合は aアラーム設定欄を選択する b「OFF」を選択し、c(OK)を押す Fw(保存)を押す 目覚まし/アラームの設定時刻になると アラーム音と表示でお知らせします(音をミュート(fP.9-3) にしている場合は、操作5でバイブレータを「ON」に設定して いなくてもバイブレータでお知らせします)。バイブレータを 「ON」に設定しているときはバイブレータでもお知らせします。 いずれかのボタンを押すとアラーム音とバイブレータが止まり ます。もう一度押すと表示が消えます。 スヌーズを「OFF」以外に設定しているときは スヌーズを解除するまで、設定した時間の間隔で約1分間のア ラーム通知を行います。通知は最大6回繰り返されます。 アラーム通知中にボタン操作を行わなかったとき、またはy、 o(終了)以外のいずれかのボタンを押したときは、アラーム 音が止まり、設定した時間が経過するとアラーム通知を行うよう にセットされます。 スヌーズを解除するには、yまたはo(終了)を押します。 通話中または発信中だったときは 通話中または接続中(「呼び出し中…」と表示)は短い通知音と 表示でお知らせします。発信中(「ダイヤル中…」と表示)だっ たときは、接続中に切り替わると同時にお知らせします。ただし、 効果音設定の通話中イベント通知がチェックなしに設定されて いる場合は、通話中や接続中も表示のみでお知らせします。表示 は、いずれかのボタンを2回押すと消えます。スヌーズを「ON」 に設定しているときは、o(終了)を押すと消えます。 動画撮影中または音声録音中だったときは 撮影または録音の終了と同時に、アラーム音と表示でお知らせし ます。 補足 ● 目覚まし/アラームが設定されているときのディスプレイは が表示されます。 ● 複数の目覚まし/アラームに同じ起動時刻が登録されていると きは 「アラーム1」~「アラーム4」よりも目覚ましが優先されます。 アラームの中では、あとから設定した内容が優先されます。 ● 音量の設定について 「 」を選択すると音量がステップアップに設定され、アラーム 音の音量がだんだん大きくなります。 ● メモリカードに保存されているファイルをアラーム音に設定す ると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-4 アラーム起動時の自動電源ONを設定する 「ON」に設定していると、電源を切っていても目覚ましや アラームの設定時刻になると自動的に電源が入ります。 A cを押し、「ツール」→「アラーム」→「自 動電源ON」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 目覚まし/アラームの設定時刻になると 自動的に電源が入ります。アラーム音の止めかたや表示の消しか た、スヌーズの解除方法は、通常の場合と同じです(P.14-3)。 アラーム音を止め、表示を消すと待受画面が表示され、電源は 入ったままになります。 カレンダー カレンダーを表示する A cを押し、「ツール」→「カレンダー」の順 に選択する カレンダーの見かた 3通りの表示モードがあります。1ヶ月表示画面または1週 間表示画面で日付を選択すると、その日の1日表示画面にな ります。 お買い上げ時 ■ OFF 注意 ● 高精度な制御や微弱な信号を取り扱う電子機器の近く、航空機 内、病院など、使用を禁止された区域では、自動電源ONの設定 を解除してください。 :反転表示位置 (水色の日付):今日 赤色の日付:日曜日、休日 1ヶ月表示画面 1週間表示画面 (黄色):記念日登録あり (青色):スケジュール登録あり (緑色):メモ登録あり (赤色):ToDo登録あり 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-5 カレンダーの表示形式を設定する カレンダーの先頭を日曜または月曜のどちらかに設定でき ます。また、カレンダーを起動したときの画面表示を設定で きます。 A cを押し、「ツール」→「カレンダー」の順 に選択する B メニューから「設定」を選択する C 設定操作をする 先頭の曜日を設定する場合は a「週の始まり」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 起動時の表示画面を設定する場合は a「基本表示モード」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 補足 ● 1ヶ月表示画面を前後の月に切り替えるには */#または年月欄を反転表示してsを押します。 ● 1週間表示画面を前後の週に切り替えるには */#または年月欄を反転表示してsを押します。 ● 1日表示画面を前後の日に切り替えるには sまたは*/#を押します。 ● 確認したい月や週に表示を切り替えるには 1ヶ月表示画面または1週間表示画面のときには、次のように年 月日を指定して表示を切り替えることができます。 aカレンダー画面でメニューから「ジャンプ」→「日付指定」 を選択するか、1~0を押す b年月日を入力してc(OK)を押す 操作aでメニューから「ジャンプ」→「今日」を選択すると、 今月または今週の画面上で今日の日付が反転表示されます。 :スケジュール :記念日 :休日 :メモ :ToDo :優先度 :アラームの設定あり 1日表示画面 :繰り返しの設定あり お買い上げ時 ■ 週の始まり:日曜日 ■ 基本表示モード:1ヶ月表示 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-6 カレンダーに新規登録する スケジュールを登録する 最大100件登録できます。 A cを押し、「ツール」→「カレンダー」の順 に選択する B メニューから「新規登録」→「スケジュール」 の順に選択する C 項目を選択し、設定操作をする タイトルを設定する場合は タイトル欄を選択し、タイトルを入力する 詳細を設定する場合は 詳細欄を選択し、内容を入力する 開始日を設定する場合は 開始日欄を反転表示し、年月日を入力する 開始時間を設定する場合は 開始時間欄を反転表示し、時刻を入力する 終了日を設定する場合は 終了日欄を反転表示し、年月日を入力する 終了時間を設定する場合は 終了時間欄を反転表示し、時刻を入力する 場所を設定する場合は 場所欄を選択し、内容を入力する アラームを設定する場合は aアラーム欄をチェックありにする b事前通知欄を反転表示して数値を入力し、単位の欄 を反転表示してsで単位を切り替える cアラーム音欄を選択し、ファイルの保存場所を選択 してアラーム音を選択する アラーム通知の繰り返しを設定する場合は a繰り返し欄をチェックありにする b周期の欄を反転表示してsで周期の単位を切り替 える 補足 ● 「週の始まり」の設定を変更すると 「時計表示」(fP.8-4)を「カレンダー」に設定している場合、 待受画面に表示されるカレンダーの表示形式も変更されます。 ● 設定を変更すると 「週の始まり」の変更は、すぐに反映されます。「基本表示モー ド」の設定変更は、カレンダーを終了し、次に起動したときか ら適用されます。 ● 表示モードを一時的に切り替えるには カレンダー画面でメニューから「表示モード」を選択し、表示 方法を選択します。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-7 c周期の数値の欄を反転表示して数値を入力する d繰り返し終了日欄を反転表示し、年月日を入力する カレンダーからの削除期限を設定する場合は 自動削除期限欄を反転表示し、sで期限を切り替える Dw(保存)を押す 記念日/休日を登録する 記念日や休日を、それぞれ最大50件登録できます。 A cを押し、「ツール」→「カレンダー」の順 に選択する B メニューから「新規登録」→「記念日」また は「休日」の順に選択する C 項目を選択し、設定操作をする 内容を設定する場合は a内容欄を選択する b内容を入力する 日付を設定する場合は 日付欄を反転表示し、年月日を入力する アラームを設定する場合は(記念日のみ) aアラーム欄をチェックありにする b事前通知欄を反転表示して数値を入力し、単位の欄 を反転表示してsで単位を切り替える cアラーム時刻欄を反転表示し、時刻を入力する dアラーム音欄を選択し、ファイルの保存場所を選択 してアラーム音を選択する 毎年の繰り返しを設定する場合は 毎年繰り返し欄をチェックありにする 補足 ● 開始日や終了日を入力する手間を省くには 操作2の前に、カレンダー画面で目的の日付にカーソルを合わせ ておけば、開始日や終了日にその日付が表示されます。 ● 自動削除期限を過ぎると カレンダーから自動的に削除されます。たとえば表示期限が「1 年」の場合、アラームの繰り返しを設定していないときは、終 了日から1年経過すると削除されます。繰り返しを設定している ときは、繰り返しの最終日から1年で削除されます。自動的に削 除されないようにするには、自動削除期限を「なし」に設定し ます。 ● メモリカードに保存されているファイルをアラーム音に設定す ると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-8 Dw(保存)を押す メモを登録する 最大20件のメモを登録できます。メモは通話中にも登録で きます(fP.2-8、6-5)。 A cを押し、「ツール」→「カレンダー」の順 に選択する B メニューから「新規登録」→「メモ」の順に 選択する C メモ欄を選択し、内容を入力する 日付を設定する場合は 日付欄を選択し、年月日を入力する Dw(保存)を押す ToDoを登録する 期限の決まったToDoを最大100件登録して、リストで管理 できます。 A cを押し、「ツール」→「カレンダー」の順 に選択する B メニューから「新規登録」→「ToDo」の順に選 択する C 項目を選択し、設定操作をする タイトルを設定する場合は aタイトル欄を選択する bタイトルを入力する ToDoの内容を設定する場合は aToDo欄を選択する b内容を入力する 開始日を設定する場合は 開始日欄を反転表示し、年月日を入力する 補足 ● 日付を入力する手間を省くには 操作2の前に、カレンダー画面で目的の日付にカーソルを合わせ ておけば、日付欄にその日付が表示されます。 ● メモリカードに保存されているファイルをアラーム音に設定す ると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 補足 ● 日付を入力する手間を省くには(fP.14-8) 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-9 締め切りを設定する場合は 期限日欄を反転表示し、年月日を入力する アラームを設定する場合は aアラーム欄をチェックありにする b事前通知欄を反転表示して数値を入力し、単位欄を 反転表示してsで単位を切り替える cアラーム時刻欄を反転表示し、時刻を入力する dアラーム音欄を選択し、ファイルの保存場所を選択 してアラーム音を選択する 優先度を設定する場合は 優先度欄を反転表示し、sで設定を切り替える Dw(保存)を押す アラーム音の音量について 音量は「着信音量」の「音声通話」、バイブレータは「バイブ」の 「音声通話」の設定に従います。 アラームの設定時刻になると アラーム音と表示でお知らせします。いずれかのボタンを押すと アラーム音が止まります。c(OK)を押すと表示が消えます。 アラームを停止しなかったときは、未確認のアラームがある旨を お知らせするメッセージが表示されます。w(表示)を押す と、内容を確認できます。 発信中や通話中だったときは 通話中または接続中(「呼び出し中…」と表示)は短い通知音と 表示でお知らせします。発信中(「ダイヤル中…」と表示)だっ たときは表示のみでお知らせします。ただし、効果音設定の通話 中イベント通知がチェックなしに設定されている場合は、通話中 や接続中も表示のみでお知らせします。表示は、c(OK)を押 すと消えます。 補足 ● 開始日や期限日を入力する手間を省くには 操作2の前に、カレンダー画面で目的の日付にカーソルを合わせ ておけば、開始日欄や期限日欄にその日付が表示されます。 ● メモリカードに保存されているファイルをアラーム音に設定す ると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-10 登録内容を確認する A cを押し、「ツール」→「カレンダー」の順 に選択する B 登録内容の一覧画面を呼び出す 1日の登録内容を確認する場合は 1ヶ月表示または1週間表示で日付を選択するか、1日 表示の日付をsで切り替える 種別ごとの登録内容を確認する場合は メニューから「イベントリスト」を選択し、種別を選 択する アラーム通知時に停止操作をしなかった登録内容を確 認する場合は メニューから「未確認イベントアラーム」を選択する C 登録内容を選択し、詳細を確認する 登録内容を編集する 編集して新規登録/上書きする 内容を編集して更新するだけでなく、既存の登録内容を編集 して新規の内容として登録することもできます。 A cを押し、「ツール」→「カレンダー」の順 に選択する B 登録内容の一覧画面を呼び出す 1日の登録内容一覧を呼び出す場合は 1ヶ月表示または1週間表示で日付を選択するか、1日 表示の日付をsで切り替える 種別ごとの登録内容一覧を呼び出す場合は メニューから「イベントリスト」を選択し、種別を選 択する C 編集する登録内容を選択する D c(編集)を押す E 登録時と同様に、編集操作をする Fw(保存)を押し、「新規」または「上書 き」を選択する 補足 ● カレンダーの登録状況を確認するには カレンダー画面または登録内容の一覧画面で、メニューから「メ モリ容量確認」を選択すると、種別ごとの登録件数を確認でき ます。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-11 ToDoに完了のマークを付ける A cを押し、「ツール」→「カレンダー」の順 に選択する B メニューから「イベントリスト」→「ToDo」 の順に選択する C 完了にするToDoを反転表示し、メニューから 「完了にする」を選択する 完了のマークを消す場合は メニューから「未完了にする」を選択する 登録内容を削除する A カレンダー画面または登録内容の一覧画面の メニューから「削除」を選択する B 削除操作をする 反転表示中の登録内容だけを削除する場合は 「1件」を選択し、「はい」を選択する 表示中の月または週の登録内容を削除する場合は 「今月」または「今週」を選択し、「はい」を選択する 特定の期間の登録内容だけを削除する場合は a「期間指定」を選択する b開始と終了の年月日を入力する cc(削除)を押し、「はい」を選択する すべての登録内容、または反転表示中の日付より前の 全登録内容を削除する場合は a「全件」または「選択日より前」を選択する b暗証番号を入力してc(確認)を押し、「はい」を 補足 選択する ● ToDoを並べ替えるには ToDoの一覧画面で、メニューから「並べ替え」を選択し、並べ 替えの基準を選択します。完了と未完了に分けたり、期限日や 優先度の順に並べ替えることができます。 補足 ● 複数の登録内容をまとめて削除するには 種別ごとの一覧から不要な登録内容を選択し、まとめて削除で きます。 acを押し、「ツール」→「カレンダー」の順に選択する bメニューから「イベントリスト」を選択し、種別を選択する cメニューから「削除」→「複数」の順に選択する d削除する登録内容をチェックありにしてw(削除)を押し、 「はい」を選択する 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-12 カレンダーのメニュー操作 登録内容の一覧画面のメニューから、次の操作ができます。 メニュー 内 容 新規登録 カレンダーに各種の内容を登録します (fP.14-6)。 送信 vファイルに変換した登録内容を送信します。 「メール」を選択すると、vファイルを添付し たメールを作成できます(fP.17-5)。 「Bluetooth」を選択すると、Bluetooth ® 通信の相手を選択して送信できます (fP.12-5)。 表示モード 表示モードを切り替えます(fP.14-6)。 ジャンプ 確認したい月や週に表示を切り替えます (fP.14-5)。 イベントリスト 種別ごとの登録内容を確認できます (fP.14-10)。 削除 登録内容を削除します(fP.14-11)。 完了にする/未完了 にする ToDoの完了マークを設定または解除しま す(fP.14-11)。 並べ替え ToDoを並べ替えます(fP.14-11)。 データフォルダに 保存 vファイルを作成して保存します。「本体」 を選択すると、「その他ファイル」フォルダ に保存します。「メモリカード」を選択する と、メモリカードに保存します。 設定 カレンダーの表示形式を設定します (fP.14-5)。 未 確 認 イ ベ ン ト ア ラーム アラームを停止しなかった登録内容を確認 します(fP.14-10)。 Bluetooth 経由で印 刷 反転表示したスケジュールまたはToDoの 内容をBluetooth ® 対応のプリンタで印刷 します。 メモリ容量確認 カレンダーの登録状況を確認できます (fP.14-10)。 メニュー 内 容 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-13 ボイスレコーダー 音声を最長60分間録音できます。ボイスレコーダーは、ツール メニューのほか、通話中やデータフォルダ、メール作成画面の メニューからも起動できます。 ディスプレイの表示 ソフトキーの表示や、ナビキーのガイド表示に従って操作し ます。 音声を録音する 録音した音声は、データフォルダのメロディ&ミュージック フォルダに保存されます。 A cを押し、「ツール」→「ボイスレコーダー」 の順に選択する 録音時間を変更する場合は(fP.14-15) B c(録音)を押す Cw(停止)を押すか、時間いっぱいまで録 音して録音を終了する D 必要に応じてc(再生)を押して音声を再生 する 再生を一時停止する場合は c(一時停止)を押す 続けて録音する場合は メニューから「録音」を選択する メニューを使って録音した音声を操作する場合は (fP.14-14) 録音中の画面 再生中の画面 ナビキーのガイド表示 経過時間 録音可能時間 ナビキーのガイド表示 経過時間 再生時間 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-14 音声を再生する データフォルダに保存されている音声ファイルを再生しま す。 A cを押し、「ツール」→「ボイスレコーダー」 の順に選択する B メニューから「データフォルダ」を選択する C ファイルを反転表示してc(再生)を押す ボイスレコーダーのメニュー操作 録音の前後のメニューから、次の操作ができます。表示されるメ ニューや選択できる項目は、状況によって異なります。メニュー 「データフォルダ」選択後のメニューについては、「データフォル ダのメニュー操作」(fP.11-13)を参照してください。 メニュー 内 容 録音 録音を開始します。 データフォルダ メロディ&ミュージックフォルダに保 存されている音声ファイルのリスト画 面を呼び出します。 送信 ファイルを送信します。「メール」を選 択すると、ファイルを添付したメール を作成できます(fP.17-5)。 「Bluetooth」を選択すると、Bluetooth ® 通信の相手を選択して送信できます (fP.12-5)。 設定 録音した音声ファイルを着信音などに 設定します。 削除 録音した音声ファイルを削除します。 ファイル名変更 ファイル名を編集します。 保護/保護解除 保護すると、ファイル名の変更や削除 などが制限されます。 詳細 録音した音声ファイルの詳細情報を確 認できます。 録音設定 自動的に付けられるファイル名や録音 時間の変更をします(fP.14-15)。 メニュー 内 容 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-15 ボイスレコーダーの設定を変更する 保存時に付けられるファイル名を変更する ボイスレコーダーで録音した音声は、「Voice001」などの 名前で保存されます。「Voice」の部分を他の名称に変更で きます。 A cを押し、「ツール」→「ボイスレコーダー」 の順に選択する B メニューから「録音設定」→「初期ファイル 名」の順に選択する C 名称を入力する 録音時間を変更する A cを押し、「ツール」→「ボイスレコーダー」 の順に選択する B メニューから「録音設定」→「録音時間」の 順に選択する C 設定を選択し、c(保存)を押す ファイルの保存先を変更する メモリカードを取り付けているとき、録音した音声の保存先 を708SC本体またはメモリカードのどちらにするかを設 定できます。 A cを押し、「ツール」→「ボイスレコーダー」 の順に選択する B メニューから「録音設定」→「優先メモリ設 定」の順に選択する C 設定を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ Voice 補足 ● 初期ファイル名を変更すると 名前付けの規則は、次の録音から適用されます。 お買い上げ時 ■ 5分 お買い上げ時 ■ 本体 708SC.book 15 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-16 世界時計 世界各国の都市の現在時刻を確認できます。 世界時計を見る A cを押し、「ツール」→「世界時計」の順に 選択する 地域を登録する よく確認する地域を登録しておくと、世界時計を呼び出すだ けで簡単に表示できます。 A cを押し、「ツール」→「世界時計」の順に 選択する B jで地域1欄または地域2欄を反転表示し、 sで目的の都市名に切り替える サマータイムを設定する場合は ao(サマータイム)を押す bサマータイムを設定する地域をチェックありにし、 w(完了)を押す C c(保存)を押す 地域 1 の現在時刻と都市名 お買い上げ時 ■ 2か所ともに「東京、ソウル」 708SC.book 16 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-17 簡易電卓 13桁までの四則演算ができます。 A cを押し、「ツール」→「簡易電卓」の順に 選択する B 計算する 数字を入力する場合は ダイヤルボタンを押す 「+」/「-」/「×」/「÷」を入力する場合は r/l/u/dを押す 計算結果を表示させる場合は cを押す 小数点、「(」「)」を入力する場合は w(.( ))を繰り返し押す カーソルを左/右に移動する場合は *または#を押す 数式を1文字消す場合は 消す文字の後ろにカーソルを移動してCを押す 数式と計算結果をまとめて消す場合は Cを1秒以上押す 通貨や単位の換算をする 金額を各国の通貨に換算できます。長さや重さなどを他の単 位に換算することもできます。 通貨換算する A cを押し、「ツール」→「通貨・単位換算」→ 「通貨」の順に選択する B もとの通貨欄を選択し、通貨を選択する もとの通貨と換算する通貨を入れ替える場合は o(切替)を押す C もとの通貨での金額欄を反転表示し、金額を 入力する 小数点を入力する場合は *を押す D 換算する通貨欄を選択し、通貨を選択する もとの通貨での金額を入力する 換算する通貨 もとの通貨 換算された金額が表示される 708SC.book 17 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-18 E 表示された金額を確認する 為替レートを確認する場合は a基準にする通貨として上下いずれかの通貨欄を反転 表示し、w(レート表示)を押す bもとの画面に戻るときはCを押す 為替レートを変更する場合は a基準にする通貨として上下いずれかの通貨欄を反転 表示し、w(レート表示)を押す bレートを変更する通貨を反転表示し、メニューから 「編集」を選択する cレートを入力し、c(保存)を押す 通貨単位を追加する場合は aw(レート表示)を押す bメニューから「レート追加」を選択する c通貨単位とレートを入力し、c(保存)を押す 他の単位に換算する A cを押し、「ツール」→「通貨・単位換算」の 順に選択する B「長さ」「重さ」「体積」「面積」「温度」のいず れかを選択する C もとの単位欄を選択し、単位を選択する もとの単位と換算する単位を入れ替える場合は o(切替)を押す D もとの単位での数値欄を反転表示し、数値を 入力する 小数点を入力する場合は *を押す 温度を換算するときに「-」を入力/削除する場合は #を押す E 換算する単位欄を選択し、単位を選択する もとの単位での数値を入力する 換算する単位 もとの単位 換算された数値が表示される 708SC.book 18 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ツ ー ル 14-19 F 表示された数値を確認する 数値を消去する場合は w(消去)を押す ストップウォッチ 708SCをストップウォッチとして使えます。最大10回の ラップタイムと合計タイムも計れます。 A cを押し、「ツール」→「ストップウォッチ」 の順に選択する B c(スタート)を押す C ラップタイムを計るときはc(ラップ)を、 計測をストップするときはw(停止)を押す 辞典 日本語の単語の英語訳や、英単語の日本語訳を調べることが できます。 A cを押し、「ツール」→「辞典」の順に選択する B テキスト入力欄を選択し、単語を入力する Co(英→和/和→英)を押す 補足 ● 訳として一覧表示された単語をさらに調べるには 操作3のあと、一覧表示された単語をさらに調べることができます。 英単語を反転表示してo(英→和):日本語訳を検索 英単語を反転表示してw(英→英):先頭が一致する単語を検索 日本語の単語を反転表示してc(和→英):英語訳を検索 ● 単語の一部から目的の英単語を検索するには たとえば「go」の2文字から、「go-ahead」「goal」など「go」 で始まる単語を検索できます。検索後、一覧表示された単語の 日本語訳も確認できます。 acを押し、「ツール」→「辞典」の順に選択する bテキスト入力欄を選択し、単語の先頭の数文字を入力する cw(英→英)を押す このあと表示された単語の一覧で単語を反転表示し、o(英 →和)を押すと、日本語訳を確認できます。 708SC.book 19 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分14-20 708SC.book 20 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分その他の機能 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分そ の 他 の 機 能 15-2 発信時の便利な機能 お話し中だった相手に自動的にリダイ ヤルする 音声電話やTVコールをかけた相手がお話し中だったとき に、自動的に電話を切り、すぐにリダイヤルを開始するよう に設定できます。オートリダイヤルは、yを押すまで最 大10回繰り返されます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声・ TVコール共通」→「オートリダイヤル」の順 に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 国際コード/国番号を付加して電話を かける 国際コードを登録する 国際電話をかけるときによく利用する国際コードを設定で きます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声 通話」→「国際発信」→「国際コード」の順 に選択する B 国際コードを入力する お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● TVコールの再発信方法を設定しているときは オートリダイヤルの設定が優先されます。 ● 相手が転送電話サービスや留守番電話サービスを設定している ときは 電話が転送され、オートリダイヤルは行われません。 お買い上げ時 ■ 010 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分そ の 他 の 機 能 15-3 国番号を追加/変更/削除する 国番号を追加したり、不要な国番号を削除したりできます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声 通話」→「国際発信」→「国番号リスト」の 順に選択する B 追加/変更/削除操作をする 追加/変更する場合は a追加登録先または変更する項目を反転表示してc(変 更)を押す b国名欄を選択し、国名を入力する c国番号欄を反転表示し、国番号を入力して w(保 存)を押す 削除する場合は 削除する項目を反転表示してw(削除)を押し、「は い」を選択する イヤホン通話 ステレオイヤホンマイクのスイッチを1秒以上押して、指定 した電話番号に電話をかけられるように設定できます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声 通話」→「イヤホン通話」の順に選択する B「イヤホン通話を使う」を選択する C 設定を選択する D「電話番号指定」を反転表示し、電話番号の登 録操作をする 電話番号を直接入力する場合は ac(選択)を押し、「直接入力」を選択する b電話番号を入力する 電話帳から電話番号を選択する場合は ac(選択)を押し、「電話帳」を選択する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) c電話番号を反転表示し、c(選択)を押す 通話履歴を利用して電話番号を入力する場合は ac(選択)を押し、「通話履歴」を選択する b履歴を選択する お買い上げ時 ■ 1:日本 2:韓国 3:イギリス 4:イタリア 5:スイス 6:スペイン 7:ドイツ 8:ポルトガル 9:オランダ 10:フランス 11:モナコ 12:アメリカ 13:スウェーデン 14:オーストラリア 15:中国 16:香港 17:台湾 18~20:空白 お買い上げ時 ■ イヤホン通話を使う:OFF ■ 電話番号指定:登録なし 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分そ の 他 の 機 能 15-4 Ew(保存)を押す 着信時の便利な機能 エニーキーアンサー c(通話)やt以外のボタンでも、音声電話に応答でき るように設定できます。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「エニー キーアンサー」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 補足 ● 電話番号を削除するには a操作1を行う bc(選択)を押し、「直接入力」を選択する cCを1秒以上押し、c(OK)を押す ● 電話番号を変更するには a操作1を行う b操作4を行う cc(保存)を押す お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● 「ON」設定時に音声電話を受けられるボタンは(fP.2-3) 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分そ の 他 の 機 能 15-5 アコースティックショック調整 音声通話やTVコールの着信音量が大きな音で設定されてい る場合、着信時にいきなり大きな音で呼び出すことを防ぐた めに、レベル1の音量で2秒間呼び出し、その後に設定され ている音量で呼び出します。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声・ TVコール共通」→「アコースティックショッ ク調整」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す サイドキー操作で着信音を消す/応答 拒否する 着信中にサイドキー nまたはbを1秒以上押したときの動 作を設定します。着信音を消す「着信音サイレント」または 電話を切る「応答拒否」から選択します。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「サイ ドキー設定」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ ON お買い上げ時 ■ 着信音サイレント 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分そ の 他 の 機 能 15-6 スピード検索を利用するかどうか を設定する 「ON」に設定すると、待受画面で数字を入力すると、その 数字に対応する「ヨミガナ」を先頭にもつ電話番号を電話帳 から検索して表示します。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「スピー ド検索設定」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す キーロックについて設定する A cを押し、「設定」→「一般設定」→「自動 キーパッドロック」を選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● スピード検索を利用して電話をかけるには(fP.5-9) お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● 「ON」に設定すると ディスプレイのバックライトが消灯すると自動的にキーロック が設定されます。ボタン操作するとガイダンスが表示され、c を1秒以上押すとキーロックが一時的に解除されます。 ● 「OFF」に設定すると キーロックが自動的に設定されません。 ● 手動でキーロックを設定するには 待受画面でcを1秒以上押します。解除するときも、待受画面 でcを1秒以上押します。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分そ の 他 の 機 能 15-7 ショートカット 頻繁に利用する機能を8機能まで登録でき、自分だけのメ ニューを作成できます。ショートカットは、待受画面でu を押すだけで呼び出せます。 A uを押す B 未登録のボックスを反転表示し、c(登録)を 押す C 機能を選択する D 操作2~3を繰り返して機能を登録する 補足 ● 機能を変更するには a操作2で機能を反転表示し、メニューから「登録」を選択する b「はい」を選択し、機能を選択する ● 機能を並べ替えるには a操作2で機能を反転表示し、メニューから「並び替え」を選択 する baで移動先のボックスを反転表示し、c(選択)を押す ● 機能を削除するには a操作2で機能を反転表示し、メニューから「削除」を選択する b「はい」を選択する ● お買い上げ時の状態に戻すには a操作2で、メニューから「リセット」を選択する b「はい」を選択する 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分そ の 他 の 機 能 15-8 データの保存先を708SC本体/ メモリカードに指定する メモリカードを取り付けているとき、データの保存先を 708SC本体またはメモリカードのどちらにするかを設定 できます。画像編集時、S!メールの添付ファイル保存時、情 報画面からのファイルダウンロード時、Bluetooth ® 経由で のデータ受信時などのデータが対象になります。 A cを押し、「設定」→「メモリ設定」→「優 先メモリに設定」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す メモリ容量確認 次の情報を確認できます。 ● 共有メモリの空き状況 ● SMSおよびS!メールのメールボックスの使用状況 ● データフォルダのメモリ使用状況 ● カレンダーの種別の登録状況の確認 ● 電話帳(本体およびUSIMカード)の登録状況 登録内容やファイルなどの削除もできます。 A cを押し、「設定」→「メモリ設定」→「メ モリ容量確認」の順に選択する B 確認する項目を選択する お買い上げ時 ■ 本体 補足 ● メモリカードが取り付けられていないときは 「メモリカード」または「毎回確認」に設定している場合は、保 存先は自動的に708SC本体になります。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分そ の 他 の 機 能 15-9 補足 ● 内容を削除するには メールボックスやデータフォルダ、カレンダー、電話帳の内容 を削除するときは、次のように操作します。 a操作1~2を行う b項目を反転表示してc(整理)を押し、「はい」を選択して 内容の一覧を呼び出す c削除する内容をチェックありにしてw(削除)を押し、「は い」を選択する ● 内容を全件削除するときは 「内容を削除するには」の操作cのあと、暗証番号を入力して c(確認)を押し、「はい」を選択します。 ● まとめて「チェックあり」/「チェックなし」にするには 「内容を削除するには」の操作cでメニューから「全チェック」 または「チェック全解除」を選択します。 ● チェックありにした内容に機能や保護が設定されている内容が 含まれているときは 「内容を削除するには」の操作cまたは「内容を全件削除すると きは」の操作のあと、確認メッセージが表示されます。「はい」 を選択すると、削除が実行されます。「いいえ」を選択すると機 能や保護の設定されていないファイルのみが削除されます。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分15-10 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分オプションサービス 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分オ プ シ ョ ン サ ー ビ ス 16-2 オプションサービスの種類 708SCでは、次のオプションサービスをご利用いただけま す。 ※ サービスのご利用には、別途お申し込みが必要です。 転送電話サービス 下記の転送条件に従って、かかってきた電話を別の電話番号 に転送します。転送は、着信種別(音声通話、TVコール) ごとに設定できます。 サービス 内 容 転送電話サービス 電波の届かない場所にいるときや、電話に 出られないときに、かかってきた電話を指 定した電話番号へ転送します。 留守番電話サービス 電波の届かない場所にいるときや、電話に 出られないときに、留守番電話センターで 伝言メッセージをお預かりします。 割込通話サービス※ 通話中の相手を保留にし、他の相手からの電 話を受けます。相手を切り替えながら通話す ることもできます。 多者通話サービス※ 通話中に他の相手に音声電話をかけ、最大 6人同時に通話できます。相手を切り替え ながら通話することもできます。 発着信規制サービス 電話をかけたり受けたりすることを、状況 に合わせて制限できます。 発信者番号通知サー ビス お客様の電話番号を相手に通知したり、非 通知にする設定ができます。 注意 ● 電波の届かない場所では、708SCからは操作できません。一般 電話からの操作、サービスの詳細については『サービスガイド (3G)』をご覧ください。 転送条件 内 容 呼び出しあり 設定した呼出時間内に電話に出なかった ときや、通話中または圏外などのために電 話がつながらないときに転送します。 呼び出しなし 着信音を鳴らさずに、すべての着信を転送 します。不在着信も記録されません。 注意 ● 転送電話サービスと留守番電話サービスを同時に利用すること はできません。 ● すでに留守番電話サービスを開始しているときに転送電話サー ビスを開始すると、留守番電話サービスは停止されます。 ● 発着信規制サービスの「全発信規制」または「全着信規制」を 設定中は、転送電話サービスはご利用になれません(発着信規 制サービスが優先されます)。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分オ プ シ ョ ン サ ー ビ ス 16-3 転送電話サービスを開始する サービスを開始するときは転送先を指定します。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声 通話」または「TVコール」→「転送電話」の 順に選択する B「呼び出しあり」または「呼び出しなし」を選 択して現在の設定を確認する 設定を変更する必要がない場合は 確認後、lを押して前の画面に戻る C 転送先欄を反転表示し、転送先電話番号を入 力する 電話帳から電話番号を選択する場合は a転送先欄を反転表示し、メニューから「電話帳」を 選択する b電話帳を選択し、電話番号を反転表示して c(選 択)を押す D 呼び出し時間欄を反転表示し、sで秒数を切 り替える(「呼び出しあり」の場合のみ) E c(設定)を押す 転送電話サービスを停止する 転送条件にかかわらず、まとめて停止することができます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声 通話」または「TVコール」→「転送電話」→ 「全て解除」の順に選択する 補足 ● 「呼び出しあり」で転送電話サービスを開始したときは 着信中(呼出時間の設定秒数内)に電話に出ると、そのまま通 話できます。また、着信中にo(転送)を押すと、すぐに転 送できます。 補足 ● 転送条件ごとに転送電話サービスを停止するには acを押し、「設定」→「通話設定」→「音声通話」または「TV コール」→「転送電話」の順に選択する b「呼び出しあり」または「呼び出しなし」を選択する cw(解除)を押す 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分オ プ シ ョ ン サ ー ビ ス 16-4 転送電話サービスの設定を確認する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声 通話」または「TVコール」→「転送電話」→ 「設定確認」の順に選択する 留守番電話サービス あらかじめ設定した転送条件(転送電話サービスと同様 fP.16-2)に従って、かかってきた音声電話を留守番電話 センターに転送します。 留守番電話サービスを開始する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「留守 番電話」の順に選択する B「呼び出しあり」または「呼び出しなし」を選 択する C 呼び出し時間欄を反転表示し、sで秒数を切 り替える(「呼び出しあり」の場合のみ) D c(設定)を押す 留守番電話サービスを停止する 転送条件にかかわらず、まとめて停止できます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「留守 番電話」→「全て解除」の順に選択する 注意 ● 留守番電話サービスと転送電話サービスを同時に利用すること はできません。 ● すでに転送電話サービスを開始しているときに留守番電話サー ビスを開始すると、転送電話サービスは停止されます。 ● 発着信規制サービスの「全発信規制」または「全着信規制」を 設定中は、留守番電話サービスはご利用になれません(発着信 規制サービスが優先されます)。 補足 ● 「呼び出しあり」で留守番電話サービスを開始したときは 着信中(呼出時間の設定秒数内)に電話に出ると、そのまま通 話できます。また、着信中にo(転送)を押すと、すぐに転 送できます。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分オ プ シ ョ ン サ ー ビ ス 16-5 留守番電話サービスの設定を確認する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「留守 番電話」→「設定確認」の順に選択する 留守番電話の伝言メッセージを聞く 留守番電話センターに伝言メッセージが録音されると、その 旨をお知らせするメッセージが表示され、ディスプレイ最上 段には、 が表示されます。 メッセージが表示されているときの操作 お知らせのメッセージが表示されているときは、次のように 操作すると留守番電話センターに接続できます。接続後はガ イダンスに従って操作してください。 Aw(再生)を押す 伝言メッセージの詳細情報を確認する場合は メッセージの表示中にcを押す メッセージが表示されていないときの操作 A「1416」を入力し、tを押す 補足 ● 転送条件ごとに留守番電話サービスを停止するには acを押し、「設定」→「通話設定」→「留守番電話」の順に 選択する b「呼び出しあり」または「呼び出しなし」を選択する cw(解除)を押す アイコンとメッセージで お知らせする 補足 ● 海外で伝言メッセージを聞くには a0を1秒以上押して「+」を入力する b「819066514170」を入力し、tを押す ● 伝言メッセージを聞かずにメッセージを消すには o(終了)を押します。 ● ディスプレイ最上段の を消すには 708SCから伝言メッセージを聞くと、アイコンが消えます。 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分オ プ シ ョ ン サ ー ビ ス 16-6 着信お知らせ機能 留守番電話サービス開始中に、電波の届かない場所や電源が 入っていなかったために受けられなかった着信があったと きは、SMSでお知らせします。また、通話中に留守番電話 センターで伝言メッセージをお預かりした場合もお知らせ します。 着信お知らせ機能を設定する A「1414」を入力し、tを押す(無料) 国内の固定電話から設定する場合は(無料) 「090-665-1414」を入力し、tを押す 海外から設定する場合は(有料) 0を1秒以上押して「+」を入力し、「81-90-665- 14191」を入力してtを押す B ガイダンスに従って操作する 割込通話サービス サービスのご利用には、別途お申し込みが必要です。 このサービスは、音声通話でのみご利用になれます。 割込通話サービスを開始/停止する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声 通話」→「割込通話」の順に選択する B サービスの開始/停止操作をする 開始する場合は c(設定)を押す 停止する場合は w(解除)を押す 割込通話を受ける 通話中に着信があったときは、専用の割り込み音と画面表示 でお知らせします。通話中の電話を保留にして、あとからか かってきた電話を受けることができます。 A 割り込み音が聞こえたら、c(通話)を押す B「現在の通話を保留」を選択する 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分オ プ シ ョ ン サ ー ビ ス 16-7 現在の通話を切って、あとからの電話に出る場合は 「現在の通話を終了」を選択する C 相手を切り替えるときは、w(切替)を押す D 現在の通話を切るときは、yを押す 保留中の通話を切る場合は メニューから「終了相手選択」→「保留中の通話」の 順に選択する 一度に両方(すべて)切る場合は メニューから「終了相手選択」→「全ての通話」の順 に選択する 多者通話サービス サービスのご利用には、別途お申し込みが必要です。 最大6人まで同時に通話できます。 通話中に別の相手に電話をかける 相手につながると、それまで通話していた相手は保留になり ます。 A 通話中にメニューから「発信」を選択し、電 話番号を入力する 電話帳を使う場合は ac(電話帳)を押し、電話帳を選択する b電話番号を反転表示し、c(選択)を押す 履歴を使う場合は tを押して通話履歴を呼び出し、目的の履歴を反転 表示する B c(発信)を押し、つながったら通話する 補足 ● 割込通話中に通話中の相手が電話を切ったときは w(解除)を押すと、保留していた相手との通話になります。 ● 転送電話サービスや留守番電話サービスを開始している場合は 割り込みに応答しなかった場合は、転送先または留守番電話セ ンターに転送されます。転送条件を「呼び出しなし」に設定し ていると、割込通話サービスをご利用になれません。 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分オ プ シ ョ ン サ ー ビ ス 16-8 切替通話 A 通話中に別の相手に電話をかける(fP.16-7) B 話す相手と保留中の相手を切り替えるとき は、通話中にw(切替)を押す 多者通話 A 通話中に別の相手に電話をかける(fP.16-7) B 通話中にメニューから「多者通話」を選択する 補足 ● 保留中の通話を切るには 通話中にメニューから「終了相手選択」→「保留中の通話」の 順に選択します。 ● すべての通話を切るには 通話中にメニューから「終了相手選択」→「全ての通話」の順 に選択します。 ● 切替通話中に通話中の相手が電話を切ったときは 保留中の相手は保留状態のままです。切り替えて通話してくだ さい。 補足 ● 1人だけ相手を選んで通話するには 通話中にメニューから「個別通話」を選択し、通話する相手を 選択します。 ● 特定の相手を選んで通話を切るには 通話中にメニューから「終了相手選択」→「相手を選択」の順 に選択し、通話を切る相手をチェックありにしてw(終了) を押します。 ● すべての通話を切るには 通話中にyを押します。 ● 多者通話中に相手が電話を切ったときは 残された相手との通話になります。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分オ プ シ ョ ン サ ー ビ ス 16-9 発着信規制サービス 音声電話やTVコールの発着信、SMSの送受信を、次の規制内 容で制限できます。 設定時には、発着信規制用暗証番号(ご契約時にお決めいた だいた発着信規制サービス専用の4桁の番号)の入力が必要 です。 発信規制/着信規制を設定する 発信規制および着信規制は、通話や通信の種別(音声電話、 TVコール、SMS)ごとに設定できます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「発着 信規制」の順に選択する B「音声通話」「TVコール」「SMS」のいずれか を選択し、規制内容を選択する 設定項目 内 容 発信規制 全発信規制 緊急通話以外、電話をかけられな い、またはSMSを送信できないよ うにします。 滞在国以外規制 滞在国以外へ電話をかけられな い、またはSMSを送信できないよ うにします。 日本/滞在国以 外規制 滞在国と日本以外の国へ、国際電 話をかけられない、またはSMSを 送信できないようにします。 着信規制 全着信規制 すべての電話を受けられない、ま たはSMS を受信できないように します。 国際着信規制 日本以外では、すべての電話を受け られない、またはSMSを受信でき ないようにします。 注意 ● 発着信規制用暗証番号の入力を 3 回続けて間違えると、発着信規 制サービスの設定や解除ができなくなります。この場合は、発着 信規制用暗証番号と交換機用暗証番号の変更が必要となりますの で、ご注意ください。詳しくは、お問い合わせ先(fP.26-23) までご連絡ください。 ● 転送電話サービスまたは留守番電話サービスを開始していると きは、「全発信規制」および「全着信規制」はご利用になれませ ん(転送電話サービスまたは留守番電話サービスが優先されま す)。 補足 ● 発信規制中に電話をかけようとすると 発信規制中である旨のメッセージが表示されます。お客様がご 利用になる地域によっては、表示されるまでに時間がかかるこ とがあります。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分オ プ シ ョ ン サ ー ビ ス 16-10 C 発着信規制用暗証番号を入力する D 設定/解除操作をする 設定する場合は c(設定)を押す 解除する場合は w(解除)を押す 発着信規制の制限をすべて解除する すべての解除は、通話や通信の種別(音声電話、TVコール、 SMS)ごとにできます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「発着 信規制」の順に選択する B「音声通話」「TVコール」「SMS」のいずれか を選択し、「全て解除」を選択する C 発着信規制用暗証番号を入力し、c(OK) を押す 発着信規制用暗証番号を変更する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「発着 信規制」→「暗証番号変更」の順に選択する B 現在欄に現在の発着信規制用暗証番号を入力 し、新規欄と確認欄に新しい発着信規制用暗 証番号(4桁)を入力してc(確認)を押す 補足 ● 設定状況を確認するには 操作1~2を行います。設定状況を確認したら、Cを押して前 の画面に戻ります。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分オ プ シ ョ ン サ ー ビ ス 16-11 発信者番号通知サービス お客様の電話番号を相手に通知したり、非通知に設定する サービスです。 発信者番号の通知/非通知を設定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「音声・ TVコール共通」→「発信者番号通知」の順に 選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 発信者番号を通知して/非通知でかける サービスの設定にかかわらず、電話をかけるときの操作でご 自分の電話番号を相手に通知したり非通知にしたりできま す。 A 発信者番号通知/非通知の番号を押す 電話番号を通知してかける場合は 186を押す 電話番号を通知しないでかける場合は 184を押す B 相手の電話番号を入力する Ctを押す TVコールをかける場合は メニューから「TVコール」を選択する お買い上げ時 ■ ネットワーク設定に従う 補足 ● 「ネットワーク設定に従う」に設定すると 利用中のネットワークに従って発信者番号が通知/非通知にな ります。 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分16-12 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メール送受信 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-2 メールをご利用になる前に S!メール ソフトバンク携帯電話やE-mailを利用できるパソコンなど の機器との間で、長い文字メッセージや画像、サウンドなど を送受信できます。 S!メールの利用とE-mailの受信には、別途ご契約が必要で す。 SMS ソフトバンク携帯電話との間で、電話番号を宛先として短い 文字メッセージを送受信できます。 新着メールの確認 待受画面を表示中にメールを受信すると、受信の通知画面が 表示され、受信件数と差出人、受信日時が表示されます。 Aw(表示)を押す 受信の通知画面に複数の情報が表示されている場合は sを押して のタブを選択し、w(表示)を押す 補足 ● リトライ機能について リトライ機能とは、相手が電源を切っていたり、電波の届かな いところにいたりしてメールを受信できない場合に、メール サーバーにメールが保管され、電波が届くようになると配信す る機能です。 受信の通知画面 受信件数 受信日時 差出人 受信ボックスのメール一覧画面 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-3 B 新着メールを選択する SMSのメッセージ画面での操作について SMSのメッセージ画面を表示中にサイドキー nbを押すと、本 文の文字サイズを大きくしたり小さくしたりできます。また、u やdを1秒以上押すとメッセージ画面が自動スクロールしま す。自動スクロールを停止させるにはいずれかのボタンを押しま す。自動スクロール中にrまたはlを押すとスクロールの速 度を調節できます。 メッセージ画面のデルモジ表示(fP.20-5)について お買い上げ時は、新着または未読のメール(スライド表示が2 ページ以上のS!メール、またはファイルが添付されているS!メー ルは除く)を確認すると、メッセージがデルモジ表示されます。 デルモジ表示が終了するか、デルモジ表示中にw(停止)を押 すと、メッセージ画面が表示されます。各種操作を行う場合は、 メッセージ画面が表示されてから操作してください。 メールの続きを受信する 「国内ネットワーク」(fP.20-3)または「ローミングネッ トワーク」(fP.20-3)を「手動受信」に設定している場合 は、受信S!メールがメールサーバーに一時保存され、メッ セージの一部が受信通知としてお客様の708SCに送信さ れます。続きはメールサーバーから受信する必要がありま す。 Awを押し、「受信ボックス」を選択する 補足 ● 待受画面以外を表示中にメールを受信したときは ディスプレイ最上段に または が表示されます。 (fP.1-8)。 ● 受信の通知画面の受信件数表示について 未読メールがある場合は、新着メールと未読メールの合計が表 示されます。 ● 受信の通知画面の差出人表示について 電話番号またはE-mailアドレスが表示されます。差出人が電話 帳に登録されている場合は、電話帳に登録した名前が表示され ます。電話帳に着信画像が登録されている場合や、グループに 着信画像が設定されている場合は、画像が同時に表示されます。 シークレットモード設定が「非表示」のとき、電話帳のシーク レットモードが「ON」に設定されている相手からメールを受信 した場合は、名前や画像は表示されません。 SMSのメッセージ画面 S!メール(メッセージの み)のメッセージ画面 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-4 B 続きがあるメールを選択する C c(受信)を押す D 続きを受信したメールを選択する ファイルが添付されているS!メールのメッセージ画面に ついて 1ページ目に添付ファイルのファイル名が表示され、2ページ目以 降にメッセージが表示されます。メッセージを表示する場合はr を押すか、メニューから「スライド再生」を選択します。 スライド表示が2ページ以上のS!メールのメッセージ画 面について メニューから「スライド再生」を選択すると、スライドが再生さ れます。再生中にc(ポーズ)を押すと一時停止、w(停止) を押すと停止します。sを押すと、手動でページの切り替えが できます。 ファイルが挿入(fP.17-14、17-15)されている S! メールのメッセージ画面について 画像が挿入されている場合は、メッセージとともに画像が表示さ れます。 受信通知画面 メッセージ画面 補足 ● 受信ボックスのメール一覧画面に表示される受信通知のアイコ ンについて :未読の受信通知(優先度:高) :未読の受信通知(優先度:標準) :未読の受信通知(優先度:低) :既読の受信通知(優先度:高) :既読の受信通知(優先度:標準) :既読の受信通知(優先度:低) ● メールリストからメールの続きを受信するには(fP.19-2) 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-5 サウンドが挿入されている場合は、メニューから「スライド再生」 を選択すると再生されます。スライド表示が2ページ以上ある場 合は、サウンドが挿入されているページが表示されたときに再生 されます。 動画が挿入されている場合は、メニューから「スライド再生」を 選択してo(ムービー)を押すと再生されます。スライド表示 が2ページ以上ある場合は、動画が挿入されているページが表示 されると右下に「ムービー」が表示され、o(ムービー)を押 すと再生されます。 コンテンツ・キーの購入/取得が必要なファイルが挿入 されているメッセージ画面について ファイルが挿入されているページに が表示され、表示/再生 されません。表示/再生する場合は、メニューから「キーのアク ティブ化」を選択します。 受信したメールを利用する 確認中のメールの差出人に返信できます。 A メッセージ画面でw(返信)を押す B メールを作成し、w(送信)を押す メールの作成 708SCでは、S!メールとSMSの2種類のメールを利用で きます。メールの種類により、送信できる文字数や入力項目 が次のように異なります。 ○ 入力可能 × 入力不可能 1 添付ファイルのサイズなどにより、送信可能な文字数は変わります。 2 メール1通に最大20ページのスライド表示を設定できます。 3 宛先や件名、メッセージ、添付ファイルなどを含めたメールサイ ズの合計です(返信または転送するメールも同様)。 メールアート機能を利用すると S!メールのメッセージ画面を表示したときに、文字メッセージや 画像などをスライドのように切り替えながら表示させたり、背景 に色を付けたりできます(fP.17-10、17-13、17-15)。 補足 ● S!メールの件名表示について 返信するS!メールの件名には「RE:」が自動的に付きます。 S!メール SMS 送信可能な文字数 全角/半角で約10,000 文字1 スライド表示の1ページ に約10,000 文字2 (最大294Kバイト3 ) 全角/半角カタカナ で最大70文字 半角英数字の場合は 最大160文字 (最大140バイト) 入 力 項 目 宛先 ○ ○ 件名 ○ × 添付ファイル ○ × 本文 ○ ○ 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-6 操作手順 メールの作成は次の手順で行います。 宛先以外の項目は必要に応じて入力、設定します。 メールの種類の自動変更について メールの作成を開始したとき、メールの種類はSMSで作成され ますが、次の操作を行った場合は自動的にS!メールに変更されま す。 ・ 宛先にE-mailアドレスを入力する ・ 件名を入力する ・ SMSで送信できる文字数を超える文字を入力する ・ スライド表示を設定する ・ ファイルを添付または挿入する ・ 宛先の種類を「Cc」「Bcc」に変更する 添付/挿入したファイルを削除したり、件名を削除したりして SMSで送信できる状態になると、自動的にSMSに変更されま す。 メールの作成状況によっては、メールの種類が自動的に変更され ない場合があります。メールの種類が変更されない場合は、手動 で変更してください(fP.17-9)。 S!メールの作成 SMSの作成 宛先を入力する(fP.17-7) 本文を入力する(fP.17-9) 件名を入力する(fP.17-8) ファイルを添付/挿入する (fP.17-13、17-15) 送信設定をする(fP.17-9) 送信する(fP.17-9) 補足 ● 送信設定をあらかじめ設定するには(fP.20-2、20-4) 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-7 宛先を入力する S!メールの宛先には電話番号またはE-mailアドレス、SMS の宛先には電話番号を入力します。入力できる宛先の件数は 最大20件です。 Awを押し、「メール作成」を選択する B 宛先の入力操作をする 電話帳から宛先を選択する場合は a宛先欄を選択し、「電話帳検索」を選択する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) c電話番号またはE-mailアドレスを反転表示し、c(選 択)を押す 宛先を直接入力する場合は a宛先欄を選択し、「直接入力」を選択する b電話番号またはE-mailアドレスを入力する 履歴を利用して宛先を入力する場合は 宛先欄を選択し、表示されている履歴を選択する 電話帳のグループから宛先を選択する場合は a宛先欄を選択し、「グループ検索」を選択する bグループを選択し、宛先の選択画面が表示された場 合は入力する宛先を反転表示してc(選択)を押す C 他の宛先を入力する場合は追加操作をする 宛先を直接入力する場合は a宛先欄を選択する b入力欄を選択し、「直接入力」を選択する c電話番号またはE-mailアドレスを入力し、w(完 了)を押す 電話帳から宛先を選択する場合は aメニューから「宛先追加」→「電話帳検索」の順に 選択する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) c電話番号またはE-mailアドレスを反転表示し、c (選択)を押す 電話帳のグループから宛先を選択する場合は aメニューから「宛先追加」→「グループ検索」の順 に選択する bグループを選択し、宛先の選択画面が表示された場 合は入力する宛先を反転表示してc(選択)を押す 宛先欄 件名欄 添付ファイル欄 本文欄 本文入力欄 メール作成画面 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-8 件名を入力する A メール作成画面で件名欄を選択する B 件名を入力する 補足 ● 定型文を利用してメールを作成するには(fP.17-12) ● 入力した宛先を確認するには 操作3で、メニューから「宛先リスト」を選択します。 ● 入力した宛先を確認してから宛先を追加するには a操作3で、メニューから「宛先リスト」を選択する b入力欄を選択し、操作2と同様に操作する cw(完了)を押す ● 入力した宛先を確認してからメールを送信するには a操作3で、メニューから「宛先リスト」を選択する bメニューから「送信」を選択する ● 宛先の種類をTo/Cc/Bccに変更するには a操作3で、メニューから「宛先リスト」を選択する b宛先を反転表示し、メニューから「To/Cc/Bcc変更」を 選択する c「To」「Cc」「Bcc」のいずれかを選択する ● 宛先を削除するには a操作3で、メニューから「宛先リスト」を選択する b宛先を反転表示し、メニューから「削除」を選択する ● 文字のコピー/切り取り/貼り付けを行うには(fP.4-9) ● 宛先欄の表示について 複数の宛先が登録されている場合は、メール作成画面の宛先欄 に と件数が表示されます。 注意 ● 708SC本体の共有メモリ(fP.26-13)の空き容量が464K バイトより少ない場合は、メールの作成ができません。メール の作成を行う場合は、不要なメールまたはデータフォルダの不 要なファイルを削除してから操作してください。 ● メールの作成中に708SC本体の共有メモリ(fP.26-13)の 空き容量がなくなった場合は、作成中のメールの送信や下書き への保存ができなくなる場合があります。 ● 708SCで作成したメールは、相手側の端末によっては708SC と同様に表示されない場合があります。 ● 件名や本文をハングル文字で入力して送信した場合、相手側の 端末によっては入力した文字が削除されたりスペースとして表 示される場合があります。 補足 ● 文字のコピー/切り取り/貼り付けを行うには(fP.4-9) ● 予測入力機能を設定/解除するには(fP.4-11) 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-9 本文を入力する A メール作成画面で本文欄を選択する スライド表示を設定している場合は(fP.17-10) メッセージを入力する本文入力欄を選択する B メッセージを入力する 送信する A メール作成画面でw(送信)を押す 補足 ● 文字のコピー/切り取り/貼り付けを行うには(fP.4-9) ● SMS定型文や電話帳の内容を引用するには(fP.4-8) ● 入力中の文字のサイズを変更するには a操作2で、メニューから「文字サイズ」を選択する b「小」「標準」「大」のいずれかを選択する ● 予測入力機能を設定/解除するには(fP.4-11) ● スライド表示を設定するには(fP.17-10) ● 本文欄に画像などのファイルを挿入するには(fP.17-13、 17-15) ● 送信前にデルモジ表示を確認するには メール作成画面で本文欄を反転表示し、メニューから「デルモ ジ表示」を選択します。 補足 ● 作成中のメールの送信設定をするには aメール作成画面で、メニューから「送信設定」を選択する b項目を選択し、設定操作をする(fP.20-2、20-4) cw(適用)またはw(保存)を押す ● メールの種類を変更するには aメール作成画面で宛先欄以外を反転表示する bメニューから「S!メールに変更」または「SMSに変更」を選 択する c「はい」を選択する 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-10 スライド表示を設定する S!メールのメッセージ画面を、スライドのように切り替えて 表示できます。スライド表示の各ページには、画像、サウン ド、動画(ムービー)、文字メッセージ(テキスト)を挿入 できます。1通のメールには、最大20ページのスライド表示 を設定できます。 A メール作成画面で、メニューから「挿入」→ 「テキスト」の順に選択する B 本文入力欄を選択し、メッセージを入力する C スライド表示の本文入力欄を追加する場合は 操作1~2を繰り返す 本文欄のスタイルを編集する 文字の色やスタイル、スライド表示のページの表示時間、背 景色などを設定できます。 A メール作成画面で本文欄を反転表示する B 設定操作をする 背景色を設定する場合は aメニューから「スタイル編集」を選択する メール作成画面 スライド表示のページ番号と 表示時間 追加された本文入力欄 補足 ● テキスト以外のファイルを挿入するには 「画像」「サウンド」「ムービー」を挿入するときは、「ファイル を挿入する」(fP.17-12)を行います。また、同じページに他 のファイルを挿入できます。ただし、画像とムービー、サウン ドとムービーを同じページに表示することはできません。 ● 本文入力欄を削除するには aメール作成画面で本文入力欄を反転表示する bメニューから「削除」を選択する c「はい」を選択する ● 送信前にスライド表示を確認するには aメール作成画面で宛先欄以外を反転表示する bメニューから「プレビュー」を選択する cメニューから「スライド再生」を選択する 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-11 b「ページ選択」を反転表示し、sを押して「全ペー ジ」を表示する c「背景色」を反転表示し、aを押して目的の色を反 転表示する ページの表示時間を設定する場合は a設定する文字入力欄を反転表示する bメニューから「スタイル編集」を選択する c「スライド表示時間」を反転表示し、時間を入力する 文字色を設定する場合は aメニューから「スタイル編集」を選択する b「ページ選択」を反転表示し、sを押して「全ペー ジ」を表示する c「文字色」を反転表示し、aを押して目的の色を反 転表示する スライド表示のページごとに文字色を設定する場合は a設定する文字入力欄を反転表示する bメニューから「スタイル編集」を選択する c「文字色」を反転表示し、aを押して目的の色を反 転表示する 文字サイズを設定する場合は aメニューから「スタイル編集」を選択する b「ページ選択」を反転表示し、sを押して「全ペー ジ」を表示する c「文字サイズ」を反転表示し、sを押して目的のサ イズを表示する スライド表示のページごとに文字サイズを設定する場 合は a設定する文字入力欄を反転表示する bメニューから「スタイル編集」を選択する c「文字サイズ」を反転表示し、sを押して目的のサ イズを表示する 文字と挿入した画像/動画の位置を変更する場合は aメニューから「スタイル編集」を選択する b「ページ選択」を反転表示し、sを押して「全ペー ジ」を表示する c「表示順変更」を反転表示し、sを押して「本文を 上に表示」または「画像(ムービー)を上に」を表 示する C c(保存)を押す 補足 ● 送信前にスタイルを確認するには aメール作成画面で宛先欄以外を反転表示する bメニューから「プレビュー」を選択する cメニューから「スライド再生」を選択する 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-12 定型文を利用する S!メール定型文やSMS定型文を利用して、メールの作成、 送信ができます。 Awを押し、「定型文」→「S!メール定型文」 または「SMS定型文」の順に選択する B S! メール定型文または SMS 定型文を反転表示 する C メニューから「送信」を選択する D メールを作成し、w(送信)を押す ファイルの添付/挿入 S!メールに添付/挿入できるファイルのサイズは、宛先や件 名、メッセージなどを含めて294Kバイトまでです。 1通のS!メールに添付できるファイルの数は20個までで す。 注意 ● 作成中のメールの種類がSMSの場合は、メニューに「スタイル 編集」や「プレビュー」は表示されません。 補足 ● S!メール定型文を確認してから利用するには a操作1~2を行う bメニューから「表示」を選択する c必要な場合はメニューから「スライド再生」を選択する dメニューから「編集して送信」を選択する ● 定型文を登録するには(fP.4-13、18-16) 補足 ● 作成中のメールのサイズを確認するには 作成中のメールの種類をS!メールにすると、メール作成画面の 右上に表示されます。 注意 ● メールを送信する相手によっては、添付または挿入したファイ ルを受信できない場合がありますのでご注意ください。ソフト バンク携帯電話が対応するファイルについては、『サービスガイ ド(3G)』を参照してください。 ● S!メールで動画を添付/挿入するときは、「S!メール添付用」 (fP.7-13)で撮影したファイルを選択してください。送信で きない動画を添付/挿入しようとした場合、添付できないと いう旨のメッセージが表示されます。 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-13 データフォルダなどからファイルを添 付する/本文欄に挿入する 画像や動画、サウンドを選択して添付できるほか、電話帳や カレンダーの登録内容をvCard形式やvCalendar形式にし て添付できます。本文欄にファイルを挿入すると、メッセー ジ画面を表示したときにファイルを表示/再生できます。 ファイルを添付する A メール作成画面で、添付ファイル欄を選択する B 添付操作をする ファイルを添付する場合は a「データフォルダ」を選択する bデータフォルダからファイルを選択する 電話帳の登録内容をvCard形式で添付する場合は a「電話帳データ」を選択する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) cw(追加)を押す カレンダーの登録内容をvCalendar形式で添付する 場合は a「カレンダーデータ」を選択する b登録内容を選択する メール作成画面 (ファイルを添付した場合) 添付ファイル欄 添付ファイルのファイル名 補足 ● ファイルを追加するには 「ファイルを添付する」の操作1~2(fP.17-13)を行います。 ● 添付したファイルを確認するには aメール作成画面で添付ファイル欄を反転表示し、メニューか ら「添付ファイル表示」を選択する bファイルを選択する ● ファイルを添付すると 添付ファイル表示画面にファイルの種別を示すアイコンとファ イル名が表示されます。 :画像 :サウンド :動画 :vCalendar :vCard :上記以外のファイル 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-14 ファイルを挿入する A メール作成画面で、メニューから「挿入」を 選択する スライド表示を設定している状態でファイルを挿入す る場合は(fP.17-10) aメール作成画面でファイルを挿入する本文入力欄を 反転表示する bメニューから「挿入」を選択する B 挿入操作をする 画像を挿入する場合は a「画像」を選択する bデータフォルダから画像を選択する サウンドを挿入する場合は a「サウンド」を選択する bデータフォルダからサウンドを選択する 動画を挿入する場合は a「ムービー」を選択する bデータフォルダから動画を選択する ● ファイルを変更するには aメール作成画面で添付ファイル欄を反転表示し、メニューか ら「添付ファイル表示」を選択する bファイルを反転表示し、メニューから「上書き」を選択する c「ファイルを添付する」の操作2(fP.17-13)を行う ● ファイルを削除するには aメール作成画面で添付ファイル欄を反転表示し、メニューか ら「添付ファイル表示」を選択する bファイルを反転表示し、メニューから「削除」を選択して「1 件」を選択する ● すべてのファイルを削除するには aメール作成画面で添付ファイル欄を反転表示し、メニューか ら「添付ファイル表示」を選択する bメニューから「削除」を選択し、「全件」を選択して「はい」 を選択する ● メモリカードに保存されているファイルを添付すると メモリカードを取り外すと、下書きに保存する旨のメッセージ が表示されたあと、メールメニューに戻ります。S!メールは、 添付したファイルが削除された状態で下書きに保存されます。 挿入されたファイル名 メール作成画面 (ファイルを挿入した場合) 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-15 ファイルを作成して本文欄に挿入する メールの作成中に、ファイルを作成して挿入できます。本文 欄に挿入したファイルは、メッセージ画面を表示したときに 表示/再生されます。 A メール作成画面で、メニューから「撮影&録 音」を選択する スライド表示を設定している状態でファイルを挿入す る場合は aメール作成画面でファイルを挿入する本文入力欄を 反転表示する bメニューから「撮影&録音」を選択する B 作成方法を選択し、挿入する 写真を撮影する場合は a「写真撮影」を選択する bc(撮影)を押す cc(追加)を押す 補足 ● 挿入したファイルを確認するには aメニューから「プレビュー」を選択する bメニューから「スライド再生」を選択する ● ファイルを挿入すると メール作成画面の本文欄に、ファイルの種類を示すアイコンと ファイル名、ファイルサイズが表示されます。表示の制限がな い画像を挿入した場合は、アイコンの代わりに画像が縮小表示 されます。 :コンテンツ・キー未購入または未取得で表示できない画像 :サウンド :ムービー ● ファイルを変更するには aメール作成画面で本文欄のファイルを反転表示する bメニューから「上書き」を選択する cファイルを選択する ● ファイルを削除するには aメール作成画面で本文欄のファイルを反転表示する bメニューから「削除」を選択する c「はい」を選択する ● ファイルがすでに挿入されている状態で挿入操作をすると スライド表示のページが自動的に追加され、ファイルが挿入さ れます。画像とサウンドの場合は、1ページに2つのファイルを 挿入できます。 ● メモリカードに保存されているファイルを挿入すると メモリカードを取り外すと、下書きに保存する旨のメッセージ が表示されたあと、メールメニューに戻ります。S!メールは、 挿入したファイルが削除された状態で下書きに保存されます。 708SC.book 15 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-16 動画を録画する場合は a「ムービー撮影」を選択する bc(録画)を押す cc(保存)を押す dメニューから「メールに追加」を選択する サウンドを録音する場合は a「サウンド録音」を選択する bc(録音)を押す cw(停止)を押す dメニューから「メールに追加」を選択する 作成メールの保存 下書きに保存する メールの作成を一時中断して他の操作をするときなどに、作 成中のメールを下書きに保存できます。 A メール作成画面で、メニューから「下書きに 保存」を選択する 補足 ● ファイルを挿入すると データフォルダから本文欄に挿入したファイルと同様に動作し ます(fP.17-15)。 ● ファイルがすでに挿入されている状態で挿入操作をすると データフォルダから本文欄に挿入したファイルと同様に動作し ます(fP.17-15)。 ● ファイルを変更/削除するには データフォルダから本文欄に挿入したファイルと同様に操作で きます(fP.17-15)。 ● 静止画の撮影前後の操作について(fP.7-5) ● 動画の撮影前後の操作について(fP.7-10) ● サウンドの録音前後の操作について(fP.14-14) 補足 ● メール作成画面でC/y/lを押したときは 宛先、件名、本文のいずれかを入力した状態、またはファイル を添付/挿入した状態でC、yまたはlを押すと、メー ル作成の終了を確認するメッセージが表示されます。「はい」を 選択すると作成中のメールが下書きに保存されます。 注意 ● 宛先、件名、本文のいずれかが入力されている、またはファイル が添付/挿入されている場合のみ、メニューに「下書きに保存」 が表示されます。 708SC.book 16 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル 送 受 信 17-17 定型文に保存する 内容の決まったメールをS!メール定型文として保存するこ とで、簡単にS!メールの作成、送信ができます。 A メール作成画面で添付ファイル欄または本文 欄を反転表示する B メニューから「定型文に保存」を選択する 注意 ● 件名が入力されている場合、SMSで送信できる文字数以上の本 文を入力している場合、またはファイルが挿入されている場合 は、メニューに「定型文に保存」が表示されます。 708SC.book 17 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分17-18 708SC.book 18 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メールボックス 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-2 メールの内容確認 708SCでは、メールの種類ごとに5種類のメールボックス が用意されています。 メール一覧から確認する 受信ボックスや未送信ボックスのメール一覧画面から、メッ セージを確認できます。 Awを押す B「受信ボックス」または「未送信ボックス」を 選択する セキュリティをかけた自作フォルダから確認する場合は フォルダを選択し、暗証番号を入力してc(確認)を 押す C メールを選択する メールボックス メールの種類 受信ボックス 受信したメールが保存されます。 下書き 作成途中で保存したメールが保存されま す。 未送信ボックス 送信に失敗した、送信をキャンセルした メール、送信待機中のメールが保存されま す。 送信済みボックス 送信済みのメールが保存されます。 定型文 定型文として登録したS!メール定型文や SMS定型文が保存されます。 補足 ● メールの保存状況を確認するには awを押す b「メモリ容量確認」を選択する c「SMS」「S!メール(件数表示)」「S!メール(サイズ表示)」 のいずれかを選択する ● 受信ボックス内に自作フォルダを作成するには(fP.18-13) 注意 ● 下書きや未送信ボックス、送信済みボックスにSMSが最大数保 存されている場合は、新しいSMSの保存時に古いSMSが自動 的に削除されます。 メール一覧画面 (受信ボックスの場合) 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-3 メール一覧画面の表示 各メールボックスのメール一覧画面には、次の情報が表示さ れます。 補足 ● メッセージ画面で*または#を押すと 前後のメールのメッセージ画面に切り替わります。 ● SMSのメッセージ画面でサイドキー nbを押すと サイドキーnを押すごとに、文字サイズを2段階拡大できます。 サイドキー bを押すと、文字サイズを2段階縮小できます。 ● 送信済みメールを確認するには a操作2で「送信済みボックス」を選択する bメールを反転表示し、メニューから「表示」を選択する ● S!メールの詳細情報を確認するには 操作3でS!メールを反転表示し、メニューから「詳細」を選択 します。 メール種別アイコン 差出人または宛先 保存された日付 件名またはメッセー ジの先頭部分 メールサイズ 著作権保護ファイルの 情報アイコン メール一覧画面 (受信ボックスの場合) 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-4 補足 ● 受信ボックスの一覧画面に表示されるアイコン :未読のS!メール(優先度:高) :未読のS!メール(優先度:標準) :未読のS!メール(優先度:低) :未読のS!メール(優先度:高、動画やサウンドの挿入あり) :未読のS!メール(優先度:標準、動画やサウンドの挿入あり) :未読のS!メール(優先度:低、動画やサウンドの挿入あり) :既読のS!メール(優先度:高) :既読のS!メール(優先度:標準) :既読のS!メール(優先度:低) :既読のS!メール(優先度:高、動画やサウンドの挿入あり) :既読のS!メール(優先度:標準、動画やサウンドの挿入あり) :既読のS!メール(優先度:低、動画やサウンドの挿入あり) :未読の受信通知(優先度:高) :未読の受信通知(優先度:標準) :未読の受信通知(優先度:低) :既読の受信通知(優先度:高) :既読の受信通知(優先度:標準) :既読の受信通知(優先度:低) :未読のSMS :既読のSMS :未読のSMS(USIMカードに保存) :既読のSMS(USIMカードに保存) :未読のS!メール配信レポート :既読のS!メール配信レポート :未読のSMS配信レポート :既読のSMS配信レポート :S!メール受信中 ● 下書きの一覧画面に表示されるアイコン :S!メール(優先度:高) :S!メール(優先度:標準) :S!メール(優先度:低) :S!メール(優先度:高、動画やサウンドの挿入あり) :S!メール(優先度:標準、動画やサウンドの挿入あり) :S!メール(優先度:低、動画やサウンドの挿入あり) :SMS ● 未送信ボックスの一覧画面に表示されるアイコン :S!メール :S!メール(動画やサウンドの挿入あり) :SMS :S!メール送信中 ● 送信済みボックスの一覧画面に表示されるアイコン :S!メール :S!メール(動画やサウンドの挿入あり) :SMS :SMS(USIMカードに保存) ● 著作権保護ファイルの情報アイコンについて :転送可、コンテンツ・キー購入済みまたは取得済み :転送可、コンテンツ・キー未購入または未取得 :転送不可、コンテンツ・キー購入済みまたは取得済み :転送不可、コンテンツ・キー未購入または未取得 ● シークレットモード設定が「非表示」のときは 電話帳のシークレットモードが「ON」の相手との送受信メール には、名前は表示されずに電話番号またはE-mailアドレスが表 示されます。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-5 メッセージ画面からの操作 電話帳に登録する 受信メールのメッセージ画面や、受信通知画面を表示中に、 差出人の電話番号またはE-mailアドレスを電話帳に登録で きます。 A メッセージ画面で、メニューから「電話帳登 録」→「本体」または「USIM」の順に選択する B 登録方法を選択する 新しい電話帳に登録する場合は 「新規」を選択する 既存の電話帳に追加登録する場合は a「追加」を選択する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) C アイコンを選択する D 各項目を登録する(fP.5-3) Ew(保存)を押す S!メール定型文に保存する 受信S!メールや送信済みS!メールを、S!メール定型文とし て保存できます。 A メッセージ画面で、メニューから「S! メール 定型文に保存」を選択する 注意 ● メッセージ画面でアンダーラインの付いた電話番号やE-mailア ドレス、URLを反転表示している場合は、メニューに「電話帳 登録」は表示されません。 補足 ● ファイル名が重複する旨のメッセージが表示されたときは ac(OK)を押す bc(選択)を押し、名前を入力する cw(保存)を押す ● 名前の入力画面が表示されたときは ac(選択)を押し、名前を入力する bw(保存)を押す 注意 ● パソコンなどから送信されたS!メールのメッセージ画面を表示 中は、メニューに「S!メール定型文に保存」は表示されません。 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-6 メッセージ画面のメニュー操作 メールの返信 Awを押し、「受信ボックス」を選択する B メールを反転表示し、メニューから「返信」を 選択する S!メールに入力されているすべての宛先へ返信する場合 は メールを反転表示し、メニューから「全員に返信」を 選択する C メールを作成し、w(送信)を押す メニュー 内 容 再生 スライド表示や、挿入されている動画やサウ ンドを再生します(fP.17-4)。 続きを受信 受信通知のメールの続きを受信します。 返信 受信通知の差出人に返信します。 全員に返信 受信S!メールに入力されているすべての宛 先へ返信します。 転送 他の宛先へ転送します。 キーのアクティブ化/ コンテンツ・キー再取得 著作権保護ファイルのコンテンツ・キーを購 入または取得します。 削除 表示中のメールを削除します。 S!メール定型文に保 存 表示中のS!メールを定型文に登録します (fP.18-5)。 アイテム保存 S!メールに添付または挿入されているファイ ルをデータフォルダに保存します(fP.18- 12)。 電話帳登録 差出人の電話番号またはE-mailアドレスを 電話帳に登録します(fP.18-5)。 詳細 S!メールの詳細情報を確認します。 デルモジ表示 メッセージをデルモジ表示します(fP.20-5)。 本体へ移動/USIM へ移動 受信SMSや送信済みSMSを708SC本体また はUSIMカードに移動します(fP.18-16)。 補足 ● メールの件名表示について 返信するS!メールの件名には「RE:」が自動的に付きます。 ● 「引用返信」を「ON」に設定しているときは 本文入力欄に、2行改行して受信したメッセージを表示します。 注意 ● 708SC本体の共有メモリ(fP.26-13)の空き容量が464K バイトより少ない場合はメールの返信ができません。メールの 返信を行う場合は、不要なメールまたはデータフォルダの不要 なファイルを削除してから操作してください。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-7 メールの転送 受信メールや送信済みメールを、他の宛先に転送できます。 Awを押し、「受信ボックス」または「送信済 みボックス」を選択する B メールを反転表示し、メニューから「転送」を 選択する C メールを作成し、w(送信)を押す 下書きからのメール送信 Awを押し、「下書き」を選択する B メールを反転表示し、w(送信)を押す 「送信」が表示されない場合は ac(編集)を押す b宛先を入力し、w(送信)を押す 未送信ボックスからのメール送信 未送信メールを再送信できます。 Awを押し、「未送信ボックス」を選択する B メールを反転表示し、w(送信)を押す 修正してから送信する場合は aメールを反転表示し、メニューから「編集」を選択 する bメールを作成し、w(送信)を押す 補足 ● メールの件名表示について 転送するS!メールの件名には「FW:」が自動的に付きます。 注意 ● 708SC本体の共有メモリ(fP.26-13)の空き容量が464K バイトより少ない場合はメールの転送ができません。メールの 転送を行う場合は、不要なメールまたはデータフォルダの不要 なファイルを削除してから操作してください。 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-8 メールの削除 メールを指定して削除する 1件または複数件のメールを指定して削除できます。登録し た定型文を指定して削除することもできます。 Awを押す B メールボックスを選択する 登録したS!メール定型文/SMS定型文を削除する場合 は 「定型文」→「S!メール定型文」または「SMS定型文」 の順に選択する C 削除操作をする 1件のメール/定型文を削除する場合は aメールまたは定型文を反転表示する bメニューから「削除」→「1件」の順に選択し、「は い」を選択する 複数件のメール/定型文を削除する場合は aメニューから「削除」→「複数」の順に選択する b削除するメールまたは定型文をチェックありにする cbを繰り返して対象のメールまたは定型文をすべて チェックありにする dw(削除)を押し、すべてをチェックありにして いない場合はfに進む e暗証番号を入力し、c(確認)を押す f「はい」を選択する 補足 ● 複数件のメール/S!メール定型文を選択中に内容を表示して確 認するには a操作1~2を行う bメニューから「削除」→「複数」の順に選択する cメールまたは S! メール定型文を反転表示し、メニューから「表 示」を選択する ● 複数件のメール/S!メール定型文を選択中にまとめて選択/選択 解除するには a操作1~2を行う bメニューから「削除」→「複数」の順に選択する cメニューから「全チェック」または「チェック全解除」を選 択する ● 複数件のSMS定型文を選択中にまとめて選択/選択解除するには a操作1~2を行う bメニューから「削除」→「複数」の順に選択する co(全チェック)またはo(チェック全解除)を押す 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-9 メールボックスを指定して削除する Awを押し、「設定」→「全削除」の順に選択 する B 削除するメールボックスをチェックありにする C 操作 2 を繰り返して対象のメールボックスを すべてチェックありにする Dw(削除)を押す E 暗証番号を入力し、c(確認)を押して「は い」を選択する メールボックス内のメールをすべて削 除する 登録した定型文をまとめて削除することもできます。 Awを押す B メールボックスを選択する 登録したS!メール定型文/SMS定型文を削除する場合 は 「定型文」→「S!メール定型文」または「SMS定型文」 の順に選択する C メニューから「削除」→「全件」の順に選択する D 暗証番号を入力し、c(確認)を押して「は い」を選択する 注意 ● お買い上げ時に登録されているS!メール定型文を反転表示して いる場合は、メニューに「削除」は表示されません。 注意 ● 自作フォルダは削除されません。ただし、「メール」→「設定」 →「全削除」を行うと、自作フォルダも削除されます。 ● お買い上げ時に登録されているS!メール定型文は削除できませ ん。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-10 メール内の電話番号/E-mailア ドレス/URLの利用 メッセージ画面や受信通知画面にアンダーラインの付いた 電話番号やE-mailアドレス、URLがある場合は、電話帳へ の登録や、電話の発信、メールの送信、ブックマークへの登 録、インターネットへのアクセスができます。 リンク情報として認識できる最大文字数はS!メールの文字 サイズの設定によって異なり、「標準」の場合は34 行分 (1054文字)、「大」の場合は41行分(1025文字)、「小」 の場合は31行分(1054文字)となります。 電話帳に登録する A メッセージ画面で電話番号、E-mailアドレス、 URLを選択し、「電話帳登録」→「本体」また は「USIM」の順に選択する B 登録方法を選択する 新しい電話帳に登録する場合は 「新規」を選択する 既存の電話帳に追加登録する場合は a「更新」を選択する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) C アイコンを選択する D 各項目を登録する(fP.5-3) Ew(保存)を押す ブックマークに登録する A メッセージ画面でURLを選択し、「ブックマー ク」を選択する B c(選択)を押し、タイトルを入力してw (保存)を押す 注意 ● URLを選択した場合は、操作1で「USIM」を選択できません。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-11 電話発信/メール送信/インターネッ トアクセスを行う メッセージ画面のメッセージや、受信通知画面に表示されて いる電話番号やE-mailアドレス、URLの情報を利用できま す。 A メッセージ画面で利用操作をする 音声電話をかける場合は 電話番号を選択し、「音声通話」を選択する TVコールをかける場合は 電話番号を選択し、「TVコール」を選択する メールを送信する場合は a電話番号または E-mail アドレスを選択し、「メール 作成」を選択する bメールを作成し、w(送信)を押す インターネットへアクセスする場合は URLを選択し、「URLに接続」を選択する 添付ファイルの利用 添付ファイルを確認する S!メールに添付されている画像やサウンドなどのファイル を表示/再生して確認できます。vCardやvCalendarが添付 されている場合は、詳細画面を表示して確認できます。 A メッセージ画面でファイルを選択し、「ファイ ルを開く」を選択する 補足 ● 受信通知画面での操作について 「From」(相手の電話番号)以外で電話番号などの情報がある場 合に利用できます。 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-12 データフォルダに保存する S!メールに添付/挿入されているファイルを708SCに保 存できます。 A メッセージ画面で、メニューから「アイテム 保存」を選択する B ファイルの選択操作をする 1件のファイルを選択して保存する場合は aファイルを反転表示する bc(選択)を押す、またはメニューから「1件」を 選択する 複数件のファイルを選択して保存する場合は aメニューから「複数」を選択する b保存するファイルをチェックありにする cbを繰り返して対象のファイルをすべてチェックあ りにする dw(保存)を押す すべてのファイルを保存する場合は メニューから「全件」を選択する 補足 ● 確認前にファイルをデータフォルダに保存するには メッセージ画面でファイルを選択し、「アイテム保存」を選択します。 ● 確認前に vCard や vCalendar を電話帳/カレンダーに登録す るには メッセージ画面でファイルを選択し、「電話帳登録」または「カ レンダーに登録」を選択します。 ● 確認後に vCard や vCalendar を電話帳やカレンダーに登録す るには a操作1を行う bc(登録)を押す ● コンテンツ・キーの購入/取得が必要なファイルが添付されて いるときは 操作1を行うとメッセージが表示され、ファイルを開けません。 ファイルを確認する場合は、操作1で「アイテム保存」を選択し てファイルを保存し、データフォルダからコンテンツ・キーを 購入または取得すると確認できます。(fP.11-14)。 ● 回数制限があり 1 回だけ再生/表示できるファイルが添付され ているときは 操作1を行うと、表示/再生回数が1回だけ残っていることをお 知らせするメッセージが表示されます。 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-13 フォルダの管理 受信ボックス内に自作フォルダを作成して、メールの種類ご とにフォルダに保存して管理できます。自作フォルダにはセ キュリティを設定することもできます。 フォルダを作成する Awを押し、「受信ボックス」を選択する B メニューから「フォルダ作成」を選択する C 名前を入力する フォルダ名を変更する 自作フォルダの名前を変更できます。 Awを押し、「受信ボックス」を選択する B 自作フォルダを反転表示し、メニューから 「フォルダ名変更」を選択する C 名前を入力する セキュリティを設定/解除する 自作フォルダにセキュリティを設定すると、自作フォルダ内 のメールを確認するときに暗証番号の入力が必要になりま す。 Awを押し、「受信ボックス」を選択する B 自作フォルダを反転表示し、メニューから「セ キュリティ ON/OFF」を選択する C 暗証番号を入力し、c(確認)を押して「は い」を選択する 補足 ● 複数件のファイルを選択中にまとめて選択/選択解除するには a操作2で、メニューから「複数」を選択する bo(全チェック)またはo(チェック全解除)を押す ● 保存時にファイル名が重複する旨のメッセージが表示されたと きは ac(OK)を押す bc(選択)を押し、ファイル名を修正する cw(保存)を押す 注意 ● メッセージ画面でファイルを反転表示している場合は、メ ニューに「アイテム保存」は表示されません。 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-14 メールを移動する Awを押し、「受信ボックス」を選択する 自作フォルダ内のメールを他の自作フォルダに移動す る場合は 自作フォルダを選択する B メールを反転表示し、メニューから「移動」を 選択する C 移動先のフォルダを選択する 受信ボックス内へメールを戻す場合は 「受信ボックス」を選択する フォルダを削除する Awを押し、「受信ボックス」を選択する B 自作フォルダを反転表示し、メニューから 「フォルダ削除」を選択する C 暗証番号を入力し、c(確認)を押す D「はい」を選択する メール一覧画面からの操作 電話帳に登録する Awを押し、「受信ボックス」「未送信ボック ス」「送信済みボックス」のいずれかを選択す る B メールを反転表示し、メニューから「電話帳 登録」を選択する C 電話番号またはE-mailアドレスを選択し、「本 体」または「USIM」を選択する 補足 ● セキュリティを設定したフォルダの表示について フォルダの表示が に変わります。 ● セキュリティを設定すると 自作フォルダを選択すると暗証番号の入力画面が表示され、暗 証番号を入力してc(OK)を押すと、自作フォルダ内のメー ル一覧が表示されます。 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-15 D 登録方法を選択する 新しい電話帳に登録する場合は 「新規」を選択する 既存の電話帳に追加登録する場合は a「追加」を選択する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) E アイコンを選択する F 各項目を登録する(fP.5-3) Gw(保存)を押す メールを並べ替える 表示するメールボックスのメール一覧画面により、選択でき る並べ替えの方法は異なります。 A メール一覧画面で、メニューから「並べ替え」 を選択する B 項目を選択する 日付の新しい順に並べ替える場合は 「日付順」を選択する 送信者の順に並べ替える場合は 「送信者順」を選択する 宛先の順に並べ替える場合は 「宛先」を選択する 既読のメールと未読のメールに分けて表示する場合は 「未読/既読順」または「既読/未読順」を選択する メールの種類ごとに分けて表示する場合は 「メールタイプ順」を選択する 件名の順に並べ替える場合は 「件名順」を選択する メールサイズの大きい順に並べ替える場合は 「サイズ順」を選択する 補足 ● 「メールタイプ順」を選択したときの並び順について 「SMS→S!メール(受信通知を含む)→USIMカードに保存さ れているSMS」の順で表示されます。 ● 「送信者順」「宛先」「件名順」を選択したときの並び順について 「半角記号→半角数字→半角英字→半角カタカナ→全角記号→ 全角ひらがな→全角カタカナ→漢字→全角数字→全角英字」の 順で表示されます。ただし、「件名順」を選択したときは「件名 なし」が優先されます。 708SC.book 15 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-16 SMSを708SC本体/USIMカード に移動する 受信SMSや送信済みSMSを移動できます。 USIMカードには、最大10通のSMSを保存できます。 Awを押し、「受信ボックス」または「送信済 みボックス」を選択する B 移動操作をする USIMカードから708SC本体に移動する場合は aUSIMカードに保存されているSMSを反転表示する bメニューから「本体へ移動」を選択する 708SC本体からUSIMカードに移動する場合は a708SC本体に保存されているSMSを反転表示する bメニューから「USIMへ移動」を選択する S!メール定型文を登録する SMS定型文の登録については、「SMS定型文の利用」を参 照してください(fP.4-13)。 Awを押し、「定型文」→「S!メール定型文」 の順に選択する B メニューから「新規追加」を選択する C 件名欄または本文欄を選択し、件名または メッセージを入力する Dw(保存)を押す 補足 ● 受信ボックス/送信済みボックスのメール一覧画面に表示され るSMSのアイコンについて :未読の受信SMS :既読の受信SMS :未読の受信SMS(USIMカードに保存) :既読の受信SMS(USIMカードに保存) :送信済みSMS :送信済みSMS(USIMカードに保存) ● 自作フォルダにある受信SMSをUSIMカードに移動する場合は 確認メッセージが表示されます。「はい」を選択するとUSIMカー ドに移動されます。 708SC.book 16 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-17 メール一覧画面のメニュー操作 各メールボックスのメール一覧画面や定型文一覧画面のメ ニューから、次の操作ができます。 補足 ● 作成中のS!メール定型文を確認するには 操作3で、メニューから「プレビュー」を選択します。 ● 登録したS!メール定型文を表示して確認するには 操作2でS!メール定型文を反転表示し、メニューから「表示」を 選択します。 ● 登録したS!メール定型文を修正するには a操作2で登録したS!メール定型文を選択し、修正操作をする bw(保存)を押す ● 登録したS!メール定型文を削除するには メールと同様に操作します(fP.18-8)。 ● 文字のコピー/切り取り/貼り付けを行うには(fP.4-9) ● SMS定型文や電話帳の内容を引用するには(fP.4-8) ● 入力中の文字のサイズを変更するには a操作3 で本文欄を選択し、メニューから「文字サイズ」を選 択する b「小」「標準」「大」のいずれかを選択する ● 予測入力機能を設定/解除するには(fP.4-11) ● スライド表示の設定操作やファイルの挿入操作について a操作3 で、メニューから「挿入」または「撮影&録音」を選 択する b設定、添付、または挿入操作をする(fP.17-10、17-14、 17-15)。 ● デルモジ表示を確認するには 操作3で本文欄を反転表示し、メニューから「デルモジ表示」を 選択します。 メニュー 内 容 全文受信 メールサーバーに保存されているメール の続きを受信します。 返信 受信メールの差出人に返信します (fP.18-6)。 全員に返信 受信S!メールに入力されているすべての 宛先へ返信します(fP.18-6)。 転送 受 信 メ ー ル を 他 の 宛 先 に 送 信 し ま す (fP.18-7)。 移動 受信メールを自作フォルダに移動します (fP.18-14)。 フォルダ作成 自作フォルダを作成します(fP.18-13)。 フォルダ名変更 自 作 フ ォ ル ダ の 名 前 を 変 更 し ま す (fP.18-13)。 セキュリティ ON/ OFF セキュリティを設定すると、自作フォルダ 内のメール確認時に暗証番号の入力が必 要になります(fP.18-13)。 フォルダ削除 自作フォルダを削除します(fP.18-14)。 708SC.book 17 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル ボ ッ ク ス 18-18 表示 送信済みメールやS!メール定型文を表示 して確認します(fP.18-3、18-17)。 編集 未 送 信 メ ー ル を 修 正 し て 送 信 し ま す (fP.18-7)。 削除 メールや定型文を削除します(fP.18-8、 18-9)。 本体へ移動/USIMへ 移動 受信SMSや送信済みSMSを708SC本 体またはUSIMカードに移動します (fP.18-16)。 並べ替え メール一覧画面のメールの並び順を変更 します(fP.18-15)。 電話帳登録 差出人や宛先の電話番号またはE-mailアド レスを電話帳に登録します(fP.18-14)。 詳細 自作フォルダ内のメールの保存状況やS! メールの詳細情報を確認します。 受信中止 メールサーバーからのメールの受信を中 止します。 送信 S!メール定型文やSMS定型文を利用して メールを送信します(fP.17-12)。 新規追加 S!メール定型文やSMS定型文を登録しま す(fP.4-13、18-16)。 メニュー 内 容 708SC.book 18 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メールサーバー 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル サ ー バ ー 19-2 メールリストの利用 メールサーバーに保存されているメールを一覧で確認でき ます。メールリストからメールの受信や転送、削除の操作が できます。 メールリストを取得する Awを押し、「サーバーメール操作」を選択す る B「メールリスト更新」を選択する C 画面の指示に従って操作する メールリストからメールを受信する Awを押し、「サーバーメール操作」を選択す る B「メールリスト」を選択する C メールを反転表示し、メニューから「全文受 信」を選択する メールリストを利用してサーバー内の メールを削除する Awを押し、「サーバーメール操作」を選択す る B「メールリスト」を選択する 補足 ● メールサーバーの使用状況を確認するには a操作2で「サーバーメール容量」を選択する b最新の情報に更新する場合はc(更新)を押し、「はい」を 選択する 補足 ● メールリストのすべてのメールを受信するには 操作2で「メール全受信」を選択します。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル サ ー バ ー 19-3 C 削除操作をする 1件のメールを削除する場合は aメールを反転表示する bメニューから「削除」→「1件」の順に選択し、「は い」を選択する 複数件のメールを削除する場合は aメニューから「削除」→「複数」の順に選択する b削除するメールをチェックありにする cbを繰り返して対象のメールをすべてチェックあり にする dw(削除)を押し、すべてをチェックありにして いない場合はfに進む e暗証番号を入力し、c(確認)を押す f「はい」を選択する すべてのメールを削除する場合は aメニューから「削除」→「全件」の順に選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を 選択する サーバー内のメール転送 メールサーバーに保存されているメールを、他の相手に転送 できます。宛先以外の登録内容は編集されずに送信されま す。 Awを押し、「サーバーメール操作」を選択す る B「メールリスト」を選択する C メールを反転表示し、メニューから「メール 転送」を選択する D 宛先の入力操作をする 宛先を直接入力する場合は a入力欄を選択し、表示されている「直接入力」を選 択する b電話番号またはE-mailアドレスを入力する 補足 ● 複数件のメールを選択中にまとめて選択/選択解除するには a操作1~2を行う bメニューから「削除」→「複数」の順に選択する cメニューから「全チェック」または「チェック全解除」を選 択する 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル サ ー バ ー 19-4 履歴を利用して宛先を入力する場合は 入力欄を選択し、表示されている履歴を選択する 電話帳から宛先を選択する場合は a入力欄を選択し、「電話帳検索」を選択する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) c電話番号またはE-mailアドレスを反転表示し、w (選択)を押す 電話帳のグループから宛先を選択する場合は a入力欄を選択し、「グループ検索」を選択する bグループを選択し、宛先の選択画面が表示された場 合は入力する宛先を反転表示してw(選択)を押 す E メニューから「送信」を選択する 補足 ● メールの件名表示について 転送したメールの件名には「FW:」が自動的に付きます。 ● 作成中のメールの送信設定をするには a操作5で、メニューから「送信設定」を選択する b項目を選択し、設定操作をする(fP.20-2) cw(適用)を押す ● 宛先を削除するには 操作5で宛先を反転表示し、メニューから「削除」を選択します。 ● 宛先の種類をTo/Cc/Bccに変更するには a操作5で宛先を反転表示し、メニューから「To/Cc/Bcc変 更」を選択する b「To」「Cc」「Bcc」のいずれかを選択する 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メールのその他設定 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル の そ の 他 設 定 20-2 メールアドレスの変更 パソコンなどからE-mailを受信するときに使用するE-mail アドレスのアカウント名(@より前の部分)を変更できます。 ご契約時のアカウント名は、ランダムな英数字に設定されて います。 Awを押し、「設定」→「S!メール」→「メー ル・アドレス設定」の順に選択する B 画面の指示に従って操作する S!メール設定 送信設定 送信するS!メールに関する設定ができます。送信するS! メールごとに送信設定をすることもできます(fP.17-9)。 Awを押し、「設定」→「S! メール」→「送 信設定」を選択する B 項目を選択し、設定操作をする メールの優先度を設定する場合は a「優先度」を選択する b項目を選択し、c(OK)を押す メールサーバーの保存期間を設定する場合は a「有効期限」を選択する b項目を選択し、「時間設定(時間)」を選択した場合 は時間を入力する cc(OK)を押す メールサーバーから相手に配信する時間を設定する場 合は a「配信時間」を選択する b項目を選択し、c(OK)を押す 配信レポートの送信を要求する場合は 「配信確認」をチェックありにする Cw(保存)を押す お買い上げ時 ■ 優先度:標準 ■ 有効期限:最大 ■ 配信時間:自動配信 ■ 配信確認:チェックなし 補足 ● 「有効期限」で設定した保存期間を経過すると メールサーバーからS!メールが自動的に削除されます。 ● 「配信時間」で時間を設定すると 設定した時間が経過すると、メールサーバーからS!メールが送 信されます。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル の そ の 他 設 定 20-3 受信設定 受信するS!メールに関する設定ができます。 Awを押し、「設定」→「S! メール」→「受 信設定」の順に選択する B 項目を選択し、設定操作をする 日本での受信方法を設定する場合は a「国内ネットワーク」を選択する b項目を選択し、c(OK)を押す ローミング中の受信方法を設定する場合は a「ローミングネットワーク」を選択する b項目を選択し、c(OK)を押す Cw(保存)を押す ● 「配信確認」をチェックありにすると メールサーバーからS!メールが配信されると、配信レポートが お客様の708SCに送信されます。 お買い上げ時 ■ 国内ネットワーク:自動受信 ■ ローミングネットワーク:手動受信 補足 ● 「国内ネットワーク」「ローミングネットワーク」の設定内容は 「自動受信」:自動的に受信する 「手動受信」:受信通知のみを受信する 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル の そ の 他 設 定 20-4 最大メールサイズ 指定したサイズ以上のメールを送信できないようにします。 Awを押し、「設定」→「S! メール」→「最 大メールサイズ」の順に選択する B 項目を選択し、c(保存)を押す 標準スタイル設定 文字の色やスタイル、背景色、スライド表示のページの表示 時間を設定できます。送信するS!メールごとに表示スタイル を設定することもできます(fP.17-10)。 Awを押し、「設定」→「S! メール」→「標 準スタイル設定」の順に選択する B 項目を選択し、設定操作をする 文字色を設定する場合は a「文字色」を選択する baを押して目的の色を反転表示し、c(OK)を 押す 文字スタイルを設定する場合は a「文字サイズ」を選択する b項目を選択し、c(OK)を押す 背景色を設定する場合は a「背景色」を選択する baを押して目的の色を反転表示し、c(OK)を 押す ページの表示時間を設定する場合は a「スライド表示時間」を選択する b項目を選択し、「時間設定」を選択した場合は時間を 入力する cc(OK)を押す Cw(保存)を押す SMS設定 送信するSMSに関する設定ができます。送信するSMSごと に設定をすることもできます(fP.17-9)。 Awを押し、「設定」→「SMS」の順に選択する B 項目を選択し、設定操作をする お買い上げ時 ■ 300KB お買い上げ時 ■ 文字色:黒 ■ 文字サイズ:大 ■ 背景色:白 ■ スライド表示時間;時間設定(3秒) お買い上げ時 ■ 配信確認:チェックなし ■ 文字コード:自動 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル の そ の 他 設 定 20-5 配信レポートの送信を要求する場合は 「配信確認」をチェックありにする 文字コードを変更する場合は a「文字コード」を選択する b項目を選択し、c(OK)を押す Cw(保存)を押す デルモジ表示設定 デルモジ表示とは、メッセージ内の単語や絵文字、顔文字な どに対応して3Dアニメーションが表示される機能です。 デルモジ表示の有無や背景色、表示速度を設定できます。 Awを押し、「設定」→「デルモジ表示設定」 の順に選択する B 項目を選択し、設定操作をする デルモジ表示の有無を設定する場合は a「表示タイプ」を選択する b項目を選択し、c(保存)を押す 背景色と文字色のパターンを設定する場合は a「背景パターン」を選択する bsを押して目的のパターンを表示し、c(保存) を押す 表示速度を設定する場合は a「表示速度」を選択する b項目を選択し、c(保存)を押す 補足 ● 「配信確認」をチェックありにすると メールサーバーからSMSが配信されると、配信レポートがお客 様の708SCに送信されます。 お買い上げ時 ■ 表示タイプ:OFF ■ 背景パターン:パターン1 ■ 表示速度:標準 補足 ● 「表示タイプ」の設定内容は 「常に表示」:メッセージを確認するときに常にデルモジ表示する 「未読のみ」:未読メールのメッセージを確認するときのみデル モジ表示する 「OFF」:デルモジ表示しない 注意 ● ファイルが添付されているS!メールや、スライド表示が2ペー ジ以上のS!メールなど、メールによってはデルモジ表示できな い場合があります。 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分メ ー ル の そ の 他 設 定 20-6 引用返信 メールの返信をするとき、本文に相手のメッセージを含める かどうかを設定できます。 Awを押し、「設定」→「引用返信」の順に選 択する B 項目を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● 設定内容は 「ON」:返信時に相手のメッセージを本文に入れる 「OFF」:返信時に相手のメッセージを本文に入れない 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ウェブの基本操作 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ウ ェ ブ の 基 本 操 作 21-2 ウェブをご利用になる前に ウェブについて Yahoo!ケータイやインターネットにアクセスし、いろいろ なコンテンツを閲覧したり、画像やサウンドなどをダウン ロードしたりできます。 ウェブのご利用には、別途ご契約が必要です。 Yahoo!ケータイのメインメニューからアクセス Yahoo!ケータイのメインメニューから項目を選択して、コ ンテンツにアクセスできます。 インターネットアクセス 表示するホームページのURLを入力して、コンテンツにア クセスできます。 SSL/TLSについて SSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)とは、データを暗号化して送受信するためのプ ロトコル(通信規約)です。SSL/TLS接続時の画面では、 データを暗号化し、プライバシーに関わる情報やクレジット カード番号、企業秘密などを安全に送受信することができ、 盗聴、改ざん、なりすましなどのネットワーク上の危険から 保護します。 708SCでは、あらかじめ認証機関から発行されたサーバ証明 書が登録されていて、確認することもできます(fP.22-13、 23-4)。 SSL/TLSの利用に関するご注意 セキュリティで保護されている情報画面を表示する場合は、お客 様は自己の判断と責任においてSSL/TLSを利用するものとし ます。 お客様自身によるSSL/TLSの利用に際し、ソフトバンクモバイ ル株式会社および認証会社である日本ベリサイン株式会社、ビー トラステッド・ジャパン株式会社、エントラストジャパン株式会 社、日本ジオトラスト株式会社、RSAセキュリティ株式会社、セ コムトラストシステムズ株式会社は、お客様に対しSSL/TLSの 安全性に関して何ら保証を行うものではありません。万一、何ら かの損害がお客様に発生した場合でも一切責任を負うものでは ありませんので、あらかじめご了承ください。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ウ ェ ブ の 基 本 操 作 21-3 キャッシュについて キャッシュとは、ウェブで入手したメニューや情報を一時的に 保存するメモリです。キャッシュに保存された情報はウェブを 終了したり電源を切ったりしても保持されますが、メモリの容 量がいっぱいになると古い情報から自動的に消去されます。 キャッシュに情報が保存されている情報画面を再表示する と、サービスセンター内の最新情報ではなく、以前に表示し た情報画面が表示される場合があります。最新の情報を表示 するには、情報を更新してください(fP.22-12)。 ウェブにアクセスする Yahoo!ケータイのメインメニューか らアクセスする Yahoo!ケータイのメインメニューから項目を選択して、目 的の情報画面にアクセスできます。 Aoを押す B 項目を選択する 補足 ● 手動でキャッシュに保存されている情報を消去するには (fP.23-4) ● 708SCに他のUSIMカードを取り付けたときは キャッシュに保存されている情報が自動的に消去されます。 ● 有効期限が設定されている情報が保存されているときは 設定されている期限になると、キャッシュから自動的に消去さ れます。 補足 ● お買い上げ後に初めてウェブにアクセスすると 操作1を行うと日時設定画面が表示されます。日時設定を行う と、情報画面が表示されます。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ウ ェ ブ の 基 本 操 作 21-4 URLを入力してアクセスする A cを押し、「Yahoo!ケータイ」→「URL入 力」の順に選択する B URL欄を選択し、URLを入力する Cw(移動)を押す 情報画面の操作のしかた 情報画面を表示中は、次のように操作します。 情報画面のスクロール 情報画面にスクロールバーが表示されているときは、画面を スクロールさせてコンテンツを閲覧します。 d/r:下方向に1行分スクロールする 情報画面の下部に横方向のスクロールバーが表示されて いる場合は、rを押すと右方向にスクロールします。 u/l:上方向に1行分スクロールする 情報画面の下部に横方向のスクロールバーが表示されて いる場合は、lを押すと左方向にスクロールします。 サイドキーb:情報画面を下方向に複数行分スクロールする サイドキーn:情報画面を上方向に複数行分スクロールする 補足 ● 入力したURLをブックマークに登録する場合は a操作2で「ブックマーク登録」をチェックありにする bタイトル欄を選択し、タイトルを入力する cw(移動)を押す ● アクセス履歴から情報画面にアクセスするには(fP.22-10) スクロールバー d/r/b u/l/n 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ウ ェ ブ の 基 本 操 作 21-5 カーソルの移動 リンクなどの項目を選択するときは、項目にカーソルを移動 します。 d/r:縦に項目が並んでいる場合に、カーソルを下の項 目へ移動する 情報画面がいちばん下へスクロールされている状態の場 合は、サイドキー bを押しても下の項目へカーソルを移 動できます。 u/l:縦に項目が並んでいる場合に、カーソルを上の項 目へ移動する 情報画面がいちばん上へスクロールされている状態の場 合は、サイドキー nを押しても上の項目へカーソルを移 動できます。 前の情報画面/次の情報画面への切り替え リンクなどを反転表示してc(選択):次の情報画面へ切 り替える メニューから「進む」を選択しても切り替えられます。 w(戻る)またはC:前の情報画面へ切り替える 補足 ● 同じ行に項目が並んでいるときは sを押してカーソルを左右に移動できます。 u/l カーソル d/r ● カーソルを移動すると リンクなどの項目が反転表示されたり、点線の枠で囲まれたり します。 補足 ● 前の情報画面がない状態でw(戻る)/Cを押すと ウェブ接続の終了を確認するメッセージが表示され、「はい」を 選択するとウェブ接続を終了します。 c(選択) w(戻る)/ C 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ウ ェ ブ の 基 本 操 作 21-6 情報画面の文字入力/項目選択 情報画面には次のような欄や項目が表示される場合があり ます。 a文字入力欄 登録内容や認証のパスワードなどを入力します。文字入力欄 を反転表示してc(選択)を押し、文字を入力します。 bラジオボタン 選択項目から1つの項目を選択します。 の項目を反転表 示してc(選択)を押すと、 に変わり選択された状態に なります。 cメニュー欄 メニューを表示して項目を選択します。メニュー欄を反転表 示してc(選択)を押すと、メニューが表示されます。j を押して項目を反転表示し、c(選択)を押すと、項目が 選択されます。複数の項目を選択できるメニュー欄では、 Cを押すと選択モードが解除されます。 dチェックボックス 選択項目から複数の項目を選択します。 の項目を反転表 示してc(選択)を押すと、 に変わり選択された状態に なります。選択を解除する場合は を反転表示してc(選 択)を押します。 e実行ボタン 「送信」や「リセット」など、ボタンに表示されている操作 を実行します。実行ボタンを反転表示してc(選択)を押 すと、操作が実行されます。 b ラジオボタン a 文字入力欄 c メニュー欄 d チェックボックス e 実行ボタン 注意 ● 文字入力や項目選択の表示は、表示する情報画面によって異な る場合があります。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ウ ェ ブ の 基 本 操 作 21-7 情報内の電話番号/E-mailアドレス/ URLを利用する 情報画面に表示されている電話番号やE-mail アドレス、 URLを利用して、電話の発信やメールの送信、他の情報画 面へのアクセスなどができます。 利用できる電話番号やE-mailアドレス、URLには、アンダー ラインが表示されます。 電話発信/メール送信/インターネットアク セスを行う A 電話番号が表示されている情報画面を表示する B 利用操作をする 音声電話をかける場合は 電話番号を選択し、「音声電話」を選択する メールを送信する場合は a電話番号または E-mail アドレスを選択し、「メール 作成」を選択する bメールを作成し、w(送信)を押す 他の情報画面にアクセスする場合は URLを選択する 電話帳に登録する A 電話番号、E-mail アドレスが表示されている 情報画面を表示する B 電話番号またはE-mailアドレスを選択し、「電 話帳登録」または「アドレス登録」→「本体」 または「USIM」の順に選択する C 登録方法を選択する 新しい電話帳に登録する場合は 「新規」を選択する 既存の電話帳に追加登録する場合は a「更新」を選択する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) D アイコンを選択する E 各項目を登録する(fP.5-3) Fw(保存)を押す 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分21-8 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情報の利用 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-2 画像ファイルの利用 データフォルダに保存する 画像のリンクから保存する 情報画面に画像をダウンロードするリンクが表示されてい る場合は、リンクから画像をダウンロードして708SC本体 に保存できます。 A リンクが表示されている情報画面を表示する B 画像のリンクを選択する C c(OK)を押す ファイルの詳細情報画面が表示された場合は c(OK)を押す DCを押す 保存画像の確認画面を表示する場合は c(起動)を押す 保存画像を壁紙に設定する場合は w(設定)を押し、「壁紙に登録する」の操作3(fP.22- 3)を行う 表示中の画像を保存する 情報画面に表示されている画像を、708SC本体に保存でき ます。 A 画像が表示されている情報画面を表示する B メニューから「保存」→「画像保存」の順に 選択する C 画像を反転表示し、c(保存)を押す DCを押す 保存画像の確認画面を表示する場合は c(起動)を押す 保存画像を壁紙に設定する場合は w(設定)を押し、「壁紙に登録する」の操作3(fP.22- 3)を行う E 画像の保存操作を終了する場合はCを押す 他の画像を保存する場合は 操作3を繰り返す 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-3 壁紙に登録する 保存した画像を壁紙などに設定できます。 A 保存画像の確認画面を表示する(fP.22-2) Bw(設定)を押す C 項目を選択する ディスプレイの壁紙に設定する場合は a「壁紙(メインディスプレイ)」を選択する bc(設定)を押す 電話帳の着信画像に設定する場合は a「個別着信画像」を選択する b電話帳を検索し、選択する(fP.5-8) cc(設定)を押す 代替画像に設定する場合は a「TVコール代替画像」を選択する bc(保存)を押す サウンドファイルの利用 サウンドを再生する 情報画面にサウンドを再生するリンクが表示されている場 合は、リンクからサウンドを再生できます。 A リンクが表示されている情報画面を表示する B サウンドのリンクを選択する 補足 ● 保存時にファイル名が重複する旨のメッセージが表示されたと きは ac(編集)を押し、ファイル名を修正する bw(保存)を押す ● 保存画像の確認画面の操作について w(設定)を押すと保存画像を壁紙に設定できます(fP.22- 3)。c(ズーム)を押すと画像を拡大/縮小表示できます。 o(詳細)を押すと画像の詳細情報を確認できます。 ● SVG-T/SWF形式のファイルを保存したときは 保存画像の確認画面に「メニュー」が表示され、メニューから 各種操作ができます(fP.11-8)。 注意 ● SVG-T/SWF形式のファイルの場合、「設定」が表示されません。 ディスプレイの壁紙に設定する場合は、データフォルダから操 作してください(fP.11-8)。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-4 データフォルダに保存する サウンドのリンクから保存する 情報画面にサウンドをダウンロードするリンクが表示され ている場合は、リンクからサウンドをダウンロードして 708SC本体に保存できます。 A リンクが表示されている情報画面を表示する B サウンドのリンクを選択する C c(OK)を押す ファイルの詳細情報画面が表示された場合は c(OK)を押す D「終了」を選択する 保存サウンドの確認画面を表示する場合は 「起動」を選択する 再生中のサウンドを保存する 情報画面を表示中にバックグラウンドで再生されるサウン ドを、708SC本体に保存できます。 A バックグラウンドでサウンドが再生される情 報画面を表示する B メニューから「保存」→「サウンド保存」の 順に選択する CCを押す 保存サウンドの確認画面を表示する場合は c(起動)を押す 保存サウンドを着信音に設定する場合は w(設定)を押し、「サウンドファイルを着信音に 設定する」の操作3(fP.11-11)を行う 補足 ● 保存時にファイル名が重複する旨のメッセージが表示されたと きは ac(編集)を押し、ファイル名を修正する bw(保存)を押す ● 保存サウンドの確認画面の操作について w(設定)を押すと保存サウンドを着信音に設定できます (fP.11-11)。その他の操作については、メディアプレイヤー と同様に操作できます(fP.10-3)。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-5 保存サウンドの確認画面のメニュー操作 画面の状況により表示される項目は異なります。 動画ファイルの利用 動画を再生する 情報画面に動画を再生するリンクが表示されている場合は、 リンクから動画を再生できます。 A リンクが表示されている情報画面を表示する B 動画のリンクを選択する データフォルダに保存する 情報画面に動画をダウンロードするリンクが表示されてい る場合は、リンクから動画をダウンロードして708SC本体 に保存できます。 A リンクが表示されている情報画面を表示する B 動画のリンクを選択する C c(OK)を押す ファイルの詳細情報画面が表示された場合は c(OK)を押す DCを押す 保存動画の確認画面を表示する場合は c(起動)を押す 保存動画を着信音に設定する場合は w(設定)を押し、「動画ファイルを着信音に設定 する」の操作3(fP.11-12)を行う メニュー 内 容 停止 再生中または一時停止中のサウンド を停止します。 ブックマーク表示 ブックマークに登録したストリーミ ング再生のリンクがある情報画面に アクセスします。 履歴表示 以前に利用したストリーミング再生 のリンクがある情報画面にアクセス します。 詳細 サウンドの詳細情報を確認します。 プレイヤー設定 プレイヤー設定を変更します (fP.10-7)。 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-6 保存動画の確認画面のメニュー操作 画面の状況により表示される項目は異なります。 ストリーミング ストリーミングとは、動画や音楽などのデータをダウンロー ドしながら順次再生する技術です。情報画面に表示されてい るストリーミング再生のリンクなどからアクセスして、スト リーミング再生ができます。 A リンクが表示されている画面を表示する B リンクを選択する ストリーミング再生中の画面のメニュー操作 再生するデータや画面の状況により、表示される項目は異なりま す。 補足 ● 保存時にファイル名が重複する旨のメッセージが表示されたと きは ac(編集)を押し、ファイル名を修正する bw(保存)を押す ● 保存動画の確認画面の操作について w(設定)を押すと保存動画を着信音に設定できます(fP.11- 11)。その他の操作については、メディアプレイヤーと同様に操 作できます(fP.10-9)。 メニュー 内 容 拡大・縮小 再生中または一時停止中の動画の表 示サイズを変更します。 ブックマーク表示 ブックマークに登録したストリーミ ング再生のリンクがある情報画面に アクセスします。 履歴表示 以前に利用したストリーミング再生 のリンクがある情報画面にアクセス します。 詳細 動画の詳細情報を確認します。 プレイヤー設定 プレイヤー設定を変更します (fP.10-11)。 補足 ● ストリーミング再生中の画面の操作について メディアプレイヤーと同様に操作できます(fP.10-3、10-9)。 注意 ● ストリーミングのご利用中は、一時停止した場合でも通信は継 続されるため、パケット通信料が発生します。 メニュー 内 容 拡大・縮小 再生中または一時停止中の動画の表示 サイズを変更します。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-7 お気に入り お気に入りに保存する 表示中の情報画面を保存して、ウェブにアクセスせずにいつ でも情報画面を表示できます。お気に入りは、最大50件まで 保存できます。 A 情報画面を表示する B メニューから「お気に入り」→「保存」の順 に選択する お気に入りを表示する A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「お気に 入り」の順に選択する B お気に入りを選択する お気に入りのタイトルを編集する A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「お気に 入り」の順に選択する B お気に入りを反転表示し、メニューから「名 前変更」を選択する C c(編集)を押し、名前を入力する Dw(保存)を押す お気に入りを削除する A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「お気に 入り」の順に選択する B 削除操作をする ブックマーク登録 利用中のストリーミング再生のリンク がある情報画面をブックマークに登録 します。 ブックマーク表示 ブックマークに登録したストリーミン グ再生のリンクがある情報画面にアク セスします。 履歴表示 以前に利用したストリーミング再生の リンクがある情報画面にアクセスしま す。 メニュー 内 容 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-8 1件のお気に入りを削除する場合は aお気に入りを反転表示する bメニューから「削除」→「1件」の順に選択し、「は い」を選択する 複数件のページを削除する場合は aメニューから「削除」→「複数」の順に選択する b削除するお気に入りをチェックありにする cbを繰り返して対象のお気に入りをすべてチェック ありにする dw(削除)を押し、「はい」を選択する すべてのページを削除する場合は aメニューから「削除」→「全件」の順に選択する b暗証番号を入力し、w(OK)を押して「はい」 を選択する ブックマーク ブックマークに登録する 頻繁に利用する情報画面のURLをブックマークに登録する ことで、簡単な操作で情報画面にアクセスできます。ブック マークは、最大30件まで保存できます。 A 情報画面を表示する B メニューから「ブックマーク」→「ブックマー ク登録」の順に選択する C タイトルとURLを確認する タイトル/URLを変更する場合は aタイトル欄またはURL欄を選択する bタイトルまたはURLを変更する Dw(保存)を押す 補足 ● 複数件のページを選択中にまとめて選択/選択解除するには a操作2で、メニューから「削除」→「複数」の順に選択する bメニューから「全選択/全解除」を選択する 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-9 ブックマークから接続する A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「ブック マーク」の順に選択する B ブックマークを選択する ブックマークを編集する ブックマークのタイトルやURLを修正できます。 A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「ブック マーク」の順に選択する B ブックマークを反転表示し、メニューから 「ブックマーク編集」を選択する C タイトル欄またはURL欄を選択し、タイトル またはURLを修正する Dw(保存)を押す ブックマークを削除する A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「ブック マーク」の順に選択する B 削除操作をする 1件のブックマークを削除する場合は aブックマークを反転表示する bメニューから「削除」→「1件」の順に選択し、「は い」を選択する 補足 ● ブックマークを手動で入力して登録するには acを押し、「Yahoo! ケータイ」→「ブックマーク」の順に 選択する bメニューから「ブックマーク登録」を選択する cタイトル欄を選択し、タイトルを入力する dURL欄を選択し、URLを入力する ew(保存)を押す 補足 ● ブックマークのURLをメールで送信するには a操作2でブックマークを反転表示し、メニューから「URL送 信」を選択する bメールを作成し、w(送信)を押す 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-10 複数件のブックマークを削除する場合は aメニューから「削除」→「複数」の順に選択する b削除するブックマークをチェックありにする cbを繰り返して対象のブックマークをすべてチェッ クありにする dw(削除)を押し、「はい」を選択する すべてのブックマークを削除する場合は aメニューから「削除」→「全件」の順に選択する b暗証番号を入力し、w(OK)を押して「はい」 を選択する アクセス履歴 履歴には、アクセスした情報画面のURLが最大50件まで記 録されます。履歴を利用して、以前に表示した情報画面に簡 単にアクセスできます。 A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「アクセ ス履歴一覧」の順に選択する B 利用操作をする 履歴のURLにアクセスする場合は URLを選択する 1件の履歴を削除する場合は aURLを反転表示する bメニューから「削除」→「1件」の順に選択し、「は い」を選択する 複数件の履歴を削除する場合は aメニューから「削除」→「複数」の順に選択する b削除する履歴をチェックありにする cbを繰り返して対象の履歴をすべてチェックありに する dw(削除)を押し、「はい」を選択する 補足 ● 複数件のブックマークを選択中にまとめて選択/選択解除する には a操作2で、メニューから「削除」→「複数」の順に選択する bメニューから「全選択/全解除」を選択する 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-11 すべての履歴を削除する場合は aメニューから「削除」→「全件」の順に選択する b暗証番号を入力し、w(OK)を押して「はい」 を選択する 情報表示中の各種設定・操作 画面表示を切り替える 情報画面を708SCのディスプレイに合わせて表示させる かどうかを設定できます。テキスト情報のみを表示させるこ ともできます。 A 情報画面を表示する B メニューから「画面表示切替え」を選択する C 項目を選択する 情報画面のレイアウトのまま表示する場合は 「ワイド」を選択する 情報画面のテキスト情報のみ表示する場合は 「シンプル」を選択する 補足 ● 複数件の履歴を選択中にまとめて選択/選択解除するには a操作2で、メニューから「削除」→「複数」の順に選択する bメニューから「全選択/全解除」を選択する お買い上げ時 ■ スタンダード 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-12 情報画面のテキストを検索する A 情報画面を表示する B メニューから「テキスト検索」を選択する C テキスト入力欄を選択し、検索語を入力する D 検索する方向を選択し、w(検索)を押す 情報画面のテキストをコピーする A 情報画面を表示する B メニューから「テキストコピー」を選択する C 文字入力画面で、メニューから「コピー」を 選択する D コピーする最初の文字にaでカーソルを合 わせ、c(始点)を押す 文字入力画面上のすべての文字をコピーする場合は o(全て)を押すと、コピー操作が終了する E aで範囲を指定し、c(終点)を押す 最新の情報に更新する A 情報画面を表示する B メニューから「更新」を選択する URLを確認する (ページの詳細) 表示中の情報画面のURLや、タイトルなどの詳細情報を確 認できます。 A 情報画面を表示する B メニューから「ブラウザ設定」→「ページの 詳細」の順に選択する URLをメールで送信する 表示中の情報画面のURLを、メールのメッセージに入力し て送信できます。 A 情報画面を表示する B メニューから「URL送信」を選択する C メールを作成し、w(送信)を押す 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-13 サーバ証明書を確認する SSL/TLSを利用して接続している情報画面のサーバ証明 書を確認できます。 A SSL/TLSを利用する情報画面を表示する B メニューから「ブラウザ設定」→「証明書」の 順に選択する C「サーバ証明書」を選択し、証明書を選択する ホームページを表示する (Yahoo!ケータイ) Yahoo!ケータイのメインメニューに戻ることができます。 A 情報画面を表示する B メニューから「Yahoo!ケータイ」を選択する 文字コードを変更する (エンコード) 情報画面のテキスト情報が正しく表示されない場合に、文字 コードを変更して正しく表示できます。 A 情報画面を表示する B メニューから「ブラウザ設定」→「エンコー ド」の順に選択する C 項目を選択し、c(保存)を押す 情報画面のメニュー操作 補足 ● SSL/TLSを利用する情報画面を表示すると ディスプレイ最上段に が表示されます。 お買い上げ時 ■ 自動 メニュー 内 容 進む 次の情報画面に移動します(fP.21-5)。 ブックマーク ブックマークに登録したり、登録した情報 画面にアクセスしたりします(fP.22-8)。 お気に入り 情報画面をお気に入りに保存したり、お気 に入りに保存した情報画面を表示したり します(fP.22-7)。 テキスト検索 情 報 画 面 の 文 字 情 報 を 検 索 し ま す (fP.22-12)。 更新 情報画面の情報を更新します (fP.22-12)。 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分情 報 の 利 用 22-14 URL入力 URLを入力して他の情報画面にアクセス します(fP.21-4)。 画面表示切替え 情報画面の表示方法を変更します (fP.22-11)。 テキストコピー 情 報 画 面 の 文 字 情 報 を コ ピ ー し ま す (fP.22-12)。 保存 画像やサウンドをデータフォルダに保存 します(fP.22-2、22-4)。 URL送信 情報画面のURL をメールで送信します (fP.22-12)。 アクセス履歴一覧 以前に表示した情報画面にアクセスしま す(fP.22-10)。 Yahoo!ケータイ Yahoo!ケータイのメインメニューに戻り ます(fP.22-13)。 ブラウザ設定 ウェブの詳細な設定、操作をします。 文字サイズ 情 報 画 面 の 文 字 サ イ ズ を 設 定 し ま す (fP.23-3)。 テキストブラウ ズ 画像やサウンドの取得設定を行います (fP.23-2)。 キャッシュ消去 キャッシュに保存された情報を消去しま す。 Cookie消去 Cookieを消去します。 Cookie設定 Cookieの有効/無効を設定します。 証明書 証明書を確認します(fP.22-13、23-4)。 ページの詳細 情報画面の詳細情報を確認します (fP.22-12)。 メニュー 内 容 製造番号通知 製造番号の通知/非通知を設定します。 エンコード 表示中の情報画面の文字コードを変更し ます(fP.22-13)。 Java script JavaScript の有効/無効を設定します (fP.23-3)。 ブラウザ情報 ブラウザの詳細情報を確認します。 メニュー 内 容 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ウェブのその他設定 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ウ ェ ブ の そ の 他 設 定 23-2 画像やサウンドの取得設定 情報画面を表示したとき、画像やサウンドを表示/再生しな いように設定できます。表示/再生をしないことで、情報画 面の受信時間が短くなります。 A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「ブラウ ザ設定」→「テキストブラウズ」の順に選択 する B 設定操作をする 画像を表示しない場合は a「画像表示」を選択する b項目を選択し、w(保存)を押す サウンドを再生しない場合は a「サウンド再生」を選択する b項目を選択し、w(保存)を押す セキュリティ設定 Cookieの有効/無効を設定する Cookieを受け入れるかどうかを設定できます。 Cookieとは、情報の提供者が訪問者を識別するためのデー タを、自動的に708SCに記録する仕組みです。Cookieに は、ユーザー情報やアクセス日時などが記録されます。 A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「ブラウ ザ設定」→「Cookie設定」の順に選択する B 項目を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ 画像表示:チェックあり ■ サウンド再生:チェックあり お買い上げ時 ■ 全て許可 補足 ● 設定内容は 「全て許可」:Cookieをすべて受け入れる 「全て拒否」:Cookieをすべて受け入れない 「確認」:Cookieの記録を行うごとに受け入れるかどうかを確認 するメッセージを表示する 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ウ ェ ブ の そ の 他 設 定 23-3 JavaScriptの有効/無効を設定する A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「ブラウ ザ設定」→「Java script」の順に選択する B 項目を選択し、c(保存)を押す 文字のサイズを設定する 情報画面に表示されるテキスト情報の文字サイズを変更で きます。 A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「ブラウ ザ設定」→「文字サイズ」の順に選択する B 項目を選択し、c(保存)を押す 製造番号を通知する アクセスした情報画面から携帯電話のユーザーを識別する ために製造番号の通知要求があったとき、自動的に通知する かどうかを設定できます。 A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「ブラウ ザ設定」→「製造番号通知」の順に選択する B 項目を選択し、c(保存)を押す ブラウザ情報を確認する A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「ブラウ ザ設定」→「ブラウザ情報」の順に選択する お買い上げ時 ■ OFF お買い上げ時 ■ 標準 お買い上げ時 ■ OFF 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ウ ェ ブ の そ の 他 設 定 23-4 ルート証明書を確認する 708SCにあらかじめ登録されている、認証機関から発行さ れた証明書を確認できます。 A 情報画面を表示する B メニューから「ブラウザ設定」→「証明書」を 選択する C「ルート証明書」を選択し、証明書を選択する ウェブの初期化 情報画面のキャッシュ/Cookieを消 去する キャッシュに保存されている情報や、記録されたCookieを 消去できます。 A cを押し、「Yahoo! ケータイ」→「ブラウ ザ設定」の順に選択する B 消去操作をする キャッシュを消去する場合は 「キャッシュ消去」を選択し、c(はい)を押す Cookieを消去する場合は 「Cookie消去」を選択し、c(はい)を押す 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分For more information about handset operations and functions, please go to the SoftBank Website (www.softbank.jp) for the full manual* or dial 157 from a SoftBank handset for Customer Service. *Please note that the full manual may not be available in English at time of purchase. In this case, call Customer Service or check the SoftBank Website again at a later date. Abridged English Manual 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-2 Abridged English Manual Accessories Tip • For details about accessories and optional items, contact Customer Service (fP.24-48). • microSD TM Memory Card 708SC is compatible with microSD TM Memory Card (Referred to as "Memory Card" hereafter). Purchase microSD TM Memory Card to use Memory Card-related handset functions. Battery AC Charger Utility Software (CD-ROM) Stereo Earphone Microphone USB Cable 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-3 Abridged English Manual Safety Precautions • Read safety precautions before using handset. • Observe precautions to avoid injury to self or others, or damage to property. • SoftBank is not liable for any damages resulting from use of this product. ■Before Using Handset ●Symbols Make sure you thoroughly understand these symbols before reading on. Symbols and their meanings are described below: Great risk of death or serious injury from improper use Risk of death or serious injury from improper use Risk of injury or damage to property from improper use Prohibited Actions Compulsory Actions Attention Required Danger Warning Caution 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-4 Abridged English Manual Handset, Battery & Charger Use only the specified battery or Charger. Using non-specified equipment may cause malfunctions, electric shock or fire due to battery leakage, overheating or bursting. Do not short-circuit Charger Terminals. Keep metal objects away from Charger Terminals. Keep handset away from jewellery. Battery may leak, overheat, burst or ignite causing injury. Use a case to carry handset. Battery If battery fluid gets into eyes, do not rub them. Rinse with clean water and consult a doctor immediately. Eyes may be severely damaged. Prevent injury from battery leakage, breakage or fire. Do not: • Heat or dispose of battery in fire. • Disassemble, modify or break battery. • Damage or solder battery. • Use a damaged or deformed battery. • Use non-specified charger. • Force battery into handset. • Charge or place battery near fire, heat sources or expose it to extreme heat. • Use battery for other equipment. Danger 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-5 Abridged English Manual Handset, Battery & Charger Do not insert foreign objects into handset. Do not place metal or flammable objects in handset or Charger. This may cause fire or electric shock. Keep handset out of the reach of children. Keep handset out of rain or extreme humidity. Fire or electric shock may occur. Keep handset away from liquidfilled containers. Keep handset or Charger away from chemicals/ liquids. Fire or electric shock may result. Avoid sources of fire. Prevent fire or explosion. Do not use handset in the presence of gas or fine particles (coal, dust, metal, etc.). Keep handset or Charger away from microwave ovens. Battery or handset may leak, burst, overheat or ignite and cause accidents. Do not disassemble or modify handset. • Do not open housing of handset or Charger; may cause electric shock or injury. Contact SoftBank Customer Center, Customer Assistance for repairs. • Do not modify handset or Charger. Fire or electric shock may result. Warning 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-6 Abridged English Manual Do not subject handset to shocks. Subjecting handset or Charger to shocks may cause malfunction or injury. Should the handset break, remove the battery and contact SoftBank Customer Center, Customer Assistance. Discontinue handset use. Fire or electric shock may occur. If water or foreign matter is inside handset: Discontinue handset use to prevent fire or electric shock. Turn handset power off, remove battery, unplug Charger and contact SoftBank Customer Center, Customer Assistance. If an abnormality occurs: Should there be unusual sound, smoke or odour, discontinue handset use to avoid fire or electric shock. Turn handset power off, remove battery and unplug Charger and contact SoftBank Customer Center, Customer Assistance. Keep handset off and Charger disconnected at filling stations/ places with fire/explosion risk Handset use near petrochemicals or other flammables may cause fire/explosion; cancel IC Card Lock and turn handset off before using S! FeliCa at filling stations. Handset Preventing accidents • For safety, never use handset while driving. Pull over beforehand. Mobile phone use while driving is prohibited by the revised Road Traffic Law (effective 1 November 2004). • Do not use headphones while driving or riding a bicycle. Accidents may result. • Moderate volume outside, especially at level/road crossings to avoid accidents. Do not swing handset by handstrap. May result in injury or breakage. 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-7 Abridged English Manual Turn handset power off before boarding aircraft. Using wireless devices aboard aircraft may cause electronic malfunctions or endanger aircraft operation. Adjust vibration and Ringtone settings: Select settings carefully if you have a heart condition or wear pacemaker/defibrillator. During thunderstorms, turn power off; find cover. There is a risk of lightning strike or electric shock. Do not use the phone with a wet hand. Doing so may cause an electric shock to you or damage to the handset. Charger Use only the specified voltage. Non-specified voltages may cause fire or electric shock. • AC Charger: AC 100V-240V Input SoftBank is not liable for problems caused by charging handset abroad. • In-Car Charger: DC 12V-24V Input Do not use commercially available transformers. Use of AC Charger with commercially available transformers may cause fire, electric shock or damage. Do not use In-Car Charger inside vehicles with a positive earth. Fire may result. Use In-Car Charger only inside vehicles with a negative earth. 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-8 Abridged English Manual Do not touch blades with wet hands. Electric shock may occur. Do not use multiple cords in one outlet. May generate excess heat or fire. Do not bend, twist, pull or set objects on cord. Exposed wire may cause fire or electric shock. Do not short-circuit Charger Terminals. Keep metal away from terminals. May cause overheating, fire or electric shock. If AC/In-Car Charger cord is damaged: May cause fire or electric shock; contact SoftBank Customer Assistance to replace. Preventing accidents Secure In-Car Charger to avoid injury or accidents. During thunderstorms: Unplug Charger to avoid damage, fire or electric shock. Keep Charger out of the reach of children. Electric shock or injury may occur. Battery If battery does not charge properly, stop charging. Battery may overheat, burst or ignite. If there is leakage or abnormal odour, avoid fire sources. It may catch fire or burst. 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-9 Abridged English Manual If there is abnormal odour, excessive heat, discoloration or distortion, remove battery from handset. It may leak, overheat or explode. Handset Use & Electronic Medical Equipment This section is based on "Guidelines on the Use of Radio Communications Equipment such as Cellular Telephones and Safeguards for Electronic Medical Equipment" (Electromagnetic Compatibility Conference, April 1997) and "Report of Investigation of the Effects of Radio Waves on Medical Equipment, etc." (Association of Radio Industries and Businesses, March 2001). People with implanted pacemakers/ defibrillators should keep handset more than 22 cm away. Implanted pacemakers/defibrillators may malfunction due to radio waves. Turn handset power off in crowded places such as trains. People with implanted pacemakers/defibrillators may be near. Implanted pacemakers/defibrillators may malfunction due to radio waves. Observe these rules inside medical facilities: • Do not take handset into operating rooms or Intensive or Coronary Care Units. • Keep handset off in hospitals. • Keep handset off in hospital lobbies. Electronic equipment may be near. • Obey rules regarding mobile phone use in medical facilities. Consult manufacturer for radio wave effects on electronic medical equipment. 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-10 Abridged English Manual Handset, Battery & Charger Handset Care • Place handset on stable surfaces to avoid malfunction or injury. • Keep handset away from oily smoke or steam. Fire or accidents may result. • Cold air from air conditioners may condense, resulting in leakage or burnout. • Keep handset away from direct sunlight (inside vehicles, etc.) or heat sources. Distortion, discoloration or fire may occur. Battery shape may be affected. • Keep handset out of extremely cold places to avoid malfunction or accidents. • Keep handset away from fire sources to avoid malfunction or accidents. Usage Environment • Excessive dust may prevent heat release and cause burnout or fire. • Avoid using handset on the beach. Sand may cause malfunction or accidents. • Keep handset away from credit cards, phone cards, etc. to avoid data loss. Handset Handset temperature Handset may become hot while in use. Avoid prolonged contact with skin especially at high temperature. May cause burn injuries. Caution 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-11 Abridged English Manual Avoid leaving handset in extreme heat (inside vehicles, etc.). Handset may heat up and lead to burns. Volume settings Keep handset volume moderate. Excessive volume may cause damage to your hearing. Headphones • Do not unplug by pulling the cord. May cause damage to the cord. • Keep plug clean to avoid noise or malfunction. Inside vehicles: Handset use may cause electronic equipment to malfunction. Should skin irritation occur, discontinue handset use and consult a doctor. Skin irritation, rashes, or itchiness may result depending on your physical condition. Charger Charger & In-Car Charger • Rasp plug (not cord) to disconnect Charger. May cause fire/electric shock. • Keep cord away from heaters. Exposed wire may cause fire or electric shock. • Stop use if plug is hot or improperly connected. May cause fire/electric shock. • Keep In-Car Charger socket clean. May overheat and cause injury. Use only the specified fuse 1A fuse for In-Car Charger. Or may cause damage/ fire. Always charge handset in a wellventilated area Avoid covering/wrapping Charger. May cause damage/fire. Do not use In-Car Charger when engine is off Start engine before use. Or car battery may be weakened. 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-12 Abridged English Manual Long periods of disuse Be sure to unplug AC/In-Car Charger after use. Handset Maintenance When cleaning, disconnect AC/In-Car Charger to prevent shock/injury. Installing In-Car Charger Properly position the cable for safe driving to avoid injury or accidents. Battery Do not throw or abuse battery. Battery may overheat, burst or ignite. Do not leave battery in direct sunlight or inside vehicles. Overheating/fire may occur; may reduce performance. Do not expose battery to liquids. Performance may deteriorate. If battery fluid contacts on skin or clothes: Rinse with clean water immediately. Do not dispose of exhausted batteries with ordinary refuse. Tape over battery terminals before disposal, or bring them to a SoftBank shop. Follow local regulations regarding battery disposal. 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-13 Abridged English Manual Keep battery out of the reach of children. Charge battery within a range of 5°C - 40°C ; outside this range battery may leak/overheat and performance may deteriorate. If your child is using handset, explain all instructions and supervise usage. If there is abnormal odour or excessive heat, stop using battery and call SoftBank Customer Center, Customer Assistance. Do not leave battery uncharged. Charge at least once every six months. 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-14 Abridged English Manual General Notes General Use When Using • SoftBank is not liable for any damages resulting from accidental loss/alteration of handset/Memory Card. Please keep separate records of Phonebook entries, etc. • Handset transmissions may be disrupted inside buildings, tunnels or underground, or when moving into/out of such places. • Use handset without disturbing others. • Handsets are radios as stipulated by the Radio Law. Under the Radio Law, handsets must be submitted for inspection upon request. • Handset use near landlines, TVs or radios may cause interference. • Beware of eavesdropping. Because this service is completely digital, the possibility of signal interception is greatly reduced. However, some transmissions may be overheard. Eavesdropping Deliberate/accidental interception of communications constitutes eavesdropping. Inside Vehicles • Never use handset while driving. • Do not park illegally to use handset. • Handset use may affect a vehicle's electronic equipment. Abroad Aircraft Never use handset aboard aircraft (keep power off). Handset use may impair aircraft operation. Electromagnetic Waves For body worn operation, this phone has been tested and meets RF exposure guidelines when used with an accessory that contains no metal and that positions the 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-15 Abridged English Manual handset a minimum of 15mm from the body. Use of other accessories may not ensure compliance with RF exposure guidelines. Handset Care • If handset is left with no battery or an exhausted one, data may be altered/lost. SoftBank is not liable for any resulting damages. • Use handset between 5°C - 40°C. • Avoid extreme temperatures/direct sunlight. • Exposing lens to direct sunlight may damage color filter and affect image color. • Do not drop or subject handset to shocks. • Clean handset with dry, soft cloth. Using alcohol, thinner, etc. may damage it. • Do not expose handset to rain, snow or high humidity. • Never disassemble or modify handset. • Avoid scratching handset Display. • When using headphones, moderate volume to avoid sound bleed. • Handset is not water-proof. Avoid exposure to liquids and high humidity. ・Keep handset away from precipitation. ・Cold air from air conditioning, etc. may condense causing corrosion. ・Avoid placing handset in damp places (restrooms, bath/ shower rooms, etc.). ・On the beach, keep handset away from water and direct sunlight. ・Perspiration may get inside handset causing malfunction. • Heavy objects or excessive pressure should be avoided. May cause malfunction or injury. ・Do not sit down with handset in a back pocket. ・Do not place heavy objects on handset in a bag. • Insert only specified devices into Headphone Port. Malfunction or damage may result. 708SC.book 15 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-16 Abridged English Manual • Always turn off handset before removing battery. If battery is removed while saving data or sending mail, data may be lost, changed or destroyed. Handset Camera Usage • Handset camera usage which violates the law or other regulations (e.g. Public Nuisance Laws) may be subject to prosecution. Copyrights Copyright laws protect sounds, images, computer programs, databases, other materials and copyright holders. Duplicated material is limited to private use only. Use of materials beyond this limitation or without permission of copyright holders may constitute copyright infringement, and be subject to criminal punishment. Comply with copyright laws when using images captured with handset camera. Minding Mobile Manners Please use 708SC responsibly. Use these basic tips as a guide. Inappropriate handset use can be both dangerous and bothersome. Please take care not to disturb others when using your handset. Adjust 708SC use according to your surroundings. • Turn 708SC off in theaters, museums and other places where silence is the norm. • Keep 708SC off aboard airplanes or inside hospitals or other places where handset use is prohibited. • Refrain from using 708SC in places such as restaurants, hotel lobbies or elevators. • Observe announcements or posted instructions regarding handset use aboard trains, etc. • Refrain from handset use that interrupts the flow of pedestrian or vehicle traffic. 708SC.book 16 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-17 Abridged English Manual Manner-Related Functions Take advantage of built-in features to help you use 708SC in public places without disturbing or endangering others. Manner Profile Silence 708SC sounds and activate Vibration for all alerts, tones and alarms. Use Manner Key to activate or cancel Manner Profile. Offline Profile Temporarily suspend 708SC transmissions; other 708SC functions may still be used while Offline Profile is active. Silence 708SC sounds or activate Vibration for each alert, tone or alarm individually in Sound Settings. 708SC.book 17 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-18 Abridged English Manual Handset Parts & Functions Handset In this manual, handset parts/functions are indicated with the corresponding names/symbols below: aEarpiece/ bDisplay h Internal Camera p Internal Antenna Speaker de et g* cw o i udlr l mc fC y k j i o # n 0 9 sCharger Terminal/ vSelf-Portrait Mirror wMemory Card Slot yBattery Cover tMicrophone uExternal Camera xv qn rb External Device Port zStrap Eyelet Attach strap as shown. 708SC.book 18 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-19 Abridged English Manual aEarpiece/Speaker bDisplay cLeft Softkey/Mail Key Execute Left Softkey command/function or open Messaging menu. dMedia Player/Character Key Activate Media Player or select text entry mode. eStart Key Make and receive voice calls. fClear/Back Key Delete entered text or return to previous window. g Key Enter line breaks in text entry windows. In Standby, press for 2+ seconds to open Phone Profiles. hInternal Antenna iInternal Camera Capture your own image for Video Calls. jMulti Selector Use to search for items, move the cursor, scroll or execute functions (fP.24-25). kRight Softkey/Yahoo! Keitai Key Execute Right Softkey command/function or open Yahoo! Keitai menu. lSwitch Bar Key Activate Switch Bar to open Call, Messaging, Yahoo! Keitai or Media Player. mCenter Key Open Main Menu or execute Center Softkey command/ function. nPower/End Key Turn power ON/OFF and end operations. oKeypad p#/Manner Key Select an entry mode or activate/cancel Manner Profile (press for 2+ seconds). qn (Side Key) Raise volume. rb (Side Key) Lower volume. 708SC.book 19 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-20 Abridged English Manual sCharger Terminal/External Device Port Connect Charger, Stereo Earphone Microphone, USB Cable, etc. here. tMicrophone uExternal Camera Capture images or send video during a Video Call. vSelf-Portrait Mirror wMemory Card Slot xCamera Key Activate Camera or release shutter. yBattery Cover zStrap Eyelet Inserting & Removing USIM Card Always turn off handset power before opening handset to remove battery or insert/remove USIM Card. Inserting ARemove battery BHolding USIM Card with IC chip-side down, insert it into USIM Card slot IC 708SC.book 20 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-21 Abridged English Manual CInsert USIM Card until it stops and locks Removing ARemove battery (fP.24-20) BPress down on USIM Card and gently slide it out Charging Battery Battery & Charger • Always charge a battery before using it for the first time or after a long period of disuse. • Use only Charger specified for 708SC by SoftBank; do not use Charger for other purposes/handsets. Note • Inserting USIM Card with excessive force may damage it. • Do not misplace a removed USIM Card. • To prevent damaging it, avoid touching IC chip when inserting or removing USIM Card. Do not touch the battery contacts. • Some handset files may be inaccessible after handset repair/upgrade or USIM Card replacement. • If USIM Card or 708SC with USIM Card inserted is lost/stolen contact Customer Service (fP.24-48) immediately to prevent unauthorized use. 708SC.book 21 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-22 Abridged English Manual • Battery must be properly installed inside 708SC to charge it. Handset power cannot be turned on without a battery installed. • Do not charge the battery under the following conditions: - Places with ambient temperature below 5°C or above 40°C - Places with high levels of humidity, vibrations or dust that could lead to handset malfunctions - Near radios or televisions that may suffer interference • 708SC/charger normally warm from charging, but if too hot to touch stop charging; contact Customer Service (fP.24-48). • Do not leave battery uncharged. Charge battery at least once every six months; otherwise, battery may become unusable. • When charger is not in use, unplug it from electrical outlet or cigarette lighter socket. ■ Battery Life • The following scenarios may reduce battery operating time: - Using/storing 708SC in places with an ambient temperature below 5°C or above 40°C. - Using 708SC under poor signal conditions or leaving it on when handset is out-of-range. - Charging battery when handset, battery and charger terminals are impaired by dust or grime. • Battery life is limited; replace if operating time is significantly reduced. ■ Battery Disposal Do not dispose of exhausted batteries with ordinary refuse. Tape over battery terminals before disposal or take to a SoftBank shop. Follow any and all local regulations regarding battery disposal. 708SC.book 22 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-23 Abridged English Manual Charging Use specified charger only. AOpen Port Cover and insert Charger Connector into the port BPlug Charger into an AC 100V outlet When handset is on and battery is fully charged, Display battery indicator flashes. CWhen battery is charged, unplug Charger from outlet, then from 708SC Port Cover Charger Connector (with mark upward) AC 100V Charger Display battery indicator flashes when charging is complete. 708SC.book 23 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-24 Abridged English Manual Display Indicators Display a Signal Strength (more bars indicate stronger signal) Out-of-Range (outside service area or no signal) b 3G (UMTS) network connected/roaming GSM network connected/roaming Web SSL connected c (Blue) Bluetooth ® Active (Flashing in Blue & Pink) Bluetooth ® Transmission d Voice Call in Progress Video Call in Progress Keypad Lock Set Tip • Battery Charged Confirmation If 708SC is on while Charger is connected, battery indicator flashes when battery is fully charged. While charging, battery indicator changes as follows: → → . If 708SC is off while Charger is connected, Battery full appears above static graphic when battery is fully charged. Otherwise, Charging... appears above battery animation. • Battery Charging Time Charging battery requires approximately 140 minutes when 708SC is on without operations; longer when in use. Charging time may vary with ambient temperature. a bcdef g i h 708SC.book 24 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-25 Abridged English Manual e New S! Mail New SMS Voice Mail Answer Machine Message Memory Card inserted f Standard Profile Manner Profile In-Car Profile Meeting Profile Outdoor Profile Offline Profile g Battery Strong Battery Moderate Battery Low (Flashing) Battery Weak (Charge Now) h Other than Off for Voice Call in Ringtone volume Set; and On for Voice Call in Vibration Set Other than Off for Voice Call in Ringtone volume Set; and Off for Voice Call in Vibration Set Off for Voice Call in Ringtone volume Set; and On for Voice Call in Vibration Set Off for Voice Call in Ringtone volume Set and Vibration Set i Wake-up Alarm/Alarm Set Answer Machine Active S! Mail Memory Full SMS Memory Full Symbols Multi Selector In this manual, the symbols below express Multi Selector operations. j: Press u or d s: Press l or r a: Press u, d, l, or r l u r d 708SC.book 25 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-26 Abridged English Manual USIM PINs USIM Card has two (4- to 8-digit) security codes: PIN & PIN2. PIN & PIN2 • PIN and PIN2 are both set to "9999" by default. • PIN and PIN2 can be changed. • When PIN Lock is enabled, PIN is required each time 708SC is turned on with USIM Card inserted. PIN Lock & Cancellation (PUK/PUK2 Code) Incorrectly entering either PIN or PIN2 three times consecutively, activates PIN Lock and limits handset function access. Enter PIN Unblocking Key Code (PUK or PUK2 Code) to release PIN Lock. For PUK Code contact Customer Service (fP.24-48). Security Codes Phone Password, Center Access Code and Network Password are all required to use 708SC. Phone Password "9999" or the 4-digit number selected at subscription, required to use/change some handset functions. * appears as it is entered; if incorrect, an error message appears. PIN Prevent unauthorised use of 708SC by others PIN2 Required for authentication for online services, etc. Note • Entering PUK Code incorrectly ten consecutive times locks USIM Card and disables handset. • If PUK Code for PIN2 is entered ten times consecutively, all operations requiring PIN2 are disabled. • Write down PUK Code for future reference. • Unlocking a locked USIM Card, requires a special procedure. Contact Customer Service (fP.24-48). 708SC.book 26 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-27 Abridged English Manual Center Access Code 4-digit number specified at initial subscription; required to access Voice Mail via landlines/to subscribe to fee-based information. Network Password 4-digit number specified at initial subscription, required to restrict handset services. Entering Network Password three consecutive times incorrectly locks Call Barring settings. To resolve, Network Password and Center Access Code must be changed; contact Customer Service (fP.24-48). Note • Do not forget Phone Password, Center Access Code or Network Password. If forgotten, contact Customer Service (fP.24-48). • Do not reveal the Phone Password, Center Access Code or Network Password to others. SoftBank is not liable for any damages caused by misuse of these codes by others. Tip • Change Phone Password/Call Barring Password as needed. • Do not attempt to change Center Access Code. For details, please contact Customer Service (fP.24-48). 708SC.book 27 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-28 Abridged English Manual Basic Handset Operations Handset Power On/Off Power On APress y for 1+ seconds Power Off APress y for 2+ seconds English Display APress c and select → → Language BSelect English and press c (保存) Your Phone Number APress c and press 0 Setting Clock APress c and select Settings → Phone settings → Time & date BEnter the time (24-hour format) CHighlight Date field and enter year, month and day 設定 一般設定 DPress c (Save) 708SC.book 28 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-29 Network Settings Abridged English Manual APress c and select Settings → Connectivity → Network mode BSelect Automatic, GSM 900/1800, GSM 1900, or 3G When Automatic is selected, handset sets mode according to country or region. Initiating a Voice Call Calling within Japan AEnter a phone number BConfirm the number and press t CPress y to end the call Placing an International Call AEnter a phone number To call to a SoftBank handset, skip ahead to Step 5. BSelect Menu → International dial CSelect country or Enter Code for direct entry Once country is selected, proceed to Step 4. DSelect Japan EConfirm the number and press t Note • Internal Antenna 708SC has no external antenna. Handset transmits and receives signals via Internal Antenna. Do not cover or place stickers, etc. over the area containing Internal Antenna. Voice quality will vary depending on where/ how handset is used. 708SC.book 29 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-30 Abridged English Manual Calling from Outside Japan AEnter phone number with area code To call an in-country landline or mobile phone, proceed to Step 5. BSelect Menu → International dial CSelect country or Enter Code for direct entry Once country is selected, proceed to Step 4. DSelect Abroad EConfirm the number and press t Redial APress r BHighlight a record and press t Calling from Received Calls APress l BHighlight a record and press t Initiating a Video Call AEnter a phone number BSelect Menu → Video call CPress y to end the call 708SC.book 30 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-31 Abridged English Manual Answering a Voice Call AWhen 708SC rings/vibrates, press t or c (Accept) BPress y to end the call Answering a Video Call AWhen 708SC rings/vibrates, press c BSelect Yes or No and press c To set speaker phone, select Yes. CSelect Yes or No and press c To cancel outgoing image, select No. DPress y to end the call Total Charges & Call Time APress c and select Settings → Call settings → Call manager BSelect Call costs or Call times Muting Microphone ADuring a call, select Menu → Mute BSelect Voice or Key tone and press c to check CPress w (OK) 708SC.book 31 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-32 Abridged English Manual Forwarding a Call Forward incoming calls to the specified phone number. Activating Call Forwarding APress c and select Settings → Call settings → Voice call or Video call → Diverts BSelect No reply or Always; view the current settings CHighlight Forwarding address field and enter a number To forward calls to Voice Mail Center, enter "09066517000." DFor No reply, highlight Waiting time field and set a time EPress c (ON) Listening to Voice Mail Messages For Voice Mail, Voice Mail Center sends SMS and Voicemail appears in Standby; press w (Call) to call Voice Mail Center. Alternatively, enter "1416" and press t to hear Voice Mail. Manner Profile When Manner Profile is active all handset sounds are muted and handset vibrates for incoming transmissions. AIn Standby, press # for 1+ seconds Note • Video calls cannot be forwarded to Voice Mail Center. Tip • When Manner Profile is active, press # for 1+ seconds again to cancel. 708SC.book 32 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-33 Abridged English Manual Entering Characters Entry Modes AIn a text entry window, press e BHighlight entry mode and press c Key Assignments Current Entry Mode : Single-byte Katakana : Single-byte Alphanumerics : Single-byte Numbers : Single-byte Symbols : Emoticons : Kanji/Hiragana : Double-byte Katakana : Double-byte Alphanumerics : Double-byte Numbers : Double-byte Symbols : Pictograms : Hangul Key Single-byte Alphanumerics Single-byte Numbers 1 .@-_/: ~ 1 1 2 abcABC2 2 3 defDEF3 3 4 ghiGHI4 4 5 jklJKL5 5 6 mnoMNO6 6 7 pqrsPQRS7 7 8 tuvTUV8 8 9 wxyzWXYZ9 9 0 ,.-_!? 〈Space〉0 0 * Toggle Case Enter Line Break Enter Line Break # • Reverse toggle characters assigned to the same key before finalizing character selection • Toggle Single-byte Symbols, Double-byte Symbols, Pictgrams, Emoticons 708SC.book 33 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-34 Abridged English Manual Symbols, Pictograms & Emoticons AIn a text entry window, press e BSelect , !@#, Pictogram, or Emoticon CHighlight target character and press c Previous entry mode returns. Saving to Phonebook Save up to 1000 contacts to handset Phonebook. USIM Card Phonebook capacity varies by card; insert USIM Card into other compatible SoftBank handsets to use Phonebook information. Phonebook Entry Items Save name, reading, phone numbers, mail addresses and group affiliation to each entry in handset/USIM Card Phonebook. Tip • To enter consecutive characters assigned to the same key Press r to move the cursor right and enter the next character. • To correct a character already entered Move the cursor to the character to be corrected, press C to delete that character and then enter correct character. !@# Tip • To enter symbols, pictograms or emoticons successively Highlight the character to be entered and press w (Continue). Item Description Entry Number 000 - 999 (handset) or 000 - 0XX (USIM Card) Name Enter up to 50 characters 708SC.book 34 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-35 Abridged English Manual Reading Enter up to 50 characters Phone Icon Select one of six icons Phone Number Enter up to 5 numbers (handset) of up to 40 digits and 2 numbers (USIM Card) Email Enter up to 4 addresses (handset) of up to 256 single-byte characters and 1 addresses (USIM Card) Email Icon Select one of three icons Category Select one of twenty categories Caller ID Add an image to appear for incoming calls/ video calls Call Notice Select Ringtone for incoming calls/video calls Message Notice Select Ringtone for incoming message Blood Type Select one of four blood types Birthday Enter the party's date of birth Address Enter up to 20 single-byte characters for postal code and up to 50 for address Hobby Enter up to 100 characters URL Enter up to 2 URLs consisting of up to 100 single-byte alphanumerics each Item Description URL Icon Select one of three available icons Note Enter up to 100 characters Secret mode Select secret setting Note • Back-up Import Information Keep copies of important information in another place. If battery is exhausted/removed for long periods, Phonebook data may be lost; handset damage may also affect information recovery. SoftBank is not liable for damages resulting from accidental loss/alteration. Item Description 708SC.book 35 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-36 Abridged English Manual New Phonebook Entries Enter a name, reading, phone number and mail address. Entry numbers appear automatically in ascending order from 000. APress d BSelect Menu → Add to → Phone or USIM CHighlight Name field and enter a name Characters entered here automatically appear in Reading; edit Reading for Phone Book List. DHighlight Phone number field and enter a number If saving to USIM Card Phonebook, skip ahead to Step 5. EPress c and select a phone icon FHighlight Mail Address field and enter an address If saving to USIM Card Phonebook, skip ahead to Step 8. GPress c and select a mail icon HPress w (Save) Editing Phonebook AOpen entry details (fP.24-37) BPress w (Edit) CEdit entry items and press w (Save) 708SC.book 36 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-37 Abridged English Manual Saving from Call Log Records APress r BUse s to open a Call Log, highlight a record, select Menu → Add to Phonebook → Phone or USIM CSelect Phonebook entry type • To create a new entry, select New. • To save to an existing entry, select Update, open the Phonebook entry (fP.24-37). • For USIM Card Phonebook entry, skip ahead to Step 5. DSelect a phone icon EEnter additional items as required FPress w (Save) Using Phonebook Searching Phonebook APress d BPress w (Search) Phonebook List Katakana Reading entries appear according to the Japanese syllabary; alphanumeric entries appear under and . Name Search Enter letter/character from which to begin search Category Search Select a Phonebook Category from which to search Reading Search Enter letter/character from which to begin search Entry Number Search Enter Entry Number digits to begin a search Phone Number Search Enter portion of a phone number to begin a search Email Search Enter portion of an address to begin search 708SC.book 37 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-38 Abridged English Manual CSelect search method and press c DPerform selected search method ESelect an entry Calling from Phonebook ASelect an entry, press c (Details) to view the details (fP.24-37) BSelect a phone number and call it Mobile Camera Use handset Camera to capture still images/record video. Before Using Camera • Clean dust/oil from lens cover with a soft cloth before capturing images. • Handset movement may blur images; hold 708SC firmly or place it on a stable surface and use Timer. • Mobile Camera is a precision instrument, however, some pixels may appear brighter or darker. • Leaving 708SC in a warm place for an extended period before image capture/save may harm image quality. Tip • To search USIM Card Phonebook After Step 4, select Menu → View from USIM Still Images Video Image Size W 1600 X H 1200 dots W 1280 X H 960 dots W 640 X H 480 dots W 320 X H 240 dots W 320 X H 240 dots W 176 X H 144 dots W 128 X H 96 dots Format JPEG 3GP 708SC.book 38 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-39 Abridged English Manual • Exposing the lens to direct sunlight will damage the camera's color filter. Capturing Still Images APress v for 1+ seconds BPreview image on Display CPress c (Take) Captured image is saved to Pictures (fP.24-39). DPress w (Back) Data Folder Contents Saved files are organized among four folders within Data Folder. User created files or files downloaded via Web or received S! Mail are each saved to the appropriate folder. Opening Data Folder Files APress c and select Data Folder BSelect the folder where file is saved CHighlight a file and press c (View/ Play/Start/Select) Tip • To switch between internal and external cameras After Step 1, select Menu → Switch camera. • To attach and send captured image After Step 3, press c (Send) and select As message, create and send a message (fP.24-42 "Sending Text Messages"). Still Images Video Files Downloaded Melodies and other Sound Files vfiles, HTML and other file Pictures Videos Sounds & Ringtones Other documents Memory status 708SC.book 39 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-40 Abridged English Manual Yahoo! Keitai Use Yahoo! Keitai services to exchange text/multimedia messages and browse the Mobile Internet, etc. Opening Yahoo! Keitai Menu Access Mobile Internet content via Yahoo! Keitai main menu. Browse for image or sound files as well as information. APress o BSelect an item CSelect an item and press c (Go to) DRepeat Step 3 to open subsequent menus/pages Messaging SoftBank text communication services are available both in Japan and overseas. Exchange text or multimedia messages with compatible handsets, PCs, etc. via the Net. SMS (Short Message Service) Use this service to send and receive short text messages between SMS-compatible SoftBank handsets using phone numbers. S! Mail Use this service to exchange long text messages with SoftBank handsets, e-mail compatible mobiles, PCs and other devices. Attach image/sound files or download attached files. 708SC.book 40 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-41 Abridged English Manual Opening Messages APress w BSelect Received msgs, Drafts, Unsent msgs or Sent msgs CSelect a message Editing Messages Sending from Drafts APress w and select Drafts BHighlight message and press c (Edit) CEdit the message and press w (Send) Sending from Unsent Messages APress w and select Unsent msgs BHighlight message, select Menu → Edit CEdit the message and press w (Send) Tip • Using S! Mail/receiving e-mail requires a separate subscription. • When recipient's handset is off or out-of-range, message is stored at the Center and resent until it can be delivered. 708SC.book 41 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-42 Abridged English Manual Customizing Handset Address APress w and select Settings → S! Mail → Mail Address Setting BFollow onscreen instructions Sending Text Messages APress w and select Create msg BEnter an address To enter an address from Phonebook aSelect Address field and select From Phonebook bSearch and select an entry cHighlight a phone number or mail address and press c (Select) To enter an address directly aSelect Address field and select Enter Recipient bEnter phone number or mail address To enter an address from sent records Select Address field and select the record Address field Subject field Attach field Text entry field 708SC.book 42 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-43 Abridged English Manual To enter an address from a Phonebook Category aSelect Address field and select From Category bSelect a Category, with/without Address selection window, highlight an address to enter and press c (Select) CEnter a subject (S! Mail only) aSelect Subject field bEnter a subject DEnter text aSelect Text entry field bEnter text EAttach a file (S! Mail only) To insert a file into message text aSelect Menu → Insert bSelect Image, Sound, Video, or Text and press c cSelect a file and press c To attach a file aSelect Attach field and press c bSelect Data folder, Phonebook details, or Calendar items and press c cSelect a file and press c FPress w (Send) Tip • Newly created messages automatically appear as SMS; when text exceeds 160 characters or a file is attached, messages automatically change to S! Mail. 708SC.book 43 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-44 Abridged English Manual Incoming Text Messages Opening Messages When a message is received, New message appears in Standby. APress w (View) BSelect a message Retrieving Complete S! Mail When Center delivers the initial portion of S! Mail, follow these steps to download the entire message and attachments from Mail Server: APress w and select Received msgs BSelect an incomplete message ( / ) CPress c (Retrieve) Replying & Forwarding Replying to Messages APress w and select Received msgs BHighlight message, select Menu → Reply CCreate a message and press w (Send) Forwarding Messages APress w and select Received msgs or Sent msgs BHighlight message, select Menu → Forward CCreate a message and press w (Send) 708SC.book 44 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-45 Abridged English Manual Function Menu Main Menu Sub Menu Call Log Current contacts Missed calls Received calls Dialled calls Data counter Call costs Call times Yahoo! Keitai Yahoo! Keitai Bookmarks Saved pages Enter URL History Browser settings Media Player Music Video Camera Take photo Record video Go to photos Go to videos Dynamic effect list Video editor Data Folder Pictures Videos Sounds & Ringtones Other documents Memory status Messaging Received msgs Create msg Drafts Unsent msgs Sent msgs Templates Server mail box Settings Memory status Main Menu Sub Menu 708SC.book 45 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-46 Abridged English Manual Specifications SoftBank 708SC • Values above calculated with battery installed. • Battery Operating Time is an average calculated using 708SC with a fully charged battery, in stable signal conditions. Using 708SC in poor signal conditions, or leaving power on while out-of-range consumes more power and may reduce this figure by more than a half. Tools Alarms Calendar Voice recorder World clock Calculator Converter Stopwatch Dictionary Photo slide Memory status Phonebook Phonebook List Settings Phone settings Sound settings Display settings Call settings Phonebook settings Connectivity Security Software update Memory settings Main Menu Sub Menu Weight Approximately 73 g Continuous Talk Time Voice Call: Approximately 165 minutes (3G)/ Approximately 320 minutes (GSM) Video Call: Approximately 110 minutes (3G) Continuous Standby Time Approximately 230 hours (3G)/ Approximately 260 hours (GSM) Dimensions (W x H x D) Approximately 50.4 x 112.4 x 8.4 mm Maximum Output 0.25 W 708SC.book 46 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-47 Abridged English Manual • Talk/Standby Time decrease with frequent use of Display backlights. • Talk/Standby Time decrease with use of moving images for Wallpaper. • Continuous Talk Time is an average measured using 708SC while stationary. Continuous Standby Time is an average calculated with a new, fully charged battery while stationary in strong signal conditions without transmissions/ operations. Actual times may be reduced by alternating between operations/transmissions and Standby. Battery AC Charger Voltage 3.7 V Type Lithium-ion Capacity 900 mAh Dimensions (W x H x D) Approximately 44.3 x 36.9 x 5.6 mm (without protruding parts) Power Source AC 100-240 V, 50/60 Hz (with power cable) Output Voltage/ Current DC 5 V/700 mA Charging Temperature 5°C to 40°C Dimensions (W x H x D) Approximately 53 x 49 x 20 mm (without cables) Cord Length Approximately 180 cm 708SC.book 47 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分24-48 Abridged English Manual Customer Service If you have questions about SoftBank handsets or services, please call General Information. For repairs, please call Customer Assistance. Call these numbers toll free from landlines. SoftBank Customer Center SoftBank International Call Center From a SoftBank handset, dial toll free at 157 for General Information or From outside Japan, dial +81-3-5351-3491 (International charges will apply.) 113 for Customer Assistance Subscription Areas Contacts Hokkaido, Aomori, Akita, Iwate, Yamagata, Miyagi, Fukushima, Niigata, Tokyo, Kanagawa, Chiba, Saitama, Ibaraki, Tochigi, Gunma, Yamanashi, Nagano, Toyama, Ishikawa, Fukui General Information 0088-240-157 Customer Assistance 0088-240-113 Aichi, Gifu, Mie, Shizuoka General Information 0088-241-157 Customer Assistance 0088-241-113 Osaka, Hyogo, Kyoto, Nara, Shiga, Wakayama General Information 0088-242-157 Customer Assistance 0088-242-113 Hiroshima, Okayama, Yamaguchi, Tottori, Shimane, Tokushima, Kagawa, Ehime, Kochi, Fukuoka, Saga, Nagasaki, Oita, Kumamoto, Miyazaki, Kagoshima, Okinawa General Information 0088-250-157 Customer Assistance 0088-250-113 708SC.book 48 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付録 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-2 機能一覧 大項目 中項目 参照先 通話履歴 全履歴 P.2-9 不在着信履歴 P.2-9 着信履歴 P.2-9 発信履歴 P.2-9 累積データ通信量 P.2-11 通話料金 P.2-11 累積通話時間 P.2-11 Yahoo!ケー タイ Yahoo!ケータイ P.21-3 ブックマーク P.22-9 お気に入り P.22-7 URL入力 P.21-4 アクセス履歴一覧 P.22-10 ブラウザ設定 P.23-2 メディアプレ イヤー ミュージック P.10-3 ムービー P.10-9 カメラ カメラ P.7-4 ビデオカメラ P.7-9 ピクチャーリスト P.7-5 ムービーリスト P.7-10 ダイナミックエフェクト リスト P.7-17 ビデオ編集 P.7-16 データフォルダ ピクチャー P.11-2 ムービー P.11-2 メロディ&ミュージック P.11-2 その他ファイル P.11-2 メモリ容量確認 P.11-2 メール 受信ボックス P.17-3、18-2 メール作成 P.17-7 下書き P.18-7 未送信ボックス P.18-7 送信済みボックス P.18-7 定型文 P.17-12 サーバーメール操作 P.19-2 設定 P.20-2、20-4 メモリ容量確認 P.18-2 大項目 中項目 参照先 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-3 故障かな?と思ったら ■ 電源が入らない " 電池切れになっていませんか? # 電池パックを交換するか充電してください。 " 電池パックが708SCに装着されていますか? # 正しく装着してください。 ■ 電源を入れるとPINコードの入力画面が表示される "「起動時PIN認証」が「有効」に設定されていま せんか? #「起動時PIN認証」が「有効」に設定されている ときは、画面の指示に従ってPINコードを入力 してください。 ■ 電源を入れると USIM パスワードの入力画面が表 示される "「USIM照合」が「有効」に設定されていません か? #「USIM照合」が「有効」に設定されているとき は、USIMパスワードを入力してください。 ツール アラーム P.14-2 カレンダー P.14-4 ボイスレコーダー P.14-13 世界時計 P.14-16 簡易電卓 P.14-17 通貨・単位換算 P.14-17 ストップウォッチ P.14-19 辞典 P.14-19 フォトスライド P.8-2 メモリ容量確認 P.14-10 電話帳 電話帳検索 P.5-8 設定 一般設定 ー サウンド設定 P.9-3 ディスプレイ設定 P.8-1 通話設定 ー 電話帳設定 P.5-1 外部接続 P.12-1 セキュリティ設定 P.13-1 ソフトウェア更新 P.26-9 メモリ設定 P.13-9、15-8、 15-8 大項目 中項目 参照先 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-4 ■ 電源を入れたときや機能の操作時に「USIM未挿入 です。」または「このカードは認識できません」と 表示される " USIMカードは正しく取り付けられていますか? # USIM カードが正しく取り付けられていること を確認してください。正しく取り付けられてい るのに表示が出る場合は、破損している可能性 があります。 " 違ったUSIMカードをお使いではありませんか? # 正しいUSIMカードであることを確認してくだ さい。当社で指定されたUSIMカードを使用し てください。 " USIMカードのIC部に指紋などの汚れがついて いませんか? # 乾いたきれいな布で汚れを落として、正しくお 取り付けください。 ■「Reading USIM Cannot operate」または「USIM カード読み込み中です 起動できません」と表示さ れる # USIMカードのデータ読込中です。しばらくたっ てから操作し直してください。 ■ ダイヤルしても話中音(プープー…)が出る " 市外局番など 0 から始まる電話番号をダイヤル していますか? # 市外局番など 0 から始まる電話番号をダイヤル してください。 " オフラインモードが設定されていませんか? (「 」表示) # 通常モードなど、他のモードに設定してくださ い。 ■「圏外」または「 」が表示され、電話がかけら れない " サービスエリア外か電波の届きにくい場所にい ませんか? # 電波の届く場所に移動してかけ直してくださ い。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-5 ■ 通話が途切れたり、切れたりする "「圏外」または「 」が表示されているか、ま たは電波状態が悪い場所にいませんか? # 電波の届く場所に移動してかけ直してくださ い。 " 電池切れになっていませんか? # 電池パックを交換するか充電してください。 ■ 電話がかけられない " 発着信規制サービスの発信規制が設定されてい ませんか? # 発信の規制を停止してください。 ■ 電話帳、データフォルダ、通話履歴、カレンダー やメールの各種の機能が呼び出せない " プライバシーロックが設定されていませんか? # プライバシーロックを解除してください。 ■ 通話中に「プチッ」と音が入る " 電波が弱くなって別のエリアに切り替わるとき に発生することがあります。 ■ 充電できない " 急速充電器の接続コネクターが 708SCに確実 に差し込まれていますか? # 確実に差し込んでください。 " 急速充電器のプラグがしっかりとコンセントに 差し込まれていますか? # 確実に差し込んでください。 " 電池パックが 708SCに取り付けられています か? # 正しく取り付けてください。 " 708SC、電池パックの充電端子や急速充電器 の接続コネクター、708SCの外部接続端子の 接続端子が汚れていませんか? # 乾いた綿棒などで端子部の汚れを落としてくだ さい。 " 周囲の温度が 5 ℃より低い場所または 40 ℃を 超える場所で充電していませんか? # 周囲の温度が 5 ~ 40 ℃の範囲内で充電してく ださい。 " 電池パックに異常はありませんか? 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-6 # 新しい電池パックに交換してください。 " 充電を繰り返しても、十分に充電できません か? # 電池パックの交換時期です。新しい電池パック に交換してください。 " 充電中に708SCや電池パックの温度が上昇し ていませんか? # 温度が上昇すると充電を中断することがありま す。708SCや電池パックが冷めてから、充電 し直してください。 ■ 熱くなる " 充電中に、急速充電器が発熱することがありま す。 " 充電したり、長時間通話したりすると 708SC が発熱することがあります。 # 手で触れることのできる温度であれば、異常で はありません。手で触れられないほど熱くなっ た場合はただちに充電、使用を中止してお問い 合わせ先(fP.26-23)までご連絡ください。 ■ 電池の消費が早い " 使用環境(気温/充電状況/電波状態)、操作や 設定状況によっては電池の消費が早くなりま す。 # 適切な環境下でご使用のうえ、電池の消費の大き な機能の使用を控えてください(fP.1-10)。 ■ ディスプレイの表示がちらつく " 蛍光灯の近くで使用していませんか? # 蛍光灯からなるべく離れてご使用ください。 ■ ディスプレイの表示が暗くなったり消えたりする " ディスプレイの特性によるものです。故障では ありません。暗くなったり消えたりするまでの 秒数はバックライトの設定で変更できます。 ■ スピーカーで音楽が再生できない " マナーモードが設定されていませんか? # マナーモードを解除してください。 " ステレオイヤホンマイクを接続していません か? # ステレオイヤホンマイクの接続コネクターを 708SCから抜いてください。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-7 ■「これ以上起動できません」と表示された " メモリ不足です。 # 不要なS!メールは削除してください。多くの機 能を一度に起動している場合は、いくつかの機 能を終了してください。 ■ Samsung PC Studioを利用してBluetooth ® や USB通信ができない " USB ドライバはインストールされていますか? (USB通信の場合) # 付属の USB ケーブルでパソコンと接続して通 信する場合は、ドライバのインストールが必要 です。付属のCD-ROMからドライバのインス トールを行ってください。 " パソコン側で接続方法が正しく設定されていま すか? # ご利用になる通信に合わせて、Samsung PC Studio のConnection manager または接続 ウ ィ ザ ー ド で 接 続 方 法 を「USB」ま た は 「Bluetooth」に設定してください。 " パソコン側のBluetooth ® やUSBの接続ポート がSamsung PC Studioで設定しているポー トと同じですか? # Samsung PC StudioのConnection manager または接続ウィザードでポートを合わせてくださ い。 ■ 表示されない電話帳の登録内容がある " シークレットモード設定が「非表示」に設定さ れていませんか? # シークレットモード設定を「表示」に設定して ください。 ■ メールが作成できない " 共有メモリがいっぱいになっていませんか? # 不要なメールまたはデータフォルダの不要な ファイルを削除してください。共有メモリが 464Kバイトより少ないと、メールを作成でき ません。 " メールボックスのS!メールがいっぱいになって いませんか? # 不要なS!メールを削除してください。 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-8 ■「リトライ」と表示された " 電波の弱い場所などで送受信に失敗したときに 表示されます。 # 電波の強さを確認して、再度送信してください。 ■「メール送信できませんでした」または「不明なエ ラーです」と表示された " 接続に失敗したときなどに表示されます。 # しばらくたってから送信してください。 ■「使用可能な全ての接続がビジー状態です」と表示 された " 708SC をモデムとしてパケット通信方式のデー タ通信を行っているときにS!メールを送受信し ようとした場合に表示されます。 # データ通信を終了してから送受信してくださ い。 ■「サービスを利用できません」と表示された " 3G サービスエリア外から送信しようとしたと きに表示されます。 # サービスエリア内から送信してください。 ■「応答がありません」と表示された " サーバがメンテナンス中などのため、接続でき なかったときに表示されます。 # しばらくたってから送信してください。 ■「オフラインモードに設定されています。作成した メールは未送信ボックスに保存されます」と表示 された " オフラインモード中に送信しようとしたときに 表示されます。 # 他のモードに切り替えて送信してください。 ■「不正なデータを受信しました。ダウンロードを終 了します」や「サイズ超過のためダウンロードが できません」と表示された # 708SCではダウンロードできないデータです。 ダウンロードを中止してください。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-9 ソフトウェアを更新する 708SCのソフトウェアを更新する必要があるかどうかを 確認し、必要な場合は通信を利用して最新のソフトウェアに 更新できます。更新には、すぐに行う「今すぐ更新」と、更 新日時を予約して行う「予約更新」があります。 A cを押し、「設定」→「ソフトウェア更新」の 順に選択する Bw(Yes)を押す ネットワークに接続します。 C 規約を読み、「同意する」を選択する 「同意する」を選択する前に、規約をよくお読みくださ い。 D 交換機用暗証番号を入力し、c(OK)を押す チェック結果画面が表示されます。 E c(OK)を押す 今すぐ更新する場合は 「今すぐ更新」を選択すると、ソフトウェア更新が実行 されます。更新が完了すると、708SCが再起動し、完 了通知画面が表示されます。 予約更新する場合は a「予約更新」を選択する bw(Yes)を押す c予約する日付を選択し、c(選択)を押す d予約する時間帯を選択し、c(選択)を押す e予約した日時を確認し、c(OK)を押す 補足 ● 操作のご案内について ソフトバンクホームページ「http://www.softbank.jp」からも ご確認いただけます。 ● 通信料について 確認や更新に通信料はかかりません。 完了通知画面 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-10 ● 予約更新の日時になると 更新確認画面が表示され、c(OK)を押すか、約10秒経過す ると更新が開始されます。他の機能を利用中の場合は、機能を 終了すると更新の確認画面が表示されます。ただし、他の機能 を利用したまま予約更新の日時から10分以上経過すると、予約 更新は解除されます。 ● 予約更新をキャンセルするには a操作1~5を行い、「予約キャンセル」を選択する bw(Yes)を押す 注意 ● 電池が十分に残っている状態で更新を行ってください。更新中 に電池残量が少なくなると、更新が失敗することがあります。 ● 予約更新日時に圏外になった場合は、ソフトウェア更新は行わ れません。 ● 電波の状態が良好な場所で移動せずにご利用ください。 更新確認画面 ● 708SC に保存されているデータを残したまま更新が行われま すが、万が一に備えてバックアップやメモなどをとることをお すすめします。データが消失した場合の損害につきましては当 社では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。 ● 更新中は、通話やメッセージの受信などができません。 ● 更新が完了するまでに時間がかかる場合があります。 ● 更新に失敗して 708SC が使用できなくなった場合は、ソフト バンクの故障受付にご相談ください。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-11 記号/絵文字一覧 記号 全角記号 半角記号 変換記号 䄟 記号名 (入力文字) 記 号 記号名 (入力文字) 記 号 あっと @@ こめ ※ いこーる == ころん :; えん ¥¥ さんかく △▲▽▼ おんぷ ♪ しかく □■◇◆ かける × どう ゝ〃々 かっこ ()「」『』【】〈〉 []‘ ’“ ”()〔〕 []{}〈〉《》 ぱーせんと %% ほし ☆★ まる ○●◎ から ~ やじるし →←↑↓ 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-12 付 録 絵文字 ● 部分の絵文字は動く文字です。 ● 一部の絵文字および動く絵文字は、相手のソフトバンク携帯電話の機種により表示されない場合があります。 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-13 メモリ容量一覧 主な仕様 定格および仕様は予告なく変更することがあります。 SoftBank 708SC ● 上記は、電池パック装着時の数値です。 ● 電池の利用可能時間は、電波が安定した状態で算出した当 社計算値です。電波の弱い場所での通話や「圏外」表示で の待ち受けは電池の消耗が多いため、ご利用時間が半分以 下になることがあります。 ● デ ィス プ レイ の照 明 がつ い てい る 状態 での ご 利用 (Yahoo!ケータイの操作など)が多い場合、連続通話時 間および連続待受時間は短くなります。 S!メール 受信ボックス 最大500件 下書き 最大10件 未送信ボックス 最大10件 送信済みボックス 最大250件 SMS 受信ボックス 最大500件 下書き 最大10件 未送信ボックス 最大10件 送信済みボックス 最大250件 データ フォルダ ピクチャー 各フォルダにつき最大999 件(ファイルおよびサブフォ ルダの合計数) ムービー メロディ&ミュージック その他ファイル 項 目 仕 様 質量 約73 g 連続通話時間 音声通話:約165分(日本国内・W-CDMA)/ 約320分(GSM) TVコール:約110分(日本国内・W-CDMA) 連続待受時間(ディス プレイ消灯時) 約230時間(日本国内・W-CDMA)/ 約260時間(GSM) サイズ(W×H×D) 約50.4×112.4×8.4 ㎜ 最大出力 0.25 W 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分付 録 26-14 ● 待受画面などに動きのある画像を設定した場合、連続通話 時間および連続待受時間が著しく短くなることがありま す。 ● 連続通話時間とは、「静止状態で連続して通話状態を保っ た場合の計算値」、また連続待受時間とは、「充電を満たし た新品の電池パックを装着し、通話や操作をせず、電波が 正常に受信できる静止状態により算出した計算値」です。 実際に使う場合は、通話と待ち受けの組み合わせとなるた め、通話時間も待受時間も短くなります。連続通話時間な らびに連続待受時間は、使用環境(充電状態、気温など) によって変動することがあります。 電池パック 急速充電器 項 目 仕 様 電圧 3.7 V 使用電池 リチウムイオン電池 容量 900 mAh サイズ(W×H×D) 約44.3×36.9×5.6 ㎜(突起部を含まず) 項 目 仕 様 入力電圧 AC 100 V-240 V、50/60 Hz 出力電圧/出力電流 DC 5 V/700 mA 充電温度範囲 5~40℃ サイズ(W×H×D) 約53×49×20 ㎜(コード部分含まず) コードの長さ 約180 cm 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-15 付 録 索 引 英数字 Bluetooth ® . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12-2 Bluetooth ® アドレス . . . . . . . . . . . .12-3 Bluetooth ® サービス説明 . . . . . . . .12-3 Bluetooth ® 対応機器との接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-5、12-7 Bluetooth ® での印刷 . . . . . . . . . . . .12-6 Bluetooth ® でのデータ受信 . . . . . . .12-5 Bluetooth ® でのデータ送信 . . . . . . .12-5 Bluetooth ® の起動 . . . . . . . . . . . . .12-3 Bluetooth ® の公開設定 . . . . . . . . . .12-8 Bluetooth ® の対応プロファイル . . .12-2 Cookie消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-4 Cookie設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-2 JavaScript . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-3 Language . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-7 mPostカード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-6 PIN2コード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-4 PIN2コード変更 . . . . . . . . . . . . . . . .13-2 PIN2ロック解除コード . . . . . . . . . . .13-3 PINコード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-4 PINコード変更 . . . . . . . . . . . . . . . . .13-2 PINロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-3 PINロック解除コード . . . . . . .1-4、13-3 PINロックの解除 . . . . . . . . . . . . . . . 13-3 Security ON/OFF . . . . . . . . . . .18-13 SMS . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-2、20-4 SMS定型文 . . . . . . . . . . . . . . 4-8、4-13 SMS定型文の登録 . . . . . . . . . . . . . . 4-13 SMS定型文の利用 . . . . . . . . . . . . . . 4-13 SMSに変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-9 SMSの移動 . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-16 SSL/TLS . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-2 SVG-T/Flash ® ビューア . . . . . . . . . 11-8 S!メール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-2 S!メール定型文 . . . . . . . . . . . . . . .17-12 S!メール定型文に保存 . . . . . . . . . . . 18-5 S!メール定型文の登録 . . . . . . . . . .18-16 S!メールに変更 . . . . . . . . . . . . . . . . 17-9 ToDo . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-8 TVコール着信音 . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-6 TVコール中の操作 . . . . . . . . . . . . . . . 6-3 TVコールの受けかた . . . . . . . . . . . . . 6-3 TVコールの各種設定 . . . . . . . . . . . . . 6-5 TVコールのかけかた . . . . . . . . . . . . . 6-2 TVコールの消音 . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-7 URL送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-12 URL入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-4 USB接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-9 USIMカード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-2 USIMカードの取り付けかた/ 取り外しかた . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-3 USIM照合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-4 USIMパスワード . . . . . . . . . . . . . . . 13-4 vファイル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-12 Yahoo!ケータイ . . . . . . . . . . . . . . 22-13 3G・GSM選択 . . . . . . . . . . . . . . . . 2-12 あ アクセス履歴からウェブ接続 . . . . . 22-10 アクセス履歴の削除 . . . . . . . . . . . . 22-10 アコースティックショック調整 . . . . 15-5 アラーム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-2 暗証番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-21 暗証番号変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-2 い イベントリスト . . . . . . . . . . . . . . . 14-10 イヤホン通話 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-3 引用入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-8 引用返信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-6 う ウェブ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-2 え エニーキーアンサー . . . . . . . . . . . . . 15-4 708SC.book 15 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-16 付 録 エフェクト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-11 絵文字入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-7 エンコード . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-13 お 応答拒否 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-5 オーディオスキン . . . . . . . . . . . . . . .10-8 オートリダイヤル . . . . . . . . . . . . . . .15-2 オーナー情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-14 オールリセット . . . . . . . . . . . . . . . 13-10 お気に入りの削除 . . . . . . . . . . . . . . .22-7 お気に入りのタイトル編集 . . . . . . . .22-7 お気に入りの表示 . . . . . . . . . . . . . . .22-7 お気に入りの保存 . . . . . . . . . . . . . . .22-7 オフライン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .3-3 オフラインモード . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 音声の録音 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-13 音声ファイルの再生 . . . . . . . . . . . 14-14 音声ファイルの詳細 . . . . . . . . . . . 14-14 音声ファイルの設定 . . . . . . . . . . . 14-14 音声ファイルの送信 . . . . . . . . . . . 14-14 音声ファイルのファイル名変更 . . . 14-14 音声ファイルの保護/保護解除 . . . 14-14 音声録音 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-7 音量 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-7、9-2 か 海外での電話のかけかた . . . . . . . . . . 2-14 外部接続端子 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-6 顔文字入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-7 学習ON/OFF . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-11 画像表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-2 画像保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-2 壁紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-2 カメラ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-2 カメラ設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-11 カメラの切り替え . . . . . . . . . . 7-4、7-10 画面表示切替え . . . . . . . . . . . . . . .22-11 カレンダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-4 カレンダーの内容確認 . . . . . . . . . .14-10 カレンダーの内容削除 . . . . . . . . . .14-11 カレンダーの内容編集 . . . . . . . . . .14-10 カレンダーの表示設定 . . . . . . . . . . . 14-5 簡易電卓 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14-17 簡易留守録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-5 簡易ロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-4 き キー操作音 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9-2 記号入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-7 起動時PIN認証 . . . . . . . . . . . . 1-4、13-3 記念日 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-7 キャッシュ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-3 キャッシュ消去 . . . . . . . . . . . . . . . . 23-4 休日 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-7 急速充電器 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-12 拒否リストに追加 . . . . . . . . . . . . . . 13-8 拒否利用不可 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-8 切替通話をする . . . . . . . . . . . . . . . . 16-8 切り取り . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-9 く 国番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-3 グループ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-6 け 言語選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-7 検索設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-10 こ 公開設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-8 効果音設定 . . . . . . . . . . . . . . . . .9-2、9-5 効果音・キー操作音量 . . . . . . . . . . . . 9-2 交換機用暗証番号 . . . . . . . . . . . . . . 1-21 更新 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 項目コピー . . . . . . . . . . . . . . 5-11、5-14 国際コード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-2 国際電話のかけかた . . . . . . . . 2-2、2-14 708SC.book 16 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-17 付 録 国際ローミング . . . . . . . . . . . . . . . . .2-12 コピー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-9 コマ分割撮影 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-7 コンテンツ・キー再取得 . . . . . . . . 11-14 コンテンツ・キー情報 . . . . . . . . . . 11-14 さ サーバー内のメールの削除 . . . . . . . .19-2 サーバー内のメールの受信 . . . . . . . .19-2 サーバー内のメールの転送 . . . . . . . .19-3 サーバーメール操作 . . . . . . . . . . . . .19-2 サーバーメール容量 . . . . . . . . . . . . .19-2 サーバ証明書 . . . . . . . . . . . . . . . . 22-13 再生音量の調節 . . . . . . . . . 10-7、10-12 最大メールサイズ . . . . . . . . . . . . . . .20-4 サイドキー設定 . . . . . . . . . . . . . . . . .15-5 再発信方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-6 サウンド再生 . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-2 サウンド設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9-3 サウンド保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-4 撮影モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-3 し シークレット設定 . . . . . . . . . . . . . . .13-6 シガーライター充電器 . . . . . . . . . . . .1-14 自画像送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-5 事業者選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-13 事業者名表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-5 下書き . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-2 下書きからの送信 . . . . . . . . . . . . . . . 18-7 下書きに保存 . . . . . . . . . . . . . . . . .17-16 下書きのアイコン . . . . . . . . . . . . . . . 18-4 辞典 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14-19 自動電源ON . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-4 自分の電話番号の確認 (オーナー情報). . . . . . . . . . . . . . . 5-14 ジャンプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-10 充電 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-12、1-14 充電端子 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-6 周辺デバイス . . . . . . . . . . . .12-3、12-7 周辺デバイスのアイコン . . . . . . . . . . 12-5 周辺デバイスの削除 . . . . . . . . . . . . . 12-4 周辺デバイスの名前変更 . . . . . . . . . . 12-4 受信設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-3 受信ボックス . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-2 受信ボックスのアイコン . . . . . . . . . . 18-4 受話音量の調節 . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-7 情報画面 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-4 証明書 . . . . . . . . . . . . . . . 22-13、23-4 ショートカット . . . . . . . . . .1-19、15-7 ショートカット操作 . . . . . . . . 7-8、7-11 初期ファイル名 . . . . . . . . . . . . . . .14-15 す スイッチバーでの機能選択 . . . . . . . . 1-20 スキン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-8 スケジュール . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-6 スタイル編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-10 ストップウォッチ . . . . . . . . . . . . . 14-19 ストリーミング . . . . . . . . . . . . . . . . 22-6 スピーカーホン通話 . . . . . . . . . . . . . . 2-7 スピード検索 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-9 スピード検索設定 . . . . . . . . . . . . . . 15-6 スピードダイヤル . . . . . . . . . . . . . . 5-10 スライドショー . . . . . . . . . . . . . . . . 11-3 スライド表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-10 せ 静止画撮影モード . . . . . . . . . . . . . . . 7-3 静止画のBluetooth ® 送信 . . . . . . . . 12-5 静止画の削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-5 静止画の撮影 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-4 静止画の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-5 静止画のファイル名変更 . . . . . . . . . . 7-5 静止画の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-14 静止画のメール送信 . . . . . . . . . . . . . 7-19 製造番号通知 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 世界時計 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-16 設定リセット . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-10 708SC.book 17 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-18 付 録 セルフタイマー . . . . . . . . . . . . . . . . .7-11 全履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9 そ 送信済みボックス . . . . . . . . . . . . . . .18-2 送信済みボックスのアイコン . . . . . . .18-4 送信設定 . . . . . . . . . 17-9、20-2、20-4 ソフトウェア更新 . . . . . . . . . . . . . . .26-9 ソフトキー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xiv た 代替画像 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-6 ダイナミックエフェクトリスト . . . . .7-17 タイムゾーン . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-17 ダイヤル表示スタイル . . . . . . . . . . . . . 8-7 ダイヤルボタンの割り当て . . . . . . . . . 4-3 多者通話サービス . . . . . . . . . . . . . . .16-7 ち 着信応答モード . . . . . . . . . . . .9-2、12-8 着信音量の調節 . . . . . . . . . . . . . 2-3、6-3 着信拒否 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-7 着信履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9 著作権保護ファイルアイコン . . . . . . .18-4 つ 通貨・単位換算 . . . . . . . . . . . . . . .14-17 通常使用設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-12 通話時間の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . 2-11 通話時間のリセット . . . . . . . . . . . . . 2-11 通話中の操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-7 通話保留 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-7 通話料金の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . 2-11 通話履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9 て 定型文 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-8、18-2 定型文に保存 . . . . . . . . . . . . . . . . .17-17 定型文の削除 . . . . . 4-13、18-8、18-9 定型文の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . .17-12 ディスプレイ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-7 ディスプレイの明るさ . . . . . . . . . . . . 8-6 データ転送認証 . . . . . . . . . . . . . . . . 12-9 データフォルダ . . . . . . . . . .7-14、11-2 テキスト検索 . . . . . . . . . . . . . . . . .22-12 テキストコピー . . . . . . . . . . . . . . .22-12 デバイス名称変更 . . . . . . . . . . . . . . . 12-9 デルモジ表示設定 . . . . . . . . . . . . . . . 20-5 電源の入れかた/切りかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-15、1-16 転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-7 転送電話サービス . . . . . . . . . . . . . . 16-2 電池パック . . . . . . . . . . . . . . . 1-9、1-11 電池パックの取り付けかた/ 取り外しかた . . . . . . . . . . . . . . . . 1-11 添付ファイル . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-11 添付ファイルのアイコン . . . . . . . . 17-13 添付ファイルの確認 . . . . . . . . . . . . 18-11 添付ファイルの保存 . . . . . . . . . . . . 18-12 添付ファイル/挿入 . . . . . . . . . . . . 17-12 電話帳の検索 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-8 電話帳のコピー . . . . . . . . . . . . . . . . 5-13 電話帳の削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-13 電話帳の登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-3 電話帳の登録項目 . . . . . . . . . . . . . . . 5-2 電話帳の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-12 電話の受けかた . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-3 電話のかけかた . . . . . . . . . . . 2-2、2-14 と 動画のBluetooth ® 送信 . . . 7-10、12-5 動画の再生 . . . . . . . . . . . . . . 7-14、10-9 動画の撮影 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-9 動画の表示サイズ . . . . . . . . . . . . . 10-12 動画の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-16 動画のメール送信 . . . . . . .7-19、11-13 時計/カレンダー表示 . . . . . . . . . . . . 8-4 708SC.book 18 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-19 付 録 な 並べ替え . . . . . . .11-9、14-11、18-15 に 日時設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-16 ね ネットワークモード . . . . . . . . . . . . .2-12 は バイブ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14-2 パスキー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12-4 パスワードロック . . . . . . . . . . . . . . .13-5 バックライト . . . . . . . . . . . . .8-6、10-8 発信者番号通知サービス . . . . . . . . 16-11 発信履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9 発着信規制サービス . . . . . . . . . . . . .16-9 発着信規制用暗証番号 . . . . 1-21、16-10 貼り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-10 番号入力での項目選択 . . . . . . . . . . . .1-19 ひ ビジュアル設定 . . . . . . . . . . . . . . . . .10-8 ビデオ設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-13 ビューファインダー . . . . . . . . . . . . . . 7-2 表示モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-5 標準スタイル設定 . . . . . . . . . . . . . . . 20-4 ふ ファイルのアイコン . . . . . . .11-2、11-4 ファイルの確認 . . . . . . . . . . . . . . . . 11-3 ファイルのコピー . . . . . . . . . . . . . .11-17 ファイルの削除 . . . . . . . . . . . . . . .11-18 ファイルの詳細 . . . . . . . . . . . . . . .11-14 ファイルの添付/挿入 . . . . . . . . . .17-12 ファイルの並べ替え . . . . . . . . . . . . . 11-9 ファイルの保護/保護解除 . . . . . . .11-14 ファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . .11-10 ファイルビューア . . . . . . . . . . . . . . . 11-5 ファイル名変更 . . . . . . . . . . . . . . .11-15 フォトスライド . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-2 フォルダのコピー . . . . . . . . . . . . . .11-17 フォルダの削除 . . . . . . . 11-18、18-14 フォルダの作成 . . . . . . . 11-15、18-13 フォルダ名変更 . . . . . . . 11-15、18-13 フォントタイプ . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-5 不在着信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-4 不在着信履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9 ブックマークからウェブ接続 . . . . . . 22-9 ブックマークのURL送信 . . . . . . . . . 22-9 ブックマークの削除 . . . . . . . . . . . . . 22-9 ブックマークの登録 . . . . . . . . . . . . . 22-8 ブックマークの編集 . . . . . . . . . . . . . 22-9 プッシュトーン . . . . . . . . . . . . .2-8、6-5 プライバシーロック . . . . . . . . . . . . . 13-5 ブラウザ情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 プリインストール . . . . . . . . . . . . . . 11-2 プレイヤー設定 . . . . . . . . .10-7、10-11 プレイリスト作成 . . . . . . . . . . . . . . 10-6 プレイリストに追加 . . . . . . . . . . . . . 10-5 フレーム . . . . . . . . . . . . . . . . 7-5、7-15 へ ページの詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 返信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-5、18-6 ほ ボイスレコーダー . . . . . . . . . . . . . 14-13 他のBluetooth ® 機器との接続 . . . . 12-5 保護/保護解除 . . . . . . . . . . . . . . . 11-14 ボタンのロック . . . . . . . . . . . . . . . . 15-6 ポップアップメニュー . . . . . . . . . . . . 8-5 ま マスストレージ . . . . . . . . . . . . . . . 12-11 マナーモード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 マルチファンクションボタン . . . . . . . . xv 708SC.book 19 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-20 付 録 み 未送信ボックス . . . . . . . . . . . . . . . . .18-2 未送信ボックスのアイコン . . . . . . . .18-4 未送信メールの送信 . . . . . . . . . . . . .18-7 ミュート . . . . . . . . . . . . . 2-3、2-8、9-3 め メインメニューからの機能選択 . . . . .1-18 メインメニュースタイル . . . . . . . . . . .8-5 メール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-2 メールアート機能 . . . . . . . . . . . . . . .17-5 メールサーバー . . . . . . . . . . . . . . . . .19-2 メール種別アイコン . . . . . . . . . . . . .18-4 メール全受信 . . . . . . . . . . . . . . . . . .19-2 メール転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .19-3 メールの移動 . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 メールの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-8 メールの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-5 メールの詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-3 メールボックス . . . . . . . . . . . . . . . . .18-2 メールリスト . . . . . . . . . . . . . . . . . .19-2 メールリスト更新 . . . . . . . . . . . . . . .19-2 メール・アドレス設定 . . . . . . . . . . . .20-2 目覚ましアラーム . . . . . . . . . . . . . . .14-2 メディアプレイヤー . . . . . . . . . . . . .10-2 メニュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-20 メニュー文字サイズ . . . . . . . . . . . . . . 8-6 メモ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-8 メモリカードの詳細 . . . . . . . . . . . .11-22 メモリカードのフォーマット . . . . .11-22 メモリカードの利用 . . . . . . . . . . . .11-19 メモリカード名変更 . . . . . . . . . . . .11-22 メモリ消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-9 メモリ容量確認 . . . . . . . . . .15-8、18-2 メロディの再生 . . . . . . . . . . . . . . . . 10-3 も モードの切り替え . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 モードの設定変更 . . . . . . . . . . . . . . . . 9-2 文字サイズ . . . . 4-11、8-6、8-7、23-3 文字の引用入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-8 文字の修正 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-9 文字の消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-9 文字の入力 . . . . . . . . . . . . . . . . 4-2、4-4 文字の入力モード . . . . . . . . . . . . . . . . 4-2 元に戻す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-10 モバイルトラッカー . . . . . . . . . . . . . 13-6 モバイルポストカード . . . . . . . . . . . . 7-6 ゆ ユーザー設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 ユーザ辞書 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-11 優先事業者リスト . . . . . . . . . . . . . . 2-13 優先メモリに設定 . . . . . . . . . . . . . . 15-8 よ 予測入力ON/OFF . . . . . . . . . . . . . . 4-11 り リセット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-10 リトライ機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-2 リピートモード . . . . . . . . .10-7、10-11 料金上限設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-12 履歴の削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9 履歴表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9 る 累積通話料金のリセット . . . . . . . . . 2-11 ルート証明書 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-4 留守番電話サービス . . . . . . . . . . . . . 16-4 れ 連写撮影 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-7 ろ 録音時間の変更 . . . . . . . . . . . . . . . 14-15 録音設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-15 708SC.book 20 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-21 付 録 わ 割込通話サービス . . . . . . . . . . . . . . .16-6 708SC.book 21 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-22 付 録 保証とアフターサービス 保証について 708SC本体をお買い上げいただいた場合は、保証書が付い ております。 ● お買い上げ店名、お買い上げ日をご確認ください。 ● 内容をよくお読みのうえ、大切に保管してください。 ● 保証期間は、保証書をご覧ください。 本製品の故障、または不具合などにより、通話などの機会を 逸したためにお客様または第三者が受けた損害につきまし ては、当社は責任を負いかねますのであらかじめご了承くだ さい。 修理を依頼される場合 「故障かな?と思ったら」をお読みのうえ、もう一度お確か めください。それでも異常がある場合は、ご契約いただいた 各地域の故障受付(fP.26-23)または最寄りのソフトバ ンクショップへご相談ください。 その際できるだけ詳しく異常の状態をお聞かせください。 ● 保証期間中は保証書の記載内容に基づいて修理いたしま す。 ● 保証期間後の修理につきましては、修理により機能が維持 できる場合は、ご要望により有償修理いたします。 注意 ● 故障または修理により、お客様が登録・設定した内容が消去・ 変化する場合がありますので、大切な電話帳などは控えをとっ ておかれることをおすすめします。なお、故障または修理の際 に708SCに登録したデータ(電話帳やデータフォルダの内容 など)や設定した内容が消失・変化した場合の損害につきまし ては、当社は責任を負いかねますのであらかじめご了承くださ い。 ● 本製品を分解、改造すると電波法に触れることがあります。ま た、改造された場合は修理をお引受けできませんので、ご注意 ください。 708SC.book 22 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-23 付 録 お問い合わせ先一覧 お困りのときや、ご不明な点などがございましたら、お気軽に下記お問い合わせ先までご連絡ください。 番号はお間違いのないようにおかけください。 一般電話からおかけの場合 ソフトバンクお客さまセンター ソフトバンク国際コールセンター 総合案内 ソフトバンク携帯電話から157(無料) 海外からのお問い合わせおよび盗難・紛失のご連絡 紛失・故障受付 ソフトバンク携帯電話から113(無料) +81-3-5351-3491(有料) ご契約地域 お問い合わせ先 北海道・青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県・新潟県・東京都・ 神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・長野県・ 富山県・石川県・福井県 総合案内 0088-240-157(無料) 紛失・故障受付 0088-240-113(無料) 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県 総合案内 0088-241-157(無料) 紛失・故障受付 0088-241-113(無料) 大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県 総合案内 0088-242-157(無料) 紛失・故障受付 0088-242-113(無料) 広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・ 福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県 総合案内 0088-250-157(無料) 紛失・故障受付 0088-250-113(無料) 708SC.book 23 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-24 MEMO 708SC.book 24 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-25 MEMO 708SC.book 25 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-26 MEMO 708SC.book 26 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-27 MEMO 708SC.book 27 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-28 MEMO 708SC.book 28 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-29 MEMO 708SC.book 29 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分26-30 MEMO 708SC.book 30 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分SoftBank 708SC 取扱説明書 2007 年 1 月 第 1 版発行 *ご不明な点はお求めになられた ソフトバンク携帯電話取扱店に ご相談ください。 ソフトバンクモバイル株式会社 機種名 SoftBank 708SC 製造元 Samsung Electronics Co.,Ltd. 携帯電話・PHS事業者は、環境を保護し貴重な資源を再 利用するために、お客様が不要となってお持ちになる電話 機・電池・充電器をブランド・メーカーを問わず上記の マークのあるお店で回収し、リサイクルを行っています。 ※回収した電話機・電池・充電器はリサイクルするため ご返却できません。 ※プライバシー保護の為、電話機に記憶されているお客 様の情報(電話帳・通信履歴・メール等)は事前に消 去願います。 708SC.book i ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分 はじめに このたびは、「SoftBank 708SC」をお買い上げい ただき、まことにありがとうございます。 ●SoftBank 708SCをご利用の前に本書をご覧にな り、正しくお取り扱いください。 ●本書をご覧いただいたあとは、大切に保管してくだ さい。 ●本書を万一紛失または損傷したときは、お問い合わ せ先(fP.26-23)までご連絡ください。 ●ご契約の内容により、ご利用になれるサービスが限 定されます。 708SCは、3G方式とGSM方式に対応しておりま す。 ご注意 ・ 本書の内容の一部でも無断転載することは禁止 されております。 ・ 本書の内容は将来、予告なしに変更することが ございます。 ・ 本書の内容に関して、一部日本では提供してい ない機能、サービスの説明が記載されている場 合があります。 Not all functions and services described in this user guide are available in Japan. ・ 本書の内容については万全を期しておりますが、 万一ご不審な点や記載漏れなどお気づきの点が ございましたら、お問い合わせ先(fP.26-23) までご連絡ください。 ・ 乱丁、落丁はお取り替えいたします。 708SC.book i ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分i お買い上げ品の確認 SoftBank 708SC本体のほかに、次の付属品がそろっていることをお確かめください。付属品は、オプショ ン品としても取り扱いしております。 付属品、オプション品につきましては、お問い合わせ先(fP.26-23)までご連絡ください。 電池パック 急速充電器 ユーティリティソフトウェア ステレオイヤホンマイク (CD-ROM) USBケーブル 補足 ● microSDTM メモリカードについて 708SCはmicroSDTM メモリカード(以降、「メモリカード」と記載します)に対応しています。ご利用にあたっては、市販のmicroSDTM メモリカードを購入してください。 ● ユーティリティソフトウェアについて ユーティリティソフトウェアの取扱説明書は、CD-ROMに格納されております。また、ユーティリティソフトウェアは予告無く変更さ れる場合があります。あらかじめご了承ください。なお、最新版のユーティリティソフトウェアはソフトバンクホームページ(http:// www.softbank.jp)からダウンロードいただけます。 708SC.book i ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ii 目 次 お買い上げ品の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .i 目 次 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ii 本書の見かた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xii 安全上のご注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xiv お願いとご注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxv 708SCの比吸収率(SAR)について . . . . . . . . . . . . xxx 1 ご利用になる前に USIMカードのお取り扱い . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-2 USIMカードをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-2 USIMカードを取り付ける/取り外す. . . . . . . . . . . . . . .1-3 PINコード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-4 各部の名称と機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-5 本体. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-5 ディスプレイ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-7 電池パックと充電器のお取り扱い . . . . . . . . . . . . . . . . 1-9 電池パックと充電器をご利用になる前に. . . . . . . . . . . . .1-9 電池パックを取り付ける/取り外す . . . . . . . . . . . . . . 1-11 急速充電器を利用して充電する . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-12 シガーライター充電器(オプション)を利用して 充電する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-14 電源を入れる/切る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-15 電源を入れる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-15 電源を切る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-16 日付・時刻の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-16 日付や時刻を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-16 日付や時刻を自動的に補正する . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-17 タイムゾーンを変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-17 機能の呼び出しかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-18 メインメニューから機能を呼び出す . . . . . . . . . . . . . . 1-18 ショートカットキーで機能を呼び出す . . . . . . . . . . . . 1-19 スイッチバーで機能を呼び出す . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-20 メニューの使いかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-20 暗証番号. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-21 暗証番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-21 交換機用暗証番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-21 発着信規制用暗証番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-21 2 基本的な操作のご案内 電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-2 電話を受ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-3 着信を拒否して電話を切る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-5 簡易留守録の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-5 簡易留守録を設定/解除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-5 呼出時間を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-6 応答メッセージの言語を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .2-6 録音された用件を確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-6 通話中の操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-7 相手の声の音量を調節する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 通話を保留にする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 スピーカーホン通話に切り替える. . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 708SC.book ii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分iii 相手の声を録音する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-7 通話中のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-8 通話履歴の利用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9 通話履歴を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-9 通話履歴を使って電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-9 通話履歴を削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-9 通話履歴のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-10 通話時間/通話料金を管理する. . . . . . . . . . . . . . . . .2-11 データ通信量/通話時間/通話料金を確認する. . . . . . 2-11 通話料金の限度額を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-12 通話中の画面に通話料金を表示する . . . . . . . . . . . . . . 2-12 海外での利用(国際ローミング). . . . . . . . . . . . . . . .2-12 ネットワークモードを切り替える. . . . . . . . . . . . . . . . 2-12 ネットワークを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-13 海外で電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-14 緊急電話発信について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-14 3 マナーモード マナーについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 マナーを守るための機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .3-2 マナーモードを設定/解除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 モードを切り替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2 オフラインモードを設定/解除する . . . . . . . . . . . . . . 3-3 4 文字の入力方法 文字入力について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-2 文字入力画面について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-2 入力モードの切り替え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-2 ダイヤルボタンの割り当て. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-3 文字の入力方法. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-4 漢字/ひらがなを入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-4 カタカナを入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-5 英字を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-6 数字を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-7 記号/絵文字/顔文字を入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . .4-7 改行する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-8 登録内容や文を引用して入力する. . . . . . . . . . . . . . . . . .4-8 ハングル入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-9 文字の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-9 文字を消去/修正する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-9 コピー/切り取り/貼り付けをする . . . . . . . . . . . . . . . .4-9 カーソルを先頭/最後に移動する. . . . . . . . . . . . . . . . 4-10 予測入力機能の設定/解除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 学習機能の設定/解除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 文字サイズの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 ユーザ辞書の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-11 入力した文字をユーザ辞書に登録する . . . . . . . . . . . . 4-12 SMS定型文の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4-13 5 電話帳 電話帳の登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-2 電話帳に登録できる項目 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-2 電話帳に登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-3 通話履歴から登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-5 708SC.book iii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分iv グループの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-6 USIMカードのグループを作成する . . . . . . . . . . . . . . . .5-6 グループの設定を変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-6 グループにメンバーを追加する . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-7 電話帳の利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-8 電話帳から電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-8 スピードダイヤルで電話をかける. . . . . . . . . . . . . . . . 5-10 電話帳のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-11 電話帳の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-12 電話帳を編集する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-12 使用する電話番号やE-mailアドレスを発信/ 送信種別ごとに設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-12 USIMカードとの間で電話帳をコピーする . . . . . . . . . 5-13 電話帳を削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-13 オーナー情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .5-14 6 TVコール TVコールをご利用になる前に. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-2 TVコールをかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-2 TVコールを受ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-3 TVコール中の操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-3 TVコール中のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-5 TVコールの各種設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-5 自画像の送信について設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-5 代替画像を選択する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-6 TVコールがつながらなかったときの動作を設定する . . .6-6 TVコールを受けたときに音声を送信しないように 設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .6-7 7 カメラ カメラをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-2 カメラ利用時のご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-2 ビューファインダー(撮影画面) . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-2 静止画の撮影 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-3 静止画撮影モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-3 静止画を撮影する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-4 動画の撮影 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-9 動画撮影モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-9 動画を撮影する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-9 カメラの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-11 静止画の設定をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-11 動画の設定をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-13 画像の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-14 静止画を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-14 動画を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-14 静止画の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-14 動画の編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-16 Flash ® の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-17 メール添付 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7-19 8 ディスプレイの設定 待受画面の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-2 ディスプレイの壁紙を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-2 時計表示を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-4 事業者名を表示させる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-5 708SC.book iv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分v 表示するフォントの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-5 メニュー表示の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-5 メニュースタイルを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8-5 ポップアップメニューを設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-5 メニューの文字サイズを設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-6 明るさと点灯時間の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-6 ディスプレイの明るさを調整する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-6 バックライト点灯時間を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . .8-6 ダイヤル表示の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-7 表示言語の切り替え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-7 9 音の設定 各モードの設定内容を変更する. . . . . . . . . . . . . . . . . . 9-2 10 メディアプレイヤー メディアプレイヤーをご利用になる前に . . . . . . . . . .10-2 音楽を再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10-3 プレイリストを使って再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-6 音楽再生のプレイヤー設定を変更する. . . . . . . . . . . .10-7 リピートモードを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-7 再生中の音量を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-7 オーディオスキンを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-8 ビジュアルを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-8 動画を再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10-9 動画再生のプレイヤー設定を変更する. . . . . . . . . . 10-11 リピートモードを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-11 再生中の音量を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-12 表示サイズを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10-12 11 データ管理(データフォルダ) データフォルダについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11-2 データフォルダの構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-2 ファイルの確認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11-3 ファイルを確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-3 ファイルビューアでドキュメントを確認する . . . . . . . 11-5 SVG-T/Flash ® ビューアでグラフィックス/ アニメーションを確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-8 ファイルを並べ替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-9 ファイルの利用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-10 画像ファイルを各種の画面に設定する . . . . . . . . . . . 11-10 サウンドファイルを着信音に設定する . . . . . . . . . . . 11-11 動画ファイルを着信音に設定する. . . . . . . . . . . . . . . 11-11 Flash ® ファイルを壁紙に設定する. . . . . . . . . . . . . . 11-12 vファイルを各機能に取り込む . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-12 データフォルダのメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . 11-13 ファイル/フォルダの管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-15 フォルダを作成する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-15 ファイル名/フォルダ名を変更する . . . . . . . . . . . . . 11-15 ファイル/フォルダを移動する . . . . . . . . . . . . . . . . 11-16 ファイル/フォルダをコピーする. . . . . . . . . . . . . . . 11-17 ファイル/フォルダを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . 11-18 コンテンツ・キーを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-19 メモリカードの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11-19 メモリカードの取り扱いについて. . . . . . . . . . . . . . . 11-20 708SC.book v ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分vi メモリカードを取り付ける/取り外す . . . . . . . . . . . 11-20 メモリカードの表示名を変更する. . . . . . . . . . . . . . . 11-22 メモリカードの詳細情報を表示する . . . . . . . . . . . . . 11-22 メモリカードをフォーマット(初期化)する . . . . . . 11-22 12 外部接続 外部接続について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12-2 Bluetooth ® . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12-2 Bluetooth ® 通信をご利用になる前に . . . . . . . . . . . . 12-2 データを送受信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-3 ハンズフリー機器などを接続する. . . . . . . . . . . . . . . . 12-7 Bluetooth ® の設定を変更する. . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-8 USB接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12-9 パソコンに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-9 プリンタに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-10 マスストレージ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-11 パソコンに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-11 パソコンから取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12-11 13 セキュリティ 暗証番号の変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-2 PINコードの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-2 PIN/PIN2コードを変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-2 起動時PIN認証. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-3 PINロックを解除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-3 USIM照合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-4 無断で利用されたくないとき . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-4 簡易ロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-4 パスワードロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-5 プライバシーロック. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-5 シークレットモード設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-6 モバイルトラッカー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-6 番号通知のない着信/迷惑電話を拒否する (着信拒否) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-7 非通知着信の許可/拒否を設定する . . . . . . . . . . . . . . 13-7 電話番号が通知不可能な着信の許可/ 拒否を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-8 着信拒否する電話番号を登録する. . . . . . . . . . . . . . . . 13-8 お買い上げ時の状態に戻す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13-9 本体の登録内容を消去する(メモリ消去). . . . . . . . . . 13-9 各機能の設定をお買い上げ時の状態に戻す (リセット). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-10 14 ツール アラーム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14-2 目覚まし/アラームを登録/設定する . . . . . . . . . . . . 14-2 アラーム起動時の自動電源ONを設定する . . . . . . . . . 14-4 カレンダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14-4 カレンダーを表示する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-4 カレンダーに新規登録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-6 登録内容を確認する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-10 登録内容を編集する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-10 登録内容を削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-11 カレンダーのメニュー操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-12 ボイスレコーダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-13 708SC.book vi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分vii ディスプレイの表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-13 音声を録音する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-13 音声を再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-14 ボイスレコーダーの設定を変更する . . . . . . . . . . . . . 14-15 世界時計. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-16 世界時計を見る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-16 地域を登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-16 簡易電卓. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-17 通貨や単位の換算をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-17 通貨換算する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-17 他の単位に換算する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-18 ストップウォッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-19 辞典 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14-19 15 その他の機能 発信時の便利な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-2 お話し中だった相手に自動的にリダイヤルする. . . . . . 15-2 国際コード/国番号を付加して電話をかける . . . . . . . 15-2 イヤホン通話 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-3 着信時の便利な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-4 エニーキーアンサー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-4 アコースティックショック調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . 15-5 サイドキー操作で着信音を消す/応答拒否する. . . . . . 15-5 スピード検索を利用するかどうかを設定する. . . . . . .15-6 キーロックについて設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-6 ショートカット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-7 データの保存先を708SC本体/ メモリカードに指定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-8 メモリ容量確認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15-8 16 オプションサービス オプションサービスの種類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-2 転送電話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-2 転送電話サービスを開始する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-3 転送電話サービスを停止する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-3 転送電話サービスの設定を確認する . . . . . . . . . . . . . . 16-4 留守番電話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-4 留守番電話サービスを開始する . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-4 留守番電話サービスを停止する . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-4 留守番電話サービスの設定を確認する . . . . . . . . . . . . 16-5 留守番電話の伝言メッセージを聞く . . . . . . . . . . . . . . 16-5 着信お知らせ機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-6 割込通話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-6 割込通話サービスを開始/停止する . . . . . . . . . . . . . . 16-6 割込通話を受ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-6 多者通話サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-7 通話中に別の相手に電話をかける. . . . . . . . . . . . . . . . 16-7 切替通話 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-8 多者通話 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-8 発着信規制サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16-9 発信規制/着信規制を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-9 発着信規制の制限をすべて解除する . . . . . . . . . . . . . 16-10 発着信規制用暗証番号を変更する. . . . . . . . . . . . . . . 16-10 708SC.book vii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分viii 発信者番号通知サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16-11 発信者番号の通知/非通知を設定する . . . . . . . . . . . 16-11 発信者番号を通知して/非通知でかける. . . . . . . . . . 16-11 17 メール送受信 メールをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-2 新着メールの確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-2 メールの続きを受信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-3 受信したメールを利用する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-5 メールの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17-5 操作手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-6 宛先を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-7 件名を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-8 本文を入力する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-9 送信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-9 スライド表示を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-10 本文欄のスタイルを編集する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-10 定型文を利用する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-12 ファイルの添付/挿入. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-12 データフォルダなどからファイルを添付する/ 本文欄に挿入する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-13 ファイルを作成して本文欄に挿入する . . . . . . . . . . . 17-15 作成メールの保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-16 下書きに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-16 定型文に保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17-17 18 メールボックス メールの内容確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-2 メール一覧から確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-2 メッセージ画面からの操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-5 メールの返信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-6 メールの転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-7 下書きからのメール送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-7 未送信ボックスからのメール送信 . . . . . . . . . . . . . . .18-7 メールの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18-8 メールを指定して削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-8 メールボックスを指定して削除する . . . . . . . . . . . . . . 18-9 メールボックス内のメールをすべて削除する . . . . . . . 18-9 メール内の電話番号/E-mailアドレス/ URLの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-10 電話帳に登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-10 ブックマークに登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-10 電話発信/メール送信/インターネットアクセスを 行う . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-11 添付ファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-11 添付ファイルを確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-11 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-12 フォルダの管理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 フォルダを作成する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 フォルダ名を変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 セキュリティを設定/解除する . . . . . . . . . . . . . . . . 18-13 メールを移動する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 フォルダを削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 708SC.book viii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ix メール一覧画面からの操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 電話帳に登録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-14 メールを並べ替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-15 SMSを708SC本体/USIMカードに移動する. . . . . 18-16 S!メール定型文を登録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18-16 メール一覧画面のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . 18-17 19 メールサーバー メールリストの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .19-2 メールリストを取得する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19-2 メールリストからメールを受信する . . . . . . . . . . . . . . 19-2 メールリストを利用してサーバー内のメールを 削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19-2 サーバー内のメール転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .19-3 20 メールのその他設定 メールアドレスの変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-2 S!メール設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-2 送信設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-2 受信設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-3 最大メールサイズ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-4 標準スタイル設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-4 SMS設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-4 デルモジ表示設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-5 引用返信. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20-6 21 ウェブの基本操作 ウェブをご利用になる前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .21-2 ウェブにアクセスする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .21-3 Yahoo!ケータイのメインメニューから アクセスする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-3 URLを入力してアクセスする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-4 情報画面の操作のしかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .21-4 情報内の電話番号/E-mailアドレス/URLを 利用する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21-7 22 情報の利用 画像ファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-2 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-2 壁紙に登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-3 サウンドファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-3 サウンドを再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-3 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-4 動画ファイルの利用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-5 動画を再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-5 データフォルダに保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-5 ストリーミング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-6 お気に入り . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-7 お気に入りに保存する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 お気に入りを表示する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 お気に入りのタイトルを編集する. . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 お気に入りを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-7 708SC.book ix ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分x ブックマーク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22-8 ブックマークに登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-8 ブックマークから接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-9 ブックマークを編集する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-9 ブックマークを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-9 アクセス履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-10 情報表示中の各種設定・操作 . . . . . . . . . . . . . . . . 22-11 画面表示を切り替える . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-11 情報画面のテキストを検索する . . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 情報画面のテキストをコピーする. . . . . . . . . . . . . . . 22-12 最新の情報に更新する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 URLを確認する(ページの詳細) . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 URLをメールで送信する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-12 サーバ証明書を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-13 ホームページを表示する(Yahoo!ケータイ) . . . . . . 22-13 文字コードを変更する(エンコード) . . . . . . . . . . . . 22-13 情報画面のメニュー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22-13 23 ウェブのその他設定 画像やサウンドの取得設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-2 セキュリティ設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-2 Cookieの有効/無効を設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . 23-2 JavaScriptの有効/無効を設定する . . . . . . . . . . . . . 23-3 文字のサイズを設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 製造番号を通知する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 ブラウザ情報を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-3 ルート証明書を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23-4 ウェブの初期化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23-4 情報画面のキャッシュ/Cookieを消去する . . . . . . . . 23-4 24 Abridged English Manual Accessories . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .24-2 Safety Precautions . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .24-3 General Notes . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 General Use . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Inside Vehicles. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Abroad Aircraft. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Electromagnetic Waves . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-14 Handset Care . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-15 Handset Camera Usage . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-16 Copyrights. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-16 Minding Mobile Manners . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-16 Manner-Related Functions . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-17 Handset Parts & Functions . . . . . . . . . . . . . . 24-18 Handset. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-18 Inserting & Removing USIM Card . . . . . . . . . . . 24-20 Charging Battery . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-21 Display Indicators . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-24 Symbols. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-25 USIM PINs. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-26 Security Codes. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-26 Basic Handset Operations . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 Handset Power On/Off . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 English Display. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 Your Phone Number . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 Setting Clock . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-28 708SC.book x ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xi Network Settings. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-29 Initiating a Voice Call. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-29 Redial. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-30 Calling from Received Calls . . . . . . . . . . . . . . . . 24-30 Initiating a Video Call. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-30 Answering a Voice Call . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Answering a Video Call . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Total Charges & Call Time . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Muting Microphone . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-31 Forwarding a Call . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-32 Manner Profile. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-32 Entering Characters . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-33 Entry Modes . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-33 Key Assignments. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-33 Symbols, Pictograms & Emoticons. . . . . . . . . . 24-34 Saving to Phonebook. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-34 Phonebook Entry Items . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-34 New Phonebook Entries . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-36 Editing Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-36 Saving from Call Log Records . . . . . . . . . . . . . . 24-37 Using Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-37 Searching Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-37 Calling from Phonebook . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-38 Mobile Camera . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-38 Before Using Camera . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-38 Capturing Still Images. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Data Folder . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Contents . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Opening Data Folder Files. . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-39 Yahoo! Keitai. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-40 Opening Yahoo! Keitai Menu . . . . . . . . . . . . . . . 24-40 Messaging . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-40 Opening Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-41 Editing Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-41 Customizing Handset Address . . . . . . . . . . . . . 24-42 Sending Text Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-42 Incoming Text Messages . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Opening Messages . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Retrieving Complete S! Mail . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Replying & Forwarding . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-44 Function Menu. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-45 Specifications . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-46 Customer Service . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24-48 708SC.book xi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xii 25  25-2 25-11 25-11 25-11 25-11 25-12 25-12 25-13 25-13 25-14 25-14 25-16 25-17 25-19 25-21 25-21 25-22 25-23 25-23 25-23 25-23 25-13 25-23 25-24 25-24 25-25 25-25 25-25 25-25 25-25 25-26 25-26 25-26 25-27 25-27 25-28 25-28 25-29 25-29 25-31 25-27 25-30 25-30 25-31 25-31 25-32 708SC.book xii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xiii 26 付録 機能一覧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .26-2 故障かな?と思ったら. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .26-3 ソフトウェアを更新する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .26-9 記号/絵文字一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-11 記号. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-11 絵文字 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-12 メモリ容量一覧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-13 主な仕様. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-13 索 引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-15 保証とアフターサービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-22 お問い合わせ先一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26-23 25-32 25-33 25-33 25-33 25-34 25-35 25-35 25-35 25-37 25-37 25-38 25-32 25-33 25-34 25-34 25-36 25-37 25-38 25-41 25-42 708SC.book xiii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xiv 本書の見かた 本書の本文中では、「SoftBank 708SC」を「708SC」 と表記しています。あらかじめご了承ください。 本書は、主にお買い上げ時の状態を基準に説明してい ます。設定を変更された場合、708SCの表示や動作 が本書の記載と異なる場合があります。 ディスプレイの表記と708SCのイラストについて 記載している画面は、表示されている内容や番号などが実際 の画面と異なる場合があります。操作の目安としてご利用く ださい。 本書のイラストはイメージイラストであり、実際の商品とは 形状が異なる場合があります。 確認/警告メッセージについて 操作中、本書に記載していないメッセージが表示されること があります。確認や警告のメッセージが表示された場合は、 内容をよくご確認ください。 ボタンの使いかたと表記について 本書では、708SCのボタンをすべて記号で表記していま す。「各部の名称と機能」(fP.1-5)を参照してください。 ソフトキーとマルチファンクションボタンの操作について は、次のように表記しています。 ソフトキー ディスプレイの最下段(ソフトキーエリア)には「選択」「保 存」のような、操作や設定の選択肢が表示されます。これら の内容を実行するには、その表示位置に対応するソフトキー を押します。 「保存」するには wを押す 「選択」するには cを押す 「再生」するには oを押す 保存 選択 再生 708SC.book xiv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xv ソフトキー操作の表記 マルチファンクションボタン マルチファンクションボタンは、上下左右の4か所を押せるボ タンです。目的の項目を選ぶときや文字入力画面でカーソル を移動するとき、画面をスクロールするときなどに使います。 マルチファンクションボタン操作の表記 uまたはdを押すとき:j lまたはrを押すとき:s u、d、l、rを押すとき:a 「反転表示」について メニュー項目や設定項目の選択画面でカーソル(「 」や 画像ファイルを囲む枠など)を目的の項目に移動させること を、この取扱説明書では「反転表示する」と表記します。 メニュー操作の表記について メインメニューからの操作やメニュー操作は、簡略化した表 記方法で説明しています。 メインメニュー操作 メインメニューからの操作の詳細は、「メインメニューから 機能を呼び出す」(fP.1-18)を参照してください。 メニュー操作 (保存)を押す ソフトキーエリアの表示 押すボタン l u r d A を押し、「設定」→「ディスプレイ設定」→ 「壁紙設定」の順に選択する メインメニュー項目を反転表示し、c(選択)を押 す操作を繰り返すことを示す A メニューから「送信」→「Bluetooth」の順に 選択する メニュー項目を反転表示してc(選択)を押す操 作を繰り返すことを示す o(メニュー)を押してメニューを 呼び出すことを示す 708SC.book xv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xvi 安全上のご注意 ● ご使用の前に、「安全上のご注意」をよくお読みのうえ正しくお使いください。 また、お読みになったあとは必要なときにご覧になれるよう、大切に保管してください。 ● この取扱説明書に示した説明事項は、お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防止するための内容を記載 していますので、必ずお守りください。 ● 本製品の故障、誤作動または不具合などにより、通話などの機会を逸したために、お客様、または第三者が受けられた損害 につきましては、当社は責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。 ご使用の前に ●絵表示について この取扱説明書には、安全にお使いいただくためにいろいろな絵表示をしています。 その表示を無視し、誤った取り扱いをすることによって生じる内容を次のように区分しています。 内容をよく理解してから本文をお読みください。 ●絵表示の意味 誤った取り扱いをしたときに、人が死亡または重傷を負うおそれが高い内容を示しています。 誤った取り扱いをしたときに、人が死亡または重傷を負うおそれがある内容を示しています。 誤った取り扱いをしたときに、けがをしたり財産に損害を受けるおそれがある内容を示しています。 危険 警告 注意 記号は してはいけないこと(禁止)を表して います。 記号は しなければならないこと(指示)を 表しています。 記号は 気をつける必要があることを表して います。 708SC.book xvi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xvii 708SC、電池パック、充電用機器の取り扱いに ついて(共通) 708SCに使用する充電器および電池パックは、 ソフトバンクが指定したものを使用してください (fP.i)。 指定品以外のものを使用すると、電池パックを漏液、発熱、 破裂させる原因となります。また、充電器が発熱したり、故 障、感電、火災の原因となります。 充電端子どうしを金属などで接触させないでくだ さい。 充電端子を針金などの金属類(金属製のストラッ プなど)で接触させないでください。また、金属製のネック レスやヘアピンなどと一緒に持ち運んだり、保管しないでく ださい。電池パックの液が漏れたり、発熱、破裂、発火、感 電により、やけどやけがの原因となります。専用ケースなど に入れて持ち運んでください。 電池パックの取り扱いについて 電池パックが漏液して液が目に入ったときは、こ すらずに、すぐにきれいな水で十分に洗ったあと、 ただちに医師の治療を受けてください。 目に障害を与えるおそれがあります。 電池パックを充電するときや、使用する場合は、必 ず次のことを守ってください。 正しく使用しないと、電池パックの液が漏れたり、 発熱、破裂、発火により、やけどやけがの原因となります。 ● 加熱したり、火の中へは投げ込まないでください。 ● 分解、改造、破壊しないでください。 ● 釘を刺したり、ハンマーでたたいたり、踏みつけたり、ハ ンダ付けをしないでください。 ● 外傷、変形の著しい電池パックは使用しないでください。 ● 充電するときは、専用の充電器以外は使用しないでくださ い(fP.i)。 ● 電池パックを708SCに装着する場合、うまく装着できな いときは、無理に装着しないでください。 ● 火のそばや、ストーブのそば、炎天下など、高温の場所で の充電、使用、放置はしないでください。 ● 付属品の電池パックは、 708SC専用です。それ以外の機 器には使用しないでください。 危険 708SC.book xvii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xviii 708SC、電池パック、充電用機器の取り扱いに ついて(共通) 内部に物や水などを入れないでください。 708SCや充電器の開口部から内部に金属類や燃 えやすい物などを差し込んだり、落とし込んだり しないでください。火災、感電の原因となります。 特にお子様のいる家庭ではご注意ください。 風呂場や雨に当たるところなどの、湿気の多いと ころでは使用しないでください。 火災、感電の原因となります。 水などの入った容器を近くに置かないでくださ い。 708SCや充電器の近くに花びん、植木鉢、コッ プ、化粧品、薬品や水などの入った容器または小さな金属物 を置かないでください。こぼれたり、中に入った場合、火 災、感電の原因となります。 引火、爆発のおそれがある場所では使用しないで ください。 プロパンガス、ガソリンなど引火性ガスや粉塵の 発生する場所で使用すると、爆発や火災の原因となります。 電子レンジや高圧容器に、電池パックや 708SC、 充電器を入れないでください。 電池パックを漏液、発熱、破裂、発火させたり、 708SCや充電器の発熱、発煙、発火や回路部品を破壊させ る原因となります。 分解や改造はしないでください。 ● 708SCや充電器の外装ケースは、開けないでく ださい。感電やけがの原因となります。 内部の点検、調整、修理は、ソフトバンクの故障受付窓口 にご依頼ください。 ● 708SCや充電器を改造しないでください。火災、感電の 原因となります。 内部に水や異物などが入ったときは 708SCの電源を切って電池パックを取り外し、 急速充電器はプラグを AC コンセントから抜い て、シガーライター充電器はプラグをシガーライターソケッ トから抜いてソフトバンクの故障受付窓口にご連絡くださ い。そのまま使用すると、火災、感電の原因となります。 警告 708SC.book xviii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xix 衝撃を与えないでください。 708SCや充電器を持ち運ぶときは、落としたり、 衝撃を与えないようにしてください。けがや故障 の原因となります。 万一、 708SCや充電器を落とすなどして外装ケースを破 損した場合は、電池パックを外してソフトバンクの故障受付 窓口にご連絡ください。そのまま使用すると、火災、感電の 原因となります。 異常が起きたときは 万一、異常な音がしたり、煙が出たり、へんなに おいがするなどの異常な状態に気がついたとき は、 708SCの電源を切って電池パックを取り外し、急速充 電器はプラグを ACコンセントから抜いて、シガーライター 充電器はプラグをシガーライターソケットから抜いてソフ トバンクの故障受付窓口に修理を依頼してください。 異常な状態のまま使用すると、火災・感電の原因となります。 ガソリンスタンドなど、引火、爆発の恐れがある 場所では、使用しないでください。 引火ガスが発生する場所では、必ず事前に電源を お切りください。ガスに引火する恐れがあり、火災の原因と なります。ガソリンスタンドでの給油中など、引火ガスが発 生する場所ではソフトバンク携帯電話の電源も切り、充電し ないでください。 708SCの取り扱いについて 事故防止のために ● 自動車や自転車などの乗物を運転するときは、 708SC を絶対にご使用にならないでくださ い。安全走行を損ない事故の原因となります。車などを安 全なところに止めてからご使用ください。 道路交通法により、運転中の携帯電話の使用は罰則の対象 となります( 2004年11月1日改正施行)。 ● 自動車やバイク、自転車などの運転中は、ステレオイヤホ ンマイクを絶対に使わないでください。交通事故の原因と なります。 ● 歩行中は、周囲の音が聞こえなくなるほど、音量を上げす ぎないでください。特に、踏切や横断歩道などでは、十分 に気をつけてください。交通事故の原因となります。 ステレオイヤホンマイクやストラップを持って 708SCを振り回したり、投げたりしないでくだ さい。 本人や他人に当たり、けがなどの事故や故障および破損の原 因となります。 航空機内では、 708SCの電源を切ってください。 電波の影響で航空機の電子精密機器の故障の原因 および安全に支障をきたすおそれがあります。 708SC.book xix ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xx バイブレータや着信音の設定にご注意ください。 心臓の弱い方は、設定にご注意ください。 屋外で使用中に雷が鳴りだしたら、すぐに電源を 切って安全な場所に移動してください。 落雷、感電の原因となります。 ぬれた手で708SCに触らないでください。 感電、故障の原因となります。 充電用機器の取り扱いについて 指定以外の電圧では使用しないでください。 指定された電源電圧以外の電圧で使用しないでく ださい。火災、感電の原因となります。 ● 急速充電器: AC100V~ 240V 海外での充電に起因するトラブルについては、当社は一切 責任を負いません。 ● シガーライター充電器: DC12/24V 市販の「変圧器」は使用しないでください。 急速充電器を、海外旅行用として市販されている 「変圧器」などに接続しますと、火災、感電、故障 の原因となることがあります。 シガーライター充電器はプラスアース車には使用 しないでください。 シガーライター充電器は、マイナスアース車専用 です。プラスアース車には使用しないでください。火災の原 因となります。 充電器のプラグを、ぬれた手で抜き差ししないで ください。 感電の原因となります。 充電器は、タコ足配線しないでください。 発熱により火災の原因となります。 充電器のコードを傷つけたり、無理に曲げたり、ね じったり、加工したりしないでください。また、重 い物を載せたり、加熱したり、引っぱったりしな いでください。 コードが破損し、火災、感電の原因となります。 接続コネクターの端子をショートさせないでくだ さい。 接続コネクターの端子を金属類でショートさせな いでください。充電器が発熱したり、発火、感電の原因とな ります。 708SC.book xx ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxi 事故防止のために シガーライター充電器は、運転に支障のない位置 に取り付けてください。取り付けが不十分な場合、 落ちたりして、けがや事故の原因となります。 急速充電器コードやシガーライター充電器コード が傷ついたときは(芯線の露出、断線など) ソフトバンクの故障受付窓口に交換をご依頼くだ さい。そのまま使用すると、火災、感電の原因となります。 雷が鳴りだしたときは 安全のため早めに急速充電器のプラグを ACコン セントから抜いておいてください。火災、感電、故 障の原因となります。 充電器は、乳幼児の手の届かない所で使用、保管 してください。 感電、けがの原因となります。 電池パックの取り扱いについて 充電の際に所定充電時間を超えても充電が完了し ないときには、充電をやめてください。 発熱、破裂、発火の原因となります。 電池パックが漏液したり、異臭がするときにはた だちに火気から遠ざけてください。 漏液した電解液に引火し、発火、破裂する原因と なります。 電池パックの使用中や充電中または保管時に異臭 を感じたり、発熱したり、変色、変形など、今ま でと異なることに気がついたときには、708SC から取り外し、使用しないでください。 そのまま使用すると、電池パックを漏液、発熱、破裂、発火 させる原因となります。 708SC.book xxi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxii 医用電気機器の近くでの取り扱いについて ここで記載している内容は、「医用電気機器への電波の影響 を防止するための携帯電話端末等の使用に関する指針」(電 波環境協議会[平成9年4月])に準拠、ならびに「電波の 医用機器等への影響に関する調査研究報告書」(平成 13年 3月「社団法人 電波産業会」)の内容を参考にしたもので す。 植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動 器を装着されている場合は、ペースメーカなどの 装着部位から22cm以上離して携行および使用し てください。 電波により、植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細 動器が誤動作するなどの影響を与える場合があります。 満員の電車など混雑した場所では、付近に植込み 型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動器を装 着している方がいる可能性がありますので、 708SCの電源を切るようにしてください。 電波により、植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細 動器が誤動作するなどの影響を与える場合があります。 医療機関の屋内では次のことを守って使用してく ださい。 ● 手術室、集中治療室(ICU)、冠状動脈疾患監視 病室(CCU)には、 708SCを持ち込まない。 ● 病棟内では 708SCの電源を切る。 ● ロビーなどであっても、付近に医用電気機器がある場合 は、708SCの電源を切る。 ● 医療機関が個々に使用禁止、持ち込み禁止などの場所を定 めている場合は、その医療機関の指示に従う。 自宅療養など、医療機関の外で植込み型心臓ペー スメーカおよび植込み型除細動器以外の医用電気 機器を使用される場合は、電波による影響につい て個別に医用電気機器メーカなどにご確認ください。 708SC.book xxii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxiii 708SC、電池パック、充電用機器の取り扱いに ついて(共通) 置き場所について ● ぐらついた台の上や傾いたところなど、不安定 な場所に置かないでください。落ちたりして、 けがや故障の原因となることがあります。 ● 調理台や加湿器のそばなど油煙や湯気が当たるような場 所に置かないでください。火災、事故の原因となることが あります。 ● 冷気が直接吹きつけるところへは置かないでください。 露が付き、漏電、焼損の原因となることがあります。 ● 直射日光が長時間当たる場所(特に密閉した自動車内)や 暖房器具の近くには置かないでください。外装ケースが変 形、変色したり、火災の原因となることがあります。ま た、電池パックが変形して、使用できなくなることがあり ます。 ● 極端に寒い場所に置かないでください。故障や事故の原因 となることがあります。 ● 火気の近くに置かないでください。故障や事故の原因とな ることがあります。 使用場所について ● ほこりの多いところでは使用しないでくださ い。放熱が悪くなり、焼損、発火の原因となる ことがあります。 ● 海辺や砂地など内部に砂の入りやすいところで使用しな いでください。故障や事故の原因となることがあります。 ● キャッシュカード、テレホンカードなどの磁気を利用した カード類を708SCや充電器に近づけないでください。 カードに記録されているデータが消えることがあります。 708SCの取り扱いについて 708SCの温度(発熱)について 708SCを長時間利用すると、708SCが熱くなる ことがあります。また、708SCを長時間肌に触 れたまま使用していると、低温やけどになるおそれがありま す。気温や室温が高い場所では、特にご注意ください。 真夏の自動車内など、高温になる場所には置かな いでください。 708SCの外装ケースが熱くなり、やけどの原因 となることがあります。 注意 708SC.book xxiii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxiv 音量の設定について 音量の設定については、十分に気をつけてくださ い。思わぬ大音量が出て、耳を痛める原因となる ことがあります。また、耳をあまり刺激しないように適度な 音量でお楽しみください。 ステレオイヤホンマイクの取り扱いについて ● 抜くときは、必ずプラグを持って行ってくださ い。コードを持って抜くと、断線や故障の原因 となることがあります。 ● プラグはいつもきれいにしておいてください。プラグが汚 れていると雑音が出たり、誤動作の原因となることがあり ます。 自動車内でご使用のときは 708SCを自動車内で使用したときは、自動車の 車種によって、まれに車両電子機器に影響を及ぼ すことがあります。 皮膚に異常が生じた場合は、ただちに使用をやめ 医師の診断を受けてください。 下記の箇所に金属などを使用しています。お客様 の体質や体調によっては、かゆみ、かぶれ、湿疹などが生じ ることがあります。 使用箇所 使用材料、表面処理 外装ケース PC+GF30% ボタン操作面 PCシート+ラバー ディスプレイ アクリル 充電端子/外部接続端子キャップ、 メモリカードスロットキャップ PC+ウレタン 電池カバー PC+GF10% 708SC.book xxiv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxv 充電用機器の取り扱いについて 急速充電器コードやシガーライターコードの取り 扱いについて ● プラグを抜くときは、コードを引っぱらないで ください。コードを引っぱるとコードが傷つき、火災、感 電の原因となることがあります。急速充電器やシガーライ ターのプラグを持って抜いてください。 ● コードを熱器具に近づけないでください。コードの被覆が とけて、火災、感電の原因となることがあります。 ● ACコンセントやシガーライターソケットへの差 し込みがゆるくぐらついていたり、コードやプ ラグが熱いときは使用を中止してください。 そのまま使用すると、火災、感電の原因となることがあり ます。 ● シガーライターソケットの中は、きれいにしておいてくだ さい。灰などで汚れているときは、プラグを接続しないで ください。発熱によりやけどの原因となることがありま す。 指定以外のヒューズは使用しないでください。 シガーライター充電器のヒューズは、1A(アンペ ア)のものを使用してください。 指定以外のヒューズを使用したり、針金などで代用すると、 火災、故障の原因となります。 風通しの悪い場所では使用しないでください。 充電器は風通しのよい状態でご使用ください。 布や布団で覆ったり、包んだりしないでください。 熱がこもり、外装ケースが変形し、火災の原因となることが あります。 エンジンが切れた状態では使用しないでください。 シガーライター充電器をご使用になるときは、必 ずエンジンをかけておいてください。エンジンを 切ったまま使用すると、車のバッテリーを消耗させる原因と なることがあります。 長期間ご使用にならないときは 安全のため、必ず急速充電器はプラグを ACコン セントから抜いて、シガーライター充電器はプラ グをシガーライターソケットから抜いて、708SCを取り外 してください。 お手入れのときは 安全のため、急速充電器はプラグを ACコンセン トから抜いて、シガーライター充電器はプラグを シガーライターソケットから抜いて行ってください。感電や けがの原因となることがあります。 シガーライター充電器のケーブル類の配線について ケーブル類の配線は、運転または車の乗降に支障 がないようにご注意ください。けがや事故の原因 となることがあります。 708SC.book xxv ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxvi 電池パックの取り扱いについて 電池パックは乳幼児の手の届かないところに保管 してください。 けがなどの原因となることがあります。 また、使用する際にも乳幼児が機器から取り外さないように ご注意ください。 電池パックを直射日光の強い所や炎天下の車内な どの高温の場所で使用したり、放置しないでくだ さい。 発熱、発火、電池パックの性能や寿命を低下させる原因とな ることがあります。 水や海水などにつけたり、ぬらさないでください。 電池パックの破損や性能や寿命を低下させる原因 となることがあります。 電池パックが漏液して液が皮膚や衣類に付着したと きには、すぐにきれいな水で洗い流してください。 皮膚がかぶれたりする原因となることがあります。 不要になった電池パックは、一般のゴミと一緒に 捨てないでください。 端子にテープなどを貼り、個別回収に出すか、最 寄りのソフトバンクショップへお持ちください。 電池を分別している市町村では、その規則に従って処理して ください。 衝撃を与えたり、投げつけたりしないでください。 発熱、破裂、発火の原因となることがあります。 電池パックの充電は、周囲温度5~40℃の場所で 行ってください。 この温度範囲以外で充電すると、漏液や発熱した り、電池パックの性能や寿命を低下させる原因となることが あります。 電池パックをお子様がご使用の場合は、保護者が 取扱説明書の内容を教えてください。 また、使用中においても、取扱説明書のとおりに 使用しているかどうかをご注意ください。 電池パックを初めてご使用の際に、異臭や発熱な ど、その他異常と思われたときは、使用しないで、 ソフトバンクの故障受付窓口にご連絡ください。 電池パックを使い切った状態で、保管、放置はし ないでください。 また、電池パックを長期間保管、放置されるとき は、半年に1回程度、電池パックの補充電を行ってくださ い。電池パックが使用できなくなります。 708SC.book xxvi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxvii お願いとご注意 ご利用にあたって ● 事故や故障などにより708SC本体またはメモリカードに 登録したデータ(電話帳、画像、サウンドなど)が消失・ 変化した場合の損害につきましては、当社は責任を負いか ねますのであらかじめご了承ください。大切な電話帳など のデータは、控えをとっておかれることをおすすめします。 ● 708SCは、電波を利用しているため、特に屋内や地下街、 トンネル内などでは電波が届きにくくなり、通話が困難に なることがあります。また、通話中に電波状態の悪い場所 へ移動すると、通話が急に途切れることがありますので、 あらかじめご了承ください。 ● 708SCを公共の場所でご利用いただくときは、まわりの 方の迷惑にならないようにご注意ください。 ● 708SC は電波法に定められた無線局です。したがって、 電波法に基づく検査を受けていただくことがあります。あ らかじめご了承ください。 ● 一般の電話機やテレビ、ラジオなどをお使いになっている 近くで708SCを使用すると、雑音が入るなどの影響を与 えることがありますので、ご注意ください。 ● 傍受にご注意ください。 708SCは、デジタル信号を利用した傍受されにくい商品 ですが、電波を利用している関係上、通常の手段を超える 方法をとられたときには第三者が故意に傍受するケース もまったくないとは言えません。この点をご理解いただい たうえで、ご使用ください。 傍受(ぼうじゅ)とは 無線連絡の内容を第三者が別の受信機で故意または偶然 に受信することです。 自動車内でのご使用にあたって ● 運転中は、708SCを絶対にご使用にならないでください。 ● 708SC をご使用になるために、禁止された場所に駐停車 しないでください。 ● 708SCを車内で使用したときは、自動車の車種によって、 まれに車両電子機器に影響を与えることがありますので、 ご注意ください。 航空機の機内でのご使用について 航空機の機内では、絶対にご使用にならないでください(電 源も入れないでください)。運航の安全に支障をきたすおそ れがあります。 708SC.book xxvii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxviii 機能制限について ● 機種変更または解約した場合、708SCでは以下の機能が 利用できなくなります。 - カメラ - メディアプレイヤー ● 708SCを長期間お使いにならなかった場合、上記の機能 が利用できなくなる可能性があります。 お取り扱いについて ● 708SCの電池パックを長い間外していたり、電池残量の ない状態で放置したりすると、お客様が登録、設定した内 容が消失または変化してしまうことがありますので、ご注 意ください。なお、これらに関しまして発生した損害につ きましては、当社は責任を負いかねますので、あらかじめ ご了承ください。 ● 708SCは5~40℃の範囲でご使用ください。極端な高 温や低温環境、直射日光の当たる場所でのご使用、保管は 避けてください。 ● カメラ部分に、直射日光が長時間当たると、内部のカラー フィルターが変色して、映像が変色することがあります。 ● 708SCを落下させたり衝撃を与えたりしないでください。 ● お手入れは、乾いた柔らかい布などで拭いてください。 また、アルコール、シンナー、ベンジンなどを用いると色 があせたり、文字が薄くなったりすることがありますの で、ご使用にならないでください。 ● 雨や雪の日など、湿気の多い場所でご使用になるときは、 水にぬらさないように十分ご注意ください。 ● 708SCは精密部品で作られた無線通信装置です。絶対に 分解、改造はしないでください。 ● 708SCのディスプレイを堅いものでこすったり、傷つけ ないようにご注意ください。 ● ステレオヘッドホンの中には開放型のものがあり、音が外 に漏れることがあります。周囲の人の迷惑にならないよう にご注意ください。 ● 708SCは防水仕様にはなっていません。水にぬらしたり、 湿度の高い所に置かないでください。 - 雨の日にバッグの外のポケットに入れたり、手で持ち 歩かないでください。 - エアコンの吹き出し口に置かないでください。急激な 温度変化により結露し、内部が腐食する原因となりま す。 - 洗面所などでは衣服に入れないでください。ポケット などに入れて、身体をかがめたりすると、洗面所に落 としたり、水でぬらす原因となります。 708SC.book xxviii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxix - 海辺などに持ち出すときは、海水がかかったり直射日 光が当たらないように、バッグなどに入れてください。 - 汗をかいた手で触ったり、汗をかいた衣服のポケット に入れないでください。手や身体の汗が 708SCの内 部に浸透し、故障の原因になる場合があります。 ● 708SC に無理な力がかかるような場所には置かないでく ださい。故障やけがの原因となります。 - 708SCをズボンやスカートの前、または後ろのポケッ トに入れたまま、しゃがみこんだり座席や椅子などに 座らないでください。特に、厚い生地の衣服のときは ご注意ください。 - 荷物の詰まった鞄などに入れるときは、重たいものの 下にならないようにご注意ください。 ● 708SC の充電端子/外部接続端子に指定品以外の商品は 取り付けないでください。誤動作を起こしたり、708SC を傷めることがあります。 ● 電池パックを取り外すときは、必ず 708SCの電源を切っ てから取り外してください。データの登録やメールの送信 などの動作中に電池パックを取り外さないでください。 データの消失、変化、破損などのおそれがあります。 著作権などについて 音楽、映像、コンピュータ・プログラム、データベースなど は著作権法により、その著作物および著作権者の権利が保護 されています。こうした著作物を複製することは、個人的に または家庭内で使用する目的でのみ行うことができます。上 記の目的を超えて、権利者の了解なくこれを複製(データ形 式の変換を含む)、改変、複製物の譲渡、ネットワーク上で の配信などを行うと、「著作権侵害」「著作者人格権侵害」と して損害賠償の請求や刑事処罰を受けることがあります。本 製品を使用して複製などをなされる場合には、著作権法を遵 守のうえ、適切なご使用を心がけていただきますよう、お願 いいたします。また、本製品にはカメラ機能が搭載されてい ますが、本カメラ機能を使用して記録したものにつきまして も、上記と同様の適切なご使用を心がけていただきますよ う、お願いいたします。 708SCに搭載のソフトウェアは著作物であり、著作権、著 作者人格権などをはじめとする著作者等の権利が含まれて おり、これらの権利は著作権法により保護されています。ソ フトウェアの全部または一部を複製、修正あるいは改変した り、ハードウェアから分離したり、逆アセンブル、逆コンパ イル、リバースエンジニアリング等は行わないでください。 第三者にこのような行為をさせることも同様です。 708SC.book xxix ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxx 登録商標について ● 下記一件または複数の米国特許またはそれに対応する他 国の特許権に基づき、QUALCOMM社よりライセンスさ れています。 Licensed by QUALCOMM Incorporated under one or more of the following United States Patents and/or their counterparts in other nations: 4,901,307 5,490,165 5,056,109 5,504,773 5,101,501 5,506,865 5,109,390 5,511,073 5,228,054 5,535,239 5,267,261 5,544,196 5,267,262 5,568,483 5,337,338 5,600,754 5,414,796 5,657,420 5,416,797 5,659,569 5,710,784 5,778,338 ● TVコール、デルモジ、メールアート、S!メールはソフト バンクモバイル株式会社の登録商標または商標です。 ● SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国お よびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商 標または商標です。 ● 「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米 国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。 ● This product contains ACCESS Co., Ltd.’s NetFront Internet browser software NetFront is a trademark or registered trademark of ACCESS Co., Ltd. in Japan and in other countries. ● 本製品のソフトウェアの一部に、Independent JPEG Group が開発したモジュールが含まれています。 ● THIS PRODUCT IS LICENSED UNDER THE MPEG-4 VISUAL PATENT PORTFOLIO LICENSE FOR THE PERSONAL AND NON-COMMERCIAL USE OF A CONSUMER FOR (i) ENCODING VIDEO IN COMPLIANCE WITH THE MPEG-4 VISUAL STANDARD ("MPEG-4 VIDEO") AND/OR (ii) DECODING MPEG-4 VIDEO THAT WAS ENCODED BY A CONSUMER ENGAGED IN A PERSONAL AND NONCOMMERCIAL ACTIVITY AND/OR WAS OBTAINED FROM A VIDEO PROVIDER LICENSED BY MPEG LA TO PROVIDE MPEG-4 VIDEO. NO LICENSE IS GRANTED OR SHALL BE IMPLIED FOR ANY OTHER USE. ADDITIONAL INFORMATION INCLUDING THAT RELATING TO PROMOTIONAL, INTERNAL AND COMMERCIAL USES AND LICENSING MAY BE OBTAINED FROM MPEG LA, LLC. SEE HTTP://WWW.MPEGLA.COM. ● Contains Macromedia® Flash® Flash LiteTM technology by Adobe Systems Incorporated. 708SC.book xxx ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxxi ● Copyright © 1995-2005 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. ● Macromedia, Flash, Macromedia Flash, and Macromedia Flash Lite are trademarks or registered trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and other countries. ● 「着うた®」「着うたフル®」は、株式会社ソニー・ミュージッ クエンタテインメントの登録商標です。 ● microSDTM はSDアソシエーションの商標 です。 ● Bluetooth is a trademark of the Bluetooth SIG, Inc. The Bluetooth word mark and logos are owned by the Bluetooth SIG, Inc. and any use of such marks by Samsung Electronics is under license. Other trademarks and trade names are those of their respective owners. Bluetooth ® について 708SCのBluetooth® 機能の周波数帯では、電子レンジな どの産業・科学・医療用機器や、工場の製造ラインなどで使 用されている構内無線局、アマチュア無線局など(以下、「他 の無線局」と略す)が運用されています。他の無線機器との 電波干渉を防止するため、下記の事項に注意してご使用くだ さい。 1 Bluetooth® 機能を使用する前に、近くで同じ周波数帯 を使用する「他の無線局」が運用されていないことを確 認してください。 2 万一、Bluetooth® 機能の使用にあたり、708SCと「他 の無線局」との間に電波干渉の事例が発生した場合には、 速やかに使用場所を変えるか、Bluetooth® 機能の使用 を停止(電波の発射を停止)してください。 3 その他不明な点やお困りのことが起きたときには、次の 連絡先へお問い合わせください。 連絡先:ソフトバンクお客様センター ソフトバンク携帯電話から 157(無料) ※ 一般電話からおかけの場合、「お問い合わせ先 一覧」(fP.26-23)を参照してください。 この無線機器は、2.4 GHz帯を使用します。変調方法として FH-SS変調方式を採用し、与干渉距離は1.5~5m以下です。 与干渉距離は、周囲の環境により変化します。 708SC.book xxxi ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分xxxii 708SCの比吸収率(SAR)について 708SCの携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収 に関する技術基準に適合しています。 この技術基準は、人体頭部のそばで使用する携帯電話 機などの無線機器から送出される電波が人間の健康 に影響を及ぼさないよう、科学的根拠に基づいて定め られたものであり、人体側頭部に吸収される電波の平 均エネルギー量を表す比吸収率(SAR:Specific Absorption Rate)について、これが2W/kg※ の許 容値を超えないこととしています。この許容値は、使 用者の年齢や身体の大きさに関係なく十分な安全率 を含んでおり、世界保健機関(WHO)と協力関係に ある国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が示し た国際的なガイドラインと同じ値になっています。 708SCのSARは、1.05W/kgです。この値は、国 が定めた方法に従い、携帯電話機の送信電力を最大に して測定された最大の値です。 個々の製品によってSARに多少の差異が生じること もありますが、いずれも許容値を満足しています。ま た、携帯電話機は、携帯電話基地局との通信に必要な 最低限の送信電力になるよう設計されているため、実 際に通話している状態では、通常SARはより小さい 値となります。 SARについて、さらに詳しい情報をお知りになりた い方は、下記のホームページをご参照ください。 総務省のホームページ http://www.tele.soumu.go.jp/j/ele/index.htm 社団法人電波産業会のホームページ http://www.arib-emf.org/initiation/sar.html ※ 技術基準については、電波法関連省令(無線設備規則第14条の 2)で規定されています。 708SC.book xxxii ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご利用になる前に 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-2 USIMカードのお取り扱い USIMカードをご利用になる前に USIM(ユーシム)カード(以下USIMカード)は電話番号 やお客様情報が入ったICカードです。USIMカード対応のソ フトバンク携帯電話に取り付けて使用します。708SCは、 USIMカードが取り付けられていないと利用できません。 USIMカードには電話帳とSMSを保存できます。USIMカー ドに保存したデータは、他のUSIMカード対応のソフトバン ク携帯電話でもご利用いただけます。 次の点にご注意ください。USIMカードの詳細については、 USIMカードに付属の説明書を参照してください。 ● USIMカードの取り付けや取り外しをするときには、必要以上に力 を入れないでください。 ● 他社製品のICカードリーダーなどにUSIMカードを挿入し、故障 したときは、お客様ご自身の責任となり当社では責任を負いかね ますのでご注意ください。 ● IC部分はいつもきれいな状態でご使用ください。 ● お手入れするときは、乾いた柔らかい布などで拭いてください。 ● USIMカードにラベルなどを貼り付けないでください。USIMカー ドは非常に薄く、精密に作られているため、ラベルやシール程度 の厚みでも接触不良やデータの破壊などの原因となることがあり ます。 IC USIMカード USIMカードについてのその他ご注意 ● USIMカードの所有権は当社に帰属します。 ● 紛失、破損などによるUSIMカードの再発行は有償となります。 ● 解約、休止などの際は、USIMカードを当社にご返却ください。 ● お客様からご返却いただいたUSIMカードは、環境保全のため リサイクルされています。 ● USIMカードの仕様、性能は予告なしに変更する可能性がありま す。ご了承ください。 ● 国内外を問わず、USIMカードならびにソフトバンク携帯電話(USIM カード挿入済み)の盗難・紛失の際は、必ず緊急利用停止の手 続きを行ってください。緊急利用停止の手続きはお問い合せ先 (fP.26-23)までご連絡ください。 ● 708SCの修理やUSIMカードの交換、機種変更を行った場合、 本体やメモリカードに保存した着うた® や着うたフル® 、動画な どのファイルがご利用になれなくなる可能性があります。あら かじめご了承ください。 ● お客様ご自身でUSIMカードに登録された情報内容は、別途メ モなどに控えて保管することをおすすめします。 万一、データが消失または変化した場合でも、当社では責任を 負いかねますのであらかじめご了承ください。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-3 USIMカードを取り付ける/取り外す USIMカードの取り付けや取り外しをするときは、電池パッ クを取り外す前に必ず電源を切ってください。 取り付ける A 電池パックを取り外す(fP.1-12) B USIM カードの金色の IC 部分を下側にして、 挿入口に差し込む C USIMカードが固定されるように、奥まで押し 込む 取り外す A 電池パックを取り外す(fP.1-12) B USIMカードに指を押し当て、スライドさせな がら静かに引き抜く IC 注意 ● 無理に取り付けたり取り外したりすると、USIMカードや708SC が破損することがありますのでご注意ください。 ● 取り外したUSIMカードは、紛失しないようご注意ください。 ● USIM カードの取り付けや取り外しを行うときは、IC 部分に不 用意に触れたり、傷をつけたりしないでください。また、電池 パックとの接点部分にも触れないようにしてください。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-4 PINコード USIMカードには、「PINコード」と「PIN2コード」の2つ の暗証番号があります。 PINコード 第三者によるソフトバンク携帯電話の無断使用を防ぐため の4~8桁の暗証番号です。 ● PINコードは変更できます(fP.13-2)。 ● 「起動時PIN認証」を「有効」に設定すると、USIMカード を708SCに取り付けて電源を入れたとき、PINコードを 入力しないと708SCを使用できなくなります(fP.13-3)。 PIN2コード 累積通話料金のリセットや、通話料金の上限設定を行うとき に使用する4~8桁の暗証番号です。 ● PIN2コードは変更できます(fP.13-2)。 PINロック解除コード(PUK/PUK2コード) PINロック解除コード(PUKコード)とは、PINロック状態 を解除するために使用する暗証番号です。PINコードまたは PIN2コードの入力を3回続けて間違えると、PINロック状 態になります。 PINロック解除コードについては、お問い合わせ先(fP.26-23) までご連絡ください。 注意 ● PINロック解除コードを10回続けて間違えると、USIMカード がロックされ、708SCを使用できなくなります。PINロック解 除コードはメモに控えるなどして、お忘れにならないようにご注 意ください。 ● USIMカードがロックされた場合、ロックを解除する方法はあり ません。お問い合わせ先(fP.26-23)までご連絡ください。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-5 各部の名称と機能 本体 a b de et g* i cw o udlr l mc fC y k j i p o # h n 0 9 充電端子/ u外側カメラ vミラー wメモリカード y電池カバー tマイク(送話口) xv qサイドキー n rサイドキー b zストラップ  取り付け穴 ストラップの取り付けかた  外部接続端子 スロット s 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-6 aレシーバー(受話口)/スピーカー bディスプレイ c左ソフトキー/メールボタン 画面左下のソフトキーエリアに表示された内容を実行するときに 使います。 dメディアプレイヤー/文字ボタン メディアプレイヤーを起動するときや、文字の入力モードを切り 替えるときに使います。 e開始ボタン 音声電話をかけたり受けたりするときに使います。 fクリア/バックボタン 文字を消去するときや、操作を1つ前の状態に戻すときに使います。 g ボタン 文字を入力するときや、改行の入力などに使います。モード設定 画面の呼び出しにも使います(1秒以上押す)。 h内蔵アンテナ i内側カメラ 自分を撮影するときや、TVコール利用時に使います。 jマルチファンクションボタン 項目の検索やカーソルの移動、画面のスクロールなどに使います。 k右ソフトキー/Yahoo!ケータイ・ボタン 画面右下のソフトキーエリアに表示された内容を実行するときに使います。 lスイッチボタン スイッチバー(fP.1-20)を表示させます。 mメニューボタン/中央ソフトキー メインメニューを呼び出すときに使います。画面中央下のソフト キーエリアに表示された内容を実行するときにも使います。 n電源/終了ボタン 電源を入れたり切ったりするときや、操作を終了するときに使います。 oダイヤルボタン 電話番号や文字を入力するときに使います。メニューの選択にも使います。 p#/マナーボタン 入力モードを切り替えるときに使います。マナーモードの設定や 解除にも使います(1秒以上押す)。 qサイドキー n 音量を上げます。TVコール中に画像を拡大するときにも使いま す。 rサイドキー b 音量を下げます。TVコール中に画像を縮小するときにも使いま す。 s充電端子/外部接続端子 急速充電器やステレオイヤホンマイク、パソコンなどを接続する 端子です。 tマイク(送話口) u外側カメラ 撮影するときや、TVコール中に周囲の風景などの映像を送信する ときに使います。 vミラー 外側カメラで自分を撮影するときに使います。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-7 wメモリカードスロット メモリカードを取り付けるスロットです。 xカメラボタン カメラの起動や撮影に使います。 y電池カバー 電池パックやUSIMカードの取り付けや取り外しをするときは、 ここを開けます。 zストラップ取り付け穴 ディスプレイ a 電波の受信レベル( の棒の数が多いほど電波の 状態が良好) 圏外(サービスエリア外または電波の届かない場所 にいるときに表示) 圏外(Languageが「English」または「 」 に設定されている場合の表示) b 3G(UMTS)網接続中/ローミング中 GSM網接続中/ローミング中 ウェブSSL接続中 c (青)Bluetooth ® 通信可能 (青とピンクに点滅)Bluetooth ® 通信中 Bluetooth ® を利用してインターネット通信中 Bluetooth ® 対応のヘッドセットに接続中 (青)USB通信可能 (オレンジと黄色に点滅)USB通信中 補足 ● 内蔵アンテナについて 708SCは内蔵アンテナで送受信するため、外部アンテナはあり ません。 内蔵アンテナ部分は、手で覆ったりすると感度に影響しますの でご注意ください。また、内蔵アンテナ部分にシールなどを貼 らないでください。ご使用中の体の向きや通話している場所に よっては通話品質が変わることがあります。 a bcdef g i h 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-8 708SCをモデムとしてインターネット通信中 d 音声電話発信中/通話中 TVコール発信中/通話中 キーロック設定中 e 新着S!メールあり 新着SMSあり 未再生の留守番電話メッセージあり 未再生の簡易留守録メッセージあり メモリカードを取り付けている状態 ソフトウェア更新表示 f 通常モード中 マナーモード中 運転中モード中 ミーティングモード中 アクティブモード中 オフラインモード中 g 電池が十分残っている 電池の残量が少ない 電池がほとんど残っていない (点滅)電池残量なし h サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 以外に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「ON」に設定中 サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 以外に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「OFF」に設定中 サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「ON」に設定中 サウンド設定:「着信音量」の「音声通話」を「OFF」 に、かつ「バイブ」の「音声通話」を「OFF」に設定中 i ローミング中 留守番電話または音声通話の転送電話「呼び出しな し」を設定中 簡易留守録設定中 S!メール空き容量なし SMS空き容量なし 留守番電話メッセージ空き容量なし 目覚ましアラーム/アラーム設定中 補足 ● (赤)が表示されたときは パケット接続とS!メール送信のみ可能です。通話、S!メールの 受信通知およびSMS送受信はできません。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-9 電池パックと充電器のお取り扱い 電池パックと充電器をご利用になる前に 初めてお使いになるときや、長時間ご使用にならなかったと きには、ご使用前に必ず充電してください。 充電について ● 長時間使用しない場合でも、なるべく6か月に一度は充電 してください。長い間ご使用にならなかった電池パックは 十分に充電されず、使用時間が短くなることがあります。 ● 電池パックはリチウムイオン電池を使用しています。リチ ウムイオン電池はメモリ効果がないため、継ぎ足し充電が できます。 ● 次のような場所では充電しないでください。 - 周囲の温度が5℃以下、または40℃以上になる場所 - 湿気、ほこり、振動の多い場所(誤動作の原因となり ます) - ラジオなどのそば(ラジオなどに雑音が入ることがあ ります) ● 充電中に電池パックや充電器が温かくなることがありま すが、異常ではありません。ただし、手で触れられないほ ど熱くなった場合は、充電を中止し、お問い合わせ先 (fP.26-23)までご相談ください。 ● 電池パックを使い切った状態で保管、放置はしないでくだ さい。また、電池パックを長期間保管または放置される場 合は、半年に1回程度、電池パックの充電を行ってくださ い。電池パックが使用できなくなる可能性があります。 ● 電池パックは消耗品です。電池パックを完全に充電しても 使用できる時間が極端に短くなったら、交換時期です。新 しい電池パックをお買い求めください。 注意 ● 708SCに使用する充電用機器は、必ず当社指定のものをご使用 ください。また、708SC以外の製品に使用しないでください。 ● 電池パック単体で充電することはできません。必ず 708SC に 電池パックを取り付けた状態で充電してください。電池パック なしの状態では、充電することも電源を入れることもできませ ん。 ● 充電器を長時間ご使用にならない場合は、プラグをコンセント やシガーライターソケットから抜いてください。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-10 電池パックの持ちについて 次のような使いかたや操作をすると、電池パックの消耗が早 まり、利用可能時間が短くなります。 ● 使用環境 - 極端な低温または高温の状態での使用、および保存 (5~40℃の温度範囲でご使用ください) - 電波の弱い場所での通話や、圏外表示での待ち受け(な るべく電波状態の良い環境でご使用ください) - 708SCや電池パック、充電器の充電端子の汚れ(汚れ のために接触が悪くなると、正常に充電できなくなり ます) ● 操作 - カメラでの撮影を何度も行ったとき - 動画やメロディを再生したとき - メール作成などで連続したボタン操作をしたとき(照 明の点灯時間が長くなるため) - Bluetooth ® 通信を何度も行ったとき ● 設定 - フォトスライドを設定しているとき - ディスプレイ設定で、明るさのレベルを上げているとき や、バックライトで長時間の点灯を設定しているとき - メディアプレイヤーのバックライトが「常時 ON」に 設定されている状態で、メロディを再生したとき 不要になった電池パックは 不要になった電池パックは、一般のゴミと一緒に捨てずに、 端子にテープなどを貼り付けて絶縁し、個別回収に出すか最 寄りのソフトバンクショップへお持ちください。電池を分別 廃棄している市町村の場合は、その条例に基づいて廃棄して ください。 リチウムイオン電池は、リサイクル可能な貴重な資源です。 電池が切れると 電池がほとんど残っていない状態になると、警告音とメッ セージでお知らせします。電池パックを充電してください。 そのまま充電をしないでいると、自動的に708SCの電源が 切れます。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-11 電池パックを取り付ける/取り外す 取り付ける A 電池カバーを矢印の方向に押しながらスライ ドさせる B 電池カバーを矢印の方向に引き上げて、取り 外す C 708SCの突起部に電池パックのくぼみを合わ せて取り付ける D 電池カバーの突起部を708SCのくぼみに差し 込んで取り付ける a b 注意 ● 電池カバーを外すときには、電池カバーの突起部を708SCのく ぼみに差し込んだまま無理に開かないでください。電池カバーの 突起部が壊れる場合があります。 突起部 突起部 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-12 取り外す 電池パックの取り外しは、電源を切ってから行ってくださ い。また、急速充電器またはシガーライター充電器を接続し ていない状態で行ってください。 A 電池カバーを矢印の方向に押しながらスライ ドさせる B 電池カバーを矢印の方向に引き上げて、取り 外す C 電池パックを持ち上げて、取り外す 急速充電器を利用して充電する 必ず付属の急速充電器を使用してください。 A 端子キャップを開き、外部接続端子に接続コ ネクターを差し込む ● 取り付けるときに、電池パックに無理な力を加えないでくださ い。708SCの充電端子が壊れる場合があります。 a b 端子キャップ 接続コネクター の△のある面を 上向きにする 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-13 B 電源コードのプラグをAC100V コンセントに 差し込む C 充電が終わったら、708SCから接続コネクター を抜いて端子キャップを閉め、電源コードのプ ラグをACコンセントから抜く パソコンのUSBポートを使った充電について 付属のUSBケーブルでパソコンと接続することにより、708SC を充電できます。 a708SCの端子キャップを開き、外部接続端子に USBケーブ ルの接続コネクターを差し込む bUSBケーブルのUSBコネクターをパソコンのUSBポートに 差し込む c充電が終わったら、708SCから接続コネクターを抜いて端子 キャップを閉め、USBケーブルのコネクターをUSBポートか ら抜く 急速充電器を利用するときよりも、充電完了まで時間がかかりま す。また、接続するパソコンにより、充電にかかる時間が異なり ます。電池がほとんど残っていない場合、充電できないことがあ ります。 AC100V コンセント 電源プラグ 補足 ● 充電完了を確認するには 電源が入っているときはディスプレイの電池アイコンで確認で きます。充電中は → → のように残量表示が変わり、 充電が完了すると が点滅します。 電源を切っているときはディスプレイの表示で確認できます。 充電が開始されると「充電中…」と表示され、完了すると、「充 電が完了しました」と表示されます。 ● 充電にかかる時間は 約140分です。時間は708SCの電源が入っていて、何も操作 していない(ディスプレイが消灯している)状態で充電した場 合の目安です。何らかの操作をしながら充電すると、充電時間 は長くかかります。また、周囲の温度によっても変わります。 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-14 シガーライター充電器(オプション) を利用して充電する A 端子キャップを開き、外部接続端子に接続コ ネクターを差し込む B シガーライターソケットにプラグを差し込む C 車のエンジンをかける D 充電が終わったら、708SCから接続コネクター を抜いて端子キャップを閉め、プラグをシガー ライターソケットから抜く 端子キャップ 接続コネクター の△のある面を 上向きにする 電源プラグ シガ-ライター充電器 シガ-ライターソケット 補足 ● 充電完了を確認するには(fP.1-13) ● 充電にかかる時間は(fP.1-13) ● シガーライター充電器をお使いになる場合は シガーライター充電器の操作方法などについては、シガーライ ター充電器の取扱説明書を参照してください。充電するときは、 708SCを固定させるため、車載ホルダーを利用されることをお すすめします。 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-15 電源を入れる/切る 電源を入れる Ayを1秒以上押す 注意 ● 炎天下で高温になった自動車内では充電しないでください。 ● このシガーライター充電器はマイナスアース車専用(12V/24V 両用)です。 補足 ● お客様の電話番号を確認するには cを押し、0を押します。オーナー情報(名前やE-mailア ドレスなど)の登録や編集もできます(fP.5-14)。 ● 起動時PIN認証を「有効」にしている場合は 電源を入れるたびにPINコードを入力する必要があります。 ● 操作をしない状態が続くと(fP.8-6) 電池の消耗を抑えるため、自動的に画面表示が消えます。 この画面を「待受画面」と いいます。 708SC.book 15 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-16 電源を切る Ayを2秒以上押して、ディスプレイが消灯 することを確認する 日付・時刻の設定 日付や時刻を設定する 時刻や日付を設定しないとご利用になれない機能があります。 日時設定からは、時刻や年月日の表示形式も変更できます。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「日時 設定」の順に選択する B 設定操作をする 時刻を設定する場合は 時間欄を反転表示し、時刻を入力する 「AM」/「PM」を設定する場合は(時刻表示形式 「12H」の場合のみ) a時間欄を反転表示し、r で「AM」または「PM」 にカーソルを合わせる brを押して設定を切り替える 日付を設定する場合は 日付欄を反転表示し、年月日を入力する 時刻の表示形式を変更する場合は a時刻表示形式欄を選択する b設定を選択し、c(OK)を押す 日付の表示形式を変更する場合は a日付表示形式欄を選択する b設定を選択し、c(OK)を押す Cw(保存)を押す お買い上げ時 ■ 時間形式:24H ■ 日付表示形式:YYYY年 MM月 DD日 708SC.book 16 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-17 日付や時刻を自動的に補正する 定期的に送信される情報を受信して、日付や時刻を自動的に 補正することができます。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「日時 設定」の順に選択する B タイムゾーンの更新欄を選択し、設定操作を する Cw(保存)を押す タイムゾーンを変更する お使いの地域に合わせて日付や時刻を切り替えます。サマー タイムも設定できます。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「日時 設定」の順に選択する B タイムゾーン欄を選択する C 設定操作をする タイムゾーンを変更する場合は asで目的の地域を指定する bc(OK)を押す サマータイムを設定する場合は aj で「サマータイム」を選択してチェックありに する bw(OK)を押す Dw(保存)を押す お買い上げ時 ■ 最初に確認 補足 ● 「タイムゾーンの更新」の設定内容は 「手動のみ」:自動補正を行いません。 「最初に確認」:タイムゾーンの異なる国、地域に移動したとき にそのタイムゾーンに合わせて日付や時刻を補正します。ネッ トワークから時間情報を受信すると、「自動」に切り替えるかど うかを確認するメッセージが表示されます。 「自動」:設定後に708SCが再起動し、ネットワークから送られ てくる時間情報(タイムゾーン、日付、時刻など)に合わせて 日付や時刻を自動的に補正します。ただし、ネットワークによっ ては時間情報が送られてこない場合がありますので、そのとき は他の設定に切り替えてください。 お買い上げ時 ■ タイムゾーン:GMT+9h ■ サマータイム:チェックなし 708SC.book 17 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-18 機能の呼び出しかた メインメニューから機能を呼び出す A 待受中にcを押す B 目的の項目を反転表示し、c(選択)を押す C 操作2を繰り返して、目的の機能を呼び出す 〈例〉設定メニューから「ディスプレイ設定」を選択して、 「壁紙設定」を選択する場合 メインメニュー 「設 定」を反 転表示 し、 c(選択)を押す 「ディスプレイ設定」を反 転表示し、c(選択)を 押す 壁紙の設定画面が表示さ れる 「壁紙設定」が反転表示さ れている状態でc(選 択)を押す 708SC.book 18 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-19 ポップアップメニューが「ON」の場合の操作について ポップアップメニュー(fP.8-5)を「ON」に設定していると きは、操作2で目的の項目を反転表示したときに小項目が吹き出 しで表示されます。表示は異なりますが、操作手順は同様です。 番号を入力して項目を選択する操作について メニュー項目画面や一覧画面に「1」「2」などの項目番号が表示 されている場合は、この数字のダイヤルボタンを押すことによ り、項目を選択できます。 ショートカットキーで機能を呼び出す 待受中に、ショートカット機能を割り当てられているボタン を押します。 ※ ショートカットには、頻繁に利用する機能などを登録できます (fP.15-7)。 補足 ● メニュー操作を終了するには yを押します。メニュー操作を終了し、待受画面に戻ります。 ただし、複数の機能を同時に使っている場合は、起動中のほか の機能に切り替わります。 ● メニュー操作を途中でやめるには yを押します。設定中の内容を破棄して待受画面やもとの画 面に戻ります。ただし、メニューによっては内容を破棄するか どうかのメッセージが表示されます。 ● メニュー操作の表記について(fP.xv) ボタン 呼び出される画面 w メールメニュー o Yahoo!ケータイのメインメニュー o(1秒以上) Yahoo!ケータイメニュー e メディアプレイヤーのミュージックプレイリス ト一覧画面 e(1秒以上) メディアプレイヤーのミュージック再生画面 (最後に再生したミュージックの再生を開始) i スイッチバー u ショートカット※ d 電話帳の検索画面 l 着信履歴 r 発信履歴 t 全履歴 *(1秒以上) モード設定 #(1秒以上)(マナーモードの設定/解除) v(1秒以上) カメラ/ビデオの撮影画面(最後に使った撮影 方法) 708SC.book 19 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-20 スイッチバーで機能を呼び出す 「通話」「メール」「Yahoo!ケータイ」「メディアプレイヤー」 を呼び出せます。スイッチバーを使うと、音楽を聴きながら メールを作成したり、通話中にウェブを利用するなど、複数 の機能を切り替えながら利用できます。 A 待受中または操作中にiを押す B sで目的の機能を反転表示してc(選択) を押す 起動中の機能を1つ終了する場合は 終了する機能の画面を表示中にyを押す 起動中の機能をすべて終了する場合は aiを押す bs で「全て終了しますか?」を反転表示して c (はい)を押す メニューの使いかた 画面の右下に「メニュー」と表示されているときにoを 押すと、メニューが表示されます。 メニューを実行するには、目的の項目を反転表示し、c (選択)を押します。 補足 ● 起動中の機能をすべて終了したときは メールの作成中やYahoo!ケータイでホームページを表示中で も、確認メッセージを表示せずに、起動中の機能をすべて終了 します。確認後に終了するときは、yを押して1つずつ終了 してください。また、メールの作成中や音声録音中、動画撮影 中にすべて終了した場合、それまでの内容は保存されず消去さ れます。 補足 ● メニュー操作の表記について(fP.xv) 708SC.book 20 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分ご 利 用 に な る 前 に 1-21 暗証番号 708SCのご使用にあたっては、「暗証番号」と「交換機用 暗証番号」「発着信規制用暗証番号」が必要になります。 暗証番号 お買い上げ時は「9999」に設定されています。708SCの 各機能を操作するときに使用します。 ● 入力した暗証番号は「*」で表示されます。 ● 暗証番号を間違って入力したときは、番号間違いの確認 メッセージが表示されます。操作をやり直してください。 ● 暗証番号は、708SCの操作で変更できます(fP.13-2)。 交換機用暗証番号 ご契約時の4桁の数字です。オプションサービスを一般電話 から操作するときや、「ウェブの有料情報」の申し込みの際 に必要な番号です。 発着信規制用暗証番号 ご契約時の4桁の数字です。708SCで発着信規制サービスの 設定を行うときに使用します。入力を3回続けて間違えると、 発着信規制サービスの設定変更ができなくなります。この場 合、発着信規制用暗証番号と交換機用暗証番号の変更が必要 となりますのでご注意ください。 ● 発着信規制用暗証番号は、708SCの操作で変更できます (fP.16-10)。 注意 ● 暗証番号や交換機用暗証番号、発着信規制用暗証番号はお忘れ にならないようにご注意ください。万一お忘れになった場合は、 所定の手続きが必要になります。詳しくは、お問い合わせ先 (fP.26-23)までご連絡ください。 ● 暗証番号や交換機用暗証番号、発着信規制用暗証番号は、他人 に知られないようにご注意ください。他人に知られ悪用された ときは、その損害について当社は責任を負いかねますので、あ らかじめご了承ください。 708SC.book 21 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分1-22 708SC.book 22 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基本的な操作のご案内 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-2 電話をかける 電話帳を使ってかける操作はP.5-9を、TVコールをかける 操作はP.6-2を参照してください。 A 電話番号を全桁(市外局番を含む)入力する 電話番号のリストが表示された場合は(fP.5-9) スピードダイヤルで電話をかける場合は(fP.5-10) B 電話番号を確認し、tを押す C 通話が終わったら、yを押す 日本から国際電話をかけるには 国際電話のご利用には、別途お申し込みが必要です。詳しくは、 『サービスガイド(3G)』を参照してください。 a電話番号全桁(市外局番を含む)を入力する bメニューから「国際発信」を選択する c発信先の国を選択するか、「ユーザ入力」を選択して国番号を 入力する d「日本から」を選択する e電話番号を確認して、tを押す 海外にいる相手のソフトバンク携帯電話にかけるには 相手のいる国にかかわらず、ソフトバンク携帯電話番号だけでか けられます。 補足 ● 電話番号を押し間違えたときは Cを押すと、最後の数字が消えます。Cを1秒以上押すと、 すべての数字が消えます。 ● 電話番号として「P(ポーズ)」や「+(国際コード)」を入力す るには 「P」を入力するには、*を1秒以上押します。「+」を入力 するには、0を1秒以上押します。 ● 相手がお話し中のときは yを押して電話を切り、しばらくしてからかけ直してくださ い。オートリダイヤル(fP.15-2)を「ON」に設定している 場合は、自動的に電話を切ってリダイヤルする動作が繰り返さ れます。リダイヤルを停止するには、o(キャンセル)また はyを押します。 ● ステレオイヤホンマイクを接続しているときは 電話番号を入力後、ステレオイヤホンマイクのスイッチを1秒以 上押しても電話をかけられます。「イヤホン通話」を「ON」に 設定している場合は、スイッチを1秒以上押すだけで指定した電 話番号に電話をかけられます。電話を切るときもスイッチを1秒 以上押します。 ● 通話中にできる操作は(fP.2-7) 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-3 海外で電話をかけるには(fP.2-14) 電話番号を入力した画面のメニュー操作 電話を受ける A 着信中にtまたはc(通話)を押す B 通話が終わったらyを押す メニュー 内 容 TVコール 入力した電話番号にTVコールをかけま す(fP.6-2)。 電話帳登録 入力した電話番号を、本体またはUSIM カードの電話帳に登録します(fP.5-5)。 メール作成 入力した電話番号を宛先としたメール を作成します(fP.17-5)。 電話帳検索 電話帳の検索画面に切り替えます。 通話履歴 通話履歴画面に切り替えます。 国際発信 入力した電話番号に国際コードと国番 号 を 付 加 し て 国 際 電 話 を か け ま す (fP.2-2)。 発信者番号通知/ 非通知 お客様の電話番号を通知/非通知にし て電話をかけます。「ネットワーク設定 に従う」を選択すると、発信者番号通知 サービス(fP.16-11)の設定に従い ます。「番号通知」を選択すると、電話 番号を通知します。「番号非通知」を選 択すると、電話番号を非通知にします。 補足 ● エニーキーアンサー(fP.15-4)を「ON」に設定している場合は 着信中にw、o、y、サイドキー nbを除くどのボタ ンを押しても音声電話を受けられます。 ● 着信音を消すには 着信中にw(ミュート)を押します。ミュート中も、相手側 では呼び出し状態が続いています。電話に出られるようになっ たら、c(通話)を押します。 ● 着信音量を調節するには 着信中にサイドキー nまたはbを押します。 ● ステレオイヤホンマイクを接続しているときは 着信中にステレオイヤホンマイクのスイッチを1秒以上押しても 受けられます。電話を切るときもスイッチを1秒以上押します。 ● 通話中にできる操作は(fP.2-7) 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-4 着信音について 相手の電話番号が電話帳に登録され、個別またはグループごとの 着信音が設定されている場合は、設定されている着信音が鳴りま す(fP.5-3、5-6)。それ以外の場合は、モードごとに設定され ている着信音が鳴ります(fP.9-2)。 シークレットモード設定が「非表示」のとき、電話帳のシーク レットモードが「ON」の相手から着信があった場合も、モード ごとに設定されている着信音が鳴ります。 電話がかかってきたときの表示について 相手が電話番号を通知してかけてきたときは、電話番号が表示さ れます。電話番号が電話帳に登録されている場合は、登録されて いる名前が表示されます。相手が電話番号を通知してこなかった 場合は、「非通知設定」と表示されます。 電話帳やグループに着信画像が設定されている場合は、画像も表 示されます(fP.5-3、5-6)。 シークレットモード設定が「非表示」のとき、電話帳のシーク レットモードが「ON」の相手から着信があった場合は、名前や 画像は表示されません。 電話に出なかったときの表示について(不在着信) かかってきた電話に出なかったときは、「不在着信」と表示して お知らせします。w(表示)を押すと、不在着信履歴(fP.2- 9)を確認できます。 電話に出られないときの便利な機能について オプションサービスの転送電話サービスまたは留守番電話サー ビスをご利用になると、電話に出られないときに指定した電話番 号に自動的に転送したり、留守番電話センターで伝言メッセージ をお預かりしたりできます。これらのサービスを「呼び出しあり」 でご利用の場合は、着信中にo(転送)を押すと、すぐに転送 先または留守番電話センターに転送できます(fP.16-3、16-4)。 詳しくは16章「オプションサービス」を参照してください。 また、簡易留守録を利用すると、708SC本体に15秒までのメッ セージを最大3件まで録音することができます(fP.2-5)。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-5 着信を拒否して電話を切る 着信中の電話に応答せず、強制的に切ります。拒否した電話 は、不在着信履歴に記録されます。 A 着信中にyを押す 簡易留守録の利用 電話に出られないとき、相手の用件を708SC本体に録音で きます。用件は1件につき最長15秒間録音でき、3件まで保 存できます。 簡易留守録を設定/解除する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「On/Off設定」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 簡易留守録を設定すると 待受画面に が表示されます。 補足 ● サイドキー設定(fP.15-5)を「応答拒否」に設定している場 合は 着信中にサイドキー nまたはbを1秒以上押しても着信を拒否 できます。 ● 相手に「お話し中です」と通知して電話を切るには 転送電話サービス(fP.16-2)または留守番電話サービス (fP.16-4)をご利用になっていない場合、着信中にo(転 送)を押すと、着信を拒否します。このとき相手のディスプレ イには、こちらがお話し中である旨のメッセージが表示されま す。ただし、相手がこの機能に対応していない場合、メッセー ジ表示されません。 ● 着信を自動的に拒否するには(fP.13-7) お買い上げ時 ■ OFF 注意 ● 電波の届かない場所にいるときや 708SC の電源を切っている とき、オフラインモード中は、簡易留守録を利用できません。着 信ができない状況の場合は、オプションサービスの留守番電話 サービスをご利用ください。 ● 708SC本体の共有メモリ(fP.26-13)の空き容量が600K バイトより少ない場合は、簡易留守録を利用できません。   708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-6 呼出時間を設定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「応答時間」の順に選択する B 設定を選択し、「時間設定(0-60秒)」を選択 した場合はdを押して時間を入力する C c(保存)を押す 応答メッセージの言語を設定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「応答言語」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 録音された用件を確認する 簡易留守録に伝言メッセージが録音されると、画面に が 表示されます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「簡易 留守録」→「録音メッセージ再生」の順に選 択する B 用件を反転表示し、c(再生)を押す お買い上げ時 ■ 時間設定(18秒) お買い上げ時 ■ 日本語 補足 ● 用件を削除するには 一覧画面で用件を反転表示し、w(削除)を押して「はい」 を選択します。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-7 通話中の操作 相手の声の音量を調節する 受話口やステレオイヤホンマイクのイヤホンから聞こえる 相手の声の大きさを調節できます。 A 通話中にサイドキー nbまたはjを押す 通話を保留にする 保留中は相手に保留音が流れ、双方の声が聞こえなくなりま す。保留操作を行うには、割込通話サービス(fP.16-6) または多者通話サービス(fP.16-7)のお申し込みが必要 です。どちらも非加入になると、保留機能が使用できません。 A 通話中にw(保留)を押す B 通話に戻るときは、w(応答)を押す スピーカーホン通話に切り替える A 通話中にc( )を押し、「はい」を選択する スピーカーホン通話から通常の通話に切り替える場合は 通話中にc( )を押す 相手の声を録音する 通話中にボイスレコーダーを利用して、相手の声を録音でき ます。最長2分間録音できます。 A 通話中にvを1秒以上押す B c(録音)を押す C 停止/一時停止操作をする 停止して保存する場合は w(停止)を押す 一時停止する場合は ac(一時停止)を押す b録音を再開する場合は c(録音)を押し、録音を 終了する場合はw(保存)を押す 補足 ● 受話音量がレベル5のときにサイドキー nまたはuを押すと スピーカーホン通話にするかどうかの確認画面が表示されま す。スピーカーホン通話にする場合は「はい」を選択します。 ● スピーカーホン通話中の受話音量がレベル1のときにサイド キー bまたはdを押すと スピーカーホン通話をオフにする旨の画面が表示され、通常の 通話に切り替わります。 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-8 通話中のメニュー操作 補足 ● 音声が録音されると 録音された音声ファイルは、データフォルダのメロディ& ミュージックフォルダに保存されます。 ● 録音中に他の相手から電話がかかってくると 割込通話サービスをご利用の場合、録音中に着信があると、録 音を終了し、着信画面を表示します。 ● 録音中に電話が切れると 録音が自動的に終了し、音声が保存されます。 メニュー 内 容 ささやきON/ささ やきOFF 「ON」にすると小さい声でも相手に大きく 伝えられます。 ミュート 「音声」または「キー操作音」をチェックあ りにしてw(OK)を押すと、こちらの音 声またはキー音が相手に聞こえなくなりま す。 発信 「多者通話サービス」(fP.16-7)をご利用 の場合に有効です。表示される電話番号入 力画面に電話番号を入力してc(発信)を 押すと、電話をかけられます。 電話帳 電話帳の検索画面に切り替えます。 電話帳登録 通話中の相手の電話番号を、本体または USIMカードの電話帳に登録します (fP.5-3)。 メール作成 通話中の相手の電話番号を宛先としたメー ルを作成します(fP.17-5)。 プッシュトーン送信 ダイヤルボタンを押してc(送信)を押す と、プッシュトーンを送信できます。 音声録音 通話中の相手の声を録音します (fP.2-7)。 メモ メモを作成し、保存します(fP.14-8)。 通話終了 電話を切ります。 ヘッドセットに切替/ 本体に切替 Bluetooth ® 対応のヘッドセットをご利用 の場合に有効です。ヘッドセットを使った 通話または通常の通話に切り替えます。 メニュー 内 容 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-9 通話履歴の利用 通話履歴を確認する A rを押す B sで履歴一覧を切り替える 電話番号や1通話ごとの通話時間などを確認する場合は 履歴を反転表示し、c(表示)を押す 履歴一覧のアイコンについて 履歴一覧には、音声電話とTVコールを識別するアイコンが表示 されます。 :本体の電話帳に登録されている電話番号 との音声電話(電話番号のアイコン) :USIMカードの電話帳に登録されている電話番号との音声 電話またはTVコール :電話帳に登録されていない電話番号との音声電話 :本体の電話帳に登録されている電話番号とのTVコール 「全履歴」には、履歴の種別を示すアイコンも表示されます。 :着信     :着信拒否    :不在着信    :発信 通話履歴を使って電話をかける A rを押す B sで履歴一覧を切り替える C 履歴を反転表示し、tを押す TVコールをかける場合は メニューから「TVコール発信」を選択する 通話履歴を削除する 1件削除する A rを押す B sで履歴一覧を切り替える C 履歴を反転表示してメニューから「削除」→ 「1件」の順に選択し、「はい」を選択する 全履歴 すべての発着信履歴一覧です。 不在着信履歴 かかってきた電話に出なかったときの履歴一覧です。 着信履歴 かかってきた電話に出たときの履歴一覧です。 発信履歴 かけた電話の履歴一覧です。 補足 ● シークレットモード設定を「非表示」に設定しているときは 履歴の相手が電話帳に登録され、シークレットモードが「ON」 に設定されている場合は、名前が表示されません。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-10 すべて削除する 各履歴一覧の内容をまとめて削除できます。 A rを押し、sで削除する履歴一覧に切り替 える すべてまとめて削除する場合は sで「全履歴」に切り替える B メニューから「削除」→「全件」の順に選択 し、「はい」を選択する C 暗証番号を入力し、c(確認)を押す 補足 通話履歴のメニュー操作 ● 1通話ごとの履歴を削除するには a操作1~2を行う b履歴を反転表示し、c(表示)を押す c履歴を反転表示してメニューから「削除」→「1 件」の順に 選択し、「はい」を選択する メニュー 内 容 音声電話発信 通話履歴の電話番号に音声電話をかけま す。 TVコール発信 通話履歴の電話番号にTVコールをかけま す(fP.2-9)。 電話帳登録 通話履歴の電話番号を電話帳に登録します (fP.5-5)。 メール作成 通話履歴の電話番号を宛先としたメールを 作成します(fP.17-5)。 削除 通話履歴を削除します(fP.2-9)。 拒否リスト追加 履歴の電話番号を着信拒否リスト (fP.13-8)に登録します。 電話帳表示 通話履歴の電話番号が登録されている電話 帳の詳細画面を確認できます。 国際発信 通話履歴の電話番号に国際コードと国番号 を付加して国際電話をかけます(fP.2-2)。 発信者番号通知/ 非通知 お客様の電話番号を通知/非通知にして電 話をかけます。「ネットワーク設定に従う」 を選択すると、発信者番号通知サービスの 設定に従います。「番号通知」を選択すると、 電話番号を通知します。「番号非通知」を選 択すると、電話番号を非通知にします。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-11 通話時間/通話料金を管理する 通話データ管理の各項目から、次の操作ができます。 データ通信量/通話時間/通話料金を 確認する A cを押し、「通話履歴」を選択する B 確認する項目を選択する 累積データ通信量をリセットする場合は a累積データ通信量画面でリセットする項目を反転表 示し、メニューから「リセット」を選択する b「はい」を選択する 累積データ通信量をすべてリセットする場合は a累積データ通信量画面で、メニューから「全てリセッ ト」を選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を 選択する 累積通話料金をリセットする場合は a通話料金画面のメニューから「累積通話料金リセッ ト」を選択する bPIN2コードを入力し、c(確認)を押す 累積通話時間をリセットする場合は a累積通話時間画面でリセットする項目を反転表示 し、メニューから「リセット」を選択する b「はい」を選択する 累積通話時間をすべてリセットする場合は a累積通話時間画面で、メニューから「全てリセット」 を選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を 選択する 通話料金の通貨単位を変更する場合は a通話料金画面のメニューから「通貨設定」を選択する bPIN2コードを入力し、c(確認)を押す cレート欄を反転表示して円に対するレートを入力する d通貨欄を反転表示して通貨単位を入力する ew(保存)を押す 累積データ通 信量 累積パケット量の目安を確認、リセットできます。 通話料金 累積通話料金、前回の通話の料金の目安を確認で きます。累積通話料金はリセットできます。通貨 単位の変更や、通話料金の上限の設定もできます。 累積通話時間 発着信した音声電話、TVコールの通話時間の目安 を確認、リセットできます。 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-12 通話料金の限度額を設定する 通話料金の上限を超えると、緊急電話発信(fP.2-14)を 除くすべての電話の発信やメールの送受信、ウェブ接続(通 話料、通信料が課金される操作)ができなくなります。 A cを押し、「通話履歴」→「通話料金」の順 に選択する B メニューから「料金上限設定」を選択する C PIN2コードを入力し、c(確認)を押す D 限度額を入力する 通話中の画面に通話料金を表示する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「通話 料金・時間」→「通話料金表示」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 海外での利用(国際ローミング) 国際ローミングのご利用には、別途お申し込みが必要です。 海外でのご利用の詳細については、『国際ローミングガイド』 を参照してください。海外にお出かけになったときは、『国 際ローミングガイド』を携帯してください。 ネットワークモードを切り替える A cを押し、「設定」→「外部接続」→「3G・ GSM選択」の順に選択する B 設定を選択する お買い上げ時 ■ OFF お買い上げ時 ■ 3G 補足 ● ネットワークモードの設定について 「自動」:お使いの場所(ネットワークの状態)に応じて、自動 的にモードが切り替わる 「GSM900/1800」:海外のGSM900/1800サービスエリア で使用できるモード 「GSM1900」:海外のGSM1900サービスエリアで使用でき るモード 「3G」:日本国内と海外の3G/UMTSサービスエリアで使用で きるモード 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-13 ネットワークを設定する 接続するネットワークを選択する ご利用になる地域によって、ネットワーク(事業者)を切り 替える必要があります。自動的に切り替えることもできま す。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「事業 者選択」の順に選択する B 設定を選択する 自動的に選択させる場合は 「自動」を選択する 特定のネットワークを選択する場合は a「手動」を選択する bネットワークを選択する 優先されるネットワークを設定する ネットワーク選択を「自動」に設定したときに優先的に選択 されるネットワークの一覧を編集できます。「挿入」すると 一覧で反転表示したネットワークの上の順位に、「追加」す ると一覧の最後にネットワークが追加されます。 A cを押し、「設定」→「外部接続」→「優先 事業者リスト」の順に選択する B 一覧の編集操作をする ネットワークリストから選択して挿入/追加する場合は a挿入したい位置のネットワークを反転表示する(挿 入時のみ) bメニューから「挿入」または「追加」→「ネットワー クリスト」の順に選択する cネットワークを選択し、c(挿入/追加)を押す ネットワークを新規登録して挿入/追加する場合は a挿入したい位置のネットワークを反転表示する(挿 入時のみ) bメニューから「挿入」または「追加」→「新規ネッ トワーク」の順に選択する c各項目を設定し、w(挿入/追加)を押す 一覧からネットワークを削除する場合は 削除するネットワークを反転表示してメニューから 「削除」を選択し、「はい」を選択する お買い上げ時 ■ 自動 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分基 本 的 な 操 作 の ご 案 内 2-14 海外で電話をかける A 電話番号を全桁(市外局番を含む)入力する 滞在国の一般電話や携帯電話にかける場合は 操作5に進む 国番号などを直接入力する場合は 0を1秒以上押すと「+」が入力されます。続けて 国番号、先頭の「0」を除いた電話番号(イタリアの 一般電話にかける場合は除かない)の順に入力し、操 作5に進む B メニューから「国際発信」を選択する C 国を選択するか、「ユーザ入力」を選択して国 番号を入力する D「海外から」を選択する E 電話番号を確認し、tを押す 緊急電話発信について 緊急電話発信とは、緊急時に使用する電話発信「110(警 察)」「119(消防)」「118(海上保安部)」のことです。 708SCで発信の制限などを設定している場合、緊急電話発 信の可否は次のようになります。 補足 ● 新規ネットワークの設定項目について 次の項目を設定します。 国番号 最大3桁 ネットワークコード 最大3桁 ネットワーク名 英数半角最大20文字 ネットワークタイプ GSM/3Gから選択 補足 ● 国際コードや国番号を追加、変更するには(fP.15-2) 708SCの状態 緊急電話発信 オフラインモード中(fP.3-2) 不可 通話料金上限(fP.2-12)を超過したとき 「110」「119」「118」可 簡易ロック中(fP.13-4) 不可 起動時PIN認証(fP.13-3)で、未認証 のとき 不可 USIM照合(fP.13-4)で、未認証のとき 不可 発信規制中(fP.16-9) 「110」「119」「118」可 注意 ● 海外でのご利用にあたっては、無線ネットワークや無線信号、 708SCの機能の設定状態によって動作が異なるため、すべて の国や地域での接続を保証するものではありません。 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分マナーモード 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分マ ナ ー モ ー ド 3-2 マナーについて 携帯電話は、マナーを守ってご使用ください。 ● 劇場や映画館、美術館などでは、電源を切っておきましょ う。 ● 航空機内や病院など、使用を禁止された区域では、電源を 切っておきましょう。 ● レストランやホテルのロビーなど、静かな場所では、周囲 の迷惑にならないように気をつけましょう。 ● 新幹線や電車の中などでは、車内のアナウンスや掲示に従 いましょう。 ● 街中では、通行の妨げにならない場所で使いましょう。 マナーを守るための機能 708SCには、マナーを守るための2つのモードが用意され ています。 マナーモード 着信音や警告音などを消音またはバイブレータにするモー ドです。マナーモードは、ワンタッチで設定/解除できます。 オフラインモード 電波の送受信を停止するモードです。通信以外の操作はでき ます。 マナーモードやオフラインモード以外でも、着信音や警告音 などをバイブレータや消音に設定することができます。 マナーモードを設定/解除する A 待受画面で#を1秒以上押す モードを切り替える マナーモードを含む5種類の中から選択できます。 A 待受画面で*を1秒以上押す B モードを選択する C c(保存)を押す 補足 ● マナーモード中のディスプレイには が表示されます。 ● マナーモードを設定しても、カメラ撮影時のシャッター音は鳴 ります。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分マ ナ ー モ ー ド 3-3 モードの種類について モードは使用状況に合わせて選択し、必要に応じて設定を編集し てご利用ください(fP.9-2)。 オフラインモードを設定/解除する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「オフ ラインモード」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す 補足 ● モードの設定内容を変更する場合は(fP.9-2) モード 内 容 通常 708SCから出る音を気にせずに使える状 況に適したモード マナー 708SCから音を出さないモード 運転中 車の運転中にも使えるモード。音声電話に 自動的に応答し、スピーカーホン通話がで きる ミーティング 着信音やボタン確認音が、あらかじめバイブ レータや消音に設定されているモード アクティブ 着信音やボタン確認音が、あらかじめ最大音 量に設定されているモード お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● オフラインモード中に電源を切ると 電源を入れ直したときに、オフラインモードを設定するかどう かの確認メッセージが表示されます。o(いいえ)を押すと、 通常モードに切り替わります。 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分3-4 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文字の入力方法 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-2 文字入力について 漢字、ひらがな、ハングル、カタカナ(全角/半角)、英数 字(全角/半角)、記号(全角/半角)、絵文字、顔文字を入 力できます。 文字入力画面について ※候補表示エリアは、全角および半角のカタカナ、英字、数字 の各入力モードでは表示されません。予測入力の機能を解除 すると、漢字/かな入力モードでも表示されなくなります。 数字しか入力できない入力欄について 電話帳の電話番号欄やアラームの時刻欄など数字しか入力でき ない場合は、文字入力画面には切り替わりません。登録、設定画 面の欄に数字を直接入力します。 入力モードの切り替え 使用できる入力モードは、状況によって制限されます。 A 文字入力画面でeを押す B 切り替える入力モードを反転表示し、c (OK)を押す 現在の入力モード 入力可能な残り文字数 文字入力エリア :漢字/かな :全角カタカナ :半角カタカナ :全角英字 :半角英字 :全角数字 :半角数字 :全角記号 :半角記号 :絵文字 :顔文字 :ハングル 文字入力エリア 候補表示エリア※ 予測候補/変換候補/入力文字候補が 表示される 補足 ● ワンタッチで記号/絵文字/顔文字入力モードに切り替えるには 文字入力画面で#を押すごとに、入力モードが記号や絵文字、 顔文字に切り替わります。 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-3 ダイヤルボタンの割り当て 1つのボタンには複数の文字が割り当てられています。文字を入力するには、目的の文字が表示されるまでボタンを繰り返 し押します。 *は濁点を付けたり改行を入力するなどの機能が、#には入力モードを切り替えるなどの機能が割り当てられています。 ※ 半角の「ヮ」は入力できません。 ボタン 漢字/かな カタカナ(全角/半角) 英字(全角/半角) 数字(全角/半角) 1 あいうえおぁぃぅぇぉ 1 アイウエオァィゥェォ 1 .@-_/:̃(全角のときは「~」)1 1 2 かきくけこ2 カキクケコ2 abcABC2 2 3 さしすせそ3 サシスセソ3 defDEF3 3 4 たちつてとっ 4 タチツテトッ 4 ghiGHI4 4 5 なにぬねの5 ナニヌネノ5 jklJKL5 5 6 はひふへほ6 ハヒフヘホ6 mnoMNO6 6 7 まみむめも7 マミムメモ7 pqrsPQRS7 7 8 やゆよゃゅょ 8 ヤユヨャュョ 8 tuvTUV8 8 9 らりるれろ9 ラリルレロ9 wxyzWXYZ9 9 0 わをんゎ、。-・~!? 〈スペース〉0 ワヲンヮ※ 、。-・~!? 〈スペース〉0 ,.-_!?〈スペース〉0 0 * ● 大文字/小文字の変換、濁点あり/半濁点あり/濁点なしの変換 (文字の決定前で、変換可能な場合のみ) ● 改行の入力 ● 大文字/小文字の変換(文字の 決定前で、変換可能な場合のみ) ● 改行の入力 改行の入力 # ● 1つ前の割り当て文字の表示(文字の決定前のみ) ● 全角記号/半角記号/絵文字/顔文字入力モードへの切り替え 全角記号/半角記 号/絵文字/顔文 字入力モードへの 切り替え 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-4 着信やアラーム通知による文字入力/編集の中断について 文字の入力中や編集中に音声電話やTVコールがかかってきたと きは、そのまま応答してください。通話が終了すると、もとの文 字入力画面に戻ります。アラーム通知が起動した場合も、アラー ム通知を終了させるともとの画面に戻ります。 文字の入力方法 漢字/ひらがなを入力する 候補表示エリアに表示される予測候補を使って簡単に入力 できます。予測候補を使わずに、入力したひらがなを目的の 文字に変換することもできます。候補表示エリアにカタカナ や絵文字などが表示されたときは、これらの文字も入力でき ます。 A 漢字/かな入力モードで、文字が割り当てら れているボタンを押す 「゛」や「゜」を付ける場合は 濁点や半濁点を付けるひらがなを入力したあと、* を押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す ボタンを押し過ぎた場合は #を押して、同じボタンの1つ前の割り当て文字に戻 る 続けて同じボタンの文字を入力する場合は rを押してカーソルを右に移動する ひらがなで決定する場合は c(決定)を押す B 目的の文字に変換する 目的の文字を予測候補から選ぶ場合は adを押してカーソルを候補表示エリアに移動する b目的の予測候補を反転表示し、c(決定)を押す 目的の予測候補が表示されていない場合は aw(変換)を押す b必要に応じてsで変換する範囲を変更する cdを押してカーソルを候補表示エリアに移動する d目的の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す eb~dを繰り返してすべての文字を決定する 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-5 文字入力履歴のリセットについて 予測候補や変換候補には、過去に変換した文字列や漢字が優先し て表示されます。表示される内容を、お買い上げ時の状態に戻す ことができます。 ac を押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「学 習履歴リセット」の順に選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を選択する カタカナを入力する A 全角カタカナまたは半角カタカナ入力モード で、文字が割り当てられているボタンを押す 「゛」や「゜」を付ける場合は 濁点や半濁点を付けるカタカナを入力したあと、* を押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す ボタンを押し過ぎた場合は #を押して、同じボタンの1つ前の割り当て文字に戻 る 続けて同じボタンの文字を入力する場合は rを押してカーソルを右に移動する 補足 ● 目的の漢字に変換されないときは 漢字の読みかたを変えて入力してください。一度に変換できな い2文字以上の漢字は、変換する範囲を1文字に変更して変換し てください。 ● 候補表示エリアの内容を予測候補/変換候補に切り替えるには 予測候補が表示されているときにw(変換)を押すと変換候 補が、変換候補が表示されているときにw(予測)を押すと 予測候補が表示されます。 ● 予測入力機能を設定/解除するには(fP.4-11) ● ユーザ辞書を利用して簡単に変換するには(fP.4-11) ● 日付や時刻を入力するには a数字が割り当てられているボタンを押す bo(英数カナ)を押す c日付や時刻の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-6 英字を入力する A 全角英字または半角英字入力モードで、文字 が割り当てられているボタンを押す 大文字/小文字を切り替える場合は 英字を入力したあと、*を押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す ボタンを押し過ぎた場合は #を押して、同じボタンの1つ前の割り当て文字に戻 る 続けて同じボタンの文字を入力する場合は rを押してカーソルを右に移動する 補足 ● 漢字/かな入力モードでカタカナを入力するには たとえば、「くも」を「クモ」や「クモ」に変換できます。 a漢字/かな入力モードで、文字が割り当てられているボタン を押す bo(英数カナ)を押す cカタカナの変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 補足 ● 漢字/かな入力モードで英字を入力するには 文字が割り当てられているボタンを押すときは、英字入力モー ドのときと同じ回数を押す必要があります。たとえば、「cd」と 入力するときは2を3回、3を1回押します。 a漢字/かな入力モードで、英字が割り当てられているボタン を押す bo(英数カナ)を押す c英字の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-7 数字を入力する A 全角数字または半角数字入力モードで、文字 が割り当てられているボタンを押す ボタンを押し間違えた場合は Cを押して文字を消し、もう一度ボタンを押す 記号/絵文字/顔文字を入力する A 文字入力画面で#を数回押し、全角記号、 半角記号、絵文字または顔文字入力モードに 切り替える 全角の記号と半角の記号を切り替える場合は 全角または半角記号の候補表示エリアが表示されてい るときに*を押す B 候補表示エリアで目的の文字を反転表示し、 c(OK)を押す 記号/絵文字/顔文字を続けて入力する場合は 補足 c(OK)の代わりにw(連続)を押す ● 漢字/かな入力モードで数字を入力するには a漢字/かな入力モードで、数字が割り当てられているボタン を押す bo(英数カナ)を押す c数字の変換候補を反転表示し、c(決定)を押す 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-8 改行する 改行の操作は、どの入力モードでも同じです。 A 文字入力画面で*を押す 登録内容や文を引用して入力する 電話帳の登録内容を引用する 「電話帳引用」はメール本文の入力画面のメニューです。電 話帳を呼び出し、登録されている電話番号やE-mailアドレ スなどを文中に挿入できます。 A 文字入力画面で、メニューから「電話帳引用」 を選択する B 電話帳を選択する C 項目を反転表示し、c(選択)を押す SMS定型文を引用する 「SMS定型文」はメール本文の入力画面のメニューです。あ らかじめ、よく使う文をSMS定型文として登録してくださ い(fP.4-13)。 A 文字入力画面で、メニューから「SMS定型文」 を選択する B SMS定型文を選択する 定型文を引用する 「定型文」は、電話帳にE-mailアドレスやURLを登録すると きのメニューです。「.ne.jp」や「http://www」などを一括 入力できます。 A 文字入力画面で、メニューから「定型文」を 選択する B 項目を選択する 補足 ● 漢字/かな入力モードで記号/絵文字/顔文字を入力するには 「てん」と入力してw(変換)を押すと、記号の「・」や「…」 が変換候補として表示されます。同様に、「はーと」や「でんわ」 などを絵文字に変換したり、「わーい」や「えーん」などを顔文 字に変換することもできます。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-9 ハングル入力する 入力モードをハングルに切り替えて、ハングル文字を入力し ます。 A 文字入力画面でeを押し、「ハングル」を 選択する B 画面に表示された文字に対応する数字を押し て、子音と母音を組み合わせて文字を入力する 文字の編集 文字を消去/修正する A 消去する文字にaでカーソルを合わせ、C を押す カーソル上に文字がない場合は カーソルの左側の1文字が消去される Cを1秒以上押すと カーソル以降の文字がすべて消去される カーソル以降に文字がない場合にCを1秒以上押すと すべての文字が消去される コピー/切り取り/貼り付けをする 文字をコピー/切り取りする 範囲を指定して、文字のコピーまたは切り取りをします。こ の文字は、文字入力画面の別の位置やほかの入力画面に繰り 返し貼り付けることができます。 A 文字入力画面で、メニューから「コピー」ま たは「切り取り」を選択する 子音の入力例 41回押す 42回押す 43回押す 母音の入力例 01( )、2( ) 0122 02( )、1( ) 0221 02( )、3( ) 0223 02( )、3( )、1( )、2( )、 1( ) 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-10 B コピーまたは切り取りをする最初の文字に aでカーソルを合わせ、c(始点)を押す 文字入力画面上のすべての文字をコピー/切り取りす る場合は o(全て)を押すと、コピー/切り取り操作が終了 する C aで範囲を指定し、c(終点)を押す 文字を貼り付ける A 文字を貼り付ける位置にaでカーソルを移 動する B メニューから「貼り付け」を選択する C 貼り付ける内容を選択し、c(選択)を押す 文字を戻す 直前に行った文字の入力や切り取り、貼り付け、削除などの 操作を元に戻すことができます。変換した文字を元に戻すこ ともできます。本操作は漢字/かな入力モードでのみ有効で す。 A 文字入力画面で、メニューから「元に戻す」を 選択する カーソルを先頭/最後に移動する A 文字入力画面で、メニューから「ジャンプ」→ 「先頭」または「末尾」の順に選択する 補足 ● 電話帳やオーナー情報の登録内容をコピーするには メニューの「項目コピー」を使います(fP.5-11、5-14)。 ● コピー/切り取りを行うと コピーまたは切り取りをした内容は10件まで保存され、電源を 切っても保持されます。すでに10件の内容が保存されている場 合は、古い内容が自動的に消去されます。 補足 ● コピー/切り取りした内容を削除するには 操作3で削除する内容を反転表示し、w(削除)を押して「は い」を選択します。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-11 予測入力機能の設定/解除 候補表示エリアに予測候補を表示させるかどうかを設定で きます。 A 文字入力画面で、メニューから「予測入力ON」 または「予測入力OFF」を選択する 学習機能の設定/解除 候補表示エリアから選択して入力した文字列の履歴を記録 するかどうかを設定できます。 A 文字入力画面で、メニューから「学習ON」ま たは「学習OFF」を選択する 文字サイズの変更 メールやS!メール定型文などの本文入力画面の文字サイズ を切り替えられます。選択できる文字サイズは、文字入力画 面によって異なります。 A 文字入力画面で、メニューから「文字サイズ」 を選択し、サイズを選択する ユーザ辞書の利用 よく使う単語や文(最大20文字)をユーザ辞書に登録して おくと、「読み」を入力しただけで目的の単語や文が候補表 示エリアに表示されるので、入力が簡単になります。 A cを押し、「設定」→「一般設定」→「ユー ザ辞書」→「新規登録」の順に選択する B 語句欄を選択し、単語や文を入力する C 読み欄を選択し、文字を入力する Dw(保存)を押す お買い上げ時 ■ ON お買い上げ時 ■ ON お買い上げ時 ■ 大 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-12 入力した文字をユーザ辞書に登録する A 文字入力画面で、メニューから「単語登録」を 選択する B 登録する最初の文字にaでカーソルを合わ せ、c(始点)を押す ユーザ辞書画面を表示して登録済みの内容を確認する などの操作をする場合は o(ユーザ辞書)を押す C aで範囲を指定し、c(終点)を押す D 読み欄を選択し、文字を入力する Ew(保存)を押す 補足 ● 登録内容を編集するには acを押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「辞 書編集」の順に選択する b編集する内容を選択する c語句や読みを編集し、w(保存)を押す ● 登録内容を1件削除するには acを押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「辞 書編集」の順に選択する b削除する内容を反転表示し、メニューから「削除」を選択する ● 登録内容をすべて削除するには acを押し、「設定」→「一般設定」→「ユーザ辞書」→「全 削除」の順に選択する b暗証番号を入力し、c(確認)を押して「はい」を選択する 補足 ● 改行を含む範囲を指定すると 改行前までの文字列が語句に登録されます。 ● ユーザ辞書を編集するには 単語登録する文字の始点を決めるときにo(ユーザ辞書)を 押すと、「ユーザ辞書の利用」(fP.4-11)と同様の操作ができ ます。「辞書編集」を選択すると、現在登録されている単語の一 覧が表示されます。 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分文 字 の 入 力 方 法 4-13 SMS定型文の利用 よく使う文(最大70文字)を登録しておくと、入力画面に 簡単に挿入できます。 Awを押し、「定型文」→「SMS定型文」の 順に選択する B メニューから「新規追加」を選択する SMS定型文が1件も登録されていない場合は w(新規追加)を押す C c(選択)を押し、文を入力する Dw(保存)を押す 補足 ● SMS定型文を引用するには(fP.4-8) ● SMS定型文を編集するには awを押し、「定型文」→「SMS定型文」の順に選択する b編集する内容を反転表示し、c(編集)を押す cc(選択)を押し、文を編集する dw(保存)を押す ● SMS定型文を1件削除するには awを押し、「定型文」→「SMS定型文」の順に選択する b削除する内容を反転表示し、メニューから「削除」→「1件」 →「はい」の順に選択する すべて削除する場合は、操作bで「削除」→「全件」の順に選 択し、暗証番号を入力してc(確認)を押し、「はい」を選択 します。複数の内容を削除する場合は、操作bで「削除」→「複 数」の順に選択し、削除する内容をチェックありにしてw(削 除)を押し、「はい」を選択します。 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分4-14 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電話帳 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-2 電話帳の登録 電話帳に登録できる項目 708SC本体には最大1,000件の電話帳を登録できます。 USIMカードに登録できる件数は、カードの種類によって異 なります。USIMカードの電話帳は、カードを差し替えるこ とにより、ほかのソフトバンク携帯電話でも利用できます。 1件の電話帳に登録できる内容は次のとおりです。 1 708SC本体のメモリ番号「000」~「099」の電話帳には、ス ピードダイヤル(fP.5-10)で音声電話がかけられます。 項 目 内 容 登録の可/不可 708SC本体 USIMカード メモリ番号 半角数字で3桁 ○ 「000」~ 「999」1 ○ 「000」~ 「0XX」2 名前 全角/半角文字 ○ (50文字まで) ○3 ヨミガナ 半角文字 ○ ○3 電話番号アイ コン 6種類から選択 ○ × (1種類のみ) 電話番号 市外局番も含めて登録 ○(40桁 までで5件) ○2 3 E-mailアドレス 半角英数字 ○(256文 字までで4件) ○ (1件)3 E-mailアドレ スのアイコン 3種類から選択 ○ × (1種類のみ) グループ 20個の中から選択 ○ ○2 着信画像 音声電話、TVコールの 着信時に表示させる静 止画。データフォルダ からの選択が可能 ○ × 電話着信音 音声電話、TVコールの 着信音。データフォル ダからの選択が可能 ○ × メール着信音 S!メールやSMSの着信 音。データフォルダから の選択が可能 ○ × 血液型 4種類から選択 ○ × 誕生日 生年月日 ○ × 住所 郵便番号は半角数字20 桁まで、住所は全角/半 角50文字まで ○ × 趣味 全角/半角100文字まで ○ × URL 半角英数字で100文字 まで ○ (2件) × URLのアイコン 3種類から選択 ○ × メモ 全角/半角100文字まで ○ × シークレット モード ON/OFF ○ × 項 目 内 容 登録の可/不可 708SC本体 USIMカード 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-3 2 登録できる件数は、USIMカードの種類によって異なります。 3 登録できる文字数は、USIMカードの種類によって異なります。 電話帳に登録する メモリ番号欄には、空いている最も小さい番号が自動的に表 示されます。必要に応じて変更してください。 A d を押し、メニューから「電話帳登録」→ 「本体」または「USIM」の順に選択する B 各項目を登録する 表示されたメモリ番号を変更する場合は メモリ番号欄を反転表示し、番号を入力する 名前を登録する場合は a名前欄を選択する b名前を入力する 表示されている読みガナを修正する場合は aヨミガナ欄を選択する b読みガナ(最初の何文字かでよい)を入力する 電話番号を登録する場合は 電話番号欄を反転表示し、番号を入力する 電話番号アイコンを設定する場合は a電話番号欄を選択する bアイコンを選択する E-mailアドレスを登録する場合は aアドレス欄を選択する bE-mailアドレスを入力する cアイコンを選択する 注意 ● 大切なデータを失わないために 電話帳に登録した電話番号や名前などは、電池パックを長い間 外していたり電池残量のない状態で放置したりすると、消失ま たは変化してしまうことがあります。事故や故障でも同様の可 能性があります。大切な電話帳などは、控えをとっておかれる ことをおすすめします。電話帳が消失または変化した場合の損 害につきましては、当社では責任を負いかねますのであらかじ めご了承ください。 電話帳の登録画面 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-4 グループを設定する場合は aグループ欄を選択する bグループを選択する 音声電話やTVコールの着信画像を設定する場合は a着信画像欄を選択する b「ON」を選択する cファイルの保存場所を選択してファイルを選択する 音声電話やTVコールの着信音を設定する場合は a電話着信音欄を選択する b「ON」を選択する cファイルの保存場所を選択してファイルを選択する S!メールやSMSの着信音を設定する場合は aメール着信音欄を選択する b「ON」を選択する c音を選択する 血液型を登録する場合は a血液型欄を選択する b血液型を選択する 誕生日を登録する場合は 誕生日欄を反転表示し、生年月日を入力する 住所を登録する場合は a住所欄を選択する b郵便番号を入力する c住所欄を選択し、住所を入力する dw(OK)を押す 趣味を登録する場合は a趣味欄を選択する b内容を入力する URLを登録する場合は aURL欄を選択する b内容を入力する cアイコンを選択する メモを登録する場合は aメモ欄を選択する b内容を入力する シークレット設定をする場合は aシークレットモード欄を選択する b「ON」を選択する Cw(保存)を押す 補足 ● 電話番号欄に入力できる内容は 電話番号には、0~9の数字のほか、#、*、P(ポーズ)、+(国 際コード)を登録できます。「P」を入力するには、*を1秒 以上押します。「+」を入力するには、0を1秒以上押します。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-5 通話履歴から登録する 通話履歴に記録されている電話番号を新規登録したり、既存 の電話帳へ追加登録したりできます。 A rを押す B sで履歴一覧を切り替え、履歴を反転表示し てメニューから「電話帳登録」→「本体」ま たは「USIM」の順に選択する C 登録方法を選択する 新しい電話帳に登録する場合は 「新規」を選択する 既存の電話帳に追加登録する場合は a「更新」を選択する b電話番号を登録する電話帳を検索し、選択する (fP.5-8) D 電話番号アイコンを選択する E 各項目を登録する Fw(保存)を押す ● 電話番号を先に入力してから登録するには 通話中のメニュー「電話帳登録」からも、同様に登録できます。 a待受画面で電話番号を入力する bメニューから「電話帳登録」→「本体」または「USIM」の 順に選択する c「新規」を選択するか、「更新」を選択して追加登録先を選択 する d電話番号アイコンを選択する e操作2~3を行う ● メモリカードに保存されているファイルを着信画像や着信音な どに設定すると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 ● Samsung PC Studioで電話帳を同期すると シークレットモードが「ON」に設定されている電話帳は、シー クレットモード設定に関わらず同期されません(パソコン側に バックアップされません)。 シークレットモードを「OFF」から「ON」に変更した電話帳 は、「ON」に設定して同期した時点から同期されなくなります。 パソコン側でも削除されます。 Samsung PC Studioについては、付属のCD-ROMのユーザー ズガイドを参照してください。 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-6 グループの設定 708SC本体には、あらかじめ20個のグループが用意され ています。 USIMカードのグループを作成する A cを押し、「電話帳」を選択する B メニューから「USIM電話帳表示」を選択する Cw(検索)を押し、「グループ検索」を選択 する D メニューから「新規グループ」を選択する E グループ名を入力し、w(保存)を押す グループの設定を変更する グループ名を変更できます。708SC本体のグループには、 グループごとの着信画像や着信音などを設定できます。 A cを押し、「電話帳」を選択する USIMカードのグループを呼び出す場合は 操作1のあと、メニューから「USIM電話帳表示」を選 択する Bw(検索)を押し、「グループ検索」を選択 する C 設定するグループを反転表示し、メニューか ら「グループ設定」を選択する D 設定操作をする グループ名を変更する場合は グループ名欄を選択し、グループ名を入力する 音声電話やTVコールの着信画像を設定する場合は 着信画像欄を選択し、ファイルの保存場所を選択して ファイルを選択する 音声電話やTVコールの着信音を設定する場合は 電話着信音欄を選択し、ファイルの保存場所を選択し てファイルを選択する 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-7 S!メールやSMSの着信音を設定する場合は メール着信音欄を選択し、音を選択する 着信画像や着信音などをもとの設定に戻す場合は 元に戻す項目を反転表示し、o(リセット)を押す Ew(保存)を押す グループにメンバーを追加する A cを押し、「電話帳」を選択する USIMカードのグループを呼び出す場合は 操作1のあと、メニューから「USIM電話帳表示」を選 択する Bw(検索)を押し、「グループ検索」を選択 する C メンバーを追加するグループを選択する D メニューから「メンバー追加」を選択する E 追加するメンバーをチェックありにし、w (追加)を押す 補足 ● 着信画像や着信音の設定の優先順位は 着信画像や着信音などを電話帳ごとに個別に設定している場合 は、グループごとの設定よりも優先されます。 ● メモリカードに保存されているファイルを着信画像や着信音な どに設定すると ファイルを708SC本体にコピーしてから設定するかどうかの 確認画面が表示されます。著作権保護ファイルの場合は、移動 してから設定するかどうかの確認画面が表示されます。「はい」 を選択すると設定が完了します。 補足 ● グループからメンバーを削除するには グループから削除しても、電話帳からは削除されません。 a操作1~2を行う bメンバーを削除するグループを選択する cメニューから「メンバー削除」を選択する d削除するメンバーをチェックありにし、w(削除)を押す 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-8 電話帳の利用 電話帳から電話をかける 電話帳を検索する A dを押す 使用したい検索画面が表示され、検索方法を切り替え る必要がない場合は 操作2のbに進む 下中央に「OK」が表示されているときに検索方法を切 り替える場合は c(OK)を押し、操作2に進む Bw(検索)を押し、検索操作をする 行で検索する場合は a「あかさたな検索」を選択する bsで目的の行に切り替える グループで検索する場合は a「グループ検索」を選択する b目的のグループを選択する 名前で検索する場合は a「名前検索」を選択する b名前(先頭の一部でもよい)を入力する 読みガナで検索する場合は a「ヨミガナ検索」を選択する b読みガナ(先頭の一部でよい)を入力する メモリ番号で検索する場合は a「メモリ番号検索」を選択する bメモリ番号を入力する 電話番号で検索する場合は a「電話番号検索」を選択する b電話番号の一部を入力する E-mailアドレスで検索する場合は a「メールアドレス検索」を選択する bE-mailアドレスの一部を入力する C 一覧画面で目的の電話帳を反転表示する 詳細画面を呼び出す場合は c(詳細/選択)を押す 補足 ● 優先的に表示される電話帳(本体/ USIM カード)を変更する には acを押し、「設定」→「電話帳設定」→「通常表示」の順に 選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-9 電話をかける A 一覧画面で目的の電話帳を反転表示して c (詳細)を押し、詳細画面を呼び出す B 目的の電話番号を反転表示し、発信操作をする 音声電話をかける場合は c(発信)を押すか、メニューから「音声電話発信」 を選択する TVコールをかける場合は メニューから「TVコール発信」を選択する スピード検索と検索結果からの発信について 「スピード検索設定」を「ON」に設定しているとき(fP.15-6) は、数字を入力すると、その数字に対応する「ヨミガナ」を先頭 にもつ電話帳を検索し、名前と電話番号を表示します。 電話番号を反転表示し、tまたはc(選択)→c(発信) の順に押すと音声電話、メニューから「TVコール発信」を選択 するとTVコールをかけられます。 電話番号検索と検索結果からの発信について 4桁の数字を入力すると、その番号を先頭または末尾にもつ電話 帳を検索し、名前と電話番号を表示します。「スピード検索設定」 を「ON」に設定していて該当する電話帳が検索されたときは、 sを押すと、電話番号検索とスピード検索の検索結果を切り替 えることができます。 電話番号を反転表示し、tまたはc(選択)→c(発信) の順に押すと音声電話、メニューから「TVコール」を選択する とTVコールをかけられます。 ● シークレットモード設定が「非表示」のとき シークレットモードが「ON」に設定されている電話帳は表示さ れません。検索する場合は、あらかじめシークレットモード設 定を「表示」にしてください。 電話帳の詳細画面 補足 ● 一覧画面からかけるには 詳細画面を呼び出さなくても、一覧画面で目的の電話帳を反転 表示し、メニューから「音声通話発信」または「TVコール発信」 を選択してかけることができます。1つの電話帳に複数の電話番 号が登録されている場合は、通常使用設定で設定されている電 話番号(未設定の場合は1件目の電話番号)に発信します。電話 番号の選択画面が表示されたとき(通常使用設定が「設定なし」 の場合)は、電話番号を選択してください。 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-10 USIMカードの電話帳に電話をかける USIMカードの電話帳の1件目に登録されている電話番号へ は、簡単な操作で音声電話またはTVコールをかけられます。 A 先頭の「0」を除いたメモリ番号(2桁)を入 力する B#を押す 目的の電話帳が反転表示されていない場合は jで反転表示する Cw(通話)を押す TVコールをかける場合は o(TVコール)を押す 電話帳の検索方法を切り替える 待受画面でdを押したとき、指定した検索画面を表示する ように設定できます。 A cを押し、「設定」→「電話帳設定」→「検 索設定」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す スピードダイヤルで電話をかける 708SC本体のメモリ番号「000」~「099」の電話帳へ は、簡単な操作で音声電話をかけられます。 A 先頭の「0」を除いたメモリ番号(2桁)を入力する B c( )を押す お買い上げ時 ■ あかさたな検索 補足 ● 設定内容は 「電話帳検索」に設定した場合は、待受画面でdを押すと一覧 画面が表示されます。それ以外の項目に設定した場合は、設定 した検索画面が表示されます。 補足 ● 「スピード検索設定」を「ON」に設定しているときは 数字を入力すると、スピード検索で該当した電話帳の名前と電 話番号が表示されます。約5秒経過するとスピード検索の結果の 表示が消えます。「 」が表示されたら、スピードダイヤルで 電話をかけることができます。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-11 電話帳のメニュー操作 電話帳の一覧画面や詳細画面のメニューから、次の操作がで きます。 1 詳細画面では表示されないメニューです。 2 一覧画面では表示されないメニューです。 注意 ● 通常使用設定(fP.5-12)で音声通話が「設定なし」に設定さ れていると、スピードダイヤルはできません。 ● シークレットモード設定が「非表示」の場合、電話帳のシーク レットモードが「ON」に設定されているメモリ番号を入力して もスピードダイヤルはできません。 メニュー 内 容 電話帳登録1 新規の電話帳登録操作を開始します。 音声電話発信 反転表示中または通常使用設定されている 電話番号に音声電話をかけます(fP.5-9)。 TVコール発信 反転表示中または通常使用設定されている 電話番号にTVコールをかけます(fP.5-9)。 メール作成 電話帳の相手を宛先としたメールを作成し ます(fP.17-5)。 送信 vファイルに変換した電話帳を送信します。 「メール」を選択すると、vファイルを添付 したメールを作成できます(fP.17-5)。 「Bluetooth」を選択すると、Bluetooth ® 通 信の相手を選択して送信できます(fP.12-5)。 削除 電話帳を削除します(fP.5-13)。 データフォルダに 保存 vファイルを作成して保存します。「本体」を 選択すると、「その他ファイル」フォルダに 保存します。「メモリカード」を選択すると、 メモリカードに保存します。 USIM電話帳にコピー/ 本体にコピー USIMカードまたは708SC本体の電話帳 にコピーします(fP.5-13)。 USIM 電話帳表示/ 本体電話帳表示1 表示をUSIMカードまたは708SC本体の 一覧画面に切り替えます。 国際発信 電話帳の電話番号に国際コードと国番号を 付加して国際電話をかけます(fP.2-2)。 発信者番号通知/ 非通知 お客様の電話番号を通知/非通知にして電 話をかけます。「ネットワーク設定に従う」 を選択すると、発信者番号通知サービスの 設定に従います。「番号通知」を選択すると、 電話番号を通知します。「番号非通知」を選 択すると、電話番号を非通知にします。 Bluetooth経由で印 刷 反転表示した電話帳の詳細(名前、電話番 号などの情報)をBluetooth ® 対応のプリン タで印刷します。 メモリ容量確認1 メモリ使用状況を確認できます。 項目コピー2 詳細画面で反転表示中の登録内容をコピー します。コピーした内容は、文字入力画面 に貼り付けることができます。 通常使用設定2 使用する電話番号やE-mailアドレスを、用 途ごとに設定します(fP.5-12)。 メニュー 内 容 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-12 電話帳の編集 電話帳を検索し、一覧画面や詳細画面を呼び出す操作につい ては、「電話帳を検索する」(fP.5-8)を参照してください。 シークレットモードを「ON」に設定している電話帳を編集 するときは、あらかじめシークレットモード設定を「表示」 にしてください。 電話帳を編集する A 編集する電話帳の詳細画面を呼び出す Bw(編集)を押す C 登録時(fP.5-3)と同様の操作で各項目を登 録し、w(保存)を押す 使用する電話番号やE-mailアドレス を発信/送信種別ごとに設定する 708SC本体の電話帳に電話番号やE-mailアドレスが複数 登録されている場合、使用する電話番号またはE-mailアド レスを用途ごとに設定しておくことができます。 リセットして「設定なし」にすると、発信または送信のたび に電話番号やE-mailアドレスを選択できます。 A 設定する電話帳の詳細画面を呼び出す B メニューから「通常使用設定」を選択する C 設定/リセット操作をする 設定する場合は a設定する項目を選択する b電話番号/E-mailアドレスを選択する 「設定なし」にする場合は 項目を反転表示し、o(リセット)を押す Dw(保存)を押す お買い上げ時 ■ 音声通話:1件目の電話番号  ■ TVコール:1件目の電話番号 ■ メール作成:設定なし 708SC.book 12 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-13 USIMカードとの間で電話帳をコピーする A コピーする電話帳の一覧画面または詳細画面 を呼び出す B コピー操作をする 708SCからUSIMカードにコピーする場合は aメニューから「USIM電話帳にコピー」→「1件」ま たは「全件」の順に選択する b「はい」を選択する USIMカードから708SCにコピーする場合は メニューから「本体にコピー」→「1件」または「全 件」の順に選択する 電話帳を削除する 電話帳を1件削除する A 削除する電話帳を一覧画面で反転表示する か、詳細画面に切り替える B メニューから「削除」→「1 件」の順に選択 し、「はい」を選択する 電話帳を複数件まとめて削除する A 電話帳を一覧画面で反転表示する 本体/USIMカードを切り替える場合は メニューから「USIM電話帳表示」または「本体電話 帳表示」を選択する B メニューから「削除」→「複数」の順に選択する C 削除する電話帳をチェックありにする D 操作3を繰り返して対象の電話帳をすべて チェックありにする Ew(削除)を押し、すべてをチェックあり にしていない場合は操作7に進む F 暗証番号を入力し、c(確認)を押す G「はい」を選択する 708SC.book 13 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分電 話 帳 5-14 電話帳をまとめて削除する 708SC本体またはUSIMカードに保存されている電話帳を まとめて削除できます。 A 電話帳を一覧画面で反転表示する 本体/USIMカードを切り替える場合は メニューから「USIM電話帳表示」または「本体電話 帳表示」を選択する B メニューから「削除」→「全件」の順に選択する C 暗証番号を入力し、c(確認)を押して「は い」を選択する オーナー情報 ご使用のUSIMカードに登録されている電話番号を確認で きます。ご自分の名前やE-mailアドレス、住所なども登録 できます。 A cを押し、0を押す 内容を登録/編集する場合は aw(編集)を押す b電話帳の登録と同様の操作で各項目を登録/編集 し、w(保存)を押す オーナー情報のメニュー操作 メニュー 内 容 送信 vファイルに変換したオーナー情報を送 信します。「メール」を選択すると、v ファイルを添付したメールを作成でき ます(fP.17-5)。「Bluetooth」を選 択すると、Bluetooth ® 通信の相手を選 択して送信できます(fP.12-5)。 削除 USIMカードに登録されている電話番号 を除くすべてのオーナー情報を消去し ます。 データフォルダに 保存 vファイルを作成して保存します。「本 体」を選択すると、「その他ファイル」 フォルダに保存します。「メモリカード」 を選択すると、メモリカードに保存しま す。 項目コピー 反転表示中の登録内容をコピーします。 コピーした内容は、文字入力画面に貼り 付けることができます。 Bluetooth経由で印 刷 オーナー情報の詳細(名前、電話番号な どの情報)をBluetooth ® 対応のプリン タで印刷します。 708SC.book 14 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分TVコール 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-2 TVコールをご利用になる前に TVコールに対応している携帯電話との間で、お互いの映像 を見ながら通話できます。 自分の映像を送信しないように設定することもできます (fP.6-5)。 TVコール利用時のご注意 ● ソフトバンクのTVコールと異なる方式の携帯電話と接続した ときに、通話が切れる場合があります。このときも、切れるま での通話料金が課金されます。 ● スピーカーホン通話(fP.6-5)中は、受話音量を大きくする と会話しづらくなることがあります。この場合は音量を下げる か、ステレオイヤホンマイクをお使いになることをおすすめし ます。 ● 周囲の騒音が大きい場所では、音声が途切れるなど良好な通話 ができないことがあります。この場合はステレオイヤホンマイ クをお使いになることをおすすめします。 ● スピーカーホン通話のときは、相手の音声がスピーカーから流 れます。ほかの人の迷惑にならないようにご注意ください。 TVコールをかける 音声電話をかけるときと同様に、電話帳や通話履歴なども利 用できます。 A 電話番号を全桁(市外局番を含む)入力する B 電話番号を確認し、メニューから「TVコール」 を選択する C 通話が終わったらyを押す TVコールがつながらなかったときの操作について メニュー操作をうながすメッセージが表示されたときは、メ ニューから「音声電話」を選択して音声電話でかけ直したり、 「メール作成」を選択して相手にメールを送信したりできます。 「電話帳表示」を選択すると、相手が登録されている電話帳の詳 細画面を確認できます。「電話帳登録」を選択すると、相手の電話 番号を本体またはUSIMカードの電話帳に登録できます。 補足 ● 通話中にできる操作は(fP.6-3) 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-3 TVコールを受ける A TVコール着信中にc(通話)を押す スピーカーホン通話にするかどうかの確認メッセージ が表示された場合は 「はい」または「いいえ」を選択する 自画像を送信するかどうかの確認メッセージが表示さ れた場合は 「はい」または「いいえ」を選択する B 通話が終わったらyを押す TVコール中の操作 ディスプレイに表示されているアイコンやメニューを使っ て操作します。 a相手の名前/電話番号  b小画面(通常は自分の映像) c大画面(通常は相手の映像) dカーソル位置のアイコンの意味  e通話時間  補足 ● 着信音量を調節するには TVコール着信中にサイドキー nまたはbを押します。 ● ステレオイヤホンマイクを接続しているときは TVコール着信中にステレオイヤホンマイクのスイッチを1秒以 上押しても受けられます。TVコールを切るときもスイッチを1 秒以上押します。 ● TVコールに応答せずに切るには o(転送)を押します。 ● 自分の映像を相手に送信したくない場合は 代替画像を送信するようにあらかじめ設定できます(fP.6-5)。 通話中の操作で代替画像の送信に切り替えることもできます (fP.6-5)。 ● c(通話)を押した直後に表示される自分の映像について 操作1でc(通話)を押した直後には自分の映像が大画面に表 示されますが、この映像は相手に送信されていません。確認メッ セージが表示されたら、「はい」(自画像を送信)または「いい え」(代替画像を送信)を選択してください。選択操作後、TV コール通話が開始されると、小画面に自画像または代替画像が 表示されます。 ● TVコール中にできる操作は(fP.6-5) a b f c e d 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-4 f操作用アイコン / :スピーカーOFFに切替/スピーカーONに切替 :表示モード(相手画像大/小の切替) / :自画像静止/静止解除 (青)/ (グレー):カメラ画像に切替/代替画像に切 替 / :相手画像静止/静止解除 :外側カメラに切替/内側カメラに切替 A TVコール中にアイコンまたはメニューを使っ て操作する スピーカーホン通話/通常の通話を切り替える場合は / にカーソルを移動してcを押す 相手画像の表示を大画面/小画面に切り替える場合は にカーソルを移動してcを押し、項目を選択する 自画像を静止/静止解除する場合は / にカーソルを移動してcを押す 送信する映像をカメラ画像/代替画像に切り替える場 合は (青/グレー)にカーソルを移動してcを押す 相手映像を静止/静止解除をする場合は / にカーソルを移動してcを押す 外側カメラ/内側カメラを切り替える場合は にカーソルを移動してcを押す カメラ映像/音声/ボタン確認音の送信を停止する場 合は aメニューから「音・カメラON/OFF」を選択する b送信を停止する項目をチェックありにし、w(保 存)を押す 送信する映像の色調/画質を設定する場合は aメニューから「表示設定」→「エフェクト」または 「画質」を選択する b項目を反転表示し、c(OK)を押す 送信する映像の明るさを調整する場合は aメニューから「表示設定」→「明るさ」の順に選択する bsで明るさを調整する 補足 ● 受話音量を調節するには TVコール中にjを押します。 ● 送信する画像を拡大/縮小するには TVコール中にサイドキー nbを押します。 ● カメラ画像の送信を停止したときは 相手には代替画像が送信されます。 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-5 TVコール中のメニュー操作 TVコールの各種設定 自画像の送信について設定する 「毎回確認」に設定すると、TVコールを受けるたびに自画像 を送信するかどうかを選択できます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「自画像送信」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す メニュー 内 容 スピーカーOFF/ON アイコンを使った操作と同じように、ス ピーカーホン通話と通常の通話を切り替 えます(fP.6-4)。 音・カメラON/OFF カメラ映像、音声、またはボタン確認音の 送信を停止します(fP.6-4)。 表示設定 送信する映像の色調、画質、または明るさ を設定します(fP.6-4)。 設定 TVコールの設定を変更できます(fP.6-5)。 電話帳 電話帳の検索画面に切り替えます。 電話帳登録 TVコール中の相手の電話番号を、本体ま たはUSIM カードの電話帳に登録します (fP.5-5)。 プッシュトーン送信 ダイヤルボタンを押してc(送信)を押 すと、プッシュトーンを送信できます。 メモ メモを作成し、保存します(fP.14-8)。 通話相手の詳細 相手の電話番号が登録されている電話帳 の詳細画面を確認できます。 ヘッドセットに切替/ 本体に切替 Bluetooth ® 対応のヘッドセットをご利用 の場合に有効です。ヘッドセットを使った 通話または通常の通話に切り替えます。 お買い上げ時 ■ 毎回確認 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-6 代替画像を選択する 自画像の代わりに送信する静止画を、データフォルダ内から 選択できます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「TVコール代替画像」の順に選択する B c(変更)を押す C ファイルの保存場所を選択してファイルを選 択し、c(保存)を押す TVコールがつながらなかったときの 動作を設定する A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「再発信方法」の順に選択する B 設定を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ 内蔵の画像(Camera Off) 補足 ● 代替画像をお買い上げ時の画像に戻すには a操作1~2を行う bデータフォルダ内のいずれかの画像ファイルを選択し、メ ニューから「リセット」を選択する お買い上げ時 ■ 毎回確認 補足 ● 設定による動作の違いは TVコールがつながらなかったときは、次のメッセージが表示さ れます。 「毎回確認」:メニューからの操作選択をうながすメッセージ 「音声通話」:音声電話でかけ直すかどうかの確認メッセージ 「メール」:相手にメールを送信するかどうかの確認メッセージ 「なし」に設定した場合は、何も表示せず発信を終了します。 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分T V コ ー ル 6-7 TVコールを受けたときに音声を送信 しないように設定する 「ON」に設定すると、こちらの音声を送信しないでTVコー ルを受けます。 A cを押し、「設定」→「通話設定」→「TVコー ル」→「消音」の順に選択する B「ON」を選択し、c(保存)を押す お買い上げ時 ■ OFF 補足 ● 音声を送信するには aTVコール中にメニューから「音・カメラON/OFF」を選択 する b「音声」をチェックなしにする cw(保存)を押す 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分6-8 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カメラ 708SC.book 1 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-2 カメラをご利用になる前に 708SCに内蔵されているカメラを使って、写真(静止画) や動画を撮影できます。静止画はJPEG形式で、動画は3GP 形式で保存されます。 カメラ利用時のご注意 ● カメラのレンズ部に指紋や油脂が付くと、ピントが合わなく なります。柔らかい布でレンズ部をきれいにしてください。 ● 手ぶれにご注意ください。画像がぶれる原因となります。 708SCが動かないようにしっかり持って撮影するか、安 定した場所に置いてセルフタイマーで撮影してください。 ● カメラは非常に精密度の高い技術で作られていますが、常 に明るく見える画素や暗く見える画素もありますのでご 了承ください。 ● 708SC を暖かい場所に長時間置いたあとで撮影したり画 像を保存したりした場合は、画質が劣化することがありま す。 ● カメラ部分に直射日光が長時間当たると、画像が変色する ことがあります。 ● 「パノラマ撮影」で撮影した画像は、他の撮影モードで撮 影した画像に比べて画質が低くなる場合があります。 ビューファインダー(撮影画面) a「撮影サイズ」の設定状況 静止画撮影時: 、 、 、 、 動画撮影時 : 、 、 外側カメラの レンズ部 a bcde g f h i 通常/連写/コマ分割撮影 のビューファインダー a bcjk i h 動画のビューファインダー 708SC.book 2 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-3 b「画質」の設定状況 :スーパーファイン :ファイン :ノーマル :ロー :エコノミー c「ホワイトバランス」の設定状況 :オート :晴天 :曇り :白熱灯 :蛍光灯 dスポット測光 :OFF :ON eISO :自動 :100 :200 :400 fモード 表示なし:通常 :連写(6枚) :連写(9枚) :連写(15枚) gセルフタイマー(設定されているときのみ表示) :3秒後 :5秒後 :10秒後 h画像の上下方向の設定 :撮影する画像の上下を正しく表示 :撮影する画像の上下を逆転して表示 i画像の左右方向の設定 :撮影する画像を正像で表示 :撮影する画像を鏡像で表示 j音声録音 :音声録音 ON :音声録音 OFF k「撮影時間」の設定状況 :S!メール添付用 :10秒 :30秒 :制限なし 静止画の撮影 静止画撮影モード 1枚ずつ撮影するときは「通常」、連写するときは「連写」ま たは「4コマ・9コマ分割」、パノラマ形式で撮影するときは 「パノラマ撮影」で撮影します。撮影した静止画はピクチャー フォルダに保存されます。 ※ 撮影後の画像サイズは、縦長撮影時は最大320×1824、横長 撮影時は最大1824×240になります。 モード 特 長 画像サイズ 通常 メールに添付したり待受画 面の背景にしたり、携帯電話 で利用するのに適したサイ ズの静止画を撮影できます。 1600×1200 1280×960 640×480 320×240 240×176 連写 6、9、15枚の静止画を自 動で連続撮影できます。 320×240 4コマ・9コマ分割 手動で連続撮影できます。 フレームを選んで撮影する と、連続撮影したすべての静 止画が縮小されて1枚の静 止画内に配置されます。 240×176 パノラマ撮影 風景などをパノラマ形式で 撮影できます。 320×240※ 708SC.book 3 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-4 静止画を撮影する 静止画を撮影する Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して、撮影モードを切り替える B メニューから「撮影モード」→「通常」→「あ り」の順に選択する 撮影のあと画像を確認せずに続けて撮影する場合は 「なし」を選択する C 必要に応じてメニューを使った操作をする (fP.7-5) D 撮影したい画像をビューファインダーに表示 する ズームを使って拡大/縮小する場合は(外側カメラ 1600×1200および内側カメラ640×480では不可) uまたはdを押すごとに拡大、縮小される 明るさを設定する場合は rまたはlを押すごとに明るさを変更できる E c(撮影)を押す 続けて撮影する場合は w(カメラ)を押す 補足 ● 通常モードでフレームを付けて撮影すると 画像サイズは自動的に240×176になります。 補足 ● セルフタイマーを使って撮影するには 操作5の前に5を押します。5を押すごとに「3秒」「5秒」 「10秒」「OFF」の順に切り替わります。 ● 内側カメラ/外側カメラに切り替えて撮影するには 撮影前のメニューから「カメラ切替」を選択します。 ● ビューファインダーの表示方法を切り替えるには ビューファインダーにグリッドを表示させたり、プレビュー画 面と同じサイズに切り替えたりできます。撮影前に#を押す ごとに「ノーマル」「フルサイズビュー(アイコン表示なし)」 「フルサイズビュー(グリッド線あり)」の順に切り替わります。 ● 撮影した静止画をメールやBluetooth ® で送信するには 操作5のあと、次のように操作します。 ac(送信)を押し、項目を選択する b送信操作をする(fP.12-5、17-5) 708SC.book 4 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-5 静止画撮影前のメニュー操作 表示されるメニューや選択できる項目は、モードや各種設定の状 況によって異なります。 静止画撮影後のメニュー操作 メニュー 内 容 カメラ切替 内側カメラと外側カメラを切り替えます (fP.7-4)。 撮影モード 撮影後の保存動作や、連続写真またはコマ 分割の撮影枚数を設定します(fP.7-4、 7-7)。 エフェクト 色調を選択します。カラーで撮影する 場合は「なし」を選択します。 フレーム フレーム付きの静止画を通常モードで 撮影します。 セルフタイマー セルフタイマーを使って撮影します (fP.7-4)。 データフォルダ ピクチャーフォルダを呼び出します。 カメラ設定 撮影に関する設定を変更します (fP.7-11)。 ボタン操作ガイド ボタンに割り当てられた機能をディス プレイで確認します(fP.7-8)。 メニュー 内 容 削除 撮影したばかりの静止画ファイルを削 除します。 設定 壁紙や個別着信画像、代替画像に設定で きます。 画像編集 データフォルダに保存された静止画を 編集します(fP.7-14)。 ダイナミックエフェ クト 静止画を利用してFlash ® 画像を作成し ます(fP.7-17)。 ファイル名変更 ファイル名を変更できます。 mPostカード モバイルポストカードを作成します (fP.7-6)。 データフォルダ ピクチャーフォルダを呼び出します。 保護/保護解除 保護すると、ファイル名の変更やファイ ルの移動、削除などが制限されます。 詳細 ファイルサイズやファイル形式などを 確認できます。 708SC.book 5 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-6 撮影した静止画でモバイルポストカードを作 成する 撮影した静止画を使って、モバイルポストカードを作成しま す。静止画の上に線画に加工したもう1枚の静止画を重ねる ことにより、スタンプを押した写真のような画像を作成でき ます。 A 静止画を撮影する(fP.7-4、7-7) B メニューから「mPostカード」を選択する C c(追加)を押す D 重ねる静止画を用意する データフォルダから選択する場合は a「画像選択」を選択する bファイルの保存場所を選択してファイルを選択する 新規に撮影する場合は a「カメラ起動」を選択する bc(撮影)を押して撮影する cc(追加)を押す E c(合成)を押して、合成の結果を確認する 画像を変更する場合は aCを押す b変更する画像を反転表示し、メニューから「画像変 更」を選択する c操作4~5を行う ベースの画像と上に線画にする画像を入れ替える場合は aCを押す bメニューから「画像交換」を選択する c操作5を行う F 必要に応じてo(編集)を押し、編集操作 をする 線画の位置を調整する場合は aメニューから「移動」を選択する baで移動し、w(完了)を押す 線画のサイズを変更する場合は aメニューから「サイズ」を選択する bjでサイズを調整し、w(完了)を押す 線画を回転させる場合は aメニューから「回転」を選択する bsで回転させ、w(完了)を押す 線画の色を変更する場合は aメニューから「色変更」を選択する bsで色を選び、w(完了)を押す 708SC.book 6 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-7 影の有無で線画のタッチを変える場合は aメニューから「シャドウON」または「シャドウOFF」 を選択する bw(完了)を押す Gw(保存)を押し、ファイル名を入力する 保存して送信する場合は ac(送信)を押す b項目を選択し、送信操作をする(fP.12-5、17-5) 連続写真を撮影する Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して撮影モードを切り替える B メニューから「撮影モード」→「連写」の順 に選択し、撮影枚数を選択する C 必要に応じてメニューを使った操作をする (fP.7-5) D 撮影したい画像をビューファインダーに表示 する ズームを使って拡大/縮小する場合は uまたはdを押すごとに1段階ずつ拡大、縮小される 明るさを設定する場合は rまたはlを押すごとに明るさを変更できる E c(撮影)を押す F 撮影した静止画を確認する 静止画を1枚ずつ確認するには a画像を反転表示し、c(表示)を押す bCを押す 続けて撮影する場合は w(カメラ)を押す 4コマ・9コマ分割撮影をする Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して、撮影モードを切り替える B メニューから「撮影モード」→「4コマ・9コ マ分割」を選択し、フレームを選択する C 必要に応じてメニューを使った操作をする (fP.7-5) 708SC.book 7 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-8 D 撮影したい画像をビューファインダーに表示 する ズームを使って拡大/縮小する場合は uまたはdを押すごとに1段階ずつ拡大、縮小される 明るさを設定する場合は rまたはlを押すごとに明るさを変更できる E 選んだフレームに合わせてc(撮影)を押す F 撮影した静止画を確認する 続けて撮影する場合は w(カメラ)を押す パノラマ撮影をする Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して、撮影モードを切り替える B メニューから「撮影モード」→「パノラマ撮 影」を選択する C 必要に応じてメニューを使った操作をする (fP.7-5) D 撮影したい画像をビューファインダーに表示 する ズームを使って拡大/縮小する場合は uまたはdを押すごとに1段階ずつ拡大、縮小され る 明るさを設定する場合は rまたはlを押すごとに明るさを変更できる E c(撮影)を押し、撮りたい方向(縦方向ま たは横方向)に708SCを動かす F c(停止)を押して撮影を終了する 撮影範囲がいっぱいになった場合は 自動的に撮影が終了し、保存される G 撮影した静止画を確認する 続けて撮影する場合は w(カメラ)を押す ショートカット(ボタン操作)を使った撮影前の設定変 更について ショートカットが割り当てられたボタンを押すことにより、簡単 に設定を変更できます。選択できる項目は、モードや各種設定の 状況によって異なります。 708SC.book 8 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-9 動画の撮影 動画撮影モード 手軽に動画を撮影できます。撮影した動画は、3GP形式で データフォルダのムービーフォルダに保存されます。メール に添付/挿入する動画を撮影する場合は「撮影時間」で「S! メール添付用」(fP.7-13)を選択してください。 動画を撮影する Avを1秒以上押す 静止画モードが起動した場合は w(ビデオ)を押して、撮影モードを切り替える B 必要に応じてメニューを使った操作をする (fP.7-10) C 撮影したい画像をビューファインダーに表示 する ズームを使って拡大/縮小する場合は uまたはdを押すごとに1段階ずつ拡大、縮小される 明るさを設定する場合は rまたはlを押すごとに明るさを変更できる ボタン 項 目 内 容 1 撮影サイズ 1600×1200、 1280×960、640×480、 320×240、240×176 2 画質 スーパーファイン、ファイン、 ノーマル、ロー、エコノミー 3 撮影モード 通常、連写(6、9、15枚)、 4コマ・9コマ分割、パノラ マ撮影 4 ホワイトバランス オート、晴天、曇り、白熱灯、 蛍光灯 5 セルフタイマー 3秒、5秒、10秒 6 フレーム 9種類の中から選択 7 エフェクト モノクロ、セピア、ネガ、なし 8 ISO 自動、100、200、400 9 スポット測光 OFF、ON 0 データフォルダ - # ファインダー変更 ノーマル、フルサイズビュー (アイコン表示なし)、フルサ イズビュー(グリッド線あり) w カメラ・ビデオ変更 - n 上下反転 - b 左右反転 - j ズーム - s 明るさ調整 - 708SC.book 9 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-10 D c(録画)を押す E c(保存)を押して撮影を終了する 撮影時間が経過した場合は 自動的に撮影が終了し、保存される F 必要に応じてc( )を押し、撮影した動 画を確認する 続けて撮影する場合は w(ビデオ)を押す 動画撮影前のメニュー操作 動画撮影後のメニュー操作 補足 ● セルフタイマーを使って撮影するには 操作4の前に5を押します。5を押すごとに「3秒」「5秒」 「10秒」「セルフタイマーなし」の順に切り替わります。 ● 内側カメラ/外側カメラに切り替えて撮影するには 撮影前のメニューから「カメラ切替」を選択します。 メニュー 内 容 カメラ切替 内側カメラと外側カメラを切り替えま す(fP.7-10)。 エフェクト 色調を選択します。カラーで撮影する場 合は「なし」を選択します。 セルフタイマー セルフタイマーを使って撮影します (fP.7-10)。 データフォルダ ムービーフォルダを呼び出します。 ビデオ設定 撮影に関する設定を変更します (fP.7-13)。 ボタン操作ガイド ボタンに割り当てられた機能をディス プレイで確認します(fP.7-11)。 メニュー 内 容 編集 データに保存された動画を編集します (fP.7-16)。 拡大・縮小 再生中や一時停止中の動画表示サイズ を設定できます。 送信 ファイルを送信します。「メール」を選択 すると、ファイルを添付したメールを作 成できます(fP.17-5)。「Bluetooth」 を選択すると、Bluetooth ® 通信の相手を 選択して送信できます(fP.12-5)。 設定 音声電話着信音やTVコール着信音に撮影 した動画を設定できます。 708SC.book 10 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-11 ショートカット(ボタン操作)を使った撮影前の設定変 更について ショートカットが割り当てられたボタンを押すことにより、簡単 に設定を変更できます。 カメラの設定 画像のサイズや画質、保存場所など、撮影に関する設定を変 更します。 静止画の設定をする Avを1秒以上押す 動画撮影モードが起動した場合は w(カメラ)を押して、撮影モードを切り替える 削除 撮影したばかりの動画ファイルを削除 します。 ファイル名変更 ファイル名を変更できます。 データフォルダ ムービーフォルダを呼び出します。 保護/保護解除 保護すると、ファイル名の変更やファイ ルの移動、削除などが制限されます。 詳細 ファイルサイズや再生時間などを確認 できます。 ボタン 項 目 内 容 1 撮影サイズ 320×240、176×144、 128×96 2 画質 ファイン、ノーマル、ロー、 エコノミー 3 撮影時間 S!メール添付用、10秒、30 秒、制限なし 4 ホワイトバランス オート、晴天、曇り、白熱灯、 蛍光灯 5 セルフタイマー 3秒、5秒、10秒 6 音声録音 ON、OFF 7 エフェクト モノクロ、セピア、ネガ メニュー 内 容 0 データフォルダ - w カメラ・ビデオ変更 - n 上下反転 - b 左右反転 - j ズーム - s 明るさ調整 - お買い上げ時 ■ 撮影サイズ:320×240 ■ 画質:ノーマル ■ ファインダー:フルサイズビュー(アイコン表示なし) ■ シャッター音:シャッター 1 ■ 連写スピード:高速 ■ 撮影後の画像確認:あり ■ ホワイトバランス:オート ■ ISO:自動 ■ スポット測光:OFF ■ シーン別撮影:普通 ■ 保存先設定:本体 ■ 初期ファイル名:画像 ボタン 項 目 内 容 708SC.book 11 ページ 2007年3月7日 水曜日 午後5時9分カ メ ラ 7-12 B メニューから「カメラ設定」を選択する C 項目を選択し、設定操作をする 撮影サイズを設定する場合は a「撮影サイズ」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す 画質を設定する場合は a「画質」を選択する b設定を選択し、c(保存)を押す ビューファインダーを設定する場合は a「ファインダー」を選択する b設